したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

愛「へー……3人の名前に因んでるのかぁ」

1 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:10:35 ID:6SrrO8Rc
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1572862705/

↑これの改造版

基本りなあいだけどモブが喋りまくる
設定もスクスタの遥か前に勝手に組み上げたのほぼそのまま

2 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:11:37 ID:6SrrO8Rc

愛 「えー? あいつ今日も来ないの?」

歩夢「うん、最近かなり忙しいらしくって」

愛 「忙しい? え、いま中2の春だよ? こんな平和な時から何やってんのさ」

歩夢「平和な時って……」

歩夢「何ていうか、やりたい事……やらなきゃいけない事? でもあるかな」

愛 「???」

歩夢「彼……っていうか彼と私ね、虹ヶ咲学園に行くつもりなんだけど」

愛 「ニジガサキ? ……ニジガサキってあの虹ヶ咲?」

歩夢「そう、その虹ヶ咲。言ってなかったけど、私も今から結構やってるよ、勉強」

歩夢「割と平和な時じゃないんだな、これが。へへん」

愛 「……なーんてこったい、アンタらが急に遠くの人間になった気がする」

歩夢「大袈裟だなあ」

歩夢「とにかく、虹ヶ咲に進学した後でね、やりたい事があるの。2人で」

愛 「やりたいこと」

歩夢「そう。そのために準備があってね、いろいろ"人を集めてる"最中なの」

愛 「人……? あつめる……? ……?」

歩夢「えっへー、これは愛ちゃんにも内緒」

愛 「ええー……」

3 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:12:37 ID:6SrrO8Rc

愛 「なんだよう。愛さんってばノケモンかい」

愛 「じゃあ今回も、あいつ抜きで歌うのかあ……」

歩夢「まあまあ、いっぱい歌って応援しようよ。ついでに動画も送って」

愛 「そうだね……じゃあ他にも何人か誘おっか。大量に送り付けてやろ」

愛 「あーあ、でも、あいつの"海雪"とか割と楽しみにしてたんだけどなあ……」

歩夢「それは分かる。昔から妙に演歌上手いんだよね、何故か」

愛 「ねーホント。何度も聴いてるとクセになり掛けるよね。おばーちゃんにも見せてやりたいわ」

愛 「……」

歩夢「愛ちゃん」

愛 「よし、決めた」

歩夢「えっ? あ、もう決まったの? 今回は何から歌う?」

愛 「いや……ソッチの話じゃなくてね」

愛 「今この瞬間、アタシの進学先が決まったって話」

歩夢「…………」

愛 「アタシらズッ友(死語)。オッケー?」

歩夢「……愛ちゃん」

愛 「?」

歩夢「オバカ」ニコッ

愛 「んだとこら」

4 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:14:07 ID:6SrrO8Rc

───ボードは(描写難度的に)無しの方向で


-スクールアイドル同好会 部室-

ガラッ

菜々「こんにち───は」

愛 「うぬぬぬ……」

璃奈「…………」ムニムニ

菜々「…………」

菜々「あのー、お2人とも?」

愛 「ん、おう菜々じゃん! お疲れ!」

愛 「あれ? 眼鏡だ。コンタクトにしたんじゃなかったの?」

菜々「ああ、そうなんですけど……ちょっと普段使いするのは、私には負担で」

菜々「ライブとか配信の時だけコンタクトにしようかな、と」

愛 「ふーん、ちょっと勿体無い気もするなあ。眼鏡も良いけどさあ」

菜々「えへへ。……それで、あの」

愛 「?」

璃奈「…………」ムニムニムニムニ

菜々「さっきからほっぺ捏ねられてるソレは……?」

璃奈「ふぃんふぁふあひぇ」ムニムニムニムニ

愛 「あ、これね」

愛 「ちょっと璃奈の顔のね、筋肉を柔らかくしてるとこなんだけど……予想以上にモチモチで」

菜々「顔筋を柔らかく……?」

愛 「璃奈が表情を自然に出せるようになりたいって言うからさー。アタシが何とかしたげようってね」

菜々「ええ……?」

璃奈「ふぉんひゃふぃひょふぁふぁ」ムニムニムニムニ

5 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:14:43 ID:6SrrO8Rc

愛 「つってもまー所詮、何もしないよりはやっておこうぜ程度なんだけど」

菜々「そ、そうですか」

璃奈「ふぃひふぁふぇんふぃひへふぉひふぃ」ムニムニムニムニ

菜々(あ、今のは何て言ったか分かる気がする)

愛 「ここがスクドル始めて1年くらい経ってさ、まあまあ得られてはいる訳じゃん? 業界での立場みたいなもん」

菜々「ええ……私達の努力もですけど、部長さん達のプロデュース手腕の賜物ですよね」

愛 「うん、大きなトラブルも無く……あ、気を悪くしないでほしいんだけど、特に璃奈なんて生まれ付き難しい体質だけど、ちゃんと他のメンバーと変わらない感じでファンには受け入れられてるじゃん」

璃奈「……」コクリ

愛 「それは素直に有難い事なんだけど……まあね、折角アイドルやるんだもん。璃奈も自然に表情出せるようになったら……」

愛 「素敵やん?」😼キリッ

愛 「だから、物は試しでいろいろアプローチしてみようってね」

菜々「それは言う通りですけど……」

菜々(アプローチの軌道が泥酔したウナギよりヒドいと思うんだけどなあ)

菜々(決して悪い人じゃないし、逆に思慮深い所も多いんだけど……ノリ半分で生きてるって感じ)

璃奈「ふぁふぃんほふぃあひぇ」ムニムニ

6 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:15:12 ID:6SrrO8Rc

菜々「あの、でも……」

璃奈「ふぉんふぁひふぇふぇ」ムニムニ

菜々「それ……」

璃奈「ふぃふぁふぃんふぅみふ」ムニムニムニムニ

菜々「そろそろ……」

璃奈「ふぁふふぁふぃへほんふェ」ムニムニムニムニ

菜々「やめにした方が……」アワワ

璃奈「…………」ムニムニムニムニ

7 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:15:39 ID:6SrrO8Rc

ムニムニムニムニ……

わたしは天王寺璃奈。公務員の父と看護師長の母を持つ、都心に程近い渋谷区の住宅街に住む、15歳の高校生

生まれつき……医者の言だと心理的な要因から、わたしは抱いた感情を表情として出力する事が碌に出来ないらしく───

過去、その特異な体質が原因で、周囲から微妙に気味悪がられる事もあった。……その辺りを除けば、まあ大体は普通の女の子

いつも表情の変わらない無愛想な奴、とか思われる程度だし、そこを除けば、生活面に関して大した不自由を感じた事も無い

強いて言えば、小中の卒業アルバムの写真を撮った時、笑顔を求められたのに1人だけ無表情で渋い顔をされたくらい……かな

ムニムニムニムニ……

……それで、さっきから人の顔を何やら捏ね回してらっしゃる金髪が宮下愛さん。同じ同好会に所属する2年生の先輩

率直に言って、現在わたしの対人関係に割かれる思考の、およそ20%程を勝手に占めている厄介な存在だ

8 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:16:21 ID:6SrrO8Rc

今年、春の始め───学校と家の往復以外に大した凹凸の無い生活を送るわたしに、その時は唐突に訪れた

わたしの一体どの部分に可能性を見出したのか知らないけど、何か急に現れた“部長”を名乗る人から、わたしはスクールアイドル同好会なる奇特な部活に熱烈な勧誘を受ける

仔細は省くけど、思い出すのも恥ずかしくなるほどの紆余曲折の末、最終的には入部届に判を押す結果に至り……そうして記念すべき活動の初日に初めて顔を合わせたのが、彼女こと愛先輩

今では愛先輩も合わせて沢山の仲間に囲まれ、冠したスクールアイドルの名前の通り、ライブとか、それっぽい活動をしている

愛先輩と中学校の頃から幼馴染みらしい、見た目は愛先輩に次いで派手だけど、穏やかで優しい上原歩夢先輩

元は生徒会に入る気だったけど、それを蹴って部長先輩のスカウトを受けたらしい、眼鏡の似合う中川菜々先輩

9 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:16:53 ID:6SrrO8Rc

いつも眠そうでノンビリしてるけど、底知れない情熱と悪戯心の塊、何とLD科の特待生だという近江彼方先輩

そんな彼方先輩と喧嘩ばかりだけど、間違いなく親友として信頼し合う皆の姉貴分、同好会の副部長こと朝香果林先輩

……正直、同好会で最も謎の存在というか、優しくて皆を支えてくれるのは確かだけど、どこか�拙み所の無いエマ・ヴェルデ先輩

実家は横浜のベーカリー、可愛い物が大好きで、アイドルへの情熱は菜々先輩にも引けを取らない(あざとい)子、中須かすみ

誰に対しても敬語で話す、黒髪ロングな純鎌倉産の稀少種で、名前をググると何か部長先輩以上に色々と出てくる桜坂しずく

……割愛、宮下愛先輩

部長先輩が意図した結果だろうけど、個性的な面々とは正にこの事

これまで徹底してインドアだったツケか、体力面では皆の足を引っ張っているのが現状だし、それに上述した表情を上手く出せない事とか、課題は今でも山積みだけど……何だかんだ、今までの人生で一番、とても新鮮で充実した毎日を送れていると思う

璃奈(で、特にこの宮下愛先輩と知り会ってからというもの……わたしは良くも 悪 く も 退屈とは無縁でいる)

10 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:17:23 ID:6SrrO8Rc

愛 「璃奈ー! こないだの漫画アタシも読んだよ!」

呼んでもないのに飛び出てきて

愛 「璃奈ー! がんばれー! そっからスリーポイントいけるよー!」

良くも悪くも人目を気にせず

愛 「凄いよ璃奈これ何か自販機にあったやつ! 飲んでみ! “飛ぶ”よマジで!」

ウンザリする程どこにいても絡んでくる

愛 「璃奈これ見た!? 昨日の───」

璃奈「うるさい」

本当、退屈しない

無神経だけど、何か憎めない

と思えば、たまに本気で苛つかせられる

……………………

……………………


璃奈(そうやって積極的に人と関わって、知ろうとする姿勢。わたしには無いものを持ってる、そこだけは尊敬したいと思う)

璃奈(たまにクラスでも愛先輩の良い評判を聞く事があるし……きっと、何か凄い人なんだろうね)

璃奈(わたしの“これ”は生まれ付きだし、もう折り合いもつけてるけど……でも)ムニムニムニムニ

璃奈(わたしのこと……そうやって深く考えてくれるのは、少し嬉しい、かな)ムニムニムニムニ

愛 「はー気持ち……ごほん、じゃなくて、どうにかして良い案を練らないとなあ」

菜々「あの……だ、大丈夫なんですか本当に。何か、天王寺さんから黒いオーラが……」

璃奈「…………」ムニムニムニムニ

璃奈(でも流石に、そろそろ怒って良いよね)ムニムニムニムニ

菜々「あわわ」

11 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:18:24 ID:6SrrO8Rc

-数日後-

愛 「お、いたいた。璃奈ー、見てこれ」

璃奈「愛先輩……何ですか?」

愛 「じゃじゃーん、名付けて“璃奈ちゃんノート”ぉー♪」

璃奈「…………」

愛 「スゴいっしょ、ページ毎に顔が描いてあるんだ。昔の芸人から着想を得たの」ペラリペラリ

愛 「これ顔に当てて使えば、璃奈も見事に表情豊かな……子に」

璃奈「…………」

愛 「……えーと」

璃奈「…………」

愛 「あ、駄目だった?」

璃奈「そんな事ないですよ(棒)」

璃奈「ありがとうございます。必要になったら使わせて貰いますね」ゴソゴソ

愛 「ち、ちょっとちょっとーん。言った傍から鞄に仕舞ってるじゃーん。絶対一生使わないオチじゃんそれー」

愛 「折角ラブ込めて作ったのにー」

璃奈「大きな御世話です……それでは」スタスタ

愛 「ちぇー」

璃奈「…………」

璃奈(ふんだ。愛先輩のオバカ)

璃奈(これだから素直に尊敬できないんだよなあ)

12 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:21:43 ID:6SrrO8Rc

愛 「───という事なんだけど」

愛 「何がいけなかったんだと思う?」

歩夢「分からなくても何かしら回答していく姿勢」

歩夢「以外の全部だと思うよ」

愛 「そっかぁ」シュン…

歩夢「そっかーじゃないよ。頭どう揺らせば璃奈ちゃんノートなんて発想に行き着くの……」

愛 「そ、そんなに駄目? ……なんだよね、はは……。寝る前に思い付いて、よっしゃイケるって思ったのになあ」

歩夢「ほぼ深夜テンションじゃん」

13 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:23:01 ID:6SrrO8Rc

───百害あって二利くらいしかない


璃奈「…………」チューチュー

愛 「やっほー璃奈」

璃奈「ん、愛先輩?」

愛 「おっ? 何か飲んでる。璃奈それ何?」

璃奈「これ……モンスター、だけど」

愛 「モンスター」

愛 「あー……知ってるかも。エナドリってやつか」

璃奈「そうだよ。いろいろ種類が有るの」

愛 「え、わざわざストローで飲むの」

璃奈「通の飲み方だよ」

愛 「通? ほーん」

愛 「って事は璃奈、普段からエナドリに頼るほど疲れてたり……」

璃奈「ん……そんな疲れてはないけど」

愛 「え、ないの? じゃあ何で」

璃奈「エナドリって疲れてないと飲んじゃいけない物じゃないよ?」

璃奈「単に美味しいから飲んでるの」

璃奈「ていうか、エナドリに味以外の部分を求めたら損すると思う」

愛 「な、何だ、何か璃奈が凄いこと言いだしたんだけど……」

愛 「────」

愛 「ねえそれ」

璃奈「一口ちょーだい、とか言うんでしょ、どうせ」

愛 「ヒョッ?! な、何で分かった!」

璃奈「分かるよ……」

璃奈(猿も察してエサ隠すレベルだよ)

14 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:23:24 ID:6SrrO8Rc

璃奈「いいよ別に。一口ならあげる」

愛 「あら、いいん?」

璃奈「あんな欲しそうな顔されちゃ気まずいもん……」

愛 「えー嬉しいけど……そんな顔してたー?」

璃奈「してたしてた」

璃奈「炭酸は普通に大丈夫だよね。飲んで良いよ、ほら」

愛 「あらまーありがと三角」

璃奈「一口だよ? 本当に一口だからね?」

愛 「信用無い……」チビチビ…

愛 「───」ゴクン…

璃奈「どお?」

愛 「…………」

愛 「あ」

璃奈「?」

15 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:23:46 ID:6SrrO8Rc

愛 「あぁんッま……」

璃奈「え?」

愛 「なァーにコレやっばい……マズくはないけど、すっげ甘い」ウゲー…

璃奈「甘い……えぇーそうかな?」

璃奈「糖分量は普通のジュースとそんな変わらないけど……」

愛 「いや甘いよ……最早ドロ甘だよこれは」

愛 「璃奈、大丈夫なんこれ? これ飲み続けたら糖尿病になるんじゃね」

璃奈「と……べ、別に体調崩す量は飲んでないよ」

璃奈「それに今は運動だって沢山してるもん」

愛 「それにしたって、こりゃ世辞にもカラダに良いモンじゃないね……」

愛 「璃奈の好みは否定しないけど、愛さんはチョイ苦味あった方が好きだなー」

璃奈「そんなこと言われても」

愛 「ちょっと緑茶サーバーの御世話になってくるわ……」スタスタ

16 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 03:24:10 ID:6SrrO8Rc

璃奈「行っちゃった……」

璃奈「……」

璃奈(そんなに甘いかなぁ?)

璃奈(こんな美味しいのに……)チューチュー

璃奈「……」

璃奈(あっ)

璃奈「…………」キョロキョロ

璃奈(ま、いっか)チューチュー…

彼方「みーちゃった☆」

璃奈「ひょあっ」

17 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:23:44 ID:6SrrO8Rc

───常備してます


愛 「妙に小腹が空いてくる季節ですね」

愛 「って! そりゃ1年中やないかー↑い!」🍷

璃奈「1人で何してんの……」←ドン引き

愛 「ルネッサンス(挨拶)。そういう訳でボンタン飴あるけど食べる?」

璃奈「どういう訳。てかボンタンあめって何」

愛 「あれま知らない? 日本に鬼が居た頃からあるんだけど」

愛 「まあいいや、とりま1個食べてみ」コロリ

璃奈「……キャラメルみたい」

璃奈「…………」

璃奈「…………」ムキムキ

璃奈「……?」

愛 「どした璃奈。食べないの?」

璃奈「この包み紙、取れないんだけど……」

愛 「え」

愛 「……何それ? は? 可愛いんだけど。可愛いんだけど璃奈」ナデナデ

璃奈「なに、いきなり。触らないで気持ち悪い」ペシッ

18 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:24:22 ID:6SrrO8Rc

───町の空気からして違います


愛 「璃奈ってドコに住んでんの? ってか都内住み、だよね?」

璃奈「……渋谷だけど」

愛 「え渋谷? おおー渋谷? 案外ウチから近いんだ。華やかなトコ住んでんじゃん」

璃奈「華やかって」

璃奈「……別に普通の住宅街だけど」

愛 「えー? まーたまたそんな謙遜しちゃってー」

愛 「実は松濤辺りに住んでたりとか……」

璃奈「え、何で分かったの」

愛 「   」

璃奈「どしたの?」キョト

愛 「……今度お邪魔してもいいですか?」ズイ

璃奈「え、やだ」アトズサリ

愛 「そんなー」

19 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:24:58 ID:6SrrO8Rc

───モンスターのボトル缶を奢ってもらった


愛 「あなたが落としたのは金髪の愛さん? それともクリスタルひとしくん?」

璃奈「落としてません。さようなら」スタスタ

愛 「ごめんなさい待ってください璃奈様」

璃奈「…………」

愛 「そこで立ち止まってくれる璃奈が好き」

璃奈「良いから早く用件言ってくれます? わたしも暇じゃないんですけど」

愛 「待ってマジそろそろ泣くから優しくして本当」

璃奈(優しくされるような振る舞いをすれば良いのに)

愛 「ごほん……実は昨日、おばーちゃんが何と宝くじで20万円を当ててさ」

璃奈「えっ」

愛 「お、興味ある?」

璃奈「突然過ぎて割と湧いた」

愛 「おう。それで早い話アタシに……驚く無かれ5万円の臨時収入が入ったんだよね」

璃奈「おお……」

愛 「だからいま、愛さん超ご機嫌なんだよね! ハグして良い?」

璃奈「…………」

愛 「あはは……」

20 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:25:26 ID:6SrrO8Rc

愛 「そ、そういう訳でね、幸運のお裾分けって言ったらアレだけど、今日は特別に璃奈のお願いを何でも聞いてあげる!」

璃奈「何か変な飛躍した」

璃奈「え、ていうか何でもって……」

愛 「何でもだよ? 昼御飯驕りでも何でも。アタシに出来る範囲でランプの精になってあげる」

愛 「ま! さっきのやつは湖の精だけどね!」ドヤッ

璃奈「何でも……」

愛 (スルーされたよぅ)

璃奈「何でも良いんだよね」

愛 「ど、どんとこい」

璃奈「…………」

璃奈「じゃあ」

愛 「あ、流石に無いだろうけど、璃奈に今日1日は近付かない的なのは駄目だよん」ヘラヘラ

璃奈「は?(威圧)」

愛 「え?(萎縮)」

21 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:25:50 ID:6SrrO8Rc

───当作に百合はありません


愛 「デッドプールフォーエバー! 本日公開ッッ!!」(※そんなものはない)

愛 「歩夢みにいこ♥」

歩夢「嫌です」

愛 「何で?(失意)」

歩夢「前から言ってるでしょ何回も……わたし、ああいう映画は得意じゃないの」

愛 「もー……歩夢まだグロいの駄目なの?」

歩夢「そういうのは時間経過で大丈夫になるものじゃないんだよ……」

愛 「ゲームでは銃ブッパしてるのに?」

歩夢「CGと生身の人間じゃ感じるものが違うのっ!」

愛 (最近の実写も殆どCGアニメみたいなもんだけどなあ)

歩夢「それに、どっちにしろ無理だよ。今日は大事な用事も入ってるから」

愛 「用事? あらまゴメンそうだったの。何どっか行くん?」

歩夢「うん……ちょっと、いろいろね」

愛 「…………」

愛 「あ、デート?」

歩夢「ん゙ッ!(咳き込み)」

愛 「おお当たりか」

22 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:26:24 ID:6SrrO8Rc

歩夢「げほっ……ねえ愛ちゃん」

愛 「おん?」

歩夢「ちょっと殴って良い?」👊

愛 「ふぁっ、いやいやいや良い訳ないっしょ。今更なに恥ずかしがってんのアタシらの仲じゃん……」

歩夢「問題。親しき仲にも?」

愛 「異議あり!」

歩夢「ふざけないでよ!」

愛 「礼儀あり、ね」

歩夢「そういうのは分かってても黙ってるものなの! デリカシー大事だよ!」

愛 「んははは」

歩夢「愛ちゃん!!」😡

愛 「わ、分かってる分かってる。ごめんて」😅

23 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:27:03 ID:6SrrO8Rc

歩夢「とにかく、わたしは行かないよ。出来れば他を当たってください」

愛 「むう、残念……じゃあ良いよ。代わりに今度の日曜ズートピア2見に行こ、あいつも誘って」

歩夢「え? ……ま、まあズートピアなら良いけど……デッドプールさんは観ないの?」

愛 「いや行く。この後、同好会の誰か誘って見てくる」

歩夢「ええー? あらら欲張り愛ちゃんだね。今月の残高ピンチになっちゃうかもよ?」

愛 「だ、大丈夫だよ。まだ余裕あるし。……そもそも、デッドプール見たいのと歩夢と映画見たいのは別の事だから」

歩夢「え?……え、どゆこと?」

愛 「いやだから、何かしら歩夢と外で遊ぶ機会は設けておきたかったんだよ」

歩夢「へ……」

愛 「最近いろいろ忙しくてさ、特に今月は1回も歩夢と街で遊んでなかったじゃん?」

歩夢「……うん」

愛 「でしょ? まあ仕方ない事だけど、そんなんじゃ寂しい気もするでしょ。この頃やっとスケジュールも落ち着いてきたから、ね」

愛 「アタシら、それなり長い付き合いなんだし、そうやって時間作ってでも一緒に……。……歩夢?」

歩夢「ふえ?」ビクッ

愛 「え、どうかした? さっきから何でそっち見てるん」

歩夢「あ、えと……」キョロキョロ

愛 「?」

歩夢「……別に何でもない。愛ちゃんの癖に、そんな嬉しいコト言えるんだなと思って」プイッ

愛 「…………」

愛 「ああ、もしかして」

歩夢「照れてない!」

愛 「ま、まだ何も言ってないじゃん……やっぱ照れ」

歩夢「てないって言ってるでしょ! もう黙って本当に! デリカシーってものを学びなさい!」

24 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:28:33 ID:6SrrO8Rc

───ちなみに、うるさい菜々は出ません


愛 「璃奈はさー」

愛 「同好会の先輩の中で誰が一番好き?」

璃奈「…………」(��_�� )

愛 「な、何か言ってよぅ……」

愛 「えーと……じゃあ歩夢のことは?」

璃奈「優しいから好き」

愛 「菜々は?」

璃奈「割と話合う所もから……好きな方」

璃奈(たまに愛先輩よりうるさいけど)

愛 「……」

愛 「アタシのことは? 好き?」

璃奈「…………」プイス

愛 「何か言ってよッ!?」

璃奈「そういうこと聞いてこなければ好き」

璃奈「かも」

愛 「かもって何だよヘイヘイ」ナデナデ

璃奈「気安く触らないで」ペシッ

愛 「ヘーイ……」シューン…

25 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:30:31 ID:oW3lrayM

───ドライな後輩、2人目


愛  「よーう、かすかすー」ナデナデ

かすみ「うげっ愛先輩……」ベシッ

愛  「えー何その反応、ひどくね? 愛さん泣いちゃうんだけど」

かすみ「りな子とのアレ見てれば当然の反応でしょうよ」

かすみ「事ある毎に絡んでくっついて……何です? 今日のエサはかすみですか?」

愛  「愛さんタコちゃんかい。後輩は先輩にとってカワイイもんじゃん」

かすみ「可愛ければ、こちらの意見シカトで絡んでも許されると」

かすみ「はーなるほど感心します。先輩は毎日が楽しそうで良いですね」

愛  「り、璃奈より毒濃度たけぇ……」😰

かすみ「それに愛先輩とりな子だと、遠目で見たらカツアゲにしか見えないんですよ……」

愛  「えー? カツは元から揚がってるでしょー」

かすみ「…………」

愛  「…………」

愛  「あ、えーと今のはね?」

かすみ(うっざ……そういう所が嫌がられるんでしょ)

26 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:30:58 ID:oW3lrayM

かすみ「もういいです。はい、おでん缶あげますから大人しくしててください」スッ

愛  「え……これ、おでん缶……? 何で持ってんのこんなん」🍢

かすみ「先日、パ……父がスーパーの抽選会で大量に当てまして。丁度良いので是非とも消費に御協力を」

愛  「お、おう」

かすみ「はいどうぞ」

愛  (バッチリ冷めてるし……後で食堂のレンジで温めて食べよ)

愛  「…………」

愛  「ねえ、ちょっと訊きたいんだけど」

かすみ「ええ、かなり馴れ馴れしいですね」

愛  「アタシって、そんなに馴れ……」

かすみ「…………」

愛  「あ、そ、そうですか」

かすみ「はい」

愛  「はーあ、そっかぁ。これでも愛情表現のつもりなんだけどなあ……」オチコミ

かすみ「…………」

かすみ「……はあ……世話の焼ける人ですね」タメイキ

かすみ「愛先輩が馴れ馴れしいのは事実ですが、お気になさらず。別に、かすみ達だって本気で嫌ってる訳じゃないですよ」

愛  「んっ?」

かすみ「先輩が優しい人だって事くらい、ちゃんと皆も分かってる……と思います」

27 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:31:58 ID:oW3lrayM

かすみ「愛先輩の事を本気で嫌ってるなら、皆もう同好会に来たりしないでしょ」

かすみ「かすみ達に馴れ馴れしいのは、もう愛先輩の個性みたいなとこありますし」

愛  「かすみ……」

かすみ「確かに先輩は、いろいろアレですけど」

かすみ「いろいろ、アレですけど」

愛  「そんな強調せんでも……」

かすみ「ですけど……でも、かすみ達が学園とか同好会に馴染めたキッカケ作ってくれた所もあります……」

かすみ「りな子もしず子も、先輩の事はどこかで尊敬してますよ。嫌いだなんて思ってません。きっと」

愛  「かすみも?」

かすみ「ノーコメントです」

愛  「……プラスに解釈しておくね」

かすみ「はいはい……かすみも、ちゃんと分かってますから」

かすみ「ちゃんと、そういう程度を考えて後輩と接しましょうね」ポスポス

愛  「…………」ムズッ

愛  「ちょっとチューして良い?」

ガスンッ!

愛  「だばっふ!?」

かすみ「だから!」

かすみ「そこで! 空気読まないから! りな子が怒るんですよ! このオバカ!」

愛  「うごご……」ヒリヒリ

28 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:32:35 ID:oW3lrayM

───菜々はスクスタ前からオタ系だと思ってた


璃奈「意外……歩夢先輩ってゲームとかやる人だったんだね」

歩夢「あはは、お恥ずかしながら」

璃奈「いや本当に意外だよ。コントローラー持ってるイメージ湧かないもん。え、いつからやってるの?」

歩夢「あー確か小さい頃……幼稚園に入るより前だから本当に小さい頃だね」

歩夢「わか……部長のお兄さんがね、やってたのをやらせてもらったのが、わたしの確かゲーム初プレイ」

歩夢「もうタイトルは憶えてないけど、確かマリオさんだったと思う」

璃奈「へえ……そんな感じ全然ないけど、ゲーム歴わたしより長いんだね」

璃奈「わたし、初めてゲームやったの小学校に上がってからだったよ」

歩夢「良かったら対戦してみる? こう見えて強いよ、わたし」💪ムンッ

璃奈「いいね、いま何やってる?」

歩夢「んふふ、今やってるのはね───」

愛 「…………」

29 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:33:05 ID:oW3lrayM

璃奈「わあ……スゴい。これ全部、菜々先輩なの?」

菜々「あ、あはは、そうです。そんなに見られると恥ずかしいですね」

璃奈「カナヲに、こっちはプリキュア。これ八九寺真宵ちゃん……? え、これアスカ……それにティファまでやってるの」

璃奈「うわ、際どいのもある……“本物”だね先輩」

菜々「あああ、そんな見ないでえ……」😵

璃奈「でも先輩、本当に楽しそうに写ってるね」

菜々「……ええ、まあ、数少ない趣味ですよ」

菜々「昔からプリキュアですとか、そういうアニメが好きで、綺麗な衣装に憧れがあったんです」

菜々「小5か……その辺りだったかな、内緒でコスプレした写真を上げたら割と反響があって、そこから調子付いちゃって」

璃奈「小5? かなり早い内から目覚めてたんだね」

菜々「えへへ。それで気付いたら、こんな事になってて……」

菜々「まあ確かに楽しい、ですね。スクドル始める前までは、自分を表現する唯一の場でした。皆さん寛容ですし、居心地良くて」

菜々「……でも親からは、なかなか理解されなかったんですけどね……」

璃奈「そんな落ち込まないで。わたし達だって理解してるよ。素敵な趣味だと思う」

菜々「ありがとうございます。……へへっ、でもやっぱり恥ずかしい」😳

愛 「…………」

30 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:33:49 ID:oW3lrayM

愛 「ヘイヘイ璃奈」✋

璃奈「天王寺璃奈です───え」

愛 「どうよ?」

璃奈「愛先輩、その髪……」

愛 「そ、いつもと変えてみた。前髪は解いて、あとアイライン気持ち丸っぽく控えめにしてね」

愛 「個性そのまま、歩夢みたいな柔らかい感じに寄せてみた!」

愛 「どう? いつもより優しそうな感じするっしょ! ぬへへ」

璃奈「言動が伴ってないけど」

愛 「ぬぐぇ……ま、まあ、要するにメイクは良い感じって事だよね」😅

愛 「で、見たとこ璃奈はさ、あんまそういう、メイクとか拘り無さそうな感じじゃん」

璃奈「う、うん。あんまり時間掛けた事ないよ」

愛 「愛さんね、ノートの件からずーっと考えてさ。まあ結局こんな事しか思い付かなかったんだけど……」

愛 「璃奈さえ良ければ、メイクで印象を変える技……覚えてみない?」

璃奈「えっ」

31 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:34:30 ID:oW3lrayM

愛  「表情が上手く出せなくても、メイクで人からの視線を変える事は出来る」

愛  「アタシには、これが精一杯だけどさ。何かしら璃奈の役には立ちたかったんだ」

愛  「どう? やってみる?」

璃奈 「……」

璃奈 「うん……先輩が良いなら、覚えてみたい」

愛  「勿論だぜ」

璃奈 「…………」

璃奈 (急にそれっぽい事するんだもんなぁ。この人って)

璃奈 (何かズルい気もする)

愛  「よっしゃ! んじゃ早速……」

ガラッ

かすみ「こんにちはー……ってあれ、まだ愛先輩とりな子だけですか?」

璃奈 「あっ……」

しずく「お疲れさまです。2人とも何かしてたんですか?」

愛  「ん、あー2人ともお疲れー。まあちょっとね」

かすみ「ちょっとりな子、アンタまた先輩に何かされて……」

愛  「何もしてねーわ! 人をいじめっ子みたいに」😡

しずく「……あれ? 何か愛先輩いつもと雰囲気が……」

かすみ「ん……言われてみれば髪型が違いますね」

愛  「あーこれね」

愛  「……」チラリ

璃奈 「……」モジモジ

愛  「まあ丁度良いか! 2人ともコッチおいでよ、良いコト教えたげる!」

かすみ「?」

しずく「?」

32 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:35:04 ID:oW3lrayM

───少しだけ2人の距離の近さが羨ましい菜々


歩夢「菜々ちゃん、ところで変なこと訊くんだけどさ」

菜々「……何となく分かりますよ、実は私もなんです」

歩夢「ふふ、そうなんだ……」

歩夢「……」

菜々「……」


2人「愛ちゃん(さん)が、やたらドヤ顔してくる」


歩夢「あははっ」

菜々「えへへっ」

2人「はあー……」😰

33 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:35:32 ID:oW3lrayM

菜々「何なんでしょうね? まあ愛さんが変なのは、いつもの事ですけど」

歩夢「菜々ちゃんも言うようになったね……でも、その通り過ぎて何も言えないや」

菜々「あはは、私もコツが掴めてきたんですね。それで、何だと思います? あの謎ドヤは」

歩夢「うーん……あのパターンだと多分、勝手に1人で、わたし達に対抗心的なもの燃やして、勝手に1人で動いて……」

歩夢「で、勝手に1人で勝った気になってる。これが有力かな」

菜々「……歩夢さんの領域には程遠いですね、私……」

歩夢「何の自慢にもならないけど、愛ちゃん歴5年目ですので」😁

菜々「でも……そんな対抗心なんて燃やされるような事しましたっけ? 私達……」

歩夢「うーん、全く心当たり無い」

菜々「そもそも私、最近あまり愛さんと話してもないですし」

歩夢「……」

菜々「……」

菜々「あ、もしかして璃奈さん関連とか」

歩夢「うわーありそうで困る」

菜々「むーん……でも本当に何なんでしょうね」

歩夢「ま、いっか……暫くすれば自然と治まるでしょ。どうせ愛ちゃんだし」

菜々「そうですね、愛さんですしね」

歩夢「話変わるけど、璃奈ちゃんと言えば最近メイクが……」

34 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:37:01 ID:oW3lrayM
***


愛 「へっきしょい!」

部長「うわっちょ!? あっち向いてやれよ!」


***

35 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:37:39 ID:oW3lrayM

───でも愛先輩になら化けて出てほしい


愛 「テスト明けだー!」

愛 「あーもう何もする気ねー! アイ活やる気すら起きねー!」

歩夢「……とか言っといて、当たり前みたいに人の家来てるじゃん」

愛 「だってゲームやりたいもん。何か新しいのある!?」

歩夢「上原家をプレイスペースか何かだと思わないでほしい」

愛 「ははは……あー、ところで今日あいつはどうしたん? 帰る時も居なかったけど」

歩夢「今日は、学園から直で横浜に行くって言ってたよ」

愛 「横浜……えー何で? 遠いし、ここと反対方向じゃん」

歩夢「うん。ちょっと制作部の人達で大事な話があるんだって。何か新しい機材の調達に関する事みたい」

愛 「ふーん……テスト明けなのに大変だコト。いろいろ御世話になってるし、今度プリンでも奢ってやろうか」

歩夢「良いんじゃない? 意外と甘い物も好きだし、きっと喜ぶよ」

愛 「おう。オススメは、最近出たセブンのデカい抹茶味のやつね、よろしく言っといて♪」

歩夢「いや今のは愛ちゃんが財布を出す流れでしょ」

36 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:38:16 ID:oW3lrayM

愛 「さあてゲームやるぜー! テスト明けだし……こう、癒やし系のやつがやりたいね♪」

愛 「何かある?」

歩夢「愛ちゃんはさあ……」

歩夢「…………」

歩夢「はあ、もういいや……こないだ面白そうだったからダウンロードしたやつならあるよ」

愛 「お、マジでか。良いね、どんなの?」

歩夢「2007年に出たゲームのリマスター版みたい」

愛 「2007……! そりゃまた古い物を」

歩夢「南の島が舞台で、なかなか癒やし系だよ。たまにキャラの挙動が変な所あるけど」

愛 「おおお、パーフェクトだよ歩夢ぅ」

歩夢「待ってて、いま立ち上げるから……」

愛 「ワクワクだぜ」ウキウキ

……………………

……………………

Aztec:Madre Santisima!

愛 「…………」

Aztec:Prophet! Help me!!

愛 「…………」

37 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:38:44 ID:oW3lrayM

愛 「歩夢……騙したな?」

歩夢「ほらほら、早くアズテックさん助けに行かなきゃ」ニヤニヤ

愛 「何が癒やし系だよオイ!? 確かに南の島だけど、バチクソのドンパチゲーじゃねえかい!」

愛 「南の島って言ったら普通スポーツ系とか爽やかな感じのやつかと思うじゃん!? 実銃片手に血ヘド吐いて全力疾走だよ!!」

愛 「のっけからパワードスーツのゴツいブラザー出てきた時点で、何か変だなって思ってたわ!」

Jester:Shit! Son of a bitch!!

歩夢「あー、アズテックさん死んじゃってる……かわいそう……」

愛 「白々しい事この上ねえ!」

愛 「歩夢オメー恨むぞヘイ! 憶えとけよヘイ! 枕元で出てやるからな!」カチカチ

歩夢「でも続けるんだね……」

愛 「当たり前だい! ここでやめるとか有り得ねーし! アズテックの敵討ちだオラッ!」

歩夢「でも、この後そのジェスターさんも」

愛 「それ以上言ったら化けて出るだけじゃ済まさんからなヘイ!」

Jester:Adios, amigo...

38 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:39:42 ID:oW3lrayM

───難関校は入ってからが難関


-スクールアイドル同好会 部室-

愛 「…………」カリカリ

璃奈「愛先輩?」

愛 「ん? あ、璃奈。おつかれ」

璃奈「うん」

璃奈「それ、勉強してるの? 部室で……」

愛 「そーだよ?」

愛 「うちのクラス、明後日に英語の小テストがあるんだ」

愛 「しかも論述問題付き。いくつかの課題からランダム出題のね」

愛 「事前通知される分は、今の内に書けるようにしときたいんだよ」

璃奈「そ、そうなんだ……」

愛 「別に気は遣わなくても良いからねー。うるさくしても大丈夫だよ」ヘラヘラ

璃奈「はあ、しないけど」

39 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:40:11 ID:oW3lrayM

愛 「…………」カリカリ

璃奈「…………」

璃奈(先輩が勉強に集中してる所……初めて見た)

愛 「…………」カリカリ

璃奈(こうして見ると……本当に格好良い人だなぁ)ジー

璃奈(普段のアレさえ無ければなー)ジー

璃奈(……考えてみれば、先輩だって、この学園に入学出来た1人なんだ)

璃奈(難関な入学試験に、厳しい人格適性検査。入学してからも続く高難度、高密度の授業内容)

璃奈(毎日の予習復習程度に集中出来ないようじゃ、ここには居ないよね。そもそも)ジー…

愛 「……」カリカリ

愛 「……」

愛 (すっげー見られてんだけど)カリカリ

愛 (アタシ何かしたっけか今日)カリ…カリ…

40 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:41:58 ID:oW3lrayM

───果林「ある日ふと悟るのよ。考えるだけ無駄って」


彼方「おい後輩、何か寄越せ」

愛 「…………」🎧♪

彼方「おーい」

愛 「……♪♪」

彼方「むかっ」

彼方「ヘイ!」バッ

愛 「っどぅおぁあー!?!」ビクゥ!!

彼方「彼方ちゃん先輩のお呼びだぜ?」

愛 「何すんじゃビビるわ! 心臓いま移動したわ何センチか!」

彼方「叩けば直るさ。……んー相変わらずゴキゲンなの聴いてるね」キャプテンデェーップゥー♪

愛 「その通りだよ聴いてたんだよ音楽! アタシが婆さんだったら死んでたからな!」

愛 「返せそれ!」

41 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:42:22 ID:oW3lrayM

愛 「それで何な訳? アタシだって暇じゃないんだけど?」

彼方「いや、思いっきしリラックスしとったやん自分……」

彼方「まあ率直に言うと、何かちょーだいって話なんだけど」

愛 「……何かとは?」

彼方「お菓子だよ、お菓子。キミいつも持ってんだろ、何かしら」

愛 「アタシがデップーだったら、何も言わず頭ブチ抜いてる所だね」

彼方「悪いが、彼方ちゃんアニメとか見ないのよん」

愛 「洋画だっつの。はあ……ならボンタン飴どーぞ(投げやり)」

彼方「それは飽きたー。他に何か無いの?」

愛 「注文多いな。後は黒飴に……あ、きなこ餅と品川巻もありますけど」ゴソゴソ

彼方「相変わらずシブいもんばっか持ってんな君……もう思考は婆さんだろ」

愛 「何だと」

彼方「まあ貰う身で文句は言うめえ。じゃ、きなこ餅ちょーだい」

愛 「はいはい……ったく何様なんだろうね、この先輩は」

彼方「彼方ちゃん様だぜ」モグモグ

彼方「うんめー!」😋

42 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:42:44 ID:oW3lrayM

愛 「アンタ本当に自由だね。悩みとか無いっしょ?」

彼方「1年通して悩み通しさ。彼方ちゃん思慮深い姉だからね」

愛 「どーだかね」

彼方「君に彼方おねーちゃんの苦労は分からんよん。毎日、九州にリモート授業をお届けする大変さはね」

愛 「何だそら」

愛 「…………」

愛 (まったく……あいつが連れて来るからどんな逸材かと思えば、文字通り逸脱したのが来たわ)

愛 (副部長も頭抱えてたし、大体どんな人なのか察しは付いてたけど、こりゃ慣れるのに苦労しそうだね)

愛 (でも来年! 後輩が来るまでの我慢だ! いーっぱい可愛がって癒やされるぞ!)

愛 (アタシは後輩から愛される先輩になるぜ! パパに貰った名前の通りな!)

43 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:43:40 ID:oW3lrayM

───愛先輩の悪い癖


璃奈「いたた……うう」ヨタヨタ

  ヒソヒソ… ネーミテアレ…

      ウワッイタソー… コロンダノカナ…

璃奈「…………」

璃奈(早く行こ)

……………………

……………………


愛 「あれ、璃奈?」

璃奈「あ、愛先輩」ヨタヨタ

愛 「どしたの、何かヨタヨタ歩いて……って」

愛 「!?」

璃奈「あ、ええと」

愛 「璃奈その脚……! 血だらけじゃん?!」

璃奈「あー……」

愛 「ソックスまで破けて……どうしたの転んだの!?」

璃奈「ちょっと来る途中でイロイロ……」

璃奈「もう学校着くし、すぐ保健室行くから」ヨタヨタ

愛 「……」

44 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:44:03 ID:oW3lrayM

愛 「璃奈、ちょっと待って」

璃奈「んっ?」

愛 「背中、乗って」

璃奈「え」

愛 「アタシの背中に乗って。保健室まで連れて行くから」

璃奈「へ……へ?」

愛 「その怪我じゃ、歩くのも億劫でしょ。ほら」シャガミ

璃奈「で、でも……その」

愛 「なに見てんの! 見世物じゃないよ!」

璃奈「!」

通行人A「……」ソソクサ

通行人B「……」メソラシ

璃奈「あ……」

愛 「さ、気にしないで。早く行こ」ニコ

璃奈「…………」

璃奈「ありがと……」

45 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:44:41 ID:oW3lrayM

璃奈(愛先輩、こういう時は本当に格好良い……)

愛 「よっ……おおう、璃奈ってば軽いね」オンブ

愛 「でも、こういう時は、ちゃんと誰かに頼らなきゃ駄目だよ」

愛 「女の怪我は重大な事なんだからね」

璃奈「うん」

愛 「それじゃなくても、アタシらカラダが資本なんだから……」

愛 「じゃ、行くよー」

璃奈「うん……」

璃奈「…………」

璃奈(先輩……)

璃奈(わたし、普段はああ接してるけど……先輩のこと別に……)

愛 「…………」ムズッ

愛 「それに早く消毒しないと、傷にバイ菌が入って……」

璃奈(嫌いなんかじゃ───)

愛 「そのまま化膿する可能性もあるんだからね!」ドヤ

璃奈「…………」

46 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:45:02 ID:oW3lrayM

愛 「…………」

愛 「…………」

愛 「あ、えーと今のはね……」

璃奈「ねえ」

愛 「ひっ」

璃奈「 怪 我 人 」←耳元で低音

愛 「ハイ…スンマセン…」

璃奈「愛先輩のオバカ」

璃奈(やっぱり嫌い)

47 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:45:48 ID:oW3lrayM

───父親は鬼籍に入ってる設定ですが活かされる事は恐らく無い


-巣鴨 宮下家-

ジリリリリン ジリリリリン

ガチャン…

愛「ハイ、宮下で御座います…」

愛「はあ……」

愛「あー、申し訳ありません、母は只今、海外に居りまして……」

愛「言伝でしたら私の方で承りますが……ハイ」ガサガサ

愛「ハイ……あ、少々お待ちください」チキチキ

愛「……ハイ、大丈夫です」

愛「……ハイ、○○高校バレー部、同窓会の××様ですね」メモメモ

愛「再来月の……第一土曜日……ハイ」メモメモ

愛「銀座の○○○にて、16:00……現地集合……ハイ」メモメモ

愛「21:00、現地解散……分かりました」メモメモ

愛「ハイ、確かに承りました。必ず伝えますので……」

愛「え、私ですか? ああ、申し遅れました、わたし娘の愛と申します……ええ」

愛「え、そうですか?」

愛「あはは……いえいえ、そんなことは……」テレテレ

愛「あはは……はい、はい……では、失礼しまーす」

愛「はい……はい」

ガチャン……

愛「フヒー」

48 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:46:12 ID:oW3lrayM

愛「あ、もしもし璃奈? ゴメンね待たせて」スマホ

愛「いやー何か知らないけどさ、ママの高校時代の同級生みたい」

愛「うん、同窓会のお誘いだって……あ、聞こえてたの?」

愛「アッハハ、アタシのママ、今ヨーロッパに居るし、行けるか分かんないのにさ♪」

愛「てゆーか、ママがバレー部に居たことすら初耳だよアタシ」ケラケラ

愛「…………」

愛「璃奈? どしたん?」

愛「ん……え、ここに? いやアタシ以外居ないよ? 飼猫なら居るけど。ハーイ半蔵」

猫「ニャー」

愛「おばーちゃんは買い物に行ってるし……うん、アタシだけ」

愛「アッハハ、急にどーしたん? 変な璃奈だなあ」ヘラヘラ

愛「……」

愛「え、ちょ待ってよ。マジでアタシ以外いないよね? 怖くなってきたんだけど」

<ガタッ

愛「のあっひょっわっ!?!」ビクッ

49 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:55:37 ID:oW3lrayM

───愛先輩、渾身の作


璃奈「…………」パクパク

愛 「うーん」

愛 「毎回思うんだけどさー」

璃奈「?」

愛 「いや、璃奈の昼御飯が少なくないかなって」

璃奈「そう?」

愛 「少ないよー……煮豆の缶詰とサンドイッチ2個だけじゃん」

愛 「女子高生の食事じゃないねそりゃ。ガチサバイバル生活でなら豪華かもだけど」

璃奈「んー……実際、毎日これで足りてるし、問題は無いと思うよ」

愛 「…………」

50 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:56:05 ID:oW3lrayM

-次の日-

璃奈「…………」

璃奈「先輩、なにこれ」

愛 「璃奈の弁当だよん」

璃奈「私の……って」

愛 「作ってきた」

璃奈「あ、愛先輩のは?」

愛 「あるよ?」

璃奈「…………」

璃奈「いや、でも悪い……」

愛 「悪くない」

璃奈「え」

璃奈「で、でも」

愛 「いいから」

愛 「食べな」

璃奈「……」

璃奈「……いただきます」

愛 「ハイハイ、召し上がってちょーだい」

愛 「弁当箱は放課後に返してねー」スタスタ

璃奈「あ……」

璃奈「…………」

璃奈(お母さんみたい……)

51 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 04:58:38 ID:oW3lrayM

璃奈(手作り……なんだよね)

璃奈「……」パカ…

璃奈「あ、美味しそ」

璃奈(あれ? 何か紙が入ってる……)

璃奈(…………)



“ 愛さんの愛妻弁当! たんと食べんとー! ”



璃奈「…………」

璃奈「…………」

璃奈「…………」クシャクシャ……ポイ

璃奈「いただきます」

52 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 05:00:27 ID:oW3lrayM

───本国版はやめとけ


璃奈「あれ、愛先輩それって……」

愛 「んー?」ゴクゴク…

愛 「あーその通り。レッドブルだよ」

璃奈「あまり好きじゃなかったんじゃないの、エナドリ」

愛 「いやー最初はそうだったんだけど、アタシ璃奈に影響されたんだね」

愛 「あの後、何だかんだ興味が湧いちゃって、イロイロ調べたんだよグーグル先生で」

愛 「で、そういや知ってたけど飲んだことはないなーって思ってさ」

璃奈「レッドブルってモンスターより人を選ぶ味だと思うけど……」

愛 「まあね、最初は何か薬っぽいなって思ったんだけど、飲んでる内に楽しみ方が分かってきて」

愛 「甘過ぎずビターな感じがアタシ的にヒット賞でさ。何となく見掛けたら買ってる内に、いつの間にかファンに」エヘ

璃奈「……」

愛 「アタシらエナドリコンビだね♪」

璃奈「……糖尿病がどーとか言ってたクセに」ジト

愛 「あっ」

愛 「ご、ゴメンよー……食わず嫌いしちゃったんだよ愛さん。特例で許しとくれー」←

璃奈「一口飲んだし食わず嫌いじゃないじゃん……」プイス

愛 「り、璃奈ー……」

璃奈「ふんだ。本国版モンスター飲んで出直してきて」

53 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 05:19:48 ID:oW3lrayM

───普通の会話


璃奈 「かすみ……何かイライラしてるの?」

かすみ「あ、分かる?」

璃奈 「何か雰囲気がね。歩き方からしてそうだった」

かすみ「りな子アンタ、案外よく人のこと見てるね……」

かすみ「あー実は、朝から嫌なのに遭遇してさあ」

璃奈 「嫌なの?」

かすみ「そ、いわゆる厄介なファン。朝の駅で呼び止め、からのサインだの握手だの、しつこく強請られて」

かすみ「こっちは急いでるってのに、超ウザかったわ……」

璃奈 「うわ、悲惨」

璃奈 「え? ていうか……そもそもウチ、そういうのイベント以外では全部NGって規約にあるよね?」

かすみ「先輩も言ってたよね。そういうのは全部断れって」

かすみ「でも、分かってても来るよ、ああいう人は。欲のためなら規約なんて平気でポイだよ」

璃奈 「……仕方ないとは思うけど、そういう人達もファンに居るって考えると正直イヤだなぁ……」

かすみ「分かる分かる。普段は考えないようにしてるけどね」

かすみ「で、朝テンションもあって余計に頭きてさー……ちょっとキレて、最後は駅員さんの御世話になっちゃった」

かすみ「いま考えると、駅員さんも忙しい時間帯だったのに申し訳ない事したかも」

璃奈 「いやいや、それは流石に仕方ない……かすみ正しい対応したよ」

54 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 05:20:23 ID:oW3lrayM

璃奈 「部長先輩も危険を感じたら迷うなって言ってたじゃん。変な事にならなくて済んだし結果オーライだよ」

かすみ「まあねー。アイドルは楽しいけど、ああいうイラつかせられるのは2度とゴメンだなぁ。こっちも気分沈むし」

かすみ「りな子は何か無い? そういう本気でイラついた事とか」

璃奈 「愛先輩と会ってから、イラついてない日の方が少ないよ」

かすみ「……ふっ、あっははは! りな子も言うじゃん」

璃奈 「……まあ、それは冗談として(あんま冗談でもないけど)、イラつく事なら普通にある」

璃奈 「予想付くよね、わたしの“表情の事”だよ」

かすみ「あっ……」

かすみ「あー、その……それって」

璃奈 「別に気は使わなくていいよ。大丈夫だから」

かすみ「や、やっぱあるんだね、そういうの。昔から?」

璃奈 「割とね。もう最近は、何か言われても何とも思わなくなってきてるくらい」

かすみ「ふーん……」

璃奈 「中でも一番ムカついたのは……やっぱアレかな? 中1くらいの頃に言われたやつ」

璃奈 「虹ヶ咲の中等部って……何て言うか、ちょっと多くて。そういう自分の家柄とか裕福さに酔ってるみたいな人」

かすみ「あっ、何かそれだけで察せる。中学生に全能感を与えるのって絶対に良い事ない」

璃奈 「うん。その手の人達がグループになってね、何か色々と威張り散らしてたりしたの」

璃奈 「で、わたしなんだけど、一時期そのグループから……何か目付けられちゃって」

かすみ「……」

璃奈 「多分、良いターゲットが出来たと思ったんだろうね。毎日のように顔の事で嫌味とか言われてさ」

かすみ「なるほど……厄介な事に巻き込まれたね」

55 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 05:20:44 ID:oW3lrayM

璃奈 「それで、いい加減どうにかしようって思い始めた頃、昼御飯を食べてる時に言われたんだよね」

かすみ「な、なんて?」

璃奈 「何か主犯みたいな人の取り巻き1人から……顔筋も無いのにどうやって食べてるのって」

かすみ「うーわ……」

璃奈 「普通に泣いたよ。そんな事を平気で言える人が居るっていうのがムカつくし悲し過ぎて」

璃奈 「でも問題なのはそこからでさ……」

かすみ「え、もしかして本格的に虐めが始まったりとか」

璃奈 「その逆」

かすみ「?」

璃奈 「そういう嫌な人が多いのは本当なんだけど、まあ腐っても難関の名門校って事なんだろうね」

璃奈 「学校って勉強する場じゃん? そこで虐めなんてものが起こってる事が許せない層っていうのも、一定数いてさ」

かすみ「…………」

璃奈 「イメージつかない?」

かすみ「あんまり……」

璃奈 「まあ簡単に言うと、お前らが気分悪い事してるせいで勉強に集中出来ないだろ! っていう主張の人達」

かすみ「え! そ、そんなの居るの!?」

璃奈 「うん。将来のために命掛けて来てる人達も居るからね、虹ヶ咲」

璃奈 「そういう人達と、わたしに突っ掛かってきてたグループで……何か最終的に、学年全体巻き込んで冷戦みたいな状態になって」

かすみ「えええ!?」

璃奈 「うん、それで真面目に学校生活送らない奴と一緒の授業は嫌だって……信じられる? 集団ボイコット起こったの」

かすみ「ぼいこッ」

56 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 05:30:48 ID:oW3lrayM

かすみ「えマジで!? 中学で!? そんな事あるの!?」

璃奈 「あったんだよ、それが。最終的に都教委まで動いて……わたしが発端みたいなものだし、本当どうしたら良いやらだったよね」

璃奈 「ちょっとだけど、ニュースでも取り上げられてたよ」

かすみ「はー……壮絶じゃん。この平和な学園でそんな事があったとか、想像つかないわ……」

かすみ「で、どうなったの最終的に」

璃奈 「20人かそのくらい厳重注意。4、5人は謹慎。1人は暴力行為と喫煙がバレて退学」

璃奈 「結局そういうのが1ヶ月は続いて、もう気まずいったら無かったよね」

璃奈 「話が逸れたけど、以上わたしのムカついたエピソードでした」

かすみ「何か半分以上、虹ヶ咲の黒歴史って感じだったけど」

璃奈 「まあね。でもまあ今はムカつく事も無く、楽しくやれてるよ。良い感じに」

かすみ「……その楽しいに、愛先輩は入ってる?」

璃奈 「それコメントしなきゃ駄目?」

57 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 06:04:15 ID:ESrnzrwE

───副部長と愛先輩


-スクールアイドル同好会 部室-


果林「はいこれ。急がなくて良いけど、協力よろしくね」ピラリ

愛 「何これ? “ファッションと心境に関するアンケート”……?」

果林「ちょっといま、卒論のデータ用にアンケート取ってるの」

愛 「卒論って……え、卒業論文!? あんのウチ!?」

果林「普通科は無いんじゃなかった? あるのは確かLD科と芸術科だけよ」

愛 「な、なーんだ……一瞬ガチでビビったわ」

果林「ふふ、なかなか苦行よ。大学ほど本格的じゃないけど」😏

愛 「はえー……ただでさえアタシら忙しいのにねぇ」

果林「本当よね。最低でも2万字は書けって。あー気が遠くなるわ……」

愛 「ほほう」

58 名無しさん@転載は禁止 :2021/06/16(水) 06:04:43 ID:ESrnzrwE

愛 「ちなみにテーマは?」

果林「主に中高生の期間における服飾嗜好と、社会流行の変化に関する心理的影響および───」

愛 「あ、ゴメン。愛さんついて行けそうにない……」

果林「でしょうね。専門的だもの」フフフ

愛 「にしてもアンケートって、何人くらいに取るん?」

果林「最低でも100人、理想としてはその10倍くらいは取りたいけど無理よね。まあ出来るなら2、300程度には」

愛 「ひゃく! お、多いね……アタシで何人目?」

果林「昨日に始めたばかりだから、あなたで12人目よ……」

愛 「ははは、先の長い道のりだねぇ」

果林「そうね……えっちらおっちらって感じよ」

愛 「……」

愛 「あっそうだ。良かったら、アタシのツテで100人チョイ助けてあげよっか?」

果林「えっ!?」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版) - バンダイ

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板