したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

咲-Saki-でエロパロ避難所 1本場

1 名無しの京太郎さん :2018/02/08(木) 02:40:20 ID:fJ/dr3NA
こちらは咲-saki-を題材としたエロパロ創作の為のスレです。
※投下される方へ
あ).オリキャラ有り等の理由で人を選ぶ作品を投下する場合には
必ず本編投下前に注意書きとして明記し、NG指定推奨の単語等を提示して下さい。
い).エロパロ板では1レスあたり、最大約2,000文字(4KB)、最大60改行、1行最長128文字が基準になっています。
う).総書き込み容量は500KBとなっておりますので、総書き込み量が480KBを超えた後に最初に書き込む人は、スレ立て宣言をした後、新スレを立てて下さい。出来ない場合は、その事を書いてその次の人に引き継いで下さい。
え).書き込み件数は>>1000レスまでです。 >>980レスを超えた後に最初に書き込む人は、スレ立て宣言をした後、新スレを立てて下さい。出来ない場合は、その事を書いてその次の人に引き継いで下さい。

【共通】
1)こちらでは男女カプのSS、妄想補完を優先とします。同姓ものについては専用スレの利用を推奨しています。
但し、こちらでの百合ものの投下の禁止はしていません。
2)苦手なネタやジャンル、趣味との不一致等はスルーやNG指定でご自衛下さい。
「禁止しろ」「やめろ」「他のスレに行け」などの書き込みは、禁止します。また、そのような書き込みに対しては、荒らし行為として、スルーやNG指定を行ってください。

【それぞれの住人へのお願い】
(読む人)
書き込む前にリロード、過剰な催促をしない、好みに合わない場合は叩かずにスルー、
荒らしはスルーマジレスカッコワルイ、噛み付く前に専ブラであぼーん、特定の作品or作者をマンセーしない
sageる。ageは荒らしとみなします。

(書く人)
書きながら投下しない(一度メモ帳などにまとめ書いてからコピペ投下推奨)、
連載形式の場合は一区切り分まとめて投下する、投下前に投下宣言&投下後に終了宣言、
誘い受けしない(○○って需要ある?的なレスは避ける)、
初心者を言い訳にしない(却ってスレが荒れます)、
内容が一般的ではないと思われる場合も閲覧注意を呼びかけること、感想に対してのレスは控え目に、
作品か意見の区別上、投下時以外のコテは非推奨。
sageる。ageは荒らしとみなします。

2 テスト ◆oP1k2qLTHQ :2018/12/16(日) 20:04:43 ID:ZvXgbMTI
?

3 京×キャプ ◆oP1k2qLTHQ :2018/12/16(日) 20:05:57 ID:ZvXgbMTI

※四校合同合宿に、京太郎も裏方として参加していたという設定です。


参ったな。

「じゃあ須賀君、帰る前にそこへ寄って行ってね」

いたずらなウィンクと共に部長が渡してきた、何処かの住所が書かれたメモを見ながら独りごちる。
今日は真っ直ぐ帰りたいんだけどな。
手に持った紙袋から、一本のDVDを引っ張り出して眺める。

『巨乳JK、吸った揉んだで挟んじゃいました♪』

和に似ている女優さんが、パイズリをしているパッケージのAVだ。
ひょんなことから、合宿中の買い出しで手に入れちゃったぜ。
だが合宿中、たくさんの女の子に囲まれながらも、一人でいたすこともできない状況はある意味地獄だ。
早く帰って、溜まりに溜まった性欲を、このお宝で発散したいのに!
そんなことを考えながら歩いていると、どうやら目的地に着いたらしい。
とりあえずお宝を紙袋に戻してお腹の中に隠し、インターホンを鳴らす。

4 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:06:38 ID:ZvXgbMTI

「はーい」

どこかで聞いたような声だな。
なんて思っていると、玄関が開いて……

「ふ、福路さん!?」
「あら、いらっしゃい。京太郎さん」

驚いた、ここは福路さんの家だったのか。
しかし、相変わらず素敵な笑顔だ。
しかし、なんで福路さんの家に寄らされるんだろう?

「ささ、あがってください」
「あ、じゃ、じゃあお邪魔します」

頭の中に?を浮かべながら、あがらせていただく。
部長はどういうつもりなんだろう?
こうなりゃ、目の前の福路さんに直接聞いてみるか。

5 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:07:19 ID:ZvXgbMTI

「あの、俺はここで何をすればいいんでしょうか?」
「あら、久から聞いてないのかしら?」
「俺はただここに行けとしか……」
「全く、久にも困ったものね」

福路さんが、頬を膨らませてため息をつく。
こんな仕草も可愛いなぁ。

「京太郎さん、合宿では縁の下の力持ちに徹していたから、ちゃんと練習できてないんじゃないかしら?」
「いや、俺はレギュラーでもないし、一年だから雑用するのは当たり前かと……」
「本当はそれじゃダメなのよ?一年生はちゃんと練習しないと」
「まあ、全国行きが決まっちゃいましたからね。そこら辺はインターハイ終わってからってことで」
「久もそう言ってたから注意したら、『それなら、とりあえず美穂子が須賀君を労ってあげたらいいじゃない』なんて言うから、今日お招きしました」

おお、よくわからんが部長ナイス。

「それでは、今から料理しますから、居間でテレビでも見ていてくださいね、京太郎さん」
「え、手伝いますよ?」
「だーめ、今日はお客さんなんだから、どっしりと構えていてね。絶対に台所を覗いちゃだめよ?」

福路さんは恥ずかしそうにそう言うと、奥に引っ込んでしまった。

6 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:08:04 ID:ZvXgbMTI
「はて、なんか鶴の恩返しみたいなことを言われたが、何だろ」

すぐに調理の音が聞こえ始め、しばらくすると、料理のいい香りも漂い始めてきた。
いやあ、なんか新婚夫婦みたいなシチュエーションでドキドキするなあ。


「アナタ、ご飯できましたよ〜」
「おお、美穂子のご飯はいつも美味しそうだなあ」
「はい、あ〜ん」
「あ〜ん」

………
……



はっ、いかんいかん、つい妄想に耽ってしまった。
でも、福路さんみたいな人がお嫁さんだったら、人生バラ色だろうな。
なんて考えていると、

「熱っ!」

台所の方から、福路さんの悲鳴が。

「大丈夫ですk…うわっ!」
「いやあん、京太郎さん。こっち見ないでぇ」

7 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:08:58 ID:ZvXgbMTI

あわてて見に行った俺の目に、とんでもない光景が飛び込んできた。
な、なんと、福路さんが裸エプロンで料理していたのだ!
そりゃ、その恰好で揚げ物をすれば、跳ねた油が熱いでしょうに。

「あの、その、なんでそんな恰好を?」
「あのっ、これはっ……その、久が、この恰好で須賀君に『ごちそう』すればイチコロよ、なんて言うから……」

部長ーーー!!
意図してやってるかはわからないけど、部長GJ!!

「そ、それじゃ、いただきますっっ!!」
「えっ、まだ料理はできて……きゃっ!」

俺は残った最後の理性でコンロの火を消すと、エプロンの上から福路さんのおっぱいにしゃぶりついた。
うーん、福路さんのおっぱい、大きい、柔らかい、いい匂い。
舌先で乳首を探り当て、唇で吸い上げながら、丹念に舐る。

「こんなつもりじゃ……あっ…やめて……あんっ」

福路さんのか弱い拒否の言葉も、合間に挟まってる艶っぽい喘ぎ声のおかげで耳に届かない。
夢中になって乳首をしゃぶっていると、勃起してきたのがわかる。

(福路さんも、感じているんだ……)

8 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:09:50 ID:ZvXgbMTI

そそり立った乳首から口を離すと、エプロンが俺の唾液で濡れて透けていて、
ピンクの乳輪と、これでもかとエプロンを押し上げて自己主張をしている乳首が見える。

え、エロすぎる。

その光景に目を奪われていると、さらに先の、福路さんと目が合った。
やべっ、調子に乗り過ぎたか。
だが、頬を赤らめた福路さんは潤んだ目で俺をじっと見ると、何も言わずに目を伏せてしまった。
こ、これは、お許しが出たのか?
唾液で濡れたエプロンの上から、そそり立った乳首を、親指と人差し指で捏ねる。
同時に、反対側の乳房にもむしゃぶりつく。

「あっ……きょ、たろ……さん…あんっ」

福路さんの嬌声を極上のBGMにしつつ、これまた極上のおっぱいを味わう。
エプロンの上からじゃなくて、生で味わいたいなあ。
こうなってしまうと、裸エプロンはなんとももどかしい。

ドサッ

かくなる上は、エプロンを捲って……って、ドサッ?

9 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:10:25 ID:ZvXgbMTI

「はぁっ…はぁっ……あら、何か落ちたわ?」

福路さんが、床に落ちた紙袋を拾い上げた。
ん、紙袋?
そ、それはマズイ!

「ふ、福路さん、ちょっと待って!!」

福路さんは、かまわず袋の中身を引っ張り出しちゃった。

つ 『巨乳JK、吸った揉んだで挟んじゃいました♪』 コンニチワー

あちゃー。
せっかくいい雰囲気だったのに、これでパーか……
俺の童貞よ、今日でお別れかと思ったが、まだまだ長い付き合いになりそうだなぁ。

「これ、原村さんに似てる……きょ、京太郎さんは、原村さんが好きなの?」

悲しそうな瞳で、福路さんが訊ねてくる。
返事をしあぐねていると、顔を真っ赤にした福路さんが、勢い込んで言ってきた。

「わ、私がこれをしてあげますっ!!」

10 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:10:51 ID:ZvXgbMTI

え?
福路さんが?
してくれるの?
パイズリ???

訳が分からずフリーズしていると、福路さんは俺のズボンのチャックを下ろし、中から俺のモノを引っ張り出す。
まあ、当然俺のモノは、福路さんの裸エプロン見たときから勃起しっぱなしなわけで。
それを見た福路さんは、一言

「おっきい……」

と呟くとエプロンを脱ぎ捨て、その豊満なおっぱいでモノを挟んでくれた。
はあ……福路さんの生おっぱいだ……
張りのある豊かな乳房に、程よい大きさのピンク色の乳輪、そして、同じ色の、ツンと上を向いた乳首。
正直、吸った揉んだの女優さんの比じゃない。
ただ、挟んだはいいが、どうやって動いていいか分からないらしく、困り顔で固まってしまっている。
俺は福路さんに寝転んでもらい、自分で動くことにした。
いわゆる、馬乗りパイズリってやつだ。
これは、極上の感触だ。気を抜くと、すぐイってしまいそうになる。

「ふわぁ……大きくて、熱くて、堅い……」

11 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:11:36 ID:ZvXgbMTI

片方だけ開けた目を、トローンとさせながら呟く福路さん。
いえ、大きくて熱くて柔らかいんです。
両手でおっぱいを揉みしだき、感触を味わいながら、寄せてモノへの刺激を強くする。
くっ、こんなの我慢できるわけないだろ?
限界に来ていた俺は、合宿中に溜まりに溜まった性欲を、福路さんにぶちまけた。

「きゃっ……」

悲鳴をあげた福路さんの美しい顔を、俺の精液が汚していく。
前立腺の辺りが、引き攣って痛いほど激しい射精。人生の射精の中で、こんなに激しい射精は初めてだ。

「はあっ…はあっ…」

人生最高の射精だ。
やがて、射精が終わり、激しい疲労感とともに、福路さんに目をやる。
綺麗な胸元から首筋、顔から髪に至るまで、うっすら青みがかってすらいる、象牙色の濃ゆい精液が、ゼリーの
ようにぷるぷるとぶっかけられている。
俺は、俺はやったぞ。この、女神のような人の顔を穢してやった……
奇妙な征服感を感じながら、万感の思いで目を閉じる。

12 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:12:30 ID:ZvXgbMTI

ピチャッ

ふう、満足だ。
これで、さっきから痛いくらいに勃起していたモノも治まるこt……ピチャッ?
股間に生暖かい感触を覚え、あわてて目を開くと、そこには信じられない光景が広がっていた。
ふ、福路さんが、俺のモノを咥えている、だと……!?
信じられないというようなまなざしで見つめると、福路さんは恥ずかしそうにモノから口を離し、言い訳をする。

「あのっ、これは……その、久がね、男の人がしゃ、射精したら、口できれいにしてあげなさいって言うから……その……」

部長!どんなトークしてるんですか!
まさか、この展開を読んでなのか?それとも奇跡なのか?
奇跡を可能にするのは、神か悪魔ッーー!!
まあ、部長は悪魔の方だろうけどね。

「んっ……あむっ…うんっ………ちゅぱっ」

福路さんは、お掃除フェラを再開させている。
一回放って落ち着くどころか、こんなのさっき以上にギンギンだよ!
よし、ここで絶対に童貞を捨てる、と決意して、福路さんの肩に手を掛けて押し倒す。
すると、察したのか福路さんは、目を伏せてか細い声で言った。

13 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:13:07 ID:ZvXgbMTI

「あの、ここじゃなくて、せめて私の部屋で……」

やはり、台所の床で、というのは嫌なのだろう。
裸エプロンプレイを捨てるのは惜しいが、福路さんの希望通りにしよう。
福路さんに部屋の場所を聞き、お姫様抱っこで抱えあげる。

「あっ……」

抱え上げられた福路さんは、恥ずかしそうな、嬉しそうな顔で、俺の胸に顔を埋めた。
台所を出て、廊下を歩き、玄関まで行き階段へ。
階段を上ってる途中、福路さんはうっとりとした声で、呟いた。

「私、大好きな男の人に、こうやってお姫様抱っこされるのが夢だったの……」

ん、なんかすごい単語が含まれていたような。
大好きな男の人って、もしかして、福路さんは俺のことを?
思わず立ち止まってしまった。
それで気付いたのか、福路さんは顔を真っ赤にすると、さっきよりも深く、顔を見せないように俺の胸に顔を埋めた。
えっと、なにこの可愛い生き物。
しかし、まさか福路さんが俺のことを……
頭の中がぐちゃぐちゃになりながら、福路さんの部屋に着き、扉を開けて中に入る。
うん、綺麗に片付けられている。女の子らしいファンシーな小物はないが、さりとて殺風景ではない、小ざっぱりとした部屋だ。
部屋中から、福路さんの匂いがする。
辛抱たまらなくなった俺は、福路さんをベッドに降ろすと、上に覆いかぶさった。

14 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:13:44 ID:ZvXgbMTI

「あのっ!」
「あのね、2つも年下の男の子に、こんなの恥ずかしいんだけどね……」
「最初は、背高くてカッコイイけど、金髪だし怖い人かな、って思ってたの」
「でも、合宿でみんなのために、買い出しや雑用をしている姿を見て、誠実で優しい人なんだなって……」
「京太郎さん、そんな貴方が好きです……大好きです……」

告白されてしまった。
こういう時、男は弱く、愚かだ。
女の子の告白という、プラトニックな事象に対する答えを、目の前にぶら下がった肉欲が邪魔して、出すことができない。
勿論俺も抗えず、福路さんのおっぱいにむしゃぶりつき、右手を股間に伸ばす。
独特の感触を味わいながら、秘裂をかき分け、中指が陰核に辿りつく。

「あっ……京太郎さんっっ、やんっ……はぁ……あんっっ」

俺に縋り付く福路さんの手に力がこもり、可愛らしい喘ぎ声が響き渡る。
どれだけ力を入れると痛くしてしまうのか、加減が全く分からないから、そっと撫でるような動きを繰り返す。
その動きに合わせ、しゃぶっているおっぱいの方も、ゆっくりと乳首を舐りまわす。
しばらく続けていると、指先に湿った様な感覚が伝わってきた。

15 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:14:45 ID:ZvXgbMTI

俺はモノの先を福路さんの大事なところに当てると、そのまま亀頭で愛撫する。
いよいよその時が来たのか、と福路さんがギュッと目をつぶった。
俺はそのまま秘裂にそってモノを動かし、陰核を刺激しながら、福路さんの蜜を、モノにまとわせる。

「ひっ……っっ……」

福路さんは、口を両手で覆い、声が漏れないように我慢している。
そんなことしないで、可愛い声を聞かせてもらいたいものだが。
何度かモノを割れ目にそって往復させ、意を決して、亀頭を福路さんの大事な穴に宛がう。
ひっ、と息をのみ、福路さんは身を固くする。
これは、事に及ぶ前に、俺の想いを口にしておかなければならないかもしれないな。

「俺、県大会予選の日、『風越の美人のキャプテン』を見かけました」
「……えっ」
「その人とは、合宿で再会できましたが、選手なのに、みんなのサポートをしている姿に、心惹かれました」
「……」
「麻雀も、家事も、何でも知っているすごい人でした」
「何でもは知らないわ、知ってることだけ……」
「美人で家事万能、おっぱいも大きい。俺の理想の女性で、憧れで、高根の花でした」
「そんなこと……私だって……」
「そんな人に、今日告白されて嬉しかったです」

右手をモノに添えて、腰を突き出す。

「福路美穂子さん、俺の彼女になってくださいっ!!」

16 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:15:39 ID:ZvXgbMTI

一気に奥まで挿入した。

途中、福路さんの純潔の肉膜を破っていたのだが、夢中な俺は気が付かない。
一番奥まで挿し込んだ瞬間、福路さんの手と脚が俺の胴体に回され、ギュッと抱きしめられた。
おお、あのおっぱいが胸板に当たって気持ちいい。
それに福路さんの膣内、あったかくて柔らかくて、それでいてギチギチで、気を抜くとイってしまいそうだ。
だから、俺は気付かなかった。
福路さんがきつく抱きしめてきたのは、破瓜の痛みに耐えるためだということを。
俺が遠慮してしまうことに気を使って、痛いという言葉を発さずに我慢していたことを……
俺はアホだから、本当に気付かなかったんだ。

ただ、言い訳をさせて欲しい。
これでも、ヤリたい盛りの高校一年生で、しかも童貞だ。
そんな男が、福路さんのような完璧な女性で童貞を捨てられるという時に、冷静でいられようか。
いや、いられまい。(反語)

「嬉しい……あの、京太郎さん。順番が逆になっちゃったけど、キスを……」

痛みに堪えながらも微笑みを浮かべてそういう福路さん。
いけないいけない、福路さんにとって、これは性欲の解消ではなく、愛を確かめあう神聖な儀式なのだ。
求めるようにこちらへ伸びてきた福路さんの手を、恋人握りで受け止めると、俺は福路さんに優しくキスをする。
彼女の顔が、安堵の笑みに変わるのを見届けて、少しずつ腰を動かし始めた。

17 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:16:22 ID:ZvXgbMTI

「…っ……っ…」

ほとんど声にもならないような喘ぎ声をあげる福路さんは、きゅっと恋人握りした俺の手に力を入れてくる。
可愛いなあ。
気持ちよすぎて、腰のあたりがフワフワする。モノも溶けてしまいそうな感覚に襲われる。
今すぐにでも激しく動きたくなるが、我慢我慢。
気をそらせるために、目の前でゆさゆさと揺れているおっぱいにむしゃぶりつく。

が、ダメっ!!

気をそらすどころか、ますますモノがいきり立つ。
そもそもこのベッドの中、福路さんの匂いが充満している。
それに加え、福路さんの喘ぎ声、吐息、触れあっている身体の感触……
何もかもが、俺の興奮を煽り立てる。
もう我慢できん。
激しく動く許可を得るべく、福路さんに話しかけた。

「福路さん、もっ……」
「美穂子……」
「と早く動いって、え?」
「美穂子って呼んでください。ね、彼女なんだから……」

18 京×キャプ :2018/12/16(日) 20:17:10 ID:ZvXgbMTI

辛うじて保っていた、理性の堤防が決壊した。
くぅ、そういうとこだぞ、美穂子!
無意識に男心をくすぐりまくりやがって。
俺はガンガンと美穂子に腰を叩き付け始める。

「ひぅっ……ひゃんっ…」

ちょっと苦しそうな悲鳴が美穂子からあがるが、もう止まれない。
腰を打ち付ける反動で、ぶるんぶるん揺れるおっぱいに目を釘付けにさせながら、俺は動き続けた。
あ、そうだ。あれをやってみよう。
美穂子の両手を掴むと、絞るように引き寄せ、手首で左右の手を重ね合わせる。
巨乳の女優のAVでよく見る、二の腕でおっぱいを強調する例のやつで……って、おおっ!!
左右のおっぱいが同時ではなく、右が跳ねてから時間差で左が追いかけるように揺れている!!
大きいと思ってはいたが、これほどとは……控えめに言って、エロ過ぎる。
美穂子の端正な顔と、時間差おっぱいのエロさのギャップを眺めながら腰を動かしていると、すぐに限界が来た。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板