したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

401 まんころ ◆dkf/aF6sqI :2017/04/24(月) 07:07:52
着ぐるみ刑

人権を剥奪するかのようにラバースーツを着せられ黒一色となり、ゴジラの着ぐるみへと押し込まれていく。
ゴジラの着ぐるみの中には私の小さな体と着ぐるみの隙間を埋めるべく、大量の詰め物がしてあった。あまりの詰め物が多いため、私の肌の露出を全く失くしてしまった黒いラバースーツが、ゴジラの着ぐるみの中への侵入を妨げる。
滑りが悪いためか、ラバースーツに何か液体のようなモノが塗られ、ラバースーツ越しにその液体の冷たさが伝わってくる。
足、体、頭と私の体はゴジラの着ぐるみの中へとどんどん押し込められていく。
そんな私は必死に自分は何もしていないと訴えようとするが、口にはボールギャグがラバースーツの上から嵌められ、ただ行き場のない私の叫びと涎はラバースーツの中へと消えていった。
その後、グイグイ押し込められた私の体はゴジラの中へ完全に収まったようで、息苦しさが増す。そして、追い討ちをかけるように、背中をグッと強い力で押された後、ファスナーを閉める様な音がだんだん耳へ近づいてきた。

さて、私が何故ゴジラの着ぐるみを着ることになったかをご説明します。
私の身近で起こった事件がきっかけで、私は容疑者に挙げられました。
その後、刑事たちの創りあげられたストーリーに沿うように進められ、冤罪であったが無期懲役の判決を受け刑務所へ。
その刑務所では収監される囚人が、多く収監が難しくなったことから無期懲役の囚人は動きが著しく制限される着ぐるみへと押し込められた上、着ぐるみを脱ぐことができないようにして一般社会の中でスーツアクターとして働かせるシステムになっていた。このシステムの事を口外できないように口にはボールギャグを嵌めて言葉を奪い、ラバースーツと一体となっているマスクは、鼻のところの呼吸穴しか開いておらず、黒いラバーで覆われているため視覚も奪われていた。
残った聴力もゴジラの着ぐるみに押し込められて外の様子がほとんど分からなくなってしまった。なので今、感じられことは体の感覚のみ、手を引かれなされるまま誘導に従うことしかできなかった。

暑い夏の炎天下、私は屋外へ連れてこられたようで、着ぐるみの中の温度は上昇していく。
私の毛穴という毛穴から汗が噴き出ている感覚がし、間も無くラバースーツの中が汗が溜まり不快が増してくる。
暑い!出して!
両手を前に出し周りにいるであろう人に助けを求める。人がいると感じられるのは微かに悲鳴のような声が聞こえてくるから。その方へと歩みを進めて助けを求めたが、女の私の体力はゴツいゴジラの着ぐるみと夏の暑さにすぐに奪われて動けなくなる。
そして、ついには力なく倒れた。受け身を取ることなく、前倒しに。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板