板情報 | 映画/テレビ/本/サブカル ]

自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた(分家)

関連スレ:
纏めサイト・過去ログ等:
本家63章(現行スレ・DAT落ち)
創作発表板83章(移転スレ)
その1
その2
51章359の過去ログ纏めサイト
創作発表板・分家Wiki

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた第122章(38) / 2 : 自衛隊vs韓国軍(8) / 3 : 皇軍(明治〜WW2)がファンタジー世界に召喚されますたvol.26(135) / 4 : 英国(第二次世界大戦勃発直前)がファンタジー世界召喚されますた。(200) / 5 : アメリカ軍がファンタジー世界に召喚されますたNo.15(253) / 6 : 島戦争(the island war)を語るスレ(1) / 7 : 日本の女って媚びる事だけが取り得だったのに(3)
8 : 自衛隊が漫画、アニメ、ゲームの世界に召還されますた(396) / 9 : 早く戦争起きろや(1) / 10 : F世界との交流その6(129) / 11 : 本スレ避難所(27) / 12 : ネタ・雑談スレ その2(814) / 13 : ロシア連邦軍がファンタジー世界に召喚されますた(20) / 14 : 架空の軍隊がファンタジー世界に召喚されますた 2(588) / 15 : ファンタジー世界への道が開きますた(26) / 16 : SSスレ(萌え)8(188) / 17 : 韓国がファンタジー世界に召喚されますた(317) / 18 : ファンタジー世界の国から見た召喚国(または軍)(155) / 19 : 自衛隊がSFファンタジー世界(SFF世界)に召喚されました(39) / 20 : 資料・関連・過去スレ(20) / 21 : ファンタジー世界で活躍する海上保安庁(134) / 22 : 自衛隊が中世ヨーロッパに召喚されますた(166) / 23 : 管理人への要望・削除依頼スレ(579) / 24 : SSスレ(ラノベ)6(3) / 25 : SS作成依頼スレ(573) / 26 : ファンタジー世界一周(5) / 27 : SS感想・評価スレ(467) / 28 : オフ会ヌレッド(15) / 29 : 議論・雑談スレ(萌え)(54) / 30 : 中国がファンタジー世界に召喚されますた(87) / 31 : 議論・考察スレ(軍事・現代兵器)(379) / 32 : 職人養成スレ(122) / 33 : SSスレ(911) / 34 : 議論・考察スレ(F世界・魔法・生物)(291) / 35 : あの現在の英雄がファンタジー世界に召還されますた(75) / 36 : にらみ合う二つの軍がF世界に召喚されますた(9) / 37 : 議論・考察スレ(戦術・戦略・中世史)(275) / 38 : 【議論】本スレ・シェアードワールドご一行様【意見交換】(35) / 39 : 議論・考察スレ(政治経済・国際情勢)(135) / 40 : ファンタジー世界に召喚されていた自衛隊が帰ってきますた 3(687) / 41 : 憲法9条がファンタジー世界に適用されますた(62) / 42 : 在日米軍がファンタジー世界に召喚されますた(19) / 43 : アク禁避難所(73) / 44 : アメリカ軍がファンタジー世界に召喚されますたNo.14(1000) / 45 : 皇軍(明治〜WW2の日本軍)がファンタジー世界に召喚されますたvol.25(1000) / 46 : SSスレ(エログロ)(727) / 47 : コテハン馴れ合い、叩き、萌えスレ(455)  (全部で47のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた第122章 (Res:38)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1名無し三等陸士@F世界 :2017/07/03(月) 18:17:14 ID:.oaUBxuE0
こっちなら埋めあらしもこないかな?

ハイテク兵器 vs 剣と魔法。
内容はガイドラインを参照。

・sage厳守。
・書きこむ前にリロードを。マナーとして。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。分断防止のため。
・SS投下中の発言は控えてください。
・支援は50レスに1回。
・嵐、煽り、気に食わないコテは徹底放置。自然現象として脳内あぼーんしましょう。
・荒らしに反応する者も他者にとっては荒らしと同罪。
・専ブラ使用者はNG登録を積極的に活用する事。
・品性に欠けるレスはなるべく付けませんよう。
・気に食わないレスを、気に食わないコテハンまたは気に食わない人間のものと根拠無く認定するなかれ。
 ループ禁止。対策としての『萌え』などには書き手も読み手も極端な反応をしないこと。
 そんなことより海産物の話でもしよーぜ。
・以上を守らないものはぬるぽと見做し、鉄槌制裁( ・∀・)つ=■彡☆))`Д´)されます。

前スレ
自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた第121章
ttp://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1498645002/

保存庫
ttp://www26.atwiki.jp/jfsdf/
ttp://pixus.iinaa.net/jfs.htm

分家
ttp://jbbs.livedoor.jp/movie/4152/fjieitai.html

30名無し三等陸士@F世界 :2017/07/15(土) 15:43:34 ID:DN2MrbtI0
どこに張ったの?


31始末記 :2017/07/15(土) 16:35:08 ID:7.L4Yce.O
SSスレですね


32名無し三等陸士@F世界 :2017/07/15(土) 22:09:44 ID:DN2MrbtI0
発見できた
ありがとう


33名無し三等陸士@F世界 :2017/07/17(月) 14:20:33 ID:pmVRY02o0
始末記さんの熱意はすごいな
そして石動さんの最後の作品投下から一年が経過したな


34名無し三等陸士@F世界 :2017/07/17(月) 14:53:48 ID:hJJ2Iduw0
>>33
『幽世の竜 現世の剣』の改訂は継続中ですが
なろうではルルェド防衛戦のクライマックスで『just not today』が出ましたし


35始末記 :2017/07/30(日) 14:46:27 ID:7.L4Yce.O
おかげさまで、SSスレが900を越えました。
次スレのことを考えてたんですが、ほとんどがリンク切れになってるし過去スレは軍板時代のものですから、テンプレから省いちゃっても問題ないですかね?


36名無し三等陸士@F世界 :2017/09/23(土) 10:45:27 ID:PtHhTi0Y0
>>31
>>32
見つからない
リンク貼ってくれません?


37名無し三等陸士@F世界 :2017/09/23(土) 10:47:07 ID:PtHhTi0Y0
>>31
>>32
見つからない
リンク貼ってくれません?


38名無し三等陸士@F世界 :2017/09/24(日) 15:53:43 ID:.oaUBxuE0
>>37
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/movie/4152/1079384805/l50
こちらですよ


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 自衛隊vs韓国軍 (Res:8)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1名無し三等陸士@F世界 :2017/08/04(金) 19:08:30 ID:X38u7aMY0
中距離ミサイル連射されそうだし、もはや日本は韓国さえ占領できんやろなぁ。。。
日本のヘボ陸自で韓国支配なんて夢のまた夢。

2名無し三等陸士@F世界 :2017/08/05(土) 18:36:55 ID:09HlkyNU0
半島なんか占領して何の価値があるんだよ(笑)


3名無し三等陸士@F世界 :2017/08/06(日) 21:04:27 ID:b8pCuHM20
まず半島由来のあの生物が有史以来最大レベルの負債なんだがw


4名無し三等陸士@F世界 :2017/08/08(火) 04:12:29 ID:FyX.kvDI0
まあ絶対ありえないけど仮に米中露北、その他国際機関、
両国の反戦派が一切干渉してこない、さらに現有の軍事力のみの短期戦で海上封鎖等はしない
シミュレートでしたとすると、海戦ではほぼ100%日本が勝つ。
その後釜山に上陸戦を試みるもこちらは恐らく完全な航空優勢をとれずに韓国陸軍に撃退される。
後は済州島と対馬の取り合いで小競り合いは起きるも互いに決定打を握れず時間切れで休戦って流れじゃない?


5名無し三等陸士@F世界 :2017/08/08(火) 04:19:18 ID:FyX.kvDI0
あとはあたりまえだけど長期戦になれば他国のことを考えなければ国力差もあるし日本が普通に勝つよ
これはあくまでも経済、内政、外交を一切無視した現有戦力の純粋な差の話でしかないから。


6名無し三等陸士@F世界 :2017/08/21(月) 08:58:46 ID:tWglXDvg0
こも


7undefined :2017/08/30(水) 18:58:21 ID:09HlkyNU0
頭の悪い朝鮮土人か


8303 ◆CFYEo93rhU :2017/09/25(月) 20:38:03 ID:Qhuby3Sw0
ラノベを中心に異世界ファンタジージャンルは増えていると思うのですが、全体が増えたせいで、異世界戦記ものが相対的に少なく見える303です。
色々返信ありがとうございます。


>>126

25mm程度の装甲だと防げない……骨董品と侮れませんね。
とすると、F世界側が陸戦で艦砲や要塞砲を使って、それが運悪く(運良く)皇国戦車に直撃したら、撃破出来る訳だ……。
陸上の野戦だと、3~6ポンド級(1/4~1/2バルツ)が主力で12ポンド(1バルツ)は師団や軍団砲兵の重砲大隊なので、絶対数は少ない筈ですが。

13ポンド砲でも、命中時の残速が280m/s(およそマッハ0.8)だと約231kJ。6ポンド砲が280m/sで命中したなら約106kJ。
砲口初速は400m/sでも、数百メートル離れた所ではこれくらいではないかと思うのですが、正確なデータを持っていません。
これが事実と近いなら500kJと比べると着弾時の威力は半分以下に下がりますが、それでも貫通しそう、貫通しなくても結構な損害受けそうです。
やはり12.7mmのように、弾頭重量が何十グラムという単位でなく、何キログラムという単位になるので、速度が遅くても質量で押し切ってしまうと。
仮に貫通されなくても、命中すればガン!と音を立てて、戦車兵に心理的な圧力はかけられるでしょうし。

船体を支える構造材としての鋼板のみで、装甲なんて張ってない駆逐艦が近距離から9~36ポンド級の艦砲を受けたら、抜かれると考えて良いですね。
遠距離を維持しながら恐る恐る戦った皇国駆逐艦は正しかった!


>>127

スウェーデンの王宮で見た衛兵が、天気も良くて美しかったですね。
ヴァーサも見ました。現代軍艦に比べれば小さいといっても、かなり迫力ありました。

イギリスやバチカンは行った事が無いのですが、イギリスは王子(エリザベス陛下の孫)の結婚が日本でもかなり報道されていて、
王族の方々が軍服着用で、ブルーズ&ロイヤルズとライフガーズが居たので、動画を通してなら目にする機会は多いでしょうか。
フランスも、第一共和政時代やナポレオン帝政時代などの軍服着たパレードはあるようですが、流石に王政フランスのは駄目か……。

「中世 軍服」で画像検索すると、殆ど全部近世そのものか近世風でした。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 皇軍(明治~WW2)がファンタジー世界に召喚されますたvol.26 (Res:135)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1名無し三等陸士@F世界 :2017/01/29(日) 10:52:34 ID:ci0mzTRQ0
自衛隊ではない日本の軍隊のスレッドです。
議論・SS投下・雑談 ご自由に。

ローテク兵器VS剣と魔法

戦国自衛隊のノリでいて新たなジャンルを開拓すべし
銃を手に、ファンタジー世界で生き残れ!

・sage推奨。 …必要ないけど。
・書きこむ前にリロードを。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。
・SS投下中の発言は控えめ。
・支援は15レスに1回くらい。
・嵐は徹底放置。
・特定の作者専用スレは板として不可。
・以上を守らないものは…疫病と戦争、貧苦と死に満ち溢れたファンタジー世界に召喚です。 嘘です。

127名無し三等陸士@F世界 :2017/09/24(日) 02:41:20 ID:FyX.kvDI0
現代にまで残る英国のレッドコートとかスウェーデン近衛兵の青い軍服
バチカンスイス衛兵隊とかファンタジー色溢れますよね。


128名無し三等陸士@F世界 :2017/09/24(日) 20:35:24 ID:B8RxRp8k0
>>124
ソ連の戦時中のイメージでいうとすごそうですけれどあれは米国から
鉄鋼材を輸入してもらいながらの粗鋼生産量なのと、工業力の配分
を軍事に「思い切りよく」割り振った結果と鋳造技術と冶金学
の発達によるものなので。
素の工業生産から見た粗鋼生産量はドイツの粗鋼生産量に近い
と思われます(じゃあ史実のドイツ並との比較でもいいんかも)。
英国の粗鋼生産量って戦中日本の三割増し程度だったような(ダンケルク以前)。
皇国の自動車産業の発展ぶり(自動車向けガソリンの確保の話とか)や船舶量を
見る限りでは英国並だとすると幾つかの記述の説明がつきません。

英国は都市部はともかく、田舎などの道路舗装率は当時の日本やイタリアより
マシというぐらいですので自動車の一般普及率が史実より高いとするならば
皇国の粗鋼生産量も史実よりマシマシで見ないと全量輸入なのか? となって
しまいます。
以前にT型フォード自動車を侯爵令嬢? が運転している事を見ると自動車の
運転技術を教える組織などがあり、史実よりドライバーの確保が出来て
いるようですのでそれに比して自動車の普及も成されていると仮定すると
史実英国の粗鋼生産量だと足りなくないかなぁと。
米国が来るまで、ソ連と満州で殴り合いするために下駄履かせているならば
史実英国並だと初期損耗で立ち直れない可能性が出てきます。


129名無し三等陸士@F世界 :2017/09/24(日) 21:28:29 ID:B8RxRp8k0
>>124
>リンド王国軍に関しては背嚢どうとかそれ以前の話
皇国にとっちゃ儲け話ですね。
だって装備の一新なんて数十年に一度あるかないかですからねー。
国内の繊維製品の需要だけじゃ商売にならないのなら同盟国に
売りつければいいし、国内需要に繊維を取られるからって言う
のなら「合成繊維」を混ぜればいいでしょう。

史実では1939年に桜田 一郎と川上博と李 升基(戦後北朝鮮籍)の手に
よって世界で2番目に作られた合成繊維であるビニロンが出てきます。
高強度・高弾性率、耐候性、耐薬品性、綿に似た風合いがあり吸湿性
も持っている合成繊維です。
染色しにくくごわごわするため一般の衣料用の繊維としては使いにくい
部分もありますが、背嚢とかテントとか軍の下級兵向けの制服などには
使えそうです(学生服や作業服への採用事例があります)。
一時は学生服用の木綿を凌駕し、不動の地位を築いた時代もありました。
汚れにくく、丈夫で、洗濯もしやすい(耐アルカリ性)となれば軍事用と
しても売りやすいですからね。
何より合成繊維ですから天然繊維にはない利点もありますし・・・。
天然繊維しか見たことがない異世界人からすれば、合成繊維はある意味
魔法の素材かもしれません。

近代以前だと余程の超大国か先進的な軍制を持った国でも無い限り、常備軍
の概念が薄いので統一規格の軍服っていうのはあまり出てこないかも。
大量生産・共通規格という概念は19世紀に起こった産業革命(工業化)以降
の話ですのでこの当時だとある程度共通化された軍製品って精々、靴くらい
でしょうか。
歩兵は歩くのが仕事なので靴を支給されるかどうかだけでも生存率が変わって
来ますからね。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


130名無し三等陸士@F世界 :2017/09/24(日) 21:53:54 ID:B8RxRp8k0
うろ覚えモード。
アメリカ軍のM3ハーフトラックの基本装甲は表面硬化処理された
厚さ1/4インチ(6.35mm)、運転席前面など重要部位だけ1/2インチ
(12.7mm)くらいなので通常のライフル・機関銃弾に対しては十分な
抵抗力・防弾性があると見做されてはいたハズ。
輸出用廉価版で均質装甲のM5ハーフトラックでは、5/16インチ(7.9mm)
が基本装甲で若干防御力が下がってマス。
まあ、ハーフトラックだからこんなもんなのでしょう(大量生産された
民生向けトラックの軍事転用品だからしゃーないない)。


131303 ◆CFYEo93rhU :2017/09/25(月) 20:42:09 ID:Qhuby3Sw0
ラノベを中心に異世界ファンタジージャンルは増えていると思うのですが、全体が増えたせいで、異世界戦記ものが相対的に少なく見える303です。
色々返信ありがとうございます。


>>126

25mm程度の装甲だと防げない……骨董品と侮れませんね。
とすると、F世界側が陸戦で艦砲や要塞砲を使って、それが運悪く(運良く)皇国戦車に直撃したら、撃破出来る訳だ……。
陸上の野戦だと、3~6ポンド級(1/4~1/2バルツ)が主力で12ポンド(1バルツ)は師団や軍団砲兵の重砲大隊なので、絶対数は少ない筈ですが。

13ポンド砲でも、命中時の残速が280m/s(およそマッハ0.8)だと約231kJ。6ポンド砲が280m/sで命中したなら約106kJ。
砲口初速は400m/sでも、数百メートル離れた所ではこれくらいではないかと思うのですが、正確なデータを持っていません。
これが事実と近いなら500kJと比べると着弾時の威力は半分以下に下がりますが、それでも貫通しそう、貫通しなくても結構な損害受けそうです。
やはり12.7mmのように、弾頭重量が何十グラムという単位でなく、何キログラムという単位になるので、速度が遅くても質量で押し切ってしまうと。
仮に貫通されなくても、命中すればガン!と音を立てて、戦車兵に心理的な圧力はかけられるでしょうし。

船体を支える構造材としての鋼板のみで、装甲なんて張ってない駆逐艦が近距離から9~36ポンド級の艦砲を受けたら、抜かれると考えて良いですね。
遠距離を維持しながら恐る恐る戦った皇国駆逐艦は正しかった!


>>127

スウェーデンの王宮で見た衛兵が、天気も良くて美しかったですね。
ヴァーサも見ました。現代軍艦に比べれば小さいといっても、かなり迫力ありました。

イギリスやバチカンは行った事が無いのですが、イギリスは王子(エリザベス陛下の孫)の結婚が日本でもかなり報道されていて、
王族の方々が軍服着用で、ブルーズ&ロイヤルズとライフガーズが居たので、動画を通してなら目にする機会は多いでしょうか。
フランスも、第一共和政時代やナポレオン帝政時代などの軍服着たパレードはあるようですが、流石に王政フランスのは駄目か……。

「中世 軍服」で画像検索すると、殆ど全部近世そのものか近世風でした。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


132303 ◆CFYEo93rhU :2017/09/25(月) 20:43:49 ID:Qhuby3Sw0
>>128

自分で設定しておいて、結構なチートでしたね。

アメリカからの支援があったとはいえ、その支援を受け入れて兵器の増産が可能だっただけ、ソ連は凄いです。
史実日本なら、数億トンの良質な鉄鉱石が降って湧いたとしても、生産設備の余力が無くて持て余すでしょうから。

皇国の運転手の確保や国産自動車開発、舗装率改善は、陸軍の強い後押しもあり、国内産業の発展に寄与するという歴代内閣の方針もあり、
明治末期から大正初期の時期から同時並行的に進められてきた……としていますが、それにしても約20年で発展しすぎだとは思います。

掌編でT型フォードを運転していたのはポゼイユ侯爵。侯爵令嬢ではなくて本人が侯爵(女侯爵)です。
名前はリアン=シャニィ・セレシア・ラグナ・ニュールモンというのですが、こんな設定覚えている人は多分居ない。


>>129

靴だけではなく、軍服や鞄などの装備一式はある程度規格化されている大量生産品では?
軍服(シャツやコート)自体も、士官は自前で仕立てますが、兵士は中古のお仕着せなので、
標準体形から離れている人はきつすぎたり緩すぎたりする事はあったみたいですが。

擲弾兵は身長190cmとかの規定があるのは、つまり190cm前後の身長に丁度良いサイズで大量に作ってるからという意味でもありますよね。
身長175cmの人が190cm用の軍服着たらいかにも見栄えが悪いでしょうから。

中世の鎧は、代々鍛え直して使っていたのも多かったようですね。
王様とか金持ち貴族になると、代ごとに新調していたようですが。
映画『ロックユー』に、体格に合わない鎧に難儀するシーンがあったような。

中世初期の一般兵というと、そこらの山賊と大差ないような格好で、斧か槍と盾持ってるようなイメージです。
騎士の武具を剥ぎ取って奪えれば一財産築けるから、それ目当てに参戦する一般兵も居たようですね。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


133名無し三等陸士@F世界 :2017/09/25(月) 21:53:29 ID:gQ3AzgPs0
>>131
まあ当時と全く同じ組成の装薬でもないですから
再現実験と言っても限界はありますがカルバリン砲の弾丸の持つエネルギーは
大体どの資料でも初速で400kJ以上は確実にあったようですね。
しかも球形弾丸にも関わらず有効射程は1500m~最大射程は6000m近くはあったようですね。
小型の陸上移動目標である戦車に狙って直撃させることはなかなか厳しいかもしれませんが
それでも有効射程内で当たればほぼ撃破でき数を用意さえできればかなりの脅威でしょうねえ。


134名無し三等陸士@F世界 :2017/09/25(月) 21:58:17 ID:B8RxRp8k0
>>132
>軍服や鞄などの装備一式はある程度規格化されている大量生産品では?
特定の大きさとして、サイズを統一させ大量生産させられるという概念が
出来る以前の「規格化」というのは現代の我々が考えているような厳密性
が無い代物です。
現代ではJISやASMEなどによって日々の食事のパン(形や素材)や麺類
(乾麺の長さや量)なども共通規格で定められて製造されています。

工業化(産業革命)以前の規格品というのは公差が大きく取られている・・・
というよりとらざるを得ないという代物です。
工場なんてものがあるわけではないので、共通規格言うなれば体格にあった
製品を用意する余裕があるわけではなく、身体を製品に合わせるみたいな部分
もありました。
おっしゃる通り「190cm前後の身長に丁度良いサイズで大量に作って」いる
製品というのはまさにこの公差が大雑把な量産品ですね。
量産と言ってもジェニー紡績機や水力紡績機、ミュール紡績機(ジェニー式
と水力式のいいとこ取りな装置)以前の製糸生産量というのは工業化以後
ほどではなかったですね。
綿工業が本格的に発達する以前だとそもそも服にするための布の供給が
需要に対して少なかったのもあります。
一度に大量に糸や布を確保するのが難しいということは「計画的にかつ
共通規格」で決められた製品を安定して生産できなかったというのもある
と考えられます。
原材料がまとまった形で手に入った時に様々な工房などで作れるだけ
作っておくためには、厳しい規格を定める事は工業化以前の産業力では
荷が重い部分もありました。
綿工業には紡績=綿糸を紡ぐ工程と、織布=綿糸で布を織る工程があり
これらの工程は十分な技術さえあれは機械化が可能でした。
原材料が安く手に入りさえすれば糸や布の大量生産が可能となります。


135名無し三等陸士@F世界 :2017/09/25(月) 22:32:50 ID:gQ3AzgPs0
実は王政フランス末期時代の軍服とナポレオンのグランダルメは
ほとんど軍服は変化していないんですよね。変わったのは帽子がシャコ帽になったくらいで。
よく革命政府は王政フランスから何から何まで全面的に変えたと誤解されたりしますが
フランスの近世の軍服はルイ14世からルイ16世にかけて徐々に変化していったらしいです。

三兵戦術を使いドラゴンを使った三次元戦闘が行われていたとしても中世ったら中世!ですね。わかります。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 英国(第二次世界大戦勃発直前)がファンタジー世界召喚されますた。 (Res:200)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1名無し :2008/03/08(土) 09:25:39 ID:DguCBHyc0
もし第二次世界大戦勃発直前の英国がファンタジー世界に召喚されたらどうなるでしょう。なお、当時の英国の植民地も一緒に召喚されたという設定です。

192HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/09/09(土) 20:13:29 ID:djAoqg920
静まり返っていた池の水面に水音とともに同心円状のさざ波が立ち、水面に映っていた像を崩す。
池のほとりに座り込んだブッシュが小石を投げ込んだのだ。
英国陸軍の軍曹であり、特殊部隊であるLRDGの一員である彼。だが今は髪も髭も伸び放題の、敗北に打ちひしがれた一人の孤独な男でしかない。
伸ばしていた腕を下ろし、再び水面を見つめる彼。その耳が聞きなれた音を捉えた。シヴォレー・トラックのエンジン音、ブラウンがエンジンの試運転をしているのだろう。その近くではウールトンがいつも通りに武器の手入れをし、そしてファウナは二人の求めに応じてあれこれと動き回っているはずだ。
だが、自分はここに黙って座り込み、いまだに吹っ切れていない家族の死や未知の土地で自分が指揮を執らねばならないと言う重圧、そして敗北の衝撃で乱れに乱れていた心を落ち着けるべくただ時を過ごしている。
幸い彼の心は今は幾らか落ち着きを取り戻している。が、彼の心の底にわだかまっていた自己嫌悪という汚泥はその落ち着きかけの心を乱し続け、後悔という名の毒がそれに拍車を掛けていた。

(何がいけなかったのか……情報不足、作戦の欠点、装備の不足、それとも単なる不運なのか)

大きくため息をつき、続けて深呼吸。オーバーヒート気味の頭に酸素を送り込む。

(爆薬を投擲するなんて不確かな手段よりも、一纏めにして地雷のように扱うべきだったか。それとも……)

戦闘の一部始終を思い起こしつつあれこれと思考を巡らせる。だが満足の行く答えは出ない。
またしてもため息をつき、宙を仰ぐ。大きく広がった巨木の枝葉とその向こうの青い空が視界一杯に広がった。

(いや、過ぎたことをあれこれと考えるよりこれからだ、これからの事を考えねば。だがどうする? この状況でどうすればいい?)

一人で苦悩を抱え込み、鬱々とするブッシュ。人知の及ばぬ不可思議な出来事により指揮官という孤独な立場に望まずして就いてしまった彼の精神状態は不健康を通り越し、病気と呼ぶべき状態へと進行しつつある。
だがその感情を共有するものがいた。
ファウナ、ウールトンの助言に従いブッシュの元へと向かった彼女は真っ直ぐ彼の傍らに向かわず、昨日の尋問の際に用いた魔法で彼の様子を窺っていた。
彼女が読み取ったブッシュの心、その中では彼女が過去に幾度となく抱いた感情が吹き荒れていた。
後悔、自己嫌悪、逃避、その他ありとあらゆる負の感情。
だが彼はそんな己の心を何とか落ち着かせ、何故あの怪物を仕留められなかったのか、より良い手段は無かったかを考え、さらにこれからどうすべきかを考えようと努めている。
意を決し、そんなブッシュに背後から歩み寄る。だが己の思考に深く沈みこんでいる彼は何の反応もしない。
その状態はれは彼女がブッシュのすぐ背後に立ち、ためらいがちに声を掛けるまで続いた。


193HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/09/09(土) 20:14:53 ID:djAoqg920
「あのう……」「!」

遠慮がちに掛けられた小さな声。だが反応は彼女が予想していたより激しいものだった。
座り込んでいた彼の体が驚くほどの速さで向きを変え、そのままタックルを仕掛けてくる。両腕が腰に回され、下腹に肩がぶつかった。そのまま押し倒される。

「くぅっ!」

魔法を発動させて身を守る暇はない。とっさに背中を丸め、両腕を動かして受身を取ろうとするが不十分。幸い身に着けていた装備と青草がクッション代わりとなり、また脱げ落ちたヘルメットのライナーが運よく後頭部を守ってくれたため体にさしたるダメージは無い。
だが背中を襲った衝撃のせいで息が詰まり、涙が出てくる。その涙で滲んだ視界に映る人影、ブッシュだ。口と目を大きく見開き、己の押し倒した相手の正体、そして自分がしでかした事に驚愕している。

「申し訳ありませんでした、つい……」

慌てて彼女から身を引き剥がし、詫びの言葉を述べるブッシュ。その言動からは彼女の振る舞いに問題があったとはいえ、女性に対してこのような行為に及んでしまったことを後悔しているという態度がはっきりと見て取れた。
そんな彼の目の前でファウナは咳き込みつつもなんとか深呼吸を行い息を整えると、いえ私こそ失礼な真似を、とだけ応え、また咳き込む。

「ところで、何故ここへ?」

彼女の具合が落ち着いたところで気を取り直し、質問を行う彼。ただしその声と表情には疑問よりも何かを確認するような色合いが濃い。

「ウールトン殿に頼まれたからです」

短く、はっきりとした返答。だがそれを耳にした彼の表情に驚きの色は全く無い。
部下の二人がブッシュのことをある程度知っていたように、ブッシュもまた彼の部下のことを知っている。特にあの年上の伍長が自分に対して信頼と期待(自分には過分なものだ)を寄せていることに彼は気付いていた。
だが続く言葉に彼の表情が微妙に変わる。

「そして、私自身もこうすることを望んだからです」
「何としても私に立ち直ってもらわないと困る、ということですかな」

まあ、こんな情けない男でも一応指揮官ですからね、と自嘲するブッシュ。彼の頭には己を取り繕い、体面を保つという発想はもう無い。
大きなヘマをしでかした情けない男が幾ら体面を取り繕ったって、誰が相手にするものか。そんな捨て鉢な感情が彼を突き動かす。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


194HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/09/09(土) 20:16:23 ID:djAoqg920
「そもそも、あなたはあなた自身が思っているほど無能でもなければひ弱でもありません。そもそもあなたが所属する部隊はそんな人間を受け入れるような所ではないのでしょう?」

この状況で一体何を言い出すのか、とでも言わんばかり表情を浮かべる彼の前でそう指摘する彼女。その表情は真剣そのものであったが、それ故何処となく滑稽な雰囲気も醸し出していた。
だがそれを見て笑うような心の余裕は今のブッシュには無い。

「昨夜あなたから聞いた言葉、あれはあなたの父上が仰ったものですね」

今度は話題をいきなり転じ、昨夜彼が彼女に語ったことについて指摘する。
事実は彼女の言う通りなのだが、そのあまりにも決め付けじみた発言に思わず反論しそうになる彼。だか彼女はその暇を与えず喋り続けた。

「嘘即ち悪、と考える者もいるのでしょうが、弱さを隠し、強者であるように振舞うことを私は立派なことだと考えます。人の上に立つ立場であるならば、特に」
「隠し事は立派なことじゃありませんよ。それはあなたも理解していることでしょう」

やっと反論の切っ掛けを見出し、過去の彼女の行いを遠まわしに批判するブッシュ。それに対して彼女は自嘲交じりの笑みで応えた。

「ええ、あの時の私は実にみっともない姿だったでしょうね。でもそれでわかったんです」

言葉を切って息を継ぎ、己の言わんとすることを口にする。

「本当に『弱い』者は、己の弱さを隠して見た目を取り繕うことすら満足に出来ない、と」

そう言い終えると無言で彼の様子を窺うファウナ、ブッシュもまた言葉を発さない。ただその顔にはいったい何が言いたいのか、と言わんばかりの表情が浮かんでいる。

「あなたは父上の言葉に従って弱さを隠し、強さを装ってきた、そう仰いましたね」

短い沈黙を破り、再び話し出す彼女。ただし今度は彼の顔を直接見るようなことをせず、視線を伏せ気味にして何かを考えるような表情をしながら言葉を紡ぐ。

「ですが見せ掛けだけの人物が本物の強者たちと肩を並べて戦えるものでしょうか」

投げかけられた疑問、だが答える前に再び彼女は口を開く。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


195HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/09/09(土) 20:18:08 ID:djAoqg920
「あなたの父上がなぜあのような事を仰ったのかは私には分かりません。ですが私が思うに、強いものを真似させることで、あなたに強さを身に着けさせようとしてたのではないでしょうか」
「…………つまりこの私は『強いふり』を続けているうちに、本当に『強く』なれた。だが私自身はそれに気が付いていない。貴方はこう仰りたいわけですね」

目の前の彼女の一連の発言をそう纏めると、最後に呆れたように鼻を鳴らすブッシュ。
彼の髭だらけの顔には正直信じられない、とでも言わんばかりの表情が浮かび、両腕は落ち着かない内心を反映してかぶらぶらと振れ回っている。

「強いふりをしていれば強くなれるなんて、何の冗談です?」
「ですが『真似る』ことは『学ぶ』ことでもあると私は教えられました」

その一言にブッシュのまなざしが疑いを込めたものからが真面目なものへと変わる。
父の言葉に従い、『強さ』を装い始めた時、彼は自分の知る歴史上の偉人や英雄の発言や行動を手本にして自分のイメージする『強者』を演じてきた。
さらに軍隊では古参兵や優秀な連中が様々なことを『上手に』やっていることを横目で盗み見て真似る。武器や装備の手入れ、兵営での、そして戦地での生活。教本や訓練では教えられない様々なことを彼はそうやって自分のものにしてきた。
そしてそれはLRDGに志願してからも変わらない。
砂漠という苛酷な環境で命をつなぎ、戦い続けるために古参隊員たちが行うことを積極的に真似て身に着け、己の血肉としてきたのだ。

「……なるほど。つまり強さを装うということは強者を真似ることであり、それは結果として真似た者を強くする。あなたはそう仰りたいわけだ」
「ええ、その通りです」

ブッシュが出した結論を短い言葉で肯定するファウナ。その眼差しは彼の両目をしっかりと捉えている。
ぶつかり合う青と緑の視線、結局根負けしたのは青の方だった。

「屁理屈で言いくるめられたような気がするのは気のせいですかな?」
「確かに、私の言っていることは筋道が通っているかどうかも怪しいですし、賢い者から見れば穴だらけの論理でしょう」

ため息とともに今の心境を洩らすブッシュ、その表情は呆れと諦観、そして苦笑がない混ぜになった奇妙なものだった。そんな彼を見つめるファウナもまた、苦笑と呆れを混ぜ合わせた妙な笑い顔で応じた。
二人の間に流れる重苦しい空気に陽光が差し込み、わだかまっていた闇がゆっくりと散ってゆく。


196HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/09/09(土) 20:19:32 ID:djAoqg920
「確かに冷静になって考えれば屁理屈の類でしかありませんな。ですが……」

気を取り直して彼女に視線を注ぐブッシュ、その表情には諦めや後悔といった暗いものはもう無い。

「言っていることの是非や整合性はさておき、そうやって私を力づけようとしてくれたあなたの情熱と努力には敬意を表します」

そう言うと腰を折り、目の前の女性へ向けて深々と礼をする。

「誠に、有り難う」

短い、しかし心からの感謝の言葉。
彼女はそれをしっかりと受け止め、心へと刻んだ。だがそんな彼に一言言うことも忘れない

「その言葉を必要としているのは私だけではありませんよ」
「……分かりました」

苦い薬を飲んだ時のような表情、だがそれをすばやく収めるブッシュ。正常な働きを取り戻した彼の思考は怪物との再戦に向けて回転を始めている。
手持ちの戦力と残された時間を確認し、さらなる情報を求めて彼は口を開く。

「ところで、あの怪物について何か情報はありませんか。特に居そうな場所が知りたいのです」
「…………以前も話しましたがどこに居るのかについては分かっていません。どこかに巣があるはずだと考えて探そうとした者も過去にはいたのですが、果たせませんでした」

しばらく考えた後質問に回答するファウナ、その表情は思わしくない。
そんな彼女の前でブッシュは再び思考を巡らせる。

「地下、地下を移動するって事はロンドンの地下鉄みたいにトンネルをあちこちに掘ってるってことだ。そいつがどうなってるか分かればいいんだが……ん?」

ぶつぶつと独り言を洩らしながら視線をさまよわせる彼、その視線がある一点で止まった。澄み切った水をたたえた池の底、そこではゆっくりと湧き出す地下水が積もった砂を巻き上げている。

「涸れた地下水脈もトンネルになるな……狭くて通れなかったとしても一から掘るよりは手間はかからん。ひょっとすると広い空間だって……」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


197HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/09/09(土) 20:20:43 ID:djAoqg920
「そういえば一昨日の偵察の時に枯れた巨木を見たな。もしかしたら……」
「それはあちらの方角ですか? でしたらその木はここから一番近い巨木です」

利き腕を上げある方向を指差す彼女。それを見たブッシュの表情が劇的に変化する。

「ええ、その通りですよ。こいつは……大当たりかな?」
「あれほどの深い傷を負っているのです、そう遠くには逃げられないはずです。間違いありません」

ブッシュの推測をはっきりと支持するファウナ、その声は大きく、表情には興奮の色がはっきりと現れていた。その度合いはこのままだと一人で怪物相手に突撃を仕掛けるのでは、とブッシュに思わせるほど濃厚である。そんな彼女を落ち着かせるべく、敢えて水を掛けるような意見を提示する。

「ですがこれはあくまで推測でしかありません。そうではない可能性も十分にある」
「…………そういえば、そうでしたね」

今度は冷静さを通り越し、目に見えて落ち込む彼女。それを見て苦笑しつつブッシュはまた声を掛ける。

「いずれにせよこの件は私たち二人だけで議論しても不十分です。二人の意見も聞かなければ」
「仰るとおりですね、それでは早速」

それだけ言うと早足で歩き出す。途中落としたヘルメットの近くを通るが目もくれない。明らかに怪物との再戦で頭が一杯になっているのだ。そんな彼女の後を苦笑しつつブッシュは追う。
そんな今の彼が纏う空気には先ほどまで濃厚に含まれていた暗い、後悔と自己嫌悪の成分はもう無かった。




「……もう少し右の方をお願いします」
「これでいいか?」「はい」

巨木の投げかける影の下、肩を並べてエンジンルームを覗き込んでいるウールトンとブラウン。ブラウンが工具を掴んだ手を複雑に入り組んだ部品の陰に突っ込み、慎重に動かす。一方ウールトンはそれを別方向から懐中電灯で照らしている。
そんな二人の耳がある音を同時に捉えた。
複数の人間が草を踏んで近づくときに出る特有の足音、それが何を意味するのかを二人は知っていた。作業の手を止め、ほぼ同時に振り返る。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


198HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/09/09(土) 20:23:04 ID:djAoqg920
「二人とも心配を掛けてすまない。だがもう大丈夫だ」

先に口を開いたのは自分たちの上官、その一言に二人はちらりと視線を交わし、意味深な表情を浮かべた。上官自身はその行為の意味するものに内心で気付くが、そのまま話し続ける。

「ファウナさんとの話で怪物の居場所についての手がかりが掴めた。これについては後で皆と詳しく話し合いたい」

一呼吸置き、力をこめて言葉を放つ。

「もう一度、あいつと戦う。今度はこちらからあいつの居場所に殴り込みを掛けるんだ」

その一言に喜色を浮かべる二人。攻撃という言葉、それはどんな時でも戦う男達の血を熱くするのだ。
そんな彼らにブッシュは質問する。

「状況はどうだ? 作業はどこまで進んだ?」
「エンジンについては手は尽くしました、幸い何とかなりそうです。トランスミッションについてはトップギアを使わず走行すればまあ大丈夫でしょう。他の部位については異常ありません」
「対戦車ライフルの整備は終わりました。現在手榴弾を幾つかばらして『ジャム缶』を製作中です。これが完成後焼夷弾の作成も行う予定です」

二人の簡潔な報告を聞き、大きく頷くブッシュ。
表情を引き締め、はっきりと宣言する。

「どのような結果が出るにせよ、次が最後の戦いになる」

そこで大きく息を吸い、言葉を発すると被っていたシュマグを取り、深々と頭を下げる。

「皆の力を私に貸してくれ、頼む」

再び頭を上げた彼が目にしたのは差し伸べられた三本の手。二つは油に汚れた節くれだった男のもの、一つはほっそりとした女性のもの。
彼は両手を差し出し、それを無言で握り締めた。


199HF/DF ◆e1YVADEXuk :2017/09/09(土) 20:25:42 ID:djAoqg920
投下終了
次回投下は10月中旬の予定です


200名無し三等陸士@F世界 :2017/09/11(月) 19:02:07 ID:9PAHAzu60
投下乙でした


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 アメリカ軍がファンタジー世界に召喚されますたNo.15 (Res:253)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1名無し三等陸士@F世界 :2016/10/03(月) 01:41:59 ID:9R7ffzTs0
アメリカ軍のスレッドです。議論・SS投下・雑談 ご自由に。

アメリカンジャスティスVS剣と魔法

・sage推奨。 …必要ないけど。
・書きこむ前にリロードを。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。
・SS投下中の発言は控えめ。
・支援は15レスに1回くらい。
・嵐は徹底放置。
・以上を守らないものは…テロリスト認定されます。 嘘です。

245名無し三等陸士@F世界 :2017/07/07(金) 23:48:22 ID:Nr8Xppbo0
投下乙です

26ノットまで出る優秀船
これあれだ単船全速力航行したほうが潜水艦による被害が減る船だ
せっかくワイバーンという垂直離着陸できる装備があるのに
戦力予備がなくて船団に持ってこれないのは末期ならでは
この時点でシホールアンル商船はどのぐらい被害を受けてるのだろうか?
もしかしたら潜水艦でもなく空母でもなく巡洋艦あたりが殴り込んでくる可能性も

リバティー船「量産が効くと聞いて」
シホット「数おかしい」
ちなみにリバティー船以外にも作った貨物船も含めると
5000を余裕で超えるとかおかしい


246名無し三等陸士@F世界 :2017/07/08(土) 13:25:35 ID:1cB0piDI0
うぽつです
発見された輸送船団、はてどうなるか…


247名無し三等陸士@F世界 :2017/07/09(日) 12:47:04 ID:aBBY4nQI0
多くの犠牲のを出して、必死に潜水艦から守り抜いた輸送船も、あとちょっとのところで航空部隊に沈められてしまう未来が見えるのですが...


248名無し三等陸士@F世界 :2017/07/09(日) 15:19:48 ID:iGUq2.lEO
元世界のシャルンホルスト&グナイゼナウみたいに、アラスカ級巡戦を主体に襲撃部隊編成して護送船団を叩くのも良さそうかな?


249名無し三等陸士@F世界 :2017/07/25(火) 13:26:36 ID:P7Va0zYs0
>>247

ボロボロになりながらも入港して接岸し、軍港の責任者と敬礼を交わしている時に空襲警報が……


250ヨークタウン ◆.EC28/54Ag :2017/09/09(土) 22:48:00 ID:V47gl7Ss0
大分遅れてしまい申し訳ございません。今現在、色々と悩みながらもなんとか制作を続けております。
最悪でも、9月中までには更新したい所です。

ひとまず、レス返しをば…

>>242氏 ありがとうございます!
しかし、また間が空いてしまいましたね……
我ながら情けない限りです

>>243氏 運命の女神は米側に味方してしまいましたね。
ですが、キャッスル・アリスも地味に不安抱えているので、この先、無事に攻撃できるかどうか……

>>245氏 シホールアンル帝国は、開戦前には1300隻の商船を保有し、開戦後には500隻を建造しております。
ですが、米側の攻撃の影響で、1486年(1946年)1月時の保有数は700隻を下回っています。

>潜水艦でもなく空母でもなく巡洋艦あたりが殴り込んでくる可能性も
巡洋艦主体の打撃部隊の方が船団襲撃には向いてそうですね。特に、シホールアンル海軍の主力が壊滅した現在は
本当にやりたい放題です。

>>246氏 潜水艦部隊の襲撃されて、どえらい目に遭う事はほぼ確実ですね……

>>247氏 >>249氏が言われる通り、米艦載機に蹂躙されまくって何もかもが台無しになってしまうでしょうな…

>>248氏 第5艦隊所属のアラスカ級巡戦は、2隻とも損傷大なので、今現在は本国のドックで修理中ですね
どんなに早くても、今年の4月までは前線に出られないかもしれません
とはいえ、アラスカ級がいなくても、デモイン級を始めとする優秀な巡洋艦部隊で、船団襲撃は充分に行えるかと思います

まぁ、敵にもなけなしの戦艦がいて、そいつらが加わる時もありそうですが、遭遇した時はジャブの連打で(wows脳


251名無し三等陸士@F世界 :2017/09/10(日) 17:44:15 ID:Z7mT7VDw0
>なけなしの戦艦

なぜだろう…信濃ってワードがふっと…w


252名無し三等陸士@F世界 :2017/09/11(月) 15:30:10 ID:P7Va0zYs0
「シホットの戦艦か……駆逐艦のエスコートもたった数隻。やるぞ。雷撃戦用意!」


253名無し三等陸士@F世界 :2017/09/12(火) 11:33:58 ID:7n9rWn1s0
 フリンデルト帝国に本土から2400㎞先のルキィント列島、ノア・エルカ列島に対して侵攻する能力がある辺り一応列強国の範疇に入ってるんですね。
使者の口ぶりからして侵攻軍は編成準備段階に入ってる様ですが、アメリカ側はフリンデルト帝国の海軍力については把握しているんでしょうか?


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 島戦争(the island war)を語るスレ (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1名無し三等陸士@F世界 :2017/06/27(火) 19:03:38 ID:lPIgfoWI0
島戦争を語るスレです。
物語の考察や軍事、世界観、ローリダ共和国の産業や交通機関などを語りましょう

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 日本の女って媚びる事だけが取り得だったのに (Res:3)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1名無し三等陸士@F世界 :2017/04/17(月) 13:22:58 ID:AKaZPcAc0
ここ数十年、自分達は需要ある価値ある存在と勘違いし出したよな
顔はド不細工の猿で、スタイルも悪い
容姿では韓国人にも劣る
無表情でコミュ症で、警戒心だけは強くて、陰険
気色悪い民族
日本に来るナード白人が、自分達に媚びまくるから相手してやってただけで、我が儘放題の今じゃ誰も相手にしない
当たり前だわな
国民全てがガイジみたいな国
今の日本女って変に誤解してるから、自分を過大評価して、自分がガイジ民族って事忘れちまってる
"大和撫子"とは、自らが劣等三流人種であると自覚する所から生まれる
けど、もっかいアメリカ様に核落としてボコってもらわなきゃ目が醒めないだろうな
今度は原爆50発落としてほしい

2名無し三等陸士@F世界 :2017/04/22(土) 01:56:24 ID:09HlkyNU0
朝鮮土人の書き込みかな


3名無し三等陸士@F世界 :2017/04/23(日) 06:39:55 ID:dIL2Iobs0
韓国人は整形だろ、量産型で皆、同じ顔


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード