したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

39 とあるスポーツショップ ◆zYQ/uWRKn. :2016/03/23(水) 21:10:31

10

スポーツショップで働き始めたて一週間。
土曜の朝のミーティングで、サーフボードとウエットスーツに力を入れていくことが店長の口から発表があり、集客のため店頭に着ぐるみを置くことも同時に発表があったが、着ぐるみに入る人については触れられなかった。

僕はウエットスーツの着ぐるみのことだとすぐにピンときた。
絵里が入る動くウエットスーツなのに、なぜか僕も店長に絵里と共に在庫置き場へと連れてこられた。

僕が頭を傾げていると、店長から「これに着替えて」と、黒い全身タイツを渡された。
店長の圧に逆らうこともできず、片隅にある更衣室で着替えて出てくると、店長と絵里の側にサーフボードが置いてあった。
そのサーフボードは中に人が入れるようになっている。
”着ぐるみってウエットスーツだけじゃないの?”僕は心の中で叫んだ。

僕が言葉を発することができずにいると、店長は僕を指差し、次にサーフボードを指差した。
僕が自分を指差すと、2人はウンウンと頷いて、サーフボードの中へどうぞといった手振りをする言葉なき会話。

まぁ、少し興味もあったので2人に誘われるように近づくと、全身タイツを頭も被るように指示され、そして店長は僕の体にラップを巻き始めた。
かなり手際よくみるみる僕の体はラップに包まれていく。

程よい圧迫感は気持ちが良かったが、足元から巻かれ徐々に顔に迫ってくる時は少し恐怖を感じた。

透明のラップの時はまだ全身タイツ越しに2人が見えたが、黒いビニールテープで完全に顔を覆ってしまうと視界を奪われ恐怖感が倍増したが、不思議とトキめいたようなドキドキ感もあった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板