したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

咲-Saki-でエロパロ避難所 1本場

19 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:17:54 ID:ZvXgbMTI

「美穂子っ!美穂子っ!」

美穂子に覆いかぶさり、耳元で囁きながら、腰をぴったりと押し付け、美穂子の一番深いところで欲望を解放する。
俺の人生史上、最高の射精だ。
さっき最高の射精をしたと言ったな?あれは嘘だ。
いや、嘘ではないが、あっさり最高を更新した。

「……出てる…」

美穂子の弱弱しい呟きが聞こえ、先ほどより、さらに征服欲、独占欲を掻き立てられる。
福路美穂子は俺の女だ!
そう叫ぶかのように、美穂子の一番大切な穴の一番奥、赤ちゃんの部屋の入り口に、白いペンキで須賀京太郎と書き殴った。

「はあっ……はあっ……京太郎さん………」

こんなに射精るか、というくらい永い射精が終わり、俺は美穂子の顔を覗き込む。
美穂子はとびきりの笑顔で応えてくれた。
あー、美穂子の笑顔可愛いんじゃー。あ、右目開いてる。
綺麗だな、普段から開けてればいいのに。

「美穂子の右目、夏の海の色みたいでとても綺麗だよ」
「あっ……」

美穂子ははっとするような表情でしばし何事か考えていたが、すぐに俺の胸に顔を埋めて呟いた。

「もう、そんなこと言われたら、ますます好きになっちゃうじゃないですか……」

やっぱり可愛い。
可愛さと、美しさと、聡明さと、清純さと、エロさを兼ね備えた最高の彼女だなあ。
ゆっくりと美穂子の頭を撫でながら、俺はそう思った。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板