したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

千歌「夏の思い出」曜「グルメレポート!」

1 名無しさん@転載は禁止 :2017/08/30(水) 08:52:58 ID:WoXOZUPA


みんな! 千歌のお家に集まってくれてありがとう!

え、何の用かって? 

ただお話しようと思っただけだよー。

だって、今日が夏休み最後の日だもんね。

いやあ、つい昨日に夏休みが始まったばかりな気分だよ。

あっ、果南ちゃんは歌い出さなくていいからね。

とにかく、今年の夏をみんなで振り返るのだ!


……。

あれ、誰も何も話さないの?

ほら、ダイヤさんとか髪切ったでしょ。

何か言うこと―――あ、ない? ごめんね。


うーん、じゃあテーマを決めよっか。

そのお題の通りに思い出を話すのだ!

いい? ……よかった!


えーっと、何にしようかなあ……。

あ、そういえば善子ちゃんが堕天使の涙をつくってくれたんだよね。

じゃあテーマは「食べ物」で!


さすがに夏休み、何も食べなかった人なんていないもんね。





   *

2 名無しさん@転載は禁止 :2017/08/30(水) 08:54:19 ID:WoXOZUPA


1.高海千歌


あむ……あむ……善子ちゃん! これちゃんと辛くない!

改良版? おおー、すっごいねえ。

そういえば誰から話す?

え、千歌から?

言い出しっぺの法則って……まあ、仕方ないかあ。


うーん、私のは美味しい話じゃないかもしれないよ。

えへへ、ごめんね言い出しっぺなのに。


どうして美味しい話じゃないかって言うと、私が食べたわけじゃないからなんだ。

食べたのは十千万のお客さん。

先々週、手伝いでお客さんの前に出させてもらったときのことだよ。

ちょっと、梨子ちゃん笑わないで!

千歌だってちゃんと手伝いしてるんだからね。


そのお客さん、Oさんって言うんだけど、すっごい優しそうな男の人でね。

チェックインするときも、ずっとにこにこしてるし、袖からお菓子が出てくるし。

そうそう、本当に袖から出てきたんだよ。

甚平っていうのかな、ああいうの。

紺色で、肩のちょっと下のところに模様が入ってた。

3 名無しさん@転載は禁止 :2017/08/30(水) 08:56:20 ID:WoXOZUPA


ちょうど志満姉は手が離せなくてね、お部屋までは私が案内することになったんだ。

ほら、曜ちゃんは知ってるでしょ? 

うち、奥に行けば行くほど料金が高い部屋になってるんだ。

道路とは反対側の景色って、案外きれいなんだよ。山も見えるし。

今度みんなも泊まりにおいでよ!

あ、だめだ、高いんだった、てへ。


それで、私はお部屋の名前なんかを紹介しながら、Oさんを連れて歩いてたんだ。

Oさん、無口な人だったみたいで、ほとんど千歌がしゃべりっぱなしだったんだけどね。

まあそうやって歩いてたんだけど、廊下に飾ってあるお花の紹介をしてるあたりで、Oさんが急に立ち止まっちゃったんだ。

どうしたんですか、って声を掛けても、Oさんは窓の外をぼうっと眺めてた。

それで、千歌がもう1回声を掛けようとしたら、また急に顔をこっちに向けてきてね。


目が綺麗ですね、って呟くんだ。

最初、何を言ってるのか全然わかんなくて、え? って聞き返しちゃった。

そしたら、また目が綺麗ですね、って言ってくれて。

千歌の目を褒めてくれてるんだってわかった瞬間、もう、すっごい恥ずかしかった。

結局その後、晩ごはんは何時にしますかって聞いて、お風呂の案内もしたんだけどね。

その間もまともに顔を見れなかったなあ。

4 名無しさん@転載は禁止 :2017/08/30(水) 08:57:49 ID:WoXOZUPA


千歌の仕事はそこまでだったんだけど、お夕飯の片づけはしたんだよ。

Oさんはどのお皿にも大きな食べ残しなんてなくてね、ああ、行儀もいい人なんだなって思ったなあ。

ただね、1つだけ不思議だったところがあったんだ。

目があったの。

まあ内浦だし、お造りも出してるんだけど、そのお皿にね、魚の目だけがわざわざ取り出してあるの。

透明のぶよぶよしたのが丸ごと残ってて、黒い部分と目が合っちゃったみたいで、ちょっとびっくりしたなあ。

でも、まあ、食べてるうちに取れちゃったのかなって思って、普通に厨房に運ぼうとしたんだ。

あんまり気持ちのいいものじゃないから、運んでる間もそっちの方は見ないようにしてた。



でね、その途中で志満姉とすれ違って、これ不思議だよねって話したんだ。

そしたら、志満姉ったら急に怖い顔で低い声を出して、

千歌ちゃんそれ捨てなさい、って。

今から厨房に持っていって捨ててもらうんだよ、って返したんだけど、やっぱり怖い顔のまま。

いいから捨てなさい、あとの片づけは私がやっておくから、って。

いつもは手伝いを頼まれるのに変だな、って思ったんだけど、なんだか真剣だったから、言われるままに旅館の生ごみと一緒にすぐ捨てたんだ。

5 名無しさん@転載は禁止 :2017/08/30(水) 08:59:07 ID:WoXOZUPA


それからずっとその話は忘れてたんだけど、最近思い出したから、志満姉が洗い物してる時に聞いてみたんだ。

なんであの時あんなに変な顔してたの、って。

そしたら志満姉、しばらく黙ったままで。

お皿持ったまま、こっちを向いてもくれなくてね。

もう一回どうしたの、って聞いて、やっと答えてくれた。

うちの旅館、お造りは小さな船盛りにしてるんだって。

お頭つきのお刺身は出してないんだって。


あの目、何の目だったんだろうね。





     *

6 名無しさん@転載は禁止 :2017/08/30(水) 09:12:29 ID:B6Y/9ffA
まさかのホラーかよ

7 名無しさん@転載は禁止 :2017/09/01(金) 13:24:30 ID:bck.3qzs
誰か解説たのむ…

8 名無しさん@転載は禁止 :2017/09/07(木) 00:29:37 ID:AxEuxMNE
これで終わりなのか

9 名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:45:34 ID:5g6MWJmY


2.黒澤ダイヤ


まったく、千歌さんったら食べ物の話と言いながら、食べたのは自分ではないなんて。

その点わたくしの話はきちんとわたくし自身の話ですから、心配無用ですわ。


えー、それでは、わたくしの好きな食べ物と言えば、はい、ルビィ。

ええ、その通り。プリンですわ。

先日、素敵なお店を見つけましたの。

たまたま一人で入ったのですけれど。

え、私も連れていけって、鞠莉さんが先に帰ってしまったのではありませんか。

わたくしは生徒会の仕事で、日が暮れた頃に帰路についていたのです。


それで、そう、お店の話ですわね。

一言でいえば、品の良いワゴン車でした。

薄桃色の屋根がかかった、クリーム色の。

最初、わたくしはそのワゴンが営業中だとは思いませんでした。

何せ他に客もおらず、よくある黒板のメニュー表も見当たらなかったのです。


ただ、紫色ののぼりだけが風に揺れているのが気になりました。

そこには「食べ放題」とだけ書かれておりまして。

ちょっと、笑わないで。わたくしだって、思いきり何かを食べてみたいと思うことくらいありますわよ。


とにかく、少しだけ覗いてみてもいいかもしれない、そう思ったのですわ。

10 名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:47:34 ID:5g6MWJmY


そうして屋根の下に入ると、うっすら寒気がするのです。

不思議でしょう、世間は8月。夏真っ盛りだというのに。

外から見た通り、わたくしの他に客はいません。

店主らしき方が目の前にいるのですが、ああ、不思議なことに、どうも詳しい姿を思い出せないのです。

ただ墓石のように煤けたエプロンをつけて、にっこりと笑っていたことだけは覚えていますわ。


ワゴン車の中はぼんやりと夕日のような灯りがともっていて、寒気とあいまって少し居心地は悪くて。

しかし、入ったからには何か頼まなければ失礼ですわよね。

それで、何がありますか、と尋ねたのです。

何が食べたいんだい、店主はそう返してくれました。

質問を質問で返すとは変わったお方です。

わたくしは戯れのつもりで、プリンが食べたい、と言いました。


そうしたら、目の前に美味しそうなプリンが出てくるではありませんか。

皿に伏せった黄金色の台形に、とろりとしたカラメルがかかっているのです。

カラメルの表面は滑らかで、淡い灯りを反射し、わたくしには炎のように揺らめいて見えました。

ごくりと、生唾を呑みました。

11 名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:48:54 ID:5g6MWJmY


一口。

美味しい。

とても、美味しかったのです。

二口。

もっと味わおうと思ったのに、あっさりと口の中で溶けてしまうので、わたくしは急いで匙を動かしました。

三口。

ああ、なんて幸せな時間なのでしょう。

わたくしは生徒会の疲れも忘れ、ただただ、甘味の虜になっておりました。


カツンと、匙が皿に当たる音がした時の絶望といったら。

そして、おかわりは、と尋ねられた時の希望といったら。

そうです、ここは食べ放題。

わたくしはすぐさま、おかわりと頼みました。


好物、それも極上の品とは不思議なもので、一口プリンを食べるたびに、うすら寒さはたちまち吹き飛んでしまいました。

また一口食べると、今度はぼうっとした暖かさが、身体全体にひろがるのです。


想像してみてくださいな。

真冬の雪の中、温泉にゆっくりと足を踏み入れるさまを。

まさにそんな快楽を、わたくしはむさぼっておりました。

12 名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:50:26 ID:5g6MWJmY


情けないことに、時間のことが気になったのは、いいだけ食べ終わった後のことでした。

もともと仕事で遅れた身。

家族が心配しているのではないかと、匙を置きました。


お会計を、そうお願いすると、店主はまた返事をくれました。

おかわりは。

いえ、お会計を。

おかわりは。

ですから、そろそろ。

おかわりは。


壊れた機械仕掛けのように、同じ言葉しか返ってこないのです。

プリンを食べ終わったわたくしは、またぞくりとした寒気を感じました。


恐ろしくなり、とりあえずある程度のお金を置こうと、席を立とうとしたのです。



影がいました。

13 名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:51:36 ID:5g6MWJmY


わたくしの周りには客はいなかったはずでした。

それがちらりと左右に目をやると、どろりとした影が、両隣の席を埋めているのです。

それは人のようにも、獣のようにも、はたまた幼気な少女のようにも見えました。

ただその影を見ていると、だんだん周りの闇が濃くなるのです。


影がいる。


影がいる。


頭がガンガンと痛み、身体はがくがくと震えました。

わたくしは、影と一緒にプリンを食べていたのでした。


一刻もここから出なければならない。

慌てて財布をとろうとしましたが、うまく持てませんでした。


手が財布をすり抜けてしまうのです。

なんど手を伸ばしても、水中でバタつくように、わたくしの指は空を掻くだけ。


影だ。

わたくしも、影になってしまうのだ。


助けて、と、店主の方を振り向きました。


―――おかわりは。

14 名無しさん@転載は禁止 :2017/09/14(木) 13:52:42 ID:5g6MWJmY


淡いオレンジだと思っていた灯りは、もうついておりませんでした。

わたくしは知らぬ間に闇の中にいて、肌はぬめっとした黒で覆われていました。

鞄も、財布も、わたくしの腕にすうっとめり込んで、転がって行ってしまいました。


おかわりは。

おかわりは。


だんだん店主の声が近づいてきます。

鼓膜の表面から、耳の奥、脳の芯まで。

泥のような声に絡み取られて、わたくしの意識はどんどん薄れて―――



ぴりり、と何かが鳴りました。



黒澤ルビィ

そう表示された液晶が鋭く光っておりました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板