板情報 | 同人/コミケ/二次創作 ]

ローカルルール

1   奇跡が起きた!!   (書き込み数 : 11)
1津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:11:03  ID:Bhj6TDXI0
これから9回にわたって綴られた日記は、今年平成24年1月2日から、7日まで繰り広げられた、ノンフィクションの出来事です。

どうぞ、ご拝読くださいませ。

去年の1月、ある20代後半の女性から、恋愛成就祈祷の依頼を受けました。
彼女の名前は、仮にRさんとしておきます。
Rさんはメルボルン在住、北海道出身の獣医師で、さらなる勉学のためにオーストラリアに渡り、メルボルンの大学で獣医学を学び、資格を取得し、就職も内定し、今年の3月から本格的に獣医師として、オーストラリアの動物病院に勤務することになっています。

当時Rさんは、Bさんという同年代のオーストラリア人の彼氏がいました。
Bさんとは、一昨年の11月ごろに知り合い、仲良くなれたかと思うと、中々会えない日々が続き、一進一退のまま、一年が過ぎようとしていました。

私もRさんからBさんとの良縁成就を依頼されながら、中々進展しないお二人の関係に疑問をいだき、いっそのこと新しい縁(えにし)を模索してみたらどうなのかと思うようになっていました。

そうした矢先、ようやく彼女に新しい彼氏ができました。
彼氏の名前は、仮にDさんとしておきます。
Dさんは、イギリス系のオーストラリア人で、30代前半の弁護士です。
Rさんから写真を見せてもらいましたが、とてもやさしそうで穏やかそうな、白人男性です。
Dさんは、日本人男性と比べると大柄な部類に入りますが、白人男性としては小柄なほうで、日本人女性としては、やや大柄なRさんとは、つりあいもとれると思いました。

RさんとDさんは、去年の12月頃から急速に親密になり、お互いに暇が取れるたびごとに出会いを重ね、会えない時も、スカイプで話したり、チャットするなど、段々と気心を通わせあい続けました。

実は以前から、妻と私とで、Rさんと、やがて結婚するであろう、Bさんを、私が宮司をつとめる、上野八幡神社に招待する計画がありました。
当然、Rさんもその計画には乗り気でいました。

しかしRさんは、去年の暮れになりBさんとは別れ、Dさんとのお付き合いも始まったばかりなので、Rさん自身は帰国の予定があるものの、知り合って間もない、Dさんを連れ立って帰国することは、微妙な段階にありました。

そこで、私どもはRさんに、ダメもとで、知り合ったばかりのDさんに、Rさんの帰国の際に、一緒に日本に来ないか、打診してみるように提案しました。

その提案を快諾したRさんは、さっそくDさんに来日を打診し、すぐに快諾をえることができました。
当初の予定では、去年の暮に来日することになっていましたが、年末年始は、日本の交通が混雑し、思ったように国内の移動ができないので、妻の助言により、正月過ぎの1月5日にメルボルンをたつことになりました。(続く)
2 津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:12:37  ID:Bhj6TDXI0
奇跡が起きた!!その2

RさんとDさんは、クリスマス休暇の最中で、新年の花火大会(メルボルンは真夏)を見に行くなど、二人で楽しい休日を過ごしていました。

一応、来日のための飛行機の切符の手配は、完了している段階ではありました。

しかし、Dさんには、Rさんと出会う前から約束してあった、年始に田舎に住んでいる親友のところに遊びに行く計画がありました。
いわゆる、キャンプみたいなものなのでしょう。

私どもは、Rさんを通して、田舎行きの計画は、延期したらどうなのかを打診してみました。
なぜかといえば、5日に来日が迫っているのに、正月松の内の田舎旅行は余りにも強行軍で、来日の準備がおろそかになる心配があったからです。

また、そんなに小ぜわしくては、疲れもたまる一方でしょうし。

一旦Dさんは、Rさんの忠告を受け、田舎行きを取りやめましたが、再び田舎へ行くことになってしまいました。
Dさんもかねてからの友達の招待を、断りきれなかったのでしょう。
Dさんには、そんな優しさがあり、やがてそのやさしさが裏目に出ることになってしまいました。

妻と私は、1月6日にお二人をお迎えするための準備に余念がありませんでした。
そのため、前日には、部屋やトイレの掃除、お布団、宿泊のために必要な小物類、食材の準備などをしていました。

ところが、田舎から帰省しているはずのRさんからの連絡は途絶え、スカイプもオフラインになっていてつながらず、まったくの音信不通になってしまっていました。

妻は、6日の早朝には、Rさんたちお二人を、新幹線岐阜羽島駅に迎えに行くことになっていましたが、連絡が取れないので、取りやめにしました。

ところが6日の午後4時ごろ、とんでもない連絡が、Rさんから妻の携帯にありました。(続く)
3 津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:13:57  ID:Bhj6TDXI0
奇跡が起きた!!その3

Rさんからのとんでもない連絡とは、「Dが事故に巻き込まれた。私は、パニック状態です。」とのことでした。

しばらく途絶えながらも、次第に入ってくるRさんの報告では、Dさんは、単なる人身事故ではなく、事態はより深刻であることが、次第に明らかになってきました。

Rさんから聞いた事の経過を整理してみますと、
友達の家に着いたRさんとDさんは、友達の家で、数人の友人とビールなどを酌み交わしていたそうです。

ところがお酒がなくなり、買い足しに行こうと言う話になりました。

リカーショップは、割合近い場所に在ったそうです。
しかし、歩いて行ける距離には無く、車で買出しに行くことになりました。

Dさんは、お酒が入っていて、車を運転できない状態でした。
ましてや彼は、法律をきびしく遵守しなければならない、弁護士の立場にもあります。

そこで、彼らと合流の間もない、お酒を一滴も飲んでいない友達が車を運転することになり、Dさんは、その車に同乗することになりました。
Rさんは、Dさんについて行こうとしましたが、Dさんは、すぐ帰って来るので、その必要は無いと言いました。

Rさんは、友達の家でほかの友達とDさんたちの帰りを待つことにしました。

しかし、車でリカーショップに買出しに出かけた、Dさんたち二人に、とんでもない事態が発生してしまいました。(続く)
4 津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:15:05  ID:Bhj6TDXI0
奇跡が起きた!!その4

Dさんは、友達の運転する車に同乗し、リカーショップに向かうまさに矢先の出来事でした。

オーストラリア時間2012年1月2日午後4時(日本時間午後2時)、
インド人の男性が運転する、大型トレーラーが100キロ超の猛スピードで、カーブを曲がりきれず、Dさんたちの乗用車に追突したのです。

Dさんたちの車は、原型をとどめないほどに大破し、運転していた友人は、即死。

その遺体も、目を覆いたくなるほど無残な状態だったそうです。
Dさんは、救出されましたが、一見すると奇跡的に体の損傷はどこにも見当たらない状態だったそうです。

しかし、意識を失い瞳孔も開き、いわゆる脳死状態にありました。

Dさんは、救急車でメルボルン市内のA緊急病院に運び込まれ、集中治療室で生命維持装置を付けられ、懸命な蘇生措置が続けられていました。

病院には、Rさんをはじめ、Dさんの母親、出張先のタイから翔けもどった父親、二人の兄弟、友人、弁護士仲間などが駆けつけ、固唾を呑んで、Dさんの容態と一途に賭けた蘇生をひたすらに祈っていました。

ところが、1月2日、3日、4日、5日、6日と日にちが過ぎても、一向にDさんの意識が快復する見込みも無く、医師の計測する脳波計にも何ら反応が見られず、脳死状態を宣告されたままの状態でした。

Rさんから深刻な連絡を受けた私たちは、一縷の望みを賭けて、上野八幡神社のご神前で死に物狂いで、ご祈祷を執り行いました。(続く)
5 津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:16:09  ID:Bhj6TDXI0
奇跡が起きた!!その5

1月6日の時点のDさんの容態は、以前と何ら変わりなく、瞳孔は開き、脳波計にも無反応、もはや絶望的な状態に思われました。

Dさんの両親も、「もう早くDを楽にしてやりたい。」と、5日間も続くDさんの脳死状態にいたたまれない気持ちになり、生命維持装置をはずそうとまで考えていました。

私たち夫婦は、Rさんを通じて、「生命維持装置をはずすのは、しばらく待ってほしい。」と懇願しました。
その結果、しばらく様子を見ることになりました。

ご祈祷の甲斐もなく、1月6日時点では、依然脳死状態のままでした。

Rさんから妻の携帯に入った連絡では、「Getting worse,,,,」つまり、「段々と悪くなりつつある。」つまり、「快復する見込みはない!」「死に向かいつつある!」ということなのでした。

残念ながら、私も妻もDさんの死は覚悟せざるを得ませんでした。

Rさんも、Dさんの蘇生に一縷の望みを託し、両親の了解を得た上で、守護霊符をDさんの枕の下に敷き、祝詞CDをエンドレスでプレイし続け、絶え間なく呼びかけを行なっていたそうです。

私の予想では、一神教のクリスチャンには、いくら子供が絶体絶命の境地にあろうと、神道のお守りや神道のお祈りは、拒否されるであろうと思っていましたが、快く受け入れてくださったことが、せめてもの救いでした。(続く)
6 津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:16:58  ID:Bhj6TDXI0
奇跡が起きた!!その6

以前元気な頃、Dさんは、Rさんの見せた私たち夫婦の写真を見て、「大変やさしそうな人たちだ。ぜひお会いして、挨拶したい。」私たち二人のプロフィールや、いろんな話を聞きながら、「結婚式には、日本の第二の両親である、宮司さん夫妻をぜひオーストラリアに招待したい。」とまで、言ってくれていました。

一向に快復しないDさんの、絶望的な容態に、担当する医師も、「あと2〜3日が峠です。覚悟していてください。」と伝えていました。

Dさんの両親も、Rさんも、Dさんの兄弟も、親友も仕事仲間も、ほとんど眠れず、食事もろくに取れていない状態で、彼らの健康もとても心配な状態でした。

そんな最中に、Rさんは、勇気をふりしぼって、Dさんを死地に追いやった、インド人運転手の顔を収監先の警察まで見に行ったそうです。
Rさんの行為は、とても勇気ある行為です。
誰もができない行為だと思いました。
しかし、見ておく必要はあるのです。

案の定、そのインド人には同じような事故の前科があり、そのような人を雇っていた、運送会社の責任と合わせて、Dさんの弁護士仲間がきびしく追及していくことになっています。

私の妻も母も、私もグッタリしていました。
心配の余り、ろくに眠れず、食事もろくにのどを通らない状態でした。
私は、ご祈祷している神職の立場として、Dさんのご祈祷には直接関わっていないにせよ、ご祈祷依頼者であるRさんがこんな悲惨な目に合わなければならないことに、とてもいたたまれない気持ちでいました。

やがては死にいたるであろうDさんのことを考えると、ご祈祷を通して、Rさんを幸せにできなかった神職の立場としての自分を悔やみ、また、神様は今回のことを通じて、一体私たちに何をお伝えなさろうとしているのか?延々と考え続けましたが、考えは堂々巡りに陥るだけでした。

一番強く思っていたことは、今一度神職の立場としての自分を見つめなおさねばならぬと言うことでした。(続く)
7 津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:18:01  ID:Bhj6TDXI0
奇跡が起きた!!その7

事態が悪化してくると、誰にも言えることですが、「あの時ああすればよかった!」などと、自分を責めるものです。
私も妻も、「Dさんカップルの田舎行きをもっと強行に反対して、取りやめさせればよかった!!」
Rさんも、「田舎へ行くことを反対してやめさせればよかった!!」「お酒を買いに行かせなければよかった!!」などと自分を責めてばかりいました。

しかし、事が起きてしまってからでは、それは後付にしか過ぎず、何を言ってもどうしようもないことなのです。

しかし、もっとも憎むべきは、Dさんらの車に追突した、インド人運転手であり、そのようないい加減な人を雇用していた、運送会社なのです。

1月7日午後2時、私たち夫婦は、Dさんの蘇生快復を半ばあきらめかけていつつも、上野八幡神社ご神前で、奇跡が起きることに一縷の望みを託し、必死にご祈祷を執り行いました。

その時のご祈祷の模様は、一旦帰宅していたRさんとスカイプを通して、ライブでつながりながら執り行いました。

その時は、Dさんが脳死状態におちいってから、6日が過ぎようとしていました。

ご祈祷の直前に私たち夫婦に同時に思い浮かんだことは、Dさんの霊魂が体から抜け出しているから、脳死状態なんだ。生命維持装置に頼りながらであるにせよ、呼吸も心臓の鼓動も続いているのだから、体から抜け出しているDさんの霊魂を再びもとの体に呼び戻せば、Dさんの意識も快復するかも知れないということでした。

ご祈祷は、太鼓連打、祓詞奏上、大麻による修祓、献饌、禊祓詞奏上、大祓詞奏上、十二支神大祓詞奏上、Dさん先祖神上願文10回奏上、願文お炊き上げ並びに九字三種類、六根清浄大祓奏上、祈願成就文合唱(妻と)、大神呪合唱3回(妻と)、鈴祓、切麻散供、玉串奉奠、徹饌、太鼓連打をもって取り収めました。

午後3時過ぎにご祈祷を済ませてから、妻と私は、ご本殿の奥にある、降神谷(こうじんだに)に向かって何度も絶叫しました。

「D!!自分の体に帰ってよ〜!!Dのたましい!!自分の体にもどってよ〜!!」
などと、涙を流しながら二人で絶叫を続けました。

その後、スカイプでつないである、Rさんと話をしている途中、Rさんは、自分の携帯に、Dさんの母親からメールが来たといいました。

そのメールの内容は、
「Dの指がかすかに動いた。」とのことでした。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
8 津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:19:15  ID:Bhj6TDXI0
奇跡が起きた!!その8

一瞬私たち夫婦は、神様が奇跡を呼び起こしてくださったのに違いないと、小躍りして喜びましたが、再び現実の深刻にもどりました。

なぜならば、死後硬直の身体の収縮により、指が動いたのでは無いかという予想も成り立つからです。

しかしその深刻も杞憂に終わりました。

Dさんは、徐々に自分の意思で体を動かし続けるようになったからなのです。

やがては、Dさんは目を開き、しゃべり出すことができるようになりました。

Dさんは、開口一番、「僕はどこにいるの?」と尋ねたそうです。

Rさんが、緊急病院にDさんが、搬送されたいきさつを話すと、大型トレーラーに追突される直前のところまで記憶があるようでした。

その後Dさんは、驚くべきことを話し始めました。

Dさんは、車の衝突の直後、どこか分からない世界をさまよっていたそうです。

その後Dさんは、何となく川のようなところを渡ろうとしかけていた時、と突然日本語で、「自分の体にもどりなさい!!」と絶叫する男女二人の叫び声が聞こえてきたそうです。

※この男女二人とは、時間的に考えて、私たち夫婦に違いないと思っています。

Dさんがその叫び声を聞き、はっとわれに返った瞬間、突然吸い込まれるような感触に襲われ、気がついたらA緊急病院の集中治療室のベッドに横たわり、生命維持装置を装着している自分がいた!!と言うことでした。

日本語で呼びかけられた時の感じは、自分も日本人になりきっていて、日本語でその呼びかけを理解することができたそうです。

Dさんには、日本留学の経験もあるので、当然のことだったかも知れません。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
9 津多姫=^_^=☆ミ    :2012/02/01(水) 22:20:25  ID:Bhj6TDXI0
奇跡が起きた!!その9

思えば、私たち夫婦は、1月6日〜9日の日程で、近々結婚するであろう、DさんRさんのカップルを、岐阜県美濃市にある、上野八幡神社にご招待する予定でした。

神社のご神前では、Rさんの良縁成就のお礼参りの儀式を執り行い、三々九度の杯を酌み交わしていただき、家庭料理でもてなし、お二人にはゆっくりくつろいでもらう予定でした。

ところが、私でさえ予測もしていない、想定外の出来事が起き、こんな時人間には一体何ができるのか?考え込んでしまいました。

私たちにとって、マスメディアの報道により知る、大事故のニュースなどは、私たちの身近で起こるものではなく、まったくの他人事であると思い込んでいた節があったのです。

私はいつも、なるようになる。なるようにしかならない。なるべくしてなるようになる。などと言っていましたが、まさか身内に死亡に近い事故がおきるなんて、予想だにもしていませんでした。

なぜならば、上野八幡神社の神域からは、霊感の強い人なら、写真からでさえも感じ取れるくらいのかなり強い神々しい気のパワーが発せられ、ご祈祷を受けた人なら誰でもお分かりになられると思いますが、ご祈祷と祝詞リスニング、祝詞奏上などの自己修行などもあいまって、心身に蓄積した邪気邪念が次第に浄化され、心身ともに改善されていきます。

さらに、守護霊符などの守りのパワーも相乗的に追加され、次第に災難にも遭遇しにくい自分自身になって行くのです。

Rさんもそのような経過をたどって、Dさんという理想のフィアンセにめぐり会ったのですから、本人の努力もさることながら、これぞご祈祷の効験とばかり喜んでいた矢先の出来事でした。

Dさんには直接ご祈祷はしていませんでしたが、Rさんの良縁成就のご祈願が叶ったのだから、その必要も無いとさえ思っていました。

ところが、Rさん本人では無いと言え、Rさんのフィアンセに災いが降りかかるとは、何たる因果なのかと悩みました。

ご祈祷の効験を見直さねばならないのかとも思いました。

また、今まで私に真剣味が足りなかったから、このようなことになってしまったのかとも思いました。

Rさんにしても、今まで生きてきた人生上において、人に感謝されこそすれ、何ら人に非難されなければならない疚しいことも無い女性なのです。

Dさんにしたところで、弁護士として、数多くの訴訟を手掛け、依頼者から感謝されて来ました。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
10 霊商売してんじゃねーよ    :2012/04/16(月) 09:51:03  ID:ZdNQFk820
つーちゃん、阿呆だろ
11 ショルダーバッグ    :2013/08/05(月) 23:45:19  ID:vsXXFyvA0
Howdy! This is my first visit to your blog! We are a collection of volunteers and starting a new initiative in a community in the same niche. Your blog provided us valuable information to work on. You have done a marvellous job! ショルダーバッグ http://www.kabannihon.biz/ショルダーバッグ-japan-103.html
名前:   E-mail(省略OK)
2   ビワの木について   (書き込み数 : 1)
1レイ    :2013/07/03(水) 00:02:32  ID:nWaHO3dw0
神道と関係ない質問ですが、4月に賃貸の戸建に住み始めました。
家には猫の額程の小さな庭がありそこに、二階のベランダまで届く程に
成長したビワの木が植わっています。そのビワの木について最近友人に聞いたの
ですが、ビワの木を植えると病人がでるという謂れが有るようですが、
す。その謂れが気になるのですが、本当なのでしょうか?
本当ならどのように対処したらいいのでしょうか?
借家の為、勝手に切ってもいけないので悩むところです。
何方かいいアドバイスを頂ければ幸いです。
名前:   E-mail(省略OK)
3   産土神様について教えて下さい   (書き込み数 : 2)
1下田敏晴    :2013/01/22(火) 01:05:59  ID:1u3wVEu.0
太田先生、はじめまして。
私は神道が大好きな大学生です。
早速ですが、「産土神」様について教えていただきたいのですが、
「産土神」様とはその土地の守護神のことですよね?
その「土地」とはどの程度の範囲なんですか(旧国とか旧郡とか旧村とか)?
自分を守護して下さる産土神様は、今住んでる土地(私の場合山城国愛宕郡白川村)の産土神様ですか?それとも自分の出生地(私の場合摂津国川辺郡多田村)の産土神様ですか?
よろしくお願いいたします
2 g    :2013/03/07(木) 18:23:23  ID:Jqv2WXBg0
ロリ画像掲示板

http://d4u88bqk.seesaa.net/
名前:   E-mail(省略OK)
4   清きこころの禊祓詞   (書き込み数 : 4)
1伊藤    :2012/10/30(火) 08:43:36  ID:sdPSMfVM0

 なき母を清め高めた ↓
【 和紙の里 上野八幡神社 】禊祓詞 (みそぎはらへの ことば)

高天原(たかまのはら) に神留(かむづ) まり坐(ま) す
神魯岐 神魯美(かむろぎ かむろみ) の 命以(みことも)ちて
【 …… かむづまります。…… 】


皇御祖神 伊邪那岐命 筑紫(すめみおやかむ イザナギのみこと つくし) の日向(ひむか) の
橘(たちばな) の小戸(おど) の阿波岐原(あはぎはら) に御禊祓(みそぎはら) ひ給(たま) ふ時(とき) に


生(あ) れ坐(ま) せる祓戸(はらへど) の大神等(おほかみたち)の
「 諸々(もろもろ) の枉事罪(まがごとつみ) 穢(けがれ) を祓(はら) ひ賜(たま) へ清(きよ) め賜(たま) へ 」 と申(まを) す事(こと) の由(よし) を


天津(あまつ) 神 国津神(かみこくつかみ) 八百萬(やほよろず) の神等共(かみたちとも) に
天(あめ) の斑駒(ふちこま) の耳(みみ) 振(ふ) り立(た) てて
【 君も、ともに 】 聞(き) こし食(め) せと恐(かしこ) み恐(かしこ) みも
【 君に 】 白(まを) す  (以上)
2 伊藤    :2012/10/30(火) 09:08:51  ID:sdPSMfVM0

  なつかしい母。
 生前の父母、祖父母たちの労苦に
 答えたいと、自分はおもう。
3 本物    :2013/02/05(火) 19:49:04  ID:XeOnHFW.0
失礼だ!
父母は まだ健在だぞ.

>>1
それ普通、天津祝詞 って云うんですけどね・・・
なりすましやイタズラやめて、勉強しなされ
4 g    :2013/03/07(木) 18:23:12  ID:Jqv2WXBg0
ロリ画像掲示板

http://d4u88bqk.seesaa.net/
名前:   E-mail(省略OK)
5   萬邦無比の國體   (書き込み数 : 1)
1ゴジンム    :2012/07/27(金) 22:13:56  ID:EjK5x/5k0
大日本帝国ハ有史以来 皇室ヲ中心トシテ建設シタル國體ヲ有シ 皇統一系
天壌トトモニ極マリナク 未タカツテ神器ヲ覗フ者非ス 國體ノ尊厳ニシテ
千古ニ於テ変ハラサルモノ 正ニ此処ニ存ス 皇國體ノ天下萬世ニ冠絶
スル所以ナリ

                              徳富蘇峰
名前:   E-mail(省略OK)
6   禊神歌について   (書き込み数 : 1)
1藤原仲麻呂    :2012/06/25(月) 18:27:30  ID:hhpze.Do0
禊神歌で思い猛りてと有りますが、石上神宮でも神社本庁でも猛びてと奏しますが、どちらが正しいんですか?
名前:   E-mail(省略OK)
7   うえの   (書き込み数 : 1)
1赤塚慎也    :2012/06/06(水) 07:13:00  ID:8mSyf0z.0
何年も前ですが、夫が都道府県を越えて異動になっていました。
いわゆる普通の転勤ではなく(元々転勤のない職種です)、リストラ目的の左遷みたいなものでした。 夫以外にも何人かの対象者がいらっしゃいました。 夫はそれでも前向きに成り済ましていました、 その姿を見ていると感謝の気持ちが涌と同時に、恥ずかしながら大の大人の男の人とはいえいじらしさも感じて涙が出ました。
名前:   E-mail(省略OK)

スレッド作成

タイトル:  
名 前: E-mail:
内 容: