板情報 | 映画/テレビ/本/サブカル ]

やーるのつぶやき


1  浦添市美術館  (Res:4)
1うさぎ   :2011/05/05(木) 06:14:24  
北斎の描いた琉球の絵、琉球八景を知っていますか?
実際に琉球に来たのではなく「琉球国志略」という本の
挿絵をもとに描いたそうです。
浦添市美術館の蔵書品なので無料ですが
常設展示ではないのでなかなか見ることができないようです。
8日まで開催。
昔の那覇は海だったことを実感します。
絵の中で変わってないのは波の上くらいなのかな?
やはり北斎なので富士が描かれていたり、
琉球なのに雪景色もあるんです。
2はる吉   :2011/05/06(金) 21:32:57  
昨日の朝、掲示板で展覧会のことを知り、早速行ってきました。
北斎の作品は好きで見ていましたが、「琉球八景」の実物は見ていなかったので。
昨日は子どもの日だし、混んでいるかと思ったら人もまばらでゆっくり見ることができましたよ。

「琉球八景」の元になった絵が描かれていた『琉球国志略』は、
中国からの使節団が琉球にきたときのことをまとめた報告書で、18世紀の半ばに中国で刊行された後、
19世紀の前半に徳川幕府からも刊行され、これを北斎は目にしたようです。
北斎の「琉球八景」が浦添市美術館にどういう経緯で所蔵されたのか気になって
聞いてみると、美術館のオープン時に館の目玉となる作品を探していたところ、
これが8点まとめて売りに出されることを知り、購入したということでした。
8点揃って所蔵されているのは、浦添市美術館だけだそうです。
3うさぎ   :2011/05/07(土) 14:11:53  
うれしい!
さっそく出かけてくれたんだ。
それにしても、はる吉さんすごい取材力。さすがですね!

数年前に企画展として浮世絵展があった時にも展示していた
のですが、当時は琉球八景にあまり興味もなく場所にも興味
無くてそれっきりだったのですが、
パンフレットや図書館から借りてきた本などで、
当時と今を見比べたりして楽しんでます。
「まちまーい」ツアーで、長虹提や三重城をめぐるツアー
もありますよ。
4はる吉   :2011/10/25(火) 16:55:26  
北斎の「琉球八景」が『琉球国志略』を種本にして描いたことを
解いたのは、なんと、料理研究家・岸朝子さんのご主人である
岸秋正氏だそうです。
岸秋正氏は40年に渡り沖縄関係の古書類を収集し、没後、
県の公文書館に「岸秋正文庫」として寄贈していたとのこと。

『水の沖縄プロジェクト』(浅野春男編 ボーダーインク)に
それらがふれられていました。
本を読んでいて、こんなふうに別の何かがそれにつながるのって
おもしろいですよね。
名前:  E-mail(省略OK)
2  どうなる!? 「やーるのしっぽ」ブログ  (Res:2)
1つぶやき管理人   :2011/09/13(火) 14:59:43  
読書サークル「やーるのしっぽ」を発足し、またサークルのブログを開設して
約1年が経ちましたね。ブログは、会員のみなさんが読んだ本の紹介やコメント
を書き込んで、楽しめるようにと開設したつもりでしたが、利用も限られ、サー
クル全体のブログである必要もないかなと感じています。
“会としてのブログ”の管理自体も気をつかうことですし…。
現ブログの名前に少し手を加えて(しっぽメンバーの一員として)、誰かが個人
ブログとしてひきついでくれるといいなぁと思います。
丸ごと無くしてしまうのは、ちょっともったいない気がしますので。
2つぶやき管理人   :2011/09/28(水) 23:02:49  
紆余曲折はありましたが、結果的に会のブログをしっぽメンバー一員に
ひきついでもらうことになりました。
尚、会自体はなくなるわけではありませんので、今後もサークルとして
の集まりやイベントは楽しみましょうね。
名前:  E-mail(省略OK)
3  パン!セ  (Res:1)
1うさぎ   :2011/08/16(火) 07:29:34  
今朝の新聞にパン!セ シリーズ復刊の記事を見つけました。
出版は民事再生法の適用を申請した理論社から
イーストプレスに代わるようです。

「学校や家では教えてもらえない、リアルで大事なことを
伝える(おせっかい)を、これからも続けたい。
とのコメントには嬉しくなります。
やっぱり良い本はちゃんと残っていくんですね。
名前:  E-mail(省略OK)
4  バイト  (Res:1)
1うさぎ   :2011/08/15(月) 07:26:54  
某大型スーパーのお中元コーナーでバイトしてました。
久しぶりに外に働きに出て楽しかった!
家事の合間に本を読む、そんな贅沢な時間なのに、
日中ずっと自宅にばかりいると やっぱり退屈。
体を動かし人と話すのは、やはり良いですね。
数年ぶりに会う同級生や知人に声をかけられ
仕事中なのに(少しだけ)おしゃべりをしてました。

しかし、スーパーのレジは思いのほか難しく苦戦しました。
こんなに難しいと思わなかったと愚痴る私に余裕の笑顔で
ほほ笑む上司は20代!
元気で働き者、若い人はエライ!
名前:  E-mail(省略OK)
5  ハリーポッター  (Res:1)
1うさぎ   :2011/07/20(水) 07:19:55  
ハリポタシリーズ最後の映画を観てきました。
映画のチラシの1作目は2001年という文字を見て、時の流れを感じました。
確か長男が小5の頃ブームが起きて、1作目の賢者の石からのファンでした。
もう10年以上前の事です。
新作本が出るたびに、もちろん初日に購入して私と長男は誰が先に読むか争ってました、懐かしい。
家事を放棄して夢中で読んでましたね。
こんなにも長い期間ファンでありつづけた作品に出会えたことは幸せです。
このシリーズは自分が楽しんだだけではなくて子どもの成長と同時だったことで、
いつまでも大切な思い出になったようです。
名前:  E-mail(省略OK)
6  首里城に行ってきました。  (Res:9)
1うさぎ   :2011/04/29(金) 11:40:07  
テンペストを読んで
テンペストツアーに行きたいなと探していたら
首里城の格安ツアー(千円)を発見。
安いのであまり期待してなかったのですが(ゴメンナサイ)
ガイドさんの知識と情熱に感激でした。
震災の影響なのか夕方だったからか観光客もまばらで
ゆっくり歩くことができました。
他にも色々なコースがあるので楽しむ予定です。
「まちまーい」で検索してみてください。
3はる吉   :2011/05/27(金) 17:46:11  
パワフルですねぇ!! 首里に早朝集合って、かなり気合いが入ってますね。
テンペストを読むと、古都巡りがしたくなるのかな?
うちのつれあいはもうすぐ読み終わるところまできていて、古都巡りを
したくなっているみたいです。
4うさぎ   :2011/05/30(月) 10:16:04  
テンペストを読むまで首里には全然興味がなかったんです、
それどころか首里に住んでいるというだけで高飛車な空気
を感じ(あくまでも個人的な意見です)嫌いでした(笑)。

それだけに、自分でも不思議な変化です。
沖縄の雑誌でmomoto(モモト)の4号でも
まるごと一冊首里の特集していますよ。

涼しくなった頃に「やーる」のメンバーで遊びに行きませんか?
5はる吉   :2011/06/01(水) 16:40:21  
いま読んでいる本を読み終えたら、テンペストを読んでみようかと思っています。
何人か読んだ人が集まれば、首里巡りも盛り上がるでしょうね。

ただ、このところ首の調子がとみに悪くて、本もなかなか読めないし、遠距離運転はしんどいので、
連れていってもらえるなら便乗できます。
6うさぎ   :2011/06/02(木) 12:11:13  
じゃあ秋の遠足はテンペストを読んで首里城に決定です。
まだまだ先の話なので、ぜひテンペストを読んでくださいね。

読まなくても、首里城ガイドツアーは楽しいので、
読んでなくても参加は可ですよ。
高速をおりてすぐなので運転手は任せてください。
7doremi   :2011/06/17(金) 18:01:05  
参加希望!!テンペストも予約したし・・・(笑)
でも私、あんまり歴史ものが読めないんだけど・・・
大丈夫かなあ〜うさぎサンが「面白いから!」と薦めてくれたけど
うさぎサン結構硬派だから。
でも楽しみ。
8うさぎ   :2011/06/18(土) 08:15:41  
テンペストは歴史小説というよりファンタジー系ですよ。
作者は若いので文章が小難しくないんです。

作品としては構成や場面転換で物足りなさが残るくらい
中途半端感があることは事実ですが、読みながら自然に
琉球が想像できる何だか不思議な作品なんですよね〜。
歴史を盛り込もうと勉強したんだろうなー、という
努力も感じます。

首里城ツアーに参加する観光客はテンペストを読んで来る方が
多いみたいですよ。
9doremi   :2011/07/16(土) 23:44:21  
>作品としては構成や場面転換で物足りなさが残るくらい
中途半端感があることは事実

確かに!!あまりにも「???」な荒唐無稽なシーンもいっぱいありました(笑)
ただ、本当に琉球王朝の雰囲気なんかはわかり易いのかも〜
男女入れ替わりは、よくある話だけど、それにしても誰にも感情移入できないという
不思議なストーリーです。
せっかくだから、下巻も読もうと思ってますが読みきれるか心配。
名前:  E-mail(省略OK)
7  谷川俊太郎講演会  (Res:8)
1うさぎ   :2011/05/13(金) 09:38:48  
沖縄県子どもの本研究会主催の
谷川俊太郎さんの講演会があります。

日時 6月5日(日)PM2時〜
場所 かでな文化センターホール

沖縄での講演会は最後になるかもしれません(高齢だから?)。
というのが、主催者側の宣伝文句です。
お問い合わせは
沖縄県子どもの本研究会
那覇市寄宮1−8−48
TEL 098−834−5776
2はる吉   :2011/05/13(金) 17:24:44  
ぜひ、行きたいです。ほかにも参加者がいれば、いっしょに行きますか?
3うさぎ   :2011/05/14(土) 10:55:55  
料金を忘れてました。
二千円です。
4うさぎ   :2011/06/06(月) 09:10:43  
行ってきました講演会。
人気があるんですね満席でした。
前半の絵本の話では居眠りをしていたのですが、
後半の質疑応答は大笑いでした。
「先生の やまなし という詩が好きです」に対するコメントが素晴らしい。
それは宮澤賢治の作品ですが、その作品自体がよければ作者は誰だろうと関係ないのでは。
という話に、谷川ワールドの真髄を見た気がします。

軽妙なトークは80歳とは思えない若々しさで溢れていました。
素敵な方ですね。
5はる吉   :2011/06/06(月) 11:56:48  
私もサマンサさんといっしょに行ってきましたよ!
会場いっぱいに人で溢れていたので、うさぎさんを見つけられませんでした。
ほんとにコメントのひとつひとつがよかったですね。ますますファンに
なってしまいました。
本も買いたかったのだけれど、あの人だかりの中ではふんばりがなくて、あきらめてしまいました。

谷川さん、若さ(エネルギー)でいっぱいでしたね。これならまた
いらっしゃる機会もあるだろうと思えました。
会場には若い人も多かったですね。
6うさぎ   :2011/06/09(木) 18:51:15  
私もそうですが他の友人たちもサインは諦めて帰ってきたと言ってました。
今日の新聞、タイムスと新報両紙に講演会の記事がでてました。
タイムスは「やまなし」の件に触れてましたよ!
新報はスルーでした残念、
盛り上がった臨場感が伝わる記事だといいのにな。

今週はH村図書館でバイト、じんじんさんも一緒です。
7doremi   :2011/06/17(金) 17:58:06  
やっぱり谷川俊太郎だもんね〜人も集まるはずです。
80歳か・・・すごいですね。
私は若い頃「万有引力とは引き合孤独の力である」という詩のフレーズに
ノックアウト!!なんてかっこいいんだ〜と!
最近はまた子供の教科書に載っていた「いきる」が好きです。
同時代を生きている「詩人」としては、そりゃあもう最高の人ですよね。
8うさぎ   :2011/06/18(土) 08:21:15  
質疑応答&リクエストの途中で「いきる」のリクエストがあったんだけど、
「いきる」は最後に読む予定なのでお待ちくださいと、講演会の締めでしたよ。
名前:  E-mail(省略OK)
8  いせひでこ講演会&絵本原画展  (Res:4)
1管理人   :2011/04/04(月) 15:31:52  
●いせひでこ講演会
日時:4月17日
場所:沖縄県総合福祉センターゆいホール(首里)
開演:14:00
料金:当日2000円 要事前申し込み
問い合わせ:沖縄県子どもの本研究会 098-834-5776

●いせひでこ絵本原画展
期間:4月13日〜5月9日
場所:佐喜眞美術館
関連イベント:4/23・24・5/1・8に『ルリユールおじさん』『海のいのち』などの
       読み聞かせ・朗読あり。開演は14時。無料、先着50名。
問い合わせ:佐喜眞美術館 098-893-5737
2うさぎ   :2011/04/18(月) 09:59:48  
原画展と講演会に行ってきました。
「にいさん」のコーナーに展示している100号の絵を見て、
以前読んだご主人の柳田邦夫さんの本に、いせさんの絵の引き込まれそうな紺か藍の色のことが書いてあったのを、この事だと!思い出しました。
それで講演会後のサインを「にいさん」にお願いすることにしたんです。
時間がないからサインだけだと係の人が言ってるに、いせさんは麦の穂を書いてくれましたヤッタ!
残念なのは講演の中で「にいさん」のコーナーの額に注目してほしいと言っていた事、全然見てませんでしたから!
これから行く予定の方は、木に銀箔を張り付けたという額にも注目ですよ。
3はる吉   :2011/04/29(金) 22:20:21  
原画展に行ってきました。いせさんの絵はやはりいいですねぇ。
魅せられました。特に『にいさん』の原画には惹きつけられました。
買えるものならその原画を買いたいと思ったくらい。
ゴッホと弟テオの物語をえがいた『にいさん』の文章もいせさんが手がけていて、
原画のそばに置かれた絵本を読んでいて胸にぐっとせまるものがありました。
常設展示も同時に見られるようになっているのですが、気がつくと、
いせさんのコーナーに1時間半ほどいました。

『にいさん』の絵本は、“ヴィンセントとテオ、そしてK.Yに”に
捧げられています。
K.Yって、柳田邦夫さんのことですよねぇ、もちろん!
いせさんのエッセイ『旅する絵描き―パリからの手紙』の書き出しにある、
 Yよ、元気かい。
 ぼくは今パリにいる。
の、“Y”も柳田さんのこと!?
おふたりは、かたく信頼しあい、つよい絆で結ばれているのだろうなぁ、と思いました。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)
4サマンサ   :2011/05/01(日) 10:38:38  
私も生で観たかったですう
皆さんはフットワークがいいですねえ。
最近はますます出不精がひどくてねえ。
名護図書館には時々行くんだけど・・・気持にヒットしないんだよね
名前:  E-mail(省略OK)
9  被災地に絵本を。  (Res:3)
1doremi   :2011/03/30(水) 09:49:58  
今日の新聞で見ました。

●日本ユニセフ協会は東日本大震災で被災した子どもだちに本を送る
「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクトに必要な本を募集。
0歳から14歳までを対象とした絵本や紙芝居児童書など新品や新品に近い状態のもの。
以下送付先。
〒108-8607
東京都港区高輪4-6-12
ユニセフハスス
「ユニセフちっちゃな図書館」プロジェクトまで
締め切りは4/5

新品に近いものならあるので、あさり中です。
2はる吉   :2011/03/30(水) 13:48:02  
こんなプロジェクトもいいですね。
被災した人たちに、私もいろんな形で応援したいです。
3はる吉   :2011/03/31(木) 23:39:38  
私もこのプロジェクトに参加するつもりで、ユニセフのホームページを確認したら、
今日づけで募集内容に変更が出ていました。

絵本については、当初の想定を大幅に上回る反響があったため、
3月31日時点で、推薦図書以外の絵本は受付中止になっています。
また、送り先も絵本(推薦図書)と紙芝居は上記(doremiさん記事)のユニセフハウスへ
それ以外の本は、下記宛てになっています。
〒210-0869
神奈川県川崎市川崎区東扇島15 B棟502
ユニセフ物流センター 日本ユニセフ協会 『ユニセフ ちっちゃな図書館』係
電話:03-5789-2011
名前:  E-mail(省略OK)
10  気持の変化・・・  (Res:9)
1サマンサ   :2011/03/14(月) 17:49:11  
仕事でパソコンを使わなくなって久しくて、パソコンに興味も関心も無くなって
最近もう一度勉強してみようかなと思い始めていた頃に、やーるの会に誘われて
goodなタイミングと思ったけど、ブランクは大きくてね・・
なかなか思うようにパソコンに向かえないけど、がんばるよ
3doremi   :2011/03/16(水) 14:04:09  
私は逆に、毎日パソコンの前に座らされての仕事で、家に帰ってまで向かいたくない
という気持ちで疎遠でした。
だけど、ここ最近(このやーるの会でもお尻を叩かれたため?!)おうちでパソ
をするようになり、なかなか楽しいです。
4はる吉   :2011/03/16(水) 17:31:06  
誰だ、dpremiさんのお尻を叩いたのは(笑)。
最新のブログも見てくれた? 楽しいブログにしたくて、ちょっと細工しました。
ブルグ右上のギャラリーにあるミニ写真はブログ内で使った写真で、気になった写真を
クリックすると、その写真が実際に使われた記事に飛ぶようになります。
「記事の続き」を写真入りでつけ加えているので、見てね!
5うさぎ   :2011/03/16(水) 21:42:40  
すごい、またブログが成長している。
doremiさん村上春樹読んでるんですね。
私は1Q84からちゃんと読み始めたんですけど、意味不明なのに読みたくなるなんとも不思議な作家さんですよね。
今朝の武田鉄也のラジオ番組で村上春樹を語ってました。
次の定例会はは村上春樹なんてどうでしょう?
ハルキストがいたりして(笑)
6はる吉   :2011/03/16(水) 22:43:55  
うさぎさんの本を読む速さにも感心するけど、doremiさんも早いですよねぇ。
私はかなりゆっくりかも。
今、「新源氏物語」中巻を中断し、サマンサさんから借りた「神様のカルテ」を読んでいます。
この本、想像していた内容と少しちがっていたけど、goodです。
早く読んで「新源氏物語」を再開させねば。
7じんじん   :2011/03/20(日) 10:33:08  
ご無沙汰してます、大宜味の山上です。2月に3男が生まれて、ますます本と疎遠に・・・。
村上春樹に反応して初コメントです。
1Q84読みたいな〜。名護に住んでたらメンバーの方に貸していただけるのに。
8はる吉   :2011/03/20(日) 17:45:27  
じんじんさん、あれっ?バンバンチキさんでしたね。
ご無事の出産おめでとうございます。
しばらく忙しいでしょうが、気晴らしにときどきブログや掲示板をのぞいてやってください。
9うさぎ   :2011/03/21(月) 07:00:38  
バンバンチキさん、おめでとうございます。
寝不足の日々を過ごしてることと思います、ファイト!
子供に手がかからなくない今となっては懐かしくてうらやましいです。

1Q84は図書館で借りたんですよ。
大宜味村の方でも利用できます。
おすすめは、私がよく利用する羽地地区センターの図書室!
読みたい本をリクエストすると新書でも2週間からひと月位で貸し出してくれます。
中央図書館はリクエストが多いので待たされるみたいです。
カードを作るのは免許証などの身分証明書が必要で、5冊までOK。
絵本や紙芝居も充実してます。
司書さんも楽しい方ですよ。
名前:  E-mail(省略OK)
11  「やんばるヒートオーケストラ」ライブ in 香樹嶺  (Res:3)
1はる吉   :2011/03/11(金) 16:28:11  
やんばるヒートオーケストラって知ってますか。私ははじめて知ったのですが、近々、香樹嶺でお食事つきのライブがあるそうです。
このバンド、「日経大人のバンド大賞2008」の全国大会で準グランプリをとったのだそう。
いかがですか。
【記】
日時:3月20日(日)12時から(演奏は13時から。ポップス、フォーク、ボサノバなど)
会場:香樹嶺
料金:1500円(食事・ドリンク・デザートつき)
*席に限りがあるので、ご予約くださいとのこと。
0980-52-1376まで
2うさぎ   :2011/03/12(土) 09:00:58  
ユーチューブで検索しました。
歌うまいですね、行きたいけど土日は畑仕事。
3はる吉   :2011/03/18(金) 22:44:28  
香樹嶺では、このイベントの売り上げを東北大震災への募金に
するそうです。
名前:  E-mail(省略OK)
12  今読んでる本  (Res:6)
1doremi   :2011/03/03(木) 18:43:51  
名護中央図書館で借りました。
・『私の胸は小さすぎる』谷川俊太郎
・『パリジャンと思って結婚したらただの貧乏なオタクでした』田丸ヒロ子
・『助けてと言えない いま30代に何が』NHKクローズアップ現代取材班
・『小暮荘物語』 三浦しをん
・『プロフェッショナル』ロバート・B・パーカー

節操のない本の選択・・新刊コーナーで手に取ったり。
最後のロバートBパーカーがまだ途中。翻訳者が変わってから初めて読むので、なんか変な感じです。
が、あいかわらっずのハードボイルド探偵?!スペンサーです。
3/6返却予定。
2はる吉   :2011/03/03(木) 22:00:47  
よみかけの本
・『KAGEROU』…例の水嶋ヒロのです。ほんとにサクサク読める本ですが、なかなかまとまって時間がとれないので、やっと半分までよんだところ。
・『新源氏物語 中巻』田辺聖子…一気に読んでしまいたいところなんだけど、こちらも少しずつ。
3うさぎ   :2011/03/05(土) 19:40:17  
羽地支所の図書室で借りてきた本 リクエストするとすぐ買ってくれる!司書さん良い人。
苦役列車 西村賢太
きことわ 朝吹真理子
月と蟹  道尾秀介
池袋ウエストゲエートパークX PRIDO 石田衣良(うさぎの息子が読んでます)
危ない世界一周 宮部高明
世界は危険で面白い 渡部陽一(うさぎのパパが読んでます)

(ワイドショーで芥川賞の受賞インタビューを見て、読みたいと思った「苦役列車」
すごいキャラの作家さんで、賞が決まるまでの待ち時間どうせ無理そうだから「風俗にでも行こうかと思ったけど行かなくてよかった」みたいなことを言ってました。

読んだけど、お勧めしていいのかしら?
いや、やはりアップはあきらめよう(笑)
4doremi   :2011/03/05(土) 22:36:18  
今回の芥川賞私は全く興味なしだったけど、旦那が文芸春秋買ってきてました。西村賢太ちら見しましたが、読まなかった(笑)
風貌は中上健次ふう?
道尾秀介は何冊かミステリー読みました。

池袋ウエストゲエートパーク 好きです〜。
ドラマから入ったけど、あのドラマ脚本はクドカン宮藤官九郎、長瀬、妻夫木、窪塚洋介、渡辺謙すごい豪華メンバーだった。
5はる吉   :2011/03/06(日) 10:10:57  
もう長いこと、その時々の芥川賞受賞作家の作品を読んでいません。興味がわかなくなってしまって…。これって、年とった証拠かなぁ(冷や汗)
6doremi   :2011/03/16(水) 14:22:22  
最近読んだ本
『真昼なのに昏い部屋』江国香織
『バカボンのパパよりバカなパパ』赤塚りえ子

現在読み中は
『グレード・ギャツビー』スコット・フィッジェラルド村上春樹訳
『平野レミ LOVE is ごはん』平野レミ
『ムーミン童話の百科事典』高橋静男「ムーミンゼミ」

ギャツビー、こういう古典名作?はちゃんと読んだ事がないので村上春樹訳
で読みやすそう〜と。
平野レミは、その騒々しいところがファン。
ムーミンはこの間図書館バイトで本を見つけ
「そうだ!小さいときムーミン大好きだった」と思いだして懐かしく・・
名前:  E-mail(省略OK)
13  津波警報  (Res:3)
1うさぎ   :2011/03/12(土) 09:04:42  
大きな地震があったんですね、津波の被害は甚大なものになりそうです。
沖縄でも津波警報が出てますが、本日の定例会はどうなりますか?
2はる吉   :2011/03/12(土) 09:33:33  
今帰仁で本日夕方に予定していた「マジックアワーRUN」も中止になりました。
なんだか心ぞわぞわあわただしく、心配ですね。
うさぎさんとも相談した結果、本日のやーるの会は中止になりました。
3doremi   :2011/03/16(水) 14:07:27  
沖縄はなんともなかったけど・・・・
本当に心痛いです。
阪神大震災を経験した者にとっては、言葉もないです。
ついこないだ、友達と「地震から16年だね」と話してたのに。
名前:  E-mail(省略OK)
14  「やーるのしっぽ」掲示板  (Res:3)
1はる吉   :2011/03/03(木) 16:00:20  
やーるのしっぽのみなさんがもっと気軽に会を楽しめるように、日ごろのことをつぶやいてもらえたらとこのコーナーを設けました。
やーるの会の連絡や集会レポートなどもこちらに記していこうと思います。
名づけて「やーるのつぶやき」。みなさんもどんどん利用してくださいね。
2doremi   :2011/03/03(木) 18:33:32  
すごいです。こうやってきちんと活動報告みたいにすると
本格的「サークル」みたいですね〜。今読んでる本とか何でもつぶやけばいいでしょうか。
3うさぎ   :2011/03/03(木) 18:36:00  
はる吉さん、がんばってますね(笑)。いつもありがとうございます。
パソコン講座が忙しくて、本が読めてなかったけど。
きょう最終の三次試験、実技テストに合格したので、さっそく「苦役列車」を読み始めてます。
ひと月ほど読んでないので禁断症状で苦しかった(笑)
図書館にリクエストした本を目の前に、時間がなくて読めないのは辛い(涙)
今日は、読むぞ!
名前:  E-mail(省略OK)
15  やーるのしっぽ集いレポート  (Res:1)
1はる吉   :2011/03/03(木) 16:28:16  
◆2010.09.25-14:00 名護中央図書館グループ室にて 読書サークル「やーるのしっ
ぽ」発足会。会のブログを作成。
◆2010.10.05-15:30 うさぎさん宅にて ブログ講習会
◆2010.10.30-11:00 羽地図書館にて 集会
◆2010.11.20-14:00 うさぎさん宅にて 集会・ブログ講習会
◆2010.12.10-18:00 夕焼け市場にて 忘年会・本のプレゼント交換
◆2011.01.22-14:00 名護中央図書館グループ室にて 集会/テーマ「佐野洋子」
名前:  E-mail(省略OK)