板情報 | 旅行/地域 ]

中南米ニュース掲示板

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : アヌス太郎の宿題 10(296) / 2 : メキシコ・中米・カリブニュース(343) / 3 : ブラジルニュース 12(925) / 4 : 南米ニュース 13(120) / 5 : 南米ニュース 12(1000) / 6 : コロンビアのビザを取りましょね(11) / 7 : アヌス太郎の宿題 9(1000) / 8 : バックパッカーのための国内・国際ニュース 4(407) / 9 : 中米・カリブニュース 9(1000) / 10 : 南米ニュース 11(1000)
11 : アヌス太郎の宿題 8(1000) / 12 : 中米・カリブニュース 8(1000) / 13 : アヌス太郎の宿題 7(1000) / 14 : 南米ニュース 10(1000) / 15 : 亀井旅館閉館のお知らせ(33) / 16 : ブラジルニュース 11(1000) / 17 : アヌス太郎の宿題 6(1000) / 18 : 雑談(30) / 19 : 中米・カリブニュース 7(1000) / 20 : 南米旅行情報ノート(75) / 21 : 南米ニュース 9(1000) / 22 : アヌス太郎の宿題 5(1000) / 23 : ふーふの世界はわしらのもんじゃーー(91) / 24 : たかぎさんのなまず釣りと調理2(397) / 25 : 今日のおかずはナーニ?(48) / 26 : 日系企業の中米市場進出支援(2) / 27 : レナちゃんの女子大生生活(311) / 28 : バックパッカーのための国内・国際ニュース 3(1000) / 29 : アヌス太郎の宿題 4(1000) / 30 : ブラジルニュース 10(1000) / 31 : 南米ニュース 8(1000) / 32 : 中米・カリブニュース 6(1000) / 33 : アヌス太郎の宿題 3(1000) / 34 : ブラジルニュース 9(1000) / 35 : 南米ニュースの7(1000) / 36 : 中米・カリブニュース 5(1000) / 37 : バックパッカーのための国内・国際ニュース 2(1000) / 38 : ブラジルニュース 8(1000) / 39 : 南米ニュース 6(1000) / 40 : アヌス太郎の宿題 2(1000) / 41 : コロンビア旅行情報(8) / 42 : バックパッカーのための国内・国際ニュース(1000) / 43 : 中米・カリブニュース 4(1000) / 44 : 南米ニュース 5(1000) / 45 : ブラジルニュース7(1000) / 46 : 中米・カリブニュース 3(1000) / 47 : 南米ニュース 4(1000) / 48 : 南米で最も活躍した日本人アーティスト(5) / 49 : 中米・カリブニュース 2(1000) / 50 : 質問専用スレッド(11) / 51 : たかぎさんのなまず釣りと調理(1000) / 52 : ブラジルニュース6(1000) / 53 : 南米ニュース 3(1000) / 54 : ブラジルニュース5(1000) / 55 : 中米情報(1000) / 56 : ブラジルニュース4(1000) / 57 : 南米ニュース 2(1000) / 58 : アヌス 太郎の宿題(1000) / 59 : ブラジルニュース3(1000) / 60 : ブラジルニュース2(1000)  (全部で67のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 アヌス太郎の宿題 10 (Res:296)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1taro :2019/10/02(水) 07:20:32
いんちき翻訳の10です
http://www.eluniversal.com.co/
http://www.elespectador.com/noticias
この辺のニュースを適当に訳しています
よくわからないときはhttp://news.google.co.jp/news?ned=es_co&topic=n
で複数の記事を見て、適当にでっち上げています
最近はグーグル翻訳も参考にしています

290taro :2020/02/24(月) 09:01:30
2020 2-23 EL TIEMPO 3398,05 76371,88
列車と衝突した車に乗っていた4人が死亡 コロンビア マグダレナ県

 カリブ海沿岸のマグダレナ県シエナガ市郊外で日曜日の朝に列車とバンが衝突事故を起こし男性3人と女性1人が死亡しました。
 列車と衝突したバンはガソリンタンクが爆発炎上しており、消防隊が駆け付けて消火作業を行っています。
 現在検察CTIが遺体の回収作業を行っています。
 亡くなった4人の内の1人はフアン パウル モヒカ レンドンで、他3人は妻と子供2人と思われますが、今現在確認されていません。
 一家4人が乗ったバンは事故現場近くの農場に向かう途中の踏切で列車に衝突しています。

2020 2-23 infobae
麻薬1,4トンなどの所持していたFarc分離派ゲリラ4人がベネスエラで逮捕された

 2月17日、ベネスエラ海軍第4海兵隊旅団はオリノコ川でコロンビアの共産主義ゲリラ組織国民解放軍(Farc)分離派のゲリラと思われるコロンビア人2人とベネスエラ人2人を逮捕しました。
 ゲリラはアンソアテギ州マピレ市を流れるオリノコ川側にキャンプ地を設営していました。
 キャンプ地にはマリファナ1,4トン・銃器数挺・コロンビア軍の軍服多数がありました。
 
2020 2-23 Ultimas Noticias
配給品クラップを積んだトラックを襲撃した軍人2人が逮捕された ベネスエラ アラグア州

 アラグア州ラス テヘリアス市を通る中央高速道で配給品クラップを積んだトラックを襲った容疑で、ベネスエラ軍の現役軍人1人と退役軍人1人が逮捕されました。
 逮捕されたのは国家警備隊だい442分隊所属のラモン ラミレス リバス軍曹とウイルフレド サラス ムヒカ軍曹です。
 同事件にはアラグア州警察の警察官とベネスエラ空軍の退役中尉も関与しています。アラグア州第8検察が事件の捜査を行っています。
 襲撃されたトラックはバリナス州に配給品を運んでいました。


291taro :2020/02/25(火) 09:12:21
2020 2-24 el COLOMBIANO 3398,05 76371,88
アルバロ ウリベ元大統領がフランシスコ ガランの釈放を求める コロンビア

 元コロンビア大統領のアルバロ ウリベ ベレスが元ELN幹部で和平交渉の仲介役であったフランシスコ ガランとフアン カルロス クエジャールの釈放を月曜日に求めています。
 元大統領はツイッターを通じ、「2人は20年以上刑務所に収監されおり、真に平和を尊重する人物です。決して無処罰を享受しているわけではありません。」と指摘しています。
 ガランは日曜日にアンティオキア県の県都メデジン市でカリ市の裁判官の命令により逮捕されました。検察の告発によれば、ガランは2000年9月17日にカリ市とブエナベントゥーラ市を結ぶ街道で64人が誘拐された事件に関わった容疑があります。
 しかしガランは1992年に逮捕され、2007年に和平交渉の仲介役に指名されるまで刑務所に収監されていました。
 検察の指摘によれば、ELBNがボゴタ市の警察幹部学校で爆破テロを実行し22人を殺害したことを受け、イバン ドゥケ大統領がELNとの和平交渉の中断を宣言したことにより、ガランは2019年1月18日に和平交渉の仲介役の地位を失っています。
 フアン カルロス クエジャールは12月29日にカリ市で逮捕されています。クエジャールは2004年に逮捕され、2017年に和平交渉の仲介役に指名され釈放されました。
 ウリベは和平交渉の中断により2人は公証人としての地位を失っているが、2人の釈放を望んでいると述べています。
 ノルテ大学の政治アナリスト ルイス トレホスは、右派政党の党首ウリベの予想外の表明は、ガランとクエジャールがコロンビアの平和に貢献してきたことを評価している表れであると指摘しています。

2020 2-24 LA PRENSA.MX
エカテペック市で女性2人が銃殺された メヒコ州

 今朝、メヒコ州エカテペック市プラヤ デ ラス ゴロンドリナス区の公道わきで、女性2人の銃殺死体が見つかっています。
 最初の発表によれば、2人は別の場所で殺害され、何者かによって運ばれ道路わきに放置されています。
 現場は市警察が管理し、検察捜査班が死体の回収を行っています。
 今現在2人の身元は不明です。


292taro :2020/02/25(火) 09:21:32
2020 2-24 sinembargo
ハリスコ州でバー2軒が襲撃され、7人が死亡14人が怪我 メキシコ

 日曜日の深夜にハリスコ州のバー2軒が襲撃され、7人が死亡14人が負傷しています。
 最初の襲撃はラゴス デ モレノ市にあるバー キャピタル ドリンクスで起きています。身元不明の数人が誰かを探すためにバーに現れていますが、いなかったためにバーから出てバーの外から銃撃を行っています。この銃撃により4人が死亡し2人が怪我をしています。
 次の事件はトナラ市のバーで午前1時に起きています。長銃を持った武装集団がバーに現れ銃を乱射し、3人を殺害12人を負傷させています。バー セルべセリア ハウハでは17個の薬莢が見つかっています。
 治安当局の発表によれば、2件の襲撃事件には関連性はありません。

2020 2-24 debate
父親に強姦され1歳8か月の赤ちゃんが死んだ メキシコ オアハカ州

 オアハカ州ビジャ デ サアチラ市で性暴行を受けた1歳8か月の女の赤ちゃんが死亡しました。
 オアハカ州検察は2月12日に性犯罪の前歴がある赤ちゃんの父親を殺人容疑で逮捕しています。
 2月のはじめにまだ届の出ていない赤ちゃんを母親がニニェス オアハケニャ病院に連れてきています。赤ちゃんはひどい脱水症や傷のために2月10日に死亡しています。
 死後行われた検死により、赤ちゃんが性暴行を受けていたことが判明しています。
 調べによれば、赤ちゃん以外にも3人の子供が父親から性暴行と家庭内暴力を受けていました。子供3人は福祉機関DIFが保護しています。


293taro :2020/02/26(水) 09:13:07
2020 2-25 EL TUEMPO 3431,60 76371,88
退役軍人がバス強盗からナイフを奪い返り討ちに コロンビア ブカラマンガ市

 サンタンデール県の県都ブカラマンガ市北部コルセグロス地区で、元軍人がバス強盗と格闘となり殺害しています。強盗にあったバスはブカラマンガ市とリオネグロ市を結ぶ路線を運航していました。
 当局発表によれば、バスに乗り込んだ強盗が乗客から金品を奪っていた時に、バスに乗客として乗っていた元軍人が強盗に立ち向かっています。
 元軍人は軽傷を負いながらナイフを奪い取り、強盗を数回刺しています。
 刺された強盗は警察のパトカーで病院に運ばれましたが、死亡しています。
 一方、強盗を刺し殺して強盗事件を未然に防いだ元軍人40歳は、検察が身柄を確保しています。

2020 2-25 blu radio
ELNが民間人4人を誘拐 コロンビア カウカ県

 カウカ県太平洋沿岸にあるグアピ市郊外で、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が民間人4人を誘拐しました。
 カウカ県高官ルイス コルネリオ アングロの報告によれば、誘拐されたのはエネルヒサンドS.A.S.社の技師2人とガイドとボートの操縦者で、営利目的の誘拐です。
 「4人を誘拐したゲリラグループは、身代金として8千万ペソ(約258万円)を要求しています。」とアングロは説明しています。
 「私たちはあまりたくさんの情報を持っていません。現在誘拐された4人の家族と連絡を取っています。」とアングロは付け加えています。
 現在海軍が人質捜索作戦を実施しています。


294taro :2020/02/26(水) 09:13:19
2020 2-25 CAMBIO
コロンビア人大学生2人とメキシコ人大学生とウーバー運転手が殺害された メキシコ プエブラ州

 プエブラ州ウエホツィンゴ市で殺害された大学生の名前はホセ アントニオ ぺラダ セルパとヒメナ キハノ エルナンデスとフランシスコ ハビエル ティラド メルケスです
 最初の2人はコロンビアからUPAEP大学にやってきた留学生で、ティラド マルケスはメキシコ人でBUAP大学の学生です。
 3人の学生は週末にウエホツィンゴ市で行われたカーニバルの参加しようとしていましたがウーバー運転手と共に殺害され、死体が2月24日の朝に見つかっています。
 月曜日の朝、ウエホツィンゴ空港近くで女性1人を含む4人の死体が見つかっています。
 3人の大学生を乗せたウーバー運転手の名前はホスエ エマヌエル ビタル カスティーヨ29歳です。
 ウーバー運転手の家族は捜索願を検察に出していました。
 
2020 2-25 televisa.NEWS
私服の警察官2人が乗った乗り合いタクシーが強盗に襲われたけれど、警官は何もできなかった メキシコシティー

 メキシコシティー イスタパラパで乗り合いタクシーが2人組の強盗に襲われる様子を監視カメラが記録していました。https://twitter.com/i/status/1231589142527528965
 乗り合いタクシーの乗り込んだ強盗2人は大声で乗客を脅し財布・携帯電話・バッグを奪っていますが、その際に乗客の1人が女性警察官であることに気付き、女性警察官の頭をはたいてバッグを奪っています。
 バッグを奪われた女性警察官は、「防弾チョッキが入ったバッグが奪われた。」と泣きながら訴えています。
 事件は2月18日の夜に起きています。

2020 2-25 LA SILLAROTA
生後3週間の赤ちゃんが頭を撃ち抜かれて殺された メキシコ エルモシージョ市

 ソノラ州の州都エルモシージョ市エル ランチート区で襲撃事件が発生し、生後3週間の赤ちゃんが殺害されています。
 日曜日の夜、武装した2人が車でカジェ プレサ デ フエルテとカジェ ルイス エンシナスの間にある寿司屋にやってきました。
 2人は車を降りて寿司屋に近づき店主エリウ グスタボ23歳を撃ち殺しました。
 その時偶然赤ちゃんを連れた夫婦が現場に現れ、襲撃グループに気付いて逃げ出しましたが、襲撃犯が撃った銃弾が赤ちゃんの頭に命中しています。
 両親はソノラ州児童病院に赤ちゃんを運びましたが、残念ながら2月24日午前0時10分に死亡しています。


295taro :2020/02/27(木) 09:21:53
2020 2-26 EL TIEMPO 3425,22 76502,57
土石流の中から奇跡的に赤ちゃんが救い出される サンタンデール県

 水曜日の深夜にサンタンデール県ピエデクエスタ市で土石流が発生しましたが、赤ちゃん1人が奇跡的に救出され助かりました。
 ピエダクエスタ市郊外のエル グアモ村で民家数戸と農場数軒が土砂に飲み込まれましたが、生後9か月の赤ちゃんが土砂の中から無事救出され、住民たちは奇跡が起きたと表現しています。
 今現在エル グアモ村で発生した土石流により5人が死亡し、5人が行方不明となっています。
 赤ちゃんの他にも2人が無事土砂の中から救出されています。
 激しい降雨によりピエデクエスタ市とサン ヒル市を結ぶ道路上にあるエル グアモ村を流れるマンコ川とラ グランデ峡谷が氾濫し、大規模土石流が発生しています。
 午前8時頃に救出作業をしていたグループが、石と流木の間からディラン ハイメス エルナンデスを見つけています。
 ディランの兄弟2人と母親イングリッド エルナンデスの行方は分かっていません。

2020 2-26 EL TIEMPO
カルダス県で土砂崩れ、5人が死んだ コロンビア

 カルダス県チンチナ市ロス マンゴス地区で昨日の午後発生した土砂崩れに飲み込まれた住民の捜索活動が水曜日の朝終わりました。
 「昨日(火曜日)から男性4人と女性1人の捜索を続け、5人がすべて遺体となって見つかりました。これ以上の捜索要請は無く、捜索活動を終えています。」とチンチナ市消防団団長ヘルマン ハラミジョ コテは説明しています。
 死亡者5人の内の3人、セバスティアン エナオとアレハンドロ カルモナとフェルナンド ラミレスの身元が確認されています。
 チンチナ市災害対策責任者ホルヘ カルデナスは、4戸の民家が土砂崩れの巻き込まれたと報告しています。
 「激しい降雨のために発生した土砂崩れにより、ミナポブレ峡谷の下部にあった民家2戸と掘っ立て小屋2戸が土砂に飲まれました。」とカルデナスは語っています。
 近隣住民たちによれば、犠牲となった人たちは日雇いや廃品回収を仕事にしていました。


296taro :2020/02/27(木) 09:22:04

2010 2-26 EL UNIVERSAL
武装集団の銃撃で3人が殺害される様子を監視カメラがとらえていた メヒコ州

 メキシコシティーに隣接するメヒコ州ナウカルパン市で、車に乗った男3人が銃撃を始めています。3人の殺し屋は車から降りて、さらに標的に向けてとどめを刺すために銃撃を加えています。
 事件は昨日の午前7時少し前に起きています。ロス フレスノス区カジェ アドルフォ ロペス マテオスとカジェ サン マテオの交叉点で事件は起きました。
 現場近くの監視カメラが犯行の一部始終を撮影していました。
 襲撃グループの3人は車の窓から3人に向けて銃撃を始め、撃たれた3人は地面に倒れています。それを見た3人組はとどめを刺すために車から降り、近づいて発砲を続けています。犯行後、3人は乗ってきた車で逃亡しています。
 事件の目撃者が警察と救急に通報しています。現場に到着した救急隊は死亡者2人と負傷者1人を確認し、負傷者を病院に搬送しましたが助かりませんでした。
 現場からは2種類の薬莢15個以上見つかっています。
 警察は監視カメラの映像を元に捜査を続けていますが、未だ1人の逮捕者も出ていません。
 殺害されたのは26歳、36歳、42歳の男性で、2人は地元の人間です。26歳の若者は窃盗罪で2度刑務所に収監されていたと当局は発表しています。

2020 2-26 Linea Directa
激しい銃撃で1人が死亡1人が怪我 メキシコ クリアカン市

 シナロア州の州都クリアカン市ルーベン ハラミジョ区で水曜日の午後に激しい銃撃があり、1人が死亡し1人が負傷したとシナロア州治安当局が発表しています。
 シナロア州治安担当責任者クリストバル カスタニェダ カマリジョは、武装集団が民家に侵入し銃撃をしたと発表しています。
 負傷者は家族の手で病院に搬送され治療を受けています。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 メキシコ・中米・カリブニュース (Res:343)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1taro :2019/06/05(水) 04:56:52
メキシコ・中米・カリブニュースの10です

337taro :2020/02/22(土) 04:52:45
自家製潜水艦から5トン超の麻薬、当局が押収 パナマ

(CNN) パナマ当局は21日までに、同国沖合で5トンを超える麻薬を運んでいた潜水艦を摘発した。公安省が明らかにした。

パナマ国家航空隊の隊員が19日、領海内をパトロールしていたところ、半潜水型とみられる「自家製の」潜水艦を西部のボカス・デル・トロ県近海で発見した。

公安省によると当局は潜水艦内部にあった5トンを超える量の麻薬を押収し、コロンビア人4人を逮捕した。逮捕者について現時点でそれ以上の情報はない。

同省は麻薬の種類を特定していないが、過去に捕まった密売人は同様の潜水艦を使い、米国や欧州へコカインを運んでいた。

これらの潜水艦は一度海中に潜ると見つけ出すのが困難で、事前の情報や航空機で上空から探すといった方策が必要になるという。

https://www.cnn.co.jp/world/35149716.html


338taro :2020/02/22(土) 04:53:40
自家製潜水艦から5トン超の麻薬、当局が押収 パナマ

(CNN) パナマ当局は21日までに、同国沖合で5トンを超える麻薬を運んでいた潜水艦を摘発した。公安省が明らかにした。

パナマ国家航空隊の隊員が19日、領海内をパトロールしていたところ、半潜水型とみられる「自家製の」潜水艦を西部のボカス・デル・トロ県近海で発見した。

公安省によると当局は潜水艦内部にあった5トンを超える量の麻薬を押収し、コロンビア人4人を逮捕した。逮捕者について現時点でそれ以上の情報はない。

同省は麻薬の種類を特定していないが、過去に捕まった密売人は同様の潜水艦を使い、米国や欧州へコカインを運んでいた。

これらの潜水艦は一度海中に潜ると見つけ出すのが困難で、事前の情報や航空機で上空から探すといった方策が必要になるという。

https://www.cnn.co.jp/world/35149716.html


339taro :2020/02/22(土) 04:56:38
メキシコ大統領、前任者の汚職事件捜査 「認識していない」

[メキシコ市 20日 ロイター] - メキシコのロペス・オブラドール大統領は20日、ペニャニエト前大統領が汚職事件を巡り司法当局による捜査を受けていると報道されたことについて、認識していないと述べた。

大統領はこの日午前の定例記者会見で「前大統領に対する捜査として、認識しているものはない。この捜査に関する情報は得ていない」と述べた。

ただ、司法当局は独立しており、実施している全ての捜査に関する情報を大統領と共有する必要はないと指摘。「検察当局は自主性を持っている。それは私に情報を伝えてこないということであり、その必要はない」と述べた。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は19日、この捜査に関して伝えた。メキシコ国営石油会社ペメックス[PEMX.UL]の前最高経営責任者(CEO)、エミリオ・ロソヤ容疑者の不正疑惑を巡る捜査の一環という。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00000055-reut-s_ame


340taro :2020/02/22(土) 04:59:21
メキシコで24人の遺体発見 麻薬組織の抗争犠牲者か
2/21(金) 10:32配信時事通信
 【サンパウロ時事】メキシコ中西部ミチョアカン州の検察当局は20日、同州コエネオの空き地で24体の遺体を発見したと発表した。

 麻薬密売組織間の抗争の犠牲者とみられる。

 遺体は空き地の数カ所に埋められており、一部は切断されていた。20~40代で、女性が5人含まれていた。約半年前に殺害されたとみられる。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00000048-jij-int


341taro :2020/02/27(木) 05:11:07
動画:メキシコ先住民の環境抵抗運動、麻薬組織から土地奪還 「ごみゼロ」へ

【2月26日 AFP】メキシコ西部の町チェラン(Cheran)では、松の木に覆われていた丘陵が、違法伐採によって生態学的な不毛の地と化した。先住民プレペチャ(Purepecha)の人々は、銃で武装し土地を取り戻そうと決めた。

 違法伐採業者や背後にいる麻薬組織に住民らが戦いを挑んでから8年。山あいの無法地帯にあるこの町は事実上、先住民らの自治区となっている。

住民らは居住区ごとの住民会議に基づいた独自の自治制度を敷き、独自の警察も組織している。そして、黒焦げになったむき出しの土地を青々とした松の木で再び埋め尽くすため、野心的な環境保護プログラムも実施している。

 この町が変わってしまったのは、自動小銃「AK47」で武装した麻薬組織「ラ・ファミリア・ミチョアカーナ(La Familia Michoacana)」のメンバーが現れてからだ。当時、メキシコ政府が全面的な「麻薬戦争」を開始したことで、麻薬組織は他の違法行為に手を広げようとしていた。

 彼らはわが物顔で違法伐採を行うようになり、闇市場で木材を売りさばくために広大な森林の樹木を切り倒した。「1日にトラック100~200台分の木を運んで行った。(当局は)何も言わなかった」と地元住民は話す。

 麻薬密売業者らは「松の木を全部切り倒してしまったら、次は女性を誘拐して家屋を奪う」と話していたという。

■武器を取った住民たち

 2011年4月15日の夜明け、チェランの教会の鐘が鳴った。住民らは武装し、先住民プレペチャの町に通じる道路を封鎖して検問所を設け、交差点ごとにかがり火をたいて夜通し見張りを立たせた。住民らの抵抗は麻薬組織との銃撃戦へと発展し、一連の衝突で住民2人が死亡。さらに土地の奪い合いをめぐって6人の住民が、違法伐採業者に殺害されたとみられる。

 だが、住民らは辛うじて町を奪還し、今はライフル銃で武装して森林を巡回している。また地元企業らが地域ぐるみで環境保護に取り組み、メキシコ国内で最先端のごみ再生事業を運営している。こうして違法伐採された土地1万2000ヘクタールの半分以上をこれまでに再生させた。

■ごみゼロへ

 リサイクルセンターには限られた安全装置やさび付いた堆肥化装置しかないが、ここで働く作業員らは、町の環境政策の柱である「ごみゼロ」の取り組みに関わっていることに「誇り」を感じているという。

 チェランでは、ごみを6種類に分別している。首都メキシコ市の倍の分け方だ。ごみはすべて再利用やリサイクル、堆肥化することを目標に掲げている。

 持続可能な発展を支援する団体「アビナ(AVINA)」の包括的リサイクル事業を率いるアナ・マルティネス(Ana Martinez)氏は「メキシコのどの地域よりもごみの分別が徹底されている」と述べた。

 映像は2019年10~12月撮影。(c)AFP/Jennifer GONZALEZ COVARRUBIAS

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


342taro :2020/02/27(木) 05:21:09
メキシコのポポカテペトル山で激しい噴煙 瞬間捉えた映像
2/26(水) 16:15配信AFPBB News

(c)AFPBB News

※音声はありません

【2月26日 AFP】メキシコの首都メキシコ市近郊にある活火山、ポポカテペトル(Popocatepetl)山で25日、激しい噴煙と溶岩の流出が確認された。だが、これに伴い噴火警戒レベルの引き上げは行われなかった。

 映像はポポカテペトル山の噴火の瞬間。25日撮影・提供。(c)AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010005-afpbbnewsv-int


343taro :2020/02/27(木) 05:23:30
国境越しのメキシコ少年射殺、米国境警備隊員の刑事免責は妥当 米最高裁

【AFP=時事】米メキシコ国境で約10年前に起きた、米国境警備隊員がメキシコ側にいた少年グループに発砲し、10代のメキシコ人少年1人が死亡した事件で、米最高裁は25日、遺族の訴権を認めず、警備隊員への刑事免責の付与を妥当と判断した。

 保守派が過半数を占める米最高裁は、5対4で米国境警備隊員の刑事免責を認めた。

 事件は2010年6月7日、米側のテキサス州エルパソ(El Paso)とメキシコ側のシウダフアレス(Ciudad Juarez)間の国境付近で発生した。米側にいた米国境警備隊のヘスス・メサ(Jesus Mesa)隊員が、メキシコ側にいた少年グループに発砲。友人3人と一緒にいたセルジオ・エルナンデス(Sergio Hernandez)君(当時15歳)が死亡した。

 遺族によると、エルナンデス君たちは国境線のフェンスに触ったり走り回ったりして遊んでいた。エルナンデス君が撃たれたのは、メキシコ側に18メートルほど入った地点だった。

 このためメキシコ人がメキシコ領内で死亡した場合に米国法は適用できないとする裁判管轄を根拠に、メサ隊員に刑事免責が付与された。

 この事件は一度、2017年にメキシコ政府の支援を受けた遺族によって米最高裁まで持ち込まれている。しかし、最高裁はニューオーリンズ(New Orleans)の連邦控訴裁に審理を差し戻した。控訴裁では国境警備隊員の免責を支持したが、別の裁判所が扱った過去の同様の事件の判決と食い違っていたため再度、最高裁が扱うこととなった。

 対移民強硬姿勢を貫いているドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権は、重要な国家安全保障機能が損なわれかねないとして最高裁に対し、国境警備隊員の免責を保証するよう要請していた。

 これに最高裁判事のうち保守派5人は賛成したが、リベラル派4人は反対。ルース・ベイダー・ギンズバーグ(Ruth Bader Ginsburg)最高裁判事は反対意見の中で、「実際には(国境警備隊員の)起訴によって、米国の外交政策も安全保障も危険にさらされることはない」「被弾した瞬間にエルナンデス君がいた場所がどこかは全く問題ではない」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000026-jij_afp-int


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 ブラジルニュース 12 (Res:925)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1taro :2016/03/18(金) 04:31:47
ブラジルニュース の12です

919名無しさん :2020/02/22(土) 05:01:28
「安楽死させないで」人工くちばしで、ブラジルの獣医が鳥を救う
2/21(金) 16:02配信ロイター

ブラジルの獣医師が義肢など、動物用の人工器官を作っている。これによって、けがをしたり障害のある動物がまた動けるようになっている(ナレーションなし)。

鳥のための、人工くちばし。
ブラジルの獣医師、マリア・アンジェラ・パネッリさんにとっては「好きでしている仕事」だという。
この幸運な鳥は特注で、樹脂製のくちばしをもらった。
「動物がけがをして、前足や翼、くちばしなどを失うと、安楽死させられることもある。失ったくちばしや足の部分を人工器官で補ってあげれば、動物は生活の質を取り戻し、幸せに生き続けられると考えた」
鳥の義肢も作るパネッリさん。鳥たちに新たな翼を授けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00010009-reutv-s_ame


920taro :2020/02/23(日) 04:53:09
リオのカーニバル開幕 新型ウイルスに警戒

 南米最大の真夏の祭典、ブラジル・リオデジャネイロのカーニバルが21日開幕した。26日までのカーニバル休暇の前後に、国内外から過去最多の約190万人の観光客が見込まれる。リオ市保健当局は新型コロナウイルス感染者が見つかった場合に備えて警戒を強めている。

 ブラジル国内では今のところ感染例の報告はない。しかし地元メディアによると、当局は市内の病院に計120の隔離用病床を準備。看護師らに感染疑いのある患者を見分ける方法などを指導した。

 市はカーニバルによる経済効果を約40億レアル(約1015億円)と見込む。市内各所では1月半ばから、500以上のブロッコと呼ばれる街頭パレードが行われている。メイン会場サンボドロモでは今月23、24の両日夜、13のトップチームが徹夜でパレードを披露し、祭りは最高潮を迎える。(共同)

https://www.sankei.com/world/news/200222/wor2002220004-n1.html


921taro :2020/02/24(月) 05:15:39
ブラジル・サンパウロのカーニバル、今年も開幕

【2月23日 AFP】ブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)で21日、毎年恒例のカーニバルが開幕し、華やかな衣装や山車で彩られたサンバチームのパフォーマンスが、22日未明まで会場のサンボドロム(Sambadrome)で繰り広げられた。(c)AFP
https://www.afpbb.com/articles/-/3269666?cx_part=top_topstory&cx_position=4


922taro :2020/02/25(火) 05:28:34
リオのカーニバル、恒例のサンバパレード始まる ブラジル

【2月24日 AFP】ブラジルのリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で、世界有数の規模を誇る「リオのカーニバル(Rio's Carnival)」が開幕し、23日夜には主会場「サンボドロモ(Sambadrome)」でパレードが始まった。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3269860?cx_part=top_topstory&cx_position=4


923taro :2020/02/26(水) 17:12:19
感染者は世界で8万人超える 韓国も1000人超に急増(20/02/26)

https://www.youtube.com/watch?v=zScUjvHOYRE

新型コロナウイルスは、ヨーロッパではイタリアを中心に感染が拡大しています。26日、南米ブラジルでも新たな感染が見つかり、世界40の国と地域で感染者は8万人を超え、死者は2760人となりました。

 イタリアでは北部を中心に感染の拡大が止まらず、これまでに322人の感染と11人の死亡が確認されました。また、新たにオーストリア、スイス、クロアチアなどEU(ヨーロッパ連合)各国でも感染者が見つかっています。いずれもイタリアからの旅行者や帰国した人とみられています。EU圏内では移動の自由が認められていますが、イタリアと近隣各国は25日に国境の封鎖については「効果がない」と判断し、現時点では行わないということです。
 また、中国の衛生当局は25日までに中国本土の死者が湖北省などで52人増えて2715人となり、感染者は406人増えて7万8064人になったと発表しました。感染が急激に広がる韓国では新たに169人の感染者が確認され、合わせて1146人になりました。死者はこれまで12人で、南部の大邱(テグ)市を中心に今も拡大が続いています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp


924taro :2020/02/27(木) 05:12:56
ブラジル国内で感染確認 中南米初、伊帰りの男性

 ブラジルの複数のメディアは26日、最大都市サンパウロ在住のイタリア帰りの男性(61)が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと報じた。これまでにクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していたアルゼンチン人らの感染が確認されているが、中南米本土での感染例は初めて。

 保健省や報道によると、男性は仕事のため9~21日、イタリア北部ロンバルディア州を一人で訪問した。熱やせきなどの症状を訴えたため、24日にサンパウロの病院で検査を受けたところ陽性反応が出た。26日までの再検査でも陽性となり、感染が確認されたという。症状は軽く、自宅で療養中。

 イタリアではロンバルディア州などで感染が拡大し、死者も出ている。(共同)

https://www.sankei.com/world/news/200226/wor2002260039-n1.html


925taro :2020/02/27(木) 05:18:38
リオのカーニバル最高潮、トップチームが技を競う
2/26(水) 15:16配信ロイター

 南米ブラジル・リオデジャネイロのカーニバルは、主会場となるサンボドロモでパレードが行われ、最高潮を迎えた。

 カーニバルは、各サンバ団体がコンテスト形式で競い合い、歌や振り付け、全体のまとまりや雰囲気などが採点対象になる。

 リオのカーニバルは26日まで行われる。(ナレーションなし)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010011-reutv-s_ame


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 南米ニュース 13 (Res:120)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1taro :2019/11/19(火) 05:28:52
南米ニュースの13です

114taro :2020/02/21(金) 04:57:25
アルゼンチン債務は持続不能 民間に協力要請 IMF
2/20(木) 10:31配信時事通信
 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は19日、アルゼンチンの債務が「持続不可能」と認める声明を発表した。

 民間債権者の「大きな貢献」が必要になると明記し、協力を要請した。IMFはこれまで同国債務を「持続的」と判断していた。大規模な債務再編は避けられない情勢だ。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000043-jij-int


115taro :2020/02/23(日) 05:03:40
3度目の拘束 ケイコ・フジモリ氏は大統領になれるか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00000013-mai-int

 1月26日に投開票された南米ペルーの国会議員選(1院制、定数130)でアルベルト・フジモリ元大統領(81)の長女ケイコ氏(44)が率いる最大野党「人民勢力党」が惨敗した。党首ケイコ氏の汚職疑惑に揺れ、汚職対策に消極的な人民勢力党の姿勢に、有権者が厳しい判断を突きつけた。【サンパウロ特派員・山本太一】

 ケイコ氏が有力候補と見られていた2021年の大統領選や人民勢力党の行く末はどうなるのか。政界に影響力を誇ってきたフジモリ家の動向やペルー政治の展望を探ってみた。

 中道右派の人民勢力党は、16年の国会議員選で過半数を超える73議席を確保し、議会の主導権を握った。だが今回は、人民勢力党の得票率は4位で15議席にとどまり、大きく退潮した。10議席が未確定となっている1月31日時点の中間集計だが、惨敗という結果は変わりようがない。別の中道右派政党が最多の25議席を獲得したが、いずれの政党も過半数に届かなかった。人民勢力党など主要政党への批判票が分散して小政党が躍進し、議会の構成勢力が細分化された形だ。

 人民勢力党の敗因は、ケイコ氏への汚職捜査が進んでいることに加え、ビスカラ大統領が進める政治改革を妨害していると受け止められたことだ。

 18年3月に汚職疑惑でクチンスキ前大統領が辞任したのを受け、副大統領から昇格したビスカラ氏は汚職一掃を図る改革を優先事項に掲げた。だが、人民勢力党は国会でことごとくビスカラ氏の提案に反対。改革は行き詰まり、政治は停滞した。

 ビスカラ氏は19年9月、「抵抗勢力」と位置づける人民勢力党の弱体化を狙って国会解散に踏み切った。国会は憲法に反する強引な解散だとして法廷闘争に持ち込んだが、憲法裁判所は20年1月14日、解散は合憲との判決を出した。

 国会議員選は5年に1度の大統領選と同時に行われてきたが、今回、初めて単独実施となった。ビスカラ氏は、「ペルーに利益をもたらすコンセンサスを模索し、責任を持ち、成熟した」国会にしたいと述べていた。その思惑通りの結果になったと言える。

 16年の選挙でクチンスキ氏が党首を務めた中道右派政党「変革のためのペルー国民」の副大統領候補として当選したビスカラ氏だが、クチンスキ氏辞任後に党は分裂。残った勢力も改革路線への反発を強めたため、ビスカラ氏には与党と呼べる勢力がない。今回の選挙でも特定政党に肩入れすることを避けたビスカラ氏は、改革に前向きとされる中道、左派政党に協力を求めようとしている。ただ、ビスカラ氏は選挙結果を「改革賛成の民意だ」と強調するものの、不逮捕特権など国会議員の優遇措置縮小や政治資金の透明性確保を狙った法整備などに反発が出るのは必至だ。

 ◇ケイコ氏への汚職捜査進展

 人民勢力党惨敗の衝撃が広がる中、裁判所は1月28日、15カ月間のケイコ氏の身柄拘束を認め、ケイコ氏は即日、拘束された。ケイコ氏は18年10月~19年11月にも途中で短期間の釈放をはさんで計13カ月間、拘束された。ペルーでは判決を待たず、裁判所は検察の要請に応じ、最長36カ月間の「予防的」拘束命令を出すことができる。弁護側の異議申し立てが認められて19年11月末に2回目の釈放となったものの、2カ月での再収監となった。

 ケイコ氏は、3回目の拘束にあわせフェイスブックに投稿した動画で「政治的迫害に対し、政治的な対応をとる。持っているすべての力を出す」と表明した。政治的対応の詳細は不明だが、不正を否定するケイコ氏は「政権主導の不当な捜査」だと強調した。ケイコ氏は2回目に釈放された後には「家族への献身」を理由に国会議員選中も含め、表だった政治活動を控えていた。動画の表明は、拘束中の身ながら政治活動の再開宣言とも受け止められた。

 ケイコ氏は10年、翌年の大統領選をにらんで政党「フエルサ2011」(12年に人民勢力党に名称変更)を結成。大統領選で上位2位による決選投票に進んで敗北した。16年の大統領選の決選投票で0・24%の小差でクチンスキ氏に敗れ、フジモリ家の悲願である親子2代の大統領就任にあと一歩のところに迫った。

 調査会社イプソスによると、21年4月の大統領選を想定した世論調査で首位だったケイコ氏の支持率は、18年10月に初めて拘束された後、下落した。検察はケイコ氏が約120万ドル(約1億3000万円)の政治資金を不正に受け取ったにもかかわらず、出所を偽装したマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いを持っている。


116taro :2020/02/23(日) 05:04:03
 ◇フジモリ家の大統領選出馬困難

 1年余り後に迫る次期大統領選では、10年ぶりにフジモリ家から候補者が出ない公算が大きくなっている。

 拘束されたケイコ氏は立候補を見送るとの見方が一般的だ。ペルー・カトリカ大のダビッド・スルモント教授(政治学)は毎日新聞の取材に「人民勢力党は国会議員選で壊滅的な危機に陥り、ケイコ氏の出馬はほぼ不可能だ」と話した。政治アナリストのアルトゥーロ・マルドナド氏は地元有力紙コメルシオに寄せたコラムで「出馬は非常に難しい」と指摘した。

 逃走や証拠隠滅の恐れから「予防的」に拘束されているケイコ氏は、今の拘束状態が続いても法的に立候補は可能だ。検察は大統領選前後までの訴追を目指し裏付け捜査を進める予定で、政治情勢に加え、捜査の展開も出馬の判断に影響を及ぼす。

 姉とは不仲で、大統領選出馬を目指しているとみられていた次男ケンジ氏(39)は政界を引退した状態だ。人民勢力党の国会議員だった18年3月、国会での投票買収疑惑に絡んで所属議員を引き連れて離党し、党の分裂を招いた。同年6月に国会から議員資格停止処分を受け、今回の国会議員選には出馬しなかった。

 スルモント氏によると、人民勢力党の強い支持層といえるのは今回選挙の得票率と同じ約10%だという。

 大統領在任中(1990~00年)の汚職や人権侵害で禁錮25年の有罪判決を受けて服役中のアルベルト氏には、「腐敗」「強権主義」とマイナスイメージが強い。その半面、カリスマ的指導力で格差是正や経済成長を成し遂げた業績を記憶している国民は多い。

 ケイコ氏はアルベルト氏が築いた貧困層を中心とする岩盤支持層を引き継ぐ。スルモント氏は「名前という看板で票が取れる政治家はこの十数年間、ケイコ氏しか現れていない。フジモリ・ブランドはまだまだ健在で、基盤はそう簡単に壊れない」と話す。

 マルドナド氏は、ケイコ氏がまだ40代と若く、支持率回復に向けた時間があることから、「次の次」となる26年の大統領選での勝機は十分にあると見る。コメルシオのエリック・サブリッチ編集長はコラムで「ケイコ氏が政治的迫害と表現するものが党を結束させるのに役立つ」と指摘した。捜査が進むにつれ、ケイコ氏の無罪主張を信じる党内や支持者の団結力が強くなるという見立てである。


117taro :2020/02/25(火) 05:38:04
ペルー、インカ帝国の歴史を記した貴重な写本公開

【AFP=時事】ペルーはこのほど、インカ帝国の指導者らの回顧録などを含む貴重な写本を公開した。この写本はチリ、ペルー、ボリビアが争った1879~84年の太平洋戦争(Pacific War)中に行方不明になっていた。

「Memories of the Peruvian monarchy or outline of the Inca's history(ペルーの帝国の回顧録またはインカ帝国の歴史の概要)」の写本は、インカ帝国の皇帝ワイナ・カパック(Huayna Capac、1493~1525年)の子孫であるフスト・アプ・サウアラウラ・インカ(Justo Apu Sahuaraura Inca、1775~1853年)によって1838年に書かれたもの。

 ペルーの首都リマにある国立図書館の蔵書保護部門長であるヘラルド・トリージョ(Gerardo Trillo)氏はAFPに対し、「この文章の価値は計り知れない」と述べている。

 インカ帝国の首都だったクスコの先住民の貴族階級に属していたサウアラウラは、自らを「インカ皇帝最後の子孫」と呼び、インカ帝国の歴史の保護に力を注いでいた。

 写本は、今では消滅してしまった文章も参考にしながら、スペインによる征服前までのインカ帝国の歴史をたどっている。写本にはスペイン人を父に、インカの貴族を母に持ち、アメリカ大陸初の混血とされるインカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ(Inca Garcilaso de la Vega)に関する記述や、スペインによるクスコ征服の記録、インカの年表などが含まれている。

 トリージョ氏によると写本は太平洋戦争中にリマを占領したチリによって、ペルーの国立図書館から盗まれたという。チリは、占領中に同図書館から持ち出した書籍4500冊以上を返却している。

 だが、この写本は1970年代にブラジルの個人収集家の手に渡っていた。10年に及ぶ交渉の末、この個人収集家は昨年11月、正当な所有者に返却することに合意したという。

 返却後はデジタル化され、オンラインで閲覧できるようになっている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00000007-jij_afp-int


118taro :2020/02/26(水) 04:39:33
ベネズエラのマドゥロ、資金源として金を乱掘で密貿易か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00213645-hbolz-int

マドゥロの側近がマドリードに持ち込んだ謎のトランク
 先月ベネズエラの暫定大統領フアン・グアイドーがヨーロッパのEU各国の首脳と会談した後、マドリードを訪問した。

 しかし、その前に、マドゥロ政権の副大統領デルシー・ロドリゲスが不意を衝くかのようにマドリード空港に到着していた。その訪問の目的のひとつは、グアイドーとスペインのサンチェス首相が会談をもたないようにと説得する為であった。それが功を奏したのか否か、サンチェス首相はグアイドーとは会談をもたなかった。その代りにアランチャ・ゴンサレス外相が応対した。

 デルシー・ロドリゲスがマドリード空港に到着した際に、40個のトランクを税関のコントロールを通過することなく在マドリードのベネズエラ大使館が用意した大型車の中に積み込んで空港を跡にしたことが今も話題になっている。
 つまり、その中身は何だったのか? という疑問が浮上しているのである。

トランクの中身は「金塊」!?
 デジタル紙『ペリオディスタ・ディヒタル(Periodísta Digital)』は、ベネズエラ大使館に近い筋から得た情報だとして、ひとつは高額の紙幣で、もう一つは金塊だ、と伝えている。

 記事によれば、マドリードのベネズエラ大使館に勤務しているスタッフは、マドゥロ政権の資金難が理由で給与も受け取れない状態が続いていたということ。同様に、その資金の一部はスペインの左派政党に渡されるものだという。
 スペインの左派政党で現在マドゥロ政権と親密な関係にあるのはスペイン共産党と左派連合だ。更に、その資金の中からスペインにて広報も兼ねてマドゥロ政権を擁護してくれている俳優のウイリー・トレドやカタルーニャの政治学者アランチャ・ティラドに報酬として支払われるものだとしている。

 もう一方の金についてはマドリードで同大使館が引き取った40個のトランクの中にも入っているが、その多くはロドリゲスが搭乗して来たダッソー・ファルコン900LXに積まれたまま、それをトルコにもって行ったということも明らかにされている。というのも、この飛行機はトルコのチャーター便で、マドリードを離陸した後にトルコのイスタンブールまで向かったことも明らかになっている。一方、彼女はマドリードから別の飛行機でカタールに向かった。

 マドリードで積み下ろした金以外に残りの金をトルコまで運んだのは、カナリア諸国連合の議員アナ・オラマスも明らかにしたように、トルコで金のインゴットにするためである。制裁を受けているマドゥロ政権は当初スイスでインゴットにしていた。しかし、マドゥロのベネズエラが米国から制裁を受けてから、スイスの精錬企業がその取扱いを拒否したため、トルコをメインに送るようになっているのだという。


119taro :2020/02/26(水) 04:41:29
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00213645-hbolz-int&p=2

原油も金もある国が経済破綻という皮肉
 ベネズエラは石油以外に金の産出国でもある。皮肉なことに、原油の埋蔵量は世界一、更に金、銅、ダイヤモンド、コルタン鉄などを産出する国が今、世界で超インフレで経済は破綻して極度の食料難、医薬品と医師の不足などから普通の生活さえできないとして500万人が国外に脱出しているという状態にある。

 チャベスとマドゥロの二人の国家指導者のボリバル革命と称した社会主義改革を実現させようとし、結局独裁化してしまったの成れの果て現在の破綻したベネズエラだ。

 資金難にあるマドゥロ政権は原油が制裁で思うように輸出できないとして、現在金を無秩序に採掘して密貿易で資金を稼いでいる。採掘される金の内の80トン(およそ4000億円)が密貿易によるものだとされている。その主要ルートは先ずトルコに送ってインゴットにした後ロシア、ヨルダン、アラブ首長国連邦、セーシェル諸島に送って捌いて資金にしている。

 或いは、カリブ海のABC諸島のアルバ、ボナイレ、キュラソーのそれぞれの島を起点に中東、米国、ヨーロッパでインゴットにしたり、コロンビアとブラジルの国境を通過してインゴットにする先まで送る別ルートもあるのだそうだ。

マドゥロ政権の金採掘にはロシアも出資
 オリノコ流域のアルコ・ミネロ地域での金の採掘はマドゥロ政権を支持する軍人がコントロールしてゲリラ組織コロンビア民族解放軍、解散したコロンビア革命軍の残党、更にハマスやヒズボラなどが発掘に金稼ぎに集まった労働者を使って酷使している。
 ロシアも金の10億ドル(1080億円)を投じて採掘に出資していることも明らかになている。ロシアからの投資はマドゥロ政権を支える重要な要素になっている。

 発掘は91%がコントロールなく採掘されている。マドゥロ政権そのものが資金欲しさから採掘のための規制も存在していない。金、銅、ダイヤモンド、コルタン鉄などが1900か所で無秩序に採掘が行われているという。そこをコントロールしているひとりがマドゥロの息子ニコラス・マドゥロ・ゲッラだ。(参照:「prensa minera」)


120taro :2020/02/26(水) 04:42:32
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200225-00213645-hbolz-int&p=3

労働者を暴力的に使役して採掘
 採掘した金を労働者が盗もうものなら、そこを仕切るシンジケートのリーダーによって損傷を受けることは明白で、腕などが切断されたり殺害される場合もあるそうだ。少年でも12時間労働を強いられている。採掘現場では身体に有害な水銀に侵される場合もある。そしてマラリアに感染する危険性も高い。それが一度ではなく、何度も感染させられる場合も頻繁に起きているという。しかも、その薬を手に入れるのに2グラムの金に相当する100ドル近くの費用がかかってしまうのだ。(参照:「Infobae」)

 これらの鉱物資源の密売によって得た資金はマドゥロを囲む側近らが恩恵を受けるだけで軍人の大半は今も苦しい生活を余儀なくさせられている。今も彼らは軍の上層部からの脅威と恐れから忠誠を誓っているだけだ。それが永遠に続くわけではない

<文/白石和幸>

【白石和幸】
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

ハーバー・ビジネス・オンライン


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 南米ニュース 12 (Res:1000)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1taro :2018/07/06(金) 05:19:20
南米ニュースの12です

994taro :2019/11/16(土) 05:06:32
ナスカ地上絵、新たに143点 山形大発見 AI利用は世界初

 山形大は15日、南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」のあるナスカ台地とその周辺で、人や動物などの地上絵143点を新たに発見したと発表した。うち1点は日本IBMと共同で航空写真を人工知能(AI)で解析して見つけた。両者によると、AIを用いた発見は世界で初めてという。

 143点は坂井正人教授(文化人類学)らの研究グループが平成28年から今年にかけて発見。うち142点は、人や鳥、猿、魚、キツネなど動物の地上絵で、紀元前100年ごろから紀元300年ごろに描かれたとみられるという。

 また、研究グループはAIに地上絵のデータを学習させ高解像度の航空写真約500枚を分析し、地上絵の候補を検出させる手法も導入して現地調査。全長約5メートルで、つえのようなものをもち、2本足で立つ人型の地上絵1点も確認した。ナスカ期早期(紀元前100~紀元100年ごろ)とされる。

 坂井教授は「AIは地上絵の発見に有効。地上絵を保護していくためにも分布図をつくり、目的の解明や保護にも役立てたい」と話した。


https://www.sankei.com/world/news/191115/wor1911150050-n1.html


995taro :2019/11/16(土) 05:10:42
ロシア大統領、ボリビアは混沌寸前の状態と警告

[ブラジリア 14日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は14日、ボリビアは混沌寸前の状況にあり、モラレス前大統領が10日に辞任した後に権力の空白が生まれていると指摘した。

プーチン大統領は、ブラジリアで開かれた、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会合で記者団に、ボリビアで次に誰が元首になろうと、ロシア政府との協力を継続するよう期待していると述べた。

大統領は「権力不在の状況が生じている。(ボリビアは)混沌寸前の状態にある」と語った。一方で、「中南米ではあらゆることが急速に変化する。良識がいきわたるよう期待しよう」と述べた。

ロシアの原子力機関はボリビアに原子力研究開発センターを建設中。モラレス大統領(当時)は今年6月にロシアを訪問してプーチン大統領と会談し、ボリビアのガスとリチウムを協力分野に掲げていた。

ロシアのリャブコフ外務次官はこの日、12日に暫定大統領就任を宣言したアニェス上院議員と協力する用意があると発言したが、就任は議会承認に必要な定数の賛成票を得ていないと強調した。

https://jp.reuters.com/article/bolivia-election-russia-putin-idJPKBN1XP0GS


996taro :2019/11/16(土) 05:12:55
チリ、来年4月に国民投票 新憲法の必要性問う

 【サンティアゴAFP時事】デモ暴徒化で16日から開かれるはずだったアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が中止になった南米チリで15日、与野党協議の結果、来年4月に新憲法の必要性を問う国民投票を行うことが決まった。

 現憲法は1980年、ピノチェト軍政時代に制定され、改憲は重ねてきたが、教育や福祉で国の責任を規定していないためデモ隊の不満は強かった。

 ブルメル内相は「新社会を築くための第一歩だが、歴史的だ」と強調した。新憲法賛成の場合、憲法起草委員会を(1)選挙で選ぶか(2)政治任命の委員に任せるか(3)両者を混合するか―も国民投票で問う。選挙は来年10月の地方選に合わせて行う。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000152-jij-int


997taro :2019/11/18(月) 05:04:18
コスプレーヤー大集結! 南米コロンビアでコミコン開催

【AFP=時事】南米コロンビアのメデジン(Medellin)で、「コミコン・コロンビア(Comic Con Colombia)」が15日から17日まで開催されている。会場には、エンターテインメントやゲーム業界の関係者やファンが集まり、中にはコスプレ姿の参加者もいた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000028-jij_afp-int


998taro :2019/11/19(火) 05:12:09
ボリビア情勢、制御不能となる恐れ 国連が警告

[ラパス 16日 ロイター] - 国連は16日、ボリビアにおける暴力が「制御不能」となる可能性があると警告した。亡命したモラレス前大統領支持派と治安部隊が衝突して9人が死亡した事態に懸念を表明した。

モラレス氏は10日、10月20日の選挙における不正疑惑から警察と軍の圧力を受けて辞任。2日後、メキシコに亡命している。

モラレス氏は自らが追放されたことについて右翼による「クーデター」と主張。ツイッターで、「クーデターを起こした人々は、民主主義を求めたという理由で先住民らを虐殺している」と投稿した。

一方、暫定大統領就任を宣言したアニェス上院副議長は、モラレス氏が海外から暴力を煽動していると非難し、選挙の実施と反対勢力との協議を望むとしている。

バチェレ国連人権高等弁務官は、暴力の悪化で民主化プロセスが失われる可能性があると警告。「ボリビア当局が人権を全面的に尊重して事に当たらなければ、同国の情勢は制御不能となる可能性があると懸念している」との声明を発表した。

ボリビアに先立ち、チリでは社会的格差への抗議行動が暴動に発展して少なくとも20人が死亡、エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチンでも、ここ数カ月、広範囲なストや抗議行動、暴動が発生するなど、近隣諸国でも暴力が激化している。

https://jp.reuters.com/article/bolivia-election-idJPKBN1XS0NW


999taro :2019/11/19(火) 05:14:39
ボリビア政変で露呈した、中南米「左右分断」の深刻さ
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/11/post-13404.php

<イデオロギー対立と時代遅れの枠組みが地域内の協力を阻み、民主主義を破壊する。今や中南米各国で最大のリスクは、大統領自身だ>

10月の大統領選で4選を果たしたものの、不正疑惑をめぐる抗議デモが激化して辞任に追い込まれた南米ボリビアのエボ・モラレス大統領。反米左派の急先鋒として知られたモラレスは11月12日、同じく左派が政権を握るメキシコに亡命した。だが、左右両極に分断された中南米諸国の指導者たちは、この危機を前にしても協調するどころか、自国の支持者向けのアピールに躍起になっている。

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、モラレスの辞任を軍事クーデターと批判し、背後でアメリカが糸を引いていると批判。メキシコやニカラグア、キューバの左派指導者もこれに同調した。さらに10月の大統領選を制したアルゼンチンの次期指導者アルベルト・フェルナンデスも、モラレスに辞任を要請した軍部を非難している。

一方、右派政権はモラレスの失脚を民主主義の勝利と評価する。ブラジルのエルネスト・アラウージョ外相はクーデター説を否定し、ボリビアの「民主主義への移行」を支持するとツイートした。

ベネズエラの難民危機、地域全般のインフラ不足、深刻化する越境犯罪──中南米は地域全体に影響の及ぶ課題を多数抱えているが、政治の分極化があまりに深刻で、こうした問題に協調して対処できない。ボリビアの政治危機は、それをあらためて浮き彫りにしている。

ボリビアの抗議デモの直前には、チリとエクアドルでも反政府デモが暴徒化していた。両国の高官は、キューバとベネズエラの工作員が背後でデモをあおったと指摘。だがそれが事実だとしても、決定的な役割を果たしたとは考えにくい。むしろ、チリでは物価高と公共政策への不満、エクアドルでは緊縮策への反対が国民を突き動かしたと言える。

しかしそうした各国の事情をいくら説明しても、右派はあらゆるデモを国際的な社会主義者の策略と見なし、左派は左派政権へのあらゆる批判を帝国主義者の陰謀と考える。両陣営の間の深い溝を象徴するように、極右指導者として知られるブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は、隣国アルゼンチンの大統領選に勝利した左派のフェルナンデスに祝辞を送るのを拒否。12月の就任式も欠席する意向だ。

ブラジルはたびたび地域の紛争の仲介役として建設的な役割を担ってきたが、ボルソナロ政権下で、そうした指導力を完全に失ってしまった。ボルソナロはBRICSと南米諸国のトップが集う会合もキャンセルした。理由は、他のBRICS諸国がベネズエラの野党指導者フアン・グアイドを暫定大統領と認めようとしないためだ。


1000taro :2019/11/19(火) 05:17:55
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/11/post-13404_2.php
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/11/post-13404_3.php

中南米の課題の大半は、一国だけでは解決できない。それだけに、左右の対立激化は深刻な懸念材料だ。

では、中南米の指導者はなぜ、地域の危機にやたらと党派対立を持ち込むのか。ブラジルの場合、過激な左翼批判を展開し、社会主義政権に囲まれた国家という危機をあおることで、少なくとも一時的には国内の経済問題から国民の目をそらすことができる。

チリやエクアドルが自国の暴動を国際的な左派の仕業だとほのめかし、ベネズエラはモラレスの失脚を国際的な右派の陰謀と主張する──こうした例が示すように、国民の不満のはけ口として、大した根拠がなくても国外のスケープゴートを声高に非難する指導者はボルソナロだけでない。

大統領が最大のリスクに
そうではない時代もあった。2000年8月、ブラジルのフェルナンド・エンリケ・カルドゾ大統領は南米12カ国の首脳や米州開発銀行総裁が一堂に会する初の南米サミットを開催した。イデオロギーの違いはあっても、参加国は複数政党制による民主主義の推進や人権保護からインフラ面の連携、貿易障壁の解消、越境犯罪の撲滅までさまざまな地域課題を解決するには互いの協力が不可欠だという認識を共有していた。

もっとも今振り返ると、この頃が協調ムードのピークだった。1990年代から2000年代初頭にかけ、中南米諸国は新ルールや規範の構築に取り組んだ。政府間の対話を促進し、民主主義の後退を食い止めるために健全な圧力をかけ合う枠組みを構築した。

1995年のペルー・エクアドル国境紛争では、周辺国が仲介に重要な役割を果たした。2002年にベネズエラでチャベス政権に対するクーデターが勃発した際も、ブラジルが中心となって両陣営に対話を促した。

不介入と国家主権の尊重を重んじる中南米の歴史を考えると、こうした協力は注目に値する。それが受け入れられたのは、選挙で選ばれた政府を軍部から守るためだった。

ところが2000年代初頭になると、中南米の民主主義にとって最大のリスクは軍部ではなく、選挙で選ばれた大統領自身であることが明らかになり始めた。指導者が少しずつルールを骨抜きにすることで、ベネズエラやボリビアなどの民主主義は緩慢な死を遂げた。

ゆっくりとだが着実な独裁体制への移行は、国際社会の目が届かない水面下で進められた。ボリビアの民主主義が危機に瀕していたことは以前から明白だったが、徐々に自由が制限されるだけでクーデターが起きたわけではなかったため、対処できなかった。

ボリビアの安定化に向けて中南米諸国の協力が望めそうにないのは、極端な分極化と時代遅れになった枠組みのせいだ。モラレス亡命後のボリビアは、彼が遺した独裁政治と司法介入の後遺症に苦しむことになる。

モラレスは将来の後継者となる若手の台頭を許さなかったため、与党はすぐには強力な後任を見つけられないだろう。一方、野党側は次期総選挙には勝てるだろうが、モラレスの支持層から正統性を疑問視されるなかでの難しい舵取りを迫られる。

国際社会の仲裁を受けて、モラレス派と野党陣営が対話に応じるシナリオもなくはない。だが現状では、ボリビアは近年の経済成長を帳消しにする長期的な混迷に突入する可能性が高い。それでも中南米諸国は内輪もめに明け暮れて、事態をさらに悪化させることだろう。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 コロンビアのビザを取りましょね (Res:11)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1taro お客は2人 :2006/05/08(月) 01:38:15
コロンビアのビザの取り方を研究するの巻き

5taro お客は2人 :2006/05/08(月) 04:52:05
カマラデコメルシオの補足説明です
これは商売の許可証です ですからこれを取るにはお店を買うか借りるか
またはお家を買うか借りるかして商売の場所を確保しなくてはなりません
ただ別に調べられる事も無いのでアパートかお家を借りてそこをお店に
すれば大丈夫です カマラデコメルシオを取るには10万ペソ位ですが
ちょっと面倒です めんどくさがりやさんは代行屋さんに頼むといいです
取る時の注意としてactivos(資産)の数字を41,000,000以上にすること
だそうです 去年基準が変わったそうです


6take :2006/05/09(火) 05:04:44
こんちわ。太郎さん。ViSA情報ありがとうございました。
観光ビザについて、メデジンのDASでは現在出国チケットを提示しなければなりません。
しかも、俺の場合は初回1時間半もDASのボス猿に面接を喰らいました。きっと暇つぶしです。
出国チケットですが、買うのはもったいないので旅行代理店でリザベーションペーパー
を作ってもらって、すぐキャンセルして、そのコピーを持っていけばOKです。
でも、3回目の延長のときに「おまえには、もうやらない。来月出て行け!」
とかなりヒステリックな形相でいわれました。


7take :2006/05/09(火) 05:09:13
それから、EAFIT経由などで取れる就学VISAの情報です。
オランダから来てメデジンに10ヶ月近く滞在している女の子のやった手口。
学校に行って「スペイン語を習いたいがVISAがない。これから習う書面をくれ」
といって、そいつを持ってBOGOTAに行って就学VISAを発行してもらったそうです。
ボゴタのイミグレに払った額が訳240000ペソ。希望の期間だけくれると言ってました。

しかぁ〜し、僕の場合は今メデジンでRADIOSONICAというバンドを組んでいるので
できれば就業系の稼げるVISAをとってしまいたいのです。


8taro お客は2人 :2006/05/09(火) 10:16:15
こんにちは スター
そうかメデジンでの延長は避けたほうがよさそうだね
前は楽勝って聞いたんだけね 

稼げるビザって言っても君の場合は歌だからね 
フアネスに頼んでコロンビアで一番有名なプロモーターに
招待状を書いてもらうかヤマハのポプコンに出て優勝するか
ちゅーか 売れればそんな心配しなくても大丈夫だから
とりあえずオランダ娘の方法がいいんじゃね 安いしさ


9taro お客は2人 :2006/05/09(火) 10:32:57
コロンビアに外タレ呼んでるやつと知り合いになってビザを取ってもらえばいいじゃん だめ


10take :2006/06/06(火) 11:34:33
へへ。オランダ娘の方法だめだった。んなドキュメントは皆嘘つくからもう揚げないそうです。
それから、俺のここでの親友ROMANって奴がフアネスの高校からの親友なんだぁぁあああ
でも、メデジンに念に2回しか帰ってこないんだって。。。。使えない
ということで太郎さんご推薦の方法で今回はぶっちぎります。確実そうだし
あと、友達のワーキングVISA手伝ってくれるって話も並行して動けそうです。
また連絡しま〜す。結婚はダメ!一番簡単で一番リスキーだ


11<削除> :<削除>
<削除>


名前: E-mail(省略可)
※書き込む際の注意事項はこちら
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 アヌス太郎の宿題 9 (Res:1000)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1taro :2018/05/20(日) 07:36:23
いんちき翻訳の9です
http://www.eluniversal.com.co/
http://www.elespectador.com/noticias
この辺のニュースを適当に訳しています
よくわからないときはhttp://news.google.co.jp/news?ned=es_co&topic=n
で複数の記事を見て、適当にでっち上げています
最近はグーグル翻訳も参考にしています

994taro :2019/09/29(日) 06:47:29
2019 9-28 RCN Noticias 3462,01 21402,71
ティブ市で陸軍パトロール隊が爆破攻撃を受け兵士2人が戦死 コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 ノルテ デ サンタンデール県ティブ市サン ホセ村エル アンバトを走行中の陸軍車両が爆破攻撃を受け、兵士2人が戦死3人が負傷しています。
 戦死したのはイバン バルガス サンチェスとエクトール オルランド ロバヨ グスマンで、負傷したのはホナタン ハビエル ブランコ ブランコ、オスカー イェシド グランデ ベセラ、マヌエル アントニオ シエラ コントレラスです。
 当局発表によれば、攻撃を受けた軍部隊は地域の安全を守るためのパトロールを行っていました。
 「陸軍第30旅団傘下の部隊が現場に急行し、負傷兵を県都ククタ市の病院に運んでいます。」と陸軍は発表しています。
 負傷兵は軍のヘリコプターでククタ市メディカル ドゥアルテ病院に運ばれて治療を受けています。
 今現在道路わきに爆弾を仕掛け、軍車両の通過に合わせて起爆した武装グループは特定されていません。当局はベネスエラと国境を接するカタトゥンボ地域に強い影響力を持つ、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の犯行とみています。

2019 9-28 El Siglo de Torreo'n
武装集団の待ち伏せ攻撃で陸軍兵士3人が死亡 メキシコ ゲレロ州

 ゲレロ州山岳地帯にあるレオナルド ブラボ市バルサマル村で木曜日に武装集団による待ち伏せ攻撃があり、軍兵士3人が死亡し2人が負傷、武装集団の男2人が死亡しています。
 ゲレロ州警察の最初の発表によれば、月曜日の正午頃に軍の車列が武装集団から銃撃を受けています。この銃撃により兵士2人が死亡し、3人が負傷しました。報告によれば、襲撃を受けた軍部隊も直ちに反撃を開始し、襲撃者2人を撃ち殺しています。
 負傷兵3人はチルパンシンゴ市の病院に搬送されましたが、3人の内の1人が死亡しています。
 州知事エクトル アストゥディジャは、軍部隊が待ち伏せ攻撃を受けたと発表しています。その後国防省が3人の兵士が死亡したと発表しています。


995taro :2019/09/29(日) 06:47:40
2019 9-28 sinembargo
質屋に強盗団が入り警備員と撃ち合いになり、強盗の1人が死んだ メキシコ プエブラ州

 プエブラ州の州都プエブラ州にある質屋の警備員が、強盗に入ってきた武装集団の1人を撃ち殺しています。
 店の監視カメラがモレロス市場の直ぐ近くにある質屋プレスタ マックスに強盗団が押し入り、警備員と撃ち合いにある様子を記録していました。
 銃を持った強盗団が店に押し入り、店内にいた客たちが慌てて床に伏せています。店内には子供たち数人がいましたが、強盗団の直ぐそばで立ちすくんでいます。
 強盗団が金品を奪う前に警備員が現れています。銃撃戦はすぐに終わり、強盗に1人が店内の床に倒れました。
 現場に救急隊がやってきましたが、強盗団の1人を救うことは出来ませんでした。
 死亡した強盗団の1人の身元は不明で、警察は残りの強盗団メンバーを逮捕することが出来ていません。
 事件は㋈22日日曜日に起きています。

2019 9-28 VANGUARDIA
CJNGのサポパン市ボスが逮捕された メキシコ ハリスコ州

 メキシコ国防省(Sedena)はメキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の地域ボス カルロス別名エル チケンを逮捕しました。
 匿名の通報を元に作戦は木曜日に連邦検察総局(FGR)と合同で実行され、エル チケンの他にリカルド、クリスティアン、ダビドが逮捕されています。
 作戦が実施された民家には作業場があり、中には金メッキをされたK-47やグレネードランチャーがありました。
 作戦部隊は武器の他にもコカインや覚せい剤なども押収しています。


996taro :2019/09/30(月) 07:00:41
2019 9-29 RCN Noticias 3462,01 21402,71
コカインをボートで輸送中に転覆し、海上に浮かんだコカイン入りの箱に捕まっていた3人の男が海軍に救出された コロンビア ナリニョ県

 密輸中のコカイン1,2トンに捕まって漂流していた男3人が、太平洋洋上で救出されました。
 3人の麻薬犯はナリニョ県最大の港町トゥマコ市沖30マイルの海上を漂流していたと、海軍が発表しています。
 漂流中の3人を発見した海軍が3人を救出し、海の浮かんでいたコカイン入りの箱多数を回収しています。
 船には4人が乗っていたがサラオンディタと呼ばれる場所で姿が見えなくなったと救出された3人が訴えており、海軍は改めて捜索・救出作戦を発動しています。
 救出された3人とコカインはトゥマコ市に運ばれ、3人とコカインは検察に引き渡されています。
 太平洋洋上では先週も8トンのコカインを積んで中米を目指していたセミ潜水艇が摘発されています。

2019 9-29 W RADIO
カルロス フェルナンド ガランとクラウディア ロペスが拮抗 コロンビア ボゴタ市長選挙

 世論調査会社Guarumo Ecoanali'ticaが実施したボゴタ市長・メデジン市長・カリ市長・バランキーヤ市・ブカラマンガ市長選挙に関する最新の調査結果が発表されました。
 世論調査はボゴタ市1200人、メデジン市600人、カリ市600人、バランキーヤ市600人・カルタヘナ市600人・ブカラマンガ市600人の4200人を対象に実施されています。
 ボゴタ市では緑の同盟のクラウディア ロペスが25,8%、元上院議員で急進変革党のカルロス フェルナンド ガランが25,7%とほぼ互角となっています。一方、右派政党セントロ デモクラティコ党のミゲル ウリベ トゥルバイは20,6%、左派政党コロンビア ウマノ党のホルマン モリスは13,6%です。
 コロンビア第2の都市メデジン市ではアルフレド ラモスが25,5%でトップ、次いでダネル キンテロ18,3%、ヘスス アニバル エチェベリ12,8%、ルイス サンティアゴ ゴメス9,8%と続いています。
 カリ市ではホルヘ いばん オスピナが34,9%でトップ、次いでロベルト オルティス24,8%、アルバロ アレハンドロ エデル7,1%となっています。
 バランキーヤ市ではハイメ アルベルト プマレホが70,9%と圧倒的支持を受けています。
 ブカラマンガ市ではクラウディア ルセロ ロペスが23,8%、フアン カルロス カルデナスが21,7%となっています。


997taro :2019/09/30(月) 07:00:51
2019 9-29 El Sol de me'xico
住民との衝突で国会警備隊隊員が撃ち殺された メキシコ チアパス州

 9月26日木曜日にチアパス州北部ボチ市で撃たれた国家警備隊隊員アンヘル テジェス ニコラスが土曜日の夜に死亡しました。
 チアパス州検察によれば、輸送業者のグループが市警察・州警察・国家警備隊からなる治安部隊と衝突し、銃撃を行っています。
 調べによれば、住民たちによる街道封鎖の解除をしていた治安部隊が銃撃を受け、銃弾の一発がテジェス ニコラスに命中しています。
 ネット上には撃たれた警備隊員が地面に倒れ、銃声が聞こえる中仲間が助ける様子が撮影された動画が出回っています。
 負傷したテジェス ニコラスは州都トゥストラ グティエレス市の病院に搬送されましたが、集中治療室で治療中の4日目に死亡しています。
 国家警備隊は先週ゲレロ州で3人の隊員を失ったばかりです。

2019 9-29 El Diario.mx
自動車修理工場内でカルテル デ シナロアの地域ボスが撃ち殺された メキシコ シウダ フアレス

 アメリカ合衆国との国境の町シウダ フアレスのワテルフィル通り沿いにある自動車修理工場内で、1人の男が殺し屋に撃ち殺されています。殺害された男はシウダ フアレスと隣接するバジェ デ フアレスの麻薬ボスです。
 殺害されたのはカルテル デ シナロアのバジェ デ フアレスボス オルランド マリン デルガド別名エル ボレゴ22歳です。
 午後過ぎ、2人の男がムルチセルビシオス ラス パルマスという名の修理工場に乱入し、エル ボレゴを撃ち殺しています。
 エル ボレゴは2016年から市・州・連邦治安当局から行方を追われていました。


998taro :2019/10/01(火) 05:53:17
2019 9-31 canal 1 3462,01 21299,21
人民革命代替勢力(Farc)がイバン ドゥケ大統領のキューバとELNに関する演説を批判 コロンビア
 
 和平合意を経て合法政党となった人民革命代替勢力(Farc)は、コロンビア大統領イバン ドゥケがキューバについて行った演説を批判しています。
 「キューバ政府はコロンビアと世界の平和構築の基本である。キューバとその他保証国の努力によりハバナで和平合意に調印することが出来た。」とFarcは声明を発表しています。
 大統領は金曜日アメリカ合衆国マイアミで、キューバが国民解放軍(ELN)のゲリラボスをコロンビアに引き渡さないのならば、キューバはコロンビアではなく犯罪者たちとの関係を優先すると判断する。」と表明しています。
 「もしキューバがコロンビアとの関係を優先したいのであれば、引き渡しをすべきである。」と大統領は述べています。
 ドゥケ マルケス大統領は、前大統領フアン マヌエル サントスとELNが和平交渉を行っていた17カ月間にELNは400回以上のテロ、100人以上の殺害、10件以上の誘拐を行ったと明らかにし、「これは平和への意思ではない。」と強調しています。
 Farcはコロンビア国内紛争の完全集結に向けてELNと交渉を行うようドゥケ大統領に要請しています。
 「政府とELNの交渉団は両者で合意された議定書に則り、和平交渉再開のためにキューバに戻る必要がある。」とFarcは強く求めています。
 最後にFarcはキューバとの連帯を表明し、両国国民の兄弟関係に影響を及ぼさないためのコロンビアとキューバの対話を呼び掛けています。
 ELNとコロンビア政府の和平交渉は2017年2月にエクアドルの首都キトで始まり、2018年5月にキューバ ラ ハバナに舞台を移して継続していました。しかし交渉は進展のないまま2018年8月に和平交渉は中断しています。
 2018年8月に大統領に就任したイバン ドゥケ大統領は和平交渉再開の条件として誘拐の中止と全ての人質の解放を求めました。
 今年1月にボゴタ市の警察士官学校がELNの爆破テロを受け警察士官候補生23人が死亡したことにより、ドゥケ大統領はELNとの和平交渉の破棄とELN和平交渉団メンバーのコロンビア引きわたしをキューバ政府に要請しています。

2019 9-31 pulzo
銃器を持ってタクシー強盗をした少女4人が逮捕された コロンビア ボゴタ市

 日曜日の夜、1人の少女がタクシーに乗りボゴタ市南東部のラス ロマスに行くよう頼んでいます。少女は目的地に着くや銃器を取り出してタクシー運転手を脅し売上金を奪っています。
 お金を奪われたタクシー運転手は警察に通報し、現場近くにいた警官たちが強盗少女を発見し逮捕しています。
 同地では先週も同様の手口の少女強盗3人が逮捕されています。
 警察は2つの事件に関連がないか調べを進めています。


999taro :2019/10/01(火) 05:53:27
2019 9-31 EL ESPECTADOR.COM
タラサ市で2人が殺され5人が怪我 コロンビア アンティオキア県

 日曜日の午後8時30分頃、アンティオキア県タラサ市ラ カウカナ村で銃撃事件があり、2人が殺害され5人が負傷しています。
 10歳女児を含む負傷者5人はタラサ市内の病院に搬送されています。負傷者の内2人は胸部と腹部を撃たれ重傷ですが、残りの3人は軽傷です。
 殺害されたのはアレックス フェルナンド サルセド27歳とクリスティアン サンチェス25歳で、2人とも国家違法作物代替プログラムの1つであるタラサ市カカオ協会のメンバーです。
 当局発表によれば、サン イシドロ祭りの最中に武装した数人の男がディスコに乱入して銃を乱射しています。現場には軍と警察の部隊が駆け付け、負傷者救助と遺体の回収を行っています。現場からは自動小銃とピストルの薬莢が見つかっています。
 タラサ市周辺には犯罪組織カパロスとクラン デル ゴルフォがいます。

2019 9-31 sinembargo
待ち伏せ攻撃により警察官1人が殺され1人が負傷 メキシコ カンクン

 キンタナ ロー州カンクンで武装集団の待ち伏せ攻撃があり、警察官1人が殺害され1人が負傷しています。
 最初の報告によれば、午前11時頃に警察のバイクでオブシディアナ通りをパトロールしていた市警察の警官が、フォード エスケープに乗ってやってきた武装した男たちから銃撃を受けています。警察官2人は負傷し、武装集団は車を放置して逃亡しています。
 2人は直ちに現場近くの病院に搬送されましたが、アルビン イバン ロペスは死亡し、もう1人は重体となっています。
 キンタナ ロー州政府は犯人逮捕に繋がる情報に100万ペソ(約547万円)の懸賞金を懸けています。


1000taro :2019/10/02(水) 07:19:27
2019 10-1 publimetro 3477,45 20995,42
先住民の子供たちがごみ捨て場のごみの中から食べ物を探してい食べている コロンビア ビチャダ県

 先住民の子供たちが生き延びるためにごみを食べることを余儀なくされています。
 RCNニュースの報道は多くのコロンビア人を嘆かさせ、悲惨な画像は深刻な状況を端的に示しています。
 ベネスエラと国境を接するビチャダ県プエルト カレニョ市に住む先住民族アモルアの子供たちが、生きるためにごみ捨て場をあさり食べ物を探しています。
 昼間の暑い最中、ごみの山の中で価値のあるものを探していますが、その中で子供がごみの中にある残飯を食べている姿は衝撃を与えます。
 RCNニュースによれば、ごみ捨て場に集まった人々はごみの中から金になる物を探し、ある子供たちは食べられる物を探して食べています。
 ごみ捨て場には数十家族の先住民が来ていますが、その中には深刻な経済危機のベネスエラからコロンビアに逃げてきたベネスエラ人も含まれています。
 報道を受け、プエルト カレニョ市の市長は、「オンブズマンからの苦情と市からの要請によりコロンビア政府の職員30人以上が現場を視察し、先住民保護のための計画が作成されました。」と表明しています。
 しかしマルコス ぺレス市長は、市に十分な資金はなく支援を必要としていると訴えています。

2019 10-1 telemedellin
誘拐された生後25日の赤ちゃんが1時間後に救出された コロンビア メデジン市

 アトランティコ県の県都メデジン市中心部で誘拐された生後25日の赤ちゃんが、オチョ デ マルソ地区で無事救出されています。
 コロンビア警察は誘拐事件の発覚後直ちにガウラ・警察児童青年課などからなる特別捜査チームを編成し、赤ちゃんと誘拐犯の捜索を開始しています。
 救出されたベネスエラ人を母親に持つ赤ちゃんは健康診断を受けた後に、福祉機関ICBFの保護下に置かれています。 
 警察は赤ちゃんを誘拐した23歳の女を逮捕し、検察に身柄を移しています。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 バックパッカーのための国内・国際ニュース 4 (Res:407)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1taro :2013/04/24(水) 04:48:36
バックパッカーのための国内・国際ニュース 4

401taro :2018/09/09(日) 05:51:38
ネパール中部で7人搭乗のヘリ墜落、日本人旅行者含む5人死亡

【9月8日AFP】(更新)ネパール中部で8日、7人が搭乗したヘリコプターが山腹に墜落し、日本人1人を含む5人が死亡した。当局が明らかにした。女性1人が生存していたものの、もう1人の乗客は行方が分かっていない。

 ヘリコプターの残骸はヌワコット(Nuwakot)地方の森に覆われた山腹で発見され、救助隊が徒歩で現場に到着。

 ヌワコット警察の署長はAFPの取材に対し、「日本人を含む5人の遺体が発見された。現在われわれは負傷者の救出と行方不明者の捜索に当たっている」と話した。天候のせいで救助活動は難航しているという。

 墜落したヘリは、ヘリコプター運航会社「アルティチュード・エア(Altitude Air)」が所有。操縦士1人、および日本人旅行者1人を含む乗客6人を乗せて、同国中部ゴルカ(Gorkha)地方から首都カトマンズへ向けて飛び立った後、航空管制との通信が途絶えた。

 ネパールではヘリコプターの民間事業が盛んで、道路のアクセスが限られていたり、そもそも道がなかったりする辺境地域に、旅行客や物資が運ばれている。

 だがスタッフの訓練不足や貧弱なメンテナンスを原因とする空の事故が後を絶たない。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3188932?cx_part=top_latest


402taro :2018/09/22(土) 04:52:22
インド旅客機、気圧スイッチ入れ忘れで30人以上が鼻血 機内パニック

【AFP=時事】インドの航空会社ジェットエアウェイズ(Jet Airways)の旅客機内で20日、飛行中に客室の気圧が急激に下がり、乗客30人以上が耳や鼻から出血した。

 インドの航空当局者がPTI通信(Press Trust of India)に明らかにしたところによると、操縦士が客室の気圧維持装置のスイッチを入れ忘れたのが原因だという。

 同機は乗客166人を乗せてムンバイ(Mumbai)からジャイプール(Jaipur)に向かっていたが、客室の減圧を受けてムンバイに引き返した。乗客らは事件当時の機内について「パニック状態」だったと語っている。

 ジェットエアウェイズによると、出血した乗客はムンバイに引き返した後に治療を受けた。同社は代替便を手配し、スイッチを入れ忘れた操縦士を調査が終了するまで勤務から外した。

 乗客の一人はニュース専門局NDTVに対し、操縦士はムンバイに引き返すとアナウンスしただけで、事態について一切説明しなかったと明らかにした。

 この乗客は当時の状況について、「乗客はみんなパニック状態だった。後ろの方の席の人たちは酸素マスクを着けることができず、口や鼻から血を流し始めた」と語った。

 出血した乗客5人がムンバイの病院に救急搬送された。医師によると、耳が聞こえにくい状態となっており、回復には10日ほどかかるという。

 インドの他の航空会社と同様に財政難に苦しむジェットエアウェイズでは、恥ずべき事件が相次いでいる。1月には英ロンドン発ムンバイ行きの便で、男女の操縦士2人が操縦中に口論となり、一時、操縦室を飛び出してけんかをしたとして停職処分を受けた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000011-jij_afp-int


403taro :2018/10/11(木) 05:31:36
日本のパスポート、初の単独世界1位。ビザなし渡航先が190カ国・地域に

ビザなしで渡航できる国・地域の数の多さを国別に比較する「パスポートランキング」で、日本が初の単独1位となった。

永住権などの取得支援を手がけるコンサルティング会社「ヘンリー・アンド・パートナーズ」(本社・イギリス領ジャージー島)が調査し、10月9日に発表した。

日本人がビザを取得しなくても訪問できる国・地域は190カ国。前回調査より10カ国増えた。前回日本と並んで1位だったシンガポールは189カ国で2位となった。


調査対象となったのは199の国と地域。同社は航空会社の業界団体「国際航空運送協会」(本部・カナダ)の協力を得て調査し、2008年からランキングを発表している。

日本は前回調査の2018年2月、それまで3年連続1位だったドイツを抜き、シンガポールと並んで初めて世界トップに躍進。今回はさらにビザなし渡航先を増やし、単独1位に躍り出た。


https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/10/japan-passport-ranking-1_a_23556266/


404taro :2018/12/11(火) 05:05:20
邦人男性、危うく薬物運び屋に=「無料旅行」に応募-タイ

 【バンコク時事】タイ警察は10日、日本人の男性会社員を覚せい剤の運び屋に利用しようとしたイラン人の男(43)をバンコクで7日に逮捕したと発表した。男性は日本で「旅行記を書けば旅を無料ででき、報酬を渡す」というウェブサイト上の募集に応じ、バンコクに来ていた。背後に国際的な密輸組織が存在している可能性がある。

 応募した30代の男性は、東京駅で組織の関係者とみられる男から、バンコクまでの往復航空券代などとして40万円を受け取り、5日にバンコクに到着。6日に宿泊先を訪れたイラン人の男に「ドイツ西部フランクフルトまで運んでほしい」と言われ、スーツケースと2000ドル(約22万5000円)を渡された。
 スーツケースには、凍ったように硬い服が入っており、不審に思った男性が日本大使館に連絡。大使館の通報を受けた警察がイラン人の男を逮捕した。
 調べによると、衣服は重さが5.8キロあり、覚せい剤が染み込ませてあった。スーツケースにはこのほか、覚せい剤の結晶2.285キロが隠されていた。日本大使館は「他人から荷物を預からないよう呼び掛けている。今後もタイ警察と協力して日本人の安全を守りたい」と話している。(2018/12/10-15:52)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121000491&g=int


405taro :2019/01/28(月) 06:48:52
ネパールでの旅行保険適用停止の恐れ、保険業者が政府に最後通告

【1月27日 AFP】ネパールで横行する、登山客のヘリコプター救助をめぐる不正の取り締まりに政府が動かなかった場合、同国を訪れる観光客は来月以降、旅行保険の適用を受けられなくなるとの警告を、国際的な保険業者が24日、発した。

 昨年1年間にネパールを訪れた観光客は史上初めて100万人の大台を突破したばかりだが、保険会社が大挙して適用を停止すれば、同国の生命線である観光業が深刻な打撃を受けかねない。

 AFPは昨年の調査報道で、現地の登山業者が観光客に不要かつ高額なヘリによる下山を無理強いしたり、一回の飛行に対して数件の保険金請求を行ったりする不正の実態を明らかにした。ヘリによる救助が2018年の1~5月で1300回、保険金請求額が650万ドル(約7億1000万円)超に上ったことを受け、ネパール政府は6月に調査に着手した。

 この調査では、ヘリ運航会社やトレッキングを扱う旅行代理店、医療機関など15団体が不正に関与していると特定された。ただ、疑惑を指摘された会社に対して、今のところいかなる措置も取られていない。

 アイルランドに拠点を置き、旅行保険会社の代理で医療救助を行っているトラベラー・アシスト(Traveller Assist)はネパールの観光相に書簡を送り、政府が2月15日までにこうした会社に法的措置を取らなかった場合、取引先の保険各社は保険証券の発行を停止すると警告した。

 AFPが確認した書簡によると、同社のジョナサン・バンクロフト(Jonathan Bancroft)社長は「はっきりさせておくが、これは最後通告だ」とした上で、「われわれの取引先がネパールで旅行保険証券の発行を停止すれば、まもなく他の保険会社も追随するだろう」と述べている。

 ネパールの観光相はAFPに対し、不正に関与した会社に罰を与え、法的措置を取るために現在捜査が行われていると語った上で、「対応策にしっかりと取り組んでいる。この点に関して政府は妥協しない」と強調した。(c) AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3208309?cx_part=top_topstory&cx_position=4


406taro :2019/04/17(水) 04:36:17
ジップライン中に落下、カナダ人観光客が死亡 タイ

【4月16日 AFP】タイ北部チェンマイ(Chiang Mai)の人気観光施設で、空中に張られたワイヤを滑車で滑る「ジップライン」に興じていたカナダ人観光客が地上に落下して死亡した。警察が16日、明らかにした。

 有名な仏教寺院やうっそうとしたジャングル、絵画のように美しい滝があるチェンマイは、タイでビーチ以外のアトラクションを求める観光客に人気の高い訪問地となっている。

 チェンマイにある観光施設「フライト・オブ・ザ・ギボン(Flight of the Gibbon)」は、生い茂るジャングルの中を、装具をつないで猛スピードで滑り降りるジップラインを呼び物としていた。

 地元警察は、この施設で13日、カナダ人男性(25)がジップラインから落下して死亡したと発表。滑り降りる途中、体に装着したベルトの錠、およびワイヤが壊れたという。

 男性は妻と旅行中だった。

 運営会社の代表は16日、事故後に施設が閉鎖され、アトラクション再開の許可を現在待っていると述べた。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3221109?cx_part=top_latest


407taro :2019/07/23(火) 10:16:40
戸外でコーヒー沸かして罰金=「見苦しい」とバックパッカーに-ベネチア

 【ローマAFP時事】イタリア北部の「水の都」ベネチアの観光名所「リアルト橋」の下でコーヒーを沸かそうとしたドイツ人のバックパッカー2人が「見苦しい行為」を理由に950ユーロ(約11万5000円)の罰金を科された上、市外への退去を求められた。市では5月、礼儀や清潔、安全に関する規則を定めた新条例が成立。警察がこれを適用した。

 19日の市の声明によると、バックパッカー2人が橋の下でコーヒーを入れようと携帯用の道具を取り出したところ、通行人が警察に通報した。ブルニャーロ市長は「ベネチアに敬意を払うべきだ。ここに来て好き勝手なことができると考える無礼な者たちは、罰金が科され、追い払われる可能性があるということを理解しなければいけない」と述べた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072200659&g=int


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 中米・カリブニュース 9 (Res:1000)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1taro :2017/03/23(木) 05:02:31
中米・カリブニュースの9です

994taro :2019/06/02(日) 04:16:00
メキシコ大統領「対話で解決を」、米関税上げで外相派遣

【メキシコシティ=丸山修一、ワシントン=鳳山太成】トランプ米政権が移民対策の不備を理由に、10日からメキシコからの全輸入品に追加関税を課すと発表したことを受け、ロペスオブラドール大統領は5月31日の定例会見で「両国間の対立は対話を通じて解決すべきだ」と述べた。米側に追加関税の撤回を求めるため、エブラルド外相をワシントンに派遣した。

ロペスオブラドール氏はトランプ米大統領が指摘するメキシコ経由での中米からの移民対策に関しては「十分に責任を果たしている」と述べた。

一方、5月30日に手続きを始めた北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定、USMCA(米・メキシコ・カナダ協定)の批准に関しては、継続させるとの意向を示した。現時点で世界貿易機関(WTO)に対して何らかの申し立てをする考えもないと説明した。

エブラルド氏は31日、欧州を訪問中のポンペオ米国務長官と電話で協議したとツイッターで明らかにした。5日にワシントンで両政府が交渉を開くという。

米側ではナバロ大統領補佐官(通商担当)が31日、米CNBCテレビのインタビューで「メキシコからの大きな輸出の一つが不法(入国の)外国人だ」と指摘し、移民政策で関税を持ち出したトランプ大統領を擁護した。同テレビによると、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表やムニューシン米財務長官はメキシコへの追加関税に反対したという。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45564830R00C19A6000000/


995taro :2019/06/04(火) 04:49:51
米CEA委員長、退任は対メキシコ関税に無関係
6/4(火) 1:12配信 ロイター
[3日 ロイター] - 米経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット委員長は3日、CNBCに対し、自身の退任についてメキシコに対する関税措置には関係がないと述べ、退任に向けた動きはしばらく前からあったと明らかにした。

トランプ大統領は2日、ハセットCEA委員長が「近く」退任すると明らかにしたが、理由には言及しなかった。

ハセット氏は対メキシコ関税措置について、短期的には米国よりもメキシコの方が大きな影響を受けるとの見方を示し、両国が「前向きな協議」を行うことを望んでいると述べた。

トランプ大統領は5月30日、メキシコ国境からの不法移民流入に同国が十分に対応していないとし、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税を課し、移民の流入が止まるまで関税率を段階的に引き上げると表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000002-reut-s_ame


996taro :2019/06/04(火) 04:50:25
対メキシコ関税、新貿易協定の批准妨げず=米政府高官

[ワシントン 2日 ロイター] - トランプ大統領が不法移民への対応不足を理由にメキシコからの全輸入品に5%の関税を課す方針を示したことについて、トランプ政権の複数の高官は2日、米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の最終的な批准を妨げるものではないと強調、メキシコに移民対応を迫ることが目的との認識を示した。

マルバニー大統領首席補佐官代行は「フォックス・ニュース・サンデー」で、関税はUSMCAと「関連性はない」と指摘。「(トランプ)大統領は南部国境の状況是正を堅く決意しているため」、メキシコへの5%関税は発表通り6月10日から実行されるとの見方を示した。

マカリーナン国土安全保障長官代行は関税について、メキシコ経済を悪化させ移民がさらに増える事態にはならず、メキシコを経由した米国への中米移民流入阻止に向けたインセンティブとして働くと述べた。

マカリーナン氏はCNNの「ステート・オブ・ザ・ユニオン」で「メキシコは対応を強化する必要がある。メキシコへの移民流入はメキシコ南部国境の150マイルで起きている。これは管理可能なエリアだ。移民が米国に到達する前に、メキシコは阻止すべき」と主張した。

メキシコのマルケス経済相は2日、米国のロス商務長官と3日にワシントンで協議を行うと明らかにした。メキシコのエブラルド外相とポンペオ米国務長官は、5日に協議を行う見通しとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000032-reut-s_ame


997taro :2019/06/04(火) 04:51:04
米とメキシコ、関税巡り高官協議開催へ 米大統領は強硬姿勢

[メキシコ市 2日 ロイター] - メキシコのマルケス経済相は2日、米国のロス商務長官と3日にワシントンで協議を行うと明らかにした。トランプ米大統領が移民流入の問題を巡りメキシコに制裁関税を課す方針を示したことを受け、両国は今週、貿易摩擦拡大の回避を目指す一連の協議を開始する。

トランプ大統領は前週、中米諸国などからメキシコ経由で米国に入る不法移民の流れを止める対策をメキシコが講じなければ、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税を課すと表明した。

トランプ氏は2日午前にツイッターへの投稿で、メキシコは「米国を悪用し、(2国関係の)恩恵を享受するばかりで決して貢献はしない」と批判し、関税発動の方針を繰り返した。

その数時間後にはまた、「メキシコは国境について協議するために大規模な代表団を送る。問題は、彼らがこれまで25年間も『協議』を行ってきたということだ。われわれが求めているのは協議ではなく行動だ。メキシコが本気になれば国境の危機は1日で解決できるだろう」と強調した。

トランプ氏は、メキシコが移民対策を講じなければ、関税率は7月1日に10%、8月1日に15%、9月1日に20%、10月1日に25%に引き上げるとしている。

メキシコのロペスオブラドール大統領は1日、トランプ氏の警告を受け、移民規制の強化に合意する構えであることを示唆した。また、ワシントンでの協議については「良い結果」を期待していると述べた。

同氏はメキシコ国民と米国民は友人だと語り、「われわれの美しく神聖な友好関係は原因が何であれ、誰であれ、壊されるべきではない」とした。米国民に「覚書」を送る意向も示した。

マルケス経済相によると、エブラルド外相が率いる代表団が協議のため、ワシントンに向かう。マルケス氏も代表団に含まれるという。

エブラルド外相はポンペオ米国務長官と5日に協議を行う見込み。メキシコ側によると、事前に別の会合も予定されている。

トランプ大統領は2日のツイッターへの投稿で、メキシコに事業展開する米企業も批判。「米国の多くの企業と雇用は愚かにも国境から南に移ることを認められてきた。それが税(関税)を通じて米国に戻されることになる」とした。「もう十分だ!」と不快感を示した。

一方、ロペスオブラドール大統領は1日、メキシコが貿易戦争に突入することはないが、トランプ氏が関税を適用した場合の「計画」があるとした。詳細は明かさなかった。また、紛争解決に向けて国際的な仲裁機関に持ち込む権利を留保すると表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000008-reut-s_ame


998taro :2019/06/04(火) 04:51:44
トランプ氏の対メキシコ関税、主要2閣僚「蚊帳の外」=関係筋

[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ米大統領の対メキシコ関税は、ライトハイザー通商代表とムニューシン財務長官の主要閣僚2人が導入に難色を示したが、トランプ氏が両者のアドバイスを無視する形で計画を発表していたことが分かった。事情に詳しい複数の関係者が31日明らかにした。

ライトハイザー氏は、メキシコとカナダとの新協定について議会で承認を得るのが難しくなるとして、対メキシコ関税の導入に懸念を示していた。しかし関係筋の1人よると、ライトハイザー氏とムニューシン氏はトランプ氏が関税導入を決めた際に「蚊帳の外」に置かれていた。

関係者2人によると、トランプ氏は過去にも対メキシコ関税に言及し、側近が思いとどまらせてきた。しかし今回はトランプ氏が側近の声を受け入れずに関税導入を決めたという。

米通商代表部(USTR)の広報担当者は31日「ライトハイザー氏はトランプ氏とトランプ氏の政策を支持している」と述べた。またUSTRが対メキシコ関税を担当することはないとした。

トランプ米大統領は30日、メキシコ国境からの不法移民流入に同国が十分に対応していないとし、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税を課し、移民の流入が止まるまで関税率を段階的に引き上げると表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000007-reut-s_ame


999taro :2019/06/04(火) 04:56:47
対メキシコ制裁関税5%と米高官 移民問題巡り、10日に第1弾

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスのマルバニー大統領首席補佐官代行は2日のFOXニュースの番組で、政権が不法移民対策を促す目的で打ち出した対メキシコ制裁関税について「トランプ大統領は極めて真剣だ」と述べ、少なくとも10日に予定される第1弾の5%は実施されるとの見通しを示した。

 メキシコが有効な策を取らなければ、7月以降も段階的に引き上げ、10月には25%にするのが現在の計画。メキシコとの関係が深い米経済に甚大な影響を与えるとして、米産業界や政権を支える共和党からも強い反対の声が上がっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000032-kyodonews-int


1000taro :2019/06/05(水) 04:46:54
米国とメキシコの閣僚が移民問題での関税めぐり協議

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米政権が不法移民問題をめぐって表明した対メキシコ関税で、メキシコのマルケス経済相は3日、ワシントンでロス米商務長官と会談した。ロス氏は「メキシコは移民問題への対処で、米国をさらに助けるべきだとのトランプ米大統領の意向を改めて伝えた」との声明を発表した。

 ロイター通信によると、メキシコのロペスオブラドール大統領は3日の記者会見で、交渉を通じた解決が「最善の方法だ」と述べ、10日を予定する関税発動の期日まで、米国側と協議を続ける意向を示した。米メディアによると、5日にはメキシコのエブラルド外相とポンペオ米国務長官の会談も実施される見通しだ。

 トランプ氏は、メキシコが米国への移民や薬物の流入を防ぐために十分な対応策をとっていないと批判して、メキシコからの全輸入品に課す関税を、5%から25%へと段階的に高めていく方針を表明していた。

 トランプ氏は2日、ツイッターで「われわれが求めているのは、話し合いではなく行動だ」と述べ、メキシコ政府が具体策を提示できなければ、予定通り10日に関税措置を発動する意向を示唆した。

https://www.sankei.com/world/news/190604/wor1906040017-n1.html


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 南米ニュース 11 (Res:1000)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1taro :2016/09/11(日) 04:34:24
南米ニュースの11です

994taro :2018/06/25(月) 04:02:56
ハイパーインフレで紙幣不足、キャッシュレス社会呼ぶ? ベネズエラ・住井亨介
http://www.sankei.com/world/news/180624/wor1806240003-n1.html

 独裁傾向を強める反米左派、マドゥロ大統領の下で、月間インフレ率が50%超に上るハイパーインフレーションが続く南米ベネズエラ。市中に出回る紙幣が少なく、人々が日々の現金支払いに支障をきたす中、世界的に拡大するスマートフォンの決済アプリが急速に利用者を増やしている。クレジット、デビットカードよりも簡単な操作で利用できるアプリのビジネスは、混乱した同国経済の「陰の勝ち組」ともいえ、先進国に先駆けて「キャッシュレス社会」をもたらす可能性を秘めている。



 「携帯アプリのビッポを使い始めて1カ月だが、使いやすい。現金がない状況で本当に役立っている」

 首都カラカス市内にあるショッピングセンターの駐車場で、ビッポを使って支払いをしていたフレディ・デ・ソーサさん(32)はこう話した。

 市内の市場で野菜などを売る店を構えるバージニア・ヘルナンデスさん(34)は、「ビッポの利用者は最近増え続けている。クレジットカードは支払いシステムが駄目だから」と説明する。店にはビッポでの支払いができることを示す表示があり、クレジットカードや現金での支払いをする客はほとんどいないという。

 インフラが老朽化し、通信事情が悪化しているベネズエラでは銀行間などでの決済システムに不具合が起きることがたびたびあり、クレジットカードでの支払いにも障害が出るのだ。

 確認埋蔵量が世界第1位の原油など豊富な地下資源に恵まれたベネズエラは、かつては中南米有数の豊かさを誇っていた。だが、その経済は「破綻寸前」とささやかれて久しい。



 輸出収入の多くを石油に頼りながら、マドゥロ氏の独裁化に懸念を強める米国などによる経済制裁を受けて外貨収入が激減。資金不足から老朽化した石油設備のメンテナンスができず、生産性が落ちる悪循環に陥っている。

現金が高額商品化

 マドゥロ政権は価格統制を進めたが外貨不足で物資の輸入が減少、医薬品や食料などが不足して物価が高騰し、看板政策の配給制度は崩壊状態に陥っている。

 財政的裏付けのない社会主義的バラマキ政策もあり、昨年11月以降ハイパーインフレーションが続き、今年1~3月の月間インフレ率は約80%。国際通貨基金(IMF)は今年のインフレ率(年平均)を1万3865%と予測したが、このまま続けば年率は10万%を上回る見通しだ。

 品薄の国営スーパーに比べ、富裕層向けの大型スーパーには、まださまざまな食料品や雑貨が並ぶとはいえ、値段が高くて一般労働者には手が届かない。

 紙幣は、技術低下、紙不足から印刷が国内でできないため海外に発注している。しかし、供給が超インフレに追いつかない。今月4日に予定されていた通貨ボリバルの単位を千分の1に切り下げるデノミネーション(通貨呼称単位の変更)も新紙幣の準備が整わず2カ月延期された。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


995taro :2018/06/25(月) 04:05:36
 ただ、ネックなのは人材の確保だ。混乱や生活苦から逃れるため多くの人が国外脱出する中で、技術者たちも例外ではない。

 そのためビッポは、大学生を技術者としてリクルートし、国外へ出るまでにより高い技術力を習得させることを約束して人材を確保しているという。

「経済危機救えず」

 ビッポ以外にも、タクシーの配車を受けるアプリ「ネクソ」など同様のアプリが誕生、利用者を拡大している。ベネズエラの銀行18行が昨年新たに決済アプリを始め、加速するインフレがこうしたアプリ市場を活気づけるという皮肉な状況だ。

 決済アプリ「バネスコ・パゴ・モービル」を導入したタクシー運転手、アレクサンダー・マルティネスさん(31)は「アプリを2カ月前に導入し、利用者は増え続けている。現金払いはほとんどない」とし、「売り上げは20~30%伸びた」と顔をほころばせる。

 決済アプリのさらなる成長を見込むレオン氏は「紙幣不足は問題だが、(われわれにとっては)好機だ。ビッポですべての問題を解決できる。ベネズエラは世界で最初のキャッシュレス社会になるだろう」と明るい未来像を語った。

 一方で、経済の専門家の見方は懐疑的だ。ベネズエラのコンサルタント会社「エコアナリティカ」のシニアエコノミスト、ジーン・ポール・ライデンツ氏(28)は「現金などに比べるとアプリ上の決済は全体の2~2・8%にすぎない。利用者がすごい勢いで増えない限り、(全体への)影響はない」とする。

 カトリカ・アンドレス・ベジョ大のアナベラ・アバディ教授(32)も「ハイパーインフレーションや経済危機を解決するものではない」とし、経済の「救世主」とはならないとの見方を示している。

ビッポのミゲル・レオンCEO「今後も高い成長率期待」

 ベネズエラの決済アプリ「ビッポ」の最高経営責任者(CEO)のミゲル・レオン氏が産経新聞のインタビューに応じ、「われわれが(インフレによる紙幣不足の)解決策となる」と述べ、新たな決済システムの将来性を力説した。一問一答は次の通り。

 --ビッポのアイデアはどこから

 「私がショート・メール・サービス(SMS)の会社でCEOをしていたとき、株主の一人がテキストメッセージを使って税金を支払うというアイデアを出してきたのが原点。2011年のことだった。中南米諸国では銀行に口座を持っている人が少なく、ベネズエラで口座を持つ人は50~55%だ。だが携帯端末は普及している。口座を持っていない人にも送金・決済サービスを提供する。このアイデアからスタートした」

 --利用者数は

 「利用者数、登録店舗は増え続けている。利用先をさらに増やすよう努力しており、駐車場やモールも魅力的だ。(街中で)新聞などを売る売店は現金がなくて店を閉じているが、ビッポでそれを変えたい」

 --アプリの急速な成長に驚きはあるか

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


996taro :2018/06/27(水) 03:17:43
アルゼンチン経済がゼネストで機能不全、穀物輸出止まり銀行休業

[ブエノスアイレス 25日 ロイター] - アルゼンチン労働総同盟(CGT)の呼びかけによるゼネラルストライキによって同国経済は25日、穀物輸出が止まり、銀行や公共交通機関が休業するなど機能不全状態に陥った。

CGT傘下の労組は、前年比25%超の物価上昇率に見合う賃上げを要求する一方、マクリ大統領が国際通貨基金(IMF)からの融資に合意したことについて、融資に伴って打ち出される緊縮措置が労働者に痛手を与えると批判している。

労組指導部の話では、ストには少なくとも100万人が参加したと見込まれる。ただ実際の参加者に関して信頼できる推計は今のところ見当たらない。

アルゼンチンは大豆ミールと大豆油の世界最大の輸出国で、大豆とトウモロコシの輸出量も第3位だが、主要積み出し港があるロサリオでは、ストの影響で出荷ができない状態になっている。

金融市場はなお取引されているものの、トレーダーによると銀行職員がストに参加しているため、出来高は低調だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000068-reut-s_ame


997taro :2018/06/28(木) 03:55:34
コカインとアヘン生産、過去最高=コロンビア、アフガンで急増-国連

 【ベルリン時事】国連薬物犯罪事務所(UNODC)が26日に公表した年次報告書によると、2016~17年に世界のコカインとアヘンの生産量が急増し、過去最高を記録した。

 依然として麻薬組織の勢力が強いコロンビアや、政情不安により政府の統制が及びにくくなっているアフガニスタンでの生産量増加が背景という。

 コカインの生産量は、最新の統計である16年に前年比25%増の1410トン。このうちコロンビア産が3割超増え、866トンとなった。

 一方、アヘンの生産量は、17年に同65%増の1万500トンとなった。うちアフガン産が約9割増の約9000トンと大部分を占めた。

 UNODCのフェドトフ事務局長は声明で「麻薬の市場は拡大している。多方面で、多角的な対策が必要だ」と呼び掛けた。 

http://news.livedoor.com/article/detail/14924855/


998taro :2018/07/01(日) 03:29:13
マリフアナ14トンを焼却処分、23億円相当 パラグアイ
6/30(土) 14:30配信 AFPBB News

(c)AFPBB News

【6月30日 AFP】パラグアイ当局は28日、首都アスンシオンでマリフアナ14トンを焼却処分した。現地価格2100万ドル(約23億円)相当で、チリに密輸されるものだったという。(c)AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00010003-afpbbnewsv-int


999taro :2018/07/05(木) 05:21:45
<エクアドル>前大統領の逮捕・引き渡しをベルギーに要請
7/4(水) 18:13配信 毎日新聞
 【タパチュラ(メキシコ南部)山本太一】南米エクアドルの裁判所は3日、反米左派コレア前大統領の滞在先のベルギー当局に、元国会議員の誘拐容疑でコレア氏の逮捕と身柄引き渡しを要請した。コレア氏は事件への関与を否定している。

 コレア氏は、大統領在任中の2012年にコロンビアでエクアドルの元議員が誘拐された事件を指示した疑いが持たれている。元議員は数時間後、警察により解放された。

 警察はエクアドル治安当局が誘拐犯を雇ったと指摘。エクアドル検察は今年6月、コレア氏が当局に誘拐を指示したとして裁判所に逮捕を要請していた。コレア氏は07~17年、大統領を務めた。

 元議員はコレア氏を中傷したとして懲役2年の判決を受けた後、コロンビアに逃げていたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000055-mai-int


1000taro :2018/07/06(金) 05:13:09
トランプ氏、ベネズエラへの軍事侵攻について助言求める 昨年8月

(CNN) トランプ米大統領が昨年8月、外交政策の助言に当たる複数の高官に、ベネズエラへの軍事侵攻の可能性について尋ねていたことが5日までに分かった。事情に詳しい政権高官が明かした。米国の対ベネズエラ制裁に関する協議の中で出た発言だという。

当時のマクマスター補佐官(国家安全保障問題担当)らトランプ氏の側近は、軍事侵攻の案に強く反対。軍事行動は裏目に出る可能性があると警告し、中南米の同盟国もこうした極端な措置に断固反対していると説明した。

ベネズエラは政治的、経済的な危機に見舞われているが、米国はこれまでのところ外交や制裁のみに焦点を置いた対応を取っている。軍事行動に踏み切れば、米国のこうした姿勢は劇的に先鋭化することになる。

ただ、この政権高官は「軍事攻撃に向けた差し迫った計画」はないと強調した。一連の発言については、思いついたことを口にするトランプ氏の手法から出たものだと指摘した。

トランプ氏の発言は側近との内々のやり取りの中で出たもの。その前日には、ティラーソン国務長官(当時)やヘイリー国連大使と公の場に姿を現し、ベネズエラに対し「軍事的選択肢」を取る可能性を排除しないと述べていた。

トランプ氏は翌月にも、国連総会の場などで中南米諸国の首脳に軍事攻撃の可能性を提起した。これに対し、いずれの首脳も米国によるベネズエラ侵攻は望ましくないとの認識を示していた。

https://www.cnn.co.jp/usa/35121999.html


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード