板情報 | 学校/受験/学生コミュニティ ]

一橋大学陸上競技部中長パート

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 中長合宿のお知らせ(2017)(4) / 2 : 順天堂記録会(2) / 3 : 上尾市選手権(2017.7.30)(1) / 4 : M×Kディスタンス(2017/7/23)(4) / 5 : 国士舘大学記録会(7月22日・23日)(2) / 6 : トワイライトゲームス(1) / 7 : 三商大戦(2017/7/15)(22) / 8 : 愛媛選手権(1) / 9 : 東海ナイター(7/9)(6) / 10 : 日体大記録会(7/2)(1)
11 : 国公立大戦(6/17)(20) / 12 : 世田谷長距離競技会(6/10)(11) / 13 : ブラック企業対策NPO「POSSE」はブラックな左翼セクトだった(2) / 14 : 学生個人選手権(1) / 15 : 日体大長距離記録会(6.3)(1) / 16 : 関東インカレ(5/25〜28)(2) / 17 : 平成国際大記録会(5/20)(1) / 18 : 東海大記録会(5/7)(1) / 19 : 日体大競技会(5/6,7)(3) / 20 : 第99回日体大競技会(1) / 21 : 日体大長距離記録会(2017.4.22,23)(10) / 22 : 四大戦(2017.4.8)(5) / 23 : 国士舘競技会(5) / 24 : 第1回国士舘記録会(1) / 25 : 春季オープン(6) / 26 : 東大競技会(1) / 27 : 学生ハーフ(2017.3.5)(5) / 28 : 中長追いコンのお知らせ(3) / 29 : 神奈川ハーフ(6) / 30 : 26大学駅伝(2017/1/14)(9) / 31 : 松戸記録会(1) / 32 : 荒川駅伝(2016.12.18)(9) / 33 : 日体大女子長距離記録会(1) / 34 : 日体大長距離記録会(9) / 35 : 奥多摩駅伝(12/4)(5) / 36 : 日体大長距離競技会(11/2,11/3)(14) / 37 : 上尾ハーフ(1) / 38 : 順天堂記録会 11/19(2) / 39 : 東大競技会 11/5.6(3) / 40 : 順天堂記録会10/29(1) / 41 : 日体大選手権(10/29.30)(5) / 42 : 日体大選手権10/30(1) / 43 : 日体大長距離記録会10/23(1) / 44 : 箱根予選2016(10) / 45 : 予選会に向けて(3) / 46 : 名大戦(2016/10/1)(16) / 47 : 国公立26大学対校陸上競技大会(19) / 48 : 日体長(9/24、9/25)(5) / 49 : さいたま市ナイター(9/17)(2) / 50 : 日体大競技会 (9/11)(2) / 51 : 東大戦(2016.8.27)(22) / 52 : 全日本インカレ(2016.9.2)(1) / 53 : 関東選手権(1) / 54 : 中長合宿@妙高(3) / 55 : 順天堂競技会(2016/7/31)(4) / 56 : 三商大戦(2016/7/16)(17) / 57 : 世田谷陸上競技会(7/9)(11) / 58 : 中長合宿のお知らせ(2016)(1) / 59 : 函館マラソン(6/26)(2) / 60 : 東海大学記録会7/3(2)  (全部で237のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 中長合宿のお知らせ(2017) (Res:4)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1山口雄大(2) :2017/07/19(水) 20:21:27
本年度の中長合宿担当の山口です。

今年もOBの皆様のご支援・ご協力の下、中長合宿を行わせていただきます。
例年通りの宿での合宿ですが、本年度は中長合宿終了後、そのまま全体合宿に移ります。

日時:8月5日(土)~8月11日(金)
場所:新潟県妙高高原
宿舎:高原の宿 夢冒険 〒949-2113 新潟県妙高市杉野沢高野223-7

参加を希望されるOBの皆様は、合宿担当の山口まで連絡をよろしくお願いします。

連絡先:2116258b@g.hit-u.ac.jp

2森下(3) :2017/08/08(火) 17:13:58
OB/OGの皆さま

中長パートチーフの森下です。
本日で中長合宿4日目が終わりましたので、今日までの中間報告をいたします。

<男子長距離>
8/5(土) 1日目
午前:移動
午後:フリー、各自ジョグ

8/6(日) 2日目
午前:8キロコース2-3周PR (A:4'30/km B:4'00/km)
午後:フリー、各自ジョグ

8/7(月) 3日目
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


3森下(3) :2017/08/18(金) 19:33:25
OBOGの皆さま

中長パートチーフの森下です。
遅くなってしまい申し訳ありませんが、先日、10泊11日の中長・全体合宿の全日程を終えましたので、その最終報告をさせていただきます。
以下、各パートのメニューになります。

<男子長距離>
8/9(水) 5日目
午前:いもり池PR 3-5周 2.4km/周(A:4'00/km B:4'30/km 各チーム1周ごとにB-up)
午後:フリー、各自ジョグ

8/10(木) 6日目
午前:クロカンPR(4-5周、5'00/kmから1周ごとに-10")
午後:フリー、各自ジョグ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4森下(3) :2017/08/18(金) 19:34:13
長距離パートにおいて、今回の合宿で特に、存在感を放っていたのが佐々木(1)でした。
練習の質・量ともに先輩を凌駕していた佐々木は、この11日間で437kmを走り込み、見事、今合宿のMVPを獲得しました。
佐々木だけではなく、ほかの1年生、上級生もそれぞれかなりの距離を踏み、2か月後の予選会に備えました。

中距離パートは、坂ダッシュなど普段なかなかやる機会のない練習を取り入れ、走力の強化を図ると同時に、中距離を走るうえで必要な走り込みも行いました。
だんだんと人数も増え、にぎやかになってきた中距離パートのこれからの活躍が期待されます。

女子もこの合宿では、かなりの距離を踏んでおり、なかには一日で30kmと、男子に匹敵するほど走り込みを行う猛者も出てきました。
この走り込みが、この後の秋・冬での記録の向上につながっていくことになると思います。奥多摩駅伝では去年を上回る記録が期待できそうです。


今回の合宿は、中長合宿と全体合宿をつなげて、10泊11日という今までにない、長期日程での合宿になりました。
日数が伸びた分、身体的・精神的疲労とどのように付き合うかが重要なポイントとなりましたが、脱落者を出すことなく無事全日程を終えることができました。
例年、怪我が原因で、合宿での練習を満足に消化できない選手がみられましたが、今年は疲労による足の痛みを訴える選手はいたものの、故障者ゼロという目標を達成することができました。
この長期合宿を通して、中長パートがチームとして、また一つ上のステップへと成長することができたと思います。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 順天堂記録会 (Res:2)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1風戸(中距離5) :2017/08/08(火) 14:00:16
1500m
3’53”47(61-63-64-45)

① 目標
自己ベスト(3’49”77)の更新

② 調整
土400(56)+1200(64-64-60) r=400w 200*3(27,27,26) r=200w
日60’jog+w.s.
月6kmjog+300*2(43-41) r=100w
火2000(5’56)+200*2(29,27)
水完レス
木8kmjog+w.s.
金1200(66-64-60)+150*2(19)
土5kmjog+w.s.

先週のポイント練習2回はともに青柳と消化した。足が固まりやすく、余裕度は持てていないが、設定タイム通りこなせていた。ただ、内蔵疲労が酷かったので、水曜日は思い切って完レスにした。金曜日の1200では後半ペースを上げた時に後傾が強くなり、浮き上がってしまっていたので、金曜の流しではその辺を修正。

③ レース内容
理想は61-62-62-43。けどレースの流れに乗り、国公立勢に勝てば、タイムは自然についてくると考え、あまり通過タイムは意識しないようにした。
最初の100は突っ込まずに、200まで加速し続けるイメージだったが、ブロックされて思うように前にいけなかった。ただ集団のペースはよく、集団後方の自分でも61通過だったので、焦りはなかった。ただ、600過ぎくらいから、ハムストリングが固まり始め、集団前方に上がることができない。800通過で自分の前の選手が集団から離れ、スペースができてしまったが、青柳がすぐにそこに入ったので、合わせてペースアップ。1000通過は2’36”。心肺的な余裕度はあった。しかし残り一周で東工・河合、千葉・鎌田がペースアップした時に反応が遅れ、残り300からも大して切り替わらず、最後は少しタイマーを気にしながら、フィニッシュ。

④ 収穫・課題
収穫は特にない。組の展開、コンディションは完璧だった。調整も完璧ではないが、うまく当日には合わせられていた。けど、タイムとしては目標からはほど遠い。原因としては、レース前半の流れの乗せ方とレース中の集中度。前者に関しては、タイム以上に感覚が大事で、最近ハムが固まるのが早く、足の捌き方が雑になり、中盤以降レースの流れに乗れていないので、普段の練習から60を切ったペースの反復の中でのフォーム、特に上半身の脱力を意識したい。練習後の流しも短い神経系の速い動きではなく、200~300のレースペースの流しも取り入れてみる。後者に関しては、今回残り一周の時点で敗北を悟り、最後までもがききることが出来なかった。全てのレースにおいてその日の120%の力を尽くさなければ、次へは繋がらないとおもうので、「ラストは自分の走りに集中して、頭の中から他の選手を排除する」という浜田さんの教えをもう一度練習から植付ける。



⑤ 今後
土曜日に順天堂で800に出る。目標は1’52台。1500で3’45”を目指す上で必要最低限のレベルだと思う。課題はスタートから200までの走り方。加速局面が短くて200までに減速して、一周目が遅く、400過ぎて再加速する無駄な動きをなくす。

それから、全日本インカレに今年も出ることにしました。部を引退したにも関わらず、部の名前を背負って、こういう試合に出ることに躊躇いもありましたが、関カレ後、練習を継続する中で、色んな方から「ここで陸上やめたら一生後悔するよ」と言われ、自分でも長い時間かけて悩んだ末に、出場することに決めました。出るからには、勝負して勝ち抜きたいですし、競技者として、高いレベルに挑戦するレースはここで最後にしようと思うので、後悔は残したくありません。
あと一ヶ月やれることをしっかりやって、本番を迎えたいと思います。

現役部員の皆さん、合宿はまだまだ続くと思いますが、強くなる為には厳しい鍛錬も必要不可欠だと思うので、時には心を鬼にして、仲間ともに頑張って下さい。

2風戸(中距離5) :2017/08/15(火) 20:58:05
800m 1’52”87(55”7-57”1)

① 目標
A:1’51”台
B:1’52”台

② 調整
月:7kmjog+100mw.s.
火:14kmjog+200mw.s.
水:8kmjog+600(81”67 26”3-28”0-27”4)
木:6kmjog+100mw.s.
金:5kmjog+100mw.s.

先週の順天堂は体調的な面で万全の調整練習を消化することができなかったので、今週はjogとw.s.中心のメニューでjogのスピードもメリハリをつけて、負担をかけないようにした。気候的にも涼しい日が続き、調子も先週に比べて上がってきた。特に水曜日の600は斉藤さんに引っ張ってもらって、速いスピードの中で脱力する感覚を養うことができた。ラスト少しスパートをかけてのタイムではあるが、400通過を同じ感覚で入り、そこからの200をピッチを落とさずにいけば、1’52”は確実に出ると踏んでいた。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 上尾市選手権(2017.7.30) (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1大倉 :2017/08/02(水) 22:46:57
1500m4組目 1100DNF 67"4, 67"0-
展開
1周目からスローで、周りにブロックされて前に出れず、400通過から前に出たがスピードがいまいち出ず、1000通過が2分48秒で気持ちが切れて途中棄権してしまった。
反省
今回は最終組で優勝を狙って4分5秒切るつもりだったが、最終組に入れず、関東新人を切るには独走せざるを得ない状況となり、かなりモチベーションが下がってしまった。独走で65で押す実力はまだなかったので、今回は実力不足としか言いようがない。合宿でフロント走に対する苦手意識を克服していきたい。

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 M×Kディスタンス(2017/7/23) (Res:4)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1佐藤(2) :2017/07/24(月) 06:45:19
M×Kディスタンス
19:30スタート27.4度80%
16’36”99
80.6-78.0-78.5-79.2-79.7-80.1-80.0-80.0-81.0-81.2-81.7-80.3-36.4

目標
PB更新
最近の練習、レースからしてSB(16’42)の更新はほぼ間違いないと思っていた。今シーズン16分半を狙えるレース展開で走ったことがなく、ペースに対応できるかという点で若干不安があったが、月水の練習から今回はPB更新のチャンスだと思っていた。

調整
月6000+1000 (86-86-84) (2.59)
火12kmjog 200×3
水6000+2000 (88-86-84) (6.16)
木10kmjog 100×5
金2000 (6.31)
土400×2 (76-75)
月曜日から調整するイメージをもってやった。量はおさえるが質は下がらないようにした。水曜日までは非常に良かったが、木金はそれに比べると動きはよくなかった(ような気もした)。

展開
1周目に遅く入りすぎたことが完全なる失敗。集団の10番手あたりを走る。若干風があり集団が一列になっていてペースメーカーとはかなり間隔が開いてしまった。河野は5週目あたりでするすると位置を上げていったが、そこに反応してついていくべきだった。結局河野含め数人がペースメーカーと一緒に抜け出す形になり、後方にいた自分は取り残された。追いつきたかったが結局集団を追い切れず、3000以降逆にじわじわ離される。4000以降は一緒に走っていた選手にもついていけなくなり緩やかにペースダウン。ここで前と離れてしまったことで、ラストで余力がなく切りかわらなかった。

所感
悔しいの一言に尽きる。調整は月水で動きすぎてしまったか。ピークを外したというほどではないが、調整のタイムやコンディションを考えるともう少し出せた気がする。結局80のペースにはまってしまった。入りの意識を高めればもう少し良い位置を取れて80切るペースにうまく乗っていけた可能性はある。動きに関しては、今シーズンのレースで一番良かったと思う。三商戦後、地面をとらえるとき足首を返さないようにしてひきつけを速くすることを意識しているが、練習でもレースでもうまくいっている気がしている。ただ余裕度のわりにスピードが出ずタイムが伸びなかった印象。

予選会に向けても、今回の結果は痛い。16分半を切れない人が70分を切れるわけがない。今回このコンディションで切れなかったショックは大きい。

今シーズンは、5000の15分台を目標にスタートしたが結局PBも更新できず終わってしまった。シーズンにうまく入って行けず、5月終わった時点でSBが17分台では苦しかった。最近ようやく練習やレースの走りが安定してきたが、練習のレベル(特にオーバーディスタンス)が上がっておらず、はまればPBというレベルに戻すのが精いっぱいだった。


今後に向けて
夏の練習で今の16.40(多分20kmは71分半)レベルからステップアップする土台を作る。秋までに最低1000で5秒、400で2秒水準を上げないといけない。それができて初めて、箱根予選の70分切りが見えてくる。今年が初めには、20km67分台を目標に立てたが、悔しいけれど今の状態では非現実的だと言わざるを得ない。まず最低限70分切りできる練習水準までもっていって、そこから上積みを狙っていきたい。また距離を踏みながら、400or60秒走をベースにしたスピード系の動きを定期的に入れてスピード、距離双方からアプローチすることを心掛けたい。自分は距離だけ踏んでもダメなタイプだと思う。

セレクションには合わせないといけないので、早め早めに仕上げていくイメージでやる。がむしゃらに距離を踏むのは東大戦1週間前までの1か月弱。距離を踏める期間が短い分、合宿前の練習が大事になる。オフ中も練習場所にも工夫しつつ合宿に近い練習をこなしたい。


オフ中にもかかわらず、応援サポートありがとうございました。

2久保井(3) :2017/07/24(月) 07:19:44
5000m 16'09"44(307-10-14-22-15)

目標
A 15'40
B PB更新(15'53)

調整
月 6000(88-86-84)+1000(3'00)
水 2000(625)+1600(78)
金 4000ビルド(3600まで)
土 流し

展開
3'10のペースメーカーがいるのでそれに4000までついてラスト上げたい。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


3毛利(1) :2017/07/24(月) 22:03:52
5000m DNF

ここに何かを書く資格すらあるのか分かりませんが、とりあえず少しだけまとめます。

完走できなかった、というよりはしなかったのはこれが初めてです。何か大学に来てから自分の弱いところと向き合うことに恐怖を感じます。毎日が妥協の積み重ねみたいで、それに気づいても直せない自分が嫌です。
とにかく終わったことですしグズグズしてても仕方ないと思うのでまたきちんと練習を積みます。次のレースで今回の失態を埋め合わせたいです。
最後になりますが、応援やサポートして下さった先輩方ほんとにありがとうございました。


4河野 :2017/07/28(金) 00:34:50
5000m 16'25"39 (80-78-78-78-79-78-79-79-81-80-79-76-35)

目標
16'30

調整
月 6000m (3000mまで)
火 90分jog
水 6000m+2000mW
木 60分jog
金 2000m
土 60分jog+1000m

展開
最初の数周は先頭集団の後方を走り、極力無駄な動きを避けた。2000m過ぎから集団が崩れてペースメーカーとの距離が開いてきたので、ペースメーカーの直後に位置取る。それ以降はずっとペースメーカーについて走ったが、ラスト3周の時点で標準切りが危ういペースだったため、早めに切り替えてビルドアップしていった。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 国士舘大学記録会(7月22日・23日) (Res:2)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1大倉 :2017/07/26(水) 15:53:24
1500m4組目 4'09"41(67"2, 68"3, 65"5, 48"2)PB
展開
戦略通り、星山口を少し離れたところで同じペースで走り、800過ぎてから距離を詰めてラスト一周になったら上げる、という展開にできた。ただ、ラスト一周になってから先頭に出て追いかけられる展開になり、追い上げ返すための余力を貯めて走ってしまったので、ラスト100になるまでギアを変えずに走ってしまった。

反省
組一着、2年8ヶ月ぶりのPBで素直に嬉しい。今回のレースで自信を持って夏合宿のメニューに取り組めるので、本当に良かった。今回は3周目にペースを上げることができ、1、2周目6768はかなり余裕だったので、課題は依然として、入りのタイム・それに伴うベースタイムの向上だと思う。関東新人の標準を切るためには、そろそろ65ペースへの恐怖心を取払わねばならないと思う。関東新人切るなら、入りの400は64~65は必要である。夏合宿では66ではなく、65での反復練習をしたい。65での余裕度を高めるためにも800のタイム向上の必要性を感じるので、800のための練習も、1500に繋がる形にアレンジして取り組みたい。当日は応援・サポートありがとうございました。

2大倉 :2017/07/26(水) 15:56:22
800m12組目 2'01"62PB (27"9, 30"2, 31"0, 32"6)
展開
予定通り、アップ・ドリルでいい感覚を掴むことができ、最初の200はいいペースで入れた。しかし、一番手に付いて楽しようと思っていたが、一番手が遅かったので300から先頭に出て、57~58通過。しかし、乳酸が溜まって動きが硬くなってしまい、ピッチを上げられず、失速。ラスト100で二番手が前に出て来るが付いていく余力は無く、なんとか最後までフォームを崩さず走り切ったという感じ。
反省
特に500~700の失速が課題。指摘できる原因としては、フロント走の苦手意識、前日の疲労からの回復と、乳酸耐性能力の欠如。今回は300-700で先頭で走ったが、やはり先頭だと追い上げられた時に対応できるように抑えてストライドで走ってしまうため、先頭でもピッチで走れるようにポイント練習から積極的に引っ張りをしていきたい。乳酸が溜まった状態で発揮できるパフォーマンスを高めるためにも、レスト短めのレペテーションを行いたい。
満足行くタイムではないが、一応PBを出せて良かった。
当日は応援・サポートありがとうございましたm(__)m


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 トワイライトゲームス (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1風戸(中距離5) :2017/07/24(月) 12:00:14
1500m 13位 3’57”47(61-60-68-47)

① 目標
自己ベスト(3’49”77)の更新
② 調整
土800(1’54”3)+200(23”0)
日2000(5’30”8)
月jog
火jog
水10kmPR+400*3(59-58-57) R=200w
木jog
金800(60-60)+200*2(26-25)
土jog

先週の土日で質の高いポイントが積めた。特に2000は疲労があったが、66で後半回せてSBが出ていたので状態としては決して悪くない。その後は量を減らして質をキープしながら本番を迎えた。アバンチだとスピードはでるが若干重さが気がかりだったので、ビクトリーで出場する事にした。

③ レース展開
速い展開になると思うので、積極的についていき、1000を2’30前後で通過して残り一周63かけずに帰ってくることを想定していた。
スタート直後牽制気味で最初の100は遅かったが、そこからペースアップして想定通りの展開に。600通過までは一定のリズムで刻めていたが、700過ぎて先頭がペースアップし、集団がばらけた所で、完全に固まってしまった。
ここからかなりキツかったが、一つ前の選手を追いかけていたら残り300から徐々に近づいてきたので、気持ちは折れずに1人は差すことが出来た。

④ 反省
自己ベスト出すにはとてもいい展開だったと思う。インカレと違って位置取り争いもそこまで激しくなかったし、一周目の入りも極端に速い訳ではなかった。しかし、小刻みなペースアップへの対応が弱い。60で回しながら、そこからのペースアップに対応するのはかなりの地力も必要だが、CP系の練習が出来ていればもう少し、対応できたはず。
あとは、1000(60)を1200(60)まで伸ばせないとどうしてもレースには繋がらない。1000(60)はいつでもいけるが、1000の800通過で多少固まっていても、残り200押すことはできるが、1500の800通過で余裕度がないと後半の失速を抑えるのは厳しい。スピード的な余裕度というよりはスピード持久力的な余裕度、つまりは乳酸が溜まってAT値を超えて固まることがないようにしないといけない。その為にはAT値を上げないといけないのだが、今までの取り組みであっているのかもう一度検証しなおさないといけない。レース後に東洋の選手と話す機会があったが、800選手でも朝練に12kmキロ4でペーランしたりして、距離を踏んで遅筋的な部分の能力を向上させたりしているので、そうしたベース部分から組み立て直す必要がある気もする。しかし、時間は有限で、全カレまでそこまで時間はないので、優先順位つけて、逆算かる漸進的にメニュ-を作りたい。

⑤ 今後
次は8月6日の順天堂。合宿と被ってしまって、こちらに合わせることにしたので、しっかりと結果を残したい。

最後に現役部員でもないにもかからず、出場させて頂いた事に感謝しています。普段の試合とはまた違う楽しさを味わうことができ、とても貴重な経験が出来ました。
また、会場に駆けつけてくださった方々、本当にありがとうございます。
緊張しすぎてスタート前に手を振る余裕はありませんでしたが、応援で後半粘りきることができました。

井手も言っていたけど、才能なんてものは関係ないと証明したいので、次こそは彼らと競り合って勝てるように頑張ります。

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 三商大戦(2017/7/15) (Res:22)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1戸田(2) :2017/07/16(日) 10:31:32
OP1500
5'08"68 PB
(LAP 78-81-85-63)

【目標】
5'08

【調整】
月 1000(92)+200(34)
火 jog
水 2000(94-92)+200(38)
木 完レス
金 600(82)

【展開】
最初から前の神戸・大阪市大の4人についていく。入りが速すぎると思ったがここで落ちるわけにはいかないと思い、800までは頑張ってついていく。それ以降はあまり覚えていないが、すごくきつかった気がする。なんとなくペースが落ちている気がしたが、残り1周のところで気持ちを切り替えることができた。

【反省】
調整期間中、そんなに調子が良くなったが、前日の刺激入れのときは割といい感覚で走れたし、当日も暑かったけれどバテるほどではなかったのとアップの感触もよかったので悪いレースにはならなそうだなと思った。今までのレースとは違って最初の800はかなり高速で入れた。結構積極的に攻めるレースができたかなと思う。今回のレースは自分の実力以上の力が出せたと思っているので、とりあえず満足だった。
これからの課題は、2,3周目の落ちを2秒以内にすること、最後の300を60でいくこと。
練習では課題の1000m以降の動きを強化するために、4000以上の速めのペース走(96で走れるようになるのが理想)や、1200-2000のレぺの練習を増やしたい。2000は最低88ペースで走れるようにしたい。
ラストスパートを意識したスピード練もできればいいかなと思う。
シーズンオフまでは1500、1本で行こうと思うので、今シーズンは5分00、理想は4分台を目標にしてこれからも練習に励もうと思う。

当日は暑い中応援サポートありがとうございました。

16佐々木(1) :2017/07/19(水) 20:14:04
OP5000m 16'09"22
(3'03"-3'08"-3'18"-3'23"-3'13")

<練習の流れ>
日 東海大ナイター5000m
月 2000×2(6'14"-6'13")+1000(2'57")+400(64")
火 60'jog
水 1000(2'43")+6000PR(88")
木 40'jog
金 40'jog、流し100m×4

<レースプラン>
3'05"で行けるところまで行く

<展開>
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


17森下(3) :2017/07/19(水) 20:54:11
5000mOP

<目標>
A:16'40
B:16分台

<結果>
16'58"84
(79-79-79-79-80-79-80-82-86-87-84-81-36)

<調整>
月 16km 5.20/3000*2(10.29-22 R:20') 800+400+200(2.30-72-35 r:400,200)
火 17.6km 5.08
水 1600+1800(92) 1200(3.53)+600(2.04)
木 6.0km 5.16/6.0km 5.05
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


18久保井(3) :2017/07/19(水) 21:58:23
5000m OP 16'30"30 (317-19-21-23-10)

目標
16'15
だったが非常に暑かったので様子見ながら入り、後半上げようと思っていた。

調整
月 3000×2(952-950)
水 4000(88)+1200+600+200
金 ビルドのみ

調子の良かった国公立前と比べると、あまり良くない。月曜はこなせたけど、疲れがたまっていたこともあって水曜は控えめに。というか、これしかできなかった。木金と落としてレース。

展開
落ち着いてスタート。佐々木が飛ばしていく。前に佐藤と毛利がいたので2人を引っ張る。2周くらいしたら田中の引っ張る集団に追いつき、そこからは集団内で80で刻む。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


19星(2) :2017/07/19(水) 22:43:37
1500mOP 4'09"22
(66"0-65"7-66"6-50"7)


【調整】
月 1600mCP 800mCP 400m
火 jog ドリル
水 jog ドリル
木 刺激1000m(2'44")
金 ドリル 流し

可もなく不可もなく…
国公立と比較すると重い
接地が前になってる

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


20池田(3) :2017/07/19(水) 23:50:08
1500mOP
5'21"01
(80-88-88-64)

A目標 : 5'10"00
B目標 : 5'15"00
東大戦の対校枠に入ること

【レース展開】
1周目、周りにつられて予定より早く入ってしまった。300地点でこのままでは後で潰れると思い少しペースを落として、2周目3周目の落ち幅を減らそうとしたが、結局8秒落ちてしまった。2周目からかなり辛かったが後ろに高木がいたため、負けるわけにはいかず意地だけで走り切った。ラスト200あたりからスピード勝負になったら高木に勝つのは厳しいと思い、ラスト400あたりからペースを上げそのままゴールした。

【反省】
1周目かなり速いペースで入ってしまったことが2周目3周目の落ち幅の原因になっていると思う。ペースを上げることと同じくらいペースを落とすことにもエネルギーを消費してしまうので、そこで無駄なエネルギーを消費してしまった。今後、レースペースの感覚を身体に染み込ませて、周りにつられて入りを速くしすぎないことと、ビルドアップを多めにして徐々にペースを上げていくことに慣れていこうと思う。また、基礎体力も足りてないと思うので中長合宿にかけてジョグで距離を稼いで行きたい。また、細最近の練習で600まではある程度スピードが持続できることがわかったので、まずは800や1000まで持続させることができるよう練習にも組み入れて行くつもりだ。それができるようになったら1200、1500と距離を伸ばしていきたい。


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


21高島(2) :2017/07/20(木) 10:37:29
三商大戦
5000m 16'02(75-76-77-77-76-75-76-77-80-81-82-80-32)


【展開】
ひたすら集団の後ろについていく。最初から余裕はなかったが、国公立の時よりは脚が動いてる気がしたので何とかなると思ったが、3000辺りであっさり離れてしまう。後は終始単独で苦しい走り。屈辱の16分台。


【調整】
日 東海ナイター(5000m 15'40)
月 jog
火 jog
水 5200(84)+1200B-up(80-77-74)
木 jog
金 4週B-up
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


22風戸(中距離5) :2017/07/20(木) 14:46:52
800m 1'54"31(55"8-58"5) PB
①目標
1'52"00
②調整
土 1000+800
月 300×3
水 1600+200

日月火とクロカンで走り込んだ疲労で水曜日は思うように身体が動かなかった。特に大臀筋と食むストリングが
張ってしまい、下半身から固まっていまい、1600は2本やる予定だったが、1本で切り上げた。
その後は練習量を落として疲労抜きに徹する。しかし付け焼き刃の調整では日によって感覚に狂いが出てしまい、
良いイメージを持って試合に臨めなかった。

②レース
斉藤さんが54後半で入り600を83丁度でペースメイクして下さる予定だったので、神戸の植田とともにその流れに
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 愛媛選手権 (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1河野 :2017/07/18(火) 10:10:45
5000mW 23:12.94
目標 4位以内

調整
月 4000mW+2000mW+1000mW
火 80分jog
水 2000mW+1000mW
木 60分jog
金 60分jog+30分st.

国公立大戦で調整がうまくいったので、その時の調整を意識した。臀筋に少し痛みが出ることがあったが、できる限りいつも通りのペースで練習をこなした。

展開
スタートで学芸と平国2人が飛び出し、それに他の選手も続いて先頭集団は100秒を切るペースで歩く。これは厳しいと感じたので自分は104秒に抑えたが、気づくと最後尾になっていた。1000mを過ぎてくるとスタートで無理をした選手が落ちてきたので、2000mまでには5位に着くことができた。先頭集団で一人失格があったため、3000m付近では4位となっていたが、東洋OBの原田さんにかわされて5位でフィニッシュ。

反省
スタートで飛び出ず、落ち着いたレース展開ができたのは良かったが、暑さのためか後半のペースの落ちが酷かった。全体的にPBから1分~1分半落ちの選手が多かったのでそこまで悲観するタイムではないが、学芸・平国に勝つチャンスだっただけに残念。また、愛媛の審判はロスコンに厳しい印象を受けたが、注意1回だけで修正できたので、フォームに関しては自信がついた。

今後
夏期の練習では4:15/km程度のスピード練習に加え、長い距離を歩いて暑さと距離に対する耐性をつけたい。10月の高畠競歩をターゲットにして、今年中の日本選手権標準突破を狙いたい。

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 東海ナイター(7/9) (Res:6)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1山中(2) :2017/07/11(火) 08:33:45
東海ナイター5000m
16分59秒94
3'21-3'20-3'27-3'31-3'20

[目標]
1:同じ組の二人に先着
2:16分30
3:16分台

レースは3月の立川ハーフ、トラックは12月の日体長以来。長らく続いた怪我からの復帰戦だった。不安がある一方で、水曜からの練習は調子のよかった時と近い水準でできていたこと、自分は試合に強いこともあり、そこそこの自信があった。

[調整]
月 3000(84)+1000(3'07)
火 2000b-up
水 8000(88)+400(68)
木 6kjog
金 2000(6'35)
土 1000(3'13)
日 レース

月曜は完全なる失敗。でもそれ以外はうまくできた。

[展開]
80でいくと決めていたのでそのペースで入る。が、そのペースで行く人が多すぎて位置取りに苦戦する。2000までは80だったがそこからズルズル。86まで落ちた。ラストもいつもよりは切り替わりが鈍く、あまり上がらずにゴール。ギリギリ16分台だけ確保。

[所感]
全てが甘かった。直前の練習が少し良かったからって調子乗ってこうちゃんに勝つとか言ってたのが恥ずかしい。練習量がモノを言うんだってことを実感した試合でした。一方で、今回は調整をミスったとかレース展開が云々とかではなく単純な練習不足なので悪い結果もかえって清々しいという気持ちもある。16分台で走ったのも、まともに練習した期間が1ヶ月にも満たない状況を考えれば頑張った方なのかもしれない。とりあえず怪我から復活してレースに出られて幸せだった。

[今後]
練習を継続する。それしかない。そして距離練に参加する。(実はまともに20キロの距離練をやったのが一回しかない)練習すれば確実に伸ばせる感覚がある。とりあえず夏合宿を怪我せずに乗り越え、東大戦で16分30を切り、最大目標のTTにつなげたい。標準はすでに切っているので、7月もMKとかには出ないで練習期間にあてる予定。

苦しい試合でしたが、やっと復帰することができて満足です。応援サポートしてくれた方々、ありがとうございます。また頑張ります。

2田中(1) :2017/07/11(火) 10:03:05
東海ナイター 5000m 5組
16′24″12(77-77-75-76-76-77-80-80-82-84-84-81-35)

目標
A:15′55″
B:16′1桁
国公立戦の時よりも確実に練習は積めていた。質、量ともに上がっているのを自分でも実感していたので、目標タイムも早めに設定し、76″を意識して走ると決める。

調整
月:2000(6′20)+1000(2′53)+400(67″)
火:10kmjog
水:8000(pace:84″)
木:10kmjog
金:1000刺激(3′08)
土:2000B-up+流し
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


3高島(2) :2017/07/11(火) 15:02:46

東海ナイター

5000m 15分40秒(73-76-75-73-74-74-76-76-76-79-80-78-30)

【展開】
前の方を取ろうと最初は飛ばしたが、結局ポケットされどんどん外レーンから抜かされていく。2000m位でポケットから抜け出した後は比較的いい位置で、ある程度余裕を持って3000mを通過。したつもりだったが、後半一気にキツくなり結局ラップは80まで落ちる。ラストはいつも通り上げてセカンドベスト。


【調整】
月 4000(76)+1000(2'54)+400(62)
火 jog
水 8000(84)+400(59)
木 jog
金 2000(6'09)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4佐藤(2) :2017/07/11(火) 21:00:14
東海大ナイター
16'42"15 322-319-322-324-315
目標
A:PB更新
B:セカンドベスト(16'46)

調整
月2950(80) 2000(80) 400(66)-200(31)
火40'jog/12kmjog
水30'jog/8000(86-84) 400(66)-200(31)
木40'jog/6kmjog 2000b-up
金30'walk/2000(6'31)
土600(1'56) 400(73)
日レース

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


5佐々木(1) :2017/07/12(水) 09:59:40
5000m
15'55"37
(3'07"-3'08"-3'12"-3'12"-3'15")

<目標>
15'30"を切って高島さんに勝つ

<調整>
月 4000PR(3'15")+1000(2'51")+400(65")+200(31")
火60分jog
水6000PR(3'30")+400(64")
木40分jog
金30分jog
土1000(3'03")

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


6岩崎(4) :2017/07/12(水) 13:35:57
5000m 3組
記録 16:54.37 (81-81-?-?-81-82-82-81-82-82-82-82-81-34)

A目標 16分50秒→未達
B目標 16分台→達成

調整
月曜:2000(6’50)+1000(3’15)+400(75)+200(35)
火曜:40分jog
水曜:4000mPR(88)
木曜:60分jog
金曜:2000m(6’40)
土曜:400m(72)

〈展開〉
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 日体大記録会(7/2) (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1田中(3) :2017/07/02(日) 19:59:45
800m 1'59"33

目標 1'57

調整 前日 ビルド4周 流し jog
2日前 600(87) 200(28)
3日前 jog
4日前 400(56)*2

調子はよく、調整も比較的うまくいっていた。感覚としては1'57出てもいいぐらいの感じだった。

レース 200m 28.8
400m 57.7
600m 88.3

日体大の方達がうまく引いてくれて初めから速くなりすぎることなく、ペース自体は全体的に安定していた。650mぐらいまでそこについて走った。ただラスト150mで離れてしまい、最後は気合で走った。読み上げでは58秒台にのったと思ったのですが...。


今回レースで意識したことは200〜400mの落ち込みをなくすこと。実際あまり落ちず、それが400〜600mのペースも落ちることなく、安定したことにも繋がった。400mで余裕はあったので、スピード自体にはあまり問題はなかったと思う。
一方で課題としては後半150mでもう一段階ギアを上げきれなかったこと。そこまで落ち込みはなかったが、ペースダウンはしている。
フォームに関してはまたビデオ確認します。


今後 次は三商戦でもう時間もほとんどないが、まずは疲労をとる。そして今回の課題を踏まえ、強度80〜90%のオーバーディスタンスを重点的にやり、後半の落ち込みを減らす。また流しの前に強度の強い腹筋をすると腹筋から足を動かせている感覚が得られたので、練習前にもそれなりに強度のある腹筋をすることで普段から、腹筋から足を動かすことを意識して試合でも自然とできるようにする。






最後になりましたが、当日は応援、サポートありがとうございました。

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード