板情報 | 学校/受験/学生コミュニティ ]

一橋大学陸上競技部中長パート

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 箱根予選2017(16) / 2 : 中長コーチの浅井です(5) / 3 : 名大戦(2017/9/30)(18) / 4 : 日体大長距離記録会(9/23,24)(4) / 5 : 26大戦(2017.9.15-17)(19) / 6 : 関東新人戦(2017/9/15-17)(3) / 7 : 全日本インカレ(2017.9.8)(2) / 8 : M×Kディスタンス(2017/9/10)(3) / 9 : 予選会メンバー選考20kmタイムトライアル(15) / 10 : 東大戦(2017/8/27)(29)
11 : 中長合宿のお知らせ(2017)(4) / 12 : 順天堂記録会(2) / 13 : 上尾市選手権(2017.7.30)(1) / 14 : M×Kディスタンス(2017/7/23)(4) / 15 : 国士舘大学記録会(7月22日・23日)(2) / 16 : トワイライトゲームス(1) / 17 : 三商大戦(2017/7/15)(22) / 18 : 愛媛選手権(1) / 19 : 東海ナイター(7/9)(6) / 20 : 日体大記録会(7/2)(1) / 21 : 国公立大戦(6/17)(20) / 22 : 世田谷長距離競技会(6/10)(11) / 23 : ブラック企業対策NPO「POSSE」はブラックな左翼セクトだった(2) / 24 : 学生個人選手権(1) / 25 : 日体大長距離記録会(6.3)(1) / 26 : 関東インカレ(5/25〜28)(2) / 27 : 平成国際大記録会(5/20)(1) / 28 : 東海大記録会(5/7)(1) / 29 : 日体大競技会(5/6,7)(3) / 30 : 第99回日体大競技会(1) / 31 : 日体大長距離記録会(2017.4.22,23)(10) / 32 : 四大戦(2017.4.8)(5) / 33 : 国士舘競技会(5) / 34 : 第1回国士舘記録会(1) / 35 : 春季オープン(6) / 36 : 東大競技会(1) / 37 : 学生ハーフ(2017.3.5)(5) / 38 : 中長追いコンのお知らせ(3) / 39 : 神奈川ハーフ(6) / 40 : 26大学駅伝(2017/1/14)(9) / 41 : 松戸記録会(1) / 42 : 荒川駅伝(2016.12.18)(9) / 43 : 日体大女子長距離記録会(1) / 44 : 日体大長距離記録会(9) / 45 : 奥多摩駅伝(12/4)(5) / 46 : 日体大長距離競技会(11/2,11/3)(14) / 47 : 上尾ハーフ(1) / 48 : 順天堂記録会 11/19(2) / 49 : 東大競技会 11/5.6(3) / 50 : 順天堂記録会10/29(1) / 51 : 日体大選手権(10/29.30)(5) / 52 : 日体大選手権10/30(1) / 53 : 日体大長距離記録会10/23(1) / 54 : 箱根予選2016(10) / 55 : 予選会に向けて(3) / 56 : 名大戦(2016/10/1)(16) / 57 : 国公立26大学対校陸上競技大会(19) / 58 : 日体長(9/24、9/25)(5) / 59 : さいたま市ナイター(9/17)(2) / 60 : 日体大競技会 (9/11)(2)  (全部で247のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 箱根予選2017 (Res:16)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1山中(2) :2017/10/15(日) 15:05:19
最初に、コンパ欠席してすいませんでした。体調はもう大丈夫です。


箱根予選
77'50

[目標]
70'00

[調整]
月:5000(17'23)
火:2000b-up
水:10000(88)
木:2000b-up
金:(1200+400)b-up

水はキツかったし、ここ二週間で一番悪かった。でもそこまで悪いというわけではないので心配していなかった。


[展開]
17分半で引っ張る。そんなに無理はしていなかった気がした、が、5キロを過ぎてバベルと毛利に引っ張ってもらってから急につらくなる。7キロくらい?までバベル毛利といったが、そこで離れてレース終了。折り返しから、特に公園内の走りは本当に覚えていないくらいフラフラになりながらかろうじてゴール。終わった後寒気が止まらなかった。低体温症かエネルギー不足か。

[所感]
どうしてこうなってしまったのか、本当に分からない。確かに調整週の調子はいいとは言えなかったが、疲労を抜けば大丈夫だと思った。食生活や睡眠時間には本当に気を使っていたつもりだった。前日は緊張であまり眠れなかったが、それが影響したとも言い難い。しかし結果が出なかったんだからそれまで。T.T.の結果からして走れるだろうというおごりがあったのか。でも分からないでは何も始まらないので考えられることを書いてみます。

①練習不足
具体的にいうとジョグ不足。練習日誌をみていても単純にジョグの量が圧倒的に少ない。二部練している人も多い中、自分はビルドアップをしているだけだった。走行距離に大きな差ができてしまったことが一因と考える。5000はビルドアップだけで良くても20キロはそうはいかない。あとは怪我続きで単純にポイント練習の数が一年を通して足りなかったか。

②フォーム
かかと接地で足が後ろに流れるフォームは長距離に向かない。どういう形でやっていくかはこれから決めるが、フォーム改良は必須。これがうまくいけばマメもできなくなると思う。

③メンタル
予選会予選会予選会と考えすぎてメンタルがやられていたのかもしれない。特に原因が考えられないため、これが一番大きかったか。前日ぜんぜん眠れなかったことにもあらわれていると思う。距離に対する、そして周りの人よりも練習ができていないという不安も影響したのかもしれない。自信をもってスタートラインに立てていない時点で負けだったのかも。



情けない走りになり、学校の代表として、チームに全く貢献できず本当に申し訳なく思っています。終わった後は出走メンバー、応援してくれた方々、なにより補欠の二人に合わせる顔がありませんでした。唯一の収穫は悔しい思い。自分は本当に涙が出ない人間なんですが、あんなに泣いたのは人生初です。それは人生で一番悔しい思いをしたからだと思います。ここで僕がいじけてふてくされても得るものは何もないので、また走り出すしかありません。まずは標準を切り、一年間怪我をせずに練習し、自信をもって再びスタートラインに立てるよう、努力します。



こんなに不甲斐ない走りで意識も朦朧として、チームの記録にも反映されないし、何度も何度も棄権したいと思いましたが、途切れることのない応援のおかげで走りきることができました。みなさん、本当にありがとうございました。やっぱりこの大会は最高です。やっぱり自分には箱根しかありません。誰よりも箱根駅伝を愛する身として、必ず再起することをここに誓います。

10河野(2) :2017/10/17(火) 13:59:48
<目標>
A 69'00
B 70'00

<結果>
69'43
(17'12-17'24-17'29-17'38)

<調整>
月 6000(84-82)
火 jog
水 12000(88-86-84)
木 jog
金 2000m(82)

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11高島(2) :2017/10/17(火) 20:41:41
箱根駅伝予選会

【結果】
66分36秒(16'50-16'49-16'35-16'22)
385位(チーム内3位)

【展開】
最初の5kは久保井さんと一緒に3'22〜3/kのペースで余裕を持って刻んでいく。5kは設定通り16'50で通過。5k過ぎから落ちてくる人たちを拾いつつ、少人数の集団の後ろに着く。8〜9k辺りで後ろから首都大の選手が出てきたため、学習院の選手と共に、風よけに使いつつ集団を抜け出し徐々にペースを上げていく。その後はひたすら3人で競合いながら順位を上げていく。ラスト1kでスパートして2人を置いていきネガティブスプリット達成。


【調整】
土 13500(84)
日 完レス
月 8000(6000まで84、その後82〜80)
火 完レス
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


12高島(2) :2017/10/17(火) 20:43:18

【今後】
少し休むが、駅伝に向けた練習を行っていくことになると思う。このままでは非常にマズい。前回より大幅に順位を落とすことになりかねない。自分か山口、佐々木の誰かが、1区を務められるくらいの実力をつけなければ最初から全く順位争いに絡めない可能性すらある。12月の日体長で10000m31分台(+α)を出すことを長期的な目標として、距離耐性・LT値・VO2MAXをバランス良く鍛えていく。11月の日体長は5000mに出場する。調子は非常に良いので、うまくいけば15'15+αを狙えると思っている。


最後になりますが、個人的には会心の走りができて、チームとしては無事学内新を更新できて、嬉しい気持ち、そして周りの方への感謝の気持ちで一杯です。来年はもっと上のレベルにいけるようこれからも精一杯努力していきます。


当日は応援・サポートありがとうございました!!


13高島(2) :2017/10/17(火) 20:45:28

ここからは、予選会を走り終わって個人的に感じたこと、皆さんに伝えたいことを書き連ねます。一度良い走りができたからといって自分の意見が全て正しい訳ではないので、是非参考程度に。


・距離走でペースを追い求め過ぎる必要はない

4月辺りから、自分のトラックの持ちタイムからして距離走のペースは3'30/kだということはわかっていたが、全くできる気がなかったし、挑戦もしなかった。大学のクロカンコースでの距離走は目も当てられない程弱く、合宿のクロカン・野尻湖は常にBチームだった。でも、自分はそれでも問題ないと思っていた(できるのに越したことはないが)。


距離走の目的は「jogよりは格段に速い一定のペースで、フォーム・動きはレースに近い形で長い距離を踏むこと」だと自分は考えている。今の自分なら、3日くらい調整をして、レーシングシューズを履けば3'30/kで距離走ができるだろうが、脚へのダメージが大き過ぎて継続的な練習ができない可能性があるため、自分には向いていないと思う。
それよりも、20kの強さ=LT値×距離耐性(+αでVO2MAXの高さ)と考えて、1回の距離走の質を落とす方が良いと考える。


予選会は「疲労がない万全の状態でどれだけ20kを速く走れるか」を競う試合であり、「ある程度疲労がある状態でもどれだけしっかり走れるか」でも「激しいアップダウンがあるクロカン・ロードでどれだけ強いか」でもない。長い距離のレースにおいては、必ずしも

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


14なん :2017/10/17(火) 23:20:40
tp://slow-hand.jp/url/?id=1419


15萱原 :2017/10/18(水) 08:29:22
箱根駅伝予選会
68'51 (目標A:68'30 B:70'00)
【調整】
月:6000(84)
火:ジョグ
水:12000(86~88)
木:ジョグ
金:2000(82)
水曜の距離練で体が重かったが金曜はいつも通り走れた。金曜の2000は入りを想定したペース設定にした。

【展開】
10kmまでは森下さん、河野さん、遼太郎と一緒に他大の集団につく。10km過ぎから森下さんと遼太郎がかなり上げたが、自分はそこまで余裕はなかったので離れて集団の最後尾について走り、落ちてきた選手を拾っていく。しばらくしてもう少し上げられそうだと思ったが15kmまでは抑えることにした。しかし、いざ15kmを過ぎるとすでに疲労がきていて上げられているのかペースを維持できているのかもわからなくなるが、ピッチを落とさないことだけを意識して走った。ラスト2kmあたりで遼太郎に追い付き一緒に走る。ラスト1kmでは下りを使わないと上げられないと思い、思いきってスパートし遼太郎を離してフィニッシュした。

【反省】
レース前半は集団走がうまくいって、ピッチを意識しながら楽に走れた。森下さんと遼太郎も余裕がありそうだった。10km過ぎで上げなかったのは結果的には正解だった。上げていたら最後までもたなかったと思う。15kmから上げられなかったのは完全に力不足。フォームに関しては前半は余裕があったので意識して走れたが、後半は意識する余裕はなかったのでよくわからない。全体的に無難な走りで、自分の仕事はこなしたがそれ以上ではないという印象、及第点はあげたい。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


16バベル(1) :2017/10/18(水) 15:05:31
箱根予選会 20km

【記録】
1:12'27” 537位(チーム内11位)
17'33”-17'50”-18'10”-18'54”
【調整】
月:6000m(86”)
火:20分ジョグ
水:12000m(88”)
木:30分ジョグ
金:ビルド(88-82-80)


【展開】
5キロまで山中さんが引っ張ってくださったのでついた。2キロ過ぎから息が上がり焦った。6〜7キロまで毛利と同じ集団にいたが、8〜9キロの時点では数秒遅れていた。毛利等が万が一にも死んだ時のことを考えて毛利の背中を追いながらジリジリ離された。12キロ過ぎの折り返しのときに高校の先輩と並び一瞬そっちに気をとられた隙に毛利を見失う。その後はズルズルと失速。集中力も切れ、呼吸は楽なのに足や体が動かなくなった。そのままゴール。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 中長コーチの浅井です (Res:5)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1浅井(2013卒) :2017/10/08(日) 21:39:01
いよいよ箱根予選会まで1週間を切りました。

最近は対抗戦や練習にあまり顔を出せず申し訳なかったのですが、
予選会には必ず応援に行きますので皆さんが活躍する姿を見ることを
楽しみにしています。

さて、今年は1、2年生中心のチームと聞いていますが、初めて立川の
コースを走る人も多いのではないでしょうか。僕は予選会や立川ハーフで
何度かあのコースを走ったことがあるのですが、何度走っても感じるのが
終盤の公園内に入ってからの起伏の激しさです。序盤に周りにつられて
ハイペースで足を使うと、公園内に入ってから思わぬ失速を招くことに
なります。従って、事前に決めたレースペースを維持しつつ余計な足を
使わないことが終盤の急な失速を避けるポイントになると思いますので、
参考にしてもらえると幸いです。


最後に、皆さん当日は思う存分レースを楽しんできてください。予選会は
トップランナーと同じ舞台で走ることができる刺激的な機会ですし、
何より当日はチームメイトはもちろん、地元の方も含めて多くの方々から
応援されると思いますので、とにかく気持ちが良いです(笑)。こうした
応援と今までの努力を糧にして皆さんが持てる実力を全て出し切ることを
祈っています。

選手以外の皆さんも、皆さんの応援が選手にとって想像以上に力になります
ので、当日は一緒に全力で応援しましょう!

浅井

2森下(3) :2017/10/10(火) 11:22:14
浅井さん

アドバイス、激励のお言葉ありがとうございます。
ぜひ、参考にさせていただきます。

選手は現在、最終調整の段階に入っています。この1年で積み上げてきたものをこの予選会の舞台でしっかりと出し切れるよう、残り数日もぬかりなく準備をしていこうと思います。

当日は選手ではないメンバーも含め、チーム一丸となって臨みます。
応援よろしくお願いします!


3ひわたしs62卒 :2017/10/12(木) 06:36:32
あと2日ですね。

このチームが学内新を更新するために「奇跡」は不要。
しっかり体調を整えて、普段の力を普通に出し切る事、
に、注力して下さい。

あと・・・、 例えば、8人がゴールインした後、
チームの記録を短縮する事ができるのは9~10番手と、
それを追い上げる11、12人目のみ。
最後の最後の最後まで、強い気持で走り切って下さい。

以上「平常心と執着心」が大事というお話、でした。

私をはじめOBOGも全力で応援しますので。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4再び日渡 :2017/10/12(木) 10:28:27
大事な事、聞くの忘れた。
当日は、どのユニフォームで走るの?


5高島(2) :2017/10/12(木) 18:37:08
>>4
日渡様
激励のお言葉、ありがとうございます。

当日は学内記録を更新するべくチーム一丸となり精一杯戦いますので、応援のほどよろしくお願い致します。

本番では例年通り、普段のユニフォームではなく、ロード用のユニフォームで走る予定です。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 名大戦(2017/9/30) (Res:18)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1高島(2) :2017/10/02(月) 10:23:15
名大戦

【結果】
5000m 15分42秒 2位(79-75-75-78-76-77-77-77-79-79-73-66-30)


【展開】
ひたすら名大の人が作るペースについていく。ラスト2周辺りでペースが上がり始め、残り700mで柿沼さんがロングスパート。それには反応せず名大1番手の勝田を山口と2人でマークし、ラストでしっかりかわしてスコンク達成。



【調整】
月 4000(76)
火 jog
水 4000mB-up(14'04)+1600mB-up(78〜70)
木 jog
金 1600mB-up(84〜80)

前の週かなり追い込んでいたので疲労が抜けるか心配だったが、むしろかなり調子が上がっていった。水曜は今までの調整練習で1番調子が良かった。当日に移動などによる疲労が残らないように気をつけた。


【反省】
今回は悪かった点は特にない。3人で得点を最大化させるという目標を達成できて嬉しい。展開も理想的だった。ラスト1000mは2'49でラスト600は96秒とどちらも今までの対校戦のラップの中で1番速い。来年以降にも繋がる、自分の対校戦での勝ちパターンが定着しつつある。ラストが強い自分は対校戦に向いている、改めてそういう自信を持つことができた。
ただ、欲を言えばやはり優勝したかった。柿沼さんがスパートした時、スコンクを達成することを第一に考えて反応しなかったのが結果的に良かった訳だが、恐らく反応していても負けていた。柿沼さんの12周目のラップは63秒。とても余裕があったが、一気にこのペースにギアチェンジする実力は今の自分にはなかった。ラストもっと強くなる方法は、今回の反省でも喫緊の課題でもないので今は割愛(恐らく中距離からのアプローチが必要)。


【今後】
とにかく箱根予選会まで時間がない。疲労抜きで少し休みたいところだが、今週しか追い込むチャンスがないので、今週ギリギリまで追い込み日曜完レスして来週調整、という形にしたい。
①限界まで身体を絞って軽くするために食生活に細心の注意を払う
②予選会当日9時35分に完全に目が覚めているよう、少しずつ朝方に生活リズムを慣れさせていく
の2点に気をつけながら生活する。あと12日。予選会で1秒でも早くゴールできるように全力を尽くす。


当日は応援・サポートありがとうございました!4年生の先輩方、本当にお疲れ様でした。スコンク最高です!

12中川(3) :2017/10/04(水) 13:02:38
800mOP 2'03"22
目標 PBの更新

【調整】
月 2000BU
火 完レス
水 500
木 400
金 15min jog

26大以降何をやっても疲労がとれなくて、質の低い調整が続いてしまった。
疲労とれない→休む→走行距離減る→走れなくなる
という流れになってしまっていた。

26大以降は風戸さんの助言や、名大戦のスタートリストを見て フロントランの意識をして練習していた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


13バベル(1) :2017/10/04(水) 14:53:51
名大戦 5000mOP 2組目
【記録】
16'31”(78-78-77-77-78-80-79-80-80-81-81-79-38)

【調整】
水曜日に88で1600で死んでしまったため、木曜日に山口さんについて78平均で2000の刺激。
金曜日は流しだけして移動。
夜は夜更かしせずに23時に寝た。

【展開】
そもそものレースプランは、誰か飛び出る人について、ラスト600〜700でスパートかけて逃げるものだった。毛利にずっとついていたら気持ちよく走れた。ラストで毛利が消えたのでスパートはかけずにゴール。
【反省】
今回のレースは35〜40点といったところか。プラス面を挙げるなら、海先生の「まだ溜めとけ!」に従えたこと。対して反省点は水曜日の弱さ。レース前の水曜日が圧倒的に弱いため精神的な要因が考えられる。もっと強気で練習に参加していきたい。

【今後について】
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


14久保井(3) :2017/10/04(水) 19:39:17
名大戦
5000mOP 16'31"15
(315-315-320-322-319)

調整
土 日体長10000(32'58)
月 jog
水 クロカン12周(キロ3'40くらい)+4000(13'06)
金 jog 流し

調整はしなかった。水曜日のクロカンは比較的楽にできたので自信になった。80で引っ張るなら余裕だろうと思ってスタート。

展開
最初の2000くらいを河野に引っ張ってもらって、そのあとは自分がセレクション組を引っ張った。2000を6'30で通過してあとは80でペーラン。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


15森下(3) :2017/10/04(水) 20:11:16
5000mOP
<結果>
16’37”83

<調整>
月2000*2(82)
火15km 5.41/15km 5.32
水6.0km 4.55/距離練8レーン30周(88)
木10km 5.16
金15km 4.59/4000B-up+2000B-up(92-84,82-75)

<レース展開>
16’30の集団の最後尾につけ、きつくなった人がこぼれないようストッパーとして走った。途中、引っ張る相手がいなくなったので、毛利まで追い付いて、少し引っ張りフィニッシュ。

<反省>
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


16戸田(2) :2017/10/05(木) 10:42:41
1500対校 3位 5'13"70(78.82.84.67)

【調整】
月 1600(92)
火 ジョグ
水 400×3
木 完レス
金600(82)+200(36)

【展開】
名大の人と割と抜きつ抜かれつといった感じで1100通過し、残り200で名大の人に抜かれてからは完全に力が残ってなかった。

【反省】
最初速く入り過ぎたが、1100の通過がPBでた三商のときと1秒差ぐらいだったのでラスト上げればベスト出る、と思ったが、かなりいっぱいいっぱいで、上げられる力は残ってなかった。ラストが得意ではないので、関東新人以降オーバーディスタンス系のメニューを増やしてスタミナ向上に重点を置いて練習してきたが、ラストスパートをかけられるようにするには、それよりもスピード系のメニューを増やしたほうがよかったのかな・・・と思った。どっちにしろ、もともとあまりスピードはないので、200とか流しとか本練後にもっとやればよかったと思った。
練習の調子は良い方だったので、かなり悔しかった。戦力分析通り2位をとれなかったのも申し訳なかったです。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


17萱原 :2017/10/05(木) 20:13:00
OP5000m
79-78-77-77-77-78-78-79-80-81-80-76-37(16'21"65)
【調整】
特に無し
【展開】
始めはセレクションの集団に付いて3000から上げる練習のつもりで走った。入りは思っていたより速いペースだったので集団の後ろに付いた。少しずつ集団がばらけたので前に出て3000からは遼太郎と2人になった。上げるつもりだったが腹が痛くなり腰が落ちてしまい、思ったように上げられず遼太郎に前に出られたのでそのまま付かせてもらった。ラスト600でもう一度前に出て、遼太郎があまり上げなかったのでそのままフィニッシュ。
【反省】
今回は後半でペースを上げる練習のつもりだったが、引っ張りをしてもらったのに上げられずその意味ではいい走りができなかった。腹が痛くなってしまったのは準備不足のせいだと思うので直前の食事の時間、量やできるだけレース前に消化しきれるようにするといった点を見直す。前半は集団に付いて楽に走ることができたのでその感覚を今後に活かしていきたい。
【今後】
いよいよ予選会である。メンバー入りしたからには失敗は許されない。特別なことはしないが、体調管理、脚のケア、生活リズムなどに最新の注意を払い、当日確実に100%の力を出せるようにする。

遅くなりましたが、当日応援、サポートしてくださった皆さん、引っ張りをしてくれた久保井さん、河野さんありがとうございました。


18池田(3) :2017/10/05(木) 22:46:46
書き込み遅くなってしまいすみません。

1500OP
5'26"62
(83-83-91-68)

PB : 5'15"97
SB : 5'20"45
目標 : PB更新

【調整】
月曜日 : 1000+200
火曜日 : 完レス
水曜日 : 2000b-up+200×2
木曜日 : 300+600
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 日体大長距離記録会(9/23,24) (Res:4)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1松井(3) :2017/09/24(日) 12:27:33
日体長3組
3000DNF
86-80-85-86-90-94-96-47

【展開】
全体的に速く、最後尾でも辛かった。

【調整】
水曜日に5000以上のつもりが、3000しかいけなかったのが、ゲキ割れの原因。
詳しくは練習日誌参照。

【反省】
とりあえず今週は、6000がこなせるように月or水の練習に備える。
名大はSB更新、さらには17分台を目指したい。

朝早くから応援、サポートありがとうございました!

2大倉(2) :2017/09/24(日) 14:32:43
800m(8組目) 1’58”33PB (28”26, 29”21, 29”87, 31”04)
【展開】
上手くスピードに乗れず、周りのスピードを考慮して28秒に乗せたが、前腿に倦怠感があって楽に走れず、頑張って前に付いていくが、ラスト200手前で失速。ラスト100で吹き返すも1’58でフィニッシュ。
【反省】
水曜に600(84)をやった際、単独ながらかなりリラックスしたフォームで400まで走り、400通過後もフォームを崩さず、スピードを落とさずに走れた。
水曜の練習はかなり疲労が来たため、木は疲労抜きjog、金はビルドと流しのみでかなり落としたが、前腿の疲労を感じるため、金曜の夜は交代浴をした。
しかし、交代浴は血行を良くするだけだと思っていたが、筋肉を弛緩させてしまうらしい。当日スピードが出なかったのはこれが大きな原因の1つと考えられる。
アップの際、天候、上体と骨盤の動きや接地の感覚から、当日は関カレ切れる動きだった。
10000が終わってから4時間もマネージャーを自分一人のために待たせてしまい、関カレを切れるいいコンディションだったのに、1’58”33という、PBながら期待以下のタイムを出してしまい、申し訳ないです。
今回は納得いかない走りでしたが、明確な反省点もあり、取り敢えずスピードが出ないなかで1分台を出せたことを自信にしたいと思います。
今回の反省を活かし、来週の名大戦ではコンディショニングを成功させ、1500と800両方でアツい走りをしたいと思います。
シーズンオフまであと2ヶ月。目標である「今年中に関カレB」、必ず達成します。
当日は応援・サポートありがとうございました。
また、LINEでの応援・お祝いの声、ありがとうございました。


3佐伯(2) :2017/09/24(日) 15:33:10
5000m
17'18"42
(3'19-3'20-3'25-3'38-3'35)

調整
日レース
月カンレス
火JOG
水4000(82)
木JOG
金JOG
土1000(3'13)

展開
集団の最後尾で79-80のペースを刻む。2000で集団が分離し前に行くことができず、82に落ちる。3000を10'05で通過して意を決して前に出てごぼう抜き開始。と思いきや3300あたりで86くらいで走ってる人を抜き切れず、靴が熱くなって踏ん張りが効かなくなり、そのままズルズル落ちてしまう。結局お決まりのラップになり終了。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4久保井(3) :2017/09/24(日) 18:45:59
10000m
32'58"94
321-18-19-19-18-18-19-19-19-08

調整
日 26大5000m(15'51)
月 jog
水 4000(84)+4000(82)+3000(80)
金 3200ビルド、流し

練習として出る予定だったので特に調整はしなかった。金曜日は4000ビルドの予定だったが8周で終了。水曜の疲れが出たと思う。金曜日は体が重いし、ふくらはぎがつりそうになってて不安だった。当日痛みが出たら棄権しようと考えていた。

展開
36レーンということで2列目スタート。最後尾からスタートしたので最初の200が42かかったが、それからは80を切るくらいでずっと刻んでいき、徐々に位置を前にしていった。ラスト1周68で回ればベスト(32'55)が出ることに気付いて頑張ってみたが、3秒届かなかった。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 26大戦(2017.9.15-17) (Res:19)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1佐藤(2) :2017/09/17(日) 21:09:41
26大戦5000mOP2組 9:20スタート、雨、17度、95%、微風

16’58”50 80-79-80-81-82-83-84-82-83-84-84-82-35
目標
A16’50/B17’00
名大戦を見据えて、SBくらいは出しておかなければならないのは分かっていたが、練習は17分前半レベルでしかできていなかった。目標も現実的な数字に変更せざるをえなかった。正直これでも高いくらい。

直近1週間
月75’jog
火30’jog/2000b-up(91-82)
水8kmjog/14000(92,53’13),1200(82-78,3’59)
木45’jog
金2000(6’45)/20’jog
土40’jog/2000b-up(89-79,7’01)
日レース
一週間前の土曜日に熱中症にかかり、月曜日のポイントができなかった。金曜日の刺激で2000(80)ができずに割れるなど、どうしていいかわからない状態だった。

レース展開
16’15申請だったので、最後尾についていくしかないと思っていた。80で入るが、案の定ものすごく速く感じる。すぐにペースが保てなくなり2000手前ではすでにペースダウン。前に2,3人いたので離れないようにした。3000の通過は10’10。スピードはこれ以上上がりそうもなかったので、できるだけ走りを崩さないようにしながら走る。無理に動かそうとしなかったぶん、ラストはちょっとだけ足が残っていて、ラスト200で切りかえてゴール。

所感
物足りないタイムだが、状態を考えるとまとまったほうかもしれない。極端に落ちなかったのはコンディションがよかったから。17’20くらいかかってもおかしくなかった。周りも全体的に15秒くらい速く走れている印象だった。
スピードに全く乗らないのは、練習不足に尽きる。
動きは、ビデオを見てこれから確認する。
試合のアップビルドは、LT近辺で止めるのが自分にとってちょうどよい気がする。速い動きは流しで十分。

練習ができるようにならないとどうしようもないので、適切な水準の練習を少しずつ積み上げることにする。間に合う間に合わないにかかわらずそれしかないだろう。ただ、スピードのほうが全く戻っていない状況なので、メニュー後に短めの距離を入れて取り戻していく。この一か月、腰の違和感が断続的に続いているので悪化しないように気を付けたい。

今回はコンディションがよく、ベストを更新した人が多かった。このようなチャンスを生かせるのもしっかり練習を積んできたからこそ。対する自分はそれができていなかった。タイムを伸ばすチャンスを逃してしまった感が強いが、今度こそは結果が出るまで練習を継続して我慢したい。森下さんや、山口などこれまで苦しんできた人が今回快走したことは大きな刺激になった。

名大戦では今日から1段、2段レベルアップした姿を見せます。悔いのない練習を2週間で積んで臨みます。


最後に、雨の中応援サポートしてくださった皆さん、26大委員、補助員として働いてくれた皆さんありがとうございました。

13高島(2) :2017/09/19(火) 14:16:23

【結果】
5000m 15'23 17着
(37-74-74-75-75-75-76-74-74-75-76-73-65)

【展開】
巨大な集団の後ろにつき、場所取りに力を使わないようにする。3000からの集団のペースアップには全く反応できず、山口にも若干離される。2連敗はマズいと思い、ピッチで必死に追いかける。ラスト1周までに追い付いたら確実に勝てると思い、ラスト1000と600で2段階ギアチェンジをしてラスト1周で追い付く。そこまででかなり消耗していたが、ラスト1周は気合いで65秒で帰ってきて無事PB。


【調整】
10000mの反省を参照。間の1日はjogと流しののみ。温泉で交代浴を行なって疲労回復に努めた。当日は疲労はあったものの、致命的な脚の重さや痛みはなかったので交代浴が良かったのかもしれない。


【レース前の想定・プラン】
入賞争いは厳しいと思い、ひたすら後ろについていきPBを更新しようと思っていた。10000で山口に先着されていたため、必ず勝とうと思っていた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


14バベル(1) :2017/09/20(水) 13:28:59
5000OP
<目標>
16分40秒

<結果>
78.0-78.0-80.9-79.9-79.1-80.2-81.1-80.7-81.4-81.3-80.8-79.4-39.5

16'38”29

<レース展開>
80で走り続けるためにスタートから集団の最後尾につけた。そのまま徐々に離され1人に。途中2〜3人拾いながら3000を通過。ペースを78まで上げようと試みたが失敗。そのまま80台でキープし、ラスト200も39.5と80ペースで走りきった。(一応上げたつもりではあった。)

<反省>
調子がようやく上向きになった。練習で3000を80で走るのに死にかけていた1週間前よりはだいぶマシだった。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


15池田(3) :2017/09/20(水) 13:40:44
1500m OP
5'27"50 (85-87-90-66)

A目標 : 5分1桁
B目標 : PB更新

*調整
月 : 2000(92) → 身体が重く1600まで
火 : 完レス
水 : 600(82)+300(80)
木 : 移動

✳︎レース展開
1周目を82で入り、2周目3周目を落ちても84-85でキープして、ラスト300でスパートをかける展開を目標としていたが、位置取りに失敗し周りを囲まれ前に出れず1周目の通過が85になってしまった。そこから抜け出せず2周目3周目もずるずる引きずってしまい、ラスト300で上げたがそれだけではカバーすることができなかった。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


16萱原 :2017/09/20(水) 13:47:32
5000m OP
16'07"50(77-77-77-78-79-79-79-77-77-77-78-74-37)
【調整】
月:3000×2(80)
火:jog
水:15000(92)+1600B-up(84-82-80-78)
木、金:jog、流し
金:2000B-up 1000(3'10)
【展開】
先頭集団に着こうと思っていたが、速く感じたので少し離れたところで77〜79で押す。2000くらいで毛利が前に出てきたが意地を張るところではないと思ったのでしばらく後ろにつかせてもらった。3000過ぎから切り替えるつもりでいたが、体がよく動いていたので早めの2700あたりでペースを上げた。ラスト一周は全力でスパートし71まで上げた。
【反省】
気温、湿度ともに良好なコンディションもあり、いいレース展開ができた。特にさいたまナイターから引き続き、三商大、東大戦での課題であった後半2000を落とさずに走れたのは進歩だと思う。課題としてラストでかなり上げているのでその力を前半から上手く分配できるようにすること。明大戦では前半から速い集団に着く走りをしてみようと思う。数字としては15分台に近づいているし嬉しいことだが、実際に15分台で走るにはまだ力不足だと思う。距離は高校時代に近いものを踏めているが、スピード持久力がないので76、77のペースを続けられない。今は予選会があるので20kmを走りきるための練習を中心にするが、それが終わったらスピードを意識した練習もやっていきたい。


17萱原 :2017/09/20(水) 13:57:36
>>16
すみません、途中で送ってしまいました
【今後】
明大戦では先に書いたように前半から攻めるレースをする。森下さんか、当日絶好調なら久保井さんに着いて走れればいいと思う。特に森下さんには三商大戦から惜しいところで負け続けているのでそろそろ勝ちたい。予選会が近づいてくるのでは特別明大戦に向けた練習、調整はあまりせず普通に練習を積んでいく。それと最近涼しくなってきたので体調管理にも気をつける。

最後に雨の中応援、サポートしてくださった皆さんありがとうございました。


18久保井(3) :2017/09/20(水) 21:13:23

5000mOP 15'51"35 PB
(311-312-311-312-305)

目標
PB更新(15'53)

調整
月 4000(80)+3000(80)
水 17キロjog
金 4000ビルド+2000(6'25)
土 完レス
日 試合

展開
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


19星(2) :2017/09/21(木) 10:50:00
1500m
4'21"75(64"-70"-70"-57")

《レース》
全体の動きとしては、最初ある程度速く入ったが2週目で落ち着いて1000m以降上がっていくというレースだった。
自分としては対校選手なのでとにかく先頭にずっと着いて行きラスト勝負まで持って行くことを最優先に考えていたが、1000m以降集団のペースが上がった段階で落ちてしまいそもそも勝負ができる段階までいけなかった。

《反省》
レース動画を見る限り序盤は最近の走りの中でも良い感覚・フォームで走れていたが、やはり全体のペースが上がったところで大きく崩れていた。特に上体のブレが大きく感じたので体幹などの基本からやり直す。
また、最近の練習として速くても66"くらいしかやっておらず62"・64"あたりのスピードを反復していなかったので、800mの練習に入って速いペースの中でのリラックスした走りを効率化する。

3000msc
10'24"93(3'22-3'27-3"34)

《レース》
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 関東新人戦(2017/9/15-17) (Res:3)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1戸田(2) :2017/09/18(月) 08:32:08
1500
記録5.16.75
ラップ80,82,86,66

【調整】
日 ジョグ
月 1600(89),100流し
火 カンレス
水 1000(3,25)
木 ジョグ
金 1500レース

【展開】
最後尾からのスタート。800ぐらいまで最後尾なのは変わらず少し焦ったがここで離されたら終わりだと思い必死についていった。1000以降で落ちてきた二人を抜かす。1000までは目標ペースで通過し、このままラスト上げればぎりぎり5.10切れるぐらいで行けると思い、自分では切り替えてスパートをかけたつもりだったが上がるどころか落ちていた。

【反省】
合宿以降のレースもTTも5.40以上かかってしまっていたし、練習も2週間前ぐらいまではやりたいペースでできなくて正直かなり焦りを感じていたが、調整期間はわりと調子が戻ってきたのを感じ、特に刺激入れの1000で3.25をほどほどに余裕をもってできたのが自信になり、ベストは出なくても5.10は絶対に切ろうと思っていた。実際には5.10は切れなかったが、東大戦のようなひどいレースにならなかったのは良かったと思った。調子が戻ってきているのを実感したレースとなったので少し安心した。ただ、ラップを見ると800以降の落ちがもったいなかったなと思う。もともとラストが得意ではないので前半で出すタイプだが、今の自分には、前半800のペースを今回のペースよりも上げていくよりかは、前半は80,82ぐらいで保って、800以降は83.60ぐらいでいくという、ペースを1200まで保ち最後の1周しっかり上げるというレースをするのが一番理想かなと思う。
正直、合宿以降の練習を振り返ると、オーバーディスタンス系の練習を追い込むペースで十分にできていなかったように感じる。調子が良くなかったのもあって、ペース設定が自分に甘かったように思う。名大戦まで2週間しかないが、少し長めのビルドアップや、2000(90),1600(86)ぐらいのペースでの練習をしっかりこなしてスタミナを回復させるのと、最後のスパートを意識して普段の練習でも最後の1周は上げるというような工夫をして名大戦ではベストを出したい。

26大戦の1日目の応援には行けませんでしたが皆さんお疲れさまでした。
当日、ビデオやラップをとってくれた方々、本当にありがとうございました。

2河野(2) :2017/09/18(月) 12:15:03
男子10000mW
46'44"19

[調整]
26大戦反省を参照

[展開]
スタートから5000までは112ペースの集団について歩く。歩型にはかなり気をつけて歩いたので、6000mまで注意1枚のみに抑えることができた。5000m以降、数人が110までペースアップしたが、脚に余裕がなかったためついて行かず112ペースを維持する。その後も特に注意をもらうこともなく、ラストは110までペースを上げてフィニッシュ。

[反省]
二日連続のレースだったことを考えると上出来だと思う。歩型に関しても、脚の蹴り上げを抑える意識をしただけで注意を受けにくくなった。
昨日の疲労と右の臀部の痛みがあり、ペースアップする余裕は全くなかった。ただ、うまく調整すれば108-110で周回できる手応えは感じることができた。
来月の高畠競歩で日本選手権標準を切ることをずっと目標にしてきたが、この2日間で目標達成の可能性は見えてきた。予選会もあるため万全の準備はできないとは思うが、練習の質を高めることでなんとかカバーしていきたい。

26大戦3日目にもかかわらず、関東新人に出させていただきありがとうございました。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


3笹木晴奈 :2017/09/18(月) 17:04:40
[調整]
土 400×4(78-79)+200(38)
日 筋トレ
月 1000(40-84-85)
火 30分ジョグ
水 800(84)+200(37)
木 30分ジョグ


1500m
5'00''44
(79-82-80-58)

[展開]
第2集団で様子を見る。800で集団の前に出る。1000あたりで後ろから一人でてきたがついていくことができずそのままフィニッシュ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 全日本インカレ(2017.9.8) (Res:2)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1風戸(中距離5) :2017/09/12(火) 18:21:30
1500m
予選1組7着
3’56”65(66-66-62-41)

① 目標
入賞。
着順での通過。

② 調整
<東大戦後>
水1200(66-66-64)+400(55)
土1600(67-67-67-61)+300(40)
火1000(60-61-31)

合宿の疲労を抜くことを最優先。合宿まで質、合宿中は量重視でしっかりと追い込むことが出来たので、東大戦後は疲労抜きとレースイメージを掴むことを最優先に。水の練習では月火練習落としていたこともあって、身体に久しぶりに軽さがあったが、抑え気味の設定で、フォームやタイムと感覚のズレをなくすことを意識しながら走った。土曜日のオーバーディスタンスでも設定は抑えて、レース終盤に切り替えてスパートする感覚を掴んだ。切り替える時の前傾を強めて、腕ふりを下に叩くように大きくする動作も確認出来た。火曜日に1000を61で回し、速い展開のイメージと刺激入れを行ったが、完璧だった。60で回っていてもフォーム・心肺ともに余裕を持て、800過ぎからいつもは若干上半身が固まるが、それもなく最後まで脱力してストライドが間延びすることなく走れていた。

③ レース
調整はうまくいっており、最高の状態で本番を臨むことができたと前日までは思っていた。しかし、当日のアップをはじめて最初の5歩で、この半年ぐらいで一番の感覚の悪さを感じる。ジョグなのに心肺があがり、ピッチが後半にかけても思うように上がらない。いつもであればアップのビルドは6分ぐらい時間をかけてあげていく所をキツさから4分で切り上げてしまう。
焦りとともに涙が溢れ出てきそうになったが、アップの感覚とレースでの感覚はズレることもこれまでもあったし、この一ヶ月継続してトレーニングを積めていたし、最後のレースでメンタルで負けたら一生後悔すると思ったので、アップのことは意図的に気にしないようにした。

その後は招集所に行き、斉藤さんや山田はなに激励の言葉をかけてもらい、もう一度気合いを入れてレース地点へと向かった。待機場所では緊張していたが、目を閉じてこれまで意識してきたフォームやレース中のメンタル等を再確認し、号砲を待った。

女子のレースが終わりいよいよ男子一組目の選手がトラックに出るように指示された。機材の故障もあり15分ぐらい遅れてのスタートとなった。バックストレートはかなり風が強かったのと、色々な方に「風戸、頑張れ!」と声をかけられたのだけよく覚えている。

そして号砲ともにスタート。インレーンからのスタートだったので、最初は少し意図的に速めに入るともにインレーンに入りこみすぎず、2レーンの内側辺りを走った。明らかにスローな展開。最初は先頭から二列目付近を位置どることができたので、その位置をキープするともに無駄な上げ下げをしないように心掛けた。スローのまま一周目が66。二周目のバックで後方にいた選手が外側からまくってきて、必死にブロックしたが耐えきれずに後方に下がってしまう。ここで早めに前に上がろうとしたが、17人の集団で3レーンまで膨れていたので、勝負所まで待機。二周目も66。そして残り600から集団が動き始め、徐々に加速し、一層位置取り争いが激しくなり、ホームストレートで3レーンまで膨れて加速したが、周りも同じくくらいのスピードで順位をあげることは出来なかった。ラスト一周の時点で先頭付近と二秒近い差があったが、ここまでしっかり溜めることが出来、スパートがはまり、バックストレートで一気に集団に追いつき、そのまま集団後方の選手を抜き去る。残り100の地点で8番目で、ここまでのスパートでだいぶ身体全体が固まっていたが、最後までピッチを刻んで、失速を防ぎ、7番でフィニッシュ。この時点で決勝はなくなったが、全てを出し切ることができ、清々しい気持ちしかなかった。

2風戸(中距離5) :2017/09/12(火) 18:22:03

④ 思うこと
このレースに対して反省は特にない。アップの時点で焦りかけたが、その後メンタル的にもしっかり修正し、本番も冷静に走ることができた。大学三年の関東インカレから学生トップレベルの選手達と競ってきたが、今回が一番戦えた実感がある。スローペースからのラスト勝負だったので推測でしかないが、3’45”まではいかなくとも3’47”までは地力を伸ばすことはできていたのではないか。

大学初レースが4’13”21で始まり、4’11”63-4’07”23-4’04”02-4’02”29-4’02”02と大学一年は走るレース殆どベストで外すこともなかった。何か考えることなく、斉藤さん石井さんを我武者らに追っているだけで、速くなれた。けど、そこからは思うようにいかず、練習も一人でこなすうちに質もなかなか上がらなくなった。二年の春に関カレに出られず、そこで、このままのやり方ではいけないと思い、レース後一緒に走った選手に話しかけて、合同練習してもらったり、練習メニュー教えてもらったりする中で、自分なりのスタイルを確立しようとしていった。1000や2000のタイムから1500のタイムの目安をつけてレペを行ったり、勝負のレースを想定して極力後半はビルドアップにしてみたり、レースペースの反復を短いレストで回す練習を取り入れてみたり、あれこれ試した。その中で自分に合った練習を見つけられたことが一番の要因かなと思う。

ここまで思ったことを書きなぐってとりとめもない文章になってしまいましたが、こうやって好きな陸上に好きなだけ取り組むことができ、それを全力でサポートしてくれる先輩・同期・後輩・OBの方々やいつも刺激を与えてくれるライバル達が数多くいて、ここまで辿り着けたことが誇らしいですし、感謝しかありません。本当にありがとうございました。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 M×Kディスタンス(2017/9/10) (Res:3)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1佐伯(2) :2017/09/10(日) 22:42:37
MKディスタンス5000m
17'36"17
(3'17-3'18-3'26-3'49-3'47)

調整
金 3000(9'56)
土 ジョグ
日 ジョグ
月 10000(92)
火 ジョグ
水 4000(82)
木 ジョグ
金 2000(6'32)
土 800(78)

展開
一番遅いペースメーカーが16'30"ということで、そこについてく。2000で集団がばらけ始めて、ペースメーカーとの間が空いたので、一気に前に上がる。毛利に段々近づいてるとわかり元気が湧いてくるが、ペースメーカーの真後ろは600しかもたず。そこで限界が訪れ、ズルズル。3000m通過は10'01。強い風も追い討ちをかけ、そこからラスト2000を7'35"ということでげき落ち。切り替えることもできずフィニッシュ。

反省
正直なところ、今までで一番いい状態にあると思っていた。4月に出した自己ベスト(16'54)は確実に越せると思っていた。調整練習が今までで一番強度高く練習をこなせ、水曜一人で4000(82)ができたところで、ほぼ自己ベストを確信。ターゲットタイムは16'45-50辺りと想定していた。

まだまだ全然だった。78-9のペースがとんでもなく速く感じて、2000でこれはマズイと悟ってしまった。弱すぎる。

今までで一番ショックが大きいレース。自信があった分のギャップもあるし、20kmTTの他の選手の奮闘ぶりを一週間前に見てる分、自分は本当に何をやっているんだとつくづく感じる。

こんなに遅いタイムでずっとくすぶっている自分に対して、周りの人が気を遣ってくれたり、励ましてくれたり、アドバイスをしてくれたりして、細やかながら自分に期待してくれてるのは十分伝わってくるが、それに応えられず本当に申し訳ないし、情けない。

今後
26大・日体長・名大と過酷な連戦が続くが、それに挑むにあたってのモチベーションが大事。レースが終わった後だからだと思うが、標準切りだけでなく、長距離自体に対してのモチベーションが正直言ってだいぶ落ち加減。

後3レースでカチッとはまるレースがきっとあると信じて、日常生活から気を引き締め直さないといけない。


サポート・応援してくれた上野さん、河野、調乃ちゃん、本当にありがとうございました!

2田中(1) :2017/09/10(日) 23:23:10
MKディスタンス5000m
3000mDNF
74-5-7-9-7-8-9
調整
月 20kmTT
火 完レス
水 5000B-up+200流し
木 ジョグ
金 2000×1(6′24)+200×2
土 2000B-up
月のTTの疲れもあったが、水曜日の5000ビルドでかなり動けたのでMKも余裕で間に合うだろうと考えていた。木曜あたりから2ヶ月に1回の頻度で来る右腰痛が来たが、特に練習に支障はなく、日曜の朝には治っていた。だが、日曜の昼間から突如左仙骨(?)のあたりが痛くなり始める。まだその時は軽い痛みであり、夢の島についてストレッチしてアップを始めたら痛みも消えたので大丈夫だろうと思ってスタートした。
展開
スタートで前に出すぎてしまい、15′30の集団につくことに。しかし、1000手前で自ら離れて16分フラットの集団に吸収される。2000過ぎから左仙骨が徐々に痛くなり始めた。結局3000でDNF。
反省
アクシデントに見舞われた形となった。その後少しずつ痛みが増してきたので氷で冷やしたものの、痛みは改善されず。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


3毛利(1) :2017/09/11(月) 13:38:58
MK 5000m
結果 16'51”(77-76-77-78-79-80-81-80-85-85-87-83-36)

レースまで
20キロTTからの調整はスピードにうまく乗れるかという事を意識した。レース当日のコンディションは可もなく不可もなくという感じだった。
入りの2000mはそれほどキツくなく、16分ペースの長い集団の最後尾で落ち着く。集団から離れて2人で走ることになった瞬間、前の人がペースを落としたため自分が引っ張ることに。3000m通過が9'50"だったので雲行きが怪しいなと思いつつ前を追っていると、息が上がっているわけでもないのに急にペースがガタ落ちした。フォームがかなり乱れていることに自分でも気づき、しっかりまとめる事が最優先と考えながらゴール。スパートもかからなかった。

反省
今回、自分で考えつく限り一番の敗因はエネルギー不足だったと思う。明らかに失速の原因は力が出なかっただけだと感じる。食事量を減らしたり、いろいろ調整に不備があった。栄養学的な事も調べてみて食事面でのコンディショニングをきちんとできるようにしたい。

今後
今回のレースについても多くの人から応援してもらっていたのに標準を切れず、申し訳ない気持ちでいっぱいだが、自分でもびっくりするほど全然落ち込んでいない。気持ちの整理はすぐついたので、まず今月いっぱいをしっかり走り抜いてみる。改善点も従来同様、よりリズムのある走りを追求すること。
気持ちを切らさず頑張ります。

最後になりますが、夜遅くに応援、サポートして下さった上野さん、河野さん、調乃ちゃんありがとうございました。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 予選会メンバー選考20kmタイムトライアル (Res:15)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1森下(3) :2017/09/05(火) 06:06:45
OB/OGの皆さま、中長パートチーフの森下です。
昨日、彩湖で行いました予選会メンバー選考の結果をご報告いたします。

現在、予選会標準を突破しているメンバーは16名(中距離2名含む)おり、標準突破圏内のメンバーが複数名います。
そのため、今年は以下の選考方法のもと、エントリーメンバー14名を選出することとしました。



1.昨年のの予選会から今年の08/31にまでに10000m33'00を突破したものは内定
→これにより、柿沼(4)、久保井(3)、高島(2)、山口(2)の4名が内定獲得

2.09/04の20㎞タイムトライアルで、内定者を除いた上位6名は内定
→結果は下記参照

3.09/30の名大戦5000mで上位4名が内定、そのうち上位2名が出走内定



以下、昨日のタイムトライアルの結果になります。

彩湖/16:40スタート/曇り/22.0度/風なし
1.佐々木(1) 67'39
2.山口(2) 68'15
3.柿沼(4) 68'42
4.久保井(3) 69'04
5.森下(3) 69'35
6.田中遼太郎(1) 70'54
7.山中(2) 71'39
8.河野(2) 71'44
9.萱原(1) 71'46
10.佐藤(2) 72'20
11.毛利(1) 73'25
12.栗田(2) 74'32
13.清水(1) 75'55
佐伯/松尾 DNF
高島 DNS

これにより、佐々木、森下、田中遼太郎、山中、河野、萱原が内定し、1次選考内定者あわせ10名のメンバーが確定いたしました。



気温が低く、コンディションが良かったということもあり、昨年同時期に行った20kmTTよりかなりレベルの高い争いとなりました。
内定者9名(高島は体調不良のためDNS)の今回のタイムの平均は69'55でした。これは11:39'10相当のタイムで、昨年の11:37'52に迫る結果となります。

2年前に樹立された11:31'13という学内記録を大幅更新すべく、残り少ない日数ではございますが、これからも互いを支えあいながら練習に打ち込んでまいります。

以上、簡単ではありますが、予選会メンバー選考20kmタイムトライアルの結果報告でした。


森下尚耶

9山中(2) :2017/09/05(火) 18:15:47
20キロTT
71'38(内定者を除いて4位)
18'10-18'10-17'30-17'50くらい?

[目標]
内定

[調整]
日:東大戦5000(16'16”79)
月:完レス
火:2000b-up
水:クロカン12周
木:2000b-up
金:10000(92-89)+2000(6'38)
土:2000b-up
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10久保井(3) :2017/09/05(火) 21:09:09
20キロ 69'04
(1650-1705-1737-1733)

想定より速い3'20くらいのペースで入る。動きが良く、余裕があるので、つけるとこまでつこうと思った。2周目の途中まで佐々木と走り、そこから離される展開となった。3周目以降は単独走になりペースが落ちたが、3'30で保ってゴール。

内定はしていたから突っ込んでみて、いけるとこまでいってみた。単独走になり、リズムを掴めなかった中で3'30で粘れた点は収穫。予選会は人が周りにいるからタイムが上がるはず。
一方で、ベストを出した3月の学生ハーフは後半上げてのレース。(34'13-33'53)
おそらく前半を安全運転して、後半上げる方が結果が良いだろうし、精神的にも楽なので、本番は10キロ34分前後で入る予定。
10キロ以降も余裕を持てるように80-82ペースの練習を積み重ねます。

遅くまでサポートして下さった方ありがとうございました!


11佐伯(2) :2017/09/05(火) 23:56:01
10000DNF
(18'25-19'50 38'15)

出走者の中でこの頃の5000mのタイムはダントツ最下位だったが、とりあえず立川ハーフのタイムを超えることができれば、去年の内定タイムよりは全然速かったので、チャンスはあると思って出走した。
最初の3000までは立川ハーフと同じくらいだったが、明らかに余裕度が違ったので少しペースを落とす。4000過ぎで最下位になってから単独走。キロ4をギリギリ超えないペースでもってくのが精一杯になり、前もどんどん離れていったので、今週のMKのことも考えて棄権。

たとえ自己ベストで走れても最下位+20秒、内定+4分。レベルの違いをかなり感じた。春以降5000のタイムを上げきれず、むしろ大幅に落としてしまったこと。またそれによって5000のことで頭が一杯になり、距離に重点を置けなかったことが、このような結果になってしまった主たる要因。

今後に関しては、
今月は5000のレースに出まくるので、20kmに特化した練習はあまりできないと思う。予選会出場!というより、標準切りという目標に定めて頑張る。
直近の東大戦のタイム的に厳しいと思われるかもしれないが、涼しくなってから練習の質が明らかに上がっているので、諦めない。


12河野 :2017/09/06(水) 01:23:38
自宅の鍵をなくして締め出されたので、こんな時間になってしまいましたすみません。

夏合宿である程度練習を積めたので、走力がついてきた実感はあった。ただ、8月後半は四国選手権に向けて、歩きに全振りしていたので不安はあった。

スタートから1周目までは4’40でペース走したがだいぶ余裕があった。2周目の中盤で毛利が3’30までペースを上げたのでついて行くが、3周目からは完全に単独走になる。3周目の後半から少しペースが落ち始め、後ろから山中が迫る。ラスト2kmほどで山中を振り落とそうとペースを上げるもあえなく自滅。山中のレース展開が見事だった。

内定を取れたことは良かったが、後半のペースダウンをなんとかしたい。予選会までは、3’30ペースを20km維持できるよう、ペース走を積極的にやっていきたい。再来週には関東新人もあるが、良い歩きが良い走りにつながるはずなので、そちらもPBを狙っていきたい。

マネージャーさん、文さん、星、応援サポートありがとうございました。


13佐々木(1) :2017/09/06(水) 07:33:26
67'39" (33'41"-33'58")

<展開>
疲労が強く残っている状態だったので、3'25"前後のペースで走ろうとスタート前は考えていた。スタート直後、柿沼さんが3'20"くらいのペースで飛び出してくれたので、それに並走する。前半は久保井さんがついてきていたが、10km手前で離し、それ以降は単独走になる。12km過ぎくらいから脇腹が痛くなり始め、左足のふくらはぎにも違和感を感じるようになる。それらのアクシデントもあり、また、走ってる途中に浜田さんに追い込みすぎるなと言われたこともあり、後半はペースを若干落とした。そのまま誰にも抜かれずにフィニッシュ。

<反省>
腹痛の原因はおそらく昼飯に食べたものが消化しきれていなかったことにあると思う。肉や生野菜など消化の悪いものしか食べていなかった。5000mを走るのであればそこまで食事にこだわらなくてもいいのかもしれないが、20kmなど長丁場のレースになる場合は、しっかり考えて食事をとる必要があると感じた。次にふくらはぎの違和感だが、自分の場合、3'20"より速いペースになるとふくらはぎを使う走りになってしまう傾向がある。ペースが速くなってもフラットな着地を意識する。それと同時に、踵上げをやって筋力の強化に努める。整骨院に行ったところ、今回の違和感は肉離れや筋膜炎ではなく、3日間くらいjogで繋げば勝手に治るとのこと。
腹痛とふくらはぎの違和感がなければもっと高いレベルの走りができていただけにもったいない。本番でこのようなことがないようにしたい。

<今後>
27大戦と名大戦はある程度練習を積んだ状態で臨む。今回のTTにおいて、腹痛、ふくらはぎの違和感、疲労、まだ全力を出し切っていないことを考慮すれば、本番での65分台はかなり現実味がある。とにかく、10月14日にピークをもってこれるよう練習する。

最後にサポートしてくれた方々、夜遅くまで本当にありがとうございました。


14柿沼(中長4) :2017/09/07(木) 15:04:23
20キロTT
68分42秒 3位


走る前は練習の一環で3分30秒でどこまでいけるか試してみようと思っていた。土曜の3000TTの疲れがある中では多少走れた方だと思う。
レース内容的には序盤、3分20秒程で入ってしまいみんなもついてきたのでいけるところまで押してみようと思ったが、後々潰れるのはなんの練習にもならないと思いペースを落とした。その後山口・森下・たなりょの集団と一緒に走った。山口がペースを上げた後はついて行かず3分25秒あたりを推移。森下と一緒に走ったがラスト上げられると感じ、再び3分20秒まで上げゴール。
かなり良い感じで終われた。今ある力は出せたと思う。キツイと思うところでもそれなりに粘れ、3分30秒〜3分20秒でラップ刻めたのは収穫。走りはぐちゃぐちゃだが、キツイなりにまとめるような走りはできたと感じる。ピッチを意識して走ったのが良かったか。中盤キツイところで意識したのが終盤の粘りにつながった。これは本番でも使えそうなのでラストの公園内で発揮したい。
本番の目標タイムは65分以内。おそらく他の大学のエース級はそれくらいでは最低限走ってくるため自分も対抗したい。他の大学との勝負というところもこだわっていきたい。
当日はマネさんや中長距離勢のサポートがあって走る切ることができました。本当にありがとうございました。


15松尾 秀浩 (3) :2017/09/08(金) 14:36:39
20kmTT
[結果]13km DNF
今回のレースは、自分の調子を図るために出走したのが一つの目的であった。(当然、内定はしたかった)
結果としては前回に続きゴールできなかったが、収穫はたくさんあった。
展開としては5kmを17分30秒弱という想定通りのペースで入ったものの、そこから坂を登るたび足の痛みが増し、精神的余裕もなくなり、失速を重ねて13kmに至った。

東大戦の時よりは落ち着いて入れたし、5km時はかなりの余裕があった。なぜ痛めたのか。
フォームがやはり未完成であった。直近の練習でトラックでの走りには自信が持ててきたが、登りになると、つい外接地になり、登りの方が踏み込みも強い為に、靭帯に負荷がかかったのだと思う。
今まで強みだと思っていた登りで悩まされるのはかなり辛い。

相まって、予想の一部にあった結果とはいえ、これほど悔しかったレースはない。2度も同じ原因に屈した自分に腹が立つ。
もう同じ思いはしたくないので、次は結果を出す。この1年の悪い流れを断ち切るきっかけにしたい。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 東大戦(2017/8/27) (Res:29)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1山口雄大(2) :2017/08/28(月) 16:49:40
5000mOP 15'42"68
(72-73-74-74-76-77-75-76-76-77-75-36)

【調整】
月 4000(78-76)
火 jog
水 4000(84)+1600(78-72)
木 jog
金 3000(79)
土 jog

【展開】
スタートで福島さん、栗田が先行して後ろがついて来ず前後どっちの集団につくか迷う。ゆっくりと前の栗田に追い付いてそのままついていった。
少しずつペースを落としながら2000で栗田が抜け、残り3000を76で独走。
福島さんとの差を徐々に縮めたがペースキープで精一杯で追い付かず、ラストも効かずそのままフィニッシュ。

【反省】
全体としてはかなり良かった。ラスト3000を完全に1人で刻みつつ、途中でガクッと落とすことなく踵の引きつけを意識して刻むことができた。
3400あたりからの落ち込みが今シーズンの課題の1つであり、フォームの意識や中距離練などで克服を試みてきた。成果が形となってきた感覚がある。
また、最近ラストが見えてから力んで死んでいるように感じていたので、スタート前から15周走るぞという意識を持って臨んだ。レース中もあと5周を10周に読み換える意識で、27大の10000を見据えたレース運びを考えていた。
意味は薄かったと思うが、冷静にペースを刻むことができたので一応正解だったか。このままいければ10000も悪い結果にはならなそう。

今回はオープンということで、調整も少し変えてみた。暑さを避けるため水曜のオーバーディスタンスを短めにして更に距離を分け、スピード速めを意識。前日に行なっていた3000を2日前にした。
結果的には疲労が溜まらず、走りに悪影響はなかった。1500も2日前刺激のイメージが良かったので、続けてみようかと思う。

課題としては、欲を言えばPB出したかったというところ。自分は高湿度に弱く合宿後の練習環境はかなりキツかったのだが、レースは奇跡的とも言える良い気象条件で、調子の良さも考えるとここでベスト更新しなければならなかったと思う。が、終わったことなので気にしすぎない。
PB出なかった要因の1つはいつも通りラストスパート。1人で走ってたのでラスト弱い自分には尚更仕方ないのだが、ラスト頑張ったつもりでも全然上がらなかった。脚の引きつけ、呼吸のリズムを一気に切り替えること、これらをラスト200になった時に思い出すこと(これが一番できない)を意識したい。
高島のラスト400とは13秒差、まず3秒詰める。


課題はあるものの、合宿明けの疲労が心配だったが全く問題なく、いい練習が積めてきている。27大の10000で良い記録を出し、一気に予選会まで行きたい。

当日は応援、サポートありがとうございました!

23名無しさん :2017/08/31(木) 11:24:22
対校5000m 15'54"17
(77-75-74-75-75-75-75-76-77-76-77-78-38)

<調整>
月 4000(78→76)
火 90'jog
水 400×8(72 R200j)
木 30'jog
金 40'jog
土 1000×1(3'02")

月曜でかなり体が動いていたので、翌日に速いペースでロングジョグを入れて意図的に体を重くした(今思うとこの練習が良くなかった)。水曜はレースを想定してのスピード練習。前日のロングジョグで体を重くしといたので、あまり動かなかったが、刺激はしっかり入れられた。ここまでは想定内。問題はここから。木曜と金曜は完全に抜きの練習。東海大ナイターの時に流しを入れなかったために感覚が狂った経験があったので流しはしっかり入れた。この2日でそれまでの疲れが抜けると思ったが、なんとなく脚の張りが強い(調子良いときはもっと弾力のある張り方をしてる)。土曜は刺激を入れようかどうか迷ったが、体が重いっていう感覚はなかったのでいつも通り1000×1をやる。体はそこそこ動いてた。が、まだ脚の張りは消えない。そんなこんなでレース当日。

<レースプラン>
東大の3人が72"ペースで押してくるだろうから、それにひたすらつく。ひたすら我慢して4位以内に入る。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


24高島(2) :2017/08/31(木) 13:08:16
東大戦
【結果】
5000m 15'36(79-75-75-75-76-76-76-77-78-76-77-69-29)


【展開】
近藤さんが飛び出し、第2集団は佐々木が75〜76で引っ張る展開になる。3000mで阿部と柿沼さんが出るがついて行かず、ひたすら栗山の後ろで身を潜める。ラスト300mで満を持してスパートして栗山を置いていき4位を確保。


【調整】
月 4000(3'15-3'15-3'10-3'00)
火 jog
水 4000(84)+1600(78-70)
木 jog
金 2000(77)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


25柿沼(中長4) :2017/08/31(木) 15:46:58
1500m対校 4分3秒04(64-66-68-45)3位
5000m対校 15分30秒45 3位

1500に関しては調整週にスピード練をこなして悪い感覚ではなかった。4分2〜3秒は出ると思っていたから予想通り。
5000に関してはラスト勝負で負けた事に尽きる。

1.調整
月 4000(76)
火 ジョグ
水 1200(66-64-64)
木 ジョグ
金 1200切り替え
土 ジョグ

合宿の走り込みで疲労が酷くペースは落として調整したが、ジョグでそこそこ走り距離は落とさないように心掛けた。水曜日の1200ビルドでスピードの感覚は悪くはないが、最後の切り替えが上手く出来なかったため、金曜日は600から切り替えることを意識した。ここではペースは決めず気持ちよく走る事にした。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


26大倉 :2017/09/01(金) 17:49:28
1500m対校
5着 4'07"00 (63"6, 66"3, 68"0, 49"0)PB
展開
近藤さんが引っ張るのに付いて行く展開となった。近藤さん、栗田に付いたが、ペースの変動に振り切られ、第2集団(小野、柿沼さん、大倉)で走っていたが、力尽きて4周目で引き離されてしまい、なんとか粘って49に抑えた。

反省
前回対校枠として出場した国公立戦では得点には程遠い位置にいたが、今回は調子も良く、疲労具合もよく、ベストなコンディションで、4位以内と言わず、格上の近藤さん、栗田、柿沼さんにも勝つ気でいた。
今回の戦略としては、東大側が近藤さんがスローで入ってスプリントのある小野をスパート勝負で4着以内にもってかせると読んで、スローで入って3周目で上げて小野を振り落とすつもりだった。
しかし、近藤さんが62と予想よりかなり速く入って栗田との一騎打ちに持ってく戦略を取ったため、読み負けてしまった。そこで戦略を変えて小野、柿沼さんと走るべきだったが、一着を取る気でいたため、付いていって消耗してしまった。
今回の敗因としては、速く入るのに慣れていなかったことと考えられる。1500の練習として64を切るペースで練習を積んでいなかったため、序盤のペースで消耗してしまった。
実力としては、4分2秒程度は出せる実力があると思うので、遅く入る展開だけでなく、速く入って耐える展開に強くなるためにも、9月は1000(62)、1200(64)といったメニューをこなしていきたい。

800mOP 2'00"63(28"60, 60"64, 31"28)PB
展開
田中さんが引っ張る展開で、宮田さん、僕、文さんと続いた。ラスト100手前で田中さんが上げたので、それに続いてラストスパートをかけ、田中さんに迫った。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


27池田(3) :2017/09/01(金) 21:47:46
女子対校1500
5'28"04
(80"8-85"5-93"6-67"9)

【目標】
・東大2番手に勝つこと
・PB(5'15"97)の更新

【調整】
21日 400m複数本+200m×3
22日 完レス
23日 1600m(93-92-92-93)
24日 完レス
25日 700(78)+200m流し
26日 30分ジョグ+200m流し
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


28バベル(1) :2017/09/02(土) 12:25:02
5000mOP

<目標>
A:17'00
B:17'30

<結果>
DNF(3000m)
79-78-77-78-79-80-82


<レース展開>
予定通り78の集団についていく。久保井さんの引っ張る78集団と切り離されてしまったので、離されてから1周後に一気に追いつく。2600過ぎて78を保てなくなる。そのまま置いていかれて死亡。

<反省>
合宿前から調子が悪く、合宿後も再び調子を崩した。無理に突っ込んで、久保井さんに追いつく際に力んだのがよくなかった。
自分の不調を認め、弱いときなりの走りをする。

DNFは二度としたくないので、怪我でない限り走りきることを目標にこれから頑張ろうと思う。

予選会メンバー決めの直前に不調になったのはクソだし、自分のやり方がよくなかったと思うが、今は諦めの気持ちで落ち着いて走りたい。
勝てれば運が良かった、そんな感じでTTを頑張るます。

当日は応援・サポート本当にありがとうございました。


29松尾 秀浩 (3) :2017/09/08(金) 14:02:23
5000mOP
DNF(3400)
思い返す限り、過去最低のレースだった。
[調整/前日まで]
合宿後半に腸脛靭帯を痛め、療養と練習を中途半端に繰り返し、そのまま大会にまで持ち込んでしまった。
1週間前には3分30〜40秒/kmで走っても問題なかったため、油断してしまった。
加えて、体調も優れないまま調整という調整ができなかった。過去最低である。

[レース展開]
アウトレーンからのスタート。
予想以上に入りが早く(73〜4秒)、ペースを落としながら2kmまではまずまずの状態だったが、ペースの低下もあってか、動きが固くなり、左足の痛みも再発した。
結果、失速し、止むを得ずDNF

[反省]
今回は、怪我もあり、良い結果が見込めないという想定ではあったものの、焦りに焦り、状況に合った対処がほとんどできていなかった。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード