■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

【学ぶ系?】やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです【異世界】
1システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:49:37 ID:0E8NaKuw0

                  _,, -ー辷二二二辷 ー- 、
              , イ´ 二 -ーー―――― -ミ - 、 `ヽ、
           ,ィ' 彡彳'''"´東 風 吹 か ば  ` ヽ 、 `ヽ、
         ///      __,,, -ー,=ー=、ー--- 、__    `ヾ、 ヾ\
       ///     ., ィ'"´  _イ ィ- 、゙ト,__  フ ト 、 匂  \ヾ\
      /イ /    / ,, ィ、"´ノ、.{ 弋_,ソ ソ} ィニト,ヘ、  \    \ヾヽ
     // /    / /ィ)、 トニーヾミ 彡"\二| _ィ、ヽ _ヽ、ひ ヽヽヽ
    // /   / , イ ヾ彡イ,, -"´_α ̄ ゙'τー-、ヾヽート'"ヾ } \   ヾヽヽ
   // / 真 /  / ィノツ//σ _,-,、_,ィ―テ_,, -、 ε\ヾ〈イメ ヽ、 ヽ を  ヘヘ
   ,'/ /   /イ7、´レツ /χ,,イ>-ヽっ  ぐイーゝ \νヽ ヽソーヘ-.ヘ   ', ',',
  ,'イ ,' 道 ,' ∨ イフイ /η/ィ"´ ,、/"´ ̄`゙゙ヽ、  .ヘο',ヾ\乂ヘ ハ こ , ',',
  |{ .|l   ,'  / 乂? ,'μ/イ イへ.  |雷|  へトド、ヘ.λ',ヾ| 乂}  }   }  }|
  {{ | 原 j,イ二二ヽ,| ,'π'ハヘ ∨   \.`´./  ヽ 从 lκ.l 〉 ィごヽ | せ } ||
  l| |   |{ ヘ   ハ} !κ{ {! レ、|    }  {    .|   .lξl ./\ト',|   | ||
  {{ | 菅 '{込∨ ,シ | !ξ{ トヽ ヽ   /  \   イ、  .lι}. ド\/ツ| よ } . !j
  l{ |    ',  トイ∨,ヘρ',ヾ ドヾゞ" /\ ン´゙゙  ,ィ,'π,' ,!ミ彡イ ,'   j j.|
  .',', ',   ハ ', 乂ヘ', ヘχヘ  イ_>ー-ー ≦ レ イ,/υ./ ,' イ フ 7 梅 ,' ,'}
   ',', ハ   ヘ ヽ"ジヘ、 ヘυ\ヽ トー< ̄二シ,, イτ / /辷 フ /   / /,'
   ',', ヘ    ヘ ヽ{ヾ丶 丶、θヽ`ニニ辷ニニ,, ´イα /, イ ィッ/ / の / //
    ヽヽヽ そ ヽ トテ"トミヽ \η β ̄μ χ イ ,,イ トイ/ ,イ    ./ //
     ヾヽヽ   ヾl__>ミゝ>ト 、  ̄フ===、二 -‐イくィジ7_|/  花 イ //
      ヾヽ.ヽ れ \  ヽK辷 メ7 i―‐i ヘ、 辷メ__トイ  /    / //
       \\\    \ ヘ >- 、.《|__|》ツ-‐< / ,,イ  主 / /,イ
         ヾ \  忘  ` ''ー-_ヾ三イ_ -ー"       / //
          ヾ  `ヽ、 .  な 春 て と し な   , イ ,//
             `ヾ、  ` ヽ 、        ,, -ー '"´ ィイ/
                `ー 二三二二二二二二三ー'''"´

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ・電気工学系の一学生(電気屋)であるやる夫が、異世界に召喚されて
   地球の知識でチートしようとしたり、できなかったりする物語です。

  ・スレタイにある通り、学ぶ系の要素があります。

  ・だいたい、高校の物理の教科書に載っているぐらいの内容を学んでいく予定です。

  ・ただ、学ぶ系と異世界召喚系の比率は半々ぐらいです。

  ・題材は原作無し(オリジナル)です。

  ・雑談や合いの手は大歓迎です。

  ・エロ(直接的な性描写)はありませんが、エロい雑談はOKです。

  ・たった今からプロローグを、今日の夜から第一話を投下します。
   もしよろしければ、ご覧下さい。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

2システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:50:06 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  なお、この物語を作るにあたり、下記の方々のお力を強くお借りしました。
  これらの方々には、この場を借りて深く御礼申し上げます。

  ・大学時代の恩師である、Y氏

  ・分野の大先輩である、H氏とT氏

  ・ストーリー作りにアドバイスを下さった、「ばくだんいわ ◆QOOmW3I0SM」氏

  ・自分に知識を授けて下さった、偉大なる先人達

  ・このスレの作成を応援してくれた全ての方々

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

3システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:50:21 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  >>1の他作品を置いておきます。


  ・長編

  1スレ目:【安価】やる夫はブリッツボールを始めるようです【超次元スポーツ】(安価系超次元スポーツスレ・エター)
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1367619512/

  2スレ目:【超次元】やる夫はブリッツボールを始めるようです【2点目】
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1371380099/

  3スレ目:【超次元】やる夫はブリッツボールを始めるようです【3点目】
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1375351410/

  4スレ目:【超次元】やる夫はブリッツボールを始めるようです【4点目】
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1380980601/

  5スレ目:【超次元】やる夫はブリッツボールを始めるようです【5点目】
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1385719423/

  6スレ目:【超次元】やる夫はブリッツボールを始めるようです【6点目】
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1393056099/

  7スレ目:【超次元】やる夫はブリッツボールを始めるようです【7点目】(このスレでエター)
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1406545093/

  上記7スレのまとめwiki
  ttp://www54.atwiki.jp/blitzball/


  【R-18】やる夫は善良な催眠術師なようです【安価シチュ】(安価系エロスレ・完結)
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1396055337/

  【R-18】やらない夫は純情な催眠術師なようです【性教育】(安価系エロスレ・完結)
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15257/1402195400/

  上記R-18作品を纏めて下さった、「やる夫AGE」様
  ttp://yaruokei.blog.fc2.com/


  ・中編

  やる夫は美奈子の唯一になりたいようです(恋愛?系メガテン風味スレ・完結)
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1366364294/


  ・短編

  一年遅れのバレンタイン
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1390917472/889-940

  外道と純愛の落し所
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1390917472/953-999
  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1392400610/10-17

  上記2作品を纏めて下さった、「やる夫短編集・阿修羅編」様
  ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/


  やらない夫は勇者と呼ばれたようです(「◆Maho/wMENU」様の短編祭りへの投稿作品)
  ttp://yaruoshelter.saber.jp/test/read.cgi/yaruo001/1405528669/1585-1647

  上記作品を纏めて下さった、「やる夫まとめに挑戦」様
  ttp://nyarusp.blog.fc2.com/


  ・緊急連絡用のTwitter
  ttps://twitter.com/Blitz_System

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

4システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:50:41 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  立て終わり。

  では、これから他スレからこちらに誘導した後
  プロローグを投下します。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

5システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:52:54 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  誘導終わり。

  では、開始です。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

6システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:53:09 ID:0E8NaKuw0

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

7システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:53:28 ID:0E8NaKuw0

20XX年 12月某日 〜下等場大学 工学部キャンパス〜

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄| ..:::::::::::::::::::::: | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ..:::::::::::::::::::::: |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | [ 下等場大学 工学部 ]
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________

8システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:53:42 ID:0E8NaKuw0

キャンパス内 〜電気電子工学科棟のとある倉庫〜

___________________________________

============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   ______________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──┐ |    |┌───┐|┌───┐|倉庫|
│====│   □ □   │三三│ |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄
│三三│   □ □   │三□│ |    |│/  /│|│/  /│|     __
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     |!┏゚|
└──┘      l三三!     |    |:[l         |         l]:|     ||⌒||
============================:   |          |          |     ||消||
                            |          |          |     ||〓||
                            |          |          |      ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

9システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:54:07 ID:0E8NaKuw0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   俺は、「避雷針」の存在意義について頭を悩ませている。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

10システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:54:42 ID:0E8NaKuw0

          ____
        /     \      _
       /   ―  ―\     //
     /   (● ) (● )ヽ  //
     |        (__人__) l〃ヾ.
     \        `⌒´ /'んソl   ……?
.      〃⌒ヽ    '"ィ´ヽ.//|  |
       l\  \       // ′ .l
      │ \ ⌒ ̄ ̄〆⌒,ゝー'
       |   `ー──〜ソ"
      |          // i
       |       //  |
      \     、//   ,!
        |    //  /
        |  〆ソリ  ,/
         /ノ//ソハ 丿
   . :. 〆彡/ノリiゝ/ . ` ,. ..
  . .. :´,;、;彡リン〆ノソ ..´..;' . ; ; : .  サッ……サツ……

11システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:54:59 ID:0E8NaKuw0

                / ̄ ̄\
            /  ヽ、_  \
           (●)(● )   |    ぶっちゃけさ、「避雷針」っていう名前っておかしくね?
           (__人__)     |
           (`⌒ ´      |      だってさ、あの針って雷を避けてねーじゃん。
               {           |
             {       /.     むしろ、雷を引き寄せてるじゃん。
            ヽ      く
     ⊂てヽ   /        ヽ
   {三_ ィ `´  /|     ィ  |
         .\__/   |      |  |

12システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:55:50 ID:0E8NaKuw0

            / ̄ ̄\
           / _ノ  ヽ、_ \
             | ( ●)(● ) |    「是が非でも、この場所に雷を落とそう!」って仕組みだし。
             |  (__人__)  │
           |   `⌒ ´   |     実際そんな風に使用されてる。
              |           |
              ヽ       /
            ヽ      人     あの針のある位置にこそ、雷が落ちる……
     ⊂てヽ   /        ヽ
   {三_ ィ `´  /|     ィ  |    これって、「誘雷針」って名前の方がシックリ来ると思わねー?
         .\__/   |      |  |

13システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:56:35 ID:0E8NaKuw0

          ____
        /     \      _
       /   ―  ―\     //
     /   (● ) (― )ヽ  //
     |        (__人__) l〃ヾ.
     \        `⌒´ /'んソl   …………
.      〃⌒ヽ    '"ィ´ヽ.//|  |
       l\  \       // ′ .l
      │ \ ⌒ ̄ ̄〆⌒,ゝー'
       |   `ー──〜ソ"
      |          // i
       |       //  |
      \     、//   ,!
        |    //  /
        |  〆ソリ  ,/
         /ノ//ソハ 丿
   . :. 〆彡/ノリiゝ/ . ` ,. ..
  . .. :´,;、;彡リン〆ノソ ..´..;' . ; ; : .  サッ……サツ……

14システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:56:51 ID:0E8NaKuw0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    OK【やる夫】、お前の言いたい事も分かる。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    別に、名称自体はそこまで拘るつもりは無い。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

15システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:57:14 ID:0E8NaKuw0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    ただな、雷に対しての防御策として
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「雷?避雷針があれば大丈夫でしょ?」
.  |         }
.  ヽ        }     みたいな風潮はどうかと思うんだ。
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

16システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:57:47 ID:0E8NaKuw0

          ____
        /     \      _
       /   ―  ―\     //
     /   (― ) (― )ヽ  //
     |        (__人__) l〃ヾ.
     \        `⌒´ /'んソl   ……………………
.      〃⌒ヽ    '"ィ´ヽ.//|  |
       l\  \       // ′ .l
      │ \ ⌒ ̄ ̄〆⌒,ゝー'
       |   `ー──〜ソ"
      |          // i
       |       //  |
      \     、//   ,!
        |    //  /
        |  〆ソリ  ,/
         /ノ//ソハ 丿
   . :. 〆彡/ノリiゝ/ . ` ,. ..
  . .. :´,;、;彡リン〆ノソ ..´..;' . ; ; : .  サッ……サツ……

【 やる夫 】
【 下等場大学工学部 電気電子工学科所属 四年生 】

17システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:58:19 ID:0E8NaKuw0

   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )         雷みたいに馬鹿デカいエネルギーを
 .|       (__人)       ワザワザこちらに引き寄せるのが避雷針だ。
  |         rつ
  .|        ((三)     丸っきり安全なんて事は無い。
  ヽ       ( <
   ヽ    /∧ ∨      むしろ、避雷針を設置する事ならではのデメリットすらある。
   ∠    /⌒ ∧ ヽ
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |

18システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:59:00 ID:0E8NaKuw0

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)                                アース
  |     (__人__)        避雷針に落ちた雷が、何かの手違いで安全な道筋を通らずに
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃      ビルの壁面を流れたり、大事な回線系に通電したりな。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ

19システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 13:59:30 ID:0E8NaKuw0

   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)    むしろ、過去には
  |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     「避雷針を設置したせいで、雷が引き寄せられて火事が起こった」
.  |         }
.  ヽ        }       なんていう、笑えるような笑えないような事態すら――
   ヽ (\    ノ、
   /  \\く} j
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ




          ____
        /     \      _
       /   ―  ―\     //
     /   (● ) (● )ヽ  //
     |        (__人__) l〃ヾ.
     \        `⌒´ /'んソl   ……【やらない夫】
.      〃⌒ヽ    '"ィ´ヽ.//|  |
       l\  \       // ′ .l
      │ \ ⌒ ̄ ̄〆⌒,ゝー'
       |   `ー──〜ソ"
      |          // i
       |       //  |
      \     、//   ,!
        |    //  /
        |  〆ソリ  ,/
         /ノ//ソハ 丿
   . :. 〆彡/ノリiゝ/ . ` ,. ..
  . .. :´,;、;彡リン〆ノソ ..´..;' . ; ; : .  サッ……ピタッ

20システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:00:04 ID:0E8NaKuw0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    あん?どうしたやる夫?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     相変わらず、不細工な顔と体と声をしやがって。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

【 やらない夫 】
【 下等場大学工学部 電気電子工学科所属 四年生 】




          ____
        /     \      _
       /   ―  ―\     //
     /   (― ) (― )ヽ  //
     |        (__人__) l〃ヾ.
     \        `⌒´ /'んソl    色々言いたい事はあるけど、まずは何より――
.      〃⌒ヽ    '"ィ´ヽ.//|  |
       l\  \       // ′ .l
      │ \ ⌒ ̄ ̄〆⌒,ゝー'
       |   `ー──〜ソ"
      |          // i

21名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 14:00:17 ID:GDCD9Qag0
期待

22システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:00:24 ID:0E8NaKuw0

          ___
        /      \
     ,---、  \    /\―、
     .l   l  (●)  (●) \ |    掃除の手を止めてんじゃねーお!
     |    |    (__人__)    | |
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /    今は大掃除の時間なんだから!
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /        お世話になった学び舎に、キッチリ恩返しをする時だろうが!
       /          |
      /          |




       __
       /ノ ヽ\
     /(○)(○) \
     | (__人__) u|    お、おお、ごめん。
    |        |
.    |        |     あまりにダルくて、つい駄弁っちまった。
.    ヽ      /
      ヽ    /
       /    ヽ
       |      |
       |      |

23システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:00:58 ID:0E8NaKuw0

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \    あと、不細工なのは自覚してるし気に病んでもいるから
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/    できれば触れないでくれお……
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;




       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |    あ、それは本当にごめん。
     .(`⌒ ´     |
     {         |     マジで配慮が足りなかった。
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ

24システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:01:38 ID:0E8NaKuw0

          ___
        /      \
       / ―‐    ― \
     /  ( ○)   (○) \    まぁ良いお、掃除を続けるお。
    |      (_人__)   |
     \      ` ⌒ '   /     何かに集中してれば、「いない歴=年齢」かつ
     〃⌒k          \
     |    \  l\     | |    「四年の十二月に無い内定」っていう現実から
     |  \  \  \,っ   | |
     |    ヽ ⌒ ̄(  ア / /    目を逸らせるんだから……
      |      ̄ ̄   \彡)
                  乃 \
                  卅卅廾
                 彡川川リ @
                   @@     @




          / ̄ ̄\
         _ノ  ヽ、_   \
         (○) (○ )    |    いや、ガチですまなかった!
       .(__人___)  U |
        .__(,__       |     だから、死んだ目で淡々と掃除を続けないでくれ!
      //___ \_     |
     |  ./____\-`    /      やる夫!
    |   / ,.  〉-`_.  〈
   .|   {(,/       ⌒`ヽ
    ヽ   }          ヽ
    }   ヽ       ィ  ヽ

25システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:01:56 ID:0E8NaKuw0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです

                        プロローグ

                        雷の予兆と異世界召喚

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

26システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:02:14 ID:0E8NaKuw0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

27システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:02:36 ID:0E8NaKuw0

              -─‐──‐-、
         /             \
        / ;            ヽ
        l  U                l
        |     , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
       !、  _ノ" "ヽ、__  ∪        \
        ヽ ((●)  (●) )::  /⌒゛`       l:    ……あ”ー、疲れた。
         /ヽ~゜(__人___)~__ ,ノ|     ,     |
         /   /` ⌒ ´    |     |    ,   !    掃除そのものはどうって事ないけど、精神的にキたお。
          /   /    | `ー-,,,|"   |___,ノ   |
       /   /     |    |    |     ,lー─- 、
    , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/  )   )
   く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\  /^ー-‐'
    `ー' ー´ ̄       (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄




     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ    重ね重ね悪かったよ。
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ    ちょっとからかうだけのつもりだったんだが……
   .ノ| U   (___人_\\__
 /  |     `⌒(⌒_   \
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i
 .|   |       |  /   /

28システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:03:11 ID:0E8NaKuw0

              / ̄ ̄ \
          _ノ  ヽ、_   \
          (●)(● )   |
          (__人_)     |    あ、あー、そうだな。
          '、`⌒ ´   U |
           |          |    じゃあ、一区切りついたし一旦休憩にしようか!
           |        {
           ヽr`ー- -=´ <.     俺、何か飲み物買ってくるよ、何が良い!?
        /⌒'' ー─,,    \
        /          ィ }
       ノ   /       | |
    /   `ヽ i:        | |
   (__.ィ´ヽ,ム、〉i        | |
      / ゝ/ / 7-、
    ヽ/ / / /'Y




                        ____
                        /     \
                       /三三二.    \
                      /三三二        \
                 |三三二          |    ……紅茶を頼むお。
                 \三三二         /
                    Y──----   く
                      /三二 三二二   ヽ.
                        l三二 三三二二   ',
                   l三二 三三.二二    ',
                       ,'三二 三三.二二.     ',
                  /三二 :∧:三三二二    ',
                    /三二 :/ ∧三三二二     ',

29システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:04:04 ID:0E8NaKuw0

         / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     (⌒)(⌒ )    |
      (__人__)  u    |
     | |┬‐|      |   OK! そんじゃ、ひとっ走り行ってくるわ!
     | || .|      |
      (`ー´     /
      ヽ      /
       〉    〈
       |     |
       |     |




    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||     u. |
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そう言うと、やらない夫はすぐに外へと出て行ったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

30システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:04:46 ID:0E8NaKuw0

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |    ……ふぅ。
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  本当は分かっているお、あの程度のおちゃらけを気にしすぎる
  やる夫が異常なのだと。

  やらない夫はただ、ちょっとからかっただけなのに。

  むしろ、やる夫達の間柄を考えれば
  あのくらいの毒舌は挨拶みたいなモノだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

31システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:05:29 ID:0E8NaKuw0

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |    好きでブサチビメタボに生まれたんじゃねーお……
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  でも、「これ」だけは――
  容姿によって第一印象が最悪な事に関してだけは、何故かダメなんだお。

  異性との付き合いや企業の面接で、数々の失敗を重ねてきたこの容姿。

  これは最早、やる夫のトラウマと言って良いお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

32システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:06:30 ID:0E8NaKuw0

                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \    あーあ、避雷針に雷が落ちるみてーに
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/    内定や女の子が、やる夫に自動的に寄ってこねーかなー?
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i     無理かなー?
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ     やる夫が必要とされる場所ってあるのかねぇ……
             !、___!、_____つ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  やる夫を採用してくれる企業があれば、喜んで社畜になるお。

  同様に、やる夫を愛してくれる女性がいれば
  それが誰であろうと、地球の裏側に居ても愛する自信があるお。

  ……この、「どこでも良いから・誰であろうと」
  という節操のなさが、原因の一つでもあるんだろうけど。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

33システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:07:23 ID:0E8NaKuw0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \     あー、避雷針と言えばさっきのやらない夫……
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    流石にちょっと穿ちすぎだお。
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \     確かにリスクはあるけど、それでも避雷針は間違いなく必要なのに。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そう、長年使用されてきた避雷針にはそれなりの意味があるお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

34システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:08:08 ID:0E8NaKuw0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      大方、内定した企業の説明会辺りで影響を受けたのかな?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    確かベンチャー企業で、「そもそも雷を落とさせない」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      ような製品を、研究・開発してたはずだお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  建築基準法によって、特定の建物には
  避雷針の設置が義務付けられているお。

  ただ無防備に雷の驚異に晒されるより
  避雷針を設置した方が、リスクは圧倒的に低いんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

35システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:09:14 ID:0E8NaKuw0

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)      えーっと、ステップリーダだかストリーマ(※)だかを
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |.    どうにかして発生させないようにするんだっけ?
.  \           /
.   ノ         \     ……ああダメだお、詳しく思い出せねぇ。
 /´            ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ※雷が地面に落ちる手順

  1.雷雲の下部に、マイナスの電荷(電気の元のようなモノ)が貯まる。

  2.そのマイナスの電荷に引き寄せられ、プラスの電荷が地表に現れる。

  3.雷雲から地面に向かって、「先駆放電(ステップリーダ)」が走る。
    これは、「今からそっち行って良い?」というノックのようなモノ。

  4.地面からも雷雲の下部に向かって、放電しやすい経路を求めて
    「お迎え放電(ストリーマ)」という、小規模な放電が始まる。
    「準備万端だ!いつでも来いや!!」という合図。

  5.上からの放電と下からの放電が合わさり、合体必殺技が発動。
    大きな放電が加わる。これが「落雷」となる。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

36システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:11:17 ID:0E8NaKuw0

           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)    まぁ良いか、後でやらない夫に聞きゃ大丈夫だお。
      \            `_⌒
      /           \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  と、その時――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

37システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:11:44 ID:0E8NaKuw0










   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、     ”‐Axan-・-akon-・-uri-・-inokoD-”
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、  【『異界探索』|『日本』|『御子』|『十分間』】
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――「声」が聞こえたんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

38システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:12:39 ID:0E8NaKuw0

            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │    ……お?
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  一瞬、空耳かと思ったけど……更に「声」は続けたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

39システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:13:21 ID:0E8NaKuw0










                     /       i  //        j!  /   ,八   彡
                  ,     ,    / / '   '         /  /    _ ノ   |│
               / /  ,/ x≦   / \    ャ  ァ   /   '=ァ、   、 \、 , |、      ……!?
                 i !   / /      '    `        ィ / / /:::/   ! ヽ  Y∧j Y
                  j从  ; /j/ if  /!/j//ャ==ァ≧≦ァ j/  i //   ' ;│ ;乂_/ィ      ! AtekustiM !
                   ヽi    人 i j!    \ ¨´  /  人  V }   / ハ! j/ / ! ト、
                    ´  ハ! i イ/    ヽ\ノ≦   ヽ !――――< ,/  , ! \
                    /    j! l/ j!¨ ̄ ̄γ⌒ヽ    j'      ィ j/ \/_!    ヽ
              /         /     /乂_ ノ \      / i八      ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  「声」の歓喜が伝わって来たお。

  こころなしか、興奮しているようで。

  そして、最後に――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

40システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:14:22 ID:0E8NaKuw0










     \ ヽ.,_      、    /   /  j  }     、 !  \
`ヽ \   ヽ _二ニ=一    __ /   /,. ≦ ,     ’. l    \
_/ ヽ.,_> ..,_ \   \           イ///  ハ__,.     '/      \
      /`ヽ iー   >―--―‐≪ /// ,. ≪ i     /、       \
___ /    ゚j.  j!      / ///,   /  /{   /  \           ”‐Ires-・-nekkah-・-owiketuoyh-・-eraW-”
             }.  ハ       > ´ / /≪   i       ’.
.     __    人_  _,..  ´    /i/     ∧         ゚.           【『異界召喚』|『この場』|『彼』|『一昼夜』】
r―≦=Yニコrf´ ニ=-――‐ァ―‐  T/        ∧       }
 / ,.≪Yf⌒≧xく.    }/   ,.イ/          ヽ       }
. {. /ノ {/i     Y f′  _,.ィ      />-=ニニニヾ//ヽ   ,  ,.z
ヽ {.  ∧l  _,. <.  ,. ≦       /        ヾ//ヽ /{_
ーァ===‐≦、     /       >            ヾ//} Y
.ノ -―  Y j.  ,.イ      , ≪             <}//{ if
.        j/ /j'    >≦                 Y/,} ゚.
   _,.   ´ /  ハ  /                     ]/}二7ー


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――「声」は、そう宣告したように聞こえたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

41システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:15:20 ID:0E8NaKuw0

        ____
       /      \
     /( ○)  (○)\
    /    (__人__)   \
    |      `⌒J´    |    お、あ……?
     \           /
    ./         ヽ
    |           |
    |   i        l .|
    |  |        | |
    |  |        | |
   (__ソ       丿_ソ
     il|   ト-i   |li
     il|   |_|   |il  ガクッ
  il/⌒ー   丿   __/il
 ilヽ_ヾー´ ヽ-イi


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、唐突に意識が遠くなっていくのを感じるお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

42システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:15:55 ID:0E8NaKuw0

     //            //
.    / / __,‐⌒ヽ、       //
   / / /   '─ \    / /
  //ノ ノ-、 (○つ\  / /
//  | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ l l
/   ヽ Uヽ__,,,トー'i   )| |
      ノ    ` ⌒''  ノ | |    あ……あ、おォ――!?
    (           } ノ ノ
     ヽ         //
      ヽ      //


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  何かに引っ張られるような感覚。

  なんだこれは、きぶんがわるい。

  サケヲ、シコタマカックラッタアトノヨウナ、メイテイカン。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

43システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:16:48 ID:0E8NaKuw0

                            .<`゙ ヽ
                        x<         `゙ヽ
          ./ ̄ヽ     .,'      _∠_   )
        ./     .l      .,:'    ,',z"    ̄
       ./     ,:'    ,:'.    ,'
.       .l     y''     _,,/ _   ,'     z――――― 、
ヽ       |       `>-''´ /    .,' ._x・''゙´            ヽ
  ≧、_   | ,,         /       `´          ___  ',
     >-<´              / ̄       ,z・''"´  \__ノ
         `゛         /         ,・"
                        _ ゙――"´ ̄ヽ
                       /             ` -、    (誰か、やらない夫――誰でも良い! 助けて!!)
                        ''´                l
                    __z―、 < ̄ ̄ ̄`\_ l
                               `>、..,,_  乂_ノ
                                   ヽ
             ,               _人_     ':,
        ____∠__         ._>''"´   `゛<、   ',
=-・''゙´ ̄           ̄`゙''' --''"´            〈   /
                               乂_,/


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  意識が途切れそうな中、最後の最後に手を伸ばし足でもがき。

  誰かに……何かに助けを求める。

  そして、ヒーローを求めた手が掴み、足が蹴っ飛ばしたのは――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

44システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:17:45 ID:0E8NaKuw0

                  /lニニニニ二二二二二二二二二二Eヨ二二二二二二二二二二ニニニニ∧
               / /                                              ∧
                  / /                                               ∧
               / /                                                ∧
            / /                                                  ∧
           r'―――――――――――――――――――――――――――――――――――',
           ,' l                     _,.ィニ==イニ三三三三三}}                       l ',
           ,'  l __       ,r,====={三{三三i三三三三三ニ}}.              __      l  ',
          ,'   l(( ̄`7ュ==彡'  } l´`l |⌒| l゙ ゙̄l`l⌒l―-----<´ .____     ,r=ヘ'⌒ヽ>x  l  ',
         ,'   {二{´ネミ/二二|⌒! {=} |: . | |: . | .|: . |____}='´ {ニ}_x>r=ヘ'⌒\r=ヘニ}ニニニニ}二}   ',
         ,'   r‐、斥ミ/,rニニニ|: . ! |: . | |: . | |: . | .|: . |-‐'''´,-=r=ヘ'⌒\f ヘ , ‐=‐ミ、二{二}ニニ)二)    ',
         ,'   /⌒ムニ/!'::::::::::::::゙○':::::○' ○' .(二) ゙○三f´`\ヘ,r=ミ,r=ミ,r/  rニニニl―ァ二二}}}}}}}}}}}   ',
        ,'   ./  i ミ}{_{:::::::::::::::::::::::::::::::::r―f ̄ ̄ ̄ ̄l:i:i:i:}\f´`\::::::::}{:::::/r=ti  レ=フニ二)__),r=≪.   ',
        ,'   ⊂ニミ、<=====(ニ ̄{ 二|三二三二l:i:i:i:}=ニ≫z. \>'´  .|三|  ,r=彡<  ,r< {;.;.;.;.;.;.;.{.     ',
        ,'   ⊂ニ´ニ二二二∠ニ∠ニ二二二二二二二二)∠三三三ネ{_}_____Ll  ノノ /.三}`}ヽf´;.;.;.;ヽ   ',
        ,'   (                                           )⌒//´゙ヽ三}_,} };.;.{;.;.;.;.;.`ヽ  ',
       ,' ∠二コ=―-.tz―――‐ァ ――――― 、――――――┬――――――''''^ヽニ二ソ ̄ ̄ ̄ヽゝ==<}.  ',
.     ,'  f==-'´  (≠)   ̄二ニ´,x-―――――- ミ二ニ> 三三三| ; ,    . : : : . : ; ;   , ; ; ; ; ; ; ; ,x≦´ ̄ ̄ヘ  ',
.     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
      ∨       ,{二二}、         ___        rニニニユ        ___      ,{二二}、        ∨
.       ∨      { {ー‐ '} }           {   {―-、     {(ニ)}     , -―}   }     { {ー‐ '} }      ∨
       ∨      ー=―'         ー―ー-、`ー――――――‐' ,r―'―‐ '      ー=―'      ∨
.         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ー―――――――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  古いながらも、まだまだ現役で使える工具一式が詰め込まれた工具箱。

  そして――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

45システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:18:45 ID:0E8NaKuw0

  _____________
  |/二二二二二| |二二二二二\|
  || |          .| |.          | ||
  || |  ||||l   / | |  ||||| 三 / | ||
  || |  == /   .| | === /   | ||
  || |  iii//フiiii| |  || //ii  | ||
  || | // == :[| |]. //==  | ||
  || |./        | | /ヽフヽフ..| ||
  || |   / ====.| | =======  | ||
  || ||||||皿皿皿|||.| |       |||| ||
  |\二二二二二| |二二二二二/|
  | 二二二二二二二二二二二二_.|
  | |        /冂从/ ̄ ̄\\
  | |_____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|________|
  | |         |           | |
  | | ◎      |        ◎ | |
  | |         |           | |
  | |         |__________」 |
  |_二二二二二二二二二二二二__|

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  電子部品・小型機械・回路基板・製作物、等を整理した後の大棚を

  蹴り飛ばした結果、それがやる夫に向かって倒れてきて――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

46システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:19:45 ID:0E8NaKuw0

                           _
              ________r':::|
             ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、:::::j
                           |::::/
                      |::::|
                       |::::|
                        |::::|      _
                     |:::::|    /| |:::::}
                       |:::::」    |:::| |::/_
                       |/    L:ノ /:::|
                                |:::/
                                |/
                    `     '
                      、   ノヾ     '
                      )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
――---―z_------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==――---―z______
                       )     (
                     , '´⌒`Y´⌒` 、
                          ,     \
                                  __
                                      ヾ::::}
                                         ̄
                                       _
                                     |:::::}
                                         ¨´   _
                                           {:::}
                                            ¨


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――そこで、糸が切れたように、やる夫は意識を手放したお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

47システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:20:17 ID:0E8NaKuw0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !




    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |    うーっす、やる夫お待たせー。
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||

48システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:21:22 ID:0E8NaKuw0

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)    ……?
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }    おーい、やる夫ー? 紅茶買って来たぞー。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ     ……いねぇな、便所か?
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

49システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:21:55 ID:0E8NaKuw0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    ……んー、まぁ良いか。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    便所ならじきに戻ってくんべ。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ   それより――
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

50システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:22:50 ID:0E8NaKuw0

      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \     さっきこの辺にあった、工具箱と収納棚はどこに行ったんだ?
  \          |
    \       /     倉庫がやけにこざっぱりしちまったが……アレってまだ使えるのになぁ。
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.   ……まさか、やる夫がギったとか?
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

51システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:23:15 ID:0E8NaKuw0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)    ……いやいや!そんな筈はねぇか!!
  |      |r┬|}
  |      | | |}    流石にあいつも、やっちゃいけない事の区別くらいはつくだろうし!?
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \   ……まぁ、何だ?
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

52システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:24:02 ID:0E8NaKuw0

           / ̄ ̄\;
          ; /       _\     気長に待つか。
.           |     r'  )|;
.          ; |      / /  |     どうせ、掃除はこの倉庫で終わりなんだ。
          |     / _/   | ;
.           |   ,(⌒`、   }
.          ; ヽ / 7゙\\}     やる夫、さっさと帰って来いよ?
            V /   ,、ヽ ;
           (     <_/ /    ここは間違いなく、お前の居場所なんだからよ。
.           ; i       ,r´
           |     | ;     精々、この後の飲み放題な忘年会でバカ騒ぎをしようじゃねぇの。

53システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:24:25 ID:0E8NaKuw0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

54システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:24:41 ID:0E8NaKuw0






























                             _
               ____       l⌒! /(⌒)ヽ
             /      \     l l  ー'/.ノ
           / ─    ─ \    l .j   l i
          /   (〇)  (◎)  \  `´   `´
            |      (__人__)     |  ○   ○
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  次に意識を取り戻した時、やる夫は何一つ状況が理解できなかったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

55システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:25:12 ID:0E8NaKuw0

:::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .:::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::|| | | ||:::::: .::::::| | | | | |:::::::::
:.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: || | | || .::.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:.:.
:::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| | | ||: : : .:.:: | | | | | |: : :::
:..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .        . . : : : : : : : : || | | || : : : .::| | | | | |: : ::::
: . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .             .   . . . . . || | | || . . . ..:| | | | | |. . . .
:. . . | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | | . .
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
   l l l | | |       l | | ||                    || | | l      | | | | l l
     .l l l |       l l|      ,っ - −、         |l l         .l l '
      .  ' l |      .;        i {● ●) u.              .;
    ;:.     l     .)'ゝ;        .ヽ.(人__) ノ           .)'ゝ;       ;:.
   ::ノソ:.       .:(  .):         .ヽ     \_         .:(  .):     ::ノソ:
  :)' て:..      riェェェiュ           .〉      |-'        riェェェiュ    .:)' て:..
 ::(   ):      └回┘  ____.ιー   J ____ └回┘   ::(   ):
.. [[匚囗二]]        .| |   /7\_|_.||三三三三三三||-</ニ∧  .| |    [[匚囗二]]
 └L凵」┘        | |  ./7_/-< ||;三三三三三三||_〉-<Α | |    └L凵」┘
   | |:|     __r土'ュ/7_;l_匚||;三三三三三三 ||_]_〈_r土'ュ__  | |:|
   | l:|     ∧/:::l   ..:| ......::;| |ニlニニニlニニニニニニlニ| |   :|__,/ヽ∧  | |:|
   | |:|    .∧/ ̄\;;;;;;√ ̄`7| |;;二二工二工二二工二二| |::...;/   \ヽ∧ | |:|
 ┌┴┴┐ ∧/  .::/ ....ヽ .:/ | |-┴┬┴-ー┬┴ー┬┴ー| | ̄\ ...,.,.;;;/ ̄┌┴┴┐
 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄
 ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  まず見えたのは、祭壇(?)らしき広間だお。

  石造りの佇まいでありながら、壁や天井に至るまで彫刻がなされ
  無骨さと優雅さが同居しているお。

  縦・横・高さ、全てが規格外に巨大な空間に篝火が焚かれ
  窓が無い暗闇を煌々と照らす様は圧巻だお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

56システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:26:18 ID:0E8NaKuw0

                            -  - 、
                             / (● ●)u.
                      .   ..ゝ(_人_) ノ            ..;
                     ;:.)'ゝ;  /    ヽ           .)'ゝ;
                   ::ノソ:. .): (|      |)          .:(  .):
                  :)' て:..iュ.. .し    J            riェェェiュ
         ______::(   ): _______     └回┘
        /7\_|_.>-_| :|[[匚囗二] :\三三三|\-<∠\     | |
        /7_/-< />| :| |. L凵」┘_l_\三三三|\_〉-\     | |
    __/7_;l_匚_;| :|_|__.l| |:|土'ュ_匚\三三三|\_]__\...r土'ュ____
    ∧/:::l   ..:| ......::;| ::| ::|.::::| l:| ..:| ......::;/ .../\\ニlニニニlニ|\\\__ |__l,\
   .∧/ ̄\;;;;;;√ ̄`7| ::| ::|`7| |:| ̄\;;;;;;√ ̄`7 ;;\\二二工二二l\\\_\;`7´\
  ∧/  .::/ ....ヽ .:/ | ::| : :┌┴┴┐./ ....ヽ .:/ ̄ ̄\\-┴┬┴ーーi\\\;;;;√ ̄`7\
 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄
 ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして何の冗談か、やる夫は祭壇の一番目立つ場所に立ち尽くしているお。

  自分の傍らにある、電子部品を入れるための古ぼけた収納棚や
  錆び付いた工具以外は、間違ってもさっきまで居た埃っぽい倉庫じゃねぇ。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

57名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 14:27:01 ID:OB4wCV1E0
なんだかvip時代のやる夫スレみたいなつくりやね(懐古感)

58システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:27:36 ID:0E8NaKuw0

                      ..:-‐_:フ――――:: -- ==ミ
                ..: ´:>: ´: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:._:..:.≧ー- 、
               : ´: : : : : : : : : ≠ -―=≦ミ :、:≠´:.:. ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         _    /: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         〃⌒ヽ} _,ノ : : : : : : : /: : : : /: : : : 、 : : : :?:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        {{ ..: ´:/: :_: : :-一: : : : : :∠: : : : :、 :ヽ: : : : }!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト
       /: : : /: : : : : ‐=ミ: : {{: : /: : : : : : : ヽ: : }: : : ′:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
     ,〃: : : : :/: :‐=ミ 、: : }:}:乂: : : ,:≠=ミ、: : }: : : : {__.:.:≠ミV ム彡  ̄  ‐- 、{ i!
.    //: / : /: : : : : : :ヽ : // :ハ: `V:.:.:.:.:.:.:.:.:? ト: : : : ゝ-―.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:≧x  r:个ヘ
    { {: :{:/: : : : : : : :ノ: :∨: : ': :} }/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}从/\: ー=ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈/:./ /
    〉?: : : :ー一: ´: : : :/: : : レ: :}!:.:ト、.:.:.:.:.;ヘ!/////`ヽ:`ヽ〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:/∠二ミ 、
    ,{: :八 : : : : : : : : : :ノ: : : : :}ノ: 八:ヽ _ー' イ///////∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ:/:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ\
   八: : : ヽ: : : : 一: ´: : : : : :ノ: :/ /ト:.:.:.:ヽノ:.:}////////∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\〉
.  /  ?: : : : 、ー=彡: : :/: :ムへ!:.:.:.:.:.∧:.{//////ム-‐ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠ -‐  ̄ ̄ ̄ ̄
  〈  ーヽ: : : : :\ : :_:_:_:∠:_:_:_:ミ、} /}:.:.:.:.:.∨:.:!///_´//////ハ:.:.:.:.:.:.:.. ´
       しー=≦ {`ヽ\  x≦リ‐ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:|`: くン} ̄ ̄ ̄ }:.:.:./
            ` ート、. ? 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:. ト=彡'       ー
            ー=彡'_ ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                     ` ー――一

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  次に目に入ったのは、床に頭をこすりつける――
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  やる夫を中心に平伏しているように見える、大勢の人間だお。

  土下座など、した事もされた事もそうそう無いやる夫には
  背景の祭壇に輪をかけて、訳が分からない状況だったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

59名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 14:28:26 ID:GDCD9Qag0
シオニーちゃんじゃないか!

60システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:28:54 ID:0E8NaKuw0











         / / l l /\ .l | ハ            レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして最後に――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

61システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:29:29 ID:0E8NaKuw0

      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ −云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  /
         / / l l /\ .l | ハ   ̄         レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  土下座をしている他の人間とは、服装・物腰・雰囲気
  それら全てが隔絶した人間――

  ――床に片膝をついて頭を俯かせただけの女性が
  やる夫の意識を奪ったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

62システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:30:04 ID:0E8NaKuw0

               ____
             /      \      …………
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   (金髪ウェーブのロングヘアー……)
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   (サラサラだお、すっげー綺麗に手入れされてるお)
          /     ー‐    \

63システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:30:52 ID:0E8NaKuw0

        ____
       /    \
.    /          \     (肌も綺麗で……「陶磁器みたい」って、こういう時に使うのかお?)
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    (目もデカいな、アニメみてぇ)
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \    (そして、服の上からでも分かるぐらいの巨乳……)
 /´             ヽ

64システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:31:21 ID:0E8NaKuw0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |  :::::⌒(__人__)⌒:::::  |    (正直、めっちゃ好みだお)
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  状況を忘れて、そんな事を考えるやる夫。

  だけど、その脳天気な感想は
  直後の少女本人の言によって破られたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

65システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:31:56 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \       ”-Inu-・-oyurijuu-・-stagab-・-otoK-”
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ     【『翻訳』|『共通語』|『彼』|『永続』】
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十l. ヽ  ア     >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
                      ・ ・ ・  ・ ・ ・ ・ ・ ・
   何やら、妙な言葉を……まるで「呪文」のように紡いだ瞬間の事だったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

66システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:32:47 ID:0E8NaKuw0

                  _,, -ー辷二二二辷 ー- 、
              , イ´ 二 -ーー―――― -ミ - 、 `ヽ、
           ,ィ' 彡彳'''"´E M E R G E D ` ヽ 、 `ヽ、
         ///      __,,, -ー,=ー=、ー--- 、__    `ヾ、 ヾ\
       /// R   ., ィ'"´  _イ ィ- 、゙ト,__  フ ト 、 R   \ヾ\
      /イ / E   / ,, ィ、"´ノ、.{ 弋_,ソ ソ} ィニト,ヘ、  \ O  \ヾヽ
     // / W  / /ィ)、 トニーヾミ 彡"\二| _ィ、ヽ _ヽ、M .ヽヽヽ
    // / O / , イ ヾ彡イ,, -"´_α ̄ ゙'τー-、ヾヽート'"ヾ } \   ヾヽヽ
   // / P /  / ィノツ//σ _,-,、_,ィ―テ_,, -、 ε\ヾ〈イメ ヽ、 ヽ T ヘ ヘヘ
   ,'/ /   /イ7、´レツ /χ,,イ>-ヽっ  ぐイーゝ \νヽ ヽソーヘ-.ヘ H ', ',',
  ,'イ ,' T  ,' ∨ イフイ /η/ィ"´ ,、/"´ ̄`゙゙ヽ、  .ヘο',ヾ\乂ヘ ハ E ', ',',
  |{ .|l A ,'  / 乂? ,'μ/イ イへ.  |乂|  へトド、ヘ.λ',ヾ| 乂}  }   }  }|
  {{ | E j,イ二二ヽ,| ,'π'ハヘ ∨   \.`´./  ヽ 从 lκ.l 〉 ィごヽ | M  } ||
  l| | R |{ ヘ   ハ} !κ{ {! レ、|    }  {    .|   .lξl ./\ト',| A | ||
  {{ | G '{込∨ ,シ | !ξ{ トヽ ヽ   /  \   イ、  .lι}. ド\/ツ| G } . !j
  l{ |    ',  トイ∨,ヘρ',ヾ ドヾゞ" /\ ン´゙゙  ,ィ,'π,' ,!ミ彡イ ,' .I  j j.|
  .',', ', E ハ ', 乂ヘ', ヘχヘ  イ_>ー-ー ≦ レ イ,/υ./ ,' イ フ 7  C ,' ,'}
   ',', ハ H ヘ ヽ"ジヘ、 ヘυ\ヽ トー< ̄二シ,, イτ / /辷 フ / A / /,'
   ',', ヘ T.  ヘ ヽ{ヾ丶 丶、θヽ`ニニ辷ニニ,, ´イα /, イ ィッ/ / L / //
    ヽヽヽ   ヽ トテ"トミヽ \η β ̄μ χ イ ,,イ トイ/ ,イ    ./ //
     ヾヽヽ G ヾl__>ミゝ>ト 、  ̄フ===、二 -‐イくィジ7_|/  S  イ //
      ヾヽ.ヽ N  \  ヽK辷 メ7 i―‐i ヘ、 辷メ__トイ  /  T  / //
       \\\  I  \ ヘ >- 、.《|__|》ツ-‐< / ,,イ  O  / /,イ
         ヾ \  T  ` ''ー-_ヾ三イ_ -ー"   N  / //
          ヾ  `ヽ、 . N E S E R P E R  S E , イ ,//
             `ヾ、  ` ヽ 、        ,, -ー '"´ ィイ/
                `ー 二三二二二二二二三ー'''"´


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

   奇妙な文様の円形陣が現れ――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

67名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 14:33:03 ID:AsTLvkLU0
紫とおりこがいるのかおりこだけなのかよくわからん

68システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:33:38 ID:0E8NaKuw0

      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ −云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  /
         / / l l /\ .l | ハ   ̄         レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<    ようこそおいでくださいました、「御子」よ。
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧       こうして御子とお会いできる事は、光栄の極みです。
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――日本語でも英語でもないはずの
  彼女の言葉が理解できるようになったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

69システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:34:23 ID:0E8NaKuw0

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( 〇)   \  ・
. | ( 〇)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /    ……お? ミコ? なんぞ?
. | u.           /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ど真ん中ストライクな好みの少女からかけられた
  突然の言葉と周囲の状況を処理しきれず、頭が追いつかねぇお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

70システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:35:20 ID:0E8NaKuw0

               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)             ……っと、名乗りもせずに失礼しました。
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、               お初にお目にかかります、「御子」よ。
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  -   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \         憚りながら、自己紹介をさせて頂きます。
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙     私の名前は『美国』と申します。
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,        こうしてお会い出来て、その上で
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,       言葉を交わす事ができるのは望外の光栄です。
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうこうしている内に、少女は慣れた調子で自己紹介を始めたお。

  ……「知らない筈の言語」が理解できる
  という現象は、未だに続いているようだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

71システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:36:39 ID:0E8NaKuw0

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\      あ、はい、これはどうもご丁寧に。
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |     よろしくお願いしますお、えーっと……「美国」さん?
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \      やる夫の名前は【やる夫】ですお。
    \_(__)      i\(__)
     |          |      好きに呼んでくれて結構ですお。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  不意をうって自己紹介されたので、ついバカ正直に本名を返してしまう。

  迂闊過ぎるお。 時・場所・場合・目の前の人物。

  全てが怪しいことこの上無いというのに……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

72システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:37:48 ID:0E8NaKuw0

                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l        ――!
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ /// / / ./!    |ヽi ||        ……ああ、良かった。
     _    -‐  ´     ., , -‐ 、 、 . っ ... ̄ ,7  / |   ヽ、 | |
           ,. ´ ... ./  / }>    イ/  /  !    ソ} ||         お名前をちょうだ――お聞かせ頂けました!
         / ,.― ./⌒ 'く   ノ./ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ .r '"., , く    }/ :::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、   これで……義務を果たす事ができます!
     . / ..,f  ../    ,. ´../  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /...l ./ /}/  // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
.         . ./ / / /./   /   { 、              ∨|              \
      . ./   ,ノイ  ./   / -´/  / |        / !            ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そう言って、少女――「美国」は
  頬を染めながら朗らかに笑ったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

73システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:38:43 ID:0E8NaKuw0

                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄// (__人__)  ////  |    あー、それは……どういたしまして?
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  その表情に、一瞬でニコポされそうになったけど――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

74システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:39:57 ID:0E8NaKuw0

                |ヽ/|_
                .\   /
       ___       |__>
     /ヽ、 _ノ\
    / (○) (○)\
  /   (___人__)  ..\    って、いやいや!
  |  u  ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./    今はそんな事より、このワケわかんねー急展開の説明が先だお!?
   . .>   . ̄ ̄´  <.

 [ やる夫 ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――何とか本題を思い出したお。

  そうだ。
  今はいつで、ここはどこで、この場はどんな状況で、この「織莉子」は何者なんだお?

  まずは、それを知らないと話にならない。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

75システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:40:43 ID:0E8NaKuw0

                         / ̄ 丶
                           / ̄ ̄\\
                       /::::::::::   ::\\
           ___        /::::::::::::  ::::::::\\
              / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
          /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
           ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
           /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
          ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
            { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
            \/ /   |l    N    r}/  \ ` 、/ l l
          / / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ} ヽ  l
        / |/| / { N  ヽ  〉=- /イ ̄ 兀ア   ∧.l|.    ……それはごもっともです、かしこまりました。
        \_|_ヘ{ 八 {テ示 丿/坊抃、 }  }∠     i ||
.          _,.斗  \ ゝ-Vソ/   Vソ //}   j   l`ヽ、 | ||    では、そもそも何故御子を――あなた様を
_    -‐  ´       ノ /イ {       //  /   l{_ ソ}||
      ,. ´      r一个: .   一  /} /´  八  ア  ||    この場にお招き申し上げたのかを、私の口から説明させて頂きます。
     /  ´    / ,ゝ  く  ≧=ァ /ハ( _{  ヾ \/、ト、
-=≦/ /  /   〃 {∧ rーヘr→、/人{_, 、   >┐}   ヽ_/ \
. / /  /    {{   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  >ァ/ノ八  〃 |.|  \
  /  /   /     _,. 斗/  ア{ /}ア/   厂(   V/  |」   \
.   /   〃    /´  // / /レ′ `´   /   \ L{_j       ヽ
 /       {{     八 /   /   { 、      /       ≧=-     _,.斗‐=ァ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、美国は居住まいと表情を切り替える。

  その姿形は、やけに堂に入っていて――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

76システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:41:37 ID:0E8NaKuw0

               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \     御子よ。
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪     我々はあなた様に――
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  -   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――かくして、美国はやる夫に対して宣言する。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

77システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:42:00 ID:0E8NaKuw0












┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  「日本語」を解読して頂こうと考えております。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘












.

78システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:42:13 ID:0E8NaKuw0

                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │

79システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:42:26 ID:0E8NaKuw0

┌―――――――――――――――――――┐
|               プロローグ           |
|                                |
|       雷の予兆と異世界召喚       |
|                                |
|             完                 |
└―――――――――――――――――――┘

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'    キャッ! イッチャッタァ!
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、//// i  ///// /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十! ヽ  ア   >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

                        次回

                    第一話・アトムの概念と御子の決断

                      お楽しみに!

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

80システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:43:00 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  という訳で、これでプロローグを終わります。

  お付き合い頂き、ありがとうございました。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

81名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 14:43:50 ID:OB4wCV1E0
乙んやよ

82名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 14:43:53 ID:AsTLvkLU0
乙です

83名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 14:44:17 ID:SIfGLmHE0
乙ん

84システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:44:48 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  ふぅ、久々の書き溜めは緊張しきりだぜ。

  あ、今から宣言所に予告を貼ってきます。
  その後、レス返しをしようかと。

  第一話の投下は、>>1にある通り今日の夜(20時半)から開始です。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

85システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 14:57:13 ID:0E8NaKuw0
レス返し。

>>21
ありがとうございます、励みになります。

>>57
割と意識して、そういう雰囲気に落とし込んでみました。

>>59
なお、彼女の出番は土下座だけの模様。

>>67
織莉子のみですね、分かりづらくて申し訳無い。

>>81-83
乙ありがとうございます!
これでまだまだ頑張れます!

86名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 15:06:46 ID:8j50xNFI0
了解しました

87名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 15:18:14 ID:17a2YKJE0
とりあえずお気に入りに登録。
続きを期待してるぜ。

88システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 15:26:52 ID:0E8NaKuw0
あ、宣言所の予告を貼っておきます。
よろしければ、ご覧下さい。↓

ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1407320681/323-353

89システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 15:41:42 ID:0E8NaKuw0
>>87
あざっす!

もう最終話までのプロットはできているので、作成はそこそこ早くなります。
明日の夕方にも、第二話と投下できます。

90名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 15:46:24 ID:jUO/IjuM0

「そもそも雷を落とさせない」製品は一本300万って見積もりもらったことあるw

91名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 16:38:32 ID:5GrAjat20
予告  このスレはおもしろくなる

92名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 17:37:35 ID:01qH/Wjo0
乙ですー

93名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 17:48:54 ID:RI6fkluI0
乙でした。
そこは照れるところなのか?w

94名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 18:07:50 ID:uP/qBKE60

面白そうなスレが始まってるな

95システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 18:12:54 ID:0E8NaKuw0
乙ありがとうございます。
そして、申し訳ありませんが重大な誤字を訂正します。

>>74が、以下のように変わります。

                |ヽ/|_
                .\   /
       ___       |__>
     /ヽ、 _ノ\
    / (○) (○)\
  /   (___人__)  ..\    って、いやいや!
  |  u  ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./    今はそんな事より、このワケわかんねー急展開の説明が先だお!?
   . .>   . ̄ ̄´  <.

 [ やる夫 ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――何とか本題を思い出したお。

  そうだ。
  今はいつで、ここはどこで、この場はどんな状況で、この「美国」は何者なんだお?

  まずは、それを知らないと話にならない。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

96システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 18:13:27 ID:0E8NaKuw0
訂正は以上です。
この後は、予定通り20時半から第一話を投下します。

97システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 18:15:31 ID:0E8NaKuw0
げ、[ やる夫 ]が消えてませんでした。
再度訂正です、本当に申し訳無い。

                |ヽ/|_
                .\   /
       ___       |__>
     /ヽ、 _ノ\
    / (○) (○)\
  /   (___人__)  ..\    って、いやいや!
  |  u  ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./    今はそんな事より、このワケわかんねー急展開の説明が先だお!?
   . .>   . ̄ ̄´  <.


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――何とか本題を思い出したお。

  そうだ。
  今はいつで、ここはどこで、この場はどんな状況で、この「美国」は何者なんだお?

  まずは、それを知らないと話にならない。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

98名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 19:00:57 ID:/hvkMRhY0
>>50 の「ギった」がわからないおれおっさん・・・いやなんとなく意味はわかるけど

99システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 19:32:37 ID:0E8NaKuw0
>>98
「盗んだ」「パクった」の意味ですね。
方言なのかなぁ、ググってもあまりヒットしなかったんですよね。


そして、早くも「100%自分用やる夫まとめ」様において、このスレを纏めてもらいました。↓
ttp://rusalka777.blog.fc2.com/

この場を借りて、お礼申し上げます。

100名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 19:40:01 ID:o1r2cMIc0
「ギる」はジョジョのラバーズ戦でもありましたな

101名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 19:42:57 ID:kPk/lPT.0
俺が子供の頃に流行した言い回しだな(30代

102名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 19:45:30 ID:lPOoFgk20

まとめからきました
面白そうなので一話も期待

103名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 19:52:36 ID:iwO5Ph4Y0
握るの略で「ぎる」という隠語
そこから発展して窃盗の意味も含める
イカサマ麻雀に於いては概ね元の意味で使う

104名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 20:20:13 ID:yGXkuwXI0
乙!
まとめはええwww

105システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:30:12 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  へー、握るの略語だったんですね。
  色々と教えて頂き、ありがとうございます。

  では、時間になったので開始します。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

106システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:30:30 ID:0E8NaKuw0

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

107システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:30:43 ID:0E8NaKuw0

      ___
    /       \
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \    日本語の解読、かお?
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /    それって……
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ




            /      /        /|/‐=========
         /                     /     ‐=======
 、     -/         \        /        ‐=====
  \/ ̄ ̄                  /   ∨       ‐====
           /     jI斗-──<       ∨     ‐===
/ /      /     /                 ∨       ‐= /
         /   /        \         |∨.     i=/
      -=  /           |i       }|. ∨ 釗 |/
    -===|/│         /  |lハ     }|─|| |-| │
   -=====\ |      / //∧|  | |  / 八-jI斗 | │
  -=========>       //イ リ  | l  , // 才⌒7    !
   ____jI斗匕       /   --   |  /// fr仞/   /
 ̄   / /       イ   jI斗r扞ミ |//イ   匕シ   人〈
.斗--/ イ      /  | 爪_)r廴Л  j,:′  {   厶イ  个=--    ええ、正確には「日本語で書かれた書物を読み上げる事」ですね。
‐‐‐‐| /‐|      /  抓 ∨::z>'’  /     ',  │   l.|‐‐‐
‐‐‐‐|[‐‐|  /  / l │ \  ̄         /   从   从‐‐‐.    とはいえ、詳しい事情をここで立ち話というのも、失礼かと考えます。
‐‐‐‐|[‐‐|       乂__、             _、 |[/‐‐‐‐‐
‐‐‐‐| ‐乂_      `ヽ         ___ ノ  ‐‐ヽ|‐‐‐‐‐‐‐‐     よろしければ、応接室へ案内させて頂いても?
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐==`ヽ      |\            ‐=\‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=====    |__、≧ .,_   .イ=====〉‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐====| /  /==\ 三三千‐==== /‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐===|   /===/===========/=/‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

108システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:31:42 ID:0E8NaKuw0

                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \    まぁ、ここは事情を教えてもらうしかないけど……
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/    とりあえず、連れて行ってくれお。
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |




                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l.     どうもありがとうございます。
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||    それでは、ご案内するので着いてきて下さい。
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  -   ̄ ,7  / |   ヽ、 | |
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \
      /       {{ /   / -´/  / |        / !            ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そう言って、美国はやる夫を先導するように歩き始めたお。

  ……周りの人達、ずっとひれ伏したままだけど良いのかなぁ?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

109システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:32:41 ID:0E8NaKuw0

                         ____
                       /      \
                    /─    ─  \
                  / (●) (●)    \
                   |    (__人__)       |
                    \.   `⌒ ´      /
                / !::::         ヘ
                    ゝ_|::::       ヘ  ハ
                    |::::          \/
                     |::::        |
                      ヘ::::: /       i
            キュム キュム  \: |     /
                     ヘ\_/|
                         \_/




                     ┏━―――-
                      L  ____         <
                      |: : : : : : : : : : : .   ≧x。.  `  、
                      |: : : : : : : : : : : : .    : : :≫ .   \
                      |: : : : : : : : : : : : : .     : : : : : :≫ 、 \
                      |: : : : : : : : : : : : : : .   : : :    / rーへ、
                      |: : : : : : : : : : : : : : :       . . : : i 〔 j :〉 ヽ
                   __|:_:_:_: : : : : :     .    : : : : :圦. ∧〈 /
                    }⌒ヽ    ̄¨   、ー―ヘ     : : : : : ヽ. ∧V、
                    }   \       /__  \  . : : : : :/  ∧∨
                    }    ,人   _/       ヾ : : : : :/  //∧∨〉
                   ー=≦     _\  ̄` 、   i  ⌒ヾ   ////∧〈
                 ー=≦z一=≦/  / ̄   i    |     ∨/////∧
                 ∠ _/    , i ,!       /  .!      V///     :
                  \   i:l  /i: V_i_!_    _j ヽー┛        \!    i│
                  \从  i  / 〉 ヽ     , / ≫。.        〉   |│
                     /jイ//,__i }    /ィ___i ト、 ≧=‐z-=≦∧   |│
                     /     ハ杙汐/  /  弋歹/ヽ:i   Y   jヽ   |│
                     /       i  //        j!  /   ,八   彡
                  ,     ,    / / '   '         /  /    _ ノ   |│
               / /  ,/ x≦   / \    ャ  ァ   /   '=ァ、   、 \、 , |、
                 i !   / /      '    `        ィ / / /:::/   ! ヽ  Y∧j Y
                  j从  ; /j/ if  /!/j//ャ==ァ≧≦ァ j/  i //   ' ;│ ;乂_/ィ
                   ヽi    人 i j!    \ ¨´  /  人  V }   / ハ! j/ / ! ト、
                    ´  ハ! i イ/    ヽ\ノ≦   ヽ !――――< ,/  , ! \   カツ……カツ……
                    /    j! l/ j!¨ ̄ ̄γ⌒ヽ    j'      ィ j/ \/_!    ヽ
              /         /     /乂_ ノ \      / i八      ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  美国の後を追い祭壇を降りて、馬鹿デカイ部屋の
  これまたやたらと大きく荘厳な扉付近まで来たお。

  美国は女性だけど、足が長くてやる夫よりもコンパスが大きいからか
  歩調は割と合ってたのが悲しかったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

110システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:33:47 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!    ……美国よ、開けなさい。
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  扉の前で立ち止まった美国は、そんな風に言った後――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

111システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:34:11 ID:0E8NaKuw0

            l⌒l
        l⌒l   |  |
       ', ',    |  |
       ', \  |  |   , -、   スッ……
  r- 、     \  ー'  ヽ  /  /
   \ ` ー- _,ゝ     `フ  /_ __
      ー-、    _  /  〈 `ヽ   ヽヽ
   r―――'   / /      l   |
   丶-----く         /   /     /
         \     /   ∠ _ ィ/
           ー一'  ̄ ̄  ̄

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――扉に対して手を差し出したお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

112システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:34:39 ID:0E8NaKuw0

エ エ|//l 77\ \夫l夫l夫l天l天天_天天|天|夫|夫|夫/ /77|//|エ エ
 エ .|//|'777\ \夫|天|天|_ィ≦ ≧ュ_|天|天|夫 / /7777|//| エ
エ エ|//l \7777\ \/´ヾ. マ 、  ./ ,r'`iヽ、/ /777/|//|エ エ
 エ .|//|xxx\7777\ ,`< ,ヘ__∨_/__/   >'、/7777/Xx|//| エ
エ エ|//|'XXXx\_/´> 、>'´.:  | | |  ` ''< ,_<´ヘ__/'XXX,|//|エ エ
 エ .|//|XXXXxl工 {__/.  .:  | | l  :  : V__}.工!'XXXX,|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |: :  :  | | l  :  :  | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |: : (` | | l ´) :  | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |=l{==)=-| | |-=(==}!=| |エエ|XXXXx|//|エ エ    「女王、美国の声と魔力を感知しました」
 エ .|//lx 、.λィ;|エエ| |: : (_, | | | 、) :  | |エエl;、λ.ィ x|//| エ
エ エ|//|x .)νノ;|エエ| |: :  :  | | l  :  :  | |エエl; )νノ.x|//|エ エ    「仕様に問題無し、開錠します」
 エ .|//|X,マY7x|エエ| |: :  :  | | l  :  :  | |エエ|xマY7'X|//| エ
エ エ|//lXX∨ x|エエ| |: :  :  | | l  :  :  | |エエ|'x∨XX|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |: : (` | | l ´) :  | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |=l{==)=-| | |-=(==}!=| |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |: : (_, | | | 、) :  | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |: :  :  | | l  :  :  | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |: :  :  | | l  :  :  | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |: :  :  | | l  :  :  | |エエ|XXXXx|//|エ エ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうしたら、扉からそんな声が聞こえて――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

113システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:35:12 ID:0E8NaKuw0

エ エ|//l 77\ \夫l夫l夫l天l天天_天天|天|夫|夫|夫/ /77|//|エ エ
 エ .|//|'777\ \夫|天|天|_ィ≦ ≧ュ_|天|天|夫 / /7777|//| エ
エ エ|//l \7777\ \/´ヾ. マ 、  ./ ,r'`iヽ、/ /777/|//|エ エ
 エ .|//lxxx\7777\ ,`「.!! ヘ.__∨___/__/   l「.! 、 /7777/Xx|//| エ
エ エ|//|'XXXx\_/´ | ||>'´      `''''<|| |:'´.ヘ__/'XXX,|//|エ エ
 エ .|//|XXXXxl工 {____ | ||             || l___} 工!'XXXX,|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//lx 、.λィ;|エエ| | ||             || | |エエl;、λ.ィ x|//| エ
エ エ|//|x .)νノ;|エエ| | ||             || | |エエl; )νノ.x|//|エ エ
 エ .|//|X,マY7x|エエ| | ||             || | |エエ|xマY7'X|//| エ
エ エ|//lXX∨ x|エエ| | ||             || | |エエ|'x∨XX|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//|エ エ  <ギギィ〜……
 エ .|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||             || | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ___..--ー'宀コ土コ宀ー--,,_
          _,,z亡ン-宀>''゙~   ~゙''<゙''¬--ニ辷,,_
        _ィ'" /'下~~~,フ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~弋ニ~~^|广l,`ヘ 、
       ,彳 /   lレ'  "          ゙ゝ]「. .lL ゙lL
       !廴jlニィ‐"^lL               ノ广゙'+,,上.」]}
       木゙弋ー--,,上            _上,,..--夕勹レ
        ?_ \. .下`ーー-..,,___,,..-一''^]「  ./ _ノ'´
          ゙゙ヘa_ \u廴_-ァー''"~"'宀ゥy__上 / ,,ィ‐゙゙
            ~~`ーレ廴ニニ二二二ニニ千ー'~~


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――円陣が発光するのと一緒に、ドアがひとりでに開いたんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

114システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:35:39 ID:0E8NaKuw0

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ      …………
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<      (自動ドア? それに、声と魔力(?)による個人認証らしき鍵)
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|     (本当に、ここは一体何なんだお……?)
  {   {         \`7ー┘!




      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ −云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  /
         / / l l /\ .l | ハ   ̄         レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<    それでは御子よ、参りましょう。
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧     応接室までは、そう歩きません。
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \

115システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:36:39 ID:0E8NaKuw0

ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.: .        ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.: .        ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||::.__
ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::.ΤΤ
|||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::.||
⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::.⊥⊥
──‐l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l──
__/___/___/___/___/___/___/___/___/___/
___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
_/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  その後は、篝火と湿気でムシムシしていた祭壇とは打って変わって
  「空調(微風が吹き付けるのを感じたお)」が効いているらしい
  快適な温度に保たれた廊下を通り……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

116システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:37:40 ID:0E8NaKuw0

::::::::::::::::::::/      ? ? ?     \:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::/      ?       ?     ';:::::::::::::::::::
::::::::::::::::'     ?          ?      :::::::::::::::::::
:::::::::::::::i     ?  ←―O    ?     i::::::::::::::::::
:::::::::::::::|_______________|::::::::::::::::::
:::::::::::::::||三[l三[l三[l三[l三[l三[l三[l三[l三[l三[l::::::::::::::::::
:::::::::::::::||\||/||\||/||\||/||\||/||\||/||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||/||\||/||\||/||\||/||\||/||\||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||\||/||\||/||\||/||\||/||\||/||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||/||\||/||\||/||\||/||\||/||\||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||\||/||\||/||\||/||\||/||\||/||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||/||\||/||\||/||\||/||\||/||\||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||\||/||\||/||\||/||\||/||\||/||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||/||\||/||\||/||\||/||\||/||\||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::|| 【]  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::
:::::::::::::::||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::::::::::::::::::


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  エレベーターらしき昇降機や……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

117システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:38:22 ID:0E8NaKuw0

           f;√三三三ミミメ、
          H      `マ∧
       . ‐<_,>‐:.、      V∧
.     /:::::::.::::.:::.::.::::\    V∧
.    /::::::.:.:::.:.:....:.:.:::.:.::::::ヽ    V∧
.     ,':::::.:::.:.:. . . . . .:.:.:::.:::::',     V∧
    i::::.::..:. .      . .:..::.::::i     V,ハ
    |:::.:.. .       . ..:.:::|      !ミ|
   _人::.:.. .       . ..:.::人_    :jミj
  {::::.::.`::.:.. . _ _ _ _ . . ..:.::´.::.::::}   厶7
  ヽ-へ.:.:.:...:...:...:..:..:..:.:.:.:.::.:.:/ ,.イ;ア
      _`ー─ '´ ̄` ー ' ,.イ;ア´
     ( ( , -──- 、 ,.イ;ア´
     `Y>─- -─<Y´
        乂::::::::.:.:.::::::::::乂
         ̄ ̄ ̄ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  明らかに自然光を使っていない照明に目を奪われている内に……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

118システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:39:11 ID:0E8NaKuw0

    |      |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|      |
    |      |┃`) ((__))  < @ > ┌──;;;;;;;;;;;llll;;;;;;;:;口;:;:; ┃|      |
    |      |┃ 「 ゚ 。|    匚\。。|_|二二 r。。ー 丿 手n,、 > ┃|      |
    |      |┃ /┘兄 丿;;;;;;;;;;└‐ l ヽ | ヽ; ; ;E ノ || r lト、_,;-;;┃|      |
    |      |┃/ ( Y。。) ヽ   r─/l┌ ヽ| ヽ\ヽ:::;;;;;;||ヽ__|;; ┃|      |
    |      |┃ / 川 ) ⌒ フ 〉 !  /i 丿   \  V | l::::::::::::ヽ┃|      |
    |      |┃ ノ丿器 ノ;;)_>>iーi L_   > r \ヽヽ:::::: ノゝ ┃|      |
    |      |┃○─毛 ;;r、__;;;;l L ( <;;;|  / ノ ノゝ ソ ー r ─ -フ┃|      |
    |      |┃彡=二(´`ノ‐─/ヽヒ==〆::〔〕─┌ ヽ/ム√レ┃|      |
    |      |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|      |
    |      |                                    |      |
    |      |                                    |      |
    |      |                                    |      |
──|___|─────────────────────|___|──

                         _________            , '⌒ i
  , '⌒i                /           /|      ( ̄ / / |
/ /  ̄ ̄ ̄`)           /           /  |    / / /    |
i'⌒i  / ̄ ̄~, 1         /           /      / / /     |
|  . ̄ ̄ `)/ |       /           /       /  i'⌒i     /
|        |  /      /             /     (´ ̄ ̄ ̄   |    /
|____|/       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |         |  /
               |                |      |_____|/


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  「いかにも豪勢でござい!」って感じの応接室に通されたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

119システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:39:39 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、         御子よ、どうぞおかけ下さい。
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十! ヽ  ア   >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ      今、お茶を持って来させます。
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ




                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \    あ、いえ、お構いなく。
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/    それより、色々と聞きたい事が……
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうだお、ここまで主導権を握られっぱなしだけど
  そもそも、今やる夫に一体何が起こってるんだお?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

120システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:40:38 ID:0E8NaKuw0

                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l     っと、そうですね。
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|    ご自分の置かれた状況を知りたいのは当然です。
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ /// / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´     ., , -‐ 、 、 . っ ... ̄ ,7  / |   ヽ、 | |     失礼を致しました。
           ,. ´ ... ./  / }>    イ/  /  !    ソ} ||
         / ,.― ./⌒ 'く   ノ./ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\   無事に御子を召喚できた嬉しさのあまり、つい……
     -=≦/ .r '"., , く    }/ :::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / ..,f  ../    ,. ´../  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /...l ./ /}/  // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
.         . ./ / / /./   /   { 、              ∨|              \
      . ./   ,ノイ  ./   / -´/  / |        / !            ヽ




         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ     さっきから聞くに、その「ミコ」ってのはやる夫の事みたいだけど……
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<     出来るだけ手短にお願いするお。 この後、忘年会があるから。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

121システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:42:37 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \         ご予定があるのですか……いえ、当然ですね。
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ.    まずは謝罪をさせて下さい。
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!    こちらの勝手な都合で御子の貴重な時間を削ってしまい
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、   申し訳ありません。
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ




       ___
     /   ヽ、_ \        はいよ、謝罪は受け取りました。 で、本題だお。
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \      ここはどこで、今はいつで、あなた達は誰で
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /     やる夫はどんな状況に置かれてるんですかお?
     ゝ  ノ
   /   /

122システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:43:36 ID:0E8NaKuw0

               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|                お答えします。
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \            ここは、あなたが住んでいた地球とは別の異世界。
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪            通称・「ファンタジアース」です。
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  -   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \           今は、オプーナ歴522年の10月19日地曜日。
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ   私は、「ウォハム国」の女王である『美国』
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,       あなたは、オプーナ帝の残した
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,     「日本語」で書かれた書物を解読してもらうために
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ    魔法で召喚させて頂きました。
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,

『 美国 』
【 ウォハム国女王 】

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  何か色々出てきたお!?

  異世界!? 女王!? 魔法!?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

123システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:44:35 ID:0E8NaKuw0

     ____
   /      \
  /         \
/           \    ……ごめん、まるっきり分からない事だらけなので
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/    子供にも分かるくらい、噛み砕いて説明してくれお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




                         / ̄ 丶
                           / ̄ ̄\\
                       /::::::::::   ::\\
           ___        /::::::::::::  ::::::::\\
              / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
          /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
           ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
           /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
          ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
            { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
            \/ /   |l    N    r}/  \ ` 、/ l l
          / / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ} ヽ  l
        / |/| / { N  ヽ  〉=- /イ ̄ 兀ア   ∧.l|.    かしこまりました。
        \_|_ヘ{ 八 {テ示 丿/坊抃、 }  }∠     i ||
.          _,.斗  \ ゝ-Vソ/   Vソ //}   j   l`ヽ、 | ||    では……
_    -‐  ´       ノ /イ {       //  /   l{_ ソ}||
      ,. ´      r一个: .   一  /} /´  八  ア  ||
     /  ´    / ,ゝ  く  ≧=ァ /ハ( _{  ヾ \/、ト、
-=≦/ /  /   〃 {∧ rーヘr→、/人{_, 、   >┐}   ヽ_/ \
. / /  /    {{   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  >ァ/ノ八  〃 |.|  \
  /  /   /     _,. 斗/  ア{ /}ア/   厂(   V/  |」   \
.   /   〃    /´  // / /レ′ `´   /   \ L{_j       ヽ
 /       {{     八 /   /   { 、      /       ≧=-     _,.斗‐=ァ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうして、美国は流暢に話始めたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

124システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:45:13 ID:0E8NaKuw0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです

                        第一話

                      アトムの概念と御子の決断

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

125システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:45:27 ID:0E8NaKuw0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

126システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:46:09 ID:0E8NaKuw0










     ____
   /      \       ふむ、つまり昔々に「オプーナ」という日本人が
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     ファンタジアースに迷い込んで、地球の知識と
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     こっちで手に入れた魔法で、ファンタジアースの成長を大いに助けた。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      そんな彼が残した手記は、非常に有益である可能性が高い。
  \ /___ /

127システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:46:59 ID:0E8NaKuw0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    でも、「日本語」で書かれた手記は解読が困難。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    「翻訳」の魔法は口頭でしか通じないから……
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     だから、日本語を読める人物を召喚したと。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ     はい、そういった経緯であなたが召喚されました。
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!    何か、ご質問等はありますか?
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ

128システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:47:59 ID:0E8NaKuw0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    そうだおー、色々言いたい事はあるけど。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/    まず、何よりも先に――
 /  (丶_//// \

129システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:48:13 ID:0E8NaKuw0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   これってさ、ぶっちゃけ誘拐だお?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     そこん所、理解してる?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  うん、まず「コレ」だお。

  やる夫にもやる夫の都合があるのに、いきなり強制召喚とかふざけんな。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

130システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:49:29 ID:0E8NaKuw0

         / /    /  /       __\      \      \
       / イ     /     ,'    _,...イハ             ヽ \    \
      /´     /     /   /  {    |             ':,  ヽ     \
    /      /      {  /    ,   j               ,   、     ヽ
  ,..:'      ,. '        <____>  /___      __         、
_/        , '            __/ /     ヽ    ̄ ̄7    }    、     \
'      /_______,.. イ/    /      } l     /   /     ヽ     \
 、     \      /   /  /l   {        | リ、.   /__/        、     /
  `ヽ、     \  _/   ,ハ / !{   |    |    ;/l/_、___ }  ̄ ̄ ̄T ̄ ̄/  , イ
     / ̄ ̄ ̄ ̄     /__{/_ j从{イ!ヽ  ;  / ,.イ´:::::::\ ', !       |_/
     ,:'  / /     /   {  {:::r-ミ::..、:::::::::} / /  /:: ,ィrチ云斥下      / l
    ,   / イ   /  /   ト、>_ニ'ソ :::::::::l/ / / ´弋zz)ソ /l !     { `ヽ
   ,  /l /   / イ     ! ヽ::  ̄ :::::::::::/ ,イ/ :::::::::::::::::::::::::/リ     、 \ ̄ \     はい、私達が加害者であなたが被害者。
    { ./ !{. /イ        }::::::::::::::::::/´::/ ::::::::::::::::::::::::: /  / /     !  \
    | {   ヽ、  /          |         '        /   /,イ    |\         これは覆る事がありません。
    | |    ヽ {           |               /   /        !  \
   り - ''´  リ! l、         /;\       ‐ ‐     ト、     {   l    \        先ほど謝罪した通り、申し訳なく思っているのも事実です。
 ̄ ̄´        }     / /- }\             /!_、-=、  l.   /      \
/ /         l   / /l/__l|-->    _    <__>  } /  /、       \
 /{  /       / l  /l/ \   <____,..>    / / /  /  \       ヽ
,/. ∨         /l /イ   \   \  \   l    /    / //イ  /___}
  /       } ̄ ̄ \_     \  \ !  /  /  /   !/ ̄  / {         ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ……女王様なのに、やけに下手に出てくんなぁ。

  こりゃ、申し訳なく思ってるってのも本当かお?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

131システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:50:41 ID:0E8NaKuw0

      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ −云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  /      ただ、ご安心下さい。
         / / l l /\ .l | ハ   ̄         レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !          地球に帰れないという事はありません。
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<     「召喚」の魔法の効果は一昼夜。
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧      明日になれば、効果切れで自動的に帰還できますし
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/     お急ぎの用件がお有りでしたら
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、     「逆召喚」の魔法で、すぐに送り返すこともできます。
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、誠実に交渉しようという気概も感じられるお。

  本当の本当にやる夫をここに置いておきたいなら
  ただ、「返す方法はありません」って言えば良い話だし。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

132システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:51:39 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ      こちらが迷惑をかけたお詫びとして
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'      心ばかりの品ですが、金や宝石も取り揃えております。
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、    どうか、お許し頂けないでしょうか?
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十! ´  `   >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ついでに、迷惑料を支払う準備もあると。

  こりゃあ、最初から「失敗するケースもある」と想定してるのかお?

  なら、ちょっくら訊いてみるか。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

133システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:52:40 ID:0E8NaKuw0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (─)  (●) \    ……いくつか聞きたいんだけどさー。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    ここで、やる夫が協力を拒んだらどうなるんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l     また、別の日本人を召喚するでしょう。
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|    誘拐を続けるわけですが、我々にとって
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  -   ̄ ,7  / |   ヽ、 | |     オプーナ帝に関する事は、それほどまでに重たいのです。
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \
      /       {{ /   / -´/  / |        / !            ヽ

134システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:53:42 ID:0E8NaKuw0

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\      そんじゃあ逆に、積極的に協力する場合は?
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |     召喚魔法の効果は、一昼夜で切れちまうんだお?
           ヽ           |
         , へ、      _/     記録魔の人が残した手記、そのくらいの時間で解読できるの?
            |          ^ヽ
            |      1   |




              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ        その場合は、あなたの存在をファンタジアースに
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!       半永久的に繋ぎ留める魔法を使います。
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
  ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、         ただ、副作用として地球への帰還が非常に難しくなります。
  i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ     無論、日本語解読の対価として
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、  国を挙げて、生涯の生活をバックアップします。
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
 └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ

135システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:54:37 ID:0E8NaKuw0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    ふーむ……
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  つまりは、単純な二択だお。

  金品を貰って即座に地球に帰り、何事も無かったかのように
  「今まで」と同じ人生を歩むか。

  それとも、この先異世界で日本語を読むだけの
  半ニート生活を満喫するか。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

136システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:55:38 ID:0E8NaKuw0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (─)  (●) |    でもなぁ……
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ただ、薮から棒に「故郷を捨てろ」と言われて
  「はいそうですね」と返事をできる訳もなく。

  ニート生活は一瞬魅力的に見えたが
  やっぱり、地球での暮らしは捨てがたいお。

  そういう考えで、やる夫が断りの言葉を言おうとした瞬間――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

137システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:56:38 ID:0E8NaKuw0










   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十! ´  `   >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、    あなたが――あなたの力が、必要なんです……
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (○)  (○) |    ――!?
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――美国の呟くような懇願が、自分の脳を打った。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

138システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:57:38 ID:0E8NaKuw0

               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)           研究して、探して、没頭して、探して、散財して、探して……
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、         そうして見つけたのがあなたです。
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  -   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \         次は、どれほどの労力と時間がかかるか……
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,

139システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:58:09 ID:0E8NaKuw0

                         / ̄ 丶
                           / ̄ ̄\\
                       /::::::::::   ::\\
           ___        /::::::::::::  ::::::::\\
              / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
          /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
           ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
           /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
          ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
            { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
            \/ /   |l    N    r}/  \ ` 、/ l l
          / / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ} ヽ  l
        / |/| / { N  ヽ  〉=- /イ ̄ 兀ア   ∧.l|     誘拐犯の身分である、私が言えた義理ではありませんが――
        \_|_ヘ{ 八 {テ示 丿/坊抃、 }  }∠     i ||
.          _,.斗  \ ゝ-Vソ/   Vソ //}   j   l`ヽ、 | ||
_    -‐  ´       ノ /イ {       //  /   l{_ ソ}||
      ,. ´      r一个: .   一  /} /´  八  ア  ||
     /  ´    / ,ゝ  く  ≧=ァ /ハ( _{  ヾ \/、ト、
-=≦/ /  /   〃 {∧ rーヘr→、/人{_, 、   >┐}   ヽ_/ \
. / /  /    {{   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  >ァ/ノ八  〃 |.|  \
  /  /   /     _,. 斗/  ア{ /}ア/   厂(   V/  |」   \
.   /   〃    /´  // / /レ′ `´   /   \ L{_j       ヽ
 /       {{     八 /   /   { 、      /       ≧=-     _,.斗‐=ァ

140システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:58:40 ID:0E8NaKuw0

      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ −云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  / `c
         / / l l /\ .l | ハ  r づ        レ    ;.
         / /  ∧lハ ハ !  ハ. ゚.j      _′   。/    どうか……どうか、ご一考頂けないでしょうか……!
        / / / / i レ  \l;;;;;;; ト、      〈´ `!   イ/l
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \

141システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:59:10 ID:0E8NaKuw0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 | .u  (●)  (○) |    ……
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  女の涙は……ズルい、ズルすぎるお。

  畜生、心がグラついてるお。

  一時の感情に流されちゃいけない場面の筈なのに……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

142システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 20:59:39 ID:0E8NaKuw0

      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ −云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ  ' ,.z_ミ  l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.  r づ ̄ `   ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\゚.j        ', |  / '.,.. つ
         / / l l /\ .l | ハ  r          レ  。 ;.
         / /  ∧lハ ハ !  ハ. ゚.j           。。/.     あうぅ、失礼致しました、御子の前でこんな……
        / / / / i レ  \l;;;;;;; ト、      〈´ `!   イ/l
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .。        でも、私達の想いは決して――
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ。
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \




         ____
       /   u \        あ、いえ!
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \     真剣かつ、切羽詰まった状況だという事は理解しましたお!
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /     でも、即答できる答えじゃないので、時間を下さいお!


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  こんな時は、引き伸ばすに限るお。

  混乱した頭で慌てて答えても、ロクな結果にならねぇお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

143システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:00:39 ID:0E8NaKuw0

                              / ̄ 丶
                                / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
                   / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
               /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
                ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
               ∠斗‐= ´ __ /   i |__.ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
                 { -=≦´ ,´ i /|i | | ト `∨ / j Y /   l l′
                 \/ /.| :i |抖=ミ  ハr芯ミr}/  \ ` 、/ l l      本当ですか!?
                   >!.i! {{ Vツムイ ..ゞソ,ヽ     ヽ} ヽ .| l
            _ -―  ̄  ヾ.八"" ′  ""ムィ ̄ 兀ア   ∧.l|     ありがとうございます!
       ,. ´ _,. -,.‐  ,. - イ 冫..、 マ  フ  /i   ト∠_    i ||‐ 、
      / ィ'" '" ,. '"    /.ィ.{ .,'、}::..     个i|: ∧ \l`ヽ、 | | |'⌒: }
.     / /.'" ,..//  ,.  {.' ( ゙、._` ヽ ! `li ´!{.!Y└-- ――ソ}|| 'ヽ、/!`ヽ
    //  ///'   /   `,.__,....ニゞゝ‐-、.ィィ'"<ー- ..ア  ||   丶、  、
     リ′ ,.' /,.'/  / /   人},.、-‐ .i.:....::ノ;´l.  \  <. /.ヽ/、ト、 ヽ. ヽヽ ',
   / {、/ ,.' ./ /     /!   ! リ‐ ヽ ノ` ´ / l.  r'ヽ /ノ,'  .ヽ_/ .} i ト、;ノ
   ,   / / / /     ' i l   l. /  ./ ,'  /.l  l.ヽ/`ヽ '      .! ,' } .l \ }
.   ,  / ' ,' ,'    ,  ! ',  /   /   ! / ,'   l 、           , /  ソ   \
  i ,' ' .,  i  l!  ,  、 、{ ,/    ,.' /   ト. 、 、         / {      /!. \
  l ! .l  ,  .!   l !  ,   、 { /'    / /   !_', 、 、    /  丶.    /,' -―- __ `ヽ
.  ! l .l. ; /l  .! l.  、 ヽl/    /      l L', 、 丶  、 '     `  ´  ..\ー'’   } }
.   、 ! .!  l.   l ゙、 ヽ ,.l,.ヽ           l. L',  、 \. ヽ           ヽ .../ ./
   ヽ,! l   、  、 ゝ,. '"  /`ー- 、      l. /L',  、  \l  、 \  .\\     ? {
.  / ! .l     、 ,.ゝ'   ,. '」┘ .〉   ヽ-‐ ⌒ ' / └、 ヽ   ` 、  .._  、     l...\ }
. /   、.!   /    /┘::!  / O         l  ./L.、  \    l    ヽ ヽ    ; ...!ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、美国は花が咲くような笑顔を浮かべたお。

  ……泣き顔と同じくらい、女の笑顔ってのもズルいお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

144システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:01:38 ID:0E8NaKuw0

         ____
       /     \
.    /       \      (いけねぇ、ペースを握られてるお。 話を変えねぇと)
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|    えーっと、それで……ファンタジアースには「魔法」があるんですお?
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




                     l'""二二二二二ニ‐- .._
                     l'/////∧ ∨/////>、\
                          l//////∧ ∨/>'"´ ,.l r ヽ
                         l'//////>  ゙´ ,. </∧``ヾ
                    ,. ''⌒ヽ'" ,.、 , 、 ∨////// /ヽヽ
               r―‐/      ,.`   ` `,.-‐V//// ///〉ヽ
                l /   / /     ,'  ヽ ヽ― 〈.///  ヽ
                /   ./   /   .!   l      .  ヾ/    ヽ
              <ヽ  /   /   .l   l     !   !  i \_   ヽ
.                ヽ.〈r.、  ,イ′   !   l    l.   !  l  ヽ`l.  l!        ええ、そうですよ。
             / ヽ,.ヘ./ '⌒ー-十'´⌒ー-、__ l.   !  !  ヽ.   l!
             ´ ヽ  ノ/  ; l   { ー‐- ゙、 ⌒l_  l  ゙、   ヽ  l!       人々の生活の大半が、魔法に頼って動いています。
               ∨'"i ./ .l! !, ヾ、 √下;;刈  l!、ー-',_ゞ "〉´  l!
                   >!.i! {ゝ! .)ヽ   ー"リ.! lノ   l ヽl./    l!、      僭越ながら、私も魔法使いをしております。
            _ -―  ̄  ヾ、 ヽ' .ノ、      'ノ '  !   !⌒ l   rゝj
       ,. ´ _,. -,.‐  ,. - イ 冫./  、  '  .イ ,′ l .i  乂. !  〃 }!
      / ィ'" '" ,. '"    /.ィ.{ .,'、 ,>,、-.<'/, 人} l ヽ  `ー</ノ ;l!     確か……地球には、魔法が無いのですよね?
.     / /.'" ,..//  ,.  {.' ( ゙、._` ヽ ! `li ´!{.!Y└-- ――¬、 'ヽ、/!`ヽ
    //  ///'   /   `,.__,....ニゞゝ‐-、.ィィ'"<ー- .._ i-、   丶、  、   御子は、何をしてらっしゃるのです?
     リ′ ,.' /,.'/  / /   人},.、-‐ .i.:....::ノ;´l.  \  <. /ヽ  ヽ. ヽ. ヽヽ ',
   / {、/ ,.' ./ /     /!   ! リ‐ ヽ ノ` ´ / l.  r'ヽ /ノ,'    l  } i ト、;ノ
   ,   / / / /     ' i l   l. /  ./ ,'  /.l  l.ヽ/`ヽ '      .! ,' } .l \
.   ,  / ' ,' ,'    ,  ! ',  /   /   ! / ,'   l 、           , /  ソ   \
  i ,' ' .,  i  l!  ,  、 、{ ,/    ,.' /   ト. 、 、         / {      /!. \
  l ! .l  ,  .!   l !  ,   、 { /'    / /   !_', 、 、    /  丶.    /,' -―-
.  ! l .l. ; /l  .! l.  、 ヽl/    /      l L', 、 丶  、 '     `  ´
.   、 ! .!  l.   l ゙、 ヽ ,.l,.ヽ           l. L',  、 \. ヽ           ヽ
   ヽ,! l   、  、 ゝ,. '"  /`ー- 、      l. /L',  、  \l  、 \
.  / ! .l     、 ,.ゝ'   ,. '」┘ .〉   ヽ-‐ ⌒ ' / └、 ヽ   ` 、  .._  、     l
. /   、.!   /    /┘::!  / O         l  ./L.、  \    l    ヽ ヽ    ;

145システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:02:36 ID:0E8NaKuw0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    やる夫は、電気電子工学科の学生をやってるお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    名前通り、主に電気関係の知識を学んだりしているんだお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



           _,.. -  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
        _,..- ´    r-――――-- 、 \
       {  /ィ}_}   /: : : : : : : : : : : : : : :.`ヽ、\
      / /イ   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_\
     / / ∨ r‐ ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 7 〉
     ∨   ∨ {/: : : : : : : : :___: : : : : : : : : : : : / /
    /',   ∨ {_,.-  ´ ̄ ,ィ  ̄`ヽ、ー- -、/ /
   /   ∨   ∨/ /   /,   -ニ'ー--、\/
 /     ∨,.ィ/  /   _,}/  / ,'/   、  \\_
//       //    、-― '/ィ_/\/!    {   l \>
/     / / イ  ̄    /{テ斥ォ、  Y   }    l、_\
    <   {/ {,/ /  / { ゞ゚‐'     !   /l   /l
 __,.ィ` ̄´ {  !   〈 ト、        | _,.メ、j   / {
`_ー /\    ヽ ヽ、 { !      ´{ ゞ゚' /l / l     おや、学問の徒だったのですね。
    /  \   _/   /        ノ   / j /  .!
    l     \__,{`ー、 ´ 、    - 、    ,イ _/   |     しかし、「デンキ」ですか?
   ∧∧`ヽ、 ヽ/   |\. \  _,  <  {  / イ
   /  ̄!   \{    l _> / ´\   |   !イ//      それは、一体どういう……?
.  /   ∨   \   {  ̄\__} \リ  /{ /
 /    ∧  ̄\ \  l__    / /  \リ
./     {__',   \ /{/∧ ´ /{      \
          \     / |///}、    /!     \ \
          ',  / ∨/ノ }\ 7 |      \ \
            \/  { ー '  \ !   ',   ヽ `\


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  あれま、そこからか。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

146システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:03:37 ID:0E8NaKuw0

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \    んー……じゃあまぁ、一から説明するかお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /




            /      /        /|/‐=========
         /                     /     ‐=======
 、     -/         \        /        ‐=====
  \/ ̄ ̄                  /   ∨       ‐====
           /     jI斗-──<       ∨     ‐===
/ /      /     /                 ∨       ‐= /
         /   /        \         |∨.     i=/
      -=  /           |i       }|. ∨ 釗 |/
    -===|/│         /  |lハ     }|─|| |-| │
   -=====\ |      / //∧|  | |  / 八-jI斗 | │
  -=========>       //イ リ  | l  , // 才⌒7    !
   ____jI斗匕       /   --   |  /// fr仞/   /
 ̄   / /       イ   jI斗r扞ミ |//イ   匕シ   人〈
.斗--/ イ      /  | 爪_)r廴Л  j,:′  {   厶イ  个=--
‐‐‐‐| /‐|      /  抓 ∨::z>'’  /     ',  │   l.|‐‐‐    よろしければ、お願いします。
‐‐‐‐|[‐‐|  /  / l │ \  ̄         /   从   从‐‐‐
‐‐‐‐|[‐‐|       乂__、             _、 |[/‐‐‐‐‐    オプーナ帝の故郷である、地球の知識。
‐‐‐‐| ‐乂_      `ヽ         ___ ノ  ‐‐ヽ|‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐==`ヽ      |\            ‐=\‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐    私も非常に興味があります。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=====    |__、≧ .,_   .イ=====〉‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐====| /  /==\ 三三千‐==== /‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐===|   /===/===========/=/‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  やる夫だって、電気屋の端くれだお。

  電気について全く知らないのに、電気に対して興味を持たれたなら
  説明したくなるのは、至極当然の事だと思うお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

147システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:04:36 ID:0E8NaKuw0

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    そいじゃあ、まず電子について知らないとね。
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <    美国さん、ここに一杯のお茶がありますお?
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/




              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!    はい、私が用意させた物ですね。
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、いつの間にか使用人っぽい人が
  用意してくれていたお茶を指し示すお。

  ……この場面で出されるお茶なんだから
  きっと良い物を使ってるんだろうなぁ、などと頭をよぎったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

148システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:05:40 ID:0E8NaKuw0

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \      ここに入ってるお茶。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/.     これを、半分に割って捨てたらどうなると思いますお?
       r、/          \r 、
       |:l1             l;l:|
      /|` }            { ´|ヽ
      ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、
    /´  /               ヽ、 ヽ
    \. ィ                   个‐´
        |                  |




               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \    ……?
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪    それは、量が半分になるのでは?
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  -   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,

149システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:06:47 ID:0E8NaKuw0

       ____
     /     \
    / ─   ─ \
  /  (●) (●)  \    その通り。
  |    (__人__)     |
  \    ` ⌒´    _/    では、その半分をさらに半分に分けたら?
  /           \
  |  n:n     nn   |
   |nf|||     | | |^!n |
   ||:   ,∩  ∩、  :| |
   ヽ  ,イ   ヽ   :イ




                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|    ……最初の4分の1の量になりますね。
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  -   ̄ ,7  / |   ヽ、 | |
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \
      /       {{ /   / -´/  / |        / !            ヽ

150システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:07:45 ID:0E8NaKuw0

        ____
      /      \       ご明察。 じゃあ、さらに次。
     /  ─    ─\
   /    (●)  (一) \    今の工程を、何千〜何百と繰り返したら?
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /    水の一滴すらもトコトンまで分割した結果
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )     「最後に残る」のは、一体何だと思いますかお?
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ




                         / ̄ 丶
                           / ̄ ̄\\
                       /::::::::::   ::\\
           ___        /::::::::::::  ::::::::\\
              / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
          /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
           ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
           /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
          ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
            { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
            \/ /   |l    N    r}/  \ ` 、/ l l
          / / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ} ヽ  l
        / |/| / { N  ヽ  〉=- /イ ̄ 兀ア   ∧.l|
        \_|_ヘ{ 八 {テ示 丿/坊抃、 }  }∠     i ||    ……!?
.          _,.斗  \ ゝ-Vソ/   Vソ //}   j   l`ヽ、 | ||
_    -‐  ´       ノ /イ {       //  /   l{_ ソ}||     それは……えっと……
      ,. ´      r一个: .   一  /} /´  八  ア  ||
     /  ´    / ,ゝ  く  ≧=ァ /ハ( _{  ヾ \/、ト、
-=≦/ /  /   〃 {∧ rーヘr→、/人{_, 、   >┐}   ヽ_/ \
. / /  /    {{   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  >ァ/ノ八  〃 |.|  \
  /  /   /     _,. 斗/  ア{ /}ア/   厂(   V/  |」   \
.   /   〃    /´  // / /レ′ `´   /   \ L{_j       ヽ
 /       {{     八 /   /   { 、      /       ≧=-     _,.斗‐=ァ

151システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:08:38 ID:0E8NaKuw0

          ____
        /     \
      / _ノ   ヽ、. \        うん、分からないのも当然だお。
     / (●)  (● )  \
    n|i 7   (__人__)    n|        やる夫だって、日本の教育を受けてなきゃ分からなかったろうし。
  l^l | | l ,/)  ` ⌒´    l^l.| | /)
  ', U ! レ' /   ー‐     | U レ'//)   正解は「水分子」、さっき言ったみたいな
  {    〈         ノ    /
  ..i,    ."⊃    rニ     /      「物質」を形成する上での最少構成単位だお。
   ."'""⌒´       `''""''''




         (   (           (
        ( (   (. )       ( (
         . -‐ ) ‐- .        .-‐ ) ‐- .
       .´,.::::;;:... . . _  `.    .´,.::::;;:... . . _  `.
       i ヾ<:;_   _,.ン |     i ヾ<:;_ | _,.ン |           ∧
       l      ̄...:;:彡|     l      ̄...:;:彡|             ,′∨
        }  . . ...::::;:;;;;;彡{   ....}  . . ...::::;:;;;;;彡{          ,′. ∨
       i   . . ...:::;;;;;彡| →  i   . . ...:::;;;;;彡| → …… →. {    ! → ○ = [ 水分子 ]
       }   . .....:::;::;:;;;;彡{   ....}   . .....:::;::;:;;;;彡{            人___ ノ
         !,    . .:.::;:;;;彡    ..!,    . .:.::;:;;;彡
        ト ,  . ..,:;:;:;=:彳    ...ト ,  . ..,:;:;:;=:彳
        ヽ、.. ....::::::;;;ジ.      .ヽ、.. ....::::::;;;ジ.

152システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:09:35 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!      はぁ、「ブンシ」ですか。
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、     では、このお茶もその「水分子」が数え切れない程
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ   大量に集まってできていると?
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ




                                     (   (
                                        ( (   (. )
                                      -‐ ) ‐- .
                                       ´,.::::;;:... . . _  `.
  [ 水分子 ]   [ 水分子 ]                  i ヾ<:;_   _,.ン |
   [ 水分子 ][ 水分子 ] [ 水分子 ]                 .l      ̄...:;:彡|
 [ 水分子 ]   [ 水分子 ][ 水分子 ][ 水分子 ]   →  .}  . . ...::::;:;;;;;彡{
   [ 水分子 ]  [ 水分子 ] [ 水分子 ]               .i   . . ...:::;;;;;彡|
                                         }   . .....:::;::;:;;;;彡{
                                        !,    . .:.::;:;;;彡
                                        ト ,  . ..,:;:;:;=:彳
                                      ヽ、.. ....::::::;;;ジ

153システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:10:38 ID:0E8NaKuw0

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\       そういう事だお、飲み込みが早い!
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \    やる夫達が飲んでるこのお茶も
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /    やる夫達そのものですら、沢山の分子が集まってできた物なんだお!




           _,.. -  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
        _,..- ´    r-――――-- 、 \
       {  /ィ}_}   /: : : : : : : : : : : : : : :.`ヽ、\
      / /イ   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_\
     / / ∨ r‐ ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 7 〉
     ∨   ∨ {/: : : : : : : : :___: : : : : : : : : : : : / /
    /',   ∨ {_,.-  ´ ̄ ,ィ  ̄`ヽ、ー- -、/ /
   /   ∨   ∨/ /   /,   -ニ'ー--、\/
 /     ∨,.ィ/  /   _,}/  / ,'/   、  \\_
//       //    、-― '/ィ_/\/!    {   l \>
/     / / イ  ̄    /{テ斥ォ、  Y   }    l、_\
    <   {/ {,/ /  / { ゞ゚‐'     !   /l   /l
 __,.ィ` ̄´ {  !   〈 ト、        | _,.メ、j   / {
`_ー /\    ヽ ヽ、 { !      ´{ ゞ゚' /l / l    ……ふむ、俄かには信じがたい話ですが。
    /  \   _/   /        ノ   / j /  .!
    l     \__,{`ー、 ´ 、    - 、    ,イ _/   |    しかし、それが御子の言っていた「デンキ」とどう繋がるのです?
   ∧∧`ヽ、 ヽ/   |\. \  _,  <  {  / イ
   /  ̄!   \{    l _> / ´\   |   !イ//
.  /   ∨   \   {  ̄\__} \リ  /{ /
 /    ∧  ̄\ \  l__    / /  \リ
./     {__',   \ /{/∧ ´ /{      \
          \     / |///}、    /!     \ \
          ',  / ∨/ノ }\ 7 |      \ \
            \/  { ー '  \ !   ',   ヽ `\

154システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:11:38 ID:0E8NaKuw0

       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\      うん、それなんだけどねー。
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |    さっき言った「分子」は、さらに細かく分けられるんだお。
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃




           /  \       . : : : : : : :     . : : /          ¨7   /::::::::::: : : : : : :!
           く       \   . : : : : : : :   . : : /     ,  ´     , :i /:::::::::::::: : : : : : : :
           \.     \    : : : :    : : /     /        / ::|/ :::::::::::::: : : : : : : :,
            \.     \       . : : :/     /       , ⌒   \:::::: : : : : : : /
                  \.     \    :,  ´      : . .     /         ヾ: : : : : : /
                  \.     \/    . /       : : . . /   ヽ         : : : : :/
                  \    /      : /     -― ´                : : : /
                     /: :\,.  /   . : :/  ,  ´   \         ト、      i: :/
                    /: : : : :/ /    . : :, /        ヽ      i. !ハ ; !  :!/::
             / : : : : : //     . : : i/:!        │  ハ    ;. !⌒jイ、:   !::::
             /: : : : : : :./     . : : : :j!: !        i イ_;._i    //i _}   , !::.    ,
             /: : : : : : : : /      : : : : : : : :i    斗匕/ j/ !  , /ィ芸抃  / ':.   /
        、,. : : : : : :  -/    ___,   彡    / j/_   ;  /j/ 杙ソ/   〈:. /
    \ ー/\_, ´     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 /     i. ィ云禾刈`/ '  : ¨´  /≧ー一
  ≧ー―==,/ー  一   ´  __   -― i ;      /  杙ん汐  /    〉 /イ     ハ、
  二ニ=У⌒⌒ ̄`      }⌒⌒ヽ    !      八  、 ¨´   j/      .:  ; /    、
               __     }.    \ j八      \ \             人 rイィ     \   ……? …………??
    ´     ,  ´       } __      ≧ ミ    ヽ `      /}   /\.`
/     ../           ;} i⌒ヽ\         Y   ;、: . .      /――ァ           あの、「最小構成単位」が分子なのでは?
     .:/          / N  ::.  \       jイ /7ァ-  _≧≪  ア '
    .::!             /   ¨ ̄:::.   \       ノ´ / /   /   //

155システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:12:35 ID:0E8NaKuw0

        ____
       /      \      「水としての性質を保っていられる最小構成単位」はね?
     / ⌒    ⌒ \
    /   (●)  (●)  \    水をトコトン分解していって、最後に残った「水分子」も
    |      (__人__)     |
     \     ` n´   ,/    まだ水としての性質を残してるお。
    /     | |    \
..         ノ .ュ            飲めば喉の乾きを癒せるし、植物に与えれば成長もする。
         { ..ニj
        . | "ツ




                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|    ……はい、それは理解できました。
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  -   ̄ ,7  / |   ヽ、 | |     でも、さらに細かく分けられるのですよね?
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \
      /       {{ /   / -´/  / |        / !            ヽ

156システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:13:38 ID:0E8NaKuw0

          / ̄ ̄ ̄\
  .    / ─  ─  \     うん、そうだお。
      | (●)  (●)  |
       \  (_人_)  /      じゃあ、最後に残った水分子をさらに切り分けると……
          /     ヽ、
       / i.    ヽ |
∠ニニニニし|       .ソ:::::::
  .       |  r- 、  /:::::::::::::::::
  .      し´::::::::し′::::::::::::::::::::::::::




                  l  /
                    ′/
           / ̄\
             | 水  |
           \_/

157システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:14:09 ID:0E8NaKuw0

                            ____
                          /\  /\
                         /( ●)  (●)\
                      f'r/´⌒ヽ/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
      _,,.. ---- ――_= =={{(    |     |::::::::::|    _|_______    こんな風になるんだお!
 _..-''"゛ _、ー''""´´´´´     ``=`--、.|     |;;;;;;;;;;|   │::::::::::::::::::::::::::::::::│
 ゛ _、ー''"                  \    `⌒ ´ .   │::::::::::::::::::::::::::::::::│
  /                      ヽ           │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                          |            \::::::::::::::::::::::::::/
                                         \:::::::::::::::/
                                         \__/

158システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:14:38 ID:0E8NaKuw0




                     -、
                   -、 `、l
           〈`'-ーー-'^ヽ `、l
            ヽ-''´~ソ /
               ,/ く
             _,.r' .,へ `ヽ
           =ニ-ー'´  `;、ノ


              \    |l|\    |l|w/\    |l|w\    |l|\    |l| \    |l|w/L ,r_/
  _________\\{w└ \\{w└ ¨ ´\\{w└ ¨\\{w└ ¨\\{w└ ¨\\{w└ ¨ ´ /________
  ___________                                            _______
                /´ヾ,  r、/´ヾ,  r、r/´ヾ,  r、r /´ヾ,  r、/´ヾ,  r、/´ヾ,  r、r‐|^`
                  //  }´  //  }´   //  }´   //  }´   //  }´  //  }´


                                                       ,ー-、
                                                       `l、_l    ,,-ァ
                                                           ,,.-''/
                                                      r、__,,.-''゙,,.-'´
                                                      ヽ_,rー'゙´



.

159システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:15:10 ID:0E8NaKuw0

               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)    ……「水素」が二つに、「酸素」が一つありますね。
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  -   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,




           / ̄\                       / ̄\
             | 水素. |                    | 水素. |
           \_/                       \_/

                        / ̄\
                          | 酸素. |
                        \_/

160システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:15:39 ID:0E8NaKuw0

  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___      うん、こうなるともう水の性質は持ってないお。
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\    ただの「酸素原子」と「水素原子」に分かたれて
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l
   \  \|   `i-┬y'´  |    喉の乾きも癒せないし、植物の根に与えても大した意味はない。
     \  \   `'ー'   /
       \  ヽ ー─ィヽ     こういった状態の「原子」こそが、物質の最小単位ね?




         (   (
        ( (   (. )
         . -‐ ) ‐- .
       .´,.::::;;:... . . _  `.
       i ヾ<:;_   _,.ン |
       l      ̄...:;:彡|       .∧
        }  . . ...::::;:;;;;;彡{      ,′∨      /  ̄\
       i   . . ...:::;;;;;彡| →   .,′. ∨  →.  |水分子| → ●    ● = 酸素原子1つと
       }   . .....:::;::;:;;;;彡{      .{    !      .\_ /        ○         水素原子2つ
         !,    . .:.::;:;;;彡    ...人___ ノ
        ト ,  . ..,:;:;:;=:彳
        ヽ、.. ....::::::;;;ジ.

161システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:16:38 ID:0E8NaKuw0


                  __ _         この世の全ての物質は、原子で構成されてるお。
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \      原子の種類自体は、百十数種類ぐらいしかないけど……
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |    このお茶もやる夫達自身も、原子が結びついて分子になり
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ      色々な性質を持った「物質」を形作ってるんだお。




                旦 = 水素原子×n1 酸素原子×n2

                -  - 、
                 / (● ●)ヽ
                ゝ(_人_) ノ
              /    ヽ  = 炭素原子×n3 窒素原子×n4 ………… 硫黄原子×n5
.                (|      |)
              .し    J

162システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:17:38 ID:0E8NaKuw0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \         でも、原子のままだと物質としての安定性に欠けるからね。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃   そのまんまの形じゃあ、存在できないんだお。
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /     だもんで、原子同士が必死こいてくっつきあって
  \ /      /\/
    \       \         分子になろうとする訳だお。
     \    \  \
       >     >   >     水分子以外にも、酸素原子同士がくっついた「酸素分子」なんてのもあるお?
       /    /  /




     / ̄\      / ̄\    ..../ ̄\./ ̄\
    .| 酸素. |  +  .| 酸素. | →  . |  酸素分子  |
     \_/      \_/    ....\_/.\_/

163システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:18:39 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ     ……私達も、原子の集まりですか。
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'     なんというか、壮大なのか矮小なのか分からない話です。
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ  しかし、まだ「デンキ」については分かりません。
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ




                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )
              / ―   ―  \   .〉  ,.く
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ     あいよー、ここまで来たらもう一息だかんね?
              |   (__人__)      |   /  ヾ
             \    ヽノ      / /  ! i     物質の最小単位である原子だけど
                   \_          <、   〃ノ
              /       ,.-、   _, -` く '".      実は、この原子もさらに細かくできるんだお。
                 /   |       (`   ̄     〉
                !  <|       ヽ、__,.― --―'
             \_ ヽ''^ヽ      |
                `ヽ、_ン′       |

164システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:19:10 ID:0E8NaKuw0

       ._,,. == __-- ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ        \   \
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><ヽ;;;;;;;/  イ ヽ             \
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ` '  // ヽ   _,,. -‐''" l ̄ -
     {;;;;;;;;;;;;;;;;/ / / l l //l  /ハ;;ゝ ';;;;;;ヽl  l_,,. ノ_,, ''l´
      ヽ;;;;;;;;;/ / / l  l 彡イ lリl k人;;;;;;;;;;;;;;;;;;リlハ l    {l  |__
       ゝ /// / l ll lヽ    ヽヽヽ;;;;;:::::::::::::::/;;ll l   l l  /
        /// / l lヘ l ヽ ヽ   ヽヽヽ::::::::::::::::::ノ/ll    { ∧|
      __ノll l l  l  ヘ  リ  ヽ  ト:::::`ヽ =-::::/::::/l ll   l丶 {
      ヘ、 l l l  ヘ  k l l ヽ }  {リ《 ̄z-z气ミ ///lノ ヘヽヽ ゝ
       ヘ/ l l ト  ヽヽ ll l  トl  ハヾ {;;0;;t  `ミ///  ∧∨:::::ヽ
          ヽヘヽヘ  l  j  j / j::::::::: 弋;;ノ  /ノ   /::::ヽ:::::::::     まだ細分化できるんですか!?
               l l /  jノ/ /::::::::::::::`====彡/  /:::::::::::::::::::::
            _,,.  イ /  // / l     u  / /{::::::l:::::::::/
      _,,. -‐''"´    l   / / {ヘ `  ィっ  イ/  / ヽ::::::::::l
      _,,. -‐''"´ノ /   ノ { ヽ , _,> _, イ /  /  >'/イ  /
      _,,. -‐''"´/   /::::/ ヽ- < /   /{  {/  l |  /彡
          /  //   /    /  ヘ  { l  {彡/  l | /彡
        /  / /   ∧  / /  ヘ  l l  { /   l /
      ⌒/   /{ {    l {  />/    ∧ ヽl  ∨ ,,-‐´__=--ノ
      /   /       ヽヽy イ-l     ヽ  ヽ  ヽ'   /;/ノ
      {   j         /- {  丶__ _,,. ;;;;;;;;; ヽ _ _ヽ /::::::::




          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \          うん、そうなんだお。 ごめんね、勿体ぶって。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    これが(電気の基本的な知識では)最後だから。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

165システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:19:39 ID:0E8NaKuw0


    / ̄ ̄ ̄\       つっても、そこまで難しくはねーお。
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    イメージとしては、太陽の周りを惑星が回ってる感じで……
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/    あ、地動説とか大丈夫?
 /  (丶_//// \




                                   F =‐_ ._
                                l    "''‐"、、
                                    l          `i`ヽ、
                               _l_          ', ◎ >
                          ,_= ニ、 ̄_,..-‐ ''"7'ヽ.      ヽ ?、
                         く  ∠ァ‐ァ ァ テ、ノ  ゙、、、   〃 ',',>
                          ヽ_,.ィ,  i i .iλ ゙̄、ヽ‐ァ.',゙、ヽ、/ /ll
                         ,r' .i.,' i ト、i 、、サ、ヽナlゝ、!゙、ヽヽ<.   ll
                         ヽ_ .l!ll ',,l.、、_\ァサテ!.K.__゙、 `<    ll     はい、問題ありませんよ?
                            (l.',ト `ト 以. `) ゝ‐'リ /.l  ',>゙、   ll
                           /',i゙、.',゙、 ` _ ,  /ノ_,' i ト、i   ',  ll     この世界でも、大地は太陽を中心に
                        // ,.‐`>`, 。._ ィ,'.iイ./.,'∧,'   .', .ll
                        ,',' (i/リ,.イー<iー',リ>`_ ̄_ ,r'7    ',ll     回っているという概念が浸透しています。
                          ,..‐''"//< ̄-〈 .ノ<.,_  /ヽイ   .,、'j、
                      ,..'",   /.,ィ/ 〉',' '7 ト、,r'´‐'  i i   .〉ィ ',    月と星の満ち欠けは、魔法を使う上でも大事ですから。
                     /‐'ァ,. / /_/ / ,' ' .,' ト、    l  i  〈 i  ',
                 / ,.'./  /  /,.∠r'   i     .l` 、.、   l゙、    `'  .',
                /   /./  ,'  .レ 〈     .,'  l  ヽ`ヽ.ト、 、      ',       i
                     /    /  ゙、,.‐ ''ヽ'  , l゙、  `ー L、 、ー- ..,,_',_,.._ノ
                    ,'   /,‐ァマ`' /l`ー ゝ-'" ,' Y、    ト、`ヽ`ー- ._,..‐'"
                      i i .l /    / l        i .,' Y.、  .l ` 、 ` 、 `ヽ._"‐ _
                     リ! レ',.. ' ,r'   l O   O .レ,ィ..〉 レ,、 ゙、 `   `ヽ、 ヽ`ヽ ヽ

166システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:20:38 ID:0E8NaKuw0

             ____       そいつは重畳。 ……で、原子の中身は3種類に分解できるお。
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\    すなわち、「電子」・「陽子」・「中性子」
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |    この内、電子は「負」の性質を、陽子は「正」の性質を。
           ヽ           |
         , へ、      _/     これを「電荷」と呼んで、同じ電荷同士で斥力が働き、違う電荷同士で引力が働くお。
            |          ^ヽ
            |      1   |      中性子は文字通りの「中性」で、正負どちらの性質も持ってねーお。




  負(マイナス)   正(プラス)   中性(プラスマイナス無し)

  ,. '  ̄ `ヽ    ....,. '  ̄ `ヽ      ,. '  ̄ `ヽ
 /       ',  ...../       ',    ./       ',
 !   電子   l    .!   陽子   l   ..!  中性子  l
  、        ,'    .、        ,'   ....、        ,'
  ヽ . _ .. '    ....ヽ . _ .. '      ヽ . _ .. '

167システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:21:37 ID:0E8NaKuw0

  例:水素(H)原子の場合

                   γ ⌒ヽ
                 _,,.. i 電子 i .、.._.
             ,. ‐''"´  . ゝ ___,ノ   ..``'‐.、
         .,.‐´                 `‐.、
      ../                          \.
      .,i´                           `:、
     ./                                ヽ.
   .,i                                i、
   i                γ ⌒ヽ                i.     「で、その3種類が合わさった時の原子を分かりやすくした図が左だお」
  ..i                  i 中性 i               .l
  .|                ゝ ___,ノ               |.
  . |                  γ ⌒ヽ                   |     「さっき言った通り、物質は安定になろうとする性質があるから」
  .|                 .i 陽子 i              |
  ..l                ゝ ___,ノ               l.       「陽子(+)と電子(-)が引き付け合って、それぞれの数は一緒だお」
   i、                                 ,i
   ..i、                                ,!
    ヽ                               /
     `:、                           ,‐'
      ..\                        /
         .`‐、                   , ‐´
           ` '‐.、 _            _, ‐''"
                 `` ‐-----‐ '"´

168システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:22:38 ID:0E8NaKuw0

  例:水素(H)原子の場合

                       ←Lost!
               _,,.. -──‐- .、.._.
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、
      ../                          \.        「でも、何らかの要因で電子(自由電子と呼ぶお)の1つが」
      .,i´                           `:、
     ./                                ヽ.      「原子から外れてしまったら……どうなると思うお?」
   .,i                                i、
   i                γ ⌒ヽ                i.
  ..i                  i 中性 i               .l     「物質は安定しようとする性質がある、というなら……」
  .|                ゝ ___,ノ               |.
  . |                  γ ⌒ヽ                   |    「この場合、どこかから足りない電子――負電荷を持ってきて」
  .|                 .i 陽子 i              |
  ..l                ゝ ___,ノ               l.     「埋め合わせをしようとするのでは?」
   i、                                 ,i
   ..i、                                ,!
    ヽ                               /
     `:、                           ,‐'
      ..\                        /
         .`‐、                   , ‐´
           ` '‐.、 _            _, ‐''"
                 `` ‐-----‐ '"´

169システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:23:38 ID:0E8NaKuw0

  例:水素(H)原子の場合

                   γ ⌒ヽ   ←New!
                 _,,.. i 電子 i .、.._.
             ,. ‐''"´  . ゝ ___,ノ   ..``'‐.、
         .,.‐´                 `‐.、
      ../                          \.
      .,i´                           `:、
     ./                                ヽ.
   .,i                                i、     「ザッツライ! 大正解だお、筋が良い!」
   i                γ ⌒ヽ                i.
  ..i                  i 中性 i               .l
  .|                ゝ ___,ノ               |.     「でも、持ってきた電子が元々余ってた物なら良いけど」
  . |                  γ ⌒ヽ                   |
  .|                 .i 陽子 i              |     「それが安定していた原子から、強引に奪った物だとしたら?」
  ..l                ゝ ___,ノ               l.
   i、                                 ,i
   ..i、                                ,!      「酷い事をしますねぇ……そうですね、奪われた原子は」
    ヽ                               /
     `:、                           ,‐'        「また別の原子から奪うのでは?」
      ..\                        /
         .`‐、                   , ‐´           「……まるで、人間同士の争いを見ているようですが」
           ` '‐.、 _            _, ‐''"
                 `` ‐-----‐ '"´

170システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:24:38 ID:0E8NaKuw0

               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,      これまた大正解。
          i  ( ●)  (● )  i
          |     (__人__)    |      で、そうして順繰りに電子の強奪が行われた結果
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ.   自由電子が大規模な移動を起こすお。
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/     この現象を「電気(≒電子の流れ≒電流)」と呼ぶんだお。
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j




  例:水素(H)原子の場合

  ,. '  ̄ `ヽ              ,. '  ̄ `ヽ                          ,. '  ̄ `ヽ
 /       ',            ./       ',                     /       ',
 !  H原子  l  ←【電子】   !  H原子.  l  ←【電子】 …………     !  H原子.  l  ←【電子】
  、        ,'           、        ,'                       、        ,'
  ヽ . _ .. '              ヽ . _ .. '                          ヽ . _ .. '

  この工程が、延々と繰り返される。

171システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:25:37 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!    ふむ……
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、.   分かったような、分からないような……
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ




         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ    ありゃりゃ、説明が不十分だったかお?
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<    今のを「アトムの概念」って言って――
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

172システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:26:38 ID:0E8NaKuw0

               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)       いえ、そうではなく。
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、       結局……電子が動いた結果、「何が起こる」のですか?
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  -   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,




     ____.. .│ /
   /      \  .′/
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      あ、そこかお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  ./      えーっと……物凄く簡単に言えば、今言った「電気の流れ」を
(  \ / _ノ |  |                             イカヅチ
.\ “  /__|  |       とてつもなく規模を大きくしたものが、「雷」だお。
  \ /___ /

173システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:27:37 ID:0E8NaKuw0

       ._,,. == __-- ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ        \   \
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><ヽ;;;;;;;/  イ ヽ             \
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ` '  // ヽ   _,,. -‐''" l ̄ -
     {;;;;;;;;;;;;;;;;/ / / l l //l  /ハ;;ゝ ';;;;;;ヽl  l_,,. ノ_,, ''l´
      ヽ;;;;;;;;;/ / / l  l 彡イ lリl k人;;;;;;;;;;;;;;;;;;リlハ l    {l  |__
       ゝ /// / l ll lヽ    ヽヽヽ;;;;;:::::::::::::::/;;ll l   l l  /
        /// / l lヘ l ヽ ヽ   ヽヽヽ::::::::::::::::::ノ/ll    { ∧|
      __ノll l l  l  ヘ  リ  ヽ  ト:::::`ヽ =-::::/::::/l ll   l丶 {
      ヘ、 l l l  ヘ  k l l ヽ }  {リ《 ̄z-z气ミ ///lノ ヘヽヽ ゝ
       ヘ/ l l ト  ヽヽ ll l  トl  ハヾ {;;0;;t  `ミ///  ∧∨:::::ヽ
          ヽヘヽヘ  l  j  j / j::::::::: 弋;;ノ  /ノ   /::::ヽ:::::::::    イカヅチ……!?
               l l /  jノ/ /::::::::::::::`====彡/  /:::::::::::::::::::::
            _,,.  イ /  // / l     u  / /{::::::l:::::::::/     御子はイカヅチを操れるのですか!?
      _,,. -‐''"´    l   / / {ヘ `  ィっ  イ/  / ヽ::::::::::l
      _,,. -‐''"´ノ /   ノ { ヽ , _,> _, イ /  /  >'/イ  /
      _,,. -‐''"´/   /::::/ ヽ- < /   /{  {/  l |  /彡
          /  //   /    /  ヘ  { l  {彡/  l | /彡
        /  / /   ∧  / /  ヘ  l l  { /   l /
      ⌒/   /{ {    l {  />/    ∧ ヽl  ∨ ,,-‐´__=--ノ
      /   /       ヽヽy イ-l     ヽ  ヽ  ヽ'   /;/ノ
      {   j         /- {  丶__ _,,. ;;;;;;;;; ヽ _ _ヽ /::::::::
      l   l        /  ヽ /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    マ    /




             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     あ、いや、落雷を発生させる事も出来なくはないけど
        |  u.   (__人__)     |
        \     ` ⌒´    /      それには、キチンとした設備と人員が必要だお?
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ    やる夫が学んでいるのは、イカヅチをずっと小さくした力を
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |    何とかして制御しようとする技術だから。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

174システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:28:39 ID:0E8NaKuw0

                              / ̄ 丶
                                / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
                   / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
               /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
                ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
               ∠斗‐= ´ __ /   i |__.ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
                 { -=≦´ ,´ i /|i | | ト `∨ / j Y /   l l′
                 \/ /.| :i |抖=ミ  ハr芯ミr}/  \ ` 、/ l l       いえ、それでも凄い事です!
                   >!.i! {{ Vツムイ ..ゞソ,ヽ     ヽ} ヽ .| l
            _ -―  ̄  ヾ.八"" ′  ""ムィ ̄ 兀ア   ∧.l|       イカヅチを操れるなんて……
       ,. ´ _,. -,.‐  ,. - イ 冫..、 マ  フ  /i   ト∠_    i ||‐ 、
      / ィ'" '" ,. '"    /.ィ.{ .,'、}::..     个i|: ∧ \l`ヽ、 | | |'⌒: }     太祖オプーナ帝の魔法ぐらいでしか聞いた事がありません!
.     / /.'" ,..//  ,.  {.' ( ゙、._` ヽ ! `li ´!{.!Y└-- ――ソ}|| 'ヽ、/!`ヽ
    //  ///'   /   `,.__,....ニゞゝ‐-、.ィィ'"<ー- ..ア  ||   丶、  、
     リ′ ,.' /,.'/  / /   人},.、-‐ .i.:....::ノ;´l.  \  <. /.ヽ/、ト、 ヽ. ヽヽ ',
   / {、/ ,.' ./ /     /!   ! リ‐ ヽ ノ` ´ / l.  r'ヽ /ノ,'  .ヽ_/ .} i ト、;ノ
   ,   / / / /     ' i l   l. /  ./ ,'  /.l  l.ヽ/`ヽ '      .! ,' } .l \ }
.   ,  / ' ,' ,'    ,  ! ',  /   /   ! / ,'   l 、           , /  ソ   \
  i ,' ' .,  i  l!  ,  、 、{ ,/    ,.' /   ト. 、 、         / {      /!. \
  l ! .l  ,  .!   l !  ,   、 { /'    / /   !_', 、 、    /  丶.    /,' -―- __ `ヽ
.  ! l .l. ; /l  .! l.  、 ヽl/    /      l L', 、 丶  、 '     `  ´  ..\ー'’   } }
.   、 ! .!  l.   l ゙、 ヽ ,.l,.ヽ           l. L',  、 \. ヽ           ヽ .../ ./
   ヽ,! l   、  、 ゝ,. '"  /`ー- 、      l. /L',  、  \l  、 \  .\\     ? {
.  / ! .l     、 ,.ゝ'   ,. '」┘ .〉   ヽ-‐ ⌒ ' / └、 ヽ   ` 、  .._  、     l...\ }
. /   、.!   /    /┘::!  / O         l  ./L.、  \    l    ヽ ヽ    ; ...!ヽ




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    (あ、でも「実例」はあったって事かお)
|  u.    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     (この世界の魔法ってのも、大概だよなぁ……)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

175システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:29:38 ID:0E8NaKuw0

              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!         ……しかし、これでますます
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、       オプーナ帝の手記は重要になりましたね。
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十! ´  `   >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ    今のような知識が、書かれている可能性があるとしたら……
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    (あ、やべ、話題が戻って来ちまったお)
 |.u   (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

176システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:30:38 ID:0E8NaKuw0

      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ −云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  /
         / / l l /\ .l | ハ   ̄         レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´        ですが……そうですね、御子にも考える時間が必要でしょう。
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__     幸い、期限まではあと一晩あります。
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ    今夜はこちらにお泊りになり、明日お答えを聞かせて頂けませんか?
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \      あー、うん、そうさせて貰うお。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |     ……お茶もすっかり冷めちまったお。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ             結構、長い時間喋ってたようで。
   /   /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  とりあえず、時間はもらったお。

  今晩は知恵熱が出るくらい考えよう。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

177システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:31:39 ID:0E8NaKuw0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

178システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:31:50 ID:0E8NaKuw0

.     ,: -=ミ                    x===x
.     ≧=≦ -―====================‐}Y⌒YL _ _ _          斗-=ミ
.      Y大_大フ`¬彡' 厂 丁ア⌒^⌒^7  i}|   厂丁¬=ァ=: :弌ァx: . _ ≧==彳
      |  |   √^   /   Vノ    { {   :. /  ノ   /     }⌒f⌒^┬イ
      |  |  /   /    ∧          V       /      ,ハ, | ;  l |
      |  l  /    /   イ  :. .:/    |   |       /    x个:. ? /  { |
      |   /   /   / !  l∨.:/    |    |     .:′   .:':: i:|{ : Vハ   }::.j
      | }/ /   /   | l ?:/   :.   ′  /     / i:l:l \: .V:丶:::V{
      | 〃 /  /     l   |  ?         //'   ∠_⌒^州 ‐-:、:::\:\}
      |厶∠_/      l  |   \.:.:..     v?/' /.::.:.:.:) {i:i:!    \__\{
      ├‐┬く      | !    \.:.:..  じイ /`⌒^¬=ニ抓‐-  _ /ァf^ハ
       |   |  l\     l _ニ=x-‐=ニ¨  `孑‐-= く         lVハ    7:::::/ :l
        |  |  |  しx=ニ¨'.:.:.:.:.:|i      /了ー=イ::ヽ    ,:   }i :.    ,/.:'::::::::::|
.      |  j | ?  /.:.:.:.:.:.:.|i:      /.:::{   |::::::; ,: ′  八 :.  |i .:{:::::::::|
.       | ! !  「¨ 7=ニ _.:.:.:|i:     .:′:::}    |::::ハ     ,/:::::Vハ,  |i .::'::::::::|
     |   ! j  |/::::::::::::::::二=x __' ノ.::j   |:::′}     ,〃:::::::? \L__}⌒V!
      |  |_{   //:::::::::::::::::::::::::? 7 / /:    |::′     /厶'⌒ーく_ -‐辷ニ=-’
.     ⌒ー^⌒\/^¨ニ=‐- _:::::::::::v { I .:}:    |:' /{ _ ァ.:{
                      ¨ニ=弍? ||   ′/ } _/-┘
                        ^ーt..L_   厶= ´
                                  ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  その後出された夕食も、客用の寝室も
  応接室に負けず劣らず豪勢な代物だったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

179システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:32:06 ID:0E8NaKuw0

          __  _____           __
          | |/─  ─ \..======| |
          |/ (●) (●)   \         | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
         |___ ` ⌒´       / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ    /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ      ./  | |
  /     ヽ           `ヽ、}    ./  /| |
 ノ                   ヽ__  `ヽ/  /  .|_|
/                   ノ|  /
                   / |/


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ベッドに横たわりながら考える。

  さて、これからどうしよう。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

180システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:32:38 ID:0E8NaKuw0

       ____
      /      \           異世界召喚、かお……
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ      前フリ無しに呼ばれたにしては
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ    やる夫は割と冷静に対応できたんじゃねぇかお?
―――――――― \ _ _ _ )


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  うん、この点はやる夫自身を褒めてやりたいお。

  あの場面、パニックを起こしてもおかしくなかったのに
  理性的な行動を取れたと思うお。

  ……まぁ、主導権を握られて
  向こうのペースに乗せられただけ、とも言えるけど。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

181システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:33:42 ID:0E8NaKuw0

                 /  ̄ ̄ ̄\
               /─    ─   \
             / (ー)  (ー)   \    つっても、結局忘年会はバックレちまったお?
          |   (__人__)      |
              \   `⌒ ´      /    捜索願いとか出てなきゃ良いけど。
          __/⌒   ヽノ  \
        /⌒(___/       | `i     心配する人は……やらない夫ぐらいかなぁ?
      (___)⌒ヽ       / / ̄ ´
.   __/ /\        /
  (___/   ` ─―─― ´


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  両親は死別し、遺産と保険金で大学に通っているお。

  親戚づきあいも無いし、ぶっちゃけ天涯孤独。

  顔とコミュ能力が下の下なせいで
  幼稚園からの付き合いである、やらない夫以外に親しい人も居ねーお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

182システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:34:37 ID:0E8NaKuw0

               -―─- 、
           /         \
         ′  /    \   ,        まぁ、突き詰めれば二つに一つだお。
          i  ( ―)  (― )  i
          |     (__人__)    |        帰るか、それとも残るか。
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7       帰ったら、「今まで通り」の生活が待ってるお。
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうだ、今まで通りというのは大事だお。

  顔面偏差値最低だろうが、無い内定だろうが、故郷は故郷。

  地球での馴染んだ生活を捨てるってのは、かなりの覚悟を要するお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

183システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:35:36 ID:0E8NaKuw0

               -―─- 、
           /         \
         ′  /    \   ,        一方、こっちに残ると半ニート生活が確定だお。
          i  ( ―)  (● )  i
          |     (__人__)    |        日本語で書かれた手記を読むだけで
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ      食っちゃ寝の生活ができるって寸法よ。
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ただし、それと同じくらい衣食住というのは大切だと思うお。

  このまま地球で、親の遺産を食い潰しながら生きていくよりは……

  という気持ちも、間違いなくあるんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

184システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:36:38 ID:0E8NaKuw0

               -―─- 、
           /         \
         ′  /    \   ,
          i  ( ●)  (● )  i
          |     (__人__)    |        でもなぁ、聞いちゃったからなぁ……
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そんな条件を天秤にかけ、最後の最後に決め手となったのは……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

185システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:37:10 ID:0E8NaKuw0

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \    まぁ、これで決まりだお。
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /    なら、さっさと寝よう、そうしよう。
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  うん、だから腹は決まったお。

  これで、今日は熟睡できそうだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

186システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:37:39 ID:0E8NaKuw0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !




    |      |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|      |
    |      |┃`) ((__))  < @ > ┌──;;;;;;;;;;;llll;;;;;;;:;口;:;:; ┃|      |
    |      |┃ 「 ゚ 。|    匚\。。|_|二二 r。。ー 丿 手n,、 > ┃|      |
    |      |┃ /┘兄 丿;;;;;;;;;;└‐ l ヽ | ヽ; ; ;E ノ || r lト、_,;-;;┃|      |
    |      |┃/ ( Y。。) ヽ   r─/l┌ ヽ| ヽ\ヽ:::;;;;;;||ヽ__|;; ┃|      |
    |      |┃ / 川 ) ⌒ フ 〉 !  /i 丿   \  V | l::::::::::::ヽ┃|      |
    |      |┃ ノ丿器 ノ;;)_>>iーi L_   > r \ヽヽ:::::: ノゝ ┃|      |
    |      |┃○─毛 ;;r、__;;;;l L ( <;;;|  / ノ ノゝ ソ ー r ─ -フ┃|      |
    |      |┃彡=二(´`ノ‐─/ヽヒ==〆::〔〕─┌ ヽ/ム√レ┃|      |
    |      |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|      |
    |      |                                    |      |
    |      |                                    |      |
    |      |                                    |      |
──|___|─────────────────────|___|──

                         _________            , '⌒ i
  , '⌒i                /           /|      ( ̄ / / |
/ /  ̄ ̄ ̄`)           /           /  |    / / /    |
i'⌒i  / ̄ ̄~, 1         /           /      / / /     |
|  . ̄ ̄ `)/ |       /           /       /  i'⌒i     /
|        |  /      /             /     (´ ̄ ̄ ̄   |    /
|____|/       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |         |  /
               |                |      |_____|/


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして翌日、昨日と同じ応接室に通され――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

187システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:38:09 ID:0E8NaKuw0

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \    これから、一生お世話になりますお!
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/     やるからには、ファンタジアースに骨を埋めるつもりですお!
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――やる夫は、自分の考えを率直に伝えたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

188システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:38:45 ID:0E8NaKuw0

    / ,      /   /      l       \{   l    /     }
   /イ  l     /  l  ,         |        ヽ!   l Y  /      ,
   / ,  ! /   /  { ! i       |   ヽ   ヾ,   ∨! '       i
  { /   /  ,.イ  | ヽ !      l |!   }    |    } {      {
  !,/   {  / 从T人- \  !   -}-/!-、- |     !    , |         ゙、
  |ハ  |   |/  __ヽj ヽ..|    /イ__lイ ヽ j    {!   l {          ヽ
     }   , { 下云テ心ヽ } ;   /ト云心ヽl/    、    ヽ         ヽ
     |    ヽ!  弋z(ソ  /   / 弋z(ソ !,ィ     \    \        ,     ……我々としては、願ったり叶ったりです。
    /    ミ、     /イ/      /イ   l  ト、ミ、    `ヽ、__
   ,    } \、     /,.     イ彡     |  !  `  }      \   }     しかし、一応確認を。
    { l     ハ.              /{  /    | リ  ,  l          !
   {ヽ':,   /ヽ!\    ´ `    /ヽ }, / /l /  /  |             l     もう、地球に帰る事はほぼ不可能ですよ?
     } ,イ/     > .     . ,.イ   リ VI / /  /    !          ;
      /イ/      |    -     |    /イ_/  /    ,
                 | ',      / !    /   /    /         ,
           __,...ノ  、.   /  |____{   /             /
    ,....:<::\::::_, ´        ' \:::::::/ /ィ_                /
  /:::::::::::::::::::::\            `//イ:::::::`ヽ            /
_/:::::::::::::::::::::::::::::::::\          /イ:::::::::::::::::::::::::\        /




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \      かなり迷ったけどお?
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |     でも、聞いちゃったからなぁ……
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そう、決め手となったのはあの言葉。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

189システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:39:36 ID:0E8NaKuw0










   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十! ´  `   >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、    あなたが――あなたの力が、必要なんです……
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ











.

190システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:40:09 ID:0E8NaKuw0

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    (「あなたの力が必要なんです」かぁ……)
  |       ` ⌒´   |
.  \           /    (女の子にも企業にも……いや、やる夫の人生で初めてじゃねぇかお?)
.   ノ         \
 /´            ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうだ、今までこの容姿のせいで、ずっと邪険に扱われてきたお。

  それに、考えていたじゃねぇかお。

  「やる夫が必要とされる場所を」って。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

191システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:41:09 ID:0E8NaKuw0

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \    (「どこでも良いから・誰であろうと」なんて考えつつ)
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /    (いざ必要とされたら蹴るなんて……そんな、自分に嘘をつくような事は、ね。)
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  だから決めた、地球を――故郷を捨てる事を。

  まぁ、住めば都とも言うし、ファンタジアースを第二の故郷にするのも悪くねーお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

192システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:42:08 ID:0E8NaKuw0

               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \    (それに、美国ってばすっげーやる夫の好みだし!)
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \




                     -――- ‐‐- ミ
                  /           ` 、  _
                                    、/´   `ヽ
               /                   ∨  __   i
                  /  / /           ヾi=≦7´   |
                ′/ ,゙‐/―/  i    ヽ,  |      |
                i / i / _i/i   ハ __゙,_  }i   |      |
                レ'i  i!'i''{ ハ|! ,/ ゙, .}i、`ヽ}i   !       |
               |  l釗代i乂/´ ̄ト心} ハ   i      |    ありがとう……ございます、御子よ……!
               |  l ト, , 、    辷リレイ   八    .i  |
           ――┴ 、人  、   , , , ./ / / /ィヽ   i  |    あなたに、最大の感謝を……!
       r‐‐/ r  〉 ゙, .} V  i 、  ̄    / / / /  i   i!
       |::{_j  `ー<_イノ'´乂i/:个 -- =≦/ /レ' ´   .|   i! |
      〈:::i`ー}ヽ_}_〉::::::::::::::::::}::::::{__{:::::}::}:::}i /::> .,   |   i! i
       /:::::::::::::::.,ノ::::::::::::> ':::::::ノv辷ァ''´::'':::::::::::::::::> .,  i! .∧
     .::::::::::::::::r┘::::::::/::::::::::::::」- 、 」:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::Y  |  ∧
    ,.‘:::::::::::::::::,.:::::::::::/:::::::::::::/  {i ∧:::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::::| 、人    、
.   /:::::::::::::::::::/::::::::::::i::::::::::/   ノ',' ∧::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::| \ 、   \
.   ,゙:::::::::::::::::,.イ::::::>圦:::::〈   / ,'  ∧::::::::::::::::'::::::::::::::::::´\. \\  \
  :::::::::::::::/:::::/   ヽ:::ゞ<   {   〉:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ.  \\  \
 八::::::::::::::::,.ィ      〈::::::::::::`ー 'ー ´::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::::/    \\  \
   `¨¨¨¨´        i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::::::::::::,:゙.       \\
                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::i.           \\


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  不埒なやる夫の考えと裏腹に
  美国は何やら、感極まった反応をしてくれてるお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

193名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 21:42:42 ID:Wba6ivG60
誰かに必要とされるって本当に嬉しい事なんだよなぁ、面接落ちまくってると痛感する

194システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:43:08 ID:0E8NaKuw0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    そんじゃま、改めて。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     【下等場大学工学部 電気電子工学科 四年生】、【やる夫】だお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      コンゴトモヨロシク。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



    / ,      /   /      l       \{   l    /     }
   /イ  l     /  l  ,         |        ヽ!   l Y  /      ,
   / ,  ! /   /  { ! i       |   ヽ   ヾ,   ∨! '       i
  { /   /  ,.イ  | ヽ !      l |!   }    |    } {      {
  !,/   {  / 从T人- \  !   -}-/!-、- |     !    , |         ゙、
  |ハ  |   |/  __ヽj ヽ..|    /イ__lイ ヽ j    {!   l {          ヽ
     }   , { 下云テ心ヽ } ;   /ト云心ヽl/    、    ヽ         ヽ
     |    ヽ!  弋z(ソ  /   / 弋z(ソ !,ィ     \    \        ,     【ウェハム王国 女王】、『美国』です。
    /    ミ、     /イ/      /イ   l  ト、ミ、    `ヽ、__
   ,    } \、     /,.     イ彡     |  !  `  }      \   }     よろしくお願いしますね、御子よ。
    { l     ハ.              /{  /    | リ  ,  l          !
   {ヽ':,   /ヽ!\.    `   ´   /ヽ.}, / /l /  /  |             l     いえ――
     } ,イ/     >       イ   リ VI / /  /    !          ;
      /イ/      l  `    ´   !     /イ_/  /    ,
                 | ',      / !    /   /    /         ,
           __,...ノ       /  |____{   /             /
    ,....:<::\::::_, ´        ' \:::::::/ /ィ_                /
  /:::::::::::::::::::::\            `//イ:::::::`ヽ            /
_/:::::::::::::::::::::::::::::::::\          /イ:::::::::::::::::::::::::\        /

195システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:44:09 ID:0E8NaKuw0












┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――イカヅチの御子よ……!

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘












.

196システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:44:38 ID:0E8NaKuw0

                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │

197システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:44:55 ID:0E8NaKuw0

┌―――――――――――――――――――――┐
|             第一話                 |
|                                    |
|        アトムの概念と御子の決断          |
|                                    |
|               完                   |
└―――――――――――――――――――――┘

           ,. : : :´: / ̄: `: : : . .、
 ー=ニニ二´/: : : : : /: : : : : :.l: : : : :ヽ
         / : : : /: : /: : : : : : : |: : : : : : :\
        /: : : : : / : : |: : : : : : : : |: :l: : : : : : : ヽ、
     /: : : : : : l: : : :|: : : : : : : : |: :l : : : : : : : ー--≧‐
     .′: : : :>x: : ∧: : : : : : : ハ: :l:xイ: : : : :ハ
     |: : : : |: : :|: :l/>ハ: : : : : ィ7\: :/7: : : : :}
     |: l : : |: : :.xテ=i!ハ: : : : ォテトミイ|: : : : :V
     ∨ : : V:イ r',, |   ヽ: : :| | ,, l ヾ: : : :ハ ‘,
     ): l: : :V{ .乂ノ   , \l 乂ノ ' |: : : ハ∧∧
     /: :ト; : :.ヾ :::::.      ..::::::  |: : / V V∧    イカヅチチガイ!
.     /: :ノl:ヘ: : ∧.   ヽ  ノ    /: :/: : :',  乂l
  //  ∨ヘ: :Vへ、        イ: ∧:∧: ',  ヽ!
 /     ∨: \\: />s。 s< 乂:/l/ヽ ヽ>  リ
          \|__乂-r‐′     Lr-ミ: |
       ,<´::::::::::::::ハ_,. イ>x、 /::::::::::::::`>x
      /\\:::::::::::::ハ´::::O::::::::/::::::::::::::://ヽ
     ノ  \\:::::::::ハ::::十:::::/:::::::::::://  l
.     〈 __ \\:::::ハ:: ̄:::/>―''''¨¨`` ヽ/
    /      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          \

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

                        次回

                   第二話・循環するエネルギーと日本語解読

                      お楽しみに!

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

198システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:45:30 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  以上で本日の投下を終わります。

  お付き合い頂き、ありがとうございました。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

199システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/30(土) 21:46:24 ID:0E8NaKuw0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  第二話は、明日の16時から投下予定です。

  サブタイトルの通り、エネルギー保存の法則を中心に進めて行きます。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

200名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 21:47:46 ID:RBIXSx5o0
乙でした
高校や大学時代の授業を思い出しながら読んでました
「漫画で学ぶ○○」とかにも使えそうな設定ですね

201名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 21:48:27 ID:isY5hoNo0
投下乙です
やる夫と一緒に工具とかも来たはずだし話が楽しみだ

202名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 22:06:12 ID:yTBOZ6.o0

うむ、学ぶ系としては他のものと毛色が違って、続きが楽しみだ。

203名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 22:06:25 ID:yGXkuwXI0
乙ー
明日16時から授業開始か

204名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 22:21:50 ID:Fiu1wBfU0
ただ、予告を見ると魔術に対する逆差別が気になるわ

205名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 22:37:54 ID:/lCEXitM0

なんか面白いのを見つけたな

206名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 22:49:55 ID:Eg9/BXq60
乙ー
おもしろそう

207名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 23:05:06 ID:SGXM62JE0
>>197
つ「茄子」

208名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 23:29:10 ID:b3GVb8BU0

悪女の香りがするぜ!

209名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 23:32:59 ID:JWix2yV20
すごいなー一切の責任を放棄して異世界に行くなんて決断、俺にはできないなー

210名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 23:37:19 ID:ECm1ZzLw0
ん、そういえばやらない夫ってもう登場しないのか

211名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 23:46:26 ID:SP7VVNWs0
童貞なんてチョロいもんよ

212名無しのやる夫だお:2014/08/30(土) 23:55:26 ID:IaVPCWqQ0

いいように利用されそうwやる夫も魔法使えるよになるんかな?

213名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 00:40:05 ID:4AzbC.Gg0

士は己を知る者の為に死す、やね

214名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 02:13:08 ID:0NAEVqkc0
乙でした

恥ずかしながら電気の流れる理屈を初めて知りました
これからも勉強になりそうです

215名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 02:47:26 ID:T7WoX4tU0
乙です。まとめから来ましたー。

216システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 07:39:02 ID:fXRyUqBk0
おはようございます。
大量の乙をありがとうございます。

今日は予定通り、16時から第二話を投下します。

217名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 08:10:10 ID:oUpNsU7.0

先が楽しみ

これ、「最初の召喚設定でいったん帰って、やらない夫や研究室の後始末つけてから、
再召喚してもらって半永久的にとどまる」という選択肢はなかったんでしょうか
ストーリーの本題でないと思うので無視してください

218名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 09:09:43 ID:rMzkYAKU0
電流の仕組みを初めて知りました……
習ったハズなのかな?
今の時代、ファンタジー要素を絡めて教えるって
凄く有効な気がする。面白いっす

219名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 09:15:40 ID:u53CO.eo0
電気の説明で原子までやっちゃうとかやる夫さんマジ理系

220名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 12:19:22 ID:4AzbC.Gg0
>>217
自分もそれは思った
帰す手段はあるけど再召喚はできないとかそんな感じかな

221名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 12:38:19 ID:zAmEUFJQ0
再召喚しても、同じ人が呼び出されるかどうか分からないんじゃないのかな
ねこめ〜わく的な感じでも面白い気はするけどw

222名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 13:54:56 ID:SliqAy.Y0

たいへん興味深い

>>217
>>138ともうちょっと上の方見るに再現性がとても低くて必要な物も多いのかなと思ったでよ

223名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 13:57:39 ID:SliqAy.Y0
あ、再現性とかは書いてないかも。
忘れてけろ

224システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:00:24 ID:fXRyUqBk0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  時間なので開始ですが、その前に訂正というか補足を。

  >>167からの図は、より正確には「重水素」のモデルですね。

  AAをいじったりしている内に、表記がやや正確でなくなってしまいました。

  お詫び申し上げます。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

225システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:00:41 ID:fXRyUqBk0

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

226システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:01:05 ID:fXRyUqBk0

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  受け入れがたい話だけど、魔法が当たり前のように使われている
  異世界ことファンタジアースは「実在する」らしいお。

  そして、やる夫の住んでいた地球と何らかの座標が近いようで
  極々稀に、人や物が次元の壁を超えて行き来するんだってさ。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

227システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:02:02 ID:fXRyUqBk0

         _,.-,.-======-、-、
      _,.-"三Y  `‐-‐'" Y三‐-、_
     /三三三 ●) : (● 三三三\
      ̄    _∧ :  : :  ∧_     ̄
        /┐Y ・ : ・ Y:┌|
        ! .|::l 、_  :  _, l:::| !
        |┘:|===[三]==:|:└|   ← From Fantasiearth
        (_J:〈 ̄ ̄ ̄〉:し_)
       /―、/     \,.―\
      / _,./        \.,  i,
       ̄               ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ファンタジアースの魔物が地球に来たり
  逆に地球の人間がファンタジアースに来たり……

  地球で、神隠しだ何だって騒がれてる内の数人は
  ファンタジアースに迷い込んだ人間も含んでいるらしいお。

  こっちに来た地球人の話を統合しても
  二つの世界が「繋がってる」のは間違い無いんだとか。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

228システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:03:30 ID:fXRyUqBk0

       _{      \
   > ''´   ',      \ __
    ̄ ̄ `゙'' 、 .',   > ''´    _`>=- 、
         \  /    > ´  /    ヽ
          У   /           ',、
   :、      /    ,          i      } \
    \     ,:     /      , /|     ,   ',
     /\  {   /     //  .!    /    i!
    ./  .i`''<.  //!   // ̄ `゛ ,   ∧   }
       \  `゙'/イ |  / ,ィ=ミ、  .}  /ヽ}   ,
        /ヽ.  `i  ト. {,ィんハ `   .!/ ニ、 i  〃_
       ./   >从  ハ ! 乂rリ  /  .んト.! /ハ{イ
      /    /  Y.イ ヾ , , ,       じ イ  /´ `
      /    .ハ   }:.       ,  ' '/ ハ {
     ,    / rヽ ム ヽ   r  ,   .イく ヾ
     }  ィ  .j {`_}⌒ \    イ  }
     レ´/  /イ: : : : >、└≧ ≦  ',  /
      ./  / /: : : :/   ト、♀人-、 { `ヽ
      /  /   ,: : : :,    /: :V\ ヽ:.\、   ー-、
  {   :,  /:!   {: : : :i   ,: : : :.',  \}: : ',≧=-- )  ← Kyonyu Sylph!
   ',  i ./: :|  !: : : :{   {: : : : :',  乂: :.}
   ',  i {: : :}  }: : : \  |: : : : : }   、!`''<
      {人:./  /: : : : / \!: : : : / >-ァ ヽ  }ミ 、
     /: : /  /: : : : /  /ヽ: : :.{´ < ̄ヽ∨ 〉.ハ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  地球人が、ファンタジアースに技術を広めたり
  ファンタジアース人が、地球で小説を書いたり……

  ひょっとしたら、あの有名な小説家も
  ファンタジアースでの経験を元に、娯楽小説を書いたのかも知れねぇお。

  だって、あのノベルそのままの「エルフ」や「ドワーフ」も
  このファンタジアースには存在してるっていうんだから。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

229システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:04:58 ID:fXRyUqBk0

           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |  ← From Wagon
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

【 オプーナ 】
【 日本出身の元地球人 】


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、【オプーナ】という日本人の男が
  ファンタジアースに「落ちた」事が、一つの転機になったらしいお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

230システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:05:59 ID:fXRyUqBk0

                            / ̄\
                         ィ  |    |
     /ヽ    、              //.   \_/
     |  `ヽ、 ヽ\     /i   / /      |
     ヽ   ヽ、ノ  ヽ_ノL/  ー'´ 〈   / ̄ ̄ ̄\
      i                 /. /  ::\:::/::  \
     N                 |. /  <●>::::::<●>  \    三十路超えて童貞だと
    _ノ    ,. -┐ _    ...:::::::::::|-|    (__人__)    |
  _)    ノ:: ノ ノ::. ソ .:::::::.: ...  ヽへ_   ` ⌒´__/    魔法使いになれるって本当だったんだなぁ……
  \      !... / ,'.  / .:::    ::::::. (.  \`、     / /  ヽ
   __)     i::: ヽノ::: /  / )  :::.. :: 〉\ ヽヽ.‐-‐/ //  _ス
  ヽ     〈..::. ...  `''くo>′  ::::.  〈`ヽ、ヽヽヽ、_/ /,. <´  \
   ヽ    ヽ:: :::   :::. 'ー'⌒) ::::::  > `ヽ、. {_}/ //ヽ/ i
    i     ヽ.::: .. .:::: ..:::..::/  ::::  (  :::.  ` / l!  く/ / l |
     `ヽ、_l! | \:::.:.:::::.:::: /      /   :::..  / ハ     /   l
        L ヽ `ヽ、_/ |     ヽ-ァ    :. / / iヽ  //_/〈
       |!l )  `ー─一'′l!      i     i  i | ヽ \.{ =-‐ l }
        l!  ̄ ̄L -‐、( ̄i ̄`ー一′ ::::::::.. レ⌒L__r‐、ゝ    ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ファンタジーアースに来た地球人は、例外なく魔法の素質が抜きん出ているけど
  その中でも、オプーナは特別強い魔法使いだったらしいお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

231システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:06:59 ID:fXRyUqBk0

 ゝ、              (___ノ                /∠ノ| _l__    、 i亠┐
\::::::ー- ... _       iY'/_ ソ `ヒl             /:::::二)  ノ|  |,  |   ノ
  丶、:::::::::::::::::`..ー-.._  ヘト-`l lニ'/ー'   __ _,-一-一'__、_::::-/  _l__ /  _l__
    `ヽ、 ;;;::::::::::::::::::::: ̄,人ト-ャ/ー一' ̄:::::::::::::::::::: _/´     ̄)   ノ|  \   ノ|
         ̄ ┐::::::::::::ヾ[l兀l]:::::::::::::::::::::::::::::;;; 一 ´        \     ソ ゙ _l__
           |:::\:::ー-::::::人:::::::::::::/ ̄ ̄              ) ┃ `て  ノ|
           l:::::::::::`:::::ーノ ヽ:::::::/      _ィ_       ノ  ・ _l__ _l__
  ご あ ご    |:::::::ヽ:::::::::) さ (::::/      r´, 、、〈ー- 、_/7 \    ノ|   ノ|
   ざ り 愛   |::::::::::::::::::::| あ |/   ll\/l l ヽ ヘ‐___,ヲ)_  )
   い が 読  l::::::::::::::::::::l 来 l    \ \wwY´l_`二7 /T ´  ̄\/⌒ヽ/ ̄
    ま と   /::::::::::::::::::::::| い |     `∨    |l__,/ / |
    し う  /:::::::::::::::::::::::|オ |        l`     `〈ー/ / ,!
     た   /:::::::::::::::::::::::::::|プ |        \     ∨ / ̄
     ! /:::::::::::::::::::::::::::::::|| l、       __ゝ,   ///
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽナ/::ヽ       /  `L__.///
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ!/::::::::l     〈   ̄| /// l
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    ヽ  l l/〈´
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      \ |   |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  有り余る魔力で、数々の魔法を創り出し
  (「翻訳」の魔法もオプーナが開発したらしいお)
  各地をさすらい、名前を残し……

  冒険の最後には、当時世界を絶望に陥れていた
  魔物達の王――『魔王』を打倒したんだとか。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

232システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:08:29 ID:fXRyUqBk0

            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \      ようやく俺にもモテ期が来た!
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |    ……童貞捨てたら、魔法使えなくなるとか無いよね?
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  魔王を倒して、世界の英雄となったオプーナは「オプーナ帝国」を建国。

  地球人としての知識も使い、ファンタジアース全体を大いに発展させたらしいお。

  それ以来、地球人はファンタジアースに無い知識を持った賢者という認識で
  敬意を込めて「御子」と呼ばれるようになったとか。

  どおりで、美国は女王なのにやる夫に対して腰が低かったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

233システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:09:58 ID:fXRyUqBk0

       ./ ̄::\
       |   : : : ::|
        \_:;;;;/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\
   /;    . . : : : :\     ここまでやらかしておいて
 / ∪   . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|    地球に戻ったきりってのもなぁ……
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  やる夫を召喚した魔法も、オプーナが皇帝になった後
  魔法の研究が進んで開発されたとの事だお。

  でも、異世界を渡るのは体に負担がかかるらしく
  「確実に安全と断言できるのは2回」という研究報告があるんだってお。

  その上、発動には膨大な金と労力がかかると。

  だもんで、オプーナ帝もファンタジアースで土に帰る事を決めんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

234名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:11:06 ID:FJhIRMm20
日帰りクエストみたいな真似はできないわけだ

235システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:11:28 ID:fXRyUqBk0

    \ヽ, ,、
      `''|/ノ
       .|
  _    |
  \`ヽ、|
    \, V
       `L,,_
       |ヽ、)
      .|
     /           ,、
     /        ヽYノ
    .|       r''ヽ、.|
    |        `ー-ヽ|ヮ
     |            `|
    ヽ,          .|
      ヽ,/´ ̄ `ヽ、ノ
      /0         ',
        {o          :}
      .':       /
         ヽ、___,., /
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  ::\:::/::  \
    /  <○>::::::<○>   \    俺の後継は、一番多くオプーナを広めた者に……
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                 d⌒) ./| _ノ  __ノ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  しかし、オプーナ帝の尽力も虚しく
  オプーナ帝の死後、帝国は跡目争いで分裂ちまったとか。

  このウォハム国もその内の一つだってお。

  ……で、このウォハム国に残されたオプーナ帝の遺産ってのがあるんだお。

  それこそが、やる夫がこの世界に呼ばれた理由。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

236システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:12:58 ID:fXRyUqBk0

                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐−'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,-−'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐−-、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`−‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,-−'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,-−'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,-−'´三三 ‐−'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,-−'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐−'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  記録魔であるオプーナ帝が残した、「日本語」で書かれた膨大な手記だお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

237システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:13:31 ID:fXRyUqBk0

      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ      オプーナ帝の情報だろ?
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、    異世界の技術や未知の魔法が書いてあるんじゃねーの?
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::    つっても、読めないぜ。
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::    翻訳魔法は、口頭には使えるけど
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::    読み書きはできねぇからなぁ……
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  地球の文明を知っている上に
  史上最強の魔法使いである、オプーナ帝の手記だお。

  解読できれば、有益な情報である可能性は高い。

  でも、ファンタジアースの学者達が日々頑張っているけど
  解読は遅々として進まないとか。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

238名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:13:41 ID:taTwzG9M0
オプーナ帝がチートすぎてやべえな

239システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:14:57 ID:fXRyUqBk0

      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ          もう、面倒くせぇから日本人拉致ろうぜ!
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙    そうだよ、何も俺らが解読する必要ねぇじゃん!
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     だな! 元から読める奴を連れてくりゃ良いんだ!
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そこで、彼らは考えた。

  一から日本語を読み解くより、そのまま日本語が読める者を召喚すれば良い。

  そうして、呼び出した「日本人」に手記を読み上げてもらえば
  後は翻訳魔法で聞き取って、こちらの言葉に書き写せば完了する。

  手記の解読そっちのけで、召喚魔法を発展させて
  自分達の目的に合致するような人物を召喚する研究して――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

240名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:15:19 ID:zUPiTJzk0
これでオプーナのプロットとか攻略情報だったりしたら…w

241名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:16:01 ID:qCVbbv8.0
オプーナ以降、だーれも解読しようとしなかったのか?という疑問は残るなw

242システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:16:28 ID:fXRyUqBk0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  ← From Japan
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――こうして、やる夫が召喚された訳だお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

243システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:17:28 ID:fXRyUqBk0










┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです

                         第二話

                  循環するエネルギーと日本語解読

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛










.

244システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:17:58 ID:fXRyUqBk0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

245システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:18:28 ID:fXRyUqBk0

ー┴ー[__]─┴─┴─┴[__]─┴─┴─┴[__]─┴─┴─┴[__]─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||::.__
┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::.┴┴
      ||: | :||::     .[[[]]]. ..::||: | :||::    .:[[[]]]:.:.  ||: | :||::            ||: | :||::.
ニニニニニニニニ./ /|:l─l二二二l::‐─ー| ||ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
|||||||:/ //|:|           | ||||||||||||||||||
┴┴┴┴┴┴.::/ //|;;|:|,ィ──────:| ||┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
 ̄:l ̄ ̄厂 ̄:::/ //|///i┴─────‐ | || ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄:l ̄ ̄
_;|__;/____/ //| |//i┴────── | ||__;/____;;|__;/__;;|__;/__;|__;/_
  ||: | :||:  / //.::| |/i┴──────‐ | ||      ||: | :||::.: .      ||: | :||::. :.
  ||: | :||::::../ // 7|/i┴───────.:| ||      ||: | :||::.: .      ||: | :||::. :.
_||: | :||:::/ //| /:/i┴───────.::::| ||::___||: | :||:._____||: | :||:.__
Τ||: | :||/ //| l//i┴────────‐| ||::ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤ
|||: | :/ // :| l/i┴─────────| ||::|||||: | :||::|||||||: | :||::||
⊥|| [[[]]]'./:7:/i┴─────────‐[[[]]]⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥
─lニ:|| |:l/ .//r┴─────────‐..:|| |:| ──‐l二二二l:────l二二二l:──
_/_.|| |:|'//r┴──────────‐ || |:|__/___/___/___/___
_/_:|| |:|/i┴──────────‐..::::|| |:|___/___/___/___/__
_/_[[[]]]┴───────────‐‐[[[]]]_/___/___/___/___/
/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
_/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ファンタジアースに留まる事を、美国に告げた次の日。

  すっげぇ豪華なパーティーが催されて
  やる夫はそりゃあもう大歓迎されたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

246名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:19:11 ID:taTwzG9M0
日本語は解読となるとキツそうだなあ
カナ(表音文字)と漢字(表意文字)が混ざってるし

247システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:19:28 ID:fXRyUqBk0

 ,、‐'"´ ̄`ヽ,                          ,、-‐- 、
´ ,r'"``ー- Y  _ _                  r'"´ ,,、-、 ``ヽ    ,r'゙´ ̄ ̄``ヽ,
. ,!´      レ'´  ,、-'´ヽ, -‐- 、            },r'゙´    `ヾ ,!.  /´ ̄`ヾ     ヽ
/  == 斤/    /   _,i    ゙`ヽ、         i! -‐、 ,ィニ、 i ,イ  /     `、    ゙i    いやいや、流石は御子ですな。
 、  ,:; ,」,/     ヽ   ,ヽ     ,!         ヾ '゙~`,    ,!イj  !,ィ=-    V、   l
   , 、   ,〉   ,r、 /  ,ィェY、-‐''"´V          `、  」 - ヽ ``j / ;:.´     ソ  ,!    まさか、イカヅチを操れるとは。
ヽ、 '   ̄Λゞ-─‐- 、    リ -‐、 ソ            ヽ,' ー-‐ ,! /ト、,、 ゝ、    Yゞ イ
`, `ヽ、‐'フ´       ヽ  ー{ '"´:;V!ト、            `、    // !\丁`,   ,i  ,人
..:ヽ ,ィ`7          `, /   ,:;;;:;! ,!          , ィ´ゝ-‐'´/  !.;.;.;`i    / ,ィ/ヽ      これで、太祖オプーナ帝の英知も
.:.:.:i\ヽ〉             iノ `、 '´  i 〉        ,、‐'/.;.;,! `ゝ<´  ,!.;.;.;.;.;``ー, -‐'´: : : : : `、
.:.:.:.:\,! i          ,イイヽ `、   !人     ,、‐'´.;.;/.;.;.;.;ト、/} ,/`ー//.;.;.;.;.;.;./: : : : : : : : : : : `、   順調に解読される事でしょう。
\.:.:.:.:i /        / ! l ゝ- ゝイヽ `ヽ、  /.;.;.;.;.;.;.;.;\ /i /^i   /  ̄!.;.;.;.;./: : : : : : : : : : : : : ,i
.:.:.:\.:.:i        /`V | /\/、/    ト、!.;.;.;.;.;.;.;.;.;i ̄.;.l /  |  /.;.;.;.;/.;.;.;,/: : : : :,、-─- 、、: : ,|
.:.:.:.:.:.:.:.:〉-‐─- 、 _ ,ィ  /\!'´   ,!  ̄/   i }.;.;.;.;.;.;.;.;.;!.;.;.;.;,リ  | ,/.;.;.;.;/.;.;.;./: : : /: : : : : : : : ヽ、!
.:.:.:.:,r'´二二ニヽー- 、! /  ,カ   ,!  /     | i.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ.;.;.;\  i/.;.;.;.;/.;.;.;./: : : /: : : : : : : : : : ,!: :,!
'"´::::::::::::::::::::::``丶、 Y´  d |   ! /      ,! |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\.;.;.;ヽ/.;.;./.;.;.;./: : : /: : : : : : : : : : : |: : |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''ー、  |   ,! /     ,!, i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\.;.;/.;.;.;.;.;.;!: : : :i: : : : : : : : : : : :.|: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,!  レ      ,! !.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;/: : : : .|: : : : : : : : : : : .|: : .|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /       !  l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/: : : : : .l: : : : : : : : : : : ,!: : ,!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::久        ,! |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;,イ: : : : : : :.|: : : : : : : : : : : !: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉       | |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:/.;.;.;.;.;.;.;.;/: : |: : : : : :.|: : : : : : : : : : :,!: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        | ヽ、.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;/: : : : ,!: : : : : /: : : : : : : : : : /: : ,!


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  やる夫に対しても、色々と偉そうな人が挨拶に来ていたお。

  この世界の、「御子」に対する興味と期待は考えてた以上のようで。

  ……応対に忙しくて、殆ど顔も名前も覚えてないけど。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

248システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:20:29 ID:fXRyUqBk0

       /:;ィ::::::::::::i\\\\\,.////     i::::::>、ヘ;;// __  i
  ___ i:::i l::::::::::::lヽヽヽヾ○゙    ,.○   _.. ィ´  ) ) / } ,!
  ∨.___ o77''‐- ..!,,_     \  /  _..<   _ // ^_=ニ i
  ヽ;ヽ、_\! {       `゙> 、 ゙V∨ / _.. -‐==‐-Y /_ノ ノ
    !. r‐- 、\\ _,,.. -‐- ..,,_   `i.l!!'," /,. ニ‐ ミ  l:::|l  二-、 !
    ヽ ヽ-‐" .>「r::', ̄_,,...ニ、>、!';;l i// == `/ i//;'´‐--.' /
      ', ', ̄¨>。',',::::i'´ ==_..ゝ.八 ol ゙丶、 ̄¨゙"_//r─‐┐ i、
      ヽ¨"r‐‐-、∧:i`ーニ¨=イ..-‐ヽノ‐‐=ニ‐ ̄‐- ..,,__`ニ二,ノ、 ゙i
        ト,ヽ._/__,,.`¨ ̄/.//´   l    ヽ.._‐'"ヘヽ! ',i,-、 !.l
       ';:゙i ヽ¨___ノ /_//.   ヽドヘ     "/!i`> 、 oヽ、"/
        ';::\__,..イ"ケ¨,,<`.___,,.. -゙"‐─‐ ''"´`i i::::::::::ヽ ト、\
        ';:::',ヽl  /', \ ,、 r-‐…'' ¨ ̄レ!/l ,'::::::::/_,入ヽヽ ',
 .         ';::'/ i'、:::::::゙、 ',ヽ! `         l .,'::::://  `ヽ、  ',
 .        i / ! i,.へ、:::::゙、∧  ,._  ,. --トy .,'::://!      \.',
         ,' l/./    \.、::゙、ヽ' レ! `Y  lヽi .,'/ / l
          i /      \ヽ \ !   l  lノ/ / l
          レ        l \  ゙.l   l   l,.  /  l
                 /l   \`',     l /  .l \
               /  l    ゙ヽ',   i´   l   \
             /    !        ヽ _ .ノ     .l     \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  覚えられたのは、特徴的な格好をした階級の高い極一部の人と……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ
              リ \八   __,     /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \        ノノゝ.イ ハl\ | \ !
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  美人でおっぱいの大きいお姉さんぐらいのモンだったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

249システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:21:28 ID:fXRyUqBk0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !




オプーナ歴522年 11月20日水曜日 〜ウォハム王国王城の執務室にて〜


||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
i⌒⌒⌒⌒⌒i|| ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
i'--、_______, -'、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
i丶_丶  丶\\          ____     \
」\| |-----ヽ| |          |\       \,.-、  \
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         |  \      \}    \
 | | .\__________\       |   \      \    \
     | |-----------| |        \    | ̄ ̄ ̄ ̄|      \
       .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i  \  |        |       \
   .(ヽ~ヽ:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l    \|____|        \
    ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ  .                     \
     \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)                    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ……で、次の日から今まではずっと
  与えられた執務室で、オプーナ帝の手記の音読を続けてるお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

250システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:22:28 ID:fXRyUqBk0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ    えーっと……「オプーナ歴001年05月10日風曜日」
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/    「今日もリーファに起こされてベッドから抜け出す」
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i |
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ただ日本語で書いてある文章を読むだけだから、楽っちゃ楽だお。

  でも、このオプーナって人の字はやたらと汚ぇお。

  日本語の研究が停滞した理由の一つには
  間違いなく、この雑な字があると思うお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

251システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:23:28 ID:fXRyUqBk0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨久三ミヘ:/ 彡三ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\辻;;ソ   .辻;;ソ/  イ /  ' ,
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ      ∠ /イ/     ヽ
                     ソ i○ヘ     __`__   /○!′      \
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ         イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',    カリカリ……カリカリ……

『 ヴォルケンリッター 』
【 ウェハム王国 伯爵家長女 やる夫の秘書官 】


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、淡々とペンを走らせてる金髪巨乳美人さんが
  「ヴォルケンリッター」さんだお。

  やる夫の音読を、この世界の共通文字に落とし込むのが仕事だとか。

  それ以外でも、やる夫の護衛を兼任するぐらいの戦闘能力や
  かなり高位の魔法使いしか使えないような、治癒魔法も使えるらしいお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

252名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:24:04 ID:qCVbbv8.0
どう見てもただの日記www

253システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:24:59 ID:fXRyUqBk0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ    「朝食は、ベーコンエッグと野菜サラダにトースト」
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/    「不味くはない、間違いなく美味い」
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i |    「が、やはり白米が恋しくなる。 いずれ、絶対に米を見つけ出してやる」
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  やる夫の音読を、ヴォルケンリッターさんと一緒に文字に落とし込んでいる
  書記官や秘書さんは他にも居るけど、割愛するお。

  ヴォルケンリッターさん以外は、ムサいオッサンばっかだし。

  まぁ、紅一点が居るだけでも職場の華やかさは随分違うお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

254システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:26:27 ID:fXRyUqBk0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨久三ミヘ:/ 彡三ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\辻;;ソ   .辻;;ソ/  イ /  ' ,
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ      ∠ /イ/     ヽ
                     ソ i○ヘ     __`__   /○!′      \
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ         イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',    カリカリカリ……カリ……


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  まぁ、どうでも良いかお。

  こうして、午前中にオプーナ帝の5日分ぐらいの手記を読み解けば
  午後からは自由にしてて良いんだから。

  憧れの半ニート生活万歳だお!

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

255システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:27:28 ID:fXRyUqBk0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ    「朝食の後は魔法の実験。 しかし、いつも思うが腑に落ちない事がある」
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/    「この世界でのエネルギー保存則はどうなってるんだろう?」
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i |    「光や炎をバンバン出してるのに――」
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、いつものようにオプーナ帝の手記を読み進めていたその時……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

256システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:28:30 ID:fXRyUqBk0

                     . - ─ -  .、_
                  , "´         / ̄`ヽ、
                / , '⌒ヽ               ` 、
               /  /                         `ヽ、
               ,'  /         ! .|  |!    ヽ .i ヽ:ヽ ヽ  ヽ
               ,'   /    /  /  i! .jヽ   |; ト  i  :',  ヽ ヘ
                  ;.  /    /___/_|__ハ / |    |! ! ∨!  :i   ヘ ヘ
                  / / ,     | / ,/∠ニム゙ヽ|   /斗‐廾  :ト、  ':, ',
             /  | /    l /ィ゙イ云ハ`ヽ !  ./イ云jヾ∨:/∧   ; i
.               /  :| ハ、   { リ〈 {:::::;;;:i   / ./ {::;;;:} 》 ∨ :∧   ! !|
.         /    リ { ヽ ヽ八 、,V辷ソ //  、Vシ  /  :  :l;.   | リ
         / ,.イ ./   \\ヘ.`\     ′   ヽ  ̄` ∧ ∧ :!!   !
          //  | ./!  /   ゝ、 ヽ、        ′   ハ∨ ! /'| :/
.         !/  |/| ./   γヽ}`ヾゝ       r‐ ュ     ハ、リ  j/ |/      あ……少々お待ち下さい、イカヅチの御子よ。
.         ′     ! ∧ |、 {{ }}             .イ!`ヽ`ヽ  /′
               ヽ! ヽ!ヘ!ヘ..久  > 、       ,. <{_ノ`ヽi  }            「翻訳」できない単語がありました。
                 ,.イヽ `ヽ、,,,,,,,>,ー<ノ八⌒  リ
              ,. イ   | ヘ へ `ヽ;;/zト.`ヽ、                「えねるぎーほぞんそく」とは、一体何なのでしょうか?
            . <     |  ヘ ヽ ,> /⌒ヽi:::.  \` ー―- 、__,,,,_
       ..  <            |    ヘ   ∧::::::/ヽ:::..  \   // ̄)_)> 、、
    /´                 |    !ヘ./  l::::::', l:::::.    〉 (,ノ(.._と´__  ̄ ヽ
    ,'               \   | 、ヘ  |::::::::', l:::::::..、,/   (⌒ヽヘ   `丁  ヽ
    ,'          ヽ           \,| ';::ヘ |::::::::::',!:::::::::!、`\   `ヽ  ̄`ヽ j   ヽ___
   ,'           ヘ   |       /   ';:::ヘ<⌒ヽ!::::::::ハ.   \   ヽ、    i     ヾ∧
  ;           ヘ |      /    ';、:::ヘ::::::::l:::::/::::ハ    |   |> 、 ヽ    / .∧
  !              ∨     ヘ      ';\:ヘ:::::l:::/::::::::ハ   |   | / `ヽ   /  ∧
  !               i!     ヘ.       '/:::\ヘj/:::\::::ハ  |   | /   〉/     .∧  カリカリ……ピタッ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ヴォルケンリッターさんから、「待った」がかかったお。

  あぁ、ファンタジアースにはエネルギー保存則の概念が無いのかお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

257システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:29:28 ID:fXRyUqBk0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ     ……ふぅむ、ヴォルケンリッターさんは
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/     アトムの概念の事は知ってるかお?
 /  (丶_//// \




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ    女王陛下から聞き及び、概要だけは。
              リ \八   __       /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \   `       ノノゝ.イ ハl\ | \ !     我々の体も水も大気も、全ては細かい粒子から出来ていると。
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\          俄かには信じがたい事ですが、御子が言う事なら本当なのでしょう。
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  半信半疑だけど、話は通ってると。

  うん、まぁそれで良いお。 とりあえずの要点を説明するだけだから。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

258システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:30:58 ID:fXRyUqBk0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      よっし、じゃあ講義と行こうかお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     え〜、エネルギー保存則というのは、ある種類のエネルギーを
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      また別のエネルギーに変換した場合でも、そのエネルギー総量は変化しないという――
  \ /___ /




                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨久三ミヘ:/ 彡三ミ !   / ! ',         ……? …………??
                 ! / | ∧ヾヽ\辻;;ソ   .辻;;ソ/  イ /  ' ,
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ      ∠ /イ/     ヽ       も、申し訳ありませんが、御子のお言葉は
                     ソ i○ヘ u.    ′   /○!′      \
                  __ ノ   レ′ ヘ  ´ ̄` イ         イ   ハ!     私のような浅学非才の者にとっては高等過ぎるようで……
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ        そもそも、「えねるぎー」が何なのかすら分かりません。
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  あ、いっけね……ついつい、面倒くさい言葉を使っちまったお。

  教授も言ってたのになぁ。

  「難しい言葉で専門家に説明するのは簡単です。
   素人に噛み砕いて説明できてこそ、その分野を理解しきっていると言えます」って。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

259システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:32:28 ID:fXRyUqBk0

             ____
           /   ― \       ごめんごめん、えーっとね……エネルギーってのは
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |    「仕事をする力」を指すんだお。
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |    光ったり、熱を出したり、物を動かしたり……etc
         , へ、      _/
            |          ^ヽ      それら全てがエネルギーだお。
            |      1   |




         ↓運動エネルギーを使って動かす           ↓音エネルギーを放出する
                 _ _lll_
                 / ソ'`ヾ==                         / ̄ ̄ ̄\
                 | ‖,ゝヾ、_                         /  ヾゝ   `ー‐´ ̄\
        .| ̄`ー 、_.| ヾ〆 \ `                    |    幵  .....:.:.:.:.:::::::::::)___________,,仆f,t,t,r、
         .| ̄ ̄ ̄ ヾ//                            |  〔三〔〕三三三三三三三三三三三三三三三三三三≒≒≒|〕
          .|::::::::::::::::::/'//          ≡三三≡        |  〆幵::::::::::       ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾノ⌒ゝノ
          .|::::::::::::::::/./ハ           // ______  ', ゚。゚::::::::::::: ,─、__/
       .,,,,二二≡'//\\         /へ〆,====ミヽ/、. .\___/
     ., ヘ"=====/ミヽ ヽ \       // ,ゝ\-'´ ̄ ̄ `./\\
    .//      // ヾヾ ヽ. \__    ///"/ ' \    /  ヾヽ
.   ,'/        //   ヾヽ \_  ̄`==y///,'    \  /    ヾヽ
  . l'l'       , ソ    ll |  ヾ、 , -//ul ll―――‐‐ゝ‐/、    l|''
  . |.|      ◎     |.|''    ,ヘゝ.=l l======◎┐   l'l|
   l l            l./     ヾ__||_ヾヽ―‐''''''''" | |"    //
   .ヾl           //       ||  ̄ヾヽ       | |   , /
    .\、_       ,/          |||    \ヽ_    / |  ,,,/
      .ー=====‐"               `ー====.|=="


    ↓光エネルギーで照らし出す             ↓熱エネルギーで燃やす
                                          ,'
       l l.    //                         (:'
       l l   //                       ',  ))
      >' ´ ̄`ヽ、                            }  /(
     V      ! ニニ                       ,' ノし': :ヽ
     .! ./γ)  ,'                          ((,イ: :  :: :V)
     .!X.. __/  ノ                           、ゝ: :   : :(ノ}
.     X丶-/''' ´                           ヽ: :: :i  : :: :/
    .`ー '                            ゝ;:; !:;从;ノ
                                    | ̄ ̄ ̄┝■■■
                                   | ┃┃.│■■
                                    |──────┐
                                    |      |    │
                                    |      |    │
                                    |      |    │

260システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:33:36 ID:fXRyUqBk0

         _         __
          / ヽ ̄ ̄`\´ ヘ
       /      i ヽ  \
       !|   ヽ   i |  ! l  ヘ \
      i i    ソl/Wヽ/|∧ノリ ゝヘ
       i iヽ  从 ●    ● | .lヽ|      はぁ……では、私が魔法で火を出したりする力も
      /  ○⊂⊃ 、_,、_, ⊂l∨
     ハ i⌒ヽ ゝ  (_.ノ ∠i|__/⌒)     「エネルギー」なのでしょうか?
     {ゝゝ|ヽ__/ヽ>、 __, イ ゝ .ヽ/
         |    //:只:ヘ\   ヘ
        ゝ_ッ / .|:〈;;;〉::| ヘ >/




                         ____
                       /      \
                      /─    ─  \
                    / (●)  (●)   \    そうなるお。
                    |    (__人__)      |
                    \   ⊂ ヽ∩     <    やる夫が学んでた「電気」だって、エネルギーの一種なんだお。
                      |  |  '、_ \ /  )
                      |  |__\  “  /    ありとあらゆる所にエネルギーって奴は存在するんだお。
                      \ ___\_/

261システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:34:29 ID:fXRyUqBk0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨久三ミヘ:/ 彡三ミ !   / ! ',        動く事も、光る事も、燃やす事も……
                 ! / | ∧ヾヽ\辻;;ソ   .辻;;ソ/  イ /  ' ,
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ      ∠ /イ/     ヽ      「仕事をする力」とは「周囲に影響を及ぼす力」
                     ソ i○ヘ     __`__   /○!′      \
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ         イ   ハ!    と言い換える事もできるのでしょうか?
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',




         ____
       /      \       (美国といい、この世界の人達は飲み込み早いなぁ……)
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     その認識でも問題ねーお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      で、このエネルギーって奴は便利な性質を持っててお?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     あるエネルギーが、全く別の種類のエネルギーにアッサリと形を変えるんだお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

262システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:35:59 ID:fXRyUqBk0

              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i :|斗匕!  7≧トL.._!`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ    ……?
              リ \八   __       /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \   `       ノノゝ.イ ハl\ | \ !     申し訳ありません、今ひとつイメージが掴めません。
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    あ、あー、そうだねー……
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/    よし、今から例え話を使って説明するお。
 /  (丶_//// \

263名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:36:05 ID:taTwzG9M0
やる夫の説明はわかりやすいけれど
それ以上に飲み込み早いわな

俺だったら「仕事?業務のこと?」ってなりそうw

264システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:36:58 ID:fXRyUqBk0

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          「そうだお……まず、太陽が空に浮かんでるお?」
               ─( ゚ ∀ ゚ )< さいたまさいたま!
                 \_/   \_________          「この太陽、一体どんなエネルギーを持ってると思うお?」
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< さいたまさいたまさいたま!    「えっと……先ほどの例から考えると」
さいたま〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |                      「光エネルギーと熱エネルギーでしょうか?」
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /

265名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:37:49 ID:TtX9ZgDw0
まあ説明してる相手が知的階層のエリートだろうから飲み込み早いのは納得

266システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:37:59 ID:fXRyUqBk0

  !、.:::::::::....,,........::.......;;;;;;;;.........;;;;........::::::::::::::........;;;;.........;;;;;;;;.......::........,,....:::::::::.ノ
(::::::::....;;;;.....:......  ::";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ノ::::.....::::....;;;;;;;;゛::  ......:.....;;;;....::::::::)
 ノ:::::::::......... ,..::::. ..........:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::.......... .::::.., .........:::::::::ノ
  ソ''r....:........::::....::....;;;;;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;;;;;;....::....::::........:....r''ソ
 jWw.....;;;;...........゙i゙''';:,ノ.y;wリ゙W゛jリ从jwwj从リj"W゙リw;y.ノ,:;'''゙/...........;;;;.....wWj
 ~''r::::::....;;;;;;;;;;;;;,.,!、i;:''::゙i........ト ;i:iii;::iii::iiiiii::;iii:i;wj从リjイ/::'':;iノ,.,;;;;;;;;;;;;;....::::::r''~
  ``Wj゙ハ'w,.......,,...゙i:;i::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:''::;;:;;:;;::'':;ii;;;.. | .)ヾ゙.::i;:/...,,.......,w'バjW´`
     ソ:リハw;::;;;j;;;;wi゙i;iiii;:ソ,゙゙゙:;i;:゙゙゙゙::iiii::゙゙゙゙:;i;:゙゙゙,ソ:;iiii;/iw;;;;j;;;::;wハリ:ソ
       ``Wj゙ハ'w,゙i:i;;i ;;゙゙゙:;;;;::.;;::;;;::;;;::;;.::;;;;:゙゙゙;; i;;i:/,w'バjW´`    「はい、正解だお」
              ゙i;ii:ii:;i::.゙;;゙゙..;i;::::;i;..゙゙;;゙.::i;:ii:ii;/
              ''r゙゙゙''';:,;;.:;:.:;ii;;ii;:.:;:.;;,:;'''゙゙゙r''           「でもって、日差しが地上の樹木に降り注ぐ事で」
               |;;;;..:;;;::゙゙゙... :: ...゙゙゙::;;;:..ヾ|
                |. :;ii;::.゙゙,゙゙::;ii;;ii;::゙゙,゙゙.::;ii;:.|            「植物の成長が促進される……」
               |.ii゙:;''゙;.:ii.;::;i_i;::;.ii:.; ヾii.;;|、
               ,〉;.li;;;::.;ii;.. ; ;; ; ..;ii;.::;il.;|l            「成長のための、【化学エネルギーに変換されてる】訳だお」
               `l゙゙゙゙, ; i;,,;ii;;iiii;,,;i i;::゙゙,; ,゙〈
               .ノ;;゙゙゙:;i;;;i::iii;;i;;i;;iii::i;;;i;:゙゙゙;;ヾ.            「あ、化学エネルギーって言って分かるかお?」
            ..,ヽ ;ヘ..::i;i;;;;;;iiノ;;ii;;ノiiii;;;;;;i;i::..ヘ; ヽ,..

267名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:38:53 ID:qCVbbv8.0
>>263
そりゃ相当頭良くないと担当者にはなれんだろう

268システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:38:58 ID:fXRyUqBk0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i        「化学エネルギー」は良く分かりませんが……
                |/ l  ,.イ リ、 ∨久三ミヘ:/ 彡三ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\辻;;ソ   .辻;;ソ/  イ /  ' ,      太陽光が燦々と降り注いで
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ      ∠ /イ/     ヽ
                     ソ i○ヘ     __`__   /○!′      \    植物が良く成長する事は理解できます。
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ         イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ.      つまり、光エネルギーが植物の成長に
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,   転嫁されているのですか?
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',




               ____
             /       \      グッド! その考え方で間違ってねーお!
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \   (本っ当に吸収早ぇお……)
            l    ⌒(__人__)⌒    l        ミコ
          \     `⌒´     /   (まぁ、国賓の対応を任されるぐらいの人だもんなぁ)
          /              \

269システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:40:27 ID:fXRyUqBk0

       ____
     /⌒  ⌒\      で、植物が成長したら当然実を付けるお。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    その木の実をやる夫が取って食っちまったんだけど……
  |    。`,⌒゚:j´      |
  \γ⌒/■)' ←木の実    この場合、エネルギーはどうなると思うお?
   ( ^ノ ̄      ヽ




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ     光エネルギーが植物の成長に使われ
              リ \八   __,     /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \        ノノゝ.イ ハl\ | \ !     その植物が実らせた物を御子が食したとなると……
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\.           太陽→植物→木の実→御子 という順を辿り
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \        エネルギーは御子に蓄積されるのでしょうか?
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |

270システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:41:59 ID:fXRyUqBk0

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    その通り! このポヨンポヨンのお腹には
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |      他の生物から摂取したエネルギーが溜め込まれてるんだお!
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \      ……で、ただ貯蓄しとくのも何だから
/  /\           ヽ
 /   \          ノ     やる夫も体を動かす事にするお。
U      ヽ        ノ

271システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:42:58 ID:fXRyUqBk0

                     ____
                 /     \
               /  ⌒  ⌒ \
              /   (●) (●) \     こうして……ホイッと、高い所に移動したお。
              |     (__人__)   |
              \_    `⌒´  _/
             /          ヽ(っ )
            / /|        | / /
           ( と)  |  ___/⌒)|ヽ__ノ
                ヽ/ __(_/ |
                 ヽ_/   |
       ///        /  /
                  く  /
  ヽ ノ             (_/  <ピョーン!
ヽ\   /




                  -  - 、
                  / (≡ ≡)ヽ
                  (ヽ (_人_)/^)     この時、エネルギーがどんな推移をしてるかは分かるかお?
              ヽ     /
.                |      |
              .し    J <スチャッ
              [ 調子 ]
               [ 図 ]
              [ 尻馬 ]
               [ 波 ]

272システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:43:59 ID:fXRyUqBk0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨久三ミヘ:/ r==ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\辻;;ソ   .辻;;ソ/  イ /  ' ,       ん、んー……?
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ      ∠ /イ/    ヽ
                     ソ i○ヘ      ′   /○!′      \     御子の体に溜まっていたエネルギーを
                  __ ノ   レ′ ヘ  ´ ̄` イ         イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }.    運動するためのエネルギーに変換して……
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,    申し訳ありません、そこから先が分かりません。
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',




                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \       うんにゃ、そこまで分かってりゃ十分だお。
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \     正解は「位置エネルギー」だお。
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/     高い場所にある物は、それだけでエネルギーを持ってるんだお。
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ

273システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:44:58 ID:fXRyUqBk0

              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ     ただそこにあるだけで、ですか?
              リ \八   __       /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \   `       ノノゝ.イ ハl\ | \ !
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |




     ____
   /      \        うん、そうなんだお。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     高い所から物を落とすと、相応の衝撃があるお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     これは、位置エネルギーが運動エネルギーに転嫁されて
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      最後には衝撃になってるって事だお。
  \ /___ /

274システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:45:58 ID:fXRyUqBk0

                        ____
                    /     \
                  /  ⌒  ⌒ \
                 /   (●) (●) \    だから、やる夫がこうして高い所から飛び降りたら――
                 |     (__人__)   |
                 \_    `⌒´  _/
                 /         ヽ
                  |   |       | |
                 \  \      | |
                  | (JJJ)     | |
                   ヽ  ̄ ̄\  ̄ ̄\
         /           ̄\  v⌒)\  v⌒)
          /            ヽ_/   ヽ_/  <ピョーン
           /
  ヽ ノ
ヽ\   /






                                                     i^ヽ
                                                 ノ .|
                                             _____   / ./
                                           / ー  ー\. /. /
                                          / ( ●) ( ●) /
                                        /     (__人__) \
                                        |       ` ⌒´   |    足に運動エネルギーが集まって
                            <\_______\            /
                             ヽ_______,_\______/     衝撃となって返ってくるんだお。
                                        /      /
                                        /     /
                                       /     /
                                 rー、   {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                 | ヽ \ / ヽー―─―/  /
                                 匕iヽ, /  ./    /. /
                                    ヽ、_./      / /
                                            / ヽ,
                                            ヽ、__つ  <ズタン!

275システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:46:59 ID:fXRyUqBk0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨久三ミヘ:/ 彡三ミ !   / ! ',        ふむふむ、興味深いお話です。
                 ! / | ∧ヾヽ\辻;;ソ   .辻;;ソ/  イ /  ' ,
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ      ∠ /イ/     ヽ.      しかし、そうなると今度は御子の足に集まった
                     ソ i○ヘ     __`__   /○!′      \
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ         イ   ハ!    運動エネルギーはどうなったのでしょう?
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、       ずっと足に留まり続ける訳ではありませんよね?
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ    それだと、延々と足が痺れ続けますから。
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',




         ____
       /      \
      / ─    ─ \      うん、これは「熱エネルギー」に変換されてるお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     摩擦やら振動やらに伴って、運動エネルギーが熱エネルギーに変換されて
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      大気中に拡散されて行くんだお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |      (この延長線上にエントロピー増大則(※)があるけど……今は良いかお)
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ※自然は常に、「秩序(片付いている)→無秩序(散らかっている)」
    へ向かうという法則。

    コップの水に墨汁を落とすと、墨汁はドンドン広がって行き
    最終的には完全に水と混ざり合う。

    これを、「エントロピーが増大した」と表現する。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

276名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 16:48:42 ID:SliqAy.Y0
やる夫かわいいなw
気持ちはよう分かるw

277システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:48:58 ID:fXRyUqBk0

       ___
     /   ヽ、_ \       高い場所から飛び降りた場合に限った話じゃないけど
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \     大抵のエネルギーの行き着く先は、熱エネルギーだお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /.    やる夫の師事していた教授は、「エネルギーのゴミ箱」って表現してたっけなぁ。
     ゝ  ノ
   /   /

278システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:49:59 ID:fXRyUqBk0

                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )     まぁ、結局何が言いたいかと言うと……
              / ―   ―  \   .〉  ,.く
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ     あらゆるエネルギーは、今の例え話みたいに
              |   (__人__)      |   /  ヾ
             \    ヽノ      / /  ! i    クルクルと循環していくんだお。
                   \_          <、   〃ノ
              /       ,.-、   _, -` く '"
                 /   |       (`   ̄     〉      光エネルギー→化学エネルギー→運動エネルギー→位置エネルギー→熱エネルギー
                !  <|       ヽ、__,.― --―'
             \_ ヽ''^ヽ      |          って具合にね。
                `ヽ、_ン′       |




                               _ .................. _
                           . ´          ` 、
                     , へ /          _..._  \
                      /   ` ー           ´   \: :
                     ノ    :/              !   l :i
                    / :/´ j.:/  :i.| .:!    | ! || i l :l
                / /:/  ,' :|  i |:|__|__i   _|__|∧| .:| l. ∧
                  | ./:/  / j| ィ升∨?、   ?厂?!〉从 ∧
                  |/! | i/! ハ  ?ィfテ圷∨i?伝心?ノi八  \
                 ! ? ! | :从ヘ、:Ki!:::刈 `ソ 比::::i!ノ/i/从\ヾヽ     ふむ、そうなると段々「エネルギー保存則」についても
                    ヽ?∨八? ト弋zり    弋zりイ:イ ハj`ヾi丿
                       ハ从从iヘ     、      从乂   ;  Y      何となく見当が付いて来ました。
                       メ、ハルУ i\   V_7   /\   .:′ }
                       /      /   l:ヘ >  __ .イ   /  /   /      その、エネルギーが循環する過程を考えた概念でしょうか?
                   / _   /    l:::ヘ  \_/ l | <  i :/   /
                     /´   `ヽヘ `> l:::::ヘ  .小 l l:   〉l/   /
                    ノ       Y:´   l:::::::ヘ/ l::l l l:   /i/   /
                  j        ハ.   l、:::::::ヘ,j::i,l/:  /Z}   :′
               i     // ∧  l::\::::ヘ::/ /  '  /
                   ノ   ,/ /  .:ヘ. ,'::::::/ヽ:://  , '   :/
                 /      /     :j/ ::::: ヽ:://: : /   /

279システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:51:29 ID:fXRyUqBk0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \          カンが良いお、その通り。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃     エネルギー保存則ってのはつまり、さっき言ったような循環において
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /       【別のエネルギーに姿を変える前と後でも、その総和は変わらない】
  \ /      /\/
    \       \           という性質を指すんだお。
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ    なるほど、だからオプーナ帝の手記に
              リ \八   __,     /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \        ノノゝ.イ ハl\ | \ !     魔法への疑問と共にあったのですね。
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\          「何もない場所から光や炎を出しているけど」
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \       「その分のエネルギーはどこから来たんだ?」と。
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |

280システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:52:58 ID:fXRyUqBk0

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\      そういう事だお、よくできました!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |    ……というか、やる夫も割と疑問なんだけど。
     /           l、E ノ
   /            | |     どうして、何も無い場所から光や炎が出てくるんだお?
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ




                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨r==ミヘ:/ r==ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\    、     ノ イ /  ' ,      それは、大気中にあるマナや
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ ┌‐┐ ∠ /イ/    ヽ
                     ソ i○ヘ    ヽ ノ    /○!′      \   個人が持つオドを使っているからですね!
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ      イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }  いわゆる、一般的に「魔力」と呼ばれる存在です。
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',

281システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:54:28 ID:fXRyUqBk0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \     あー……今ので何となく理解できたお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    今言ったような「魔力」を使って、魔法を発現させてるんだお?
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \    魔力が持つエネルギーを、光エネルギーや熱エネルギーに変えてると。




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \      素晴らしい理解力ですね、流石は御子です!
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ
              リ \八  ____      /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \ `ー ´       ノノゝ.イ ハl\ | \ !      ええ、今御子がおっしゃったように
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\           魔力はあらゆるエネルギーの元となる存在。
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \        魔法陣に刻まれた、この世界の共通語を通す事で
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',.     人々にとって、扱いやすく都合の良い形に変換されるのです。
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |

282システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:55:59 ID:fXRyUqBk0

             /    ,            '´  トヽ
             //   /  /            l  \
           //′,  / , / / /   _/   i     ヽ  ヽ
.          ///  / / / / j. '   / |  j|      ',  i
         レ'/  イ i / l _,弍┤   / '─< _ ,イ  、  l   |
            i  /|| j | ィく. |!ヘ ト  f' // ' //ヾl  |  !  j
            | i !! N | ヾ  ヽ\!´    '´   j  j  |  |
            | ! ヘ. ト ゝ! ,.r==     == 、 // ,イ! l │       これまでにファンタジアースに来た御子の方々は
          ヽ|  ヽヘ l    ,       ノ/ / / イ   l
               /  \j            ´‐' ソ'/ノ  ハ       皆例外なく、卓越した魔法の素質をお持ちでした。
            /    ゝ   ーー      ,ィ、彡'     '、
           /.イ,     ヘ          / f'こY     ヽ
         ////|  l    ` 、     , '´   ト=イ   、  ト ヽ     宜しければ、イカヅチの御子も魔法を学ばれますか?
           {'  { | ヘ /       ┬ ¨´  _,_, 斗  }  iトヘ !ヘ i
             ヾ ヾ 、 _, . .ソ´``´``´`´´       ノ丶 イハ`-ゝリ
             , r‐'´´  `f、           ,f    ̄ `丶/_
            /         `j、_,      ,.-'          ヽ
          /            ``´``´`´
            /




..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)      あー、魔法かー、興味はあるけど……
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     今はまだ良いお、ダラダラして過ごしたいし。
.  \           /
.   ノ         \      暇でしょうがなくなったら、またお願いするお。
 /´            ヽ

283システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:56:59 ID:fXRyUqBk0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨r==ミヘ:/ r==ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\    、     ノ イ /  ' ,       かしこまりました。
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ ┌‐┐ ∠ /イ/    ヽ
                     ソ i○ヘ    ヽ ノ    /○!′      \    それでは、手記に解読に戻りましょうか。
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ      イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }   解読された、貴重な知識や実験記録を前に
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ      研究班が、毎日のように嬉しい悲鳴をあげています!
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',




        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ    ラージャ、えーっと……
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/    「まぁ、エネルギー保存則については追々考えよう」
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i |   「今日の実験は、攻撃魔法の範囲を絞り代わりに威力を――」
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  まぁ、こんな感じで毎日解読を続けてるお。

  時々横道に逸れつつも、わりかし順調に進められているお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

284システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:57:21 ID:fXRyUqBk0

誤字訂正


                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨r==ミヘ:/ r==ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\    、     ノ イ /  ' ,       かしこまりました。
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ ┌‐┐ ∠ /イ/    ヽ
                     ソ i○ヘ    ヽ ノ    /○!′      \    それでは、手記の解読に戻りましょうか。
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ      イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }   解読された、貴重な知識や実験記録を前に
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ      研究班が、毎日のように嬉しい悲鳴をあげています!
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',




        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ    ラージャ、えーっと……
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/    「まぁ、エネルギー保存則については追々考えよう」
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i |   「今日の実験は、攻撃魔法の範囲を絞り代わりに威力を――」
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  まぁ、こんな感じで毎日解読を続けてるお。

  時々横道に逸れつつも、わりかし順調に進められているお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

285システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:58:28 ID:fXRyUqBk0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

286システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:58:58 ID:fXRyUqBk0










        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ    「――になった。 これで今日はおしまい、お休みなさい」
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/    ……っと。
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i |
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \  キュッキュッ
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

287システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 16:59:28 ID:fXRyUqBk0

           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ    これで、今日のノルマは終わりかお?
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)           (,,)_
    /  |  早くだらけたい |  \
  /    |__________」   \




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ     はい、お疲れ様でした!
              リ \八  ____      /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \ `ー ´       ノノゝ.イ ハl\ | \ !
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\           今日もお力添え頂き、ありがとうございました。
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \        これで、この世界の文化がまた一歩前進したでしょう。
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |

288システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:00:28 ID:fXRyUqBk0

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____        どういたしまして!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\      さーて、午後からは城下町に繰り出すお!
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /




                               _ .................. _
                           . ´          ` 、
                     , へ /          _..._  \
                      /   ` ー           ´   \: :
                     ノ    :/              !   l :i
                    / :/´ j.:/  :i.| .:!    | ! || i l :l
                / /:/  ,' :|  i |:|__|__i   _|__|∧| .:| l. ∧
                  | ./:/  / j| ィ升∨?、   ?厂?!〉从 ∧
                  |/! | i/! ハ  ?ィfテ圷∨i?伝心?ノi八  \
                 ! ? ! | :从ヘ、:Ki!:::刈 `ソ 比::::i!ノ/i/从\ヾヽ
                    ヽ?∨八? ト弋zり    弋zりイ:イ ハj`ヾi丿    かしこまりました、お出かけの準備と
                       ハ从从iヘ     、      从乂   ;  Y
                       メ、ハルУ i\   V_7   /\   .:′ }     関係各所への下知をして参ります。
                       /      /   l:ヘ >  __ .イ   /  /   /
                   / _   /    l:::ヘ  \_/ l | <  i :/   /      格好は、その……いつもの衣装で?
                     /´   `ヽヘ `> l:::::ヘ  .小 l l:   〉l/   /
                    ノ       Y:´   l:::::::ヘ/ l::l l l:   /i/   /
                  j        ハ.   l、:::::::ヘ,j::i,l/:  /Z}   :′
               i     // ∧  l::\::::ヘ::/ /  '  /
                   ノ   ,/ /  .:ヘ. ,'::::::/ヽ:://  , '   :/
                 /      /     :j/ ::::: ヽ:://: : /   /

289システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:01:27 ID:fXRyUqBk0

            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /   ヾ       ヽ     うん、こんな風にフードを被るだけで良いお。
     / |/(●)   \      ヽ
     { 〈  (__人__)  >  /  イ     御子だとバレるのは面倒があるだろうけど、この程度の変装で十分だお。
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ.      前に用意してもらったアレは、ちょっとねぇ……
      ん_ = ー三 イ、__─\




                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨久三ミヘ:/ 彡三ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\辻;;ソ   .辻;;ソ/  イ /  ' ,
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ      ∠ /イ/     ヽ
                     ソ i○ヘ      ′   /○!′      \     そうでしょうか?
                  __ ノ   レ′ ヘ  ´ ̄` イ         イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }     御子の威を示すためには、もっと……
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',

290名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:02:27 ID:qCVbbv8.0
一月ぐらい翻訳したら後はわからない単語聞くだけで済みそうだな

291システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:02:28 ID:fXRyUqBk0

                     )i☆i(
               ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
               |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
               |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|
               |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
               ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙
              /  ⌒     ⌒ \
             /   (●)    (●)  .\       「いやいや、シャマルが最初に用意したの」
             |      (__人__)     |
             \      ` ⌒´      /       「こんなんだったじゃないかお」
            f~~r 、''''‐-: ''''~~"~ ""~~~,,,,{,
      _,,,,,,_    /,ィ〔/T‐ェ',     ''''' ~~   ヽ       「御子だと明かすのは、もてなす側の最低限の人員だけで良いから」
   ,.'''~   ゙i ~~''t-'7:::i' ! !::::::::~''- .,         -‐く
   i   , t-l   l::/:::::l l l:::::::::::::::::::゙i' - .,_     `i
   i゙''''f l::::l    l/::::::;l ll l:::::::::::::::::::;!:::::::::::~ ''''''‐-t-'      「服飾職人の、渾身の一作だったのですが……」
   l_l l::::!   /::::::::l l l l::::::::::::::::ゝ:;:::::::::::::::::::::::::゙i
 /  \:::l.  /:::::::〔,,,l:l,,,〕:::::::::::::゙!~ ~'- 、:::::::::::::::〈       「ですが、御子の御意向とあらば仕方がありません」
.."''t---f''゙!::!  ./::::::::::::::i:i:::::::::::::::::r.'    ヽ;:::::::::::::ヽ
  〈   〉.l::l.  ,!:::::::::::::::l::l:::::::::::::::::゙t:..、     ~''‐-- 'i      「ただ、タリスマンだけは肌身離さないよう、お願い申し上げます」
  l---l ゙',.=く:::::::::::::::::l:::l:::::::::::;;: -!  ヽ,        ヽ
    ̄ r::'":::::::ヽ;::::::::::;;l;;;;l. ァ ''/ .r゙;..,,,.ノ::ヽ,       ゙:,
      ヾ:;;;;;;;::;;: ‐'' "   i  i‐ァ ,!r'''''' '' - 'ヽ.,     ,,. t'
    ,,. -'''"__゙' ‐---‐‐''"__,」:l,,,!l;         ヽ;::~'''''''~:::::::゙;,
    ゙'''''''''" ゙''‐----‐''"     ゙''‐---‐''" ゙''‐---‐''

292システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:03:28 ID:fXRyUqBk0

        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i-──--、   ヽ
      /   /(●)  (●ト、  ヽ    ああ、「絶対防御のタリスマン」ね。
    /   |   (__人__)  \   〉
    |   、 k  `⌒ ´   /  /    そんなに凄い物なのかお、これ?
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ




            °               °
            ゚o                。°
            6           ∂
             %         。°
                    ゚ o 。r:ハ:ォ。o °
                      〈 .i i. 〉   ...l
                .ゝィ┴'‐メ.、 - + -
               〈:..゚ゝ'、.ノゞ.:〉  . l
            l  ......:::. .个.:::.:;′
             .- + -  ゛、.:: l.::::;
            l      .ヽ.i;:イ

293システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:04:29 ID:fXRyUqBk0

              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ     はい、オプーナ帝の遺産の一つであり
              リ \八  ____      /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \ `ー ´       ノノゝ.イ ハl\ | \ !      今の魔法技術者達では作れない……所謂、オーパーツです。
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\           大国である、我がウォハム王国においても
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \        御子と女王陛下以外では、所有者はおりません。
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ    ふーん……?
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /    (ぶっちゃけ、修学旅行の土産屋で売ってた)
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ   (やっすいペンダントと見分けが付かねーお)
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

294システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:05:35 ID:fXRyUqBk0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |        その名の通り、所有者を絶対に守り抜くタリスマンです。
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨/  ヾヘ:/  レハリ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\___,,   、__,, /  イ /  ' ,      木、石、鉄、骨、毒、乾いた物、湿った物。
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ ̄     ̄∠/イ/    ヽ
                     ソ i○ヘ     __`__   /○!′      \    尖った物、打ち砕く物、魔法そのもの、魔法によって作り出された物。
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ         イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }   そのいずれによっても、所有者を傷つける事ができなくなります。
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,    睦事に及ぶ場合でも、コレだけは付けたままでいて下さい。
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',




        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i-──--、   ヽ
      /   /(●)  (●ト、  ヽ     (何度聞いても、半信半疑だお)
    /   |   (__人__)  \   〉
    |   、 k  `⌒ ´   /  /     (この世界で危険に立った事なんて無いし)
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ     これがねぇ……まぁ、付けろってんなら付けるけどね。
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

295システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:06:58 ID:fXRyUqBk0

        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ    まぁ良いお、昼の間に準備を整えて……
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /    午後からは、最高級娼館で獣人のおにゃのことニャンニャンできるお。
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',         ……はい、かしこまりました。
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、      ですが、私も護衛に着いて行きますよ?
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ
              リ \八   __       /(: : : ) トヽ  ト、\`}     相手の魔法陣に書いてある
                \   `       ノノゝ.イ ハl\ | \ !
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ     「文字を読み解いてからカウンターを食らわせる」
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\
                   i //イレヘ < > /:/  i    \          という、予知能力じみた戦闘ができる女王陛下と違い
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、    御子ご自身には、戦闘能力が無いのですから。
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |

296システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:07:58 ID:fXRyUqBk0

            __
         / ̄´   `\         それは……まぁ、しょうがねぇお。
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ      あ、エネルギー保存の法則で思い出したお。
      /   /   ヾ       ヽ.
     / |/(●)   \      ヽ    ついでに手回し発電機と豆電球も持って行くお。
     { 〈  (__人__)  >  /  イ
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´     おにゃのこ達に、「今度、御子様のお力を見せて下さい ♥」って頼まれてたし。
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\     まぁ、手品代わりにゃなるお。

297名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:08:01 ID:qCVbbv8.0
フラグwww泡で殴り殺されそうw

298システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:08:58 ID:fXRyUqBk0

                   ___
                   / ノ   、 ヽ
                 / ̄     ヽ ヽ
               / 三三    三三 ',      日本語を読むだけで、後はひたすら遊んで暮らせる……
                  /::::::⌒ (__人__) ⌒::::',         ファンタジアース
              {      |   |     j     全く、この異世界は楽園だお!
               \   _`ー ´_ __ノ
            r<>==/7//≧≦///7==<>,
            !//ヾ三三シ´  ヾ三三三シ´//!
              l////≧''´     `==!´/////!
                l/////          ∨////j
              l////            !////ij
            !///{             !////
            ∨//i            }///
             ヾ/∧           _ノ//
               `7 /ーーー-‐ヽ ヾ=´
                !/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \!

299システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:09:57 ID:fXRyUqBk0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !










ウォハム王国城下町 〜最高級の娼館〜


              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

300システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:10:27 ID:fXRyUqBk0

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     ――で、こうして取っ手をグルグルと回すと……
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




       l l.    //
       l l   //
      >' ´ ̄`ヽ、
     V      ! ニニ    「ほら、豆電球が光るんだお!」
     .! ./γ)  ,'
     .!X.. __/  ノ
.     X丶-/''' ´
    .`ー '

301システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:11:29 ID:fXRyUqBk0

            ノ:::`ヽ
       r'´:::Z< ̄`:::ー-:::ヾー─- 、
       ノ///:::::::::::::::/`::::::_:::::::::::::: ̄ヽ
   、_/:::∠ _.二 7_ =/ニ二、 \::::::::,、::::::ト、
    //::::::::::::::/:ノィ'::/:/::::::::::ヽ、二 ,、ヽ∧_:::ヽ
    //:::::::::::::/::::::::/::/!::|::::::、::::::::l:::::::::::\∧ハ_ !
.   //!::::::::::::/:::|::::/斗十ト::::::ヽ::::大トL::::|::::::::::\l
   l/|_`>- 、l::::::!:/ リ | ヽ:::::::}/  |ノ|`メ:::/::!::::::|_, --ァ
     ̄ > `Xヾ ィ==ミ  \:ト 二、 !/|:/::/::::∧--ー'彡
      > /∧ヽ、:::::::  /  ´ ::::: ` イ:::/:::://  <
        ̄/!:::弋     ′     //::/::/ノ   〈 ̄     あら、これは凄いですわね!
        |:|::::::::\  >=、ァ __ ∠ィ_´__::ト、}`゙~',
        {::\:_|__::>'´ , 、 \---------ヽ:::::::::::::}      魔法陣の展開は見えなかったのですが……
        ,>- '    ̄rー ミ  ヽr ニニ' 1  |::::::::::/
       /  __/_, ̄\ ヾ、_ |--t | |.  |:::/       一体何が起こったのでしょう?
      ヽ   ゝ-、 ヾ>  ヽ |/:}.r一l |_ 一ト= 、
       〉     〉   , -ー'::// /ニノ      ヽ
      , -─ーァーァ'  r-':::;-ー'// /7/        ',
     /   ノ:::∧  /::/ /:::ト-〈^!         }
    {  | /:::::∧_`フ:::/イ´::::::::| 「゙| |        /

  『 カルラ 』
  【 最高級娼館の娼婦 】




         / ̄ ̄ ̄\
       /  _ノ   ヽ_ \
      /   (>)  (<) \    ふっふっふ〜、これは「エネルギー保存則」により
      |  ::::::⌒(__人__)⌒:::::l
      \    |r┬-/   /    取っ手の運動エネルギーを豆電球の光エネルギーに――
.      /⌒/^ヽ、`ー'´ ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ      ,  \
     l /  /       ト   >
       ヾ_,/          |/ /
       |          |/

302システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:12:28 ID:fXRyUqBk0

   l 、_ - ; : : : : .:./: : ::/: ::l: : : : :::::::::::::::::: : : : \: : : : :ヽ
、   `ー-//: : : :://: i: :.:;l: :/l: :l: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.: l: : : : :ヽ: : : : :ヽ
ヘ\`丶、i:/: :.:.:.:/ i: :l: :.;ムl=l=lキ: :.:.:.:.:.:.:./l:. ハ: :l: : :.:.i: : : : : ハ
ヽ` \ ミ l/ヽ、__i: : l: :l'l´L.l-l 、l:lヽ: :.:.:.:.:./=l=l、l:./l: : :.:l:.:. : : : :ハ
 ヾ  \l    l:l: :l: :l<l´lひ、トヽ、ヽ: :.:.:.l  l/`l×l: : :.:.l:.:.:.: : : : :i
  ヽ  `=  l ト、:.、l l、'、_ノノ  ヽ lV '  / /: :.:.:.:l:.:.:.:. : ヘ:.:lー=フ
   ヽ、_  `テ-l| >、l`  =―'-   リ z==-、 /'l: :.:.:/__:.:.:.:._i l-'´'-
    -ニ { ./:.:.`:ヘ.      /      ``/:.:.:./ニ-―`  |ツ'´
     ,' ー ,ニl:./:.:.:A`    、        〃/、 ノ  -='´l _    「えねるぎーほぞんそく」……ですか?
    ./: : : :.:.:.l/ll:.ハl‐ヽ    ` ー ´     ノ:.´:.:ll:.l'  - ' ´  / l
    ハ: : : :.:.:,イVl  r┤\       ,  'ヽ:.:.:.:/`:.-='´   l .i    よろしければ、詳しく教えて頂けませんこと?
    l: : : :. :.:,l l ヽ、 l \  丶、_ , - 7   /l ,/、:.:._:.:l..._ _. l .l
    .l: : :.:.:.:.l \\` 、  ` iー----‐ '/   レ/ i    / ll l
    ヽ: :.:.:.l  丶`丶、`、┴−--- ┴_ '彡'  /l  r┴ 、l__,ト、
     \: :.l    `丶 、  ̄ ¨¨¨¨¨¨  ,  ' , -、`i l- 、  `>ハl
     , ' ´ヽ        ̄ ¨¨ ―― '    '-、 iノ l、  `//、ll
   , '     \               -、 i トl 、 ` /// /l
  /        ` 、            , '´i l__l H i l '、/:l




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\      オーキードーキー!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |    まずはねー……
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

303名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:12:41 ID:BLgQYNYk0
密告不可避

304名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:13:20 ID:SliqAy.Y0
だよなあ、こわいねえ

305システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:13:28 ID:fXRyUqBk0










娼館の中 〜ロビー〜


  <キャッキャ……ウフフ……


ー┴ー[__]─┴─┴─┴[__]─┴─┴─┴[__]─┴─┴─┴[__]─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||::.__
┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::.┴┴
      ||: | :||::     .[[[]]]. ..::||: | :||::    .:[[[]]]:.:.  ||: | :||::            ||: | :||::.
ニニニニニニニニ./ /|:l─l二二二l::‐─ー| ||ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
|||||||:/ //|:|           | ||||||||||||||||||
┴┴┴┴┴┴.::/ //|;;|:|,ィ──────:| ||┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
 ̄:l ̄ ̄厂 ̄:::/ //|///i┴─────‐ | || ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄:l ̄ ̄
_;|__;/____/ //| |//i┴────── | ||__;/____;;|__;/__;;|__;/__;|__;/_
  ||: | :||:  / //.::| |/i┴──────‐ | ||      ||: | :||::.: .      ||: | :||::. :.
  ||: | :||::::../ // 7|/i┴───────.:| ||      ||: | :||::.: .      ||: | :||::. :.
_||: | :||:::/ //| /:/i┴───────.::::| ||::___||: | :||:._____||: | :||:.__
Τ||: | :||/ //| l//i┴────────‐| ||::ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤ
|||: | :/ // :| l/i┴─────────| ||::|||||: | :||::|||||||: | :||::||
⊥|| [[[]]]'./:7:/i┴─────────‐[[[]]]⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥
─lニ:|| |:l/ .//r┴─────────‐..:|| |:| ──‐l二二二l:────l二二二l:──
_/_.|| |:|'//r┴──────────‐ || |:|__/___/___/___/___
_/_:|| |:|/i┴──────────‐..::::|| |:|___/___/___/___/__
_/_[[[]]]┴───────────‐‐[[[]]]_/___/___/___/___/
/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
_/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__

306名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:13:38 ID:qCVbbv8.0
なんでもエネルギー保存則ですますなwww

307名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:14:02 ID:taTwzG9M0
昔の高級娼婦ってけっこうインテリなんだったっけ

308システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:14:11 ID:fXRyUqBk0

               ∨: : : : : : : : : : :|            ヽ
                  ∧: : : : : : : : : : |                 '.
                .: ヽ== ヘ===L _               }
             /: : . .     ヽ     ̄ ¬- 、、  /
               /: ./| : : . .    \            }/
           /: ./ :|: .!: .{ ?: .    i           ' .
             |.:i.:|: .?|: . X升ヽ: .   |ヘ          ヽ、
             |.:|.:| 八 ∨リ \ \? 〉           \
            ?:| i: ト、\" ̄ `ヾ Νイ: :! i  ∨   |  :! `ヽ\    ……エネルギー保存の法則、それだけなら良いわ。
            ヽ?ヽト ソ `     リ八ヘ:?  ∨  :| :i|ヽハ! :}
            ヽ\\`ヽっ    (⌒)|ハト、 ∨. :| :リ } }     ファンタジアースの常識とも乖離していないし
                  `ヽ_ ィ: : : : :リ: : : :\Ν∧/ / /
                        ?: : : : : ;‐=ニ八ハ         むしろ、魔法の発展の手助けとなるかも知れない。
                            ? :イ: : : : : : : : : : ヘ
                        Уイ´ ̄ ̄ ̄`ヽ: : :ヘ
                          //: : : : : : : : : : : : :'; : : :',
                      //: : : : : : : : : : : : : : |: : : :;
                     ,ィУ: : : : : : : : : : : : : : :∨: : i
                      //.: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: |
                  //〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨|
                    /ヘ∨` ー─────── < }:l
                /  Y∨.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: l
                  {  八:V: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :l

309システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:14:59 ID:fXRyUqBk0

    ∨ /                                ∨ /
.     У :/                 |   l           ∨
     /    l    |   |        |   l l    /     |
      /   l    |   |  ノ     ト _l |  /    } |
   i ハ | |  斗  厂人八     :|八 l 厂 ̄     / |
   l/ |       |  ,ィ斥芋ミ     ィ笊芋ミヾ.     / /|
     |  |      〈{ {ィ::::h}  \  | {rイ:::::} k〉    /   |
       、 ト      い  辷::ッ   \| 辷:::ソ ム_彡 /  |        でも、御子が平民に対して睦言で
      X  \ \ ヽ       、        , h 人.   八
     /  ヽ.  \ ハ                 ム}}    ヽ  ヽ      何か新しい概念を吹き込んでいるというのは懸念ね。
.    /         > ぃ、    ――    イ  {{    }  | |
     ′    /  / __ }{__:_._         イ !. 「|    !  ! !      結果、魔法使い以外が知識を付けるかも知れないとなると……
.   {     /  /r勹:U. r==l>=―‐=<‐┼=ミ. U    |  | |
.   l     /  イ ] ̄ ̄ ̄l  |::::::|    |:::::|  厂 ̄ ̄ }: l _リ_     私の考えすぎかも知れない、でも――
  -―…<    !. l      l  |::::::|    |:::::|  |     |: /
/        `ヽ l !     :L__|::::::|    |:::::|  |     K

310システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:15:58 ID:fXRyUqBk0

                         \        : : : : >、、
                          ? \、、  :「!Y´::::::::::::>、、
                              V/ ?ヘ. ,イ !¨Y::::>、、:::::ヽ.
      /       /       ヽ. \、、ヽ. /j? ?:/ ; j  i:.:.:r‐、::\::::::ヘ
.     /        i    i      i   ?: ∨  _xィfテ7/ / :/  从:l :.:.l::::::::ヾ:.ハ
    /     i    |     |       |   ?/レイ⌒)゙`j/ / :/   ?::l .:.:l\::::| ヽ:.j
.   /    {   '.   iヘ.      |ヘ   }/厶Уーヘ イ l :l   j::? :.:.ト、:.∨ハ/
  //:    ∨  ∨  ?:.    ?ヘ /升つ:::::ノ"l二l  {こ二}:/ :.:ハ:.:.:.! /
  {:.     ∨  ∨  ?    ? :| :ハ `"´   l  l .:|  ::::j′.:.:{へ\j
  ∨   |    ∨  ∨  ?>=ミ?:|.:/    .....::{  {  |  ::ノ   . :?ヘヽ
.   ∨ :∧   ∨ヘ ?<,.ィて⌒) ?/   〈:::::::::::::∧           . : ?ヘ`\       ――女王陛下への報告が……必要ね。
    ∨ :∧   、_x<\,イ{::Уーヘ `\   ∨:::::::::::∧           . : ∨ヘ
.     ∨ :∧、   \ /厶乂::::::::ノ         /j:::::∧        . :'.  _.x≦三三
  ∧  ∨ :∧\    ヾ:\   ̄           ′..: ::::::∧           . :V三三三三=
  〈:.∧   \ヽ\\、、 \ミ=ー                 :::::::ハ           . :トv三三三三
  ∨: \   ヘ `\\``ミニ=ー≧....、、____....:.:.イ:::∧         . :.l ?三三三
 \:.ヽ /\ ヘ.  ! \`` <´:.:γ⌒ヽ:.:.:.:.:.:\::::::::::::::::::::::::ハ      . :l   ?三三=
    `\  ハ\ヘ |  ` ー=={.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.: \::::::::::::::::::::ハ       . : l / ?三ニ
     / /∧:.:.:.:`\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ__ ..イ:.:.:.:.{`ー=ゝ::::::::::::::/ ̄ ̄二ニ==K_   ?三=
.    {: {/:.∧ :.:∨ハ\:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:∧:.:.:\:.:.:\ /:::::ヽ:::::::/: : : : : : : : : : : : : : ` : .?三

311システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:16:28 ID:fXRyUqBk0

                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │

312システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:16:41 ID:fXRyUqBk0

┌―――――――――――――――――――――――┐
|                第二話                  |
|                                  |
|       循環するエネルギーと日本語解読         |
|                                  |
|                   完                   |
└―――――――――――――――――――――――┘

        /:/:::::::::::::::::::::`ー:::::::::::::::`ヽ、::::::::::::i::::::;\::`ヽ、
         /イ:::::::::::::::::/:/:::::;::::::::::::::::、_;イ:\:::::::l:::/ _,rー、ゝ ,.-''"
       /:/、_;::::;ィ:/:/::::/ノ`^ヽノー'^´ ヽ'ヽイ:::;::メト、:::::::ヽ_,r`´フ.:.:
     /〃L_ `'´/,ハ;:イ _ ,rv'⌒ヽへ /ヽr‐、',-、jミヽ、ィ´ _/.:._,r''
    /;イ::::::::::レ:y';イ レトv'::~::::::::i:::::::::ヽ:ヽ;、:::::Y:::::::::ヽ::\ム.:イ
    //ノ:::::::::::l::i:::|:レイハ::::::::::::::::|i::::::::__L;」__ト、:::::、:::::::ゝ、;:X/
    〃/:::::::::::::l:l::‖::;ハ‐ト、::::::::::::||ゞ‐:¬'T:!T〒ト;、ト::::::::::∨``ー
   / i:::::::::::::::イ::‖ヾf「_[_ヽ、:::::|:! ;ゝ;士ニL」_ i!:ヽi!::ヽ:::::::}
    j:::::::i::::::/!::::ハ:::::レ;キテ=;ミ、.:ト{ ヶく不二);:〉}:::}|::::i:l::::::j
    {:::::::|::::/iil:::::::ヽ:↑」j_ニソ `ヽ`  `゙ー-ゞ‐ /::/i|:::::|:l:::/   ト、j、
     !::::::|::::ii/::::::::::::::トヽ、           ,   /;;イiii|::::::|;イ::`NVハノ::ヽ   チシキタクワエチュウ!
    ';::::l:::::|{:::::::::;-‐八"''"   !      " "/´ ||iii|::::::|::|::::::::::::::::::::::
     ';::|、::| `ヽ/;r'´i::::ト,、   ー、_ァ      /ハii|:::/:!::|:::::::::i:::::::::::
      ヽ!ヽ!  {:/`ト|::::|{::l `丶、      ,.ィ /'′N:/:::レ'::::::::::|::::::::::
      ヽ \ |  ヽ|::;ハ:!   `'ヽ イ   _,...l.厶:⊥_:::::::├‐'
             |:{  ヽ、,. -===┴ ¨ ̄___厶..-‐'^ヽ::::l::::::::::
             ヽ!  /ー−¬ ¨  ̄   /       ∨
                     i   r┐       /         ト、::::::::
               _j   rL」、          _,. -‐'ヽ、`ヽ
                  /´人___Lr、j____,..... -‐''¨       \
              //.:.//.:r'! K.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ
            /.:.:.//.:.:.:| X|.:.:.:.:.:/     i

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

                        次回

                   第三話・電気の工作と悠々自適な生活

                      お楽しみに!

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

313システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:16:53 ID:fXRyUqBk0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  以上で本日の投下を終わります。

  お付き合い頂き、ありがとうございました。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

314名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:17:02 ID:qCVbbv8.0
普通に口止めしておけwww

315システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 17:17:21 ID:fXRyUqBk0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  質量保存の法則に触れられなかったのが、やや心残り。

  次回投下は、9月6日(土)の夕方か夜になります。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

316名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:18:26 ID:SliqAy.Y0
おつおつ

317名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:19:25 ID:taTwzG9M0
乙ー

318名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:23:05 ID:Qy1y9h4k0
乙ー
雲行きが怪しくなってきたなww

319名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:30:07 ID:BLgQYNYk0
てか御子の種って貴種中の貴種か
高い魔法の才があるはずで、初代皇帝と来歴が同じとか
これ娼婦が妊娠したらどうなってしまうんだろう

320名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:30:42 ID:BLgQYNYk0
あと乙です
連投すみません

321名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:31:28 ID:zAmEUFJQ0
乙でした
娼婦がそんな事に興味持つとか怪しすぎる
ハニトラ必至?

322名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:32:46 ID:ss2ITPIA0
>>321
いや、客が楽しそうに話すことに興味をもつ(フリをする)のは
娼婦にとって接客スキルのうちでしょう。

323名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:33:59 ID:GXLjR.4k0
乙でした

知識には秘匿することで価値を持つもののも多いもんね

324名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:42:50 ID:U1..CR4E0
風俗やキャバの嬢なんかは全く興味なくてもまるで興味津々かのように聞いてくれるんだぜ!

だから、家に居場所のないおっさんらがはまるんですね

325名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:50:23 ID:Sjxpf4B.0
そしてそういうところに貴重な情報が入ったりするから、情報収集にもぴったりなんですね!

326名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 17:57:28 ID:2TBzqUb.0
娼婦相手だからって自慢話は選べよと思うが
すっかり淫楽に目が曇ってるからしゃーないか
御子と崇めてくれるる身内連中も内心じゃどう思ってるやらw

327名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 18:05:50 ID:5rfpH3Zc0
やる夫は実に駄目なやつだなあw

328名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 18:11:06 ID:BYuwaiio0
高級娼婦なら口の堅さも売り物だから。

329名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 18:36:04 ID:T7WoX4tU0
乙です。

こういう解りやすい欲望で動いてくれた方が管理側としては楽かもしれないね。
国家の財政規模と考えると機密保持も兼ねて愛人の5〜6人も囲った方が効率がいいかもしれないけど。

330名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 19:04:17 ID:9aTeDIWw0

              _
             l三`ヽ__       /:i:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.|    }:.:!:.:.:l l:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:ハ
              l三 /三三`ヽ      |:.:!:.:|:.:.|__:,|;.V:!    i:.:l:.:.::l斗:十:.:.:.|:.:.l|:.:.:.:.:}
               l三 |三三  /      |:.:!:.:|:.:.ト:.:`!>!、    ム匕千ミxノイ:.:.:!:.:.リ:.:.:.:/!
               }三∧三三/      ヾト;:∨∨Vjィ云      イに心ヾゝ:ノー:.':ト;/:.:|
            /三|}三 /         ∨Vヘ イに::ハ      弋::;;ソ  |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.|
            l三 |/三 }           \!:.ヘ 弋::ソ ,          |:.:.:.:.:.j:.l :.:.:.:ト、
            〈三 ∧三 /             |:.:..ヘ    ` ___      ハ:.:.:./:.!.:.:.:.:|:ヘ
            \_| \ノ             |:.:|:ハ    ∨ ヽ    イ:./:.:./:./:.:.:.:.:i:.:∧
          /三〉  _              |!:.!:.:.:.:.:..、  ー ′ /ノイ :./:./.:.:.:.:.: ト;.:.∧
          |三/  {三7                  |リ!、:.:.:.:.i!:.:.>.. _ .イ   !:/:./:.:.:.:.:.:.:.i: ヾ:.∧
             ̄   ゞ.′



-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-
                {:' !:i: :.!:.|: :ィテ}ヽ    j: /--j、; |: :|: : i: :|: :.|: : : :イ
             ヘ! V!: |: i、: i,,zミ、   /:/:/: />、ヾ:j: :/: :i: : i: : :./ム
               ヾレヽV〈 {゚::::l`  ムイ=Zミ、:/:`: /:i: j: :/: : /i:.ハ    (そう、そういうことなのね……)
                  l: :j: | 乂7     {゚::::::j.i!./イ: //j:イ: /:i |: :.l
                 j: : |: i        廴ン ´.′:イ': ///:,': : !: :.i    (了解よ、やる夫くん!)
                  l:j: :i从   ′       /: : : : /: : :/: ': : :.|: :.|
-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-=≡=-

331名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 19:09:54 ID:ss2ITPIA0
なにを了解したんだw

332名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 19:10:43 ID:/Gd5JfMg0
何処の誤爆やw

333システム ◆hh4F2FkVUA:2014/08/31(日) 19:14:11 ID:fXRyUqBk0
探すのに手間取りました。
そうか、ヒロイン板かぁ、ぐへへ……

334名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 19:29:58 ID:4k5n9W/Q0
そうか・・・やる夫とは・・・電気とは・・・

335名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 20:14:11 ID:9aTeDIWw0
うわああああああ!

今誤爆に気づきました……
お目汚し大変失礼しました!

336名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 20:34:19 ID:rk87Jadw0
次回予告かと思ったわw

337名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 20:58:52 ID:f3dwCmUY0
なにこのスレ面白い
元電気電子工学科の俺氏、復習中

338名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 21:04:37 ID:eMmVIzOY0
乙でした
順風満帆に見えた異世界生活。しかし、その裏には・・・
イコノクラストみたいな展開にはなりませんように

339名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 21:09:31 ID:qCVbbv8.0
いや、特定勢力に力を貸してる時点で実態はどうあれ割を食うやつはいるさwww
イコノクラストはわかりやすく書いただけ。プチプチィ!

340名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 23:09:39 ID:YsGXvkZs0
何このスレ超面白い。
学ぶ系であると同時にキャラの心情描写は丁寧、
話の展開が先への興味を実に上手く引きやがる。
安価スレは「所詮、作者が頭捻って考えるストーリーには整合性も面白さも敵うわけない」
て思ってたけど、作者の過去作も読んで見ようかな。

341名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 00:46:19 ID:O3c/d8aw0
おつー

342名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 13:13:15 ID:.UCJYeUQ0
乙でした

そりゃこんなVIPなんだから居所とか話してる内容とかはちゃんと把握しとかないとねぇ。
いいペンダントだ。

343名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 18:17:21 ID:SaJip3PE0

予告から下級層が知識をつけること自体禁止してる階級制度国家らしいからねえ・・・

しかし日本語を研究して解読するより異世界召喚魔法を開発するほうが楽、ってすげえな
どんだけ達筆だったんだよオプーナw

344名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 18:30:48 ID:U.PFdF3Y0
読むだけならともかく、技術的な話も相当出てくるから実際、分かる人を呼ぶほうが楽だろw

345名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 18:33:39 ID:fZeggc.U0

主人公が煩悩まみれなのが逆に好印象だ
すごく普通の人間らしい

346名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 19:33:13 ID:.9NbD/fA0
解読終わったら用済みで抹殺される未来が待ってそうだなぁ
ノルマ終わったらさっさと遊びに行くあたり承知の上なのかも知れんが

しかしあれだな、今のお前の代わりなんていくらでもいるって風潮の日本人には
お前が必要だお前じゃなきゃ駄目なんだってのは殺し文句よな

347名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 22:06:50 ID:OdmxXMCY0
ファンタジーアースの人間が地球に飛ばされるようなことが書いてあったけど、
こっちのパターンも何気に気になる

ファンタジー世界の住人が、現代世界に飛ばされたとして、戸籍も知識もなしにどうやって生きていくんだろう?

348名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 22:12:18 ID:OdmxXMCY0
たとえ魔法を使えるとしても普通の生活するだけでもメチャクチャ大変だろうに
小説家として成功するとかスゴすぎじゃね?

349名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 22:18:20 ID:L4T5njoo0
>>344
全く取っ掛かりのない未知の言語の解読は難しい
日本語は表意文字があるからなおさら

350名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 22:31:52 ID:fso98pds0
表音+表意+遠まわしな文法+曖昧な表現だもんな、海外出張の時に本社から来た社長の勿体ぶった言い回しのメールを翻訳してくれって言われた時は泣きそうになった

351名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 22:59:43 ID:OdmxXMCY0
そういや、この世界の共通文字の方はどんな文字なんだろ?
カナ文字やアルファベットみたいな表音文字なんだろか?

352名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 23:08:38 ID:OdmxXMCY0
日本語以外の言語で書かれた地球の書物とかはどれくらいあるのかな
そもそもファンタジーアースの人達は日本語以外にも地球には沢山の言語があることは知ってるのかな?

353名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 23:33:10 ID:SaJip3PE0
>>350
「お疲れさん」でいいんじゃね?>社長のメールの訳

354名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 00:03:46 ID:.L61UMBc0
日本語って話すだけならそれほどの難易度高くないらしいね
文章書く段階になると急上昇らしいが

355名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 00:19:10 ID:EnGgFzR.0
>>354
そらアルファベットは26文字覚えて組み合わせりゃいいのに対して、
片仮名・平仮名の各五十音+無数の漢字だからな。
ある程度の法則性はあるものの、英語圏の人からしたら暗号文に見えてもおかしくない。
ちなみに漢字圏の中国でさえ、日本独自の漢字などがあるのでちょっと難儀するとか。

356名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 00:24:41 ID:UyRBnUfA0
漢字は日本人でも正確に読めないもののほうが多いぐらいだからなぁ
訃報とか月極とか初見じゃまず間違えるようなのもあるし

357名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 00:52:14 ID:Do.6J9lU0
とほう
げっきょく

358名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 00:56:12 ID:DXIAWXe.0
う、うーろんがましい

359名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 02:18:16 ID:Wm9pmGFA0
やる夫が御子に選ばれたのは、自己紹介してたからランダムなのかな?
手間をかけて召喚したと言っていたが、電気工学の知識がある人間を引いたのは偶然だろうか。
異世界系と学ぶ系、古典ジャンルが絶妙に融合されていて好き。

360名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 05:08:35 ID:pd0gCrQE0
そう考えるとこの人たちが魔法という一定の概念法則を理解して使ってるのに
全然化学が発達、日本語の解読がすすまなかった理由になるのかもしれなのかなあ。
翻訳の魔法は日本語の文章の仕組みを理解する前に訳語だけ伝わっちまうのか。
科学の自然法則の理解だってよくよく考えたら現代だって仮説を説明されてそれを実感として理解してたから
昔や最先端の研究者の大量の実験の上で仮説を立てる行為とは呑み込みの速度が違う。
理科の氷の仕組みを覚える授業だって0℃で固体かするという知識を知って体験すっから
水を氷へと変化をさせ方は知ってるけど氷になる理屈は知らない、じゃ理解のレベルがちげーもんな。
前者は法則に沿って計測して実行できるが後者は事例に従って模倣して成功させるしかない。
これじゃ発展が遅れる訳だ。なまじ結果の事象を起こす行為自体は簡単だけに応用が利かない。

361名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 07:11:23 ID:.L61UMBc0
>>359
天涯孤独とかも条件に入ってるんじゃないか
魔装機操者みたいに

362名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 07:16:43 ID:N/Ljrxkk0
「字が汚いのにやる夫には割とあっさり解読できる(現代とほぼ同じ日本語で記述)」「エネルギー保存則などを理解している」
点からして、オプーナ帝もかなり近代の人間だよな。戦前の大学卒か、あるいは戦後の人間か…
特に後者だった場合、二つの世界の時間軸の流れは明らかに違うってことになるよな

363名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 07:31:21 ID:M5VVDd2E0
>>362
暗号文や古い時代の文字解読にも用いられるけど、頻出する単語から内容を推測するって方法がある
英文でも単語でEの使用率が高いからまず、これを探すことから始めるとかね

使用言語が分かってるってのは解読上、大きな利点
ナバホ語だったらお手上げだよw

364名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 18:45:39 ID:qyrJL4Ng0
>>363
やる夫にそんなスキルがあると考えてるの?

365名無しのやる夫だお:2014/09/02(火) 22:08:50 ID:Be/i6VYg0
>>358
「烏滸がましい」だなw ONEでそのネタ覚えてる。

366名無しのやる夫だお:2014/09/03(水) 02:25:51 ID:9fXEyvKg0
「30過ぎで童貞だと魔法使いに」なんてネットスラングを知ってるお人だから
下手したらやる夫と大して変わらない世代かもしれんぞ
>オプーナ

367名無しのやる夫だお:2014/09/03(水) 06:26:11 ID:XPl8rzIM0
20××年の近未来で普通に合点いくしなw

368名無しのやる夫だお:2014/09/03(水) 19:59:59 ID:u8RfNtcQ0
あ、ほんとだ。20XX年になってるw

369名無しのやる夫だお:2014/09/03(水) 23:02:06 ID:AWhpK5kg0
御子様、質問です
エネルギーが、最終的に熱エネルギーに変換され続けていけば
いずれ、地球が熱くなって人が住めなくなるような気がするのですが
そこのところはどうなっているのでしょうか?

370名無しのやる夫だお:2014/09/03(水) 23:39:41 ID:dps4iSdE0

このスレおもしろいわ
理系知識が小学生低学年並みの俺にも電気のことがよくわかった
このあともこういうわかりやすい理系知識をちょくちょくいれてほしいwww

371名無しのやる夫だお:2014/09/04(木) 00:13:04 ID:b6kkfvs.0
>>369
宇宙へ・・・

372名無しのやる夫だお:2014/09/04(木) 12:55:50 ID:5AQZXQdo0
地球がもたん時が来ているのだ!

373名無しのやる夫だお:2014/09/04(木) 17:29:23 ID:EdDAVIx20
宇宙か・・・

374名無しのやる夫だお:2014/09/05(金) 14:31:17 ID:DbF9BTaA0
>>369
宇宙空間の温度は-270度なんで大丈夫

375システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/05(金) 18:46:35 ID:f9UB3c.s0
何となく狩りゲーがやりたくなり、久しぶりに討鬼伝を引っ張り出す。

一通り遊び倒す。

攻略wikを覗いてみる。

「極」が出ている事を知る。

今日買いに行く。

部位破壊が大好きな私にとって、討鬼伝シリーズは神ゲーです(挨拶)


予定通り、明日の20時半より開始です。

376名無しのやる夫だお:2014/09/05(金) 18:48:54 ID:f9UB3c.s0
それと訂正です。

>>291は次のようにします。


                     )i☆i(
               ;O;+  ;o+: ;i|*|i、 ;;o;+、 ;;O+;
               |i、i''ii、;i゙ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
               |i|O|・Xo゚)||◯||(゚oX・|O|i|
               |'゙゙+''゙゙*''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
               ゙!!'''゙'''''゙''''''゙''''''''''゙'''''''゙'''、!!゙
              /  ⌒     ⌒ \
             /   (●)    (●)  .\       「いやいや、ヴォルケンリッターさんが最初に用意したの」
             |      (__人__)     |
             \      ` ⌒´      /       「こんなんだったじゃないかお」
            f~~r 、''''‐-: ''''~~"~ ""~~~,,,,{,
      _,,,,,,_    /,ィ〔/T‐ェ',     ''''' ~~   ヽ       「御子だと明かすのは、もてなす側の最低限の人員だけで良いから」
   ,.'''~   ゙i ~~''t-'7:::i' ! !::::::::~''- .,         -‐く
   i   , t-l   l::/:::::l l l:::::::::::::::::::゙i' - .,_     `i
   i゙''''f l::::l    l/::::::;l ll l:::::::::::::::::::;!:::::::::::~ ''''''‐-t-'      「服飾職人の、渾身の一作だったのですが……」
   l_l l::::!   /::::::::l l l l::::::::::::::::ゝ:;:::::::::::::::::::::::::゙i
 /  \:::l.  /:::::::〔,,,l:l,,,〕:::::::::::::゙!~ ~'- 、:::::::::::::::〈       「ですが、御子の御意向とあらば仕方がありません」
.."''t---f''゙!::!  ./::::::::::::::i:i:::::::::::::::::r.'    ヽ;:::::::::::::ヽ
  〈   〉.l::l.  ,!:::::::::::::::l::l:::::::::::::::::゙t:..、     ~''‐-- 'i      「ただ、タリスマンだけは肌身離さないよう、お願い申し上げます」
  l---l ゙',.=く:::::::::::::::::l:::l:::::::::::;;: -!  ヽ,        ヽ
    ̄ r::'":::::::ヽ;::::::::::;;l;;;;l. ァ ''/ .r゙;..,,,.ノ::ヽ,       ゙:,
      ヾ:;;;;;;;::;;: ‐'' "   i  i‐ァ ,!r'''''' '' - 'ヽ.,     ,,. t'
    ,,. -'''"__゙' ‐---‐‐''"__,」:l,,,!l;         ヽ;::~'''''''~:::::::゙;,
    ゙'''''''''" ゙''‐----‐''"     ゙''‐---‐''" ゙''‐---‐''




とてつもなく大きな間違いであるため
できれば、まとめサイト様でも訂正して頂くようお願い申し上げます。

377名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 02:54:53 ID:FgYtR0cM0
「ヴォルケンリッター」という集団名ではなく「ヴォルケンリッターさん」という個人名なのね。
どういう意図か知らんが了解。投下を待機。

378名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 19:05:52 ID:r1G.5gx.0
シャマル・ヴォルケンリッターって名前ってこと?

379システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 19:06:21 ID:MIQeUg3c0
100%自分用やる夫まとめ様、ミスを修正して頂き
大変ありがとうございました。

予定通り、20時半から開始です。

380名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 20:30:46 ID:X8Qt56420
ヒャッハー!時間だー!

381システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:30:50 ID:MIQeUg3c0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  それでは、時間なので開始します。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

382システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:31:06 ID:MIQeUg3c0

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

383システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:31:29 ID:MIQeUg3c0










       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|     魔法とは、「マナ」・「陣」・「文字」
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {      の三つの要素によって成り立っています。
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

384システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:32:53 ID:MIQeUg3c0

                        . -‐:.:.´ ̄:.:.:`:.丶 、
                     -:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               _  -‐ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              /:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.,
            //:.:./: .:./:.:.:. /:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          /:.:/:.:./: .:./ :.:./ .:.:.!ヽ:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|::..:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         // :/:.:./ :.:.:/ .:./  :.:..l|ヽヽ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
       / / :.//:/ :.:./ :.:/ .:.:../:| \\:.:.|:.:.:.:..:l:.:.:.:.:.l:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     ,/  / :.//:/ :.:./l :./ .:.:../|:.| __-‐弋ヽ!:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.!:.:.l‐、.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l
     ´   / :.//./ .:.:./:.! .,' :.:..∠//´l_.=≠才l:.:.:.:.!:.:.:.:.:/:./^、l.:.:.:.:.:.:.:|:.:|
       ,' :./ ,'/ .:.:./.:.:.| .l:.:.:./l //ノ¨|フ:}///.:./:.:.:.:./:./〉//:.:!.:.:.:.:.:l:.:l
       |:,' / l :.:./__,|:.l/,イ/´  /´ //:./:.:.:.:./:./_ イ:.:./.:.:.:.:.:|:.:!
       |{  l |:./l  r-|{ /ノ      //:./:.:.:././ / /.イ:.:.:.:.:.:.||.:|
       ヽ、  ヽ | | r:.:./\     //:./:.:./:.:イ ,.  /:/||:.:.:.:.:.:lト、{
          /゙ } | |∠__\__ //イ:////  // ||:.:|:.:,'|| `ー  マナとは、大気中にある魔力を指す言葉で
            / / {-------ヽ   /´ ´‐ ´  /´  |l:.:|l:' l|
           /   く ̄ ̄ ̄/ ̄))_.. イ          |ヽ|| `    魔法を発動させるために不可欠な要素です。
          /     `イ ̄ / ^¨,─┴┬─────‐‐`lヽ
        /         /   { ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       御子が教え広められた概念……「エネルギー」の塊であり
       /         /     l : : : | |,-、 〈〉 ,- 、: : : : : : :l
      /       _ ' ´       |: : : :| |⌒))||((⌒: : : : : : : :|     このマナを加工する事により、様々な仕事へ転嫁させる事ができます。
      |     | ̄   ____/|: : : | |: : :》||《: : : -─= ̄ ヽ
      |     |、  r´/: : : : : : : : {{: : : {{-‐≫-‐ ̄: : : : : : : : : ヘ
      /|__-‐ ̄ ̄l>: :/ : : : : : : : : //: : : // : : /: : : : : : : : : : : : : : : ',
      |    //:|: :| : : : : : : : : //: : : // : : / : : : : : : : : : : : : : : : : l
    /|  //: : : |: :| : : : : : : : //: : : // : : /: : : : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |
   /  _ イ /: : : : : |: l: :r──‐´/: : : // : : /: : : /: : : : : : : : : : : : : :l |
  ヽ ̄ , ': : : : : : : : |: |:.//  ̄ ̄: : : : //_ / : /: : : : : : : : : : : : : : : : l|
   ', ̄: : : : : : : : : : : | }//: : : : : : : : : .'──// : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
   ヽ: : : : : : : : : : : : :|//: : : : : : : : : : : (_)//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
    \: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |

385システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:34:01 ID:MIQeUg3c0

       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:.: :.:.:. :.:.:./:. :.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     /:.:.:.:.:.: :.:. :.:.:./: .:. :.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:..',
    /:.:.:.|:.:. .: .:.:.:./ :.:. :.:.:/ .:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:../ .:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:|
    /:/.:.:.|:.:. :.:.:.:.:/. .:.:.:./: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:.: ::.:.:.:./ :./:.: .|:.: .:.:.|:.:.|      「陣」とは、マナを収集するための物です。
   ノ/l.:.:.:.|:.: :.:.:.:/:. :.:.://: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:. .: ..:.:.:/ :/: |.: .|:.: .:.:.:.|:.:.|             オド
  /´ |.:.:.:.|:.: .:./: :.://:.:/:.//:.:.:. : : .:.:./ :./|:. |:.: |.: .:.:.:..|:.:.|      術者の体内魔力を使ったり、あらかじめ物品に彫っておくことで
     |:.:.:r|.: .:.l//:.:./://:./:.:.:.::. .:.: .:/ :./:.:.|:. |:. |:. :.:.:.:.|:.:.|
     l:.:.:{ |:.:.:.|/:.:/‐ ´ /:./:.:.:.:.: .:.:.イ: .:./:./|:. |:. |: .:.:..|:.|:.:{       マナを蓄えておける性質があります。
     }:.:.:| |:.:.:.|:/ム\\/:./:.:.:.: .:./,/ :./イ彡|:./ ./:.:.|:.:.|リ`‐`-
     /:.:/ヽ|:.:.:|\ゝz.イヽ,'、/:.:.:.:./彡/∠イ孑フ/:.:/:.:./:.:/|
    /:.,イ:.:.,:|ヽ:.ヽ ` ̄´///:.:./(\/ゝ匕ンイ:.::./:/ヘ./|:l         基本的には、大きければ大きい程多くのマナを集められます。
   /´/:./ }:.:.lヽ、\  /' //  { `./\  ̄/-/^i:/_〉 〉_|l
    /´  //|/\`丶/    !  \ \ /:{ |: / /` :l ̄ ̄/ ヽ    円形の陣に、五芒星や六芒星・正方形を書いたりが基本ですね。
      //{ `: { {\    __ 冫  `ヽ ヽ : l /  /: : : : : : :/: : : : \
.     /: : : | : : ヽヽ \ ´¨ _ ̄`  ∠: ヽ `∨  { : : : : : :/: : : : : : : l
   /: : : : : :,-、ヶ :\rヽ`r‐ー─‐<´-----ヤ    〉 : : : : ,' : : : : : : ∨
  / : : : : : : : :r‐、),-、 | |: :r`──-── 、__    〉 / : : : : : |: : : : : : ∨
/ : : : : : : : : : く卅>⌒: | |: : `>─┬ 、      / / : : : : : : |: : : : : ∨
: : : : : : : : : : : : :簠ゝ: : : | | : : : : : : : |l: :i      / /: : : : : : : :l: : : : ∨

386システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:35:21 ID:MIQeUg3c0

           , :.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
         /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:/:.:/:.:.:./:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:./:.:.:/:.:.:./:/.:.:.:.////:.//:.:.:.//!:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ
     .':.:.:.:.!:.:l:.:.:.:!:.:.:/:.://:.:.:.:////:.://:.:.:. ///!:|:.:.:l:.:.ヽ:.:.'.
     |:.:|:.:.l:.:.|:.:.:.|:.:/:.://:.:,∠///:.://:.:.:./// l:.l:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:丶
     |:.:l:.:.|:.:.|:.:.:.|///:/ーァ-/:.://:.:///___l:.l:.:./:.:.:/:.:.:.:トヽ
    /:/!:.:.l:.:.l:.:.:.l弁≠ミftッ、/:///.,//-‐、ヽ∨:.:./:.{ヽ:.:.'.      「文字」は、陣で収集したマナに指向性を持たせる要素です。
.    /イ:.l:.:.:!:.:.!:.:.:.ト込?zクイ≠、/'´ ,'/ィz=≡ミ,/:.:./:.:.l  \',
   /´/:/l:.:.:{:.:.'.:.:.:.!             { ´ゝ仗秞〉':.:/:./:.:!   ヽ     集めただけのマナは、何でもない純粋なエネルギーの塊です。
   ノ´ ト.:.`r、ヽ:.:ヽ         . 〉    ̄/:.ノ:.:/:.:.:.!
        |:!:.:.|l ヽ丶:.:\      _´   //、:.:./:.:ハ:.{
       i:|:.:ノ\'\`‐-ヽ  -´‐─`    / /:/|:/ ヽ! ,-ヘ ̄ヽ─────     それを、ファンタジアースの共通文字で
      リ:/|:.:./:.了ヽ        ̄    /ノ!/ ̄ ̄ ̄ ̄| ',  ',: : : : : : : : : :
      j/ j:./:.ハ:.`、 丶、        ∠:.:.:イ      /   .l  |  |: : : : : : : : : :     「光」や「火」という、実際に使える形に
       ノイ:./ j:.:..トヽ  > 、_ イ:.r '´  ____ ノ-‐  |  |  |: : : : : : : : : :
         j/ ノ从|__r───‐/ノ / ̄  / / ̄ ∨ (_|  |: : : : : : : : : :     加工するために必要な要素です。
           /, ─| | ̄ ̄/ _/ /  /   /      ̄l│ |: : : : : : : : : :
          (/∧ :| |: : r/ // /___   /   __/| |  |: : : : : : /: : :
           |/、Y/:| |:./ // /|└┤ ./-‐´/:.: : : : :.| |  |: : ム≠´: : :
           |}}〈〉{:|r┴ ´ ∠.ノ| |: / /: : : / : : : : : :.ヽ!_!/:. : : :/: :
         /:ヽ∨/|`¬'´: : : : :| !/_/: : : /: : : : : : /: : : : : : /: ://: :
         /: :.弋ノ{}フ| |: : : : : : : :| |:.: : : :./ : : : : : /: : : : : : : :/ : /: /: : : :
        /: : : : : : ∨: : } }: :─--‐: } }: : /: : : : : :, ': : : : : : : : : :|:/: /: : : : :
__, = ' : : : : : -==----:} }: : _-‐: }└──────‐┐: : : : :.|: :/: : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ┘|: : : : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l !: : : : : : : :r ´

387システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:36:24 ID:MIQeUg3c0

       ゝ、ゝ、___
         > ≫ ゝ ≧ュ、_
      ,.-≦ ,.   ,. // .イハ|i、
.     〃 // .////〃 } }  |:lハ
     // ./// '  '' / .′ :|::l '.
.   //'/ /f i i  / / /  ,′| |=|.r1ゝ      初歩的な講義は以上です、お分かりでしょうか?
.  /  /|//| | |. /〃j j,  //| || 《::》| |j
.      ///| | |// /!|/ /l|斗也《::|:| ト、
.       /'〃!| i! i辺≧t|i//fッhセ:j. |Y/ j.|   ,.-=、
.      /| |/,ハ 弋tソ |j/ |!' | l-j !/ /j.|/ ̄`¨¨'\    ,..   ,.::
    /   乂. 从      |!: |. V .′!/ ∧  ,.:≦二厂7'⌒'/  >' .:::
.          />込.  ._  __,} i!    ' // ./:/ /. .:/ //:  .:.:.:.::::::
       // ∧. ゝ、.` '' ´!     ::: ,   /:/ /:.:.:///:  .:.:.:.:.:.::::::::
      ,《 (  / ノ   えf〔∧   .:.::/   |:/ /: /.:.:.' :  .:.:.:.::::::::::::::::::
      | `≫x、.(  \マ77ァヘ,   :.:.|   《》'  .:.:' ,: .:.:.:.::::.:.:.:::::::::::::
      人.     ≫xヽ. ヽ>ノ >:i    :.!   《》'...:.:' ,::' ..:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::
   ,.  ,X≫x.  | |、 \〈〈 〃/'!   :.|三{《》 :::'.:.::'  .:.:..:.::::::::::.:.:.:.:::::::
  .〃  ./  \ ≫.! !iハ ヽ) } ,'! /||≧x、  :':.:.'  .:.:.:.:.::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:
// /:.:.      ̄ヽ.ゞ.| ,勹 /\/_レス/彑?}      .:.:.:.:.:::::::.:. : :,. ´
r┘,/:::::.::. :.       \!' / /.::.:.:厶イ  /勹厂\_        ,. ´
Lィ/厂:::::::::. :. .      /イ/ /.:.〈 《:| 厶ク",   \ `ー…'′
介/:::::::::::::::::. :. .       / /, !i \\彑 !    \
∨::::::::::::::::::.::.:. :. ..    / / 八  ∨勹' !   __\




             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    ごめん、あんまり分かんねぇ。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  今ので「完璧に理解できた!」って奴が居たら、名乗り出てきてくれお。

  そいつは、きっと魔法使いになれる素質があるお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

388システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:37:44 ID:MIQeUg3c0









┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです

                         第三話

                   電気の工作と悠々自適な生活

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛











.

389システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:37:58 ID:MIQeUg3c0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

390システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:38:13 ID:MIQeUg3c0

オプーナ歴522年 11月29日光曜日 〜ウォハム王国王城の執務室にて〜


||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
i⌒⌒⌒⌒⌒i|| ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
i'--、_______, -'、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
i丶_丶  丶\\          ____     \
」\| |-----ヽ| |          |\       \,.-、  \
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         |  \      \}    \
 | | .\__________\       |   \      \    \
     | |-----------| |        \    | ̄ ̄ ̄ ̄|      \
       .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i  \  |        |       \
   .(ヽ~ヽ:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l    \|____|        \
    ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ  .                     \
     \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)                    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  発端は、かるーい思いつきからだったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

391システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:39:13 ID:MIQeUg3c0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ     「――やはり、農業魔法は時間がかかる」
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/     「あまり好みではないが、総当り方式しかないか?」
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i |.    「しかし、もっと効率化する事が――」
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  その日も、いつも通りに日本語の解読を進めていたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

392システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:39:53 ID:MIQeUg3c0

           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \
       /  (●)  (●) ヽ    「――以上。 それでは今日は眠ろう、お休みなさい」
        |    (__人__)    |
        \   ` ⌒´  __,/    ……で、今日の分は終わりかお?
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    _(,,)           (,,)_
    /  |  ノルマおしまい |  \
  /    |__________」   \




             /    ,            '´  トヽ
             //   /  /            l  \
           //′,  / , / / /   _/   i     ヽ  ヽ
.          ///  / / / / j. '   / |  j|      ',  i
         レ'/  イ i / l _,弍┤   / '─< _ ,イ  、  l   |
            i  /|| j | ィく. |!ヘ ト  f' // ' //ヾl  |  !  j
            | i !! N | ヾ  ヽ\!´    '´   j  j  |  |
            | ! ヘ. ト ゝ! ,.r==     == 、 // ,イ! l │       はい、お疲れ様でした!
          ヽ|  ヽヘ l    ,       ノ/ / / イ   l
               /  \j            ´‐' ソ'/ノ  ハ       イカヅチの御子のお力によって
            /    ゝ   ーー      ,ィ、彡'     '、
           /.イ,     ヘ          / f'こY     ヽ     またファンタジアースは一歩発展しました!
         ////|  l    ` 、     , '´   ト=イ   、  ト ヽ
           {'  { | ヘ /       ┬ ¨´  _,_, 斗  }  iトヘ !ヘ i
             ヾ ヾ 、 _, . .ソ´``´``´`´´       ノ丶 イハ`-ゝリ
             , r‐'´´  `f、           ,f    ̄ `丶/_
            /         `j、_,      ,.-'          ヽ
          /            ``´``´`´
            /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  で、解読ノルマが終わった後、不意に漏らしたんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

393名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 20:39:54 ID:s68C8qsk0
この世界の文字はルーンとかの魔術的意味を持つ文字なのかな(実際に持つかは知らない)

394システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:41:12 ID:MIQeUg3c0

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \    ふぅ、午後からはどうしようかなぁ……
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /    娼館も良いけど、そろそろ魔法を身につけてみようかお?
     ゝ  ノ
   /   /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  この一言が契機だったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

395システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:41:38 ID:MIQeUg3c0

                     . - ─ -  .、_
                  , "´         / ̄`ヽ、
                / , '⌒ヽ               ` 、
               /  /                         `ヽ、
               ,'  /         ! .|  |!    ヽ .i ヽ:ヽ ヽ  ヽ
               ,'   /    /  /  i! .jヽ   |; ト  i  :',  ヽ ヘ
                  ;.  /    /___/_|__ハ / |    |! ! ∨!  :i   ヘ ヘ
                  / / ,     | / ,/∠ニム゙ヽ|   /斗‐廾  :ト、  ':, ',
             /  | /    l /ィ゙イ云ハ`ヽ !  ./イ云jヾ∨:/∧   ; i
.               /  :| ハ、   { リ〈 {:::::;;;:i   / ./ {::;;;:} 》 ∨ :∧   ! !|
.         /    リ { ヽ ヽ八 、,V辷ソ //  、Vシ  /  :  :l;.   | リ
         / ,.イ ./   \\ヘ.`\     ′   ヽ  ̄` ∧ ∧ :!!   !
          //  | ./!  /   ゝ、 ヽ、        ′   ハ∨ ! /'| :/
.         !/  |/| ./   γヽ}`ヾゝ       r‐ ュ     ハ、リ  j/ |/    御子がその気になられました!
.         ′     ! ∧ |、 {{ }}             .イ!`ヽ`ヽ  /′
               ヽ! ヽ!ヘ!ヘ..久  > 、       ,. <{_ノ`ヽi  }           すぐに準備を!
                 ,.イヽ `ヽ、,,,,,,,>,ー<ノ八⌒  リ
              ,. イ   | ヘ へ `ヽ;;/zト.`ヽ、
            . <     |  ヘ ヽ ,> /⌒ヽi:::.  \` ー―- 、__,,,,_
       ..  <            |    ヘ   ∧::::::/ヽ:::..  \   // ̄)_)> 、、
    /´                 |    !ヘ./  l::::::', l:::::.    〉 (,ノ(.._と´__  ̄ ヽ
    ,'               \   | 、ヘ  |::::::::', l:::::::..、,/   (⌒ヽヘ   `丁  ヽ
    ,'          ヽ           \,| ';::ヘ |::::::::::',!:::::::::!、`\   `ヽ  ̄`ヽ j   ヽ___
   ,'           ヘ   |       /   ';:::ヘ<⌒ヽ!::::::::ハ.   \   ヽ、    i     ヾ∧
  ;           ヘ |      /    ';、:::ヘ::::::::l:::::/::::ハ    |   |> 、 ヽ    / .∧
  !              ∨     ヘ      ';\:ヘ:::::l:::/::::::::ハ   |   | / `ヽ   /  ∧   <ガタッ
  !               i!     ヘ.       '/:::\ヘj/:::\::::ハ  |   | /   〉/     .∧





    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |    はっ! ランペルージ様を呼んで参ります!
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
    !   --     / ヽ !:::\
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::  <ガタッ
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ヴォルケンリッターさんをはじめ
  周囲の人が慌ただしく動いたかと思うと――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

396システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:42:30 ID:MIQeUg3c0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l      お初にお目にかかります、イカヅチの御子よ。
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州      私は、『ランペルージ』と申します。
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ      不束者ですが、御子の魔法の講師として
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、.     招かれた以上、微力を尽くす所存です。
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

『 ランペルージ 』
【 ウォハム王国 候爵家 三男 】


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――昼食をとったすぐ後に、やる夫に魔法を教える先生が現れたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

397システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:43:30 ID:MIQeUg3c0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !




     ____
   /      \
  /         \
/           \    そもそも、どうしてこんな事になってんだお?
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/     いくらなんでも、やる夫の独り言に対して過剰反応だお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうだお。 やる夫はただ、いつまでも同じ生活ってのも飽きたから
  ちょっと暇つぶしに、魔法を覚えてみようとしただけなのに……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

398システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:44:30 ID:MIQeUg3c0

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ    ……え? あれ?
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、.u   ′  , ′:/        えーっと……私は「御子が魔法を学ばれるお気持ちになられた」
                 从/ト'、 >   ´  イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{           という連絡を受け取って……
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶
.    /           '´   | |    | |  `         ヽ
    |                  | |    | |          }
    |                  | |    | |             ,'
    |  \     ┌===¨     ¨===斗      /
      〉   ヽ  | | | ,-、          /ヽ| |     イ,'
     {       ', | | | ヽ′         ` ´| l /  |
     ′      Y  | |                // /    !
.   /     ./  | |                 // ,′   |
.   /       '    | |              .// /    |
  ,'       /     | |            // .{{      |
. /     ∧   |!             | | |l     |


              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ
              リ \八   __,     /(: : : ) トヽ  ト、\`}     ランペルージ様、間違ってはおられません。
                \        ノノゝ.イ ハl\ | \ !
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ      確かに、少々大げさな反応をしてしまったかも知れませんが
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\
                   i //イレヘ < > /:/  i    \          折角、御子ご自身から魔法学習に意欲的なお言葉が聞けたのですから。
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  「少々」大げさ……?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

399システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:45:31 ID:MIQeUg3c0

                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \    なんかなぁ……御子が魔法を学ぶって
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/    それなに大事なのかお?
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ




                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i          それはもう!
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i          これまでに確認された御子は、オプーナ帝をはじめ
                |/ l  ,.イ リ、 ∨r==ミヘ:/ r==ミ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\    、     ノ イ /  ' ,         皆例外なく魔法の強い素質をお持ちでした。
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ ┌‐┐ ∠ /イ/    ヽ
                     ソ i○ヘ    ヽ ノ    /○!′      \
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ         イ   ハ!     加えて、ファンタジアースとは異なる感性による
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ        独特な魔法の発達のさせ方。
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ    期待しない筈がありません!
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  異なる感性……あぁ、地球人ならではのアプローチが欲しいのかお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

400システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:46:38 ID:MIQeUg3c0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    でも、その割に今までやる夫に
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     魔法を積極的に学ばせようとしなかったのは?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \     ……かつて、優れた魔法使いである御子を巡って
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ
              リ \八   __       /(: : : ) トヽ  ト、\`}    「取り合い」が起こった時代があるのです。
                \   `       ノノゝ.イ ハl\ | \ !
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ    その時以来、魔法に限らず御子に無理やり何かをさせる事は
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\
                   i //イレヘ < > /:/  i    \        ファンタジアース共通のタブーとなっています。
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',    ……実を言うと、召喚魔法で御子を呼び出した事や
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |   タリスマンの着用を義務付けている事も、相当グレーです。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  あー、御子を軍事利用しようとしたのかお。

  で、恐らくはその争い自体がとんでもなく大きかったか
  争いに巻き込まれて御子が死んだかして、制限が設けられたと。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

401システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:47:59 ID:MIQeUg3c0

                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                |/ l  ,.イ リ、 ∨/  ヾヘ:/  レハリ !   / ! ',
                 ! / | ∧ヾヽ\___,,   、__,, /  イ /  ' ,
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ ̄     ̄∠/イ/    ヽ
                     ソ i○ヘ     __`__   /○!′      \
                  __ ノ   レ′ ヘ      イ      イ   ハ!    ですから、我々は御子が御自ら
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ         「魔法を学びたい」とおっしゃるのを
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,    心待ちにしておりました。
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',



         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::/::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.     /:::::::::::/::/:/:::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ,イ::/:::::::/::/:/://::::::::::/|::::l::::::::l::::::::::/ ::::::::::::|
     l,イ:::::::/://メ、/::::::::∠―|::::|:::::::|:::::::/:::::::::::::l::ト、
    / |:::/::レ'=、/:::::;イ r― \|::::::|:::::/:::::::::::::::ト:| `
       |::|::::::|  / // z==-、|::::/::::/´l::::::::::::::| l
      |!|:::::::| /,イ        y:::::/7/:::::::::ハ|
        |::l:|ヘ 〈 、       ,/:::/、/:::::::|/  `     私も、御子に魔法をお教えできる
       レレヘヽ ヽ- 、__   ///::l::::::::::::|!
         |::ヘ ` ̄   _/∠./ノl:|:::ハ:|:|`           今日のこの日を、一日千秋の想いでお待ちしておりました。
          レレ'ヘ__, -<   , -"´!|/ .ヘ|
             ├―┬‐'"イ:::::::::ト、          いつ思い立たれても良いように
                _|| ̄|.| ̄~:::::::::::::|:::::\
       ,. -―‐''´::::||:::::|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::`: 、      常に城に詰めておりましたから。
     /l::::::::::::::::::::::::||:::::|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` : 、


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ……今の御子と魔法関連の話を聞くに、「誰を魔法の講師にするか」でも
  貴族間での暗闘があったんだろうなぁ。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

402システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:49:00 ID:MIQeUg3c0

         ____
       /      \       (まぁ良いお、面倒くさそうな事柄はパスで)
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     やる夫が魔法を学ぶ意義については分かったお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      で、えーっと……魔法を使う条件についてだっけ?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     イマイチ良く分からなかったんだけど。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




                 _,. -- 、_
            _ -‐: : : : : : : : : :`丶、
          , . : .:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
       , : : .:.:.: .:. : : : .: : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: .:./:./:.:.///: / : : : : : : : : : : :ハ
     /:.:./:./:.:./:.:.///: ://: :.: : : : : : : :. : :. い
   /フ://:.:.':.:./:.;.:.:.;.:/: .:.:.//: : :.: :. : : : : :.: :.:.:. i: '、
  ´/:.//:.://:/:./:.:/:, : .:.:/ィ:| |:.:.:.:.:i: : : .:.:. :i:.:.: ト、ト\      はい、先ほどは御子がマナの存在しない世界の
  l/〃:.:.l:.l:/:./:〃/: :.ィ:/ l/!:|l:.:.:.:.|: : :.:./:/:.:.:. | 丶
  { |l|:.l:.l:.l|:メl:///:.:/ナ=┼l小:.:.://: .:/:/:.:.:.:.!:!          ご出身だという事を忘れての説明、失礼しました。
    lハ:.!:.!:|i小以!:./ノ‐ラ云=ミヘ//: .:/:/:.:.:.:.!:い
    { ぃl:.い.:.l`?  ノ匕zj_ ン//:.:.ィ ィ:.:.:.:.:.:|:.l、ヽ
       ゝヘトV         //// //:{:.:.:.:、ヽミ 、       では、そうですね……例え話を使いましょう。
       rf: : : : ヽ' _    ‐彡' / /イl:小:.、:.ヾ\:\
      l:{: : : : : ノヘ` =‐- .イ  /|'! j八{:¬i : : : : \     今、ここに用意してあるお茶を用います。
      ハ: : : : : ノィへ.. ィ入二二 く r=ノ气_): /: : : : : : : \
      {: : : 、: : : : : : : : : ノヘ: \: : ヽヽ ⌒)、( /: : : : : : : : : : ヽ
    _儿: : : \: : : 、: : : : : :\《: __〉〉彡: :〃: : : : : : : : : : : ‘.
   〈: : : : __ ニニヽ: : : :\〃ー: )): : : /: : ; :-‐……‐-:、: :',
   ノ: : : : : : : : : : :, -‐ャ^\: :{{: : : 〃 : : /: / : : : : : : : : : : : : i
   }: : : -‐: : : _/   ?\ヽ}}: : : {{: : : レ: : : : : : : : : : : : : : : :{
  //: : -‐: : /       ぃ ): ̄: : : :ぃ_j: : : : : : : : : / : : : : : :l
/‐: : : : :/ /       丶、: : : : : : : : ̄{: : : : : : : : : : : : : : : : : :|

403システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:50:06 ID:MIQeUg3c0

_,,,、、 -ー ' ´
                     ,. - 、
               ___,,,,、、 -{。  ゚}---  、、、、、,,,,,,,,,,________
       __.,,,、、 -‐ ' ´       `:ー.´                 ̄ ̄```    「この場に、お茶の入ったポットがありますね?」
rー ''''''¨¨´       _ ,, 、、 - - ゚ー  、、、,,,,,___
        ,、  ' ´          。         ̄`¨'' ー 、、,,_          「この場合、お茶そのものを『マナ』とお考え下さい」
    ,、 ' ´         ゚   __,,,,,,,,、、、、゚ ,,,,,__   ・        `'' 、
,、 '´      ,、 ゚ 。- '''¨´´ ̄ ゚   ・   ・   ̄``¨''' 。 、        `
      ,、 '´ ,,、、  -。゚ ー r'ゝ、_,r'ヾゝ-'´!、 ー 、、゚   ¨`ヽ 、          「お茶(≒水)は万能です」
   ,、 '´  ,、 '´       ゞ'´ _,,,,、、、、、,,,,,_  ヾ・、゚  `゚ヽ。、    `ヽ、
 '´  , '´   , ' ´。   .r゚、 _r'´       `ヽ . ,ゝ゚。 ヽ   `ヽ、    ヽ      「飲めば乾きを癒せますし、樹木に与えれば成長を促します」
  , '   , '´  , '    \`¨''`¨'' ‐ ''¨´''''¨´/   ヽ  `ヽ、  ヽ、
  '    ,i'   ,i'       `¨'' ー---─ '''¨´     ヽ   'i   ヽ         「このように、マナとは無数に用途のあるエネルギーです」
 {    {   {                        }   }    }
 'i,    i,   i,                        ノ   ノ   丿
  ヽ   .ヽ    ヽ、                    , '´  , '   , '         「ふむ、とりあえずここまでは良いお」
   `ヽ、  `ヽ、  `''' ー- 、、,,,,,,,,,,,, _ ,,,,,,,、、  '´  ,、 '´  ,  '´

404システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:51:00 ID:MIQeUg3c0

                       ___
               r── ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄──__
            ∠´                           ヽ ___.___.、        「はい、ありがとうございます」
            |-、                           _ イー--‐==ヽ  、
            |  `丶──--______--── ̄    ノ'      )) ノ     「次に、『陣』はティーカップのような物です」
            ヽ                             |     //
            ヽ                            |    //        マナ
            ,.,,ヽ                         |  /./            「お茶はそのままだと、ポットの中に入ったままですが」
        ,,, ,,--''´r'ヽ                           ノ/ /                       ジン
     , .‐'´  -:'"゛  \                      ./,,./ `''ー-、           「お茶を注ぐためのカップによって」
    r'    r' . : ::.     ヽ               , <二/''ー-、    ヽ、
  (     lヽ、  . : ::     `−-_____-−´:::j      ノ      )        「人間が飲める形に変換されました」
    ヽ、   ヽ、 `''ー−、                ,,,,,,/,--‐'''´    ,.-'´
      `''ー-、,  冖ー--、,l_ /`''ー'`''`''ー'-─'─‐-,ノ,,,,,,,--‐'''´     '''´
         冖ー--、,________ _______,,,,,,,--‐

405システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:52:00 ID:MIQeUg3c0

         _,.   -――――――-  .,,_
        /                   `',         ジン
         {                      }       「カップの大きさ、形、色合い等によって」
        〉 -―― ― −  -     _ __  ノ        マナ
        {                      }         「お茶の入る量や美味しさはいくらでも変化しますが」
        {                    、{
        ‘ ー-- ― ― -   _ _ _ ノ          「お茶を注がれる、という機能そのものは不変です」
            }                   /
           {                      }
         ',                   /         「ふむふむ、じゃあ最後の『文字』ってのは?」
          ヽー-   ― −  ― --‐ ノ
          、   ハ                ハ   ,
      ァ'´ ̄`八               八´ ̄`'く
     /. : : : : :ー{^`ー--       ---‐'^}ー: : : : : \
   ,/: : : : : : : : ⌒≧=ー--------‐=≦⌒ : : : : : : : : \,__
 フヘ : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノヘ
    `  ー--===ニ二 ____ 二ニ===--一 ''´

406システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:53:00 ID:MIQeUg3c0

         ____
       /       \              「『文字』は、お茶を飲む人の行動を指します」
      /   ―   ―
    /     ( ●)  (●)'  ∫         「お茶で栄養を摂取した後、その人がどういう行動を取るのかを指定します」
    |         (__人__) | ∬
    \        ` ⌒´  .| ̄|
____/       ー‐  '-|_|)          「走ったり、泳いだり……お茶を飲む事で得たエネルギーを」
| |  /  /          __/
| |  /  /          |              「どのように消費するかを、『文字』で方向づけるのです」
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

407システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:54:00 ID:MIQeUg3c0

       /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:. :. : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     .//: : : : : : :/: : : : /: : : : /: : : : : : : |: : : : : : : |: : :ヘ
    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : : : : |: :|: :|
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐    ちなみに、この「文字」によるマナの変換効率は
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:.:.|
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /: :.:.|           非常に個人差が大きいのが特徴です。
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.: :|:ヘ
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.: |: :.ヽ、
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-     一人一人の違いは元より、種族毎の傾向もあります。
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |               /    !/. !:∧: |          エルフやヒューマンは効率良く。
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |             獣人やドワーフは、あまり効率が良くないようですね。
        |         /: : : : : : | |: : : : |
       /        /: : : : : : : : .| |: : : : |
--─==ニニ/      /| |: : : : : : : : : | |: : : : |`ニニ=- 、__
: : : : : : : : .|        /: : ! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : .|        |: : :! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    うん?
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/    じゃあ、獣人やドワーフは魔法を使えないのかお?
 /  (丶_//// \

408システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:55:00 ID:MIQeUg3c0

                        . -‐:.:.´ ̄:.:.:`:.丶 、
                     -:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               _  -‐ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              /:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.,
            //:.:./: .:./:.:.:. /:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          /:.:/:.:./: .:./ :.:./ .:.:.!ヽ:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|::..:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         // :/:.:./ :.:.:/ .:./  :.:..l|ヽヽ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
       / / :.//:/ :.:./ :.:/ .:.:../:| \\:.:.|:.:.:.:..:l:.:.:.:.:.l:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     ,/  / :.//:/ :.:./l :./ .:.:../|:.| __-‐弋ヽ!:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.!:.:.l‐、.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l
     ´   / :.//./ .:.:./:.! .,' :.:..∠//´      .l:.:.:.:.!:.:.:.:.:/:./^、l.:.:.:.:.:.:.:|:.:|
       ,' :./ ,'/ .:.:./.:.:.| .l:.:.:./l // __, / //.:./:.:.:.:./:./〉//:.:!.:.:.:.:.:l:.:l
       |:,' / l :.:./__,|:.l/,イ/  =='  //:./:.:.:.:./:./_ イ:.:./.:.:.:.:.:|:.:!
       |{  l |:./l  r-|{ /ノ      //:./:.:.:././ / /.イ:.:.:.:.:.:.||.:|    全く使えないという事は無いでしょうが……
       ヽ、  ヽ | | r:.:./\     //:./:.:./:.:イ ,.  /:/||:.:.:.:.:.:lト、{
          /゙ } | |∠__\__ //イ:////  // ||:.:|:.:,'|| `ー
            / / {-------ヽ   /´ ´‐ ´  /´  |l:.:|l:' l|        おそらく、魔法で身を立てる事は不可能でしょう。
           /   く ̄ ̄ ̄/ ̄))_.. イ          |ヽ|| `
          /     `イ ̄ / ^¨,─┴┬─────‐‐`lヽ
        /         /   { ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        結局の所、魔法を使用するには
       /         /     l : : : | |,-、 〈〉 ,- 、: : : : : : :l
      /       _ ' ´       |: : : :| |⌒))||((⌒: : : : : : : :|        文字で指向性を与える事が不可欠です。
      |     | ̄   ____/|: : : | |: : :》||《: : : -─= ̄ ヽ
      |     |、  r´/: : : : : : : : {{: : : {{-‐≫-‐ ̄: : : : : : : : : ヘ     よって、御子が魔法を使うにも
      /|__-‐ ̄ ̄l>: :/ : : : : : : : : //: : : // : : /: : : : : : : : : : : : : : : ',
      |    //:|: :| : : : : : : : : //: : : // : : / : : : : : : : : : : : : : : : : l    ファンタジアースの共通文字を学んで頂く必要があります。
    /|  //: : : |: :| : : : : : : : //: : : // : : /: : : : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |
   /  _ イ /: : : : : |: l: :r──‐´/: : : // : : /: : : /: : : : : : : : : : : : : :l |
  ヽ ̄ , ': : : : : : : : |: |:.//  ̄ ̄: : : : //_ / : /: : : : : : : : : : : : : : : : l|
   ', ̄: : : : : : : : : : : | }//: : : : : : : : : .'──// : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
   ヽ: : : : : : : : : : : : :|//: : : : : : : : : : : (_)//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |




..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    あぁ、それは問題ねーお。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /    日本語解読と並列して、共通文字も学んでるし。
.   ノ         \
 /´            ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  えーっと……マナが電力・陣がPC・文字がプログラミング、みたいなモンかお?

  で、魔法ってのはいかにプログラミングを組むかが重要、と。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

409システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:56:00 ID:MIQeUg3c0

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \     ……あれ?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     でもさっき、「術者の体内魔力を使って陣を〜」みたいな事言ってたお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      陣ってどうやって出すの?
  \ /___ /




                    ,...:::::  ̄ ̄::`丶、
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
                 /::::::'::/:::::::/:/::/::::::,:::::、::::ヽ
                  /イ::::/::/:::::::/:/,:/::::,:::|:::::::|::|::::::.
                ':':::: |:::|::::::/:/イ/:::/j:∧:::::|::|::::::|
                 /'|::::::|:::|:::/イ- /:::/ /--∨}/::::/|
                /:{:::八:?乏オ{:::/ /ィ乏オ:::::,:':::|
                'イ从:::{\」   j:/!    /:::イ:∧!
                  \::八   _'_  ムイ,ノ/ \
                      }'|::::::.、 `こ´  ,.:::::::/
                 ___   从:::::|\  /}:::::::{        そうですね、割と感覚的な物ですから。
             ,.ィ´////ヽ\__} ̄ ̄` ´ー┤:::从
             _/≧=彡///// \{Yノ/||///,{リイ           手を前に出して、円を押し出すようなイメージで……
              「////////////// \/{{/// |._
  r-- 、      ///////////////////Y\/ {r,\_
 {l   ` ー--' ´ ̄ ̄`ヽ、////////r===''//// ||////≧ュ、__
  \             ∨//////||O///////!!_////////ム
   `  、____,.       ∨/////||////////// ̄ヽ///// }
      /////  `      }ム /// ||/////////////}}/////;
     ,'///       、  l   `ヽ、//l||/////////////||/////
.    {//{    :.    \|     ヽ ||/////////////jj!// /
.    |//     |     ヽ.     ?//////////// ////{
.     ∨_ } /        、     }||/////////// /////|
    /   ∨イ    \       ,!||////////// イ/////}
    { ト、   } }    ,  `ヽ、   _ {ll||////////// {///// |
    \ー' //     /          ∨!////////// |///// }
      `¨´イ   -、/\    |    \//////////{//////|
      ∨/}   }//{    {T ヽ  '´ ヽ、/////// !///// {
.       ∨|   |//|   .._| }//ゝ、    \///// |//////|
        `|   }¨´ ,     Y/////> 、   ヽ/// !//////!
          }    |  ',   ∨/////// >--'/// |//////|
          |    ,   ,     } ̄ ̄ ̄ ´////////ム///// !
         ー ´    }   |/////////////////|//// {

410システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:57:01 ID:MIQeUg3c0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  で、そんな事をあーだこーだと小一時間やってみた結果――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

411システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:57:30 ID:MIQeUg3c0










        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |   集中して、集中して……
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ




             `ヽ、
                   `
                       `
                    `
               //        `ヽ
‐- ..         〃                 、
     ‐- ..     /                 \     「ホイッと!」
           ̄/  /             \ \
         ´  /   ,__ {     }         ヽ   、
      /     ,{   }__{    }  、       ',   ` 、
.     /   y-‐''´{     !  !     !`⌒ヽ、|    ',     ヽ
      '   ノ   |    }  ',    ',     l     iヽ.{,     }
     {  'ヽ    ',    ',  ',    ',     {     ! ゙',    {
    ヽ   }     ,    }   ,     }    ',     |   ゝ._ノ
       ゝ-'     ゝ._ノ   ゝ._ノ    ゝ._.ノ

               _,,.. -──‐- .、.._.
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、
          /                          \.
       ,i´                           `:、
      /                                ヽ.
    ,i                                i、
    .i                                     i.
   .i                                  l
   |                                   |.  <ブゥン!
    |                                       |
   |                                   |
.   l                                  l.
.    i、                                 ,i
.    i、                                ,!
.     ヽ                               /
.      `:、                           ,‐'
          \                        /
          `‐、                   , ‐´
           ` '‐.、 _            _, ‐''"
                 `` ‐-----‐ '"´

412システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:57:59 ID:MIQeUg3c0

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \       nn
     |       (__人__)   |        i i.i   γ ⌒ヽ      お? おぉ!?
      \      |r┬-|  ,/、-─,‐─‐/ ヽ-、  i    i
.      /⌒,    `ー'´     ___; _、r イフ'   ゝ ___,ノ      これって成功したんじゃね!?
     /  ,)、_, -、_    ,/ ̄       ̄
    (_____´r'  〉   l
.      |    ` ̄~    |




                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|
               l:i{::ト、::ゝ?f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、      素晴らしい!
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l      授業一日目にして、陣を形成する事ができるとは!
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |      流石は御子です!
         /{ // | ヽ        | |  { >ニニV  /    / j
        /__//   j      r‐─ 二ソ        「」 } .′    / /{
        {-- ´     ト、    { 「」´          | |/     / / }
          ',      |} 丶、   ト、ヽ            \|/   /    .イ
          ',      {ー‐‐一ァj ヽヽ           .′ /  / . {
          ',       l   /,イヘ. ヽヽ         .′   /  .′ !
          '.      l   //  ヽ `、`、     / .  /   .′ |
           l      l    /    ヽ  ', ',   // /    .′  .!
           |     {  .′     `、} }   ′/     .′  .|
           |      ヽ/       トイ   {/        /     .|
           |       !        | { jr‐┘      /     |
           |       }        { |」」く二 ‐ 、    /        |

413システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 20:59:00 ID:MIQeUg3c0

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\        いやっはっはっは、それほどでもあるけどね!
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/      やる夫は電気屋だから、自分の体を
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)    電気回路としてイメージしてみたんだけど……
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |         それが功を奏したみたいだお!
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ




                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >  `  ̄ イ:.:/        「でんきかいろ」……ですか?
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __          初めて耳にする単語ですが……
       /        ナ K //   // {ト、    `丶
.    /           '´   | |    | |  `         ヽ    それは、地球の言葉なのですか?
    |                  | |    | |          }
    |                  | |    | |             ,'     もしかして、御子が操るというイカヅチと関係が?
    |  \     ┌===¨     ¨===斗      /
      〉   ヽ  | | | ,-、          /ヽ| |     イ,'
     {       ', | | | ヽ′         ` ´| l /  |
     ′      Y  | |                // /    !
.   /     ./  | |                 // ,′   |
.   /       '    | |              .// /    |
  ,'       /     | |            // .{{      |
. /     ∧   |!             | | |l     |
. /     / |    | |            | | |l     |

414システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:00:00 ID:MIQeUg3c0

       ___
     /      \
    /   ⌒   ⌒\
  /     ,(⌒) (⌒)、\      お、興味ある? あるのかお? あるんだよねぇ?
  |     /// (__人__)/// |
  \      ` ヽ_ノ   /      じゃあしょうがない! 解説しちゃおうかな!
    ヽ    , __ , イ
    /       |_"____    やる夫と一緒に、こっちに来ちゃった電子部品を使って説明するお!
   |   l..   /l´回路基板`l
   ヽ  丶-.,/  |_________|
   /`ー、_ノ /      /




         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::/::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.     /:::::::::::/::/:/:::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ,イ::/:::::::/::/:/://::::::::::/|::::l::::::::l::::::::::/ ::::::::::::|
     l,イ:::::::/://メ、/::::::::∠―|::::|:::::::|:::::::/:::::::::::::l::ト、
    / |:::/::レ'=、/:::::;イ r― \|::::::|:::::/:::::::::::::::ト:| `
       |::|::::::|  / // z==-、|::::/::::/´l::::::::::::::| l
      |!|:::::::| /,イ        y:::::/7/:::::::::ハ|
        |::l:|ヘ 〈 、       ,/:::/、/:::::::|/  `    あはは……よ、よろしくお願いします。
       レレヘヽ ヽ- 、__ u. ///::l::::::::::::|!
         |::ヘ ` ̄   _/∠./ノl:|:::ハ:|:|`
          レレ'ヘ__, -<   , -"´!|/ .ヘ|
             ├―┬‐'"イ:::::::::ト、
                _|| ̄|.| ̄~:::::::::::::|:::::\
       ,. -―‐''´::::||:::::|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::`: 、
     /l::::::::::::::::::::::::||:::::|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` : 、

415システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:01:00 ID:MIQeUg3c0

  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\    したらば、ココをこうして弄って……
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l   ほいできた!
   \  \|   `i-┬y'´  |
     \  \   `'ー'   /    豆電球を灯す回路の完成だお!
       \  ヽ ー─ィヽ




                  _ Switch
       _____。 。___
       |              |
       |                  .-.
       |                 | |
       |                 | |  Resistor
       ---- Battery       '-'
        -               |
       |                 .-.
       |                  ( X ) Lamp
       |                 '-'
       |              |
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

416システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:02:00 ID:MIQeUg3c0

              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `     これは……一体、何なのでしょう?
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |
           _ -─= ̄. : : 孑秞.| |: : : : | |(卅)\
      _-─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:丶 、




                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \     至極単純、明かりを灯す回路だお。
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |.    この、「Switch」の部分をオンにすると……
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ

417システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:03:00 ID:MIQeUg3c0

       l l.    //
       l l   //
      >' ´ ̄`ヽ、
     V      ! ニニ
     .! ./γ)  ,'
     .!X.. __/  ノ
.     X丶-/''' ´  <ピカピカッ
    .`ー '




       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|    おや、「Lamp」の部分が光りましたね。
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l      ……? でも、魔法陣はどこにも展開していませんね?
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

418システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:03:59 ID:MIQeUg3c0

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\      ……?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |     そらそうよ、魔法使ってないもん。
  \      `ー'´     /




       / .:.:.,':.:.:.:.:./.:.:.:.:. / :.:.:././:. :.:.:./:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:|.:.l:.:.:.',
  _. -─ ´/i :.:l .:.: ./:.:.:.:./ :.:./:.:./:..: .:.:./i.:.:.:.|: .:.:.: .:|.: .:.:.:.:. l.:.i. .:.:.l `─‐-、
/     .,':.|:.: .|: .:./:.:.:.:.// :.,イ .:.:.:.7}:. :.:./:.l.:.:.:.l:.: :.: .:.|:: :.:.:. :.ノ.:.|.: .:.l
      /:.:.i:.:. .l: .,':.:.:.:.//// ,イ:./ ,' :.:./.}.:.lヽ:.:.',:. :.:.:.i:.: .:. :./:.:.il.:.:.:.{
     /.:./|:.:. |.:.|:.:.:.:/// /:./ /:/ / :.:.:/ /:./  ヽヽ.:.:.:.|:.:. : /:.:./ }:.:..`、
     //|:.l.:. l:.:.|.:.:./≧_/:/ /:/ / :.:.:/ /:./ .,∠戈‐、:.i:.:.:./:.:/ ノ|:.:.| `ー、
.    /´  |:.l.:. |:.:.|:.:,'{ {戈_>、// / :.:./ /:./,Kイ_) - j 〉7:.:../:.:/ イ.:.l|:.l|
   /   |:.l|.:.|:.:.:',ヘ \ゝェ イ∨.:/ /イ/、ゝzツノ´/..:./:.:/r':.:./|:l|リ`
       ヽ|.:.l:.:.}:.:∧   ̄ //i 〃´ ´ ̄   イ:.:./:.:.|ヽ、:./ l.|
        l.:.l|:.:.|l:.:.∧   /´  i}       ./:./i:.|:.|  `‐--------‐    ……!?
        |.:.lヽ.| }:.:.|:.ヽ     、、     /‐´/:.:.,'|:|l|
        l:/ ',:| |:.:}:.:.|、\   r、___    /イ:/ リ/|     ___ , -‐'    魔法も火も使わずに、この明かりを……!?
\       |´  ヾ l.ノヽ| )ノヽ ',二_,, 〉 /// / .|     |: : : : : : :
  \         ./  ( ´  {` 、 ̄ ̄, イ// //  i    ノ: : : : : : :
\  \          `/  /`、` ‐´ /¨ヽ/ /  ノ   /: : : : : : : :
: : \  \         〈  { /  / ̄ ̄ヽ   } / /   /: : : : : : : : /
: : : : :`ー、 \        \∨  /    /}  |彡/   / : : : : : : : : /
\ : : : : :\ \       \ヽ ヽ、   //i  |/  /: : : : : : : : : /

419システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:04:59 ID:MIQeUg3c0

         ____
        /     \
      /  u   ノ  \     え、そ、そうだけど……
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|.    何かマズかったかお?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ




      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、     ……いえ、ご説明を遮ってしまい、申し訳ありません。
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|?l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l       えーっと、つまりこの工作は
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)         「Lamp」を光らせる事が目的なのですか?
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :

420システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:06:00 ID:MIQeUg3c0

      ___
    /       \       あぁうん、この回路は「Battery」に蓄えられた電気エネルギーを
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \     「Lamp」で光エネルギーに変換する装置だお。
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /     「Switch」でオン・オフの切り替えが可能で……
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ            地球では、光を灯すのには電気を使うのが一般的なんだお。




                  _ Switch
       _____。 。___
       |              |
       |                  .-.
       |                 | |
       |                 | |  Resistor
       ---- Battery       '-'
        -   (電気)       |
       |                 .-.
       |                  ( X ) Lamp
       |                 '-'   (光)
       |              |
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

421システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:07:00 ID:MIQeUg3c0

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::/::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.     /:::::::::::/::/:/:::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ,イ::/:::::::/::/:/://::::::::::/|::::l::::::::l::::::::::/ ::::::::::::|
     l,イ:::::::/://メ、/::::::::∠―|::::|:::::::|:::::::/:::::::::::::l::ト、
    / |:::/::レ'=、/:::::;イ r― \|::::::|:::::/:::::::::::::::ト:| `
       |::|::::::|  / // z==-、|::::/::::/´l::::::::::::::| l
      |!|:::::::| /,イ        y:::::/7/:::::::::ハ|
        |::l:|ヘ 〈 、       ,/:::/、/:::::::|/  `     なるほど、循環するエネルギーについては聞き及んでおります。
       レレヘヽ ヽ- 、__   ///::l::::::::::::|!
         |::ヘ ` ̄   _/∠./ノl:|:::ハ:|:|`           蓄えられた電気エネルギーがマナ、「Battery」そのものが陣。
          レレ'ヘ__, -<   , -"´!|/ .ヘ|
             ├―┬‐'"イ:::::::::ト、             「Lamp」が文字のような物でしょうか?
                _|| ̄|.| ̄~:::::::::::::|:::::\
       ,. -―‐''´::::||:::::|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::`: 、
     /l::::::::::::::::::::::::||:::::|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` : 、




     ____
   /      \
  /  ─    ─\     あー、ファンタジアースの人にはそっちのが理解しやすいかも知れねーお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    今回は、動作も単純な直列回路だから
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      電圧と電流も割と適当に設定したけど……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

422システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:08:00 ID:MIQeUg3c0

       /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:. :. : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     .//: : : : : : :/: : : : /: : : : /: : : : : : : |: : : : : : : |: : :ヘ
    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : : : : |: :|: :|
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:.:.|
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /: :.:.|
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.: :|:ヘ
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.: |: :.ヽ、
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-    ……「でんりゅう」と「でんあつ」ですか?
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |               /    !/. !:∧: |
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |
        |         /: : : : : : | |: : : : |
       /        /: : : : : : : : .| |: : : : |
--─==ニニ/      /| |: : : : : : : : : | |: : : : |`ニニ=- 、__
: : : : : : : : .|        /: : ! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : .|        |: : :! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :




..      ____
     / ―  -\      あ、あー、そりゃ知らねーかお。
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    ……うん、丁度良いか。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /    さっきは魔法の事を水で例えられたから
.   ノ         \
 /´            ヽ    電気回路の事も水流モデルを使うかお。

423システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:09:00 ID:MIQeUg3c0

        ____
       /    \       実はね、さっきの回路は下の図のように置き換えられるんだお。
.    /          \
.  /    ―   ー  \    「電気」が「水」、「Battery」が「ポンプ」、「Switch」が「水門」
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /    「Resistor」が「障害物」、「Lamp」が「水車」って具合にね。
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ   つっても、これだけじゃあ分かりにくいだろうから、今から説明するお。




                  _ Switch
       _____。 。___            ↑            水門
       |              |              高     ┌─────┤├───┐
       |                  .-.                     │┌────┤├──\\
       |                 | |                     ││              ○○○  障害物
       |                 | |  Resistor   ≒    .┌┘|                \\
       ---- Battery       '-'                   |  |ポ                  \│/
        -               |               |  │ン                ─※─  水車
       |                 .-.                    |  │プ                /│\
       |                  ( X ) Lamp           └┐|                        \\
       |                 '-'                低    │└───────────────\\
       |              |                ↓   └──────────────────┘
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

424システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:10:00 ID:MIQeUg3c0

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /    ( ●)  (●)',     。
      |         (__人__) │  /     じゃあ、早速だけどランペルージ君にしつもーん。
      \_      ` ⌒´ /  /
         /   ̄ヽ 介/; ̄ lヽ、 ,rE)      「電気」ってのは何だか知ってる?
.       │  | ゝヾ, / 7  |  ソ◇'
.       |  |  \ ゚|/  |\/
      _|__|___゚|___|_
       |\   ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
       |\\    ⌒  ⌒ 甘  \
       |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l    えっと、確か……原子を構成する
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `     自由電子の動きを示した物、でしたか?
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :
  l: : i'p=、_〃: 〃: : : : : : : : : : : : : : ´: : :
  l: :l::|l: : : : : : : ''==、、_: : : : : , ' : : : : : :
  ヽ!::|l:: : : : : : : : : : :0||: : : : / : : : : : : :
    |::|l: : : : : : : : : : : : ||: : : : : : : : : : : : :
   .|::|l: : : : : : : : : : : : ||: : : : : :ヽ: : : : : :
   |::|l: : : : : : : : : : : : ||: : : : : : : :\: : : :
   l::ll: : : : : : : : : : : : ||: : : : : : : : : ::ヽ、:

425システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:11:00 ID:MIQeUg3c0

                           nnm
.                          | i i i |
            ..___         n-┴1
         ../     \      い   l
          /  ─ ─  \     ゝ  j
       ./   ( o)( o) ..\    |  ',      はい、せいかーい。 その電子が「水」を指すお。
        |     (__人__)    |      |   ',
        \_  ` ⌒´ _/     |    ',     でもって、1秒間に電子が流れる量が電流だお。
         ンノ____  ,ノ|ー- 、_____|     :
         /\    A j   i      |    i       これを「水流の量」に例えるお。
     x<     \__∧_|/    l    ヽ   |
   / ⌒ヽ        |::i      l   ____  }.    さっきのモデルで言うと、時計回りに水(電流)が流れているわけ。
.   '     Y        l:::l     l ̄
   i     |      l::::!      l
   |     「 ̄ ̄i}i   |::::|     |               (実際には、自由電子は負の性質を持つけど……)
   |     |:: = |{l   l:::::|     |
  |     |: ニ|il   |:::::|     |                (まぁ、ここは分かりやすさ優先で説明するお)




                    水の流れ→

           ↑            水門
            高     ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ○○○  障害物
                 ┌┘|                \\
                 |  |ポ                  \│/
                 |  │ン                ─※─  水車
                 |  │プ                /│\
                 └┐|                        \\
             低    │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘

                     ←水の流れ

426システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:12:00 ID:MIQeUg3c0

          ___
        /     \         じゃあ次に、回路素子の働きを一つ一つ見ていこうかお。
      /⌒   ⌒  \
     / (●)  ( ●)   \
      |    (__人__)      |    まず「Battery≒ポンプ」、これは低い位置にある水を高い所に引き上げてるお。
     \_  ` ⌒´    __/
     /´:::/ヘ;;;/∨::\::::::::`ヽ    当然の事ながら、水は高い場所から低い場所に流れるから
     i:::,::>:::i/;;;;i /:::::::く:::::::,::::::ヘ
    {:::i::ヽ::i;;;;;;;/:::::/::::::::i:::::::::}   ポンプが無かったり壊れたりだと、水はまるで動かなくなっちまうお。




           ↑            水門
            高     ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ○○○  障害物
                 ┏┛┃                \\
                 ┃↑┃ポ                  \│/
                 ┃↑┃ン                ─※─  水車
                 ┃↑┃プ                /│\
                 ┗┓┃                        \\
             低    │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘

427システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:13:30 ID:MIQeUg3c0

       ____
    /     \       お次は「Switch≒水門」ね。
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |     つっても、これは名前の通りだお。
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、      水を流したり、せき止めたりする働きがあるお。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |    この場合では、水流を徐々に絞る事なんかはできず、オン・オフしか選べないけどね。
    >   ヽ. ハ  |   ||




           ↑            水門
            高     ┌────━┫┣━──┐
                   │┌───━┫┣━─\\
                   ││              ○○○  障害物
                 ┌┘|                \\
                 |  |ポ                  \│/
                 |  │ン                ─※─  水車
                 |  │プ                /│\
                 └┐|                        \\
             低    │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘

428システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:15:00 ID:MIQeUg3c0

     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \       で、「Resistor≒障害物」だお。
   / ⌒         ヽ,
  ( ●)    ⌒     ..i     これは、水流を流れにくくする素子なんだお。
  i.     ( ●)    .|
 . \(_入_ノ      /
    \______/      どうして、態々水の勢いを緩める必要があるのか?
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|         と思うかも知れないけど……今は、「そういうもの」として納得してくれお。
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|




           ↑            水門
            高     ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ●●●  障害物
                 ┌┘|                \\
                 |  |ポ                  \│/
                 |  │ン                ─※─  水車
                 |  │プ                /│\
                 └┐|                        \\
             低    │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘

429システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:16:00 ID:MIQeUg3c0

        /´ ̄ ̄`ヽ
.    /  \  _ノ' ,            そしていよいよ、この回路の主役である「Lamp≒水車」だお!
    /   ( ●) (●).!
    |.     (__人__).|
   ,..-'ヽ    |r┬|  !            この素子を動作させる事こそが、この回路を作った目的だお。
  ./::"::::`ヽ、.,_,`.ニ´_/
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _     水流を流して水車を動かし、水の位置エネルギーを水車の運動エネルギーへと変換!
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ     晴れて目的は達成され、水車から落ちた水は
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'        またポンプによって引き上げられ、何度も水車を回すのに使われるお。
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ




           ↑            水門
            高     ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ○○○  障害物
                 ┌┘|                \\
                 |  |ポ                  \┃/
                 |  │ン                ━※━  水車
                 |  │プ                /┃\
                 └┐|                        \\
             低    │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘

430システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:17:31 ID:MIQeUg3c0

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /    ( ●)  (●)',     。
      |         (__人__) │  /     ……以上だお、何か質問は?
      \_      ` ⌒´ /  /
         /   ̄ヽ 介/; ̄ lヽ、 ,rE)
.       │  | ゝヾ, / 7  |  ソ◇'
.       |  |  \ ゚|/  |\/
      _|__|___゚|___|_
       |\   ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
       |\\    ⌒  ⌒ 甘  \
       |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|




       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:.: :.:.:. :.:.:./:. :.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     /:.:.:.:.:.: :.:. :.:.:./: .:. :.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:..',
    /:.:.:.|:.:. .: .:.:.:./ :.:. :.:.:/ .:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:../ .:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:|
    /:/.:.:.|:.:. :.:.:.:.:/. .:.:.:./: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:.: ::.:.:.:./ :./:.: .|:.: .:.:.|:.:.|
   ノ/l.:.:.:.|:.: :.:.:.:/:. :.:.://: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:. .: ..:.:.:/ :/: |.: .|:.: .:.:.:.|:.:.|
  /´ |.:.:.:.|:.: .:./: :.://:.:/:.//:.:.:. : : .:.:./ :./|:. |:.: |.: .:.:.:..|:.:.|
     |:.:.:r|.: .:.l//:.:./://:./:.:.:.::. .:.: .:/ :./:.:.|:. |:. |:. :.:.:.:.|:.:.|
     l:.:.:{ |:.:.:.|/:.:/‐ ´ /:./:.:.:.:.: .:.:.イ: .:./:./|:. |:. |: .:.:..|:.|:.:{
     }:.:.:| |:.:.:.|:/ム\\/:./:.:.:.: .:./,/ :./イ彡|:./ ./:.:.|:.:.|リ`‐`-
     /:.:/ヽ|:.:.:|\ゝz.イヽ,'、/:.:.:.:./彡/∠イ孑フ/:.:/:.:./:.:/|
    /:.,イ:.:.,:|ヽ:.ヽ ` ̄´///:.:./(\/ゝ匕ンイ:.::./:/ヘ./|:l
   /´/:./ }:.:.lヽ、\  /' //  { `./\  ̄/-/^i:/_〉 〉_|l
    /´  //|/\`丶/    !  \ \ /:{ |: / /` :l ̄ ̄/ ヽ
      //{ `: { {\    __ 冫  `ヽ ヽ : l /  /: : : : : : :/: : : : \    はい、「電流」については理解できたのですが……
.     /: : : | : : ヽヽ \ ´¨ _ ̄`  ∠: ヽ `∨  { : : : : : :/: : : : : : : l
   /: : : : : :,-、ヶ :\rヽ`r‐ー─‐<´-----ヤ    〉 : : : : ,' : : : : : : ∨    では、先ほどおっしゃってた「でんあつ」とは何なのでしょう?
  / : : : : : : : :r‐、),-、 | |: :r`──-── 、__    〉 / : : : : : |: : : : : : ∨
/ : : : : : : : : : く卅>⌒: | |: : `>─┬ 、      / / : : : : : : |: : : : : ∨
: : : : : : : : : : : : :簠ゝ: : : | | : : : : : : : |l: :i      / /: : : : : : : :l: : : : ∨

431システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:18:29 ID:MIQeUg3c0

        ____
       /    \       「電圧」ってのは「高さの差」だお。
.    /          \
.  /    ―   ー  \    電気の持つエネルギーを、高さに例えて……「電荷」って言うんだけどね?
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /    下の図で一番高い位置を「150V(ボルト)」で、一番低い位置を「0V」とすると
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ    高さの差……【電位差=電圧】は 150-0=150V になるお。




           ↑            水門
           150V   ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ○○○  障害物
                 ┌┘|                \\
                 |  |ポ                  \│/
                 |  │ン                ─※─  水車
                 |  │プ                /│\
                 └┐|                        \\
            0V    │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘

432名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:19:17 ID:s68C8qsk0
電位 のほうが適切な気はするな

433システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:20:00 ID:MIQeUg3c0

     ____         高さの差が大きい程、水の持つ位置エネルギーが大きくなるってのは分かるお?
   /      \
  /  ─    ─\      それと同じく、電圧が大きいほど水の勢いは増すんだお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    下の図だと、左図のポンプ間の電圧は 150-0=150V で
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      右図のポンプ間の電圧は 100-30=70V だお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /       この場合、左図のポンプの方が水をより高い位置に移動させてるって事ね。




       ↑            水門
      150V   ┌─────┤├───┐                               水門
              │┌────┤├──\\                ↑    ┌─────┤├───┐
              ││              ○○○  障害物      100V   │┌────┤├──\\
            ┌┘|                \\                    ┌┘|             ○○○  障害物
            |  |ポ                  \│/             |  |ポ                  \│/
            |  │ン                ─※─  水車        |  │ン                ─※─  水車
            |  │プ                /│\              |  │プ                /│\
            └┐|                        \\        30V.. └┐└──────────────\\
       0V    │└───────────────\\     .↓     └─────────────────┘
        ↓    └──────────────────┘

434システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:21:03 ID:MIQeUg3c0

確かにそうですね。
という訳で、>>431修正。


        ____
       /    \       「電圧」ってのは「高さの差」だお。
.    /          \
.  /    ―   ー  \    電気の持つエネルギーを、高さに例えて……「電位」って言うんだけどね?
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /    下の図で一番高い位置を「150V(ボルト)」で、一番低い位置を「0V」とすると
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ    高さの差……【電位差=電圧】は 150-0=150V になるお。




           ↑            水門
           150V   ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ○○○  障害物
                 ┌┘|                \\
                 |  |ポ                  \│/
                 |  │ン                ─※─  水車
                 |  │プ                /│\
                 └┐|                        \\
            0V    │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘

435システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:21:30 ID:MIQeUg3c0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \      左図の方が、電圧が高いから……
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     当然、「Lamp≒水車」に及ぼす力も強いお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      実際に試してみると、右図よりも左図の方が
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |      Lampは明るく点灯する筈だお。




              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl    ふむふむ。
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー     であれば、ポンプはできるだけ性能の良い物を使いたいですね。
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |
           _ -─= ̄. : : 孑秞.| |: : : : | |(卅)\
      _-─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:丶 、

436システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:22:30 ID:MIQeUg3c0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \     まーね。 つっても、水流の勢いが強すぎると
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |    水が漏れ出て、周囲に悪影響を及ぼす事があるから、注意が必要だけど。
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \    これを「漏電」って言って、電気を扱う上では気をつけるべき事だお。




       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ    でしたら、その漏電を防ぐためには指標が必要ですね。
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|      ひょっとして、目印になる物があるのでは?
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

437システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:23:30 ID:MIQeUg3c0

               ____
             /      \       流石にカンが良い、指標そのものではないけど
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     とっかかりになる公式はあるお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \     それが、【オームの法則】って言って
        (____)       |、 \
           |          |/  /   【 V=R×I 】 で表される式を指すお。
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /       Vは電圧、Rは抵抗、Iは電流を示してるけど……
             \/  /
           _/  /``l         理解できるよね? ファンタジアースって、数学はやけに発達してるし。
          (____/(_/




         _,... -'''" ̄::::::::::::::::::::::::....、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /  .:::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::\
     ,   .::.::/::::::/::::::::::/:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::/ .:.:/  ./:::::::::::::/::::::::::::::|::i::::::::::::::::::::::::::ヽ
.  /:::/  ..:/ :::/  .::..::::::/:::::::::::::::::}::|:::::::::l:::::::::::::::::::}
  { .i::  i/ .::/  .::.:.:/..::.::::::::::::イ/|ト::::::::|:::::::::::::::::::|
  / ..:{::. . .|::::::/|:::::::::::::イ..:.:::::::::::/ / |ハ:::::::::|::::::::::}::::::::|
 / .:::| ..:::i:::/ |::::::/ |..::.::::::::/ /__,|l-ヘ::::::l::::::::::|:::::::::|
./::::::::l::::::::::V{,イ|:::/ ̄.|::::::::::/ 7´ _|iニ-ヽ、}::::::::|:::::l::::|
:::::/ |:::::i:::::{:i yri|ニィト、i::::::/ / ,彳r':::刈`}|:::::::::|-、|::::ト、
/  }:::::{:::::、{ _」|!-‐i.{ |:/ ノ   ´ ̄`¨ /:::::::/7 }i:::::|. \      はい、式そのものは理解できます。
.   /:::::ハ:::::ヽ  !   / ..:: i       /::::::::/レノ::|ヘ::、
  /::/}::::、::::::\.      '      ./::://匕::::::ト、\        陣を構築するには、数学の知識が不可欠ですから。
  / /::::::/ヽ.::::::\   _,......._  ノ//:/::::::ハ::{ ヽ `
.   /:::/ |::::ヽ、ー`- ´ 二´   //イ:/::::/i|` \、
   //  /::/|:::/::...、        /|:::/i::::{ |‐-、. ヽ        ファンタジアースの共通文字における数字は
  ノ  //:/´ }::ハ:::::| ヽ      /  .|_:{ |:::i  ヽ-、\
    r'´ノ   |j r‐}   > .イ   _.|>`}l/  _,ノ  〉       オプーナ帝の手記にあった、「アラビア数字」と
    `7l`i ‐-、  |::`ー-、   _,. -'''"_ 」 イ´_, イ´
      {.| |  | }  }::::::::::: ̄ ̄:.:.:.:.:.:r' ,-┬i´   .|          似た表記の仕方なので。
     >〉〉 } |_ノ:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.| 「   | |    {_
   / ̄`yj  //:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:/:.:.//   | |    フ j、___
―'´  { { {  | |::::::: }:::::::::.:.:.:.:.:./  | |   .| | _/ /     ̄`ー-、

438システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:25:00 ID:MIQeUg3c0

            //V:lW V::.:.:.l::::::.:.:.、:.:./:::::::::.:/:::.:./:.:.:.:.:.:`ヽ、
        /::lヘl:.j?/レ:.:l/|:::::.:.:.:|?∨:::.: /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
       /'/i::::::::::j/::::::.:.:.:.!:::::::::::!/:l/::::. //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        〃|::::.:::::::::::::.:.:.r'{::.::.:.::.j':.:l:.:::〃:.:.:/:.:;.-‐ /:.:.:.:.:.:.:.!
       / jイ::.::::::.::::::.:.:.! l:.:.::.:.:.:.:.:.::;ィ:.:__:ィ/X_//:.:.:.:.:.,j
        / j:.:.:.::::.:.:::.:.:.ムヽ:.:.:.:.:.:l:.|:.!|「 ィ冬‐彡ンィ:.:.:/〃
.          |:.:.:.::.:.:.::.:.:.′`ハ:.:.:|:.l:.|:.!リ ヘ?ト`/:/:./
         j:.:.:.::.://:.:.l  { ヘ:.:|:.l、トミ   ` _彡:.ァ:.:./
        ry'/:.:.:.//:.:.:.l   、ヽゝ!   ´ ̄  V:.:.:/
       _l'ィ/:.:ルi:!、:l:|    丶   __      〉/
       / ´ ̄´/^゙{=キ!= 、   ヽ   ̄、`y- ''´l/      ただ、今ひとつ腑に落ちないのが、R(抵抗)の存在です。
.      /         l  い‐- 、/ \ /
     /        l   l |  》、 、´            V(電圧)とI(電流)が水車の働きと連動してるのは
   _/ _         l   l | 〃 \\
  ̄\   \ ‐ 、  j   j | 〃   丶ヽ               理解できるのですが……
      、  \ \/   { !《_ 、    } }
 .    __\   、r'^ ‐ 、_ l Li} \ 、  ノム_
 :.    !  ``ヽ ̄ ` - 、_  \\ `ヽ // ヽヽ
 ::::.  l      !      −-ヽ ヽ v ム |l
  ::::::. |    l          \V /  ゙ ┼|
  ::::::::. l    |   /      ::::::...y'丶 l l|
  ::::::::j    l   /:         /   〉 !:|i
   ::::〈 l   / .::/:::     ,、/   /| !:|l

439システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:25:59 ID:MIQeUg3c0

               ___
              /      \
            /   ⌒   ⌒\
         /   ( ●) ( ●)\     あー、ごめんごめん。
          |      ⌒(__人__)⌒ |
        \     ` ⌒´   /      実は、Resistor程じゃないけど「Lamp≒水車」にも小さな抵抗があるんだお。
          /⌒           ヽ
       |   ヽ__     _ ',
          :、_     )  ( ̄ _丿.     水車の場所で水が仕事をする時、微妙にエネルギーが消費されてね?
          |   /  ̄`i  / ̄  `i
          |      |     ,    |     その分の抵抗を「 r 」で表現したりするお。
         ∧ |     |__/     /
        `ーヽ _ |   |  _/      ちなみに、抵抗の単位は Ω (オーム)ね?
          (__)  、__)




                  勢い (電流=I) →

           ↑            水門
                    ┌─────┤├───┐
             高     │┌────┤├──\\
          さ    ││              ○○○  障害物 (抵抗=R [ Ω ])
                 ┌┘|                \\
            電   |  |ポ                  \│/
            圧   |  │ン                ─※─  水車 (微小抵抗= r [ Ω ])
                 |  │プ                /│\
            V   └┐|                        \\
                   │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘

440システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:27:00 ID:MIQeUg3c0

           ____
         /⌒  ⌒\         したらば、数学の知識があるランペルージ君に聞くけど……
       /( ―)  (―)\
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      この時、オームの法則ではこの回路をどう表現すると思うお?
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"




      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、       ふむ……自信薄ですが。
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|?l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l          V=R×I は、I=V÷R とも置ける訳で。
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)                 水路のモデルと今の式から考えるに
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ           抵抗が増えれば、水の勢いは弱まるのですから……
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :

441システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:28:00 ID:MIQeUg3c0

    /.:/:/}.:.:.l.:.:./.:.:./.:.:.:.:.:/:/:.:./.:.:,イ:..:/.:.::/.:.:.:. /..:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ.:ハ:.:ハ:.:.:.:ハ
    ,'.:/:/.:.l.:.:.|.:.:{.:.:/.:.:.:.:.:/:/.:.:.:./:/:/.:/.:.:./.:.:.:. /.:.:/:.:./{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.l.:.:.|.:.:.:.:.ハ
   ./:/{:.l.:.:.{.:.:.|.:.:|.:.{.:.:.:.:.:/:/.:.:.:.//:.:./.:./.:.:/.:.:.:. /.:.:./.:.:/∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:l.:. |.:.:.:.:.} ヽ
─‐//-{:.|.:.:.|.:.:.|.:.:|.:.|.:.:.:.://.:.:/{.:.:./:.:./.:.:/.:.:.:. /.:.:.//:./  ∨:.:.:.:.:.:.:. }::/:.:.:} :.:.:.:.|─ヽ─────
  〃  |:.|.:.:.|.:.:.|.:.:|.:.|.:.:.:/汀ミ__.j.:/{.:.:/.:./.:.:.:./.:.:.://.:/  _∨.:.:.:.:../:/.:.:/ :.:.:.:.:.|   \
. /    |::|.:.:.|.:.::|.:.:|.:.|.:∨//=x〃寸x/.:/.:.:.:./.:.://.:/-''"厶戈ヘ.:.:. /:.:.:.:/.:.:.:.:./:/    ヽ
     |.:ト、:{.:.:.V.:{.:∧:{ {/灯ふx/ ハ.:.ハ:.:./:///:,'_,ィチ刃リヽ}Y/:.:.:.:/.:.:/:.:/:/
     {:.| ∨.:.:Vヽ.:∧!\弋zソ\レ'/:: ////、弋:Y:ソ//:..:.:.:∧.:/:./∨
     ヽ   ヾ:.:.Vヽ.:∧  ̄ ̄ ̄ / l/ イ/    ` ̄ ̄  /:.:.:/ /:/{/
         \八.:ぃ.:\.     / 〃  :|          /:./ /:./ {l
          ノ Vヽ`ミ \  / 〃  :|            /イ-イ.:.:./{ 八
              ∨.:∧、        :| ,        / /.:.:.:.} :.:从
                ノ }:∧:.:.\  、_______ァ   ∠_.:.:./{:./              //
               }/ У厂{ヽ、``ー=ニニ='"  /{´\:/ .l/                 //::::
                  __,「「{  `ヽ\        ∠ _少ノ ,八                 //::::::::::    V=( R + r )×I !
               f{ { \\. ヽ、\    /=彡イ / 八ヽ、            //:::::::::::::::
\           厂"{  \  \, /\`  ̄ ´ ,ァ个廴_ノノ./ } 小,        //:::::::::::::::::::::    これでどうでしょう!
\\         ∨ } ヽ  ヘ、/ / 〉──‐〈  } \" ./ }  j/      //:::::::::::::::::::::::::::
::::::\\       \ ヽ \/ /  八    ノ ノ /厶/  ノ /       //::::::::::::::::::::::::::::::::




       r‐┐
 /\   |  |
 \  \ |_|
<\ \/
 \>  ,、 「l /)
     | !,l |//.、
     `、   (゙)}     ___
      l.  ィ''´   /⌒  ⌒ \
       |  |  /(⌒)  (⌒ ) \
       |  |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \     ザッツライ! 大正解だお、筋が良い!
       ヽ  |     |,┬‐ |       |
        \.\   `ー ´     /
         \       __ ヽ
          ヽ      (____/

442システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:29:00 ID:MIQeUg3c0

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |             そうなんだお。 今、ランペルージ君が言ったみたく
     \      `ー'´     (⌒)
      >          ノ ~.レ-r┐、      【直列回路では、抵抗が増えると電圧が上がって電流が下がる】んだお!
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ     例え高さがあっても、障害物が多いから水の勢いは削がれるイメージね?
      |          ̄`ー┬--‐‐´




           ↑            水門
           150V   ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ○○○  障害物(90Ω)
                 ┌┘|                \\
          150V  |  |ポ                  \│/
                 |  │ン                ─※─  水車(10Ω)
                 |  │プ                /│\
                 └┐|                        \\
            0V    │└───────────────\\
              ↓   └──────────────────┘


    水車の抵抗( r )を考えない場合だと
    オームの法則により、150V=90Ω×I
    よって、I(=電流≒水の勢い)は、I=150÷90=1.666…… [ A ]

    水車の抵抗( r )を考える場合だと
    オームの法則により、150V=(90Ω+10Ω)×I
    よって、I(=電流≒水の勢い)は、I=150÷100=1.5 [ A ]

443システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:29:25 ID:MIQeUg3c0
ちょっと10分程離席します。
しばらくお待ち下さい。

444名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:35:51 ID:X8Qt56420
あーい
電気屋やってるけど良い復習になってる

445名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:36:53 ID:s68C8qsk0
電気科だったから懐かしい気持ちになるはw

446名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:37:43 ID:l3.cw18A0
この世界だと魔力発電とかできそうだから
将来電気使うにしても電線とかいらなそうだなあ

447名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:38:27 ID:/qq.ansE0
まず科学とはどういう方法論か?から説明した方がいいと思うけどな、御子の言ったことと矛盾する現象が発生したと主張したら異端扱いされそうw

448名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:38:31 ID:ZCLQI0yo0
薬学部だけど物理の授業で習った事思い出しながら見てる

449システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:39:42 ID:MIQeUg3c0
再開します。

450システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:40:00 ID:MIQeUg3c0

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    分かりやすくするために、極端な例えを出すお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /     下の図みたいに、ポンプと障害物と水車が2つずつある水路を考えるお。
  \     ` ー'´     //
  / __        /        この時、電流はいくらになると思うお?
  (___)      /




           ↑            水門
           200V   ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                 ┌┘|              ○○○  障害物A(90Ω)
                 |  |ポ             \\
                 |  │ン                   \\
         100V   |  │プ                 ○○○  障害物B(90Ω)
            ↓   └┐|A                    \\
                   ||                      \│/
           ↑    ┌┘│                     ─※─  水車A(10Ω)
           100V |  │                     /│\
                 |  |ポ                            \\
                 |  │ン                          \│/
                 |  │プ                               ─※─  水車B(10Ω)
                 └┐|B                              /│\
                   ││                                 \\
            0V    │└──────────────────────\\
              ↓   └─────────────────────────┘

451名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:40:11 ID:s68C8qsk0
魔法使える人は限られてるって話じゃなかったっけ?

仮に一般市民が魔法使えなくて電気使わせるなら送配電も必要になると思うけど、そこも魔法でいけるのかな

452システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:41:00 ID:MIQeUg3c0

          /: :/: : : : : : : : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: /: :/: : : :/: : : : :/: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :.',
.         /: /: :/: : : :/: /: :/: :/: :/: : : : : : : |: : : : : : : : .i      電圧(=電位差)が「(200-100)+(100-0)=200V」
        /: /: :/: : : ://:/: //: :/: :/: /: : : : : : |: : : : : : : : :|
.       /'i/: :./: : : .///l: / /:/: :/: :/:/リ: : l: : : l: : : i : : : : :.|      抵抗の合計が「90+90+10+10=200Ω」
       / |: : :|: : |: :l l/`l/ト,|/: :/// / |'|: :.|: : /: : : |: : : : : :!
         !: : !: : |: :|'伐ドミト!:/::// ,/   | |: :|: /: : : :リ: : : : :/
         ヽ|: : l: :.|弋i伐'}i/:/∠ -/-‐‐十|: :|/: : : : /: : : :./         ですから、オームの法則により 200V=200Ω×I [ A ] で
 ̄ ̄ ̄` ー‐- 、_l: :lヽ,;!   ̄ i/ ' /,‐=庁干〒V: : : /´V: : :V'
.          レ'   !    /      ̄ 十壬'/: :/i:.:.:.!: : :リ'         I=200V÷200Ω=1 [ A ] となります!
              、   l        /:.:.://` ‐.‐┴ 、_____
ヽ               、 、_       /:.:.:/' >'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
: :\             ヽ ヽ二ニ=-'´ ,i:.:.:/7:.:. /:.:.:.:.__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
ヽ: : \            i´ ', _ ̄_,,. ‐ ' |:.:.:i/:.:./:.:./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:, - ´:.:.:.:.:.}
  V: : :\       /≡三>-, -ー 7‐‐|:.:.:|:.:.:.i:.:.:.l:.:.:ト ── ‐ -<´V:.:.:.:./ ̄
  V: : : :.\  , -‐' 7/  /    / , `‐'l:.:.:.l:.:.:.l:.:.:i: : : : : : /   V:.:/
   V: : : : : \/  /   /     ///  ヽ:.:|:.:.:l:.:.:|: : : : /     V
: : `''ー-、,: : : : : : : :\  L/     /, -‐'´: : : : : : : ヽ!,ノ、''       /
: : : : : : : :`''ー-、,_ _ >- ,_ _, -‐'´: : : : : : : : : : : : : : ヽ:.:|       ./
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `´ヽ      /




                  ,ヘ
      ____      / /     合ってるお! ポンプが2つに増えたけど、惑わされずに
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /      ポンプAとポンプBの電位差を、ちゃんと足し算したのが偉い!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /        ちなみに補足しておくと、障害物(≒抵抗)が大きい程
  /          \
 /             \       高さ(電圧)が必要になるから、障害物A・Bに「90Vずつ」
/  /\           ヽ
 /   \          ノ         水車A・Bに「10Vずつ」高さが使われた、とも考えられるお。
U      ヽ        ノ

453システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:43:00 ID:MIQeUg3c0

       /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:. :. : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     .//: : : : : : :/: : : : /: : : : /: : : : : : : |: : : : : : : |: : :ヘ
    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : : : : |: :|: :|
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:.:.|
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /: :.:.|
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.: :|:ヘ
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.: |: :.ヽ、
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-     ……しかし、これが全てでは無いのですよね?
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |               /    !/. !:∧: |             先ほど、御子はおっしゃいました。
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |              「直列回路の場合は」と。
        |         /: : : : : : | |: : : : |
       /        /: : : : : : : : .| |: : : : |
--─==ニニ/      /| |: : : : : : : : : | |: : : : |`ニニ=- 、__
: : : : : : : : .|        /: : ! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : .|        |: : :! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     あ、覚えてた?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      じゃあ、並列回路もやっちまうかお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

454システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:44:09 ID:MIQeUg3c0

        ____
       /    \
.    /          \     まずは「直列回路」、これは今やったばかりの回路だお。
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    下の図みたく、ポンプやら障害物や水車を直線に並べた回路ね。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \    この場合、電圧 V も抵抗 R も全部足し算されるお。
 /´             ヽ




           ↑            水門
           200V   ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                 ┌┘|              ○○○  障害物A(90Ω)
                 |  |ポ             \\
                 |  │ン                   \\
         100V   |  │プ                 ○○○  障害物B(90Ω)
            ↓   └┐|A                    \\
                   ||                      \│/
           ↑    ┌┘│                     ─※─  水車A(10Ω)
           100V |  │                     /│\
                 |  |ポ                            \\
                 |  │ン                          \│/
                 |  │プ                               ─※─  水車B(10Ω)
                 └┐|B                              /│\
                   ││                                 \\
            0V    │└──────────────────────\\
              ↓   └─────────────────────────┘

455システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:44:59 ID:MIQeUg3c0

       ____
     /      \
    /  ─    ─\      んで、お次が「並列回路」だお。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |     直列回路とは違って、下の図みたく水路が枝分かれしてる回路を指すけど……
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )     ランペルージ君、この回路の抵抗や電圧をどうやって求めるか分かるかね?
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/




  ↑              水門
  高..  ┌───────┤├───────────────┐
      │┌────┐┌┤├──\\──────────\\
      ││        ││        ○○○  障害物A(抵抗Ra) ○○○  障害物B(抵抗Rb)
     ┌┘|     ┌┘|          \\                \\
     |  |ポ   |  |ポ            \│/              \│/
     |  │ン   |  │ン          ─※─  水車A(抵抗ra)  ─※─  水車B(抵抗rb)
     |  │プ   |  │プ          /│\               /│\
     └┐|A    └┐|B                   \\                    \\
  低   │└────┘└───────────\\──────────\\
  ↓   └────────────────────────────────┘

    ※ポンプA・Bの引き上げられる高さは同一とする。

456システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:46:30 ID:MIQeUg3c0

: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.l::.
/.:.:.:.:.::::::::.:.:.:.:リ:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:. }.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.}:::'
: :.:.:.:::::::/.:.:.:/ }:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.{::::',
:.::.::::::::/.:.:.:/ ,::::八.:.:.{ :.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.l ヽ',
: :.::::::/,'.:::/ /::/  V ト、.: .: |.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.: |  \
:.:.::::/〃/  .:::/ , イ::| \ l.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:. |
: ::://::/  /::// 彡ぅi冖V.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.リ{:l
.:://::/  /:/ィf[_::::::_」} jノ.:.:.:.:/│.:.:.:′':,
ヾ.:::/{_,.イ/ '弋::::V:::ノ '/.:.:.:∧ | .:.:,′
' /  /   ー-ニニ´-‐/.:.:::/ ノ}.:.:,′
  :l           /.:.:::/  人::.′
  :|             //:::/ /.:.:.::::{       え……? う、うーん……
  :|         / イ厂.:.:.::∧::|
           /イ.:.:.:.:. ハ{ '::|       申し訳ありません、分かりません。
-‐……‐-、      / |.:.:.:.:./ }}  ヽ
' -─‐- `ノ   /|.:.:.:|.:.:.:/ ″
   ̄      /  |‐-┐:,′           障害物Aと水車A、障害物Bと水車Bを
、         // {:::{
ー` _, イ -‐冖T_/: : : ljノ              一緒の抵抗( Ra + ra と Rb + rb )だと考えるのは分かるのですが……
─-----─┐ |: : : : : : |
 : : : : : : : : :| |: : : :「|: {
 : : : : : : : : :| |: ⌒l| し}




             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____        OKOK、そこまで分かってりゃ上出来だお!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\                                  1
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\      並列回路の場合、抵抗はR=――――――――――――
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \                       1/Ra+1/Rb+……+1/Rx
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |    となるんだお。
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

457名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:47:43 ID:/2kD3Fyc0
>>446
基本的に無線より有線の方が効率高いから、魔力配線も有線にすれば効率ダダ上がりするよ
回路の発想とか応用できるそうだから、魔力関係もこういう電気回路理論を応用して効率性高められそうだよな
しかしこうなるとますますオプーナはどの時代のどういう職業(地位)についてたか気になるね。これまで判明してることからして近代日本人なのはまず間違いなかろうが

458システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:48:00 ID:MIQeUg3c0

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\          どうしてこうなるか、証明もできるけど……
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |        まぁ、今の段階では公式として暗記しておいて良いお!
     \      `ー'´     (⌒)
      >          ノ ~.レ-r┐、    じゃあ、この式を踏まえると回路全体の抵抗(合成抵抗)はどうなるかお?
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
      |          ̄`ー┬--‐‐´





           /::/::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              i::/::/:::: ;'::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::l::::::\
              |:|:::|:::::::l:::::/::::::::/:::::::/:::::::::/:::::::::|::::::ヽ \
              |:|:::|:::::::|::/::::::::/:::::::/:::::::::∧:::::: ;'::::::::∧`ヾ:、
              |ハ:、:::::|;':::::∠:://:::::::∠ ⊥:: ;'::::l::: i:::|
              |: ∧:::: |/Z二ヽ /::::/二>,ィ/:: /:::::|ハ!
           八! ヘ:::::笈戔ミメ:/ ,.孑爻.7:: /:::::: リリ              1
.           /⌒}ト、_>:ヽ' ̄`/  !   ̄`,.:イ|:::/ //    R=―――――――――――― なので……
              リ 川∧       /    /://:/ 〃        1/Ra+1/Rb+……+1/Rx
              ノイ::|::::}::>、  - ―- .,イ}:/:/
             /:ノ::/二二:>、 __ /{:|:{/                                 1
      ,.ヘ ___/⌒ヽミ=/`ヽ}=}:l::::|::У         この回路では、合成抵抗 R =―――――――――― ですね。
ー――く: : : \: : : : }`ヽ: : |: : Y: : : :.|: |:|`ヽ                             1/(Ra+ra)+1/(Rb+rb)
: : : : : : : :ヽ: : : :ヽ: : :|  |:.:.:|: : :|: : : : |: |:|77入
: : : : : : : : : : : : : :}:.:.:.Lrノ: : ∨∧: : : :凶:|/く⌒ヽ        式を変形して……
: : : \: : : : : : : : :|: : : :||: : : : /: : : : ^:o:=o:/ ヽ: :.\
: : : : : :ヽ: : : : : :.:.|l: : : ||: : : : : : : : : : : :.0: : : : : Y⌒>. 、_
: : : : : : : :\: : : : |l: : : リ: : :∧: : : : : : : ∨: : : : :.|イ´: : : : }: |
 ̄ ̄ ¨ヽ: : : : : : 从_ /|:.:.:/: :.}ミメ、: : :/: : : : : :.|/: : : : :./:./
     ∨}: : :./⌒ヽ:.|:./: : /二二二二二二二〉: : : : /:./|
.       ∨: :.:i: : : : :.У: : :|: : : : : : : : : : : : : :.∧: : : /:./: |

459システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:49:00 ID:MIQeUg3c0

   //: : : : :∠ /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
`.//: : : : : :/::::l/       ./:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
:::∨: : : : : : :/:::::/    __  /:.:./:./:.:.:./:.:.:/:.:.:/:.:./:.:.:.:.:. /:.:l:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
:::::l: : : : : : :/:::::/     .,'::::i./:.:./:./:.:.:./:.:./:.:.:/:.:./.':.:.:.:.:/:.: /:.:.|:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
:::::|: : : : : :/:::::/    /:::::/:l:.:.l:.:.,:.:.:./:.:./:.:./:.:./:.:/:..:.:.:./:.: /:.:./:l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l                (Ra+ra)×(Rb+rb)
:::::| : : : : /::::::,'     ,':::::,':./l:.:.|:.:.l:.:/:.:.//:.:.:/:.:/:.:.:.:.:./:./:.:. /l:.:l.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     合成抵抗 R =―――――――――― です!
:::::l : : : : l:::::::|\  /::::://´ |:.:.l:.:.|/:.:.//:.:./:.:/,:.:.:.:.:.:./:.:/:.:/  l:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:l:.:l                 Ra+ra+Rb+rb
:::::| : : : : |:::::::l  ヽ./::::://  |:.l:|:.:l:.:./ム/ノ/ /:.:.:.:.:.:.イ:.:/:.:/  l:l:.:.:.l/:.:.:.:./:.:.:|:.:l
:::::| : : : : }:::::::l  /:::::/\__.l:.|:l:.:|:/升必t、ヽ/:.:.:.:./7:.//-‐'´ l:|:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.l }|      これでどうでしょう!
:::::|: : : : :.l:::::::l ./:::::/      l:.ト.l:.:.l`仆乏ニzメ:.:./ /:./厶,-≠¬7/:.:.:.:/:.:.:.:/l| リ
::::::`ー‐´::::::::{_/::::.:/     }.'|l:.:ト:.',    /:/ l //´ヽ≧=≦.'/:.:.:.:/)/:./ .i|
/::::::::::::::{::::::::/::::::/l       ' ヽ:.トヽ   /´  }/        /:.:.///:./___
ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::.ヽ       ):.:.ヽ     i!      /-‐'´-':.//
::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::'、      '7:/リ\ ヽ-- 、 _     イl:.:./:.:/{l
ヽ::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::\    ノ´  }/\  ̄` ̄ ,  ' ´トリ:./l:./ `
\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉    /l ̄| ヽ::、ヽ_ , イ::::://ヽ{ }/         .//: :
  `丶、::::::::::::::::::::::::::::::::::}--‐‐ ':::://l  !/ヽー-r‐、::://  /、          //: : :
/ ̄ |\ト:::‐===‐::::/\:::::::::.// ! / /   /  | /   / !        //: : : :
',: : : : :.∨:\::::::::::::::::::::::{ \\::((  / /  ./   l彡  ///::::\___ , イ, ': : : : :
.}: : : : : :∨\\::::::::::::::,'\ :\\ハ {  !  / /   1  / //::::::::::::://: : : : : : :
.l : : : : : /: : : \\::::::::l:::::::ヽ: :\\ l  | /     |イ   //::::孑' ´イ: : : : : : : :




         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\       大正解! 初めて見て、暗算で解くとは恐れ入るお!
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、    直列回路の要素も入ってるのに(Raとra、Rbとrbが直列になっているお)
     \       `ー'   しE |
     /           l、E ノ.     良くぞ導き出せました!
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

460システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:50:00 ID:MIQeUg3c0

                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \       んだば、抵抗の合計は求められたんなら
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \     電圧と電流も求めちまおうか。
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/     この回路……水路を見て、電流と電圧はどうなると思うお?
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ




  ↑              水門
  高..  ┌───────┤├───────────────┐
      │┌────┐┌┤├──\\──────────\\
      ││        ││        ○○○  障害物A(抵抗Ra) ○○○  障害物B(抵抗Rb)
     ┌┘|     ┌┘|          \\                \\
     |  |ポ   |  |ポ            \│/              \│/
     |  │ン   |  │ン          ─※─  水車A(抵抗ra)  ─※─  水車B(抵抗rb)
     |  │プ   |  │プ          /│\               /│\
     └┐|A    └┐|B                   \\                    \\
  低   │└────┘└───────────\\──────────\\
  ↓   └────────────────────────────────┘

    ※ポンプA・Bの引き上げられる高さは同一とする。

461システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:50:59 ID:MIQeUg3c0

            _ - ‐───---、__
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  .:.:.:.:..\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:\:\
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:. :. :.:.:\:.`ニニ=ー
     /.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.: .:.:.:.:ヽ:.:ヽ ヽ :.:.:.: ..:. :.:.\:.`ー-、_
    /:.:.:./ .:..:.:. /:.:.:.:/:.:.:|、\ :.:.:.:.ヽ :ヽ ヽ :.: .:.:. :.:.:.:.\ ̄
    /.:.:./ .:.:.: /:.:.:.:/ .:.:.:| \:.\. :.:.l :.:| :.|: .:.:.:.:ヽ:.ヽヽ:.:\
   /:.:.:.|l .:.:.:. /:.:.:.:/ .:.:./|  \:.\:l :.:|: .|r 、:.:.:.:l|:.:|:.|`ヽ、`ー、_
   ノ/|:.:.||: .:. /:.:.:.:/ :.:./|:.|  ∠弌ヽl .:.|:.:| ノ.:l:.:.|:.:.|:.|    ̄
 /'´ |:.:.|l:. :.:.{:.:.:./ :.:./ .|:.|_//_j },ノ|:.:.|:.:|/|:.:.|:.:.|:.:.|.i|
    l:.:l ヽ:.:.|:.:./ :.:./、 |.l´彡>=´ |:.:l:./l }.:.|:.:.l:.:.l|リ        電流は……「水の流れ」ですから
    |:,'  ヽ:|、{:.:.:.{,孑ゝヽ、     /イ/// イ/ヽヽ:.`ー-、_
    {l   ヽ{ヽ ヽ¨´|      ´ //  /  ヽヽ ̄         ひょっとして、枝分かれするのですか?
    ヽ、   ヽ.{:.:.|ヽヽi!  _ ,__  ∠    //',
          |{ヽ{  |:.`> 、   /===Fイ´: : :ヘ       直列に繋いだ時よりも、水の量が分散されるのですから。
           `  }ノ ソ ン ` ‐´?: : : : : : :||: : _∧ : :ヽ
          _ - ‐´──== ̄冫||: : : : : : ||: ((升〉〉 :\
         /: : : : : : : : : : : : : : :托: ||: : : : : : ||: : 〈卅〉: : : :`丶 、_
         |: : : : : : : : : : : : : : :廾: : ||: : : : : : :||: : : 化: : : : : : : : : : : :  ̄ ‐─-、_
         |: : : : : |: : : : : : : : : : : : // : : : : : : ||: : : Y: : : --─=: : : : : : : : : : : : : `l
         ', : : : : |: : : : : : : : : : : :ヽヽ : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
         \ : : | : : : : r-───' /: : : : : :ヽヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
          | : : :| : : : : |「` ̄ ̄ ̄ : : : : : : : | l_____: : : |:: : : : : : : : : : /
          |: : : | : : : : || γ^i: : : : : : : : : : : `────‐‐、ヽ: :|:: : : : : : : : : /
          l: : : :| : : : : ||: :ヽ_ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : γ`ヽ:| |: :|: : : : : : : : :/
          |: : : :| : : : : :|| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',__ノ | | : | : : : : : : : ,'
          | : : : |: : : : : || : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | : :| : : : : : : : {




     ____
   /      \
  /_、 ,,/"  \      これまた正解! (御子の家庭教師は伊達じゃねぇなぁ……)
/ (●) ゙(●) U \
|    (__人__)      |     そう、水路が二つに分かれた分、それぞれの水の量は減るんだお。
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )     当然、障害物が大きい(≒抵抗が高い)方には
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/       水(≒電流)はちょっとしか流れねーお。

462システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:52:00 ID:MIQeUg3c0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \         んじゃあ、電圧はどんな値を示すか分かるかお?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃    電流と同じく、水路のイメージ優先で答えてね。
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /




                 _,. -- 、_
            _ -‐: : : : : : : : : :`丶、
          , . : .:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
       , : : .:.:.: .:. : : : .: : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: .:./:./:.:.///: / : : : : : : : : : : :ハ
     /:.:./:./:.:./:.:.///: ://: :.: : : : : : : :. : :. い
   /フ://:.:.':.:./:.;.:.:.;.:/: .:.:.//: : :.: :. : : : : :.: :.:.:. i: '、
  ´/:.//:.://:/:./:.:/:, : .:.:/ィ:| |:.:.:.:.:i: : : .:.:. :i:.:.: ト、ト\   えっと、電圧は「高さの差」なのですから……
  l/〃:.:.l:.l:/:./:〃/: :.ィ:/ l/!:|l:.:.:.:.|: : :.:./:/:.:.:. | 丶
  { |l|:.l:.l:.l|:メl:///:.:/ナ=┼l小:.:.://: .:/:/:.:.:.:.!:!      あれ? これはひょっとして、ポンプが2つあっても
    lハ:.!:.!:|i小以!:./ノ‐ラ云=ミヘ//: .:/:/:.:.:.:.!:い
    { ぃl:.い.:.l`?  ノ匕zj_ ン//:.:.ィ ィ:.:.:.:.:.:|:.l、ヽ     同じ高さまでしか引き上げられないのでは?
       ゝヘトV         //// //:{:.:.:.:、ヽミ 、
       rf: : : : ヽ' _    ‐彡' / /イl:小:.、:.ヾ\:\
      l:{: : : : : ノヘ` =‐- .イ  /|'! j八{:¬i : : : : \
      ハ: : : : : ノィへ.. ィ入二二 く r=ノ气_): /: : : : : : : \
      {: : : 、: : : : : : : : : ノヘ: \: : ヽヽ ⌒)、( /: : : : : : : : : : ヽ
    _儿: : : \: : : 、: : : : : :\《: __〉〉彡: :〃: : : : : : : : : : : ‘.
   〈: : : : __ ニニヽ: : : :\〃ー: )): : : /: : ; :-‐……‐-:、: :',
   ノ: : : : : : : : : : :, -‐ャ^\: :{{: : : 〃 : : /: / : : : : : : : : : : : : i
   }: : : -‐: : : _/   ?\ヽ}}: : : {{: : : レ: : : : : : : : : : : : : : : :{
  //: : -‐: : /       ぃ ): ̄: : : :ぃ_j: : : : : : : : : / : : : : : :l
/‐: : : : :/ /       丶、: : : : : : : : ̄{: : : : : : : : : : : : : : : : : :|

463名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:52:37 ID:s68C8qsk0
(ポンプの性能によってはキャビる)

464システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:53:00 ID:MIQeUg3c0

             ____
           /      \
          / ─    ─ \         またまた正解!
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |       生徒が優秀過ぎて、やる夫ちょっと怖くなって来たぞぉ。
        \     ` ⌒´    ,/
       r、/          \r 、
       |:l1             l;l:|      そうなんだお、同じ電圧のBatteryであれば
      /|` }            { ´|ヽ
      ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、   並列に繋いだ場合、合計電圧は変わらないんだお。
    /´  /               ヽ、 ヽ
    \. ィ                   个‐´
        |                  |




                        . -‐:.:.´ ̄:.:.:`:.丶 、
                     -:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               _  -‐ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              /:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.,
            //:.:./: .:./:.:.:. /:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          /:.:/:.:./: .:./ :.:./ .:.:.!ヽ:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|::..:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         // :/:.:./ :.:.:/ .:./  :.:..l|ヽヽ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
       / / :.//:/ :.:./ :.:/ .:.:../:| \\:.:.|:.:.:.:..:l:.:.:.:.:.l:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     ,/  / :.//:/ :.:./l :./ .:.:../|:.| __-‐弋ヽ!:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.!:.:.l‐、.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l
     ´   / :.//./ .:.:./:.! .,' :.:..∠//´      .l:.:.:.:.!:.:.:.:.:/:./^、l.:.:.:.:.:.:.:|:.:|
       ,' :./ ,'/ .:.:./.:.:.| .l:.:.:./l // __, / //.:./:.:.:.:./:./〉//:.:!.:.:.:.:.:l:.:l
       |:,' / l :.:./__,|:.l/,イ/  =='  //:./:.:.:.:./:./_ イ:.:./.:.:.:.:.:|:.:!
       |{  l |:./l  r-|{ /ノ      //:./:.:.:././ / /.イ:.:.:.:.:.:.||.:|
       ヽ、  ヽ | | r:.:./\     //:./:.:./:.:イ ,.  /:/||:.:.:.:.:.:lト、{    それは……少し、損した気分ですね。
          /゙ } | |∠__\__ //イ:////  // ||:.:|:.:,'|| `ー
            / / {-------ヽ   /´ ´‐ ´  /´  |l:.:|l:' l|
           /   く ̄ ̄ ̄/ ̄))_.. イ          |ヽ|| `
          /     `イ ̄ / ^¨,─┴┬─────‐‐`lヽ
        /         /   { ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       /         /     l : : : | |,-、 〈〉 ,- 、: : : : : : :l
      /       _ ' ´       |: : : :| |⌒))||((⌒: : : : : : : :|
      |     | ̄   ____/|: : : | |: : :》||《: : : -─= ̄ ヽ
      |     |、  r´/: : : : : : : : {{: : : {{-‐≫-‐ ̄: : : : : : : : : ヘ
      /|__-‐ ̄ ̄l>: :/ : : : : : : : : //: : : // : : /: : : : : : : : : : : : : : : ',
      |    //:|: :| : : : : : : : : //: : : // : : / : : : : : : : : : : : : : : : : l
    /|  //: : : |: :| : : : : : : : //: : : // : : /: : : : / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |

465システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:54:00 ID:MIQeUg3c0

         ,.-、
.        /゙(_ )、       ___
.        ( _ノ" i     /       \
         ゝ、 〈  /   ―   ― \     まーねー。 でも、並列回路にも利点はあるお。
      ,〃 ヘ   ト/   ( ●) ( ●) ヽ
      7 , 弋 │     (__人__)   |    だってほら、下の二つの図を見比べてみ?
     i !  \ \        し′   /
     ヽ ゝ、   .>         _/     上が直列回路で、下が並列回路ね?
.        `>`- ,_   ,.-、       \
.         〈       ̄  ´)       |   ハ
          ゝ--― -、__.ノ        |>  !    どっちもポンプは1つしか無いけど
           |        /`''" _/
            |        `く__, ィ"       この時、どっちの回路がよりお得だと思うお?





           ↑            水門
           200V   ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ○○○  障害物A(抵抗Ra)
                   ││                 ○○○  障害物B(抵抗Rb)
                   ││                     \│/
                 ┌┘|                    ─※─  水車A(抵抗ra)
                 |  |ポ                 /│\
                 |  │ン                           \│/
                 |  │プ                         ─※─  水車B(抵抗rb)
                 └┐|                            /│\
            0V    │└──────────────────\\
              ↓   └─────────────────────┘




  ↑          水門
  200V. ┌────┤├───────────────┐
      │┌───┤├──\\──────────\\
      ││             ○○○  障害物A(抵抗Ra) ○○○  障害物B(抵抗Rb)
     ┌┘|               \\                \\
     |  |ポ                 \│/              \│/
     |  │ン               ─※─  水車A(抵抗ra)  ─※─  水車B(抵抗rb)
     |  │プ               /│\               /│\
     └┐|                     \\                    \\
  0V  │└──────────────\\──────────\\
  ↓   └─────────────────────────────┘

466システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:55:30 ID:MIQeUg3c0

       /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:. :. : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     .//: : : : : : :/: : : : /: : : : /: : : : : : : |: : : : : : : |: : :ヘ
    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : : : : |: :|: :|
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:.:.|        「お得」……ですか?
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /: :.:.|
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.: :|:ヘ           どちらも高さは一緒(200V)なのですから
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.: |: :.ヽ、
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-     働きも一s……え、「同じ高さ」!?
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |               /    !/. !:∧: |
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |
        |         /: : : : : : | |: : : : |
       /        /: : : : : : : : .| |: : : : |
--─==ニニ/      /| |: : : : : : : : : | |: : : : |`ニニ=- 、__
: : : : : : : : .|        /: : ! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : .|        |: : :! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :

467システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:56:38 ID:MIQeUg3c0

       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:.: :.:.:. :.:.:./:. :.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     /:.:.:.:.:.: :.:. :.:.:./: .:. :.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:..',
    /:.:.:.|:.:. .: .:.:.:./ :.:. :.:.:/ .:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:../ .:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:|        いや……こ、これは、並列回路の方が「お得」です!
    /:/.:.:.|:.:. :.:.:.:.:/. .:.:.:./: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:.: ::.:.:.:./ :./:.: .|:.: .:.:.|:.:.|
   ノ/l.:.:.:.|:.: :.:.:.:/:. :.:.://: :.:.:.:.:./:.:.:. .:.:. .: ..:.:.:/ :/: |.: .|:.: .:.:.:.|:.:.|         同じ高さから落ちてくる水なのに……
  /´ |.:.:.:.|:.: .:./: :.://:.:/:.//:.:.:. : : .:.:./ :./|:. |:.: |.: .:.:.:..|:.:.|
     |:.:.:r|.: .:.l//:.:./://:./:.:.:.::. .:.: .:/ :./:.:.|:. |:. |:. :.:.:.:.|:.:.|         直列回路は、200Vの高さを二つの水車で
     l:.:.:{ |:.:.:.|/:.:/‐ ´ /:./:.:.:.:.: .:.:.イ: .:./:./|:. |:. |: .:.:..|:.|:.:{
     }:.:.:| |:.:.:.|:/ム\\/:./:.:.:.: .:./,/ :./イ彡|:./ ./:.:.|:.:.|リ`‐`-     分け合わなければいけないのに……
     /:.:/ヽ|:.:.:|\ゝz.イヽ,'、/:.:.:.:./彡/∠イ孑フ/:.:/:.:./:.:/|
    /:.,イ:.:.,:|ヽ:.ヽ ` ̄´///:.:./(\/ゝ匕ンイ:.::./:/ヘ./|:l
   /´/:./ }:.:.lヽ、\  /' //  { `./\  ̄/-/^i:/_〉 〉_|l
    /´  //|/\`丶/    !  \ \ /:{ |: / /` :l ̄ ̄/ ヽ
      //{ `: { {\    __ 冫  `ヽ ヽ : l /  /: : : : : : :/: : : : \
.     /: : : | : : ヽヽ \ ´¨ _ ̄`  ∠: ヽ `∨  { : : : : : :/: : : : : : : l
   /: : : : : :,-、ヶ :\rヽ`r‐ー─‐<´-----ヤ    〉 : : : : ,' : : : : : : ∨
  / : : : : : : : :r‐、),-、 | |: :r`──-── 、__    〉 / : : : : : |: : : : : : ∨
/ : : : : : : : : : く卅>⌒: | |: : `>─┬ 、      / / : : : : : : |: : : : : ∨
: : : : : : : : : : : : :簠ゝ: : : | | : : : : : : : |l: :i      / /: : : : : : : :l: : : : ∨

468システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:57:30 ID:MIQeUg3c0

.       |::::::::::::::::::/.::::::/.::::::/.:::/.::::/:::/i:::://.ハ:::::|::::|::::::::::l|::::::::!|
.        j::::::::::::::::::|::::::/.::::://. ::/.::;:イ.:://.::///  i :::|::::|::::::::::l|::::::::!|
        リ::::::::::::::::::|.::/:_//イ//:/.://.::///   ヽ:!ヽ! .:::::::l|::::::::!|
.     /イ:::::::::::::::::|/.::: /  ̄/ ¬/、//.:://〃´ ̄ ̄ヽ_ヽ:::::::リ .::::八
.         !:::::::::::::::::!::::,イ  ̄  ヽ  // i// /   / ̄ 寸 }::::/.:::/i:|  ヽ
.       j:ト:::r==、ト、爪   (ツ 〉/' /'/   イ (ツ  リイ:/.:::/ :|:!
.        /jヽ|∨∧::ト、   ー‐ ′ /  |!    ー─ ' //.:::/  リ
       / / |:.∨∧\          |!         //.:::/   ′
.       / / :|::::.∨∧:{\        |!        ノ/.:::/
.    / // ̄ ̄ ̄ フ\                ,イ.::/    並列回路は、両方の水車に200Vのエネルギーが
     ! / ィ 、 ̄.::∨∧::}`     _∠二二ヽ_  //.::/
     | |  ! ∧::::::::∨∧! \     ー‐   /}:::ハ:/      そのまま流れ込んでいます!
     |,丿 | ! ∨ ::::∨∧   `      /  |'ヽ }
     /    |/  ̄ ̄ ̄ フニ=──` 、 /‐=<二i|
.    /     ´  / ̄ ̄ ̄ フ三三三||三三三||三三i|




           ↑            水門
           200V   ┌─────┤├───┐
                   │┌────┤├──\\
                   ││              ○○○  障害物A(抵抗Ra)            ┓
                   ││                 ○○○  障害物B(抵抗Rb)         ┃
                   ││                     \│/                   ┃→200Vという高さを
                 ┌┘|                    ─※─  水車A(抵抗ra)       ┃  4つの素子で分ける
                 |  |ポ                 /│\                   ┃
                 |  │ン                           \│/                   ┃
                 |  │プ                         ─※─  水車B(抵抗rb)   ┛
                 └┐|                            /│\
            0V    │└──────────────────\\
              ↓   └─────────────────────┘




  ↑          水門
  200V. ┌────┤├───────────────┐
      │┌───┤├──\\──────────\\
      ││             ○○○  障害物A(抵抗Ra) ○○○  障害物B(抵抗Rb)    ┓
     ┌┘|               \\                \\                      ┃→200Vという高さを
     |  |ポ                 \│/              \│/              ┃  2つずつの素子で分け合う
     |  │ン               ─※─  水車A(抵抗ra)  ─※─  水車B(抵抗rb)  ┛
     |  │プ               /│\               /│\
     └┐|                     \\                    \\
  0V  │└──────────────\\──────────\\
  ↓   └─────────────────────────────┘

469名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:58:36 ID:hhCX8HTI0
講義で四苦八苦してる時にこのスレ読みたかった…w

470システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 21:58:59 ID:MIQeUg3c0

          . -─‐- 、
      /        \
     / ̄       ̄   ヽ.
      / >    <     ハ,4L_    良く気づきました!
     :  (_ , 、 _)      ノ  /
     ゝ.  `ー'    _ <  /       そう、【並列回路では、経路毎に均等に電圧がかかる】んだお!
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |         今の例だと、並列回路の方が水車は勢いよく回る結果になるお。
     ̄_i          ∧
     .´              `ー-.     これは、豆電球がより明るくなる。 と言い換える事もできるお!
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'




       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l     ふむ……不思議です。
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ      作成に使った材料自体は、同じなのに……
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

471名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 21:59:12 ID:lprpErMM0
えっ。そうなるのか!?

472システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:00:12 ID:MIQeUg3c0

                             ,.-、
                 ____        ( ノ゙\
                /      \    i′ ヽ_ )     じゃあ、ランペルージさんの驚き顔も拝めた所で
              / ―   ―  \   .〉  ,.く
             / (●) (●)   \/   ハ ヽ       そろそろ締めに入ろうかお。
              |   (__人__)      |   /  ヾ
             \    ヽノ      / /  ! i
                   \_          <、   〃ノ     並列回路では、入った水(≒電流)と出てくる水(≒電流)が
              /       ,.-、   _, -` く '"
                 /   |       (`   ̄     〉       必ず同じだけの分量になるお。
                !  <|       ヽ、__,.― --―'
             \_ ヽ''^ヽ      |          これを「キルヒホッフの法則」って言うんだけどね。
                `ヽ、_ン′       |


      入る水(出てくる水と同じ分量)→

  ↑          水門
  200V. ┌────┤├───────────────┐
      │┌───┤├──\\──────────\\
      ││             ○○○  障害物A(抵抗Ra) ○○○  障害物B(抵抗Rb)
     ┌┘|               \\                \\
     |  |ポ                 \│/              \│/
     |  │ン               ─※─  水車A(抵抗ra)  ─※─  水車B(抵抗rb)
     |  │プ               /│\               /│\
     └┐|                     \\                    \\
  0V  │└──────────────\\──────────\\
  ↓   └─────────────────────────────┘

     ←出てくる水(入る水と同じ分量)

473システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:01:30 ID:MIQeUg3c0

          ____
        /      \         これを言うと、「蒸発する水はどうなんですか〜(笑)」
       /  ─    ─\
     /    ⌒   ⌒  \      とか茶化す奴が出てくるけど、この場合はあくまで
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /     「蒸発の無い理想的な回路」を想定してるから。
       /   _ ヽニソ,  く




                                  _,. -- 、_
                             _ -‐: : : : : : : : : :`丶、
                           , . : .:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
                        , : : .:.:.: .:. : : : .: : : : : : : : : : : : : : : :\
                       /: .:./:./:.:.///: / : : : : : : : : : : :ハ
                      /:.:./:./:.:./:.:.///: ://: :.: : : : : : : :. : :. い
                    /フ://:.:.':.:./:.;.:.:.;.:/: .:.:.//: : :.: :. : : : : :.: :.:.:. i: '、
                   ´/:.//:.://:/:./:.:/:, : .:.:/ィ:| |:.:.:.:.:i: : : .:.:. :i:.:.: ト、ト\     あ、はい。
                   l/〃:.:.l:.l:/:./:〃/: :.ィ:/ l/!:|l:.:.:.:.|: : :.:./:/:.:.:. | 丶
                   { |l|:.l:.l:.l|:メl:///:.:/ナ=┼l小:.:.://: .:/:/:.:.:.:.!:!         ……何かあったのですか?
                     lハ:.!:.!:|i小以!:./ノ‐ラ云=ミヘ//: .:/:/:.:.:.:.!:い
                     { ぃl:.い.:.l`?  ノ匕zj_ ン//:.:.ィ ィ:.:.:.:.:.:|:.l、ヽ
                        ゝヘトV         //// //:{:.:.:.:、ヽミ 、
                        rf: : : : ヽ' _    ‐彡' / /イl:小:.、:.ヾ\:\
                       l:{: : : : : ノヘ` =‐- .イ  /|'! j八{:¬i : : : : \
                       ハ: : : : : ノィへ.. ィ入二二 く r=ノ气_): /: : : : : : : \
                       {: : : 、: : : : : : : : : ノヘ: \: : ヽヽ ⌒)、( /: : : : : : : : : : ヽ
                     _儿: : : \: : : 、: : : : : :\《: __〉〉彡: :〃: : : : : : : : : : : ‘.
                    〈: : : : __ ニニヽ: : : :\〃ー: )): : : /: : ; :-‐……‐-:、: :',
                    ノ: : : : : : : : : : :, -‐ャ^\: :{{: : : 〃 : : /: / : : : : : : : : : : : : i
                    }: : : -‐: : : _/   ?\ヽ}}: : : {{: : : レ: : : : : : : : : : : : : : : :{
                   //: : -‐: : /       ぃ ): ̄: : : :ぃ_j: : : : : : : : : / : : : : : :l
                 /‐: : : : :/ /       丶、: : : : : : : : ̄{: : : : : : : : : : : : : : : : : :|

474システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:02:30 ID:MIQeUg3c0

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |       うんにゃ、何でもねーお。
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l     それじゃあ、長くなったから今日はここまで!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //       やる夫も早く共通文字を覚えて、魔法をバンバン使いたいお!
  / __        /
  (___)      /




         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::/::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.     /:::::::::::/::/:/:::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ,イ::/:::::::/::/:/://::::::::::/|::::l::::::::l::::::::::/ ::::::::::::|
     l,イ:::::::/://メ、/::::::::∠―|::::|:::::::|:::::::/:::::::::::::l::ト、
    / |:::/::レ'=、/:::::;イ r― \|::::::|:::::/:::::::::::::::ト:| `
       |::|::::::|  / // z==-、|::::/::::/´l::::::::::::::| l     はい、ありがとうございました!
      |!|:::::::| /,イ        y:::::/7/:::::::::ハ|
        |::l:|ヘ 〈 、       ,/:::/、/:::::::|/  `      魔法の教師に来たのに、地球の知識を得る事ができる……
       レレヘヽ ヽ- 、__   ///::l::::::::::::|!
         |::ヘ ` ̄   _/∠./ノl:|:::ハ:|:|`        非常に嬉しい誤算でした!
          レレ'ヘ__, -<   , -"´!|/ .ヘ|
             ├―┬‐'"イ:::::::::ト、
                _|| ̄|.| ̄~:::::::::::::|:::::\
       ,. -―‐''´::::||:::::|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::`: 、
     /l::::::::::::::::::::::::||:::::|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` : 、

475システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:03:30 ID:MIQeUg3c0

                   ___
                   / ノ   、 ヽ
                 / ̄     ヽ ヽ
               / 三三    三三 ',      さて、それじゃあ授業の疲れを
                  /::::::⌒ (__人__) ⌒::::',
              {      |   |     j     夜の街で癒しに行くお!
               \   _`ー ´_ __ノ
            r<>==/7//≧≦///7==<>,
            !//ヾ三三シ´  ヾ三三三シ´//!
              l////≧''´     `==!´/////!
                l/////          ∨////j
              l////            !////ij
            !///{             !////
            ∨//i            }///
             ヾ/∧           _ノ//
               `7 /ーーー-‐ヽ ヾ=´
                !/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \!




              /ヘ
             /    ヽ_,, -- ─ー -- 、,
            ノ      ヽ      ヘ、`ヽ、
            /               ヽ  ヽ
         / /               ヽ  ',
        / /         ヘ  i i  i  ヘ  ',  ',
.        /// / / i i ! |   ト i! il  |    i   ',   ',
.        |′i  i  i 廾ト|、i  イ!千刀 ̄il`  | |!:i   ',
         |  ! i i! | ftュハ   ム仆ミ≧!| |  | |i }   ヽ、
         | |l | i! リ f;;}ヘ  / io゚;;;;;ソリ /ハヘリ    ヽ、
         | |! ! \! L;j }ノ   込;;タ / /リソ_ノ       \
        \!ヘ !ヘ  ト、´、       /´ ノ/:入.     \  ヘ     その件なのですが……御子よ、少々よろしいですか?
              リ \八   __,     /(: : : ) トヽ  ト、\`}
                \        ノノゝ.イ ハl\ | \ !     御子がお持ちの知識と、睦言についていくつかお願いが――
                 /\ __ /    ,,イトリノ  |  `   リ
                ノイ /イヘ),,,,,、-'''´/:/ i `\
                   i //イレヘ < > /:/  i    \
                /,イ∧;;;;/ヘ ./:/  i      \
                 ///:/ /;;;;!   〉::/   i    /  ̄`ヽ、
             // /:/ /;;;;;;;i /::/   i    /      ',
            / く  /!:/´:::::`/:::::/    イ  /         i
            /  ∨ ∧i::::::/::::::::/ヽ /  i! /           |

476システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:04:30 ID:MIQeUg3c0

       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |  お? 一体何ぞ?
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃




                       __     ______
                      /  `/´      ` ' 、,、
                     /              / ヘ
                    /         /          ヽ
                    /   /  i   /     釗         |i
                /    / i |  :|      |  i     i i
               /       i   l斗|-メ┤   /!ー!-、./   | |
               / ,イ    |i  i ト/ Wヘ  ./ :| ∧ノリ    i :i
                 ! / | ∧ヾヽ\___,,   、__,, /  イ /  ' ,       ええ、まず……
                 ∨  ! i∧>ー-ゝ ̄     ̄∠/イ/    ヽ
                     ソ i○ヘ     __`__   /○!′      \
                  __ ノ   レ′ ヘ       イ         イ   ハ!
               /    ノ ノ Wノ/イ ,>-<, :ト、ソノノイ/ノ/ ,イ /  }
               ////>-''"´/ /:| n .> <. n |::i\`ー-、,,レヘノ
               , - ´     /   i::::!/';;;;;;'\/:::i ヽ   ` ー 、
             /´        /   i::::::! /;;;;, /::::::i  ヽ      `ヽ,
              / ヽ      /   i:::::::∨;;;;;;∨:::::::::i   ヽ      /ヘ
            ./   ヘ    /     |::::::::ヘ;;;;;;;7::::::::::::|     ヽ    /   ',

477システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:05:00 ID:MIQeUg3c0






























      |: : : : : :   l:  ::  ./.  /  /    ./ |:   :   l      | l
      .|: : : : : :  /:  . :  /  ./  /:    //:∧;   :  :l,      | |
      .|: : : : : :  l: : : :  / / ,.イ::    イ,イ: ,l l,:   : : : |      | |
      |: : : : : : :  |: : : ,イ //.,,/ /:   /'/ |: |  l; l,、 : : :.| .|   | | l,
     ,|: : : : : : :   |: : ://:././ / ./:   /.// ,l ,l   ハ.lヘ, : : : | |  ‖ |. l,
     }イ: : |: : : : : |: :/ l:./ /./  ,l: : //./ ,l:.l    ヘヤ、: :.| ,}  ‖| ト、l,
    ,/ l:: / |: : : : : |:/~|/=t:,ト,,,..,,l:: ,/ //  l:,|__,,.-='''~ヘ,__\::|/:  / | |ハ,l,
    / l::/ .l,: ;l,: :  {ィ=テアト=-こ|::入,// ,/ソト^゛_,,==テ〒ヘ~》y':  ,∧: ハl, ヘl
   ´ ,l/  .l; { l,: : : 'l,`,,.'ヒTフc;》|::{,/ハ} / '/l'=='ヒtイフc),.X'./  /} |/  {,
    ,/    |: ヽ{: : :...'l, `~~ ̄~`'l:|イ゛  | //´ ´ ̄ ̄ ̄~` ./  /ノノ|   ヽ
    /     |: : :'|: :.\'l,      |   | /´        /  ,//|::|
         |: : ∧: :ヘ\,,.ミゞ-     ノ|        // イ: :/ |:|
         |: :/ l; : :.\\      丶     __ ,///| : ,l ‖
         }:/  l,|: : : :\`ヾ `-=―――_,.=-'´/イイ: :,ハ:. ,l  |     ……ああ、本当に嬉しい誤算だったとも。
         /   | l; : : : :> 、    ̄ ̄´   /イ: : : :| |: |
              l; イ|: : : |::`ゝ、      _,.イ´ |: : :|:.| .l,:|
              |/|/( ̄ー-r->、__,. イーyーー`)/|| l,l
              l  }|ー-―| r―――--l .ト-―.イ l  ヽ
                 | ∧. |│     │ | イl |
                 イ,ヘ|/,-,.|│      | |,-,|.|,n|
             ._/ (^)//)'| |         | .||-ヽ||`> ― 、__
 __,--――'´ ̄ ̄ ̄    ,/ |  | |      | |  |,ハ´        ̄`'ー―--

478システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:05:59 ID:MIQeUg3c0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

479名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:06:19 ID:l3.cw18A0
ラ、ランペルージさーん?

480システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:06:30 ID:MIQeUg3c0

オプーナ歴522年 11月30日闇曜日 〜王城にほど近い貴族街〜


           A                      τ|                   A
              二                     |                二
             ニニ                FL.rt._rt._rt._Fコ               ニニ
          二二  A      __  ___  [_=========_] __   __     A   二 Fコ
        Fコ 二二Fコ二      」└┘└┘L       」└┘└┘L    ;ニ Fコ二二| |
        ├t_r‐t..r‐t_r‐v_____「二二二二「____「二二二二「____二├t_r‐t_r‐t_r‐┐
        L..。 。 。..」》/V/////V/////V/////V/////V/////V/////V/L...。 。 。..」
       |          l7___V///_V///_V///_V///_V///_V///_Vj|          |
       | 舎    舎 |t|出|ーrー|出|ーrー|出|ーrー|出|ーrー|出|ーrー|出|ーrー|出|ー| 舎    舎 |
       |  ___  |゚_______|_______|_______|_______|_______|_______|_______|  ___  |
       | ̄       ̄| ̄ ̄~|~ ̄ ̄~|~ ̄ ̄~|~ ̄ ̄~|~ ̄ ̄~|~ ̄ ̄~|~ ̄ ̄~| ̄       ̄|
       | 舎    舎 | l出l | l出l | l出l | l出l | l出l | l出l | l出l | 舎    舎 |
       |--―――--|゙_______|_______|_______|_______|_______|_______|_______|--―――--|
       |          |~ハ  |゙´ ハ `|゙´ ハ `|゙´ ハ `|゙´ ハ `|゙´ ハ `|゙´ ハ `|          |
       | ハ    ハ |^出  | l出l | l出l | l出l | l出l | l出l | l出l | ハ    ハ |
       | 出    出 |^出  | l出l | l出l | l出l | l出l | l出l | l出l | 出    出 |
       | 出    出 lニニニニ|ニ二ニ|ニ二ニF三三ヨニ二ニ|ニ二ニ|ニ二ニ| 出    出 |
       l二三三三二l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三三三三三 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ll二三三三二l
       ____________           ____________
                        /           \
                       /             \

481システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:07:04 ID:MIQeUg3c0

    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\        ……して、御子のご様子はどうだった?
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \     お前の報告を聞こう。
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

『 ブリタニア 』
【 ウォハム王国 候爵家 当主 】




                      /::::l::::/::::/::::/::::/::::/::::/::::/l::::l::::ヽ:::: l l:::: l
          /`、 //    l::::l::::/::::/ /:::: /::::/::::/::::l::::l::::l::::::::l:::: l '、 |
         /.......∨ /     / l::::l /::::/::::///l/::::/::::///∧ l:::: l::::l::::'、 |
        i∨;;;;/::::/      /::::l l::::l// ////l::::////l // ヽl::::l::::l::::'、 |
        \;;;;< ::::/    /::::/l l::::l///ムll_l/// /l/_ll____ヽ.|::::|::::l::::|
        r'"´⌒-ヘ   /ハ l゙l`、i,ゝf‐-t、"|/ l/ .///,,-‐ー-__| }/リf..l
     rー-、/_.,,.,,,,  'i,  .../  l l'::i'i ヽ了ケi ト li' ///ィi ケTフ.リ.lソ∧l
    'i,  .ゝ;;;;;;;;;;;; ̄`ヽl    ..ヘヘヾ'i,." ̄ ../  i./|'    ̄.". /::/::::/l|.\
   ,,)\   'i,/⌒\-,丿    ..l...\ヘ`、     |       ,/:://l/l
   |   ヽ,   'i,::::::::::::{ i,ヽ‐ー‐r、 'i, ilヽ\   ___,.  ,// /l l.l    はい、時系列に沿って報告いたします。
  /|  ヽト、`l}::::::::∧, ヽ   i .| 'i, l.. l\  `゙二"´  イソi/ | ll
  (  l   ヽレノ|:: . ::| ` ー‐,,  /   .| 'i, l l .\ ″../ゾl l         まず、昨日の昼頃に御子が
  i'、''-、  ヽ, .|:: . ::|   ヽ,ヽ 7  .  i l 〈二ニl"><"lニ二〉
 ,/ l  \  ヽ|:: . ::|   ヽ ノ  ..    ..{::::::::l r´¨¨¨`.f l:::::: {        「魔法を学んでみよう」とおっしゃって……
(  "''-,,_ 'i, )..}:::::::.|ヽ   /    __,,_ l::::::::..l l::::::::::::::::l l:::::::: \
 ~"'' ー‐-、;_ ''-7;;;.;;;;i  ,r;∠ー‐.'"´::::::::::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::l l:::::::::::::::::``丶、.___
    ハ\  /__∨/||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::l l:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ーー

482システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:08:00 ID:MIQeUg3c0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !




       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l     ……という訳で、「キルヒホッフの法則」を習った後
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',            少々雑談をして、昨日はおしまいになりました。 以上です。
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :

483システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:09:00 ID:MIQeUg3c0

       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /        ふむ、なるほどなるほど。
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、     今の話を聞くに、イカヅチの御子は――
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

484システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:09:30 ID:MIQeUg3c0

                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,          ――実に扱いやすいな!
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x       我らにとって、この上なく都合が良い!
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }




               / ::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,
           / ::::::::::::::: | ::::::::::::::::::::::::: /:::/::::::::::::::::::ト、
             / :::::|:::::::::::::|/:::/:::::::::::::://:: /:::::;::::/}:::::∧ \
         / :::::: |i::::::::::::|:::/:/::: ̄”¨≧x イ: /:://∨::::∧
          .′::::::::|i::::::::::::∨/ イ午ミメ、 / /:://ヽi|/:/::::|
         ‘, :::::从:::::::::::: .、  _乂}r'   ::/ ィ  i|:::::::ハ|
           }::::::::::::(\:::::::::::\         |′弋}'イ::::/
           }:∧::::/: ヽ\::::: 〈 \         / i|::/
           }′∨::/:::: ーrヘ::∧         ___, /::イ
         ノ  ∨::/:::::::|  \{   ー<こ  7 /
              }:∧:::::::ト.  - _    ¨゚ .イ     はい! 軽い神輿としては、これ以上ないお方かと!
              }′}/::::|\    ̄ -  ____/:::|
                  }∧r=====f===== ┤ノヘ:{
                |ニニニニ||ニニニニニ|
                |ニニニニ||ニニニニニト、
                  イ ニニニニ||ニニニニニ|ニ\

485システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:10:30 ID:MIQeUg3c0

    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\          しかし、扱いやすいだけにこちらの行動も読まれやすいな。
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \       女王陛下や、ヴォルケンリッター卿の介入もあるだろう。
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \    今回は、割と無理をして魔法の講師役をねじ込んだが……
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫  そのせいで、各方面に借りができてしまったな。
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ




       /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:. :. : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     .//: : : : : : :/: : : : /: : : : /: : : : : : : |: : : : : : : |: : :ヘ
    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : : : : |: :|: :|
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:.:.|
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /: :.:.|
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.: :|:ヘ
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.: |: :.ヽ、
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-      何度も押し通すのは難しい、ですか。
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |               /    !/. !:∧: |          しからば、どうしましょう?
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |            真っ向勝負では、女王陛下の発言権には敵いませんし……
        |         /: : : : : : | |: : : : |
       /        /: : : : : : : : .| |: : : : |
--─==ニニ/      /| |: : : : : : : : : | |: : : : |`ニニ=- 、__
: : : : : : : : .|        /: : ! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : .|        |: : :! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :

486システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:12:00 ID:MIQeUg3c0

       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __?
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '       それについては、一応考えがある。
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/         確認しておくが……御子がお持ちのイカヅチの技術とは
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}     先ほどお前が言った通りで間違い無いのか?
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|




       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|     はい、機械……「歯車とゼンマイ」を何十世代も
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ     研ぎ澄ました技術だと、御子ご自身がおっしゃってました。
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|      「厳密には全く別方向」という注釈も付けられておりましたが。
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

487システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:13:00 ID:MIQeUg3c0

                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_                 よし、それなら「彼の方」を引き出せる!
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ            正面きっての発言では、王家を敵わない……
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {                 なぁらば、王家に匹敵する方を味方に付けるまでよ!
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、      そう、若くしてウォハム王国公爵家の現当主にして
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ    無類の機械マニアである――
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

488システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:14:00 ID:MIQeUg3c0

ヽ r- 、  。ヽ、 _____ _   _____ 、r‐。´ ,  ' ´ / /
. ヽ\__ヽ 〈{   ヽ 、  O、` ´ .,O _ - ´  }〉   ー‐‐´ /
.  ', r-- 、 oヽr‐r-_、_ ヽ、 ヽ,- / /  __ -_r-/ ゚ , -‐' フ /
  ヽヽ__ゝ  {::::|´ _`ヽ ` f{リY´ /ミ_`|::::} 。 ー‐ ´ノ
    ヽ ,---、゚ ',:::::|ニ―=、ヽ |V | //, -―ニ|:::ノ <´ フ.ノ
    ヽ 、_ - '。 、::lヽ ⊆⊇ゞノl o l〈く⊆⊇_/ lノ ゚---, r´
    `{ r―-  。ー。‐ニ=‐=',_ノヽ=ニ‐ 。‐´ ゚-ニ-´ノ
     `ヾ=´-- -r 'ヽ=/   {  `\ヾ=`ヽ 、___ノ´
       `ヽv´ソニフ/_______ヽニニ、_。!ノ_
       rニfィ‐≦ヽ ヽ、――――v/ / ィ ハミーヽ     「『パピヨン』卿を味方につける……!」
     /ニノ ` ヽ`` ',   _   / 〃/´  ーニミヽ
     ´  ̄    ヽ、  f.l    ソ/  イ       ̄`
           __|.ヽ  ヾ、ー‐‐ノ/  , ´{___
      r‐ ´    | ` 、 `ー=‐' , '  .|   `ー-、
       「| _,    .| l  ヽ ` ̄´, ´  l |     _, |[
      |l{ T    ,' │   `ー‐´  ./ .',    T |:|
      |||__, --rノ  l        ,'  ヽ―--、_」:|
    r‐'::::::::::::/     l       /    \::::::::::::::::::7

『 パピヨン 』
【 ウォハム王国 公爵家 現当主 】

489システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:14:31 ID:MIQeUg3c0

                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │

490システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:14:48 ID:MIQeUg3c0

┌―――――――――――――――――――――――┐
|                第三話                  |
|                                  |
|           電気の工作と悠々自適な生活         |
|                                  |
|                   完                   |
└―――――――――――――――――――――――┘

             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :|
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/  三 ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l   ハラグロッ!
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

                        次回

                   第四話・水の流れと奇人公爵

                      お楽しみに!

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

491システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:15:05 ID:MIQeUg3c0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  以上で本日の投下を終わります。

  お付き合い頂き、ありがとうございました。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

492名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:15:23 ID:s68C8qsk0
乙ー

493システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/06(土) 22:15:26 ID:MIQeUg3c0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  次回投下は、9月13日(土)です。

  水流モデルを弄るのが大変で、書き溜めが進まなかったんや。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

494名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:16:14 ID:ZCLQI0yo0
乙でした
ここでパピヨンとかwww

495名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:16:24 ID:X8Qt56420
乙ー
この政争は日本ののほほんとした学生にはきっついやろなぁ

496名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:16:37 ID:l3.cw18A0
おつー
科学系の学ぶスレは大変そうだなあ

497名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:18:57 ID:pa5ZOD5o0
システムの角がずれて見えるのは俺だけ?

498名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:20:00 ID:6oRPqyY.0
乙ー
要するに並列回路だとどれだけ分割しても同じだけの電圧をかけられるってこと?
すごくね?

499名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:20:23 ID:ojBV72RA0
おつー
楽しいなぁ

500名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:20:49 ID:/qq.ansE0
>>497
目の錯覚かもね

501名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:21:22 ID:pa5ZOD5o0
かわりにすごい勢いで電池消耗するけどなw

502名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:22:58 ID:/2kD3Fyc0
>>498
まあその分当然というか電力消費激しいけどな!
だから電池だと速攻0になる!

503名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:32:33 ID:a6Zf4DlI0
乙です。

ルルーシュ達の派閥がやる夫を神輿に欲しがる理由がよく分からない。
御子を神輿に担げる派閥がこの国では権力を手中に収められるのかな?

だとしても電気工学に多大な関心を払う必要がどの程度あるかな?
電気の知識が魔法に匹敵するかそれを凌駕する可能性に期待しているのかな?
例えば、女王と戦争になっても勝利を期待出来ると思っているとかw

やる夫から歯車とゼンマイの例えと、方向性の違いの指摘を受けているとは言え、
今自分たちが使っている魔法と同等に軽く考えているとしたら、後々期待外れ
しそうだがw

504名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:34:41 ID:3oY4EJC.0
乙ー

キャラが迂闊とういかもうちょっと考えてしゃべれよというか

505名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 22:44:00 ID:ZCLQI0yo0
>>504
理系や技術者ならやる夫の気持ち分かると思うよ
「自分の知識を興味深く聞いてくれて、その価値を分かってくれる相手に対する好感度」ってやつが
だからあの「2位じゃダメなんですか?」みたいなヤツに対しては、イライラ度が半端ない

506名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 23:08:32 ID:/qq.ansE0
>>504
内定とれてない理系大学生なんてあんなもんだよ。ここでうまく立ち回れるなら内定取れてるw

507名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 23:20:50 ID:OKdYBHvI0

俺が物理ですぐ挫折したのは初っ端から文字で表されて意味が理解できなかったのを思い出した。
>>458とかも公式知ってないといけないのはわかるが>>465とか見たいな問題を出されたときに
具体的な数字を使わずそのまま文字式だったから今何をやってるのかとかひたすらこんがらがったな。
というか授業からテストから具体的な数字を見ることが稀で出てきたとしても難しい問題しか出てこなかったから諦めてた。

特に理系は意味を理解せず公式丸暗記とかしてたらV=IRで、抵抗をV電流をR電圧をIとか問題で出されて
テストで嫌がらせされたことがあるのが良く覚えてる。

508名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 23:23:51 ID:hX4jieFs0


>>447でも言われてるけど科学がどういうものかという視点がやる夫には欠けてると思う
まずオームの法則を教えて、そこから計算で電流を出させるとか、合成抵抗の式を覚えろで済ませるとかその典型
このつなぎかただと電球の明るさはどうなるか?って現実から法則を導くのが科学なのに

うまい描写だなあと感心してしまった
話にどう影響してくるか楽しみ

509名無しのやる夫だお:2014/09/06(土) 23:40:47 ID:1q2pIWP60
このやる夫、政争に巻き込まれても無自覚に鳥籠から火種ばら撒いて
フワフワとラストまで笑ってそう

510名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 02:49:25 ID:jCHGt7g.0
乙でした
思ったんだが、
ファンタジーアースではごく当たり前に存在するエネルギーの「マナ」が地球では存在しないから
地球とファンタジーアースでは自然法則が異なっているのでは?

2つの世界が自然法則が異なっているとすると、地球では当たり前の物理法則や化学反応とかも、
ファンタジーアースでは若干異なっていたりズレがある可能性もあるんじゃないだろか?

もしそうだとすると、地球では正しく作動するはずの機械も、ファンタジーアースでは動かなかったり誤作動したり壊れてしまったりするケースも考えられると思う

511名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 02:56:41 ID:T50pW8JA0
突っ込むのも野暮だが、人間自体、精密な分子機械と言っていい構造だからな?

そのレベルで物理法則が違ってたらゆっくり死ぬよ。神様が縁の下で微調整してない限りw

512名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 03:10:21 ID:jCHGt7g.0
>>511
召喚される時に、やる夫の人体が魔法か世界の修正力によって
ファンタジーアースの自然法則に対応するように根本から作り替えられているから
やる夫も生存できてるとか

513名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 07:34:57 ID:.Q26CeZ.0
世界法則の相違は今のところ心配ないだろう。オプーナの軌跡を追いかけているわけだから。
おかしかったり不可能だったりする点があれば手記に残していると予想。

514名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 11:52:47 ID:rS7.AJqg0
物理法則の違いじゃないけど……

某SSで、異世界と地球を自由に行き来出来る主人公が、異世界で毎日腹一杯
食事を摂っているのに餓死しかけて判明したのが、異世界の栄養素(アミノ酸や
糖とか)が地球のそれと鏡像異性体で消化は出来ても吸収されないという事実w

結局、異世界に地球から大量に食料を持ち込み、定期的に摂取する羽目に。という
奴を思い出した。

515名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 11:56:42 ID:iYTVHHms0
理系じゃないと分からんネタだなw

516名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 12:09:14 ID:T50pW8JA0
>>512
だから野暮なこと言うなってw

517名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 13:15:34 ID:fDhG/SgU0
>>514
ダイエットに良さそうだなw

518名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 13:35:23 ID:lrfrb4R60
>>510
そこは無視する方向じゃないの?
法則が違ったとして、どう違うのか、違う場合どうなるのかって話をするときに細かい設定をするのは
しんどいと思うんだけど。

519名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 13:54:39 ID:hctemN3.0
>>517
主人公は栄養不足で死にかけてたぞw

必須栄養素を確保した上でなら理想的だなー

520名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 15:56:05 ID:WmSHiA9U0
多少ズレがあったとしても、そう大したことではないんじゃないかな。
>>513だろうし。

魔法の『文字』って何に命令してんのよ? 世界? 精霊? はたまた自分?
自分になら日本語でもイケるんだろうから、世界にかな?
そうすっとこの世界の共通語はゴドーワード……?

521名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 16:23:46 ID:URvC02Ew0
>>519
戦闘妖精雪風だと栄養不足どころか吐きまくってたな消化・吸収できなくて

522名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 17:17:13 ID:Bqrtv1zY0
>>520
>>386>>406>>408
命令ではなく力の行き先の指定…線路の役割を果たしてるんだってば
何にと聞かれたら便宜的にはエネルギーで、その中に世界のオドや自分や精霊のマナの魔力全般ふくまれてると思う。
それらをかき集めるのは個人の回路としての役割によるところが大きいんじゃないかな。そっから文字でその集合体に命令をする感じというか。

523名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 18:13:03 ID:jCHGt7g.0
>>513
オプーナがどれくらい科学に詳しかったかにも寄るな

自然界の魔力で起きる魔法現象とかあったら面白ろそう

524名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 18:31:13 ID:AyqDtpas0
そういや御子とは逆に、ファンタジアースから地球に行った人もいるらしいけ
地球では魔法が使えないから、翻訳魔法も使えないってことだし
全く未知の言語を辞書も教科書も無しに手探りで習得しなくちゃ意志疎通もできないんだろうか
だとしたら物凄く大変そう

御子が現地の言語を共通語に翻訳して辞書にしてて 、あらかじめ転移する人間がそれを持っていったり、マスターしてれば話しは別だけど

525名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 21:15:19 ID:CyPw.mDw0
マナは物理学のいわゆる仮想エーテルや真空エネルギーを思い出したけど違うのかな

526名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 22:29:38 ID:hyrQhCcs0
実はファンタジーアースは異世界では無く地球とは別の星で
マナとかは地球には存在しない原子(分子)
だから物理法則とかも地球と同じ

と妄想

527名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 22:41:09 ID:p1Sq7yVw0
実はダークマターだったとかだったら元の世界に帰っても魔法が使えるな

528名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 23:03:18 ID:pgPp7wJE0
考えてみれば、今の地球にしたって磁力やら放射線やらは
存在を感知する道具があるから「ある」って認識できるわけで
それらがなければないのと一緒だからな

気づいてないだけで、地球にもマナはあるのかもしれないな

529名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 23:32:34 ID:LdV9sHgE0
磁力論とか電力論とかも、そういう理論と一致する観測結果が出てるから磁力とか電力とかが存在するってことになってるけども
実はマナを使っても全部説明できるのかもしれない。

530名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 23:38:04 ID:AyqDtpas0
地球にもマナがあるとしてもファンタジアースより少ないんだろう

じゃなかったら、何で地球人は魔法を使えないのかって話しになる

531名無しのやる夫だお:2014/09/07(日) 23:38:08 ID:ADFRBE9g0
何か新しいすべてに当てはまるような物質か理論が出てきて、今この世にある理論が全て崩壊する可能性もあるんだよなぁ

532名無しのやる夫だお:2014/09/08(月) 00:09:02 ID:t9DfJEJc0
追いついた
知識チートするなら最後まで電気一本で行ってほしいな
知識チートはやたらと手広く展開するのが多いような気がするので

533名無しのやる夫だお:2014/09/08(月) 09:34:56 ID:emfRAVgg0
しかしこのやる夫、知識には敬意を払われてても人格に関しては内心で軽蔑されてそうだな

534名無しのやる夫だお:2014/09/08(月) 10:20:11 ID:eczuVSTM0
どうなんだろう
知識に関してオープンだから帳消しと思われてるかもしれない
封建社会では他家を有利にするような知識は秘匿するものだったし

535名無しのやる夫だお:2014/09/08(月) 12:14:08 ID:mfqxwLPA0
そのあたりのうず巻く思惑同士もこの物語の核になりそうね。

536名無しのやる夫だお:2014/09/10(水) 01:39:06 ID:Oe0nSeGI0

異世界の知識目的で先生的なポジションで召喚されてりゃ絶賛だったろうなぁ
説明も上手だし

537名無しのやる夫だお:2014/09/10(水) 11:29:05 ID:5LLFPTLw0
いまさらだけどオプーナは魔王を殺せるほどの敏腕魔導師ではあったけど、技術者ではないんだよね。
電気工学についてはやる夫がなりゆきで解説しているだけで。
日記にはなにが書いてあるのやら。

538名無しのやる夫だお:2014/09/10(水) 11:53:16 ID:mWtclezk0
魔法を創り出した過程や理論を知りたいんだろう
答えだけわかってても方程式は解けないからね

539システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/13(土) 11:11:59 ID:0kd8J8U20
こんにちは、ちょっと申し訳ありませんが
今日は投下できそうにありません。

投下は、明日の20時半まで延期させて下さい。

540名無しのやる夫だお:2014/09/13(土) 13:43:35 ID:agyaATtU0
上半身ひねり待機。

541名無しのやる夫だお:2014/09/13(土) 16:22:39 ID:ALnTSRDA0
なんと器用な

542名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 05:06:01 ID:qXP2fIJQ0
それただの体操…いやなんでもない

543システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 18:58:44 ID:drekCTF.0
こんばんは、今日こそは予定通り20時半より開始です。

544システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:30:23 ID:drekCTF.0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  でーはー、時間なので開始します。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

545システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:31:31 ID:drekCTF.0

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

546システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:32:42 ID:drekCTF.0

 ,、‐'"´ ̄`ヽ,                          ,、-‐- 、
´ ,r'"``ー- Y  _ _                  r'"´ ,,、-、 ``ヽ    ,r'゙´ ̄ ̄``ヽ,
. ,!´      レ'´  ,、-'´ヽ, -‐- 、            },r'゙´    `ヾ ,!.  /´ ̄`ヾ     ヽ
/  == 斤/    /   _,i    ゙`ヽ、         i! -‐、 ,ィニ、 i ,イ  /     `、    ゙i    私は、是非とも御子と直接お言葉を交わしたく。
 、  ,:; ,」,/     ヽ   ,ヽ     ,!         ヾ '゙~`,    ,!イj  !,ィ=-    V、   l
   , 、   ,〉   ,r、 /  ,ィェY、-‐''"´V          `、  」 - ヽ ``j / ;:.´     ソ  ,!
ヽ、 '   ̄Λゞ-─‐- 、    リ -‐、 ソ            ヽ,' ー-‐ ,! /ト、,、 ゝ、    Yゞ イ     おっと、申し込んだのはこちらが先ですぞ?
`, `ヽ、‐'フ´       ヽ  ー{ '"´:;V!ト、            `、    // !\丁`,   ,i  ,人
..:ヽ ,ィ`7          `, /   ,:;;;:;! ,!          , ィ´ゝ-‐'´/  !.;.;.;`i    / ,ィ/ヽ
.:.:.:i\ヽ〉             iノ `、 '´  i 〉        ,、‐'/.;.;,! `ゝ<´  ,!.;.;.;.;.;``ー, -‐'´: : : : : `、
.:.:.:.:\,! i          ,イイヽ `、   !人     ,、‐'´.;.;/.;.;.;.;ト、/} ,/`ー//.;.;.;.;.;.;./: : : : : : : : : : : `、
\.:.:.:.:i /        / ! l ゝ- ゝイヽ `ヽ、  /.;.;.;.;.;.;.;.;\ /i /^i   /  ̄!.;.;.;.;./: : : : : : : : : : : : : ,i
.:.:.:\.:.:i        /`V | /\/、/    ト、!.;.;.;.;.;.;.;.;.;i ̄.;.l /  |  /.;.;.;.;/.;.;.;,/: : : : :,、-─- 、、: : ,|
.:.:.:.:.:.:.:.:〉-‐─- 、 _ ,ィ  /\!'´   ,!  ̄/   i }.;.;.;.;.;.;.;.;.;!.;.;.;.;,リ  | ,/.;.;.;.;/.;.;.;./: : : /: : : : : : : : ヽ、!
.:.:.:.:,r'´二二ニヽー- 、! /  ,カ   ,!  /     | i.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ.;.;.;\  i/.;.;.;.;/.;.;.;./: : : /: : : : : : : : : : ,!: :,!
'"´::::::::::::::::::::::``丶、 Y´  d |   ! /      ,! |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\.;.;.;ヽ/.;.;./.;.;.;./: : : /: : : : : : : : : : : |: : |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''ー、  |   ,! /     ,!, i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\.;.;/.;.;.;.;.;.;!: : : :i: : : : : : : : : : : :.|: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,!  レ      ,! !.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;/: : : : .|: : : : : : : : : : : .|: : .|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /       !  l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/: : : : : .l: : : : : : : : : : : ,!: : ,!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::久        ,! |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;,イ: : : : : : :.|: : : : : : : : : : : !: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉       | |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.:/.;.;.;.;.;.;.;.;/: : |: : : : : :.|: : : : : : : : : : :,!: : ,!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        | ヽ、.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;/: : : : ,!: : : : : /: : : : : : : : : : /: : ,!


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  御子なんて立場に居ると、やる夫との面会を希望する人達が後を絶たねーお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

547システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:34:11 ID:drekCTF.0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    えー、お偉いさんとの面会とか、息が詰まるお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    権力争いとか興味ねーし。
          /     ー‐    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  まぁ、「御子の行動を害してはならない」っていう
  不文律があるから、大抵の誘いは断ってるけどね。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

548システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:35:36 ID:drekCTF.0

          / ,      /   /      l       \{   l    /     }
         /イ  l     /  l  ,         |        ヽ!   l Y  /      ,
         / ,  ! /   /  { ! i       |   ヽ   ヾ,   ∨! '       i
        { /   /  ,.イ  | ヽ !      l |!   }    |    } {      {
        !,/   {  / 从T人- \  !   -}-/!-、- |     !    , |         ゙、
        |ハ  |   |/  __ヽj ヽ..|    /イ__lイ ヽ j    {!   l {          ヽ
           }   , { 下云テ心ヽ } ;   /ト云心ヽl/    、    ヽ         ヽ
           |    ヽ!  弋z(ソ  /   / 弋z(ソ !,ィ     \    \        ,
          /    ミ、     /イ/      /イ   l  ト、ミ、    `ヽ、__
         ,    } \、     /,.     イ彡     |  !  `  }      \   }
          { l     ハ.              /{  /    | リ  ,  l          !
         {ヽ':,   /ヽ!\    ´ `    /ヽ }, / /l /  /  |     /       l
           } ,イ//    ヽ       ...イ   リ VI / /  /    !          ;
            /イ/     }`:: ゜--- ゜ :|  /イ_/ /    ,           /
                      __} ̄: ̄ Y  ̄: ̄{_/   /    /      /   ,  ,
                _ .. rr/  、   lj   ,  ´_ヘrr /   /    /         /
          y  ̄  r - ー― ヽ_:r¬_ィ ー -- 、/   /    /   ,  /   ;
       _ ノj: ::  :: ヽ    >::::|_!::<      /{   /       ,      /
    ノ ̄` ー::ィ     . |:〉  ::/./| | \   〈:/ /ィ_ ハ   ー:、ヽ      /
    /     /  :j    |:\/ /.../.| |... \ ///::イ:: i::.  \ ヽ/___//____/
   ノ        /    lll   / /...| |....\ ヽ   lll  、       ヽ
  /         ,/    lll   / /.. | |  ..ヽ \  lll  \       ヽ
  ヽ,.      /      ≡( (.. ≡≡≡≡..\/..≡    ヽ        .}
   ヽ.      {          ̄                 ..}      /
    ヽ    .!                            !     /
      ヽ、 :                              ノ   ,/
       {.  ゛、                         .'  .ィ"
       |    ヽ                       ィ'    .|
       |    .. 、_____,.  -――  、_____,      |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  でも、中には断れない面談もあってお?

  一人は、女王である美国。 そして、もう一人が――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

549システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:37:10 ID:drekCTF.0

`' ー-.ゝ-/,r、` ー l::!.l       ヽ  ,..、    "'ーテ彡彡彡ニl::
      .r‐'ー、ヾO:/'´::スヽ、   ',  `'^i       "''-=三|:
``' ー- 、.._ヽ -ェ`}::i:::::::/ \ヽ   ',.   !   ,.-'〇.      "l::
      /::/::l´ヾ:O:|::::/-、ー- 、ヾ.  ',  ,r 、/     _,. -一''
    .i.::∧ヽ._ ヾ:';:/.l ,r::ヽ、  ',   V ィi l  ,. -‐'"´
    i.::i '"i:::r ニ:::oヽ ` ー-:、lヽ. ', /./:// '"   ___
    i.:li  ';ヽ  `ヾ、`:ー-.. 、.二irl/ "./ ,. - <`` ー-ユヽ、ィ
    l.:!!.',.ヽl ヾ`'ー:'"::;;:`'::ェェ'"´ .i ゚./ ぐ=フ:::ー..ミヽ、 /:::::::}::
.  |:l ',. ``!:/:/´  ̄/:::乙 __, -テ l ./_  ';ヽ `ヾ、::l. `ゝ/::::::/;:::
',  ||,. ---:o::゙Z二´_`''ァ:::/  ./´ ヽ.ヽヾ:::゙ヽ、 `'" /:::/oヽ.
/ / __/!!::::::l ̄``' ー'     /    k  t、::゚:::,二::o::r '" ̄`
i.  ̄|.    ',',:::::|. \     .j    .|:ヾェガ、::ヽ. ` ーミー--':
i   |.     ',',:::|.  \-.、_  ´    ヾ:、`ヾ、 ヾ:ヽ--‐'::シ三ヽ
  i  ,l -ヽ   ',';:|    \. `ヽ、._     ヾ:.ヾ', l::|`:::::Zコ   i l
  ',",. ァ / __ | ',ヽ.    ` ー`'_ー-`-  -./ヾ:::。:レ-ミー'" _
  ', -'. `/ |. ',           /:::::; -''|:lヾ、 `二.-''"''
  ',r‐''.」、  l゙i  ',          ./ - '"rヤ´ヾ、. |「,. -一''"´
   ',./ l ! ノ .|   '、       ,. -‐'"´ ./  ./ヽ ||"    , '
    ゙、. ',l"! |   ` - 、 -‐'"      ./   ヽ-ヾ   , ' ,
    i ヽ. ヽ  |.               ',        〆´


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  王族の親戚……公爵家当主の『パピヨン』だお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

550システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:38:01 ID:drekCTF.0









┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです

                         第四話

                         水の流れと奇人公爵

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛











.

551システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:38:15 ID:drekCTF.0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

552システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:38:56 ID:drekCTF.0

オプーナ歴522年 12月05日光曜日 〜とある河川敷〜


                           |
                      \           /
                            |     /
                         \  |
                              /
                   --   -   ○  ー _
                         /
                          /   \
                      /     |

:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ‖,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy

553システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:40:05 ID:drekCTF.0

ヽ r- 、  。ヽ、 _____ _   _____ 、r‐。´ ,  ' ´ / /
. ヽ\__ヽ 〈{   ヽ 、  O、` ´ .,O _ - ´  }〉   ー‐‐´ /
.  ', r-- 、 oヽr‐r-_、_ ヽ、 ヽ,- / /  __ -_r-/ ゚ , -‐' フ /
  ヽヽ__ゝ  {::::|´ _`ヽ ` f{リY´ /ミ_`|::::} 。 ー‐ ´ノ
    ヽ ,---、゚ ',:::::|ニ―=、ヽ |V | //, -―ニ|:::ノ <´ フ.ノ
    ヽ 、_ - '。 、::lヽ ⊆⊇ゞノl o l〈く⊆⊇_/ lノ ゚---, r´
    `{ r―-  。ー。‐ニ=‐=',_ノヽ=ニ‐ 。‐´ ゚-ニ-´ノ
     `ヾ=´-- -r 'ヽ=/   {  `\ヾ=`ヽ 、___ノ´
       `ヽv´ソニフ/_______ヽニニ、_。!ノ_
       rニfィ‐≦ヽ ヽ、――――v/ / ィ ハミーヽ     お初にお目にかかる、御子よ!
     /ニノ ` ヽ`` ',   _   / 〃/´  ーニミヽ
     ´  ̄    ヽ、  f.l    ソ/  イ       ̄`    俺は『パピヨン』、このウォハム王国公爵家当主だ!
           __|.ヽ  ヾ、ー‐‐ノ/  , ´{___
      r‐ ´    | ` 、 `ー=‐' , '  .|   `ー-、
       「| _,    .| l  ヽ ` ̄´, ´  l |     _, |[
      |l{ T    ,' │   `ー‐´  ./ .',    T |:|
      |||__, --rノ  l        ,'  ヽ―--、_」:|
    r‐'::::::::::::/     l       /    \::::::::::::::::::7

『 パピヨン 』
【 ウォハム王国 公爵家 現当主 】


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  のっけから暑苦しいお。 服装もキチガイじみたセンスだし。

  今回は、ランペルージ君からも「お願い」されて
  断るに断りきれなかったけど……早くも後悔の真っ只中だお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

554名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 20:41:01 ID:CWhoXxmg0
こんな濃いーのと一緒はきついよなぁw

555システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:41:10 ID:drekCTF.0

: : : : : : : : : ο: : : : : l:::::;: '"、
、: : : : : : /: : : : : : ; '"   l
.ヽ: : : : /: : : : : ; '"     / /
 ヽ  /   ./   _,. r:::::l':シ
、. /ヽ. /   , _'" __|::::::lヽ
  i l::l.l '  /'" ,.r‐'""|:::::l/
  | V | / ./; -っ: :|:ツ:o:ゝ
.ヽ.l o.l,/l/∠: ー'_´_;/.//
'" i. i  `'ー.、._    /::o:::ニャ:
'"/ V:ヽ`'ー、::::::o::``r'"  /:/
'"  | : ヽヾ`ー`::、:::::::::::::::ィ''": :
   |: : :リ ヾ:`ェェ-`ヾ-::ヾ、:/      ブリタニアの息子であるランペルージから
  λ:ン     ,/`l:ヾ:::::ゥミ
、_`' '___, '" .,ッ/:::::::::ヾヽ'      御子のイカヅチの性質について聞いてな。
_____, ./i/"/::::::::/ `'
i  : ::: :.  ,、V/ /::::::/ヘ、
.i      ////::::/: :i  7       何でも、この世界の「歯車とゼンマイ」を何十世代も洗練したものだとか?
ヽ二二二ノ.///: : : i.  //
`ー ──一'"//: : : :i.  /./         これは、錬金術師の俺としては捨て置けんわ!
、      /: : : : : :i. ,-y
: `ー-  - ': : : :   ir-ミ{
  : : : : : : :      ./_ぐ ./
           ./ `ヽ  ,r
           ゞミv' / .,


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  でも、こういうフランクな態度で接してきてくれる人ってのは
  ファンタジアースに来てから初めてだお。

  堅苦しくない所は、割と気が楽かな?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

556システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:42:33 ID:drekCTF.0

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \           いやでも、歯車とゼンマイつっても……
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)     やる夫は機械屋じゃなくて電気屋だから
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/       本当に最低限の事しか知らねーお?
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /




                l77777‐- ._/ヽ
          _ ‐l-'、/////// j ノ 、
            「>、'/l!;;;;;;;;\// / }/∧
.           l///{ヾ|!;;;;;>'/_.ノ ー' i、'/∧
         |///l>。 ゚ ,.'/ ,ヽ <j}!∨/,!
        ,. -――--- ヽ!イ/ ィ::::j.} <ノ,|ノl//!     なに、構わんよ。
.       ヽ ゝ> r7!ニヽ lゝニ"イ<ノ/,l ///
       \= ァV,!ゞ',ィ、j‐-、ー_,ヽー<'/{      欲しいのは、異世界人としての価値観だ。
         ゝ <フ7/,ト、  ` ̄ィlゝ‐,ー、ゝ
          `∨),イ _,  '"   }.l/l .  、      ちょっとした事に意見を出してくれるだけで良い。
.             //ハ 、 ヽ/  / j// l.  、
            '  ヽ∧.\ ヽ "  /
                 \、   、-     i  ヽ         ,.-‐- 、
          , 、     `   } 、     l    `ー--- イ////∧,\
.         ////,> 、 _, /;     ,'       l////!'/,!V∧\\
        // /!'///////"             //////.!'/,! ∨∧.\\
.     /// / l'//,///    i      /   _ ,イ ///// l//l. ∨,∧ ヾへ
   ,.' / / / .!'/,.'//∧―   、   ,.    ̄  ///,!//// !//!  V//!  l//!
  /// ///  .!/i/////,ヽ __    ___,. イ'////,l'///  l//,!   l'//,! l//!
  〈/∧ .!'/,!  .!/{////////,lヽ ,.イ//////////////!///、 V ∧  .l///! .!//!
.  V∧ l//l  !'/l////////,! X .l///////////////、///\ ∨ ∧ !'//,l !//l
   V∧l'/,l !'/,l////////l/ .l////////////////\///\V/,∧!'///!'//
    ヽ////ソ//,l'///////l、  ,l///////////////////ヽ///ヽ/////////!


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  とか何とか言いつつ、期待感バリッバリじゃねぇかお。

  あーもう、早く帰って魔法の練習がしたいお……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

557システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:44:09 ID:drekCTF.0

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ     まぁ良いけど……
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<     えーっと、それで会談の場所を
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|    態々寒い中の屋外にしたのは?
  {   {         \`7ー┘!



            、----------- ,_
              ∧::::::::::::/l:::::::::::::::::\
              /:::ハ:::://」 !::::::::::::::::::::::ヽ
          亅::l/У}]{ /」l::::::::::::::::::::::::::!
             l:::::l./,.ヘ. /」)r‐ 、:::::::
             l::N{/_,,ィヘ∠フ)!レ/::::::
             l:ハ人≦i}]=ヮ )lトヘ::::::
            `〈  `ー┬、ーく__      ああ、実は俺は最近「水車」に凝っていてな。
            ` にヲ´ !::/フー┘
                ヽ  レ'イ        その分野で、御子の協力を仰げないかと思った訳だ。
                ̄  ヽ  /
                  _〉/
                /://::/
                /:::/__./::/:l
              ///:/イ/::/:.:l::
               ////く/:l::::l:.:.:l::
                 |:l//,イ::::!::::ヽ:.:
                l:レく./::::::!::::::::::
              !j/|:::::::

558システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:45:16 ID:drekCTF.0

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    うん、水車?
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/




'////,{  {   \   ./ \////;;;;;;;;;///;;;;;;/
/////ヽ. `ー― `   {   \' o''':;;;;;//;;;;;;;;;/
///////{ r―‐- 、  ,.- 、   ヽヽ. ヽ;;;;;;;;;;;;;/
'// ヽ ヽ、\_ -'  ./////_ ヽ ヽ', l;;;;;;;;;;;;/
'/ / ) ゝ     V///  ̄ヽ 'fヽ;;;;;;;/
ハ {   ',  l、ヽ ̄7 V,/      ', ! {.};;/
//ヽ 、 (  .l,\ ー'   ',/ `ー=ゝ  } l l/
'/// 、`ヽ  !//! < フ >‐---イ ! .lj
//   ー   V/,ゝ ´__  -―,.― 、./
´      ;   V// / ,.イ l__./     '
     l  ,. - ' '"<//     _ '   ああ、水の流れによって回転して
   l.  /   ,.ィ77l'" ヽ`ーゝ -'
.    l/  ._/∨/ !   ー、         粉引きや糸巻きに使う機械だが……
    '" ̄´  \  ∨ !  , '
.    ! , <ニニ=-ヾ!.  !          ひょっとして、地球には水車が無いのか?
.  ,. イ二二二二二二> 、
/ニニニニニニl',二二二、_\
ニ/二二ニニニl. lニニニニム、ニ\
//二二二二二l. l二二ニニムヽニヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  いや、むしろ逆だお。

  これなら、一応アドバイスできない事も無い……かな?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

559システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:47:26 ID:drekCTF.0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    うんにゃ、地球にも水車はあるお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/.    ファンタジアースでは、水車を使うのは一般的なのかお?
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




ヽ r- 、  。ヽ、 _____ _   _____ 、r‐。´ ,  ' ´ / /
. ヽ\__ヽ 〈{   ヽ 、  O、` ´ .,O _ - ´  }〉   ー‐‐´ /
.  ', r-- 、 oヽr‐r-_、_ ヽ、 ヽ,- / /  __ -_r-/ ゚ , -‐' フ /
  ヽヽ__ゝ  {::::|´ _`ヽ ` f{リY´ /ミ_`|::::} 。 ー‐ ´ノ
    ヽ ,---、゚ ',:::::|ニ―=、ヽ |V | //, -―ニ|:::ノ <´ フ.ノ
    ヽ 、_ - '。 、::lヽ ⊆⊇ゞノl o l〈く⊆⊇_/ lノ ゚---, r´
    `{ r―-  。ー。‐ニ=‐=',_ノヽ=ニ‐ 。‐´ ゚-ニ-´ノ
     `ヾ=´-- -r 'ヽ=/   {  `\ヾ=`ヽ 、___ノ´       まさか!
       `ヽv´ソニフ/_______ヽニニ、_。!ノ_
       rニfィ‐≦ヽ ヽ、――――v/ / ィ ハミーヽ      水車を建てるために人足を何人も雇うぐらいなら
     /ニノ ` ヽ`` ',   _   / 〃/´  ーニミヽ
     ´  ̄    ヽ、  f.l    ソ/  イ       ̄`    魔法使い一人に作業を任せたほうが、よっぽど手っ取り早いさ!
           __|.ヽ  ヾ、ー‐‐ノ/  , ´{___
      r‐ ´    | ` 、 `ー=‐' , '  .|   `ー-、
       「| _,    .| l  ヽ ` ̄´, ´  l |     _, |[     その辺が、機械に執着してる俺が
      |l{ T    ,' │   `ー‐´  ./ .',    T |:|
      |||__, --rノ  l        ,'  ヽ―--、_」:|     「奇人公爵」と呼ばれている所以だな。
    r‐'::::::::::::/     l       /    \::::::::::::::::::7


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  あぁ、奇人変人だっていう自覚はあるのかお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

560システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:48:54 ID:drekCTF.0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    魔法って、本当に便利なんだお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/    でも、そしたらどうしてパピヨンは機械が好きなのか……
 /  (丶_//// \




             .{:.:r、ーol:j_  ヽ o、  `゙`"く彡彡j:::::::::::ヽ
              ハゝ_}oj":/ヾ\  '.  i  ,-o  "''ヾ!::::::::::::::
           /::/:!`ヾ:i::/-、ーヽミ  ∨r/  ,, - "  ̄ヾヾ ̄
             i::ハ:`- 、ヾ゙ヾ:_::ト、 i ./.イj一 "       ノノ:.:イ }
              i::i __}ゝ.`ヾ `ー .ニry' "/, - <´ ̄` ヽ.ィ/`ーミ
            .i:l!\ ン^二ィ:.ニ" __イ .ハ`ヾf:::ヽ /:::ノ:、`ー 、/
            .|! _oZ二"ヾ:.:フ  ./ヾ  ゙ミ、` …'//ヽ.二ンノ
          ∠__/!:::::i ̄`¨´   /   k_f:.:.:.r‐x:.r'⌒゙ヾテ"    それは、今はまだ言えないね。
             |  ヽ:::! \- .、`´  ヾ\ヾゝ.___]シ三 .}
              ト:j.   \. ゙ー 、   〉:.ヾ!i゙:.:Zコ i リ      良い男には秘密があるもんでな。
              | 、      ̄  ̄/:::::ン<⌒ゝ__/
              | ヽ     ./一"/ヾ 「 ̄
                  }  ゝ __ ,. 一 '' ./  ヽ!              それより水車だ。 さぁ、見ていってくれ。
                 i          〈


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうして、パピヨンに案内された場所は――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

561システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:50:06 ID:drekCTF.0

                        ____,,,,,、、、--─(Y)、
        ___,,,,,、、、----─‐''''''"""´         ,、-'" `゙ヽ、
       /                    ,、-'"  ,..へ、  `ヽ、
    /                      ,、-'" ,、-'":::::::::::::::`ヽ、 `ヽ、
  /                   ,、-'" ,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 `ヽ、
/                    ,、-'" ,、-'" :┬:┬:┬:┬:┬:┬:┬:ト、:::`ヽ、 `ヽ、
                      ,、-'" ,、-'"⊥:⊥:⊥:⊥:⊥:⊥:⊥:⊥:⊥:|:::::\:::::`ヽ、 `ヽ、
    ______,,,、、、---──‐r'´ ,.ィ"´__;_;__;_;__;_;__;__;_;」::::/  `ヾ-へ、/
""´´    ____,,,,,,,,,,,L/:i::|─i:─;:─i:─;:─i:─;:─i:─;:─i:─;|'′
‐┬i''i''"´|.:|.:.:.:.:|.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|::|─i:─;:─i:─;:─i:─;:─i:─;:─i:─;|
 .| |::|.:.:.:.|.:|.:.:.:.:|.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|::|─i:─;:─;:‐, --‐ァ====;=- 、i:─;ト 、
/ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/~ |::|─i:─;:,.ィ';;;;;>'´      | |   `ヽ;|::::::`ヽ、
二二二二/二二二 ,.イ |   |::|   /;;;;rく    , -‐'iT二| |''ー- 、.  \----`
─┬─┬r:‐:─┬r'´ :.| |   |::| 「`ヾ;/ヽヽ/‐i:─;:─i:| | ;ヽ、;;;;\  ヽ
  ト、|.:.:.|.:|.:.:.:.:.:.:|: | : : : | |   |::l∠;;;;;/   /ヽヽ .i:─;:─i:| | ;:─\;;;;ヽ  ヽ
  |.:.|\|.:|.:.:.:.:.:.:|: | : : : | |   |:/;;;;;;;/   /i:─ヽヽ─;:─i:| | ;:─i:─;:/,、 '、
  |三三三三三|.:|三三三三(ニニ/   / i:─;:‐ヽヽ.;:─i:| | ;:─i: //;;;;',  ',
  |:|:|.:.:.|三|.:.:.:.:.|.:|: :|: :|: :|: : :/;;;;;;;'   /─i:─;:─iヽヽ ‐i:| |‐;‐//;! |;;;;;|  l
  |:|:|.:.:.|:|.:.:.:.:.:.:.|.:|: :|: :|: :|: : (ニニ'' ‐- '、___i__‐;:─i:‐ヽ\.| レ' /:─;|. |;;;;;|  |
  |:|:|.:.:.|:|.:.:.:.:.:.:.|.:|: :|: :|: :|: : :|;;;;;;;| ̄`l` ‐--- 、.゙ニニニy'´ /\\.;|. |;;;;;|  |
  |:|:|二二二二|.:|二二二二(ニニ!   |.;:─i:─;:─;:─/ /i___i___ヽ二二二|  | _
  |:|:|.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.|.:|.:.r;┐: : : __';;;;;;;;', rr┐ i:r┐ rr、'´「「!レ'__「「!_」 L!___| |」⊥ 」」|---「!-
  |:|:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:|.:.| |Tl: : | |;;;;「「!_|」,」___」 |-:| ||ニ|」|‐‐‐:| || ̄| | ̄| |」´ ̄| ||´ ̄| 「
  |:|:|.:.:.:.:.:.:.:.:从;Mw|r廾┬;:|ニ|ニ;|ニ| | | |从|」」'´| || i:,| ||从 :| ||Wi| |;从| |.|wV;| ||Yv' | |_
从 :M人 vW;ii 川 :iv'| || |从| |M| | | | |ハii|| | l | || __| ||:‐-:| ||--| |--:| |_!--:|ニl!ニニ! |
:;ノi彡 :从;WV :Y 从| || |'w;| |W| | | | |ニ|L|ニl ||‐‐| || ̄ | || ̄| | ̄ | |「 ̄ | ||从 | |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――思いの外、しっかりした作りの水車小屋だったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

562システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:50:27 ID:drekCTF.0

     ____
   /      \
  /  \   ,_\      へぇ……
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |    (日本で一度見た事がある、木製の水車にそっくりだお)
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |        (変な音もしてないし、動きもガタついてない)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




: : : : : : : : : ο: : : : : l:::::;: '"、
、: : : : : : /: : : : : : ; '"   l
.ヽ: : : : /: : : : : ; '"     / /
 ヽ  /   ./   _,. r:::::l':シ
、. /ヽ. /   , _'" __|::::::lヽ
  i l::l.l '  /'" ,.r‐'""|:::::l/
  | V | / ./; -っ: :|:ツ:o:ゝ
.ヽ.l o.l,/l/∠: ー'_´_;/.//
'" i. i  `'ー.、._    /::o:::ニャ:
'"/ V:ヽ`'ー、::::::o::``r'"  /:/
'"  | : ヽヾ`ー`::、:::::::::::::::ィ''": :
   |: : :リ ヾ:`ェェ-`ヾ-::ヾ、:/
  λ:ン     ,/`l:ヾ:::::ゥミ
、_`' '___, '" .,ッ/:::::::::ヾヽ'    どうだい御子よ、俺の自慢の水車は?
_____, ./i/"/::::::::/ `'
i  : ::: :.  ,、V/ /::::::/ヘ、
.i      ////::::/: :i  7
ヽ二二二ノ.///: : : i.  //
`ー ──一'"//: : : :i.  /./
、      /: : : : : :i. ,-y
: `ー-  - ': : : :   ir-ミ{
  : : : : : : :      ./_ぐ ./
           ./ `ヽ  ,r
           ゞミv' / .,

563システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:51:46 ID:drekCTF.0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \      いや、良い意味で驚いたお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     かなりシッカリした作りだし……
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      この水車、設計した人も建設した人も相当だお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




                     ,.―- 、_, -―、
                      ///∧'/////∧'/ヽ
                  ,イ'////:::ヾ/////:::∨/∧
                  ヽ`、 ‐- 、//:::::o:∨//o::::::l'/>-‐=ァ
                   i ニ=‐ { ` 、 ヽ ゙' / , '" } ‐=ニ〈
                   `{ >_,ヽ-‐-、 ヽ.i0i/, -‐-、' ーニ j′
                ヽ ニ.{ ≧ュ、ヽ.! .!/,ィ≦ } >、ノ
                  ゝ'"_ヽー―イl !ゝ―一'_ ー ノ     お褒めに預かり、光栄至極!
                 {`<__,/ /ー'\ ヽ.__>イ
                 ヽ /_,.-'"  `´  ヽ.__\.;ノ      設計したのは俺だが、建設はドワーフ達がやった。
                       /./∧ヽ二二二二/!7,.!ヽ
                    / '" ヾ、! ヽー‐一'/ j// ヽ'、
                       l \  ̄ ̄  /.!         では、そうだな……おい、奴を呼んで来い!
              fヽ        !   ヽ    , ' .!
          __r. ヽ     , '     ̄     ヽ            / }、
       __イ /ニムヽ ヽ_,-ニ\     ヽ   /   ` 、     __-==/ , '/
     ,イニ/ ./ニニ./ ',.ヽ. マニ二ニ┬- 、 ', / _   ,.イニーィニトニ/ /ィ、
   ,.ィ./ニ/ ./ニニ/ .ハ / /⌒ヽニl\  ヽ /   /二二/ \\/, ' !ニ\
   f_i./ニニl ./ニニ(" `\. /  /  マ!  \   / .l二ニ/  >  > ,>=- 、ニニlヽ
   l_l.!ニニ!仁ニニl/ニー、. ヽ\.)   ヽー 、><  .lニ/ ` { , '/  ,. -'二ニl |ヽ
.   マ{二二'ニニニニニニヽ     i   ヽー,\  ヽ,ィ,.'      /  ./ニリニニl/ニ}
.    マニニニニ二二二/ニム   、   /   ヽ/イ     /   .,イニニニニニニ,'
     マニニニニ二二/二二`ー 、 ー  ヽ /  .\ 、_ / ,. -=ニ二二二二二/
.      マニニニニニニ}ニニニ=┐ ` ,._イム  ̄/./  , '" ,マニニニニニニニ{
.     iニニニニニニlニニニニニ!__-二二二ム  _ー、_ .!ー<二二二ニニニl
.      lニニニニニニ,ニニ>''"ニニニニニニ><   l. /_ヽ!二二ニ<二二ニニl


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうして、近くに控えていた人にパピヨンが指示を送り――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

564システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:52:51 ID:drekCTF.0

                   ト
                      ___!rー、 __    /`ヾ.,
              ,.ィ ´   !|  \ `丶/     !}
              /   ___ノ!|ヽ __ /`', 、 __.へ!i
             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――程なくして、耳の尖った褐色のい肌を持つ美人さんがやって来たお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

565システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:54:09 ID:drekCTF.0

                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: : : : : : : : /  }  |    …………
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧




                                 ____
                               /      \
                              /_、 ,,/"  \
                            / (●) ゙(●) U \    え、えーっと……?
                            |    (__人__)      |
                            \   ⊂ ヽ∩     <
                              |  |  '、_ \ /  )
                              |  |__\  “  /
                              \ ___\_/


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  でも、この褐色美人さん全然喋ってくんねーお。

  どうしたもんかね?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

566システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:55:27 ID:drekCTF.0

                l77777‐- ._/ヽ
          _ ‐l-'、/////// j ノ 、
            「>、'/l!;;;;;;;;\// / }/∧
.           l///{ヾ|!;;;;;>'/_.ノ ー' i、'/∧
         |///l>。 ゚ ,.'/ ,ヽ <j}!∨/,!
        ,. -――--- ヽ!イ/ ィ::::j.} <ノ,|ノl//!    ん……? ああ、「許可」を与えてやれ、御子よ。
.       ヽ ゝ> r7!ニヽ lゝニ"イ<ノ/,l ///
       \= ァV,!ゞ',ィ、j‐-、ー_,ヽー<'/{     そいつは平民だからな、女王陛下に準じる存在である
         ゝ <フ7/,ト、  ` ̄ィlゝ‐,ー、ゝ
          `∨),イ _,  '"   }.l/l .  、     御子に対しては直答が許されていないんだ。
.             //ハ 、 ヽ/  / j// l.  、
            '  ヽ∧.\ ヽ "  /
                 \、   、-     i  ヽ         ,.-‐- 、
          , 、     `   } 、     l    `ー--- イ////∧,\
.         ////,> 、 _, /;     ,'       l////!'/,!V∧\\
        // /!'///////"             //////.!'/,! ∨∧.\\
.     /// / l'//,///    i      /   _ ,イ ///// l//l. ∨,∧ ヾへ
   ,.' / / / .!'/,.'//∧―   、   ,.    ̄  ///,!//// !//!  V//!  l//!
  /// ///  .!/i/////,ヽ __    ___,. イ'////,l'///  l//,!   l'//,! l//!
  〈/∧ .!'/,!  .!/{////////,lヽ ,.イ//////////////!///、 V ∧  .l///! .!//!
.  V∧ l//l  !'/l////////,! X .l///////////////、///\ ∨ ∧ !'//,l !//l
   V∧l'/,l !'/,l////////l/ .l////////////////\///\V/,∧!'///!'//
    ヽ////ソ//,l'///////l、  ,l///////////////////ヽ///ヽ/////////!




      ___
    /       \
   /          \      え? そ、そうなの?
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |    じゃあ……「直答を許します」お。
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´          あなたが、この水車を作った人ですかお?
      ゝ  ノ

567システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:56:34 ID:drekCTF.0

                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ         はっ、御子に対する直答をお許し頂き
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `        光栄の極みにございます。
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ            私の名前は『三世』と申します。
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ        僭越ながら、この水車はパピヨン卿が描かれた設計図を基に
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、    私が建設を行わせて頂いた物でございます。
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//
           {   O }ソ ̄フ⌒y' ̄フ,///////'   / ∠_/  ∠___//
           乂 __ ノー‐'^ー‐ ヘ__,ィ,.イ/////ハr== ニニ≧ .、 ,√ ̄ ̄

    『 三世 』
    【 ウォハム王国所属 ドワーフ種族の平民 】


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  返答はくれたけど……かってぇ喋り方だお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

568システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:57:28 ID:drekCTF.0

             .{:.:r、ーol:j_  ヽ o、  `゙`"く彡彡j:::::::::::ヽ
              ハゝ_}oj":/ヾ\  '.  i  ,-o  "''ヾ!::::::::::::::
           /::/:!`ヾ:i::/-、ーヽミ  ∨r/  ,, - "  ̄ヾヾ ̄
             i::ハ:`- 、ヾ゙ヾ:_::ト、 i ./.イj一 "       ノノ:.:イ }
              i::i __}ゝ.`ヾ `ー .ニry' "/, - <´ ̄` ヽ.ィ/`ーミ
            .i:l!\ ン^二ィ:.ニ" __イ .ハ`ヾf:::ヽ /:::ノ:、`ー 、/
            .|! _oZ二"ヾ:.:フ  ./ヾ  ゙ミ、` …'//ヽ.二ンノ
          ∠__/!:::::i ̄`¨´   /   k_f:.:.:.r‐x:.r'⌒゙ヾテ"
             |  ヽ:::! \- .、`´  ヾ\ヾゝ.___]シ三 .}    イカヅチや機械に関する話をするなら
              ト:j.   \. ゙ー 、   〉:.ヾ!i゙:.:Zコ i リ
              | 、      ̄  ̄/:::::ン<⌒ゝ__/     実際に作る職人も居た方が良いだろうと思って呼んだんだ。
              | ヽ     ./一"/ヾ 「 ̄
                  }  ゝ __ ,. 一 '' ./  ヽ!         こいつは平民だが、ドワーフは伝統的に工作が得意でな。
                 i          〈




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \     うん、まぁ確かにこの水車は立派だお。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /     設計と実作のどちらも高い精度で行われてるのが、一目で分かるし。
     ゝ  ノ
   /   /

569システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 20:58:31 ID:drekCTF.0

ヽ r- 、  。ヽ、 _____ _   _____ 、r‐。´ ,  ' ´ / /
. ヽ\__ヽ 〈{   ヽ 、  O、` ´ .,O _ - ´  }〉   ー‐‐´ /
.  ', r-- 、 oヽr‐r-_、_ ヽ、 ヽ,- / /  __ -_r-/ ゚ , -‐' フ /
  ヽヽ__ゝ  {::::|´ _`ヽ ` f{リY´ /ミ_`|::::} 。 ー‐ ´ノ
    ヽ ,---、゚ ',:::::|ニ―=、ヽ |V | //, -―ニ|:::ノ <´ フ.ノ
    ヽ 、_ - '。 、::lヽ ⊆⊇ゞノl o l〈く⊆⊇_/ lノ ゚---, r´
    `{ r―-  。ー。‐ニ=‐=',_ノヽ=ニ‐ 。‐´ ゚-ニ-´ノ
     `ヾ=´-- -r 'ヽ=/   {  `\ヾ=`ヽ 、___ノ´
       `ヽv´ソニフ/_______ヽニニ、_。!ノ_
       rニfィ‐≦ヽ ヽ、――――v/ / ィ ハミーヽ         おい、そこのドワーフ……『三世』とか言ったか?
     /ニノ ` ヽ`` ',   _   / 〃/´  ーニミヽ
     ´  ̄    ヽ、  f.l    ソ/  イ       ̄`     俺に対しても直答を許す。
           __|.ヽ  ヾ、ー‐‐ノ/  , ´{___
      r‐ ´    | ` 、 `ー=‐' , '  .|   `ー-、
       「| _,    .| l  ヽ ` ̄´, ´  l |     _, |[     これから、御子と俺の会話にお前も加われ。
      |l{ T    ,' │   `ー‐´  ./ .',    T |:|
      |||__, --rノ  l        ,'  ヽ―--、_」:|     職人として意見を発しても良い。
    r‐'::::::::::::/     l       /    \::::::::::::::::::7




                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: u: : : : : : /  }  |    い、委細承知致しました。
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /.    天上人である方々同士の会話に加えて頂けるとは、望外の誉れです。
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、    この幸福を、一生の語り草にさせて頂きます。
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  言葉とは裏腹に、顔色がすっごい悪いお。

  まぁ、平社員が社長同士の対話に混ざるようなモンだからなぁ。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

570名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 20:59:39 ID:CWhoXxmg0
胃がやばそうだw

571システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:00:01 ID:drekCTF.0

                       __     __
                      /::::``''''"´::::\
               ____/::::::::::::::::::::::::::::::::::',____
                 {{\>、/'''''''''''''''ヘ,. </ノ
                 ((>',....._\゚∨゚/_.....,'<))
              '{{>{::lヌ;;テ、{:},.ィ;;ヤl::}<}}
                    'l〉=>=チ''父''ミ=<=〈l    よーし、じゃあ早速だが……
           , 、      ヽ又ムY´|`Yム又ノ
          ヽ ヽ.  _.  l∧ -===‐  ∧l     御子よ、指摘したい事はあるか?
             }  >'´.-!     lヽ  ̄ , イ
          |    −!  /| `'ー'´ |\  ,.......
          ノ    ,二! ̄ヽ、      ノ  ̄ノハ:::::::`ヽ、
       ヽ〜ん、 /:::::::::::\ `      ´ /::::::::::::::::::::::ヽ
       l////7:::::::::::::::::::\   ハ /:::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      /\/ />::::::::::::::⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、:::::::::::::::::::::::::シ::〈
      /:::::::: ̄`!:::::::::::::::::::::>‐- ̄`    \::::::::::::::::'´::::::::ヽ
      ,'::::::::::::::::::|:::::::;:::::::::::::::丁二_     ノヽ〜!:::::::::::::::::::\
     i:::::::::::::::::::::ハ∧::::::::::::::::::::|><`''ー-/ヾヽ ∨\_::::::::::⌒ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ザックリし過ぎだお、こんちくしょう。

  でも良いお、一応やる夫の知識を出せる場面ではあるから。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

572システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:01:00 ID:drekCTF.0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    そうだおー……この水車自体はケチの付け所がねーお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/    さっき言った通り完成度も高いし、そもそもやる夫は門外漢だし。
 /  (丶_//// \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そう、だから指摘できるのはイカヅチ……
  電気についての技術の延長線上だお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

573システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:02:00 ID:drekCTF.0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    でも、粉引きや糸巻き用じゃない水車……
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     水力発電用の水車の知識ならあるから
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      それを開示して行くお。
  \ /___ /




                   ト
                      ___!rー、 __    /`ヾ.,
              ,.ィ ´   !|  \ `丶/     !}
              /   ___ノ!|ヽ __ /`', 、 __.へ!i
             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |    ……?
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !    そ、その……浅学非才で大変申し訳無いのですが
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'     「すいりょくはつでん」とは一体……?
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  あぁ、そっからかお。

  じゃあ、パピヨンにも纏めて説明しちまうかお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

574システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:02:59 ID:drekCTF.0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    うん、じゃあまずエネルギーの概念から教えようか。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     それから――
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、これまでの授業の復習をして行ったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

575システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:04:00 ID:drekCTF.0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !




                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: : : : : : : : /  }  |     ……ふむ、そうすると「水力発電」とは
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /     水の持つ運動エネルギーを、電気エネルギーに変換する仕組みなのですね?
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧

576システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:05:00 ID:drekCTF.0

                          〃ヾi    , 、
                           //  !|   / ヾ.、
                    ,.. --‐//ー- ,!イ/   ', ',
                > ´    / '   !i |`゙ .、  i }
                 / ,.r ´           ,リ |   `゙ 、!|
             /  ./       /   ィ 〃 ト.     !i.\
              ,'   /       !  / l   |: ',,     レ   ヽ.
               !  /       !  ⌒ !  リ⌒    iヾi`ヽ }
                | ,  ,,ィ.    | ,ィ三ミ |. /:イミ、    ! !|  `
                ! 」 ,f-! ト、   ! ,': : : :| /: : : : .',    ! !i
          γ´r i! ,: :| |: :',.  y : : : : レ: : : : : :.}   ト..!ソ
              ` ̄.| /‐-ヽ.{_,: ヽ ',: : : : : : : :{ ソ:/   レノ
              /  .レ     }`メ.、 ヽ: : : : : : : : /   !´    これは……目から鱗が落ちる想いです!
          /       y!  んv.、ィ.  ',ーt--  イ /| ,
            /       / ハ 丶:::::::::::ヽ. ヽ/ /  |/ l /
         /       ,ィャ  ',ミ三(aッ、ヾ.、__   レ
          /.     ,.ィ: ̄`ヽ 丶:::;:::::::ヽ. ';::!`ヽ
        ,     ./: : : : : : :ヾ ヽ`:、:::::::} ヾ}: :.:!
        , '     ,: : : : : : : : : :.', ',::::ヽ:::レヘ ヽ: :!
      /      !: : : : : : : : : : :', !: :`ヽ(0)ヽヽ:i
    /          i!: : : : : : : : : : :.y }: : : : :`:´: }/、!
  ./           ハ__,ィ:、_ム__,ィ;く,´r': : : : : : : : :、 :`:.<.
               i:V/V/////",/./: : : : : : : : : : :゙丶: : : :ヽ.
               !:.V//////,'/./: : : : : : : : : : : : : : `.、: : : `ヽ
            rー..V//////ir': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.',
            }::::::::V//////,ム`''ー- ..、: : : : : : : : : : : : :',: :.,ィ:}、
              ,イ`ー 、V//////{`ー-..,,_  `  ̄ ''ー‐-ァ: : : }: :{ri:::》
           く      V//////',     ` '' ーォ-..in!ヲー-.≠彡!|'
            )、    V//////ゝ、      /   .!iメ : : ,イ_ノノi !
         ,.ィr/  ` .、  V//r ´,ィ´: :` ー-テ、__,..イ_:_:ィ′  .!i
          { r-ヽ、    `ー-Vr‐".: ;.ィ´: : : : : :.7_::::::!|::::丿     i.!
        ,.イヾ rー-ヽ、    ',て: ´ :,:-: : : : ,..イ::::::::!i/       !|


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  流石は技術者。

  最初はガチガチだったのに、自分の分野の勉強を進めると
  あっという間に緊張がほぐれたお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

577システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:06:12 ID:drekCTF.0

                           ,。 --.、   ,。.-.、
                            /::::::::__::::\/:::_:::::\
                        /:::::::::://∧:::::|::::/∧::::::::ヽ
                     f ̄ ̄ ̄ ̄\:////∧::l::///∧:/ ̄ ̄ ̄ ̄}
                     廴(> 《⌒ \ ̄ ΩΩ ̄ /⌒リ 》<) ノ
                       廴(> f f'⌒゙≧x_}凵{x≦⌒ヽ人 <)_,ノ
                    廴(>( |:| 匸:::ラ Y^Y ,ィ::::丁:}  <)ノ
                       廴{>込廴_x≦人人≧x__ノ <)ノ
                         廴>テァf ̄ ̄l ̄ ̄「ト<__,ノ     ふむ、水力発電も興味深いが……
                           V[ノ_ノ ー──一 乂 ]ノ
                          //::ト、  `こ 二´ イ:∧\      しかし、今の話がこの水車にどう繋がるんだ?
               x<\         }/\| ヽ    /l j/ \{
.          x</ /|//,\         人   ー一' |/
.      //////  |//// \___,。 ´  \    ノ\            ,。--、
.      ////// | |//////∧人        ヽ     `゚  。.   __x<//////ヽ
   /// ////   |/////// }//\   ` ー--- 、   ___,. `厂////////|ヽ//∧
   {///{ l |///|  l /////////l////≧=o。._____ ヽ/     ///|///////| l V//∧
.   V/,∧ l///|  l/////////////////////////∧     r‐一///∧///// | l }///∧
.    ∨//V///|///////////∧//////////////∧\  ハ///////∧//// | l /////∧
    \////////////////// ∧//////////////,ハ \/ V//////∧////|,////////〉
       {_/////////////////∧//////////////∧/ \.|'///////∧////////////
..     / ̄/////__/∨/////\///////////// | .:  ::. |/////////}////////_/
       {///// ̄ ̄//    V////// \_///____|\ ::. |\__//∧//// ̄ ̄/
.       ///////////    ∨///////// ̄ ̄ ̄////|  \/|/// ̄ ̄//////////〈
..    ///////////      \/////\///////___/|  /`ト、////__∧////////〈
    ///////// /         \//////ー////////|<  : |/////// V///////∧
..   /////////,/              \//////////廴/_| \:/|//_ノ//{.  ∨////// ∧
    //////////                ト、////////////|  /ヽ|//////|.  ∨////// ∧
   //////////                |//////////{//│/   |//////}   ∨////// ∧




     ____
   /      \
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \    うん、水力発電ってのは凄く簡単に言うと
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     「水の運動エネルギーを水車を使って電気エネルギーに変える」方法だからお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      用途は違えど、何か応用できる知識がないかなー。 と思って。
  \ /___ /

578システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:07:00 ID:drekCTF.0

            、----------- ,_
              ∧::::::::::::/l:::::::::::::::::\
              /:::ハ:::://」 !::::::::::::::::::::::ヽ
          亅::l/У}]{ /」l::::::::::::::::::::::::::!
             l:::::l./,.ヘ. /」)r‐ 、:::::::
             l::N{/_,,ィヘ∠フ)!レ/::::::
             l:ハ人≦i}]=ヮ )lトヘ::::::
            `〈  `ー┬、ーく__
            ` にヲ´ !::/フー┘     ほう、では水力発電ではどんな水車を使うのだ?
                ヽ  レ'イ
                ̄  ヽ  /
                  _〉/
                /://::/
                /:::/__./::/:l
              ///:/イ/::/:.:l::
               ////く/:l::::l:.:.:l::
                 |:l//,イ::::!::::ヽ:.:
                l:レく./::::::!::::::::::
              !j/|:::::::




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    うん、大きく分けると二つの種類があるお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    「衝動水者」と「反動水車」って言うんだけどね。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     まずは、衝動水車から説明するお。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

579システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:08:00 ID:drekCTF.0

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \       つっても、こっちはあまり説明する必要は無いかお?
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |    所謂、「水車」で連想される構造で
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ                 水を受け皿……バケットに当てて、水のエネルギーを速度に変換してるお。
   /   /




               ┃
               ┃
               ┃
            ━ ━ ━◎━ ━ ━
            受 ┃
   [ 水 ] →     け ┃
            皿 ┃

  ※この場合、反時計回りに回転する。

580システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:09:00 ID:drekCTF.0

        ____
       /    \        で、「反動水車」の方は、エネルギーを速度の他に
.    /          \
.  /    ―   ー  \     圧力にも変換してるんだお。
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /     下の図のように、カタツムリの貝殻みたいな形の水車で
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ    圧力を使って水車を回してる訳。



          水の流れ→
    ━━━━━━━━━━━━┓
    ┳━━━━━━━━━━┓┃
    ┃┏━━━━━━━━┓┃┃
    ┃┃┏━━━━━━┓┃┃┃
    ┃┃┃┏ 中心に棒 ┃┃┃┃
    ┃┃┃┗━━━━━┛┃┃┃
    ┃┃┗━━━━━━━┛┃┃
    ┃┗━━━━━━━━━┛┃
    ┗━━━━━━━━━━━┛
          ←水の流れ

    ※参考リンク
    ttp://www.suiryoku.com/mecha/wheel/francis/francis.html

581システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:10:00 ID:drekCTF.0

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\     日本の水力発電では、反動水車の方が一般的だお。
        |   (⌒   (● ) |
         ヘ     ̄`、__)  |    当然、用途に応じて使い分けはあるんだけど……
           ヽ           |
         , へ、      _/       こっちで役立たせる事を念頭に置くなら
            |          ^ヽ
            |      1   |      フランシス水車や、カプラン水車を教えようかお?




           /////////////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨//////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V/////////∧
      「 ̄_ ―- _///////////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V/////////_,! -― _ ̄ /
.     '  {  \     ‐<////ー-  _;;;;;;;;;;;;;;;∨/;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ -―V//>‐      , '  ./ , '
      ヽ ー- ヽ      > 、     `"‐ _∨_,.-‐'"      ,. <       ー―‐' ./
.      { r‐ 、          >、  O       O  ,. <           ,. -, .}
        ヽ.ヽ  \    r―-  ._   >、 ヽ   /  ,.<  _  -‐- 、    /  / /
.        l  ̄ ̄    l///!   `ヽ 、  \ l __.l ./  ,. '"    l'//,l    ̄ ̄  く
         { ( ̄ ‐ ._ l///ト 、    \.  Y  Y  /     _.!//,l  < ̄ ̄/ /
          ヽ ー '"  ∨/,l、 !::::::::..、   ヽ l ∩.l /    ,..::::::::::' /!///    ー ' .ノ
          ', r―- ._ ヾ∧ヽヽ:::::::::::j\ }.| ∪ |{ , イ:::::::::::/ /.l/// _,. -‐, .}
           \ヽ-― ' ヾゝ_ ̄ ̄ ̄ _./ .l. O l \._ ̄ ̄ ̄ _//  \ ノ .ノ
            ヽ r――‐ァ  ̄ ̄ ̄  ,. ‐l.  l‐ 、  ̄ ̄ ̄ 、――‐ァ , '"
             ヽ ヽ - ' //_  /   ヽ.ノ   \ _ヽ\  ー ' .ノ        ふむ、聞こうじゃないか。
                ̄7 //_//     〈.|      \、_ヽ ゝヽ ̄
           / ̄ ̄ ./‐、ー―'"、            ,`ー―,―、  ̄ ̄\       その「フランシス」や「カプラン」は
          /       /   ヾ'∧ \ ̄         ̄/ .///イ.  ヽ.     \
         /    _ /      l\ヘ     ̄ ̄ ̄    // !    ヽ _    \    どんな条件で使えるんだ?
        ' " ´            l   ヾ、       ̄     /'   l        ` ‐-ゝ
                    l  ',  \        / /  .l

582システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:11:00 ID:drekCTF.0

               -―─-
           /
         ′  ─    ─
          i  ( ●)  (● )  i      うん、衝動水車と比較するけど…
          |     (__人__)
          、           ノ       この二つは、落差が小さくても(水が勢いよく流れなくても
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒
       \ 丶′             7     発電をする事が可能なんだお
        \ ノ           ト、_
.            ′
.          i           |       つまり、急な流れじゃなくても水車を回せる…
         乂
            | /ー―一 、 |       水車を設置できる場所の幅が広がるんだお
           し′     、_




  乂ゝ、  _> i {    `ヽ   ,..、     ,.、 .   /     } i /   ノ
    〉.r=‐x .o ', ',      \ ー゙ヽ   /ー゙ /      .ノ/o`ーニ´_,
   ∨{.   \ ', 'v´iーァ- .,_   \ ∧  ∧ ./     _ /./ ,r''"´  /
    ゝ`ー―''´ `〈;;;|,,. -‐- .,ヽ  \i⌒i/  ,. -‐''´⌒゙i;;;;〈 <..,,__ノ._
    {;;{ { ⌒ヽ o{!;;;;|,r=== 、 `i!、  i!i6}.i! ,イ´ _,,,...,,,_ .|;;;;;}o ,r=''゙7
    ';;;|、ゝ _,,..> o',;;;;|、  r 、.`ヾ∧ {!.∪.i}/ ,ッ''´r 、  `i;;;/ <  ノ
     ',;| `i r‐- 、 ',;;| ゝ _ ゞ' _.. >.〉i!.O i! <   ゞ'   _ノi/o_,r=‐ァ r
      ',| 乂 、__.〉 oゝ _三彡''"´  ',  j \`ミニ=‐-彡ノo<__ノ ノヽ
     .',i、 { {! rー―‐-ァ o_,rニ´=‐ァ'ゝ='<ー-\_o r―‐--ァ r''´ヾ }
       'iヽヘ ゝゝ=‐- '_,,.ri /__ /´ミi! `ヽ  ヽ>..,,_ー-=-´ ノ_, / /
      .'i \  ̄´7/ /,r=-ァ/   .ミi!    ∨='-x ヘ ヘー'´_/ /
      'i  `ー=i ゙´_>''=‐'´    乂_,    `ー=<_ヽi ∨_ノ
        'i  ,r''"´or';;;;;;',       ゞツ        7;;;ヽo`゙'     ほう……それはまた魅力的だな。
        //__ノ/´ヽ\;',  -ニ''"´`ー´ `゙''ニ-  /;;;,イ ∧ `ヽ
       ./>''"´   ',\ヾ;;,, ` ̄ニニ ̄´  ,,/;//   `''<.
      ,,ッ'´       .', \          ,,ィツ//      `ヽ
_,,..-‐''"´           ',  \        / /         `
                ',   \     ./  /                `''ー-
                 ',    ` ー‐ '    /

583システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:12:02 ID:drekCTF.0

       ____
      /      \       でもないんだなー、これが。
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ     発電用の水車は、ダムがある事を前提としてるフシがあるから……
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ.   ファンタジアースなら、いっそ風力発電の方が合ってるかも。
―――――――― \ _ _ _ )




                   ト
                      ___!rー、 __    /`ヾ.,
              ,.ィ ´   !|  \ `丶/     !}
              /   ___ノ!|ヽ __ /`', 、 __.へ!i
             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !    おや? また興味深い単語が出てきましたね。
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /     「ダム」や「風力発電」という物は一体……?
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄

584システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:13:00 ID:drekCTF.0

     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \    OKOK、一個ずつ説明して行くから慌てないように。
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <    まず、ダムってのは――
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そんなこんなで、説明は進んで行ったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

585システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:13:31 ID:drekCTF.0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  でもって、あらかた知識も出し尽くした後……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

586システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:14:08 ID:drekCTF.0

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    ――っとまぁ、こんな所かお?
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/    何か、役に立ててれば嬉しいけど。
       r、/          \r 、
       |:l1             l;l:|
      /|` }            { ´|ヽ
      ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、
    /´  /               ヽ、 ヽ
    \. ィ                   个‐´
        |                  |

587システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:14:39 ID:drekCTF.0

: : : : : : : : : ο: : : : : l:::::;: '"、
、: : : : : : /: : : : : : ; '"   l
.ヽ: : : : /: : : : : ; '"     / /
 ヽ  /   ./   _,. r:::::l':シ
、. /ヽ. /   , _'" __|::::::lヽ
  i l::l.l '  /'" ,.r‐'""|:::::l/
  | V | / ./; -っ: :|:ツ:o:ゝ
.ヽ.l o.l,/l/∠: ー'_´_;/.//
'" i. i  `'ー.、._    /::o:::ニャ:
'"/ V:ヽ`'ー、::::::o::``r'"  /:/
'"  | : ヽヾ`ー`::、:::::::::::::::ィ''": :
   |: : :リ ヾ:`ェェ-`ヾ-::ヾ、:/
  λ:ン     ,/`l:ヾ:::::ゥミ
、_`' '___, '" .,ッ/:::::::::ヾヽ'    十分さ!
_____, ./i/"/::::::::/ `'
i  : ::: :.  ,、V/ /::::::/ヘ、       地球の水車を真似しきるのは、難しそうだが……
.i      ////::::/: :i  7
ヽ二二二ノ.///: : : i.  //    それでも、良い着想を得るきっかけにはなった!
`ー ──一'"//: : : :i.  /./
、      /: : : : : :i. ,-y
: `ー-  - ': : : :   ir-ミ{
  : : : : : : :      ./_ぐ ./
           ./ `ヽ  ,r
           ゞミv' / .,




                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |._-、 ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i__!i.: : ;| リ≠ミ、 .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ l=ミ` : : レ': : : :}   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: : : : : :_ : : /  }  |    ええ、私も素晴らしい事を学ばせて頂きました!
           /     マ ハ  .| 、.: : :i´ ノ./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /       早速、この知識と技術を仲間にも教え広めたいと思いますが……
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、     よろしいでしょうか!?
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧

588システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:15:31 ID:drekCTF.0

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    ん? あぁ、好きにすれば?
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/




                          〃ヾi    , 、
                           //  !|   / ヾ.、
                    ,.. --‐//ー- ,!イ/   ', ',
                > ´    / '   !i |`゙ .、  i }
                 / ,.r ´           ,リ |   `゙ 、!|
             /  ./       /   ィ 〃 ト.     !i.\
              ,'   /       !  / l   |: ',,     レ   ヽ.
               !  /       !  ⌒ !  リ⌒    iヾi`ヽ }
                | ,  ,,ィ.    | ,ィ三ミ |. /:イミ、    ! !|  `
                ! 」 ,f-! ト、   ! ,': : : :| /: : : : .',    ! !i
          γ´r i! ,: :| |: :',.  y : : : : レ: : : : : :.}   ト..!ソ
              ` ̄.| /‐-ヽ.{_,: ヽ ',: : : : : : : :{ ソ:/   レノ
              /  .レ     }`メ.、 ヽ: : : : : : : : /   !´    ありがとうございます!
          /       y!  んv.、ィ.  ',ーt--  イ /| ,
            /       / ハ 丶:::::::::::ヽ. ヽ/ /  |/ l /      ……えぇ、本当にありがとうございます。
         /       ,ィャ  ',ミ三(aッ、ヾ.、__   レ
          /.     ,.ィ: ̄`ヽ 丶:::;:::::::ヽ. ';::!`ヽ
        ,     ./: : : : : : :ヾ ヽ`:、:::::::} ヾ}: :.:!
        , '     ,: : : : : : : : : :.', ',::::ヽ:::レヘ ヽ: :!
      /      !: : : : : : : : : : :', !: :`ヽ(0)ヽヽ:i
    /          i!: : : : : : : : : : :.y }: : : : :`:´: }/、!
  ./           ハ__,ィ:、_ム__,ィ;く,´r': : : : : : : : :、 :`:.<.
               i:V/V/////",/./: : : : : : : : : : :゙丶: : : :ヽ.
               !:.V//////,'/./: : : : : : : : : : : : : : `.、: : : `ヽ
            rー..V//////ir': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.',
            }::::::::V//////,ム`''ー- ..、: : : : : : : : : : : : :',: :.,ィ:}、
              ,イ`ー 、V//////{`ー-..,,_  `  ̄ ''ー‐-ァ: : : }: :{ri:::》
           く      V//////',     ` '' ーォ-..in!ヲー-.≠彡!|'
            )、    V//////ゝ、      /   .!iメ : : ,イ_ノノi !
         ,.ィr/  ` .、  V//r ´,ィ´: :` ー-テ、__,..イ_:_:ィ′  .!i
          { r-ヽ、    `ー-Vr‐".: ;.ィ´: : : : : :.7_::::::!|::::丿     i.!
        ,.イヾ rー-ヽ、    ',て: ´ :,:-: : : : ,..イ::::::::!i/       !|

589システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:16:00 ID:drekCTF.0

             ____
           /   ― \
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |    さて、それじゃあ……
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |    今日の用件はこれでおしまいかお?
         , へ、      _/
            |          ^ヽ
            |      1   |




             .{:.:r、ーol:j_  ヽ o、  `゙`"く彡彡j:::::::::::ヽ
              ハゝ_}oj":/ヾ\  '.  i  ,-o  "''ヾ!::::::::::::::
           /::/:!`ヾ:i::/-、ーヽミ  ∨r/  ,, - "  ̄ヾヾ ̄
             i::ハ:`- 、ヾ゙ヾ:_::ト、 i ./.イj一 "       ノノ:.:イ }
              i::i __}ゝ.`ヾ `ー .ニry' "/, - <´ ̄` ヽ.ィ/`ーミ
            .i:l!\ ン^二ィ:.ニ" __イ .ハ`ヾf:::ヽ /:::ノ:、`ー 、/
            .|! _oZ二"ヾ:.:フ  ./ヾ  ゙ミ、` …'//ヽ.二ンノ    一応はそうなるな。
          ∠__/!:::::i ̄`¨´   /   k_f:.:.:.r‐x:.r'⌒゙ヾテ"
             |  ヽ:::! \- .、`´  ヾ\ヾゝ.___]シ三 .}       しかし、知識を貰いっぱなしというのも何だな。
              ト:j.   \. ゙ー 、   〉:.ヾ!i゙:.:Zコ i リ
              | 、      ̄  ̄/:::::ン<⌒ゝ__/       良ければ、俺もお前に魔法を教えてやろうか?
              | ヽ     ./一"/ヾ 「 ̄
                  }  ゝ __ ,. 一 '' ./  ヽ!           候爵家の許可は取ってある。
                 i          〈

590システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:17:00 ID:drekCTF.0

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \    お、良いの?
      |    ` ⌒´      |
      \           /    というか、パピヨンって魔法使えるの?
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /    錬金術師って、アイテム作成とかがメインで
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |    魔法よりは科学寄りかと思ったけど。
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ




ヽ r- 、  。ヽ、 _____ _   _____ 、r‐。´ ,  ' ´ / /
. ヽ\__ヽ 〈{   ヽ 、  O、` ´ .,O _ - ´  }〉   ー‐‐´ /
.  ', r-- 、 oヽr‐r-_、_ ヽ、 ヽ,- / /  __ -_r-/ ゚ , -‐' フ /
  ヽヽ__ゝ  {::::|´ _`ヽ ` f{リY´ /ミ_`|::::} 。 ー‐ ´ノ
    ヽ ,---、゚ ',:::::|ニ―=、ヽ |V | //, -―ニ|:::ノ <´ フ.ノ
    ヽ 、_ - '。 、::lヽ ⊆⊇ゞノl o l〈く⊆⊇_/ lノ ゚---, r´
    `{ r―-  。ー。‐ニ=‐=',_ノヽ=ニ‐ 。‐´ ゚-ニ-´ノ
     `ヾ=´-- -r 'ヽ=/   {  `\ヾ=`ヽ 、___ノ´
       `ヽv´ソニフ/_______ヽニニ、_。!ノ_
       rニfィ‐≦ヽ ヽ、――――v/ / ィ ハミーヽ
     /ニノ ` ヽ`` ',   _   / 〃/´  ーニミヽ     そりゃ使えるさ!
     ´  ̄    ヽ、  f.l    ソ/  イ       ̄`
           __|.ヽ  ヾ、ー‐‐ノ/  , ´{___          俺だって、仮にも公爵だぞ?
      r‐ ´    | ` 、 `ー=‐' , '  .|   `ー-、
       「| _,    .| l  ヽ ` ̄´, ´  l |     _, |[
      |l{ T    ,' │   `ー‐´  ./ .',    T |:|
      |||__, --rノ  l        ,'  ヽ―--、_」:|
    r‐'::::::::::::/     l       /    \::::::::::::::::::7

591システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:18:01 ID:drekCTF.0

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |    ……お?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      公爵位と魔法に何の関係が?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




  乂ゝ、  _> i {    `ヽ   ,..、     ,.、 .   /     } i /   ノ /
    〉.r=‐x .o ', ',      \ ー゙ヽ   /ー゙ /      .ノ/o`ーニ´_,<
   ∨{.   \ ', 'v´iーァ- .,_   \ ∧  ∧ ./     _ /./ ,r''"´  / /
    ゝ`ー―''´ `〈;;;|,,. -‐- .,ヽ  \i⌒i/  ,. -‐''´⌒゙i;;;;〈 <..,,__ノ._/
    {;;{ { ⌒ヽ o{!;;;;|,r=== 、 `i!、  i!i6}.i! ,イ´ _,,,...,,,_ .|;;;;;}o ,r=''゙7 〈
    ';;;|、ゝ _,,..> o',;;;;|、  r 、.`ヾ∧ {!.∪.i}/ ,ッ''´r 、  `i;;;/ <  ノ ノ
     ',;| `i r‐- 、 ',;;| ゝ _ ゞ' _.. >.〉i!.O i! <   ゞ'   _ノi/o_,r=‐ァ r'
      ',| 乂 、__.〉 oゝ _三彡''"´  ',  j \`ミニ=‐-彡ノo<__ノ ノヽ
     .',i、 { {! rー―‐-ァ o_,rニ´=‐ァ'ゝ='<ー-\_o r―‐--ァ r''´ヾ }
       'iヽヘ ゝゝ=‐- '_,,.ri /__ /´ミi! `ヽ  ヽ>..,,_ー-=-´ ノ_, / /
      .'i \  ̄´7/ /,r=-ァ/   .ミi!    ∨='-x ヘ ヘー'´_/ /    何だ、知らなかったのか?
      'i  `ー=i ゙´_>''=‐'´    乂_,    `ー=<_ヽi ∨_ノ
        'i  ,r''"´or';;;;;;',       ゞツ        7;;;ヽo`゙' 、       ならば、教えてやろう。
        //__ノ/´ヽ\;',  -ニ''"´`ー´ `゙''ニ-  /;;;,イ ∧ `ヽヘ
       ./>''"´   ',\ヾ;;,, ` ̄ニニ ̄´  ,,/;//   `''<.ヘ     ファンタジアースでは、基本的に階級が高い程強い魔法使いだ。
      ,,ッ'´       .', \          ,,ィツ//      `ヽ_
_,,..-‐''"´           ',  \        / /         `ヽ
                ',   \     ./  /                `''ー- 、
                 ',    ` ー‐ '    /                    \

592システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:19:00 ID:drekCTF.0

            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/    え、何で?
     |        ヽ
     |        |




    /::/:::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::::::::::>イ : / | : |
    ,'::/:::::::::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',:::/ヾ、o :/  / :/
.   l:::l:::::::::::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ:::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;=-‐/ : : : }}‐ゝ-イ : l
=‐-==ニニ三::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ::::/ x≦"   / : : : : :// =-‐─、 :|
``ヽ、o(( : : : :`゙`ヽ、            ◎  ./ : x≦仁l : :ゝ、 ____/ /
   ) ヾ、: : : : : : : : : :<、 .◎‐-、   /  / : // |:::| o___ l
ニ三 o  ヾ、 r‐──-==、 _ : < ヽ、 .l  / : / /  .>|::|\    /:)
ヽ   ̄> ヾ、|::::::| ``゙゙``ヾ、ヽ、: :ヽ、 r=、/ : /イ   /:::|::lo: :>-イ :l
、 ゝ-‐イ   oハ::::::|        ヽ: : ヽl〃ヾ.:l  >'"::::::://≦"´ ̄フ:/
 > :r‐=ニニヽ ハ::::| 不=‐-=ニ __ヽ : :lゞ≠ l ∠ ゞ-=イイo ゙`=‐イ:/
 ヘ :\__/ :o ハ::l ヘ___ヘ:::::::::::イゞY :| o l-ニニoニ'"-‐===、 {::|
.  \  >─‐<ハL ___ .=-‐=ニニ |   |____>--イ /l::|
   八 :八__/ o___ :o :イ-‐──ヘ___/ヽ、  ))   ハ ̄::/ |::l
     >、 : : : ∠ _/ イl    /   l.  \     ハ::/ .|/      決まってる、「そうでなければならないから」だ。
        \__三ニイ ゞ==彡'      |:.     ゝ------o--、
.          ヘ:::::::/      /      ノ        / |:::::∧  ハ       軍事・運輸・情報・農業・医療……etc
            ヘ::/ ___/   , -─ -、     / . |:::/ ゝ、 ハ
        r‐‐=イ ./:::::::l     ゝ‐-===-イ    / .ノノ    >、l      ファンタジアースにおける生活には、魔法技術が不可欠だ。
         /      lヘ:::::|\      -─‐     /  l ヽ、
      /    /  ヘゝ. \          /  |   ヽ、

593システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:20:04 ID:drekCTF.0

                           ,。 --.、   ,。.-.、
                            /::::::::__::::\/:::_:::::\
                        /:::::::::://∧:::::|::::/∧::::::::ヽ
                     f ̄ ̄ ̄ ̄\:////∧::l::///∧:/ ̄ ̄ ̄ ̄}
                     廴(> 《⌒ \ ̄ ΩΩ ̄ /⌒リ 》<) ノ
                       廴(> f f'⌒゙≧x_}凵{x≦⌒ヽ人 <)_,ノ
                    廴(>( |:| 匸:::ラ Y^Y ,ィ::::丁:}  <)ノ    あらゆる面において、魔法は無くてはならない存在で
                       廴{>込廴_x≦人人≧x__ノ <)ノ
                         廴>テァf ̄ ̄l ̄ ̄「ト<__,ノ      魔法使いと魔法が使えない者には、絶対的に隔絶した差がある。
                           V[ノ_ノ ー──一 乂 ]ノ
                          //::ト、  `こ 二´ イ:∧\       加えて、魔法の「文字」に対する親和性は遺伝するんだ。
               x<\         }/\| ヽ    /l j/ \{
.          x</ /|//,\         人   ー一' |/           背の高い両親からは、背の高い子供が生まれやすいようにな。
.      //////  |//// \___,。 ´  \    ノ\            ,。--、
.      ////// | |//////∧人        ヽ     `゚  。.   __x<//////ヽ
   /// ////   |/////// }//\   ` ー--- 、   ___,. `厂////////|ヽ//∧
   {///{ l |///|  l /////////l////≧=o。._____ ヽ/     ///|///////| l V//∧
.   V/,∧ l///|  l/////////////////////////∧     r‐一///∧///// | l }///∧
.    ∨//V///|///////////∧//////////////∧\  ハ///////∧//// | l /////∧
    \////////////////// ∧//////////////,ハ \/ V//////∧////|,////////〉
       {_/////////////////∧//////////////∧/ \.|'///////∧////////////
..     / ̄/////__/∨/////\///////////// | .:  ::. |/////////}////////_/
       {///// ̄ ̄//    V////// \_///____|\ ::. |\__//∧//// ̄ ̄/
.       ///////////    ∨///////// ̄ ̄ ̄////|  \/|/// ̄ ̄//////////〈
..    ///////////      \/////\///////___/|  /`ト、////__∧////////〈
    ///////// /         \//////ー////////|<  : |/////// V///////∧
..   /////////,/              \//////////廴/_| \:/|//_ノ//{.  ∨////// ∧
    //////////                ト、////////////|  /ヽ|//////|.  ∨////// ∧
   //////////                |//////////{//│/   |//////}   ∨////// ∧

594名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:20:36 ID:uvWcCV1g0
魔法能力主義なのか

595システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:21:00 ID:drekCTF.0

.        /      _,,,,,,,,,,,,,,,,____,,. ァ=、        }!
..     ,′     r'"  ¨¨¨`ヽ、.__/  __\    __ ゙、
       i     ├ '"´ ̄ ̄`゙ー' K''" _-=∨. /Q ¨`}ゝ
     _|      |二-‐''" ̄`ヽ l、9<_,,,,,,_∨/P ァイ
.     ¨ヽ|      |  ., ィ.才ニ-''//¨7、ヽ、ラー- j'"|
..     |     .(ヽ托壬_,r‐久__/  ′ハ'   Y'"  |
.       |     > O Y  厂¨}!     廴__人  |
.      |      廴___八 /  _j / ̄`、    l、 \!       こうなると、必然的に魔法の素質の高い者同士……貴族同士で結婚を行う。
        |      |  ., ィr'"´  イ'"´ ̄   │.\ \
        |     │ .i'  .〉     '''"     .|  }.`ーヽ     血はより凝縮され、身分が上に行くにつれ強大な魔法使いとなる。
      l、      |  l  /       下ニ=- 、 ,!  /
       \   |ヽl Xヽ、     `ヽ、_,, -三 ̄`ヽ、      そして、魔法の使えない平民はいつまでも平民のままだ。
           `{、. |`ム_゙、._\___,, -‐''"           \ヽ、
          ‘ハ !ー〈                   ┌='’-、゙、
               〉、゙、 {>─ 、-──       K┤   `ヽ
             / ., -'´      `ヽ、ヽ      _jk  ̄ ̄    ゙、
.          //           \      }   ヽ、____   ハ
          //             ゙、-=、r、_j         ノ l
.         /'                 ヽ        _,, -‐'"  !
.       /                       \    / ̄




         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |    ……
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうか、血筋に対する価値観が
  現代日本よりずっと重たいんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

596名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:21:50 ID:CWhoXxmg0
実益があるならそうなるわな

597システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:22:00 ID:drekCTF.0

     ____
   /      \
  /         \
/           \   何というか……
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/    しょうがねぇ事なんだろうけど、何だかなー……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  極端な話、地球での血筋っていうのは
  「何となく偉い」って物でしかねーお。

  その気になれば、一切合切の血縁関係を無視する事もできる。

  でも、ファンタジアースだとそうじゃない。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

598名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:22:12 ID:ipk/tRiE0
貴族社会の行き着く先だな

599システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:23:00 ID:drekCTF.0

           /////////////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨//////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V/////////∧
      「 ̄_ ―- _///////////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V////;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V/////////_,! -― _ ̄ /
.     '  {  \     ‐<////ー-  _;;;;;;;;;;;;;;;∨/;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ -―V//>‐      , '  ./ , '
      ヽ ー- ヽ      > 、     `"‐ _∨_,.-‐'"      ,. <       ー―‐' ./
.      { r‐ 、          >、  O       O  ,. <           ,. -, .}
        ヽ.ヽ  \    r―-  ._   >、 ヽ   /  ,.<  _  -‐- 、    /  / /
.        l  ̄ ̄    l///!   `ヽ 、  \ l __.l ./  ,. '"    l'//,l    ̄ ̄  く
         { ( ̄ ‐ ._ l///ト 、    \.  Y  Y  /     _.!//,l  < ̄ ̄/ /
          ヽ ー '"  ∨/,l、 !::::::::..、   ヽ l ∩.l /    ,..::::::::::' /!///    ー ' .ノ
          ', r―- ._ ヾ∧ヽヽ:::::::::::j\ }.| ∪ |{ , イ:::::::::::/ /.l/// _,. -‐, .}
           \ヽ-― ' ヾゝ_ ̄ ̄ ̄ _./ .l. O l \._ ̄ ̄ ̄ _//  \ ノ .ノ
            ヽ r――‐ァ  ̄ ̄ ̄  ,. ‐l.  l‐ 、  ̄ ̄ ̄ 、――‐ァ , '"    ……そうだ、俺が機械やイカヅチに
             ヽ ヽ - ' //_  /   ヽ.ノ   \ _ヽ\  ー ' .ノ
                ̄7 //_//     〈.|      \、_ヽ ゝヽ ̄        関心を寄せる理由もそこにある。
           / ̄ ̄ ./‐、ー―'"、            ,`ー―,―、  ̄ ̄\
          /       /   ヾ'∧ \ ̄         ̄/ .///イ.  ヽ.     \   御子よ――
         /    _ /      l\ヘ     ̄ ̄ ̄    // !    ヽ _    \
        ' " ´            l   ヾ、       ̄     /'   l        ` ‐-ゝ
                    l  ',  \        / /  .l


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  血筋こそが、何よりも露骨に実利へと繋がるんだお。

  だからこそ、ファンタジアースでの身分は
  重く、重く、重く……重い。

  そして――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

600システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:24:00 ID:drekCTF.0

  乂ゝ、  _> i {    `ヽ   ,..、     ,.、 .   /     } i /   ノ /
    〉.r=‐x .o ', ',      \ ー゙ヽ   /ー゙ /      .ノ/o`ーニ´_,<
   ∨{.   \ ', 'v´iーァ- .,_   \ ∧  ∧ ./     _ /./ ,r''"´  / /
    ゝ`ー―''´ `〈;;;|,,. -‐- .,ヽ  \i⌒i/  ,. -‐''´⌒゙i;;;;〈 <..,,__ノ._/
    {;;{ { ⌒ヽ o{!;;;;|,r=== 、 `i!、  i!i6}.i! ,イ´ _,,,...,,,_ .|;;;;;}o ,r=''゙7 〈
    ';;;|、ゝ _,,..> o',;;;;|、  r 、.`ヾ∧ {!.∪.i}/ ,ッ''´r 、  `i;;;/ <  ノ ノ
     ',;| `i r‐- 、 ',;;| ゝ _ ゞ' _.. >.〉i!.O i! <   ゞ'   _ノi/o_,r=‐ァ r'
      ',| 乂 、__.〉 oゝ _三彡''"´  ',  j \`ミニ=‐-彡ノo<__ノ ノヽ
     .',i、 { {! rー―‐-ァ o_,rニ´=‐ァ'ゝ='<ー-\_o r―‐--ァ r''´ヾ }
       'iヽヘ ゝゝ=‐- '_,,.ri /__ /´ミi! `ヽ  ヽ>..,,_ー-=-´ ノ_, / /
      .'i \  ̄´7/ /,r=-ァ/   .ミi!    ∨='-x ヘ ヘー'´_/ /       ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
      'i  `ー=i ゙´_>''=‐'´    乂_,    `ー=<_ヽi ∨_ノ     ――お前は一体何がしたい?
        'i  ,r''"´or';;;;;;',       ゞツ        7;;;ヽo`゙' 、
        //__ノ/´ヽ\;',  -ニ''"´`ー´ `゙''ニ-  /;;;,イ ∧ `ヽヘ
       ./>''"´   ',\ヾ;;,, ` ̄ニニ ̄´  ,,/;//   `''<.ヘ
      ,,ッ'´       .', \          ,,ィツ//      `ヽ_
_,,..-‐''"´           ',  \        / /         `ヽ
                ',   \     ./  /                `''ー- 、
                 ',    ` ー‐ '    /                    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――パピヨンが、その一言を放ったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

601システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:25:00 ID:drekCTF.0

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |   な、何って……
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ




: : : : : : : : : ο: : : : : l:::::;: '"、
、: : : : : : /: : : : : : ; '"   l
.ヽ: : : : /: : : : : ; '"     / /
 ヽ  /   ./   _,. r:::::l':シ
、. /ヽ. /   , _'" __|::::::lヽ
  i l::l.l '  /'" ,.r‐'""|:::::l/
  | V | / ./; -っ: :|:ツ:o:ゝ
.ヽ.l o.l,/l/∠: ー'_´_;/.//
'" i. i  `'ー.、._    /::o:::ニャ:
'"/ V:ヽ`'ー、::::::o::``r'"  /:/
'"  | : ヽヾ`ー`::、:::::::::::::::ィ''": :
   |: : :リ ヾ:`ェェ-`ヾ-::ヾ、:/
  λ:ン     ,/`l:ヾ:::::ゥミ     今の話を聞いて、地球出身のお前は何か感じなかったか?
、_`' '___, '" .,ッ/:::::::::ヾヽ'
_____, ./i/"/::::::::/ `'     何でも良い、思った事があれば俺にぶつけて見せろ!
i  : ::: :.  ,、V/ /::::::/ヘ、
.i      ////::::/: :i  7
ヽ二二二ノ.///: : : i.  //
`ー ──一'"//: : : :i.  /./
、      /: : : : : :i. ,-y
: `ー-  - ': : : :   ir-ミ{
  : : : : : : :      ./_ぐ ./
           ./ `ヽ  ,r
           ゞミv' / .,


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  きゅ、急にどうしたんだお……?

  さっきまでの飄々とした態度と違って、何か……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

602システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:26:00 ID:drekCTF.0

                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: : : : : : : : /  }  |
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧
      .!    r ´}::::::::::::リY^Y^Y^リ  ゞ-.r y´Y⌒ソ {   }__)ノソイ´ /::::::::::::::::::リ
      , ,、   ,:::::::::::::{ ^ ^ー'` -,( ソ ノ- '- ´ ̄´ ` - '   ヽ. _ノ::::::::::::::::/

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  助けを求めて周囲を見ても、三世さんも……
  「何か期待した目」でこっちを見てるし。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

603名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:26:38 ID:uvWcCV1g0
平民は魔法が使えないのか・・・
でも魔法が使える人と、使えない人が遺伝的に綺麗に分かれてるのは何でだろ?
もしかして魔法使い(貴族)と魔法使えない人間(平民)は元は別の民族や種族だったのかな?

604システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:27:00 ID:drekCTF.0

            ヽ?ヽト ソ `     リ八ヘ:?  ∨  :| :i|ヽハ! :}
            ヽ\\`ヽっ    (⌒)|ハト、 ∨. :| :リ } }
                  `ヽ_ ィ: : : : :リ: : : :\Ν∧/ / /    ……いけませんね。
                        ?: : : : : ;‐=ニ八ハ
                            ? :イ: : : : : : : : : : ヘ
                        Уイ´ ̄ ̄ ̄`ヽ: : :ヘ
                          //: : : : : : : : : : : : :'; : : :',
                      //: : : : : : : : : : : : : : |: : : :;
                     ,ィУ: : : : : : : : : : : : : : :∨: : i
                      //.: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: |
                  //〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨|
                    /ヘ∨` ー─────── < }:l
                /  Y∨.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: l
                  {  八:V: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :l


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ……と、その時。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

605システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:28:01 ID:drekCTF.0

               ∨: : : : : : : : : : :|            ヽ
                  ∧: : : : : : : : : : |                 '.
                .: ヽ== ヘ===L _               }
             /: : . .     ヽ     ̄ ¬- 、、  /
               /: ./| : : . .    \            }/
           /: ./ :|: .!: .{ ?: .    i           ' .
             |.:i.:|: .?|: . X升ヽ: .   |ヘ          ヽ、
             |.:|.:| 八 ∨リ \ \? 〉           \
            ?:| i: ト、\" ̄ `ヾ Νイ: :! i  ∨   |  :! `ヽ\
            ヽ?ヽト ソ `     リ八ヘ:?  ∨  :| :i|ヽハ! :}   御子に何かを強要する事は
            ヽ\\`ヽっ    (⌒)|ハト、 ∨. :| :リ } }
                  `ヽ_ ィ: : : : :リ: : : :\Ν∧/ / /     パピヨン卿と言えども認められていませんよ?
                        ?: : : : : ;‐=ニ八ハ
                            ? :イ: : : : : : : : : : ヘ
                        Уイ´ ̄ ̄ ̄`ヽ: : :ヘ
                          //: : : : : : : : : : : : :'; : : :',
                      //: : : : : : : : : : : : : : |: : : :;
                     ,ィУ: : : : : : : : : : : : : : :∨: : i
                      //.: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: |
                  //〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨|
                    /ヘ∨` ー─────── < }:l
                /  Y∨.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: l
                  {  八:V: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :l


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ヴォ、ヴォルケンリッターさん!

  助かったお!

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

606システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:29:00 ID:drekCTF.0

       /:;ィ::::::::::::i\\\\\,.////     i::::::>、ヘ;;// __  i
  ___ i:::i l::::::::::::lヽヽヽヾ○゙    ,.○   _.. ィ´  ) ) / } ,!
  ∨.___ o77''‐- ..!,,_     \  /  _..<   _ // ^_=ニ i
  ヽ;ヽ、_\! {       `゙> 、 ゙V∨ / _.. -‐==‐-Y /_ノ ノ
    !. r‐- 、\\ _,,.. -‐- ..,,_   `i.l!!'," /,. ニ‐ ミ  l:::|l  二-、 !
    ヽ ヽ-‐" .>「r::', ̄_,,...ニ、>、!';;l i// == `/ i//;'´‐--.' /
      ', ', ̄¨>。',',::::i'´ ==_..ゝ.八 ol ゙丶、 ̄¨゙"_//r─‐┐ i、
      ヽ¨"r‐‐-、∧:i`ーニ¨=イ..-‐ヽノ‐‐=ニ‐ ̄‐- ..,,__`ニ二,ノ、 ゙i
        ト,ヽ._/__,,.`¨ ̄/.//´   l    ヽ.._‐'"ヘヽ! ',i,-、 !.l
       ';:゙i ヽ¨___ノ /_//.   ヽドヘ     "/!i`> 、 oヽ、"/
        ';::\__,..イ"ケ¨,,<`.___,,.. -゙"‐─‐ ''"´`i i::::::::::ヽ ト、\
        ';:::',ヽl  /', \ ,、 r-‐…'' ¨ ̄レ!/l ,'::::::::/_,入ヽヽ ',
 .         ';::'/ i'、:::::::゙、 ',ヽ! `         l .,'::::://  `ヽ、  ',
 .        i / ! i,.へ、:::::゙、∧  ,._  ,. --トy .,'::://!      \.',   これは失礼、ついつい会話が弾んでしまってね。
         ,' l/./    \.、::゙、ヽ' レ! `Y  lヽi .,'/ / l
          i /      \ヽ \ !   l  lノ/ / l            すまなかったな、御子よ。
          レ        l \  ゙.l   l   l,.  /  l
                 /l   \`',     l /  .l \
               /  l    ゙ヽ',   i´   l   \
             /    !        ヽ _ .ノ     .l     \




         ____
       /   u \
      /  /    \\     あ、はい……
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |    まぁ、間違いは誰にでもありますから。
    \  u   `⌒´   /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  おちゃらけた態度に戻ったけど……

  さっきのは、一体何だったんだお?

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

607名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:29:39 ID:CWhoXxmg0
きな臭いのぅ

608システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:30:01 ID:drekCTF.0

             .{:.:r、ーol:j_  ヽ o、  `゙`"く彡彡j:::::::::::ヽ
              ハゝ_}oj":/ヾ\  '.  i  ,-o  "''ヾ!::::::::::::::
           /::/:!`ヾ:i::/-、ーヽミ  ∨r/  ,, - "  ̄ヾヾ ̄
             i::ハ:`- 、ヾ゙ヾ:_::ト、 i ./.イj一 "       ノノ:.:イ }
              i::i __}ゝ.`ヾ `ー .ニry' "/, - <´ ̄` ヽ.ィ/`ーミ
            .i:l!\ ン^二ィ:.ニ" __イ .ハ`ヾf:::ヽ /:::ノ:、`ー 、/
            .|! _oZ二"ヾ:.:フ  ./ヾ  ゙ミ、` …'//ヽ.二ンノ
          ∠__/!:::::i ̄`¨´   /   k_f:.:.:.r‐x:.r'⌒゙ヾテ"
             |  ヽ:::! \- .、`´  ヾ\ヾゝ.___]シ三 .}
              ト:j.   \. ゙ー 、   〉:.ヾ!i゙:.:Zコ i リ   しかし、一体どうしたのかな?
              | 、      ̄  ̄/:::::ン<⌒ゝ__/
              | ヽ     ./一"/ヾ 「 ̄      俺と御子の語らいを遮る程の事が起こったか?
                  }  ゝ __ ,. 一 '' ./  ヽ!
                 i          〈




                       く : : : : : :二二ニニVニニ二二: : : : : : : :ヽ
                        { ∨: : / \_:二羊二:__  /ヽ: : : : : :/
                      ∨ /             `   ∨: : :./ ヽ
                     У                      ∨:./  }
                    /   / i!  / ,/     i   |   ∨  /
                      /  / 从 |  ! ! i|  :/! i||   ! i   ? /
                   |  |  !|!i斗十ト !  | |ーi|‐ト、/   ?
                   |  | !i l|?iィfテミヘ.  | jiィ云ミV / } i! !
                    ∨ | !i l| !Y代::っ \|  比::っ? ,イ/ハ       ええ、女王陛下がパピヨン卿をお呼びです。
                       \Иヘi{\ 込り    ヽ 込リソイイノ/  ヽ
                      /  i 小ヘ.     '       厄 イ  ヽ  \     急ぎ、王城までいらして下さい。
                        イ,/ i /  !ヽ.   ー 一    イY |!ヘ   \  ヘ
                    イ  j/ ..r┴U> .     . <___U__,|!  Yリ  }  i|
                        ハ 八 「 ̄:!ーrr─`´ー─rrーrt==| :! i| ハノj
                     ____ 乂У!|:.: :.|  |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:| | | : : :!:ノノレ__
              ∧: : : : : : :.:>┴ : :.|  |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:| | |: : :ノ┬<: : : : :∧
                ∧: : : : : : : :∧ : : : ヽ|  j:|:.:.:.:.:.:.:.:. _j:j }}: : : :.j.:.: : : : : : :.:∧
              / : : : : : : : : : : :}:.: :.:.//: : . . .   . . . : :.:| |: : :.:/:: : : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : :/ : : //               | |: : : :V: : : : : : : : : : : : :\
            / ___: : : : : : : : : :./ : :.://才ー‐:...、  ,..:-―‐┤!: : : :.:∨: : : : : : : : : : : : : :Y
.          ∨: : : : : :. ̄ ̄ ̄/:.: :.://::::>―<::`´::>―< ヘ: : : : :∨: :_____: : : :/
           ∨: : : : : : : : : : ;′ : { {::::/      YY     \ヽ: : : :∨: : : : : : : : : : /
.            ∨: : : : : : : : :.i : : : :| |:/       | |         ヘ ; : : :.}: : : : : : : : :/
.              く: : :ニ二三{: : : : | |        | |        i i : : :.j三二ニ: : :〉
              __j : : : : : : : :i: : : :.:| |/:7: : . . . . :.:| |: : : . . . .:⌒ヾ} }: : : :i: : : : : : : : L

609システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:31:00 ID:drekCTF.0

            、----------- ,_
              ∧::::::::::::/l:::::::::::::::::\
              /:::ハ:::://」 !::::::::::::::::::::::ヽ
          亅::l/У}]{ /」l::::::::::::::::::::::::::!
             l:::::l./,.ヘ. /」)r‐ 、:::::::
             l::N{/_,,ィヘ∠フ)!レ/::::::
             l:ハ人≦i}]=ヮ )lトヘ::::::
            `〈  `ー┬、ーく__
            ` にヲ´ !::/フー┘     ふぅむ……陛下のお呼び出しとあらば、跳ね除ける訳にはいくまい。
                ヽ  レ'イ
                ̄  ヽ  /     御子よ、残念だが今日はここまでだ。
                  _〉/
                /://::/     三世、お前も帰って良いぞ。
                /:::/__./::/:l
              ///:/イ/::/:.:l::
               ////く/:l::::l:.:.:l::
                 |:l//,イ::::!::::ヽ:.:
                l:レく./::::::!::::::::::
              !j/|:::::::




             ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \    あ、うん……じゃあ、また。
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \




              /   ___ノ!|ヽ __ /`', 、 __.へ!i
             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |    はっ、かしこまりました!
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄

610システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:32:01 ID:drekCTF.0

       /:;ィ::::::::::::i\\\\\,.////     i::::::>、ヘ;;// __  i
  ___ i:::i l::::::::::::lヽヽヽヾ○゙    ,.○   _.. ィ´  ) ) / } ,!
  ∨.___ o77''‐- ..!,,_     \  /  _..<   _ // ^_=ニ i
  ヽ;ヽ、_\! {       `゙> 、 ゙V∨ / _.. -‐==‐-Y /_ノ ノ
    !. r‐- 、\\ _,,.. -‐- ..,,_   `i.l!!'," /,. ニ‐ ミ  l:::|l  二-、 !
    ヽ ヽ-‐" .>「r::', ̄_,,...ニ、>、!';;l i// ⊂ニ⊃ `/ i//;'´‐--.' /
      ', ', ̄¨>。',',::::i'´⊂ニ⊃_..ゝ.八 ol ゙丶、 ̄¨゙"_//r─‐┐ i、
      ヽ¨"r‐‐-、∧:i`ーニ¨=イ..-‐ヽノ‐‐=ニ‐ ̄‐- ..,,__`ニ二,ノ、 ゙i
        ト,ヽ._/__,,.`¨ ̄/.//´   l    ヽ.._‐'"ヘヽ! ',i,-、 !.l
       ';:゙i ヽ¨___ノ /_//.   ヽドヘ     "/!i`> 、 oヽ、"/
        ';::\__,..イ"ケ¨,,<`    -゙"       i::::::::::ヽ ト、\
        ';:::',ヽl  /',      ,,.. -‐─‐- 、  .,'::::::::/_,入ヽヽ ',
 .         ';::'/ i'、:::::::゙、   / v-‐‐‐‐-V ヽ . ,'::::://  `ヽ、  ',
 .        i / ! i,.へ、:::::゙、   iゞ,.. -‐─‐-、ノl.,'::://!     \.',
         ,' l/./    \.、::゙、 l/ -‐─‐- \l,'/ / l
          i /      \ヽ            / l
          レ        l \             /  l
                 /l   \       /  .l \
               /  l    \___/   l   \
             /    !               .l     \




                         \        : : : : >、、
                          ? \、、  :「!Y´::::::::::::>、、
                              V/ ?ヘ. ,イ !¨Y::::>、、:::::ヽ.
      /       /       ヽ. \、、ヽ. /j? ?:/ ; j  i:.:.:r‐、::\::::::ヘ
.     /        i    i      i   ?: ∨  _xィfテ7/ / :/  从:l :.:.l::::::::ヾ:.ハ
    /     i    |     |       |   ?/レイ⌒)゙`j/ / :/   ?::l .:.:l\::::| ヽ:.j
.   /    {   '.   iヘ.      |ヘ   }/厶Уーヘ イ l :l   j::? :.:.ト、:.∨ハ/
  //:    ∨  ∨  ?:.    ?ヘ /升つ:::::ノ"l二l  {こ二}:/ :.:ハ:.:.:.! /
  {:.     ∨  ∨  ?    ? :| :ハ `"´   l  l .:|  ::::j′.:.:{へ\j
  ∨   |    ∨  ∨  ?>=ミ?:|.:/    .....::{  {  |  ::ノ   . :?ヘヽ
.   ∨ :∧   ∨ヘ ?<,.ィて⌒) ?/   〈:::::::::::::∧           . : ?ヘ`\
    ∨ :∧   、_x<\,イ{::Уーヘ `\   ∨:::::::::::∧           . : ∨ヘ
.     ∨ :∧、   \ /厶乂::::::::ノ         /j:::::∧        . :'.  _.x≦三三
  ∧  ∨ :∧\    ヾ:\   ̄           ′..: ::::::∧           . :V三三三三=
  〈:.∧   \ヽ\\、、 \ミ=ー                 :::::::ハ           . :トv三三三三
  ∨: \   ヘ `\\``ミニ=ー≧....、、____....:.:.イ:::∧         . :.l ?三三三
 \:.ヽ /\ ヘ.  ! \`` <´:.:γ⌒ヽ:.:.:.:.:.:\::::::::::::::::::::::::ハ      . :l   ?三三=
    `\  ハ\ヘ |  ` ー=={.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.: \::::::::::::::::::::ハ       . : l / ?三ニ
     / /∧:.:.:.:`\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ__ ..イ:.:.:.:.{`ー=ゝ::::::::::::::/ ̄ ̄二ニ==K_   ?三=
.    {: {/:.∧ :.:∨ハ\:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:∧:.:.:\:.:.:\ /:::::ヽ:::::::/: : : : : : : : : : : : : : ` : .?三


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、パピヨンとヴォルケンリッターさんが
  互いに親の敵を睨みつけるように視線を交わし――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

611システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:33:00 ID:drekCTF.0

                _ -−― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄      i
             ,' l、_人  ノ         l   (何だお、これ……針のむしろなんだけど)
              i    l .l  ̄  ,    u   l
             ヽ  l l    /       /
             `.l、_ノ__        /
                  `l        `、
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――今日の「会談」は、終わりになったお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

612システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:33:31 ID:drekCTF.0

                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │

613システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:33:47 ID:drekCTF.0

┌―――――――――――――――――――――――┐
|                第四話                  |
|                                  |
|            水の流れと奇人公爵            |
|                                  |
|                   完                   |
└―――――――――――――――――――――――┘

                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ    セイヒロイン?
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//
           {   O }ソ ̄フ⌒y' ̄フ,///////'   / ∠_/  ∠___//
           乂 __ ノー‐'^ー‐ ヘ__,ィ,.イ/////ハr== ニニ≧ .、 ,√ ̄ ̄
         //!             ,.ィ'///////人三三三三ミ}´

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

                        次回

                   第五話・左手の法則と土の民

                      お楽しみに!

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

614名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:34:15 ID:CWhoXxmg0
乙でしたー

615名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:34:22 ID:LsQEAja20
乙ー
そういえば広めてもいいって許可だしてたなw

616システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:34:29 ID:drekCTF.0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  少々短いですが、以上で本日の投下を終わります。

  お付き合い頂き、ありがとうございました。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

617システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/14(日) 21:35:30 ID:drekCTF.0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  次回投下は、9月20日(土)です。

  何となーく、ハムスターが飼いたくて堪らない今日この頃。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

618名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:39:15 ID:ipk/tRiE0
乙ー

魔法という血統でしか伝わらない技術があれば自分たちの優位は保証されるけど
誰にでもできる技術が発達するとそりゃ困るよな

619名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:40:02 ID:uvWcCV1g0
乙でした

パピヨンと三世はやる夫の口から御子として、身分差別に反対して欲しかったのかな

でも科学技術が普及すれば平民でも科学者や技術者になれるかもしれないけど、
平民が魔法を使えないという事実は変わらんし、魔法のアドバンテージの違いから
貴族と平民の身分差別は無くならないんじゃないかなあ

てか何で平民は魔法使えないんだろ? そっちの方を研究してる人いないかな?

620名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 21:44:43 ID:XN1xo6Z60
乙です

支配階級側からすると、科学なんていう自分たちでは抑えきれない力を平民にわざわざ持たせて、
自分たちの支配基盤をあやふやなものにしたくないってことも考えられるな

後者については魔法を使える人と使えない人の差を研究する人はいたとしても、それを公の場に出していい土壌じゃないからなぁ

621名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 22:02:44 ID:C2J6x46o0

一時期飼ってたけどハムスターは臭いがキツくて・・・結局懐かなかったし

622名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 22:17:45 ID:82e5bX0o0
>>619
説明されてたじゃん。素質は遺伝する。平民の両親は魔法の素質が低い。
隔世遺伝で平民でも魔法強い奴は取り込むんだろうね。

623名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 22:23:43 ID:shSHqH8o0


自身も高位の貴族でありながら身分制に反対の言葉を引き出そうとする
パピヨンの思惑が読めないね。革命でも起こして主導権を握るつもりなのか
先が気になる。

624名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 23:43:59 ID:uvWcCV1g0
>>622
いや、遺伝なのはわかってる

そうじゃなくて、身体の中のどういう要素の違いが
魔法を使える使えないを左右してるのか?ってのが気になるんだ

625名無しのやる夫だお:2014/09/14(日) 23:47:15 ID:lc9liBDE0
>>624
ああ、そういう意味か。うーん、研究はしてるだろうけど、そもそも科学的及び統計的な発想があるのかねえ、ここの人たち

626名無しのやる夫だお:2014/09/15(月) 07:20:03 ID:dfsHEF6M0
ルルーシュの魔法の講義を見る限りじゃマナが電気 陣がPC 文字がプログラム
そして文字によるマナの変換効率は個人差が大きくて種族ごとにも大きく違うらしい
パピヨンが言っていた文字に対する親和性はこの変換効率の事なんだろうね。

文字は目的ごとに違うし陣も数学知識が必要らしいから形は変えられるっぽい
マナ量の問題と言うのであれば変換効率が良い悪いの話ではなさそうだし、そもそも大気中のマナを利用することもできるから量の問題についてはあまり問題無い気がする。
mpは大気から持ってくればいいけどそれを一度に出力できる量の問題なのかね?
もしくは使えるマナの質?

>>624
物理学上は無から有を作り出してるような物だし物理的な差が影響してるとは限らないんじゃない?

>>625
数学の類はしっかり研究されてるっぽいから統計学はあるんじゃないか
種族ごとの魔法の効率とかも調べてあるようだし。
科学に関しては1から開発するより魔法使った方が楽だし早いから深く研究されないっぽいが。

627名無しのやる夫だお:2014/09/15(月) 08:45:18 ID:C/oDR7W20
平民や獣人、ドワーフは「文字」への親和性が低いから魔法使えなくて
「文字」はプログラミング言語みたいなもんらしいけど、たぶん一種類しかない・・・・

それなら、平民や獣人、ドワーフ用に、それぞれ新しい「文字(プログラミング言語)」を作ったり組んだりチューニングすれば
もしかしたら彼らでも魔法使えるようになるかも?

628名無しのやる夫だお:2014/09/15(月) 10:43:28 ID:A/8hggMI0
>>627
ソード・ワールドで言えば今は古代語魔法しか無いけど、
神聖魔法、精霊魔法、竜語魔法などを開発できないかって言うようなもんか

やる夫の技術は誰でも使える共通語魔法や呪歌に当たるな

629名無しのやる夫だお:2014/09/15(月) 11:17:27 ID:SkcY99z20
乙乙
事情をしったやる夫、これからどうするのか色々気になります

630名無しのやる夫だお:2014/09/15(月) 16:36:46 ID:fPb8bd3M0
この世界を一気に発展させて良くしたのはオプーナだろうが、それが全て魔法に基づくものだった故、同時に魔法能力による身分格差を絶対的にしてしまったのも彼なんだろう。
恐らく戦後日本人だろう彼が今のこの世界を見たらどう思うだろうか……

631名無しのやる夫だお:2014/09/15(月) 19:37:58 ID:tCkhiq9s0
乙です。
権力闘争に身分階級に。どうなるんだ。

632名無しのやる夫だお:2014/09/15(月) 23:49:35 ID:1CYZM0Nc0
やっぱ体内の素質と違って科学知識は知能能力が低くない限りは平等だからなあ
下手すると革命起きるよな、後はその科学をどれだけ魔法に近づけられるか…かなあ

633名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 14:52:18 ID:6HgWQgXQ0
>>630
別に身分差別が悪いこととは思えないけどね

634名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 15:00:34 ID:gUNYviRM0
斜に構えたい年頃なのはわかるが悪いことだよ?

635名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 15:17:29 ID:ue8xLINU0
現代日本の価値観的に建前として悪いというのが正しい
実際に身分制度ガチガチの社会で平等だの貴族制の打倒だの叫べば、社会を徒に乱す不穏分子として扱われるけど、それは当然のことだよ

現代のパラダイムだけで語ってちゃいかんよ

636名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 15:36:56 ID:wjkNpQs.0
御子様の目に触れないだけで、被差別階級や奴隷も普通にいそうだな
三世さんはどのくらいの身分なんだろう

637名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 15:42:01 ID:gUNYviRM0
そういうことを言いたいんじゃないし時と場所が違うってこともわかってるんだが
それでも差別はいついかなる場合でも絶対的に間違ってるよ
この場合、間違ったものを間違ったまま許容してる、許容せざるを得ない状態、環境にあるってだけで、
悪いことではない、という認識自体は否定されなきゃいけないことだよ

638名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 15:55:55 ID:ue8xLINU0
>>637
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5316369.jpg

639名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 16:16:18 ID:wjkNpQs.0
オプーナは政治的にはどのくらいファンタジーアースに関与してたんかね
読み返してみたが、優秀な魔法使いで、新魔法を開発したくらいしか明かされていないが

ところで作者様、「ファンタジアース」「ファンタジーアース」が混合してますぞ。わかるからいいけど

640名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 16:24:29 ID:ue8xLINU0
いや、>>232で魔王倒して帝国を築いたって書いてあるじゃん

641名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 16:30:48 ID:wjkNpQs.0
>>640
建国したのはわかるが、その国でどんな政治を敷いたのか、とかが気になったのさ
分裂した今の国にも影響しているだろうし

642名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 18:39:43 ID:LFpLquXI0
まあひとつわかる事は文化的技術的なチート知識で影響を与える事はできるが政治的な事に関してはチートできないんだろうな。やる夫。
ある意味でやる夫とかの御子もエネルギーみたいなもんだなあ。

643名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 19:12:47 ID:F54JpKPo0
政治力は無いだろうが、民主主義や選挙制度みたいな現代の政治の概念や仕組みとか
地球の歴史を教えることで、ファンタジアースの人達に学んだり参考にしてもらえることもあるんじゃないだろか

644名無しのやる夫だお:2014/09/16(火) 22:13:51 ID:Eag7b7Mo0
まあ、オープナがどんな優秀な政治家でも、いきなり完璧な国は作れんわな
やったことを考えれば、伝説レベルの偉業だし
そこからは、時代をかけて一歩づつ進めていくことだったんだろうな
やる夫が来なければ

645名無しのやる夫だお:2014/09/17(水) 09:01:12 ID:YevSRy6w0
フランス革命張りに血だらけ革命になる予感しかしないw

646名無しのやる夫だお:2014/09/17(水) 11:27:33 ID:gDqcDRQk0
帝国を継承させる制度は作れなかったのだろうか
あるいは後継者を選ぶ前に不慮の死を?

647名無しのやる夫だお:2014/09/17(水) 11:34:59 ID:YWKqzKho0
やる夫が頭悪すぎてワロエナイ。そりゃ就職できんわいな。修士にも誘われなかったみたいだし、これはあかんわ。
知識は溜め込めるけど生かせないタイプっぽいな。たまーに居るんだよな…
乙でした。やる夫の成長に期待。

648名無しのやる夫だお:2014/09/17(水) 15:20:43 ID:c6RNi1Q.0
もうちょっと具体的に

649名無しのやる夫だお:2014/09/17(水) 16:46:32 ID:s7/Xo0pU0
跡目争いで分裂だけじゃ詳しい状況まではわからんねぇ
後継者以外を擁立する派閥の方が強かったとか、その辺か

650名無しのやる夫だお:2014/09/18(木) 00:08:56 ID:/mcTrBYU0
そもそもオプーナの手記(遺産?)を解読しなきゃならない理由があるんだよね?
今までは必要ないから帝国分裂した後も放置されたままだったんだし
まぁ、これからそこら辺の事情が語られていくんだろうけど

651名無しのやる夫だお:2014/09/18(木) 00:32:08 ID:PuX1aF0Q0
革命の知識がないなら、派閥争いの延長で
主流派じゃない支配階級が、大衆をコントロールできると思い込んで
平民に力を持たせて、過激な思想で煽ろうとする動きがあるかもな

革命はインテリが始めるが、夢みたいな目標を持ってやるから・・・ってやつだ

652名無しのやる夫だお:2014/09/18(木) 02:46:18 ID:UAccDdAs0
乙です

>>588
こえぇぇぇ……
この御子ちょろいわwwwとか思ってそう……

653名無しのやる夫だお:2014/09/18(木) 06:14:57 ID:VVxNW3zk0
そういや魔法の素養は遺伝するのと貴族の位階が魔法使いの素養と比例するってことは女王様がオプーナの血を受け継いでる可能性が高いのかな?

654名無しのやる夫だお:2014/09/18(木) 15:46:10 ID:F7SPlc3E0
その場合は三国に帝位継承権が来るんじゃね?
子供を残す前に急逝したと予想してみる。なんだか知らん手記の解読に国を挙げて異世界召喚なんてしているあたり、後世へのフォローが薄すぎる

655名無しのやる夫だお:2014/09/19(金) 17:19:54 ID:XgXZXtmc0
乙追いついた
ちょうど電験で勉強した範囲だ試験前に読みたかったw

656名無しのやる夫だお:2014/09/19(金) 18:10:13 ID:NBeqY2pI0
電試なー、法規終わった後の帰りのバスがめっちゃ混むんだよなぁ。

こんばんは、明日の20時半から投下予定です。

657システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/19(金) 18:10:29 ID:NBeqY2pI0
おっと、鳥忘れ。

658名無しのやる夫だお:2014/09/19(金) 20:59:29 ID:gb.t4Wc20
雷とか電とかヒロインででな・・・いな

659名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 07:49:21 ID:sqkcq7ow0
雷電がヒロインとな(難聴

660名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 16:48:00 ID:3lo1rmPE0
俺も電験受けたけど、資格系は受けに行くのが一番めんどいわ

661システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:30:24 ID:AyUkGY4I0

 [ システム ]
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  時間なので開始します。

  今日は色々と進む予定。
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

662システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:30:42 ID:AyUkGY4I0

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

663システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:31:21 ID:AyUkGY4I0

            ,. -――--
           /         `
             /          ゙i
          │  ___    __i
          l  ;;:;:;:;:V   l;:;:V
           \. ゞ;:, '    ヾ;:
            \     ノ
             , ' ` ー‐<
             / ̄ ̄ ̄ ̄\
              |) ○ ○ ○ (|
          /″   ν.    \
  (( (( ((  /________\
         ̄ \_\__/_/  ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ファンタジアースにおける御子っていうのは
  地球で言う宇宙人に例えられると思うお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

664システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:32:00 ID:AyUkGY4I0

                                 ,.へ
  ___                              ム  i
 「 ヒ_i〉              --――- 、           ゝ 〈
 ト ノ          ´          ヽ        iニ(()
 i  {          /           ;        |  ヽ
 i  i        .i ___  ___ │         i   }
 |   i        ! l;;:;:;:;V  V;:;:;:;;l l         {、  λ
 ト−┤.       , 、;:, '   丶:;ノ /        ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_       ヽ      ./      ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__  __>‐―丶____ _ /" \ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ     /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     ミステリー・サークル     .│|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  技術・言語・自然環境・価値観……etc

  ありとあらゆる前提条件が違っていて、互いに齟齬が発生する事が当たり前。

                      ファーストコンタクト
  そんな存在なんだから、第三種接近遭遇は
  そりゃあもう大変だった筈だお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

665システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:33:04 ID:AyUkGY4I0

           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  でも、偉大なる先人であるオプーナ帝は違ったお。

                            ファンタジアース
  それどころか、地球での経験を基にして、別の惑星に利益をもたらした程。

  ……そう、だからファンタジアースの住民は勘違いしちまったんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

666システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:34:00 ID:AyUkGY4I0

                       ヽ 〈
                          __〉/}
                        |    .|                       ,.-zっ
                        |     |     r‐-‐ 、_              / Eヲ
                       |     ヽ  _ノ::__::::::`丶           /} /
                               ', ノ:/,,,_ r‐ ヽ ::::::}        /   |´
                        ヽ     {:::(三ノヾ三){:::_:/      /   ノ
            ,..-‐…‐- 、          |    ヽ:{ ,,'ー'''_ヽ l/ノ      /   /
        /           \           ハ ヽ_/ ノ!  _ /   /          _____
       /  ,.-‐─‐、- 、  ヽ     ヽ     ヽ_l!_.// ̄       /            ,イ三三三三ハ
.      { / ' ィ≦=、ゝ::\ l      |        !   /          /            /三三三三三ム
       V≧=>‐(三三ノ l:::::(ヽ!       |        \_/       /             ノ三三三三三三ム
      /::{=三|! _ヽ..,,,,,_ !:::::V      |         ,..-‐─ - 、/          (三三=-──-=三三)
`丶、   |::::`iー'〉ニノ_ィュヾ)|::::::|_     |      /::::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ        寸=!-(三)¨(三)‐|少'
   `丶、|::::八 〈/辻ニノ   |::::::|    ̄ 7  |     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       (4{  ,、(,,_,,)、  .}7)
     /|:::::::/\ ー‐ '´ /:::::/    / ̄ ̄/`ヽ//´ ̄``´ ̄ ̄``ヽ:::::::::::::ヽ  /三三三=.! 〃r===ァヘ l=三三
     \|::::::|.  `ヽ_川〉'/::::/      /   / / ̄{:| 二ニ、   ,ニ二  ヽ::::::::::::! ./=三三三ニヽ ` ー '  /ニ三三
      | ::::!     |ヽ、 !:::/      /    { (ヽ .|(  共.ノ=(  共 ヽ_  | :::::::::}/三三三三三=\__/=三三ニ
.        |:::::|\   | ヽ j::/|    /     | `ー/ ` ー‐(、,,...,,,) 、_.ノ ヽ!::::::::/三三三三三三三三三三三三ニ
`ヽ     ヽ::',  \ !   !' .|  /       |   l  /  ー ''´ \   /:, -.〈三三三三三三三三三三三三三
   `ヽ、   |ヾ、  {_|\   _l/⌒ヽ      ヽ  .{  〃r───‐ァヘ  // 〃./三三三三三三三三三三三三三
.      ヽ、|     |  \{ _,.'⌒ヽ       ヽ ヽ   辷二二フ     ´_/|三三/Y⌒ヽ三三三三三三三三
        ヽ     |    |   /⌒l        ヽ \         /   |三ニ//`丶、 ',三三三三三三三ニ
         ヽ   |    |    /)⌒ ̄` ー 、_ヽ         / )`ー< ̄  .}`ヽ、    }三三三三三三三=
          |    |    ヽ     /      /   /` ー‐‐ '´ /    )   /ヽ    /三三三三三三三ニ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
         チキュウジン
  「なんだ、宇宙人って良い奴じゃん!」って。

  むしろ、未知の技術が得られる事を喜びすらした。

  だからこその「御子」という尊称、だからこその厚遇。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

667システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:35:03 ID:AyUkGY4I0

         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  でも、彼らは知っておくべきだったんだお。

    オプーナ
  太祖の御子が協力的かつ安全だったからと言って――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

668システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:36:00 ID:AyUkGY4I0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      ヤルオ
  ――他の御子までもが、そうではないという事に。

  ……いや、勿論やる夫自身の力なんてタカが知れてるお?

  こっちに来る前は、一学生に過ぎなかったしね。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

669システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:37:00 ID:AyUkGY4I0

          / | \  ; / /.|  |/    ; / | \
         / / | |  ;| | .|  |     ;/ / | |
         | |  \\ ;.\\/\/\  ;| |  \\
         \\  / /:  /\/\/\\ ;\\  / /
           \\/ / ; / /|  |  //;  \\/ /
            \| |  ; \\  | //  ;   \| |
            ο..| |\;  \\|./   ;    //\
             //\;  /| \\   ;  // \ \
             | |  |; | ||  ,|\\  ; //   //
             | ヽ/'; .\\ .|//  ; | |   //
               ./\\; // .|/   ; \\ //
            //  | ; | |  |    ;  / /| |
             | .|ο| ; .\\ .|   ;   \\ /
            \\/ ;  /\\   ;    /\\
              \/ ,;; / // /  ;   /// /
         ○。   | ||;; | || \\ ;  / /  | | ○
       。  \   . | ||/| || // ; // ///
     ○  从\从O从从/从//|/# ; /  / //。 ○ <<
      。 从乂从从 と|゚U;;;と_;;;_つ人/ 。从从从/ ○
     O    ○ 从从从从从从乂从从从从从 ○ 。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
            イカヅチ
  でも、やる夫は電気技術という概念を持っていた。

  これは、さっきの宇宙人を例に例えると
  「謎の病原菌の保菌者だった」と言い換える事もできるお。

  本来なら、やる夫はその病原菌を宿している事や危険性を伝えた上で
  ファンタジアース側の回答を待つべきだったと思うお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

670システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:38:00 ID:AyUkGY4I0

           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
    y |     |r┬-|     |⌒)
    l \_   `ー'ォ     //
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  でも、やる夫はそんな事考えもせずに遊びほうけていたお。

            イカヅチ
  ……結果、病原菌が周囲の人々に伝染している事を知らずに。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

671名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 20:38:44 ID:uT/RoZSI0
突然変異のミュータントが大量発生して大変なことになったりするわけか

672システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:39:03 ID:AyUkGY4I0

       ._,,. == __-- ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ        \   \
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><ヽ;;;;;;;/  イ ヽ             \
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ` '  // ヽ   _,,. -‐''" l ̄ -
     {;;;;;;;;;;;;;;;;/ / / l l //l  /ハ;;ゝ ';;;;;;ヽl  l_,,. ノ_,, ''l´
      ヽ;;;;;;;;;/ / / l  l 彡イ lリl k人;;;;;;;;;;;;;;;;;;リlハ l    {l  |__
       ゝ /// / l ll lヽ    ヽヽヽ;;;;;:::::::::::::::/;;ll l   l l  /
        /// / l lヘ l ヽ ヽ   ヽヽヽ::::::::::::::::::ノ/ll    { ∧|
      __ノll l l  l  ヘ  リ  ヽ  ト:::::`ヽ =-::::/::::/l ll   l丶 {
      ヘ、 l l l  ヘ  k l l ヽ }  {リ《 ̄z-z气ミ ///lノ ヘヽヽ ゝ
       ヘ/ l l ト  ヽヽ ll l  トl  ハヾ {;;0;;t  `ミ///  ∧∨:::::ヽ
          ヽヘヽヘ  l  j  j / j::::::::: 弋;;ノ  /ノ   /::::ヽ:::::::::
               l l /  jノ/ /::::::::::::::`====彡/  /:::::::::::::::::::::
            _,,.  イ /  // / l     u  / /{::::::l:::::::::/
      _,,. -‐''"´    l   / / {ヘ `  ィっ  イ/  / ヽ::::::::::l
      _,,. -‐''"´ノ /   ノ { ヽ , _,> _, イ /  /  >'/イ  /
      _,,. -‐''"´/   /::::/ ヽ- < /   /{  {/  l |  /彡
          /  //   /    /  ヘ  { l  {彡/  l | /彡
        /  / /   ∧  / /  ヘ  l l  { /   l /
      ⌒/   /{ {    l {  />/    ∧ ヽl  ∨ ,,-‐´__=--ノ
      /   /       ヽヽy イ-l     ヽ  ヽ  ヽ'   /;/ノ
      {   j         /- {  丶__ _,,. ;;;;;;;;; ヽ _ _ヽ /::::::::
      l   l        /  ヽ /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    マ    /
      ハ  l       /   /ヽミヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヘ/  ヽ l /
       ヽ ヽ     /  / _,,. -‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''l /    / /
        ヽ ヽ=--'   / /     ;;;;;;;;;;;;;;;'''' ll  )  / /
          ヽ --= ' /      ヾ='   ll- ' /  /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  支配階級にしてみりゃ、気づいた時にはそりゃあ恐ろしかったと思うお。

  感染力・症状・患者の数……etc
                             パンデミック
  全てが未知の病気が、水面下で着々と爆発的感染の兆候を見せていたんだから。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

673システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:40:00 ID:AyUkGY4I0

   /゚     。
   ゚ヽ   {___/ ,.-‐ 。
      )'´     `ヽ.
  。__,′・     ・  ─- 。
    { ┌‐──┐ j、
      ゝ、 ̄ ̄ ̄_,ノ ヽ。
   ゚´    厂 ̄ }
       ゚   ゚


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  さらに、その病気の扱い方でもひと悶着あったようで……

  悪ければ、自分達を殺す毒になるかもしれない。

  しかし、上手く行けばインフルエンザのワクチンみたいに
  新たな技術を確立できるかも知れない。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

674名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 20:40:05 ID:MnKw2GNI0
もしかして電気技術を教えてもらった誰かが感電事故起こしちゃったか?

675システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:41:00 ID:AyUkGY4I0

       l l.    //
       l l   //
      >' ´ ̄`ヽ、
     V      ! ニニ
     .! ./γ)  ,'
     .!X.. __/  ノ
.     X丶-/''' ´
    .`ー '


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  加えて、やる夫の説明が下手くそだったのも、それに拍車をかけたお。

  本当なら、人員も器具も無い状態での電気技術は大した事はできないってのに
   ヤルオ
  当事者は自分の技術に責任を持たなかったお。

  「イカヅチは万能の技術だ」・「イカヅチがあれば技術革命が起こせる」
  みたいな認識を持たれちまったし。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

676システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:42:02 ID:AyUkGY4I0

                             _
                            ´  /ハ            ∨: : : : : : : : : : :|            ヽ
                  _____  ,/   { {                  ∧: : : : : : : : : : |                 '.
                ´        ` i      i              .: ヽ== ヘ===L _               }
            /           ヽ∨ /  _{、             /: : . .     ヽ     ̄ ¬- 、、  /
               /  /      ト、 ヽ__',  '.,V /   ノ          ./: ./| : : . .    \            }/
           / / ., ___{_  i 斗匕、} i  i iV    i          ./: ./ :|: .!: .{ ?: .    i           ' .
           ,' / i{  ./{i.  l、 .i斗=ミ |  | i ∨   |           |.:i.:|: .?|: . X升ヽ: .   |ヘ          ヽ、
            レ'i  i{ .,゙斥、  i V ト刈 〉  /i|i }i!    |           |.:|.:| 八 ∨リ \ \? 〉           \
            |  iレ!. 似 \|i  ゞ ' ' ,.イ !/ i   |          ?:| i: ト、\" ̄ `ヾ Νイ: :! i  ∨   |  :! `ヽ\
            |   i , ,  、    ' ' /'´ } |/!    !           ヽ?ヽト ソ `     リ八ヘ:?  ∨  :| :i|ヽハ! :}
.             ノi   i人.   - 、  厶  / i! i!    |          ヽ\\`ヽっ    (⌒)|ハト、 ∨. :| :リ } }
          '´ i トi  个 .,_   _,.ィi / ∧|  !    !                 `ヽ_ ィ: : : : :リ: : : :\Ν∧/ / /
            人_{ \{ヽir≦〕抓-≦レ'レ'〉---、.   |                      ?: : : : : ;‐=ニ八ハ
              >‐ rト、三三三 >''´/'///`ヽ !                     ? :イ: : : : : : : : : : ヘ
             ////∧ム`ー一 ´__,/'///////,ハ |                       Уイ´ ̄ ̄ ̄`ヽ: : :ヘ
               ////, /∧乂___,,.イ////,゙//////,i !                    //: : : : : : : : : : : : :'; : : :',
                〉///// `7777777´///,{///////!i!                      //: : : : : : : : : : : : : : |: : : :;
          //,‘//////////////////ハ/////八!                     ,ィУ: : : : : : : : : : : : : : :∨: : i
.          〈///{////////////////////}//////∧                //.: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨: |
            V/八 //////////////////ノ!//////,丿                 //〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨|
          ////,ヽ ////////////////i//////,i                /ヘ∨` ー─────── < }:l
            //////i/r 、(\'/////////// i!//////,!               /  Y∨.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: l

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
                イカヅチ              イカヅチ
  結果として……病原菌を撲滅したい者達と、病原菌を利用したい者達。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

677システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:43:01 ID:AyUkGY4I0

                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶             ___/.:/::::::::|ヽヽoヽヽ///o  i::::>、へ./ ̄!
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、           V __ o 77=‐-L  \   /  . .<_,ノ /∠フ ノ
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }             ヽヽ> i {     `> . VV,.ィ´≦===┐/∠フ ノ
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ               l r-、ヽヽ=ニ二≧ミxli:i:!〃 == Уリ ∠フ ノ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }                ', i二> ヽ::「. == 〉八。| ` ̄ ̄__,// r‐ァ ト、
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,               .\ r‐-、ヾ三ニ彡,-‐ソ‐≠¬ニミメニ二く i !
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_              ', Y二フ ///   、!:,    `7!>ミ。八}リ
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x              ',::ヾ=ィフ´,<-‐一''二三三| i:::::ヽト、\
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ           ',::::j 〃::::',`ヽハ厂     レ| ,'::://⌒ヽ ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',         i /!/ヘ::::', ∧x‐‐‐v‐‐x./,'::://    \',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {                |i/   \ヽ.ヽヘ. |  レ'/ / ,′
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }        レ′     |\ \!. |  |/ / |
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、          /|  \ ',   ! / .:|\
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、          ./ |    `ヽ__,ノ´ . :| \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  両陣営の思惑は決定的に対立して――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

678システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:44:03 ID:AyUkGY4I0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  馬鹿でアホで間抜けなやる夫は、そんな状況の
  一番中心に居ながら、当時はのほほんと構えてたんだお。

  今思い返すと、本当に最低最悪の黒歴史だお……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

679名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 20:44:28 ID:uT/RoZSI0
今っていつさ

680システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:45:01 ID:AyUkGY4I0









┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです

                         第五話

                         左手の法則と土の民

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛











.

681システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:45:30 ID:AyUkGY4I0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

682システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:45:46 ID:AyUkGY4I0

オプーナ歴522年 12月15日火曜日 〜とある河川敷〜


                           |
                      \           /
                            |     /
                         \  |
                              /
                   --   -   ○  ー _
                         /
                          /   \
                      /     |

:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ‖,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy

683システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:46:00 ID:AyUkGY4I0

     ____
   /      \
  /         \
/           \    あ”〜〜、めんどくさかったお!
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/     美味い料理の筈なのに、堅苦しい空気のせいで味が台無しだし!
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ここ最近、美国やパピヨンから会談やら会食やらに誘われっぱなしだお。

  あまり無下にもできない立場の二人だから
  程々に付き合ってやってるけど……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

684システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:47:00 ID:AyUkGY4I0

                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: : : : : : : : /  }  |     激務に御身をやつされる事、大変おいたわしい限りです。
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /      パピヨン卿がいらっしゃるまで、まだ少し時間があるでしょう。
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、     よろしければ、リラックス効果のあるお茶を飲まれますか?
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧




                                        /  ̄ ̄ \
                                       /ノ  ヽ__   \
                                     /(―)  (― )   \    あー、あんがと、もらっとくお。
                                     |.  (_人_)   u |
                                    \   `⌒ ´     ,/    魔法茶は、身体の疲労回復はするけど
                                      /         ヽ
                                  / l   ,/  /   i      心までは癒してくんねーし。
                                     (_)   (__ ノ     l
                                     /  /   ___ ,ノ
                                     !、___!、_____つ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  まぁ、ここ最近は三世さんも慣れてくれたのか
  多少打ち解けてくれたのが、良いニュースかお?

  昨日も今日も、発電用の水車を実験するために
  ずっと付きっきりな訳だし。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

685システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:48:00 ID:AyUkGY4I0

                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |      はい、ではただちに……
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',      あれ、水筒が無い……?
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//
           {   O }ソ ̄フ⌒y' ̄フ,///////'   / ∠_/  ∠___//
           乂 __ ノー‐'^ー‐ ヘ__,ィ,.イ/////ハr== ニニ≧ .、 ,√ ̄ ̄
         //!             ,.ィ'///////人三三三三ミ}´




                  /
               / /
                / /..-─== ─-..,,
        ,,.....-─‐-ァ'"   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.、        r
.    ,...‐ "  :.:.:.:.:.:イ,:r:.: :.: ,r  ,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:\    /
.  r' ァ":.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:/:.;.イ_,.イ,イ:.:./ ヽ:.:. i :.:.:. :.:.ヽ /   r '
  //:.:.:.:.:.:,:.:/:.イ/:.:.;r /´!/l:> .l:./   ヤ:.:.l:.:.: i  :.:.ヘ_ ,,r ´
    ´ア:./,ォ"/イ ./i:/,.r.レ'‐"、 .レ    l-:A、:.i:.l.    l":.:.` '‐ 、
     ソ/  〃l:.:イ lr´r.f )`ヽ        _V l:.:トl:.:ヽ:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
.     "   .f レi l  {:.llllllリ:.リ     ,ィ-r 、ヾi リヽ:.!:.:.:リ、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ
          ! .ナ   ゝ_ ノ      f:.l`iilハ.:} .l!ハ:.:ll:.:/ ヽ:.:、:\ヽ 、`
         `{                ',:.lllllソ:.リ } l:/lrく    ヽ 、、ヾ
         ,....!            `ー " ノ  lr ヽ i
      , ィ:.´:.:.ヘ     / ‐ .. ,,_         ノ リ .ノ
    ,r"r:.:.:.:.:.:.:.:.>、   {      ̄リ      __ ..../     すいとう? これかー?
     イ:.;イ:.:.:./  >、 ヽ      ノ      /''‐-...,
     /ーr〃, イ:::f 丶、 ` ー‐ "   ,. へ :.:.:.:.:.:.ヾ`ヽ    かごからおちてたぞー。
       , r "::::::::::ヽ   ` '' ─ ァ '' "ヽ   \:、:.、-r ヽ
     ,.ィ"::::::::::::::::::::::::\    / ノ::::::::::::丶   ヾヾ
   /::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::丶-‐ "::/ヽ:::::::::ヽ
.  /:::::::::::::::::::::;.ィ"  ヽ、 ::::::::::::; ィ   ヤ,-r‐r‐r-、
  /:::::::::::::::::::f __r‐ 、-、  ̄ ̄     / f f l. !
. /:::::::::::::::::::::f " 、 ヽ ヽヽ--── === ゝ' ‐'ゝ'

686システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:49:00 ID:AyUkGY4I0

            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :r ァ :/ i    |    あぁ、そこにあったのね。
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !     ありがとう、よつば――
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄




            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ : : : : : :i ./: :O :ム   lヾj
           j >! 「!    ´!: : ◯ : : :j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : :ij : : : : :ム: :/ i    |    ――って、よつば!?
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !    なんでここに居るの!?
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄

687システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:49:59 ID:AyUkGY4I0

.         i   ,.......-‐‐‐-.......,   , ,
.       ヽ、| .,..::':::;:::::::::; 、::、::::::::`':.、 / /
       ,...-v':::;:'::ィ::;イ::/ ヾ::i、:i:::i::::、:'、/
     ,...::'~::::::;';'::,t:A;.'、!/   ヾ!,';l';-!::::i:::';:::`'::..、
.    '‐/:::::::::ィイ::イ!ri'O;;.i   "iO;;、tlヾ:|::::}、:::::::::、'、
     '‐''!:/l/!' ''l { lllll !    l.lllll }. i ' r‐、 '.、;-ヾ
      '  .{ { |  `'''´    `''''´   i`.!   ゙
        `'-.!            i´ノ
        /::',    ,' ̄ ̄ヽ    .,'ヾ、
.       '-:::::::;'ヽ、  ' ‐‐‐‐'  , 、':::::::`、    三世がわすれものをしたようだったので
        !‐;:/  ` 't- ... - r '"  '、:; 、!`'
          '   ,..:'、     !、    '         よつばがすいとうをみつけてやった。
           , '  ヾ`;ー.......':)、
         /ヽ      ̄  ヽ        かんしゃしろ。
        , ':::::::i          i:、
       ,.'::::::::::::!          i::',
.      /::::::::::::::i           .i:::'、
      /:::::::::::::::;'           |:::::',
     'r‐-.、:::::::i         ,.'   !::::::',
.     /  /-、/          , '   |; ‐「
    /  / |  :.:.:.:.:....    /    .i  i
    /  / .|  :.:.:.:.:.   /      |  |




                 / ,.r ´           ,リ |   `゙ 、!|
             /  ./       /   ィ 〃 ト.     !i.\
              ,'   /       !  / l   |: ',,     レ   ヽ.
               !  /      ´ ̄二ニー.´ リ;:イ     iヾi`ヽ }
                | ,  ,,ィ    .ィマ付 ヾ|. /:ヒア、    ! !|  `
                ! 」 ,f-! ト、   ! ,': : : :| /: : : : .',   ! !i
          γ´r i! ,: :| |: :',.  y : : : : レ: : : : : :.}   ト..!ソ
              ` ̄.| /‐-ヽ.{_,: ヽ ',: : : : : : :/  i:./   レノ
              /  .レ     }`メ.、 ヽ: : : : :ゝ- '/   !´    御子の御前なのよ!?
          /       y!  んv.、ィ.  ',ーt--  イ /| ,
            /       / ハ 丶:::::::::::ヽ. ヽ/ /  |/ l /      衛兵に見とがめられずに、ここま来られるはずが……
         /       ,ィャ  ',ミ三(aッ、ヾ.、__   レ
          /.     ,.ィ: ̄`ヽ 丶:::;:::::::ヽ. ';::!`ヽ
        ,     ./: : : : : : :ヾ ヽ`:、:::::::} ヾ}: :.:!
        , '     ,: : : : : : : : : :.', ',::::ヽ:::レヘ ヽ: :!
      /      !: : : : : : : : : : :', !: :`ヽ(0)ヽヽ:i
    /          i!: : : : : : : : : : :.y }: : : : :`:´: }/、!
  ./           ハ__,ィ:、_ム__,ィ;く,´r': : : : : : : : :、 :`:.<.
               i:V/V/////",/./: : : : : : : : : : :゙丶: : : :ヽ.
               !:.V//////,'/./: : : : : : : : : : : : : : `.、: : : `ヽ
            rー..V//////ir': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.',
            }::::::::V//////,ム`''ー- ..、: : : : : : : : : : : : :',: :.,ィ:}、
              ,イ`ー 、V//////{`ー-..,,_  `  ̄ ''ー‐-ァ: : : }: :{ri:::》
           く      V//////',     ` '' ーォ-..in!ヲー-.≠彡!|'
            )、    V//////ゝ、      /   .!iメ : : ,イ_ノノi !
         ,.ィr/  ` .、  V//r ´,ィ´: :` ー-テ、__,..イ_:_:ィ′  .!i
          { r-ヽ、    `ー-Vr‐".: ;.ィ´: : : : : :.7_::::::!|::::丿     i.!
        ,.イヾ rー-ヽ、    ',て: ´ :,:-: : : : ,..イ::::::::!i/       !|

688システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:51:00 ID:AyUkGY4I0

Kー-\ヽ           /
|´.:..:..:..:ヽ!,. -...'.... ̄....`ヽ!
|.:..:..:..:../.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.l
|─‐ァ'.:..:..:/.:./.:..ハ.:..:..i.:.|
|  /.://_/--l、/  ヽ _」i」
| ,'.://7'i/,...!/   r'ヽ| l|
| !イイ//´rユ 、    ィニヽ
| |i b! { {じリ     {トソi }、
| ヽ`!  ` ´    ヽニ'  \
|/ ー!            └r 、.._,..
ト、.__ム.  「 ̄ ̄ ̄i    /ー ' \
|  i::::::ヽ、 ヽ    /  /!   r‐`     ……?
|  /:::::::::::\` ー=-‐fヘ.  V  ̄
トソ::::::::::::::::_::ヽ、_ /::::::ヽ          よつばはさいしょからここだぞ?
L__/:::::::/ `ー---‐ヽ:::::::::ヽ
|  lー 'lヽ        \:::::::ヽ        きのうのよるからずっと
|  |  i ヽ        !:::::::::〉
|. !i  i ヽ          !:::::::∧          あのクルクルまわるやつのそばだ。
| l            ├-r'  !
| !              !   !  i
| ム            l   !  l
| .〉ヽ          ,|   |  |
|/.:ヽヽ        ,.〃  {  ヽ
|.:..:..:.\ー- -- -‐ /.:|   ゞ! i}
|.:..:..:..:..:. ̄ ̄|厂 ̄.:..:..:..|   `ー'




                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: u: : : : : : /  }  |      あ……水車小屋!
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /       前日から潜り込んでいたのね……
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、      御子が現地に居ない時なら、警備も甘いか。
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.    (あと、衛兵の杜撰さもあるだろうけど)
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧

689システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:51:59 ID:AyUkGY4I0

               ,  -――- 、
  _ - _ヽ ./         `丶 | /
Lニ‐ァ    `ァ′ i イ イ| /ヽ ヽ ヽ 、 \ー 、
 r ´_ ‐   / i !,ィ! /‐ハ l !  ヽヽ‐lヽヽヽヽ  \
 r, ィ ィ´ ̄|  !| /レ,'ニミV   ,'ニ、ヽヽjヽjヽ  \
//   ,ィ‐、|」_Y {::fiiii}:}    {::fii}:} Y {Kヽ\\ミ
        { ´ハ` V{ ゞニツ    ゞニツ ′| }    ゞ
      ヽ.U     _    _    V
     / `ーハ    i   ̄ ヽ:!   jヽ      ……で、さっきからそこにいる
    'イ // ゝ   l       y   /ヽ >
      ̄レ'/:::::::ヽ . ヽ ___ ノ, .イ:、 ヽ >′    えらそうなのはだれだ?
      /::::::::::::::\`` ー‐ァ/:::::::::::::\
     /:::::::::::::/\:::\__//\::::::::::ヽ
.    /::::::::::::,ム-、 \___/ , ァ‐ァ‐ァ、:::::ヽ




                                ____
                              /      \
                             /─    ─  \
                           / (●)  (●)   \    ん……やる夫?
                           |    (__人__)      |
                           \   ⊂ ヽ∩     <
                             |  |  '、_ \ /  )
                             |  |__\  “  /
                             \ ___\_/

690システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:53:00 ID:AyUkGY4I0

            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ : : : : : :i ./: :O :ム   lヾj
           j >! 「!    ´!: : ◯ : : :j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : :ij : : : : :ム: :/ i    |    ちょ……!?
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !    「偉そう」じゃなくて、「偉い」方なの!
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',     それもとんでもなく! 今すぐ私と一緒に謝りなさい!
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!     御子よ、どうかご容赦を!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄




     /         ∧   ::   :::\
     /      / /| /:: | |     ::::\
.     /::  ::  / | /:| /:::: | |::| |\:   ::ゞ
    /:::  /|./─|/ :|/:::   _|_|─\  :::ゝ
.    |  :/::/__ ̄ U    __ \:: ::|
     | _|_/__\___/__\_|_::|
..   l⌒| | |.( ̄ ̄o .|   |. o ̄ ̄.)| | |⌒l
..   || :||:|: \──/ ̄ ̄:\──/ :|:|:/ |       このガキ……!
.    |δ||  v ̄ ̄ /  v::::|:  ̄ ̄ :::::||:6:|
...   | :)|      /   ::::: |:    U ::::|:( |       言うにことかいて……!
     ゝ_|       (_ :::::_)     :::::|_ノ
.   /:: |    )( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)(  :::::| ::\
... /::::::::::|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     :::|::::::::::\
/::::::::::::::|\      ──      ::::/|::::::::::::::\__
:::::::::::::::::::| ::\            ::/:: |:::::::::::::::::\:::::::
: ::::::::::::::::|   ::::: ̄ ̄──── ̄ ̄:::::   |::::::::::::::::::::\::::

     『 安藤 』
     【 ウォハム王国の衛士(伯爵家三男) やる夫の護衛 】




         ____
       /      \
      / ─    ─ \     あーあー、別に構わねーお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    三世、『安藤』、やる夫はこんな事で腹は立てないお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     お嬢ちゃん、やる夫は【やる夫】だお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     お嬢ちゃんの名前も教えてくれるかお?
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

691システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:54:00 ID:AyUkGY4I0

          ヽヽ           / / __
       l`ー-、l l  _,.-――‐- 、 l//: : /_
      く: : : : : :>'´: : : : : : : : : : : `ー、: : : : : : : 〉
      /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : \,-―-'
      ´ ⌒ソ: : : : : :/l: ::∧: ::ト、:ヽ: : : : : ',
         l: :/: :/,,/‐i-/  ',-l―、-,: :ヘ: : l
         l/: :/ l/  l/   ',l  ヽlヽ: ヘl
    f´`ー、 /^ノl ,.-―-、  ,.-―-、 l/⌒、  ,--、
   r'  /⌒ヽ〈 l            l l_〉ノ,-'ソ  〉    よつばは『よつば』だ!
   j   し'  ト、 l   ┌───┐   レ'_ノ 、ノ   〉
   ヽ _ノ  ´  ヽ  l.       l  /::::/  ` ヽ__ /     よろしくな、やる夫!
    `ー-'´ー,-,/\ ',     / /::::::ヽ_,.t´ー-‐'
         ∨::::::ノ~"''`,―-―',  ヽ::::::::∨
          ̄~/    ー―    l ̄~
           〈            l
            T、__,、  _,.-.f´
              l`ー―人`ー―'"ノ
            `Y ̄/l `ー,ソT、
             lし' /    ',、_l
             'ー´     `ー'

       『 よつば 』
       【 ドワーフ族の子供 】




                 / ,.r ´           ,リ |   `゙ 、!|
             /  ./       /   ィ 〃 ト.     !i.\
              ,'   /       !  / l   |: ',,     レ   ヽ.
               !  /      ´ ̄二ニー.´ リ;:イ     iヾi`ヽ }
                | ,  ,,ィ    .ィマ付 ヾ|. /:ヒア、    ! !|  `
                ! 」 ,f-! ト、   ! ,': : : :| /: : : : .',   ! !i
          γ´r i! ,: :| |: :',.  y : : : : レ: : : : : :.}   ト..!ソ
              ` ̄.| /‐-ヽ.{_,: ヽ ',: : : : : : : : :,、 :/   レノ
              /  .レ     }`メ.、 ヽ: : : : : : : : /   !´    「様」を付けなさい、よつば!
          /       y!  んv.、ィ.  ',ーt--  イ /| ,
            /       / ハ 丶:::::::::::ヽ. ヽ/ /  |/ l /
         /       ,ィャ  ',ミ三(aッ、ヾ.、__   レ       申し訳ありません、御子よ!
          /.     ,.ィ: ̄`ヽ 丶:::;:::::::ヽ. ';::!`ヽ
        ,     ./: : : : : : :ヾ ヽ`:、:::::::} ヾ}: :.:!         この子は孤児で、ドワーフ族全体で面倒を見ているようなもので……
        , '     ,: : : : : : : : : :.', ',::::ヽ:::レヘ ヽ: :!
      /      !: : : : : : : : : : :', !: :`ヽ(0)ヽヽ:i        子供の戯言です、どうかお怒りをお鎮め下さい……!
    /          i!: : : : : : : : : : :.y }: : : : :`:´: }/、!
  ./           ハ__,ィ:、_ム__,ィ;く,´r': : : : : : : : :、 :`:.<.
               i:V/V/////",/./: : : : : : : : : : :゙丶: : : :ヽ.
               !:.V//////,'/./: : : : : : : : : : : : : : `.、: : : `ヽ
            rー..V//////ir': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.',
            }::::::::V//////,ム`''ー- ..、: : : : : : : : : : : : :',: :.,ィ:}、
              ,イ`ー 、V//////{`ー-..,,_  `  ̄ ''ー‐-ァ: : : }: :{ri:::》
           く      V//////',     ` '' ーォ-..in!ヲー-.≠彡!|'
            )、    V//////ゝ、      /   .!iメ : : ,イ_ノノi !
         ,.ィr/  ` .、  V//r ´,ィ´: :` ー-テ、__,..イ_:_:ィ′  .!i
          { r-ヽ、    `ー-Vr‐".: ;.ィ´: : : : : :.7_::::::!|::::丿     i.!
        ,.イヾ rー-ヽ、    ',て: ´ :,:-: : : : ,..イ::::::::!i/       !|

692システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:55:03 ID:AyUkGY4I0

            ____
          /      \
        /_ノ   ヽ、_ \
       / (●)  (●)   \    いやいや、そんな大人げない事しないから。
       |     (__人__)   u   |
r、     r、\    ` ⌒´     ,/    それで、えーっと……よつばは水筒を届けに来てくれたんだお?
ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ
 \>ヽ/ |` }             ヽ    ありがとう、三世さんも安心したみたいだお。
   ヘ lノ `'ソ イ            |  |
    /´  / ./ |         |  |
    \. ィ_ノ .|         |  |
         |         |  |




                 ,ィ  ,ィこヽ.
                 l / └てくこ }
                  l /    ヽ   ノ
   、 ヽ.     ,. -─┴- 、 / |   |
   ュ‐>\  ,ィ´  -‐ニ_≧  \ !   !
  <_   >' /./ ̄`メ. ヽヽ. ヽ|   |
   /  ///l/    '  ,.-‐‐ ヽ下.___ト.
    ̄////l'il ̄`    /     リ::::::::::ト、
     { l/.| ,.-─   , へ.  くi:::::::::::|<    ふっ、よつばは「できるおんな」だからな!
      ヽ! ハ ′  _, -'′  i く八:::::::::K´
        い    {       l ∧::ヽ:::::「`     やるお、ほれるなよ……?
        `〉、  \___,/ /:::い:::::::ノ
         /  >r---,-‐ 'フト、:::::::::::::|
       レ1 ,ハ |_/jニニィ′\::::::リ
         レ /:::::/       ヽ1
         __|:ヽ::::l        i |
        /::::::`ヽ::|          l |
       / >、::::::::l           l |
   ___/ /   ̄フ         い.
  /,  /      〉 ー-- _,      } }
  V__,ソ     く  -=ニ二.__   l |

693名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 20:55:06 ID:GVfU81lo0
左手の法則かーやばいものを教えてしまったなwww

694システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:56:04 ID:AyUkGY4I0

       /         /  /  |   |  |l        ハ   __/`ヽヘ、 ∧ \ レ' \
.      /       /   , '  / |   |  |   ',    l∧  〈: :\: : \lヘ. ∧ヽ}
        ,      , '   /   / /!  l| l '.   ',   l、_|__l/\: : ヽ: : :V´V∧
      .     /   //   / /l│ l| l  V__ ハ  l l ̄L:、 :`: : : :.:/ l| ∨ハ
.     ,′   / / |/  /|l / l| |l l ト、 ,ノ^「 l   | /,ィ圭/: : : : :.:./、三>、l|
     i    //  /|  //|l∧ | ハ l ィ'T´、 |ヽ│ //〃u:∧,、: : ,V!ヽ\   l\
      |   /l´  /__! /l/_|l |:.∨∧lil|z竓芋ミっV/: 、。゚ {{//,'`^//|  \\   ヽ_
        / │ <: :_|/: | : ∨: : :,rく ̄ ̄/ヽ:゚ l}: : : : :ハ : :.:ヽ//'/_,/{-‐ァ'´ ̄ヽ ∧ ̄≧x、
           / | ̄/ ̄7,.イ: :\\;イ: :|: : : : : : : :.:!: : : :}ハ.////V´: : : : :.:.∨ l| ̄Τ`ヾ
           / / // /: :ヽ: \ \:`V:゚ 。 : : : _,ィT! /l |////∧: : : : : : :.:V l!\l|
.        / / / //Z、`て ヽ__}__;ノ_/'⌒ヽ: :く.__--ク |l|V/////∧: : : : : : : V  リ    誰か……誰か、この子を止めて……!
     ,< / / ./\// ̄Zー‐' 厶ィ┬一’Tjー一'//|ハl{//////∧ハ∧ハハl
  ,<   , ' /   ////// /ー┴< \| l|\ \//////l{l |V///// ∧'´ ̄ `小
´ ,     / /     ////// / : : : : : : : : : l l|//\ ヽ/////|l.jリハ///////∧////ハ
    , '  '     .//////,/ rf⌒ハ: : : : :j |l|\//゚07⌒Y} |レ'//:V///////,ヽ.///‘,
.   /  ′     ///////l に'⌒ヽ}ト、: : / | |: : 丶_人cク/乂/ : :V////////,'\//ハ
.  ,  /       /////// i///////Vハ /  jリ: : : : :.:. ̄  //ヽ : :∨///////// ヽ./}
  i  '      ////////,i////////}り /: : : : : : :o: :`V/: ; : : : : :.V///////////V!
  | ′    ,/////////l/////// / / : : : : : : : : : : : : '; : lj: : : : : :.∨//////////V_
.   ! i     ,′////////l////// /く: : : : : : : : : : : : o: : :i: : : : : : : : :_∨//////// V /´ ̄ >、
   '.│   ;//////////,'}/////\ ≧=-  :_:_:__:_: :_:|_: : _r‐=≦  ヽ.///////V ̄`ーく__  \
    V    i/////////////,’ |  ` <_   // ̄ン'}_}_}Y´ ̄}}__,.ィ´ \///_,ィ       \  ̄ )
    V、 ∠l////////// / }⌒ V       l ̄ { し'/|「 i | ト=彳  /      ̄/           { ̄`i
    ∨/ 人////////`ー'、__∨     \  ̄   |l│! |.    /     /         /\_,ノ




         ____
       /       \
      /   ―   ―
    /     ( ●)  (●)'  ∫    (三世さんの顔色が酷い事になってるし、話題転換すっか)
    |         (__人__) | ∬
    \        ` ⌒´  .| ̄|      えーっと……それで、今日は何をするんだっけ?
____/       ー‐  '-|_|)
| |  /  /          __/     確か、磁界・電流・力の講義をもう一度?
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

695システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:57:14 ID:AyUkGY4I0

                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リぅz。レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ ィぅz。: : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: : : : : : : : /  }  |    ぐすん……はい、そうです。
           /     マ ハ  .| 、.: : : :f´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /     パピヨン卿がいらっしゃる前に、軽く復習をしてみようかと。
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧
      .!    r ´}::::::::::::リY^Y^Y^リ  ゞ-.r y´Y⌒ソ {   }__)ノソイ´ /::::::::::::::::::リ




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    OKOK、向上心があるね。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    じゃあまず、「磁界」から復習しようかお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

696システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:58:01 ID:AyUkGY4I0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    はーい、それではココに取り出したりますは磁石でーす。 ばばーん。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    国所属の風水師からガメて来ましたー。
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/




                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |     御子よ、そこはせめて
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',    「風水師に協力を要請した」とおっしゃっては……
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//

697システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 20:59:09 ID:AyUkGY4I0

        ___
     /      \
   /⌒   ⌒   \
  /(● ) (● )   \     いーのいーの、風水も電磁気も似たようなモンだから。(※)
  | ⌒(__人__)⌒      |
  \   `⌒ ´     /
    /            ⌒ヽ    ……で、この磁石。 何と鉄を引き付ける性質がありまーす。
  / _        /  |
  '、__ヽ (  ̄ ̄ _/    びっくりだねー、おっどろきだねー。
  /   \  / ̄ ̄ヽ  .|
  |   、   |      |    三世さーん、これって何でー? ねーなんでー?
  、   \__|    | /
   \_  |  | _ /〜´
   (__/  (__)




                          〃ヾi    , 、
                           //  !|   / ヾ.、
                    ,.. --‐//ー- ,!イ/   ', ',
                > ´    / '   !i |`゙ .、  i }
                 / ,.r ´           ,リ |   `゙ 、!|
             /  ./       /   ィ 〃 ト.     !i.\
              ,'   /       !  / l   |: ',,     レ   ヽ.
               !  /      ´ ̄二ニー.´ リ;:イ     iヾi`ヽ }
                | ,  ,,ィ    .ィマ付 ヾ|. /:ヒア、    ! !|  `
                ! 」 ,f-! ト、   ! ,': : : :| /: : : : .',   ! !i
          γ´r i! ,: :| |: :',.  y : : : : レ: : : : : :.}   ト..!ソ
              ` ̄.| /‐-ヽ.{_,: ヽ ',: : : : : : : : :,、 :/   レノ
              /  .レ     }`メ.、 ヽ: : : : : : : : /   !´
          /       y!  んv.、ィ.  ',ーt--  イ /| ,    え、えーっと……磁石からは「磁力」が発生して
            /       / ハ 丶:::::::::::ヽ. ヽ/ /  |/ l /
         /       ,ィャ  ',ミ三(aッ、ヾ.、__   レ     その磁力が集まった空間を「磁界」と言います。
          /.     ,.ィ: ̄`ヽ 丶:::;:::::::ヽ. ';::!`ヽ
        ,     ./: : : : : : :ヾ ヽ`:、:::::::} ヾ}: :.:!       この磁界こそが、鉄を引き付ける性質を持つ……でしたか。
        , '     ,: : : : : : : : : :.', ',::::ヽ:::レヘ ヽ: :!
      /      !: : : : : : : : : : :', !: :`ヽ(0)ヽヽ:i
    /          i!: : : : : : : : : : :.y }: : : : :`:´: }/、!
  ./           ハ__,ィ:、_ム__,ィ;く,´r': : : : : : : : :、 :`:.<.
               i:V/V/////",/./: : : : : : : : : : :゙丶: : : :ヽ.
               !:.V//////,'/./: : : : : : : : : : : : : : `.、: : : `ヽ
            rー..V//////ir': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.',
            }::::::::V//////,ム`''ー- ..、: : : : : : : : : : : : :',: :.,ィ:}、
              ,イ`ー 、V//////{`ー-..,,_  `  ̄ ''ー‐-ァ: : : }: :{ri:::》
           く      V//////',     ` '' ーォ-..in!ヲー-.≠彡!|'
            )、    V//////ゝ、      /   .!iメ : : ,イ_ノノi !
         ,.ィr/  ` .、  V//r ´,ィ´: :` ー-テ、__,..イ_:_:ィ′  .!i
          { r-ヽ、    `ー-Vr‐".: ;.ィ´: : : : : :.7_::::::!|::::丿     i.!
        ,.イヾ rー-ヽ、    ',て: ´ :,:-: : : : ,..イ::::::::!i/       !|


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ※念の為に書いておきますが、この発言はやる夫の悪ふざけであり
    実際には全く違う体系の技術です。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

698システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:00:00 ID:AyUkGY4I0

       ____
     /      \
    /  ─    ─\      はい、せいかーい。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |    さらに付け加えると、磁石にはN(North)極とS(Southern)極があって
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )    磁界は、必ずN極からS極に向かって発生してるお。
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/      この辺は、磁石の周りに砂鉄をばらまくと分かりやすいかな?




                  磁界の向き
              ――――――――――→
               /                  \
              /                         \
          │                      │
          │                      │
            \                        /
             \                   /
                  ┏━━━━┳━━━━┓
    ←←←←←←←┃N極    ┃    S極┃←←←←←←← 磁界の向き
                  ┗━━━━┻━━━━┛
               /                  \
              /                         \
          │                      │
          │                      │
            \                        /
             \                   /
              ――――――――――→
                  磁界の向き

699システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:00:29 ID:AyUkGY4I0

訂正

       ____
     /      \
    /  ─    ─\      はい、せいかーい。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |    さらに付け加えると、磁石にはN(North)極とS(South)極があって
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )    磁界は、必ずN極からS極に向かって発生してるお。
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/      この辺は、磁石の周りに砂鉄をばらまくと分かりやすいかな?




                  磁界の向き
              ――――――――――→
               /                  \
              /                         \
          │                      │
          │                      │
            \                        /
             \                   /
                  ┏━━━━┳━━━━┓
    ←←←←←←←┃N極    ┃    S極┃←←←←←←← 磁界の向き
                  ┗━━━━┻━━━━┛
               /                  \
              /                         \
          │                      │
          │                      │
            \                        /
             \                   /
              ――――――――――→
                  磁界の向き

700システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:01:00 ID:AyUkGY4I0

        ____
       /    \
.    /          \      「N極からS極に向かう」訳だから
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |     違う磁石のN極とS極同士を近づけると
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \       磁界の向きに従い、互いに引かれ合うお。
 /´             ヽ


                               N極とS極で引かれ合う

                  ┏━━━━┳━━━━┓←←←←←←←┏━━━━┳━━━━┓
                  ┃N極    ┃    S極┃←←←←←←←┃N極    ┃    S極┃
                  ┗━━━━┻━━━━┛←←←←←←←┗━━━━┻━━━━┛

701システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:02:00 ID:AyUkGY4I0

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \      逆に、N極同士とS極同士だと斥力が発生するお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |     この辺が、磁石がくっついたり離れたりする原理ね?
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \     この性質を突き詰めると、モノポール(※)は不可能って事になるけど……今は無視するお。




                               N極とN極で弾き合う

                  ┏━━━━┳━━━━┓→→→→←←←←┏━━━━┳━━━━┓
                  ┃S極    ┃    N極┃→→→→←←←←┃N極    ┃    S極┃
                  ┗━━━━┻━━━━┛→→→→←←←←┗━━━━┻━━━━┛


                               S極とS極で弾き合う

                  ┏━━━━┳━━━━┓←←←←→→→→┏━━━━┳━━━━┓
                  ┃N極    ┃    S極┃←←←←→→→→┃S極    ┃    N極┃
                  ┗━━━━┻━━━━┛←←←←→→→→┗━━━━┻━━━━┛


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ※モノポール……N極とS極のどちらか一方の極しか持たない磁石。
                もし実現したら、ノーベル物理学賞どころの騒ぎじゃない。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

702システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:03:30 ID:AyUkGY4I0

                   ト
                      ___!rー、 __    /`ヾ.,
              ,.ィ ´   !|  \ `丶/     !}
              /   ___ノ!|ヽ __ /`', 、 __.へ!i
             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |    でも、磁石だけではなく、電気を流した際にも
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !    磁界は発生するのですよね?
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    その通り、よく覚えてたお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     それを求めるのが、「右ねじの法則」だお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

703名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 21:04:02 ID:3lo1rmPE0
ビオサバ……

704システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:04:29 ID:AyUkGY4I0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     こんな風に……右手の親指を立ててね?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     この時、親指の向く方向を電流の流れる向きとすると
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \    電流の周囲に反時計回りに磁界が発生するんだお。
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'       これを「右ねじの法則」って言って
           \   、/  /
             \/  /            電磁気を理解する上で大事な事なんだお。
           _/  /``l
          (____/(_/


     奥に電流が                  手前に電流が
      流れる場合の磁界                 流れる場合の磁界

       →→→→                      ←←←←
     /        \               /        \
    /           \                 /           \
   ↑     ××    ↓              ↓     ◎◎    ↑
   ↑     ××    ↓              ↓     ◎◎    ↑
    \          /               \          /
     \      /                \      /
        ←←←←                       →→→→

705システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:05:30 ID:AyUkGY4I0

                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |      はい、そしてもう一つの要素である
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',      「フレミングの左手の法則」という物もありましたね。
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//
           {   O }ソ ̄フ⌒y' ̄フ,///////'   / ∠_/  ∠___//
           乂 __ ノー‐'^ー‐ ヘ__,ィ,.イ/////ハr== ニニ≧ .、 ,√ ̄ ̄
         //!             ,.ィ'///////人三三三三ミ}´




       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \    うん、左手の法則はこう……左手の親指・人差し指・中指が
  |   /,.=゙''"/      |
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /    それぞれ直角になるようにして――
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃

706システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:06:30 ID:AyUkGY4I0

                         磁界
                       ↑
                      , -‐、
                        / ,r ‐|
                     l |   |
                       | `ー'!
                        |     {
     電流 ←  ,-‐ァ‐ 、       |     |-―-、               「――こんな感じになるんだお!」
            { {   /`ー-、´ ̄|     }     ヽ  → 力
              ,.‐\`´     \ .}     !    }           「親指が【力】、人差し指が【磁界】、中指が【電流】って具合にね!」
          ∧  ,>、      ヽ    {   ,ノ
           {  v'´  ヽ         .!   l__,/                 「復習だお、三世さん。 この法則から、一体何が分かるお?」
             >、      ヽ      }   l
        /  ',      ',     l    }
.         {    ',      ',      ,l    l
       /^i    ',      ',      .l   .l
      /   l     ',      ヽ     l   }
    /      l    ',       ',     /
. //      ,'!    ',       ',    {
.´  {      ,'l|!     ',          }
   l     ,',ii|      ',       r‐‐'
   |     !il|{、            ∧
.  /|     `ミ             ノ l
 / .|             ノ´ ̄ ̄´  l
. i  |          ̄ フ´/       l
..{  |!     ー=二フ'´  /        l

707システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:07:30 ID:AyUkGY4I0

             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |     はい、三つの要素の内二つが分かれば
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !     残りの一つも求められます。
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     これまた正解! よく理解できているお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |     そう、電流と磁界が分かってれば【力】が求まるんだお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

708システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:08:30 ID:AyUkGY4I0

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\         これをちゃんと理解していれば、次のような問題も解けるお。
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |       例えば、下の図みたいに電流が流れている回路があるとするお?
     \      `ー'´     (⌒)
      >          ノ ~.レ-r┐、   この回路に――
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
      |          ̄`ー┬--‐‐´




          電流の向き→
   ──────────────────
                               /
                            /
                          -
                         電池
                        +
                       /
                      /
   ───────────
      ←電流の向き

709名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 21:08:50 ID:GVfU81lo0
右ねじの法則は

進行方向に対して時計回りですよ。というか図がそうなってるw

710システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:10:13 ID:AyUkGY4I0

ですよね!どこで間違ったんだろう俺!
という訳で、>>704訂正。


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     こんな風に……右手の親指を立ててね?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     この時、親指の向く方向を電流の流れる向きとすると
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \    電流の周囲に時計回りに磁界が発生するんだお。
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'       これを「右ねじの法則」って言って
           \   、/  /
             \/  /            電磁気を理解する上で大事な事なんだお。
           _/  /``l
          (____/(_/


     奥に電流が                  手前に電流が
      流れる場合の磁界                 流れる場合の磁界

       →→→→                      ←←←←
     /        \               /        \
    /           \                 /           \
   ↑     ××    ↓              ↓     ◎◎    ↑
   ↑     ××    ↓              ↓     ◎◎    ↑
    \          /               \          /
     \      /                \      /
        ←←←←                       →→→→

711システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:10:37 ID:AyUkGY4I0

          ┃  ┃
          ┃S..┃
          ┗━┛


          電流の向き→
   ──────────────────          「こんな感じで、磁石を近づけるお」
                               /
                            /           「この時、磁界の向きはどうなっていると思うお?」
                          -
                         電池
                        +                「そうですね……磁界はN極からS極に向かうので――」
                       /
                      /
   ───────────
      ←電流の向き


          ┏━┓
          ┃N..┃
          ┃  ┃

712システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:11:30 ID:AyUkGY4I0

          ┃  ┃
          ┃S..┃
          ┗━┛
             ↑
             ↑
          電↑の向き→
  . ──────↑───────────          「このようになります」
             ↑                  /
            ↑               /
             ↑             -             「グッド! 良く理解できているお!」
             ↑            電池
             ↑            +               「んじゃあ、追加しちゃおうかな?」
              ↑           /
               ↑          /                  「こうして……ホイッと!」
   ───────────
      ←電流の向き
           ↑
           ↑
          ┏━┓
          ┃N..┃
          ┃  ┃

713システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:12:30 ID:AyUkGY4I0

          ┃  ┃
          ┃S..┃
          ┗━┛
             ↑
             ↑
          電↑の向き→   金属の棒
  . ──────↑───────────          「ほれ、電気が通る金属の棒を追加したけど」
             ↑         /      /
            ↑        /    /             「この時、棒の動きはどうなるか分かるかお?」
             ↑      /     -
             ↑     /      電池
             ↑   /       +               「そうですね……『電気が通る』ので」
              ↑  /      /
               ↑/       /                    「棒に流れる電流の向きは、手前から奥になります」
   ───────────
       ←電流の向き
           ↑
           ↑
          ┏━┓
          ┃N..┃
          ┃  ┃

714システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:13:30 ID:AyUkGY4I0

          ┃  ┃
          ┃S..┃
          ┗━┛
             ↑
             ↑
          電↑の向き→   金属の棒
  . ──────↑───────────          「そうなると、磁界が下から上へ、電流が手前から奥へ流れるので」
             ↑         /      /
            ↑        /    /             「フレミングの左手の法則より、棒に働く【力】は右向きになります」
             ↑      /     -
             ↑     /      電池  棒が転がる→
             ↑   /       +               「合ってるお! 左手の法則の場合」
              ↑  /      /
               ↑/       /                    「中指(電流)を奥向きに、人差し指(磁界)を上向きにすると」
   ───────────
       ←電流の向き                           「親指(力)は右を向くって事だお!」
           ↑
           ↑
          ┏━┓
          ┃N..┃
          ┃  ┃

715システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:14:30 ID:AyUkGY4I0

                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!    はい、ありがとうございました。
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: : : : : : : : /  }  |
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;     しかし……確かに不可思議な法則ですが
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′     この法則が、水車とどう関連するのですか?
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧
      .!    r ´}::::::::::::リY^Y^Y^リ  ゞ-.r y´Y⌒ソ {   }__)ノソイ´ /::::::::::::::::::リ




                               ___
                             /   ヽ、_ \
                            /(● ) (● ) \       うん、流石は職人。 実用する事を考えてるお。
                          /:::⌒(__人__)⌒::::: \
                          |  l^l^lnー'´       |     じゃあ、次は「フレミングの右手の法則」に行ってみようか。
                          \ヽ   L        /
                             ゝ  ノ             これを理解すれば、水力発電の仕組みも分かるお。
                           /   /

716システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:15:32 ID:AyUkGY4I0

             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |    右手……ですか?
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !    さっきの「左手」とは違うので?
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     うん、さっきの左手の法則は【力の向きを求める】時に使ったお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    この右手の法則は、【電流の向きを求める】時に使うんだお。
  . \ ヽ           /

717システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:16:30 ID:AyUkGY4I0

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \     でも、基本はさっきと一緒だお!
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     親指が【力】、人差し指が【磁界】、中指が【電流】ね?
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/     で、さっきのモデルをもう一度引っ張り出すお。
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




          ┃  ┃
          ┃S..┃
          ┗━┛
             ↑
             ↑
            ↑       金属の棒
  . ──────↑───────────
             ↑         /      /
            ↑        /    /             「今度は、いきなりクライマックスだお」
             ↑      /    /
             ↑     /     抵抗  棒を転がす→
             ↑   /     /                    「こんな風に、上向きの磁界がある中で」
              ↑  /      /
               ↑/       /                    「棒を右向きに転がすと、電流はどっちに流れるお?」
   ───────────
               ↑
           ↑
           ↑
          ┏━┓
          ┃N..┃
          ┃  ┃

718システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:17:32 ID:AyUkGY4I0

     ',; ; ; / ,'   !     ヽ、 .ヽ ヽ、: >、 , >ー  ̄  ̄ ̄ " ー-ー― ―
       ヘ; /  .!   '、  ヽ、  ヽ、ヽ 、ヽ、!三三三≡-、    , イ    _ >,,、
      ,イ〉   、  '、、   ',ヽ、  ヽ ',: ,へ、、三三/ ゙" '' <,,   , <"      ヽ
     ,' !  !', iヽ、 ヽヾヽ',,,ヾ、,,  ヽ ヽ  . ゙>、 !、      > 、
     ! /!',   ',リ: ヽ、 ヽ, 代;;;;ソ´ヽ  ヽ '、     ゙"゙ヽ、  __   /
     ,' ,' ', '、  ',, イソ. i 、 ヽ, /// ,'ゝ、ヽヽリ=-''" _., イ  ̄   .,イ======ー-
     ! ! !、 i.、 ."‐゙"// `: : ゙: : : u:,'   ヽ、 ___,, ,イ      ,.イ
     '、.! .!i', ', ヽ、ヽ: : :,,: -、: : : ,イ__ , イ, -.''."." : !     ./
      ゞ、!〉、', ヽ,,イ"、゚__ ',_/,!'、_, イ: : : : : : : : :'、    /
       ',',  ヽr.!     /!i";:,イi: : : : : : ,: : : : : : : ゝ'"    そうですね……電流の向きを求めるのは、「右手」なので――
        ヾ,  ',   _ /ii.i";:;:;:;:'、: : : : ,' : : : : , イ
         ヽ、ヽ_,,,!イイ, -ー―;:- 、: : !: : ,イ         ――あ、あれぇ? 金属棒に流れる電流が
         , '" _,イ;:i: !イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ: ,イ: i
          ,>;''";;;;;;;;/,';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:', : : !          奥から手前になってしまいましたよ?
      /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;': : ,'
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,イ;:;ヽ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/-‐,'
    i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,イ:;:;:;:;:;:;:;:゙ 、;:;:;:;:;:;:;:;:>'";:;:;:,'
    '、;:;:;:;:;:;:;:;:/i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄ ̄:;:;:;:;:;:;:;:/
     ゝ、;:;:;:イ;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
        i;:;:;::{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,イ
        ',;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,イ
          };:;:;:,';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
        ,';:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;}



          ┃  ┃
          ┃S..┃
          ┗━┛
             ↑
             ↑
            ↑         ←電流の向き
  . ──────↑───────────
             ↑         /      /
            ↑        /    /
             ↑      /     /
             ↑     /      抵抗  棒を転がす→
             ↑   /     /
              ↑  /      /
               ↑/       /
   ───────────
            電流の向き→
           ↑
           ↑
          ┏━┓
          ┃N..┃
          ┃  ┃

719システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:18:30 ID:AyUkGY4I0

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    その状態が正常なんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |      磁界の向きが定まってる時、力の方向が決まれば電流の向きが。
  \     ` ー'´     /
  /          \       電流の方向が決まれば力の向きが、それぞれ求まるんだお。
 /             \
/  /\           ヽ     でも、その際にはフレミングの右手・左手の法則を使い分ける事を忘れないように!
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ




                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |      はぁ〜……不思議ですね、それぞれの場合で方向が逆になるとは。
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',     しかも、電流を流せば力が、力を加えれば電流が――
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//
           {   O }ソ ̄フ⌒y' ̄フ,///////'   / ∠_/  ∠___//

720システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:19:30 ID:AyUkGY4I0

                 / ,.r ´           ,リ |   `゙ 、!|
             /  ./       /   ィ 〃 ト.     !i.\
              ,'   /       !  / l   |: ',,     レ   ヽ.
               !  /      ´ ̄二ニー.´ リ;:イ     iヾi`ヽ }
                | ,  ,,ィ    .ィマ付 ヾ|. /:ヒア、    ! !|  `
                ! 」 ,f-! ト、   ! ,': : : :| /: : : : .',   ! !i
          γ´r i! ,: :| |: :',.  y : : : : レ: : : : : :.}   ト..!ソ
              ` ̄.| /‐-ヽ.{_,: ヽ ',: : : : : : : : :,、 :/   レノ    ――!?
              /  .レ     }`メ.、 ヽ: : : : : : : : /   !´
          /       y!  んv.、ィ.  ',ーt--  イ /| ,      「力を加えれば電流が」!?
            /       / ハ 丶:::::::::::ヽ. ヽ/ /  |/ l /
         /       ,ィャ  ',ミ三(aッ、ヾ.、__   レ       それは、つまり……
          /.     ,.ィ: ̄`ヽ 丶:::;:::::::ヽ. ';::!`ヽ
        ,     ./: : : : : : :ヾ ヽ`:、:::::::} ヾ}: :.:!
        , '     ,: : : : : : : : : :.', ',::::ヽ:::レヘ ヽ: :!
      /      !: : : : : : : : : : :', !: :`ヽ(0)ヽヽ:i
    /          i!: : : : : : : : : : :.y }: : : : :`:´: }/、!
  ./           ハ__,ィ:、_ム__,ィ;く,´r': : : : : : : : :、 :`:.<.
               i:V/V/////",/./: : : : : : : : : : :゙丶: : : :ヽ.
               !:.V//////,'/./: : : : : : : : : : : : : : `.、: : : `ヽ
            rー..V//////ir': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.',
            }::::::::V//////,ム`''ー- ..、: : : : : : : : : : : : :',: :.,ィ:}、
              ,イ`ー 、V//////{`ー-..,,_  `  ̄ ''ー‐-ァ: : : }: :{ri:::》
           く      V//////',     ` '' ーォ-..in!ヲー-.≠彡!|'
            )、    V//////ゝ、      /   .!iメ : : ,イ_ノノi !
         ,.ィr/  ` .、  V//r ´,ィ´: :` ー-テ、__,..イ_:_:ィ′  .!i
          { r-ヽ、    `ー-Vr‐".: ;.ィ´: : : : : :.7_::::::!|::::丿     i.!
        ,.イヾ rー-ヽ、    ',て: ´ :,:-: : : : ,..イ::::::::!i/       !|




       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \    あ、気づいた?
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <    中々察しが良いお。
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/

721システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:20:30 ID:AyUkGY4I0

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ     そう、水力発電ってのはつまり
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |     今言ったフレミングの法則を使って、水車を回す力(運動エネルギー)を
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、     電気エネルギーに変える事を言うんだお。
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

722システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:21:30 ID:AyUkGY4I0

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      (つっても、厳密には回転子だのコイルだのトルクだのが必要だけど……)
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    (まぁ、ここでは良いかお。 とりあえず、運動エネルギーと電気エネルギーが)
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      (等価変換できるって覚えてもらえれば)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: : : : : : : : /  }  |    これは……本当に凄い概念ですね。
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /     ひょっとしたら……あるいは……
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧

723システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:22:30 ID:AyUkGY4I0

            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |    ひょっとしたら……何?
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |




                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |     いえ、流石は御子。 素晴らしき知識ですね。
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',    その深遠なる学を分け与えられる私は幸せ者です!
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//

724システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:23:30 ID:AyUkGY4I0

               ___
              /      \
            /   ⌒   ⌒\
         /   ( ●) ( ●)\    うん、さらに『グー……ガー……』なんだけど。
          |      ⌒(__人__)⌒ |
        \     ` ⌒´   /     うん……?
          /⌒           ヽ
       |   ヽ__     _ ',
          :、_     )  ( ̄ _丿
          |   /  ̄`i  / ̄  `i
          |      |     ,    |
         ∧ |     |__/     /
        `ーヽ _ |   |  _/
          (__)  、__)

725システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:24:00 ID:AyUkGY4I0

 __
   /
 /
  ̄ ̄ _
      /
       ̄
      Z
          ・
        ・
           ・
     | |  __    / /
   、-- l-! '"      '-.、//‐‐‐‐ァ
  < ./         ヾ、  >
  -´//  /ハ. lヽ ヽ、ヽ   t‐--`
.   l l ,_/l/  ヽl_×l‐、 .l _. l
   レレレ`!ー   '__ ヽl´r`;
    ,.d、 ̄        リ ノ
   ff  `;        r-< 、
   l l.   i i ̄ ̄|   入   r`   グォ〜……ガォ〜……
   l. l  l.>-ニニ - '{、 ヽi`ヾ
   l ヽ ヾ.r'''(  〆 '``ヽ
.   l   |'、 ゙、  ~/:::::::::::::::i
.   l   i´'、  ヽ 'ヾ:::::::::::::::::;:!
.   l  'i::::'、     l:::::::::::::/.l
   ヽ-、l::::|.ヽ__ イ::!:::; -'" |
     `'ー|    `´"    .|




                     ____
                   /      \
                  /_、 ,,/"  \
                / (●) ゙(●) U \    あー、流石によつばには難しかったかお。
                |    (__人__)      |
                \   ⊂ ヽ∩     <    熟睡しちゃってまぁ。
                  |  |  '、_ \ /  )
                  |  |__\  “  /
                  \ ___\_/

726システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:25:00 ID:AyUkGY4I0

              /   ___ノ!|ヽ __ /`', 、 __.へ!i
             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |    この子ってば……!
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !    申し訳ありません、今起こします!
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄




             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     あー、いーおいーお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     子供は、食って遊んで寝るのが仕事だから。
       r、/          \r 、
       |:l1             l;l:|    それを邪魔するのは『このガキィ〜!』――お?
      /|` }            { ´|ヽ
      ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、
    /´  /               ヽ、 ヽ
    \. ィ                   个‐´
        |                  |

727システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:26:00 ID:AyUkGY4I0

     /         ∧   ::   :::\
     /      / /| /:: | |     ::::\
.     /::  ::  / | /:| /:::: | |::| |\:   ::ゞ
    /:::  /|./─|/ :|/:::   _|_|─\  :::ゝ
.    |  :/::/__ ̄ U    __ \:: ::|
     | _|_/__\___/__\_|_::|
..   l⌒| | |.( ̄ ̄o .|   |. o ̄ ̄.)| | |⌒l
..   || :||:|: \──/ ̄ ̄:\──/ :|:|:/ |     コイツ、御子に対してあまりに無礼過ぎる……!
.    |δ||  v ̄ ̄ /  v::::|:  ̄ ̄ :::::||:6:|
...   | :)|      /   ::::: |:    U ::::|:( |      今まで静観してたけど、御子のお心が広いからと言って
     ゝ_|       (_ :::::_)     :::::|_ノ
.   /:: |    )( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)(  :::::| ::\    調子に乗りやがって……! こういう奴は――
... /::::::::::|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     :::|::::::::::\
/::::::::::::::|\      ──      ::::/|::::::::::::::\__
:::::::::::::::::::| ::\            ::/:: |:::::::::::::::::\:::::::
: ::::::::::::::::|   ::::: ̄ ̄──── ̄ ̄:::::   |::::::::::::::::::::\::::




         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○).  (○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )   お、おい、安藤! やる夫は気にしてないお!
    | u    .` ⌒´     /  /  /  /
    \            /   '` ´  /      一体何を――
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙'

728システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:27:01 ID:AyUkGY4I0

           ___    _
           >ー:::::::`´:::::::::;Z._
        ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::<
         /:::::::;ィ::ィ ;ハヽ;::::、:::::ヾ
.        1:: ノフjメ._v _>ヘ「ハ. :↑    こうだ……!
        h.ヒr',ニヽ_r'ニ.ヽ.〕r|
         |f|| い)-゚ノーペ-t)丿||f|     喰らえ、劣等人種のガキめ……!
.        ,ゞ|:u  ̄〈_ _ _〉 ̄ u |K
    _,, -‐''7::: | )(二ニニニつ( |:::ヾ''‐- 、._
‐''"´:::::::::::::::i:::::::ヽ._   ‐一  _.ノ ::::::i:::::::::::::::`'''‐
::::::::::::::::::::::: |::::::::::ト、 `:ー─‐''´, |:::::::::::|:::::::::::::::::::::::
:::::::::::r',二Yヘ ::::::::ト、` ‐---‐'´ノ|:::::::::r'Y二.ヽ::::::::::
::::::: {. -ー{_ノ:::::::::| ` ‐-‐ '´  |:::::::::し}ー- }::::::::
:::::::; ヘ. ',二j )‐''フ|          |く⌒(〈こ¨ 人:::::::
:/:{:::::ヾ=イ::::::|oレ;:====、、 |o|:::::::ヾー''´:ノ:`ー
:::::::::`::ー::フ′:::|:::|´∠二二\ヾ;|:::|::::::::::‘く´::::::::::::




      .__
      |┌i }     . ┌‐┐ _
      l | j } ,ィ==┐| l^i 7「rァ 7
     .l { .{〈  〉j j.}.| |..| j.}l ,l /
     .}.l .l .l  | i 〈 {.|「 .|/ j .j 〉
     ./.j リ  { j l 〉lj | / //
     j / |{  } { } }.|| l r=´
    .j {  l }  .{ { l .||L.ノ }
    .} l  | {  .{ j .〉.〉 ̄´
    { L,,ノ「  〈 { .| |_ ,ヘ、
    └=┘  .ノ j_,,,{ ..} .{ ,、.}
         .└┐ィ‐=ミj l .{ }
          く L_   .j .L,
           `‐-ミヽ `ヽ弋、
           __   .{ .} ト、 } }
          .ノ rミヽ┘j i ト=┘
           } レ-`-´ └-`=┐
           `^ー┐}  ,、  ̄} .}
              l .} j トミ二_」
              .l |  i }
               } }_] }
                   └-┐ レ´ヽ、
                     / /7∧ \
                 〈 〈////ヘ、
                     ヽク ._,=ヘ  〉
                    <´<´_,,ィ´ ノ
                   \_r'' ̄´

729システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:28:00 ID:AyUkGY4I0

-‐== ̄ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:./ |:.:.:.:.:./  \:.:.:.:.:.:.: ト、:.:.:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,i:.:.:.:.:/ |:.:.:.:./.     \.:.:.:.:.| \.:.|_ヽ:.:.:.:.:ヘ:.:V
:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ :.:. /  |:.:. /        \:.:.l _ィヽ|_\:.:.:.:',:.:',
:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ |:.:.:./  |:../   ,    ゞーヽレ'", -‐- 、`ヾ、:.:.ト,:.|
:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}:.:.: _,ィ‐|: / .ニ‐レ--‐''゙      / / /t  ̄)ヽ 'iヽ! ト|
:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|:.:li:.:.:. ,   |/'´-ー ミ ヽ         | i r'ー、  ̄l l |  ',
_≦ ィ:.:.:.|:.:l!:.:.:,' / / ,r弋 .ノ',.∧         | ヾ.__ィ.二´ノ _ノ   ',
    |:.:.:.:|:.:l:.:.:,  |  | ィ-、 ´) | }       ゝ- 二ニ    )   l
.     !:.:.:.:|:.ト.:.:i  |  i( __ノー ' ノ ノ            `ー‐'     i    ぶぎゃっ!?
.     |:.:,-ヘ| ヽ!  ヽ_ `ー ´r‐ '´  ___,.-‐-'ーヾヽ        }
    Y r‐、      (__ ノ    /         ∨ヘ         !\
.    {  { `i.             |           ∨ヘ      ,':.:.:.:ヽ
     ', ∨ヽ           |l             ∨ l      /:.:.| ̄
     ゝ ヽ、_)            |l            ∨i     イ:.:.: |
.     /:.:\                |l                ', l  /:.:.| ̄
  /:.:.:.:.:.:.:.:` ー‐' 、        |l                  i } ≦  ̄
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      !            ___ノ////ヘ
   ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://` ‐-  ヘ    __ ..   <∧/////////ヘ
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///////////ヽー‐        ∠/////////////ヘ




         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )    なっ……!?
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /       (蹴った!? 眠っている子供を!?)
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

730システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:29:04 ID:AyUkGY4I0

                  __ .... __    | /   __
              ,  '´: : : : : : : : ` ヽレ'´ ̄<
            \\ /: /:/{: / \lヽ、斗、ヽヽ: : : : :> ,-
     __, -─ー\/ ‐--/|/_,  v〃-‐-,_\ト} ̄ ̄ /ヽ 1
     >: : : : : :_/: //と_  ̄ ノ   `ー‐とノ {ヽ   { Y |
      7_: : / {: :{/ (__) ̄     __   い    〉  |
       //  /⌒     | ̄ ̄ ̄    ム  }ノ  /   /    う……うわぁ〜〜〜ん!!!
          { ヘ     |           |   !ヽ/
           ヽ _ヽ  |        | ノ/{   /
         __.. --ァ \|        __,j'´::::::::::'、/
     , .. ‐      /::::::::::ヽ-‐r===ヲ::::::::::::::::::::::::∨
    /  _, -‐─-/::::::::::::::::::::::ヽ、____ノ::人:::::::::::::::/
     ゝr_ノ    \::::::::::::::::::/ ̄` ‐-‐ '´  \::::::/
             `ヽ:::::::/          `Y
               `Y                |
                |       /      |
                 |     / /       |




       _ヽー-v-─‐z._
      ,>  `       <.
.    ∠       /v、     \
    /    ,.イ ./   ヽト、ヘ、  ゝ
    7  ,.イノコ/‐ u ,!エ、ヽト. ゝ
.    1 /_/, == ヽ_/ == 、ヽ__! |    見たか……! ガキが……!
    /´l.「 ヽ.ー-゚ノ─ヽ.゚-‐',ノ l.「iヽ
     {.i´|| U  ̄ l v' l  ̄ u ||`;リ    これが貴族の、魔法使いの力だ……!
    ヾ:」!  、 └‐-‐┘  ,.  l!ソ
.   / |  } (二ニニニ二) {   ! \
-‐'''7    ヽ. ´   ー一   ` , '    「'''ー-
  i      |`ー-、.___,. --イ     |
  .!     |             |      |
  !     ,ト、          ,ノト、    |
 l    , ィcト、.`'''ー---‐'''´ ,.イo、\  │

731システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:30:01 ID:AyUkGY4I0

                 / ,.r ´           ,リ |   `゙ 、!|
             /  ./       /   ィ 〃 ト.     !i.\
              ,'   /       !  / l   |: ',,     レ   ヽ.
               !  /      ´ ̄二ニー.´ リ;:イ     iヾi`ヽ }
                | ,  ,,ィ    .ィマ付 ヾ|. /:ヒア、    ! !|  `
                ! 」 ,f-! ト、   ! ,': : : :| /: : : : .',   ! !i
          γ´r i! ,: :| |: :',.  y : : : : レ: : : : : :.}   ト..!ソ
              ` ̄.| /‐-ヽ.{_,: ヽ ',: : : : : : : : :,、 :/   レノ
              /  .レ     }`メ.、 ヽ: : : : : : : : /   !´
          /       y!  んv.、ィ.  ',ーt--  イ /| ,    ちょっと! いくら何でも……!
            /       / ハ 丶:::::::::::ヽ. ヽ/ /  |/ l /
         /       ,ィャ  ',ミ三(aッ、ヾ.、__   レ
          /.     ,.ィ: ̄`ヽ 丶:::;:::::::ヽ. ';::!`ヽ
        ,     ./: : : : : : :ヾ ヽ`:、:::::::} ヾ}: :.:!
        , '     ,: : : : : : : : : :.', ',::::ヽ:::レヘ ヽ: :!
      /      !: : : : : : : : : : :', !: :`ヽ(0)ヽヽ:i
    /          i!: : : : : : : : : : :.y }: : : : :`:´: }/、!
  ./           ハ__,ィ:、_ム__,ィ;く,´r': : : : : : : : :、 :`:.<.
               i:V/V/////",/./: : : : : : : : : : :゙丶: : : :ヽ.
               !:.V//////,'/./: : : : : : : : : : : : : : `.、: : : `ヽ
            rー..V//////ir': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :.',
            }::::::::V//////,ム`''ー- ..、: : : : : : : : : : : : :',: :.,ィ:}、
              ,イ`ー 、V//////{`ー-..,,_  `  ̄ ''ー‐-ァ: : : }: :{ri:::》
           く      V//////',     ` '' ーォ-..in!ヲー-.≠彡!|'
            )、    V//////ゝ、      /   .!iメ : : ,イ_ノノi !
         ,.ィr/  ` .、  V//r ´,ィ´: :` ー-テ、__,..イ_:_:ィ′  .!i
          { r-ヽ、    `ー-Vr‐".: ;.ィ´: : : : : :.7_::::::!|::::丿     i.!
        ,.イヾ rー-ヽ、    ',て: ´ :,:-: : : : ,..イ::::::::!i/       !|




     /         ∧   ::   :::\
     /      / /| /:: | |     ::::\
.     /::  ::  / | /:| /:::: | |::| |\:   ::ゞ
    /:::  /|./─|/ :|/:::   _|_|─\  :::ゝ
.    |  :/::/__ ̄ U    __ \:: ::|
     | _|_/__\___/__\_|_::|
..   l⌒| | |.( ̄ ̄o .|   |. o ̄ ̄.)| | |⌒l
..   || :||:|: \──/ ̄ ̄:\──/ :|:|:/ |    あん? 何か文句があるのか、平民風情が……!
.    |δ||  v ̄ ̄ /  v::::|:  ̄ ̄ :::::||:6:|
...   | :)|      /   ::::: |:    U ::::|:( |    俺と視線と合わせて、言葉を交わす事すら不敬だぞ……!
     ゝ_|       (_ :::::_)     :::::|_ノ
.   /:: |    )( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)(  :::::| ::\   御子のお気に入りだからって、調子に乗るな……!
... /::::::::::|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     :::|::::::::::\
/::::::::::::::|\      ──      ::::/|::::::::::::::\__
:::::::::::::::::::| ::\            ::/:: |:::::::::::::::::\:::::::
: ::::::::::::::::|   ::::: ̄ ̄──── ̄ ̄:::::   |::::::::::::::::::::\::::

732名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 21:30:38 ID:GVfU81lo0
ご都合主義だなあww素直にどっかつれてっとけよww

733システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:31:05 ID:AyUkGY4I0

                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: u: : : : : : /  }  |    ……!?
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /    も、申し訳ありません……
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧
      .!    r ´}::::::::::::リY^Y^Y^リ  ゞ-.r y´Y⌒ソ {   }__)ノソイ´ /::::::::::::::::::リ




       _ヽー-v-─‐z._
      ,>  `       <.
.    ∠       /v、     \
    /    ,.イ ./   ヽト、ヘ、  ゝ
    7  ,.イノコ/‐ u ,!エ、ヽト. ゝ
.    1 /_/, == ヽ_/ == 、ヽ__! |
    /´l.「 ヽ.ー-゚ノ─ヽ.゚-‐',ノ l.「iヽ    ふん、分かれば良い……! 貴様らドワーフは
     {.i´|| U  ̄ l v' l  ̄ u ||`;リ
    ヾ:」!  、 └‐-‐┘  ,.  l!ソ     そこで地べたを這いずり回るのがお似合いだ……!
.   / |  } (二ニニニ二) {   ! \
-‐'''7    ヽ. ´   ー一   ` , '    「'''ー-
  i      |`ー-、.___,. --イ     |
  .!     |             |      |
  !     ,ト、          ,ノト、    |
 l    , ィcト、.`'''ー---‐'''´ ,.イo、\  │

734システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:32:00 ID:AyUkGY4I0

           ___    _
           >ー:::::::`´:::::::::;Z._
        ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::<
         /:::::::;ィ::ィ ;ハヽ;::::、:::::ヾ
.        1:: ノフjメ._v _>ヘ「ハ. :↑
        h.ヒr',ニヽ_r'ニ.ヽ.〕r|    御子よ、行きましょう……!
         |f|| い)-゚ノーペ-t)丿||f|
.        ,ゞ|:u  ̄〈_ _ _〉 ̄ u |K    これ以上、魔法を使えない者とつるんではいけません……!
    _,, -‐''7::: | )(二ニニニつ( |:::ヾ''‐- 、._
‐''"´:::::::::::::::i:::::::ヽ._   ‐一  _.ノ ::::::i:::::::::::::::`'''‐
::::::::::::::::::::::: |::::::::::ト、 `:ー─‐''´, |:::::::::::|:::::::::::::::::::::::
:::::::::::r',二Yヘ ::::::::ト、` ‐---‐'´ノ|:::::::::r'Y二.ヽ::::::::::
::::::: {. -ー{_ノ:::::::::| ` ‐-‐ '´  |:::::::::し}ー- }::::::::
:::::::; ヘ. ',二j )‐''フ|          |く⌒(〈こ¨ 人:::::::
:/:{:::::ヾ=イ::::::|oレ;:====、、 |o|:::::::ヾー''´:ノ:`ー
:::::::::`::ー::フ′:::|:::|´∠二二\ヾ;|:::|::::::::::‘く´::::::::::::




         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○).  (○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )   (やる夫は……やる夫は今、何を見てるんだお……?)
    | u    .` ⌒´     /  /  /  /
    \            /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙'

735システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:33:00 ID:AyUkGY4I0

     /         ∧   ::   :::\
     /      / /| /:: | |     ::::\
.     /::  ::  / | /:| /:::: | |::| |\:   ::ゞ
    /:::  /|./─|/ :|/:::   _|_|─\  :::ゝ
.    |  :/::/__ ̄ U    __ \:: ::|
     | _|_/__\___/__\_|_::|
..   l⌒| | |.( ̄ ̄o .|   |. o ̄ ̄.)| | |⌒l      「(国民を守るべき衛士が、幼子を蹴り上げ……)」
..   || :||:|: \──/ ̄ ̄:\──/ :|:|:/ |
.    |δ||  v ̄ ̄ /  v::::|:  ̄ ̄ :::::||:6:|
...   | :)|      /   ::::: |:    U ::::|:( |
     ゝ_|       (_ :::::_)     :::::|_ノ
.   /:: |    )( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)(  :::::| ::\
... /::::::::::|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     :::|::::::::::\
/::::::::::::::|\      ──      ::::/|::::::::::::::\__
:::::::::::::::::::| ::\            ::/:: |:::::::::::::::::\:::::::
: ::::::::::::::::|   ::::: ̄ ̄──── ̄ ̄:::::   |::::::::::::::::::::\::::




                            .ィ
                          /, |       /!}
                > ´  ̄ ̄/,. !i < /  l.!
                  /         !,、.,ィ.へ  `` . リ
               /       ,.ィ´i !   V   .≧ 、
            /     /   ! l.    、   ヽ\\
            |    ,.      |l  ,    .|ヽ   '., ヽ`.
            |  ,'./   /  | マ |ヽ.   i, 'ヽ. i   }  ∨
            |  /,    ,'  __|__マ!. ヾ  |.,,ォ ', !  !
            } ./ .|,.ィ  i! ´ _i___!i.: : ;| リヒリノ .レ ト l
            レ' ´.リ |  !i  イ lヒリ ゙ : : レ': : : }   ハ.|
          r_´_.ニニ二|  !l    !i: : : : : : : : : .ハ  | i!   「(それに対して、何を言う事も許されない……)」
               /  ̄ ̄ハ ! :   lレ: u: : : : : : /  }  |
           /     マ ハ  .| 、.: : : : ´./.!  , .;
             /  ノ{  i| '.,.ハ   |^^ {` ー ' {.   ! /
           / /  ヽ. ヽ ヽマ |.、_, 、__/ ハ  レ′
         / /::; '´  ̄`ヾ.ヽ `.ヘi!::::::::::::::::::::V. ',ァ- 、
         //::::::,: : : : : : : .` .| .|::::::::::::::::::::::::::::ヽ ハ: : : ヽ.
      // ;:::::::::i: : : : : : : : : リ .!` 、::::::::◎::::/ ヽ }: : : :ヽ.
       // ;:::::::::!: : : : : : : : : ;  |: : : : `  ー ' : : : : 、_: : : : :r'、
      ; /  l::::::::rv‐vヘ.ィ /´;  , : : : : : : : : : ヽ: : : : : : `. <::::ヽ.
      ; /  ヾ::ィ芥、::::::≦;  !  ; : : : : ,, ィ彡" r'ニアOマフミゞ.ヽ::::ヽ.
    ; .     |:::::::::::::::::;  l.i { _ィ彡 ´ ハ::::::::::|!i ヾ::::::}  V:::::::ヽ.
    { ヽ    |::::::::::::::::, ハ |!i l,/       ハ::::::::}´ リ;::::::'   }:::::::::::::ヽ.
    ヽ  ヽ.  Y !:::::::::::::::,  ! l ト        ハ:::ソ::火::::;ノ   /、::::::::::::::::ヽ
      ゝ ,,  リ|:::::::::::::::,     ! |、ヽ.     __ ,ィ イ  `ヽ __ イ≧\::::::::::::::∧
     {     !:::::::::::::,    l l マ   ̄ ̄     , - 、__ { リ,rく ノ .>::::::::::::::∧

736システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:34:00 ID:AyUkGY4I0

        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ   (こんな……こんな事って……)
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿




       _ヽー-v-─‐z._
      ,>  `       <.
.    ∠       /v、     \
    /    ,.イ ./   ヽト、ヘ、  ゝ
    7  ,.イノコ/‐ u ,!エ、ヽト. ゝ
.    1 /_/, == ヽ_/ == 、ヽ__! |
    /´l.「 ヽ.ー-゚ノ─ヽ.゚-‐',ノ l.「iヽ   ……?
     {.i´|| U  ̄ l v' l  ̄ u ||`;リ
    ヾ:」!  、 └‐-‐┘  ,.  l!ソ    御子よ、どうしました?
.   / |  } (二ニニニ二) {   ! \
-‐'''7    ヽ. ´   ー一   ` , '    「'''ー-
  i      |`ー-、.___,. --イ     |
  .!     |             |      |
  !     ,ト、          ,ノト、    |
 l    , ィcト、.`'''ー---‐'''´ ,.イo、\  │

737システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:34:39 ID:AyUkGY4I0

         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \     (と、とにかく今は……)
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ    あ、安藤! これ以上暴力を振るうのは止めるお!
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|




           ___    _
           >ー:::::::`´:::::::::;Z._
        ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::<
         /:::::::;ィ::ィ ;ハヽ;::::、:::::ヾ
.        1:: ノフjメ._v _>ヘ「ハ. :↑    え……? な、なんで……?
        h.ヒr',ニヽ_r'ニ.ヽ.〕r|
         |f|| い)-゚ノーペ-t)丿||f|     平民ごときを蹴るのをどうして……?
.        ,ゞ|:u  ̄〈_ _ _〉 ̄ u |K
    _,, -‐''7::: | )(二ニニニつ( |:::ヾ''‐- 、._
‐''"´:::::::::::::::i:::::::ヽ._   ‐一  _.ノ ::::::i:::::::::::::::`'''‐
::::::::::::::::::::::: |::::::::::ト、 `:ー─‐''´, |:::::::::::|:::::::::::::::::::::::
:::::::::::r',二Yヘ ::::::::ト、` ‐---‐'´ノ|:::::::::r'Y二.ヽ::::::::::
::::::: {. -ー{_ノ:::::::::| ` ‐-‐ '´  |:::::::::し}ー- }::::::::
:::::::; ヘ. ',二j )‐''フ|          |く⌒(〈こ¨ 人:::::::
:/:{:::::ヾ=イ::::::|oレ;:====、、 |o|:::::::ヾー''´:ノ:`ー
:::::::::`::ー::フ′:::|:::|´∠二二\ヾ;|:::|::::::::::‘く´::::::::::::

738システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:35:30 ID:AyUkGY4I0

        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \    そんで、よつば!
   |     |i!i!i!i!|   u  |
   \  u  |;;;;;;;;;|    /     大丈夫かお!?
    /    `⌒´    \
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |




                   __,,,,,,,,,,,,_____,ー-、,,_
              ,,, -''っ'""     (,_ ''ー-- ''ー- ,.・.
           .・/  ,,ノ''"ソ   ハ('""''ー--     ヽ、・
         ∴/     / /  /  ヽミー-、、       `丶,
      ..,,,,,, /     ノ .//  /    ヽ ヾ>-、,..       ヽ
   .,, -''../ /     /<、-/ |  / ,,,i   ,m_rt-'-<~'i、ミ、,    ‘丶、
  '" /  /    ノ /|  ∠,,,|~/""       Vー'''''''ヽ ヾヽ丶      \
  /   /    /  /i /.,,;;;;;;;;,,.~` 、     /..;;f""'i;;;;,`ヽヽ ヽ      \
 ー-,  /    / / レ ;;;;i"  Y;;;;  }     { :;;;ニー彡''i;; i ヽ |\      い
   / /     / / { :;;;r.ミ;;;;〆j;;; i      i,"ミ;;;';;ゝ;;ソ .}  i、.\      } :
   i  /     /|./   !, 'ミ;;;;';;;;`,,ソ' j       \_r''''''''">i  i ヾゝ     i :    うぅ……やるお、よつばはもうダメだ……
   ~~/     i |'   >fーー ー~~y          `、,,_,,,,,_ノ   ト--V     /
  .・/     i      !、,,____,,,,ノ  ,,/'~""'-ー丶、.       | /     .i :     よつばのいさんは、ゆいごんじょーのとおりに……
  :/     i },          ,r'"         ヽ       |/      i :
  : |      i |}          f'           .'i      レ      /:
  : i      `、          |            !     ./|      /
  :ヽ       'i:ヽ        .}            }    /: : i     /:
   `、       !: :ヽ        |            !  /: : : .、   /.i :
   ∵ヽ     | : : : :'.、     .!           ノ  /: : : : : :'.、_/: : i :
     `i、    /: : : : : : : : '.ヽ  `、___,,,,,, ---、,,_,,-'"  /: : : : : : : : : : : : : : i
      i: :\ /: : : : : : : : : : : :ヽ,,,,___       _,,,,'.': : : : : : : : : : : : : : : : : : i :
     i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ー,,,""'''''''''''''"""ソ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ソ
     <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-.-.-.-.'''"": :;シ 、: : : : : : : : : : : ...-""

739システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:36:04 ID:AyUkGY4I0

              /   ___ノ!|ヽ __ /`', 、 __.へ!i
             ,.'   __,r.' ,'. !|        ,    !|ヽ
            ./  , ´    /  i!        i     !|  ',
           /  /     ./   !.,'      i.   ,'/  ',
            ,   /        /   /i   j,.ヘ イ.    ',
         ,  !         /_ .-‐/.ィ  .イ: : ', !  i. !
         i   ! ,1       /   /:.'j. / ,.ィfチ    ト !
         !   ! !|       リ-t=ー-、.i ./ /!ソ 'ム   lヾj
           j >! 「!    ´ゞ;ニソ   j/: : : : : :}ソ    !
        (´r: : :.| | !      | : : : : : :./: : : : : : ,    |
           `  ー!| !    i: : : : : : : : :,.ィ: :/ i    |    ……冗談が口をつくぐらいなら、まだ平気でしょう。
        ,    レ  !     !> ; : : : : : ./  |    !
        /    !   !     !,.ィヘ,≧ー- '     i     !    ドワーフ族は、身体が非常に頑強にできていますから。
         /      ',  !   .!::::::ィ__ム:::',     ト、!  /
             ',  .!   l::::::ゞ-ソ!:::::::`ヽ.  j: :| ,'     御子よ、この子を気にかけて下さり、ありがとうございます。
      ,         ハ   ! |:::::::::::::::::{::::::::::;r', /: : !/',
             /::::i   レ':::::::::::::::::::::::::::::;: : V: : : : : !
      /    /¨''ー-!  |::::::::::::::::::::::::::::::,': : :. ゝ: : : :.!
    ./    ,.' : : : : : :.!  |: :.` :''ー-、::::::::/: : : : : : `: <
        /: : : : : : : j  !: : : : : : : : `¨´: : : : : : : : : :,.ィヘ
       ,: : : : : : : :/ /: : : : : : : : : :.ヾ{: : : : : : : :/::::/ ヽ
         {: : : : : : :/,イ: , : : : : : : : : : : : .\: : : r.:'::::/     ',
         .',: : : : : /: : : ,': : : : : : : : : : : : : : : 'ャ-≦´、       }
         .ハ: : : : : : : : :{_:_:_:_:_:_: : :,ィf≦ゞrァ⌒}.`ヾシ      /
          .ハ: : : : : : : : :マ三三三彡"´  ゞソ.:!: :}      イ
        ハ: : : : : : : : :.',       `ヽ.  ヽ!ノ    .ィ
         ハ: : : : : : : : :.',           ∨ ,ィ ´ ̄




        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \    う、うん……でも、もう今日は実験や講義の雰囲気じゃなくなっちまったお。
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /    とりあえず、この場はお開きって事で……
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |

740名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 21:36:39 ID:GVfU81lo0
やる夫のいた世界も100年前はこんなもんだってばよ

741システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:37:00 ID:AyUkGY4I0

                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |    はっ、かしこまりました!
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//
           {   O }ソ ̄フ⌒y' ̄フ,///////'   / ∠_/  ∠___//




          -=ヽ/- _
         -      ヽ
         ノノノ.ノヽヽヽヽ    ……んだよ、折角俺が心配してやったのによ。
        ( |-?=?-| )
         | .ノ U . .|     一体、どこに怒る要素があったんだ?
        .人_´ ̄ ̄`_人
    / ̄ ̄.| |  ̄ー ̄|  | ̄ ̄ \
  /     |_|\_/|_.|     \
  |\|     ||      ||.___ |./
  .|\.|     ||.((.二.)).|||☆☆☆||/ |
  |  |     ||.====.|||☆☆  ||  .|

742システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:38:00 ID:AyUkGY4I0

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !










ウォハム王国城下町 〜最高級の娼館〜


              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

743システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:38:35 ID:AyUkGY4I0

: : : ヽ: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:ヽ:.: : ヽヽ      //,
: : :.:.:ヽ:::::.:.:.:.ト、:.:.:i.: : : : :l: : :.:.ヽヘ   / / '/
:::::::.:.:.:iヽ::::.:.:.:lヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.ヘヘ, '/  7  /
::::::::::.:.:〉 i:::::.:.:l ヽ:.:l、:.:.:l:.:.l:::::.:.:.:.ヘ  7/  /,
:::::::::::::i  l::::__l_l__l_::l:.:.l::::.:.:.:.:.ヘ∠/  /
:::::::::;-l―土-+−l‐7:::::l:.:.:l:::::.:.:.::.:.:.l'´  /
::::::'、¨::l二_l::/  l:/ l:::.:l:.:./:::::.:.:.:::.:l:.l   7
ヽ:::::lヽ、==l/-―ナ>/::.:/:.::::::.:::::::.:l:l  = ',
 ヽ::l   /  ̄フ¨´//::/:.:.:::::::.::::l::::ll-−'¨
.l  y       ノ/;:イ::.:.::::::::::::;:li::ll>    ……浮かない顔をしてらっしゃいますわね?
ノ         //:::::::::.、―'l/lハ:.ヘ
          /i:::::':.:.:.:.i```リ:::.ヘ:ヘ
ー一'´     イ:::::::::::::.:.ト 、::/::::::::.:i.:.i
 `     , ' lフ 'l::イ::::.:ト l:::/:::::::::::::l:.:l




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \      あ、分かるかお?
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |    なーんか最近、色々な事が起こったせいで
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ             楽しい事が楽しめなくってさー。
   /   /

744システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:39:00 ID:AyUkGY4I0

            ノ:::`ヽ
       r'´:::Z< ̄`:::ー-:::ヾー─- 、
       ノ///:::::::::::::::/`::::::_:::::::::::::: ̄ヽ
   、_/:::∠ _.二 7_ =/ニ二、 \::::::::,、::::::ト、
    //::::::::::::::/:ノィ'::/:/::::::::::ヽ、二 ,、ヽ∧_:::ヽ
    //:::::::::::::/::::::::/::/!::|::::::、::::::::l:::::::::::\∧ハ_ !
.   //!::::::::::::/:::|::::/斗十ト::::::ヽ::::大トL::::|::::::::::\l
   l/|_`>- 、l::::::!:/ リ | ヽ:::::::}/  |ノ|`メ:::/::!::::::|_, --ァ
     ̄ > `Xヾ ィ==ミ  \:ト 二、 !/|:/::/::::∧--ー'彡
      > /∧ヽ、:::::::  /  ´ ::::: ` イ:::/:::://  <
        ̄/!:::弋     ′     //::/::/ノ   〈 ̄
        |:|::::::::\  >=、ァ __ ∠ィ_´__::ト、}`゙~',
        {::\:_|__::>'´ , 、 \---------ヽ:::::::::::::}    溜め込んでいる物がお有りでしたら、私で解消されては?
        ,>- '    ̄rー ミ  ヽr ニニ' 1  |::::::::::/
       /  __/_, ̄\ ヾ、_ |--t | |.  |:::/      睦事でも対話でも、準備はできていますわ。
      ヽ   ゝ-、 ヾ>  ヽ |/:}.r一l |_ 一ト= 、
       〉     〉   , -ー'::// /ニノ      ヽ
      , -─ーァーァ'  r-':::;-ー'// /7/        ',
     /   ノ:::∧  /::/ /:::ト-〈^!         }
    {  | /:::::∧_`フ:::/イ´::::::::| 「゙| |        /




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \    ん、んー……対話っつーか、質問なんだけどさ?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     この国とか、ファンタジアースの身分制度ってどうなってるんだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      やる夫は、四民平等の国から来たから、いまいちピンと来なくて……
  \ /___ /

745名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 21:39:10 ID:GVfU81lo0
で、娼館だもんなあ。社会的弱者が働いてると思わないんだろうか?w

746システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:40:01 ID:AyUkGY4I0

         , -- 、_ ,, -、,,,,, 、
       /-‐-, 、  '   \ ヽ 、
     /¨   /        \ `ヽ
    /  /  i   ヽ 、    、ヽ  ヘ
    ヽ/ ./ l ll   ヽ ヽ ヽ .ヘ ヘ  i ,  ' 7
    // / l l l ヽ  ト、トヽ .ト、 ,l 、v ' ´ 彡' /
.  ー7/ i  l-l+ト、ヽ lキナl¨i7Ti l  l L-'´ /
.   ll  l l l トキキヾ、ヽl =7¨l/メl l lハl、  彡
.   ll`ヽ ll  ll 弋_ノ `ヽ` .ゝ=ノ'lイ リ ノゞ/
    l   ヽ 、l`   ノ     ノイ/ lノ='´ヘ
    ヽ   l.l `ヽ  ---    /イ .l/l l  .〉    ……そうですね、例えるなら「天と地」でしょうか?
     `  l.ト、l、丶、    //〃メ、リ  ./
        , ヘへ /l` - '´,, - 7イ ノ, ヽ `、
       /((、  .l「 ¨ ¨´_ , - '´彡 ' .ト  ヽ
       ト `_ミ===-¨‐ '二 '   l`i  ム
      /l  ¨ ー ‐ − ¨ .、r、ヽ>/丶、
      /  >、_       ヽ=ィl l´    `ヽ
     ./, ノ '   フ ー ' 7 '' ¨´├'j ト
   , ' ´   , '  , , -/    l ト,l l
 /    / , '  /     t_i `l
./     /  /  /       !、l l ト,




..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    え……?
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

747システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:41:00 ID:AyUkGY4I0

         l:.:/:.:.:.:.:.:.  ..:./.:.:..     ...:.:.:.:..... :.ヽ.ハ     ,, - ''
        ,.ノ/;.  / .:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.ハ:.:i,, - '' _
     ー=-//:.:...:/:.:.,:.:.:.イ:/,:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.i:.:.:ハ:.:.:ハ_l,, - イ  : : : :
       ヾi/:.:.:.:.:i:.:.:.i:.:.:イ:.il:l:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽi、:.:.l:.:.,:ハ:.:.:.:i/ //. . : : : : : :
       i:i:.:.:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.l--==- 、:.:.ハ:.:.,,ムト--l:.:i:.:.:l:.:.:.:l/  7: : : :,, : -::
       l:l:.:.:.:.:.:.l:l:.:.:l:.:l l ヽ\:.:.:.:.:i´/ ノl;./l,イ:.:.:.:l:./l  /- ::'':::::::::::::::    貴族の方々が天、我々平民が地。
       ll  ̄`=-lヽ:.ヽl -===='\:.:トl===‐,イ:,:.ィ 7 /イ::::::::::::::::::::::::::::::
__........、 ,, - l'' ´ 7,ヽlヽヘヽ     iヽl    ノ/:,ハ,、ム':.:.l:::::::::::::::::::::::::::::::    天が上で地が下。 これが真理、これが全て。
/ヽ,, ヘ、: : . . . . /:.`ート:.`ー、     '     イ:/:.:.l:.l:.:.:.:.:.:l::::::::::::::,, - ''
/ヘ  ヘヽ.: : : : :〈:.:.:.:._ll:.:l、:.l\   ー−'  イイl:.://、:.:.:.:.:.ノ- ''          天と地が交じり合う事は無く
  ヘ  ヘ ヽ ,, - ゝベ_l 、lヽ _ー`- - - '--/ イ//  >、/
   ヘ  ヘ i:::::::::f`ー - - .... ___......  ...../-‐二._ l             仮に何かの影響を及ぼす事があるとすれば
ハ  ヘ  ヘ. l:::::::::l                 ._f_...、 i l
. i   ヘ  ヘ.l::::::,, l                 ‐-t ィl リー- ....          それは「雨」のように、天の気まぐれによってのみ起こりうる。

748システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:42:00 ID:AyUkGY4I0

: : : ヽ: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:ヽ:.: : ヽヽ      //,
: : :.:.:ヽ:::::.:.:.:.ト、:.:.:i.: : : : :l: : :.:.ヽヘ   / / '/
:::::::.:.:.:iヽ::::.:.:.:lヽ:.:.l:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.ヘヘ, '/  7  /
::::::::::.:.:〉 i:::::.:.:l ヽ:.:l、:.:.:l:.:.l:::::.:.:.:.ヘ  7/  /,
:::::::::::::i  l::::__l_l__l_::l:.:.l::::.:.:.:.:.ヘ∠/  /
:::::::::;-l―土-+−l‐7:::::l:.:.:l:::::.:.:.::.:.:.l'´  /
::::::'、¨::l二_l::/  l:/ l:::.:l:.:./:::::.:.:.:::.:l:.l   7
ヽ:::::lヽ、==l/-―ナ>/::.:/:.::::::.:::::::.:l:l  = ',
 ヽ::l   /  ̄フ¨´//::/:.:.:::::::.::::l::::ll-−'¨    そして、天が地に罰や施しを与える事があっても
.l  y       ノ/;:イ::.:.::::::::::::;:li::ll>
ノ         //:::::::::.、―'l/lハ:.ヘ      地が天に何かを成す事はできない。
          /i:::::':.:.:.:.i```リ:::.ヘ:ヘ
ー一'´     イ:::::::::::::.:.ト 、::/::::::::.:i.:.i      ……それが、私達地に生きる――土の民の認識です。
 `     , ' lフ 'l::イ::::.:ト l:::/:::::::::::::l:.:l


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  考えてみれば、そうおかしな話でもないんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

749名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 21:42:31 ID:MnKw2GNI0

もっと安藤と話すか、他の貴族やら教育係の人に聞いた方がいいんだろうに
なんで高級娼婦に聞くかね

750システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:43:00 ID:AyUkGY4I0

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ   …………
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!




    }:.:.:::/ :.  :.:. ..:.:::.: :.:.  :  :.:.:.::.: :::.:.:.:..:::.:.ヽ
    /:./:. .: ::.:. : ::.:.:.:::::l :.: :.:.:::.:.. :.:.::::.:::::.:.:.::::.:.:::.:.::::ヽ
   _//:.:.::: .:::/:.:.:::::.:.::::::,::l:: :.:.:::::::.:.:.:.::::ト、、::.:i:::::.:.::::.:::::ヽ   _ -ィ
`=-/:.:.::::.:.::/:.:.::::::l::∧l l::l、::.:.:.:::::::::::.:.ム=キT¨リl::::::::::::::::├ ¨- ¨/
ヽー/:.:.:.:::::::::i:.:.:.:::::::l__l-l+-トl:::.:.:::::::::::::lr ひ`サメl::::::::::::::::li:l' ´ ノ’
 >i:.:.:.::::::::::l::l:.:.:::::::l ll l __L_丶、:::::::::::l lヘ__ノ } l:::::::::::::::::l:l  シ
 `lム`丶:::::l::l:.:.::::::::i l z=―‐ミ ヽ、:::::lヽ ゝ‐-' /:::::::::::_;:/ l <
  l.l ラ ` `l:.l、:::::::::ヽ      ノ ヽl    /イ::::/< / .l<´    そうした質問をされるからには
  l  ̄7_  llミヽ::::::::l `       _    ./::;/ヽヽ' ヘ`´
   l   ‐=-l、/〉、:::\    ´ ̄__    /イ::::::::.:.:.ヾ、        御子は平民に対する貴族様の扱いをご覧になったのですね?
       l ,ゝ― ヽ、=-         ', イ::::::::::l:::::::::;i
    , ' ´      ヽ、::l\      / l::::::::l::::l::::::::::l      地球からいらっしゃった方には分かりづらいかも知れませんが……
   /          丶-―`ー――---!-::::_:l::::l::::::::::l
  /             ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : ¨: :ー:-'.、     それがファンタジアースの在り方です、変えられない宿命ですわ。


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  つい近代まで、日本だって士農工商の区分けはあったし……

  英国なんて、今でも貴族制度があるお。

  人類史全体で見れば、身分制度自体はむしろ普通。 あって当然なんだお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

751名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 21:43:29 ID:3lo1rmPE0
いろんな人の意見聞いといた方がいいとはおもうけど、娼婦は……w

752システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:44:00 ID:AyUkGY4I0

         , -- 、_ ,, -、,,,,, 、
       /-‐-, 、  '   \ ヽ 、
     /¨   /        \ `ヽ
    /  /  i   ヽ 、    、ヽ  ヘ
    ヽ/ ./ l ll   ヽ ヽ ヽ .ヘ ヘ  i ,  ' 7
    // / l l l ヽ  ト、トヽ .ト、 ,l 、v ' ´ 彡' /
.  ー7/ i  l-l+ト、ヽ lキナl¨i7Ti l  l L-'´ /
.   ll  l l l トキキヾ、ヽl =7¨l/メl l lハl、  彡
.   ll`ヽ ll  ll 弋_ノ `ヽ` .ゝ=ノ'lイ リ ノゞ/
    l   ヽ 、l`   ノ     ノイ/ lノ='´ヘ
    ヽ   l.l `ヽ  ---    /イ .l/l l  .〉     何故なら、貴族様は平民が居なくても
     `  l.ト、l、丶、    //〃メ、リ  ./
        , ヘへ /l` - '´,, - 7イ ノ, ヽ `、     魔法があるから生きていけるからです。
       /((、  .l「 ¨ ¨´_ , - '´彡 ' .ト  ヽ
       ト `_ミ===-¨‐ '二 '   l`i  ム
      /l  ¨ ー ‐ − ¨ .、r、ヽ>/丶、     対して、平民は貴族様の魔法に頼らなくては生きてはいけません。
      /  >、_       ヽ=ィl l´    `ヽ
     ./, ノ '   フ ー ' 7 '' ¨´├'j ト         だからこその格差、決して埋まる事の無い彼我の距離。
   , ' ´   , '  , , -/    l ト,l l
 /    / , '  /     t_i `l
./     /  /  /       !、l l ト,        ……御子よ――


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ましてや、血筋がイコール社会的実力になる
  ファンタジアースでは尚更だお。

  ……と、そんな事を考えていたら――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

753システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:45:00 ID:AyUkGY4I0

            /::::::::::/:::::::l :::/l ::::::::::::::::::::::::: ヘ:::::::::::::::::: ヘ::::::::∨
.       `ー,':::::: : /:::::::::|l:::| l.::∧:::::::::∨::: : ∧::ト、::::|::::|:ヘ::::::::::斗 '''"~ ̄ /
.         ,. ::::::::: |:::::::::_|.!::|_|::l ∨::: : ∨::: : ∧l_|:斗:::|::::l ::::::::l.  彡   /
        l:|:::::::::: |::::: l:::|.ヘ| .v`ヽ∨::: : ∨ ./∠l レ' :::|::::l ::::::::|. ∠  ∠
        l:|:::::::::: |::::: l:::l,ィ云示ミ \:::::::l:: lx行示ミx.イ::::|:::::::|:|/  , '´
.          |l ‐-≡|:|:::.ヽlヾ 乂:::ソ   ヽ .ト、{ 乂:::ソ〃;:::::::::::l:|:| , '´
.          |l   ≦|:|ミ :∧           }ノ       /:::://リl:|'´:.
.            `7|:|:: /::::.\       ノ      ∠/:::ヘ.7 リ::::::∨       ・ ・ ・  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
           .:::レム{:::::::∧              /| /::: : }:::::::::::::::::.    ――貴方は、何故ここに居るのですか?
           〈:::::: : ヘi::l:: l.\     ー 一    /. レ/ ./リ::::::::::::::::/
          ∧:::::::_∧lヘl.二|>.        <| 丁.7/‐- :::::::::::/
              , '¨丶ニ≧ ‐ -!  ≧ __ ≦  !-‐/≦ <.`ヽ:;
.             l 、                        , l
          |.   三===.  ───  ==二.l⌒ヽ  |
          |                      二} |  |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ――カルラさんが、今までにないような視線でやる夫に問いかけて来たお。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

754名無しのやる夫だお:2014/09/20(土) 21:45:31 ID:lkXmJnlg0
やる夫が平民の女と片っ端からやりまくって子供作りまくったらえらい事になるんじゃね?

755システム ◆hh4F2FkVUA:2014/09/20(土) 21:46:01 ID:AyUkGY4I0

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ     ……パピヨンにも、似たような事を聞かれたお。
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)    こんな直近で、随分と息が合ってる事で。
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\




   l 、_ - ; : : : : .:./: : ::/: ::l: : : : :::::::::::::::::: : : : \: : : : :ヽ
、   `ー-//: : : :://: i: :.:;l: :/l: :l: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.: l: : : : :ヽ: : : : :ヽ
ヘ\`丶、i:/: :.:.:.:/ i: :l: :.;ムl=l=lキ: :.:.:.:.:.:.:./l:. ハ: :l: : :.:.i: : : : : ハ
ヽ` \ ミ l/ヽ、__i: : l: :l'