板情報 | 映画/テレビ/本/サブカル ]

『ゆらぎの神話』BBS

 「ゆらぎの神話」の記述のためのBBSです。
 初めての方はゆらぎの神話についてABOUTFAQ, 利用上の注意をご覧下さい。
  • 感想や会話のための雑談スレッドがあります。記述スレッド内での会話はほどほどに。
  • wikiあります。いろいろ情報集まってるので編集してください。
レス上限が1000になったよ
http規制再開しました

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 魔法・科学(456) / 2 : キュトス71姉妹2(572) / 3 : 必殺技・大魔法・特殊アイテム(317) / 4 : 【黒檀の民】 チャカ大陸 【偉大なる四峰】(42) / 5 : 武具・道具・祭具(499) / 6 : ミアスカと128人の魔法使い(252) / 7 : その他の神々に関するスレッド(708) / 8 : 乗り物・機械・兵器スレッド(110) / 9 : 芸術品・建築物・楽曲その他(54) / 10 : 汎用記述スレッド3(30)
11 : 【邪神】 悪魔 ・ 地獄 第二 【異獣】(65) / 12 : 人物に関する記述スレッド(516) / 13 : 一行記述スレッド(4)(432) / 14 : 汎用記述スレッド 2(1000) / 15 : 国家・都市スレ(132) / 16 : 生態(319) / 17 : 最果てに住まうティアテラ(213) / 18 : 天文・地理・環境(307) / 19 : 哲学・思想・概念(133) / 20 : 嗜好品スレ(41) / 21 : 魔法少女きゆら(617) / 22 : 紀神に関する記述スレッド(355) / 23 : 【最近の】幻想再帰のアリュージョニスト【ライトノベル】(554) / 24 : 歴史(139) / 25 : 猫と竜の戯れ(476) / 26 : レストロオセと四十四士(145) / 27 : 『猫の国』スレッド(440) / 28 : オカルト・宗教(371) / 29 : 大航海時代時代(20) / 30 : 紀人・新しき神に関するスレッド(204) / 31 : まとめ・解説スレッド(77) / 32 : 流転世界【     】(70) / 33 : 【マハ=ディヤルニ】 ルザナイ教 【バーフルード】(171) / 34 : 雑談スレッド4(536) / 35 : つなぎのエピソード・設定スレ(33) / 36 : つなぎの神話(58) / 37 : 竜神信教スレッド(145) / 38 : マレタ(地底)の記述スレッド(433) / 39 : 飛来神群について語るスレ(11) / 40 : 設定がまとめてあると嬉しいものを挙げるスレ(48) / 41 : 名言・格言・慣用句スレッド(121) / 42 : 神話編纂スレッド(61) / 43 : 行商人の商品自慢(38) / 44 : 参考文献紹介(83) / 45 : 質問専用スレ(627) / 46 : 悪 魔 地 獄(1000) / 47 : はじまりスレッド(24) / 48 : 名前スレ(169) / 49 : 世界の終わり(68) / 50 : ゆらぎ用語でしりとり(36) / 51 : 少女魔法『きゆら』(29) / 52 : ひみつ大学(28) / 53 : 今年の抱負(27) / 54 : 揺刊・ゆらぎ新聞(5) / 55 : お題スレ(12) / 56 : 【魔王14歳Online】(314) / 57 : もぅ今日で人生終わった!!(14) / 58 : 警視庁現代犯罪係(13) / 59 : 外典【女の子だけが使える秘密の魔法 】魔導書(431) / 60 : 面白かった記述を紹介するスレッド(108)  (全部で177のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 魔法・科学 (Res:456)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1言理の妖精語りて曰く、 :2006/05/31(水) 03:39:20
主として魔法や科学に関する記述を行うスレッドです。

450言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/11(火) 06:20:14
「匂い」は、ただよって混じり合い、「音」は響き合い波長を変える
そうした時間的性質は魔術においても注目され、しばしば活用されてきた


451言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/13(木) 06:03:14
そうした視覚以外の感覚魔術において、時間、過去と今とは相互に影響し、変化し続けるものであるという
【猫の国】の魔術師である「ベルクソン」がそれらについて語っているらしいが、その文献の解読は未だに完了していない


452言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/02(火) 20:08:43
同一化を防ぐ観点で言えば、やはり呪術の三分類が有効な手立てだと考えられるだろう。
三分類は、模倣・因縁・命名の三種であり、それぞれの分野で研究が続けられている。

模倣呪術は、原型(オリジナル)の支配下にある「類似」と、中心なき微妙な差異を量産する「相似」に分かれるという。
この系統は、【猫の国】のフーコーという魔術師が『これはパイプではない』という書に記していると言われている。
しかし、その書を求めて【永劫線図書館】に挑んだ冒険家は、未だに帰ってこないため、その詳細は不明である。

因縁呪術は、古くは「感染呪術」と呼ばれていたものである。
これは、運命の変質と、破壊もしくはその操作を目的として研究された。
その研究は、血統における突然変異への理解を深め、新製品開発や斬新な広告の開発に役立った。
しかし、これは個人のセンスに左右されることが多かったり、発生させたはずの差異がまた新たな同質パターンを形成させてしまうなどの問題を抱えている。

最後に、命名呪術は、命名したモノをその名のとおりの性質や役割を持たせたる呪術であり、【レッテル】などが含まれる。
これには、大きな変化をもたらそうとすると失敗確率が上がる欠陥があり、また往々にして印象の押しつけによる性能の低下をもたらしていた。
そのため、いわゆる「デバフ呪術」としての運用が主体である。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


453言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/10(水) 03:12:01
【剣術魔法はその難しさから、簡易剣術魔法という応用形を生んだ。「毛穴」を「詠唱口」とし、剣の振りだけでは詠唱できない場合の助けとしたのである。
これは戦闘の場に限らず、修練の場でも大きな役割を持った。「毛穴」に詠唱させる呪に、「姿勢制御」を加えることで、型の訓練を容易にしたのである。】

これは分岐し、流れ去っていった別の歴史の記述である。
我々が知る歴史においてはプロッテッツィオーネという女性が異境より訪れ、剣術魔法の開祖である遠野 一剣斎が驚嘆するほどの剣の腕前を示した。
詠唱構造においては一剣斎よりも知悉していた彼女は、彼の剣術開発に協力し、詠唱箇所を改良した。各詠唱箇所のパーツ化と習得過程の体系化がその肝であったと語られる。
彼女は簡易剣術魔法とは異なる形で学びの裾野を広げることに成功した。

簡易剣術魔法は当初、当時の天照府大将軍からの強烈な推奨、テコ入れによって「詠唱毛穴」手術の施術者を増やしていたが、
勃興期において、当時の人々の感性からすると拒絶感を伴うものであり、手術なしで習得できることがわかると通常の剣術魔法のほうに志願者たちは移っていった。
大将軍的には詠唱毛穴に琴線に触れるものを感じていたが、もう一方で十分に成果を上げられる以上、下々の者に推奨・要求する理由はなくなった。
既に手術を終えた者にも「詠唱毛穴」を塞ぐ施術を受けることを認め、再手術にも援助制度をもうけた。


454言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/10(水) 06:57:48
【万鞘万鍔万柄一剣録】

剣術魔法の伝書。晩年の遠野 一剣斎が高弟たちと共にまとめあげた書物。
プロッテッツィオーネは剣術魔法の改良後に元いた場所に還ったといい、書物化には直接参加していない。
ただし、彼女が残した言葉や覚え書きの引用は少なくはなく、要所に関わることも多い。

【一剣】に付随し、形作り得る【鞘】【鍔】【柄】という言葉で
表現・分類される様々な技法とその習得と実践のための心得を記す。
口伝が中心で、それも「見て覚える」「師匠から技を盗む」という性格が強かったそれまでの武術伝授と異なり、
「習得に必要な習得」「鍛錬に必要な鍛錬」また、それらの組み立て方の内容まで具体的に明文化・理論化されている。

本書に含まれる遠野 一剣斎による、協力者プロッテッツィオーネへの謝辞にはこうある。

「彼女がいなければ『一剣録』のみがあっただろう」


455言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/17(水) 05:42:20
【猫の国】の暗黒魔術師【ジャック・ラカン】によれば、人間は言葉を通してしか、世界を認識できないという。
つまり、我々の観る世界は、すべて言葉で編まれているのだ。

だが、果たしてそれが全てなのだろうか?

世の中には、音や数字に色を観る「共感覚」という特殊な視界の持ち主も存在する。
たしかに、我々が思考し、理解し、他者へ伝達出来る感覚は、すべて言葉によって編まれたものでしかないのかもしれない。
けれど、その言葉は、本当に我々が「言葉」と聞いて思い浮かべるありきたりな、有限の組み合わせに過ぎないものなのだろうか?


456言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/17(水) 07:58:26
前にジョック・ラーカンという魔術師の話を聞いたが同一人物なのだろうか。

自分にとって、面識もなく、伝え聞きでしか知らない相手というのは、「言葉の組み合わせ」と大差はないのかもしれない。
もしかするとマ●クの女子高生みたいな存在であるのかもしれない。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 キュトス71姉妹2 (Res:572)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1言理の妖精語りて曰く、 :2007/05/05(土) 23:10:54
このスレッドは主としてキュトスの姉妹に関する記述を行う場です。

566言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/08(土) 07:10:45
キュトスの姉妹たちの住処である【星見の塔】には、時折奇妙な挑戦者が現れる
【筋肉神官・パッゲットムジャッリー】もその一人であった
彼は偉大なる【筋肉神】に仕えており、その祈りは筋肉への感謝そのもの、つまりは筋トレであった


567言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/14(金) 06:00:54
「フハハハハ!誰か拙僧に立ち向かうものはおらんのか!キュトスの魔女とやらは、みな筋肉を見放した【もやし】なのかぁ!」

あからさまな挑発。

パッゲットムジャッリーは、言ってみれば一種の【道場破り】であった。
キュトスの姉妹は、最も著名な超人であり、それは最も【神】に近い【人】であるといえる。
ある宗教は、彼女たちを【魔女】として恐れ、またある者たちは崇め、目標とする。
そして、そんな中には、自分もしくは自勢力のアピールのために、こうして【道場破り】を仕掛けにくるものもいるのである。

パッゲットムジャッリーは、最新の挑戦者であり――――――――今までで一番相手にされてない挑戦者でもあった。
なぜかというと、それは――――――――

「汗くさい」

姉妹の誰かが、一言で切り捨てた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


568言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/09(火) 20:42:05
「ぐわあああ!筋肉が、拙僧の筋肉がーーー!!!!」
大げさな声を上げて、筋肉神官は吹き飛ばされていった。

パッゲットムジャッリーを吹き飛ばしたのは、【星見の塔】の頂点に立つ九人の半神、【九姉】の一人たるラクルラールであった。
わざわざ彼女が出てきたのは、たまたま今の【星見の塔】には、手を使わずに筋肉神官を排除できる姉妹が彼女しかいなかったからだ。
使いようによっては世界を支配できるとまで言われる【九姉】の御業、その完全なる無駄遣いであった。

ちなみに、ラクルラールはこっそり糸をより合わせて筋肉繊維を再現してみせたりしていたのだが、それに気づいた者は別にいなかった。
現在、【星見の塔】では、姉妹の一人【ワレリィ】が作り出した沼にハマる遊びが流行っており、みんなそれに夢中だったからだ。
【幻想再帰のアリュージョニスト沼】、もしくは【アズーリア百合ハーレム漫遊記沼】と呼ばれるこの沼はとても深かったため、ハマっている者は、なかなか外部のことには気づかないのであった。


569言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/09(火) 20:55:05
どこか暗い地の底で

「フゥーッハッハッハッハッハッハーーー!」
声がした。
声の正体は、黒い鎧を着た謎の怪人物だった。
その鎧には【幻想再帰のアリュージョニスト主人公衣装・予備】と書かれており、さらにその首には【私こそが地上の英雄です!】と書かれた看板がヒモによってぶら下げられていた。

地の底へ消えたラ=リスキャニアの生還である。
見れば、彼女の右手にはワイヤーのように太い糸が握られており、その糸は遥か天上よりぶら下がっていた。

こりずに再登場を果たしたラ=リスキャニアは、叫ぶ。
あたかも、その叫びに己が全存在がかかっているかのように。
「おい、その糸の上にいるメンヘラ女!良いことを教えてあげるから、このラ=リスキャニアちゃんに従いなさいな!」

声をかけられた天上では、即座に糸を切ろうとする気配があったが、そこへラ=リスキャニアはすかさず更に言葉を連ねた。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


570言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/09(火) 21:56:09
看板は語る
《一人でイキってて虚しくない?というかあなたも別にモテるタイプじゃないよね?》

「ぐ・・・モテるもん、キャニアちゃんモテるもん・・・あとイキらないとエラソーなヤツと話なんて出来ないもん!」
涙目になりながらも、強気な態度を崩さないラ=リスキャニア。


571言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 06:59:59
「だいたいさー、アンタって何事につけ本末転倒なのサ。本末転倒というか、石橋を叩きすぎて叩き割るというか・・・ウィー、ヒック!」
ラ=リスキャニアは、唐突にぐだぐだと語りだした。
《え、もしかして酔ってる?》
表記されている文字の内容を変えながらも、とまどう気配を漂わせる看板。

「酔ってない。酔ってませんよー。ラ=リスキャニアちゃんは、ちょっとだけ景気づけに飲んだだけなのですよー」
《それを酔ってるっていうのだよ・・・》
どことなく看板の文字からも呆れた気配を漂わせるラクルラール。
だが、完全に酔ったラ=リスキャニアは、そんな彼女を気にせずただひたすらに語り続けた。

「そんなことはどうでもいいですー!今はアンタの話をしてるんだから!」
《やれやれ。ロクな話じゃなさそう》

「だいたい、価値が欲しいのに、価値を貶めるってどういうことなの?その糸の支配、自分を邪魔してるだけじゃねーの!」
《なっ》
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


572言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/17(水) 05:35:26
――――三時間経過

闇の中、宙に浮かぶ屋台があった。
《殺菌消毒済みおよび寄生虫撲滅証明取得済み@機械帝国・厚生部品省》と屋根に大きく書かれたその屋台は、一本の糸に吊るされて宙に浮いていたのだ。
地獄より離れ、しかしどこへ到達するでもないその屋台は、まるで『蜘蛛の糸』のカンダタのようであったが、そこに集う者たちには地獄から抜け出る意志など毛頭ないようであった。

その中からは、何かが煮える音や陶器同士がぶつかり合う音、誰かが大声で語ったり突然叫んだり歌いだす声が響き、無数の糸を引き連れて宙を歩くマリオネットのような人影が複数踊っていた。
それは、天地の中間に浮かぶ煉獄の屋台。
誰が呼んだか、その名を《裸栗鼠庵》(らりすあん)という。

そこでは、ただひたすらに、ぐだぐだなガールズトークが繰り広げられているのだ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 必殺技・大魔法・特殊アイテム (Res:317)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1言理の妖精語りて曰く、 :2006/08/29(火) 22:30:43
発動するとき思わず名前を叫んでしまいたくなるような、
そんな若き日の思い出のような何か生々しいものを今こそ結実させましょう。

311言理の妖精語りて曰く、 :2018/02/09(金) 19:31:25
【ドゲザロール】
倭国より伝来した必殺技
地面に平伏した状態から、回転することで謝罪を行う
回転数が多いほど、そしてより困難な環境で回転するほど、強い謝意を示すことになるとされている

ある者は、究極的な我意の押し付けと捉え、またある者は、万物に対する謙虚さを以って天地と一体化する法と見る
それこそが、ドゲザロールである

回転する時には、ドゲッ、ザッ、ドゲッ、ザッと音がする

・・・・ネタまみれだけど、ごめんなさい


312言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/29(土) 06:19:20
天照府が誇る音楽格闘技【エンカテッケン】の一つ、【拳嵐】(コブシ・アラシ)!

鍛えられた【火手】(カシュ)の体内で練り上げられた響き(ビブラート)は炎となり、拳を伝って相手を燃やす!
さあ、効いて下さい、涙の歌を!


313言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 11:14:20
【ウィアドぺディア】
別名深飛鳥万象名義――つまり百科事典。
ミアスカにおける現存最古の辞典
訳108万900語全9巻。
言葉や物事、表意文字などを集め、その品詞・意味・背景(語源等)
使用法(用例)派生語・等を解説した辞典であるのは通常の物と同じだが
人皮、竜皮、猫皮等で装丁されたの原本は
魔術、呪術の詠唱、使用分野、意味、用法まで網羅しており――
特別な魔力呪力をもつ『栞』を挟めばその魔法が簡易的に発動する
魔道書としても使用可能となるらしい。


314言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 11:37:10
ウィアドペディア
「ハッキング」から「今晩のおかず」まで手広くカバーする
優れた辞書だが怪談にも事欠かない。
真夜中に一人で読んでいると
ページを捲る度にシッ、シッっと無知を嘲られるような
耳障りな紙の擦れる音がする。
気がついたらいつの間にか記述が増えているなどの逸話があるが――
原本は知識を濫用悪用する無資格者や不心得者が触れると
喰って「歴史」にしてしまうともいわれる。
この書の知識と魔道で暴政、苛斂誅求などを行なった
腐敗貴族がある日執務室で衣服を残して忽然と消え
辞書の【人名】の項目に「デブでマヌケな腐敗貴族、享年○○○年×日」
という項目がひっそりと貴族の消えた日に追加されていたと言う……


315言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 19:05:35
「タダの本がそんな危険なわけがにゃい」
といって好奇心むき出して爪とぎにしようとした猫が
5分後三弦で四角状の扁平な木製の胴の奇妙なリュート
「シャミセン」になって落ちていた……
追記されていたのは「好奇心は猫をも殺す」
深飛鳥万象名義の原本にはそのときの猫の引っかき傷が
今も表紙についていると言う……


316言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 20:02:09
ミアスカ語が現在パンゲオン世界の共通語になる過程で
時代と共に古ミアスカ語彙はやがて埋没してゆき、
現在はほとんどその原型を留めていない。
現在もゴールデンムーン&ラビット・プレス社から
新約・深飛鳥万象名義は発行されているがこれは写本の写本であり
利便性のため大部分原典から表現や用例が削られており
誤訳、誤植、誤字脱字などの間違いが多数存在する。
新約の方も栞を挟んだり詠唱すれば記載された呪術魔術を発動できるが
上級魔呪術は名前と簡単な説明のみに終始、禁忌は項事削除され
記載されて使用できるのは初級呪術、初級魔術ばかりである。


317言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/16(火) 21:36:29
原典深飛鳥万象名義には猫をやり込めた事例もあるという。

・猫の歯に蚤――失敗する事の例
・ネズミを弄んでいたら猫白血病ウイルス感染症を持った窮鼠だった、9乙。
・引き取り手の現れないまま保健所から出られない。
・良かれと思って電子レンジで温められた上に裁判で負ける ●2点
・鍋釜を持った化け猫には鉄砲うちの隠し弾
・つ小森半左衛門の刀

「シシッ……かわいいと言う事が関係のないものがこの世にはある……」

かの書は柊、労多くして功少なし。
関わるべからず、跨いで通るべし――チルマフ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 【黒檀の民】 チャカ大陸 【偉大なる四峰】 (Res:42)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1言理の妖精語りて曰く、 :2017/03/11(土) 02:06:43
チャカ大陸についてのスレッド。

36言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/18(火) 13:48:01
>>34
その場合サナン・キンドゥも女性になる可能性が…?


37言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/18(火) 23:36:40
当局や宗教権力に目をつけられないよう、サナン・キンドゥの同性愛関係は描かれるが、
お話のあとのほうで夢で天使や聖者とかのお告げを受けたりして改心し、それで色々あって入手したサッヒャラアトゥの骨を持って
チャカ大陸に渡り、そしてさらに南へ南へと旅する、という流れになっている。

戒律に違反する恋愛を描いているけど、それは後のほうの回心を描くためのものでもあるんです、という理屈である。

マンサン・アルズルフのほうを女性とする場合もあえて何らかの形で道ならぬ恋とするのがセオリーであった。


38言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/21(金) 14:18:00
チャカ大陸では北方帝国と同じく魔路神群の信仰が盛んである


39言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/21(金) 15:58:38
チャカ大陸に住む人々の間では日常的な会話でも
「我らのシャーフリート」「我々の勇者」「我らの偉大な英雄」といった単語が頻出する
「シャーフリートはこう言った」「かつてシャーフリートはこうした」という言い回しも多岐にわたり、
彼の伝説を元にした故事成語が今も多く存在する


40言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/21(金) 23:13:07
ガンディスシャニティアにおいては魔路神群もシャーフリートも虫である。

虫とは秩序であり、機序と機構を持つもの全てを指す。よって神も人も虫なのである。


41言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/25(火) 15:34:23
チャカ大陸で語り継がれるシャーフリートに関する伝説や物語は
『シャーフリート・サガ』または『シャーフリート・テイル』と総称される。
ちなみにリ・エレヌール・コロンダントも英雄シャーフリートに関する作品を手掛けていたらしいが、
未発表原稿がどこにあるのか現在も不明のままである。


42言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/16(火) 07:06:58
「ルザナイ教」という用語はチャカ大陸北部に分布するルズ・アナイ・アナィの発音に由来する。
本大陸の異教徒が接触するマハ=ディヤルニ信仰者のほとんどはルズ・アナイ・アナィ諸宗派いずれかの信徒であった。

ラーズ・ア・ナイン(中部ルザナイ教)やロズン・ンナ・イナ(南部ルザナイ教)、「旅人の諸宗」と呼ばれるグループについての
まとまった、それでいてある程度正確な情報が入ってくるのは、かなり遅れての事となる。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 武具・道具・祭具 (Res:499)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1言理の妖精語りて曰く、 :2006/06/30(金) 16:50:56
主として武器や道具から日用品まで、様々な物に関する記述を行うスレッドです。

493言理の妖精語りて曰く、 :2018/08/27(月) 06:54:57
街を探索するARゲームアプリ【ナハトヴェヒター】には、どうやら恐ろしい秘密が隠されてるようだった


494言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/05(水) 06:07:52
【末妹通貨】とは、キュトスの姉妹を完成させるという最後のメンバーである【最後の末妹】の信用を担保とした通貨である。
それは「いつかは末妹が支払ってくれるさ」という軽い冗談から始まったが、様々な事情によりやがて国際社会に不可欠な通貨として扱われるようになっていった。


495言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/12(水) 20:29:59
カーズガンの魔剣にはいくつもの名が存在する。
これは名を知られることで他者に武器を掌握されるのを避けるためである。
それほど強力な魔剣ということでもある。
その名のうちの一つが「タバク・クウェルグ」といい、古い言葉で「魂を裂く剣」を意味する名である。


496言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/18(火) 04:58:59
人と人が、どうしても行ってしまう共感
似た性向、似た境遇、似た感情、そういったものを認識すると同時に発生する共振
そうした「自動的な」性質を利用して形成された呪術の武具を【共感武装】という

そしてそれらの目指す先は、集合的無意識の奥、【原心領域】の支配による人類の革新なのだという

この【共感武装】、またの名を『デーモン』と呼ぶ


497言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/13(土) 09:11:35
【再誕の灰】
灰の形状を持つ回復アイテム。
【猫の国】に棲まうという【不死鳥】のような再生能力を使用者に与えるが、完全な死者を蘇らせることは出来ない。

この品は、キュトスの姉妹カルル・アルル・アに由来するとも言われている。
肉体に秘められた生命力を引き出す力を持ち、振りかけることであらゆる傷を癒やす。
しかし、それは同時に、振りかけられた者の寿命を消費する効果でもあるため、使用には注意が必要である。

また、高度な魔術知識の持ち主であれば、この灰を応用することで自身から限界以上の力を引き出すことも可能だとも言われているが、その実例は公的な記録には残っていない。
そのため、そのエーラマーンの囁き(うわさ)の真偽は不明である。


498言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/14(日) 20:17:38
【恋する瞳】
目隠しをした美少年の彫像。
「少年は未知なる明日を夢見るものだ」という固定観念を幻想に昇華し、「未だ誰も観たことがないもの」を具現化するという。

怪盗コルセスカが盗難の際にうっかり壊してしまった。
仕方ないので、破片に自分の顔を刻み直したうえで、チェスの駒として使っている。
某『ライトの碁』なジャンプの囲碁漫画みたいに「神の一手」が打てたり、打つたびにトラブルが起きてゲームにならなかったりしているらしい。


499言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/16(火) 05:48:01
【蒸気行動矯正被服ラクルラァル】は、蒸気都市エンドミットの最新ファッションである。
蒸気文明を象徴する歯車やボルトがたくさんついているだけでなく、蒸気情報網から大量の蒸気が供給されている文明パワーあふれるパワードスーツでもあるのだ。

中でも【蒸気幻燈システム】によって、テレヴィジョン無しにいつでもどこでも映像が楽しめるのが、この服の最大の特徴であり、長所であると言えよう。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 ミアスカと128人の魔法使い (Res:252)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1言理の妖精語りて曰く、 :2006/11/23(木) 15:34:36
言語戦争で神々に挑んだり挑まなかったりする、
魔法使いミアスカとその愉快な仲間達に関するスレッドです。

246言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/14(日) 20:13:28
64エルトラートが描いた最後の傑作こそ、キュトスの姉妹32番初代ネルトリートであるという


247言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 06:31:50
73 ルーシメア
【投射の女魔法使い】【光の槍を投げるもの】
間投詞、つまり「ああ!」や「おお!」「やれやれ」などの言葉を開発した。

「自分で移動させた物体」を加速させる魔法を得意とし、小石を投げただけで巨大な城塞を破壊することが出来たという。

彼女の逸話は【猫の国】に伝わり、【ケルト神話】の主神【長腕のルー】として知られているという。


248言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 06:34:47
74 アルセミラ
【銀輪の魔法使い】【反発を御するモノ】
対義語を作り出した魔法使い。
あらゆる物事の性質を反転させることが出来たという。

彼は、後に【アルセミット】の王となった。


249言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 06:39:04
75 カルル・ア・カルル
【灰化の魔法使い】【自己を投企するモノ】【原初のギャンブラー】

初めて「賭け事」を編み出したとされる魔法使い。
「人間は全身全霊をもって生きるべき、生を燃焼させるべき」という信念の持ち主だったという。

サイコロを使った占いを「神託」からただの「遊び」に貶めた彼だが、最後にはその遊びによって命を落としたという。


250言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 06:42:50
76 ラ=リスキャニア
【レンタルの魔法使い】 【金貸しの始祖】
何かをどこかから「借りてくる」ことに長けた魔法使い。
自分の気に入らない特徴を貸し出したり、逆に誰かや何かの特徴や力を借りてくることが可能であり、その力は過去や未来にも及んだという。
しかし、彼はその魔法をあまりに乱用しすぎてしまった。

最後には、たまりすぎた負債のツケとして、彼自身がどこかに「返済」されて消えてしまったのだそうだ。


251言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/15(月) 06:47:59
77 ジャッフハリム一世
【ジャッフハリム王国の始祖】【暗黒門の女王】【政治家殺し】
多くの罪を犯した人間を利用して、地獄への通路【暗黒門】を開くことが出来たという女魔法使い。
地獄への門は、さまざまな利用が可能であったうえに、単純に見世物として大きな人気があった。
あが、彼女のせいで多くの政治家が地獄へと消えたため、しまいには誰も政治家になりたがらなくなってしまったのだ。

仕方がないため、彼女は女王に即位し【ジャッフハリム王国】を建国したという。


252言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/16(火) 05:43:11
78 ウィリア・アムプレス
【絶望と希望の女魔法使い】【花咲く死者】
もし~だったら~だろうといった【仮定法】を編み出した女魔法使い。
絶望から希望を生み出す力を持つが、あんまり力を使うと躁うつ傾向が激しくなってしまう。

そのため彼女は、三日働くごとに一日しっかりと休むという。
この休みの間は、彼女は呪術情報端末にも全く触れないのだが、特に問題はないそうだ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 その他の神々に関するスレッド (Res:708)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1言理の妖精語りて曰く、 :2006/07/16(日) 15:08:04
ティリビナ神群、マーディキ神群、魔路神群、納豆神群、飛来神群
といった紀に至っていない神々に関する記述を行う場です。
新しい神群や精霊に関する記述も同様です。

702言理の妖精語りて曰く、 :2018/08/18(土) 23:52:04
【最小神】は常に最小であるために無限に続く収縮の最中にある。いまこの瞬間にも。


703言理の妖精語りて曰く、 :2018/08/19(日) 06:18:16
【最小神】のもたらす無限の収縮は、いつしか【最低神】を生み出した
彼は、やがて冥界となり、全ての者を地の底へ引きずり込む重力をこの世にもたらしたという


704言理の妖精語りて曰く、 :2018/08/22(水) 06:23:47
最近、美の神に期待が集中している
なぜかというと、『美』とは、強力な『共通性』だからだ

ある者は、『美』を通した 世界の統一を狙い
またある者は、『美』しくないものを排除することで、誰もが納得する『正しい』世界を作らんとしている

世の中に主義や主張は数あれど、『美』は誰もが認める基準だ
考えるまでもなく当たり前のことだが、認められないものなどは『美』ではないからだ
『美』は、それを『美』と認めるもの、『美しさ』を感じ認定する感性の持ち主がいないところには存在しない

だからこそ、『美』は承認を得る主要な手段になり得るのだ

そして『美』は、暴走する
芸術品の価値を専門家が決定するように、『美』を格付けする基準は、特定の権威が占有してしまいがちなのだ

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


705言理の妖精語りて曰く、 :2018/08/22(水) 12:52:26
【最大神】は人前に顕現する際、少女の姿をしている。
それは、【最大神】の強大な力を「美しさ」という形に変換することで、
人間社会への影響を抑えているのである。


706言理の妖精語りて曰く、 :2018/08/23(木) 01:15:06
【最大神】が少女の姿をとる際、孔雀(アナスズメ)に乗っていたり、従えていたり、
服や持物にこの鳥の意匠があることが多い。入墨であることもある。


707言理の妖精語りて曰く、 :2018/08/25(土) 17:21:39
戦女神シャルマキヒュには多くの娘たちがいたが、これは単に彼女が子沢山であったというだけでなく、
身寄りのない子を保護し、自らの娘としたからであるという。
このため、戦乙女ジャスマリシュとして知られる者たちの中には
「シャルマキヒュの直系の子孫」と「シャルマキヒュと血縁関係の全く無い義理の娘」が混在しており、
後世の紀学者を悩ませている。


708言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/13(土) 23:30:57
【ポニー】

馬の女神エポナを原型とする神格。名前は「エポナの如き」を意味する語、あるいは「エポナ」じたいがが訛ったものとされる。
信徒のあいだでは馬のたてがみや尾を模して髪を伸ばしたり束ねる慣習がある。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 乗り物・機械・兵器スレッド (Res:110)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1言理の妖精語りて曰く、 :2007/07/09(月) 16:35:45
乗り物、機械、兵器に関する記述を行うスレッドです。

104言理の妖精語りて曰く、 :2018/07/14(土) 19:15:49
その時代には機械より人間の方が貴重であり、それゆえに「汎用性がある人間」は重宝されたのだ


105言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/02(日) 07:45:49
セロナ・ハーヴェストが新しく売り出した兵器は、ラグビーボール状のロボットだった
それはもちろん戦場での偵察などにも使うことが出来たが、より凶悪な使用法があった
自爆テロである

このロボットは、その小ささと高い運動性能によって、いかなる警備をもかいくぐることが出来た
セロナは、このロボットを警備用として売り出していたが、それが表向きの売り文句に過ぎないことは明白であった
彼の真意は、これを通じてテロの件数を増加させ、対テロ戦争という商機を大きく拡大させることにあったのである

「安全と安心、それこそが現代に残された最後の需要であり、無限に拡大を可能とする唯一の需要である」

それが、彼のモットーなのであった


106言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/30(日) 07:49:16
超大型蒸気飛行船【スティン・ホエール】は、32気筒の大型蒸気エンジンと32トンの妖精炭および同量の炭を搭載している。


107言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/09(火) 20:25:33
蒸気都市エンドミットは、スチームキューブを用いた超巨大計算機である【蒸気演算書架デルゴ】によって支えられていた。
さらにその【デルゴ】は、エンドミット市民の制服であり労働服でもある衣服【蒸気行動矯正被服ラクルラァル】を通じて、市民を支配していたのだ。
【ラクルラァル】は、蒸気によって行動を補強し「正しい動き」を指導する簡易型のパワードスーツだが、これは同時に市民の行動を監視し矯正する効果を持っていたのだ。

ちなみに、ガリバー少年はエンドミット下層階級に所属する「5級市民」であったため、支給されている【ラクルラァル】は不良品のうえに、だいぶ前から壊れていて修理すらロクにされていいなかった。
建前上は全ての市民は平等とされていたが、そこには歴然とした格差が存在したのだ。

まあ、その格差こそが、後に彼を救うことになったのではあるが。


108言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/12(金) 14:02:12
【レーヴァンテイン】

北欧の神々が保有する武器「レーヴァテイン」に着想を得て扶桑崎大和たちが制作した。
彼らが属するジ・オーダー・オブ・ホモ・サピエンスが持つ現代科学の知見が大いに組み込まれている。
名前はレーヴァテイン(Lævateinn)の真ん中に「N」を入れたもの。
このNはnuclear(核)の頭文字である。「空飛ぶ剣」「全てが金属の槍」「炎の矢」と形容される使い切りの「ミサイル」であり、
ジ・オーダー・オブ・ホモ・サピエンス製神具の中では最強の破壊力を持つ。


109言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/13(土) 03:34:25
扶桑崎大和たちに神具を注文するにあたり、
スルトが「こいつらに参考にさせるからレーヴァテインいれてる箱の中身見せて♥」と言うと
シンモラは「言われて出すくらいなら鍵を9つもつけんわ」と答えた。

そういうわけで厳密には彼女の説明からふんわりとうかんだイメージがモデルと言える。


110言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/13(土) 20:41:32
レーヴァンテインは異相空間におかれていたレプティリアンのマザーシップにぶち込まれ、対イルミナティ連合軍のための侵入口をあけた。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 芸術品・建築物・楽曲その他 (Res:54)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1言理の妖精語りて曰く、 :2007/07/01(日) 01:39:07
各種創作物についてのスレです。芸術家についての記述も可。

48言理の妖精語りて曰く、 :2018/05/09(水) 05:50:23
【キシン音楽祭】は、神々によって結成された楽団同士の戦場である
そこでは、紙ごとに統一された様々な個性が、ぶつかり合うのだ

例えば、知識と法の神であるラヴァエヤナの楽団は、【囚人楽団】である
それは、囚人のためのレクリエーションであるとともに、彼らの更生を世に披露するためのPR集団でもある
手足に巻かれた鎖を振り回したり、日用品を流用した自作の楽器を演奏するだけでなく、足を踏み鳴らし、ムカデのようにつながりながら踊り歌う彼らの姿は、様々な神の楽団の中でも、ひときわ有名である


49言理の妖精語りて曰く、 :2018/05/12(土) 20:57:18
かつて、歌こそが民衆の知識にして呪文であった
集団の成員すべての力を合わせ、統一された行動を行うための労働歌、ギルドや職人の秘伝を伝える口伝歌
子どもに医療や身近な危険を教えるための童歌など、歌は最も身近な魔術であったのだ。
そして歌は、呼吸を通した間接的な心身制御、多層的な情報の伝達、精神統一、などの目的を達成する、いわば動的な知識だった

それに対して、プログラムに代用される機械のデータは、パンチカードの時代から静的な知識と相場が決まっている
機械技術の発展がいちじるしい現代ではあるが、はたして、機械はそのような動的な知識を身につけることはあるのだろうか?
機械が静的なデータを「歌わされる」のではなく、動的に「歌う」日は、来るのだろうか?


50言理の妖精語りて曰く、 :2018/05/23(水) 05:36:27
【蠅声歌】(さばえうた)とは、現在の神の秩序に反逆する、古の神々の歌であるとされる
これは、言葉が天地万物の共有するものであり、ヒトとその神の特権ではなかった時代を取り戻そうとする運動、そのものでもあった


51言理の妖精語りて曰く、 :2018/05/24(木) 06:25:10
【蝿声歌】は、【猫の国】の神話で天より降りてきた「槍持つ神」に迫害された「蝿声なす神々」に留まらず、全ての反逆者たちの歌となった


52言理の妖精語りて曰く、 :2018/06/29(金) 06:22:26
【猫の国】から伝わったアニメ映画などから判断すると「動く城」や「天空の城」は、あちらではかなり珍しいようだ
しかし、【魔導国家ヘクセン】をはじめとして、こちらではそうした建築物はさほど珍しくはない

「踊る城」などは、その一つである。
これは、脚が生えて移動するだけでなく、雌雄の区別があり、子を成すことさえするという特異な建築物であるが、【ヘクセン】の一地域である【ラダトゥイーユ地方】では標準的な住まいである
なんでも、この「城」には「婚姻期」という周期が存在し、それが近づくとまるで人間の若者のように【ラダトゥイーユ】の人々は、「城」の「結婚相手」を相談して決めるのだとか

そしてその「婚姻」は、人々の意見だけでなく「城」同士の相性にも左右され、「婚姻の踊り」で見事にステップを踏めるかどうかが、それを決定づけるというのだ。


53言理の妖精語りて曰く、 :2018/08/22(水) 06:06:56
・泣き虫アルセス王の騎士の歌(女騎士の断片)

かわのほとりの アルセスおうは いつもわぁわぁ ないている

そんなおうにも きしがいて みんなで わぁわぁ さわいでる

あるせすきしだん   いろいろいるが そろいもそろって へんじんばかり



しろいどれすの 『がらんてあ』は たったひとりの おんなきし

おしゃれなくにの 『すてあと』しゅっしん いつもかがみを きにしてる

あるひ 『がらてあ』 こものが ほしくて
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


54言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/12(金) 06:39:47
さまざまな宗教や宗派が乱立していた時代、各宗教・宗派はそれぞれ武装したり自前の戦力を用意して身を守ろうとした。
これが【僧兵】の始まりである。

異なる派閥に属する僧兵同士は、当然仲が悪かったが、中には例外もあった。
そうした僧兵同士の友情や恋愛を描いた文学が、世に言う【僧兵文学】である。
この僧兵文学は、後世にさまざまな憶測や創作を含んで拡大し、一大ジャンルとなったのだ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 汎用記述スレッド3 (Res:30)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1言理の妖精語りて曰く、 :2018/09/23(日) 11:26:39
この場所は特に制限を設けない総合記述スレッドとして汎用的に扱います。
ここに記述された文章が神話を構成する断片となります。

前スレッド
//jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/movie/7039/1181226130/

24スチームキューブNo.3 :2018/10/05(金) 19:04:20
でもそんな危険視しなくてもいいよ。そっとしてあげようぜ


25言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/06(土) 18:50:28
>>24
スチームキューブだ!捕獲しろ!


26スチームキューブNo.4 :2018/10/08(月) 19:57:26
そっちじゃないよーこっちこっち!

蒸気都市エンドミットの蒸気機会通信網を通じ、スチームキューブNo.4は、都市の交通網を混乱させた。
するとたちどころのうちに、蒸気路面電車や蒸気バスがあたりにごった返し、街は大混乱に陥ったのだ。

そうした混乱の中でも、いくつかの蒸気バイクや蒸気ボードが駆け抜け、羽撃き式飛行機や巨大飛行船が天から監視してたのだが、混乱する民衆がそれらに気づくことは無かった。


27言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/09(火) 08:39:10
警戒の厳しい人工衛星落下ポイントに、ガリバーはすんなりと侵入した。そのままてくてくと歩いていく。

蒸気感知網は生身の人間を想定していなかったし、蒸気銃で武装した軍察は生身の人間を驚異と認識していなかった。
なにより、人工衛星は巨大で、生身の人間では持ち運べない。盗まれる可能性は限り無く低かった。

しかし、都市機能がスチームキューブによって混乱させられた際、自慢の蒸気感知網も一時マヒ状態に陥った。
ガリバーが、人工衛星の前で、運んできた仮死状態のスターシュに油を差し、蒸気エンジンを回したのはそんなときだった。


28言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/12(金) 18:59:49
「言理の妖精語りて曰く!」

起動したスターシュが異国の言葉を叫ぶと、死んだように静かだった人工衛星はどくんと跳ねた。
脈打つ心臓のように。呼吸する肺のように。呪力を大気から無理矢理吸い込み、大量の蒸気を排出する。

突然のことに驚いた軍察は人影への発砲の許可を求めるが、蒸気機械通信網からの返答は無い。数瞬ののち、たちまち軍察はパニックに陥った。

「猫の国!幻の7番目のスチームキューブ!ロボット形態!」

変形した人工衛星が核となるべき者を、ガリバーを取り込む。神話外骨格<ネコネコモード>である。
ガリバーが信じられないといった顔で手をグッと握る。ガトリングガンが飛び出す。砲身が回転する。スターシュはその肩に乗っている。

「にゃーん!!」ネコが吼えると、建物が爆発し、無数の屍が量産されていく。


29言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/12(金) 19:11:41
アバンカとダーティカは、その現場を見ていた。
原因不明のジャミングの中、バイク(2人乗りは違法である)で疾走していたのはこの二人だったのだ。

ビルの上から、自慢の蒸気脚で飛び蹴りを叩き込もうとしていたアバンカを、ダーティカはひっつかんで止めた。
そうしなければ、相棒は即座に鉄屑(ハンバーグ)になる。強い確信があった。

そして、おお、蒸気の神よ。ネコは射撃しつつも前進していた。肩に乗るのは、指名手配犯の機械少女スターシュだ。

「スチームキューブどころじゃない。私たちは今、神話を見ているんだ……」

腰を抜かしたアバンカに、ダーティカは単なる事実を淡々と告げた。


30言理の妖精語りて曰く、 :2018/10/16(火) 20:03:41
あらかた建物が爆散した世界で、新しい神話を着込んだガリバーは困惑していた。
7番目のスチームキューブ。肩には凛々しい姫のごとき(少なくともそう見える)機械少女スターシュがいる。

どこまでも行ける気がした。スターシュと、背中の蒸気タービンがあれば、どこまでも。念じれば翼だって生えるかもしれない。

「気はすんだか? さっさと脱いで返せよ。その衛星は私のだからな」

ガリバーはその台詞で正気に戻った。
スターシュは姫などではない。犯罪者だ。ガリバーは体よく利用されただけ。おそらく。たぶん。
だというのに、神話外骨格を脱ぎながら、口は興奮ぎみに動いていた。

「また何かあったら来てよ。きっと力になる。一昨日見つけた蒸気フライパンで作った卵焼きもあるし、合成オイルの蒸留酒もある。それに……」

「このチップに100000クレジット入ってる。いい蒸気機関を買えよ」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード