板情報 | ビジネス/経済 ]

KABUKABU掲示板

スレッド作成:
タイトル:
名前: E-mail(省略可)
内容:

1 : 先物の算出方法(5) / 2 : 米国金利とドル円(3) / 3 : これであなたも負け知らず(2) / 4 : ゴールドについて(6) / 5 : 日経平均先物取引(14) / 6 : 9月30日のコメントについて(5) / 7 : 超過剰流動性相場(3) / 8 : 質問です。(1) / 9 : 質問2つ(3) / 10 : 投資主体別売買動向 について(4)
11 : ヨーロッパの短期国債について(8) / 12 : QEについて(2) / 13 : 質問です(3) / 14 : 昔会員だった者ですが(7) / 15 : 時間軸について質問があります(3) / 16 : リンクありがとうございました(2) / 17 : ACCESS(3) / 18 : Buy in Mayについて(2) / 19 : 指標に表れる前から行動する人(2) / 20 : この意見について(3) / 21 : 再び現状について(2) / 22 : 東証2部指数について(5) / 23 : 現状についての質問(2) / 24 : ACCESS(2) / 25 : 3092スタートトゥデイについて(4) / 26 : 理論株価について(5) / 27 : マザーズ(3) / 28 : 三度目の質問(2) / 29 : こんにちは(3) / 30 : 質問です(6) / 31 : 米10年国債の2.50を指摘していた件(7) / 32 : はじめまして(7) / 33 : 今回上昇トレンドの見通し(7) / 34 : 質問、12月のご指摘について(4) / 35 : 質問、中間反騰について(3) / 36 : 貸し株と日証金残高について質問があります(3) / 37 : ご質問への回答(2) / 38 : 指数における需給環境について(4) / 39 : 「窓」について(3) / 40 : 騰落レシオ(3) / 41 : 日本国債格下げ(4) / 42 : 教えてください(7) / 43 : 質問です(3) / 44 : インフレ(3) / 45 : 質問なのですが(7) / 46 : 惚れ惚れ(2) / 47 : 中期の期間(5) / 48 : ランキングに(2) / 49 : 新規会員(2) / 50 : 貸し株(2) / 51 : はじめまして。(4) / 52 : 認定ブロガーのスカウト(相互リンクさせて頂いている西川です。)(1) / 53 : 6/10ご質問の件について(2) / 54 : 頂いたコメントについて(2) / 55 : はじめまして(5) / 56 : 2010年05月10日記事(3) / 57 : makoto(1) / 58 : 読者(4) / 59 : CCCの件では無理言いました。(1) / 60 : ご質問への回答(6)  (全部で65のスレッドがあります)

掲示板の使い方 / 新着をメールで受信 / 過去ログ倉庫 / スレッド一覧 / リロード




1 先物の算出方法 (Res:5)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 1
1カレーうどん :2012/06/24(日) 00:20:54
いつもブログを拝見させていただき、教科書のように繰り返し読み勉強させていただいております。
いつもありがとうございます。
一点どうしても分からず、質問させていただきたいのですが、6/4や6/8の記事に外国人売買推移を載せ
ていただいていますが、その中の1週間毎の「先物」の数字を自分でも算出できるようにとN225、TOPIX
のLarge,miniそれぞれを合計して計算したのですが、どうしても合計が記事の数字とあいません。試行
錯誤しているとN225miniを除くとほぼ合ったのですが、除いて計算する理由がどうしても分かりません。
「単純に影響が小さいから」という理由なのでしょうか。

よろしければご教授いただきたいと存じます。よろしくお願いします。

2genius2 :2012/06/25(月) 10:27:39
ご覧いただきましてありがとうございます。

毎週木曜日に主体別売買動向が発表されますが、それを報じるロイターかBloombergの記事の中から数字を拾っているだけなのです。ですからお恥ずかしいことにその計算がどこからどこまでをカバーしているかわからないのですが、上場しているすべての限月で計算されていますか?
例えば現物の数字にしても発表されているのは三市場の合計額ですが、東証一部だけの数字とは異なることも多々あります(5月5週などは三市場では少し買い越しですが東証一部だけですと普通に売り越しです)。それでも大まかなトレンドは一緒ですので、5月後半から6月前半のように、現物と先物の売買動向に明確な乖離が見られる時は注意深く見ますが、それ以外は傾向を掴むにとどめています。


3カレーうどん :2012/06/26(火) 00:22:46
お忙しい中、ご回答いただきありがとうございます。

こちらのブログを教科書のように読み出したのが4月中ごろだった関係もあり最近、外国人売買の推移を東証と
大証のHPからダウンロードして自分でも表を作っています。ご指摘の限月が全てか、三市場合計額か、について
再度ダウンロードした投資部門別取引状況のファイルを確認したところ、

「東証:株価指数先物取引、東証業種別株価指数先物取引及びTOPIX Core30先物取引の合計」
「大証:資本の額30億円未満の証券会社の委託分を除いて集計したもの」

としか記載がありませんでした。ただし、東証・大証のminiを除くTOPIX系先物とN225先物の取引金額を合計
していくとブログで記載いただいていた数字と合うので間違いないと思います。ちなみにminiを入れた場合
も作ってみましたが、大勢に影響はないと思います。
(もっと早くにminiを入れた場合と入れなかった場合の検証がきちんとできれば良かったのですが、大証側
の過去データ提供で昨年データは閲覧できるが、今年のデータは直近5週間しか閲覧出来ない問題があったた
め概算での検証になっています。)
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


4genius2 :2012/06/26(火) 09:55:34
なるほど。詳しいご説明をありがとうございます。
大変参考になりました。今後ともよろしくお願いします。


5名無しさん :2017/08/29(火) 01:40:41
金相場を研究している金投資家っているんだ。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


2 米国金利とドル円 (Res:0)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 2
1邪未羅 :2012/05/18(金) 07:25:49
NY株式市場突っ込んでまいりましたね。
さて、米国10年債利回り、ビックリの1.6%台にはいってましりました。
昨晩はドル円に動きが見られましたが、それでもドル円は79円台を割ることも無く、踏みとどまっているといえばいます。
常識的に考えれば、とっくに75円台に逆戻りの展開なのですが、この点お考えをお持ちであればお聞かせ願いたいと思います。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

2genius2 :2012/05/18(金) 15:53:42
ご存知かとは思いますが、ドル円の金利差だけにフォーカスすれば10年債ではなく2年債と連動しますので、(金利)じり高の2年債=ドル円もじり高だったのだと思います。しかし昨晩は金利差以外の要因の方が強く働いたので(クロス円の円高の勢いが強かったので)円高に向かったのだと思います。ということで、昨晩は今局面では初めて「危機モード」に入ったと書きました。

ご指摘のように日経平均の位置を考えれば76円に逆戻りしてもおかしくないのですが、目先は介入警戒感、もう少し広い目線ではやはり貿易赤字が恒常化していることが76円に戻らない要因だと思います。しかし危機モードが進むようであれば、金利差や貿易収支や需給よりも「避難すること」の優先順位の方が高くなりますので、円が避難先として重宝されてしまう可能性は否定できません。


3名無し :2016/08/25(木) 00:34:50
>>1
ドル為替と金相場の関係は相反するといいますが、なぜですか。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


3 これであなたも負け知らず (Res:0)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 3
1投資家 :2012/12/22(土) 15:47:21
○日経225オプションを使った裁定取引ソフト

 ダウンロードはベクター(日経225オプションの達人)


○投資の羅針盤 マーケット分析ソフト

 ダウンロードはベクター(リアルタイムマーケットプロファイル)

2名無し :2016/07/29(金) 23:37:10
250万円の投資金で1億円の利益にした個人投資家がいるなんて、すごいなあ。しかも金相場だけで。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


4 ゴールドについて (Res:0)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 4
1うなぎ :2012/09/20(木) 01:01:35
毎日休むことなく、有意義なブログありがとうございますm(__)m

僕の記憶が間違っていなければ、genius2様もゴールドを来年に向けて長期保有していたと書いてあったと思います。

そこで質問なのですが、利食い時はどのような条件が揃ったときとお考えでしょうか?

当方は半永久的に保有してもいいかと考えていましたが、家計の都合で一部現金化を考えています。

ただしインフレ懸念も頭をよぎってしまい売却を躊躇しています。

繰り返しになってしまいますが、短、中、長で思い描いているシナリオを教えて頂けないでしょうか?

2genius2 :2012/09/23(日) 00:47:40
はい。ETFですが保有しております。

中長期で気になるのは、50日線と200日線がゴールデンクロスをしていることです。前回のクロスは2009年2月18日の973ドルの時でその後2倍になりました。実は先週9月19日に2009年以来のクロスをしており、中長期の上昇起点となる可能性があります。
とは言え、短期的には前回も2ヵ月後に一度870ドルまで下落していますので、今回もリスク資産が売られる時には一緒に1700ドル割れも十二分に考えられますから、そのような時間軸の話です。

米国が2015年まで現在のゼロ金利の継続を決めたということは、あと3年近く「出口」がないわけですから、基本的にゴールドは折に触れて買われやすいと思われます。もちろんリスク資産が売られる時には一定の利食いは入るでしょうけれど、その後はQE4期待になります。もし意に反して「出口」を織り込むような展開になればゴールドは暴落するでしょうが、その時は日本株が最も上がりますから、ゴールドは日本株のヘッジに最適です。
感覚的なものですが、1800ドル(今年)・2000ドル(来年)・3000ドル(再来年?)をその時々の節目として見ています。


3うなぎ :2012/09/27(木) 22:21:02
お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。

目先の資金確保のことばかり考えていて、日本株へのヘッジ効果というのをすっかり忘れていたので助かります。

自分なりに検討してみて、ゴールドの一部や保有株の売却、定期預金の解約などなどなど、ベストな選択肢を探してみます。

丁寧に解説して下さり本当にありがとうございました。


4おぱっピーな名無し :2015/10/22(木) 17:56:04
商品先物取引のゴールド取引きで1億円も稼いだある会社社長さんの記事がありましたよ。

その会社に個人的な問い合わせが多くなり、その会社のサイトには一切関係ない!と

書かれていますが、実は関係あるようです。

過去に商品特報とかいうサイトに社長自身が先物取引の成功物語を掲載していましたから、

本物の先物取引の達人です。


5ttn :2016/05/25(水) 16:56:38
本当に儲かっている人ほど内緒にしているものです。


6名無し :2016/07/29(金) 23:35:16
>>5
先物取引なら現物取引より手数料が安い。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


5 日経平均先物取引 (Res:6)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 5
1dtnt :2011/03/12(土) 03:01:23
いつも本当にためになり楽しみにしています。ありがとうございます。
日経平均先物取引について教えて頂きたいのですが、例えばCME日経先物でBloombergなど情報がのっているサイトや個人様のブログなどの情報、色々見るとどれも下落率(上昇率)がちがっていたりしてどれが本当の値なのか分かりません。
あと「円建て」での値や「ドル建て」での値などもありよくわからないんです。どれを基準といいますかどのように考えればいいか教えて頂けると嬉しいです。

僕は毎朝、先物やNYダウ、為替の動きやニュースなどを見て寄り付きからの日経平均の動きを予想して投資しているのですがあまり思い通りにいったことがないです。
もしよろしければ考え方などアドバイスして頂きたいです。
よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

8genius2 :2011/04/01(金) 16:15:30
genius2●livedoor.com(●を@に代えて下さい)までお問い合わせください。


9dtnt :2011/04/02(土) 01:18:01
ありがとうございます。


10名無しの民族派 :2012/12/01(土) 14:53:03
ナビコ株式会社の鍵和田芳光社長の先物取引のやり方なら
ほとんど損しないみたい。

鍵和田芳光社長は、金そうばにはめっちゃ強い、


11kent :2013/02/19(火) 11:27:21
その鍵和田芳光っていう人、
原油高騰で騒いでいる消費者や漁師らは自分たちの目先の生活が苦しくなるということで文句を言っている。それは目先にとらわれているにしかすぎないと鍵和田っていう人が言ったから、腹が立った。


12名無しさん :2013/03/14(木) 21:05:43
美少女エロ画像

ht tp://tutlyuyhk.blog.fc2.com/


13名無し :2015/08/07(金) 13:14:42
人間の欲望をそそる。
ぼ~ん、ぼ~ん、ぼ~ん、のう !!!


14名無し :2015/10/16(金) 00:14:38
ゴールドマンサックスとかいうファンドの予想はどうですか?そこの会社は、原油、貴金属、トウモロコシなどの先物市場にたけているみたいです。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


6 9月30日のコメントについて (Res:0)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 6
1しま :2012/10/01(月) 17:42:22
いつも貴重な情報ありがとうございます。
韓国との比較で、
「7/25まではほぼ同じ軌跡で、それ以降時間の経過と伴に乖離が生じ、特に9/18以降にその乖離がさらに拡大していることがわかります。理由は明らかです。」

とありますが、私には日本が弱い「明確な理由」が想像はしますがよくわかりません。不勉強な質問のようで恐縮ですが教えていただけますでしょうか。

2genius2 :2012/10/01(月) 22:51:46
ご覧いただきましてありがとうございます。

その部分については顧客向けには以下のように続きます。
『できれば別のウィンドウでこちら( miller.co.jp/chart.cgi?0305I )の「日足」も表示していただきたいのですが、後者の方(もちろん中国)は7/25以降もお構いなしに下落を続けており、一見すると韓国株と中国株を足して2で割って日本株のチャートが出来上がっているように見えます。別に韓国株にこだわる必要はないのですが、アジアにおける景気敏感株であり日本にまずまず近い位置付けとして考えた場合に、日本の方が中国の影響をより強く受けていると言えます。・・・』

こちらでは米国以外の市場のことを、日本を含めて「その他大勢」と呼んでいるのですが、7/25以降特に9月3週から日本が「その他大勢」の中でも弱くなっているのは明らかに中国の影響かと思われます。もう少し長いスパンですと、もちろん一つや二つの理由ではありませんが、9/30のコメント欄に回答したことが最も大きい理由だと思います。


3しま :2012/10/05(金) 21:01:05
日本のほうが中国の影響をより受けやすいということですね。
ありがとうございました。


4<削除> :<削除>
<削除>


5名無し :2015/08/28(金) 21:04:23
中国の株価暴落は日本だけじゃなく世界に響きましたね。


名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


7 超過剰流動性相場 (Res:3)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 7
1 名前:カレーうどん 投稿日: 2013/04/06(土) 23:31:33
毎日ブログを拝見させていただき、勉強させていただいています。ありがとうございます。
今回日銀からマネタリーベースを大幅に増加させる施策がだされ、債券市場が乱高下し、ただただ驚いている(取引しているのは株ですが)のですが、4/6の記事の※3に「・・・一般的に債券利回りが潰れてくると・・・」とあります。内容は納得感があったのですが、文中にあった「一般的に」ということは、今回と似たような状況が過去にも何度かあったのでしょうか。あったのでしたらご教示いただけないでしょうか。genius2様の考察をいただけると大変うれしいです。
よろしくお願いします。

2 名前:名無しさん 投稿日: 2014/10/07(火) 10:54:25
ブランドコピーiphone6 plusケース
iphone6ケーススーパーコピーwww.sleh.com/Imagine/iphone6casecopy.html

iphone6ケースブランドコピーwww.ncme.org/net/iphone6casebuy.html

3 名前:名無しさん 投稿日: 2014/10/09(木) 12:48:43
ブランドコピーiphone6 plusケース

iphone6plusケースブランドコピーwww.clpgh.org/about/iphone_casepop.html
iphone6ケースブランドコピーwww.sleh.com/Imagine/iphone6casecopy.html
iphone6ケーススーパーコピーwww.ncme.org/net/iphone6casebuy.html

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


8 質問です。 (Res:1)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 8
1 名前:T 投稿日: 2013/01/18(金) 23:53:47
ブログ毎日参考にさせていただいてます。ありがとうございます。

.屮蹈阿力青瓦らするとそろそろ天井圏という感じですが、当然流動的とは思いますが、この一年の大局観はどんな感じで考えていらっしゃいますか?

▲粥璽襯疋泪鵑寮菠建玉がまだかなりありますが、もし相場が天井をつけるとしたらどうやってさばいてくるのでしょうか?

8楜匕けレポートとは月いくらで購入できますか?

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


9 質問2つ (Res:3)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 9
1 名前:Nemo 投稿日: 2012/11/02(金) 23:40:39
質問1、3月から5月頃まで、今年はsell in May ではなく、 Buy in Mayで、 go awayは大統領選挙後だとのお話が繰り返しありました。この、大統領選挙後にgo awayという見解は今も同じですか?

質問2、上の質問と関連します。ダウの週足RCI18は、6月から上昇を続け、9月14日の97で天井をつけ、現在85です。RCI18がダウントレンドに入り、かつ株価が13週線より下に位置しているという理由から、ダウはこれから5月のように下げる、底打ちはRCI18が20以下になる、恐らく3週間後くらいかと思いますが、この考え方にご意見をください。数値はケンミレのものです。

2 名前:genius2 投稿日: 2012/11/04(日) 12:39:44
1について 同じです。ただし下の方でも回答しているように必ずしも11月にピークだとは思いません(12月でも同じ意味)。2007年でも天井形成には約6ヶ月かかっています。

2について RCIは9週・12週・27週以外でしか見ませんので、18週についてはわかりません。現時点で考えているのは4月以降はかなり危険だろうなあということくらいです。

3 名前:genius2 投稿日: 2012/11/04(日) 12:42:48
追記
現状はこんな感じで、それ以上でも以下でもないと思いますが。

6月〜7月は欧州危機にBETした→ハズレ→買戻し→9月以降はQE3(後の株高)にBETした→ハズレ→投げ

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード


10 投資主体別売買動向 について (Res:4)All First100 Last50 SubjectList ReLoad 10
1 名前:シゲヒデ 投稿日: 2012/10/29(月) 21:49:28
いつもブログを拝見し、勉強させていただいています。ありがとうございます。
ひとつ質問させてください。
先週の外国人売買動向ですが、外国人の大幅買い越し、そして個人は上昇の起点となった
今年1月3週を大幅に上回る売り越し額となっていました。以前にも個人の売り越しは強力
なシグナルのひとつとの記述があったと記憶していますが、今回のこの数字をどのように
捉えておられますでしょうか?もちろん将来の株価は未来人にしかわからないことは重々
承知しておりますが、お考えを伺えればうれしいです。よろしくお願い致します。

2 名前:genius2 投稿日: 2012/10/31(水) 16:59:17
遅くなりまして申し訳ありません。

ご指摘のように、10月3週の個人の売り越し額は大きく、ほぼ8月と9月の一ヶ月分の売り越し額と同じ数字です。昨日(10/30)の本日分で<メモ>として数字を載せましたが、ちょっとここでこれについてのお客様向け解説部分をコピーします。

『1月〜2月の同金額以上の買い越し局面と比較してみると、1月〜2月は現物主導の上昇だったので外国人の買い越し金額の割には裁定買いが増えませんでしたが、今回は裁定買いが増えてしまっていることがわかります。8月や9月などは外国人が現物を買っていない中で裁定買い残だけが急増しています。
言うまでもなく、裁定買いで上昇したものは裁定解消売りで下がります。もちろん現物主導で上昇しても現物売りで下がるのですが、現物の投資期間に比べると先物の投資期間はSQがあるのではるかに短く、これが日足ベースでは上昇できても週足ベースで上昇できない所以です。また先日も書きましたが、現物主導になると「上昇日に出来高が増加し下落日に出来高が減少」するものですが、現在は逆です。
現物主導にならないと上がらない2部指数は、今回も売買代金30億円の壁を破れなかったようで、先物や大型株が反発していた前場や後場の14時頃も全く反発せずほぼ右肩下がりで下落しています。』

「1月〜2月は現物主導の上昇だったので外国人の買い越し金額の割には裁定買いが増えませんでした」が理想ですが、足元の数字は、こちらも他日の顧客向けですが、『週足が高値から30週を経過しようとしていることや個人投資家が「株を持っていない」状態になっていることなど、明らかに土壌(必要条件)は整ってきていると感じますが、米国の景気敏感株の上昇などを背景とする外国人の現物買い(十分条件)が見られないだけに、先物主導の日足ベースの上昇・下落までに留まっています。』です。
必要条件の上に十分条件が重なってくることがチャート破り(週足ベースの上昇)には必要だと思います。

3 名前:genius2 投稿日: 2012/10/31(水) 17:04:49
追記: 個人の売り越しは強力なシグナルですが、それはあくまでも必要条件です。その売り物を買う外国人が先物主導(裁定買い)ですと、十分条件とはなりにくいです。

4 名前:シゲヒデ 投稿日: 2012/10/31(水) 21:48:03
genius2様、詳しいお返事ありがとうございます。
確かに裁定買い残の多さは気になっていました。それでも上がって欲しいという
希望もあり、現在は2010年11月頃の裁定買い残と同水準であり、当時のような上昇
があるのかもしれないと思っておりました。ご指摘のように2部指数の足、出来高
が全然違いますね。裁定買い残とSQの時間関係は意識したことは無かったです。
本当に勉強になりました。次の上昇の波に乗れるよう頑張ります。

名前: E-mail(省略可)
全部読む 最新50 1-100 メール受信 掲示板トップ リロード