板情報 | 同人/コミケ/二次創作 ]

1    母の蠢く巨大腹    (書き込み数 : 25)

1える    :2019/04/15(月) 02:34:34    ID:.KieB0ks0
私の母は37歳、現在34週の妊婦だ。父は海外に行っており、母の世話は息子の僕がしている。
つまり、風呂、着替えなどまで手伝うということだ。そのため、僕は母のお腹が巨大化していく様子を鮮明に認識している。
僕は母に欲情するクソ野郎ではないのだが、妊婦の魔性的なものは恐ろしく、目の前の巨大腹に少しばかりの興奮を抱いてしまっていた。
そうそう、今僕は母のお腹を巨大腹と表現したが、母のお腹は普通と比べてもまず巨大だろう。
なぜなら、母のお腹には現在、34週の胎児の平均を大幅に超える、3250gの胎児が宿っているからだ。
少なくとも僕が知る限り、この週数でこの重さは聞いたことがない。臨月まで数週間ある中で、僕は母の出産を案じていた。
だが、僕はまだ知らない。
この先7週間で胎児が驚異的な成長でギネス記録を樹立し、そのせいで母は、ギリシャ神話の世界よりも凄惨な大難産にもがき苦しむことになるなんて…
11 える    :2019/04/19(金) 01:21:12    ID:7MXl0Gmo0
41週と6日目、母はお腹が張って苦しいと朝から寝たままである。
産まれる前兆だろうか、期待したいところだ。
それにしても、横になった状態で腹囲がゆうに100cmを超えてしまう母のお腹の巨大さには圧倒される。
何度でも言うが、それだけ凄まじいのだ。
寝ている隙を見てお腹の下を撫でると、大きい何か…恐らくは頭だろう…が蠢いているのがわかる。
このサイズが、母の子宮口に捻じ込まれてゆき、そしてさらには骨盤にも捻じ込まれてゆくのだ、推定12kgの巨大生物が。
本当に産めるのだろうか。母は麻酔に対してのアナフィラキシー が強く、帝王切開はおろか和痛も無痛もできない。
この大きさを産み出す苦痛になんの防御もなく責め立てられて、母は正気でいられるのだろうか、無事でいられるのだろうか。
そんな不安をよそにお腹丸出しで爆睡する母は、随分と幸せそうな寝顔をしていた。
そして、お腹はさっきからやけに胎動が鎮まっている。
あんなに暴れまわって、外から胎動がわかるくらい激しい動きをしてたはずなのにな…母はよくそれが痛い痛いと言っていた。
まあいい、胎動がない分、母がよく眠れてるのだ。
それはいいことじゃあないかと思い、僕も寝ることとした。
12 名無しさん    :2019/04/19(金) 16:16:24    ID:GTEOaLZM0
そんな風にした僕は、母にゆすり起こされた。
何事かと聞くと、ずっとお腹が痛いという。
この段階でこれは気になるので、僕は初めて母の了承をとってお腹を触る。
普段のように頭のある下側に触れる。
すると、いつもとは何かが違っていた。
いつものように大きな頭が元気に動いているが、何かが違う。
動き方が全く違うのだ。
これでは、まるで。
まるで、頭が下がりたくても下がれないかのような、そんな動き方をしているように感じたのだった。
13 える    :2019/04/22(月) 23:54:42    ID:w.X/gP1c0
といってもこれはあくまで素人の判断。
それにずっととは言うが痛みはだいぶ、具体的には20~30分ほど間隔が空いたものだったのでまだそうとも言えないだろう。
少なくとも、母はまだ動けるようだった。
現在は早朝の5時。少し早いが、朝食を作ろうか。
母と2人、台所に並ぶ。少し狭めの通路を母がそのお腹とともに独占するので、僕としてはやりづらいことこの上ないが、まあ仕方ない。
味噌汁と白米とお茶。これぞ朝食であると言わんばかりのメニューを、母はあいも変わらず相当量食べていた。
その食卓で、母とこんな会話を交わした。
「私は麻酔ができない体質ってのは知ってるでしょ?だからこの子は自然分娩で産まなきゃいけないのは分かるわよね。」
「まあそりゃ妊娠初期から聞かされてたわけだしそんくらいわかるよ」
「そりゃそうね。で、多分この張りは陣痛が始まったってことだから、
私は多分、このお腹の子の大きさからしても、何時間も、何日間も、ひょっとしたら命尽きるまで苦しんで、この子を産むことになる。
だから、私に陣痛が来てる間は起きておこうとか、そういう無理はしなさんな。」
母は、自分より胎児、そして僕のことを優先していた。
これには、素直に従っておいた方が母の為なんだろう。愛って多分そういうやつだ。
だが、僕にも愛はある。母の為に自分が多少身を削る覚悟くらいできていた。
「ははは、善処するよ…そんなことより母さん、この後2週間近く雨の予報だ、こりゃ異常気象だよ。」
シリアスな会話を他愛のない会話に戻しつつ、食器を片付けていく。
食器洗いを買って出た母は、時たまお腹を優しく撫で、深呼吸していた。
いつものような日常が一時的な終焉を迎え、先の見えない、増幅し続ける苦痛の序章が母に降り注ぎ始めたことを象徴するような光景だった。
14 名無しさん    :2019/04/23(火) 16:47:19    ID:PkecaJ1Q0
翌日の昼頃になると雨は激しくなり、母の陣痛も少しは強くなっているらしかった。
軽く顔をしかめたり、小さくうなってしまうくらいの陣痛はあるようだ。
お腹を突き出すように腰を反らしてやり過ごす母の姿に、ほんの少しだけ疲れが見えたようにも感じた。

それから一時間もすると母はまた眠ってしまい、起きようとしない。
普通ならそれなりに進んでいそうな時間がたっているが、そうも行かないだろう。
なんたって、寝られる余裕があるのだから。
つい気になってしまって、熟睡する母のお腹に再び触れる。
張りつめた皮膚の感触とわずかな柔らかさ。
それを辿る内にやはり、あることに気がついた。
その大きな頭は、降りてきている気配を微塵も見せていないのだ。
15 える    :2019/04/24(水) 00:05:46    ID:HcGmp9vA0
まあまだ20分間隔のままで陣痛も始まっていないし、母も、痛いときだけ立ち止まる以外は普通に生活出来るようなので、大丈夫だろう。
というか母がそもそもまだまだ全然の痛みと言っていた。
病院との連絡も取ったが、母の状況からも家にいるだけいた方がいいだろうとのこと。
なにせ大きく膨らんだお腹だ、子宮がそれだけ引き伸ばされているわけだから、陣痛も強くなりにくいらしい。
それが分かりきってる訳なので、リラックスできる場所になるだけいるのが最もいいらしいのだ。
…さて、洗濯物を取り込もう。雨が降り出してきた。
16 名無しさん    :2019/04/24(水) 21:47:07    ID:GYY0tIxQ0
それから一時間。
なんとか本降りになる前に洗濯物を片付けられたので、再び母の様子に注目する。
立ち止まってる時間がさっきより長いように感じるが、陣痛の痛み自体は長くなっているということか。
だとしたら一応順調、と言っていいだろう。
時間のかかり方はさておき、このまま順調であることを祈ろう……。
強くなる雨を横目に、母のことばかり考えていた。
17 える    :2019/04/26(金) 08:29:34    ID:.mHcDcKU0
そうしてすっかり昼時になった。
ご飯は、僕が近所で買ってきた弁当である。
母は此の期に及んでも大盛りを頼んだ。体力は大事だが食いすぎじゃあないか…?
まあそれはいいとして、母と僕はまた食卓を囲んだ。
18 名無しさん    :2019/05/05(日) 17:23:15    ID:0ErSAmBk0
母は弁当を、大きなお腹に乗っけて食べている。
それは当然お腹があれだけ突き出ていたし、お腹がつかえてそのままでは食べれないのだ。
それにしても母の食べること食べること。
あんだけ食べてまたお腹周り大きくなったらどうすると僕は思うが、母は気にしてなかった。
食べ終わった母は座り込んだまま、思いっきり足を伸ばした。
その勢いでサイズが合わずピチピチの服が胸元までめくり上がってしまった。
すると僕は、その瞬間を見て更にもう一つ気づいたことがある。
母のお腹は正中線の他に、おへそがもの凄く目立っていたのだ。
もう分かりきってるとは思うがこれも異常に大きくなったお腹が原因。
どんどん大きくなるごとにおへそ周りの皮膚も限界にまで引き伸ばされ、同時に腹圧もかかっていった。
また、母は僕を産んでからおへその組織が余っていたのだろう。
母はとっくに、見事なまでの大きな出臍にしあがっていた。
19 名無しさん    :2019/05/05(日) 17:24:47    ID:0ErSAmBk0

しかし、そのおへそももう限界が近いのか、引き伸ばされて平たくなり、おへそが消えている。
よは、お腹の皮膚と位置が同じになろうとし、空気の流れに直にさらされていたのだ。
それに僕は、人のおへそは特に皮膚が薄い部分だってことを存じている。
母が異常な大きさだからか、今にも破れそうなほどパツパツになっているのだ。
しかも出産に何日もかかるとか言ってたし、もしかしたら難産で産んでる間もお腹は更に膨張するかもしれない。
だとしたら、限界なはずのおへそは更に引き伸ばされる一方なのだろうか。
おまけに母は今でも、陣痛をやり過ごそうと時々腰をそらしてお腹を突き出す。
その度に、更に引っ張られる力が急にかかり、ミリッ…と皮膚が破れだすような感覚が、母のおへそを襲う。
20 名無しさん    :2019/05/05(日) 17:26:30    ID:0ErSAmBk0
もうこれ以上お腹を何度も突き出してたらおへそが破れると、母のお腹に興奮しかけながらも僕は言う。
けど母は、どんなに大きくなって自分のおへそがピリピリするのを感じるとしても、産めるときが来るまで耐えてみせると答えた。
あれだけ皮膚が引き伸ばされたんだし、恐らく産んだ後はギネスになりそうなくらい超特大のおへそに仕上がるけどそれでもいい?とは言ったが…。
「どうせそうなるのならギネスにだって挑戦する。それだけこの子を、産んでる間も含めより長い間お腹の中で育てた大事な証にするわ。
こんなに大きな出臍になったって、私は別に周りの子達に何言われても構わないわ。」
と、何やらおへそのことを前向きに言い出したのだ。
僕は更に、同じく限界まで引き伸ばされたお腹の皮膚は、産んだ後すごく皮があまってお腹がたるむことになる。
そのお腹になったって気にしないのかも聞いてみたが、母の答えはこうだ。
「体型の気遣いは有難いけど、それも命と引き換えに出来た立派な勲章ってものよ。よりこの子を育てた分の産後太りだって誇りに思わなくちゃ。」
…分かってたとは思うが、やっぱ母は母でお構いなかった。
そこまで覚悟を決めている以上、僕は産むときがくるまで母の強い思いに任せる他なかった。
21 名無しさん    :2019/05/21(火) 23:07:45    ID:25YKU4No0
そしていざ後片付けをしているわけだが、またすごい勢いで食べたもんだと思う。
自分の分をあっさり片づけると、なんと「まだいける気がする」といって僕の残りをいただいたほどなので当然ではあるのだが。
さっき見せたあの覚悟に加えて、陣痛が来ながらもこの量を食べるバイタリティ。
異常事態のはずなんだけども、母なら何とかしてしまいそうな気もしてきたのだ。
それこそ、三日や四日程度では折れないだろう。
あとは、少しでも早く事が済むのを祈るだけ。
しばらくすると、雨が降る音から窓をたたく音に変わり始め、さながら台風の様相を呈してきたのだった。
22 名無しさん    :2019/08/09(金) 08:29:41    ID:GvJ/Lq6o0
「うわ…これはしばらく止みそうにないな」
と言いつつ振り向くと、母はお腹を出したままの状態で、両手でお腹をポンポンと叩いたり、円を描くように撫で回したりしていた。
丸で「大きくなあれ!大きくなあれ!」と言っているかのようにだ。
その行動が効いているのかは知らないが、母のお腹は少しずつだけどますます大きくなっていく。
あれからずっと服が捲れてお腹が出たままだけど、もうこの様子だとお腹をしまう気は無さそうだ。
いや、しまったところで下腹が既に服からはみ出しているので意味はないか。
止めようともしたが無駄だと思ったので、せめて僕はこれだけでもやろうとした。
「なあ…折角だから、何時間かおきにお腹周り測ってあげようか?どのくらい大きいか知りたいんだけど」
23 名無しさん    :2019/08/09(金) 17:20:40    ID:16/Falyk0
「そんなに気になるなら、これ使ってみたら?」
そういって母が引き出しから取り出したのは、巻き取り機能のないビニールのメジャーと、ベルトを挟み込むタイプの留め金。
「ああ、なるほど……」
つまり、これでお腹にメジャーをベルトのように巻けというわけだ。
確かにこうすれば、わざわざ巻き直す手間もいらないし、母の動きのじゃまにもなりにくい。
一番楽と言えば楽だろう。

というわけで早速試してみる。
メジャーを伸ばして母のお腹に当て、留め金を装着。
ベルトのようにして、余りは母のズボンのポケットに。
今の腹囲は……128cm、大したもんだ。
24 名無しさん    :2019/08/17(土) 20:13:48    ID:Ia5vzx9g0
そのお腹が後からもどんどん大きくなっていくのを想像すると、僕は興奮を抑えきれなくなりそうでちょっと怖い。
産まれるまでにどこまで大きくなるのだろうか…

「もっともっとお腹の皮が伸ばされそうね…またお腹にオイルでも塗っとこうかしら…」
そう言ったので、僕はすぐにオイルを持ってくると、それをお腹全体にまんべんなく塗りたくる。
しかしその量といったらものすごく半端ないこと。お腹の面積が滅茶苦茶大きいからだ。
しかもギネスに挑戦と言っていただけに、予め同じ商品を何本も買っておいて正解だったろう。
「おへそ辺りのとこは特に多めにね。そうそう、そんな感じ…」
塗り終わった母のお腹は、目がちかちかするぐらい見事なまでの光沢を帯びていた。
これだけ塗ったら大丈夫だろうと、僕はしばらくそっとしておくことにした。
25 名無しさん    :2019/08/17(土) 20:18:54    ID:Ia5vzx9g0
更に雨が激しくなった数時間後…
「さっきよりもお腹周りがきついわね…」
そう言うと、母がまたとんでもない行動に出た。
「んん~っ」
グググ…
一旦仰向けになったかと思うと、母がお腹を持ち上げてブリッジ体制になっていたのだ。
「(来る来る来るっ、おへそが更に引き伸ばされていくこの感じっ)」
更に大きくなっていくお腹に合わせるかのようにお腹の皮膚の伸びをよくしているのだろうか
お腹を天井に突き出しているその様子を見ている僕は、またまた心配そうに見つめるが、
どうせ母のことだとすぐに、母に任せるように思った。普通じゃない行動をしてもだ。
にしても、ブリッジ体制になっているときの母のお腹は、通常よりも格段にいやらしく感じる…
それを見た僕は後ろを向くと、落ち着くまでじっと黙り込んでいた。
母はというと…
「(産後太りの身体になってもいいっ!…だからもっと…私のお腹を突き出させてっ……)」
そう思いながら母は暫くお腹を天に突き出していた。

それが終わると、母はお腹丸出しの状態でぐったりして横になっていた。
メジャーのメモリはお腹の膨張できつくなったあとブリッジ体制をやってるうちに、
お腹周りのメモリが動いて丁度いいサイズにまでなった。
といっても更に大きくなっているのは確実ではあるが。
名前
E-mail (省略OK)
内容
※書き込む際の注意事項はこちら

2    水濡れの地獄    (書き込み数 : 2)

1のねめ    :2019/04/16(火) 00:48:40    ID:wYfjvZzk0
彼女は政治家の娘で、競泳部のエースだったのだが、高校生にして妊娠をしてしまった。それも身に覚えのない、処女懐胎とかいうやつで。
親はその事実を隠すため、娘を山奥の家に住まわせ、そこで使用人1人と暮らすよう言い渡された。
その家は意外にも豪華で、なんと屋内プール(25m)がある。
彼女はそれを喜び、お腹が大きくなっても着れるよう、水分を含むことで収縮して自分に丁度ぴったりのサイズになる競泳水着を購入した。
締め付けは多少きついが、許容範囲内。彼女は毎日それを着て、日に日に巨大化するお腹を抱えながら泳いだ。
そして、そんな毎日を過ごすこと数ヶ月。
ついに臨月を迎えた彼女は、5230gの超巨大児を宿したお腹を抱えてもなお、未だに毎日泳ぐことを日課にしていた。無論、あの水着を着ながら。
最近ずっと降り続いている雨に気が滅入っている彼女ではあるが、プールの前ではそんなこと全くない。
使用人は山の下へ買い出しに行ってるし、今日はいつもより自由に泳げる!
そんな呑気なテンションで、彼女はデジタルオートロックのドアを開け、プールへと飛び込んだ。
いつものように鳴るロック施錠の音など気にもせず、彼女は泳ぎまくった。


そしてその瞬間、凄まじい音が鳴る。どうやら土砂崩れが起きたらしい。
それにより電線が切れて全ての電気がダウンし、更にはここに続く道も寸断された。
…察しのいい人はもう気付くかもしれないが、彼女は、競泳水着の下に双子級サイズのお腹を抱えた状態で、プールという密室に閉じ込められてしまったのである。
2 Jony    :2019/05/09(木) 23:59:05    ID:1MpC4ty.0
電気が切れたことでプール内の照明が全て消え、
娘は暗い水中に取り残された。
さらに運が悪いことに、彼女の腹は少しづつ張ってきていた。
これだけ巨大な腹をしておきながら、いつにも増して激しく泳いだからであろう。

彼女は、プールという密室で、たった一人で出産することになってしまった。
名前
E-mail (省略OK)
内容
※書き込む際の注意事項はこちら

3    雑談スレ    (書き込み数 : 6)

1熊猫    :2019/03/01(金) 11:36:27    ID:.nMsFArg0
エログロなしのリレー小説投稿掲示板が無くなってしまったので、
こちらに新規で立ち上げました。
また、こちらのスレッドは、感想や、通報などのなんでもスレにします。
各位 よろしくお願いします。

くまねこ
2 える    :2019/04/15(月) 02:35:31    ID:iP.hH4Mo0
興奮を覚える程度のエロは大丈夫…ですかね?すいません、確かめないまま投稿してしまいました…
3 える    :2019/04/26(金) 08:12:34    ID:7KtfdHvQ0
管理人さんへ
なぜか私の投稿が「おなかのおおきなこどもたち」の方へも書き込まれているので、そちらの削除をお願いします
4 える    :2019/04/26(金) 08:28:29    ID:XLKRraGE0
>>3すいません、こちらの投稿ミスでした。
5 熊猫    :2019/05/02(木) 09:21:05    ID:.n6pQS4U0
当掲示板管理人の熊猫です。
 えるさんへ。
そうですね……。
全文もう一度チェックしましたが、この程度なら大丈夫かなと思いますね。
あと、「おなかのおおきなこどもたち」の方の投稿ミスによる投稿は、削除いたしました。
対応遅くなり、すいませんでした。
6 える    :2019/05/02(木) 14:24:25    ID:K09Q69dU0
こちらの不手際で申し訳ないです…
対応ありがとうございます。
名前
E-mail (省略OK)
内容
※書き込む際の注意事項はこちら

4    おなかのおおきなこどもたち    (書き込み数 : 2)

1x    :2019/04/21(日) 00:31:43    ID:/4FT7I620
ちょっと暗い始まりですが、普通に小学生(1~6年)が出産するだけのお話なのでこの後で社会の闇的描写はしないつもりです。
妊婦は何人登場しても構いませんが、原則妊婦は小学生、同時出産は3人までの上限をかけさせていただきます。
出産時の格好などは自由です。学校という設定を上手くご利用ください。
また、あくまでこのスレは初等部内での話なので、6年生以上の歳の人は原則先生のみとします。
ですが、別スレで中等部や高等部などを作って頂いても構いません。
学校の特性上、入学生より転校生が多いです。



ここは、所謂普通の社会とは隔絶された場所。まあ、社会との繋がりはあるのだが、とある事情で普通の人は入ることができない。
それは何故か、簡単に言えば、犯罪者の未成年は名前が公表されないのと同じような理由である。
さて、そこまで言ったところで、この場所を探索してみよう。
向こうに、謎の白い大きな建物が見えてきた。よくよく見るとそこには広い土地があり、遊具があり、花壇がある。
これの正体は小学校の校舎だ、廃校などではない。只、ちょっと変わったところがあるのだ…
校庭を走る子供達に注目してもらいたい。女の子しかいない上に、ほとんどの生徒はお腹が前に出ている。
これは太っているわけでも、いわゆる幼児体型というわけでもない。
彼女達は正真正銘の妊婦なのだ。無論、出産を終えたがここに残っている子も沢山いるが。(というか転校は原則不可である。)
様々な事情で腹に子を抱えてしまった子達が訪れる場所、それがこの学校なのである。
そしてこの校舎は、その学校の初等部というわけだ。
これで、最初に述べたことの意味が分かってもらえただろう。
ちゃんと1年生から6年生までいる、社会の闇をありありと映し出すような、暗い現実の象徴とも言えるこの学校は、ちょうど今日が入学式のようである。
…始業のベルが、鳴り響いた。
名前
E-mail (省略OK)
内容
※書き込む際の注意事項はこちら