板情報 | ラジオ/ネットラジオ ]

Jazz倶楽部

スレッド作成

タイトル:  
名 前: E-mail:
内 容:

ローカルルール


1  Jazz倶楽部  (Res:554)
1pepe   :2013/03/31(日) 04:06:36  
久しぶりに掲示板を復活させます。
感想、リクエストなど
どしどしお寄せ下さい。
535pepe   :2017/07/16(日) 10:00:32  
Picoさん
おはようございます。
こちらも早朝まではそれほどでもなかったのですが、
この時間から気温はうなぎ登りです。

まあ、夏ですから仕方ありませんけど、
梅雨明けがまだって嘘みたいです。

今日はテキトーに色々やってみます。
何かリクあれば書き込んでください。
モノがあれば流しますので。

それではごゆるりと(^^♪
536名無しさん   :2017/07/16(日) 17:38:02  
"Blue in Green" は
Miles DavisとBill Evansの共作ですがクレジットにはMiles Davis だけになってます
 そんなことBill EvansのTrioのメンバーに対して
 メンバーの作をアルバムに取り入れなかったとかありましたので
 あんまり責められたもんじゃないですが
"Kind of Blue" ではBill Evansの扱い悪い意味で取ればスイングしない奴ですし
なんてことごちゃごちゃ考えないものか(苦笑
537名無しさん   :2017/07/16(日) 17:45:14  
そのあとMiles Davisが(その当時の)Bill Evans Trio とならいずれ共演しようと
話していたわけですが(その当時の)Bill Evans Trio のメンバーは幻のメンバーに
なってしまいましてそれっきりだったかと
538pepe   :2017/07/16(日) 18:13:54  
536~537さん
書き込みありがとうございます。

"Blue in Green"ですが
たしかにクレジットは、Miles Davis だけになってますが、
貴方がおっしゃるように、Bill Evans の作品です。

”かっこよく、美しく、ドラマチックなバラード”と称賛されています。

以下、サイトの引用です。

こんなに美しくしっとりとしたビル・エヴァンスのイントロ、
その流れでマイルスの必殺ミュートが入ってくるあたりは本当にスリリングでありながら、
冷たさではなく暖かみを感じます。
続くビル・ヴァンスのソロも抑揚の効いた本当に美しいのです。
ジョン・コルトレーンのソロは抑えめのシーツ・オブ・サウンド。
彼らしい音色で曲全体の流れに乗り、再びビルのソロへ。
彼ならではの印象主義的なソロのあと、マイルスの締めのソロへ。
エンディングもビルがこれ以上ないという美しさで締めくくります。
忘れてはならないのが、ジミー・コブのブラシとポール・チェンバースのやさしいベースラインです。
特にジミーのブラシはやさしく前に出ることなくしなやかにリズムを整えるのです。

と、まあこんな感じの"Blue in Green"です。
まさに名曲と言ってよいでしょう。

しばらくマイルスを続けます。
539名無しさん   :2017/07/16(日) 18:48:13  
pepe さんレスのお相手ありがとうございます<(_ _)>

毎度駄文をたまに書いているなあ

そんで・・・
A&Fでリクエストしたのは
トミー・フラナガン・トリオの
「ジャイアント・ステップス~ジョン・コルトレーンに捧ぐ~」
エンヤ・レコードなのでもう中古でしか手に入らないのかな
とか

コルトレーンの
「ジャイアント・ステップス」のレコードは今は仕舞いこんでます
手元に置いてあるのを(=持ってるののごく一部を)
たまにそういう(=懐古趣味?)気分のときに聴くというか
(レコードを昇圧トランスでそのあと劣化したであろう真空管アンプとか・・・)

Megでリクエストしたのは持ってるレコードがどんな音で鳴るのかが
お目当てでした
印象としてはピアノに首突っ込んで聴いているような感じでした(笑)

ジャズ喫茶はホーンが主体でピアノ・トリオは箸休めみたいな感じがあって・・・
リクエストには気を使いました(笑)
540名無しさん   :2017/07/16(日) 18:54:52  
一応ピアノの音どうやったら上手く録音できるかなあと
生演奏でピアノに首突っ込んで聴いたことはあります(笑)
541pepe   :2017/07/16(日) 19:55:12  
ジャズ喫茶はホーン主体で・・わかります!
なんかね、ピアノをリクしたら、空気読めよって思われないかしらみたいな(笑)
私は、オスカー・ピーターソン、トミー・フラナガン、レッド・ガーランド、
ビル・エヴァンス、などなど、ピアノ大好き人間ですから、
流れればやった~!てな感じですけどね。

ジャズは、レコードを真空管アンプで・・王道ですね。
ピアノの音を上手く録音・・レコードから FURUTECH ADL GT40αなどを使ってPCに録音なんてのはどうでしょうか?

トミー・フラナガン・トリオの
「ジャイアント・ステップス~ジョン・コルトレーンに捧ぐ~」
は、私も持ち合わせていません。
コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」は、ありますので
後で流したいと思います。

それではごゆるりと(^^♪
542pepe   :2017/07/16(日) 19:59:27  
今、マイルスの"Kind Of Blue"スタートしましたので、
3曲目が"Blue in Green"になります。
543pepe   :2017/07/16(日) 23:43:23  
24:00をもちまして一旦終了します。
ご聴取ありがとうございました。
544名無しさん   :2017/07/17(月) 13:18:32  
540>> 私>一応ピアノの音どうやったら上手く録音できるかなあと
私の書き込みが舌っ足らずのようでして

ブーム型マイクスタンドにSHURE のSM-57を付けて録音して<た>んですよ
ピアノの天板はただの蓋ではありません(笑)

>>541 pepeさん>FURUTECH ADL GT40α
ってなんだろうって検索したらフォノイコライザー内臓のUSB接続のオーディオインターフェースですね

DL-103MCカートリッジ専用昇圧トランスと球のプリメイン・アンプ(LUXMAN LX-33)以外に
NJRC4558Dオペアンプを使ったラックスキットのMCヘッドアンプを持っています
東芝のしょぼいフォノイコライザーICもオマケに内蔵しています

多目的に使えるマイク/ライン入力のジャック・ソケットの付いたICレコーダ程度でごまかしています

LUXMAN LX-33はラックスキット・キットのA1033と同じものです
球は松下(現:パナソニック)のが使われていました
でテレフンケンの球に替えようかと調べたらシーメンスの球も同じ工場で作っているとのことで
シーメンスの真空管の輸出仕様じゃないやつを入手して
ラックスの人に交換してもらったんですが
イコライザー回路の初段だけ松下の球じゃラックスの規格を通らないとのことで
ムラードの球が使われていましたが新しい球に全とっかえしました

そして現在LUXMANがどんな古いアンプでもオーバーホールしてくれるのですが
今はないボリュームやスイッチは分解して清掃したりするとかおっしゃってました
真空管の交替も頼むとロシア製の高い球に交換するとのことで
そこまでお金使うかなあ・・・今の少しずつよたっていったアンプの音が気に入ってる可能性もあるかもだし(笑)

PCのオーディオインターフェースはONKYOの SE-200PCI を持っているのですが
今時のPCにはそんな大きなボード刺さりません(笑)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
545名無しさん   :2017/07/17(月) 13:39:32  
JAZZ喫茶じゃないんですけど
マイクロの糸かけドライブとかマッキントッシュ275とかそういう構成のオーディオが
ほとんど使ってないというパブがむかしありまして
(大きな蓄音機も2,3台転がってました)
常連の小さな電子機器の製作所の社長がメンテナンスしているという
それでレコード持って行ってお店が空いている時に勝手にかけたりしてました

もう調律もできない鳴らない音も1つある古いアップライトピアノもありまして
もともと神戸出身のママさんでしたどうもその頃の遺品のような・・・
546名無しさん   :2017/07/17(月) 13:58:49  
そのパブに置いてある一番大きい蓄音機で
お店に置いてある古いタンゴのSP盤をかけるのが
一番色褪せてないような気もしないでもない感じでした
547名無しさん   :2017/07/17(月) 14:20:15  
>>544
MCヘッドアンプのNJRC4558Dオペアンプはラックス独自のNFBをかけるための回路で
基本的にDC構成のFETアンプでした
548pepe   :2017/07/17(月) 17:42:26  
544~547
書き込みありがとうございます。

楽器用マイク SHURE SM-57 を使っての録音ですね。
ROLAND QUAD-CAPTURE UA-55 などを使ってみては如何でしょうか。
マイク入力が充実しているので、ライブ録音に向いてるようです。

しかし、貴方の真空管オーディオに対する知識と経験そして情熱には感服いたします。
私なんかには、ハードルが高すぎてとてもとても足元にも及びません。

ヤフオクで、真空管アンプ、ターンテーブル、中古レコードなど探しているのですが、
良いものは高い。当然ですよね。まあ、徐々に構築してゆこうかなと考えています。

これからもアドバイスよろしくです。

今日は、ラテンミュージック中心に配信しています。
23時ころまでの予定です。

それでは引き続きお楽しみ下さい(^^♪
549名無しさん   :2017/07/17(月) 21:25:06  
>>548 pepe さん>しかし、貴方の真空管オーディオに対する知識と経験そして情熱には感服いたします。

恐縮です

学生の頃にラックスキット・キットA1033(LUXMAN LX-33の半額ぐらい)を買おうと
思っていたのですが就職したとこの新人社員実習のハンダ付け講習で
『お前ごまかすの上手いな』と言われ熟練した方のハンダ付けと自分のを
顕微鏡で見比べさされ愕然とした有様です(顕微鏡じゃごまかし効きません(笑)
(そんな大した倍率の顕微鏡じゃありませんよ
熟練している方からは目で見ただけで見分けがつくくらいの有様でした)

で就職して最初のボーナス(満額出ません賞与ではなく暑気払いって名前だったか)を
全部はたいてLUXMAN LX-33の店頭処分品を買いました
(ただの懐古趣味で未だにたまに使っているのです(笑)
古いしそんな今時のハイエンドじゃありません
使っている球がよく流通している球だったので
(そんなことより球のアンプは電解コンデンサの容量に余裕を持たせていますが
容量抜けで今は酷い音のはずです)

テレフンケンは就職先と技術提携している会社でした
NJRCは就職先とレイセオンの出資の会社です

配属先に元真空管工場の先輩がおりいろいろ昔ばなしを聴かせてもらいました

パブにあったマッキントッシュ275は確かにハイエンドでしょうが
そのしばらくあとに発売50週年復刻版がでた有様の骨董品です
550名無しさん   :2017/07/17(月) 21:50:56  
これまた古いですが
「56(昭和56年)LUXKITのすべて~LUXKIT回路図集~」という
本を持っているのです
551pepe   :2017/07/17(月) 22:57:34  
>ハンダ付け
趣味でたまにやりますが、下手くそです(泣)
やはり上手な人の仕上がりは全然違いますよね。

見よう見まねで、デジアンのパーツ替えとかやってます。
音質が向上すればヤッターてなもので、見栄えは二の次です。

スピーカーは自作したりもします。
一作目は、ユニットがテクニクスのフルレンジ、エンクロージャーは汎用品。
二作目を、パルクオーディオのユニットで計画中です。

私なんかがやっている事は”おままごと”みたいなもので、
貴方のようなプロに話すのが恥ずかしいくらいです。

今夜は、そろそろ終了といたします。
是非また書き込みよろしくです。
552名無しさん   :2017/07/19(水) 17:31:25  
>>551 pepe さん>貴方のようなプロに話すのが恥ずかしいくらいです。
そっち系のプロじゃないですよ
配属先は設備音響(現:音響システム)じゃなかったですし

NJRCじゃ長野の別会社でしたNewJRCでした
NewJRCともかくオペアンプとかデバイスの会社のほうです
(FURUTECH ADL GT40αにもチップが使われていますね)

元いた職場に居残れたら長野の余った土地に引っ越すところでした

真空管はなんだかビンテージぽくなって
アンプに付いているのじゃなくて
部品として手に入れるにはめんどくさくなっているようです
553pepe   :2017/07/20(木) 12:46:34  
NewJRC>オペアンプ持ってます。
MUSES8820だったかな。
他にも3枚くらいと差し替えて楽しんでいました。
ラックスの小型デジアンで、かつてSTEREO誌の付録に付いていたものです。
中でもMUSESの音質が気に入っていました。
今は殆ど使用していません。

FURUTECH ADL GT40αにもNewJRCの製品が使われていましたか。
現在、私はこれを配信用にメインで利用しています。
あとは、ROLAND、KORG、など使い分けています。

真空管アンプは欲しいのですが、自身知識が無いし
仰るようにビンテージっぽくなってるので、敷居が高いです。
キットなどがあるようなので、初心者向きから始めてみようかなとも思っています。

アドバイス等あればよろしくです。
554名無しさん   :2017/07/24(月) 21:59:08  
>>553 pepe さん>アドバイス等あればよろしくです。

私を叩いても古くて埃や塵がでるだけのような(笑)

・「エレキット」という昔からおもちゃみたいな電気工作キット売っているところの
「真空管アンプキット」遊べそうなんですが
(昔の価格設定からすると相当お高い
 昔やっていたシニア向けの気もしないでもない・・・それだけじゃ商売にならないが
 そのくらい昔からあるということですが 生き残ってきたというか)
回路図的にはそうなんだが
遊べる要素から配線とかに無駄?とかが出てるのではと
ある程度それでも部品とかでコストを抑えてるんでしょう的なところも

キット完成後の部品の配置写真を見ないとどうにも言えませんが

(トランスとか・・・
 トランスの販売から始めたような今はなきSANSUIとかLUXMANと比べても仕方の無い
 ですが専用設計になっている可能性があり あとからどうにもできません)

最初の練習用だの回路構成を簡単に後から変えられるとかいろんな球に交替できるだの
いろいろあるみたいですが・・・
一応勉強にもなるし使えるしなのかな?そうかな?と思うところもあります
商品サイトにある関連ブログとか読んでみるのも面白い・・・向こうの商売か(笑)

同様の物が他の会社でもあるかも知れません


同じように古くからあるパーツ屋さん
・秋月電子通商(東京・秋葉原)
「Nutube 6P1 直熱型双三極管」(KORG)新しいデバイスだけでした
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
名前:  E-mail(省略OK)
2  こんばんは  (Res:4)
1crossing   :2016/07/30(土) 22:39:20  
はじめまして クロシングと 申します 何時も 心に 染み渡るjazz世界に時を忘れ愉しませてもらっています
今後とも 宜しく
2pepe   :2016/07/31(日) 00:21:23  
クロシングさんこんばんは。
来客まばらな板にスレ立ていただきありがとうございます。
主に土日の配信ですがこれからもよろしくお願いします。
毛色の変わった構成をと毎週考えてはいるのですが、ワンパターンになりがちで恐縮です。
どうかご意見ご感想など、どしどし書き込みしてください。

読んでくれてる皆さま、スレ立て歓迎でーす!
返信確率100%・・多分ね(^^♪
3crossing   :2016/07/31(日) 11:11:35  
crossingも ネットラで土曜、日曜午後から
◎JAZZ & WINE & coffee◎と言う7 8年、番組を愉しんでいます
又 何時か お会いできたらと ジャズがメーンですが
その日の気分で選曲を換える事も有りますが.宜しく
4pepe   :2016/07/31(日) 11:48:13  
crossingさん
はい、JAZZ & WINE & cofee 存じてますよ。
これからも、お互いこのジャンルを盛り上げてゆきましょう。
私の場合選曲は、基本テキトーですから(^^♪
一度決めた番組構成でも、気分次第で配信中にコロコロ変わります。
まあ、その辺りが趣味でやってる配信の良さでもあるかと・・。
こちらこそこれからもよろしくです(^_-)-☆
名前:  E-mail(省略OK)