板情報 | ニュース/マスメディア/政治 ]

スレチスレ

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 2018(643) / 2 : 2017年(222) / 3 : 20182(901) / 4 : 20181(1)
  (全部で4のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード


1 2018 (Res:643)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1名無しさん :2018/02/03(土) 01:10:08
メモ

637名無しさん :2020/11/27(金) 22:09:28
●トランプ政権、台湾に急接近
>>なぜワシントンがこれほどまで台湾に肩入れするのか。それは、台湾が「第1列島線」(日本列島、沖縄、台湾、フィリピン、ボルネオ島に至るライン)の“要”だからである。
>>台湾防衛こそ、米国の東アジア戦略の最優先事項だと考えられる(ただ、「親中派」のバイデンが次期大統領に就任すれば、この限りではないかもしれない)。「海洋国家」米国と「大陸国家」中国の間では、「第1列島線」がその攻防ラインとなる。仮に台湾が中国の領土となれば、中国軍は容易に沖縄やフィリピンを脅かすことが可能となるだろう。2010年、中国での「反日デモ」の際、「琉球を取り戻し、沖縄を解放せよ」というプラカードまで登場した(中国人は、昔、琉球王国が歴代中国王朝に朝貢していたので、沖縄が自分の領土だと考えているふしがある)。他方、もし台湾が自国領土となれば、中国軍が「第2列島線」(伊豆諸島、小笠原諸島、グアム・サイパン、パプアニューギニアに至るライン)まで軽々と到達できるだろう(ひょっとして、「第3列島線」<ハワイから南太平洋の島嶼国サモアを経由してニュージーランドに至るライン>までか)。
>>我々は、アルフレッド・マハン(Alfred Mahan)の理論に注目したい。マハンは「いかなる国も『大陸国家』と『海洋国家』を兼ねる事はできない」と喝破した。軍事費が、膨張するからである。また、不得意な領域(「大陸国家」の場合は海軍、「海洋国家」の場合は陸軍)に力を注いでも、なかなか軍が機能しないからだろう。確かに、今までのところ、(サイバー軍・宇宙軍は別にして)従来型の軍の場合、マハンの理論通り、歴史が推移している。
>>第2次大戦前及び戦中、「海洋国家」である我が国は(朝鮮半島から)中国大陸へ進出して失敗した。他方、「大陸国家」のドイツがUボートを製造し、「海洋国家」の英国に対抗したが、上手くいかなかった。大戦後、「海洋国家」米国が朝鮮戦争とベトナム戦争で、その圧倒的軍事力をもってしても勝利できなかった。また、「大陸国家」ソ連が原子力潜水艦を製造し、米国に対抗した。しかし、ソ連も成功せず、自壊した。
21世紀に入り、中国が軍事拡大路線を歩んでいる。だが、今後、空母を建造して米国に対抗しようとしても、米国を凌駕するのは難しいのではないか。近年、習近平政権は「混合所有制」改革(活気のある民営企業とゾンビの国有企業を合併)や民営企業との「統一戦線」(主に「習近平思想」を学習)を行っている。政治優先の「第2文革」の発動である。そのため、習主席が登場以来、中国経済は右肩下がりが続く。
特に、今年、「新型コロナ」の影響で、第1四半期~第3四半期、投資・消費がそれぞれ前年同期比+0.8%と-7.2と散々な数字となった。来年以降、中国共産党が軍事費を増大させるのは、根本的に無理ではないか。したがって、北京は、当分の間、台湾への「武力統一」は控えるかもしれない。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/8533320693058d30b5826279ea6e806a849978b0
●菅首相はどこで何を間違ったのか……学術会議問題“失敗の本質”
>>「安倍政権の今井尚哉秘書官は耳の痛いことも直言できる存在でした。ところが大沢氏ら首相秘書官は95年前後の入省と経験も浅く、首相のイエスマンに過ぎない。そのため、都合の悪い情報が入らないのです。反面、杉田氏ら限られた側近やブレーンの進言だけを鵜吞みにする。さらに言えば、安倍首相には菅官房長官が居て、森友・加計問題では防波堤になっていました。ところが菅首相は、自らが表に出ては答弁に綻びを生じさせてしまう。今回のような事態は今後、必ず繰り返されます」(前出・デスク)
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/9af6f36648a81bdc4ea14655ee07eef9b4c30e2f?page=3
●口座ひも付け義務化を見送り マイナンバー制度で政府
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/146243fcd1dae5bf3e7eeeec74c743e3457da664
●覚醒剤237キロ密輸の疑い イスラエル国籍の2人逮捕
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/6352bd9347c0678a41e8d9cfc83eb466e5632994


638名無しさん :2020/11/28(土) 11:17:11
●イラン、核科学者暗殺で報復宣言 イスラエル関与「重大な形跡」
[ドバイ 27日 ロイター] - イランの国営メディアは27日、首都テヘラン近郊で核科学者のモフセン・ファクリザデ氏が暗殺されたと報じた。自動車に乗っていたところ何者かに襲撃され負傷。搬送先の病院で死亡した。同氏はイランの核開発で中心的役割を担っていたとされる。最高指導者ハメネイ師は国営メディアで報復を宣言。ハメネイ師の軍事顧問を務めるデフガン氏はツイッターで「殺人者を急襲し、その所業を後悔させる」と述べた。ザリフ外相はツイッターで、暗殺にイスラエルが関与したことを示す「重大な形跡」があるとした上で、国家ぐるみのテロ行為を非難するよう西側諸国に要求した。メッセージアプリ「テレグラム」のイラン革命防衛隊系アカウントによると、国家安全保障最高評議会が軍司令官らを交え、緊急会合を開いたという。こうした中、国連のグテレス事務総長は広報を通じて「ファクリザデ氏暗殺に関する報道に留意しており、地域の緊迫化につながるような行動を回避し、自制するよう求める」と表明した。イスラエルや米ホワイトハウス、米国防総省、米国務省、米中央情報局(CIA)、バイデン氏政権移行チームは、いずれもコメントを控えた。ファクリザデ氏は、イランが秘密裡に進めていた核兵器開発のトップと目されてきた。国際原子力機関(IAEA)は2015年の報告書で、同氏が「核開発の軍事的側面」を支援するための活動を監督していると指摘。ただ、イラン側は長らく核兵器開発を否定している。オバマ前大統領のイラン担当顧問を務め、バイデン陣営にも非公式に協力しているロバート・マリー氏は、ファクリザデ氏の殺害について、トランプ政権の末期に起きた一連の動きの一つと指摘。「一つの目的は、イランの経済や核開発にできる限りのダメージを与えることで、もう一つの目的はバイデン氏にイランと外交関係や核合意を容易に再開させないための試みと言える」と分析。誰が暗殺に関与しているかについては明言を避けた。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/d046c3bb9d7115c754358e4b4e6b90e91eea26ff
●国防長官人事に二の足 党内左派の反発で 次期米政権
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/9523c4a948950b0b2a803a249026b0711f6a6423

菅義偉首相は急がないことを急ぎ急がなきゃならないことを先送りにする。マイナンバーと口座ひもづけはコロナ給付金の時みたいに政府が国民に緊急支給するのに有効。運転免許や保険証のデジタル化けより先にやらなきゃならないことなのに…今ならコロナで必要性がわかったから導入しやすい。日本政府に口座の存在や残高を知られたくない在日外国人によるの反対があったのだろうか。各種免許証や保険証のデジタル化は病院に行く高齢者がスマホを持ってないかもしれないからスマホを普及させた後でもいいが、日本人ならみな銀行口座ぐらいもってる。それを申告するついでにマイナンバーカードもつくればいいのでは。もし政府の情報管理システムに脆弱性がありまだ安全が確認できないから危険すぎてやめた、というなら保険証や運転免許証のデジタル化も見送っては。
菅義偉首相に対し「この施政センスの無さはなんなんだ?」と感じて元々党内政争担当、謀略担当の小沢一郎タイプだから仕方ないな…と気づいた。


639名無しさん :2020/11/28(土) 11:31:05
バイデン当選に焦ったイスラエルとサウジアラビアが、トランプ大統領が政権にいる間に何がなんでもイランをアメリカとの軍事戦争に引っ張り出そうと、なりふり構わず乱暴な手段を使い始めた。アメリカの国防長官もエスパーを解任し対イラン強硬派に変えたばかり。今までは「マーマー神安倍晋三」がいてイランとアメリカになんかあると間に立って「マーマーオチツイテ」をやったが日本のような経済力のない国連やそのトップグテレス事務総長にそんな力は期待できない。フランスはイスラム過激派と喧嘩してるし…そもそも国連安保理+ドイツとイランとが締結した核合意からアメリカが一方的に離脱した時も立ち上がったのは、IAEA事務局長を出した日本だった。他にイランとアメリカを仲裁できる人は…。プーチン大統領はアゼルバイジャンの肩を持ったイランと対話するだろうか。今ならナゴルノカラバフ紛争でロシアに競り勝ったトルコエルドアン大統領が「イスラエルとイランとアメリカの間に立って仲裁」が一番効果があるかも。この仲裁役に中国が出てきてイランとアメリカの仲裁に成功すると次の「安倍晋三」(中東での中立的な仲裁者)は中国になる…。自民党、安倍晋三、日本政府が揃ってイニシアティブをとるべく20年奮闘した中東外交の努力が水泡に帰す。いつもイスラエルが発端だ。
しかもバイデンを当選させた民主党は早速内ゲバスタート。トランプ大統領でない共和党(ペンス大統領?)が日本にとっては一番話が通じる政権。共和党はトランプ大統領ひとりだけが「アレ」だが民主党は党内に派閥単位で「アレ」がいるから厄介。
バイデン当選が優勢になってから日米防衛協力が活発化、米軍のやる気も復活、アメリカ軍が息を吹き返したような気がする。トランプ大統領は2016年自分が勝った時も不正選挙だと騒いでいた。自分が勝ったのになんで「選挙に不正がある」と言ってるんだ?とトランプ大統領側の言い分を調べたら「自分の得票はもっと多いはずだ!」と(2016年も)主張していた。自分が勝ったときにも不正があるといい、負けても不正があるという。トランプ大統領はよくわからない。もし不正があるというなら裁判所に告発し根拠を提示し訴えればいい。今のトランプ大統領は証言や映画が歴史的犯罪の証拠だと言い張る韓国慰安婦と同じくらいヤバイ。


640名無しさん :2020/11/28(土) 15:06:44
●【米政権交代】ホワイトハウス、不正投票のトランプ氏主張を否定
2016年11月29日
ttps://www.bbc.com/japanese/38140329
●イラン科学者暗殺は「犯罪」、CIA元長官が批判 紛争勃発の恐れ指摘
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/48e19d04ee9c3c87bbbd68c42e38485e80f55bdd
●バイデン氏の「尖閣に安保適用」を喜ぶ政府とマスコミの滑稽さ 米国の本音は「前面に出たくない」〈AERA〉
>>米国国務省の高官が在米日本人の会合で「米国はカナダとの境界付近にある無人島やカリブ海、南太平洋の島々を巡り、17件も他国との意見の相違があるが衝突はしていない」とたしなめる発言をしたこともある。日本が隣国と小島の帰属を巡って争い、武力紛争になった際、米国が戦争の危険や経済的損失を覚悟して参戦するか否かは疑問と考えざるをえない。
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/8c511bcb81dac45aae3dca00c7389dcd334444e8?page=2
田岡氏の主張内容「アメリカは日本の安保に関係ないし責任もない」はトランプ大統領の執政期間中に学習した。アメリカに対して思いやり予算を払ってるのに日本を守らないのは契約違反じゃないか?と憤りを覚えた時もあったがようやく諦め、自国は自国が守るが一番安全、その為には早く憲法改正をと思ったが国民に危機意識がない。今の国会でも国民投票法案は成立せず。自分がアメリカ側だったなら、韓国のようにアメリカに安保を任せきりで改憲もしない日本をみていつか見捨てると思う。ファイブアイズやEUのように(アメリカの)親戚でもないし、中国共産党がここまで成長するまで改憲せず黙っていたのは日本国民。アメリカに安保できられて恨む筋合いはない。
改憲を唱える安倍晋三が首相になり選挙に勝ち続けたことで日本国民も危機意識、自立心が芽生えたのか、と思っていたらコロナでがっくりきた。菅義偉首相も一時的な代理(首相)と覚悟して就任した当初は、もしかして化けるか?と期待したり不安したりいったりきたりして注視していたが、学術会議問題で(首相に)国民から応援や賛同の意見が多く寄せられたこと、高い内閣支持率に気を良くしたのか「総理の椅子」に執着しはじめて段々外交方針がぶれてきた。菅義偉首相が掲げていた過激な内政改革(中小企業の再編、地銀の統廃合、最低賃金引き上げ)が予想外の反発から頓挫したのはありがたいが、安倍政権の路線を受け継ぐと言っていた「外交」まで方針がぶれてきたから再選は難しくなり、中途半端に終わりそうだと感じ始めた。


641名無しさん :2020/11/28(土) 15:14:26
菅義偉首相が選挙に勝って次も首相になりたいなら「中国には安倍晋三時代より強硬姿勢をとる」「アメリカ、台湾との関係強化」を国民に大々的にアピールした方が絶対有利なはず。今年前半期、新型コロナで孤立した中国を助けたのは日本。それに対し習近平は尖閣沖に漁船を派遣。恩を仇で返した習近平。いくらお人好しの日本国民も「中国流の報恩」に対し呆れ、習近平が主席のうちは日中関係はもう修復できない。文在寅大統領のうちは日韓関係が改善しないのと同じ理屈。新型コロナのお陰で大衆は対外的な攻撃性が上り、分かりやすい勧善懲悪を求めている。トランプ大統領時代はトランプ大統領とロシア・北朝鮮・韓国が繋がっていたから(日本が中国攻撃に出た隙に)北海道がロシアに侵攻される恐れがあり、中国攻撃に専念できなかった。「バイデンのアメリカ」ならアメリカ国内統一で手一杯、日本の手助けはできなくても邪魔はしない。日中がガチンコ勝負するならバイデンの在任期間中。これは単なる勘だが…今の中国は毛沢東が有能な人材を粛清した文革時代に似ている。老練な将軍や賢い戦略家は習近平に敵視され追放された。帝政ロシア時代の将校を迫害した結果、素人集団になったスターリン率いるソ連軍に近いのでは。以前の北朝鮮みたいに、最近中国メディアが盛んに最新兵器の開発に成功した、とわざわざ武器の有能さを喧伝している。本当なら実戦まで隠すはずなのに…と考えて「今はトップが正気じゃないから攻撃しないでくれ」と言っているようなもの?と感じた。中国本土を侵略する戦争でなく元寇のように日本防衛の為の海戦、離島戦ならベトナムみたいに防御に徹すれば勝てる。今は日本の方が有利。
菅義偉首相が(安倍晋三前首相以上の)人気を国民から得たいなら中国融和路線をやめて、習近平批判に回った方がいい。中国という国とは仲良くしたいが習近平はあまりに好戦的で周辺諸国と揉めすぎだ、と習近平だけを批判する。コロナで不平不満の溜まっている日本国民のガス抜きには「習近平叩き」が一番使いやすい。香港や台湾に関係のある日本在住の中国人、中国共産党体制には反対していなくても習近平に変わってからの国際的な孤立に危機感を感じている華僑、中国本土人もいるだろう。彼らも習近平と中国とをわけて批判する分には反発しないのでは。
トランプ大統領が日本で本格的に人気になったのも中国に強硬姿勢を示してからだ。弱いもの虐めと中国側に言われそうだが、今年2月新型コロナで手酷く非難された中国に(国際社会復帰へのチャンスを与えようと)日本は一度歩み寄っている。その手を振り払い多国間の国際協力より(単独での)「マスク外交」「中華帝国主義外交」を選んだのは中国側だった。


642名無しさん :2020/11/29(日) 13:16:47
●トルコのウクライナ支援警戒 ナゴルノ紛争受けロシア
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/d24c6dddb8acf768c0b0212f07173d25cc89dc11
●アングル:トルコリラに強気の海外勢、慎重な国内勢と綱引き
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/b7d23f6389ce8e89280ce9dc898533f1eada3ae4
●北朝鮮、英アストラゼネカにサイバー攻撃か ワクチン開発企業
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/737b7f61c5597ea2534c4c761272d4517bdcb6dd
●中国初の国産原子炉「華竜1号」、稼働開始
ttps://news.yahoo.co.jp/articles/1f0e3e0c1a0f977e8b9ddfc56d07374e06d15d51
民衆の知恵、民間伝承というのはくだらないようですごいなと最近『あもこ』という言葉で感じた。家人が幼い頃、わがままをいってぐずったりいつまでも泣き止まないと「『あもこ』来るよ」と親や祖父母などに言われ『あもこ』という言葉が出ると子供たちはピタリと泣き止んだという。『あもこ』とは下北弁であ「蒙古(もこ)=日本侵略に来た蒙古軍」(元寇)のことらしい。「あもこ来るよ」と言われるとあもことはどんなに恐ろしいものかと子供ながら震え上がったという昔話をしり東北の寒村では700年前の元寇使って子供を脅すのか、と興味深かった。
「愛とはなにか」というのは文化や年齢によって変わると思うが以前「自分とは全く考えや属性の違う人であってもその人が幸せになるように願うこと」と読んでストンと落ちた。自分と考え方や主義主張が似た人の幸せを喜ぶことは簡単だが、違う考え方の人の幸せを願い素直に喜ぶにはよほど自分に余裕がないと難しい。一神教、特にキリスト教徒は神の愛を知らないでいるのはもったいない、と自分達のよいものを与えてくれようとするが受け取ろうが受け取りを拒否しようが相手は相手、自分は自分と肯定する信仰、教義の方が現実的な共存、統治に向いていると思う。日本では武家政権(幕府)成立時代から宗教関係者と統治が分離。フランスの思想家が唱えた「政教分離」は信仰心や宗教の違う人達が共存共栄する為よく考えられた人類の知恵だと思い始めた。


643名無しさん :2020/11/29(日) 13:54:58
アメリカ大統領選挙をきっかけにアメリカは宗教国家であり、2020年はキリスト教を国教にして全てのルールをキリスト教式にしたい勢力と自由民主主義のルール、政教分離を維持したい世俗勢力とで割れたのかも?と思った。キリスト教右派(福音派)と民主党に代表される人権至上のポリコレ原理主義との覇権争いに振り回されたのが一般のアメリカ市民。極端でない(時と場合により対応を変えられる)現実的で中庸な人々がアメリカ国内の分断や2020年大統領選挙で一番被害にあっている。
日本の新興宗教の熱心な信者の娘がキリスト教徒でもないのに教会で式をあげたときき、またなんで…ときいたら見栄っぱりだから西洋風にしたかったんじゃないのという答えがかえってきて日本の宗教的寛容に笑ってしまった。この宗教的ないい加減さが日本国内を内戦にしないために一番重要かもしれない。茂木大臣が多様性のある多民族国家を築きたいと発言。反対はしないが…アメリカは生活様式に多様性があっても精神的な多様性はないように私には見える。日本の生活様式は単一に近いのに、精神的には多様性が確保されている。移民が入ってくることで危惧しているのは生活スタイルの多様化より(一神教的な)「同じ宗教の信者でなければ仲間じゃない」思考の人が増え、現在の日本の宗教的ゆるさ、日本人に根付いていた「神さま」「仏さま」「訳のわからない何か」をごっちゃに各人各様が信仰しても迫害されない「精神的な多様性」(思考の柔軟性)が失われること。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 2017年 (Res:222)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1名無しさん :2017/12/03(日) 07:46:41
メモ帳

216名無しさん :2018/03/04(日) 15:16:44
ヤフコメでもロシアがアメリカにやってた世論介入みたいなコメントがある。野党はなぜか北朝鮮のヒトラーや韓国のゲッペルスには言及しない。「連合」は野党支持だろうが、アメリカとの通商交渉ノウハウや人的繋がり・中東やインドとのパイプがないまま、野党が執政したら日本経済が傾いて今より原油・LNG高が直撃。自分達の雇用や生活自体危うくなるかもしれない、とわからないのかな。トランプ大統領や文大統領を見ても教訓がわからないなら日本は沈む。今のところ韓国にビザ復活をせず、在日朝鮮・韓国人にも配慮してるのに、野党が国民をバカにして挑発し続ければ強硬手段をとる過激な在日朝鮮・韓国人排除論者を制御しなくてはならなくなり、警察に負担がかかる。内戦になりかねない。日本の内戦で得をするのはロシアと中国。今の世界情勢で日本が内戦になったら、ロシアと中国は軍事行使せず日本を占領できる。


217名無しさん :2018/03/07(水) 09:38:46
【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は6日、自身が当選した2016年の大統領選挙で、ロシアや「他の国々」からの干渉が「あった」と認め、再発防止を確約した。
ワシントン時事】米ホワイトハウスは6日、トランプ政権の経済政策の司令塔であるコーン国家経済会議(NEC)委員長が近く辞任すると発表した。米メディアによると、鉄鋼とアルミニウムへの輸入制限方針をめぐり、トランプ大統領と対立したことなどが要因という。金融大手ゴールドマン・サックスから政権入りしたコーン氏は、昨年末に実現した約30年ぶりの抜本税制改革に尽力した。国際貿易の枠組みや同盟国との関係を重視する立場から輸入制限に反対し、強硬派のロス商務長官やナバロ通商製造業政策局長の考えを支持するトランプ氏と対立していた。コーン氏の辞任で政権の経済政策が混乱するほか、通商政策が一段と保護主義色を強める恐れがある。
露の元大佐が意識不明…MI6に機密情報提供
BBCによると、発見された元大佐のセルゲイ・スクリパル氏(66)は、かつて英対外情報部(MI6)に機密情報を提供したとして有罪判決を受け、2010年に米国とロシアとのスパイ交換によってロシアを出国していた。警察によると、2人とも商業施設のベンチで発見された。英国では06年、プーチン政権を批判したロシアの元情報機関員が放射性物質ポロニウムで毒殺される事件があり、英国の独立調査委員会はプーチン大統領が「殺害をおそらく承認した」と結論づけた。
<ベルギー>全土でヨウ素剤配布へ 原発重大事故に備え
【ブリュッセル八田浩輔】ベルギー政府は6日、原子力の重大事故への備えとして、国内ほぼ全域で希望者に対し、甲状腺被ばくを抑える安定ヨウ素剤の無料配布を始める。
北朝鮮、プルトニウム生産再開か=黒鉛炉が稼働継続の兆候―米研究所
【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は5日、北朝鮮・寧辺の核施設の最新の衛星画像を公開し、5000キロワットの黒鉛減速炉が稼働を続けている兆候があると指摘した。稼働継続が事実なら、北朝鮮が核兵器計画に利用するプルトニウム生産を再開した可能性があるという。


218名無しさん :2018/03/07(水) 09:50:21
中国車、東南アジア躍進=低価格、EVで攻勢
3/3(土) 17:15配信
[アテネ 5日 ロイター] - ギリシャの石油・ガス資源管理会社HHRMは5日、同国沖の石油・ガス探査事業の入札で、石油大手の米エクソン<XOM.N>や仏トタル<TOTF.PA>、スペインのレプソル<REP.MC>が主導する二つのコンソーシアム(企業連合)が応札したと明らかにした。
HHRMによると、エクソンとトタル、ギリシャ製油大手ヘレニック・ペトロリアムのコンソーシアムはクレタ島沖の探査事業に応札。一方、レプソルとヘレニック・ペトロリアムはイオニア海の事業に応札した。
ギリシャはピレウス港を中国に抑えられてたはず
米独仏首脳、ロシアにシリア空爆停止を要求
【ワシントン=加納宏幸】米ホワイトハウスは2日、トランプ大統領がドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領と1日にそれぞれ電話会談し、ロシアのプーチン大統領が最新の核戦力を開発・保有していると誇示したことに対する「深刻な懸念」を共有したと発表した。シリアの首都ダマスカス近郊、東グータ地区での空爆停止を求めることも確認した。
保守の牙城テキサスに異変=トランプ批判で「青い波」―米中間選挙の民主予備選
トランプ米政権の今後を占う11月の中間選挙まで8カ月。共和党が強い地盤を持つ南部テキサス州で、民主党の候補者を決める予備選が活況を呈している。政権批判を当て込んだ候補者が、一部の下院選挙区に大挙して出馬。有権者の関心も高く、米メディアは民主党のシンボルカラーから「青い波」と呼ぶ。
<独経済相>「中道政治で国民理解を」右派拡大に対抗
【ベルリン中西啓介】ドイツで中道2大勢力による第4次メルケル政権が14日に発足する。国政第2党・社会民主党出身で、メルケル首相の内閣で法相も務めたツィプリース経済・エネルギー相は毎日新聞の取材に、ドイツでも拡大する右派ポピュリズム(大衆迎合主義)に対抗し、中道の理性的な政治で有権者を納得させることが政治の責任だという考えを強調した。


219名無しさん :2018/03/08(木) 10:54:38
<コーン氏辞任>不安定さ増す米政権 「ドミノ」起こす恐れ
【サンアントニオ(米南部テキサス州)高本耕太】6日に辞任が発表された米国経済の司令塔、コーン国家経済会議(NEC)委員長は、国際協調派(グローバリスト)の一角として、孤立傾向を深めるトランプ政権と国際社会をつなぐパイプ役を果たしてきた。辞任が経済政策のみならずトランプ大統領の政権運営に大きな影響を及ぼすことは必至。他の閣僚の辞任ドミノを引き起こす可能性もある。トランプ氏の外遊に常に同行し、たびたび記者団に政策課題を説明してきたのが、コーン氏とマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の2人だ。国際社会に対し「米国第一主義はグローバリズムと共存できる」とのメッセージを「翻訳する役割」を担っていたと米メディアは評する。トランプ政権内では既に、外交政策を主導したパウエル大統領副補佐官が辞任。ティラーソン国務長官やマクマスター氏らも辞任観測が絶えない。トランプ氏が全幅の信頼を置く娘婿のクシュナー大統領上級顧問は先月、機密情報に触れる権限を制限され、近く政権を去るのではとささやかれている。彼らに共通するのは、自由主義のもとでの国際秩序や米国の国際貢献の意義を重視している点だ。 経済・通商政策では、コーン氏の退場により、ロス商務長官やナバロ通商製造業政策局長らの対外強硬派の影響力が相対的に増すものとみられる。トランプ氏が今後、移民・難民に強硬なことで知られるミラー補佐官も含めたナショナリスト(国家主義)グループへの依存を強めれば、政権の排外主義的な姿勢がむき出しとなり、国内外でさらなる摩擦を生む危険性をはらむ。コーン氏と同様に昨年から「辞任は秒読み」とされ続けるティラーソン氏は、マティス国防長官とムニューシン財務長官とともに、誰か一人が退任する場合は他の2人が辞任することを誓う「スーサイド・パクト(心中協定)」と呼ばれる合意を結んでいるとされる。今回のコーン氏をきっかけに相次ぐ閣僚辞任を引き起こすおそれもある。トランプ氏は6日、スウェーデンのロベーン首相との共同記者会見で「みんなホワイトハウスで働きたがっている。ホワイトハウスはものすごいエネルギーで満ちている」と虚勢を張ったが、政権運営の実態は不安定さを増す一方だ。
マクマスター補佐官はベネズエラへの軍事介入を言い出したトランプ大統領を止めた功臣。その後ロシアに捨てられベネズエラは自滅した。


220名無しさん :2018/03/08(木) 11:08:34
ピーター・ナバロ氏はもともと対中強硬派、中国脅威論を書いてた。多分ロシア融和派のロス商務長官に巻き込まれた。日韓の軍事連携力がないと対中は無理だと判断したマティス国防長官は、韓国・日本を就任後初訪問した。政権内で「これからも『パックスアメリカーナ』を維持する」方向に導く閣僚や補佐官が大統領に嫌われる。クシュナー夫妻はただの日和見リベラルで日米や世界情勢は何も考えていない。「エルサレム宣言」「中国贔屓」はクシュナー夫妻の負の遺産。


221名無しさん :2018/03/13(火) 11:38:18
<米国>対北朝鮮「圧力継続」大統領補佐官、日韓などに説明
3/13(火) 10:22配信
16


マクマスター氏=AP
 【ニューヨーク國枝すみれ】マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は12日、米国の国連代表部に安全保障理事会メンバーと日本、韓国の国連大使を招き、近く開かれる可能性がある米朝首脳会談に対するトランプ政権の立場を説明した。会合は非公開で行われた。北朝鮮に対する圧力や制裁を継続する方針を明確にしたとみられる。

 会合終了後、マクマスター氏は記者団に「米国は(米朝首脳会談の)機会に前向きだ。しかし、北朝鮮が言葉で非核化を約束するだけでなく実際の行動を取るまで最大限の圧力をかける政策を続ける」と述べた。
元ロシアスパイ襲撃 毒物は旧ソ連開発の軍用神経剤「ノビチョク」と特定 メイ英首相がロシア関与を「非常に高い可能性」 
3/13(火) 9:53配信
10

 【ロンドン=岡部伸】英南部ソールズベリーでロシア連邦軍参謀本部情報総局のセルゲイ・スクリパリ元大佐(66)が重体で発見された事件で、メイ英首相は12日、下院で演説し、襲撃に使用された毒物は旧ソ連が開発した軍用神経剤「ノビチョク」と特定し、「非常に高い可能性」でロシアが関与していたとの見解を明らかにした。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


222名無しさん :2020/11/09(月) 16:54:02
かつて日本に自由民主主義をもたらしたのはアメリカ。そしてアメリカが弱った時、代役になれたのはファイブアイズではなく日本だった。日本はヒーローらしからぬヒーローだった。軍事力を盾にするでもなく、資金力を矛にするでもなく、


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 20182 (Res:901)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1名無しさん :2018/02/06(火) 14:27:28
メモ

895名無しさん :2020/05/03(日) 13:35:58
エクソン、30年ぶり赤字 原油安と新型コロナが直撃 米石油大手の1~3月期
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000053-jij-n_ame
新型コロナ情報の「表と裏」、感染症の専門医が語る知らなくていい情報
―情報の正確性以外に気を付けるべきことは。
 情報の内容が間違っていないことも大事ですが、情報が時間とともに更新されているか、さらに言うと中立的であるかも重要です。情報には“表”と“裏”が必ずあります。極端な話、「(新型コロナウイルスに効くとされる治療薬の)『アビガン』は7割の人に効く」、という事実が出てきたとしても、残る3割の人には効かないわけです。この情報の“両面”を考えられる人でないと、情報がどんどん偏っていきます。なので、正確性、更新性、中立性。これをちゃんと配慮できているかというのがすごく大事になります。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00010002-newswitch-bus_all
アビガン投与「福岡県方式」検討 現場の医師判断で、全国でも珍しく 県医師会
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-00010017-nishinpc-sctch
症状あるのに…5回目で初めて「陽性」 PCR検査、見極め難しく
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000008-kobenext-sctch
4機のB-1B爆撃機がグアムに再配備
>>5月1日、アメリカ空軍のB-1B爆撃機4機がグアムのアンダーセン基地に再配備されました。4月17日にグアムからB-52爆撃機5機がアメリカ本土に撤収してから2週間の空白期間を経て、再びグアムに爆撃機が戻って来ました。
4月17日 B-52爆撃機5機がグアムから撤収
4月22日 B-1B爆撃機2機が日本付近に飛来
4月29日 B-1B爆撃機2機が日本付近に飛来
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


896名無しさん :2020/05/04(月) 08:10:00
新型コロナ軽症患者の若い男性…愛知の受入施設から「力ずくで突破」し帰宅 引き留める強制力なし
>>男性は施設内で医療行為を受けられないことに不満を持っていたといいますが、この施設には、日中、医師が常駐。さらに入所の際、「薬の処方を含めた医療行為は受けられない」と口頭で説明していたということです。法律上は、軽症者などの施設への入所は、あくまで「お願い」で施設側に引き留める「強制力」はありません。
大村愛知県知事:「適切でない行動をとられますとですね、入所施設そのものがやれない、動かせないということになってしまいますので。このことについても大変な危機感を持っております」男性はほとんど症状はなく、自宅待機していますが、28日にも医療機関に入院するということです。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-00028282-tokaiv-soci
使い捨てマスク国産回帰、年産能力1億枚に引き上げる名古屋の企業とは
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00010003-newswitch-bus_all
酒税非課税になった「アルコール消毒酒」、官民で「転売ヤー」包囲網 メルカリも本腰
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000923-zeiricom-bus_all
日本政府、露の大戦終結日の「対日戦勝記念日」変更に懸念伝達
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000552-san-int
首相「憲法改正、必ずや成し遂げていく」 緊急事態条項創設訴え ビデオメッセージ全文
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000516-san-pol
たけし 日本のコロナ対応に苦言「政治家の力のなさを痛感」
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000079-dal-ent
今回のコロナ禍ではマスコミは「『一貫性がない』という点で一貫している」「何をしてもできていることを評価しないで、できていないことを探してけちをつける」と心底呆れた。以前父が「うちの子供たちはどうしてこうも出来損ないなのか」と女々しく愚痴った時に、母が「私とあなたの子供なんだから出来が悪くて当たり前でしょ」と一刀両断にしていて小気味良かった。「うちの首相はどうして他の国に比べて無能なのか」と言うなら、あなた自身やあなたの周りの人はリーダーシップにあふれ失敗せず有能で清廉な聖人君子のような人間なのか?トクヴィルがいうように「民主主義の限界は国民から指導者が選ばれるため国民のレベル以上の指導者がでないことだ」と皮肉を言いたくなる。大多数が愚民の国からは愚かな指導者しかでないのは当たり前。ニュージーランド首相やメルケル首相、台湾トップが有能なのは国民が有能なのが大きい。彼らは自由と人権の区別して政府による自由制限を素直に受けいれて、地域閉鎖して企業の経済活動まで制限しても「賠償しろ」とか「人権侵害だ」と騒がない成熟した大人の国民。首相は国民でなければならないという憲法の制約があり、普段マスコミが馬鹿にしている首相いか国会議員は全て国民の選挙を受けてその席にいる。なりたいからと宣言しお金をつめばなれる職でなく、議員を支持した選挙民が必ずいる、と思えば議員の下にはその人を議員に生み出した大衆の要望や社会的な要因がある。


897名無しさん :2020/05/04(月) 08:13:44
「大臣は民間人でもよいが、首相は選挙により選出された国会議員でなければならない」という憲法の制約があり、間接的にであっても首相を選んだのは国民なのにまるで簒奪でもされたように悪し様に罵るのはいかがなものか。普段マスコミが批判にしている首相・国会議員は全て国民の直接選挙を受けて(比例であっても党に票が入って)その席にいる。なりたいからと宣言しお金をつめばなれる職でなく、議員を支持し投票した国民がいてその地位にいると思えば他人事のように非難はできないはず。議員の下にはその人を議員に生み出した大衆の要望や社会的な要因がある。頭も性格もよいマティス国防長官やティラーソン国務長官マクマスター大統領補佐官、コミーFBI長官、モラー特別検察官のような人類が誇る偉大な軍人や経営者、法学者をアメリカから借りてきて民主主義から「哲人政治」に変えれば解決するが、日本は出る杭は打たれる、平凡の平等をよしとする国民性。トップがあまりに有能だと官僚が嫉妬していうことをきかず、彼らのような実力のある有能な指導者でも行政組織の管理に手を焼くだろう。以前は気づかなかったが安倍晋三の本当の強みは人当たりのよさ、癖のなさ、和をもって尊しとなすの穏やかさ。今になれば凡人と揶揄された小渕恵三に似ているし三国志でいえば劉備玄徳タイプ。敵を作らず身内だけで固まらず来るもの拒まず去るもの追わず、まるで上善如水。節操がない、好き嫌いがはっきりしないと安倍首相の人当たりのよさが八方美人に見えてイライラする人もいるだろうが、麻生太郎のように経済の知識があり外交官としての勘が鋭くても人間の好き嫌いが激しければ、多数決が原則の民主主義では議会で採決にこぎ着けられない。議会で採決できない=立法できない=行政が動けない。だから日本国の首相は、アメリカのライス国務長官のようにIQ200の天才でなくとも、「どんな人ともうまく関係を築ける能力」があるかが一番重要。東大卒など個性の強い天才たちをうまくその気にさせ、能力が相殺されることなく彼らが相乗効果を発揮できるよう支援するのが政治家の仕事。今のコロナ対策の専門家会議、厚生省をみても首相が「責任をとる」と明言して庇っているから彼らは世間からの非難に晒されず実務に専念できている。個人的に安倍晋三首相がいくら庇っても失敗続きで足を引っ張る加藤大臣には辟易しているが。マスコミは政府の対策を非難するが国民側もPCR検査してコロナ陽性だとわかっても嘘をついて政府に迷惑をかけている人がいるからおあいこ。
今回10万円支給で急遽マイナンバーカードを取得しているのをみると、政府は何とかしろと騒ぐ人や緊急で助けが必要な人=普段から災害や万が一に備えていない人、普段は政府に協力しない人が多いんだろうなぁとさめてしまう。だから「10万円を貰ったらどうする?」アンケートで、欲しいものがつきない若い世代の20代女性ほど「貯蓄する」という解答率が高くて社会経験の浅い若者ほど年寄りよりも危機感がありしっかりしている、と感心した。コロナ禍までは意識していなかったが、被害を抑えてうまくやっても安倍晋三氏はある階層の特定の人々には強烈に憎まれる。筒井康隆原作でドラマにもなった「富豪刑事」の主人公のようにお金に無頓着でガツガツしていない、育ちのよさからくる他者への信頼、アホそうにみえて本質をつく賢さなどが「劣等感」を刺激するからだろう。優雅な貴族気取りと非難された首相の在宅啓発動画を最近になってみたが、首相も犬もぎこちなく明らかに緊張していて笑った。アメリカ大統領やフランス大統領、イギリス首相のように「戦争だ!」と不安や危機感を煽ったり「出歩いたら銃殺する」と脅すフィリピン大統領よりずっと文明的でやり方が優しいのに、安倍首相の支持率は下がり、数万人の死者を出しているフランスやアメリカ、イギリスなど他国首脳の支持率は上がったという。他国の国民はマゾ気質、日本の国民はサド気質なのかも。オバマ大統領の後のアメリカ、朴槿恵大統領の後の韓国をみて思ったが、本当に平和なよい治世には指導者は目立たず有権者は彼らを弱腰だと馬鹿にする。だが弱く見えた指導者に変わり強権的な独裁者を迎えても国民の中身が同じなら、自由と選択肢は減り、全ての事態は良くなるどころか逆に悪化する。


898名無しさん :2020/05/04(月) 12:00:23
「出たくても出られない」 クラスター発生の永寿病院、陰性でも退院できない患者10人以上
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000065-mai-soci
多摩川で50人がBBQ 主催の男性、警察などに「『自粛ってどういう意味ですか』って言ったんですよ」…「とくダネ!」でインタビュー放送
「自粛じゃないですか。警察にも言ったし、国土交通省にも言ったけど、これが自粛じゃなくて、ぱくられるとかいう話であれば、出来ないですよ。『自粛ってどういう意味ですか』って言ったんですよ。それで納得させたんですよ。何かあれば保健所が入るでしょうし、その時に逃げるつもりも隠れるつもりもないし。リスクはあると思ってますよ、正直」と話した。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-05040033-sph-soci
こうなると、国や自治体が一定規模以上の病院には「コロナ患者入院受けいれ義務」を割り振るか、地域に単科のコロナ専門病院を作り「コロナ受けいれ加算」を診療報酬改定で整備、増額した方がいいかも。大きな病院は看護師もたくさんいるから受け入れやすい分、院内感染が始まると被害規模が大きい。大阪のようにひとつの病院を借りきってコロナ単科専門病院を作った方が危機管理しやすい。とはいえニューヨーク、神戸、横浜、慶応大学による抗体検査の結果を見れば知らずにかかって治る人も多い。厚生省も感染症の専門病院を作ると後に隔離方針が人権侵害だと問題になったハンセン病療養施設のように国が作った「負の遺産」になるリスクもあってコロナ専門病院の設立に踏み切れないのでは。厚生省官僚は過去に「HIV血液製剤」や「ハンセン病」で訴訟された経験からリスクや非難を極端に恐れるからコロナ禍の今は逆に積極的な政策を邪魔するだろう。全校休校決定の時も文部省がそんな話は聞いていないと騒ぎ、政治決断を非難してマスコミと官僚が組んで「安倍晋三が暴走した」と叩いた。身内の敵(官僚主義)を抑えるにはマスコミと国民主導で総理の支持率をあげないと…。総理が支持率やマスコミの非難を気にして思いきった決断ができない→決断が遅いと国民からの支持率が下がる→ますます自信をなくして決断できない→リーダーシップがないと国民に失望される、悪循環。自国首脳が無能でもさかんに持ち上げる欧米マスコミの狙いは「政治主導で官僚のことなかれ主義を打破する」と「政策実行のスピードアップ」が目的。日本のマスコミはアホだ。
海外で出されている緊急事態宣言や外出禁止令がどんなものかも知らずに早く宣言を出せとわめき(「緊急事態宣言さえでれば勝手に感染拡大がとまる」と勘違いしている)、海外のように政府に強制力がないことで内閣をせめ、今になって経済をとめて中小企業や飲食店を潰したら政府は賠償してくれるのかと怒る移り気な大衆。台湾やNZのように封鎖してコロナ対策に絞るか、ブラジルやスウェーデンのように経済活動を止めないことに絞るか、どちらかしかできない。「良いとこ取りはできないのが感染症対策」だと説明するのがマスコミの社会的な役目。
「自粛でなく外出禁止令にして行政による強制力を市民に対して持たせてほしい」という意見を見るたびに、自由への逃走だけでなく自由からの逃走、政府や他人に自分の行動を決めてほしい、自分で善悪を判断し行動の適否を決断することが苦痛という人が日本にけっこういるんだなぁと思った。


899名無しさん :2020/05/04(月) 12:02:39
トクヴィルによると、マスコミや知識人が堕落してアホになる→マスコミから情報を受けとる大衆がアホになる→アホな大衆の中から多数決でアホ議員が選ばれる→アホ国家の出来上り、らしい。コロナ禍が起きるまで大平洋戦争は天皇陛下を利用した軍部の暴走、国民は巻き込まれただけと半分信じていたが、目の前でマスコミに煽動され結果も出ていないのに政府批判したり、デマを信じて買い占めする人をみていると当時の日本国民も朝日新聞社の煽動にのって開戦にノリノリだったんだろうと哀しくなってくる。議員らを高い給料を貰いながら何もしない、無能と叩くコメンテーターを見るとじゃあ自分が立候補して議員になれば良いのに、なぜ誰も言わないんだろう?と思う。江戸時代は武士階級がノブレスオブリージュで民の手本になる必要があったが、今は誰もが法の下に平等。なりたければ被選挙権があれば誰でも議員になれる、職業政治家としての仕事さえしてれば皇室のように「民の手本」であり続ける義務もない。
トランプ大統領が「アメリカは偉大な国」だと連呼する度に(アメリカが以前より偉大じゃなくなっている)焦りからそういう言葉が出るんだろう、という分析をみてふにおちた。本当に偉大な時は偉大だなんて気づかない。凋落してきてはじめて以前は偉大だったんだと気づく。麻生太郎の「ワンチーム」発言も社会が分断されてきているからの発言かも。今は戦後一気に昇り調子できた団塊世代と失われた20年、就職氷河期を経験した世代とで危機感が違う。団塊は夢は大きく挑戦せよ、若い世代は小さくても地道な幸せ。堅実なタイプと一発逆転ギャンブラータイプ。アメリカのように民族の対立はないが、幸福論や経済観念で違いがある。250年続いた江戸時代のように社会に大きな変化がなければこうした違いもないのだろうが、団塊世代は全ての善悪や価値観が逆転した時に生まれ落ち、今は(戦後の)民主主義の過渡期、試練のとき。阪神淡路大震災、東日本大震災、と考え方が違っても同じ国に住んでる仲間と団結しなきゃという時だが…マスコミは共通点より相違点探しばかりして国民の意見対立ばかりけしかける。


900名無しさん :2020/05/05(火) 10:43:26
「10万円給付のツケ」は結局、国民に…!大増税時代がやってくる
ttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200505-00072339-gendaibiz-bus_all
麻生大臣はこれを心配して全国民への一律給付に反対し、「低所得世帯の救済に集中しよう」と主張していた。13兆円も不要なばらまきして増税にならない方がおかしい。町田氏はこの記事を30万円の限定給付でなく10万円一律給付論が公明党から連立解消をたてに出された時に、あちこちできちんと書くべきだった。限定された(所得)増税でなく消費税率を上げればいい。貧しい人だけでなく国民に一律給付なんだから税の徴収も一律負担にするのが筋。この一律給付の件で「一律給付」に拘った野党や公明党や橋下徹らは近視眼的で長期的な国家運営ができないと証明されたようなもの。確かに日本は財政赤字の他に巨額の対外純資産がある。だがそれは「国民のもの」であって「政府が破綻しそうだから国民の預金から徴収する」と国民の預金を接収できるはずもないのに。消費税2%をあげるだけでもあんなに大騒ぎだったのに。税と国債のバランスをみて破綻しないように支出をけちるのが財務省の仕事。政府や日銀が破綻したらIMF支配に入る。今のコロナ禍で思いやりや思慮の欠片もない国民をみていると財政破綻を防ぐために増税すると言ったら反対しそうで怖い。自分達のもつ「円」の価値を防衛する為、健全な財政、政府の信用が必要だと説得しようとしても強硬に反対しそう。増税したって無駄遣いでなく生活に困っている人や医療介護教育にまわるだけなのに公共サービスや国による危機救済支援を利用していながら「増税されお金をとられた」という人は、海外で同じ税金額で同じサービスが受けられるかきちんと調べた方がいい。福祉国家のはしり「ゆりかごから墓場まで」のイギリスでもかなりサービスの質を落としてぎりぎり維持している状態。イタリアがコロナ禍で多数の死者を出した原因として、「財政再建の為、医療スタッフを削減しすぎた」があげられたが、政府が破綻し国家がデフォルトするか、公務員や医療スタッフを削減するか、とコロナ禍前に聞かれれば誰でも医療スタッフを削減すると答えるだろう。 ドイツは普段は無駄遣いと言われながらもICU予算や規模を削らなかった為死者が少なかったとされている。ドイツ国民の間に以前から「人命の為なら金を出す」というコンセンサスがあったのと、もともと財政黒字だからそれができた。そして財政黒字のドイツ政府を作ったのは質実剛健なドイツ国民とその国民性。毎日豪華な食事をして散財しながら今になって「当座をしのぐ貯金がない」と慌て、困ったら政府に生活費がない、とたかればいいというような国民が増えた。そういった人やマスコミに発言力があり影響力があるうちは日本の未来は暗い。そして普段は派手にしていながら貯めずに借りる派手な人のお陰で、真面目に暮らしていながら病気や障害者になってやむなく福祉に頼る人まで差別されることもある。以前から思っていたが、グループ会社の赤字と黒字を相殺して納税していないSoftBank孫正義こそ、野党の政治家や各種経済評論家、コメンテーターは批判するべき。トクヴィルの「マスコミや知識人が腐敗して正しいことや事実を言わなくなる→大衆が馬鹿になって政治家も馬鹿になる」の仮説は今の日本で起きてる事象。「マスコミの報道を批判するマスコミ」の存在がないとそれこそ情報統制された状況に。マスコミは第二次世界大戦の教訓と称して、政府批判すれば国が良くなると勘違いしている。どうすれば良くなるか考えるてする政府批判ならいいが、政府批判だけが目的になって内容を精査していない。「クリティカルシンキング」はよりよい方向を見いだすための「ツール」であって目的じゃない。なのに「困ったらとりあえず批判」の思考停止的な安直な批判がマスコミや知識人の知性低下に拍車をかけている。


901名無しさん :2020/05/05(火) 10:48:04
M・ガブリエル氏ら世界的知性が答えた「コロナと人類の未来について」
ttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200504-00072285-gendaibiz-int
新型コロナ死者少ない背景に「過剰病床」 批判の的、政府も意図せず ドイツ
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000011-jij-eurp
「PCR検査、本気で増やそうとしてこなかった?」疑問に対し安倍総理・尾身会長が認識示す
諮問委員会の尾身茂会長:専門家会議の記者会見でも詳しく申し上げようと思っているが、確かに日本はPCR検査のキャパシティを上げることが他の国に比べて遅れた。ただ、それには様々な理由がある。もともと衛生研究所が感染法の中で行政の検査をやるということで、日本の場合は幸いなことにSARSやMARSが無かったために、少しPCR体制の経過が無かった。そういう中で、当初は重症化を防ぐため限られたキャパシティを集中せざるを得ないのが事実だった。しかし、だんだんと感染者、死亡者が増える中で、2月20日ごろからは大学や他の医療機関に試薬を送る、保険適用にするなどのことをやってきた。それでもなかなか思ったほどスピードが上がらなかったことは事実。
理由は6つくらいある。保健所の業務の過多、入院先をしっかり示す仕組みがない、人員カットなどもあり、PCR検査を行う地方衛生研究所のリソースが極めて少ない、検体採取をするためのマスクや防護服の問題、一般医療機関は都道府県と契約をしないと検査ができない仕組みがあったこと、採取した検体を運ぶことに様々な障害があった。そういうことで、確かに他の国よりは少なかった。しかし、それと日本の医療体制は肺炎のサーベイランスやってきたから、肺炎を起こすよう人はほとんどがCT検査とかをやられ、多くはPCR検査もやられているので、そういう意味では死亡者のようなものは正しい件数がピックアップされている。また、徐々にではあるが検体数が増えていて、その中で陽性率は下がっている。そういうポジティブなところもある。
まだまだ私自身、あるいは専門家委員会としては検査が必要な人にもう少しできるようスピードアップする必要があると思う。そのためには、これも6つくらいの課題がある。保健所の強化、都道府県調整本部の活性化、地域の外来をしっかりやること、キットの調達。それから検査をするといってもトレーニングも必要であること。また、基本的対処方針で実態の把握等について知事のリーダーシップをお願いしている。そういうことで、さらにしっかりと必要な人にPCR検査が受けられるようになると思う。
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00010022-abema-soci


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 20181 (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1名無しさん :2018/02/06(火) 13:43:23
メモ

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード