したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

仮投下スレ2

855 ケロロ大失敗!であります ◆YsjGn8smIk :2011/02/16(水) 21:23:21 ID:Alu75hwE

焼きおにぎりを食いながらそんなことを考えていた雨蜘蛛は結局、
「ギリギリまではどちらにもいける」ように行動しようと思い至った。
すなわち晶たちが上手くやりそうならば、これから行う殺しの責任は全てオメガマンになすりつけ、最後にオメガマンを殺して口封じ。
ダメそうな場合はそのまま優勝を目指し、最後にオメガマンを殺す。
結局、雨蜘蛛はオメガマンをとことん利用しようとしていたのだった。

「そうだな……何か役に立てば手を組んでやってもいいぜ」

しかし利用しようと考えていたのはオメガマンも同じだろう。
雨蜘蛛をいつでも殺せるという余裕からかオメガマンは雨蜘蛛の提案を条件付きとはいえのんだ。
役に立たなければいつでも殺す、という無言の脅迫を突きつけながら。

「涼子ちゃんとリングの場所を教えてやったのは役に立った内に入らないのかい?」
「そいつは殺さず話を聞いてやった代償だぜ」

お互いがお互いを利用することだけを考える関係。
二人の馬が合ったのも当然の成り行きだったのかもしれない。

「なら温泉って所から逃げた連中を俺が追跡してみせるってのはどうだい?」
「そんな事が出来るなら確かに役には立つが……」
「足跡が残ってれば簡単だ。で、どうだい?」
「フォッフォッフォ! いいだろう、上手く追跡できたらパートナーにしてやってもいいぜ!」

そしてその三十分後。驚異的な速さで川沿いの道を走り抜けた二人は共に温泉の前に立っていたのだった。
狩人の気配に獲物たちはまだ……気付かない。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ ウドのコーヒー マグカップ - コスパ(COSPA)

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板