板情報 | R18ランキング ]

爆腹・膨腹総合リレー小説投稿掲示板

爆腹・膨腹総合リレー小説投稿掲示板

女性の膨腹、爆腹に関わるリレー小説の掲示板です。テーマの都合、エロ等の18禁表現も含まれます。

画像投稿掲示板をオープンいたしました。挿絵付きの小説や、画像投稿等は、こちらまでどうぞ → http://bakufukuboufuku.bbs.fc2.com/

この掲示板は、妊娠や、大食い、浣腸、その他様々な理由による膨腹、爆腹をテーマにしており、敢えて膨腹の原因、内容物は定めておりません。
拡張部位についても子宮、胃、全身等特に制限を設けておりません。

ただし、同じ膨腹フェチにしても、様々な部位(子宮、胃他)の膨張に関する嗜好があり、時には互いに相容れなかったり、嗜好に合わないものであることもあります。

ですので、新規小説を作成するにあたっては円滑なリレーの進行のため、

・膨張の原因(妊娠、大食い、人体実験、体質等)
・膨張の部位(子宮、胃等)

また可能なら、

・出産、スカ表現、膨乳、破裂表現等の可否

は最初に明記の上、リレーを開始する事を推奨します。

また、可能ならそれに付随した設定もなるだけ詳細に、新規スレッド開始時に明記してください。

例:人体実験で超多胎妊娠させられた、大食いに伴う膨腹の性癖がある、性的快感により膨腹してしまう体質など。

昨今お一人で連続小説を書かれる方もいらっしゃいます。もちろん、大歓迎ですのでその旨も冒頭にご明記ください。

飽くまで膨腹、爆腹等、腹部の膨張に限定したタイトルになっておりますが、膨ネタなら特に制限をかけない方向です。
雑談版で相談の上、需要の合う方同士でお楽しみいただければと思います。
新たな膨ネタとの出逢いもあるかもしれません。

また、自分の嗜好と合わないものを意図的に袋叩きにすることは厳禁です。
膨ネタは元々ニッチなジャンルなので、互いを尊重し合うことを大事にしましょう。

ちなみに管理人もこの掲示板は毎日巡回し、時たま投稿もしておりますが、よっぽどのことがない限りは強制力ある介入を避けています。
みなさんで仲良く、充実した膨スタイルの小説掲示板を作り上げましょう!

【本掲示板新着投稿のメールでのお知らせをご希望される方は、こちらまで ⇒ http://jbbs.shitaraba.net/bbs/notice_mail.cgi/otaku/16948/】

書き込む前に読んでね | 2ちゃんねるガイド | チャット | FAQ

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 雑談、その他(880) / 2 : B-Xross (ボテ-クロス)(76) / 3 : 魔術師と召使い(10) / 4 : 膨らめ☆膨張少女アケミ(117) / 5 : とりあえず妄想を書き溜めてみるスレ(37) / 6 : 膨腹体質(21) / 7 : 素晴らしき膨らみの世界(31) / 8 : 特異体質-rebuild(158) / 9 : 特異体質(37) / 10 : 無題(48) / 11 : ご主人様の為だけに(17) / 12 : バルーン・アンドロイド(200) / 13 : 『Expansion Mermaid』 河豚の人魚(3) / 14 : 夢のあとに(11) / 15 : 風俗嬢 莉音の場合(9) / 16 : Alive or Explosion(626) / 17 : 膨らませ愛(110) / 18 : バルーン相撲(9) / 19 : ユイの年越しチャレンジ!(60) / 20 : ミルク風船乳コンテスト(92)
21 : Love to swell(78) / 22 : 世界一の嫁さんの一日(63) / 23 : 肥大する美(7) / 24 : ボゼの男と妊娠女(14) / 25 : フォトン変換実験(58) / 26 : 管理人から(43) / 27 : 極腹戦隊バクバラジャー(6) / 28 : 少女たちの試練(4) / 29 : Preggo Bar(6) / 30 : メタボちゃん(3) / 31 : 小説プロジェクト(3) / 32 : 膨腹の国(6) / 33 : BBG養成学院(9) / 34 : イカれた愛(4) / 35 : 感想・リクエスト(91) / 36 : 膨張ダイスリレースレ(86) / 37 : チャットスレ(14) / 38 : 膨乳メインリレー小説スレ(31) / 39 : 試される身体(98) / 40 : Inflation Game(212) / 41 : 無限膨張地獄:美風未来(17) / 42 : 試される身体ー改(11) / 43 : 地味で恥ずかしがりやで眼鏡でおっぱいが風船な彼女(4) / 44 : かわづさんとうしざわさん(49) / 45 : 限界膨腹チキンレース(24) / 46 : 俺と悪魔達と主人の日常話(9) / 47 : まんまるおなかのしょうがくせい(19) / 48 : pixivでの作品公開に伴う方針のご案内(7) / 49 : 単発、小ネタ用スレ(7) / 50 : ー配信ー(26) / 51 : Carrying 膨張着信(38) / 52 : 奇跡の風船少女:瑞樹カレン(20) / 53 : 風船モンスターガールズ(91)  (全部で53のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード



1 雑談、その他 (Res:880)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1名無しさん :2014/11/04(火) 22:45:05 Lmo97HQM
ニッチなジャンルですが、細かい嗜好が散在している分野でなかなか欲求に適う掲示板がなかったので、作成してみました。
ここでどのような嗜好があるのか語っていければ相互理解にも役立つかとも思います。

ちなみに当方は、子宮膨腹、それに伴う膨乳が理想です。
原因は問いませんが、妊娠寄りの膨腹が好みです。

874名無しさん :2019/08/24(土) 23:27:25 GnuxSJxY
>>873
昔あるみねこさんのサイトにて新西遊記とか作成したじぃさん…ですか?
別人じゃなければその小説の続きも久々にお願いします


875G :2019/08/25(日) 08:12:43 4F.7pArU
>>874
その件につきましては2017/4頃、B-Xrossに前作を投稿した折に
当掲示板内にて触れております。

甘くもあり苦くもある自分史なので、ご期待は分かりますしありがたいのですが、
できれば古傷を暴かないでいただきたいです


876名無しさん :2019/08/25(日) 22:07:09 KLW1PeRo
>>875
せめて昔あった小説のリメイクでも出して欲しかった


877名無しさん :2019/08/25(日) 23:41:43 KLW1PeRo
>>871
もひとつ言うとヘラはただグリグリするとかではなく乳首のように強く吸ったり引っ張ったりする展開を希望したい
よはヘラのお腹を乳のように搾る、これが本当の「ヘラ搾り」っていうやつを


878G :2019/08/26(月) 00:11:53 aT3GvSAE
何となくここが寂れるわけが分かった。


879名無しさん :2019/08/29(木) 19:41:26 2Zvq/z62
欲しいシチュエーションあるなら自分で書けよ


880名無しさん :2019/08/29(木) 23:40:59 ???
877さん
クソ野郎だな


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 B-Xross (ボテ-クロス) (Res:76)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1古株 :2016/04/26(火) 21:15:37 zC5rWhME
【B-Xross】(ボテ-クロス)

・・・ある日、世界が変わった

時空の歪みかパラレル世界か、星の数ほど存在する独立した世界が重なり、交じり合い、混ざり合ってしまったのだ

物語と呼ばれたそれぞれの世界は垣根を失い、まだ知らぬ者同士をめぐりあわせる

【説明】
この作品のキャラとこの作品のキャラが出合ったら、どーなっちゃうのかなーって想像を膨らました事ありませんか?
これは、勝手に世界をつなげて楽しんじゃいましょう という実験企画です

GAMEに例えるとスパロボ大戦のようなものです

以下の事に注意しつつ、あまり深刻にならずにスピンオフを楽しみましょう
・どの世界にも共通する事は、爆腹フェチは普通に一般的であると言うこと(大きい程スゴイ)
・他人の世界を使用する場合は、一応確認は取りましょう
 (作者によって、許容H度・鬼畜度・破裂など見解が違います)
・冒頭に混ざっている世界(原典)を明記しておくと判りやすくて親切です

※メインとなるキャラを決めて、その視点で進めることをお勧めします

70G :2019/08/24(土) 16:18:16 tO06Eenw
 ヘラが手を振ると傀儡の侍女たちは解けるように空中に消え、レノラは重箱を二人の横に運んできた。
三段のお重と水筒をおさめている漆塗りの枠の部分には定身呪が彫り込まれていて、卓上に置いたように水面数センチの宙にピタリと浮く。
「スイーツは別腹って言いますぅ。それではお待ちかねの食後のデザートといきますか?」
 まずレノラは下段から茶碗を取り出して、器の側面に水滴が凝結するほどよく冷えたお茶を注ぎヘラに手渡した。
「へぇー、お茶からして違うわね」
 ヘラが味覚をリセットしている間にレノラは三種のおはぎのうちから定番の餡子で覆われたものを一つ皿に取り分けた。
レノラは茶碗を受け取り、代わりにおはぎと箸をヘラに手渡す。
「んー、この餡の甘い香りがなんとも・・・」
 サキムニの作った甘味は俗界の食べ物のように吸い込みの術が使えないので、
ヘラはずっしりとしたおはぎを箸で持ち上げ端っこに一口かぶりついた。


71G :2019/08/24(土) 16:23:37 tO06Eenw
「うわっ、なにこれ、すっごく美味しいんだけど」
 もごもごとおはぎを頬張りながらヘラが嘆声を上げた。
 それを飲み込むと、滋味豊かな(豊かすぎる)おはぎを受け止めたヘラの膨満した巨大腹が胎動でもするようにグニョリと波打ち
せり出してきた。
「ウマっ、これは美味すぎるわ・・・・おぉう、五臓六腑に染み渡るってこういうことね」
「なんかヘラさんのオナカがすっごいんですけどぉ。まるで赤ちゃんがいるみたい・・・ヘラさん、ひょっとして妊娠してますぅ?」
 腹の中の十つ子が激しく胎動するかのように隆起する、そのヘラの巨腹の盛り上がった部分をレノラは怖々突っついた。
「何言ってるのよ、結婚前なのに妊娠なんて。これは全部自前に決まってるじゃない。自前よ、ジ・マ・エ」
 おはぎを口に頬張りながらヘラが無駄に自慢気に腹を突き出して見せた。
「一粒千倍、二粒万倍」とも例えられる食材で作られたおはぎを消化吸収するために、ヘラの胃腸が120%の能力で活動しているのだった。
しかも隆起した部分がもとに凹んで戻るのではなく、出っ張った部分を追いかけるように腹全体が膨らんんでくる。


72G :2019/08/25(日) 07:42:22 An7ihWU6
「しかし、これはあとの2種類も試してみないとおさまりが付かないわね」
 ヘラは皿を返しながら
「その胡麻ときな粉の、おかわりで。もう二ついっぺんにのせちゃってよ。あ、そうそう、アナタも一つ御呼ばれする?」
「いやー、アタシはこういうの苦手で」
 エッチでの荒淫(暴飲暴食)はともかく、こういう超絶ハイカロリーなものを経口摂取するようにサキュバスの体はできていない。
レノラが辞退するとヘラはホッとしたような様子を見せた。
「じゃあ、さっきの続き、ほら、私が食べてる間、お腹触ってもいいわよ」
 また一杯お茶を飲むと地殻変動的な巨大腹の動きが落ち着き、そのかわりに重量感と直径が増して腹の表面が大洋のようにゆったり波打つ。


73G :2019/08/25(日) 07:45:33 An7ihWU6
 広大な円周に沿ってレノラは手のひらを滑らせながら、ヘラの腹がただ膨張しているだけではないことに気が付いた。
その証拠に下腹の当たりを撫でまわすとお肉がポッチャリと厚みを増して、指が沈み込むような感触がある。
膨らんでいるだけなら腹肉が伸展してパンパンに張ってくるのだが、
そうはならずに膨張を追いかけるように吸収した栄養がしっかり脂肪になって腹や胸に溜め込まれているらしい。
もともと爆乳だったのオッパイも大きくなりはじめ、それに取り残された乳首が半ば陥没していた。
 二つ目のきな粉をまぶしたおはぎを食べ終わるころには腹の肥大化につれてヘラの背中が反りかえり、
三つ目に箸をつけたころには温泉に半身を浸し八の字に両足を投げ出してくつろいでいる彼女の脹脛(ふくらはぎ)にのしかかるようになっていた。
「イヤー、ヘラさんのオナカすごいですぅ。こんなに大きく膨らんでパンパンなのに、同時にむっちりと柔らかい・・・」


74G :2019/08/25(日) 07:51:11 An7ihWU6
 レノラはヘラが上機嫌なのをいいことにムニムニとヘラの巨大腹を揉みしだく。
 ヘラの豊満な身体は剣で斬ろうが槍で突こうが攻撃魔法の呪文を唱えようが、
あらゆる攻撃を柔らかく包み込んで受け止めてしまう「兵法殺しの肉体」と呼ばれているのだが
中でも腹と乳房は前面の盾というべき強靭さを備えていた。
この防御能力の発動はほぼ自動的なもので「強いものにはより強く」反応する。
 一方で少数の者しか知らないことなのだが「弱いものにはより弱く」反応してしまう、
つまり巨大な腹全体が性感帯で優しく愛撫などされると快感に蕩けてしまうという弱点があった。
 仙界のスイーツという味覚的刺激、膨腹=性感帯の増加、
そしてレノラのお触りときてはレノラのようなサキュバスでなくともヘラのテンションの上がり具合は分かる。
 レノラは着実に大きさを増していくヘラの腹の中心線に沿って指を滑らせ、
正面の浅いくぼみ、肥え太る腹肉のせいで処女の秘唇のようにぴったりと閉じたヘソの周りをクルクルと愛撫した。


75G :2019/08/25(日) 07:54:18 An7ihWU6
「ん? どうしたんですぅ? お箸が止まっちゃいましたけど? もう、お腹いっぱいですぅ?」
 レノラは手を止めてゆったりと蠕動運動して波打っている膨満した腹の向こう側のヘラの様子をうかがった。
「いいえ、その・・・・まだまだ食べられるわよ」
 ヘラが再びおはぎを頬張るとレノラも指を動かす。
「ンー、ヘラさんが食べてる間だけオナカ触っていい約束ですからぁ」
 レノラは完璧な球体についた唯一の浅いくぼみ、スリットのようなヘソの穴に沿って指を滑らす。
「何度でも言っちゃいますけど、やっぱりヘラさんのオナカはサイコーですぅ」
 レノラがスリットに人差し指を押し付けると柔らかな腹肉が両側に開いて指が第一関節まで沈み込んだ。
「ホォォォっ、・・・・んー、フゥ」
 ヘラが軽くうめいておはぎを頬張ったまま鼻から息を吹き出し硬直した。
膨らむ腹全体が性感帯なのだが、その中でもふだん外気から守られているヘソは格段に弱い。


76G :2019/08/25(日) 07:58:00 An7ihWU6
「あれ? やっぱりオナカいっぱいなんじゃ?」
 レノラがさらに指を押し付けると人差し指はズプズプと第三関節の根元まで入ってしまう。
それでも一番底まで指先は届かなかった。
「食べ残しは持ち帰るってことで。アタシも残念ですけど、もうお開きにしちゃいますかぁ?」
 指を半分抜いて再び根元まで差し込む。
「おォォっ、れ、レノラ、あんまりそこは・・・」
「ヘラさん、食べてる間はお腹スキにしていいって言いましたよね。ね?」
 レノラは指を出し入れしながらもう片方の手を伸ばしてヘラの腹に抱き着いた。
「こんなこともしていいし。んー」
 レノラはヘラの腹に顔をうずめた。
「いや~ん、ちょっと・・・やめ・・・」
「こんなこともしちゃいますぅ。(*´ε`*)チュッチュ」
 ひとしきりお腹キスをした後でレノラは顔を上げた。
その表情は小悪魔のそれで、反対にヘラは怖いほど真面目な顔をしていた。
しかし頬は上気して紅潮していた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 魔術師と召使い (Res:10)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1Unknown :2019/03/11(月) 20:17:36 GJmG4IN2
・多胎・多重妊娠による膨腹、膨乳をメインに進めていきます。
・破裂、NTR、近親姦はNG
・設定追加の際は相談の上で行ってください。物語を盛り上げるためのものであれば歓迎いたしますが、話の流れが変わってしまうもの、メインに据えているものから逸脱するものはNGとさせていただきます。
・今回の主人公アリスの性感帯に関してですが、一般的な女性が感じやすい部位に加えて、膨乳と膨腹によっても感じる設定とさせていただきます。また、膨乳に伴う噴乳、胎動によっても同様に扱います。この設定に関しては、変更・追加は無しでお願いします。

4Unknown :2019/03/11(月) 20:20:43 GJmG4IN2
薬を飲んでから一月ほどが経ったある日の朝。
「あれ?んーっ!んーっ!」
どういうことか下着のホックがはまらない。
「んーっ!あっ、はまった!」
カップから溢れる乳肉を持ち上げ、揺れないようにきちんと収めていく。
「またキツくなった……かな?」
ホックがギチギチと不穏な音を立てていたかと思うと、もう片方も同じように詰めおわったところで弾けてしまった。
「ひゃっ !?」
(……どうしよう、この間買い換えたばかりなのに)
行商人のドルに頼んで異国から買い寄せた品で、重たい胸が支えられるためアリスは大層気に入っていたものだった。タグにはH65と書かれてある。
(またドルさんに持ってきてもらおう。とりあえず隠さなきゃ…)

その後どうにかコルセットで胸を締め付け、居間へと出ていった。
「ん?今日は随分と厚着だな?風邪でも引いたのか?」
いつもと異なりゆったりとした服を纏い、ストールを羽織る彼女を訝しげに見つめる。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


5Unknown :2019/03/11(月) 20:21:47 GJmG4IN2
それからしばらく経ったある日。アリスは高熱を出して寝込んでいた。
「風邪だな、あとで薬を……と思ったが、今日は大事な用があってな…」
魔術師はしばらく考え込むと、
「急いで帰ってくるから、左から3番目の棚の下から4番目の薬を飲んで安静にしておけ」
「はい…申し訳ありません、魔術師様」
「いいか、左から3番目、下から4番目だぞ」

「左から3番目……下から4番目……」
朦朧とする意識の中、どうにか魔術師の書斎に辿り着き、透明な桃色の薬を手に取った。
「これかしら?」
その瓶をぐいっと一口で呷り、そのまま眠りについた。
……彼女が手に取ったそれは「左から4番目、下から3番目」の薬とはつゆ知らずに。


「今帰った。アリス、平気か」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


6Unknown :2019/03/11(月) 20:22:26 GJmG4IN2
夜が明け、そっとベッドから抜け出した魔術師。
こつり、と彼の足元に空き瓶が当たった。
(これは……)
「私としたことが…これは秘め事明かしの薬か」
(さて、これからアリスとどうしたものかな…)

それからしばらく、ぎこちないながらも変わらない日々を過ごしていたある日。
「……アリス、大変言いにくいんだが、その」
「な、なんでしょう、魔術師さ…まっ!?」
「だっ!?」
プチーンと、ブラウスから弾け飛んだボタンが魔術師の額に激突。
「いてててて…」
「こ、こっちを見ないでください!」
かろうじてしまっていたブラウスは大きく開き、下着にギュウギュウに詰め込まれた胸が露わになる。若干ながら段差が生じており、背中の金具からも不穏な音が鳴り始めていた。
「お前、この間より……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


7Unknown :2019/03/11(月) 20:23:07 GJmG4IN2
それからさらに1ヶ月。魔術師が異変に気付いたのは、ゆったりとした衣服が多くなってからだった。最初は胸が大きくなりすぎて着れる服がないのかと思っていたのだが、ある日を境に部屋から出てこなくなってしまった。
「アリス、すまないが開けるぞ」
「ま、魔術師様!?ダメです!」
「そんなこと言っても、ここしばらく引きこもったままじゃないか。頼むから話をさせてくれ」
「魔術師様、決して怒っているわけではありません!ですので、開けない…」
「うるさい!とにかく入るぞ!」
扉を強引に開けた彼の目に飛び込んできたのは、双子を孕んだように大きく膨れ上がった腹を抱えたアリスだった。
「……何があったんだ?」

「お前の腹の中には大量の子どもがいる。数はわからない。おそらく、あの若返り薬のせいだろう」
アリスは卵巣にある卵子の数と胸の成長状態だけが若返ったらしかった。胸が急成長したのは、3.52フート(88センチ)の状態を0として成長し始めたからで、それに妊娠が加わったことで、たった一ヶ月半の間に6サイズ近くも胸が大きくなったのだった。
「4フート、102センチか。まだ14週だろ…」
「魔術師様、私、まだ月のものは…」
「ちょうど初めてが来る頃に、あの夜だったんだろうさ」
「魔術師様…」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


8Unknown :2019/03/11(月) 20:24:01 GJmG4IN2
「オーガ様!動きました!」
20週目に入り胎動が感じられるようになったアリスは嬉しそうに、それも動く度にこうして報告してくる。お腹は4.6フート(115センチ)にもなっていた。既に三つ子の臨月のようなお腹になっており、かなり重たそうであった。
「わかったから、はしゃぐなって」
「だってオーガ様の子どもが私の中で生きてるって思うと、なんか嬉しくって」
「はぁ…どれ?」
彼が耳を近づけると、一際大きく動いたらしく、ぐにぃと中から突き上げるように腹部が変形した。
「ふふ、元気がいいみたい」

「さて、計測の時間だ」
「それはいいですけど、起こすの手伝ってください。お腹も胸も重くって」
身体を起こそうとするが丸々と膨らんだ腹部に、14歳には不釣り合いなほど大きな胸がつかえて、ベッドの上でどゆんどゆんと揺れる。胸だけで20キロ近く、腹は18キロ以上もあるため彼女の身体で支えきれないのは当然であった。
魔力を使って彼女を立たせる。ますます重くなると思うと、なまった腕を鍛え直す必要がありそうだ。
「お腹が8.52フート(213センチ)に胸が5.16フート(129センチ)か。だいぶ大きくなったな。遠い異界のサイズであれば、S75といったところか。2ヶ月で5サイズ増で、お腹は1フートも大きくなってるんだな」
「あと3ヶ月もあるんですよね…私のお腹、大丈夫でしょうか?」
「心配ならこれ以上成長しないようにできるぞ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9Unknown :2019/03/12(火) 01:45:45 bAf51zXA
妊娠後期になるにつれて、アリスはさまざまな体の変化に戸惑っていた。
妊娠してからというもののとてつもない速度で成長する胸が、時折熱を帯び張ることが増えてきたのだ。オーガに相談したところ、母乳を作る練習をしているということだったので安心していた。しかし、つい先日透明だった湯船を真っ白にしてしまったのだ。その日を境に、胸が張る回数が増えていった。
お腹はオーガの魔術によって破裂しないようになったはいいが、そのせいで皮膚が伸びやすくなり、ますます大きくなりやすくなってしまった。近頃は突然、お腹が大きくなり始めることも増えて来ていた。
(ま、また来た…膨らんじゃうと何だか…)
「んんっ」
アリスの思わず、声を漏らした。
ドクドクと心臓が脈打ち、徐々に身体が火照り始める。堪えていた声も次第に大きくなり、陰部を弄る。陰部からの快感が膨張を加速させているかのように、ゆっくりと膨らむペースが上がっていく。
(お腹膨らんじゃうっ)
「んんっ、ダメっ、お腹が張っちゃうのにっ」
朝はゆとりのあった皮膚が引き伸ばされ、張り詰めていく子宮がパンパンになっていくのを感じていた。早産のリスクが高まるかもしれないと知りながら、彼女は膨腹がもたらす快楽に身を委ねていた。
(あれ?おっぱいが熱い?)
「んんっ!?」
(き、キツイ、ブラ壊れちゃう)
ついにアリスの胸までもが膨張を始めた。乳腺が活動を始め、母乳が生産され始める。母乳をより多く作り出すために、と彼女の乳腺はさらに発達していく。守るために脂肪を、脂肪を母乳へ、母乳を作るために乳腺を。
そのような普通の妊婦が何ヶ月もかけて体験する成長を、彼女はほんの一瞬で成し遂げていた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10名無しさん :2019/05/14(火) 21:26:32 aTddQdAE
(ダ…メッ…イク……)
「ふぅ…んっ、んぐぅっ!!」
今の胎児の蹴りは、彼女が特に感じてしまうとこを突いてしまったのだろう。
「はぁ…はぁ……」
(わ…私…イッちゃったなんて……)
アリスの胸からは容赦なく母乳が流れ出ているのが分かる。引き伸ばされたことで中心にあるおへそは消えて、中心線が濃くなっていた。
「私、どうしてしまったのかな……」
息を漏らしながらも自分の身体を見つめる。
(……ん?…ま、またっ!?)
再び胎動が起こり、第2ラウンドが始まった。
しかも今度は、胎児の蹴りがお腹の中心に集中しだした。
鋭い蹴りが、何度もお腹の先端を襲う。
(だっ!?ダメッ!そこは……)
「んっ、んんっ!んぐうっ!!」
彼女のお腹はどんどん大きくなる。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 膨らめ☆膨張少女アケミ (Res:117)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1N.T :2015/05/13(水) 23:40:50 ezqGrmRw
とある元気いっぱいの少女が正義の魔法少女に選ばれた!よくわからないけど子供の頃の夢だった魔法少女に♪

え?魔法少女じゃない?・・・えーーーーーー!膨張少女ーー!?

正義のために悪を倒せ!!膨らめ☆膨張少女アケミ!!

膨腹、膨乳、破裂と色々予定されています、苦手な方はご注意ください

111名無しさん :2018/02/03(土) 22:50:01 63pD5l3A
一方そのころ、よくある謎の部屋では・・・・。

???「ふっふっふ、やはり彼女らに期待したのが間違いだったか・・・。」

??「---様。試作型人工膨張少女AKEMIの起動準備が完了しました。」

???「わかった、直ちに行え。」

??「---様。しかし問題が。」

??「AKEMIがどこまで膨らむかわからんのです。シュミレーションでは**kmで・・」

???「それもかねてのテストだ。さあ。」

??「はっ、御意!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


112N.T :2018/02/18(日) 17:23:17 iAy6A8Pk
>>110 の続きはこちらからでお願いします

次の日・・

アケミ「あのーーーリンさん?」

リン「どうなさいました?」

アケミ「ステラさんの・・ことなんですけど」

リン「もしかして、ステラが何か?」

アケミ「いえ!そういうことじゃないんですけど、あの・・どうしても気になる事が・・」

リン「すいませんが、前にも言いました通りステラについてはお話しできないんです・・」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


113N.T :2018/06/18(月) 11:08:00 tyEcdSdk
それから数分後

アケミ「止む気配ありませんねー・・って、ステラさん?」

ステラが立ち上がる

ステラ「帰る・・」

ステラが土砂降りの雨の中外に出る

アケミ「ちょ!ステラさん!こんな雨の中危ないですよー!濡れちゃいますよ!」

ステラ「こうしている間にもやつらは動いている・・立ち止まってなんて・・!?」

アケミ「どうしました?・・」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


114N.T :2018/06/18(月) 11:30:39 tyEcdSdk
女A「ひぃーー!ひぃーー!お腹が!くるし・・」

ミチミチ・・

女A「ぎゃ!・・は、破裂しちゃ・・あがが・・」

アケミ「やめてーーー!!」

バキン!

アケミ「きゃっ!」

カイザー「変身しなきゃただの小娘・・俺に適う訳ないだろー?」

アケミ「ステラさん!早くあの人を助けないと!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


115N.T :2018/06/18(月) 11:40:05 tyEcdSdk
ステラ「くあ!?」

アケミ「え?・・」

ごぽごぽ・・

ステラ「くっ!」

カイザー「ふっ、正直おどろいたぜ、さすが膨張少女・・だが・・これこそ俺の狙い・・」

ぷくぅーーーっとステラのお腹が膨らんでいく

ステラの中に水が入り込む・・

アケミ「ステラさん!・・」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


116N.T :2018/08/11(土) 22:07:05 3GqjVJvI
カイザー「ぷっ!ふははははー!こいつはいい!強気な事言っておきながら無様に命乞いとはなぁーー!こいつは傑作だぜー!」

ステラ「何を馬鹿なことを・・命乞いなんてする・・か・・殺すなら殺せ!」

カイザー「そうかい!なら遠慮はいらねぇなぁーー!」

ごぽごぽ!!

アケミ「んんんんんんーーーー!」

ぷくぅーー!

ステラ「ぐっああ!・・」

カイザー「おらぁー!破裂しちまいな!膨張少女ーー!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


117N.T :2019/04/01(月) 18:04:47 AEKt/Bbc
カイザー「なっ、何が起きてやがる・・あんな小娘に俺様が!」

アケミ「・・・・・・」

カイザー「なめんじゃねぇぞーー!」

ブォン!!

カイザー「ぐっ!!・・ぬおおお!」

アケミ「・・・・・・」

カイザー「な、なんて力だ・・近づけねぇー!」

ステラ「間違いない・・あなた・・あなたがそうだというの・・」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 とりあえず妄想を書き溜めてみるスレ (Res:37)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1名無しさん :2016/04/12(火) 22:27:40 L5Dc6aJ.
タイトル通り、小説にはなりきらなくてもとりあえず妄想や、好きなシチュエーションを書き溜めてみるスレをゆるりと作ってみました。

既存の小説の、もしもあそこがああだったら……みたいなのを書いても面白いかと。(もちろん強制力は無し)
小説のメモなりなんなり、気軽に書き込んでください。
また逆に、ここの素材を題材に小説化してくださってもいいかな、と思っています。

31名無しさん :2016/11/06(日) 23:46:01 P4eYJ3rs
競女という尻相撲おバカアニメがいま放映中だけど、ボテ腹膨らましたバージョンが見てみたいと思う人はいるのだろうか?


32名無しさん :2016/11/13(日) 18:53:28 xob97Bjg
拷問とかで膨張する系よりは、自分の意志や欲望に基づく行動で膨れる系の
方がエロいと思う。例えばサキュバスの吸精、大食漢の人食い女オーガとか、
女ヴァンパイア大量吸血みたいな。イラストあった方が良い。


33名無しさん :2016/12/04(日) 11:39:05 NO9Wt9/Y
>>31
31さん。私は興味あります。
もし、リレーを考えているのであれば私も参加したいと思います。


34名無しさん :2017/04/26(水) 01:01:37 bCi62aMo
いつもネタにしてる妄想。

爆腹爆乳がセックスアピールになった世界で、体質的に異常に膨らみやすい女性。
世の女性は皆体格に即した膨張剤を服用し、体を膨らませている。
色気付いた頃から皆少しずつ膨らまし始め、大人になってようやく6つ子サイズ(膨張は快感と結びついており、性交時にはさらに大きく膨らませこそするが)ほどまで膨らませるようになる中、
彼女は中学の頃すでに10つ子サイズを当たり前に超えられるようになる。

その結果、あまりに大きすぎる彼女の爆腹爆乳に、付き合った男性誰もが行為の最中に萎えてしまう始末。
そして大人になる頃には、到底抱えきれないほど膨れ上がっても満足できないほど彼女は発育してしまう。

満たされない愛情に飢え、SNSを通じた出会いに手を出すが、そこで出会ったのは外見は超爆腹好きな美男子、その実は体目的で、限界破裂願望を持った鬼畜男子であった。
そんな彼との愛情を本物と信じ、日々さらに体を発育させて行く美女と、今日こそ破裂するほど膨らましてやろうと目論む美男子の、キチンレースな毎日を描いたストーリー。


35名無しさん :2018/08/10(金) 22:12:31 bWIO6AUk
彼が膨フェチで毎日さらに大きな胸とお腹を求めてくる女性。
この世界では薬物で簡単に女性が体を膨らますことができるようになっていた。
彼の気持ちに答えるため、毎日破裂する限界まで努力してぐんぐん大きさを増していた。
一年ほどして余裕で巨大なバランスボールのように大きく膨らめるようになった彼女だが、
実は彼は体目的で彼女の破裂を望んでいたただの破裂フェチであり、巨大な膨張を求めていたのではないことを知る。
それでも彼を本当に愛していた彼女は、彼のために破裂しようと決心するが、彼女の体は丈夫に発育しすぎ、いくら膨張しても破裂の気配がない。
その様子を見て、あまりの大きさに嫌悪感を抱いた彼は暴言を吐き行方をくらましてしまう。
それから自暴自棄になった彼女は破裂願望を抱き、裏社会にある超膨腹風俗に籍を置きどこまでも膨張してゆく。

みたいな妄想が好きだ。


36名無しさん :2018/08/11(土) 09:20:11 Zxpj2S/Q
見た目は普通の人魚だが、実はお腹を膨らますのが得意な人魚(あだ名は河豚の人魚)
という小説制作が予定されていますが、興味あります?画像掲示板にイラストもあるので見てね


37名無しさん :2019/03/26(火) 19:55:44 Chs7p4bo
語彙を集めたらいずれ書きたいネタです

借金を返すためにサキュバスの風俗店で働く主人公、毎日飢えたサキュバスに中出しして稼ぐ
サキュバスは中出しされるとお腹と胸が膨らんでいく、大きく膨らませるほど料金が高くなるので出来るだけ気持ちよくセックスする

サキュバスの名前は適当にここのものを借りるかもしれません


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 膨腹体質 (Res:21)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1名無しさん :2014/11/16(日) 00:02:29 BtLdcr36
彼女の名前は大原美香。人に言えない体質でなかなかセックスに及べずにいる。
なんと彼女は性的快楽を感じると、お腹と胸が風船のように膨らんでしまうのである。
大きく膨らむほど快楽は増し、また快楽が増すほどどんどん巨大に膨らむ。
果たして特殊体質の彼女を本当に愛してくれる男性はいるのか。

15名無しさん :2014/12/16(火) 01:32:50 I/BnPod2
「ん…や…ひゃん!」美香にとってお腹を揉まれるのは初の事で、あまりの気持ち良さに声が出てしまう。
お腹…膨らんじゃう…。ぼよんぼよよん。「ゆ…優くん…。優くん…」

「あっ!ごめんなさい…。美香さん…」優くんが気付いて手を引っ込めた時には、美香は妊婦みたいなお腹になっていた。


16名無しさん :2014/12/16(火) 01:53:51 9yAytYwU
「す………すごい………」
「うふふ………妊婦さんみたいでしょ………?お腹………見る?」
そうして服をまくり上げると、綺麗に臍が平になってしまっていた。

「すごいや……本当の妊婦さんみたい!」
「まだまだだよ……おっぱいも……触る?」


17名無しさん :2014/12/19(金) 02:10:45 jadlhYSY
「は…はい!ぜひお願いします!」
優くんは目を輝かせている。自分の体にこんなに興味を持ってくれる人がいるなんて…
美香は嬉しくなってしまう。
「わかったわ…じゃあ、どうぞ!」
彼女は胸を突き出した。優くんは恐る恐るといった風に、『ちょん』と指先でつついてみる。
「んっ…!」
それだけでも美香は反応してしまう。興奮しているのだろう。
むくっ、と少しだけ美香のおっぱいが盛り上がった。


18名無しさん :2014/12/20(土) 02:37:33 wFUngoKI
ちょん、ちょん。
遠慮がちに優くんは美香の乳首を摘む。きゅっ。きゅっ。「はっ…はうん…」美香の吐息が艶めかしく荒くなるにつれ、胸がたぷんたぷんと揺れてその容量を増してゆく。
しかし、優はそれに気付いても、乳首だけを攻め続けている。

は…ああん。この子…
この子…経験者なの…。

美香が焦らされている。こんなに焦らされたら…私、壊れちゃう…。
「お腹も…お願い…はぁ…ふあぁ」

「すごい。お腹つやつやですね」
しかし優くんものぼせている。
「写メより大きいですよ。すごい」
そう言いながら、お腹をつーっと指でさすって、広がったおへそにキスをする。
はうん…。このままじゃ愛撫だけでおかしくなっちゃう。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


19名無しさん :2014/12/20(土) 10:03:09 ???
「美香さん…!」
優くんは谷間を掻き分け美香にキスをする。外見に似合わず力強いディープキスだった。
口内で舌が暴れる刺激だけでも美香は感じてしまう。

「んっ…!んふぅ…あむ!」
優くんを挟んだままゆったりと膨らんでいく胸と腹。

「ぷはー…美香さん、僕も、もう我慢できない…!」
優くんはそう言うと、履いているものを脱ぎ捨てた。そこにはまた、外見には似合わない立派なものがくっついている。

しかし美香に恐怖は無い。自分を受け入れてくれる人がいるという喜びが勝っている。
「優くん…きて…!私をもっと膨らませて!」


20名無しさん :2018/05/19(土) 13:21:12 VP7qDmqY
美香に言われた通り、優くんは早速美香に突き入れた。
「んっ…あっ、あぁ…、んんっ……」
エンジンが稼働するたびに揺れる胸とお腹。
突き入れる度に美香は感じ、更に膨張していく。


21幻龍総月 :2019/03/21(木) 14:23:01 FAvR/UGs

 優くんの男根は美香のきつい肉ひだをかき分けて侵入してくる。肉ひだに引っかかって亀頭の皮が剥け、敏感な部分が露になる。その気持ち良さのあまり理性にブレーキが掛からなかった。
「美香さん、美香さん……!」
 パン、パン、パン、パンと、激しく腰を前後に動かして、何度も打ち付ける。それと合わせて中の男根も美香の膣内で暴れまわる。
「いい、いいよ優くん! もっと、もっと激しく……!!」
 肉体から伝わる快感で膨張は加速する。既に胸と腹の大きさは常識の範疇から飛び出す程の大きさに到達していた。
 その大きさは自身の身体よりも大きく膨らみ、体をのけぞらせざるおえない大きさだった。それでも二人の性交は激しさを増していた。
「ああ、気持ちいいです美香さん! もういきそうです……!」
「出して、中に出して! 私もいくから沢山出してえ……!」
 腰を打ち付けるペースが上がっていく。射精感が高まりもうすぐ精子を吐き出そうとしている。肉棒は更に硬さ、太さ、熱さを増していく。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 素晴らしき膨らみの世界 (Res:31)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1幻龍総月 :2016/02/03(水) 00:18:59 BArs9ILM

 遠い未来、世界は『膨らみ』で満ちていた。
 膨腹、膨乳が現実にできるようになった世界は、その価値観を再認識し、より良い物だとされるようになった。
 世界の女性の16歳以上の9割以上が膨腹、膨乳し、爆腹や爆乳、超乳が当たり前になっていた。
 妊娠するときも、同時に10人以上を身ごもっているのが普通になってきていた。
 そんな世界で、初めて膨腹、膨乳に挑戦する1人の少女がいた。

25幻龍総月 :2016/12/04(日) 23:39:50 sZ2ZZbaI

「お姉さんの体、かなり改造されてるでしょ? それだと限界が来るだろうね。でも安心して、進化すればお姉さんはそんな制限はなくなる」
「私の体はどうなるの?」
「お姉さんの意思しだいだよ。生かすも殺すもね」
「それってどういうこと」
「お姉さんの意思で身体が進化するんだ。変化を拒むならこのままで進化はしない。でも受け入れるのなら、お姉さんには無限の可能性を秘めた進化し続ける肉体になる」
 まるでSFのような話だった。しかし、嘘を言っている雰囲気でもない。脅かすにはあまりにも緊張感のある空気だからだ。
「さあどうする?」
 カルマへの返答に迷う。それは恐れからくるものだと分かる。このままでも十分なのだが、もしこれを超えることが容易になるというのなら、と思うと自分の欲望が胸中で膨らみ始めてしまう。それが恐ろしいと感じたのだ。
「わ、私は……」
「もしお姉さんが嫌ならこの話は無かったことになる。そしてこのチャンスは二度と来なくなる。永遠にね」
「っ!」
 その一言で吹っ切れた。自分の恐怖や迷いは無くなり、カルマに返答する。
「する。私進化する! だから方法を教えて!」
 答えは出た。カルマは不敵な笑みを浮かべて千子に応じる。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


26幻龍総月 :2017/02/14(火) 11:16:13 ArIoW3gc

 しばらく歩いて移動していると、森林が見えてきた。その中に小屋が不自然に存在していた。
「あれは?」
「休憩小屋よ。と言っても、監理していた林業の会社が数年前に破産しちゃって、これだけが残されちゃったの。近所の人達はあまり近付かないのだけど、森林浴ができるから時々来てるの」
「なるほど、それは丁度いい場所ですね」
 2人は中に入り、早速進化について話し始めることにした。
「それじゃあお姉さん、これを飲んでくれる?」
 差し出されたのはさっきとは別の色をした飴玉だった。
「これを飲めば進化がしやすくなる。ただし時間は1時間という制限付きだから」
「分かったわ」
 その飴玉を受け取り一気に飲み込む。
「これで進化するのはかなり簡単になったはずだよ。試しに自分の体に何か付け加えるイメージをしてみて」
 千子は目を閉じてイメージする。せっかくなので、胸を大きくするイメージをしてみた。すると、胸が急激に大きくなる。
「きゃあ?!」
 あまりに急な事だったので、驚いてしまった。おそらく3サイズ程大きくなったと思われる。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


27管理者権限削除 :管理者権限削除
管理者権限削除


28幻龍総月 :2017/07/17(月) 14:46:35 tabX/Z0g

 1時間後。彼女の体は大幅に進化を遂げた。
「はあはあ、意外と時間内で進化させるのって難しいのね」
「お疲れ様お姉さん。それじゃあどんなふうに進化したのか教えてよ」
「ええ、良いわよ」
 千子の身体はくまなく進化を遂げていた。
「子宮は5個に増やしてさらに妊娠できるようにしたわ。おっぱいの中にも子宮を3つずつ新たに作ったの」
「これで妊娠できる子宮が大幅に増えたわけだね。でもそれだけじゃあないんでしょ?」
「ええ、おっぱいとお尻は前より3倍以上大きくできるようにしたの、これでさらに複数の子供が創れるようになったわ」
 嬉しそうに答える千子。まるでサンタクロースからプレゼントを貰った子供ようだった。
「おっぱいには乳腺のそれぞれに子宮を造って、お尻には内臓が無いからそのまま子宮を増やしたわ」
「なるほどなるほど」
「後、これが一番大変だったけど消化器系の内臓の殆どが精子を吸収して妊娠できる疑似子宮にしたの。それぞれの機能を残したまま子宮として使えるの」
「凄いよお姉さん、僕の予想を超えてくる進化をするなんて」
「ありがとう、でもよかったの? こんな貴重な薬私が使って」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


29幻龍総月 :2018/02/14(水) 23:32:41 ExcWAm2A

 それから数日後。千子の身体は驚くべき姿に変わっていた。
 全身がまるで水風船の如く膨らんで垂れ下がっているのだ。通常の妊娠によるボテ腹とは全く異なる膨らみ方をしている。しかも腹や胸、お尻の部位に関しては、自身の体よりも大きく膨らんでおり、地面スレスレの状態を保っている。ここ数日は子供の世話ということで休みを貰っており、着れる服は殆んど無くなってしまったため、隠せるところを何とか隠した半裸状態で過ごしている。あまりにも大きくなり過ぎて若干生活に支障が出ている。
「お姉さんの子供ってこんなにいたんだ。でもすぐに限界くるんじゃない?」
 カルマは身を隠すため、千子の子供を育てている別荘に身を隠している。その代わりに子供達の面倒を見ているのだ。
「うん、実を言うとベビーシッターを頼もうかなって考えてたの。自分で言い切ったのに何だか情けないな」
「そうでもないよ、だって100人近い子供をちゃんと育ててきたんだから頑張ったほうだよ」
「……ありがとうカルマ。これからも色々とよろしくね」
「もちろん、よろしくね」
 カルマと軽い握手を交わし、千子は微笑んで次の進化のための準備をするのだった。


30幻龍総月 :2019/03/05(火) 23:52:53 Txm55.8I

お久し振りです。幻龍総月です。
とりあえずこれで一旦区切りまして、新しいストーリーを書けたらなと思っています。
改めてよろしくお願いします。


31名無しさん :2019/03/09(土) 13:43:45 ZByGj.wM
>>30
なるべくなら他の小説の奴にも協力してほしいです
バルーン相撲とか膨腹体質とか


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 特異体質-rebuild (Res:158)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1Unknown :2017/01/31(火) 15:54:29 J7yFmfiU
こちらの初期に書いていたものなのですが、私の方が煮詰まってしまって書けなくなってしまったものをもう一度再構成して書きたいと思い立てました。
多くの方に参加していただければと思います。

・多胎妊娠、それに伴う膨腹、膨乳がメインです。途中産ませてしまってもいいかとは思ってます。
・破裂はなし
・お腹は人間とわかるレベルまで(体育館とかプールサイズはなし)

152名無しさん :2018/12/03(月) 23:21:04 nEur7oJE
もう一つ、>>146のべッドが濡れているの、あれって激しくイッた状態ですか?
栞はおへそが超敏感で物凄く感じてしまうのは前から知ってるし想像はつきますが…


153unknown :2018/12/06(木) 01:34:02 ypIRN5p.
>>152
母乳が撒き散らされたというイメージです。
146に関しては、あのままで大丈夫と思います。


154名無しさん :2018/12/06(木) 23:24:08 /zwFmbwE
>>153
ちょい待ち、>>147と書くつもりが>>146になってないか?大丈夫?


155unknown :2018/12/21(金) 06:55:42 YppTBOQk
「ハァ…ハァ……もう膨らまないで…んんっ…」

ぐぐっとさらに一回り膨れ上がる。
甘ったるい香りが部屋に充満して、床からはほのかな湯気が立ち上った。大量生産された母乳が辺り一面に撒き散らされ、張り詰めた乳房からは膨張に合わせて、白濁した液体が噴き出し続けていた。
あれから5週間余りが経過したが一向に産まれる気配はない。
ほんの一月前に1150センチ近いお腹になったかと思ったら、今週の計測では1293センチにもなっていた。幸い、胸はさほど変わっておらず256センチにとどまっていた。(それでも2回りは大きくなった)

この時は予定を彼女の想定よりも大幅に超えることなど、予想だにしていなかった。


156unknown :2018/12/21(金) 06:57:27 YppTBOQk
日毎に大きさを増していくお腹にも限界が訪れ始めていた。通常ではあり得ないほど引き伸ばされ続けた皮膚が光沢を帯び始めていたのだ。
無限に広がり続ける子宮もいつ破裂してもおかしくないほど緊張状態にあった。常に貼っているような状態が続き、今までのような余裕がなくなりつつあった。

グッグッグッググッググググググッ
「んんっっっ…ダメっ!」
グググググググッ
「ハァ……ハァ…」
1日に何度も膨張の波が訪れるため、その度にビデオの早回しのようにお腹が膨らんでいた。
ボコボコボコボコッ!グググググググググッ!
「んんっ〜!!!!!!」

「ハァ……ハァ……ハァ…早く産みたいのに…」
140週目を迎えて6日目。AIの予想からおよそ20週間が経過していた。腹囲2594センチ。たった1週間のうちに751センチも増量していた。腹部の爆発的な成長にあわせて胸もさらに肥大化し、148センチも増加していた。478センチという規格外の乳房からは、牛5頭分に匹敵する量の母乳が出た。

「あぐぁっ!?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


157unknown :2018/12/21(金) 14:03:14 nuPG54/6
「ふぐぅぁ〜〜アァァァァァっ!んん〜〜っ!!!ハァ…ハァ…」
平均約10キロの巨大な胎児が狭い産道を通れるはずがなく、何度息んでも出てくる気配はない。

そうこうしているうちに医師が駆けつけ、看護師総出でお腹を押すことになった。

「あぐぁっ…!?だ、ダメっ!押さないでっ!」
「我慢してください!」
「ふぐっ!?あうっ!?」






それから数日。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


158unknown :2018/12/21(金) 14:06:46 nuPG54/6
最後は若干駆け足気味ではありましたが、とりあえず栞の物語はこれでおしまいです。
彼女の娘とかまだストーリーがありそうな気もしますが、続編は今のところ考えてません。ただ、おそらく書くとしたら、栞の血筋を引いてる人が主人公になるかとは思います。

グダグタとなってしまいましたが、ありがとうございました。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 特異体質 (Res:37)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1unknown :2015/01/04(日) 10:41:17 so8VbRxQ
「ミカ、最近また胸が大きくなったんじゃないか?」

「そ、そうかな?」

リョウの指摘にどぎまぎしながら、そんなことはないよと伝える。が、ミカ自身も気にしていることだった。

ミカは胸が多少大きいだけの22歳ごく普通の女子大生だ。同い年の彼とは毎週デートに行っており、あの質問もリョウの自宅に行っている途中の何気ない会話・・・なはずだった。

ここ数日、Eカップだった彼女の胸はGカップに急成長していた。ミカの細い躯には不釣り合いな大きな爆乳を見ると、リョウに気のせいだとは誤魔化しきれないような気がした。

「き、気のせいじゃない?」

「いや絶体先々週より大きいって。何カップになったの?」

「じ、G。」

「で、デカ。」

先々週は彼と秘め事はしていないので、今日は二週間ぶりのHになる。*

「まさか、できちゃったとか?」

「なわけないでしょ!」

そういいつつリョウの自宅に入ったミカ。

すぐに部屋を暗くして、服を脱ぐ。

豊かな乳房が姿を現した。全体的に肉がついた綺麗な半球型。乳腺質がしっかりとした欧米型のバストは紫色のブラから若干はみ出していた。

「はみ出てんじゃん。」

「け、今朝測ったらHになってたの。今日はブラがキツくて痛かったんだから。」

「外すよ。」

「うん。」

ポロンと極上の乳がこぼれでる。

程よい大きさの乳輪の先端はすでにビンビンにたっていた。

「んっ」

胸以外には全く無駄のないスレンダーな肢体を抱きよせ、後ろから大きな胸を揉みしだく。

「んっはふっんっ」

「もう濡れてきたぞ、たまってたんじゃないか。」

「もう!そんな恥ずかしいこと言わないで早く挿れてよ!」

グショグショの下着をそっと脱がして、ゆっくりといきり立った棹を入れていく。

彼女の膣がキツキツに締め上げて、すぐにイキそうになる。

ぱんぱんぱんっ

段々と腰の動きを激しくしていく。

「はんっんっはふっ、は、激しい、でも、気持ちいっ」

ぱんぱんぱんぱんぱんぱんっ

体を動かす度に彼女の乳房は激しく揺れる。

「で、出る!」

「わ、私もっいっイクッ!」

「「〜〜っ!!!」」

彼女の子宮に白濁した液体が注ぎ込まれた。

「うぐっ!」

「ミカ!?」

急にミカがお腹を押さえてうずくまってしまった。

ぶくぅっ

見るとミカの腹部が急激に膨らんでいた。膨腹にともなって彼女のHカップの胸も膨らみ始める。

4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月、7ヶ月、8ヶ月、9ヶ月、臨月。はや回しの妊婦を思わせるほど急激に膨らむ腹はさらに膨らんでいき、彼女の苦しみもよりつらいものとなる。

「なにこれっ!お腹っ!もうぱんぱんなのにっ!」

なおもお腹は膨らんでいく。胸もIカップ、Jカップ、Kカップ、Lカップ、Mカップ、Nカップととてつもない速度で成長していく。

「ミカ!ミカ!」


彼女の胸の成長はPカップになったところで止まり、腹は三つ子を孕んだ臨月腹のように大きく膨らんだ。


二人は翌日病院に向かうことにした。

31unknown :2015/04/02(木) 21:59:48 RUiZ55PE
業務連絡

メアド取得しました
フリーメールです

sitarabaunknown@yahoo.co.jp

続きについてこれで話し合いとかできると思います


32unknown :2015/04/08(水) 00:52:03 ???
柊由依と紅竜星が交際四ヶ月目と順調に交際を続けている頃、ミカとリョウの二人はと言うと....

「そ、そっと搾ってね。そっと。ってんん...もう!」
「む、難しいんだもんよ。」
「んん...あぁ...」

ググッ

双子でも身籠ったかのような大きさの胸が僅かに膨らんだ。
搾乳の練習として毎日やってはいるのだが、搾乳すると普通胸の張りは取れるものなのだが、全く取れない。それどころか、余計に母乳がたまってしまい、さらにバストアップしてしまう。
妊娠5ヶ月二週目。
ミカの腹はというと、意外や意外。
さほど膨らんでいなかったのである。と言ってもスーツを着ての話だが。


33名無しさん :2015/07/07(火) 23:48:09 /8GaymAs
「腹囲は………132cm……か。スーツのお陰で助かってるけどやっぱり大きくなってるね……」

さほどとは言っても、スーツを着る前と比べての話。
彼女の膨張速度は相変わらず通常の妊婦と比べるようなものではなかった。

「このままスーツを着てあと4ヶ月ちょっとなら……そんなに大きくならないかな………」
「でも1ヶ月で12cmだから……それにこれからどんどん成長が早くなっていくんだろ?それでも2m近くは……」
「まぁそれくらいなら……といってもパンッパンだけど……」

5つ子を孕んだ臨月のようなお腹を撫でながらミカは言った。

「………今日さ……久々にお風呂入りたいなって……流石に1週間近く入ってないし………」
「………あぁ…………」

もちろん定期的に入浴はするようにしているミカ。リョウの手助けなくしては当然不可能なものではあるが。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


34名無しさん :2018/05/19(土) 16:39:42 lKbaaaLU
流石に入浴のときはスーツを脱いでいくのだが、これがめちゃくちゃ大変。
かなりの時間を費やし、ようやく脱ぐことができた。
するとリョウはもの凄い光景を目にした。
「うわぁ…」

久々に見るが、何というか異常なまでの大きさだ。
あれだけ大きくなったお腹なのに、妊娠線は何一つ見当たらない。
多分だが、たんまり、いや、それ以上な皮下脂肪がお腹にくっついて、破裂を何とか防いでいるのだろうか。
それと何より目立つのは、ミカのお腹の中心にちょこんと居座っているおへそ。
それも異常な膨腹による圧力がかかりすぎて、完全に大きく飛び出してしまったのだろう。
もちろんだが、お腹の上には母乳でパンパンな乳房も2つ。
妊娠によって今でも母乳を作り出しており、いつでも母乳が出るようになっているかのようだ。
「ねぇ…早速私の身体……洗って……」

しかしあれだけ面積が大きすぎると洗うのだけでも一苦労。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


35名無しさん :2018/05/19(土) 17:11:58 lKbaaaLU
と、胸は何とか洗えたが、問題はお腹の方だった。
お腹を洗う際、いかにも胸よりもっと大変だったことが分かったのだ。
それはリョウがお腹の中心を慎重に洗った時だった。
「ん…んぐっ!」
ミカが一瞬で身体を震わせたと同時にお腹も一瞬でまた大きくなった。
その反応にリョウは手を止める。
「ご、ごめん…大丈夫?」
「そ…そこは敏感になっちゃってるしこすらなくてもいいから……」
ミカの言っていた「そこ」とは、おへそのことだった。
どうも、おへそで受けた刺激が、子宮にも起きたようだ。
妊婦のおへその下は直接子宮に繋がっているからなのだろう。

「それにしても、ミカのおへそもものすごく大きくなってる気がするな…しかもビンビンだし」
「それは言わないで…恥ずかしい…」
「あ、ごめん……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


36名無しさん :2018/05/19(土) 17:12:58 lKbaaaLU
そもそもおへそは赤ちゃんと母親を繋げている証及び大切な器官で、それは多胎であるほど最後の砦となる。
しかもお腹には200の受精卵も含めると合計で500人だからか、ミカのおへそは今後更に大きくなるのだろう。
今やミカの子宮とおへそは類似的なシンクロ状態。
子宮が刺激されて膨らめば、おへそもそれで引き伸ばされ大きくなる。
おへそが刺激されれば、子宮にも伝わって膨らむという、そういった仕組みへとなってしまっていたようだ。

「多分だけどこれも例の薬のせいかもしれないな……」
「もしかしたら私…全員産んだ後はこんな出臍になってしまうのかな……?」
「うん、多分もの凄いことになってしまうだろうな……」
「そう…私が元に戻っても巨大出臍のままなのはちょっと……それに…」
「それに?」
「お腹の皮が伸びすぎて産後太りになったら…こんな醜いお腹は……」
ミカは産後のお腹、特に出臍のことで不安になってしまったが、リョウは、
「大丈夫、俺が絶対に保証する!」
「本当?こんな私でも?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


37名無しさん :2018/12/01(土) 23:54:45 /DT.ZPz6
多分さっきの入浴の際に少し大きくなっただろうか、着るのは更に大変だった。
しかもリョウだけだと更につらいのだ。
「んんっ…ふうううっ……」
ものすごくキツキツだろう、しかも…
「はあんっ!」
「あ、ごめん……」
途中で飛び出たおへそに引っかかってしまい、今ので更に大きくなるお腹。
そんなハプニングはあったが、やっとスーツを着られた。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 無題 (Res:48)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1名無しさん :2016/07/30(土) 23:01:02 ufHEYlRo
ごめんなさい、タイトルがどうしても浮かばなくて、無題にしてしまいました。すみません。。
しかも小説じゃないので、もしここに書き込むのがだめだったりしたら教えてください。
もしかしたらここならわかってくれる人がいるかもと思って、相談したくて書き込んでいます。

わたしは大きなお腹とか胸に憧れを持っています。妊婦さんってすごくきれいだと思いますし、でも子供が欲しいっていう意味じゃありません。あの大きなお腹になりたいです。
というか妊婦さんくらいだと足りなくて、もっと大きく膨らんでみたいです。小学生の頃から服の中に風船を詰めたりして遊んでいます。
こういう憧れを持った人って他にいますか?やっぱり変でしょうか。。
ここならわかってくれる人がいたら嬉しいです。コメント待ってます。

42幻龍総月 :2016/08/07(日) 13:54:50 6cK5uvHQ
>>41
吐き気とかが無いなら妊娠ではないと思います。
可能性としては内臓脂肪が増えていると考えられます。詳しいことは分からないのでこれ以上はなんとも。


43名無しさん :2016/08/15(月) 21:54:26 DNKDgH0A
久しぶりです、40です。
双子を妊娠された方、その後体調いかがですか?
私ですが、あと2週間で8ヶ月に入るのですが、すごいスピードで膨らんできました。
先生が言うには、体質的に人よりも羊水が多いらしくて、でも心配はいらないそうですが……
主人は喜んでいるんですけど、さすがに腹囲120も近いといつか破裂してしまうのではと不安です……


44名無しさん :2016/09/24(土) 21:24:55 Q4RuEbmo
また久しぶりになってしまいました、43です。
あれから1ヶ月経ち、間も無く9ヶ月に突入というところなのですが……
最近はもうお腹が大きすぎてほとんど動けていません。家事は全部旦那が担当していて。
しばらく腹囲も測っていませんが、視界がもうほとんど胸とお腹しかないような状態……妊娠線は奇跡的にないのですが、残り1ヶ月が怖いです……


45名無しさん :2016/09/26(月) 19:12:35 dZvWpmqo
お疲れ様です。4つ子でそれくらい大きいと、お産は帝王切開になるのかな
予定日がいつかは分かりませんが、残りの日々を楽にして楽しんでください


46ウブロ時計コピー :2018/09/18(火) 07:27:33 ???
過半数の消費者からの良い評判を獲得していた。
我々自身の生産拠点と生産設備を持って、
製品の質を保証すると消費者にサポートするために、製品も工場で厳格な人工的なテストを受けました。
消費者の継続的なサポートに感謝するために、そして、企業が低コスト、高品質な製品を提供してあげます。
弊店に望ましい製品を見つけることを願って。
ここで、弊社が皆の仕事でも幸せな人生でも成功することを望んてあげます。
誠にありがとうございます。


47mm :2018/09/23(日) 17:18:43 5/F0nMPY
私は中学生なのですが、お腹にぬいぐるみなどを入れたりして遊んでいます。大きなお腹にすごく憧れていますが、実際に膨らませたことはないです。お腹に空気を入れても大丈夫なのでしょうか。


48名無しさん :2018/10/06(土) 18:51:36 v3ZzI3oc
>>47さん

お腹に空気ですが、慣れてないとあまり膨らまないですよ。
ちなみにわたしは膨張系風俗やってます。
自分で言うのもなんですがその手の世界では結構有名だったりします。。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


11 ご主人様の為だけに (Res:17)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 11
1名無しさん :2014/12/19(金) 02:57:35 0Cc2XJeQ
変態ご主人の為に人体改造を繰り返すメイドの話
ハード描写(破裂など)ありでお願いします。スカ描写はちょっと苦手です。
おっぱいもOKです。

11名無しさん :2018/08/17(金) 05:58:02 L6tUy03g
「ご主人様、メリーもこのお屋敷ですることに耐える身体を持つ身。よほど問題は無いと思いますが、万が一を考え、私の後ろに。何かあれば私が縦になりましょう。」

「いや、君たちを信じるこそのこの趣味だ。なによりマリーの案で月を模すメリーの姿をしっかりと見たい。」

「そこまでおっしゃるのなら。それでは注入した酸素ガスもそろそろ程よい量ですので。」
そういうと酸素ガスボンベを止め、メリーの膣口近くのコックを手際よく閉じると、水素ガスと酸素ガス、2本のボンベをクローゼットに納め、またメリーの膣口あたりを弄るとコードのようなものを伸ばして、ポケットから出したたったひとつのボタンのみがあるリモコンのようなものに繋げて青年の手に渡す。

「こちらを押せば、まさに月の輝きを模すことができましょう。って、化学にも理解のあるご主人様でしたらお分かりですわね。さ、ご主人様の良いタイミングでボタンを押してくださいまし。」

「ああ。ありがとう。」

見れば、怒涛の注入が止まり嬌声は収まったものの僅かに漏れ聞こえるメリーの艶やかな声に合わせるかのように、いまや高さは青年の身長をも超える巨大なガス風船腹がメリーの呼吸で揺れていた。

メリーが息を継いで、その風船腹が一番高くなったタイミングで青年はマリーから渡されたボタンを押し込んだ。


12名無しさん :2018/08/17(金) 06:09:21 L6tUy03g
「うぎゅわぁ!?」

およそ人とは思えない声をメリーがあげたと思ったその瞬間、限界間際のハズのメリーの風船腹が一気に膨らみあがり、皮膚が透け水素ガスと酸素ガスの反応する発火がメリーの引き延ばしきった子宮を透かして輝きとして青年の目に映った。その輝く球体はまさに月の趣を模しているといえるものだと青年は感じた。

「素晴らしい。これは素晴らしいよマリー。」

「ありがとうございます。ですが、今回の試みはこれを実践するメリーあってこそのもの。私ひとりでは・・・。」

「む、どうしたんだマリー。」

「すみません、ご主人様。私もメリーの子宮爆発を見ていたら堪らなくなってきまして・・・ああ!」

「おおっマリー君も!」

「はい。今日はメリーの風船腹姿が見られることが分かってましたので、いつものように・・・ふぁっ!?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


13名無しさん :2018/09/10(月) 20:39:33 r5WY7WKI
「おおおっ、マリー。君は自分にもボンベを仕掛けていたのか。」
「えぇ・・・あっ私もご主人様の風船ですわ。メリーばかり楽しませておくわけには参りませんもの。」
「そうかそうか!ではメリーのように膨らんだらまたこのボタンで・・・・・。」


14玲奈アントワネット :2018/09/17(月) 13:47:56 Kv.jG/M6
ぼくはレディーボーイなの...
淑女少年な....男の娘って....ホント豊満なコばかりなの
女の娘には絶対にありえない 豊満さんばかりなの。
風船のようにふくらむおしりはそれこそぷわぷわ フトモモもふっわふわむっちむち
下半身の膨らみはもう超豊満
オナカも柔らかく可愛らしく膨らんでる...乳房はないけど胸はプックラ

優しく優雅に色っぽく膨らんだ
真っ白なフワフワムチムチもち肌につつまれた
マシュマロの柔らかさと風船の弾力をにあふれるカラダは
女の娘以上に脆美で膨美で豊満可憐でエロいのよ。

ぼくのお写真よ...... ://www.jpdo.com/sa01/281/img/1294.jpg


15玲奈アントワネット :2018/09/17(月) 13:48:59 Kv.jG/M6
レディボーイのセクシーな膨らみを更に強調するのがフワムチボディを包んで
フワフワにパニエで華やかに膨んだ、フリルレース満載の可愛いスカートよ。
豊満なお腰をコルセットできりと締めると、スカートはブワッて広がって、大きくふくらむのよ...
おしりやフトモモのセクシーな膨らみを一層強調して, まるで風船のようなシルエットはたまらない。
今にもボーン!!って爆発しそう.....もう 、タマラナイわ。ご主人さまはこんな脆美で贅沢な
超絶豊満な色白ムチプヨ美少年を守ってあげたくなるそうよ。

風船というよりエアーシップかしら?  カラダはとうに女を通り越したエロさなのに
お顔は凛とした美少年の面影を漂わせていて.... まるで貴婦人のような高貴な風情
こんな美少年娘レディーボーイのぼくが
   「ああ....ご主人さまあああーーーボクはぼくは華とちりますうーーーー」


16玲奈アントワネット :2018/09/17(月) 15:15:51 Kv.jG/M6
レディボーイのセクシーな膨らみを更に強調するのがフワムチボディを包んで
フワフワにパニエで華やかに膨んだ、フリルレース満載の可愛いスカートよ。
豊満なお腰をコルセットできりと締めると、スカートはブワッて広がって、大きくふくらむのよ...
おしりやフトモモのセクシーな膨らみを一層強調して, まるで風船のようなシルエットはたまらない。
今にもボーン!!って爆発しそう.....もう 、タマラナイわ。ご主人さまはこんな脆美で贅沢な
超絶豊満な色白ムチプヨ美少年を守ってあげたくなるそうよ。

風船というよりエアーシップかしら?  カラダはとうに女を通り越したエロさなのに
お顔は凛とした美少年の面影を漂わせていて.... まるで貴婦人のような高貴な風情
こんな美少年娘レディーボーイのぼくが
   「ああ....ご主人さまあああーーーボクはぼくは華とちりますうーーーー」


17玲奈アントワネット :2018/09/17(月) 15:16:48 Kv.jG/M6
手にもった短刀でお腹を突き.....ああお腹は破れて!!
   きゃああああーーーーーッツ あっれえー  ぱああーーーん!!!!
ぼくのカラダは引き裂かれ、その衝撃で火がでました。火はぼくのカラダを超豊満にしている
高圧の空気細胞でかこまれた脂肪細胞に引火.....ぼくのカラダは火の玉に...

   ボボーン!!!     チュドーン!!!

ああ大爆発!!!フリフリのスカートやパニエがズタズタに引き裂かれ、お腹やおしりやふともも
の断片とからみ合った残骸になって激しく飛び散ったの。あちこちで飛び散った残骸の肉片が炎上
してボンボン音たてて爆ぜ まるで飛行機の墜落現場のような無惨なありさまに....この破片をど
うつなぎあわせばあの絢爛豪華な豊満淑女少年レディーボーイのぼくになるというのでしょう。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


12 バルーン・アンドロイド (Res:200)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 12
1名無しさん :2014/12/25(木) 14:18:46 kQ0x1yv2
20XX年、とある時期から早急にロボット技術が発達した未来。
超高性能化したAIと特殊な新素材、それらの低コスト化により、民間向け人型ロボット=アンドロイドの普及が始まっていた。
街を歩けば人々に混じり、人に付き添い、または人の代わりに、動きまわるアンドロイドを見かけることができるだろう。

さて、いくら科学技術が発展しても、人の欲望とは尽きないもので、性的な欲求を満たすためのアンドロイドというのも、アングラ的に存在していた。
特に、人間だったら不可能な、或いは倫理的に憚られるような特殊な嗜好を満たすためのアンドロイドが密かな人気になっている。
そして、これは「女性を膨らませる」ことに性的興奮を覚える人々の為に作られたアンドロイド――バルーンアンドロイド達の記録である。

194名無しさん :2018/04/19(木) 04:21:50 ???
もはや待ちきれないといった様子のアオイちゃん、ガスボンベにチューブが繋がっていないことに嘆息すると、ウォークインクローゼットから転がりだしていたエアステップポンプのホースを外すとガスボンベにそれを取り付けようとする・・・が、もともと接続が考慮されているものではないので全く繋ぐことができない。アオイちゃんはやきもきしながらリビングを見渡し、たまたま置いてあったガムテープで無理やりガスボンベとポンプの青色ホースを繋いだ。これでガスボンベ側の準備は整った。


195名無しさん :2018/04/19(木) 04:49:18 ???
青色ホースの先端に持ったアオイちゃんはこれまでの準備ですっかり潤いきった自らの股間に手を伸ばし、これからヘリウムガスを注ぎ込む穴を探す。
「今日は誰も見ていないし、こんなにビショビショになんだから、もう前でいいや…」
と、探しあてた前の穴にホースの先端を差し込んでいく。
「あぁっ・・・くぅ!」
ホースを差し込む刺激とこれから訪れる快感が相まって、アソコから滴るローションの量が増した。そうこうして、アオイちゃんはなんとかガスボンベと股間を繋ぎ終えた。
「えーっと、確かヘリウムガスのボンベは左だったよね…と、んしょ…」
アオイちゃんは、モモカとオナニーするときにモモカがさり気なく準備でしていることをすっ飛ばして、意気揚々にヘリウムガスボンベのコックを開いた。


196名無しさん :2018/04/19(木) 05:04:21 ???
バシュゥゥゥゥゥ!!!!!
突然にあがる大音と跳ね上がるホースに驚いた直後、100気圧を軽く越えるヘリウムガスがアオイちゃんの胎内めがけて一気に充填されはじめた。
「キャッ!?」
そうなるとアオイちゃんのお腹は爆発したかのように一気に膨らみだし、最早その制御はアオイちゃんの手に負えなくなっていた。
そう、モモカといてオナニーする場合、以前の経験からガスボンベの取扱いに慣れているモモカはボンベにレギュレーターとホースを繋いでからホースの先をアオイちゃんに渡していたのだが、今日の場合ボンベの繋ぎ方を知らないアオイちゃんが素人判断で繋いだため、ボンベの内気圧を胎内に直接うける形になってしまった。
人間の女性ならいくらお腹が膨らむようにしていたってのたうち回るだろうこのシチュエーション、だがそこはアオイちゃんも膨らむことに特化したバルーン・アンドロイドであることに変わりはなく、
「あっ…あっ…あっ…き、気持ちいい♪」
自らの少しモモカよりも控えめな乳房に手を添えて、この異常な膨腹オナニーにのめり込んでいった・・・・・。


197名無しさん :2018/05/07(月) 06:52:46 ???
実はアオイちゃん、今日はオナニーできるんじゃないか、と期待してたことに加えテレビなどでバルーンアンドロイドとしての仕事(要するに膨腹や破裂)が仕事のとき用のボディではなく、バルーンアンドロイドの風俗嬢(※モモカの前職)でよく使われる膨腹プレイ用ボディを使ってここに来ていた。というのも・・・
「いくら本気で…んっ…感じないと…んはぁ!乳首が立たない…ああぁぁ…ボディでも…うんっ…これだけお腹膨らませれば………」
アオイちゃんが呟いたようにボディの乳房のてっぺんはお腹にヘリウムガスが注入されるに従ってムクムクとアオイちゃんの快感度を示すかのように立ち上がり始めていた。
「これで乳輪の周り…うんっ…をっと……ふぁっ!?」


198名無しさん :2018/05/15(火) 03:32:18 ???
乳首から得た快感にボンベと繋がった膣口が弛緩したのか、アオイちゃんのアソコからはボンベに入ってた圧力ほぼそのままのヘリウムガスが減圧も、まして止められるものもなく子宮内に飛び込んでいき、アオイちゃん自身の興奮によって高まったCPU熱が身体全体に放熱されていることから、膨らんだ子宮内でヘリウムガスは温められ、注入されるガスと加熱により体積を増すガス、二重の拡張、増圧によってアオイちゃんの子宮からは本人のCPUがシャットダウンしかねないほどの快感が次々と襲いかかる中、アオイちゃんはすでに快感に身をよじることしか出来なくなっていた。時間はスーパーのタイムセールの時間をとっくに過ぎ、おそらくモモカも帰途についていることだろうが、快感しか捕らえることのなくなったアオイちゃんのCPUではそこに考えが至ることすら不可能になっていた。


199玲奈アントワネット :2018/09/17(月) 13:43:01 KUVfniYw
ぼくはレディーボーイなの...
淑女少年な....男の娘って....ホント豊満なコばかりなの
女の娘には絶対にありえない 豊満さんばかりなの。
風船のようにふくらむおしりはそれこそぷわぷわ フトモモもふっわふわむっちむち
下半身の膨らみはもう超豊満
オナカも柔らかく可愛らしく膨らんでる...乳房はないけど胸はプックラ

優しく優雅に色っぽく膨らんだ
真っ白なフワフワムチムチもち肌につつまれた
マシュマロの柔らかさと風船の弾力をにあふれるカラダは
女の娘以上に脆美で膨美で豊満可憐でエロいのよ。

ぼくのお写真よ...... ://www.jpdo.com/sa01/281/img/1294.jpg

レディボーイのセクシーな膨らみを更に強調するのがフワムチボディを包んで
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


200名無しさん :2019/05/24(金) 00:55:06 ???
タイムセールを戦い抜いたモモカが両手に食料と日用品の入った
大きな買い物袋を3つも手に提げて帰宅した。

「ただいま~、アオイちゃん!遅くなってゴメンね~」

「・・・・・・・・・・・・」

ふと、さっきも帰ることをメールしたのにアオイちゃんから返事が無かった。
余程読み始めた漫画に夢中になってるか、アイドルゆえの精神的な疲労から
充電モードに入っちゃってるのかなと考えつつ玄関から中に入る。

もしリビングで座ったまま充電モードになっていたらベッドで寝かせてあげよう
なんてことを考えつつリビングのドアを開け・・・られなかった。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


13 『Expansion Mermaid』 河豚の人魚 (Res:3)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 13
1NoName :2018/09/04(火) 22:09:26 ULPxw1ZQ
とある南のどこかにある、清らかで美しい海。
海の底という素晴らしさと言うか何とやら。
周りには綺麗で美しいサンゴにゆらゆらと揺れる海藻やイソギンチャク、
色々な種類がいて数えきれないほどの魚があっちへとこっちへと泳いでいて、
他にも二枚貝、クラゲ、ウミウシ、タツノオトシゴ、岩にはヒトデやフジツボなど…
と、とにかく全部上げたらきりがないほどたくさんの海の生物がいるのだ。

そして、実際はおとぎ話でしかないだけの生物『人魚』が、この海底に住んでいたのだ。
しかしその人魚は一見普通に見えるが、実は自分のお腹を膨らませるのが得意な変わり者の人魚だった!
そんな変わった人魚が主人公のお話。

初投票となります。多分空いても大体最長3ヶ月おきに更新する…と思うのでどうかよろしくお願いします。
尚、この小説では膨腹はOKですが、破裂などはダメとします。



ジェシカ
ぱっと見ただけだといたって普通の人魚だが、実はお腹を膨らますことができる。
ふわっとした長い髪を肩まで伸ばし、女性らしく豊満な肉付きをした身体、肌の色はやや褐色。
運動神経良好で元気いっぱいだが、こう見えて頭も平均以上、しかし退屈は好きではないようだ。
大きめの乳房に、お腹は何度も膨らませたことあった(?)から、肉を摘めるぐらいぷにぷにしているとか。

2NoName :2018/09/04(火) 22:10:34 ULPxw1ZQ
ジェシカは今、大きな岩の所ですやすやと眠っていたところだ。
彼女の周りには二人の子供の人魚が物珍しそうな顔でこちらを見て、またお互いの顔を見てこんな話をしていた。
「あ、河豚ねーちゃん!おーい」
「あれ?まだ寝ているのかな?そうだ!…あたしいい事思いついた」
「いい事って?」
まだ微睡み中の彼女はもたれていた岩からいつの間にかずり落ち仰向けに眠っていたようだ。
やがて頭を少し上げ、ゆっくりと眠気眼で自分の腹部をのぞいてみてびっくり。
「う~んお腹が重い…って、わ!何これ!?」
彼女のお腹の上には、海底の砂が山のようにどっさりと積み上げられていた。
「あっ、あんたたちね!人のお腹の上で勝手に遊ばないでよっ!」
「わ、河豚の人魚が起きちゃったー」
「だからその呼び方はやめなさいって言ってるでしょーっ!」


3NoName :2018/09/04(火) 22:11:44 ULPxw1ZQ
その時、ジェシカのお腹の上に積まれていた砂山が崩れ始めた。
ジェシカが自分のお腹を大きく膨らませていたのだ。
何倍にも膨張した彼女のお腹は、砂山を跡形もなく崩したのだ。
そのままの状態で起き上がるジェシカ。
しかし、そのお腹を見た二人の子供人魚はすぐに近づくと、
「わー!やっぱ河豚ねーちゃんはすごーい!」
「お腹ポンポンー、あははは、おへそもおっきい!」
と、ジェシカの大きくなったお腹を突きながら遊んでいた。
「うっ!おほ…な、何してるのよ…つっ、突かないで…あっ、おへそはダメっ…!」
子供たちは彼女の素っ頓狂な声に笑いながらお腹をいじり続ける。
「あっ……もう……!いい加減にしなさーい!」
ジェシカはお腹を揺すって子供たちを振り払いだした。
「わっ!河豚姉ちゃんが怒った!」
「にげろー!」
「ちょっとあんたたち待ちなさいってー!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


14 夢のあとに (Res:11)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 14
1名無しさん :2016/10/08(土) 21:20:44 dy22IzrU
「ねぇ先生、赤ちゃんはどこから来るの?」

小さな子供なら誰でも持つ疑問。
まだまだ幼稚園2年目、ベテラン教諭とはとても言えないわたしだけれど、さすがにこの手の質問に困惑することはない。

「赤ちゃんはね、お母さんのお腹から生まれてくるんだよ」

まだ物心ついて間もないようなお子様には、こんな簡単な事実を伝えるだけで十分なのだ。そうしたら「ふ〜ん…」とわかったような、どうでもいいような顔をして、すぐにまた積み木に気が向いてしまう。
普通の子はこれで満足なのだ。その時を除いては。

「でもね先生、赤ちゃんがね、いっぱいいたら?」
「え…?」
「もしね、赤ちゃんがいーーーーっぱいいたらどうなるの?」

まだ日本語も拙いこの子の真意はわからないけど、そう言われて少しだけ胸が高まってしまうのは、実はわたしが少し普通の女性とは違った嗜好を持っていたことを思い出してしまったからかもしれない。
そして、これから普通じゃない毎日が始まるなんて、この時は思ってもみなかった。

すべてはあの日の夢を境に変わってしまったんだ。

5名無しさん :2016/11/05(土) 16:02:16 0xoFRrAk
>>4
下から8番目の所、「バンク」じゃなけて「パンク」ですよ


6名無しさん :2016/12/01(木) 01:38:33 6PfEvLg6
>>5んなことはいい。
続きはよ


7名無しさん :2016/12/08(木) 22:36:43 86QubSvA
「………なぁんてね、小さい子って本当に突飛な発想もするけど、やっぱり純粋で可愛いよねぇ。」

テレビを見ながらご飯をかき込む彼。大学を出てから、つまり私が幼稚園の先生になってからだから、同棲してかれこれこちらも2年ということになる。
一見無反応な彼。でもそっけないように見えて、実はただシャイであまり感情を出さないだけ。彼も大学を出て就職したからちょうどこの生活も慣れて安定し始める頃だ。
つまり、なーんの変わりもない、ただ普通の、一般的な同棲2年目のカップル。小さいテーブルを挟み地べたに座っての夕食。いたって普通だ。

「まぁ……なぁ。大人じゃ思いもよらない発想は、な。」
「ね。知らないくらいいっぱい赤ちゃんがいたらってね、笑っちゃうよね。」

ついおかしくなってクスクス笑ってしまうわたし。だってそんなのありえないもん。

「な。」

短く返して残ったご飯をかき込むと、彼はお椀を机に置いた。
それから、一瞬だけ何かを考えるみたいな素振りをした。そっけないように見えて、言葉を探す彼の目はいつも少しだけ遠くを見る。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


8名無しさん :2016/12/08(木) 22:37:37 86QubSvA
そう言うと彼は私の後ろに回って、目一杯に両手を広げた。うーんと、これ以上伸びないってくらい手を引き伸ばして。
これ、わたしのお腹どれくらい大きいの想像してるんだろう…彼のすらっとした両手を目一杯広げても、収まりきらないようなわたしのお腹って……

「ちょっと、もー、さすがにパンクしちゃうよwこんなの……」
「じゃぁ堕ろすの?」

堕ろす。それは紛いもない、殺すということ。子供好きなわたしには十分過ぎるほどに深く刺さる言葉だ。
まっすぐにわたしの目を見つめる彼。一体彼は何を考えているんだろう。
もし彼との子供が、こんなに破裂しそうなほどお腹で育つなら……いっぱいいっぱい……

「…………育てる………さすがにパンクしちゃうかもだけれど………ううん、パンクしないように、どんなに限界を超えそうになっても、必死に大きく膨らんでみせる……かな……大事な赤ちゃんだもん。」

わたしのことをじっと見つめてた彼。真面目な顔をしていた彼だけれど、ふとニコッと笑って、口元を緩ませた。

「なんちゃって。冗談だよ、じゃ、風呂入ってくるわ。」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9名無しさん :2017/09/05(火) 20:04:56 kBe3ySig
食器を片づけ、彼が風呂から上がり、わたしが風呂に入ると、
シャワー中鏡に映った自分の体型を見つめていた。
腰はくびれて扇情的に張り出しており、腹部は薄らと程よく皮下脂肪が付いている。
更におへそは縦長で深く、指がどこまでも入ってゆきそうな程、奥が暗く見えない。
あと、おっぱいも程よい大きさで、恐らくだけどDカップぐらいはある。

そんなわたしの身体が、妊娠したらそれぞれどう変化していくのか。
そう考えると、わたしのお腹が大きくなっていくことをまた想像してしまう。

「もしかしたらどんどん大きくなって、服のサイズが合わなくなりお腹がはみ出て……」

なんて、その内お腹が剥き出しになりそれを人前で見せてしまうのではと思う。特に彼の前で。
もしそれが本当になるとしたらと思えば、胸のドキドキが止まらなくなってきた。


10名無しさん :2018/08/10(金) 20:43:00 pzgE1TDw
妄想はとめどなく、そのうちお腹が剥き出しどころでは済まないのかもと
思い始めた。風のうわさだが、何処かには100人以上も身ごもった人が
いると聞いている。自分もそうなってしまうのか、そう考えていると・・・。


11名無しさん :2018/08/11(土) 13:38:58 CeMPY3PI
っていけない、今はシャワー中だった。
ずっと考えているのも仕方ないとわたしは急いで体を洗い終え、風呂からも上がった。
体を拭いて、パンツを履き、ブラを付け終えた。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


15 風俗嬢 莉音の場合 (Res:9)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 15
1名無しさん :2017/06/25(日) 21:50:39 4fmIusa6
そう遠くない未来のこと。
人知れず路地裏で営業しているその店の看板にはこう書かれていた。
「Biggest Girls Bar」
バーとは銘打っているが、あくまで表向きそう名乗っているだけであり、その実態は派遣型風俗店だ。

「莉緒ちゃん。指名入ったから。この時間でよろしく」
「はーい、店長。金額は?」
「12万」
「うーん、せいぜい特Aって感じ?」

ここには普通の性サービス提供店と異なっている点がひとつ…

「まぁまたアレよね。どうせそんなデカい腹なんか見たことないんだし。」
「莉音ちゃん」
「胸だって今のサイズで十分なくらいじゃん?どんなに大きくても抱えられないほどってのは全然…」
「莉音ちゃん、ちょっと」
「お腹ちょっとしたバランスボールくらい膨らまして、『破裂しちゃう〜!』なんて言ってればそこらへんの男……」
「おい、莉音ちゃん!またそんな…」
「ふん、いいもん。できるもんなら破裂するまで膨らましてみろってこと。じゃね、次の予約行ってくるから。」

ドアを開けて出て行く莉音。
大きく弾む胸が、左右からわずかにはみ出て見えるその背中を見つめ、店長と呼ばれたその男性はため息をついた。

「はぁ…いつか…いつか本当に破裂させられても知らないからな…」

これはひっそりと営業される膨張フェチ専門風俗店での話。

3 :2017/07/15(土) 23:00:16 ???
初参加です。
いろんな人に参加してもらえるよう、定期的に設定などまとめていこうと思っています。
設定に対してだけのコメント大歓迎です。

========

*登場人物:
 ・莉音(りおん)
  ・風俗嬢
  ・性的感度に応じて膨張する
  ・バランスボールサイズは楽勝
  ・今まで仕事では満足するくらい大きくしたことがない

 ・店長
  ・男性
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4名無しさん :2017/07/16(日) 04:24:42 KByOZH6A
初めまして、一つ質問です
店長が破裂を仄めかすような発言をしてましたが、実際に誰かがパンクしちゃう展開もアリでしょうか?


5名無しさん :2017/07/16(日) 04:27:54 7RQ09T4I
スレ主です。この世界観なので、破裂もありかなと思っています。
でもあくまでフィクションなので、命に関わらない範囲で…


6名無しさん :2017/07/16(日) 05:38:21 KByOZH6A
返答ありがとうございます。承知しました
どこまでやれるか分かりませんが、続きを書かせていただいてもいいですか?


7名無しさん :2017/07/16(日) 17:17:30 7RQ09T4I
是非お願いできれば嬉しいです!自分も時々書く感じになると思うので、気長にお願いできれば…!


8名無しさん :2017/07/18(火) 06:19:28 75TFTxtc
>>7
了解しました。よろしくお願いします!

店長の小言を聞き流し、店を出てからしばらく後…
莉音は都内にある某マンションにやってきた。

(なーるほど…)

15階建て、おそらく新築、窓の間隔を見るに間取りは2DK、駅から徒歩10分、家賃は15万強といったところか

(うん、B…ってところかな)

莉音は第一の値踏みを済ませ、オートロックに部屋番号を入力する。
数回の呼び出しの後、マイクの向こうから男性の声が流れた。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9名無しさん :2018/08/11(土) 09:58:50 SdFNNXFA
ピンポーン!
「はーい、今行きます」
その男はすぐさま玄関に駆け付け、そっとドアを開けた。

ガチャ
「いらっしゃーい、待ってたよ。えーっと…」
「莉音です。こんにちは」
「はい、こんにちは」
莉音は靴を脱ぎ玄関を上がり、廊下を歩きながら辺りを見回す。
「なるほど…片付いてますね。この日の為に必死で掃除したのかな?」
「さ、さぁ…偶々だと思うけど……」
「ふ~ん、中々頑張ったようですね」
「ど、どうも…」
と言った彼だが実は、普段からきちんと豆に掃除しているところを、
今回は折角彼女が来るということでいつもよりも徹底して掃除していたのだ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


16 Alive or Explosion (Res:626)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 16
1N.T :2015/03/02(月) 18:41:08 KE7FWLQM
生きるか、破裂か

男女1組がペアとなり、男は襲い来る敵からペアの女性を守り、女は破裂の恐怖に襲われる

今ここに、史上最悪のゲームに巻き込まれた数組の男女の物語が始まる

(この物語は、襲ってくる機械や怪物、数々の罠などが存在する謎の施設に監禁された数組の男女ペアを中心に描いていきます)

ゲームの内容は

1、指定された宝を全組で力を合わせすべて手に入れれば、その場でゲームクリア

2、襲ってくるものは全てペアの女性のみをターゲットとし、空気、液体などを注入し、腹を破裂させようとしてきます(中には胸を膨らませる物も)、もしペアの女性が破裂、または死亡した場合はそのペアが失格

3、もし全組が失格となった場合はゲームオーバー

ゲームの途中で参加者が追加されることも予定されています

注意(この物語は(強制的に膨らまされる)(破裂未遂)(腹が破裂)するシーンなどが多々続きます)

そういうシーンが苦手な方などの視聴は注意してください

620N.T :2018/06/12(火) 13:52:57 LlpWSe3c
隆二「おい結城、そんな緊張するな」

結城「ば、ばかやろう!緊張なんて、ししししてねぇよ!」

隆二「そんなガクガク震えてよく言う・・」

征志郎「失礼しますー」

隆二「よう、征志郎、久しぶりだな」

征志郎「はい!お久しぶりです!結城さんおめでとうございます!」

結城「お、おう!ああ、ありがとう」

征志郎「?」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


621N.T :2018/06/12(火) 14:02:29 LlpWSe3c
隆二「だが、結城もついに結婚か」

征志郎「これで全員ですね!」

拓也「そうなるな!たくーもっと早く決心しろよなー結城ー」

征志郎「そうですよー明美さん待ってたじゃないですかー」

結城「お前たちと違って職につくまで時間かかったんだから仕方ないだろー!」

ガチャ

アムダ「新婦の準備ができたわよー、さっさときなさい」

結城「お、おう!今行く!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


622N.T :2018/06/12(火) 14:19:24 LlpWSe3c
結城「あ・・」

明美「ユウちゃん・・えっと・・どうかな?」

目の前には純白のウェディングドレスを着た明美がいた

結城「あ、えと・・あの・・」

隆二「何をしている結城、言うことがあるだろう」

結城「あ、ああ・・明美」

明美「うん・・」

結城「綺麗だ」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


623N.T :2018/06/12(火) 14:29:30 LlpWSe3c
ある日、突然に失った平和な日常、長き日駆け回った死と隣り合わせの恐怖と絶望
だが、覚悟を一つにした仲間たちと共に、傷つき、泣き、そして助け合い
そしてついに、絆と愛の力で日常を取り戻したのだ

明美「ユウちゃん」

結城「なんだ?」

明美「私・・とても幸せだよ」

結城「明美・・俺もだ、これからもずっと一緒にいような」

明美「うん、ずっと一緒に」

結城「よし、行こう!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


624N.T :2018/06/12(火) 14:39:18 LlpWSe3c
結城

(無事に帰還後、明美と共に元の学園生活へと戻る、朝になると明美が蹴り起こし、そして共に学校へ登校、そんな今までの毎日を過ごしていった
だが唯一違ったこと・・それは明美との関係であった、ただの幼馴染から、最愛の恋人同士へ・・
卒業後、明美と同棲を始める・・だがそれから隆二、征志郎、拓也が結婚したことで焦りもある中、遅れること2年後
ついに明美と結婚式を挙げた、今までだらけていた自分を捨て、明美と共に生きるこれからの未来のために進み続ける)


625N.T :2018/06/12(火) 14:47:05 LlpWSe3c
明美

(無事に帰還後、結城と共に元の学園生活へと戻る、朝には結城の家に出向き、寝坊する結城を蹴り起こし共に登校、そんな今までの毎日を過ごしていった
だが、唯一違ったこと・・それは結城との関係であった、ただの幼馴染から、最愛の恋人同士へ・・
卒業後、結城と同棲を始める・・春奈、華蓮、唯が結婚していく中、明美は結城との今が何より幸せであり、そこに微塵の焦りもなかった
そしてついに結城からプロポーズされ結婚式を挙げた、明美が子供のときから描いていた夢がついに現実となったのであった)

そして・・・・


626N.T :2018/06/12(火) 14:58:53 LlpWSe3c
明美「忘れ物ない?」

結城「おう!大丈夫だ!」

明美「もー!また時間ギリギリじゃない!遅刻してクビになっても知らないよー!・・だから私が朝起こそうかって言ってるのにー」

結城「いいや!これくらい自分で出来るようにならないとな!いつまでも明美に頼ってばかりなわけにはいかないし!」

明美「もう遅いと思うんだけどー・・」

結城「ん?なんか言ったかー?」

明美「ううん何も!・・ほら早く行かないと!」

結城「おう!それじゃあ行ってくるぜ!・・おっと!忘れる所だった!」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


17 膨らませ愛 (Res:110)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 17
1名無しさん :2014/12/15(月) 17:41:46 JEqFeBFc
おっぱいを膨らませるのが好きな女の子と、お腹を膨らませるのが好きな女の子の膨らませっこなシチュエーション
出産・無し スカ表現・無し 膨乳表現・有り 破裂・有り です

104◇As3at78e1n :2017/02/11(土) 20:27:18 PY2aO4RA
あれから全然進まなかったようでしたので、普段は書く暇あまりないですが僕が代わりに書いてみました
試行錯誤しすぎてめちゃくちゃ疲れた…(汗)
ちなみに僕、名前は違えど特異体質-rebuildというスレも担当しています
-----------------------------------------------------------------------------

「よーし、だったらそういう子は…」
「レイナ……えっ?ちょっと!何をっ…」
突然レイナがサナに飛びかかります。仰向けになったサナの肌を撫でまわし、舌を這わせ始めたレイナ。首筋、鎖骨、脇の窪みと、匂いを嗅ぎながら舌を舐めまわします。

「一度こういうのやってみたかったんだよね……」
「レ…レイナ、もうやめてよ……」
「分かった分かった……じゃあここはどうかな?」
「ちょっ、そこは……ああっ」
「それにしても柔らかくて気持ちいいなぁ~」
と、レイナはサナのおっぱいを揉みしだきました。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


105膨らませ愛 ◆8.M2VpLB0o :2017/02/17(金) 17:11:02 OqG5Gf2M
今まで続けてくださっていた方へ
更新期間が空いていることを考慮してここからは別の方とのリレーに転換いたします。
これから途中参加する形での復帰も歓迎です。もちろん気が向いたらで結構です。

新しく続けて下さる方へ
混乱を避けるために基本は二人体制でのリレーを心がけてきましたが、今まで続けてくださった方に限り途中参加OKということにさせて下さい。

執筆ありがとうございます。
これからよろしくお願いします。


106膨らませ愛 ◆8.M2VpLB0o :2017/02/17(金) 18:01:49 OqG5Gf2M
それからしばらく、レイナとサナは互いの体を啄ばみ合いました。
ゆったりと注入される空気によって、少しずつ膨らみ行く二人。
のろのろと愛し合う時間が過ぎる中、レイナはふと、隣で共に大きくなる大玉に目を向けました。

「んー…あんまり大きくなってないわね…コレ」
「そりゃあねえー。私たちの身長より大きいんだもん」

るるん!とエアコンプレッサーが唸りました。
それはまるで、空気が分散してるんだからパワー不足に決まってるだろ!という文句にも聞こえます。

「んーんー。ねえサナ」
「くすぐったいよぉ…で、なぁに?」
「飽きてきちゃった」
「またそういうこと言うー」
レイナはその場にごろんと横になってしまいました。そして気だるそうにサナのおっぱいを摩ります。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


107膨らませ愛 ◆8.M2VpLB0o :2017/03/21(火) 03:54:05 cyPWvUdw
更新がないのであげてみます
続き募集中


108管理者権限削除 :管理者権限削除
管理者権限削除


109◇As3at78e1n :2018/05/19(土) 13:27:08 iMRw9ZEs
久しぶりに上げ
早く続きを


110膨らませ愛 ◆8.M2VpLB0o :2018/05/20(日) 14:27:27 bf5aHUpI
スレ立てた者です
リレー続けてくれる方いらしたらどうぞ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


18 バルーン相撲 (Res:9)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 18
1名無しさん :2018/02/06(火) 21:27:28 f8LGK7p.
近未来で行われる悪趣味なショー。
胸や腹を超巨大に膨らまされたものが、
リングの上で激突!

3名無しさん :2018/03/19(月) 21:43:43 ZvKXf9zo
真っ暗だったホールにスポットライトが照らされる。
ホールには円形のちょうど直径10メートルくらいの大きさのステージが現れた。
続てて、小さな足音とともに『競技者』が現れた。


4名無しさん :2018/03/19(月) 21:54:19 ZvKXf9zo
2人現れた『競技者』はともに女性である。
そうこのバルーン相撲、女性にしか戦えない競技なのである。
現れた2人の格好は普通のスポーツして見るにはあまりにも異様な格好だった。
2人は一切の衣装を身にまとっておらず全裸、さらには股間にはパイプのような
ものを咥えており、そのパイプは青いチューブにつながっていた。


5名無しさん :2018/03/19(月) 22:04:17 ZvKXf9zo
女性2人はともにステージの中央までチューブを引きずりながら歩み寄ると
競技の挨拶としてお互いに握手をする。
これをきっかけに競技の準備が行われる。


6名無しさん :2018/03/19(月) 22:12:03 ZvKXf9zo
競技は3つの部門で行われる

双方50リットルのガスを注入し、どちらかがステージアウト、またはガス残量
1リットル以下、試合終了時のガス残量のいずれかで競う「押し相撲」の部。

双方500リットルのガスを注入後にガスを注入しながらぶつかり合い、お腹の
弾力と耐久性で競う「膨らみ相撲」の部。

さらには双方50,000リットルものヘリウムガスを注入後、センサータイツを
全身にまとって、競技場内にお腹が触れた方を負けとする「空中相撲」の部。

今は「押し相撲」が始められようとしていた。


7名無しさん :2018/03/19(月) 23:09:53 ZvKXf9zo
2人の手が握手から離れた直後から静かな会場に音が響き渡る。
「シュー・・・」
そう、競技する女性のお腹に50リットルのガスが注入される音である。
注入後では握手が難しくなるため、握手の後にこの準備が行われる。

「うっ、くぅ・・・」
「はぁ・・・はぁ・・・」

注入が終わると股間からチューブが抜かれて回収されていく。
ここからは彼女たち自身の筋力だけで、お腹に注入されたガスを漏らさぬように
していかなければならない。


8名無しさん :2018/03/29(木) 19:17:22 uBOAWpt.
試合開始と共に2人はぶつかり合う。
ボン!
とお腹同士がぶつかる音。
そのまま2人は、力いっぱいお腹を押しあっていく。
そのときにガスが少しずつ漏れ出すので、選手はガスの残量にも注意を払う必要がある。
また、膨張した部分同士の触れ合いは、場所によっては敏感に感じてしまうこともあり、
競技場に出ている女選手は、常に気力にも体力にも気を配らなければならない。

ちなみに競技者は皆、強い順に決められたランクで付けられている。
最初は皆Eランクだが、強くなるごとにD、C、B、A、そして最高のSへとランクアップされる。
本当の大相撲で例えるなら、Dが前頭、Cが小結、Bが関脇、Aが大関、そしてSが横綱ってことだろう。
また、Sランクでも「押し相撲」、「膨らみ相撲」、「空中相撲」と部ごとに分けられており、
こうして部を1つにまとめると、Eランクは言うまでもなく、Dランク以上の合計人数さえとても多いだろう。
ちなみに、今試合中の2人は共にEランクだ。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


9名無しさん :2018/04/14(土) 11:18:16 bkq9Pb/M
少し付け加えておくなら
SSクラスというのもあるにはある。
SSクラスの部は一つ、「上昇相撲」のみだ。
しかしこれは俗にゆう「闇のゲーム」であり、公には認められていない。
内容は空中相撲に似ているが、お互いガスが注入され続ける所は膨らみ相撲に似ている。
勝敗を決めるのはただ一つ、どこまで高度を上げられたか、だ。
一応安全のためチューブの長さは8000メートルであり、その高度に両者が達した場合は
先に破裂した方を負けとするようになっている。
最もそこまで行く頃に注入されるガスの量は計り知れず、其処まで上昇したのは
今のところただ一人だけだ。

おっと、勝負がついたようだ、果たして勝利したのは・・・・・・・・。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


19 ユイの年越しチャレンジ! (Res:60)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 19
1名無しさん :2015/12/31(木) 18:45:41 bJzlv/YI
残すところも今年はあと5時間と少しとなりましたね!
年越しにちなんで、爆乳美少女のユイちゃんに来てもらいました。
彼女は一見ただの美少女に見えますが、実は魔法少女。みなさんの好きな方法で大きく膨らますことができます。

魔法のおかげでみなさんの創造力の限り好きなだけ膨らますことができますが、新年を迎えると同時に、どんな大きさであれぱあぁぁぁあんと破裂してしまいます。

「じゃぁまずは、ユイ自身の魔法で、妊婦さんみたいに……」

ほら、ぐぐぐっと、臨月みたいなお腹に。おっぱいも洋服をひきちぎりそうになりながら膨れ上がっています。

さぁ、このスレを見た人は、一行だけでもいいのでユイを膨らましてあげましょう!どんな方法でも、どんな文体でも構いません。
それではよいお年を!

54名無しさん :2018/02/27(火) 01:35:58 c.njzYls
ドォォォォォン!!!!
ユイが膨らんでいたところを中心に


55名無しさん :2018/02/27(火) 01:39:01 c.njzYls
大地が揺れるほどの大爆発をフィニッシュにして、ようやくユイが理想とした水素大爆発と相成った。さすがにこの規模ではユイ自身も木っ端みじんだが、最後に感じた快感たるや相当なものであっただろう。


56名無しさん :2018/02/27(火) 01:42:50 c.njzYls
・・・イ、起きろー
たーく、善がりまくった挙げ句にいつまで寝てやがる、この不良娘!

木っ端みじんとなったユイだったが、気がつけば誰かに声をかけられ、ついでにほっぺたとペチペチされてることに気がついた。

「あ、れ?ここは・・・」

「おいおい、えっちぃことのしすぎで自分


57名無しさん :2018/02/27(火) 01:47:07 c.njzYls
のラボまで忘れちまったのかぁ?」

「あ…し、師匠?」

「あ師匠、じゃねーよお前!」

ユイに師匠と呼ばれた人物からチョップが入る。もっとも、攻撃のためにするそれではなく、ユイの気付け目的の軽いものだが。


58名無しさん :2018/02/27(火) 02:03:12 c.njzYls
「たーく、働きづめ気味だったユイに休み与えたら、物質具現化魔法やら痛覚無効化魔法やら使いまくって、挙げ句やったことは周辺に地震がくるほどの大爆発オナニーって、どんだけ変態なんだお前は!?」
「え!ええっ・・・見てたんですか!」
「見てたってお前はぁ!魔法使いすぎでラボ周辺のマナは激減しちまうわ、そうこうしてたら森の真ん中に巨大な風船が見えるぞってんで、何かしらの王都に災いとなる異常事態かもしれないっていう話になってたんでな、本来なら王都の宮廷魔術師が調査するところをなんとなーくユイの仕業だと思ったから私が引き受けたってワケだ。それこそ、ユイお前のオナニーだったなんてバレたらラボの品格も疑われるし、な?」

ユイはここまでのアプローチで悟っていた。普通にしゃべる師匠は怒っていないんじゃない。事実、現状怒っちゃいないが、それは怒りをとうに通り越した先の呆れ果てなのだと。


59名無しさん :2018/02/27(火) 02:21:05 c.njzYls
「さて、と。休みをあげたのは確かだけど、これだけマナの無駄遣いして、地震起こして・・・なんか罰与えにゃな、と思ってたんだが、お前がやってたオナニーで良いのを思いついたから、さっそく始めるからな?」

何を?と思ってみたユイの師匠の手は灰色のガスボンベのバルブを握りしめていて、そこから伸びるホースの先は自分の股間。

「シューーーー!」

「師匠、何しちゃってるんですか!?」

「あん?オナニーと同じようにお前の腹に空気詰めてるんじゃねぇか。」

「いやいや、これ魔法体じゃなくて実体ですから、あっという間にパンク・・・ってあれ?パンクしない・・・」

「そんななー?スプラッタなんて見たくないからな、ちゃーんと子宮が膨らむようにしておいてあるっての・・・とこれくらいかな。」

師匠がガスボンベのバルブと閉じた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


60名無しさん :2018/03/08(木) 01:50:19 YuixwEMg
―などとその気になっていた師匠の姿はお笑いだったぜ。

そう
今のユイは以前のユイではないのだから


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


20 ミルク風船乳コンテスト (Res:92)
All First100 Last50 SubjectList ReLoad 20
1名無しさん :2015/02/01(日) 06:02:31 emt4.SJQ
母乳をはちきれんばかりに溜め込んで、おっぱいの張りと形を競う、ミルク風船乳コンテスト。そういうお店の乳姫達が、スイカみたいなおっぱいをさらにさらに膨らまして頂点を競います。

そんな小説が見て見たいです。

基本、ミルク膨乳、吸い合い、ミルク膨腹、のループで、現実に近い大きさの膨腹、膨乳設定が望ましいです。破裂やスカは無しの方向で

86名無しさん :2015/10/31(土) 02:46:41 qZWVZzrM
さて。由美ちゃんを乗せたままの優衣子さんですが、またもや喉の渇きで目を覚まします。

「千佳…早く…飲むものぉ…。」

もう、今だったら、プールの水全部でも飲めてしまいそうです。
もう、飲んで飲んで、身体が薄い膜でできた水風船みたいになるまで飲んで飲んで…。

「もう、干からびちゃうよぅ…」


87名無しさん :2015/11/06(金) 03:39:25 h24vRkQE
喉カラカラのくるしさとお腹パンパンなくるしさはなんか似ている気がする優衣子さん。
数えるほどしかお腹パンパンになったことがないのでそう感じるのかもしれません。

でも、今日は思う存分ミルクが飲めるのです。14人の大切なミルク姫がはち切れんばかりのミルクタンクをで…。ん〜飲みたい飲みたい飲みたい早く…早くぅ〜!

もう…まち…きれ…な…


88名無しさん :2015/11/06(金) 04:25:47 h24vRkQE

ちょうど、まさにその時…。

むにゅん…。


「はあぁぁぁぁうん…う〜…」

ミルク風船えりちゃんが優衣子さんにお届けされました。ぼゆ〜ん。ぼゆん

ぼゆんぼゆん。もう噴乳後も身体に力の入らないえりちゃん。のしかかったまま、おっぱいがたゆんでバウンドします。

「ゆいこ…しゃん…ふはあ、おっ…はい…ひゃああああ…ん…ふはぁ」

連れて来られる間に、なんだかんだ里奈ちゃんに揉みしだかれてますますへろへろになってしまったえりちゃん。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


89名無しさん :2015/11/06(金) 10:41:38 h24vRkQE
バスト277cm。

優衣子さんはえりちゃんの胸を目測します。まだまだミルクは片胸に5Lほど入っているようです。

じゅぷっ。ちゅぱっ、チュプッ。優衣子さんはえりの乳首を咥えては伸ばし、噛んでは転がし…。

「あっ、い、あっ、あっ、んっ。ん、んっ」えりちゃんは思わず顔をしかめて快感に耐えます。乳首の乳腺が凝っていると、なかなかミルクが出なくなってしまうのです。そこだけはほぐさなかった千佳と里奈。
風船の口をほどくのは、優衣子さんにお任せです。

「じゃ、ほぐしてからいただくわ〜」コリコリっ「ふあっ?!」えりは再び乳腺をほぐされる快感にビクン!のけぞります。優衣子さんは、さらに乳首の乳腺を舌先と甘噛みでほぐしてゆきます。
「もう、コリコリはいやぁ〜。んん〜!」
「コリコリ…」ふあぁ〜「コリコリ…」ふぁう…。えりちゃんもう限界です。意識が…遠く…。
ぷっしゃああああ〜。
かぷっ。解れた乳首のミルク噴水を遊衣子さんは一気にお腹に収めてゆきます。
ごきゅっ。こぷっ。チュプッ、ちゅう…ちゅうちゅう。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


90名無しさん :2015/11/08(日) 15:38:57 qkyJ2dyk
すみません。作者の者です。諸所の事情により、ストーリーはここまでとなります。こちらでは削除できないようですので、管理人さん削除をお願い致します。


91名無しさん :2015/11/10(火) 01:19:53 /16oBXL2
何があったかはわかりませんが、
これだけのものを削除なんて悲しすぎます。
どうか、残しておいてください。

そして、作者様も落ち着いたら再開お願いします。


92名無しさん :2018/01/04(木) 01:47:27 X.PRuyHc
あれから三年の時が経った。
この三年間で膨腹、膨乳業界は大きく変わった。
現在、彼女たちはー。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード