したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

「ネタ出し」用スレッド

292 桑衝去場 :2006/08/22(火) 05:34:22
>折檻氏
大変ご無沙汰しておりますが、辛うじて生きております^^;
最近は、ガンダムよりも、もっぱら息子の影響で始めた「デュエルマスターズ」という
お子様向けトレーディングカードゲームにはまっておりまして・・・・

ガンダムの方はというとフレッツの無料配信など観ながら懐古してる程度なんですが
私好みのネタが出てますので少々口を挟ませていただきたいと思います。


>るるるさん

>>スプレー(宇宙では無重力用の改良型)
>どんな改良をすればいいんだろう・・それを知りたくなりました。

実は、塗装に重力というのはあまり関係ありませんで、
通常のエアブラシなどの様な、いわゆる重力式(塗料の自重で塗料を供給する仕組み)が使えなくダケで
コレは、圧送式といわれる塗料を加圧して供給するタイプなら全然問題ありません。

モデラーさんでエアブラシなどを使った事がある方は経験があるかと思いますが、
塗料が掛かり過ぎてタラリと垂れてしまうといった状況が起き難く、
むしろ、好条件と言えます。

それから、sputinikさんが挙げられている
「塗装面と塗料をそれぞれ逆の電位を与えて〜」
というのは、溶剤塗料に電荷を掛ける「静電塗装」や非溶剤の粉に電荷を掛ける
「静電粉体塗装」というのが、現実の塗装工場で普通に使われていたりします。
確かに、これらの方法では、塗料ミスの飛散は少なくはなりますが、
噴霧する以上、飛散するミストを0にするというのは、理論的にも、おそらく不可能でしょう。
塗料ミストを出したくないならば刷毛かローラーで塗る方が良いのですが
如何せん、あまり作業効率がよろしくありません。

で、翻って宇宙世紀での塗装方法を見てみますと、
折檻氏も挙げられているアーガマ内で行なわれたMk-IIのマスキング方法が興味深いですね。

通常、マスキングというのは色を塗りたくない部分を紙やビニール等で覆い隠しますが
Mk-IIの場合、塗装する部分を袋状にマスキングして、その袋の内部に塗装をしており
宇宙船内の貴重な空気を汚染しないようにしている様です。

ついでに未だ此処で出ていない宇宙世紀の塗装シーンを挙げると
ZZ終盤で、グレーミー軍が識別の為に自軍のMSを塗り替える場面がありましたが
この時のアクシズ構内は、プルツー達がマスクを着用しなければならないほどミストもやもや状態
普通に溶剤をスプレー塗装しているで全く何の対策も施されてませんね。
急遽、大量のMSを塗り替えなければならなかった為でしょうが、
切迫したグレーミー軍の台所事情というのが見えて面白いです。


PS.折檻氏へ
諸般の事情で「レ」のアドレスが↓に変わってしまっておりまして
http://f1.aaa.livedoor.jp/~rewloola/
お手隙のときにでもリンクを張り替えておいて頂けると有難いです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板