したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

花丸「電気が通うのは未来じゃないよ」

1 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/07(金) 00:21:25 ID:K6jxXcfI
はぁ…はぁ…はぁ…

っ…!行き止まり…


追い詰めたぞ!機械〈マキナ〉で縛れ!

バチッ! 

くぅ…!

拘束完了、直ちに駆除に移ります

よしっ魔女狩り終了だな…

キィィン...


や、やめてっ…!

164 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 01:53:18 ID:R3QDoO0A
絵里「なるほど、ここにステルスの扉があるわけね…」

絵里「ふふっ透過させてあるからわからないとでも思ったのかしら?残念、もうこんなのバレバレよ」

絵里「分離っ!」

絵里「黄色いハンカチ〈フェリチタ〉」ガチャン...

絵里「開いたわね♪」

絵里「さぁて行きましょうか…」

165 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 01:55:37 ID:R3QDoO0A
真姫「あら?お客よ。凛、花陽、応対して」

花陽「私が行くよ!」

真姫「よろしく」

花陽「どちら様で…あ、ミライちゃん!」

ミライ?「やっほー来たよ!」

ミライ「何してるの〜?」

真姫「…この匂い」

真姫「2人とも離れなさいっ!」ザッ

凛「にゃっ⁉︎どうしたの〜⁉︎」

真姫「いいから早く!花陽もよ!」

花陽「うっわかったよ!」


真姫「その偽物の面の皮…剥ぎ取ってやる!」

真姫「マキナ起動!」

真姫「磁力〈タロット〉!」バシュッ

真姫「型破〈アルカナ・フール・ブライト〉!」バリィン

ミライ?「うわっ!っとと…流石だね」スクッ

真姫「何の用?あなたとはもう会わない約束よ⁉︎」

ヒュオ...


絵里「悪いわね、魔女は全員駆逐することになったのよ」

真姫「それと何の関係があるっていうの⁉︎」

絵里「魔女、何人隠匿してる?少なくとも3人はいるんじゃない?」

真姫「…っ」

絵里「図星、ね。あなたのことは何でもお見通しよ?元soldatoの西木野真姫ちゃん」

真姫「許さない…‼︎」

絵里「もうっかつての同僚にそんな憎悪の顔を向けないでよ」

真姫「その腹立つ口、縫い縛ってあげる…!」ジョキッ

166 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 01:57:39 ID:R3QDoO0A
絵里「海未は甘やかしてあなたのこと見逃してあげたみたいだけど…」

絵里「私はそうはいかないから。いいわね?」

真姫「こっちだって、表へは帰さないわよ!」

絵里「あら、威勢のいいこと。よしっ!リズミカルにいきましょ♪」

絵里「ふふっ天才のスキル、見たくない?」

真姫「…しばらく見てないわね」

絵里「マキナ3連換装!」ギュルル

絵里「3つは海未にも不可能よ。さぁ、ご賞味あれ」

絵里「天賦砕氷の指揮〈フランチェスカ・ダ・リミニ〉」バシュッ!

真姫「ふん、デカい得物は隙だらけよ(そういえば善子の弱点だったわね…)」

絵里「今SCCで流行っているのよ♪」ブンッ

真姫「チッ...電磁浮遊!」フワッ

真姫「敢えて受ける…一番楽な守り方よ」ビリッ!

真姫「っ…これくらい余裕!」バチッ

絵里「流石、身体から流した電圧でダメージ相殺するなんて器用なマネするわね。でもまだまだ分子レベルでしょ?残念ね」

絵里「あなたは魔女にはなれない」

真姫「うるさいっ‼︎あんたなんかに…何がわかるっていうのよ!」

絵里(上手いことハマってくれる…付き合いのあった相手は楽だわ)

絵里「わかるわよ。ずっと3人でやってきたじゃない」

絵里「もうくだらないマネはやめなさい?周りの人間は冷たいと感じるかもしれないけど、少なくとも私はあなたのことを今でも想ってるわ」

真姫「そんな記憶はもう捨てたわ。悪いけど、私の為を思ってくれるなら…ここで死んで!今‼︎」ポゥ...

絵里「…!真姫…それは…!」

真姫「氷結〈ブフ〉!」パキキ...
 
絵里「魔法…っ!」

絵里「くっ…はぁ」

真姫「エリー、思い出したわ。昔あなたが言ったこと」

真姫「人は何にだってなれる…って」

絵里「…ふふ、やるじゃない。そうよ、そうこなくっちゃ‼︎」ニヤリ

167 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 01:59:01 ID:R3QDoO0A
絵里「天才マッキーだったわね!そりゃあ心してかからなきゃ失礼だったわ」

絵里「しっかし氷の魔法にやられるとはね…ちょっと屈辱よ」

絵里「どこで魔法を手に入れたかなんて野暮なこと聞かないわ。なんせ」

絵里「氷の弾丸なんて、私にかかれば造作もないこと!」

絵里「マキナ展開!」バッ

絵里「千発必中の粉雪〈イーゲルシュテルン〉!」ドパパパ!!

真姫「私の魔法とほとんど同じ物を作り出してしまうなんて…魔女狩りの世界は日進月歩ね…こっちが対策しなきゃ忽ち狩られるわね」ガキィン!

絵里「雷光一閃の氷槍〈ヴォカリーズ〉!」ヒュッ!

真姫「あぶなっ…!」

絵里「あら、避けられちゃった。でも次は確実に当てにいくわよ?」

絵里「No. 1の責任ってやつね。ふふ…」スッ...
 
真姫「…⁉︎」

絵里「終わりよ!真姫…

「駄目っっ!!」ボォオ!!

絵里「炎が…他の子?」

凛「真姫ちゃんをいじめるのは許さないにゃ!」

花陽「わ、私もです!」

真姫「凛!花陽!逃げなきゃダメじゃない!」

凛・花陽「真姫ちゃんを置いてなんていけないよ!」

絵里「よくもまぁぬけぬけと…あ、この台詞悪い奴みたいで嫌ね」

真姫「実際悪の権化でしょ⁉︎人の生活を脅かす!」ジャキ!

絵里「まぁ間違ってないわ。でも1つ言っておくけど」

絵里「魔女に対する無意味な殺戮は今まで一度もなかったわ。ただの一度も、ね」

真姫「この……‼︎」

168 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:01:08 ID:R3QDoO0A
絵里「あら、本当よ?現に〈堕天使〉は脱獄、〈舟釣り〉は神化、今回の未曾有の災害だって〈始祖〉の復活が有力視されてるわ。ここまで好き勝手暴れる奴等を野放しには出来ないでしょ?」

真姫「他人なんてどうだっていいのよ…ただ、私は!この子達の生活を脅威に晒すのが許せないだけっ!」

絵里「それだけじゃないでしょ。私は知ってる。ただ安全な場所でふんぞり返って喋りながらお菓子食べて適当に指示だけ出していればいい私がわざわざこんなとこまで来たのもちゃんと理由があってのこと」

絵里「どんな力に手を染めてでも、勝ちたかったんでしょ?共に組織にいた時代はずっと勝てなかった私に」

真姫「なっ⁉︎そんなこと…」

絵里「はい、図星ね。魔法に手を出したのも、医療関係の目的だけじゃないんでしょ。昔から相変わらず嘘が下手ね」

絵里「いいわよ。来なさい!あなたの魔法、もっともっとすごいんでしょ?本当の魔女と同じくらい…だったら全力でぶつかってきなさいよ!」

真姫「ごめん、2人とも。少しだけ力を貸して」

凛「いつもは勝手に盗ってくクセにやれやれだにゃ〜」

真姫「悪かったわね!」

花陽「私はいつでも歓迎だよ?」

真姫「花陽はいつでも優しいわね…」

凛・花陽「いくよ!」シュウウ!

真姫「2つの杖よ、我が力の糧となれ!」

絵里(魔女2人分の魔力を完全に吸収したか…厄介ね)

真姫「いくわよエリー!」ボウッ!

真姫「真生火炎…マハラギダイン‼︎」

169 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:02:41 ID:R3QDoO0A
絵里「あら、これは想像以上ね…どうしようかしら」

真姫「燃え尽きなさい!」

絵里「ふぅ…緊急につき魔女の焼却炉行きに関する司令を一時解除。特例により捕獲の省略を許可…ふふ、職権濫用ね」

真姫「チッ…いつもいつも、すばしっこいんだから!」

絵里「逃げの早さは仕事の早さよ♪マキナ、私の身体から全ての電子を抜き取りなさい」バシュウ...

絵里「さてと…行きましょうか」


真姫「無駄よ、マハラギダインは火炎の魔法では最強、同じ威力で相殺させなければ限り逃れることは出来ないわ」

絵里「そうなの、万事休すってわけね…残念」

170 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:03:42 ID:R3QDoO0A
絵里「なら、その力…私が頂くわ」シュゥ-!

真姫「液体窒素?そんなので魔法を止められるわけ…

絵里「ご名答。流石医療に携わってきただけあるわ。私だってこれで魔法を防げないことくらい知ってるわよ…ふふ、じゃあ何?って顔してるわね」

真姫「あっ…‼︎まさか…エリー‼︎」

絵里「鬼とでも悪魔とでも言うがいいわ…」ニヤリ

絵里「マキナ分離、発射!」

絵里「電子の流氷〈ラフマニノフ・ディ・ガヴォット〉!」ボフッ

真姫「やめて…液体窒素は…」

絵里「質量が大幅に増幅し、大爆発を起こすわ♪」カッ!

ドオォ...

171 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:05:28 ID:R3QDoO0A
絵里「あらら。捕獲省略したのに…」

真姫「げほっ…こ、これくらいじゃ死なないわよ!」

絵里「魔女3人分の生命力は恐ろしいわ…でも、死なないって言ったって、あなたもう身体半分吹っ飛んでるじゃない」

真姫「こんなの、別に…すぐ生えてくるわ…」

絵里「腕一本ならせいぜい1日で戻るのは知ってるわ。魔女の自己再生力には何度も驚かされたし」

絵里「身体半分って、一体何日かかると思っているのよ」

真姫「うるさい!私はっ…天才で!新たな電子社会で医療技術の進歩に多大な貢献をした人間よ!だから…

絵里「だから、何の医療技術も必要ない魔女の存在に憧れたんでしょ?」

真姫「………そうよ」

絵里「それなのに、魔女の再生能力を削るマキナを生み出したのも、あなただったわね…」

真姫「そうよ」

絵里「そして、憧れの存在を消し続ける自分が嫌になって突然soldatoから失踪、私と海未を残して暗闇に引き篭もった」

真姫「…そう」

絵里「海未はあなたを必死で探して、あなたがSCCから逃げ延びた魔女を治して再生能力を回復させる闇医者になった情報を掴んだ」

真姫「………」ポロ...

絵里「あの子は不器用で優しかったから、その事を黙認した。実際害のない魔女の捕獲に完全に同意はしなかったわね、海未も」

真姫「海未…」

172 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:07:52 ID:R3QDoO0A
絵里「その事に後ろめたさを感じたのか、私はSCCのトップに就いても、海未は飽くまで一組織のsoldatoに居続けた。あなたが表の世界へ帰ってくるのをずっと信じて」

真姫「っ…!」

絵里「今更後悔したって遅いわ。あの頃には戻れないし、あなたの終わる未来も変わらない」

真姫「…わかってる」

絵里「いい?私は表向きは魔女の被害から市民を守る正義のヒーローかもしれないけど、やってることは妲己や西太后にも引けを取らない悪女よ」

絵里「脅威となり得るものは全て排除。害はなくとも全て。だから私はこうして…」

絵里「目的の為なら、かつての親友をも消し去る」ザシュッ!

真姫「うぐぅ…」

絵里「リーダーってのは、汚れ仕事なのよ」カシャッ

絵里「海未は魔女は必ず生け捕り、一度として任務で魔女を殺さなかった。だから人望があったし当然のように捜査官にとって憧れの存在になった。でも」

絵里「それを続けた結果が、今まさに脅威となっている謎のとんでもない魔女を生んだのよ」

絵里「何故突然、ここまで魔法で世界を沈めようとしているのか理由はわからないけど、それを止めるSCCを指示するのが私の役目なんだから」

絵里「多少冷たい目で見られたって、厳しくしなきゃね…」

真姫「一つお願いがあるわ」

絵里「何?手短にね」

真姫「八咫鏡…持っているかしら」

絵里「もちろん。海未とあなたが知恵と力を出し合って作ったものだから…ええ、わかったわ。あなたのお願い」

真姫「やっぱりエリーは賢いわ」ニコ

真姫「私の全てを絞り出せ…マハラギダイン!」ゴオォ!

絵里「最後は魔女らしく、ね…八咫鏡!魔法を跳ね返せ‼︎」キィン!

真姫「ごめん、凛…花陽…」ボゥ...

173 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:12:04 ID:R3QDoO0A
ゴオォォ!!

絵里「消えない炎…魔法の強さの象徴」

絵里「まるで董卓を葬ったあの蝋燭の炎のように、きっと何日も燃え続けるのね」

絵里「いつだってそうね。人は強い者に憧れて身を滅ぼすんだから…」

絵里「でもその時滅ぼすのも同じ人間なのは、皮肉と言うべきなのかしらね」

プルルル

絵里「もしもし、ダイヤ?」

ダイヤ『絵里さん⁉︎心配しましたわ…今どこへ⁉︎」

絵里「魔女の討伐完了。今から〈始祖〉のとこへ向かうわ」

ダイヤ『そんなっ!無茶ですわ‼︎お身体の状態は⁉︎』

絵里「大丈夫よ。問題ないわ」

ダイヤ『ですが!!』

絵里「うるさいわね、小姑みたいよ?」

ダイヤ『なっ⁉︎それ、前にも同じ事を言われまして…

絵里「ふふっ言った子センスあるわ。じゃあ、私もう行くからそっちも頑張って」

ダイヤ『あっ⁉︎ち、ちょっと待ってくだ…

ブツッ

絵里「さて、最後の任務に行かなきゃね…」

174 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:14:34 ID:R3QDoO0A
こんなに書いてたのか…
まだまだもうちょっと続きます

175 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:15:58 ID:R3QDoO0A
〜同・シャッター街〜

ミライ「大変大変大変〜‼︎」

花丸「どうしたずら?」

ミライ「真姫ちゃんも凛ちゃんも花陽ちゃんも善子ちゃんも誰もいないよ〜‼︎」

花丸「うそっ…もしかしたらみんな…!」

千歌「どうしたんですか⁉︎」

花丸「あ……」

花丸(この人になら、本当の事を言ってもいい気がする)

花丸「魔女の棲む住処があったんです。この子はそこへ遊びに行きましたが、誰もいないと…」

ミライ「何もなかったよ!手がかりになりそうなもの!」

千歌「そりゃ大変!探すの⁉︎私も手伝うよ!」

花丸「…!千歌さん…千歌さんはやっぱり…」

千歌「私は魔女がどうとか、そういうのない社会になった方がいいと思います!でも、SCCは魔女の対策を強化するし、魔女の力らしき災害は起こるし…難しいとこですよね〜」

花丸「これまで大きな動きはなかったのにどうして突然…

ブブッ

千歌「あっ着信…」ピッ

千歌「はーい千歌です」

ことり『どこにいるの⁉︎無事?」

千歌「あっ無事ですよ〜!それよりあの…

ことり『もう!心配したんだよ!部屋を飛び出してから一切連絡ない上に災害規模は拡大してくし!』

千歌「ごめんなさい…」

ことり『とにかく無事で良かった…GPS送って!今から知り合いに乗せてもらってそっちまで行くから』

千歌「わ、わかりました!」

花丸「家出ですか?」

千歌「いえいえ、上司です。すみません、今からこちらへ向かうそうで…」

176 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:26:50 ID:R3QDoO0A
コツ...コツ...コツ...

海未「…追うのであれば、足音は消した方がよろしいのでは?」

善子「アンタね…リリーを傷つけたのは!」

海未「すみません。討った魔女の顔は覚えないようにしているのです。私も一応人の子ですから、情が移るのは嫌でして…」

善子「ナメんな!恨みの呪怨…見せてやる!」

海未「恐ろしいですね…私そういう類怖いので苦手で…あっ」

ザッ...!

善子「来たわね!」

梨子「1人じゃない…2人なら可能性は無限大!そうでしょ?よっちゃん」

海未「貴女でしたか…どのくらい強くなったか手合わせしてあげますよ」

梨子「後で泣いても…知りませんから!」

海未(そういえば久しぶりですね…魔女と一対二で戦うのは)

177 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 02:49:21 ID:R3QDoO0A
梨子「マキナサポート〈サブドミナント〉!」フワッ

梨子「初っ端から飛ばしていくよ!魔法とマキナの融合!」

梨子「よっちゃんお願い!」

善子「ヨハネよ!フフ…我がリトルデーモンよ…仇なす敵に牙を剥け!」

善子「アザゼル分離よ!魔法の力を解き放て!」ババッ!

善子「堕天使の炎〈イフリート・アウロラ〉!」

梨子「電気と魔法が融合し…」

善子「電気は新たに青い炎を帯びる!いけっ!」

梨子・善子「「蒼海の狂詩曲〈ラプソディ・イン・ブルー〉!!」」

海未「コンビネーションですか…お互い相性が良いのですね…」

海未「いいでしょう、私も受けてあげます」

海未「敢えて受ける!これが兵の矜持です!」

海未「出番ですよ、私のマキナ」ガチッ

海未「天衣無縫〈アラハバキカムイ〉」


カッ....!!

178 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 03:00:44 ID:R3QDoO0A
善子「どうなったのよ!?」

梨子「わからない…」

フッ...

海未「お見事です。素晴らしい連携でした」

海未「ここからは私も本気で行きますよ。機械遊びはこれで終いです…!」カッ!

梨子「…っ⁉︎」ゾクッ

梨子「よっちゃん!来るっ!」

海未「絶滅〈オニガシマ〉」ブンッ

梨子「危ない!」ドンッ!  

善子「わっ…リリー…⁉︎」

海未「片側撃破」

梨子「うっ……」ドサ...

善子「リリーッ!!」

海未「余所見している場合ですか?」ザンッ!

善子「いやっ…!」

善子(ありえないわよ…)

善子(何なのこいつ…わけがわからないくらい強い…)

海未「ぬっ!」ヒュン

善子「うわっ!」

海未「良い回避術をお持ちのようで」

善子「………」

善子(何言ってんのよ…もう勘よ!勘!)

善子(ダメだ…どうしたら…)

179 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 03:11:49 ID:R3QDoO0A
ピピピピピピピッッ!!

善子「…!」ビクッ

海未「む、制限時間ですね…私としたことが…」

海未「マキナ分離」ギリギリ...

海未「破魔矢〈ヨイチ・ナスノ〉」パッ

善子「がっ…」

海未「最後呆気なかったですね…では、私は眠りにつきます」

善子「ま、待ちなさ…い…」

海未「蓬莱の玉の枝〈シロカネベール〉」

海未「おやすみなさい…」

180 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 03:19:13 ID:R3QDoO0A
善子「本当に寝るなんて…」

善子「ん、再生が追いついてきたわ…」

善子「リリー!大丈夫…⁉︎」

梨子「よっちゃん…」

梨子「ごめんね…またぼろ負けしちゃった…」

善子「あ、相手が悪かったのよ!」

梨子「強かった…何もできなかったよ」

善子「悲しいことにね…?」

善子「なんか天気悪くない?」

梨子「うん、どんどんより一層暗くなってく…」

梨子「なんか心なしか…再生した分の体力が奪われていくような感覚がするんだけど…」

善子「…!リリーも⁉︎」

梨子「力が…抜けていく…」

善子「な、なんで…なんでよっ!」

善子「あ…ああ…私も…立ってられなく…」

善子「なって……き……」

バタッ...

海未「すぅ…」

181 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 03:23:36 ID:R3QDoO0A
ダイヤ「海未さんから停止信号が…完全に充電中ですわね」

ダイヤ「どなたか救助へ!信号は青ですから特に問題なしですわ!」

ダイヤ「みなさん…どうにか…!」

ダイヤ「あら?空がより黒々としてきましたわね…何でしょうか」

ダイヤ「周りの光を吸い取るかのように真っ黒な雲ですわ…」

182 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/28(金) 03:29:59 ID:R3QDoO0A
〜シャッター街〜

千歌「上司が到着したみたいです!」

花丸「どんな人だろう…」

ミライ「面白い人だといいねっ!」

花丸「はは…」

千歌「ことりさーん!」

ことり「もう、ダメだよ〜危ない事しちゃあ」

花丸「あっ……!!」

ことり「…偶然じゃないよ、これは…多分」

花丸「お久しぶりです…」

ことり「………」ニコ

183 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/29(土) 02:14:33 ID:y9GsfMUE

面白いけど説明不足感がある気がする
がっつり小説でも読みたい

184 名無しさん@転載は禁止 :2018/09/29(土) 21:32:46 ID:O.LX1iyM
初見の部分だ……!
すごいワクワクして読んでます

185 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/10(水) 00:09:59 ID:VRDA.0MA
ミライ「ねぇ、誰?花丸ちゃんの知り合い?」

花丸「…一応」

ことり「立派に組んでくれたみたいだね、ありがとう」

ことり「その子は…私の古い友達」

ミライ「ええっ?ごめんなさい…ミライはあなたのこと、わかんないよ…」

ことり「いいの、わからなくて当然」

ことり「あなたは私が作ったアンドロイド」



ことり「なのに」

ことり「私はあなたに何もしてあげられなかったから」

花丸「それ、どういうことで…っ!?」

千歌「見て!急に空が晴れてきた…気味が悪いよ」

千歌「まるで向こうの人に吸収されていくみたいに黒い雲がスッと消えちゃった…」

千歌「あの人何者…??」

フッ...

千歌「わっ消えた…?」

「何者は失礼じゃない?」パッ

千歌「えっえっ……!?どうして…!」

鞠莉「みんなが楽しそうにしてるから来ちゃった♪」

千歌「今の、どうやって…」

鞠莉「そこにいるコが知ってるんじゃない?」

鞠莉「〈太古の魔女〉、ことりなら」

千歌「な、何言って…ことりさん…?」



ことり「ごめんね、千歌ちゃん」

鞠莉「まだ機械人形なんかで遊んでるの?もういい加減捨ててしまえばいいのに」

ミライ「むっ?それミライのことっ!?」

鞠莉「もちろん♪」

ミライ「ムカーっ!」

ミライ「ミライは機械人形なんかじゃない!アンドロイドだよっ!」

鞠莉「ご立派なことに今度は感情持ったみたいね」

鞠莉「感情を持てばまた『あの子』の代わりに縋るとでも思った?」

ことり「…いいじゃん。別に、何度繰り返したって。私は後悔してないから!」

ことり「失くしたものへの気持ちは、持っていなかった人にはわからない!」

千歌「ねぇ?なんなの?もうわけがわからないよっ!」

鞠莉「説明するより見るのが早いわ」

鞠莉「あなた達に見せてあげる。〈魔女の始まり〉を…」

鞠莉「始祖〈ジャーニー・トゥ・ザ・サンシャイン〉」


カッ...!!

186 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/10(水) 00:11:21 ID:VRDA.0MA
最終章未来〈ミライ〉編になります

187 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/10(水) 00:37:37 ID:VRDA.0MA
〜名無しの森〜

ことり「はぁ…はぁ…はぁ… 」

ことり「っ…!行き止まり… 」


追い詰めたぞ!今日こそは奪え!

バキッ! 

ことり「くぅ…」

拘束したぞ!

よしっ魔女狩り終了だな…

よこせ…その無限の生命を!

ことり「や、やめてっ…!」


ことり「心臓のない巨人〈アシェラッド・エ・ラブソング〉」~♪

カチン!

ことり「ごめんなさい…ごめんなさい!」

ことり「また人を石にしちゃった…」

ことり「ごめんなさい」

188 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/11(木) 04:41:06 ID:I5ykMaL2
続きが気になる…

189 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/18(木) 20:34:52 ID:gs95E7h2
続き待ってます

190 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/19(金) 00:31:22 ID:R8G7GzPc
脳が蕩け出さないだけ良心的か

191 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/25(木) 00:01:32 ID:gAajmNCc
ことり(こんな森にも人が来るなんて…)

ことり(もう、住処を変えようかな…」


ことり「…っ!?」

ことり(空気でわかる…魔女だ)

ことり「だ、誰っ!?」

鞠莉「マリーよ。チャオ〜!」

ことり「なんだぁ…〈悪戯〉さんかぁ」

鞠莉「他に魔女がいるとでも思った?」

ことり「…いないよ」

鞠莉「そうよ。私達が魔女の〈始祖〉、起源にして頂点なんだから」

ことり「何しにきたの?」

鞠莉「なんでも?」

鞠莉「敢えて言うなら…この辺りは人が栄えだしたから、かしら」

ことり「えっ?」

鞠莉「もう、気にし過ぎないの!〈純粋〉さん♪」

鞠莉「バーイ!」


ことり「…勝手な人だね」

192 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/25(木) 00:08:25 ID:gAajmNCc
ことり(あの人は昔から悪戯好きで、人誑し)

ことり(だから、いつも人の多い所にいた)



ことり(いいな…私はいつも独りぼっちだよ)

ことり(いつも追われるばかりで…寂しいよ。もっとお話ししたいよ…)

ことり「………」ポロッ...

「ねぇねぇ、どうして泣いているの?」

ことり「ひっ!?」

「そんなにびっくりした!?ごめんごめん」

ことり「あなたは…?」

穂乃果「穂乃果だよっ!よろしくね!」

ことり「私はことり…」

穂乃果「ふぅんことりちゃんかぁ…可愛い名前だねっ!ふふふっ」



穂乃果「ねぇことりちゃん、穂乃果とお友だちになろうよ!」

193 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/25(木) 00:16:54 ID:gAajmNCc
ことり「お友だち…?」

穂乃果「うん!あ、もしかして嫌だった?」

ことり「ううん、嫌ってことはなくて、寧ろその…えっと

穂乃果「じゃあ決まりっ!今日から2人は友だちさ〜♪」

ことり「ええっ!?」

穂乃果「いいじゃんいいじゃん!」

ことり「…あのね」

穂乃果「うん?」

ことり「ことりはね、今までずっと誰かに狙われてきたの。だから…その、なんて言ったらいいのかわからなくて」

穂乃果「ん〜どうして狙われてきたの?」

ことり「それは、ね…」



ことり「私、魔女なんです」

194 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/25(木) 02:00:00 ID:mqs.0wNU
待ってました!

195 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/25(木) 02:24:01 ID:Hwy3fPRg


196 名無しさん@転載は禁止 :2018/10/29(月) 23:14:10 ID:yYgHlCtM
面白いな

197 名無しさん@転載は禁止 :2018/12/14(金) 09:49:11 ID:YFrljcHs
最終章でエタるとかやめてくれよ…

198 名無しさん@転載は禁止 :2018/12/31(月) 19:26:19 ID:hd1OBYHQ
続きー

199 名無しさん@転載は禁止 :2019/01/18(金) 22:23:03 ID:JFrzESRY
もう無理なのか…

200 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/06(水) 18:26:16 ID:RsSJ5n4Y
続き読みたいよ

201 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/15(金) 02:58:38 ID:zxyeaJe2
穂乃果「えっ…?魔女ってあの魔女…!?」

ことり「うん…」

ことり(ああ…これでまた…)

穂乃果「………」

ことり「………」

穂乃果「す…すっごぉ〜いっ!!」パァ

ことり「ええっ?」

穂乃果「すごいよっ!ホントに魔女なの?炎とか出せるの?」

ことり「う、うん」

穂乃果「見せて見せて〜!」ワクワク

ことり「じゃあ、いくよ」ボボッ

穂乃果「うわぁ〜本物だ!!」

ことり「えへへ…これくらいならワケないよ」

穂乃果「ホント?もっと見たい!」

ことり「…!いいよ」

202 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/15(金) 03:13:18 ID:zxyeaJe2
穂乃果「すごいね〜ことりちゃんはなんだって出来るんだ!」

ことり「そんなこと…ないよ」

穂乃果「だって炎のリングに氷の結晶、風の音楽に光の弓!どれもこれも初めて見たよ?いいなぁ〜便利だなぁ〜」

ことり「ま、まぁ便利ではあるかな…」

穂乃果「穂乃果も魔法が使えたらお母さんに怒られなくて済むのに…」

ことり「…なら、ひとつだけあげるよ」

穂乃果「えっ何なにー?」

ことり「魔法、穂乃果ちゃんには特別にひとつだけあげる」

穂乃果「えっ本当に!?どんなの??」

ことり「えへへ、それはわたしてからのお楽しみだよ…」

203 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/15(金) 03:28:11 ID:zxyeaJe2
ことり「じゃあ、目をつぶってね」

穂乃果「わかった!」

ことり「祈りましょう。この空と、海と、大地に…」

ことり「新たな祝福と導きを…」

ヒュウ...

ことり「白い陽と昏い月の対話〈ステラディアロゴ〕」

フワッ...

穂乃果「わっ!」

ことり「これで、魔法が使えるようになったよ」

穂乃果「どんな魔法?どんな魔法?」

ことり「さぁ…よし、じゃあことりに向かって使ってみて」

穂乃果「いい?行くよ!」

穂乃果「ひらけ〜ゴマっ!!」バ-ン!

………

204 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/15(金) 03:34:17 ID:zxyeaJe2
穂乃果「あれ〜?何にもならないよ?」

ことり「お、おかしいな…そんなはずないのに」アセアセ

穂乃果「うーん…」

ことり「あ、あのね!騙した訳じゃないの!本当に上手くいかなかったの!!」

穂乃果「ことりちゃん、それは違うよ」

ことり「うう…」

穂乃果「魔法は、既にかけられたんだよ!きっと穂乃果たちが気づいてないだけなんだよ!そんな気がするんだ」

ことり「穂乃果ちゃん…!」

穂乃果「あっ日が沈みそう…そろそろ帰らなきゃ!あっことりちゃん、明日もここにいる?」

ことり「多分…どうして?」

穂乃果「それなら明日も来るからねっ!いつか穂乃果の魔法…効果が見えるといいね!う〜ん楽しみー!」

ことり「…うん!」

205 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/15(金) 03:34:56 ID:zxyeaJe2
穂乃果「あれ〜?何にもならないよ?」

ことり「お、おかしいな…そんなはずないのに」アセアセ

穂乃果「うーん…」

ことり「あ、あのね!騙した訳じゃないの!本当に上手くいかなかったの!!」

穂乃果「ことりちゃん、それは違うよ」

ことり「うう…」

穂乃果「魔法は、既にかけられたんだよ!きっと穂乃果たちが気づいてないだけなんだよ!そんな気がするんだ」

ことり「穂乃果ちゃん…!」

穂乃果「あっ日が沈みそう…そろそろ帰らなきゃ!あっことりちゃん、明日もここにいる?」

ことり「多分…どうして?」

穂乃果「それなら明日も来るからねっ!いつか穂乃果の魔法…効果が見えるといいね!う〜ん楽しみー!」

ことり「…うん!」

206 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/15(金) 04:33:16 ID:oSx7YjuI
続ききた!
待ってたよ��

穂乃果ちゃんはやっぱり穂乃果ちゃんやで

207 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/15(金) 07:37:46 ID:Kko63H16
続き来てたか!待ってて良かった…

208 名無しさん@転載は禁止 :2019/02/16(土) 20:25:29 ID:J49xrsU6
信じてた甲斐があった

209 名無しさん@転載は禁止 :2019/03/16(土) 01:17:44 ID:N2HF.KwM
穂乃果「やっほーことりちゃん!」

ことり「あ…穂乃果ちゃん」

穂乃果「あのねあのねっ昨日いーっぱい魔法試したんだけどね…全くわからなかったよ。どんなのなんだろうね」

ことり「ごめんね、力になれなくて」

穂乃果「ううん、いいのいいの!ことりちゃんが何かしてくれたってだけで嬉しいよっ!」

ことりちゃん「穂乃果ちゃん…!」

穂乃果「よーし今日はたくさん遊ぼう!穂乃果、この森詳しいんだよ〜?」

ことり「…ふふ、じゃあ案内してもらおうかな」ニコ

210 名無しさん@転載は禁止 :2019/03/16(土) 01:30:59 ID:N2HF.KwM
穂乃果「あー疲れた!」

ことり「穂乃果ちゃんはやいよ〜」

穂乃果「あはははは…」

穂乃果「…ねぇ、ことりちゃん」

穂乃果「穂乃果にかけられる魔法ってひとつだけ?」

ことり「あ、うん。残念ながらね」

穂乃果「そっかぁ〜あーあ」


穂乃果「穂乃果のアザをなくせる魔法だったらよかったんだけどなぁ」

ことり「…?アザ?」

穂乃果「ほら、見て!この腕のアザ」

ことり「わぁ…」

穂乃果「なんかね、古くからこの森に住む人達には何故か身体にこんなアザが浮かび上がるんだって〜」

穂乃果「昔は穂乃果も誇らしくて好きだったんだけどね…」

穂乃果「今は、森の住民は他所から来た人ばかりなんだ。それでね、このアザを持ってる人はみんな遠くへ追いやられちゃうんだよぉ」

ことり「そんなぁ…それで消したいんだね?」

穂乃果「うん。でもね、もういいんだ」

ことり「…!どうして?」

穂乃果「物はいつか壊れるって言うでしょ?つまり、万事全ていつかは滅びるんだ。穂乃果たちの暮らしたここも、いずれ完全に他所の人々に占拠されて原型がない程森がめちゃくちゃになるなら、穂乃果たちから去っていく方がいいんじゃないかな…」

ことり「そんな、そんなのおかしいよ!穂乃果ちゃんは…何もっ!何も悪くないのに!」

穂乃果「…仕方ないさ。でも、どうしてことりちゃんはそんなに穂乃果に肩入れしてくれるの?」



ことり「ことりも、ずっと長い間住処を追われ続けたから」

211 名無しさん@転載は禁止 :2019/03/16(土) 04:52:57 ID:WmhQ5clg
穂乃果ちゃん…

212 名無しさん@転載は禁止 :2019/03/17(日) 20:10:35 ID:6o9qLLLo
来たきた

213 名無しさん@転載は禁止 :2019/03/19(火) 10:26:07 ID:NwHO8tSM
もっと読みたいよ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板