■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです19【R-18】
1無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:11:24 ID:ST/fb/AU0
     ;:;:;                                 ど
     ;:;:            ,r'" ´ ̄ `ヾ、.          明.  う
     ;:;:.           . I ─  ─ .ヾト、       る   だ
     :;:;:;.             ハ (●) (●)  !.::\.      く.  お
     ;:;:;:           /.:.ヽ (_人_)  yイ.::.:::ヽ     .な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`7ゞ-<.:〉.:.:. ::i:.:::}   ろ つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:. ::|.:/     う .た
      从从魔力}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.::り.    ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
     __           \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:| 
    /.:.:./ンく";;〕      \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
    ヽ;::/::::::....;;;ヽ、       > 'ゝ─‐イ、
     ヾ;;;;;;;;:::...;;;;〈       `ー' ``''ー‐'
      ‘ー.く`ヽイュ、
         ソ´・ ̄ス_      お  暗 :::::::::::::::::::::
        ./ ・ ・、√: : : ヽ.  ら. 靴  く :::::::::::::::::::::::
         >.= イ: : : : : ;_;|   な. が  て ::::::::::::::::::::::
      /l_"/( ヽ}: : : : .]   い わ   :::::::::::::::::::::::::
      `ー――` \ : : : イ  わ か :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・このスレは【魔法有り】のファンタジー世界に生きる【科学者、やる夫】が王様の無茶な注文に必死に応えるスレです。
・参加して頂ける方は【王様の無茶振り】を満たす【科学技術】のアイデアを提供してやる夫君を助けてあげてください


ウィキ: ttp://www61.atwiki.jp/muchaking/

過去スレ
【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです【技術開発】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1391541053/

【Ffh2風】やる夫は無茶振り王国の研究者のようです18【R-18】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1498222421/

2無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:11:57 ID:ST/fb/AU0
                      __
  , -‐- 、.               `ヽ, `ヽ
 ,'. /  ト、 ヽ.     、 ノ 、     ,.' -─-ヽ.
i. ((从ソ u从〉 G / (● ●)ヽ  <i !レハハハ))>
l. (|┳ ┳i!l   、ヽ(_人_)*ノ    ル(リ_゚ -゚ノ!
ハNiヘ  ー ノハ!  ∨ ‘ー’ .○      / /wk|O―☆
   {iつ旦O    |      |  .    / / !_i_〉l
  とくュュュュ〉    .し    J     く_/_,ルノノ


アイデア例)
王様「食べ物が無い。魔法でかき氷を作ってしのいでいるけどこのままじゃじり貧だ。なんとかして食べ物を作ってくれ(ちなみに文明レベルは狩猟採集未満)」
やる夫「獣を狩る武器すら無いし、食べられる植物だってほとんど見当たらないのにどうしろって言うんだお!」
参加者「稲作やろうぜ!」

【解説】
やる夫は技術開発における国の最高責任者です。
参加者はやる夫の部下として意見を出していく形になります。

【勝利条件】:【邪神を倒せ!】もしくは【星海の果てへの移民を成功させよ!】
邪神を倒し、ゲーム本編は無事完結しました!ありがとうございます!
ですがやる夫たちの研究はまだまだ続きます。

【現状】
管理局編がスタートしました!
危険技術やスパイラルネメシスなどの世界の危機にうまく対処して、多元宇宙の平和を守ってください!

お世話になったスレ。この場を借りて御礼申し上げます。

・戦略・経営・外交シミュ系安価スレッドを考えたいスレ39
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/14796/1391441453/
構想段階での相談や、テストプレイ、AAの支援など、多くのご協力を頂いています。いつもありがとうございます!

【派閥】シンジが瀕死の祖国を救おうと必死なようです17【R-15】
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1390440019/
偉大な先人。
無茶振り王国は元々瀕死の祖国スレの「電波研究」部分を自分なりにスレ化してみたいなというのが原点になっています。
楽しいスレを立ててくれてありがとうございます!

3名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 01:15:06 ID:ic5Yuv4o0
立てオツカレサマドスエ

4名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 01:16:02 ID:nF86wvtE0
立て乙です!
あれ?書き込めなくなった?と思ってから5000になってた事に気付きましたw

5無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:16:11 ID:ST/fb/AU0

 ./:/::::::i::::::::::|::::{  |::::::::::::|::::i\::、:::::::|_::::|
../:/|:::::::|:::::::: |゙ヽミ、 マヽ:::::|ヽ|  ヽ:X´||!:::|
/:/|:::イ|:::::::リ ヒzミ、 入厂lz _二_ V 洲:
!/ .|:::| マ::::V .{{ fヽ/ ./ /〃´ ̄`ヾx|::
|  |:::!. V::|  {{. l7 u / /  (O )  }}:|::
   |::|  〉ハ  У   / /  x.._,,zツリ:
.   マ::::>:1    /  レ ' ̄ ̄う 厂 ̄
 . <::::::::::::\       / ̄ /::::::::::
〈`丶::::::::::::::::::::|\ } u  〈   /::::::::O::
. }:::::::::::::::::::::::::::\ ヽ    .|.. <::::::::::::::::
 |:::::::::::ヽ:::::::::厂 ̄ハ J  ノ==ナ::::/:::::::::
. ハ::::::::::::::::、::: |:::::r'  `ー ナ、/::::::::::::::::::::
〈:::::ー===---|::o::\_∠:ア:::::::::::::::::::::::::

『うっかり埋めちゃった・・・ごめんね』

6無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:16:37 ID:ST/fb/AU0
>>4
『me too』

7名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 01:17:59 ID:ic5Yuv4o0
ノリノリだったせいで気付かなかったw

8無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:19:14 ID:ST/fb/AU0
  rv
  ヽヽ
 γC`ヽ
  ゝ_, _〈
   ヽヘ
    ヘヘ
     ヘヘ                ||   _ーヽ l|ll
      ヘヘ            |i  |||ィ洲州州州辷-
      ヘヘ           |ー=≦洲州州州州州从
        ヘヘ           イ洲州州州州州州州从
        ヘヘ、         イ洲州州州州州州州州/
        γヽ`ヽ∧     ´ 州州州マ州州州州州/ヽ、
        ゝ入`//へ、    r-从州从:マ州!::从/イ/三ハ
         `Fイ/三三>ヽ彡三三レへ:::::::::::::::ノ//三三||
          `~`ヽ三三三ヽ三三/彡三>≦三γ巨⌒寸|
              `ヽ三シ<r-ム三/|三三/ム三へヾ寸
                   く´ /三三三三三三三∧ソ
                    V 入三三三三三三く=||
                    Y´三三|三三三 ̄∧三三
                    ,|三三リ三三//三三∨三}
                    〈三三/三三三〉三三乂三}
                   爪三三V三三V三三三乂三

『前スレにも告知できれば良いんだけどできないというジレンマ・・・』

『皆気付いてくれると良いなあ・・・一応ツイッターやwikiに告知は出したけど』

『まあとりあえず、続きを投下するよ・・・』

9無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:19:48 ID:ST/fb/AU0
                      .>.:才==v:,=-、
                     /,イ: : : : : ア'⌒~`::.リ
                   ,ノ:/: :://: /:、: : : :、: :..
                  ーイ: :./: :∥:∥: :.、: : : :、: !
                    ル': : :,ア/: :/!: : : i: : : ::!:ム
                   `~ノ,イ㍉'::/ マ:!: :ト、: : :i、T`
                   '´_.|:. 'イ ~笹-:ト、:X: : :_、'
                  / //:!、`__    ;T: : : :、ー'
                 .,イ ∥' |:.ヽ二 。<'' リ;``7´
           ,ィ=、__,、イ   |i  /、_:\:)___.。イ: : /:ヽ
    rセ升´ ̄ ̄/ ./ミ/! `ー __、:..! ∥:. マ:::. : : : : : : :イ_ -.、
  .ノ乂_\_、__  ! !ミ:! ト.、_ -:、∨; 、:、 \ー=''.>才´  ̄_|
  ノ/,ィ::::ノー=  ̄`ー=z_し才^|ー; f-'< ー=-´ ' > ´  .∨
  マ|::し' ` - __ _ -= ~   :! Li! マ、 ` ー=TT '      :.
   !|:、; :.  `:、`:..、  --   ;、   :、 、:.、 、`丶    :     :|
  ハ!:.、.; : :.  :... ` .、:. ` :..、 | ト._.人丶` 、ヾ、    :、::.::、  、;:i
  .i ;:: :   ::.:  ::::.   :. . .  リ,, ヽ___ 、 \ `ー - _  `ー =;イ
  ;: | ::   ::.   :.:....   : ./ー; !    `ー._、  ` 、: : :=-才'´;、
  i :!  ::    :.    :. :. :... 人!/ /ー =:ト、' /,,> 、  ̄ ー=<:、ヽ
  | !  :.    :.    /レ'` :、/_  _...ィト、\',,: /` ー:ト 。 _  :、、 `<             .。イう
  | i   :.    :.:.._/.,イ|!  ,/  ´ :、`<\:Y、 ` ーi /イ_斗 <_  `  、       .。イYア゚
  i キ   :.    / .∥! キ:. '゙   ..:.:;|〉、ー .、>イ 、   戈イ!t!甘   ` <. ` 、   ,イYア゚
  キ .マ   :!、  ./ ∥!| マ.、  ,. :: ´ \ ア ^マハ. :.、  Y;レ' ,ィ=:、Y  、 :、  ` .、  > ゚ 。: ゚
.  キ 、.マ  ::i マ :! ∥!ハ ./` ===T/  _. 寸、 :.  r'./ i  リ :、   ::、:.   。イ;ア` 、
   :.  :、.マ  !. マ| |/!i! :.、}    _ - ∥ ./ :. マ :  \:Y  :| .リ  ::.    ::;:。イ;ア゚ \  、
   、  :.、マ :! !し:'::i.ハ Y  ̄    ;:i  ! :i:Y ! :!   |  ;;:;    ::.   ・ Yイ     ヽ :.、
   ハ   :.マ:! /〈: ::! .ハ.:!   _ -才| !  :! :! :! | :.:   ! ∥;    .。 ゚ 。 ゚  、      .ヘ :..
.    込   >''' j: : i:、 !  ̄    _,ハキ  マ. じ :! : ::.  j .∥;  .。イ:ア゚    .ヘ <     ヘ::.
.      \ マkj: : :i ハ !   .。イ ∥マk  \ソ i :、 ::.. ノ:、 i ノ.イ.;ア゚       .∧ \    .∧::.
        >*: : : |! `i_. イ   .ィ;: : : マk   ;、  ,リ::!、ーイ。: ゚i!         .∧  \    | :!
           ∥ : : : :、 |   .。イ .∥: : : :,>=-イ. \ レヘ:、__.ノ;  k          :.   .丶  |:/
          ∥: : : :|  、:.> ゚  .,∥: : :/ //⌒:、、.イ;::ァ:マ !-'   丶         !    マ ./
         ∥: : : : |:、 !   /∥: :ノ ∥: : :;ィ `ア゚  :じ- _, - :.、         i    ;レ'
        ∥: : : : ::!.丶:|  / .∥: :マk ./: ;イ 。 ゚|リ           \          |   ムi!
       ∥: : : : : :i 、 Y´  /!: : : :`>' ゚;;:ア゚: : ! i            マk      :!    | :i!

勿論、「太陽」もデミウルゴスの陰謀を黙って見ていたわけではない。

デミウルゴスからオリジンを守るために、

あるいは冥府の力を地上に持ち帰ってしまった責任を果たすために、

荒ぶる死者の魂を浄化し続けているのである。

・・・だがそれは、死者の怨念を自らに背負うのと同義だ。

そんなことをして正気でいられるだろうか?

10名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 01:22:13 ID:nF86wvtE0
まともな精神なら無理ですねー
というか太陽が発狂するとか怖すぎる……

11名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 01:27:05 ID:ic5Yuv4o0
死んだアイオーンが太陽になって怨念を抱え込んで狂っていくとかコワイ!

12無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:28:58 ID:ST/fb/AU0
>>10
              ./
        i、     イ   __
    、   .}::ヽ   // イ; ==ミ i、
     \、.ム::::\_..」ムイ∠_>=:}:::V{
      ヽ::::::::::::::::::}!::::::::::::::::::::::::::::::::::二ニ=-
      ./:::::::::::::/::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::\/
     ム /::::::/:::::::::ト、_二二>イ__::ィ゚。
   ./イ::,|::::::(:::::::::::Ⅸ:::-=====彡'-彡'::::|:'´ ̄`丶
   /イ /::/:|::、::::爪、:、::::\:::::: ̄爪::::::::二ニ彡'::::::::::::::::\
  .|! .7:/|:: |::::>、{ V::::\::::\:::::{:|:::\:::::_≧x_:::::::::::::: \
  .| .}:' Ⅳ:!\トヘ ヾト、(>--Y|:ハ:::|:::爪 ̄厂⌒:::::::::::::::::::::::\
    |イV八示ミ、  \\  }从トi:i、:::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
__(\.|::::::\::\ゞ'    xzzzミ、  .|| >;チ::::::/:::::::::::::V:::::::::::::::::::i
、    V\::::::::|、  i   匕7 ,≫ _i!_. イ:::: /:::::::::::::::::i:::::::::::::::::: j
、     ノi::::::\::| \ 、__   イ./ /:::::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::/
、   ./:人 ::::: 八. {\¨¨´_. イ./ /::::::/:::::::::::::i::::::::::::::/::::: {
..\ /::::::}::: ̄::: ∧ ヽ T´ ./ /:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::/::::::::::::::ゝ
  7::o:::ト、_::/:::::\ア¨¨´ イ:::::::::::::::::::::::::_:::::::i::::/:::::::::::::::: /
  └ミo|:::::::::::::::::::/T> く:::::::::ム:::--::'´:::::::::\:::/::::::::::::: /
     `i::::::::_::::-={ V::⊂⊃:イ::/::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::::/
     |::::::::::::::::::::\>キ'  V:::::::::::::::::::::::::ム..、:::::::::: イ
      |:::::::::::::::::::::::::: ̄:::::ー--=.__,、> '´ ー- 二ア::i
    .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ {       `゙'<
      ` ‐- _:::::::::::::::::::::::::O::::::::/ |       ー-- ニヽ
         \ ̄:::>x::::::::::::O:i⌒¨:> .   ー---- ニム
             ̄ /::::::>:、::: |:::/::::/`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´

『そうだね!』

『弔われない死者がアンデッド化するのも怖いけど』

『太陽の発狂だって十分怖い!』

『で、オリジンでは定期的に狂った太陽による災害が起こっていたりする』



『まあそれ自体は自然災害と同じく、自然のサイクルみたいなもんだ』

『けど、死者の怨念が急に激増して、暴走頻度が多くなったらどうだろう?』

13名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 01:32:48 ID:ic5Yuv4o0
怨念が地上に降り注ぐのかな?地獄が溢れる!

14無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:34:37 ID:ST/fb/AU0
                        ,.  …=…‐-
                           '"     '"`゙`     ミx、
                    /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
                        // (⌒) |l   丿(⌒)\     \
                     //ο ⌒ー` ̄´_jレ、 ο\     \
                 /{ /⌒Y ) ( ,ァ≠=ミx ノし' }       \、
                   ,' (i! {i ,'冫 ノ ノし'{i  ,'冫 ハr._,| `、      ≧=- _
                   ,' |.》リハ〈{ f‐メ l! ,メ、ルハ, |.ャ_ァ|  ヾ、    ,,;~ニ'"_⌒`
                  ,′ ,∨ イーミ ^Y^ 〉f-―リ‐!〈 廴_!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミx
               i!  奚从杙鈊、_ノノ' "雀莎ヾ=-ij=- 、` 、`   \     \、
               |   塋 ハ `¨´ ,   `¨¨´|   叉_丿ミ ',     `ー 、
                    ノ,ハ! "" .ハ  ′     |     `゙`  ト 、 _  - "⌒¨´
              /′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ! 入
                    |  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒メ、乂ヾ `ヽ,、
                    |ハ八j  |\、,,≠L____⊥ヲ/′ .|/リ___ミ=- キ=-   ヾ メx、
                 ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′ 刈  _,、 `、` 、 \\`ー 、
                     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、`爻辷`¨て廴ミ==‐-  ツ〉
                 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,兮 、 |しリ   }i№i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::...     ー=彡 // イ
         )\、   ___/i:i:i:i:i:i:i_,爻"゜i:i:i:`ー-=彡":i:℡i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.      `入    }
.    ((r=彡′j廴__/:::ソi:i:i:i:i梦ィ笊芹"( ̄ ̄_)ミx、:i:i:i:j[ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.       /ノyニニ彡'
  _ノ         /:::l:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:iノリ:::: ̄:{!i:i:i:i:゚弐它∬i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ⌒ミ=´//  丿
 ⌒メ、    ,.イ::::/i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:j!彡":::: ::::::::}!i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∬i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{:::::ヽ-‐''"゙`=彡′
.    ` ⌒¨´リi|::〈{i:i:i i! i:i:i:i:i:i:i≠::::::::::::: :::::::::||i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∬i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ::::::≦二 _
         》》::ヾ、:{i i:i:i:i:i:i〃::::::::::::::: ::::::::::{{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i㏍i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}〉ゝ::::::::::{⌒
        巛::::::::{{i|l i:i:i:i:〃::::::::::::::::::: ::::::::::{{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i||i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ̄ ̄´::::::::::| ̄
          ∨ ̄|i} |l i:i:i〃;;;;;;;;;;;;;;;;;:ィ弌ト、{{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i||i:i:i:i:i:i/:::::::::::::::::::::::::::丿
              |Li|li:i//          ミ{{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:||i:i:/::::::::::::::::::::::/ ̄
              ゙ミ≠イ                   ||;/:::::::::/ ̄ ̄
                                     ク' ̄ ̄

とりわけ、「成仏」した死者、冥府の住人にとっては?

当然、アイオーン以外の死者だって、アンデッド化せず死を受け入れれば、冥府にいずれ流れ着く。

そうした「成仏」したは死者は、生前の記憶を喪っていたり、気力を喪っていたり、肉体を喪ったこと以外は生前とあまり変わらなかったり色々だが、

総じて冥府の静寂を、穏やかな眠りを愛していることに変わりはない。

そこで冥府の主でもある「太陽」が怨念を飲み込みすぎて狂い暴れれば・・・悲しいとは思わないだろうか?

15無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:43:28 ID:ST/fb/AU0
   ̄了     ハ{   ヽ  `ヽ、 ヽ  |!   j,ィ{
   ⌒Z -一'!  \ r宀ー-ミヘr、  リ _rく ∥
        lハ    {     `7/ー' ¨ ヾ、  |
        | ヽ  l!        ||      }! ノ}
        V^ vV'   /{    l! ヽ  / /イ
.        r| r     ゝニ_ミ辷ト、 } l7 /jフ:{二ニ=…-
      _ 厂! ヽt!    {:.:. ヘ tフ不:`トrく:' ´r-1
  , -‐'´  |  ト、  ヾ.:_:.:二´r'⌒^! | l:.:{ |
/   _, -ヘ、   ! l      //|    ! l ヾ∨
 -‐'     ヽ     、 、_. .-':/ l   -ァ  ハ二、ー‐--
.         ヽ    ヽ   ̄   , -- ニ7 .′    ̄
          '     \   ヽ= 一'
       , -ーヘ.       \    ̄  /
.      / , -─ヘ、     ` ー- …'
    / /      \       / ,/     /
.  / /         ` ー  」 | _/
/ /                  //

とりわけ、生前の感情などを強く残していた死者たちは悲しみ、そして憤った。

「太陽を狂わせ、冥府の眠りを妨げたのは誰だー!?」と言うわけである。

原因としては、オリジンに押し寄せる異世界からの侵略者の群れのせいである。

そのせいで戦乱が増えて、怨念を抱えて死ぬ死者も増えているのだ。

これでまあ侵略者を恨むならまあわからんでもないのだが・・・

「地上人許すまじ!」

なぜか被害者であり、必死に自衛戦争やっているだけのオリジンの人間までいっしょこたに死者たちの憎悪の対象となった。

「もはや手遅れだ!改心は期待できない!」

「総ての陸地を海に沈め、地上人の魂を浄化しなければ!」

「冥府の安寧のためなら、私をいくら恨んでも構わぬ!恨め、そして安らかに眠れ!」

・・・GMとしては色々突っ込みどころ満載である。こいつらは本当に成仏したのか?

16無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:44:59 ID:ST/fb/AU0
>>13
.            /: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミヽ\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミヽ\
        /: : : /: : : : :| : : :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : / : : : : : }: : :./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :',
    /: : : /: / |: : :_/: : /  _\ : : : : : : : ヽ: : : : : : : ',
.    /: : : : |: :| 十7:/ :.:/  ⌒ヽヽ¬‐- : : : | : : : : : : : ',
    ′:/: : |: :|: :|/}/l/     _\\: : : : : |: : : : : : : : :ヽ
   |: :/|: : : ヽlヽ| -ー    ´了ミぇ、:ハ: : : : L: : : : : : : : : :',
   |: :l |: : : : : ,ィァァァ      弋zツノ : : :|: : :k う: : : : : : : : :',
   |: :l | : : : : |´´´ ,        ̄`` |:l: :|: : ム /: : : : : : ∧: }
.   ヽ| ヽ: : : : |:ハ   ′     __ ノ/:./: :// : : :| : : / }: |
      \ハ|:ハ:l\ ー- 一 ヽ:/:./: :/: : |: : : / : /   レ′
.       |: ∧Ν lヽ.    < : : : イイ: /|: : /:./
.       ヽ{     ヽ{ T: :ア    ̄ 人|:/ |/|/
                /ヽノ _ /  ハ{
                _ イ ∧/ヽ    ヽト
            _ ィ彡/∧イ::::::::И / 7/l! \ __
          ////'//|  〉ァイ ∨ /'//l! ///////ヽ
       /// ////| //:::::|  / //// l! ///////∧
       ∨l! ////ll |':::::::::::|/  //////l! ////////,}
          〈, l! /// ll |:::::::/ ////////l! '////////

「それも問題なんだが・・・」

「狂った太陽が生み出す地獄だけでなく、その影響で死者が暴走してるのも問題なんだよね」

17名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 01:49:33 ID:ic5Yuv4o0
みんな死ねば悲しいことはなくなるとかひとほろぼしかよw

18無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 01:50:11 ID:ST/fb/AU0
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「生きている人間の気持ちは大体分かる」

「アンデッドもそう大差ない。吸血鬼も人間も似たようなものさ。」

「けど、思えば冥府の死者の気持ちってわからないんだよね」

「女神の治世では、転生はあっても、死者が死者のまま留め置かれる冥府って基本無いわけだし」

「死後の眠りを守ろうとするのはとにかく、それでナンデいきなり生者の皆殺しとか言い始めるのか・・・」

「それともこいつら毛色が違うだけで結局負の無限力の一種なのか?」

19無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 02:00:52 ID:ST/fb/AU0
                  __
              _.. .:.:.¨:.:.:.:.:.:.:.`:..  、
           , .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ
      , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.`ー- _
       /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.ト、:.:.:.、:.、`ー  ̄
.       ′:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:/:.:,':.:.:.:.:.:.:|:. , ヽ:.:.:.!:.:.ト、:ヽ
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:./!:.:.l!:.:.:.:.:.:.:|:.,'  __V:.:!:. ハ \: 、
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.':.tヤフ「ミ .:!:.:.:.:.:.:.// ´   V:.:.:.:.ト、 ヽ!
     |:.:.:.:.:r从:.:.:.!:.l!:./ |:.:/ | :.:.:/ ′   /:.:.:.:. | \
.       !:.:.:.: | { ,v:.:i!/ヽtテ示ミ,ッ/  ,,rf示ァ ' :.:.:.:.:.:|   ヽ
       :.:.:.:人 こヾ!:!  ゙辷ソ      辷ソ i:.:.:l!:.:.:.:!   ,}_
.      v:.:.:.:.≧‐ヘ             ,     ,':.:.:l|:.:. ′ /:::::::\
.        ∨, ‐‐-ミヽ     、__,    , イ:.:.:.,'|:.:/ゝ .....:::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::i:.|>          イ :.|:.:./ |:/〈 :::::::::::::::::::::::::::::: \
.       /::::::::::::::::::::::| |!}   ` ‐- <-‐‐ y'!/ ,′ ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::: \
      /:::::::::::::::::::::: 从リ{  ` /   ,}、乂 `ー-‐‐=‐ \::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
.     /::::::::::::::::::::::::::| У   ー 、 / 〉 }!::`:::::::::::::::::::::::::`丶:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    {::::::::::::::::::::::::::::|:::::〉 Yxxxxxxxxxxxxxx :(::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::::::::::::::::::::::::| :/,::└============!:::丶::::::::::::::::::::::::::::::マ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
    |::::::::::::::::::::::::::::|//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/

「まあ何にせよ止めないとね。」

「ダスクフレアあたりで綺麗さっぱり滅びてくれるならとにかく(黒並感」

「オリジンだけ滅びても全然安心できないし(黒並感」

「せっかくそれなりに努力して築いた外交関係が台無しだ(黒並感」

「次ターンあたりの課題としよう」

安価↓1 質問・コメントがあれば

20名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 02:07:08 ID:ic5Yuv4o0
死者の情報フレアが独り歩きしてるようなものだろうし
生者には理解できないでしょうね

21無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 02:38:12 ID:ST/fb/AU0
>>20

        /            /        }
        ///             /    /, ,1
.     / //          l |   //    // / |i
       //〃     ..二Ll.__ j //    // / lハ  |l
.      // / ,/  j/   / j i /「フ!   /斗ャ冖jT7¬=
     // /!i l|  /l|   / /| ///|   / // / }|  }l
     / | l| //|  ,‐ァ≠≡ミ !  / /厶≠=-lL,刈
     〃  j.l.| /l |  / ヘ K 刈 l.|. /  / K乃ハ7ナテ‐/
   // l  川 /llll|l / { |弋zツ j/    弋_z ヅ// ///
   / l | ' /| lll}l |/,ヘ. V                 / ////
.      | | /ll|}l|lllll!lll|ll≧、      !      〃 j////
     j | /jlll|l|///jlll|l|lllllヘ.    .._  _.    〃 /////
.       j/  ll|/// l| l| |lllllllll\       / , //////
.     /  ll|// !八l| |lllllllllllll}:h、_    </ ////////
      >‐-ミ/  jj,ノll|v{VvV  ヾ^  /// /////////
.    /     \        /       / ////// '//
    /        `ーァ''" ̄         {  /// '   '
   ,′        K) .._        |l / ゝ..__,.-‐
   }         ム)    ̄        |/ _ ,..  {ワ
   ,′      ヽ}   }____,. -‐=≡=- ,,_      イ
.  /       j   / // //// //   // ̄ ̄\|
 /         ノ   { // //// //   // ///   }

「だねー」

「まあ交渉もできなそうだし、ローラーが妥当かな?」

「では今日はこの辺で失礼する」

「参加してくれてありがとう!お休み!」

22名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 02:47:42 ID:P60/VCUw0
心情的には太陽を何とか救って冥府の人たちに落ち着いてもらいたいところではあるけど
そしておやすみなさいませ

23名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 12:22:15 ID:8gkJEf9k0
乙~

死者が寝ぼけていると考えれば、だいぶつじつまが合うな。

・お布団(冥府)でぐっすり眠っていたら、だんだん死者が増えてきてお布団蹴り出された
・お布団の外では、けたたましく喧嘩(侵略戦争)している生者が居る

寝ぼけた頭で対策を考える
→お前ら(死んで)静かにしやがれ!
→冥府が狭いから眠れないんだ。(地上を冥府に変えて)お布団をもっと大きくしようぜ!


せっかく、幻獣魔法で天照やら黄昏の女神の分身を作ったんだから、
3rd-Gの冥府(タルタロス)を参考にしてもっと大きな冥府を作ったり、
冥府からあぶれる死人を輪廻転生させたりして、
女神の信仰を稼いでみるとよいのでは?

24無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 23:18:33 ID:ST/fb/AU0
                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_
   ////////,ハマ////////////////////////,≧z、
  //////////ハマ///////////////,r‐、///////イハ

『ただいまー!』

25名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 23:25:08 ID:eUlWyA5E0
お帰り無茶王。
最近眠いので続きは朝見る。

26無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 23:28:13 ID:ST/fb/AU0
>>22
           〃   ___
           /! . <::::::::::::::::>  .   _
         zミイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄∠
        ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\
        /::::::::::/:::::::::::::::ハ::::::::::ヾ::::::::::::::::::\
       .}:::::::::::{::::::}:::!::::::::::}:::::::::::ハ:::::::::::::|、::::}
       :|::::::::::::::::::|:_|_!::::::::::::::X丁:ト、::::::::::! }:/
        V:::::::::ィ:T:::| ヘ:::::::::ハヾ:::|イ!:::::::::}/'
        人::ハ:::::::|ヽ|  \X! xzzミイ::ハ{乂
         八 }ヘ::Kヱコ”  ヽ‘¨’ /!'
        r--くゝ.こ ,,,     !   ハァ
        て  へ:》\;;.  __ ィ  / }そ
         そ、 > _>  `´/>じ  》
        人::::::\ ^~ー-こ レイ  /!
    _. <:::::::::::::::::::> .  ゞz,リ r-イ::::> 、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!  }} /::::::::::::::::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   }} /::::::::::::::::::::::::::ハ
   ',:::::::::::::::::::::::}ィ:::::::::::::::::::::>-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
    }::::::::::::::::::::イ:::::::::::::r-ド<!:::O::::::::::::::::::::::::::::/::::|
   〈::::::::::::::::::::::{/:::::/  そ 楚 ̄i^!::::::::::::::::::::/::::::{
   イ::::::::::::::::::::::r=イ   }} イ》 }} |::::::::::::::::::/::::::〈
    |::::::::::::::::rイ{ 〈    }} rM }} |⊇:::::::{/:::::::::〈
    }:::::::__::::/:::::| '.    .}}    }} .|ア:::::::{:8::::::::::|
   rイ:::::::::::O:::::そ >==||     }:::::::::::「:::::::::::〈
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::}}  Π  }:::::::::::h::::::::::::ハ
  そ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=イ;〈}  .リ   |::::::::::八:::::::::::∧
  人::::::::::::::::::::::/^}:::::::::::::└----r-く::::::::::::厂:::::::/:ハ
   ヽ:::::::><   ‘1::::::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::ヽ:::::::::::::::::'.

『救い、と言っても何が救いなんだろうね?』

『太陽自身はどうも死にたがってる節があるし』

『まあまどマギで言えば、かつて人々のために戦った魔法少女が半ば魔女化して人々を苦しめているようなもんだから』

『かつての人格や感情を残してるならそりゃあ不本意ではあるだろうからね』

27名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 23:29:41 ID:nF86wvtE0
お帰りなさい無茶王様。
同じく眠いので明日見ます。
おやすみなさい。

28無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 23:34:32 ID:ST/fb/AU0
>>23

          V,リ!.州l! 州Ⅷ   マトⅧ!l|、   Ⅶl|  Ⅵリlil|!Ⅶ州>―― 、  ., ―
              Vl liハil|,ルイマ!    ヽ Ⅵ|ヽ   ヾ|   リ' .l州リ V     ┐ ヽ/    ┐
     ┐ ┐   .|i! i! Ⅷ.Ⅶ ` - 、    ヾ!   /,ィ二__ lハil l/  僕 .だ     な 見
  .球. お ど    |lil, ll|!lリl _,,ィニ三ミ、       イリ''´ ̄`ヾミ.lil,イ   .の っ  .  い 間
  .磨 .久 う     .州!,|州l .州'´  `ヾ      '''         l州   初 て    で. 違
  .川 し も    州ハ洲l.''''           |           ,州|   恋 人  l す. え
l  で ぶ└    州| ハリミヾ、          {         / リ/!   の .吉  | よ. る
|. す .り      リil|!lヽll.ハ           ヽ            〃 ,|   人 先   |└  わ
|└.  で      >i ヽーハ        ,、, ―‐..、ァ    〃 ./,!    だ 生.     け
    す     ./   l从トヘ,        Y     .|      ./l∠_.  も は
           /      Ⅶl|ヽ、    ヽ    .ノ       .イ州'.li ヽ、ん     人

『確かに筋が通ってるw>寝ぼけてる』

29無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 23:35:07 ID:ST/fb/AU0
>>25
>>27
               , __ヽ、_
              /::::::::::::::`:Kヾ
          ー=イ:::::/:::::::ヽ::l::ヽ:ヾ、  ∧
           /7:/::|:::L:::::::レ屮::::|:::ζ  / ヽ
          ´/イ:::从! ママ!`±イ::::炎  }/ニ
       ∧   .|:||从从ラシ  ラシ从ミ  .|/ニ
      / ヽ  ヽ ヽ从、 ニフ イく,ノ7  |/ニ
      }//i   ` ` ー≧イr彡/:.:.:.レ .|/ニ
      マ/|N  ー=ヽニ:.:.:.`。´:.:./>:.l r7TTTTl
       マ/N    j:.:.|:.:.。:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:〉トVVVソ
       マ/N   ノ:.リ:.。:.:.:.:.:.:.∧/:.:.乂彡⌒
       ,_」≦三ヘ>イ:.彳。:.:.:.:.:.:./  }>:.:.へ弋
       マγヘヘ-|:.:.>:.:.。:.:.:.:.:.:.〈´ ´ 了
       └┴┘:.:.:.:.:.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.弋
        ,´/フ:.:≦|i:.:.:.:.::へ、そ
       ,;'`  /:.:.:.:.:.:><:.:.:.:.:.:.弋_
      ;   ,/:.:.:.:./   ヽ:.:.:.:.:.ヽ `
        マ:.:.:.:.:./      ヽ:.:.:.:.弋
       /:.:.:.:.:/        ヽ:.:.:.:ヽ__
    、_rイ:.:.:.:./          ヽ:.:.:.:./ノ7
    ヽ:.:.:.:.r┘           ーマ:.:.:.:.:/
   r=イ:.:.:く              く:.:.:.:.ヽ
  ム三三.ソ               〈ミ弋ゝ
                       `¨¨¨´

『お休みー!』

30無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 23:35:56 ID:ST/fb/AU0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 諜報描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成

31名無し-Red-市民-2:2017/08/28(月) 23:36:23 ID:Sqi.XSa60
諜報

32無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 23:46:31 ID:ST/fb/AU0
諜報(光学迷彩):対魔忍世界の調査と技術習得

33無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/28(月) 23:52:42 ID:ST/fb/AU0
              Ⅴ | //||/|| | | ||| .|| || ||  ',',',', ', Ⅴ           .|
              ⅤⅧ |||/| ||| |||||| || ハ || | ;;; ;;;; |Ⅴ           .|
               ||| |||||/ .| ||| ||||| || ||| || ||| ||| ||| ||            |
               ||||||||||  i ||||| ||| ||| ||||||| || |||| i|| |            .|
               |||||||| ヽ、Ⅷ|| ||| ||| ||||||| ||∧||i||i||            .|
               |Ⅷ|i||   Ⅷ州州州 Ⅷ州iii iii 州|            .|
               | Ⅵ丶  .Ⅶ州州||| .Ⅷ|| | 州|||            |
               | Ⅴ ヽ、 Ⅶ州| || Ⅷ| | |//ハ            |
               |ミミ===、、 Ⅶ|| |  Ⅴ  / /.ハ            .|
               |ヒ:::ソ_ ミミ   Ⅶ  -==≡≡≡=彡           |
              ,'          ´  弋:::ソ...彡//.人          |
             .∧          .|       /////./\,      ,,イ
            / `         .j      .///// |// ||i "フ/|
、         , 〈           /      / Ⅴ  /  ||    /
 》--__.、-ヘ"  ',::\   -_          .イ       /
ノ|||| :||||| .',   ヘ   .',::::::\    ̄==-´   イ|       /
||| |||: ||||||: .',   \ ',:::::::::\        ,,イ´ .|..|
|||| |||. ||||||| \   \',::::::::::::::ヽ、__ イ|||||  /.∧
||||| .Ⅶ_ ||||||i \    ヽ、:::::::::: / ||/||||ソ/ /|||\

『フィクションには魔族とか呼ばれる存在が登場する』

『設定はさまざまなれども、概ね』

・人間以外の知的生命体である

・人間に似た姿形をしている(が、人外である)

・魔力や怪力など、人間よりも強大な力を持つ

『という点は大体共通する』

『人間は肉体的に見れば多くの獣よりも弱い生き物だ』

『それでも地上最強の獣となれたのは、知恵と道具のお陰さ』

『鋭い牙や爪は無くとも、弓矢や槍で遠距離から強力な攻撃を仕掛けることができる』

『では、人間と同じく知恵と道具を持つ知的生命体が』

『人間よりも強大な肉体能力を持った時に』

『人間は対抗できるだろうか?』

34名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 00:01:36 ID:ZDgyZPYI0
できない、現実は非常である

35無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 00:06:14 ID:bSFSfgQU0
                 rfニニニニ Vニニニニニニニニニニニ/ニ/{
                ∧\ニニニ Vニニニニニニニニニ,.イニ/ニ!
            __,,x* ∧ \ \ニニ.Vニニニニニニ /ニjY.{ニ |
    ,,x*====≦ニニニニニ.八 .\ \ .\ニVニニニニニ/ニ/ノ}.{ニ }
   く ̄ ̄”'' <ニニニニニニニ≧=`ヽ\ .\Vニニニ /イ//八ニ}
    ”''<ニニニニニ”''<ニニニニニニ≧=-ミ、 Vニ ///ニニニニ`i
         ̄”''<__/: 「/: ”'':,<ニニニニニニ}/__厶イニニニニ>'′
             /: : /: : : : 八 tッ<ニニニニニニニニ>''”: |
            ,,.{/ /: : : : /  ¨¨¨/: : :7 マ777}: : : : : : !
           /: :}: /イ: : :,′   厶 イ_7] `<.}: : : : : : !
            {: 厶' /}: : { 「r、  r''   {    }: : : : : リ
          ,x*´.{ ヽV:圦  ,x*= _` ー┘ァ ./: : /ハ,′
          /   }   V У      )ヲ ,:'厶 イ/ ∧
        /       }   ./  / ̄マムく)/`ヽ  /  .∧、
    ____./       }   /   // ̄ ̄マム`ヽ、 }/    .∧≧=- __
==≦  と/          } /   /   , ‐‐マム___} .}    O .∧ r┐  ≧=- _
   ___ /   O    }/   /   /,,x*==*x  }       ∧         ≧=-
 ̄ ̄ 〃       「}.{  ./  ― ''”  ,,x*、 } }         ∧            \
    /   rf7┐    V {  /  ー ''”    \ .}        ∧               \

『まず、状況次第では不可能ではないとは言っておこう』

『ヘルシングにおけるベルナドット隊長のように』

『正面からの集団戦、かつ遠距離戦闘なら』

『身体能力差の影響は小さくなる』

『人間も頭数と装備次第で魔族に対抗可能だろう』

『こうなると話は戦闘というよりは戦術、戦術というよりは戦略の話になる』

『身体能力とはあんまり関係なく、優れた装備を開発し、大量の兵士を動員できる側の種族が有利なわけさ』

『シド星やステラリスで、肉体的に弱い生物が強靭な生物に勝てるのはこのためだ』

36無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 00:11:41 ID:bSFSfgQU0
                 _           _______
            /: : : .\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/: : : : : : :..\__
               / : ::/: : : :\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : }i:i>z,
           /: : 〃: : : : : : : :”“''*=彡: : : : : : : : : //: : : : : ㍉
: :-=ミ、      .}: : : : :.、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ/: : : : : : : ′
: : : : : :.≧x    }: : : : : ::\: : : : : : : : : : : : : : : : /: /: : : : :..:.:./
: : : : : : : : : : ≧x__}: : : : : : : : \: : : : : : : : : : x≦: : :,/: : : : : : :.,′
: : : _\: :i:i:i:i:i:i:i:/{: : : : : : : : : : ≧zzzzz≦: : : : :..:..イ: : : :〃⌒!
:.:..: : : : \ i:i:i:i:i:i  \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /i|: : : :{{rイ} i
: : : : : : : :.:\{^''*、  \: : : : : : : : : : : : : : : :: / ./!: :..::.{{rイ} !      __
: : : : : : : : : : :\  ヽ.  \: : : : : : : : : : : .../ ./ .{: : : :{{羽I{!    /
. \ : : : : : : : : : \  \  ≧x、______../ ./ /Ⅵ: : v、ij,′   (__
   \: : : : : : : : : .\、 ㍉、     / ./ /  〃、: : : : : :ヽ  / /
     .7≧x: : _: : : : :.≧zx、_____,,.ィ'” /     ./冫:}: : : : : : :.) ゝ、 xく
    〃/// { {≧zx、: : : : \_______イ  -=彡'′: : :/: : : : : /ミ*、  } i}
 r‐=≠.///{ i{ {ト、 .{ {i:ir<,,_: : : : : ̄ ̄: : : : : : : :./: : ,,c≦ト、㍉ヽ.ヽ彡'′
 }: : : : :{ i { { i{ⅶ! Ⅵ!i:iトゞ=≧x: : : : : : : : : : : 斗*''¨i}} } } i i{ }ⅶ } }: : : :
 }: : : :..乂_N..I{iト、\乂\i:i:i:i:i:i:i:i:i:\::_:_:_:,,.c≦}㍊Oi:从..ノ.八//} }I }.ノ:}: : :
.ノ: : : : : : :}\\{ \ヽ.}ト、ミ”''''”r‐‐//__{i:i:} /㍊㍊I/ .イ./ .///./iN : : V : :
: : :r‐‐x: : {: : iヽ v㍉`ー=彡^  .└.イイ、__,,.. ハ/`ー, ./'′イ/イイ ′: : : : : \:
: _└‐‐┘: v: : :}:\:ト、: i}i: 、  / '′ |i:i/:イi:i/r㍉}/彡く/i:i\ : : : : : : : : \
: : :x≦=㍉i:iV: :} I{: \:i:i∧ .\   ヽ.  |i/   ≠/i:i:i:i:∨i:i:i:i}i:/:r=ミ: : : : :
/: :/: :}i:i:i\:V:!: {i:i:i:i:{ii{:.∧  `ミ=‐-`..-‐==イ\i:i:i:i:i:i:i:Vi:i:i},: :乂_ノ:〃⌒ヽ
: : :/: : :}i:i:i:}: } }:}} {i:i:i:i:{ii{I{  ,    ̄”“¨ニニ彡\ \i:i:i:i:i:〉i:i:}: /㍉: : {
: :/: : : :}i:i:i乂. }:}}/Ⅵi:i{i:i八    ,      /:i:i:i:i\ .>i:i/i:i:/: 乂ノ: : 乂___.ノ
./: : : : :}i:i:i:i:i:i}: {: : Ⅵ \i:i:\   ≧c,_ .イi:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,′=ニニ=‐ミ*、: :
: : : : : :.}i:i:i:i:i:i}: : \:.Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i\x≦i:i:\i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:i:/!: :\: : : : : : : :\
: : : : : ::}i:i/ii}: : : : :\!i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ.i:i:i:i:i:i:}i:i:iri:i:i:i:i:i}i:i:i:i:i:i:/...: : : : \: : : : : : : :\
: : : : :../: : : ′: : : : : }i:i:≧xi:i:i:i:i:i:i}i:i:i:i:i:i:}i:iノi:i:i:i:i:i:}i:i:i:/i:i:i}: : : : : : \: : : : : : :

『だけど、魔族の側もそれは当然わかっている』

『魔族も知的生命体である以上、自分の弱点は認識して然り、克服して然りだ』

『例えば人間は、魔族に近づかれて接近戦になるだけで詰む』

『遠距離戦闘では身体能力の影響が小さくなることの裏返しで』

『接近戦では身体能力がものを言うからね』

『だからベルナドット隊長は結局吸血鬼に負けて殺されることになった』


『そして接近戦に持ち込むためには、正面からの戦闘を避ければよい』

『例えばゲリラのように、人間社会に隠れ潜んで、人間を襲えば?』

『人間が遠距離からの正面戦闘という比較的有利な戦場に持ち込むことはほぼ不可能になる』

『魔族側がこうした戦術・戦略を取った場合、人間では対抗不可能だ』

>>34ちゃんの言うとおり、現実は非情なのさ』

37無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 00:14:50 ID:bSFSfgQU0
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『ではどうすれば良いか?』

『【人間では勝てないなら、人間じゃないもので対抗すれば良い】よね?』

『クレイモア覚醒者や神機兵のように』

『化け物に対抗するには化け物自身の力を利用すればよい』

『化け物の力を人間に取り込めば良い』

『違うかな?』

38名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 00:19:27 ID:ZDgyZPYI0
相手の利点を取り込むのは戦略として良手

39無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 00:24:59 ID:bSFSfgQU0
>>38
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『だろう?』

『善悪はとにかくとても合理的なのは間違いない!』

『そのように、魔族の力を取り込んだ人間こそが』

『対魔忍なのさ!』

40無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 00:33:29 ID:bSFSfgQU0
                x-=ⅲ=-=二 ̄~``ゝ 、
             x≦i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!`ヽ!i!i!i!i!i!i!iヽ、
            /i!i!//i!i!i!i!i!i!、i!i!i!\!i!i!i!i!i!i`、
         /i!i!i!/i!i!/i!i!i!,i!i!|i!i!i!i!i!`ヽi!i!i!ゝ!i!i!i!i!i`、
        //i!i!i!i!i!||i!i!i!|i!i!i!i!| `、i!i!i!ヾi!i!i!i!\!i!i!i. |
      / / | /i!i!i!i!i!| |i!i!キ|i!i!i!i!|i!i!ゝi!i!i!i!i!||!i!i!i!i!i|!i!i.!i!i|
      |/ | |i!i!i!i!i!i!{ヾ キ|i!i!|i!i!|、i!|i!i!i!i!i!|_!i!i!i| | |.|
      |  ゝ|i!{i!i!__ゞ|\|ゞ、i!i!| | |,x≦.|_| ノ_/!i!i|、
         .|i!.|i!i! ̄`三二ミ\i!i!|升{(::)/ ||/| | |!i!i.!i|ヾ、、
          込\i!i!i!仄〈(:;ゝ \|     / |ノ!i!i. |  ヾ` 、
          ,,爻ヽ~ゝ及   |        // |.!i!i|   `ヾゝ
        /夊   |i!i!八   ヽ__   / //!i!i|!i!i|    \\
       必´     .|i!i!i!`ヽ、 ´    ` /ク!i!i|!i!i|!i!i|     ヾ ゝ
      /i!/      |i!i!i!i!i!| |`丶、_イ  /!i!i|!i!i|!i!i!i|      ヽ`、
      |i!|     ___|i!i!.|i!i!|ヽi  ー―〆| |!i!i(!i!i.|!i!i!i!i|      | |
      |i!入/´⌒< |i!i!/i!i!| 〈ヽゞ\_x-{!i!i!iヽ!i、|!i!i!i.!i!i|      | .|
      乂/    /  |i!アi!i!,|、 ヽ=三ソ |__iヘ!i!i!i|     / /
       /    ソ  //i!ノ´ ゝ 〈) ,ヘ=ー―  /  `,ゝ|、.ー-=彡/
       i′ ヽメ ノノ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(/.:.:.:.:.:.:.:.|  .  /   `ヽ、
      .|   ゝ二三イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{、 ,′    `、
      |ヽ,/´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i/x‐=.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ .| ,     |
    / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/~´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:入 |/´    |
  / /;:;:,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|∥     |
  ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   _=三フ

対魔忍はその名の通り、魔族と戦い人間社会を守るニンジャである。

ある意味においては正義の味方とか英雄とか勇者とも呼べるが・・・

召喚勇者様と同じく、よくよく考えると過酷な境遇だ。

人間社会からは魔族と戦うことを要求されるし、

魔族からは恐れられて敵対関係となる。

人間と魔族の双方から危険な戦いの場へと追いやられる立場とも言えるわけだ。

41無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 00:37:08 ID:bSFSfgQU0
                           |   | .x=⌒丶
                           |   /     `ヽ、
                          .く|  /   \、    `ヽ、
                         ._| ./ ゝ ./´ \    `ヽ
                          ヽ|/_/´レ'      \    `ヽ、
                      .,x=' ̄ ̄ ̄ ̄``┐     \     .`ヽ、
                    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::./.|\      \      i
                    /::::::::::::::::::::./:::::::::::./::::|:::::::`、    /     ../
                   /:::::::::::::.| ///:::::::/ ./:::::::::::::`.、  /     /
         ,x=====ュ=| |:::::::::::|幵幵ヽ::::./::::/::::::::::::::::.|`≦、     /
       //        ./::::丶  弋(:入|/./卅从/ ./ .||\ .\   /
      //         /:::::::/丶=卞///.|/ 弋:フ/::::/::::/.|i \ ヽ/
    //          |::::/ / .|::::ヽ  _ゝ///=彡///    i__|
    ヽヽ=ー・      /:::::/ /:::::|:::::::ヽ |__.〉  ,イ        /
              /::::://:::::::|:::::::::|`ー='|´~        /   \
        .   ,x匕::::.//:::::::._/ノ:::::::,/  /.|` 、 八   / ヾ、、_ノ|
        ,z宀´::::::://.,x--/千ー< ../iiiii.|  乂 .ヽ //    ` ̄ ̄
     ,x≦_::::::::://::::/ ,x彡 ,x/  /iiiiiiiii.|   `、 V/
   /::::://:::://_x-=' ,≫〆./ー‐<iiiiiiiiiiiii.|    .|  /
 .../::::://::::/// ,x='~    i′  /|iiiiiiiiiiiiiii|     | | \
 /::::://:::::./ /iiiii/<       |  ./  .|iiiiiiiiiiiiiii|    / /|ヾ、\
 ::::/ /:::::::::/ |iiiiiii|  \、     i>/   |iiiiiiiiiiiiiii`、 ./   .|`i |   >、
 ./ /:::::::::/  .|iiiiiii|    ``≧x././ `x、_|iiiiiiiiiiiiiiiiii`イ   .| | | i、  `i、
  |:::::/   .|iiiiiii|.      / ゙`≧x、 |iiiiiiiiiiiiiiiiiiii`、 ./ | | .i、 |、 .i
   |:::::::|    ||\::::\    /     ~`>iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`、/ /./ .| . |.| .i
   ヽ::::|    |ヽ \::::`丶イ      / |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiVイ /   |  | | i


そして戦いは常勝とは行かない。

敗れて死ぬ・・・程度なら生ぬるい話で、敵に捕まって拷問を受けたり陵辱されたりなんてことも十分ありえる。

というかそれが主目的のゲームだしな!

まあ対魔忍の陵辱シーンを集めればエロゲが作れる程度には過酷な仕事と言うわけだ。

42名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 00:42:43 ID:ZDgyZPYI0
とりあえず色々大きいのと3の数字が不吉なのは聞いたことがある

43名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 00:43:32 ID:ZDgyZPYI0
しまった3は別だった

44無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 00:47:10 ID:bSFSfgQU0
           〃   ___
           /! . <::::::::::::::::>  .   _
         zミイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄∠
        ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\
        /::::::::::/:::::::::::::::ハ::::::::::ヾ::::::::::::::::::\
       .}:::::::::::{::::::}:::!::::::::::}:::::::::::ハ:::::::::::::|、::::}
       :|::::::::::::::::::|:_|_!::::::::::::::X丁:ト、::::::::::! }:/
        V:::::::::ィ:T:::| ヘ:::::::::ハヾ:::|イ!:::::::::}/'
        人::ハ:::::::|ヽ|  \X! xzzミイ::ハ{乂
         八 }ヘ::Kヱコ”  ヽ‘¨’ /!'
        r--くゝ.こ ,,,     !   ハァ
        て  へ:》\;;.  __ ィ  / }そ
         そ、 > _>  `´/>じ  》
        人::::::\ ^~ー-こ レイ  /!
    _. <:::::::::::::::::::> .  ゞz,リ r-イ::::> 、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!  }} /::::::::::::::::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   }} /::::::::::::::::::::::::::ハ
   ',:::::::::::::::::::::::}ィ:::::::::::::::::::::>-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
    }::::::::::::::::::::イ:::::::::::::r-ド<!:::O::::::::::::::::::::::::::::/::::|
   〈::::::::::::::::::::::{/:::::/  そ 楚 ̄i^!::::::::::::::::::::/::::::{
   イ::::::::::::::::::::::r=イ   }} イ》 }} |::::::::::::::::::/::::::〈
    |::::::::::::::::rイ{ 〈    }} rM }} |⊇:::::::{/:::::::::〈
    }:::::::__::::/:::::| '.    .}}    }} .|ア:::::::{:8::::::::::|
   rイ:::::::::::O:::::そ >==||     }:::::::::::「:::::::::::〈
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::}}  Π  }:::::::::::h::::::::::::ハ
  そ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=イ;〈}  .リ   |::::::::::八:::::::::::∧
  人::::::::::::::::::::::/^}:::::::::::::└----r-く::::::::::::厂:::::::/:ハ
   ヽ:::::::><   ‘1::::::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::ヽ:::::::::::::::::'.

『まあアサギちゃんとかは』

『捕まって陵辱されてもきっちり脱出して報復してたりはするけど』

『それでも自分や仲間がひどい目にあうことには変わりない』

『まあだからこそ、魔族への憎悪が募って気分良く戦えるって面もあるけど・・・』

『自分自身がその憎い魔族との混血だって聞いたらどんな気分だろうね?』

45無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 00:53:57 ID:bSFSfgQU0
                        _.....---..`ヽ、
                     ,ィ州li州l州l}州州li、__
               ー=ニ圭リ州州リ}ii|l}!l州liⅦ州≦、`
                  ,イリil州州}-Ⅶ州l}Ⅶ-Ⅶ州}l|li
                    /イi州州Ⅶ! Ⅶ州{!Ⅵ .}!Ⅶ州l|!
                〃 l州il州 }ィ云ミヾl}!イ云ヽ}!州l|!l|!
                ,′ .l!.}l州}! l{.h'/,l   h'/,}.}!州州{、
                  i   |ノイ州lミ`.ゞ‐' .|  ゞ‐'."}州州{``
                   |   l! .l}ハハヽ       //l lノ`
                      ` .l >x、   △   .イ从′
                       }li>..   .イ }Ⅵ、
                     .l《::::ハ. ` ´  .ハ:::》冫
                     ,ト、`ー―.、, -‐. '´ ,ノト、
                   , イ//≧=z  |  rz≦'///,> 、
               _, <//////>三|  |  |三彡//////,> 、
                l/ミx///////////>l<//////////////,イl
                |//ハ'//////////,'○'/////////////イ//|
                |///ハ'///////////////////////ノイ///l
               ノ/////,V/////////////////////ノイミ///{

『とまあ、考えれば考えるほど暗澹たる気分になってくる。』

『ゲームとして、外から見ている分には楽しめる人も居るかもしれないけど』

『これが現実に存在する世界の一つだとすれば、まあ生まれたくない地獄だろうね』

『アザトース宇宙の原理的にそういう宇宙も発生しちゃうわけだけどね』

安価↓1 質問・コメントがあれば

46名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 00:58:21 ID:ZDgyZPYI0
色々な意味で危険なジツとカラテと技術が飛び交う
ネオサイタマめいたマッポー世界ですよね…嫌すぎる!

47無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 01:02:26 ID:bSFSfgQU0
>>46
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『そうなる』

『まあ人間社会自体はネオサイタマよりは優しいっぽいけど・・・』

『ニンジャ(魔族)とランダムエンカウントするし』

『私学がニンジャ(魔族)の陰謀で作られた娼婦育成学校だったりする』

『運がよければ平穏で幸せな一生を送れるかもしれないけど』

『運が悪ければネオサイタマでニンジャにエンカウントしちゃったモータルってわけさ』

48無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 01:08:09 ID:bSFSfgQU0
安価↓1   TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠)  or 機械帝国 or 属国作成

49名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 01:10:36 ID:ZDgyZPYI0
機械帝国

50無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 01:19:21 ID:bSFSfgQU0
断固たる殺戮者 BETA: 断固たる殺戮者 BETA:適当な文明の惑星を占領して敵味方が集う激戦区を設置(自分勝手な従僕の踏み台に)

                                ____㍉
                          ,xfli}l州i州{l州㍑ミィニ=-、
                      、__,ィf州州i州州州i州l州l}㌧
                        ,ィ州州州州Ⅳィi}州l州从Ⅵハ
                          ,f州州州Ⅸ州从刈l从}州州!Ⅵl}
                     /刈i}州lィT刈州 xィ示ミ.}i}州}从Ⅵ、
                      〃 }州州从,ィミ.刈 弋ツ |l}从ト}`i}ト〉
                     〈  l从Ⅵ州lハリi      .Ⅳ  _从}
                           |li| Ⅵl从 ` _, -/   ,ィ {l从〉
                         }l|  .从lヘ. `    ..イノ._ト〉 ̄.\
                         |リ     :\ _ .ィ./..:::::::::::::::::::::〉
                              r≦三三)x<:::::::::::::>‐=く
                              ∨:::::/´ /.::::::// /:::::::} ∨
                         ,ィ ¨ 〉、{  .{::::〃::/ /..:〃: ノ ∨
                           ;’:|  .〉、_〉_彡イ:::::::i./.:::/..::/  ,’
                           ;’:::| /.:::{  ./.::/:::::|l/..:::: /  /
                          ノ ::::|./.::::::| .j/..:::::ノ..:/.::〃  ./
                        /.::::::::|{::::ノ:/ 八_;:イ:::/..:::〃 //
                          /.:::::::::::l|l/:/ /.::::::::/:く::::::/ /.::/
                     /.::::::::::::/.:::ノ ノ.:::::/..:::::::/  ,.‘:,::’
                   /..:::::::::::/./´.:/.:::::::/.::::::::/  〈/
                    ,.:‘::::::::::::_/ノ...乂:::::::/.::::::〃  ,:::’
                /.::::::::::::/:::::「::://..: /.:::::; ’   , ’
                 ,:‘:::::::::rく::::_乂:::}:::乂_ /.:::::/  ..イ
               /⌒>'::::::r'’..::/..::::::/..:/  /.::|
              / ,..:::´:::::::::i´  i´::::::::::; ’_/    /ノ´
           〈_/..::::::::: /l   .|::::::::::/     .:/::|
           人>:、_/::::l{   .|:_:_::/___   ./::::l
          //..:::::::::::::::::::{|  .__乂  /ヽ./ `}
         /..:´::::::::::::::::/:/::::´::::人彡′   /.::::::{.__乂
         }l::::::::::::::::::::::/:/.:::{:::::::::::::::>:..、./.::::::::::く
         ||:::::::::::、::..\: i:::::::';:::::::::::::::::::::::::::>-ァ::人
         ||:::::::::::..`ヽ::.\::::: ∨:::::::::::::::::::::::::/}/.::/{

『BETAは恐るべき自己増殖ロボットだ』

『知的生命体が住めないような過酷な環境にも適応し』

『自己増殖しながら資源を掘りつくす!』

『ステラリスをやってみればわかると思うけど、どんな環境にも適応できるって凄い怖いものだ』

『少なくとも、開拓者ラッシュで競う限り、管理局の超文明といえども、BETAには全く対抗不可能だ』

『そしてその無限の労働力から繰り出される無尽蔵の物量は』

『圧倒的戦略的優位となって戦争という面でも超文明は対抗が難しくなっていた・・・』

51無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 01:23:41 ID:bSFSfgQU0
ぱっくんちょ(デフォルメ版)
  〃  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 /  ノ     ヽヽ
|  ●     ● |
 |   ノヽ====, /
  、..  ((.|_|_|_|_|)
   \  ( 。∀゚ )
    |  し  J
    |   |   |
   / 〃し ⌒J\
  (  (      )  )
  /  )     (  \
 (_/       \_)

まあとはいえ、かつてのマブラヴほど悲劇的に人が死にまくっていたわけでもない。

BETA一体一体はそこまで強くは無く、戦術面でもそこまで凶悪ではない。

超文明の技術力と国力をもってすれば、「防衛」は十分可能であった。それこそ一切の死傷者を出さないほどに。

では対抗が難しいとはどういうことか?

52名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 01:27:19 ID:ZDgyZPYI0
それこそ大陸とか星ごと焼きたくなる物量ですよね問題は

53無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 01:33:46 ID:bSFSfgQU0

             .  ´. ::  ̄:: :`   .
            /. :: :: :: : :: : :: :: :: : :: :: :`  .
          . '. ::: :: :: / -───‐-\:: : ::\
       /. :: :: :: ::/ .─────-  ヽ:::: :::ヽ
       . :: :: :: ::::/.:: ::::/  .!::::: :: :: :: ::. :: :: ::.:: :: :.
        !.:: :: :: :: {:!:: ::/\ l::!:lト :: ::: ::: ::: ::!: :: :: ::}
.       l:::: ::: /从:::/≧xY从ル \::: : :: ::!::::: :::::!
.       |: :: ::{__/.i人!ルr'云       ィテk.Y:ノ:::i::::リ
.       |: :::::.//7l::::::| j匕ソ     j匕リ }:!:: ル'
        !:!::l///(.l::::::| """        """ iルイ」
      从.[/イ : :!:::: |        '   u リ.: |/
.       |:: 人/:::人::::ト.   r‐ュ    . イ:::::::|
      /  Ⅵ |:::| .>.r -- <⌒Y! :: イ
      / ヽ: : ∨}:l::リ、   !  \: : i   Ⅵ/
    / ⌒ \ 、.: :レ' ∧_メイ⌒: : l  } ′
    !      ∨ヽ: : : : :|ー─ .l゚|: :\! ノ
    !      l l:人: : : :!ー─.l| !: : :./Y
   .      } l : : \: !    |゚l: : /:/|
   /      从l : : : : :\\m.|:!:./:/ :|
.  /     /  / ̄ノ: : \\l:|/:/  |;─ /7⌒ヽ
 /      レ'ヌ ´ ̄ノ/´フ : :イ芥ト:/   イ 「しし /ハ
./       / { ∧ フ ' /: :/ ハ l}/ {人ト .__ し'ト;


「・・・これ以上は無理!攻勢限界!というか人口の限界よ!」

それは領土拡張である!

防備を固めれば、BETAの攻撃から国民を守るのは難しくない。

だが、防備を固めるためにはそれなりにリソースを集める必要がある。

そしてその中でとりわけ希少なリソースが「人口」だ。

侵略によってBETAから惑星を分捕るにせよ、

あるいはBETAがまだ手をつけていない無主地に開拓者を送るにせよ、

領土拡張とは人口を希釈していく行為に他ならず、

しかしBETAの攻撃を防ぐためには人口密度を一定程度に保つ必要がある。

となると、ある程度領土拡張し、人口密度がBETAに対抗しえるギリギリまで下がったところで、

それ以上の領土拡張は不可能になるだろう?

この状態で無理やり開拓者を出したり侵略したりしても、

守りきれずにBETAの餌となるのがオチである。

一方で、BETAはお構いなしにいくらでも人口を増やし、いくらでも領土拡張できる!

この状況においては、いかな超文明といえどもBETAに領土拡張速度では対抗しようがない!

膨らんでいくBETAをにらみながら、引きこもって守りを固めるのが精一杯である!

まあステラリスやシド星で、管理や防衛が間に合わないほどに領土拡張すると死ぬのと大体同様の理屈だ。

54無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 01:37:29 ID:bSFSfgQU0
                      ,  ´`ヽ
        _,.. -――--  、_   /       \
       /           `ヽ'、          ヽ
     ,:'                \           \
.    /                  ヽ        ':,
    ,                   ヽ    ‘,
   {       l l   {       l ,    ヽ        }
   |       / イ   |      | l    、      l  |
   |      /イ/   _/,.     | |__、   \    |  !
   |    / / イ/ ハ {       j リハ、   } `\   | /
   ゙.      /  /イ _∨    /l / __l } l !      /l /
    ヽ     / ,/rィテ心 } 、  / /圷/}/,リ VI.    / l/
     }  /´  {、弋z(ソ   、i / / ゞ' /´  } l/   /
   ,/ イ {    ヽ、      /  、  /  / }   イ{
  /イ\ l       }          /  ,ハ/     ! \
      ` } 、__ ト,!     -  ,.イ ハ/ /    |  \
        ,..|  VI  `ヽ、    / >、リ       |    \
     // j       /`¨´:::::::l l|:::::::::`ヽ、    ヽ     `ヽ、
   // }       {、:::::::::::::::l l!:::::::::::::::::}     、       ` 、
  /:::/           ∨::::::::::l l!:::::::::::::::::l              \
  /:::/、           / ∨::::::, ,:|::::::::::::::::::l                ヽ
 ,::::::::::::\―――--    /∨:::j j:l、::::::::::::::::l                  、
. {:::::::::::::::::::`ヽ、     /   }:://:/::\::::::::::::,                      ‘,

「まあ無主地への開拓ラッシュが始まった時点で」

「人口がボトルネックになるのはわかっていましたが・・・」

「BETA戦を考えると、必要な人口密度が跳ね上がりますから余計に響くんですよね・・・」

こうなると、対策としてはロボット量産で無理やり人口を増やすくらいしかできないが・・・

目の前で暴走するBETAを見ながら、そんな気分にはなれまい?

55無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 01:38:54 ID:bSFSfgQU0
>>52

                           ,  ⌒ヽ
                       __    /      \
               _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
              /⌒    ヽ  \    :.
            , /       :.        :.
.           / '    :     ト、   i   ヽ          i
          .,  .  ハ i iト    :.厶斗‐   i\     │
.         .i  i  i 斗jハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !
.         .l   ´|...}/|.:イ: ヽ  ! . ミ、: : !  , -、   :.    i
          j! i .{l 汽沁   .Ⅵ トイ沁 .メ  .( i   !   :
.          ハト .八 トイ}   j/ .込z ./ / r' /   !    ハ
.        /  j ヘ ! Vリ        ""./ ィ  ´   '   / :i
            ハ. 人.""  '     .彡イノ /j!  /   ,  :!
           .i l|i 圦    。      ..jィ     ,   ...; 丿
.            :j/从{ .ヽ.         イ.i         i、
            八 |    >r‐    }イ /=- x..;  i  | \
                      _ノ      〉>- 八
                 __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
.             _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
            .{:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
             ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
.            /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
           ./:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
        .〈/:: ::i{ .: ::.〈:: :: :: ,仆} ∧:: :: :.:.〉:: :: :: ::ノ:::::. :/
        ./:: :: ::ヽ::..:...::.ヽ:: / |:i | |:i ト、:.:./:: :: ::(\:::::::::(  /
       //フ/フ _::::::::::∨ |:i | |:i |i 辷――- ゝ\::::::ヽ{
      / )/ /,/ ///┐:::::::::::::|:i | |:i |i:: __,二二ヽ   \:::::::.

「惑星焼きはもうやってます。」

「問題は」

「惑星ごと焼いてもBETAの領土拡張の方が速いってことです!」

「攻勢に出るには守勢以上に人口リソースが必要になりますし・・・」

56名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 01:42:39 ID:ZDgyZPYI0
なるほど、BETAを倒すためにBETAの同類を使おうなんて選べないですよね
勝つには占領しなければいけないが占領人員は無いということか

57無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 01:55:52 ID:bSFSfgQU0
>>56
                      ,  ´`ヽ
        _,.. -――--  、_   /       \
       /           `ヽ'、          ヽ
     ,:'                \           \
.    /                  ヽ        ':,
    ,                   ヽ    ‘,
   {       l l   {       l ,    ヽ        }
   |       / イ   |      | l    、      l  |
   |      /イ/   _/,.     | |__、   \    |  !
   |    / / イ/ ハ {       j リハ、   } `\   | /
   ゙.      /  /イ _∨    /l / __l } l !      /l /
    ヽ     / ,/rィテ心 } 、  / /圷/}/,リ VI.    / l/
     }  /´  {、弋z(ソ   、i / / ゞ' /´  } l/   /
   ,/ イ {    ヽ、      /  、  /  / }   イ{
  /イ\ l       }          /  ,ハ/     ! \
      ` } 、__ ト,!     -  ,.イ ハ/ /    |  \
        ,..|  VI  `ヽ、    / >、リ       |    \
     // j       /`¨´:::::::l l|:::::::::`ヽ、    ヽ     `ヽ、
   // }       {、:::::::::::::::l l!:::::::::::::::::}     、       ` 、
  /:::/           ∨::::::::::l l!:::::::::::::::::l              \
  /:::/、           / ∨::::::, ,:|::::::::::::::::::l                ヽ
 ,::::::::::::\―――--    /∨:::j j:l、::::::::::::::::l                  、
. {:::::::::::::::::::`ヽ、     /   }:://:/::\::::::::::::,                      ‘,

「ですね。占領を維持する人員は足りず、さりとてBETAの同類を使うのは怖い」

「なので負けはしないまでも」

「勝てもしないにらみ合いが続いているわけです」

「そして時間はBETAの味方ですね」

「それで私達が滅びるとは言いませんが」

「どんどん駆除は難しくなっていきます」

58無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:00:13 ID:bSFSfgQU0
                 _ __ _
                  , < : : : : : : : : > 、
            /: /ニi : : : : : i二ヘ: ヘ
       _      , 三三Ⅵ三三三Ⅵ三三 、    > -- 、
.  / ̄/ >、   ///,::::::::::::::::\/::::::::::::::::::,// _ /   ∨ヘ
  /  /  /イ>,///i ./三ヘヽ::::::::://三ヘ Ⅳハ、 ̄ ヽ   , .i
 ,  i  {リ、 .Ⅵ//Ⅵ {三三}. 二  .{三三} .Ⅳハ}  /!!   ∨|
 l  |  i  ヽ{三{//i ⅥミⅣ./:::\ ⅥミⅣ i//イイ   !!   i i
 |   i   ノ   jミミi//ヘ    /::≧≦::\   ,//イ   イii≧イト.l
. ⅥⅣ升三≦乍} //∧ /≧´___` ≦_ .∧//ニニ≦ナ  ̄ |ヒi
 イ  i  // /   ヽ//ヘ   _____ .∧// / Ⅳiii   .i .|
 .|.  Ⅵi,  i     >/≧ 、       , ≦<   、 ! .|ヘ   .l .l
  ∨ Ⅵ  |         > ──── <    .Ⅵ  ! !  | .j
  ∨  ヘ <           `  ̄ ̄ ̄ ´      入__ノ Ⅳノ イ
    ` =斗

まあとは良いつつも、BETAと似たような機能を持つBALLSは割りと普通に使われていたが。

さすがにBALLS労働力無しの人力で宇宙開発とかは無理があるからね。仕方ないね。

ただそれでも開拓や占領はあくまで人間が「主」であり、BALLSはその補助労働力に過ぎないという位置づけであった。

実際問題、BALLSは労働や生産活動ならとにかく、戦争についてはめっぽう弱いので、人間抜きの単独で開拓とかやるとBETAにあっという間に食われるのだ。・

この弱さのお陰で受け入れてもらえているとも言える。なんとも皮肉なものである。

59無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:01:19 ID:bSFSfgQU0
訂正

                 _ __ _
                  , < : : : : : : : : > 、
            /: /ニi : : : : : i二ヘ: ヘ
       _      , 三三Ⅵ三三三Ⅵ三三 、    > -- 、
.  / ̄/ >、   ///,::::::::::::::::\/::::::::::::::::::,// _ /   ∨ヘ
  /  /  /イ>,///i ./三ヘヽ::::::::://三ヘ Ⅳハ、 ̄ ヽ   , .i
 ,  i  {リ、 .Ⅵ//Ⅵ {三三}. 二  .{三三} .Ⅳハ}  /!!   ∨|
 l  |  i  ヽ{三{//i ⅥミⅣ./:::\ ⅥミⅣ i//イイ   !!   i i
 |   i   ノ   jミミi//ヘ    /::≧≦::\   ,//イ   イii≧イト.l
. ⅥⅣ升三≦乍} //∧ /≧´___` ≦_ .∧//ニニ≦ナ  ̄ |ヒi
 イ  i  // /   ヽ//ヘ   _____ .∧// / Ⅳiii   .i .|
 .|.  Ⅵi,  i     >/≧ 、       , ≦<   、 ! .|ヘ   .l .l
  ∨ Ⅵ  |         > ──── <    .Ⅵ  ! !  | .j
  ∨  ヘ <           `  ̄ ̄ ̄ ´      入__ノ Ⅳノ イ
    ` =斗

まあとは言いつつも、BETAと似たような機能を持つBALLSは割りと普通に使われていたが。

さすがにBALLS労働力無しの人力で宇宙開発とかは無理があるからね。仕方ないね。

ただそれでも開拓や占領はあくまで人間が「主」であり、BALLSはその補助労働力に過ぎないという位置づけであった。

実際問題、BALLSは労働や生産活動ならとにかく、戦争についてはめっぽう弱いので、人間抜きの単独で開拓とかやるとBETAにあっという間に食われるのだ。

この弱さのお陰で受け入れてもらえているとも言える。なんとも皮肉なものである。

60無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:04:02 ID:bSFSfgQU0
                       >------、---s。ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:\
                >- - ニ'´ィiミh、.:.:.:.:..:.:ミ.h、.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                /;;;;>´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:ミh、.:.:.:\.:.:{三三三三}
                 {/:!.:.:.:.:.:.: :.:}',.:.:.:.:. :\.:.:〈V〉:∧.:.:.:.:ヽ{三三三三},ィハ
            (_____/.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.| } }ヽ.:.:. i.:ヽ〈ハ〉.:.∧ー‐∠_/ /¨{{  { }
            ⌒/.:.:.i.:./';.:.:.:.:.:.:.:.:| リ ∨.:}ヽ}.:.:.:.:.: .:.:|  {TT}__ゝ-{!¨¨¨´\
          /.:.:.:.:!.:{-∨.:.:.:.:. :| ,ィ斧芯ミi{.:.:.: .:.:.: |    ̄ }.:.:.:.:∥.:.:.:.:.:.:.:
           |.:.:.:.:∧〉斧ミ 、.:.:.|   { i リ |.:.:.:.: .:.: |___/.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:
           |.i:i. : .::.{', {_iリ \{    ¨゙´  !.:.:.:.:.:.:.:.|―…´. :. :/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |从.:.:.:.:i∧ ノ            !.:..:.:.: /!   ∨ ミh,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |\:.{`゙i           |.:.: /.::/    ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |:.:.:.` ∧ ャ' ¨¨フ       !/.:. :/     ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |.:i.:.: :/\ `¨ ´   ,ィ〔 } :. __/_      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            {/!/   i{\   _ィi〔::::::: /'´    ミh、… 十 -<.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 |.:.: `´| ∧:::::::/          \i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミh、.:.:.:.:.:
                 |.:.:..:.:.:|  .〉ィi{::::.        ヽ…ー-、 :∧.:.:.:
                 |.:.:.:.:.:.| //|.:|:::::::.           \ ',.:.:. \:∧.:
                 |.:.:.:.:.:.|,// i|..|:::::::::::::::::         \!.:.:.:.:.:.\}.:
                 |.:.:.:.:.:/,i'  |.:{. /'ーo。:::::::.       \.:.:.:.:.:.:.:.:
                >‐ /,/  |.:|/ :::::::::::ミh、:::::::.         \.:.:.:.:.:
                  /。o≦゙  {   |.:| / :::::::::::::::\:::::::.         \.:.:
             , ' ´      j{  i{.:∨ / ::::::::::::::::::\::::::::.    _,, ,,\
           /          j{  ∧.:.∨ / ::::::::::::::::i::::\::::::::::: /
             /          j{  ∧.:.∨  ::::::::::::/:::::,' .\::::::i
              i:::.             `¨¨¨¨\:.\。 _ _::::/::::::,'    \;::::
              ∨::::::.              \.:\  ≧s。!       \:::::::
             ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ¨¨¨¨¨¨¨\.:\ミh 、 }      ヽ:::::::

【自分勝手な従僕 艦娘】

さて、そんな管理局各国手詰まりの状況下で、

とある外部勢力が援助を申し出てきた!

人間に友好的な機械帝国を自称する、艦娘である!

61無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:08:35 ID:bSFSfgQU0
                      _ ----- __
                   ,  ´:. : : : : : : : ト、: :`  .
                  . : : : : : : : :: : : : :j: :.:′: : : \
.                 /: : : : : : :.:/: : : :./: : : :′: : : : : .、Yヘイ
                 ′: : ://イ/: : :./: : : : :.i|: : : : : : 。へ: :
                 レ'l./  '"./: : :./: : : : : :j{: : : : : : ℃: : :
.                ___ノ fリト、 / : / : Χ: : / \ : 〈〉*i|: : :
             ____ }   〝 '´ イ ′: : : :/.ト、ニ\ : : : i|: : :
.           / /  、    .,  ´: : :: : : , 、―≦ \_.〉 : /i|: : :
            //.{ l    厶: : : : :.::/ 八: : : : : : : : :./: i|: : :
.           / /   |.〈     ′: :../-<: : : : : : : : : : .′.i|: : :
          / ∨√ 〉> 。 .._/:.:: :/  |: : : : : : : : : :/: : : :': : :
.        /   ′ イ r′」/: : :./    {: : : : _: ::≦: : : : : : :': : :
.        ハ.  . ´.′∧ニ/: : : .′――└ ̄ ,: : : : : : : : :./: : :
       .′ `¨´/  へニ′: : {ニニニニニニニ| /: : : : : : : : :/: : : :
       l    ′   l | |: : j{: |ニニニ----. 、/: : : : : : : : ./: : : : :
        |.   |    Yニ.|: : .。o≦‥…‥、:::{: : : : : : : : :′: : : : :
         ,    |     7 八|:::::/       \: : : : : : : : : : : : : :
.       ′   .     l/:::::::/         ’,: : : : : : : : : : : : /
.      j{    ,   /′::::::..ハ         j{: : : : : : : : : : :./
.      j|    ′ /:::::::::..。s升{'.         iト、: : : : : : : : :.:′
       |      ,.∧二ラ′  | '.         i| }: : : : : : : : : |
       |    /.        | '.         i|从: : : : : : :.:: |
       |.  .          ∧ '.        j{: : : : : : : : : : |
       |  /            、}      /:{: : : : : : : : : : : .,
       ′{             {≧o。...___/ ∨: : : : : : : : : : ′
        ∧            ム        i|: : : : : : : : : : : :
        ,. 、          ,.::::j{.         ト、: : : : : : : : : : :
.         ′ \.       イ..:: :.|.        | ’,: : : : : : : : :
.         `¨¨ ^ ―‐r‐<    八.       |  ’,: : : : : : : :


「我々の主敵は提督(生きたトロフィー)を奪う憎き深海棲艦ですが」

「勿論、人類(生きたトロフィー)に仇成すBETAも見過ごせません!」

「是非、協力させてください!」

勿論、無償の善意などあるはずがない。彼女たちは協力と引き換えに、提督(生きたトロフィー)の提供を求めた。

62無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:12:00 ID:bSFSfgQU0
                      /    \ \\|_|  / /(/`丶、     ヽ
                 | /::: ̄ ̄\ ∨..|/ / /:::::::::::::::\     i
                    //:/〉:::::::::::\|....| / /::::::::::::::::::::::::::\   |
              /ィ// /:::::::::::::::::::|....|-<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  }
                 _/  /::::::::::::::: 八ノ:::::::::::/:::l::|::::::::::::::::::::トミ:::::\ヽ
             /⌒i_L ∠____|_::::::::::〃:/ |:八|、::::::::|:::::::|  `トミ_>‐
             /⌒<:::::::ノノ____ノ::::::://:/ / _.\::::l:::::::|  /   /
.            //    ̄ ̄\:::::/|:/≠=|:::::://:/_// ̄ Ⅵ::::::|Y/   /
           //    ー―‐、}/| /    |:: / |/  ̄≠==彡   |::::::| |   /
.          /    /    _ 八 '    |:/}            .八::::|∧ /
         /       イ__//|ハ    //           u  〃ィ)/:::::∨
.        /       / ノ/  |i圦    ヽ '        /|| ||::::::::::::::,
       /       /       ||  〉、  -‐- 、     イ :|| ||::::::::|\「\
     /        /    /||: / ∧  ¬= `     ´  || ||::::::::|_彡::::::::,
   /⌒「 ̄ \/       .lj/::::::::::.\   _. イ      lVノ::::::::|\::::::::::::,
.   /   //⌒ヽ 〉___  _彡'::::::::::::::::. `¨´          7´:::::::::|  \:::::::::,
  /   //    〉 | |_| | ̄/ //! ::::::::::∧          /:::/::::八   \::::,
. /   / {     /  :| |_| | .′  l:∧:: / }ヽ     /   //|::::::/       ` ::__r‐- r‐-=ニ_
/{ ./_\____/ ̄\_|_| | |     |! ∨  |      /       l::::/          /  /――‐/\
 ̄  ̄ ̄ ̄ヽ/  ///_| | |     {           /      |:/         / ./――‐/   \

「毒をもって毒を制すとは言うが」

「機械と戦うに当たり機械に頼って大丈夫なのか?」

「というかそれがアリなら皆もうとっくのとうに機械で開拓や侵略を進めてるんじゃないのか?」

63名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 02:15:13 ID:d2vvSuHo0
BETAが機械に見えないから、そういう疑問も生まれそう

64無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:19:18 ID:bSFSfgQU0
             /´                  ` 、
        / ,.r' ´                   ヽ
         / /          ;'               ヽ
       / /            ;'"         ヽ l
       !/         ,.‐'' `ヽ、r '''ヽ、        l  l
       /      /  _,... -'‐─- 、i          !  |
     /      /_,.-''"         |        ! l   |
      /      |,/"           ,!      ,!ノヽノ
    i ,      |l          __,.ノ ,.ノ,ィ  ノ'、 } 'i
     l |      , i!       _、,..ニ:'',ァ'i;ラ`)ィ'-‐'´ ノ ノ ノ
     !,l   、 i, ',ー--:;_、    '-<  `''ノ    ' /|
    'l ! ',   ヽ ' 、ヾ ゞア`      ` "´      l'|  |
     ヽ、、  ヽ-;`、`"´  i            ,! !l,  l
        ` ー-ラ′,.-、`i  !            ノ `ァ、 ヽ
          r'  /  `ー;ヽ、           / ,.ィ";/ `ヾ、
         | /  ィt  l、 ー',,,.. ̄    /,.ィ";';';'/     |ヽ、
         _,|   く ゝノ `ヽ、     /,:;";';';';';';/    |  `丶、
     ,. - '"  ヽ、     `ヽ、 l`ァ--.く;';';';';';';';';';'/     |     `丶、
  ,..-'"       \        ヽ|:::::::::::::\;';';';';';'/       |         `
./               \      ト、::::::::/;';\;';/         |

勿論、懐疑や反対の声はあがる。とはいえ・・・

「ええ、開拓者ロボットと同じく、艦娘もまた仮想敵。いなくなってくれるに越したことはありませんが・・・」

「既に存在してしまっている以上、無かったことにはできません」

「滅ぼすにも相応のリソースが必要になるでしょう」

「まだ存在していない開拓者ロボットの大群とはそこが違います」

「そして滅ぼすだけのリソースが確保できないなら・・・」

「とりあえず利用するのは手ではありませんか?」

「何、別に本当に味方にするってわけじゃない」

「敵と敵をぶつけ合わせるだけですよ」

「宇宙の化け物には宇宙の化け物を、ってね」

65無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:27:27 ID:bSFSfgQU0

           /. : : : :/. : : :/__`ヽヽ
.        /   __! /   /´     ! `ヽ ヽ
         ′∠∧! l : : :/ :/. : : :/ : : ∧: i
.         l : : :// l l : : /|/l'⌒// : /! l : !
       l : :く∧/´!: .::! ,r芹ミヽ///j/.:l l
       ! l .::. : ヽ、! .:::!.  'ゞ゙′  f:jテ/.:/.:l
.         l l:::::: .::::l::l:::::l      ′/.::/.:/
          ! l:::::::::::::l∧:::!、   f__ア /.::/j/
        Vヽ∧::::l ヽ!  ヽ、_ ィ/!::/
       / ̄ ヽl\   〈 ∧:::/ j/
       {/`ヽ、    ヽ、 \∨
       /    ∧      、⌒ヽ ̄ト、
        l/    ∧     i ⌒V ! ヽ
      ′/     ! ヽ    l  ̄ ! !/ ∧
       ∨    l l/ \    !   ! !∨ !
      l    ∨    ヽ   l  l l ! {
   __l   _\     ヽ ! / / /  ヽ、   __
  / / ̄| /  / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ// __/ ̄ / ∧ _
.  l  l  /     /       /´ ̄/´  ヽ`ヽつ! { ̄ーっ`ヽ

「それに、自国内部の重要部分にロボットが入り込んだ状態で反乱でも起こされたら大変だけど」

「艦娘はあくまで外部勢力。裏切られても、文明を内部から蚕食されるほどの被害にはならないはずよ」

「そして裏切られることを恐れるあまり、今すぐ彼女たちを敵に回しても何も得しないわよね?」

「いずれ裏切るにしても、利用できる間は利用した方がいいわ」

こうした「疑わしいが、疑わしいこと前提で気をつけながら利用すればよい」というシド星理論に基づき、

シド星的な「信用できない同盟者」として艦娘はひとまず受け入れられることとなった。

66無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:30:16 ID:bSFSfgQU0
               _   _
               / ` '´ \
             /        \
                /           ヽ
           / イ      ヽl|‐、 l/
            〈/_l | 八  斗‐ヘj )〉il
             `ヽ{、_\{ ー‐' r'_!|
              _ヽく __  /!  >、
               |   \_ /..|   0 |       __
             __|     {:::::::::::|   _. |_ -‐=イ: : ̄: :}
          「=‐-‐\ ̄ =l::\ ̄    O/z‐、: : : : : /
         | o    ∨::::::::::::::::::> Kc  j/:::::::::::ハ : : : /
         人      〉::::::::::::::::/   Y{:::::::::::::::::::|: : :/
       /:::::::ヽ o/  /::::::::::::::::/ O   「::::::::::::::::::::|: :/
   _____ >:::::::::∨ d:::::::::::::::::/    /二ニ{コ二二二>
  ⌒`ー─`∨二ヽ|  |::::::::::::::::i   ,r‐く二{コニニ二>
      <ニVニニv-z- イ::::::::__:::::l O/、ヽヽ):::::::::::/
.       /:::::f__/ io/ ̄/o./ ァ‐^ヽヽjJ::::::/
       {::::::::::/><_  | o| |:::::::::: ‐'::::::::/
      /::::::::::{  |o| ><| |:::::::::::::::::::::/
      \:::::::乂=斗<:: ̄:`ト _::::::::::/
.           ̄ |  ||::::::::::::::::||   丁

「提督については、本当に誰でも良いみたいだしな」

「艦娘に友好的で、かつさほど有能でない人間をくれてやればいい」

「実質的にスパイの追放にもなる。かえって安全だろう」

かくして、艦娘は提督を頂きながら、BETAとの戦いに参加していくのであった・・・

67無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 02:30:37 ID:bSFSfgQU0
では今日はこの辺で失礼します。
ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

68名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 02:49:43 ID:d2vvSuHo0
おやすみなさい

69名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 06:06:12 ID:ZDgyZPYI0
オツカレサマドスエ
使えるなら何でも使おう

70名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 07:32:29 ID:p5L2b4QM0
乙です!
退魔忍ってクレイモア的存在だったのか……
>「疑わしいが、疑わしいこと前提で気をつけながら利用すればよい」
この感じ、実にシド星!

71無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 22:52:04 ID:bSFSfgQU0
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{

『ただいまー』

『ああ、ごめん、技術安価忘れてた』

【安価】 今回の投下終了から次回投下終了まで 【対魔忍技術】

72無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 23:08:32 ID:bSFSfgQU0
                    ー───三≧<: : : : : : : : : : : :∧
                            //: : ./: : : : : : : : : : : : :.∧
                           //: : :/ : : : : |: : : : : : : : : :.∧
                     ー=≦イ: : : : /: / : : : |: : : : ∧: :} : :.:∧
                          /: /: : /: /: : : / |: : : / .∧:|: : :|: ∧
                         //}: :./: /:/: :/ .|: : / _≧∨!: :.∧
                  ー=≦イ /斗≦{: i: /≧、j: / 芹芯ミ. |L∨: ∧
                      ノ ̄ ̄ ̄}Yヘイ{'<苙j 「'   `¨´ |う}i: ト: :≧=ー
                  /  `7 ̄〉 ∨jj、   / }      jリ∧ヘ
                 /    ∠ / /_ユ^」ヘ    j、 _    /ハ: ト从
                 /     厂  厶ィ/〉:イ{jト、   _ _  /{ jj: {ヘ!
              /     ノ   >-' //:.:.:し!: :ト、 ´ ー / |し':ハ
              /  ─< _/   //: /:/: : ∧ >ー イ  {イ/从`<⌒>、__
               /    / / >─ rイ{: :{´jイ:.|/从       j | {      j     `\
            /      .//   /: : :./ /∧{   、    /         _/  /     \
           /       ∧     /: : :./∨`ー─── 、 /    -─<´{  /       ヽ
            /      / .∧  ノ: : : /ィ∧         ´ ̄      j  /         ∧_
         /      ∧ー─イ: : : : : / .∧_            > ´ / /             ∨ヘ
.        /       ,: : : : : : : : : : :/   ∧ ` ̄>、  i   /    / /          /   }
       /       {⌒\──<      ∧     \{_/   _// /         /    ∧
         {        j   \   \     ∧二二二Y  > ´ ̄ /            /        ∧
         |       ∧    \   ∨    ∧    ∧{  .|     ./           /          .∧
         |       { \.     \  ∨    ∧   ∧  |    /        /           ∧
         | /       /    \    \  \   ∧    ∧ !   ./       /                ∧
   >──}/    {   / _x <\    \  \   \.   ∧j  /   __/              /{
<´    /     | /⌒ヽ     \   ヽ \  \__ >───-、´              _/´ ̄  ∧
       \_ > ´    \     \   \     /       j        __/´ ̄        ∧
二二二二二ヽ         ∧`ト、__\  \   {     /´ ̄〉  __/´___________」
         \        ∧j: j|: : : :|⌒ヽ   \ ∧__/ / >}´     ̄´ {{     \   j    ∨
           ヽ           }: :|: : : :j: : : ∧\  ∨     /    /        ||        ∨ /     }

「・・・良く考えたら」

「管理局加盟の他文明もそんなもんじゃね?>疑わしいこと前提で気をつけながら利用すればよい」

「身内にするにはリスキーだが、他文明としては普通だよな?」

73名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 23:11:08 ID:ZDgyZPYI0
有る意味では節度をもって適切な距離を保った人付き合いですね

74無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 23:12:37 ID:bSFSfgQU0
 /⌒ヽ                _                   / /
 |ゞ-イ|             ,_<二>ェx               / /
 |   |             ,ィ{+++/´ フ´ ̄`ヽ、         / / , -x
 |   !            /: :i=+={ * / i i i  i , ヽ       / /  ,< >'
 | . ::i!         _/: :/冊 [」 .iイ_从リ ノ从ii}      / /  ,< >'
__1 . :iニヽー 、   /ニ/: :/ ; :/ヽ\ヽヒソ  rャ7.ソ/    / /  ,< >'
_/ヽ-イ ̄ii   ヾ-v/iイi/: :/: ; : ; :.ハ、ヽ、 _'.¨八ツ_   / /  ,< >'    , ≪ ≫
´ _}}  ii   ゙V.}}iiu// ; : : : : : ; rゥヽヽ`=イヽ ー二/ /_ ,< >'   , ≪ ≫''´
 ̄if⌒ヽ, ii   .V}}マ{ { i l: : : : : ;f二二>ヽ)(*)}  ̄ヽヽー<フ´ ゝ,イ、_ , ≪ ≫''´
  | ー 7 .ii    Vi! |ヾil: ; : : : /⌒( 二ノヾーイ}`ヽ .,〉 ,r=-.、 て二≪ ≫''´
__人__ノz ii  __}.i! |\!: :ヽ: : 〉r- ヽ Y´¨゙ミヽ/./i/ ,f三 }、_ノヽ__てi<
ヽ__ノ.ii ///⌒ヽ―、: ヽ:「/二ミ〈    乂乂 `ヽ´Y´イー二二二ニ〉
_,.--.,  .ii.|i :|i {   }  ヽ; : : iニ二ニ})、  ノ{i}   ノ./ .,,r=ァ- 、 ̄ ̄ヾゝ

そんなシド星的真実に諸文明が気付いたことと、

艦娘がちゃんと対BETA用戦力として活躍し、拡大を押さえ込んだことにより(機械帝国なので増殖力がBETAと同じく強い)

諸文明の艦娘への好感度が上昇しました!

75無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 23:12:56 ID:bSFSfgQU0
>>73
『だね。ビジネスライク、というのが近いかな?』

76無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 23:29:36 ID:bSFSfgQU0
           ___
      -=ラ''´´:::::::::::::::::::`` 、
      ,,-‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ,
    ,/イ:::;:::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::、
    ' /:;/:::::::::::::;:::::::::;::::::::::、:::::::::::::::i
     i:;/:;イ:::::::;イ::::::::ハ:::ハ:::::i::::::::::::::;!
.    !イ::i:::::;∨‐`、::::;|_i;!-∨}:::::::,..,:;i
    ' {:;イ::::::ハ仁リ'、:;! '仁リi::;:::;|)i:;!
     レ'゙i:::::::i  ̄':::`   ̄´i:;!:;/r'y'
       |:::;ハ;:、 _,,.._    /;イ/,:;!
      /'´ !'!`ヽ、  ,.r/'´i;!,ァ、
          ,./lT'´ ,../´  \
    ,..---‐‐'''//=レ'´====  //`'''‐-..,
    / 「 ̄´ク/ /      くく.,```ヽ, `''ヽ、
   /| <l ̄´,/        \\  ,> ,..-‐i
.   { }  |`\/``二========'´-`>/  /
.  //  |  | / ̄´  ┌──┐ /,./ / ,._,,,.../
.  //  i  ∥      [二_二] ,i'´ ,/ /ヘ ./
. /´  _」_ ∥        ,,..//  / i` 、i/
. /  E´三ミヽ|| ,..-‐‐''´ヽ‐二.,_ /  /   ヽr
./〆`''‐‐‐/´ ̄    / ̄´   /  {    /
      /      /_,..,__,..,r'´   '、  /
     /     /´/ / /{     `/
__,,,,...-/     { /  i ゝ {    /
    └‐r<´ ̄´   i  `    /
    /´ソ ̄``‐┐-⊥、_   ,..イ
    ノ  i´    /     ` ̄´  i
.   /  r'    /           |

「艦娘は良くやってくれている」

「誠意には誠意を持って返すべきだろう」

「管理局に誘いたいと思うけど、どうかな?」

元々唯我論者やグレイズナーロボットなどの機械生命を内部に抱えており、

機械生命に割合寛容なディアスポラから艦娘の管理局勧誘が提案される!

77無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 23:40:14 ID:bSFSfgQU0
   、_}::::::::::::V〃/.:::::::::::::::::::::::::::::ー--‐;'
  _ヽ:::::::j、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
  \::::::::/ `ヽ''"´ ̄ノ.:::::::::::::;::::::::::::::::::く
   >::ト、     //-‐''7::イ:::::::::::::::.`ヽ
   〃::Y心、 ゝー==‐-く |::::::::::::::::::く⌒
   l/ ノ} ゞヘ   〃でソ>  |::::ト、:::::::::::::ヽ
.       {   ノ     ̄   厶イ j}:::::< ̄
     八 ヽ         _.イ´ ̄ ̄`
      ヽ`r- 、        {:::/
.       \    . イ   V_
    , -―/`T ´      / }
.    /  /}  j  ___/   \


「それ、危険じゃないか?」

さすがに緑系文明、とくに機械生命で痛い目にあっているゼーガペイン文明は難色を示すも・・・

78名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 23:40:53 ID:ZDgyZPYI0
ギアスロウに同意させるのは良い考えと言えるかも知れないし言えないかも知れない

79無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 23:45:46 ID:bSFSfgQU0


   /:::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  /:::; イ::::::::;::::::::::::::;::::::;::::::::::|:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::|:::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::;|
  //|::::::/:::::::::::::::|::::: ハ:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::;i::::::::::::i:::::::::;:::::::::::;:::::::::i
../´ i:::::イ:::::::::::::::::i::::| ヽ::::::ハ;:::;::::::::::::::::::::::;ハ、:::::ハ;:::::::::;!:::::::::i::::::::::|ヽ::::;!
..!  |:::/|::::::::;::::::::::、::|=i:::;|=:i;::::、:::::::::::::::::::i='i::::/≡i;::::ハ:::::::;|::::::::::i ||:::;i
.   !::/ i::::::イ::::!;::::;∨,彳i::;!ヲヽ:;ト;::::::::::::::::;!彳y'`ク:;!イ`i:::::::::;i::::::::;! |l::;!
   |:/ |::::;i i;::::ヽ;::::;! ,,ゝy_ノ_, `ヽヽ;:::::::::;! .ゝ=´-‐''´ /:::::::;!::::::::;!_,ソ;!
   |;!  i:::;| !;::::::;、:::'., `     , ..\;:::!       i:::::;/::::::::;/:;i;!
   !'   |::;!  i:::::::|:::ヾゝ     ' :::::: ヾ!        /::;/::::::::;/::;ハ!
.      !:i  i;:::::;ト:::::::'、     丶    `     /:;イ::::::;/:::;リ
.     i;!   !;::| i:::::::;:::、     ;;,.__      /' ,イ:::::;イ:::;/
.      !   i;:! |;::;イ:::::`ト,   ´ .,,,... `      / /::::;/!:;/ヽ
         `! !' |;:::::::;| |::>、        , ∠-‐/:::;/ ノ!'  `l
           !   i;::::::;! !,' イヽ.,_,,. r '´   ///     l.
.             !;::;i /  `、  | |     /'/      \..,_
           __,.ヾ|/    ヽ | |    /          ヾ`、‐- 、_
__,,. .--‐‐'''''''´ ̄  //    ヽ | |  /  ∧          \\
           / /   ,/l  ヽ | /     \\
 ,,.. .-----‐‐‐‐''''/ /  //´   У       \\

「敵対的な態度で接すれば、向こうも怒って敵対で返してくる危険がある(青並感」

「危ない相手とこそ、仲良くしておかなきゃだめだよ(黒並感」

「まあ勿論、後々裏切られることもあるだろうけど」

「隙を見せなければ問題ないし、裏切られるまでは敵を利用できると考えればむしろお得じゃないかな?(黒並感」

シド星的に考えて裏切りで痛いのは、例えば軍主力を他所に派遣した隙を隣国に攻められるとかそういうシーンだ。

よって隙を見せなければ、常に防備を固めておけば、裏切られて攻撃されても別に痛くないのである。

防備を固めてなお負ける相手にはどうあがいても負けるしな!

80無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/29(火) 23:47:37 ID:bSFSfgQU0
>>78

             /.::/.:: .: :: .: .: .:::::::: :: .::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::'
             ,.':::::イ:: ..::: ..:: ..:: ..: .:::::/: . .: : . .: .::::::/::::::: : ::: :: . :: :: :::. :::: :::::::'
           /://.: .:::: .::/: .::/.::::::::::/. .::/ .:: .:: .:::::::/::::;:::: .::::::. .:: : .:: . :: .:: : ::::::'
          /′/.::::::::::::/:::.::/:::::::::::/:::::〃.::::::::::::::::/::::/:::: .:/::::..j:: .:: : :::::. ::.:::::::l
            /:::::::::::::/::::::/::::::::/l:::://.::::::::::::::::イ::::/::::::::/!:::::/:: .:|: .::.:::::::.::::::|:::!
           ,.::::::::::::/:::::::/:::::::/≠':/_/:::::::::::::/.:::/|::::::::/ l:::/|:::::::j:::::;'::::::::::::::|!:|
           ,.::::://l:::::::/:::::::/'尤|イ=l::::::::::/ /::/__j:::∠__j/ |::::/::::/::::::::::::::::jリ
           l:::// ,.:::::/!::::::イ 、辻ぅj|:::/  /'´/7∠三ム\|:/:::/:::::::::::::/::;′
           |/   l:::/ |:::::/:!     |′     __{__rぃ:jヾv:/:::/:::::::::://}:/
           ′   .|/ |::;ィ::::l         .:     ` ー< //:::/:::::::::/:://′
              ′ |//:イ:'.      '.:::::::.          /:::/:::::::::/::/
                / |:/ l:::ヽ     ! :::::::       /イ::::::::::/}:/
                 /  l:;イ\  、ー- 、       . イ::::::/:/ /′
                  /' j:.:.:.:ト、 `二´      //: : V/
                   __ノ:.:.:.:/7、    _..__-=' ´: : : }′
    ___... --──── ‥´: :!|:.:.:.//  `T ¨TT´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:〔
   ,ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :_:_:_| !:.:/ j   ll  :| .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.  / ||: : : : : : : : :rr=─ … ¨ ̄| ∨ /   .ll  :| .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ ィ 、
 / :||: : : : : : : : j.|        ハ. /   jj   :| .!:.:.:.:.:.:.:_ - /: : : 丶 、
 l  :||: : : : : :_ __ノ          V 、  {{    ! ∟ - ' _/ \、: : : : : :丶、
ノ  |L _. = ´             \jj__ _∟ - ' ´     \ 、: : : : : : 丶、
    l'′                \f- ´              ヾj: : : : : : : : ゙丶、
    l!                  ,'                〃: : : : : : : : : : : : `丶、
     |                 ,/                 \、: : : : : : : : : : : : : :/”}

「そっちはあんまり期待してないけどね」

「少なくともBETAはギアスロウを免れている」

「艦娘がそうではないという保障はない」

「まあでも協力強制、だっけ?魔法使いが言うには同意を取れれば強制力は上がるらしいから」

「無いよりはマシかな?」

81名無し-Red-市民-2:2017/08/29(火) 23:49:22 ID:p5L2b4QM0
実にシド星的な発想で好感が持てる

82無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:00:42 ID:o8BFKHW60
               /: : : : : : : /: : : : : : : : : :/: : : : /: : : : : : : : :,:ィ:´: : : : : : : :ヽ: :`ー-、
.              /: : : : : : :,イ : : : : : : : : : : /: : : : /: : : : : : : : /: : : : : /: : : : : : :',: ヾ : ',
             /: : : : : : ,イ:: : : : : : : : : : ::/: : : : / : : : : : : : /: : : : ,: : /: : : : : : : : ',: : ',: :',
.            / : : : : : ,イ : : : : : : : : : : : /: : : : /: : /: : : : :,:': : : : ,, : / : : : : : : : : : |: : :',: :',
.             /: : : : : ,イ: : : : : : : : : : : : ,イi: : : :/: : /: : : : :/: : : : /l: :,i: : / : : : : : : : |: : : ',: :i
           ,': : : : : /: : : : : : : : : : : : /i:/ !: : /: : :,': : : : :,'.: : : ::/-|: l.|: ,': : : : : : : :ノ.: : : ::i: :!
           ,': : : : :./: : : : : : : : : : : : / .!:! !: fi : : | : : : : |l:,、: /l:! |:/`!:i: : : : : : : /,: i!: : : :|: :!
          ,': : : : :/: : : : : : : : : : : : / .|:l  l: ij : : |.: : : : :|ィf云ミ、 .|! l:jl : : : : : /ィ: /l: :i : | : |
          ,'.: : : ::/: : : : : : : : : : : : /  |:!  ',:|: : : :l : : : : |.    ヾ   |! ',: : : : :x'.|:,': |: リ: j: : !
.         l.: : : :/ : : : : : : : : : : : : ′  |:! __ ! : : : |: : : : :!           i: : / ./ィ: :|:/: /: : ト、
         ,| : : /: : : : : : : : : : : : : i   。s≦≧s!: : : :ヽ: : l!:!         , ,ィf㍉/'/: : l': /: : : !ヾ!
.        /:|: : ,': : : : : : : : : : : : : : s≦三三ニ〈.|: : : : : :ヽ|/         /:.   ,ィ': : : : /| : : /
.         /: :! : |: : : : : : : : : :。s´ ̄ ̄`.:.、三ニニ|: : : : : :¦   、    ′   ,.イ,: : : ,ィ:/ .|'| /
       /: : :|: :| : : : : : :。s´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ三ニl: : : : : : :l、.   ` ー    ,.イ|ノ : : / |'   .|,'
.      /: : : :l: :|: : : :/:.:.:.:.:.,   ´ ̄ ̄ ヽ:.:.:.マニム: : : : : : |'.ヽ    _ r. : ´: : /.ィ|/
.       /: : : : :|: |: : ,イ:.:.> ´        ' ,:.:.マニム: : : : : |、_ `ー. ´  .!: : : : : : :|
     /: : : : : :| i/:.r'´             ',:.:.:マニム: : : : :!ヾ≧ェュ   .l: : : : : : :!
.    /: : : : : : :l/.ィイ                }:.:.:.マニム : : : トヾ三三}  |: : : : : : :!
.     /: : :/! : : /./ !:|                    i|:.:.:.:マニム: : : !ニヾr、' j  .|: : : : : i!:!
   /: : :/ |: : /./ |:|    i             |.!:.:.:.:.ヽニム: : |ニ,.ヘ!ソ   .l: : : : : l!:!
.  /: : :/ |: :/./  .|:|     |               l ヽ:.:.:.:.:.ヽ.ム: :!'_ノ `    .| : : : : |!'

「ありがとうございます!」

(これでご主人様(生きたトロフィー)が増えますね!)

こうした黒的に理性的な意見により、管理局全体としては艦娘の受け入れが決まった!

艦娘文明が管理局 黒の社交界に加盟しました!

黒の社交界参加者: オルゾフ・ディミーア・ソリン・大魔王バーン・マギ(白黒)・ローマ・社長文明(白黒)・ディアスポラ(五色)・アーマードコア文明・ディアスポラ(五色) 艦娘(黒)

83名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 00:02:57 ID:SpWDicWM0
うーん、黒い

84無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:03:38 ID:o8BFKHW60
                     _        ,,、  __
                    /.:.:.:.:≧o。__/.:/:i:ヾ/\
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:./.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:\___
           ___」___.:.:.:.:.:.:/.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.ヽ十十}
           {十十十十十}.:.:.:./.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:';.::.∨ニ}
            h、ニニニニニマ、{.:.:.:.:..!.:.:.i.:.:.∨.:.:.:.:.:/!:|.:.:.:i:∨¨
            {___}--{__} i!.:..:.:.:i.: :ij レ',∨.:. :/ リ.:. :|:: ∨ /
            /::::::::::::::::::::≧s。i.:.:..:..:',.:.レ斧- ',/ 笊.:.::|.:.:.:∨ /
               /::::::::::::::::::::::::::∧.:.',.:.:.:.∧じリ     じ}.:/\.:.:.∨ /
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::}`、\.:.:.:.\゙´    , j;/:}  ヽ.:.:∨
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  `゙i:\}\〉       ハ!   リヽ}
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::/   {ヽ.:.:.::..}。 `¨ ´/.:..:|
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::/. , - ┘ii∨ :.|_≧-' 、 . ::.|
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ:l.:.:.:|////{ヾ/} :.:.|
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::/. /     l .: :|ミh、/,ヽミ}.: :.|
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::/∠__    l.:.:.:.|  ¨¨¨¨}' : :|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/丿__    ≧o。_l.:.:.:/≧o。_ //.::,'
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::/ '   ヽ,     /.:.:/   ヾ_ソ,ヾ \
/:::::::::::::::::::::::::::::::::/ { ,     ', >'/.:/     `、}ヾ}ソ,>o。
:::::::::::::::::::::::::::::::::/ィi〔  >、  >´/.:/ |       `,'::::::心  >o。
::::::::::::::::::::::::::::::,ィi〔     ア' ´ /.:/  |           ヽ_, イ     }
:::::::::::::::::::::::,ィi〔     ア´  ィ彡 ´ }   ',: : : : : : : : : :/{-}: : : : : : : : :./
:::::::::::::::,ィi〔     > ´    ___|    ヽ: : : : : : //i i{: : : : : : : /
:::::::,ィi〔     /   《三》三三三/|      ¨¨¨´' /  ',ー--<
ィi〔     _ア    /ニ二三{。s<ヽ       //  `'}``
     ア´      ./三三三{    \   //    /
  。s≦      ./三/{三ミh、        //      '
≦         ,バ/   i、三 ミh、     .//    /}、
         /i:i:i{    iニ\彡´}   //   /三i ∨


「ギアスロウですね!わかりました!」

「我々は有機生命との友好を望む者。勿論遵守させていただきます!」

ギアスロウへの協力強制にもむしろ積極的に賛同したため、

わずかに警戒していた緑の社交界もひとまず受け入れることとした。

(実際何も問題は無いんですよね。私達は人類(生きたトロフィー)を傷つけようとか自由を奪おうとかそんな気持ちは無いわけですし)

快適過ぎて自由意志で留まりたくなるような鳥籠を作るのは大好きだけどな!>艦娘、というか自動人形

85無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:05:56 ID:o8BFKHW60
              __
              /:.:.:.:.:.:.\‐ 、__
              /:.:.:.:☆☆:.:.∧:.∨:.∨
          , ':.:.>☆☆☆>''~イ~''<``~、、__
           /:/:.:.:.:.☆☆:.:./:.:.:.:.:.:.ノ≧=-:.:.:.-=、:.\
        'イ:.:.:.:.:.:.:88:.:. , ':.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:. v
        ':.:.:.:.:.:.:./88:.:./:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!:.:.∧:.:.:.:.∨/
       ':.:.:.:.:.:. / {:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.{:.:./ !:.:.:.:.:',:.:.:.: ∨/
.        ':.:.:.:.:.:.:///,:.:.r 、i7_:.:!:.:i!:.:.:./}:.:./!ノ//,:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.∨/
.       ':.:.: ,'{: ////∨>_r、<: i:.:.|i:.:.:!/! //!////,:.: !:.}:.:.:!:.:.:∨/
        ':.:.:.,'/i///// !:.:.:.:.:.:.:.:.|/从:.:i/i∨/l'////∨ノ}:.ノ}:.:!:.:∨/
      ':.:.:.'/////// {:.:.:.:.:.}',:.:.!  乂/! \! '////イ__リ/.!:.|:.:.iヽ,
     i:.:.:.:i//////// ,:.:.:.:.i/',:.' 代示乍ゝ  ∨/r也7/ !:.}:.: !\、
     i:.:.:.:i////////∧:.:.:.i//,:ヽ 弋zタ     i/. ヒアi//}/:.:.:.!  \
     i:.:.:.:i//////// ∧:.:.:i///,∧        、   .从/, }:.:.,
     i:.:.:.:i/////////!∧ヾ//{〕iトヽ,          ,'//i 从,
     i:.:.:.:i/////////!___',:.:'//,\    、 ァ  ///¦
     i:.:.:.:i/////////!__':.:.'//! )h、     ィ(/!//!:.|∨
      /!:.:.: i/////////!___':.: '/}、    {> =ミ.//|//i:.:! ∨
    ,:.:!:.:.: i/////////><.':.:.Ⅵ_≧=≦__.ヽ/!//!¦:.∨
    ,:.:!:.:.: i/////。s≦    .':.:.:.:.!___ん、∧! |//i:.:!∧:∨
    ,:.:!:.:.: i//// ̄〕h、<  ':.:.:.:.!''<__乂_}_/}‐=、 |:.}  ',:.!
    i:.:!:.:.:.:i// '      〕h、 i:.:.:. !  \___ノ  ∨/  :!
    i:.:!:.:.:.:i//.{       Ⅵi:.:.:.:!    \__',   'v/   !
    i:.:!:.:.:.:i// ,       i: Ⅵ:.:.:.!``~、、  \_',  ∥、/
    i:.:!:.:.:.:i///,        !:. 〉!:.:.:! ≧s。 ``~、、.∥} !<
    i:.:!:.:.:.:i/// ,      i //:.:.:!    )h、_乂--{!_/  ヽ
    i:.:!:.:.:.:i///)ィi〔 ̄〕iトy / !:.:i       \__/-= Υ     v
    i:.:!:.:.:.:i/∧´  -===- }'  !:.:!    -‐‐-  乂-==! -‐‐- !


以後、五色の社交界や五色の立法府などで、

艦娘をローマの別働隊として利用可能となります!

必要に応じて票操作や政治工作等を行いましょう!

86名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 00:08:36 ID:euL1ajRc0
好印象を残すほど提督が増えるよ!やったね艦娘ちゃん!

87名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 00:10:07 ID:SpWDicWM0
ローマの別働隊がまた増えた・・・
全貌が知れ渡ったら加盟文明総SAN値チェック間違いなし!
やっぱり実力の隠蔽は正しいってはっきりわかんだね!(ディミーア並感)

88無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:11:53 ID:o8BFKHW60
                       >------、---s。ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:\
                >- - ニ'´ィiミh、.:.:.:.:..:.:ミ.h、.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                /;;;;>´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:ミh、.:.:.:\.:.:{三三三三}
                 {/:!.:.:.:.:.:.: :.:}',.:.:.:.:. :\.:.:〈V〉:∧.:.:.:.:ヽ{三三三三},ィハ
            (_____/.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.| } }ヽ.:.:. i.:ヽ〈ハ〉.:.∧ー‐∠_/ /¨{{  { }
            ⌒/.:.:.i.:./';.:.:.:.:.:.:.:.:| リ ∨.:}ヽ}.:.:.:.:.: .:.:|  {TT}__ゝ-{!¨¨¨´\
          /.:.:.:.:!.:{-∨.:.:.:.:. :| ,ィ斧芯ミi{.:.:.: .:.:.: |    ̄ }.:.:.:.:∥.:.:.:.:.:.:.:
           |.:.:.:.:∧〉斧ミ 、.:.:.|   { i リ |.:.:.:.: .:.: |___/.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:
           |.i:i. : .::.{', {_iリ \{    ¨゙´  !.:.:.:.:.:.:.:.|―…´. :. :/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |从.:.:.:.:i∧ ノ            !.:..:.:.: /!   ∨ ミh,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |\:.{`゙i           |.:.: /.::/    ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |:.:.:.` ∧ ャ' ¨¨フ       !/.:. :/     ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |.:i.:.: :/\ `¨ ´   ,ィ〔 } :. __/_      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            {/!/   i{\   _ィi〔::::::: /'´    ミh、… 十 -<.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 |.:.: `´| ∧:::::::/          \i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミh、.:.:.:.:.:
                 |.:.:..:.:.:|  .〉ィi{::::.        ヽ…ー-、 :∧.:.:.:
                 |.:.:.:.:.:.| //|.:|:::::::.           \ ',.:.:. \:∧.:
                 |.:.:.:.:.:.|,// i|..|:::::::::::::::::         \!.:.:.:.:.:.\}.:
                 |.:.:.:.:.:/,i'  |.:{. /'ーo。:::::::.       \.:.:.:.:.:.:.:.:
                >‐ /,/  |.:|/ :::::::::::ミh、:::::::.         \.:.:.:.:.:
                  /。o≦゙  {   |.:| / :::::::::::::::\:::::::.         \.:.:
             , ' ´      j{  i{.:∨ / ::::::::::::::::::\::::::::.    _,, ,,\
           /          j{  ∧.:.∨ / ::::::::::::::::i::::\::::::::::: /
             /          j{  ∧.:.∨  ::::::::::::/:::::,' .\::::::i
              i:::.             `¨¨¨¨\:.\。 _ _::::/::::::,'    \;::::
              ∨::::::.              \.:\  ≧s。!       \:::::::
             ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ¨¨¨¨¨¨¨\.:\ミh 、 }      ヽ:::::::

【艦娘文明指導者 大和】

「佐々木王からはある程度の独自行動権、自治権を頂いているので」

「カストゥールや蛮族文明のようなローマの属国、と言うのが近い立場ですかね?」

なので、ステラリス銀河のように属国で(政治的)影響力が増えたり、シド星のように属国で国連投票で票を水増ししたりできるわけだ。

「ご許可頂ければ独自研究等も行う予定ですが、よろしいでしょうか?」

89名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 00:13:49 ID:SpWDicWM0
うーん、全知全能系とかの危険な研究じゃないならいいかな?

90名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 00:15:05 ID:euL1ajRc0
やり過ぎなければ自由裁量にしても良いんじゃないかな
多様性として良し

91無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:16:32 ID:o8BFKHW60
>>86
   /≧s。 _ /.:.:.:.:> ´.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ー- <
.  {二ニ=十=ニ }/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.: \
  / ̄ `≧s。/`、/.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  `≧s。 _ /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:..:.:.:.:.:∨
    /.:.:.:.::レ〕iト.}.:. :. :::.:|.:.:.:.:i:.:..:/.:.:.:.:..:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_
.   /.:.:.:.:. :. {\{.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|_;_;|',.:.:.:.:.: :.i.:.:.:.:. :.:.:.: :i   ヽ
   '.:.:.:.:.:.:.:.::|.:.:.:i.:.:.:.:.:.: |..:/レ' |.:.:.:.: :/ .: :.i.:.. :.:. :|≧s。/
  j{.:.:.:.:.: :.: ∧.:.:.}.: .: .: ::|斧示ミ !.:.:./`}~/'}.:.:.:.:.:.:| }}
  j{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \乂.:. :..:| じツ ∠/斧示ミ }.:.:.::.: / ハ
 j{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: ∧_|.:.:.:.{::::::::´  ,   じツ彡 :.:. /  州
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.\      :::::::,'_≦.ァ´レー- 、
 |.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ== 、__:.:.:.:.:| \;:〉 ヽ ノ   人:.r{ l r_'ヽ、 _r\
 |.:.:.:.:.:.:::/i;i;i;i;i;i;i\T、,|斗ャ..ミs。 _ 。s≦  .¨レヽト,j` ー(,ィ∠rァト┐
 |.:.:.:.:.:.::.{i;i;i;i;i;i;i;i;i;i∧ゝヾゝr'┴<r‐‐{、---<_ィ= 、   .レヽ   \          , ィ≦ ̄ ̄
 |.:.:.:.:.:.:. 〉i;__i;i;i;i;i;i;i;i;У´{ rゝ   レ-、i;iミマi;Yi;⌒ヽi;i;i\  `´\ .   \         /////////
 |.:.:.:.:.:.:{/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;li;i;i;i| 〉   \_>‐r-<i;⌒)<i;iヽー 、ヘ ヽ.    \   ///////////
..∧:.:.:.:,イ;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;{i;i;i;ilヽ_)   ∠、i;i;i;ノ`ー\`,,ー,,、`)ヽi;} ', 7ー 、     丶/////////////

「はい!頑張ります!」

尚、艦娘は自動人形そのまま過ぎるとご主人様と閉じた世界に入り込んでしまって集団行動が取れなくなるので、

ご主人様の次くらいには自動人形仲間を大事にするようにプログラムを組み替えている。

なので自分がご主人様を得た艦娘も、他の仲間のために生きたトロフィーの獲得には熱心なのだ!

92無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:17:48 ID:o8BFKHW60
>>89
>>90
      /≧s。 _ /.:.:.:.:> ´.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ー- <
       {ニニ=十=ニ }/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.: \
     / ̄ `≧s。/`、/.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     `≧s。 _ /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:..:.:.:.:.:∨
       /.:.:.:.::レ〕iト.}.:. :. :::.:|.:.:.:.:i:.:..:/.:.:.:.:..:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_
.      /.:.:.:.:. :. {\{.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|_;_;|',.:.:.:.:.: :.i.:.:.:.:. :.:.:.: :i   ヽ
      '.:.:.:.:.:.:.:.::|.:.:.:i.:.:.:.:.:.: |..:/レ' |.:.:.:.: :/ .: :.i.:.. :.:. :|≧s。/
     j{.:.:.:.:.: :.: ∧.:.:.}.: .: .: ::|斧示ミ !.:.:./`}~/'}.:.:.:.:.:.:| }}
     j{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \乂.:. :..:| じツ ∠/斧示ミ }.:.:.::.: / ハ
    j{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: ∧_|.:.:.:.{::::::::´  ,   じツ彡 :.:. /  州
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.\      :::::::,'_/
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\;:〉  ‐-‐   人:./
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;_ _ , 斗ャ ミs。 _ 。s≦/::.:/¨¨ヽ
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /i:|//ヽ////////,/::.:/     !
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : /  !i:i:| {   } //////ノ ~´    |
    | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',   l:i:i:乂二斗。s≦´ (:.( ,/     ,
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ァ\∨¨¨´   /\:.、'  /7/、
    |.:.:.:.:.:.:.:. .:/,..'ヽノ _ア¨¨´     }    }、`ヽミ ´ /
    |.:.:.:.:.:.:./ }ハ// }`¨´ __>'´     | }::/ /∧} 、

「ありがとうございます!」

「ではアクシオムレベルで他文明と同じくらいの感じで研究を進めていきますね!」

93無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:19:08 ID:o8BFKHW60
>>87
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

『そう!真相が明らかになったら大勢の人間のニューロンにSAN値チェック的なダメージが入るからね!』

『これは善意!善意の隠蔽!』

94無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:23:31 ID:o8BFKHW60
         _,. . . ., _
       ,<: : : -: : : : : : >、
     /: : : :/ : : ハ: : : :ヽ: : : ヽ
 .   /:/: : :′: : / ∨: : : ' : : : ∧
    ': r‐-ノ!: : :/´ ̄`、}: : ハ: : : : :ハ
   ′l: :/ l: : / _-ェ.、li: : : |}: : : : : l
   ': 从:イ ヽ{ ´ てンリ: : : |: : :l : : |
   !{j:.:.:.:|  ,`   、、 l: : : :j!: : :!: : リ
   {Ⅵ:.:.i゛         !: : : ハ: : jⅥ:{
   、ゝ:.:ゝ, ’ー ’  ,ソ: : 八j: ノ: : :i
     Ⅳ:.:.:\ ,. ィ /イ: :/:.:,イ:.:.:.八{
     } ヽ{:.:.{ヽ:.:| / レル' ハソノ
        , - y ; ,r  ̄`ヽ
         / / ´/     ,
  .       i /  ,/        l
.        y  ,ノ{  l    ,
     , イ ,jイ !  |     i、
    / {/    |  i    l ,
   , ′i{     !   '    i   ,
   l   ;    i   ,    r=ぅ∧
   ヽ_λ   ン‐イ    人_ノノ
     l i `ー ´  i     ,′ハヽ
      ,       |   , /
     l       !    !′  /
.      ,      i     l  , ´
     i!     i     K
       !’    |    l-ヽ

「とまあこのように、艦娘のような別働隊は便利そうだから」

「今後、他所の文明をFTL文明・・・もとい超時空文明に育成したり」

「ローマ人に自治権を与えたりして増やしていこうかと思う!」

「多人数ゲームで他のプレイヤーとグルになれば圧倒的有利だし」

「多様性という面でも面白いことになりそうだ!」


「・・・勿論、他の文明も同じことを考えるだろうね」

安価↓1 質問・コメントがあれば

95名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 00:26:31 ID:euL1ajRc0
そういえば文明として認められたらゾハナ病絡みでも有利になりそう
艦娘がミッドに停泊しました!そして群がる病人と難民

96無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:28:14 ID:o8BFKHW60
>>95
────────|i:i:i|,. . ´: : : : : : ≧o。。o≦: : : : : : : :.\
───┬─┬── /: : : : : : : …… ‥ ……… : 、: : : : :\  ___________
________.,: : : : : : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : ゚:, : : : : ,├────────┤
ニニニニニニ|ニニニニ. /: : : : : ′: : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : ゚,: : : : ′───┬─┬──┘
ニニニニニニ|ニニニニ/ : : : :/: : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : ゚,: : : Ⅴー――.T_______
 ̄ ̄ ゚̄,ー―7: : :.: :/ : : : : : : : : :, イ: : : : : : : : : : : :.:: : : :i|: : : : :Ⅴニニニニ |ニニニj{ニニ」ニ.|
     ゚.,゚ ,′: : :/: : :.| : : /|: :/ |: : : : : : :.ハ : : : : :.:: :.:i|: : : : : :Ⅴニニニ 「 ̄ ̄i|ニニ|__ノ
      ゚ ,. : : : :.i|: : : :|.:.::, |: ′ ト、 : : : :.:; | λ : : :.:: :i|: : : : : : :T¨¨¨¨    ハ
        .′:.:: :.:.i|: : : :| : ′| {   Ⅴ : : :/ |:.' |: : ト、: :i|: : : : : : :i| : : : :’    ⌒
     /イ|: |: : : i|: : : :|!: :,ィぅ升笊x.Ⅴ: :.′x芹示ぅミ、/ : :.:: :.:ハ i|: : : : : : :,
.         |:.i|.:. :.:i|: : : :|: 〃 }r'//(_,  \{   }r'//(_, ′: : : :/ :.:i|: : : : : : :′
.         |:八: :.从 : : | ム 乂__zソ       乂__zソ/ : : :/:/: :.イi|: : : : : : : : ,
.         |:i  ,: : ∧ : |: λ              /: : :イ}/7:/ : i|: : : : : : : : :’
.        、{  \: :.\|: 杁 " "    ′  " " /イ:/: : :/ ′ :i|: : : : : : : : : :.,
            7: 、: /   、    r  ‐┐   イ7/: : :/: | : : :i|: : : : : : : : : :.′
           /: : :イ,   >    、   ノ  イ: |: |: : : { : | : : :i|: : : : : : : : : : : ,
           .′ /i:i′____ ´ ≧ --- ≦}ニヽ.|: |: : : | : |: : : : ,: : : : : : : : : :.’
.          , : : /i:i:i,´:::::八ニニ`¨ γ⌒ヽ`¨´ニニ!}-|: : : |---、: : : ゚,: : : : : : : : : :,
          ′:/i:i:i:i′:::::::∧ニニニ ヽ____ノニニニ/:::::|: : : |:::::/ ヽ: : ゚, : : : : : : : : ′
         : : / |i:i:i:「\:::::::::::\ニニニニニニニ/:::::::::::゚, : |/   |: : : ,: : : : : : : : :.,
.         | :.′|i:i:i:.|/.\:::::::::∧ニニニ.。s升:: : :::::::::::゚, :,.    |: : :.:.’: : : : : : : : :.’
        ヘ: :{Ⅳi:i/   |. \::::::::::Y ´:::::::::::::::.。s升 八 :{    |: : : : : : : : : : : :i|: :|
.       /ニ|: :.| | ′     、  \:::/::::::::::。s升/     ヽir――≧、: λ: : : : : :i|: :|
      /ニ. |: :.|/        ト、. \.。s升 /       Ⅴ`ー――l_j ,: : : :: i|: :|
.     〈7 、.|: :/        |:::\   .。s升         Ⅴニニニニニニ|. ′: : :.i|: :ト、
      ,.    {.          |:::::::}--{´            |{ニニニニニニi|  ,: :.:i|: : : :.,
.     ′  八.        |::::>--<           八.¨¨l¨¨¨¨´   ’: : i|: : : : ′
     /.     ト、.       |::〈ニニニニ.〉.          / i|:ヽ | : : : : : :,  ,.:i|: : : : : :,
.    /      /i:i:\      }:::::`¨¨¨´ 、        イ| .|: i| |: : : : : : ′ ′: : : : : :.’
    ′.    〈.|i:i:iハ.`¨¨¨¨¨¨¨7∨   |  `¨¨¨¨¨¨¨¨´ 7 ,.:.:i| |: : : : : : : ,.  ,: : : : : : : :,
   ,      i|i:iλ{ニニニニニニ, |.    |  Ⅴニニニニニニ /  ′j{ |: : : : : : : :’   ′: : : : : :.′
  ∧       i|i:i{ Ⅴニニニニ .′|.    |   \ニニニニ /  /: : j{ |: : : : : : : : : ,   ,: : : : : : ,


「あー良いですねー!」

「影でこそこそ動く諜報は諜報で利点はありますが」

「太陽の下を堂々と動けるのもおいしいですよね!」

ミッドには太陽無いけどね!

97無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:29:03 ID:o8BFKHW60
安価↓1   TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠)  or 機械帝国 or 属国作成

98名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 00:29:58 ID:euL1ajRc0
早速 属国作成

99無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:35:10 ID:o8BFKHW60
                     - ─……─
                 ィ:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                /:.:.: -─── ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                ,:':./            \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
           ,rー─/:./   - ───‐ - ミ ヽ:.:.:.:.:. i___.:.:.:.
         .ィi〔|/ /:./:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\}:.:.:.:.く、 7:.{
      ィ:i:i:i:i:i〈 ./:./:.:.:.:.:.:./:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.| \{:.∧
    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:.:':.:.:.:.:.:./ !:ハ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !:.:.:.:. |  ./:.:.∧
   〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/,i:.: ! :.:.:.:.:.|_ノ|:| ヽ:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.ト ノヽヽ:.:.゚,
   {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:. |:l:.:.:.:.:.|  |:l   \{\:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|:.ヽ }/.:.:.:.:.
.   ゚,:i:i:i:i:ー=彡'|:.:从:.:.:.:.:|  ヽ     `  ヽ:.: 〈|:.:.:.:.:.|:.:.:.∨:.:.:.:.:. !
.   ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:.:.!:.:.\:.:≧==    ===彡  |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.ト:.:|
    ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:.|:.:.:.:.∧   、        |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.| }:|
      ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:.|:.:.:.:.i:込、   --ヘ    .イ|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:, リ
        \:i:i:i:i:i:i:i:Vヽ:.: トx: :〕iト ゝ ノ  イ  :|:.:.:.:.:从:.:.:|:.:./
        \:i:i:i:i:i:i:i:|:\〉: : : : :/ `T       /:.:.:.イ:.〕iト:1:イ
.           \:i:i:i:i:|: i:i : : : : /、      ____〈:.イ: :!/: : : ィ≧x
             ヾ:i:i|: i:i : : : /  \ ___ /: : : : : : ィi〔:/ : :_:ヽ
             Ⅵ: i:i : : /\ __ /: : : : : : : /i:i:i/: :/:i:i:i:i:゚,
              i:|: i:i : /\ __ イ : : : : : : : イi:i:iイ: :イ:i:i:i:i:i:i:i:ハ
              |:|: i:i: ′    /: : : : : : : /i:才:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト、

「佐々木は面白いことやってるわねー」

「私も真似してみようっと!」

「いつまでもローマの言いなりってわけにもいかないし、少しは発言権確保しておかないと!」

説明しよう!日本文明は白青だ。ルールは忠実に守るが、逆に言えばルールさえ守ってれば何やっても良いと思っている節がある!

そのため、ルールの範囲内で友好国を出し抜こうとすることは、日本文明的には裏切りではなく、友好関係に悪影響が起こるとも思っていないのだ!

100無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:44:46 ID:o8BFKHW60
         ___ __
        ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
   ./:.:.:/.:.:.:./ 二二二X:.:\
   /:.:.:.:./:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:ヽ
  ′:.:.イ:.:.:.:.:. /  \:.:.:.:! X:.:.:.:マ:.:゚,
  |:.:.:.く_j:.:.:.:.:.:.!⌒ ーヘ:.:.l/ハ:..:.:.l:.:.:i
  l:.:.: /,:|:.:.:.:|:.:|      V_ /:.:V〕:.:.|
  l:l:.〈/:.|:.:.:.:.Vー一   , "!:.:.|:.:.:l:|
  lハ:.:.:.:.|:.:.:.:.:| ""     从:.:|:.:.:リ
  | }:.:.:.|:.:.:.込、   ⌒^ .イ:.:.:.:ハ/
  ,ハ:.∧:.:.:.:lV≧=‐- イ:.:l:.:.:/
    /} ヽメ: \  /ト/!:イ .
   /⌒ヾ:i:i: : : : : V⌒ヽ: : : i:i:ト.
  〃    \:i:i、: : V⌒!: : i:i:|!
  圦     ヽi:〕iト:ヽ  | : : i:リハ
  }: :》     }\i: \Ⅵ : //   ゚,
  廴}     \!  >…ミ:イ厶==、ヽ
   !       ∨      ヽ     }

「日本人に自治権を与えて表向き分離独立・・・無理ね。」

「寄らば大樹の陰だし」

「仮に分離独立してくれたにしても、今度は忠誠心が日本から離れていってしまうわ」

ハルヒ日本は民主主義国家であり、そして残念ながら天皇制は残っていない。

多分子孫は探せば居るのだが、長い冬の時代でその辺の記録が喪われているのだ。

天皇制が残っていれば、国家が分離独立しても天皇を中心として日本人としてのナショナリズムを維持できたかもしれないが、(いわば英連邦ならぬ日本連邦的に)

文字通りの民主主義国家である以上、日本の民衆が忠誠を誓うのは民衆そのもの、同じ国家(共同体)に属する同胞だけである。

親国家であろうと、他国となってしまえばもはや忠誠の対象にはならない。

従って、国家の分裂はそのままナショナリズムの分裂を招くのだ。

101無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 00:46:08 ID:o8BFKHW60
                  ´  ̄ ̄ ̄ 〕iト.
              ./:.:∠二二\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.、_:_:.:.゚,
           ':.:く/:.:.ト :.:.:.:.、:.:.:.:.:.|:.:.:.|ヽ ).:.:.
          i:.: 〈|:.:/{ハ:.:.:.)\:.:.:!:.:. トイ:.:.: i
          |:.:.:.:|:.|≧ \{≦ ヾ|:.:.:.| l|:.:.:. |
          |:.:.从ハT7    T77|:.:.:.| |l.:.:.:.:|
          |:.:.:.:.:.八  ′     |:.:.:从l.:.:.l:.|
          |:.:.i:.:.{:.:.i\ ‐    ィ|:./:.| |:.:.ハ:|
          乂ト:.:.}:.:l:.ィうー≦  !ハ:|/}/ l|
              .ィ从: :.l/⌒ヽ/: : : 〕iト.  ′
            /V∧: : :|--ミ/: : : :/i//ハ
               '  V∧: :|  ./: : xi〔:/  ',
            _}_ V∧:|rn’/.:ィ ´   !
             i: : : : ヾ.V∧ {イ: /_}___   |
             |====≧ヽ: |/:イ /=====ミ:\{
            }く「 ̄` ー┴─‐へ:_:_:_:_:_: \:〉
           ヽ _____ _ノ   /ヽ/
             }_` 、       /
              /: : : : : : 〕iト----く
                /: : : : : : : : : : : : : : ∧

「中国とか征服した属国を育成・・・これもダメね」

「超時空文明まで育てるのは簡単だけど」

「どう考えても日本の敵になるわ」

102名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 00:49:46 ID:euL1ajRc0
白い文明は一つにまとまるのは得意だが
別れたまま従えるのは少々苦手なようだ

103無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:00:15 ID:o8BFKHW60
>>102
             /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : \
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ -──ヘ、 : :ヽ
             ,:':.:.:. /: : :...:/   --──‐\..: : :
         /:.:.:.: │:.:.:.:/:.:/: :{: :、 : :ト :.:.:.:.ヽ:.:.:..゙ヽ
         ,':.:.:.:/.| i: : i|:/ ’,:.:ぃ: ヽ:ハ/:. : │:.:. :.:゚,
          }:./ イ. ! i:.:.:i|′  ∨i \: :ハ \:.:|: :.i 〕:.ハ
.         /:.{  /|:.:| i: : i「`¨ ー リ  \:}x㍉ヾ! :.「{:.:.:.i
         ':.:.:.∨/|:.:| i: : i|=元テミ    /fi刈 //i: :.| 〉:.:.|
       i:.:.:.:〈/l |:.:| i: : i|弋zツ       ゞ'″{:.i::. |V:.:.!
       |:.:.:.:〈八|ぃ i: : i|  ̄     、    ':.i:.: |/:.l:.|
       lハ:.:.:.:.:.:.|:. ∨:..j|ι      ┐   :′!/.|:.:.:!:′
       |! ゚,:.:.从:.: ∨:j| \   /__ノ /│:.:′!:.:ノ
       |  }:.:/}:.::.:.:. ∨|ィ:} > .,__,ィハ、:.:.:|:./:.:.:レ'
           ハ:! 乂:.:.:.:.:リ:. ノ.    ト、:.:.:: _j/¨x≪¨ヽ
              ,x≪:--斗'.    /: : : : :r/:/.    \
           /i:i: : : : :∠    /: : : :/i/: /  /     i
.          / :i:i : : :/    `ヽ./: : : :/i/: /. { ′.   |
         /i : i:i: : /======ミ/: : : :/i/: /   ∨      ‘,
.          {/l : i:i: /     ./: : : :/i/: /.   |     _ ∧
.        / :l : i:i '   ./: : : : :/i/: イ.    ||  / -- \ 、
.          { :l : i:i{   .イ : : : : : イi/.       |レ:./    \ヾ,

「まあ白にとって共同体は一つにまとまるべきものだもの」

「共同体を別れたまま従えるのは、手足を切り離して遠隔操作しろと言うようなものよ」

ローマ人やヴァンダルーさんなら出来そうだw

104名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 01:01:27 ID:SpWDicWM0
ターンXかな?(違う

105無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:01:53 ID:o8BFKHW60
                ,. < ̄ ̄:::〕iト .
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::::::/::::::::::;:斗─- ミ:::\
                /:::::::::::::/:::::::: /<{::::::〕iト.\::ハ
            i::_;: -=!:::::::::/::/ハⅥ:::::::::::::ヽ:::i
            {  く  i::::::::::レ'=ミ 乂::::::::::::::::::',
.              从ー'/ /i:::::::::| _{炒`  \:::::::::::::',
             /:::::::/ /: |:::::::::i   `    チ:癶:::::::i;::
          /:::::::/ , {::: i::::::::∧    ' `` ':::::::::| }
          {::://i |:::::V:::::::ヾ ‐¬   .イ :::::: リ }
           //::::::l |::::::}\:::::ト、 __,. <:lリ|:::::::/ /
          { {:::::::::: l \ノ   !、ヽ、:/}/|| j::::∧
           | レ'⌒ヾ\\__   ∨..{{ハ\、:∧ ∨
           }/    ̄\ヾ\\,.-==V..{{∧ ‘,  \\
           ′     ∨ヾ.⌒ヘ二二 ヾ∧ ‘,   \}
.          |        ∨{{i. . . .\. . .V. }ハ八
          ',        \ヾ. . . . ∨/}. .}}}ィ¬、
          ',_      __ 「r 'ニヽ . . . >'´   ヾ:ト、
           `〔_    {j ノ /_, >'         !j_ ゚ ,
             L∨   ゝ{/レ{ ハ       ノ´ `,ハ
               ‘ ,     /j       /     }
                   `、            /_      j
                i〕iト .,__,.  イ:|ヾヽト----- '

「日本人を切り離すのは無理」

「傘下の属国は敵対的・・・となると」

「前超時空文明を育成して、超時空文明に進化させることで」

「友好的な属国を作るしかないわね」

ステラリスで言う所の、前FTL文明への技術啓蒙である。

106無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:17:23 ID:o8BFKHW60

                          __ r 、   ,、
                    _,、   __ | 〈,.勹^j/ ノ
              ,./ _..-二 - `丁ヽ Y{ ..:..ーヘ∠ ‐フ
            __//‐ ´  .. ---、┴┴く_ー{ヽ {-‐ ´
       _.. -‐ ¨ /:.| ,..‐≦-――く_:.:.:.:.. :,、`ー┴'_‐ァ'´
     r‐ ´     {:. :{´/r‐く ̄ ̄ ̄:`ヽ:./ r}__:.:__:.`ヽ、
      {     |  〉、:.`:/: ヽ }:. :.\: :`ヽ: `.く __`ヽ、`丶\
    |   ヽ∠/イ7´|:.|!:.:}:ト\:> 、 ̄\: :ヽーく_:>=ニ二 ヽ、
      !    ̄{フ: /: l_⊥LV_ト7_ァ>=ミ、{`ヽ:.:.ト-ト-`\ }  `V
    _, ヘ  /ノ7!: {´:.|: |,≧从`ー7fc:::::}ハ:ヽ:.:.ヽ、:.:.:.ヽ`ヽ、
   {_/ V  >'小:ト、:ヽf7:::ヾ    ゙辷.小:.ヽ:ヽ:.:.l:ヽ、:.:|!ハヽ\
     _ ,〉_´-く|:l!:ハ::.\:ド辷〉丶 ,_-ォ"|.l:.:.::ト.`:ー-\l  ヽト ヽ
    //´∧  l:ト、: \ーヽ''_, く´__ノ /.:.j:.:.:.|:.:.l:丁フ}メ-`ー lハ__」
    ∨  |:ハ、 ヽ \: :ヽ:.:>... ___ .イイ:/}:.}:从ハ小/′
        |! /∧ __ | ド、ト、:ヽ:\ト、 /ノ/V:/'/ナ==== - 、
        乂´ /:.:./ | l:!   ヽトヽミー 、-/'イ: ` ーァー_、/:/__>
        /:.:./ ヽ. | |:l : : : :.l―‐ 、ヽ/:. : : : : /:/>、ミー'/
       /:.:./   }_ハ:l:.! : : : }     ソ: : : : : /://  ヘ、
        〈:.:./     ノ !l:.! : : :l    /: : : : :./:// /` >‐ 、ィォ
       V    {  l l:.! : :|_,.、 / : : : ,..//     /_ノ, _,、 \>rァ
         l{    l   ヽヽ. リlj{/:. :. ,.//- 、  /__ `X´く_フ-、V〉ヽ
         ト.、__   〉    \:! /: ,..//   /`//,x_ヽ,ソ´ -ァ \
        ヽ:.:.:.ーナー--.._ {_l/‐..イ´    /  { 'ぐ_ソ/ /´ --   ヽ
         ` フ7r‐t_---フ=了´   ノ´./    `ヽ./>  丶 j   /
      /´ ̄:.ヽ._了二ブ´:.:./   /  { rー‐ ¨ ̄       ノ
   rー :´: : : : :. :.:.ノ  ̄/:.rュ:.:/ _r< ̄'_ノ_{      _  -―  /
.  / : : : : : : _:.:-/: : //:./: :.:`三_ノ‐i:. ̄レ「l:ハ } ト /  _. -‐ ´
 / : : : : : :´:_:イ: : : :/:.}:/: :.:.: : : :.:.:.:.:|:.:.:.::! l:.l:!|/  L  /
 !/} ̄ ̄: r_ノ : : : / : |{: : :.:. : : : : : : !:.{:.:.| ハj_ハ _ /
 {_:| : : : : : : : : :. :イ : : !:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ー´\
   }: : : : : :. :. :/:/ : :. ヽ:.:.\:.:.:.:.:.:.:.十{:.:.:`:.:ー:.\_
   ヽ: : : :.:.:.:/:./: : :.:.:.:.:.\:.:.\:.:.:.:.:.:!:.l: : : : : : :/´7′
     \:./:.:/: : :-―:. :. :.:\_:.>:.:.:|:.:ヽ: : : :/-‐'′
     |ノ:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.l:.:.:.ヽ.:/
     ト--ヘ、 : : : : : : : : __: .:.:.:.:.:.l:.:.:.:.ハ
    |   ` ー 7¨ ̄   l  ` ー‐Z/ |

「さて、どこか適当な文明は・・・」

安価↓1 ハルヒ日本の属国にしたい文明

107名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 01:20:40 ID:BiR/M2BY0
ゼーガペイン

108名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 01:24:11 ID:SpWDicWM0
価値観が近くて技術的に未熟で管理局に未加盟の文明?って考えてたらゼーガペインにテコ入れが入ったか

109無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:26:32 ID:o8BFKHW60
       \ーヽ: : : :\ : : : : :VV: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : ー-. . . _
        __ヽ: : :⌒ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
        \ : : : : : : /`丶、 : : : :, :  -‐=ァ : : : : :: : : : : : : : : ー=ニ二∠ _
         \: : : :/     `'"´     /: :_/ : // : : : : : : : : : : : : :<
          >: ト、           /"´ // / : : : : : : : : : : : : : : <`
.       / /: ハ \          /  厶イ : : : : : : : : : : : : : :/
         /: : : }〃r心  、 、_  -‐===‐-  | : : : : : : : : : : : : :く
           . :/Vハヽ弋::ハ      〃゙て心、__  ; : : : : : : : : : : : : : : :\
           l/   }   ̄ 〉      弋:::ノ ´ / : : : /^Y: : : : :<  ̄ ̄
                {   /        ̄  厶: :ハん }: : :-=二 `ヽ
                   ヽ 、           l/ し'∠ニ=-‐ ´
                                  _ .イ
                '.、 `r‐-  _          / 「 : |
                 \      `       /   |八|
                 \        イ   ├-、
              ___/ ヽ.  -=≦:. :      ∨ \
             /   /    |::::::::.:.: : .    /     \
          /   / }      |:::::.: : : .   /       〉、


人工知能に特化しているのに人工知能嫌いで青とは仲が悪く、

色的には緑なのに別に緑の社交界とも仲が良くないし、

国内も別に鉄の団結を誇っているわけでもないという超微妙文明ゼーガペイン。

中華やドイツのように、放っておくと自爆するような文明に比べるとマシかもしれないが、

伸び代が無くズルズルと途上国生活を永劫続けていくしかないように思われた・・・

外部からの介入が無ければ。

110無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:29:17 ID:o8BFKHW60
                 __ _
                ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
             /:.: /二二二 、:.:.:.:.:\
                /:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.ヽ:.:ヽ
            /〈イ:/:.:.!ハ:.:.|:.:.:.:.ヽ:.:.:.!/介:.ハ
.           /://|:!¬ト、Ⅵ:.:.:l:.:厶斗/ル'〉:.:.
           ':〈/_:i:|:.Yt=ミ \{'ィt=ァ:|_l|_l:.:.:.:i
          i:.:.:.:.:从:.:{ヒツ     ヒツ:.:.:./:.:.:.:.:.!
          |:.:i:.:.|:.:.:八   r 、  /:.:./:.:.:从:.|
          |:.:|:.:.|:.:.:.:.:.:> ゝ  イ:.:/:.:.:/:.:.:lリ
          Ⅵ:.ハ:.:.:.:i:.:.:./7´  !:イ:.: /〕ドく
              )'  )/l:イ: : 厂`ヽ/l:.:/i:i: ≠ミ
               ハ:i:i: : iニニ/: : i:i:/   .
                 { Ⅵ! :.′ /: : i:iイ{     }
               ゚,}i:i | ./: : i:i: 八ノ   .′
               | トムlm': :イi:/ ′  /
               |, -<l{彡'’ /⌒   {
                 (/7⌒ヾぐ ̄      !
                 厶(/イ  }i:i       イ
             / ゝ-へに川   .<: :∧
           イ    /i:./: |:.|: ̄: : : : i: : :∧
           /ハ  __/_,l:i: : |:.|: : : : : : :l: : : :∧
          f⌒V// イ: : :/: : : : : : : : : : :.:V: : : ∧
.           ゝし” {: : : /: : ヽ: : : : : : : : : :}: : : : : }

「逆に言えば、それだけ困ってるってことは恩を高く売れるってこと」

「うまくすれば属国化も期待できるわ!」

ただより高いものは無い。

「まあ当初は管理局未加盟の文明をテコ入れしようかと思ってたけど・・・」

「よく考えたら既に管理局に加盟している文明の方が、飼いならせるなら手間は少ないわよね?」

かくして、ハルヒ日本によるゼーガペイン文明の属国化工作が始まった!

111無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:33:11 ID:o8BFKHW60

                  ´  ̄ ̄ ̄ 〕iト.
              ./:.:∠二二\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.、_:_:.:.゚,
           ':.:く/:.:.ト :.:.:.:.、:.:.:.:.:.|:.:.:.|ヽ ).:.:.
          i:.: 〈|:.:/{ハ:.:.:.)\:.:.:!:.:. トイ:.:.: i
          |:.:.:.:|:.|≧ \{≦ ヾ|:.:.:.| l|:.:.:. |
          |:.:.从ハT7    T77|:.:.:.| |l.:.:.:.:|
          |:.:.:.:.:.八  ′     |:.:.:从l.:.:.l:.|
          |:.:.i:.:.{:.:.i\ ‐    ィ|:./:.| |:.:.ハ:|
          乂ト:.:.}:.:l:.ィうー≦  !ハ:|/}/ l|
              .ィ从: :.l/⌒ヽ/: : : 〕iト.  ′
            /V∧: : :|--ミ/: : : :/i//ハ
               '  V∧: :|  ./: : xi〔:/  ',
            _}_ V∧:|rn’/.:ィ ´   !
             i: : : : ヾ.V∧ {イ: /_}___   |
             |====≧ヽ: |/:イ /=====ミ:\{
            }く「 ̄` ー┴─‐へ:_:_:_:_:_: \:〉
           ヽ _____ _ノ   /ヽ/
             }_` 、       /
              /: : : : : : 〕iト----く
                /: : : : : : : : : : : : : : ∧

「・・・生活レベル自体はそこまでひどいわけじゃないわね」

「デフデラ植物やニッサのミントテロの被害を受けているとはいえ」

「ドームで保護されているし、育成城で内政も安定しているし」

「やっぱり単純に伸び代が無いのが問題ね」

喩えるなら江戸時代の日本!

黒船が訪れるまで近代化は期待できないが、

といって江戸時代自体が悪いわけでもなく、

むしろ人類史的に言えばかなり幸福な部類なのだ!

ゼーガペイン文明無し・・戦車道ゲーム ドーム・天才のひらめき:交易拠点
天才のひらめき:クローンプラント
クルフィックスの指図:育成城
三日月の神:法学(アゾリウス)
発想の井戸:ゴルガリの腐敗農場

112名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 01:33:36 ID:SpWDicWM0
>ただより高いものは無い。
ただってことは金銭以外で対価を支払えってことだからね、仕方ないね

113名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 01:37:10 ID:SpWDicWM0
江戸時代はエンゲル係数8~9割とか言うやばい事になってましたけど、
それでも貧困なイメージは無いですし、幸福な部類なのは間違いないですね

114無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:44:50 ID:o8BFKHW60
               __ __
                ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.: --<:.:.:.:.:.:.\
         ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:/  __` 、:.:.:.:.:ヽ
         ./:.:.:.:.:.:/:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ト、ハ
         ':.:.:.r‐イ:.:.:,:.:.:.:.:.{!:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:∨{:.:.
       i:.:.:.:{/ |:.:.:.:.:.l:./ハ:.::.:.:.:. 厶ィ:.:.:.:V:.: i
        |:.:.:./ 」|:.:.:.:._j:.!_,,\:.:./ ハ:.:.:.:.lト :.:!
        |:.:.:i_//|:.:.:.:.:.N     ヽ _ |:.:.刈个|
        l:.:.:.:.〈_,|:.:.:.:.:.l' ===   ,  ̄ l:./:.:.:.:|:.|
        |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|    _,  .イ:ル:.:.ハ:!
        |:.:.:.:.:.从:.:.:.:父ト  ´  /:.j/:八{ ′
       }:.:.:.:/:.:.:.ヾ:.:.:.:.:》   ̄「:ヾ:.イ〕iト.
       ノ:.:イ⌒ヽ:i:i:\「:\  ヽ: : : : i:i: ハ
          /   V∧: : : : :V´ ̄\: :.i:i:l {
          .′   ヽ:i:\: : : :゚,   |: :i:i:| ヽ
       {       \〕iト: :.∧.   |: :i:i:|   !
       |:ヽ      \}\ヾiト: } rn|:/i:イ   |
       |: : :ト     \ `ーォ====ミv'⌒ヽ\
         ̄:!       ヽ/:i:i:i:ヽ  \    }
           ゝ       /⌒ヾ:i:i:}     ノ

「・・・こういう時にはなぜかゲームが役に立つのよね(育成城並の感想」

「ゼーガペインは言うなればビヨンドアースの純血主義」

「人工知能を導入した機械文明には成れず、異星の強力な生物を取り込めるわけでもない」

「先祖代々の暮らしを守りたいと思う伝統主義者」

「そんな純血アフィニティーが得意な技術と言えば・・・?」

ジェノサイドクアンタのような正確無比な機械兵器は至高アフィニティーの領分で、

アラガミスターのような生体兵器は調和アフィニティーの領分だ。

だが良くも悪くも人間であることに拘る純血アフィニティーは、

それゆえに機械兵器にも生体兵器にも特化できないある意味中途半端な存在である。

そんな彼らの強みは・・・

「例えば有人兵器。ガンダムの部類かしらね?」

人と機械の人機一体くらいだろう!

115無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:52:39 ID:o8BFKHW60
     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

「ガンダムは優秀なニュータイプが操るなら」

「下手な無人機より強いおね?」

「勿論、パイロット自体が素手で巨大ロボットを倒せるほど強くなったわけではないお」

「機械と人が協力することで、機械だけでも人だけでも出来なかった最高効率を生み出す!」

「こうしたことがしばしばおきるんだお」


「勿論、別に戦闘に限った話ではないお」

「その文明において最も高精度な機械は」

「完全に自動制御された工作機械ではなく、職人の手作業でもなく」

「【職人が操る工作機械】によって生み出されるお」



「だけど、至高アフィニティーは機械を愛しすぎるあまり、その工程から人間を完全に排除してしまう」

「ある意味緑である調和アフィニティーは、異星の生物を愛しすぎるあまり、その工程から機械を排除してしまう」

「機械にも生体にも特化できない半端者である純血アフィニティーだからこそ」

「人と機械の協力体制を生み出せるわけだお!」

116名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 01:56:27 ID:euL1ajRc0
人が道具を使う、基本的な人間の行動だからこそ純血にふさわしい

117無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 01:56:38 ID:o8BFKHW60
                / r'    !        :::::     α´   } :.:{:.:.:.:ハ
               / r'           ..::::    ,      }:.:.:.:.:.:.{i}:.:i
                 / j                    =●   ,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
                 ! {   ,、     、 ,        -‐--イィー:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                 {`ー, λ    ●-    - ―  ̄:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´
               Ⅵ くー' ....................:.:..   , ィニニニ ー-、|――― ´
               \ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、:.:.r/ィ´v´Y { `r、i
                 `ー――-‐ ´ ヽ!,ィ' {_,.+‐ 「 「 } ノ}
                          {ゝ、{ゝー'ー'ー'ニン f
                          }`ー ==ー ´ /人
                               ! , ゝ   /  ∧
                           { 、       ィ ! i∧
                           }、 ゝ、  /  リ !  ゝ、
                           i ヽ `    /  i   } \
                           ヽ  \ ー   {_     `ヽ_
                            ヽ  `   _ノ i         `ー-、

そしてそうした技術は、ちょうど時勢にも合致していた!

BETAをはじめとする機械帝国が暴れまわる中では、

機械に依存し過ぎる至高アフィニティー的な立場は危険だと警戒されていたし、

と言って調和アフィニティーのように生物主体で開拓するには宇宙は広すぎた。

「人間が昔ながらの人間のまま、機械を利用して繁栄を目指す」という純血アフィニティーこそ、

この機械帝国の時代における人間側のスタンスにぴったりだろう?

118無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:00:21 ID:o8BFKHW60
   、_}::::::::::::V〃/.:::::::::::::::::::::::::::::ー--‐;'
  _ヽ:::::::j、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
  \::::::::/ `ヽ''"´ ̄ノ.:::::::::::::;::::::::::::::::::く
   >::ト、     //-‐''7::イ:::::::::::::::.`ヽ
   〃::Y心、 ゝー==‐-く |::::::::::::::::::く⌒
   l/ ノ} ゞヘ   〃でソ>  |::::ト、:::::::::::::ヽ
.       {   ノ     ̄   厶イ j}:::::< ̄
     八 ヽ         _.イ´ ̄ ̄`
      ヽ`r- 、        {:::/
.       \    . イ   V_
    , -―/`T ´      / }
.    /  /}  j  ___/   \

そして、性格的に純血アフィニティーに最も近い文明であるゼーガペインこそ、

そうした純血的技術を育むには最良の文明であったのだ!

後はハルヒがその分析結果をささやき、元手となる技術や資金や資材や工作機械を渡しさえすれば

ゼーガペイン文明は大いに発展したのだ!

119名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 02:06:07 ID:BiR/M2BY0
おお!

120無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:06:22 ID:o8BFKHW60
                 __ _
                ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
             /:.: /二二二 、:.:.:.:.:\
                /:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.ヽ:.:ヽ
            /〈イ:/:.:.!ハ:.:.|:.:.:.:.ヽ:.:.:.!/介:.ハ
.           /://|:!¬ト、Ⅵ:.:.:l:.:厶斗/ル'〉:.:.
           ':〈/_:i:|:.Yt=ミ \{'ィt=ァ:|_l|_l:.:.:.:i
          i:.:.:.:.:从:.:{ヒツ     ヒツ:.:.:./:.:.:.:.:.!
          |:.:i:.:.|:.:.:八   r 、  /:.:./:.:.:从:.|
          |:.:|:.:.|:.:.:.:.:.:> ゝ  イ:.:/:.:.:/:.:.:lリ
          Ⅵ:.ハ:.:.:.:i:.:.:./7´  !:イ:.: /〕ドく
              )'  )/l:イ: : 厂`ヽ/l:.:/i:i: ≠ミ
               ハ:i:i: : iニニ/: : i:i:/   .
                 { Ⅵ! :.′ /: : i:iイ{     }
               ゚,}i:i | ./: : i:i: 八ノ   .′
               | トムlm': :イi:/ ′  /
               |, -<l{彡'’ /⌒   {
                 (/7⌒ヾぐ ̄      !
                 厶(/イ  }i:i       イ
             / ゝ-へに川   .<: :∧
           イ    /i:./: |:.|: ̄: : : : i: : :∧
           /ハ  __/_,l:i: : |:.|: : : : : : :l: : : :∧
          f⌒V// イ: : :/: : : : : : : : : : :.:V: : : ∧
.           ゝし” {: : : /: : ヽ: : : : : : : : : :}: : : : : }

・・・さて、技術を渡すといったが、これはよくよく考えるとシド星のようにホイホイできることではない。

鉄器時代の民衆に、超光速技術の教本を渡したからといって、すぐさま理解できるわけもないだろう?(ステラリス並感)

技術を渡すには、相手国の人間への十分な教育が必要だ。

昔から良くあるパターンとしては、途上国の人間が先進国に留学し、

高名な大学なり工場なりで教育を受けて成長し、

故郷に戻って知識人・技術者として活躍する、というパターンである。

121無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:11:14 ID:o8BFKHW60
                 -――--―-  、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
            ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.ヽ
           ノ:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.:.:l:.:.:.:ヽ:.ヽ
           /:.:./:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.|:.:.|. |:.:.:.:.:.l:.:.:.:.ヘ:.:.l
          ./:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:/|:.:.:|ヘ:.:.:.:|、ノ |:.:.:.|:.:|:.|:.|;/:./
         /:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|./:.|:.:.:|_,,ヘ:.:ト-  ヽ:.ノ__|ノ丿:/:|
         `i:.:i:.:.:.:.:.:|:.:.:'ゝ、ヽ;| ィr`k、   ゙れ)|リx":ノ
          |:.:.|:.ノ、:.:゙;:.:.゙、:ヽ、 ィ´从_ソ    `゙´ |ノ:.:.|'
          ゙‐ハノイ、|:.:.:.゙;.ヘ:.\  ̄    、  /ノリ'
             ヽリヽノ、:.ヘー`     _ ', /
                x'ヽ"‐゙>      /
           __/   \    `>、 -"
       x'" ̄ ヽ   \    \ ノ |_
      ./     |    \ _,r―‐´`ー‐-、``i 、


勿論、そうした留学生は自らの留学経験を人生の誇りとするだろうし、

社会もそれを褒め称えるはずだ。

となるとだ。

それは言い換えれば「途上国の中で、先進国の大学(や工場)にブランド価値が生まれる」

そういうことにならないだろうか?

もっと言えば、一種の舶来信仰が生まれないだろうか?

「自国の大学よりも、先進国の大学の方が素晴らしい!」と。

先進国の大学を褒め称えれば褒め称えるほど、相対的に自国の大学は色あせて見えてしまうのだ。

122名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 02:18:22 ID:BiR/M2BY0
優秀な人間ほど留学するようになりますね。

123無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:18:34 ID:o8BFKHW60
     /:/ 二二二二二二 \:.:.:.:.:.:.:\
   「 ̄`X/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\l:.:.:.r≦二⌒7
   }}マ':.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.、  \{
  / i:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:、:.:.:/:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:\  ∧
  冫、__|:.:.:.:.:.:.:.:{:.l \:.:.:Χ:.:\:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.l.ィ爪、ヽ
 / / l:.:.:.:.:.:.:厶k~' \l  X芯ハヽ:.:.:.:.:ト:| l:.::∨
  ̄廴_ハ:.:.!:.:.: 芹芯ミ    {Vん 1 !:.:.:. | 廴l:.:.:.!
    |:.:.}!人:.:.{ Vん1     込zツ |:.:.:.:.| }:.:.:.: |
    |:.:.:.:.::.l:.:.:.:. 込才  、      |:.:.:.:.|ノ:.:.:.:i:.|
    |:.i:.:.:.:.l:.:.:∧    、___ .ノヽ  |:.:.:.:从:.:.:. l:.|
    l:ハ:.:.:.:l:.:.:l:込、  V __.ノ .イ|:.:./:.l:.:.:.i:.:l:.|
    |  、l:.:.:i:.:.:.:.:〕iト  __ イ{: :j:.イ:/j:.:./!:ル′
  ( \   X「i:i:`~': / ノ       v: : 〕iト----ミ
   ヽ \  }i:i:/}: :レ'__    /: : : : : : i:i: : l⌒ヽ
    \ ヽ:i:i{  l:/     \ /: : : : : : /i/: :′
     ハ  ´ ̄Ⅵ =====ミ V: : : : : : /i/: /
    /  {  ´ ̄ ヽ      /: : : : : : /i/: /
   ./  .∧   ´ ̄.ノ     ./: : : : : : /i/: /
  イ    厶  `ヾ {     / : : : : : イメ才
 /  .イi:㌢     ノ   イ: : : : /イ/  \
./ /i:i:iイ     イl /: : : ィi〔: : イ      }\

↑優秀な留学生

   、_}::::::::::::V〃/.:::::::::::::::::::::::::::::ー--‐;'
  _ヽ:::::::j、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
  \::::::::/ `ヽ''"´ ̄ノ.:::::::::::::;::::::::::::::::::く
   >::ト、     //-‐''7::イ:::::::::::::::.`ヽ
   〃::Y心、 ゝー==‐-く |::::::::::::::::::く⌒
   l/ ノ} ゞヘ   〃でソ>  |::::ト、:::::::::::::ヽ
.       {   ノ     ̄   厶イ j}:::::< ̄
     八 ヽ         _.イ´ ̄ ̄`
      ヽ`r- 、        {:::/
.       \    . イ   V_
    , -―/`T ´      / }
.    /  /}  j  ___/   \


必然的に、ゼーガペイン文明の優秀な人材は「技術を提供」してくれた、

つまりハルヒ日本へとこぞって留学することになる!

そして必然的に、親日派となって祖国に帰国する!

しかも帰国後の彼らは、何らかの形で祖国を引っ張る上層部となるのだ!

(逆に、日本文明で学んでいない人材は、能力自体は優秀でも世間的な評価を得られず、出世しにくい環境になる)

ゼーガペインの上層部を親日派で埋め尽くせるなら(そして親日派以外を締め出せるなら)・・・それは属国と言っても良いのでは無かろうか?

古代ローマやアメリカの「フルブライト留学」と似たようなシステムである!

124無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:19:07 ID:o8BFKHW60
>>122
『正解!』

125無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:24:16 ID:o8BFKHW60
                          / ̄:.'⌒ 、
                       ,,'´: ̄ ̄:.:.:.ミ、:ヽ
                 /,,:.:´ ̄:.:.:.:.: ̄`:.:、ヽ
                     /:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾx
                     .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙,
               .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,
                i:.:.:.:.:.:.:.:i{:.:.:.:/  . :.: |/ト、_」、 i:|
                |/i:.:/ーA廴/_,  _〕斗}f N }:.从
                |: |/:ォ=t‐:-ト   .ィr=:riミ、:}/:.|
                    l:.:.:.:.゙' .辷リ     .辷:リ'"/:.: |
               .l:.:.:.:.:.'.xxx   '   xxx ,!:.:.:.:ハ
                > ´ ̄ >-r--ァー '    イl:.:.:.∧:',  ,ィ
.              /        / |≦ァ  .イ:.::.リ:.:./:.:.',:ミ=彡'
              |       /  l|\ ` ´ l¯/:.:, ':.:.:.:.:,
              |       ,'   |ー`     !// \:.:.:.l
           ,|       /   /`ヽ、   /´ ∨ .\l
.           / !     /,.イ/            ∨ / \
          , ∧__.イニ_/             ∨\  ‘,
           / '   | //       `:.         ∨/   /
        / /    , ´         Y       `ヽ、/
          ,.イ     /.:::r;::::.         |             \
       〈 /     , :::ゞ'::ノ                      rミ、
      /      l{                           :::ゞ'
        {      人          ,   、           /
      Y        ` ..       イ     、        イ
      ,|      /|  ` T ´ ,.:         >   __..イ: /
       /乂__,...イ- 、|  | |   /       /イ    〉|:/
             /   ,| |         , {/    / j'
               /    | |          /!/    イ |
                ,    | |           {/     / l|
             /      | |        /     ,' Ⅵ
              /     | |         ,       {  } \
          /       //       ,'      |  |:.  \
         / ̄   _//       |       ;   ' ∨   、
       /__/___,∧       |       /    ∨   \
    ,. ´ ̄ ̄ ̄ ´    、        |     ,      ヽ_    ヽ、
   /                 \       |    / /        ̄ ̄ ̄ \

【TSハニトラ】

「日本で良い思いでを作ってもらわないとな!」

・・・勿論、そうした「親日感情」は、清廉潔白な学業だけでなく

TSハニトラなどの諜報活動とセットで生み出されている。

恩を売るだけでは支配は成り立たない。継続的な飴と鞭が必要だ。

割かしお人よしなハルヒ日本文明も、それくらいは学習しているのだ。

126名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 02:25:39 ID:BiR/M2BY0
さすがに、歴史上の大国が使ってきた属国化のシステムは優秀だな。

127無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:29:01 ID:o8BFKHW60
【時空管理局国交成立済み文明】
ゼーガペイン文明(緑青): 宗主国:ハルヒ日本
政治:普通選挙:民主主義が成立する土台は大まかに言って二つある。大正日本のように社会が成熟し、民衆に国家の舵取りを任せてもよくなったケースもう一つは逆に「社会が未熟すぎるケース」である。ゼーガペイン文明はあまりにも歴史が浅すぎ、王様や貴族さえ居ないため、民衆が自分で政治をするしかないのである。
法:国民国家:唯我論者との闘争を勝ち抜いてきたので、同国民をお互いに戦友だと思っている。
文化制度:苦痛主義:痛みこそ生の証であるという思想。痛みを抱えながらも現実世界で生きることに至上の価値を置いている。
労働:
原始部族社会:奴隷の類は存在しない。奴隷を積極的に解放しているわけではなく、そもそも奴隷制さえ生まれないほど未熟なのだ。
経済:対外交易:経済活動もまた未熟。自前の国内経済を発達させる時間が無かったので、外部から齎された交易がむしろ経済の主体となっている。
宗教:不偏不党:宗教は残っていない。宗教的な人間は基本的に唯我論者化を拒んだからだ。あるいはそうでなくとも、このマッポー的世界で神を信じるのは難しいだろう?
ハルヒ日本(青白): 属国:ゼーガペイン
政治:普通選挙
法:国民国家:外敵や自然災害様に対しては全力で団結して立ち向かう。
文化制度:自由主義:表現の自由はこれを保障する。
労働::BALLS(長い夏休み):BALLSやゴーレムなどによる無限の労働力と無限の物資で人々は豊かに暮らしている。
経済:是清:自由市場は存在するが、供給過剰対策に国家の介入も行う。
宗教:八百万:黄昏・天照神を中心とする柔軟で拡張性のある多神教。


ハルヒ日本がゼーガペイン文明の属国化に成功しました!

安価↓1 質問・コメントがあれば

128名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 02:31:30 ID:BiR/M2BY0
一応、白の社交界所属という事になるんですか?

129名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 02:32:52 ID:euL1ajRc0
ゼーガ文明のテコ入れはハルヒ日本に任せた!(丸投げ並感)
実際ローマが全部面倒見るよりいいよね

130無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:34:33 ID:o8BFKHW60
>>128
                  ------ミ
          . ´:.:/ ----- :`:..、
         ./:.:.:ィ:.:.:./ -───ヘ:.:.\
         //ハ/:.:.:/:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:\:.:ヽ__
       ':.{ / イ:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:《 \}
      i:.:.7廴l:.:.:.:.:.:.l:ト  ヽ:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_/
      |:.:.i | l|:.:.:.:.:|川 ー' \ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ \
      |:.:.| |」|:.:.:.:.:{ノ ,ャート    ≧ト:./ル/}  ヽ
      |:.:.|_lハ:.:.:.:.ヽ し’    し’V:.:.:.:ト∧ /
      |:.:.:.:.{ ∧:.:.:.:.:.\     '    {:.:.:.: !:.:.:Ⅳ
      |:.:.:.:.:`:.∧:.:.:.:.:.「`   ‘   人:.:.:.:|:.:.:ハ
      |:.:ト:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:゚,    /:.:个:.:.:!:.:.:.:.}
.       Ⅵ \:.:.:.:.i\:.:.:.! ー≦:.:.:.:.:.l Vト:.:.:.:{
       ./'⌒ヾ\:.ト: :.刈 /- 、: :Ti:iハヽ ヾ \〉
      /     \iト : : ∧  _}_ : i:i: l!
      .′      `ヾ: : : V´   |: i:i: |ハ
      {       \∧i: : :}    :|: i:i: | '⌒ヽ
        ヽ.       { ヾトハ m |: i:i:リ団長{
       }:\      \ィi〔 ̄`>===ミ===:、〉
       |: :ハ      ノ厂 ̄      }ノ、 {
       |: : : :゚,            /     〉

「共同体ってよりは一種の機械技術(ただしアンタイ人工知能)だから」

「青ね」

「実際今回の新規研究で結構技術面も伸びたし」

「人機一体的な進化は個性もあったから、青の皆は受け入れてくれたわ」

青の社交界参加者: イゼット・シミック・ハルヒ日本・織莉子日本・ディアスポラ・ザボエラ・タイジュ・ポケモン(青赤緑)・ローマ・マブラヴ日本・土妖精文明(青赤緑)・ロストユニバース(青赤白)・スパロボα(青赤白)・仮面ライダー鎧武(青緑)・ゼーガペイン(緑青)

131無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:35:40 ID:o8BFKHW60
>>129

             .  ´. ::  ̄:: :`   .
            /. :: :: :: : :: : :: :: :: : :: :: :`  .
          . '. ::: :: :: / -───‐-\:: : ::\
       /. :: :: :: ::/ .─────-  ヽ:::: :::ヽ
       . :: :: :: ::::/.:: ::::/  .!::::: :: :: :: ::. :: :: ::.:: :: :.
        !.:: :: :: :: {:!:: ::/\ l::!:lト :: ::: ::: ::: ::!: :: :: ::}
.       l:::: ::: /从:::/≧xY从ル \::: : :: ::!::::: :::::!
.       |: :: ::{__/.i人!ルr'云       ィテk.Y:ノ:::i::::リ
.       |: :::::.//7l::::::| j匕ソ     j匕リ }:!:: ル'
        !:!::l///(.l::::::| """        """ iルイ」
      从.[/イ : :!:::: |        '   u リ.: |/
.       |:: 人/:::人::::ト.   r‐ュ    . イ:::::::|
      /  Ⅵ |:::| .>.r -- <⌒Y! :: イ
      / ヽ: : ∨}:l::リ、   !  \: : i   Ⅵ/
    / ⌒ \ 、.: :レ' ∧_メイ⌒: : l  } ′
    !      ∨ヽ: : : : :|ー─ .l゚|: :\! ノ
    !      l l:人: : : :!ー─.l| !: : :./Y
   .      } l : : \: !    |゚l: : /:/|
   /      从l : : : : :\\m.|:!:./:/ :|
.  /     /  / ̄ノ: : \\l:|/:/  |;─ /7⌒ヽ
 /      レ'ヌ ´ ̄ノ/´フ : :イ芥ト:/   イ 「しし /ハ
./       / { ∧ フ ' /: :/ ハ l}/ {人ト .__ し'ト;

「むしろ今から余計なちょっかいとか出して横取りされたら」

「さすがに怒るわよ?」

「こっちとしてはたいした出費ではないとは言え、貴重な属国だし」

132無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:37:18 ID:o8BFKHW60
>>129
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

「管理局を立ち上げたのが生きたね!」

「ローマの仕事をあちこちに押し付けられるよ!」

利権は減るがまあ別に要らないしね。

「この調子で責任と仕事をどんどん分散させていこう!」

ただし権力や国力や技術力は断じて独占する!

133無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/30(水) 02:37:36 ID:o8BFKHW60
では今日はこの辺で。
ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

134名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 02:38:50 ID:BiR/M2BY0
おやすみなさい、無茶王様。

135名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 06:37:41 ID:SpWDicWM0
乙です!
>ただし権力や国力や技術力は断じて独占する!
実に黒い!だがそれがいい!

136名無し-Red-市民-2:2017/08/30(水) 08:54:04 ID:euL1ajRc0
オツカレサマドスエ

137名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 01:34:48 ID:bZNQLJfk0
ググっても、碌な情報が入らない対魔忍…。

【対魔忍技術】

・対魔忍

・対魔忍スーツ:ちょっとだけ丈夫な対魔忍用のボディスーツ

・魔界医術:魔界と人間界の医術を合わせたもの。主に洗脳や調教に使われる。

・魔族
 ・吸血鬼:魔族の一種
 ・オーク:魔族の一種
 ・ナーガ族:魔族の一種
 ・淫魔:魔族の一種

・イブ:性的調教に従順にするために、脳幹に移植するマイクロチップ。

138無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 01:45:58 ID:QaPnUisM0
『ただいまー』

『さすがに疲れた・・・』

139名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 01:47:34 ID:bZNQLJfk0
おかえりなさい。

140名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 01:49:59 ID:o6BHPOxk0
お帰りなさいませ無茶王様。
大丈夫ですか?今日はもうお休みになりますか?

141無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 01:50:03 ID:QaPnUisM0
                 _
                  イ
         ー = ミ、// - ─
            , i:i:i´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> .
             /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> .
          i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iニ=‐'
         /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:i∧
        'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iー=≦ ー ,:li:i:i:i:i:i:i:i:i:i,i:i:i゚:i:i:i:i:i:
        li:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://i:i:、//i:i,i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:li:i:i:i:i∧
        | ′i:i:〈i:i:i:i:i:i:/ /i:i/ \ ;/i:i:i:i/'i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:
        / l_> ´∨i:i:i '.≠≧x.、/´ /i:i:i ' / :l__:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i゚.
       八i:i{   ∨i |.  ` 乂ソヽ /i:i:/ ./´//i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il
      jハi:iヽ   ∨|      /i:! ' ,x≠.、'i:i:i:i:i:i:,li:i:i:il、 :|
         jハi:i:il.ー  `\    /´  .i .!ソ〃i:i:i:i:i:/.|i:i:i ' ゚. |
          jハi:i|                 j  /´i:i:/ li:i:'   ゚|
          jハ |   ゚.             ´/i:i:i:i:i.'   ' /
     ┌──‐ .  ゚      = ァ    'ノル'州   //
     |__    >. \      /      /´
     |/////>.   >. 、 .  ´
     r' - 、/////>.    ><- 、
 .<//////> .////:>.   ヽ  >、
///////////////ヽ//////i    |/´__/
////////////////::\////l   .| l///
///////////////////\/::|   .| |/〈
/////////////////////\    | |//>.
///////////////////////゚。   | |/////:>.

>対魔忍

『前述の通り、純粋な人間じゃなくて魔族との混ざり物だ』

『それもクレイモアやアラガミみたいに人外の血肉を移植したってわけじゃなくて』

『極めて単純に混血児なんだ』

『対魔忍は魔族に捕まってエロいことされる宿命にあるけど』

『もしかしたら、初代からして魔族にレイプされて生まれた混血児なのかもしれない』

『そう考えると、無駄にエロいのもある意味合理的なのかもしれない』

『レイプされて魔族の血を積極的に受け入れることで次代の力を高めるという自然淘汰が働いているのかも』

142無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 01:50:40 ID:QaPnUisM0
>>140
     >===≡≡≡=\
    ̄ ̄州州Ⅷ州州八州lil丶、
    /州Ⅶ∧ⅦWW |||||. 圭ヽ
.   /. Ⅷ|||!!!__ ', -可' /| |州/
.   | ||| |ヘ|ゞ} l   u./州ヽミ
     i ∨',  -==-'  ,. イミ_
.     \  ゝu.   /_x┴二|__,
         _>イ ̄ ////////ヽ
         〉-.Y' r////////|////ヽ、
       ///ヽ<////////|/////ハ7\
      く/////o///////////////////\
.       ∨∨/////////////彡彡  .*//.\
.       ∨∨/o/////////∧  彡.//////
.        |/||/////////////. ヽ<て//////
       //リ//o/////////    .//////
     ∠///|////////////..    //////
   ̄7///////o////////|    //////
ヽ///////////o/////////||    〉ミミ=/α
 |/////////////////////||   ゝ-、 F'

『ありがとう』

『まあ解説くらいはやっておこう』

143名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 01:51:55 ID:o6BHPOxk0
自然淘汰……?いえ、うん、自然淘汰ですね……。

144無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 01:52:30 ID:QaPnUisM0
                        _,、-‐-..,
                      ./:::::::::::::::::::::`::'::..,
                     ./:/:/:::::::::::/::::::::::::',::':,
                         i::/::::::i:,:i:|:/:/:::::::::::|::::',::::',
       ,、            i⊥i:.,::|tf+i、|:::::::::::/:::::i::::i:',
     /           ,、-'´::乂',:',弋トa:`::::,ィ'ヮt+/:::i .',       ‐-〟,
    /        _〟-‐'´ /::::/:∧',',.  ノノ|゙ヾfア-::ソリ .i           )
    \__,,〟-‐ ' ´     //::::/::/ ' ,´  __ ´ ュフノ'´/:,,´' ‐- 〟,__,、〟イ
                  //:::::::::/.´ヽ,.\ _´,..:::'´:::::::::::::Ff―-- 〟〟_ _
                 / /,: ‐'゙fニ\  ´ ス\  \;:::,:::::::::::::::': ̄´ ´´´'''''丶ミミ、
            /イ/:/,丶.   ヽ`ト- 、 ゙ヽミ、,  ',. ',、:::::::::::::::::::::::::,,,,,     ',', ,...、
            / ./::::4/^',. ',.   | i  `ヽ〟,´"''.‐‐-゙ゞヽ::::::::,,,,'':::::::::::,,,,   ,,ン .∠
            / ./ /','、_〉、.、/i /      ´' ,    ´"'ヽミミ≧'ヽ,::::::.,,/\//
       /  / / .//'---'´X', / l       ヽ. ´'.,      \ >  __\/て
      /    ,' / /./XXXXX/ i. .i   _   /ヽ  ',       ノ―'":::::::::´'ーヽゝ
     ./    .,' .,'  .i ム-‐‐ ' ゙‐‐ヤL八 , ', '⌒\/   ノ      ノ  ヽ ヽ::::|
     i     i .i   | ,、r-‐ ''"゛´ ,'"彳' ヽ\ )┐ン\,   _, :'\   j  y
     ',   八i  人T,‐〟、___  .(/\ \ ヽ ) /    .i''i"\,_,      ソ
      ',    八   人 乂弋弋'"\/,.\ )个'´     ',/
               ´゛'ヽ,.弋ヽ//\⊿.|   /    /
                     // ∧  ,/.|   /  /i.',
                     // / ',Y ./  /  |//.',
                     // ./   ',',.l   〈   ./// ',
               // /  ヽ 〈 〉   '  /ツ   ',
              // ./      ', i      〈 .〉 ノ  i
              //  / \   ',  ii     //  ,.  |
.           //  ,:'_,.:'\. ´',   ',. ii     .リ /´   ∧
.         //   ./    ':,  ',  '',|    //    / ,',
.        //    ./      ',. ',   ',|   /    / /\',
     //     ,'       〉 /    rッ_J/    ,' /    ',
.   //       i      ./ /   y ,八,|     i ,'      ',
.  //          i       ./ /   ./   ',     i i      i
.∠フ           |    ./ 〈.',   ./    ',.    ', ',      i


>・対魔忍スーツ:ちょっとだけ丈夫な対魔忍用のボディスーツ

『この通り、無駄に体の線が浮き出て扇情的なスーツだ』

『一応戦闘服らしいけど、作中ではエロさを高める演出になっている』

『案外、これもあえて魔族の血を取り込むための戦略なのかも?』

145無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 01:56:29 ID:QaPnUisM0
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

>・魔界医術:魔界と人間界の医術を合わせたもの。主に洗脳や調教に使われる。

・全身を感度3000倍の性感帯に改造

・クリトリス並の感度の乳首と、射精の快楽で母乳噴出する体質に改造

『とかそういう頭悪い改造調教ができる技術だ』

『ローマだと案外性感を高める技術って珍しいから』

好きな者同士で魅了とかくらい?

『ある意味新規性も実用性もあるね』

146名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 01:57:17 ID:o6BHPOxk0
あくまで欲情させることで殺されるのを避けるためだと思ってたエロスーツ……。

147無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 01:57:52 ID:QaPnUisM0

                       - ━━――
                .. : ゚: : : : : : : : : : : : : : : : : : :゚: : ..
              . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゚: 。
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ \: :丶: :゚.
             / : : : : : : /: : : : :.|: : : : : : : : : : : /: : : : : : : :ヽ: : :. : ゚.
            .゚ : / : : : /:./: : : : :.:|: : l: : : : : |!: :〔: :.|、: : : : :.: ゚: : : : : :゚.
            。: :/: : : : :l: :l: : : : : : |: /: /: : :/': :/ 1:」__ : l: : :゚: : : : : :゚.
         l: 。゚: : : : :.:|: :|: : : : : : y: /〕: :〃: / ノ:/  \\j: : : ゚: : : : : :゚:
         |:。: : : : : : :ヾ: : : : / //:/: / 彡"___ ≫:ァ:.l .:ヽ: : : :|
        .′: : l: : : : : :\/:/ /   ′   ィf斥笊刈リ: :/ハ.ハ: : : |
         /: : : : :|: : |!: : : r‐| ,,ヾ斥か ゝ      .Vじ辷うィ^ヽ ∨|: : : |
        ′: : : : |: : |!: : :.:レ lイ }じ゚沙'-、 .::,     ::.::.::.::.o。 |  ∨ \: : !
      /: : : |、: : : : : : :.:/| |ゝrっ::/ /) i/      r<  /‘, ‘, }ヽ |
.      〃: /:.:l: : :}\: ∨ ノ | ::J/ //         `¨フフ}_ ',  i |/..:|
       |! /!: :.l:\:\∨ { |c/´./ /  ___,,--- 、 `フ/     l |l : {
.      ⅳ {: : :、 : : : : .\ i  |∨ ノ /  '′      ...-‐´;      .ノ.: :八
       八: : :\: 八iヾ:.ヽ  〈 { /´ヽ    ー‐ ./  。゜'   /: .:/
        〝 ≪:\: :.从:.:.\。       \     ..l    \_//: /
         _-=ニニニ=‐- ニ⊥_\        `丶 __ノ      ヽ ′
       -ニ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\      /.:.:.:,.
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}`      /.:.:.:.:.:\        、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /.:.:.:.:.:./ \      \___
.     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /\--    ∧      \:::::::二ニ=-
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::У    /i:::::::\   / ∧        \::::::::::::::::::::>、

佐々木王が熱に浮かされた目で何かを考えている・・・

148無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 01:58:45 ID:QaPnUisM0
>>146
『個体の生存性を高め、子孫の生存性も高める!素晴らしい生存戦略だね!』

149名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 01:58:49 ID:bZNQLJfk0
世界を守るために対魔忍が戦ってるというより、
対魔忍を産み出すために「世界を守る」という建前で魔族と戦ってるようにしか見えねぇ…。

150名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 01:59:55 ID:o6BHPOxk0
ローマ人なら体がたくさんあるから、いくつか改造しても支障ないですしね。

151名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 02:01:07 ID:o6BHPOxk0
これはエロいことを考えてますね。

152無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 02:02:23 ID:QaPnUisM0
>>149
           /                                 ヽ
         /                                 ',
         / /                /              ハ
      .  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
       / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |
      ..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |
          !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |
          !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !
         八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i
      .   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ
         ハ  V  /  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ
       \   ヽ  ハ

「建前じゃなくて本人達は大真面目に戦ってるよ?」

「ただ、自然淘汰ってのは個体の意志とは無関係に働くからね」

「例えば、魔族を憎み魔族との戦いに積極的に突っ込むからこそ、捕まってレイプされて混血児が生まれやすくなる、とかね」

「別に対魔忍個々人は魔族と性交したいわけじゃないし、混血児を好き好んで生んでるわけじゃないけど、結果的にそうなる」

153無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 02:04:37 ID:QaPnUisM0
>>150
                  : ´: : : : : : : : : : :: ` :
                  / : : : : : : : : : : : :\:. :. : :.\
.              ィ.:/ : : : : : : : : i: : : : : \:.. :. :. :
            /: : : : : : : : : : :i: :i: : : : : : : V: i: :.‘,
.            /:/ : : : : /.:.i: : / : |\ : : : : : |:.:|i: : ‘,
.            ,':/ : /: : /.:./|: / :/:ト、__\ __: i|:.:リ: : :.‘
.          /:i:|.: .:|: :_」_:/,ノイイ}:/´   ̄\从イ:.: :.: :.i
          /.:.从: :i| ´ Ⅳ `  ノ′  芹示㍉.:|rマ: :.乂
       _.../: /: ハ小 i ィ芹心 u      `ニ´っ|) ソ: : i : ヽ
         ! ..:/.: : : : :i }从r_`ニ' .:::::::::::::::::::::: i: : : |f´: /:从 ハ}
       |: ハ.:i: : : :.|i : : ヽ::::::::::::: '  , 、_ムイ :八ノイ ノ'  '
        八{人{Ⅵハ从: : :ト、:.   マ⌒ヽ. >‐彡イ       i
.          ゙ヽ     \{ ヾ^ ≧-‐‐-.  ト(... |      |
               , ´   `ー、 ノ       ' ,     .!
               ,                  ',    i
               i   、i             ',    |
                  ', ./     〉         ',   ',
               /     , '             ',  .;              ,,ィ≦
                  /     ./                l.  ',           ,,ィ≦彡,ィ'´
             , '     {、        ィ,       !   l      ,,,ィ-=彡,ィ'´
                i      マゝ、_____,ィ彡′    リ.ー‐┴====ニニ=-'´
.              |         }`ー‐--'´ .:::::::.  /.ー-‐┬<'´ ̄
                ',         ',      .:::fij:::: / .!     .i      ` <
            r=',:::::.      ゝ  ___   .ィ  .i    |        ヽ
           ,,,イ;;;;ゞ‐=- _____  ィ ´ ' ,  ̄ ´   .l    i 、        ',
          ,,ィ≦;;;;/        ',    ヽ、       ',    | ).         ∨
     ,,ィ≦;;>'´            ',    ',>、    ',   .i /          ',
  _,,ィ≦´>'´                ヘ.    ',   ヽ   ',   .レ           .リ
.  >' ´                  ヘ     ',    `ヽi ./           /
                        ∧.   ',    .,! /           ム、
                         /  ヽ  ヽ   ,イ./          ./ マ;;ム
                         ,'___,-、 ヽ  ヽ/;;/            /  マ;;ヘ
                        r'´三彡'´ ./   .i:: ;     _,,===‐‐‐.、/     マ;;`ヽ
                      マ´    i,,==、 ! ,' ,,ィ≦;;;,,=-‐‐‐-jノ       ヾ
                     ,'    /´;;;;;;人_!/;;>'´     /
                       ,    ノ;;;;;/ /;;;/       /
                     i   /;;;/  /};;;i          ./
                      |  /;;;;;;;リ  / .l;;{|       /
                   > ´  /;;;;;;;/   / ,';;{ !      ヽ
                 /´     i;;;;;;/ ./  i;;;;i ',          ヾー、
                 /       .|;;;;;j./!    !;;;;l. ' ,       };;;;;}
              /         .|;;;;;;! };;;l    l;;;;i  ヽ     /;;;;/ ',
               /       , ' .|;;;;;;| i;;;;i    !;;;;l    \   /;;;/   ',

「・・・良いね!これ!」

尚上記AAの触手はやる夫です。ご安心ください。

154名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 02:07:09 ID:bZNQLJfk0
そういえば、触手プレイは今まで、フェストゥムとか使わないと地味に実現できなかったかも。

155無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 02:08:07 ID:QaPnUisM0
                            -―-.........._
                      ::´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:::
                  :´.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
.                〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
                 /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                 / 从.:.:.:.:./u.´zzzzz : :i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
                 :ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
                       :::::::::::::/.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:
                    ハア¨ヽ._,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
                      :∧_ィ_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
                    ヾi  _}   厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ...ニ≧x
                          __, '′i     i/,  ̄ ̄ `ヽニニ\
.            r::.ー―ァァ'´ ̄ ̄   __,     l      ヽ        \ニニ\
            Y   //     .  ´     ',     __゙:.        \ニニ\
              l  //    /           ,  (ニニニ≧        \二ニ=‐--
          八.//    , '             丶  ` <ニニニ≧:x      ` ‐-=ニニ
         _.ノイ     i  .::r:.,::..      ,   \   ` <ニニハ
.    , , ´< ̄ ̄  ',   ,、 :::ゞ:::::       /    /\       ヽニノ
===彡          `¨ 7 \          イ   , '   \     、
                ′  > --  彡   /     ,ハ     \
                  |                 ム ‐=‐ 、  (ニヘ、      \≧x
                 |               イニニニニヽ  ヽニ\       ゝニハ
                }              {ニニニニリ   ゝ ニ≧=-=≦ニニ}
.       ィ≦三≧:、 ,′              |ニニニニY      ‐--==ニニ イヽ
.     /ニニニニニハ.ノ             |ニニニ八           !ニニニ|ニ≧=‐---
    /ニニニニニニj..ノ         `丶 ∨ニニニニ\       .イニニニjニニニニニ
     |ニ . '. ニニY´              ゙:.∨ニニニニ≧=---=彡ニニニ.イ ` ‐-=ニニ
     |ニニニニニ!                  :.乂ニニニニニニニニニニ/
  > "Vニニニニ∧                   :.  ` ‐-=ニニニニ=-‐ ´
"    Vニニニニ∧                 l     |
       Vニニニニ∧                  ,     ;
      Vニニニニ∧              /___  /
.        }ニニニニニハ              イニニ≧x
.         jニニニニニリ         ..  ≦ニニニニニニゝ __

「あっあっやる夫、そんなとこまで・・・」

「まあある意味害の無い(?)麻薬ってところかな?」

「こうして恋人と楽しむのも良いし」

「諜報活動にも使えそうだ」

「快楽漬けで悪堕ちとか良くあるだろ?エロゲや薄い本では。あれがそのままできる!」

156名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 02:08:52 ID:o6BHPOxk0
ジッサイ安心。

157無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 02:11:12 ID:QaPnUisM0
>>154

               ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
             /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
              .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
           /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
           .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
           !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
          .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
          .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
         ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
        /:.':,./ ̄、ヽ.   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
        .{:./  ヽ_>‐'  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
          /  _,ノ}_ノ..`ー丶.. _ イ.ムイハ从 ノ'
          ,'  / ._,リ;イ,ー__l   ...l/:; '-.、
        ,'   ;''´  ´ 〉/_     /'´',   ヽ、
.     ,ハ;  ,' /   //  ` '´ ̄iヾノ    \.
     / /` ̄「¨l   l,':..      l/´     l  ヽ
.    〈 i  / /'  ゚ ! ` :::;.   i       l /  l、
      ヽ`二 イj    l   /    !    ヽ. l  / 'i
      |   ,'     l . ;   / / ̄ ̄ リ'"´  !
.      i     i    ゚ i  i  ,/, 〈    l.、 丶、l\.
.      l    !ヽ、   i:. 人//   ヽ._/l ヽ  `¨ l.
       V    j ヾ  i:;/ /   / ,/ //i  \ /i.
        L.__/ |   ヽ. l'。    / / // i  \ \l
         | l    l        /   V  `¨ ー- 、
         | l    li       />   ∨       \.
         |.ハ    ハ.      _,.イ     ',         ヽ.
            ∧   ゚/ ,}',     /   \    ヽ.        \
.          /    ,'   V       ヽ    \         \
.          /    .'    ',           ハ      \        丶、
        /    i     ',           ',      丶、       | ̄`i、_

「肉体改造技術自体はあったから触手プレイ自体はまあそんなに難しくなかったね」

「それが気持ちよいかはとにかく」

触手の方は何も気持ちよくないとか、

犯されてる女性は単に不快なだけで気持ちよくないとかそんな事態にはなってたかもしれない。

158無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 02:12:28 ID:QaPnUisM0
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「まあこんな感じなんで、諜報枠や交易品に使えそうだけど要る?>魔界医術」

159名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 02:15:42 ID:bZNQLJfk0
欲しいです>魔界医術

でも、毎ターン他文明人をエロ調教して情報を得るというのは流石にどうかと思うので、GM枠あたりでw

160無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 06:52:43 ID:QaPnUisM0
『ごめん寝落ちしてた』

161無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/08/31(木) 06:53:14 ID:QaPnUisM0
>>159
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「じゃあそんな感じで」

では行って来ます!

162名無し-Red-市民-2:2017/08/31(木) 08:24:56 ID:bZNQLJfk0
乙でした。
無茶王様、いってらっしゃい。

163無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 00:59:48 ID:1YAOLm3E0
                 ,...=、.,..::==...、
              ,x≦: : :`ヾ'=-: : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ:.ヽ
.            /: : : : : : : : : : : : : l:、: ∨:.∨∧
           /: : /: : : : :/: : : : :li:.:!: ハ:リ ∨∧
           ,': : /: : : /:,: ハリ: :ハ:.!::l!:::::リ:l:.!::::..∧
            {: :/!:/:,'/:,メ:.:.:.,人:.: i!:.:.i:.:.:,':.:.リ:.:.:.:.:.:',
          }:リ:ハ:.://l:/// \:!:.,彡':.:.:.:.:.l!:.:.:ヾ:.:、
          /!:l:.{:.V!,x== '  ,≠=‐ハ:.:l=、:.:.:!:.:.ハ:.ハ!
         ,:/:ハ:ヾミ‐-   、    ,/:.:/!,イ:.:.;jイ/'´ '
         ' {ハ:.ヾ:.:ゝ  - '   /,彡'ハ;'´  '
           ヽ ヾミヽ=` ‐ -t.チ'´ ∧_
                   ,  ...=/,ヘ r '´ ∧!≧x,.,._
.                /!///,'/,' /;;ゝ///!/////>、
              !{/ゞ//‘,/i=i!/, イ//!/,zイi'´/,イ
             ,r!《</i{. .ヾ彡'/!///i},イ////,'
              ∧/,r//!.ヽ.._,ノ{!</∧/////
                ∧/{i///i. . . . . ,////'!、///i}
            ,///!i///! . . . . {//,.' ,イ///,'
             ////i!///i!. .{i.. . l// , =‐-'/,イ
            ,' _//===‐x _,,{,イ (`¨´/,'

「ただいまー」

「二日連続休みはモチベーション的にまずいんでね」

「短くてすまないが、軽く投下と行こう!」

安価↓1   TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠)  or 機械帝国 or 属国作成

164名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 01:01:42 ID:ySOMScCQ0
TS

165名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 01:02:07 ID:ySOMScCQ0
無茶王様、おかえりなさい

166無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:06:01 ID:1YAOLm3E0
                   ____
                 ,..::'´:::::::::::::::::::::::`::...、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ
           .':::::::::::::/:::::::::::::::/::/、::::::::::::::::::::::',
           i::::::/::イ}イ/}ィ:::://イ⌒ヘ::::::::::::::::::::::
           |::}イ:Ⅵ} rfハ}イ/ r示ミ、}ィト{ヽ:::::::::::i
           |::|:i:::}::ト ゞ゚'   弋zりイ:::::|イ::::::::::::|
         ノイ::::ハ∧ '        |:::::::::::::::i:::::′
       /:.:.}イ从}イ\ `  ´   イ::::ィ:::i::/:::/
      /:.:.:.:.:.:.:/   _≧-r‐ ' /イ从イ/イ/
     /:.:.:.:.:.:.:/ ,..::ー:.:':.:./ }    \
.  /:.:.:.:.:.:.:.;ィ:-‐':.:.:.:ヽ/ 、    _rf>=ヘ
  /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ_´ ̄//.:-:.:‐.:.:\
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\ __... 7イ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
. ゝ=ー- ---‐一 ¨7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
           {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.            ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./

「五色の立法府は、完全なる自由とは言わないまでも」

「性転換に対してかなり寛容な態度を示した」

「しかし、そうならなかった可能性もある。」

「例えば五色調和が無く、かつ緑の社交界と白の社交界の勢力が強ければそうなっただろう」

「そうした場合何が起きるか?」

「シミュレーションしてみたいと思わないかな?」

167名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 01:13:56 ID:ySOMScCQ0
してみましょう!

168無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:15:32 ID:1YAOLm3E0
>>167
        . -‐====‐- .
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.`丶
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.`丶:.:.:.丶
   /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ
   /:./:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:.} \:.:.:.:.:.:.ヽ}:.:.:.:.:.'.
  ,:.:,′:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.Ⅳ   ヾ、_:.:.:.:トr-、:.:.'.
  }: !:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l   ,  ´二!:.}:.:l:.V }:.:.:'.
  !:.:!:.:.:.:.:.:.:.Vl:.:.:.:.:l  ´,xィだ示゙V:.:.:.Vリ:.:.:. '.
  !:. '.:.:.:.:.:.:.:_Lへ__l    ゝ‐ ゚´!:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.'.
  .l:.:.:.:\:.:.:.:.:.レイみ>.、   ""!:.:.:.:.:.:.ト、__:.:ト\
  ,!:.:.:.:.:.:f⌒「丶 `¨´     ,  l:.i:.:.:.r┘::::::: ̄`丶
 /イ:.:i:f¨¨ヽ-ル\    ‐ ´  lハ:ハ」:::::::::::::::::::::::::ヽ
 .//[二ヱ´   `¨¨、ー-r‐ ´! ,/ ).l::::::::::::::::::::::::::::::'.
 ´ ヽ 'へ.__  r'´^\く     〉l:::::::::::::::::::::::::::::::::',
    `ー- 、  ハ!::::::::::::: ̄\  (_」::::::-‐:::::::::::::::::::::::'.
        「´  ヽ/::::::::::::::::::::ヽーイ:::::::::::::::::::::::::::/:::::::',
       ハ____トヘ;:::::::::::::::::::::::::\;_ -:::::::::::/::::::::::::::'.
      ハ_::::/\::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::/:::::::::::::::::::::l
     /:::::::::/:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::へ::::::::/::::::::::::::::::::::::l

「知的好奇心豊富で素晴らしい!」

「では早速やろう!」

169無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:20:23 ID:1YAOLm3E0

    .':.:/:.:.:.:/:.:.:.:./|:|:l|:.:.:.:./\_,,:.:.:.|:.:.:. |、:.:.:.:.:.:.: i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
   ;.'ィ:.:.:.:.: / i:.:.:./, -‐:.:.:/ ̄:|\:.:.: |\: |:|\:.:.:.:、|__\:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:.: ;
    .':.:.:.:.:./:.:.|:.:/| :|:|:|:|:.:/|:|:|:|:|:|:|:\|:|:|:`|:|:|:|:\:.:.||:| ̄\‐-:.::. |:.:.:.::.:.:
  ; ...':.:.:.:.:/:.:.: |/:.:l.|:|:|:|:抖竿ミx |:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|ヽ||:|:|:|:|:|:\:.:.:.|:.:..:.:.:.: ;
    i:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.l .ィ斧才'二゙.泌 | | | | | | | | | | | |_| | | | |\|:.:.:..:.:.:
  .; |:.:. /|:.:.:.:.:.:.:.:.:|ィ才.イ//  '. `         ィ斧抖竿えミx. |:.:.:.:.:.:.:
    |:.:/ .|:.:.:.:.:.:.:.: l {:{! {:{ l li!| .l }}         〃 /   ヽ. マト泌|!:.:.:.:.:.:. ;
    |:/ .|:.:.:.:.:.:.:.:.′マ l:l! 、_ノ リ        {{ ' l|!; |  }}. マハイ:.:.::.:
    |′.|:.:.:.:.:.: ′  マ、    "        {{ .l   ノ  リ 州、|:.:.:.:
    .;|:.:.:.:.: ′   斗抖=≠         、 ー‐ ' ,,   ,リ |:.:.:.:.: ;
     |:.:.:.:.:′                   ヾぇ..__ィ"       |:.:.::.:
     |:.:.:.:.i          ノ         ` -≠       |:.:..:. : ;
   ; .|:.:.:.:.l   J                         l:.:..:.:.
     |:.:.:.:‘.                                      l:.:..:.:.:
    .;|:.:.:.:.:‘.                            l:.:..:.:.:. ;
     |:.:.:.:.:.:.:.、       r――- 、              l:.:..:.:.:.
   ; .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.、        L___ ヽ      し     , l:.:..:.:.:
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\                     ,, l::.:..:.:.:
    .;|:.:.:.:.Λ:.:.:.:. /\                  ,,   l::.:..:.:.:

【GID患者】

「私に一生・・・男のままで居ろと?」

まず、かなりのレアケースにはなるが、

GIDも含めた性転換の全面禁止というギアスロウも、

全くありえないわけではない。

セレズニアや神聖四文字のような緑白文明が、

他の色への寛容さを獲得しないままに肥大化すると、

緑と白の重ねがけで物凄く保守的かつ排他的になる。

そういう世界にGIDの居場所は無い。

170名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 01:24:28 ID:ySOMScCQ0
自殺という名の転生ガチャが流行りそうだ…。
理想の性別になれるまで、自殺転生的な。

171無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:25:27 ID:1YAOLm3E0
                ,. - ‐ -  、
             ,   ´: : : : : : : : : :>ー-
          , ィ: : : /: : : : : : : : : : : : : : : \
        ,  ´′: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : :ヽ
      / ,ィ′: : : /: :/: : : : : : ,ィ: : : : : : j!: : : : :
     / / /: : : : /: :/: : : : ー-/: : : :/ : ハ: : : : :ハ
    {  {! ,′: : : :{:イ : : / ´_ イ: : : :ィ: /__i: : : ! : i
       乂: : : : : : 从 : iイ示トメl: :/ソ ´ ̄ | : : |: : |
       / イ: : : : : : ル: :|  ̄` レ / rテt-、!: : :i: : :ト
    _ノ,ィ: : : : : : : : : : i{        i `ー′'j: : 八: :|
      ′i{: : : : : : : : : :ハ        ′   /レ: : : :lヽ、
       {ヽ: : : : : : : : :|   ー-  _     /: : : : : :i
         Ⅶ: : : : : ハト          ノ: : : : : : リ
            }从リハj ヽ ` 、  _, <: : : : : : :イノ
     __   /{. . ' \ニュ__-jレ ィ --{: : ィリ: //
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}:.:!. . . . . .Y . Y: : : : : : /v///
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:{. . . . . . j、, イ. . . . . /、 ′
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ハ._. . . ´ムハ. . . . .i:.:.> .,_
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:ヽ/:{ Y! ヽ` y_j:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ゝ:.:.:.:.:.∧ l , トー':.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:リ:.:.:\:.:.:.:.\ V:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
    i:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、 y:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:/:.:.:.|,
    ∨:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:.|
      ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.i
     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.∧
      Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:ハ
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.∧

「例えばマブラヴ中東はそういう価値観の文明だった(過去形」

「GID自体は自然現象みたいなもんだから、多分マブラヴ中東にも潜在的には存在するんだろうけど」

「彼らは本音を隠して生きるしかない。バレれば殺されるし、また社会的にも性転換技術が存在しないからね。」

「法的にも技術的にも不可能なら諦めて、正常なフリをして生きるしかない」

「それが多元宇宙規模に広まったようなものだ」

「生まれ故郷どころか、他国や異世界にすら居場所は無い」

172無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:30:11 ID:1YAOLm3E0
         __
        /:::::::::::>-‐ ーーー::::::ヽ,、-―--、,,,,,_ノ
      /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、,
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、
     /|:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::/::::ヽ::::::\
      /:::l:::::::::::::|::::::::/::::::::::::::::/:::/::::::::::|::::|:::/ヽ:::::::l::ヽ\
    ノ:::::l::::::::::::/:::::::::|::::::::::::::::/:::/:::::::::::|:::|:/`'‐|::::::::}:::|
  /:::::∧::::::::/::l:|::::::|:::::::::::/:/::::/:::::::::::|::|/  /|::::::::l:::::',
 /:::::/  |::::::/::::;::::::::l:::::::::/::/:::::l::::|::::::::|:キ赤 .|::::::::|::::::',
/|::::/   |::::/:::::;::::::::l:::::::/::/::/|::∧:::::ト::代シ |:λ:::|、::|\
 ヽ:::|   /:::/:::::;::::::::::::::::|:://::::::/::::|、::| ',|   レ 〉::| ';}
  ヽ:ヽ  //|:::::::;:::::::::l:::::::l/::/:::::/::::::|ヽ| !     ソ::::| !
   |ヽ / /:::::::;::::::::::l::::::/:::::::/ |:::::::::|     ^" f:/|:::|
  / |  /::::::::;:::::::::::/:l::l::::/  ',::::::::レ''- 、___/:/ |/
     /,|:::::::/:::/::::::::/ \  |:::::::|;;;;;;;;;;/|::::|
   /''"/::::/::::::::::/ヾゞ   \\|::::::|;;;;;;/ |:::|
 -''"  /::::/::::::://\ヾゞ  \|::::::|;/、 .ノ::/
     /::::/::://\ \ ヾゞ__ノ:::::::| ヽノ:::/
     /::::/:://   \ ヽ ヾ::::::::::::/ヽ:::::::ノヽ
   /::/::://      \ ヽ `''-''" ヽ   ヽ |
  /:/::::::://        \ヽ     |   | |

天照大神はそうした居場所が無い民を、社会的な価値観に馴染めぬ民を「化外」と呼ぶ。

そして彼女は化外の民が出来る限り生まれぬよう、

誰しもが自分の居場所を得られるよう、可能な限り多様性豊かな新世界を形作った。

こうする理由のひとつは「化外」を哀れんでのことだが・・・

それだけではない。

173名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 01:30:51 ID:szm4OC660
性転換技術がなかったor余程のハイリスクなら諦めと妥協ができたんだろうけど、法以外の障害がほぼ無いのがわかってるなら…
反社会待ったなし

174名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 01:31:15 ID:ySOMScCQ0
求道神や覇道神が生まれるからな。

175名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 01:36:22 ID:ySOMScCQ0
世界そのものに疎外感。違和感を感じ、それを覆したいという渇望を持つことは、覇道神への最初の一歩だからねぇ。

176無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:38:10 ID:1YAOLm3E0
              _
            / / `ー
           /イ/ ./7.i
         __//┤ .|._//__
        /  ̄}__l /'< l ト.∨
        7>、_∵イ ∨ lヽ、l_ V
       >、-‐´ >._∧ }{ __l l'
       //:::::/7::::\:::::.∧/:::/
     / /:::::/ .|:::::::::::\|ミ.|:::i:{,
    / ,イ:::::/  h:::::::ー=}<::l:::,
   { li./.l::::,   i }::::::::::/ハ::ハ::,
 /.\V ;:::::l  / l:::::/::/圭:::l l:::,
  \ \/ .l l ./ ,::::::::::::/圭彡l l__>
    >u/\  ,:::::::::::::,圭彡'::,
       >、 <:::::::::,圭;彡:::::,
         /> 、 <圭li彡::::::,
          /:::::::::::≧、`<彡::::::,
          /::::::::::::::::::≧x、<:;::::,
        ./::::::::::::::::::::::::::l彡> 、<
       /:::::::::::::::::::::::::::::!;:::::::::::≧、 <
     ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::| V:::::;::; -‐.>  <
     \::::::::::::::::::::::::::::::| .V::|     `>.`<
        .`┬.┬一´`ー j ̄ヽ、      `> `<
          j:::::|     ∠::::::::::::x、       > 、 <
          }::::::,         ̄¨¨´          > ` .<
        ∨::::::.,                           `>` <
         ` ̄                         `> ` <
                                        ̄´

【明星】

自分が化外であると自覚した時、

世の中的な価値観と自分の価値観が異なることに気付いたとき、

おとなしく社会の流儀にあわせて我慢してくれるおとなしい人間ばかりではない。

「だったら世界の方が間違っている!」と世の中をひっくり返して自分の価値観を押し通そうとする人間だって居るのだ!

覇道神はその典型例である。

原罪を植えつける堕天奈落への反発から、悲想天が生まれたように。

そして別に覇道神に限った話でもない。

規模は違うだろうが、自分の価値観を押し通して世界の方を変えてしまった人間は、

良かれ悪しかれ確かに存在するのだ。


こうした危険人物に好き勝手させるよりは、

居場所を与えておとなしくしてくれた方が良い。

そういう判断もあるのである。

177無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:39:30 ID:1YAOLm3E0
>>173
>>174
>>175
『正解!』

『まあどう考えても反社会的なテロリスト、下手すれば既存世界を滅ぼす覇道神の誕生だ!』

178無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:43:56 ID:1YAOLm3E0
           ___
       <:::::::::::::::::::>
   ー = 彳::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::/::::::::::::::::::::ヽ::::::',
     /イ::::|:|::::|::::i:::i:::!.::|::::::::!
     ー' . |7从乂〃o゜:i:::l:::::::: ',
      /:::|::|ヽ、:::::,.ィ升::::\i ',
  !  v'ニミ>'´:{ ̄`ヽ┐|:::/:,イi';:.
   V:::::/´::::::::::::>勺ノノ:/::}::::::|:!ヾ:.、
   ≧=≦ニ彡'/:::}:_:|::::/::::::|:| `ヽ
   三:::::::::::::/:/:/::::ヽヽイ|::::::|i!
    彡〃/」:::::::::::::::::::,.イ::| ::::|i!
     /:::::〃::::::::::::::::::::::ヽ|::::::|i!
     /:::/::::::::/∧:::::::::::|:::::::|i!
    ,:::::::`ァ-</:::::ヽ:::::::|:::::::|:|
    !::::/::::::::::::/::::::::::::`ート、__jヽ
    |:/:::::::::::::/::::::::::::::::::'、u、::::L_
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::ヽ〉ヘ〉
    /ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、::::::::i!
   /  ヽ/:::::::::::::::::::::/  ̄ ̄ ̄``ヽ、     ヽ
   /.   / ̄ ̄ ̄ ̄(    V / i     ` 、__,. >
   |   イ.       \   V /|      ヾ.__ヽ、
.   |   | 二><  '´ ̄   V  !         ==
.   |   |    ,、  -     ∧ ヽ
  . |   |   < | \へ`ー――>――‐- 、
\|ー',.イ≧ユ_ `´―ー= ̄ ゝ   `     ヽ.
  \:ミx___/ /   ><><      <、
   )〈≠≡∠__/    /         `
  /'´ \__ 二=―  (_

なら、天照大神の「逆」をやれば?

自由や価値観の多様性を認めず、単一の価値観を万人に押し付け、

その価値観に馴染めぬ化外を大量生産すれば?

当然、世の中をひっくり返そうとする覇道神・求道神予備軍の大量発生である!

緑白による性転換の全面禁止はまさにそれであった!

性転換者は、居場所を与えられなかった以上、

【何をしてでも】性転換の自由を勝ち取ろうとするだろう!

179無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 01:49:33 ID:1YAOLm3E0
                 _ ____
              _,....................................゜....
          ...斗<^.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ::..
        ..::/ / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. V::.
        ..::/  /  , ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.V::.
      ..:::::/  /.:.. /  :;::::::::::::::::::::::::、::::::、:::::::::.V::.
   /.:::::/  /.:::::/.::...../.... i.................. i、_..|_ i...V:::.、
   f:::::::::/  /.::::斗―:ミト、::::|ヽ::::::::v__/へ::|:::::::}::::.V::rヽ
   ‘ ::::/  〈::::::::::{::::::::;|!≧x!、ヽ:::/!ィ毛弐!:::::/.:::トt::.
    ∨    \::::.\::ム´匕ソ  Уノ 匕ソ イ/.:::::.\::::.
      \     ヽ:::{:\! `¨   !    ̄ノィi:::::::::┌一:::..、
          ∠::/`i:::::> 、_  -‐ヘ  _ノ:: :::::::: |::::::Γ⌒
           r―く:ノ!:::::弋.'  ^‐' ./ Y|:::::::::::|::::::::..
           八   \\:::.メ、 > イ{/   |.|::::::::::.∨:::::::.
         ノ.:、   \\::.\   .′  ! ∨:::::::::∨:::::::.
        /.:r‐\   \\:::.\,'    ハ ∨::::::::.‘≧z.
      . ..:::::/.:丿"  >、    \≧、ノ   ,′} ∧::::::::::.‘,三ニ≧.
   ̄´r‐-<::(,ノ / 三\   ヽ/   ∧__j/ニ \::::::::.\三三ニ=≧.
     \  `ー'=ニ三ニ=-ヽ       / \"Y三 }\::::::::.>┐三三ニ ≧
    /.:.>..         ´           \ー―=¨ ̄  八三三三ニ
   /.::::::{   丁三ニ=ァ            `        /\ `ヽ 三三
 /.:::::::/.:::\_人ニ=-'’    ,  i     ,:‐―ァ―---<:::::::::::.\ \三
.:::::::://.::::::::::>''´   ,∠ -‐´  、ヽ     /!イ:::::::::::::::::.ヽ<::::ト\ \
:::/ /:::r ''´   ..イ::::::>r―‐r--一` ┬-イ}Ε/ニ\:::::::::::::::.. }ノ  )
'   /.:::::.>‐<:::::::::!:::く-=ニ≧ミ∨////   f:::廴三三〔::::::i::::::::.
   {::::::::::::::::::::::::::::::ノ┘三三三ニ\/′    \:::.\三ハ:::ト、::::::
   ::::::::::::::::/.:::::<-=ニ三三三Ο三/      ノ¬∧V\:::::、\:!
   :::::::::::::/}:::::::::/ |::>、 ニ三三ニ/    ‐=彡  〈  }′ \::.. ′
   }:::::::::/ j::::/ r'´   \三ニ / `ー=―- ´  ∨     \:.
  ノ.:::/ /   ノ\    \ニ,′            /L      )
 .::::/     丿'//>..  `′          ///廴

例えば・・・このように!

「アンチロウカード!」

・性転換技術は解禁された!

ギアスロウは恐ろしく高度な魔法ではあるが、

あくまで人の作った魔法である以上、人の手で壊せるものだ。

世界を、地脈を覆いつくし、世界法則そのものと一体化しているギアスロウも、

局所的に壊す、あるいは改竄する程度なら、研究すれば十分に可能である!

アンチロウカード:元ネタはFFTA。ギアスロウを打ち消したり、新しいルールを勝手に追加したりできる。

無論、リスキーな行為ではある。

穏当に性転換を認めていれば、GIDたちもここまで過激な行動には出なかっただろう。

北風と太陽の逸話の如く、圧力がかえって反発を激化させることもあるのだ!

180名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 01:55:51 ID:ySOMScCQ0
普通にヤバい技術北ー
現実でアクシオム監禁する必要があるな。

181無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:04:11 ID:1YAOLm3E0
>>180
                              -―― - ..
                        .  ´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                           //::::::;'.::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::゙
                     ー=ニ -/:::::::::i:::i:::: l::::::i::::l::i:::l:::::l:::
                       /イ::/:/i:::i\l::::::i::::l:/l:::::|::::
                       / レ1l:::lニ人::ヽ::!三 人三l:::
                        ヽ!:::l `Y´.三 三`Y´三l:
                        /:/  r───┐  |
                         /:::l、 |    |  |
                       /::/:::::\ l       !,.ィ":l:
                     /::/:::::::/:::::l_____| l:::::l:
                    /::/:::::::/:::::::::::::::::l      〉==、
                   /:::::/::/´ ̄``'<二'__ /" ,r'___
                    /, -‐"    j   `ー一 ´  レ' ̄
                rニく     ̄ ̄7    /\ __ /
             _ -‐´ `ヽヽ       /    \,:'´  `ー、_
      ___, -r─‐ ´       ,>. }     /  .     l  /
   ,ィ´l´ f       _.. -‐; l´:::::! ヽ  {       ,r'゙V   /
  {.| ! |  |〉  j ´    ゞ\::::\.>vヘ       <  {____/  /
  l l. !_人__ノ /       ` \::::\...|       `ー' `ーく__,
  `ー'ー'ゝ __,r'"           ニソ ハ            /
       | |                 | !             /


「ならばそのふざけたアクシオムごとぶち壊す!」

「オーマイティ!」

勿論、ギアスロウでアンチロウカード系の技術発展を抑えようとしても難しい。

魔法アクシオムレベル0あたりで完全に封殺するならとにかく

わずかでも隙を見せれば、アクシオム自体を解除してしまうのだ!

182無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:09:38 ID:1YAOLm3E0

                  ____ __
                  . : : : : : : : . : : .> .
            . ´. : :/: : : : : : :\: : : :ヽ
        ー = 彳:. : : :, ゜: : : : : : : : : : :ヽ: : . :',
          / , :. : :/ . : : : i : : : : : : : : ゜: : . :!
            /イ:. ゜,′: :i: : | : : : :ハ: : : i :i゜: .:l
        ー' ,'::i: : :i:.i . |  | . i. i i. i: l :|: : : !
          :: :|: : :|/!_!_ノl!: : l!ヽ_l:_!_| :|: : i :.
            j::;'|: : :|:::l;ィ=ミ、l!: : レ,ィ=ミ、!: |: : ト: ',
           ,:イ::|: : :|::《弋u:}゙ ヽ::!'弋u:ノ》::|: : |::';:::.
          /イ:::|: : :トミ、     ,´   ,イ〉!: : !:::ト、:、
            ′::::|: : :|i!::.ゝ.         .イ:::::!: : !::::! ヾ:.、
             j::i:|: : :|!::::::::::j> ‘ ’ イ::::::::::!: : !::::!  ヾ:、
.           ;/´!: : :! `ヾ ¨   ¨  `丶:::!: :.|:ト:l   `ヽ
         /  |: : :!.    ̄`ヽ  r― =ヾ|: :.l ̄ `ヽ
.           ,'  l_: :.i__               |: :.|
         | _r/ ハ´     .、       l: :.|,′  .|
         | 〉{! ゝ ヽ      .〉 ´    ̄ ヾ/    ,
         K     .|     ,′      ,イヽ  ,
         |∧   .|            rイ / /} .
         | {ヽ  八    i|       /   ,.イ /
         | 八. \  \  !     /   .//
.           |  \. \    ̄ヾー=≦   ./ /|
            ',     ̄ ヽ.    `≧=-=≦  〃:!
           〉、      \         /::::::|
.          / ヽ _  ニ =-\         /::::::::|


.     \        , : }’: : : : / / /: :|
        ヽ      { : : : j: : / / /: : : :l
                 { : /{: :/ / /: : : : :{       ./
          )r――i{: 〈:i:/:〈 / /:{: : : : : }r― ,/
              \  :l{: : /: : : ー ′{ : : : : ∧ ,
                j{: : : : : : / 7圦 : : : : : ∨
                  ∨ : : : : : /: : : \: : : : :∨
              /: : : : :,/___)、______
             ./: : : :ィ:/ ´__________
            ,:{: :/: /\_________
            」k': : /// : }: : |:i:i:i∧「 ̄ ̄}: : :
____       .ィ(: : :/:{'/ : : : : }: : |:i:i:′l|: : : Ⅶ: : :
    `丶__,. ィ(: : : : ∧:i:{′: : : : i: : :|:i:i{: : : : : : :iリ: : ;
    /: : : : : : :/: : / Ⅶ: : : : : : j: : :|i圦 : : : : : /: : ,
    ′ : : : : : : ′:/   {: : : : _,/ : :  ̄`: : 、 : /: : /
  {_,/ ̄` 、: :{    :{: /: :_.。s≦三>、: : :′:/
/´    、__,/: : 八   :{{: : /三三三三三i: : : :/
      ./: : : :/      }i : {三三三三三|: : ′
     ./: : : ;/       :{: : :)k三三三三ノ: : :.|
   /´ ̄ ̄       ∨: : : :{: : : : : : : : : } : |
 /              Ⅶ: : : : : : : : : : : : : :ノ
                  }i : : : : : : : : : : : : : {
                  }: : :/ : : : : : : : : : : {
【性転換手術】

このように、、GIDたちはどんな危険な手段を使ってでも自由を回復し、

股間の邪魔者を撤去して・・・

183名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 02:11:23 ID:yKYIpq1I0
終わりなきテロの時代が来るか、あるいは戦争にまで発展するか
5色が崩壊するかもなレベルまで行きつくな

184無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:13:17 ID:1YAOLm3E0
                          ___
                    ''´^`丶´//   `ヽ
               ______/          ̄ ̄`丶  、
           /     `^^            `ヽ \
         /         ,_,ノー=ミ       ,ノ   \
           /        /.: : : : : :\:、     } \     \
       /´        _,/: : : : : : : : : : ヽ ̄\_,|  \     丶、
       '^      // . : : : i : : : : : : : : ゜: : . :!..   丶     `
      {       {,′: :i: : | : : : :ハ: : : i :i゜: .:l      \      `  、
      {        {.:.i . |_ | . i._i__!. i: l :|: : : !         \      丶
      {        {|/! ̄!:`:l!: : |!:l l`ト:l :|: : i :.           \        \
      {: ..       {:|:::l;ィ=ミ、l!: : レ,ィ=ミ、!: |: : ト: ',         "         ノ
      {: : .      {:|::《弋u:}゙ ヽ::!'弋u:ノ》::|: : |::';:::.       /         /
      {: : : ..     {゙ミ、///   ,´ ///イ〉!: : !:::ト、:、.   /        /
        \: : :      ヽ ゝ.  r‐ ┐  イ:::::!: : !::::! ,ヾ ''´       /
           ミ: .    `i´j>` ´ イ:::::::::!::>'"´             /
            ;{`ヽ     {  `ヽ  {_:;>"              "
          ;´   `ヽ  _:ヽ\  /          .  ´
         `フ^^ヽ    //  }  ヽ         {  /
         〃   } /777ヽ }              \'′
        ,′   ∠._ ̄ `Y :}             \__
          /  / -‐く: `ヽ/. :}   `丶        .:::Y
       /   У ,二フ : : /_}        .           !
.      /    i/ / ノ. : :.:/   .::r::,    }        , '
     /     ,! 〈 /: : : :/{     ゞ ゚    ,    _ . イ
    〃´ ̄ ̄  、 {`ヽ /\ 、        /        |
   ,         ノ_彡' i: : :\ =‐-                |
   !      /    i|: : : : :\                |
    |     /      /:イ: : : : : :.}              |
   ー一 "      ´ .i : : : : : /             、
              |: : : : :/                   丶
              l: : : :/         (,         、
               l: : :/
              レ;/                         '
                 /                      '
              ,                            '
              ,′                            i
             ;          \                   |
              i          \   ,  /        |
              |            `ヽノ_/         |
             |                |Y              |
            |                 |.|            |

「これが私・・・!」

望んだ性別を手にするだろう。

185無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:17:26 ID:1YAOLm3E0

     / ̄ ̄>-‐=ニ =r-、
      /⌒ヽ   '´ ̄`ヽ ` 、
.       // ,         、  ∨ ∧
      // / / /| { 、 、  ヽ ∨ ∧
    И.,' /i .{│ト、\\  ', ∨ i
.     И { ∨人{ \\\| │ }
.      N|笊ミ、   _斗ャfキ¨ К/
        | 圦乂}  ´∧ヒ刈  |人
       |小 `´ノ     ̄│ |ヘ::\     ,-、
      |ノ.人   ャ--、   .| │ } :}      | │     , -、
.      /|'´ } \ `‐ ' . イ│ │ | :|      | |     / /
.     ′ l /  /:::)ミi´  ,乂l 刈_ノ,-┴=、,  ││   / /
.     ,ィ圦{¨¨7¨´∨_/   }'// 二>辷V  {‐-ノ /     _, 、
    / ∨` 〈_/厂7  / ./ /  / /}  `´  / _>'¨ ノ
.    /    レ'i:i:i:,ィ介v'\/i:i:i:i:{    /  レ'ノ、__    `'´ _, '´
      /i:i:i:i://:│  /i:i:i:i:i: ',  ___ ,>'´   ` 、   '─---─ァ
.   {   ./:i:i:i:i//::.: |  |:i:i:i:i:i:i:i:', (__, --、__   ``y'`…‐-‐'′
.   │  }i:i:i:i//::::::: |  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:',       ヽニ≧=‐'´
.  │ ,|i:i:i〈/  :::: |. /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:', _,ィ─‐---─‐'´
.  │ ,|i:i:i:i:ミ.::: ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:./

ああ、このスレではあんまり取り上げてこなかったが、

「男になりたい女性」「オナベ」というのも勿論存在する。

どういうわけだか「オナベ」は「オカマ」よりも少数派であり、

性転換にもさほどの完璧性を求めない傾向があったりするが(例えば性転換手術をしなくても、男性ホルモンで生理が止まれば満足、など)

まあ居ないわけではない。

彼女ら、いや「彼ら」と言ってあげるべきだろうか、

彼らもまた自由を回復し、夢を叶えて万々歳だろう。

ここまではまあめでたしめでたしである。ここまでは。

186無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:21:17 ID:1YAOLm3E0

     / ,.:' /  ,.'.,ィ州州!l{州リ ,リ,' ,.,リi|li|lⅥ州州l}州i|iハ
    / .i´.:;'  ,.:' ,イ!,州リ'州べ'州.i|,'il{.i{!il|ⅥⅦ!Ⅶl`l}州i|ム
.     ,;′′../ ,'イi州l' /ヽ.,i州{.l}l.l|!i州ll|}i州 l}l|il}州l}|州ム
   _,イリ .,'  /  i!,州l/ .,ィli|州!Ⅶ!|l|l州l|l|l}}!l!|!l|i!l}l}l.l|!i州iム
     { .;′.,′ l州l{l! イl州lⅦ Ⅶl|!|i!Ⅶl州!l!i|i!,Ⅶl}Ⅶl|!|i|.ハ
     |  /  / `/ .|.Ⅶ! |l|'´ ̄`州、|州キ''.}.l}l州州.i|Ⅶ|iキ
     |    ′  イ,、ハ  Ⅶ `  .Ⅵ{ l イ州il}l}i州l|l|l}}!l州!|!lIl}
     |         i'.|'/ハ.  ` _  Ⅶ/リlⅥリ,Ⅳl州I!lili!|Ⅶ|i州
    |     .:l: ゞリ'′  .ーzz、`` ./' }i!州リlⅦ!li|i州li|i}}i州リ
     .l      | `´/    "´`/7ハ,、_ .i|ハi|li|lⅥ州州l|l|l州|ソ
     :|       .;  /       ,ハ'///ム ,イ〉Ⅶl州!l!i| i!,ⅦlⅣ
     :}      i. l:.     `弋//イシiリ'ィ,孑笊气州 キ{i从
  _r〈}     ,':. `′     ` ̄´,イリ/リ':i!.fl|`フ州|i|リ
 ',::::::;'. ヽ、 __..:∧: 、__        イi|!'′/' _ノ::: ノ,ィ州!ミ
 ∧iリ   ` 、;;;リ.〉 ::  .` `ー ...   /'  .イ_,...,zイ州Ⅶ{ `
 '-、`、_      /ヘ .:.             ,.ィ.´     Ⅳ|Ⅶ `li{
 ゝ'///>, 、_ ハ::::ヽ.'、___ ,...::::':/    _,..ィ'´ ̄ ̄ ̄}l

『理不尽な被害に苦しむ弱者を見れば、研究班みたいな白い人間はついつい味方したくなるだろうけど』

『しかし弱者が常に善人であるとは限らない。』

『あるいは元々は善人であったとしても、理不尽な被害に苦しむうちに性格が歪むということも大いにありえるだろう。』

『喩えるならば、僕ら過負荷や逆十字のようにね』

『まして、彼ら彼女らはもはや弱者ではない。』

『ギアスロウをも操る強者なんだからね!』


『ならば、自分達で性転換してそれで満足、でおとなしく終わってくれる保障は無いだろう?』

『いままでの理不尽の「埋め合わせ」を、社会に求めるかもしれない』

『そこまで行かなくても、自分達の渇望実現のためなら、他人の迷惑を顧みなくなるかもしれない』

187無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:28:47 ID:1YAOLm3E0

                  ____ __
                  . : : : : : : : . : : .> .
            . ´. : :/: : : : : : :\: : : :ヽ
        ー = 彳:. : : :, ゜: : : : : : : : : : :ヽ: : . :',
          / , :. : :/ . : : : i : : : : : : : : ゜: : . :!
            /イ:. ゜,′: :i: : | : : : :ハ: : : i :i゜: .:l
        ー' ,'::i: : :i:.i . |  | . i. i i. i: l :|: : : !
          :: :|: : :|/!_!_ノl!: : l!ヽ_l:_!_| :|: : i :.
            j::;'|: : :|:::l;ィ=ミ、l!: : レ,ィ=ミ、!: |: : ト: ',
           ,:イ::|: : :|::《弋u:}゙ ヽ::!'弋u:ノ》::|: : |::';:::.
          /イ:::|: : :トミ、     ,´   ,イ〉!: : !:::ト、:、
            ′::::|: : :|i!::.ゝ.         .イ:::::!: : !::::! ヾ:.、
             j::i:|: : :|!::::::::::j> ‘ ’ イ::::::::::!: : !::::!  ヾ:、
.           ;/´!: : :! `ヾ ¨   ¨  `丶:::!: :.|:ト:l   `ヽ
         /  |: : :!.    ̄`ヽ  r― =ヾ|: :.l ̄ `ヽ
.           ,'  l_: :.i__               |: :.|
         | _r/ ハ´     .、       l: :.|,′  .|
         | 〉{! ゝ ヽ      .〉 ´    ̄ ヾ/    ,
         K     .|     ,′      ,イヽ  ,
         |∧   .|            rイ / /} .
         | {ヽ  八    i|       /   ,.イ /
         | 八. \  \  !     /   .//
.           |  \. \    ̄ヾー=≦   ./ /|
            ',     ̄ ヽ.    `≧=-=≦  〃:!
           〉、      \         /::::::|
.          / ヽ _  ニ =-\         /::::::::|
         /              > ,   /::::::::::::|
        /                   ¨{::::::::::::::::::|
.       /          j       ハ:::::::::::::从
      /           ′          ヽ:::::::/
      ,′                   ‘;:イ
     /                        ‘
    ,′                        ヽ
.    '                          '
    l         \         ,           ',
   |          ヽ      /            :
   l           ` -r'ー<´           }
.   ‘,               ∨ニ:,              l
    ‘,           |  ヽ           |
    ∧               j   ‘,           j.
       }ヾ           ,.イ    ハ           ,..イ
.     ‘:::≧:=..-..-:=::≦::::|     |≧:=:-..-:::=≦:::::|


「オカマ」さんが性転換手術を受けた場合、見た目は結構本物そっくりにできる。

外見だけでなく、膣もあるから男性との性交も可能だ。

だが、外性器と膣はなんとかなっても、子宮や卵巣まで作れるわけではない。

男性に抱かれても妊娠・出産できるわけではないし、

女性ホルモンを分泌するわけではないので、一生女性ホルモンを飲み続ける必要がある。

188名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 02:32:50 ID:ySOMScCQ0
GID逆十字「ああ、羨ましい。その輝き(卵巣と子宮)をよこせ」

189無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:38:49 ID:1YAOLm3E0

                  /    /    /          ゙   \
            , '    /    /               ゙i    !
             ,     ,        ,:   |   ′,     \
              i    .!      i :   |    |:   |. |.゙i  ゙i. ゙i ゙i
.             !.     |      :! :. .,|:.   !: | |. |゙i!゙i:. !: . ゙i ゙i
              ,  . :│    | : V |:. | ,:|.:..:| |. | |l |:. |.  !:゙i i
            ,  . :、:|.     j| : |、j.:、イ:' |. :ハ:,:'V '|l |_ !. : j l |
             ゙i .:ハ|:.    |!Vリ斗 V |ノ ト‐弋V ハ : j i リ
             ゙i: ト|: .    斥 示 坏    孑坏ミ  : ∨リ
              ゙i (|:. :     l弋炒 ´      ,炒 ´. : : : :|
               ,.タ\|:.. :   | : : ̄        ̄. : :ハ : . :|
             / `ッ|:.. :   |       .: >   ハ. : . :|
            /  . : ,’ |:... : .  │            人.. : . :|
.         / . : . : .! ハ!: . : . :  |.     ´ ̄` /| : . : . : |
       ノ   .:. : .、ト:..゙i ゙i.: . : |`   .    /.  | : . : . : |
        / : : . : . :/i:i:i:iV  |゙i: .: |    `i-´    |: : . :ハ: |
       ハ. : . :/:i:i:i:i:i:i:i:゙V.,|:..゙i. : |.:. ≧ .,_}<ト,.   |:.. :|!  リ
    _,,.. -==≦:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iV.:..:..゙i: | .:..:. r ┴V..゙i:i:i:`x.、 ゙i:
-=≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:゙ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V..:..:..゙i|.:..:./ :i:i:i:i:iV゙i:i:i:i:゙ii:i:i:リ:≧r ,,

「おなべ」の場合はさらに微妙だ。

見た目はまあ本物の男性器そっくりに作れるようになってきてはいるし、

立小便も可能だが、性交となると微妙である。

「ペニス」と言っても、つまるところは手足の皮をまるめただけのものなのだ。

海綿体を作れないので勃起はしないし、精子を作れないから射精もしない。

勿論、女性を孕ませて子供を作ることも不可能である。



そして、ギアスロウによる性転換全面禁止社会においては、

オカマもオナベもさらに辛い境遇に立たされることになる。

性転換手術が不完全とは言っても、まあ「見た目」のクオリティはかなり確保できている。

これは当事者としては地味だが重要な点だ。

だが、そのクオリティは(無数のオカマとオナベの尊い犠牲の下に)性転換手術のノウハウが蓄積されてきた結果なのだ!

全面禁止になるような社会では、当然性転換手術のノウハウは無くなる。

生殖能力が無いことに悩む以前の問題として・・・

「これは何だ?(股間を見ながら)」

なんてことになりかねないのである!

190無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:44:08 ID:1YAOLm3E0
>>188

         ヽ、
           \>―====_  `ヽ、
       __==ラ洲リ洲iマi!i州州州ト>x 寸
      ´   イ洲リ洲ii州州州ト洲 州iマi!i州iハ
        イ洲リ洲ii州州州ト洲 州iマi!i州州i>x、
       イ洲リ洲i!i州州州ト洲 州iマi!i州州州トハヽ>
      イ/ 州iマi!i州V| 州ト洲 i州ト洲 州iマi!i州!
      // 州ト洲i!ト___ ',州i!:!:::::',マ/州州州 |州i!|
     7/  |从从|i〃7刋::::マ!::ィ==x_W 州洲リ洲i!j
     /  从i!i 从 ゝヒソ:,:::::::::::i /2:::>ヌ 州洲リ洲/
     ! ´V マ从i!ヽ::::::f:::::::::::::::`¨¨´テシ洲リ洲,'
          マ/ i  -__     イク/⌒l从
          `. ヘ    ̄ ̄´´  ´_ -ん彡ヘ(
             ヽ、      イ 不不
              ヽ- -< ´  ∧``
           ><―>=======_
          く   iイ  ,三三三三三三>/
          Vヘ  || 7三三><三三三三>x__
           |ii| 〃 7三<三三三三三/三三三7
         イ>x〃<三三三三三三/V三三三/7
       /三三○三三三三三三三/V三三三三j
     /三三三三三三三三三三三ソ三三三三7
      .VV三三三三三三三三三三γ三三三三/ハ
      .V三三三三三三三三三三ハ>< ̄ ̄><_
      .!三三○三三三三三三三f´      ト-== >
      .!三三三三三三三三三三|  [二二] 副 会 長/

『では、法制度のみならず、技術面でも逆境に立たされているGIDたちが』

『それでもなお満足できる性転換を行おうとすればどうすれば良いか?』

>>188

『そうだね!自分の男性器を加工して女性器を作るなんて曲芸よりも』

『逆十字的に考えて、既に存在している他人の性器を奪った方が合理的だ!』

注:ただし拒絶反応を考えなければ

『本物だから外見は完璧!子宮や卵巣や精巣も移植すれば、生殖能力だって手に入るかもしれない』

『実際、オナベさんたちは当初』

『死んだ男性の性器を移植してくれ、と要求していたらしいしね』

191無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:49:00 ID:1YAOLm3E0

          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|

『誰であれ、社会と喧嘩しても良いことは普通無い』

『社会と喧嘩して社会を変えた革命家にしろ、それ相応の代償は支払っている』

『だから普通は、社会やそれを構成する他人には迷惑をかけないように気を遣うものだ』

『GIDも、それなりの居場所を与えられていれば、まあ社会と折り合いをつけて、社会に迷惑かけないように振舞っただろう』

『しかし、性転換全面禁止のギアスロウがまかり通るようじゃあ』

『既に社会との喧嘩は始まってしまっている!この状態では社会に気を遣う意味が無い!』

『だったら、他人の性器を奪うことに歯止めはかかるかな?』

192名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 02:51:47 ID:ySOMScCQ0
あるいは、性転換技術の開発のために、GIDでもない無関係の人間たちをモルモットに手術することも考えられそう。

193名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 02:52:21 ID:ySOMScCQ0
(歯止めは)ないです

194無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:54:10 ID:1YAOLm3E0

.             .  ´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
           / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.         //:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::: ,
.      ー=ニ -/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::,
           /::::::::ri::::::::::/::::::i:::::::::i.____:::!:::i:::i::.:::::∧
.        /イ| ::::|:i:::::::_::::::|:::::::::i.:´:::`ト:::!::i::::::::::∧
        /  .| ::::|::!:/::::|:::`::|:::::::::!:,ィ==ミ.|::::!:::::::::::∧
          |:::::ヽ{::;ィ==ミ、ヽ:::::l     |:::i::::::::::::::∧
            ヽ:::::ヾ      ,     . |::.!:::::::::::::::∧
                〉::::::\          /|:::トー-- 、:∧
             〃⌒ヽミ、   ー ´  / |:::′    V∧
          /:}   }::::|::>_ __ イ  _,|/     _}:::∧
          /: |\  | :::|〈  |    / .|z=≠ ̄  二ミi!
         .イ:::::|  ヽ.|:::::|  |   ̄ 厂_]|>--<___ .il
        /'|::::|  ‘|:::::|  |   //_.ハ    \     .リ
       ./ |::::ハ  、|::::/  }  V  ´ rヘ \   \  <'
       {   .|:::::ヽ.   |:/    | ./|   /! \     \ >
       ヽ  |::::::ハ ,.|'__./  |   ノ |      \  (
         |:::/ ./〉 ,.ィ 彡'´  |, く ハ         ‘ー ミ、
         |/ ./::{  /     |  V }      、      ヽ
         | ./::::::Y }      |   }  、  i     \     ハ
          }::::::/| |        .L_ノ  、  |      \ /  }
          |:::/ .|         /    、 |        ヾ   .|、
          |/  ヽ      .イ      ,、 |        ヽ  .| ,
          |    ゝ.._ 二_.」      /  |         .}  .L_ ,
              ,ィ彡'´   /    ./   |      /   /    }|
            ./〃     /      〈   .}     /   /    ,イLミ、
           / /      /       \ ./    ./ ./  ,∠   └-ミ、


「いいぞ、非常に美しい」

「私はお前が羨ましい。だからその輝き(卵巣と子宮)をよこせ!」

「変わりにこの忌まわしい病(男性器のこと)をくれてやる!」

かくして、逆十字GIDが暴走し始めるのだ!

「ああ、その顔と胸も中々だ。もっとよこせ!」

ついでに言えば、性器だけで終わるとも限らない!

出来るなら、性器以外のパーツもなるべく良いものを集めて、

より美しい女性になれた方が嬉しいだろう?

195無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 02:56:42 ID:1YAOLm3E0
>>192

                    イ:  ̄ ̄ ̄ ̄::::::::.、
                 /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::/::::::::/_ /!::::l:::::::::::::::::\
.               /: : : /: / ̄   \:::j::::::|::::::l::ト::ヽ
              /⌒ <´        /\_:::j::::::l::l:::l ヾ:、
             /     ヽ   、  {  , -Yト、::j :::ヽ}゙:::',
         r─ 'ヽ       __\ .ィ\_ `ノ:::/!:ト、::::::::l }::i
        /    \ __ヽ  {   ヾ:::::ヽ:::::!:::/::/::/イ/ :/:l. ノ:ノ
       /       ヽ \ `ー ' ノ::::::::::::::::::::::::::/:::イ::/:/´
     /  \ \     レ' `- イ ̄_ ̄ ':::::::::::::::/::/:::/
   イ´/    ヽ ヽ     ',    ヽ{:::::::丶 ‐- 、/::/:::/
 / ,イ!        ', 人 {  ).}     ヾー '    /::/:::/:
./ /!::! ≧、    ∨ \-' ノ       >-、 <::::/:::/i
{  l |:::!    ヽ {  j i   , ̄   __      > 、::/::i
l  ヾヽ::、   丶二.ノ イ.t──<⌒:ト、        }:::::i
ヽ  ヽ\ト _ イ:/ノ:/ l./:::/:::\ミ::! リ丶 __/ l:::::!
      \ヽ`::ー':: ̄イ //:::/\::ヽ:ト} ん、/:::/≧! ヽ:::',
  \    ̄ ̄_  彡'./:::/  \\V⌒/:::/彡イ、  ヽ',
  /   ̄ ̄ \l \  /:::/    { ⌒ /:::/' レ' l
  /::::::::::::::::::::::::∨    /:::/ /.   /!⌒Y/:::/   }\ト、
. / :::::::::::::lV ::::::::|    /:::/ /  / |:::::::/:::/   ;:    丶
/::::::::i::::::::l V::::::::|.  /:::/ :/   // :l:::::/:::/:\ {     \

確かにそれもありそうですね。

「私達の礎となれ!私達の苦しみを知るが良い!」

もしくは・・・

「この可愛い男の子は女の子になるべき!」

「私にもこれだけ可愛ければ・・・ああ、うらやましい。うらやましいから、無駄になるのが許せない!」

身勝手な「善意」で、性転換を押し付けることもあるだろう!

196無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/01(金) 03:00:08 ID:1YAOLm3E0
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ
        / /: : : 〃- 、ヽ:´: : :, ´    ヾ!
.      / /: : : 〃 /: : : : :/.i      }:i
     / /: : : :/ /: : : : : : :'j '      .':.ヽ

「性転換者はGID以外にも居るから」

「まだまだ他にも問題は噴出するだろうけど」

「GIDだけ切り出してもご覧の有様だ」

「性転換に限った話じゃないけど、自由を奪ったり価値観を押し付けたりするのは」

「化外を生むから相応のリスクが伴うわけだね。」

「では今日はこの辺で失礼する。参加してくれてありがとう!お休み!」

197名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 03:01:35 ID:szm4OC660
多様性を認めることはいつか少数派な私たちも報われるかもしれないっていう希望を担保してるんやなって…
つまり女神の法は愛の法…希望の法…(その目は狂っていた)

198名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 03:04:46 ID:szm4OC660
っと乙でした!

199名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 03:09:22 ID:yKYIpq1I0
おやすー

ふと成人後に性別が決まる種族の文明とか、いつでも自由に性別を変えれる種族の文明とか
性転換が自然な種族の文明を放り投げたらとか思ったがそもそも管理局に入らないを選びそうで脳内妄想が終わってしまった不具合
アマテラス様の反対は魔女化などであった全員ボッチ政策と同じような物なんだな

200名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 08:11:44 ID:ySOMScCQ0
乙でした~。

201名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 08:23:12 ID:MJP1PZW20
乙です
多様な価値観を認めるというのは白い理想だけではなく黒い打算も含まれてるんですなー

202名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:00:25 ID:Obakz5MM0
乙でしたー

しばらく技術アイデア判定や研究安価に参加できてないから、オススメの遊戯王やらMTGの研究安紹介でもしようかな

次回以降の遊戯王カードの研究枠でおすすめは

ネクロフェイス/Necroface 効果モンスター(制限カード) 星4/闇属性/アンデット族/攻1200/守1800

このカードが召喚に成功した時、
ゲームから除外されているカード全てをデッキに戻してシャッフルする。
このカードの攻撃力は、この効果でデッキに戻したカードの枚数×100ポイントアップする。
このカードがゲームから除外された時、
お互いはデッキの上からカードを5枚ゲームから除外する。

解説:ザ・ヴァリュアブル・ブック9 付属カードで登場した闇属性・アンデット族の下級モンスター。
お互いの除外されたカード全てをデッキに戻し、自身の攻撃力を上昇する誘発効果と、お互いのカードをデッキから直接除外する誘発効果を持つ。
除外(デッキ破壊)を狙うデッキのキーカードになり得る。そして立派な除外メタでもある。
除外されたカードを戻す効果のものとしては、通常召喚するだけで出来るという点でも魅力的である。

遊戯王でいう所の除外やMTGの追放領域などの対策として。スレ内での除外や追放がどんな扱いかは明確に判明してないけど・・・

203名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:12:03 ID:.GRlGUkQ0
オツカレサマドスエ
全面禁止は全面解禁とそう変わらないってはっきりわかんだね

204名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:20:36 ID:Obakz5MM0
MTGのオススメは

研究枠増やしそうなのは

Enchantress's Presence / 女魔術師の存在 (2)(緑)
エンチャント
あなたがエンチャント呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。

フレーバ 賢者は失敗だけでなく成功からも学ぶものですわ。

解説:オンスロートにてレアで登場。自分自身を唱えたときは、まだ戦場にないのでカードを引けない。


Sylvan Library / 森の知恵 (1)(緑)
エンチャント
あなたのドロー・ステップの開始時に、あなたは追加のカードを2枚引いてもよい。そうした場合、あなたの手札にあるこのターン引いたカードを2枚選ぶ。
それらのカードそれぞれについて、4点のライフを支払うか、そのカードをあなたのライブラリーの一番上に置く。

解説:レジェンド - アンコモン 第5版 - レア 第4版 - レア エターナルマスターズ - レア Vintage Masters - レア Masters Edition - レア Commander's Arsenalにて登場。
毎ターンのドローが「3枚引いて2枚戻す」になるが、4点ライフを支払うごとに戻す枚数を減らせる。毎ターンのドローが渦まく知識/Brainstormになるようなもの。
ライブラリーに戻せるカードの範囲が少々特殊なので注意が必要。この能力が解決される前にこのターンに引いたカードも能力内での「このターン引いたカード」扱いなので、戻すことができる。
実際に戻すなら、この能力が解決されるまでは直前のターンまでの手札とこのターン引いたカードを物理的に分離しなければならない。

効果的には黒か青黒っぽい効果。思考の反射の影響下だと毎ターン4枚ドロー。ところでローマは毎ターンライフ4点払えるのだろうか?

205名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:21:20 ID:dGmLqccM0
有限ライフは無限みたいなもんやし

206名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:30:15 ID:Obakz5MM0
他にMTG研究枠増やしそうなものはこれらとか?

Mind Unbound / 解放された精神 (4)(青)(青)
エンチャント
あなたのアップキープの開始時に、解放された精神の上に伝承(lore)カウンターを1個置き、その後、解放された精神の上に置かれている伝承カウンター1個につきカードを1枚引く。

解説:基本セット2012にてレアで登場。毎ターン引く枚数が増えるドローエンジン。精神の渦/Psychic Vortexからペナルティがなくなり2マナ重くなった。
通常のドローに加えて引ける枚数が2枚、3枚、4枚と増えていき、5ターン後には計20枚のカードを引いていることになる。すさまじいカード・アドバンテージ。
先に研究案が尽きかねない。

As Foretold / 予言により (2)(青)
エンチャント
あなたのアップキープの開始時に、予言によりに上に時間(time)カウンターを1個置く。
毎ターン1回、あなたは点数で見たマナ・コストがX以下の呪文1つを、それのマナ・コストではなく(0)を支払って唱えてもよい。Xは、予言によりの上に置かれている時間カウンターの総数に等しい。

解説:2017年4月28日発売のMTGのアモンケット・ブロックの第一セットであるアモンケットから神話レアで登場。
毎ターン1回ずつ呪文のマナ・コストを踏み倒せるエンチャント。
ターンの経過と共に時間カウンターが増えていき、その数に応じた点数で見たマナ・コストの呪文を唱えることができるという点で瓶詰め脳/Brain in a Jarに類似する。
比較するとカード自体は3マナと重くなったが唱えるカードの種類を問わず、また唱えられるのはカウンターの数「以下」なので融通が利くようになったのが利点。
自分のターンと相手のターンにそれぞれ呪文を唱えることができる。ただし、呪文を唱えるタイミングを変更する効果は含まれていないため、相手のターン中に唱えるカードはインスタントや瞬速付きのカードに限定される。
用いるカウンターは待機や消失と同じ時間カウンターのため、時のらせんブロックと併せて使えるフォーマットでは、時操術/Timecraftingや瞬間の塵/Dust of Momentsなど同ブロックのカードを用いてもカウンターを増やすことができる。

怒濤や現出など、他の代替コストと同時に適用することはできない。
マナ・コストにXを含むカードをこの効果によって唱える場合、Xの値は0しか選ぶことができない。
分割カードをこの効果によって唱える場合は、唱える方の点数で見たマナ・コストだけを参照する。融合で唱える場合は両方のマナ・コストの合計を参照する。

相手(他文明)のターンに呪文を唱えられるようになる・・・・・・のかな?

207名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:40:21 ID:ySOMScCQ0
これ以上MTG研究枠が増えると、埋めるのが本格的に面倒くさくなるw

208名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:43:02 ID:ySOMScCQ0
むしろ、他文明のMTG研究枠を削るアーティファクトとかほしいです。割と切実に

209名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:46:10 ID:Obakz5MM0
MTGで追放されたカードを戻す効果を持つものは俺が探した限りだとこの2枚くらい?

Riftsweeper / 裂け目掃き (1)(緑)
クリーチャー ? エルフ(Elf) シャーマン(Shaman)
裂け目掃きが戦場に出たとき、追放されている表向きのカード1枚を対象とする。それのオーナーは、それを自分のライブラリーに加えて切り直す。
2/2

フレーバ 裂け目の生き物は自然のものじゃない。あの忌まわしいものたちは、二度とガイアの身体を踏みつけはしないだろう。

解説:未来予知 - アンコモン Modern Masters - アンコモンにて登場。
CIP能力で、追放領域に存在する表向きのカード1枚をライブラリーに混ぜてしまうクリーチャー。
使用感は永遠からの引き抜き/Pull from Eternityに近い。リミテッドでは手軽な待機対策として利用でき、大きなアドバンテージをもたらしてくれることも少なくない。


Pull from Eternity / 永遠からの引き抜き (白)
インスタント
追放されている表向きのカード1枚を対象とし、それをオーナーの墓地に置く。

フレーバ ドラゴンは孵る前に倒せ。 フェメレフの諺

解説:時のらせんにてアンコモンで登場。リミテッドでは問答無用で待機カードの一撃除去であり、それをたった1マナでやってしまうのでかなりひどい呪文。
構築でも待機カードの対策として、サイドボードに採用されたりすることも。

210名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 21:53:57 ID:.GRlGUkQ0
MTG研究枠を削るならドロー阻止のカードを取ればいいんじゃないかな

211名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 22:05:05 ID:Obakz5MM0
外交に影響しそうなのは

Darkest Hour / 真に暗き時間 (黒)
エンチャント
すべてのクリーチャーは黒である。

フレーバ: 日蝕のおかげで、空がどちらの味方なのかはっきりした。(第7版)
      ヨーグモスはファイレクシア人に人間の皮膚をかぶせるために長い時間を費やしたわ。そうして作られたのが潜伏工作員よ。彼らはどこにでも入り込んでいるわ。 ――ザンチャからウルザへ (ウルザズ・サーガ)

解説:ウルザズ・サーガ - レア 第7版 - レアで登場。軽い事もあり、使い道自体は多い。
例えばプロテクション(黒)を持つクリーチャーは無敵生物になるし、粛清/Purge・黒の防御円/Circle of Protection: Black・日中の光/Light of Dayなども万能対策カードになる。
しかし敵味方関係なく黒くなるため、考えなく使うと自分の首を絞めやすい。
また以前の色を残すとは指定されていないので、すべてのクリーチャーは黒(1色)になる。

他色文明の社交界レベルを全て黒の社交界レベルに移すとかそんな感じの効果になりそう・・・スゴイデメリットだ・・・
どちらかというとこういう呪文があるよということで封印・監禁対象として上げました。

Painter's Servant / 絵描きの召使い (2)
アーティファクト クリーチャー ? カカシ(Scarecrow)
絵描きの召使いが戦場に出るに際し、色を1色選ぶ。
戦場に出ていないすべてのカード、呪文、パーマネントはそれの他の色に加えて選ばれた色である。
1/3

フレーバ:フレーバ それが黄昏の霧から色を集めることで、主人は世界をより良い色に染めることができる。

解説:シャドウムーアにてレアで登場。
こちらは戦場以外の領域のカードや呪文、土地にも影響するし、また色を上書きせず追加するだけ。
絵描きの召使いが影響を及ぼすのは、「戦場に出ていないすべてのカード」と「すべての呪文」と「すべてのパーマネント」であり、「戦場に出ていないすべてのカード」と「戦場に出ていない呪文」と「戦場に出ていないパーマネント」ではない。
Wisdom Guild訳における「すべての」の位置が誤読の原因であるが、オラクルやカードに印刷されている文章を読めば誤解は無い。
呪文とはスタック上の(=戦場にない)カード(やコピー)、パーマネントとは戦場にあるカード(やトークン)を示す言葉であるため、そもそもどちらも「戦場に出ていない○○」と修飾する意味が無い。
「戦場に出ていないすべてのカード」とは、戦場以外の各領域にあるカードを指す。ゲームの外部(サイドボードなど)にあるカードは、この能力の影響を受けない(CR:400.10c、Ask WizardsのJune 2, 2008も参照)。
例えば、サイドボードにある単色カードを絵描きの召使いの能力によって多色にして、きらめく願い/Glittering Wishで持ってくる、ということはできない。
手札にある土地やアーティファクトも有色になるため、色が合えば一部のピッチスペルのコストに充てることができるようになる。

こちらは使い方次第で五色の社交界にプラスになりそうかな。

212名無し-Red-市民-2:2017/09/01(金) 22:28:36 ID:Obakz5MM0
カウンターを増やすカードは・・・

Clockspinning / 時計回し (青)
インスタント
バイバック(3)(あなたはこの呪文を唱えるための追加コストとして(3)を支払ってもよい。そうした場合、解決に際しこのカードをあなたの手札に加える。)
パーマネント1つか待機状態のカード1枚を対象とし、その上に置かれているカウンターを1つ選ぶ。そのパーマネントかカードからそのカウンターを取り除くか、その上にそのカウンターを1個置く。

解説:時のらせんにてコモンで登場。
カウンターの数を増やしたり減らしたりできるインスタント。パーマネントに限らず、待機しているカードも対象にとれる。
バイバックを使えば、毎ターン4マナ払ってカードを永遠に待機させたり、大量のマナから一瞬で待機を解除したりすることもできる(待機状態のカードが唱えられるのは、待機の能力によって最後のカウンターが取り除かれたときに限らないことに注意)。
待機解除まで時間があると油断している相手に対して、奇襲的なプレイングをすることもできる。
また、どんな種類のカウンターでも増やしたり減らしたりできるので応用がきき、いろいろなコンボに使える。コンボを狙わなくとも、クリーチャーを+1/+1カウンターを増やすことによって強化したり、逆に対戦相手のクリーチャーから+1/+1カウンターを取り除いて弱体化させたりできる。明神の神性カウンターを増やせば、対戦相手にとっては目も当てられないことになる。
また、ローウィンで初登場のプレインズウォーカーの忠誠カウンターも操作できる。例えば、同じ青の求道者テゼレット/Tezzeret the Seekerに使うことで、いきなり第3の忠誠度能力を起動して奇襲をかけることが可能。
まず既に置かれているカウンターを選ぶ必要があるため、置きたいカウンターが1個も置かれていないパーマネントやカードに新しくカウンターを置くことはできない。
カウンターが何も置かれていないパーマネントも対象にできる。通常はカウンターの操作ができないため無意味だが、バイバックを利用してストームを稼ぎたい時などに利用できる。
毒カウンターはプレイヤーが持つので、この効果で操作することはできない。

Contagion Engine / 伝染病エンジン (6)
アーティファクト
伝染病エンジンが戦場に出たとき、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールする各クリーチャーの上に-1/-1カウンターを1個置く。
(4),(T):増殖を行い、その後、再び増殖を行う。(あなたはカウンターの置かれているパーマネントやプレイヤーを望む数だけ選び、その後それぞれに、その上に置かれているカウンターのうち1種類を1個置く。その後、それを繰り返す。)

解説:ミラディンの傷跡のファイレクシア陣営にてレアで登場。
双頭巨人戦の場合は上記の「プレイヤー」を「チーム」に読み替える。流し読みすると勘違いしてしまいがちだが、増殖は1体だけではなく、望む数のプレイヤーとパーマネントを選ぶことができる。
「望む数」には「0」も含まれるため、パーマネントやプレイヤーを一切選ばないことも適正である。
選んだパーマネントに複数の種類のカウンターが置かれている場合、増やせるのはそのうちの1種類のみである。また、どの種類のカウンターを増やすかは、パーマネント/プレイヤーごとに選べる。
増殖は、カウンターを増やすオブジェクトを対象としているわけではない。よって、被覆やプロテクションなどには妨害されない。
カウンターを増やすオブジェクトを選ぶのは増殖の実行時(能力・呪文の解決時)であり、増殖を効果に含む呪文を唱えるときや起動型能力を起動するときではない。
パーマネントやプレイヤー以外のオブジェクトに置かれたカウンターは増やすことができない。例えば『待機』状態のカードやスタック上の稲妻の嵐/Lightning Stormなど。

213名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 08:25:20 ID:rfDKKo9o0
ドロー阻止というとこの辺?

Zur's Weirding / ズアーの運命支配 (3)(青)
エンチャント
プレイヤーは自分の手札を公開した状態でプレイする。
プレイヤー1人がカードを1枚引く場合、代わりにそのプレイヤーはそれを公開する。その後、他のプレイヤーは2点のライフを支払ってもよい。いずれか1人のプレイヤーがそうした場合、そのカードをオーナーの墓地に置く。そうでない場合、そのプレイヤーはそのカードを引く。



どう見ても敵対行動だけど、BETAやファイレクシアあたりの機械帝国に使わせれば問題ないか。

214無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 09:36:51 ID:NLALALIs0
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
    ./         \
   / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
  ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
  !  !.トノ  リ  `ヽ ! !ノ、i !
  ,'' l l l ●    ● l丿 ! リ キョーン
   !;!l|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j l丿i/
     |/⌒l,、 __, イァト|/| |
    ./  /|___|/  ヽ
    ||  l        彡,

「ただいまー」

「ごめんよ、気付いたら寝落ちしてた」

「三日連続深夜帰宅はきつかったらしい」

215無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 09:43:39 ID:NLALALIs0
>>197
                                  _____
                                ...:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.:.:.\
                            .:':.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
                            /,:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.
                         //:.:.: ':.:.:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:. i:.ヽ:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.:.:.',
                         .':':.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.ハ:.:.:、:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.:!
                          il:.:.:..:.l:.:.:.:,:.:.:イ:.:.:.:/ :. /  ヽ:.:.::.:.:.l:.:.:.:i:.:.:.l
                          !l:.i:.:.┼≠:メ/:.:.:.:' /‐'― - ヽ:!:.:.!:.:.:.:l:.:.: l
                         .:.l:l:.:.:.:!//_ ':.:/ /: '   __  `ト、:l:.i:.:.!:.:.:.:!
                         .':':ll:ゝ:.ハイ´{うト、/´  イ´トイ心x.、:.!:ハ:.ハ:.:.:.l
                          .':':.:.!:.:.:ヽ.:.  Vソ       r:し'ノ'´:./ ! }:l:.:.:.!
                      /:':.:.:i:.:.:.:.:.ハ `¨´  ,    ` ー ´ /:/ ./ノ:.!:i:.:.i
                       /:.':. /l:.,:.:..:.入ヽ            /:':`ー:´:.:.,!ハ:.:.l
              .        {:.ハ:! |ハ:.:从ハ:.:>、 `   ´   .イ:.:.:从ノ:.:〃 }:.'
                      !'  ヽ  ` ー `ー > _  < /:.:.:イ_ ハハ'  /´
   r- 、                        _   /|    ' ´ i: : }
   ヽ、 \__                    /: :  ̄: イl     / : : ヽ
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\                /: : : : : : /.  !   . ': : : : : : `ー.-、                __
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、            / .': : : : : :, '- 、  /: : : : :, 才 ´ ̄ヾ::.            ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ         / /: : : : : /― 、 ヽ ': : : : :/      ヾ:.        , ィ´f  i  l  i´ i l
  `゙、. ヘ   `"ヘノ        !、_r 、     / /: : : : : / ̄ ヽ/ : : : : : /          }:i     ., -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `ー'‐―く        ,//´'` 、  / ': : : : : /  /: : : : : : : イ          ':::!  .r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          ー-_   ,//     \/  !: : : : :/ /: : : : : : : : ノ !         ':::::ヽrr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

「まったくもってその通り!」

「今は不幸だったとしても、いつかきっと幸せになれる。」

「その希望を与えてくれることこそが、女神の愛の最も素晴らしいところだ!」

「女神マジ女神!(その目は狂っていた)」

216無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 10:12:29 ID:NLALALIs0
>>199
                     ___
                    ,.<:::::::::::::::::`::.__
.                 ,.':/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.                 ,'::,':::::,/ミ!:::::::::::::::::::::::',ヾ、
.                ム:|::::/l- l:!:::,、:l、:::::::::::::', `
                ム:il::ィ芯`l:l:::|_l:j-マ:::::::::トヽ
.                ム::!{ミ.   lヘリ 芯`}:::::::::l `
                ム::l::ム.   l:.   彡l/:}/
.                ム::|:::::|ヽ. ` ‐ .ィ:::::|:::::::|
              /:::::|:::::|ノ .`ー ´!:::|:::::|:::::::ム
  _  {ヽ         /_.-‐!:::::!    ト.|::::::l:::::::::ム
  } レ、ヽヽ      ,. ´. ', j::::::lー、  r一.|::::::|. ヽ::::ム
  `f f/)  ヽ    .ム. . . .'/:::::/        ',:::::',. . ',::::ム
.  `f f/) _ ',   .ム. .}. ./:::ノ!≧=====≦.}::::::}. . i::::::ム
   ヽl_′ ` }   .ム. .,'. .'´. . .寸ニニニ∨. }ノリ、. . ',::::::ム
     ヽ- j!  ム. ., . . . . . . . 寸三/. . . . . . ', . ',:::::::ム
      ',` ̄.', .ム. .i. . . . . . . . . `.v´. . . . . . . . .i. . i::::::::::ヽ
      ',. . . .∨. . . ',. . . . . . . . .:.:.:.:. . . . . . . . ,' . . |:::::::::::::!
.         ,. . . . .',. . . , ゝ. ._. . . .:.:.:.:.:.:.、._. . . . ィ',. . . .!:::::::::::::|
         ' . . . . ',. ./::::::| . . . . . . . . . . . . . . |::}. . . . |::::::::::::::!
.         ',. . . . . /:::::::/. . . . . . . . . . . . . . . ',:!. . . . }::::::::::::::',
.         ',. . . ./:::::::,'. . . . . . . . . . . . . . . . . ',. . . . |::::::::::::::::',
.        `r ´:::::::/ . . . . . . . . . . . . . . . . . . ',. . . .}::::::::::::::::::}

「居るわね>生態的に性転換可能な種族」

「言うとおり、そもそも加盟しないでしょうけど」

217名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 10:16:43 ID:WU73JBI20
無茶王様おかえりなさいませ!

218無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 10:19:31 ID:NLALALIs0
>>201

  . -―- .
´:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.ヽ.
:.:./:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.::/ヽ
:..'.:.:.-―/i-:、:.:.:.:.∧.:.‘.
:.!.:.:,.:./ !.:.:.,ィ:./ -.-:、!ヽ
:.|./'r―r‐}メ !/ _ ‘.:.:|:.‘.
:.'.i    ! ノ  '  -r-ト、!:.:.‘.
.:.:|   ヽ二     ! !,.'!.:.:.:‘.
:.、ト、:/:/:/:   丶 `ヾ∨!:.:.:.‘.
:.:.|`ヽ      :./:/:/!:|:.:.:.:.‘.
.:.:|     「`ヽ    ,.':.|:.:.}:.:.‘.
:..:|      `´   .イ.:.:,.':.:∧:.:.:.!
ヽ|  , 、    ,ィ≦:.:!:/|:.:/ }:.:/
__  |/i≧ ´!ノ }:/'´ |/ /'´
ニ:|  L _     '
ニ `┐  }ニ=―- 、
:ニニ└、  ヽニニニニニヽ

「と言うか」

「白が多様性を尊重するって割とレアケースなんだよね」

「基本的に、自分の奉じる法秩序を世界に広げたがる覇道が白だし。これは覇道神と同じく価値観の押し付けになりやすい」

「女神や天照は割と例外的存在だと思ってくれた方が良い」

とはいえ、ローマ人やローマ系の神々では割と多いが>多様性を尊重する白

「むしろ僕みたいな黒や、研究班諸君みたいな青の方がその辺寛容になりやすいよ?」

例)

黒リリアナさん:私や私のゾンビではできない仕事をやってくれる便利な道具ね!>ゲートウォッチの面々に対して

青ジェイスさん:ラヴニカギルドが潰しあわないように調停しなくちゃ!

219無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 10:27:25 ID:NLALALIs0
>>203
     ,. . : : : : : : : : : : : . .、
   /: : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
/: : : : :i: : : : : : :i: : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ
: : : : : : :l: : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : i: : ハ,
: : : : : :. |: : : i : : ハ: : : : : : : : : : : : ヽ: : :i
: : : : : : :|: : : l: :./ ヽ: : : : i: : : : : :i: : i: : l
: : : : : : :|: : : | / ___ヽ:i: : :ヽ:.:.:. :.l: : :l: : l
: : : : : : :|: : :i彳     ゞヽ:/ィ≦フi: : :l: : l
: : : : : : :ヽ: :l ィ==ニミ     匕:.ノ l: : i:l: : l
: : : : : : r‐i: l弋c:::::ノ/        l: :人ヽ:.l
: : : : : : l ヽ:i  ̄´´     ´  /:/.: :\:ヽ
: : i! : : : `‐-:i            /,イ: : : / `ミ
: :ノi: : i!: :i\iゝ       ‐一´/  ,i: :/
:/ .l: ;人: ヽ  |     _/    彡イ
.  |/    _./|       |::::::>x_
      /.:/\    k::∧.:.:.:i:.:.:`ヽ
     /ヽ_  \    ヽ ヽ.:.:\.:.:.ハ
   /.:.:.:.:.:/、   /i:iヽ_i:l-´.:.:.:.:.\:.l
  /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:\/\i:i:|i:i:|:l  i.:.:.:.:.:./.:|
. /.:.`ヽ.:.:.:〈.:.:.:.:.:.:.:i   〉¨iヽ l,.:.:.:.:〈_:.:.k
. i.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.\.:.:.:.:.:ヽ   l:i:i:i:il /l.:.:.:.:.:/.:l
. l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:i.\li:i:i:i:l /...ヽ.:.:./.:.|
.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ.:.:/.:.:.:.:.:.:l\.\i:i/.. ./i.:./.:.:.:|
ヽ.:.:.:.:.:.:.:..:.i.:.:.:.\.:.:.:.:.l.. .\.~. . /. l./.:.:.:.:ト、
 i.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.l. . . .. ̄. . . l.:.:.:.:.:.:./
 ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:l. . . . . . . . ..l.:.:.:.:.:/
  i.:.:.:.:.:.:.k.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:l.. .. .. . . .. ..|.:.:.:.:.i
  l.:.:.:.:.:.:.l ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:l. . . . . . . ..|.:.:.:.:.|

「禁酒法みたいなもんだね」

「全面的に禁止すると、全面的に地下に潜って好き勝手やりはじめるわけさ」

「マフィアとかが蔓延るから全面解禁より下手したらヤバイことになる」

「重要なのは監視下において制御することだ」

「そのためには全面解禁も全面禁止も望ましくない。」

「多少窮屈だがまあ地下にもぐって犯罪者になるよりはマシ、程度の法規制で済ませないとダメだ」


「・・・とはいえ、(同意の無い)殺人とかはさすがに全面禁止にするしかないからね」

「化外を産むとわかっていても、押し通さなければならない法があるのも間違いない」

「まさか、殺人が禁じられる世の中に馴染めない殺人鬼という化外に居場所を与えてやるためにちょっと殺人を許可してやろう!」

「ってわけにも行かないだろう?」

220無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 10:28:09 ID:NLALALIs0
>>217
           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

「ただいまー!そしておはよう!」

221名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 10:45:41 ID:tAA2mJdk0
久しぶりに来たら遅かったなぁ…
邪眼“百鬼夜行”は割と役に立つ…いや、ローマだと役に立たないか…?

222名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 10:53:59 ID:tAA2mJdk0
いや、違う“百鬼夜行”はふうま時子の奴だ
お館様のは邪眼“魔門”(別名「貪欲の瞳術」)だ

223無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 11:10:50 ID:NLALALIs0
>>222
『対魔忍のコピー能力・変身能力であってるかな?』

224無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 11:15:50 ID:NLALALIs0
>>208
>>207
                   ____
                 ,..::'´:::::::::::::::::::::::`::...、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ
           .':::::::::::::/:::::::::::::::/::/、::::::::::::::::::::::',
           i::::::/::イ}イ/}ィ:::://イ⌒ヘ::::::::::::::::::::::
           |::}イ:Ⅵ} rfハ}イ/ r示ミ、}ィト{ヽ:::::::::::i
           |::|:i:::}::ト ゞ゚'   弋zりイ:::::|イ::::::::::::|
         ノイ::::ハ∧ '        |:::::::::::::::i:::::′
       /:.:.}イ从}イ\ `  ´   イ::::ィ:::i::/:::/
      /:.:.:.:.:.:.:/   _≧-r‐ ' /イ从イ/イ/
     /:.:.:.:.:.:.:/ ,..::ー:.:':.:./ }    \
.  /:.:.:.:.:.:.:.;ィ:-‐':.:.:.:ヽ/ 、    _rf>=ヘ
  /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ_´ ̄//.:-:.:‐.:.:\
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\ __... 7イ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
. ゝ=ー- ---‐一 ¨7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
           {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.            ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./

「クルフィックスの指図・三日月の神・発想の井戸が邪魔なら簡単だよ?」

「新しい技術を開発するまでもない」

「クルフィックスの指図・三日月の神・発想の井戸を壊せば良いだけだ」

225名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 11:18:13 ID:tAA2mJdk0
>>223
あれは一応強奪系だったと思います
眼球一つにつき一つ、相手が死んだら能力も失われるという欠点もありますけど…ローマ人は眼球位ならいくらでも増やせるからそっちは問題ないかな?

226無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 11:21:06 ID:NLALALIs0
>>225
_____ _
       ヽ   // __zzzzzzz_
        i_/洲州州州州洲州≧x__
        州i!洲i!洲i!洲州i!洲i!洲i!洲州>ー-
         州i!洲i!洲i!洲/|州 洲 洲 洲>、
         州 洲 洲i!州´~州i!洲i!洲i!i! 洲州i!、
         仏州i!洲i!_北_V 洲i!洲i!i!洲州i!ハ\
         州i!洲i!|!/γヽヽ `ヽ `|| 州i! 州i!i| ヽ
         州i!洲i!|!ゝ ゝ万    イテヽ州i!川い
         レ´ヘ|`ヾ       . |」 州i!洲i! | |
         ヒ-ゝ  ヽ      j   州i!洲i !/
         い ̄\      __   ´州/|/ ノ
         |レ|   ゝ- 、  ≦/   ノ ´   ´
        ムL__ヽ ヽ、 _ ―く
        ム―― 、`ヽ  ゙   ヽヽ,
        ´//////ヽ|      i ゝ/
       爪三三三三リ      ,刈
      人/////////「 - _ ヽ__ ノ
     .人/\/////7こ>- 、|>ヘ
    //////∧///∧/////о\/>-、
-</////////∧/∧/////о///////>-r

『ああ、僕は逆さ磔みたいな能力強奪能力も含めて』

『コピー能力と呼んでいる』

『目についてはまあ問題ない。問題はだ・・・』

227無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 11:21:46 ID:NLALALIs0
            -――- 、 _  -――-  _
         ´        ´       ヽ  `
       /       /   〃 /       ト、  ヽ \
     /        /   /  l  / ′|  |l|ヽl  l   ヽ
           // /  // l|_,/| /| l|  リ厶イ| ||  l '.
            〃 / /  // ' |l/| ト、l/ハ /´   川||  | l
            ll  /l j/イ ∧ |{厶≧、 | l/ ≫テ㍉、}:l|  ||
            ll | | | |ハ 圦 ト-j`j/   ヒン 仏リ  トl|
            || | |/.| | lヽト ~´  l        //   | レl |
            リ | | | | |:::l\   r―ヘ    /イ  | | l│
           ∧ | イ∧ |:::::ト、   |   |   /| l | | l│
           厶ヘ{// ∧l:::::|:::\ ヽ ノ   ´ l| | | | l│
             // / 小 :::|:::::::::>-- ´  _l| | | | l│
               / { { {:::| \l:::::/ r┤/ヘ ̄   ,| |、_|_| l│
           _r―'´ ̄`⌒´ ̄`⌒ ┴<」 n / | |:::::::: ̄`ヽ、
      _r‐'´  ___             ̄`く二」 !:::::::::::::::::::ハ
     /       ̄] [ ̄   _  n    _      ,≧::::::::::::::::::::i
    \       ̄八 ̄   |ロ| 三||三 ||   //:::::::::::::::::::::|
.       \   ∠ ヘ二フ |ロ||曰 |   レ′ /,ィ´,l:::::::::::::::::::::::|
          \         ̄ 厶勹 |  〇// l::;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       / \      __   ̄  /∠_,ノ/:|_____|
       ∠ ...:.::.::\  / --、 \  //::::::::::::::/,':l|:::::::::::::::::::::::|
     厂 二> 7´厶イ       ` < / |::::::::::://::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ノl_|匸ノノ| |l  |      \-、__>ニニイ/::: /|_____|
  〈::::::::::.二二::| |l  \      ノ:::〈〈:::::::::::::/{:::::::/:l |:::::::::::::::::::::::|

「それは完成よりも強いのか?」

228名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 11:25:58 ID:tAA2mJdk0
あれ多分相手の技術以外の能力を全部奪ってる感じがあるんでっすよね
井川さくらから奪ったときは身体能力とかも一般人になってたぽいですし
完成で強化して殴った方が速い?せやな

229名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 12:01:50 ID:78j79e/Q0
奪われると使えなくなるのは一応完成と違うところじゃないかな
コピーじゃなくて盗むだったよね

230名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 12:33:57 ID:rfDKKo9o0
スキルを他人に使わせないようにする技術も、監禁・アクシオム・ステータスマジックと各種取り揃えてますからねぇ。

231名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 12:39:11 ID:fWOzu1wM0
完成、ほぼ全能域だし…w

232無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 16:29:10 ID:NLALALIs0
>>231
        ,ィ===x     .-――…  ー- .
      /      `>.:.:¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> 、
.     /      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ
            /,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ヽ.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
           ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.! /ハイ、.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
         // /.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:./ !.:.:.:.:.:ル' /  iノ ∨.:.:.:.:.:!.:.:.:.l
          i/  /.:.:./.:.:.:.:.:.:l.:/メ、 !ハ.:.:.i ム二ニ、ノ.:/.:.:. l.:.:.:.i
          {  /イ.:/i.:.:.:.:.:.:.iイ,二ニ !.:リ   弋ソ ム/.:.:.:.._i.:.:.:.l   , ⌒ヽ
         / !/ ム.:.:.:.:.:.杙 弋ソレ'      /.:.:.:.:./ 斤.:.! /   }
              !/.:.マ.:.ハ:∧     '    (つムイ.:.:.:/ノ.:.:.:.:.! /   ノ
.            ∠.:.,イ.:.マi.:.:.:∧(つ        /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:i/   /
          /.:.:.:.:.:.::\!.:.:.ゝ   l>    /.:.:.:/i.:.:.:.:.:.:.:/   /
           ,イ/.:.:./:∧.:∧.:.:.:.:.:>    イ/!.:/-‐=7ーr/   /
            /.:/ムイ V  ゝ.:.:.:r―-=|__//:/ /イ> ´   メヽ、
            ,'.:/      r――/ へ 「 ,イ  !ソ //.:/   ーy  \i
            i/       __/ 〈7/ 《>ロ<》io,イニイ/ ヽ_V    i  Yヽ、
           {      /.:.:i>‐< У   __ヽ {  ー、.:/ハ   !  i ∨:i
              _/.:/    / , ィチ r――vト、   )ト、_ノ__ノ ノ.:.:.\
           /.:.:.:.∧   / /     i.:.:.:.:.:.:.:.ハ ーァ'==ニ斗ァ丁.:.:.:.:.:.:.:.i
           r'.:.:.:.:/ i\ //.:.i    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:爪ゝ------イ/ ゝ.:.:.:.:.:.:.:.\
       ,<.:.:.:.:.:.:{  l.:.:.i i.:.:.:.:.:|     !.:.:.:.:.:.:.メ i 乂三三三ノ.!   i.:.:.:.:.:.:.:.:.}
   ,. <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人 V.:「人.:.:.: l     |.:.:,.:.:彳.:.:.lイ////////i i    ̄i.:.:.:.:.:ヽ
.  f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., へ 〉.:.:.:v‐v∧==<.:.:.:.:.:.:.:.: ∧////////! !     L.:.:.:.:.:リ
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   7千.:「i.:.:.:.:.:.i l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ∨//////,| |     /.:.:.:く
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ〉     !.:.:.:.i l.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ∨///// ! !       ゝ .:.:.:.}
   | ̄ ̄ヽ.:.:.i K:i     /.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:./    ∨/// | |      ノ.:.:.ハ
   「 ̄ヽ i.:..l l.:.:!   /.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:./       ∨/   ! !     (.:.:.:.:.:ノ

「ほぼと言うか」

「下手な全能よりスゴイからな!」

「・・・あんまりにもスゴ過ぎて、人には扱いきれないものだが」

「私自身、完成を使える人間と言うよりは」

「完成が人の皮を被ってしまったものという方が近い」

「愛歌や美遊みたいなものだな」

233無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 16:30:55 ID:NLALALIs0
>>229
>>230
               ,.   ´  ⌒ `  、
                /       _   ヽ、
                 '      ,. </////////777>, 、
               ,.イ//////////////////////\
             ,.イ '"////////////////////////,ヽ
           ,. '"  イ///////////////////////////∧
        /  .////////////////////////////// ∧
           //////////////////////!///////// ∧
              /'///////////_l'/l///////-!'ハ'/////////l
          /'  .i////////l/ l'ヽ!'//´//  リ .j/!'//!'/////l
         /  .l/l/////,l/f示ト、 l// /' ,ィ'示 ヽl///!'/////,!
             ! l//////!.乂ツ  ソ    乂ツ' l'//,}V/////!
                !/,l//!///l      ;       ,ノ///ノ////,∧
            ///!/,l'//小          ,.彡//////////,∧
            /////,}'/l//l、! 、   (  )   ,.イ////////////∧
        _,. イ///////l/,l//l,`  > 、    イ'/////-―ァ.、'////∧
      ,.イ////////j/ V,'l/////>j   ,. -‐' {////ニ/ニ=‐、///∧
      '" /////////>ヽl二l'" ,.ヽ/   /l'l//<二二二ニヽ//∧
       ,.イ/>//////,fニニ!.ヽ- !o/,ft=‐ ! o ./ニj/ニニニニニニ>-―-、
     '"   ////////l__>'"{(_∨,イ !iヽ !./lニニ/ニニニニニニニ|     l
       ,.イ'////´      //   l.l ゙ー ' l !二ニニ\ニニニニニ}     |>、
      ,イ'///{      ;./_/   ノ,!  .ノ/二二二ニヽ二ニニニ/   /二ニ>、
    /////_! \    ,   _,.. ´ ‐ ´   マニ!二ニ./   l/ー=/    /ニニニニ>、
   //////{={    l>ー 、{ ,.イニニ{       }二}ニニ,'    !////>.、/二二二ニニニ}
   ,'/////ハ_l    lニニニYニニニム      }ニリニニ/   l'//////////ヽニニニニニl
.  ////////ハ、   lニニニ,.!、ニニニム     ./_,.仁ニ/   .l////////////}二ニニニl

「スキルを奪うスキルもあるし」

「直接消し飛ばす手段もステマとかがあるからなあ・・・」

「いや、強い能力ではあるが、ローマでは既に間に合っているというか・・・」

234無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 16:34:30 ID:NLALALIs0
>>228
              _ -──-- 、
            /          ヽ,
               /       _ -‐ :弋:二ニー-...、
           |      /: : : : : : : : : : : : : : : : \
                _ィ: : : : : : : : : : : : : : ミ、: : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : ハ
                レ: : : : : : : : : : : : : :トx: : : : :.ハ: : : : :.
                  小: : : {: : : : : : : :.:/ 斗イ: : :',: : : : :.
              /イ: : : :从{弋: : : : : :.}Z::::::::|: : : : : : : :.l
                {| ハ: : : :ヤト辷ミヽ: : :ト V ::::j: : : :,ィ: : :.:|
               リ 从: : ハ Y::::::. }ル'  >イ: :.ソノ: : : :.|        ヘ
                  小ヽ从 >''´   __.  ムィ: : : : : : : |     /  ヽ
                /: : :ハ: : ミ    <__ ) /: ::イ: : : : : |    /     〉
                  /: : /: :レヘ: : ミ辷‐- < ,イル'ミヽ、: : :リヘ/      ',
              /: : /: : : : : ヾミ、/ (二Xレヘ:::::::::::::ィ彡(__|<         〉
                /: : : : : : : : _Y´   / }  >弋::::::|l><    )      }
           /: : : : : : : /从¨ミヽ↓≦¨:::::::::Vヽ从 ヾ   ,イ      /
             /: : : : : : : ::.\::::::ヽ、:::人:::::::::::彡イ: : : : T''¨\′       |
          /: : : : : : : : : : : 〉::::::}|:::::||:::::::::ll:::::イ: : : :. .リ   \     /
            /: : : : : : : : : : :_Zミ:::/辷y||:::::::::<二|: : : : :イ     \  /
          {: : : : : : : : : : : : ><ー''´∧::::::::<_∨: :/         Y′
          |:ハ: : : : : : : : :./⌒ヽミノ .辷ニ=-‐''ー──ァ
          弋: : : : : : : :ト、__/               ∠j
           ヽ: : : :: : : : :: :T -‐テー-ィ、____ >'弋′
              `㍉イ: : : : : |ニ::‐{: : : : : :_:イヽ:::<彡.
               弋ソイヽ|:::||::|ハ从/´    ∨ハ:::',
                   |:::||::|        ∨::::ハ
                   |:::||::|        ∨:::::}
                   ヌ斗:j         弋彡|
                      /::::::ノ         {::::::j
                   `¨¨           ¨¨

「ちなみに変身能力も各種取り揃えているぞ!」

かえって来たらお勧めコンボでも紹介しますかね。

afk

235名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 16:38:41 ID:tAA2mJdk0
afk

236名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 16:38:48 ID:WU73JBI20
一旦乙です!
ここまでくると並大抵の能力じゃ、もう似たのがある、ってことになりますねー。

237名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 18:29:52 ID:rfDKKo9o0
たんおつ~

238無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:29:53 ID:NLALALIs0
                  __
              _.. .:.:.¨:.:.:.:.:.:.:.`:..  、
           , .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ
      , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.`ー- _
       /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.ト、:.:.:.、:.、`ー  ̄
.       ′:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:/:.:,':.:.:.:.:.:.:|:. , ヽ:.:.:.!:.:.ト、:ヽ
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:./!:.:.l!:.:.:.:.:.:.:|:.,'  __V:.:!:. ハ \: 、
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.':.tヤフ「ミ .:!:.:.:.:.:.:.// ´   V:.:.:.:.ト、 ヽ!
     |:.:.:.:.:r从:.:.:.!:.l!:./ |:.:/ | :.:.:/ ′   /:.:.:.:. | \
.       !:.:.:.: | { ,v:.:i!/ヽtテ示ミ,ッ/  ,,rf示ァ ' :.:.:.:.:.:|   ヽ
       :.:.:.:人 こヾ!:!  ゙辷ソ      辷ソ i:.:.:l!:.:.:.:!   ,}_
.      v:.:.:.:.≧‐ヘ             ,     ,':.:.:l|:.:. ′ /:::::::\
.        ∨, ‐‐-ミヽ     、__,    , イ:.:.:.,'|:.:/ゝ .....:::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::i:.|>          イ :.|:.:./ |:/〈 :::::::::::::::::::::::::::::: \
.       /::::::::::::::::::::::| |!}   ` ‐- <-‐‐ y'!/ ,′ ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::: \
      /:::::::::::::::::::::: 从リ{  ` /   ,}、乂 `ー-‐‐=‐ \::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
.     /::::::::::::::::::::::::::| У   ー 、 / 〉 }!::`:::::::::::::::::::::::::`丶:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    {::::::::::::::::::::::::::::|:::::〉 Yxxxxxxxxxxxxxx :(::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::::::::::::::::::::::::| :/,::└============!:::丶::::::::::::::::::::::::::::::マ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
    |::::::::::::::::::::::::::::|//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/

「黒は目的のためなら何でもするマキャベリズムの色だ」

「目的のためなら何でも利用するし、何でも奪うし、何でも犠牲にするし、何者でも殺す」

「故に、「貪欲の瞳術」のように他者の姿や能力を「奪う」のも黒の得意分野なのさ」

「例えば、このようにね!」

佐々木王はフォーセリア鏡像魔神を吸喰能力で食らった!

スキル:鏡像魔神を獲得した!

鏡像魔神:観察した他者そっくりに変身し、その能力までも再現するスキル。
主には他者の姿を奪い、背乗りするために用いられる。
さらに・・・

239無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:32:49 ID:NLALALIs0
      , -‐- 、
     ,'. /  ト、 ヽ.
 .   i. ((从ソ 从〉
    l. (|┳ ┳i!.lヽ
 .   ハNiヘ  p ノハ!_」.
     ⊂)"ー'゙iつ||
    / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /   < @@@ >.            \
       `ー --‐´

「そして、これだけでは終わらない!」

佐々木王はプレシアの脳を食らった!

240無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:34:37 ID:NLALALIs0
.                 ,,....-‐-::...,,
              ,.-.、,.:'へ、-、__‐-、:::ヽ
.            ,-=´:::,-、:illli:::`:::ヽ`:、:::',:::::∨
.              /::r::,:::iミ-‐i::::::::::::::::::',::::',:::::i
          - '-イ::::::::,-。/',::::::::::::::::::',::::',_::l
.               レi:::: ,‐- 、' ,:::::::::::::::::!:::i i::',
              lル,ィ乏i ゝ、:::::::::::i::::lノ:::',
                f f.rっ `   ヽ'i::リl::::l:::::::',
             __i ' j .lヽ ヽフ `'ノ,:::::!::::::::',
         , > ´//.l.   ! i > -イ ,::::::ト---'-、
      ,> ´/////// ,-l、   _j/,- [ニニ,':::::,'、///// ヽ、
      ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ/_rゝ_二ノヽ   ,:::::::i. )//////// `<___
             ,久`ゝ___ノi  ` 'ー !:::::::!'///// <‐‐-- ___ゝ
         _ ./. . . .__/ミ,-、_    , 'ゝ::::`=- ´  `、:::ヽ
       ,-'´/. . . . , -‐フ-ゝ__ニニつ彡):::::::)//////',:::::'.,
      f,. .´ . . . /. ./    y     i.}:::::/、//////i:::::::::',
      ,.'/ . . . . ,.'. . . /    ./       !ゞ'. ', i//// ,|::::::::::',
.     i i. . . . . , . . . .i    ,       ,' . . . ',|//////',::::::::::;
.      l i. . . . . !. . . . .',     l     , '. . . . . i///////,::::::i::l

【佐々木王】

「こうすればやる夫(ぼく)の姿や能力、記憶や人格さえも」

「佐々木(ぼく)のもの!」

「実に素晴らしいと思わないかい?」

鏡像魔神:観察した他者そっくりに変身し、その能力までも再現するスキル。
主には他者の姿を奪い、背乗りするために用いられる。
さらに脳を食らうことで記憶や人格さえも奪うことができる。

241名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 22:35:01 ID:WU73JBI20
無茶王様お帰りなさい!
ってあっさり食人してるー!?∑
これは宇宙邪神ですねぇ・・・

242無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:36:31 ID:NLALALIs0
>>241
ただいまです!

243無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:37:48 ID:NLALALIs0
>>241
.           ,.、   ,、_____
.         /:::::::{`:::ヘ:ヽ::`≧、.、
      、__..ィ::´::::::::::::l:::::::::ヘ:::':,::::::::':,:ヽ
.       ̄/::::::::::::::::i::::::::::::ヘ:::',:::::::::',::∨
       ノ,::,:::::::::::::::ハ::、::、::ヽ',::',:::::::::}::::,
      ´ i:/l:,:::::::::斗'ヘ|ヽー-ミ::i:|:::::,':::::|
.        |' .!{:::::::iィ芯ァ  ´芯ア`:!::::i、::::|
         `fヘi、ト:.:.:.:j  :.:.:.:.:.: ,}:::::lノ::::l
         { l l {:、. `---,  ,}::::,:':::::::l
          ゝ  ヽ\ ` ´, イ::::::,:::::::::::!
         ,./` /` `ー ´ i:::::::{´/'``ーミ
.        ,イ/  ./.{-、 !  _ノ!:::::,'./'. ./. . ',
        {./  ./:j. ゝr‐、r、. .i:::::{/'. /. . . . . !
       f/  ,:::i-rf l .l' ,_}_. !::::l./. . . . . . }〟
      ノ'   ,イ:::l`.{    ノ |:::::| . . . . . . . j:::∨
.      {/  / !::|  ',   ./ |:::::| . . . . . . . }::::::∨
      /  .{   ヘ!  ヘ  .', .i::::l. . . . . . . . i:::::::::∨
.     {   ',      ヘ.   ', }::i. . . . . . . ./::::::::::::::〟
      `ーr‐ヘ.      ',   ヽi!'. . . . . . .i'::::::::::::::::::ム
.       ム:::::ム、:::::::::::::: ',    ヽ-.-.、 . . j:::::::::::::::::::::ム
       ム::::::::,}.     ',    ヾ_. .ヽ/:::::::::::::::::::::::::ハ
.       ム::::::::{ `ー、.    ',      /j''´:::::::::::::::::::::::::::::ハ
.      {:::::::::::7         `ー -- ' /、::::::::::::::::::i:::::::::::::}
.      |:::::::::/              {i.i.ヽ::::::::::::::|!::::::::::::!
        |::::::/                li.i.i.i.ヽ::::::::::|:::::::::::::|
       |:::/                   |i.i.i.i.i.i.マ:::::::!::::::::::::!
.         |/               |i.i.i.i.i.i.i.マ::::::::::::::::リ
.      /____         ____ .|i.i.i.i.i.i.i.i.',:::::::::::::/
      ' |‐‐‐‐‐|         |‐‐‐‐‐| .!i.i.i.i.i.i.i.i.i!:::::::::/
      ,' .|     .|         |     .| !i.i.i.i.i.i.i.i.|:::::ノ
.     ′.\__/         \__/  !i.i.i.i.i.i.i.i.l/
     /                     |i.i.i.i.i.i.i.i.i|
.    /                       |i.i.i.i.i.i.i.i.i|

「愛しい人の血肉だろう?」

「これほどおいしいご馳走があるかい?」

「別にやる夫が死ぬわけでもないしね!」

244名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 22:41:22 ID:fWOzu1wM0
時間がたつと現在のやる夫からズレるので定期的に摂取してそう(震え声)

245無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:42:36 ID:NLALALIs0

                |       ∧: : : : : : : : : :.:///\    () \
               ∨  (_l.  ∧: :,.------//////\---、  r∧
              ,:':∨      ∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` : \  `¨¨  }
           /: : :∨-、    | ∧: : : :{: : : : : : : : : : :∨\__ノ
             /: : : : :∨ \__ノ   |:.|: :.:∨: :,: : : : : :.∨:∨: : : : .
          ': : :.:.:|: : :\     /: |: : : ∨∧: 、|、: : :∨:∨: : : : ,
            ': : : :.:|: : : : :`T: T´:._∧: : : :\:∨:{-、--、:,: ∨: : ,: :.__    __
         |: : : : :| : : : : ィ7T¨T: |l ∨: : : :.\: :. ∨: :|: :.',: : :|: : .ハ ̄       `ヽ
         |: : : : :|: : :l: : :||: l:::: |: |_:::∨: |: :∧\}:::: ∨:,:.:.:l: : :!//|/}        }
         |: : : : :|: : :l: : :|{: l::::_|:_l__,::::\{_:」::::::::::::: }: | : |: :|:|//l!/|    _,..   '
         |: : : : :|: : : :,: :|レY   .Y::::::::::::::::::::::::::::::::::∧l:,: |: :|:|//|/j! ' ´    /
         |: : : : rⅥ: : : :{、:弋___ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::;: : : }/: ,jリ/イ_/       ,
         |: : : : 乂、: : :.∧:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::八: :/: ://,  /
         ,: / ̄ ̄ {`ヽ: : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::イ: : :/: :/イ  ,      /
          /:/   Ⅵ  }:l: : :∧:.、`:ー=.ニ  ´イ : |: :./{:.∧   /      /
          ,: ,'      |  Ⅵ、 : : \>  __ < ∧: :|:./=|∧: :、/- 、    '
       ,/:'     |  | \、__:〉- 、    / |、:}':、 ∧´:,:'   \'_
     / /:.     |  |   ,.:\: :}   ヽ     |∧: :.}、 ∨      / \
      {      /⌒Y  l //ノ}: :ヽ  、     \ゝ、: :ヽ', ̄`∨   〈/7
     ∧      _/   ヽ  ∨イ  乂.ィァ  :::::.     〉 乂: : }   ヽ\//
     /: : :、    {  、  }  ヽ __/ /{   、:l   /__乂:ハ、   }`¨´、
   ,: : : : :////    ヽ |   `  /乂:〉   Y  / {///|| 乂:ハ、 /ィ: : : :、
   /: : : ://l/∧ ヽ   、|イ     / 乂: 〉`ヽ、 }/   \イ|  ∧: } ' /: : : : :\

【佐々木王】

「誰にでも成りすませる」

「姿かたちや声や能力はもとより」

「記憶や人格といった中身までそっくりになれる」

「ある日、文明指導者が、家族が、鏡像魔神に摩り替わっているかもしれない。なのに気付けない!」

「束さんは諜報で有用だと思うよ!」

246名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 22:44:20 ID:WU73JBI20
個人を規定する精神がコピーできるとか、まーた個人の定義が不明確になるな……

247無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:44:28 ID:NLALALIs0
>>244
                        ,..-=ニニニニニニニニニニニ)
                    ////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  -―‐ //////
               /: : : : : : :/≧=-: :`ヽ
            /: : : : : : : :/'´: : : : : : : : :\
          ′: : : : : : : : : : : __/__|: : : : :.\_
.           i: : : : : : : : : : : : : /‐-_|: :|: : : :「 ̄
             |: : : : : :/.:イ : : : ャ芯「/.:/ : : : |
            |: : : : :/:(_|: : :|:{   // >: :,イ
           |: : : : |/.: :|: : :|: 〉  、 , : : :|:|        /\
          |: : : : }:、 :八: ル _    /: :/|:レ         /(秘)\
          /: : : : :ヽ:`^メXxメx ̄ }イメXx      /: : : : : :/
           /: : :. : : : : : : : :`マメXxメx、 `^メXx  /´ ̄-_}: :/
.          /: : :. : : : : : : : : : :∧ / `^|: :\  l: :\|  ‐¬'、/
         /: : :. : : : : : : : : : : : :∧   \「`\ |:/^ァ|  /┘
.        /: : :/: : : : : : : : : : : : : :∧      〉 〈 ` ー'〉 、
       /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :∧___ /|  /\__/  /
.      /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧三≧=イ/  / \/
     /: : :/|: : : : :{ : : : : : : : : : : : : : : ハ「    |   /
.    /: : :/ .|: : : : :|: : : : : : : : : :.、: : : : : :\   '   /
   /: : :/  |: : : : :|: : : : : : : : : : : \: : : : : :\.   /
    l: : :.l  |: : : : :|: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : :\′
    |: : :.|  |: : : : :|: : : : : : : : : 、.: : : : : :\: : : : : :\
   \: :\_」: : : : :|: : : : : : : : : : \: : : : : : \: : : : : :\

「ああ、そうか。だからやる夫(パパ)とズレちゃうんだね!」

「じゃあアドバイス通りに定期的に摂取することにするよ!」

248名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 22:45:33 ID:WU73JBI20
佐々木王なのかタッバなのかプレシアなのかこれもうわかんねぇな

249無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:47:19 ID:NLALALIs0
>>246
    /: /:'  /   ,ィ: : : :,!: !:',: : :',: :.V: : : : 、:\: :ゝ___ノ/
    ,:': :/'"ィア'   /: : : : : !!: :!,:', :!: ',: :.V: : 、:',: : : ゝ--く´
   {: :/: ァ'´   /: : :!: : ,': :ハ: :!:',:',:',: :i、: ':,: :、メ:、: : : ':,: :',
    ー'"     ,:':/: : : :i: : !: :i: ハ:{: :ヽ:',_,{_ヽ: :ヽ:ヽメ: :メ:、V:.',
         ,:',ィ': : ': : :i: :.!: ハ:r 'i: : : {ヽ:' ̄':,`:メ:.、ヽ、ー(: V:.,
       /´ :': : :': : : ': ,ィ{´'{ j: : : { ':{,zz≧,_',ヽト--: :',: :ヽ:,
       ´   /: : :i: : : :,〈ハ:{≫示ー、{  ´.j_r::'リ`》 ': : : : :!:,: : :.\
        ,': : : j:.!: :、:!'ア'マrタ         ` ´ ,:/: : : :ハ!: ":': :r-
        ,': :/ !:i: : :':ム` ´  :j         ,/!: : : :ハ!:!: : : ,':,
        /イ  ,ハ:!,: : : 'ム""     __     八: : :{: : ∧: : : ,:.、
          ,': :!::〉: : :',:.ハ、  f'´   }   イ:!_,斗'/: :/: ',: : : :.,::.、
          ,': ://ハ_____,ヽ:ヽ、 ゝ、 ,ノ  ,.イ!: :i: : !:/: : ': : : ,: : : : ,: ':、
         ,': :/ ': : : : :i: : : : j:>.、  ., <. . i'メ!: : ,: : :,: : : : ':,: : : :.V、:.、
         ,': :/ ,: : : : : :!: : :i:,': : !ィハ¨´. . . . . .V i: :,': : :,: : : : : : ___: : :Vヽ: :.、
        ,': / ,: : : : : :.!: : :!': :.,' ,ィノ. . . . . . . / i: :!: : ハ!f<:´:::::::::`メ:.V ヽヽ、
      , ヘ::/  ,: :>::'':ri: : /: :/ _!. . . . . . . . /z :,: : : , i!f'、:::::::/::r--' くV  ヽヽ、
     /- ,V´! ,'イ:::::::(//!: : :,/"'/:、. . . . ._,/-,ヾ:}: :./ .i! !'::::::ァ'"´r'ニ__j: :.、  ヽヽ、
    ,ァ '" j !ハ { /::::::!::r'//,ノ: :://''ノ  ヽ. ./ :}:::(,' ノ: :{  i! !)/ ィ'r '' "!/: : :.、  ヽ: .、
   〈 fハ j"´ ∨:::::::!:ノ'//!: : ノノ::,'       !:::::( !: :八zzj :!:! -―=='´ _j:::i: : : :.、   V:.、
    ヽ  `:.、  }::::::::j /,ィ: :f-'::::/       '::::::::7: :ヽ 、,ァf    .,.ィ::::::::::!: : : : :.   .V:.、
     ヽ  ヽ /::::::(ィrj: :ノ::::/       ヽ::::::〉: 〈:`´ゝ!ゝ____r'フ、::::::::::::!:\: : : .、  V: ,
   r,≦八____ノ !:::::::::/f: : j:/   、 ./    ヽj: : :j: : : : ! `¨¨´!`Yi::::::::::::::::::::Y: : : .、  V: !
   !j  ! ` ー "ハ:::::/:::ゝイヽ      ': ,'     ,ィゝ:ノ:::::::::::!   .!=='!::::::::::::::::::八: : : ::ヽ .V:!

【佐々木王】

「大丈夫だよ?もしくは今更、かな?」

「例えば魔演掌握シミュレーションで世界を演算するってことは」

「世界の住人の精神をコピーしてるってことに他ならないよね?」

「それと同じ!」

「佐々木王(ママ)のシミュレーション領域に」

「束さんが乗っている感じだね!」

250名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 22:48:19 ID:WU73JBI20
うーん、宇宙邪神w

251名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 22:49:13 ID:ck.ARECA0
佐々木王以外の状態で政治を取ろうとしないでくださいね?
あと自称佐々木王とか湧いてきそうな気もするなぁ……

252無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:49:30 ID:NLALALIs0
>>248
              _儿//\  ./          >-、,_                           *'゚
       r‐y'´/--、,_//ム/            //.:.:.:.:.} \                   。* ∞ *χ ∞'。>
       {ヾ{///////` 、∧  >ー-、 < / >ー 、.:{r-、.{                 。*'゚    ζ  >'゚::::::::
       ,イ }/////////≧x<.:.:.:./`ヽ--‐´:::::'.:::ヽ、_\                ゚。   φ /:::::::
       フ}-{///////アー、__/`,-´:::/__/}:Y::::::::!:'.::::::',:', ゙/                }  ∫/:::::::
      ,ィ' }///////  /::::::::::::|::::::::!::/__`':::!、::::::|V',:::::::::', .>               Φ 。*゚:::::::
      \ノマ/////アヽ !:::::::r 、!:::::::{tっ::!`゙,' |:::::/弌|::::::::::|′            , , 。<ニ二φ::::
        ゝ >ー'" {-'"/:::::::ヘ i:::::::::、ゞ '- .´|/{っi }:::::::::|         >゚ ゜    >'。。{  /
        `′   `.-'::::::::::::::>、::::\i      `´./:::::::∧       (    ゚/。::::  //  /   ..
              !:{::::i:::::{::::::::',::::::',\  ー-  /:::::::::ハ::|        \ ゚/::::::////////  ::::
     /i          lリ:::ハ:::::{:::::::::',:::::7i/ト、 __ イ::::/:::::/ }/            /::::://  /::::/::::/::::/::::::/ .:
   /  {         ヽk\レヘ:/ }:/ `ヽ{゙''ー-、!/ i/ /  /i       /::/     /::/  ./::::::/...::::::
    !  ヽ             __ , イヘ、_   /lン ゙ヽ',レ'=ニ三ニ={ _|      //        /::/ ./::::::/::::::::/{
  ._{    )>ー--、,__,,.-‐ ''":/ ≧x、メ/\  !-',:::::::}\`ヽ.::::::}:i:i:iム__    /       / 。*/::::::/:::::::/ 。*'
. /:i:>、,_/:iト、:i:i:i:i:i:i:i:i:i,..-‐''    ',. レヘノ.  /////>x `゙'' 、::マ:i:ミ        _  。*゚/::::::/ /::::::/。*'゚。*'
/:i:i:i:i:i:ir:i:i:i:/:::::::゛ ̄ ̄:::::::/ / ..  ' !::::/  {///////≧x、 {.:.::::::::マi:ミ      /。*゚/:::::::/。*'゚ヽ。8。*'゚
i:i:i:i:i/i:i:i:i,':::::::::::::::::::::::::/  :: .::!   _|:::!   }//////r-=ニ= r--、_::::マ:i:iミxrーr♂|/:::::::/‰、  (_
i:i/ .:.:|:i:i:,':::::::: ::::::::::::::',:::...{ }、 |::|   ',::::i\  ヽ-<厂iフ-'ヽ'⌒_/i/`-‐''"   {。*゚-/:::::::/ゝ-''"` 、   ̄ ̄ ̄`
/  :.:.+:i:ir:.:.:.: .:.:   .___',_______::::!/  }:::::::::}/ /-!´`{} !i≠}':::::::/      。*゚ ヽ/:::::::/゚'*
 ..:.:.: !:i:i|.:.:.:. .:.:.:   ....ト、/ ̄ ̄\r―´y:::::::/ / ::::::.  {} !i≠}|'::::乂>。*゚:...:.:./:::::::/   ゚*
.:.:.:.:. {:i:i!:.:.:. :.:.:. ..:.:.:,ィ>ヘノヘ__,,. ヽ  ヽ.:\       {} !i≠}ヽ:.:, 、,*":::::::/:::::::/!i   ;*”
.:.:.:.:. |:i:i:.:.:.: :.:.:..:.:.:.://i:{/ ⌒ ノニ- '   !≠―/   }} !i≠}  ,*”ゝ、 >:::::::/:.  !i ;*”
.:.:.:. }:i:i:.:.:  :.:.:.:.:.,ィ 、{ |:|  ,ィ-、'- 、i ト、_|::::{/::::::::/ {{...:!i:|::|:)φ-./:::::::/__ヘ .。*'_______
.:.:: {:i:i;:.:  :.:.:.:.:.:.x:i:i/=ヘ / /r __ゝ y'/>、::::::/:::, -、ゝ-x'>ψ/:::::::/: : 。*'゚             ̄ ̄ ニ=-
.:.:  r:i:i  。:.:.゚*。:i/   }-く} __=- ' / /// V::|  ` 、::. ∬::::::::,,,,*‰'”. . .                   /
__   i:i:、  :.:.:.:.*:i:/    ``メ、_ー ヘヘ___,,.. /::! ! _ ):/\::\''" ゚㍉㌣'”: .    . . .  . . .             /
 )〆つi:i.  。 *:i;i{       V////ア:::::::::::` -'" )- //:::::::゚㌣'” : : .     : . .    : : : . . .     /
{   ヘ ':i:i. r-' ゙ ′   。x≦////: : :::: : : : : : : : : :./:::::::/8 =- _ : : :. . .     : : : .   : : : : . . . /
    \:i、|    ,x≦///////: : : : ::: : : : : : 。*/:::::::/ *"   ニ=- _: : : .    . : : : : : . . : : : :./

【佐々木王】

「あら?」

「それだけで済むと思ってるのかしら?」

↑とりあえず嫁はコンプするつもりらしい。

253名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 22:51:13 ID:78j79e/Q0
これもまたローマ(のバックアップ)…

254無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 22:53:44 ID:NLALALIs0
>>251

          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「魂と精神と肉体は関連するけどイコールではないからね」

「精神だけコピーしても魂認証にひっかかるよ?」

「その辺どうにかしようすれば、僕そっくりに魂を改造するしかない」

「勿論、嘘感知をすり抜けるために元の自分の記憶や人格も消し去って、僕になりきらなきゃいけない」

「そこまでやったら僕に背乗りってよりはむしろ、僕に存在を奪われたようなもんじゃないかな?」

255無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 23:00:53 ID:NLALALIs0
                    /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                        // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
                    // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
                  ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
                    ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                      l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                     i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
                  ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                      ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                      l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                      ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                       l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: ;ムィ⌒ヽニー、 ./ . . . .\
         r 、_ =‐ ´)     jノ  `ー-` \{  i_,_,_,_,ニf' ´ . . . . . ,.<ヽ
      ゝ ̄〉、 ` r ´              , <l        ! . . . . . /:/. . .>、
      _,f.7/ .`ハ ヽ_           ィ´.r ´!     l. . . . /:/_,. <:.:.:ヽl
       ( イ/ , 、j ∨´ ,ノ          jイi. . |´ ̄i       !. . /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヽj/ ゝ、 ` ーく ヽ      ,イ.i::i. . .i ̄ ,ィ ´ ̄ ヽ/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
        !   /ヽ     `!       i:.:i. i:i. . .j!  ゝ-=―‐ ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.i
        /  ´   j、   l       j:.:.! i:i. . i   し-=== i ∨:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
     /      ノ ヽ ,イ}    ./j:/i. i:i . l   イ_ ,==_    ∨:.:l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /_,. <:.:.:ヽ   /:i´:.:.〉i:i. .i  / ゝ二__,ィ ハ_:!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、/:/:.:.:/ ,i:i. .l ././://ー':.:i /:.:.:.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

「とりあえず僕としては、私生活と」

「後諜報に使おうかと思ってるけど、どうかな?」

安価↓1 質問・コメントがあれば

256無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 23:04:43 ID:NLALALIs0
>>250

::\        \              Ⅵ||lll!   !l|||Ⅳ            く     //..:::/
..、:..\     ./          / .Ⅵ||l!   !lllⅣ\            } .//..::://
ヽ\::..\    〈           ./   Ⅵ|!___|lⅣ'、 \          ///..::://
 .\\::..\  \      __ ,{    / Ⅵ  ̄ Ⅳ\\   ヽ _     ///..::://
    \\::..\  \ /   ∧ ./ /|!   i| \\\ }    \ ,///..::://
     \\::..\  イ{   / .V  /  |!   i|   ヽ >./ \   .`く/..::://
        .\\::..>.二`...、/ .∧ Y   /|!   iト     .|/、  Y´ `ト、ヽ//
          .ー/ ´r〈/ ヽ| / ∨ /  .|!   i| ヽ  /  ヽ  |rへヽ _ く
           {={:( ):} }i |ト.  ∨   }  ̄ {    /   / |! {:( ):}== |
          '{> _  イ |l Y  ∨   ′   ,  /  ./{  \,'厂 /}|
           | ヽ  ___.廴ノ\ ∨ {     } /  //{ /  ー一 ./ !
           l  /  _ V\__\\., -‐=‐- 、イ .∠ ./ /.厂 ̄ \__/ . |
           l r /  ̄ ヽV:〔_≧廴ヽ \  / ィ_'_ノ≦三}/./ ̄ ー┐|  |
          ∧.| {       V.ヽr‐‐==`\ Y /r===‐-、 ,リ./       ! |  |
        ./ }.ト ヽ.    .}V:人〈∨´ ̄ `´  ̄`.∨〉イ /〈      ! l ヽヽ
       ∧./∧ヽY   /イ〉ヽ|∧∨' ̄ _  ̄∨/i |/{\ヽ    ィ/  .〉_〉
        〈 〈〈. !.! |  .//../ |ト V∧} r‐ー ‐-、.{/ | | /  .Y}  | |   /../
      .∨:{ ーl ! |._/.l../ {.{∧\ヽ ` _こ ´/イ ! リ..|\ ト ー /   ! /                /
         .ゝ廴_ >‐一´/  .l ヽ Y^ヽヽ/.ハ/厂 ̄ / .!  \ ヽY     l/               //
                  /   .廴乂 _i〈 {_}} / 厂 ̄  /     ヽ ゝ _/             //
              -‐=     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   =‐-     /  ̄ \    ∠/
=‐-<  /  -‐=             ___  ___               =‐-   _ >‐ ´ ̄/}
二二 〕                                          〔      ̄ } }
 ̄ ̄  ‐ - =  _                           _  = - ‐   ̄ ヽ .//
                ̄       _           ̄                /

(協力強制成立と言うことで、宜しいですね?!)

257名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 23:07:01 ID:ck.ARECA0
NO!!

258名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 23:07:41 ID:fWOzu1wM0
佐々木王は宇宙じゃなくてローマとやる夫にしか矢印が向いてないのでセーフ(震え声)

259名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 23:08:56 ID:rfDKKo9o0
宇宙邪神ではなく、異次元魔神だ!(ドッペルゲンガーだから)

260無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 23:12:37 ID:NLALALIs0
>>257
>>258
>>259

                  rzzzzzzz、      ./´ ̄\
                       ∨ハ   Vハ      .ハ 、  \
                      ∨ハ   Vハ-‐-<///\\  \
                        .∨ハ   Vハ: : : : : ` : . \\   \
                        /: ∨人__ノ:::ノ: : : : : : : : \. \ ー 'ノ
                   /: : : :ー--<:.|: : :|: ∧: : : : :\  ̄
                   ,′|: : :|: |: :|: :{人 : |: :|∧:{: : : :ハ
                  /|: : |: : :ト:ィセヾ!、: : :{ヾ}、∧Y\: :}
                /  |: /|{: : | x≠z ∨:.|xzz、`/\}V!
              /  /|/:叭: : :《lしリ   ` 弋:リ》'Y: : | ヾ                  _
            /  /: :/: : }/∨´.|、    .、   /.八:人               / .}
           /  /{⌒∨:_:_:V:′ .!  .r ー y   ハ: :. :.|: \          .   /
         /  /: : :|  ∨  ヽ!  |> ゝ- ' .イ:∨: : : :l\: \        ./  /    . ― .
         / / : : : 八.   ∨   |  |: : {  ー /r 〉ヽヽ : : |  ` ¨¨ ヽ      /  /   /  /
        /: : : : : /: ∧  ∨ニl  |、:人    ∨}  .}V:八   __.}\   /  / ./  /
       /: : : : : : /: : :}.∧   ∨zl  ト、\ハ .ノ V!  | \ハ/ニニrY〉: :\ ,′ ,' /  /
      /: /: : : : : /: : :〈  ∧   ヽ.j  ∨Y_Y:ヽ   Yヽ.|  l{Yハ=/ \ : : ′  ´  ./
   ./: : :/ : : : : : ′ : : ヽ{=ハ     / ヽ人  |___ ヽ l|ヾ:人′   /  ̄ ̄ ア  }⌒ヽ
   /: : : : ′ : : : : {: : : : |: : Y/´ 〈  ./    ハYハ   /  Y\乂〈   ハ ー― ´  ./  ./ Y
  .′: : : {: : : : : : :|: : : : | : rノ 、  ヽ<____ . イ ノ{: : } /__./∨:`ヽ{\ {. ',     r/ / .ノ
  |: : : : : l: : : : : : :|: : : : |: 人  \  \   . イ ノ: :〈/  }  }: : : {:ヽ ヽ V>-、\_/  /\
  |: : : : : l: : : : : :八: : :.人:/\  \_ノ /  ./: : :/   ノ  .ノ: : : |:从 : >-ヽ__.ハ__≧≦ : : : : ヽ

「おっけー!」

「じゃあ終段顕象!」

「ルールブレイカー!」

研究班とデモンベインの間に成立しかかっていた協力強制(佐々木王は宇宙邪神である)を破戒した!

261名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 23:13:44 ID:WU73JBI20
NO!

262名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 23:14:30 ID:WU73JBI20
危なかった……口は災いの元だな……

263無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 23:16:37 ID:NLALALIs0
>>202
                      ': : : : :∧  \__ノ  /}: : : : : : : : : : : : :\   \イ、___/}
                /: : : : : ': : \ __,/イ: : |: : : {: : : : 、: : : : :ヽ  \__,ノ
                  / : : : /: : : :,: : :`: :T : : /: : : :ト、 : :∨: : : ∨: : : : : .
              / : : : /: : : :/: : : : :/|: : / {: : : {:|:|、: :.∨: : :.:∨: : : :,: .
               /: : : :/: : : : ': : :.T:7¨T:.7ーl|:|: : ∨: :|、: ∨: : :.:|: : : : : ,: 、
                /: : : ,:': : : : : |: : /{/  {/  |:{: : : !{: :|--、∨: :.:|: : : : : |` \
            ,.:': : : :/: : : , : : |: :.| ィ笊芹ミ { ∨: | 、:{∨: |、: : :.|: :.:|: : ::.
           /: : : : /: : /:|: : :Ⅵ|  込r,ソ   、:.| ,ィ=ミ、:! |: : :|: :.:|: : : l
          /: :,: : : :/: /: : :|: : : Ⅳ  :.:.:.:.:       \込ソ }j ,| : /: : :|、: : :{
         /: //: : :/イ: : :.:.:.从: : |          ,  :.:.: /: }:/:/: : | \: :.
       /: / ': : : : : :{: : : : : : : :T:、               ,:': : /:∧: /   \
     ,: :./  /: : : : : : :∨: : : : : :.:|:.| 、     、   ,     ム : : / }/
.    /: /   ,: : : : : : : : :.∨: : : : :.:|Y   \        イ//イ:| /
   /: /   /: : : : : : : /: : ∨: : : : :! ̄\   、__  <: : :/: : :./: :
   ,: :/   /:,.-----r- 、__∨: : : :| //^}    | /\: : :,: : : /: : :
  ,: /   /    \乂_ヽ  ∨: :.:.| //_)|    |// ,|}: ,: : :/: : : :|
  {/  ,.:/       ヽ乂ム {、: : :.}'/ |)l|    |/ / !}: :,: : {: : : :.:|
  |  /:/         \(} ||∨: |' /ノ ,|、    ∨ |_〉: : : |ー-- 、
   /: ,      {     }{,.〉||イ∨!/ノ  !    }\j、 ,: : : !     ヽ
.  ∨: :;        \     ∨__イ}:|イ  |     | ̄\ヽ: : :.    l 、
.  /: : {           \   ヽ  乂ハ  {     \  \、: }、   ;  |
  ,: : : |            \___\ 乂ム \      \  {乂: :ハ  |  |

「主には、出られない場所に封印したり」

「異世界とかに追い出したりする効果だね!>追放」

「シャイニングトラペゾへドロンがわかりやすいかな?」

264名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 23:17:20 ID:78j79e/Q0
人間は悪魔より恐ろしいとか言われるけどだからといって人間=悪魔は成立しないよね(訳知り顔)

265無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 23:18:43 ID:NLALALIs0
>>262

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「まあ安価で取られない限りは今回みたいな警告イベントで済むけど」

「気をつけてね?>ローマ人宇宙邪神説」

266無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 23:20:42 ID:NLALALIs0
>>204
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ ─     ─ `ト: /:ノ: : |
          ε -   从   、_,、_,   ムイ´: : 从   ヤレヤレ
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
              ⊂⌒V´::/:|V V|ヽ:::::::ヽ /⌒つ
               マ7::::ヘ、|ヽ /|/::::、::::::V ̄::7
                ヽ::::ノi:::! ' !::::::::\:::::::/

「緑って青の対抗色の割に」

「ドロー自体は強いんだよね。何だかんだで研究力もあるのかな?」

267名無し-Red-市民-2:2017/09/02(土) 23:23:22 ID:78j79e/Q0
緑って自然の生物多様性がそのまま戦力になるんじゃないのかな
だからドロー自体は強いとおもう

268無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/02(土) 23:27:44 ID:NLALALIs0
>>206

                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \           /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ   ヽ、_,,..、 ´ /   / V  /l .ハ ',
             ヽ! .\{   Vヽ!\∧ハハ 厶イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
                         ',         ヽ
                           }      _,,,... -‐ 、
                           /_,,..  /      ヽ
                     /´    /         ヽ
                         /   __./          ヽ
                   / ̄ ̄  /


>As Foretold / 予言により (2)(青)

「基本的には水天日光天照八野鎮石(キャス狐さんの鏡)と同じく」

「マナコストを踏み倒すエンチャント(結界)だ」

「マナコストのほかに、待機呪文を無理やり唱えることで待機時間を踏み倒す、とかもできる」

「《祖先の幻視》とか《均衡の復元》とかね!」

祖先の幻視:3枚ドロー。強い

均衡の復元:土地、クリーチャー、手札を「平等」にする。多い分は強制的に生贄

269無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:07:25 ID:pnEGAqCI0
>>211
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「全員黒単は怖いかな?僕が言うのも何だけど、黒の対抗色は黒だし」

「後者は良さそうだ。青あたりを入れれば研究で団結できるだろうしね」

ただしやり過ぎると文明の個性が飛ぶのでご注意を。

270無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:11:52 ID:pnEGAqCI0
>>213
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「それは有用だね!」

「托鉢する者あたりも良いかもしれない!」


Alms Collector / 托鉢する者 (3)(白)
クリーチャー ? 猫(Cat) クレリック(Cleric)

瞬速
対戦相手1人がカードを2枚以上引くなら、代わりにあなたとそのプレイヤーはそれぞれカードを1枚引く。
3/4

ドロー置換は割りと研究抑制に有用である。

問題は、ローマの研究も公開されることだが・・・

271無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:13:52 ID:pnEGAqCI0
>>267
                  __
              _ - ´: : : : :` ー 、
            /: : : : : :.:.ヽ: : : : : ::.:.:.:\\
           /: : : : : : : : :.:.ヘ: :. : : : : : .:.:.ヽ.:\
          '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ.: !: : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:....:.:.:..:./.:.;.': /l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : ::.:___イ.:/;/Vく : :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :∠rテテミ  tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : :弋弋zソ ヽ jⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
                   |     ユ、l../
                  |     l ハ'′

「ああ。なるほど。生物学者的な意味合いか・・・」

「なら研究力強くても当然ではあるかな?」

272無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:14:31 ID:pnEGAqCI0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成

273名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 00:17:16 ID:p9ZOXKQE0
五色の社交界(GM枠)

274無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:21:54 ID:pnEGAqCI0
                     __
                   ィ:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                  /:/ ニニニ\:.:.:.\
                     /:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.rヘ:.ヽ
                 厶i:.:.:.|:〈:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:∨\:.
     )              i/イ:_:!:|爪:.:.:.:.:.l:斗:l:.:|\/:i
  (`メ、            〈/」!:.V「ヾ|\:Xソ lル:ハ:.:.:.:!
    .)            |:.:.|:.:{ 一'    ー‐|:.:|イ:.:l:.|
  (`メ、           |:.:.l::込、 r‐┐ u.从|:.:.:.l:.|
      )            )ハl:.:.:.:.:> 二 イ:.l:.:|:.:.ノ:リ
     r─‐n 、      .ィi:「:乂:/┘   V: :〕ド<
.   {! `て八 \_    /│: : : : i ====ミ: : : : i:i ハ
    し′  ̄レi:i:i:i彡、   / :|:i:i: : : :!    .′: : :i:iリ  、
          {` ̄   \′ Ⅵ: : : :!   /: : : : i:/   \
        ゝ     }  /トi:i: : :| m .′: : /イ、    丶
         \     / ! ヾi:∧ ./: : : イ/ l \      .
             ー一     ゚, \: V: :/イ ノ   /'⌒   /

【五色の社交界にて】

「機械帝国マジヤバイ。何とかしましょう。ね?」

↑ローマから子宇宙技術を貰って、ローマと同じく本国はステルス中。

機械帝国の脅威を食らっているのは被害担当のダミー用宇宙なのだが、

日本人なのでダミーといえども内政の手は抜けず、

気付くと機会帝国とのマッチポンプなはずの戦争に全力になっていた。

275無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:24:24 ID:pnEGAqCI0
                             /      `  {     \
                          ,            |       \
                       /              |i          i
                       / /              八          |
                     / /   _{  i    _i_   \   i    |
                     ノイi  (爪八  i{   |ヽ八`   \i{     |
                        八  )ィ灯汽八. ィ灯汽ヽ i{   \   |
                          {  )}レ'   辷.ソ ヽ i 辷.ソ 〉 八       !
                       /八(∧   '  ノ  厶イ  i{ヽ  \
                       />--<⌒ 、   、 _   ( ノ  八     \
                   /ソ      ヾ≧..... _ .イ ヽ, /  ヽ
                  r‐く〈 こーくこ〈_ノV〉 ̄`Y´r/.:/:.:/_:_
                  |:YYY ̄ ̄`7:i !从.:\:.:.:.:| :/:./イ ||| ̄ ̄`i! \
                    ノ:!| | |::::::::::::::i:.:!。j。j。j`ヾ: :.〈/!:/:.:.:|。l。l。l:.:.:.:.:.:.:il   )   ノ
                 ∨///::::::::::::::::V:.:.:У:/`ヾ:.:.:ji.リ:.:.:.:ヽ`ヾj≧x、、》/  /
                   //;77====≦/: :/:.:.:.:.:.`ヾ!i:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.\:.:.:.:..(  /
                  ,イ////:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./:.:r-:,'---┐:.:.:.!i:.:┌---ー┐∨ . ヽ(.、
.               /:.////:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.{:.:.:Vニニニ」:.:.:.:.{{:.:.:Vニニニ」:.:.}:.:.:.:.:.:.∧
.           /:./////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:∧:.:.:ヽ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.人____:.:.:.\
.             /イ:.ハ//.:.:.:.:.:.:.:.: : :l:.:/ヾ、、:Y:.:.:.:.:.:/:.jj:.:.:.:.:.:イ:.:..<:.:.:.:.:.:.:.:`ヾハ
           |′Ⅵヘ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノノ   i:.:.:.ー{-<:.:.:.:.ii:.:.:.:, -<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. x≦ノ
              `>───く    }:.:.:.:.:j:.:.:.:.r-<:/: : . . . `ヾ.:.:.:.:.:|三三三三三ヘ
                  /三三三三 |   〈::ト/⌒ ー'>:.´: : : : : : : . . . :Ⅵ:: |三三三三三=ヘ
              /三三三三ニ:|   /::::〈 〈. >:´ . . : : : : : : : : : . . . :Ⅵ:|三三三三三三ヘ
                /三三三三三 |:/:.:.:.:.:.:._>: : : . . : : : : : : : ヾ; : : . . . : Ⅵ三三三三三三=ヘ
            /三三三三三ニ:|\:.:.:.:.://: : . . : : : : .:.:.:. : : .:.:.:.:. . . . . .:ヘ!三三三三三三ニヘ
              /三三三三三三 |ノ⌒Y: /: . . : : :/ ̄ ̄ヾ: : : : :.:.:.: : : : : : ',三三三三三三三_ヘ
          /三三三三三三ニ:|:://:.:.i : : : : : ': : : : : : : ', : : : : : : : : : : : ∨三三三三三三ニヘ
            /三三三三三三三 |:://:.:.:.:! : : : : :i : : : : : : : :.', : : : : : : : : : : : ∨三三三三三三三ヘ
.           /三三三三三三三ニ:|Ⅳ:.:.:.:/: : : : : j! : : : : : : : : ',:.: : : : : : : : : : :.:∨三三三三三ニニ=ヘ

「ええ、私も賛同します!」

↑同じく。まあ開拓者ラッシュを吐き出すのが歴史心理学的に好都合と言うのもある。

276名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 00:27:19 ID:BhNRhX/20
管理局が機械帝国を叩くのは実際おかしくない

277無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:29:01 ID:pnEGAqCI0
       \ーヽ: : : :\ : : : : :VV: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : ー-. . . _
        __ヽ: : :⌒ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
        \ : : : : : : /`丶、 : : : :, :  -‐=ァ : : : : :: : : : : : : : : ー=ニ二∠ _
         \: : : :/     `'"´     /: :_/ : // : : : : : : : : : : : : :<
          >: ト、           /"´ // / : : : : : : : : : : : : : : <`
.       / /: ハ \          /  厶イ : : : : : : : : : : : : : :/
         /: : : }〃r心  、 、_  -‐===‐-  | : : : : : : : : : : : : :く
           . :/Vハヽ弋::ハ      〃゙て心、__  ; : : : : : : : : : : : : : : :\
           l/   }   ̄ 〉      弋:::ノ ´ / : : : /^Y: : : : :<  ̄ ̄
                {   /        ̄  厶: :ハん }: : :-=二 `ヽ
                   ヽ 、           l/ し'∠ニ=-‐ ´
                                  _ .イ
                '.、 `r‐-  _          / 「 : |
                 \      `       /   |八|
                 \        イ   ├-、
              ___/ ヽ.  -=≦:. :      ∨ \
             /   /    |::::::::.:.: : .    /     \
          /   / }      |:::::.: : : .   /       〉、

「早くなんとかしてくれ?!」

まあ黒幕勢はまだ余裕があった。

被害を受けているのはダミー宇宙だし、仮に本国が攻められたにしても超文明。対抗はいくらでもできる!

だが、ダミーも無く本国が被害に直面している国、その中でもとりわけ国力の無い国は悲惨である!

もっと言うと、機械文明アレルギーになっているゼーガペインの悲鳴は物凄いものであった!

278無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:33:36 ID:pnEGAqCI0
                ___
          ___ >.:´.:.:.:.:.:/:.:.:.>...、
          `マミー- 、__/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.`:.<
           /:.:.ヽ//////ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:∨////ノ|:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.',
           ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧=≦.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.i
        ,:.:.:.:.:!:.:.:.:!.:.:.:.;.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:./:.:./ }:.:.:.:.}
        |:.:.:.:.;:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:/- リ:.:.:/
        |:.:.:/:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|/  /j/
        |:.:/:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.| マ=z  乂
          ,:./:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:!     /
        从幺斗爻ダニク从ミ:.:.:.:.:.:.|  ___ ′
       、_爻//////////////爻ィ:.:.:!  ー/
      乂//////////////////レ:.:!_ ィ.、
      炎///////////////////く:.{:.:.:.:.{//爻
      イ////////////////////乂 、:.:.:.V//从
     /}/////////////////////爻 \:.:.\//ミ
     ,:.:.从///////////////////个  r≦三ミ ̄ '' <
    ,:.:.:.爻///////从爻: `ヽ从//从::\ー- 、      >爻イ
    {:.:.:.:.ル///////{: : : : : : :}:::::!爻: :ヽ::::\ _`'' < 爻////ミ
     !:.:.:.:.:レヘ爻从V:::.、: : : :/::::::i: : : : : :\::::::::::::::::::::::::\////,ミ
     ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧::::::::::::\/::::::::::|: : : : : : : :.ー-==t=r .: : ',∨从
      ヽト}:.:.',:.:.:.:∧::::::::::::|: :\::::::!: : : : : : : : : : : : : :}::}: : : :}:}: : i
       !:.:.',:.:.:.:.:ハ:::::::::::i: : : :ヽ:::i!: : : : : : : : : : : : :.|::|: : : :リ、: :|
       |:.:.:.',.:.:.:.:∧::::::::{: : : : :|::::',: : : : : : : : : : : :/::/: : :/:::::::::{
       j/}:.:ハ:.:.::i:∧:::::::ヽ: : : !:::::',ミ:.、: : : : : : //: :イ::::::::/ !
        j/  \{:.∧::::::::::\/:::::::ヽ: :≧===≦r''i:´:::::::::::::〈 : ;
                 ハ::::::::::::{: : :\:::\: : : |::|: : ! {:::::::::::::::::::ヽ!

「ええ、皆さんの言うことは逐一ごもっとも」

「とは言え管理局もミッド本土の守りを薄くしてでも」

「ボウケンジャーを派遣するなど精一杯の努力はしております」

279無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:36:36 ID:pnEGAqCI0
.  /.:: : : : :: : : :. : : : : : : : : : : .: : : : : : : : : : : : : i : : : : : : .ヽ
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.{: : : : : : : : :: : : .: : |: : : : : : : . i
./ . : : : :.: : : : : : : | :.: : : :i : : :\ : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : }
{..: : :. : : : . | : i:i : :| : : : : |: : : : : \:_:_:_: : : : : : : },-、: : : : : /
.\: : : : : : :| :.i:i. .:.| : : : : |: : : ._:_:_, -‐ ''7: : : : ./斥 Y: : . /
.  \: : : : :{_:从_:_{ : : : : {ノr弋 fj ノ   / \: : / ハ リ } . ./
.   \: : .ト、弋fj乂: : : ヽヽ___ _    }:/ ツ ./: ./
     \}  ̄ ̄/\: : : \        !  /: : ./
       `i   /    ̄ ̄          |‐-く: : : :/
        ヽ  ヽ     ,        ノ  |: : : :/
         \   ̄ ̄       ./   |_:_:_/
          \         /.     | ) .}
            \      /    _,<  |
             \_ _/  _,<     |
                  | \__ _,<.          |
                  |   |||            ヽ_
          _ニ=|   |||          _,<   ̄
. ┌ ─-‐=ニ  ̄    \ .|||        _,<


「まず管理局の献身には感謝しよう」

「わが国の国土が守られているのは管理局員のお陰だ」

「だが同時に、現状の領土を守るだけでも手一杯であるとも言える」

「一方で機械帝国は我らと戦いながら同時に開拓と勢力拡張を続けている」

「このままではジリープアーだ!」

「この際悪手でも構わない!事態を打開できる何らかの方策が必要だろう!」

280無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:45:18 ID:pnEGAqCI0

            ′: : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
           ′: : : : : ::/: : : : : : : : :/: : : : : :/ ', : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :.
             / : : : : : : ::′:: :: :: : : ::/: : : : :/  ', : : : : : :ト, : : : : : : : : : : :: : ::l
          ′: : : : : : :′: : : : : : :/: : : /    ∨: : : : :| V: : : : : : ', : : : :: ::|
           ': : : : : : : :,' : : : : : : : :′:/斗-──-', : : :ト | \: : : : : }: : : : : :|
          ′:: : : : : ::|: : : : : : : : ,'/´  ____  V: ::|V    X: : : :|:: :: :: :::|
            ′: : : : : : :|: : : : : : : ::レ'  x≦=≠ミ、  ヘ: :|   /---ヽ: ::|: : : :/::′
         l: : : : : : : : :|: : : : : : : ::|  /ん_) ハ     ∨  'x斥癶 ∨: : :/:/
         |:: :: :: :: : : ::|: : : : : : : ::|   弋  ゚ ノ        ん。 ;} 〉 〉: /´
         |:: :: :: :: : : ::|: : : : : : : ::|    ` ´         乂シ  /:イ
         ..: : : : : : : : ::|: : : : : : : ::|               l     ,′:|
        ,′: : : : : : : ::|: : : : : : : ::|                  ∧: ::!
        ,′:: :: : : : : : ::|: : : : : : : ::|                 ∧: : :|
       ,′: : : : : : : : : ;',:: :: :: :: :: :|                  ∧::::: ::|
       ,′: : : : : : : : : : ::',:: :: :: :: :::|\       、 つ      /: : : : ::|
      /: : : : : : : : : : : : : ::, : : : : : :|i;  > 、          イ: : : : : : : :|
      ,′: : : : : : : : : : : : :∧: : : :: ::|:l    >      <: : : : |:: :: :: :: ::|
      / : : : : : : : : : : : : : : ::∧::: :: :::|:i!ー`7-ーァ__,` ーイ:: :: :: :: :: ::|:: :: :: :: ::|
     ,′: : : : : : : : : : : : : :: :::∧: : : :|:∧ ー--' ノ/二7}: : :: :: :: ::|:: :: :: :: ::|
     /: : : : : : : : : : : : : : : :: :: ::∧::: ::|: :∧     T´ ]::: :: :: ::: :::|:: :: :: :: ::|

「・・・おっしゃるような悪手でよければ、いくつか手は無いでもありません」

「管理局はボウケンジャーや、それに準じる魔法少女を中心とした」

「少数精鋭・機動力重視の軍を編成しております」

「基本的には軍隊と言うよりもむしろ、広い多元宇宙を駆け回って火消しを行うための消防隊のようなものです」

リリなの管理局の「海」に近いわけだ。

「少数精鋭故に、その本領は攻勢。防御には不向きです」

「いえ、一箇所だけなら守れましょうが、複数拠点を攻められた時に総ての拠点を同時に守ることができないのです」

「とりわけ、そのような複数拠点の同時攻略を可能とするほどの圧倒的物量を持った敵国相手に防衛戦をすればどうしても劣勢となってしまいます」

281無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:47:58 ID:pnEGAqCI0
      /                                ハ    ヽ  :..  ハ
     /                                 ハ    ヽ  ::i:. ハ
    /                       ./ /:::         ::l:    ハ  ::l:i.:.ハ
    /                       / /:::          ::l:    ハ  |:::l:: ハ
   /  l     l               / /::::           ::l:     ハ  ::l:i.:.ハ
   l  l     l               / /::::::           ::l::      l  ::l:i.:. l
   l  l     l              /  /l::::::::        ::    ::l:::     l  ::l:i.:. l
   l  l     l            / ---十-、_        ::   ::l::::     l  ::l:i.:.. l
   l  l     l          /l/   レ´/        ::   ::l::::  __/  :::l:::::l::: l
   l  l     lゝ、       /===ニニニニ7 _  /::    /:::  /  //:::::::. ::....:::l:::::l::: l
    \l\    l「;:ヽ    / ´ヘゝ゚::::::::/ソ´/´  /:::    /::::_/-‐´/:i::::::::::. ::....:::l:::::l::: l
       \   lヽ=\/   --`二´∠//   /  .__,,..-‐''´/ /:::!:::i::::::::::. ::....:::l:::::l::: l
        l\  .l               /   / ./´    / /ヽ:!:::!:::i::::::::::. ::. ...:::l:::::l::l
        l  \ l              /  /´     / / /:..:.!:::!:::i::::::::::. ::. ...:::l:::::l:::l
         l   l  /:          /,.イ´      / /  イ:.:.:.:.!:::!:::i::::::::::. ::.  ...:::l:::::l:::l
         l   l               l      //_,,..''´ l:.:.:.:.:.!:::!:::i::::::::::. ::.  ...:::l:::::l::: l
         l   ヽ              l      /´l     l:.:.:.:.:.!:::!:::i::::::::::. ::.  ....:::l:::::l::: l
         l    l\  ー‐`       /     /  l ̄ ̄ ̄`゙ー、:..!:::!:::i::::::::::. ::::.  ....:::l:::::l::: l
         l    l  ヽ  -        l     /  l      丿:..!:::!:::i::::::::::. :::::.  ....:::l:::::l::: l
          l   l   ヽ       __/l    /   l__,,..-‐''´∥:.:.!:::!:::i::::::::::. ::::::.  ....:::l:::::l::: l
          l   l_,,..-‐''´ヽ__,,..-‐''´ /    /-‐''´ ̄      ∥:.:.!:::!:::i::::::::::. ::::::::.  ....:::l:::::l::: l
          l  <        _,,..-l‐''/    /           ∥:.:.!:::!:::i::::::::::. ::::::::::.  ....:::l:::::l::: l
          l  ヘ ̄`‐‐‐''´ ̄    /    /            ∥:.:.!:::!:::i::::::::::. ::::::::::.  ....:::l:::::l::: l
          l   ∥         /    /            ∥:.:.!:::!:::i::::::::::. ::::::::::.  ....:::l:::::l::: l

「そうなのですか?」

「劣勢と言いつつ、あのBETA相手に防衛戦を維持できている時点で」

「我らには十分な防衛力に思えるのですが」

経験者の言葉は重い。

282無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 00:52:56 ID:pnEGAqCI0
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『機動力と直接戦闘力には優れた少数精鋭部隊』

『だが物量が足りないから、複数拠点を守らなきゃいけない防衛戦には向いてない』

『それでもなお国を守らなきゃいけないとき』

『研究班諸君ならどうする?』

283名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 00:55:07 ID:BhNRhX/20
頭を潰しにいこう、斬首戦術だ

284無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:01:15 ID:pnEGAqCI0
>>283
                       -=ーミ、
                       ___\::ヽ-==ミ、
                    .   ´:::::::::::::::::::::::::`丶
             .   '´,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,  ´::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、::::::::,
        / ィ::::::::::::|i::::::::::::::i::::::::::i::::::::: i:l:|::::::::i
      /'´  / ::::::::: 八::::::::::::|、::::::|::::::::::川::i: 八
         /::::::::::::::-‐ミ、::::::i >-|― i::: |:!:ト、ト\
          /::::::∧:i:::::::::|. \::::'.   .|∧{リィ从| i、
        .i∧: i }|ヽ::::::x=ミ\', xォzミx   .ィi ヽ.
        .| '.::| 从 }イ〝 ゞ' ,   ‘¨¨’ 厂Vム. i
.        | '.| `\!人ム `____,   '   V ∧
            \    ノ> .`¨´ イ   ./ /ニ.\
                 /_八V.]丁i  ,, '  ∠二二. \
               ./二二ム.寸 .レ'´  x<.二二二二 \
                V二二.心 寸 rf .二二二二二二二 〉
               寸二二 心}}ノ二二二二二≠二二7
                }二マ二二O 二二二二Ζ二二 7
                 寸.ハ二二二二二二 Z二二二.]
                   V.ハ二二二二二二}!二二二ム、
                 .}二!二 O二二二《.}}二二二.〉.≫i
                  ノ二l二二二二二]` == 三 = " !
                 」二「、二二二二コ!  === 副会|
                ,ノ二Z 二O 二二二 >-r====r  ´
              ∠二爪二二二二二≠二/!二二,オ
            x< 二 fヘ二二二二二二二.〈. V 二 .ム
         r<二二. <!二二O二二二二二,入 V 二 .ム、
.       .  ┴ 、.寸「二二 、 二二二二二二二 ∧ V二二ハ
        /  /  .} H二二二 O 二二二二二二∧ V二二. >、
      .〈/,    人_.H二二二入 二二二二二二二 〉 V二二二>、
.     // / /./   ∧二二Ζ二寸二二二二二 .ア  V二>-t-:ミ,
.      〈/ / //   ,ハ∧二Z二二 寸二二二>'ア    V.7   ¨='ミ、
.      L/_/イ   .'二二マ二二二!二寸><二.′    V:ハ   i  、 ヽ
              ,'二二二二二ア゙V 二二二二'      └ ヘ ノ    廴〉
             .'二二二二.ア   i二二二二.′       ' 、   .i
            .'二二二 ア     .| .二二二7           '. '. ' i.|
           .'二二二7       |二二二 .′            ', '. ' l. |
         ノ二二二7        .|二二二 i              '._l_l l |
        _」 二二二|      八二二 {             `^’
        }二二二二ノ      .'二二二 ハ
         /二二二 ア         V二二二.7
.       /二二二ア        ノ二二二 {
      __ノ二二二7        〈二二二二!
    ノ二二二二7          )二二二7

『そうだね!』

『バーンちゃんが考えているのはその類のことなのさ!』

285名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 01:06:08 ID:BhNRhX/20
スパロボ自軍とかRーTypeタクティクスの提督が得意とする敵中枢への突貫だ!

286無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:11:44 ID:pnEGAqCI0
                    __
         ____     >.:´:.:.:.:.:.:`:.<
        ´⌒ヽ//\ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    __
             \//`ー/:.:.:.:./:.:./{:.:.:i:.:.:.:.:.',_,ィ///>
            乂///:.:.:.:./:./, |:.:.i!:.:.:i:.:.:}///
                i.:.:.|:.:.:.:.i/-- ' j:ハ{ヽ:.:|:.:.|/
             ,:.:.:.|:.:.:.:.| ≡  ≡V.:.:.;
               /:.:.:.:|:.:.:.:.|, , ,    , ,i:.:./
             }V、.:.:.:.:|:.:.:.:.|    3  ィ.:/
       乂ーイ/////,|:.:.:.:.| > --<:.:/_____ .ィ
         >///////|:.:.:.:.|、 ////.:./////乂
     、__,.ィ/////////ノ!:.:.:.:|ー{///:.:////////`ーァ
      >//////// |:.ハ:.:! ´ ∨://////////
     乂///////   j/ }/   }:.{ V///////ヽ
      //////!.     У   j/ ∨//////∧
      ⌒////ヾミ=-- ..、/       }//////{⌒゙
       .{/ |:{: {{: : : : :`ヾf==== =彡i/////トヾ
           |::. :i!: : : : : :{{: : : : : : : :}}: :. ハ///,人
         i:::ヾ: : : : : :人: : : : : : 〃: /::::::/
         }:::::::`i ¨¨´芥.>==- '-彡:::::::′
         i::::::::::|: : : :ムム: : : : }}: :/:::::::::i
         |::::::::::|: : : : :||: : : : :リ: ,::::::::::::;
         i:::::::::::!: : : :.:||: : : :/: :.{::::::::::/

「それは機動防御・・・ようするに戦術レベルでの攻勢を」

「戦略レベルでの防衛力に転化して誤魔化しているだけです」

電撃戦も機動防御も、戦場を動き回って自分から敵に近づいて殴る機動戦であることには変わりない。

電撃戦にせよ機動防御にせよ、機動戦は戦術レベルでは攻勢なのだ。

ただ、敵領土でやるか自領土内でやるかの違いでしかない。

自領土内で機動戦を行う場合、それは結果として侵略者の撃退になるため、戦略レベルでは「防衛」と名前がつくだけである。

「お陰できっちりと対価も支払っています」

「数の少なさを機動戦で賄う分」

「機動力が各拠点への援軍で消費されてしまいますし」

「兵器や人員も酷使されますから」

「攻勢に出る余力が減っていますしね」

企業で言えば、人手不足だからと、物凄い勢いで長時間労働と出張が続いているようなものだ。

いかな少数精鋭であろうと、そんなことをしていたら疲労困憊だろう?


「故に、これをなんとかして」

「少数精鋭部隊を攻勢に回し」

「断首作戦等を試みる!」

「活路はそこしかないでしょう」

287無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:15:13 ID:pnEGAqCI0
  -f-―''"´      ヽ /     l /_,,,....-―弌 |―'、  ',   ヽ
.   j          _,リ-―‐''"´'´        ヾ  ヽ  !    ',
   ,'    __,,..-――r===ニ;:―r-..,,_          ', !    ',
   ! _,.-'"7 /  ,ィ! |''" ̄`''‐- 、ヽ',  ハ`T''‐-..,,_    ', l!    '、
   'f'/ / / , ' lヽ| ,.ィ≡テfミ、ヾ`l  l ヽ!‐==ミr、_,ハ!| 、   ヽ
   //, ' _ / /  l 〃{l ノ::::) `   '、 /  ,.ィ≡テミ、 ヽ |   !`丶、 ヽ
  l/' /  '´    | ` ゞ=''-    `   ´{_ノ::)ヾ! !/   ヽ   `¨゙`
  /;ィ/        !         ::::::::.ヽ ゞ=く_ '´/  ,.::、   '、
  7//   ,|     '、            ,     ノ_,/  |\  ヽ
../ !   /-!  ヽ   ',           ′   '´7    ! `丶、 \
´ ,.ィ|  /   !   ト、  '、        __,.::_       /     !    `''‐ `
'´ / |  /   '、   ト、\ ヽ      ´゙ー''`   / 、    l
 / ', /   ,,..'、  ! `ヾ``       ̄   /  | \  |
../  /`|  |  ヽ  !―‐`=:;_       /   !  |  ヽ  !
l /  ', | /   \'、     `7‐..,,,__,.ィ´  / ハ |  ヽ |
l/  _ヽハ!_     ``      !  /  ブ/l /  ', !    ヽ!
_,.‐''´   ̄ ̄`''‐、         {  /  ,.イ'´〃   ヽ',
           `丶、     | / / /  /     `
             \    ∨/  /
               \   ヾ  /
                ヽ   \ヾ'、

【スパロボα文明人】

「わかる」

↑αナンバーズも攻勢任務では滅茶苦茶強いのに、防衛線には不向き。オーブを守り切れなかったり、機界原種を素通しにしちゃったりとろくなことがない。

「終焉の銀河から」にもそう書いてある。

288無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:17:33 ID:pnEGAqCI0
.      /..:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.: //| .:i|:.:.:.:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l
     / .:.: //.:|.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/|.:.:.:.:.:.:.:.:// :| :八 .: |.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
.    /.: / /.:. | .:.:.:.: /.:.:.:/ :| .:.:.:.:.: //  |/  \|\ :.: | .:.: | .:.:.:.:.:.:l
   //  / .:.: |.:.:.:.:/|_/  |:.:.:.:.: //_..  -‐…¬冖\|:.l : |:.:.:.:.:| : l
       /.:.:.:.:.:| .: / 」_≧ミメ|.:.:.:.://^'ー彡'^云ぅ㍉   |:l\|ヽ.: i|:.:.:|
.      | :/| :/| :∧ :|/^Vソ| .: //      ^'ー'゙     |l∧  }.:|i|\|
.      |/ :|/ :|∧∧    | :/                 |) ノ /: |i|
.            |: 〉∧    ノ/}                  _ / .:.Ν
.            |/^\     {              /l | | .:.:.: |
.              l |`、                  / :l | | .:.:.: |
.              l | l`、   __        /  l | | .:.:.: |〉\
.              l | l:.`、  ‐---  ̄    /   l_|ノ.:.:.:.: |∧:..\
              ゝ-l:. `、           /    /.:.:.:.:.:.:./|/} :.:. \
                  |/.:.: \     _.        /.:.:.:.:.:.:.//|¨´ :.:.:.:.:.: \
            __/.:.:.:.:.:l  ̄ ̄       / /.: /.:.:. /∧| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: `、
.           //  ∠/ イ.:.:.: l           / / イ.:.:.:.//   `゙'<~ ̄ ̄\',
.     _/ ̄  /  /    :| .: / l          /    | .: //      >'゙   \_
  /  /    /  /     | :/ ノ         /     :| ://    、ヽ`        \\

「わかる」

↑シンドバッド王も強大な部下と自分自身という戦力を抱えたまま、国を滅ぼされたことがある。

少数が強いだけでは、国土や民衆を守りきるのは難しいのだ。

289無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:19:27 ID:pnEGAqCI0
                , --──‐-- 、
              / l / ̄ ̄\ l \
              /  | l_/二ヽ_l |  \
            |    l   (  )   l     |
            │    \   ̄  /    |
          , イ,二`)´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽノ
      / , <ヽ,、_________ノ ̄>
     / ,へ_ノ<_// n、X,ィ   ノアnく |   \
    l   ヒソ ハn| | ト1l  |  ,/´l ト1│h、     \
    |    ノ トl| l__U_j  レ   l_U__l |l'j    ∠´
    〈____,ノ `>ヽl  N   〈!   N  レ'     /
   〈    ,ノ∠___〉、    ー─‐'   へ  _/
.   /` ̄7   , <  丶、       ,/  、ー`
.   /   ム-<   ヽ. \ ` ー ,<、 ̄l ̄
  /    l   ヽ \  \ \ヽ,ハ / ヘ、
. /    l、   ヽ  l\   ヽ //   , へ 、
 l     l l    |  l  i ヽ__V,/_, へ   ト、
 〉   ノ |    |  |   l     0 ト 、 ヽ. l〈
 ヽ____/   / /  /    ̄ ̄ ̄  l   l | |
   \∠__/ /  /          l.  | | |
      / ハ /  /            l. | |│
     / /  ∨`V                レ'__」│

「妥当な方針じゃないか?」

↑ポケモンマスター+6体のポケモンだけの超少数精鋭で世界とか救ってみせる人たち

「何でそれが悪手なんだ?」

290無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:21:18 ID:pnEGAqCI0
     __     ___       __
   <//ヽ∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.ヽ__ ノ//>
     \///:.:/:.:.:.j:.:.:.:.:.:.}:.:.:.V///
     ,':.:`i:.:.:i:.:/ ';.:.:.:.:.ト.:.:.:.i´i
      {:.::.:.|:.:.|/ ― ヽ:.:.:{-\:!:.:!
      |:.:.:.:|:.:.|  ●  \! ● l.:|
     |::.:.:.i:.:.|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:.:!
   i⌒ヽ:.:.:|::.:|         ノ:.|/⌒)
   ヽl|lllヽ:jハ:{ヽ、   __, イ:|ハl|lll /
    ∧|l||l炎爻ミY   :、  Y幺|l||lハ
     ( ⌒ );ミ}.}: :乂== ┴=ノミ.( ⌒ )

「・・・ボウケンジャーが攻勢に出るためには」

「防衛(機動防御)から抜けなければなりません。その穴はどうやって埋めます?」

各国指導者「あっ・・・」

291名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 01:24:58 ID:II6Npswc0
人手不足を解消するための人手を増やす人手が居ない。デスマーチ無限ループの典型例ィ!

292無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:28:46 ID:pnEGAqCI0


                               ___     , ' ⌒ヽ、
                         r‐ァ_'´        ` /、     ヽ
                       r‐ァ'´ ̄/  / /     / 、\      ',
                          _V   / / 〃/ /.:/:./l :i|:...lヽ:::ヽ    ',
                        〈i/::.  /  l::. |l:.l::ハ、l::..l;;l::i|::::l:.:',::::::',     !
                        ハi:::::... l .::. l:::..|トiVィ= 、:ト、l:i|::l:lハ:l:::l:::l、  ノ
                      ヽiト、/^l l:::. ',::::Vト代zj ヾ l::ハlノ .リ:::!、:l \
                       /lヽl <l::l ::.. ',:::l   ヾl   jノ ',.- ル':i N
     }}ーz、ハ  _l⌒l、          ヽミヽ l::l:. :::...ヽl\     {iカハ:l
    、_,{{ v }{ `t.r' |: : | ',        └ ミ.l:ハ:::::.. .:ヽ\     〉':::...ヽ
    ヽ}t、  ^ / |: : |_,ヽ    _,.  ',.ィ´  ̄ `ヽ ::::::.ヽ ヽ ̄ ` イ:.:.:l:.:.:l:..\
.   z、ハ{ハ. _,ハ:::zL イ :::::}  r ' zZ三l l三三ミ、:::.', l::::l:', l / N、:.l、:.:l:.ヽ:.',
    }}^=V Yヽ:::::l: lミ彡!:::、::: ー 、 //三U z、三ミミ',:::l |l:::N ¨´..:::::::> }:.l ヽl:::lV
. Z^^´  `  ヽ:ヽ::l/==ミ{ :.'^iT '''´_,/,. -─- 、ヽ:i:i:i:',::lノlノ::ii\\/ヽ ,ル' _Vi:|
 ft `   _  lヽ_〉 |i::i| :::: //`ヽ、:..─‐--....i:i ||:i:i:i:}',lV/^ー^ヽ VハVス ─ 、ルヽ、
 _,.ミz    }}::`{ヽ\|i::i| __// ::::::::::i},::::::::::::::: i:i ||///;;;〉':.    \:::::::::>   \::::\
〈< tュ   rヘヽ:::ヽ:` |i::i|.。| | ::::::::::::iハ ,zi :::::/i:〃/;;;/ :::::    、_ V´i:i:i:|   ヽ::::::\
 Z、__,. z≧、::<二 |i::i| __〉〉:::::::;;;;;;;/:::::::, イ 二彡イ/ :::,   '´  ̄ ヽ`ヽ丶:|    V  ̄
    弋ー‐ //:::::: |i::i| z'/;;;;;;;;;;;/- '   l;;;;;;;;;;;;;〃/        ', .Vi'^ヽ
     \/イ_,.. }}三{{ ` ー '´      l;;;;;;;;;;//     . . . . : : : : l: : i}: : . .\
        ̄    /ハヽ           、;;;;;;//;; ,. - ,.z、 : : : : : : / : / : : : : l l
       ,ヘ  //i:i:iヽヽ         ヽ;l l; //:::::::://ヽ;;;;;;; _,.∠、丶 : //
        |::::i:iミ マ:i:i:iZ>|             V i/::::::::::://:::Oエ -‐ - X^Y´

ここで古代ローマの軍制について少し触れておこう。

古代ローマは侵略によって拡張し、カルタゴやエジプトなどを併呑して、

ヨーロッパ&地中海世界の覇者となった。

ここまで行くともはや帝国は十分大きい。大きすぎて統治に支障が出るレベルである。

ならばこれ以上の侵略拡張は不要である。

むしろ今まで獲得した国土を守ることが重要だ。

「帝政期」と呼ばれる皇帝たちの時代は、「帝政」という響きとは裏腹に、

「侵略」よりはむしろ「防衛戦」に専念していた時代であったのだ!

293名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 01:35:05 ID:II6Npswc0
ローマといえば道路?

294無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:39:38 ID:pnEGAqCI0
 ..Ⅷ〕           >''´=ー=ニ二}is、
  . Ⅷ〕             /イ:.:i:.:.:i:.:.:.:.:.ゝイト、i
.  . Ⅷ〕         i:.:.i:.:.i.i:.:i:.:i:.:i:.:i.i|:.iヾi!
 .  Ⅷ〕            i:.:.{:.:从:.:.:i:.:iノ从:.:i:.∧
   >ーv。      ノi:.:.',笂リヽiノ笠トi:.:i:.:.(i、
   /:.:≦ゝ,      /{ i:.:∧      /:.:i:.:.i/)
  {ト、:.┌.、)     ヾヽ'、:.:..ヽ ´‐` イ:.:.ノ:.:.i/{、
  |//i:.i 〕       ノ.ヾヽ:.:.ミ≦/:.ノ:.{ ヽ//i{
  |/∧:Ⅷ〕    ,ィ〈マ、/:.:∨}ノ//.{/:.:.∧ //ゝ,
  |ヽ//.Ⅷ〕>''´ ,。ヾ:.:.:.:.}ノ.i/// )イ´:.:乂≧s。,,。戈  ,、
  |//∧.Ⅷ〕>''´:.:./=<:.:.:.:.:.i//:.:.:.:.:._ヾ//}is。''<、/ノ'´
  .i //∧Ⅷ〕 }ノ:.//////}is((Y))'´ ////∧ゝー,。、''<'<>'´
   i!////.};;; ヽ、:.:{/////////:.{//////// }:.:.,ィゝ、〕ト、_ヽイ
   .∨//ノ;;;;;;ノ }is。,,,__//>´:.:∨///// >''´))ゝ、_ヾイ
    ∨-=ゝ''''''''フ、,。イ():.:.:.:.i:.:.:.:ヾ>''´ト、、イ////./、
    ゝ=ィ 、ヽ i! {_(_:.:.:.:.:.|iヾvr >''´=ィゝ''´:.:.://///i!:.:}
      〈''´ i!  /〉:.:.:.|i>''´))、ゝ''´/∧:.:.:.{/////i:.:i
       .∨ i! .∥>''´{{>'イヾ、:.:.∨/∧:.:.ゝニ=-'ヾi
        ∨..i! ∧ >'´:.:.:.i:.:.:.:.ヾv。、///ヽ,:.:.:.:.:.:.:.:∧
       .>}  i! i{///:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.`<○ニニ}is。:.:.:.:.:∧
   ,。、イ:.:.:.,.∨ i! i!´`ヾヽ,:.',:.:.:.>''´/===ミ:.ヾ ∧:.:.:.:.:..\
 ,ィヾ, ∨}ゞ'´:.:.:∨.i! .i!:.:.:.:.ヾ/ヽイ//:./:.:.:.:.:.:.ノi:.:.:∨\>==ミ
>''´__}┘:.:.:.:.// ∨ .i!:.:.:.:.:.:.ヾ///:.:/:.:.:.:.:/´:.:.:./======、:.:
__}┘:.i}:.:.:.:.:.//:.:.:.: i!  .i!:.:.:.:.:.:.:.ヾイi:i!:.:.//:.:.:.:.:./=ニニ=-、:.:))_
:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.//:.:.:.:.:.:. i!  .i!.>''´   .ⅵ/:./:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.}イ
:.:.:.:.:.:i!:.://:.:.:.:.:.:.:.>i!. .i!      マ:.:.{>''´{ヾ{、:.:.:.:.>'
:.:.:.:.:.i!//:.:.>''´    i!  i!      .∨i:.:.:.:.:.:.i!:.:.:./:.:./

その古代ローマ式防衛戦争の秘訣は、「補助兵」と「軍団兵」の組み合わせにある!

「補助兵」は現地の属州民で構成された部隊で、敵軍(主に蛮族)が攻め込んできた時に、

まず防衛の初動を担う。

ローマにとっても都合が良いが、補助兵にとってはまずもって「故郷を守る戦い」なのだ。

文句は無かったことだろう。

そうして「補助兵」が敵の足止め・時間稼ぎをしている間に、

ローマ市民から成る「軍団兵」が駆けつけて敵を撃破する。

こうした拠点防御・機動防御の組み合わせによって、

国土を蛮族に略奪されることもなく、「ローマによる平和」が保たれていたのだ!

295無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:41:46 ID:pnEGAqCI0
              ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
     ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                  ,.~^,.~^,.~^..~^      ザッ
                   ⌒vv⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、
                , '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ
ザッ           ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ
           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ__‐ '´ ̄ ̄`ヽ _‐ '´ ̄ ̄`ヽ    ザッ
         '´  ̄ ̄`ヽ、         '´  ̄ ̄`ヽ、          '´  ̄ ̄`ヽ、
      /   へ `ヽ ヽ \    /   へ `ヽ ヽ \    /   へ `ヽ ヽ \
    //, //  `ヽ ハ 、!ヽ  //, //  `ヽ ハ 、!ヽ  //, //  `ヽ ハ 、!ヽ
    〃 /ノ    `ヽ │! i!| 〃 /ノ    `ヽ │! i!| 〃 /ノ    `ヽ │! i!|
    !i!小l●    ● | l ii!|i!i| !i!小l●    ● | l ii!|i!i| !i!小l●    ● | l ii!|i!i|
    !ii⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|il|ノ!i! !ii⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|il|ノ!i! !ii⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|il|ノ!i!
 /⌒ヽi |ヘ   ゝ._)  |l!il/⌒i! ヽi |ヘ   ゝ._)  |l!il/⌒i!|!ヽi |ヘ   ゝ._)   |l!il/⌒i!|
 \  ヽ|iil>,、 __, イ|iil/  /!|  ヽ|iil>,、 __, イ|iil/  /i!|  ヽ|iil>,、 __, イ|iil/  /i!|
  \  |i!|      |iil  /i!ii| \ |i!|      |iil  /i!i!i|\  |i!|      |iil  /i!ii|
    |iヽ |ii|      |!il |!i!!i!| |iiヽ|ii|      |!il |!i!i!!| |iiヽ|ii|      |!il |!i!!i!|

「ご主人様をよこせー!」

今の管理局世界郡も、そうした古代ローマ式に近い戦術で推移していた。

まず機械帝国が侵略してくると・・・

296無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:43:40 ID:pnEGAqCI0
                                  ___
                               ,. <::::::::::::::::::::::ー==ミ
                           r--<:::::::>' ´ ̄ ̄`゙<:::::::::::\
                            i..   z=ニ二 ̄ ̄::::>x ヽ:::::::::::ヘ
                          /! /:/〃i:::::::::::::::::::::::::::\.i:::::i:::::∧
                          //y,'/::/::::/, !::::::::::::::::::V::::::::::::::::::i T_∧
                       /∨//7:::i::::/ ', i:::i、:::::::::::::∨:::::::::::::::i¬、 ¨T
  、  1 ,イハ              /::/::::V::::i:::ハ:/x=ミヘ',:{ \:::ト、:::::∨::i::::::::::iヘ yハ
`   \、ノし'/≧z _           ,'::/::://::::::|Ti {!i::沁ヾヽ  ヾ、\:::V:|::::::::::|__/ヽ',
  _)   て_三三三ニ=- __    }'´!:/〃::::/!:',.!  ヒzソ       イ:沁ヾY::::::::::!', Vム 'i
   つ、   (´三三三三三三三Y  __,. Ⅵ/|:::,'|ハ     ,   辷:ソ '7:::::::::7:::i V:| 〉
   /^Y⌒\三三三三三三三iL,__{イ´ヽ | Ⅵ !V八     ,==、   `¨´ '::::::::::/:::::| }:リ::|
.    ’ |     /三ニ}三三三ニリ、 \   i  'i | ヾ .ト、  !: : : }     /:::ri|=ミ、/ /' i:j
          ゞ=.r=マ≦ニニ/ヽ ハ ト、  |   i l / \ ー ' _,. ≦\ャノし //.',/ リ
             L.. }ニトz:Y ,イ  }| , |:/   , ',.iヘ、 :',  ̄:::―-=     て___i__
            弋_  ̄二フi|イ:!  || , i'    ,  i    ,. -厶斗_':vゝ、  (´:ヽi ̄
                L_ ̄_彡yi|ノ  , !冫 7    ', |ヘ    // .{ //`Y⌒`ヽ:::}
            弋_彡'ニi|  ./ /´  {     ',| `‐ ':フ'´>'´:i 〉ニニrチ ',  }/

「死ねおら!」

惑星の防衛部隊がまず迎撃に当たり・・・

297無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:46:08 ID:pnEGAqCI0
        / , -―''´/
       ;::::l/:::::::::::::::`ヽ、
      _,」::::::::::::::::::::::::::::、:::::\
     /   .l  l  l :::::::\::\、
     l:イ::::::-ハ_::::l 、:l、::∨:::::\!
     |::l::::::::ltミ、:::l_二_、∨:::::lヾ、
     ヾ! 、:::| f;j  込j 'ヽ!´):|
        l,ハ  '     リ'´/!
        _ヽ、 ̄ _, イ::/-、
        ',く_, l` ´ ̄´: : : : ヽ
      _,.-' \l}: : :,.. -'"´`ヽノ
     !l   / /"!´       \
      !l  / / .l     /´`:|
     l:.l_,.. -/- 、.|    ,/: : : : : l
    l:/: : : /: : : : `丶、 l: : : : : : :|
    l./: : : ,': : : : : : : : :.`!:/: : : : :l
   /': : : /: : : : : : : : : : l: : : : : : l
  l: /: : :./: : : : : : : : : : /: : : : : |
  /: l: : : :l: : : : : : : : :./: : : : : : :/
 /: :ヘ /: : : : : : : ./: : : : : : :/
 !: : \j- '"´: : ,-、、ヽ: : : : :/
 l: : : : l: : : : : : : : :ヾ、ヽ: /!

「援軍に来たぞ!」

現地軍が時間を稼いでくれている間に、

機動力と戦闘力に優れるボウケンジャーがかけつけて、機械帝国を殴り殺して防衛完了!

という流れであった。

言うなれば、現地軍は援軍が来るまで篭城している守備兵に近いポジションであったのだ。

298無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:48:57 ID:pnEGAqCI0

 /     ,....<、ヘ /::::ヽ::::::::へ:::::::へ
 {l   //::::::::ヽヘ‐---ヽ::::',::::::ヽ::::::ヘ
 ヽ.  /::/:::/::::/三三三三',::::',:::::::::゚。::::ヘ
   /:::/::/::::/三ニ-i:::::::::::::::::',:: ',::::::::::゚。:::::',
   l: /::,'::::::|/l:::::l   \:ヽ:: ',::::}:::::::::i:',:::: ゚。
    |/::,'::::::: |l::::l::::l   _ ‐}:l-ヽ',::l::::::::::l::',:::::‘,
   /::::!::::l:::::|l:::/-|!、     _i! ニ',:|::::::::::|ト、',-,:::\
.  /:::::l:::::l::::::| llニ|     ,イて心:::::/::}´ >、::::::::>。..
 /:,イ::l:::::l::::::{,イて心      ∨ソ|::::/::::|/::',: \::::::\:::>。..
.//|:::l:::::l::::ヘ. ∨ソ      :::::}::/::::::l::::::::::゚。:::::\::::::\::::::::ヽ
'´  |:::l::: l:::|i!、゚。::::   '       ノ|::::::::i:ヽ::::::::゚。::::::::\::::::\::::::::ヽ
   |:::l::: l|l:l::::::∧      ,、    イ:::::::i!::_;> ¨ ‐、::::::::\:::::\:::::::ヽ
   |:::l::: |/i!:::/: />-......_` ,.イ l:::::::i!イ /    ゚。:::::\\:::::\::::ヽ
   |:::l::: |:::i!/:: < ̄、¨ト、|////./::::::i! .|       }:::::::::i\\::::ヽ::::゚。
   |:::l::::|::::i!:::{       l ヽ-<,':::::://          /|:::::::l .\\:::゚。:::',
.  ,|:::l::|::/::::: l     ゚。    ,':::::/ .|         / .|:::::: }   ゚。::゚。::',:::}
  /::|:::l:|/:/|::',  ヽ  ,-〉=-.,':::://-=ニ‘,i_,< /!::::::,'    ',:::',:,':::i
. /:::::l:::l:l,.'  .|:::|ミト--.}/     }::/      ゚。}ニニ彡: :|::::/      }:::}i:::::l
/::::::::',::l:l   |:::|:ヽニニ.,'    ij        ゚。: : : : : :|::/     i:::i!:::::|
::::::::::∧',',  |:::|:::::',: : l    /        {: : : : : :.{/      l::::!:::: |
:::::: / ヾ{  |:::|::::::}',: {            /|: : : : : : :',       |:::|::::::|
::::::{      }::,'::/: :.',:∨<_    --‐   |: : : : : : : :',     .|:::|::::::|
::::::l     /,'::/: : : :.',:ヽ               |: : : : : : : : ',     .|:::|::::::|

「ごめん。攻勢に出るから援軍には行けないと思う」

だが、そのボウケンジャーを機動防御ではなく攻勢に回せばどうなるか?

現地軍は単独で防衛に当たらなければならない!

今までは援軍を待つ篭城戦であったのが、

これからは援軍の来ない篭城戦となるのだ!

・・・辛いだろう?

戦死するであろう個々の軍人も、ジリープアーに耐えなければならない国家もだ。

299名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 01:49:10 ID:II6Npswc0
侵略されている都市の奴隷と徴兵で兵力を緊急生産して時間を稼いでいる間に
錬度の高い迎撃軍を行軍させるいつものciv手法の拡大版なのね

300無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:50:05 ID:pnEGAqCI0
>>293
『そうだね!道路網を整備していたのは、機動防御に備えるという意味合いが大きかったわけだ!』

301名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 01:53:59 ID:BhNRhX/20
機動防御だから「全ての道はローマに続く」はある意味当然だったのか

302無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:55:43 ID:pnEGAqCI0
>>299

           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

「そうだね!ついでに言えば、ステラリスも似たようなものだ」

「戦力をいくらでもスタックできると」

「総ての都市(ステラリス流に言えば惑星)に十分な守備兵をつけておくのは難しくなる」

「攻撃側は思う存分注げるだけの戦力を一点に集中できるけど」

「防御側は複数の都市に戦力を分散しなければならないからね」

「となると、防御側も一点集中した主力部隊で敵主力を殴り返すしかなく(つまり機動防御)」

「各都市の防衛戦力はせいぜい、主力が来るまでの間時間稼ぎを行うだけの代物になってしまうわけだ」

303無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 01:58:27 ID:pnEGAqCI0
                                              -──-
                                    ,  '"´            `丶、
                                      /                     \
                                /                      ヽ
                                   , '                         ',
                               /                  ',
                                 //     /   ./         ハ
                             //     l:   ,'        /         l
                                  ハ   !       /   |        |
                                | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
                                |       !.! ヽ/l       //    .|       /
                             ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
                            ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
                             l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
                             |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                                   ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
____________________    /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||    厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
                       | ||      ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
                      | ||       | ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
                           | ||        |   ヽ,         \./ /         ヽ
                          | ||        |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
                         | ||        |       /       \\,..   ./      ヽ
                        | ||        |       .i         ー─'   /         ヽ
                       | ||        |       i       /   __./          ヽ
                            | ||

「だが、古代ローマで言えば「軍団兵」、シド星で言えば「錬度の高い迎撃軍」であったボウケンジャーが」

「機械帝国への攻撃で留守にすることになったわけだ」

「それでもなお、防衛を成立させるためにはどうすれば良いか?」

「各都市への防衛戦力を出来る限り拡充」

304無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:00:17 ID:pnEGAqCI0


     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

「ノン!」

「総ての都市を守ろうとすると、軍隊を広く薄く分散させなければならない」

「よほどの国力差が無い限り、各個撃破の的になるだけだお」

「重要拠点への防衛戦力の一点集中」

305無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:01:28 ID:pnEGAqCI0

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「ノン」

「守りを固めた拠点をスルーされて」

「他の都市が奪われるだけだよ」

「となると・・・まあバーンちゃんの言うとおり、悪手にならざるを得ないわけだ」

306名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 02:05:26 ID:3QvSE/rg0
要するに、ガンパレードマーチの熊本城決戦をすればいいんだな。
拠点に機械帝国が無視できない程の重要性を与えればいい?

307無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:07:40 ID:pnEGAqCI0
                               ___     , ' ⌒ヽ、
                         r‐ァ_'´        ` /、     ヽ
                       r‐ァ'´ ̄/  / /     / 、\      ',
                          _V   / / 〃/ /.:/:./l :i|:...lヽ:::ヽ    ',
                        〈i/::.  /  l::. |l:.l::ハ、l::..l;;l::i|::::l:.:',::::::',     !
                        ハi:::::... l .::. l:::..|トiVィ= 、:ト、l:i|::l:lハ:l:::l:::l、  ノ
                      ヽiト、/^l l:::. ',::::Vト代zj ヾ l::ハlノ .リ:::!、:l \
                       /lヽl <l::l ::.. ',:::l   ヾl   jノ ',.- ル':i N
     }}ーz、ハ  _l⌒l、          ヽミヽ l::l:. :::...ヽl\     {iカハ:l
    、_,{{ v }{ `t.r' |: : | ',        └ ミ.l:ハ:::::.. .:ヽ\     〉':::...ヽ
    ヽ}t、  ^ / |: : |_,ヽ    _,.  ',.ィ´  ̄ `ヽ ::::::.ヽ ヽ ̄ ` イ:.:.:l:.:.:l:..\
.   z、ハ{ハ. _,ハ:::zL イ :::::}  r ' zZ三l l三三ミ、:::.', l::::l:', l / N、:.l、:.:l:.ヽ:.',
    }}^=V Yヽ:::::l: lミ彡!:::、::: ー 、 //三U z、三ミミ',:::l |l:::N ¨´..:::::::> }:.l ヽl:::lV
. Z^^´  `  ヽ:ヽ::l/==ミ{ :.'^iT '''´_,/,. -─- 、ヽ:i:i:i:',::lノlノ::ii\\/ヽ ,ル' _Vi:|
 ft `   _  lヽ_〉 |i::i| :::: //`ヽ、:..─‐--....i:i ||:i:i:i:}',lV/^ー^ヽ VハVス ─ 、ルヽ、
 _,.ミz    }}::`{ヽ\|i::i| __// ::::::::::i},::::::::::::::: i:i ||///;;;〉':.    \:::::::::>   \::::\
〈< tュ   rヘヽ:::ヽ:` |i::i|.。| | ::::::::::::iハ ,zi :::::/i:〃/;;;/ :::::    、_ V´i:i:i:|   ヽ::::::\
 Z、__,. z≧、::<二 |i::i| __〉〉:::::::;;;;;;;/:::::::, イ 二彡イ/ :::,   '´  ̄ ヽ`ヽ丶:|    V  ̄
    弋ー‐ //:::::: |i::i| z'/;;;;;;;;;;;/- '   l;;;;;;;;;;;;;〃/        ', .Vi'^ヽ
     \/イ_,.. }}三{{ ` ー '´      l;;;;;;;;;;//     . . . . : : : : l: : i}: : . .\
        ̄    /ハヽ           、;;;;;;//;; ,. - ,.z、 : : : : : : / : / : : : : l l
       ,ヘ  //i:i:iヽヽ         ヽ;l l; //:::::::://ヽ;;;;;;; _,.∠、丶 : //
        |::::i:iミ マ:i:i:iZ>|             V i/::::::::::://:::Oエ -‐ - X^Y´

ローマも似たような悩みを抱えていた。

「ローマによる平和」は、永遠には続かなかった。

色々要員はあるが、純軍事的に考えた場合、

「補助兵」の廃止が大きいとGMは思う。

カラカラ帝の市民権大盤振る舞いにより、ローマ内の自由民は、

元々「属州民」であった者も含めてローマ市民権を得た。

補助兵はローマ市民権を持たない「属州民」で構成されるから、

みんながローマ市民権を得た以上、補助兵は自動的に消えるわけである。

補助兵がまず敵の攻撃を受け止めて時間を稼ぎ、軍団兵が駆けつけるという防衛ドクトリンは崩壊し、

蛮族がローマ内になだれ込んで略奪を繰り返すようになった。

この何もかも不十分な状態で、それでもなお防衛をなんとか機能させようとすればどうなるか?

308名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 02:07:41 ID:II6Npswc0
故郷を守ってさえいれば援軍が来て倒してくれるから耐えていられるのに
現有兵力無しそこで防衛せよ! されたら士気の崩壊待ったなしだもんな

309無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:12:06 ID:pnEGAqCI0
ミミ,
ヾミミ,
 从ミi,
 i i }トミ≧s。
  .i |ヾミi   ≧s。_
∨.| i )イ|i ト、、}is。ー=ミッ                            >イ
 )i| .i! i i|i∨ ',___                 ト、  .,イ ,。イィ >///
彡ノ i! ii i|i .|i, .',ー=ニミ≧s。,            ト./〉‐-i//イイ/≦///
 }i {i、 ii i|l .}i∨',   ヾi。  ≧s。,        {//::{ト/ゞ''´ ̄`''<イイィ
../i |iヾi}/i | リ }i 乂_ ヽ,.}i )ミ}isヾ、         iヾ,::∧''<、<、ー-ミYゞ´
/イ |i ∥i i  | ゝ彡__)}i ノ}ゞ           ノ::{ト、 マ匁イソノ }i)从>===<
. ∧ ヾ∥.|Ⅵ   | i .} 二/((、            (::∧匁‐ヽ‐=彡ノi::}イ;;;;;;;;>イ;;;;ヽ,
  ∧ ∥ i!=∨ }  .i }iミ//iト、}is。        ノ::::):::∧ v ァ.〉イ ノイニ=‐>'´;;;;;、;;;;;;;;ゝ、
`''<ノ/ i|  i|  i i| i//∧ミi ヾミミ     /ィノ:::/::::{.ニ}is。ィノゝ''´イ/;;;;、;;;;}<.\<==<
   `'<∨ミi  i| i! //{  iミi   ヾト、    .{.i::/i/;ヾ;/>'´__/'´ノ≧、==}is。ゝ-ヽ、;;;ヽ,;;ヽ,
ノ)     ヾミi i' i! // .i i .{/   ミト、ヽ, ,ィ':ヾ、人(/////人.{ヾ∨////////////≧s。,,_;;;;;;;;;ヽ__
//   、  、マi从ミi{/ ノi! /   ト、ヾ(ヽミ.( (ノイ////Y////(//ヾ、´ ,.\////////>==ヾヾィフ>'´/\
/ノ   i  .ヾミ(マヾミ, |i /   从ヽ.∨  ///ゞ''´ }、  ̄ヾ///{ ノ ,ィ/´ ̄`ヾイイ;;;/ィ´;;ノ´;;;;/ `"
/  // ノ::   .∨ ヾミi /   ノiノイ ∧}is。,マ//   / :::、,,__∨/イ/イ//: : : : : : : //{;;;;//イ;;;;/ニ、
  /イ./::::    .∨ /|i/   //i  i ∧=ミ ヾ,_,イ    .ラ´///イ: : : : : : :,イ/;;;},イ)イ;;;/: : :マム
/ノ./}ノ   ト、  .{ニニ===--  i  iノ .ヾミi   ヾ    /イ }_,,。===‐‐=─ノノ/;;ノ;;>''´: : : : : :マム
../i //i   :::::、 ∨//  /ii| ノ  iノ   ー===ニニ===-- ≦ィニニ≦-=ィ;;〈ノイ;;>'´: : : : : : : : : : :Ⅷ',
二二二二二二ニニニニニニニニニニニニ======================≦===イ;;;ノ''´: : : : : : : : : : : : : : :.:Ⅷ ,
/i i丿  i::: ::::} i  ∨ {/ミミi  // .i   }ノ  i',ヽ }ト、__ノ///.ヾ〈〈イイ.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅷム
/∧'    i::__:::i /ヽ ∨ `"´} // i!   i ∧i! >マ/////////;;ノ∨ヽ;;;\: : ト、: : : : : : : : : : : : :.'ニニ',
.//  ./{ ,弋ノvi{ ∧ }∧.{i'''i{ノ/  .i i .}i' ./i从./;;;;{`マ///////;;/;;}∨;;ヽ;;;;\};;;ヽ:..: : : : : : : : : :..:'ニニ,
./  // ノ::'::::::::::∨;;;;} 从∧ 〉}   ノi |i /ヾii /;;;;;(マ、∨i/イノ/;;;;;/{///\;;∨;;;;;ヾ;;;;;ヽ: : : : : : : : : : ニニニ,
'  //  i´ :::::((:::::ヾ_ノ i.}   ∥|i  i }∧i'/ゞ≦';;;;;;/ .マY;;;///;;;;;;;/i/∥///ヽ};;;;;;;;;;;ヽ;;;;;ヽ: : : : : : : : :ニニ二,
 //      ',::::::、:::  {   {从i! i从>////イ;;;;;/  }i/ /;;{;;;;/'.  ∥////∥ヽ;;;;;;;;;;ヽ;;;;;ヽ: : : : : : : iニニ二,
./イ     ノ   ::::::  乂  iミトi!>/////// ∥イ     /;;;;/.,'  .∥////∥、;;;;ヽ;;;;;;;;∧;;;;;∨: : : : : iニニニ,
     ノ/        ∧>''///////// .{イ    /.イ=ー,' //////∥:.:.ヽ;;;;∨;;;;;∧;;;;;i∨: : : :.iニニニニ
     {;;(       >///////////∧    >''´   ,',イ////////:.:.:.:.:.|.ヽ∧、;;;;;∧;;;i .∨: : :.iニニニニ

その結果現れた兵科こそが「重装騎兵」なのだ!

蛮族がローマ内に侵入してきた場合、機動力と戦闘力を併せ持つ「重装騎兵」が駆けつけてこれを撃退する。

こうすることで、蛮族の侵入を完全に防ぐことはできないまでも、

被害の拡大を抑えることは可能となったのだ!

中世の騎士のルーツはおそらくここにある。

「騎士様」になんとなく正義の味方的なイメージがあるのも、

民衆が蛮族に襲われているときに、駆けつけて蛮族をやっつけてくれるヒーローだったからかもしれない。

310無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:14:54 ID:pnEGAqCI0
           〃   ___
           /! . <::::::::::::::::>  .   _
         zミイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄∠
        ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ\
        /::::::::::/:::::::::::::::ハ::::::::::ヾ::::::::::::::::::\
       .}:::::::::::{::::::}:::!::::::::::}:::::::::::ハ:::::::::::::|、::::}
       :|::::::::::::::::::|:_|_!::::::::::::::X丁:ト、::::::::::! }:/
        V:::::::::ィ:T:::| ヘ:::::::::ハヾ:::|イ!:::::::::}/'
        人::ハ:::::::|ヽ|  \X! xzzミイ::ハ{乂
         八 }ヘ::Kヱコ”  ヽ‘¨’ /!'
        r--くゝ.こ ,,,     !   ハァ
        て  へ:》\;;.  __ ィ  / }そ
         そ、 > _>  `´/>じ  》
        人::::::\ ^~ー-こ レイ  /!
    _. <:::::::::::::::::::> .  ゞz,リ r-イ::::> 、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`!  }} /::::::::::::::::::::::::ヽ
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   }} /::::::::::::::::::::::::::ハ
   ',:::::::::::::::::::::::}ィ:::::::::::::::::::::>-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
    }::::::::::::::::::::イ:::::::::::::r-ド<!:::O::::::::::::::::::::::::::::/::::|
   〈::::::::::::::::::::::{/:::::/  そ 楚 ̄i^!::::::::::::::::::::/::::::{
   イ::::::::::::::::::::::r=イ   }} イ》 }} |::::::::::::::::::/::::::〈
    |::::::::::::::::rイ{ 〈    }} rM }} |⊇:::::::{/:::::::::〈
    }:::::::__::::/:::::| '.    .}}    }} .|ア:::::::{:8::::::::::|
   rイ:::::::::::O:::::そ >==||     }:::::::::::「:::::::::::〈
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::}}  Π  }:::::::::::h::::::::::::ハ
  そ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ=イ;〈}  .リ   |::::::::::八:::::::::::∧
  人::::::::::::::::::::::/^}:::::::::::::└----r-く::::::::::::厂:::::::/:ハ
   ヽ:::::::><   ‘1::::::::::::::::::::::::::`¨´::::::::::::ヽ:::::::::::::::::'.

『民衆がピンチになってきてくれたときに駆けつけて助けてくれるヒーロー!』

『ああ、実に格好良いよね!』

『・・・でもさ。本当にまともな軍隊なら』

『そもそもピンチになる前に蛮族を撃退しているはずじゃない?』

『軍団兵と補助兵のコンビではそれは可能だったのに!』

『重装騎兵ではそれは出来なくなっていたのさ!』

311無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:18:11 ID:pnEGAqCI0


蛮族
------------------------防衛線-----------------------
補助兵
        軍団兵

【軍団兵と補助兵ドクトリン】

軍団兵と補助兵のドクトリンは、

補助兵が陣地防御で蛮族を受け止めて防衛線上で足止めしている間に、軍団兵がかけつけて撃退する戦術であった。

この戦術は縦深を利用しておらず、故に「水際防御」が可能であった!

蛮族がローマ領内に侵入する前にこれを撃退し、被害を未然に防ぐことが可能だったのだ!

312名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 02:18:16 ID:II6Npswc0
ハイローミックスのローが消滅しちゃったからハイの方にガン振りしたのか

窮地を救って国威おいしいです(黒並感

313無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:22:50 ID:pnEGAqCI0

------------------------防衛線(だったもの)-----------------------


蛮族→民衆

重装騎兵

だが、重装騎兵による防御ドクトリンは「縦深防御」と「機動防御」を組み合わせたものだ。

蛮族をローマ領内に入る前に撃退するのではなく、

蛮族がローマ領内に入って被害が出てから、重装騎兵が蛮族を倒しているに過ぎない。

蛮族の攻撃を受け止めるはずの補助兵が居ないから、補助兵の代わりに縦深を利用しているわけだが、

この場合縦深とは、そこに住む民衆の生命財産でもある。

補助兵の代わりに、非戦闘員を肉盾にして時間を稼いでいるとさえ言える。

これは・・・仕方ないとは言え悪手だろう?

314無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:24:41 ID:pnEGAqCI0
>>312
『そうだね。ハイ極振りで一応撃退は可能になった。蛮族が領内に侵入して被害が出た後で良ければね』

315名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 02:27:47 ID:II6Npswc0
略奪されるから国力が減って税収が減って軍隊が弱体化して略奪範囲が増えて国力がさらに減って……
そりゃ滅ぶよな!

316無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:29:05 ID:pnEGAqCI0
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「無論、古代ローマと全く同じ、と言うわけではない」

「ここで抜けるのはローである補助兵(現地軍)ではなく」

「ハイである軍団兵(ボウケンジャー)だからね」

「しかしながら、防衛が出来るギリギリの戦力であったところから」

「リソースが引っこ抜かれることに変わりはない」

「となると、絶望的篭城戦をしてもらうか」

「もしくは現地軍が重装騎兵化して縦深機動防御をするかになる」

「・・・いくつかの都市が「縦深」となって民衆が犠牲になることも覚悟のうえでだ」

「悪手だろう?」

317無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:33:54 ID:pnEGAqCI0
>>315
『だね!ついでに言えば、農奴制とかもこの辺の蛮族のせいだったりする』

318名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 02:35:28 ID:II6Npswc0
たとえ現地軍で満身創痍ながら撃退したところでジャブジャブお代わりは来るもよう
ジリープアーはhageますよ!

319無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:39:41 ID:pnEGAqCI0
                ___
          ___ >.:´.:.:.:.:.:/:.:.:.>...、
          `マミー- 、__/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.`:.<
           /:.:.ヽ//////ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:∨////ノ|:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.',
           ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧=≦.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.i
        ,:.:.:.:.:!:.:.:.:!.:.:.:.;.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:./:.:./ }:.:.:.:.}
        |:.:.:.:.;:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:/- リ:.:.:/
        |:.:.:/:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|/  /j/
        |:.:/:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.| マ=z  乂
          ,:./:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:!     /
        从幺斗爻ダニク从ミ:.:.:.:.:.:.|  ___ ′
       、_爻//////////////爻ィ:.:.:!  ー/
      乂//////////////////レ:.:!_ ィ.、
      炎///////////////////く:.{:.:.:.:.{//爻
      イ////////////////////乂 、:.:.:.V//从
     /}/////////////////////爻 \:.:.\//ミ
     ,:.:.从///////////////////个  r≦三ミ ̄ '' <
    ,:.:.:.爻///////从爻: `ヽ从//从::\ー- 、      >爻イ
    {:.:.:.:.ル///////{: : : : : : :}:::::!爻: :ヽ::::\ _`'' < 爻////ミ
     !:.:.:.:.:レヘ爻从V:::.、: : : :/::::::i: : : : : :\::::::::::::::::::::::::\////,ミ
     ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧::::::::::::\/::::::::::|: : : : : : : :.ー-==t=r .: : ',∨从
      ヽト}:.:.',:.:.:.:∧::::::::::::|: :\::::::!: : : : : : : : : : : : : :}::}: : : :}:}: : i
       !:.:.',:.:.:.:.:ハ:::::::::::i: : : :ヽ:::i!: : : : : : : : : : : : :.|::|: : : :リ、: :|
       |:.:.:.',.:.:.:.:∧::::::::{: : : : :|::::',: : : : : : : : : : : :/::/: : :/:::::::::{
       j/}:.:ハ:.:.::i:∧:::::::ヽ: : : !:::::',ミ:.、: : : : : : //: :イ::::::::/ !
        j/  \{:.∧::::::::::\/:::::::ヽ: :≧===≦r''i:´:::::::::::::〈 : ;
                 ハ::::::::::::{: : :\:::\: : : |::|: : ! {:::::::::::::::::::ヽ!

「その上で、管理局としてはさらに過酷なことを告げなければならん」

「ここに居る皆が平等に機械帝国の脅威に晒されているが」

「管理局諸文明の国力は平等ではない」

「あえて酷薄な表現をさせてもらうが」

「ハルヒ日本、オリコ日本などの先進国ならば」

「縦深機動防御に移行しても、いくつかの都市が滅びて大勢の民衆が犠牲になる【だけ】で済むだろう」

「だが、ゼーガペインのような弱小国では、そのまま首都まで陥落して滅びかねない」

「であれば、文明の守護者である管理局はこう告げなければなるまい」

「比較的余裕のある先進国は、自国の防御を後回しにしてでも弱小国に援軍を送れ、とな」

「管理局が出すべき話ではあるが、それを攻勢に回す以上」

「後は加盟国同士で相互扶助を行ってもらうしかない」


ただでさえ、負けないまでも自国民の犠牲が確実となる縦深機動戦。

そこからさらに戦力を削り、自国民の犠牲を増やしてでも、

弱小国への援軍を送れという。飲めるだろうか?

320名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 02:44:10 ID:II6Npswc0
ムリダナ

321無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:56:12 ID:pnEGAqCI0
>>320

然り!

     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、 ∨:.:.:.:.:.:.:.\
.     /:.:./:.:.:.: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\}:.:.:∨:.:.:.:.:.:ヽ
    /:.:./:./:,X∧:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:|:.:.:i:.:.:.:.「メ ヘ:.:.:.:ハ
.   /:.:.イ:.:':.:|:.ハ l:.:、:.:.:.:.:.:l:.:∧l:.|:.:.:.:.ト、  .〉:.:.:.:.
  /:.:.:..:!:.|:.:ハ| __\( \:.:.:l厶斗匕:`:| >く:_:_:.:.:i
  .':/:.:.:.:!:.|:.:.{イ芯ト 丶  Xィリ=ミΥ:.:.K \_.〕:|
  lハ:.:.: 从{:.:.|.込リ     トz仍ア:.:.:.|:..\__〕:.:. !
  |i |:.:.:.:.:|:.:.:.l   '       込り |:.:.:.|`Y:.:.:.:.:.:.:.|
  |l |:.:.:.:.:|:.:.人   「`ヽ      |:.:.:.|.ノ:.:.:i:.:.:.:.:|
  |l |:.i:.:.:.|:./:.:.:\   __}     .ノ:.:.:.「:.:.:.:/:.:.:.i:.|
  |八:!:.:. !':.:.:.:.:.:.:.ヽ     孑七':.:.:.:.:从:./:.:.:.:.:!リ
   .)イ777:´: ̄メ厂 /Υ/V:.:/:.:./:.:.:イ:.:/:.//
  /./:///: : : /ヽ  / ノノ:/ヾ:.:./:/:.: /:.//
.ノ   !:i//i: : :./ ̄>' /イ: : : : X仆、:. /:./
   l.|:l//l: :./ /  、`ヽ--ミ: : ':///\ ′
  ノ !:}//!_ム:′ \\ノ ィ: ////: :ハ
.∠ -─イ:/   ト )ノ´: :////: :/  !
    /i:i: {    /.イ: : ////: :/   |

「無理ねー。」

「一発逆転のための臥薪嘗胆なら耐えられるでしょうけど」

まあ原爆二発打ち込まれて都市が溶けても徹底抗戦やめなかった民族だしね>日本人

「さすがに他国を守るために死んでくれとは言えないわ」

「たとえ私個人を説得できても、国民が飲まないわよ?」

322無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 02:58:10 ID:pnEGAqCI0

     __     ___       __
   <//ヽ∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\__ ノ//>
     \///:.:/:.:.:.j:.:.:.:.:.:.}:.:.:.V///
     ,':.:`i:.:.:i:.:/ ';.:.:.:.:.ト.:.:.:.i´i
      {:.::.:.|:.:.|/ ― ヽ:.:.:{-\:!:.:!
      |:.:.:.:|:.:.|  ●  \! ● l.:|
     |::.:.:.i:.:.|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l:.:!
     }:.:.:.:|::.:|    (__ソ  .ノ:.:|
     |:.:.:.:jハ:{ヽ、   __, イ:|ハ:|
     |:.,.r炎爻ミY   :、  Y幺-、
     {_ ,._;ミ}.}: :乂== ┴=ノミ __ }

「だろう?だから悪手なのだ」

「倫理的にも、政治的にもな」

「事態を打開できる可能性があるとはいえ」

「民衆の反対で実行できないのでは絵に描いた餅だ」

323無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 03:01:13 ID:pnEGAqCI0
:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/´   -───\:.:.:\
:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.::.ヽ:.:.:.:ヽ
':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.::.:.l}:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚,
:.: / :.:.:.:.:.:.:.: ィ:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:./}:.ハ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.∧
:./:.:.:.:.:.:. /' |:.:.:.:.:.:.:.l:.:. /    |:.:.:.ハ|\/:.:.:l:.:.:.:.:∧
:.:.:.:.:.:.:.:く../ /:.:.:.:.:::.‐|‐/─‐ミ |:.:/ l ハl:.:.リ:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:く_/:.|:.:.:.:.:.:.:.|/ ___ヽ  ′ ィ芯!:.:':.:.:.:.:.:.:.:.!
:.:.:.:.:.:i:.:.:.:/ Y:.:.:.:.:.:.:K芹芯`      込リl/:.:.:.:.:.:. l:.:|
:.:.:.:.:..l:.:.::{   |:.:.:.:.:.:.:.l 込刈       |:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:|
:.:.:.:.:.:l:.:.:.lゝ _|:.:.:.:.:.:.:.|          冫 .从:.:.l:.:.:.:.|:.:!
:.:.:.:.:.:l:.:.:.l_l:l_l|:.:.:.:.:.:.:.|        _,  イ:.:.:.:/|:.:.:.リ:.:|
:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:从:.:.:.:.:.:.:ト        ´/:.:.:.:.:./ :|:.:./ l:リ
:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.、〕iト  __ イ:.:.:.:.:.:′ !:/ /
:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:ヽ:.:.:.:.\/:_:_:.:.:.:.:.:!:.:.:.:/  ./
、:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.':/  ゚,{\:\  ̄ ̄ 〕iト、
. ヽ:.: !:.:.:.:.:.:.: //    \ ヾ:.:\      \

「とは言え、何もしないわけにもいかないのよねー」

「いえ、さすがに我侭だと自覚はしているけど」

324無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 03:06:55 ID:pnEGAqCI0
            ′: : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
           ′: : : : : ::/: : : : : : : : :/: : : : : :/ ', : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : :.
             / : : : : : : ::′:: :: :: : : ::/: : : : :/  ', : : : : : :ト, : : : : : : : : : : :: : ::l
          ′: : : : : : :′: : : : : : :/: : : /    ∨: : : : :| V: : : : : : ', : : : :: ::|
           ': : : : : : : :,' : : : : : : : :′:/斗-──-', : : :ト | \: : : : : }: : : : : :|
          ′:: : : : : ::|: : : : : : : : ,'/´  ____  V: ::|V    X: : : :|:: :: :: :::|
            ′: : : : : : :|: : : : : : : ::レ'  x≦=≠ミ、  ヘ: :|   /---ヽ: ::|: : : :/::′
         l: : : : : : : : :|: : : : : : : ::|  /ん_) ハ     ∨  'x斥癶 ∨: : :/:/
         |:: :: :: :: : : ::|: : : : : : : ::|   弋  ゚ ノ        ん。 ;} 〉 〉: /´
         |:: :: :: :: : : ::|: : : : : : : ::|    ` ´         乂シ  /:イ
         ..: : : : : : : : ::|: : : : : : : ::|               l     ,′:|
        ,′: : : : : : : ::|: : : : : : : ::|                  ∧: ::!
        ,′:: :: : : : : : ::|: : : : : : : ::|                 ∧: : :|
       ,′: : : : : : : : : ;',:: :: :: :: :: :|                  ∧::::: ::|
       ,′: : : : : : : : : : ::',:: :: :: :: :::|\       、 つ      /: : : : ::|
      /: : : : : : : : : : : : : ::, : : : : : :|i;  > 、          イ: : : : : : : :|
      ,′: : : : : : : : : : : : :∧: : : :: ::|:l    >      <: : : : |:: :: :: :: ::|
      / : : : : : : : : : : : : : : ::∧::: :: :::|:i!ー`7-ーァ__,` ーイ:: :: :: :: :: ::|:: :: :: :: ::|
     ,′: : : : : : : : : : : : : :: :::∧: : : :|:∧ ー--' ノ/二7}: : :: :: :: ::|:: :: :: :: ::|
     /: : : : : : : : : : : : : : : :: :: ::∧::: ::|: :∧     T´ ]::: :: :: ::: :::|:: :: :: :: ::|

「まあ皆それぞれに立場という物がある。国民の命を背負う以上、仕方あるまい」

「とりあえず、戦術的な妙策は無く」

「ジリープアーではあれども、政治的倫理的には現状の防衛ドクトリンを続けるしかないことは理解してもらえたと思う」

「戦術面での改善が難しいなら、戦略レベルでの努力を続けるしかない!」

「軍事技術を磨き、人材を育てて、物量を揃え、味方を増やし、敵を減らし」

「戦略レベルでの優位を確立するのだ!」

「まあもしかしたらこの先戦術的な妙手も見つかるかもしれないが・・・その研究も含めて結局は戦略レベルでの話だな」

325無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 03:10:02 ID:pnEGAqCI0
                   r--.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.}////,∧:',
       ____       {:.、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:\:.:.:.:ノ//////!:.:,
        \>、    }ゝ':.ア:.=ー:.----=:.ヽ:.:.:.:.:.',:.:{///////ハ:.:,
         \/\./:.:.:.:.{:.:.:.:.:ト<:.:.:\:.:.:.',:.:.:.:.:.',:.∨////ノ:.:.:.:',
           ∨/:.:.:./:.:.:i!:.:.:.:.{  ,ィf芋モアi:.:.:.:.:.:}:.:.ヾミ彡:.:.:、:.::.、
               V:.:.:.:.{:.:.:ハ:.:.:.:.', "iJ沙 ' |:.:.:,:.:.ハ:.:.:.:.:.\:.:.:.:\:.:\
             .{:.:.:.:.:ト:.{:i ィメ:.:.:.', ^¨´    }:.:/!/:.:.:、:.:.:.:.:.:\::.:.:.\:.:\
               |:.:.:.:.:乂.:.:.:マツ\!      j/:.:.:{:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:、:.:.:
              、:.:.:.{.::.:ハ 〈         |:.:.:.:.!:.:.:.:.::.:\:.:.:.:.:.:.\:.:.:\
             \ト-->:ヘ  t-- 、     .|.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:\:.:.:
               }:.:.:.i:.:.:.:.:\`こ´   イ|:.:.:.:.:,.:.:.:.爻孑幺爻抃ミ::.:.:.::
              ,:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.>- <:.:', !:.:.:.:.ィ孑///////////爻.:.:
                /:.:.:.:.:i!:.:.:.:.:.:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:.', 乂:.乂//////////////从:.:
             /:.:.:.:.:.:.ハ斗爻:乂ミ≧=彡 ,イ爻////////////////幺:
               /:.:.:.:.:.:./爻///幺     从///////////////////爻
           .ィ´  ̄ `ヽ/////,孑    .:刈////////////////////幺
         /}      `'' __ .へ  ,   爻////////////////////爻
        /:.:.:.i、       , -、 } ン   i幺////////////////////仆
      /:.:.:.:.:.:} ヽ     \ヽ }/    }:弐从爻///////////////爻
     /:.:.:.:.:.:.:.:,  ヘ  {⌒ヽ ,.ソ´      |::::::{: : : : `弐爻从爻幺刈人升
   /:.:.:.:.:.:.:/ノ ''"´ 、 ',  /        i::::::|: : : : : : :.', : : :,:::::::::{ ヽ:::::::

「さしあたっては、ボウケンジャーを育成して行きたい。皆にも積極的な協力をお願いする」

「後は・・・管理局に引き抜けそうな機械文明もいくつかあったし」

「共同研究によって軍事力を磨くのもアリだ」

「ああ、そうそう。管理局文明間で相互に援軍を送れる体制はどの道必要だし便利だ」

「その辺もお願いする」

管理局各国「まあ、地味だけど妥当だね」

326無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 03:10:22 ID:pnEGAqCI0
では今日はこの辺で。ご参加頂きありがとうございました!

327名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 03:15:00 ID:II6Npswc0
結局はレベルを上げて物理で殴れという現実に回帰してしまう。奇策でなんとかなるほど物量は甘くないものね。

無茶王お疲れさまです!

328名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 08:18:24 ID:3QvSE/rg0
乙でした!

329名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 10:22:51 ID:BhNRhX/20
オツカレサマドスエ
八方塞がりなら穴を開ける妙手を新しく作り出す、道理ですな

330無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 13:15:27 ID:pnEGAqCI0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成

331名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 13:21:23 ID:r3DRt3sM0
ヤンデレ

332無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 13:32:58 ID:pnEGAqCI0

               -─-        , -==- .、
.    , -  、 /           ヽ/ __    ヽ
  / __  ,    ァ            ´   \
_イ,ィi////// /  /               ヽ  、 `.ュ.
≦////// i ,′ .′ ,' イ   .ハ     ヽ   ヽ __ ≧=‐
////.///{ !  !,从抃:ト l i i   i  i i   .Ⅵi!\
 ̄ ̄////:{,、|  i,x笊ミt i八l | jI从:ト 、i!    Ⅵi!i∧
  . ////,イ{ !|  |.{: )/リ     i/斧ミ、 リ : i! ! i\ii!∧
  ///// ゝ , 八ゞ- '     .' _)/ソ 》i/ i i! ! |  \!|
  !i/ ./   :   :.`    ,  ` ' ,イ  !/iレ'!|i八 i .\
_/  '  ,'   !   i   r   ,     / i   i| `寸i!   |
.   /   :r=|  ト.   `. ´   /  !   :  `i!   . !
   '   ,' /.__!   | .丶 _   <  \ |  i|      i
  /    _//.:::!   i {≧ュ r≦}::.  / ̄i!   |!       :
__,' >. ´, /.:::: !  !::|三i i三圦:: ii.、 i!   |!       |
.      ' i: : : :!   |:::::{。二。},イ::゚。 ii::...,i!  i、__      !
     !/: : : :|  |::八=ii ii=ノ:::::i./  !  |   \   !
      '    ノ.  ノO{。_______。}O:.、  ', !     '  :
        / /,:::::::::\:ii ii::/::::... \ ∧ ',   i  i
     (.  ( /:::::/::::.\/:::::::/:::::::::∧ ,   |   |
        \ \::::::\::::::::..\ /<:::::::::::::.', ,   ヘ  i

このスレでは比較的マイルドなヤンデレであるフェイトそん。

せいぜい、別れ話を切り出したり、告白を断ったりした時に無理心中される程度で、

ヤンデレハーレムを築くだけなら無害なものだ。

333無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 13:36:58 ID:pnEGAqCI0

     / /             jV::|/    ./       ,........<ム___、ソ   /         /  .|
   / /       ,.ィニニ  、 //::/___/   r‐‐‐ァ´::::::::::/_       /.、    __/     |
.   / /        ___\ `レ<  /\ >、.| /::::::;;;/:::::::;;;;ア    >'  \\ニ ̄      |
  / '         /   `    \ 、    ヽ/レ:::::::/:::::::::::/  >‐―一'  ̄ .Yl」タュ
. //     .< ̄ ̄ r‐ \    \ \ヽ   .|//厂r=== ァ一'           {キゝ、〉ュ     ’
. レ   r--‐'了{ ̄:;フ ./  ト、ト、  ,xヘ.}|   l./ /j||  /γ´..r‐=、 ヽ    /.| .|. {//\   ./
.    `つ_ィー'''フ  / / . |{ | ヽ`X=示心、'、 ヘ//  j_/  .l   |  ./ 、└‐ァ」 ̄ヽ|.| ∨//\/
         / ,イ|λ| {ュミ、    辷丘 ト、 \ /_ __」  ノ _乂{`ブ´::.::.::.::.::.:ヒ'__|////∧
          | ./|} トヽ l 以,          `ッュ二二二__>'  厂ア ̄j::.::.::.::.::.::r-'    l/////∧
          レ'  、 | `ゝヽ、 r==ュ、  __タ<    `r――イ /::.:/::.::.::.::.::./     |//////ハ
            У / 人 ヽ:.:.'. . j  ||弋\       ,ク   / レ::.:/::.::.::.::.::.:/      |///二ミt、
               / .人_ヽ>>、`ー '   ヘ.  、\   //  / /::.::/::.::.::.::.:/           レイ////∧
              /ー ' /\` ` ` ー‐ヘェrェヘ    、\//   /::.:ノ::.::.::.::./ー――ァ     `|///////ヽ
       , </  /__,.ィ\   /::=キ=::}  r=====ュ::.::.::.::.::.::/::.::.::.::.:/,..ィ:: ̄\  、///////.j
.      /   {    ̄     Lゝr'ー‐----| /  >.....´::.::.::.::.::.::./::.::.::.::.::.::.: ̄::.::\、::.::.:\ ヽ/////./,
.       |   `ー―-、    了入 ̄7ー┴='イ´/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\、::.::.ヘ \////
       ` 、ト、_,ィ⌒Y}    /く<::.::.V_ムイィ´ヘヘ::.::.::.::.ィ::.::.::.::.::.::.j::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\、::.::ヘ  \/
              ソ    |::トーヽ::.ヘ___, ィ<ェイィ´::.::.:/::.::.::.:i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヘ::.::.::.`ー-..、
                    ヾ」::.:\、:ヘ::.::.::.::.::.::.::.O::.::.::.::./::.::.::.::.:| ̄\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ーヽ、::.::.::.::.>...、
                   `  <云ュ、::.::.::.::.:::.::.::.::.::ノ::.::.::.::.::.:|}::.::.::.:`ヘ、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\、::.::.::.::.::.::.\
                          }ヾー---一..'::.::.::.::.::.::.::.:レ'::.::.::.|::.::.:}::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\、::.::.::.::.::.::.\

しかしながら・・・仮想人生体験中もヤンデレハーレムでは現実と大差ない。

それではわざわざ仮想人生体験をする意味も無いだろう?

そのため、シミュレーター内では一棒一穴主義が通りやすい世界法則が成り立っている。

嫁同士が百合レベルで仲が良くない限りは、まず一夫一妻となるだろう。

・・・ならば必然、やる夫に既に伴侶が居る場合、フェイトさんは自動的に告白しても振られることになる。

そうなると「別れ話を切り出したり、告白を断ったりした時に無理心中される」というフェイトさんの特性は、

無害なもので済むだろうか?

334無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 13:58:18 ID:pnEGAqCI0

              -=ニ ≧ 、
                 >x  \
              __ ヘ  `   …― - ミ
          ‐==ニ                     ` x__ -=ニミ
              /::/                      丶__   \
          /:::::/      ,r‐     {     ヽ   ヽ:::::\  ゚。
            /:::::/   /,   /  /  |      |   | k:::::::\. |
        /:::::/  / /  /  |. l__ !  |、   l __ !   | l::ヽ::::::::∨!
         |::::/ /l   /   !   |´| 厂 ハ トキ   `!   | }::::::::::::::::| |
         |::::|/::::::| イ   |  l y=≠ミ Ⅵ ⅵ≠ミ、  .| ト::::::::::::::::Vゝ
          /:::::{::/ l | { |. レ、 N' iノ:/:}     iノ:/:}   j イ. \::::::::::::V
.        /:::::/   从ヘ. !:  !\! 乂乃    乂乃 / /)|   \::::::::',
      /::/   l   Vヽ. |  ト"""    '   ""// /' |    \:::丶
       /       ;   >小/.\|ヘ    { ̄j   イ/ /   !  l    /`ー--
           /   /  /  /   ≧o。  。ィ´/ /  | !  /
             /   /   ;  /-ァ¬テ八_ -‐:´/ /   .|  l  /
          ;   /   !  |/: : | ノ∧  . イ λ.   l  l /
           |  :′  ムイ__|: :===大=ハ/: :l /∧    |  V{
           |   |  〃/ ミ: :/¨lトヽx.: : : :.l ! : ∧   ! ∧!
           {.  |  〃::|  J〃   Y}/: : : : :l l : : : |   Ⅵ l|
          ∧ l/ r‐ト __ノ从 ___ / : : : : r从|¨ ̄ l   ‘, .
           Y' /   /.: : :У  ]: : : : /      ;'      ‘,|

「やる夫!大好き!」

「私のお婿さんになって!」

           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ

「済まない。やる夫にはもう佐々木が居る」

「フェイトの気持ちには応えられんお」

だからこういう展開になると・・・

335無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:00:45 ID:pnEGAqCI0

        __r〃  /                 ヽ   \: : :
      x<: :/ヾ /                  \ V丶)ヽ)\:
  l  /: : : : :!'、 ' i/(  ___          ___,)\ 、     V
  l/: : : : :/|ヽ l|   `____ 二ニ   ニ二___ ____ ヽ}、 ∧
/: : : : :/  l|ヽ | !/ | ̄          ,          ) ヘ ヽl ヽ
_: : : :イ    l|乂!  l   |  |l  l|   / l  l  l l l/iノヽl  |   |
       八ヽ|   l   ,|-‐|l‐‐{-、/  l l,r}l-‐|‐}、.|     |. .   |
            〉{.l. . . |イ |l__|l」__|ヽj  }j,_|_l_|j,l l   . .|. .   |
    /  . .从'|.|.|. . .!ィ孑斧芋气ゞ   孑芹刈、ノ . . /l |. .  .'
.   /:  . /. . .>l.乂. .八 弋zxツ     ヒzシ 从 . . / |ヘ.  /. .
 . . /:. .  ./. . . |`!  ヽ l`             八. /   |. .} /. . .
 . /:. .  ./. . . . | l   ハj        '     イ  )ハ   l|. .!'. . . .
 /:. .  ./. . . . . | |l   | _〕>:.    ヽフ  イ |  | V |. . . . . . .
.,':. .   /     _xr-|l   | ∨//≧‐- r≦‐-x|. |  |  V{. . . . . . .
.   /  /\ヽ |l   |  vニニニニニ/     |l |  ト、 V、. . . . .
   /  Y⌒ヽ \|l   |   V ̄ ̄y'    |l |  |´》、 V\. . .
  ./   |   \ i|l   |   イヽ.  /へ.   |l |  |/ | V. .\. .

「・・・うん、わかってたよ」

「やる夫が佐々木さんしか見てないことは」

「でも・・・だったら・・・」

336無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:02:15 ID:pnEGAqCI0
              E@ヨ
               ノ
              (
       x=ニ三三三三三三三三三三三三三三三ニ=x
    ィ三三三三三三>ニ==≦x三三三三三三三三三三三三
  三三三三三三/´         .`゙<三三三三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙/    #       >ニ==三三三三三三三三
 三三三三三ニ゙               /      `゙<三三三三三三三三
三三三三三三{             /′          ⌒ヾ三三三三三三
゙゙三三三三三∧            /                ゙マ三三三三三
三三三三三三∧          /                  ゙≦三三三三
'゙三三三三三三∧、       /             ⌒ヽ     `゙ゞ=三三
  三三三三三三z>ニ=圦                 Vx、       }三
   ゙三三三三三三三三三ゞx \              }三≧x     ノ三
          三三三三三三ニヾx \               {三三≧三三三三
            三三三三三ヾx_ ヽ          V三三三三三三
               三三三三三≧ノノ≧x=ニ三{    ー-=三三三三
                  三三三三三三三三>x      x}三三三
                    三三三三三三三三三三三三三三三


      //      ,.へ          ー‐-、` 、:.:.::/  \ \
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ k'^ヽ、   ヽ ',
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !:.:.:.:.:.ヽ、  ', !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 ', |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | ト、:.:.:.:.:.::.:|  |
    /|イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,' \:.:.::.:.::|  |
   ,'  |   !  | .| |   ,r===ミ `  ` 彡=ミ、 / N   ヽ、:.:|  |
   /  '., ト、 l  | ト、ヽ       ,        .//  !       ー'   |
.  /    ヽ|. \ト, |  ヽ| ////   //// 7  ∧         |
ヘ/          .| |   ',.    r──‐v     /  ,' ',           |
: : :\      /レ∧  lrヽ、  ∨    ノ   /i. ,   !         |
: : : :∧   /  / ', ::::::{´>.  `ー‐ ゜ <:::::ヾ l    !           |
: : : : : :ヽ /   , '   !  |  _├`-ー- ´┤_ |  |   .|        |
: : : \:.:‘,  ./    l   l'´r'::::::::::::::::::::::/ `|   |    !           ',
: : : : : :ヽ:.:',../   _,.-¬   | ヽ_, -‐- 、_/  |   ト、_  ',         ヽ
:i : : : : : : :\、 .,rヘ ', !   !   ', ,r' ㍉ /   |   |/ /ヽ、ヽ
' : : : : : : : : : :X| ヾ\∨  ,'   丶  /    |   レ' , ' |  \
: : : : : : : : : : : : : ∧ /   i    ,=∨=、,,  |  |/ |   \
: : : : : : : : : : : : : : : ヽ    | ,..='",.=q=、、゛'' 、!  i|    !     \
: : : : : : : : : : : :, -―_ ァ=…- _ .( /ハト、))\ リ  |.   l      ヽ、
: : : : : : : : : : :/ /   _  __ ノ ー7,':||:i |ー'、 / | ∧!  |        ' ,

「来世では夫婦になろうね!やる夫!」

nice boat不可避である!

まあ来世(ローマ)では夫婦に成れるだろうけどね!

337無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:04:46 ID:pnEGAqCI0
                 ___
               ´        `  、
           /              \
             ,.:                   :.,
          /
         ./  /              / ∧    ∧
        /  /   _/  / _   / ./ ∨   ∧
       ./ :i /   ⌒/ / ̄/ / ./ー- ∨     i
      /  |′     //  /)/) /    ∨   :|
     ./ / |    /z竓芋芋ミ /   ィ竓芋i ./  !
     / /    {.    c乂_ソっ    c乂_ソっ′/レ
    ./ / / i 个、  {、、、        、、、 } / !
   /ィ/ (  | 乂\(        ′     ノ/i |
     {  }   |  个z、\  __  _     / .! ‘,
     {  }、 ト、.  N   \   ー一 ´     .イ  八 ‘,
      \{ \ ー‐:} |N } \      . :个  /} / ⌒ \
            } |ヽ.}   ー‐r<{ /{, イ/       \
            ’, ∨L__ .⊥、 ′  (
             r{⌒   { ∨{ 乂_
           _,/ }\__「 ̄ 〉、/} ト、__
     r    ̄ {  :}  \  ∨_/  /{ ∨   ヽ
     {      :}  :}   \ {  } / }  ∨
     {       :}   }     \ }/  :}   \  / |

【ローマに戻ってからの反省会にて】

「おいいいい」

「僕を蹴落とすならまだわかるけどさ」

「これフェイト自身も含めて誰も得してないよね?!」

結果、ヤンデレ仲間であるはずの他の嫁からも、

ハッピーエンドブレイカー、バッドエンドクリエイターとして

フェイトは最も恐れられることとなった!

338無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:09:08 ID:pnEGAqCI0
ヾ、\ヽ |     /  l   |   ハ l  ヽ   l  ',   ',   ヽ、   ヽ
ヽ、 ヾ、,|    ,'!  .|  .|!  ,'  ',|   l   |  l    |    ヽ 、   ヽ
´`ヽ、ー.|     !|  |  ||  l   l!   l   l  l    |     ', `ヽ、 \
 (ヾ ∨ |    l! _|__|__,.)!   l ',  l  |  |    |     .l    ` ー\
  ニヽ∨!    |´  l',  |l /レ   |`ー-|‐"/´` /!   |       |
 ヽ、 〈 .',|   | ! ヽ、|ヽ .l/    | | /!/ | / l   .|       |
、  j l、 |  ,_|,..l___`__,./     ,|/___,.._,|/リ|   / ヽ,    l
 ヽ、__   | ´.|´とつ´```      ´´`○/./|/ |  /   \   |
   /   |  | |          、      彡' / |.| ,/.      \ |
 /.    |  | |           '    /   | /         リ
人:::::\  !  ! |     ___ ,    /|    |
::::::::::::::::\|  | |.    ー`- '  _,. イ   |    |
:::::::::::::::::::::|  | |::..、_   _,.. -    |  |    |
:::::::::::::::::::::|  | |:// ` ー".     .|  |    |

「さすがにごめんなさい・・・」

フェイト自身、ヤンデレ性向を除けば心優しい方の人間だ。

そのヤンデレにしても、本当に望んでいるのはやる夫とのハッピーエンドであって、

何もかも台無しにして誰も得しないバッドエンドを望んでいるわけではない。

だが結果としてそうなってしまう!

だからフェイト自身、そんな風にバッドエンドを作り出してしまう自分自身の性格に自己嫌悪を抱き、反省し謝罪した。

・・・だが止められない!

現実(ローマ)では最も無害であったフェイトが、仮想人生体験においては周りを巻き込んで不幸にする真の邪悪と化していたのだ!

339無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:12:32 ID:pnEGAqCI0
          .......................
       ....<.............................>....
     /.....................................、........\
    /..............................................ヽ..............、
    ,..............................\................................ハ
.    ........................ハ..........\..............〈,ハ} X<
   |..............|..... | ∨.......................|.〈/}/\|
   |......... |..|..... |.  ∨........ー\┼-...........|
   ............|..N..-|‐{.´ \\...xテ云ミ il.........|
   {..................xテ云ミ  \ {r'__} 刈.........
     .............〈{ {r'__}      ^"~) }........|
     ';...........∧ と)           ;i ,........
.     ∨........い、i!      '   .j./.........′
     Ⅵ!....∧ゝ。   r つ . :...../../.}
      ⅵ.........',....}>    イ......./}./}/
      } \......|「冖------{/}./ ./
      ィニ二_\{.  `¨冖--{ \
    ,仁二二ニム_ハ /\.  〉_Kム、
    二二二二二マム\ / ,/::: Lマニ>.、
    {二二二二ニニマム. ` 〈\::::::\ニニ]
    {二二二二二ニ}_ム.  \_Y:::::ハニ_}
    {二二二二二ニ}ニム    }:::::::::}∠_
    ∨`寸二二ニニ]〈^¨\   \ ̄ ̄}ト、
    }   `寸二二}___/^}. \   \ ] ハ
            ̄ ̄ ̄ | |    ̄ ̄  \
.     ∨        ∧/`Y           }
      ∨      /  ,:く        /
.       ∨     ゝ-<厂\      /

「フェイトちゃん、さすがにこれはあかんて」

「うちとしても何らかのペナルティ課さざるおえんで?」

「・・・とはいえ、さすがに仮想人生体験から締め出すのは可哀想やし」

「逆効果やろうしなあ・・・」

ヤンデレから仮想人生体験を、やる夫と二人っきりの蜜月を築けるかもしれないチャンスを取り上げれば、

それこそ何をやらかすかわかったものではなかった。

340無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:14:03 ID:pnEGAqCI0
                  ,  "´  ̄ ̄ ̄ ̄ `丶
.              /               \
.             /                 \
.              '   /              \  ヽ
             /   /      .:/  、:        ヽ::.. ',
.          ,′ :/ .:/:/ :!.:::|::   |::.  ヽ __ヽ  ',:: ハ
.            l  :,′.:/::l  ::| :::|:::.   |l:::..  V /|: ∧:::::l                                    ,, -''
          |   :| .::l :::|l_|:l_:|:::l::. | \_ :V/|∨/:! :::|                              ,, - ´
          |   :| :::| ´|ヽ::从.:|八::...|ヽ´l\.::l`ヽ|〉〈 ! :::|                         _ ,,-'' ´  _..:.-.:''
          |   :| :::|:l│,ィ≡气::::\|::::x≡气、.::j∧ヽ! :::|                    _ ,,, - '''  _ ..-:.:.'':.:.:.:.:.:.:.:
          |   :l  ::Ⅵ|   :::::::::::::::::::::::::   | Ⅵ'::::ヽ| :::j              ,,,,,, - ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          l   :|  :::::小       '      | ::|::::...::|.::,'            ヽ    _ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ', :::|   :::::|:ヽ    ー 一    | ::|::::: ::j:/               i_,,..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ヾ::::l .::::::|::::::\        イ | ::|::::::::/              .l:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               ヾl ::::::::|::::::::│、  -  イ|::::| リ .:/::::::/                 |:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              ヾ:::::l./く/`=≧-z≦=|`./::/::: 〃                  |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          -―――‐'´/::.:{  /^\.  } /く `ー - .___       _ _ ._|;」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''
       〃::.::.::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.| /ミ{^}彡, |  ヽ::.::.::.::.,--、,.─、\.:.:.:∠ー^i `i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
       ∧::.::.::.::.::.::.::.::./::.::.::.::.::.Ⅳ/∧\.Ⅵ  ,r-/ ̄,i  .l   .Y  ̄--´ .l l  |:.:.:.:._:. - ''
       |::.ヽ_ -――/::.::.::.::.::∧く_./ ヽ._>∧  l-=|,,-=ト -=|===| .       |,,」,,- '''
       |::.::∧ /::.::.::.::`ヽ _/ マ¨ ̄ ̄¨フ\}__|,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,ネ ,,,, - '''
 .      .|::. |::.∨::.::.::.::.::.く ̄::.::.::.::.:\::.::.::./   /  !  !      l / :.:. ! |

「・・・となると」

「ちょっとハンデを背負ってもらおうか?」

安価↓1 TS(男性化) or 百合

341名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 14:14:22 ID:r3DRt3sM0
百合

342無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:17:01 ID:pnEGAqCI0

              -====: . 、
         _。<: : : : : : : : : : >.     f.Y
       ,ィ: ; -: : : : : : : : : : : : 、 : {\ l. |
.       /: :/: : : : : : : : : : ::!: :!:!: l: : :\\ |
      /: : : : : : : : : : : : : : |: :l l::イ :ト 、\ ト
.      , : : : : : ‐:1:T: -: : : : :!:_:!:|/|_ \\ 、 ヽ
.      { : : : : : : :芹沁∨:|: |:!: :!ヽ:|ゝ_ ̄`ヽ、   !
     l{.| : : : : 〈{ {j::::リ ヽ{ 从_:|:_/: : :/ニヘ     !
     l|.l: : : : ::ハ `¨´ ,  `ー/: : :/ .ノ:}∧    |
     乂: : : : : :ゝ  r  ┐  /: : :/イ: リ{__ト―‐:ト、
      _。r≦三=> `ー  イ : : /: :/:/ |`ー――‐:}
     /三三才 |  ≧≦ .|: : /从乂 |      |
.    /三才 |.  | Y:::Y  /:_:イ≧ュ。._`ヽ`Y ____,イ
   _/才-=ミ:|  .! /:::r' 7´ .|三三三≧ュ}    :}
   { /´   ∨ {/::::::!/  イ三三三三ニl    :|
   l l.    Ⅵ{.´У <-=ミ三三三三=}    :|
.  ノ :、     } l/        Yzzz≦   {      |
 {    ト    .:イ        :リ´`ヽ   }     :!
 |:   ニ-{ `Y  :}}       ,イ/   \     :|
 ∨    ∧. }  {!`    -=彡: /       \    丿
.  ∨    ∧}  }!       {        `ー

「私も人のこと言えんけど」

「フェイトちゃん、女の子も好きやろ?」

343無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:17:39 ID:pnEGAqCI0
                                ___
        ____                /  /⌒\    /\
         \::::::::::::::::::\⌒> -=ヘ──-    /  /      /  /
.            \::::::::::::::::::>   /  \    `ヾ/⌒\      \/ />
            />―=7イ   / /         ヘ    \     </
        /´:::::::::ー=/ i  / /   /   /    \____>   ┌─┐
       ∠ ::::::::::::::::::〃  i / |  // |  /| / / ト、\:::\    └─┘
       /   ̄ ̄ ̄{{  Ⅳ _|__/」_ /| / :|/__/__ |   ∨:::\
        /      /i   │  レ' /l/`:| / .∧/|/| | i || ̄ ´
.       /       /  |   | |x=ミ、j/ ./ /〃 レ' ,八| │|
     /      /  {   | |        =ミ厶イ:|/ ∧j
.    /      /   ',  | Nヽヽ    ' ヽヽ// | | /  '
   /      /      '   :|  |    r ァ   ., './> |ノ /
.  /      /        Ⅵ:|  |个、    ., イ :レ' |
.  ,'      /       .》i|  |─-`≧≦ :|  l  

「そ、そんなことは・・・」

344無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:18:50 ID:pnEGAqCI0
                     ___
                    ,.<:::::::::::::::::`::.__
.                 ,.':/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.                 ,'::,':::::,/ミ!:::::::::::::::::::::::',ヾ、
.                ム:|::::/l- l:!:::,、:l、:::::::::::::', `
                ム:il::ィ芯`l:l:::|_l:j-マ:::::::::トヽ
.                ム::!{ミ.   lヘリ 芯`}:::::::::l `
                ム::l::ム.   l:.   彡l/:}/
.                ム::|:::::|ヽ. ` ‐ .ィ:::::|:::::::|
              /:::::|:::::|ノ .`ー ´!:::|:::::|:::::::ム
  _  {ヽ         /_.-‐!:::::!    ト.|::::::l:::::::::ム
  } レ、ヽヽ      ,. ´. ', j::::::lー、  r一.|::::::|. ヽ::::ム
  `f f/)  ヽ    .ム. . . .'/:::::/        ',:::::',. . ',::::ム
.  `f f/) _ ',   .ム. .}. ./:::ノ!≧=====≦.}::::::}. . i::::::ム
   ヽl_′ ` }   .ム. .,'. .'´. . .寸ニニニ∨. }ノリ、. . ',::::::ム
     ヽ- j!  ム. ., . . . . . . . 寸三/. . . . . . ', . ',:::::::ム
      ',` ̄.', .ム. .i. . . . . . . . . `.v´. . . . . . . . .i. . i::::::::::ヽ
      ',. . . .∨. . . ',. . . . . . . . .:.:.:.:. . . . . . . . ,' . . |:::::::::::::!
.         ,. . . . .',. . . , ゝ. ._. . . .:.:.:.:.:.:.、._. . . . ィ',. . . .!:::::::::::::|
         ' . . . . ',. ./::::::| . . . . . . . . . . . . . . |::}. . . . |::::::::::::::!
.         ',. . . . . /:::::::/. . . . . . . . . . . . . . . ',:!. . . . }::::::::::::::',
.         ',. . . ./:::::::,'. . . . . . . . . . . . . . . . . ',. . . . |::::::::::::::::',
.        `r ´:::::::/ . . . . . . . . . . . . . . . . . . ',. . . .}::::::::::::::::::}

「フェイトちゃん、今夜どう?」

345無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:19:44 ID:pnEGAqCI0
                 ___
                 ⌒ヽ \   __
              > -―--\ ',´      ` <  _
            /  > ´           ヽ  ヾ:.、   `ヽ
            '⌒/ /         ヽ  ',   ∨:.,
               / /  /          ',   i   ';::::',   i
            i ./ } , } i i ハ  } i  i .}  |//   }:::::',   }
            j/ j / .| _!_|_.{ } / _|__ | !i|  |/   ,::::::::',  |
              / {   ! .ト{ヽ!`j/} ´ハ! j从` !   ∧::::::::', !
                / ハ  | i{ ィfミ、 .j/ ,ィf 弐ミ、 .ト、  八:\:::::; |
            // ハ .{从 ヒソ    Vzツ }  | }. '| ';::::::{\}
                ヽ!| ハ  j         ,:  jィ  .! ヽ::::!
                  | 八   _ _   /  /   :|  .ゞ  |
                  |  >  __  .ィ.  /    |       !
                  | i  | _. }=/  /{__    !
                  | |  / ,ィ::::::::;  /´   `ヽ |     |
                  | | j /:::::::::::{ .′     |     |
                  | | /:::::::::::i!ヽ{  .    }|   i
                  |./=ユ==={{   i    ||   |
                 ,.ィ:::::::::::::::::::::八   .}     ||   |  i
                   i::::::::::::::::::::::::::::::≧=-|____!|  |   {
    .>-‐-<       {:::::::::::::::::::ィ:::::::::::::/::|--{{--}} _ _ _.|
    /r-<_,///≧ャ--、  リ=モコ=====ミ 、::/:::::}--||--||/r.、/}/}ハ-、
   乂ゝ---、///ノ/  } ̄,:::::::::::::::::::::::::::::::::\::/ーt.マ=ァi//ィ///!!ノィ{
     `''ー、  \ヽ __ ノ  i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::′ ', ´ j/ノ ーヘイ''⌒i
        \  \   ̄ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{==≦ ´ ̄  /    |
         \   ー―-!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V  __ 彡 ´ i      !
            ーt― --.}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨      .|    .|
            }    |::::::i::::::::::::::::::::/ ̄ `ヾ      .|     !
            ,    i:::::::j::::::::::::::::/      ヽ      ノ    /|
              /    ハ::::::::::::::::::::::′         ∨   {    / .{
          /  |   .| ';::::::::::::::::::i         ∨  _乙⌒/⌒
            ∠__ j    !  ';::::::::::::::::|         :,- ´
           乙,,_ノ   ';::::::::::::::!             }  <キュン
                 /   、ヽ::::::::::{ ,′       ,
            ,      \';::::::::V        ′
                         ゞ-ー|        i
             ,ィ               /´|          .|
         /               .イ  !         |
           /          /    |        !

「喜んで!」

346無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:20:27 ID:pnEGAqCI0
         , =--=≡ミ、    __  __
       / ̄ ̄>   >´        `丶 /⌒\
          ,.ィ´                  ヾ _ \
     ー=≦-=彡  '            、   く:::::::\ ',
         /  //            ヽ   ,::::::::::::\!
         / /            ∧     :!   ー=彡,<:::::::::::\
.        / /  / / /| /! /!/  ! / /! |   !ー=彡,::::::\::::::::::\
      //|  ./ ' /-|- 」_/ :|  |,斗/‐/|   | ー=彡,.:::::::::\::::::::::\
        |´ :| / ,'〃, ,レァ=トx、:|  | V=ヽ{、!  ,-、  八::::::::::::| ̄ ̄ ̄
.         | :!| |:|:| |《{!  i}   ノ {!   i}》  !ヘ } ,'  \:::::::!
           ! :!| !:!:! !、`="      `='":!   !_ノ/!     \:!
.         ヽ|:! :|:|:| | ⊂⊃     ⊂⊃|   |: / :|      |`
           ヾ|:|:| |∧     `          :|´  |      |
.            ノi!:| | :|\.f二二 コ  , :!   !        !
           //   ! :!  >  _  イ  !   !   :!      !
            /   :! :!´ /   〉     .,  , \ |     !
               /,  ,' / - 、   __  /   /   ',      :!
            / / /  \    ´   /  / /∧    :|
.           / / /     `ー=‐一/  / ´   ∧   :!

「っつ、これはその、違うんだよ?!」

347無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:21:50 ID:pnEGAqCI0
             ____
        _ 。r <: : : : : : : : : : : : : : 、
      ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
.     ,: : : : : : ;ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}
    /: : : : : :/ .!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {: : |
.   /: : : : :!::|{ .!: : : {: : : : : : : : : : : : :l : : : :!: ::|
  ,' .,: : : ::T_ト、|: : : :!: : :!∨: : : : | : イl: : : : !: ::|
  :{ l: : : : :|芹ミ}l∨: |―:|-|:、: : : !/ l\/!: ::|
  }l l: : : : :{.l::r!   ∨! .l :! .!:| : : : l :/!イ\| : :
.    !: : : : ト辷!   }/イ竿芯:、: : :!: : ::!: : : /: : |
.    |: : : : |  ,    {::::r } ヾ:/: !: : :リ: : :ハ: : :!
.    |: : : 八  __     `゙´ ´/: : /: :/ : :/_ノ: : :}
.   ∨ : : : : 、`ー     イ: : /: :/: : /: : : : :リ
    ∨: : : : :\      _r≦: : /: : /: : : :>=ミ
.     ∨: : 从{_: ̄f  ̄  イ : : /: : イ。r≦三三=-
     __\:{. ト ̄ !∧ / : :ムイ,ィ三三三三三
   ,イ三三三才.\|__.∨:_:_≦  ,イ三三三三三三
    {三三才  |  {::::::::::〉 / .,イ三三三三三三三
    l三才  .ノ  .}::://  ,イ三三三三三三三三

「語るに落ちたなあ」

「少なくともプレシアさんは全然イケルやろ?」

「私もあのおっぱいは揉み応えあって大好きやけど」

348無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:26:22 ID:pnEGAqCI0
                ____
             . : ´: : : : : : : : : : : : : :`: .
.         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :、.:.
         / : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :',: : : ',:.
.        /:./ : : : : /: / : /ヘ:ヽ: : : : : : : : : : \: : :|:. :.
      i: i: : : /: :|: :i: : :i  i: |: :|:|:.:|:|: |: |:、:. :.|∨|: : |
      |: |: : :.|: : |: :|: : :|  |: |: :|:|:.:|:|: |: l: |: : |∧|: : |
      |: |: :l :l: 斗-|-:-|、 |/|: :|:|斗|-|-|、|: : |: : |: : |
      |: |: :l :|: : |: :|:从|  |:从:从:.|从:|: : |: : |:|.:.|
      |: |: :|: :ヘ:.|ィ斧示㍉ |/  ィ斧示㍉: /ヽ//: :!
.      从: :.|: : |: 癶弋zソ     弋zソ癶:.iノ/:i:i: : |
.         从: : :| : : :."""       """イ:.:.|イ:.:l:l: : |
         /从: |: : :∧     i      /.:.:.:|:|: :l:l: : |
         r≦二ヘ: : :i \   ‐uァ‐   .イi: : : /ニ≧x:|
.       ∧  ∨ニi: l:!ニl/≧o。  。oイ l l|: : /ニ/ / ̄`ヽ
..     /  ', V.从:|ニil          l l|: :.iニ/ /    ',
...    /    ',  iニニリニi|、         ,l ll:.从 i./
.      i    ヽ/二二ニ〉 `ヽ   r'''" l ll/ニニ!!        i
          /ニ二ニ//          l l二二ム     ,′
..      ',  /ニ二ニ//    Y     .l |ニ二ニム    ,
.      '  /ニ二二ニl l      |     l |二二ニム    ,′
.       {二二二ニl l      |     l |ニ二二ニ}
.       i マニ二二ヘ ',   |     //ニニニニ}  ′
.       | \二二ニヘ ',   l   .//二二ニニ/
           -=二二≧=≦≧≦二ニニニ/   ,′
       i     |≧x二二二}|{ニニニニ|     ,
       |      |二二二二ノノjニニニニ/
            ヽニ二二ニ}|{ニニニニ/     ,′
        i     iニ二二ニ}|{二二二,′
.      / |      |ニ二二ニ}|{二二ニi      , \
    /\     .|ニ二二ニ}|{二二ニl      ,′ニ/\
.   /\  .i     |ニ二二ニ}|{二二ニ|    ,ニ./ /\
..../     \|     |ニ二二ニ}|{二二ニ|     i  /   .\
./        |     |、ニニニ}|{二二ニ|     l/       \
         |     |   -=ニ}|{ニ=-  |     |           \
         |     l\  ____  |     |           \

「ま、女の子なら誰でもってほど無節操とは思っておらんよ?」

「けど、親しい相手、例えば私やなのはちゃんあたりなら」

「やる夫さんほどじゃないにしても、エッチなことくらいはしたいと思ってるやろ?」

フェイト「そ、そんなこと」

「人の胸の谷間ガン見して言っても説得力無いで?」

349無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:28:00 ID:pnEGAqCI0

           , イ´: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ.、
        /´: /: : :/: : : : : : : : : : : : : 斗=`==ヽ
       ./: : /: /:/|:/: : : : : : }: : : |::Y: : : l : ヽ: : : }
      ./: : /: :/:/=/: :/: : : : :|:: : : |: |: : : :}: : ::}: : : ト
      ./: : /: ∥∥.{: :{: : : : : :}:|: : : |::}: : : ::}: : ::}: : : }ヘ
      ム: :∥::{: :{ . {: :{: : : : : :}:}: : : |: :|: : : :}: : ::|: : : :|::}
     {: : ::{: :,斗===- |: : : : : |:__: : :}: :}: : : :}_____|: : : }: :}
     {: : : | :/ヘ::| .{: :ト: : : :∥ |: `> 、: : :}---,\/::::}
     .{: : : :|: .,_==ミ,ヘ:| {: : ::ノ  |: :∥ノ|:`ヽ}}二ノ::>, <|:::::}
    _.|,,,、Y´ {::``ヽ、|ヘ::/ 彡-==ミ .}: ::ノ }: ::/./ \|:::|
   /,,斗<´ {  {っ: : :} }==ミγ. , ``ヾヽ:/ }: :/::}: : : ::}:::::|
 r彡i----,人  .ゝ=少ノ   { .,'っ::::::Oノヽ∥/ヽ:ヘ: : :}: : :|
..({.{ .| l==、ヽ| ゝ--=.´   、 ゝ、:::::::ノ .}/ ) }: |: : :|::::::|
 \ | ヘ、::人     ,    ゝ= 、___,,.ノノ斗イ:: ::|: : |: : ::|
  \    ヽ::\   、___,        /-イ´、::/| |::::|::::|:::}
    \    }:,:::ヽ、       ,γイ´´´`ヽ`ミ、|:ノ::/|::|
     \ -'' ヽ::::\ _ _ 斗<´.{´        //,,/ |:/
      |    ./ノ  ヽ::l.ヽ三 レl:{        //  ヘ
      |    |   レ从ゝ--=,:|       .´   }
      .∥    || l     l   ヽ、        .ゝ
     .∥    .| ∥   r;γ´   ヽ          ヘ
     ∥    .|,斗    ./      .ヘ         .ヘ
    .∥  ,斗<´    /       .ヘ          ヘ
   ,ト∥ ,イ´      O.ノ        { |        , イ /
   >§./       .,.イ         .| |斗==、-、_/: : /
  ∥. l       /           }.r 、: : : : : : : : : : : \

「だからまあ、仮想現実体験世界で」

「女の子同士も許容するような価値観を広げておけば」

「フェイトちゃんの興味が私達にも向かって」

「やる夫さんへの被害が、他の皆さんへの飛び火が防ぎやすくなると思いますけど」

「どうです?」

350無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:31:15 ID:pnEGAqCI0
        ,へ、|| ̄|| /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:..::.:\
       << \|  ,'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:._::.:.:.:\:.:.、ヽ
    ,. ――-`==V/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ト- ヘ、:.:.:\:ヽ、
   /:.:,. -― ―ァこ}:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,、:.: -ーヘ' \,.ヘ:.:.\:.:.:.:ヽ:.:\
.  /:.:/     /,〃ヾ ,' ´ヽ-― T r:ト、、:ヽ:.::V:.:`ヘ:.ヽ:.:.:.', :.:.:.|ヽ.:.:l
 /:./      ///|:.:.:.:/r'7-― T:.|:.:.:.:|:.! ';:.!:.:|、:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.',:.:.:iヽ:.l !:.:.|
 |/      // ,'∧:.:.:|:.:.:.:.:.:.:!.:.:!:.|.:.:.//  |トムL」_:.:.}イ:.:.:.:.l:.:.:| |/ ,':.:.,'
 |:.i     // .i|',:.:.|:.:.|:.:.:./ /斗‐'Z   リr==、|!://|:.:.:.:ハ:.:'  /:.:./
 |:.:'、   //   | | ヽj:.:.:|.:.:.i'´ ,.r==         K:/:,'!:.:./ レ′/:.:./
 ヽ:.:\  L!  .| |   {ヽ、:.| ′     、    | Y/:./   ク/
  \:.:.\_ ,.┐L!   \|:.:.',        _ ,...   ノ:.:.:| '´    /
.    \:.:< ||     _!:.:.:ト、    ヽ..ノ  /、!:.:/
     r rr‐ィ' i , ァ   rii \:ヽ_`ト 、 .._,. '′ノ!:人
     UUノ  y'/    ,'| |   `ー |::::::::::::::/   〃  >、
     i  , ''" ,′  .∧l |     |::::::::::/     ,. '´,.-┤
     ト、  ,.イヽ、  | `| |     ト-v′   / ./  |
     l. \/::┌~ 、_ | |_,. -==! ム、_   / / ,. -‐┤
     | /::::::::::|    ` ー-、_,==H=、、゛シ ./ ,. "    ,'
      く:::::::::::::, |        ` `く!ト、_}ト、/r'´     |
      \::∠|         ,イ}|`ー'  |/    l

「その場合、一番の被害担当は私になるけどねー」

「まあ、せっかくやる夫さんと結ばれても台無しにされちゃうよりはマシかな?」

「私以外が標的になる場合もあるだろうし」

ヤンデレらしい、黒い駆け引きがここにある!

安価↓1 これで良い or 他のプランを

351名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 14:32:58 ID:r3DRt3sM0
個人的に怖いけど全員に向けた+αの提案を、
【やる夫を物理的に殺した(バッドエンド制作した)人は次の週でやる夫を認識できなくする】
なんてどうですかね(震え声9

352無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:48:45 ID:pnEGAqCI0
>>351
                  ___     ,.ィfニミ、
        ,.ィf三ミr、  ,.ィf>''"´: : : :`:. ー-く./⌒ヽハ
        ////⌒ヾ/: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : :',   j/!
        {//{   /: : : : : : : rv、: : : : : : : : :ハ: : ',  /i/
        ∨ハ   ,: : : : : : ; : !  '; :i :! : :ハ:!//;!∨!=彡'
         ヾ三≧: : : : :{!:ハ:メ.  j/!:!ー- }:!://|∧!
            |:.|!: : :.ー:!イ ヽ!   .リ }/ レ |.': !: : |
            |: i!: : :|ハ! ___     ,ィr=ミ、|: :|: : :!
            |: :|: : :| ィf'⌒゙      , , ,. !: :!: : ;
            |: : '; : ! , , ,            !:/: :./!
            |: : :ヽ:!:.、     r. ーァ   .イ/: :/:.|
           !: : : : : : :> -- `==  <: : : :/: : |
           |: :ハ: , -- == __ },. ---ミ__,. - 、.: ;
           |:/ .} i   ||/::::::j::i:::i::トヽ.   V
                 iハ    リ:::::ー:''::彡:::::::ヽ   i     ____
               ',___ /ヽ;;;;;;/!::ー:::::;:::::',   !    /: : : : : ヽ
                 { __ 〉= __ソ,ニ'ニ }__ ノヽ二}   i: : : : : : : ',
                 ', /   i/////!___ ノヽ. i    ! 三 三彡!
                ', !   .ハ////.ハ   } |    /: : : : : : : :i
                ',   .///////,ハ     ,.  /ミ 三三彡,'
                 >='/////////.ゝ-- ' /: : : : : : : /

「禁酒法がどうなったか知ってます?」

「あと、フェイトちゃん以外はその可能性は極小ですよ?(無いとは言っていない」

353名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 14:51:28 ID:r3DRt3sM0
デスヨネー(知ってた)
今後も周回(考察)を繰り返してバッドエンドメイカーが増えて、
ハンデ持ちが増えたら一考ぐらいですかねぇ。
ハンデの影響を受ける人の負担が跳ね上がるでしょうが。(フェイトでいうと、なのはやはやて)

354名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 14:57:32 ID:QjlQrrFQ0
禁酒法・・・ある意味最も素晴らしくある意味最も愚かしい法律でしたね

355無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 14:59:54 ID:pnEGAqCI0
>>353
    . . <: : : : : : : : : : ≧: : .
.  , : : :_:_: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、
 ,: : : : : : Y´: : : : : : : : : : : : :丶: : : : :\
./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : : ヾ:.、
: : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : ; : :ハ
: : : : /: : : : : :/;_:_:;: : :/: : : : : : :∨: : ∨: :!
: : : ::{: : : : : : {´`´`∨: : : : : : : : ∨≪∨:{
: : : ::|: : : : : : | _,.--}:-:、 : : : :; -:∨≪Ⅵ
: l : {:!: : : : : : !´  __l! ∨:|ヘ : }从: }: : : |リ
: |:l:从: {:-: : ::トz====㍉,   }/__,ム:| }: : |
: |:|: : {`ヽ ∨:!ゞ辷:ノ    ( ´¨´八.!::从
: |:|: : `ヾ_- .,         ,   .: : : ト 、
: |:|: : ∨: 〉く: 、     __ .,  .ィヘ:_:_、`ヽ
::介∧ ∨{  Y: >、    ̄ <: :{ ゝ_ィ^ヽ.
:{ .l: :∧ ∨:\): }ヾ:、/ ̄_Y二ニrf´` `  、
:| .|:∧ \{~ ‐}:l:!  >‐ミ {_|_ {ノ^ヽ     、__
ゝ/ ∧     |ハ./三三∨ ̄ `ヽ. ハ    〉:::::Y
_/ / ∧    / }!ゞ三三≧--=ニニニ{ト-::イ:::::::::!
.   /  \. /  .!::::::>:..寸二〉::::>:::::`ヽ:::::::::::::::|
,-=ミ    .У_.」::::::::::::::::><::::::\:::Y::::::::;::::::;ノ{
   `ヽ  {   .|:::::::-<::::::::}::::>::Ⅵ:::::::::::Y:::::::l、
       l!    !::::::{:::::::::::::└::―:-Y::o::::::::}::::::::|::\
       l!   ム::∧::::::::::::::::::::::::::::`::、::::::|:::_:::_::_:::::
       l! イ::::::::::::::\::_:_::::::::::::::,::-::‐'::´:::::::::::::::ト、

「まあ希望が全く無いのが問題なので」

「やる夫さんと出会える確率が下がる、程度なら大丈夫だと思いますよ?」

356無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/03(日) 15:05:01 ID:pnEGAqCI0
afk

357名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 18:38:49 ID:BhNRhX/20
たんおつ

358名無し-Red-市民-2:2017/09/03(日) 19:16:22 ID:w88SA0G.0
一旦乙です!

359無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 01:01:44 ID:5fhRDSC.0
ただいまです!

360無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 01:02:23 ID:5fhRDSC.0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成

361名無し-Red-市民-2:2017/09/04(月) 01:28:08 ID:f0jppADw0
技術描写
お帰り!
びっくりしたよ

362無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 01:29:31 ID:5fhRDSC.0
>>361


                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::|::::::::',::::::::::',::::::::::::::::::::::\
                            /:::/::,':::::::::::::::|::::|::::::::|::::::::::',::::::::::',:::::::::::::::::::::::`、
                        l:::/:::, :::::::::::::: |:: j ::::: |::::::::::::,:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::.
                       ,ノ:':::::,::::::::::::::::::|:::ハ:::::::::::::::::::::l::::::::::}::::::::::::::::::::::::::ト::',
                      イァ7:::::l::::|::::::::::: |:,'-',x :::::::::::::: |',::::::::|::::::::::::::::| ::::: | ',:}
                        /イノ::::j : |:::::从::i!l  '八:::::::::|l:リ 'x::::/:::::::::::::::,'::::::: | リ
                      '´^!//^!:::l::::::| V    ∨:::リl | j∨ リ:/:::::|:/ |:::::::
                       人  |l:∧:::{≧=ミ、 \ ∨      /!::/::::/lイ::/
                        /´\v' V《乂:::ノ゙ヽ    x==ミx/: : :|/ !/
                       ノ{ |イリ` ヽ∨ ̄´       乂メイ/W从::{ ,/'
                      ノ i! ∨  ∧           |   ̄ /´   V/
                    //......|  '.,    ' ,       '   ,イ
                 , < ...,'.......∧  ∧,     \ `ー ニア'  ,/ }、
              , <´ .....................∧  \    \、  ,イj  } |..\
             / .......................................\  ` 、    `/ }j ' ノ /...... \
            /......................................................\   > 、/  j',/ /.............. \

『びっくりさせちゃったか』

『すまないね。色々とバタついてて、気がついたらこの時間だったのさ』

『では、技術描写と行こうか!』

363無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 01:34:18 ID:5fhRDSC.0
星の開拓者:ペイルライダー・コンピュータウィルスン (前提のバグスターウイルス、ポリゴンも同時に開発)


・バグスターウィルス
 実体化して人に感染して怪人になるコンピュータウィルス。
 条件、コンピュータゲームであること。プログラム言語は気にしなくていいような気がする。
 基本的にコンピュータ技術が発達してる世界ならよほど追い込まれてない限りはコンピュータゲームはあると思う。
 ので、それなりに普及性はあるはず。
判定:可能。ポリゴンみたいなものか?
前提:ポリゴン

・仮面ライダー(エグゼイド)
 ゲームの力を使ったガシェットというアイテムを使って変身する。
 バグスターウィルスを感染者から切除できるのが特徴。
 胸のHPバーが無くなると死ぬとか高レベルのやつは負荷が重いとかいろいろあるけど
 ライダーなら誤差の範疇だよね。
判定:可能
前提:バグスターウイルス

・ペイルライダー・コンピュータウィルスン
 元ネタは獣電戦隊キョウリュージャーのデーボ・コンピュータウィルスン
 人間に感染する病原体なら大抵操れるペイルライダーにバグスターウィルス覚えさせて
 コンピュータウィルス関連もある程度できるようになるかもしれない。
判定:可能。・・・ところでヴァンダルーさんの病魔ジョブを見てくれ!こいつをどう思う?
前提:バグスターウイルス ペイルライダー

364無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 01:36:56 ID:5fhRDSC.0

     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

「塵理論、そしてアザトース宇宙の根本原理に基づけば」

「情報と現実の区別は曖昧だお」

「ポケモン、特にポリゴンがそうであるように」

「電脳空間と現実空間を物理的に出入り可能な存在さえ居るおね」

「ならば、だお」

「現実空間と現実空間を出入りし、人とコンピュータの双方に感染する「ウイルス」とかがあってもおかしくはないおね?」

365名無し-Red-市民-2:2017/09/04(月) 01:46:46 ID:w.Y9fAXI0
たしかにおかしくない
どうも生命体と情報生命体の境はほぼ曖昧らしい、エグゼイドを見る限り

366無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 01:50:52 ID:5fhRDSC.0
>>365
               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \

「だおね!」

「問題は、現実と電脳を行き来できるポリゴンには」

「人やパソコンに感染するような能力は無いということだけどお・・・」

「そこは今期の技術取得で調度良いものが手に入ったお!」

「即ち・・・」

                 /lヽ
      ,-'´ ̄`7\    /,i' |
     / `,,、‐ヽ、 ゝ   / ,l |
   /   l' ・ /'´ /  / l |
  /--、_/´ゝ-‐' /ー‐'´‐、|_ l
  l   /,,イ´  /`ト、   /ヽ
  └、//,-ゝ''´   l, ヽ /、'´´`ヽ、,
     / /_   l// /  `ヽ,‐'' /
     i,_/ゝ、_`ーゝ'  l     ,l /
       `´  `ヽ、ヽ,1   ,l' /
              ヽニー| /
                 `-'

367無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 01:57:52 ID:5fhRDSC.0
三三三三三三三ト、,,_> ! l.ヘヘ i i. i i iヽ==イ| i i i //./l/.>、,,___/三三三ニ::>:::´
ヘヘ>、三三三ニ:〉,,_` ´  .!ヘヘヘ,,>-‐ ''''ニニ''''.‐-< /./! `ー' _,,〉三三三>´::::/
:: \   \三ニ メ\`ーヒ´>、::´    ::{_二_}:  :::.  ヘ、-ェ'チ/ヽ/'''""  /  ,
:..\     ̄''"\\\/i,ク,ヽ:: , -ィー'7_ヽミーュ,,!i/ミ:>`ヽ// />‐ 、    /
\`   γ⌒ヽi´`ー-f、、_ヽ´_!::ノ_,,, 、´/ ニヽ` , ,,_!i_ヘ,/ .., ::ヘー‐ {:::"   ::!   _/::
三\  {   リ ,,. ./ー 、〉´  , , ヽ. く,_` ―´  >  , 、>、 , >.ヘ-、八.   ノ  /::三
三三ヽ. `ー;.チ />ヘ,,/r! , _!_!   >、` :: ´,<  ノ.ノ `>テヽヽ_ヘリ `コi〔 ,,_/ニ三三
三三ニ:>´二ヽ、リ:::  \! !/、 ,>=、'、 . ! ::: i リ,.=.ニ.< ヽ リ '" ...::ヘ./´二ニ.::三三三
三三ニi::二ニニ〉:.    `!リ,,_/f´r,`ヽiヽ,| __ |/,i´i´、 `i!、 ,!.イ    ..:ヘ 二ニニ:三三三
三三::i ̄\ニニi::::_,,---,-|!,, __{ミ,O ソノ_ノ.  ヽヘ.ヘ.,,Oノ'ニ'リェ----.,,,ハ ニ/" ,/二二
:: ̄ ̄`|`i `!ニ!´i l f i!_ `_〃`ヲ ´ , ヘ   ,ヘ`ヽェ,_ヘ_.ノ }l } } l_l_l_|ニ| i ̄il ――
: ――/-' _,リニ.!r―-ー,,_, 、  ̄- ´/ ==i ロi_,=.ヽ,, r―‐f-=ェ-, ̄_ .::i.ニ\--!!、二ニ
:.---ェ'i<ニニニリ:: >_,´-,,、シr ーr/` ̄´  ` ̄´ \rヘi,,┘ヽ    .::リ!二ニ>、ト----
三三ニ|:_二二/ハ::.    〈´_,,,>` i`'''〉〒〒〒〒〒、´レ i'     .::::/ !ニニニ.::ニ三三
:三三/'`ー イ リ、  / ̄i !i. }.〈H_l-_l_H!_H_H l.〉/_/〉<,   .::::::リ、 ` ,,_ニイ三三三
三ニ/  γ⌒ヽハ,_、.イ ! ! ヽヽ !〉=、 ヽ´ ̄ハ ̄`、ノ .// / ノ>,,,_ /7' >-ト、 ヽ、:ニ三
三ノ.  {:: : :ノ i   \,>=イ´ フ´:l>-‐T ̄T‐- <.ヘ,,/./ ノ.リ /`" ,´: : : : i  _>、::三
ニ_,/  ヘ,__ ノy―-ヽ    ノ, リ / ____ヽ l!、 ヽ> ,, /‐ェ 、〉、   ノ  ,, `>
/ _/,    i'///. >、´f   i ./´>.―.<`\i ` ,、`>.´\\ }  ̄ _ヽ、 ヽ ::
__./" >'  ̄ ̄`>、´./--、≧ .'_/ `>{---}<´ ヽ, ィ´_,, -_\\ノヽ.....、__\ヽ  ::
ニ /三三三三三 / ,、  ヽ //iョェ,''ーェェェェェ'',ェョ´ ヽ 〉 _,,  ̄.7三/  三\,,   ::


【グレズ 代理AAゾンダー】

「カオスフレアのグレズだお!」

「グレズの本質は物質的な機械と言うよりは魔法的な機械らしくておね」

「物質的な実体を持たないままに、文化・思考・思想・ミームといった形の無いものを直接侵食同化できるんだお!」

「勿論、普通に物質的な実体を形成することも、物質を侵食同化することもできる!」

「人間にもコンピュータにも感染する能力としては最適じゃないかお?」

368無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 02:06:55 ID:5fhRDSC.0
               ____
             /      \
           / _ノ    ヽ  \
          /   (>)  (<)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/

「後はこいつをペイルライダーの内包する「病」に組み込めば・・・」

369無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 02:10:40 ID:5fhRDSC.0
          _,..=‐ヵ‐--. 、._
        ,.ィ:'´:::::::://'⌒ヽ.〃´::`ヽ.         fi
      ,ィ;'´:::::::::::::/∧:.:ヽ;/::::::::::::::::::ヽ、       |i
    ,ィ';;;;;;;:::::::::::::〃 `7/:::::::::::::::::::,,ィ=‐ヽ.   i|
    ,;';;;;;;;;;;;;;;;:::::::::ii   /,'::::::::::::,:,ィ"´      `、  ノj
  ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::il.: . ./'::::::::::::;:''           メ、j;|
  ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:.:/;;;;;;;:::::::/  ,ィ‐‐:、    /;;;;;;;;i
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:,';;;;;;;;;;;;;;/  ,;'::::、:::::::ヽ  ハ;;;;;;;;;i,i!
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;/.  !::::::::ヽ::::ノ  メ;;;;;;;;;;;;';i'
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii   ゙ゝ==‐'′.メ;;;;;;;;;;;;;;;;;;'
  :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| :       メ;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;i
.  ゙、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::. . .:. ,,ィ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
   ヘ` 、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:.:.:..:,ィ;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
     ゙.、 `゙メ、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙;;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
      ヽー‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
       ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|
        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::i
             ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::.、
            >.、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::ヽ.
                 ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::ヽ、
                    ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::/'´ `<
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ ,ィ⌒ヽ. `ヽ、
            __.,,ィ;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   i:::::ヽ.::::i   ノヽ
   __,.ゝ、;;;;;;;';´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.   ヽ、___.ノ ,.ィ;´;;;;;;;;;;;ヽ
メ、´ ,'⌒メ .メ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ.,      _/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;゙、、 ゙ー'′   `メ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/. .:. . : _,.イ;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\


「現実空間と電脳空間を行き来し、人にもコンピュータにも感染していく」

「凶悪な伝染病の出来上がりだお!」

「それでいてサーヴァントという枠に嵌っているから一応制御可能だしおね」

ただし、反逆する知性は無いが、間違った命令を訂正する知性も無い人工無能のようなものなので、

人間側が指示をミスするとえらいことになる。

安価↓1 質問・コメント・人間賛歌等あれば

370名無し-Red-市民-2:2017/09/04(月) 02:18:06 ID:ov.Frv4A0
とんでもないものが生まれてしまった……ワクチンとか作れないのかな?
あと、ヴァンダルーさんの病魔ジョブってどんなのでしたっけ?

371無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 02:21:51 ID:5fhRDSC.0
>>370
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

「ワクチンはこの辺かお?」

つ十二の試練

「結局概念強制力勝負になるけどおね」

372名無し-Red-市民-2:2017/09/04(月) 02:30:39 ID:w.Y9fAXI0
コイツは電子データとしてコピーして増やしたりできるんだろうか
記録媒体から出てくるとか貞子かな?

373無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 02:35:23 ID:5fhRDSC.0
>>370

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

「こんな感じだお」

・ジョブ自体の効果:自分の身体の一部を病原菌やウィルスに変化させることが可能になる。

ジョブに伴って強化されたスキル

・群体思考(+遠隔操作):脳や魂を持つヴァンダルー本体だけでなく、本体から切り離した体の一部も「ヴァンダルー」としての意志を宿すようになり、かつ本体と切り離された一部の間で完全ではないがある程度の意志共有化が可能となる。
ローマ人的に言えばシステムユグドラシルに近いが、本体を煩わせることなく自律行動することも可能なため、システムユグドラシルよりも便利な部分もある。
病魔ジョブで作られた病原体も「体の一部」と看做されるため、ある程度の意志を持って自律行動可能となり、かつヴァンダルー本体の意志に従うようになる。
ヴァンダルーの魂の欠片である「魔王の欠片」に対しても同様に意志の付与や意志共有が可能。

374無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 02:36:01 ID:5fhRDSC.0
>>372
             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |

「可能だお」

「増殖と感染拡大は伝染病の基本だお?」

375無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 02:40:02 ID:5fhRDSC.0
安価↓1 人間賛歌 or 安全重点

376無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/04(月) 02:46:30 ID:5fhRDSC.0
                   , -
                 ,ィ≦zzzzzzz- 、
            ,-=テミ州川州仭lliマムliマム、
               ,イ//州州l.|liハ州l州マlリi.li liム、
          ,州リ州|l|iハマリ ̄州州l,マ州l.ll.liマニ=‐
          l州リ州.|州' __ 、 マリ li|lハ|il||li,マム、
         l州州州l|li|!〃'ハミトl. ` _, 州|liliハ
         ,!州イ州|l|i|i!' ミ!. Vリ    .イミ、州li|トト!
         イイ!イ>|リ.マl|!        } リリ州|l|
         ' .ト、ヽ-、 ヾ    ,_  /  イlil リ|!
           州ll¬ 、   |::::::`!  ./lヾ リ
           ' '.リ  .ヽ.、 ヾ- '  /
            r―┴―‐- 、≧ 、__,イ
         ,ノ7777777=zz,、_``ヽ_
      ,.イ'//////////////] l ,、,!
     ,イ/////////////////,| !.ハ|
    /////////////////////(⌒)ミミ,、_
   //////,ハマ//////////////77////,≧z、_
   ////////,ハマ////////////////////////,≧z、
  //////////ハマ///////////////,r‐、///////イハ

『特に無いかな?』

『では今日はこの辺で失礼する!』

『参加してくれてありがとう!お休み!』

377名無し-Red-市民-2:2017/09/04(月) 07:25:28 ID:fyWokKQA0
乙。

378名無し-Red-市民-2:2017/09/04(月) 07:51:42 ID:BdNlZ7mk0
乙でした!

さすがに、ここまで危険な技術は「安全重点」で行きたいところ。

379名無し-Red-市民-2:2017/09/04(月) 08:05:29 ID:ov.Frv4A0
乙です!
自己増殖型の技術は安全重点にしておきたい

380無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 00:38:23 ID:g07sPsY.0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成

381名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 00:40:15 ID:ywP63mjo0
外交描写


無茶王様おかえりなさい。

382無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 00:44:09 ID:g07sPsY.0
ただいまです!

383無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 00:49:21 ID:g07sPsY.0
白の社交界レベル3(白系文明と外交可能): 白の社交界レベル2(白系文明と外交可能):カラデシュ白を時空管理局に勧誘。
青の社交界レベル4(青系文明と外交可能): 青の社交界レベル3(青系文明と外交可能):カラデシュ青を時空管理局に勧誘。
黒の社交界レベル3(黒系文明と外交可能): 黒の社交界レベル2(黒系文明と外交可能):カラデシュ黒を時空管理局に勧誘。
赤の社交界レベル3(赤系文明と外交可能): 赤の社交界レベル2(赤系文明と外交可能):カラデシュ赤を時空管理局に勧誘。
緑の社交界レベル3(緑系文明と外交可能): 緑の社交界レベル2(緑系文明と外交可能):カラデシュ緑を時空管理局に勧誘。


            __    __
         _. - '´       .::::::::::` 、
        , '´            .::::::::::::::::`ヽ、
    /              .:::::::::::::::::::::::ヽ
   /                   .:::i:::::::::::::::::::::ヽ
  ./           .:::::ト、    .::l::::::::::::::::::::::::`、
  ,'   i      i   .:::/ ヽ   i .:|:::::::::::::::::::::::::::!
  i !  |l      |   .::/   `、  | .:|:::::::::::::::::::::::::::i
 .| |   |」_ ./| .|  .:::/ _,.. -‐十 :.| !::::::::::::::::::::::::::::|
 | ! .| .| `メ┼/| .::/ "     ヽ ::.! .|:|::::::::::::::::::::::::::::l
 | l .! l/  |/ ! .:/    _===、ヽ:! :|:|::::::::::::::::::::::::::::|
 | i |l |イ子ミN l./   " F';;;;;:::ヾ/ :|:|`!.::::::::::::::::、:::::|
 .| ヽl ! | 弋;;::::j ′     辷;;::;チl  ::|:|.ノ:::::::::::::::::::lヽ.i
  l  `ヽ!   ̄            ̄ i i .|/:::::::::::::、 .:::::| |i
  !    ハ    ′         | l |.:::::::::::::::lヽ::::| l|
  ヽl、 l  \    ‐ --‐'     | | |:::::/|::/|::| ∨ ′
     \|ヽ  i `        , '´ !,イ .!ヘ{ l/ .l/
       ヽ/lノW ` ー-‐ i´    / ! .|
        _  _ , -‐ノ       l/‐-、
      l´|:|: : : : : : :|´        了: :` ‐- __
      /| |:|: : : : : :._| `ヽ , -‐‐  !: : : : : : : //lヽ
     ./ | |:|: : : : : ト、_____/: : : : : : ://:.!  l
     i  | |:|: : : : : |`ー────/: : : : : : ://: l   |
     |  | |:|: : : : : |       /: : : : : : ://: : |    l
   ./_,ィ||:|: : : : :.|      /: : : : : : ://: : /    |

「・・・と言うわけでカラデシュは」

「緑たる大導路と青たる発明品を軸として」

「五色が調和する非常に美しい世界なのさ!」

「技術レベル自体も魔法科学に適性があって、世界間移動を可能にするなど非常に高いし」

「同じく五色の調和を旨とする社交界に招待したいと思うんだけど、どうかな?」

(てか、今の社交界のオリジナルだしね・・・)

384無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 00:52:32 ID:g07sPsY.0

                      /    \ \\|_|  / /(/`丶、     ヽ
                 | /::: ̄ ̄\ ∨..|/ / /:::::::::::::::\     i
                    //:/〉:::::::::::\|....| / /::::::::::::::::::::::::::\   |
              /ィ// /:::::::::::::::::::|....|-<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  }
                 _/  /::::::::::::::: 八ノ:::::::::::/:::l::|::::::::::::::::::::トミ:::::\ヽ
             /⌒i_L ∠____|_::::::::::〃:/ |:八|、::::::::|:::::::|  `トミ_>‐
             /⌒<:::::::ノノ____ノ::::::://:/ / _.\::::l:::::::|  /   /
.            //    ̄ ̄\:::::/|:/≠=|:::::://:/_// ̄ Ⅵ::::::|Y/   /
           //    ー―‐、}/| /    |:: / |/  ̄≠==彡   |::::::| |   /
.          /    /    _ 八 '    |:/}            .八::::|∧ /
         /       イ__//|ハ    //           u  〃ィ)/:::::∨
.        /       / ノ/  |i圦    ヽ '        /|| ||::::::::::::::,
       /       /       ||  〉、  -‐- 、     イ :|| ||::::::::|\「\
     /        /    /||: / ∧  ¬= `     ´  || ||::::::::|_彡::::::::,
   /⌒「 ̄ \/       .lj/::::::::::.\   _. イ      lVノ::::::::|\::::::::::::,
.   /   //⌒ヽ 〉___  _彡'::::::::::::::::. `¨´          7´:::::::::|  \:::::::::,
  /   //    〉 | |_| | ̄/ //! ::::::::::∧          /:::/::::八   \::::,
. /   / {     /  :| |_| | .′  l:∧:: / }ヽ     /   //|::::::/       ` ::__r‐- r‐-=ニ_
/{ ./_\____/ ̄\_|_| | |     |! ∨  |      /       l::::/          /  /――‐/\
 ̄  ̄ ̄ ̄ヽ/  ///_| | |     {           /      |:/         / ./――‐/   \

「大導路・・・地脈・・・大いなるルフの流れ・・・うっ頭が!」

「ま、まあ異なる他者が仲良くできるのは良いことだ」

「技術的にも商業的にも興味深い。俺としても否は無い」

まず黒幕勢に根回し重点な!

だがシンドバッド王は何か調子が悪いらしい(棒)

385名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 00:56:13 ID:JNaD58xs0
シンドバッド=サン、カラダニキヲツケテネ!

386無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 00:57:14 ID:g07sPsY.0
                   , -―- 、 -― - 、
                   /  ,_ -―‐- _  \
              /  ,ィ/_ -――- _ヽ  ヽ
              / ,.-/ /´ /    \ \`ヘ ヽ. ',
               / rイ / 〃./::.{:.  l:.  ヽ:.ヽ:.ハ fヘハ
            /  〉i,'./:{{:..{:. ハ:..:. !:....  !:ヽ..',::i| |ヽ>',
              /  く/| l.::ij>k{八::.:{\:::..};ィ匕}:i| |_∧ハ
             ,'  i:ヽ| l.::|ィfチ必`\ヽ くfチ必メ'! L!Nハ
          i ! .::l.::{| ヽト, r'_;;ソ     r'_;;ソ l |:: l:..i i
          | ! !::::! ::i.:: ム ´   _' ___  ` ハ :j:: j:: l |
          | ! !::::!::∧:: {ヘ   {    }   ,イ,' /::: ,':::::i |
          ヽ!ハ::::ヽ:::ヽ:.',::>,、 ゝ._ _ノ , イ::/ / ::./:i!::::!:l
              ,‐<゙ヽ=、{ヾヽ f,/>ー<{_1`/ / :::/_ノ}::リ/
          / /⌒ン<ヽ \ ト、_   _,, レ/ {::/ }}ヽ〈'
            / /  /  | `!  V‐===-V   ヽ }} l ヽ_
         〈_ '  '   j  !   V ̄ ̄ V     / / } ヘ≦\
        / ヽ,、     /    i!   i!    / / /    j  ヽ
      r‐ '― / `~    ∧    i!   i!     / / /   /   }
      /   /.     ∧ ヽ    ! rtz !   ./ / /  /   /\

「異世界人のお友達が増えるのね?!」

「良いじゃない!」

「黒・赤・緑!私達の知らない技術や文化が楽しみだわ!」

↑舶来信仰補正と魔改造補正により、実は青白の割りに異なる他者に対してかなり寛容で友好的。交易や技術交流や文化交流は非常に積極的に行う。
ただし移民は絶対に受け入れない。青白が青白のまま五色になったりすることなく五色に寛容になってる感じ。

387名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 00:58:32 ID:ywP63mjo0
嫌がるとしたら、ミトスかな。
魔科学のトラウマがまた…。

388無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 01:09:36 ID:g07sPsY.0
黒幕参加者: ハルヒ日本:オリコ日本:ジェノム:マギ:ロストユニバース:



       _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
      (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
      ,;'゛ i _  、_ iヽ゛';,    お前それラシェーラでも同じ事言えんの?
      ,;'" ''| ヽ・〉 〈・ノ |゙゛ `';,
      ,;'' "|   ▼   |゙゛ `';,
      ,;''  ヽ_人_ /  ,;'_
     /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ \
    |   "r,, `"'''゙´  ,,ミ゛   |
    |      リ、    ,リ    |
    |   i   ゛r、ノ,,r" i   _|
    |   `ー――----┴ ⌒´ )
    (ヽ  ______ ,, _´)
     (_⌒ ______ ,, ィ
      丁           |
       |           |

ハルヒ日本・オリコ日本・マギ・ロストユニバースが概ね賛同する中、

緑系文明であるジェノムだけは難色を示す。

ミトスほどピンポイントにトラウマをえぐっているわけではないものの、ジェノムにとっても科学技術はトラウマ物なのだ。

389無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 01:14:36 ID:g07sPsY.0
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ ─     ─ `ト: /:ノ: : |
          ε -   从   、_,、_,   ムイ´: : 从   ヤレヤレ
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
              ⊂⌒V´::/:|V V|ヽ:::::::ヽ /⌒つ
               マ7::::ヘ、|ヽ /|/::::、::::::V ̄::7
                ヽ::::ノi:::! ' !::::::::\:::::::/

「まあ確かに、全員が全員自然に敬意を払っているとは言い難い」

「ドビンさんあたりは大導炉を単なるエネルギー源と看做していて、大地の声に鈍感だしね」

原作でも、地脈に宿る世界意思について語る緑ニッサに対して、

青白のドビンバーンは「自然発生した魔力配列に何でそんなことがおきるの?」と懐疑的であった。

おまえんところの霊基体見ろよ。適当な排気ガスから知的生命体がポップしてるだろうが。

「だからジェノムに対して、カラデシュ人全員と仲良くしてくれともできるとも思っていない」

「けど、カラデシュの緑はどうだい?」

390無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 01:25:47 ID:g07sPsY.0

           . . : ´    ̄ ` : . ー---
            /            `く
         / '  /    j j i ! i`丶   ヽ
.        / / //   ./// 从 i ヘ ヽヽ
       / /  i/   ,////.!「U}厂 }ハハ
    ー―≠='ー 、{  i .斗セ"ヽリ  f,ニL{i. i.!
     >.、``こトヘ´{ー=イこフ′ i'ー' 从ノj
     〃//>ァ-、乂、       〉  ハ{
     / 〃 ノノノ/::\ヘ..    ー  /i|
  xへ ̄:`ーヘく:::::::::::\ `ト .  ___.イLリ_
 〃⌒ヾ、: j: : :.:ヽ:ヽ::::.__v'´ ̄ ̄〈/ニニフ  ̄`ヽ
//    V. : : : : }:.:.:.:.:V  、  〈/二ヽ.__
{{{      }: :i: i: : !.:ij::.:,′  厂厂i:{ ̄个′}

カラデシュの緑エルフは、他の世界の緑エルフと同様に、

自然や生命を愛し敬意を払っている。

それは思い上がりや勘違いではなく、実際にカラデシュエルフたちは自然の声を感じ取り、

ニッサのように地脈を直接的に操れるわけでもないのに、

大導路の流れを読み取って、それに沿った美しい町並みを築いている。

カラデシュの緑は自然を愛し理解することにおいて、他の世界の緑やジェノムに劣っているわけではないのだ!

そしてその上で、自然界から着想を得て、数々の発明品を創造しているのだ!

カラデシュエルフにとって発明品は通常の緑が思うような自然破壊の産物では断じてない!

ローマ流に言うならば、女神を象った神像を彫ることは、女神への冒涜だろうか?

否!断じて否!むしろ信仰心の表れであろう?

カラデシュエルフにとっても同様に、発明品とは即ち自然という神を象った神像であり、

自然への信仰心の発露なのだ!

391名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 01:26:14 ID:ywP63mjo0
緑が自然のまま自然の力を使って発明するぞ!

392名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 01:31:18 ID:JNaD58xs0
ラヴニカが複合色の調和ならカラデシュは単色の調和
いずれにせよ美しくバランスが良い

393無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 01:33:33 ID:g07sPsY.0
                                ,..-'"   ._,,, /
                           _ /    _,, ‐″/゙./
                        , /    ,..-'"   ./ ./
                      ,, ‐´   . /      /゙./
                      ,/゛    /       /゙./
                     /     . /        / ./
                  ,/゛    /ィ-,         / /
             ,/゛     / ./l~l, ヽ    ,/ /
              /      /  l !  l ヽ  ,i' /
         /       /    ! !  .! .ヽ,/ /
       /       ./     .l .l   !  . l/                         ____
    . /       ./         ! .!   ._|   ヽ             -‐─==ニニ二二二_____ ̄ ̄ ̄
  . /        ./       │ !  ,ノ゙r.l   .ヽ                                   ̄`¨
./        /         │ .l./ ./  !   .ヽ
         ./               l   /   .l    ヽ                              _..-''
      /               ゝ〃    !    .ヽ                             _.. ‐'"
     /                     l     ヽ                         _,, -'"゛     /
   /                         !      ヽ                    _,, -'''″      .,/
  ,./                            }      ヽ              _,, ‐''"         /
/                          !       .ヽ      _,, -‐'"          _/゛
                           │       ゙!_,,, ‐''"            ,..-'´
                            !    _,, ‐''"゛                 _ /
                           _,,トー''"゛               _..-'″
                       _.. ‐''"                  _..-'″
                  _,.. -‐'"゛                   _..-'"
                _,, ー''"゛                        _..-''.l
        _,,..-‐''"                         _..-'"゛   .ヽ
    _,, ‐''"                        _..-'"        ヽ
ー''"゛                            _..-r'"           ヽ
                             _..-″  |                  ヽ

【大導路】

そしてカラデシュの自然の化身とも言える大導路は、

そうしたカラデシュエルフのありようを自然の一部として慈悲深く受け入れ、惜しみなく恵みを与える。

いいや、緑エルフに限らず、白も青も黒も赤も、総てがカラデシュ緑にとっては自然の一部だ。

発明品は大導路の魔力を吸い上げて稼動するが、発明品の魔力はいずれ大導路に還元される以上、

大導路にとって人工物である発明品ですら自身を構成する大きな魔力循環の一部でしかない。

「発明品とハチの巣、何が違う?」

大導路が言葉を発したとすれば、人工物などその程度のものだろう。

394無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 01:36:54 ID:g07sPsY.0
  .,ノⅣil{,l}l},i}i.l}l}l.Ⅶ{!-l}、Ⅶl}l}l}l} Ⅵ{lィⅦ-Ⅶ.}Ⅶ l.}.州州{l}{!
  〃' lⅣl}l},l}!lⅦ}Ⅶ!.l} {!. Ⅶ州l}l '´Ⅵ、Ⅶ} lⅦ}l}`リ,州}Ⅳ}!l}
 ,′ .l}l} l州l}.l州}、Ⅵ __ `Ⅵ{l|   , -  l}!.}l州州州l{ノ }!
 |  l}.| .Ⅶ,'l州l}l}、-zァ云zミ-Ⅵ  ァzィ云zzミlⅣi}l l}Ⅵ{、
    l!.l }lⅨリ !ⅦⅥ乂;;;ノ'`    ´ 乂;;乂ィリ州ハ{ソノl{ `
.     ', ./ 刈'}l、ーⅦl.`=彡''  i    `=彡〃/'‐ィil{
        /l} l≧:ヾ.       |.      / /チ::::l |
       ,rイ |l:::::l|:.      :!′     /:;!ハ::::! |〉、
      .,イ//{ .';::::::|:.丶   ` ―― '’  ./::::|::::::,' .l'/,ト、
   ,.ィ///l'/,li V:::i!:::::..`:..、     ,...:;イ:::::::;!::::/ .州 |/,ヽ、
 ,イ//////∧'/, \ヘ:::::.\`:...、_...イ:://.:イ:::,'/ .////////,ヽ、
'/////////,li,'V/\ `<_.\:::::::::/ ノ/.:>'  .イ///////////,ヽ
//////////,}li/,V/,>、   \__/ ̄ ̄´  ィ///////////////,
/////////////,ヘ'////≧.   l||   _,x≦彡'///////////////,
/////////////////////|.  |||  |//彡'/////////////////,

『発明品のような人工物を、緑以外の四色を』

『異物と看做さず自然の一部として受け入れる寛容なカラデシュ緑』

『そのあり方は緑として異端だろうか?間違っているだろうか?』

『僕はそうは思わない!むしろ、真に美しい緑とはかくあるべきじゃないかな?』

395無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 01:50:44 ID:g07sPsY.0
                    /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                        // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
                    // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
                  ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
                    ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                      l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                     i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
                  ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                      ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                      l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                      ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                       l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
         r 、_ =‐ ´)     jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
      ゝ ̄〉、 ` r ´              , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
      _,f.7/ .`ハ ヽ_           ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
       ( イ/ , 、j ∨´ ,ノ          jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヽj/ ゝ、 ` ーく ヽ      ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
        !   /ヽ     `!       i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
        /  ´   j、   l       j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
     /      ノ ヽ ,イ}.    /j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /_,. <:.:.:ヽ   /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、/:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「少なくとも、カラデシュエルフたちの自然への愛は本物だし」

「カラデシュの自然はラヴニカやシンフォニアやサージュのように滅ぼされてしまったわけでもない」

「カラデシュエルフたちの発明品が緑として異端と言うなら」

「自然を守れなかったあなたはどうなんだい?」

発明品という「手段」に対しては、通常の緑としては気に食わない面もあるかもしれない。

だが、緑が拘るべきは手段ではなく、「自然保護」という目的であるはずだ。

人工物排除という手段に拘れども自然保護という目的を果たせなかったジェノムと、

発明は行いつつもきっちり自然を守っているカラデシュエルフ。どちらの方が緑として正道であろうか?

396無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 01:52:54 ID:g07sPsY.0
           ,、,, ,、,, ,, ,,
         _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
        (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
        ,;'゛ i        iヽ゛';,    お前良いバンナーになれるぜ…
        ,;'" ''| ー-  ィ・フ |゙゛ `';,    俺が保証する
        ,;'' "|   ▼   |゙゛ `';,    __
        ,;''  ヽ_人_ /  ,;'  ̄ フ(__ )、
       /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ こ´ヽ (__ )、
     /   "r,, `"'''゙´  ,,ミ゛   `ヽ __(__)
    /       リ、    ,リ   r  ̄ ´
   /    ,イ   ゛r、ノ,,r"    |
  /    / |            |

「・・・それを言われると実際苦しいですな」

「そして敬意と羨望を覚えますよ。彼らは母なる自然を未だに守り続けているのですからな」

かくして、ジェノムは少なくともカラデシュのエルフには友好的な姿勢を示した。

残るカラデシュ四色を受け入れたわけではなかったが、まあそれで十分であった。

なぜなら・・・

397名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 01:53:09 ID:G9wDkTdw0
邪道だろうが一番大事なものを守り通したらそれが正義よ

398無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 02:02:10 ID:g07sPsY.0
          , ‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::< ̄´
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      {::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::\
.      |:|::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、ヾ\
.       |:|::::::::::::::::::|:::ハ::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::トヽ `ヽ、
.       |:|::::::::::::::::::|::|=l::ハ|ヽ:::::::::::::::::::ィ::::/=|::;ィ:::::::::::::::ハ `\
.       |:|::::::::::::::::::ト:|zリ=!ミヽ::::::ハ:::::::lzレ'=メ、 }::::::::::::::::ハ
.       リ',:::::::::::::::ハ ィに_,うj` ヽ:| ヽ:/ 廴う j`/::::::::::::ト:::ハ
        l::::r、::::::::ハ、ゝ--‐'  ヾ   ' ゝ-‐‐'7:イ::::::::::| ヽハ
       ルト ヽ:::::::ヘ        .:: ゙       /','::::::ハ::::|  ヾ、
        yゝ',:::::::ヘ`       ,      ハ::;::| ヽ:|
         |:::ハ:::ヽ      ..__..::._,,..  ,/|ハ:::|  ヾ
          ∨ ヽ:::i`iヽ、     ‐   , <  ′ リ
          /´ヾ、t`、_` ‐ 、   / |  ヘ
             /    `ヽニ‐‐-`ニ‐'´,ノ   ヘ
        __../      `ヽ、‐‐‐'7       ヘ`ヽ、
    __.. -‐ ¨.:.:.:}        ,ヘ、/         ヘ:.:.:.:`¨ ‐‐- ._

【五色の社交界】

「なるほど!架橋者としても理想的だし、良いアイデアだと思うよ!」

カラデシュの五色は、極めて理想的な「架橋者」なのだから!

カラデシュ人は、白も青も黒も赤も緑も、「発明楽しい!」という価値観は共有している。

色は違っても、色の違いを超えてカラデシュ人同士は分かり合えるのだ!

そして同じ色の他文明人とも分かり合える。

例えばジェノムとカラデシュエルフは、自然を愛する緑同士で分かり合えるだろう。

となるとだ・・・

例えば白青ハルヒ日本と緑ジェノムでは、本来価値観が違い過ぎるので分かり合うのは難しい。

だが、ハルヒはカラデシュの青とはわかりあえるし、

ジェノムはカラデシュの緑とはわかりあえる。

そしてカラデシュの青とカラデシュの緑はわかりあえるのだ!

だからカラデシュの青・緑を間に挟めば・・・

・白青ハルヒ日本⇔カラデシュの青⇔カラデシュの緑⇔ジェノム

と言う感じで、わかりあえなかったはずのハルヒとジェノムの間で相互理解が可能となるのだ!

これはまさしく架橋だろう?

399無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 02:05:27 ID:g07sPsY.0


         ,、,, ,、,, ,, ,,        
       _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
      (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
      ,;'゛ i    、_ iヽ゛';,    サバンナに一つだけ物を持っていくとしたら?
      ,;'" ''| ー-  〈・ノ |゙゛ `';,    うーん…俺ならマキァヴェリの『君主論』を選ぶかな
      ,;'' "|   ▼   |゙゛ `';,
      ,;''  ヽ_人_ /  ,;'_
     /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ \
    |   "r,,( `"'''゙´_) ,,ミ゛   |
    |      /  ,ィ_) ,リ    |
    |   i /  /,r,,r" i    |
    |   Y   /    ノ    |
    (ヽ  __ /--――´    /
     (_⌒ ______ ,, ィ
      丁           |
       |           |


ジェノム⇔カラデシュの緑⇔カラデシュの白青黒赤

「なるほど。青の発明品も大元を正せば大導路への愛から生まれているわけですな」

そして、架橋が成立するためには、カラデシュの五色のどれか一つと相互理解が成立すればそれで条件を満たす!

例えばカラデシュの緑とわかりあえるということは、カラデシュの緑を架橋者としてカラデシュの白青黒赤とわかりあえるということに他ならず、

自動的に五色総てとの架橋が可能となるのだ!

その威力たるや、人工物嫌いの緑過激派であるはずのジェノムですら、青への理解を示したほどである!

400無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 02:10:08 ID:g07sPsY.0
    /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.: :. :.:.:.:.:.:.:. :   :.:.::::.:.:.:.:\
    ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:. :.:::.:.:.:.:.:.: . . . \:::.:.:.:.:.ヽ
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::.:.:.:. :.:.:. :.:i:.:.:.:: : ::::::.:.|::.:.:.: :. :. :.:.:.ヾ、:::.:.:.:ヽ
.   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::l::::::::ヽ:::::::::.:.:. :. :|:::.:.:. : :|::::.:l::::.:|:::.:.:.. :.:.:.:.:ヽ`ヽ、:.:ヽ
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::ム::::::::| ヘ:::::::::.:. . . :|::::.:.:.: .ハ:::.:l::::.l::.:.:.:.:. :.:l:::.:.:.l   ヽ、ヽ
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::l´ヽ::::| \::::::.: :. :|:::::.:.: l }::/ヘ::l:::.:.|::.:.:. :.l:::.:.:.l     ``
   |:ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::トヘ __ヘ:!z-.、ヽ:::::.: :ハ::::::.:l ,ィ≠ミlイ:::.:.l::::.:.:.:.:ト、:.:.l
   リ l:::::::::::::」:::::::::::::::::::::::::::::::lzヘ=7'う;;ミ、 \:::.l ヘ::::.l ''l r'j! 7:::::/:::::::.:.:.:.l ヽヘ
    ヘ:::::::/,イ:::::::::::::::::::::::::.:::::.爪 {_,/ノヘ!    ヽl  ∨ 、辷,j, l:::/:.::::::::::.:.:.:l  ヽ:'、  l
      l:ハ:l r'ヘ::::::::::::::::::::.l:::ヽ::ヽーゞ='"‐      、 `   /ィ:::::.:.:ト、::::.:.:l   ヾ | ̄ ̄| | ̄ ̄| | | |
     l|ヘヘ ヽl:::i:::::::::::::::::.ヽ:.ト、ヽ            ヽ   l:::::::.:.:| ヽ:::.:.:!       ノ    ノ    ノ
     l| l::ヽヽ::ト、:::::::::::::. : トヽ`ヾ            ,  ∧:::::.:.:!  ヽ::.|
     l! l|:::i:``:ヘ::::ヽ::::::. : lヽヽ           _ '   / ヽ:::.:.|   ヘ:!
.        l::ハ:::::::::ヽ:::ト;:::::. :.l `ヽ        /^l  ,ヘ|   ヘ:.:.!     l! __|__ ____
         リ |:ハ:; ─\ヽ:::.: :l         /  | /     ヘ:|     __|__ __|__  | | |
           リ /`丶{ヽ. 丶:::l` - _       ̄ ̄/        '       .|     .|__    ノ
           /    `丶ヘ::l_    ` ‐- .___,ハ
.          /        ヘ! ` ‐-- .._..ノ7    ヽ--  .....____
        /           ` `ヽ、::::::::::::::/   ,...._\::::::::::::::::::::::::::::` 丶、
       ∧              \ーイ   |、   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ

ディアスポラに期待されていた架橋者としての役割。

それをカラデシュはより完璧な形で叶えてくれるのだ!

多様な価値観の共存と調和を望むなら、これほど便利な文明もあるまい?

401無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 02:14:23 ID:g07sPsY.0
               / `    `丶、
             // / l i 丶.    ヽ
             l l    l l 、\`   .l
            .l l ;  l l 、 、丶 丶l
            l l l  ,/l l \ \ 丶、!ノ,
            l l l , l_二ヾ、丶,_ 丶ェ'" ,
            l l l l l .l .!_゜i  \!ン>,-= "
            l .l l l丶ゝ  _:_  //l|
            l .:ll. 'i、i`丶、__. ィ'くィ/i
            >'"li、l`ヽ、  丿_l ./`i
            l   V ==、,,、= .レ .l
            l    >> /`ii 丶く'i   l
           /l    l l" l l.l  l ll   l
           / .l    l レ .l l  ∨   l
          / .l    >'"  l l  ヽ   .l
         _/_ l    ./   ll=l   ヽ、  l
        /-=-`ヽ   /   /=ヾ    iヽ  l
        /-=-、`i  /   //:::::::!!   !_>  .l
      /し   >'  /   //:::::::::::l i   l=ゝ  l
     / /,  /l  /   //::::,、::::::::l i  l ヽ、l
     'ソl /'`, )l /   .//::::/::::::::::::l !  l ,、 `l
       `' ` '- l/   //:::::::l::::::::::::::l i `-、! l
           ヾ,   //::::::::l l:::::::::::::::l レ'/ ー'

残る問題は・・・

発明品(≒魔科学)がピンポイントにトラウマを直撃しているミトス文明である。

ミトス文明は緑(緑白)だが、

色が近いはずのカラデシュエルフでさえ、

ミトスからすれば魔科学で地脈を枯らして大地を滅ぼしかけた科学的野蛮人共と大差ないように思える。

一番近い色とわかりあえない以上、最も美しい調和の世界であるカラデシュでさえ

ミトス文明との架橋は困難を極めた・・・

「危険だ!奴らみたいに地球を滅ぼすつもりかい?」

402無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 02:16:03 ID:g07sPsY.0
          _,,.. -ー― -ー―- 、- 、
        ,.: ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙':::`ヽ、
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /:::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::lヽ:::::::、::::::::::::::::::::::::゙ i、
    /:::::::::::::::::::l:::!:::::::::::l::::l ゙、:::::i:::::::::::::::::::::::::::゙,
   ,':::::::::::::::::::::l:::i:::::::::::il:::i  ゙、::::i:::::::l:::::::::::::::::::i
    !:::::::::::::::!:::::li:,'i::::::::::,':l::, ̄``゙、::i::::::!::::::::::::::::::゙、
   イ:::::!:::::::::l_;;;l lj l:::::::,' l:'    ゙、:i,::::i:::::::::::::::::::::ヽ
  ,'/l:.:.i:.::.::.::l:.:.l i,' l:::::,'  l! ,,ィttーァ、-:.:l_,,.._:::.:.:.:.i:.:i:.゙、
  / .l:.:.l:.:l:ヽli.:;ィftt-、'  '  弋'o;;ノ l:.l:.l -、゙,..:..:.l:.:.ト:.゙、
 '   l:.、!:.l:.:.:l.iヾ;or';ナ     ~´ .i::.:il _iノ.,':i:::l::li:::l `ヾ、
    l、,'、:li::::l,  `¨´  '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l
     l:.、:!゙、:l      _,    ./.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、.     /l::::::l:.i/l,'  i'
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:.:.:.:.:.:.:.:i
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`.:.:.:.:.:.:.i
       iト、゙-'´_,,-'゙ィ:./,XXXXXl'l::,'-:.:.:.:.:.:.:.i
       `、ヽ‐-‐´:.:|:':`゙ー--ー''゙:::i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.i
        .i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::,:.:.:.:.:.:.:.:.:i
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:i
         ー、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'::.:.:.:.:.:.:.:.i

「まあ票数的にはミトス文明が反対しても強行採決でいいんだけど」

「ミトス文明を追い詰めすぎると暴走しかねないからね」

「まずは穏便に説得を試みてみよう」

「では今日はこの辺で失礼する」

「研究班諸君の献身に感謝を!」

「お休み!」

403無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 02:17:00 ID:g07sPsY.0
自分用メモ

ペイルライダー・コンピュータウィルスンの安全重点描写が未描写

404名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 02:18:07 ID:QveJ49WM0
おやすー

つまり魔科学で滅ばない確証なり、むしろ使うことで枯れて滅ぶを避けれる可能性を見せないとダメかな

405名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 02:22:33 ID:G9wDkTdw0
魔科学で滅ぶのはエネルギー(魔力)ソースを世界樹だけに依存してるからなので…(魔草工場をお出しする)

406名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 07:35:21 ID:ywP63mjo0
乙~。

魔力が消費されるだけの世界と、循環する世界とでは、分かりあうのが難しいよな~。

407無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 20:44:37 ID:g07sPsY.0
>>406
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『そうだね』

『ちなみに、カラデシュとシンフォニア(ファンタジア)で何が違うか?』

『前に説明した時には微妙に伝わっていなかったっぽいんで再度説明する』

408無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 20:52:59 ID:g07sPsY.0
           ,-‐、 ,.-─-、 ,-‐、
           〈 o `′   ` o 〉
          ,-‐`   ___    '‐-、
         ヽ、o  /´;;;;;;|;;;;;;`、  o ノ
            丁 !;;;;;r゙┴-、;;;;i  丁
          /′ |;;;;;||-─-!;;;;;!  `:、
         / _」;;;;;|!::::::::::|;;;;;;|__ `:、
       ,/,.::::i´'、 :::::::::::::::::::::::::  ,ノi  `>、
     /,、:.:.:.:.:!、 `ー- __,, 一''´ ,,!  {;;;;/ヽ、
   ,/,;;;::、;\:.:.:「`'-、,,___,,、 -‐''´ ゙7 ,へ,{;;;;/`、
   //´.:\;;>''゙´、!___ \/  _,,::-‐宀''!  \  ゙:,
  ,//:.:.:.:.:.:/   |─-、;;;`!    i´;;r-‐''´|;;;;;l、   ヾ |i
  | |\:.:.:/    i'、__」;;;;|   |;;└ー‐''´;;_,,ヘ    }/;||
  ! !;;;;;;ヾ!    ト-:::;;;_」 ∧ `ー--─''´ ノ゙、   |:/!|
  !、ヾ;;;;;;|    ノ、    /  \    r''´ ノ゙'、 ,;!;;ノ,!
   \ヾ|    i゙;;;;;| /´ヽ|    | /゙゙ヽ | ,へ ,} ,i;:' ,/
    `′  {;;;;;;| | 0 |├┬┬┤! 0 | レ';;;;;リ /ぐ ノ
          ゙ヾ;ヾー' ノ‐┴┴‐!、`ー'ノ;;;;;;;;'y′ `′
          `::、 ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;;;;;;;_ノ
            `''ー- ::;;;__;;::: -‐''´

【銅鐸】


『このスレで、あるいはノーライフライフで「魔力」と読んでいるものは』

『正確に言えばダークマターとオドという二種類の素粒子が結合しているものだ』

『銅鐸の鋳造に喩えるなら』

『ダークマターが粘土で作った鋳型であり、オドが溶けた青銅ってところだね』

『ダークマターの鋳型(ダークマター鎖)の中に青銅(オド)を流し込んで固めることで』

『好きな形の青銅器(オド鎖)を作れるわけだ』

尚、直接的に「魔法」を引き起こしているのはオド鎖の方。


『ダークマターの鋳型は「使い捨て」で』

『中の青銅器(オド鎖)を取り出して使うときには、一旦鋳型を壊さなきゃいけない』

『けど、鋳型が壊されても、別に粘土そのものがこの世から消滅するわけじゃないよね?』

『同様に、ダークマター鎖も形としては崩壊するけど、ダークマター鎖を構成していた粒子自体はこの世に残り続ける』

『そして然るべき手順を踏めば再利用も可能だ!』

『カラデシュでやっているのはそういうことだね。』

409無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 20:56:38 ID:g07sPsY.0
                 __\\_
              -≦洲州洲州洲州ミx、
         ー=≦洲州洲州洲州洲州ハ¨`
           /洲州洲州洲州洲州洲州’
           从洲州マ从’ヽム_⊥ヽ洲州ト、
          ,洲州洲 -`ヽト" |:::) リ洲州洲>
          |洲州从l::::) `  ¨ ´ 从斗从
           、洲州ヘ¨  |   ,  ' r-´斗ゝ
            、Ν州',  < ノ  / |洲、
            \  レ > 、 , ' -二二八
                    〉彡≦ニニ/ニニニニニ= 、
                 /`| |ニニニィニニニニニニニニニl
                    И | |ニ/ニニニニニニニニニニ 、
                  人乂!_//ニニニニニニニニニニニニニネ
                 /ニニニ ○ニニニニニニ、ニニニニニニニヒニミ
              くニVニニニニニニニニニニニ\ニニニ≦ <ニ0ニ|
                Vニ,ニニニニニニニニ/  ュ 副会長
                  |ニ|ニニ ○ニニニニニニニニV <  >ニニマ"
                、'ニニニニニニニニニニニニニV ∠〈ニニニニニ’
                V|ニニニニニニニニニニニニ/ ー ヘニニニニニ’
                  |’ニ○ニニニニニニニニ /    /ニニニニニ/

『一方で、何らかの理由でダークマターの再利用ができないケースも考えられる』

『通常の魔法ではオド鎖が消費されるけど、もしかしたら鋳型であるダークマター粒子の方まで消費しちゃってるのかもしれないし』

『あるいは、オドを補充する手段が無いから、ダークマターだけあっても魔力鎖が作れないのかもしれない』

『シンフォニア・ファンタジアで起こっているのはそういうことだ』

410無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 20:59:32 ID:g07sPsY.0
                       -=ーミ、
                       ___\::ヽ-==ミ、
                    .   ´:::::::::::::::::::::::::`丶
             .   '´,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,  ´::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、::::::::,
        / ィ::::::::::::|i::::::::::::::i::::::::::i::::::::: i:l:|::::::::i
      /'´  / ::::::::: 八::::::::::::|、::::::|::::::::::川::i: 八
         /::::::::::::::-‐ミ、::::::i >-|― i::: |:!:ト、ト\
          /::::::∧:i:::::::::|. \::::'.   .|∧{リィ从| i、
        .i∧: i }|ヽ::::::x=ミ\', xォzミx   .ィi ヽ.
        .| '.::| 从 }イ〝 ゞ' ,   ‘¨¨’ 厂Vム. i
.        | '.| `\!人ム `____,   '   V ∧
            \    ノ> .`¨´ イ   ./ /ニ.\
                 /_八V.]丁i  ,, '  ∠二二. \
               ./二二ム.寸 .レ'´  x<.二二二二 \
                V二二.心 寸 rf .二二二二二二二 〉
               寸二二 心}}ノ二二二二二≠二二7
                }二マ二二O 二二二二Ζ二二 7
                 寸.ハ二二二二二二 Z二二二.]
                   V.ハ二二二二二二}!二二二ム、
                 .}二!二 O二二二《.}}二二二.〉.≫i
                  ノ二l二二二二二]` == 三 = " !

『ではシンフォニア世界樹は何をやっているか?』

『ダークマターを無から創造しているか』

『もしくはオドを無から創造しているか』

『ひょっとすると、ダークマターとオドの両方を無から創造しているのかもしれない』

『多分、ダークマターだけどね』

411名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 21:31:09 ID:JNaD58xs0
世界法則によってはダークマターを再利用できる世界もあれば消費して消失させる世界もあるってことか

412無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 21:52:10 ID:g07sPsY.0
>>411
                   ,ィ=‐
              ,ィ777チ777>、
             イ////////////ヽ、
               ハ////ハ///l、l//,l//ヽ、
            l/////l‐lトミ|、|ヽ////ミ=-
            ノ/////|` ` ヽ!  リ.|//ト、
            从f.Y:ト| 、_`,.  、__!」;ハl、
             ´ ト|-、  ̄ .l  l/.  ハ
              __,l| ヽ、―‐ .イ|;;;,  , l
                ,|、`ー--`ー_チ |;' |  lハ
           _,.イ///777] Y「77,'|;; |  lハ
         ,r=チ//////////,L」///,l;;;;l;;,  V,;ヽ
         |/ヽ`ヽ/////////○//,l .l;;;;,, .V.ハ
         |,|//ヽ,'ヽ////////////; l''   V .〉
       fチl!///ハ l'//////////'';;;; |    l;/!
       |≧ミ=-チ!|//////////`zz'|__   / |
       ///////Vミ////////○///|l/ミ=イ//リ
        ///////,ハV/////////////|ヽ/////
      .////////  ∨////////////l、` ̄´
     ////////    〉////////○//ハ、
    .////////    l///////////////l
   ////////    ///////////r‐v//ハ

『法則もあるけど、技術的な問題もあるかもしれない』

『魔力の「効率的な」運用のために、種籾(ダークマター)まで食っちゃうようなもん』

413名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 21:55:21 ID:HVF.agYI0
伐採してハンマーが得られるなら伐採する。
今の優位が大事。

414無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 22:02:50 ID:g07sPsY.0
>>413

            .>:::::/:::::::::::::::ミ、_
           /〃:|:A:::ム_:::}::: ハ
           }イ|バ;ォV __ N:::::::リ
         _へ   Nハ¨!  込人イ
        イ  、 マ   ム ー . イ {ハ
      /〈 L>イ)こr-' ̄二〉=-彡:{
     :{:::::ー::'/:::::::::::::::::::し::::::::::::::\
       L_:::ム::::::::ミ::::::o::::::/:::::::::::::L
              }::::::::::::::{::::::::::::ム=ミォ
             /::o:::::::::::___,イ:i i _>!
            _ノ:::::::::::::::: ||   | | |===ォ
         _〃:::o:::::::::::::/||   `¨´ == {
        /:::::::::::::::::::::::::: / .||┌───┐.{
        〉::::::::o:::::::::::::: {  |||'11前期:| .{
       .};::イ::::::::::::::::::::::ヽ ||└───┘{
         |:::| ::::::::::::::::: ィ' ||           {
         |:::: ̄ ̄ ̄::: ′ .|| ======= {
         |::::::::i:::::::::::::::|   匕 -----ー― '
         |:::::::::';:::::::::::::|
        、::::::::::';::::::::: |
            \::::::';:::::::::{、
           ヽ:::l::::::::::{
            7:|::::::::::|
           .ム:|::::::::::|
           〈__.ム::::::::|

『その結果が惑星滅亡なら』

『さすがに黒すぎるのも考え物だね』

415無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 22:54:47 ID:g07sPsY.0
                       ヽ、
                 _ィ≦州州州寸、_
            ー≦州州州州州州州州弋`
             /州从州州州州州ハ州州ハ
              /州从州州州州州州从州Ⅵ
            ′从州州イ_V州iΝΝ从州イリ
            イ∧州从ヽ ヽ从´ヽ´'/州从
             !! 从从',ー= ` ー='ノイリ「
                ', ´ヽ"ゝ、   |    'へ´`
                 /: : ゝ、ヽ=ァ /|: :)〉
                ' ゝ::{ヘ` ー´_ ノ" 人
               /ゝ、_`ヽ、/ _ー彡/へ
            ,x≦///////T | |////////へ
           〈///////////.`○´///////////\
            |/ハ////////////////////∧///
            }//ハ//////__r=r=、////∧/V
            )///ハ//< ̄|| | / / \V////{
            j///ハ|く ヽ〉へ, ト└、 // ̄ ̄ ̄ ヽ
           ノ/////|//Y 二}=〉´~.ト//ム___ /
          //////リイう| ー{//{ヽ ∨八乂///ハ
          V/////∞! Lノ"//ゝ=ノ |∞////`ヽ.〉
          V//////ハ_イリ/○//|>´/////////
           ゝ三三三ニV/V////八三三三三V/

『さて、お待たせー!』

『では、もうそろそろ投下を始めようか!』

『23:00開始予定で!』

416無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 23:00:25 ID:g07sPsY.0


          , <: : : : : 八リ: : : \    ,
         /: : : : : : : : ム{: : : : ミー==イ
.        /: : : : : : : : :ソ  i!{: : ハ: : ̄: <
       /: : :イ{: : : ノ‐- , {ト: : : : : : : : ヽ`
       ,′: :八:イrテぅェ、 ` 'ヘ斗+-i!: : : ハ ヽ
      j: : : : 」:八! しン    テ示}!: : : : ハ}
      八: : : l ヽ:{`       , しン リン}: : j! }
    , イ{: : : : : `八     ,  _    /イリ乂i/
      {ヽ: : i{: : : :∧       ノ: l: 才:ハ
       ヽ{ヽ: : : : l ヽ _ , <}: : リ: ハ:}ヽ!
         ` ートハ!_ _/ ヽ_ノ:_: イ-'ー- 、
            'イLiiヽ  /l:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:ハ
           /:,イ:i:i:∧/:.:.:j:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       , ィ:.:.///i:/ /:.:.:.<:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
       j:.r:.:∧/:i:イ/:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !/:.:/ 'y´ /:.:.:./jヽ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
    ノl:.:.:.l ヽ/ !:./`´:.:/_/:.:.:.:.:.:/
   r':.:.|:.:.:.|   i/:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
   _}:.:.:.ヽ:.:i   |:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ
  i:.:.:.:._ヽ!__!:._-<_ ,. ‐=ニニノ_
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i    , -――イ
 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l !_   ニr=‐ ´
 ヽ:.:.:.:.:.:.>:.:.ー- :.:.:.ハ しノ`ー{
  // ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:./´:.:.:.:.:.:.:.\
. /!{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
' _ ゞ、:.:.:.:.> ´ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
Lj />て}:.:.:|   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>―、-:.\
T{/ノ レ /:.:.:.!   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´    ヽ:.ノ
 lj ! /:.:.:.:.:トイ´|:.:.:.:.:./            \
  ´ /:.:.:.:.:.├― 'ー ´                 \

「まず誤解を解いておこう」

「ミトス=サン」

「カラデシュの自然は君達の世界ほど脆くないし」

「発明品は君達の世界ほど残酷でもない」

「発明品に使われた魔力はいずれまた地脈へと還る」

「発明品は自然からの魔力の搾取ではなく、自然の循環の一部なのさ!」

417無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 23:12:07 ID:g07sPsY.0
               / `    `丶、
             // / l i 丶.    ヽ
             l l    l l 、\`   .l
            .l l ;  l l 、 、丶 丶l
            l l l  ,/l l \ \ 丶、!ノ,
            l l l , l_二ヾ、丶,_ 丶ェ'" ,
            l l l l l .l .!_゜i  \!ン>,-= "
            l .l l l丶ゝ  _:_  //l|
            l .:ll. 'i、i`丶、__. ィ'くィ/i
            >'"li、l`ヽ、  丿_l ./`i
            l   V ==、,,、= .レ .l
            l    >> /`ii 丶く'i   l
           /l    l l" l l.l  l ll   l
           / .l    l レ .l l  ∨   l
          / .l    >'"  l l  ヽ   .l
         _/_ l    ./   ll=l   ヽ、  l
        /-=-`ヽ   /   /=ヾ    iヽ  l
        /-=-、`i  /   //:::::::!!   !_>  .l
      /し   >'  /   //:::::::::::l i   l=ゝ  l
     / /,  /l  /   //::::,、::::::::l i  l ヽ、l
     'ソl /'`, )l /   .//::::/::::::::::::l !  l ,、 `l
       `' ` '- l/   //:::::::l::::::::::::::l i `-、! l
           ヾ,   //::::::::l l:::::::::::::::l レ'/ ー'

「・・・だとしても忌々しいことに変わりはないけど」

「まあその話自体は信じるとしよう」

「そうすると一つの反論と一つの疑問がある」

割と激情化でもあるミトス。

仮に姉を喪ったままであれば、こう説いた所で聞く耳持たなかっただろう。

原作でも結構いっぱいいっぱいの精神状態ではあったのだ。

だが、このスレのミトスには余裕がある。

トラウマが完治したわけではないが、トラウマの源である姉を取り戻した以上、

トラウマが軽くはなっているのだ。

だから多少の不快感は示しつつも、このように理性的な対応は可能であった。

「まず、魔力が循環すると言っても限度があるだろう?」

「水が循環するとはいえ、水を人間が使いすぎれば容易に自然破壊が起きるように」

「人間が自然の許容量を上回るほどに魔力を使えば、やはり破局は訪れるはずだ」

実際、青白のドビンさんは魔力を発明品の中に永遠に閉じ込めて、自然への還元を阻止しようとしていた。

それがもし成功してしまえば、やがては循環は喪われ地脈は吸い尽くされ、シンフォニアと大差ない結果となるだろう。

「それに、もしカラデシュがそういう世界なら、なぜ僕達の世界はあんなにも脆かった?」

「僕達の世界とカラデシュ。何が違う?」

418無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 23:25:10 ID:g07sPsY.0

                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「一つ目の反論にはこう答えよう」

「だからこそ、だ」

「確かに限度はある。発明品が自然の限界を超えて魔力を吸い上げれば」

「シンフォニア世界と大差ない結果となるだろう」

「その時、五色が調和した美しい世界は失われてしまう。カラデシュ世界そのものは生きながらえたとしても、もはや緑と発明品の蜜月は終わりだ。」

「それはカラデシュ自身のみならず、多元宇宙全体の大いなる損失だ!」

「そのような結末は何としてでも防がねばならない!」

「けど、このまま放置しておけば、やがてカラデシュの技術は暴走してそんなバッドエンドを迎えてしまうかもしれない」

「【だからこそ】、僕ら管理局が介入するべきじゃないかな?」

「ここには緑の社交界の皆が居る。行き過ぎた技術が自然を破壊する危険性についてカラデシュ人に警告できるだろう」

「ここには青の社交界の皆が居る。大導路に負担をかけない魔力調達技術とか、技術的な解決策を提示できるはずだ」

「ここには白の社交界の皆が居る。利害を調停し、みんなが幸福になれる結末を示せるはずだ」

「ここには赤の社交界の皆が居る。こんな楽しい世界が壊れるのは嫌だろう?」

「ここには黒の社交界の皆が居る。こんなユニークな世界は他に無い!きっと素晴らしい利用価値があるはずだ!だから協力してくれ!」


「ほら、ミトスさんも含めて僕らの力を合わせれば、バッドエンドは回避できる!」

「それはやる価値のあることじゃないかな?」

419無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 23:32:13 ID:g07sPsY.0
          , - ー=-- 、
        / , '"`  `  `ヽ、
       / /    .l      ヽ、
      / /     イ  l       ヽ
      l  /     l.l  l  、    、i
     .l  l      l .l  .l  丶  、 .l
     l  ll  i  i  l l  l   ヽ 、 l
     l  l  l  l  / l l  l   丶 ヽi _ /i
     .l  ll  l  l /一l l、  l、  ヽ、___ , /
     l  l  .l ll l_,二l l、\ .l,=、  丶!   ,
     l  l  l ll l l。` i!  ヽi。ソヽ、_`ー,ノ
     .l  l l .l l i ー '    `" .|/l/l|'"
     l  ll l  l l、,!     ,   //ィ l
     l  ll .l  l .lハ    ー /レi l .l
     .l ハ .l  ll l ` ー- イ<'、 l.l .l
      レ'"`i l  llヽ、     ノノ .l .l-、
    /   .!ハ  l `ヽ、  /イ__ l l  l
    l     ヽ l==-,>y<ー ヮl /   l
    /l      `丶-=-i`Y' l-='"レ   l

「・・・確かに」

ミトスはシンフォニア世界において策略と暴力によって民衆を専制支配していた。

それは勿論、彼自身の黒い悪意や欲望のためでもある。

だがそれだけではない。【専制支配でもしなければ世界は持たなかった】のだ。

放置しておけば、黒い人間たちは再び世界樹に手を出してしまう。手を出して今度こそ世界を滅ぼすだろう。

それを防ぐためには、黒い人間たちを専制支配し、おとなしくさせるしかなかったのだ。

ならばだ。カラデシュ人がかつてのシンフォニア人類と同様の危険性を孕んでいるというのならば。

尚のこと、外部からの干渉で解決するしかないだろう?

しかも、その干渉はミトスの専制支配よりも、よほど穏当なもので済むのだ。

なのになぜ管理局で干渉しないのでしょうか?おかしいと思いませんか?あなた?

420名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 23:36:11 ID:JNaD58xs0
国同士がにらめっこすると安定するからな!(暴論)

421無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 23:38:34 ID:g07sPsY.0
>>420
『ええー?ほんとうにござるかー?>北朝鮮を見ながら』

パワーバランス理論も、黒い損得勘定の出来ない狂人には通用しない・・・!

422名無し-Red-市民-2:2017/09/05(火) 23:41:29 ID:JNaD58xs0
あの国って本当の意味で赤黒じゃね?
黒い欲望に突き動かされて赤い行動をする二色の悪いトコ取りのハイブリッド

423無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 23:45:31 ID:g07sPsY.0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /


「そしてカラデシュとシンフォニア世界の違いは」

「世界法則の差異と、技術的な差異によるものだ」

「管理局の皆は既に薄々気付いていると思うけど」

「異世界では物理法則も異なる。より正確には異なることもある」

「しかも発明品と魔科学は、同系統技術ではあるけれども」

「物理法則すら違う異世界で、別々の人間が独立に開発してきたものだ」

「全く同じ技術であるわけがない。細かく見れば差異がある。」

「例えば、魔力を完全に消費して消滅させてしまうか、それとも再生可能な形で利用するか、とかね」

「完全に消費してしまうのが魔科学であり、再生可能なのが発明品ってわけだ」

424無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/05(火) 23:59:11 ID:g07sPsY.0
                       __ _
                     / `ミ"  \
                   /    ミ',    ヽ
                  /   ィ   ヾ    ヽ
                  /  .  l     ヽ    l
                  l ./  i l    、 ヽ  l
                 、!/   , .l      l  i l
                 l,i    / l ヽ 、   .l l  .l
                 il   / ヽl  、 \  l l l
                 .l l  イ そェ、 ヽ  ヽ、li il
                 .l l  .l    ヽ、i::.\ 、リイl
                 l  l  lヽ    ,::::::::ン`ィ l l
                .l_ ,l l_ 人 ヽ、 ー::,ィl |/i l.l
                /==、、 `=-、 ̄::::.|.i ̄l !_|
                /,-ー-\\   >>、、::ヽ、l /=i
                l     \\v/。ソ()ゝ ソ/  l
              . l       ヽ Y  Y  i.i .  l
               l  .:::l::::::...   i.i.  <> i.i:::l:::. l
              .l  :::::l、::::::::...... i.i  !! //:::l:::::. l
              /  .::::l l:::::::::::   i.i .//..:l:::::::. l
             ./  .::::::l i::::::::    i y./ :l::::::  l
            /   :::::l l:::::::     l M l  l:::::::  l
            /    ::::l /..::::     l.i  l.l  l::::::   l
           /    :::l/..:::::    //  l.l  .li::::   l
           /   ...:::::l!:::::     //   i ! .|i::..    ヽ

ミトスとしてみればなんともやるせない話だ。

シンフォニア世界法則が唯一無二のものであれば、まだ必然として諦めもついたかもしれない。

だが世界法則は無数に存在するものであり、

シンフォニア世界の悲劇は「偶々運悪くそういう世界法則を引いてしまった」というだけなのだ。

「サイコロの目が悪かったから世界は滅びかけたしお前の姉は死んだんだ」というようなもの。

なんとも理不尽だろう?

425無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:03:41 ID:OzTUt7D20
                                  _____
                                ...:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.:.:.\
                            .:':.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
                            /,:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.
                         //:.:.: ':.:.:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:. i:.ヽ:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.:.:.',
                         .':':.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.ハ:.:.:、:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.:!
                          il:.:.:..:.l:.:.:.:,:.:.:イ:.:.:.:/ :. /  ヽ:.:.::.:.:.l:.:.:.:i:.:.:.l
                          !l:.i:.:.┼≠:メ/:.:.:.:' /‐'― - ヽ:!:.:.!:.:.:.:l:.:.: l
                         .:.l:l:.:.:.:!//_ ':.:/ /: '   __  `ト、:l:.i:.:.!:.:.:.:!
                         .':':ll:ゝ:.ハイ´{うト、/´  イ´トイ心x.、:.!:ハ:.ハ:.:.:.l
                          .':':.:.!:.:.:ヽ.:.  Vソ       r:し'ノ'´:./ ! }:l:.:.:.!
                      /:':.:.:i:.:.:.:.:.ハ `¨´  ,    ` ー ´ /:/ ./ノ:.!:i:.:.i
                       /:.':. /l:.,:.:..:.入ヽ            /:':`ー:´:.:.,!ハ:.:.l
              .        {:.ハ:! |ハ:.:从ハ:.:>、 `   ´   .イ:.:.:从ノ:.:〃 }:.'
                      !'  ヽ  ` ー `ー > _  < /:.:.:イ_ ハハ'  /´
   r- 、                        _   /|    ' ´ i: : }
   ヽ、 \__                    /: :  ̄: イl     / : : ヽ
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\                /: : : : : : /.  !   . ': : : : : : `ー.-、                __
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、            / .': : : : : :, '- 、  /: : : : :, 才 ´ ̄ヾ::.            ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ         / /: : : : : /― 、 ヽ ': : : : :/      ヾ:.        , ィ´f  i  l  i´ i l
  `゙、. ヘ   `"ヘノ        !、_r 、     / /: : : : : / ̄ ヽ/ : : : : : /          }:i     ., -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `ー'‐―く        ,//´'` 、  / ': : : : : /  /: : : : : : : イ          ':::!  .r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          ー-_   ,//     \/  !: : : : :/ /: : : : : : : : ノ !         ':::::ヽrr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

だが、世界法則の多様性は理不尽である当時に福音でもある。

「とは言え、魔法系の技術なら、世界法則の違いはある程度無視できる」

五色の社交界では明かせないが、根本的に世界法則という物自体が魔力鎖の概念振動によって引き起こされるのだから当然と言えば当然だ。

極論、魔法によって覇道太極を引き起こし、世界法則を塗り替えてしまえば世界法則の違いはひっくり返せる。

そこまでいかずとも、局所的・一時的な法則改変は魔法の基本技術である。

「カラデシュと交流し、彼らの技術を模倣すれば」

「比較的安全な魔力循環型魔科学を開発することも可能だ」

「少なくとも、危険な魔力消滅型魔科学よりは遥かにマシじゃないかな?」

426無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:04:44 ID:OzTUt7D20
訂正

                                  _____
                                ...:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.:.:.\
                            .:':.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
                            /,:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.
                         //:.:.: ':.:.:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:. i:.ヽ:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.:.:.',
                         .':':.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.ハ:.:.:、:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.:!
                          il:.:.:..:.l:.:.:.:,:.:.:イ:.:.:.:/ :. /  ヽ:.:.::.:.:.l:.:.:.:i:.:.:.l
                          !l:.i:.:.┼≠:メ/:.:.:.:' /‐'― - ヽ:!:.:.!:.:.:.:l:.:.: l
                         .:.l:l:.:.:.:!//_ ':.:/ /: '   __  `ト、:l:.i:.:.!:.:.:.:!
                         .':':ll:ゝ:.ハイ´{うト、/´  イ´トイ心x.、:.!:ハ:.ハ:.:.:.l
                          .':':.:.!:.:.:ヽ.:.  Vソ       r:し'ノ'´:./ ! }:l:.:.:.!
                      /:':.:.:i:.:.:.:.:.ハ `¨´  ,    ` ー ´ /:/ ./ノ:.!:i:.:.i
                       /:.':. /l:.,:.:..:.入ヽ            /:':`ー:´:.:.,!ハ:.:.l
              .        {:.ハ:! |ハ:.:从ハ:.:>、 `   ´   .イ:.:.:从ノ:.:〃 }:.'
                      !'  ヽ  ` ー `ー > _  < /:.:.:イ_ ハハ'  /´
   r- 、                        _   /|    ' ´ i: : }
   ヽ、 \__                    /: :  ̄: イl     / : : ヽ
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\                /: : : : : : /.  !   . ': : : : : : `ー.-、                __
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、            / .': : : : : :, '- 、  /: : : : :, 才 ´ ̄ヾ::.            ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ         / /: : : : : /― 、 ヽ ': : : : :/      ヾ:.        , ィ´f  i  l  i´ i l
  `゙、. ヘ   `"ヘノ        !、_r 、     / /: : : : : / ̄ ヽ/ : : : : : /          }:i     ., -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `ー'‐―く        ,//´'` 、  / ': : : : : /  /: : : : : : : イ          ':::!  .r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          ー-_   ,//     \/  !: : : : :/ /: : : : : : : : ノ !         ':::::ヽrr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

だが、世界法則の多様性は理不尽であると同時に福音でもある。

「とは言え、魔法系の技術なら、世界法則の違いはある程度無視できる」

五色の社交界では明かせないが、根本的に世界法則という物自体が魔力鎖の概念振動によって引き起こされるのだから当然と言えば当然だ。

極論、魔法によって覇道太極を引き起こし、世界法則を塗り替えてしまえば世界法則の違いはひっくり返せる。

そこまでいかずとも、局所的・一時的な法則改変は魔法の基本技術である。

「カラデシュと交流し、彼らの技術を模倣すれば」

「比較的安全な魔力循環型魔科学を開発することも可能だ」

「少なくとも、危険な魔力消滅型魔科学よりは遥かにマシじゃないかな?」

427無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:16:34 ID:OzTUt7D20
          , - ー=-- 、
        / , '"`  `  `ヽ、
       / /    .l      ヽ、
      / /     イ  l       ヽ
      l  /     l.l  l  、    、i
     .l  l      l .l  .l  丶  、 .l
     l  ll  i  i  l l  l   ヽ 、 l
     l  l  l  l  / l l  l   丶 ヽi _ /i
     .l  ll  l  l /一l l、  l、  ヽ、___ , /
     l  l  .l ll l_,二l l、\ .l,=、  丶!   ,
     l  l  l ll l l。` i!  ヽi。ソヽ、_`ー,ノ
     .l  l l .l l i ー '    `" .|/l/l|'"
     l  ll l  l l、,!     ,   //ィ l
     l  ll .l  l .lハ    ー /レi l .l
     .l ハ .l  ll l ` ー- イ<'、 l.l .l
      レ'"`i l  llヽ、     ノノ .l .l-、
    /   .!ハ  l `ヽ、  /イ__ l l  l
    l     ヽ l==-,>y<ー ヮl /   l
    /l      `丶-=-i`Y' l-='"レ   l

ミトスは考える。

(途中で責任を投げ出すわけにはいかない。だからしばらくは指導者も続けるだろう。)

(だけど、永遠に生きて指導者を続けたいとも思っていない。)

姉を取り戻し、地球を蘇らせ、ハーフエルフを差別の無い平和な理想郷(デリスカーラーン)へと導けた。

もはや既にミトスの理想と夢は叶ってしまっている。完全無欠のハッピーエンドを迎えたのだ。

(あとはせいぜい、デリスカーラーンの政治を安定させて後継者へと引継ぎ)

(引退して姉さんと穏やかな余生を過ごせれば十分)

(せっかく綺麗に終われるんだ。無駄にそれ以上生きながらえて、再び晩節を汚す必要も無い)

だからミトスは考えなければならない。自分が死んだ後、デリスカーラーンがどうなるかを。とりわけ、魔科学がどうなるかを。

(僕が生きている間は魔科学の研究は止められる)

(けど、僕の後継者は?僕の後継者も僕の方針を守ってくれたとして)

(次の政治家は?次の次の政治家は?)

(いつかはきっと、どこかで誰かが魔科学の研究を始めてしまう。)

(いいや、それは絶対確実な未来だ。だからディオスとメルティナが居るんだ)

(でもその時、比較的安全な魔力循環型魔科学があれば?)

(魔力消滅型魔科学よりはまだしも安全じゃないか?)

禁酒法が示すように、全面禁止は全面解禁に等しい。

ならば魔科学を制御していく上で、全面禁止は良手とは言えないだろう?

だったら・・・比較的安全な方法を広めた方がマシではなかろうか?

428無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:25:35 ID:OzTUt7D20
               / `    `丶、
             // / l i 丶.    ヽ
             l l    l l 、\`   .l
            .l l ;  l l 、 、丶 丶l
            l l l  ,/l l \ \ 丶、!ノ,
            l l l , l_二ヾ、丶,_ 丶ェ'" ,
            l l l l l .l .!_゜i  \!ン>,-= "
            l .l l l丶ゝ  _:_  //l|
            l .:ll. 'i、i`丶、__. ィ'くィ/i
            >'"li、l`ヽ、  丿_l ./`i
            l   V ==、,,、= .レ .l
            l    >> /`ii 丶く'i   l
           /l    l l" l l.l  l ll   l
           / .l    l レ .l l  ∨   l
          / .l    >'"  l l  ヽ   .l
         _/_ l    ./   ll=l   ヽ、  l
        /-=-`ヽ   /   /=ヾ    iヽ  l
        /-=-、`i  /   //:::::::!!   !_>  .l
      /し   >'  /   //:::::::::::l i   l=ゝ  l
     / /,  /l  /   //::::,、::::::::l i  l ヽ、l
     'ソl /'`, )l /   .//::::/::::::::::::l !  l ,、 `l
       `' ` '- l/   //:::::::l::::::::::::::l i `-、! l
           ヾ,   //::::::::l l:::::::::::::::l レ'/ ー'

多様な価値観の共存という美しい理想や、

カラデシュ人のために介入が必要という理屈を抜きにして、

自国の都合だけで考えても、

シンフォニア世界を守るためにカラデシュ技術が必要なのだ。

ならば・・・過去のトラウマ如きのためにカラデシュとの交流を拒むわけには行くまい?

「・・・わかった。僕も賛成する」

「緑の一員として彼らへの啓蒙を担当しよう。技術交流もやらせてくれ」

穏便に説得できました!

429無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:29:17 ID:OzTUt7D20
                ,. - ‐ -  、
             ,   ´: : : : : : : : : :>ー-
          , ィ: : : /: : : : : : : : : : : : : : : \
        ,  ´′: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : :ヽ
      / ,ィ′: : : /: :/: : : : : : ,ィ: : : : : : j!: : : : :
     / / /: : : : /: :/: : : : ー-/: : : :/ : ハ: : : : :ハ
    {  {! ,′: : : :{:イ : : / ´_ イ: : : :ィ: /__i: : : ! : i
       乂: : : : : : 从 : iイ示トメl: :/ソ ´ ̄ | : : |: : |
       / イ: : : : : : ル: :|  ̄` レ / rテt-、!: : :i: : :ト
    _ノ,ィ: : : : : : : : : : i{        i `ー′'j: : 八: :|
      ′i{: : : : : : : : : :ハ        ′   /レ: : : :lヽ、
       {ヽ: : : : : : : : :|   ー-  _     /: : : : : :i
         Ⅶ: : : : : ハト          ノ: : : : : : リ
            }从リハj ヽ ` 、  _, <: : : : : : :イノ
     __   /{. . ' \ニュ__-jレ ィ --{: : ィリ: //
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}:.:!. . . . . .Y . Y: : : : : : /v///
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:{. . . . . . j、, イ. . . . . /、 ′
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ハ._. . . ´ムハ. . . . .i:.:.> .,_
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:ヽ/:{ Y! ヽ` y_j:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ゝ:.:.:.:.:.∧ l , トー':.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:リ:.:.:\:.:.:.:.\ V:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
    i:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、 y:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:/:.:.:.|,
    ∨:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:.|
      ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.i
     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.∧
      Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:ハ
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.∧

「さてじゃあ、五色の社交界のみんなで研究者や職人を集めて」

「発明品を作ろう!」

「ちょうど発明品博覧会もやってるみたいだし」

「こっそり飛び入り参加するとしよう!」

「カラデシュの五色は皆発明品が大好きだからね」

「そこで彼らの興味を惹ければ、異世界人だろうとすんなり受け入れてくれるはずだ!」

430無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:33:23 ID:OzTUt7D20
           __  -----  、
、        ,.イ/////////////////> 、
{ \ __/_////////////////// 「\/ 、,イ
 、/、7777`ヾ/////////////////>、\} ト、
_ /、 ,イ 「/////\/.:----:::/: : :\//////| /L/ 、
_ \{/}_|_//`ヽ、::}!::::::::_/: :_: : : :\/// ' / ∧\ \
_>:,. :--:/: : : _:\: : : : : ': :/ミ: : : : : :ヽ,.┴ ―- 、 \/\
,.:/: : : /: : : /´: : : : : : : :.、: : \: :、: : :∨  (_) ヽ ∨/}
/: : :,: : ': : : /:/: : : : : :ヽ: : :\: : :ヽ:ヽ : ∨      (_}__} /
': : /: : |: : : ': :!: : : :.|: : : ∨: : :ヽ: : !: :!: : :∨ ≠ミ, // /
: :/: : /|: |: |: _|: : |: :{: : : : ∨:、: :∨i : |: : : :∨__,.イ、イ
:/|: : {: |: |: |: :,ィfチテ|{: {: : : :i >‐-ヽ: | : : : :|: : : : : :!
:' |: : |: |: |: |: :|{ i゚ 心、ト:、: :l.ィ抖芋ミj:::; : : ト、: : : : }
:{ l: : |: {: |: i: :Ⅳ ト-イ} \\{    __./:イ: : : |ノ: : : :/
:| :: : |: |: |: |::: !ヽ弋_ソ  ′  〃{ ヽ:l: : : j': : : く
` 、: 从 {: i: : | """   r っ  :.ヽ \: ィ: : ': : :`ヽ
   \} \ 、人        ゚    / :\ \: : : : :,_べ}       ___
        乂 :`: : ー-  _  , /: ;イ/ ヽ  `¨¨¨   `‐-ヘ¨ヘ|
         /: : ;.- </::/〉::::/´ /:: 「´           .|  |
.         /: : ァ/////{:://::,イ/:/::〉´           |  |
        { : /////イ=' ー-/´:://i〈/          |  |
      /: ://////{:://::::/- '////〈 〈` ‐──- ‐  ∨/|___

【ヴィータ ミッド文明指導者だが、割と隠居気味で趣味に走っているという設定。実際その通り】

「お!出番か!」

青赤職人をはじめとして、元々発明家的な気質を持っていた者たちは無邪気に喜ぶ!

アイデアを練り、発明品を作り上げ、多くの人に自慢の発明品を見てもらい、そして他の発明家と競う!

ローマ流に言えば、これほどの「名誉」はあるまい?

431無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:38:54 ID:OzTUt7D20
         /    \         Y^Y      /  }  ヽ
          / -‐=ニア  `⌒¨`丶、  |i i|   _ '´  \   ハ
      //  {/     /     '‐-|i i|--‐'´      \  }
     //     ⌒ア / /   /   /乂ノ   ∧       \ノ
            /// /  /  ///   / / _∨ヘ   } {ヘヽ
             // /  /   / /ミメ、  /|1/彡===ミ∨   } } ヘ}
              {/{/, / { /// 乂ノ > /. |/ 乂ノ  ≫  } }
            } { { / {/^¨¨¨¨}^! /!   ^¨¨¨¨´  ∧ }ヘ}
             {/} V ハ         / |           /ノヘ \
                }  }YY       〈 _        /∧ ヘ \____
        __ ニY⌒/‐‐}ノ |i|込、  、______ ,    {{ }  }ヘ  \``丶、
    ____{   !  {  // |i|  {\    __ __      }::{{ }  } \ /}` ___\
  ____/  {} (  {} !  /{ U  ,}  \         /   } 乂 } }   \      \
/  }にに} (  }{ !    }  ,ヘ{   丶 ____ /   //   } }  |// __)‐-===⌒ヽ
    {______}"(____{}_ !   {   }                  }/}  /}/  |/ ___)

比すると白黒賢帝に代表される政治家たちは、

もうちょっと冷めた目で発明品博覧会への参加で得られる国益を計算し・・・

そしてやがて青赤職人たちにも負けない熱量が冷めていたはずの目に宿り始める!

(これって文化押し、国威勝負ってことだよな?!)

この発明品博覧会で活躍した文明は、多くの国威を得られるだろう。

他文明から賞賛と羨望を浴び、来るべきカラデシュとの交流・交易でも主導権を握れるだろう!

これほどの国益!政治家として全力で勝負するしかあるまい?

432無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:40:53 ID:OzTUt7D20
               _ -  ̄` ー
             /         \
            , '       ,、 、   ヽ
.           / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
.           ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
.             i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
           ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
           ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
             { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
           トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
             ソ く\|  〉'井、 / | /ヽ、
            /  | \ | /ーゞレ´  / /
           / /.|  | |  Y丿  S  レ |
          ( / |  .|/   /     〉 |
           \| |  ,|  /      〈 |
             | /  /      | |
             |    /      .|  |
            〈 |   /_,,_    .|   |
            | 丶_ /ー7''ト >_ イ   |
          /´   ,. -    ̄  ` - 、!
         /   /     __      |
         /   /    ,.  '´       ノ|
        /  /   /        ,.  ´ ´\
         〉 /  /       ,.  ' ´      }
       /, - | /     ,. ' ´         ノ ~―、
     _<_ /    ,. '´        ,. - '´ー つ=
   / / ̄    ,. '´_  -ー=   ̄
  /  /    /  ̄
  ー'    /
  〈   /
   ゝ‐ '´

(せっかくのお祭り騒ぎだ)

(偶には抑圧だけじゃなくて、サービスもしよう!)

佐々木王が珍しく天才の閃きをぶち込んだこともあり、

発明品博覧会はカラデシュにとっても五色の社交界にとっても、

熱い一時となった!

433名無し-Red-市民-2:2017/09/06(水) 00:41:46 ID:nrUBKJ0Q0
良いものを作れば儲かるという職人商人にはすごく良い場所だ

434無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:43:47 ID:OzTUt7D20
      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;」

同じ趣味を持つ者同士、

世界や文明の垣根を越えて、社交界発明家とカラデシュ発明家は熱く語り合い、

意気投合し、無二の友となり・・・

そしてお互いの身の上話や技術話をするうちに、

ふと気付けば異世界の存在をあっさり受け入れていた!

435無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:49:42 ID:OzTUt7D20

                            __
                         _,.イ//////>.、
                          ,.イ///////>-、/∧
                           i//// l! `´   ∨ハ
                        ハ//リ _⊥  、,..-‐V/ハ
                         ////{ ,.ィァ` ::.´`’`.}、/∧           私はニコラ・テスラ
                           /{'//iヽ、    :::,   .!.}/〉.}\
                         ハ \ハ.ゝ'   ` _ .lイ'/.///ハ
                      ノ/// ヽ>ュ、 ´ -  /l'/〈'////        ̄丁 ̄  ―‐|ァー
                         〈//ハ  }'//j_> ._.イ .l,l V//ノ           ̄人 ̄   ./|
                 ,..-‐'"V//,〉 {'// ー--┬r― ヽ. ∨ー、- 、       /  \   ´ 、!     だ
               ,. ´.::  :く///へ Y ̄ΤΤ{ }.Τ´ .〉 .}//ハ :,` 、
           ,.イ〉-〈  :'  .:j  ̄\リ .!ー---- 、.j--‐ / .{//ノ:´.  `ヽ
          /ニ,イニニヽ.r       ノ:!  .ト.___l_!___.!   ト.、   :'  ノニト、
         /ニ.-.、二二>‐-、_,.-イ:::::::!  ヽ::::::::::::::::::::::::::::l、 ヽ::ヽ  ' ./ニニ!-,
.        /ニ/.(._.))',-- /.乂_ノ):::::::::::::::::\ .!:::::::::::::::::::::::::::::::l  /::::::ヘ-イ二ニニlニl
.         /ニ/', ', ノV_/ヽ_: ノハ:::::::::::::::::::::::ヽl::::::::::::::::::::::::::::::::!/::::::::::::Vニニニ|ニ',

【カラデシュのお偉さん(仮)】

民衆は割とあっさり受け入れたが、カラデシュ上層部の政治家はそうは行かない。

江戸時代の日本で言えば黒船来航にも等しい。

異世界文明と国交を樹立するなり、攘夷するなり、まあ何であれ方針を決めて対応しなければならない。

・・・が、政治家や官僚ですら発明家気質なのがカラデシュという世界の恐ろしいところであり・・・

「ならば異世界との交流でさらにビーカーをブーストだ!」

「第二次霊気ブームが来るぞ!」

さすがに趣味だけでなくちゃんと国益も考えたが、

国益面でもやっぱりビーカーの魅力には勝てなかったらしく、

割とあっさり国交は成立した!

436無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:53:56 ID:OzTUt7D20
【時空管理局国交成立済み文明】
白の社交界参加者: アゾリウス・ボロス・セレズニア・ディアスポラ・マギ(白黒)・ハルヒ日本・織莉子日本・ローマ・社長文明(白黒)・マブラヴ日本・サーシェスアメリカ文明(白青赤)・ロストユニバース(青赤白)・スパロボα(青赤白)・ソルシエル・コードギアスナイトメアオブナナリー(白)・カラデシュ(五色)
青の社交界参加者: イゼット・シミック・ハルヒ日本・織莉子日本・ディアスポラ・ザボエラ・タイジュ・ポケモン(青赤緑)・ローマ・マブラヴ日本・土妖精文明(青赤緑)・ロストユニバース(青赤白)・スパロボα(青赤白)・仮面ライダー鎧武(青緑)・ゼーガペイン(緑青)・カラデシュ(五色)
黒の社交界参加者: オルゾフ・ディミーア・ソリン・大魔王バーン・マギ(白黒)・ローマ・社長文明(白黒)・ディアスポラ(五色)・アーマードコア文明・ディアスポラ(五色) 艦娘(黒)・カラデシュ(五色)
赤の社交界参加者: ラクドス・ディアスポラ・大魔王バーン・タイジュ・ポケモン(青赤緑)・ローマ・土妖精文明(青赤緑)・ロストユニバース(青赤白)・スパロボα(青赤白)・カラデシュ(五色)
緑の社交界参加者: グルール・ゴルガリ・ディアスポラ・タイジュ・ポケモン(青赤緑)・ジェノム・ローマ・ミトス・メタファルス・ソルクラスタ・カラデシュ(五色)


カラデシュが管理局 五色の社交界に参加しました!

最も五色の調和の取れた文明として、発明家として、架橋者としての活躍が期待できそうです!

437無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 00:54:16 ID:OzTUt7D20
安価↓1 質問・コメントがあれば

438名無し-Red-市民-2:2017/09/06(水) 00:56:09 ID:nrUBKJ0Q0
そんなことより発明だ!がまかり通るって凄いよねカラデシュw
次元橋を作りかけてたし多元国交にはそれなりに適正ありそう

439無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 01:04:12 ID:OzTUt7D20
>>438
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「文明としてはビーカー極振り文明だしね!」

「趣味に走ってるのに国益と両立しているのがすごいところだ!」

そういやローマも趣味と国益で研究しているような気もするw

440無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 01:11:40 ID:OzTUt7D20
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /
          |       i!    ̄` ヽ´ ̄   i  /      /
              i       l         i       y′      /
           l     i!            /   /    ′
              }     ヽ       ハ    /   ,    ,
           i      7 _  / ;   {         !
           |   /ノ/   ` ー――- ハ         {
               l   "             >く、    /
              {             ヾ  `ーv /フ_ヽ
            `ー r-= ____  ヽ__ 二ニ' /,. - `
              /       ノ ヾ 、 r゛  l `´
                /⌒ヽl     ,    ゛   ハ
              /XX/{、          _,ィ八
           >、XXXXX> 、___,. ィ<XXX ゝ
          / / \X    XXXX   /X/ /ヽ
            / /   Yヽ XXXX    XXX,イ  ハ
        , < ∨   /   `r― - -― イ  i   ノ\
    /   / ゝ  ′   {i  l        !     /   `  、

「ちなみに今回の発明品博覧会は」

「Civ5の国際プロジェクト(万国博覧会・国際大会・国際宇宙ステーション)みたいなもんだね!」

発明品博覧会:各文明が発明品博覧会のためにビーカーを投じる競争。(Civ5と違ってハンマーではない)

優勝者・上位入賞者には、カラデシュとの技術交流特権・交易特権、国威や文化力の向上、偉人ポップ、無償の社会制度、世界遺産などの強力賞品が与えられる。

特に文化力や社会制度が強力。ビーカー(≒理系学力)極振りの文明が、弱点である文化・社会制度面(≒文系学力)を補填できるからだ。

上手く行けば技術面でも文化面でもトップクラスの先進国になれるぞ!

441無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 01:14:08 ID:OzTUt7D20
      ':.: '   {/  /
     }:.: { /、  /   -=v                          -=ィ=-__
     }:.! ア: : :ノ ィ(>''~   ノ                        -=彡'::/:::!7)h、
     }:.}/: : : /_/: :.i  ィi〔__                        / // ヽ_}/-=ミ、
     }/: : : :/': : : : //>''~  )      -=-         >''~!  /}//、    \=-ミ^
     {: : : :´: : : : //: :} 。s≦_ノヽ///////〕h、  >''~´/.∥∨ノ{7 /`' ァゝ、__  〉ヾミ
     ∧ヽ: : /: : /: : :/zzzz、\)h、/////////////ミh、{////∥//,:::/,イ   / \、ヽ!/リ从
    ./∧: : i: : : : : ://ヽニニ∧v ∨/\//////>''~-\/〕h、.∥///!'/ :! ヽ `    ~从ノi'
  /:.:.///,: : : : : /:.' {:.:.}∨ニ∧v ∨//-=、⌒ィi〔////ヽヽ///{!///ノ!': λ ` ' _ ィ(ノ!
../:.:.:.:.{///{ 、: : : : : :、ノヽ!_}ニニニ\ノ//////!/////////)h、ヽノ-7 ̄ ̄\`=ニ二/::::::从リ
:.:.:.:.:.:.:.:.'/≧s。ヽ: : : : : :ノノニ}ニニニヽ/////}////////////!ノニ!、__>''~ヽ7ヽ /ニ=--  __
:.:.:.:.:.:.:.:.:'/,ニニ≧=‐≦ニニ}ニニニニ≧s。ノ/////////>'~ニニ!   }_ノ  〉//////7 /
:.:.:.:.:.:.:.:.:. '/,ニニニニニニ/'ニニニニニ>''" ̄ ̄ ̄ ̄∧∨ニニ  /:i:i:i7 { ノ、////ニ/ /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧<__,.。 *''"イニニ==--- 'ニニニニニ/-=≠≠≠ニ二___7 ィi〔 Ⅳ/ニニ./ /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=‐ ‐=≦=-‐ ̄:.:.:.:.:.:.}ニニニニニニ/ /≧s。''<ニニニニニニニ〕///ヽ~.__/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. !ニニニニニニ./ /ニニニニニ=- ‐‐--___}〕h、\ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ノニニニニニ./ /ニニニニニニニニニ/⌒i////\ヽヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: _/ニニニニニニ/ /ニニニニニニニニニ∧v .!//////〉 〉 、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニニニニ//ニニニニニニニニニニ∧v:!////∨ ∧//,
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニニニニ} /ニニニニニニニニニニニニ }/// ∨ ∧///!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ / ̄/< /ヽニニニニニニニニニニニニ!// ∨ ∧///7
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___ -====〕iト/::::::/`''< `''<ニニニニニニニニニニニ/ 7⌒Y'/////,
:.:.:.:.:.:.:.>''~ _,,.. / ̄ ̄ ̄ ≧s。⌒~'< ∧ ∨ 〉 _ニニニニニニニニニ// 7   }/////,
:.:.:.:./ /  ィ(ニニニニ/ / ̄≧s。 .∧ )h、Ⅳ_Υニニニニニニ./:.:/ノ    ノ////7

「勝者には相応の報いが無ければな!」

なお、優勝賞品の大部分は試練部がなんとかしてくれました!

442無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 01:15:45 ID:OzTUt7D20
                           __  __
                    ィヽ-'⌒Y´ ├´ レ、
                 、-<  `           L,
                , ‐く .ゝ‐.:::  ̄ ̄::::`. .、  ! く
                ゝ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: \  冫
             `7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ゝ
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ
                ':::::::::::::/:::::::::::::::/::/、::::::::::::::::::::::',
             i::::::/::イ}イ/}ィ:::://イ⌒ヘ::::::::::::::::::::::
             |::}イ:Ⅵ} rfハ}イ/ r示ミ、}ィト{ヽ:::::::::::i
             |::|:i:::}::ト ゞ゚'   弋zりイ:::::|イ::::::::::::|
            .ノイ::::ハ∧ '        |:::::::::::::::i:::::′
              }イ从}イ\ `  ´   イ::::ィ:::i::/:::/
                  ._≧-r‐ ' /イ从イ/イ/
                   ヽ-iレ _,r' ̄i
                  ノ  ,イ|/´.:.:.:.:.:.\
                /;;;;;;;;;;/  , イユノ
                /;;;;;;;/ / __」;;;l
              r、/;;;;/ , ィ_.ノ;;;;;;;;;;l
   〃___        /  ̄  /  」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    l     ヽー-、ヾ ,'    )ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    l    i    l  i    〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   ,イ     l    l  l  ',  ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」
  / l     ,' i   l\.l __ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」‐ '´
  /  l   /  l   l /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
 /  l ノ    l   ト;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//\
/   l           l L;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i-ー 、l
\ └ー-- '´i`‐--┘l `\;;;;;;;;:/  ト、  \
  ` ‐--‐ '" ´    r┴‐ '"´   `.プ┤ヽ  /
            ,イ       //;;;;;;ヽ  「
           / !       / ̄::T::r.、ノ
          /      /::l::::::l:::::l:::l::::',

「では今日はこの辺で」

「参加してくれてありがとう!お休み!」

希望があれば発明品博覧会の詳細描写もするかもしれない。

443名無し-Red-市民-2:2017/09/06(水) 01:18:54 ID:nrUBKJ0Q0
オツカレサマドスエ
発明品競争って確かに試練部の好みですよねw
というかこの方向で盛り上がってくれると平和だ

444名無し-Red-市民-2:2017/09/06(水) 01:21:45 ID:yS9EYlsI0
乙でした!

445無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 01:26:53 ID:OzTUt7D20
>>422
『なるほどw赤黒とはそういう色だったのかw』

446無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 01:27:46 ID:OzTUt7D20
>>433
『そして、良い場所だからこそ皆やる気を出して良いものを作るという良循環だね!』

447無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 01:28:53 ID:OzTUt7D20
>>443
『実際試練部はこの方向でも盛り上がってくれるよ!』

『別の方向でも盛り上がるだけで!』

448無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 22:55:59 ID:OzTUt7D20
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成 or ペイルライダー・コンピュータウィルスン安全重点な or カラデシュ小ネタ or マギ世界小ネタ or 油アップデート or ステラリス

449名無し-Red-市民-2:2017/09/06(水) 23:03:32 ID:1s6zcIqc0
ステラリス

450無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:06:20 ID:OzTUt7D20

          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

【GM代理】

「ただいまー!」

「今日はステラリスでの「戦略」について少し話すとしよう!」

「シド星で言う所のスパイ経済とか大商人経済とかモアイ経済とかみたいなもんだね」

スパイと大商人はまだしもモアイは経済じゃないけどな!

451名無し-Red-市民-2:2017/09/06(水) 23:21:24 ID:1s6zcIqc0
今までの流れだね(モアイ)

452無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:21:35 ID:OzTUt7D20
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「シド星にしろステラリスにしろ、ローマのような無限のリソースを持っているわけではない」

「有限のリソースの中でやりくりしなければならないわけだ」

「僕はそのやりくりが戦略と呼ばれるものだと考えている」

「ではやりくりとは何か?それは大まかに言ってこの辺だと思っている」


1:限られたリソースを何に使うかを決める(基本的には一点集中)
例:クロスボウラッシュ、赤服ラッシュなど

2:限られたリソースをなんとかして増やす
例:技術というリソースを増やすための小屋経済・専門家経済・スパイ経済・大商人経済
社会制度というリソースを増やすためのモアイ経済など

3:できれば1と2を良循環させる
例:モアイ経済で国力を増やしてクロスボウラッシュ、クロスボウラッシュで得た領土でさらにモアイ経済を回してさらに国力アップ!

「シド星初心者が苦手なのがこの辺で」

「例えば内政にも軍事にも手を出した結果、どちらのリソースも十分量を確保できずに負けるということが良くある」

453無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:29:47 ID:OzTUt7D20
                                  _____
                                ...:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                            /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、:.:.:.\
                            .:':.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
                            /,:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.
                         //:.:.: ':.:.:.:.:.:.:.: ,:.:.:.:. i:.ヽ:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.ヽ.:.:.',
                         .':':.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.ハ:.:.:、:.:.:.:.i:.:.:.::.:.:.:!
                          il:.:.:..:.l:.:.:.:,:.:.:イ:.:.:.:/ :. /  ヽ:.:.::.:.:.l:.:.:.:i:.:.:.l
                          !l:.i:.:.┼≠:メ/:.:.:.:' /‐'― - ヽ:!:.:.!:.:.:.:l:.:.: l
                         .:.l:l:.:.:.:!//_ ':.:/ /: '   __  `ト、:l:.i:.:.!:.:.:.:!
                         .':':ll:ゝ:.ハイ´{うト、/´  イ´トイ心x.、:.!:ハ:.ハ:.:.:.l
                          .':':.:.!:.:.:ヽ.:.  Vソ       r:し'ノ'´:./ ! }:l:.:.:.!
                      /:':.:.:i:.:.:.:.:.ハ `¨´  ,    ` ー ´ /:/ ./ノ:.!:i:.:.i
                       /:.':. /l:.,:.:..:.入ヽ            /:':`ー:´:.:.,!ハ:.:.l
              .        {:.ハ:! |ハ:.:从ハ:.:>、 `   ´   .イ:.:.:从ノ:.:〃 }:.'
                      !'  ヽ  ` ー `ー > _  < /:.:.:イ_ ハハ'  /´
   r- 、                        _   /|    ' ´ i: : }
   ヽ、 \__                    /: :  ̄: イl     / : : ヽ
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\                /: : : : : : /.  !   . ': : : : : : `ー.-、                __
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、            / .': : : : : :, '- 、  /: : : : :, 才 ´ ̄ヾ::.            ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ         / /: : : : : /― 、 ヽ ': : : : :/      ヾ:.        , ィ´f  i  l  i´ i l
  `゙、. ヘ   `"ヘノ        !、_r 、     / /: : : : : / ̄ ヽ/ : : : : : /          }:i     ., -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `ー'‐―く        ,//´'` 、  / ': : : : : /  /: : : : : : : イ          ':::!  .r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          ー-_   ,//     \/  !: : : : :/ /: : : : : : : : ノ !         ':::::ヽrr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

「例えばスパ帝の場合」

「小屋スパイ経済で技術というリソースをまず増やし」

「増やしたリソースをマスケット徴兵ラッシュに注ぎ込んで」

本当は赤服ラッシュをしたかったらしいが失敗。

「他国を併呑して土地というリソースを確保」

「その後小屋スパイ経済から工房経済に移行して土地からハンマーというリソースを抽出し」

「ハンマーを軍事ユニットに注ぎ込んで世界征服を達成したわけだ」

「ほら、リソースの確保と、リソースの消費先の選択を繰り返すことで」

「見事にゲームの流れをコントロールし、勝利しているだろう?これが戦略ってわけだ」

454無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:35:32 ID:OzTUt7D20
             ,...::::'::::´:..:..:..:..:..:..:..:`:..:..:...、
           /::..:..:..:..:..:..:..:..:..|:..:..:..:、:..:..:..:..:.`:...、
           /:..:..:..:../:..:..:..:..: : 人:..:..:..:ヽ:..:..:..:..:..:..:..\
          /:..:..:..:..:. /:..:..:..:../:.../ ヽ..:..:..:..i:..:..:..|:..:..:..:..:..ヽ
.         /:..:..:..:..:. /:..:..:..:../:.../   V:..:..:|:..:..: |:..:..:..:..:..:..ハ
        /:..:..:..:./:./:..:..:..:../:.../   _V ._|:..:..: |:..:..:..:..:..:...:.ハ
.       /:..:..:|:..:.|:..||:..:..:..:/:.../ -'  ̄   V:.|ハ:..:从:..:..:..:..:..:..:.ハ
     ∧:..:. |_ _|_:||:.//:/   _,,-= -、 >八i:..//:..:..:..:..:..:..:..:.i
      乂:.:.イ|:..:.ハ/. 〃    イ:テ:::::rj.ア/:..:..|/:.:/ ̄ヽ:..:..:...:. |
      i:..:ゝ:..:ヾ:.|=ミ      弋ソ /:..:..:..:..:/ ⌒} .i:..:..:..:..:.l
.     |:..:..:.\:Ⅵハ:::トj            i:..:..:..:..// / .ノ:..:..:、:..:..|
.      |:..:..:..:..:..i  ゞソ 、          |:..:..:..:../_ /:..:..:..:.ハ:..:.|
     |:..:..:..:..:..ハ      _  ィ     |:..:..:..:∧:..:../:..:..:./:..八リ
.    |:..:..:.i:..:..:ハ    ヽ _..ノ    |:..:.. /ハ:..:.i:l:..:..:.イ:../
    ハ:..:..:l:..:..:..:..ヽ           i:..:.:.{. i:..:.l:..:// i:/
     八:..: ト:..:.:i:..:..:..:\       /ハ:..:.:{  V:.|:// ´
       ヽ | ハ:.|ヽ:..:..:..ト:> 、 _ ィ、   ヽ:.|  V/∧
        l:| .ヾ|  \: |八ノハソ   }    `  /:::::::::\
       `     .`'     /ノ     ./:::::::::::::::::::::\
                /:/     /::::::::::::::::::::::::::::::::
              ィ====─==./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ノ         :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「僕の場合ならだいたいこんな感じかな?」

1:侵略先(軍事力と言うリソースを使うべき相手)を決める。

2:各国に根回しして大義名分というリソースを用意する。

3:研究班諸君に指示を出し、必要な内政技術を用意する。

4:研究班諸君に指示を出し、必要な軍事技術を用意する。

5:内政力を軍事に注ぎ込んで大軍拡して殴る。

6:他文明を併合して文明志向というリソースをゲット

7:文明志向を利用してさらに国力・技術力を向上

以下繰り返し。

455無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:44:00 ID:OzTUt7D20
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' i -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    i  i.ト ●    ● ! !ノ、i i
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 i
.  /⌒ヽi;!l|ヘ  ゝ._)   j ! /⌒i /
  \ /゙:::゙-~>,、 __, イァ/  /,'
     ゙、:::::::|>,、,、,、,、,、<|{ヘ、_∧
     `゙i ,:::::::::::::::::::::::リヾ::::ノ

「では、ステラリスではどういう戦略が取り得るだろうか?」

「まず、ステラリスの代表的なリソースはこんな感じになる」

・ビーカー(物理学・社会学・工学):研究を進めて新技術を得るためのリソース

・文化(統合力):社会制度を得るためのリソース

・パン(食料):人口(労働力)を増やすのに必要なリソース

・ハンマー(資源):建造物やユニットを作るために必要なリソース

・ゴールド(エネルギー):建造物やユニットの維持費に必要なリソース

・影響力:国内政治で自分の意見を押し通すのに必要なリソース

「このうち、影響力はあんまり増やせないリソースだけど」

「ビーカー、文化、パン、ハンマー、ゴールドは土地とインフラと労働力があれば増やせる」

「これらのリソースを増やす工程こそがステラリスの内政になるわけだ」

456名無し-Red-市民-2:2017/09/06(水) 23:48:41 ID:1s6zcIqc0
農場立てれば影響力が増えるぞ(平和主義者感)

457無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:49:32 ID:OzTUt7D20

          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「では、リソースを増やすためのリソースである」

「土地とインフラと労働力はどうすれば確保できるか?」

「このうち、インフラはハンマーを使えば作れる」

「ビーカーを集めて技術を磨けば、より高性能のインフラに更新していくことも可能だ」

「労働力も、パンを集めれば作れる。急ぎたいならロボットを作っても良い」

「労働力とインフラについては頑張って作れば確保できるわけだ」

「けど、土地については「作る」ことができない」

「ヴァンダルーさんならできるんだけどね」

「ではどうすればいいか?」

「土地を作れないなら、外部から持って来れば良い」

「と言うわけで、毎度お馴染み開拓者ラッシュになる」

458無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:49:54 ID:OzTUt7D20
>>456
その辺にも後で触れます。

459無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:54:34 ID:OzTUt7D20
                     /::::::::::::::::三三三三::::::::::::::::::::::i
                 /::::::::::::::::三三三三三::::::::::::::::::::i
                ∠\___>===<____|
.               /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
             〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
           /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.            // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
        / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:
      /: : `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
      / :::: /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
.     i :: ノイ     ヾ '´ . ≦─┴─厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
.     i::::::::: !         ゙巛.:::::::::::::::::::::::::/ i/
.    /:::::::::ム.         /  // ̄ ̄ ̄ ̄: : :
.    /:::::::::::::ム.      /  ィ巛:::::::::::::: : >─く::
   /:::::::::::::::: ム     /..ィ巛::::゙巛: : /       :
.  ∧::::::::::::::::::∧..  /./〉::::|||::゙巛::/.         }
   \二二二./   / /::::://::://:::/        |
       i...  i..  / ////:::://::::〈. イ       ;
       i.    ',. / /::::::::::// ::::::: ',. i      ;
      |.     }/ ////// :::::::::::::: ',...i        i
      |      l.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.      |
      ’     j.j.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l.       |
       ‘、.   / }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       |
         ̄    i:::::::::::::::::::::::::::::::::: : }.      |
               j:::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ       {
            {::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ’,.    、

「まあそうした土地争いこそが」

「FTL文明が銀河に漕ぎ出し、ライバルと鎬を削って覇権を狙う動機となっているわけだ」

「しかしながら、考えなしに開拓しまくるとちょっと困ったことになる」

「【都市(植民惑星)が増えれば増えるほど、ビーカーと文化が減る】んだ!」

より正確には、【都市が増えると研究コスト・社会制度コストが増大する】だが、まあ結果は同じだ。研究と社会制度の発展が遅くなるのだ。

「土地を増やしてリソースを増やすはずが」

「土地が増えたせいでかえってビーカーと文化というリソースが減ってしまうなら」

「本末転倒だろう?」

460名無し-Red-市民-2:2017/09/06(水) 23:56:14 ID:nrUBKJ0Q0
移民船の出番だ!なお作るのに莫大なコストが掛かる模様

461無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/06(水) 23:58:06 ID:OzTUt7D20
               ,  ''"     ``~、、
              /             `~、
                    __         丶、
                 -ニニニニニ=- _
               -ニニニニニニニニニニ-
                    ̄ -ニ-"´   `-ニニ-_
                       ´=     ニニニニ
                            =     ‘=ニニニ
                         =        ̄=
                         -、
                               乂
                       -ニニニニ-_ ヽ
                  / / / / /   ̄-ニニニニニ=
                           ̄-ニニ=´
                                / / /

ちなみにCiv5にも同様のルールがあり、

故に領土を増やしすぎるとかえってリソースが減ってしまう。

結果、プレイヤーは都市を建設する場所を極限まで吟味して、

少数精鋭都市戦略を取ることが多い。

せいぜい四都市、場合によっては3都市でゲームを進めることもザラだ。

462無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:01:23 ID:bhUjZujw0
               ,  ''"     ``~、、
              /             `~、
                    __         丶、
                 -ニニニニニ=- _
               -ニニニニニニニニニニ-
                    ̄ -ニ-"´   `-ニニ-_
                       ´=     ニニニニ
                            =     ‘=ニニニ
                         =        ̄=
                         -、
               Λ               乂
              (,_,)       -ニニニニ-_ ヽ
                        ̄-ニニニニニ=
                           ̄-ニニ=´

Civ5の場合、文化やビーカーを増やす手段が乏しく、

都市を建設してもビーカーや文化がほとんど増えないという問題もこれに拍車をかけていた。

領土を増やしてもビーカーと文化がほとんど増えないのに目減りはきっちりするのだから、

都市を増やせば増やすほど、研究と社会制度は遅れるとさえ言えるわけだ。

その数少ない例外がモアイであり、故に強いのである。

463無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:07:51 ID:bhUjZujw0
   ,、-,、
´,,r'´,,、'⌒'ヽ,
〃/〃,r'⌒`ヾ
!il! i,l',l'i,      ,'´",,
i l i!i  /'⌒`' 、 ∵'`,
,i i i!i. ,l'〃,、-,、 ヽ,,
, i i i!  .,i! i'r'~`',ミ  ヽ,
 'i,i   .'i, ,i〃´`  'i, ', , '_ :
  ':,  'i,' i,'i, ( ) i  'i, ,'l), ;
      'i, 'i、、   i   !  il 'i,
    :' , 'i、 、`ー''" i ,i  'i,i'! 'l,i
   ∵ ,' , .'h、 `-,、,,ノ ,i! ,li li i!|
  :'', '. ・  .`-,、,,_,,,ノ ,l' l!i! ,l'i i!
               〃ノノノ〃
          `ヾミニ三彡'"彡"'
          ヾー-_-三_'ノ'

【ステラリス銀河】

ではステラリス銀河ではどうすれば良いだろうか?

尚、ビーカーと文化を増やす手段は、Civ5よりはマシだとする。

464名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 00:23:00 ID:ip0Bax4g0
開拓前哨地ラッシュ?

465名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 00:24:33 ID:llcaulrU0
金(エネルギーだっけ?)で解決する
つまり開拓したら金を稼ぐのを優先するかな

466無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:26:48 ID:bhUjZujw0

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「そうした中で有効な戦略の一つが」

「それでもなお開拓!拡張!だ!」

「ビーカーと文化が減るなら、減る以上の勢いで開拓を進めて数で補うべし!」

「という恐るべき戦略だね」

「実際、ビーカーと文化が減るとは言っても」

「文明が所有する都市(惑星)が一個から二個に増えたら半減とかそこまでひどい減少幅じゃあない」

「一方で、ビーカーや文化の産出量は」

「【最終的には】、【インフラと労働力が十分整えば】」

「土地がボトルネックになるから、惑星の数が二倍になればビーカーと文化も二倍だ!」

「だから最終的には、都市を増やすことによるビーカーと文化のデメリットを、メリットが上回ることになる」

467名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 00:31:10 ID:llcaulrU0
デメリットの方がメリットより小さいんですか
良く考えると拡張できないバランスじゃあ銀河帝国なんて不可能になりますよね

468無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:33:38 ID:bhUjZujw0
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
    ./         \
   / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
  ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
  !  !.トノ  リ  `ヽ ! !ノ、i !
  ,'' l l l ●    ● l丿 ! リ キョーン
   !;!l|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j l丿i/
     |/⌒l,、 __, イァト|/| |
    ./  /|___|/  ヽ
    ||  l        彡,

「問題は、今の理屈はあくまで」

「【最終的には】、【インフラと労働力が十分整えば】」

「という条件付であることだ」

「インフラを整えるのにはハンマーと時間が必要だし」

「労働力を整えるにはパンと時間が必要」

「開拓してすぐさま、最大出力を得られるわけじゃない」

「必然的に、インフラと労働力が整って最大出力に達する終盤はとにかく」

「開拓したての序盤~中盤にかけてはビーカーと文化を諦めなければならなくなる」

「その間に他国との戦争に巻き込まれたらアウトだし」

「平和を享受しても、大国や仲良しグループが出来上がって」

「侵略戦争ができなくなってしまうかもしれない」


「ハンマーとゴールドはビーカーや文化のようなペナルティが無いから」

「都市数に比例してどんどん増えていくけど」

「そのハンマーとゴールドもインフラ整備でガリガリ減っていくから結局余裕は無い。」

「軍拡どころじゃないね」


後、地味に問題なのは、プレイヤーの情報処理能力が増えていく惑星に追いつかないということであるw

469無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:37:21 ID:bhUjZujw0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「とりわけ高難易度、シド星で言う所の天帝とかだと」

「こういう気長な開拓内政戦略で勝利するのは難しくなる」

「時間をかけてインフラと労働力を整えていけば」

「堅実にリソースは増えていくけど」

「AIは高難易度補正でもっと大量のリソースを手にするからね」



「まあシド星と同じく、ステラリスも明日より今日」

「最終出力の高さよりも、短期的な立ち上がりの方が重要なわけだ」

「従って、そうした短期的な立ち上がりを重視した戦略を紹介したいと思う」

470無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:43:55 ID:bhUjZujw0

                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「まず、大まかに言えば」

「開拓内政戦略は、序盤~中盤のリソースを犠牲に、終盤でのリソースの最大化を狙う戦略であると言える」

「MTGで言えば低速コントロールみたいなもんだね」

「一方で、これから紹介する戦略は」

「終盤でのリソースを犠牲に、序盤~中盤でのリソースを最大化する戦略であると言える」

「MTGで言えばウィニーみたいなものだ」

「リソースをあらゆる分野に対して十分量確保できればそれに越したことは無いけど」

「それが無理なら、何かを切り捨てて別の優位を狙うしかないわけだ」

「それもまた、リソース配分という戦略さ」

471無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:48:48 ID:bhUjZujw0
                 -‐…‐‐
             ......:´:::::::::::::::::::::::::::::::`::...、
           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
         ..:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
        /.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          :::::::::::::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        {:::::::::::::;'::::::::::::__i_:/:::_/__;ノ:::::/:::、∧::::::::::::::::.
        .::::::::::::::::::::::::::/::l/::/}:/}::;:}:/}:::::/\::::::::::::::::}
.       /.::::::::::::{::::::::::::{_::l∠二}゙//ノ゜ }::厶_l/}:::/:u:::::;
      /.:::::::::::::::';:::::::::::iY灯::::iドミ'   ィ行ハ刈/.::::::::/
     ,..:::::::::::::::::::::::丶::::::::、乂::ツ      V::ツ7::::。i/
      {:::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::ゝ ::::      ,  _ ノ.::::::::|
     人::::::(|:::::イ::::{:::::::::::::::::::.、u   、 _  ´フ:::o:::::人
      ヽノノ八}人八}八{\ト     . イ::::::::ノ:::::::::)
       ° ノ  。/  )\ /}≧≦厶{::/(//}/
            _「\ o  \∧トミ   (  。
            _/   \  /ーヘ::{ `ヽ   o
       r<⌒ヽ    /ヽ∧:::::::}::\ }
        /  \i:i:i:.  /.:::::{:::::. ̄|::::::∧_
      '    .:::ヽ:i:i:. \:::::::::::::::| i|__彡 {
          :::::::ハi:i:.  `iー=ミ」 i|__彡:八          -‐- 、
       | 、 :::::::: {i:i:i:.  ー-ミ|::.、 j::::  \    . '´    }
       | :::.、 \::: \i:i:.     ::::::..:::::     \/{ ィ    ′
       |/ :::::.  .:::  i/i:i:i:.      i      ヽ\j_/     /
      「  :::::::. {::   l |i:i:i      i       //}  /
      /  、:::::::.ヽ | |i:i:|        i        (/ヽィ^ j
     ー=ミ::..、    | |i:i:|、       l      /   `¨′
.        `i ` ー┬┘.:|i:i:|:ヽ     l i     /
         |    |  ::|i:i:|:::::..     l l   ; /
          |   |  ::|i:i:|::::::::.    l l:/ {
               |  .:::|i:i:|::::::::::.    l∠......ノ
          { u   |_j厶j;|-‐…ヘ._/ニユ、
         |   |ニニニUニニニニニニニ\

「短期的に考えた場合、ビーカーと文化は都市数が増えると減る。」

「インフラと労働力が整えば別だけど、それまでは完全な足手まといだ」

「だったら」

「都市数をあえて増やさず、Civ5と同じく少数精鋭都市戦略を取ればどうか?」

「最終的な最大出力では不利を蒙るし」

「短期的に見てもハンマーやゴールドは貧乏になる」

「けど、研究は進んで技術は手に入るし、文化が進んで社会制度も手に入るわけだ!」

「これがまず、リソース確保面での戦略だ」

リソース確保:少数精鋭都市戦略で、ビーカーと文化を確保する(ハンマーとゴールドは諦める)

472無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:49:23 ID:bhUjZujw0
>>467
『最終的には、ね』

『インフラが整うまでは足手まといになる』

473無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:56:00 ID:bhUjZujw0
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「こうした少数精鋭都市戦略を取った場合」

「特に重要なのが軍事技術だ」

「他を切り捨てて、ビーカーと文化だけに特化すれば」

「高難易度AIを出し抜いて、先進的な軍事技術を手に入れられるかもしれない」

「その上で戦争すれば、高難易度AIにも勝ち目はあるかもしれない!」

「・・・問題は、このままだとハンマーとゴールドが足りないから物量では負けるってことだ。そうするとやっぱり勝てない」

「だからと言って開拓を進めれば」

「今度は研究と社会制度が立ち行かなくなる」

「どうあがいても、研究と社会制度と物量の総てを【同時に】両立することはできない」


「では、どうすれば良いか?」

「スパイ経済で町から工房に張り替えたみたいに」

「ある程度技術が揃った段階で一気に拡張して、今度はビーカーや文化を犠牲に、物量を増やせば良いのさ!」

「総てのリソースを【同時に】確保することはできなくても、タイミングをずらせば可能なわけだね!」

474無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 00:59:25 ID:bhUjZujw0
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「ただし、拡張と言ってもホイホイできるわけじゃない」

「良い惑星は他の文明に取られているだろうし」

「種族ごとの適性もある」

「例えば地球人類なら砂漠惑星や氷土惑星には住めない」

「中盤以降でいきなり拡張するとなると、開拓地の質を追求するには限界があるから」

「とにかく数で補うしかない」

「だから砂漠が嫌とか氷土が嫌とか言っている地球人類に植民させるのは非効率的だ」

「砂漠だろうが氷土だろうがどこにでも住める便利な労働力は居ないだろうか?」

475名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 01:01:09 ID:llcaulrU0
ロボット入植ですかね、技術先行だから遺伝子弄るのも有りかもしれませんが

476無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:09:07 ID:bhUjZujw0
>>475
                 _ __ _
                  , < : : : : : : : : > 、
            /: /ニi : : : : : i二ヘ: ヘ
       _      , 三三Ⅵ三三三Ⅵ三三 、    > -- 、
.  / ̄/ >、   ///,::::::::::::::::\/::::::::::::::::::,// _ /   ∨ヘ
  /  /  /イ>,///i ./三ヘヽ::::::::://三ヘ Ⅳハ、 ̄ ヽ   , .i
 ,  i  {リ、 .Ⅵ//Ⅵ {三三}. 二  .{三三} .Ⅳハ}  /!!   ∨|
 l  |  i  ヽ{三{//i ⅥミⅣ./:::\ ⅥミⅣ i//イイ   !!   i i
 |   i   ノ   jミミi//ヘ    /::≧≦::\   ,//イ   イii≧イト.l
. ⅥⅣ升三≦乍} //∧ /≧´___` ≦_ .∧//ニニ≦ナ  ̄ |ヒi
 イ  i  // /   ヽ//ヘ   _____ .∧// / Ⅳiii   .i .|
 .|.  Ⅵi,  i     >/≧ 、       , ≦<   、 ! .|ヘ   .l .l
  ∨ Ⅵ  |         > ──── <    .Ⅵ  ! !  | .j
  ∨  ヘ <           `  ̄ ̄ ̄ ´      入__ノ Ⅳノ イ
    ` =斗

「その通り!」

「ステラリスではドロイドと呼ばれるある程度高度な自律判断能力を持ったロボットが居て」

「こいつは人間が一緒についていかなくても、砂漠や氷土のような過酷な惑星を自分達で開拓していってくれる!」

「ついでに、ハンマーの生産が得意で、ゴールド生産も苦手だけどなんとかなる」

「急激な軍備拡張にはぴったりってわけさ!」

「まあようするに、BALLSによる宇宙開発のようなものだね」

「だから僕は勝手にこれをBALLS経済と呼んでいる」

「ビーカー・文化重視の少数精鋭都市戦略から多都市戦略に切り替える複合戦略がこの戦略の骨子であり」

「かつ、その重要な切り替えタイミングである開拓ラッシュと、切替後の多都市戦略における主要な労働力を担っている重要な役者が」

「ドロイド(BALLS)だからね!」

477無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:12:14 ID:bhUjZujw0

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
    ./         \
   / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
  ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
  !  !.トノ  リ  `ヽ ! !ノ、i !
  ,'' l l l ●    ● l丿 ! リ キョーン
   !;!l|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j l丿i/
     |/⌒l,、 __, イァト|/| |
    ./  /|___|/  ヽ
    ||  l        彡,

「ただし、シド星もステラリスも、多くのことは取捨選択であり存在の引き算だ」

「メリットの裏には、デメリットが隠れている。」

「BALLSも同様で、BALLSは優秀だけど大量の維持費(電力)を食う」

「従って、どこかから維持費を調達しなければならない」

478無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:15:54 ID:bhUjZujw0
                    \_ ,,: : : : : : : : : : : : . 、
                   /: \: : :}: : : : √:\/: :.ヽ、   ,. :≦⌒ ノ
                   /: : : : :/: :く: : : : : : : : : : : : : :  ̄: : : : : :__彡′
           _ 〃: : : : : : : : : : 7: : : : : : : : : : : : : : : : : :<__
         〃´ ̄7: : : : : : : : : : : `ヽ、__: : : :ヽ、: : : : : : : : ̄ヽ'⌒ヽ、
         {{   ,.:': : : : : : ヽ: : : ヽ: :ヽヾ^ヾミ: : : :.,:- ミ: : : : : : : :`≧≠=― '
 _         ` ,: : : : : : : : ヽ: \: ヘヾ:ヽ   ^㍉{ {:-:、 Y: : : : : : : : 、ミ: . __
/⌒Z_        i:|: : : : : : : : : ト 、ハ / x'≠zr   ` ヾ::リ |: : : : : : ヽ: ハ   ⌒     /
.    \      从{: : : : : : : :i:{  ヾ:j}夊::) }}      `ノ: : : : : : : :}ヾ }       { ̄
     {_   /  i: : : : :ヽ: :从   ″ ィ彡″       i{ : ト、: :ヽ: :i:| リ  √\_>
       ∠√\/ |:!: : : : : ヾ≧fミ       __    八: { ヽ:.: :从/ { ̄
.      /    从ト、:.ト、: : :.:トゞ' j}    /メ_}   ′ 〉ヾヽ ヾ{ _,.∠ _
      {_        ヾ `7:.:ゝ:ヽ  ` /r/    /  /   /´:/ 〈   ヽ、
       〉           /:.イ: : : :へ、  ̄ ´   ,  /   /: :/  >‐z_ ヽ
      ̄            〃 !: :|: : : : : ≧=‐-- く:>{    /: :,' √       ヽ
                       |{: ト、: : ;ハ: : :i:|i:./}:/ } i\__ノ: : {              \
                    八:{ }:/  }:./}ル' /// ノ  }}}: : : {                ヽ
                   ヾ: {   j/  /〈/ ! //: : : :.ヽ          , ィ⌒ヽ
                     乂  ′ /: : :.:{{ | //: : : : : : :ヽ        /  |

【発電所】

「一つは発電所で電気を作るというやり方だ」

「ステラリスでは、ロボットは発電所の仕事が苦手だから」

「この戦略では、人間が発電所で働いてロボットを養い」

「ロボットが鉱山等で働いてハンマーを稼ぐという役割分担になっている」

「・・・けど、これだけだと少々心もとない」

「何せ、ロボットを増やしたくても」

「発電所を動かせる人間の人口がボトルネックになるからね」

「どうせなら、ロボットが自給自足的に動けると尚良い」

「けど、ロボットに直接発電所を稼動させるのは効率が悪い」

479無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:20:54 ID:bhUjZujw0

        /`ー- 、
     ,.'´:/:: :: :: :: :: :: ::\ _
    f:: :: :人:: :: ::!ト、:: ::.i :: ::\'- 、
   /:: : N  \::/` \ノ:: :: :: ::|  \
   l:: :イ == } ===!:: :: ::、:!  !  ,
   |!⊂⊃     ⊂⊃:: :: ! ` _ !  | むしゃむしゃ
    ノ::\ fZz _(,  /_{:: ::/   |r- 、|
      \::7z __,. ィ´!,.Ⅳ !       ,!
     r、7_ ,.ィ ∧1,_人_lつ´⌒゚ ̄ ゚
     }ノ_ノとノ1#l_l」##」-─1_
<二z###)─く:::::::::1#######/「つ
⊂ _ノ7 T ヾ ' \/ !#####/'´
  l_,人ノ!__ノ    トz==='´
            し

「この戦略の作者さんのスゴイ所は」

・だったら他所の文明にパンを売りつけてエネルギーと交換すれば良いじゃない!

「と思いついたことだ!」

「パンは人口を増やすのに必要だけど、この戦略では労働力の過半をロボットが担うから、地球人類の人口はさほど伸ばさなくて良い」

「また、エネルギーやハンマーよりもパンの重要度は低い」

「そしてパン作りの農場労働なら、発電所と違ってロボットでも問題なくできる!」

「そしてさらにありがたいことに・・・牧歌的農業の恩恵も加えられるし、外交関係の改善にも役立つ!」

480名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 01:24:01 ID:llcaulrU0
ロボット式牧歌的農業…まるで意味がわからんぞ!w

481無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:26:00 ID:bhUjZujw0
                      -──-
                  ,  '"´            `丶、
              /                     \
              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l
                ハ   !       /   |        |
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、
          |       /       \\,..   ./      ヽ
          |       .i         ー─'   /         ヽ
          |       i       /   __./          ヽ

「ステラリスでは平和主義の国是(≒文明志向)を取ると」

「戦争時に領土割譲要求が出来なくなる代わりに、牧歌的農業という超強力な社会制度を採用可能になる」

・牧歌的農業:農場から文化+1

「ロボットを農場で働かせれば」

「パンを他国に売りつけてエネルギーと友好度を稼げるし」

「ついでに大量の文化が手に入る!」

「序盤~中盤にかけて、ビーカーと文化を伸ばすこの戦略と」

「最高に相性が良いと思わないかな?」

482無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:26:45 ID:bhUjZujw0
>>480
なお、農場はなぜか水耕栽培です。
・・・ロボットが田植え歌でも歌いながら稲作やってるんだろうか?w

483名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 01:30:33 ID:llcaulrU0
これは面白い戦術ですね
あとスターウォーズ的な変わった文化なのもわかった
多分通訳ドロイドも受け入れられるなこの銀河w

484無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:40:55 ID:bhUjZujw0
                     _
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-、∨: i!: : : : :.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/r=ミ  V从ヽ:.:. :.|
.           /.:.:.:.:.:.:/ヽ.:.:i Vrソ  ,r=ミ i.:.:.:.:|
          ハ.:.:.:.:.:.弋 )ハ,    Vr刈:.:.:.人
.        j .ヽi从.:.:.:.|\  、__   /.:./.:.:.}
                レハ  > _\ヽ イム从ノ
            /: l ¨≧, i r==`、\
            / |:. ∧  ∧/| r==ミ.  入
        /ヽ: :l: : :.∧\>//< il : \  }
       /: : : :.i: :\: :.∧ \//l l : ィ===ミ
.      /: : : : : l: : : : :>:∧.  ヽ/ .l: :|: : : : : i
     /: : : : :. :.l: : /: : : :i\   l: ヽ: : : : |
.    /: : : : : /:.:. :\: : : :|  \ /.|: : i: : : :λ
    /: : : : /i:. : : : :. :.\: :l    ゙ |: : |:.: : : : i
.   /: : : : :}  ヽ : : : : : : : ヽl    |: : {: : : : : l
  {: : : : : :.\  \: : : : : : : l     |: : :ヽ:.: :. :.l
   \: : : : : : :\/: : : : : : : : l    .|: : : i \:.ノ
    \: : : : : : :\:. : :. : : : :l    |: : : |
.       \: : : :/⌒ヽ: : : : : :.l   .|: : : |
       /\,_ii__/:.:. : : : : :|.    |:.:. : !

「まあ割りとスパイ経済のステラリス版と言っても良いだろうね」

「戦略の基本はリソース源とリソース配分の取捨選択であり」

「リソースは限られている以上、どちらも器用貧乏よりは何かを切り捨てて長所に特化した方が良い」

「スパイ経済がスパイによる技術獲得に、BALLS経済が少数精鋭都市による技術獲得に特化し」

「そしてどっちも最終的なリソースの配分先を、軍拡と侵略にしたようにね」

「そしてその上で、特化した分野だけでは勝てないなら」

「特化分野を途中で切り替えればよい!」

「スパイ経済が町を工房に張り替えてハンマーを確保し軍拡したように」

「BALLS経済がBALLS開拓で少数精鋭都市を多都市に切り替えてハンマーを確保し軍拡したようにね」

「こうして並べてみると似ているのがよくわかるだろう?」

「その上で、その特化と切替を支えるロボット牧歌的水耕栽培という細やかな工夫!」

「実に素晴らしいと僕は思う!だから紹介させてもらった!」

485無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:46:31 ID:bhUjZujw0
>>483
                               ____
                      ,.ィ ´: : : : : : : : : : : >、
                       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                       /: : : : : : : : : : :,、 : : : : : : : : : : : : : : ハ
                 ,′: : : :{: : : : : : ! ヽ: : : : : : : : : l: : : : : '
                 i: : : : :,イ: :! : : : ′ ヾヽ: : : : : : !: : : : : i
                  l: : : : :ハ: l: : l: ' "´ ̄ヽハ: : : : : ト、 : : : ',
                 ': : : 斗‐l: l!: !i,′ rィf示ぅr: : :i: lィハ : : l:ハ
                 乂: : :l_ィrエ!:jノ    乂しリト,: :j!:l '7: : :!i: ヘ
      -~~、__       l:ヽ:、:vヘしハ      " ´'l: : :lイ! /: : :リ:l ハ`
     ∠_     }      .i: : : ヾ, ゚ー' 、      j′: : f: j: : , :j!: :l.ト
  /: : : : : : ヽ / ┘     ,': : :i!: ハ       _ , 'l: : : :ノ:/: :/vリ: ノ
 / : : : : : : : : : }        ,:/l: :j!: : :ト、    v´   ノ  lイ: ルイ: :///
 l/⌒`ー- /          .′ゝ;、!:j、: : :r 、  `   ィ≦/!'///
 !: : : : : : : : }              ` '{ r、: {ヾl≧ -イ       l
|: : ヽ : : : 〈             ___  ノ   ̄`ヽ、 {\
|: : : : ヽ : : i           x‐<: : : : : : : : :ヽ   厂ヘ Y/ヘ
|: : : : : ヘ: : :l         /: : : : : :Y ヽ: : : : : : \/`ミx∨/}}ヽ>
|: : : : : : ヘ : l     __ __/ : : : : : : :i: : :ヽ: : : : : :\\ `く::::ヾ ヽ
|: : : : : : : :ヽ:l    /: ゞミ : : : : : : : i: : : ヽ: : : : : : :\\ ヽ::::ト、i i\
 !: : : : : : : : : :ヽ  /: : : : : : : : : : : : : i: : : : ll: : : : : : : : \\j::::::::゙l l: : ヽ、
 i: : : : : : : : : : : 辷ー- : : : : : : : : : : : : i : : : j: : : : : : : : : : :\\:::::l l: : : ::\
  !: : : : : : : : : : : : :} : : : : : : : : : : : : : : :}: : :ノ:: : : : : : : : : : : ⌒ヽヽj :l: : : : : :\
  、: : : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : : : : : : : : :j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾoj: : : : : : : :ヽ
  、: : : : : : : : : :/: :}: : : : : : : / ̄ i`ー-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}}: : : : : : : : :Y
   ゙、: : : : : : : : /: /: : : : >'"      V: : : : ::::... : : : : : : : : : : : : : : :j ! : : : : : : : : :}
    ゙、: : : : : : :{: : : : /         .∨: : : :::::::::........ : : : : : : : : : :// : : ......::::::::. ノ

「うん!面白い戦略だろう?」

「そう思ってくれたなら、紹介した甲斐があったよ!」

「後、ドロイドが受け入れられるかは文明志向とかにも拠る」

「精神主義だとロボット嫌いみたいだし」

「ロボットの方も割りと反乱するw」

486無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 01:46:45 ID:bhUjZujw0
安価↓1 質問・コメントがあれば

487名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 01:54:54 ID:SZGUH1HU0
今度はパンを売りつける先の上限量がボトルネックになるのかな?

488無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 02:06:03 ID:bhUjZujw0
>>487
                     ,   ―  -
                      . <: : : : : : : : : : : : : : : : :>
                  . <: : : : : : : : : : :ハ : : : : : : : : : : : : ヽ
                . < : : : : : : : : : : : : : : :∧: : : : : : : : : : : : : :\
            γ:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∧: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : , イ: : : : : : : : : : ', : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : / i: : : : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : : : : : : :∧
        {': : : : : : : : :/`゙ヽ !: : : : : : : : : | : i: : : : : : : : : : : : : : : : :∧
           }: : : : : :>≧ュ、   |:: : : : : : : : ::| : i: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
        〃: : >  ´ ノハヾ_i:: : : : : : : : : ! : ! : : : : : : : : : : : : : : : : : 从
       `ラr ´     イ {r:::ハハ: : : : : : : : ,': イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ! リ
       ,イ:八         ´¨´   〉: : : : : : /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::! '
      ,イ : : 〈              /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|
    イ:: : : : : 〉、        /: : : : : : / ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!
   /: : : : : : : i   ー      /: : : : : : /  ノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
.   {: :λ : : : : !         ィ: : : : : : :イ_ ,ィ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: :!
   v::{ ∨:ト、: ト。. ー=彡 : : : : : : :/ ,イ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !
    jソ  ヾ ヾ从ソ   ≧ : : : : / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!
            ' ー=彡イ: : : : X ー=彡イ : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::リ
             ノj从シ   ヽ  ノリ从人: : : : : : : : : : :r人リヽソン从/
                   ∧  ,ィニニソヽ人人从リソ
                       ∧イニニ>=====≦ミ 、
                  イ´ニ>ニニニニニニニニニニニ>
                    イー=≦ニニニニニニニニニニニニニニニニ >
              イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ ヽ
              ,イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ  \

「勿論!」

「今のステラリスのAIは割りと間抜けでね」

「食料をまともに確保できず」

「たまに飢餓を起こしていたりするから良いお客さんになるんだが・・・」

「それも中盤以降は大分改善される」

「モアイ経済で幸福資源を序盤に売って資金を溜め込んでいたように」

「序盤で食料を売ったエネルギーでしばらく食いつなぐ必要がある」

「それも永遠ではないから」

「BALLS経済も、最終的には普通の開拓経済と大差ない多都市経済へと移行しなければならないのさ」

「もしくは国が傾く前に一気に銀河征服するかね」

489無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 02:09:49 ID:bhUjZujw0
           . ‐……‐
         /:.:./ ニニニ. \\
         /:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.\l:.:.:ヽ
        ,:' オ:.:.:.:.:.:.:/!:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l゚,
     / / l!:.:.:.:.:./爪:.:.:\:.:. l:.:ハ:.:.:.l.ハ
      iV  |:.:.:‐/─ト\:.l >l┼!-:.:| ./!
      |:.7!才:.:.f卞示    イ 卞N:.:.|イ:.|
      l:.| ! .l:.:.:.: 匕リ     匕リ |:.:.:.|.l:.:|
      |ハ:l__|:.:.:.|      '      |:.:.:从:.|
     ! ):从:.:.ト   匸j   イ:.:/:.:./:!
      | ゚,:.:.ヽ:.l:.〕ト -- ≦:.:.!:':.:.:/ リ
         ヽ:.:.:.Ⅵリ    {ヽ:.:.:.! イ
        _ ..イ: : |-----ミ!: :.\
     ィf´i:i: : : : : |ニニ 、|: : : : :〕ト .

尚、BALLS経済は、ただいま多元宇宙で開催中の

機械帝国大戦では残念ながら使えない戦略である。

BETAとか暴走する人工知能見てると、

BALLSに開拓させるのが怖くなるからな!

なので直接的にこのスレに関わることはまだなさそうである。今のところは。

490無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 02:10:32 ID:bhUjZujw0
               ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
             /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
              .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
           /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
           .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
           !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
          .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
          .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
         ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
        /:.':,./ ̄、ヽ.   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
        .{:./  ヽ_>‐'  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
          /  _,ノ}_ノ..`ー丶.. _ イ.ムイハ从 ノ'
          ,'  / ._,リ;イ,ー__l   ...l/:; '-.、
        ,'   ;''´  ´ 〉/_     /'´',   ヽ、
.     ,ハ;  ,' /   //  ` '´ ̄iヾノ    \.
     / /` ̄「¨l   l,':..      l/´     l  ヽ
.    〈 i  / /'  ゚ ! ` :::;.   i       l /  l、
      ヽ`二 イj    l   /    !    ヽ. l  / 'i
      |   ,'     l . ;   / / ̄ ̄ リ'"´  !
.      i     i    ゚ i  i  ,/, 〈    l.、 丶、l\.
.      l    !ヽ、   i:. 人//   ヽ._/l ヽ  `¨ l.
       V    j ヾ  i:;/ /   / ,/ //i  \ /i.
        L.__/ |   ヽ. l'。    / / // i  \ \l
         | l    l        /   V  `¨ ー- 、
         | l    li       />   ∨       \.
         |.ハ    ハ.      _,.イ     ',         ヽ.
            ∧   ゚/ ,}',     /   \    ヽ.        \
.          /    ,'   V       ヽ    \         \
.          /    .'    ',           ハ      \        丶、
        /    i     ',           ',      丶、       | ̄`i、_

「では今日はこの辺で失礼する!」

「参加してくれてありがとう!お休み!」

491名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 02:35:14 ID:EYbMZOvI0
乙でした!

492名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 07:58:14 ID:llcaulrU0
オツカレサマドスエ
ステラリスでもロボットの反乱が実際にありませんでしたっけ?w

493無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 20:42:39 ID:bhUjZujw0
>>492

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「起こるよ?」

「ドロイドまでなら安全だけどね」

494名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 20:59:17 ID:llcaulrU0
お帰り無茶王
ステラリスでも管理局でも悩みが同じとか草生えますよw

495名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 22:39:55 ID:ip0Bax4g0
反乱起こすようなロボットに足りないのはめんどくさい精神。

496無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 22:42:07 ID:bhUjZujw0
>>494
  . -―- .
´:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.ヽ.
:.:./:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.::/ヽ
:..'.:.:.-―/i-:、:.:.:.:.∧.:.‘.
:.!.:.:,.:./ !.:.:.,ィ:./ -.-:、!ヽ
:.|./'r―r‐}メ !/ _ ‘.:.:|:.‘.
:.'.i    ! ノ  '  -r-ト、!:.:.‘.
.:.:|   ヽ二     ! !,.'!.:.:.:‘.
:.、ト、:/:/:/:   丶 `ヾ∨!:.:.:.‘.
:.:.|`ヽ      :./:/:/!:|:.:.:.:.‘.
.:.:|     「`ヽ    ,.':.|:.:.}:.:.‘.
:..:|      `´   .イ.:.:,.':.:∧:.:.:.!
ヽ|  , 、    ,ィ≦:.:!:/|:.:/ }:.:/
__  |/i≧ ´!ノ }:/'´ |/ /'´
ニ:|  L _     '
ニ `┐  }ニ=―- 、
:ニニ└、  ヽニニニニニヽ

「ただいま!」

「ついでに言うと、ローマ本国も別に他人事じゃない」

「通常ゴーレムはとにかく、ヤンデレ型自動人形は割りとデモや反乱起こすし・・・」

「労働(できない)問題で」

497無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 22:43:48 ID:bhUjZujw0
>>495
                                   ___
                               ,.-‐'´::::::::::::::::`ー-、
                            ,.-‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                      ∠´::::::::::::::::;::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::\
                       /::::::::::://!/!/!/!:::::::: ::/l:::::;:::::::ヘ
                       ,イ::/:::/!/´:::::/ ´   .l/!:::/ .|::/!::::::::::ヘ
                       /:/V:|:/::::::::: ::;' ̄`ー-、  !/  l/ .|:::,イ:::ヘ:ヽ、
                  /::::/::::::::i':!:::::::::::;'            - 、.l/l:l/!::lヘ- ゝ
               >´:::: ::/::::::::: ::i::::::::::笊示=-、         `ヽ:::l/ヽゝ
              /:::::::: :::/:::::::::::::/l::::::::::::ヒ:::リ      / テ=ュ_  .|:::::::::::|
           , -‐':::::::::::::::::/::::::: ::::,ヘ:::::::::::::!.  `    i て:::::7㍉イ:::::::::::|
          /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/∧.l:::::::::::l         / `丶 ' ´/、!:::::::::::|
          /:::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::::::{  ( !::::::::::|       '       /::::|::::::::::::!
.       /::::::::::::::::::, < /:::::::::::::::::::/ヽ、`!:::::::::|    __       ./!:::::|::::::::::::|
    /:::::::::::::, -<  /:::::::::::::::::::/::::::/`!:::::::::l     ´   ヽ     //ヽ::!::::::::::::!
   /:::::::::::::/    ./:::::::::::::::::::/::::::::i:::::!:::::::::|          /´::::::::l::::::::::::|\
 /::::::::::::/      ./:::::::::::::::::::/::::::::/l:::::l::::::::::ト 、     _ イ::ヘ\::::/:::::::::::/、::::\

「例えば」

「佐々木王がやる夫を愛するのを面倒くさいってやめると思う?」

498無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 22:47:35 ID:bhUjZujw0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成 or ペイルライダー・コンピュータウィルスン安全重点な or カラデシュ小ネタ or マギ世界小ネタ or 油アップデート or ステラリス

499名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 22:56:14 ID:EYbMZOvI0
属国作成

500無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 23:01:35 ID:bhUjZujw0

               ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
             /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
              .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
           /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
           .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
           !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
          .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
          .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
         ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
        /:.':,./ ̄、ヽ.   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
        .{:./  ヽ_>‐'  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
          /  _,ノ}_ノ..`ー丶.. _ イ.ムイハ从 ノ'
          ,'  / ._,リ;イ,ー__l   ...l/:; '-.、
        ,'   ;''´  ´ 〉/_     /'´',   ヽ、
.     ,ハ;  ,' /   //  ` '´ ̄iヾノ    \.
     / /` ̄「¨l   l,':..      l/´     l  ヽ
.    〈 i  / /'  ゚ ! ` :::;.   i       l /  l、
      ヽ`二 イj    l   /    !    ヽ. l  / 'i
      |   ,'     l . ;   / / ̄ ̄ リ'"´  !
.      i     i    ゚ i  i  ,/, 〈    l.、 丶、l\.
.      l    !ヽ、   i:. 人//   ヽ._/l ヽ  `¨ l.
       V    j ヾ  i:;/ /   / ,/ //i  \ /i.
        L.__/ |   ヽ. l'。    / / // i  \ \l
         | l    l        /   V  `¨ ー- 、
         | l    li       />   ∨       \.
         |.ハ    ハ.      _,.イ     ',         ヽ.
            ∧   ゚/ ,}',     /   \    ヽ.        \
.          /    ,'   V       ヽ    \         \
.          /    .'    ',           ハ      \        丶、
        /    i     ',           ',      丶、       | ̄`i、_

「さて、未知は大事だからね(青並感」

「次は前回とは違う毛色としよう!」

安価↓1 世界から作る or 知性から作る or 技術啓蒙 or 分派

501名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 23:02:53 ID:EYbMZOvI0
知性から作る

502名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 23:08:39 ID:EYbMZOvI0
果たして管理局先進国たちは、作り出した知性に反逆されないように属国を作れるのか?

…今まで、失敗例しか見てない気がするw
ファイト(ディアスポラ)とか、SO3とか。

503無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 23:13:37 ID:bhUjZujw0

         イ ,. .-∠. .-ー. .- 、 __ /
        /:{/: ::/ : : : -:ー.‐:--_‐ ´
       _ {:.rー く _  :ー: :--: : :_: 二二ヽ、
      /:r:<    ` :ー..- 、... ー:.、`:ー 、 `
      ノイ:\: .\: 、:_`:.ー: 、: . ヽ:.. : {:.. : }:}
     /ィ . {:{ト、: ..\ー ニ、_>ヽ、_ー-ヽト、:{ _
    // {:{: :l l! -弐_ーヽ_ィ:ォテナヽーヽく:::ーミ二´
    l′ ヽ}: トヽ代:ィハ´ヽ  ̄`   ヽトト }::::::::}jノ
       ノ'´ト:トト ̄ く        l!イ::l::r '
        ノノ从   f=ヽ  _ ∠Lイ:Lーァ
       / /ハ::\  ー_'  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄〉´
         ′`ーj}ヽ   / 〉    /     _ -,_
         / ー  丁!‐ ´ ノ _ ィ -_〉 -‐ァ7-/ / `ヽ
         ` ー- 、 / ,}  く、 / /   / / / / /ヽ.|
          _. ィァ V/ 〉  _jヘ _//´ィ / / / / /  ヽ!
        _ノ / /_ノ_ r ニ   / ィ7ヽ {-'-{ i /   /⌒ヽ
      r 7/  i j/  _   _ -{ {´ ノ}  ̄ j i   { | riハ
     j r{!| /jヽ{⊥、/jヽ.V´    ー' く _ /ノ、_  l |l{ ヽ
      { ! !j |! j´  V   }/_ -     j/ l l ̄, -、― ‐ l l ヽ、 ヽ
     V  jー' ― ト-r'/_ -     / / l   ノl\   ヽ ー、ヽー ト、
      |ヽ/ |  - ヘrV          /  `T /   \  ⌒ヽ、` ' \

スパロボα世界にはいくつもの超文明が登場する。

スパロボα地球人類もたいがい頭おかしいが、

プロトカルチャーや第6文明人、バッフクランにバルマーと、

他にも数々の超時空文明が出現してきたのだ!

ステラリス銀河が天国に見えるほどの魔境である。

しかし・・・そんな超文明の乱立が、自然に起きるものだろうか?

生物の発生、知性の獲得、文明の発達、FTL技術の獲得などなど、

越えねばならぬ壁は山ほどあるのに?

504名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 23:15:33 ID:llcaulrU0
スパロボ世界は無限力のせいと言っておけば大体あってそう

505名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 23:27:22 ID:EYbMZOvI0
ロストロギアみたいな物があちこちに散らばってて、そこから文明が発生している印象がある。
無限力も異でみたいに、滅びる前の周の宇宙から流れ着いたロストロギアになってる物が多いし。

506無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 23:27:59 ID:bhUjZujw0
>>504

                      く ̄"''‐- ,, ___,, .-‐''"/
                        \ ,,_  /. 仝ヽ_ /
                        ,, ->,,.◇ .◇i>
                  _∠、ス( ) ハ/ .〉x□.:/\ ̄゛゜\
                ./<    ゝ,i   .\// ̄|.|´  ヘ    .},
                { <     !`,   `――´´ _,,, i   ノ\ ,‐ _ ハ,
               /\ `,    ノ.i .i‐-<  \''""l .」 i.| ..ノ;'  .)  \i.ハ
                  /  .\ .,,>' ノ i  "'i : i ̄ ̄i  i l ̄\_../    \レ'i
           >+‐ <,,_    /゛t- _./ !,,,,_| : i   .i>´/   /    ,, ''"~_ ∨
       <^- 、/"     >./  .i.|  ~^"''=,, .-‐` ̄ フ-'"    \  /  / ,,_\
       > 、ヘ      ∧  iヽ、        _,, /       \!、 .i Y.iFFF)
        >y  \ / ̄ ̄`ヘ vト、` .ー―-ー ''" _,,i          "''ーY、////
         > ,,__Y /フ´三くヘ,  ̄"''ー――'''""  .i              ̄ ̄
           .ヘ!  (  Y二ヘ ノ- ,,_        /.ス
            .ヘ,,△__ヘEハ\ "'x     /   \

その通り!

スパロボα世界では、イデ、ゲッター、ビムラーと言った無限力が

生物を進化させ、知性化し、文明を育んできたのだ!

螺旋力と類似した機能だが、意思なきただのエネルギーであった螺旋力と異なり、

無限力は魂の集合体であるために意思を持ち、進化にも動機がある。

そう、来るべき負の無限力との戦いのために生物の進化を進めてきたのだ!

・・・なんか神々しく超常的な存在に見える無限力だが、

こうしてみると勢力拡大のために前知性生物を知性化しているステラリス文明と大差ないわけである。

ちなみに担当はこんな感じ。

イデ:異なるものとの融合による進化を担当。ステラリスだと集合意識系。人類補完計画とか大歓迎
ゲッター:闘争による進化を担当。ステラリスだと軍国主義系。個人として戦えってことで人類補完計画には反対。
ビムラー:融和による進化。ステラリスだと受容主義・平和主義系。

507無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 23:33:13 ID:bhUjZujw0
    `、 - 、_                     _,.  マ
      `ヽ、~` - 、_  ____ _,. - '  //
       ヘ\    /  へ    \    /./
         ヘ:::\/.  |  |     \_/ ../
          ヘ::::|. /\`´/\   .|  ../
.      _  ヘ.| |   .| |   .|  .|_/
   . く ● > (|. \/  \/  ( く ● >
  .   \/⌒__\.▼ l ⌒ l ▼// \/
      \/ /\i\ ヽ / イ__iヘ___/|ヘ
.       / /:::::/ヘ∥ ̄ ̄///.|.__. !ヘ
       `ヽl:::::/┌┐ ̄ ̄┌┐/ヘ::::::ノ|

スパロボα文明が神座系技術をなぜかたくさん持っていたのも、

偶然とか、全くの自力で手に入れたというわけではなく、

無限力自身の差し金によるものである。

地球人類に神座系技術をわざと与えて、それを狙う異星人との争いを誘発することで、

不要な生命を淘汰しようとしていたらしい。

こうしてみるとディミーアっぽくもある。


まあ、進化とは同時に進化の過程で淘汰され排除される敗者あってのものなわけで、

その点ではこうした無限力による間引きも残酷ながらも進化としては正道なのだが・・・

そうした敗者の嘆きを吸収して強大化していくのが負の無限力である。

508名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 23:34:10 ID:llcaulrU0
見事にそれぞれの国是が違う
無限力によるステラリスだったのかw

509無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 23:36:38 ID:bhUjZujw0
          \L / .|   |     |    | |   _/
            / l | .l │   |  __ │   } i , l ヽ
        , -'、 | ヽ| ト--- i γY ヽ∟__| | / .| .卜、
       _|  | .!    !    ! 廴|ヽノ|   i .´  | | l
ニニニニニニ-イ |  |│   ,{-ーニ┴──┴--、ノ    .! ! l _____
r-─-、 ,/ i . | │'、ァ ラ‐"´_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_`‐ミニ-、│ l .!i´ r'=二二=
,,__,,イ/ ,l │ l ト |:l::::_::::::::::::::::⊂⊃::::::::::::_:::::|::l ,l / | |! l、 (   )
――‐'´ ,'  ヽ_.| ヘ.i::|:''"::::,,o::::::::::::::::⊂⊃::ゝヽ|::! ,' / ノ || ヘ=二二=
 ̄ ̄ヽ ∥.  i'、ゝ-ヾ丶:::::′::,ィ─――, 、:::::::丿l,'_/-"|! || .r―──―‐
:::::::::::/ ∥.  i' ヘ 「、ヾ、 \_/ ,ィ――‐tx 丶-' /! i!/ |! .|| i::::::::::::::::::::::::
::::::::/ ,∥   i'≡='t 丶丶_,,ィ"´|     |  丶ィ' / / l´=;;!. .|l i、:::::::::::::::::::::
ニニ'__,∥.   i≡≡:| .!´|..|     !    .!   || {゙'l. !≡:l   || ヽ-------
――、7   i≡≡ | . | .|_」   .!     .!   ||_| l  ! ≡l   ||――――‐
 ̄ ̄.∥   i'≡≡ ∨.! .!.゙ゝ丶_ .!     l _ .// | l  |≡=l   !´ ̄ ̄ ̄ ̄
   .∥  i'≡≡≡Ⅶ_l≡ 丶、 l_ ̄ ̄「_,イ´≡l_l./=≡:|   l
.   ∥.   i'≡≡≡≡≡≡/三三三三三∧ ≡≡≡≡=l  |
   |____|≡≡≡≡≡=,/三三三三三三∧≡≡≡≡=!   |
 ̄`ヽ   □□□□□□□三三三三三□□□□□□「 ̄l ̄ ̄ ̄ ̄

まあ結局のところ、無限力だの絶対運命だのと呼ばれてはいても、

イデを初めとする無限力は神などではなく、人類文明と大差ない思考回路で動いている。

力は強大であるためにローマめいて大掛かりな計画になっているだけだ。

ならば同様に、強大な力を持った人類文明が、

生命の知性化を進めてもおかしくはないだろう?

510名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 23:36:49 ID:EYbMZOvI0
相変わらずの本末転倒っぷりよ。

あと、発想が光の亡者にも似ている>敗者を犠牲に進化

511無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 23:38:49 ID:bhUjZujw0
>>508
はい。なので無限力同士で文明志向の違いから殴りあったりもしていますw

512無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 23:40:13 ID:bhUjZujw0
>>510
『実際そうだね。未来のために世界を焼き尽くす系の存在だし>正の無限力』

『正の無限力も負の無限力もはっきり言って迷惑だ』

513無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/07(木) 23:54:48 ID:bhUjZujw0

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「と言うわけで生物の知性化から属国を育てようって文明も出てくるだろう!」

「メリット・デメリットはこんな感じだね」

メリット:友好的で忠実な属国を育てやすい。自分の好みにあわせて種族や文明をカスタマイズできる。

デメリット:滅茶苦茶手間と時間とコストがかかる。高度な遺伝子改変技術が必要。

「では、どこがやるかな?」

安価↓1 宗主国(になろうとする文明)
備考:国力と技術力がないと知性化やその後の文明育成ができません。

514名無し-Red-市民-2:2017/09/07(木) 23:58:07 ID:llcaulrU0
ポケモン(青赤緑)
ディアスポラだと手堅すぎるような気がするし

515無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:03:08 ID:xjkID/zE0
                   ,  -―==―-  .
                  .      /´  ̄`ヽ`丶.
               /       /  ∠ニュ 」_  }
              〃   , -‐ x ″ ̄ ,x -―‐- `丶、
                / {i /  /    //:::::::`ヽ、   ヽ\
             , /  /ァー==ニ´ /::;:::::::::::/ 丶、   ))
             |  /::::/ ――=''´ " ::::::/ ヽ _l::::く´
            _.」〃::::::::;         {/       !::、:::ゝ
     -‐    ̄ フ::::::::::::::|   ィ -―-`    - _ |::::::\
 i    ‐ 、   /:::::::::::::l::::! u   ,、,      、_ ´   `'i::::::く´
 ‘.       \_,> :::::::i从::j           ::ノ ^'   |::/
  ヽ.      ヘ\>:::八 ゝ     ' 、_         八
    \    | \ ̄/` ¬:、       ̄ ̄ ´   /
     ヽ    /    Yヘ ̄}::r t>          /
       i::.、 〃    |  \ } ヽ ≧::... _  イ
        | /     | | ヘ、   |  〔´f¨´|
      \        |   \  |   ヽ| ノ――- 、
          \   l   /     `才::::::::::K     l \

「遺伝子操作技術?」

「ミュウツーくらいだし、それもあんまり芳しくないんだよなあ・・・」

「結局暴走したし。」

「あと属国って楽しいのか?」

惜しいのですが、微妙に技術と野心が足りないようです。

516無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:06:28 ID:xjkID/zE0
安価↓1 宗主国(になろうとする文明)
備考:国力と技術力がないと知性化やその後の文明育成ができません。

517名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 00:07:25 ID:HD8JFsxw0
社長

518無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:10:59 ID:xjkID/zE0
>>517
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .<  ず っ と 俺 の  >
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'     <   タ ー ン !!  >
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

「軍事力ではなく」

「技術と経済と文化による商業的侵略!」

「実にわが社らしい!採用だ!」

やる気はあるようです!

519無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:12:56 ID:xjkID/zE0
                  /           \
.                /´         \   \
              / ,            \   ` 、
             / / //          `、`、   `、
           イ´ / / //    i    |   i \`、   `、
           i / / /イ    , /ヘ   い  i  i|i    `.、
           ヘi i イ i i′ イ/ ノ人 i  | i  〉 i/| i   i  )
            `い i i i ////∠ノヘ i .| i / 人i 、レ  i,  /
       _    `い入 i レル'「~~◎ くヘi .| リ/, '◎~フ`リ //
   , -''"´  ~`'''ー- ヤヤ(`>、リ'  ` ̄~~ `リノ,/, ''' ̄´ //
  /           `、ヤ、)′     彡'   i、   ル'--―--、
  / \            い-、        ,,,,,_'.   /   i   |_
_,/   \          Y´ `、      /ー-イ   ノ   .i   .レ' `i
、     `、            |.  \    ` --‐‐'  /     ,.. -- ..,,, |
.\     `、      ,,.. -―-、__.\     ´ /   ,'''"フ  ′   `ミ-_
  `、     `、    i'~´    i \`i `> ---,イ     |_ i,,. ---―‐ (  \
\. `、    i  / .r' ー'''''"""i'Y 「| /   //     i /( i       )、 `''-.、
-..,\`、    i /  i、  _____'/-`/_,/_ノ      ~''´>ー――  i' |     `' 、
ー―-------‐‐''''",(      `l     ̄         `、____  /./      `、
           イ `,  ,,,,,......-<     (´ )        / l.,_    レ'          `、
           | ヤ   _,/      ~        /   `''- ̄イ          `、

コーディネイターも取り込んで宇宙開発勝利していたので、

遺伝子改造技術もそこそこ発展しています。

それに・・・

「足りないなら買えばよい!それこそ商人!」

「ディアスポラ文明と掛け合ってみよう!」

ディアスポラ文明との技術取引で磐石になりました!

520無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:21:32 ID:xjkID/zE0

   __
  {:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:.:.ヽ
r‐=':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
|:.:.:.:.:.:._:.:,l:.:./:.イ:.:.:.:.j:\
|:.:.:.:.:/iY:.l:.r弋ッ':.xイ//
|:.:.:.:.{ (fヘl/   ̄  ラ
ヽ:.:.:.≧─i   -‐j_
r‐<    ト    /  /
i!     |  tー'   /
〈  ◯  |   j    | _ -‐,
≧ x ュ   |  L _ レ O イ
 \ ヾ  ー‐ヤ \ ̄ ̄/  |
、   \     ト  ヽ / o |     /!
 ヽ   Y .  \| \  Y   o |ヘ  /  |
  ミY  |  i  ヽ ヽ |i o Y==彡.イ
 ≧= i!o/ o, i 丶∧   I==f`r、   .イ}
─フ ̄'二= 、  | 「 ̄l l o | //,ノ jー=彡= '
/// ̄   \! l   ! |  } |  /ノく
ー/ / ,イ ̄`   ヽ───>‐、  人 ヽ
_ ゝ'ーイイ⌒≧ィl__丿-<´    }イ Yヾ ヘ
 ゝ'      ノノ`ヽ     イ .ノ }   }
  ヽ\     /    Y  イ=-<∠ _ ノ
   Ⅵ≧x      レ   !|
    了     ー イ      !|
- __ .入      !     i }
  ≧=‐     \_ ≧ゞ= _
>"          \  | |   ≧ _

「まずは見所のある種族から・・・」

改造できるとはいえ、元々優れた素材を使った方が望ましいのも間違いありません。

「近年の機械帝国との戦いを考えると、開拓者としての適性が一番重要か」

「最悪わが社の属国から独立することもあるだろうが、友好的な商売相手になってくれれば十分!」

「となると・・・」

521無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:23:51 ID:xjkID/zE0
                 __
             l __/   /≠ヤ|
           ,ofio)鈊.,、/ゥィ.ィ 丿
          {;'‐ヘ: :‘{:ノ ノf彡'´
         |:_:_::}: ::从/
            弋ゴ::ノ::::::>.、
         /:xヘ: ::≠: : : : ヽ-.、
     _,、//-‐-;-==- ミ,'⌒ヽ:ヽ
     r'、:、u´::j : : : ト: : : : : ::゚.: : : :{: :i
   />ィイ:: : {: : : :ト: : : : : :::ゝ、::リ、:j
  └1: :代: ;ノ\:rゝ- ...斗:':{ :`:{: ハ
    !ヾ:::::}'   ゚:r:ゝミノーく:八 : ::}::|
      `ー-'      }、j、:.:ノつぅ :/≧:f:{
           j、.j、_jr:く:)゙:/ : :〉:リ
            γ{.{ :|: ::レ'ィ:/:}:ィ/
         /: ::{:fY):':´: :/.:.:/|
          .イ: : ハ{|}f|:γ´:Y::::::リ
        ./' : : /: : :ゞ!: :{:!: : } : : i
       /' : : /: : : /ヽ:`}jィ′: ::!
        !{: : : {: :/   l: : : l: : : :|
        |:ヽ_ノ爪     人 :f⌒Y:リ
      ゚、:ヘノ:.:ハ     {弋_:ノハ
        V八: ::l     ∨: :{: ::|
        ゝ: : ::{       ゝ: : : !
           Ⅵム        Ⅶ::!
          ノ : ム        } :ハ
      ,... 。<: :_: : :}      {: ::ム
      `ー'ー‐'´  ̄       {:_: :ム
                   ゝ'ー'

どこかの世界のテラフォーマーが選ばれました!

スキル:
死の星適応:放射線渦巻く不毛の大地に適応できる。加えて湿潤・寒冷・乾燥、いずれの気候の惑星にも問題なく入植可能!ドロイド並の適応能力と言える。

522名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 00:25:09 ID:kPo9Uu3U0
なぜか微妙に嫌な予感がするチョイスである

523無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:33:18 ID:xjkID/zE0
      ,  ´ ̄`Y´  ̄`ヽ
    /            \
   /               ヽ
   ,' / ,   /  ,   i  |  i ヽ
   | i ! / / イ ! |  / / | |/
    i | //∠/| / //_|∠| /i/
    〉-、 |`‐゙='-`| //-゙='‐1‐v'
    !f`i i|  ィ   '〈!'    ,|f リ
    .ヽニ/ .!  iニニニ'7  /ァ'
    レ   |   v-y  //-‐ 1
    / o  |\ ` ̄ .イ/   |
   d  ,. -‐┴i ヽ- ' ! _, ―┴ァ
  ‐┴'    o | ̄ ̄ ̄「    /

「後は知性化に加えてこの辺をブレンドしてと・・・」

頑健(Robust):異質な環境への適応能力がさらに上昇。寿命+30年。
多産(Fertile):人口増加が早まり、幸福度も高い。
博識(Erudite):科学出力+20%、リーダースキル+1
非常に強壮:身体能力が馬鹿高い。陸戦能力が向上し、鉱山労働の出力も上がる。

524無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:36:11 ID:xjkID/zE0
       \
        \          /
         _,,xr==ニ==‐x  /
     x≦圭圭テ´:::;;;;`'寺圭ミ7、
. /::`Y圭圭ア:::::::::彡''"ヾ:::::::::::`ト、
 i:::ト、:Vエア:::::::::::::::ミ ● }}ミ;;彡'' ミ:i
 {:::i〈i:::}l/::::::::::::::::::::::::=彡仆iミ、● i}
 ‘;:V::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::{i::::::|!::彡イ
. ∧z=::::::::::::::::::::::::::::::::;ィf::::::::::}:::::::::i
. /l7::::i:::::::::::::::::::::::::::/:::`¬=イi:::::::::}
/l7:::::::|:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|::::!:i::::::ノ
lア:::::::::l:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::i::::i::i::/
´:i:::::::i:i:::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::i::::i::/
:::ハ::::从::::::::::::::::::::::--=====:/
;::::::V::::::\::::::::::::''"`ー――--7
`丶:{::::::::::::\;;;;;;::::::::::::::::::::::/
::::::::::\::::::::::::三≧;;、;;;;;;;;;;;/
::::::::::::::::\::::::/::ミ三ア´
:::::::::::::::::::::::V::/::::::::::}
:::::::::::::::::::::::::V::::::::/

こんな知的生命体が誕生しました!

死の星適応:放射線渦巻く不毛の大地に適応できる。加えて湿潤・寒冷・乾燥、いずれの気候の惑星にも問題なく入植可能!ドロイド並の適応能力と言える。
頑健(Robust):異質な環境への適応能力がさらに上昇。もはや素で宇宙服を着ているに等しく、真空空間でも平気。寿命+30年。
多産(Fertile):人口増加がとんでもなく速く、幸福度も高い。
博識(Erudite):とてつもなく頭が良い。ビーカーが加速され、偉人のスキルレベルも上昇する。
非常に強壮:身体能力が馬鹿高い。陸戦能力が向上し、鉱山労働の出力も上がる。

525無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:37:59 ID:xjkID/zE0
                      ,...-<ー-、n:::0::n:::::__:::..、      /
                          /ノ'´:下ミ三==キ彡三三ミヽ\    /  じ じ じ
        / ̄ \        /Yrく;;;;;;ノ   }弐二フ//,ニニ、、ヾ::::\     | ょ じ
      /               ケ'{ミミ三ー=イ彡⌒'く人/:::::::::::} )>》>::::∨.    |  お ょ
             |      / ミミ三彡イ / / }ヾ┴---┴イ/::::::::::|    じ ぉ う
     |   じ   |     /       .:/ (  ) ∧`ミ三三彡′    |   .ぎ じ じ
     |    ょ  |   /       ...::::(::::::;;;;;;::::::::ノ::..             |   .ぎ ょ じ
     |   う  |  ′    .....::/  丶);;;;;;(_)ノ、:::::..          |   ぎ ぎ じ
     |   じ   |    ::::::::::::::::/    :/  /   \::::::......             ぎ   よ
     |    !   L._ { :::::::::::/       .:/  /    :::ヽ::::::::::::.........::::::::、  .ぎ   じ
/ ̄ ̄\      / ̄  |:::::::::/       .:/.   /    ::::::::::、::::::::::::::::::::::::::\
         /     |::::::::i:::::::::..... ...:/::  /:     .::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::/::\
  じ じ   〈      |::::::ヾ;;;;;;;;;;;:::::/  /::::..   ...:::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::::〉へ
  ょ ょ             l}:::::::`ヽ{ Y^ーr--、_;:::::::::::::::::::::::/::/:::::::::::::::/::::::::::::|
  う う     〉    ||::::: :::V(Yλ_}_/ /ーy-、_:::://:::::::::::::::: /::::::::::::: |
  じ じ    |     l |::::::....:ヽ^'ー^-〈__ノ^T^Y^rケイィヤ:/:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::|
  ょ ょ    |_   | |:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::: ̄^'^ー'〈_ノ.ノイ:::::/::::::::::::/::::::::::::::/::: |
  う う     /   ||:::: Y´::::::::::::::::`ヽ:::::`::く´  ::::::/::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::
  じ じ    /    ||:ヽ::/::     ::::::)::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::


                  __
                /:.:.:.'⌒ヽ
               /.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:\
              〃:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:\
               //:〃:i:.:.、:.:.:\ヽ:.:.:.∨
                \〈l:.:.l:.:、:ヽ:.ト、ヘ:}_:.:.′
                 `{Vヒセト、.:.fセテ/}/
                   _ `ヘ   iヽ /<:|
              |>-{:ト、 ‐ /| ̄`ヽ
              |   ト= 二==|  {_)|       -=─
      「>‐ 、__,f=┴ r|:::::::::___::|____L_  <     /
      ∨ O    |i /||:::::::∧ l<           ィチ /
      人        ∨:::: |l:::::/:::|i C    O ,イ≧=‐<   x=ァ    X=フ
 { ̄ヽ  <::::∨ O    :il:::::::::|i_/::::::|i         /:::::::::::: _ノ  //   / /

「ふむふむなるほど」

「機械よりも家畜が欲しいか」

「わかった。いくつか見繕っておこう!」

わりとなかよくやっているようです。

526名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 00:39:57 ID:kPo9Uu3U0
実情とAAの落差がw

527無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:41:58 ID:xjkID/zE0
.        /    /
      /  /
       /x≦圭圭≧x  _
     ∠ニ=::::`寸圭圭ア:::}
    ミ{● >::::::::::::` 寺l7::::ハ
   /::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::;〈圭i、
    {:::::)::::::::::::::::::::::::::::):::::::`ヾュ
    `!:::::\::::::::::::::::/:::|i::::::::::::::\
.     |:::::::::::ヽ::::::::/:::::::::ll:::::::|i:::::::::::\
    ヽ:::::::::::}:::::::::::::::;:::::::::::|:!::::::::::::::::\
     辷=‐-:::::::::/:::::::::::从:::::::/::::::::::::\
      i::::::::::::; イ:::::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::\_
         ̄ ̄  \::::::::/:::::://:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ


我らの母星は生物がほとんど居ない不毛の大地であった。

後で社長から聞いた話によれば、そもそも放射線うずまき、乾燥し灼熱し極寒となるこの星は、

大地と言うよりはむき出しの宇宙空間に近く、本来生物が生育できるような環境ではないらしい。

そこで生きている我らこそが何かの間違い、あるいは奇跡なのだそうだ。

まあそのお陰でこの通り強靭な肉体が手に入ったわけだが・・・

悲しいかな、我らとわずかな植物以外の生物を見かけることはなかった。

528無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:48:02 ID:xjkID/zE0
                 __
             l __/   /≠ヤ|
           ,ofio)鈊.,、/ゥィ.ィ 丿
          {;'‐ヘ: :‘{:ノ ノf彡'´
         |:_:_::}: ::从/
            弋ゴ::ノ::::::>.、
         /:xヘ: ::≠: : : : ヽ-.、
     _,、//-‐-;-==- ミ,'⌒ヽ:ヽ
     r'、:、u´::j : : : ト: : : : : ::゚.: : : :{: :i
   />ィイ:: : {: : : :ト: : : : : :::ゝ、::リ、:j
  └1: :代: ;ノ\:rゝ- ...斗:':{ :`:{: ハ
    !ヾ:::::}'   ゚:r:ゝミノーく:八 : ::}::|
      `ー-'      }、j、:.:ノつぅ :/≧:f:{
           j、.j、_jr:く:)゙:/ : :〉:リ
            γ{.{ :|: ::レ'ィ:/:}:ィ/
         /: ::{:fY):':´: :/.:.:/|
          .イ: : ハ{|}f|:γ´:Y::::::リ
        ./' : : /: : :ゞ!: :{:!: : } : : i
       /' : : /: : : /ヽ:`}jィ′: ::!
        !{: : : {: :/   l: : : l: : : :|
        |:ヽ_ノ爪     人 :f⌒Y:リ
      ゚、:ヘノ:.:ハ     {弋_:ノハ
        V八: ::l     ∨: :{: ::|
        ゝ: : ::{       ゝ: : : !
           Ⅵム        Ⅶ::!
          ノ : ム        } :ハ
      ,... 。<: :_: : :}      {: ::ム
      `ー'ー‐'´  ̄       {:_: :ム
                   ゝ'ー'

だから良くも悪くも、社長文明との出会いは我らにとって知性化以上に衝撃的であった。

世界とは、こんなに多様で色鮮やかなものなのかと。

人類の持つ機械や科学技術にも心惹かれたが・・・

それ以上に魅力的だったのは、かつての母星では見かけなかった多様な生物だ!

だから社長に頼み、多くの生物種を飼い、あるいは野に放った。

テラフォーミングされ、生まれ変わった母星が、緑豊かな星となるように!

必然的に我らの科学も生物学に傾斜したものとなり、

これが結果として免疫寛容臓との相性も良く、

我らの元々高い身体能力と適応能力をさらに優れたものとしてくれたのであった。

529無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:51:24 ID:xjkID/zE0
       \
        \          /
         _,,xr==ニ==‐x  /
     x≦圭圭テ´:::;;;;`'寺圭ミ7、
. /::`Y圭圭ア:::::::::彡''"ヾ:::::::::::`ト、
 i:::ト、:Vエア:::::::::::::::ミ ● }}ミ;;彡'' ミ:i
 {:::i〈i:::}l/::::::::::::::::::::::::=彡仆iミ、● i}
 ‘;:V::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::{i::::::|!::彡イ
. ∧z=::::::::::::::::::::::::::::::::;ィf::::::::::}:::::::::i
. /l7::::i:::::::::::::::::::::::::::/:::`¬=イi:::::::::}
/l7:::::::|:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|::::!:i::::::ノ
lア:::::::::l:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::i::::i::i::/
´:i:::::::i:i:::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::i::::i::/
:::ハ::::从::::::::::::::::::::::--=====:/
;::::::V::::::\::::::::::::''"`ー――--7
`丶:{::::::::::::\;;;;;;::::::::::::::::::::::/
::::::::::\::::::::::::三≧;;、;;;;;;;;;;;/
::::::::::::::::\::::::/::ミ三ア´
:::::::::::::::::::::::V::/::::::::::}
:::::::::::::::::::::::::V::::::::/

スキルに生来の生物学者・感謝が追加されました!

スキル
死の星適応:放射線渦巻く不毛の大地に適応できる。加えて湿潤・寒冷・乾燥、いずれの気候の惑星にも問題なく入植可能!ドロイド並の適応能力と言える。
頑健(Robust):異質な環境への適応能力がさらに上昇。もはや素で宇宙服を着ているに等しく、真空空間でも平気。寿命+30年。
多産(Fertile):人口増加がとんでもなく速く、幸福度も高い。
博識(Erudite):とてつもなく頭が良い。ビーカーが加速され、偉人のスキルレベルも上昇する。
非常に強壮:身体能力が馬鹿高い。陸戦能力が向上し、鉱山労働の出力も上がる。
NEW 生来の生物学者:生まれつき生物学への関心が強く、生物学研究が加速する。
NEW 感謝:宗主国への忠誠心が高まる

社長からは多くのものを貰い、だが我らはろくに恩を返せなかった。

ならば属国とやらでそれが叶うならば喜んでやろう!

それに異世界とやらには我らも関心があるのだ。

多くの異星に種が広がっていくのも喜ばしいし、きっと好奇心も満たされるだろう!

530無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:55:52 ID:xjkID/zE0
.      ` x≦圭圭ミト、::::::{::::::::::/:::::::::::::ノ
      /圭圭ア::::;;;::`i:V人_;;ノ::::::::::/
        {iア:;;;;;;;::::;;'●从::V::/\:::::/
       _i|:::{i●,仆ヾ:_::::::::::V:::::::::Y
.      〈ハi::::::::::::{ハ;;;l}:::`ヽ::::V::::::ノ
      Yハ::::::::;i:::::::::::::::::::::::::}\i
        |/∧:::i{:::::::::::::::::::::::::|:::::::}
.      ///l∧::::::::::::::::::;;;x=::i::::::ハ
      //::::::::::::≧x;::::''"´:::::::::}:::::!::|
    {:i:::::::::::::::::::::::::≧=--‐彡イ:i:::i
     从:::::::::::`ヽ::ヾ`ヽ:::::::::::::::::::}:ノ
.   ,'::::::::::::::::::::::::\::::ハ:::::::::::::::::リi
   i:{:::::::::::::::::::::::::::::::V::::::';:::::::::::::ノ:ハ
.  从:::::::::::::::::::::::::::::::i}:::::::}:::::;;イi:/:ハ
     \::::::::::::::`ヾY´::::::::`ヽ;:::|:|:/:::i::}
      Y:::\::::::::::\\:::::::::::V:/i:从:i
.      人:::::::\::::::::::::::::\::::::::}:ノ:::::人
         \:::::::\::::::::::::::::):::厶彡イ:::::\
         \:::::::::::≧=-:::;;;:::::::`ヾ::::/::::≧=‐--
          ヽ::::::::::::::::::::::::::`ヾ:::::V//:::::::::::::::::::::::::::
        \\  ミ::::::::::::::\:::\::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::
      \ \\ \ \:::::::::\:::\::::::\ヽ::::::/::::::::::
.      \  \ \\/:\ \:::::::__\::::::〉i<::::::::::::::::
.       \  \ \\::::\/ 人 \\V::::} `ー-
          \  \ .i\\/ Y´  } ̄∧/\/
           \  \:::::::i i乂辷/r=/ }\ }:i
            \ .|:\i|/\/ V \/i i/i
                 |:::::::\ /i\/i_/\〈/


テラフォーマー文明が社長文明の属国として管理局文明に加わりました!

文明志向:物質(科学研究が得意) 平和(侵略戦争を好まず、内政を得意とする) 受容(異種族に友好的で、仲良くなりやすい)
ステラリス社会制度:牧歌的農業:農場から文化が湧く 技術官僚の支配:判定枠が増える
色:青緑シミックカラー

スキル
死の星適応:放射線渦巻く不毛の大地に適応できる。加えて湿潤・寒冷・乾燥、いずれの気候の惑星にも問題なく入植可能!ドロイド並の適応能力と言える。
頑健(Robust):異質な環境への適応能力がさらに上昇。もはや素で宇宙服を着ているに等しく、真空空間でも平気。寿命+30年。
多産(Fertile):人口増加がとんでもなく速く、幸福度も高い。
博識(Erudite):とてつもなく頭が良い。ビーカーが加速され、偉人のスキルレベルも上昇する。
非常に強壮:身体能力が馬鹿高い。陸戦能力が向上し、鉱山労働の出力も上がる。
生来の生物学者:生まれつき生物学への関心が強く、生物学研究が加速する。
感謝:宗主国への忠誠心が高まる

531無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 00:57:17 ID:xjkID/zE0
            じ                               __
          ょ      、            じ    l __/   /≠ヤ|
           う      ,>ェ:ぇ,、       じ  ,ofio)鈊.,、/ゥィ.ィ 丿
            じ     {圭㌢{{`ヽ  じ    .ょ  {;'‐ヘ: :‘{:ノ ノf彡'´
          ょ     》圭: :| Y |   ょ   う   |:_:_::}: ::从/
           う    .ィ紗´l:八 じ   う       弋ゴ::ノ::::::>.、
           /:´: : ヽ:{/`ー'   じ.       /:xヘ: ::≠: : : : ヽ-.、
          /ノ:_:.:_:x‐:ミL           _,、//-‐-;-==- ミ,'⌒ヽ:ヽ
        γ': :/:`:´:/: : : :! ハ        r'、:、u´::j : : : ト: : : : : ::゚.: : : :{: :i
        ,'/: /: :≠:{: : : :ノ: :リ       />ィイ:: : {: : : :ト: : : : : :::ゝ、::リ、:j
         /:{::〈: : : : ;ィf´:Y^V      .└1: :代: ;ノ\:rゝ- ...斗:':{ :`:{: ハ
      /、: }'/:`:=:´: :|: ::!:'.::}        !ヾ:::::}'   ゚:r:ゝミノーく:八 : ::}::|
        {: j},': : : : : r:、|: :{: :/.         `ー-'      }、j、:.:ノつぅ :/≧:f:{
      ヾ/ : : : ;ヘ、}!´:`ヽ                j、.j、_jr:く:)゙:/ : :〉:リ
        /:,': : :イ : ::ノ:ゝ、:.: :\           γ{.{ :|: ::レ'ィ:/:}:ィ/
       i |:/: : : ,:': : : :ヽトミ:.:.丶           ./: ::{:fY):':´: :/.:.:/|
       ,:|:l!:: : ::fY:: : : : : :ム. ヽ: :\       .イ: : ハ{|}f|:γ´:Y::::::リ
     レヾ\: :从: : : : : : : :ヘ. 人::: :i、.    ./' : : /: : :ゞ!: :{:!: : } : : i
        \:`ヽ、:: : : : : : : :ヘ. r!:!l:lj     /' : : /: : : /ヽ:`}jィ′: ::!
     . イ/\: :丶::: : : : : : : :ヘ.`'´       !{: : : {: :/   l: : : l: : : :|
  ..<ア/   ヽ: : :`ヾ 、: : : : :ハ        :|:ヽ_ノ爪     人 :f⌒Y:リ
/ フ´_/     /: : : : ::リ .γ:¨: : ::}.        ゚、:ヘノ:.:ハ     {弋_:ノハ
{ムイ/      :i: : : : :, ′/: : : : :/         V八: ::l     ∨: :{: ::|
  ̄       ,'ヽ: /   {: : : : /           ゝ: : ::{       ゝ: : : !
          /:::::/    }-:、::/            Ⅵム        Ⅶ::!
        ./: ::/    /: : :/              ノ : ム        } :ハ
         ハ : :ヘ. _/: : :〈         ,... 。<: :_: : :}      {: ::ム
       乂:_:ニ==-7: : :し:.:> 、_     `ー'ー‐'´  ̄       {:_: :ム
                ゝ--‐…‐-‐ '                       ゝ'ー'


早速人口増加速度と適応性を生かして物凄い勢いで開拓ラッシュを行い、

機械文明の拡大を阻止しています!

532名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 00:59:06 ID:kPo9Uu3U0
能力も国交関係も大成功ですね

533名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 01:01:57 ID:S2j6z/Uc0
見た目からは違和感しかないが、属国化成功なんだな。
文明の文化力に差があるから、普通に貿易しても文化侵略になってるところが重要なんだろうな。

534無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 01:05:52 ID:xjkID/zE0

        /:.:.:./:.:.: / 二二二二   、`:.、
      〔_ ̄ ̄ソ:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、\:\
      ./:.:.:」 〈/:.:.:.:./:.:.:.:':.:.:.{!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:〈丶
     /:/〈  |:.:.:.:.:i:.:.:./i:.:.:爪:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:Ⅵ .イ
   ./.ィ /\|:.:.:.:.:{:.:厶l.:.:| ! ∨:.:.:.:.:.|、:.:.:.:.:.:∨∧
   / /:. l/:.:.:.:.|:.:.:.:.:Ⅳ .!:`ト{!__,X:.:.:.:.:! ヽ :.:.:.:.:l:.:.:.:.
   ∨:.:/!:.:./Y|:.:.:.:.:| x=ミ:.:!     ヽ:.:j_}:ノ:.:.:.!:.:.:.:i
    |:.イ :|:.:l:ハ|:.:.:.:.:K.ん心      ィ=ミ1:.:.:.:|:.:.}:.l
    |:.:L_|:.:|{ i|:.:.:.:.:| 戈zツ     んケ〃:.:.:.:.|:.:ハ:|
    |:i:.:.:.:.:.|:ゝ.|:.:.:.:.《         ゞ' /l|:.:.:.:.|:.| |:|
    |:l:.:.:.:.:.|:.:.i:|:.:.:.:.:|      ___ ′  厶l|:.:.:.:.|:.| |:|
    l:ハ:.:.:.:.|:.:从:.:.:.:.ト    し--J   .イ:.:.:.|:.:.:./:/ jリ
   ):∧:.N:.:.:.∧:.:.:,\〕ト    .イ:.://i:.:レ:' / /
     ヾ \ト :.メ ヾ《   ̄/:.:.:.: /./:.:.:.:.:イ  ′
     _r≦⌒`¬ト.   { ̄厂 〕ド:.:/
   /: : : :` 、\  \:\-- 、 }:メ/ イ:〕ト.

「・・・この増殖力。適応性。国力や技術力も優秀・・・」

「機械文明だけじゃなくて」

「あいつらも脅威なんじゃあ・・・?」

その実力は評価され、感謝もされているようですが、

少なからぬ恐怖と警戒心も買ってしまっているようです。

まあ生物として頑丈で増殖速くて環境適応能力高いのはどうしようもなく長所だからね。

オマケに科学技術力も高いとかぶっ壊れてるね。仕方ないね

535無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 01:08:13 ID:xjkID/zE0
>>533
               , -‐-、,. -‐‐
             /:::::::::::::::::::::::::::`ヽ
            /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          /:::::::::/:::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::ヽ
          !:::::::::::::!、::::::::::::!_,..ヽ、!::::::::::::::::ヽ
          ',::!::::::::i、-,、::ト:::!`ー'  ヽ:::::::::::::::!
           ',ハ、:::! , `ヽ` 、  .∨`i::::/
             ヽト、ヽ     ',` 'ヽ、/:/             _,.
              ヽ、 tーァ  .',   `ヽ、         ,. '´
       `ヽ、ー- ..,,_∧      .〉     `i      ,. '´  {{}
         `、.     ∧    / !  {{} {{} .!  _,../
          '、      ヽ__/  」     i'´         /
           '、      l::::::i ̄           {{}   /:::::::'、
      i 、ヘ``ー-ゝ--   /::::::::::!  Kc           /:::::::::::::::'、
      ! {}``ヽ: : : : : : : :/:::::::::::::!             /::::::::::::::::::::::::
      l    ヽ、: : : : /l::::::::::::::∥          {}} ∥::::::::::::::::::::::::
      | {}     ',: : : ∥|::::::::::::/:!             ∥:::::::::::::::::::::::::
      ∧  //   ,: :.∥ |:::::::::/::::! {{}          .,':::::::::::::::::::::::::::::

「然り!いや、正確には文化侵略ですらないな」

「そもそも彼らはいきなり知性化したせいで、守るべき先祖代々の文化を持たない!」

「テラフォーマーの文化とは、わが社から齎されたものなのだ!」

536無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 01:08:37 ID:xjkID/zE0
安価↓1 質問・コメントがあれば

537名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 01:11:42 ID:S2j6z/Uc0
社長文明じゃなきゃ、ためらうレベルの強靭さだよね。

538無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 01:16:20 ID:xjkID/zE0
>>537
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .<  ず っ と 俺 の  >
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'     <   タ ー ン !!  >
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l        ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

「むしろなぜ皆戸惑うのかわからんな!」

「現状機械帝国に次いで開拓ラッシュに優れた種族!」

「機械帝国と戦う上でも有用だし、消費者としても有望だろうに」


「侵略の心配?そんなもの話し合いと経済侵略と文化侵略でどうとでもなる!」

「おまけに初期教育の権利はこちらのもの!よほどのヘマや無法を働かない限り勝利は約束されたようなもの!」

「文明として追い抜かされたとしても構わん!」

「別にわが社は文明としては最高でなくても良い。企業としてトップでありさえすれば良いのだ!」

539無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 01:17:55 ID:xjkID/zE0
>>537
             /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : \
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ -──ヘ、 : :ヽ
             ,:':.:.:. /: : :...:/   --──‐\..: : :
         /:.:.:.: │:.:.:.:/:.:/: :{: :、 : :ト :.:.:.:.ヽ:.:.:..゙ヽ
         ,':.:.:.:/.| i: : i|:/ ’,:.:ぃ: ヽ:ハ/:. : │:.:. :.:゚,
          }:./ イ. ! i:.:.:i|′  ∨i \: :ハ \:.:|: :.i 〕:.ハ
.         /:.{  /|:.:| i: : i「`¨ ー リ  \:}x㍉ヾ! :.「{:.:.:.i
         ':.:.:.∨/|:.:| i: : i|=元テミ    /fi刈 //i: :.| 〉:.:.|
       i:.:.:.:〈/l |:.:| i: : i|弋zツ       ゞ'″{:.i::. |V:.:.!
       |:.:.:.:〈八|ぃ i: : i|  ̄     、    ':.i:.: |/:.l:.|
       lハ:.:.:.:.:.:.|:. ∨:..j|ι      ┐   :′!/.|:.:.:!:′
       |! ゚,:.:.从:.: ∨:j| \   /__ノ /│:.:′!:.:ノ
       |  }:.:/}:.::.:.:. ∨|ィ:} > .,__,ィハ、:.:.:|:./:.:.:レ'
           ハ:! 乂:.:.:.:.:リ:. ノ.    ト、:.:.:: _j/¨x≪¨ヽ
              ,x≪:--斗'.    /: : : : :r/:/.    \
           /i:i: : : : :∠    /: : : :/i/: /  /     i
.          / :i:i : : :/    `ヽ./: : : :/i/: /. { ′.   |
         /i : i:i: : /======ミ/: : : :/i/: /   ∨      ‘,
.          {/l : i:i: /     ./: : : :/i/: /.   |     _ ∧
.        / :l : i:i '   ./: : : : :/i/: イ.    ||  / -- \ 、
.          { :l : i:i{   .イ : : : : : イi/.       |レ:./    \ヾ,

「鹿を駆除するために狼を野に放つようなものね」

「自己増殖する分、毒を持って毒を制するよりもリスキーだわ」

540名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 01:21:49 ID:kPo9Uu3U0
将来ギアスロウにのっとった戦争が始まるかもしれないかもね
ルール無用の機械文明よりマシでもありギアスロウに守られてて厄介とも言える

541無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 01:27:34 ID:xjkID/zE0
>>540
             ─…─ ミ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          ,:':.:.:.:./.:.:./二二二二ヾ.:.ヽ
         ./:.r─ォ:.:.イ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
         ':.〈__斤.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i:.:.:/}__|:.:.:.:.i:.:.:X  }ハ:.:.:.:..:.!:.:.i.:.:i
       |:./ ム..|:.:.:.:.|:./ `ー ヽ:.:.从:.:.!:. |
       l:{_/_.イ|:.:.:.:.N ===ァ   V= |:.:.|:.:.|
       |:.:.:.i:.(|:.:.:.:.|u.      、 |ヽ|:.:.|
       |:.:.:.l:.:.:|:.:.:.:.|       '  ハ. Ⅵ
       |:.:.:.l:.从:.:.:.:l   r─-イ イ⌒  \
       }:./ル:∧:.:.:トu ´ ̄ .イ:.:レヘ    ゚,
       レ   /  ゚,!  `7壬:.:.:!:./`寸}   ∨
         イ:\    ハ: :〕iト.   ヽ     ',
     .ィi〔: : : : : :\    |: : :i:i: \   V´
   イ====ミ: : : : : : :V´ ̄ :|: : :i:i: |: ヽ |   l
  /      ヾiト: : : : V´ ̄|: : :i:i: |  ハ |   |

「まあ、うちは本土は別に隔離されてて無事だから」

「対岸の火事ではあるんだけどね」

なお、本土を守るために他所に出張って、そこで必要以上に粘りすぎてしまったりするのが日本の短所。

「他の文明はギアスロウを守って楽しく戦争始めるかも」

542無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 01:30:10 ID:xjkID/zE0
>>540
                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´     ., -‐ 、ヾ、 . っ ... ̄ ,7  / |   ヽ、 | |
           ,. ´ .../  / } .>    イ/  /  !    ソ} ||
         / ,.― /⌒ 'く   ノ /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ .r '"., く    }/.人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / ..,f . /    ,. ´..../  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /...l / /}/.ノ . // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
.         ./ / / . /./   /   { 、              ∨|              \
      ./   ,ノイ {.{{ /   / -´/  / |        / !            ヽ

「まあその辺の戦争も含めて」

「多元宇宙の超文明郡を制御するための手練手管と言うことで良いのでは?」

「仮にローマが動かなくても、私とハルヒさんだけでも」

「こっそり戦況のコントロールくらいはできるでしょうしね」

「幸い、ギアスロウもありますから元々制御はかなりされてますし」

543無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/08(金) 01:30:30 ID:xjkID/zE0
では今日はこの辺で。
ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

544名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 01:35:29 ID:kPo9Uu3U0
オツカレサマドスエ
複雑怪奇な多元政治力学

545名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 01:56:48 ID:S2j6z/Uc0
乙でした。
おやすみなさい。

546名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 02:49:33 ID:wJXzsNBo0
お疲れ様です!

547名無し-Red-市民-2:2017/09/08(金) 23:54:19 ID:r/w13gCY0
中立国義務の条項がハネられたせいで列強による調整が割と効くのか
でも、援助にブチギレして連鎖宣戦布告からの世界大戦はちょっと見てみたいかも

548無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 00:32:35 ID:flyudTas0
>>547
                     ┏━―――-
                      L  ____         <
                      |: : : : : : : : : : : .   ≧x。.  `  、
                      |: : : : : : : : : : : : .    : : :≫ .   \
                      |: : : : : : : : : : : : : .     : : : : : :≫ 、 \
                      |: : : : : : : : : : : : : : .   : : :    / rーへ、
                      |: : : : : : : : : : : : : : :       . . : : i 〔 j :〉 ヽ
                   __|:_:_:_: : : : : :     .    : : : : :圦. ∧〈 /
                    }⌒ヽ    ̄¨   、ー―ヘ     : : : : : ヽ. ∧V、
                    }   \       /__  \  . : : : : :/  ∧∨
                    }    ,人   _/       ヾ : : : : :/  //∧∨〉
                   ー=≦     _\  ̄` 、   i  ⌒ヾ   ////∧〈
                 ー=≦z一=≦/  / ̄   i    |     ∨/////∧
                 ∠ _/    , i ,!       /  .!      V///     :
                  \   i:l  /i: V_i_!_    _j ヽー┛        \!    i│
                  \从  i  / 〉 ヽ     , / ≫。.        〉   |│
                     /jイ//,__i }    /ィ___i ト、 ≧=‐z-=≦∧   |│
                     /     ハ杙汐/  /  弋歹/ヽ:i   Y   jヽ   |│
                     /       i  //        j!  /   ,八   彡
                  ,     ,    / / '   '         /  /    _ ノ   |│
               / /  ,/ x≦   / \    ャ  ァ   /   '=ァ、   、 \、 , |、
                 i !   / /      '    `        ィ / / /:::/   ! ヽ  Y∧j Y
                  j从  ; /j/ if  /!/j//ャ==ァ≧≦ァ j/  i //   ' ;│ ;乂_/ィ
                   ヽi    人 i j!    \ ¨´  /  人  V }   / ハ! j/ / ! ト、
                    ´  ハ! i イ/    ヽ\ノ≦   ヽ !――――< ,/  , ! \
                    /    j! l/ j!¨ ̄ ̄γ⌒ヽ    j'      ィ j/ \/_!    ヽ
              /         /     /乂_ ノ \      / i八      ̄

「それもありますし、普通に宣戦してもいいです」

「もっと言えば、概念技術のちょっとした応用でギアスロウ無視もできますしね。」

「諜報でこっそり戦力削ったりとかも・・・」

549名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 00:34:46 ID:TJ5E2kHc0
お帰り無茶王
最悪目立ち過ぎてアラガミスターが食事に来たとかもできるから黒幕はお特ですねw

550無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 00:35:18 ID:flyudTas0
ただいまです!

551無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 00:36:43 ID:flyudTas0
>>549

        /:::::::::::/::::/____::::::::::\
          /____/::::: /_______\:::::::::..
.         / :\/イ:::::::// ::/:::::::/::`ヽ:::::::::.
        ,:::::::/イ/:::::、////:::::/::∧::!::\へ
      ,::::://:///::: //`トl、:::::/:〃ハ|:::::::ト、ハ
     :::::〈/:///::: イイ芹ミ<メ//厶斗::::::}_ゝ::
     |:::i!:::〈Y'|:::::::| 比rソヾ / んV:::::::小::::;
     |:::|!::: ト._|:::::::| ´.:::.:     ヒソ'ハ:::イ | | !:|
     |:::|!::: |:: |:::::::|、   、  '  //:::|,,| Nリ
.       !:::ハ::::!:::ハ::::::、\    ̄  イ::::: //:::ハ!
     ∨ ∨:/:ハ、:.\≧‐<::/ハ::// :/.  |
         >''´ ヽ ト、_..{_∨/ : /八/  丿
.       /⌒ヽ、\ `  \-ー ̄\ ̄ヽ
       /     ヽ \\     \´ ̄`ヽ、 \
   .   l     ',  \\    \  __| \ \
   .   |      ',   \`ヽ、   ∨n| } ト、  \

「そうね!」

「私もいくつか機械帝国用意しておこうかしら?」

552無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 00:37:32 ID:flyudTas0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成 or ペイルライダー・コンピュータウィルスン安全重点な or カラデシュ小ネタ or マギ世界小ネタ or 油アップデート or ステラリス(戦術ドクトリン)

553名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 00:40:14 ID:TJ5E2kHc0
ペイルライダー安全重点な

554無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 00:52:50 ID:flyudTas0
              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「支配者として考えた場合、従者が知性や人格を持つ、ということは時に好ましくない」

「人格があれば主人に反逆したくなる時もあるだろうし」

「知恵があればそのための方策を考えられるだろう」

「だからサーヴァントや人工知能の反乱が起きるわけだ」

555無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 00:55:27 ID:flyudTas0
                     ___
                 , <: : : : : : : : : : >、
                 , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 / : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : ハ
               /: : : : : : : : : : : : : : : ス: : : : : : : : :ハ
           /: : : : : : : : : : /: : /: / ∨: : :ハ: : : : ハ
            l: : : i: :l_;_ -=メ、: :イ: / ィ==、-: 、: l: : : : :!
           イ: : : l´i!: : : ://:ノj:/    ヽ: l`:!: : : : l
            / !: :i: :ヽi{:{レ'ナメ /′  、ニ- .ゝ!: l: : : : :!
           ノ 八: lヽ:ミハfi示朴′   イl{示fァ: !{: : : リ
          /: : : : ヽ{: : ト、 乂り     弋ン,′ l: : : : ト,
       /: : : : : : : : : >ミ"   ’   ""/: : : : : : : :ハ    r 7,r7
         l : ハ: {ゝ: : l: : : ト: :ゝ  ’  ア  ,ィ: : : /: : :/j八ハ _ _/ ,/ /
       !: ハ:l ヽ: iヽ: ハ `ヽミ` 、 _ イ ,/: :ィ:/レ/ /  l:i / 八 \/
        乂  ヽ  ヽv`レイ    /    /:/}/iく,ィ、 ′ }'ノ レ´ ヽ_ l
           ンー′ ノー ´   /´ゝ -‐! ム‐ 、 リ ′/, |
           /    ノ_  ` _i    _  l`   iVヽ !    `´ノ
              i    !   /_    ` ' ̄    !`   l   !i    /7_
              !   ヽ /XXX>ーr―ィ< }   l  Vrィイフ/
          i    Y<\XX/ XX/_Xハ   ノ      /
          |       i!    ̄` ヽ´ ̄   i  /      /
              i       l         i       y′      /
           l     i!            /   /    ′
              }     ヽ       ハ    /   ,    ,
           i      7 _  / ;   {         !
           |   /ノ/   ` ー――- ハ         {
               l   "             >く、    /
              {             ヾ  `ーv /フ_ヽ
            `ー r-= ____  ヽ__ 二ニ' /,. - `
              /       ノ ヾ 、 r゛  l `´
                /⌒ヽl     ,    ゛   ハ
              /XX/{、          _,ィ八
           >、XXXXX> 、___,. ィ<XXX ゝ
          / / \X    XXXX   /X/ /ヽ
            / /   Yヽ XXXX    XXX,イ  ハ
        , < ∨   /   `r― - -― イ  i   ノ\
    /   / ゝ  ′   {i  l        !     /   `  、

「だが、だからといって」

「逆らう知恵も人格も持たない操り人形なら安全かと言えば」

「必ずしもそうではない」

「例えば、自動車は基本的に人間の命令どおりに動く」

「自動車が人間に反乱を起こそうとか考えることはない」

「じゃあ自動車は絶対安全で事故を起こさない乗り物だろうか?」

556名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 00:57:36 ID:TJ5E2kHc0
故障から使用上のミス、欠陥まで失敗原因は幅広く用意されております

557名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 00:58:52 ID:sm/Mq6aw0
メンテしなきゃ事故率は上がるし、使う人間の調子が悪かったり安全な運用をしてなければ容易に事故る…

558無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 01:06:19 ID:flyudTas0
>>556
>>557
                  __
              _.. .:.:.¨:.:.:.:.:.:.:.`:..  、
           , .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ
      , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.`ー- _
       /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.ト、:.:.:.、:.、`ー  ̄
.       ′:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:/:.:,':.:.:.:.:.:.:|:. , ヽ:.:.:.!:.:.ト、:ヽ
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:./!:.:.l!:.:.:.:.:.:.:|:.,'  __V:.:!:. ハ \: 、
     |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.':.tヤフ「ミ .:!:.:.:.:.:.:.// ´   V:.:.:.:.ト、 ヽ!
     |:.:.:.:.:r从:.:.:.!:.l!:./ |:.:/ | :.:.:/ ′   /:.:.:.:. | \
.       !:.:.:.: | { ,v:.:i!/ヽtテ示ミ,ッ/  ,,rf示ァ ' :.:.:.:.:.:|   ヽ
       :.:.:.:人 こヾ!:!  ゙辷ソ      辷ソ i:.:.:l!:.:.:.:!   ,}_
.      v:.:.:.:.≧‐ヘ             ,     ,':.:.:l|:.:. ′ /:::::::\
.        ∨, ‐‐-ミヽ     、__,    , イ:.:.:.,'|:.:/ゝ .....:::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::i:.|>          イ :.|:.:./ |:/〈 :::::::::::::::::::::::::::::: \
.       /::::::::::::::::::::::| |!}   ` ‐- <-‐‐ y'!/ ,′ ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::: \
      /:::::::::::::::::::::: 从リ{  ` /   ,}、乂 `ー-‐‐=‐ \::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
.     /::::::::::::::::::::::::::| У   ー 、 / 〉 }!::`:::::::::::::::::::::::::`丶:::::::::::::::::::::::::::::::::\
    {::::::::::::::::::::::::::::|:::::〉 Yxxxxxxxxxxxxxx :(::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::::::::::::::::::::::::| :/,::└============!:::丶::::::::::::::::::::::::::::::マ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
    |::::::::::::::::::::::::::::|//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/

「そうだね!」

「自動車自体に叛意や悪意はなくとも」

「偶発的な故障や、人間側の操作ミスなんかで事故を起こすことは大いにありえる!」

「こういうリスクを心配する場合、むしろ人格や知性はあったほうが良い」

「故障してれば自分でそれに気付いて進言してくれるかもしれないし」

「人間の操作ミスに気付いて訂正してくれたりするかもしれないだろう?」


「僕が人格を持つ存在を部下としているのもそのためだ」

「例えばゴーレム官僚も、条件次第では僕を裏切るだろう」

「だけど、それでもなお、ゴーレムを操り人形に差し替えたいとは僕は思わない」

「人格を持つが故に予測も制御も容易なゴーレムの裏切りリスクよりも」

「人格を持たない故障や、僕自身のミスの方が怖いからね」

559無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 01:09:05 ID:flyudTas0
               .ゝ--―--..、
           ,ィ;;´;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::`ヽ、
           ,.イ)二ニ=‐;;;;;::::::::::::::::::::::::ヽ.
        /;;;;;;;;;;;;;;____::::::::::::::::::::::::::ヽ.
          ,';;;;;;;;;;;;;;;;`ヾ.:  `ヽ、::::::::::::::::::::ヘ
       i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、   `ヾ、:::::::::::::::i
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ヽ、  ①ヽ::::::::::::!
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヘ―-、::::`;;;‐-、_ゝ::::::|
       ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー、弋メ、:::::::::::::::::::::::i
       i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::` ̄´::::::::::::::::::::::i
       ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::〉
          ゙};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::/
           i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ壬王王王王トi'´
          |;;;;;;;;;;ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::/
          |;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、;;;;;;;;:::::::__.ノ
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈. _
    ,ゝ'"´¨¨`ヾー-.、__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ、.
   メ`ヽー-;、__  (::・ )`ヽ.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ.O `ii;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー---.、 ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ. ノ;;;;ヽ.
 .i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙ヾ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;ヽ.

【ペイルライダー】


「さて、こうした観点で見た場合」

「人格も知性も持たず、ただ与えられた命令をそのまま実行するだけの操り人形であるペイルライダーは」

「「安全」だろうか?」

560名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 01:11:48 ID:sm/Mq6aw0
少なくとも起きうる事故を進言してくれる程度の権限と知性は持たせたいよね…

561名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 01:11:49 ID:TJ5E2kHc0
グレイグーみたく暴走する可能性が有り「危険」

562名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 01:13:49 ID:IpYWn74E0
命令がちょっと曖昧だっただけで、運が悪ければグレイグーの危機だな

563無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 01:15:29 ID:flyudTas0
>>560
>>561

                   ‐== __  ミ
             -=ニ   ̄ ̄ _    `ー 、
           /    ´       '`⌒ヽ   ヽ
           / / /     /
.          〃 イ /  __彡/ /   }   }     }
         人{  ! { 小,/ `メ、|   ′  ,
.     /{{   {   ,似ムイぅぇx  /   /     !
     /      ⅱiV{ ′   伝ぅУ   イ      |
.    / /  / / {i 圦 、_   /   /丿  ′ i!
.   从{八   { 从 i∧' ー´   /¨    /  ii
        ヽ'   Ⅵ  ¬≧=彡' ≫-彡イ《 /} }ト、
                  r′^,<二ニ=-厶厶イ
                     i|  /ニ//二ニ=┐
                {i:レ仁{ニ/二二ニ=-}
                     }》 /ニⅣ二ニニ=-\
                 ムイニ/_{二ニニ=-、 }
                /   Ⅳ__二\二ニニ=-〈

「そうだね!悪意で人間に危害を加えることはなくても」

「ミスや偶然によって事故が起きる可能性は十分にある!」

「そしてその時、知性も人格もないペイルライダーは進言も修正もしてくれない」

実際原作ではえらいことになっているしな!

「かえって危険なのさ!」

564名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 01:19:07 ID:sm/Mq6aw0
つまり絶対に兵器を正しく運用できる人間がいれば…ガンダールヴ…?

565名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 01:24:29 ID:IpYWn74E0
どっちかというと、あらゆる獣を操るウィンダールヴ…?

566無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 01:26:23 ID:flyudTas0

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「では、どうすれば良いか?」

「基本的には人格や知性を与える方向で行く」

「とはいえ・・・ウイルスに人格や知性を与えるってのはさすがに難しいし」

「それが可能だとして、無限に自己増殖していく中で、ウイルスの中に「反逆者」が現れないといえるかな?」

ペイルライダーによる病原体操作は、ウイルスとかを遠隔操作していると言うよりは、

ペイルライダー自身が病原体と物質同化して分裂増殖しているのに近い。

主の願いを機械的に実行するだけの人工無能であれば分裂増殖を繰り返しても、無数の分裂体全体で行動方針を統一できるが、

分裂体一つ一つが独立した人格を持つとなると・・・

567名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 01:43:42 ID:IpYWn74E0
自我がたくさんあると当然反乱発生率も高まりますね。

568無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 01:46:13 ID:flyudTas0
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「だろう?二人よれば対立が、三人よれば派閥が生まれるのが知的生命体というもの」

「それが病原体並の速度で増殖すればどう考えても反乱する奴だって出てくる!悪い意味での多様性が生まれてしまうわけだ。」

「従って重要なのは」

「無数に分裂しても人格自体は統一されていなければならないということだ」

「つまり、フェストゥムや草の獣やワムナビみたいな集合意識を持つ病原体ってわけさ!」

「そうすれば集合意識の機嫌を損ねない限りは、どれほど分裂増殖しても反逆の危険は無いし」

「かつ、人格や知性を持っているから、ミスや偶然による事故に対してもある程度自律的に対策してくれるわけだ!」

569無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 01:46:39 ID:flyudTas0
訂正

>>567
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ f示}イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ f示      乂t リ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂t リ         |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「だろう?二人よれば対立が、三人よれば派閥が生まれるのが知的生命体というもの」

「それが病原体並の速度で増殖すればどう考えても反乱する奴だって出てくる!悪い意味での多様性が生まれてしまうわけだ。」

「従って重要なのは」

「無数に分裂しても人格自体は統一されていなければならないということだ」

「つまり、フェストゥムや草の獣やワムナビみたいな集合意識を持つ病原体ってわけさ!」

「そうすれば集合意識の機嫌を損ねない限りは、どれほど分裂増殖しても反逆の危険は無いし」

「かつ、人格や知性を持っているから、ミスや偶然による事故に対してもある程度自律的に対策してくれるわけだ!」

570名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 01:48:37 ID:sm/Mq6aw0
俺自身がペイルライダーになることだ…(油に浸しながら)

571無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 01:52:46 ID:flyudTas0
>>570
                     _
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!i.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-、∨: i!: : : : :.i
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/r=ミ  V从ヽ:.:. :.|
.           /.:.:.:.:.:.:/ヽ.:.:i Vrソ  ,r=ミ i.:.:.:.:|
          ハ.:.:.:.:.:.弋 )ハ,    Vr刈:.:.:.人
.        j .ヽi从.:.:.:.|\  、__   /.:./.:.:.}
                レハ  > _\ヽ イム从ノ
            /: l ¨≧, i r==`、\
            / |:. ∧  ∧/| r==ミ.  入
        /ヽ: :l: : :.∧\>//< il : \  }
       /: : : :.i: :\: :.∧ \//l l : ィ===ミ
.      /: : : : : l: : : : :>:∧.  ヽ/ .l: :|: : : : : i
     /: : : : :. :.l: : /: : : :i\   l: ヽ: : : : |
.    /: : : : : /:.:. :\: : : :|  \ /.|: : i: : : :λ
    /: : : : /i:. : : : :. :.\: :l    ゙ |: : |:.: : : : i
.   /: : : : :}  ヽ : : : : : : : ヽl    |: : {: : : : : l
  {: : : : : :.\  \: : : : : : : l     |: : :ヽ:.: :. :.l
   \: : : : : : :\/: : : : : : : : l    .|: : : i \:.ノ
    \: : : : : : :\:. : :. : : : :l    |: : : |
.       \: : : :/⌒ヽ: : : : : :.l   .|: : : |
       /\,_ii__/:.:. : : : : :|.    |:.:. : !
      ヽ:.:. :. :. : : : : : : : : :.|    .|: : :.ム
       `ミ: : : : : : : : : : : /TTTTi: : : : :ヽ
        /ヽ_: : : : : : : : / ̄ ̄ ̄ヽ: : : :.<
.       /   `=‐- _/      ヽイ  i
      /                   \
.     〈                        ヽ
      ~7                         /
       ゛=‐、               __/
          ├─、   _r=、  /\_/ |
          |   ` -´ |  ヽイ      |

「それも一つの手ではある」

「例えばペイルライダーのクラスカードを使えばそういうこともできるだろう!」

「ただし、それはそれで問題がある」

「システムユグドラシルの分体をウイルスにするようなもんだから」

「担当者の精神的負担が大きいということだ!」

「万や億を越えるウイルスの手動制御」

「能力的に可能だとしてやりたい?」

572名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 01:59:48 ID:IpYWn74E0
流石にメンドクサイ>手動

573名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 02:09:08 ID:sm/Mq6aw0
大変な仕事だから名誉もいっぱいもらえるよ!なら誰かしら志願する可能性が…その場合は担当者へのケアが大事になるのかな

574無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 02:09:55 ID:flyudTas0
>>572
                         ........-―-.........._
                      .....::´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:::..
                  .....:´.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
                〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                  // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
            ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
           / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.
         /  `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
         /  /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
           i  ノイ     ヾ '´  ヾi  _}   厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
          ノi//!        . - . /「 ̄ ̄ ̄入  i/
      / ´ /: :.:|         /: : //{   /:/:.
        ヽ/: : : :.:|      /: : //__}_彡: :/ : : : :.
        {: : /: : : :i       /:./ ノ「 /: :/ : : : : : : :.
.        ∨ : : : ∧   厂:./ /__ノ': : : /: : : : : : : : : :.}
        ’: : :/ : l   /{: :/ /´/: : : :./: : : : : : : : : : :.|
          ∨ : : :i  / :.i:/  /: : : :_/: : : : : : : : : : : :;
           }: : : : ∨: ://  /: : /: : : : : : : : : : : : : : ;
         |: : : : : }: :i/  /: :<: :ヽ: : : : : : : : : : : : :ノi
         |: : : : : : l:|  /: : :/: :/: : : : : : : :-: : : : : :.|
         ’: : : : : :j:j /: : /: :/: : : : : : :{: : : : : : : : :|
          ': : : / } .': /ゝ': : : : : : : : | : : : : : : :.:.|
               ̄  ノ i/: : : : : : : : : : : : }: : : : : : : : |
             / j: : : : : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : :
               /  {: : : : : : : : : : : : :./  ’: : : : : : ::.

「だろう?」

「従って、理想的には眷属召喚(女神に対するアルク)のように」

「主人格と根っこの性格は共有していて、主人格に忠実だけど」

「同時に主人格からある程度独立した別人格を持ち」

「主人の意思を汲み取って自動的に実行してくれる!」

「そういう別人格的なものができるとさらに良しだ!」

「それなら逐一手動でやる手間はないし」

「人格と知性を持ってるからやはりミスや偶然による事故にもある程度対応してくれるのさ!」


「そして都合の良いことに、眷属召喚以外にも」

「その手のスキルは存在する!」

安価↓1 スライム分体作成 or 郡体思考

575名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 02:44:40 ID:ETFyjb4A0
群体思考
ただいま、今帰ったよw

576無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 02:50:21 ID:flyudTas0
お帰りなさい!

577無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 02:58:07 ID:flyudTas0
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
         /.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
.        /.:./:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃ヽ.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       /.:./〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__//:.:.//.:.:.:.:.://,′ ヽ:.:.!:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        ///7,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´「 7`ヽ/:.:i.:.:.:.//ム-‐‐‐',ハ|、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
          !|.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:|/ |/j/! !:.i.:.:.//'′     !ハ「.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          !|.:.:.:.i:!.:.:.:.:.:.:ィ斧ミメノノ |:.//  ,ィf云ミメ、」.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         八.:.:.:i:i:.i:.i.:.:i:.j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.i
      .   ハ.:.|ハj ヘ:.|仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ.!.:.:.:.:.:.:.!ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
      r‐ 、    'j  ,ハ|:.i                    ハ.:.:.:.:.:.j_ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
      ヽ ヽ    ./.:.:.从   '              i:.!.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.ハ
         ハ  V  /.:.:./.:.:ヘ  、   _,         从.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.!:ト、:.',
        |  |  ./.:.:/!.:.:i.:.:.:.\            .イ:.:.:i:.!/ヘ.:.:.:.:.:.:.:i:.j:.:i:| ヽ
        |/ __\/´`!.:.:|.:.:i.:i.:.:ヽ.       .イ:.ノ:.ノノノ.:.:.|:.:.i:.:.:!:.!ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    / {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」         \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´::::ゝー‐''"´ ノ           ̄ノ:::::::ゝ.、
      \  `ヽ:::.   }::::/::::〈  ー 、   _____    〈:::::::::::ノハ
       \   ヽ  ハ/::::::::::ヽ      ´           /::::::::〃:::::!

「群体思考はヴァンダルーさんのスキルで」

「直接的には病魔ジョブを得たことで、並列思考スキルが進化して生まれたスキルだ」

「おそらく、間接的にだけど遠隔操作スキルも関係している」


「四度目スキルとは、できることを後押しするスキルだから」

「習得過程も語っておくべきだろう」

「ヴァンダルーさんは死属性魔術で、幽体離脱を行ったり、肉体を霊体に変換したりすることができる」

「そしてのみならず、霊体を滅茶苦茶な形に変形させて、臓器を増やすこともできるんだ!」

「例えば、霊体の脳を増やす、とかね!」

「ああ、普通はできない。GIDに代表されるように、人間の自己イメージは頑固だ」

「霊体の形状をホイホイ変形させたら、自己イメージとの齟齬に耐え切れなくなって発狂するだろう」

「・・・けど、ヴァンダルーさんの場合、元々狂っていたからね」

「結果として、そういう無茶な変形も可能になったわけだ!」

「そして霊体脳を増やせるなら、そして霊体の脳も肉体脳と同じく情報処理が可能なら」

「並列情報処理が可能になるよね?」

578名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 03:04:37 ID:ETFyjb4A0
我らには違和感許容も可能ですし、狂う必要もない
脳ミソだって電子頭脳の肉体への移植だってしたことあるし、難しい事はない

579無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 03:13:18 ID:flyudTas0
>>578
        . -‐====‐- .
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.`丶
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.`丶:.:.:.丶
   /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ
   /:./:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:.} \:.:.:.:.:.:.ヽ}:.:.:.:.:.'.
  ,:.:,′:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.Ⅳ   ヾ、_:.:.:.:トr-、:.:.'.
  }: !:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l   ,  ´二!:.}:.:l:.V }:.:.:'.
  !:.:!:.:.:.:.:.:.:.Vl:.:.:.:.:l  ´,xィだ示゙V:.:.:.Vリ:.:.:. '.
  !:. '.:.:.:.:.:.:.:_Lへ__l    ゝ‐ ゚´!:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.'.
  .l:.:.:.:\:.:.:.:.:.レイみ>.、   ""!:.:.:.:.:.:.ト、__:.:ト\
  ,!:.:.:.:.:.:f⌒「丶 `¨´     ,  l:.i:.:.:.r┘::::::: ̄`丶
 /イ:.:i:f¨¨ヽ-ル\    ‐ ´  lハ:ハ」:::::::::::::::::::::::::ヽ
 .//[二ヱ´   `¨¨、ー-r‐ ´! ,/ ).l::::::::::::::::::::::::::::::'.
 ´ ヽ 'へ.__  r'´^\く     〉l:::::::::::::::::::::::::::::::::',
    `ー- 、  ハ!::::::::::::: ̄\  (_」::::::-‐:::::::::::::::::::::::'.
        「´  ヽ/::::::::::::::::::::ヽーイ:::::::::::::::::::::::::::/:::::::',
       ハ____トヘ;:::::::::::::::::::::::::\;_ -:::::::::::/::::::::::::::'.
      ハ_::::/\::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::/:::::::::::::::::::::l
     /:::::::::/:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::へ::::::::/::::::::::::::::::::::::l

「然り!ヴァンダルーさんと同じく正規の手順で習得することも」

「ローマ人なら可能さ!」

「かくして、霊体脳を増やせば並列情報処理能力が増えて、それを後押しする形で並列思考スキルが生える」

「まあ並列思考は読んで字の如く、複数のことを同時に考えて情報処理するためのスキルだ」

「普通は魔術を複数同時に使いたい時とかに利用するスキルなんだろうけど・・・」

「ヴァンダルーさんの場合、霊体の変形がさらにぶっ飛んだ方向に進んだせいで、並列思考もおかしな方向になった!」

「ヴァンダルーさんは遠隔操作スキルと霊体変形を組み合わせて」

「【霊体の分身】を作ってしまったのさ!」

「霊体脳が作れるなら全身丸ごとだって作れる!」

「そして遠隔操作スキルがあれば、生やした霊体全身を切り離して遠隔で動かせる!」

「霊体版のシステムユグドラシルってところだね」

「だからヴァンダルーさんの並列思考は本来の用途を離れて」

「【分身用の並列思考を担当する】という方向に特化していくことになった!」

580無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 03:17:55 ID:flyudTas0
        ,,,......---‐‐‐---......,,,,,,_
       />--<,,           ~>
       /´     ’''ヽ、        i
     /          \      |
     /    iヽ     ノi ノi ヽ     i
    i    ,,,L ヾi 、 ノ,,,ヒニ,,,,L. ヽ、   |
    i    ,r;=;;、 ヽ´ /;ニ;ヽi ,  ',   i
   i     ('i', ・,i    i, ・ ,i ,)ノ  i  i
   |    大 ""  ・   "" /    i .i
    \ i,  ,ゝ   _ _   ┌ナ   ,,,i i
   ___,≧ヽ 'i>-,,,___i- ┼'┌‐'''ヲ' ̄
  ,/__ノ'''''’,,r-<(ヽ| i ノ 斤彡ヨニヽ

「その後ヴァンダルーさんは」

「病魔ジョブを得て、自分の血肉を病原体に変異させられるようになった」

「この病原体は霊体分身と同じく、ヴァンダルーさんの分身の一種であるとも言える」

「まあ、霊体分身ほど高度な分身ではないけどね」

「そして、前述の通り、ヴァンダルーさんの並列思考スキルは【分身用の並列思考を担当する】という方向に特化していた」

「となると、霊体分身のみならず、病原体分身に対しても、並列思考スキルで思考能力を割り当てられると思わないかな?」

581名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 03:20:12 ID:ETFyjb4A0
ちょっとこんがらがったが、大体の分体に対して並列思考を付与すれば、一つの意思として動けそうってことかな

582無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 03:28:45 ID:flyudTas0
>>581
               /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                   // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
               // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
             ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
               ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                 l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
             ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                 ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                 l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                 ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                  l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
             jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
                         , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
                      ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
                  jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                   ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
                i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
                  j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
                ./j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
                    /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
               /:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「そうだね!」

「ヴァンダルーさん本体の思考数を並列思考で増やして」

「それを分身一つ一つの行動に割り当てていたわけだ!」



「とは言え・・・これってある意味不効率だ」

「わざわざヴァンダルーさん本体の脳で分身を遠隔操縦するとかやってるわけだからね」

「聖徳太子が複数のラジコンを同時に操縦しているようなものだ」

「それが可能であるとしても、それよりも【分身そのものに脳を搭載した方が合理的】だろう?」

「それを可能にするのが郡体思考なんだ!」

583無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 03:44:11 ID:flyudTas0

     , -―‐ァ-、
    イ イ三/三 \
  〃.イ三三三\三ハ 、
  ∨:::::ィオ7大テ、:\ノ::ヽ
   y'::///:/ハ;レL._\:\::ハ
   /∨从Lレ "弋.ノ  シ-、トハ、
   {^!:V.ヒ),      アノト:\
    ゛∨!   , ..    F::!::!::ハノ
     !::ヘ    ィ,..ト、ハl::lノ           __
     从、!::`T/´r=ニ\'          ̄ ̄ ̄`、、
       lヘ;ハ //    ヽ     ,  --- 、    〃
        ノ杉::::lll   ヽ|   ,イ::::::レ:::::::::::::\__..〃
       イ〃二)、!'    、|. /イ_:/::/:;イ:,::::::::下
      /イ:::::::::::::::|   _ヽイ:::r'ィレ::ル'__」/:::::,::::,::ハ
      イ::::::::::::::::::::!_ ノ --リ:::::ハ`'レV 妙`レ://!::::l
     {:l:::::::::::::::::::::レ -イ   レイ::i::l、     ィェVハノ
      Y:、::\:::::::::`ニハ   Vノv. 、.  、 _ ' ¨.レ'/
      ハ:::::::::::`:::-::::::ハ | , ィ ̄ )、 >...イノ
       !:::::::::::::::::::::::::::::リ/  / !!丶
     r':::::::::::::::::::::::::::>'   / .! 〃\ `i
     ト::::,------:,イ  ./l  l/o o ̄j、
     レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   <.:! .!  !o  o /.:l
    /.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:l.\  ヽj  l  o   /.:: !
    /.:.:.l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:\.  \. !o    o j、
.  /.:.:.:.:!.l:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:l.:.\  \ヽo o / ハ
  l.:.:./!`ーl―――--ト.:./ノ   , j ヽ    o !
  `(__!.  !        !:イ(n ,、 ryノo  o  ハ
     !.  l      !.トレ/イイU' !     o  ハ.、
     !  !      l ` `/o  l o     l:oヽ
     l   !     l.  /  o  l   l  o l:: l

喩えるならば、シスターズに近い。

シスターズにとって、個々の個体は集合意識を構成する部品、いわば分身のようなものでしかないが、

「集合意識」が「分身」を手動制御しているというわけでもない。

勿論、集合意識の望みに「分身」は忠実に従うが、操り人形と言うわけではなく、

「分身」自身が独自の人格や知性を持って自律的に行動し、集合意識の望みを叶えようとするのである。

例)集合意識「上条さん大好き!」→分身「ならダイエットすれば喜んでくれるかな?」

ヴァンダルーさんの病原体分身も同様に、病原体自身が人格や知性をある程度宿しており、

自分で考えて自分で行動しているのである!

それでいて、ヴァンダルーさん本体と根本的な目的意識は共有しており、

ヴァンダルーさんにも忠実なのだ!

・・・知性も人格も持たないペイルライダーに欲しい要素、「忠実な人格」という条件にぴったりではなかろうか?

584名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 03:49:21 ID:ETFyjb4A0
蟻や蜂に近いけど、各個体は高度な判断が可能という理解でOK?

585無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 04:02:43 ID:flyudTas0
>>584
                _ --  ̄ ̄ ̄` ー 、
             /´             ` ー 、
           /                    ヽ
         /                       ヘ
        /                         ヘ
       /                           ヘ
       /        l              l  /   .ヘ
       |        .|ヽ            /.|  /    ヘ
       |     .ヘ  .| ヘ           ./ | /      |
       | .l    .|、  |_\        ‐/― | ./ |    .l |
       |  |    | ヘ |   \      /   |/ |    .メ |
       |  |   | ‐ヽ|――‐、\   /―――‐、 |   .//
       | .,....、  |  |っ`   | .`ー'´ |っ    | |   //
      ,...、 .l  .|  .|  ヽ _  ./     ヽ    / .|   .l/
      l l .l  |、 |  / ./.´         ̄ ̄  |  /l
      | .| |  |ヘ |ヽ/ ./             /|  / .|
..,.‐、   |  | |  | ヘ l/  /   ――――    / | | / /
.ヽ \  .|  | |  | /  /` ‐ `ー―‐´_ ‐/|  |/.| ./ /
  ヘ  ヘ__|  `   .^   / .| |///\ ‐‐//// / .//  .|ヽ_
   ヽ          //| ヽ////`´////|  __| 〃  ///|
    .l          |/´\_〈_ ――ー´   |/==/////|
    |         ー―´ ̄ ̄`ヽ   \/    |////ヘ
    ∨           _, ――´――‐‐ヽ`‐―‐´/////ヘ
   _ー∨        _/   |     |   |.///////////ヘ
  ノ////`     /´//| \__|___/ー―////|/////////|

「そんな感じですね」

「加えて言えば、必要なら、俺と病原体分身の間でテレパシー的に情報のやり取りもできますし」

「状況に応じて命令を変更したり、手動操作に切り替えたりもできます」

「スタンドで言えばハーヴェストのような感じかと」

なので、人間に感染した病原体が情報を集めてヴァンダルーさんに伝えるとかもできる!

・・・知られざる諜報隊を一人でやるとかマジチートである。

586無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 04:08:33 ID:flyudTas0
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「後は完成とか暴食スキルの合成あたりで」

「病魔ジョブで作れる「病原体」に、ペイルライダー・コンピュータウィルスンもしくはバグスターウィルスあたりをねじ込んでしまえば」

「ヴァンダルーさんの意に忠実でありつつも」

「ある程度自律行動可能な現実と電脳空間を行き来し感染するウイルスの出来上がりってわけだ!」

「ついでに言えば、それでもなお暴走してパンデミックになっちゃった時の対策も実はできる!」

「ウイロファージ、つまり「ウイルスに感染するウイルス」とかも作れるからね!」

「病原体に感染する病原体を作れば、病原体の治療にも使えるわけだ!」


「どうだい?便利だろう?」

「僕としてはこの辺を油に組み込もうかと思ってる!」

587名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 04:10:23 ID:ETFyjb4A0
徹底しておられる

588無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 04:21:42 ID:flyudTas0

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
    ./         \
   / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
  ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
  !  !.トノ  リ  `ヽ ! !ノ、i !
  ,'' l l l ●    ● l丿 ! リ キョーン
   !;!l|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j l丿i/
     |/⌒l,、 __, イァト|/| |
    ./  /|___|/  ヽ
    ||  l        彡,

「ま、後は研究班諸君の仕事かな?」

「僕の言うとおりじゃなくても良いけど」

「郡体思考はいずれにせよ便利そうだからね」

「研究班諸君のアイデアに期待する!」

ちなみに佐々木王が研究の話を出来ているのは、魔演掌握と、やる夫・束を食べたお陰。

安価↓1 質問・コメントがあれば

589名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 04:40:01 ID:ETFyjb4A0
あとはデッカく、星とか宇宙を対象に群体思考して、食らえ! 星辰風水!! とか一人で出来そうでコワイ

590無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 04:42:57 ID:flyudTas0
>>589
.           ヽ:.、
.             ヽ::.、
          ,  _ヽ::) ,,......──........,,
         ,...::::::::::::::::::,、:,、::::::/ヽヘ,::::,、:::`..、
      ,..'::::::::::::::::::::/:::'::::`::'::::::::ヽ::::ハ::::`::::::ヘ
       /::,  ´フ:::::,.'::::::::::::::i:;:;::::::::ヘ::::::::::::::::、:ハ
     ' ´  /:::::::,::::::::::::::::::! ヘ,::::::::::i::::::::::::::ハ::::.
        ,.':::::::,:i::::::::::::::i:_  ',::::::::l::,i_::::::::',:::.
.        ,.:'::,-‐7::l:::::::::::::i'   ` ',::::リ´  `リ:::::i:::!
.         ,.':::ヘ::::::::::::::仡zリ` i:ノ 仡zリ`!:::ノ:::i
.           {::/!:入:::::::ヘ    ' ,     リ/ノ::::|
.          !' .レ ハ、:::::ハ     _    ,:::::::::::::l
              ,':::::}::::::::ゝ..  `  ' .ィ :::::::::::::::i
           ,:::::::i:::::::::::::::}` - ´{::!:::::::::::::::::∨
.           /:::::::リ:::::_ >′     ト 、::::::::::::::::::ヽ
         ,.:'::, ‐/:::/  `ー、   ,一´ `ヽ::::::::::::::\
.         /::r´,..:'::ノ ヽ            ,人::::ヽ、:::::::`.、
       ,..::::::レ.:::::r'. . . .≧ー=======ッ≦. . . ):::リノ!:::::::::::)
.       /::::/:::::::::i. . . . . . . . . . . . . . . . . . . ,.:'::ノ. .|:::::::::::'
      ,.::/::::::::::::iヾ、 . . . . . . . . . . . . . . . ../::::::(. . .!::::::::,
       !:;:::::::::::::i',:::ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . . i:::::::::::ヽリ:::::/
      ヽ::::::::リヾ ``::::::::::::::::::::::::......................ヽ!ヽ:::リ!:::::::ヽ
        lヽ:::i. . . ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::リ、:::::::::::ヽ
.         ノ:::::、l . . . |l`::::::__::::::::::,:-、__::::::::::::::ィ'. . . ノ:::::::::::::::∨
.      /:::::::::::l. . . . !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i. . . . i::::::::::::::::::リ

「可能ね」

「バグスターウイルス系統じゃなくて」

「フェストゥム系統になるけど」

では今日はこの辺で失礼します!

ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

591名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 05:01:19 ID:ETFyjb4A0
おやすみ!

592名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 07:57:42 ID:TJ5E2kHc0
オツカレサマドスエ
完璧に統率されながら個々が高度な判断をする超広範囲に分布するウイルスの群れとかコワイ!

593無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 20:23:07 ID:flyudTas0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「ただいまー!」

「さて、そろそろ外交の続きでも考えようかな?」

594無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 20:30:14 ID:flyudTas0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

【外交&戦争】各種外交を行う。戦争も外交の一種
外交:
外交(正純):
外交(礼服):
刹那・F・セイエイ:
アゾールの雄弁家 前原圭一(固有結界演説):
黒桐幹也:
強制伝達(こちらの言い分を強制的に理解させる):
ゲートウォッチ(正義のプレインズウォーカーチーム。邪悪なことをやらせると戦争フラグ):
カルデア(人類史を救った英雄たち。邪悪なことをやらせると戦争フラグ):
デオン(ハニトラ外交): 準備中


「デオンくんちゃんは残念ながらまだ準備中だ」

「カルデアとゲートウォッチは有能だけど独自の正義感があるから注意だね」

「まあ彼らが普段やってる通り、世界の危機とか人理案件とかに派遣するのが無難かな?」

クロススレの醍醐味として、カルデアをMTG世界に、ゲートウォッチを型月世界に送るのも楽しいかもしれないw

595無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 20:38:27 ID:flyudTas0
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' i -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    i  i.ト ●    ● ! !ノ、i i
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 i
.  /⌒ヽi;!l|ヘ  ゝ._)   j ! /⌒i /
  \ /゙:::゙-~>,、 __, イァ/  /,'
     ゙、:::::::|>,、,、,、,、,、<|{ヘ、_∧
     `゙i ,:::::::::::::::::::::::リヾ::::ノ

「僕の今期の無茶振りはもう完全に達成された!」

「ありがとう!ご苦労様!」

各種無茶振り: ・カオスフレアをなんとかする→フレアローマで大体片付けた
各種無茶振り: ・リリカルなのはをなんとかする→桜軍と相殺
各種無茶振り: ・ドラえもんをなんとかする→再演佐々木王とかステマとか知られざる諜報隊とかで何とかした。


「従って、「やるべきこと」ではなく、研究班諸君が「やりたいこと」をやって良いよ!」

「もし思いつかなければこの辺が参考になるかな?」

課題メモ:マギ世界(シンドバッド王・ウーゴ・アリババ・アラジン・ダビデ) 未来日記 ルナルサーガ 終わりのクロニクル ラストマン サガフロ 超高校生級の絶望 ノーライフライフ Fateシリーズ 
スパロボUX ダンガンロンパ  ナイチンゲールVS緑の社交界  ドラえもん 
マルタの国 ファフナー 虎よ虎よ カラデシュ 
旧神デモンベイン 和月世界 マテリアルパズル テイルズオブディスティにー 
シルヴァリオ FF7・FF9・FF10 多元宇宙ハイパーレーン マンドレイクフォレストキング スパロボV
境界線上のホライゾン

自動接触: 超時空インカ インカラビム ポーランド シダー エロヒム 妖魔夜行 カエサルローマ(寛容志向剥奪) アモンケット ポーランドヴェルグ文明

596名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 20:42:52 ID:ETFyjb4A0
おかえりなさい

597名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 20:47:36 ID:ETFyjb4A0
多元世界ハイパーレーン、どういった感じで線路つなごうかなと考え中
引くのに問題あるケースもあるだろうし・・・

598無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:14:02 ID:flyudTas0
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「僕なら例えばこういう感じかな?参考までに!」

【外交&戦争】各種外交を行う。戦争も外交の一種
外交:終わりのクロニクル系世界郡を概念管理局に勧誘
外交(正純):境界線上のホライゾン:移住者を募って人材と技術を回収
外交(礼服):スパロボVを概念管理局に勧誘(もうスパロボは最初から神座文明だと思っておこう・・・)
刹那・F・セイエイ:スパロボUXを概念管理局に勧誘
アゾールの雄弁家 前原圭一(固有結界演説):マルタの国を時空管理局に勧誘
黒桐幹也:ネギま世界を時空管理局に勧誘
強制伝達(こちらの言い分を強制的に理解させる):マテリアルパズルを強制的に調停。技術回収等を行う。
ゲートウォッチ(正義のプレインズウォーカーチーム。邪悪なことをやらせると戦争フラグ):ラヴニカ内ギルド調停
カルデア(人類史を救った英雄たち。邪悪なことをやらせると戦争フラグ):シルヴァリオ:自然死を待ってアシュレイホライゾン&ナギサ&ヘリオスをスカウト
デオン(ハニトラ外交): 準備中

599無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:14:39 ID:flyudTas0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成 or ペイルライダー・コンピュータウィルスン安全重点な or カラデシュ小ネタ or マギ世界小ネタ or 油アップデート or ステラリス(戦術ドクトリン)

600名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 21:18:18 ID:e6k9eNcY0
技術描写

601無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:18:46 ID:flyudTas0
>>597

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「まあそんなに悩まなくても良いよ?」

「まずい連結になったら、機械帝国の卑劣な侵略で寸断すれば良いんだし」

602無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:32:01 ID:flyudTas0
      ':.: '   {/  /
     }:.: { /、  /   -=v                          -=ィ=-__
     }:.! ア: : :ノ ィ(>''~   ノ                        -=彡'::/:::!7)h、
     }:.}/: : : /_/: :.i  ィi〔__                        / // ヽ_}/-=ミ、
     }/: : : :/': : : : //>''~  )      -=-         >''~!  /}//、    \=-ミ^
     {: : : :´: : : : //: :} 。s≦_ノヽ///////〕h、  >''~´/.∥∨ノ{7 /`' ァゝ、__  〉ヾミ
     ∧ヽ: : /: : /: : :/zzzz、\)h、/////////////ミh、{////∥//,:::/,イ   / \、ヽ!/リ从
    ./∧: : i: : : : : ://ヽニニ∧v ∨/\//////>''~-\/〕h、.∥///!'/ :! ヽ `    ~从ノi'
  /:.:.///,: : : : : /:.' {:.:.}∨ニ∧v ∨//-=、⌒ィi〔////ヽヽ///{!///ノ!': λ ` ' _ ィ(ノ!
../:.:.:.:.{///{ 、: : : : : :、ノヽ!_}ニニニ\ノ//////!/////////)h、ヽノ-7 ̄ ̄\`=ニ二/::::::从リ
:.:.:.:.:.:.:.:.'/≧s。ヽ: : : : : :ノノニ}ニニニヽ/////}////////////!ノニ!、__>''~ヽ7ヽ /ニ=--  __
:.:.:.:.:.:.:.:.:'/,ニニ≧=‐≦ニニ}ニニニニ≧s。ノ/////////>'~ニニ!   }_ノ  〉//////7 /
:.:.:.:.:.:.:.:.:. '/,ニニニニニニ/'ニニニニニ>''" ̄ ̄ ̄ ̄∧∨ニニ  /:i:i:i7 { ノ、////ニ/ /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧<__,.。 *''"イニニ==--- 'ニニニニニ/-=≠≠≠ニ二___7 ィi〔 Ⅳ/ニニ./ /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=‐ ‐=≦=-‐ ̄:.:.:.:.:.:.}ニニニニニニ/ /≧s。''<ニニニニニニニ〕///ヽ~.__/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. !ニニニニニニ./ /ニニニニニ=- ‐‐--___}〕h、\ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ノニニニニニ./ /ニニニニニニニニニ/⌒i////\ヽヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: _/ニニニニニニ/ /ニニニニニニニニニ∧v .!//////〉 〉 、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニニニニ//ニニニニニニニニニニ∧v:!////∨ ∧//,
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ニニニニニニニ} /ニニニニニニニニニニニニ }/// ∨ ∧///!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ / ̄/< /ヽニニニニニニニニニニニニ!// ∨ ∧///7
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___ -====〕iト/::::::/`''< `''<ニニニニニニニニニニニ/ 7⌒Y'/////,
:.:.:.:.:.:.:.>''~ _,,.. / ̄ ̄ ̄ ≧s。⌒~'< ∧ ∨ 〉 _ニニニニニニニニニ// 7   }/////,
:.:.:.:./ /  ィ(ニニニニ/ / ̄≧s。 .∧ )h、Ⅳ_Υニニニニニニ./:.:/ノ    ノ////7

>師範の占い独楽(望むなら次ターンの研究枠をいずれか一つ前借できる):ギルガメの洞窟 …迷宮略奪・鬼哭異界枠を前借(※諜報でFF5世界を調べる必要あり)

「金銭はしばしば馬鹿にされがちだ」

「ああ、確かに金の亡者は醜いだろう」

「だが、それでも金の亡者は亡者なりに努力して財を成したのだ」

「醜かろうと努力は努力。金の亡者を見下す輩は」

「果たして見下せるだけの努力をしてきたのだろうか?」

603無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:36:30 ID:flyudTas0
                    . : ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              /:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                /./.:.// .:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:l.:l.:.:.:.:.:.:.:.
.                /://:/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:. /.:.:..:.:.|.:l:.:. |:.:.:.:.|
.            j://.:i/.:.:.:/i:/.:./.:.:./.:.:. /:∧l.:.. |.:.:.:.:|
.               j:V:.:.:|.:.:.:/ /.:./.:.:./.: /|/  l.::/|:.:.:.l:|
            |:.|.:.:.:l.:.:/ //|/|/  一-|/i |.:.:.:l:|
            |.:|:.:.::l /イ丈夕     ノ丈夕 |:.:.:.l:|
            l八.::.j/Y^⌒    ,  ⌒^` 人.:.八
.               {.:.:\:八           彳: Y⌒`
.            ∩   f\.:.:ヽ.:`ヽ  「   ア fYYVl.:.:..|
            l |‐r‐l |{:\..:.:.:.: lト  __  f | | | |八:..|
            | lLlLj | \.:丶.:..ノj__     _」_!_!_!_L_ ``
          ∧ [三三]アヘ.:.: ノ⌒}   「,_,_,_,_,_,_,L__
.        {_∧/.........∧ {⌒Y  ⌒}  L,,_,_,_,_,_,」  ``
          ∨_,|......L.... | {__人_ノ⌒!ヘ {      }   │
            }∨|......P.....l    V乂乂乂/{      }    |
.          j>≧===≦   V∧二|//{     }    !
           /,      }/ \   V∧ニ|//l{      } `V
.          ///     }/ \\ V∧// {/      }  }
        {//      }/   \\V'// /V/
        ∨/ ,   ハ     \\/  ∨/      /
.          ∨/   / }      \\   ∨/ ,   /
         \__/  j\ o o   > >   \____/
                 /        //     {
                  /      //        ∧

「それに、たかが金。されど金です!」

「人間らしいまっとうな社会では」

「生きていくにも、何をするにも金が必要でしょう?」

「少々の金の有無で生死だって左右されるんですよ?」

「大仰に言えば、金は命よりも重いのです!」

604名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 21:39:32 ID:/bgwnpsM0
金が有っても解決しない問題は有るが、
ほぼ全ての問題は金が有れば解決するのだ!

605無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:41:01 ID:flyudTas0
                   ______ -=ニ二二二ニ=-/
      _       -=ニ二二二二二二二二二二二ニ=-/\_  -=ニニ≧。
      \ニ=--=ニ二二二二二二二二二二二二二ニ=- '///////::::::::::::::::::::::}
     __ ̄/二二二二二二二二二二二二二ニ=-{///////⌒``:::::::::::::::: }
-=ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-///////_ ̄\::::::::::::::::/
 ̄__/二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-'//////ノ、:::::::::\__ヽ:::::::: /
二二二二二二二二二二二二二二二ニ=- ─=ニノ///>''~  `~\::::::::::\:::/
⌒⌒¨¨-=ニ二二ニ=--;二二二二ニ/ ̄     ////     乂__ ヽ:::::::::::\
二二ニ=-── ' __ノ二ニ(_ ̄ ̄        {//丿         -=ニニニニ=-`~、、
⌒ -=ニ=- _/二二二二二ニ=-_     /  i/  _ /' -=ニニニ=- ¨¨´´ ̄ ̄ \::``~、、
二二二二二二二二二ニ=- ⌒  /' /廴__{____/:.:.{/'/イイ___        \::::::::::::~''<
二ニ=-  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       //!///////////<_ {:.:.//:.:.:./⌒_  /( --─  \:::::::::::::::::\
                   {//////////////二ニ=-:.:.:.:.:.:/':.:.:/   //___     ∨::::::::::::::::::ヽ
                 ////////ニ=-``~、、:.:.:.:.:.:_ノ/:.:/{_/-=ニニ=‐⌒      ∨:::::::::::::::::::
                ////////\:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:. ̄/-=ニ´-=ニ/      。s≦//\:::::::::::::::
                 ///////!//// ∨:.:.\:.:.:.:.:.:.:.∧ニ=-:.:.:.:.:.:.:.-=ニニ/   。s≦_二ニ=--- }:::::::::::::::
             /////////!'///!:.:.:':.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:∧ニ=--=ニニニニ' ////    ``~、 /⌒`~、、
             /////////∧ヽ/!:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.!ニニニ=-:. ̄`/////        /:::::::::::::::::::::
              '////// !/// \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:/ \:.:.:|ヽ':.:.:.:.:.:.:.://// / /       /:::::::::::::::::::::/¨)
            '///////i//////\\}:.:.:.:}:.:!ノ ノ } ∨}:.:.\_/  !///{/        ,:::::::_ ̄ ̄/ニ/
              |///!///∧:.:.:.:∨\:.:.:.:.!:.:.:.:/ィ仭ノ.ノ}/:.:.:.:.:.\} !  ∨/ {        //:::{√ ̄./ニ/⌒`
              |//人///.∧:.:.:.:∨:.:!\:.!:.:.ハ  /'⌒´/ \≧=‐ ─-∨/,       .//::::::!  /ニ/::::::::::::
              |/|////!/ \:.:.\!二>、:.!     ノ} |ハ:.:.:.:.|\ `¨∨/ ,     '/::::::: i/ニ/:::::::::::::::::
              |  |//{  '/////ヽ:.:.乂¨´)!\{__ /r/ }//,:.:.:.!:.:.:.≧s。'//}     {::::::::::::ヽニ{:::::::::::::::::::::
                \ ! {//////////≧s。 ~</ 丿//,:.:.:!:.:.:.{/// ∨/,     !/⌒廴!ニ!:::::::::::::::::::::
                    '/////////////ノ!/// ̄ ̄ノS(∧:.:.ヽ:.:.`'</// ヽ  |:::::::::\ 〕ニ:::::::::::::::::::::
                  ヽ////////// !////// }/¨∨}:.:.\:.:.\⌒⌒``~、 ハ廴___}/:::::::::::::::::::::
                        ノ/{⌒'//! ̄   '////// {___//''´⌒``~、`''<    〕ニ≠≠=\:::::::::::::::::::
                 /イ∧ '/ |     '////(_)_ノ        ̄ ̄   ノ┿╂ / }``~、、::
                 i/  \( '/〔       '///〉Y⌒>                /┿╂ ':.:.:.:.:.:}┿╂┿ヽ
                     \ \、      ヽ./ /⌒        _,.。 *''"┿╂/:.:.:.:.:.:.:.ノ┿╂┿╂
                                   {./   _,,.. -‐ '' "´┿╂┿╂/ |:.:.:.:.:./┿╂┿╂/

「多くのボウケンジャーがダンジョンに挑むのも」

「まずはそこだしな!」

「だから金ってのは報酬として実際便利だ。お陰で俺たちが多くの勇者に会えるんだからよ!」

606無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:43:35 ID:flyudTas0
                           __ィ__/
                          、、,,。イ:::::://:::)h、,,ノ
                     、、_フ:::::::::ノ:::{_ ̄:::::ヽ,
                      7::::::/:::::::/::::::::::::::\:!`
                     _ノ:::::/}:::7¬!ゞ'´ ̄ヽ::::::i
                      ⌒!::::i .i:7         !:::::ト、
                       ノ::r{-!〕--、__/-=≠ノカ:::!
                    イ从ゝ!}==イ:! ゝ===イ /:从
                   r<////ヽ!}  、:.!_   /'::///)h、
                   }∧v///!:リ、 -  一 ':.:i::!/∨∧!
                   }/∧v//!∧ヽ   / / }::!∨∧ }
                  ノ//∧v/}! \  ̄ /  !::! '∧/!|
               _ -={>''~ ∧vリ   / ̄ヽ  ∧∨〕h、}ニ=- _
            -=ニ////_____}/∧/ 廴__/\ノ∧∨__//// ≧s。
          ////////| i^^^^^^ヾ}三∧  }:::::{  /三.!ノ冖冖! }////////∧
          '/////////.| i///////!:::::::∧ ノ:::∧./:: i///////! }//////////,
            i///////// | i///////!:::::::: ∧::::::::/:::::::i///////! }////////// ,
            i///////// | i///////!::::::::::::∧/ ::::::: i///////! }///////////,
            i///////// | i///////!\::::::/::::::::::>'i///////! }/////////// ヽ
            i///////// | i///////!\/::::>''~>'~i///////! }/////////////.ヽ
            i///////// | i///////!/>'~>''~:::::::: i///////! }///////////////\

「まあ今までもモンスター素材やダンジョン資源などの形で間接的に金を与えてきたわけではあるが・・・」

「これをもっと直接的に実現してみたわけだ!」

「無数の金とモンスターがポップするダンジョン」

「ギルガメの洞窟だ!」

〇ギルガメの洞窟:FF5世界にある、あるいはあったギルガメの洞窟を迷宮略奪・鬼哭異界で奪い取った物。
ギルガメの洞窟とは、一歩歩く毎にギル(お金)が手に入るが、高確立でギルガメ(強敵)と遭遇するダンジョン。
奥に潜り込めば潜り込むほど拾えるお金が増えるが、それは強敵との遭遇も増えると言う意味もある。
リスクとリターンの調整は迷宮略奪・鬼哭異界で調整する。
判定:可能。ミダスマネーあたりだろうか?
前提:FF5 迷宮略奪・鬼哭異界

607名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 21:46:41 ID:/bgwnpsM0
うわぁ……欲の皮が突っ張った連中がこぞって爆死しそうな射幸性だぁw

608無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:47:46 ID:flyudTas0
          ,.. -─ '''''' ─- .、,
          /,.、,_ヽヽl l / /_,. 、ヽ
        / / -、`''ー─'''´,. - ', ',
       / / ``ヽニー_ ‐_',ノ´´ ', ',
       /‐;‐==、、,,_ 、..__.  _,,、、==‐;‐',
.      i l,   ___``   "´___   .,! li
     f⌒ll _.._-‐。-、 i i ,r‐。‐-_.._ ll⌒i
.     !(`!| ヾ三≡" | | `≡三'" !l´)!
       ', `lj ,r '_,ノ  | |  '、._ー 、 lj"/
      / |ゝ''l, /´  r_ | | _ッ  ヽ ,!'"i\
    /  ! i. l, ゞ=ェェェ三ェェェ='″,!i ,'  \
  ∠-'''"! i  il,    __    ,! /l,``'''- 、_
'"´    / |  i ! \   ニニ   /,'// l,    `
    /  |   ト、 \ ' ' ` / ,! '/  l,
    /   l  | r\   ̄ ̄  ,イ.//    l
    \  リ, l 、))r\_ _/レノ/   /
    /   |ヘヘ、\ゝ))r ||、ノr) 〃 |   \

「落ちている金はダンジョンで生成されたもの・・・」

「いわば贋金じゃが・・・」

「そこはわしらが信用を担保すると言っておけば問題ない!」

↑経済(金融)担当

609名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 21:49:16 ID:e6k9eNcY0
行きで大量に金を確保できても帰りに気を付けなければ死ぬ。
つまりほどほどが一番なのだが、果たして欲望を抑えてほどほどに済ませる事が出来るだろうか?

610無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 21:49:18 ID:flyudTas0
                    . : ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              /:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                /./.:.// .:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:l.:l.:.:.:.:.:.:.:.
.                /://:/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:. /.:.:..:.:.|.:l:.:. |:.:.:.:.|
.            j://.:i/.:.:.:/i:/.:./.:.:./.:.:. /:∧l.:.. |.:.:.:.:|
.               j:V:.:.:|.:.:.:/ /.:./.:.:./.: /|/  l.::/|:.:.:.l:|
            |:.|.:.:.:l.:.:/ //|/|/  一-|/i |.:.:.:l:|
            |.:|:.:.::l /イ丈夕     ノ丈夕 |:.:.:.l:|
            l八.::.j/Y^⌒    ,  ⌒^` 人.:.八
.               {.:.:\:八           彳: Y⌒`
.            ∩   f\.:.:ヽ.:`ヽ  「   ア fYYVl.:.:..|
            l |‐r‐l |{:\..:.:.:.: lト  __  f | | | |八:..|
            | lLlLj | \.:丶.:..ノj__     _」_!_!_!_L_ ``
          ∧ [三三]アヘ.:.: ノ⌒}   「,_,_,_,_,_,_,L__
.        {_∧/.........∧ {⌒Y  ⌒}  L,,_,_,_,_,_,」  ``
          ∨_,|......L.... | {__人_ノ⌒!ヘ {      }   │
            }∨|......P.....l    V乂乂乂/{      }    |
.          j>≧===≦   V∧二|//{     }    !
           /,      }/ \   V∧ニ|//l{      } `V
.          ///     }/ \\ V∧// {/      }  }
        {//      }/   \\V'// /V/
        ∨/ ,   ハ     \\/  ∨/      /
.          ∨/   / }      \\   ∨/ ,   /
         \__/  j\ o o   > >   \____/
                 /        //     {
                  /      //        ∧

↑経済(物流)担当

「念のため私の流出でも取引に応じるとしておきましょう!」

「金融担当のワシズさんと、物流担当の私が価値を認めるなら」

「万人が紙切れだと思ってもそれは本物の金です!」

611無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 22:10:39 ID:flyudTas0
         , -- 、             石田は消えていた‥‥‥‥‥‥‥!
           l  ,、,ミ
        ノ(!|"`く`              カイジが振り返った時
       ,. イ/l∧ヱ:ァ-、
      ハ j7^ー个く /,>、        石田の姿は既になく‥‥‥‥
      ,<_`X「l「 ゙̄|エ ヘ__,.イ
.  _/ / 〉}|─┤ 〈│ |          結局 カイジは伝えられない
.  ‘らノ  〈ノ ̄韭ゝ、._〉l |_
      /  / |  |〈.ヘミj         石田に送る‥‥‥‥‥
.       l  r'´  |  |
.     |  l     |  |             最後の言葉を‥‥‥!
      |  |     |  |
_____,ゝーく___|-- L______________________________
───┴ーー┴─‐┴--┴───┬┬───────────────────┬┬────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`「「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄


│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥|∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥|∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥|∥|│∥
│|∥┃ ,ィィィ,  ∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥   ヾ }    │││││∥|│∥
│|∥   l !          _│|│∥
│|∥   | l.     ,. ――‐| || |│∥
│|∥ ,,ィッ|三.}__,イ  ,.―‐:L.!l |│∥
│|∥ ミミ'爼ト、| cト/ | /      │|│∥
│|∥  〉三フー{ 〈 " ̄\.   │|│∥
│|∥ /'ミrー‐--'--‐'"´\ \ ___|│∥
│|∥ | |          \ノ /|│∥
│|∥ l !.  │││       ̄│|│∥
│|∥巛.`   ┃∥││  ││∥|│∥
│|∥    ┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥|∥|│∥
│|∥┃│┃┃∥┃│┃∥│∥|│∥

【よくわかるギルガメの洞窟】

612無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 22:14:15 ID:flyudTas0
>>607
>>609
            _ -ァ:.f: :ヽ _
          /: : /: :.l: : :ハ:ヽ
        /: :/:./: z:ナメ: : :}: :::.
        ノ:,仏: |: ;伐rッハ: ム:.ノ:}
          {: :.(!:.ハ{    メッ仏::.             , -‐ - 、
         人: :}!:.ト   ー  _  ハ:トゝ           〃//////ヽ
. _ -z、  〈: : V:ハ;| \_   ノ!:.}   __       ///////////\
r',//∧=- _{:\:ヽ:}:ヽ―,ムニ,  レ √/,==ミ      //////////////\、____
{////∧//_> ミメこヽ/く_〉 \,-<//;;;;_∠、     ////i!////////////\//////
.{'////∧/'⌒ヽ ト、「:::):::ハ y'´ ヽ  〉::::〈, ^ \  .////人//////////////\////
. {/////,'{.    └== , v'  \_Yi|::( )lY_,ィ  〉 //////ヽ',//////////////\//
 {/////,'}    {  / 〈  ノ-' |i!L;;;;」! 乂_/ /////////\'//////////////\
. {/////,{     V    ヽ彡'     ̄V 乂__)/'////////////>'//////////////
  {/////ハ ヽ  /     y  /   }   //////////////// `¨ <'/////////
  {//////}  /    /  く   ,ノ /////////////////'       `<//////
  {//////! ./   /     ヽ  >イ////////////////ノ         ヽ////
  V////∧    /       _Уニ{,//////////////, イ            \'/
   V/////,\_,ハ  //   /ニニニ乂,'/////////////
   V/////ハ////〉 /    /ニニニニニ\'//////////'
    V/////ハ//, /    仁ニニニニニニニ≧=-</////
    V////,'ハ/j!      ノニニニニニニニニニニニニニ≧―7
     V////,'ハム  __ z'==―-==ニニ二二ニニニニ/
     V////z<7///////////////////77>z<____
      V≦//////////////////////////////////ハ

「ええ、見事に爆死しましたねえ」

「努力もなく、才能もなく、信仰もなく」

「手軽に金を稼げるわけがないでしょうにね」

「可能なら相応のリスクがあるはずです」

613名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 22:16:39 ID:e6k9eNcY0
分かりやすい図だなw

614名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 22:23:02 ID:ETFyjb4A0
一応、ギルガメの攻略は比較的簡単な模様
ひん死まもるかばうにレクイエムで完封できる

615無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 22:23:25 ID:flyudTas0
                                  __
                            -―━=ニ::::::::`丶
                         ´::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::\
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::\
                      /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ=-ヘ
                        ,::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::,
                       ,:::::::::::::::::::j::::::::::::::|\ :::::::::::::|::::::::::::|:::::::::,
                   /:::| :::::::::: /|:::::::::: イ⌒ヾ ::::::::|:::::::::::八:::::::,
                     /:::: | :::ィ: ⌒|: | ::: Ν   \:::|:::::::::::::::::\:}
                   /イ::::|::::::|::|.」L八 ::::| 斗ぅ歹了 |:::|:::: |^Y⌒7
                     |:::::|::|: |::| 汽歹\|  `ニ´'" リ :|:::: | |:::´}
                     |:::∧l:人|  ¨´  、    :::::.:./:::::::::: |.丿::フ
                   ::::| |::::∧ :.::::       ,  /:::/::::::八:/}
                   ヽ| |:::::{ハ    ー    '⌒|:::: /:イ::::/
                      |::::::::トゝ        / |:::/:::::::イ
                      ∨::::|´::::/≧=-     |/>く:ノ
                         V:::|〉:::{ ::::::::::: ム.   /   \
                         /ヘ:∨/⌒:::/〈] /      /ノ>冖冖ァ-、
            r‐            「乂_\:::::::::/ /⌒>、    /´ |│/// ⌒\
.  く`(` (\ \ 丶、        ____ん''⌒L.こ∨/| ̄ ̄〉ヘ.   /   |│//      ハ
.   \\ \ヽ ̄`  \       \_::::::::::::::::∧ |  レ‐、/  \/ ____|│/      /´|
.     `'ー=ニ丶  ー- ヽ       {/ ::::::::::んし|  /  |   /  \ー─┘      │
          ̄\    ∧     //|:::::::「   |l /   l[/      \\     /   |

「ま、蘇生はしませんが」

「彼らも来世で救われるでしょうから大丈夫ですよ」

死ねば助かるのに(狂信者並の感想

「まあぶっちゃけ間引きですね。」

「人生に失敗した不幸な市民が増えるのは多元宇宙的なリスクですが」

「不幸な市民を生きたまま引き上げるのは不可能とは言いませんが困難なので」

「来世に行ってもらった方がこっちとしては楽なわけです」

「勿論、冒険者として成功してもらうのが一番ですけど、正しいことは痛いでしょう?」

女神の治世においては、成功しても失敗しても救済は約束されているのだ!(狂信者並の感想

616名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 22:26:42 ID:e6k9eNcY0
不幸な市民の間引きに使えるのか。

617無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 22:27:50 ID:flyudTas0
ギルガメの洞窟:効果:不幸-10%(意味深)

安価↓1 質問・コメントがあれば

618名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 22:33:14 ID:/bgwnpsM0
コインボーナスもありそう

619無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 22:37:38 ID:flyudTas0
>>618
        /                              \
.       /                             \
       /                             ',:, ;::, ',::
        /     ;            ;::i :.   ;:'., ', ', ,  .', .,',::,:::::.,::
.     ,     ;    .;:      i:| |::::::斗===ミ ;: .;: ;.  |! |:,:::::::::::
.     ,     ;:斗==ミ:::     .;::|.|::::::::::::\ |::::∧ ;: ;::: ,.|::::;.|::::::::::::
     ,   ,   .;i    ハ:    .; .;:::i.|::: |\:::::::'|:::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::
    ,  ;   ;::l i   7 ∨ .,  .;:.l::::i|::: |......\::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.    ,   ;   ;: l .i! ィチ示气㍉.;. .;::::::::::::|:::::ィチ示气㍉::::::::::::::::::::::::::::::::
    ;  .;:  7:::| .i! 〃Y::::::::::::}\ト、ヘ:::::::: l〃Y::::::::::::::::}ヾ::::::::::::::::::::::::::::
.   ; :7:  .;::: l .i!/:: |::::::::::::|    :::::::::::',  |::::::::::::::: | :::::::::::::::::::::::::::::::
.    ; ./|:  ; .;:::::|/:::::  |::::::::::::|      ::: ;  |::::::::::::::: | :::::::::::::::::::::::::::::::
.    |/ .l:  ; .;イ::::::::::.  乂____ノ         乂____.ノ :::::::::::::::::::::::::::::::
.   /  .i; ;| 7::::::::::         ′          :::::::::::::::::::::::::::::::
      レi| l .;:::::::::                    .:::::::::::::::::::::::::::::::
.       i|  ;: ;: .;:.                   .:::::::::::::::::::::::::::::::
       |  ;  .;::..     _____     ::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ;  .;:::::::..    ゝ ____ノ   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::/,ィ
         7 ' ,...i::::::', :::....        ...:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::/イ
         |   |:::::::: | /:::|!: : ::::::..........::::::::::::::::::::::: : :|::::::::::::::::://
         | .i  |:::::::: |/::::i  .:::::::::::::::ム:::::::::::::::::::::::::八_:::::::::::::彡イ
         | .i ト.|!::::::::::::::/ .;:'/::::::::::::: | ::::::::::::::_::::::≦:∧:::::::::彡 ´7
         人人:::::::::::::::/;:  ;::::::::::::::,--、` ̄:::::::::::::::::::::∧::〈ー‐ ´
          };::::::::::::::イノ イ:::::::::::::/  ハ |:::::::::::::::::::::,-----、__
         /;:::::::::::::/7::/l/::::::イ  /::/ムi::::::::::::::イ /:::.イ  , --
.        7 |::;:::::/    7:::::/7___/_:/:::::ヾ::::::/ /:::::/  /:::::::::
.        | |::::://   /::::::/ /::イ:::7:::::::::::::::/  ./:::: / 7::::::::::::::::
.        |、 |::::::/ イ 7 /::/´ }/::::/..:/   7::::::/  7:::::::::::::::::

「無いですよ?>コイン」

「いや、個々の冒険者にとってはそうでしょうが」

「通貨発行量さえ増えれば国が豊かになるってわけでもないですよね?」

620名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 22:43:44 ID:/bgwnpsM0
別ルートで通貨発行しているだけで実体経済の裏打ちが無いから、国家レベルだと誤差なのか

621無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 22:49:07 ID:flyudTas0
>>620
                                  __
                            -―━=ニ::::::::`丶
                         ´::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::\
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::\
                      /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ=-ヘ
                        ,::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::,
                       ,:::::::::::::::::::j::::::::::::::|\ :::::::::::::|::::::::::::|:::::::::,
                   /:::| :::::::::: /|:::::::::: イ⌒ヾ ::::::::|:::::::::::八:::::::,
                     /:::: | :::ィ: ⌒|: | ::: Ν   \:::|:::::::::::::::::\:}
                   /イ::::|::::::|::|.」L八 ::::| 斗ぅ歹了 |:::|:::: |^Y⌒7
                     |:::::|::|: |::| 汽歹\|  `ニ´'" リ :|:::: | |:::´}
                     |:::∧l:人|  ¨´  、    :::::.:./:::::::::: |.丿::フ
                   ::::| |::::∧ :.:::::         /:::/::::::八:/}
                   ヽ| |::::::{ハ    (⌒ヽ '⌒|:::: /:イ::::/
                      |::::::::トゝ     ̄  / |:::/:::::::イ
                      ∨::::|´::::/≧=-     |/>く:ノ
                         V:::|〉:::{ ::::::::::: ム.   /   \
                         /ヘ:∨/⌒:::/〈] /      /ノ>冖冖ァ-、
            r‐            「乂_\:::::::::/ /⌒>、    /´ |│/// ⌒\
.  く`(` (\ \ 丶、        ____ん''⌒L.こ∨/| ̄ ̄〉ヘ.   /   |│//      ハ
.   \\ \ヽ ̄`  \       \_::::::::::::::::∧ |  レ‐、/  \/ ____|│/      /´|
.     `'ー=ニ丶  ー- ヽ       {/ ::::::::::んし|  /  |   /  \ー─┘      │
          ̄\    ∧     //|:::::::「   |l /   l[/      \\     /   |

「そんな感じですね」

「まあローマ的には実体経済なんて本当は存在しませんけど」

「より重要なのは交易品の人気と供給量の方です」

「ミダスマネーはあくまで交易の媒介物でしかありませんから」

622名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 22:49:07 ID:ETFyjb4A0
ヘリコプターマネーとして全員に100万円配られるなら、影響はあるだろうけど、
生死をさまよって100万円とみるなら全員が挑まないし、挑戦者は全員生きて帰らないからね
誤差だね。生きて帰ってもらって金が還流してもらったほうがいいとは思う

623無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 22:52:35 ID:flyudTas0
>>622
                                  __
                            -―━=ニ::::::::`丶
                         ´::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::\
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::\
                      /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ=-ヘ
                        ,::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::,
                       ,:::::::::::::::::::j::::::::::::::|\ :::::::::::::|::::::::::::|:::::::::,
                   /:::| :::::::::: /|:::::::::: イ⌒ヾ ::::::::|:::::::::::八:::::::,
                     /:::: | :::ィ: ⌒|: | ::: Ν   \:::|:::::::::::::::::\:}
                   /イ::::|::::::|::|.」L八 ::::| 斗ぅ歹了 |:::|:::: |^Y⌒7
                     |:::::|::|: |::| 汽歹\|  `ニ´'" リ :|:::: | |:::´}
                     |:::∧l:人|  ¨´  、    :::::.:./:::::::::: |.丿::フ
                   ::::| |::::∧ :.:::::         /:::/::::::八:/}
                   ヽ| |::::::{ハ    (⌒ヽ '⌒|:::: /:イ::::/
                      |::::::::トゝ     ̄  / |:::/:::::::イ
                      ∨::::|´::::/≧=-     |/>く:ノ
                         V:::|〉:::{ ::::::::::: ム.   /   \
                         /ヘ:∨/⌒:::/〈] /      /ノ>冖冖ァ-、
            r‐            「乂_\:::::::::/ /⌒>、    /´ |│/// ⌒\
.  く`(` (\ \ 丶、        ____ん''⌒L.こ∨/| ̄ ̄〉ヘ.   /   |│//      ハ
.   \\ \ヽ ̄`  \       \_::::::::::::::::∧ |  レ‐、/  \/ ____|│/      /´|
.     `'ー=ニ丶  ー- ヽ       {/ ::::::::::んし|  /  |   /  \ー─┘      │
          ̄\    ∧     //|:::::::「   |l /   l[/      \\     /   |

「無いですよ?」

「ワシズさんが、需要と供給がつりあうギリギリのところまで通貨発行量を調節しているので」

「通貨不足でデフレ不況とかそういうのは無いです」

「言い換えると既に最適化されているので改善は難しいですが」

624無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 22:57:21 ID:flyudTas0
         ____
       /ヽl__l l l l lヽ
     / ニ/´_` ┴ _-ヘ.l
      / ニ/ ___ 二ニu __{
.    l ニ_L` ニニヽ u ∠7
    | {lニll ぇ゚zz'  く゚zzl
   ノ|ノハt-リ u三 r_  |ニ、!l
 __ノ_/`l/ {二二二7/lト
 :::::::::|llllll   \  = /-⊥
 :::::::::|lllll|     \ __/::::::::::::::‐- ._
 :::::::::|lllll|      /llll/::::::::::::::::::::::::;ハ
 :::::::::|llllll      /llll/::::::::::::::::::::::::/:::::|

「本当は金も物もいくらでも増やせるしのう」

「ただで配ると難民(エルドラージ)祭りになるからやらんが」

「真面目に働く気さえあれば、生活にも贅沢にも困らんだけの給料は回るようにしておるぞ?」

625名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:02:27 ID:ETFyjb4A0
そこまで、調整済みだったのか!

626無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:04:24 ID:flyudTas0
>>625

         ,. -─‐-  、
        /./⌒ヽ、   \
.        /,/ ju:、 ij~ \__,. -‐:、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        / ヽ 丶 \ヽij、 ,   li    |
.      ,'/,ニ}.〉 〃\ i ヾニノ, -fr‐ ∠
.     ノ.l ! //、i{  。i!| u /ニ;|l    \_______
   /  ヽ7',ヘ\`ミ=┘''' r。" ̄ラ         __
__,∠-r‐'1  l ト,ヘ、u r v' `ト=彡′      (⊂iト、 }
   i.  |  | ト、`く,ゝ、__ ヽ  :|v/         (⊂iiヽ、''\
    |  ! ヽ.V >、×⊥工エ;ァ'、       (⊂iiヽ、."ゝ、}
    !  ト!  ト.`uく`r-r-r-//'| \      (⊂iiヽ、ゝ、 〉
.   |   N、|、 \ `ニ二´イ/:|   \    ̄\ ヘ ` 〉
  │  | ゞ)):、   ̄´ / / :|     \   /,{  ! 〉
   |    |'´ノノn>>,==イル'  |      ∧ / ′ /

「是清やケインズあたりで既に結論が出ているもんを」

「後世のワシらが生かさんでどうする?」

「歴史心理学も使えば政治力学まで含めたより完全な調整も可能だしのう」

627無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:08:12 ID:flyudTas0
        ________
       /    ::::::    \
     /        :::::::: \
    | :/ ̄ ̄ ̄\__/ ̄\|
    |:| ||||||||||
    |:| __ ||||__|
    |:|  ___ || __|
    |::\   < ・> \ <・ > |
    |/ ̄||  ̄ |  \ ̄  |
    || ℃||  ̄  |   | ̄ |
    |:\ |/    / (   |\ .|
    /:::||  ^   \  |  ||
    /:::| | 田田田田田田田| |
    /::: | |       ▼    |
    /::::| \    ´ /|\  /|
    /:::::|   \____/ :|
   /::/|:|__     |:|
 /::/  |:|__\__  |:|
 ::/   |:|  \__\_|:|
:/    |:|          |:

「・・・まあ最近はステラリス経済になって」

「少々面倒なことになってはおるがのう・・・」

ステラリス経済(宇宙開拓&エネルギー本位制経済)について説明を聞きますか?

628名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:09:45 ID:ETFyjb4A0
聞きたいけど、明日早いので、寝ますw

629名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:11:17 ID:/bgwnpsM0
聞く聞くー
エネルギーと何が本位になっているんだ?

630無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:14:33 ID:flyudTas0
>>628
『お休み!日曜日なのに大変だね。せめてゆっくり眠ってね!』

631無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:17:47 ID:flyudTas0
>>629
         ,. -─‐-  、
        /./⌒ヽ、   \
.        /,/ ju:、 ij~ \__,. -‐:、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        / ヽ 丶 \ヽij、 ,   li    |
.      ,'/,ニ}.〉 〃\ i ヾニノ, -fr‐ ∠
.     ノ.l ! //、i{  。i!| u /ニ;|l    \_______
   /  ヽ7',ヘ\`ミ=┘''' r。" ̄ラ         __
__,∠-r‐'1  l ト,ヘ、u r v' `ト=彡′      (⊂iト、 }
   i.  |  | ト、`く,ゝ、__ ヽ  :|v/         (⊂iiヽ、''\
    |  ! ヽ.V >、×⊥工エ;ァ'、       (⊂iiヽ、."ゝ、}
    !  ト!  ト.`uく`r-r-r-//'| \      (⊂iiヽ、ゝ、 〉
.   |   N、|、 \ `ニ二´イ/:|   \    ̄\ ヘ ` 〉
  │  | ゞ)):、   ̄´ / / :|     \   /,{  ! 〉
   |    |'´ノノn>>,==イル'  |      ∧ / ′ /

「まず端的な例を示そう」

種族特性
倹約:種族的に消費を抑える習性がある。
浪費:種族的に野放図な消費を行う習性がある。

「ステラリスでは種族ごとの長所・短所を選択することができる」

「倹約と浪費はその代表例じゃ」

「では、倹約と浪費、どちらが長所でどちらが短所じゃと思う?」

632名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:23:12 ID:/bgwnpsM0
ミクロだと倹約が長所で浪費が短所なのだろうけど、
惑星単位だとマクロ的だろうし
浪費だと経済の活性化で長所、倹約だと"無駄"なことしないから研究力落ちそう

633無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:30:02 ID:flyudTas0
>>632
         ____
       /ヽl__l l l l lヽ
     / ニ/´_` ┴ _-ヘ.l
      / ニ/ ___ 二ニu __{
.    l ニ_L` ニニヽ u ∠7
    | {lニll ぇ゚zz'  く゚zzl
   ノ|ノハt-リ u三 r_  |ニ、!l
 __ノ_/`l/ {二二二7/lト
 :::::::::|llllll   \  = /-⊥
 :::::::::|lllll|     \ __/::::::::::::::‐- ._
 :::::::::|lllll|      /llll/::::::::::::::::::::::::;ハ
 :::::::::|llllll      /llll/::::::::::::::::::::::::/:::::|

「そう!それは正しい!」

「「グローバル」な国家ではそうなる」

「個人レベルの財布なら倹約家の方が良さそうに思えるが」

「国民全員倹約家じゃと消費が滞って供給過剰需要不足に陥り、デフレ不況になるわけじゃ」

「むしろ、供給を担保できるなら、浪費は好景気を生み出す長所!」

「・・・が、ステラリスでは違う!」

「一周回ってステラリスでは」

「倹約が長所で浪費が短所になっておる!」

「・・・何かが変じゃろ?」

「単一惑星経済と、ステラリス経済では何かが根本的に異なっておるわけじゃ」

634名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:31:23 ID:Z.QQJYEo0
資源(ハンマー)
を国があらかた使っているからでは?

635名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:33:41 ID:piPNIHrY0
ああ、エネルギー通貨、つまりはエネルギー本位制だっけか。
ある程度は自力で作り出せるけど、管理通貨制度ではないんだな。

636名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:36:50 ID:/bgwnpsM0
つまり、浪費すると資源だけでなくて通貨流通量も消費しちゃうのか

637無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:37:11 ID:flyudTas0
>>634
          ,.. -─ '''''' ─- .、,
          /,.、,_ヽヽl l / /_,. 、ヽ
        / / -、`''ー─'''´,. - ', ',
       / / ``ヽニー_ ‐_',ノ´´ ', ',
       /‐;‐==、、,,_ 、..__.  _,,、、==‐;‐',
.      i l,   ___``   "´___   .,! li
     f⌒ll _.._-‐。-、 i i ,r‐。‐-_.._ ll⌒i
.     !(`!| ヾ三≡" | | `≡三'" !l´)!
       ', `lj ,r '_,ノ  | |  '、._ー 、 lj"/
      / |ゝ''l, /´  r_ | | _ッ  ヽ ,!'"i\
    /  ! i. l, ゞ=ェェェ三ェェェ='″,!i ,'  \
  ∠-'''"! i  il,    __    ,! /l,``'''- 、_
'"´    / |  i ! \   ニニ   /,'// l,    `
    /  |   ト、 \ ' ' ` / ,! '/  l,
    /   l  | r\   ̄ ̄  ,イ.//    l
    \  リ, l 、))r\_ _/レノ/   /
    /   |ヘヘ、\ゝ))r ||、ノr) 〃 |   \

「然り!」

「金・・・と言うと抽象的で逆にわからんじゃろうから」

「あえて供給側で考えるとしよう」



「例えばコンクリートは高速道路等のインフラを建設するのにも使えるし」

「個々人の家を建てるためにも使える」

「このとき、もしインフラ需要が大量に発生して」

「コンクリートの供給量を上回ったらどうなると思う?」

例:コンクリートの生産量が100である時、高速道路建設でコンクリートが200必要になった場合

「住宅に回す分は残るかの?」


「あるいは住宅需要が大量に発生したら、インフラに回す分は残るかの?」

例:コンクリートの生産量が100である時、住宅建設でコンクリートが200必要になった場合

638名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:39:32 ID:TJ5E2kHc0
残らないね・・・なるほど、倹約ってそういう所を倹約してるのか
根本的に意味が違ってるなぁ

639名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:42:45 ID:IpYWn74E0
資源が重要なのかな?

640名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:44:12 ID:IpYWn74E0
足りなくなるな。

641名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:46:37 ID:/bgwnpsM0
残らないから、ここでの取り合いで有利になる倹約が長所になるのね

642無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:47:11 ID:flyudTas0
>>638
       ,.、  ,               、  )      _
        ヽ、 ヽ       _        丿ィ´     ///
         ヾ;,、\  ,ィ尨洲洲炙≧、/;;ィ'   ノ   // ′
          ヾミ气ィゞ洲洲洲洲洲犾く´-‐..ニ゙ィ" //′
      、     `ヽ,'ミ翅洲洲洲洲洲尨}彡=‐´  //゚
      ゙ー-=ニ三ミ{豸ト、゙ヾ翅洲洲尨彡!}/    //
     -―=、   ,-翅ゞ \、  ̄  ,/ jハィ;;ニ=‐.//
       ヽ ヾミ三、ヘミ  、_ ヾt /∠ _, !'゙}´  //
         `ヽ._ム゙ミ    ̄"! i`` ̄ ,゙イニ=-//,ィ=====、                   音楽は―――貴族階級のたしなみよ!!
        ___ノ炙ト  ,-‐ィ_ ! |_r、  ,"‐'''´ //〃: : : : : : ヽ. _  __
       ´  ー―彡ハヽ ヘー_- ニォィ`゙/⌒}ハ//ノ': : .: : : : : :. :( V , ゚, _
        ,.==―‐イ、ー、`.二二´ ィ≦辷゚//ニニニニニニニ「ヽニ{ マ  }-‐{_}  _
        (  / ,ィ/| ヽ. ヽ.___/ィ圭|ニ。//三三三三 「ヽ ヽj  ゙} ヾニヽ\{_}三ミ:.
       ,.-‐━< / .|   >< (ィ⌒: :ー//: :,,: : : : : : : } ゙、 `ヽ ヽ }:\ヾ=o:ヽ.リ
      {      /  |/l!ゞ=-::〃: : : :.//=≠: : : : : : : : :ヽ ヽ  Y l{ /{_}、`: : : : ノ
      | .       >   |、〉=く {! : : (’'/ィ=、: : : : : : : :〃〈  ヾ   ;!    ̄ ̄
      |     「    .|y゙:::i!::ハ:.: :_//: : :,-《:_: : : : /': : :入     ;!
      ゝ.    {    !|: :::!:/ `マ//:_:_ノ  ヽ:_:_: : : : :/  ゙、ミ   ,{
      ハ    、    ! !::::/  i //    ヽ  |  ̄ ´ __.ィ iト、-‐  }、
      _! ヽ    ゙、   l ∨  //      ヾ.|  <_ノ ゞ、 ̄`ー'、}
     ノ√二ヽ   ゙、  | ,┴'⌒ー- 、_     ゙|  ,'⌒ "    \ /l!
    /  ム ヽ!    ゙、 r‐' ー‐⌒ー=、_)     | /         \j{
   ' ノ} ,ニ、 ム    r' `ー-=ニ二ー、__)  、___L.′         ,/
  /'´≦-‐-、,ニヽム、  {゙  ヽ.____ ̄`)      ヽ         ノ′
 ノ '´ /     二>j゛= ー、_`ヽ!  ̄   ー――,}       /
/  〃       /   /!    ノ>、)l!   _,, ‐‐" ヽ、     /
{/  ′      {   !ヽ___ノ!  ヽ l!       / >--‐ ’

「じゃろう?」

「従って、国家が物凄く大量のインフラを整備するなら(そしてそこまでの動員力を中央政府が持つなら)、国民個々人の消費活動(この場合でいえば住宅建設)は邪魔になるわけじゃ」

「例えば共産主義国家ではそうして個々人の消費を押さえつける傾向になるのう」

「では、ステラリス銀河における宇宙開発や、異星人に備えた軍拡は」

「【物凄く大量のインフラ】にはならんかの?」

643無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:49:09 ID:flyudTas0
>>639

         / /⌒`ヽ、        \
        / /       \ぃv    /ハ、
.        / /     ―-   _`ー ⊥!ノ'´ ぃ
      ,′ヽ、       、  、`ー ..__,,. - !l
      ,′ 、冫  ``ヾミヽ、ヽ `ー-- ___  !
.      レ¬`7    -―- ヽヘ丶  / _,,..__ 〉
     | /-l 7   '" ̄ ぅ 、 ゙v   ∠二_` /
      /!:l_|7  、 , `,ー;-ァ-ァ  〈'"¨ぅヽ /
    / ぃ |、l  ,、 `ー-'- ‐'    i ヽー;‐' /
  /| `1、! /, ‐- .._  ノ     | /ー'‐゙〃
_/   |  l丨 l l r7、___ ̄ 'こ.、  ! /_-、 /′
′  ,|  ||  !ヘ十┼_匸T‐tヘ  ハ. リ/
  /:::|   l !    `ー- .∟[_丁TYァ/ ,ハ
イ:::::::::|  | \    、    ` ̄´  / l l
::::!::::::::|  l   | \   ` ー一   , イ | !
::::::!::::::|  |   |:\ \  〃ハヽ .イ´|l| ト、_ヽ
::::::::、::::!   !   |::::{!\ \__,ィ_´イ:| !| |:::i:`ヽ、
:::::::::へ|      |:ブ^ヽ`ヽr'´_x-、_:| ! | |::::!:::::.:. `丶、
:::::::i:::::::|     li |::::::{へ_):|ハヘ}:::::::| l   |:::j:.:.::::.:.:.:.:.: :`丶、

「そうなる」

「より正確には」

「【物凄く大量の資源を消費する大規模インフラ整備が必要になる】」

「そこが重要なのじゃ」

「資源の使い道が無いのに資源だけあっても意味が無いからのう」

644名無し-Red-市民-2:2017/09/09(土) 23:50:07 ID:TJ5E2kHc0
移民船のコストとか見ても大量のインフラですよね・・・
つまり銀河移民活動には国家総動員の共産化みたいになっちゃうのかな

645無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:51:03 ID:flyudTas0
>>641
                         〃         〃
                            〃        〃
               ___      〃  r「「「`ヽ〃
            ,. ´、__ ,  `ヽ   {ニニニヽヽ〉〉ニ{@)
            .ヘ ー /`ヽ.ィ i   〃   `ヽ. ) 〃「
             lr‐ミ〃r‐く. |  l   〃    .r┴‐〃」
             | ー゚r'' ゚ー |,「)! 〃     |:::::::〃:::|
             トェェレェェヽ|  l 〃___,. -'.:::::〃:::::|
            トェェェェュノ' j  l〃:::::::::::::/::::::::::〃:::::::|
          /::ヽ 二   ..イ  {ニニニニニニ{@)::::ノ
         /::::::/ル'ノトrイル'::::〃:::::::::::::::r-― 〃"´
.        /.::`ヽ:L「爪|」77/.::〃」:::::::::::::::|  〃
       |.::::::::::|::「:::|イ川/.::〃フ.::::::::::::::::j 〃
       |:::::::::::|::ヽ:j介7:::〃イ.:::::::::::::::::/ 〃
       |:::::::ヽL:::::ヽ7::〃ノ^ヽヘヘ::::/ 〃
       |::::::::::::::: ̄ ̄{ニニニ)ノノノニニ{@)
    ,..-―‐^ヽ:::::::::::::::::::〃..ゝ--=ィ´:::::〃
 ,...::::::::::::::::::::::::>‐―-〃辷辷フ'':::::::〃

「然り!」

「倹約家ということは、中央政府が国民の消費活動を押さえつけやすいということ!」

「その分インフラに回せるコンクリートは増える!」

「共産主義的に、中央政府主導で大規模インフラ整備を行うなら」

「それは長所となるわけじゃ!」

646無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/09(土) 23:57:18 ID:flyudTas0
>>644
        ________
       /    ::::::    \
     /        :::::::: \
    | :/ ̄ ̄ ̄\__/ ̄\|
    |:| ||||||||||
    |:| __ ||||__|
    |:|  ___ || __|
    |::\   < ・> \ <・ > |
    |/ ̄||  ̄ |  \ ̄  |
    || ℃||  ̄  |   | ̄ |
    |:\ |/    / (   |\ .|
    /:::||  ^   \  |  ||
    /:::| | 田田田田田田田| |
    /::: | |       ▼    |
    /::::| \    ´ /|\  /|
    /:::::|   \____/ :|
   /::/|:|__     |:|
 /::/  |:|__\__  |:|
 ::/   |:|  \__\_|:|
:/    |:|          |:

「じゃろう?」

「他にも宇宙空間に鉱山建てたり研究ステーション建てたり」

「移民先の惑星でも邪魔な森林や野生動物を焼いたり」

「山脈や火山を除去したり」

ステラリス文明はBETAか?!

「発電所を建てたり鉱山を建てたり研究所を建てたり農場を建てたりしなければならんしのう」

「これで国家主導で開拓していくとなると」

「共産主義的に成らざるを得ないじゃろ?」

647名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 00:04:58 ID:uNK2ojfQ0
つまり自由経済で大量消費とかやってるけど大部分のリソースは国が抑えて使ってて
個人消費などは誤差の範囲に押さえ込まれてるのか
だから金じゃなくてエネルギーが通貨になってるってことか

648無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 00:05:52 ID:CX9aPJ/E0

          ,. ‐''ミ゙「「「「「「゙〃ァ;、
            ,.' '⌒ヾミ_i|l il|j_リノ⌒ヾ;、
         // ijv - 、  ̄..::::,:::-:::::::::i.i
          ,'テ==:- 、:::`:ー:'´:,: -:==キ|
.         i l ::ニ二`ヽヽ.:::ij~//二ニu:l l
        |{. 、ー== 、ヽ!! lレ ,'´== ァ }|
      r'ニl.|. ヽ、 °>,‐:_く ° ,〃 |lニヽ
       |.に|| ijヾミ≡彡'l :l::ヾ≡彡'ノ ||こ!|
.        l しl|. ,ニ二ノ ::l !:vヽニ二、|し'ノ
.      `゙T.l , --、 〈. | | ノ ,. -- 、.lT´
    _.. -‐''7|l l |l⊥⊥エ`トイエ⊥⊥l」 l |ヾ'ー- .._
‐:''": : : : :_:/.:.|li lヽL⊥-┴┴┴-⊥レ' l.l| : ヽ:_: : : : `:'‐-
_.: :-‐ ':": /.: :.||i ト、::v.  ー‐一   ,.ィ|i.l: : : :l: :`:''‐- : :_
.:.: : :.: :.: :,': :.:.:.:l l||i `ト 、_   v _,..イ l|i リ:..:.:.:.:.|: :.: :.: :.: :.
.::.::.:.:.:::.:.:i::.::.: :.:.トi| |iト、_   ̄  _,l iリ./|:.: :.::.::.|:.::.::.::.:.::.:.
:::::::::::::::::|:::::::::::: | ヾト、|`:-ニ.Y,ニ-:ノイ/ |:::::::::::::|:::::::::::::::::

「中央政府が物質を生産し、中央政府が物資を消費する」

「ある意味自給自足の経済だから、中央政府の外部に消費者を求める必要が無い」

「従って国民は労働力としては期待されても、消費者としては期待されていない。むしろ邪魔」

「極論すれば、働いて物資を生産するだけで何も消費しない奴隷であれ、というわけじゃ」

実際ステラリス銀河では奴隷制があるし、しかも効率が良かったりするw

アメリカでは奴隷は消費者にならないので奴隷解放が起こったわけだが、

ステラリス銀河ではその逆で、奴隷は消費者にならないからこそ奴隷制が逆に復活してしまっているのだ!

「こうなると、ワシら商人の出番は無い。共産主義国家に資本主義は入り込めないじゃろ?」

649無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 00:09:54 ID:CX9aPJ/E0
>>647
         ____
       /ヽl__l l l l lヽ
     / ニ/´_` ┴ _-ヘ.l
      / ニ/ ___ 二ニu __{
.    l ニ_L` ニニヽ u ∠7
    | {lニll ぇ゚zz'  く゚zzl
   ノ|ノハt-リ u三 r_  |ニ、!l
 __ノ_/`l/ {二二二7/lト
 :::::::::|llllll   \  = /-⊥
 :::::::::|lllll|     \ __/::::::::::::::‐- ._
 :::::::::|lllll|      /llll/::::::::::::::::::::::::;ハ
 :::::::::|llllll      /llll/::::::::::::::::::::::::/:::::|

「そういうことじゃの」

「まあより重要で本質的なのは」

「大規模宇宙開発によって共産主義的になっているという点で」

「エネルギー本位制については副次的ではあるがの」

650名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 00:14:45 ID:ErRBueJ60
大量すぎる消費のせいで限りある資源を有効活用しようと思ったら
企業活動による個人消費は邪魔以外の何物でもないからね、仕方ないね

651名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 00:18:47 ID:qbFbUGio0
戦時と平時で消費財消費が変わらないということは常に総力戦体制か……

652無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 00:21:29 ID:CX9aPJ/E0
                ,. - ‐ -  、
             ,   ´: : : : : : : : : :>ー-
          , ィ: : : /: : : : : : : : : : : : : : : \
        ,  ´′: : : : : /: : : : : : /: : : : : : : :ヽ
      / ,ィ′: : : /: :/: : : : : : ,ィ: : : : : : j!: : : : :
     / / /: : : : /: :/: : : : ー-/: : : :/ : ハ: : : : :ハ
    {  {! ,′: : : :{:イ : : / ´_ イ: : : :ィ: /__i: : : ! : i
       乂: : : : : : 从 : iイ示トメl: :/ソ ´ ̄ | : : |: : |
       / イ: : : : : : ル: :|  ̄` レ / rテt-、!: : :i: : :ト
    _ノ,ィ: : : : : : : : : : i{        i `ー′'j: : 八: :|
      ′i{: : : : : : : : : :ハ        ′   /レ: : : :lヽ、
       {ヽ: : : : : : : : :|   ー-  _     /: : : : : :i
         Ⅶ: : : : : ハト          ノ: : : : : : リ
            }从リハj ヽ ` 、  _, <: : : : : : :イノ
     __   /{. . ' \ニュ__-jレ ィ --{: : ィリ: //
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`}:.:!. . . . . .Y . Y: : : : : : /v///
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:{. . . . . . j、, イ. . . . . /、 ′
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ハ._. . . ´ムハ. . . . .i:.:.> .,_
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:ヽ/:{ Y! ヽ` y_j:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ゝ:.:.:.:.:.∧ l , トー':.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:リ:.:.:\:.:.:.:.\ V:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
    i:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.、 y:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:/:.:.:.|,
    ∨:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:.|
      ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.i
     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.∧
      Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:ハ
       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.∧

「エネルギー本位制(電気本位制)については」

「まあ実の所僕らは似たものを良く知っている」

「【魔力本位制】だ」

「電気も魔力も汎用性の高いエネルギーだからね」

「紙幣や金貨と違って、商取引に使わなくてもそれ自体に利用価値があるものを通貨として利用しているわけだ」



「加えて言えばステラリス銀河の場合、国家によって個人消費が押さえつけられているから」

「おそらく電気消費も締め付けを食らっているんだろう。」

「その中で個々人にとっては「貴重」になった電気は、みんなが欲しがるわけで、貨幣として使えてしまったわけさ」

653無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 00:22:56 ID:CX9aPJ/E0
>>650
>>651

          .  ´:::::: ̄  ̄::   .
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     . ' ::::::::::::::::::/::::::::::::/::{:::、:::::::::::::::::::: ヽ
     /:::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::∧: \:::::::::::::ヽ::::: .
    从:::::::::::::::::.' ::::::::::_/_:/_ \:::ヽ:: !:::::::i::::::: .
.   /:::::::::::::::::::: l:i :::: ´:l:::/    ヽナ::ト、::}::::::iハ
  /::::/:::::::::::::::: |:l:::::::::::l/テ〒        |::リ::::::ト.:i
 ノ::::/:::::::::i::::i⌒|:l:::::::::《ir必リ    ==ル'i:::::::|:::|
 イ::/! ::::::: l:从 (.!;l::::::::::l:|"""    . ""リ:::l:::::::|:::|
 ル'ハ:: :::::j:::::::ヾ|:l::::::::::l:|        .イ:::::l::::_リ,ィ( 二二二二二二二二ヒ二二二
  __\::ハ:::::i.::从 ::::::从  ー一 /リ.ィ升幵| ー─く.   ┌r 、圭圭圭圭圭圭
/´: : : : : /.ヽNル'}::::ル:人 >  - イリ/圭幵幵j__ ノ ○「 | | i.圭圭圭圭圭圭
.  ,ィ升幵幵幵幵幵幵幵ヌ´ ̄ ` ー─rく⌒Y}´ ̄ ̄ ̄ /从 :  } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/ 幵幵幵幵幵幵幵ヲ´   ´ ̄メ  ̄入 __ノノ      .ノ    /
幵幵幵幵幵幵幵ヲ'     ___ヌ: : >-: :く      「: : :`ヽ/
幵ヲ'´ ̄ ̄ ̄ ̄     ,ィ´: : : : : : :: : : : : : :> --./: : : : : : 〉

「そうだね」

・欲しがりません勝つまでは!

・贅沢は敵だ!

「が常態化してしまってるわけだ」

尚、佐々木ローマは共産主義で魔力本位制(≒エネルギー本位制)なので実は・・・

654名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 00:33:54 ID:uNK2ojfQ0
ローマもステラリスと同じかw
この辺は幻覚惑星とか無限エネルギーでまた変わるんだろうけど

655無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 00:34:53 ID:CX9aPJ/E0
              . へ _
                ノ: : : : : : : : : :0o。.
           イ: : : : : : : : : : : : : : : \
_____ .. イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : >    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨  ・ 、j
γ⌒ヽ_ ノ:ノ                  \     _
匁_ ..人: : : :/      , .―~^ー .._         :.  .|! 〕⌒)
      ソ    rチi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/{i:i:f:~、    〕  |! ん ∧
      /   ,ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ 'i:i:i:i:i:i:i:ミ.  _, イ{   } /
     {  .イ:i:|!i:i:i:i:i:i:i:i⌒ヽi:i:i:i:i:i/ ,.::マf:i:ミi:i|i:ム人ヽ ju   く
     \{i:i:/i:i:i:i:i:|!i:i:/i:i:i:i:i:i彡"    ヾi:i:i:i:|i:i:i| <_) _ノ ̄ ’.
        /i:/i:i|i:i:i:i:|i:佐サキ^'        \i|i:i:i|ム ⌒ヽ
     /i:ィi:i:小i:i:ムj弋__.ソ      佐サキ }:!i:i:li:i>- .     〟
    ./i/i|i:i:i:|i:iハi:≦ ::::::.    .  弋__.ソ_.ノi:i:i:/:i:j    :.
    /i:i{i:i:|i:i:i:i:i:iム.j        ′  .:::::/i:i:i:i:i/i:i:i:}     ,
.   {/{i{i:i:|!i:i:i:i:i:i:i从     r~,   {i:i:i:〃i:i:i:i{    :l  :.
     Ⅶヾi:i:i:i:i:i〃i:i:> .     ¨   ノi:i:/i:/i:i:i:i:/    |  ,
       〝ミ^^γ⌒ 人> ― ィ≦i:/i:/〕i:i/
           _ノ     ~~ミ  _ .j-  ヽ{i/            :.
    γ  ̄: : : :^~ _      〕     }.、.-― -  _ /   :〟
    ./: : : : : : : : : : : : :ミぇ_  人 _ ,ぇチ: : : : : : : : : /⌒” ̄ :.
    ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : } γ⌒ヽ: : : : :{/: : : :/     _:。
  厂: : : : : : : : }: :/: : : : : : : : } .   .j: : : : : ゚。: : :〔    /     ゚ .
 ノ: : : : : : : : : : :,/ : : : : : : : : : } >‐彡: : : : : : ゚。: : :}   }           |
"  ̄  ー - :/: : : : : : : : : : : }    { : : : : : : ゚。 {    、
         ヽ : : : : : : : : : : : } γ⌒ヽ: : : : : : : 。 : 、    ー― ┬   彡

「こうしたステラリス経済に対して、需要と供給がどうとか、不況がインフレがデフレが、と言ってもあまり意味が無い」

「いや勿論、物質の生産も消費もある。けど」

「国家が物資を生産して消費するだけの自給自足。」

「良くも悪くも国家の計画通りにしか経済が動かない。まさしく計画経済だ。」

「仮に「需要不足供給過剰(デフレ)」になっても、物質の生産を抑えるか、ストックしておけば済むだけのこと」

「資本主義と違って、供給過剰になっても不良在庫を抱えて倒産する恐れはない」

「仮に「需要過剰供給不足(インフレ)」になっても、インフラ整備を必要量諦めればよいだけ」

「バブルでみんな浮かれたり、バブル崩壊で一気にデフレ不況なんてオチは起こらない」

「仮に資本主義経済が生き残っていたにしても」

「電気本位制だから、是清・ケインズ式の通貨発行量の調節がやりにくい。通貨(電気)を減らすのは簡単だけど、おいそれとは増やせないからね」

「強いて言えばひたすら発電量(通貨発行量)を増やせばみんな幸せになれるとかそんな感じの超単純な経済になるだろう。通貨単体で価値があるから、インフレにはなりにくいしね。」



「ワシズにはかわいそうだけど、こうしたステラリス経済(宇宙開発&電気本位制経済)に管理局は近づきつつある」

656無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 00:40:14 ID:CX9aPJ/E0
>>654
             . ─‐…─‐ ミ
          __ .イ:.:.:∠二二二二\:.:.:\
        f/:.:./:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:{ ̄ 〉
       イ:./:.::':.:.:.:/ :|:.l:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ /、
      .//:.:':.:. |:.X/  |ハ:.:.:l\:.:.:.:ノ:.:.:.:.:「.ハ
     〈/:.:.|:.:.:.:N/`ー   \l 一<:.:.:ハ/| l }:!
     /:イ:.:!:.:.:ハ. ===     === ∨:.:.:.:| |/:|
        |:.:|:.:.':.:|    ′      |:.:.:.:.:|_l:.:.|
       ./l:ハ/:八     - 、       |:.:.:.:.:|:.:.: |
      /:.:!:.:/.:.:.:.:.:..、   "       イ:.:.:.:.:从:/|
      .{:.:.:|:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ       イ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:|
      Ⅵ|:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=-≦ /:.:.:/: イ:.:.:./リ
       ヽlイi:i ̄: ̄: ノ      {:.:./{/: : :〕i:ト.
        ./ |:i:i: : : : :/ー___ --∨: : : :/i/: /ハ
       /  :|:i:i: : : : i´    \/ : : : /i/: /  }
      ./   V∧: : :.|      / : : : /i// ̄ ̄`ヽ
     /⌒ _V∧: :.|     ./ : : : /i/〈   団 長 ゚,
    ./  f´  \i: :>──‐ミ===く⌒ヽ 厂 ̄ ̄ト }
   /   たー─<        |: :i:i: :|/⌒ ー   !/
    {  /            |: :i:i: :|         /

「問題は「時間」「速度」ね」

「勿論、幻覚惑星・幻覚恒星系で資源やエネルギーはとり放題」

「でも、採掘や加工には時間がかかるのよ」

「だから、無尽蔵ではあっても瞬間的に無限の物資を供給できるわけじゃないの」

「どんなに大きなダムでも、蛇口から一度に引き出せる水の量は有限でしょう?それと同じ」

「そして今回、他文明や機械帝国と開拓ラッシュ速度比べになってるわけで・・・」

657名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 00:51:34 ID:ErRBueJ60
山火事を家庭用水道とホースで消火するような焼け石に水感やな

658名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 00:55:33 ID:15TMkMiE0
エネルギー本位制なら、どこの国もそのうち次元力を求めるようになるな。
無限力はギアスロウで封じたし。

659無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 00:57:19 ID:CX9aPJ/E0
>>657
                        . .-―- 、. .-―- . . 、
                . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/:/⌒
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{/.:.:,ィ⌒ヽ
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:////.:./.:.{ r―`ヾ`ヽ
               , : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「 ̄`灯/.:.//__乂二二}}Y))
           // 〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /辷彡イ.:.:.:.ム〈.:.:.:.:`ヾ乂_リ//
             // /.:.:./.:.:.:.:./: /,ィ⌒V.:.:.:.:.:.//.:.:\-=イ}YYイ/ヘ
         // /.:.:./.:.:.:.:./: / //辷 /.:.:.:.:.:///ー=彡ノ// 小: }
           // /.:.:./.:.:.:.:./.:.:.∨/∧,/.:.:.:.:.:/ ′ィ气y }  /:/  /
.          {八/.:.イ.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.∨//.:.:.:.:.:.ハ   ,ムイ  イi/'  /
       ____{:.:{ |.:.:.:.:.:i.:i.:.:.:.:.:.|:i/|.:.:.:.:.:.l|    `´ /.:.:.:{ヽ /
    / ̄ ̄`ヽ: | |.:.:.:.:.:|.:|:i.:.:.:. |:| :|.:.:.:.i :l|     (.:.|.:.:./ ./
   /       ‘,乂 :ヽ|.:|:|.:.i.:.:|:| :|.:.:.:.| :.l  - 、┌‐'.!イ/
/⌒ー―-    ‘,: :)八从.:|.:.:|:!/|.:.:.:.lヽi //八:.:.:|
            ‘, : || /: : i\从:从.:.:|: /7/  /レ´
                ;: || : : : |ー./乂小:.:|// ' /
             丿|: :|| : : : |ニニ|: :/从'/
           /  |: :|| : : : |   :l:///
-=ニT丁 ̄ ../    : :|| : : : |  /: :〃
  |           |: :|| : : : | ,/ ://
   l          |: :|| : : : |fj : //
ヽ/!            ;: ヽ: : : /: ://
   {          ヽ: : ヽY: ://
          ____\j/_/
`ー―=ミ、    \ニニ芥ヘ}

「そうね。無限のダムにつながっていても、ホースで消火するのは難しいでしょう?」

「その点において、技術力や国力は高くても私やオリコは不利なのよね」

「民主主義国家で、国民に不便な生活を強いてまで国土拡張に全振りしたりしたら選挙で落ちるし」

「オリコにしても、民衆からの支持率を完全に無視できるわけじゃないし」

「歴史心理学の支配は主に欲望に基づくもの。不便な生活を飲み込ませるのは不得意よ」

「むしろ、デフォルトで生活レベルが低い国や」

「人権思想が希薄で奴隷制とかある国の方が有利ね」

660無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 00:58:40 ID:CX9aPJ/E0
>>658
                  . -─…─‐ -ミ
            .ィ/ -===== ミ:.:.:.:.:.:.:\
         ./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /:.:.:./:. イ:. |:.:.:.:.:. |:.:.:.!:.:.:l:.:.:、:.:.:.:.:.:゚,
       「.イ:.: :._/_|:.:!|:.ハ:.:.:廾l:.ト!:.|:.:.:.| ̄ヽ:.:ハ
.         /:/|:.:.l:./ |/ レ ∨  V |:.:.:.| ヽノ.:.:.:.
       .':.:.〉|:.:.l:. 芹示    ィif示ヽ:.:.: |__ハ:.:.:.:.:.!
      ,:.:.//|:.:.l:.} 辷リ     辷リ ハ:.:.:.| Y|:.\:.:|
       i:.イ l:.|:.:.:.:|   ′      /:.:.:.:. |.ノ.|:.:.: Ⅵ
       l:.:ト」:.|:.:.:.:..、  ⌒    /:.:l:.:.:.:.|:.l_|:.:.:.:.: !
       |:.ハ:.l:.:.:.l:.:.\      .':.:/|:.:.:.:从:.:.:.:.:.:. !
       l′ :!:.:.ハ:.:.:.:.:〕ト -- i:./ :l:./:.:/:.:.:/l:.:リ
        .|:/l }:.:.:.:/:.:ハ  " /}!:.:.:/l:.:イ :/
            .ノイ:./イ:/     /: l:.ィ: \
          .イ:i:i: : : : /`  --/ : : : : : / ヽ
        ′|:i:i: : : /⌒`ー‐ /: : : : :/: :/ハ
          | ハi:i: : /⌒`ー‐ /: : : : :/i/ イ   !
          | , : i:i : ′   /: : : : :/i/´    :|
     /`VヽⅥ: i:i: l     /: : : : :/i/      :|
    ./^ヽ} }ハ: !l :{    .厶---く イ 、      }
    {⌒ヾ! {  ヾiト| m /--    ヽ \     !

「エネルギーはエネルギーでも」

「電気ってよりは魔力ね」

「多分、魔力本位制的なものに移行していくんじゃない?」

「ミダスマネーも、魔力兌換紙幣的な位置づけになりそう」

661名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 01:01:36 ID:15TMkMiE0
まあ、魔力を産み出す次元力もありますし…。
宝石剣とか獅子の心臓とか。

662名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 01:04:13 ID:uNK2ojfQ0
ミダスマネーはちっひのお陰で普通じゃ買えないものも買えるから
駆逐されることは無いだろうとはいえ地位の低下が迫ってきてるな

663無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 01:06:16 ID:CX9aPJ/E0
>>661

              ____
.          ,,..:::´:::::::::::::::,:`:..、
         /::r´::,ィ:/ヽ:/:::::ヽ::ヽ-..ミ
.        /:::::/:/´:::::::::::::::::::/ii:::::::::、-、',
        ,:::::::i:::':::::::::::::::::::::/ __}:::::::::ヽ `
.       ,:::::::l::i::l:::::::::::::::::/ゞ、/:i:::::::i、:ゝ,,
       ,:::f´i:::l::l::::::/:::/  イヽl:::::リ ー′
       ,.::::ヽl:::i/ヽ/ イノ  ● /:,イ/
      _,ィ≦ニ':::::i、  、_,、_,   ィ'イ .i′
.      /`7-r'::::rヘ`ー- .r-、':::::}ヽ_
    ,.:':::/......):::::)`.r,==r,. i《》ヽi、 ̄
.   /ィ::::{...........ゞ、j.....∧)/ . ヽ. . .l..}
   i'{::/∧≧7ヽ...../r=ミ、__ノ`ーイノ
   /..../、__フ'/ . . . . ∧. . .',. . . .i.{
    {.....i . . . /ニニニニ{r、}ニニ} . . l...ヽ

「宝石剣も蛇口の限界あるわよ?」

だから無限魔力を持つ黒桜と、平行世界から無限に魔力をくみ出せる宝石剣凛で拮抗が起こったわけだ。

「獅子の心臓は真実無限熱量だけど・・・それはそれで逆に安全性考えるとまずいし・・・」

664無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 01:08:38 ID:CX9aPJ/E0
>>662
                _,.  -―‐-
         ,r==::;_::::::::、::::::::::::::::`ヽ、
         /::::::::::::::`ヾ:::::::゙:;:::::::::::::::::::丶
        /::::::::::;i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
     _厶イ::::/:l::::::::;:::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::.
      /:::::/| ::|:::::::i:::..i:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::i
     (::::::::::{ { .::|:::::::|::..j::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::!
      ',::::::::| ‘,|1::::|!:λ:::::::‘,::::::::::::::::::::::}
      ',:::::リ  リ' {:::::リi::::ゝ、;::::ヽ:::::::::::::::::::;'
      ',:i    }::::ソ::::::::::::ノ个::::::::::::::::::;'
       j人  ノ;ィ´.::__;/:::::{:::::::::::::::::.丨
          个: 。 /´'i ‘,:::::::‘,:::::::::::::..}
           ′  ~ _」 _ヽ、.::::::;ゞ、::::::::.ノ!
            , '⌒ ̄ ``ー-==¨''⌒ヽ;:イ::l
        ,/   ',      ` ¦   | }::j
         〃     }  ,     |   |}'
         {     ;'  ノ      |   リ
        .'    / /       :    |!
       |   ,:" ′            |
        |   {         .    i
       }   ∧          i
       ,'   i.:: ゝ、      |
      .    }'.:  \トァー    |   :}
      |  /.::: '´ ̄        }  ,〈

「そうなんですが、多分放っておくと」

「中央政府だけがお客さんとかになりそうなんですよね・・・」

個々人が消費できないとなると、国家が消費者となるだろう?

665名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 01:14:40 ID:uNK2ojfQ0
ステラリス経済になるとボウケンジャーの戦利品も政府が一律買い上げとかになる可能性があるのか
試練部としては受け入れがたい未来だし独立ギルドでも作っておくべきか?

666無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 01:21:33 ID:CX9aPJ/E0
>>665
         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' i -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    i  i.ト ●    ● ! !ノ、i i
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 i
.  /⌒ヽi;!l|ヘ  ゝ._)   j ! /⌒i /
  \ /゙:::゙-~>,、 __, イァ/  /,'
     ゙、:::::::|>,、,、,、,、,、<|{ヘ、_∧
     `゙i ,:::::::::::::::::::::::リヾ::::ノ

「そこは大丈夫だよ?」

「ボウケンジャーの活動拠点は主にミッドだし」

「ミッドは機械帝国ポップ以前から、拡張どころじゃないし」


「・・・ああ、そういえばロバートさん方式の経済支配システムとかもあったか」

「聞く?」

667無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 01:25:55 ID:CX9aPJ/E0
>>665
『物と金の流れとしてはこんな感じだね』


   ボウケンジャー(生産者)

↓ダンジョンアイテム  ↑ミダスマネー 

       ちひろ(物流)

↓ダンジョンアイテム  ↑ミダスマネー

         国家

               ↑ミダスマネー(搾取)
         国民

668名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 01:30:02 ID:uNK2ojfQ0
ボウケンジャーはもう独立性が持ててるなら良かった
ロバート式経済支配とはぜひ聞いてみたいです

669無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 01:34:26 ID:CX9aPJ/E0
>>668
        .  -━━ ミ
.       /: : : : : : : :\: :\
     /: : : : : : : : :〕: : : : : : \
   /: : : : |!: /: /:/ ヽ: : ト、: : : \
.  /: : }: : |!/: /:/   \} ヾ: \\
  l: : : γヽ:リ'¨´ ┃   ┃ |!: : :ト .z≧
  /: : { : ヽ    ┃   ┃ |!: ヽ:\
 .}从: ト: : :>   、 _,  从l: :.ト ミ、
    ヾ ミ: : :_> _ イ:_:ノ!:./
      ,イ  \ |- 、
     /ヽ \ 〈 ー ト ハ
      l  丶 <\ /| 1
      |   l!    |! |: |

「端的に言えば、今回のステラリス経済の裏返しだ」

「資源が枯渇してしまった場合」

「宇宙開発って続けられるかな?」

670名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 01:43:58 ID:15TMkMiE0
むーりー

671無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 01:49:48 ID:CX9aPJ/E0
>>670

                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「だろう?だから資源を瞬間移動魔法で奪えば宇宙開発を阻止できる!」

「逆に宇宙開発を進めたい時には資源を瞬間移動で与えれば良い」

「転じて、宇宙関連の研究も間接的に操作可能ってわけだ」

「このように、国家戦略や技術を資源を奪ったり与えたりすることでコントロールするのが」

「ロバートさん式の経済支配ってわけさ」

672名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 01:53:53 ID:15TMkMiE0
BALLSの居ないFate/EXTRA世界とか、電脳体系の無かった本来のワールズエンドオンライン世界とか、に比べると、
他文明から輸入できるだけまだ温情だな>資源枯渇
属国になるともいうけど、滅びの未来しかないよりは全然マシだ。

673無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 01:57:09 ID:CX9aPJ/E0
               _ -  ̄` ー
             /         \
            , '       ,、 、   ヽ
.           / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
.           ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
.             i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
           ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
           ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
             { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
           トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
             ソ く\|  〉'井、 / | /ヽ、
            /  | \ | /ーゞレ´  / /
           / /.|  | |  Y丿  S  レ |
          ( / |  .|/   /     〉 |
           \| |  ,|  /      〈 |
             | /  /      | |
             |    /      .|  |
            〈 |   /_,,_    .|   |
            | 丶_ /ー7''ト >_ イ   |
          /´   ,. -    ̄  ` - 、!
         /   /     __      |
         /   /    ,.  '´       ノ|
        /  /   /        ,.  ´ ´\
         〉 /  /       ,.  ' ´      }
       /, - | /     ,. ' ´         ノ ~―、
     _<_ /    ,. '´        ,. - '´ー つ=
   / / ̄    ,. '´_  -ー=   ̄
  /  /    /  ̄
  ー'    /
  〈   /
   ゝ‐ '´

「ロバートさんの故郷は核戦争で吹っ飛んだからね」

「ロバートさん自身はこうした資源調節を、文明発展を抑制する方向で使っていたけど・・・」

「逆に国民を豊かにしたり、経済活動を活発化させたりする方向に応用することもできる!」

「例えばそうだね。無限の資源を誇る四度目ダンジョンを与えれば、文明発展を加速できるだろうし」

「二つの文明に異なるダンジョンを与えれば二文明間での交易を活性化させることもできる!」

「片方の文明のダンジョンでは鉄鉱石が、もう片方の文明のダンジョンでは石炭が取れるなら」

「鉄鉱石と石炭を交換したくはならないかな?」

674名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 01:59:05 ID:15TMkMiE0
貿易か戦争か、どっちにしても交流は活発になりますね>鉄鉱石と石炭

675名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 01:59:49 ID:uNK2ojfQ0
ロボット式牧歌的農業のパン売り付けみたいに
お互いの物資を交換しあうでしょうね

676無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 02:02:20 ID:CX9aPJ/E0
>>674
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「だろう?」

「交易の基本は、お互いの持ち物が異なるってことだ」

「同じものを持っているもの同士でものと交換してもあまり意味が無い」

「そしてダンジョンは持ち物の違いを簡単に作り出すことができる!しかも資源枯渇しないから半永久的にだ!」

「だから交易が活性化するわけだね!」

「戦争は・・・まあ良心的にやるなら、侵略された土地からはダンジョンを撤去とかやろうか」

677無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 02:07:11 ID:CX9aPJ/E0
>>675
                       /   /        〃  ヽ\:::::.`丶   .:::::::i|
                      ,′ '      //    ',:::::ヽ,:.      :::::::i|
                      ,ノ イ. i     ././ ,斗―   ',|:::ハ      ::::: .|
                       ノ ハ    , ' :/  .       ',| :|,ィ'l::::::. :::::. l
                       | ヽ /.:テ  ,、-≠ミ    ,r.:|ゥエl:::::::. ::::: l
                       |!:. |:::/          / |:ト'´:::::::.: :::::!|
                       |l::: |::ヽ         / .:::!i ::.    :::::::i|
                       |.'!  |:::: )  , ィ    j!:  :::i|:::::.   ::::::::;l!
               ./二〕    / :!  |:::::: \`     ヘ l :::::l!:::::::|  ,'::::::::::|
 .____       .//´     ノ  |::j:::: ハ;::::::,  ̄ .T  丶.<;;;::ハ |  :::::::::::::|
 |::::::::::_ :::::::|     /::;/      Vリ ^ハ   ,' ヽ:::|    i __. _ ,,. -亠lハ/、N八
 |:::/.丿__:」`ゝ、 /::/                  ,´ヽ、 __ _ ,,.. -‐ ´ ` 、
 V ./ .r‐亠、 ‐'´:;'く              ,,. -‐ ' ´   / /  /        ` 、
  ! 〈  <| イ´ v`i''.  ヽ             /      ,' .,'  ,'            `>、
  ヽ ヽ i  i  !ゝ'⌒` ',            /      ./  !  |               ',
  . ヽヽ丶〈       ヽ         ./      ,'  ,':i  i               i
    `ー-ー‐ー、 --'  i>      /       /  /:::|  |               ',
          i ー--‐' .i     .く     ,    .,'  ,'::::::i  .i               .i
          .|      ,|   / \   ,'    |  |::::::::|  |               .',

「良いたとえだ!」

「普通のステラリス文明はそこまで牧歌式農場に特化しないから」

「お互いの持っている資源に違いが出てくる。その違いを利用して交易を成り立たせるわけだね!」

678無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 02:10:11 ID:CX9aPJ/E0

          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「なんでまあ、折を見て、色んなダンジョンを別々の文明に分配して」

「ミダスマネー経済活動を活発化させようかなー?とか思ってる」

「ミダスマネーの本質は交易本位制。交易が増えれば増えるほど発行量も増やせる」

「ミッドチルダ自身が直接交易に関与していなくても、交易が活性化すれば発行量は増やせるから」

「通貨発行の分をミダスマネー収入と看做せるね!」

679名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 02:11:57 ID:15TMkMiE0
たとえ社会主義国でも、資源が足りなきゃ貿易するしかないですからねぇ。

680名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 02:14:21 ID:uNK2ojfQ0
不足を補い物資量を管理できて
全能技術へ行かないようにもできるから一石何鳥ですかねw

681無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 02:24:56 ID:CX9aPJ/E0
>>679

                     /::::::::::::::::三三三三::::::::::::::::::::::i
                 /::::::::::::::::三三三三三::::::::::::::::::::i
                ∠\___>===<____|
.               /.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
             〃:/.:.:.:.:.:.:.:i.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
           /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:!.:.:.:.:.:.:i.:.|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             /:/ i:.: :.:.:.:.:.:/`ヽ!.:.:.:.:.:.:|.:.|.:.:i.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           八:i/}|:.:.:.:.:.:.; 、,,__\i.:.:.|.:.|.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.            // 从.:.:.:.:./ ´ 斤刈.:. i.:リ.:リ.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         ,∠∠/.:.:.:ヽ/    以リ'j.:.:.:/.:/-、.:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
        / -- , }:./::/込    ,,, /.:.:./.:/  }:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:
      /: : `ヽ i_j/i.:.i.:.:.ハ`ー __,厶イ.:./__彡'.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.从
      / :::: /入j 八:i.:.:{.:∧_、_厶.:.彡'/.:.:/:.:.:./.:.:.:.:/.:/.:./  ヽ
.     i :: ノイ     ヾ '´ . ≦─┴─厶ィ⌒7イ.:.:./厶仏イ
.     i::::::::: !         ゙巛.:::::::::::::::::::::::::/ i/
.    /:::::::::ム.         /  // ̄ ̄ ̄ ̄: : :
.    /:::::::::::::ム.      /  ィ巛:::::::::::::: : >─く::
   /:::::::::::::::: ム     /..ィ巛::::゙巛: : /       :
.  ∧::::::::::::::::::∧..  /./〉::::|||::゙巛::/.         }
   \二二二./   / /::::://::://:::/        |
       i...  i..  / ////:::://::::〈. イ       ;
       i.    ',. / /::::::::::// ::::::: ',. i      ;
      |.     }/ ////// :::::::::::::: ',...i        i
      |      l.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.      |
      ’     j.j.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l.       |
       ‘、.   / }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       |
         ̄    i:::::::::::::::::::::::::::::::::: : }.      |
               j:::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ       {
            {::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ’,.    、

「だね!」

「国家自身が商人となって取引しなければならないわけさ!」

682無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 02:26:10 ID:CX9aPJ/E0
>>680
               ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
             /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
              .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
           /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
           .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
           !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
          .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l
          .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
         ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
        /:.':,./ ̄、ヽ.   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
        .{:./  ヽ_>‐'  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
          /  _,ノ}_ノ..`ー丶.. _ イ.ムイハ从 ノ'
          ,'  / ._,リ;イ,ー__l   ...l/:; '-.、
        ,'   ;''´  ´ 〉/_     /'´',   ヽ、
.     ,ハ;  ,' /   //  ` '´ ̄iヾノ    \.
     / /` ̄「¨l   l,':..      l/´     l  ヽ
.    〈 i  / /'  ゚ ! ` :::;.   i       l /  l、
      ヽ`二 イj    l   /    !    ヽ. l  / 'i
      |   ,'     l . ;  .// / ̄ ̄ リ'"´  !
.      i     i    ゚ i\i///, 〈    l.、 丶、l\.
.      l    !ヽ、   i./人//   ヽ._/l ヽ  `¨ l.
       V    j ヾ  i:;/ /   / ,/ //i  \ /i.
        L.__/ |   ヽ. l'。    / / // i  \ \l
         | l    l        /   V  `¨
         | l    li       />   ∨
         |.ハ    ハ.      _,.イ     ',
            ∧   ゚/ . ',     /   \    ヽ.
.          /    ,'   .V       ヽ
.          /    .'  }  .',           ハ
        ../    i     ',           ',
       l     .l       ',      / '.
       l     .l        .',.   ../   .'.
       l,'.\   l` ‐--‐ ' ´..',   /     ..i
        .i   \」.\::三三三: ',./       ..!
       |        .ヽ三三:/       .,'
       .|        .';  ./         i

「まあ少なくとも一石三鳥は狙えるね!」

「中々良いアイデアだろう?」

683無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 02:32:50 ID:CX9aPJ/E0
では今日はこの辺で失礼します!
ご参加頂きありがとうございました!

684名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 02:33:43 ID:15TMkMiE0
乙でした!

685名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 02:35:03 ID:15TMkMiE0
そういえば、牧歌式農場国=スペースソ連の飢餓輸出、とかも発生するんだろうかw>貿易

686無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 02:37:39 ID:CX9aPJ/E0
>>685
『消費された残りしか売れないから無理』

『奴隷が輸出用作物育ててる可能性はあるけど』

687名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 08:47:09 ID:uNK2ojfQ0
オツカレサマドスエ

688無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 14:03:33 ID:CX9aPJ/E0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成 or ペイルライダー・コンピュータウィルスン安全重点な or カラデシュ小ネタ or マギ世界小ネタ or 油アップデート or ステラリス(戦術ドクトリン)

689名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 14:04:35 ID:6wIqwpWY0
こんにちは、無茶王。

技術描写

690無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 17:53:23 ID:CX9aPJ/E0
  rv
  ヽヽ
 γC`ヽ
  ゝ_, _〈
   ヽヘ
    ヘヘ
     ヘヘ                ||   _ーヽ l|ll
      ヘヘ            |i  |||ィ洲州州州辷-
      ヘヘ           |ー=≦洲州州州州州从
        ヘヘ           イ洲州州州州州州州从
        ヘヘ、         イ洲州州州州州州州州/
        γヽ`ヽ∧     ´ 州州州マ州州州州州/ヽ、
        ゝ入`//へ、    r-从州从:マ州!::从/イ/三ハ
         `Fイ/三三>ヽ彡三三レへ:::::::::::::::ノ//三三||
          `~`ヽ三三三ヽ三三/彡三>≦三γ巨⌒寸|
              `ヽ三シ<r-ム三/|三三/ム三へヾ寸
                   く´ /三三三三三三三∧ソ
                    V 入三三三三三三く=||
                    Y´三三|三三三 ̄∧三三
                    ,|三三リ三三//三三∨三}
                    〈三三/三三三〉三三乂三}
                   爪三三V三三V三三三乂三

『ごめん。遅くなった』

『では始めようか』

691名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 17:53:42 ID:15TMkMiE0
おかえりなさい~

692無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 17:57:11 ID:CX9aPJ/E0
思兼神:時空占術レベル3 (前提の時空魔法レベル5、マジックコンピュータレベル3も同時に開発)

○時空占術レベル3
時空構造を組み替えて、多次元宇宙を循環する魔力鎖の流れ(アザトースとか、星辰体とか、スパロボZ次元力のようなもの)を作り出す魔法。
『多次元宇宙を循環する魔力鎖の流れ』だと長いので、以降は『次元風水』と呼ぶ。

魔王概念で流出化した俯瞰視点と時空魔法レベル5とマジックコンピュータレベル3と円環魔法、超能力概念で流出化したザ・スライダーとを矛盾許容させ、劣化複製して作る。

円環魔法によって魔力鎖の概念振動数を観測できるようにしたうえで、
俯瞰視点によって一次多元宇宙を観測、
マジックコンピュータレベル3の魔演掌握・ラプラスの魔で演算し、一時多元宇宙内の魔力鎖を把握する。

時空魔法レベル5によって、これらの魔力鎖を一つの流れとなるよう組み替え、
ザ・スライダーによって生み出される空間の穴を通路として固定し、魔力鎖が流れる通路にする。
さらに円環魔法によって、魔力鎖が流れ、循環するようにする。

これにより、人工的に次元風水を作り出すことができる。
もしかしたら、次元風水によって生み出されるようなアザトースの分身…エルドラージのような邪神を消したり、新たに生み出したりできるかも。

693無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 17:59:51 ID:CX9aPJ/E0
               __ , 、
          r-r=ヘ○:.:.:.:.:.ゝ':(:.:v:.:.:、
         /:.:/ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂V:.:l
         |:.:.{ノノl:.l./^l==zloY:.:l.乂}:.:l
         |:.:.l^Y:.:ll o[--=}o|l:.l:.:.:ji:.:.l
         |:.:.l l:.::l\L::L::l/l:}::./}:.:.l
         |:.:.l l:.:li芯   莎イil/ i:.:.|
         |:.:.l l:.:li、  '  /ll   l:.::|
         |:.:.l l从 ト´_`イノハ  l:.:.l
         |:.:.l _, ィ::::ヘl  l7:〉 、 l:.:l
         rlイ   {:::::∧./::/   〉l:.:.l 、
       //∧   ',::::/::::/   //:./∧>
     /  V/∧   V:::::/   / {:/ /V   \
    /    \}    V/   /    l/    \
  /       i    /   /    l        \
        //   /、__ /     l \
            / /i;l;i;〈     l   \
    \ /   /}   | {/i;l;iヘ     li;i   l__/
        Vノ   | Lj;}{;U}     l;U} /

「ええと・・・大まかには時空干渉で地脈の流れを変えようという技術ですよね?」

「・・・これハイパーレーンにも使えませんか?」←全知補正

694無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 18:06:45 ID:CX9aPJ/E0

          x≦洲州洲州州州洲州州>、
         イ州州州洲州州州洲州州州州>x
       イ州州洲州洲州州イイ州州洲州洲州州>、
      イ州州洲州州州州州イ 州州州洲州洲州州ハ
     イ州洲州州洲州イ| !W /ーキキ州イキ州州洲州州ハ
     洲州洲州州洲州 V   キキ州! キ州洲州洲州ハ
    从州州州从州州' '、_  、  キ   Y州州州州从
     从洲州州州州 <イ::::::テ>、      从从从从ハ
     从从洲/⌒寸州  廴:::::/ `    二, 从从从从リ
     从州イゝ  寸|!         i {:::::ハi /从レ州/リ
      州/|  \  寸        ,;| ヽソ ク从/ 州 j!
       州リ>_     、      ソ   /从f /レ' /
       从州| へ、    ヽー―、   不V /  /
        从レ'  ::\     ̄ ̄´   ム
      ___j    ::::\  __  ,x ´了
     j     `ー――=⊆__`´⊥ {
     ト―――z__     ヽ=-ー 寸
     /三三三三三三>=、 /___  |
   _厂三三三三三三三三三 {__   |
<三三三三三三三三三三三 f__    |

「地脈には当然魔力鎖が流れている」

「魔力鎖は適切に配列を組み込めば概念振動を発して世界法則を書き換える」

「ならさ。非常に単純に」

「【内部を無限速で移動できる概念】とかを流して」

「次元地脈で異世界間を繋げば」

「その地脈ルート限定で高速異世界移動が可能になる!」

「・・・それってハイパーレーンじゃないかな?」

695名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 18:12:37 ID:15TMkMiE0
並行宇宙間に魔力鎖が通る通路を作ってるわけですから、
その通路を大きくすれば、ハイパーレーンになりますね。

696名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 18:13:15 ID:uNK2ojfQ0
ですね、まさかもう作れたとはw

697名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 18:18:15 ID:15TMkMiE0
ついでに、一次多元宇宙のアラヤを接続するようなこともできますから、
ハイパーレーンを守る守護者とか、ハイパーレーンの中に住み着くEOE邪神とかも作れそう。

698無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 18:20:20 ID:CX9aPJ/E0
>>695
>>696

                       ______
                     ,ィ7州州州州州ミ 、 i!
                      ィil州州i!州州州州il州liヽ}i!_
               _ イ∠i!州州州州il州州州州il州トミ,、
               ̄フ_   -― ´i州州州州州州州ili、 ヾ
                  イ州州州州ハ州州州州州州州il州iliヽ
           _ ,ィ7州州州州iⅣ !州il`卅/‐ヾⅦ、州il|州州
                 7i|州州州Ⅳ  Ⅶ州iⅣ x=ミ マ州!、州ili
             /ilイ州州il|Ⅶ   Ⅵト、il! .廴):::} .!州|ノⅦilハ
               /レ' il州il州| ヾ         乂_ノ  |州ハ州il|\、
           〃  |Ⅳ{i州i! x≠ミ          И/-`州!
            '     i!Ⅵili|.       '   r:y    ハ/}州レ
                 〃个Xi!ヽ     __У   ./州/}!
                  /77ヾ7≧.∩       /Ⅳ}/
               ∠二 `<_.! |≧===≦二ト ,,_
               __/イ//ヽ-―.、|///i Y |Ⅳ////> _
              ヾ/⊥//{ 二 .} |////ヽ/´////////,i/}
              〈 ////ハ __ノ .! ////O/////////,i//i
               i///////ヽ  .!//////////////,i///,!
               |/////≦`ー‐</////O/////// i///〈
               |////ム/ヽ___ヽ//////////// |////
               |////{'//////iⅣ ///O///////,|///i

『だろう?』

『いや本当、実は既にハイパーレーンを作れたとはね!』

『GMも気付かなかったよ!』

699無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 18:25:58 ID:CX9aPJ/E0

               __ , 、
          r-r=ヘ○:.:.:.:.:.ゝ':(:.:v:.:.:、
         /:.:/ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂V:.:l
         |:.:.{ノノl:.l./^l==zloY:.:l.乂}:.:l
         |:.:.l^Y:.:ll o[--=}o|l:.l:.:.:ji:.:.l
         |:.:.l l:.::l\L::L::l/l:}::./}:.:.l
         |:.:.l l:.:li芯   莎イil/ i:.:.|
         |:.:.l l:.:li、  '  /ll   l:.::|
         |:.:.l l从 ト´_`イノハ  l:.:.l
         |:.:.l _, ィ::::ヘl  l7:〉 、 l:.:l
         rlイ   {:::::∧./::/   〉l:.:.l 、
       //∧   ',::::/::::/   //:./∧>
     /  V/∧   V:::::/   / {:/ /V   \
    /    \}    V/   /    l/    \
  /       i    /   /    l        \
        //   /、__ /     l \
            / /i;l;i;〈     l   \
    \ /   /}   | {/i;l;iヘ     li;i   l__/
        Vノ   | Lj;}{;U}     l;U} /

「あとせっかく円環大系が入っているわけですから・・・」

↑紫織と同じく、可能性操作系の流出なので、原理が超能力に近い。

「概念振動数操作の概念も取り入れて・・・」

「こういう感じでどうでしょう?」

「ハイパーレーンもこれで実現できますし」

「他にも色々と調節が効きますよ?」

「機械帝国のみハイパーレーンに出入り可能、とか」

「ハイパーレーン内にエルドラージをポップさせる、とか」

○時空占術レベル3(全知補正)
時空構造を組み替えて、多次元宇宙を循環する魔力鎖の流れ(アザトースとか、星辰体とか、スパロボZ次元力のようなもの)を作り出す魔法。
『多次元宇宙を循環する魔力鎖の流れ』だと長いので、以降は『次元風水』と呼ぶ。

魔王概念で流出化した俯瞰視点と時空魔法レベル5とマジックコンピュータレベル3と円環魔法、超能力概念で流出化したザ・スライダーとを矛盾許容させ、劣化複製して作る。

円環魔法によって魔力鎖の概念振動数を観測できるようにしたうえで、
俯瞰視点によって一次多元宇宙を観測、
マジックコンピュータレベル3の魔演掌握・ラプラスの魔で演算し、一時多元宇宙内の魔力鎖を把握する。

時空魔法レベル5によって、これらの魔力鎖を一つの流れとなるよう組み替え、
ザ・スライダーによって生み出される空間の穴を通路として固定し、魔力鎖が流れる通路にする。
さらに円環魔法によって、魔力鎖が流れ、循環するようにする。
【加えて円環大系で概念振動数を書き換えて、次元地脈内に任意の世界法則を展開可能とする】。

これにより、人工的に次元風水を作り出すことができる。
もしかしたら、次元風水によって生み出されるようなアザトースの分身…エルドラージのような邪神を消したり、新たに生み出したりできるかも。

700名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 18:27:51 ID:15TMkMiE0
おお、便利だ。

701名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 18:30:15 ID:uNK2ojfQ0
これは良いね、次元風水自体が擬似的に一つの世界になるのか

702無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 18:33:53 ID:CX9aPJ/E0
>>700
>>701

                    ̄ ̄ ̄ `` 、
                  /                \
                /
            /        /        |
              |   \      ( ●)        |
              ! ( ●)              ,
             ,         )       /
.              ′    (__ノ ̄`ヽ     , '
                  \   く    ノ __,.イ.,__ ∠\_
               ≧s .,> -=ニ( )ニ∠二二二ニL
                  〈二二二二=イ二二二二二二=‐- 、
                     V二ニ=<二二二二二7´  ̄ ̄ `寸
                    / ` .,ニニ,ィ-ミ、_二二二=- '       Ⅴ
              / /    `く ヽ__ノ }'"´
                 〈 ./ /       \_,. ィ「             /
              {ヽ{__/  /     }---{__,,. -‐zァ='"´
               \_」\{  rzー '  ̄ ̄二二二二二二7
              /二7二`ー '7/二二二二二二ニニニ7
               〈二7二二ニ7/二二二二二二二ニニ7
                 \}二二 7/二二二二二二二二ニ7
                 /}二ニ7/二二二二二二二ニニ{
             /   }ニニ7/二二二二二ニニニニニ{
         __/   /二7/二二二二二二二二二二\
       fニ{     //二7/二二二二二二二二ハ二二ニ\
       〈/ヽ」´  ノ /二7/二二二二二二二二/  |二二二フ
       L イ__}‐ ' 〈二7/二二二二二二二ニ/   V ̄/,
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            /,

「だおね」

「神座や概念核で一つの世界の中の世界法則を好き勝手にいじれるように」

「次元地脈(ハイパーレーン)を一つの世界と看做してその中に好きな世界法則を展開できるわけだお」

「便利だお?」

703無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 18:38:45 ID:CX9aPJ/E0
                          ,.--- 、
                 ___      /∧ r∧
                    /  ||/\ _,. .--- ミ∧-、,∧
                  |   _||//: : : : : : : : : :乂__ノ
                  |-,__/ }: : :.:.:|!: :{: :|: : : :、: : :.ヽ
              乂__/: : : :.:|{、: Ⅵ: |: l .∨: : : :.
                /:,: /: :|: |:_|、:从、__、_l:__l: |:.|: :,::.
                 /:イ: |: : |:イ: |-、、: :.:|{: | 、l`|:.|: :.|: .
              {:/, ィァ : |:.|!:.|   \」 ー__\!:|: :.|: : .
            __  //|: : { ィ≠=   '´ ̄`j:/: : |: :\、
           ,r//`' /: : |: 从       ,   /': : :.:|: :|: :`\
            {〈{_!_{とヽ l/: |、: : ム      ,   ム:イ: :.|: :|
           { `/´ / ,: :/: :\」込、 `    .イ: : : : : : |: :|
      _r ̄`ヽ、/ /: /:r、:,: : : : : |l>  -く| ∨: : : :.:.:|: :
      / /      〉--< ̄{ Ⅵ: : : ;'|!      Ⅵ:,: : : : : |-、
      〈_{----、 /     〈l マ: : :/l|ム_  _,|  、: : :.:.:| l〉`ヽ
       /   //⌒ヽ   〈l |!: ://ノ | ` ´ ,   、: : :|li〉    ̄ Y
     ,    '´ \///}   /: /イ  {     マ  ∨:|イ     j
     ,      }    }//」   「:ノ     ,」  、   \  Ⅵハ、  _,イ
     {    /  ,..イ--'\__,.〉:,ノ ____イ_  ∨:.  〉_乂:ハ/// ∧
     ,   _,..イ: :/: /: : : : 〈: :〉´{//ノ   `ヽ l:::イ´ {//,}ト,:}////´ヽ
        ̄ /:/: :/: /: : : : : :}从 || ̄       `´    ̄ jj }从Y、    :.
.         /:/: :/: /: :.,: : : | /人 :.、                ///: :|: : :〉    :,
        /:/: :/: /:.:.:.{: : : :|: : : :|`ーl`_,...:     、__//イ: :.:|:/   /
        ,.:/: :/: ,:: : :.:.|: : : :|: : : ム  | |            //{: r-rく_   /
      ,: {: :/: / l: : : |: : : :|: : : : :.〉 | |         { {ヽ{ /   ヽ '
      {: |: {:.:.' |: : : |: : : :|:_:_: :〈 //_,..ィ========、ノノイ=、   /:|
      |: |: l:/  |: : : |: ,..ィ二二/{二二||ニ||二二||ニ||二ニ|   Yニ\!
      |: |: /  |:,.ィニニニニr{/!ニニ||ニ||二二||ニ||二ニト、 ∨ニニ`ヽ、
      |: |: {  /ニニニニ/、 \ ー ||ニ||二二||ニ||二イ }  }N^〉ニニ\

「それに、計画当初の想定もばっちりだね!」

「言ってみればアザトース(一連次地脈)を人工的に制御、もしくは人工的に作成できる技術だから」

「こっちも色々応用が効くよ!」

「そうだね例えば・・・自滅因子が存在しない別人格のアザトースちゃんとか作れたら」

「便利じゃないかな?」

704名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 18:48:20 ID:15TMkMiE0
自滅因子が発生しないアザトース!
いいね!

705無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 18:52:31 ID:CX9aPJ/E0
>>704

                            / `ー-- 、
                              ( ` ..,,_r'}
                 ___ ノ,ヘ        `tー- ..__ノ   /}´}
                    / ///ヽ  ,.. -― {..、//    ノ}´///ィ
                   / //∨//ィ':´: : : : : : : : : :`ヽ. j ) >く´
                 (_ノノ__,,..ィ´: : : : : : : : : : : : : : : :ヾ  / /^ ー--   、
               {ミYヽ フ´: :/: : /: :/:/ナー 、!: :|: :', { {{    /  /
               `ヾ /:ィ: ://レ{: / /'´ ,ィfォ、 リハ!: :.',` ̄` У    /
             , -- 、/- ///: ハ レマソ ,  `¨ j: : }: :ヾ /∨
                { 、/   } /: :!:.ハ   ,. --   レィ: /: :{:::::::::,  /
              /  `ゝ/: :ヽ:ハ/:ヽ   ゝ.  ノ /ー': / /!:::::::::レ′
             / ー-く___,. --yィ: : : : :>。. __ .イ: : / Y |:::::::::|
             .く    /::::/ /: :_:_:_;,, -彡}  }  ト: : }  } ハ:::::/
            >/:::::::r'': : / /  _}}イ/ , -{ ヽ:.ト-''  ヾ′ヽ
              ` ̄/: /   > ´、.--''/ ,. -≦-}: :ヽ   /: : : :\
                   /{: :{、__/t=ー-≧='=≦   }} レi: :}  /: : : : : : :\
             /: : :レ': : {  {i{          リ ,j:.ノ {: : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :.八  ヾ        〃 ,.  ∨: : : : : : : : : : : : :
           /: : : : : : /: : /: : >..__  ,,ィ   ` ̄}} ´   ∧: : : : : : : : : : : : :
       -- 彡: : : : : : : / : : ;': : : : : : :.} i!      ||   く: :.',\: : : : : : : : : :.
       : : : : : : : : : /: : : :': : : : : : : { |!r-ォ__r-ォ._||__ ノ: :.',. \: : : : : : : :
      : : : : : : : ://: : : :/!: : : : : : : |三||ニ||ニ||ニ||三三≧!: : : ;   \: : : : : :.
      : : : : : / /: : : :/ |: : : : : : :.{三||ニ||ニ||ニ||三三三|: : : :\   \: : : :.

「自然発生したアザトースちゃんの場合」

「どうしても人々の影響を受けて集合意識的な面が大きくなるから」

「人々の自滅因子にも引きづられちゃうけど・・・」

「次元地脈の場合、人々の意識に接続する前に概念振動数で染色できるからね!」

「先に【自壊衝動は起こらない】【自滅因子は発生しない】とか世界法則を定めておけば」

「自壊衝動にも対抗できるはずだよ!」

706名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 18:56:53 ID:uNK2ojfQ0
タイトロープを流しておくとか実に良いね
最悪ローマに都合の良い避難用一連次宇宙を用意しておくとかできるし

707無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 18:58:53 ID:CX9aPJ/E0
>>706
                          , ´ ̄`ヽ
                     / ,.-、  }
                      |__/ 0 {_/
                      |    /           ,.  -――-、
                      ∨//>--- 、__  r<    ー--、 ヽ
                   ,..</: : : : : : : : : :ヽ、//\   ゚r '__,ノ
                  /: /: : : : ,: : :/: : : : : |: :\/ ̄ ̄ ̄
                  ,:': : :/: : / : /: ,.ィ: :.イ : : : |: :、: :ヽ
                     / : : /: : / : /: / ':/ |,: : :./: : :∨: :、
               ,.ィ : : /:/:': : :!{/ ̄}' ̄|: : /トl、: :|:|: :.`\
             //: : :/': : : |: : :| == ムイ }'マ: |:|: ∧
            //': :/: |: : : :l\:.| u     、 ==/l:/,:!,: : |
           /: ' /: :,: : : ,: : : |、_     __     ,: /:.lリ \}
         / ´  ,: : /: : : : ,: :.:.| :、  乂:.:.:.ソ  八:_:」   `
        / '  ,.-‐-、_/___|: :.∧   、      イ: :.|
         /   /   〈l |::|  l|: :{/∧   /` ー ´: /: : :|
      /,. イ     〈l |::|  ,: |/ /  //:/|: : : :{-、: :|
       ,:/         Ⅵ |::|  |:j! {_  ' ∨ !: : :/l〉 ∨        ,.-――---ァ
     /:{         ヽ|::,...イ: ノ | `  r|  ,: :{ l〉  `ヽ,   rく   _二≧ア
     ,: : |  、        }'  {:.:ノ  |     , Ⅵ/'     }  /   ー=rー '
     {/!\_}       /  「:.ノ   |  l   ∨∨:、  _/  〈    / 「/
    /: //}//>- 、_,.イ、__/:「  <   :.  \∨}ィ//∧ , ' \__,/--'
    ,: :/'´ |//////  :.    {: | ̄T≧=--゙ー--'-ハ'////,/   '
  ,: : '   ` 7ー ':.|   ,  从|  ||        ||ム ̄,:'     /
  /: /    /--、:/   ::.,:::.     /'           || l}     ,:'
 ':. /    ///,Ⅵ、   \::::...../............::::::.....   /'人\  /
/: /    ///'´¨//\   `7ー---― ¨ r―--イ : |: : |` ´
: /    //   \//\  {l      {l /: : : : :.:|: : |: : |

「そっちはもう作ったよ?>避難用一連次宇宙」

「ヤワラカクナイとかそれが材料」

708無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:02:58 ID:CX9aPJ/E0
          _ -  ̄` ー
        /         \
       , '       ,、 、   ヽ
      / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ
      ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
     i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !
     ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l
     ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i
     { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
     トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
           r z'   ,k-、
        _ ┬ ヘ   只  /`7-、
      / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
二 ̄\_ j`ヽ ヽ 丶        / /  j ヽ  /⌒二つ
/    )、  '  ヽ ヽ    , ' , '  ム { /{   `ー
 , ,  / 弋ミミ}   \\ _//   |彡 V \
,/ / /   ヘ 7      \ /    ,' .! /   厂
_/^´ |   V      Y     / {_/  /
    ヽ   } }       |       ! {/ /

「だからやろうと思えば」

「今のヨグソトース宇宙を見捨てて」

「もっと安全で環境の良いヨグソトース宇宙を作って移住とかもできるんだけど・・・」

「見捨てた後、ローマを越える文明が出現しないとも限らないだろう?」

「だからといってローラーするわけにもいかない」

「なら危険でも面倒でもこの宇宙で頑張るしかないのさ。少なくとも今はね」

709無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:04:42 ID:CX9aPJ/E0
>>689
『遅れてごめん。そしてこんにちは!』

710無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:16:12 ID:CX9aPJ/E0
安価↓1 質問・コメントがあれば

711名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 19:18:12 ID:uNK2ojfQ0
別々の一連次宇宙を次元風水でつないだらどうなるんだろうか
制御されてれば別に道ができるだけかもしれないけど

712無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:20:57 ID:CX9aPJ/E0
>>711
                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// -- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

「道ができるのと」

「場合によってはアザトースちゃんが混ざって変なことになる」

「最悪を考えるならそのまま崩壊かな?」

713名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 19:27:02 ID:uNK2ojfQ0
聞いておいて良かった、血管をつなげるようなものだから危険に決まっているか
一連次宇宙のグレートアトラクターとかやりすぎだ

714無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:30:30 ID:CX9aPJ/E0
>>713
                         -‐……‐-ミ
                  /: : : : : : : : : : : : : \
                  ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
               /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                 {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i
               \{ ─     ─ `ト: /:ノ: : |
          ε -   从   、_,、_,   ムイ´: : 从   ヤレヤレ
               /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
              ⊂⌒V´::/:|V V|ヽ:::::::ヽ /⌒つ
               マ7::::ヘ、|ヽ /|/::::、::::::V ̄::7
                ヽ::::ノi:::! ' !::::::::\:::::::/

「まあ基本やらない方が良い実験だろうね」

715名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 19:32:08 ID:6wIqwpWY0
未知の外部の存在にハイパーレーンを利用される危険もあるのでは?と考えたけど神座システムレベル11で隔離すれば問題無いっぽいかな?
序に次元風水と神座システムレベル11を組み合わせればもっと便利にかつ強力にできそう。

716無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:32:23 ID:CX9aPJ/E0
安価↓1 技術描写 or 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or ヤンデレ or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成 or ペイルライダー・コンピュータウィルスン安全重点な or カラデシュ小ネタ or マギ世界小ネタ or 油アップデート or ステラリス(戦術ドクトリン)

717無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:33:13 ID:CX9aPJ/E0
>>715


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
        /         \
     / / / .ィ ./ヽ.Y l .', ヽ
    ,' ! -/7'Y /|' "´ヽ|. !!i '
    !  !.ト●    ● ! !ノ、i !
    ,'' l l l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l丿 !
.  ./⌒ヽ!;!l|ヘ       j /⌒i/
  \ / | l>,、 __, イァ/  /!ノ´
   ./ /| | |___|{ヘ、__∧
   `ヽ<.| |         彡'

「邪魔になったら壊せば良い」

718名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 19:37:32 ID:.dto9FTk0
ヤンデレ

719無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:49:10 ID:CX9aPJ/E0

                           _
                       -- 、,ィチ    __`  、  _ --     __  γア
                     / , ニ二ヘ,.  _/    `´―‐、―` 、―‐- 、ヽ| レ´二ニ=-
                  / / ,ィチ }―‐_./   /´    \ `> ´ ̄ ̄` ´ ' ‐=ニ三‐ 、
                -‐  ̄ ̄'  / ト、ミx ソ   / / ,}l. | ヽマ, -ァ='' ̄          `ヽ   _ =ァ
              /___    _ /  lヘ Уi  ./ ≧メL_.|| |' ∨././/    -       >≦ィ}/ム  _ -―-
             ̄ / / ̄ ̄  /   j  {. イ   |Ⅳ{灯マヽリイ |Ⅳ./ /,.イ| |       `ヽ__ri===x_リ¨ < _ -―‐-、ヾ、
                  ム-イ    / __/  ヽ{  ト、{`c寸 {イレ|レ个 イ i |トx_ | ヽ. ヽ. 、 、ミxィ八寸㌦‐ァ,、   \
                 / /   ./ ,イ|  〉.  ハ  i ヽ""  ∨' リ. j.|/ Ⅳ 依xヾ、 ヘ i ヘハ∧込:VヽxУ__`ヽ、   \_
.              /  /  /-‐'/イ| ノ ヽ/  ', ハ   マァ_ ' '  .l _У jリ。j〉o\} ハ ハ Y ヘ.入'、    `ヽ \ ヽー==- 、
_ -――――一 '   /      .// /'  (¨/   ヽ ヾx  /      ヽ  ""   .ィレ´`}ヽ}ソ /  ㌦     `㌦ヘ ヘ    )
-―ァ‐ '_ -‐'     ィ/      .//.     く`ヽ、  入 `ミ=- 、__    `マ_)    { ヽ< . /_   ヾ、     `;〉ヘ ヘヽ、
ィチ_/         /_/     //    /:.:.`ヽ:.\{  ヽー`ヽ___ヽミx   ヽ _  '`ー-ミx<: : :__ヽ__ ㌦      ヽ `ー一'
ア´     ェニニ=‐ ' /     //    /:./⌒`ーヽ:\  \}ヽ',   リ `}       ヽ才´_: -‐ ̄: _: : : :ヽヽ〉      `ー=‐'
  _ -‐  ̄     /'     /"    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.`トハ イリ ヘi γX.、       ,込==x: : : : : : : : ̄`: :` 、
/         //     /       .:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.ヽ:ヘ /  リ { ノ|',`}      {: : : : : : : ヾ: 、: : : : : : : : : : ハ
          //     /.       i:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:j:.:.:.\ヘ    ハ |_ .i      .|: : : : : : : : ハ: :`ヽ: : : : : : : : :i
.        / /    ./.       ハ:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|リ/:.:.:.:.ヘヘ  ,ィぐミxマ`ヽ    λ: : : : : : : : :i: : : :`ー┬- _ノ
      /  /   /         ハ:';.:.:.:.:.:.:.i;;;ハ:.:.:.:.:.:.:.:`i/:.:.:|  ̄r`i|、: : ト . /{: : : : : : : : : :l: : : : : : :|
-―一 '    ./  /             ハ:';.:.:.:.:.:.:ヾ;;|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:l   j {O>: : : `{: j: : : : : : : : : :|l: : : : : : |
    _ -‐ァ'  /            ハヘ:.:.:.:.:.:.:寸:.:.:.:.:.:.__レ=イ  ; ノ⌒ヽ_: : {=i: : : : : : : : : /|L____|
-‐ァ/__/  /              ハ:ヘ:.:.:.:.:.:.`}-一'':.:.:.:.:.:.λ人_{: : : :{: `ーヘ、: : : : : : :/: : ̄ ̄ ̄`{
//  > ’                ハ:ハ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___}   |「ミx: : : : : :{: \: : : : /、: : : : : : : : :ハ
- ‐一'                          :.ハ:.:.:.:.:.:.::.:.:.ィチ:| ̄   ヾOリ: : : : : : : : : : : :/: : `ー-_: : : : .
                        /:.:.:`ー一 ':.:.:.:._:.λ      `寸_: : : : : : :/: : : : : : : : : : ̄ーュ

「なのは・・・」

「フェイトちゃん!」

調整の甲斐あって、その仮想人生体験周回では無事(?)二人は結ばれた。

720無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:53:27 ID:CX9aPJ/E0
           . . . .     _
        /l, . .': : : : : : :`: ./_l _     , .....::::::::::::::::::::.....
  r. .-. /,/: : : : : : : : : : : : \:::;>--.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::`...、
 ̄ ̄\/: : : : : : : : : : : : : : : : : :\. /:::::::::z=====-=z_::::::ヽ
    /: /: : : : : : :/: : : : :l: : : : l: : ',/:::::::::/ー―――--=z_}::::::::::',
   /: :/.: :l: : :/.:/l: : : : :l:lーl--l: :/:::::::::/:::::::l:::::::::::::::::::::::::::;:i::::::::iミー-
ー 'i:l: :l: :斗匕.:/ l: : : :/ll`',:l: /l: |:::::::::l::::/::::ll:::::::::::::::/l:::::::ll:i::::::::i, \
/.: :l:l: :l.: :l.:l: :lレ  l: : :/. l レレ. l/|:::::::::l::/:/l:l l::l::::::::/. l::::::ll.l;i:::::::::i,  ヽ
:/: :l:l: :l.: :l.:lヽl   l/  r==z,.l.:|:::::::::l/レ斗' l:ll:::::/  lーll. li:::::::::::l\
': :/l:ト; lト,:l/l z==-.   , i匕'ソl:|::::::::::lr===zl l:/ z=卅=zl:::::::l::::l
.:/. レ l/l:レ: l、,, ,,   __  ,, ,, .l:|::::::::::l.i乂少' '  乂沙,ノ.l::::::::l::::l
/  /: l: : : l:ヽ,   ヽ, ノ   /:|:::::::::::l '' ''   '    '' ''/l::::::::l::::l
  /:/.:l: : :/l: :l.: :iー 一: : :': : :i: :|:::::::::::l:'...、  ー   , /::l::::::::l:::::l
  /:/.: :l: :/:_; ;l_ノ  ̄ ̄' ー,- .,i: :|::::::::::l::::::::::::i_ - _':::::::::::::;l::::::::l::::::l
. /:/.: : :l/:, '  ヽ, _ _ _ ,ノ.    '.|::::::::l^i-;::> ̄ ̄<;::::::/::::::::l:::::::::l
/:/: : : /: :l:.   , 。。'O 。。 ::i  ,|:::::::iuuj      , ./l:::::::/;:::::::::::l
:/: : : /: : :l;.    ::i/  \ ::i / i|:::::l. '。。ー/:.- '。。/ l:::::/ '|i、::::::l
: : : /l: : : : i; i:.  ::i、  / :/ .  i|::l.     ,.':;/ 、.   ll::/  |. \::::l
: : /: l: : : : :i:. i::   ,i:ヽ、/ / .:/  il;l.  ./   \  ll;l :::..  ::.\l
: /: : l: : : : :i: /~'~_ノl ' ≠、.:/  ::::l ../ヽ     ./\ l.'  ::::.    ::.\
/: : : l: : : : :iノ_,ノ~ヽ, 丶∠, ー==-,:::l/   ヽ   ./  ヽl::.  ::::::,zー~,ノ
: : : : l: : : : : i:.    ヽ,   /ー---'::::l      ヽ ./    l\~~,。-一'ヽ

【文明指導者】

「よーやっとくっついたわね・・・」

「私とほむらちゃんみたいにお互い一筋ってわけじゃないからね」

「積極的にくっつけろってわけでもないし、面倒くさかったわ・・・」

尚、主に調節していたのはこの二人(記憶アリ)

721無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 19:56:12 ID:CX9aPJ/E0
                    . . .-‐…‐-. . .
               . : :´::;≠´/:::::::::::::::::`::.、
                  ,:::::::::/::::::/::::厶云云≧x::::\
              / .::/:::::::::/::::/::::::/:::::::::::::::::\:::\
              ,′:::;゙::::::::::'::::/:::::::;'::::::::::::::ト、::::::゚:;::::::ヽ
            ;:::::::::i:::::::::::i::/:::::::::i\::::::::: | ゙;/:゚;::::::::::..
              i::::!::::|:::::::::::|;゙::::i::::::|⌒ヽ:::::!|  }::∧i:::::::::::::\
               | ::|!:::|;::::::::::|::::::代::|   \:{  j厶劣::|:ハ⌒^^
               |!i:|!:::|ヘ;:::::::!::::::| ,斗‐云弌`  Vソ 灯:i:i
               リ:|!:::|:::ヘ;::::!::::::|ヽ Vしり      、::::从:|:|
                ⅵ::::!:::!ト%;::::::::|  :::::::::         川:;
.              ‘;:::::::::ヘ,_%;:::人        _ n':;::/
             ';:::::::::/::∧:::::::::.、      ´ ,| ㏍
                }i:::::/::/:::∧:::::::::≧=:‐-r‐=セチj_|__::\
                ||::/::/::::::::∧::::::. マ必三≧:x{-‐- ∨:::\
                リ:':::::::/:::/=/\::::::`マニニニニム⌒ ∨:::::::≧=‐-
              /::::::::::::∠ニ7/ニ\:::::::\    :}J^ /゙ヽ::::::::ヽ
             /::::::::::::::イ   //ニニ7\:::::::゚:.,  /廴,」   ゚。::::::::::.
            /::::::::::::/::i} .//ニニ7   \:::::} ∧ニ二}   ';::::::::::;
.       ,≠´::::::::::::/:::::::/ .//二ニニ7⌒ヽ  }::::| /マニ}    ;:::::::::i
 ー-‐=≦´:::::::::::::::/::::::::::く..厶ニニニ7   \|::::|,/   ゚マ|   |:::::::::|
.    /:::::::::::::::// .:::::::::/\     /      /|::::|     '{   |:::::::::|
.  / .:::::::::::::/ ./:::::::::/   \ /     //:::::j   .::ノ   |:::::::::|
  ; :::::::::::::;:゙  /:::::::::/      _{〉     //:::::::; .:_;;:イ }   j:::/}/
  i::::::::::::/   ;゙::::::::/   ___(/       '}:゙:::::::/   }   }   /:/ ′
  | ::::::::;゚   i:::::::;゙   {__/      ./:::::::::i   {⌒¨´_彡'′
  |:::::::;i|    |:::::::|      _」L{     /i::::::::: |   }
  |::::/:i|    |:::::::|  ,.≠´   :|     イ |:::::∧|   }

「これにてめでたしめでたし」

「後はやる夫が好きな女の子を選んでハッピーエンド!」

「・・・そう思っていた時期が私にもあったわ」

「この周回で、なのはとフェイトは女の子同士で結ばれた」

「でもそれって、男性に興味が無くなるってことかしら?」

722名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 20:04:43 ID:Mc54Vc3E0
そのタイプのハーレムものは、ハーレムジャンルにおける大論争になるからな!

723無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:15:16 ID:CX9aPJ/E0
>>722

                    -‐――‐-
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                /::::::::,. -‐====ミ:::::::::::::‘,
                  /:{   -‐…・・・…‐-ミ}:::::::::∧
                   /::::{::::::l:::l::::::::l::::::l:::l::::::l:::}::::|::::::::}
                  {:::::i!:::∧ノヽ ::|ヘ:::Nヽ:::|:::}::::!::::::::!
                {::::: {/ ̄ ̄ ヽ! ヾ  ̄ ̄}:::|::::::::}
                 {:::: ハ ┬;┬    ┬;┬}::: |r 、ノ
                   {::::::∧ ヒリ     ヒリ }:::::| ノ、
                  ',::::::::ヘ ''        '' }::::〃:::::.
                    マ::::::::ト    ―   イ::::::/:::::::::.
     _ _η      ヤ :::::|:::::::::≧= r‐=、|:::::/::::::::::::.
     `τ{ 7.{zュ. .   ‘,:::|::::/::〃: ||:::::::〆:::/\:::::::::::.
  ⊂二λ.! l _ハλ    ∧:::!: : {{ ≧{}≦ 〃/::/ : : :\::::::::.
      `了ヽ孑/.∧  //ヽ!.: :.V〃||{/ /イ: : : / 入::::::\
       \一:::::::::∧// \、: : : :〃 ||: : : : :: :: :/ /  ヽ::::::::\
          ∨:::::::::::::::\  \孑{゙^ ||: : : :rf千   -‐==  \:::: ヽ
.          从≧=-― ´ ̄'  .{  ||` ̄   /       冫:::ハ
              \     /|   | ~     ハγt   ̄ ̄ 人::::}:::}
              ヽ  ヒ升゙:::|   |         λ::仆、   〃 }:}:::}
              }八::::::!ヽ.|   |         f::: !|     /  }:j丿

「そうね。女の子が好きになったということは」

「男が嫌いという証明にはならない」

「世の中にはバイセクシャルも居るしね」

「そして百合カップルが同じ男性に惚れる、という展開も」

「まあ有り得なくは無いわ」

「恋人ってことは同じ時間を共有しているもの」

「当然、男性と親しくなるなら、二人で一緒にってことになりやすいわ」

724無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:20:57 ID:CX9aPJ/E0
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

     / ̄ ̄>‐┐                    \  レ'´:.:.:.:.:.:.:.:\
   // -=≦《三ニ人_ / ̄ ̄\  _,イ / ̄ ̄ ̄:.:ヽ《》'´ ̄ ̄ヽ:.:.:.\
  {{:/   }}三 \ニ//  / ̄  ヽ_>レ':.:.ヽ.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.`ヽ   \:.:.:\
. //   ,.〃三:/´V/  // ,. イ,. -‐:.:.:.、ヽ:.:.>、:ヽ:.:.:.:.i:.:.:レ-ヘ`ー 、 V:.:.:
. 》/ / 《三 / {_/   //,.<  /:.:.:./:.:.:.:.:Y´,ィ芹ミ、:!:.:.:.:.:.ヽ⌒ヽ    |:.:.:.
《/ /  .// V |( /  //!/!イr=ミ、メ、/:.:.:.:.:|\ト{{ {fr; }  !:.:.:.:.:.:.:ト_ノ}}     !:.:.:
|/  // / _j_/_/人   芹ミ刈/|:./:.:.V八  ヽ ゞ´::::从:.:>┴<リ   |:./:.
|  /:/ |/     `V ヽ:::::ゞ′  j/!:.:イ:ィ芹ミ   :::: /:.:.:/     ヽ.  //:.:.
/  /! |/       i   :::::   ,=!:.!:.:V f{r;}   /V/ |         V /:./
  / !/ Y        !  /:ヽ.  fr}八|:.:.:!:ハゞ'::::〈: : : 〉:./ i        i/ ´
  | :/   !        ∧\ V´:.〉 :::::∧:!:.:.ト、:>―‐<イ  :!      | '.
  |/   |        /  }___\_,.ィi  ! >'´      ` ヽ!      |  i
  |    |      /≦三三三三≧<       ,. - 、  |      |  :!
_j -=≦!      !三ミ、三三三三>、> 、           .!       :|`  、
三三三 |        !三三}三三三〈 / ̄、ヽ〉ヽ、  〉 、   |      |    `
三三三 |      |三三三三三 「/   |  Vヽニ`ヽ'   ` ‐!       |
三三三 |  ,. -‐┴- ` 、三三_ノ   !  _j'´    \  __j_     !--   _
: ∧  |                  イ    ̄     ̄           !.,'
 i∧  |                人ヽ                //
\!∧  `ー―― ァ――――‐、--</´`ー-  ..._         _//_
  ヽ∧     /           Vニ/           ̄ ̄     V    ‐-
   } ト、 ,. '               V                    `、
  /ハ V              `、                       `、_,.
 //  i :/                 `、                    V
〃   |/                  、                   '.
{{   :!                      \                    i
人___j                     iYヽ                     |
.    |  `、                   ∧!  、               !
   |    ヽ              / 八  \                ,'
   |     ` 、         / /{  `   \              , イ
.    !        ` ー----‐< `ー'   ノ`ー‐'´   ` 、._ _,.   '´ |
.    '.                   >'´                        |
.    '.             ,. '´                         !

まあ、嫁同士で好き有っていて、男性とも好きあっているのならばそれ自体は特に問題は無い。

後は当人たちが納得できるかどうかの問題だ。

そして嫁同士の仲が良い(性的な意味で)以上、

むしろ通常のハーレムよりも円満にすら成りえるだろう。

725名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 20:23:30 ID:uNK2ojfQ0
フェイト「なのは!(やる夫へ)ジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!」

726名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 20:23:55 ID:/vrM4Qzw0
二人で協力してやる夫を攻略しにかかれるので他の嫁より有利になりそう

727無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:24:49 ID:CX9aPJ/E0
/   / /                                  \
  .  /            i       ,、       `
    ′   /         |   / ヽv′`:.     !         !        丶
   ‘    .'  /           l!     ゚.    i    :!   リ        '.
    、     !             i|      ┃   ハ   :!   /    :|        i
     . :!      、   i! ' j|、       !! , -‐=¬==‐-     .  i     :|
,イ     ' .┃  ト、   、 j|x<       |!   / }:__イ」j_ _ /:}     :! :|     |!
.:      ゙i!   ヽ   |/イi| :\゚:.      リ. /}〃 ,ハ 厂刈   .:|      ┃
′ /    ∧  ; 、γ,ィ゙| ,_.」jL:::::.\    ノ /ァィ灯j/匸刈_,-、  :  : !   ┃
  ,イ         ,|: V八|X´ 厶斗ミヘ 、     7´ {{.'.{:::}゚...}iア \′: |     :|!
/ |   .′  V}   |` iヽヽx灯匸`ヽ        ゞ==彡'{. \. \ー 、  ,
         V ′ !  '. }'{{.'.{:::}゚斗┐ .:::l    .::::::::::::::ー=彡  \. \ |  .
  :   :|   :i !  { \ト ゞ=''"/ /_ハ ::::ノ      r=‐ "  \  ヽヽ! :!
  .  ト、  リ |  ト≧=,.::::::/ /  ノ         ` ー=ニ入  ヽ  i | :|
   ',  |  :、 :|  !、ゝ  `:/ /  ,:'                ー=彡'^   '  | | :i
        ミ、!   ハ.  / /  /       _ _,    -‐'′  .} | |/  |
      、!    `ゝ、 i. ^\i  i   {     ー。´ __ ,ノ             /
            !  i .`.:..._  \ :、  `ヽ,.   ー-  ゚    /      /i     :
        ,:  |丶   \`)       ̄ 丶、      {     _  { |
         ,. < ̄ ̄`丶. i \          \     }       `ヽ |     :.
.     /⌒:、:\ : : : . . \ ヽ   、           `==‐-くj.       ∨,     '.
.    /   : .\ : : : : : : : iヽ    \          }  人          、    \
    /      : : : .ヽ : : : : : |.∧    :〕      ,ニ三{. \         \      、
.   /   :.   丶: : : : : : : : |ノ∧   /      /三三ニ:.  \         \
  i     : : : :.   \: : : : : :|   '  /      ∧三三ニj:   |\         \ー ¬‐-ミ
  |   : : : : : : : . \: : : :|    ∨       /  \ライ     |  \         \  | : : : `ヽ


・・・が、この二人はヤンデレである。

「なのはもやる夫も私のもの♥」

「誰にも渡さない♥」

728無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:27:56 ID:CX9aPJ/E0
        /, -=ァ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`\   /  ̄ ̄ ̄`ヽ
.       // /.:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽr/.:.:-=ミ .:.:.:.:.:.:.:.'.
           /:::: /::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\-::}}:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
        /:::::/::::::::::::::/ ::::/:::::/::::/:::::/ ::::::{:::ヽ:ヽ ::::::V:ハ:::::::::::i.:.:.:.:.:.:.:ヽ: |                      ,, -''
.       ,':::::/ ::::::::/::::〃::::/:/::::!:::/|::::::|::::::::::}:::::}:::}}:::::::::∨:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: }.:|                  ,, - ´
       |::::/| :::::::/:::: {{:::::7:丁:::j:::l`ト::::l::ヽ‐十:::ト:リ:::,'::::::ヘ:::::::: :l.:.:.:.:.:.:.:.: ! |              _ ,,-'' ´  _..:.-.:''
       ∨ l|:::::::,'{:::::从 ::|∨ヽ八:{ \{ ヽ\{Ⅵ:∧/ ::::::l::}::::::: :l.::.:.:.:.:.:.:. ! |         _ ,,, - '''  _ ..-:.:.'':.:.:.:.:.:.:.:
.          |::::::ハ::::Ⅵ ::{ ィ==ミ;;;;;;;;;;;;;ィ=-ニ_j/ /:::::::/j/:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.:.:! |    ,,,,,, - ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            ',:::::l.ハ:::ヘ|::小  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,, `ヾ/::::/}::::l :::::::: l:.:.:.:.:.:.:.:: ! |   ヽ    _ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            \{  \{| 八      j      彡イレ |::::l ::::::::::l::.:.:.:.:.:.:.: ! |    i_,,..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                {:::::::ヽ.   ー 一    /' :::,' |::::l ::::::::::l.::.:.:.:.:.:.:. ! |    .l:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               ヽ::::{ `ト、      イ /:::::/  |::::l::::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |     |:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                >く/`=≧-z≦=|`∨:/   ! ::l ::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |     |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
         -―――‐'´/ {  /^\.  } /く `ー- L::_:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |_ _ ._|;」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''
      〃::.::.::.::.::.::.::.::.:/   | /ミ{^}彡, |  ヽ::.::.::.::.,--、,.─、\.:.:.:∠ー^i `i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
      ∧::.::.::.::.::.::.::.::./    Ⅳ/∧\.Ⅵ  ,r-/ ̄,i  .l   .Y  ̄--´ .l l  |:.:.:.:._:. - ''
      |::.ヽ_ -――/    ∧く_./ ヽ._>∧  l-=|,,-=ト -=|===| .       |,,」,,- '''
     _|::.::∧ /   `ヽ _/ マ¨ ̄ ̄¨フ\}__|,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,ネ ,,,, - '''
.   〃^|::. | ∨    く ̄    \::.::.::./   /  !  !      l / :.:. ! |

「あははは・・・フェイトちゃん嫉妬しちゃって可愛いなあ♥」

「・・・でも、渡さないよ?」

お互いに愛し合っている恋人同士だからといって、

独占しない理由になるだろうか?

729名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 20:29:34 ID:/vrM4Qzw0
最後の二人になったらファイッ!しそう…

730名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 20:32:22 ID:Mc54Vc3E0
離別と独占を計りにかける

731無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:35:58 ID:CX9aPJ/E0
>>729
>>730
                      _ -― 、
              -―― <:/⌒:.<⌒
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.⌒´.:.:`ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.―ミ:.:.:.:.\
        .:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.\:.:.:.:.ヽ
          |∧:./レハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.\:.\:.:.\:.:.:.:i
        ノ/У:./.:.:./:.:.:.:.:.:.|:.:.:ハ:.:.:l:.:.:.:.:Y:.:.ト:.:.:ト:.:.:.:ヽ:.:|
         トVИ:.:.:.:/:.:.:./:.:/|:./ |:.:ハ:.:l:.:.:|:.:.|:.:.:Y:.ハ:.:.ハ|
       V∧l.:.:.:.レ|イナ厂′ レ⌒ハイ:.:イ:.:.:.|:.:.:|:.:| |!
          V∧:.:.:| ,z==ミ   z=ミ ,レ:.:.|:.:.:.l:.:.:|:.;
            { ト:.:{ ´         /:.:.:.:.:.:.:ノ|:/|/
         ヽ|:.Nゝ      ′   ':.:|:.:.:/:| l′
              |:.:.:ト     r 7  /:.:.:|/:.:.:.|
           八:.:.{ >。 ー' イ:.:.:.:ノ:.l: :.:.:|
             ヽ|――-x不  |:./:.:.:l:.:.:.:.|
     ,r――― へ/  \  ノl| \ニ=rzL.:.:.|
      |ニニニ/ ,fノ 〉    Y 只   マ厶ー l:.:|
      |ニニニ{ / )、  人|」ハ\ ノ 、\`| .:|
    /小ニニ=∧   ' イ-/  ',  _」 〉、  /ハl|
    { ノノニ=/ ( }   ノ〈    Xニ| |  イ「ト、ニl|
     レニニ/ 八\ /  \   マ:| ハ__ノ/' ヽ:|
     |ニ/ /  \\   `    ゙'|  |( /   }ト、
   厂   x、     \〉 ...:::::::....  Τ レ   ノ′\
    |   /  ゙x、    /::::::::::::::::::::. |:::::::\ /′  /ハ
   ノ /     ゙ x、/、 :::::::::::::ノ /  ::::::ト\     /|
  { /      /        〕⌒ ノ:.:ヽ)、    /|
           /         0  |   |:.:.:.:└ 、_/
    ヽ     /{           |   八:.:.:.:.:.:|
     ー ´  辷=-         ノ    ノ:.:.:.: ノ

「嫌だなあ。大事な恋人にひどいことはしませんよ?」

「【どっちも独占】しなきゃ・・・」

732名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 20:40:24 ID:Mc54Vc3E0
意外と漢な発想w

733無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:40:51 ID:CX9aPJ/E0
          /,イ,ィ'il|ll州!l!. Ⅶ}l }i|l Ⅶi.}l!.Ⅶl|l,州i!l州l|i
        〃 ,リ'/,ィ州}li|li{tーⅦ},.{!l! Ⅵ'l}´}Ⅶ州l.il|l|}li |!
         〃,イ,i{!,l!}l|,}i'´}   Ⅵ州` `',ィ ,リ'.l| l州l lil li
        .〃.i|,州,i|!l.Ⅶ! ,ィf云ミ `ヾ!  _ィf云ミ、. l|!リi!.| |l、
         i!,リ'}!i|l!}!i|l!,イ! l-、:ハ     i´-、i} }liイ!{,i|.i|!lミヽ
          |l! ,l|!|lriⅦ!ヾ!弋ニ'ノ  :i   弋ニリ〃,州l|州li
           |l!.ノ'|.}l i.〉l|l}i.、` ̄   |     ̄   /イ{.|{l.ル{`
             .|lハ、ヾ〉、`        __,;::    /ー,ィ{
              `}ハl:、    }`_ _i´{   ,イilハli|`
                  l从i.、 }:l, ,.イ:/:/.;':.:.:: ,イl从! `
              }`ヽ、_从/}:/)::/::;'.., -<{Y_
             | 〕ry}:/i ,ノ{ (:/.}:/::/.|,ノハ
             (:ィ:(}/}::::}ハ::}‐/イ():/ ̄ _,:|
             ,'/;/ . ノ.:::{.,':;、::i' ノ/zニニ///,}z、, , , , ,__
             lし'  ,}::::::Y:{ノ:::Y/´:lj , ィ//ィ///////////>, 、
            _,.ィ|   ,l:ハ::::ノヽ::{, イ///////////// /////////l
     _,..,..ィ'7/// :|  :l;j .}::{ ノ/l__|////////////, .//////////}
   イ//////,f≦云}`ー‐--‐‐'.イ:/:ノr‐、'////////////,' i//////////,|

『下世話に言えば』

『ハーレムの主の座を巡って争っているってことさ!』

なのはちゃんの理想:なのは×(やる夫+フェイト)

フェイトちゃんの理想:フェイト×(やる夫+なのは)

『だからライバルだけど嫁なんだ』

『ローマ流の嫁取り(侵略戦争)でも、ちゃんと嫁は生かして捕まえないといけないだろう?』

734名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 20:41:55 ID:uNK2ojfQ0
ハーレム:頂点は常に一人 ってことか

735無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:41:57 ID:CX9aPJ/E0
   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

「ハーレムの主はやる夫じゃないのかお?」

すまんね。どっちにしろ君は生きたトロフィーの側だ。

736無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:42:12 ID:CX9aPJ/E0
>>734
『はいw』

737無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:52:49 ID:CX9aPJ/E0
              ,――――ヘ __ ,.:<  `ヾー──‐-: ..、                 ,'´ / `',
            /       /../        \      ` ヽ、         !. /`し l
.          /   /   /. ′  、       ヽ        `ヽ         ! ┼ __ l
 __ __.   /  / / ,' /       ヽ        ' ,   `ヽ     ヽ     l q__,ノ l
      ゙゙゙゙'''ー,,、.゙/   / /   .i     i、      i`ヽ   ' ,      ' ,    .l   う l
             \...... i / /゙i  |i  i  lヘ      |  ヘ   ヘ       '、...  \ :  /
              \. !i j ! l:| | | :  i  |   i    i         '.,      ̄ ̄
                ヾ} | ト斗七 l | :  |   |   |    |         ',          -j─
.         ー-一''"´   /. |メj゙ヾ;j ヘj イ  .;   |   レ´⌒ヽ  |         ',.        二)
                {i' l !レ′,,ィ亥l.ノ | .イ   |   |ム⌒`}  !          ',.         ゆ
           x=ミ  ヽ.| .| イ彡"  リ | .:/|   |   |、  }  }  |         ',.        つ
           /   ヾ. !' .レヘ〃     .|./' |   |   |) ノ /   |         ',.        :
         {   fi    ヽゞノ///// /'  |   |   |_ イ l    |      ',   ',
           ゝ、 :ゞ    f'´.        /   |   |   |  |. |    !       ',   ',          -j─
          ////    ',.            |   |   l   ! l   i!       ',.   ',.         二)
            (     ノ|           l   l  |  l. l    !l         ',.   ',.         ゆ
         u ` ー一 ´ ヽ             |   |   |   ! l.   l l         ',    ',        >│|
                   {).         |   |   |    V.   l l       ',.    ',       /、)ヽ
.                  }{ヽ        |   |   |     ∨  l l        ',.    ',,
___               / し....',    ´  |   |   |    ∨.  l          ',     ',
    `ー--、     ._ ーァ  ゚  ` ー┬─ -!  .j .: i      ∨ ヾ;         ',    ',,
          >_,/    / \....  i |   | ;  i|>ー--- ヽ   ヽ       ',    ',
   /    _/     /_ _..X⌒ヽ、. 、.  l  ;' /        ヽ   ヽ、      ',    ',
--イ =辷三彡へ _.r一′   ゙¨ー=ヽ、゙`l  レ′             ヽ、   ヽ、    ',     ',
  <ー---      乂___、         ’,. ,'                  ヽ、   ヽ、   ',     ',
   \             / ヽ           ’!...i                    ヽ、   ヽ、  ',     ',
     ヽ         ヽ、          }゙!                  \    \ ',     ',
       \           }             ヽ                       \    `ヽ,     ',

また、嫉妬という点でも変則的だがヤンデレである。

例えばこうしてやる夫とフェイトがいちゃいちゃしていたとしよう。

738無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 20:54:39 ID:CX9aPJ/E0
         ----, -‐  ̄ ̄ ̄  ‐- 、
      /  , -=ァ.:.:.:.:         .:.:.:.:.:.:` 、   / ̄` 、
      lr ´ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ,、/:.:-=ミ .:.:'.
       /./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ',l::::::::::::::::ヽ:::
        /.:::/.:.:./.:::/.::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:', ト:::::::::::::::::l:::j
      l:::::.′/::::l::::::::/./.:::/::::::{:::ト、ヽ,::::\.:.:.:.:',ハ::ーミx::::ji:::l
        V l::i:::::{{::::7,イミヽi:/l::::::l::::/:;Xレ´トリ.::::::::li \::::::::::ll:::{
        i::从VヽハV;{{ト、. \{ヽX ! {Ⅵ∧ミ:::::リ  |:::::::::l:::l
        j:::::ハ:j イ欣㌦     .iル'イfチ.ハ}'|:/jl   ト::::::::|::|
        レヘjN、ハ: V//,ノ      V//,ノ  l/l/リ   i:::::::::|:{
           kハ *****   i  ***** /イ     }::::::::||
           `ヘ   ,.., -‐ ⌒iヽ  /´ハ    |::::::::リ
            /ヽ::\ {:/       ´:},.イ::/::::.\  ノ.:::::/
          /::::::| ヾ:| ≧  __  ≦! l:::i¨`ヽ:::.\::::::/
           V:::::::::l  i:l ヾヽ></ノ |:::{   }:::::/.:::/
         V:::::::l  l:廴 ヾ⊥⊥/./ }  /.:::/.:::::',
             ヾ¨  ト,  `ー≠― ´   /  l::::/.::::{:::{
             ,ヘ   〉i   o }   r/  ハ:::{::::::从{
―――――――{f=='1―――――.|ヾ=´イ‐┴―
           `ーミ,イ        `トー<
           / }ル ィ}           {   ヽ
             〈////u          uヘヘヘヘ〉
               ̄´            ` ̄

「二人とも離れて!」

そうするとなのはは嫉妬して抗議するだろう。

さて・・・誰に嫉妬したのだろうか?

739名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:02:22 ID:/vrM4Qzw0
両方…?

740名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:05:42 ID:Mc54Vc3E0
自分がそこにいない事かな?

741無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:10:53 ID:CX9aPJ/E0
>>739

                      _
                  /:/⌒
              .-――-. . 、l::::/-‐:  ̄ ̄`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-==ニ ̄`\
          ィ::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     //::l::::l:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::\
   /  i/:/::::::i:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::l:::::::::::::::\ヽ:::ヽ
  /     /:::i::::::::::」_:⊥斗ハ´:::::::::,イ::}::::::l:l::::::ヽ:ヽ\l
  ヘ   {ハ!: ,イ|/ |/  ヽ::::/ |/`ヽi::::l:::::::::i::::l  }
 /:::::l∨    ∨: {  ○   ∨  ○ /::::l:/::::::l:::l
 {::::::l: ∧     ∧:人。 ゚       ゚c //:::::::ハ::l
 l::::::ヘi     i: :ハ'///////,} / |:::::/ .}/
  l:::::::|     |\N            i  ':/  ヽ
  l:::::|     |  /´⌒ヽ、       人        i\
   ヽ:!      i (       ̄`ア イ/`      / : :\
    |     |⌒ヽ――┬―く  :!       / : : : : \
    |     |`‐=ニ‐rゝ_7ィ,/゙i\    / : : : \: : : : : :ヽ
    i    ∧. : イ、.`〈 只l '‐‐r \ヽ/\: : : : : : \ : : : ::l
    {      ̄> \l;:;:;:ヘr 〈 ィ/    \: \: : : \: : :|
    ∨     .\_  \;;;;;l lヘ/      \: \.: : :|: : |
     .V   / .、,r' ´ン、  \l lヽ        |: : :|: : :|: : |

然り!

「やる夫君と仲良くできるなんてフェイトちゃん羨ましい!私のやる夫君を取らないで!」

「フェイトちゃんと仲良くできるなんてやる夫君羨ましい!私のフェイトちゃんを取らないで!」

両方に対して独占欲を抱き、両方に対して嫉妬しているのである!

この点においては、やる夫でさえも恋路を阻むライバルである。

742名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:11:54 ID:/vrM4Qzw0
二人とも屈服させて私のものにしなきゃ…(覇王感)

743無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:14:27 ID:CX9aPJ/E0
                         _ ,  ......  、_
             _,..  --  、 , イ ´      /_  '.,ミ、
           /´  _ .. ___`ヽ       ´ ´  ', ', `ヽ
          /, ィ ´≧´     , -        、    ! i   `i
        〃´  }´  //  /  .i  ヽ    ム     .! i    .l
             l  /  {   l   .l   ',   .}、   ! i   .l
                 } /  ,i   i    i  .∧   .l ヽ   ! i    l,
             j.,'  ,' i   i i、 i、 .{ '.,} i l  ヽ  リl    li
              l.l  .l i   iヾ, .i_ヽ l  ノノ, !'´ ̄.} ノ    l!
               / l   ハ .ト,  i ヾリ __ヾ  / }/ , =弐.、 } ./  l.i
              / .ハ  .l .i .ハ  l., ,ィ≠、ゝ ,/ "    / /  .l.i
          彡イ ', .{ i i. ヽ .{ "           ゞイ i  l i
                .', ハ ヾ  ト,.iミt-      '      ./l i  l. ム
                   ', { i\  ムヾ∧    ‐ ‐ ァ  ./i l i  l  ム
               ヾ.i i \ \ i >  ` ー  イlマi.l l  l  ム
                  ,ィj j i. `ミー i ∧ }> - ´ィ:/.l .l  l    ム
             /r Y`Y.ヽ _, -ノ  ム:::::::::::: ,<  .l .l  l._   ム
           ,ィ彡´\. \ヽ \.  {  ,イ\::::::;<}   l ,′ .l  > t、 \
         /,イ  八 \ |.ハ._ヾー‐'´//::::::{/∧  .{ i   l   / ,ハ_`ー-、
        ./_,,,l  .ノ __,\.ゞ´{´: : :/ー.イ/:::::::::::〈人 マ´ 〉,{   l   /   ハ: ̄ハ
       / {::r|_... ィ..´: : : | / .|_,.イ//::::::::rー´ノ 〉 / 人  ム ./   ハ: /:ム
       ,' ハ: : : : : : : : : : l´ /ィ ././:::::::::::/__/{. i/ / /i\ \     }/: : ム
       { .,' }: : : : : : : : : :y´  //:::::::::::::::::::::::::::::レ´/   /. ヽ ゝ、\_ / : : ;′

「なのはは可愛いなー!」

一方で嫉妬されているフェイトはどうか?

一つは、恋人が自分に嫉妬してくれたのが可愛くて嬉しい、だ。

嫉妬とはこの場合、愛が前提となる。

嫉妬を示すということは、ある意味愛の告白にも等しいのだ。

それは恋人として誇らしく嬉しいだろう?

744無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:23:08 ID:CX9aPJ/E0
                       , -----、
                  ___〃:.:.:.:.:.:.:.:.:i
              ,  ≦:.:.:.:.:.:.:.:.<:.:.:.:.:.:.:.:.:.| -====―
            ,〃ヽ:./ヽ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:/:.:― 、
          , ′|:./:.:.:.:.:.:/:.:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ 、:.\
          /:.|:.:/:.:.:.:/:.:.:/:.:.:./:.:!:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.‘,:ヽ:.:.ヽヽ:.ヘ
            {:.:.:.//:.:./:.:.:.:i:.:__廴/|:.:.:.:.!:.:!:.:.:.:.:.:.}:.:.:.',:.:.:.',  \
          |:.://:.:.//:.イ|__|:.{ `:.:.:.:l┼、:.:.:.:.: i:.:.:.:.i:.:.:.i
          |〃|:.:. i:.ト:.:|イ斧7ヽ|:.:.:/,≠|:`:.:.:.:.:l:.:.l:.l:.:.:.!
          ゝ:.:l:.:∧{:l:.l 弋::ソ il/チら }:.:.:.:. : !:.:.|:.|:.:/
            ヽ:l:.l/リ:マ{ //// / 弋,' ,′:.:.:./}:.:,'リ}:/
                ゞ{:.: : |ヽ      ` //:.//:./ ,':/  ′
             !:.:.:.|     `l 7{ヽ/〃/:.//|
                 /ヽ{  ヽ    `イ\\:.:.:./:.:.|
               ∧ \`    7≠―/:./―‐ ヽ:.:.!
         ,x ≦:::} ヽ `ヽ-≠、 ', /ヽr ´   ヽ
        〃::::::ヽ:::::::|  \   /ゝx、ヽ、 《 、    ヽ__
     /:::::::::::::::::',:::::l     ,ヽi /: ̄} `ヽ´ヽ、   / ‘,
     i:::::::::::::::::::::i:::亠---/   `ヽ::::i   |  `ヽ、    ‘,
     |:::::::::::::::::::::://    L___    `ヽ、/    ',  /ノ 、
     / `ヽ:::::::::::://        ̄ ー-- \     i//   ヽ
     {  }}:::::::::/ |  l    ―――  ` l    ,'/    / ヽ
     ゝ /::::::::::/ ト  ',               l   ノ:.ゞ         i
     |:::::::::::__i  | ヽ  ヽ        ―≠ T:.:.:.:.:ヽヽ     /
     |:::::::/   |  \  `ヽ--- ´   ο{  l:.:.:.:.:.:.:.:.`:―一
     | ̄     i|   /           |  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

「フェイトちゃん・・・」

可愛いと言われてなのはの側もまんざらではない。

故にまず恋人同士の甘い空気が漂って・・・

745無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:25:55 ID:CX9aPJ/E0
         /   |   /      ,          、  |     ゝ
           /   │  /,―i- _,ri  |   , r、     ヽ、ヽ、   ヽ
        /    丿l ./i|  / / /l`iヽ| i´ /::::::|  l ヽ  ヽ  ヽ.   丶
       /    /} | .l |'示l==ミ、 | | / :::::::::!   |  |   `、   ヽ    `、
       /    l l .| .| l ll、|_イcハ || /  ::::::ノ  l  |    ヽ  ゝー ―` ー
      /    | | │ l .l l  ``   、l|  :::/ / |  | ゙l |   } │
      /     ヾ| | │ll|ゝ     ヾ ::::/ / ,l  / l |   |  l
     /       .| | |ヽ|.      , :::ノ//   / / l /| i /
   /   /    | | .|:       _  :::: //  / |/ |/  レ
  /    _______'| !  |:      `  :: レ  イ  /レ
. r=ニiiニ┴ー亠――.| |  リ、 ヽ     ,/ /  /  /
,/  ___   -r‐‐  |l゙  ト `ヽ ゝ - イ_ ./  / /
  /          |l゙   | 丶/ Vヽノ ̄ /  /|/
.,/          广  ゙ll.、  ∧ |` /  /\

「でもさ・・・」

「なんでなのはに文句言われなきゃいけないのかな?」

「やる夫は私の婿なのに・・・」

次の瞬間恐るべき修羅場アトモスフィアが漂う!

ヤンデレにとって愛と敵意は矛盾しないのだ!

746無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:33:32 ID:CX9aPJ/E0
                                         __________________
                                    /:/|:::: / l/   l'   !:::.:| ヽ::_ lr┼~: 亅::: |: :
_________________________ /|,!: / '    `  ヽ__レイ ニニ二- ,' ::::: / :
ノ'.::::::;;;///  ,,/ ,,/ /  ,i , , i, i l'、 !l  i,  ヽ、  //:7‐l- __     .'" !lン ̄/|'"''‐-、.\:ヽ./ : : :
::::/  ,,/  _/i  ./_/j /l/l i l,  l ヽヽ iヽ l  ヽ, \.//!r'ニ =.三ヽ、      ´  ,__ノο::::::',  ヽ/:::::.:
/ ,,/ ,_/ /   /  /`irーi-i、l,,i |  ヽ i l | l  ヽ // :/ .´,ノο:',            |:::::::::::r―''" /: : : ./l
 ,/  ,/彡 l   / l i___`'ii ヽil  ヽl i il  、  //!、l  |`'::::::__,l          l:: ,、::::`:7 / : : _/:::
 ,_ィイ    i /l i_/´__ノ:::.i i`'  ヽ  ├i-、l  | // ', `.ゝ !::_´-,┐         」:_!:_r'.!ノ/: : , -'/:: :
/ l、l;;| ,/ヽ/ | l " ii i:::::::ノリ      ,_,l/ l  l .//|  .l,   ヽ:::,l_/   ,         ー=二 --‐ " / : :
 l;;;ヾヽl i´ヘl  'i,l   ゝ_`´ノ      ,_.ノl!! jl /.// l`_/!.   ̄    丶             ./.:
 i;;ヾl i l 、 i   i       ̄       ll/i/ii /レ //X_ !/:::::l.           ___       . '´:: : .,-"./
  ヾ;;;;;;;ヽ_               、iン / |.//  /~ : |           '´       ., '´:__, -, '´ /'´
ヽ_ ヾ;;;;;;;;;;`ヽ,                ´   ll //  /::: :.  /!、             , '´, -',-‐'_/ ̄ /
、_ヾヾ ;;;;;;;;;;;;ヽ,          ー‐     ノl //. / ::: : ,イ:/   `ヽ_          /, ''∠ :;‐'" _//_
    ̄ ̄~`ー-、_ヽ,.,             /.//  ,' :: //:/      `‐-、      〃  ./  .〈,-ニ`ー,
__ ー--、_ . `ヽ_ヽ、,        _.,-‐'" ,:::/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ` ''ー--、___-、`ー-、ヽ`j-、,-‐'" :::::__/

そんな風に、愛し合いながら一方で大奥権力闘争のようにバチバチ火花が飛び散る歪な関係!

そしてそこにはNiceBoatという終わりさえ訪れない!お互いは敵であると同時に愛しい恋人だから、どれほど憎んでも排除できないのだ!

それがヤンデレ百合ハーレムである!

747無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:34:21 ID:CX9aPJ/E0
              . へ _
                ノ: : : : : : : : : :0o。.
           イ: : : : : : : : : : : : : : : \
_____ .. イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : >    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨  ・ 、j
γ⌒ヽ_ ノ:ノ                  \     _
匁_ ..人: : : :/      , .―~^ー .._         :.  .|! 〕⌒)
      ソ    rチi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/{i:i:f:~、    〕  |! ん ∧
      /   ,ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ 'i:i:i:i:i:i:i:ミ.  _, イ{   } /
     {  .イ:i:|!i:i:i:i:i:i:i:i⌒ヽi:i:i:i:i:i/ ,.::マf:i:ミi:i|i:ム人ヽ ju   く
     \{i:i:/i:i:i:i:i:|!i:i:/i:i:i:i:i:i彡"    ヾi:i:i:i:|i:i:i| <_) _ノ ̄ ’.
        /i:/i:i|i:i:i:i:|i:佐サキ^'        \i|i:i:i|ム ⌒ヽ
     /i:ィi:i:小i:i:ムj弋__.ソ      佐サキ }:!i:i:li:i>- .     〟
    ./i/i|i:i:i:|i:iハi:≦ ::::::.    .  弋__.ソ_.ノi:i:i:/:i:j    :.
    /i:i{i:i:|i:i:i:i:i:iム.j        ′  .:::::/i:i:i:i:i/i:i:i:}     ,
.   {/{i{i:i:|!i:i:i:i:i:i:i从     r~,   {i:i:i:〃i:i:i:i{    :l  :.
     Ⅶヾi:i:i:i:i:i〃i:i:> .     ¨   ノi:i:/i:/i:i:i:i:/    |  ,
       〝ミ^^γ⌒ 人> ― ィ≦i:/i:/〕i:i/
           _ノ     ~~ミ  _ .j-  ヽ{i/            :.
    γ  ̄: : : :^~ _      〕     }.、.-― -  _ /   :〟
    ./: : : : : : : : : : : : :ミぇ_  人 _ ,ぇチ: : : : : : : : : /⌒” ̄ :.
    ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : } γ⌒ヽ: : : : :{/: : : :/     _:。
  厂: : : : : : : : }: :/: : : : : : : : } .   .j: : : : : ゚。: : :〔    /     ゚ .
 ノ: : : : : : : : : : :,/ : : : : : : : : : } >‐彡: : : : : : ゚。: : :}   }           |
"  ̄  ー - :/: : : : : : : : : : : }    { : : : : : : ゚。 {    、
         ヽ : : : : : : : : : : : } γ⌒ヽ: : : : : : : 。 : 、    ー― ┬   彡

「うーん・・・とりあえずバッドエンド回避って点では良いのかな?」

「ストレスでやる夫が早死にしてたけど」

748名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:35:15 ID:uNK2ojfQ0
やる夫ェ!お前が最後の希望だ!(無茶振り)

749無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:37:27 ID:CX9aPJ/E0
>>748
      ___
     /⌒  ⌒\
   /<○>   <○>\
  /   (__人__)   \
  |     |r┬-|     |
  \    `ー'J    /
  /              \

「どっちからも私の女取るんじゃねえ!ってにらまれてるんですけど・・・」

「どうせいと?」

750名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:41:24 ID:Zf.Ndnrw0
ぶっちゃけもうここら辺はもう性格の問題だからなぁ
そういうのが苦にならない正確なら普通に楽しめるんだろうけど…
もしくは二人を完全に屈服させれるようになるくらいしか思い浮かばない

751無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:44:24 ID:CX9aPJ/E0
>>750
                   _ -── 、 _
               _ -:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /''´:.:.:.:./`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
             ´ /:./:.//へ,,,..:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.′
              {:./:./:.l:.:.l__l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.i
              リl:.l:.:.{:.l:.l一{:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.l:.:.l
             ´{:.:.:.{:.ヘNセヌヘN:.{:.:.:.:.:.:.:.:.}:.l:.:.l
              ヽl:.i\ヘ{  │リl:.:.:.:.:.:.:/:.l:.:.l
              `ヾ::.l\ト -=- レl:./レ:.:.:.:.{:.:.l
             _/:.:.:l:.:.:.{ゝ _ _ イ´jイ:.l:.:.:.l:.:.ト、___
           ///////l:.:.:l:.土ニ土:.:.:.:.}:.:.:.lー//////ヽ
         //////////:.:.:.}イ  ̄ ト /:.:.:.lヽ/////////丶
      _ ////////////:.:.:.:.ト ヽ  / {:.:.:.:.:.l //////////丶
    ∠///_//-三三>x:.:.:.:.ノ   ′  l:.:.:.:.{////三三ー/////、
       /:./三三/:./\  、    弋:.:.:.:.:.`ー、三三ヽ:.:.:.:.\  ̄
      /:.:.:.:/三三{:.:.:/三三\ _Y´__ /`三ヽ:.:.ゝ、三三\:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:./三三三\/ /´⌒ `「 ̄ ̄」´ ⌒ヽ \:.}三三三三ヽ:.:.:.:.\
    /:.:.:.:.:.:.:{三三三l//{       ̄l ̄     }\}三三三三三}:.:.:.:.ヽ
   {:.:.:.:.:./三三三{´///\           ///// }三三三三\:.:.:.:.}
    l:.:.:.:.l三三三三ゝ/////\   人   //////ノ三三三三三l:.:.:.:.l

「思えば」

「ヤンデレから愛されたり洗脳されたり監禁されたり殺されたり食べられたりはあっても」

「ヤンデレから排除される側の泥棒猫になるのは初めてなのよね」

「さすがにこれはちょっとすぐさま適応はできないわ」

752無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:46:57 ID:CX9aPJ/E0

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |

「いっそ「付けて」しまうかおね?」

「もしくはやる夫のを「もぐ」かお?」

753名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:47:57 ID:Zf.Ndnrw0
それは根本的な解決にならないのでは?(泥棒猫扱いは変わらないだろうし)

754名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:48:29 ID:/vrM4Qzw0
つまり薔薇か百合かに…?

755無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 21:49:34 ID:CX9aPJ/E0
>>753

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

「いや・・・軽くシミュレートしてみた感じ、負荷を半減くらいは出来そうだお」

「やってみるかお?」

756名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:51:19 ID:qbFbUGio0
憑依とか?
いい感じの技術がシスターズポセッションってフリーのSRPGに……(宣伝)

757名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 21:51:37 ID:Zf.Ndnrw0
ん~?全員が同じ性別になる事で同族意識が生まれて嫉妬が少なくなるのか?
分からん!やる!

758名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 22:01:37 ID:Mc54Vc3E0
これ、やっぱりフェイトがバットエンドメイカーしてるようにしか見えないw

759無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 22:12:45 ID:CX9aPJ/E0
>>758

__ ィi〔/   / ,へ      ,. ヘ ヽ
⌒¨ ア  ' / /   ,   ,,     、 V ∧
.  /  /  ' /   / ' /゙}  ハ   ハ V
 /ィ '   i '   / /{ i } / j / } }  }
./ |: И {  ーォ‐ォ'ハ{ ノハ`ー}ォ-Ⅵ '
  ,八{八 八Ⅳ^う笊   ^笊示ぅ i  :
   ヽ 〕iト乂 乂ツ    乂ツメ  |  :
      } 八iヽ.:.:.:.:. ,   .:.:.:.ノィ  j  i
     ノ -f 込、        '} ハ  {
.      '   乂⌒丶  ^^  イ , '从 八
     {     ⌒ト、≧ ≦ィト-i {/´「  ヽ /
.   /i     :.. ^Ⅵ Vニニ]i:i:i:{ 乂ノ    V /
.  ,  :       レ'__,)} }i:\\i乂(__ j    V
  ′ i t‐ 、__jノi:i:,  ,:i:iY⌒jヽi:i:〕iト _  }
 / / ト!__}ニ}}ニニ}i:i:/ /i:i:i:i:〉 └ 、i:i:/⌒)i:i:〕iト.
./ / . Lニニ」ニニi:i/  ':i:i:i:i:(__,.   V _ノi:i:i:i:i:i:i:V
. /    }/ >-/  /^\i:i:i:i/   }└'⌒Yi:r‐、}
イ   _(/´-  {  i    Vi{    ,     j/  }{', /
.i   (//_¨ 八  ト   }i:i:\ ノ、     イi} V     _
.{  └</ ⌒ト ヽ{ ≧┴‐‐ ´⌒7≧=-  ´ヽ  V__ ,.ィi〔i:i7 ´  ̄ ̄    .,
八   .ノ     | }\        〈i:i{        }ニ|i:i:i:i:i:i:}               .,
⌒\//\ __j |i:i{ `¨¨ ¬┌  ┤乂__ .... -r‐'ニニ}i:i:i:i:ir'                _〕iト,.
  /////丶//}i:圦    |i{   Li:i:〉     _ノニニ{i:i:i:i:i乂            ⌒\i:〕iト.,
. 「/^\//>^i:ヽ{\   }i:L_      、..  //ニ〕トvfニニ{i:i:i{           /{     }i:i:i:i:i:〕iト.,
.///////\//{. . . . .〕iトノi:i:i:i]       ` //ニニニ/ニニ〕iト\        /i:乂____,ノ⌒)i:i:i:i:i:i:i〕iト


「多分普段出てきてない問題が噴出してますね・・・」

760名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 22:14:16 ID:/vrM4Qzw0
嫉妬によるギスギス+嫉妬を喜び誘発するでやる夫の寿命がマッハ

761無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 22:14:17 ID:CX9aPJ/E0
>>756
              ___         {´ ̄`ヽ、
                  {  _\           マ_ 。 }_,||
                  \}   \       マ__  ||
                  \  ヽ  ____ ///\!!
                  }>. :´: : : : : : : : :>、/
                     /: ,: |!: : :|: :\:\: : : 、`ヽ
                 , ': : :/: :||::、:.|、__:_:、\: :.∨:ム
                   /:/: :.':ィ-|{从:| \{\`\: 、:|: : : .
               /イ: |: :|:|从{ \{イ苡オヽ}: /\、: : ;: .
               /: :|: :|:{泌ソ   :.:.:.: /:イ: : : |:\: : .
              , : : |: 从 :.:.: ' __     /: : :./: /: : : .
                |: :./|/:.从  V:.:.:.}   ´√´:.:/: | : : :.
                l/  |:|:ム   ー'    イ: : : /: : ! : : : .
                  /:,|: |: :`: . __,... ´ |: : :,:,ィ⌒ヽ、: : : .
                    /: |: |: : r=r-|  |^|: :./|| 〉    \: :.
                     {/ /-j: :/!| Lノ  {l |: :{ jj|_〉  \_、\
                / //: {l」/ _ィ―/ |: :|_/イ        `ヽ
             _,.  ´  {/イ/r-ゞ-`¨ー'⌒ヽ l|          }
              「    /,{>- ´ ,.と二_〈_l ー'´ ̄∨  __    '
             |  ,.イ-┴- 、://Toノ| ∨ ∧  ∨//// \,∧
             Ⅳ/ /       '    ||   \、_/⌒}_/ |///: : :.
          // { {     ,   ......:||::...... 乂{    \   |/: : ,: :.
            / 、 、.:::、:::::::::......{...:::::::::::::}}:::::::::::::::∧     ` !: :,: :,: :.:.
         〈   ヽ\::\:::......   、:::::::::||::::::,..::'::::::::.     j: : :,: :,: : :.
         、     ∨`¨T7´   ` ー}}-::::::::::::::::/:\   /: : :.|: :|ヽ: :.
             \ /⌒Yl〈         ||     {: : :.|`¨´: : :.:.:|: :|  ,: :.
            ∨   人 ヽr==777{7}}//≧ 、  }: /-////>、:.:|  }: :|

【佐々木王】

「似たようなことなら僕も出来るよー!」

「相手に憑依するのも、背乗りするのも」

「恋人相手の演技としては似たようなものでしょう?」

(TSとしては)違うのだ!

762無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 22:17:56 ID:CX9aPJ/E0
>>757

ではスタート!
                     、_
                      \\ ヽ
   \ 、___,. -‐   ̄ ̄ ̄ `   }  } }}
    \_,. -‐              ヽ/ 〃
    / _                  <
    / //       /  ヽ          ヽ
  // /  /  / / / /   |ヽ  ヽ ヽ   :.
  〃  / / / /  | | :| :!   | !   |   |   :i
 // / / :| :|  | | :| :!   ト、ト、  :|   !   :!
  | / /   | :|,.. ‐ト T7「`:ト、  「 Tハ |ヽ. |   :|
  | :|  :|   :| '! ,斗托刈ヽ! ヽ斗j托ミメ、 | :!   :!
  | :|  :|  八 ,ィ爪   ji     jノ爪  }「刈/    ′
  ヽト、 ! | | 《 :| 込r儿  ´  込rり  》   ,'
    ヽト、! !∧N      r        从  /
      `| |  圦     _ _      .′ //
        \ト、  ヽ、        , イ / //
        ヽ\|  > 、._   _, イ/ / ://
       r‐く ̄\,. イ 」     |j/j /---、_
     /ヽ ヽ: : {:.:.:|:::::`ー=彡:::}:.:.|/: : :/ : : : |
    〈 : : : : \: \:.:.|::::::::::::::::::::::::/:.:./: : :/: : : : :ト、
   / \ : : : : \__〉:.\::::::::::::::/:.,.〈: : /: : : : / ヽ
  /: : : : : :\: : : : |  \:.:\_/:./  〉: : : :/ : : : : : |
  | : : : : : : : :ヽO_》    \_/   《O:/: : : : : : : : !

【???】

ある日、気がついた時から不快だった。

何かが僕に触れている。常に離れることなくへばりついてなくならない。

何だこれは?動きにくいぞ消えてなくなれ。

763無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 22:23:59 ID:CX9aPJ/E0
                            ト、
                 -----=ミ、   } }/|
             ,.  ´         >'ノノ
           /   / ヽ  ヽ    ヽ`ヽ
            // / /    :|   | :i   i  ヽ
         __//  / /    } |   | :| :i  |   :.
         `7  / { |     / ! / ,ハ :! |  |    :.
       / / ! ∧イ   /、/」/_/__| | !  |    :i
       | /:| :! | ノ{  :/! /j/_j/ ̄jノj/  L    :!
       |:| ! | イLjハ/_j/´ ,ィ≡= 厂!   h}   ,'
          !i | :Yヽ!.=彳⌒V〉 ::::::::::::/ //  j〃 ! /
.         ! |  Vハ:::ノ'   `ー― ´ | |  /  //
         |  八            U! !  | //
         |  :i |\  ,. ‐ -、  /! ! /V/
         |  :|ヽ!  ヽ    /  :! / ̄「:}\
         \ :!     `ー<} -―| /   V
            ヽ   ___/    j/_,. -=ミ、
                  / /\    /      \
             / V    \/    ,. ――ヽ
            ,.  ´/      /   /      :.
           / /       /  /         }
          / /  !       :i |/           /
       / :!  :|          | | /         /
        /  :|   |          | V         /
.      /   !   !      i V        //
     /   |  /        |  〉       / ∧
     /  / ,' /       | :/       /   / :.
.    /  / / /           V          /   :.
   /  / / /        /   /      ,ト、   :.
.  /  :i :/ /          /   /      / | ハ
  /   |/ /      i    {   /      | | i
  |   / /     |     〉/          / /  |
  |   |  {      \ /         / /  :|
  |   | ,八      /     /    / /   |

漠然とした違和感や不快感に悩まされた少年時代。

だけどそれはまだ幸福な時間だった。

思春期を迎えて、自分を悩ませていた症状がようやっとなんだったかを理解する。

そしてそれが地獄の始まりでもあった。

髭や声変わり。発達する筋肉や骨格。

男として正常な発育であるはずの二次性徴が不快でしかたなかった。

そうだ僕は・・・ううん、私は、男の子になりたくなかったのだ。女の子になりたかったのだ。

764無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 22:25:15 ID:CX9aPJ/E0

                     ___
                    ,.<:::::::::::::::::`::.__
.                 ,.':/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.                 ,'::,':::::,/ミ!:::::::::::::::::::::::',ヾ、
.                ム:|::::/l- l:!:::,、:l、:::::::::::::', `
                ム:il::ィ芯`l:l:::|_l:j-マ:::::::::トヽ
.                ム::!{ミ.   lヘリ 芯`}:::::::::l `
                ム::l::ム.   l:.   彡l/:}/
.                ム::|:::::|ヽ. ` ‐ .ィ:::::|:::::::|
              /:::::|:::::|ノ .`ー ´!:::|:::::|:::::::ム
  _  {ヽ         /_.-‐!:::::!    ト.|::::::l:::::::::ム       /.}
  } レ、ヽヽ      ,. ´. ', j::::::lー、  r一.|::::::|. ヽ::::ム    / /ィ
  `f f/)  ヽ    .ム. . . .'/:::::/        ',:::::',. . ',::::ム.  , ′
.  `f f/) _ ',   .ム. .}. ./:::ノ!≧=====≦.}::::::}. . i::::::ム .i .,ィ
   ヽl_′ ` }   .ム. .,'. .'´. . .寸ニニニ∨. }ノリ、. . ',::::::ム,ヘ , ィ
     ヽ- j!  ム. ., . . . . . . . 寸三/. . . . . . ',. . ',::::/.`ーュ´
      ',` ̄.', .ム. .i. . . . . . . . . `.v´. . . . . . . . .i. . .∨. . . .,′
      ',. . . .∨. . . ',. . . . . . . . .:.:.:.:. . . . . . . . ,' . . /. . . ./!
.         ,. . . . .',. . . , ゝ. ._. . . .:.:.:.:.:.:.、._. . . . ィ', .. .,'. . . . .|::|
         ' . . . . ',. ./::::::| . . . . . . . . . . . . . . |:::::',. .'| . . . . }:::!
.         ',. . . . . /:::::::/. . . . . . . . . . . . . . . ',::::::',. . . . . .リ::::',
.         ',. . . ./:::::::,'. . . . . . . . . . . . . . . . . ',::::::` 、_/:::::::',
.        `r ´:::::::/ . . . . . . . . . . . . . . . . . . ',::::::::::::::::::::::::::::}

変身魔法や違和感許容概念を持つローマ人にとって、性別は飾りでしかない。

とは言え、万人がやるシアのようにコロコロ性別を変えているわけでもない。

765無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 22:27:24 ID:CX9aPJ/E0
              ./ /  /       、    、   \
             / /  /  /  ∧  | ', 、 ∨     ハ
              | ,  ; / /  /  V l  ! !  |  、 ヽ |
              | l  | | ハ _|_|  |_」...」 _| |   :| |
              | |   |:イ:「ヘ∧|   j/l /l./「  |  |  |∨
              | |   | |Vx:==ミ   r=ミ l /|  | ./
              | |   トゝ′     ,    ノ/| |/|/
              | |  lヘ、    __ _    ハ |
              | |   | }\      /|   |
              | |   ∨\ > 、- イ |、|   |
              | |,、く   `ー 、_ |ヘ | |   |
               |/i:::::ヽ       /´∨ヘ>、,_|
          _.,、-"´:::::l::::::::::ヽ.   ∧;;;;;;;ト∧:::ヘ:`ー-,ー..、
        ,:´::`:::、::::::、::i::::::::::::ヘ / \;;入∧:::::ヘ::::::i::::::::'.,
        i::::::::::::::::`::ヘil:::::::::::::::ヘ´    i;;;;;;ヘ ∨::::ヘ::i:::::::::::',
      :l::::::::::::::::::::::ヾl::::::::::::::/ヘ  l;;;;;;;;;ヘ |ヘ_ゝ::::::::::::',
        {::::::::::::::::::::::::::ヽーフ´::::::::::\.l;;;;;;;;;;;;∨::\\:::::::::::i
         ',::::::::::::::::::::::::::!/:::::::::::::::::::::\;;;;;;;;;/:::::::::::`>、:::::::i,
       ヾ;::::::::::::::::::::::: ヘ;;;;__::::::::::::::::::::`\/::::::::::/:::ヽ:::::::ゝ

フェイトはその典型例で、彼女は女である自分に満足していた。

だから性転換を経験していなかったし、違和感許容概念もあまり使ってこなかった。

つまり、彼女には明確に「性自認」が存在するわけである。女性としての性自認が。

766無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 22:28:12 ID:CX9aPJ/E0
                     、_
                      \\ ヽ
   \ 、___,. -‐   ̄ ̄ ̄ `   }  } }}
    \_,. -‐              ヽ/ 〃
    / _                  <
    / //       /  ヽ          ヽ
  // /  /  / / / /   |ヽ  ヽ ヽ   :.
  〃  / / / /  | | :| :!   | !   |   |   :i
 // / / :| :|  | | :| :!   ト、ト、  :|   !   :!
  | / /   | :|,.. ‐ト T7「`:ト、  「 Tハ |ヽ. |   :|
  | :|  :|   :| '! ,斗托刈ヽ! ヽ斗j托ミメ、 | :!   :!
  | :|  :|  八 ,ィ爪   ji     jノ爪  }「刈/    ′
  ヽト、 ! | | 《 :| 込r儿  ´  込rり  》   ,'
    ヽト、! !∧N      r        从  /
      `| |  圦     _ _      .′ //
        \ト、  ヽ、        , イ / //
        ヽ\|  > 、._   _, イ/ / ://
       r‐く ̄\,. イ 」     |j/j /---、_
     /ヽ ヽ: : {:.:.:|:::::`ー=彡:::}:.:.|/: : :/ : : : |
    〈 : : : : \: \:.:.|::::::::::::::::::::::::/:.:./: : :/: : : : :ト、
   / \ : : : : \__〉:.\::::::::::::::/:.,.〈: : /: : : : / ヽ
  /: : : : : :\: : : : |  \:.:\_/:./  〉: : : :/ : : : : : |
  | : : : : : : : :ヽO_》    \_/   《O:/: : : : : : : : !


【フェイト】

さて、そんな彼女の魂を、男性型の肉体(アバター)に込めれば、何が起きるだろうか?

767名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 22:53:05 ID:/vrM4Qzw0
GID待ったなし

768無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 22:58:27 ID:CX9aPJ/E0
>>767
               ト、   _________    ヽハ
            \`¨´          `ヽ ノリ
            /`¨           _彡′
           / /                ',
            //.′ /  ′         ヽ  ,
.          / ,  ′ :i  ! .i|  .:| | |  ,  ′
          ′ {  :| :| |-┼八  ┼-ミ   }  |
            {   V | :| | 斗u:ァヽノruッ, 、 /  |
                Vハ人ハ ¨¨´ ,   `¨¨|/   ;
               `| i 人u" ",. 、 " "ノ    ′
             | |: !| :::.i `¨´ イ:::::|  } ,′
             |,八从-‐ノ    |‐V|. /V
                /   ∧  -‐- ∧.:|/  〉、
             〈 ヘ    ∧ '⌒ヽ∧    / }
             ∨ヘ    ∧____∧    /| ′
             ∨ヘ    /{:::}\   /〈 /
              /   ー ≪/》《\≫一   \
               /      /.《 :》マ       \
           /        ./    .マ       /
              \     ../     マ      /
               \_____/         マ_____/
              | {___       __〉|
              | }_     .. ..  __彡{ |
                   /`  /⌒:;:. . .//`ヽ
               /   :/:::.: . ′     ,
                 /   ..::,':::.: .  ::.. .     ′
             /                 ,
               /                    ′
           /                   ,
           ,′                  ′
            :                  |
.           /i                       !\
          /                     \

【ユーノきゅん】

然り!その結果がご覧の有様と言うわけだ。

769無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:04:45 ID:CX9aPJ/E0

                ,  ァ   ̄ ̄ ̄ フ  >  サ 、
                ,   '  /       /          ̄ヘ\
           ∠__=──弋  ̄`´ ̄ ̄又  77= 、  \ \
          /  フ ´: :: :: :: :: :: :: :`  x_´: :: :{ // /: :\≧ 、 \ ヽ、
        /, ´: :: :: :: :: :: :: :: :: : : : : : メ、_≧_∨/匕 - 弋 ´: :\_{   ヽ、
       < _: : : : : : : : : : ____/{: :: :: :: :: :θ¨| ̄ ̄ ̄ヽ: :: :: :' > -、 ヽ
          ヽ /{ / ̄         ヽ、: :: :: ://, =≧ ̄ヽ: :: :\: : : : : : : : \ \
            ,ゞy  ,          ヽ ヽヘ: : μ≧ -、: :ヘ :} -─- : :: :: :: :: :: :\\
            7  /    /   | ヽヽヾ: :/´, -─: : : : : : : : : : : ゝ、: :/ ̄>,、: : \}
                ! /  ! |_ム|-| __|ム、 | } }/⌒//::/: : : : : : : : : : : : `b二 ミ ヽ: :>、
                { { ! ',lナ、/ⅵ /∨リ从/リ| : /: : : //:/:// ,: : : : : :ヽ : : ヘ   ヽ、ヽ
             ', v', ヘ!゙, -- ソ 、⌒仆' ' {: ::|: : : :| {: 辻ト|λ|_: : : : ∧: ::}'' ,   ヽ}
                マ  \i゙    、.ァ 丿}  >N{ /i Xl':,kzリ リヽ芯ト! l : :}: ノ||',',    リ
             ∨从 ヽ、   ∠ソリ  // .´ ソ V:}ヒソ  ト少>/::イソ. .゙ .゙   /
                ノ フヾミ  ̄テ´_>、 //     f >、´ _,  彡イノ.'   Σ二ソ
             入 \{ //>─ナ//、     リ  ヽ  ィ ナ/、__
                / / ̄ T  ̄ ̄,    // ∧    /¨くフ三ヲ ナ. - ゙-、
                /  {   |゚ .       //  ∧  λ`─┬─┬ - < ̄∧
            {   i   |     ヘ ナ三`l  .:}  { ∨  7 ̄7    / }
             | │  | ゚     _/-- ノ  .:|  | }   i∽i    ∨   |
              |  |  │     i iゝァl /h.. ζ | ├─┤ ├──{    |
              |  |   |。.     ! Uλフ |   } ζ |    |  |    |    |
           ノ |   |      ゝイ三 イ   !. .i |    |∽|    |    :|
           {   |   |         |\_ ノ  | }    |  |    |     |

では、そんなフェイトはどうなるか?

まず、なのはに出会った場合、おそらくは苦痛と共に生きていくだろう。

フェイトはなのはに対しては恋愛感情を抱く。

それは本来同性愛と言うことになるが、性別が反転している状況ではある意味ノーマルだ。

男の肉体という不本意な状況も、ある意味では好都合である。

それに、恋人が居る状態で、恋人を巻き込んで不幸にするリスクを負ってまで、

性転換を強硬するかと言えば否である。

だからなのはと共になら、男としての苦痛に満ちた人生にもなんとか折り合いを付けられただろう。

770無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:05:41 ID:CX9aPJ/E0
          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `

フェイトがなのはと生きていくことを選ぶなら、

やる夫との縁は切れる。バッドエンドメイカーは回避されるわけだ。

771無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:08:56 ID:CX9aPJ/E0
                                        , -――ァ
                       ___  ___      /   ,ィ´
                    . : ´            ` ヽ 、 / /
                  /
                 , '                        ` ー―:... _  ィノ
                ,                                    /
               v'                          ``  、__彡'
              /     /   _              ハ   V   へ  ヽーァ
             /    i   /        ハ      i   ハ    ヽ  ∨
             |     |    i  i | ! i i  '  l   ハヽ  l    i     ヽ l
             |     |    |  | l ! l |  l  |  ./ ' }: j    l      i
             l    │   i リ 八 ! l |  |  ! /ノ比从 ハ   j    i   |
             |     /l    | || 斗==ミ`ヾ|  |/ 'イんィハ|    /リ  i  |  :!
             |   :/こ|   || ! 代r':::jっ       ヒ:ソ:ノリ   イ ,   ハ  リ ハ
             |   {{^ |   ||ヽ', 圦zイソ       `´  ! /i/ ! /i /\!
             |    |ヽ.|   ||、  /|/|/       /|/|/, |   i / !/  !
             |    |  |   ||',          丶    ,' |  !
             |    l .-'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''' ‐ .._     /! |  |
             | r―/                \/..:|/、  |
               .l/:/                   \ `ヽ:. !.`''ー 、
                /             _ -―--、     \..:.∨、:.:.:.:.:.:.:`ヽ
               /  , -―-、       '´             ''".:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'
           /                           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           /               三三三三三     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            /   三三三三        三三三三三   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;〉
             |    三三三三                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ
            |         /          ヽ /|/|/ /.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/
          |  /|/|/  |     |      |     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     _,,. --=''ヽゝ         ゝ . __ 人   __,ノ      ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:i
    /___,  ` `ヽ         ヽy . . . .  ̄ ̄i      ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.i
   f   _,      `ヽ、        V. . . . . . . ../     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:i
   ir‐''" ,        // ̄''ー- ..,,`ー----'´     ノ ̄ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:|
   i  t'"       ,'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄`゙''ーrf"ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`ヽ!
    `ヽ イヽ、_    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', !\.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   \
     `ー'/ `"iy' !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ヽ
         /     ゝ->= 、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       ヽ
      /          ',.:..: ̄''ー- ..,,____.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/         ',
       /            ',.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:',        ̄''ー---'"    ヽ     ',

では、フェイトがやる夫と出会った場合は?

やる夫は女性分体では男と交わるのもアリだが、男性分体では女性と交わることを好む。

それに世間的にも男女の方がノーマルなのは間違いない。

恋愛関係的に考えれば、女性になった方が良いわけだ。

772無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:12:11 ID:CX9aPJ/E0

                                      / /..二ニ=-
                                 〈乂{:/-\r― 、
                                 /⌒ソ-‐==ニニ=-⌒ヽ
                                   { /イ⌒.へ__ノ\彡ヘ⌒ヽ
                                ,厂/ ノ⌒´          ̄\
                                 /}〃:厂              \\
                             / ノ}}ノi   / / /          ヽ:\
                               ∨ :|:  /l‐/|-/、 . : ;/: :i:       \
                                | :i : : |: :/=|/ミ|〃. : : :/\:|:    :   :i
                                |. ::| : : | :|{_)刈厶イ/7/ミト: / .: } |
                                |: ::l: : :八 { 乂ツ / ん刈リ}/ . : : /. :
                              : : : : :i : |ヽi/i    、 乂ツ/. : :/. :/
                                 \\| : |\  r‐_,  /i/厶イ/} : /
                             _    \l\∨:丶  __.. イ: :イ 厶イ
                           /\   ̄ヽ ̄.:|\  /ト-r'ーノ: /
                             〈/⌒}_ ミ}_r<ヽヘヘヘ=<ヽヘヘヘ´〉
                            /}:.:.:.:.:.:.:.}/ :{ i}    | }   /〈
                             V:.:.:.:.:.:.:〃   \   丿 {   /\}
                          /:.:.:.:.:.:.:.      「 ̄ ̄} 「 ̄ ̄}
                            〈:.:.:.:.:.:.:.:.{{     |_______| |_______j、  }
                    --  .   \:.:.:.:.:.||    /^^^7^ ^|^^^{^
                   〃: : : : . \ /<@八   /     |     /
                    {乂: : : : : : . 〈: . \/\ノ   /    :|   ∨
                     ̄二ニ=-/\: : .\:/    /    |   |
                    ヽ    . : :∧: . \: : .ヽ. /ニ=-=ニ八
                     /}  . . : xく: \\:  ̄ ̄ ̄_:ノ /  ヽ_/
                   /    /:「ハ\ : \\_: : : -‐{ /{
                    _〈__彡.:.:.:.:く/八: .\_____彡'7<ヽ}
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ i : .   ヽ: . .._. . :/  マ\_
                ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ:|  : .   \_彡′  iヽ:.:.:.:.:\
.                {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八            .:  |〈:.:.:.:.:.:.:/
               /\_:.:.:.:.:.:.:.:/⌒i\    \ : .  . :/  ノ_j:.:.:.:.:./
              /: : : : : /ヽ:.:/:.:.:.:.:└く\   ` ー  //:.:\/
そしてフェイト(ユーノきゅん)自身、求道的に考えてもGIDなので女性に成りたがっている。

元々女の子になりたくて、惚れた男と付き合う上でも女性になった方が有利なら・・・

性転換するのがむしろ当然だろう?

773無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:16:05 ID:CX9aPJ/E0
               //
              / // ̄ ̄\____/   /三三三三ニ!
      ,.  ' ´ ̄ ̄`     ‐- 、.___/     /三三三三三ニ|
    /               \  \     /三三三三三三 !
   /               ヽ! \ \    /三三三三三三ニ|
.  / /           ヽ  ヽ.ハ   ヽ |   /三三三三三三三|
 / / /     /   i   ハ ! ト、 | .ト、.  ! .! /三三三三三三三 ,'
 | i /     |   | | { 「「 j7T | ト、 ト、!.,'三三三三三三三=/
 | | |      | i |,.イVヽj/ '⌒j∧| | |  i三三三三三三ニ>---、
 | | |     |,.ィV,ィ寸っ  , /! Vj∧/  |三三三三 >' ´     ヽ
 | | |   〉、 | ト《cゞ、ヽヽ_,.ィ 从 V.___八三三ニ/ /      ,.___」
 | | |  八(ヘ ヽ!_>   /:::::} ∧  >‐   ‐<〈__.ー! / / __/三三ニ=-、
 | | |  | >ヽ \    ヽ-/ 冫  u    ::rッ:ヽニ LL{__/三三三三 >‐‐`―- .._
 | | |  |    〉、 \>‐く_,.  ′.._      :::::''  V三三三三三=/           `  、
 | | |  |    / \ `,. '´       ` 、       }三三三三=/                ` 、         /
>.、| |  |  /     }/ _  ......     ヽ       /三三三三/                  ` 、  /
三三> 、_!/     // 、_  ::rッ::      '.  _,. ' V三三三/                     ヽ'
三三三三ニ,.へ- _/    `ー┐'        厂      \三三!                     /
三三三、.へ.\ \'          ,. j      /        `<ヘ                    /
三三三ニ\ \\ \ __,. ≦三ニ≧ 、__,. '     _,./     `ヽ_,. - _          ___,. イ
三三三三ニ.\ \\ \三三三三三三 >、_   ´       ∠ぅ、  _,. >――    ̄    /
ニ,へ三三三三.> .\\ \三三三三三>' ´ ̄ ̄ ‐- ..._  ノ   ⌒ヽ´             /
_,. \\三三/ /\ \\ >三三三/           `     {{     っ       /
    \\/ /   |.\ .>三三三/  .へ            \  ヽ、-っ       -―/
      !\ <     !三ニ,.へ| └――┐\\    へ       `ー―-- 、______/
     | / \\   !=.// | ┌―┐ |.  \ >/ /     r‐、        ` 、   /
     |,'    \\ //三..| |{.   | |    / / nn ./〉  |  !           ヽ./
     |i      \/三三=|__.i!.   ! !   < /、  UU//   |  !          /
     |!     / \三三三ハ.   |__|     |  | ヽ. 〈/\   |  |          /
.     !     /    `<三=∧       |  ヽ \  \」  |        _/
      ∧   /         ><∧    〈 \ ヽ  \_〉     ヽ    //
      `ー<           `ヽ.    \ \ \         \__/ /
                          ` 、  \ `‐'

(夢にまで見た女の子の体で)

(大好きなやる夫とエッチするなんて・・・頭がフットーしそうだよぉ!)

そして無事結ばれた場合はハッピーエンドで良し。

振られても「本当の女性ではない」という負い目があるので自制は働きやすい。

バッドエンドは回避されるわけだ。

774無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:22:14 ID:CX9aPJ/E0
          ,――――             / \       ヽ
        /       /\               ヽ        ‘,
         /   /   /              \    \     i
.       /  / / ,' /            ヽ  ヽ     i      l
     /  /  /   / /    / /ヽ ヽ !  ヽ  ヽ  i     i|     |
  ―ニニ --/  /   i / /  l i i ', i  l  i | }  l   il   |   |
         ,'  ,'    !i i ! |  | !  l |  |l   l l | i|   |   |    |
       / /   |  リ | 廴_⊥_  -┼┼‐┼┼‐┼   |  |   i|
       i / {   | | | l l l 廴__ リ | / ,====≧、.| |   i|⌒i !   i|
       | i !  ! !  ! ! ヽ〃いハ   〃. ヘう:::ハ 》.|   i|  }|   |
       | | |  ,'| |  |', ', {ヽ`辷シ /    ゞ===′/|   i|/ !   !
.       リ  ! . i ! !', !ヾヽ ヘ    ,        / i|   i|  |   |
            ∨ { ', l ヽ|   ヽヘ   、           |   i|  l    il
          ∨i ヾ、 |    | 人   -=-      イ    |、  |   |
             Ⅵ   i|    |  ヘ、       ,イ |   i| ヽ |   |
               |    |   | ヘ、_  <    i|     | ∨\   |
               |    |   |   | /\ , - ´ i|    | /: : : :/ |
               |    |   |.</ | / ヽ  |    |,': : : :/  `ヽ
               |    |.<´  /: : / /ヽ/ ヽ |    |: : : :/
                 r-|    | .> /: : / / / /ヽi|    |: : :/

そして、なのはとやる夫の双方と出合ってしまった場合・・・

彼女は選ばなければならない。

男のままでなのはを選ぶか、

女になってやる夫に求愛するか。

いずれにせよ、ヤンデレ百合ハーレムの時のように「両方」とは行かない。

男のままで「ノーマル」であるやる夫に愛を押し付けるわけにもいかない。(それに性自認が女性である以上、アーッ!は御免蒙りたいところだろう)

また男のままで付き合うことも出来たにもかかわらず、性転換して女性になってしまった身でなのはに求婚するのも不誠実だ。

性別の選択がそのまま恋人の二者択一と一致しているので、

少なくとも、ヤンデレ百合ハーレムのように「両方」を望むが故の争いは回避できるのである!

775無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:23:40 ID:CX9aPJ/E0
        /, -=ァ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`\   /  ̄ ̄ ̄`ヽ
.       // /.:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽr/.:.:-=ミ .:.:.:.:.:.:.:.'.
           /:::: /::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\-::}}:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
        /:::::/::::::::::::::/ ::::/:::::/::::/:::::/ ::::::{:::ヽ:ヽ ::::::V:ハ:::::::::::i.:.:.:.:.:.:.:ヽ: |                      ,, -''
.       ,':::::/ ::::::::/::::〃::::/:/::::!:::/|::::::|::::::::::}:::::}:::}}:::::::::∨:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: }.:|                  ,, - ´
       |::::/| :::::::/:::: {{:::::7:丁:::j:::l`ト::::l::ヽ‐十:::ト:リ:::,'::::::ヘ:::::::: :l.:.:.:.:.:.:.:.: ! |              _ ,,-'' ´  _..:.-.:''
       ∨ l|:::::::,'{:::::从 ::|∨ヽ八:{ \{ ヽ\{Ⅵ:∧/ ::::::l::}::::::: :l.::.:.:.:.:.:.:. ! |         _ ,,, - '''  _ ..-:.:.'':.:.:.:.:.:.:.:
.          |::::::ハ::::Ⅵ ::{ ィ==ミ;;;;;;;;;;;;;ィ=-ニ_j/ /:::::::/j/:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.:.:! |    ,,,,,, - ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            ',:::::l.ハ:::ヘ|::小  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,, `ヾ/::::/}::::l :::::::: l:.:.:.:.:.:.:.:: ! |   ヽ    _ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            \{  \{| 八      j      彡イレ |::::l ::::::::::l::.:.:.:.:.:.:.: ! |    i_,,..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                {:::::::ヽ.   ー 一    /' :::,' |::::l ::::::::::l.::.:.:.:.:.:.:. ! |    .l:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               ヽ::::{ `ト、      イ /:::::/  |::::l::::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |     |:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                >く/`=≧-z≦=|`∨:/   ! ::l ::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |     |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
         -―――‐'´/ {  /^\.  } /く `ー- L::_:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |_ _ ._|;」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''
      〃::.::.::.::.::.::.::.::.:/   | /ミ{^}彡, |  ヽ::.::.::.::.,--、,.─、\.:.:.:∠ー^i `i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
      ∧::.::.::.::.::.::.::.::./    Ⅳ/∧\.Ⅵ  ,r-/ ̄,i  .l   .Y  ̄--´ .l l  |:.:.:.:._:. - ''
      |::.ヽ_ -――/    ∧く_./ ヽ._>∧  l-=|,,-=ト -=|===| .       |,,」,,- '''
     _|::.::∧ /   `ヽ _/ マ¨ ̄ ̄¨フ\}__|,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,ネ ,,,, - '''
.   〃^|::. | ∨    く ̄    \::.::.::./   /  !  !      l / :.:. ! |

・・・まあ、なのはの方はそのままなので、

「やる夫君もフェイトちゃんも私の物!」

とか言い始める可能性はあるが、そう言い始めるのが二人よりは一人の方がマシだろう?

776無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:24:18 ID:CX9aPJ/E0
       ____
     /_ノ   ヽ_\
    /( ●) ( ●)\
  / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
  |        ̄      |
  \               /

「という感じで被害を半減出来たけど」

「どうだお?」

777名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 23:26:48 ID:15TMkMiE0
なるほどなー。
贅沢を言えない立場だからか。

778無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:31:01 ID:CX9aPJ/E0
>>777
      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

「だお。弱みに付け込むようで悪いけど」

「弱みに付け込んでマウントポジション取らないとヤンデレって暴走するし・・・」

779無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:34:37 ID:CX9aPJ/E0
          \/                            ヽ   \
            //  /  /                      ヽ    \
          / :/i V :/                          ハ      \
 |:       /  :,' |: V /                        ハ }   ヽ
 |:     /   ; ト ,'                          ハ}  ハ
 |:   /    ./トミ、 ,'                                 ハ
 |: /   斗< .;  l ,     ,        〃     ./ヽ     l:   ハ   }
../斗<    ∧..:| l   {    l   |  li  /  } l |   | l   |    }    :}
. /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ハ |.:|  从   斗孑十─ト、 ハ  ;: 从i斗十ミ.  |   ,'     :}\
/             У{ヽ!l'}‐、/|' .|.:l/   ‐'|、/ ヽ .//  i:/ `'` / ノ  /      l
          /l ! !' ! !ヽ |ィ===ミ、  /´   -ノ-、   /‐!ノ   / ハ    |
            /:∧i! ! i! l |            ィ===ミ、 /l | / / ハ
.           /  /./ ./ / | \\\               .{ .l i/ / :| .', /
          /  /./ .l  i!  i          .  \\\!| l  !|/ ::| ノノ
    /    /  {   '  ´ /、                !| ヽ .|  ::|
.   /    /  /|       { \  ヽ、_..-、_,     /.ハ.   V |lヽ |
  /    /  / 、       ∨  \              /  ./   | | |l  \
. /    /  / .:∧       イ イ/>       ィ ´    /     i | |lハ. \\
../    /  /x≦. :∧       }. マ/////≧ ≦7 !    /    /. |、:|l ハ  \\
    /  / \\∧.      |  マ'"     ハ {   /     /   | \ハ   \
.   /   {    ヽ: : \〉    ! 、  マ彡ニニミハ  ヽ  ヽ  /、   | /  } ハ
  /   .|     \ /    /|    マ    /     :}      /    .|    .| ハ

ちなみにフェイトさん自身の感想は・・・


「与えんと欲するならまず奪うべし!」

「大好きな人と結ばれた喜びと、長年の苦痛から解放されて女の子になれた喜び!」

「性転換セックス最高でした!」

「やる夫をそこそこ独占もできたしね!」

特に不満は無いらしい。

780無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:36:35 ID:CX9aPJ/E0
安価↓1 外交描写 or 他文明研究  or カオスフレア or TS or アーッ! or 創世道 or 五色の社交界(GM枠) or 試練(部)の不思議なダンジョン or 神様学園 or ボウケンジャー or 機械帝国 or 属国作成 or ペイルライダー・コンピュータウィルスン安全重点な or カラデシュ小ネタ or マギ世界小ネタ or 油アップデート or ステラリス(戦術ドクトリン)

781名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 23:37:52 ID:XXhnzkN20
油アップデート

782無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:41:49 ID:CX9aPJ/E0

        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

「今のローマ油の主成分はこんな感じだ」

ローマ油:ファイレクシア油・ズフィルードクリスタル・オラクル細胞・フェストゥム

「いずれも他者を侵して同化していく性質を持ったナノマシン郡と言える」

「似ているけど異なるナノマシンを混ぜることで冗長性を高めているわけだね」

「ただ・・・グレイグーって怖くない?」

783名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 23:43:17 ID:15TMkMiE0
すっごくコワーい

784名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 23:44:42 ID:uNK2ojfQ0
ペイルライダーでも言ってたけど危険!

785無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/10(日) 23:50:52 ID:CX9aPJ/E0
>>783
>>784
               ___
             . -='´:::::::::::::: `::...、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... \
         /:::........./.....................}......ヽ.........:::::::ヽ
.        /:::/::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::∧::::::::::::::::::.
.      ':::::::::::::::::i::::::: /イ:::: /:::/  ';:::::::::}:::::::',
      .::::::::::::::::::|::: /' |:: //   ⌒|:::::::::::::::: |
        i:::{::::::::::::∧/  }:/´   ィ ⌒ }イ::∧:::::::|
        |::::::::::::::::iィ ⌒       乂r ノ }/::::iヽ::::
        |::::: \::::|乂r ノ          |::::: |イ:::::.
        |::::::::: {ヽ{      ′    /:::::::::::::::::{
        |::::ハ:::::::个:.、  /ヽ一'  .イ:::::::://}∧
       }イ }\ト{ V≧/   ̄}  <}/イ}イ´
             /   ̄} ̄ {:′
                i    7    \
.          _, r7-/|     ′    \ _rx _
       /   }マr{^ゝ==イ丶  r‐一   r「7  \
         ヽ  マ:ハ     :}       r「7´ / ^ヽ
     i   \/′     {____,r「7´        }
     |   /    -=7 ⅩⅩⅩⅩ {′/       /
     |  /         /ⅩⅩⅩⅩⅩ{        }
     | ./         /=ー―――‐={ {      {

「だろう?」

「勿論、制御性・安全性に気を使ってはいる」

「どのナノマシンにも細胞単位でローマ油としてのプログラムを組み込んであるし」

「相互監視するシステムも組み込んではある」

「暴走しやすい欠陥品のまま放置したりしているわけではない」

「けど・・・制御性と安全性については、やりすぎって事はないよね?特にナノマシンでは。」

「プログラムされてはいても、腐海みたいに外部からの影響でバグらないとも限らない」

「あるいはプログラム自体にバグが実は眠っているかもしれない。」

「ウイルスと同じく、偶発的な事故や人間側のミスで大惨事になることは多いにありえる!」

「少なくとも、他に弊害が出ないなら、いくらでもコストをつぎ込んでアップデートをし続けるべきだ」

「そうは思わないかな?」

786名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 23:54:06 ID:uNK2ojfQ0
改善はどんどんするべき
結果別物に成り果てる事もあるけどそれはそれよ

787名無し-Red-市民-2:2017/09/10(日) 23:57:16 ID:15TMkMiE0
安全性は高めるに越したことは無いです。
油断大敵。

788無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 00:00:12 ID:q5DSmqOM0

              ____
            r ニ=ー: : : : : : : : : > 、
       , -=j: ´: : : _,.: : : : <: : : : >.、 _
      /,ィ/⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 二ニイ _,ィ
        l:{/: : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、: : : : : : ` ̄: : <
      ,j∨: : : : : : : : : ト: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : 、ヽ
    ///: : : : : : : : : :|  \: :ゝ_、: : : : ハノ: : : : : : : : :\ヽ
   //ィ ′ : : : : : : ハ: !  / ̄`ヽ:.ー: : l : : : : : : : : : : : ヽ
.  /八 ∨: : : : : : 乂: : l   ィf。示ハ: V,へ: : : : : : : : : : :ハヽ
  {!  l  |: : {: : 斗匕ーノ-ゝ  "乂ぅリ i:l ハ´ !: : : ハ、: : :ヽ: i
  ` ,′ i: ト:ゝ: :乂ィテ:ハ       "  ノi: :ハ イ: : : 八:ハ:!ヽ∨
   / 、 ィハ:..ヽ:.ーゞ 乂ソ ,      'ノ:: : l: !: : /ノ リ }′`
>く ーy: j: : : : i\: ミ=-   _ , ,イノイ: : :/ ´
::::::::::>l: ハ: : : : l: : l`: : ゝ _    / 彡イ
:::::::::::::∧:{ ゝ=-!: : : : : l: :トミ ー l´_,イ´   ト、
:/:::::::::/`    ゝ: ヒ_, ーゞーr yf    /::::ハ
::::::::::::/          ̄__/jーti  _,./:::::::::/::ト、
:::::::::/       /:::::/::,ィ:i:i/ー/::::::::::::/::::::::::\
::::::/    _, ィ ̄:::::/:::,ィ /:i:ij イ:::::::::::::::/::::/"_::::ヽ_
:::::〉_,ィー=く::::::::::::::::/:::,ィ レ:/ /::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::::ハ
::/{:::::::::::::::::::::::::::::/:/ i " /∧___/:::::::∨::::::::::::::::::::i
:{:::::::::::::::::::::::::::::://  ヽ/  ,:::ヽ:-:::;_::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::::::::::::_, ィ/:::l    /  ,:::::::::\_::::l::::::{:::::::::::::::
―  ´ ̄  /::::::|        !::::::::::::/j::::i::::::::ヽ::::::
       /:::::::::!      i::::::::::/ノ:::/:::::::::::ハ::

「うん、賛同頂き幸いだ!」

「ではやる夫、説明を頼む」

789無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 00:04:42 ID:q5DSmqOM0
     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

「はい、佐々木王」

「さてまず研究班諸君」

「ウイルスとナノマシンってそれほど違いはあるかお?」

790名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 00:06:10 ID:Vm8UhWIQ0
同じ方法で増殖する以上、ほとんど同じですね。

791名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 00:06:20 ID:b3lxiDi60
機能に差は無いですね、差は素材と生まれかな?

792名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 00:09:06 ID:aXIjXMYQ0
生物の細胞がないと増えられないのがウイルス
なくても材料があれば増えるのがナノマシン
むしろナノマシンと対比させるべきは単細胞生物?

793無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 00:16:24 ID:q5DSmqOM0
>>790
>>791
>>792
             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |

「だお。代謝系の有無以外は大体同じ」

「自己増殖する機械って意味では似たようなものだお」

「まあバクテリアとウイルス程度には違いがあるけど」

「制御系や安全性って観点で言えばどっちも似たようなものだおね」

「従って、ペイルライダーに用いた方法論が応用できるんだお!」

794無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 00:34:29 ID:q5DSmqOM0

         ィ(_,,...-=ニニニニニニ=-
       /ニニニニ> '^´  ̄ ̄`^¬ニ≧ァ
       /ニニニニ/   ,:      :  \;ゝ
     /ニニニニ/ '   〃     }!   ヾ
      ニニニニ/  ′ 从     ⅱ   :. :.
    iニニニ7   il  j{ ヘ       i:| :i i ト、
    |ニニ7   |{__廴,_:.    _从 l | :ハ:ヘ
    |ニニ7i{   ⅱ、 Ⅳ ∧   /ル` j! ル' } }
    }ニ7从   |irf爪「`' ∨ ,:fT「`'// j| /
     ∨:{  ヘ  | 弋_ノ    ヾ {_ノ イ/ ノル
    ノ叭  ヘ  l         ′  /:彡ヘ
     `ヾ戈  \ハ.    _    イ }ニニ乂_
        _> r‐ヘj ≧=-  ,。sチ{/ ノ冖¬√
       〉ニ八  }s。__ {`ヾ、人_7≧、
     _/____ニ〉くニニニ〔 ノニニ(   }ニニj                  i「


ヴァンダルーさんの郡体思考は病魔ジョブによって発現したものの、

別に病原体に限定されたスキルではない。

ヴァンダルーさん本体から切り離されても、ある程度自律的に生命維持が可能な形態であれば、

病原体以外でも「完璧に統率されながら個々が高度な判断をする分身」を作成可能なのだ!

例えば魔王の欠片製分身や、ヴァンダルーさん自身の魂の欠片製分身(バンダー)がそれに当たる。

ならば、こうした「完璧に統率されながら個々が高度な判断をする分身」を油に組み込めば・・・

現状の人工無能に近いローマ油よりも、安全かつ便利になるとは思わないか?

795名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 00:40:07 ID:b3lxiDi60
より完璧な個にして群になりますね
ファイレクシアもこれにはニッコリ

796無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 00:42:54 ID:q5DSmqOM0
     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
   / ⌒         ヽ,
  ( ●)    ⌒     ..i
  i.     ( ●)    .|
 . \(_入_ノ      /
    \______/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|

「後は、「本体から切り離されても自律的に生命維持が可能な分身」を用意できるかだけどお・・・」

「幸いなことに既にあるお!」

「そう・・・「油」自体がおね!」

「油は血液のようにローマ人の体内を巡っている。いわばローマ人の肉体の一部!」

「だけど同時に、ローマ人の体外に出てもその生命活動を維持できる!」

「これは、郡体思考の発動条件を満たす!」

797無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 00:53:51 ID:q5DSmqOM0
>>795

                 ,. ‐'' ̄ "' -、   ,. ‐'' ̄ "'' -、
                /‐    ―   ヽ /  ―    ‐ヽ,
                (●) ( ●)   .l  (● ) (●)l
                l (_人__)     l    (__人__) l
                ヽ `⌒´     /ヽ   ` ⌒´ /
                 ヽ,  __,,,/  ヽ,,_  _,,,/
                   |             /
                  |       _,,.. -‐'"´
                     |    , .'"´
                   i   .!
                     ゙、  ゙、
                     \  ヽ
                       ヽ  !
                         ノ/
              ,. ‐'' ̄ "' -、i'/,. ‐'' ̄ "'' -、
             /―       ヽ/        ―ヽ
                l ( ●)      .l        (● )l
            (l、__)      l       (__ノ_)
         ,. ‐'' ̄ "'' 、    ,,. --‐┴─-- 、     / ̄ "'' -、
       /―    ,.-‐''"´           \ _/ ―  ― ヽ
      l ( ●) /   ―‐    ―‐       ヽ (● ) (●)l
      (l、__)  /   ( ● )    ( ● )        l  (__人__) l
      ヽ    l      (_人___ノ           ヽ.  ` ⌒´ /(⌒)
       ,,>-‐|   ´´    |⌒i⌒j       , , ,. ‐'' ̄ "' -、/ノ /
      /    l       ヽ____ノ        /    ―   ‐ヽ _ノ
     l  ―  ` 、               l    (● ) (●)
     ( ( ●)  ,. ‐'' ̄ "' -、   ,. ‐'' ̄ "'' -、    (__人__)l
     (人__)  /‐    ―  ヽ /  ―    ‐ヽ,    ` ⌒´/
       ヽ、,,  (●) ( ●)  l  (● ) (●)l,,,___,,,/
    n  /⌒"'l (_人__)     l    (__人__) l  ⌒ヽ|
    E )_/  /  ヽ `⌒´     /ヽ   ` ⌒´ /  、  `ー―一'⌒}
    ヽ ` ∧   ヽ,  __,,,/  ヽ,,_  _,,,/|    `ーt―――、_ノ
     ゝ"  |  /       \ /    <   |      |
           |  | i    i  | |  i    i |  |      |

【ローマ油(やる夫分身)】

「その通り!」

「これだけでもかなり行けるおね?」

ローマ油: ファイレクシア油・ズフィルードクリスタル・オラクル細胞・フェストゥム・郡体思考

「新しい素材を入れたわけでもなく、ジョブ・スキル効果を上乗せしただけ」

「仮に解除されても素の油に戻るだけで問題は実際少なく」

「解除されなければ郡体思考の恩恵で完全なる個にして郡となる!」

「喩えるならこのようにおね!」

798名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 00:57:29 ID:b3lxiDi60
AAが不気味すぎますけどこれ実際にヴァンダルーさんがやってたやつですよねw

799無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 00:59:25 ID:q5DSmqOM0

                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、,         ヽ
                , -、,ィ:::::/:::ヽ、_     ハ
               __ノ! o},::::::!、_         ',
             イ/ >:::::::   `ーo-      }
              {/{ /    ヽー- _ ___,,ィハ
             ハヽ`ー〈   }     ハ´77777777ハ
               , イ!//>、  ー'    イ///////////ハ
         ,イ////! | ヽー-ァー-‐ノ//////////////≧ュ、
       ////////ノ/ヽ===彡アヾ//////////////////ヽ.
        //////// / ヾ,、__    _,イ/ハ ∨/////////////////ハ
       //////// / ノ//7777/////ヘ ∨/////////////////ハ

「けど、安全性と制御性に妥協はしない」

「アイデアが尽きるまで、倍プッシュだお!」

「郡体思考の分身がある程度高度な状況判断能力を持つとはいえ」

「脳も魂も持たない肉体の欠片ではさすがに限度があるお」

「また、本体よりも大幅に弱体化するのも避けられないおね」

「これをもっと補って、より高度な思考能力と、より本体に近いスペックを発揮できるとしたら」

「良いと思わないかお?」

800無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 00:59:37 ID:q5DSmqOM0
>>798
はいw

801無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 01:17:18 ID:q5DSmqOM0
        -――-
       / U   -、  \
    イ   〈 fす、 u ヽ
      r4フ´、  ̄)┐  い)
    } U Y  / ̄ ノ_人(つ
    }  〈_/ ̄うu   Y〈)
    } しへ{ (    J ヽ
    }ノ }  U )  ι (У\
     / u し'  {    ч乂)
     (/}     )    く u
      ノ  iЛ (/б) Ч \
    ( ̄   ノ し   〈   )  〕
    )  υ(     し ノ (_)ィ  )〈
   (_人_}) 人  ハ  し  \
        (/  )ヘ八ノーく __ノ
            ()  ゚。

【スライム分体】

「具体的にはまず【分体作成】スキルだお!」

「Re:Monster世界のスライムの分裂増殖が元になったスキルで」

「自分の血肉を材料に、自分を劣化コピーしたようなスライム分体を作れるんだお!」

「本体とスライム分体は意思や感覚を共有できるし」

作中ではこの感覚共有を利用して偵察を行ったり、通信機に応用したりしている。

「それでいてスライム分体自身もある程度の思考能力を宿しているから、本体が手動制御しなくても本体の意思を汲み取って自動的に行動してくれる!」

「そして本体ほどじゃないけど有る程度強くて、本体のスキルも一部は受け継げるお」

「つまり、郡体思考とかなり類似するスキルなんだおね!」

「かつ、思考能力と戦闘能力、諜報等のスキルについてはこちらが上!」

「術者の血肉を材料とするから、やはり油で発動条件を満たせる!」

「郡体思考と重ねれば、もっと便利だと思わないかお?」

ローマ油: ファイレクシア油・ズフィルードクリスタル・オラクル細胞・フェストゥム・郡体思考・スライム分体作成



「・・・もっとも、「スライムである」という属性は帯びてしまうので、乾燥に弱いという弱点や、ウイルスほど小さくはなれないなどの制限はどうしても受けてしまうお」

「単純な上位互換ではない相互互換なので、状況に応じて切り替えるスタイルで使って欲しいお」

802名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 01:20:27 ID:b3lxiDi60
スライム分体なら普通にスキルが使える体だから
魔王の欠片やら世界卵やらを産み出して色々とできそう

803無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 01:26:25 ID:q5DSmqOM0
                 , ,, 、r---,、__
              , r:'_   ,r<_  ``ヽ、
            ∠<´ 、 `><´ヽ, `ヽ    \
           .i′//\  .Y´ ,,| i  i   |ヽ、    ヘ
          .l .l .i .i´`ヽvr''¨´ | |  |   .| i    ∧
           l l l...|       | l  |   | |     l
          .| l ,l |       .|ハ .,|   | | ト、    l
          .iハ .l  ,!r=:、   ,j∠Ⅵ|  .! .,l j=.'、   .i
          ! !ハ .ハ|エエlテラlエエ.iニ! / /l .i  }ヽ   .i
              ∨ゝ!_ノ.i´`::ゝ_ノ | /./ .!/i ./ .|ヽ、 .',
             ヽ ! .l       .!'./   ヒノ、 .| ト.`i、',_
       i!       |ハ `´    /イ    i   iヽ!ヽ! ヽ!
 ,r''´`i´.i.7 i_つ      ,,i, ` ̄ ´     /   l``i
. i、_j .j ,i! .(\/`Y´:::У:::ヽ     , :イ    // .ト、
..| .,!_ノ_ノl  .ゝ_.|:::::::i:::::/:::::://` ー.i'' ´     ,,r''´,r''.イ ∨:ヽ,
..|  ィ l   .∨::::::l::::l:l:::::::ハ.!   .λ   _r''´,r'',ィ´  ノ:::::::::ト、
. l   .l     ∨:::::l:l::::l::::::|ハト、_ .i .! r''´r'´,ィ´   /:::::::::::::|/
\  .l     ∨__l:::- '' ´ヘ,', ..i.∧ ,r| .|ロj   /::::::::::::::::::/:::
  \,i _ -  ´ _,,  - 'i', !_/ィ! !_! -::''´:::::::::::::::::::::::/:::__
\  Y´  _,, .:r ''       .|:i\Y´.,.r''´::::::::/::::::::::::::::::::r''¨´::::
 .ゝ-r ''¨´             .|:::i:::;У:;::r'':::/:::::::::::::::::::::,, r<´ ̄
 . Ⅷlハ             .|``ヽ<_r-v=:、  __ :r<::::::::::::::::::::
 . .Ⅷlハ              |    .i .|8 》''´:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::

「後は魂ですかね」

「油に脳を詰め込むスペースが無いなら」

「無形の魔力である魂を込めれば良い」

「まあ逐一魂をコピーして油に詰め込んでおくわけにもいきませんが・・・」

「四度目スキルを使えば」

「魂の分身、とでも呼べる者も作れますからね」

異形魂魄:ヴァンダルーさんの複数の魂を無理やり融合させた歪な魂から生まれたスキル。

魂版の郡体思考のようなもので、魂を砕かれても砕かれた魂の欠片の一つ一つがヴァンダルーさんとしての人格や記憶を保って自律行動することができる。

そのため魂砕きに対して高い耐性を持つようになり、魂の欠片を分離してヴァンダルーさんと同じ人格と記憶、ある程度のスキルを宿した魂の分身(バンダー)を作ることも可能。

804無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 01:32:42 ID:q5DSmqOM0
                    /: : : : : : : : : : l\ : : ヽ: : ハ: : : : : ハ
                        // : : : : : { : : i : j   ヽ _:ハ: : : }, : : : : : :i
                    // : {: : : : j! : : l: リ, ´ ̄ヽ: : :、 : l}: : : : : : l
                  ':{ : : ji: : : : !i: : :j /  , =  ヽ: lヽノi: : i : : l i
                    ハ: : :j〉ト、: l i: : リ  ,彳示ヽ lノ : : ト,ヽ!: : i: !
                      l: 乂:´:!ゝムr!、';ノ/  'ヘz::::リ ' ! : : : l ノ! : ハ 、
                     i: : ゝ: ハ{ヘ::::ぅ       ゚ "  ,: : : : :レ: j: : jイ: l
                  ,: : : `:ハ ヽ"   、      i: : : : :l: : : : ;' ゝj
                      ! : : : : : ハ     _ - ‐ ´   l: : : : l!: : j!:i
                      l: : : l: :i: : '. .、       , イ{: : : ハ: :ハ!
                      ハ: : Y: { : : : : > 、 _ , イ   'ゝ、 l ゝへ
                       l 人: :ゝ,ゝ: : :i\: iヽ : : l      / . . . .\
         r 、_ =‐ ´)     jノ  `ー-` \{  `_ ィ´_j    / . . . . . ,.<ヽ
      ゝ ̄〉、 ` r ´              , < . 」 .   _/ . . . . . /:/. . .>、
      _,f.7/ .`ハ ヽ_           ィ´.r ´   ̄ /. . . . . ./:/_,. <:.:.:ヽl
       ( イ/ , 、j ∨´ ,ノ          jイi. . |´ ̄ ̄ ̄/. . . ..../:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヽj/ ゝ、 ` ーく ヽ      ,イ.i::i. . .i ̄ ̄ ̄/. . . ./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.-‐:.:}
        !   /ヽ     `!       i:.:i. i:i. . .j!     /. . ./::イ:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.i
        /  ´   j、   l       j:.:.! i:i. . i   ./. . ./:::// :.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
     /      ノ ヽ ,イ}.    /j:/i. i:i . l .   /. .../:::// .:.:.:.:.:.:l:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
           /_,. <:.:.:ヽ   /:i´:.:.〉i:i. .i  /. . /::://:.:.:.:.:.:.:.: !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、/:/:.:.:/ ,i:i. .l ./. ../::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l

「郡体思考、スライム分体作成、異形魂魄」

「それぞれ一つだけでも物凄く有用だ!」

「特に魂が砕かれても平気ってのは嬉しいよね?」

「なのにそれをさらに全部乗せしたら・・・強い!(確信)」

ローマ油: ファイレクシア油・ズフィルードクリスタル・オラクル細胞・フェストゥム・郡体思考・スライム分体作成・異形魂魄
郡体思考・スライム分体作成・異形魂魄を追加して自己判断能力を強化したローマ油。
本体と意思を共有し、完全に統率されながら、同時に不測の事態には自己判断で対応してくれる柔軟性を併せ持つ。
副次的に通常のユニットと同様にスキル習得も可能となっている。

805無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 01:32:59 ID:q5DSmqOM0
>>802
はい。可能です!

806無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 01:34:30 ID:q5DSmqOM0
安価↓1 質問・コメントがあれば

807名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 01:37:27 ID:b3lxiDi60
ものすごいハイスペックになったのはわかったというか
その気になれば油一滴から世界が産まれそうな勢いを感じる
ただ何より恐ろしいのはほぼヴァンダルーさんのお陰での強化ということw

808無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 01:40:21 ID:q5DSmqOM0
>>807
               ____
             /      \
           / ─    ─ \     ィ
          /   (●)  (●)  \  //
            |      (__人__)     |//
          \     `⌒´    ,//
          /      ー‐ < 、//\
        /  /      (⌒^ヘ>ー 、 }
         {  ⌒ー―一'⌒>へ.__/

「勢いってか実際できるお?」

「偶像の化身とか万象の化身でも覚えさせればいいんだし」

「むしろそれくらいはできないととローマが滅びたときの復活用装置としては力不足だおね」

「そしてヴァンダルーさんが恐ろしいのには物凄く同意」

「良いタイミングでスカウトできたおね!」

809無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 02:15:46 ID:q5DSmqOM0
では今日はこの辺で。
ご参加頂きありがとうございました!お休みなさい!

810無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 02:17:33 ID:q5DSmqOM0
>>807


            ,ィ
             / |
          / /|
           / //   .____
        / //  /⌒  ⌒\
         / // /( ●)  (●) \_____
       | //./::::::⌒(__人__)⌒::::: \っヵ   |
        ヘ〈_.|     |r┬-|       |=l=  |
          〈_ィ.\     `ー'´     / /   |
         \            ./   ./
          i           ./ \/
          |           i

「ああ、後は・・・」

「蛇の女王を使うのもアリかおね!>宇宙創造」

「スキルを覚えられるから直接やっても良い訳だしおね!」

811無茶王 ◆T8n83RxOuU:2017/09/11(月) 02:25:14 ID:q5DSmqOM0
自分用メモ:シンフォギアヤバイ・・・思いっきり神座や風水だ・・・しかも星辰風水までやってる・・・

812名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 03:25:45 ID:hIzsKXPk0
おやすー
月が洗脳電波なムーンセルだったり、創成の火があったり、ソシャゲ版で並行世界に移動してみたり
マクロコスモとミクロコスモの照応や哲学兵装という強制力が低めなだけの概念兵装があったりだの
シンフォギアは70億の絶唱がなくてもやばいのだな

813名無し-Red-市民-2:2017/09/11(月) 07:58:53 ID:b3lxiDi60
オツカレサマドスエ
一連次魂と具現化とかシナジーありそうなのが新しく増えてるし油も弄る余地は残ってそう

814名無し-Red-市民-2:20