板情報 | 映画/テレビ/本/サブカル ]

自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた(分家)

関連スレ:
纏めサイト・過去ログ等:
本家63章(現行スレ・DAT落ち)
創作発表板83章(移転スレ)
その1
その2
51章359の過去ログ纏めサイト
創作発表板・分家Wiki

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 英国(第二次世界大戦勃発直前)がファンタジー世界召喚されますた。(226) / 2 : 皇軍(明治〜WW2)がファンタジー世界に召喚されますたvol.26(187) / 3 : SSスレ(ラノベ)6(13) / 4 : アメリカ軍がファンタジー世界に召喚されますたNo.15(269) / 5 : SSスレ(923) / 6 : 早く戦争起きろや(2) / 7 : 自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた第122章(38)
8 : 自衛隊vs韓国軍(8) / 9 : 島戦争(the island war)を語るスレ(1) / 10 : 日本の女って媚びる事だけが取り得だったのに(3) / 11 : 自衛隊が漫画、アニメ、ゲームの世界に召還されますた(396) / 12 : F世界との交流その6(129) / 13 : 本スレ避難所(27) / 14 : ネタ・雑談スレ その2(814) / 15 : ロシア連邦軍がファンタジー世界に召喚されますた(20) / 16 : 架空の軍隊がファンタジー世界に召喚されますた 2(588) / 17 : ファンタジー世界への道が開きますた(26) / 18 : SSスレ(萌え)8(188) / 19 : 韓国がファンタジー世界に召喚されますた(317) / 20 : ファンタジー世界の国から見た召喚国(または軍)(155) / 21 : 自衛隊がSFファンタジー世界(SFF世界)に召喚されました(39) / 22 : 資料・関連・過去スレ(20) / 23 : ファンタジー世界で活躍する海上保安庁(134) / 24 : 自衛隊が中世ヨーロッパに召喚されますた(166) / 25 : 管理人への要望・削除依頼スレ(579) / 26 : SS作成依頼スレ(573) / 27 : ファンタジー世界一周(5) / 28 : SS感想・評価スレ(467) / 29 : オフ会ヌレッド(15) / 30 : 議論・雑談スレ(萌え)(54) / 31 : 中国がファンタジー世界に召喚されますた(87) / 32 : 議論・考察スレ(軍事・現代兵器)(379) / 33 : 職人養成スレ(122) / 34 : 議論・考察スレ(F世界・魔法・生物)(291) / 35 : あの現在の英雄がファンタジー世界に召還されますた(75) / 36 : にらみ合う二つの軍がF世界に召喚されますた(9) / 37 : 議論・考察スレ(戦術・戦略・中世史)(275) / 38 : 【議論】本スレ・シェアードワールドご一行様【意見交換】(35) / 39 : 議論・考察スレ(政治経済・国際情勢)(135) / 40 : ファンタジー世界に召喚されていた自衛隊が帰ってきますた 3(687) / 41 : 憲法9条がファンタジー世界に適用されますた(62) / 42 : 在日米軍がファンタジー世界に召喚されますた(19) / 43 : アク禁避難所(73) / 44 : アメリカ軍がファンタジー世界に召喚されますたNo.14(1000) / 45 : 皇軍(明治〜WW2の日本軍)がファンタジー世界に召喚されますたvol.25(1000) / 46 : SSスレ(エログロ)(727) / 47 : コテハン馴れ合い、叩き、萌えスレ(455)  (全部で47のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 英国(第二次世界大戦勃発直前)がファンタジー世界召喚されますた。 (Res:226)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1名無し :2008/03/08(土) 09:25:39 ID:DguCBHyc0
もし第二次世界大戦勃発直前の英国がファンタジー世界に召喚されたらどうなるでしょう。なお、当時の英国の植民地も一緒に召喚されたという設定です。

218HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/10/27(金) 20:24:21 ID:PWWuALII0
そう言い残し、再び持ち場に戻るウールトン。それから一呼吸置いてブラウンはハンドルを切る。トラックはサスペンションとタイヤを軋ませながら旋回し、丸みを帯びた三角形をしたボンネットの先端がブッシュの居場所を向いた。直後にアクセルを注意して踏み込み、ゆっくりと加速する。
一度下がった速度計の針がじりじりと上がり始めた。幸い、床下からの振動が酷くなるような様子は今のところない。
今度は幾分前かがみになると片手をハンドルから離し、ダッシュボードへと手を伸ばす彼。その先にはヘッドライトの点灯スイッチ。
そのまま暴れるハンドルを片手だけで押さえ込みつつ何度もスイッチを操作。前輪泥除けの前に設置されたヘッドライトがその度に点滅を繰り返した。
人工の光が大気を貫き、夜がゆっくりと近づきつつある風景を照らす。

(! よし)

トラックをこちらに向け、ヘッドライトを点滅させる。それは前もって決めていた合図だ。

敵をそちらに誘導する、梱包爆薬の準備をされたし

すぐさま背嚢を引き寄せ、使用準備を開始するブッシュ。
ボロ布とマッチ、そしてナイフを取り出すとまずはマッチを擦り、ボロ布に点火。続いて先ほどまでのトラックと怪物との距離、そして移動速度から最適なタイミングを計算。それに合わせてセフティ・ヒューズの長さを手早く測った後、ナイフで切断する。
最後にヒューズの端を燃えるボロ布に近づけて点火、そのまま回れ右して走り出す。後は速度を落としつつ併走したトラックに引っ張り上げてもらうだけだ。
その様子を見たブラウンが叫ぶ。

「軍曹殿が走り出しました、ピックアップの用意を!」
「了解! ここをお願いします」

後半をファウナに向けて言うと返事を待たずに行動を開始するウールトン。対戦車ライフルに安全装置を掛けると揺れる荷台の上で可能な限り素早く動き、荷台前端の囲いを乗り越えた。
すぐ傍で運転に専念するブラウンの邪魔をせぬよう、そして揺れるトラックから転げ落ちぬように慎重に助手席に降り立つと足元を確かめ、上半身を乗り出してブッシュを車上に引き上げる用意をする。
地面に放り出された爆薬の傍をトラックは通り過ぎ、二人の男の視界に映る人影が大きくなる。ブラウンは既にアクセルを緩め、減速を始めていた。一方荷台では一人残されたファウナがこれが最後とばかりに機関銃を撃ちまくっている。
だが、最悪のタイミングでそれは起こった。


219HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/10/27(金) 20:25:43 ID:PWWuALII0
「なにっ!」「うおっ!」

期せずして重なる二人の男の声。足元で生じた衝撃と異音、続いて起こった急減速にブラウンは顔を引きつらせ、大急ぎでクラッチペダルを踏みこむ。隣の助手席から身を乗り出していたウールトンはバランスを崩して転げ落ちかけ、以前は機関銃が取り付けられていたフロントピラーの跡へと必死にしがみついた。荷台では弾倉交換中にバランスを崩したファウナが転び、そのまま荷台前端まで転がる所を対戦車ライフルの架台にしがみつく事で何とか逃れる。
騙し騙し動かしてきたトランスミッション、そのサードギアがとうとうイカレたのだ。しかもこのトラブルはエンジンをも巻き込み、結果今まで何とか快調を保ってきたエンジンは停止、トラックは急減速を余儀なくされる。
乾いた地面をタイヤでえぐりながらつんのめるようにトラックが止まる。一瞬遅れて振り返ったブッシュは目の前の光景に衝撃を受けた。

「! なんてこった」

一秒、いや十分の一秒すら貴重な戦闘中、それも仕掛けた爆薬から一刻も早く遠ざからなければならないという危険な状況で動けなくなったトラック。それは自分たちが爆薬の爆発に巻き込まれるということを意味している。
怪物に止めを刺すべく作り上げた梱包爆薬が結果的に自分たちの命を奪うことになってしまったのだ。

あまりの衝撃に逃げることを止めトラックへと駆け寄るブッシュ。生存を最優先するのならあまりにも非常識な行為ではあるが、今の彼には何故かそうしなければならないように思えた。
一方車上ではウールトンとファウナが何とかその身を起こす。運転席のブラウンは必死になってエンジンを再始動しようとしているが、当のエンジンはくぐもった音を立てるばかりで息を吹き返す様子はまったくない。そしてトラックの背後には程なく爆発する爆薬があり、さらにその向こうには怪物の巨体があった。
目の前でいきなり足を止めた獲物目掛けて真っ直ぐに突っ込んでくる怪物、己を待ち受ける梱包爆薬に気付いた様子は無い。このまま進めば爆発の瞬間には確実に爆薬のすぐ傍、もしくは真上にいることになり、その巨体は衝撃波と爆風で粉々になるだろう。そしてその爆発はトラックと二人の部下、そしてファウナを確実に巻き込み、殺すだろう。
それでもなお、ブッシュは走り続けた。
そんな指揮官に気付いたウールトン、思わず立ち上がると髭だらけの顔に驚愕の感情をはっきりと浮かべ、声を限りに叫ぶ。

「駄目です! 戻って!」


220HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/10/27(金) 20:27:57 ID:PWWuALII0
だが時すでに遅く、彼の姿はトラックから目と鼻の先にある。この瞬間爆薬が爆発したならば、発生した爆風と衝撃波により四人はトラック諸共吹き飛ばされ、確実に致命傷を負う。

「降車! 降車! 伏せろ!」

せめて少しでも生き残る確率を高めようと決断するウールトン。叫びながら助手席から転げるように飛び出し、足を後方に向けるようにして地面に伏せる。一息遅れてブラウンもまた同じ行動を取った。だがブッシュだけは伏せず、トラックへと駆け寄ろうと試みる。
そんな彼らに一陣の強風が吹き付けた。
反射的に視線を上げる三人、その先には魔法を発動させ、宙に浮いたファウナの後姿。一瞬後、彼女は怪物目掛けて鳥のように飛翔する。
両腕を翼のように広げて飛び、一直線に怪物目掛けて迫る彼女。途中で地面すれすれにまで降りると何かを拾い上げる。カーキ色の四角い物体、爆発一歩手前の爆薬が詰まった背嚢だ。
そのまま超低空で突進、それに気付いた怪物が体の前端部を持ち上げるとそこが大きく開き、中から太い綱のような器官が現れた。このアリクイの舌を思わせる器官で彼女を捕らえ、一口に呑み込むのだろう。
爆薬を胸に抱え、怪物に正面から迫るファウナ。相手の間合いまで一気に接近し、手にした爆薬を放り投げると高速で傍をすり抜ける。彼女を捕らえようと振るわれた太長い舌は空しく空を切り、放物線を描いて飛んだ爆薬が怪物の大きく開いた口へと吸い込まれた。
獲物を捕らえ損ねた怪物が口を閉じ、方向転換を開始する。一方ファウナは相変わらず地面すれすれを高速で飛行しつつ、急速に怪物から離れつつあった。
だが彼はそれを最後まで見ることはなかった。
腰にタックルを受け、地面へ押し倒されると同時に傍らに誰かが伏せ、叫ぶ。

「爆発が来ます! 構えて!」

若々しい声、ブラウンだ。同時に彼の脳が正常な働きを取り戻した。訓練で、実戦で何度もやったように腹這いになると手で両耳を覆い、口を心持ち空ける。
だがその行程を全て終える前に衝撃波と爆風が彼らを襲った。
地面からの突き上げるような衝撃に一瞬体が浮いたような感覚を覚える。続いて衝撃波がむき出しの肌と鼓膜を叩き、神経と脳を痛めつける。最後に吹き飛ばされてきた細かな石や砂が頭上からばらばらと降り注ぎ、着衣と体を白茶けた色に染めた。
永遠に感じられた一瞬が終わり、混乱していた三半器官と聴覚がゆっくりと旧に復してゆく中、状況を確認すべく閉じていた目を開け、よろよろと立ち上がる三人。


221HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/10/27(金) 20:29:37 ID:PWWuALII0
彼らの目にまず入ったのは見慣れたトラックの巨体、後方から食らった衝撃波と爆風のせいで後部のあちこちが損傷しているが。どうやら致命的な損傷は受けていないようだ。事実エンジンがある車体前部には目だった被害は見て取れない。
その後方には燃える怪物の巨体、芋虫を思わせる巨大な胴体は中ほどからちぎれかけた状態で、その断面とファウナと相対したときに開けた口からは炎と黒煙が上がっている。体内でファウナが作った焼夷弾が爆発したせいだ。
あれほどしぶとく、一時は不死身のように見えたにもかかわらず、今はピクリとも動かない。炎を上げて燃える様は生物の死骸というより破壊された戦車を思わせる。

あの怪物は死んだのだ、明らかに。
そう、彼女の手によって。

だがそれは今の一同にとって最も重要なことではない。ファウナ、あの勇敢な彼女はどうなったのかという思い、それがこの瞬間の彼らの思考を支配していた。
痛みや眩暈といった体の不調を意志の力で抑え込み、あるいは無視しつつ、乾いた大地のあちこちに視線を向ける。六つの色あいの違う瞳がどこまでも続く不毛の大地のあちこちを探り、彼女の存在、あるいは痕跡を捜し求めた。
その視界に動くもの、地面の上に横たわっていた何かがゆっくりと起き上がり、小柄な人の姿を取るとふらふらと揺れ動きながら歩き出す。
ややあって、その影が片手を挙げ、ゆっくりと振った。


222HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/10/27(金) 20:31:00 ID:PWWuALII0
投下終了
次回投下は12月上旬の予定です


223卍帝国 :2017/10/30(月) 00:26:10 ID:IPzDCQVI0
tp://slow-hand.jp/url/?id=1419


224ハーデス :2017/11/06(月) 13:11:55 ID:IPzDCQVI0
tp://bit.ly/2jciIqY


225After :2017/11/07(火) 18:51:35 ID:IPzDCQVI0
goo.gl/8QQvHd


226名無し三等陸士@F世界 :2017/11/11(土) 19:27:41 ID:IPzDCQVI0
htp://ux.nu/8bWfU


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 皇軍(明治~WW2)がファンタジー世界に召喚されますたvol.26 (Res:187)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1名無し三等陸士@F世界 :2017/01/29(日) 10:52:34 ID:ci0mzTRQ0
自衛隊ではない日本の軍隊のスレッドです。
議論・SS投下・雑談 ご自由に。

ローテク兵器VS剣と魔法

戦国自衛隊のノリでいて新たなジャンルを開拓すべし
銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage推奨。 …必要ないけど。
・書きこむ前にリロードを。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。
・SS投下中の発言は控えめ。
・支援は15レスに1回くらい。
・嵐は徹底放置。
・特定の作者専用スレは板として不可。
・以上を守らないものは…疫病と戦争、貧苦と死に満ち溢れたファンタジー世界に召喚です。 嘘です。

179303 ◆CFYEo93rhU :2017/11/03(金) 19:03:53 ID:2k2lP0x60
国も地方自治体も緊縮財政で、民間も緊縮倹約で内部留保、金が無い、あっても使わない。
お金を使う事が悪事である事かのような印象付けが諸悪の根源だと思うんですよね。
平成版「贅沢は敵だ」というような雰囲気で、日本を活性化など出来るかよと。


前回の続きのような掌編です。


180303 ◆CFYEo93rhU :2017/11/03(金) 19:05:34 ID:2k2lP0x60
皇国陸軍が構える陣地に、側面から戦竜が突進してくる。
八九式軽戦車の車長は双眼鏡を構え、周囲を見渡した。
「居た。10時の方向、距離は300m、砲は2門、向きを調整してる」
突撃してくる戦竜は歩兵の機関銃や狙撃銃、擲弾筒に任せる。
戦列歩兵は150m以上の距離から射撃を繰り返しているが、戦竜や戦列歩兵は囮だ。

戦車を停車させ、セソー大公国軍の大砲が隠れる場所に主砲と車載機銃を叩き込む。
停車時間は5秒程で、すぐに移動を指示する。
仮に外していても、移動すれば敵は砲の照準を改めるのに時間がかかる。

戦竜を討取った歩兵部隊も、小隊ごとに戦車に続き、残敵の掃討と周辺警戒を行う。
会敵から30分程で、戦竜6頭と1バルツ野戦砲4門を含むセソー大公国軍の特務部隊は壊滅した。

皇国軍に重大な損害を与えられる“かもしれない”戦法は、結局は装備と戦術の差で無力化を余儀なくされる。
列強のリンド王国軍ですら討取るのに多大な犠牲を払った皇国軍戦竜を、遥かに少ない犠牲で討取った。
それは事実だったが、大局的に見れば単に運が良かっただけで、後に続くような戦法ではなかったのだ。

これなら結局、重厚な布陣の戦列歩兵を中心とした部隊で迎撃した方がまだしも成功率は高いのではないか?
そんな事も囁かれ、奇襲も強襲も封じられたセソー大公国軍は、首都ロマディアに後退し続けるしか無かった。


181303 ◆CFYEo93rhU :2017/11/03(金) 19:06:25 ID:2k2lP0x60
投下終了です。


182名無し三等陸士@F世界 :2017/11/03(金) 19:54:58 ID:ObAuRIP20
投下乙です。
タイトルをどうしようか迷った挙句、二度は続かなかったということでああしますた。


183名無し三等陸士@F世界 :2017/11/03(金) 23:19:44 ID:gQ3AzgPs0
投下乙でした。
これが仏米中と列強国との戦争を戦い抜いてきたベトナム人民軍なら
超高練度と超絶隠蔽技術を駆使して皇国戦車を狩っていくんでしょうが
流石に彼らと比べるのは酷ですねw


184303 ◆CFYEo93rhU :2017/11/04(土) 10:15:13 ID:2k2lP0x60
>>182

まとめ、ありがとうございます。
私の書き殴った文章を読み取って適切なタイトルをつけて下さり、本当にありがとうございます。


>>183

ベトナム並みに粘られたら、皇国が勝てないので却下です!
ただ、ベトナムも米軍ほどの優良装備ではないにしろ、自動小銃やら対戦車ロケットやらの現代兵器は持ってた訳なので、
装填と照準だけで5分はかかるような野砲と前装式マスケットが精々のF世界軍よりは、ベトナム軍の方が火力は優越してる筈。


185名無し三等陸士@F世界 :2017/11/04(土) 15:47:47 ID:Imfv7Bj20
>>184
まあソ連製の歩兵装備ですから確実にF世界より火力は上ですね。
ただ彼らの本領は現地地形や人力で掘った地下トンネルを
徹底的に利用した伏兵や相手の精神に負荷をかけ
正常な判断力すら奪うハラスメント攻撃などを駆使した
ゲリラ戦なのでそういった現代戦装備が無くても無いなら無いで
ありもので皇国戦車を狩りそうなところが怖いですがw


186303 ◆CFYEo93rhU :2017/11/11(土) 06:41:04 ID:2k2lP0x60
>>185

ベトナム特有の地形もあるでしょうが。
史実では、一応表面的には平和裏に仏印に進駐して植民地としましたが、散発的には抵抗勢力も居たようですし。
もしこれが本格的な武力闘争となっていて、米英が仏印側を支援し始めたらその時点で南方作戦は失敗したでしょうね。


187名無し三等陸士@F世界 :2017/11/24(金) 22:51:26 ID:2U7MiJI20
現代以前のベトナムもF世界も国民意識がなあ
住民レベルでの抵抗意識と安全に戦力を育成できる聖域がないと、ゲリラ戦は長期間継続できないでしょうね


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 SSスレ(ラノベ)6 (Res:13)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1名無し三等陸士@F世界 :2013/03/01(金) 21:23:33 ID:4k.s2RH60
ラノベ的なSSを投下するスレッドです。
本スレよりは制限が緩やかなので多少の萌えや厨設定も認可されます。限度はありますが。


ハイテク兵器VS剣と魔法

戦国自衛隊のノリでいて新たなジャンルを開拓すべし
銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage推奨。 …いや、sageる必要ないか。
・書きこむ前にリロードを。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。
・SS投下中の発言は控えめ。
・支援は15レスに1回くらい。
・嵐は徹底放置だ。反論は許さん!…スレ住人が。
・以上を守らないものは………

本家スレ(2006年6月上旬時点)
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1157263954/

5名無し三等陸士@F世界 :2017/10/14(土) 01:58:22 ID:lKo/SRwk0
F世界との交流スレ向きだったかもしれません。
スレ違いだとしたらそちらに投下します。


掌編その三

『ドワーフと製鉄所』

ドワーフ族の金属精錬工房から怒号が響く。
「お前ら、それで良いのか?
 俺達は俺達のやり方で最高の鉄を作る。
 それが流儀だろ? もっと熱くなれよ!」

ドワーフの精錬工房では、日本から製鉄、製鋼機械を
導入し、日本式の製鉄所を経営しようとする動きがある。

製造される金属の量では勝負にならない。
かといって質で勝てているかというと、贔屓目に見て互角といったところ。
大量生産される日本製の価格を考慮すれば、同等の品質なら日本製の方が安い。

ドワーフの精錬工房は日本で言う中小企業ばかり。
廃業するか、合併集約して日本式に転換するかという苦渋の決断を強いられる。
金属加工業では先が暗いと、酒造メーカーに鞍替えしたドワーフも居る。

金属加工が民族の伝統文化でもあるドワーフに、近代化の波は容赦なく押し寄せていた。



掌編その四

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


6名無し三等陸士@F世界 :2017/10/15(日) 20:22:04 ID:lKo/SRwk0
掌編その五

『竜人族は納得しない』

潜水艦総合スレ


292 名前:名無し三等兵@F世界

海自の新潜水艦の名前決まったね

298 名前:名無し三等兵@F世界

潜水艦の名前がどんどんしおからりゅうへ

299 名前:名無し三等兵@F世界

>298
そのうちしおはDDの艦名になるかもね

303 名前:名無し三等兵@F世界

水に沈むのに竜はない

306 名前:名無し三等兵@F世界

>303
沈むんじゃねーよ潜るんだよ

313 名前:名無し三等兵@F世界
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


7名無し三等陸士@F世界 :2017/10/29(日) 19:49:17 ID:2U7MiJI20
乙です
久しぶりに訪れてみたら、面白い小ネタが!

F世界で異種族の人権問題めんどいw
ドワーフの鉄工所は伝統工芸方向いけば、芸術的な領域まで至った一部は生き残れそうかなあ
竜人の誇り高さの方向がww


8名無し三等陸士@F世界 :2017/11/03(金) 19:08:04 ID:2k2lP0x60
>>7

感想ありがとうございます。
軽いノリで書いてますが、F世界で本当にこういう社会問題が起きたら面倒臭いでしょうね。

気を良くして、別の投下します。


9名無し三等陸士@F世界 :2017/11/03(金) 19:08:59 ID:2k2lP0x60
掌編その六

『エルフそば』

最近話題の蕎麦屋に取材に行ったので、その時の様子を書いてみよう。

信州の高原、有名な観光地からは外れた場所にその店はあった。
『エルフの里のそば』と書かれた幟と、『生命の実』と書かれた暖簾がある。

『生命の実』の内装はログハウスのような趣で畳席も無く、昔ながらの和風の蕎麦屋とは一見して違うと分かる。
だがの軽井沢や上高地などの観光地がある信州である事を考えると、異質とも言えないのだ。

筆者が訪問した時は、店内には3人ほどのエルフ客が居り、蕎麦と酒を楽しんでいた。
店主曰く日本に住むエルフの客は多いという。信州はエルフの国と気候が似ているので、住み易いのだそうだ。

『生命の実』は現在のところ日本で唯一、エルフの国の伝統酒を直輸入している店なので、故郷の酒が飲めるとあって常連客は多い。
残念ながら使っている蕎麦粉は北海道と長野県のものらしいが、ゆくゆくは蕎麦の実から全てをエルフ産にしたいと語っていた。


席に着くと、おしぼりと木のコップに入った水が出された。
無料でおしぼりと水を出すのは日本式らしいが、ガラスのコップではなく木のコップというところがエルフ式だそうだ。

エルフ客が多いという事もあってメニューには日本語とエルフ語が併記されており、
種類は少ないものの単品料理と、幾つかの単品料理を纏めた定食もある。
お勧めを訊ねると、生命の団子定食と神樹酒を勧められたのでそれにした。

まずは神樹酒だ。
名前からして神々しいが、エルフの森にある木々は精霊の加護を
受けた特別なものとされており、その樹液から醸造された酒の事である。
日本酒に比べてやや度数が高いのだが、口当たりが良くどんどん飲めてしまう。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


10名無し三等陸士@F世界 :2017/11/05(日) 11:12:15 ID:ltLdW.lY0

面白かったです

そういや獣人娘48人集めて云々ってネタ、どこで見たんだっけ?


11303 ◆CFYEo93rhU :2017/11/11(土) 06:45:59 ID:2k2lP0x60
反応ありがとうございます。

>>10

フレンズですか?


12名無し三等陸士@F世界 :2017/11/11(土) 06:46:55 ID:2k2lP0x60
掌編の番外編

『伝説の竜の倒し方』

二千年の眠りより目覚めし伝説の暗黒魔竜。
その巨体は天を覆い、一夜にして文明を滅ぼしたという。

伝説の村の長は大陸駐在の自衛隊司令官に言う。

「暗黒魔竜を倒すには伝説の剣が必要です」
「伝説の剣」

「まず世界各地にある伝説の祠から、伝説の素材を集めます」
「伝説の素材」

「そしてそれを錬金術で合成し、伝説の剣にします」
「錬金術で合成」

「伝説の剣を暗黒魔竜の喉元深くに突き刺します」
「喉元に突き刺す」

「狙う場所は、逆鱗から十二枚目と十三枚目の鱗の間の拳一つ分の隙間です」
「狙いは拳一つ分」

「伝説の勇者は、伝説の剣で暗黒魔竜を倒したと記されています」
「何それ伝説の勇者凄くない?」

「伝説の英雄の子孫は現在行方をくらましており、暗黒魔竜討伐を自衛隊の方々に頼みたいのです」
「剣道経験者くらいしか居ませんが」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


13名無し三等陸士@F世界 :2017/11/12(日) 14:59:59 ID:2k2lP0x60
掌編その七

『嬉しくなるとついやっちゃうんだ』

今日は海上自衛隊の基地で、装備品の一般公開がある。
目玉は名物の海自カレーと新型護衛艦だ。

セキュリティチェックを受けて、基地内へ……。
と、検問していた自衛官から制止の言葉がかかった。
「失礼ですが、ヴァンパイアの方ですよね」
「え?」
なおも自衛官が詰め寄ってくる。
「身分証はお持ちですか?」
「はい……」
しぶしぶ健康保険証を見せる。
「種族はヴァンパイアですね。ではあちらで防護服を着てから入場して下さい。
 防護服を着用しない場合、基地内への入場は許可できません」

自衛官の塩対応。何故ばれたのだろう。


検問所の裏では、先程ヴァンパイアを詰問していた自衛官が話をしていた。
「ふぅ、水際で防げて良かったな。この間なんて3時間狂いっぱなしだった」
「やろうと思ってやってる訳じゃ無いんだろうが、あれじゃあテロだよ」
「生体イージスシステムなんて言われてるからなぁ……」
「まあこの電子社会での行き辛さには同情するが」
「この前なんて、電車の中でスマホゲームしてたら、電車が止まったなんてあったよな」
「彼らの生態を有効活用できないものかね……」


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 アメリカ軍がファンタジー世界に召喚されますたNo.15 (Res:269)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1名無し三等陸士@F世界 :2016/10/03(月) 01:41:59 ID:9R7ffzTs0
アメリカ軍のスレッドです。議論・SS投下・雑談 ご自由に。

アメリカンジャスティスVS剣と魔法

・sage推奨。 …必要ないけど。
・書きこむ前にリロードを。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。
・SS投下中の発言は控えめ。
・支援は15レスに1回くらい。
・嵐は徹底放置。
・以上を守らないものは…テロリスト認定されます。 嘘です。

261undefined :2017/10/11(水) 18:29:10 ID:09HlkyNU0
俺もCで


262名無し三等陸士@F世界 :2017/10/11(水) 20:39:56 ID:V3J1W.ao0
C


263 ◆3KN/U8aBAs :2017/10/14(土) 23:55:06 ID:cWlnjSDo0
ご無沙汰です。Cの希望しかなかったのでCで進めさせていただきます。
短いですがプロローグを投下します。

様々な樹木が周囲を覆い隠し、茂みが前に走った車のわだち以外を走ること拒否するかのように生い茂る。
そしてその間を針で通すかのように引かれた道をハンヴィーはひた走る。最近舗装されたらしいが、砂利道での乗り心地はフリーウェイに比べれば曲乗りに近い。
ドライバーは気さくな人ではあったが今は無言だ。彼曰くこの森はたびたび盗賊が出没するそうだ。
私は今、ある地方都市に駐留する部隊への補給を行う車列の中にいる。そこで私は地元の住民と兵士たちの交流を取材するつもりだ。
ハンヴィーが止まった。無線機が淡々とした言葉を発している。肝心なところはわからないが、どうやら前に何かあるらしい。
「おい、カメラマン、仕事だ。しばらく作業を待っててもらうから撮影してこい。オレッド、ルイス、彼に同行しろ。」
ドライバーのマルツ軍曹の「ご厚意」で兵士たちの作業を撮影することになった。同行する二人の兵士も車から降りている。
「ここにおける大事な仕事だからな。しっかりと焼き付けておけよ。」
私が車から降りるときの軍曹の顔はどこか思わせぶりな表情をしていた。

「とりあえずこれをつけておけ。」
車列の前へ向かう途中、ルイスと呼ばれた黒人伍長は私にマスクを押し付けた。風に乗ってすえたにおいが鼻を衝く。

車列の前にあったのは破壊された荷車とその持ち主の哀れな姿だった。ハエがたかっているところを見るとそれなりに時間がたっていることは容易に推察できる。
持ち主の体には刀傷が生々しく残り、彼のものと思われる馬には矢が何本も刺さっていた。彼の言っていた盗賊にあやめられたのだろう。
私がカメラを向けたのを見ると、荷車に集まったマスクをつけた兵士たちは二手に分かれて行動し始めた。
一組は道路のわきの木々の薄いところにスコップで穴を掘り始め、もう一組は荷車から馬を切り離そうとしていた。
「どいてどいて。」後ろから声をかけられて道を譲ると兵士たちが大きな袋を担いで掘りかけの穴の近くへ走っていく。
もう少し詳しく撮影しようと近づこうとしたが、ルイスに止められた。
その時、私は作業をしている彼らが手袋と作業着をテープでつないでいることに気づいた。
しばらくすると、穴が掘り終わり、同じころに人で運べるレベルまで荷車が解体されていた。
穴の底に車列から運んできた袋から白い粉をまんべんなく振りかけると、兵士たちは穴に死体と荷車の残骸を投げ込み、
その上にまた袋の白い粉をかけて掘った土を埋め戻し始めた。兵士たちの動きはどこか慣れが入っていて、無駄な動きや戸惑うそぶりはみられなかった。

「これが、この世界の現実だよ。」
ルイスは隣で私にそう言った。戦争でこの世界の支配体制が崩れたために、こういった盗賊の被害が増えているのだろう。
国家と国家の戦争は終わったが、それが必ずしも平和を意味するとは限らないのだ。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


264名無し三等陸士@F世界 :2017/10/15(日) 20:08:45 ID:goCvEF.k0
ヨークタウンさん
お預けがそろそろ辛いです。


265ヨークタウン ◆.EC28/54Ag :2017/10/16(月) 12:07:48 ID:13KWRoLo0
>> ◆3KN/U8aBAs氏
大国が潰れたら潰れたで、その後の厄介ごとが生まれるのは、ある意味必然ですな…

>>264
納得いく文ができないので辛いです……筆力をお持ちでいらっしゃるのならば、自分に
恵んで頂けませんか(爆


266名無し三等陸士@F世界 :2017/10/16(月) 22:00:13 ID:/z.kbFnY0
>>263
投下乙
国は倒したけど厄介事が残る
中東でよく見るあれ状態になってしまうのも仕方ないというか
なんというか

>開戦前には1300隻の商船を保有し、開戦後には500隻を建造しております。
>ですが、米側の攻撃の影響で、1486年(1946年)1月時の保有数は700隻を下回っています。

ブリテンとか日本に比べれば被害は少ないな(白目
なお離島や船主へのダメージ
ついでに国民から海軍への評価が(ry
海軍陸軍トップのメンツは仲良くできそうだけど
現場レベルだともうヤバそう
海軍が壊滅した今陸軍への負担がうなぎのぼりだし

ヨークタウン氏の投下が待ちきれない人は
ttp://www.eukleia.co.jp/eushully/an003.html
をやろうか


267名無し三等陸士@F世界 :2017/10/17(火) 06:26:54 ID:tVE0sPfQ0
男がプレイするならこっちだ!
面白いよ
Rule the waves
ttps://simulationian.com/2017/02/rulethewaves/


268名無し三等陸士@F世界 :2017/10/17(火) 06:34:55 ID:tVE0sPfQ0
あとこんなのも
原始的なSAMで米帝機を鴨打ちしよう(無理
SAM Simulator
ttps://sites.google.com/site/samsimulator1972/home
スレ違い失礼致しました


269名無し三等陸士@F世界 :2017/10/28(土) 10:38:36 ID:RIJGGSMU0
SSを書くだけの気力がなかなか溜まらないので繋ぎのやっつけイラスト

ttps://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=65625606


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 SSスレ (Res:923)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1魔術師1 (zbg2XOTI) :2004/03/16(火) 06:06 ID:5tGeSj8I
比較的硬派なSSを投下するスレッドです。
本スレとほぼ同じ、詳細かつ綿密な設定を練ってSSを書いてください。


ハイテク兵器VS剣と魔法

戦国自衛隊のノリでいて新たなジャンルを開拓すべし
銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage推奨。 …いや、sageる必要ないか。
・書きこむ前にリロードを。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。
・SS投下中の発言は控えめ。
・支援は15レスに1回くらい。
・嵐は徹底放置だ。反論は許さん!…スレ住人が。
・以上を守らないものは………

本家スレ(2004 3月時点)
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1079351585/

915名無し三等陸士@F世界 :2017/09/30(土) 19:06:43 ID:.oaUBxuE0
乙です
でも避難所は過疎ってさみしいですね

そして本家は相変わらずのアラシ状態


916名無し三等陸士@F世界 :2017/10/01(日) 17:09:28 ID:aw5hTIw60
投下乙です

流石にエルフを狩るモノたち(巡航ミサイルの雨)は見られそうもないか


917名無し三等陸士@F世界 :2017/10/01(日) 17:39:18 ID:R4KaE.iE0

 乙です。
 しかし、エルフは何でウラン鉱山を襲撃したのやら?
 ウランに何かしらの恨みを持っているのかな。


918名無し三等陸士@F世界 :2017/10/03(火) 22:36:51 ID:.oaUBxuE0
ウランは売らん





なんつってww


919始末記 :2017/11/14(火) 22:23:06 ID:7.L4Yce.O
だいぶ間を開けてしまいました。
投下再開します


920始末記 :2017/11/14(火) 22:26:37 ID:7.L4Yce.O
大陸北部
エルフ大公領
タージャスの森外縁

深い霧が常に森全体に立ち込め、侵入者が必ず行方不明なるタージャスの森。
森全域がエルフ大公領であり、その面積は関東平野に匹敵する。
そのエルフ大公領を求めて、侵入する者が稀にだか現れる。
商人、冒険者、密猟者・・・
後日、エルフ達に連行され、戻ってくるが全員ではない。
この霧はエルフ達が張った魔法による結界と言われている。
そんな怪しげな森に陸上自衛隊の大型ヘリコプターが接近していた。

「外務局長、見えました。」

そう声を掛けられた杉村外務局長は、CH-47J大型輸送ヘリコプターの窓から地面を眺める。
即席で造られたヘリポートには、デルモントの第6分屯地から派遣された部隊がテントや陣地を構築して展開している。
降下したCH-47Jから降りた杉村と外務局スタッフを部隊長の佐久間二等陸尉が敬礼で出迎える。

「デルモントより派遣された佐久間二等陸尉以下、隊員21名。
外務局の護衛を勤めさせていただきます。」

一応は外務局からも警備担当官を二名連れて来ているが、重武装の自衛隊の協力は有難い。

「お忙しいところお世話になります。
しかし、デルモントにもウラン鉱山はあるでしょう?
そちらは大丈夫なのですか?」

敵の目標が明確なのだから警備は厳重なのだろうが、人手をこちらに割いてしまったことに負い目を感じていた。

「以前に龍別宮捕虜収容所の襲撃時に透明化した敵を判別したサーモグラフィを投入していますので、これまでとは同じにはいかないと思います。」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


921名無し三等陸士@F世界 :2017/11/14(火) 22:30:06 ID:7.L4Yce.O
石炭系の火力発電所は転移前から三割以上の電力生産を可能としており、大陸から採掘が可能になった現在は本国の電力を支える主力となっている。
水力発電も転移前から1割程度の電力生産を担っていた。
ここに北サハリンや新香港の東シナ海からの石油や天然のガスの輸入により持ち直して来たばかりなのだ。
原子力発電は、転移後に激減した電力生産を支える為に全力稼働の方向となっていた。
しかし、転移から十年以上も経つと、備蓄されていたウランやプルトニウムも枯渇し始め、再び停止する原発も増えていた。
大陸からウランが採掘出来るようになると、柏崎原子力発電所がようやく再稼働が可能になっていた。
本国も省エネやリサイクルが進み、電力消費も下がっている。
このような状況では、携帯電話の充電にも苦労する有り様だ。
根本的な問題として、電池の生産に必要なリチウムをはじめとしたレアメタル等の採掘量が需要に追い付かないのだ。
一番肝心のリチウムにしても、吹能等町近郊にしか鉱山を発見出来ていない。
現在の黒川達が使っているのは、都市鉱山で資源をリサイクルされた携帯電話ばかりだ。
年配の者達が

「時代は30年は後退したな。」

と、ボヤいていたのが印象的だ。

「ギーセラーの奴が出てくれればいいんだが・・・
向こう側の水晶球の側に誰かいてくれないと気がついてもらえないのだ。」

ギーセラーというのが冒険者時代のフィリップが浮き名を流したエルフの女性の名であることに、ボルドーは頭痛を感じていた。
ハーフエルフの姉サルロタまでいるという話も昨夜に聞かされたばかりで、心の整理が追い付いていないのだ。
すでに一昨日に連絡が取れているので、向こうも水晶球の側にいるはずだった。

「おっ、繋がった!?
ギーセラーか、一昨日に話した件だが、日本側の準備が整ったそうだから回廊を開いてくやってくれ。
ああ、何か不自由は無いか?
必要な物があれば送るが・・・
ワシも行きたかったのだが、離れられなくてなあ・・・」

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


922始末記 :2017/11/14(火) 22:34:42 ID:7.L4Yce.O
足手まといにはならそうだと安堵していると、霧の彼方から蹄の音が聞こえてくる。

「どうやらお出迎えのようです。」

隊員達が互いの姿を見失わない範囲で散開して警戒にあたる。
官僚達に同行している外務省警備対策官の二人は、ホルスターに手を掛けながら杉村を護るべく前後に立ち塞がる。
現れたのはユニコーンに美形の妖精族だった。

「エルフ大公領森林衛士隊所属のサルロタと申します。
日本の使節団のお出迎えにあがりました。」

責任者とおぼしきハーフエルフの少女に一行は戸惑いを覚えるが、他種族は見た目で年齢を判断してはならないと肝に命じているので顔には出さない。
人数は30人程度。
騎乗しているのは六人。
平兵士と思われるエルフは軽鎧だけを纏い、頭部には縁の周りの広い鍔と円形かつ浅いクラウン部が特徴の地球側がブロディヘルメットと呼ぶ物を被っていた。
武器もレイピアこそ腰に挿しているが、全員が小銃を肩に担いでいる。
明らかに大陸の王国軍が制式採用しているものより先進的だ。

「リー・エンフィールド・・・?」

背後で隊員が呟くのが聞こえたが、杉村も佐久間も今は挨拶と相手の観察に重点をおいていた。
エルフの森林衛士を率いていたサルロタに若い隊員達は笑顔を隠しきれていない。
だが彼女の着ている服装に違和感を覚えて笑顔も消えていく。
全員がズボンを穿いているのは理解できる。
しかし、上着はブルゾンっぽい服でネクタイが首に巻かれている。
また、頭部はベレー帽を被っている。

「礼服なのです。
あまり見たことが無い格好でびっくりしますよね。
私もあまり着ないのですが・・・」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


923名無し三等陸士@F世界 :2017/11/14(火) 22:40:42 ID:7.L4Yce.O
では投稿終了です



>>915
もう本家はわけがわかりませんね
>>916
今は、巡航ミサイルまで出てるんですか?
魂は何を?

エルフはやはり脱がさないとダメですかね?

>>917
まあ、私の作品だから理由はしょうもないことかもしれません


>>918
異世界で買い手はいますかね?


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 早く戦争起きろや (Res:2)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1名無し三等陸士@F世界 :2017/03/27(月) 18:26:32 ID:aqLR9lb60
北朝鮮は早く日本に核ミサイル落とせ

2がろうでん :2017/09/29(金) 11:13:21 ID:SLqvPaf60
その前に憲法改正だろ!


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた第122章 (Res:38)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1名無し三等陸士@F世界 :2017/07/03(月) 18:17:14 ID:.oaUBxuE0
こっちなら埋めあらしもこないかな?

ハイテク兵器 vs 剣と魔法。
内容はガイドラインを参照。

・sage厳守。
・書きこむ前にリロードを。マナーとして。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。分断防止のため。
・SS投下中の発言は控えてください。
・支援は50レスに1回。
・嵐、煽り、気に食わないコテは徹底放置。自然現象として脳内あぼーんしましょう。
・荒らしに反応する者も他者にとっては荒らしと同罪。
・専ブラ使用者はNG登録を積極的に活用する事。
・品性に欠けるレスはなるべく付けませんよう。
・気に食わないレスを、気に食わないコテハンまたは気に食わない人間のものと根拠無く認定するなかれ。
 ループ禁止。対策としての『萌え』などには書き手も読み手も極端な反応をしないこと。
 そんなことより海産物の話でもしよーぜ。
・以上を守らないものはぬるぽと見做し、鉄槌制裁( ・∀・)つ=■彡☆))`Д´)されます。

前スレ
自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた第121章
ttp://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1498645002/

保存庫
ttp://www26.atwiki.jp/jfsdf/
ttp://pixus.iinaa.net/jfs.htm

分家
ttp://jbbs.livedoor.jp/movie/4152/fjieitai.html

30名無し三等陸士@F世界 :2017/07/15(土) 15:43:34 ID:DN2MrbtI0
どこに張ったの?


31始末記 :2017/07/15(土) 16:35:08 ID:7.L4Yce.O
SSスレですね


32名無し三等陸士@F世界 :2017/07/15(土) 22:09:44 ID:DN2MrbtI0
発見できた
ありがとう


33名無し三等陸士@F世界 :2017/07/17(月) 14:20:33 ID:pmVRY02o0
始末記さんの熱意はすごいな
そして石動さんの最後の作品投下から一年が経過したな


34名無し三等陸士@F世界 :2017/07/17(月) 14:53:48 ID:hJJ2Iduw0
>>33
『幽世の竜 現世の剣』の改訂は継続中ですが
なろうではルルェド防衛戦のクライマックスで『just not today』が出ましたし


35始末記 :2017/07/30(日) 14:46:27 ID:7.L4Yce.O
おかげさまで、SSスレが900を越えました。
次スレのことを考えてたんですが、ほとんどがリンク切れになってるし過去スレは軍板時代のものですから、テンプレから省いちゃっても問題ないですかね?


36名無し三等陸士@F世界 :2017/09/23(土) 10:45:27 ID:PtHhTi0Y0
>>31
>>32
見つからない
リンク貼ってくれません?


37名無し三等陸士@F世界 :2017/09/23(土) 10:47:07 ID:PtHhTi0Y0
>>31
>>32
見つからない
リンク貼ってくれません?


38名無し三等陸士@F世界 :2017/09/24(日) 15:53:43 ID:.oaUBxuE0
>>37
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/movie/4152/1079384805/l50
こちらですよ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード