したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

愛「へー……3人の名前に因んでるのかぁ」

1 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:10:35 ID:6SrrO8Rc
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1572862705/

↑これの改造版

基本りなあいだけどモブが喋りまくる
設定もスクスタの遥か前に勝手に組み上げたのほぼそのまま

107 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/20(金) 23:22:20 ID:r.At8cz6

菜々「いや誰ですか今の」👆😓

歩夢「わたしわたし」👈😁

歩夢「ちなみに確か小4くらいの頃ね。教科書の時は、最後まで噛まずに読めて、拍手起こったよ」

菜々「そっ、え、嘘でしょ!? そんな高レベルな対人恐怖症ですか!?」

歩夢「ふっふ、ビックリするでしょ」

菜々「何でちょっと誇らしそうなんですか……」

歩夢「幸い、理解ある人も沢山いたから、嫌な事されたりはなかったけど、本当に仲の良い友達は殆ど出来なかったなぁ」

歩夢「流石に中学上がる頃には大分マシになったんだけどね。それでも先輩後輩の関係は荷が重くて……」

菜々「な、なるほど……で、良いんですかね? まあ中学の上下関係がキツいのは分かりますが」

歩夢「だから、出来れば帰宅部になりたかったんだけど、校則で部活は何かしら入らないといけないから───」

歩夢「うん、とりあえずで入部届を書いただけっていうか……えへへ」

菜々「可愛く言ってますけど何か不良の気配を感じますよ!」

歩夢「違うもんわたし不良じゃないもん……成績は良い方だったもん」

菜々「えええー、でも意外ですね。歩夢さんの新しいキャラ発掘しちゃいました」

歩夢「黒歴史ですー」

菜々「あ、そうだ。歩夢さんが良いなら、今度の生放送でカミングアウトするのどうです? ファン増えるんじゃないですかね!」

歩夢「あざと過ぎてウケないよ、きっと……」

菜々「そうですか?」

歩夢「そうだよ……」

.

108 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/20(金) 23:23:10 ID:r.At8cz6

歩夢「で、中学に上がって、最初の頃の璃奈ちゃんくらいまで改善したんだけど」

菜々「それ大幅改善じゃないですか」

歩夢「成長だよ成長。ココロもカラダも健やかに」😏

歩夢「愛ちゃんと仲良くなったのは丁度その頃だったね」

菜々「ここで愛さんですか……」

歩夢「うん」

歩夢「わたし達の通ってた私立中学なんだけどね、評判は都内でも良い方なんだけど……わたし達が入った年は、そういう、ちょっと嫌な人達のグループが一緒に入ってきてて」

菜々「…………」

歩夢「その人達、よりによってわたし達のクラスにいてね……」

歩夢「“わたしは幸い大丈夫だったんだけど”、そういう気弱な人とかを脅したり意地悪したりしてたの」

菜々「! ……虐め、ですか」

歩夢「うん、簡単に言えばね。菜々ちゃんごめん、これあんまり人に言わないでくれると嬉しいかも」

菜々「い、言いませんよ絶対! 約束です!」

歩夢「ふふ、ありがとっ。……だからね、入学してから暫く空気の悪い時間が続いたんだ」

歩夢「そんな時に、同じクラスにいた愛ちゃんが……ふふ、あの時の愛ちゃん、本当にカッコ良かったなぁ」

菜々「本気で怒った、と」

歩夢「そういう事」

.

109 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/20(金) 23:24:05 ID:r.At8cz6
歩夢「愛ちゃん、その虐めの主犯の人達とも仲良い方だったんだけど……」

歩夢「だからこそね、自分と交流ある人達が、そういうヒドい事をしてるのが、悲しくて、許せなかったんだと思う」

菜々「……それで、どうなったんです? クラスは」

歩夢「もう最悪。それまでクラスの中心に近かったのに、今度は愛ちゃんが仲間外れみたいになるし、クラス内の会話も激減するし」

菜々「学級崩壊って感じですか……」

歩夢「そこまでじゃなかったけど、まあ崩壊始まりくらいには」

歩夢「それでも愛ちゃんのおかげで、クラスの実態とかが先生達にも知れ渡って、とりあえず虐め自体は治まったけど……」

歩夢「その1年間は、もう最高に空気悪かったよね。先生も、わたし達を腫れ物みたいに扱ってた」

菜々「そう、ですか……それで、お2人はそこから、どうやって愛さんと?」

歩夢「ふふん……実はね、孤立し掛けてた愛ちゃんに、わたしの方から話し掛けたんだ」

菜々「!?」

菜々「えっ、あ、歩夢さんの方から!?」

歩夢「正確には、わたしが言い出して、それに賛成してくれた彼と一緒に、だけどね」

菜々「いや、いやいや! それでも凄いんじゃないですか!? 大成長ですよ歩夢さん!」

歩夢「えへ、彼にも驚かれちゃった。話し掛けてみようよって言ったら、目まん丸にしてたなぁ」

菜々「いやあ、それはそうなりますよ……だって小学生の頃と比べたら……」

歩夢「まーね」ドヤッ

.

110 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/20(金) 23:25:13 ID:r.At8cz6

歩夢「仲間外れにされてから、ちょっとだけ愛ちゃんも腐り掛けてる感じだったんだけど、わたし達と話し始めてから暫くしたら、またいつもの調子を取り戻せてたみたいだった」

菜々「歩夢さんのおかげ、という事ですね」

歩夢「そんなそんな」😳

歩夢「わたし最初、愛ちゃんを見てね、本当にビックリしたんだ。いまの世の中に、こんな人前で堂々と物を言える子が居たんだなって」

歩夢「わたしみたいに会話にも苦労する人がいる中で、あんな立派な事が出来る人もいる。それが……何か悔しい気がして」

菜々「そこで尻込みしない所、歩夢さんの良い所だと思いますよ」

歩夢「あはは……そう考えてたら、何となくわたしも、愛ちゃんみたいな人に近付いてみたいなって自然と思えたの」

菜々「良い話ですね……」

歩夢「まあ実際に付き合ってみたら、知っての通り大概オバカだったんだけどね」

菜々「ま、まあまあ、この際それは置いておきましょう」😅

菜々「愛さん、確かに変な部分もありますけど……そういう熱い所は変わってないんですね」

歩夢「……うん。あの時の愛ちゃん、本当にカッコ良かった」

歩夢「もし男の子だったら……ちょっと良いかもって思っちゃうくらい」

菜々「ええー(笑) それ部長さんが聞いたら泣いちゃいますよ……」

歩夢「大丈夫だよ(笑) 彼、案外そういうの気にしないから」

歩夢「わたし最初、愛ちゃんの事は、誰にでも馴れ馴れしい人くらいにしか思ってなかったけど、付き合ってみると、人として大切な事っていうのかな。そういうのを、よく知ってる印象が出てくるの」

歩夢「だから……そういう所は、わたし尊敬してる。愛ちゃんの事」

菜々「───」

.

111 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/20(金) 23:27:07 ID:r.At8cz6
.



    「2人とも迷惑かけて、ホントごめんね」



.

112 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/20(金) 23:27:59 ID:r.At8cz6

菜々「……ええ、そうですね。私も何となく分かる気がします」

歩夢「そう?」

菜々「はい。友達が多いのも、そういう愛さんの誠実な部分の賜物なんですよね、きっと」

菜々(3人のこういう関係、ちょっと羨ましいなぁ私……)

……………………

……………………

歩夢「で」

歩夢「その後は徐々にオバカに浸食されて、わたしの対人恐怖症はグングン治りました♪」😁✌

菜々「き、急に台無しにしてきた!?」💦

歩夢「今ではこの通り逞しく生きてます! 上原歩夢をヨロシクね」

菜々「さっきの回想と落差がヒドい! 最早ポケモン的な進化を疑いますよ! 何があったんですか!?」

菜々「この数年どんなに濃い時間すごしてきたんですか!」

歩夢「それはもう、チーズ特盛り濃厚でハイカロリーな毎日でした」

菜々「胸焼けしそうです!」

エマ(さっきから大声で何してルんだろ)

.

113 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/20(金) 23:28:50 ID:r.At8cz6

.


歩夢「…………」

歩夢(ごめん菜々ちゃん……ちょっとだけ嘘ついた)

歩夢(でも許してほしい。例え菜々ちゃんでも……自分が虐めの標的にされていた過去は伏せさせてもらいたい)

歩夢(まだ少しだけ、わたしは過去に縛られているから。そういう過去を人に知られるのは、少しだけ怖いから)

歩夢(だから───ごめんなさい)


.

114 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/21(土) 00:03:54 ID:GPt5m7/Y
いい話だ

115 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:40:54 ID:Ad0Bd5LM
>>114
ありがとう
励みになります

116 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:41:07 ID:Ad0Bd5LM

───璃奈の避難所


カタカタカタ…

制作部B「衣装の進捗確認メール来てます?」

制作部A「(カチカチ…)や、まだっぽい。遅れてるみたいだわ」

制作部A「一応、途中でも進行状況は送るように言っておく」

制作部C「ごめん、その辺りにハサミ無い?」

制作部E「ホワイトボードんとこに掛かってるよ。あー部長、NK1仕上がりどうです?」

部長 「もうラストスパートに入ってる。この分なら、今日の活動内には何とか仕上がるわ」

制作部E「ナイス! このペースなら間に合いそうですね」

   ガー…ガー… カチカチ… カタカタカタ…

      カリカリ… ガチャガチャ… ガー…ガー…

制作部D「忙しい所すいません部長、今度の文化祭配信なんですけど───」

部長 「何かあった?」

制作部A「あー……コピー用紙が切れてるわ スーパーホワイト在庫まだある?」

制作部E「それならロッカーに……無いな。ちょっと印刷室で借りてくる。待ってて」

制作部D「という事なんですけど」

部長 「あー……そうなると枠自体を入れ替えなきゃならなくなるかも」

制作部D「じゃあ、いっそ1年枠を最後に回しますか……? んーでもそれだと───」

制作部C「ラミネーターは……あった。ちょっとコンセント1つ使うわ」

制作部B「部屋の端のが空いてるから、そっち使って」

璃奈 「…………」Zzz

.

117 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:41:37 ID:Ad0Bd5LM

-制作部-

歩夢「はい、お茶だよ」🍵

部長「ん、サンキュー。助かる」

歩夢「それで、さっきから気になってたんだけど……璃奈ちゃん何してるの? こんな所で」

璃奈「…………」Zzz

部長「ああ」ズズ…

部長「何かちょっと前……半月前くらいかな。フラッとここに来て、ここで休憩しても良いか、みたいな事を言ってきたんだよ」

歩夢「休憩? ここで?」

部長「そう。んで以来、昼休みは大体ここで昼寝してる」

部長「俺も気になって、それとなく訊いてみたんだけど……何か、俺達の作業してる環境音が最高に落ち着くらしい」

歩夢「えぇ……?」

歩夢「───」👂

歩夢「これが?」

部長「俺と同じ反応してら」

歩夢「いや(笑)だって、気が散るじゃん……」

部長「親父から聞いたんだけど、あんま静か過ぎると逆に落ち着かなくなる人もいるんだと。音楽掛けないと眠れなかったり」

歩夢「そうなの?」

部長「職場でも、特に事務方の仕事してる人に多いらしい」

歩夢「へ、へぇー……璃奈ちゃんも何かやってるのかな」

歩夢「何にしても、ちょっと変わってるね」

部長「な、変わってるよな」ズズ…

歩夢「まあ、とりあえず」

部長「?」

歩夢「1つ言えるのは、これ愛ちゃんには教えない方が良さそうだって事だよね」

部長「余さず同感だわ」

.

118 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:42:17 ID:Ad0Bd5LM




愛 「何か最近……昼に璃奈と会ってない気がするんだよなあ」

エマ「? 璃奈ちゃん、最近は制作部に顔を出しテルよ?」

愛 「え、何で」

エマ「さあ?」



.

119 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:42:37 ID:Ad0Bd5LM

歩夢「皆、熱心にやってるね。いま昼休みなのに」

部長「入試前に頑張った甲斐ありだよ。報酬も充分に出してるからな」

部長「始めたら何かしらデカいトラブルも起こると思ってたけど、今の所は割と上手くやれてる」

歩夢「このペースなら、来週の全体新曲も出来そう?」

部長「おかげさまで何とか。本当に有難い限りだよ」

部長「皆の力あって、こうして2年目も順調に出来てる」

歩夢「感謝しないとね」

部長「いつもしてるよ。勿論、歩夢達にも」

歩夢「どーいたしましてー♪」

歩夢「ふふ……」

制作部A「爆発しろ」ボソッ

制作部B「おいやめろって……」ヒソヒソ

.

120 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:43:11 ID:Ad0Bd5LM
璃奈「…………」Zzz

歩夢「さ、そろそろ時間だし、璃奈ちゃん起こさないとね」

歩夢「にしても、そっちは璃奈ちゃんいて気が散ったりしないの?」

部長「いや……作業効率が落ちてるとかは無い」

部長「寧ろ逆だよ。皆、女の子が居るってんで余計に気合い入ってる。寝息は聞こえるけど、別にうるさい訳でもないしね」

歩夢「な、なるほど」

歩夢「…………」

歩夢「ねーねー」

部長「?」

歩夢「わたしがいたらさ……もっとモチベーション上がる?」

部長「上がるんじゃないの? 皆、良くも悪くも素直だから」

歩夢「……」

部長「……」

部長「な、なに」

歩夢「いや……あなたは?」

部長「俺……? いや俺は……」

部長「……ノーコメント」

歩夢「は?」👹

部長「ブチ上がるに決まってんじゃーん」😅

歩夢「ふふん」

制作部C(爆発しろ)

制作部D(爆発しろ)

制作部E(爆発しろ)

璃奈  (バルス)

.

121 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:44:00 ID:Ad0Bd5LM

───兄2人と姉1人もいます


かすみ「そういやアンタ、そろそろ誕生日だよね?」

弟  「んあ? あーそうだっけ」

かすみ「そうだっけって……記念すべき小6の誕生日でしょ。そろそろ大人の仲間入りだぞ?」

弟  「いつもと変わらねーだろ別に。どうせ夕飯が気持ち豪華になるだけだし……」

かすみ「んっふー、そんなこと言って良いのかなー? 折角だから、お姉ちゃんプレゼント用意してあげなくもないけど」

弟  「え、マジで? ……いやでも、どうせ自作のパン寄越してくるオチ……」

かすみ「いやいやあ、1万円までなら金掛けてあげなくもないよ? 12歳は結構な節目なんだから」

弟  「……いや、別に金は掛けてくれなくてもいいし。気持ちだけで」

かすみ「おお? ほーん、子どものくせに生意気なことを……」

弟  「うるせえっ。姉ちゃんだって子どもだろ!」

かすみ「あははっ♪」

.

122 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:44:33 ID:Ad0Bd5LM

かすみ「じゃ何が欲しいの。まさか要らない訳ないよね?」

弟  「そりゃまあ貰えるなら……。欲しい物もあるっちゃある、けど」

かすみ「言ってみ、ホラホラ♪ お姉ちゃんに出来るなら何だって良いよ?」

弟  (…………)

弟  「じゃあ……貰ってきて」

かすみ「ん?」

弟  「だ、だから……サインが欲しい。姉ちゃんトコの人の」

かすみ「わたしのトコ……あ、同好会の人の!?」

弟  「声デケーって!」

かすみ「へえ、へええー。まさかアンタがね」😁

弟  「なんだよ……そういうの駄目なのか?」

かすみ「あ、いや別に構わないけど。……うん、規約的にはセーフだね」

かすみ(寧ろ素直に嬉しいし。でもまさかコイツがね……ませてるなあ)

かすみ「……それで誰のサイン? え、もしかして全員分くれとか」

弟  「そんなに欲張るつもりねーよ流石に。……その」

かすみ「ん?」

弟  「みやし」

かすみ「待って」

弟  「…………」

.

123 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:44:56 ID:Ad0Bd5LM

かすみ「ごめん待って、ちょ待って」

弟  「な、何だよ……」

かすみ「いま誰の名前を言おうとした? みやし?」

弟  「うう……」

かすみ「って来たら1人しか居ないよね? まさか愛先輩なの?」

弟  「……そ、そうだよっ! おれ宮下愛ファンなんだよ悪いかよ!」

かすみ(えぇぇエぇ絵ぇェぇェえエ江ぇエぇ得ェえエぇ絵エ江ぇエぇえーっっ)

弟  「分かってんだよ! 高望みやめろとか言うんだろッ! でも仕方ねーよ、ファンなもんはファンなんだから!」

かすみ(なんということでしょう)

弟  「何で頭抱えてんだよッ」

かすみ「いやあの、あのね? ちょっと厳しいこと言うんだけども」

弟  「どうせオレに宮下愛は勿体無いから乗り換えろとか」

かすみ「いやちがっ! そうでなくてね!」

かすみ「単に……その、理想くらい高く持った方がいいよって言おうと思って……みたいな」

弟  「……わけわかんねーんだけど」

かすみ(ぬぐうううぅ!)

.

124 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:45:22 ID:Ad0Bd5LM

↓↓ここから中須の思考概略↓↓

わかってる……誰のファンになろうが当人の自由って事くらい……そんなの百も承知

でも駄目なの! 姉として複雑過ぎるの! よりによって愛先輩が“推し”だなんて!

あの人はファンに見せてる姿と普段の姿じゃ、日本刀と丸めた新聞紙くらい差があるんだよ!

仮の話、愛先輩にサインを頼んだら……あの予測不可能者の事だもん、“特別に会ったげるよー♪”とか言い出す可能性も!

もしそうなったら、12歳の少年をアレに直面させるのは酷過ぎる! かすみん上手く捌き切る自信無い!

もしかしたら奇跡的に空気読んで、カッコいいままの愛先輩でいてくれるかもしれないけど……

ぶっちゃけ! 愛先輩が愛先輩でいる以上! どう転んでも不安は消えない(辛辣)! 弟の夢は姉が守る!

↑↑思考概略以上(この間4秒)↑↑

.

125 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:45:47 ID:Ad0Bd5LM

弟  「……なあなあ、もしかして姉ちゃんも宮下愛のファ」

かすみ「冗談でもやめてくんない?」

弟  「ん?」

かすみ「何でもない」

弟  「……え、いま何か」

かすみ「わたしの事はいいの! それよりサインだよサイン!」

弟  「姉ちゃんに出来るなら何でも良いんだろ? 宮下愛にサイン頼んできてよ」

かすみ「そ、それだけは」

弟  「何なんだヨさっきから!」ガーッ!

かすみ「あはは……」

かすみ「あー、じゃ2番目! 2番目にファンの人にしよっか! ね!? 悪いことは言わないから!」

弟  「ふざけんなー! ……なあ、何でそんな必死なんだよ。姉ちゃん変だぜ、何かキモいんだけど……」

かすみ「い、いいから! 愛先輩は……えーと、そう! 厄介なファンが多くて!」

弟  「厄介な……?」

かすみ「そ、そう! 最早ストーカー紛いの! だから本人もウンザリしてて!」

かすみ「特に最近はサインとかそういうの、あまり乗り気じゃなくなってるっていうか……」

かすみ「ほらその、書いてはくれるだろーけどね? 同じメンバーとして、サイン頼むのも気を使っちゃうというか、そのー……」

かすみ「えへっ」

126 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:46:10 ID:Ad0Bd5LM

弟  「───」

弟  「……姉ちゃん」

かすみ「は、はい?」

弟  「嘘が下手すぎる」👉💥

かすみ「をえ゙」😨

弟  「誤魔化すのも下手すぎる」👉💥

かすみ「うぐぅ……」😵

弟  「ついでにパン以外の料理も下手過ぎる」

かすみ「関係ないわそれは!」

弟  「俺にそんなの通じねーぞ。何で嘘つくんだよ、コソコソなに企んでんだ?」

かすみ「た、企みなんてそんな」

弟  「あるんだろ?」

かすみ「ぐぬ……」

弟  「やっぱね。分かりやすい姉で助かるわー」

かすみ「うぎぎ……」😡

かすみ「う、うるさーい! 子どもの癖に口答えすんなっ!! とにかく愛先輩はナシ!」

弟  「…………」😒

かすみ「な、何だよその目はっ」

弟  「別にぃ? また出たと思って。姉ちゃん負けそうになると、いつも勢いでゴリ押ししてくる」

弟  「悪い癖だよ」

かすみ「う、うるさ───」

弟  「そんなんだから、彼氏とも2ヶ月で駄目に」

かすみ「言ってはならんコト言ったな貴様!!」

.

127 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:46:45 ID:Ad0Bd5LM

かすみ「とに」

弟  「また“とにかく”だろ」

かすみ「とにかく!!」

弟  「うわ突破してきたよこいつ。そういうとこ逆に尊敬するわ」

かすみ「と、に、か、く! 愛先輩はナシ! これには深い理由があるんだから!」

かすみ「小6なら聞き分けなさい!」

弟  「何だよ小6ならって……押し切ろうたってそうは……」

かすみ「うるしゃーい! とにかく愛先輩は駄目なのッ!」

弟  (やっぱファンなんだろ姉ちゃん……)

かすみ「そういう訳だから2番目の推し! さあ言ってみ、誰なん!?」

弟  「うっ……」

かすみ「誰!? それなら良いから! サインでも手形でも貰ってきてあげる! さあ!」ズイッ

弟  「に、2番目って……そ、それは……」

かすみ「誰!?」ズズイッ

弟  「近いんだけど」

かすみ「言わないとこのままチューね」

弟  「やめろって。……あーえっと、その……」

弟  「…………」

かすみ「?」

弟  「……」

弟  「ぜってー言わね」ムスッ

かすみ「へ」

弟  「姉ちゃんにだけは言わねえから絶対」

かすみ「な、なーんでよぉー」

弟  「う……あーもうるせっ! こうなったら何が何でも宮下愛のサイン貰ってきてもらうからなッ!」

かすみ「えええー……チューするけど良いの?」

弟  「死ねっ」👊ブンッ

かすみ「甘い! 喰らえいっ!」💗ムッチュ

弟  「ギャーッ!?」

.

128 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:47:08 ID:Ad0Bd5LM

───で


愛  「え、誕プレにサイン? ふーん、かすみ弟さんいたの」

かすみ「はい……えへへ」

かすみ(普通に終われ普通に終われ普通に終われ普通に終われ普通に終われ普通に)

愛  「良いね姉弟愛! 任しといて、サインくらい何枚でもあげる!」

かすみ(ヨシ!)👈😼

愛  「んじゃ、オマケで今度、特別に会ってあげ」

かすみ「Notヨシ!!!」👈💀

愛  「え、なに!?」ビクッ

.

129 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:47:46 ID:Ad0Bd5LM

───ここで感染しました


-スクールアイドル同好会 部室-

歩夢「あれ、日誌ここで書いてるの?」

愛 「お、歩夢おつかれー」

歩夢「お疲れさま」

愛 「そーなんだよね。今日アタシ日直だったから……」

愛 「相方の人に、文章苦手だからって押し付けられちゃってさー」

愛 「アタシだって手書き文はド苦手だってのにもー……」

歩夢「でも、ソコで断れないのが愛ちゃんの良い所だよね」

愛 「はっは、まーね。愛さん見た目通り優しいから」

歩夢「そういうとこだよ愛ちゃん」

愛 「え」

歩夢「でも……相変わらず綺麗な字だよね、本当に」

愛 「え……あ、ああ、まあね。数少ないアタシの自慢出来そうなとこだからねー」

愛 (気のせい気のせい……そうに決まってる)

.

130 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:48:09 ID:Ad0Bd5LM

歩夢「ところで、それとは関係無いんだけど」

愛 「うん」

歩夢「重くないの? 背中のそれ」

彼方「スヤァ…………」

愛 「うん、やっとツッコんでくれたね。待ってたよ」

歩夢「物凄い体勢なんだけど……どうなってるの」

愛 「だよね。よく座ってる人間に寄り掛かって寝られるよね」

愛 「何か“あったかいんだからぁ〜♪”とか言ってのし掛かってきて、面倒だからそのままにしてたんだけど……」

愛 「気付いたら背中から寝息が聞こえ始めてさ。仮にも先輩を弾き落とすのもマズいし」

歩夢「あはは……訳分かんない」

歩夢「それで、どうするのそれ。生徒会行って遥ちゃん呼んでくる?」

愛 「いや、遥よりエマっち呼んできて……」

愛 「あの人ならメンバーでは一番苦無く持ち上げられるから。これ」

彼方「😪」←これ

.

131 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:48:30 ID:Ad0Bd5LM

歩夢「は、はあ……じゃあ、急いで呼んでくるね」

愛 「頼むわ。ホント動けないからマジで」

歩夢「も、もう少し頑張ってね」タタタタ…

愛 「よろしーくー」

愛 「…………」

愛 「ふぃー……疲れるわぁ」

愛 (これ剥がしたら、レッドブル1杯やりにいこ)

彼方「トリニク……キュウリ……Zzz」

愛 「…………」

璃奈「…………」

愛 「あのね」

璃奈「…………」

愛 「いまアタシ迂闊に動けないからアレだけど、本気で心臓止まるかと思ったからね」

愛 「急に璃奈が居て」

璃奈「…………」

愛 「璃奈? ちょっと?」

璃奈「…………」

愛 「り、りなりー?」

璃奈「それやめてって言ったでしょ」

愛 「すんません」

.

132 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:48:54 ID:Ad0Bd5LM

璃奈「…………」チラリ

愛さん鞄「くっ」

璃奈「…………」スタスタ

璃奈「……愛先輩って確か、さ」ガサゴソ

愛 「ち、ちょっと璃奈!?」

璃奈「普段からさ、スマホのロック掛けない派、だったよね?」つ愛スマホ

愛 「───!?!??」

愛 「や、やめて!! 早まんないで!! それだけはやめ」

彼方「…ウルヒャイ」ベチッ

愛 「あでっ」

璃奈「これと……これと……これも」ポチポチ

愛 「あ」

愛 「あ、ああああああぁ……あああ、あああ!」

璃奈「何かデッドプールの画像が大量に……あ」

璃奈「これ……いつ撮ったの。私の寝顔」

愛 「や、やめてそれだけはぁ……」

璃奈「はい削除ォ」ポチポチ

愛 「いやあああぁ……!」

愛 「やめてぇえええおねがいぃ……!」

彼方「ふぁ……?」

.

133 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:49:22 ID:Ad0Bd5LM

璃奈「これは……まあいっか」ポチポチ

璃奈「これは駄目だね」ポチポチ

愛 「あ、あ、ああ……アタシの思い出が……」

璃奈「やかましい」

璃奈「これは駄目……これは、まあよし」ポチポチ

璃奈「……ッッ!? さ、削除ッッ」ポチッッ!

璃奈「先輩……後で話あるから」ギロッ

愛 「ああああああああああああ!」

愛 「ああああああああああああ!!」

……………………

……………………

歩夢「…………」

エマ「え、ええと……何カナ、これ」

歩夢「…………はぁ」

歩夢「自業自得だよ。愛ちゃんのオバカ」

愛 「ふ、ふたりとも璃奈を止めてぇ……」

歩夢「いやです。少し頭を冷やしなさい」

歩夢「さっ行きましょ、わざわざ呼び出してすみません。お詫びに後で美味しい物ご馳走しますね」

エマ「あ、ありがと……デモ良いの? 愛ちゃん泣いテルよ……?」

歩夢「いいんですよ。寧ろ良い薬ですから」

彼方(つい起きちゃったけど……ちょっと寝たふりしてよ)ノシカカリ

愛 「いいいいぃ↓やああああぁ!!↑(裏声)」

.

134 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:51:45 ID:TOzGW9Ic

───1人に渡すことで頭がいっぱいでした


愛 「メリーバレンタイーン☆」

歩夢「ハッピーバレンタインね」

愛 「それだと略したらハピバじゃん。ややこしいじゃん豆板醤」

歩夢「略さなきゃいいじゃんジャンバルジャン。……で、そのパンパンの紙袋なに?」

愛 「これ? ふっふ、お待ちかねのブツだぜ相棒」ガサッ

歩夢「相棒じゃなくて友達」

愛 「同じ同じ。はいチョコ、歩夢の分ね。メッセージカード入ってるよ」🍫

歩夢「やっぱりチョコなんだ。ありがと……にしても毎年よくやるね、愛ちゃんも」

愛 「何言ってんのー。イベントは楽しむためにあるんだぜ、知らんの?」

歩夢「まあ、そうだけどね」

歩夢「……え、ていうかそれ……紙袋の中、全部チョコなの? 多くない?」

愛 「そう、全部チョコ」

愛 「あ、でも殆ど普通のガーナね。クラスの男子にあげるやつ」

歩夢「……パリピ(死語)だね愛ちゃん」

愛 「ノンノン、愛さんパリピ(死語)じゃないよ。単に買い出し役になっただけ」

歩夢「?」

.

135 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:52:28 ID:TOzGW9Ic

愛 「実はアタシのクラスね……明日、女子だけ早く行って、男子にサプライズする事になってさ」

歩夢「サプライズ……? あーもしかして、ホワイトボードに絵とか描いたりする感じの」

愛 「大」😊

愛 「正」😄

愛 「解」😉

愛 「日頃クラスを面白くしてくれる感謝の気持ちを込めてね」

歩夢「ふーん……」

歩夢「誰が発案者?」

愛 「宮下愛っていう子」

歩夢「パリピ(死語)じゃん」

愛 「パリピ(死語)ちゃうよー」

歩夢「あっはははは」

愛 「あっはははは」

愛 「じゃあ、はい」✋

歩夢「…………」

愛 「…………」✋

.

136 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:52:52 ID:TOzGW9Ic

歩夢「何この手」

愛 「……え? いや、チョコは?」✋

歩夢「…………」

愛 「歩夢から愛さんへのチョコは?」✋

愛 「……永遠の友情を誓うチョコは?」✋

歩夢「…………」

愛 「……」✋

歩夢「……」

愛 「おい」👊

歩夢「ごめんド忘れ!」ダッ

愛 「オラッ! 逃がすかっ!」ダッ

歩夢「明日! 明日に渡すから!」

愛 「許さん!」

.

137 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:53:21 ID:TOzGW9Ic

───同好会に入ってからは、特に


果林(155cm)「ちょっと近江さん! こんな所で何してるの!」

彼方「んー……Zzz」

果林「ほら起きなさい! 早く!」ユサユサ

彼方「んがっ……んーなんね……誰アンタ……」

果林「授業もう始まってるって言ってるでしょ! さっき2限目終わったんだけど!?」

彼方「え……」

彼方「ふぁっ!? うっそ!?」ガバッ

果林「やっと起きた……」

彼方「ちょ、あーえっと……」

果林「委員長の朝香果林。もう4月も終わるんだから、いい加減に覚えて」

彼方「お、おう朝香ちゃんね。……ところでいま西暦何時?」←寝惚け

果林「……」👉

彼方「……」(  👀)

時計「10:53」

彼方「……おうマジか」

彼方「あああぅおおおしまっっっっっったあああああぁぁぁ……」😱

果林「まったく。学校の中庭で寝過ごす人なんて見たことないんだけど」

果林「たまたま私が見つけたから良かったけど、そうじゃなかったら大変な事になってたわ」 

.

138 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:53:44 ID:TOzGW9Ic

彼方「ち、ちげーんだって! ほら、かな……わたし上京して日が浅いからワクワクしてさー」

果林「アンタも上京組だったの」

彼方「鹿児島からねー」

彼方「んで今夜、住んでる学生アパートがね、何か歓迎会みたいなの開いてくれるってんでワクワクしてたら、今朝かなり早く起きちゃったんだよ」

果林「なるほど、あるあるね。良い所じゃないそのアパート。……それで?」

彼方「やる事も無いし調子に乗って始発で来たら、校門は通れたんだけど、当然まだ校舎は開いてなくて……」

彼方「仕方ねーから中庭のベンチで待ってたら……はい」

果林「寝落ちた、と」

果林「そういうこと?」

彼方「しょうゆこと!」

果林「そう……(無関心)」

彼方「そーなんすよ!」

果林「よく分かった」

果林「じゃ、それカンカンに怒ってる先生の前で言ってくれば」スタスタ

彼方「ぬおおおおお!」ガッシ!

果林「ぎゃああああ!? 何すんのよっ!?」

.

139 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:54:34 ID:TOzGW9Ic

果林「ちょ、この、やめろ変態! 変なとこ掴むな見えちゃうでしょ!」

彼方「どうか御勘弁をォォ」

果林「私が勘弁して何になるってのよ! 自業自得でしょ諦めなさい!」

果林「こういうのは素直に頭を下げておくのが一番なの。ほら放して」

彼方「特待生としてあかんのや心証とか色んな意味で……」

果林「特待生も六芒星もあるか。素直に怒られなさい間抜け」

果林「…………」

果林「特待生ってなに?」

彼方「? あれ、言ってなかったっけ」

彼方「わたし、まあLD科の主席入学者で、簡単に言えば特待生なんだ」

果林「……」

彼方「だから拙いんだよう、こんなポカやらかしたら、立場ある者として……」

果林「……」

彼方「……どしたん?」

果林「なンでもなイ」←補欠合格者

彼方「???」

果林「早ク行くワよ」ズルズル

彼方「ぐええ」ズルズル

彼方「にゅおおおおお許してええええズルズル

.

140 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 04:54:59 ID:TOzGW9Ic

……………………

……………………

果林「彼方ァ!」

彼方「ふぁっ」

果林「いつまで寝てんの起きなさい!」👊💥ボカッ

彼方「あ痛ァ!?」

彼方「んがっ……? おう果林ちゃん」

果林(167cm)「おう、じゃないわよ。もう授業始まるわよ」

彼方「…………」

彼方「やっぱロリ巨乳よか、こっちの果林ちゃんだね」

果林「は?」

彼方「何でもなーい。懐かしい夢を見てたのさ」

果林「……?」

彼方「なあ果林ちゃん」

果林「なによ」

彼方「期末、順位どうだった?」

果林「なに急に……アンタ何か気持ち悪いわよ」

果林「LD科で12位だったけど」

彼方「そっか……」

彼方「えらいねぇ」ナデナデ

果林「ちょ、何なのよ! 馬鹿にすんじゃないわよ万年首位のくせに!」バシッ

彼方「…………」

彼方「ははっ、時間が経つのは早いなーと思ってさ……」ゴロリ

果林「???? ……アンタ風邪でも引いたの?」

果林「って何また寝ようとしてんのよ。起きなさい、ちょっと」

彼方「おやすみー」

果林「ちょっと!」

.

141 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/30(月) 21:48:12 ID:WwtcYLN6
部長は爆発するべき

142 名無しさん@転載は禁止 :2021/08/31(火) 09:04:24 ID:lY1Kxrz2
クライシス好きなのか


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板