■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

現代文学のちょっとした裏話・第2巻
1 ◆KcxXifcWsc:2011/08/14(日) 23:49:43 ID:wCJn2lAs

                     ___                     ,-y‐ァ─‐- 、
                , . :‐: : ̄: : : : :.`丶                 ,ィ7′ /o ,、-‐─`、
              /: :./ : : l: :.ヽ:.ヽ : : : :ヽ               l_   |_./ノ从iリ从、`i
         .     /: : :./:l: : : |l.: :.ハ :ハヾ__ _ヽ       _.、-─'" ̄  ヽノ ,∠匕ノツ厶、 リ
             〃: :./|l:|.: : :ハ: :: :ハ: :ハヾー--:ハ      「   ヾー…  / f′ィテ  くzト ノノ
            ハ:.: :.リ⊥  ̄/イ´ ̄`  }ニ彡ノ:ヽ    .|     \ _,.、イぅ'! . .  , 〉 ,!′
         .   {! L ハ 〃Y   r===、 Yr‐ 、:.:.ハ   |      i | ヾ,ゝニ!   -=- /  
               }〃丿,       〃.ぇ } }: :.:.l   |      i |  ア」」 \  `´ /   
               ├‐' r-―┐   !  __,ノ!: : : l  . |     /i ト、_ソ  ̄lミー‐〈ヾ、
                 ヽ  ∨  ノ     ィク_ |ト.: : l    l    / l 'ヘ l l  /|ヽ `''´ )ハ、_
                 >、 ー  , ...::::|⌒ヽ. |!ヘ:.: l .  l     l   l l /ヽl`ー一',仁_   ̄三T 、
                    `¨T:::: _,.ィ゙!    l! V::|   l     l    ll  i へ 、  ,,   ̄_ 、    ィ
                    「V´    ,⊥-==ー戈{ .  l    l      .   \} V (
           / /    \  ヽ    `ヽ                      |ミk  ,>' ´ ̄ ./ `>、
            , ′          \ ヽ       現代文学のちょっとした裏話   从ミ}イ  / / /   `フ、
        /     i、    ト、  \ハ       ハ                     , ´/ / /   > ´彡ノ~ニミ、
          /    i  i、\  ト、 ><i |   |   ∧     第 2 巻        ∨        _´彡 /:/  ヽ .\
       ' /  i八 _|_ ヽ\| ´ ,≧=ミ|   |     \   , -―――- 、._     . 从_     |    イ//,  ∧   }
         i/!  ii  ヽ|     癶rし'}ノ| / ` ヽ、     /           `ヽ、   トミ、 ` ‐- .i|, -,// .//:///リ,  l
        { | 八  {汽心     `丶,ィ'    ヽ  /                 \  トミ、   |  il ト l,' /{/ ,=示,l /´l ,、l
       八 {  ヽ.!、ヾ゚' ,        /   ,ヘ  |, '                     ヽ}}\\ l  il、o | ' |i 八少'! ノ,/ ||
         )ハ  }ハ     _     /  /  し/, ヘ                      ゝ、 ヽ  l   i|. リ   ´    l /リ l'
              ∨ヘヘ.      . /   i   /   ヽ                   ヽ   l  il    し     ,.ゞ
                 ? `ト . _ .ィ   |\/     ト 、       ,-='、':'       ',  `ソ,  il       〜/
                \{`ヽ从ハ   /   ,ィヽ _ :':;;;;;,:i      .゙、;;;;::',ノ         i / l.  l|> _  ,イ
                           ト、_ ?'''''′       `''''''"          l
                              ヽ                      ノ
                           /7_ ,ノ  (    j     )          /
                          / 丶      `ー-‐'´`ー-‐'′       /
                         /     >     ``ー- -‐'"        く     (偉大な編集者たち・その1)
                        /    /                     ヽ

2短編祭投票日は16日だお!:2011/08/14(日) 23:50:24 ID:wCJn2lAs
                                    i
                  / ⌒ 丶           i
                 /        丶         l、
              /            丶        l;
               .|               ヽ       ノl l
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;
      |||      |                       |     '! |                    |||
      |||      |                       i  . ノ .| 現 代 文 学 の       |||
      |||      |                     /   |                      |||
      |||      |                    /   l   ち ょ っ と し た   |||
      |||      |                   i   /   .l                    |||
      |||      |                   /   l                裏 話  |||
      |||      |                   /    l                      |||
      |||      |                   !/     l               (第2巻)ノ||
      |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
      |||      |                    !  l                  / /!!!
      |||      |                    i   i .l                   /   / |||
      |||      |                     ! l               /    / |||
      |||      |                     l                /    /.....|||
      |||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
      |||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
      |||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
      ||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|


※このスレは、戦後の作家たちのエッセー等から、その生き様をやる夫化したものです。

 その中でもある編集者であり作家の生き方をメインに据えています。

【前スレ】
現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)
 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1307188912/

これまでの話は、以下のまとめサイトでまとめていただいております。
「ぶらりとやる夫」様
 ttp://buraritoyaruo.blog79.fc2.com/blog-entry-386.html
「やる夫短編集阿修羅編」様
 ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-category-72.html

3短編祭投票日は16日だお!:2011/08/14(日) 23:51:42 ID:wCJn2lAs
         ::     :: : : : : ::: :.: .: .:.:.:::.:::; 、             | | i
          ..,,::::::.:.: .: :    : ::: :: : :: ::::::;  `・、          | | i
           ;.:::.: .:     ;;:;.:.: .:.:.:.:::::;´      ` '' ・ー----|◯ !
          ::: .:: : ::.:.     . ..:::;:::;'´               | | i
    ====::.    :::.:..  ;;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:≒====≠====| | i=
          ::    ;::;'   .:.:.:;;;;:.:.:;:;;'      ii            | | i/
          :.   "     ,;;.:.:.::;'´´´´´´´ii´´´´´´´´´´´´´゙| | i`ヽ_
           ゙:. _n__, '´_: , ‐-、 `ヽ_______ ii        `ヾl | i  { `ゝ
              ¶ i i      {{r、uj}     i i i ====== ニ| | i=!=
         ,. '´ li i_i  __∩ `ニニ´    i_i ト、__          | | i‐+‐
       r'´ ´(>r|‐r;i‐‐p=‐ ´ ̄ `   ‐‐‐=ヽヽ       | | i ii
       i'´l_`ヽi´i=ァ' / ´_____ ° 、    L_|! ̄}─r‐┬rl | i__jl_
       i (K); ii' / / /  l!D 51498 i!    〈l' `)iヽ! ̄`'''¬ー--i ┤!___
       i!: |ニ|i:;ijヽ ,' ,'    ̄ ̄ ̄ ̄     '   ! ! ̄`'''¬ー‐-i::::|..!___ ̄
       i!: l__jiノイij ヽ{ {‐、   (X))       :  i l ii ii ii i; ;: :::::i::::i::i ::
       i!i l:l  i   ', .   /`i!´   o  ij   ! ; ii ii ii i; ;: :::.:i:::.i::i ::         現代文学のちょっとした裏話
       i!i l:l  i   ' ,            ,'     i ii ii ii i; ::   ! !!i ::
       i!i l:l"""         ,,=、、          i!i! ;; ;; ;;   i ii:!          8月15日 正午より
       i!: l;|             {{幺}}           i!i!===‐-- ! !!: ___ 
       ヽ.:!      __________v ー'ヽ          i!i!      ;::::iョ      ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313333383/
        ii |il________ || ___i[] ̄´ii ̄´;; 。__      i!i!__       iョ 
          `|i!_____:__ || ____jj。  ji_ o  __o   i「「´i         iョ 
         |ii ii ̄ ̄ ̄  ゚:ll l「 `  :                 iョ 
         jii lf、 0     jj lj_j                 ,'´` ,. iョ  ,... 
          {{ |p ii_゚j_j__ ヾ.__             ..  ;:: .: : .:  `''´ `ヽ 
    ,..     .`r‐rー r────┐゚゚         ,::´  `´`、       ∧ 
`ヽ._,'  `"ヽ.: .: ┼''ー'┘      |         r;'.:.::.:..    ;     ||1l 
         .;;\___二二ニニ!      ___/::.:::. : .    ゙;;..:.   .||‐| 
  ,,,,______,,;; ; ;:::::::::;;;;;` t- 、、_   rー--=:::::.:.:..... _____,,,,,,. ..,,,.,,;;;__||2| 
  ∵∴∵∴∵∴∵∴∴:`'' ーo。.、j__  ̄}”””””}`"''''''''' ¬========ー─ 
      ∴∵∵∴∵∵∵∴∵∴∴∴∴∴”””"" ……‐---   、、、、_ 
”"" '''¬===──‐----゚ ° ゚  ゚

4短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 10:03:01 ID:9G3bvJqQ
編集ってのは何処まで手入れるんだろね。
添削したら別物やんってなりそうなモノもあるやろな

5短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:01:19 ID:XR3n4QoM
こんにちわ。

>>4
編集の仕事については、それこそここの編集者の考えによって異なるところもありますからね。
誤字修正レベルを超えることをしない人もいれば、かなり深く踏み込んでやる人もいる。
それこそ小説とノンフィクションで、編集のあり方が変わってくるでしょうし、新人作家とベテラン作家では変わってくる。

まあ文芸・書籍系の「名編集者」の多くは、
だいたい作家に「書かせる」ことが上手かったりするんですけどね。
このスレ的には宮脇先生が北先生に「航海記」書かせる辺りとか。

6短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:01:41 ID:XR3n4QoM
と、いうわけで、投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

7短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:02:01 ID:XR3n4QoM
【あの夏の日のこと……】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 朕、深く世界の体勢と帝国の現状とに鑑み非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、
 茲(ここ)に忠良なる爾臣民に告ぐ 


 朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり


 抑々(そもそも)帝国臣民の康寧(こうねい)を図り万邦(ばんぽう=あらゆる国)共栄の楽をともにするは、
 皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々措かざる所曩(さき)に米英二国に宣戦せる所以も
 亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出て他国の主権を排し領土を侵す如きは
 もとより朕が志にあらず然るに交戦すでに四歳を閲(けみ)し
 朕が陸海将兵の勇戦、朕か百僚有司の励精(れいせい)、朕か一億衆庶(しゅうしょ=庶民)の奉公、
 各々最善を尽くせるに拘(かか)わらず戦局を必ずしも好転せず
 世界の大勢亦(また)我に利あらず、しかのみならず敵は新に残虐なる爆弾を使用して、
 しきりに無辜を殺傷し惨害の及ぶ所、真(しん)に測るべからざるに至る
 而も尚交戦を継続せむか、ついに我が民族の滅亡を招来するのみならず、
 ひいて人類の文明をも破却すべしかくの如くむは朕何を以てか億兆の赤子を保し
 皇祖皇宗の神霊に謝せむや是れ朕が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり


 朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し遺憾の意を表せざるを得ず
 帝国臣民にして戦陣に死し職域に殉じ非命に斃れたる者及びその遺族に想いを致せば、
 五内為に裂く且戦傷を負い災禍を蒙り家業を失いたる者の厚生に至りては
 朕の深く軫念する処なり惟うに今後帝国の受くべき苦難はもとより尋常にあらず
 爾臣民の衷情も朕善く之を知る然れども、朕は時運のおもむくところ堪え難きを堪え、忍び難きを忍び
 以て万世の為に太平を開かんと欲す


 朕は茲に国体を護持し得て忠良なる爾臣民の赤誠に信倚し、
 常に爾臣民と共に在り若しそれ情の激する所濫に事端を滋くふやし、
 或いは同胞排擠互いに時局を亂り為に大道を誤り信義を世界に失うか如きは、
 朕最も之を戒む宜しく挙国一家子孫相伝え確く神州の不滅を信じ任重くして道遠きを念ひ
 総力を将来の建設に傾け道義を篤くし志操を鞏くし、
 誓って国体の精華を発揚し世界の進運に後れざらむことを期すべし爾臣民其れ克く朕が意を体せよ

                                  (句読点等、作者による改変があることをご了承ください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:02:15 ID:XR3n4QoM


                  >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
          ┴───────────────‐ー┴ \l\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この度詔書が渙発される」
「15日正午に天皇自らの放送がある」
「国民は一人残らず玉音を拝するように」
「昼間送電のない地域にも特別送電を行う」
「官公署、事務所、工場、停車場、郵便局などでは手持ち受信機を活用して
国民がもれなく放送を聞けるように手配すること」
「新聞が午後一時頃に配達される所もあること」

前日午後9時のニュース、そして当日朝7時21分のニュースにおいて、
このような予告がなされていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:02:35 ID:XR3n4QoM


i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12時の時報の後、

「只今より重大なる放送があります。全国聴取者の皆様御起立願います」
というアナウンサーの声、

「天皇陛下におかれましては、全国民に対し、畏くも御自ら大詔を宣らせ給う事になりました。
これよりつつしみて玉音をお送り申します」
というNHKラジオを統括していた情報局総裁の声、

そして君が代が流れた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:02:47 ID:XR3n4QoM

                  >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
          ┴───────────────‐ー┴ \l\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
君が代の後、
昭和天皇自らが詔書を読み上げた録音盤(レコード)が流された。

その後、再度君が代。

そしてアナウンサーが再度詔書を読み上げて、放送は終わった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:03:09 ID:XR3n4QoM

===========================================================fi
.ミ//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/λ
ミ//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/ λ
//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/  λ______
/三//三//三//三//.ミ┌───────┐ 三//三//三//三//三/   λ──────
⌒@⌒`@⌒`@⌒`@⌒`|  駅 泉 今    |⌒'@⌒`@⌒`@⌒`@⌒`    λ______
                └───────┘               |      |   ||   |  |
________ l二二二二二二二二二二二二二l        |      | ̄ ̄ ̄|  |  |
| || || || || || ||  |_||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;|.            |      |―――'、  |  |
~~~~~~~~~~~~~~~ ||  |  ||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|       ,---------,  . .|       .|  |
  ll┌───┐l ||  |  ||. ============= |   |.      | ̄ ̄| ̄ ̄|,l.  ..|二二二二二二
  ll│[] [] [l] │l ||  |  ||__________ |     .| ̄.. |.      | ̄ ̄| ̄ ̄|.|   .||| || || || || || ||
  ll│[,] [] [] │l ||  |_|| ̄|l「 ̄| |     .|   |  __    |   _|   _|.|   .||| || || || || || ||
  ll└───┘l ||  | o.||_|l|_」 |  □   [ ̄ ̄|. |.〒|   |  / .|  / .|.|   .||| || || || || || ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | ̄||     |┬┼┬ |   |. |._|   |  | . | .| . |.|   .| ̄(◎)  ̄ ̄ ̄
             .|  || ''''''''''''''' |│││ │   |.  ||.    | ̄ ̄| ̄ ̄|.l,,  .|、,,,ヽ|ノ,,,,、,,、,,,、,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在の山形県長井市にある、国鉄今泉駅。
米沢と新潟県村上市を結ぶ米坂線という鉄道線の途中にあった駅である。

この今泉駅の駅前広場でも、ある男が玉音放送を聞いていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

12短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:03:26 ID:XR3n4QoM


                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /                     \
               /                        \
              /      ―――            ――― \
            /          _                _   \
           /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
         /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
        /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
      /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
      |                 ̄  /       |     \   ̄          |
      |                  /       ∧      ',               |
      |                  {       / ヽ     }               |
      |                  ヽ___/ __ \___ノ           |
      \                   ヽ   ´    `  '              /
        \                                           /
         \                                    /
          /                                     \
         /                                          \
       / ̄                                             \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
男の名は宮脇俊三。

後に中央公論社において「名編集者」として名をとどろかせ、
退職後は「紀行作家」として名声を得た人物である。

当時東大理学部地質学科在学中であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

13短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:03:43 ID:XR3n4QoM



                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

14短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:03:59 ID:XR3n4QoM

                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨           /            \ i            i i: : //: : : :
      ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ     (__人__) /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三。大正15年(1926年)12月9日、埼玉県川越生まれ。
 7人兄弟の末っ子である。

 当人は「渋谷育ち」ということが多いが、実を言うと川越で生まれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

15短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:04:18 ID:XR3n4QoM

       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}        乃木大将は本当に戦争が下手だったな。
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/

         【宮脇長吉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三が川越で生まれたのは、父、宮脇長吉の事情が強い。

 宮脇長吉。俊三が生まれたときは、陸軍大佐として、
 埼玉県所沢にある航空基地の気球隊長を務めていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

16短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:04:41 ID:XR3n4QoM


                             _ -‐' ̄ ̄ ー-、
                     _=──'´ ヘ ∩| ヽ ::::: 二ヽ
                   /二ヾ;;:::::::::::::::::::ヽ-、|.} 〈:::i:::::彡ーtミハ          __|__
          ,r──-‐^ー->´:´:::::::>,,,,=≡=:::::::::::ヽ )::/´    V::、           | _ノ  L |
         /:::::::::::::::::::::/´::::::::l彡三三三_三三::::::::〉、i´  ヽ ハ/            ─┼─
       i´:::::::::::::::::::::::;〈 ヾ:::::::::|彡 -二-─○‐-ミ::::::〈-'¨ _,='〉 ゙| |             _/\_
       |::::::::::::::::r-イヾiト、ヽ:::::: F‐'二─ ̄ ̄─ミミ:::::〉二  弋」 |
       |::::::::::_イ/ >ヽ、:: ヽ::::〉‐了ミ-_::::::::_>ノ::::l  `l- 、ヾイ               ‐┼‐ ┌┐
      _」;ィi'7´!;| 〉-:八::::ヾ::: ヽヽ_l} . r 。ヾ::三r 。ヾ:} 〉::〉≡i≡|                 |三|三|ノ_L
      (ヾ》ゞ'゙´::::`¨´| ::::::::::::::::::::::::::ト、__ー '  (:::::ー:':i_/::/≡i≡.ト、               ‐┼‐ 乂
     /::´::::::::::r ヘ >| : :::::::::〈 ̄\-、::::`ヽ__≦'__,ァ /人_/  |::ヽ               ニニl二二
   /::::::::::::::::::::::|_ノ::X:::::::::::::::::| \ \: ::::::::ヽ-- ´//\.─ v':::::::ヽ               ̄ ̄ノ ̄ ̄
 /::::::::::::::::::::::::::::!λ:::::::::::::ア:::├-、\ _>'⌒ヾ、三<ヽ°、/ 〉ー'::::::::::::::ヽ
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::|\:::::ノ::::::' ´ :::::::/ ̄  ....=、ヾ、 \〉、X::::::::::::::::::::::::::i           ‖ ‖
 {::::::::::::::::::::::::::::::::::〉_ノ\ ̄ ̄:::::ト、: :  Yトr‐ ̄\_!ノ、\::::::::::::::::::::::::::i         ‖ ‖
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:::`ー-_::::\: 、 i〈_ 〉\:::::| \\:::::::::::::::::::::}        ‖ ‖
 ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::::| ̄ ヽ=ニ>x...\ \   \\ー、::::::::::i          ・  ・
  i:::::::::::::::::::::::::::::/  {::::::::::::::::::::::::ノ彡 ̄ ハ V_:::::::\ \ \   \\,`ー/
  i:::::::::::::::::::::/   ,ノ:::::::::::::::::::::::〉     ヘ .V:::::::::/\\ \   \))
   i:::::::::::::/    !:::::::::::::::::::::::ィ:: :: ::    ハ\::::'   \\ \
   `ー-'       〉-、::::::::::::ノ):: ::  :::::::::::::::ゝ\    \:\ \
           〈 (二二=ニ/ ト_:: :: :: :: ::: ::〉\\___\\ \
             ヾ\_ ィ/  ト、三-ア-‐ ’    ̄`ー--ミ、 \\ \
             ├‐//l   /ミ\X/              ̄^\〉 X^>-_,、
             ├//┤ / ̄::::`:Y                  \ / <,、/ri
             ト 二〉/::::::::::::::::|                   \ヘ_彡〈ト\
              }:::: : /::::::::::::::::::ヽ                          \ \
              ヾ_ミミ三_:::::::〉                         \ \
                   ̄ ̄ ̄                            \,\
                                                    ヾ \
                                                        ー\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇長吉は、明治期の軍人にありがちな「武骨の人」だったらしい。
 日露戦争に従軍した際は、何度も決死隊の隊長となり、特攻を敢行している。

 俊三が生まれた頃までは、順風満帆の軍人生活を進んでいたようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

17短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:05:06 ID:XR3n4QoM

   (゚д゚)ウマー
 (゚д゚)(゚д゚)ウマー     (゚д゚)ウマー
(゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)ウマー (゚д゚)(゚д゚)ウマー
 (゚д゚)(゚д゚)ウマー  (゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)ウマー
   |//         (゚д゚)(゚д゚)ウマー
   |            |//
   |     ワーイ    /
   |   ∧ ∧    /
   |   (,,・∇・)   /    ⊂,'⊃
   | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|
   |  |  厨房   |
   |  |    号   _|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   /  ̄ ̄\               〜〜〜〜
⊂⊃             /\     ⊂⊃
/⊂⊃        \/   \ /\  ⊂⊃  /\
〜〜〜〜        \     \     /\/   \
                        /  /       \




  /;:;:;:;'  ;:;:;:;:;:;:;;:;:r‐'     _,-v、            ヽ;:;:;:;/
 /;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:r'´       ゝ゚、z'   _ ,,,, -- ,,, _ヘ;:/
. /:;:;:  :;:;:;:;:r'´         _ ,,, --‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○}
./;:;:;:; :;:;:;:/´        _,r‐'´;:;:;:;''r‐'´       |  };´',´!,
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ,,r´;:;:;:r'´             ノ ,|  ノ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;|      /:;:;:r´         , , - ' ' ´,、/:; /|  ヘ;:;:;:;:;:;
ヽ;:;:;:;:;:;ヘ    /;:;:r,'       , , ' ' _,,,-7'´・´~ } |//    ヽ;;:;:;:;:
  `'''ヽ;:ヘ   /ヽ○/` 丶 _ , , ; '  _/;:; /` ー ´  | /ヘヽ    "z;:;:;:;:;       観測用だから、大丈夫と思うが……
      ヽ_/: : : :":;:;ヽ、    _,,,r´;:;:;:;  `         |  入  z   "=;:;:;:
    /r'  `ヽ: :; ; ; ;:;`;:ー;:´;:;:;:;:;:'      ヽ      .|; ヽ \  三   {;:;:;:;:;:      なんかしでかしそうな気が……
    "z ヘ ´ヽ : ; ; ; ' ' ' ' '         r    / | ヘ  ヽ "   }:;:;:;:;:;
    ´7  ヘヽr ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ;     -=ヽ, /;     / |  |  ゞ   ;:;:;:;:;:;
   /,、   `\_ヽ ' ; ; ; ; ; ;              _   _/ ヽ|  |   ゝ   }:;:;:;
   ´,ト  "  | `;:;`、ヽ ; ; ;       , r '_´- ´  / ヽ ノ   |  /;:;:
   /:;:|  〆 | ヽ| ヘ |` 、 ; ;     ´ ´  ´ / 、ヽ / /|
 _,,ノ;:;:;:´|    |ヘ ヽ ヘ |  ` = 、 _    _  ノ  ヽ ヽ  } / ´ /

18短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:05:23 ID:XR3n4QoM

                                           (゚д゚)ウマー
                                         (゚д゚)(゚д゚)ウマー     (゚д゚)ウマー
                                        (゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)ウマー (゚д゚)(゚д゚)ウマー
                                         (゚д゚)(゚д゚)ウマー  (゚д゚)(゚д゚)(゚д゚)ウマー
                                           |//         (゚д゚)(゚д゚)ウマー
                                           |            |//
                                           |     ワーイ    /
                                           |   ∧ ∧    /
                                           |   (,,・∇・)   /    ⊂,'⊃
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|
                                           |  |  厨房   |
                                           |  |    号   _|
                                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                          _____
                                                          |  皇  居  |
                                        .     ザワザワ・・・        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                         ∧
                                                        <⌒> ザワザワ・・・・
                                                        /⌒\
                                              _________]皿皿[-∧-∧、
                                            /三三三三三三∧._/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
                                          __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
                                         /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
                                        /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
                                        |ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

19短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:05:46 ID:XR3n4QoM

三>‐''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨‐<三
 _  -──────‐-ミ
   _ -‐─────- ミ
/≦三才二三三∧ V三三
;:≦/ ゝ、ミゝ三三ヽ ヽ三三
:;:;∧彳´  ><ニ三/_ }三三
:;/   .∠ -‐・フ i }  ̄7
  彡  ヽ -‐ ' /    {、               ま、マジかよ……
   二   ´  #     ヾ
      U  -‐   __               風に乗って東京方面に流れただけならともかく、
           /  /               まさか皇居の上を……
            `¨´ :;
     ∠二ニ≡=一- ./
ー-------- 、      /ィ
ヽ\ヽ { V }‐ \  「´j i/
///≧ >ー- ト、ヽ ', ./ }./-
 ヾヾ////≧、.\ Y:≦ヽイ/
    ゝ<////>、}/ }//
     ヾ `T </////;イ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところがである。
 いつものように観測用の気球を飛ばしたところ、皇居の上を通ってしまった。

 今はどのようになっているかは知らないが、
 当時、皇居……昔流に言うなら「宮城」は、「神聖にして侵すべからず」な場所である。
 その上空を侵したのだから……過失とはいえ、当時のルールでは不敬なことには間違いない。

 というわけで、長吉は職を辞すことになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

20短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:06:01 ID:XR3n4QoM

                                 {三ミミ// ///////王王王_三三三三ミ         丶
                                 >=ニ三{{,,//-  ̄       ̄i三三三ミ          ヽ
                                 ||=,/     二ニ      i三三三三ミ         }
                                 ヾ ,/    三彡 ̄ ̄       `―‐--、ミ三彡,. --、   |
                                 ヽi 三彡   ,. ニ==         _つ= ≠ ̄~ヾヽ  |
                                  l       ` -―--、,,_ =====─~`v´ } ._ ヾ}三ヽ
                                  /王ミ    i゙     | }             ヾ   }.|   ヽ
                         .,  -‐ て7 }´~~  `}===゙、     | |             し―´ /   丶
                            , - ‐ ゙     |    丶__ //              == |     ヘ
                          {.~   |    ノ     ヽ                   __ノ    /
                          ̄` -、 r ┴- .―´ i     __}                        /
                         - _   ` -、_/   }--、_ ,.´ { { { {         , -‐¨ ̄ ̄`ヽ、   /
                           `ヽ ___ } {    川川川川川川       /         丶/
                         丶  てヽ{  ヽ   {{{ { 彡{゙´         /  で そ  あ.   丶    /
                         __ ` } - ,.ノ   丶                /.   す こ  き    i   /
                          ~~ /       ヽ             __/.    よ で  ら     i /
                            /        ヽ            `l.     : 試 め     i/
                         . r ´          ヽ            l.    ?. 合 た     i
                         ..{.             ヽ           l      終  ら    /
                         .|               ヽ         丶.     了      /
                         .i                丶         丶          /

                                           【三土忠造】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな長吉に目をつけたのが、兄・三土忠造である。

 三土忠造。幼い頃香川の漢学者・三土家に養子に出されていたが、
 成人後に衆院選挙に立候補、代議士となっていた。

 立憲政友会の重鎮であり、大臣も歴任している人物である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

21短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:06:22 ID:XR3n4QoM

     /::::::::_..‐´::::::::::::::::::::::::..-‐ ′            `' 、::::::ヽ
    /_..‐´::::::::::::::::::::::::::::::_..-'"      _,,l「 l1‐−――‐‐-...`l、
  /_..‐´::::::::::::::::::::::::_..‐´    ,,..-‐''´ ゝ-'′_ ,,...............,,, ヽ/..
  \::::::::::::::::::::::_..‐´  _.._..-‐''   __....-‐'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   \::::::::::::::_..‐´′ ,- ′ _..-‐''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.,,,,,,._.._,,,, ノ、
    \::::::ィ''´  /  ...‐" :::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,, .ニ/--、ノ゙i
      \  /  ィ''´::::::::::::::::::::::::_..-‐'' / /ハノ   ゚,‐´ , ゙i′
       \ j丿 'ぃ―f ......--''¨___ 'く   〈' ⌒゙゙゙゙゙ ''´   i丶      (試合?)
        l''、,,-':;:;:;:; !'''′ エ ̄ ゚ ,/ /    ゙i       i〉  .
        ./ 、:;:;:;:;:;〔    ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙__ィ   ゙i       lソ      (……そうか、俺に選挙に出ろと、言ってるんだ)
         ノ( `ゝ:;:;:;:;卜 ‐            / ゙iヽ      l \、
       / ( ヽ ` 巛    、  ..‐-、   ゞ‐゙'ノ ..,,    li!i!i!i!i!l`\
    ,ノ"  ヘ     ゝ 、 ` / 〕ゝ - ' ..-‐'' `   "'‐-、  li!i!i!i!i!l '、\
    / 、´ r广´` 、   ‐ 、、  /  / │‐..'′   ,,.. _''__.....-..〉 ノi!i!i!i!i!l  '、
  /..''j ''´、 厂  ''ー 、 .._  '、! .. ´′     ,,< r'-―゙´""゙゙゙゙〕|i!i!i!i!i!l   '、
../ ノ'( r'      i!/:;TTTヽ  ’ ;''゛  、 ..-"´      _,,....ri!i!i!i!i!i!i!l  ´
''  丿 ヘ   "ヽ.. ''i!i!i!i!i!| | | | '、 ' /   '"  ゝ '/....:-−´゙゙`ノi!i!r-−i!""
 i |,   ''    ゝ   ゙!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l  '´   ./   ..-'゙^‐ゝ、  /´i!i!!'′、  ´
.. ⊥    ミ      . ''゙くi!i!i!i!i!l  i  ./   、     (-!′ '´ ''−´ ..ィ ッ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ちょうど、二人の出身地である香川県の選挙区の1つに、立憲政友会の候補者の空席があった。
 そこに、宮脇長吉が出馬することを、兄・三土忠造は望んだのである。

 そこで、長吉は直後の総選挙に出馬し、当選する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

22短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:06:50 ID:XR3n4QoM


      !ヽ, __ ,/{
      !,ゞ´   ヾ
      ! !l iリノハリリ__   
   /ノ リ |- 。-ノ!|/\ 
 /| ̄ ̄∪∪ ̄|\/
   |   わっち  |/

     【ハチ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そうなると埼玉県川越に住むのは不便であろう。
 何しろ、今ほど交通事情はよろしくない。

 と、いうわけで、宮脇一家は、渋谷に居を構えた。

 俊三がハチ公にちょっかい出してたのが、だいたいこのくらいの時期である。
 渋谷の駅の周りは彼の遊び場であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

23短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:07:13 ID:XR3n4QoM


            {⌒>==<゙⌒7
           ∨从∧从:\/
           (ヽ|:Y○ ○| l/゙)
             ∨人 `^′_| |7
           ?、:::兀::::ノ:八
           /: :7〈_〉_∨: :l\
             /ィ∨`ー‐一ヘ N_,、
                |      }":ノ    
            (>ー―‐<厂     
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  
      |                  |  
      |                  |  
                       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、以前、ハチを取り上げた際に書いたように、
 何事にも「忠君愛国」に結びつける時代でもあったのだ。

 それが形として現れたものの一つが、ハチ公の物語であろう。

 時代は確実にそういう方向へと進んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

24短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:07:34 ID:XR3n4QoM


   (´⌒(´⌒  (´⌒. . . . . . . . . . . ..⌒`)
       (´⌒(´ : ::: : : :: ::: :`)⌒`)
     (´⌒(´⌒。'。'。' '。'。'。'。。'。'。⌒`)`)
       (´⌒(: : : : : : : : : : : : : : : : : :⌒`)⌒`)
    (´⌒(´⌒ : ::: : : : : ::: : : ⌒`)⌒`)
     (´⌒(´⌒。'。'。' '。'。'。'。。'。'。' '。`)⌒`)
      (´⌒(´() () () () () () ()) () () () () ⌒`)⌒`)
  (´⌒(´⌒  ((.)(.)(.)(.)(.)(.)(.) (.)(.)(.)⌒`)`)
     (´⌒((.) (.) (.)(.) (.)(.)(.) (.)(.)(.)⌒`)`)
    (´⌒(´(v)(v)(v)(v)(v)(v)(v)(v) (v)⌒`)⌒`)
  (´⌒(´⌒`(v)(v)(v)(v) (v)(v)(v)(v) (v)`)⌒`)
 (´⌒(´⌒`(∀)(∀)(∀)(∀)(∀)(∀)(∀)(∀) (∀)⌒`)⌒`)
   (´⌒(´(∀) (∀) (∀)(∀) (∀)(∀)(∀)(∀) (∀) ⌒`)⌒`)
  (´⌒(´(∀) (∀) (∀) (∀) (∀) (∀) (∀)(∀) (∀) )⌒`)
(´⌒(´⌒,.-〃∧∧ ,.-、ミミン〜 /■ヽヽ●`)/■ヽ /■ヽ⌒`)⌒`)
 (´⌒(´@ニ(゚Д゚,,)、(,,■)《`) /■ヽ ∧((∧(´∀`) (´∀`)⌒`)⌒`) 
 (´⌒(´/.|  〉ノ⌒と、=ゝ |~)(´∀`)( ´∀`) /■ヽ/■ヽ/■ヽ⌒`)⌒`)    首相ヲコロセ!
(´⌒(/ /  (, |ゝ彡/|-、) | |ミヽ   (つノノと) /彡(´∀`)(´∀`)⌒`)⌒`)
/i`‐'´//  と| |・  ・| |つ|.| \\ ( ゚∋゚)//■ヽ /■ヽ /■\ `)`)    高橋是清ヲヤッチマエ!
| キ/ /(´⌒(| |  |  |_ノ_|(´⌒\ ⌒\/ /(´∀`)(´∀`)( ´∀` ) `)`)
\|__/ /■ヽ| (___) / 〈__〉(´⌒ )     //■\ /■\ /■ヽ`)⌒`)
(´⌒(⌒(´∀`).|__|  |  |(´⌒(´⌒`/   /( ´∀` )( ´∀` )(´∀`)`)⌒`)
. /■\  /■\ /■\ /■\ ./■\ ./■\ /■\`)⌒`)
.( ´∀` ) ( ´∀` )( ´∀` ) ( ´∀` )( ´∀` ) ( ´∀` )( ´∀` )`)⌒`)
.( つ  / ヽ[|⊂[] ).( つ  / ヽ[|⊂[] ).( つ  / ヽ[|⊂[] )( つ  /ミ `)⌒`)
 |  (⌒) (⌒)  | (|  (⌒) (⌒)  | (´|  (⌒) (⌒)  |`)|  (⌒)`)`)
( し'⌒^   ̄ (_)`)し'⌒^   ̄ (_)`(し'⌒^   ̄ (_)( し'⌒^⌒`)`)`)⌒`)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昭和11年(1936年)2月26日早朝。

 東京は珍しく大雪が降っていた、その日。
 陸軍若手将校に率いられた軍が、首都主要部を制圧。要人を暗殺する。

 俗に言う二・二六事件である。

 陸軍内部の抗争に端を発するこの事件は、軍国化されていく日本を象徴する事件の一つといえよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

25短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:07:55 ID:XR3n4QoM

          ___
         /   ― \
       /     ●  ヽ     急に学校休みになったから、
       |    ⊂⊃ (_,、_,)    雪合戦でもして遊ぶお。
 ,−- -―≧         ィ’
 {_ __       /`i           .−━ 
  ` ̄   /   , - ―' /           .─━  ○
   __|   (__, -- '             −━
 /    ゝ、  \/
 ノ  ―― \  ヽ
 ー‐'      |   |_
         ゝ   )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、子供にとっては、
 「突然学校が休みになった」くらいの認識しかなかった。

 宮脇俊三は学校からの帰り道、宮益坂の辺りで、友達と雪合戦をしたりして、
 遊びながら帰ったという。

 子供にとっては、何が起きたか、全く分からなかったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

26短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:08:14 ID:XR3n4QoM


          _,,-='''''''''''-,,_
        /        \
      /           ヘ
      |             |
      | , -_-_   _-_-_、   |
      |=| =?= | ̄| =?= |==-l、
     ||   ̄ ̄    ̄ ̄  |/ l         どっちだっていい、俺たちには関係ない、
     |   /、_,,,)\    | /         田代に着いて、とっぷりと温泉につかり・・・
     ヽ (lllllllllllllllllllll)  /-"
     ヽ  ` ̄ ̄´   イ
       ヽ     ,,-' ノ/ヽ
      /l`'──''"_,-'/'  ヘ
  _,,,,.-''/ | ヽ _,,-'''" /

      【東條英機】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、大人の世界では、着実に変化が訪れていた。

 二・二六事件において、陸軍は皇道派と呼ばれる派閥が淘汰され、
 統制派と呼ばれるグループが支配する形になった。
 統制派の首魁が後の首相である東條英機である。

 彼らは合法的に政府に圧力を加えたり、
 持論にそぐわない政府の政策に対し統帥権干犯を盾に公然と非協力な態度を取ったりしながら、
 近代的な軍備や産業機構の整備に基づく、総力戦に対応した高度国防国家を構想した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

27短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:08:40 ID:XR3n4QoM

      三三三三三三三三三三三  三三三三三三三三三三、
         三三三三三三三三三三三   三三三三三三三、/三
       三三三三三三三三三三三三    三三三、 /´ 三、/
           三三三三三三三三三三 _ ― ´ 三、 ヘi<
     \三三三\三三三三_三―三三三;;;;;_ -┌' ´ / |  ` ァ
   ミ゛  \ 三三三三三三三三三、 ≦ ::7     |` ・ ´  |゙ッ
  ミ   ゙ッ  `'' ―---―ニ=‐ ´! ̄ `ン::/      ゙i`   ト''゛,゙ッr
     ミ_ ゙ッ  ァ―  ̄ ̄   、ヘ   /        \. ヘ   ゛,,
       ミ_    イ , ,, _ ・/´  ≦;             Y    ゛
                                  } / //.     陸軍出身の俺が言うのも何だが、
                                   /   .、/     軍部が政治に関与するのは良くないことだ。
                                、 ‐-‐、/    {
                             , /_,  、´゛/       }      軍部は文民が統制しなければ、
                         ` <゛ /´ ∧     /      必ずよからぬことが起きる!
                              ` 、 ∧ ゙i / ~ `
                           _、 、'´,/∧ } !、  / ミ
      ´ ̄`゙i             _ - ― ´、 ´ / | ;゛/7  }    /
     .7~7‐゙ir゙i   、-=ニ二 ̄-- ― ' ´   ,´ |,゛ } : :} |(,
      ゙i ゙i  ゙i゙i                     イ ,゛ /} : : :} { \
          ゙i゛;,               / } // }: : :|  `} /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「近代的な軍備や産業機構の整備に基づく、総力戦に対応した高度国防国家」。

 書いてみれば実のところいい響きのように見えるが、
 実際のところ、軍部が中心となって、軍部のために国民は奉仕すべき、ということであろう。
 産業も軍事が中心で、国民も軍のために協力すべきである。

 しかしそれは、議会内のリベラリストたちにとっては、看過ならぬことであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

28短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:09:20 ID:XR3n4QoM

         ,- 、          /      \                  /        \
          /   !            |  混 叫 阿  |                 |  音 あ 聞 戦  |
        /   /      , - 、    |  声 喚 鼻  |                 l  が の こ. 争  |
      r‐、ト  l    /  ノ   |  合 の と   !                  |.    懐 え. 交  |
      !  !  |   /   /     l  唱       |    ,.z=='三ミミ=-,.、、     |.   か る. 響  !       f¨ヽ  r‐ 、
      ノ  l.  | /   /        !  が.      |.  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、  .l    し .   楽  |         l   ', !  ',
    〈  .l   l./   /,..-‐ ''"´ )\________,.く r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ .|     い   が  !. _        |   l ',.  ',
    ',  ,!  ,/   /    ,.>'´          l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl  >、________/  ! `ー- 、   !.  | |   l,.-‐ 、
     レ    〈   '    >'´                 尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、             ヽ、.._  ヽ、 |   l. |  l. /
      | ヽ          '´ ̄ ̄⌒丶、          ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、              \  ヽi.   lノ  l./
     ',   ` ー  、_ ,ァ‐一ー-、__,!       ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ          ___ヽ  ヽ  '   l'
     ',          {           /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、      r‐'´    `  _, -' ´l
      ',        ,!、        /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、     `ー ' ´ ̄}  `´       !
      ',        ノ`ハ          ノ ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ        ,r,=i           !
       くヽ、__ .. -‐'^}/ ',        ,! i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ       /(. ト          !
         |`ー‐    /   ',      r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l         / `くヽ、      ,'
         ト,____,/     ',    ノ^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !      /    `ヽ、 ー- イ、
.       /八。./       ',  /     、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l     /        ヽtーァヘヽ
      l lii/            ',/         `ヽヘ !     ハ.   ル' |l  /   \ |   ,   ヘ. /            ヾ'|i|!l |
      ノノ/               V            >イ└─ー-/ ヽ, ,! |V      \ ノ     レ'             ヽli;l !
     .///  /´〉        ヽ、 、     /  }ヽー   /    ∨   レ'        /   ,.ィ"               ,、 r、 Yr'
    〈_'_   ー' /゙〉         ヾ ヾ  /     ヽ   /      ヽ/       / |   '´ /            ,、.「儿j U _'」
      `ヽ、 ー'/〉_           ! l ∨        l   ヽ、__ /,. -''"´ ̄丁`ヽ、トv' / l'           Y ,. -‐''"´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな最中に軍部が出してきた法案が、「国家総動員法案」である。

 企業に対し、国家が需要を提供し生産に集中させ、
 それを法律によって強制することで、生産効率を上昇させ、軍需物資の増産を達成し、
 また、国家が生産の円滑化に責任を持つことで企業の倒産を防ぐことを目的としたこの法律案は、
 極めて「赤い皇帝」の国的な社会統制と言えるものであった。

 当時の革新官僚たちによって、「赤い皇帝」の国を調査させて作らせたものという話もある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

29短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:09:35 ID:XR3n4QoM

        ,. r ´  ,. r ´三三:::::::::::三三:::::::::::::::三三:::::::::::\)}
   r―――´  ,、r ´三三:::::::::::::::三:::::::三三:::::::::::三三三三::::\
__ヽ ○ _,.< ` 、三三三 三:::::::::::::::三三:::::::::::::::三三三三ノ≧
;;;;;;;;;;;;;;;`: : : : ,;;> 、  ` ー 、三::::::::::::::::::::::::::三:::::::::::::::三,.:::r' 二>´
ヽ;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : :/ ` 、   ` ー ---------- ― ´  ,. ィフ ´
 };;;;;;;; : : : : : : : : :{    `。 ー -, ____ ,. - ィ - ‐。´ / {
} ;;;;;;; : : : : : : : : ∧       /: : : : : : : : : ' ' ' {;;; _ = = ,'
, ;;;;;; : : :  : : : : : `====: :三: : : '     |!! ´  ,.  '
ヽ ;;;      : : : :ニ二二二 ̄ ≧〃       {`' , '   '      おい、いつまでやるつもりだ!
  ;;;;   u           し´         ヽ,     ;
                             /    |       そこのクサレ外道の鉄ヲタ軍人!
                        ,. ---,ノ    |
         ,. .,_    し       {ニ- ,r/ -、  /j       俺はそんなこと、教えた記憶はねえぞ!
        r´T  `           ^>ー  ノ   /`
        く `ゝ、            ´_ ,.、ー´  /
         ∨ , `'ー ´ ̄`ー―=,‐´ー    /
           ` ー'―‐`―'―  ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当然、このような法案なのだから、経済界からの批判は強かった。
 そして、経済界の強い影響を受けた、当時の政友会・民政党の二大政党は、
 当然のごとく反対に回った。

 担当の軍人の法案説明の際、かなりのヤジが飛んだという。
 そして、宮脇長吉もヤジった……その直後であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

30短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:10:25 ID:XR3n4QoM

                      / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                       / // /'|/|/! / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
                  /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
                    ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /   ー-=zx、!/ \ / /
                     Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!    ゞミ、弋えラミ、厶イ;; ,; ;
                   ∧{  〃 {ノ/,/     l|八    ⌒ヽ  }}  }lト;; ;'
                    { V //ヽ|         \      ̄ ̄>’ √\\三≧
                   ? {::.. |/    /`ヽ      \        ィ仁二\\/
                     |ハ ∨      { {r‐、       `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/
                    ?} /       \            ̄       ヽ
                  r=/ ;゚             ト=-             r─  ─一〉        黙 れ ! !
             ノーノ;ハ {           ヽ‐=ニ=‐        ヽ   フ::::/
            イ′ |  ヘ ';                \‐=ニ三ニ=‐ 、 \  .:::::::;/ヽ
 ─ ┬一  7厂´     |  八ハ                 \‐=ニ三ニ=‐- 、ヽ  ̄
   /    /         |   \             \ `  ‐=ニ三ニ=‐ヽ\ |
   ′  /            |     \               ヽ    ` ‐=ニ三ニ 〉 ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その担当軍人が、「黙れ!」と怒鳴ったのだ。

 実は長吉は、その軍人と面識があった。
 というのは、長吉が以前陸軍士官学校の教官だった折、
 その人物を指導したことがあったのだ。

 その人物は後年、この「黙れ」の後に「長吉!」と叫ぶつもりだったのだが、
 それは飲み込んだ、と言っている。

 かの有名な「黙れ事件」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

31短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:10:42 ID:XR3n4QoM

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|;/ /                      ___|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;           _,..、-''" ``丶    _,..、-''" 〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        _,,..-‐''     、      ノ __ /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     _,..、-''"    __  \    く-'''・   /|
::::::/""\:::::::::::::::::::::::i        _..-'''""~・  |  /     i    ノ .i
::::/ ._,,..-  `、:::::::::::::::::i        八       ノ  、     `、-'"  i
 | |::::::::ヽ ∧:::::::::::::i             "'''- - - '"   〃   ___  ヽ  i
 | ヽ〃∧  i::::::::::::i                        ̄  ノ  |
 キ ' i;;;;;;i   ;;;;;;;;;;;;                          /   i
  ∨   ( l                           / ̄"ノ   i    うちも羽振りが、悪くなったもんだな……
  ∨ ヤ\\                            <__..-、/   /
   ヽ, ⌒ ノ                            ''   /
   ___\ /-----....____                    ___..-  /
, -'"            `゙''ー-、,_     <二二二二二,,..、-''"  ,′
                   ヽ                      i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このときは、すぐに陸軍大臣が陳謝し、その場を沈静化させている。
 まあ、下手に議会を刺激して、法案が通らなくなることを避けたのだろう。
 しかし、「黙れ!」と叫んだ軍人を処分することはなかった。

 一方、その事件以来、宮脇家の羽振りは悪くなったという。
 来客も減り、また年賀状なども減ったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

32短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:11:09 ID:XR3n4QoM




貴様!

何たるんどるか!!!!

ヘ                - - ──                  ______
-ト──---、....._            - ─==   r─‐-、    /        \
 |             ̄ ̄`  ─--へ--、__        {     ヽ<             \
  i   配 属 将 校    /::::::::::::::::::::``ー-、...   ト、_    \             \
  i               i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.┴'‐-‐'`ヽ、  メ、/              \
  .i    _,...-───-、 __ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ´ ヽノ             |
   i─'´ ̄          7``ー─────----- 、..._  ロ{   ノヒ_            |
   |              {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐〈〉─‐ 〈〈,               |
   |    ,..-‐'´ ̄ ̄` ‐-、.ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     } {-           /
   j,. -‐'´  ‐ ‐ ──    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`  ─'ロ{_,,...ノノヽ         /
  /       ‐‐ ─=            ,...----────'´ヽ},、           〈

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 また、当時既に行われていた軍事教練において、
 配属将校が俊三に対して辛くあたった、なんていう話もある。
 どの生徒が反軍的な思想の人物の子弟か、配属将校は簡単に知ることができただろうし、
 また見せしめや腹いせの意味もあったと思われる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

33短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:11:29 ID:XR3n4QoM



          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |        ちょっくら、汽車に乗って、
      \      ` ⌒´   ,/         どこかに行ってくるお。
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まあ、羽振りは悪くなったといっても、急激に金がなくなったわけではない。
 俊三は一人、汽車に乗って、いろいろなところに行ったという。

 もっとも、年齢的に旅館への宿泊旅行は無理なので、日帰り旅行ばかりだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

34短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:11:44 ID:XR3n4QoM


      | | ||        ___
      | | ||    _:..:::| ._,..|
      | | ||    |//|  | l_! |.:
      | | ||、,、    ̄:..:::|   |:.:.
      | | || ゚-) _  .:...:|   |..::.
     ∧∧|.=!|  l ,おにぎりワッショイ!!
_∧ (゚ー゚*)...\\   2getワッショイ!! //
ハ)ヽヽl   つ+ \\ おにぎりワッショイ!!/+
_`∀ノ 人  ヽ                        +
    )/ (//    /■\   /■\ /■\  +
、_ ヽヽ/     ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
/ _))    (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
./         ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
           (_)し' し(_)  (_)_)


          (⌒ヾ`
       ゝ´ ,))
  (( ⌒ゝ   lij
     ー" ミ  ___
        ノ(_     \
      /"\,, 、/"`` \       ったく、うるさい客だお!
    / ( ●)´`(● )  \
     |   '" (__人__) "'    |      これだから酔っ払いは……
      \  ` ⌒ ´     /
      / ゝ  ``     ィヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 鉄道輸送体制は、既に戦時体制になっていた。
 観光地行きの準急などは廃止され、
 旅客は主要都市間、そして主要都市と軍事拠点間の輸送が重視された。
 そしてそれ以上に貨物輸送が重視されていた。

 政府は観光旅行の自粛を国民に要請し、不要不急の鉄道利用をしないよう呼びかけていた。
 それによって、必要な人々の鉄道利用が阻害されることを避けていた、はずであった。

 しかし、その旅客便を使っていたのは政治家や官僚、軍人ではなかった。
 この戦時政策によって急激に財産を増やした者たちが、物見遊山で利用したのだ。

 例えばこの当時、東京を発着する東海道本線の急行などには、
 熱海へと向う観光客が大挙しており、彼らのモラルが問題になっていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

35短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:12:12 ID:XR3n4QoM


          ___________________
          |                      ......::::::::i
          ヽ_______┏━━┓______/
             | _i___.┃    ┃____ .:::|
             | |____┗━━┛____i ;;.:|
             | ..::::|               . | ..::::|
              | ..:::::|                 | :::::::|
               |  ...:::|              | . .::::::|
                |  ..:::::|                | .:.:::::|
                | ..:::::::|                  | .::: :::|
      .        | .:::::.:::::|               | .:: .::::|
              .| ..::::::::|                |  .::::::::|
            | ..:::::::::|             | .::::.::::::|
        __ | ..::::::::::|                | ..:::::::::::|_(:::::;;;;;;)
    (;;;;;;; /  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ \;;;;;;;;)-、
   (;;;;;;./  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ \;;;;;;;;;;;)
 (;;;;;/  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\  \;;;;;;;;)
.(::/|   ,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,\  \
wwjyw从wjwjjrjwwjyw从wjwjjrjwwjyw从wjwjjrjwwjyw从wjwjjrjwwjyw

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、国も旅行を完全に規制していたわけではなかった。

 例えば「観光報国週間」なんてものはその典型例だろう。
 これは「日本精神の顕揚確立を期し、観光事業を通じて奉公の誠をいたさむとするにあり」とするもので、
 要は心を清め、伊勢神宮などに戦勝祈願をしろ、という口実で旅行をしてもいい、ということである。

 伊勢神宮、熱田神宮、橿原神宮……そういうところを旅することは奨励されていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

36短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:12:28 ID:XR3n4QoM


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |        しかし、戦地では兵隊さんが必死になって戦ってるのに、
 \  ∩(__人/777/        内地のこれはどうなんだお?
 /  (丶_//// \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 戦地では毎日戦闘をやってる兵隊さんがいるのに、内地ではこうして遊んでいる。
 子供ながらに俊三はこんな疑問を抱いていた。

 もっとも、冷静になって考えてみれば、
 俊三も学校の慰問袋で一生懸命慰問文を書きながら、
 日帰りとはいえ用もなく鉄道旅行なのだから、人のことは言えないだろうが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

37短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:12:59 ID:XR3n4QoM


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはインターハイのために練習をしていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらいつのまにか勤労奉仕を行っていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もちろん、そんな時代はすぐに終わってしまう。

 中国に対する戦線が拡大するにつれて、
 このような娯楽に対する締め付けはどんどんと厳しくなっていった。

 そして昭和16年の夏、ついにインターハイの中止が決定してしまう。
 また、全国の学生に対し、学校を通じて、旅行の完全禁止も命ぜられてしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

38短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:13:53 ID:XR3n4QoM


          _____
        /      \
       /_ノ  \_  \
     / (ー)  (ー)   \
      l   (__人__)       |         ああ、鉄道に乗りたいお……
      \  ` ⌒´       /
      /⌒          ̄\
.     |                ,、 ヽ
      \  \        ||   │
       \  \      /  /
       /\  \   i′  く ヽ
      /   \  /]  /  | 
    /    / (ノ/)) ̄ヽ    \
   __| .   | / / ̄   ヘ    )
  (___/ /        `ー‐'′
     [二二二二]


























                    ________
                /` ̄.,‐---、_____` ~ ` ‐ - 、 _
                  /   /     |     |           `
                    /コ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .   ,, - ‐
                  ∠_____,, - ‐ [箱根湯本]' ´  ̄
                ∠____________
              /  /         |           |
            /  /           |  , 、 、    |
          /  /             |  − ー) ヽ   |   仕方がないから小田急で箱根まで行くお。。。。
        /  /               | (人__) ノ   |    ,_
      /  /                 |__,, --―― ' ´  ̄ ̄
    ∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~__,, --―― ' ´  ̄ ̄ ニ
  // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~      _ ,, - ニ ニ _
/ ̄
|_________________________
|              ________________
``‐-、_         /二二`‐',‐'~~二l/`‐,'二\       .|
   /          /| |○| )_ll|_/===ll_( |○| |.      .|__
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  \二/           \二/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その代わりに行われたのが、勤労奉仕だった。
 もっともそんなに大それたものではなく、学校の草刈りとか、
 空き地の開墾とか、そのようなことをやっていた。

 そしてその合間を見て、日帰りで箱根に行ったりしていたようである。

 つうか「旅行に行ってはいけない」といわれてるのにこれだから……筋金入りである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

39短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:14:27 ID:XR3n4QoM

      三三三三三三三三三三三  三三三三三三三三三三、
         三三三三三三三三三三三   三三三三三三三、/三
       三三三三三三三三三三三三    三三三、 /´ 三、/
           三三三三三三三三三三 _ ― ´ 三、 ヘi<
     \三三三\三三三三_三―三三三;;;;;_ -┌' ´ / |  ` ァ
   ミ゛  \ 三三三三三三三三三、 ≦ ::7     |` ・ ´  |゙ッ
  ミ   ゙ッ  `'' ―---―ニ=‐ ´! ̄ `ン::/      ゙i`   ト''゛,゙ッr
     ミ_ ゙ッ  ァ―  ̄ ̄   、ヘ   /        \. ヘ   ゛,,
       ミ_    イ , ,, _ ・/´  ≦;             Y    ゛
                                  } / //.
                                   /   .、/     俊三。どこかに連れてってやろう。
                                、 ‐-‐、/    {
                             , /_,  、´゛/       }      学校?
                         ` <゛ /´ ∧     /      なに、旅行に行ったことを黙っていればいいんだ。
                              ` 、 ∧ ゙i / ~ `
                           _、 、'´,/∧ } !、  / ミ
      ´ ̄`゙i             _ - ― ´、 ´ / | ;゛/7  }    /
     .7~7‐゙ir゙i   、-=ニ二 ̄-- ― ' ´   ,´ |,゛ } : :} |(,
      ゙i ゙i  ゙i゙i                     イ ,゛ /} : : :} { \
          ゙i゛;,               / } // }: : :|  `} /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなある夏の日のことであった。
 俊三は、父・長吉に「どこかに連れてってやろう」と言われたのだ。

 学校で禁止されている、と俊三が言うと、長吉はこのように言ったという。

 「旅行に行ったことを黙っていればいいんだ」。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

40短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:14:56 ID:XR3n4QoM


           __,,,,,,
         ,.-'''"-─ `ー--─'''''''''''i-、,,
      ,.-,/         ,     !,,  \
     (  ,'              _ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
      `''|           '    }     ``ー''"
        !       '、     i
        '、 `-=''''フ'ー''ヽ、   /ヽ、-─-、,,-'''ヽ
         \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
                     ``"      \>

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □    / ̄ ̄ ̄\
      /        \        今まで、親子では、
     /    ─   ─ ヽ       相撲ぐらいしか見に行ったことないのに……
     |    (●)  (●) |
     \  ∩(__人/777/       親子旅とは、いきなりどうしたんだお?
     /  (丶_//// \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 長吉は代議士である。
 だからいろいろな人と交流し、また日本中、時には世界中を駆け巡っている人であった。
 現に昭和12年にはヨーロッパまで行っている。

 俊三にとって父は優しい人ではあったが、
 一緒に旅行に行こうと誘ってくれるような人でもなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

41短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:15:19 ID:XR3n4QoM

三三三≧、
ー-、三三ヨ:ヘ
    \三ヨ|
三ョョ-、 ヘ三i
:::::::::::;;;;;>-7ヨ´
::::::::/./7/三ヘ
::::::' .iヽ',i ! ̄
''''-、,i  /
    ヾ,,
ー---、__ヾ,,
-----、___ヽ7__
---ュ, ,--'" / .ハ
 _,  , / ./ \
 , -'"/, -'/^==--\
 /::/,-'", -‐'"二 二 ヽ、
. i::y', -'"  ,/ /     `ヽ、
. i     ∠  i  /      ヽ
/       i | //         ハ
          i | 〃       ≠  i.',
         | | 〃   ,-/ i   i i
          .i | 〃 //  ',  i .|
       〃 i〃,./ /   ', i  |
         | 7 / __,  ', i  .|
         | 7i ´/,-'"¨` ヘ  |
   、   ヘ  7 i /  , ---、 ', .i
、_   \  ヘ 7 ∠ /='"_  ヘ, ',i,
__,\,_ \ \ ∨ // r':::,-、::::\ ', ',i
  >'  >≧_,-,___/¨¨´ ̄`‐-、:::i 7i
'" >'"    i :| i--'∠ョ=、毛-、___i_
-':::::::::i`≧‐‐‐!:.|--7-'.i7-'| |Zi',r'ヽ, i! .i!  ̄i7
:::::::::::::',、 ヘ .ヘ j /::--'--´-、ノ___77-----'
:::::::::::::::',ヘ  ヽ i /::::::::::::::::::::::::::::|  j
:::::::::::::::::',ヽ、_ ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::i  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 長吉が俊三を旅行に誘った理由……

 これにはいろいろなことがありそうだ、と後に俊三は述懐している。

 反軍政治家であることが原因となって羽振りが悪くなり、暇になったこともあるだろうし、
 また、俊三の兄2人を相次いで結核で失っていることもあるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

42短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:15:46 ID:XR3n4QoM


   ____
  /ー―――\
/\      /\
   |  ____|__。
   |  | |   .|.   ||
   |  /|\ . |  /||
   |/||  \|/. ||
   |  | |  /|\  ||
   |  | |/  |  \||
   |  | | )ー―――――)
   |  | | / ̄ ̄ ̄ ̄| ̄/
   |  | /   |   || ./
   | , / | .  |   ||/
   | / ||   |_з||
   |/,' ι| ̄ ̄|/ ̄||
    (・ヽ:\___|\, - ,   _
    /' ¨  ¨  ¨  ¨/―(_(○)-`、
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|二二二二二|
    | ◎ |:| ̄ ̄ ̄|:|.|  | | | |  |
    |    |:|||    ||:||  | | | |  |
__ | 23 |:|||    ||: |  | | | |_|
||.   | ロ  |:|||____||.| ̄ ̄ ̄ ̄ |
━━┷━━┓゜゜゜|゜゜.|:| @  23  |
     ゜  ┃   |. .|:|   ,― 、. |
━━━━━┛   |_|:|――|:ж(巨)
 |亘| ■        :| ゜|⌒¬-――¬
゚゚             :| ゜|_,' `、|_| |_|
―――――――――-'―ヾ、ノ |_|ノ|_|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「黒部峡谷に行きたいんだ。あそこの軽便電車に乗りたい。」

 そうして宮脇父子は黒部峡谷に行った。
 軽便電車に乗ったり……

※軽便電車……通常の国鉄(現JR)在来線よりも狭いレールの幅で敷設された鉄道のこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

43短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:16:07 ID:XR3n4QoM


ゞ "  ヾゞ;  ;ゞ ;"   "ゞ ; ; ; ゞ          ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"
"/" ; ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"/            ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"
ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ;   " ; ;ヾ ;" " ヾ " ;ゞ "ヾゞ; ;ゞ ;"
ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ " ;ゞ "ヾゞ; ;ゞ ;" " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ
;ヾ ;"/" ; ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"/       " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ
;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ;
. ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ;   ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾヾ ; " ; " ; ;
"/" ; ;ヾ/ヾヾヾ;ゞ ヾ; ;"/             " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ ;
// ヾ ; " ; " ; // //ヾ" ; ;ヾ ;"        " ; " ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ ; "
/      " ; // //                  ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ
      ; // //                   ; ; ヾ" ; ;ヾ ;" " ヾ ; " ; " ; ; " ヾ
    ; " ; // //                       ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾヾヾ;ゞ ヾ; ;
     ; // //                            | | | || |  ヾ ; " ; "
  (  ))                                | | | || |  ヾ ; " ; "
    (  ))                   (  ::)  )     | | | || |
   (:::::::) ( :::)oo∞cOcっ∞cっcc∞c∞coo(  ) )   (  ::) || |
      co0o      〜〜〜〜( )       c( )。。。( :::)
     (^;;)o             ( )         o(")o ( )
    ("'')0 c  〜〜〜       〜 - −、      O(~)o
   (~~)ヽ                 ≡ ≡) ヽ    (⌒(⌒~)
  (⌒ヽ           〜〜〜〜 (人__)//ノ   (⌒~)
   /~゙゙ヾ⌒`ゝ              ‘ー′   (~゙゙ヾ⌒`) )
   (~´`(⌒(⌒~)                    (~゙゙ヾ⌒`)
     (⌒(⌒~) )~~~)(~~) <⌒)⌒)⌒>-(⌒(⌒(⌒~)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 温泉に入ったり……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

44短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:16:34 ID:XR3n4QoM


       ___
     /:::: u ::::::::\
   /  ○ 三 ○:: \           あ、青森行きとか、もう売り切れてるお……
  /::u:  (__人__) :::::::\
 |   ヽ |┼┼| / u  |          北陸本線は大丈夫かお?
 \    `――'´     /
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、この戦局の最中の旅行は、やっぱり大変だったようである。

 例えば急行券を得るのに5時間も並んでやっと買うことができたり……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

45短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:16:55 ID:XR3n4QoM

         ,.,、-------::、..
      ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、
     ( ,i'。'゙  ο ο ο ゙'';:、,)
     .| ゙-..;;_'' ο ''''',, ''_,,..-'゙|
      l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|
       'l,             ,/
       \          /
         ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙
         ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙

 l三三三三三三三三三三三三三三三三三|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 米を持参しないと、旅館によっては宿泊させてくれないケースとかもあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

46短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:17:13 ID:XR3n4QoM

     ______                        ______
    `=、;;;;;,,,,,,,:::,,,,,;;;;;,,,,`""''';;;;,, 、__                 `=、;;;;;,,,,,,,:::,,,,,;;;;;,,,,`""''';;;;,, 、__
     ,.-'゙''''',='";;;;;;;;",-,,;;;;;;゙;;;;;;;;;l;;;;`,、                ,.-'゙''''',='";;;;;;;;",-,,;;;;;;゙;;;;;;;;;l;;;;`,、
   /   `ー-...,;;;;;;;;;;;;,-‐/;;;;;;';;;;;;;;;;;;              /   `ー-...,;;;;;;;;;;;;,-‐/;;;;;;';;;;;;;;;;;;
  ./             `''''''""i;;;;;;;;ヽ            ./             `''''''""i;;;;;;;;ヽ
  l  ■  |,,,____/           |;;;;}  カシワモーチ! l  ■  |,,,____/           |;;;;}  カシワモーチ!
  |     |.:::::/  ■        ノ;;;;}            |     |.:::::/  ■        ノ;;;;}
  ヽ、   |:::/          _,/;;;'゛            ヽ、   |:::/          _,/;;;'゛
    `ヽ、_ |/        _,,.,;‐';;;;゛゛               `ヽ、_ |/        _,,.,;‐';;;;゛゛
      "'''=ー;‐---‐‐'';';"-''"゛                     "'''=ー;‐---‐‐'';';"-''"゛
          ~~~~ ̄´                            ~~~~ ̄´
     ______                        ______
    `=、;;;;;,,,,,,,:::,,,,,;;;;;,,,,`""''';;;;,, 、__                 `=、;;;;;,,,,,,,:::,,,,,;;;;;,,,,`""''';;;;,, 、__
     ,.-'゙''''',='";;;;;;;;",-,,;;;;;;゙;;;;;;;;;l;;;;`,、                ,.-'゙''''',='";;;;;;;;",-,,;;;;;;゙;;;;;;;;;l;;;;`,、
   /   `ー-...,;;;;;;;;;;;;,-‐/;;;;;;';;;;;;;;;;;;              /   `ー-...,;;;;;;;;;;;;,-‐/;;;;;;';;;;;;;;;;;;
  ./             `''''''""i;;;;;;;;ヽ            ./             `''''''""i;;;;;;;;ヽ
  l  ■  |,,,____/           |;;;;}  カシワモーチ! l  ■  |,,,____/           |;;;;}  カシワモーチ!
  |     |.:::::/  ■        ノ;;;;}            |     |.:::::/  ■        ノ;;;;}
  ヽ、   |:::/          _,/;;;'゛            ヽ、   |:::/          _,/;;;'゛
    `ヽ、_ |/        _,,.,;‐';;;;゛゛               `ヽ、_ |/        _,,.,;‐';;;;゛゛
      "'''=ー;‐---‐‐'';';"-''"゛                     "'''=ー;‐---‐‐'';';"-''"゛
          ~~~~ ̄´                            ~~~~ ̄´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらにはお土産にしようとしたあんころ餅を売ってくれなかったり……

 戦況はまだそこまで厳しくなかったのに、食糧事情はかなり厳しいものがあったのだ。
 特に都市部では、あんころ餅すら売っていないような、そんな状況になっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

47短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:17:36 ID:XR3n4QoM


               。
            。 O     ____ー、
          ゚  。 \ヽ / u ゛  u  \  ゚
          -  ・。 /;゚ ⌒  ⌒ @\。
        ,  ゚ 0 ─/ { U (●) (●)  .\ / 。   ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u//(__人__) 、 ) 。゚ | o     ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u   / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\     ∠  ハ ッ j
          ー = ^〜、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。   ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ      ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,               l  l
  ^⌒~^⌒^~⌒^               ヽ=ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな状況でも、それでもなお、俊三は旅行に行っている。

 翌年、昭和17年の夏には、北海道まで旅行をしている。
 名目上の理由は「父の助手」として、長吉の経営する鉱山の視察であった。

 なお、俊三は、このとき食堂車で食べた「鮭フライ定食」が、
 これまで食べてきたものの中で一番おいしかったと言っている。

 食糧難の時代、まだ北海道は食糧事情がよかったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

48短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:18:12 ID:XR3n4QoM


                             ''';;';';;'';;;,.,                  ゲショ
                              ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ゲショ
                ゲショ               ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                               ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                                ,.〜^,.〜^,.〜^..〜^      ゲショ
                              ⌒vv⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、
                           , '´ ̄`ヽ −^, '´ ̄`ヽ −^, '´ ̄`ヽ
           ゲショ           ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ
                      ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ__‐ '´ ̄ ̄`ヽ _‐ '´ ̄ ̄`ヽ    ゲショ
                . ‐≠  ̄ ̄ \         . ‐≠  ̄ ̄ \         . ‐≠  ̄ ̄ \
                / /           ヽ.      / /           ヽ.      / /           ヽ.
           / /,. ----- 、     :i \  / /,. ----- 、     :i \  / /,. ----- 、     :i \
          く  / /: ! : : : : l: : \  |  〉く  / /: ! : : : : l: : \  |  〉く  / /: ! : : : : l: : \  |  〉
            ∨. :/斗|: : /十ト: : :\.l /  ∨. :/斗|: : /十ト: : :\.l /  ∨. :/斗|: : /十ト: : :\.l /
            レ{.V '´ |:/  `ヽ }V};ハ|: V   レ{.V '´ |:/  `ヽ }V};ハ|: V  レ{.V '´ |:/  `ヽ }V};ハ|: V 
                }:i  ⌒    ⌒ /: /}: :i    }:i  ⌒    ⌒ /: /}: :i    }:i  ⌒    ⌒ /: /}: :i
          /⌒ヽ |:|⊂⊃、_,、_, ⊂⊃/ノ: :レ⌒iヽ .|:|⊂⊃、_,、_, ⊂⊃/ノ: :レ⌒iヽ .|:|⊂⊃、_,、_, ⊂⊃/ノ: :レ⌒i
        \. ゙ |: :ヘ   ゝ._)   |: :|:_:_:/  /  ゙.|: :ヘ   ゝ._)   |: :|:_:_:/  /  ゙.|: :ヘ   ゝ._)   |: :|:_:_:/  /___
            \ /: :l/> ,. ___, イ|: :{:∨  ∧:\/: :l/> ,. ___, イ|: :{:∨  ∧:\/: :l/> ,. ___, イ|: :{:∨  ∧ : : : : : : `\
             ノ"|: :| {  |l |l\ |: :|:〈  人: :ヾノ"|: :| {  |l |l\ |: :|:〈  人::ヾ"|: :| {  |l |l\ |: :|:〈  人: :ヾ ̄ ̄ ̄`
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 余談ではあるが、北海道・森駅の有名駅弁「いかめし」は、まさしく戦時中に考案されている。

 米はなかったのだが、いかが大豊漁で、それこそ腐るくらい獲れていたのだ。
 米不足による食糧事情の改善と、いかを腐らせるのはもったいないということで、
 あの独特の駅弁が考案されたのである。

 同じことが俊三の食べた鮭フライにもいえるのかもしれない。
 鮭が豊漁だったとしたら、同じことは起こりうるのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

49短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:18:36 ID:XR3n4QoM

                                 l
                                 l
                              ――ト―― γ ⌒ ⌒ `ヘ
                                 liイ,,,, ""  ⌒  ヾ ヾ
                               ̄/゛゛゛(   ⌒   . . ,, ヽ,,'' ..ノ )ヽ
                             i (   、、   、 ’'',   . . ノ  ヾ )
                           .................ゞ (.    .  .,,,゛゛゛゛ノ. .ノ ) ,,.ノ........... ........
                           :::::::::::::::::::::( ノ( ^ゝ、、ゝ..,,,,, ,'ソノ ) .ソ::::::::::::::.......::::::
― ―― ‐‐―‐ ― ‐‐‐ ― ―‐ ― ‐ ― :::::::::::::::::::.:::::(、;''Y ,,ノ.ノ ,,,^ ^,,,;;;ノ)::::::::::::..::::::::::::::::... ,,,,::::::::::: ‐ ‐ ―― ―‐‐
                            . . . . :::::::::::::.('''yノ (''、,,,ノ)ノ ::::::::::,,,,,::,,:::::
                            ,, . . . . . ::::::::::::( ( ,,,人、..ツ. ノ ) ::::.:::::  
                        ‐=r=‐ . . . ,,,,, . . .:::::::::::::'''(, イ")'"´ノ;; :::::     
                    ___,,..::〈]‐fニ . . . . . . ,,,. . ,,,::::::( , ゛゛..(’_''/,,, ..ノ^'‐。.,_  `^' ‐- ̄~''ニ‐- ヽュ.::.,,__
                  {三ニー---- ̄ ゚. . . ,, . . ((,⌒ノ,,,.:::::' (   (’''....ノ ソ ::::::: ... . . ,,,,,,,,,::::::::::::――ヾ0]rュ
                  [硅 _,,.-ニ´   . . (’’,,,/(~〜ノ(’''''ソ:.:.,、,,,,,(   .:: ノ..)形/―――――ュ―――┘
                 _,.:;-ニ´       y(、,,'''ノ(、、...,,,Y),,,ノ:::.:)~〜ノノ)”),,, . ,,,ソ      
             _,.-ニ´                         _,.-´祁杉/i__三三};:/
          rtr≦――ュ‐‐ュ――――――――‐ュ‐‐‐ュ―――r'´形「硅]   i;.;.;.;.ニ-‐''´
         〔___l ̄ ̄~ /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  / ̄ ̄ ̄ l三iil}/    ~~  '´.〉
           |   ム___/            ム_/      .| ̄/         ,-'
            ̄ ̄ ̄≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧ ̄         /
                 `'-、:,:,:,:,:,:,:,:゚,:,:,:,o:,:,:,゚:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,_.:''´          /
                     \:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,_:;<y         ./
                    ´^ヾ\:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:、:-kg》\      _.- '´
                      `  \:,:,:,:,:,:,:,::、:' ´ ヽK    _,.-''´
                          ヽ:,:,:,:,:、:        /
                           ';:。:'        /
                            .i:l      /
                            l::;;杉ヾ::;''"´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 閑話休題。話を元に戻す。

 戦況はどんどん悪くなっていった。

 昭和17年6月5日、ミッドウェー海戦。
 『大本営発表』によると、
 「敵空母2隻沈没。我が軍損害、空母1隻喪失1隻大破」
 というものであり、これまでと異なった、厳しい戦績であったことは、誰が聞いても分かるものだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

50短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:18:50 ID:XR3n4QoM

         .∧__,,∧
        (´・ω・`)        おい、宮脇、聞いたか?
         (つ と)
         `u―u´


                                               / ̄ ̄ ̄\
                                              / ─    ─ \
                                            /  (●)  (●)  \
                       何をだお?              |    (__人__)    |
                                            \    ` ⌒´    /
                                            /            |
                                           (_ )   ・    ・  ||
                                             l⌒ヽ        _ノ |
                                             |  r ` (;;;U;;)   )__)
                                            (_ノ  ̄  / /
                                                   ( _)

51短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:19:16 ID:XR3n4QoM

  ∧_∧
 (´・ω・)        どうやら、先の海戦、ボロ負けだったらしいぞ。
  (∩∩)        我が国は空母4隻失ったらしい……


         ____
        /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
       o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ミッドウェー海戦から2日ほどたった日のこと。

 俊三の通う中学校にある噂話が広まった。

 ミッドウェーでは大敗した、空母4隻失った、というものであった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

52短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:19:39 ID:XR3n4QoM

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|;/ /                      ___|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;           _,..、-''" ``丶    _,..、-''" 〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        _,,..-‐''     、      ノ __ /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     _,..、-''"    __  \    く-'''・   /|
::::::/""\:::::::::::::::::::::::i        _..-'''""~・  |  /     i    ノ .i
::::/ ._,,..-  `、:::::::::::::::::i        八       ノ  、     `、-'"  i
 | |::::::::ヽ ∧:::::::::::::i             "'''- - - '"   〃   ___  ヽ  i
 | ヽ〃∧  i::::::::::::i                        ̄  ノ  |      俊三、そのことは、
 キ ' i;;;;;;i   ;;;;;;;;;;;;                          /   i
  ∨   ( l                           / ̄"ノ   i      絶対に外で言うんじゃないぞ。
  ∨ ヤ\\                            <__..-、/   /
   ヽ, ⌒ ノ                            ''   /
   ___\ /-----....____                    ___..-  /
, -'"            `゙''ー-、,_     <二二二二二,,..、-''"  ,′
                   ヽ                      i






                                                       /  ̄ ̄ \
                                                      /ノ  ヽ__   \
                                                    /(―)  (― )   \
                          ・ ・ ・ ・ ・ ・                      |.  (_人_)   u |
                                                         \   `⌒ ´     ,/
                                                     /         ヽ
                                                    ./ l   ,/  /   i
                                                    (_)   (__ ノ     l
                                                    /  /   ___ ,ノ
                                                    !、___!、_____つ

53短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:19:57 ID:XR3n4QoM

     /::::::::_..‐´::::::::::::::::::::::::..-‐ ′            `' 、::::::ヽ
    /_..‐´::::::::::::::::::::::::::::::_..-'"      _,,l「 l1‐−――‐‐-...`l、
  /_..‐´::::::::::::::::::::::::_..‐´    ,,..-‐''´ ゝ-'′_ ,,...............,,, ヽ/..
  \::::::::::::::::::::::_..‐´  _.._..-‐''   __....-‐'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   \::::::::::::::_..‐´′ ,- ′ _..-‐''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.,,,,,,._.._,,,, ノ、
    \::::::ィ''´  /  ...‐" :::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,, .ニ/--、ノ゙i
      \  /  ィ''´::::::::::::::::::::::::_..-‐'' / /ハノ   ゚,‐´ , ゙i′
       \ j丿 'ぃ―f ......--''¨___ 'く   〈' ⌒゙゙゙゙゙ ''´   i丶
        l''、,,-':;:;:;:; !'''′ エ ̄ ゚ ,/ /    ゙i       i〉  .
        ./ 、:;:;:;:;:;〔    ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙__ィ   ゙i       lソ
         ノ( `ゝ:;:;:;:;卜 ‐            / ゙iヽ      l \、       しかし……
       / ( ヽ ` 巛    、  ..‐-、   ゞ‐゙'ノ ..,,    li!i!i!i!i!l`\      中学生まで知っているのか。
    ,ノ"  ヘ     ゝ 、 ` / 〕ゝ - ' ..-‐'' `   "'‐-、  li!i!i!i!i!l '、\
    / 、´ r广´` 、   ‐ 、、  /  / │‐..'′   ,,.. _''__.....-..〉 ノi!i!i!i!i!l  '、
  /..''j ''´、 厂  ''ー 、 .._  '、! .. ´′     ,,< r'-―゙´""゙゙゙゙〕|i!i!i!i!i!l   '、
../ ノ'( r'      i!/:;TTTヽ  ’ ;''゛  、 ..-"´      _,,....ri!i!i!i!i!i!i!l  ´
''  丿 ヘ   "ヽ.. ''i!i!i!i!i!| | | | '、 ' /   '"  ゝ '/....:-−´゙゙`ノi!i!r-−i!""
 i |,   ''    ゝ   ゙!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l  '´   ./   ..-'゙^‐ゝ、  /´i!i!!'′、  ´
.. ⊥    ミ      . ''゙くi!i!i!i!i!l  i  ./   、     (-!′ '´ ''−´ ..ィ ッ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 俊三は長吉から、固く口止めされた。
 軍の発表と異なることを言えばどうなるか……危険なことが明らかだったからだ。

 しかし彼は「中学生まで知っているのか」とも言った。
 ミッドウェーの大敗は、ある程度の大人なら知っていることでもあったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

54短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:20:17 ID:XR3n4QoM


              ,: ´ ⌒^ ヾヽ
            (,, ""⌒ '' .. " ヾ )
          ,, . :::::::( ノ( ソ( 、ノノ..:::.... ,,..:::...:: ..
          . . ,, :::::::'''(, イ")ノ::..:::::,,:::"─ァ〃―┐〃―┐〃
        __,,ゝ . . .,,, :::::(’''....ノソ),,:::   /、  _____|  __| ……
        | □. . .ノ(~〜ノ(’''''ソ、' :::: . ,,:::::
  _____|__,|_;|,,(、、...,,,Y),,,ノ:.:),, ,ツ..   ::::
 |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___
.└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤
 ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)
  ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ミッドウェー以降、戦況は徐々に悪くなっていった。
 もっともそれは、隠蔽され、正しい情報は国民に伝えられなくなっていた。
 そして、断片的な情報から、戦況の悪化を感じ取る国民……

 旅行どころではなくなっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

55短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:20:48 ID:XR3n4QoM


          . -─‐- 、
      /        \
     / ̄       ̄   ヽ.          どうせ最後だろうから、
      / >    <     ハ,4L_
     :  (_ , 、 _)      ノ  /       戦時中でも旅行にいけるんならどこでも行くお。
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |
     ̄_i          ∧
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし俊三は、いろいろと旅をしている。

 1944年(昭和19年)春に、関門トンネルを見に九州方面に行き、
 1944年(昭和19年)夏には、高校の友人と妙高高原へ行っている。
 さらに同年10月には、谷川岳のふもとにある学校の施設まで行っている
 と、旅行している。

 無論、すべて理由を偽っての旅であり、違法行為に近いものである。

 例えば、谷川岳は、当時在学していた旧制高校の友人たちと、
 「学校の研修施設を閉鎖しに行く」という嘘の理由で、学校をサボって行ったものであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

56短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:21:10 ID:XR3n4QoM


                                   o     ,.'⌒ヽ、
                                      _ノ⌒´     )
                                     (_       〈
                                     .`ヽ、__    !
                      ,.-''"i"⌒) 彡          `"'ー'"
           ザッ        /   ヽ、_イ
                    < ,. -、   /   o .
            __            ,へ/  /.
::       /- - \      // `"'ー-'   ザッ        o
      / (● ●)\  //
      (   (_人_)  )//7'ヽ.    ,. -‐- 、.         .
       くヽr'::ヽ‐-‐'´:/⌒ヽ'"´ /  /
⌒ヽ,     \\::::::::::::〈   〈___,/ /            ⌒`"'ー'
  ⌒`"'ー'⌒く:\\:::::::::::'r-'" 彡  i              ⌒ ⌒   ,.'⌒ ヽ、
      ⊂[[二二\\二> 、   ,'   ,.    .'⌒ ⌒
ヽ     ⌒//:::::`T\\\  ヽ /     ______.     ,.'⌒ ヽ、 ___/ ̄`⌒ヽ
      rく::::::::::::::::::::::::::\\〉、  i    ,'"  ヽ    ⌒  `"   ⌒``"⌒" ___

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 俊三は戦時中、中学から高校に進学しているが、
 授業はほとんどやらなかったという。

 授業をやりたくても、生徒が勤労奉仕で徴発されてしまい、授業どころではないのだ。

 俊三も、いろいろなところで勤労奉仕を行っている。
 開墾、用水路の工事、防空壕掘り、その他、毎日のように鍬とかスコップを持っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

57短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:21:30 ID:XR3n4QoM

                  ___
                 /     \
____         / ノ  ヽ、_ U\
        |   ○ / (●)  (●)   \
 ◎     | (((i ) |    (__人__)   U  |  生産が間に合わないお
        |/ | ヽ \ u ` ⌒´     /   また残業だお・・・
 __   |  \ / ̄ヽ \_  _/フ  ̄  \
     |  |    \     ヽ/  _   i  |
__ |  |      |      :  | T|  .|─|
  ⌒\\ .\     .|      :   ̄.   |  |
●)(●):::\ .\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
(__人__)./ ̄ ̄ ̄\::::::::::::::::::::::  / ̄ ̄ ̄\
::` ⌒´./  ⌒  ⌒ ヽ:::::::::::::::  /  ⌒  ⌒ ヽ
:::::  ./   (●)(●) |::::::::::::  /  ( ●)(●) |
\  |    (__ / ̄ ̄ ̄\  |    (__人__) }
  \/、.     /  ⌒  ⌒ ヽ/、..    ` ⌒´  .ヽ
    \    /   (●)(●) |             |
  \  \  |     (__ / ̄ ̄ ̄\.      | /
   |\   \/、.     /  ⌒  ⌒ ヽ──┐ |丿 
  | .\  \    /   (●)(●) |──┤ | 
  |  |\  \   |    (__人__) }──┤ |
  |  |  \  \/、.    ` ⌒´ ヽ\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昭和19年6月下旬から、俊三は工場へ動員された。
 飛行機の古いエンジンをオーバーホールして、舟艇用に改造する仕事だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

58短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:21:53 ID:XR3n4QoM


            / ̄ ̄ ̄\
          /  ⌒  ⌒ ヽ
            /  (●)(●) |
            |   (__人__)  }          ああ、そこの学生さん。
        /     ∩ノ ⊃ \
        (  \ / _ノ |  |        そこのシャフトをスパナ使ってボルトできっちり締めてくれ。
.        \ “  /__|  |
          |\ /___ /
          |          |
          |          |
          |    ∧    |
          |   | |    |
           |   | |   |
          (____) (____)


                                            ____
                                          /      \
     (製造物がしゃべるのはどうでもいいとして……)       /─    ─  \
                                       / (●)  (●)   \
     (敵性言語である英語をバンバン使ってるけど、)    |    (__人__)      |
     (別にいいのかお?)                     \   ⊂ ヽ∩     <
                                         |  |  '、_ \ /  )
                                         |  |__\  “  /
                                         \ ___\_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当時は「ニュース」を「報道」、「ゲードル」を「巻襦袢」などと言っていた時代である。

 それなのに、工場の中では、あらゆる英語が飛び交っていた。
 シャフト、スパナ、ボルトなど……

 また、工員たちは気さくで面白く、猥談なんかにも耳を傾けた、と俊三は書いている。
 「俺のシャフトを突っ込んで、ピストン運動」みたいなことでも話したのだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

59短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:22:15 ID:XR3n4QoM

          _
         ´  、 `           ,:'  :、
           \ ('‐) `  .     _:. .: ' ,:'  :、      ,,..,,_
            \ ``   `,, ':;`"´ `;  _:. .: ' _ ,,. ''"`,.升心
             \   '‐- ` ",, ':;`"´ `;.:´_,,)   `''" ;ソ
                    \     '‐- ,,. ''"    ,:'  :、 ''"
                     ヽ,,  ,,. ''"  ,,.. - 、   _:. .: '  ..
, -:、             ,,.´ ''"   ,. "  ,, ':;`"´ `; ,:'  :、
   \        r¬;''"     :、´    '‐- ‐ 、 ''"  _:. .: '
    ` ‐-- ,,. '" `¨   .  ,,. ''" `,r''´'     ,, ':;`"´ `;  :
,,    ,,. 、 ''"      ,,. ''"´     `ヽ 、     '‐- ‐ 、 ''":、,
 ,,. ''"  ;!   ,,.  ''"´           \ 、      ヽ '"'
"  ヽ    i ''"´                     \ " 、    ヽ
‐\. \ ,/                       \  、    ヽ
   ` ‐ "                         \  、    ヽ
                                \  、.  ヽ
                                \"    ヽ
                                  ` ― ''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昭和19年7月にサイパン島が占領されると、ついに東京も空襲がなされるようになった。

 東京の空に初めてB-29が見られたのは、同年11月のことという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

60短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:22:39 ID:XR3n4QoM

             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)
      / /\ .| l|lii!:::::(__人__):i
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|         やばいお、急いで防空壕に逃げるお!!!!
         / \     `⌒´_/
        /           \
       /      / ̄ ̄ヽ )
   _  r  /⌒ヾ/   //
  "ヽ |  i,     i    (_ノ
    | ヽ/ ヽ、_/  /
    ヽ、_/ / /
        (/


____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o  ヽ|      こわいお、こわいお、空襲だお。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|      爆弾落っことしてくるお!!!!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 空襲警報が鳴り響き、人々はパニックに陥った。
 そして必死に防空壕などににげたという。

 初めての空襲は、どの市民もそれは怖いものであっただろう……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

61短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:23:04 ID:XR3n4QoM


                         _,---, _,,_
                 _,-'´☆/./(X)i
         ___n'___,Kニ)  /_,ノ    i、     ゴーッ
        (ミ-'-'   fkイニ___/ ̄=☆=  __,>-
        `ーー,ーー,ー,ーー,''''´ ̄ ̄
             ̄ ̄   ̄ ̄







                                                        / ̄ ̄ ̄\
                                                       / ⌒  ⌒   丶
                      今日もまた、北のほうに行ったね。            | (●)(● )  丶
                      中島飛行機の工場狙いかな?              } (__人__)     |
                                                       i  `⌒ ´      |
                                                      ┌─┐      `' :、
                                                      ./| ⊂¨ヽ        ヽ
                                                      l│ ⊂  `ー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この当時、B-29が爆撃していったのは、主に軍事拠点などだった。
 例えば東京の周辺ならば、現在の武蔵境の辺りにあった中島飛行機の工場とかである。
 市民が生活する地域を爆撃することはなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

62短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:23:40 ID:XR3n4QoM


                       /
                 ,. 、       /   /
               ,.〃´ヾ.、  /  /
             / |l     ',  / /
        ,、     ,r'´  ||--‐r、 ',          空 襲 警 報 ! 空 襲 警 報 !
       l.l. ,..ィ'´    l',  '.j '.
       'r '´          ',.r '´ !|  \
       l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \
        ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ
        | |
         .| |
          | |
        | |
           | |
         | |
            | |
          | |
           .| |


                                             / ̄ ̄ ̄ \
                                            /  ─    ─\
                  あーはいはい、                 /    (ー)  (ー) \
                                          |       (__人__)   |
                  空襲警報だお。               \      ` ⌒´   /
                                            / ヽノ   ⌒\__
                                           / |      \___)⌒\
                                           ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
                                               \         /\ \__
                                                 ` ―─―─´   ヽ___)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 市民もそういう事情がわかってきたのか、だんだんと防空壕に避難しなくなった。

 俊三もサイレンがなっても避難するようなことはなくなり、
 飛行機がどこに飛んでいくかを見て過ごすようになったという。

 市民もこんな感じで慣れていったしまったようである。
 B-29が飛んでいても、誰も、驚かなくなった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

63短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:24:05 ID:XR3n4QoM


_____________           ヒュルルルル…      ,_  _._
──────────────                    、,-'´/_,ノロ:i、
____________                   (i''´ ̄+' _,/゙´_,,,,..ノ
_____________                    ̄''''' ̄''''´
──────────────       _,-、  ,-、       、`, ` 、
___________      ___ k,-'´ / _,-'◎|       、,`、    _,---, _,,_
_______         fi´''´ t'´ _ / ̄__,,,,,,..)-         _,-'´☆/./(X)i
___                 ̄`ニ' ̄`ニ' ̄      ___n'___,Kニ)  /_,ノ    i、
_____                _ =_        (ミ-'-'   fkイニ___/ ̄=☆=  __,>-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             = =        `ーー,ーー,ー,ーー,''''´ ̄ ̄
─────────────     _` _             ̄ ̄   ̄ ̄、    //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、  = `          == ` __ =='  _,-ー,//
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               ==  = ___ == γ   `-'i___,,,,,,----------lilil----
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             _,,----,--'''''''i'''''''''i''''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             /l{il`ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            ,,,-'''´ ,|---/__|---|---i    | ̄|                i:|il:;;:;:| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            /i| ̄ ̄|_,/__,,,i---'---'      ̄        |ik      (シ];:;;:| |
___________         /-i-| ̄ ̄ :::_,>o==i:      _,,,,,,,,-------     i{|,-、----,---lii|i;::;//
                        ===)-/-i:::::::::::::::く(゚ー^,) '゚:::::::: ,,-''´Mother    :::::::::::: i|i;:;:;`i i  |  `lil-'----
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           ヽ--i:::::::::::::::::`(゙, ゙)'ヽ_::::☆--、_,,,,_Country__:::::::::: (シi;:;:;:| i  .|  lil
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       `-'、:::::::::::::_,イ、_,,ノ:`ー '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |li、;;;:;ノノ /
───────────────       `ー、_::'ー-' じ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ili ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
──────────────────       ̄ ̄ ̄""""""''''''''''''、ーーーー,ーー,ーー,ー-----------,---
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               ====) iニニi  ノ   i;;;;;;; ノ____________________ノ
─────────────────                     `ー--ー'´   ヽ;; /_______/
─────────────────        ||                    _           _
___________________  iニニ||ニニi       //      .    | |     (i ̄ ̄)ニ|_|
──────────────────  iニニニ||ニニニi iニニ`i  / |/   // 。。。| |       ̄ ̄.   __  _
───────────────           ||    iニニニニi    // / |/    |_|            (i__)ニ|_|
                                           / |/      O  (i ̄ ̄)ニ|_| __  _

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのようなアメリカ軍の空爆の様子がおかしくなったのは昭和20年3月10日の夜のことである。
 B-29の大編隊が東京上空に現れ、次々と焼夷弾を落としたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

64短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:24:27 ID:XR3n4QoM

                                    
                                      :::::::::::::::::::::::........ . . .      (:. ,:.     . . . .......:::::::::
                                      :::::::::::::::::::::........ . . .     .:从,)ノ':.:,    . . . .......:::::::::
                                      ::::::::::::::::::........ . . .    ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,    . . . .......:::::::::
                                      :::::::::::::::....... . . .   ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,      . . . .......:::::::
                                      :::::::::::::....... . . .  ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.  . . . .......:::::
                                      ::::::::::::....... . . . ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):.  . . . .......:::
                                      :::::::::::::....... . . .( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,  . . . ......::::
                                      :::::::::::::::....... . . .,):.      , 从ヾ;. '',人ヾ,´:.   . . .:::::
         ____
     .   /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \         あそこに見える火は……
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/         青山辺りがやられてるのかお?
    ノ           \
  /´               ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 俊三は、世田谷にあった自分の家から見える赤々とした明かりから、
 空襲を受けたのは青山の辺りだと思っていた。

 しかし実際に空襲を受けたのはそれよりずっと遠くの東側、
 いわゆる「下町」と呼ばれる墨田区や葛飾区、江東区の辺りであった。
 それくらい近くに見えるだけの大きな炎で、燃え上がっていたということだろう。

 世に言う東京大空襲、死者・行方不明者10万人以上という「大虐殺」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

65短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:24:43 ID:XR3n4QoM

_____________           ヒュルルルル…      ,_  _._
──────────────                    、,-'´/_,ノロ:i、
____________                   (i''´ ̄+' _,/゙´_,,,,..ノ
_____________                    ̄''''' ̄''''´
──────────────       _,-、  ,-、       、`, ` 、
___________      ___ k,-'´ / _,-'◎|       、,`、    _,---, _,,_
_______         fi´''´ t'´ _ / ̄__,,,,,,..)-         _,-'´☆/./(X)i
___                 ̄`ニ' ̄`ニ' ̄      ___n'___,Kニ)  /_,ノ    i、
_____                _ =_        (ミ-'-'   fkイニ___/ ̄=☆=  __,>-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             = =        `ーー,ーー,ー,ーー,''''´ ̄ ̄
─────────────     _` _             ̄ ̄   ̄ ̄、    //
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、  = `          == ` __ =='  _,-ー,//
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               ==  = ___ == γ   `-'i___,,,,,,----------lilil----
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             _,,----,--'''''''i'''''''''i''''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             /l{il`ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            ,,,-'''´ ,|---/__|---|---i    | ̄|                i:|il:;;:;:| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            /i| ̄ ̄|_,/__,,,i---'---'      ̄        |ik      (シ];:;;:| |
___________         /-i-| ̄ ̄ :::_,>o==i:      _,,,,,,,,-------     i{|,-、----,---lii|i;::;//
                        ===)-/-i:::::::::::::::く(゚ー^,) '゚:::::::: ,,-''´Mother    :::::::::::: i|i;:;:;`i i  |  `lil-'----
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           ヽ--i:::::::::::::::::`(゙, ゙)'ヽ_::::☆--、_,,,,_Country__:::::::::: (シi;:;:;:| i  .|  lil
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       `-'、:::::::::::::_,イ、_,,ノ:`ー '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |li、;;;:;ノノ /
───────────────       `ー、_::'ー-' じ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ili ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
──────────────────       ̄ ̄ ̄""""""''''''''''''、ーーーー,ーー,ーー,ー-----------,---
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               ====) iニニi  ノ   i;;;;;;; ノ____________________ノ
─────────────────                     `ー--ー'´   ヽ;; /_______/
─────────────────        ||                    _           _
___________________  iニニ||ニニi       //      .    | |     (i ̄ ̄)ニ|_|
──────────────────  iニニニ||ニニニi iニニ`i  / |/   // 。。。| |       ̄ ̄.   __  _
───────────────           ||    iニニニニi    // / |/    |_|            (i__)ニ|_|
                                           / |/      O  (i ̄ ̄)ニ|_| __  _
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後も空襲は続いた。
 4月13日には王子・赤羽地区を中心とした北部。
 4月15日には大森・蒲田地区を中心とした南部。

 そして、5月25日……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

66短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:25:11 ID:XR3n4QoM

  ガバッ ! !  ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/            空襲だお!
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ  
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\ 
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \

67短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:25:30 ID:XR3n4QoM


            l|     ト、
          l |     ヽヽ.
         l |、 -‐lヽ-ヽヽ.
         ,イ 」_  | ヽ._ヽヽ
       / └-...二|  ヽ/.゙l
       l    ,. -ー\,,/. 、  l
      |   /____';_..ン、 |
     /、./´<二> , 、<二ン ト!
   / /,----─'(__人__)`ー、!            急いで防空壕に逃げるんだお!
  <-‐''"|       ` ⌒´   |
    `''‐.\           /
        /´⌒       ヽ  rー、
       /  ,       j /  ノ
 、    /  く}        l'  /
  \    ヽ   ヾ       |/          ―― [] ]
   \   \_ノ       j           | l ̄ | |
 \  \  (        ,/                |_| 匚. |
   ヽ、   ,へ      \ノ                     | |
  _ /  ̄   \     \               |_|
\\ \、__ /´ \      ヽ         [] [] ,-
  \\ ̄\ \    \    /           //
 ̄\\\ ̄| \\  //   /          匚/
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  //  /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\_>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ _\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その日の夜、ドスンという衝撃音で目を覚ました俊三は、
 いそいで支給品の鉄かぶとを被り、防空壕へと逃げ込んだ。

 山手地区の空襲の始まりだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

68短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:25:51 ID:XR3n4QoM


               /        i、
                /!        iヘ
              / i   _,,、、,,_   l ヘ
              / レ´::::::::::::::::::`ヘi: ヘ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
              l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      近くの家が燃えてるお。
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i      それどころか、うちの庭にも焼夷弾が何発も落ちてる……
         //! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |\\     こりゃ、時間の問題だお。
.          //  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | `\
             | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
            ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 俊三はときどき防空壕の外の様子を確認していた。
 空中でばらばらになった焼夷弾のいくつかが、俊三の家の庭に落ちていた。

 また近くの家が燃えているのが見えた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

69短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:26:39 ID:XR3n4QoM
                        ____ 
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________;
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 翌朝、防空壕を出てみると、宮脇家は燃えずに残っていた。

 庭には焼夷弾が落ちていたが、運がよかったということなのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

70短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:27:01 ID:XR3n4QoM

              / ̄ ̄ ̄\
             / _ノ   \_\
           /  (●)   (●) \
           |    (__人__)    |            心配だから、親戚のところとか、
           \    ` ⌒´    /            自転車で様子見に行ってみるお。
       ./ ̄\             ./ ̄\
       |:::::::::::::::i────┬────i:::::::::::::::|
       .\;;;;;/..      |       \;;;;;:/
            ...」    │  L
           /    /⌒\.  |
          i´    /      ..,|    ::::::::::::::::::
          ヽ、   |      ||   ::::::::::::::::::::::
            ,   |      || :::::::::::::::::::::::
          ./   |      :::.|く ::::::::::::::::::::::
          /::::::::..... |    . . ::::::|__)::::::::::::::::::::
         ヽ;;;;;;/.. |  . ...:::::::::| ::::::::::::::::::::::
               .|   .::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
               、::::::::::::::::::/:::::::::::::::::
                .\__/:::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 俊三は自転車に飛び乗って、渋谷方面へと駆け出した。

 身内や友人のことが心配だったからであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

71短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:27:43 ID:XR3n4QoM

                                                 、Х
                                             〈`
                                               /\
                                              //.:::.:.::〉
                                          〉へ::.:/ヌ/〉
                                            /'个y´ ̄Lム、
                                         |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                _                         |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п‖::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/?ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 世田谷の辺りは、まだ、まばらに家が焼けているような状況だった。
 家と家の間が広く、また田畑や林などもあったため、
 焼夷弾の直撃を受けた家しか焼けず、延焼はしなかった、ということであろうか。

 しかし、道玄坂の途中…渋谷駅の西側まで来ると様相が一変した。
 何も建物がなく、くすぶった丘があるだけになっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

72短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:28:01 ID:XR3n4QoM

                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ‖       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ‖‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 山手線のガードをくぐり、宮益坂を見るともっと酷い状況だった。
 焦土の中に、がらんとうのコンクリートのビルがところどころにあるだけだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

73短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:28:21 ID:XR3n4QoM

                        ____
                        /     \
                       /三三二.    \
                      /三三二        \
                 |三三二          |         こ、これが……宮益坂かお?
                 \三三二         /
                    Y──----   く
                      /三二 三二二   ヽ.
                        l三二 三三二二   ',
                   l三二 三三.二二    ',
                       ,'三二 三三.二二.     ',
                  /三二 :∧:三三二二    ',
                    /三二 :/ ∧三三二二     ',
                /三二 :/ /  Y三三.二二    ',.
                  /三二 :/_フ   j三三二二    /
                (`ヽ____ノ    ,厶三三二二__ ..イ
                    ー ´    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ixイi:i:i:ノ
                        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>'升:i:i:i:i:i′
                    /i:i:i:i:i:i:i:i,:´  l:i:i:i:i:i:i:i:i
                      /i:i:i:i:i:i:i:i/    l:i:i:i:i:i:i:i:i
                        /i:i:i:i:i:i:i:i/      l:i:i:i:i:i:i:i:j
                γ⌒ヽ、:i:i:i:イ    (⌒ー―イ
                     ー-----一′      ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮益坂は、俊三が幼少の頃から遊んでいた場所であった。
 菓子を買う、本を買う、床屋に行く……みんな宮益坂だった。

 一軒一軒の店に思い出があった。

 しかし、焼け失せてみると、どこに何があったのか……思い出せなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

74短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:28:48 ID:XR3n4QoM

            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....               ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・〜
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 〜(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    〜 ⊃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 警防団の人たちが、大八車に焼け焦げた木の幹みたいなものを積み上げて、
 坂を下りてきた。

 焼け焦げた木の幹みたいなものをよく見ると、それは焼死体だった。

 改めて道の両側を見てみると、焼死体がいたるところに転がっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

75短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:29:10 ID:XR3n4QoM


          トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "
              `’ `´   ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 手とひざをかがめ、仰向けになったまま、細く小さくなっている人が多かった。
 そんな死体をどれだけの数見ただろうか。何十体見たか分からない、と俊三は書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

76短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:29:35 ID:XR3n4QoM


                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
                           ー====-                         ー====-
                ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
                       _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
                      ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
                    ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
                    ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄


     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (ー)(○ )  ( ー)(○)         しかし……むごたらしいものだろ。
   (__人__)     (__人__)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ         どっち向いても焼死体だらけだ……
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |

     【北杜夫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三は見ていないので書いていないが、表参道方面のほうがもっと酷い惨状だった。

 北杜夫はこの惨状を目の当たりにしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

77短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:30:25 ID:XR3n4QoM

         ____
       /      \
      / ノ    ヽ,_ \
    /   (ー)  (ー)  \        あの空襲のとき、あの辺りの住民は、
    |       '        |        表参道を抜けて明治神宮に逃げようとした人たちと、
     \     ⌒    ,/        当時の代々木練兵場のほうに逃げようとした人たちに分かれたようです。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |         ぼくは青山墓地に逃げたんですが。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

      【奥野健男】

                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
  代々木練兵場は……今で言うと、                       / (●)  (●)   \
  渋谷区役所やNHK放送センターのある辺りだお。             |    (__人__)      |
                                             \   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 後で分かったのだが、渋谷駅の東側の人や、青山、表参道に住んでいた人たちは、
 大きく分けて二つの方向に逃げている。
 一つは表参道を抜けて明治神宮まで逃げようとした者。
 もう一つは渋谷駅の辺りを抜けて、今の渋谷区役所やNHK放送センターのあるあたり、
 当時代々木練兵場があったところへと逃げようとした者である。

 なお、奥野健男もこの辺りの住民であったのだが、
 彼は全く違う方向……青山墓地へと向かい、難を逃れている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

78短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:31:45 ID:XR3n4QoM
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! _.!、;;;;;;;;;;;;;;;;./  /;;;.ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│;;;;;; /  ./丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/;; `゛ ./゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   ? _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八?   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アメリカ軍がこの爆撃で使用した焼夷弾というもの……
 これは、簡単に言ってしまえば、弾の中に油が入っており、
 それが地面で破裂することによって、油を撒き散らした後に、着火するというものである。

 そのような焼夷弾が広い道路に大量に落下すればどうなるか……
 道路は油まみれになり、しかもそこに着火されるわけだから……火が道路を這うように広がっていく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

79短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:32:02 ID:XR3n4QoM


         ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /          \
        / ー :::::::::      ヽ,        表参道は、猛火が這うように広がって、
         /( ○)::::::::::::`ー            多くの人がその火に巻かれてなくなりました。
.        i     ::::: ( ○)    |
       \  ´          /        おそらく……明治神宮方面に逃げようとした人のほとんどが、
            \ ー    __/         あの火に巻かれて……
          /        \


                                                        /  ̄ ̄ \
                                                       /ノ  ヽ__   \
                                                     /(―)  (― )   \
                         ・ ・ ・ ・ ・ ・                       |.  (_人_)   u |
                                                          \   `⌒ ´     ,/
                                                      /         ヽ
                                                     ./ l   ,/  /   i
                                                     (_)   (__ ノ     l
                                                     /  /   ___ ,ノ
                                                     !、___!、_____つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 広い道路を火が這う。
 まさしくそれが、そのとき、表参道で起きたのだ。

 しかも表参道には明治神宮に向おうとしていた人々がたくさんいた。

 道路を這った猛火は、容赦なくその人々を巻き込んだ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

80短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:32:42 ID:XR3n4QoM

     ____
   /      \
  /  ─    ─\          うちの姉ちゃんは、練兵場に逃げようとしたけど、
/    (●)  (●) \        結局逃げることができなくて、渋谷川で一夜を過ごしたそうだお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /        どぶ川に浸かって、火の粉が付くたびに水を掛けて消しながら、
(  \ / _ノ |  |          一晩を過ごしたらしいお……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                                                      ____
                                                    /      \
                                                   /_,ノ   \  \
                       ・ ・ ・ ・ ・ ・                     / (ー)  (ー)   \
                                                 |      '        |
                                                 \    ⌒     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 練兵場に逃げようとした人はどうなったか。
 彼らもまた、練兵場まで逃げることができなかった。

 彼らはちょうど当時渋谷駅の東側を流れていた渋谷川に逃げ込み、
 どぶ川の水に浸かりながら一晩を過ごして、かろうじて難を逃れている。

 運命の分かれ目といえよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

81短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:33:08 ID:XR3n4QoM

          ,r‐ 、
   z'Zr─〜''''彡 ̄ ̄⌒ミーv─ -tf'.z
      ̄`'''''─ム/'⌒' ⌒ヽ_>'''  ̄ ̄
         /  彡、 ノノ:::
        / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::
    _/ フ::::      Y ヽ:::
  (⌒こ))≧:::        jfう》:::
    ̄::::::::::        (_ノ::::::
             ___      _, --- r_,
            'ー-へ_ ̄ ̄ ̄       ゝ-- 、
                    ̄`ヽ     / ̄`ヽ  ̄ ̄`丶_
                     /    <{_、__.ノ^ー-- .__  _>- 、
                     `ー-- ._/二、ヽ       `ー^┴’
                              ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なお、3月10日の東京大空襲の折、多くの人が隅田川や荒川放水路に逃げ込んだ。

 しかしこのときは、あまりに火の勢いが強く川に避難していても窒息死するものや、
 凍死するもの、溺死するものなどが出たという。

 実際、空襲直後の隅田川や荒川放水路には、おびただしい数の死体が浮いていたという。

 一概に「川に逃げれば」安全というものではないのだろう。
 一瞬一瞬のタイミングの違いが、運命を変えるのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

82短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:33:27 ID:XR3n4QoM
     |   ヽ |:::::::: |  i  i:::::::  i  ____  |::::::i i    /..:::::ヽ \i i i i i i  |
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、宮脇家は焼け残った。

 これは当時としては奇跡に近いのかもしれないし、喜ぶべきことなんだろうと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

83短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:33:48 ID:XR3n4QoM


                               
      |\     /|
      \|\止/|/ 
        \|\|/   
        /|\|\
      /|/ || \|\ 
      |/   ||  \| おたく、
           @||@   焼けました?
         | ̄|     ∧__∧    ∧∧
             ||      ( ´∀` )   (,゚Д゚,)    いや、もうきれいさっぱりとw
             ||     (     )     |  |
         |  ̄ ̄|===============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、気分的には家が焼けてしまった人のほうが、しっかりしていた。

 知人宅に寄寓したり、防空壕に焼けたトタンを乗せて暮らしていたり、
 暮らしぶりは酷いものだったが、反面、あっけらかんとしていた。

 「もうこれ以上は焼けっこないから」と胸を張っていたくらいなのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

84短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:34:12 ID:XR3n4QoM

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |         なんかまだ家が焼かれてないうちのほうが……
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

         ____
   .     /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|         すごく後ろめたい気がするのは、気のせいかお?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 むしろ自分の家が残ってしまった人の方が、後ろめたい気持ちを有していた。
 
 俊三もそんな後ろめたさから、
 B-29の襲来を待ち望んでいる自分がいた、などと書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

85短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:34:29 ID:XR3n4QoM

  /;:;:;:;'  ;:;:;:;:;:;:;;:;:r‐'     _,-v、            ヽ;:;:;:;/
 /;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:r'´       ゝ゚、z'   _ ,,,, -- ,,, _ヘ;:/
. /:;:;:  :;:;:;:;:r'´         _ ,,, --‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○}
./;:;:;:; :;:;:;:/´        _,r‐'´;:;:;:;''r‐'´       |  };´',´!,
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ,,r´;:;:;:r'´             ノ ,|  ノ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;|      /:;:;:r´         , , - ' ' ´,、/:; /|  ヘ;:;:;:;:;:;
ヽ;:;:;:;:;:;ヘ    /;:;:r,'       , , ' ' _,,,-7'´・´~ } |//    ヽ;;:;:;:;:
  `'''ヽ;:ヘ   /ヽ○/` 丶 _ , , ; '  _/;:; /` ー ´  | /ヘヽ    "z;:;:;:;:;
      ヽ_/: : : :":;:;ヽ、    _,,,r´;:;:;:;  `         |  入  z   "=;:;:;:
    /r'  `ヽ: :; ; ; ;:;`;:ー;:´;:;:;:;:;:'      ヽ      .|; ヽ \  三   {;:;:;:;:;:      残ったなあ……
    "z ヘ ´ヽ : ; ; ; ' ' ' ' '         r    / | ヘ  ヽ "   }:;:;:;:;:;
    ´7  ヘヽr ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ;     -=ヽ, /;     / |  |  ゞ   ;:;:;:;:;:;
   /,、   `\_ヽ ' ; ; ; ; ; ;              _   _/ ヽ|  |   ゝ   }:;:;:;
   ´,ト  "  | `;:;`、ヽ ; ; ;       , r '_´- ´  / ヽ ノ   |  /;:;:
   /:;:|  〆 | ヽ| ヘ |` 、 ; ;     ´ ´  ´ / 、ヽ / /|
 _,,ノ;:;:;:´|    |ヘ ヽ ヘ |  ` = 、 _    _  ノ  ヽ ヽ  } / ´ /

86短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:34:45 ID:XR3n4QoM

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |          焼けたほうがさっぱりしたのに……
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


                  ,,,......--::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
               ,-'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
              ,-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
               〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              キ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;--'"~ .i
              ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;---===イテ‐‐--、,, ,i、
                    ヤ   ,,-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/-' 〉
                     〉、 ヘ::::::::::::;;;;;;--- ,--・フ .| ./
                     Y,、:::::ヽ,-‐・フ      ̄   |/,
                ヽ,ヘ    ̄   , 〉、     从 ヘ
                ,,-^,ヘ     ` ´    /-,,  ヾ            バカをいうなw
                .,-'" 〃 ヘ.   、____,   / | ヾ  ヾ -、
               '-,  冫 f`'-、       / /  j   j  ヽ
            ,__  ,/  キ j ヽ, `'-,--'"   /  〃  ,′ ,-
            \\,,,__  ,f  ヘ  `'-、_i ,7  ,-'  ,-" ,/  /
           / ,\\~ \,  ヽ         〃 ,,-'  /
              /   ∨`゙'\  `'-~ヘ,     ,,-'"  /   /
          7      \  "   ヽ ヽ''''''"   /   ,,-"
         7     〉 \      ヘ,   /   ,,-'"
         7       ヘ \ 丶       ハ,,,,  , -'"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 長吉はしばしば、外に出ると、家を見上げて、
 「残ったな。」と言ったという。

 それに対して俊三が、
 「焼けたほうがさっぱりしたのに」というと、
 「バカ言うな」と笑いながら言ったという。

 実のところ、長吉もまた、俊三と同じ気持ちだったのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

87短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:35:18 ID:XR3n4QoM

          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\          しかし家は残ったのはいいが……食糧事情は最悪だ。
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー        疎開をすべきだろう。
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

88短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:36:07 ID:XR3n4QoM

                                          /.:.-‐ ¬=‐- ミ:.       `ヽ
                                        //          `ヽ:.        \
                                .         /:/ _ .-一…ァ‐- .. _   ∨        ‘,
                                      ///´7     :/.:∧   . :`ヽ. i:.         ',
                                      ,〃´/ .′ ,   .:/.:/ ハ:     . :Y:.     :   :.
                                .    iV ′ ' イ  /   .:{.:/ ′ !:.     . :|:.   i   |  i  ∧
                                .    l′  〃イ {   . : /{    l:.     i: :|:.   l    |  .:| _ノ  ',
                                .     j イ   . :ハ.:∧: .__ハ/     L:. _ : : l: :|:.   '   .′ .:「     }
                                .    '/i   .:ハ′´  ′        `ヾ:.:|:.  i   イ   . :|_ ..彡
                                    ハ! . :_ノ __,     ー- -    }:.  |  ; ト:  . :|
                                    .:.:}ハ∧     :.     :. __   __ |:. . ; ィハ} i  :{
                                .     И.:.:.:.:.:. ,ィ=ャミ:、      'イ示夾厂| ,イ: :/}う ノ :. ハ
     家族別れ別れになって、            .    八.:.:.:.:.jハ rうzソ`       cゞ一't) レ厶'  xく  ヾ:ハ
     見ず知らずの土地に行くのは心細いぞ。           V´}':.圦 ´                r彡 ∧  ?:!
                                       !.:ト:ヽ      ′           /:. :._ /.:._トミ:. ヾ:.
     それに、東京のことが心配じゃ……              Y:.{:廴>、             .: У´ Y´:.:.:.:ー=ミ:i
                                        }:._彡{ `ヽ、  ` ̄ `     / .′  .′.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                       「 ̄.:.:.:.:〉  } > 、  _ .. ´   } ' /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.-ミx
                                      ∧.:.:.:.:.:.:.{  《     Т      ノ   }.:.:.:.:.:.:.;. ´    ‘,
                                      : ∨.:.:.:.:.ト、  }`ヽ、  〉     ,{   /.:.:./.:./       ',
                                      i   V.:.:.:.:i! `ー{    `   ,.. ´├…1:.:.イ.:./        :.
                                      |   ヾ:.:.:jl  i:.|           〃.:  トミx.:{            i
                                      | 丶 \(!  l:.L._        '/.:   ト, 八!         |
                                      |   ` (´r}   :.ト、 }_        7.:  i }ミY^ヾ           '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 B-29はその空襲以降、東京に来ることはなくなった。

 空襲もなくなり、家も残ったのだが、依然として食糧事情は逼迫していた。
 買出しをしたり、庭でジャガイモを育てたりしたが限界があった。

 長吉は自分以外の家族を疎開させるつもりだったが、誰一人疎開するとは言わなかった。
 そうであろう。家族ばらばらで過ごすのは心細いものなのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

89短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:36:30 ID:XR3n4QoM

         ::     :: : : : : ::: :.: .: .:.:.:::.:::; 、             | | i
          ..,,::::::.:.: .: :    : ::: :: : :: ::::::;  `・、          | | i
           ;.:::.: .:     ;;:;.:.: .:.:.:.:::::;´      ` '' ・ー----|◯ !
          ::: .:: : ::.:.     . ..:::;:::;'´               | | i
    ====::.    :::.:..  ;;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:≒====≠====| | i=
          ::    ;::;'   .:.:.:;;;;:.:.:;:;;'      ii            | | i/
          :.   "     ,;;.:.:.::;'´´´´´´´ii´´´´´´´´´´´´´゙| | i`ヽ_
           ゙:. _n__, '´_: , ‐-、 `ヽ_______ ii        `ヾl | i  { `ゝ
              ¶ i i      {{r、uj}     i i i ====== ニ| | i=!=
         ,. '´ li i_i  __∩ `ニニ´    i_i ト、__          | | i‐+‐
       r'´ ´(>r|‐r;i‐‐p=‐ ´ ̄ `   ‐‐‐=ヽヽ       | | i ii
       i'´l_`ヽi´i=ァ' / ´_____ ° 、    L_|! ̄}─r‐┬rl | i__jl_
       i (K); ii' / / /  l!D 51498 i!    〈l' `)iヽ! ̄`'''¬ー--i ┤!___
       i!: |ニ|i:;ijヽ ,' ,'    ̄ ̄ ̄ ̄     '   ! ! ̄`'''¬ー‐-i::::|..!___ ̄
       i!: l__jiノイij ヽ{ {‐、   (X))       :  i l ii ii ii i; ;: :::::i::::i::i ::
       i!i l:l  i   ', .   /`i!´   o  ij   ! ; ii ii ii i; ;: :::.:i:::.i::i ::
       i!i l:l  i   ' ,            ,'     i ii ii ii i; ::   ! !!i ::
       i!i l:l"""         ,,=、、          i!i! ;; ;; ;;   i ii:!
       i!: l;|             {{幺}}           i!i!===‐-- ! !!: ___
       ヽ.:!      __________v ー'ヽ          i!i!      ;::::iョ
        ii |il________ || ___i[] ̄´ii ̄´;; 。__      i!i!__       iョ
          `|i!_____:__ || ____jj。  ji_ o  __o   i「「´i         iョ
         |ii ii ̄ ̄ ̄  ゚:ll l「 `  :                 iョ
         jii lf、 0     jj lj_j                 ,'´` ,. iョ  ,...
          {{ |p ii_゚j_j__ ヾ.__             ..  ;:: .: : .:  `''´ `ヽ
    ,..     .`r‐rー r────┐゚゚         ,::´  `´`、       ∧
`ヽ._,'  `"ヽ.: .: ┼''ー'┘      |         r;'.:.::.:..    ;     ||1l
         .;;\___二二ニニ!      ___/::.:::. : .    ゙;;..:.   .||‐|
  ,,,,______,,;; ; ;:::::::::;;;;;` t- 、、_   rー--=:::::.:.:..... _____,,,,,,. ..,,,.,,;;;__||2|
  ∵∴∵∴∵∴∵∴∴:`'' ーo。.、j__  ̄}”””””}`"''''''''' ¬========ー─
      ∴∵∵∴∵∵∵∴∵∴∴∴∴∴”””"" ……‐---   、、、、_
”"" '''¬===──‐----゚ ° ゚  ゚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、疎開せざるを得ない状況であったのは事実である。

 ちょうどその頃、長吉の知り合いが新潟県村上に疎開に向く場所があることを教えてくれた。
 長吉は、そこに家族を疎開させることにした。

 昭和20年7月7日。
 長吉を除く宮脇家の面々は、新潟県村上へと向った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

90短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:36:55 ID:XR3n4QoM

                 |ヽ
                -‐┴┴‐- 、  _ノ\
            /: : : : : : : : : : : : :`<   ノ
            ': : : : : : : : : : : : : : : : : :`く ̄
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.         /: : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、: : : :\
         ' /、: : : : : : : : : 、: : |: : : : : : `丶: : :\
           |イ `  ー――‐ヘ: :|: : : : : |: : : : : :. ̄ヽ
           | \         V: : i |、ト、: : >- 、: !
.         |: :l l`. .ー―― ¬"|: : : |:ト、|: : : :/⌒ヽ|      ・ ・ ・ ・ ・ ・
.         |i| | | |: :|: : : : |: :. :|: |: : :l|:|ノl|.イ/     \
         }レ ⌒、トl、_|l_: : }: |: : jイ<ィ//       ',
.         /     /   丶、イ/|  :レ/        ト、
        /    /       ヽ.」 .//        }::l
.       /     l         \//        / /::|
.        '     .!       l:   /      /―‐'′|
        ,イ       }        |   /      /::::::::::::::::::::|
.      {:|      ハ       |―'       ./ :::::::::::::::::::::|
      ヽト、      ハ      | `ヽ、   .人 :::::::::::::::::::::|
       |   ̄ ̄ / .!      ノl   \ /  \:::::::::::::::::|
        |    ./   |`ヽ-‐ ''´ |   ヽゝ    \:::::::::: |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もう家族と別れ別れになるかもしれない。

 そういう沈痛な思いがあったのか、心細さからか、
 母は列車の中、ずっと押し黙ったままだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

91短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:37:19 ID:XR3n4QoM

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |           ひっさびさの鉄道旅行だ、うっれしいな♪
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、↑こいつは、ひとり妙な感慨を覚えていたという。
 と、いうのも、「不要不急の旅行はやめよう」だの「遊山旅行は敵だ」みたいな中で、
 旅行目的をたずねられたらどうしようという、びくびくした旅行ばかりしていたからだった。

 それが今回に限っては、旅行する口実がある!

 そんな胸が張っていける旅行は久しぶりだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

92短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:37:40 ID:XR3n4QoM

      │       .__|........-- -‐‐'''' |"´      / : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
_, ... - - ‐ | '' "" ´´´´´´!           |       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      ..l           |          │   ./: : : : : : /: : : !、: : :ヽ : ヽ ',: : : : : : : :゙ヽ
      l           l        !    /: : : : : : /: : イ |.l: : : : lヽ: :ヽヽ: : :ヽ、: : : :ヽ
      l           L......- - - ‐ ‐ ' ' ' /: : : : : : ::l: : :||: l l:::: : : | l: : ::| |: : : :| l: : : : : :ヽ
.______, ,  ┴ 一 ‐'' '  ̄´           i': : :: : : |: :l|: : l.|::| |: : : : l l_:_:_:| l_: : : | l: :l: : : : :l
                              .| : : :: : ::!: :l|: ::| |_l└‐"´      ___ ┘| :| : : : ::|
                         .|:: : : :|: :|: ::|Lノ---==、    ' ̄  `  |_:|:: : :l.リ
                        |: ::i: : !:: !V′           ___   |: |: : |
                     ......---‐'‐'''゙゙ l::: :|: : |: :!   ,,ィ===ゞ      彳示アゞ |: |: :│
    ____.. -一‐''' ̄´____,,...---‐'‐'''゙ /:: : |: : i: :| 〃ん::::ハ      '弋zン.   |: l: : :|    57歳の熟女の入浴シーンじゃぞw
---‐ ' ____.. -ーー ' ¨  ̄         /: :ヽ:ハ : :!: l   弋zン        ̄   .l: lr⌒ヽ
---‐ '                    |: : : ::l::::\|: |              、   ```  l: :|    i
              , − - 、、  ハ: : ::| ̄|: : ::|    ```     ′      .l: : |    │
      - '  ̄ ' ー"        / ∨: :|  .l:: : :l ヘ      r--‐ーマ    ノ |: : :|     |
     "         ....__,, _ ,へ'"   .∨∧ |: : ::|  ヽ_    `ー- -''   イ: : :|: : :|     | \
   /       ,,.‐ '´´    ン \\    ∨∧ |: : :|、   `' 、,,  − , イ: : l: : :/: ,:/    l   .\
  ′       /     ,r "    \\   ∨∧!: : :l`ー-、_   ` 7 _, |: : :|: : :|/.    l    \
  ′     /   ,,..‐'´          \\ ∨:.l: : ::l     ゛ヽ   〃´ |: : l| :: : |.    │、     \
 ′     ./   j′               \\ノ::l: : ノ           | : |.| : : :|     │ .\     \
 ;     ./     ゙、         _ ,, ‐イ. \: //                |:: :|.|: : ::|     |   \
 l      l  釗、 ゙、   ― --‐''ヘ|  ′   "              |: : |l : : :|.    |     ゙i
 ;     /   ;    ヘ        '、                   ,′  |: : |: : : |      lゝ、 _ /
 l    -、  i       ヽ、       ヽ  u         ヽ         |:: :|: : : |.    |r‐"´
 ;      '  |      ヽ、u      ヽ!                  |: : |: : ::|.    l
 i       ⌒´ヽ         ゙\       \            , 丶    ヽノ: : : |ー-  │         ,,
 ;          ゝ _ _ _ 、    ゝ、       ヽ-―ーーー 、-- 、/_,,, ‐一 " ̄\ :/     |    _..-'''"
 i               i  ヽ  /  \              \ノ          ゙      ノ  ‐''"´
 ;               i    `'  _,,, \          、 \ 丿               _ ‐'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 途中、群馬県の水上温泉で一泊した。
 本当なら夜行列車で向えばいいのだろうが、さすがに乗れる保証がなかったのだ。

 宿泊先は学童疎開の場所であり、子供たちが元気よく走り回っていた。
 灯火管制もなく、電灯が明るく光っており、また温泉があふれていた。

 俊三はここしばらく、ずっと風呂に入っていなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

93短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:38:02 ID:XR3n4QoM

                   ∧_∧           ∧_∧
                   ( =========( ゜∀。)
                   / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ //^\ゝ
                  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_ ///== \ゝ
                 / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄//_. /// ‖  \ゝ
            鄱  ノ ̄ノノ ̄// ̄// ̄//  鄱_ノ//======== \ゝ .鄱
             .ヒ==,@==@,==@==@,==@== ノ人ノ     ‖      ン
               ̄‖~  ̄~ ̄~  ̄~ ̄~ ̄  ‖| ̄ ̄ .‖ ̄ ̄ ‖
                ‖==================.‖|=====‖==== ‖
                ‖|  ‖  ‖ ‖ ‖ .‖|    ‖   .‖
                ‖|  ‖  ‖ ‖ ‖ .‖|    ‖   .‖
                ‖===================   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                ____@))____|_______ |
               /    //ヘ \冫      |        |
               /   //     \\冫    |         |
       ∧_∧  /  //   ??   \\冫   |         ∧_∧
      (  (( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄(( ̄( ゜∀。)
     / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\\
    / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人\_\
  / ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//人_\\_
/ ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄// ̄// ̄/// ̄// ̄// ̄//鄱人人_ \\
@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@,==@ノ人_@_@、_
     |          |          |           |
     |  △ △ △  |           |  △ △ △   | △ △ △
    |=======| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|========|====

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新潟県村上は城下町である。
 城下町を歩くと、伝統工芸品である堆朱塗りの店などが並んでいた。

 また、鮭の遡上の南限であり、鮭を獲るための柵が川に設置されていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

94短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:38:24 ID:XR3n4QoM

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /          そこのおじさーん、
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /           もしもよかったら、鮎分けてくれないかお!
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


                                                             , -ー,
                                                   /''⌒\      /.  |
                                      えーよ。      ,,..' -‐==''"フ  ./     |
                                                 ゜ ( ´・ω・) /      |
                                          /''⌒\    (   つつ'@.       |
                                        ,,..' -‐==''"フ   ゝ,,⌒)⌒).        |
                                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ し' し'           |
                                                      |.        |
                                       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                                          〜〜〜       〜 〜       〜〜〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし夏場は鮭は取れない。
 その代わりに鮎を取っていた。

 少し譲ってほしいというと、快く分けてくれた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

95短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:38:51 ID:XR3n4QoM

 .        ____
..          /        \
       / ⌒  ⌒   \
      / (⌒)  (⌒)    \
      |   '" (__人__) "'     |           東京と比べると、ここは別天地だお。
     \   `ー ´     /
       / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 食糧事情もよかった。
 米は配給以外なかったが、カボチャが好きなだけ買えた。

 また近くに瀬波温泉という温泉があり、ここは傷痍軍人の保養地であったのだが、
 誰でも自由に温泉に入ることができた。

 食べるものが食べられ、風呂にも入れる。
 東京とくらべて、まさしく別天地だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

96短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:39:16 ID:XR3n4QoM

      /           ',三三',      ハ
      }              }三三!     {  ヽ
      /           」三三L_
  /  /     , -‐=≦三三三三三三三三三ヽ
. /  /  ィ≦三三三三三二ニ=-≦=二''7,ハ///
/   ./=-───=≦`    / ''  /  ! |//
   / _ >-‐''  7       {ゝ-・‐'  |_ノ|//
_,ィ/!  >--‐‐・‐'           ヾ、.    |ニ!/
///|                     }     iニニ、
///|                   ′  .ハニヽ
V//!            , -─-ァ'/    !ヽニニ           久しぶりだな。
..ヽ/!            ' <ヽ./'´     //} }ニニ
  `}                   __    ////ニニ
  /` ̄ ̄}  ー、──── ´/ /`ニ=‐-}ニニ
. / { { { {!     ` ー--‐ ´ ./ / / ///ニニ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村上に疎開してから1ヶ月ほど経った、8月10日のこと。
 父・長吉がふらりと村上にやってきた。

 山形県にある経営していた鉱山に用事があり、そのついでに立ち寄ったのだ。

 「座れて来れたから元気だ」などとうそぶいていたが、
 食糧難だからだろうか、俊三の目には痩せたように見えた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

97短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:39:39 ID:XR3n4QoM

                                        ,、:''"`ヾヾヾヾヾヾヾヾヾ
                                      ,//: : : : : : : : : : : : : : : : :
ー------------------,                   ,,-'::::Y三三三三三三三三三三三三
                ,.‐`'.                .,.‐`::::/i::::::::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
二二二二二二二二/`'‐、゙、                  ヽ-''~_,、‐| :|丶─────────'
: : : : : : : : : : : : : : /~`‐-,,`-、            、,-';:;-'"` _ | | :l l ようこそ !        l
                i  ,、 ``ヘ             i"~_、、‐'j‐'" ` | :| l      天童温泉へl
                i  l `"'ヽ-ヘ          ,ノ"`_, , -'''゙l ll 田.| :| ,─────────、
: : : : : : : : : : : : : : : : i  l   i  :l         ,iン‐i゙`ヽ ''`二、-‐'│ :|      ii      ii
: : : : : : : : : : : : : : : : i : : l 、 、、、、l           ,,l田|..,.,, 、ヾ| l::田| :|      ii      ii
: : : : : : : : : : : : : : : : i : : : : : : : : l          丿ヘヘ|温泉/二二二ハ二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二ヘ________l         ”” |:::::|,,,,、ー'`: : : :,, ; :| |     ii      ii
 .  ┌──.\:  : : i : :..,,,...,,、;;ヽ、        |,,,,,|   、|丿丿...| |     ii      ii
   .|ようこそ: >~~~ヽ; ; ; ; ; ヽ',;;ヽ、  , 、 .   i´ヽ',',',',',',',| i'''''''ii  | |     ii      ii
.、,、, . |  ._,,、ヽ''_,,.┐:::::ヽ、-‐"~ l         |::::|~~~~~~~ i   ii  | |__________-‐…────
..、,、,..,゙l,'',,,、-‐'`` : | ゙̄l ~;: ;: ;: ;: ;l     .、.  |::::|   lヽ、^^^ヽヽヽヽヽ`,.ヽヽ/ヽヽヽヽヽヽ
     :      .|  l;: :l ̄ ̄i;;l    .": :   ヽ |__|:: ::``"゙゙'―ヽ:-,、"" Yヽヽヽヽヽヽヽヽヽ
     i      .|  l;;;;;l ̄、-"               |:: :: :: :: :: :: :: ::: :::`"`'T⌒⌒⌒⌒⌒⌒
     i      .|__l,,、-'"゛              、、、 |:; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; : |::::::::::::::::::::::::::::::::::
     i      .|                   :  `''ー、_:; :;:; :;:; :;: :;:; :;:; : : :| ::::::::::::::::::::::::::::::::::
     i    _、-'"`                      `"-、.、;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::
`'…-、、i,,,、‐'´                       ``''‥‐-∴、,.、::; ;;;;;;; ;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                       : `゙""'':'ヽ‐‐-:..::;;;;;;;;;.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 俊三は長吉の鉱山視察に便乗し、山形方面を旅している。

 旅程は疎開先の村上を出てから、当時父が経営する鉱山のあった山形県大石田で2泊、
 その後、天童に立ち寄り1泊して、その翌日に村上に帰るものであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

98短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:40:00 ID:XR3n4QoM

        ____
      ;ill'´      ̄\,,,
.       ( !' /\,i i,/⌒|!)          ぐえっへっへっへっ。
     人   `三゚'^゙三゚'〔
    /;;;| |⊂ー='ニ'ニ'二ア\         俺は旅館の主人だけどよ、
.   !;;;;;;l;|. |` ̄ ̄ ̄|゚ ̄! }l;;;;i         今日の正午に天皇陛下様のありがた〜いお言葉の
   |;;;;;;;l;;j、|.      !゚. ||j;;;;;|        放送があるみたいだぜ。ぐえっへっへっへっ。
   |;;;;;;;;;;;へ!         !へ;;;;;〉
    |;;\;〔、 \     /  , |/
.   |;;;;;;;;;`ーヽ(´⌒) (⌒`)イノ;|
   |;;;;;;;;;;;;;;;| | ̄ニ ̄ニ! !;;;;〉
   ゝ;;;;;;;;;;;;| | ー-i-一| |;;/
     ̄| ̄ ̄    |   `T´
.      {         }.   |
     ゝ、     _丿  _,ノ
    (  ⌒    )     ̄)
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 天童で宿泊していたときである。

 正午に天皇自らのラジオ放送があるらしい・・・・・

 8月15日の朝、宿の主人から伝えられたと、俊三は書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

99短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:40:34 ID:XR3n4QoM

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |         なんだお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /          もっとがんばれ、とでもいうのかお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

100短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:40:51 ID:XR3n4QoM


    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : }}: : : : :`:ヽ、
   ヘ||: : : : : : : , :r ,=_'_‐_´_ ` '‐= JL: : : : : : : : ヽ
  |: ||:||, - , = r´': / ,-, フ ` '_r‐>-、= -、: : : : : : }
  ヘ: >/竺ヽ}: : : r //:|´ r‐'´/   ヽ: : ヽ: : : /           ついに来たか・・・・・・
  ヽ{ !焦ンノ 二 } ノニノ .ノ  人 /_ノ  \: :ヘ:/
   {`'‐'-´ ‐::´:`´ノ人、 ヽ ヘ ´ノ  、  ヽ-‐,ヘ、          いよいよ重大なことになるのだから、
   {/::´::::::::::::/{  ・ヽ, ノ、‐`/ `i     /   `\        どんな放送があっても、黙っているのだぞ。
   /:::::::::::, r ' ´  ヘ ノ   ヽ_,,、 !、   /       ` 、
  /,::: r'i´゚ノ     `       | \_ ノ         ヘ: :\
  '´  | `r _ - 、             |  /          /: : : :
     .| 'ヽ ワ '          | /          /ク: : : :
     |  `   _ , -― ' ‐_、  ヽ、     _ , - ‐ ': : : : : : : :
      ヘ  r_'´- ‐  ̄      r`ヽ、<: : : : : : : : : : : : : :
       ヽ            ノ  ヽ \: : : : : : : : : : : : : :
        ヘ       , ‐ ´´  ̄ ̄ >==≧: : : : : : : : : : : :
         ' - -, 、r = ´ _, - ‐_, '''''/: : : : : : : \: : : : : : : : :
          /‐=`|  r'´r―ツ ´ ~: : : : : : : :
         {-‐i .|, -'―': : : : : ○: : : : : : :
       rノ´=´ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    , r'r,´==´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

101短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:41:11 ID:XR3n4QoM


                    ●


                    ●


                    ●


            そ し て ・ ・ ・ ・ ・ ・


                    ●


                    ●


                    ●

102短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:41:28 ID:XR3n4QoM

i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その日は、酷く暑い日だった。

 天童から奥羽本線で赤湯へと移動した俊三らは、長井線(現・山形鉄道)へと乗り換える。
 そして、米坂線と接続する今泉に昼前に到着した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

103短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:41:41 ID:XR3n4QoM


                  >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
          ┴───────────────‐ー┴ \l\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 放送のことが事前に知らされていたのであろう。、
 駅前には街頭ラジオが置かれていた。

 正午が近づくにつれて、人々がどんどん集まってきた、と俊三は後に書いている。

 そして玉音放送が始まった・・・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

104短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:42:14 ID:XR3n4QoM


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

105短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:42:43 ID:XR3n4QoM








        |\                                 /7
        |  |                                /  /
        |  |            ___               /  /
        |  |          / __ \      __      /  /
        |  |         (__/   \ \__/ )     /  //⌒i
        |  |      ∧          \___/     /      |   ∧
        \ \__ノ ノ                     /    /|  \_ノ ノ
          \___ノ                     (___/  \____ノ


  ∧_∧ ∩_∩∩ ∧_∧∧_∧ ∩_∩          ∧_∧   ∩_∩  ∧_∧  ∧
)(  ∧_∧   )ノ (     ) ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧(    )   ∧_∧) (    ) (
_∧(    ) ∧_∧ ∩_∩ (    ) (    )(    )∧_∧  (    )∧_∧ ∩_∩
   ) ∧_∧    ) (    )   ∧_∧  ∩_∩   (    )∩_∩  (    )∧_∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 放送終了後。
 一地方の駅の、駅前広場は、静まり返った。

 「時が止まったような気がした」と俊三は後に書いている。

 その場にいたほうがいいのか、それとも立ち去ったほうがいいのか・・・・・・
 広場にいた人も、同様の思いであったろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

106短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:43:10 ID:XR3n4QoM


                       ___、
                  ,,, -'''"´   .`゙゙''ー 、,
            _..-'"             `''-、、
              /                   `''-、
           /                       \
       ./                             ヽ,
      ./                                 ヽ
     ./                                ヽ         負けることは分かっていたが・・・・・・
    ./ ―-..____, i 、                            l
   /   ,..、 `  "    、                      l        これから、やる夫たちは、
   !   ,i 、 ^ !     ,,ノ  ヽ,,_                        l          どうなってしまうんだお?
   .,!   .l弋フ、/ -    l  、 . 二'ー 、、                  |
   l.   ゙>'゙      " .''i.二,、 `゙'‐ `''-、                !
   _|, /            l,弋ア--ヽ/               /
. ‐'″ ゙‐{                `゙''―-‐"               /
      `'- -‐|      ″                    ,/
       `' !ーミi、_.   _./                   _/'ー、,
            `'-,,`''二二コ              _,,.. -'"゛    .`''-、
           `''ー--、,       ___,,,.... -‐"゛               \
                 ̄ ̄ ゙̄´                        \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 俊三は既に負けることを予感していた。
 そもそも父の影響もあってか、戦争に非協力的であった。

 しかし、実際に負けたことが分かったとき、自分という存在が何であるかもわからないような、
 呆然とした思いを抱いた、という。

 彼はただ、時間というものがなくなったかのように、ぼんやりしていた。

 広場や駅の待合室で押し黙っている人たちも、おそらくそんな心境だったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

107短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:43:32 ID:XR3n4QoM


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))     まもなく、坂町行きがまいります。
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|  r-‐‐┐ .「)'/|/ /
         \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 どれくらい時間が過ぎただろうか、女子の改札係が、待合室に汽車の到着を告げに来た。

 はっと我に返った俊三は、長吉と一緒に改札口からホームに入り、汽車を待った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

108短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:43:53 ID:XR3n4QoM


         ::     :: : : : : ::: :.: .: .:.:.:::.:::; 、             | | i
          ..,,::::::.:.: .: :    : ::: :: : :: ::::::;  `・、          | | i
           ;.:::.: .:     ;;:;.:.: .:.:.:.:::::;´      ` '' ・ー----|◯ !
          ::: .:: : ::.:.     . ..:::;:::;'´               | | i
    ====::.    :::.:..  ;;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:≒====≠====| | i=
          ::    ;::;'   .:.:.:;;;;:.:.:;:;;'      ii            | | i/
          :.   "     ,;;.:.:.::;'´´´´´´´ii´´´´´´´´´´´´´゙| | i`ヽ_
           ゙:. _n__, '´_: , ‐-、 `ヽ_______ ii        `ヾl | i  { `ゝ
              ¶ i i      {{r、uj}     i i i ====== ニ| | i=!=
         ,. '´ li i_i  __∩ `ニニ´    i_i ト、__          | | i‐+‐
       r'´ ´(>r|‐r;i‐‐p=‐ ´ ̄ `   ‐‐‐=ヽヽ       | | i ii
       i'´l_`ヽi´i=ァ' / ´_____ ° 、    L_|! ̄}─r‐┬rl | i__jl_
       i (K); ii' / / /  l!D 51498 i!    〈l' `)iヽ! ̄`'''¬ー--i ┤!___
       i!: |ニ|i:;ijヽ ,' ,'    ̄ ̄ ̄ ̄     '   ! ! ̄`'''¬ー‐-i::::|..!___ ̄
       i!: l__jiノイij ヽ{ {‐、   (X))       :  i l ii ii ii i; ;: :::::i::::i::i ::
       i!i l:l  i   ', .   /`i!´   o  ij   ! ; ii ii ii i; ;: :::.:i:::.i::i ::
       i!i l:l  i   ' ,            ,'     i ii ii ii i; ::   ! !!i ::
       i!i l:l"""         ,,=、、          i!i! ;; ;; ;;   i ii:!
       i!: l;|             {{幺}}           i!i!===‐-- ! !!: ___
       ヽ.:!      __________v ー'ヽ          i!i!      ;::::iョ
        ii |il________ || ___i[] ̄´ii ̄´;; 。__      i!i!__       iョ
          `|i!_____:__ || ____jj。  ji_ o  __o   i「「´i         iョ
         |ii ii ̄ ̄ ̄  ゚:ll l「 `  :                 iョ
         jii lf、 0     jj lj_j                 ,'´` ,. iョ  ,...
          {{ |p ii_゚j_j__ ヾ.__             ..  ;:: .: : .:  `''´ `ヽ
    ,..     .`r‐rー r────┐゚゚         ,::´  `´`、       ∧
`ヽ._,'  `"ヽ.: .: ┼''ー'┘      |         r;'.:.::.:..    ;     ||1l
         .;;\___二二ニニ!      ___/::.:::. : .    ゙;;..:.   .||‐|
  ,,,,______,,;; ; ;:::::::::;;;;;` t- 、、_   rー--=:::::.:.:..... _____,,,,,,. ..,,,.,,;;;__||2|
  ∵∴∵∴∵∴∵∴∴:`'' ーo。.、j__  ̄}”””””}`"''''''''' ¬========ー─
      ∴∵∵∴∵∵∵∴∵∴∴∴∴∴”””"" ……‐---   、、、、_
”"" '''¬===──‐----゚ ° ゚  ゚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そうこうしているうちに、坂町行きの汽車が、ホームに入ってきた。
 いつもと同じように、動輪の間からホームに蒸気を吹きつけながら。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

109短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:44:12 ID:XR3n4QoM


        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__)         こんなときでも、汽車は動いてるお・・・・・・・
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「こんなときでも、汽車は走るのか」。
 俊三は信じられない思いをしていた。

 機関士と助士が乗っていて、おそらくいつもと同じように、タブレットの輪を受け取っていた。

 機関士たちは天皇の放送を聞かなかったのだろうか?
 あの放送は全国民が聞かなければならなかったはずだが・・・・・・・

 俊三はそんなことを思っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

110短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:44:43 ID:XR3n4QoM

  /;:;:;:;'  ;:;:;:;:;:;:;;:;:r‐'     _,-v、            ヽ;:;:;:;/
 /;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:r'´       ゝ゚、z'   _ ,,,, -- ,,, _ヘ;:/
. /:;:;:  :;:;:;:;:r'´         _ ,,, --‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○}
./;:;:;:; :;:;:;:/´        _,r‐'´;:;:;:;''r‐'´       |  };´',´!,
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ,,r´;:;:;:r'´             ノ ,|  ノ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;|      /:;:;:r´         , , - ' ' ´,、/:; /|  ヘ;:;:;:;:;:;      国 破 れ て 、
ヽ;:;:;:;:;:;ヘ    /;:;:r,'       , , ' ' _,,,-7'´・´~ } |//    ヽ;;:;:;:;:
  `'''ヽ;:ヘ   /ヽ○/` 丶 _ , , ; '  _/;:; /` ー ´  | /ヘヽ    "z;:;:;:;:;     山 河 あ り 、 か 。
      ヽ_/: : : :":;:;ヽ、    _,,,r´;:;:;:;  `         |  入  z   "=;:;:;:
    /r'  `ヽ: :; ; ; ;:;`;:ー;:´;:;:;:;:;:'      ヽ      .|; ヽ \  三   {;:;:;:;:;:
    "z ヘ ´ヽ : ; ; ; ' ' ' ' '         r    / | ヘ  ヽ "   }:;:;:;:;:;
    ´7  ヘヽr ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ;     -=ヽ, /;     / |  |  ゞ   ;:;:;:;:;:;
   /,、   `\_ヽ ' ; ; ; ; ; ;              _   _/ ヽ|  |   ゝ   }:;:;:;
   ´,ト  "  | `;:;`、ヽ ; ; ;       , r '_´- ´  / ヽ ノ   |  /;:;:
   /:;:|  〆 | ヽ| ヘ |` 、 ; ;     ´ ´  ´ / 、ヽ / /|
 _,,ノ;:;:;:´|    |ヘ ヽ ヘ |  ` = 、 _    _  ノ  ヽ ヽ  } / ´ /


        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |     ・ ・ ・ ・ ・ ・
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 米坂線は俊三にとって初めて乗る路線であったが、
 戦争に負けたからと言って、何も変わることなく、汽車は動いていた。

 外は、まぶしい真夏の日差しであった。
 鉄橋の下を見下ろせば岩の間を川の水は間断なく流れ、
 山々と樹々の優しさは、重なり合い茂り合って、懸命に走る汽車を包んでいる。

 山があり、樹が茂り、川は流れ・・・・・・
 そして汽車は、間違いなく走っている。

 結局、戦争に負けても、なにごともかわりなく、汽車も自然も、運行していくものだ・・・・・・
 俊三はそう感じた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

111短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:46:32 ID:XR3n4QoM
.,_,.)'^`   、彡ミ,      ⌒):、,_   _    ,..'". .:.:.::. . . .:.::..)
       _爻爻ミ_ノ'`"~⌒ 'ー- ー' ~`   (  . . .:.::;;;._,,...'"爻彡ミミ、_  `シ爻彡ミ`  :.  ー爻爻ミ、
'ヘ.ノ^ヽ.,' =爻彡ミミ、_                 ) . .:. .:.:;;.;;;.:.)  ;シ彡ミミミミ   爻彡{ミミ、 .:::. -=爻彡ミミ;::::..
     _,爻彡ミミ;x_    、         ノ . ..:.::.:;;;.;.ノ彡ミ 爻爻彡ミミミ= -爻爻ミミミ、::::::.,ィ爻彡ミミミ、:::..
   爻、 ,彡ミミミミミ=- ::  ,爻、      (  ,..-‐''"~ ゙爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻彡ミミミミ、:::::=爻爻彡ミミ;::::::..
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、 .::::. ,彡ミ、_  .::.     )ノ      ,゙=爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻爻爻ミミミミメ爻爻ミミミ爻彡;:::..
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ;:::::;ィ爻爻ミ、.:::::.. .   (;;;)       ,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻彡爻彡ミミミ`爻爻爻爻};彡ミ:::..
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ;:::;=爻彡ミミ;::::::;    |.:i|       爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:爻爻彡ミ゙:;爻};;'爻爻ミミミミミ .:::..
:;爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ     |.:i|  .:::: メ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:彡彡ミミミ};:{ミ=ミミ爻彳i::;{ミミ爻:::.
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ ..::::: 〔...;.〕 ...::::::: ミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:彡ミミミミミ}ミミミミミミミ爻爻ミ;:ミミ爻:::..
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミミミ爻; ,.r'"´  ̄| ̄〔`二´〕 ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ ̄¨´ ̄ ̄ `ヽ
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミ/     i:           i   i   i  i ((:::::))((:::::))  .i  i   i  i   i   i  i   .||  ||:|
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yfミミ爻ミ l ┃ .::   .:i:   l´`l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .||_||:|
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;fゞ;”〈oヾvミ __」.┃「:!   i:    l二l_     i   i   i  i   i   i  i   i  i   i  i   i   i  i   .|| ̄||:|
'' ;~ ;f^::;”v:";y;''゚   [〕Yff:::!   |:|; (O)  ((;;;;;;;;))__ 」__ 」 __」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 __ 」 _ ||_||:|
";: ;: ;: ;:  ; : : ;; :;  _」f1;:;:;!.   ;   i;;  ;,`〒´ : 二ニニ工工工||王王王||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭||圭圭圭|| ̄||:|
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''〈.:.:l.:;:;:;:;;',   ;  ..i;    ,.イ;;;:;;;:;:;;;;:;:;;;;:;:二ニニニニ===━━━━━━━━━━━━━━━━===||_||:|
:;   . ;: ; ; '', ;' '/ヽl;;;;;:;:;:;:',__ _レイ[fff〕==:クニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ || ̄||:|
_______/,//\;;;;;;;:;:;:fjfjlイ;;;;;:;:'"´ .: :;:;;:;:;:;;:;:;:;:;; :; :;:;:;:;:;:;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:; ;;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;;;:;:;;: ;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:,;;:;:;;:;:;;;||_||:|
‐‐‐‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ 〈:\///\;;;;:;:l」」:;;.   :::[!:::三||三三三三三||三三三三三三||三三三三三||三三三三||三三三三三|| ̄||:|
           \\ ///;;;;;;;/ニiニiニ.:__: fi;   fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;    fi;; fi  fi Y;:;:;;;;;;;;;; fi;   fi;; fi  ||::::l||」
.              \\l圭圭;;;;;;;;;;;;;;:;:;.:.:.:.:{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;;{三米三};;;{三米三};:;:;:;;;:;:;;;;;;;;{三米三};;;{三米三}
__________\| ̄`(◎)__ _ __ ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´¨¨ ¨¨ ¨¨ヾノ爪シ¨¨ヾノ爪シ´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1945年(昭和20年)8月15日。

 宮脇俊三を乗せた汽車は、東北の山々を進んでいった。
 これまでと変わりなく。

 予告された歴史的時刻を無視して、日本の汽車は、時刻表通りに走っていたのだ。

 「国破れて、山河あり」
 この言葉が、彼の頭に去来していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                【 了 】

112短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:48:35 ID:XR3n4QoM
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

今回は宮脇先生の名著中の名著と言っていい「時刻表昭和史」から、
終戦の日の部分までを題材としました。

末筆ではありますが、
あの戦争でお亡くなりになられた方の、ご冥福をお祈りいたします。

113短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 12:53:18 ID:zfLoJmWo
乙でした。
リメイク前の投下でも、この回を読んだときはなんとも言えないものでした。

114短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 13:11:23 ID:VhXc7HuY
乙でした

115短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 14:21:28 ID:n70LDL8E
乙でした

>>30
「黙れ」事件の原因の一つが宮脇のオヤジだったのか。
賢了が顔見知りに野次られて激高した、てのは聞いたが。

>>108-109
風の噂だと進駐軍も同じような光景見て驚嘆したらしいなあ。
焼け野原にしたのに鉄道は動いてる、と。
うろ覚えだが確か広島だったような……

116短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 16:13:22 ID:VhXc7HuY
今気付いた
酉外れてるw

117 ◆KcxXifcWsc:2011/08/15(月) 16:21:19 ID:XR3n4QoM
あっ、本当ですね>酉

ご指摘ありがとうございます。

118短編祭投票日は16日だお!:2011/08/15(月) 21:19:14 ID:UTtgUP02
こういう戦前〜戦時中のエピソードって、日本人の今までの出来事や現状は何となく肯定して、それはいいから次行ってみようなセンスを感じさせますな。プラス的な意味とマイナス的な意味を併せ持って

でも気になるのは、宮脇一家と宮脇書店(香川・岡山を本拠とするチェーン店)って、親戚なのかしら?ということかも

119 ◆KcxXifcWsc:2011/08/16(火) 20:43:15 ID:KzBWzDPo
>>118
香川県高松市に宮脇って地名がありまして、どうやら宮脇書店のほうも先生のほうもそこが出自のようです。
ただ血縁とかはちょっと分からないですね。

あと名古屋市と岡山県津山市に同じ宮脇って地名がありまして、
前者は建築家の宮脇檀氏、後者は横浜国立大名誉教授で植林とかで有名な宮脇昭氏の出自のようですね。

ちなみに宮脇先生のご親戚ですと中村草田男がいます。
確か母方の親族だったと。

あと宮脇姓の有名人というと……

120短編祭投票日は16日だお!:2011/08/16(火) 20:45:29 ID:K/ZC4u5.
この前の震災では、道路が一部では数日で復旧されたらしいし、当日の金融庁は平常の営業報告を企業に厳命したらしい。
非常時に国家を平常運転させようとする精神は、引き継げたのかな?

121短編祭投票日は16日だお!:2011/08/16(火) 21:20:11 ID:1NMkAWNE
埋めネタ乙です(まだ終わってないみたいですが)

阿川佐和子のバニースーツって誰得やねんwwwwwww

122短編祭投票日は16日だお!:2011/08/16(火) 21:26:19 ID:rxSlUNFY
斎藤家の人々は本当にもうww

123 ◆KcxXifcWsc:2011/08/16(火) 21:49:29 ID:KzBWzDPo
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1307188912/
前スレに埋めネタとしてキャスト表と今後の出演予定者を投下しましたのでご覧ください。


>>121
あれは30年ほど前、「朝のホットライン」でレギュラーリポーターやってた頃と考えてくださいw

>>122
斎藤家はですね……意外にモタさんが短気ってのが知られてないんですよね。

124 ◆KcxXifcWsc:2011/08/17(水) 00:14:29 ID:2FO72H4U
ご報告。

やる夫板?2周年短編祭りに参加していました。


A−7 ……◆Bw210oJp/s  ある狂詩曲(ラプソディ)
   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313031600/281-316
B−33……◆ktnlvSlHPo  22歳の別れ
   http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313032718/457-500

この2作品がそうなので、よろしければ。

125短編祭投票日は16日だお!:2011/08/17(水) 02:40:26 ID:qG0/ytNU
阿川弘之さんの作品の中では「あひる飛びなさい」が印象に残っています。
遠藤周作さんなら「おばかさん」なんかも。
小説と童話の中間のような読んでいてマターリできるというか中間小説って言う呼び名が昔はあった記憶があります。
今で言うライトノベルでしょうか、読み易さと楽しさは読書の幅を広げてくれたようにも思います。
評価の高い代表作以外にも作家の趣味が高じた作品や評価の低い作品にも触れて戴くと嬉しいですね。

126名無しのやる夫だお:2011/08/18(木) 02:03:29 ID:jRJujM2c
「きかんしゃやえもん」!小さい時、汽車が大好きだった時分のお気に入りの絵本です。
阿川先生だったとは、知らんかった…

作家を通した戦後史というのも、政治史や経済史と違い、個々の価値観や経験が重要なファクターとなっていて興味深いです!

127名無しのやる夫だお:2011/08/19(金) 01:07:49 ID:S2WprxIc
終戦の日に関しては、先日亡くなられた小松左京さんの回想が印象深かったです(「やぶれかぶれ青春記」)。
学徒動員先の軍需工場の空き地に整列し天皇陛下のお言葉を拝聴したもののラジオの音声が聴き取りにくく、
徹底抗戦を呼びかけているのか、降伏を受け入れるのか、あちこちで口論が起きている中、
多くの学生が「アホらし…」と帰宅し始めた雲ひとつない晴れ渡った夏の日…


前スレ>>1000の三人組にはタイタニック号から生還した役人のお孫さんがいますよね?

128 ◆KcxXifcWsc:2011/08/19(金) 19:41:40 ID:FMD3V2So
報告。

誰だよ……ここにやる夫貼ったのw

【乗る旅】第28宮脇俊三スレ【読む旅】
ttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/train/1302710598/863

129名無しのやる夫だお:2011/08/19(金) 20:07:53 ID:MQQznCa6
このスレ読んだ人には違いないw

130 ◆KcxXifcWsc:2011/08/19(金) 21:09:34 ID:FMD3V2So
予告。

日曜21:00より投下します。

131名無しのやる夫だお:2011/08/19(金) 22:04:08 ID:MQQznCa6
はぁい

132 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:02:02 ID:EEJyDPC2
こんばんわ、今回は終戦特集第二弾、北さん編です。

というわけで……


現代文学のちょっとした裏話。

133 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:02:18 ID:EEJyDPC2
【Kの戦争】

                           / /     | |  |   |            :::::::::::::::::::::::::::::::
                          / /     .| | .|  .|               :::::::::::::::::::::::
                        __,/,,_/      .| | |   |                   :::::::::::
                      //⌒/''''---,,,,,__.!`´| .|   |                      :::
                     / / :/       .:ヽ,_|.|   |                          /
                  _ /  ! :/        .:::::ヽ!   !,,,,_
                 /´ .:i´           ..:::::::::|l       ゙゙̄''''ー-,,,,,,_                 ガ
                ./  .::}:           ..::::::::::lー-,,,__            ゙゙゙̄'''ー--,,,,_
             _,,,,j'  .:::|:          ..::::::::::::/‐‐,,,,,__ ゙゙゙̄''ー―,,,__             ゙゙̄''ー     チ
           f´ .:::::::!|  ::::|:          .::::::::::::/  ゙゙''ー ゙7  ,--,,,,,,__ ゙゙゙̄'''ー―,,,,,_
        .!^!'j/|  :::/|  .:::|:         ..:::::::;;;ノ ''''''ー--,,,!  .,!  ゙゙''ー .゙7   ,--,,,,,,____ ゙゙̄''ー―,,,      ャ
        }/ .:::|  .:::|/:|  :::|       ..;;〆、/   ,,,,,__     ゙゙゙゙''''ー-,,,,!   .,!  ゙゙''ー゙゙゙'i   .,--,,,__
       / |  .::|  :::|:::|  .::::!;       / .:!'//   .,!   ゙゙゙゙'''--i  .,,_      ''''ー-,,,,,__,!   ,!  ゙゙'''      !
      / .:::j  :|  ::::!ノ;  :::::ヽ     :j゙  :::|   ,!   1   .,! .,! ゙゙゙゙''''ー-,,,  .__       'ー-,,,,__
     { ::::::{!,  ;; i,  j! .:::::: \   ::}   :}   __゙゙゙゙'''''-,,,,,__,!  ,!   2   ,! .,! ゙゙゙゙'''ー-,,,,_        \
      !, ::::!, !,  ! :::!:  :! :::::   ヽ, ..:::丿 .::i゙  .,! ゙゙゙'''ー-,,,__   ゙゙゙''ー-,,,,,,___,!  ,!   3   ,!
     . .!, ::::Y  !: ::!;   .:::     .!;:::ノ  ..:::|  ,!   4   .,!  ,!゙゙゙'''ー-,,,,__   'ー-,,,,,,,___ ,!
       .!, ::´  .!; .;;   .::      .:|、|  .:::::|  ゙゙゙゙''''-,,,,___ .,! .,!   5   ,!  i''''ー-,,,,,__ ゙゙
       { '   ::    .::       .::´  .::::::|,!''''ー-,,,,,,__ ゙゙  .'--,,,,,,__  .,!  ,!  6   ゙7
       |:: .  .::    ::      .:::  ...::::::/!       .7  ,i--,,,,,__ ゙゙゙'''  !,,,,___    .,!
       |::..::  :             ...::::::::/ !,,,,__ 7   .,!  ,!     ゙゙'''j  .,,,,__  .゙゙゙゙'''ー'
       .|:::i             ..::::::::::::j' _   .゙゙゙''''ー-'  !   8   ,!  ,!  ゙゙゙'''ー--i
       .iヘ;j゙      ;:     ..:::::::::::::::/ .,! ゙゙゙'''ー-,,,__   .゙゙゙'''ー--,,,,__!  ,!   9   .,!
       | {_,,,,==,,,,_::::::   . :::::::::::::::ノ .,!  *   .,!  .,!''ー-,,,,__     .ー-,,,,,____  .,!
..r-zr--''' ̄'''ー-ァ、_  ̄`ヽ、  ..:::::::::::::/_  ゙''ー-,,,,,_  ,!  .,!     ゙゙''7  ,j-,,,__   ゙゙'''
-´''''' ̄'''''丶、  {  `ヽ_  ヽ, ..:;;::::/;;  ゙゙゙'''''-┐  ゙゙'''  .!,,,_ 〇   .!  .,!   ゙゙゙''''-ッ
         `ヾ丶,,_)\  };j/ ./'''ー-,,,,__  |  |"'''''--,,,,,_ ゙゙゙'''ー-,,,!  .!   #   !

134 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:02:39 ID:EEJyDPC2

           ヽ、::::::\!\  ___
           _ >‐-, <´__   `ヽ __
        <´::_::// /          __`   、
       _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
-― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
―        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
         /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
      /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
    /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
\           l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
  >、             >、!∧!   !ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
/  ヽ/     ///l ヽ ー=ミ、 レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l      ねえ、パパ。
__ 」〉  / / / i 、!  /////    j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
  二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !     隣の北さんが、
 |>、:::::::`ヽ、  / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !     今晩一杯、どうですか、って言ってるけど、
::::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /      !     どうする?
::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r=ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l



         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\           北さんのことだから、原稿できたのかお?
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |         それならぜひ、飲みにいかないといけないお。
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

      【宮脇俊三】

135 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:02:58 ID:EEJyDPC2


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

136 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:03:16 ID:EEJyDPC2

     |    | ̄ ̄| ̄ ̄|三三|       ├┬─┬┬─┬┬─┬─┰─┤  |   |
     |    |    |    |三三|       | |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,| /////ヽ,|  |   |
     |    |__|__|三三|     _|______________/|  |   |
     |_____________| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |||_|/∧
     ////////////////////////////|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|///// ヽ
   //////////////////////////////////////////////////////////////  |ヽ
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄  .|
     |               _____                   |  /| |
γ⌒ヽ  ∵∴ ̄ ̄|三三|.     |三||───||   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|三三三| .|  |/ |
;;(;;;;;;;;;;;;)∴∵∴   |三三|.     |  || 「 「  ||   |      |      |三三三| .|.    |
二二二二二二二二二二二二二i.  ||o.     || i二二二二二二二二二二二二二二二二二  
二二二l二二二l二二二l■〒■| |  || 「 「  ||  |狂人注意 二二l二二二l二二二l二二二l二 
二二二l二二二l二二二l二二二|_|_||___||_|二回二l二二二l二二二l二二二l二二二l二  
二田二l二田二l二田二l二田二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二  
二二二l二二二l二二二l二二二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二  
                                                      北の家だし、いつものように、
                                                      「犬」を「人」にしてやったかしら。
                                                            , ⌒⌒ヽ   
                                                          ,.ζリノヽ、卯)   
                                                        ⊂'⌒m,9、゚ ヮ゚ノミm

137 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:03:40 ID:EEJyDPC2

      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\           いやあ、北さん。
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //          また、飲みにきましたお♪
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)

138 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:03:58 ID:EEJyDPC2

           _ノ;.;.;.;;;;;;;;. ´         ``ヽ;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.(_
         r'´.;.;.;.;;;;;;,ィ'´              \;;;;;;;;;.;.;.;.;.)ー-┐
       r‐(;.;.;.;;;;;;;;;〃                 ヽ;;;;;;;.;.〔二ニ 1
        「「(;.;.;.;;;;;;〃                   `、;;:;:.;)ト、//
       | | );.;.;.;.〃      i |        |: i      i;;;.;( //}
       ヽL_, イ: (.:.:.:   | | |        |: |.  l l |.l;;.;.;)//ノ
       ///(.:.:{ .i i l | .l:| | |.   l   l  /l:.∧  l l l:.|;.;ノ i:.ト、
        ///.:ハ.:{i i l | .l:| | ト、   !   ! //l/ l ./:.:/ l:.l;.!. l:.| i.|
        / l, .:.:| i::N i ヽ「 士士Nト、 ',  /// イ七/i:./ ///ノi: |:.| |:|
      l .:.| . .:| l::| N: .:l:lV7´尓ミヽ \V/ィ´o示ミヽィィイノソ i::|. l.:| |」
      l/ . . l l::| {{薔トト、ヘ 辷。ソ       L辷ソノ l/ iシノ |::|: : |        まあ、宮脇さん。
         l . :.:l l::|   i ハ             /l .:.「.  |_|  :.|
         | . :.:| l:」  i.:/,.ヘ     ┌--┐    /´l .:.|     i .:|        ようこそいらっしゃいました。
         | . :.:|    // .i  >   `ー '   ..イ.  l .:.|    l :.|
         | . :.:|   /./ /:|. '´  ̄``ミ= 彡'´  ̄`ヽ  l     l :.|
         | . :.:|  /.:/ / l:|     ,. 'ニ{{薔}}ニヽ.   /∧ l   l :.|
         | . .:i| ノ.:/  > リ  , ´ ̄`Y介Y´ ̄`  //  ヽ\. l :.|
         | . .:l|.:∠ / `Y´    /l  ト、    //     〉 〉.l :.|


         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \
     |       |::::::|   ,---、          ああ、これは奥さん。
     \       `ー'   しE |          こちらこそ、今日はありがとうございますだお。
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

139 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:04:10 ID:EEJyDPC2
                    
        / ̄ ̄\    
.     /   _ノ  ヽ    
       |   ( ⌒)(⌒)   
.      |    (__人__)           ようこそいらっしゃいました、宮脇さん。
       |     ` ⌒´ノ   
        ン       }    .
.     /⌒ヽ、    _ノ    
    /   ノ \__ィ ´     
    /  /    '|.      
   (  y      |.        
.    \ \     |        

     【北杜夫】

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |            北さんも、今日はありがとうございますだお。
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

140 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:04:21 ID:EEJyDPC2

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ            実を言うとひとつ、お願いがありましてね……
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l         「婦人公論」の原稿のことかお?
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /          それなら、やる夫のほうで預かるお。
                   /

141 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:04:47 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          >.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
       ,...:´::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::ハ::::::::::::::::::::::::::/ !::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
          ̄ ̄/.::::::::::::::::::::::::::::/l/ >|:/ |:iハ:::::i:::::::::/ j/ハ::::/!::::::::::::::::::::::::<
        /.:::::::::::::.イ:::::::::::::/<でうラ'ヘ`}:ト::∧:l::::/厶イ´.::::∨::|:::::::::::::\ー―一
          ー‐ァ.:::::::::{ 厶イ:::ハ/  `ニ ノ.:::jノ.::::::八/.:::'でうラヽ/.:::|:::::::::::::::::::\
         /___::∧ (|/   〈::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::ー一'.:::::::j/!::::::::::\ ̄
           /.:::::ハ ∧    \::::::::::::::/  {::::/ ̄ ̄\::::::::::/ }:::::::「 ̄    おい、コラ、そこの躁鬱病。
          ∠::::::::::::八 :.       \:::::/   }::j\    /.::::::/ ∧ハ|
           厶イ:::::::::ーヘ            ´/ノ.::::::\_/.::::::/イ  }       テメー、うちの原稿書けなきゃ、
            ノイ::/i:::ハ         {:::::::::::::::::::::::::::∧丿         どういうことになるか、わかってんだろうな…
                |/  |::::::|\     , -‐='::、::::::::::::::::::::/
                  x≦ハ| ::\     ー‐.:::::::::::::::::::/            
                 / ∨//|  ::::\    `7.::::::::::::.イ\            
              /   ∨/j   \:::\  ;::::. .<:::::'///\
             /     ∨′   \:::::: ̄::::::::::::::::'/////⌒ヽ、
            /         >x:::.、   \::::::::::::::::::::{'/////////\

                     【村松友視】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □
         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)        いやあ、担当の村松君……だったっけ?
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }         ちょっと怖そうだから、宮脇さん通したほうがいいかな、って。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

142 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:05:15 ID:EEJyDPC2


                                                           ___
                                                         /      \
                                                       /_ノ   ヽ_   \
         原稿、ちょっとご確認しますお。                              /(⌒)  (⌒ ) u. ヽ
                                                       |   (__人__)        |
         ……村松君はけんかっ早いところはありますけど、              \   `⌒ ´      /
         なかなかの好青年だと思いますお。                          /            \
                                                   | ̄ ̄ ̄ ̄|~|       |
                                        .          /  |        | .|-、  ノ   | ヒョイッ
                                        .         //  (つ       .|と  ̄”     ノ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)             覚えておきます。
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ             ……今回はエッセイの依頼でして、
.  |         }              学生時代のことを書きましたよ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

143 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:05:49 ID:EEJyDPC2

                                                      ____
                                                     /      \
       原稿、特に問題なさそうだし、お預かりしますお。                  /  ⌒  ⌒  \
                                                 /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
       ……学生時代というと、北さんは、松本高校でしたっけ?         |      (__人__)     |`''|
                                                 \     ` ⌒´    _/ /
                                                                /


             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ⌒)( ⌒)  |            そうです。
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |            もっとも、戦時中の、それも一番厳しいときの入学でしたけどね。
           {         |
           {       /              中学のときは中学のときで、勤労奉仕で工場行ってましたし。
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬-−―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                                   ____
                                                 /      \
                                                /─    ─  \
      勤労奉仕は、やる夫も一緒だお。                        / (●)  (●)   \
      工場行ったり、穴掘ったり、開墾したり……              |    (__人__)      |
                                              \   ⊂ ヽ∩     <
                                                |  |  '、_ \ /  )
                                                |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/




                                                  ____
                                                 /      \
  飛行機のエンジンばらしてたけど、                         / ⌒  ⌒   \
  使う言葉が英語ばかりで……                          /  (⌒) (⌒) /^ヽ
  こんなに敵性言語使っていいのかお、って思ってたお。          |   (__人__)( /   〉|
                                             \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                                           ―――――――― \ _ _ _ )

144 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:06:22 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                     ァ=ュn  / ̄ ̄ヽ
                    ((ζ `‐―――――- 、
                       ヾL__,,______   !
                      r「il | (●)(●) | ./
 , -―――――――――――――「__|―ュ_| i h、 } /
'―――――――――――――――l |―‐[二==リ'ァ''
                      | |´ ヽ |' ̄|ノ/
                        /| |   .|  | |
                         ( ! ! \ ,|  | |
                       `| |  `/  ! |
    r--, --――――r--, ,-、     .| l\.   /  l
.  /~`l |         `l | /./ヽ   | | i ゝ-‐'   !
. /   | | ジョウシキテキニ.| |,/./   }   | l !       l
 {     .| |   カンガエテ  | |', ',  ノ    | | /      |
 ヽ   l l         .l | ', ', ´    | l.       ヽ
   (~'-'ノ ―------― l_l´ ',_',    .,| l.   ∧    ヽ
    `~~                  / | l   /  ヽ     ヽ
                        /  | l   /   ヽ     ヽ
                 /     .! ! /     ヽ     ヽ
                /     ヽ.| /       ヽ     ヽ
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □             / ̄ ̄\
                /   _,.ノ  ヽ、_
                |    ( ⌒) (⌒)
               |    (___人__)
                .|         ノ__          ぼくは金属加工でしたね。
                |     _/  ̄\ヽ         旋盤回したり、鉄棒ちょん切ったり。
                   人、   '、/  ̄ ヽ '、
                _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v       学校の授業なんかよりもはるかに面白かったですね。
       _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
      /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
     丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
    . i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
    /.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
    ::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
    :::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
    :::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

145 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:06:40 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                 rv―v―、 r-v-v
           r、      ノ     も( ノ ま (     ,ィx
         (\\(^}   ) !! 戦. っ ( ) だ (   /)///7
         {^ヽ^ヽ {   )  果. と ( ) だ (  / 'ヽ /
           \ `Y ノ}_  ハ  を  ノ 乂  ノ  {. 〈 /
              〉,r彡ハ  _>  < /  ま ( 人_ノ〉
              V   ∨ !! カ も () !! だ( /  7 /
             'v   V  ネ っ ().  だ(/    /
                'v   V .を と 人_,ノ〈    /
              V   V rfテ弐ミk /   }'
                    'v   ',仔r=r弌リ'   /
                   'v   '({ ヾ二フ,j'   /
                  }    j个ー‐个ト,  /
                }> / />ュ<ト、\ノ{
                   _j/  / | / :| | \\
                  _,>、__, イ>\/ _」/\ ̄{_
             /  /:::::| \/__,>|:::::∧  {
                /|  ./:::::/  厂     |::::::::∧ |\
            / :| /:::::/   |o      〔::::::::::::∧.|  \
          / / /:::::/   :|o    丿:|:::::::::::::∧    \
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □   / ̄ ̄\
     /   _ノ  \            一度、下請けとかの町工場にも勤労奉仕で行きましたけど……
     |    ( ー)(ー)
    . |     (__人__)           町工場のオヤジがごっそり儲けてるんですよ。
      |     ` ⌒´ノ           それこそそこに勤めてる工員が月給1000円!
    .  |       nl^l^l
    .  ヽ      |   ノ          うちら学生の報奨金は月25円だったのにね。
       ヽ    ヽ く
       /     ヽ \

146 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:07:56 ID:EEJyDPC2
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                    /   / ,i           \
                    //  / イ7           ヽ
                   // |i l  | l  |   |       ヽ
                  l l |i | |Li j |  | l  |  |      l        r、
                  レ || l || 7\|  |/l | |、 |  |   |      / /
                    l|i ヽ、、_  |\l ̄ヽヘ、ヽ|  /: | |     / /
                    ゝ |  ̄ l ヽ ,,、   )  rヽ | l|   / /
                    l ハ  /     ̄"// | | / /  / /
                    || ク、 ヽ    ///レ //  / /
                    ||//ヽ ー-    /' / rイ   / /
                    |j_//_/>、 _ , - '´//、 | l、/ /
                , --l7T : : : /,----/    ヽ/ /
               / | l l  : : r/ ー、 ミシ-、、,_ヽ/ /
             r/:   | ヽヽ :/    ヾーミシ / /ー丿、
           , - '  : :  | /\\|       r/ /ヘ、、    \
      __ - '         / /lーl    r--、/ /ナ、\\     i                ○乙
   , - '´  --、 : : : : :\\ / /o ーr、ー、 - / /   \  \ \   |              ( ゚Д゚ )
  /       \: : : : : :\l  |   /__ >、ヽ/ /、      \  \ \ 、  _          (_>,,z_フ
  |: : :     r '´/ー-----l |,,,___ /   | / //ヽl        \ \c'7''Y l         (_,,_,,_)   ∬
  | : : : : : : r' / / / ̄ ̄ ̄    ヽ / / /  l ̄ヽ      /l \// |         彡※※※※ミ 旦
                                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    【モーツァルト】

147 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:08:13 ID:EEJyDPC2
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                                       │            │
                                       └──────┘

                                              ┌─┐
                                              │  │
                                              └─┘

                                                  ┌┐
                                                  └┘

                                                       □ 
                                                            ____
                                                          /      \
                                                         / ─    ─ \
                                                       /   (●)  (●)  \
        ああ、あの当時、それだけもらっても、                        |      (__人__)     |
        ぶっちゃけ何も使えないお。                              \     ` ⌒´    ,/
        とにかく買う物がない。                          r、     r、/          ヘ
                                                ヽヾ 三 |:l1             ヽ
        やる夫は報奨金で、                                \>ヽ/ |` }            | |
        モーツァルトと、落語のレコードばかり買ってたお。                ヘ lノ `'ソ             | |
                                                   /´  /             |. |
                                                   \. ィ                |  |
                                                       |                |  |

148名無しのやる夫だお:2011/08/21(日) 21:08:37 ID:RQx1kGCs
その落語家はダメwwwwwwww

149 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:08:38 ID:EEJyDPC2

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●          ぼくもそんなもんです。
   |      (__人__)          でもまあ、もらえないよりはもらえるほうがいいでしょ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


                                                 ____
                                               /      \
        まあ、そりゃそうだお。                        /─    ─  \
                                            / (●)  (●)   \
        ところで、北さんの働いてた工場が、              |    (__人__)      |
        空襲された、ってことはないかお?               \   ⊂ ヽ∩     <
                                              |  |  '、_ \ /  )
                                              |  |__\  “  /
                                              \ ___\_/

150 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:09:00 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
             ,_  _._
          、,-'´/_,ノロ:i、
       (i''´ ̄+' _,/゙´_,,,,..ノ
         ̄''''' ̄''''´
              _,-、  ,-、
       ___ k,-'´ / _,-'◎|
      fi´''´ t'´ _ / ̄__,,,,,,..)-
        ̄`ニ' ̄`ニ' ̄
                         _,---, _,,_
                 _,-'´☆/./(X)i
         ___n'___,Kニ)  /_,ノ    i、
        (ミ-'-'   fkイニ___/ ̄=☆=  __,>-
        `ーー,ーー,ー,ーー,''''´ ̄ ̄
             ̄ ̄   ̄ ̄


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □    / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)         うちには来てないですが、
      |     (__人__)          よく空襲警報は鳴ってましたね。
      |         ノ
      |     ∩ノ ⊃ }          ぼくのいた工場は裏が山だったから、
      /ヽ   / _ノ }          いつもそっちに逃げてました。
     ( ヽ  /  / ノ
      ヽ “  /_|  |
       \__/__ /

151 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:09:38 ID:EEJyDPC2
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                           ,;:;r;、
                       /;:;:l;;|
                          l;:;:;:;|;;ヽ
                           l;:;:;:;l:;;;;!
                           ト;:;:_l_;;イ
 .                       l|:::::::o::|! .,
                           ヽ;:::::::ノ,、!|___
                     _,-‐'l゙"`!i|__// !^ }`'l'',-、_
                     / / |   `=′     | :|:: ヽ.
                   /  /  |             || | :   ∨
                  /  / : |          | |:!  / ∨
                / :   |   |          |  |/ /   ∨
              /   i :|   |             |  | /:    ∨
            /   :| : | |  7             | |/      〉
             `7\ \| |  | ゙'、________________ ノ:: |、  _/
              / 〈x.\/::| r;/゙´´´´´´´´´´゙ヽ、|ヽ/ri ハ
           <|〆/ |: | :} |            ト;||  ヽУ//\
             /,\>  |: ∨, |           | |  :/ ̄ \\
            //       \/ |l             | |;イ .     \\
          //           ||           || ;.|         \\
 ..     //          i``'ー-、__    __,,..!ヾ            \\
 .   //             j       T ̄ ̄´  ,,;\              \\
 . //                ヾ,      |       ''::;;,,,`t
 . /                    |    ;;|;;;;::.       ,:;:;::;;ハ
                       j    ;;;|::::;;,      ;;;;;;;;;;ハ
                   ノ      :;;;|:::::::     :';;;;;;;;;;'ヽ
                     |     .:;;;ヾ,::.      ::::';::;:;:;:;;\ .
                   \     ;:;;;;:;:!:::..       ;;;;:;:;'';:;:;:;ノ
                    /ヾ,  :::;;;;;;;|:::        ';;;::;:;::'/
                    `ー``ー" ̄|,::         ;;:;'_/
                           \_____,,ィ''"´
                                  `ー′

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □      / ̄ ̄\
        /   _ノ  \  ( ;;;;(      そんな空襲警報が鳴った、ある日のこと。
        |    ( ─)(─  ) ;;;;)      ぼくたちはいつものようにまず裏山に逃げたんですね。
        |      (__人__) /;;/      で、いつものように待機していました。
     .   |        ノ l;;,´
         |     ∩ ノ)━・'        そうしたら、火叩きか何か鉄の棒みたいな、
       /    / _ノ´          そんなものを持った人に襲われましてね。
       (.  \ / ./   │
       \  “ /___|  |
     .    \/ ___ /

152 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:10:08 ID:EEJyDPC2
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

        ,ト--ミ、、_:::::::::::::::::`:"'':―┼――――l
        /ミミ三三ミ'ー‐-- 、、_:::::::|:::::::::::::::::::::::j
        {ミミミ三三、     、ー=、`'┴―――fミ',
      ,..、ミミミミミ三シ  . . . . `―' l ii l (ヲ  lミil
      //う{ミミミミf'"   _,,.,,_:.:.:.:..  _j_ .:.:.:.  lミリ
      l V }ミミミミ    ',ィでiンミ、:.:.、__, -,ィも=、',l:l′
      'i l ,ノヾミミ'    ´ ̄`゙`ラ .:. 三 f"´ ̄`' lj
      ヽヽへ}ミミ     `二ニノ ,、 jl ',` ―''" ,l!
       ヽ二ノミ'        ,ィ'"     ト、   ,!    この者たちは空襲警報が出ているのに、外で遊んでいる!
       , -fソ!'ミ        / `^ヽ,_ノi    ,'    何たる非国民!
      ,/(/ {i,ミ'     /  _,,...,_,,..,、l   /     敵機が来て慌てて防空壕に入ろうとするのは何たる非国民!
     / ヽ  lN,    /  ,ィiTTTTTト, ,}  ,/      即刻憲兵隊に突き出すのじゃ!
  , -―/   ヽ ', ヽ    {  ,/⌒'ー'‐'‐'‐',リ l  /
 /  /     ヽ'、 ヽ   l  {,ゝ、‐r‐'ン-i/ ,/ ,イ丶、、
"i   {、     ヽヽ丶 丶 ヾ<Zェェェシ' ノ ,i'lヽ、 `ヾー-- 、
 l,   \     ヽヽ 丶、 ` ` ‐ -- ‐'"/ノ ,l  \  \  ヽ

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □    / ̄ ̄\
      /   _ノ  \         その人は裏山にあった神社の神官で、
      |    ( ー)(ー)        ぼくたちのことを「非国民」だなんだというわけですよ。
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ        しかも警防団員たちは、その神官にへいこらしちゃって、
     .  |       nl^l^l       本当に憲兵隊に突き出されかねなかったわけで……
     .  ヽ      |   ノ
        ヽ    ヽ く
        /     ヽ \


                                                ___
                                              /ノ  ヽ、_ \
                                             /(●) (●.) \
               そりゃあ、まあ……                 /  (__人_,)    \
                                           |  l^l^ln ⌒ ´        |
               心中お察しいたしますお。                 \ヽ   L         ,/
                                              ゝ  ノ
                                            /   /

153 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:10:34 ID:EEJyDPC2

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)             まあ、アレをみて思ったのは、
           |    (___人__)             その神官にしても、普段は善良な一市民なはずでして。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ           それが狂気を持ってしまうと危険だってことですね。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v          精神病院にいるような「そういう人」たちってのは、
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |         実は自分たちのルールみたいなのがあって、
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、        一緒に暮らしてみると、そのルールが分かってくるから、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,        実はさほど怖くないんです。
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


                                                       /  ̄ ̄ \
                                                      /ノ  ヽ__   \
                 普通の人が狂気を持つほうが、                 /(―)  (― )   \
                 始末におえないってことかお?                 |.  (_人_)   u |
                                                         \   `⌒ ´     ,/
                                                     /         ヽ
                                                    ./ l   ,/  /   i
                                                    (_)   (__ ノ     l
                                                    /  /   ___ ,ノ
                                                    !、___!、_____つ

154 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:11:13 ID:EEJyDPC2
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::                      i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                         :; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |===|::::                       ! ||===-3
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|::::                      |  ||
 |∵∴∵|:::: 憂                  i  ||
 |∵∴∵|:::: 行                   ; ||
 |∵∴∵|::::                       | ||
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─ ||
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                                 *
                                          / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
                                          | ::|   /   ⌒   \
    こ の 「 憂 行 」 っ て 雅 号 、                  | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
                                        ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
    な か な か か っ こ い い だ ろ !        | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
                                           | ___)  ::|+{          .|     十
    常 識 的 に 考 え て 。                     | ___)  ::|  {       _ |
                                       ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
                                                  ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                       ヽ ノ
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □                   , ´  ̄ ̄ ` 、
                      /        ヽ
                        /    _,ノ_ `ヽ-、
                    /   (√丶丶´v 〉       まあ、ぼくも似たようなものでして、
                     ノ U   { )     j        下駄に直径4センチの鼻緒を付けてみたり、
                  ,.イ 、    V     /         松本高校に行くことになったときに制帽をわざと汚したりと、
                ,/(:::ヽ.ヽ   {     r          まあバンカラ気取ってましてね。
        _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
       /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::     思い出すに、一番サイアクだったのが、
      丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |    「憂行」なんていう、変な雅号使ってたことですかね。
     r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
    / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,

155 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:11:31 ID:EEJyDPC2

                                                    ____
         まあ読者の皆さんに分かりやすく説明するなら、            /      \
                                                 / ─    ─ \
         「 中 二 病 」 って奴だお。                        /   (●)  (●)  \
                                               |      (__人__)     |
         反社会的な行動を演じながら、                    \    ` ⌒´    ,/
         「邪気眼」みたいな妄想ぶっこくパターンだお。           /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                                  /      ,⊆ニ_ヽ、  |
         ちなみにやる夫は鉄道旅行に逃げてたから、           /    / r─--⊃、  |
         サブカル系って奴になると思うお。                     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

156 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:12:13 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
                           ー====-                         ー====-



     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (ー)(○ )  ( ー)(○)         しかし……むごたらしいものだろ。
   (__人__)     (__人__)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ         どっち向いても焼死体だらけだ……
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |
                                                       ヽ ノ
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □           / ̄ ̄ \
                _,ノ ヽ、,_  \
              (●)(● )    |            5月25日の山手が襲われた空襲で、
              (__人___)     |            うちも丸焼けになりましてね。
              '、`⌒ ´  u  |            それだけならまだしも、ぼくの目の中に、
               |        |            火の粉が入って、しばらく半盲状態でした。
               ヽ 、     イ
               ィヽ-ー ≦ノ7            当時住んでた脳病院に戻る道すがら、
        _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、          まあたくさんの焼死体を視ましたよ。
       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
      丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {

157 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:12:43 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ‖       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ‖‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □         / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    ( ●)(●)
          . |     (__人__)         うちの脳病院は、かろうじてガレージが残ってるくらいで、
            |     ` ⌒´ノ         あとはもう廃墟と言っていいような状況でした。
          .l^l^ln        }
          .ヽ   L       }
            ゝ  ノ    ノ
          /   /     \
         /   /        \
       . /    /        -一'''''''ー-、.
       人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

158 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:13:07 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

;;、 ...;  ;:;:;:; .,,.,; '' ';  ;;...     .;; |;:. . .  ;|;.. ;..; ::| ...   ;   ;;.
  ....;;;;    ,,,,,,、、、  ;::::;:;:;:;:; :;:   |..;; メ ; |;. ;::. ,ζ ;:  ....;;;  ∧;
  ....  ,,,...   ;;.... ;   ..  .;:,,  ::;| ̄ ̄ ̄\., ; ; |;;... ;;;; .;;.;  ...; .;;..
        ,,,,,,,   ,,  ,,,.   ,,,  |        \;., :| ;;...  ;;.. .:.::; ;;...メ
..   右に転進す               |         \|________
  ;:;:;:   :: ;:;:;  :;:;  :;; ;:;:: ;,.,;:,.;,:|   .ノ 、 、
;;....  俺は死なんよ 憂行  ;;    |   ● ●) l
                        |  (人__) |      これでいいだろ!
_______________|  ヽ    ノ
                        G     ̄にア   常識的に考えて!
                        /   〈 ̄
                       / / \ \
                       (__/    ヽ_,)


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □    /  ̄ ̄\
      /      ノ ヽ
      |::::::     (● )        そのガレージの壁に
    .  |:::::::::::   (__人)
       |::::::::::::::   ⌒ノ        「右に転進す 俺は死なんよ 憂行」
    .   |::::::::::::::    }
    .   ヽ::::::::::::::    }         って炭で書いて、立ち去ったんです。
        ヽ::::::::::  ノ
        /:::::::::::: く
        |::::::::::::::  |
         |:::::::::::::::| |

159名無しのやる夫だお:2011/08/21(日) 21:13:30 ID:X3mbhOBY
誰でも通る道ですなw

160 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:13:33 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

;;、 ...;  ;:;:;:; .,,.,; '' ';  ;;...     .;; |;:. . .  ;|;.. ;..; ::| ...   ;   ;;.
  ....;;;;    ,,,,,,、、、  ;::::;:;:;:;:; :;:   |..;; メ ; |;. ;::. ,ζ ;:  ....;;;  ∧;
  ....  ,,,...   ;;.... ;   ..  .;:,,  ::;| ̄ ̄ ̄\., ; ; |;;... ;;;; .;;.;  ...; .;;..
        ,,,,,,,   ,,  ,,,.   ,,,  |        \;., :| ;;...  ;;.. .:.::; ;;...メ
..   右に転進す               |         \|________
  ;:;:;:   :: ;:;:;  :;:;  :;; ;:;:: ;,.,;:,.;,:|
;;....  俺は死なんよ 憂行  ;;    |      ハ,,ハ
                        |     ( ゚ω゚ )  これは脳病院の患者の書き置きだね。
_______________|    /    \
                        ((⊂  )   ノ\つ))
                           (_⌒ヽ
                            ヽ ヘ }
                       ε≡Ξ ノノ `J

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □   / ̄ ̄\
     /   _ノ  \   \
     |    ( ○)(○) \ \              その書き置きだけでも今思い返すとこっ恥ずかしいのに、
    . |   o゚ (__人__)  __              さらに父の弟子って人が見てしまって、
      |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\           しかも後年、それを文芸誌に投稿しちまって……
    .  |     /  }         \
    .  ヽ   /   }          }て・,‥¨
       ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
       /    く  \  YY ̄ ̄YY\
       |     \   \    ・; ∵ ..\
        |    |ヽ、二⌒)、       .  \

161 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:14:06 ID:EEJyDPC2
                                              ____
                                            /      \
  それは恥ずかしいお。                                /─    ─  \
                                              / (●)  (●)   \
  でもそういう時代だったんだから、しょうがないお。          |    (__人__)      |
  誰もがみんな狂ってた。                         \   ⊂ ヽ∩     <
                                           |  |  '、_ \ /  )
  で、その恥ずかしさから逃げるために松本へ?                |  |__\  “  /
                                           \ ___\_/


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)            いや、恥ずかしさに気づいたのはもっと後のことです。
          .|    (___人__)
           |         ノ             松本高校へは、前年の試験で合格していて、
           |        |_,-‐、_ -、       その年の8月から入学、という扱いでした。
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ       もっとも、寮へはもっと早く入っていたんですが。
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

162 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:14:28 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                         _ ........ _
                      /:::::::::::::::::::`ヽ
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                  ,′:::::::::::::::::::::::::::ト、::〉
                   //::/, ::/, ::::::::::彡' 小
               //:://:://::::ィ/ハノ ,ムハ!
                  イ/::// イ//:::八: /┘! }
               r<彡イ //ヽ.._/  / /         鰻が食いたい……
             /ニ二二三{ ハ三/
             ///////////77ニニニ7
.          /////////////// :|////∧\____
.         く/////'//////////:::::|///∧/`ーく/
        〈/?∧//////////{:::::::|//∧////∧
          j∨//∧/////////ハ、: |/∧//////∧

               【斎藤茂吉】


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □              / ̄ ̄\
                  /  ヽ_  .\
                 ( ●)( ●)  |
                (__人__)      |            ところがですね、食糧事情の悪化から寮が閉鎖。
                 l` ⌒´    |            仕方がないから、
                {         |             一度、父の疎開していた山形に移ったんです。
                {       /             ぶっちゃけ、父のところには行きたくなかったんですが。
            _. -: ´Λ     _.へ` 、  
           r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_         結局、松本に戻ったのが8月くらいだったかな。
         /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
         |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
         〈: : : :::: _ -¬-−―-、: : く:r 、: : : V }
         /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

163 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:14:48 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

  ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,   や 松 松 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 高. 本 ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て の 市 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 思 に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た 誠  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. 寮 る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ に
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □   / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ⌒)(⌒)        その寮って奴ですが、すごくボロでしてね。
    . | u.   (__人__)
      |     ` ⌒´ノ        まあ松高生はみんな動員されてましたから、
    .  |         }         残ってるのは落第生とかぐらいでしたけどね。
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ
        i⌒\ ,__(‐- 、
        l \ 巛ー─;\
        | `ヽ-‐ーく_)
    .    |      l

164 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:15:25 ID:EEJyDPC2
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶


              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_   \
           (ー)(ー )    .|  zzz…
            (__人__)     |
              (,`⌒ ´     |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.               {         |           ヽ\__
       ____.,{        /           \__)_
        (____`ヽ_(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )
                 ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄

                    ,,,,,,,,,,,,,,,
      ,.....、          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     fェゝヽ    ,rニ'''ー、  ;;;/ニヽ;;;;;;;;;;;;)
  r 、_ 〈o リl_   lr。ヽ,r、 l  > ''` 〉;;,.r---、.、
  `>。ヽ 'Y、ノ  `ヽv'、  -''v'`'-`l._  ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ        おい、コラ、そこの新入り!
  ヾ-、`''ーニ、__,......l"`'[__ノ   l`´ 〉'"   l;;;;;;;;;;ヽ
  _  `l'-、__,..⊥ 〈l      >‐'< r―  <;;;;;;;;;;;;;;l       とっとと起きんか!!
 lwヽ、_l ヽ、_,r'"  ヽ ヽ  /   /  リ エ  レ'´`';;;/
 `ー‐'、__==' l ,,,..r'"‐ヽ `イ'ー‐/、_ .<、 、    ,r'_,l,_
   f"  `ーソl´  ,r'''''''''L, /ノ  .7  i,'ヽ、  ´ /;;;;;;;`'''ー、                
   l   <" l   l __,r'ェ' /  /! /i'''"  ,ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;                 
   l   λ l   l `,r'" /  / レ';;;`ー''<、ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                      アーメンドクセ
   l  .〈 ヽ l  / i,  i, /  /   /;;;;;;;;;;;,..r'´`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                       , -‐- 、
  _ヽ__l .ヽl / l i,  ヽ.,r'  ,..=_;;;;;;;;;;;,f    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                      ノソ从从ゝ 
 (___ノ  /   l i、  ヽ、,r'" `ーュ'l、    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                     ,彡リ ー 八 
       /  l  i、   ヽ   / ヽ  ,..ュ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                    ノ つ  ィ'′ |
       '     !   ヽ     '"    ヽ'" `''`'''''''''''''''''''''                   (´_,.ノと_し′

165 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:15:41 ID:EEJyDPC2

                             /  ̄ ̄\
                            _ノ、 \_    \
                           ( ●)( ●)     l
                           (__人__)      |         なんですか、あなたたちは?
                           (`⌒ ´     |
                            {           !
                            {         !
                              人       ノ
                        ,. ‐'/ <,ム、 /´  ̄ヽ、
                     ,. ‐'"./:::. ...... o::::::"''"...::::::..', `゙ヽ、
                  ,. ‐'"   /:::::. ::i:::::::   ::::...  ::::::::: i   / ̄ ̄`゛'' -、,
               ,. ‐'"    /   :::l    o    .,     l /: : : : : : : : : : : : : `ヽ
    _      ,. ‐'"      /::.  .:::::::./i:::::  :::   ,,イ::.   l/: : : : : : : : : : : : : : : : :
.-‐''"    ゛'' -、,,__     /::::::::  :::::/ i   o::::: /  ........ lヽ、: : : : : : : : : : : : : : :
               `ヽ/       /  /::::..   /   ::::::::::li  \: : : : : : : : : : : :
               /   ..::::::.. / ̄゛''-、,,   /      /l    ゛''-、,,: : : : : : : :
             ,r ''"\   :::::::::/        /::::::::.   / l        ゛'' ──
           (_   人_,,.-‐''"       /::::::::::::   /ヽ,ノ
              し'            /    ..:::::/   \

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □     / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ●)(●         入寮して3日か4日かしたくらいの夜中のことです。
       |      (__人__)
    .   |        ノ         出し抜けに寮生にたたき起こされましてね。
        |      ∩ ノ ⊃
      /     ./ _ノ
      (.  \ / ./_ノ │
      \  “ /___|  |
    .    \/ ___ /

166 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:16:02 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                    ,,,,,,,,,,,,,,,
      ,.....、          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     fェゝヽ    ,rニ'''ー、  ;;;/ニヽ;;;;;;;;;;;;)
  r 、_ 〈o リl_   lr。ヽ,r、 l  > ''` 〉;;,.r---、.、、 _v-::ニ:‐-ェ__
  `>。ヽ 'Y、ノ  `ヽv'、  -''v'`'-`l._  ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ::::::::::::::::::::::::Z__            おまえは、寮に入って、
  ヾ-、`''ーニ、__,......l"`'[__ノ   l`´ 〉'"   l;;;;;;;;;;ヽ:::\::::ヽ::::::Z
  _  `l'-、__,..⊥ 〈l      >‐'< r―  <;;;;;;;;;;;;;;l\┰ヽ:::',::::ヽ            何を一番先に感じたか!!
 lwヽ、_l ヽ、_,r'"  ヽ ヽ  /   /  リ エ  レ'´`';;;/  ゛゛ ヾ:::::ヾ
 `ー‐'、__==' l ,,,..r'"‐ヽ `イ'ー‐/、_ .<、 、    ,r'_,l,-n‐_ノリ!W `
   f"  `ーソl´  ,r'''''''''L, /ノ  .7  i,'ヽ、  ´ /;;;;;;;`'''ー)、
   l   <" l   l __,r'ェ' /  /! /i'''"  ,ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   l   λ l   l `,r'" /  / レ';;;`ー''<、ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   l  .〈 ヽ l  / i,  i, /  /   /;;;;;;;;;;;,..r'´`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  _ヽ__l .ヽl / l i,  ヽ.,r'  ,..=_;;;;;;;;;;;,f    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 (___ノ  /   l i、  ヽ、,r'" `ーュ'l、    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       /  l  i、   ヽ   / ヽ  ,..ュ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       '     !   ヽ     '"    ヽ'" `''`'''''''''''''''''''''

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □   / ̄ ̄\
     /   _ノ  \         旧制高校名物の「説教ストーム」って奴らしくてですね。
     |    ( ー)(ー)        私も後から聞いたんですが。
    . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ        そこで私は、
    .  |       nl^l^l       「おまえは、寮に入って、何を一番先に感じたか!!」
    .  ヽ      |   ノ       って、問われたんです。
       ヽ    ヽ く
       /     ヽ \

167 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:16:39 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}          水道の水が出ないのが困ると思うだろ!
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }           常識的に考えて!!!!
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ


                    ,,,,,,,,,,,,,,,
      ,.....、          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     fェゝヽ    ,rニ'''ー、  ;;;/ニヽ;;;;;;;;;;;;)
  r 、_ 〈o リl_   lr。ヽ,r、 l  > ''` 〉;;,.r---、.、
  `>。ヽ 'Y、ノ  `ヽv'、  -''v'`'-`l._  ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ        このバカ野郎!
  ヾ-、`''ーニ、__,......l"`'[__ノ   l`´ 〉'"   l;;;;;;;;;;ヽ
  _  `l'-、__,..⊥ 〈l      >‐'< r―  <;;;;;;;;;;;;;;l       それじゃ工員と同じじゃないか!!
 lwヽ、_l ヽ、_,r'"  ヽ ヽ  /   /  リ エ  レ'´`';;;/                                , -‐- 、
 `ー‐'、__==' l ,,,..r'"‐ヽ `イ'ー‐/、_ .<、 、    ,r'_,l,_                                ノソ从从ゝ 
   f"  `ーソl´  ,r'''''''''L, /ノ  .7  i,'ヽ、  ´ /;;;;;;;`'''ー、                            彡リ・∀・ハ  
   l   <" l   l __,r'ェ' /  /! /i'''"  ,ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;                              ⊂     O 
   l   λ l   l `,r'" /  / レ';;;`ー''<、ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                               丶  __三フ
   l  .〈 ヽ l  / i,  i, /  /   /;;;;;;;;;;;,..r'´`i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                               レ'    
  _ヽ__l .ヽl / l i,  ヽ.,r'  ,..=_;;;;;;;;;;;,f    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                             彡     
 (___ノ  /   l i、  ヽ、,r'" `ーュ'l、    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       /  l  i、   ヽ   / ヽ  ,..ュ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       '     !   ヽ     '"    ヽ'" `''`'''''''''''''''''''''

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □   / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ⌒)(⌒)
    . | u.   (__人__)          とまあ、思いっきり痛罵されましてね。
      |     ` ⌒´ノ
    .  |         }          当時は忸怩たる思いをしたものです。
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ
        i⌒\ ,__(‐- 、
        l \ 巛ー─;\
        | `ヽ-‐ーく_)
    .    |      l

168 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:17:09 ID:EEJyDPC2

                                                 ____
                                               /      \
      あー、北さん。一つご質問よろしいかお?               /         \
                         , -‐- 、               /            \
      北さんの空想の中に出てくる、 ノソ从从ゝ                 |   _,   /        |
                        彡リ・∀・ハ              \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
      って、だれだお?                              |  | ゝ_ \ /  )
                                              |  |__\  ” /.
      さっきからちらちら鬱陶しいんだけど……                \ ___ \ /

169 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:17:38 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ         研究室で飲むコーヒーはおいしいね、と。
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ

                 【辻邦生】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □     / ̄ ̄\
    .   ./   _ノ  ヽ               辻邦生ですよ。
        |    ( ⌒) (⌒
        |      (__人__)  ∫           今は大学でフランス文学や小説論を教えながら、
        |     `⌒´ノ ∬            自身もがりがり小説を書いてる。
    .   ヽ         } | ̄|
         ヽ     ノ |_|)           彼は当時、ぼくの先輩で、ぼくよりも先に寮にいたんです。
    ____/      イー┘ |            だから先輩として、説教ストームに参加していた。
    | |  /  /     ___/
    | |  /  /      |
    | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

170 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:18:00 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`:::ー::- /
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':ー‐-/
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;:::::::::/
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::::::;'
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、:::::::l         いや、「水道の水」という言葉に感銘して、
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:__」         以後君に注目してたんだ。
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::`i
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、:::l         あの頃の高校生は観念主義ばかりで、
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!`i、!        そんなときに「水道の水」なんて言ったの、
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ .|/l        君くらいだからね。
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ   '、
         ',   ',. i\          / / l    .::〉、
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._   .//\
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``' ‐<    \
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /      ` ' ー- 、

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □      / ̄ ̄\
        /   _ノ  \  ( ;;;;(
        |    ( ─)(─  ) ;;;;)       辻とは昔のこと、いろいろ話すんですがね、
        |      (__人__) /;;/        この話題になると、
     .   |        ノ l;;,´         「水道の水という答えに感銘を受けた」
         |     ∩ ノ)━・'          なんていうんですよね。
       /    / _ノ´
       (.  \ / ./   │           まあ半分は皮肉でしょうが。
       \  “ /___|  |
     .    \/ ___ /

171 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:18:37 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
            . -―‐-、
         /      \
      /         \
       !       /‐-、   ヽ                       愛国者たるもの、防空壕一つ掘るのも、
        :   `、_/ソ ノ    ;´}ー≦ ̄ `  ̄ ー ヘ            一生懸命やらないといけないだろ。
      \ ノ` ''ー=' 、    ノ j彡ミ== 、´ ̄ヽ;::::.ゝ、
         `Y  )、   ノ  ∠_r´..::::::::::::::`:'ゝ;::::》,::::::::..`;
    r>≦ヽ. `t´  ̄  _ノ´.:::::::r:::::::::::::::::..::.ji::!::::::::::.;
    `7ー< ヽ、 `ヽ. _ ノk´.:::_ノ:::::::::;;-、_::::ヾ}:人__ .:ヾ:.\
     ( ´⌒}'ヾー、--≧=''-、 ヽ:::::::::;;ィ<,__;;ィ'」:::..、ヽ::::::::..>、
     `i ´ノ=-'`ー≦、:::::::ヾ、 },,ィK ヽ. ` 1´   ヾ.\::}ヾ \
      ゝ´ヽ ハヽ:::ヾ、ゝ:::::ノ_」ノナ .\ ヾ、       ::::>,;;::ヽイ
       ヾ、_ ....::::::::::_,,--< `ー\、`ー\ \     /、ヘ >ヘヽ
        ヽ,,-‐≦,,-==、ヾ!   }| ヽ  ゝ- ⌒..ィ´__ィ::::::::::::::ヽ}
        /,ィ/´    il| ム  |! }〉   / ッ''´   `ヾ\::::{
       /, ´イ         ト,、. ム ハーl| ヾ;ィ´ /     `ー-、ヽ∧
      <ヘヾ ヘヘ..       ヾ;、..ム  ヾ='{_ノ.´::::.  /      ヾハ
       ∨∧  ヾ;、      ヾ;、. ム  ! _ /  ヽ }/:/ア ̄   :::::::ハ
.        ∨∧__ヾ;、    .ヾ;、. ム j|ノ、__ >'':::!:::{:::      ::::::ハ
         ∨∧ ̄ ヾ;、    .ヾ;、...ム   `ー´:゙:_ィ;:|ト::      :::::::ハ_
.          ∨∧  ヾ;、    ヾ;、 ム  ...:::/::::::::ハ         :::::`ヾ、
            ∨∧  ヾ;、.     ヾ;、 ム:::::::/:::::::/ !|i         ..:::::`-
           ∨∧  ヾ;、      ヾ;、 ム::::::::::/  !|ヾ     ...::::::::::::::::::::
.             ∨∧  ヾ;、    .ヾ;、 :::ム:::.イ   `ヾ-、 ..::::::::::::::::::::::::::::
               ∨∧//ヾ;、      ヾ;、::::ム´       \ヽ:::::::::::::::::::::::::::::
              ∨∧/  ヾ;、     ヾ;、::::ム       \ヽ:::::::::::::::::::::
              ∨∧  ヾ;、     ヾ;、:::::ム       /ヽ\:::::::::::::::
              ∨∧  ヾ;、     ヾ;、 ::::ム   //////ミ、::::::::::::
              ∨∧  ヾ;、     ヾ;、 ::::ム //////////ヾ::::::::

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □   / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)      ある日、ぼくと辻で防空壕掘りをやらされたことがあるんです。
    . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ       私はその当時まだ、神州不滅を信じる軍国少年でしたから、
    .  |         }       そりゃあまあ、一生懸命掘りましたよ。
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ
       .>    <
       |     |
        |     |

172 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:19:02 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □    / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ー)(ー)          ところがね、辻のヤロー、
     . |     (__人__)          とっとと穴掘るのをやめて、その辺でしゃがみこんで、
       |     ` ⌒´ノ          本なんか読んでるわけです。岩波文庫の難しいのとか。
     .  |       nl^l^l
     .  ヽ      |   ノ
        ヽ    ヽ く
        /     ヽ \

173 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:19:27 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                          (ヽ三/) ))
                           ( i)))
                       / ̄ ̄\ \
                     /   _ノ  \ )
                     |    ( >)(<)
                     .|  ///(__人__)
     ,.-‐─────────‐イ    ` ⌒´ノ        辻先輩、かっこいいだろ〜!!!!
    /                        }
 .  /                         }
 .  |        ,人___________ノ
 .  ヽ        }
    ヽ     ノ
 ⊂ヽ γ    く
 i !l ノ ノ    |
 ⊂cノ´|     |

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □     / ̄ ̄\
       /   _ノ  \  ( ;;;;(
       |    ( ⌒)(⌒  ) ;;;;)        高校とかって、社会に対して斜に構えるとか、
       |      (__人__) /;;/        そういうのがカッコいいと思う時代でしょ。
    .   |        ノ l;;,´
        |     ∩ ノ)━・'          そういうのを見て、ぼくもカッコいいと思っちゃうわけですよ。
      /    / _ノ´            で、真似しようと。
      (.  \ / ./   │
      \  “ /___|  |
    .    \/ ___ /

174 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:19:51 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶


                 ____
                 /       \
                   /         \
                l            |
              (             |        どうせやる夫たちは、死ぬんだお……
                   \       〃_/
                 >'⌒ ̄ ̄、,\
                /         \
               /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ
                (   /  ),      l
                  ) ノ _,/    、,,  |
                /⌒ ̄ ̄ ̄           |
            l  、_          ,ノ ,/
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.             └┬:‐┬───┬‐────┘
              ノ ,‐‐,)      丿,‐‐,)
             (,∠/       (,∠/

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                                       │            │
                                       └──────┘

                                              ┌─┐
                                              │  │
                                              └─┘

                                                  ┌┐
                                                  └┘

                                                       □     ____
                                                            /      \
        うーん……                                              /─    ─  \
        斜に構えてるかどうかは分からないけど……                      / (●)  (●)   \
                                                         |    (__人__)      |
        常に死ぬとかそういうことは意識してたお。                       \   ⊂ ヽ∩     <
        だから、自分の死ぬ意味を考えたりしていたように思うお。                 |  |  '、_ \ /  )
                                                               |  |__\  “  /
        わざわざ難しい本読んだりとか。                                \ ___\_/

175 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:20:16 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |   ( ●)(●)
     .|    (__人__)              難しくて理解できないけど……
      |     ` ⌒´ノ
     . |         }     __      こういう本が読めなきゃ、高校生じゃないだろ、常考。
      ヽ        / ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒ ヽ     /.チャタレー/ 恋人 /
.    \  \ ,(つ     /   ⊂)
     | \   y(つ__./,__⊆)
     |  ヽ_ノ   |
     |         |_
      ヽ、___    ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □     / ̄ ̄\
       /   _ノ  \       消灯後、廊下だけはぼんやりと明かりがついてるんですが、
       |    ( ⌒)(⌒      その明かりの下に行って、本なんか読んだものです。
       |     (__人__)
       |         ノ     それこそ敵性言語である英語の本とかもね。
       |     ∩ノ ⊃ }      参考書を引き引きでしたけど。
       /ヽ   / _ノ }
      ( ヽ  /  / ノ
       ヽ “  /_|  |
        \__/__ /

176 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:20:45 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                 >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__       朕、深く世界の体勢と帝国の現状とに
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |      鑑み非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |      茲(ここ)に忠良なる爾臣民に告ぐ 
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |       朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|       其の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり
          ┴───────────────‐ー┴ \l\

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □   / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
    . |     (__人__)              玉音放送聴いたのは、松本じゃなくて、
      |     ` ⌒´ノ              勤労動員先の大町の工場でしたね。
    .  |         }
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ        \
       /    く  \        \
       |     \   \         \
        |    |ヽ、二⌒)、          \

177 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:21:08 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶        星 空 の
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/           い つ く し き か も
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |         お の ず か ら
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/             涙 あ ふ れ つ
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /           国 破 れ た り
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □      / ̄ ̄ ̄\
        /         \
       ./          ヽ
       .l           l            最初、ぼくは「一億玉砕」を促すものかと思ったけど、
        l             l            どうも一緒にいた友達がむせび泣いている。
        .l           l
        ヽ          l            それで、ああ、日本は負けたんだな、って思いましたね。
         ヽ         l
          .)     __,,../            確か、へたくそな短歌を読んだ記憶があります。
         /===、_〈               いかにも愛国少年っぽい歌です。
       /       \
      /            ヽ
     .i       、    . l
     .l i         l     l
     l .l        l     l
     l l       . l     l
     l l       . l    l
     l .l       、   .ヽ
     ヽ .l       ヽ   ヽ
      ヾ、__  ___ヽ_, ')
       l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
       l   l   l  l   l

178 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:21:27 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

          / ̄ ̄\
          / ヽ、_   \
         (●)(● )    .|
        (__人__)゚o   │
         (,`⌒ ´       |
         {        |
         {        ..:/
           ` ー     \
          /    _    l
         /  ̄`Y´   ヾ;/  |
     __,|    |    |´  ハ
         |    |    |-‐'i′l.
         |__ |   _|   7'′
        (   (  ̄ノ `ー-'′\

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □        / ̄ ̄\
          /       \
          |::::::        |               もうね、その夜は、みんなで半泣き状態でした。
         . |:::::::::::     |
           |::::::::::::::    |          ....,:::´, . それで、日本の将来はああなる、こうなると、
         .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  .. わけの分からん駄弁りをずっとするんです。夜じゅう。
         .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
            ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
            /:::::::::::: く         ,ふ´..
    -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
             |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

179 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:22:05 ID:EEJyDPC2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
              __ _
          ,ィ'´   `ヽ.
          /         .
.         l           |
.         ! ___ノ ヽ__ :|
.         l (-tテ) (tテ‐):|
           ! (゙  人  ゙).j      今日も箸の立たないようなぞうすいだろ……
            ゙、   へ  ./
.           ,.ナゝ. _. ィ'!、
.      _ イlヽ!、   |i`ト、_
.    ,、<:::::::::j|_,ィ‐l_   _ jr゙ト、:::::\
    |::`ヽ、:::::i::| ,ハ ` ´ ト|::!:::::::::::::ヘ、
    |:::::::::::ヽ .:j::|_>ヽ-‐'、_|::|_:::::::::::::::ハ
    }:::::::、_|:0:: ̄:::::::::::::::O::|:::::!::::丿::!
    ト:::::::::::ノl:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::|':::::::::{
    l::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::!:::::::::゙l
    i::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::!:::::::::::|、
    }::::::::::::::::|:::::::::::r‐、::::::::::::::::::i!:::::::,:::::j
    ソ:::::::::::フ:::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::::〉::::__::<_
     l '´ ̄メ,r=ヽ_____ヽヘ________{ '´-、ヽ:}
     i::::::::::{´、ヽィ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|r)ノ`!j
    ヘ,___! `ニぅ         |=ニソ
       |:::` ̄´!、______j ̄´
       |::::::i::::!ヽ、::::::::::::ノ::/:::::|
       !:::::::|::::l:::::`:‐‐'"::::/:::::::::!
        l::::::::l::::::i:::::::::::::::::/::::::::::::|
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □    / ̄ ̄\
      /    _ノ \                 しかし、戦争が終わって、
      |::::::     (● ) )                自由にいろいろ話せるとかになっても……
     . |:::::::::::   (__人)
       |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .  私たちにはろくに食べるものがなかった。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .    ぞうすいとかは箸が立たないくらいに薄いし、
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .     ご馳走のカレーライスもコウリャンを入れた赤いご飯で、
        /:::::::::::: く         ,ふ´..        しかもコウリャンの割合が圧倒的に多くてまずかった……
        |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

180 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:22:37 ID:EEJyDPC2
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |   ( ●)(●)
     .|    (__人__)             これからの日本人は……
      |     ` ⌒´ノ
     . |         }     __      たくさんの本を読まなきゃいけないだろ。
      ヽ        / ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒ ヽ     /.ソドム  /120日./
.    \  \ ,(つ     /   ⊂)
     | \   y(つ__./,__⊆)
     |  ヽ_ノ   |
     |         |_
      ヽ、___    ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ











         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |              犬とネコとでは、どちらがかわいいか。
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |              これは人類学史上、
        |        }               常に語られてるテーマの議論の一つであって……
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ            我々も高校生である以上、
      /           \          この意味を深く追求する必要があるのではないだろうか。
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \       常識的に考えて。
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □       ., ──‐、
          /     \
    .     .|     _ノ  ヽ                まあ、どんなに腹を空かせていても、
         |     ( ⌒) (⌒               高校生ってのは基本的にバカなんでしょうな。
         |       (__人__) , -―ーっ
          |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄          いつも議論したり読書してたりしましたよ。
    .      ン         } ゙| ̄'|
        /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
    __/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
    | |  /   /    r_____ ∬
    | | /   /      |i    ┌‐┐
    | | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

181 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:23:14 ID:EEJyDPC2

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)     まあ、食糧事情が落ち着くと、
        |      ` ⌒´ノ     高校でも、いろいろあるんですけど……
          ,|         }
       / ヽ       }      その辺は私の「どくとるマンボウ青春記」でも読んでいただければと。
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


                                                           ___
                                                         /      \
    原稿手元だし、                                              /_ノ   ヽ_   \
    まだ書籍化されるのも分からないのに、                         /(⌒)  (⌒ ) u. ヽ
                                                       |   (__人__)        |
    読者の皆様に「読んでください」とは、どうかと……                        \   `⌒ ´      /
                                                         /            \
                                                   | ̄ ̄ ̄ ̄|~|       |
                                        .          /  |        | .|-、  ノ   | ヒョイッ
                                        .         //  (つ       .|と  ̄”     ノ

182 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:23:33 ID:EEJyDPC2

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)            その辺は、宮脇さんの「裏の力」で、
. |  ///(__人__)             どうにでもなるでしょw
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }             というわけで、書籍化お願いしますね、「青春記」。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
と、いう事情のもとに、「どくとるマンボウ青春記」が書籍化された……わけではないが、

北杜夫の戦中から高校・大学時代のことは、「どくとるマンボウ青春記」に詳しく書かれている。
興味のある方は、ぜひご一読を。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

183 ◆KcxXifcWsc:2011/08/21(日) 21:23:58 ID:EEJyDPC2
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

184名無しのやる夫だお:2011/08/21(日) 21:27:13 ID:sDxy0UgU
ブックオフとかの古本屋行くと、北先生の著作は結構あるのね。書店だと、絶版だらけなのに

185名無しのやる夫だお:2011/08/21(日) 21:28:04 ID:4JHWuaXA


中高生の頭の中ってのは、基本は一緒なんだなw

186名無しのやる夫だお:2011/08/21(日) 21:28:08 ID:RQx1kGCs


子供の頃どくとるマンボウを読んでる時は
飄々とした筆致に騙されてあまり気にならなかったけど
実はかなりえげつない状況なんだよなあ……。

187名無しのやる夫だお:2011/08/21(日) 21:41:09 ID:6PtJqD5U
乙でしたー
いつの時代も若気の至りはあるのねw

188名無しのやる夫だお:2011/08/21(日) 21:46:21 ID:i1GTNUwI

180のない夫が読んでる本に突っ込んだら負けか?ww

189名無しのやる夫だお:2011/08/21(日) 22:01:55 ID:yRb2PpRs


うちの近所にある本屋にはもちろん、ブックオフにも置いてないから
自転車で30分くらいかけて図書館まで行かないと……

190名無しのやる夫だお:2011/08/22(月) 09:24:27 ID:zyllfy7.
乙です。
厨二病といいサブカル系といい、なんかこの人たちに非常に親近感が出てきたw

191名無しのやる夫だお:2011/08/22(月) 19:52:00 ID:2BziYr4Y
乙でした
まあ、フィクションに生きる人たちって基本的にアレを突き詰めた人たちだよねww

192名無しのやる夫だお:2011/08/22(月) 20:35:18 ID:ULQqo4g6
時代が違っていれば

牧逸馬「ふーはっはっはーっ!我が名はビリー!そして、これこそが我が弟どもジミー、スタンリー、アーサーよ!」
地味井平造「厨二病、乙!でも、兄さんの本名は、長谷川海太郎なんだお」

という、痛いことこの上ないのが丸わかりなんですね、わかります・・・

193 ◆KcxXifcWsc:2011/08/23(火) 23:09:31 ID:fzjijaxI
生存確認を兼ねて独り言。

アガワとダンフミのやり取りって、狐狸庵マンボウに近いなw

194 ◆KcxXifcWsc:2011/08/25(木) 22:36:09 ID:yYZxB.hA
ご報告。明日21時より投下します。

195 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:36:37 ID:FSGRllVo
こんばんわ。

本編投下前に、小ネタを一つほど。

196 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:36:58 ID:FSGRllVo
【小ネタ……阿川さんの小説に載ってたカレーライス】


                       /.:.:.:.:.://;:;:;:;:;:;:ヽ-.、
                      /.:.:.:/.::/:.:|.:.:|.:.|;;;:|;;;;;:|;:;:;;ヽ
.            _         /:::::.| |/ |/ |/ ヽ|.;i.;.;.;.;.;.;.;:;:;:ミ
..            | |        |/:.:i ,‐‐-、   ___|/|.;.;.;.;.;. ;
            | |          i..::|     ´   `/.;.;.;.;.;.;|      あー、カレーライスってのはな、
            | |           |:|.‐-‐"/ "‐-‐‐|.;.;.;.;.;.;/       海軍風のドロッとした、
..        ,-〈`ヽJ |            :i   <      /.;.;/9 |.;|       いわゆる「ライスカレー」もうまいが、
.       /´⊂´ ̄ヽ |           |    ,_    |/ |/ゝ       インド風の奴も実にうまい。
.      ヽ_弋 入 ` }           ヽ (  〕   /.|.;∨
       / /    /             \  ̄  / /|、         しかも作ってみると、案外簡単だ。
       | {    /          __//|  ̄ ´  / |\
       ヽ    _丶      ,--−゛:::::/::::| 〈   /  .|::::\゙''ー-::、_
       |_,..-´ /::}    /::::i:::::::::/:::::::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
      ,zi_,..-´:::::::|    |::::/::::∠:::::/::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}
      |。|::::::::::::::::::|  /:::::|:::::::/:::::::::|   |_/   .|―ー<::::::::::::::::::::|::::i
      |::::|::::::::::::::::::.|/:::::::::::::|:::::|:::::::::::.|    |;;|    |::::::::::::::::/::::::::::::::::::|::::|
.      |。|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::|::::::::::::|   |;:;;|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::.i
       |::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::|:::::|::::::::::|  .|;;:::|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::::}
.       |::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::|::::.|::::::::i   |;:;;;|     .|:::::::::::/``゜ ̄|::/:::::::::::::.}
       |::::::::::::::::::::::::::ゝ:::::::::::|:::::.|:::::.|   |;:;:;:;:|    |::::::::://Yヽ:::::|::|:::::::|:::::::::!
       .|:::::::::::::::::::::::::::|:::::::/|:::::::|:::::|    |;:;:;:;:|    |:::::::/::|::||::::|:::::|::|::::/:::::::::::::I
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::|:|     |;;:;:;:;|  . |::::/l::::::::::::::::/|::::/:::::::::::::::丿
        \::::::::::::::::::::::/  .|::::::::::|    |;:;:;:;:;|    .|/:::::::\ /::::/\::::::::::::::::::\
          \__/   |:::::::::::|    |;:;:;:;:;|    |::::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::::::::::/

197 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:37:16 ID:FSGRllVo

             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: ヘ:.:.:.:.:\
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.: :i:.:.:.i:.:ハ:.:.:.:.、:.ヽ
           /:.:.:.:.:.:.: :/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.;イ:. :/:∧:.:.ト、:.:!:.:.:. :',` 、
             i:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.: :/:.:.:,イ:// イ:./ ∨! ヾi:.:.:. :i
            !:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:/:. :/ !' /'  !/   リ   |:.:.i: :l
              :.:.:.:.:.:.:.: :!:.:.:.:.i: :/.- ――‐ - 、  , ― 、!: :|、:.!
            ',: :i.:.:.:.:.:._:.:.:.:|:/   __    /_  ハ:.:! ヾ
              i:.:!:.:.:.:./ ∨:.!' :!  ´ ヒ:::} `    i ヒ::}`/' }/       まず、大鍋にバターをたっぷり溶かす。
            !:ハ: : :{  (', : :ド、          :.   i  '
              ∨:.:.ヽヾ',:.:|           、  l         次に、にんにくと土しょうがをすり下ろしたもの、
              ヽト、:.:Y^ヘ!            ノ /         そして赤唐辛子のみじん切りにしたものを
                 ? ヽ      r― ァ /          ジュッと放り込むんだ。
                   ___|   >.    ー  /_
            ,. _´.:.:.:. : :!     >... __/ : `ヽ
             / : : `.: : :く          i、: : : :`:、:ハ  _
          / : : : : : : : : :丶       |  ー、 : ; : `:ミヽ`:、
       _/: __ : : : : : : : : :`: 、    丶   ヽ ; : : : :/: : : >― 、
      /: : : : : : : : : : `: : : 、.:.: : : : : \         ハ: : : /: :.; へ   ヽ
.       {:__ : : : : : : : : : : : : : : 丶.:.: : : : :\‐-  ´   !:. :;: :.:/: : : :ヽ   ハ_
     /    ̄` 、_: : : : : : : : : \: : : : : ヽ___ イ | : i: :/: : : : :/  ...:   ヽ
.    /        ヽ: :` 、: : : : : : : : \ : : : :ヘ      !:.:.!:.:i: : : :.:/ ..:.:.    ヽ

198 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:37:29 ID:FSGRllVo

              _, -‐--....、
           /..:::::::::::::::::::::::::::.ヽ
              / .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
          /..:.:.:.:.::::/:::;i:::::,|:::::l:::::;::::::.ヽ
          l::::::l::::::/l::/ |::/{::/|::;/l::}:;::;::i
          l/i::l:::N`|メ、_|ム|/.,j/レ|::|::ト!
          f^i:::l ''ZTー   ィ'Zト.|::|::レ'^ヽ、
     ,...-',,⌒ゞミ、l::|.      l   l::!Y::::::::::::::.ヽ、
    /::/..::::::::::::..ヽl_      〉   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、       それがいいにおいしてきたところに、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、  f===r  ,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ       塩コショウしておいた肉
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、L_,,リ /:>:l/:::/              ……鳥でも牛でもなんでもいいが、放り込む!
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ー-、
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐ '゙       \
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ      \
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \    ヽ
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \、..  ノ
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,イ
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\

199 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:37:48 ID:FSGRllVo

         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ       さらに、ぶつ切りにした、
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶       たまねぎ、にんじん、じゃがいもを放り込む!
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶        ……じゃがいもは皮付きのほうがうまいぞ。
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/          さらに牛乳を瓶1本分入れる。
         リl: ::| |           ′  //
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //              そして、水をひたひたになるくらいまで入れる。
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡               調味料として塩とカレー粉を同量だけ入れて煮込む!
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.

200 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:38:03 ID:FSGRllVo

                  _
           _  ,.r' ´     ̄  `` 、
.        ,.r' ´    ``ヽ:           ヽ
      /      >'´   ``ヽ.        ヽ
      /       /     />―――――- 、.、 ヽ
.    ,′    /      /´  _ -―――- 、jr 、 ヽ
    l     ,.' ムイ     ムィ´       ヽ  ヾヘ}  ',
    l    ,.ィォ      l´:|    !     ヽ  ヾ〉. !
    l   く,イ升      l   ハ、  l`ヽ    },ィ  ト、  l
    l   / ,イ !:     Tヽl.、 ヽ |  ヽ、 ィ´ヽ、!.、〉 l
    ll  / ム、Y!.     ト、! ``弋ト、   イ汝}f`!ムト、 !
    l! く,.イ ,r.、.}i      l くr'fc=.、      ー-='.l ハ  l        これ、お父さんの小説
    l!」|ゝ、込 l!     | 戈::ンj         l,イムjト、!       「カレーライスの唄」に出てくるレシピよね……
   ∠_ `ヽムへ、j      ト、_           `,./l. l ,': }
 /´    `ヽヽ:ヽ ヽ、!   ハl´  ヽ.       ,. '´/ !|/イ ノ        本当においしいの?
./      ヽ! ',:{   '、   ト、 t_」_      /,イ ノ / ,′        分量とかろくすっぽ書いてないけど……
′      {  }:l    ヽ  |     ``ヽ_,.イ/`ケ∨./
     ヽ  l. ヾヽヽ  /ヽ  !_____」 ハハ イ ∨
.      \l  ヽ::、 }/  ヽヘ、___ ヽ  /. ト、l!   l
、       `、  ヽ/    }r- 、__ヾ/ / /. / /  l
.ヽ       ヽ  /    /       ∨ / ,.イ}/   !

201 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:38:24 ID:FSGRllVo

                       /.:.:.:.:.://;:;:;:;:;:;:ヽ-.、
                      /.:.:.:/.::/:.:|.:.:|.:.|;;;:|;;;;;:|;:;:;;ヽ
.            _         /:::::.| |/ |/ |/ ヽ|.;i.;.;.;.;.;.;.;:;:;:ミ
..            | |        |/:.:i ,‐‐-、   ___|/|.;.;.;.;.;. ;
            | |          i..::|     ´   `/.;.;.;.;.;.;|
            | |           |:|.‐-‐"/ "‐-‐‐|.;.;.;.;.;.;/
..        ,-〈`ヽJ |            :i   <      /.;.;/9 |.;|         その辺は……その、なんだ。
.       /´⊂´ ̄ヽ |           |    ,_    |/ |/ゝ
.      ヽ_弋 入 ` }           ヽ (  〕   /.|.;∨          このスレの作者である>>1が、
       / /    /             \  ̄  / /|、           責任持って作ってくれるだろう。
       | {    /          __//|  ̄ ´  / |\
       ヽ    _丶      ,--−゛:::::/::::| 〈   /  .|::::\゙''ー-::、_
       |_,..-´ /::}    /::::i:::::::::/:::::::::/∧。V ̄\  |:::::::::\:::::::::::::`ヽ,
      ,zi_,..-´:::::::|    |::::/::::∠:::::/::|/\丱// ヽ/|:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::|::}
      |。|::::::::::::::::::|  /:::::|:::::::/:::::::::|   |_/   .|―ー<::::::::::::::::::::|::::i
      |::::|::::::::::::::::::.|/:::::::::::::|:::::|:::::::::::.|    |;;|    |::::::::::::::::/::::::::::::::::::|::::|
.      |。|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::|::::::::::::|   |;:;;|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::.i
       |::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::|:::::|::::::::::|  .|;;:::|    |:::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::::}
.       |::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::|::::.|::::::::i   |;:;;;|     .|:::::::::::/``゜ ̄|::/:::::::::::::.}
       |::::::::::::::::::::::::::ゝ:::::::::::|:::::.|:::::.|   |;:;:;:;:|    |::::::::://Yヽ:::::|::|:::::::|:::::::::!
       .|:::::::::::::::::::::::::::|:::::::/|:::::::|:::::|    |;:;:;:;:|    |:::::::/::|::||::::|:::::|::|::::/:::::::::::::I
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::|:|     |;;:;:;:;|  . |::::/l::::::::::::::::/|::::/:::::::::::::::丿
        \::::::::::::::::::::::/  .|::::::::::|    |;:;:;:;:;|    .|/:::::::\ /::::/\::::::::::::::::::\
          \__/   |:::::::::::|    |;:;:;:;:;|    |::::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::::::::::/

202 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:38:45 ID:FSGRllVo

                            / ̄ ̄\
 相変わらず、                 / ⌒  ⌒\      ____
 ムチャ振りだろ……この人。          |::::::(●)(●) |   /      \
                    .      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \   やる夫はカレーなんてどうでもいいお。
 まあぼくは、                  |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
 紀ノ国屋書店地下1階の    .       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |  戦前に北海道の急行の食堂車で食べた、
 具がほとんどないカレーが※  .       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/  鮭フライがまた食べたいお。
 好物だけど。                   ヽ::::::::::  ノ   |           \
                            /ヽ三\´     | |          |  |
                    -―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


※Mon Snackのカレーらしい。
  ttp://kinokuniya-meiten.com/mall/2007/07/monsnack.html

203 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 20:41:35 ID:FSGRllVo
以上、小ネタでした。

実は近いうちにこのレシピで実際に作ってみようかと思ってます。
多分……失敗するんじゃないかと思うんですがw

204名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 20:45:21 ID:mqrG2RSM

マジで作るんかw

205名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 20:54:33 ID:eM1qN6kc
新宿の中村屋は、インド人のボースさんから「日本のカレーって、orz・・・。いいだろう、俺が本当のカレーを教えてやる・・・」って感じでレシピを教わったと聞く

「紺碧の艦隊」とかでも、景気づけにカレーで昼食会を開いて、醤油をたっぷりかけて食うという描写があるし・・・現代の日本人からすると、「なにそれ・・・カレーに醤油って?
日本語でOK?」な気もしますけど。紀伊國屋の地下のカレー屋は、いつまでたっても無くならない店ですよね。ここ20年くらい行ってないけど

206名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 20:58:09 ID:P8uOTWEc


パキスタンのカレーがおいしいと聞くが、作り方がわからない

207名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 21:00:57 ID:eM1qN6kc
>>206
ロンドンのカレー屋は、パキスタン人が作ってるらしい。最近はイギリスも外国人排斥が五月蠅いけど、メシマズ帝国イギリスのカレーは美味しいという評判に貢献してるのは
パキスタン人なんじゃないかと思うんです

208名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 21:02:51 ID:P8uOTWEc
英国だとバーミンガムあたりがカレー屋がたくさんあるらしいね

209 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:03:19 ID:FSGRllVo
>>207
結局イギリスで旨い物ってのは、旧植民地の料理ってことになるんでしょうねw

210 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:03:54 ID:FSGRllVo
と、いうわけで、ここからが今日の本編。

現代文学のちょっとした裏話。

211 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:04:09 ID:FSGRllVo
【北杜夫とビートルズ】


                         __________________________
                .,,,,,.--.''''''.""                          _
             ,, -.''''     o┌‐―┐       ┌┐ ┌―――┐  ,--, .|::::|
           .,,.''_゜,ロ__     |   .|       |::::| └‐┐┌‐┘ /:::;;;:::'、j::::j        J A
           /~/ /   ,ゝ     |. o .|       |::::|  .  |::::|   /::::/.ヽ,/::::j
.     ,, - ', " ̄ ̄"'' -''"      |... ̄ |   〔,〕、,〔,〕::::〔,〕 〔,〕::::〔,〕 〔,〕:/.〔,〕l:::,〔,〕 〔,〕 〔,〕 〔,〕
    ,,.''    ',     ゝ        |   .| 〒  .´''-;;;;;-'´     |::::|  ./::::/ /:ノj' '、::'、
  (     ;     ゝ           └‐─┘ .            ̄   ̄ .ノ:::'/     ̄
    " ,, ,' .      ゜                              ヽノ
    __+⌒_ヽ .-'                      .|
        (´∀`) " '' -,, ,,,                 .|        -=-           _______
    _______,,,,,,,,........././ニ/--⊆⊇ヽ_)|_|/     .|,,, ./""953 - ,,,,,, __ ,,, /                ,, - '''' ""        ___
   ./'''''''''''''''''ヽ'''''''""""~~~~/゜|// ,---.、ヽ,      "" ''' -- ,//,,,,,/     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ,,
   /O|三三|O||ヽ ̄JAL ̄/  ||./ //⌒ヽヽ..|            /:/⌒ヘ                            '''        ̄
  |._|=||=|_.|__|_/⌒、 ̄ ̄ ̄; ̄/ | .::. | | |/==============ゝゝ;;;;ノ
  ゞゝ_,ノ    ゝゝ;;;ノ ̄ゞゝ.ノ ̄ ゞゝ.∵.ノ .       ((_)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1966年(昭和41年)6月29日。

 ドイツから飛び立った日本航空機が羽田空港に到着したのは、
 予定時刻を4時間も過ぎた午前3時39分のことだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

212 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:04:37 ID:FSGRllVo

            ( ( :_:_(:_( : (  ヽ、
          {ゝ.:´: : : : : : :\ゝーノハイ
          /: : : 〃: : : : : : : ∨: :ノノ                      __
            /: : : : /| : : : : |: : : : |: : (⌒                    ´:::::::::::::::::`丶
        //:./: :/人{: |: : |∧: : |: : : }                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.        人|: {: :/丁ハノ: :ノ ̄V:.|: : 八                 /::: /:_/|:::/|::::::_ヽ::::::::::::'
.          |: ∨、==   == |:ノ :l : : \               '::::: |::/`|/ V八::ハ:::|::::: |
            ∨: : }"" '   "" |: : :l :ゝーく              |:::::::j┬┬   ┬┬!:::!::::::j
         /:/: :人  △   u ノ : /: : }: :ハ              Vレ:| 、_ノ   、_ノ |:::ト::::;′
        {∧: : : :> _, イ/: :∧: ://                |::リ "" __ ""j:::jノ::|
          \ハV  >‐//< ̄`ヽ                 |:个::., __`ー_' イ:::;':::::|
               /    ヽ    ',                 V|::::|イ>く/^7:::ハ :: |
                  /       ||   l                /::|::::|く<_丈>/::/ }:::|
              {_/    ||   |                ':: ハ:::| <∨>'::/  { :: |


              【ジョン・レノン】                【ポール・マッカートニー】


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                  ..,,-::-.,,.--─-- .,_
       |                |                /,,..,._.::.::.: : .:..::::::.`... ..ヽ、
       | モンティ・パイソン |               /.:..::::::::::::..:..:..:._,. ;;..::;; ;_::;; ;;;;\
       |                |            ノ`´゙ゝ⌒ー〈;::;'"''"'..: : :.  :.. :.. ..` ":`ヽ、
       |________|           ぐ ; :、(,    ;'" : ;. ,;. :: :: ,,..._;,: : : : .:::...:::..',
            | | _ ‐..::  ̄ ̄ ::::... 、       ´゙⌒´   .;'.''..,;.;':'':`:「^`` ``"'''"'"''\;_,.:;;,'
            | |r':/::::イ:::::::l:jハ:::::ヽ::::\            {;,;"∧: : : :| \    ,/  |: |
            | |:::|::/‐|:::::::l/┤ハ:l::::|:::::rヘ           /: : :r{: : : :ly斥ミ    ,,__ ,从!
            | l:::仏≦ヘ:/ z≦ハl::::|:::::|::::!   .       厶ィ八|: : : :| ヒ:リ    < :':::ハ
            |/:::リ ヒソ ′ ヒソ/:::::!:::/::::|   .        ノ: :从: : : | '''''    ''''' { :∧l
            |::::{        /::::::「):::::::|   .         V/: Vヽ: :!     ▽   人i! '
            lハ:仆 ..._ ▽   /:::: /´:|:::::::|            `"__レ,ヽ|`ヽーr  <}:/i/7
            | |?::::ソ勺 7:イV_. |:::::::|            /:⌒ヽ、\____|`ヽ,  r'⊃_)
            | | |::/ 爻___ん'´ッ'⌒ヽ :::::!   .         {:::::::::::::::\  ハ /:;:V:\r'
            (~⊂):j /‐―一弋{、  |::::::|            !:::::::::j:::::::::`"O`'::::}:::::::::/

            【ジョージ・ハリスン】                 【リンゴ・スター】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その飛行機にはイギリスが誇るスーパースターが搭乗していた。

 まあ、こいつらである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

213 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:04:52 ID:FSGRllVo

                      人
                     ( ::;;)
              ..      ヾi ̄;'7
                    /,厂ヽ\
                 _,.-'´/;;;::::: \`'-..,,_
            __,,...-‐'''´_,.-'´;;;;;:::::::::   `-、_ `゙'''-..,,__
    ハ ̄`''''''''''ー-‐ ‐ ''''´;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::    `'''' - --‐''''''''" ̄ハ
  /|゙``'''''''''''''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐''''''''''"´|\
  l,ィ'^゙``''''''''''''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐''''''''''"´^ゝ!
  `Y'i!| ̄ ̄ ̄ ̄l]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|!iiiY´
   〈〈ヽ《ヽ三三三三三《ヘ三三三三三三三三/》三三三三三三/》/〉〉
    \\\゙三三三三`ヾ〉三[_館_道_武_]三//'.三三三三三///
     _〕|.|_|エTTTTTTTT|_|iTTTTTTTTTTTTi|_|TTTTTTTTTエ|_|.|〔_,( ;)::),
    i´| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(;;;;;;;;;;)ゞ,;;:;;゙)
    f'l ̄|| ̄〕l ̄ ̄ ̄ ̄|~| ̄冂冂冂冂冂 ̄|~| ̄ ̄ ̄ ̄l〔..(;;;,, ソ,;;)、::;;::;゙゙)
 ;;::(;;;,,,, ,,,,,;;;;;;;;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)  ;;;;;;;        ;;;;;;;  ;;;;;;; :::::ゞ;;;;;;;;(;,,,;;,:::;;;;;;ゞ
 ゝ;;;l;;;;il人;;;,;;)::::)::) ,. ,,!!,,       ,. ,,             l:iil !!ヾ゙l:iilソ,,
   ii;l;l  !ii,|                             |:;|   |:;|_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 こいつら、であるが、
 日本で初めて、武道館をライブ会場として使用した連中である。

 これには保守層のクソジジイなどが猛烈に抗議したりしているのだが……

 こいつらがきっかけとなって、武道館をコンサート会場として使用することが、
 当たり前というかステータスになっていくのだから、
 いかに抗議した連中が先を見通す目を持っていなかったのか、明らかであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

214 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:05:18 ID:FSGRllVo

             _,l;;;;;;;;;;;;;l,,_
           ,.r'´;:     '::..゙ヽ
           ,.'___ _  _ __;;ミ゙;、
           l厄巳厄 i王i ,.巳厄巳l
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}
          {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i
         |/: :ハ ○    ○ ∧/ ト: : |           格闘するより歌の方がいいでしょ
        |: :j: Y xx    xx{:/ : |ノ: :|
         {八: ゝ_  {ヽ  /: : :.:|: ;} }
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
           // {メ^く_/∨`ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ちなみに、この騒動について、
 ジョン・レノンはこのような彼らしいコメントを残している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

215 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:05:38 ID:FSGRllVo

     ,=::;;;,
     l,ェ`l l
     ←、,r'ヽ、        ,r―-、、      r''"`''''ー--、
      /,rニニ=-、     /;゙゚゙゙゙`> `''i     lr'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙l  `'l
     r=,レ゙゙゙゙゙l   l    > ェ‐  〉  l    ム     l
     ζ=`>`エヽ,r-,l    < 、   l_r‐-, l   〈ェ `ェ‐  〉
    i-、 〉-、  _ノ 、   ├、    、ノ     K´    し'´`,
    ,r'-、,r'l、_,r'" /´ \  <、    ,r、      l<_    _,/
  //l´  >、_/    \__,>、,r'''"  ヽ、   〉      /l、
  'llll' l   l /      /〈 ー'      ヽ  ``ヽー    ,)\
     l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
    l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
_,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
_,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /
‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /
_r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'
/;'/`>=`ヽ'  ,r'" >-'"  _,..r―-'´`ヽ /  /
l、/lc'`‐'`l__,.r'",r'"  ,rーl", 、     ヽ'ー''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、初めての武道館コンサートであるが、
 こいつらのコンサートとしては比較的静かなほうだったらしい。

 「アリーナ席にはお客さんを入れない」
 「観客は席を立ちあがることも禁止」……

 今の世の中からだと、考えられない代物である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

216 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:05:56 ID:FSGRllVo

     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、やっぱり、こいつらのコンサートである。
 声援はすごかったらしい。

 このコンサートを見に行った、ある作家はこのように新聞の取材に答えている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

217 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:06:12 ID:FSGRllVo

        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|              あの絶叫は、
     |: : : ´"''",        "''"´ :l              どの精神病院の中でも聞いたことがないだろ……
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__         M脇さんとかA川さんですら、
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__      鉄道乗ったときにそんな絶叫はしないだろ……
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

           【北杜夫】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ビートルズの姿が現れるや、悲鳴に似た絶叫が館内を満たした。」
 「それは鼓膜をつんざくばかりの鋭い騒音で、私はいかなる精神病院の中でもこのような声を聞いたことがない。」

 北杜夫は、東京中日新聞の取材に対して、このように答えている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

218 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:06:41 ID:FSGRllVo

            ノ  ヽー- 、
           , '´ ヾ  ヽ  , '-
       /     入...   |  ` ´ ヽ                    〃                 i,
       '::.    /  \:::::. ヒィ秘)、./                   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
      /:::   l/ - ─ '  `'ヽ\ __ン                    !  :l      ,リ|}    |. }
      i::::   /   ○     \ヽヾ|                 .   {.   |          ′    | }
      Y⌒V          ○  | /                    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
       { ノ          '     j/                     !∩|.}. '___゙`   ./'__`( ;;;;(
     r ーノ     ,. - 、 _      ノ                     l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' ) ;;;;)
    /   _ノゝ 、      ⌒_, ヘ                   .    ヽ.ヽ        {:.  /;;/
    !∠´    ト`_二_ 二.イ:::::::: |                  .    }.iーi       ^ r'  l;;, ,'
     iヽ::::\   ノ{::::,ィ:::j::ヽ `>-<                      !| ヽ.   ー==━・  /
    ゝ_ ` ´   | |` |:::! !::|`| {:::::::.ノ                  .   /}   \    ー‐   ,イ
       ∧    | |. `´ `´│ フ´                    __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\
      / |"  | \   イ │
     /  |:   |   ` '´ │ "|
    '   |:   |      |  |

         【遠藤周作】                              【三島由紀夫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ちなみに、この2人もコンサートを見に行っている。

 彼らがどのような感想を持ったかは……ちょっと割愛。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

219 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:06:54 ID:FSGRllVo

  .  - ────-
: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : ヽ.   (⌒Y⌒)
: : : : : : : : : : : : : : : : :⊂⊃ヽ: : \   \ /     
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| /ヽ: : :ヽ         
: : : : : : : : : : : : : :ヽ : ⊂⊃    `|:. :}         
:. : : : : : : : : : : : : : :.ヽ: : .:|   /_ |∧!           
: : : : : : : : :i: : : : : : : : :ヽ/   if }i |          
: : : i : : : :/ : : : : i: : : : : .ヽ  lt.jl {    ピース              やっぱりラブ&ピースよね♪
: : : |: : : /. : γ ̄i: : : : : : :ハ    ヽ     ピース   
: : : |: : /. : : :{   i: : : : : : : :i xx  ヽ           
: : : |: /. : : : : ヽ_ ノi: : : : : : : |  n  }    ∩. ,、 
: : : |/.: : : : : : : : : :|!:: : : : : : |  U /    .| |// 
: : : : : : : : : : : : : : ハ : : : : : |ー― ´     r  ヽ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、こいつらであるが、この年を境に、ライブ活動をしなくなる。
 そしてこの頃から、前衛的な作品、またメッセージ性の強い作品を提供するようになる。

 時は1960年代後半、日本で言うと昭和40年代。
 ベトナム戦争は膠着状態に陥り、各地で反戦運動が広がりつつあった。

 そして日本でも、きな臭い「時期」が近づきつつあった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                              【おしまい】

220 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:07:22 ID:FSGRllVo
【登場人物紹介】

                _
              '´ ,==ヽ
            | l  i゙゙゙゙゙'''il |
            0ノリ(l|゚ ヮ゚ノi、0
           -=='==-)芥i-=='==- ,                 ザ・ビートルズ
            i´ ̄`i't‐t'i´ ̄`i-==-                メンバーはジョン・レノン(G)、ポール・マッカートニー(B)、
          r―`ー ヽ'´ ̄ ヽ/ ‐'  |                 ジョージ・ハリスン(G)、リンゴ・スター(D)。
          |   |   | ◎YA |    |
          /ー'、  / 、_ ノ、  ,、、                 イギリスの伝説的なロックバンドで、
        _      iッ、_,オ.  ,:〉     , '´  ̄ヽ        彼らの登場が音楽・ファッションだけに限らず、
      '´    ヽ    ,'´    ヽ //  ♪  ∩=ハルヘソ) ♪    文化全体を変えたといわれている。
     l i l_iハ_i l   /゙)ミi 从リ)i/() ノ   . | |ソ ゚ ヮ゚リj
     | (ト!゚ -゚ノl'   //`(l |゚ ー゚//i′    ┌┴--うpヵ
  、'iiii==○)≡lU| {{  (__])〃7|     | [|≡(===◇
     ノ_l_`ー'`- '  )′くゝ、__,,ノ ′     `(_)/_j|,ゝ
       (_,ヘ_)       LノJ           !::j

221名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 21:08:03 ID:P8uOTWEc
乙でした

演奏を止めても気づかないくらい観客がうるさかったらしいな
改めてビートルズ人気すげー

222名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 21:08:26 ID:eM1qN6kc
>>220
パイソンズ的な意味合いで「忘れられない誰か・・・」は誰のAAなんでしょうか・・・

223 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:09:03 ID:FSGRllVo
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

実を言うと三島さんのビートルズのコンサートの記録のほうが面白いのですが、
これは別の機会のネタにしたいな、と思ってます。

しかしタイミングよくカレーからイギリスの話題になるとはw

224名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 21:09:52 ID:mqrG2RSM
乙でした
ビートルズ、三島さんみに行ってたんだ……

225 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 21:23:03 ID:FSGRllVo
>>224
三島さん、マンボウ、狐狸庵先生は文献が残ってるので確実に見に行ってます。

あと意外なんですが↓この人も見に行っているようです。

    / ̄ ̄ ̄ ̄\,
   /_____  ヽ
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |
   |  ・|・  |─ |___/
   |` - c`─ ′  6 l
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / |/\/ l ^ヽ
     | |      |  |




あとこれはとても貴重なビートルズ日本公演の前座の映像。
ttp://www.youtube.com/watch?v=XA4nzeBogJk

226名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 21:40:43 ID:HaO3RvfM
結構簡単にチケット手にはいったんだろうか?
コメント読む限り好きで行ったって感じでもなさそうだが

227 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:03:38 ID:FSGRllVo
>>226
主催が読売新聞だったんですけど、
読売が各出版社とかに相当数ばら撒いてるようです。

で、それを各出版社が作家に回して、その代わりに記事を書いてもらったようです。

228 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:08:11 ID:FSGRllVo
さらに今日はもう1つ、おまけ投下します。

って言っても昨日某所で投下したものですけど。
ニセ予告というか、もしかしたら本物になるかもしれないというか……

229 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:08:43 ID:FSGRllVo
【特別予告編】






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                         ◆KcxXifcWsc Presents


                  L i v i n g  I n  T h e  M a t e r i a l  W o r l d


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









.

230 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:09:04 ID:FSGRllVo

 |三三三三三三三{   .: : :´: : ̄  ̄: : : : : `
 |三{三三三三}三. レ´: : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :`ヽ
 |三}三三三三{.../:.: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.
 |三三三三三/: : : : ::/: : : i{: : : : : :.:.:i : : : |: ヽ: : : : ::',
 |三三三三 /: : /: : : /: : : ./.:.: : : : : : :|: :.:.: i: : :.',: : i: : ::.
 |三三三三′ /: : : /: : : / i: :.:|.: : : :.:.:|: i:.:. |、.: : ',: :|: : : {
 { 三三三 ,': :./: : : :.}: : : ,′|: : i : : :.:.:.:i:.:| : :| ヽ: :.i:.:|: : : :!
 i{三三三 i: : i: : : : :.|: : ,-―',:.: ハ:: : : : :./}: :.i‐-i : |:.i : : : i.ヽ
 ',三三 :/', :.|: : :.:.:.:|ハ/    }.:i }:.:. :.:/ i::,′ }: |/ : :i :.|: : '.,
  i|三/:.:.:.ヽ:.i: : : :.:!i .,ィr示ミ、',l |: : ::{  ,レ示ミ、レ' : : /:.:/:.:.: : :.
  ||../: : :.:.:.:∧|.: : : : .}《 lir':::ノi}、 ヽ :/ イlr':::ノi} 》| :./.:.:∧:.:.:.:.: :.
  レ' : : : .:.:/ }iヽi\:.| ヽゞ"゚ン        ゞ"゚ン ′:/:.: ::{ i : : : : :.
  ,′: ::.:.:/三 |: ::.:.:.:ヽ               レ'.:.:. : :|  , : : : ::.
 .: : : : .:.:′三|: : : :.:.:.!   """     '    """  ,'. : : : :,'   ', : : : ::.
/: : : : : :,'三三.i.: : :.:.:..i                / :.: : :.:′    .:.: : : :.
: : : : : :/三三....',.:.:.:. .:.| ヽ      ´`     イ :.:. : ::,      : : : : .::.
: : : : :/三三三 } .:. : :|  >          <_ |..: : : :.′     ', : : : .',
: : : :/三三三三 | |: : :| ̄´  i ` ー ´ i  `:: : :/'、       : : : : :.
: : : '三三三三 /レ.\.:',  \ ノ       レ´ /: :/,′}       ',: : : ::.
: : /三三三三 {     ヽ    `ヽ    /   レ´}/  `ヽ       i: : : ::.
: :.{三三三斗´ 、      ::.    、.. /  ...::::        〉       :: : : :.
: ::|三三/ \:::\     ::::...    ∨         _ ´ `ヽ     |.: : : :,
: ::|三::/.     ヽ ‐ミ _ _ _  -―-  __  /       ',     : : : :.:|
: ::|三:i{     /ー‐{ i     i!      i!  ´       {     |: : : ::|
: ::|三:|  ヽ.  '{    ̄Y    i!        i!        |  / i   |: : : ::|
: ::|三.ヽ    /.l   ̄`    i!        i!        | ,'  ヽ   |:.:.:.:.::|
: ::|三 〉\ }  \ 厂}    i!       i!        i/   ノ   : : : ::|
: ::|三 {   ヽi     }::::|                      }  /i{   |: : : :|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 イギリス、リバプール……

 そこに、一人のギターに取り付かれた少女がいた……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

231 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:09:24 ID:FSGRllVo

                    , r==ー-
             , -─‐メx
           /     ´⌒ Y⌒ヽ
           ,ィ´/-‐/,/ / /l!⌒ヽ \
     // / /゙´ /∧/ / / l\  \ 〉、
     ' 〃 / //^/∧// l/|  |  ヽ`ヽ、 `ー - 、                   マ=ィ=x、
      j!   ル'´/〃 //'⌒ ト l  |    Y ヘ`ヽ、\ \                     マ=/ /  \
      / / /レ'/ィ行ト、  ヽト、   リ 〉  ! \ヽ 、                マ=/ /  ,/=マ
     /∧ ヽ.r∧k| 弋ソ    ィ行ト、 〃j /`ヽj、  〉ハ 〉               ノ/  /=マ
      ! l ∨ j{  ゙ム""   , 弋,ソ /人//!ヽ. ハハ /                     /><.>'=マ
        ソ乂._八   (`ヽ  ""/乂   ヽ.} /)イー ─ - - ─-----─ァ⌒j/></
           ∠\\ _´ ,... イ\.::`ヽ. ,ル'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃 ,不ヽ>ーゥ
           j´.:.:.:.:`\`Yヾ-x、.:.:\ヽ.:.:レ '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: jl/><(ヽY´
           人.:.:.:.:.:.:.:.:.:`{{、}}ノノ.:ヾノヽ 、_.:. -‐―ー--――――゚、.:/></一 '
        {.:.::` ー.:.:_.:.?ノハヾx..:く´ \、                 /></
          乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`ヽ.:))::゛::ヘ   ヾ、          /></
         入.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \():.ノ   \、 ........_    /></
           ヽ:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`\  ,ィ'´ x‐。 ヽ /></
              ∨ヽ.:.:`.:‐.:、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\i/  ゝィ  /></
             ∨ ',.:.:.:.:.:.:.:^.:ー-.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   X./></
            ∨j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ():.ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:゙</></ ||
.              ∨.:.:.:.:.:.:.: ,xr<゛  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:X >   入_,、
          , <.:∨.:.:.:,x/       `>、゚。.:.:,//⌒又    ノ          【ジョン・レノン……平沢唯】
         <.: /.:.:.:.:.∨://       。 く./X ヽ.:」厶    ? ィ"
          /.:ヽ、.:.:.:.:ト.ィ′     (o、/><></ ゚ \   了
.          〃//\.:.:.||j      `ヽヾx´/ ゚、 。 /ゝ、 孑
       ∧/.:.:.:.:.:/\!!!          ヽo)   \ /   `'
    r― /.:/.:.:.:.:.:.f.:.:.:.:爪              `}
    j//.:/.:.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.∧           (o) (o) リ
   <.:く:<:「`ヽ.:.:.:.:|.:.:ヽ|.:.:心       (o) (o)   /
      ̄ l  ` ー 、.:.:.!.:.:|.:|ヾト、          /
,r=x     !      ヽ!.:.:!.:|.:.:.:.:.:>ー--x‐ ' ´
!{/⌒ヽ._ {       l ` ー‐<      ', ,ィ=.、
!l{     `',         !    ∨       'k.:.:..:)
》`¨ヘ、   ∧       l      ∨      ト、ヽ|
!.:.:.:.:.〈\  |        j.       ∨    人 Y.:!
ゝ、__,ノ  \!      ,'        ∨     /.:.}
         \    /        ∨   ∠..ノ
           ` 一 '´         ` 一 '

232 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:09:55 ID:FSGRllVo

                                                              _  -‐‥   ‥‐-
                                                           ´             丶
                           r-v》                       /                      \
                           /xぅ\f》                      /          ,                ヽ
                         . {  xぅ\f》                〃  ´   /  /j/    /         ,
                         .  `¨Y xぅ\f》             // /  /   / /  / ,′        j     ,
                             | ¢ xう》             , ´ / /  , -/、 / /   / /   /    ′   }
                             {  《 xイ{              /  ,′/  / / / / /  / /    /    /      ,
                         .    ‘⌒ヽr'''ヘ               / , \_i ァ‐ミッ/ 〈__/ /`メ、  /    /       ′
                         .       V ヘ               / // / 〃/iハ〈    `~ _」L _ /    /       ′
                                 V ヘ             { i从/  ' tkノ    爪7ハ Y    /、    /
                                 ∨ ,ヘ            /  |          { kてノ ル   /ぅ}     /
                                    ∨ ,ヘ              ´ ノ八  '      ヽ-'’/  // .ノ   /
                                     V ヘ           / // ,イ\ 、      ⌒ア /´     ′
                                      ∨ ヘ.       / / / イ/-‐=>、´    /  //  ,   /
                                    ∨ ヘ.   /  /    { { |{ / ノ`r-‐ ア´   ^K  / ,  /
                                      rv ヘ.  { ,イ    八乂__|/〜'1¨¨ア  / /  V /  {
                                       〈/7/)、',  ヽ{人 // | 〃 ノハヘ/ / /    V /
    【ポール・マッカートニー……秋山澪】           { j/// v^ー‐--く /  礀ゞ=介ミ≠  ´ ___/      v  i|
                                     \ ∨ ヘ 丶 ヾ,{   l /イ!/   ′/          }  |
                                        `¨∨ ヘー‐‐- )⌒ヽ. 〈/ }/  / /          l  ′
                                         ∨ ヘ  (⌒ヽ. \/ /  /  ,    ,     l  |
                                             ∨ ヘ, ∧   \ Y , イ   ′ /      |/ i|
                                          ∨ ヘ/ )     } }イ リ    /    ,     l   ′
                                              ∨ ヘ,(    { {    厶-‐'''"´      l   i|
                                            ∨ ヘ,〉    ∧∨ /         _ ノ  八
                                                 /∨ ヘ     〉<         ,、r'"´  ,  \
                                             f¨ミ∨ ヘ   /-‐      ,、r '" /     /    ヽ

233 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:10:09 ID:FSGRllVo
             (⌒)               -―――――--'⌒丶
              〉〈          / : : : : : : /二二二>、: : : :\
.            | |           : : : : : : : : :{/: : : : : : {:{: :\丶: :\       ┌―/>───────rっ
.             | :|      ./ : : : : |.: : : : :|: : ;≫^⌒´^⌒ `\\: :`丶、   └/ └_う ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |  |      / : : : : : │: : : : |^´          ヽ:\: : : :\ /(く   ノ
           | │    ′: : : : : : ',: : : : :|         /  Y: : : : 丶:_\::\_V´
           | │    {: : : : : : : : : : : : : | __、    {   |: : : : \:\:`:::::::/
           | │    : : : : : : : : : :ヽ: : :|    `      x=ミ、|丶: : ∨:\>:::/
           | │     、: : : : : ヽ: : : :\レ≠ミ、      イノ::} } |\: : : ∨:::::::::/
           | │     } : ハ: : : : : : : {{イ_ノ:ハヾ     Viソ  ゝ/\ : :\:::/
           | │ _,    ∨: : : : : : \: : :弋//ソ       、、{/:::::::::\: :|/
            /'⌒∨ )    / : : {.\: : : :\: \ 、、、          八::::::::::::::∨
         厶 ⌒∨   ∠ : : : : \(\: : : :\: \   ,.‐‐┐  /:::::::::::::::::::/
          / / \ヽ     | : :/{ : : ーヘ:.: : :.丶:_\ {   ノ  .::::::::::〉::::/
       {   /`\丶〉    j/ ハ : /ヽ:イ\ : : : \_ `_/\::∨/
        〉 ´     、}       ∨ /:\ ヽ、_:_: \/\::: ̄|:::∨
        |   .-┬、_ノ         /::::\::::\   了^\」\〈_:::::\          【リンゴ・スター……田井中律】
       │ ,/| │ }       _,,..:::::::::::::::: |:::::::::\ /| 爪\ \\:::丶
.         {   |_j∨|ヽ    /:::::::::::::::::::::::::\::::::::::\{|l\_) /\|:::::::ヽ
          ヽ     | |:∧    {::::::_::::::::::::::::::::: ̄ ̄|::::{│|l\ヽ∧:.::.:\0::::.、
         /{\__ノ ノ::::∧   ∨::::::::`ヽ ::::::::::::::::::::: |:::::しノ |O\〉 }.::.::.::.\::::\
        {::::⌒\/::::::::::∧  ノ:::::::::::::::::\:::::::::::::::::: \::::∨ l │ |.::.::.::.::.::.\:::〉
        ∨:::::◯ ::::::::::::::::〈:⌒\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:∨    |.::.::.::.::.::.::.::`ヽ、
           ∨::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::丶、::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::`| /o ト、.::.::.::.::.::.::.:.::.: \
             ∨::::○::::::::::::::::::::\:::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ /   }'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、:\
           ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::Y⌒::/〈 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ /  〈 ̄ ゙̄}    \_:.\
              ∨:::::::::::::::::::::::::::::::|:::: ∧:::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ o  `{___ト、      ̄´
            ヽ ::::::::::::::::::::::::: ノ:::/  丶 ::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::∨   |    \
              \:::::::::::::::::::::::::/    \:::\::::::::::::::::::::::::::::::::} o  |    \ノ
               \:::::::::::::::::/      {\ :\::::::::::::::::::::::::::|  |ーく     〉
                    \_/       ∨:\:::丶:::::::::::::::::: |  |   \.  / \
                             〉::::: 丶:::::::::::::::::::: |_|_   \/    \
                            く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   \   〉      ヽ、
                             {\:::::::::::::::::::::::::::: |\   \/ー‐-、_     }\
                               \|\:::::::::::::::::::::::|、 \  _>     ` <.  \

234 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:10:49 ID:FSGRllVo

                                                      ___
                                                     ´     ` 、
                                                 /     |       \
                                                / / / //l {  i  ト、  }  ヽ
                                                   ′l l {/圷ハ ! ,! ∨ l   }
                                                    l  | l _j」 ? l/ __ V
                                                  | l l レ' fハ  レ′fハ〉 } }∨
                                                 | l ?| {り    ,{り ムイ !
                                                 j/ l  l|     '    ,小从
                                                / '! lト、   。  ,.イ l l |
          【ジョージ・マーティン……琴吹紬】 .                   / / l  l| }> − <} | |人」
                                              /_厶‐'|  j \\// !、j  \
                                               /´    |  |   几杯、 礀 l    〉
                                             ノ    |  |  {{_}八_}}  ! !   {
                                               {    ! l   ||  || 釗 i    |
                                             V    |  |    lj  lj 釗!    |
                                             ∧   ! l    `Y´   i  l     !
                                              / }     !  !    。   l  |   |
                               .              /  八   i l  |         }  }    |
                                            /  }  }  | l 〈       ノ  ′  l
                               .            /  ∧     ! !从}   。  レヘ/   ヽ
                                          /   , {     |          ∧    \
                               .          {    ∧_r− 、           ト、   _r− 、
                                       >r====≠==う============う=
                                        }|‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
                                        }| 〔__〕
                                       宀ーヘヽー┬、−──=≒==ー──一ァ─┬───
                                           l l   l `ー-  .___\\__.  -‐ ハ   !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 やがて、少女は、あるロックバンドにメンバーとなり、世界を席巻する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

235 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:11:09 ID:FSGRllVo


         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  .,r'´` 、    , ´`ヽ、 \
    /       ,    、,,.-='、'、   \
   /.   `┬;;;:::┬′ノヽ.. ゙.゙、;;;;::',ノ   \
  |      ⌒゙''''''´"     `''''''"       l           【オノ・ヨーコ……やる夫】
  ..|.        .(    j    )        .|
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l
.  \.         |,/⌒'⌒ヽ|         ./
    \       l     j        /
    /ヽ     `ー--‐''´     イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 しかし、有名になるにつれて生じてくる、仲間との確執、軋轢……

 ついには崩壊してしまうグループ……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

236 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:11:23 ID:FSGRllVo

             _  -= : : : : : : . 、r: : ´':-:- 、
       , : : ´: : : : : : : : : : : : : : :`ヽri: : : : \
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : :ヾ\ : : :ヽ
     /: : : : /: : : :/ /|i: : : : : ヽ : : : : : : ハ V :ハ`ヽ
   /ァ: : : : /: : : /! / |{: : :!: : : : }: : : : :',:: : ', 〉: :{
.   /: : : : / : : :/ !/ | ', : !, : : : |: : : : : ',: : :lΛ: :ヽ
   i: : :/: :i: : :/~´|  | ,: |ヘヽ: :| : : : : : }: : :!:::: : l-`ゝ
   |: : l: : |: :/       ヽ! V: :!: : : : : リ: : ハ:::: /
   | ,小 : {/ ,x=ミ、     ,ニ=、, :! : : l : ム: /l l´`
   |' |: : ハ〃バム     .ハムヽ: : /: ΛV. l/
    八: ::ハ 乂う      .レzリ }} /: :/ }/
       ヽ仏      ,     `¨´ l/! / .ノ                  【エリック・クラプトン……平沢憂】
       八               ,-i'<ヘ
.       ,. <>、  ` '    /::::ハ : : |:ヽ
      /: : : : :/>.、 _   ≦'::::::/: : : : ! : :\
       i: {: : ::/ : : :!::::{ヽ /:::::: / : : : : :!: : : : :ヽ
.      〈 : ',: :/ : : : |./介ヽ   /: : : _:_:〃: : : : : ::ヽ
     i: : ヽi: >://廾} {、 /: : l´::/ : : : : : : : : i
      {: : : リ/ : { {i //! !} !〉' : : :!:/: : : : :/: : : : :!
     i: : :7:ヽ: ヘ ゝ'/ ||{ !.} : : /:|: : : /: : : : : : /
     | : ,': : ::\` '|! l|__/ :/ /: : : : : : : : : : :/
     |: :{: : : :: ::ヘ |li /!! /: : : }: : : : : : : : : : : /==t、
     |:八: : : : : : ヾ:{ :||': : : : /: : : : : : : : : : : ハ     ヽ

237 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:11:39 ID:FSGRllVo

                                     )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
                                      (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
                                     >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
                                       て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
                                        しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
                                        l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
                                           ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
           【ジェフ・リン……真紅】                  ハ v)       l l | リ /:://   |  |
                                           ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
                                           |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
                                           l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
                                           ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
                                           /'   ノl j/ ?ト(  ノ l (   \  |  |
                                          ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |


                                    __,>: : : : : ヽ: : :ヽノ : : : :_:_:_:ノィ
                                   ({ : : : : : : : : :_:_)辷不辷シ、)、)⌒ヽ
                                   ({: : : :__r<入ノ`ヽノゝ-ヘヘ.ヽ.ヽ 〔
                                  く(hィ´: :x rチ {   |  i ヽ \\}`ヽ
                                    Yフフフ ノ ! !  ! {  l x‐l‐ 、', jヽく
                                    ノlイ厂 i ヽ X´「从 jノ八ィ=ミハx彡く
                                 . 〃 | { ', ヽ /ヽィ=ミ``´ rし'i 》jイr‐=ミx
                                 . ,′ l| 八 ヽ. i 《 rし'l   , ゞ゚''ィニニ」二二}
           【トム・ぺティ……雛苺】        . `ー=ミー=≧トー=xゞ゚''  r ‐┐  ハ三辷ラ´
                                     )Y´ ̄ゝ-=ラ、  ヽ ノ .イー‐‐<
                                    辷ゝ=ニ三ハ=≧=‐r‐ イ:_:j: : : : : : :ヽ、
                                      ` ¬くく乙( x‐rく <⌒ヽヽ: : : :.:.:.:::.: )
                                             〃`小. ヽ ー' ノ: : :.:.:.:::ノく
                                          人ー彡∧ 〈 ̄: :`:ー:r : : :ヽ: \
                                         (::.:.:./// iヘ.丶: : : : :.i : : : : :ヽ: 〉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 しかし彼女は、多くの友人とともに独自の音楽を作り……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

238 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:11:51 ID:FSGRllVo

                                /i
                          ____ / ー .. _
        , ⌒ハ              . >          <
       j: :ゝ: : :ヽ, - ‐--イ` ヘ._、/⌒ヽ.ノ  ,{><><}- .._\
       !: : : :「/: : : : : : :`ヽ : : :ヽハ, _´  _/          <  ゝ
       |: : : :/: : : : /: : /:|: : : :l: : :、'´/ <  /           ヽ.   \ヽ
      _ノ : : {`': : : :l: : /| :l|: : : :|: :l: l /  ノ ,. ' i     :i  ヽ       >
     |: :/: : ト : ::|: : l/|'-、ミ|: :|: /::/: :i//: :   l    :l   \  i   : :i
     .l: : l : : |: : /|: : |//::うl从|/|/|/.∠: : : : i: :i: l: : i: : : :l: : :.i : : : : : : : :人
     ヽ: :ハ:/|: :/: |: : |  r==、    | :/: : : l :!?Nヽ: : | i?/i/ヽ: : : : !´
     )::::ソ |:/: : |: : | ,,,      r=.|/i,ヘ i!: i下刀  ヽj乍;;丁! : :i/ /、\
    ノ: :(  リ|: : :|: : |      ´.   '/ .,ヘ!i l弋::ノ   弋:::ノ从:./:/∨\.>
     ̄    ソ:,'::|/./ヽ、  (:::::::) ヽ /ヽ: : ト.、"   _   ",.イ:./i/         【エリック・アイドル……やらない子】
        ,, -,,_ / \ ヽ、___ /   . ル!∨i≧_‐-‐_≦i/i/
       /    ' ,   `ヽ、/ヽ、.   ., - 、_,,,,/  .\__,,-'´. ヽ  _._  
      /       ',   ., l.  |`'''ー/    \    / ヽ、 /.ヽ.┴/./-,      【テリー・ギリアム……できない子】
.     /      . 、',\ /、 \| : :/       "''-/   |/ 、   .`´l_/)
    .,'     ,    \: : : :\/: :/     .',  ヽ     ′/     ヒ)
    ./ \   ,'     |: : : : : : :/ ./    .',. _____/_     〉
   /   ヽ. ,'     .\: : : : :l/      | ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     ',
   |   /l    ,.----,-ヽ: :/         |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     ',
  ./.\/:::::::|. /    \| /        |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      ',
 /: : : : : : : : |/\      \ -''"´`.'ヽ .|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|イ'".~~~入 〉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 映画の世界へと足を踏み入れていく……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

239名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 22:12:01 ID:mqrG2RSM
オノ・ヨーコ >やる夫
いろいろ待てw

240 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:12:08 ID:FSGRllVo

               __
               /⌒ヽヽ
       ___   ,、__   |/
  ‐=ニ_ : : : : `Y: :`: : : : : : ` ヽ、
   , イ: : : : : : : :l: : : : l: : : : : : : : : \
 /;:/: : : : : : : |: l : : |、: l: : : : : : : : :ヽ
/// , : : : : :l_:_/|: l : : l l_:_|_: : : :ヽ: : : : l
  / /: : : :/ 'l:./`|: l: : { ´l: |、`ヽ: : l: : : : !
 ,' /| : : /: :/|{  l/l: : | ヽl \: : :l : : : l
 |/ |: : /: :ハr┯┯ l : |  ┯┯yl : |: :\l
.   |: :lイ ;'ハ b::|  ヾl  b::! l l: l`l:`メゝ
   ヽ| レ |: :l  ̄      ̄・ l l/ー': :l              【デイモン・ヒル……泉こなた】
       l.:|: :ゝ、._  ー'ー'  _,.ィ': : l:: : :|
       |.:|: : : :__二7T ¨´lヽ、| : :l: : : |
       |.:|: : :||    l´___7 |: : |、: :│
       |:,ゝ、:ヽ   │  / /: :/ !:: :|
       |:l\ヽ: l   |  /  l: ://.|:: :|


                                            r‐- 、_
                                     ,.、-‐=ニン′: . : ` 丶 、
                                    ,. - ''"´. : :{ : . : . : 、 : 丶
                                   , ´ . : . : . /| {ヽ. : 、   、: /~\ヘ
                                 /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
                                ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
                                ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
                                   /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
                                  ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
                                  ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .釗
                                    ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
   【ジャッキー・スチュワート……柊かがみ】                _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
                                       f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
                                      _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
                                     ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
                                        / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
                                     人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
                                     〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l
                                     〈\_二__/|>ゾ<从  | :l     {: l  |
                                       } ` ̄  /: : : : : : `、 ヽ:! |       {: l. |
                                     ヽ   /: : /ヽ: : : ヽ `|       {: l {
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 さらに彼女の交友関係はモータースポーツにまで広がっていく……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

241 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:12:20 ID:FSGRllVo

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´   _   r  .l
      / ..|       t''j"´    ー‐' ',
     /`ヽ、__.',      `¨¨´ 丶     .l             【オリヴィア・ハリスン……できる夫】
    ./   \ .ヽ.         ‐--‐   ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この作品は、 音楽キャリアを打ち立て、
 やがては映画プロデューサーや篤志家としても活躍することになった、
 そんな彼女の足跡を追うものである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

242 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:12:37 ID:FSGRllVo

             ,.  -――――‐-  、    _
          / : : : : : : : : : : : : : : : : : \/: : : \ ̄ ̄ ̄`ヽ
       / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \⌒ヽ: :}       |
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ }从/      |
      /: : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :|: : : : : :i { /      ;
     : ノ^⌒^ヽ: : : : : : : : | : : : : :| : : : _,| : : :i: : |‐'{        '
      |:{ fY^ヽ Y: : : : : : :| : : : : :| : :´/ |: : :,ハ: :| ;       ,
      |:‘t.|:l : : ∨ : : : : : : : : : : : : | : /  |: :/,x|:|  /〉    ′
      l: : :|:|: : : :i: : : : : : : : : : : |: : !:,x==ミ|/ ヒ从| ′|:|〈\ .′
.     ': : |:|: : : :l: : : : : : : : : : : | : 〃_ノハ   {_:V (`:´ハ iヽ    あずにゃんは世界一のバンドの
      ': |:|: : : :|: : : : : '⌒ヽ: : |: 从Vぅソ    / (\:_:,)|| }                   ギタリストだったようです。
      ∨: : : :|: : :\{ ⌒ヽ| : \:{       /   \\」 ∨
.      ' : : : : |: : : : : :、(_ |: : : : :     /   ⊂ニニ、  |    原作
       i : : : : :|` ー┬:f ー {:|: : : : :,   /        }   |    ・映画「George Harrison: Living in the Material World」
       | : : : : : :,   |从  从{: : : : \/         ,′  j      (予告編:ttp://www.georgeharrison.com/)
       | : :|: : : :‘.  /yニニニ\ : : /           .′  /     ・オリヴィア・ハリスン
       | : :| : : : : ∨,ノ八\    ,ン′        i  /       「George Harrison: Living in the Material World」
       | : :|:|i : : : : V | | ) }  〃             | /
       | : :|八 : : : : ‘.| | ,ノ  //           j/ 
       | : :|   、 : : : : :ヽ{__//            .'\
       | : :|    、 : : \: : : /               |: : : \
       | : :{    、: : : :\′ (⌒'⌒)       |: : : : : :\
       | |i: :、    \ : : : \ \/         |\ : : : : : ` : . __
      ノ:八 : \    \ : : : \            ハ  \: : : : : : : : : : :                       遠日公開予定。

243名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 22:13:07 ID:BoAXMsaI
オノ・ヤルオはどうなんですか、ちょっとw

244名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 22:14:54 ID:ghUqAGsI
誰がパイソンズにキャストされるのか見たかった。

245名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 22:16:48 ID:eM1qN6kc
・・・わしゃ、責任持てんからね・・・

246 ◆KcxXifcWsc:2011/08/26(金) 22:18:03 ID:FSGRllVo
以上でございます。

これはですね、
昨日【一発ネタ】やる夫は〜68【予告風】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313587104/816-831/
に投下したものです。

あちらでも書きましたが、この10月にジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画の放映と、
それに合わせたDVD+伝記発売がありまして、
その予告編情報とかを元に作ったものです。

まあこのDVDや伝記見ないと本当に作るかどうか分からんので、ニセ予告ということで。

247名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 22:46:04 ID:l3wVS2cs
オノヤルオwww
あんまり意味のない男を訴えたりするんですねわかります

248名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 22:59:42 ID:Nz83Atyw
このオノヨーコはwwwww

249名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 23:03:39 ID:eM1qN6kc
オー!ノー!

250名無しのやる夫だお:2011/08/26(金) 23:34:32 ID:wM.IxKAE
>244
インテリでゲイでギャグも行けるキャラなんてどっから探せとw
JCはやる実でいいと思うが。

251 ◆KcxXifcWsc:2011/08/27(土) 00:00:14 ID:pqYKOugc
>>244>>250
パイソンズは全員2ch女性キャラで考えてました。
MPはできる子、JCはやる実、TJはキル子かある奈。

で、GCは……

       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノ士弋/士|::|::::::ハl
    人λ::::(|::| "゚'` {"゚`ノレ´    私とやらない香
.      |:::::::|::|  ,__''_ リ|::|
      .|:::::::|::|、   ノく:|::|
     、ノ::::::::|::| ヘ_ い:::|::|
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リマー、
     /:|. y'  / | ヾ:::y iヘ `ヽヽ
     {::.| ;{  《 |  ;}::{; .! 》  } `、
     {:::|.. `Y ヽ;;|, , ;;;i:::|;;,,|,´;;;.ノ  `、
     {:ξ三3 `|: : :"|::i"| /´ζ三冫
     .i:::|  |;;  |:  ∨ | { / /



あとトラベリング・ウィルベリーズの残り2人がカナと翠、
仲のいいF1ドライバーの1人がバラライカだったりしますw

252名無しのやる夫だお:2011/08/28(日) 12:26:31 ID:k0pCen2c
ラヴィ・シャンカールとマハリシ・マヘシ・ヨギのキャスティングが気になりますね。
AA的な意味で。

武道館がステータスになったとはいえども、
あんな音響の悪いとこでコンサートが行なわれるようになったというのも
ある意味痛し痒しですな。

コンサート見る前に靖国の茶屋で牛丼食ってから行けるというロケーションは
とても気に入ってますが。

253名無しのやる夫だお:2011/08/29(月) 02:12:32 ID:.7y5/V7s
やる夫=オノヨーコなら一柳慧・武満徹・高橋悠治つながりでこのスレとも関連があるなw

254名無しのやる夫だお:2011/08/29(月) 18:38:28 ID:NL2GTSx6
>251
oh…納得の人選だ
ガンピーはハゲヅラに腹巻ステテコで決まりですね

255 ◆KcxXifcWsc:2011/09/01(木) 21:28:04 ID:cMXlzElE
業務連絡。

土曜日に投下しようと思ってます。時間は21時で

256名無しのやる夫だお:2011/09/01(木) 21:34:39 ID:nW4gSkZM
はぁい

257名無しのやる夫だお:2011/09/01(木) 22:06:36 ID:UbBdVeZE
まってるぜぜ!

258 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 20:59:42 ID:U76udzZ2
こんばんわ。
ちょっと早いですけど、はじめます。

現代文学のちょっとした裏話。

259 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:00:03 ID:U76udzZ2
【中公に宮脇あり】

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ

           【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三は1951年(昭和26年)に中央公論社に入社している。

 校閲や「婦人公論」の編集などを担当し、
 ……まあ、いろいろの紆余曲折があった後、1956年(昭和31年)に出版部に配属されている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

260 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:00:16 ID:U76udzZ2

,,,,,    ∧_∧ うまいモナー,,,,,   、 ,,,,,,   ,,,,,,,,    ,,,,,
 ,,,   ( ´∀`)___,,,,___ ,, ∧_∧ ゲンキニ シテルカナ・・・___,,
  / ̄ ( つ日ヽ   ∧_∧    (    )               /
/    (__))   (´∀` )   (    )    ∧_∧∧_∧ / マターリモナー
 ∧_∧∧_∧ドーゾ (日ノ )  | | |    ( ´∀`) ´∀`)       
 ( ´∀`) ´∀`)    ((__)  ,(_(_) (○)⊂   ) つ日⊂ ) モーナー
―(つ⊂  ) つ⊂ )―――――――――――ヽ|〃(⌒)(⌒) (⌒)(⌒)
   (⌒)(⌒) (⌒)(⌒)グーグー



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「出版部は、雑誌の編集にくたびれた人の休憩所のようなところ。」

 宮脇は出版部の活気のなさを、このように述懐している。

 確かに雑誌で連載されたものを書籍化するのだから、楽な部署だといえた。
 それこそ適当にお茶など飲んで、5時で帰れるような仕事場だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

261 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:00:38 ID:U76udzZ2

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
.  |(●),   、(●)、.:| +
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|           宮脇君、君にちゃんとした本の作り方を教えてあげよう。
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +
   \  |,r-r-|  .::::/     +     (こいつは後々使えそうだ……)
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\           はい、よろしくご指導お願いいたしますお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
     /       __|___
    |   l..   /l ソドム   `l
    ヽ  丶-.,/  |__  120日_|
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのような出版部の中で、こつこつと腰を据えて本を作っている人もいた。
 そのような人物から、宮脇はいろいろな技術指導を受けた。

 なお、このときの人間関係が、後々、大きな影響を与えることになる。
 宮脇の人生にも、中央公論社の社運にも。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

262 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:01:05 ID:U76udzZ2

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ
      |  (●)  (●)   |          こういう地味な手作業は、やる夫の性に合うお。
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は生涯を通じて、議論などが苦手であった。
 また小学生時代からダイヤグラム(らしきもの)を作って遊んでいたという話があり、
 どうも手作業でこつこつやるようなことが好きなようであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

263 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:01:47 ID:U76udzZ2

                 _,,;;;;::-−tt、_
              /"~ ̄~ ̄ ';,....::::::ヾ
              |;;;;:::::::::::::)       |
            ,. |____,,,,、、----‐‐'''"~ ̄ヤ 、
             |          _,、ィ"r--、
            ,,、-‐''"~トー--―ー --―'''''"''";;;;`>
          〈`'''‐-、;;;;;;--、\;;;;;;;;;;;;;;ノ-、ー'''"~
          ヽ   ! {;;;;;;;;;.},.- 、{;;;;;;;;;;;}' i  /          お前さん、旅行に関する文章、
           ヽ /   ,`ー'´〃 ヾヽー'  ト、/          「旅」に書いてくれんかね?
           / i   (ゝ.,_,ィr--- く_ァ' )  ! iヽ
          ,./`ヽ/,>    ̄ ̄     / ' ノ|
         / \`ヽ.  l_)________,. '",./ .(

                【岡田喜秋】

                                   /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
                                      .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                              .     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
                                  /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
                                     |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
                                     |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
                                    !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'
                                           ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:?
   ……鉄道について書かせてもらうなら。                    ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {
                                          \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
   阿房列車みたいのがやりたい。                       ヽ ー `      . : : i }:' \?
                              .                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                                                ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                                                    ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                                                    _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                                                _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:


                                                  【阿川弘之】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、当時、日本交通公社が出版している雑誌に「旅」というものがあった。
 後に宮脇も数多く執筆する関係で鉄道紀行のイメージが強い雑誌だが、
 当時はおろか、一時休刊に至るまで、国内外のいろいろなスタイルの旅行に関する雑誌であった。

 なお、紀行作家で有名な岡田喜秋は、長年「旅」の編集をしており、編集長をしていたこともあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

264 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:02:05 ID:U76udzZ2

         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \            「旅」はやる夫の愛読書だお……
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /      この阿川なんたらって作家の文章、なかなか面白いお。
    (⌒\     /  旅  /    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)
    .|  \   y(つ    /,__⊆)


    ―― [] []
   | l ̄ | |
   |_| 匚. |
      | |
       |_|     / ̄ ̄ ̄\
          / ─   ─ \
 [] [] ,-,   /  (●)  (●) \
   //   |    (__人__)     |           確か交通公社は書籍編集はやってないはずだお。
 匚/ / ̄ヽ\     `⌒´   /  ,.r-、
    /              ⌒\  P{三)       この阿川なんたらの旅行記を、
    /ヽ/^y          /\  \/\ノ        ぜひうちで出してもらうんだお!
   (、、J   |        /   ヽ /  /
       /       /     \___/
从从   (        /
Σ  ヽ、  へ      \
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
            \    〉
            /   /
            /   /
           /  /
           \二フ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇はこの「旅」という雑誌を、毎月欠かさず読んでいた。
 そして、そこに書かれていた阿川弘之の随筆に感銘を受けた。

 そこで、これまで「旅」を含め、いろいろな媒体で書かれていた阿川の鉄道に関する随筆をまとめ、
 単行本として売り出すことを思いついた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

265 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:02:27 ID:U76udzZ2
      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\          阿川さん、あなたの汽車の随筆集を、
      |┃  |r┬-|     |⌒)        中央公論社で出してみないかお?
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)


                                              __ ... -‐ 、
                                          , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
                                         /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
                                        イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
                                         /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
                                        /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
                                       / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
        ティムポ出しながらうちに押しかけて、            .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
        「汽車の随筆集」を出したいねぇ……           .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
                                           ハ   `    | .| l .| |ノ
        奇特な人もいるものだ。                     ,小. - 、   .| .l/././、
                                       _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
                                      ''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
                                       /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
                                      ./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
                                      '.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ある日突然、ちっとも面白くないような顔をした編集者がお見えになりまして、
  おまえの汽車の随筆集を出してやるというから、これは奇特な人もいるもんだと思いましたよ。」

 「そしたら、ご自分の方が、よっぽど、子供の頃から汽車大好きなんだ。」

 阿川は宮脇と初めて会ったときのことを、このように述懐している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

266 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:03:01 ID:U76udzZ2

        //:::::::::: :/        __,,.. .-‐ '''""~
       /∠: :_: :: :/__,,.. .-‐ '''""~
        | }:´~"''‐- '、Y
        | }:      i|
        | }:  お    i|
        | }:  早    i|
        | }:  く    i|             __,,.. .-‐
        | }:  御    i|   __,,.. .-‐ '''""~
        | }:  乗    i|
        | }:  車    i|
        | }:  願    i|                     _
        | }:  い    i|           __,,.. .-‐ '''""~
        | }:  ま    i|
        | }:  す    i|
        | }:      i|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そうして作られた本が「お早く御乗車願います」である。

 そしてこの本をきっかけにした、阿川と宮脇の交友関係は、
 宮脇が死ぬまで続くことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

267 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:03:22 ID:U76udzZ2

          , -'´ ̄ ̄ ̄ ̄/
         /  _, -―' ,二\
         /  / , -、.   ,- `、.',
       /  / ./  .,-  、・,   ',
      ',   .', ,、 '   、・,   , --、.,
      ',   `'.|     ー'  /   ノ ',
       ',     |     ,  ___, ノ_)|
       ',_,-,/   ,. (_,ノ     ,'
          (  ,     /     ____ .,'
        `く    |    /   `ヽ、
         ヽ    |     / ,-、 .y、ノ
          ヽ  | .   〈=ニ-―'´`l
            ヽ       \_ __,ノ
            ヽ____     /_
           , -/   ̄ >< |`i 、
           ,. ' ヽ `ー、 /\;;;;;;l`;| 」 \
        /   `´7 `ー、 |;;;;;;ヽ| \ ', ヽ
          l     'ー 、_ \;;;;;;;;;| ノ ', ヽ
        |     、, -、`ー-`''''」 '   ',  ヽ
        ヽ   , ' ,- \           l  ヽ
         ヾ   '7 /,- ',    __,、- |-、 ヽ

              【松本清張】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかしその結果、とんでもなく間の抜けたことを、宮脇はしている。
 というのは、当時「旅」では、ある小説が連載されていたのだ。

 その小説とは……、「点と線」。
 松本清張が書いた初めての長編推理小説であり、清張の名を世に知らしめた作品である。
 そしていまだに、鉄道ミステリーの最高傑作との呼び声も高い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

268名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:03:32 ID:Nnks1v92
鉄オタって、内部抗争がガノタ(ガンダムオタク)なみに細分化されてるようですしねえ

269 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:03:43 ID:U76udzZ2
     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |          あのときは惜しいことをしたお……
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松本清張は「点と線」が出るまで芥川賞こそ受賞していたものの、
 そこまで売れている作家、というわけではなかった。
 そういう意味では宮脇が失念していてもおかしくはないとも言える。

 しかし先手を打って単行本化すれば、中央公論社にとって大きな財産となったと思われ、
 このことを宮脇は後々まで悔やんでいたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

270 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:04:19 ID:U76udzZ2

               .  : : : : : ̄ミ:ー:‐: .
                /: /: : : : : : : :_): : :丶:\
                /: /: : : : : : : : : :i{: / : : : : ヽ
             , ';‐y': ://: :/ : : : ,: : :i|'^'Z: 丶: : : : .
           /: :)v : //: :/:/: : ://: ;.リ {: 、\j: : : : :,
            .′'V: : '/: :/:/: : :/,_:_/厶_ ): :\!: : : : i
          . : :,i:i:i: iTiメV: : ://:_/,__ ̄` く\釗: : : :|
           i: / !:!j:i炸テい//ィ炸テい,  ミv}:|:i: : : :|
           |:′|:i从 ヒ:ン゙      ヒ:少ノ^  j仏|」i : :i:|
           |{  い; ,`^ }     ゙^`, , ,  )'´r`Vi:|:|
          `   `{                  _j^7 从!:!
              ;.   , 、         ー /: : い
              iヘ.   } __)        /T^1| : i: : 、:}         「駅」をモチーフに作品ねえ……
              |i :i\{`マ    . イ! i:i l : i:| : l\: \
              リ/|: ;ハ ,‐r     」L|:i l : i:| : |  ): ;ハ       まあ、やってみるわ。
              .ノ' |/: /} }_j _/   い!: 从: :しイ/
           ,ィ`7冖ク′'¬'´)    /`''ーミ:{ .ノ′
              /釗 , / ` ̄`viヘ,   ∨      >、
          _/{ i V1 、 ̄`i_jノ )、/ ,   /  ,ハ
          八 、{/ |  `マJ }/    、{ , '     / j|
        ′ ヽ/   }   } ,/´ ,__    ∨ .   '  リ
         ,〈  (`'ー‐ァ′  .:″ }r2>   }/   .   礀
      / `辷`ニブ   ,:   )'´   .″/    |
         .>:ー‐ァ′   /}.         //      、j
      {/}  `ア゙     /厶、:.:... .  ..イ   /   __〉
     `マ /      /   `'ー=ニ´.:{__.∠二二、 {
      { ´      'ーヘ.          `ヽ   i\j
      礀     .〈 `'ー‐=≧            |_,ノ
        、   イ  \     ミ=‐-  ..__   ノ
        `¨´ ,}    \       \    〔 ̄
             八       ヽ、    `'‐-- -ヘ,
          {  \_      `             〉

               【幸田文】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 また、この時期、幸田文全集の編集担当もしている。
 宮脇は幸田文のファンであった。

 なお、どうもこの時期に宮脇が幸田文にアドバイスして、
 出来上がった作品が「駅」だといわれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

271 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:04:46 ID:U76udzZ2

       / ̄ ̄\
     /       \
     |:::::       |
    . |:::        |          まあ別にいいですよ、今回のぼくの扱いなんて。
     |::::         |
     .|::::       __}          これの初回見ていただければ、
    /::::        \         宮脇さんとの関係はわかると思うし。
    |:::         _)
    |::::         i
    |::::        i  |
    |:::: 【北杜夫】 |  |
    \___、_____  ノ _)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1960年(昭和35年)、ゴネまくった北杜夫を適当に持ち上げて、
 「どくとるマンボウ航海記」を書かせて出版。ベストセラーとなる。

 その辺の経緯はダブるので、割愛。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

272 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:05:09 ID:U76udzZ2

      r‐- 、   /  }
.      \   \」 ノ
       >z=-、メ丶、`丶、
     , ': : : : / ,小: :l `\: : \
   //: : : :」 / .| ',:」:_: : : : : : 丶
  , ' :/: : : 'フイ/  | ヽ|ヽ`ヽ:レ: : : :',
  / ィ: :/: : /ィ=ミ    テミ、: :/: : /: :}
 //ハ:| : /仆イ}    トイ}ソ : : /: :/
   |: :|: ハ弋ン   弋ン/: : ,イ: :/          なんか友達に誘われて偶然試験受けたら、
   |: :|イ :}    '__   /: : /': :/           受かっちゃって……
   ∨ ',: :ゝ、  `′ _ノ: イ/イ/
      ∨  ヽ;ヲ  ヒ/イレ'             ちなみに父は詩人で姉は文藝春秋に勤めてて……
       / ̄/_ /  丶、             保証人は金子光晴先生です。
       /|  「  /    _」
.      ハ  | /  イ ̄ }
      | {ヽ レ' / /   /
      l />l∠ ィフ   /
      | レ   ヽ |/   /
      | / 入  }/   ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 話は前後するが、1959年(昭和34年)、中央公論社は30名程度の新卒採用を行った。
 例年は1、2名だったのにである。

 週刊誌を出版するためであった。
 週刊誌を作るためには多くの編集者・記者を必要としていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

273 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:05:28 ID:U76udzZ2
                      _
                   | \      /^!
           O         |  ヽ.     /   |  o
                   o  ヽ   \  /   j
                    \  ノ^Y   /
      °        -‐─∠二ニ=≠<  ∠
           , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚
.           /:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \     O
         ///::::::::/:::::`ァ孑/  / ?::::::::::::::|::::::::::::ヽ
           /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ',  o
        O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i       なんで「週刊コウロン」売れないの〜〜〜〜っ!!!
            ,':::::::::::::? ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |
         i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|   C   清張先生の担当になれたのに〜〜〜〜!!!
         |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l
         レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
.             l:∧/ '/ /)、`_ー〜ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|
.             |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、中央公論社が新たに出版した「週刊コウロン」が大コケしてしまう。
 他社週刊誌と違う色が出せていないのが原因であったと言われている。
 確かに大手追随では、新規参入者が勝てるはずがない。

 週刊誌事業は赤字が累積、それが中央公論社の経営を圧迫するところまで来ていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

274 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:05:49 ID:U76udzZ2


             (ヽ
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      / ____________ノ  \
    ./::u:: ⌒__________( ○)(○)
    |    (⌒)|__________(__人__)
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _______|l!|li!|        あーた、このとんでもない赤字、
    | | | |  __ヽ__________ |ェェェ       出版事業でどうにかしろといわれても無理だお!!!!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その赤字をとにかく埋め合わせるために、
 次々と出版の新企画を立てないといけない状況になっていた。

 料理全集、育児全集、さらにはゴルフ全集……
 売れそうなものは手当たり次第に出版していった。

 しかしそんな付け焼刃の企画で、本が売れるわけもなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

275 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:06:09 ID:U76udzZ2


     ____
   /      \
  /         \
/           \           「世界の歴史」かお……
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/            確かに読売の「日本の歴史」がヒットしたけど……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのころ、出版部では一つの企画があった。

 「世界の歴史」

 当時、読売新聞社が出版した「日本の歴史」が大成功していたときであった。
 その世界史版を中央公論社で出版してみたら……という企画であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

276 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:06:28 ID:U76udzZ2


      ____
    /      \
   /         \
 /            \
 |   _,   /        |       よりによって……
 \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ       やる夫が担当になっちまうかお……
   |  | ゝ_ \ /  )
   |  |__\  ” /.
   \ ___ \ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇はその企画の担当者に抜擢された。
 宮脇は東京大学西洋史学科卒であり、順当な人選と言えた。
 また、「どくとるマンボウ航海記」の成功も、影響したのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

277 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:06:47 ID:U76udzZ2


          ____
        /      \
       /  ─    ─\           まあ、嘆いてもしかたがない。
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |         とりあえず、東大に行ってくるお。
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

278 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:07:29 ID:U76udzZ2

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \             失礼いたします。
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |
 |:::::::::::::::||___   /             村川先生はおられますかお?
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

                             
                                         ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
                                     ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
                                   ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
                                  〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
                                  レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
                                  l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
                                  リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
                                、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
                                彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
                                  V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
                                     ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
   おや、君は……宮脇君じゃないか。               ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
                                       ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
   どうしたんだい?                         .゙、        /   _ノノ:\
                                        ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
                                         `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
                                        ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
                                          / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
                                       {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
                                          い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',

                                          【村川堅太郎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そこで宮脇は、恩師である村川堅太郎東京大学教授に相談をしに行った。

 村川堅太郎。
 1947年より東京大学西洋史学科教授で、専門は古代ギリシャ・ローマ史。
 日本における古代ギリシャ・ローマ研究の泰斗として有名である。

 その一方で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞するように、随筆にも長けていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

279 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:07:55 ID:U76udzZ2

         ____
       /     \
.    /       \           このたび、うちの出版社で、
.  / /) ノ '  ヽ、 \         「世界の歴史」って全集企画をやるんですお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /         で、先生に、監修をお願いしたく……
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



      ,,、-''"´ ̄ ̄```ヽ、
    ,/           `-、,,_
   ,/       i, ;      ゙ミ三ー''"
   /       ハハ        ヽ,
  i" ,/ / ,〃i/  い、 \   いN
  / ,/ ,/ノ / ,ノノハ ト,、 ミ`'ー Vリ
  | レ'   _,,、ァチ-ーヒヽ| ゞヒs、ミヽ i
 ハ  rヘ ア'  <モテ;;   i' zッ、`i  ソ             へえ、そいつは面白そうだ。
  ゙Yf i゙ |ト        :i `` イ, ノ
  いヽ ゙!,      ,_ ;、   ,タ"               監修者の一人に私がなってもいいけどね。
   `i, `r、    ..__`_  ,リ
    ク',ヘ ゙:、    `''ー‐'´  /゙
   イ,ヘ ゝ\.     ̄  /
  f ̄`''ー─--ミ''-、,,_,,イ!‐-、、,,_
,/         ゙i,⌒ヽz¬"゙ヽ   i
             ト  ヾぃ  )  L,,_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村川は、宮脇の申し出を快諾した。

 しかしそうは言っても、膨大な企画である「世界の歴史」の監修を、
 村川一人でやらせるわけにはいかない。
 第一、村川は西洋史の泰斗であるが、東洋史は専門家ではないのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

280 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:08:21 ID:U76udzZ2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                       __
        |\/|          厂 ̄ /
        ヽ `ー--、___/二 ̄/
         く\    \三/フ―<ニ\
  |`ー――----メ    V ∠-―-、__\
   \                     _ニ=、
    `ヽ、__       -、     ,,,-''~l | |
   ー=二フ         \  <_ヽ__/l ゝ、
      /      ヽ、 ∧  \  _ニ=‐ 勹 7
    /  /    卜、|l∠_\  ヽ、≧r‐-、| / |
   /  /    lハl/イ巾 > `ー-、|V「ニヽト、〈  |
 ∠_,イ/   | /i,)   V_ノ      )_ソl |< 〈
    |/|   /|//              乂ヒ/____
     | /  `iヽ              `y ̄ト、ヽ\::::......
     V     ヽ⊂フ            /  L 7ヽ ヽ:::::::
            \    _         /    / | |  ヽ::::::::
              `ー'フ~ /\    /    /  .||   l:::::::::
              /|`―<  〈\ /    /L/ |    |:::::::::
             /| |!、    ̄~ ̄     /|   |.   |:::::::::
            /:::::| ||. ヽ_____/ / _ |.   |::::::::::
           :::::::::|  ヽ \_ >  \   〃  ヽ|   |:::::::::

                 【貝塚茂樹】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □               ,.r-‐''"´`丶、、..,,,_
              ,r'´ゝ、 ,r'´フ  ,、'r ̄`ヾ、
           /,イ`ヾー=彡' ,ィツイ/   ::ヾ`ヽ,
           ,!        ,ハ'´   ... . ::;_,ィミ l
             l,ィ,,,:':::ヾ ミ、;;;,.、-─゙'''ァty、::;ィヅ;;::j
          ,}``ハヽ;;;;, r'´ -─‐'´゙,ノ'ソイ'ヾ,;;〈
          /:..;;;,r' ヾ、リ  ,か)ゞ`' ,r'`ヽ,|トj;:リ
           {jj ハi ノi ,:トj         ,jテy ,ハ;;ir'
          ,!.;;:::;ヽゝ'ヾ'         ヽ  j-‐'
         {'ヘ、,ミジゝ         `ャソ ,!          そうだね。
            `ゞ リハ彳、.     ``ー-、, /           まず、京都大学の貝塚茂樹先生に、
            ゙,r-く,._イ, ヽ,    `ー  /            監修をお願いしようか。
           /     `丶ミ、_      /
           ,イ        `ヾ,ー‐r一'
        / `¨丶-、       `イi`ヽ、
      ,r'´ ̄ `ヽ、,イ `丶   / |,j、  'j
    ,イ         ヽ、  \,/ ,!j ki、,イ、
   /            `,    'i ``ヾ<'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村川は、共同監修者の一人として、まず貝塚茂樹京都大学教授の名前を挙げた。

 貝塚茂樹。
 1949年より京都大学教授。専門は中国古代史。
 それまで主流だった文献からの中国史研究に加えて、
 出土資料からの考古学的な研究の提唱をした人物である。
 また、新書を中心に多くの著作物を執筆している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

281 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:08:52 ID:U76udzZ2

         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ソ;:;:;:;:;:;:;:ゝ、
       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:Yイ|;:;:ヘ;:;:ヽ:;:ヽ
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾヽ;:;:;:ハ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     ノイ;:;:ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノノ ハヘ ∧;:;:;:;:;:;:;:ヽ
      ルノノ;:;:;:;:ノノ;:;:ノ彡'ソ/ノ ヾミハ;:;:;:;:从リ
      /彡彡ニ彡イ彡ニニ"   __ ヘ;:;:ハル'
       ト彡イ イ.l|   ̄`   ´fォッ` /ソ''
      ヾ;;;;ヾ. ソ         {    ,'
       ル;;;;ヽヘ      ー-'   ノ                   もう一人……共同監修者にしたい人がいるな。
       从;;;;;;;;;|    / ̄ ̄ ̄`ミ辷ニニヘ
         >ハルj ヽ  l´        |  i `ヽ、
       |>ー--、.ヽヘ           /ニニ≧.  |
        |.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ゝミ、      zヘ、___.  、 |
     /.:.:|φl.:.:.:.:トY´ ̄`Yニニ>ヾ::(    、 |___
--一'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.   ハ ヘ   |.:l´ ̄  、  ∨.:` ̄`ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人   |::  J  j.:.:ヽ、       }.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ト、___∠.:.:.:.:.:ヘ、.   /.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミヽ='.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:


        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |           だれだお、だれだお? すぐに連絡とりますおっ。
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

282 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:09:18 ID:U76udzZ2

              _,,,.-―''''" ̄`''-,‐'´−--- 、
            , ''"     rr、         \
           /      /iiii(从川  iii   iii;; \
           ノ      /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiil ii iii   iiiiii  \
          / i   ノjノiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ii iii   jiiiiiii ゙、ヽj
        / ノンiii;;;iiiiillllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ;;〃iii /j八iii  }
        !iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii_,,,.-ァiiiiiiiiiiiiiii〃,‐'ノノー_= 〉iijリ
        i、iiiiiiiiヘ_iiノ::::/iiiiiiiiiiiiiiiiiノ:::::::r ' I!:::  {jノjノ
         iiiiiiiiiiゝ:::::::/iiiiir'´ヽii 〔::::::::   ̄   \
         ゙、iiiiiiiiii iiiiiiiiiiiii{ 斤ヽ ヽ::::::.      ___ノ
          iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ、爪弋ミ゙::::::::::      j
           \iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`Y´::::::::::::::::    ー=!           池島信平君を仲間に加えたい。
            }iiiiiiiiiiiiiiiiii/ノノ从::::゙、::::::::::::..   'ーf
           「iiiiiiiiiiiiiiiii/iンノjノ::゙、: ヽ:::::::::::::    i
           ヽi_i_ii_iiiii∧リ:_:_:_:_ヽ;;;: :`''‐-、_,,ノ
            |llllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiii\〔___
            |lllllllllllllllll_llllliiiiiiiiiiiiiiヽ与、-、ii、
           r'´`ヽ!!!lllll|_ ~`''}iiiiiii| ii|  ゝ\ヽ
         /llllllllllllllll\llllllllllll`┘iiiii| iiii|  ノ  }lL
        /llllllllllllllllllllllllllll\liiii\iiiii| iiiiii||___」iii|
        /lllllllllllllllllllllllllllllllllliiiii\iiiii ̄iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ
    /lllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiiiii/iiiiiiiii_iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ
   /lllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiiiiiiii/iiiiiiiiiiiiiiHiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|


         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村川は、もう一人の共同監修者として、ある人物の名前を挙げた。

 池島信平。
 宮脇にとっては、考えられない人物の名前であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

283 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:09:43 ID:U76udzZ2

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
           ,-y‐ァ─‐- 、
         ,ィ7′ /o ,、-‐─`、
         l_   |_./ノ从iリ从、`i
  _.、-─'" ̄  ヽノ ,∠匕ノツ厶、 リ
  「   ヾー…  / f′ィテ  くzト ノノ
 .|     \ _,.、イぅ'! . .  , 〉 ,!′
 |      i | ヾ,ゝニ!   -=- /  
 |      i |  ア」」 \  `´ /   
. |     /i ト、_ソ  ̄lミー‐〈ヾ、
  l    / l 'ヘ l l  /|ヽ `''´ )ハ、_
.  l     l   l l /ヽl`ー一',仁_   ̄三T 、
  l     l    ll  i      |    ̄ ̄了!  l
.  l    l      l     |  _    | ! ノヽ、
   ',    リ      l     | 廾    l/  <丶、
   ゙、   /       l    | {,、}     i  ,、-''´`丶ユ、
    ゙!イ        l   |      ,レ'´_,,、- `ー'^ヽ

            【池島信平】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □          ____
           / ノ  \\
          / (●)  (●)\
        / ∪  (__人__)  \           ちょ、ちょっと待ってくださいお、先生。
        |      ` ⌒´    |
         \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)     池島さんは、東大西洋史学科の大先輩ではありますが……
        ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
      /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/      文芸春秋社の大幹部ですお。
     |    l  |     ノ  /  )  /
     ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
      ヽ __     /   /   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 池島信平。
 文芸春秋新社取締役。
 菊池寛から「文藝春秋」の名前を仲間たちとともに引き継いだ後、「文藝春秋」を中心に、
 同社の出版物の多くを編集してきた人物である。
 他社とはいえ宮脇にとっては「神様」に近い存在であった。

 そのような人がこのような企画に関わるか……宮脇は不安だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

284 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:10:14 ID:U76udzZ2

   ./      ィ-、    _、-'"、 `ヽ ヽ、
  /       `''゙  ,、-゙    !  ヽl, ヽ|
  !       _、-'デ. , | ,l,:イ川ト、i、`ミ彡ィ, 
  ゙>-、,,,,,,,、-''ニ゙=ラ゙ノ ノイイ/イノ,ム-ゝミF''"ハ  
  i゙,'゙  ,r' -=ニ彡ィェ幺-ミ: ";゙;ィェr | l レ'ノ  
  ゙|  l゙,rニ、ア゙ "´-:セ)`,   i `´ .レ''′  
   ヽ ,ハイ へリ      ; '  'i ' . |    
    `ッ' `:、ノ!_       ,.._ ,〉  ,!`ヽ,                     面白そうだな。
    彳,ン  ミー、       _,,...、 ./`i ト--、
  ,、-(レ'シ'ノク「 i:、     ̄ー'' ./レ」  ゙i,ヽ `ー-、,,_              やらせてもらおう。
-''"  f,、ィ'::( `、 ゙i`''-、,      /グ  ∧゙i,     `ー、__
     |.l 'v∧ >'`ぅ、>-ェ -‐'ヂ  ,/.'/,ノ,..、-‐…'''"゙´'-'゙)-、,,_
    ,|.l::': (! ゙ / /,オ゙   「 ,∧,.、-゙‐'"へ、_,、、-ー=''"´
    | i:::::`;、゙V :( ,l゙    .レニ-'" :-''"  :、 \     `ー-、,_
    レ''' ネ、`'i_  ソ  ,、-''"        ト、 `>
    ,、-' ト-ヘ, `ーゥ'ア          、 ヽ,゙_ノ^)
-‐''"´    ,.r''~ス´-ヘ、          ヽ、 )-'′
      /  ハ,/ >、    ,、r'て` ノ'′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし池島は快く引き受けた。

 「週刊誌の失敗で苦しんでいる中央公論社を助けてやろうという気持ちもあったようです。」
 宮脇はこのように述懐しているが、実のところ分からない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

285 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:10:37 ID:U76udzZ2

          , -‐ ──ー‐ - 、
        ,r'´          ``ヽ、
        ,.'´      , '´ , ,ィ 、:;,、`ヾ、ヽ
     /       ,イ  ,イ // ,!川 `ヽ`ヾ
      /   ,   ,i / , ,イ///,!l ,!lヾヾ,ji,j リ
    ,!  i l ,!lイ / ,イ,!j ,リ,/!i/l! li ヽl,!,l,!
    | i  l il !i j/ / ///l;// リ' ,! ,! ,ィ'i;i' '
    i ;i  l i|リy' ,//,イi-!イ=リ-'  斤jヽ           なあ中公の白饅頭。
    ゙, i,l. ij /,イ> ,イ/  ,イじィ' .:::. ヽ l
     ヾヾj川,r‐-'´           .:::, , 〉 |           世界史って実に面白いのに、なんで学者が書くと、
        \ヾj、レ'ヘ               !           あんなにつまらん物になっちまうのかね?
       `リ.:;ゝ、_ゝ_  r-、`ーy'´`Y´`ir‐y-、
       ,rーリ/レ' (   ヽ、ヽ ヽj `Y j  |  l  l、       もっと、面白く、分かりやすく書いたっていいんじゃないか?
     / ト、ヾ、'゙"ヽ   ``ゝ  l  V  ,!  '   \     俺はそれをやってみたい。
    ,/   \ \ \     \_,   _  、_ ー   !
   ,イi     `ヽ`ヽ、r-、     `ニ=-、_      l
  /  `ヽ、     `ヽ、ヽ `ー'"´ ̄ヽ  l;;lィニニニゝー}
 ´      \     /`i ヽ,   l l  l;;i〔21;21〕III、
      /´\   /   |  ヾ,  ,! |  `|ヾニニソ   ゙i
     /    \/    |、   j ,! ,!   ,!´ ̄``ー‐-',
   ,イ              ゙i、 ___,,、-'‐'"i |       |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ただ、池島の後の著作や、いろいろなところでの発言を考えるに、
 どうも池島は、当時の歴史を取り扱った書物について、不満があったようである。

 歴史という題材は面白いのに、なんでそれを面白くなく伝えようとするのか?
 もっと分かりやすい伝え方があるのではないのか?

 その辺りのことも、同業他社である中央公論社の企画を引き受けた要因かもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

286 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:11:01 ID:U76udzZ2

         /{
           / '|                  ,イ
            l                 //
         ′ |               __,ノ /l
       {   水Zr=='二⌒´込ミー- 、/   /' |
        ,√`ブ´                 \ {  !
      {仏イ  ´ /´ ̄\ニ二≧='⌒ヽ   `ー 1
       〈/ {ノ ト、{      \ \      ヽ. i
      ,イ  ノ ̄| \       \ \    、 l l
     ノ厂フ'   l'   \       ヽ      j |
    //! ' ノ !  、     i、        ∨ |
.   //ハ   i i |_\   │>、ノ\}  j\〉 |
   ,ノ'′ }! } }  !ノ  \  | 芹抔ミ | l/   l  l
      {i i j lVレィ'万ミ \,j   込ソ j/   リ V           のう、宮崎さん。
        从N川ハi八し'ノ  ゛         /イ l/
        }乂廴≧=一    、        / レ′           そちにも一筆書いてもらいたいんだが……
          `ーヘ     、__ .... '  /ト匕!
             > .      /|川ブく
            〈`ー'^二 ー−'´-‐'´ ̄`八
            `7ー          ∠コ}
           __ノフ^ー      -‐'´   〈


                                                      , -;‐;‐;-;、
                                                     / __ ‐-‐___ ',
                                                       |  -` ̄- |
                                                     ,|_(二)ー(二)_.|_
                                                    { |´  、,}   `| }
                  ……わかりました。                         `! / 小.ヽ  |'
                                                     |   、、 '  |
                                                    ノ{\ 、___, /ハ\
                                                  / { ヽ >ーく  / |  \
                                                 ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ
                                                 / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |

                                                     【宮崎市定】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その辺りの考え方は、各巻の執筆者の人選にもつながっているように思う。

 例えば、宮崎市定の起用などが典型例であろう。
 確かに宮崎は当時の中国中近世史の大家である。
 しかしそれ以上に、岩波新書「雍正帝」のような分かりやすく面白い文章が書けることが
 決め手になっているように思われる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

287 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:11:26 ID:U76udzZ2

\ \\       ┏┓     ┏━━┓                    ┏┓┏┓   /\\\\
\\ \   ┏━┛┗━┓ ┃┏┓┃                    ┃┃┃┃   ∠−ニ ̄ \\
\\\ _>. ┗━┓┏━┛ ┃┗┛┃ ┏━━━━━━━━━━┓ ┃┃┃┃     二_\\\
\-=ニ   ┏━┛┗━┓ ┃┏┓┃ ┃                    ┃ ┃┃┃┃     _−   \\
  \\\  ┗━┓┏━┛ ┗┛┃┃ ┗━━━━━━━━━━┛ ┗┛┗┛      ̄二=\ \
\   -=ニ     ┃┃       ┏┛┃                    ┏┓┏┓     < \\ \
\\  /      ┗┛       ┗━┛                    ┗┛┗┛ .,r-'" ̄丶、 \\\ \
  \/ ィ   ,.−−−− ,、r-- 、  / ̄\ / ̄ ̄ 、ミヾミ三ヽ_      //゙丶、   \ \\\
\/'''" / / \\\ /ハ!、   \ \\ ` \\  y゚j、゚ uV、 i \\  V'。゙"。 \ r.、 |  \\\
\\  //   r--- 、 //。゙´。゙、   ヽ   _____     〈r---ヾ/ trj  、、、 / い  しリfZj/ \ \\
\\\   ,.-tニ=-、 \イ|〈__  u\  i  ヘ ̄くヽ ,..r---! ̄ ̄| i f_ /。v。゙ミ化ニニニヾ  H \ \ \
   ____  `ーj゚〈、゚ u゙vヘ| !ヘト-゙ヽ  |  i|  |゚L゚ u /j、     ヽフ_ノ/ !、| .ふ.u!fjヾV  |! ノ ゙ヽ,、
 /jヘ、 ヽ  kii==ヾ | f!.   ヾ==''/!ハ!''ー .,|!テヾ / ナ ゙ ⌒、    ゙、/  /`'' ̄-−-ミ==//  /   ̄''ヽ、
 〔゚}{゚〕uVi| 、-!i__,,,!jノ !゙   フィ、 / |  |  ''-" V ゚〈、 ゚  `!i .rミ, .|`-"/      /匸ヽ /    /
  ヾテヾ、〈| 〈゚i_゚ヒ,,/ / フ ̄//|ヘY、 |  .| / ヽr (r 、   し ル!ソ人 /      /     ̄     |
   Y=ノ//ヽ-!-〉''不−"  /〈 | : ト 、/ / |  i、 ニ゙     ク"/゙''-,,_       | i
  /ヘへ / /       ! / | : |  `7.| /|   | >.、___  / /    丶、  |ヽ
 r"   :c   |、!、      |ヽ |  : |  / |! |   /〈 ェ,ヽ.r<   /    / ヽ | ゙、
 !、ヽ  :c   |ヽミ.      | ゙、 |  :.| /  |   /i.  V Y ヽ/    /    i !、/ .、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 こうして制作された「世界の歴史」は、発売されるやいなや、飛ぶように売れた。

 初回配本の売り上げが10万部を超えたのだ。
 これは全集ものでは滅多にないことだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

288 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:11:46 ID:U76udzZ2


.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ          「世界の歴史」のヒットで、
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ           我が社も売り上げを持ち直したようだな……
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.         これを機に「週刊コウロン」を休刊する!
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |

          【嶋中鵬二】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「世界の歴史」のヒットは、「週刊コウロン」で赤字になっていた中央公論社の経営事情を、
 大幅に改善させた。

 それに乗じて、「週刊コウロン」を休刊することにする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

289 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:12:15 ID:U76udzZ2

      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /             第二出版部部長だお!
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i
  l      3 4  歳     /
  ゙'-、, _______ ,、 - '"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし問題は、週刊誌部門にいた人々の配属先であろう。
 かなりの余剰人員が発生していた。

 そこで、出版部を従来の文芸書籍を扱う第一出版部と、ノンフィクションを扱う第二出版部に分け、
 出版部門を強化した。

 そして、第二出版部には、「どくとるマンボウ航海記」「世界の歴史」と、
 ヒットを次々出してきた男……宮脇俊三が部長に就任した。

 宮脇は当時34歳。中央公論社の中でもずば抜けて若い部長であった。
 おそらく、当時の企業社会の中でも、これだけ若い部長は珍しいのではないだろうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

290 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:12:39 ID:U76udzZ2

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \       部員の諸君!
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/      まずは「岩波新書」と「カッパブックス」の研究だお!|
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |         

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第二編集部に求められていたこと……
 それは新しい新書シリーズの構築だった。

 宮脇は、先行するシリーズであった、岩波新書やカッパブックスを徹底的に研究した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

291 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:12:56 ID:U76udzZ2

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   今日も会議をやるお!
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ       __ \
  /´        l   l 


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |       会議が下手な人の仕切りじゃまとまるものもまとまらないってのw>
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ



<「会議の進め方」ってレジュメでも作ろうかw
            ____
   .     /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、元来の出版部組に加え、週刊誌組も混ざっている部署である。
 書籍に対する考え方にずれがあり、その刷りあわせに一苦労したようである。
 元来の性格的な問題もあった。

 この当時一日おきに会議をしていたが、
 まとまるものもまとまらず、時間だけが過ぎていった、と宮脇は述懐している。
 あまりの会議の仕切りの下手さに、それが批判のネタになったり、
 挙句の果てには「会議の進め方」なるレジュメが出回るくらいであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

292 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:13:18 ID:U76udzZ2

     \ヽ   | l  //                  \ヽ  | l  //
       . こ   . な                       :  ス
   二ニ : の   : ん  -‐               二ニ   :  ゴ   -‐
    -‐ ! 本   ? だ  ニ二               -‐  :  イ  ニ二
        は                            !
     //   | l  ヽ\                  //  l |  ヽ\
        _,r〜〜〜〜.、
        r' _,r〜〜〜〜、ヽ                       _--、, -z._
       { ノ  u `ニニ´ ヽ.)       _,-ーvーz_       >::::::::::::::::::<
.      { L_ r=== u.==、l′     イ ,、,、,、,、,、 ヽ      /::::::::;:::ハ:::、:::::ヾ
       {r=i| r 。=  。=、 |       | l--、 v,.-ヽ|      イ:::ィ/K u >ヘト:::|
      {|L||ij `ニ7  lニ´v|       1|⊂・ ・⊃|,l      .h:「こ・j=「・う]:n
      {`ァ| r─' L_」 ー、|     {f|L ∪ v」|f)     |f||: ̄,」 L ̄:||j.|
    _/{/ :| |(二二ニ二)|.       `|.⊂ニつ l´       ヽl ‘‐u‐’v:レ'
-‐'''"´::|:::::ト、 ヽ_ , , , ,一, , _人        ,ゝ、.二. イヽ_      _/l.ヾ二二フ∧
:::::::::::::::|::::::| \  ̄`¨フ丁 |:::: \-‐''"´|: :|、.__,.|: :|: `>ー''"´|: :|\.二./|: :「`'''ー- .、
::::::::::::: |:::::│  \__/ |:::::|::::::::::: \ : |,.へ.  /へ|:/| : : : : :│: |.\  /| :│: : : : : l:ヽ.
::::::::::::::|::::::::|    ,.イ:ヽ. ,|::::::|::::::::::::::::::〉、 : : ヽ/: : : /: :|: : : : : :|: : l   X.  |: : |: : : : : :|: ハ
:::::::::::: |::::::: |ヽ/ 〉:〈.∨|:::::::|:::::::::::::::/::::| : : : :|゚: : :;ハ : :|: : : : : ;>:|/〉〈\|:<; : : : : :|/: : l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1962年(昭和37年)、中公新書創刊。
 「事実のみを持つ無条件の説得力を発揮させる」という刊行のことばを打ちたて、
 初回から魅力的なラインナップを押し出していく。

 初回刊行分のうち、会田雄次「アーロン収容所」がベストセラーとなり、
 さらに第2回刊行分では、三田村泰助「宦官」がベストセラーとなった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

293 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:13:42 ID:U76udzZ2

             |
               ||
                |:|      ,ィ
             ,ィ  | |     //
         /::! /∧_   /:::/
\      _ /::::{ ///:::〃::::≦≡==--
: :\ /   {::::::::Y:/::::::/:: ̄ ̄`ヽ.
: :ト.、.\_ト、..|:::::::::|:{:::::/:::::::::::::::::::::::::::\
: :  \:::::::::\}\ 从 //´ ̄\ ::::::::::::::::::\
: :   > 、/:\://:::{:::ヽ :::::::::::\≦:、 ̄`ヾ:、
: :      :/:::::::::{::{ハノ:::::::::\:::::::::::\ \   \
: :     〃:::::::::::|::|:::i::::::::::::::::}::ヽ:::::::::ヽ
: :    //::::::::::::/|::|:::|::::::::::::::ハ::::ハ::::::::::::::、
:    //::::::::::::/_.|::|::八::::::::/〃}/:::iハ::::::::::::',
: :  //イ:::::::::/≧圷ミx}:::/,ィ尓刈i|爪:::::::::::i
: ://_/ :::: 〃ん尓゙ヽ l::/ 弋少 ノ:|  }ヽ::::/
、 {У:::::イヾ ゞ_ツ  / \   レ′/  }/        __
 \ /ハ!   ̄       /  /   __           /  }
   }:天ミ∧      、_ ノ /   {  ヽ      /  /       わしも「史記」っつうのを書いててのう。
  八:::::`ヾ \       ,     i   |   /  /
  }「 ̄}ト、 \ > . _/       ヽ  廴_/   く__
_/¨>/// \    /            Y      /: :  ヽ
 / ̄ ̄>//\={::::>.、      ,′     {{: : :   /
く___/ ̄ ̄ヽ\::::::::{入     i       ゛==く
///////::>―――\::/::::∧      \ ノ  /    }
/////////////////∧:::/::∧     | ヽ  {___  イ
/////////////////|i∧:::/::∧_     |  Y´ ̄ ̄   !1
/////////////////||::∧:::/::∧}   |  ヽ __/ |
/////////////////||::|:∧:::/::∧  |         ヽ
/////////////////||::|:|:∧:::/::∧   |         /}

                                                      , -;‐;‐;-;、
                                                     / __ ‐-‐___ ',
                                                       |  -` ̄- |
                                                     ,|_(二)ー(二)_.|_
                                                    { |´  、,}   `| }
                   私は「科挙」です。                         `! / 小.ヽ  |'
                                                     |   、、 '  |
                                                    ノ{\ 、___, /ハ\
                                                  / { ヽ >ーく  / |  \
                                                 ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ
                                                 / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらには貝塚茂樹「史記」、宮崎市定「科挙」とベストセラーが続いた。

 中公新書の初期を支えたこれらの名作は、いまだに中公新書のラインナップとして入っており、
 多くの書店で普通に手に入る著作である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

294 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:14:04 ID:U76udzZ2

         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\             しかしまあ、「世界の歴史」「中公新書」ときたら、
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \            次は「日本の歴史」全集って……
    ヽ   L   |r┬-|    |
     ゝ  ノ  `ー‐'    /            なんてうちの会社は安直なんだお。
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

295 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:14:25 ID:U76udzZ2

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |           しかし……やったろうじゃありませんかお!
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中公新書が軌道に乗ってきた頃……第二出版部は新たな企画を立ち上げる。
 「世界の歴史」に続く歴史全書シリーズ……「日本の歴史」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

296 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:14:45 ID:U76udzZ2


        ,. -‐''~´   _,/ )          _,. -‐ミミ
       | ̄ ̄ ̄`~/ヽヽ_ノ____,,,._-='_二-ヘミミ/
       ヽ;;;;;;;;;;;;/,_  レ'<弋;;;ッ、 ヽ_,/,./i;;;;;;ラヽ .//|
         `'''''/ `ヽY/  . ̄ ̄/| /ヽ `'―'''´‐ !/ |
         /   ノ! !_   _;;;|  | |  |;';;;  ,| |//./      やらせてもらおうじゃないか……
        l´/´‐'''‐'-‐'''~ヽ' ̄ ヽ__i'''ヽ__ノ   ̄| | |/
       .// (´`´   _,.ノ彡彡 ,`ヾ''´'´ミミ_ / //ミミ       わしと、児玉幸多さんと竹内理三さんで組めば、
       / /    '‐''~   )/''‐-----‐''~´|川 iミ/川ヽ       面白い仕事ができるじゃろう。
      /  /     j‐' _,. く  :;;;,,,,,,,,,,,,,,   /川 /|川
     ./ /        '´  ノ彡〃川川ヽミ川,.-'´/lll/
    / /        )) /ノ〃川川川ヽ,.-'´  |/
  ,.-''''~~~''-、       ノ~´ ヽ,,,,,,__/    /

                  【井上光貞】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本史学の世界は、世界史以上に学者間の考え方の相違や派閥にうるさいところがある。
 それをまとめ上げるのは宮脇も苦心したようである。
 しかし井上光貞や児玉幸多らを企画委員として中心に据えることで、解決することができた。

 井上光貞。
 東京大学教授で、専門は日本古代史。
 山川出版社の一番最初の日本史教科書を執筆した人といえば分かりやすいかもしれない。
 民俗学にも造詣が深く、後に国立歴史民俗博物館の初代館長になっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

297 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:15:11 ID:U76udzZ2

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 / ̄ ̄ ̄        /|
 |\_______/ |
  |          __ ヽ_
  |   |     /     / |`'''ー------‐'''''フ
   |   |    /    /: :ノ        /
__|ヽ \  |   ,.-'´: :/     _,.-''´
    | :`'ー----‐''´: : ,.-'´  _,.-Tミ ̄              宮脇君。
'‐-、_ \____,. -二-‐<ミ( ) |ミ、
   `''‐-、__,._- ,=tラフ  ミkノ /ミミ、             関西方面に森浩一という考古学者がいてな。
   /,.ヽくゞク!T ヽ ̄´ )  ミr'くヽヽミ、i            ちぃとばかり執筆と資料提供を頼んである。
 / / >、-‐|ヘ ノ`''''''´l  ミミ|  ヽヽ/ |ヽ、
_/ / /  ヽ ゞブ 、、、  、ミミノ    /  ヽl          ちょっと様子を見に行ってもらえんかの?
  / く、   ヽ〃‐‐--ヽ川/   /   !
    ||ヽ   ! ''''''ミ、ヽ/   /    /
    | | |   ヾ川川/   i´     /
    `' ヽ   !ヽ ̄: : /   |ヽ    /


                                                  ____
                                                /⌒  ⌒\
                                              /( ●)  (●)\
                                             /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)
  わかりました。                                   |     |r┬-|     | ノ
                                           __\      `ー'´     //
  それじゃあ、                                 (⌒               |_,,,ノ
  ちょっくらその森さんとやらのところに行ってきますお         ""''''''ヽ_         |
                                               |           |
 (もうちょっとしたら新幹線ができるから……)                   |         |
 (東海道線電車特急の乗り納めだお!)                      i      ̄\ ./
                                               \_     |/
                                                _ノ \___)
                                               (    _/
                                                |_ノ''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このような全集企画本シリーズは、
 第1回刊行の出来がその後のシリーズの売れ行きを決めてしまうとまで言われている。
 「日本の歴史」は時代順に出していくことが決まっていて、
 第1回刊行は井上光貞が執筆する第1巻「神話から歴史へ」であった。

 宮脇は重責がかかるこの第1巻を自ら担当し、東奔西走したようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

298 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:15:38 ID:U76udzZ2

       ,、-‐''"´   ,','
  ,、-‐''"´        ,','ニニニニニニニニニニニノ  ゴ  い  森 て
''"´ィ! , ; .      ,','          ____    )  ル.  る.  浩 (_
iヽ ._  /i .  .   //        /⌒  ⌒\ ろ . ァ  か  一  (
レ’|/-/ iー .'7   //       /(●)  (●) \). .!! ?       >
/! \/∠/ .  ,イ   .  /   (__人__)  . \  ,ィ⌒ヽ、.      ア
 ̄/\ ,ヘ/.   ,'.i      .|      |r┬ |      | .(   ノ     k
くi k_./i,イ/ .  i .|    .  \    .l| .| l     /⌒/   i     て
\k、 .リ   .  |.|      /ヾニニニ`ー'´ ニニニシ\ ,'`ー '´i、    (`
 r' .〉'´ iン  . .|    .,ィ'´ ̄`ヽ    |○      |     'i⌒iY´⌒
tァ ̄ .  、|.l.||,,. |    ./三三.互.',ヽ  |        i    ,′.| i.|
 ..  \ i| ! |..`|... . i三三三三 i i  |○   /`ヽ、',   /.. .| i.|
  ‐   |´ j,       ..l三三三三| l  |    ,'    `'ー'´.... .| i.|
   ‐.´'.l| !,  |!,   ノ/ ̄ ̄ ̄!,' ! .|○   i..          .| i.|
     / !.| |!!´i  . | . ̄ ̄ ̄ i  ',_|__ , |           .| i.|
       . .!´"', ',   .ヽ三三三,'   f..  . リ           .| i.|
          .', ',  .  ゞ三シ⌒ヽ.、 ノ  ... |            .| i.|
          . ヽヾ、 ..      ヽ.     |            .| i.|
             ヽヾ、 .. .     ヽ、 . |     . .. . .| i.|
              ヽヾ、  .......   .ヽ  . |      .    | i.|

299 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:16:04 ID:U76udzZ2

                                                  ,.r― 、
                                             /    ヽ
                                            /   __{   '、
                                         rn;、 /   =_ゝ   ! ,rn
                                         ト「`ヾz-、_-=-ゝ _,.ィフ'´ト|
                                         ヒl:.:..../:`7ヒ戈ェzィレく:ヽ.::!ノ
                                          ヾ:.:.レレ|rf;;テ、r元;;オ:::l//
     私がその森だけど……                        ヽ|/ |l   ‖  ,!l::l/
                                             l ヽヾ、 -=‐ ,イl:/
     ……派手に壊してくれたわね。                     \  ``ヽィ |::||:!
                                             |`:r-,  }:|::||:!_,.......,_
                                             |::::! |  | '、||:!..:.n..:..`Z
                                         r‐¬,TFニl!_!  l _L!不|:f""ヽ
                                     .    l    |l |   !  l ´   | |:|   |
                                     .   l   !! ', !  l、     | |:l   ト、
                                         l    | ┴l   l┴ーー‐' `ヽ==;{.:.',
                                          ',   ! /   |         |,,,{{}.:.:',
                                           ',   !/  .|      ,.イ川|.:.:.:.i
                                           ',   i!  |___-=,.イ'‐'`ト'゙.:.:.:.|
                                     .     ∧ !    l ̄   i゙ .|  l.:.:.:.:.:.|
                                           ヽ'、   /_     l! :!   l.:.:.:.:.:.:l
                                           `'ヽ、,/ `''ー-、Ll_   l.:.:.:.:.:/
                                             ,! ゙``''- 、     ヽ |.:.:./
                                              /     `'‐ 、,,___,ノ-'
                                            /_    __      '、

                                             【森浩一】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井上の指示により、資料を集めたり、原稿を取りに行くのも宮脇の仕事であった。

 例えば、井上は執筆協力という形で森浩一に原稿などを依頼しているのだが、
 その交渉や資料・原稿の受け取りなどは宮脇が森のところに出向いて行っている。

 森浩一。
 後に同志社大学の名物教授となる考古学者であり、おもしろい著作もたくさんあるが
 このときはまだ大阪の高校教師であり、その傍ら、在野で考古学をやっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

300 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:16:40 ID:U76udzZ2

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \          ああ、これは、ある種のやる夫的表現なので、
        |      (__人__)     |          別に気にしていただかなくてもいいお。
        \     ` ⌒´    ,/          そうじゃないとこのスレに出てくる著名人、
 r、     r、/          ヘ          みんなアブナイ人になっちまうお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |         それよりも、お願いしていた原稿を……
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


                                                  ,.一ー 、\
                                                  _,二ニヽ.  ))
                                             __, ≦ =ァテア):K_
                                              `フ::::::::::::::斗:':イ:ハヽ::ヽ
                                            /::≦ニ´‐ァ7:://:::::}::i::::::
                                           /:イ::/r{'Y/ /:://::/}/}:|:i:::::i
                                            〃 レ://} |?」_/〈;:イ/仏'!:!:i:::!
         あー、はいはい。                           /:r{{ | fテ:;Iド  r升;云〉:':/
                                            //ハ.ぃ|!     ||   ,:::;イ
         これが原稿よ。                          ///:ハ}″ヽ. 、___^'__,. /:/亅
                                          //:/::i:ト、   \   ,.イ:/
                                         /〈Q二コ》:\    T"{'´/
                                       __くハ ヽ {{_;:ノ_}  / 礀:√Q7)
                                      / ̄  ゙̄'ヘ VF一oミ>く_ |::{一ァ7/
                                        |  ヽ ヽ  〉 /_ o / 〉′》! /,仁二
                                        |  ヽ }/ 厂⌒メ、、/ 〃|j //
                                        |    V/ (/  /  ,《 〃 /'〈 ゝ
                                      !   { {{ヽ/   {  / 、ル  ヽ ヽ
                                      l    い[/      / ペノ
                                     !    V     /\_,.-‐
                                       }  フフ      /
                                      〈/ /     /


         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /               それじゃあ……拝見しますお。
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ

301 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:17:13 ID:U76udzZ2
          ____
        / ― ― \
 ミ ミ ミ / (●) (●) \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒)   (__人__)   \    /⌒)⌒)⌒)         ……ちなみに、一般の読者の方は、
| / / /    ` ⌒´     | (⌒)/ / / //          このくらいのスピードで本を読んでいきますお。
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                                            /  ト、                     i
                                                  ト、 ヽ  \                  |
                                           | {  | ヽ ヽ   ヽ               亅
                                            ,ハ  ,{  ヽ }\__jヽ._                礀
                                           |l } / ! _   > '´‐- .]            !
                                           || !  トvミ_  ′ ‐=せナ|               ;
                                               }! \jい-'}i      ̄´ |
                                                }〉|l      |           {
                                                | jL、-    |    i          |
           なるほど……                             |  ヽ`二 ´  |   |      !
                                          / ̄ ̄ ̄¨¨,二フヽ  ,. 1     l          l
                                         /  ` < ̄]      l「  |   |        !
                                        /     ヽ‐- _ ̄_〕 ‖   |    li
                                       /     ト、 \___丿  ll    |    ll           ヽ
                                    . '      y  !/ヽ ヽ!l !   |{  礀    八         \
                                   /      ハ {  \__)   ハ __,ノ  / ′ \_,r;.=====ミ
                                         ノ-‐} !   |r1  / ̄/}   /一…ァ' /          \
                                   |   ィ     `┘  /|| | j,ノ /  j /}ノ   //
                                   |     |         /  j'フ~/   ^´   //              }
                                   |    |      厶-‐' '´        //               ;
                                   |   |     /. '´    ___,..   //                     /
                                   |   |  /<´   /     ___/___ \   / ノ             /
                                       | /⌒>\_,∠ -‐' て ̄)   `> \ {∠二 ヽ、      , ′

302名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:17:19 ID:Nnks1v92
宮崎市定の「科挙」は、このスレを見て読みました

303 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:17:57 ID:U76udzZ2

       ___
     /      \
    /   ⌒   ⌒\
  /     ,(⌒) (⌒)、\            確かに原稿を受け取りましたお。
  |     /// (__人__)/// |
  \      ` ヽ_ノ   /            ……ところで報酬ですが、原稿料という形で支払うのと、
    ヽ    , __ , イ               印税って形で支払うのと、どちらがよろしいですかお?
    /       |_"____
   |   l..   /l´ マソコに箸`l
   ヽ  丶-.,/  |_________|
   /`ー、_ノ /      /


                                           ,,. -‐''"´ ̄``´ ̄ ̄``''ー:、
                                         r'~ ‐'"~ ̄  、._       \
                                      ,.ィ'゙ ̄  、       `ヽ、  ヽ   \
                                    /    ;、 \``''-、     ヽ _ ヽ  ヾ`''ー
                                   /   ,  |il,ヽ  \  `'‐、    \``''ー、. \
                                  /   /   |ヽ; \ \    ヽ     ヽ   \ `,ー=-
                                  /li.   |  l. | ヽ; \ ヾ 、         \   ヽ ゝ
                                 〈i゙i   |  | |  ヽ:,  ヽヽ \_ \      \.   i `ヽ,
                               .   |   l  i i   ヽ>  i. ;、ヽ、iヽ iヽ、     ヽ、 .|゙i, ヽゝ
                                   i,   i  、_|i      |_lヽ'_L」 |__i,       ヽヽ,!、|__i_
                                   〉、 ∧,、,ィ'_二ミ‐、 ,.‐''"~;:二ニェ,i    \   ヽi、l. | ̄
                                  ./. ∧/ ハヾi;(℃〉、i l  ∠_℃〉ノ'' i,     \``''ー;-ニゝ
                                 ,..:/ /'~ >、 i  ̄ ̄ ||      ̄   i       \、 `''ー-、
                                 i/ -'、イ'~∧. i,.    ||         l,、 i      ヾ,ー-、/
       どちらがいいの?                    \  `弋,ilヽ l,.    l」,..,        / 〉 l  ヽ \  ゝ、_
                                   `'i::....  `'ヽ,ヽ.  ‐;---─;:‐   /'~      \ \ i、_l
                                    ゙.i,   ...   ̄``ヾ`ニニ-'  /:::::|   i   ヽ `'‐、,.>--- 、_
                                     `ヽ、 ::::..    `ヽ,__,. ‐'~:::::::::::ヽ  |    \ /      `'-、
                                    _,. :::'ヽ、::: ,     l ,ト- 、:::::::::::::::i\ |  l.   >ゝ        `''ー'、, -、
                                   /      X/     i'~ ゙i  ` ::::::::l _\.  |`'ー'~'‐-、.       /    '~
                                  i    _,./  .|::..    i,  ノ      |./:::``i /─'''~ ̄:...  i.    i :::  ::..
                                  .|`ヽ ∠,____|.    | i.      /i.l::::::::::'-':::::l i:..    〈   | l :::  ::::
                                  i  ヽ, ::::::::::::::|    l、 l``ヽ   '  〉〉::|: l  / :::::.    ヽ  |. l ::  .::

304 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:18:16 ID:U76udzZ2

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \         やる夫としては、印税での処理をオススメしますお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |         この本は間違いなく売れますお。
     /           l、E ノ         となると、本の売り上げ数に応じて報酬が入る印税のほうが。
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 近年復刊された「日本の歴史」文庫版第1巻のあとがきにおいて、
 森浩一はこの本の思い出話をいろいろと書いているが、
 その中にいくつか、宮脇俊三に関する話題が出てくる。

 原稿確認の際、自分の原稿の見るスピードが、読者の本を読むスピードと同じことや、
 原稿料支払と印税支払のことについて、印税支払を強く勧めたことなど、
 編集者・宮脇俊三の仕事ぶりを見るには良い資料であるといえよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

305 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:18:54 ID:U76udzZ2
                                            f,} イ {  r.、       パヽ
                                           ノ    ヽノ }       .} `´
中公「日本の歴史」を買わないと!                      ヽ      /        ‘.   .{
__                             私も買う!     _>=ミ、 _ノ        ヽ_, ィ
_   `ヽ                              _r- 、     / ̄ ̄`ヽ   _     __ >イ´:
_>    \                            ヾ'  {   ./::::::::::::::::::::/  __>:.:.`ー' ̄< ヽ::::::
ヽ    _⊥    俺にもくれ!              __  >^\ /:::::::::::::::::/  ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ァヽ::
 `ーイ/ ̄`ヽ   r-、          __r、    , <:.:.:.:.:ヽ \:::::::7::::::::::::::::::/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ
    く:::::::::::::::::‘.__ 厂Yヒァ-- 、 とア\ ヽ___>x ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}.  ヽ/::::::::::::::::::/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
ー-、ハ:::::::::::::::::::V:.ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ > ⌒ヽ  Y ヽ!ハ:.:.:.:.:.:.:.:./   _/::::::::::::::::::::ヽ  ?:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
:.:.:.:.:.} /ヽ:::::::::::::::::V/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::::::::}'´¨`ヽ ヽ ヘ:.:.:.:,、イ><::V::::::::::::::::::::く   ハヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
:.:.:.:./ .}:::::V::::::::::::::::V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:::::::::/!:.:.:.:.::ハ  >^⌒> ´ ̄ ̄へ::::::::::::::::::::ヽ  }::}' \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./V /
≠^ー'::::::::V:::::::::::::::::V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y仁!>==イ_> ´:::::::::ト-、:.:.:.:.:.:.:.:∧::::::::::::::::::::::`<ニヽ ヽ:.:.:.:.:.:./イ /:::::
:::::::::::::>::´^ー=-::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:ハ!¨¨¨ヽ   {::::::::::::::::/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:}ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄^゙V^'^ヽイ:::::::::::
>:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:ハイ::::r^ヘ::{ー- }:::::::::::::/:.:.:/ヽ_:.:.:.:.:.:/!:.:ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>へ:.:.:hイ ././ヽ_L=<_|___!::::::::_ノ:.:.:/>-=^ ̄ゝ._}:.:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::>< }}   ヽ|  /./   \  ヽ   }_:::/:.:.:.:./⌒ヾx    ヾヘ:.!ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::><{ り  .L======_/    ⌒ ゙Y:(_ ^¨).イ   ヾ=====”.ヽ_}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;
>< ||:::::::::V  .}!          , ー 、    ∧_ア´`!           i   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
:::}リ  |}::::::::::ヽ_ハ       ./:::::::::::|`ーイ   | ヽ    /!      .ト--イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、そのように周到に準備された第1巻「神話から歴史へ」は、
 本屋に並べられるや否や、飛ぶように売れていった。

 その売り上げは50万部を超え、100万部に達した。
 全集ものとしては、出版史上空前の売れ行きである。

 ちなみに2010年の書籍の年間売り上げランキングを見ると、
 岩崎夏海著「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(ダイヤモンド社)が、
 推定売り上げ部数は121万1835部。
 山本千尋著「バンド1本でやせる! 巻くだけダイエット」(幻冬舎)が
 113万7159部と、ミリオンセラーは2冊のみである。

 それを考えると、全集ものの最初の刊行でこれだけの部数が出るということは、
 とんでもないことになるのが間違いない状況であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

306 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:19:18 ID:U76udzZ2

            |                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            |                | |二二二二二二二二二|| |二二二二二二二二
            |                | |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
            |     ホント        | |==================|| |================
.           ┏━┷━┓   ごめんチャイ | |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
.           ┃      ┃   ∧_∧      .| |==================|| |================
      /| .┗┯━┯┛  (・∀・ )     . | |lllllllllllllllll/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  |  | ̄ ̄ ̄ ̄|\ (|| ̄|| )     .| |======| |二二二二二二二二二|| |二二二二
   /|  .゙|  |        |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|_| |||||||||||||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
 /  |  .゙|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |_|二二二| |==================|| |========
 |  ..|  .゙|  | 日本の歴史品切れ中 |  |       | |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |lllllllllllllllllllll
 |  ..|  .゙|  |__________|/         | |==================|| |========
 |  ..|  .゙|/                             | |lllllllllllllllll/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 |  ..|  /                              | |======| |二二二二二二二二二|| |ニ
 |  ..|/                                | |||||||||||||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |ii
 |  /                                  |_|二二二| |==================|| |=
 |/                                         | |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |ll
/                                      | |==================|| |=
      /「「「「「「「「「「「「「/「「「「「「「「「「「「「/|     /「「「「「「「「「「「「「/「「「「「「「「
      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 続く巻も軒並み、高い水準の売り上げを維持した。
 それこそ「出せばすぐ売り切れ」という状況が続いたのだ。
 印刷会社の輪転機をフルに回転させても生産が追いつかない。
 そのような状況がずっと続いた。

 一説によると、全ての巻を出し終えたあと、しばらく経ってもその状況は続いていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

307 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:19:45 ID:U76udzZ2

                        l
                        |
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  |_____________                   |:  \
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
  |_____________          _________________________|:  \
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l\
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|       |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |_____________          _________________________|   | l  |
  |三|三|三|三|三| ノヽ |三|三|三|     ,.  |三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|三|   | l  |
  |______ 彡;;i;ミゞ___     ,.ソ;:ミゞ____________.,ソ;:ミゞ,::____________|   | l  |
  |三|三|三|三|三ソ彡;ミミ|三|三|       彡ヽゞ'      ||        || 彡ヽゞ' ||        ||       :|三|三|   | l  |
  |           |i:              |i,          ||        ||    |i,  ||        ||       :|_____|   | l  |
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 会社としても空前の利益を計上した。
 その利益を元に、本社ビルを建て、また社員の給料は大幅に上がった。
 ボーナスも多額になった。

 あまりに大きな利益を出して、使いきれなくて、経理部門では、
 「本社ビルをもう1つ建てようか」
 などという話が出るくらいであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

308名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:19:50 ID:Xr53c4Qk
全集買う客層ってのはどういう層なんだろ?

309 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:20:06 ID:U76udzZ2
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\          ……あとは、下降線をたどるしかないんだお。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |        最近ろくに旅行もしてないし、
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        そろそろそういう時間も……
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、この空前の利益を出す原動力になった宮脇は、妙に醒めていた。

 「日本の歴史」以上の本は作れない、そうなるともう下降線をたどるしかない、
 これ以上やっても意味がないんじゃないか……

 彼自身鉄道の次に歴史が大好きで、司馬遷の「史記」を愛読していた。
 そういうものを愛読していたせいか、つい、他人事のように自分を眺めるくせがついていたようだった。

 また、趣味の鉄道旅行も、ここ最近行っていなかった。
 そろそろ、のんびりと鉄道にでも乗りたい……そんな思いもあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

310名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:20:30 ID:PKdCaSMg
使い切れないほどの利益かあ 景気よすぎて想像つかんねw

311 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:20:50 ID:U76udzZ2

               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|               「中公に宮脇あり」と世間では言われている。
.             ,ゞ|   人__人   |く
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._         そのような君が去ったら、
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ       我が社は終わってしまう。
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }



        /\  , 'ヽ
.      /   ゝ、__ヽ
    /          ̄¨'''_‐-_、
    , '             =≡=ヽ _
  /               ,',r:ミ?  /
 /              ,-‐{ {::::j i  {
...′                ヾニン __`ヽ
..i                    j、_,, ノ            宮脇君がいなくなったら、
. i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,             中公で本を作れる人がいなくなってしまう。
 i.          i       | `‐‐-く
. 〉─-        i       `_,,`ニ>'             どうか、残ってくれないか。
..,,}─- 、   ',    `          ヽ
.i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j
l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ
.゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 i、_,,〉


                                                          /  ̄ ̄ \
                                                         /ノ  ヽ__   \
                                                       /(―)  (― )   \
                                  ・・・・・・                     |.  (_人_)   u |
                                                            \   `⌒ ´     ,/
                                                        /         ヽ
                                                       ./ l   ,/  /   i
                                                       (_)   (__ ノ     l
                                                       /  /   ___ ,ノ
                                                       !、___!、_____つ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 実際、宮脇はこの時期に一度、辞表を提出している。
 しかしこのような大ヒットを連発した名編集者・宮脇俊三を、
 中央公論社上層部が慰留するのは当然であった。

 さらにそれでホロリときてしまった宮脇は、辞表を簡単に撤回している。

 このときのことを、宮脇は、
 「ちょっと甘ったれた話で恥ずかしいですね。」
 と述懐している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

312 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:21:21 ID:U76udzZ2

                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし……
 「日本の歴史の売り上げを考えるとこれ以上の仕事はできない。」
 「このところ忙しくて、汽車に乗れなかった。」
 これらのことが、退職の理由として考えられるのかというと、疑問なところがある。
 少なくとも、本当の理由として考えられることではないように思う。

 実はこの当時、いろいろなトラブルを抱えていた。
 宮脇の私生活にもあったし、また中央公論社のほうもトラブルを抱えていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

313 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:21:42 ID:U76udzZ2

     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |
     ↑     ↑     ↑     ↑     ↑
   右    翼    の    み    な    さ    ま
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以前も書いたが、当時の中央公論社は「風流夢譚」事件を原因としたいろいろな混乱の中にあった。
 深沢七郎の「風流夢譚」の中に天皇や皇族らの処刑シーンがあったことを理由に、
 右翼が激しい抗議運動を展開した事件である。

 しまいには、右翼関係者が中央公論社社長嶋中鵬二宅を襲撃、
 お手伝いさんを殺し、夫人を負傷させるというテロ事件にまで発展する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

314 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:22:06 ID:U76udzZ2

       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::∪:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::∪`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノ___メ:::メ、_|::|::::::ハl
    人λ::::(|::|( ー) (ーノレ´
.      |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ|::|         鶴見先生すまない。
      .|:::::::|::|、   ̄ノく:|::|
     、ノ:::::::|::|.ヘ ./ )ヽ::|::|         オレら事務方や、中公労組も頑張ったんだけど……
      (  \m/__ノi ) , )
       \.彡ノ /i::|'., ヽ/ /
       !、乂_/:::::|::|.::\ソリ

                                                        z‐====‐-
                                                      彡=-‐ミミヽ:::::::::::::
                                                       / /⌒ヽ::::::::::::::
                                                       , ミ:.、`ヽ   ヽ::::::::::
                                                      ノ 、\   /.::::::::::::
                                                     _   ´ く::ハ ヽ  ヽ:::::::::::::::
             ・ ・ ・ ・ ・ ・                         (  、    `       }::::::::::::::
                                               _ヽ ソ        〈::::::::::::::::
                                            ::ニニ7' }L             ゙゙二ヽ::::
            (やりたくはないが……執筆拒否か。)          / x仁..`           )  }:::
                                            _≠-‐┴‐っ             、_  イ::::
                                            / -‐‐、て¨´       _ノ    _」:::::
                                          /  -‐ヘ. \≧=-、:::::     -‐ . :'^ヽ
                            .              l   ノ  `T   _」ニ=‐   . . : ´: /: : :
                                       |    }  / /;:|    /: : : :/: : : /
                                     _  /      /´/:;:;:;:;|   /: : : :/: : : /: : :
                                    /V/`〈   _ ,ノ/>ゝ;:;:;:;l /: : : : :/ : : : :/: : : : :

                                                 【鶴見俊輔】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 右翼の暴力に恐れおののいた中央公論社上層部は、
 それまで多く執筆させてきた革新系の執筆者への原稿依頼を減らし、
 一方で保守系の執筆者への原稿依頼を増やした。

 さらに革新・リベラル系の思想誌で中央公論社が出版元となっていた「思想の科学」が、
 天皇制に関する問題を特集しようとしたことしていた。
 ところがそれを知った上層部は、 「思想の科学」の発行を停止してしまう。
 俗に言う「思想の科学」事件である。

 この事件は多くの従業員の不評を買い、労組による抗議が行われ、
 また社外では中央公論社の出版物への執筆ボイコットが相次いだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

315 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:22:29 ID:U76udzZ2

     ____
   /      \
  /         \
/           \        こいつはまずいお……
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/        これじゃあ右翼に屈していることに他ならないお。
(  \ / _ノ |  |         どうにかしないと……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この事件は宮脇がちょうど中公新書を立ち上げようとしていたことに起きた。
 これから立ち上げようとする新書なのに、その執筆者にボイコットされてしまうおそれがある……

 さらに出版人として、言論を扱うものとして、
 右翼の暴力に屈するという態度が気に入らなかったのも事実である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

316 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:22:55 ID:U76udzZ2

         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ
        |三=-::::  "'ー-ー'" \
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|                  ははは……
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|                  これまでちょっとした混乱こそあったが、
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,      それをしのぎ切っての空前の利益じゃないか!
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶    本社ビルも建てたし、
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )    これだけの金があれば新しい出版物も作れる!
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、このような社内の混乱状況において、
 「中公新書」「日本の歴史」の大ヒットから、空前の利益をたたき出してしまう。
 そしてそれは、地道にこつこつ本を作ってきた中央公論社を、さらに混乱させてしまうものであったのだ。

 貧乏人が突然大金をつかんだとき、どうなるか……
 そのように考えると分かりやすいかもしれない。

 まさしくそのときの中央公論社が、そういう状況だったのだ。

 宮脇がこの時期に退職願を出した理由……
 それはこれから起こるだろう混乱を予期したからだったのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

317名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:23:05 ID:Nnks1v92
>>308
時代性が違うと思いますが、当時で言う大卒のインテリ階級じゃないですかね?
まがいなりとはいえ祖父母が大卒同等だったうちにも、世界の歴史とか中国の歴史とかありましたし

318 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:23:18 ID:U76udzZ2

                      、 ‐ vvl/し
                   ___jヽ}ヾ l  { =ミ
                   ゝミ  }/ 从  =ミ
                      ) Y  从V ヾ  爻
                       { ヽノ..-‐:::::::‐-ミヾ }               ・ ・ ・ ・ ・ ・
                     ....:.´:.:.:.:.:-┬‐-:.:.:.:.ヽ、
               ......:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-.....
          .......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
           /{{ ̄¨7:.:.:.:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }}、
.          〈:.:}}:.:. :.:.:.:.:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.         }ヽ:.:.:.l:.:.:.:.: /:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
        l:.:.:.:.: l :.:.: /:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:. /l
          l:.:.:.:.:.:l:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:. /:.:l
.         lヽ:.:.:. l:.:/:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:./:.:.:.l
        lヽ:.:.:.:.:V:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:/ :.:. ノ〉
.        ,: .:.:.:.:.:.:.}:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |/)/:/l
.         ,: .:.:.:.:.:.: {/:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:/ : /:.:l
       ,:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l:.: / :.: l
.     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
      ,{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.: l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、慰留され、また本人曰くの「甘え」により、宮脇は結局中央公論社に残ることになった。
 その結果、これから来る「嵐」の矢面に立たされることになってしまう。

 そしてその「嵐」は、宮脇だけでなく、多くの社員を巻き込むものであった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                                               【おしまい】

319 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:24:01 ID:U76udzZ2
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

320 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:26:05 ID:U76udzZ2
>>308>>317
中公「世界の歴史」「日本の歴史」は当然インテリ層には支持されてるんですが、
それ以上に高卒や中卒層も手を出したようですね。
というのは、文章が平易で読みやすい。

321名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:26:21 ID:PKdCaSMg
乙でした。
大仕事をやってのけても、万事うまくいくってわけじゃないのが、難しいところといいますか。

322名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:27:51 ID:Xr53c4Qk
乙でした
バブル期に事業拡大して失敗したのと同じ結末が見えるw

323 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:29:26 ID:U76udzZ2
>>321
宮脇先生にとっちゃ「編集者」としての成功が、
実は私生活での失敗につながってるところがありますし、
また会社をダメにした一つの小さな要因でもありますしね。
中公を勘違いさせたという。

この辺は本当に難しいところです。
一つの経済的成功が、のちのちの会社の崩壊につながるなんて、普通に起きているだけに。

324 ◆KcxXifcWsc:2011/09/03(土) 21:32:47 ID:U76udzZ2
>>322
中公の場合、バブル期の会社以上に思想的に厄介な面を抱えてるのも大きいんです。
その結果有能な編集者を次々と失っていったわけでね……

いい編集者がいなくなれば、いい本ってのは絶対に作れませんからね。

325名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:34:55 ID:Nnks1v92
中公はラノベというジャンルでも、救済者な時期もあったような気がします。今や、創元が息を吹き返した気もしますが

326名無しのやる夫だお:2011/09/03(土) 21:40:14 ID:X1tyuPW6
おつ

327名無しのやる夫だお:2011/09/04(日) 02:09:35 ID:ndZ0ozhQ
乙でしたー
世界の歴史は高校時代に頑張って全部読んだなあ

328 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:19:16 ID:RZoc5CvI
小ネタ投下します。

現代文学とはほぼ関係がありませんがつい作りたくなってしまったので。

329 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:19:38 ID:RZoc5CvI
          ,.、_ _
     r-、 へ^:.: :::::.:.: .:ヽ
     r::::り .:.: .:ノ ,、 ::.: ぃ⌒、
    ノ::::::l::ノ::ノ ノ'  ` ::: : ::::::::i
    i:::::::j::::ノ r=、  ヽ :::)、::::::::i
    ル:::::リ::( ,,    r=、:::( y::::::リ ニッ      はじめまして、やらない子です。
     Yyノ;;ハ  -、_,  ソ::::j ルリノ
     /:) ) )  r /} ::::::(            モンティ・パイソンの中で6番目にいい人です。
    ,' ノノ/)ヾ  i' / ィ ヽ:))
    l ノ    Y.〈 )_)ヽ,(
    { (      } ^'^ン

330 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:19:53 ID:RZoc5CvI

  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )            真面目な話からしようと思います。
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

331 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:20:16 ID:RZoc5CvI

   / ¨ヽ-、  _ _  _  _ / : : :.ハ: : :ヘ
  ./:.:.:.,:.ハ,ハィ.: ' :.:.-:.:.::.:ミ、:..``ヽ く、_: : : :ヽ
.../ ̄ : : :ヽ:.:/`-: : : : :./ ヾ:.r´`ヽ:.:.:.ヽ、 : : : :〉
/ : : : :ヽ../丶:.:/:.:../.:..:;::ィ':.:/ヘ:.,.:ヽ、:.\/:.:/!
!: : : : : : :/!:.:.:.':./:.:./: : : : :.イ,:.、 : :く:.:.丶 : : :、〈
〉 : : : : :/:.|l:.,:.:.,':.:./ : . .;:.:/:.:./:.:.ヽ : ヽ: : : 、 : :ヽ)
: : : : : :,':.:..:.,/:.:./ : : :,.':./:ハ:.:.:,1:.!:.:.!:.:∧ :ヽ、 :V
 /:.;'::.lヽ/;/:.:.:!: : : :/;イ:.l  ', :/ |:.:.:.ト、:.:.:.!ヽハ : l
〉:::::,/~i ;' :. .イ:.:.:.:/!;' !:./  l|:./_l_ ! | :i : : !:.:.:.:.|
::::/   |:,':.:/レ|:.:.:.;' /-.|/_   /|/,- /__!/| : :イ : :lリ
ヽ〉   /'ll:.|γ!:.:.:.!:'てィヽ`   '゙こ'テ;ハ|:./:.:.:.i ム
/  |/!|:.i.(、レ: |゙ゞ-' '      `ー'´ l/:.1l:.ナ  ヽ     私は日本の首相になる準備があって来日しました。
   /:.:.|/:.|:.::|、!| " "        "'/:./|/
   /:.:!:人| !:| iヾ、   、__ '_,.    , イ :!           今日中に首相が決まらなかったら、
  :.イ !:|::!:.i.|:! !_/:`:..、      , ., '´ チ:.!、          初のコメディアンの首相が誕生します。
 /ノィ ¨ヽ.:l´ | .⌒ヽ.`,. - . ィチ/  ィ!,!:::::::|`ヽ
  イ:::::::::::丶|:.| !:.`ヽ. ヽ ,ィ ,イ´ ,/ /::::::::!  |
 /\_   ゙!:.|/ヽト、!  `'"´    ゙'i /:::::::/   !、
ィ   ヽ、:::::|:.!\!  ,!        ヘ::::::/   ノ !
      ゙、:.ヾ!  !,/.|        /:/,. - ィ;.:.ノ
       ゙、!'  /,ノ     ,.イ /;ノ    ,′

332 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:20:34 ID:RZoc5CvI

        _ _
      , ´  `ヽ                ,ハ /\      /::::::ヘ      。
      !     !   o    /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、     ○  O   _ _゜
      ヽ、__,.ノ       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}     o   , ´  `ヽ
   ○      O  o ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|    O    !     !
    o           i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:          ヽ、__,.ノ
               /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、     O ゜
             /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
            , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L├-、   、::|-‐\!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
            {::::::/:::://|'::::::l::/lヾj  _  ヽl_   j::::|::::,ト、:::\::lル
            l::::// l:||::l:::::::::l,'l ,,===、    ,===、|::レ'::!ヽj/ )ヽ
  。 o   O   `/,'  l:||::l:::ヽ∧              /|:::l丿::リ::|  `丶
      ○      ( l  リl:!い::::::{tヘ.ヽヽヽ   '   ヽヽヽl|::::|::/イ|::l     )     みなさんを楽しめる自信はあります。
             ヽ l/ V|トrヘ、    r- ―   イ.|::::|::i|| リ
  ゚ ○ 。  O      \|::| ||::::ト、   ヾ二 ノ ィ:::レ':::::jl:::l   ニカッ...   。  o O
                  |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
                 |::/  i:::::::l l!/\     ∨/::∧::丶         O   _ _゜
                 |/  |:::::::l !‐'i   ヽ、  ノヽ/::∧ ト、::::\_,    o    , ´  `ヽ
               //    l:::::::川 |    入//::,ヘハL 「_ ̄ヽ          !     !
              // _ 厶ィ'::::/  |  ー一' _/∠_ヽヾ.    | ̄`ヽ         ヽ、__,.ノ
             /    ヽ       |  // i.| \|   i   )        O ゜

333 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:20:52 ID:RZoc5CvI

          , ⌒ハ      ハ⌒ 、
        j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::  i
         ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i
         ル:::::γ::::::    ノy:  :リ
        Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ )     「|
            リ::::::::::::::      (   くl└- 、
          (::::::::::::::        )     !  1ノ
            ):::::::        (    |  ノ        今年の春、日本では大変なことがあり、
           (,(.(  ル リ ルリ いノ ))    r={_        その時にショーはやめようかという話になりました。
          _/|        l   ̄l  /  8}
         /八 l         l    \   /
        /   入        > 、     /
      /   /  \         | \   /
      \   \   ヽ          |   ー'
      \  />、  }          l
        へへ \/           ヽ
           _ノ /          l
          [-ァ /           l
             ー/              l
            ∧            〉
            /  `  ー------一 '´ |
            /   /       l   l|

334 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:21:06 ID:RZoc5CvI

  , ⌒ハ            ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i
 ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(            しかし逆に、
.    ハ::::ハ  ''  r‐ァ リ) )           日本でぜひ歌ってほしいという気持ちで今回来ました。
     ) ) )、  ⌒ ノくハ(
     (   `ー───------r'う
        )`ー──────、)))
      i ......   ..... i /
       ヽ::::::.  .:::: .ノ(_rつ
       i ::::::::::::::::::(__(三)

335 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:21:27 ID:RZoc5CvI

     _      _,..‐.....-.....、..._ vr 、
    /:.:.:`ヽ、, .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .: ハ.j∧:
.    ハ.::.:.:. l孑:.:.イ.:.:.:.:.:.,:.:'"´ .:,.,ィ´:.:.7.:ヽ、
   /:ノ:.:.:.:.l〉:.:.:.:.:.:.:.:.;〃..:.:.:/:.:.l:.:.:.:/!ヽ:.l:.:.ヽ
   l:.:l:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.;〃..:.:.:/:.:..l:.:.:.:./ ヽ:.:.l:.ヽヘ
  /イ.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:-:.:.l:.:.:.:./:.:.:l:.:/.:.:.:./  !:.l:. l、:.:.ヾ、
  l:.:.:l:.:.:.:.:.:,lヽ:.ヽ:.:.j. :.ノ:.:.:,:l::.lム、_/ヽ  :.ハ,l:.:l:iト|       人生がひどいものだと感じたとき、
. l:.:.:.:l :.:.:./ :.ヽ:.:.:./V:/:.i'|__-,=‐  _二ソ:.l|:.l
  l:.:.:.::.ィソ  !:.、:.:./r,ヾ;.:.:.:.:l f込厂   {ラ!lレヽ|〉       何か忘れているものがないか考え、
  l:.:.(    ,':.:!.:.ヽ 、6l.:.:.:.l         丶}..j:l
  :.:.ソ   /:.:l:.:.イ:.:.フ|ハ :.:.l    、 _ , /:l          笑って、歌って、踊ってというこの曲のスピリットが、
  (    l:.:.,':.:l_|ヽ:.:.lヘ.:.:|       /| ソ
      /:.八丿l,/‐~:\ヽト、:.. ┬‐-イ:メ           この国に必要です。
.      j /.:.「::Y´ `  ヽへ 千7
      ):: //⌒ヽ\   ',   ´ `‐-、
      (/:.{   `ヽ、     . ..:;  ?

336 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:21:42 ID:RZoc5CvI

                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\            __
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           /:.:.:.:.:.:.\
                    /;;;::::'':.' ̄/⌒`Y二7-―――- 、  /i:.:.:.:.:.:.:. ̄\
                  (/:.:.:.:.:.:.:.:./´ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`< ̄ ヾ:.:.:.:.:.:.:.::.:|
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /:.:.___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___:.:.:.:.\ ヾ.:.:..:.:.:.:.:.}
       _ ------⊥__, '":.:.:.//:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:ヽ ヾ:.:.:.:.:.:.イ
      ヽ::::>、;:.:.:.:.:.:.:.:.:.'':.::;;;;_:._:.//:.:./:.:/.:.:.:/:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:\:.:.ヽヾ:.:.:.:..:.」
       ,-`´ ̄ ̄\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.//:.:/:.:.:./:.:.:.:./:.:..:|.:.:.:.:|:.  :.',:.::|/:..;;,イ
      |/|| ̄ ̄ ̄ \:.:.:.:.:.://,イ//_:/:.:.:.:/、:./|...../|..||....|   ...:.|:.:.レ''.;/
      〈:ヽ,||         ̄ ̄// / r / |:/|/  |/ .|.ハ/| ..:.:.:.:.|:.:|:..:./
        〉:..|       __. イ/,':.://:.V, ´  ̄ `   ´  ̄ `メ.」:.:.:|:.:.|.//
 ―< ̄´/           /:.://|::.イ   ___    ___   |:|:.:..|:.:.|:.':\
       ̄            //l/│l∧,, ' ̄  ,   ̄` ,,メ:|:.:./:.∧:.:.:.:|     悲劇的な状況にいるからこそ、
                  /   | レ  ハ         ∠イ:.:/:.:/ 〈:.:.:./     世界共通の気持ちに気づくことができます
                        `l 、  ̄  _, イ/:.:// ノ/
              ::::::::::::::::::_,r‐-≧ー-|  .‐-‐  | \_,厶-ヘ
                  :::::::::::〈/ /厶イ \_    ト、 ∨   \
                .::::::::ノ∧_,ノ/ |  人_`ヽ/⌒7二.__\ノ} \
                .::::::: 人〈( 〉   |/  /  ⌒ー┴─-=ミ- 、 ',

元ネタ……ttp://natalie.mu/owarai/news/55649より。

337 ◆KcxXifcWsc:2011/09/04(日) 21:23:54 ID:RZoc5CvI
以上でございます。

元ネタは日本に初来日したエリック・アイドルの記者会見からです。
ttp://natalie.mu/owarai/news/55649

つい最近ああいうニセ(?)予告作ったあとのこれという、なんてタイミングがいいのか悪いのかw

338名無しのやる夫だお:2011/09/04(日) 21:24:24 ID:tmqxcbcY
これ、ニューヨークで見たわ。パイソン好きにはたまらなかった。

339 ◆KcxXifcWsc:2011/09/06(火) 20:07:25 ID:G.c7IqIw
ちょっと皆さんにご相談。

「株式会社文藝春秋」と「河出書房新社」、どちらがよろしいでしょう。

その結果を受けて、明日投下する作品を決めます。

340名無しのやる夫だお:2011/09/06(火) 20:09:57 ID:nPQoP.k6
河出書房新

341名無しのやる夫だお:2011/09/06(火) 20:16:03 ID:rVBHeR3.
春秋

342名無しのやる夫だお:2011/09/06(火) 20:34:16 ID:eqMU1B1w
文藝春秋かな

343名無しのやる夫だお:2011/09/06(火) 21:57:11 ID:.FJhE/hY
春秋かな

344名無しのやる夫だお:2011/09/06(火) 22:53:40 ID:kgpxSM6U
河出ー

345名無しのやる夫だお:2011/09/06(火) 23:08:35 ID:mQYuKHEg
河出書房新社

346名無しのやる夫だお:2011/09/07(水) 09:43:38 ID:ciXNwotw
河出かなぁ
あんまり名前出てこなかった気がするし

347 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 20:51:39 ID:lIfBu3u.
えっと河出書房新社のほうが多いので、そっちの話で行きます。

……多分、誰扱うか予想ついた人いるかも知れないけど。

348 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 20:59:19 ID:lIfBu3u.
それではちょっと早いけど投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

349 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 20:59:39 ID:lIfBu3u.
【河出のワンカメさん】

                             ____
                           /       \
                          /    ⌒   ⌒
 このような感じで、            /    ( ●)  (●)',    。阿部=道下
 三島の文学は面白いんですね。    |          ___´__  |    /
                        \_      `ー '´ /  /
                           /   ̄ヽ 介/; ̄ lヽ、 ,rE)
.                         │  | ゝヾ, / 7  |  ソ◇'
.                         |  |  \ ゚|/  |\/____E[]ヨ___________
                        _|__|___゚|___|_
                         |\   ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
                         |\\    ⌒  ⌒ 甘  \
                         |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

                             【奥野健男】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 奥野健男は、1961年から1997年まで、多摩美術大学の教授を務めている。

 当初は自然科学系の講義を担当していたが、後に文芸関係の講義やゼミを担当している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

350 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 20:59:59 ID:lIfBu3u.

                    【極めて?優秀?な多摩美卒業生の皆様】

               从,、                       r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
             /゙  ゙\                .      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
            /    :::::::ヽ、                     i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
           /;;;;;;;;  ;;;;;;;;;; ミミ              .      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
           / <!>::::<!> ミミ                   l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
          < :::::::: ‖ :::::::: >ミゞ                    レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト
           \;;  ‖  :/ミミ》                    ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ  
            .|:  ゚ ゚  ::::|彡ノ             :ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ
            |:: -===-:::::|                ::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
            .i  ;;;;:::::::::i                ::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,  
            ヽ  ::::::::/                 :::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
             .\,,,:/                  :::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
                                   ::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /

                             ___
                       ,,、-'''"´ ̄    ̄`"''-、
                     /#             \
                     /##                ヽ
                     |#               ○ |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ヽ      ○     |     /  < どうせ・・・・・
                     \          ⊥   /    \_________
                       "''-、、,,,,,,__,,,,,,、、-''"


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おそらく優秀?な多摩美術大学卒業生の面々も、在学中は奥野の講義を聞いているかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

351 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:00:29 ID:lIfBu3u.

         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|:|
      |:::::|::::::|     ,   j:::::|
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i            まあぶっちゃけ、大学は実技しか興味なかったけど。
    .,-'〃:/::::::::,--ヽλ:|::::::|
  / ー/l:::l::::::::::ヽ、 " 〈::::::::|       -、
 ,/   ,| !:::l:::r::::::::::::''ー├- 、_     / ,'
. `ー-_| !::::l:::::!::::::::::::::::::`ー-'"::~`'r‐ア /
  ,/  | !::::lヽ、ヽ::::::::::: :::::::::::::::::::::ll'" ,/
    ̄``l'~レー-ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::| ,/
     ,'_,/ :::::::::::> 、_::::::_____ ::.〃
     !::::::::::::::::::,l'二f´ ', ::::::::_ | |
.     l::::::::::::::::::::|  У:::::::::,!  !
.     |::::::::::::::::::::{`::"::::: :::::::::`ー-}

       【荒井由実】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 荒井由実、後の松任谷由実も、多摩美術大学出身である。
 美術学部で日本画……文様などを描いていたようである。

 彼女の実家が呉服店だったというのもあるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

352 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:00:53 ID:lIfBu3u.

           . : "´  ̄ ` : 、
           .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
          //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.  _
. ((  ,ヘ,   l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::| / | ))
     '、 ソヽ |:|:::::|(●)  (●)|:::/ ̄\ゝ
.     ソ/ `|:|::::_|    、    |:/    〉      まあ、般教とかは、単位を取るのが楽で、
      /     !ハルト、_ ‐‐ _,.イ    /       できれば、今やってる音楽とかにつながればいいかな……と。
     |___       ヽ//    __ ゝ
        ` 弋_  ,/   ,  /|::|
         |:|::::i::`ト┴─‐ イ::::::|::i
         |:|:i'l:j:::|___ |::::::::|::|
         |::::::::::::|─── |::::::::|::|
         ||仆イ|'i       |::/|ilハ|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もしかしたら、荒井由実も、意外に奥野の授業を取っていたかもしれない。

 まあ、
 「その可能性はあるし、そうだったら面白い」
 という、作者の憶測である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

353 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:01:11 ID:lIfBu3u.

                          _
                      / ̄:::::::::`ヽ
                      /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    //::::://!::::::::::::::::::lハ
                      i:|::::::_LL!___!ii::::::l::i
                      /:::l::::::!●)  (●`!_::|:i       授業も終わったし、
                  /:::::::i:::i    '    ,'::`::|
                     /:::::::::;i::!,゙:..、_ ^ .イ::::j::::i       ……今日は打ち合わせに行かないと。
                 /:/ ̄.|::! ヽv/´ 〉ヽ/:::::::.
                  _,-'"´ヽ ! .!::|V У /  |.ヽ:::ハ
           _,.. -<_    ゙:..| |::| .ヤ/  /   !/ V:ハ
〈\   _,.. -‐ '"     ` ‐-、_ ゙.!|::|,/  ,/!  |' ,/ ヾ、!
 \`ヽ.|             ,.ィ≦::|イ`゙='-ェ、._j/ ___\
  `ヽ-‐|      _,.   ,..:ィ´::::! /:/  ̄ ̄ ̄ ̄.〉.\     \
     ゝ  _,.-‐"    ,/:::;::::j/'"       !:::゙ト、`ヽ、    \
     く ヽイ      /::,イ/"ト、.__      ,!::::::|, ヽ、_ `ヽ    `メ__, -‐ァ
     ヽ      _,./:///゙ヽ、/_  ̄`゙¨¨¨´ヤ::::/     `ー、.  ,..イ._ っ
      `ー‐ ' "´ レ'"   /  /   ̄`゙¨¨¨¨´イ:/       ,.ィ'"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、荒井由実であるが、
 高校時代に作詞家・作曲家としてデビューしていたことは、以前も書いた。

 大学在学中も、学生と音楽活動の「二足のわらじ」だった。
 おそらく、学業よりも音楽活動を優先していたんじゃないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

354 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:01:41 ID:lIfBu3u.

             ,  -── -  .、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::;イ:li::::::::::::::l::::::::::::::::::::::',
        ,'::::::i:::!::::/l::i!::::::::::::::l::!:::i::::l:::::::::::i
        i:::::::l::i:::」 .l::|:::::::l:::l_j::Lji::::ト、::::::::l
    , ' ´ ; `ヽl:::l:(●)  ̄(●)l::::l:::::l }:::::::l
   (   ':;  );」!   、    l:::l::::;」':l:::::::l            というわけで、次の曲なんですが、
    ヽ、   ノーl:j,.   _._     Lィ:イ:::::l:::::::l           荘厳で、どぅわぁぁぁ〜っな感じでお願いします。
     ` ‐ '´ 「 ̄ ̄ ̄l_ , イ:::::l:::::::::l::::::l
         l   r 、l::::l   , !-=-、:l::::::l
         「ミ.l  r' ̄ ̄`ヽr く.  _ ';:l:::::l
          「',   ヽ、    il  \ , -──┴i
        入`ー--`ヽ、__/  ヽ\:::::::::::::::::::l
       /  `i‐-l:::::l/l::/    ', `‐ 、:::::::::::l
      /     l::::l::; -l:/         `ヽ::::',
      l       l::l(  l      ヽ    l::::::〉
      l      ';l::::::l        \   l:プ


                                               |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;_:;:_;:_;:|
                                               |______|_____|
                                               ||i: :: :lへ、_|l:|:| :|: |:l:ハ: l: ::: {V}
  ……善処するでおじゃる。                              | i:: ::|  __、 レハ ,___ ハ:l:: :: M
                                               l i: ::i  ヒリ    ヒリ   Vl:: ::M
  (どぅわぁぁぁ〜って、どう表現すればいいんでおじゃるか?)          li: ::|  "       /: : :OO
                                                l:: :|:ヽ   ̄    /: :/: :: | |
                                                l∧Vハ`,ー---イハ:/: :ハ ノノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 と、いうわけで、彼女はおそらく、プロデューサーと打ち合わせをすることも多かったじゃないかと思う。

 ちなみにこの当時の荒井由実は、
 「キャラメル・ママ」というグループにプロデュースを依頼することが多かった。

 後の「ティン・パン・アレー」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

355 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:02:03 ID:lIfBu3u.

   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i:;:;:;::;:;:;:;:;:;|
  .|;:;:_:;:_:;:_;:;_:;l:;_;:_:;;:__:;:_;|
  |_____|____|
  /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
 j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
 |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }          うーん……でも、この曲なら、
 レ:.:.:|:!:イ.f?:|  ヽl.f?∨:i: レ
 |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)|          彼を起用できるかも知れないでおじゃる。
 lN:. |: :.| `,,, 、-、  `,,,u!l.:|: |          
  |:.:|:. :|ヽ、 .>‐`ヽ .イ:j:l |: |
  Nl!: :.|从: (/´  )‐j:从:!:.j
   ヽ:.l イ { .ゝ´./ソ.\トレ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、その「キャラメル・ママ」のメンバーの一人が、
 キーボードに自分と仲のいいセッションミュージシャンを使うことを考えた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

356 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:02:33 ID:lIfBu3u.

   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i;:;:;::;:;:;:;:;:;|
   |;:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;;:__:;:_;|
  |_____|____|
  /: : : : : イ:T ¨ri:l;; .. :: ::¨ヽ
 j: : :イ斗‐!: |  |:l:|-:、T ォ: ::!
 |: .: :.|: |r‐i、 l  |:l:|r‐ 、: |:  }
 レ:.:.:|:!:イ.f?:|  ヽl.f?∨:i: レ         と、いうわけで、ちょっと弾いてみないかでおじゃるか。
 |: |(|: :.| トュリ     トュリ |:.:|)|
 lN:. |: :.| `,,,   '  `,,, l.:|: :|
  |:.:|:. :|ヽ、 ` ´  ,ィj:l:|: |
  Nl!: :.|从:≧ァ ≦‐j:从:!:.j
   ヽ:.l イ { l_//  ._.トレ


                                                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                 /::::::::::、::::::::::::::/   て
                                               ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
                                               ノ//::::/ _ノ  .ヽ、ヽ  |
                                               イ /: :从 (●)(●) レレ|
            その話……考えさせてください。         .        |ハ |  (__人__) ./ノ
                                                  イ|   ` ⌒´  ノ
                                                   ヽ  ._   .}
                                                    ヽ_/ } . ノ
                                                    /、 〈  く
                                                   ハ ヽ Y`ー.、i
                                                   { ヽ_ゾノ-‐1
                                                   `¨´┬' . |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのセッションミュージシャンは、キーボードプレイが上手かった。
 幼稚園時代から引き続けていたピアノで培った技術と言えるだろう。

 反面、「ずっとピアノを弾いているほうが好き」などと言っており、
 音楽の表舞台に出たがらない人だったようである。
 だから「セッションミュージシャン」だったのだろうが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

357 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:02:57 ID:lIfBu3u.

                     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                  /::::::::::、::::::::::::::/   て
                 ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
                 ノ//::::/ シ  .ヽ、ヽ  |
                 イ /: :从(ー)(ー)  レレ|
                  |ハ | (__人__)  ./ノ
               .       ` ⌒´    |
                     ヽ      ノ
                     ‐ヽ、   /
                      /     \
                     /            |
                     /           |  |
                    / /|       |  |
                    / / .|       |  |
                  _/ /  |      __|  |
                 / / / J  |     / / / ヽ
        ┏ r====≠==============┓
         }|‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐}|
        ┗宀ーヘヽー┬、−─=≒==‐‐―┬────‐┛
            l l \\       |   | |... ..|
            | |  \\       |   | |... ..|
            | |    \\     |   | |... ..|
            | |      \\   |   | |... ..|
            | |       \\____| (__|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、その人物が、荒井由実の曲に参加したかどうかは、ちょっと分からない。
 可能性はある、といったところであろう。

 もっとも、その頃、その人物が、
 「キャラメル・ママ」のメンバーのの1人のソロ作品に参加していることは事実である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

358 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:03:19 ID:lIfBu3u.

                                            ェェョ
                         / ̄ ̄ ヽ,            /,;;;\
                        /        ',   __,,,;;,=====ニニニモニニニ=====;;;;,,,,,_
                         {0}  /¨`ヽ  {0}',   ̄~"''''──---::[;;;;]----──'''''"~ ̄
  ェェョ                   l   ヽ._.ノ    ',       _       |.::|
_/,;;; '\                 リ   `ー'′    ヽ_,:;=‐''"_,,〉     !.::!
,;;;;'''" '';;;;""''''''ー‐--,,,,, i     _,-ー´       _,,-''"_,,;-‐''"◎ .:i}_,,,,  !.::!
;;;'    ';;;;;       )     /          〈!-''"◎   'i''"~~F--t'l  |.::|
'''''ツァ‐‐‐‐-------'i'"´l    ,!   ,!       {|::::.:.     ''"~~'l, |_|__!.::!
//       i,i' il |  l i  |   |        'i:::..:.       .::i l;;;;;;;;;;;;;;;;]'      |P
/        i |,'i !| | li,,,.i..ム   |         'i::::. .       .::i     !.::!  _,,,,,,,,,,.;;へ,,,,,,,,,_
         l|i i ! i | ,;i" i,!    !,          'i::::::.:.     ◎.::i}\   |.::|三───────‐三>
      '  ,|il !lL'-!ニニUコ i ._ノ〉          {i;;;;;;◎;;,, -‐''ニ"ニ)⌒ヽ |.::|  ~~"""""□~~~~~ ̄
     ' , ' |レ!''' ̄  "''''""~   |          〈_ッニ二--''''"てノシノノ[;;;;;]       !.:!
 iニニニニニニニニニニニコ    ,|_,,.--‐''''''二二''''''‐-.,_lニニニニニニニニ:|.::|;ニニコ     !.:!
  0}::::::...◎. .  ◎  .:◎::::|}   ,::'",,-‐'''~ ̄    ̄~'''‐-,,"'''◎:::..: .◎   . (|.::|:::::::|}    |.:|
  .|::::::.:.:.:. .      .:.::.:::::::|  //    _,.「|drums    "、.ヽ::.:..      |.::|:::::::|      |.:|
  .!:::::::.:.: .       ..:.::..:::::|  / /:::     ( d |「i.n.「i      ';::ヽ.       .|.::|:::::::|     [;;;;]
  !:::::.::.:.: .      ..:.::.:::::::| ,' ;!::      `'''´`''^''´      '':; ':,.      |.::|:::::::|      |.:|
 .|:::::.::.:.: ..     . .:.: :.:::::::| .! :!::                   'i. !◎   (|:::|:::::::|}    |.:|
 .!::::::.:::.:. .      .:.::.:::::::| | '|::.                    'l '!ニニニ!.::!ニΠコ    !.:!
..0}:::::::::.◎:.:  .◎ .:..::◎:::|}|, |::.                     '! l─|:.|─|:::|─┘    .|.:|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ちなみにその作品には、あるドラマーが参加していた。

 後にワールドワイドな活躍をする音楽グループの原型が、このとき既に誕生していたといえる。

 そのグループの名は……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

359 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:04:03 ID:lIfBu3u.

























                ttp://www.youtube.com/watch?v=iB36F0AbgYc




               \               釗               /
                 \             釗           /
                            / ̄ ̄ ヽ,
                           /        ',      /  
                   \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ  /   
                    \ / く  l   ヽ._.ノ   ', ゝ \    
                    / /⌒  リ   `ー'′   ' ⌒\ \  
                    (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _) 
                     ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
                          |            |
                 −−− ‐   ノ           |
   ト リ オ ・ ザ・            /            ノ        −−−−      テ  ク  ノ  !
                        /           ∠_
                 −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
                       |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
               .        |  |            /  /
                        | |          ,'  /
                   /  /  ノ           |   ,'    \
                     /   /             |  /      \
                  /_ノ /              ,ノ 〈           \
                   (  〈              ヽ.__ \        \
                    ヽ._>              \__)
                           【高橋幸宏】

360 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:04:26 ID:lIfBu3u.

                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                             釗
                                  !



     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /::::::::::、::::::::::::::/   て                                      |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
 ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ                                     |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
 ノ//::::/  シ  .ヽヽ  |                                     |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;_:;:_;:_;:|
 イ /: :从  (─)(─)レレ|                                      |______|_____|
  |ハ |   (__人__)./ノ                                      ||i: :l: :lへ、_|l: : l:|: : :l:ハ: l: :{V} l
    イ|.l^l^ln`⌒´  ノ          いや、高橋、違うから、それ。           | i:l: ::|  __、 i::|レ土ハハハ:l::M: l
  .   ヽ   L    }                                       l i: l::トi ヒリ レ  ヒリ   Vl::M: l
      ゝ  ノ   ノ                                        li: l::|  "     """ /: OO\
     /  /    \                                         l:l: :|:ヽ  一-'     /: :/:| |   〉
    /  /       \                                       l∧ハVハヽ _ , - ' //:/::/// ノ
  . /  /      |ヽ、二⌒)                                   /リ リ レ -.ク   / /く"  レ
   ヽ__ノ

     【坂本龍一】                                            【細野晴臣】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そのグループの名は「トリオ・ザ・テクノ」……




 ……ではなく、「イエロー・マジック・オーケストラ」。通称YMO。

 1978年結成、1983年「散開」した、伝説のテクノ・ポップ・バンドである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

361 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:04:59 ID:lIfBu3u.

              ,ィ7
             /,/
          / /
            / /
       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /::::::::::、::::::::::::::/   て
  ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
  ノ//::::/ シ  .ヽ、ヽ  |
  イ /: :从(●)(●)  レレ|      このゲバ棒で、
    |ハ | (__人__)  ./ノ        権力の犬のマッポ野郎をフルボッコにしてやるゼ!
.    / ,|  ` ⌒´    |
  ィ´ /''ヽ      ノ
 (⌒) イi一‐ヽ、   /
  7 .K.`ー--→―― )
  ヽ/ ヾ--‐―‐  /
      /      /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、このスレはあくまでも文学のスレであって、音楽のスレではない。
 YMOに関してはスレ作者も好きだが、あまり詳しく知らないので、ここでは割愛。

 このスレ的に重要なのは、坂本龍一のことである。

 坂本龍一は現在でもそうなのだが、意外に反体制的な言動をすることが多い。
 反原発、反核、反戦……

 高校や大学時代には学生運動に参加していたなどという話もあるので、
 まあ元来から、そういう性格なんだろう……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

362 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:05:20 ID:lIfBu3u.


    |┃
    |┃三        , -. ´ ̄ ヽ:''´ ̄ ¨ ヽ 、
    |┃.         /ヽ..::::::::::::::.. ..:::::::::::: ´ \
    |┃         /ヽ___ ゝ:::::::::::::::::::::::/__/:::ヽ
    |┃       / ::::::::::::::,i `ヽ  '"i::::::::::::::::::::::ヽ
 ガラッ.|┃      ,i´ :::::::::::::::i      `i:::::::::::::::::::::: !
    |┃      |  :::::::::::へ\    /へ:::::::::::::: |
    |┃三    !  ::::::ノ-−ヽヽ、 ノ/−-\::::::: !
    |┃        ゝ:::::::|  / /  |=|  / / |:::::: "           坂本さん、いるか?
    |┃三    / ::::::! / /  ./ ヽ./ /  !::::::: ヽ
    |┃     ,i  :::::::::!`−―一    ―−´!:::::::::: i、
    |┃三   i :::::::::::`、 .ヘ____.ヘ .∩ ::::::::::: i
    |┃     ! |!:::::::::::\\____./∠| |:::::::::/|:::!
    |┃     ヽ|ヽ:::::::::  \     /./ | |ヽ:::/: |/
    |┃               ̄ ̄ ̄
                   【小田実】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 また、こんなのがよく来訪していたことも原因としてあるのかもしれない。

 小田実。後に名著「何でも見てやろう」を執筆するのだが、
 それ以前の東大在学中から、彼は坂本家をしばしば訪れていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

363 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:05:49 ID:lIfBu3u.

           __
       ,、-''"´:::::::::::::````‐、
      /::::::::::::::::::::::::/``''´'.,::::',
      /:::::::::::::::::::::::ノヽ   ,i:::::',
     /:::::::::::::::::::rr-‐ー-、l,-‐-::::l
     /:::::::::::::::::::::l l ',  ノ l ', ',i'´
    /::::::::::::::::::::::::l `‐--'´ `‐-'´             ベトナム戦争を拡大させる米軍なんぞ日本に置くような、
  /::::::::::::::::::::::::::;'      __ l              日米安保条約なんぞ却下である!
  ,'::::::::::::::::::::::::ノ、   ,'´  .)/
  (:l:___,、-'´‐、._`‐、  ̄ /               一方で、マルクス主義は財産欲を重視しすぎてて、
  /i  ',  ノl、::::::::::::``‐ 、 ̄‐-、       __      本来私たちの行動を支配する性欲を無視している!
/l  l  l ̄ l::`‐、::::::/:::o',::::::/:',   ,-‐ー"/
l  ', ゝ_,、-'´ヽl:::::::::``::::::::::::::',::``‐、  /--、``i      人間なんぞち●こま●こで行動するんです!
ゝ、_,-'´(___,、-'´::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::l /ゝ``  /
 l::`‐--‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::l:'ヽヽ  /
 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',::::::(  ノ、
   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::',::::::::::::::::i

364 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:06:01 ID:lIfBu3u.

                                    _| ̄|_       | ̄|  | ̄|_    | ̄|  | ̄|_
                                    |_  _|__      |  | ̄    |    |  | ̄    |
                                      /  _  ヽ    |  |二コ ┌'    |  |二コ ┌'
                                    ∠ / /   〉 |「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\
                                     |_|   ノ_ノ `⊇.ノ|_|、_ハ/ `⊇.ノ |_|、_ハ/`⊇.ノ
                                      ヽ/         ____      ヽ/
                                    ヽ/ヽ        /::::::::::::::::`ヽ.   / \/
                                   .             /\ :::::::::::::: ヽ::ヘ      /\ /
                                              |:::::: Y´ Y゙-=ニヘ:ハ      ∧
                                              |::::::: |::::::|、:::`ヾ:/」|
       おぬし、面白いこと言いおるわw                         ∨;/;|::::::|;';';';';';ハ' 
                                               ヾ;';|::::::|;';';';Xノ 
                                                ヘ|::::::|彡r'  
                                                [|::::::| ̄〕
                                             ,. ≦/.|::::::| ̄ヘ≧ュ、、
                                           r{     |::::::|      冫、
                                           |.|     |::::::|     / ∧
                                           |:ヘ     |::::::|    .イ:  ∧
                                           ム.∧丶 |::::/   /:::ト、:  ∧
                                   .        /  ::∧ ヘ |:/    |   :.|\  ヘ 
                                          |    :λ l |′   |   |. ∨ ∧ 
                                          |   :/: ? . : : . ....|. .  |  入  ∧
                                          |  ,:|: :〈〈`'ー―一:〉´ ̄:l/    /
                                          `ー―‐'/ }'´二ニ=-V  /     /
                                   .             / /       | (\__/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 別に小田は、坂本龍一に興味があって、坂本家を訪問していたわけではない。

 小田がわざわざ訪問する理由は、むしろ坂本龍一の父親にあった。
 彼がことのほか、小田をかわいがったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

365 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:06:21 ID:lIfBu3u.

     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   /::::::::::、::::::::::::::/   て
 ∠/::::::::/'´ ̄ ̄``   ヽ
 ノ//::::/  シ  .ヽヽ  |
 イ /: :从  (─)(─)レレ|
  |ハ |   (__人__)./ノ          人間の行動原理はち●こま●こ……名言っしょ。
    イ|.l^l^ln`⌒´  ノ
  .   ヽ   L    }
      ゝ  ノ   ノ
     /  /    \
    /  /       \
  . /  /      |ヽ、二⌒)
   ヽ__ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おそらく、坂本龍一も、
 父と小田の会話とかを、物陰から聞いていたのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

366 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:06:40 ID:lIfBu3u.


         / ̄ ̄`ヽ.
           /`Y:ニ=‐‐ハ
.         | : :|;`ヽ:::::::::|:」
           |:::::|;';';';'ヘ: :/}
          | :::|;';';';' /ノ
         | : |ニニく
.           |::::|――‐!、
.        /|: :|     >、
       |:、 |:::|  i   /  |
       | |、|/  ||  ,イ:.  |
       | |∧.  ||: /.:|:   |
       | l.: :|   ∨.: |:   |
       | . :::|   | .:.:|:   |
       | . :::|   | .:.:|:   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、その坂本の父であるが、
 坂本龍一本人は、「幼少期から高校時代くらいまで、家にいることがなく接点がなかった」
 と言っている。
 家にいるのは月に1回ぐらいで、しかもその日ですら昼間から寝ていたようである。
 それでは接点なんぞ、持ちようがなかった。
 
 また、龍一本人も父を尊敬していた反面、怖がっていたともいう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

367 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:07:07 ID:lIfBu3u.

                       ___
               .  '"´:::::::::::::::::::::`:`丶、
                ,.'´::::::; イ:: /:::::: i:::::: ',::::::ヘ :\
           /:::::::: //::;イ::: : :/:::::::::i:::::::::ヘ.ヘ`:、
           //::::::://::://::::/:::::::::ノ::::::::ハ:} _,,. ヘ.
         / /::::::/: /::://:/:::::::::/ ::::::::/ .}:|  ゞ:ハ
.           ,'::::::/ ;イ:://:/,.‐''"/:::::::: / //  ヘ;::}
          {:::: : :/ |,.' -‐ァ::::ゥ-、∠ ‐' __,,,,,.. -‐‐‐ .i::|
          |::::: イ ./  /:::::/   }     ,.イ汽0ド、,_ }:|
         |:::::::| {   /:::::/  /     {iゝ::リ /' ,'::}
          /¨ヽ! ヘ.../:::::/ ,/   i、  `ー"   /:/
          ,.イ /ヘ  /`ー一 '´      ´       / )!         今日中にこの原稿を読む。いいな!
.      / { /く |        ,.-‐‐-、        /. }
       /   ヘ. ゝ'゙ .|      /-‐‐‐ 、}  ー‐''",'//         読んだら、感想を付けて提出せよ!
     {    `ー‐'゙|        {.      !      ./'´
           / \     ヽ、___丿   /
              /  /::::::ヽ.             /
          /  /:::/::::|:丶.      ,.ィ´
            i..//::::::::::|.   >--<.|
         /: :/:::::::::::::: |         |
          /: :/::::::::::::::「 ̄ ̄|     「 ̄|
.        /: :/::::::::::: :/|    .|     /   |
       /: :/厶イ三゙./   .|.   /   ヘ≧x、、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 坂本龍一の父の職業……それは、編集者であった。

 戦後直後から河出書房(のち河出書房新社)に勤務し、文芸畑で働いていた人物である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

368 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:07:31 ID:lIfBu3u.

        ,  ───  、                                    __
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\                                 ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ                             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ                           /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
   l   /   二   |  二  |                           ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
   |  l     ─   |  ─  l                           |;;;|      ノリ     ミ;;;|
    l  |        |   ) /                          _ゞ;! r─-- 、   rェ----、ミ;リ
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /                           .!ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     〉━━,-、━━━━く                           !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     / / ヽフ    \.   ヽ                          ヾ、!      !;     ,レソ
                                              `|      ^'='^     ム'′
      【埴谷雄高】                                 .ト、.   -‐‐ ‐‐-  /|
                                              i| \   ===   ,イ.:|
                                             ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
                                                  .`ー─''゙
                          _____
                         __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ           【三島由紀夫】
                        /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                      ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                 / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
               /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
              /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
             /    |      \_____/レ´   //    ヘ

                         【辻邦生】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼は多くの作家の文章を読み、そして能力あるものを次々と引き上げていった。
 例えば戦後直後には野間宏や三島由紀夫に執筆させ、
 また埴谷雄高らの文芸同人「近代文学」の出版元となることで、彼らの才能を守ったといえる。

 また文芸同人を丹念によみ、能力ある新人に次々とチャンスを与えていった。
 高橋和巳や丸谷才一、辻邦生などをデビューさせ、著名な作家に育てたのも彼だといえる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

369 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:07:49 ID:lIfBu3u.

                  _____________
          ,..‐''"~´:::::::::::::::::::::::::::::"'''- .
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:`ヽ、
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::/::::\:::\
.     ,.':::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::、::::、::::::∨:::::::::::`、:::ヽ
.     /:::::::::::::ii::::::::::::::i:::::::::::::::::i:::::::i::::::/::',:::::::::::::::',:::::',.
.    ,':::::/:::::||:::::::::i::::|::::::::::::::::::i:::::::i:/:::::::',::::::::::::::ハ:::::',
    i::::/ :::::::::|| : ::::::i::::i::::::::::::::::::i::::::/i::::::::::::レ‐‐'―  ̄
..    |:/:::::__:::::|| :::::::::i::::ii:::::::::::::::::|:::/.'.i_,::‐'デ ̄ヽト、
    v/ :::::::::||:::::::::::i:::ii::::::::__::::」v´ ./,, ,,>イ.卜.i
.   /:V.` ̄::::::||_:i:::::」イフ ̄/ >./  .' ,ィ?爿,' .|X i
..  / :::?⌒:::::::ハV//   ./ / `',     ,刈iノ  .| ∧
  / ::::::.ヘ::::::::√\ヘ..|   ./ /   |         |  .l
.  ,':::::::::|:::ヽ:::| |.ヘ ',l..|  / /   ./           ,'  il
  i ::::::i::| ::::`Y|.| 人 .',.iヽ_/ /__/      '   /   .||
.....| : :::|::|:::::::::::',\ゝ)...|i /         _    '   /    li
. | : :::| :|:::::::::|::i  >. /」               ,.'     i
. | : :::|:::| ::::::::|::i   .//|i > .....,,,__    /<_______
. | ::::::|:::|::::::::::|::i  ..|\\       ̄厂| i>‐―――――‐\
. |::::::::|:::|::::::::::|::i.「 ̄|`ヽ、. ミーーー、「/|∨| \ニニニニニニニニニニi
. | : ::::|:::| ::::ノ//`ヽ、   ̄ ̄ ̄\V/∧ `丶、    V    |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 坂本一亀。通称、「ワンカメさん」。

 今でこそ「世界的音楽家」坂本龍一の父として知られているが、
 戦後日本を代表する編集者の一人で、日本の戦後の文壇を作り上げた人物の一人といえる。
 日本文芸史上重要な人物の一人といえよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                 【おしまい】

370 ◆KcxXifcWsc:2011/09/07(水) 21:10:33 ID:lIfBu3u.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

このスレでも以前坂本一亀さんは話題になってて、どのように引っ張り出そうか迷ったんですが、
こんな感じで作ってみました。
ワンカメさん語るにはどうしても息子と小田実が必要なんですよね……

371名無しのやる夫だお:2011/09/07(水) 21:55:14 ID:lnWf3XZw
乙でしたー

372名無しのやる夫だお:2011/09/07(水) 22:32:47 ID:XaddIbVI
YMO好きだからうれしいぜ

373名無しのやる夫だお:2011/09/07(水) 23:06:43 ID:WoBRQJIk


374名無しのやる夫だお:2011/09/08(木) 07:15:44 ID:rF1mHAL2
乙でした。お父さんのことはSELDOM ILLEGALで少し読んだかなあ。

375 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:02:07 ID:lMMM69Yw
こんばんわ。

予告も何もなく投下します。

それでは、現代文学のちょっとした裏話。

376 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:02:32 ID:lMMM69Yw
【文藝春秋のおはなし・その1……菊池寛】

                     _,,、;;;¬;;;,、
                   /;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ヽ
                 __ /;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;ヘ
               //´7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;i
               / / ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                / 〈ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧
               i!  ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ}
               |   !|;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;レ′
               釗   リ∨|!;;;i!;;;;;;;i;;;;|;;;!
                __/__|_|!i!;;iト;ト;;;|;;;|!リ
               /7´;;;;;;;;;;;;;;;`"¬ー、i!
              _//_______r--ー‐┴―,,、
          ,、-;"´;;;;;;;`;;;7;;;;´;;;´''''''''''''''''==,,;;;;`;ヽ,
         r"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``-;;;;;;;;;\
          7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´ ̄K
         ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;!;;i
        /;;|!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;i|i;i;l;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;/;;;;;;;;;;;;;!;;;!

                【斎藤茂吉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌────────────────────────────────────────────┐
 │969 名前:祭りの詳細は企画スレッドを見るお![] 投稿日:2011/08/08(月) 19:50:13 ID:eYYIgVlw        .│
 │川端康成も若い時分は文藝春秋社に顔を出しては、菊池寛に金をタカっていたらしいし、 . .           ...│
 │文学者はホント処世術上手いよな                                            │
 └────────────────────────────────────────────┘

 今回はこの前スレ969の書き込みから、物語をスタートさせたいと思う。
 ずばり、戦前の文豪は、どのように日々を暮らしていたのか。

 例えば、斎藤茂吉などは楽なものである。
 彼は短歌を執筆しているが、本業は青山脳病院の院長であったので、生活の糧があった。

 同様のことがいえるのが森鴎外や夏目漱石であろう。
 彼らはそれぞれ軍医・高校教員という仕事があり、文学はその余技であったといえる。
 島崎藤村なども若い頃は教員であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

377 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:02:51 ID:lMMM69Yw

            _
           ` 、: ̄:::::‐-:........._
             >:::::::::::::::::::::::::::`:::...、
          ,....::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ,...:::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     .´ ̄  ̄ >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::l
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::!
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::::::/´!:::::::::;'
      ̄ ̄.フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヘl:::::::::/,___l::::::::;'
       /:::::::::::::::::::::::::;ィ::::∠,,,ィ::::::ム' ̄レ',)/
       ̄ ̄7:::::::::<´ /イ´(_/:::/ ̄ヽ'¨7::/
        ム'イ1::::::`Tヽ    // __ ´ ィ::/
           l:::/.\', \ '  ∠ィ./ル'、
           レ′ /〉  >  _ イ/.王'、      _ _
              /.,' .',      ./    ヽ-、 -‐' ´
              ,'+l ∧     /   o  ./ 王   o
           // レ'  ',   /   ゚.o..゚/l      ゚.o.゚

                【太宰治】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 太宰治の場合、実家が地主であり、そこからの仕送りに頼っていた部分がある。
 もちろん、新潮あたりの雑誌の連載というのもあったが、初期は同人誌での連載が限界であり、
 そうなると就労をしていない太宰では、
 実家からの仕送りが一番の収入源だったのではないかと思われる。
 言ってしまえば一種のニートであろう。

 専業の小説家については、そのようにニートになるか、
 もしくは通俗的なものを書いたりして稼ぐかぐらいしかなかったと思われる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

378 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:03:04 ID:lMMM69Yw

  ノ     ∧     /) ∧
  彡  ノW \从/V  W \   ミ
  (  ノ        |      ノ \)
  ∩V      、、 |       >V7
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3)
  (┗(      )⌒(      )┛/
   ~| \__/ |  \__/ |~ 
    爻     < |  ;     爻  
    ~爻     \_/  _, 爻~              腹減った……
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 川端康成はどうだったか。
 やはり戦前は「文学界」「新思潮」などの活動が中心で、
 結構経済的に困窮していたようである。

 戦中期の海軍報道班員での勤務や、「鎌倉文庫」の運営などは、
 戦中期に相当苦しい生活を強いられていたことの現れであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

379 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:03:33 ID:lMMM69Yw


  /;;;~V;;;;;;;;;;;;;/!;;;;'////;;;/ヘ ::、;;;;;;;;;;;\
  ',>;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ソ´     //   :.ヽリ、;;;;;;;;;;;\
 /;;;;;;;;;;;;;;/!′             : : : : :ヽ;;;;;;;;;;;ト
 ゙j;;;;;;;;;;;i' !  、_     i   !    ゙ : ,、:! !;;;;;;;;;;;|
 .〕;;;;;;;;;;!' <ァ-‥゙ ̄¨ 、 rソ // ¨´  ̄ `ヽ__ !;;;;;;;;!、
 l/!;;;;;;;;|.r=〔       ゙y'⌒.(       )イ.|;;;;;;;i
  "!;;;Vj  ` ー - ‐"´ |   | ` ー ― ´  iij;;;;;;j、
   ヾ;;;丶      /( : : : : :)、: : : : : : : : : /;;;;/
    ン;;;》、     /:; ` : : : . . \: : : : : :.//;;;く
    i/:::'ヘi ヽ  ' .:: /´二` \: : : : : : ://r'( |
   ! :' ;:ヘi    ;:'/~ ´  ` ~ ヽ: : : : : /;/^  !          と、いうわけで、菊池、飯おごれ!
    ヽ  i;;;i   .! |/ ⌒ ー ⌒ヽ.!:! : : :./;/"::/
     ゙ーy;;!   ゞー¨´ ̄`¨ー ' ノ : : :/;/_/
        !;;;i      ´  ̄ ` : : : : : :/;/
       ゞ;;;ヽ_   /¨\_:_:_:_/;;;/
         |ヘ、;;;;;`ー';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.イ
        |  ':. \;;_;;_;;_;;_;;_;;_;;;/: :.!
.          |  ::      : : : : :/: : :!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 というわけで、前スレ969氏の、
 「川端康成も若い時分は文藝春秋社に顔を出しては、菊池寛に金をタカっていたらしい」
 というのは、
 確認こそ取れていないものの、意外に信憑性が高そうな感じではある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

380 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:03:54 ID:lMMM69Yw


     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
     7   , -- 、, --- 、  ヽ
    /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ
    |  (-=・=-  -=・=-  )  |
   /  <  / ▼ ヽ    >   、          ……まあ、いいけどよ。
  く彡彡   _/\_    ミミミ ヽ
   `<             ミミ彳ヘ
      >       ___/   \
     /         7      \
     |        /

         【菊池寛】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、その菊池寛であるが、1888年(明治21年)香川県高松の藩儒の家に生まれている。
 しかし、当時の士族といえば困窮することが多く、菊池の家も例外ではなかった。

 幼少期は遠足に行く金すら出せなかったという。

 「幼少期の貧乏は辛い。」
 彼の口癖であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

381 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:04:13 ID:lMMM69Yw

                  rz‐y ……‐ 、_
                  レ'´     ´ /|
              / , ⌒Y ⌒ヽ  `ヽ
               〈__{┌, l  _  V  v
              >、〉` __  └'. へ . イ
             / / キこ __丈 >ァ ´ |
            f⌒ヽ {  ‘ゝニ  ´/    |
          ,i , ' i }        ,     {
           !i   ∨       /     '.
           ト!,、, ヘ       /    ハ
          ゝィ)  ヘ     /⌒ヽ /   y く`ヽ
           ∧ ' 、 \ /`ヽr彳    {\ ∨
           { \__j⌒ヽ l|    lヽ. ソ
         , ⌒ v´/ /ニニl  l |     /./
         ‘-‐¬   /    l  l'   /´
            l  / `"‐-  __l  l_/
            ゝ L..    く_ゝ__)
            `¨¨´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、頭は良かったらしい。

 高松中学に在籍していたころ、高松市に初めて図書館ができた。
 その図書館の蔵書2万冊を2年間で全て読みきったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

382 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:04:29 ID:lMMM69Yw


     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
     7 # , -- 、, --- 、  ヽ
    /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ        しっかし、新聞記者になってみたはいいけど、
    |  ( ;:;:;:;:;ノ  -=・=-  )  |        とんでもねえ安月給だな、おい。
   / 彡   ▼    ミミ   、
  く彡彡   _/\_    ミミミ ヽ      しょうがねえ。
   `<         #   ミミ彳ヘ     学歴で資産家釣って、娘さんもらうか。
      >       ___/   \
     /         7      \
     |        /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 やがて東京高等師範学校に入学。やがて遊び呆けて除斥処分。
 さらに法律学ぼうと明大に行くも挫折。
 結局、一高を受験し分科に合格。さらにその後京大に進学した。

 そしてその間に文学と出会い、どっぷりとはまったようである。

 京大卒業後、新聞記者になる。
 しかしあまりに給料が安かったので、資産家の嫁をもらい生活を支援してもらっていたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

383 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:04:42 ID:lMMM69Yw

     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ | +
     7   , -- 、, --- 、  ヽ
  +/  / ⌒    ⌒  ヽ  ヽ           貴族令嬢が敵の罠にはめられた父を救う為に、
    |  (-=・=-  -=・=-  )  | +         泣く泣く卑しい高利貸しの嫁となるが、
   / 彡::::⌒ ▼ ⌒:::: ミミ  、          同じ貴族で恋人の為に処女を貫きながら生きていく……
  く彡彡   トェェェイ    ミミミ ヽ
   `<     `ー'´       ミミ彳ヘ         ってなかなかな話だろ?
   + >         ___/   \
     /         7      \
     |        /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結婚して、妻の家からの安定的な仕送りが来るようになってから、
 菊池は猛烈な執筆生活を始めるようになる。

 そういう猛烈な執筆生活の中で生まれた作品が「真珠夫人」であった。

 「真珠夫人」は、新聞連載がなされるや否や、圧倒的な人気を博するようになった。
 その人気は、いまだに文庫として売られ、またドラマ化されるくらいのものである。

 こうして、菊池寛は、作家として食べていけるようになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

384 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:04:58 ID:lMMM69Yw

ル。:::|_:.__::|__|\ \| ̄ ? : :. |   :..
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄  》1 wiil die .|  :.
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目      ..  ;;. l :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_(´Д`)y-~ : . |   ∧∧
       ̄ ̄'''' |〜|ノ( ヽヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩‐,,)
          |__,,|  ´ 。  ゛   ,\(_ソと)
./´二ヽ      ∧wノl::.          .( ,(xノ ::.
(.,,`Д)      (Дキ.,)    ;;:: ..,_   レノ_ゝ、
/,`ー'~つ     と'[](_,ノ              \
(´ ̄ヽ)`ヽ    (___,,)~   .∧,∧  :::; ∧_∧ヽ
´" ̄ ´"`  .,、         (,‐Д‐)   (∀^メ,,) \    _
                  (つ]]]`)   とl33;;;;`)   ヽ ..|\ヽ
  ;:"               (`つし'   (;;;;;`)(';;;;);;:.´ ::; ヽl  .\\
                   [][]]]             ;|   l´.ヽ
           ::;        [[[][]             |   |  |
                   ∧_∧  ;;:.,         ヽ  .l .l
 ;;:"                (;   ,)     ::;;;;;  ..,"´  \_|_|
                ∧_∧   )       (⌒ ̄ヽ    ヽ
                (;xД・,)_〔〕)   ∧_∧(A^*リl     .\
                (`つ] 'つ / ヽ   (Д`,, と  l     .,,:, \
       ;;;'゙       :::|  l |  l〜.|  [と´ l⌒l)  )〜  ;;;;;,´  ...\
                L_)_,,) |_,|   ( ̄(_.)),,'J     ":;    ヾ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし菊池はいいとしても、文士を巡る状況はさほどいいものではなかった。
 まず文学を目指す若者が多いとしても、
 実際には食べることすら事欠き、挫折していく現実があった。
 さらに、書きたいものがあったとしても、編集者や出版社のご機嫌次第で書けなくなる。

 今でこそ作家の生活はかなりいいものになっているが、
 戦前はよほどの作家を除いて、本当に酷いものだったのだ。
 いや、戦後しばらくの時期までは変わらないのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

385 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:05:15 ID:lMMM69Yw


     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
     7   , -- 、, --- 、  ヽ
    /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ             しゃあねぇなあ……同人立ち上げっか?
    |  (-=・=-  -=・=-  )  |             何でも掲載してやる、って雑誌。
   /  <  / ▼ ヽ    >   、           名前は……「文藝春秋」でいいだろ。
  く彡彡 ( _/\__)   ミミミ ヽ
   `<   |__|       ミミ彳ヘ          定価は、中央公論が1円で、新潮が80銭だから……
      >         /   \           10銭でどうだ?
     /         7      \         ~~~~~
     |        /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そこで菊池は、みずから同人誌を立ち上げた。
 雑誌の名前は「文藝春秋」。基本的になんでも掲載する。値段は10銭……

 10銭というと、当時かけうどん1杯がこの程度の値段だったといわれている。
 それくらい安く売ることによって、たくさんの人に作家の創作物を見てもらう……
 そこが菊池の狙いであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

386 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:05:58 ID:lMMM69Yw

     /:::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::. :::::::::::::::::::::::::::::: ..::i
     j::::::::::::::::::::: : ::i....:::::::::::|
      }::::::/以/|;i:/Yゞト::::::j
     fヾ',,, __'iir'___ ,,レ〈                あー、聴衆の諸君。
     \i`{:!;:゙-丐{ヾ::'j/レ'、
    _,/::;ミ///7,.、 ̄'fミj::::\              私が川端だ。
 -::''´:::::::::|/ / / /-/j/ミ/::::::::::::`:-.、_
::::::::::::::::::::/ ' / ///;:'゙/:::::::::::::::::::::::::::`
:::::::::::::::::::fi i  ´ /''"  ヽ:::::::::::::::::::::::::::


                                      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
      うぉぉぉぉっ!!!!!                 j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
                                 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
                                 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.
川端かっこええ!!!!                   にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
                                 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
                                 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
                  女ったらし!        W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
                                   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
                                    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
  日本が誇るロリコン野郎!                  ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                .    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに「文藝春秋」を売るために、
 作家を地方に送り込み、そこで講演会を行うような販促を行った。

 この文藝春秋の作家による講演会は、後々まで行われるようになる。

 さらには作家による「座談会」というものを始めておこなったのも菊池であると言われている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

387 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:06:14 ID:lMMM69Yw


                     ,へ、        /^
                     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |:
                     7             \:
                  : /               \
                   |                 | :
                 : /彡               ミ       芥川よぅ……
                     く彡               ミ:
           ,..   、、    :_/ ,              /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、1927年(昭和2年)親友である芥川龍之介を失う。

 それに報いるつもりだったのだろう。
 1935年(昭和10年)、文藝春秋が主催する新人を文壇に送るための文学賞の名前を、
 「芥川賞」と名づけた。

 ご存知の通り、この賞は、今では日本文壇で一番権威ある賞と言われている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

388 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:06:39 ID:lMMM69Yw

.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.` . ,.|:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |.:::: │:::::::::::::::::::::: : : . .
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:...l_ . ノ」:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |; # └─────────────
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:__:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |   :;           :突っ込め〜!
i.:.:..:.:.:i /∇,,_i_:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::___;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |:   ____,_パンッ!  ::    ____パンッパン!
.:.:.:i.:.lニl '-ll,,´∀) ).:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|`''-、_j___∇ヽ;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |,''; /∇___i_           ...:;;; /∇___i_
i.:.:..:.:l lc)) '`l'ゝ 丿:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i| ;;:.(^(∀・,,ll-`:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |;;;: '-ll,, ・∀)           '-ll,, `∀)
.:.:.:i.:.ゝ__串===l]]..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|   ソ, ヘ`l'ゝ ヽ、._;;;;;;;;;;;;;|i   |:::/^,  、_L_____M   ,, /^,  、_L_____M
i.:.:..:.:.:i.ノ,,__丿,,___〉.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|   串===l]] ニl=i- -、._|i   串== ゝ⊃┐○‐‐" ̄W^. ,,串== ゝ⊃┐○‐‐" ̄W^
    (__,,,/ヽ __,,)      ___    ノ__,,,ノ-ヽ,,_゙i_l        /,,__丿 __)|ll]        /,,__丿 __)|ll]
               /∇___i_  (,__,,,ノl,,__,,)   進撃!   (____ー`      ___(__)__´ーー`
    ___  進撃!  '-ll,, `∀)       ___       i /∇,,_i_突撃〜!   /∇____i_    r´⌒)
   /∇___i_      / /lゝ'l`ヽ      /∇___i_      lニl '-ll,,・∀) )   ,(´⌒   '-ll,, ・∀)   ||  从,;,;,(´⌒)
   '-ll,,´∀)       ソ,,),ニニニ0=i'-    '-ll,,・∀)      l lc)) '`l'ゝ 丿  (´⌒:`≡[〓ニニニニニニニニ||ニニニl': : =-´⌒)
   / _lヘl'ゝヽ     ノ,,___/ ,_Ll〉      / _lヘl'ゝヽ     ゝ__串===l]]   ,(´⌒ '' 串=二0|/0   |   W`'`'´⌒)"''~
 串(,,,)、ニニG====i━  (__,,,/ヽ__,,)   串(,,,)、ニニG====i━ /∇___i_ __〉       /,,___/ __)          "''´
  丿____丿___〉       ___       丿____丿___〉    '-ll,, ´∀),,,)        (__ )    キュヒィィィィィン!
   (__,,ッヽ__,,,)      /∇___i_      (__,,ッヽ__,,,)   /^, lゝ'l LEl      __ M/
              '-ll,, ・∀)  進撃!         串、ヽニ□ニニ0ニニ ニニllコ  =  =  =  =  =
              / /lゝ'l`ヽ                /_0l|≡)_     /|  W \
              ソ,,),ニニニ0=i'-             (__)ー≡'          バババババッッ!!!
             ノ,,___/ ,_Ll〉                   ≡
              (__,,,/ヽ__,,)                   ≡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昭和に入ると、社会はだんだんと、軍国的に、軍国的にと、流れていくようになった。
 中国へとどんどん侵攻をしていくようになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

389 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:07:00 ID:lMMM69Yw

     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
     7   , -- 、, --- 、  ヽ
    /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ
    |  (-=・=-  -=・=-  )  |
   /  <  / ▼ ヽ    >   、         よっしゃ、いっちょ文士軍団引き連れて、中国に行ったるか。
  く彡彡 ( _/\__)   ミミミ ヽ
   `<   |__|       ミミ彳ヘ
      >         /   \
     /         7      \
     |        /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 菊池は、文士軍団を連れて、中国に慰問に行ったりした。
 また海軍報道班員として、活動をしたりもしている。

 さらに「文芸銃後運動」なるものを展開する。
 これは戦争中は国家から頼まれればなんでもやる、というものであった。

 これを好戦的だの、戦争に協力しただの言うのは簡単である。
 しかし、それまでも、そしてこれ以後もそうなのかもしれないが、国家が文学を認めるということはなかったのだ。
 そういう状況だったのが、この戦争によって、国家が文学を認めてくれた。
 文学を社会に認めてもらうために動いてきた菊池にとって、これほどうれしいことはなかったであろう。

 彼は愚直なまでに、国家……戦争への協力を行った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

390 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:07:16 ID:lMMM69Yw

        ___
       / ,,-、、  ゙^ー-、
      ,/ ,,-i i!;;├...,,__  ゙^-、
      i /l=_゙三_ =_  `-、:::::/
      `/-――-- 、..゙ー- ::|'
       ` ,―、_,.―..、 ゙-- ,::ノ
        L;;/ 、ヽ::::ノ―b, i
   _    | `` ヽ   _/            はい、おまえさん、公職追放ね。
   |ii.|___|、ノ___|   l .|
   |i_|     i ‐  ` /  ト、
         `--―"  //
         /ヽ   へ /


     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ | て
     7   , -- 、, --- 、  ヽ  そ
    /  /  \、i, ,ノ u. ヽ  ヽ
    |  (  ○   ○    )  |          戦争になれば、
   / 彡  / ▼ ヽ   .ミミ  、         国のために全力を尽くすのが国民の務めなのに?
  く彡彡  ( _/\__)   ミミミ ヽ
   `<    |__|       ミミ彳ヘ        一体、俺のどこが悪いんだ?
      >       __/   \
     /         7      \
     |        /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、それがアダとなった。
 文藝春秋および菊池寛は、戦争に協力したと、GHQからみなされたのだ。
 文藝春秋社そのものは事前に解散していたが、
 その役員だったものはみな公職追放されることになった。

 「我々は誰にしても戦争に反対だ。
  然し、いざ戦争になってしまえば協力して勝利を願うのは、当然の国民の感情だろう。」

 菊池は戦後、このように述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

391 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:07:49 ID:lMMM69Yw

ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_)  民主主義! み、みんしゅーっ、しゅぎーっ!! ホアーッ!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 国民の豹変も、菊池を落胆させるものであった。
 昨日までは「お国のために」と叫んでいた人たちが、
 今となっては、「民主主義」だの「平和」だの叫んでいた。

 そして、そういう者たちが、菊池らを戦争責任だのなんだの言って、締め上げていったのだ。
 文学者でいうなら、戦中に転向して、国に協力していた連中が、また何もしなかった連中が、
 国が負けてすぐその国を叩くようなものである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

392 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:08:09 ID:lMMM69Yw

                   _,..-─ - 、
                ,.' ´          ヽ
               /            \
             /         ,..-─-、_〉
               !      <k   ,r'〃 , い、ヽ
             >、 _ _,,、、ィイj从ト、,イ 仆ミゝ ト、
             i;;;;;;;;;ィ彡シノンム i/ jィrム^ゞ ,イN
                 〉;;;:r-、イ ''´,rセン`` ,イ,f9r ,!Vレ′        菊池さん。
             l;;;;〈 ハ リ  . : :´: .  !` : : ,!/'′
             `ゞ;;ゝ、,        ,r 〉  リ           「文藝春秋」の名前を貰い受けたいのですが、
               Y;;.;;ノハ.    、__ _ ,,  /            よろしいでしょうか?
                〉jjイ 、 >、   ー  ,/、
              ,イ'゙'゙´  \ \ __ _,イ  \
           _,, -‐' ´  \    ,Λ'⌒Y´  `ヽ ,Λ、_
      ,.、-‐'" ヽ , -‐ '"´\ _/  L  」ト、 /ハ /  L_`二''ー- 、
   ,イ ヽ_,,.、-‐'"              i`ー----‐ 'i        ̄`ヽヽ
  /   `、                  |        |  ,「ニカ      `ト、

                【池島信平】

                                            ,へ、        /^i
                                            | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
                                            7   , -- 、, --- 、  ヽ
                                           /  / _ノ    \_  ヽ  ヽ
                                           |  (-=・=-  -=・=-  )  |
        ……好きにすりゃいいさ。                  /  <   / ▼ ヽ   >   、
                                         く彡彡  ( _/\__)   ミミミ ヽ
       (こいつなら……)                         `<           ミミ彳ヘ
          (もっと面白いもの作れるかもしれねえな)             >         /   \
                                            /         7      \
                                            |        /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1946年(昭和21年)、元文藝春秋社従業員で
 戦中期に「文藝春秋」の編集長となっていた池島信平が、
 「文藝春秋」の名前を使用したいことを菊池に申し出た。
 菊池は、その申し出を承諾する。

 後に「文藝春秋」の名編集長と称えられる池島信平は、
 文藝春秋社が株式会社になったときに雇われた第一期社員である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

393 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:08:32 ID:lMMM69Yw

                  ,、 _ _
               _ ノフ´ /    ̄``ヽ、
               ノヘ / ,/   ,.-ー─ー' 、
               l ′   ,/p ,/ ,ィイハゞヾ   `ヽ
         _ ,,.-┴ー-、 ,/_/ jノソ 〉从ハ、`、ヾ j
   ,.-‐'''"´        ソ.,ィイ'´ー=-、'Nリィヾ、ト、V
    !       、      /;;;:f'´  イテゝ  〈ャッ /Nl/
   ,|!        ヽ   ,ィ´r-、!   . : :  , 〉: .:!ソ'′
    !          Y'´^Y ,!〈カ '       ^^  /
   |        「    `ゞ仆ト、    -ー- /          経営はそれが得意な奴に任しときゃいいさ。
   |       |     イ;;::jiil  、   ´ ̄ /
   l          ト、   リ厂''ー、_,>、 _,イー-、         俺の仕事は、まず「文藝春秋」を立て直すこったな。
    !         !ヽゝ- /   /lヾ、 ヽー'ヽY,/i
     !      ,'  i ̄`¨`ー、 ト、ト、   ,r リ !rー- 、__
    |      i  !    ``ヾ´└ー'─'゙ー' ´ ̄``'ー---`ヽ
      !      ,イ  !      `リ       ; ,  ̄`¨`ー - 」 ヽ
     !    / ,'        i        i        i /  ト、
      V  ,イ !        l        l rj        リ   / 〉、
      ヽ ,iレ' ,/   l     ,!       | r'=ャ      j  ,イ /」 \
       V/    !     !       | j i!      ,レ'´  `>-、 \
        ゙i      |     |       | ,川       ,!   ,     \\
          i!       |     l       |        !,.'´   _ _   ´ ̄\
         1      |     !        !       |``ゝ'"´        ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1946年(昭和21年)、文藝春秋新社設立。
 同年秋に池島らの手により、「文藝春秋」復刊。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

394 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:08:49 ID:lMMM69Yw

                                /ハ
          r- 、     _  -―――‐ '": : :l: :l
          |: ヽ: :` ー''": : : : : : : : : : : : : : : :丶L
          l: : }: : : : : : : : : : : : :.l!: : : : : -- 、: : 丶
         l:ノ: : : : : : : -- 、: : : |: : : :, _  ,: : : \
          /: : : : : : ,  _  , : : : : : : . 、 ̄ ノ;;;;`'ー、 \_
          !: : : : : : :    ̄ ノ: : : : ▼: : :  ̄ヽ;;;;;;;;;;;;;\/
         l: : : : /;;;;,ゝ--z': : : : : : : : : : : : : : :ヽ;;;;;;;;;;;/
      /: : :/;;;;;;;;;;;;;;/: : : : : : :, へ、: : : : : : :ヽ;;;/
       く: :/;;;;;;;;;;;;;;;;/: : : : : : : :/ニ二.〉: : : : : : : :Υ: ヽ、
        く;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: : : : : : : : : ̄ ̄ - ― ―-- z : :、: ヽ
          \;;;;;;;;;;;/: : : : : : _ -  ̄            ̄ヾ: : :\
          /: : ̄ ̄: : : , ‐                       ヽ: : :\
        /: : : : : : : : /                           l: : : : \
        /: : : : : : : : Y                            l : : : : : :ヽ
       /: : : : : : : : : :ヽ                         l : : : : : : : ',
       !: : : : : : : : : : : l                          l: : : : : : : : :|
     l : : : : : : : : : : : : !                         l : : : _: : : :!
      〈: : : : : : : : : : : : : \                        {: :f´;;;;;;;;ヽ:ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方菊池寛は、1948年(昭和23年)、狭心症で急逝した。

 その年の年頭に横光利一が亡くなり、失意のうちに胃腸障害を起こしていた。
 そして、それが回復し、食事制限がなくなって、全快祝いをやっていたその日……
 好物の寿司を食った後に心臓発作を起こしたのだ。

 全快祝いの日ゆえに、家族もいたし、親友もいた。医者もいた。
 まさに臨終に出会う人全てが揃っていた中での、突然の死だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

395 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:09:26 ID:lMMM69Yw

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...    ト、____,.ィ::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::.:::::::::.:::::/ , ‐v‐-、ヽ ::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::.:::::::::.:::| {=・= =・= } l ::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::.:::::::: <彡 '又`  >ミ、::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..::::::::::.::::::::::::::::: >   -<ミミヘ::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::...゜ . .:::::::::.:::::::::.:::::::::::::  /     /  \ . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .                     :.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ無茶しやがって… ..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 菊池は、遺書を残していた。

 「私は、させる才分なくして、文名を成し、一生を大過なく暮らしました。
  多幸だったと思います。」

 文学界に大きな影響を与えた男……菊池寛は、戦後の失意の中でこの世を去った。
 しかし、その思いは今でも、生き続けている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

396 ◆KcxXifcWsc:2011/09/11(日) 21:12:36 ID:lMMM69Yw
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

某所に出てた山田耕筰なんかもそうですけど、
どうも終戦直後の「戦争協力文化人」いびりってのは気分いいもんじゃないな……って思いますね。

397名無しのやる夫だお:2011/09/11(日) 21:25:59 ID:kMyMlFro


その某所ってヒロイン板のですか?

398名無しのやる夫だお:2011/09/11(日) 21:36:41 ID:lmL35Juk


>>396
レオナール・フジタこと藤田嗣治なんか
それが原因でフランスに戻っちゃいましたからねえ
もっと反省されるべきでしょうね

399名無しのやる夫だお:2011/09/11(日) 21:41:25 ID:csrsqGuU
おつ

400名無しのやる夫だお:2011/09/11(日) 23:04:20 ID:xMe014so
乙でした
ここらへんは戦犯基準も絡みそうだからな

401名無しのやる夫だお:2011/09/11(日) 23:12:54 ID:GZLvcnNM

 
現代でも文業だけで食っていけるのは一部だけで、半分以上は脛齧りが兼業だろう
ラノベが隆盛しているのは、客のニーズだけでなく書き手が手っ取り早くその域に到達しやすいからじゃないかと思う
それでも厳しいし、トップクラスの作家で未だに兼業している人もいるけど
バカテスの著者は今でも設計士やっているんだろうか…

402名無しのやる夫だお:2011/09/12(月) 11:51:39 ID:zu52UOfk
乙でした。
戦中に政府へ協力した人を戦後、叩いて回るのは鬱憤晴らしの側面もあるように感じます。

403名無しのやる夫だお:2011/09/12(月) 23:41:19 ID:4cU9PTZk
地元の図書館に宮脇俊三さんの鉄道紀行全集があったので
今第1巻を読んでます。こりゃ面白いわ。

404名無しのやる夫だお:2011/09/13(火) 18:51:09 ID:N.1XtA.U

ドナルド・キーンさん帰化申請されてますね。
現代文学作家達と交流あったとのことですが、登場予定ありますか?

405 ◆KcxXifcWsc:2011/09/13(火) 22:21:32 ID:C63gXlRI
>>404
ドナルド・キーンは出すとしたら多分配役はこうなると思う。

                ,..-──- 、
                 /. : : : : : : : : : \
                /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
              ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}
           { : : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}
             .{ : : : ::|   ,.、   |:: : : :;!     , 、
            ヾ: :: :| r--ニ-┐ |: : ::/ __  / /
            .ゞ-イi、ヽ二´.ノ /┬〈  l-`ー〈 {
            /  ヽ`' ―- ´/  \lー   |
         , ー''´ ヽ   \_/   /l二,    ヽ
          /\   \   |::::|、   /     ヽ  ノ\
       /__`ーl    \ ハ::l \/        厂,二/ヽ
       /_ \_|    ,rー'  `-ー' ニ⊃    lへ   /ヽ
     /  `'r. |  /    ´ ̄-‐<     | 、__ ̄  ,∧
    /  ̄\_ ト|、/ヽ     _二丁    /| 、__/__ヘ
    ヽ⌒\__/`、  l_, -ー'´|::::|       」ハl、   / ∧


関わりは深いんですけど、そんなに著作読んでないので、
結構あとになるかな、って感じですね。
安部公房の配役もまだ決まってないし……

406名無しのやる夫だお:2011/09/13(火) 22:34:18 ID:1ja4NbXQ
太公房ならぬ太公望とか?

407名無しのやる夫だお:2011/09/13(火) 23:16:46 ID:fvglJT52
器の小さい某小説家の配役も気になります。
防衛大学にいた人物ってのが誰なのかも・・・

408 ◆KcxXifcWsc:2011/09/15(木) 20:44:23 ID:fcbE/w4w
こんばんわ。

>>406
太公望はもう使っちゃったんですよね……

>>407
手の人は手のままで行こうかなと。この際だからw

409 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 07:05:35 ID:lIQMUaqA
おはようございます。

今日21時より投下します。

410名無しのやる夫だお:2011/09/18(日) 07:14:30 ID:8kD0adck
はぁい。

411 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:00:18 ID:lIQMUaqA
こんばんわ。投下開始します。

現代文学のちょっとした裏話。

412 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:00:29 ID:lIQMUaqA
【松本清張と純文学】

           /| ̄ ̄ ̄|
         /  |      |
        礀   │:   │
        │   │:   │
...______|   | ::     |______________________________
        │   │:   │
        │   │:   │         株 式 会 社 文 藝 春 秋
        │   │:   │
        │   │:   │┏━━━━━┯━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┓
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │          ┃          │          ┃
        │   │:   │┃          │      (←)┃(→)      │          ┃
        │   │:   │┃:::       │:::       ┃:::       │:::       ┃
        │   │:   │┃:::::       │:::::       ┃:::::       │:::::       ┃
        │   │:   │┃:::::::::       │:::::::::       ┃:::::::::       │:::::::::       ┃
...______|   | ::     |::┃::::::::::::    │::::::::::::    ┃::::::::::::    │::::::::::::    ┃
        │   | ::     |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        │   │:   │
         \_ │:::   |
           \|___|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

413 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:00:42 ID:lIQMUaqA
          , -‐ ──ー‐ - 、
        ,r'´          ``ヽ、
        ,.'´      , '´ , ,ィ 、:;,、`ヾ、ヽ
     /       ,イ  ,イ // ,!川 `ヽ`ヾ
      /   ,   ,i / , ,イ///,!l ,!lヾヾ,ji,j リ
    ,!  i l ,!lイ / ,イ,!j ,リ,/!i/l! li ヽl,!,l,!
    | i  l il !i j/ / ///l;// リ' ,! ,! ,ィ'i;i' '
    i ;i  l i|リy' ,//,イi-!イ=リ-'  斤jヽ
    ゙, i,l. ij /,イ> ,イ/  ,イじィ' .:::. ヽ l
     ヾヾj川,r‐-'´           .:::, , 〉 |
        \ヾj、レ'ヘ               !
       `リ.:;ゝ、_ゝ_  r-、`ーy'´`Y´`ir‐y-、             ・ ・ ・ ・ ・ ・
       ,rーリ/レ' (   ヽ、ヽ ヽj `Y j  |  l  l、
     / ト、ヾ、'゙"ヽ   ``ゝ  l  V  ,!  '   \
    ,/   \ \ \     \_,   _  、_ ー   !
   ,イi     `ヽ`ヽ、r-、     `ニ=-、_      l
  /  `ヽ、     `ヽ、ヽ `ー'"´ ̄ヽ  l;;lィニニニゝー}
 ´      \     /`i ヽ,   l l  l;;i〔21;21〕III、
      /´\   /   |  ヾ,  ,! |  `|ヾニニソ   ゙i
     /    \/    |、   j ,! ,!   ,!´ ̄``ー‐-',
   ,イ              ゙i、 ___,,、-'‐'"i |       |

          【池島信平】

414 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:01:32 ID:lIQMUaqA

                                              /         ``丶、
                                            r'´              }
                                           / ∇      _,,,,,,,、、、、、、L
                                          /     ,. ‐' ̄ ヽn      \
                                           {,   /   i l   Ww `ヽ.   i
                                          ├ー'´ 卅从jUハヽヾ、彡      !
                                            (!人rrニ=  ィ=ニゝヽヽ     }
                                           J i '工j_    工T~  )ノ  li;, ト
                                           fi  i   釗       彳  リ ハ.}
                                            L i   〈 、       iWjj!'  /
        いかがなさいました、社長。                    ヽl   _ .,,,,,_     /   r'´
                                                八   =    人从 リリ  
                                                \     / /  Y'´ _ 
                                               _>i… '´ r┬'' ̄ ̄ | 
                                             f干  __.」_,,,,,....,_| |  _   ヽ_
                                             | ヽ「/,イ /  fノ  | |└=  /  ̄`''ー-、__
                                         ,,,,,,,-‐'|  | | Nノ   {!  |_二.‐'


                  ,、 _ _
               _ ノフ´ /    ̄``ヽ、
               ノヘ / ,/   ,.-ー─ー' 、
               l ′   ,/p ,/ ,ィイハゞヾ   `ヽ
         _ ,,.-┴ー-、 ,/_/ jノソ 〉从ハ、`、ヾ j
   ,.-‐'''"´        ソ.,ィイ'´ー=-、'Nリィヾ、ト、V
    !       、      /;;;:f'´  イテゝ  〈ャッ /Nl/           ん?
   ,|!        ヽ   ,ィ´r-、!   . : :  , 〉: .:!ソ'′
    !          Y'´^Y ,!〈カ '       ^^  /             いや、うちに「松本清張全集」の企画が、
   |        「    `ゞ仆ト、    -ー- /              回ってきたのはありがたいんだがね……
   |       |     イ;;::jiil  、   ´ ̄ /
   l          ト、   リ厂''ー、_,>、 _,イー-、             しかしあれは、中公さんである程度進んでいた企画のはずだ。
    !         !ヽゝ- /   /lヾ、 ヽー'ヽY,/i             それを今更……ってのが、引っかかるんだ。
     !      ,'  i ̄`¨`ー、 ト、ト、   ,r リ !rー- 、__
    |      i  !    ``ヾ´└ー'─'゙ー' ´ ̄``'ー---`ヽ
      !      ,イ  !      `リ       ; ,  ̄`¨`ー - 」 ヽ
     !    / ,'        i        i        i /  ト、
      V  ,イ !        l        l rj        リ   / 〉、
      ヽ ,iレ' ,/   l     ,!       | r'=ャ      j  ,イ /」 \
       V/    !     !       | j i!      ,レ'´  `>-、 \
        ゙i      |     |       | ,川       ,!   ,     \

415 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:01:49 ID:lIQMUaqA
                 _ ___
              ,.'"´.:.:.::::::::::::::::.:.:.\
            /:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::,、-─-<、
          /.:;:;:;:;<カ::::::::::.,、-‐'"´    ヾヽ
          l;:;:;:;:;::;::::::,.ィ´ jji i、  `、 ヾミミ、
          ヾ;:;;,.ィ"´,ィイ ノノソハトト、ミミヽ `ヾミミ:;!
           入 ヾ彡ィイシノノ ,,>=ュ.:;;:;:;;ヾミミミ!       何しろあそこの出版部門を実質的に仕切ってるのは、
           V ィイ'''rtァッ  ''゙モtュ  `ト/^VトトV.        「世界の歴史」取りまとめた白まn……もとい宮脇君だろ。
           `Y;jj!   7  ~`     リ ノ;:;;V    
                ヾ',: :./   . : . : :   イ;:;:爪        「世界の歴史」以上にドル箱になるだろう清張全集をだ、
               ハ `"´ . : .:   /^1;:;i :l/L_ _     あの宮脇君が諦めるとは思えんが……
               _,ル;、 -‐‐-    / ノノハV:::::::::::::.:.:.¨'''ー- 、
        ,,、-‐''"´.:.:::::ヾ、      ,.イ  ノノ^V:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ、
       ,.イ.:.:.:.::::::::::::::::::::::::ト--- <  /.::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:
      /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::L__  _ /.:::::::V/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ,/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ,イ  ヽ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/^リ   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L/ __ 丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    l.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    |.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

416 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:02:11 ID:lIQMUaqA
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
       ,.-'⌒ヽ,
      ノ     ヽ、
    (´  ,ノヽ    )
    ,.-' (´     `)`ー-、
   (´   ,ヽ、 (⌒     )
   `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄
    。i    。    ゚l  。
   !    |    ゜   i
     l       i     ! ゚
   |    ゜ i       |
         。   i
   ;゜ !  ゜   : ; ; i
       !   、i;,| i, ゚,゜   ゜
    !   /  ̄ u  ̄ \:
    !  ::/  :j     :::::\:
     ;: |  u        :::::::| :         ああ……あのとき阿川なんていう三流作家じゃなくて、
      \.....::::::::: u  ::::, /          「点と線」に注目していたなら……
   !   r "     .r  /゚。 !
    :|::|     ::::| :::i !
    :|::|:     .::::| :::|:  !
  !.  :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}: !
   !  :i      `.-‐"

      【宮脇俊三】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □          , -‐ ──ー‐ - 、
            ,r'´          ``ヽ、
            ,.'´      , '´ , ,ィ 、:;,、`ヾ、ヽ
         /       ,イ  ,イ // ,!川 `ヽ`ヾ
          /   ,   ,i / , ,イ///,!l ,!lヾヾ,ji,j リ
        ,!  i l ,!lイ / ,イ,!j ,リ,/!i/l! li ヽl,!,l,!
        | i  l il !i j/ / ///l;// リ' ,! ,! ,ィ'i;i' '
        i ;i  l i|リy' ,//,イi-!イ=リ-'  斤jヽ          阿川君から聞いたんだけどね。
        ゙, i,l. ij /,イ> ,イ/  ,イじィ' .:::. ヽ l
         ヾヾj川,r‐-'´           .:::, , 〉 |          あいつ、「点と線」の出版企画をすっかり失念してて、
            \ヾj、レ'ヘ               !          すごく後悔したらしいからな……
           `リ.:;ゝ、_ゝ_  r-、`ーy'´`Y´`ir‐y-、
           ,rーリ/レ' (   ヽ、ヽ ヽj `Y j  |  l  l、      同じミスを何度も繰り返すバカとは思えんが……
         / ト、ヾ、'゙"ヽ   ``ゝ  l  V  ,!  '   \
        ,/   \ \ \     \_,   _  、_ ー   !
       ,イi     `ヽ`ヽ、r-、     `ニ=-、_      l
      /  `ヽ、     `ヽ、ヽ `ー'"´ ̄ヽ  l;;lィニニニゝー}
     ´      \     /`i ヽ,   l l  l;;i〔21;21〕III、
          /´\   /   |  ヾ,  ,! |  `|ヾニニソ   ゙i
         /    \/    |、   j ,! ,!   ,!´ ̄``ー‐-',
       ,イ              ゙i、 ___,,、-'‐'"i |       |

417 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:02:40 ID:lIQMUaqA
                                                           ____
                                                        _,.-  ̄ミ   ̄ ヽ
                                                      //  ミ {     ヽ
                                                     / イ         ヽ ヽ
                                                     | ミ    r从 ,ィい  ) ) ',
                                                     j ! _,.ヘゑソ乂し'こ_, ン ノ
                                                     て  (/´ネ_r'  ノィタYメ (
           あの人は、確か中公新書で忙しいのでは?                 !r'r し_´     `、_j り7
                                                     ヽ! jト-'   `__"  冫 Y´
                                                      )イ ヽ  '=`   ノ (´
                                                      ´ ヽ_/ ヽ、  /ィj ノヽ
                                                       _/|´ヽ、  ̄/イ|ヽ、
                                                 _,. -‐ ´/ ト、  ,不´ /ト、::::ー..、
                                               /´|     /  .| ∨  ∨ / :ハ   ` - 、__
                                              /   |    /   |   >ー{   |  ',      ハ



                  ,、 _ _
               _ ノフ´ /    ̄``ヽ、
               ノヘ / ,/   ,.-ー─ー' 、
               l ′   ,/p ,/ ,ィイハゞヾ   `ヽ
         _ ,,.-┴ー-、 ,/_/ jノソ 〉从ハ、`、ヾ j
   ,.-‐'''"´        ソ.,ィイ'´ー=-、'Nリィヾ、ト、V
    !       、      /;;;:f'´  イテゝ  〈ャッ /Nl/
   ,|!        ヽ   ,ィ´r-、!   . : :  , 〉: .:!ソ'′         ……とにかく解せん。
    !          Y'´^Y ,!〈カ '       ^^  /
   |        「    `ゞ仆ト、    -ー- /            清張全集なんてドル箱企画、
   |       |     イ;;::jiil  、   ´ ̄ /             誰が手放すか……って中公が手放したか。
   l          ト、   リ厂''ー、_,>、 _,イー-、
    !         !ヽゝ- /   /lヾ、 ヽー'ヽY,/i
     !      ,'  i ̄`¨`ー、 ト、ト、   ,r リ !rー- 、__
    |      i  !    ``ヾ´└ー'─'゙ー' ´ ̄``'ー---`ヽ
      !      ,イ  !      `リ       ; ,  ̄`¨`ー - 」 ヽ
     !    / ,'        i        i        i /  ト、
      V  ,イ !        l        l rj        リ   / 〉、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松本清張全集は、株式会社文藝春秋から発売されている。

 しかし実をいうと、清張の全集は、本来中央公論社が企画を立て、出版する予定のものであった。
 それを中央公論が突然辞退し、文藝春秋に回ってきたといういきさつがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

418 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:03:09 ID:lIQMUaqA

                                               _.. − '' "'''''' ' ヽ、
                                              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                                             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_____L
                                            i;;;;;;∇;;;_..−'' "       ヽ
                                            〈;;;;;;;;;/      ヽ  `ヽ. ゙、
                                             〉'´ノゞ从ゞヾ_ハ_ヽ,`ー、,,   }
                                            ヽ人'ィテiヽ 〉ーィてjヽ     {
        ……ちょっと、探りいれてみましょうか?                  彡l `¨´}     ̄く   リハvj
                                             {ハ l  <       ゙iノノ  レ
        たしかうちの清張さんの担当は、                   ヽ!  _ ,, ..    人  /
        中公さんの担当の姉だったはずです。                 八、 -     /ハ从ヽ
                                                 \    /_/_.. - ''i
                                              r‐;';;´;;;l`llllll" l;!  __ ゙、
                                              |;;ヽ f/r'7⌒ l;;;l llb__| /ヽ- - 、 _
                                           _,,,.-十;;;;ヽ /{/  /;;;;;ヽ ̄/        `ー 、
                                       r- '' "_.. - '' "  l二二二/                 ヽ
                                      / l ̄       l                       l
                                     ,'  |        l                        l
                                     i   |        l                        l
                                                                        l

419 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:03:30 ID:lIQMUaqA


   ./      ィ-、    _、-'"、 `ヽ ヽ、
  /       `''゙  ,、-゙    !  ヽl, ヽ|
  !       _、-'デ. , | ,l,:イ川ト、i、`ミ彡ィ, 
  ゙>-、,,,,,,,、-''ニ゙=ラ゙ノ ノイイ/イノ,ム-ゝミF''"ハ  
  i゙,'゙  ,r' -=ニ彡ィェ幺-ミ: ";゙;ィェr | l レ'ノ  
  ゙|  l゙,rニ、ア゙ "´-:セ)`,   i `´ .レ''′  
   ヽ ,ハイ へリ      ; '  'i ' . |              よし、その手でいこう。
    `ッ' `:、ノ!_       ,.._ ,〉  ,!`ヽ,  
    彳,ン  ミー、       _,,...、 ./`i ト--、          まあうちに企画が来た以上、あまり詮索するのも意味ないが、
  ,、-(レ'シ'ノク「 i:、     ̄ー'' ./レ」  ゙i,ヽ `ー-、,,_      興味はそそられるからな。
-''"  f,、ィ'::( `、 ゙i`''-、,      /グ  ∧゙i,     `ー、__
     |.l 'v∧ >'`ぅ、>-ェ -‐'ヂ  ,/.'/,ノ,..、-‐…'''"゙´'-'゙)-、中公と清張さんの間で何があったか……
    ,|.l::': (! ゙ / /,オ゙   「 ,∧,.、-゙‐'"へ、_,、、-ー=''"´  経営的にもそうだが、とにかく興味深いものがありそうだ。
    | i:::::`;、゙V :( ,l゙    .レニ-'" :-''"  :、 \     `ー-、,_
    レ''' ネ、`'i_  ソ  ,、-''"        ト、 `>
    ,、-' ト-ヘ, `ーゥ'ア          、 ヽ,゙_ノ^)
-‐''"´    ,.r''~ス´-ヘ、          ヽ、 )-'′
      /  ハ,/ >、    ,、r'て` ノ'′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 清張全集が突然、中公から文春に出版元が変更した理由……
 それに池島信平ら、当時の文藝春秋のトップたちが興味を持ったかどうかは分からないし、
 またそれに基づいて、内々の調査とかをしたとかもわからない。

 しかし清張の担当者にヒアリングをするくらいのことはしたと思われる。

 というのは、松本清張は1960年代からずっと作家部門の高額納税者1位であり、
 清張を取り込んでおけば、確実に売り上げが稼げる作家だったからである。
 そして中央公論社がそれを手放したとあっては、誰もが興味を持ったのではないだろうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

420 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:03:40 ID:lIQMUaqA

                         ノ|
             _____/〉-‐:´::/
         __,.-‐":: :: :: :: :: :;/:: : :: :: ::`ヽ、
       ,ィ´,:: :: :: :: ::/: :: :: ;イ、:::、:: .: :: :: :: ::\
     __,/::_:/::; ::/:: ::/:: :/|:::/| ∨:|:: :: ::.、::.:ヽ、::`ヽ
    /;;;;マ;;/:.:/:::i: :: :⌒://:/ |  |::|;⌒:: ::.i:: :: ::ヽ、::\
  /;;;;;;;,|;;;;|::/|: ::|:: :/:/__'" | _|/_ヽ、: :; :|:: : :: :: :ト‐-`
  ヽ、_;;/{_;;|;/;;| ::|:: ;ヤチテォ゛   'ィァヤ:7∨::|: :: ::i: ::|
    j:::∧;: ::{ |:.:|/ 、込:z:;i     ヒ::z;j, ハ:;リ::: :;/:::/
    |:: ::∧:弋|;/,   `-‐'   、 `‐" 〈_):|: :/|:;/       しかし、あのバカ会社、
     j:: :: :∧:: :ヘλ         ._   丿::::|;/ '´       清張全集の企画を手放すなんて……何考えてるんだろ?
    |: :: :: ハ:: : :∧`> 、 __   |:| ,.ィ´::i:: ::|
     |:: :: :::iλ:: : ∧__,.-‐j.  Τ|:|、_.|:: ::i.: ::|          ちょっと時間作って、あの子に話聞いてみようかな……
     {:: :: :i:| ヽ;: :: :`ヽヾ==="|:| `ヽ;:!:: ::}
     |:: :: :i:|  ,f´`}:: ::ハ     |.|  :i, ヘ;: ::|
     j:: :: :i:| 丿  |:: : :}    ,ィ´~ヘ |:  〉:.:j
    |:: :: :i:〈´,,,,  |::i:.:|  丿  λ|__,<}: :|
    |:: :: ::i|{><}_,,{::|:.:| /  ,ノ´`'i:: ヘ:: |
    }:: :: ::i| ~|~ γ|/|/´  ,∠_   |;__ ハ::|   ___ ____
    |:: :: :: | ヽ、     /爪 ` ̄´   ,}::|  |   | /  |{lll}|
    |:: ::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            【藤井康栄】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、この当時、文藝春秋編集部で松本清張の担当をしていたのが、
 藤井康栄という女性編集者である。
 現在は北九州市立松本清張文学館の館長をしており、清張関係の研究本の執筆も多い。

 彼女も心中穏やかではなかった。
 というのは、彼女の妹が中央公論社、それも松本清張の担当をしていたからであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

421 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:04:05 ID:lIQMUaqA

 .           / >チ'' T ∧ ̄`''‐ミ、  \
 .          /  /´ /  ./ ,小     .トヽ.! ヽ
         .イ   ./ ./ ,イ ./ |l .|   |  .|  ハ
        ' ./   斗-/ !/  ? ト、‐-|、 l    l
.        / /  / イ /  |'   | ? V | ヽ|   |
.         / / !  ./ / |/  |    !  L_∨|  l   .!
       /イ!::|  .| /ィチ气      テモミ、! .,' .|  .|
.     /  l !  .! .レイ_)。. !      廴ノ.い∨  | l l
        |.i.| | | .ドマィし┤     ├.し爿 リ  ! l.|
        |.|? | .!`弋.少      ヽ辷ン´/  /) イl        あれ、お姉ちゃん、今日はどうしたの?
        仆! \トトj      '       /  .「l//リ
         V. い ヽ、    o      イ  イル′
          ?ヽト、从>- 、. ,__,  ‐</ 从仆´
              〈 \  ∨  /}`レj
              V ヽ>、レ<ノ  /
               V  マ大ア´  /
               V  ∨∨  /

                【宮田毬栄】

422 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:04:25 ID:lIQMUaqA
                                                   r‐- 、_
                                            ,.、-‐=ニン′: . : ` 丶 、
                                           ,. - ''"´. : :{ : . : . : 、 : 丶
                                          , ´ . : . : . /| {ヽ. : 、   、: /~\ヘ
                                        /   / : . : . / l | `、 _ _ヽ :  .\::.::.::.::.\
                                       ./.// : / : ,/- 、 ', !  ´、 `丶: . :`;:.::.}:::.::.::.ヽ
                                       ′ /  :/i : /     丶   丶`、 : . ト、:i::.:}:::.::.:::.丿
                                          /.//:.|. : .,′           ヽ: .: |:::ヾ∧::::/
       ちょうど休みが重なったみたいだし、            ,'/  | : | : ハ   _ _     ,、=≡ミ`,: .:ト、乂 卞´
       久々に話もしたかったし。                      ′ 1: ハ:|バ'´``` ,     、、 `;.:| :}: : .釗
                                           ∨  `ゝ} ゙´   _ ‐、     ,__レノ: : ノ│
       で、最近、仕事、どう?                            _込、_   ヽ _丿  _ イ:/: : .,.'  |
       清張先生の仕事とか。                         f'~゙'''ー汀ニ─-r‐ ´〈,/ : : ,:イ: .  |
                                             _|::::::`"゙゙}::_;//廴__/   :/く;|: i.  |
                                            ∠,r‐‐、;;;;;;{イ f~ ̄/  .//~`}: l.  |
                                               / r'"_ソ:.丿{ ,!  / /   〃   |: l.  |
                                            人  _〉ノ}、 ヽ| / イ   .,' !    {: !  |
                                            〔ヽ、\少´|}\ |,//{   { ,i    |: |  l
                                            〈\_二__/|>ゾ<从  | :l     {: l  |
                                              } ` ̄  /: : : : : : `、 ヽ:! |       {: l. |
                                            ヽ   /: : /ヽ: : : ヽ `|       {: l {

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 藤井康栄が、中公の清張全集について、何かアクションをしたとか、そういうことは伝わっていない。

 しかし、おそらく中央公論社に勤めている妹……宮田毬栄に、
 それとなく話を聞いたりしたのではないかと思う。

 現在、ときどき文芸エッセイなどを寄稿している宮田毬栄は、
 当時、中央公論社に籍を置き、第一出版部で松本清張の担当をしていた。
 後に文芸誌「海」最後の編集長となるなど、現場の要職を勤めながら1997年に退職している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

423 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:05:01 ID:lIQMUaqA
                              ,ヘ    /ヘ              j ヽ ,、
                             j .ヽ ,、,/  .l//           .|   l
                            .、.l   .'     /         ヾ、 l   .|
                            ヽ       /          ヽゝ.`,ヘ .l
           ,                  ゝ-──-、/            ヽ  .`i! ト、
        _,/´ ̄<                                        l  ヽ、     ,,,,-‐7
        7::::::::.、::.、::::::`‐-、          ,,-‐-'´~ ̄ ̄T`-───------         {   `,   ,-‐´  /
       /ι/_,j`ヽへ:::::::ヽ        ,/: : : : : : : : : : : | : : : : : : : : :<´_          ,>、  l_,/    ./-、
       1:::{´,-、  ,-、.l:::::ゝ    ,-─-,/: : /l: : : : : : : : j: :ト、: :、: : : : : :ヽ: :ヽ`‐-,    ,-‐'"´,-‐'>__l, -‐<"´ : : : ヽ、
        `{ l  ., l  l}l`  ,-'´::.:..-/::.',: /i l: : : :/: : :/|: l .ヽ: :l : : : : : : ヽ: :ヾ`{,  ./ : : / ̄7 /j!: : `:-、`ヽ: : :l: : :.ヽ
         `ヽ ー ノ    .`,::.::.,':./::.::.::|,': }-',-─-、/ l: j  ヽゝ-、l: :ヽ: : ト、:`,::〉/ : : : /: : :/: / l l: |、: : : `ヽヽl l: : : `,
          ./:}`‐':´{,_    ヽ::l/::.::.::./人j : : /: :/ ` j:l!   .ヽ:ト: : l: : ヽ :ヽ`ゝX:,./: : :/: -/"ト/ .l .l: l ゝ-、 l: : Yー': i: : : l
       ,-´ l/ l~lゝ/  `ヽ、  /::.::.::.::,':{___}: : /=/=_  .l/   .=-l_ゝ:_l : : l: : :∨//: : :/ : / _ l/ | .l l|._ゞ : : l :/: : /l: : : |
      /    l_|       l  ゝ::.::.::.:l: : l: ィ^ ̄>==、 /   /ニ 、 スl : : ト、: : l /: : : l: :/z=-、  .l  l! z=-、 : y: : / l : : |
      l .i,       i!   .|  |: `l‐-|: /l: :弋 l r_j l     lト_ノl} /ノト、: :l ヽ、l l: : イ:l /}l! 代l    l ィ-、ヾ/: : :`ー': : : l
      |  l       .j!   } l: : ヽ i!/-l: :/ ヽ_ゝ=´     弋=ソ l~}: ゝl  ヽ l / .l: l: :l !l`rj    .f、_ノl 少 : : : :/: :/ |
      l  l      .{、 -‐ l  l : : :ト、l:{ニl :l  -   _'_    lノl: : :l!   .l/ .|: :、:l ー'     ト_ノ./: : : : ::/ }∧l
      }‐-l   ,,,;''   t-─l´  | : : :l:.lヾ、:l/へ、   /__}  ._ノ、l,:|: : :l      l/ l: ヽ、  ,--、  ^/: /: : :/-l / .|
      .l ..ト  ,;;;;'     l  .|  |: : : l l /ヽ: : : ヘ`ーt- ,__,-l‐ ̄l:.:.:.:.ヽ: : |        l'ヘ .`'‐ヽ-'   j::/l: : /_,l!
      .l .l ,;;;;;'     .|  .l  l : : :|:l .l:.:.:.:ヾ: : :ヘ:;:;:ト、___,ノ|:;:;:;:;l:i:.:.:.:.:l: : l       /  ヽ .l  下.フ./ } / ̄ l
      .l .l        .l  .l  l: : : l:l l:.:.:.:.:.:.ヽ: : ヘ_,l、  .。 l__.!l:.:.:.:.:.:l: :l       j .ヽ >、 l /.-‐´/     |
      .l l _____.l  l  | : : : ; l!.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: : }┐'‐-.‐イ:;:;:;:;:;l.:.:.:.:.:.:ヽl      /   l ,',' ヽi,,-イ  .{./     .l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、この2人であるが、姉妹なのに苗字が異なるのは、既に結婚していたからである。
 旧姓は2人とも「大木」という苗字であった。

 そして、彼女らの父親は、詩人の大木惇夫である。
 名前を知らない人も多いかもしれないが、「大地讃頌」を作詞した人といえば分かる人は分かるかもしれない。
 大木惇夫については、「大地讃頌」のほかにも有名な詩……「戦友別盃の歌」があるが、
 その話は後日語りたいと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

424 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:05:19 ID:lIQMUaqA

       , -‐: : : : ̄ ̄``<「 ̄ マ
.     /: : : : : : : : : : : : : : : :|    \
.    / : : : : : : : : : : : : : : : : : |      ト 、
   /: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : :|___/ト、ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : :|: : : : :.|ヽ\l
   |: : : : : : : : : : : : : : : :|: :|: : : : : :|: : : :l: |: ヽ
   |: : : : : : : : : : : : : : : :.| :|: : : : : :|: : : :|: |\|
   l: : : : : : : : : : : : : : : : l.:|: : : : : :|: : : /: |  |
.   ',: : : : : : : : : : : : : :/~.l |: : : :l: :|: :/l: :|        うーん……私自身はいいんだけど、
.   ',: : : : : : : : : : : : :ヽ ',|: : : :|:.:|イ  `/
    ヽ: : : : :.l: : : : : : :l:`7|: : : :j: :| {           清張先生とうちの会社の関係、がね……
.    ?: 、: :|: : : :.|: : |: / |: : :./|: lノ
     い: ヽ|: :. :λ: :レ‐-|: :./‐レ′
       ヽ ハ: :./气 |、_ | /
        ツ V__`l`ヽ`く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮田毬栄から見た松本清張については、
 2004年に出版された文春新書「追憶の作家たち」に書かれている。
 そしてその中において、中央公論社と清張の間にあったいざこざについても触れられている。

 もっとも、その内容をあの当時に、自身の姉に話したかどうかは分からない。
 こういう風に記録に残している以上話している可能性はあるかもしれないし、
 会社の不祥事ということで、当時は固く口止めされていたかもしれない。

 このスレでは、そのことを話したという前提の下で書こうと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

425 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:05:38 ID:lIQMUaqA
     _,,;;;;;;;llllll||||||ll;;;,,,,_
    ;l|||||||||||||llllllllllllll|||ll;;,,
    .;||||||||||||ll      ,''''〈
    ;|||||||||||||レ  _/  |
   .;|||||lllll||||l;'    (´0  |
   ;''''''(       `ー  /
   .;   `´  , -‐' C、´ ̄`)
   ;    /     >‐''´
  .;    '´   , -―-〈
  ;        <ニ二>_ノ
-<´`ー、__   ,ゝ-'´
  \   `>、:]-、
   `ー'´|:;:;/   ヽ

   【松本清張】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松本清張は1909年(明治42年)、広島市で生まれ、その後福岡県の小倉に転居している。

 幼少期は貧乏であり、尋常小学校を卒業したのち、電気会社の給仕として勤めたたのち、
 印刷会社で印刷工見習いとして働いたり、朝日新聞の広告部に勤めたりしている。

 なお、印刷工見習いの頃に読書に目覚め、芥川龍之介などを読んでいる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

426名無しのやる夫だお:2011/09/18(日) 21:05:53 ID:QYzmnohQ
また文芸一家かw

427 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:06:00 ID:lIQMUaqA
               , -――‐- __
              / , -――- 、 ` 、
                / /_  __ノ  ,-、`' _ l
             __-</  /  n  n .|  ,' ,'
      _, -‐ '´ , -L__/::::__ー _, - 、  、,' ,'
   _, ‐'´     ゝ、  , -'、_,-、__ノ、::::/ /
 /       _, - '´|. /       `', `ー、
. ヽ     ヽ'´     |   , -―‐-、 / /-.'
  ヽ     ヽ、   .|  l-、_   | ' /          いや、まさか、芥川賞までとるとは……
   ヽ      ヽ__ |. `ー、`'´~ノ  /
    ヽ         ヘ |___    ̄~ ___/
     ヽ     / ヽ ~><~ ハ‐-、
        ヽ    `>ヽ/ 〉-〈ヽ,'_,」  ',
       ヽ、  \ ヽ/  ',/`ー,   ',
         |     \ ヽ  / / ,  ',
        ノ     \∨/   .|   .|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 執筆をするようになったのは戦後からである。
 もっとも、清張の場合、新聞などの懸賞小説に応募して賞金を稼ぐことが目的であった。
 だから、同人誌などで活動するということはなかった。
 この辺は井上靖や司馬遼太郎と似ている。

 まず処女作「西郷札」が直木賞候補になる。
 その後「或る「小倉日記」伝」が直木賞候補だったのだが、なぜか芥川賞を獲ってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

428 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:06:14 ID:lIQMUaqA

                                       ___
                               _... -‐ ''' ¨ ̄ ..-'’
                          _... :≦   _...-‐ '"
                    _ ... ≦´   ..> ''"´
              ___,- 、r≦    > ''"
          __...ィ./     ̄ ¨¨¨ ''''''''_ ‐-.
         /_ 、 〈 ',          f¨     、
      _.. イ~..’ _.?    ___ ..............'............、 ヽ
      ( ヽ_f_.. '"    ̄ ̄ i:::::::::::::::::::::::::::::::::',  、!
      `¨´           lr、::::::::::::::::::::::::::::::::',  `.
                  ゙   ̄ ¨ '' ‐-::::::::::',   ゜
                _イ    ‐ 、   |::::::::::}',  ‘
                z7ー,    _ `  f:::::::::リ.ノ   ゚,
               ̄~ィ,,.ゞ   ' ・`   ヤrツ"   \'
              /⌒γ ` ヽ′ . <         i
                  ゝ-r_ーヽ /         l
                    ヽ,_-ヽ ‐-          |
                  ____... -`‐ァ     ̄      .!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 処女作の「西郷札」などを見ても分かるように、
 本来、清張は、時代小説家の趣が強い。

 後々古代史や昭和史の作品を残すように、文学というよりも歴史に強い興味を持っていたようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

429 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:06:26 ID:lIQMUaqA

              ____
             /        \   人
            /           \   て
            / \     _/      \
            |  (●)   (●)      |        やっぱり「点と線」は面白いお!
.           \  (__人__)  u.   /
           /  `⌒ ´       \
      彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
       \    \\    \E |    ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし今では「推理小説といえば松本清張」と呼ばれるくらいになっている。
 それは、彼が最初に執筆した推理小説「点と線」が好評であり、
 そこから推理小説を数多く発表していったからである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

430 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:06:37 ID:lIQMUaqA

                     / |
.                   /  j
                  /   /
                  /   /
           -―   ̄ ̄ヽ   /
        /     _ -ー―  /⌒r――- 、
       /    i-‐ニ-―――7r- ̄     \
.      /      f ̄      ハ \`r―r――
     /            イ /  |  ヽ|  \
     f   |      ' ̄///   | /、     \
     |   |    |  / l/    |∧ ヽ   l  ヽ
     |   |    | /-ニ7     |_ |    |\ ヽ
     |   」    ヒィf'う小     ヌミj    |  \|
     |∧{ |    《.ハクj }    /i_r' }》|  /  |        大学時代の専攻はフランス文学ですけど、
     |  ヽ、|    弋=ノ     {イ‐jノ/| /  |
      │∧ ト  | 〃  _    `-' /  レ∧  |        エドガー・アラン・ポオも好きです。
       ∨ ヘ|入 |  〈__ヽ    {   |/ \|
         / \|\ ‐r- ―‐ イ\ /
.         L_   \_l //λ  ∨

431 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:06:59 ID:lIQMUaqA
                                          ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミミミヽ
                                         .:;:;:;:;:;.:.:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:ミミミヾ_
                                        ,;;;;;;;.:.:.. `ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:.:.:',
                                        !;;ミィ彡ハ  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;',
                                       ,;;;;;;!   ゙、  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
                                       ,;;;;;;;′     ゙、 .:.:.:.:.:.:ミミミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
                                      ,;;;;;;;;′  _    _ヾミミミトt、トt、.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                                     〈;;;;;;;′/      \   ̄``ヾ.:.:.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                                      ';;;〈                `1;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                                       `ヽ   l・)  l・)        ヾ;;;/⌒ヾ;;;;;;/
                                        l                 ;;;! い i;;;;;!
                                        | ┌─- 、            ;;! ノノ /;;/
                                        | |      ヽ       ;′   /;;/
          ・ ・ ・ ・ ・ ・                    ', 入___人_ノ ヽ     ′  __ノ;;;;;;;!
                                        ',         \     /  l;;;;;;;/
                                         ', /´ ̄`ヽ     \  /   l;;;/
                                          l      ヽ        /   ⊥
                                          | ̄`ー' ̄/     / ,、-‐'",、-1
                                          |`ー─'′   /‐'"´,、-‐'"  1
                                          「ニミヽ rrr‐''"´ <        L
                                           ハニ`1i  //⌒)ノ    , -‐ 二>==-、、、_
                                         ,.ィイ   1i   l l       ,. '",. '"´.:.:.:.:.:.:.:.     /
                                   7ニ7二7.:.:.:l ト、__ノ i  l ヽ _/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     / /
                                   / /   .:.:.:l l`ー ィ. i  l ト‐‐ァ /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 清張自身も、江戸川乱歩の作品などを読んでいた。

 しかし同時に、マニアのみを念頭に考えたような、
 設定や描写の奇抜さを競い合うような作品に関しては苦言を呈している。

 彼は現実に即したスリルと、動機の描写、そして社会性を重視した。
 俗に「社会派推理小説」と呼ばれるスタイルである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

432 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:07:33 ID:lIQMUaqA

        _,,.、、、、、.,,_                                               ┌──┐
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、                                           ,.  - 、=ニ二i
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、                                         \●/ノヽ)))
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ                                           ∩ リ゚ -゚ノリ/ヽ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j                                            ヽ   つ. ● |
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{                                             l  ⊃ \ /
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙       ウホッ、いい黒蜥蜴。                         し'´
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、その人気絶頂の松本清張の全集を、中央公論社が出せなくなった理由……

 それは、清張と同様に乱歩を好んで読んでいた作家に遠因があるといわれている。

 そう、乱歩の名作「黒蜥蜴」を戯曲化した人物……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

433 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:08:01 ID:lIQMUaqA

                 ,, - ―- 、
              ,. '" _,,. -…;   ヽ
              (i'"((´  __ 〈    }
              |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
              ヾ|!   ┴'   }|トi  }
                |! ,,_      {'  }
               「´r__ァ   ./  l            俺っていいカラダしてるじゃないの。
                ヽ ‐'  / ヾヾヾ
                 ヽ__,.. '     ヽ
             .,. '" ⌒`  ̄ `     ヽ
            /              ヽ
        ,. . '"/                 |ヽ、
      ,. '"                  |  . | ヽヽ、
    ./                   /  . | .| ヽ
  ./           ., ―‐イ     /   . | ′ |
/           /    |        ..  |   .|
|      `ヽ-ー''''l'"´     \     /   /.   /
.ヽ      |   lヽ        \ -.'´    /.   /
 ヽ`ヽ   .ヽ . /.               /.   /
  \     ヽ./ .,             /   ./
    \    .l /            /   /
     .\   |l`l       /   .l.    /
      \   .|       l       /
      ./ \   l            /
      l    /            |
      l,-―´    ヽ、       .|
       ,'         .l    ヽ、ヽ
       .|               . l . ',
      .|               .l   ',
      /               ,'.   ',
      /                /    .',
     /               /     ,'
     /              イ      /
    ,'           .  / `ー―    ',
    ,'            . /          ',
   ,'             /            ',
  ,'             /|            ',
  ,'             / ',            ',

           【三島由紀夫】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 三 島 由 紀 夫 で あ る 。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

434 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:08:26 ID:lIQMUaqA

  ノ     ∧     /) ∧
  彡  ノW \从/V  W \   ミ
  (  ノ        |      ノ \)
  ∩V      、、 |       >V7
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3)
  (┗(      )⌒(      )┛/
   ~| \__/ |  \__/ |~         あれだけの作品を書けるんだ。
    爻     < |  ;     爻    
    ~爻     \_/  _, 爻~           清張君の作品を、
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~          「日本の文学」の中にいれてもいいと思う。
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_

        【川端康成】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 きっかけは、1963年(昭和38年)、中央公論社が「世界の歴史」に続く全集シリーズ、
 「日本の文学」の立ち上げであった。

 編集委員として谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫の3人が選ばれ、
 作家や作品の選定が進められていた。

 その中で、松本清張の作品も入れてほしいという意向が中央公論社よりあり、
 谷崎、川端もそれに賛同した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

435名無しのやる夫だお:2011/09/18(日) 21:08:56 ID:QYzmnohQ
編集委員が豪華すぎるだろw

436 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:08:57 ID:lIQMUaqA

           zー-- ..,,_
.          ,ィ、"ヾ:::::::::\
        ,. -'゙ ヾゝ >::::::::::ハ
        ト j ヽ` i´:::::::::::::::}
        j三〉   ,; ソヾ:::::::::/           俺は反対だ。松本清張の作品は、文学とは言えない!
       .{_  _ ,ィ_6ノ´ ̄ `ヽ
          / /      \
          ノ   {        ハ
        /    ヽ       ゝ、
        ,'        \       }
       .{         `ヽ     `ヽ
        ゝ      ノ彡 \      ',
        }`ー- - ‐ '  /   {´       }\
        lゝ_ノ\_  /  ./|       /   \
        {、___ノ    /  ./ .|    /     \
        j、__ノ    //  |     /> ,,_     \
        ノ    i!      {   |.   /    > ,,_  .\
         {     /      .`ヽ|  /        > ,, `ヽ
          j     /        γ  { ゝ         γ  ',
       i   /        /   } ( .////   { l   }
       j  /           i゙ .,   .|  ////    |_ノY iii
        |  /         | ノ   .|  ゝ            .| |||
         j /         、 ´ `} }}} Y´           ヽll
      /          `ー- ノノノ /.            

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、三島由紀夫が断固として反対したのである。
 理由は文献を見る限りでは分からない。

 ただ、その熱意に押されてしまった結果、
 結局松本清張の作品は、「日本の文学」には入れられなかったのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

437 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:09:18 ID:lIQMUaqA
                 r--=ニ二"`' 、
               r-=!,.i‐:、ヽヽ`'i  .\
                | |`‐r'-‐ヽヽヽ.ir=:、 |
               ',|', |、、.riェ|i:i .|ィ;!l .!
            ! /')、| ` ,!' | /゙rく |              なるほどなあ……
            _/ /_ `、-‐' !',. '゙ `!_
         r‐‐'i‐,、' ノ .ヽ__,._-,..-‐'ニ:i`、_            これで平岡君の文学に感じていた、
           / .フノ///   /rl i_,.-'" / '; `ー-: ,,,,___      「得体の知れないもの」の正体が分かった。
       ,./  `i゙ ゙ノ  ./" |  i-‐'_,:,'_ _,ゝ   ,.:-‐`=、
.      ,:'゙!'ー-´<"-i'"iくr''、i"`i_.',// `'-、   ,:'     i
     ,.:'  ヽ  / .,'、 /_ i_,,,_ .r:、! ./   ,.:'  .,'       |
    ,:'    `-'!'i i r'iヽヽ' |`| .| /  ,:'           .|
.   /       ,.! ,' .| `i'゙i,l''i_,) `゙.,'   ./    、       |
  r'"      / i  | .|ヽl,.:'/ .l  /     ヽ      |
 i゙     ./   |  | .| |:'O   .| ./      |      |
 !      ' _,.-‐'i  .l .| |    | ,'         |      |
 ヽ、  _,.-:'"   |  ',.| | O  | .i        |      |
    ̄"        .|   '| |    |,'        |      |

             【団藤重光】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島が清張の文学を断固として拒否した理由……
 それについては、三島の研究書でもほとんど取り上げられておらず、
 三島も清張も鬼籍に入った今、知ることはできない。

 しかし、もしかすると……という理由を、スレ主は一度書いている。

 それは、三島由紀夫と、刑法学者で元最高裁判事の団藤重光東大名誉教授との関係のところでである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

438 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:10:33 ID:lIQMUaqA

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }             作家は作品を書く前に、
    |! ,,_      {'  }             主題なんかはっきりと知っていないんだ。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ           バカ評論家なんかが時々、
     ヽ__,.. ' /     ヽ           「今度の作品の主題は何ですか」って聞くけど、
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_         そんなの、検事に、
    /           i ヽ \       「今度の犯罪は何ですか」って聞くようなものだろう。
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島が大学時代、一番得意だった法律は刑事訴訟法だったことは、このスレでも以前書いた。
 そして、その刑事訴訟法の公訴の流れに近いような組み立てであることを、
 団藤は三島の文学から読みぬいている。

 すなわち、三島は、小説も戯曲も、仮借なき論理の一本槍で、不可見の主題を追求し、
 ついにその主題を把握したところで完結すべきと考えていた。
 彼の場合、「作家は作品を書く前に、主題なんかはっきりと知っていない」のである。
 それは作品の中で、表していくことなのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

439 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:11:01 ID:lIQMUaqA
                       _ .............. _
                  ,:::´:::::::::::::::::::::::::`:::.、
               /::::::::::::::::j´ ``^~'Yy:::〉
                 {:::::/¨Y:イ =ミ、、ノリY
               i::〈そミソ セオこ` ,rj
               l::::ヽ)          {j′
                  从:八     、_ ーイ        推理小説ってのは、俺の文学観からは、
               〃"   ヽ   `こ´ /         一番遠いところにあるものだろう。
               _/      .:\    /
           ,.イ.:       :≫≠ー-く          あれは文学とは言えないよ。
          //             ヽ
          / .:/  :.              ',
       /.:  ;′ :..             i
       ,'.:.:  i   :.:.              l
.      i   l      :.:. ヽ   :.:    .:.:.ハ
.      l   l :.:.    :.:.. }      .:.:/ :}
.      l   l  :.:.:..    l         .:j  i
.      ハ:.  ';   :.:.:.:.:.. /l        ;  ;
.      ' ヘ   :.  :.:.:.   l       八:ノ
.      ′ : ヾ:.:.. ヽ:       l       .'  i
    ,′  .:.Y .:j     l      .′.:.!
.    ;.:.    .:i       ;  l     Y   .:j
.    i:.    :∧  ;.  ;:. l     ヽ .:i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、推理小説というのは、トリックが前提である。
 どういう方法で殺し、そのためにどういう証拠が必要で……というのが、
 作者の中では事前に頭の中で決まっているのだ。

 要は全て頭の中で決まっているものを、書き綴るだけなのだから、
 三島に言わせればこれは「文学ではない」ということになってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

440 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:09:46 ID:lIQMUaqA

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴'   }|トi  }             作家は作品を書く前に、
    |! ,,_      {'  }             主題なんかはっきりと知っていないんだ。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ           バカ評論家なんかが時々、
     ヽ__,.. ' /     ヽ           「今度の作品の主題は何ですか」って聞くけど、
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_         そんなの、検事に、
    /           i ヽ \       「今度の犯罪は何ですか」って聞くようなものだろう。
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島が大学時代、一番得意だった法律は刑事訴訟法だったことは、このスレでも以前書いた。
 そして、その刑事訴訟法の公訴の流れに近いような組み立てであることを、
 団藤は三島の文学から読みぬいている。

 すなわち、三島は、小説も戯曲も、仮借なき論理の一本槍で、不可見の主題を追求し、
 ついにその主題を把握したところで完結すべきと考えていた。
 彼の場合、「作家は作品を書く前に、主題なんかはっきりと知っていない」のである。
 それは作品の中で、表していくことなのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

441 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:12:06 ID:lIQMUaqA

           , -―――-
        ,  ´         `  、
        /              \
      /                  ヽ
.     /      , -ヽ、_ノ- 、      ヽ
    /     , '          ヽ        ',
   ,'     /  、ヾ ! ! / ,.   ヽ      l
   |     ,'  `   , -‐‐、   彡 ',      |     ここが純文学のダメなところなんじゃ。
   ',.     |  = ,':::::::::○ヽ __'  l.     j
    ',     ',  =  ヽ:::::::::::::ノ =  ,'    ,'      結局読者というものを置き去りにしてしまうんだのう。
    ',   ,-、  彡 `ー‐'  ヾ ノ     /
     ヽ  / / \  " ' ' ' ゛ /     /
      __,r'ニニj  ` ー---‐''´    /
    /  ゝ、ヲ           -‐'

          【井上ひさし】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、三島のような考え方で執筆すると、よほどの天才を除いて、だいたい失敗するのだ。
 それはそうであろう、執筆者が執筆時にその対象が分かっていないのだから、
 それこそ完結するかもわからないし、どこに行くかもわからない、ということになってしまう。

 そしてそんなあやふやな文章を、誰が好き好んで買うのか、という問題もある。

 結局三島の文学観は、あくまでも三島という天才だからこそ実現できたわけで、
 そんなことができるのはごく少数だろう。

 大体、そういう風に書かれた純文学だろうが、緻密に組み立てられた推理小説だろうが、
 読者にしてみれば面白ければどうでもいいのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

442 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:12:25 ID:lIQMUaqA

  __,冖__ ,、  __冖__   / //      ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /   _/        ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /      ,.フ^''''ー- j
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ     /      \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//     /     _/^  、`、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n     「 |      /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'     ;: |  !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l    ; l i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |
           /   ヽ      :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 清張も同様に考えていたのではないかと思う。
 要は読者が評価してくれた作品こそが優れた「文学」であり、
 そうじゃない作品は文学といえどもさほどではない。

 そう考えれば、松本清張の作品は優れた「文学」と言えたはずであるし、
 「日本の文学」全集に入ってもおかしくなかった。

 しかしそこから外された清張の落胆、怒りは激しかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

443 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:12:46 ID:lIQMUaqA

               __ .. -- -ァr 、
        . _,.  ´ ̄ \ ヽヽ Vノノ ノ
.      /´ ___ rk‐‐ ‐ァ ´  ̄ ̄ ̄ \
     レ'´ __ ノ >'´   __     r=ヘ
     レ'´ _イ´ツ´    ´ィ'斧ヾ  |レ云
     レ'´__ノ ソ      r/⌒i.   |}}r ヽ
.     V´ __ノ 彡     八 .゚人  |人゚_ハ
.      レ'´ム_. 彡    ´ ̄   ヽ ´ ̄ `ヽ
        | i´  `ヾリ     ,x≦圭ヲ      }       頭で作り上げる観念的な小説は、
      N i⌒Y ;!.    爪圭Y´      ノ!       必ず限界があって、行きづまる。
      ∨ハ }   圭≧、  人__ァ^ー < リ
         ∨ハ   圭≧ハ  /   /`´`´Y        脆いもんだ。
        ∨入_  圭圭i! i  /   ::.... 〉
         V ハ 圭彡i! ! /´ ̄ `ー‐'〉        ……人生を知らない者に、人間が描けるはずがないよ。
         V//∧ 圭ソリ リ i \    イ
          V/// \≦く        ̄ リ
          } //∧/.\ ヽ      ヲ
         /{////∧圭 \     イ
           / \///∧圭圭≧≠==イ \
       rく!    \/ ∧圭圭圭{   |   \


                                             ∧       /ヽ、
                                            〈  \.___,/   ,}
                                           _,.-\   Υ  /‐-.、
                                         ,ィ´: : :∠>-‐-<_二ニi: :`ヽ、
                                        /: : : : : : : :;ィヘ、: : : | : : : :|: : : : ヘ
                                      /: : : : : : ;⌒:/ | ∨: :ト⌒ヽ:|:: : : ::ハ
                                     ´ ̄/: : : : :/|:.:/  |  ∨:;| ∨: :|: : : :: : :}
                                       /:.:/: : :/ |:/   |  ∨ ∨::|:. : :i:: : |
                                       /:;/:|: :;/ ,ャ=ュ、     ,ャ=ュ、`|: : : |:: : |
                                      j/|::| ;ハ ィ´f-':ハ     ト-'::ハ`|: : :i|:: : |
               ・ ・ ・ ・ ・ ・                    |: :´:::ハ`弋ィ;リ     込ィ;リ |: : :リ:: : {
                                       |/|::::(,j           |: : /:::: ::|
      (たとえ5歳の子どもでも、                  ´ ∨:::ヽ、    rュ    ,.イ|:.:/:::/ヽ:|
      5歳の子どもなりの捉え方はあると思うけど……)      ∨|:::::`>‐- , ┬<::::::::j/:::/
                                           Vィ'´ | {    } |`ヽ、j:/
                                           {  ,} ヽ__,ノ .{  }
                                           j  j   | |   l  {
                                           /  |   | ,ィヘ、 |  |
                                          /   |   辷 ゛ ̄ j


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このときから、清張の純文学批判……が露骨になったといわれている。

 もっとも芥川龍之介や谷崎潤一郎への興味は失われなかったことを考えると、
 清張の批判した「純文学」とは、もっぱら三島由紀夫の文学ということになるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

444 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:13:08 ID:lIQMUaqA

ヾ: :.        ,.-''".;.;.;.;;.;.;.;.;.;.;;;;;`'、
 } .:.        /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;;;l
ノ  .:;      ´7;;;;;rr-‐-‐'^i:;.;.;,;,;,;,;;;;;;}                  ここに一個の健やかな林檎が存在している。
{.  .:.          《    __,,,ゝ{rヘ.;.;.;;;;;ζ                  この林檎が言葉によって存在しはじめたものでなければ、
ヾ. ..;        .l.゙"rィァ‐ ,.::::゙£};;;;;;;;;;ゞ=-、               あのアミエルの奇怪な林檎のように
  .、:...:.:......       /__;:   .::::::::r .^^'λ 三ミぇ              芯から丸見えということはありえない。
  `" ̄`ヾ:.    了二つ :::::/;: .::  .::ゝ三三ミぇ_
         ゞ=ヲ rー冫;::::::::.. ::.. ..:::ヾ三三;=/           林檎の内側は全く見えない筈だ。
             _,> .二Y´乍=z::::   .....:::|三三/ミぇ_.
          ノ.K ,-=.Y 三‖::. ,; ,;::.._z-|三/ぇ::::::::...`ミ.、      そこで林檎の中心で、果肉に閉じ込められた芯は、
       ∠.三i| ヽ  ノ;三‖;_;;zr-― .::}》'三i三三ミ>:/:ヽ.     蒼白な闇に盲い、身を慄わせて焦燥し、
      /,;彡:__l|  ,.イ;;三三}},, _,,   ..:://三i三三三メヾ;:::..ヘ    自分がまっとうな林檎であることを
     / ,;/::::/三lレ' l|;三三‖; :::....  ..::|ん三i三三;<<三 ゞ;:::.゙,.    何とかわが目で確かめたいと望んでいる。
.   /..;;;ノ:::::/三三ヾ_;j|三三{{..; ::..... ..::://三三j二二ノノ三三}::::i}
  / ;/::::,∠ツ.三三彡ラ:三三||,,; ::.... /z'三二i二三,Ζ三三き:::ゝ、.
 ,',;/::::r ´...三三ソ_;;z-ヘ三三||::: ;;;::..ノノ三三二j三三王三三二∧:::k
. {;/::::/;;三三三/    .>;;三||::: ;;;;//三三二三三三|三二二三∧::λ
 ヾ;_∠√       }三三ミヽ_//三三二j三三三弋二三三三∧:::ト、
                  ヾ三三三}.{三三二i三三二二;;;>┐三三三∧::::l
               >三三‖三三≡i三三三二ソ .L三三三三}::::}l
               / 三三‖三三三三j三三三/  7三三三/:::ム
                 >三三‖三三三三i三三三/  /三三三/:::://
                / 三三‖三三三三i!三三三{ ./三三三/:/r

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島の晩年の作品に「太陽と鉄」というものがある。

 自伝的要素が強い作品で、三島作品特有の過剰なレトリックを駆使した作品である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

445 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:13:39 ID:lIQMUaqA

          , -'´ ̄ ̄ ̄ ̄/
         /  _, -―' ,二\
         /  / , -、.   ,- `、.',
       /  / ./  .,-  、・,   ',
      ',   .', ,、 '   、・,   , --、.,
      ',   `'.|     ー'  /   ノ ',
       ',     |     ,  ___, ノ_)|
       ',_,-,/   ,. (_,ノ     ,'       ・・・・・・作家としての三島だけでなく、
          (  ,     /     ____ .,'
        `く    |    /   `ヽ、      そもそも人間としての三島も衰弱してるな。
         ヽ    |     / ,-、 .y、ノ
          ヽ  | .   〈=ニ-―'´`l
            ヽ       \_ __,ノ
            ヽ____     /_
           , -/   ̄ >< |`i 、
           ,. ' ヽ `ー、 /\;;;;;;l`;| 」 \
        /   `´7 `ー、 |;;;;;;ヽ| \ ', ヽ
          l     'ー 、_ \;;;;;;;;;| ノ ', ヽ
        |     、, -、`ー-`''''」 '   ',  ヽ
        ヽ   , ' ,- \           l  ヽ
         ヾ   '7 /,- ',    __,、- |-、 ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このような三島の作品の世界は、松本清張の感覚とは相容れないものであった。
 レトリックやメタファーに比重を置いたがゆえに構築された三島の作品の世界観は、
 清張にとっては「空虚な絵空事」にしか見えなかった。

 「「太陽と鉄」なら、「仮面の告白」のほうがまだ青くさいけど、まだしも文学的だ。」
 「「太陽と鉄」は作家三島の衰えだけじゃなく、人間三島の衰弱が表れている。」

 このように酷評している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

446 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:13:54 ID:lIQMUaqA

                                       j二二 ̄ ̄|  `ヽ、   >j  ,ノ、
                                      .f'::::〇::|:::::::::.| , 'ニニ> 、こ-<ヽ、丶
                                      .`「  ̄::::::::::: ゝ'/: : :./: ,个 、: : ヽ、ヽ: :\
                                       |::::::...::::::, '/: /: :. :. / / ト:ヘ: :. : :Vl: :. : :ヽ
                                       |::::::::::/ィ :./: , :'7'|: /  |`、:.、ヽ、: V: :. :. : }
                                       |:::::/ ::/ :/: :. :/ _レ.  |  ヽ:ト、: : リ: :. :. :.|
    でも、三島さんらしい、                           |:::::::::: /: /イ: :/〆ぅミ  |  テキj、V|: :. :. : |
   恐ろしい吸引力をもった文章だと思いますよ。       . !::::::: /:/|∧:7《 トi.イ:}    ト.イ:λ/ / /: :|
                                          `,:::::::レ::::|' |Vベ弋ヒリ    ヒ:ァソゝ:./ /: ∧
   やはり三島さんは、                         、::::::::::: : トゝ_{ `   '   `  // /イ/
   美の世界に殉じたのでは……                   `:::::::::::::::|: 八ヽ、   o    ノ:/ // |'
                                         、::::::::::::レ::::ヽト、`ハコ  'て'レル/レ
                                      .   ヽ:::::::::‖ヽ::::::ヽイ-、 ./:::::::' `ヘ
                                          \:::::‖::::ヽ.::::::| ./:,::::'::::::::::::::ヽ
                                            ヽ/'::::::::: \ レ'::'::::::::,:::--ー‐ィ

447 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:14:16 ID:lIQMUaqA

   「 |    「 |    / //      ,. - ―- 、
 └┐┌┘└┐┌┘〔/ /   _/        ヽ
  <ノL│ヽ> <ノL│ヽ>  / /      ,.フ^''''ー- j
  iニニニ 7 iニニニ 7   /  ,ィ     /      \
   r-//  r-//    7_//     /     _/^  、`、
   ノノ    ノノ        /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n   iニニニ 7     /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll    r-//    /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll    ノノ      {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|    n        ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l    l|       / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll    ll       >  >-'     ;: |  !    i {
   l|   「」「」「|     \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ノノ    トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll    n. n    |\/    l    ; l i   i  | l
  「」「」「|  |!  |!    iヾ  l     l   ;: l |  { j {
    ノノ  o  o   {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n       l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!        l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o     ,へ l      :.         |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その清張に意見に対し、宮田毬栄が反論すると、
 彼は顔色を変え、珍しく激昂したという。

 「地団駄を踏むみたいな子どもっぽい激昂ぷり」と、
 そのときのことを宮田はこのように表している。

 「それは憎むべき仮想敵を失ったものの、はぐらかされた空しさの表れだったのかもしれない。」
 彼女は後に、このように書いている。

 清張が果たしてそのように考えていたのか……それは今となってはわからない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                             【おしまい】

448 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:14:36 ID:lIQMUaqA
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

449 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:15:32 ID:lIQMUaqA
なんかトラブルがあったせいか、>>440が二重投稿になってしまったので、
ここは飛ばしてお読みください。

450名無しのやる夫だお:2011/09/18(日) 21:16:11 ID:QYzmnohQ


リアル対幻想の極致って感じで面白い二人ですね

451名無しのやる夫だお:2011/09/18(日) 21:17:01 ID:kokUpGp.
推理小説関係だと、笠井潔や島田荘司の頃の話も大人げないのがありますなあ
笠井潔は、大人げないにも程があるけど

452 ◆KcxXifcWsc:2011/09/18(日) 21:19:28 ID:lIQMUaqA
>>435
文学全集とかは大体編集委員が豪華になりますね。
まあ普通ペーペーの作家とかにやらせないでしょ、そういう仕事は。

>>427
文芸一家もそうなんですが、実は親が作家、子が編集者って組み合わせが多いんですよね。
それだけ出版社ってのが、コネが強い社会と言えるのかもしれないですが。

453名無しのやる夫だお:2011/09/18(日) 22:43:20 ID:CQIbmAuw
遠藤周作はフジTVにどんなコネがあったのかなあ
龍之介は重役になってるけど功績なんてあったのかねえ。

454 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:13:22 ID:FjhI1SAA
こんばんわ。

ちょっと人間関係の整理&今後こんな人が出てきますよという紹介も兼ねて、
いわゆるこの作品に出てきた(もしくは今後出てくるだろう)「文芸一家」の家系図みたいのを作ってみましたので、ご覧ください。

455 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:14:10 ID:FjhI1SAA
(宮脇家)

   ┌──────────┐                   ┌───……………遠縁【中村草田男】
   │                    │                   │
   __             r‐-―-ュ                  _
 /彡,竺、ミ         -=ニ=゚===i                 .'´ i===ヽ
〈 Yーlコ.lコ‐リ           (゚∀゚`,,9;;               t=i l,、|_i_i!_iリァ
,イ\ ''''' 丿         ,〈ヾ、;;ン''"';、             .   |II(l ゚ ー゚ノ!゙
::|:.ヽ` 丁ノ\       / /`゙"y''゙" i`ヽ               ノ!/〉リーリ'、
【三土忠造】        【宮脇長吉】 ────┬───  ((てくil|-|liゝ)
                               │             ヒヒ!
                               │
       χ~ ̄~κ                -  - 、               , ^@ ̄@^、
      <(((从从)))ゝ              / (● ●)ヽ               !iノ从ノ))))
     ノ. |l ! ゚ -$ノ| ヽ               ゝ(_人_) ノ               ノ从∂ヮ゚从
  .    ノ(,i``Y´i)ヽ               (  ∨  )              ( (とt,,,ξtつ)
      ( /,.ノ人!lヽ )                 |\( _r´|                ) )(,,ζ,,,,)( (
      ζ `~UU~´ζ ────┬─── (_| |_) ────────  ( ( (  UU ) ) )─────【磯崎新】
                        │      【宮脇俊三】              【宮脇愛子】
                        │
          ┌──────┴─────┐
          │                  │
      ...,. .、 _. _. ,.、            ト、、__ ,,.イ
      ..i.:.:.リ : : : :`: :)            !,,ゞo_oヾ!
      .(.:ノ/ )^^))):(             j 〈l(从 ハリ〉
       ゝ(li ^ -^ノ!ソ            く!!(!! ゚ヮ゚ノ!!ゝ
        <)l个!>           .   〈j__!゙y゙j.j〉
         く/_|」            .     /,,゚ ,゚_ヽ,
         し'ノ            .     ``.し'ノ ~
      【宮脇灯子】

456 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:14:38 ID:FjhI1SAA
(斎藤家)

                  【斎藤紀一】
                     │
                     │
   __              __   ___
 「ハジメ‐‐)            ///〃//Vヾヽ
  dヽ`ゝ´ハ            } !i!iミ{{{{`´}}}}
⊂i ̄Y・iつ            ノノリ弋i {゙゚゙-゚ノ!{
   l__||゚_|           '(('(('゙ ノiソゞy)》'、
  |_L_|            `゙ くノ /f __j/'i
  (_)_)               ん'、 じ'フ ゝ
【斎藤茂吉】 ───┬───【斎藤輝子】
                 │
    ┌─────┴─────┐
    │                │
    γニヽ             .ノ 、 、
    ヽ__ノ            。゚● ●)゚l。
    、┴ノ 、           (人__) |             .ィ/~~~' 、
  / へ へ ヽ           ヽ   ノ           、_/ /  ̄`ヽ}
  ゝ(_人_)(V)          /-r-.、 〉           ,》@ i(从_从))
  /    た)           | |  |-'.|           ||ヽ|| ゚ -゚ノ|y
  (|     「          r┴┴.┤ノ            || ({'ミ介ミ'}ノ||
  .し     J            ̄ ̄ ̄            ≦ ノ,ノハヽ、≧
  【斎藤茂太】          【北杜夫】───┬─── テ ` -tッァ-' テ
                              │
                              │
                          ,r 二ニ=‐、
                          ∧ハ-  寸小
                          乂 > <)?
                          (^ゝ Д シ'
                          \   と)
                          /   0ノ
                          〈_/ ̄
                         【斎藤由香】

457 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:15:29 ID:FjhI1SAA
(阿川家)


  ., ' ^ ̄`丶.
  .', ト从Vv .
   .i(レ.゚ -゚リ
  《ハ《|†|》)
  .ヽィ_八_,ゝ
    |__|__|
 【阿川弘之】
    │
    ├───────────┐
    │                │
 【阿川尚之】            ,.-.、
                   / ./ ,..- 、
                   i /__/,..--'
                  .,'´r==ミ、
                  i 《リノハ从)〉
                 从(l|゚ ー゚ノリ
                  ⊂lj京iつ
                   ぐ/_l〉
                    し'ノ
                 【阿川佐和子】
        


(吉行家)


                                        ||~`´~|||| |
                                        ||,  ┿.|| |
                                          , ○| ノ 
                                         _,  ノ |

                   【吉行エイスケ】───┬───【吉行あぐり】
                                   │
                       ┌────────┴──┬──────────┐
                       │                │                    │
                                                    iッ、_,ッi
                , -'::´ ̄:::::::ヽ、           /⌒'⌒ヽ.         / `/"´ ⌒ヾ、
                 /::::::、::ト.ト、:、::::::::ヽ          │ii(`⌒'))        j  |i<ノ人人 |
              ,':::::、Nヽ ,ニ.ヽ}::,-;::|          /|| |゚ ヮ゚ノ||        / /ヽリ ゚ -゚ノリ
               lハ:::l.fヽ ! ` l:/ ノ;:|          / ((゙}京i))        |/  <_lj京i>
                ヽ:l_ --‐ _, 'イl;ハ!        ≪彡U、/_li〉             ぐ/_l〉
                ` `ヮァ´'^゙ヽ、             し'ノ              し'ノ

  【宮城まり子】────【吉行淳之介】          【吉行和子】         【吉行理恵】


(奥野家)

   、_,,,;;illllllllllllllliii;;  
   -ニ|||||||||!_,.‐ l  
    `''!||';l'. '‘ .〉  
     /、_` 、__'フ、____
    /- 、 ̄/::〉l  、
    【奥野健一】
       │
       │
       │
      ヽ ,ノ 、
      ● ●)ヽ _
     八-'ー " ノrた)
     | l   r‐ 、
    〔_r)て_ノ .\ \
           (_,)
    【奥野健男】

458 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:16:06 ID:FjhI1SAA
(佐藤家)

一人目の妻 ───┬───【佐藤紅録】─────────────────┬─── 愛人
                 │            ───┬───二人目の妻        │
                 │                  │                        │
        【サトウハチロー】         ,r==ミヽ                 【大垣肇】
                          〈(((ノリi卯   _ _ _
                          (从゚∀゚ ∩l| /;;;;;;;;;;ヽ
                            ヽi卯(i'〈,ゝ '''"ー"``
                             /ixヽyヾ
                             |†ヽヽ_)l,†ヽ
                             .lノ    \|
                            【佐藤愛子】




(辻家)

   _,ニ=v、,r
  _ネ::::,、:::,、ヽ
.  ノ::::(0ソ0)::ハ
  ''ル!. ‐ノリ'
    i~ O O
.   乂,J,J
   【辻邦生】──────【辻佐保子】

459名無しのやる夫だお:2011/09/21(水) 20:16:22 ID:CkpWEQBg
おお、綺麗な家計図w
プチAA以外の切り取り方が旨いすなあ

460 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:16:55 ID:FjhI1SAA
(村松家)

 【村松梢風】
    │
    ├──────┬──────┬………………┐
    │            │            │            │
    長男      【村松喬】    【村松暎】    【村松友視】(養子)
    │
    │
    _、、ィ,._
.  _ゞ´   ヾ,
  ,Z ,w'レviゞ
 mn,(l ゚ -゚ノ゙
. ヽ、__ぅ.Y^,}!
   〈,,人_}、)
  . /_,∧_|
 【村松友視】




(幸田家)

 【幸田露伴】
    │
    │
    │
    _
   .'´  `ヽ
  | トレノノノ゙i.}
  州(l ゚ -゚从
.  ⊂[iヘV+}]つ
    く/_l_|
   〈_,八_〉
  【幸田文】
    │
    │
    │
      ___
  __ '´   `ヽ_
 rl><}.レノノハ))〉}
 )イ八(l ゚ ー゚ノィ{
,( ( 〉iく}ヘV!}! ))、
   (J_/_l,|J
.    〈_/_」
  【青木玉】
    │
    │
    │
  【青木奈緒】

461 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:17:37 ID:FjhI1SAA
(大木家)

                 【大木惇夫】
                         │
     ┌─────────┼─────────┐
     │              , │_                 │
      __ ,、          <V/          【大木あまり】
  _ '´ //|、ヾ_   .     '´v' ⌒ヽ.
 }゙K〈{ノ/リ リリ〉'{      i  l//ハ i !∩
. くハ〉(!l.゚ ヮ゚ノ!バ〉      !w(!l.´ω`リ/
  |i!||'⊂)氷!つ!|       .⊂)氷!'
  i' リ く/_j〉 リ'j!        くつ.〉
  '´   .し'ノ '´          (ノ
  【藤井康栄】       【宮田毬栄】


(坂本家)

   〃´  `ヽ 
  ,ィiミ{イ_i!_i!_リ
 l!jヾ(!(/)ー゚ノ!
 jル .ノ^ yヽ、
 .::: ヽ,,ノ==l ノ
    /  l |
  【坂本一亀】
     │
     │
     │
    ,,r ニ二=、
   Z ノノ   ゙iゞ、
   lj!(● ●)i
    | (_人_). |
    ヽ    ノn
    /      ,た)
    ||    「
   (|      |
    .し    J
  【坂本龍一】


(小田切家)

   ┌──────────┐
   │                    │
  ∧△∧
 ( ´・д・)
 ( ∪ ∪          ε ⌒ヘ△ヽフ
 |   |          ( 草(  ・ω・)
  ) /           しー し─J
  ν′  ヒョーン
【小田切秀雄】       【小田切進】
   │
   │
   │
【小田切有一】

462 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:18:55 ID:FjhI1SAA
次の二つの家系はまだ登場人物出てませんが、
近々登場予定ということで。

(檀家)

   【檀一雄】
     │
     ├─────────┐
     │                  │
   【檀太郎】         / ̄ ̄`ヽ :
                /. i /ヘ\ヽ\:
               ;| ! |/__.xト、L,_ ト}:  
               ; |!ヘ cモリ  lモ!oV   
               ;| !|.ト" rっ ツ|.|、:  
               ,',ノ 斗ャ fて`Y  トミヽ  
              / {トミトv|'´ゝ } ノノ:l }:
                  【檀ふみ】


(福永・池澤家)

         , ,.....,, _
     _,,,.r´-‐=‐≡、ヽ,
   r´, イ~,) ● }  .r ''ヾ、
   / ,r''i"..ゝ-‐" { ● }i、
   ヽ、\! ゙゙"    `‐- ' ,! ヽ、
      \ \, ...,,,__   ゙"゙ン   )
        `ヽ,ミ''| l |.≧、イ,__/
       【福永武彦】
          │
          │
          │
       【池澤夏樹】
          │
          │
          │
           _
         ,.'´   ヽ
         !リノメハ〉)》 
         Y(!゚ ヮ゚ノ、 
         (f ヘ∀ノki) 
         '(!ノ/」」 y!
          `iララ′
       【池澤春菜】

463名無しのやる夫だお:2011/09/21(水) 20:21:33 ID:CkpWEQBg
檀家と池澤家ktkr

464 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 20:29:32 ID:FjhI1SAA
あと文芸一家で今後このスレで出てきそうなのは、
武田家、島尾家、吉本家、三浦−曽野家とかですかね。
江国家、矢代家もあるかもしれない。

465名無しのやる夫だお:2011/09/21(水) 21:54:49 ID:pqOU.Fas
火宅くるのかwktk
檀流クッキングのAA化が楽しみです。

466名無しのやる夫だお:2011/09/21(水) 21:55:59 ID:sdGtkc2U
佐藤家の家系図がなんか……w

467名無しのやる夫だお:2011/09/21(水) 21:57:26 ID:9KSP2JlU
壇ふみコイツかw

468名無しのやる夫だお:2011/09/21(水) 22:00:01 ID:pqOU.Fas
料理や食物やるなら吉行淳之介さんの贋食物誌も・・・

469 ◆KcxXifcWsc:2011/09/21(水) 22:19:40 ID:FjhI1SAA
料理関係だと檀一雄、池波正太郎、水上勉は外せないでしょうね。

>>468
それは読んだことないですね。今度図書館で見つけて読んでみます。

470名無しのやる夫だお:2011/09/22(木) 09:05:34 ID:N/YRJzb.
贋という文字は雁と貝・・・いやらしす。

471名無しのやる夫だお:2011/09/22(木) 11:07:08 ID:PoWyrBeI
どうやら西表島の新種のコガネムシに北杜夫さんにちなんだ名前がつくらしいですね。

472名無しのやる夫だお:2011/09/22(木) 11:12:54 ID:eDuydDrM
この記事ですね
http://mainichi.jp/select/today/news/20110916k0000e040066000c.html
学名、和名どちらにもありますなw

473 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 20:32:11 ID:fJYzDr6E
こんばんわ。

>>471-472
星の名前に著名な人の名前がつくことは結構ありますけど、
虫の名前になるのは結構珍しいように思います。

ただ虫の世界は、名づけられている種類の物のほうが少ない、なんて世界ですからね…

474 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 20:35:19 ID:fJYzDr6E
そういや名前と言えば、以前都電荒川線の貸切使って、
「俊ちゃん号」なんてのを運行した、なんて話がありますね。

475 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:46:51 ID:fJYzDr6E
それでは、今回は予告もなしに投下しようかなと思います。

なお今回はちょっと政治的なネタを含むので、ご了承ください。

では、現代文学のちょっとした裏話。

476 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:47:11 ID:fJYzDr6E
【戦争協力作家・雑感】
        ___
       / ,,-、、  ゙^ー-、
      ,/ ,,-i i!;;├...,,__  ゙^-、
      i /l=_゙三_ =_  `-、:::::/
      `/-――-- 、..゙ー- ::|'
       ` ,―、_,.―..、 ゙-- ,::ノ
        L;;/ 、ヽ::::ノ―b, i
   _    | `` ヽ   _/            はい、おまえさん、公職追放ね。
   |ii.|___|、ノ___|   l .|
   |i_|     i ‐  ` /  ト、
         `--―"  //
         /ヽ   へ /


     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ | て
     7   , -- 、, --- 、  ヽ  そ
    /  /  \、i, ,ノ u. ヽ  ヽ
    |  (  ○   ○    )  |          戦争になれば、
   / 彡  / ▼ ヽ   .ミミ  、         国のために全力を尽くすのが国民の務めなのに?
  く彡彡  ( _/\__)   ミミミ ヽ
   `<    |__|       ミミ彳ヘ        一体、俺のどこが悪いんだ?
      >       __/   \
     /         7      \
     |        /

       【菊池寛】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 戦時中、日本政府に協力し、戦威高揚を煽った菊池寛は、
 戦後GHQから文藝春秋の出版を停止され、また公職追放されている。

 もっとも、文藝春秋そのものは発刊できない状況になっていたが、
 このGHQの決定は菊池の関与する文芸誌復刊に、
 先手を打って差し止めるものであったと見ることができるだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

477 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:47:34 ID:fJYzDr6E

                     _,,、;;;¬;;;,、
                   /;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ヽ
                 __ /;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;ヘ
               //´7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;i
               / / ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                / 〈ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧
               i!  ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ}
               |   !|;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;レ′
               釗   リ∨|!;;;i!;;;;;;;i;;;;|;;;!
                __/__|_|!i!;;iト;ト;;;|;;;|!リ
               /7´;;;;;;;;;;;;;;;`"¬ー、i!
              _//_______r--ー‐┴―,,、
          ,、-;"´;;;;;;;`;;;7;;;;´;;;´''''''''''''''''==,,;;;;`;ヽ,
         r"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``-;;;;;;;;;\
          7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´ ̄K
         ∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;!;;i
        /;;|!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;i|i;i;l;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;/;;;;;;;;;;;;;!;;;!

                 【斎藤茂吉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 菊池のような公職追放、出版物の出版停止までいかなくても、
 戦争に協力したとみなされた多くの作家が、
 「戦争協力作家」として、世間から糾弾された。

 例えば斎藤茂吉なども厳しく糾弾されている。

 画家の藤田嗣治に至っては、戦時中に戦争画を書いたというだけで徹底的な批判を受け、
 呆れてフランスに渡り、その後日本に帰ってこなかったくらいである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

478 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:48:00 ID:fJYzDr6E

                __,:-:‐:─:ー:‐:-:、__
              _,ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
            _,ィ´"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
            7;:::::::::;::::::::;:;:::/|/iヽ;::;/V、:::::::::::::ヽ、
          /;;::::::::/|/〃´|/   ∨  V:::::::::::::::}
          ´"/:::::::::::j ,ィニ=- 、  "=ニ=-V::::::::::|
           /:::::::::::::〉     〉       |::::::::/
           '"7:::::::::}. r=≠  j   ≠==ュ i::;;/
           ノ::,ィlr:ハ    ," |  ヽ    |´ヽ
            ̄ { '`i     j       jτ,}
              ヽ_,}、     〈 、    _,メ-'´
               `ヽ         ´/
                 \  -ー--、丶 ,/
                   `iヽ_____,.ィ´
                __/´i~.j:   ゛::::: {ュ、
              ,r'´/ λ::.     `/ `ヽ=、
             /" |  ∧::      /   |  \
           /   |    ヽ、   / _.   |    \
          /      | /´`ヽヽ  / ´ `\. |     \

                  【大木惇夫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっと悲惨な例としては、大木惇夫という詩人がいる。
 知らない人も多いかもしれないが、合唱曲「大地讃頌」の作詞者といえば判る人もいるかもしれない。
 ttp://www.youtube.com/watch?v=sau1h_b6t8k

 戦時中、彼は戦争を題材にした詩を書いた。そして、戦後徹底的に糾弾されたのだ。
 それこそ、ほぼ完全に文壇から消えてしまうくらいに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

479 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:48:30 ID:fJYzDr6E

   戦友別盃の歌
             −−−南支那海の船上にて。

 言ふなかれ、君よ、わかれを、
 世の常を、また生き死にを、
 海ばらのはるけき果てに
 いまや、はた何をか言はん、
 熱き血を捧ぐる者の
 大いなる胸を叩けよ、
 満月を盃にくだきて
 暫し、ただ酔ひて勢きほへよ、
 わが征ゆくはバタビヤの街まち、                        _
 君はよくバンドンを突け、                         ノ |_   ll__l---||_       Nice boat.
 この夕べ相離さかるとも                        rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
 かがやかし南十字を                          |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
 いつの夜か、また共に見ん、                     |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
 言ふなかれ、君よ、わかれを、                    l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
 見よ、空と水うつところ                     f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
 黙々と雲は行き雲はゆけるを。                ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
                                      `ー〜´~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大木惇夫の「戦友別盃の歌」を挙げてみた。
 確かに戦争のことを歌っているようにも見える。

 しかし、この詩を読んで、単純に「戦争を煽っている」と思う人がどれくらいいるのだろうか?
 友人に対して「生きて帰って来いよ」と書いてるだけのように思うのだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

480 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:49:02 ID:fJYzDr6E

                     _人人人人人人人人人人人人人人人_
                     >  ♪ 民主主義〜  戦争は反対〜 <
                      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

         ___  ______     ___________      ,-----'--'\      __,,,、,),、_      ,,,、、、、,,,
        /´ `´_____\  /´,,,,,,,,,,,,, `ヽ__   / __ ,-----、_ヽ /´ソ ノノリ `ヽ,  彡ノノノノノ人ミ
       l  l´`´    ヽl /   l ̄ ̄`--ヽヽ l l´ -'====- l/ /〃/     ヾ  ヽ /:::::/     ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              画  像  は  お  見  せ  で  き  ま  せ  ん  w
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      |    ノ  3  ノ l   /_`´'ヽ / +.  l  l '--l--'ヽ/   l   ト‐=‐ァ'/   |   ヒニフ l ‖反 |
      /\_____ノヽ/ ヽ ノ '●´ ノノヽ ,--` 、-----,-'--、 ノ\  `二´ノヽ   ヽ ___.ノ .‖対 |
      / ヽ ┃  ●><l ┃ヽ 0゚  ̄ l´ミlY〈 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   く YYゝ ヽ/´   く YYゝ. ヽ‖   |
     |   l┃___l´ミl   ┃l   ヽノヽ.l_l' / . | 見えない敵を     │   く.V ゞ  ●   く.V ゞ .(ミ`) ̄
 ┌─ ヾ ´  ̄ヽ`l_l     ┃) 0゚  / o|  |E)      やっつけろ!(ヨ   o|   (ミ`)    o|   l ‖
 │    ``─-´ l´≡≡≡ソヽ‐-ー゙´  o|0゚.│              |    o|   |l_l     o|   | ‖
 │            |:::::/:::::::/  ヽ ̄ ̄ ̄/  ̄/ |__________|    /  /   |    /  /
 │______l;;;;/;;;;;;/  +ヽ0゚____/__0゚/+    l::::::::/:::::::/     | _ / _/   |__/ _/
         (___|)___|)   (___|)__|)      (__|)_|)    (__|)__|)  (__|)__|)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 菊池はともかくとして藤田や大木が戦後徹底的に糾弾されたのは、
 結局のところ「戦中期に名作を作ったから」に他ならないのだろう。
 もしも戦威高揚作品を作ったとしても、そこまで話題にならなければ、
 そんなに糾弾されるはずがないのだ。

 要は彼らは知名度が高かった。

 そして知名度が高いものは、何かに付けて批判や誹謗中傷を受けるものなのだ。

 では、彼らを叩いた勢力とは何か。
 何のことはない、戦時中に徹底的に糾弾されたプロレタリア文学の残党たちである。
 彼らが「民主主義文学」と看板を挿げ替えて、さも民主主義者の文学かのように喧伝し、
 戦時中に流行ったものを糾弾しまくっただけのことなのである。

 文学的・芸術的な価値を無視して、ただ戦争が描かれてるだけで糾弾したものなのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

481 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:50:06 ID:fJYzDr6E

ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_)  戦争はんたーい! み、民主主義!、ホアアーッ!! ホアーッ!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もう1つを挙げるならば、戦後直後から萌芽した、若手の文人たちであろう。
 もっと言ってしまえば、彼らは戦時中の文学青年たちである。

 厳しい言い方をしてしまえば、
 彼らは前の世代である戦時の文化人を「戦争協力者」として糾弾して叩き落とし、
 のし上がろうとしていたのではないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

482 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:50:42 ID:fJYzDr6E

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ...    ト、____,.ィ::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::.:::::::::.:::::/ , ‐v‐-、ヽ ::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::::::::::::::.:::::::::.:::| {=・= =・= } l ::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::.:::::::: <彡 '又`  >ミ、::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..::::::::::.::::::::::::::::: >   -<ミミヘ::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::...゜ . .:::::::::.:::::::::.:::::::::::::  /     /  \ . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .                     :.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧ .... .... .. .:.... .... ..... .... .. .
... ..:(   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ無茶しやがって… ..........
....  i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ / .. ..... ................... .. . ...
..   三  |   三  |   三  |   三 |  ... ............. ........... . .....
...  ∪ ∪   ∪ ∪   ∪ ∪  ∪ ∪ ............. ............. .. ........ ...
  三三  三三  三三   三三
 三三  三三  三三   三三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 戦後しばらく経って、菊池寛についても大木惇夫についても、ある程度再評価がなされている。

 例えば、井上ひさしは、菊池寛のことを調べ、戯曲にし、また講演でもいろいろ語っている。
 彼は反戦派で、とかく保守派からは「進歩派文化人」と揶揄されがちではあるが、
 そういう政治性と文学・芸術性を引き離して評価する目は有していると、スレ作者は思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

483 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:51:21 ID:fJYzDr6E

                                                   ,. -──- - 、
                                                  /,..ィ''"" ̄``ヽ `i
                                             .    /        ヽ `i
                                                 i         /  i
                                                 | ヽ    ,ィ  〉  .!
                                                r‐!─`i__r‐'─‐ i/ .| |
        日本は悪!日本は外道のクズ!                    |,■■■■■ |ー、イ^i
        戦争なんて日本のダメなところだらけwwwwwww          /`ー r'  ヽ,ー‐'  > !
                                                ヽ  , `'` ´~ ヽ    イ_ノ
        日本をけなす俺様サイコー!                       ',,.イ´`Y´`ヽ、   !
                                                 ,.t `ニ'ニ '´ ` /`ヽ
                                                ´ ヽ____/


      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   lノ┬‐'┬ / /  / ´‐┬ ! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|  |::::::::! '´      l::::::::!  イ  }  /
.        Vハ  l  ゝ:;;;ノ      ゝ:;;ノ ./}, '//
        ヽ ',  |              チ' /
         `ヘ lヽ              厶 ./           (ダメだ、こいつ。なんでこんなバカとの対談を……)
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

             【澤地久枝】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方で、いまだ「戦争協力者」というレッテル貼りをして、その功績を一切評価しないような識者も多い。
 平和運動家や平和団体からは、
 いまだに「文藝春秋」=戦争協力雑誌みたいな研究本が出版されたりしているのだ。

 しかし、そういう本は、表面をさらっと見てちゃっちゃと書きました的な本ばかりである。
 いろいろな資料を集めて、中身をちゃんと掘り起こしている本などほとんどない。

 そして大体、そういう人が「反戦文学」として持ち上げる本もロクな本がないのである。
 もしくは大岡昇平辺りの戦記文学にろくでもない書評を付けるとか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

484 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:51:53 ID:fJYzDr6E

ヽ、人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
、)
_)  戦争はんたーい! み、民主主義!、ホアアーッ!! ホアーッ!!
 )
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |


                                            _         _
                                          ,..::´:::ヽ.     ,r´:::::::::`ヽ.
                                          ,'::::::::::::::::ハー─‐--、::::::::::::::::',
                                          i::::::::::::::::ノ      `ヽ::::::::i
                                            ',::::::::::/          ',::ノ
                                          l\::/               i
                                           l             _l
               ・ ・ ・ ・ ・ ・                     ,'         , - ':::´:::::::::\
                                          ,'       ,.::´:::::::::::::::::::::::::::::::\
                                         ヽ    /::::::::::::::::::::::::::r──--ヽ
                                           `ー- /:::::::::::::::::::::::::::/      '.,
                                             /:::::::::::::::::::::::/           '.,
                                              /::::::::::::::::::::::/               ',
                                           /:::::::::::::::::::::, '             ',
                                             i::::::::::::::::::::/              ',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、戦中期に活躍した作家たちを、
 「反民主主義的」と批判した若い作家たち……戦時中の文学青年たちがいたことは先にも書いたとおりである。

 しかし、当時、それらを批判的な目で見ていたものも、中にはいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

485 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:52:21 ID:fJYzDr6E

-――― - 、         ト ,                 , イ
        \       |    >、 __   , <  |
          \      、    ´     `     .j
       , -- 、ヽ    / 〉             λ
      /     ヽ}   / /              ヘ ハ
.     /        リ  ./  i                 , ハ          奴ら、よくまあいとも簡単に、
    ,            /   ,                j  ヘ         狂信的な好戦主義から
     i        /     ゝ、                 ,イ   ヘ        平和主義に切り替えることができるんだね……
    |      r 、/    j  > __      _   < |   ハ
    |      ヾソ    ,    / ,....、     |      ,    ヘィ=ァ    良心の呵責とか感じないのかな?
     ,      入\  ム     , /::::::::ヽ   |     l    ヘ//
      ハ     /.。 `ヾュ厶」    i'::::八::::::',  |     入 _ /ヘ
     ヘ   /   O o/      /:::/  }::::::}   |    'ー-イ    。、
      ヽ'    /  /     /:::::L__」:::::::|  ハ       , o O ヽ
       \ , イ ./     ハ:::::::::::::::::::/   ハ         ヘ     \
         \.レ'       /  `ー--‐ '   、j        ヘ  、 \__ゝ
          \     /             ヽ       ヽ、 \ `l
            \   ,                '         \_」`ー'
              \ i               j
               \            /
ヽ、              `ー         /
  ` ー -  _______,ィ、_____厶

486 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:52:59 ID:fJYzDr6E

   i        ___,__......,:::-ー ´ .、 ., i  __彡' Vi
   l      ヽ  / ̄ ` ヽ  ノ ヽ{,,彡´   l∧
   |       |. /     _∧     ヘ     /| ヽ       日本文学においては、すべてがあまりに特殊であって、
   |       | {_=彡= ̄ }      `ミー '  |   |       装飾品を取り除いてみたら後には何も残らなかったという場合が、
  ノ      | ヽ ̄     ノ,          }   r      極めて多いであります。
         |  `.ー- - 彡'          /   i
         |                   /    丿     そこに普遍的なもの、コスミックなものなんてないであります!
         |           , ィ T T lフ`ー/   /
         ト ,    ,,,/. ー┴┘´イ` ー '
  \       .|  ` ー ≦--- ― .< ´

487 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:53:22 ID:fJYzDr6E

                 _/::::::::::::::',
       _...-――‐=''"":::::::::::::::::::::::::::::::',
   <'"":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r−、:丶                  星やすみれ(菫)に託して、
     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人○)::::::::ヽ                恋愛や甘い感傷を詩歌にうたった
      \::::::::::::::::::/ ̄丶:::::::::::::::::::::::::/,:::::::::}                浪漫主義文学者と変わらないよね、彼らって。
        〉::::::::::::i ○ l::::::::::::::_::-''"., '::::::::::::\       / 二二、ヽ
__     /:::::::::::::::`::−_´:::__::-''"_..-''":::::::人::::::::\   .//   / /  「新しい星菫派」とでも呼んでやろうか。
r―丶\  ./:::::::人:::::::::::"'''':---:''"::::::::::::::/  \::::::::\//    / /
|    丶∨:::::::/ 丶、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     \:::::::::"'':::'':::-::::::/ ./__
|     /::::::::/、    "''―,':::::::::::::::::::::::::::::',     ∧::::::::::::::::::::::::::/ ./:::
丶_ _ /:::::::::/ヽヽ.     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::',    // \::::::::::::::::::/ ./::::::
ヽヽ::::::::::::/  ヽヽ    ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::',   ,','   \:::::://:::::::
:::::ヽヽ:/     l .l    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  ',',     //:::::::::::::
::::::::/ヽ    //   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  ',二二二/ \::::::::::
::/  ヽ二二/    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その批判から、ある論争に発展していくことになる。

 世に言う「星菫派論争」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

488 ◆KcxXifcWsc:2011/09/25(日) 21:54:39 ID:fJYzDr6E
以上でございます。ご清聴ありがとうございました

489名無しのやる夫だお:2011/09/25(日) 21:57:10 ID:rgTYD7MI
乙でした。
結局、パワーバランスに乗っかってるだけって人も多いんでしょうね。

490名無しのやる夫だお:2011/09/25(日) 21:57:32 ID:lhJ7Mon6
乙でした!

491名無しのやる夫だお:2011/09/25(日) 22:27:29 ID:4bn9uWBc
おつ

492名無しのやる夫だお:2011/09/25(日) 23:09:56 ID:W41ljqpw
乙乙
芸術と政治を巡る抗争、という話だと山崎豊子の「仮装集団」思い出したな

493名無しのやる夫だお:2011/10/01(土) 15:18:44 ID:DObo1oQI
太宰の戦中の作品だって表面的には戦争協力と読めないこともないものが結構あるけど、
糾弾されなかったのはなんでだろうね?
あの時代に変節しなかったのは偉大だと言わざるを得ない。

494 ◆KcxXifcWsc:2011/10/02(日) 21:34:36 ID:Cvte7X8E
こんばんわ。今日は投下なしです。

>>492
山崎豊子さんの「仮装集団」は、山崎さんの長編作品で唯一映像化されてない作品なんですよね。
面白い作品ではあるのでもったいないと思うんですが…

>>493
その辺はこのスレでも今後やってみようかな……って思ってます。

いかんせん、文学論とイデオロギー、そして感情のもつれみたいなもんですからね……文学論争は。

495名無しのやる夫だお:2011/10/02(日) 23:33:21 ID:dIdH6rjU
結局、>>480>>481に描かれてることが全てなんじゃないかと思います
ただ単に目の上のたんこぶを追い落とすために戦争協力者という言葉を利用しただけかと

それでもプロ文は小林多喜二以外は絶滅しましたけどねw

496 ◆KcxXifcWsc:2011/10/03(月) 21:01:38 ID:iNpnecPk
>>495
日本の場合、純粋に「プロレタリア文学」っていえるのは、徳永直くらいじゃないかな、って思うんですけどね。
彼は植字工で印刷会社で働いてたけど、争議でクビ切られてプロレタリア文学の道に来ましたから。
後は小林多喜二が小樽商高(現小樽商科大)→銀行員というホワイトカラー層で、
それ以外はだいたい大卒エリートですから。

で、その大卒エリートたちがマルキシズム丸出しで暴走しちゃったわけでして。
マルキシズムが前面に出てなきゃ文学じゃない、みたいな感じで。
おそらく誰かさんの旦那さんの意向がすごく強いんだと思うんですけどね。

よく小林多喜二の虐殺と合わせて、プロレタリア文学の崩壊を、
戦前言論統制のせいにする傾向が特に左派を中心にあるんですけど、
実はその前から内部崩壊していたようにも見えるんですよね。
どっちかというと徳永直・中野重治の転向のほうが内部崩壊をよく表してると思う。

497 ◆KcxXifcWsc:2011/10/03(月) 21:35:52 ID:iNpnecPk
>>493
今日、暇を見つけていろいろと調べてみたんですが……
もともと太宰は非合法活動に参加していた人なんですね。
それが小林多喜二の虐殺の頃に転向しているわけです。


  l::::::::::::::::::|_!::lヽ::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::! ノ
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l ` ヽ   幺ク 亡 月 |  ┼‐ .|] |]
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l   /   小巴 三l三. ヽ_ノ / こ o o
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l   \
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l   /  プロレタリア文学に絶望した!!
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|  /    共産党にも絶望した!!!!!
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l   ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /

         【太宰治】

まあ、この人も家は津軽の大地主で、東大卒ですから、
典型的なマルクス主義志向のエリートってわけですが……

498 ◆KcxXifcWsc:2011/10/03(月) 21:36:16 ID:iNpnecPk
ただ、文壇的にはとても地位が低くて、
それこそ戦後くらいまで、全く評価がなされてなかったわけです。


                  ヽ、       
              ____  `ヽ、
         ゝ ̄ ̄ ̄::.::.::.::. ̄`ヽ、チ、    
        ,.-≧::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヾノ    
         フ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:i    
        /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:}    
        ̄7::.::.::.::.::.::.::.:,..::.::.::.::.:;メノ::.:j
    _〃 ∠,::.::.::.:y'-ラ'´::.;;. -t'サ/::,,/
   Yス' j   /::,ォ、/ー'¨T´    ヌ/           と、いうわけで、
   {/_,ソ   "__/レ'  ,ベ   、 ,.-゙'            ぜひとも第一回芥川賞をいただけないかと……
   ゙´     /;:;:;:;:`,.‐-'._ `ヽ_,. ソ
       ト、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ、
        /:\:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
       /:;:;:;:;:;`:;:;:;:;:;:;:;:;/、.
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:O:;カ.
.     /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ Yぅ"
   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ レ'.
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「何卒 私に与へて下さい 一点の駆引 ございませぬ
 深き敬意と  秘めに秘めたる 血族感とが 右の懇願の 言葉を 発せしむる様でございます」

「困難の一年で ございました  死なずに 生きとほして来た ことだけでも ほめて下さい」

「最近 やや貧窮、 書きにくき 手紙のみを多く したためて居ります よろめいて 居ります
 私に 希望を 与へて下さい 老母 愚妻を いちど限り 喜ばせて下さい 私に名誉を 与へて下さい」

「ちゅう心よりの 謝意と、 誠実 明朗 一点 やましからざる 堂々のお願ひ
 すべての 運を おまかせ申しあげます」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     /:::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::. :::::::::::::::::::::::::::::: ..::i
     j::::::::::::::::::::: : ::i....:::::::::::|
      }::::::/以/|;i:/Yゞト::::::j
     fヾ',,, __'iir'___ ,,レ〈
     \i`{:!;:゙-丐{ヾ::'j/レ'、            (なんだ? こいつは……)
    _,/::;ミ///7,.、 ̄'fミj::::\
 -::''´:::::::::|/ / / /-/j/ミ/::::::::::::`:-.、_
::::::::::::::::::::/ ' / ///;:'゙/:::::::::::::::::::::::::::`
:::::::::::::::::::fi i  ´ /''"  ヽ:::::::::::::::::::::::::::

       【川端康成】

名誉がほしかったのか、金がほしかったのか分からないのですが、
芥川賞選考委員だった川端康成に、こんな手紙を送っています。

499 ◆KcxXifcWsc:2011/10/03(月) 21:37:01 ID:iNpnecPk
しかし、第一回芥川賞は石川達三の「蒼茫」に決定。

 @@@@@@@@@@@@@@
@@@@  __     |
@@@     \   /
@@@  ____ ____
@@@  |      γ     |
| | | _|___  | ___ |
ゞ    |   ‘   |   ‘   |
 ゞ   |_____Λ_____|
  ゞ       |  |   |
   |  |  / |  |\ |
   |  |  |  |  |  |               まあ、普通、そうだろうな。
   |  |  |  |  |  |
   |  |   /  \ |
   \  ∈三三三三三|
     \______|

     【石川達三】








            |   /:::::::::::::::::::::::::::::::z包メ/::::::::;ノ:ヽ       l
 思 使 い    | /:::::::::::::::::::::::::::::::/   ,/:::;: ィ-=,、:!       l  取  芥
 っ  っ く     |/::::::::::::::::::::::;ィ´:::/    /;/ ̄ , ト-|  __l  る  川
 て た ら    |-‐¬:::::::::/-l:/      ´ /ニ=-, }:::!   `ヽ    の  賞
 る と 実    L._  l:::/:`ー:イ-ヘ     / ̄ヽ`//:::!    /   に  
 ん   弾    <  l:::::;:::::::::::::!  ヽ.    {.   l'.,':::;′  /       
 だ         l ̄ l//:;::::::;ハ!   ` ー-  _  ´,':::;′    ̄7     
 !         l  ,. -l/:::; /      ,.-┬‐::ァ' |:/       /
           l. / #'べ/       /   l::/   ′       /
              ∨  #  ヽ    i   '´          /


そんなこんなで、なぜか太宰は川端を逆恨みw

500 ◆KcxXifcWsc:2011/10/03(月) 21:37:37 ID:iNpnecPk

     ,ィ''" ̄ ̄`ヽ、
   ,ィ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`,、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
 l;;;;;;;;;|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ-''
 {;;;;;;;;;|l|l|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ
 {;;;;;;;;;;|l|l|l|l|`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i`ー`゛
. Y';;lヾ! l|l|l|l|l|`¨``メ、;;;;;;;li          書いたはいいけど……
  ヽ、t  __  ,lノ,リ `ヾ
.  ヾ;;;j`、ヾ ″イ;|∨             どこに出しゃいいんだ?
   `ソ;;;;|:`ー''´|~l;;j
    jクi   :ト,:`、
   / 「~7~ヾ‐7 `、
   /  .| `ー'' |   ヽ
 / * :| ̄ ̄~|  *
'"    :|   :|*
      |   |
*    _l,.-―'

戦時中は書いても書いても
世間に表明する場がとにかくないw

ただ、そこで書き溜めておいたものを、
戦後、文芸誌がどんどん復活していくときに、
ガシガシ発表していくわけです。

そうして戦後直後、文壇の寵児になっていくわけです、太宰は。

……もっとも、ほんの短い間だったんですが。

501 ◆KcxXifcWsc:2011/10/03(月) 21:38:38 ID:iNpnecPk
以上、太宰で小ネタを一発作ってみました。

ほとんど即興です。

502名無しのやる夫だお:2011/10/03(月) 21:51:00 ID:kXATVfJI
書く暇と書いていられるだけの金があるあたりは充分羨ましいと思ってしまうww

503名無しのやる夫だお:2011/10/04(火) 19:14:44 ID:NLubAzRY
現実の太宰ってもっと変態っぽかったんじゃないかと想像しています。
絶望先生でも変態らしさが醸されていますが School Daysの伊藤誠的な嫌らしさがあったような。

504 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 20:09:52 ID:1ZzWkF82
今日、投下しようと思ってますが、
その前に小ネタをば。

>>480-481辺りに書いた事情ですが、戦争協力作家に対する糾弾というのが行われたきっかけは、
どうも1945年12月の「新日本文学会」の結成がきっかけのようですね。
で、翌年3月に「文学者の戦争責任追及」が提案され、採決、
それを受けて6月に……

      ∧△∧
       ( ´・д・)
      ( ∪ ∪  <河上徹太郎、小林秀雄、亀井勝一郎、佐藤春夫、武者小路実篤、尾崎士郎とかみんな戦犯作家ナノー
      |   | 
       ) /
      ν′  ヒョーン
    【小田切秀雄】

という小田切秀雄の文章が発表されるわけです。

505 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 20:16:23 ID:1ZzWkF82
ただ、ここで気になることなんですが、
この戦犯作家糾弾、例えば同じ白樺派でも武者小路実篤は入れて志賀直哉が入ってないとか、
そもそも中野重治や徳永直とかも転向して戦争煽るような文章書いてるのに入ってないとか、
いろいろあるんですね。
しかもそれまでペーペーだった小田切をわざわざ中央委員に入れて書かせてるあたりも変なわけで。
(しかも小田切はそもそもマルキスト系の評論家ですけど「近代文学」の人で、「新日本文学」は「近代文学」を叩いてたのは有名な話)

結局この糾弾って、表向きには保守系作家の糾弾ですけど、
実はこれを「新日本文学」で発表させることによって、中野や小田切らを「統制」したって見方も可能なんですよね。
だって、次に変なことをすりゃ、まあ間違いなく次糾弾されるのは自分たちだから。

じゃあ、そんなことを仕組んだのは誰か……まあ十中八九中条さんの旦那でしょうけどね。

506 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 20:18:19 ID:1ZzWkF82
さて本編は21時に投下します。

507 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:00:01 ID:1ZzWkF82
それじゃあ、投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

508 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:00:23 ID:1ZzWkF82
【宮脇さんという上司】

               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
            || へ、_`ー '_,._へ ||
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h            ……ほう。
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|           そうすると、村松梢風さんのお孫さんということで。
.             ,ゞ|   人__人   |く
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈

              【嶋中鵬二】

509 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:00:41 ID:1ZzWkF82

                                             ト、 ト、 ∧
                                           |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
                                         弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
                                         <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
                                        <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
                                        厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
                                         厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
                                          八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
        はあ……まあ、そんなところで。                 ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
                                            \  - 、  ,イ?V
                                               ム|` -  ?
                                            __i     {
                                         ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
                                       /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
                                      ∧                  \
                                     / !                  / ハ
                                  .  /  V           ◇    /  !:|
                                    /   /            ◆  ! /  .!:|

                                           【村松友視】


        r──────‐:┐
.      | ,.へ、..___./ヽ. |
.      l /   ====   ヽ.|
.      | F=‐-_ll  L-‐=ゝ!.|
     r:|.l ==。=,   =。== |.|.、        ……あいわかった。
      {(!|. `二.l.   l.二´ ||).}
      ヽ|!/rー' L__」 ー 、`|!ソ         とにかく小論文と身上調書、成績証明書と卒業見込書を、
.    _/| l ー───一 | | ヽ._        早めに持ってきてほしい。
    ̄ |  ト.、,. -‐==、 ,/|  |  ̄
.    |  |/ ∠Hニニ、 ´/ |.  |
.     | /  ,r‐|.|==‐'<.  |   |
    | / ,'  r‐|,|ー- ' \│ │

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1962年(昭和37年)のある日。
 当時大学4年生だった村松友視は、中央公論社社長・嶋中鵬二の元を訪れていた。

 就職活動である。

 当時、村松は就職活動に失敗し続けていた。
 それを見かねたのか、ある人物が中央公論社に紹介状を書いてくれたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

510 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:00:58 ID:1ZzWkF82

 ┌○┐
 │合|ハ,,ハ
 │  |゚ω゚ )  郵便でーす。
 │格 | //
 └○┘ (⌒)
    し⌒



       _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ∠:::::::::::::::::::::::::::::;::::;::::;::::::::::::;::::;::::::::::::ゝ‐
      >'¨フ:::::::;::::'::::;::::/// l::::::;::::::;::::::::::>‐
     イ:.::::':::::::::::::::::::/l/十ー l/vl::/l/l:::::::::::\
      フ::::::::::_::::::l/ l でテ l/ .V 气レ':::::::::ヽ、
      /:': :/: ;t: l  ¨ ̄  /  !tフソ;::::::::ゝ、
       /¨ヽ  i:::ゝ     _ :  ¨ .;::::/`
          ーヘ           /"'          あの程度の面接で合格か……意外なもんだ。
            人    r==、  /
          z ┤  \     /
        / ヽ'    ` >‐<
        人   \  : : : / : : : \
     / ̄ 亅  /  ;   : : :冫 : / |
   /     |  /  .入ー―‐': : :ゝ |
. イ       レ'    亅::::::::::/   > \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 社長室を訪問したとき、村松は、
 「もしかしたら、俺はこの建物へ通うかもしれない……」
 という予感を抱いたらしい。
 祖父・村松梢風と中央公論社との関係を期待してのことだろうか。

 もっとも、実際に採用通知が来たときには、意外さも抱いていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

511 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:01:12 ID:1ZzWkF82

ヽ、                   |:|        |:|                _ .. -‐ "´
:. | ̄ ̄|\________________|:|____|:|_________r''´| ̄|      _ ....r─    _..二
>x._   |l |≠≠≠ ==========|:|========|:| ============== |  |  |  r ,ニ   -‐| r'"´ ̄
   |  |l |::::l:::|::|::|──┬── |:|─┬──|:| ─┬────┐ |  |  |  | |       | |
l`ヽ |  |l |::::l:::|::|::|    |(三三三三三三三三三)        | |  |  |  | | [][][]| |   sin
l || |  |l |::::l:::|::|::|──┼────┼────┼────┤ |  |  |  | | ───| |   ↓
l || |  |l |::::l:::|::|::|    |        |        |        | |  |  |  | | : : : : : : | |  ∠l ←
l || |  |l |::::l:::|::|::|//|    //|    //|    //| |  |  |  | | : : : : : : | |  ↑
l || |  |l |::::l:::|::|::|/  |  //  |  //  |  //  | |  |  |  | L.. _: : : : | |  cos
l || |  |l |::::l:::|::|::|    |        |        |        | |  |  |  ` ー-`二|_`─--  .. _
l || |  |l |::::l:::|::|::|──┴────┴────┴────┘ |  |  | ||` ー‐- .. _    ̄  ─-
l || |  |l |::::l:::|::|::|:ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|  |  | ||      ` ー-  .. _
l || |  |l |j」j」j」j」l           |llll|llll「|                    |  |  | ||            ||
l || |  |l |            l ̄ ̄|llll|llll|,|  ̄\               |  |  | ||            ||
l || |  |l |             |l  只   -==ァ   \         .:|  |  | ||            ||
l || |  |l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |.l 巨|         rュ\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \|_| `ト 、             ||
l || |  |l /::.     [」   Ll   |三|三|    凵  \             ヽ| | `丶、         ||
l || |_|/: : .       | |__,.l        [区]     \             | |丶、  `丶、     ||
l リ |:::. :.       | |    [ニニニニニニニニニニニニニニニニニ]          | |  `丶、  `丶、||
l / /            lニニニニニ | |                  | |       ⊂ニニニニ⊃  `ヽ、  | |
/ /          | |::..   | |                  | |       ○      ○     ` | |
 /              |_|::..   | |==================| |                     | |丶、
./                    |_|                  |_|                     | |
                                                          | |
                                                       ⊂ニニニニニニ⊃
                                                  ○       ○

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「中央公論社に入社したとき、会社の大人びた雰囲気にまず圧倒された。」
 村松は入社直後の印象として、このようなことを書いている。

 その中でも特に出版局に大人びた空気を感じていたようである。

 職員室に似た重く張りつめた空気を感じてたじろいだ、などと書いているくらいである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

512 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:01:30 ID:1ZzWkF82

   |ヽ           , - 、                                    < ̄ ヽ./ _`>
   |i |    . ' ´  ̄`⌒ヽ: ヽ          、-‐-、r''二k-、                , `¨¨´`¨´ `丶、
   |i |  .// : : : : : : : ヾ \:i         < ̄ニ ミ -─   、\             /  / 小、 ヽl   ゛.
   |i |  / /: ; : { : :i: :i: :ヾ: :ヽ ヽ         ///.r .ニ、 ヽ\\ ヽ             // , // / |  ト、  |   i
   |i | i ! {: /从,!: :!、从: :'. :| i: : i        レ'〃,' f'''''゙゙l ll  l l. ヽl           ,′j /ノ ヽ  `ヽ? | |
   |i | レ!小l● V  ●レi : i | i i         レ/イlノノ  ゝlヘ.「ヽ\ | |            i /| ●   ● |  l、 |
  .(_ー'_) V:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃j| | イ           │ ●    ● |lゝ、!          |/| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃l 、|
    /⌒ヽ_レヘ   ゝ._) ノ | .'/⌒i:|            |⊃ 、_,、_, ⊂⊃lノ |       /⌒ヽ__| ヘ   ゝ._)  j /⌒i
   \ //: :ヽl>,、 __, イル/  / i       /⌒ヽ__ヘ   ゝ._)   リ/⌒i       \ /// V >,、__ イァ/  /
     // : : : : : ヾ   //: :/\/川      \//:::::ヽ>,、 __, イァ/二/  .      ///  ヽ ヾ::i.ミ/::/ ヘ、__∧
    7: : : : : : : : ヾy/: : : : : : : N      ヽ::::::::/:::ヽ<_>/::::ノ:::::/         ヽ<    ヽ ヾ∨::/  ヒ;__彡

        【綱淵謙錠】              【井出孫六】                【宮田毬栄】



            zミ=ミ:ー、_
          ≧`ヾミ`ー=ミ`ヽjV!_,
          7ミミミミミミミミヘヽi |ノソ,
          }:..ヾ≧=イ`ヾミソj,ノ从≦
          /.::/る}彡゙    _  f、!`゙
      _,へ:::::ム  `゙ 、 r ヘ\ゝヽ
   ,. :' : : : {i : :'.:::::::7, ;,    乂 ハ ∨ }、
<. : : : : : : : : : : :.\ム, ; ,  ゝ-.、ヾ ヽ '.|               ・ ・ ・ ・ ・ ・
. : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ\; ;,ゞ==ハ.    |
: : : : : : : : : : : : : :、 : : ハ:::.\; ; , ;/_!   ー、_
\ : : : : : : : : : : : :.\ : :}::::r-z=}:ム ´f:´: ̄: .\
: : :ヽ : : : : : : : : : : : : : :ノ.:::ゝイ::ノ: . ゝ}: o : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : :}}:::::::::::::〈: : : : : .\: o : : : : : :.\
: : : : : ー: : : : : : : : : : :||::::::::::::::::}: : : : : :. \: : : : : : : : :`ヽ
: : : : : :` : : : : : : : : : : :!!:::::::::::::: | : : : : : : : : :.\: : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : .:::::||::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : :` : : : : : : : : : : `ー、
: : : : : : : : : : : : : : .::::::::!!::::::::::::::::!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :j
::.: : : : : : : : : : : : :.:::::::::||::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ

          【粕谷一希】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、村松が配属された編集局は、ざっくばらんな雰囲気であった。

 もちろん、「中央公論」編集部の次長として、
 後に「東京人」を刊行する粕谷一希と、直木賞を受賞する綱淵謙錠が勤めており、
 村松にとっては大人びた風景には違いなかった。

 しかし既に廃刊されていた「週刊コウロン」を発刊したときに入社した人々が雑多な個性を発揮し、
 ざっくばらんな雰囲気というものがあったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

513 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:01:51 ID:1ZzWkF82

                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             /-――-     -―\
            /   _       _ .',
              ,'   イ::::)`     イ::::)` ',
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l
           l     (   ,、  )    l           ・ ・ ・ ・ ・ ・
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|
     |   ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::',  |     |
     |    l       \  |:::::::::::::::::::::::::::::| l     .|
     |    |          \|:::::::::::::::::::::::::::::| ,'     |

               【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そういう編集局と異なった雰囲気を持った出版局であったが……
 その中において、宮脇は異彩を放っていたと村松は言う。

 重苦しさ、固さ、張りつめた空気などと無縁な、やわらかい大人の感性が、
 姿や表情、立居振舞から届いてくるのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

514 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:02:10 ID:1ZzWkF82

       `ミ、z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_
     `ミ::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       >:::::::::::/:::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
    ―<:::::::::::イ::::::::'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
      >z:::::::::::::::/::::::::::::::;::::::::::::/:::::::/l:::::i:::::l:l::::::::::ヽ::\
       ー>,:::::‖/::::::::;'::/l:::::/ .l:// l:::/l::/孑:::lゝ:::::::ゝ、
        ∠::::::'::,‐、::::/:::; .l::/‐‐十= 'l:/ .l/l;ラl::::::厶 ̄
       ‐<'フ:::::l  :/l::::〈 ./  弋ツ ./ / ;  l }ゝ、
         /:'l::::、  ;:::l::i    ¨     :; .ハ.ll
         " .l:'l:::::ヽz、v`        ‐ /  〉       (しかしあの人、「時刻表マニア」って噂があるな……)
          / .l:/vV: :ゝ       _  , /i   l
       .   /   \ : : : : \    ー‐'./  ./        (あんなもの見て、何が面白いんだろう?)
         厶    \: : : : : >. ,   イ  ./
      / ̄  ゝ    \: : : : :/   ̄;   /、        (まったく、面白いお方だ。)
    /      ;      ,ゝ: :/l      ./\;.ヽ、
   /    .     ;:    /  l==〉     l   / }
 /_  ‐ ― 、   ノ ;   /   ゝ:::::;     |_ /  .l
./       V /   V´     \:l      l/   .|
l         ヽ           l:::l   .  ∧ .   |
l          ゝ   :       l::∧     ∧  .|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村松は、そのような宮脇の姿や表情、立居振舞を遠望して楽しんでいた。
 三島由紀夫のときもそうだが、この男は、人間をとことん徹底的にながめるのを楽しむところがあった。

 「時刻表マニア」という噂も、他人にとっては変質的・幼稚な趣味かもしれないが、
 村松にとっては、宮脇の人物像をふくれあがらせるネタであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

515 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:02:30 ID:1ZzWkF82

                   ______
             /             \
            /  ´ ̄`    ´ ̄` \
           /   ,. ― 、     ,. ― 、   \
         /    ( ○ )   ( ○ )   丶
          |      ´"''"     "''"´      |
        _|   /// {     人     } ///  |          ああ……汽車にのって、どこかに行きたいお。
      /´: : :\     ゝ-ィ´  `"j- '′   /
       |: : r: :  丶.       |.r-‐''"     /
       |: : |: : : : ,/ `゙'' ―U ――  '' "´ ヽ
       |: : |: : /                    ヽ
       |: : : :/                       ヽ
      ヽ_ /   ―-、              、-― _ ヽ
        レ′ ,. -=┴-、           .-┴=- ., ′ ヽ
      {   /      ト、_______|      ゙i   }
      _ト、人    {、 r           r ,.}    人、__/
    l\     `ー─-`          ´-─ー´
    | \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、村松友視が中央公論社に入社した当時、宮脇が何をしていたかというと、
 中公新書の立ち上げで東奔西走していた。

 中公新書の売れ行きが安定してくると、
 今度は「日本の歴史」の立ち上げで東奔西走することになった。

 そしてそれが終わったとき……宮脇は腑抜けていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

516 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:02:47 ID:1ZzWkF82

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)         あれじゃあ、使い物になりませんね……
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ          宮脇君にはもっと頑張ってもらわないといけないのに。
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|       あれだけの仕事をしたんだ。
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|        うちの基礎ともいえる雑誌……「中央公論」の編集長に抜擢しよう!
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 社長や重役も、あまりの状況に見かねたのだろうか。

 さらなる飛躍を期待して、「中央公論」編集長に宮脇を抜擢したのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

517 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:03:07 ID:1ZzWkF82

          ____
         / \  /\  キリッ
       / (ー)  (ー)\            「中央公論」は看板雑誌といえども、
    /   ⌒(__人__)⌒ \           多くの人に読まれてるわけじゃないお。
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /           ここは企画を若者向けにして、
    ノ            \          より多くの読者を集めるんだお!
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                                               ,xハメミソソィッイィYッィ,
                                                ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::'z
                                              メ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
                                                ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
                                               r::::::::::::::::::::::::: ィェ :::ヘ
     (なに言ってやがんだ、このバカ!)                     {::::::::(⌒)-‐-(⌒) | ij
                                                  ヽ::::::::::::::::l   XY
     (そんなことしたら、今までの読者が離れるだろうが!)              Y::::: ::::l ア  チ
                                                 Y,, `===イY |
                                                {:::::::Y,,,,,,,,,jj'' ,イ}
                                                _/::::::::::::::::::::::=イ }ミヽ
                                         -‐'''¨´:::::::::::::::::::::::::::::::::   /  `¨'''ー-
                                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=彡/
                                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  l /
                                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   l./
                                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ./
                                          ::::::::::::::::::::  ', | / l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は入社してすぐの頃の一時期、雑誌編集に関わったことがあったが、
 それ以外はずっと書籍編集ばかりで、雑誌を担当したことがなかった。

 しかし、編集長は雑誌編集の経験がなければできないものではないと考え、
 安易に引き受けたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

518 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:03:25 ID:1ZzWkF82

                   / ̄ ̄ヽ
        / ̄ ̄\    /      ヽ
      /      \/          |
     /               __    |
   / , .,-- 、            ̄  |   |
   |  |.  ○ ,--.、..         |  、|
   | .   `--'   ,|ヽ        ;; (⌒
   |        <.(         ;; (`ー'
   |   ,. .,--、   |/         |(`ー'
   \ .|  ○ `--.'             |`ー'
     \ `--'                 `ー'
      \      /\
        \__/    \
                   \. . .(⌒
      部   あ        \    |
      数   れ            ;; (⌒
      が   ?           ;;(`ー'
       :               | `ー'
       :                  `ー'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 就任してすぐの頃は、売り上げ部数も良かった。

 ところが就任後3号目ぐらいからか、売り上げ部数がどんどんと落ち込み始めた。
そして瞬く間に就任前の数字を割り込んでしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

519 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:03:45 ID:1ZzWkF82

、ー-、=ミ 、\ヽゝ、  〃
>≧ ` ー-、ヽ :. `Y jイ
    ̄`ミ .、   \  リ ハ
´/  Zー- ミソヘシヽ .!__ノ
彡'´ 彳´ ゞ=ミ、 ヽK, ノ┘
/ノ     .>=ミj i|j,イ彡
Y´ ̄ヽー-<!.::(・) !__,:'⌒Y
.j }::)   ::. ゝ-- ' 人__.ノ
ヘ.ゞノ rヘヽ  Y、  〉/
j,:`リ    ト、_____`二,'              と、いうわけで、編集長、交代していただきましょうか。
::レ゙     \+-+-+-{
ミ:.、   `ー ̄:..´ ̄,ノ
"'''- .._ヽ彡ソ,, ,,, ,,, ,|
////// >z、`ー=チ
///////////>z、\
/////////////} |/
ー.、//////////| |}、_
///\////////ハ :./// ̄\



                                               /  ̄ ̄ ̄ \:
                                              ::/        ::::\:
       やる夫には、雑誌作りは向いてないんだお……           ;: |          :::::::| :
                                              \.....:::::::::    ::::, /
                                              r "     .r  /゚。
                                            :|::|     ::::| :::i
                                            :|::|:     .::::| :::|:
                                            :`.|:     .::::| :::|_:
                                             :.,':     .::(  :::}:
                                             :i      `.-‐"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなこんなで、編集長就任から1年半後、更迭される……

 後任は次長だった粕谷一希が引き継いだ。
 もっともこの粕谷編集長という人事、後に会社を揺るがす大問題になるのだが、これは後日語ろうと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

520 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:04:08 ID:1ZzWkF82

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)         宮脇君の挫折っぷりは尋常じゃありませんね。
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ          もう一度、チャンスを与えたほうが……
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈        宮脇君は今後の我が社を支える人材だからな……
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|        よし、今度は「婦人公論」の編集長にしてみよう。
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さすがに上層部もこれが宮脇の実力ではないと思ったのだろう。

 次の人事として用意したのが……「婦人公論」編集長であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

521 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:04:25 ID:1ZzWkF82

        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \
   |     |i!i!i!i!|   u  |        いや、言っとくけど、やる夫は「中央公論」で失敗した男だお!
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \         それが「婦人公論」って……この会社は血迷ってるのかお!!!!!
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、この人事については、宮脇も相当渋ったらしい。

 しかし宮脇も会社員である。最終的には従わざるを得なかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

522 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:04:46 ID:1ZzWkF82

          ____
         / \  /\  キリッ
       / (ー)  (ー)\            「中央公論」は看板雑誌といえども、
    /   ⌒(__人__)⌒ \           多くの人に読まれてるわけじゃないお。
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /           ここは企画を若者向けにして、
    ノ            \          より多くの読者を集めるんだお!
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                                             ト、 ト、 ∧
                                           |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
                                         弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
                                         <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
                                        <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
                                        厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
    (面白そうだけど……)                        厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
                                          八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
    (古い読者の反感を買いそうだな……)                  ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
                                            \  - 、  ,イ?V
                                               ム|` -  ?
                                            __i     {
                                         ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
                                       /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
                                      ∧                  \
                                     / !                  / ハ
                                  .  /  V           ◇    /  !:|
                                    /   /            ◆  ! /  .!:|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「婦人公論」の編集長になった宮脇は、今までの編集方針を変え、
 新たな読者層を開拓するため、若者路線を目指した。

 例えば20歳ぐらいの若い女性に、赤裸々なことを言わせてみたり……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

523 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:05:02 ID:1ZzWkF82

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´   _   r  .l
      / ..|       t''j"´    =='' ',         プレイボーイ宮脇だお。
     /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ         今日はこれで原宿に行ってみるお。
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l
     ./         ./   l     /.\ ヽ
    l           /   .l   〉  \l
      ヽ     /__,..--'┬-イ    |
        \  ./―‐┴''"´ ̄ ̄l     |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 プレイボーイ気取りで、新宿や渋谷をほっつき歩き……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

524 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:05:22 ID:1ZzWkF82

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}−| る|  |
    |  r `アングラ  )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 挙句の果てに、アングラ喫茶で座談会なんてこともやったりした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

525 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:05:39 ID:1ZzWkF82

                   / ̄ ̄ヽ
        / ̄ ̄\    /      ヽ
      /      \/          |
     /               __    |
   / , .,-- 、            ̄  |   |
   |  |.  ○ ,--.、..         |  、|
   | .   `--'   ,|ヽ        ;; (⌒
   |        <.(         ;; (`ー'
   |   ,. .,--、   |/         |(`ー'
   \ .|  ○ `--.'             |`ー'
     \ `--'                 `ー'
      \      /\
        \__/    \
                   \. . .(⌒
      デ   あ        \    |
      ジ   れ            ;; (⌒
      ャ   ?           ;;(`ー'
      ヴ               | `ー'
      ?                  `ー'
      ?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、突然アングラ喫茶で座談会とかの記事が出たところで、
 旧来の読者は戸惑ってしまうのは明らかである。

 そんなわけで、やっぱり「婦人公論」の売上部数は激減していった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

526 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:05:57 ID:1ZzWkF82

                          __r┐
                       /    { iヽr、
                      , ´ u ( ヽ   } | ,} }ヽ
                     ヽ、__ `:、 ヽ. j V ,{j, |
                     /〉○ )  `、 `Y    ´ ノ、
                   _ノ(  ´)   〉      〈 〉      うわ、よりによって宮脇さんとこの雑誌の連載か。
                     __/   `==く  J {       /
               / : :\ヽ  }r┬}   ゝ    /        こりゃ下手なのはかけないぞ……
             ,.ィ'゙ : : : : : :ヽ`八⌒´   「 ̄ ̄ ̄ ] _
           /. : : : : : : : : : : У}``   「 ̄ ̄ ̄ ̄「: : : :`ヽ
         /´ : : : : : : : : : : :y'´: :`┬ュニム| : : : : : : : : | : : : : : : :、
       r'´ : : : : : : : : : : : : :/`ヽ、 :/:::ヽ/| : : : : : : : : | : :ヽ : : : :|
      / : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : :/{:::// :| : : : : : : : : | : : : : : : : l
     / : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : :{/::{ / : :| : : : : : : : : |、 : :r‐-、: :|
     '、. : : : : : : : : : :イヽ: : : : : : : :{:::::{ / .:/| : : : : : : : : :! : : : : : :/|
       ヽ : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :.|::::::/ : : : : | : : : : : : : : :|ヽ: : : : : :!
          ̄``''ー‐'´ ̄ヽ{: : : : : : : |:::/ : : : : : :| : : : : : : : : : : : :| : : ノ
                  | : : : : : : :|/ : : : : : : : | : : : : : : : : : : : |ィ´
                 | : : : : : : : : : : : : : : : :.| : : : : : : : ://´:|
                      | : : : : : : : : : : : : : : : : \__/: : : : :|
                    } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |

                      【北杜夫】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、全部が全部失敗した企画、というわけではない。

 例えば、北杜夫「どくとるマンボウ青春記」の連載企画は、
 そこまで外した企画、というわけではないだろう。

 今でも本屋に行けば棚に並んでいる本なのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

527名無しのやる夫だお:2011/10/05(水) 21:06:06 ID:Kx1ixLdY
降格させて編集にするって選択肢はないのか?

528 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:06:17 ID:1ZzWkF82

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)        こちらが原稿です。
        |      ` ⌒´ノ        よろしくお願いします。
          ,|         }        
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


                                                           ___
                                                         /      \
                                                       /_ノ   ヽ_   \
                それじゃあ、原稿、                             /(⌒)  (⌒ ) u. ヽ
                確認させていただきますお。                       |   (__人__)        |
                                       、              \   `⌒ ´      /
                                                         /            \
                                                   | ̄ ̄ ̄ ̄|~|       |
                                        .          /  |        | .|-、  ノ   | ヒョイッ
                                        .         //  (つ       .|と  ̄”     ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「どくとるマンボウ青春記」であるが、担当編集者は村松友視であった。
 しかしその原稿のやり取りは、もっぱら宮脇を通じて行った、とされている。

 まあ、隣人同士のやり取りのほうが気楽なのは事実である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

529 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:06:36 ID:1ZzWkF82

         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \           おや、ムラマツ君。
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|       やる夫の家に来るなんて、どうしたんだお?
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /

                                                    、__}\}\ }ヽ.
                                               ____N ̄ミ:.:ヽ:.:\:.\:∨|
                                            \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/|
                                            ___.ゝ-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.弋__
                                               `フ.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'マ
                                           '⌒7.:./.:.:.:./.:./.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:Z
                                            /イ.:/:.:.!7!:./.:.:/.:/|‐|:.:|:.:.:.:.:.弋
                                             '|/|:.|:.i'立|/|'立|/|爪:.:.:.:.:`ト|
      北さんとの打ち合わせがありまして、                    |人{   ,     iン人:.|:.ト|
      ついでにごあいさつに。                             人  __ _,   イ:./:.ハ|
                                                   _}\__ ┌─|/|八
                                                  . < _| ,/| | _,ノ'⌒ヽ、
                                            /    0/{ ,厂{′       \
                                           /   ,    i′(  ,|/         ヽ.
                                           /    i    | 二二}/       ,  ハ
                                          /     |/  0| 三三| ‐     , /   }
                                      /   {  /|    | 三三|      //   /|
                                      {    、_)ノ′ |    |  ̄ ̄|     .{     |
                                        、     ヽ、  |   {i|     | ‐   /∧  '  |
                                        \    \ |    |     |      / }/    |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、常に宮脇経由ではなかったらしい。
 村松も打ち合わせなどで、何度か北の家を訪問している。

 そしてその際は必ず宮脇の家に立ち寄って、いろいろと話をしていたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

530 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:06:59 ID:1ZzWkF82

         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\            やっぱり、やる夫には雑誌の編集は向いてないんだお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |           編集局次長……
     ゝ  ノ  `ー‐'    /           肩書きは立派だけど、閑職でいいところだお。
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、編集長に就任してから一年強で、辞任することになった。

 その後の人事は編集局次長という、各雑誌を統括する立場なのだが、
 雑誌の編集は編集長が実質的な責任を担うので、閑職に等しい立場であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

531 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:07:44 ID:1ZzWkF82

                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !     そういや、ちょっと前に、
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !     自分が乗ったことある国鉄の路線を調べたことあるけど……
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.     意外にまだやる夫は乗っていないんだお。
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;     せっかく暇になったし、給料も上がったし、
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ     この際だから国鉄全線完乗を目指してみようかお。
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は、その頃から、あることを考えていた。

 自分は鉄道好きだけど、日本中の鉄道路線にはまだ全部乗っていない。おそらく5割くらいだろう。
 ならば、国鉄だけでも全線乗ってみたら……面白いのではないかと。

 閑職で高給取り。
 これはこの考えを実行するのに、都合のいい状況であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

532 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:08:00 ID:1ZzWkF82
                                _,,,r‐'''''''''''''''''''''''''''''''''''''‐‐-=、_
                           _,,=-‐''"´_,,r"´              ヽ
                        _,x '"´  _,, -‐'"   ___   ___  __ |
                   _,,,=‐''"´ -‐'''"´   f´|  i"   `i i"   ゙l i"   ||
                _r=¨´‐'''"´ __ r.ir.if..l   | .|  |      | |     | |   ||
           .r=-‐='"´..|....ri..r''irir.i | | |.||.|| .|    | .|  |      | |     | |   ||
       _,r=''ニ|''"´rrrfi .|l| |:| |..||.l|.l..| | |.||.|| .|    | .|    ̄ ̄´  _二二ニ   ̄ ̄ .|
   r‐i''i"l´. |illl|| |il|」」」」」,,,,|l| |:| |.」´´...|_| ´.´ !┘ .....| .|==========| |地獄| |======|
____..└‐=Ll,,__|...  |_ ̄ ̄ ... |....|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | .|  ..O====└──‐┘==O |
| \゙' :、:::::::゙'゙‐'-三 `td¨''''-=l=,'''_=== ,,,,,__     └゙          _      |
|  \ ゙' 、     `´ `' `'::::::()f''‐i-i[] ̄¨゙゙''''‐-=,,,,_________/==ヽ____ノ
|    \  ゙' 、           ヽ_ヽ_ヾ::::゙‐〔〕|:::::{::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
|     \.  ゙' 、            ̄   `‐::::::{}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、その考えを実現するには、もう少し時間が必要となる。
 中央公論社を揺るがす、一連の混乱によって……

 中央公論社は、知らず知らずのうちに、足元から腐りつつあったのだ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【おしまい】

533 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:09:08 ID:1ZzWkF82
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

>>527
嶋中社長的には、経営幹部として宮脇を考えていたようですね。
だから下手に降格させるわけにはいかなかったようです。

534名無しのやる夫だお:2011/10/05(水) 21:11:11 ID:Kx1ixLdY
乙でした

でも失敗しても編集長のままだと、傍から見たらただの依怙贔屓で反感だけ買うだろにw

535 ◆KcxXifcWsc:2011/10/05(水) 21:18:05 ID:1ZzWkF82
>>534
実際にそういうの反感があったようですね。

今回出てきた粕谷一希の本に、「中央公論社と私」ってのがあるのですが、
その本で、粕谷がすごく微妙なことを書いてたりするんですよ。

もっとも、その後粕谷も退職して「東京人」を編集・発行するんですけど、
かなりの回数宮脇先生に執筆を依頼しているわけで、よくわからん関係だな、って感じですね。

536名無しのやる夫だお:2011/10/05(水) 21:25:56 ID:BmQ.j60A
乙でした。宮脇氏にも山谷があったわけですなあ。

柏谷氏は、雑誌編集者としてはともかく作家としての宮脇氏は評価していたということなのですかね。

537名無しのやる夫だお:2011/10/06(木) 12:08:53 ID:EVWgk1Ik
>>522
ここ台詞は中央公論じゃなく、婦人公論でいいのかな?

538 ◆KcxXifcWsc:2011/10/06(木) 19:42:23 ID:Y6fMPiyM
>>537
間違えました。婦人公論で正しいです。

539名無しのやる夫だお:2011/10/07(金) 16:00:13 ID:sGUOQ5gc
otu

540最中★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

541名無しのやる夫だお:2011/10/08(土) 13:22:12 ID:YpQf5qWg
北杜夫の文章では村松の名前が出てきた記憶ないね。
編集者としても作家としても。担当だったなんて意外だった。

542 ◆KcxXifcWsc:2011/10/10(月) 07:39:14 ID:TUmd9oss
おはようございます。

現在ちょっとした大作に取り掛かってますが、なかなか制作が思うように行かないので、とりあえずご報告まで。

>>541
北さんが村松さんのことを書いてるケースとしては、河出書房新社の文藝別冊「宮脇俊三」の親子対談
村松さんが北さんのことを書いてるケースとしては、小説新潮2008年5月号のエッセイ、
ですかね。

ちなみに北さんが中公の原稿のやり取りを担当者じゃなくて宮脇先生とやっていたというのは、
結構いろんなところに書かれてるネタだったりします。

543 ◆KcxXifcWsc:2011/10/10(月) 21:44:24 ID:TUmd9oss
雑話。

講談社に「少年少女日本文学館」っていう、日本文学の全集シリーズがあるのですが……

ttp://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2826682

この巻は読んでみたいものだな、とw

544名無しのやる夫だお:2011/10/12(水) 14:57:43 ID:.qBatiKE
中坊の頃は、寂しい姫さまでも抜けたもんだったなぁ

545名無しのやる夫だお:2011/10/12(水) 15:01:31 ID:40hW6FSU
>>543
図ったような顔ぶれw

546yournet全面規制に入るお:2011/10/15(土) 17:07:03 ID:KKSHaw6E
評価基準が個人に拠ってしまうから公正ではないけれど
見込んだ人材をひいきするってのは
それも一つの人材育成法なのかね
客観的な評価によって公正にしたからといってピーターの法則的に優れた幹部が生まれるわけでもないし
つーか多かれ少なかれあるっちゃあることか
ま、ひいきされてない同期からは反感買うけど

547 ◆KcxXifcWsc:2011/10/15(土) 22:59:26 ID:g26tTKik
明日21時より番外編の前編投下します。

548yournet全面規制に入るお:2011/10/15(土) 23:06:05 ID:bs.kASrk
把握!

549yournet全面規制に入るお:2011/10/16(日) 03:12:47 ID:.bp61z5A
りょうかいでーす

550 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:01:19 ID:cJR2KD.M
それじゃあ久々に投下します。

現代文学のちょっとした裏話……番外編。

551 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:01:44 ID:cJR2KD.M
【番外編・ギャル実が教える近現代文学史(前編)】

           | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \                                 キ〜ンコ〜ン
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   ________
               |  |  |           |  | |どっかの高等学校|
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|__________________________

552 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:01:56 ID:cJR2KD.M

________________________________
                   ;.:;                ;.:;
 ;.:;                                        ;.:;
             ;.:;               ;.:;
==============================                ;#   _____
   ┌──┐        ┌──┐ |   __________ |国語資料室|
   │三三│  □□  │三三│ |    |┌──┐|┌──┐|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   │三三│  □□  │三□│ |    |│    │|│    │|    __
   │三三│  □□  └──┘ |    |│    │|│    │|    |!┏゚|
   └──┘                 |    |└──┘|└──┘|    ||⌒||
==============================    |        |        |    ||消||
      :;.;;                         |        |        |    ||_||
_________________|____|____|______

553 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:02:08 ID:cJR2KD.M

               ___
           ,....-.::::::::::::::::::::::::::::::>..、
         ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       .::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::|l::::::::i::::::.イ:::::::}:::::::::.
       /::::::i:::::i:::::::::::::i:::::::::::|l:::::::ハ:::/ l::/:::i:::::::::ハ
        i::::::l:l:::::ハ/l∠八:::::::::|i::::/__レ_ヽイ:::::l:::::l:::::::
        l::::::i::∨/ ク=ミヽ:::::八/ f_,ハヽ jノ:/::::::!::::::;
        |:ハ:i::::l〈 ヒ::rリ ハ/   , krり 〉 l':::::::;::::::::
      /l:::::l.)-(::::::::::)‐'⌒ー(::::::::::)ー /:::::∧::::::!         へえ〜っ、就職決まったんだ。
        |//l:::::| /////      ///// /::::::∧ {::八
       // !::::l   、__, 、__       _/::::::/l } 〉从ヾ       最近はとかく文系は厳しいって聞いてたけど。
.     \ l:::::ト- ._   __ `¨^´ ノ/::::::/   l/l(
       N:::i:l   ヽ     / /::::::/   /__ ..イ
        {:::从!    l\   _/  ノ:ハイ .. イ       /
         乂:::/    /  ` ̄ l     i´::::::::八    _乂
          7   /ノ    │     !::::::::::::::::` < ̄
     _ ..イ/   /      l    ',ー-<::::::::::)
   , ´   /   厶      i     '    `ヽ(
   /   /   /   、 __ イ     V      \

554 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:02:21 ID:cJR2KD.M

                       _ ,. - -‐‐‐-=、
                     , -‐'"      ̄ `'ヽ、ヽ,
                 ,. '"´          ヽ、ヽ 、r 、
                / ,     ヽ        ヽ/l,\`゛`'‐、
                _i ,'   l    ヽ   ヽ    メ > i `,   `,
             / l  l  l l ',   ',、   ヽ   i y'ヽ', 、    ',
            l  l  l ,'l l、 ヽ   ', ', _,,斗-、 l l' V/.', '    ',
               l  ハ l ,' l l ', ',ヽ   ',´,  l ',   l l‐'"l. ',  ',.   ',
                l  l ', .l  l,_,|、 `、 l ',   l ',」斗ミ、//l_ / ',  ',   ',
            l  l ', l  ハ,レ匕',ヽ \__示:::t リ/l :l `,'  ',  ',   '
            l  l  i l ', ',示:::t`,ヾ    廴:歹 i :l_ノ   ',  ',  ',
             l  l  lヽ,lリ、ゞ_歹      ⊂⊃i :l全    ,  ',  ',       まあ……うちのセンセのコネって感じっすかぁ。
             l  l   l ゙ '⊂⊃   、_,  i l.E    ',  ,  ',
               l  l    l  全へ   -'    ,.ィ  l,ヨ      ', ',  ',
           l  l    l  E  `≧=┌ュュ≦i l  l        ', ',  ,
           |   l    }  ヨ,_ ,―-ツ__。__,.ゝ、l  l         ',  ,  '
           |   l    l  ,'´ `l::::::::l     /:l  l´ ̄`.、   ', ',  '
           |   l   ,'  l ,' /::::::::::l   /:::::::l  l    |    ', ',  ',
           |   l    l  _l,.'_/:::::::::::::l  /::::::::::/l  l    l    ', ',  '
           |   l   / 列,´,^ヽ;::::::::l /:::::::::/ l ノ-ッ-‐イ┐   ', ', ',
           |.  l / / レ'"ノ \ `;:::l´;/ノ l / /::::::::::::l    ', '  ',

555 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:02:47 ID:cJR2KD.M

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/        まあ、コネでも就職できるだけ立派なもんよ。
     、:::::::::(l::|( ⌒) (⌒)イi         最近はドクターでも就職できなくてフリーターみたいな話聞くし。
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、'' ー .イ          もしかしてそのビッチなマ○コをくぱぁと開……
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ



        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|       ああ、ギャル系のファッション、好きって感じですけどぉ、
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|       ぶっちゃけ女陰(ほと)を安売りするほど、
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |       性根が腐ってるわけじゃないっすから。
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |       しっかし、さか奈センパイも変わんないっすね〜w
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|

556 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:02:58 ID:cJR2KD.M

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::⌒::::::::⌒:::::::}        まあ、もう下ネタでキャーキャー言うほどの年じゃないしね。
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/        ヒステリックな人はキーキーいうけど。
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八        でもあなたにも私にも関東風でいうお○んこ、
      <>x:从、'' ー .イ          関西風で言うオ○コはついてるわけだしね。
.       /.:::i,-/>__n゛ノ
      {::::/i::::.\`て }`ヽ         昔流でいうなら「ほと」(女陰・陰所)、「つび」(玉門)、
        V /.:::::::::::::「 ̄|  |         観音様ってのもあるわね。
      / {:::::::::::::ノ|゚  | ノ

557 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:03:21 ID:cJR2KD.M

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi        ちなみに横浜に「保土ヶ谷」ってところがあるけど、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八        あれって、今流で言うと「マ○コ谷」ってことかしらね?
      <>x:从、   -  イ          女性外陰部の形状に似た地形に、
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ          「ほと」を使う傾向があるという調査結果があるみたいだし。
      {::::/i::::\/{  |ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ

558 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:03:36 ID:cJR2KD.M

 | |                           ,.r==:=:ュ、
 | |                         /'´   `ヽ:ヘ
 | |                                 }:}
 | |             、______ _       _,/::ヽ、_}j___,_
 | |              `ヽ、:.:.:.:.:.:..:.: ̄:.`'"´:.:.;/:.:.:::.:.:.:.:.:.:.::;ji::.:`ヽ、
 | |               >'´:.:..:.:.:.:.:.:.:.:::/:;|:.:.:::::.:.:.:.:.:.:: (,j:::.:.:.:.:.:\
 | |               /: : : : : : : /: ::/::.;/'|:.:.:::::.:i:.:.:.:/、:.:.:.:.:i:.:.:、::.:ヘ
 | |              /:.:.:.;/:::::::::/:.:.:.::/:::/  |:.::i:::::|::.:/ ∨:.:.:|:.:.::|::、::ハ
 | |            /:.:.:.://::::::::::/:.:.:.::/::/\ |:.::|:::.:|;/ ,/∨:|::.:.::|::ハ:.::}
 | |            /:.:/ /::::::::::/:.:.:.::.j;/___ヽ,|:.::|::.:|、∠__j:∧:.:.:.|:::::|:.:j
 | |            |:/   /::::/:::::l:.:.:.:.:;ハ ヤ弐行 |;/|::.:| オ弐マZハ:.:.::|:::::|:.:|
 | |            '´  j:.:;∧::::|:.:.:./i:ハ l ト-':::| ´ ヽ:| ト-':::| / {:V:.:ト、:|::|     オイコラ、そこの国語教師!
 | |               |:/  ヽ:|:.:/(|::::} 、V:ィ;j     ` |:tィ;リ,' |:::ヽ:|)::.:{     大声でマ○コマ○コ連呼するな!!!
 | |                /´`ヽ、|/__:::|::::j、" ̄   '    ̄゛・/|:::.:.:|:::.:.λ
 | |ヽ--────--‐fTT'{ ヽ  ゛' \~|:.:.::|ヽ、   -‐'´`  ,.ィ´; |:::.:.:|:::::.:.:ヘ    あとマ○コ谷とか保土ヶ谷の人disるなっつーの!
 | |           ,{ | | |  \     `|:.:.::{   {`...ー--‐."´}  / :|:.:.:.:|ヽ、:::.:.ヘ
 | |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄t_i_i_|,   `ヽ、   V:.:.;\ ヘ、,.-─-、/ / / j:.:.:.:|  ⌒>::.\
 | |              \_,,-‐r:`ヽ、ヽ::{、:::\ ヘ   /,//,/:;/}::j  //ハ:::.:.:\
 | |                     |::i::.:.::`} ` ,>‐-'ヽ._,/"-‐<´'"i j;/  ////、:::::.:.:.:\
 | |                     |::|:.:.:.:.:j 〈    "`    〉 |ー:-=_//,//  \::::.:.:.:\
 | |                      |:.:!:.:.::/  \_,,/ i: \_,,/  ヽ:::::::::: ̄::::\  ハ::::::.:.:.:.\
 | |                       |:.:.:.:.:::ヽ、,_   /    ∧   ,/::::::::::::::::::::::::::}  }:.:::ト、:::.:.:ヘ
 | |                  |:.:.:.::::://`ー/   ハ  ∧ーく::\::::::::::::::::::::::::::|   |:::::| \::.:ヘ
 | |                   |:..:::/ '  ,' \/  \/',  \ \:::::::::::::::::::::j   |:::::|   ∨:ハ
 | |                  j/ ,    /   |         \ \:::::::|:::r'´  }::::|     V::.}
 | |                  〈_,/   /    |              \_〉::::|`レュ、_ノ:::::|     V::|
 | |                 /:〈    /     |     i    i     /::::::::::| |r‐t }::::::.:|      |::j
 | |                  /:;/ \__,/    |     |    l   /:::::::::::::l |///|:::::::リ     j;/
 | |                  //´   /`ー-ァ、_,j____,|_,-┴r'´:::::::::::::::: / |///|、:::/     '"
 | |               /'´    /   /}::::::::/   |::::::::/|   |:::::::::::::::::: / |///| j/
 | |                    /   / |:::::/   |::::::/ .|   |::::::::::::::::/   |///|

559 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:03:49 ID:cJR2KD.M

                      ______
                  ........::::::::::::::::::::::::::.....
                    /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                 /.:::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                   /.::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                ':::::::::::|:::::::::::::::{:::::::::::::::::::}::::}::::::::::::
                  |:::::::::::|::::::i|::::i八:::::::}:::::_ノ::::|:::::::::;::|
                  l::::::::::」:::::八N⌒\ハ/」ハ!:::::::ハ:;
                ';::::{ '|::::::::::| x=ミ    テ::Y|:::::/:∧
                ' :::ヽl::::::::::《i'::::). ‐v=(ゞ'::ノ:イノ′     いいじゃない、別に。
               ヽ::::';::::::::::!ゞ(:::::ノ 丶 |:::八       こうやって部屋の中で話してるわけだし。
                   }>rヘ:::::::| ''  ー  /|/
                  \/〃\ト、≧=‐- '           大体、泉さんだって、貴重な女子校生処女マ○コがついてるんだし。
                   /:{ {     } }              私たちみたいな経年劣化したマ○コとは比べ物にならないでしょ。
               /.:/´ `ヽ  Y
              /.:::;        \
              /.:::::::::i        \
             /.::::::::::::/|     |    `丶、
.          /.::::::::::::::; ゛ |      |        ヽ
       /.:::::::::::::::::/  |       |          i

560 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:04:05 ID:cJR2KD.M

       /:. :. :. ,ィ:. :. :. :./:. :. :. /j:/\f:. / |:. :. :. :. :. :. /  | :. :. :./ :. :. :. :. :. V :. :.
.      /:. :. //:. :. :. :./:...:...ィ´へ   N  |:. :. :. :. :. :/   .| :. :. / :. :. :. :. :.}:. .{ :. :.
      i:.:/  ,':. :. :. :. i:. ィ" j ミミ≧、  !| \ !:. :. :. :. /    .L:. △二⊥ :. :. }:. :.l :.:.
      |/    i:. :. :. :./|/リ:. l   ゙ ミ≧、 `   |:. :. :.:./-一  ̄|:.:/ '; :. :. :. :. :.リ. :. l :..
          |:. :. : / /:.:.:j‐ァ≡≠≧ミr   ;:. :../  _, -t≠ニ i:. :. :. :. :.∧:. :.| :.
          |:. : /  /:. :/ '¨ ̄ ̄  `   }: / ,ォ≦三三三ミ'、〉:. :. :. :/:. V:. ! :.   だから、私のマ○コが、
             ';./  ,イ:. :/            '´  `ヾミ>、    /j:. :. :.:./:. :. :',:.:} :.   貫通済みとか開通済みとかじゃなくて……
              '  ,:. :..人     __, イゝ、       `ミ≧、 /:. } :. : /:. :. :. :.',} ./
             j:. :. :. :. >、    /  __ \     ・ヾr/:. :. }:. /ん:. :. :. :ル    学校の中で大声でマ○コマ○コ言うなってこと!
               {:. :. :. :. /:. >、/'´ ̄     ̄〉      /:. :. :. レ:ム ):. :.//     他の先生とか生徒いるんだからさぁ!
              |:. :. :. ;イ:. :. {:.i´>-、     /      _/:. :. :. :./ イ:. :.‖
             |:. :. :/ |:. :. :.N,-一'::::/テ>-'ーァニて/:. :. :. :./ ̄:. :. :./
                 l:. :. { 〉7´/ {::::::::::::/_    'y /:. :. :. /:./:. :. :. :./

561 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:04:28 ID:cJR2KD.M

                ~ヽ  . :  =   :: 、  `ヽ
             /     :>´      ヾ `ヽ、ハ
         /     /   〃        ヽi
         /    ,           /    `ヽ \
           ,     i    ,'     !:   ., \ }  八
          i      !    :| 从  i|   |ト、 ソ. ソ ‘,
         |     l|   斗 ⌒ト、 ハ  斗┼メ ´  i
         |!     ',   ∧r=≠ヾリ ヾィ≠z 从 ハ lリ
           i     ゞ ハ 八::::リ !   {::リノ ル/ / V
          }     (人こつ ` ´    , `´ こつハ /            2コマで6回。
         l〃 :::::::ゝ=ト、    __   丿レ′ l|
         |/  :::::::::爪  ト .  _ < ハ   ,′            ちょっと、多くね?
         |   ::::::::{lハ /}   ¨´{=-、{ハ   /
          ル′ /⌒.{lハ≧x、     !. ノ{ハ.  /

562 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:04:40 ID:cJR2KD.M

      _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_
          ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、
        /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\
         ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ
     /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,
     /. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i
    /: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
  //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !
  '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!
         !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : !
         !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i
         l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l          はい?
        l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l
       {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |
           V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                 l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|

563 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:04:55 ID:cJR2KD.M

                          ,  -‐ ==‐-、
                       , イ            ヽ
                         / /    ヽ      ヽヽ ヽ
                    r‐7 /  l    l    、   ヽ>'´ `ぇ、
                   /  /./.  .l  ',  .ト、  l    l/>i    ヽ
                     /  l .l.   ∧ .',  .l l  l   l .l>'/l     l
                    ,    l l   i ,' ', .ト、 l斗-‐ト,   l ィレ'>l.    .l
                    l   !.l   l'⌒゙ , | .', l .l / l. ,イ/`´,'l       l
                    l.    Yl ィ禾心、 | ヽリィ禾心 / l 、 / .|.    .|    いや、あなたが女性の陰部の俗称を言った回数。
                    l     l ヽ l l:::::::::l`   l l:::::::::レ' lし}  .|.    .|
                    l     l  `l弋zツ    ゞz;;;ツl. .l_ノ  |.    .|    下ネタ嫌いな人とか、
                    l     l  ⊂⊃  、_,、_, ⊂⊃ .l§   |.    .|    その言葉を知らない女の子なら、
           ;     .l     l  l§ ` 、_`´, イ l  l§  |.    .|    そんな短い時間にそんな連呼しないからね。
             ,、     l     l  l       rf三三キl  l    |.    .|
                i i.   .l     l  lー‐f ̄l´‐@`‐7:l  l― 、 l.    .|   実はあなたも、
                l l.   .l     l  l  l  l     / l  l   .l |.    .|   こういう下ネタ話、好きなんじゃない?
            ,、,、l-┐ /´)     l  l ./.  .l   , '   l  l   .l |.    .|
        f`l´.l l :レヽ./l    / ./;;;/ヽ、. .:l /  /.  !-ァ-zセ      .|
.         !. ', _>ノ.  ./ .l   ./  レ'ア.\ \.:V,イ~/   ././: : : :/.    .|
         ソ     ./  l  /  / /.  .\_/./  ././に二ア .     .|
         {.   .;イ   .l ./  / /ヽ      {´   , ' ./ |    l       .|

564 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:05:08 ID:cJR2KD.M

              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、      まあ、実を言えば……
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l      嫌いじゃありませんが。
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l      ただ、ここは学校だし、
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l      いろいろとよろしくないんじゃないかしらと。
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N      例えば、教室のど真ん中で、
         `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l       「ウホッ、いい男たち」を堂々と読んでたら、
         │: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l       不快な人は不快だろうし、
            .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l      大体エロは隠れて楽しむものじゃないかと。
           .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l
             |: : : |  .| ⌒/ //: : : /〃彡l l
            |: : : |  .| / // l l /,´/  |l

565 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:05:19 ID:cJR2KD.M

      /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
.      /.:::::::::::::::::::::::::::/.:::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::.
     /.:::::::/.::::::::::::::::/.:::::::〃.:::::::::::::::::::ノ.:::::::::::::::ハ
     .:::::::::/.::::::::::::::::/.::::::::::|/.::::::::::: イ::::::::::/.::::i:::::::.            まあ「ソドム120日」とか「悪徳の栄え」とかだったら、
.    ;:::::::/.::::::::::/.::/::::::::::::::|=-‐彡 -=l::::::/.:::/:|:::::::i            分からないだろうけどね。
   イi::::/.:::::::::/⌒'i:::::::::::::::i| ≫=ミ/ イ:::::::/:::ハ::::::|            あと三島の「仮面の告白」とか。
   从/.:::::::::::{  く|:::::::::::::八,xzニニミハ /.:::厶ィヽi::::ノ
.  〃/.:::::::::: 八 i |:::::::: N\´    ヾ/ 'ィミ゙Y::/              まあエロは隠れて楽しむ、は確かにその通りね。
  ;:{/.::::::::::::/.:::.ヽ八::::::::|   `(:::::::::::j ヽ( `/:::{′ クスクス         先生も声の大きさは自重するわ。
  /.::::::::::::: /.:::::::::::::::l::::::::|    、、      ' (::::::)::|
. {:::::::::::::::::{::::::::::::::::::|;:::::::|    .`゙ー-‐ ,-‐==ミ_          __     ところで……今日はどうしたの?
  ,:::::::::::::i「三≫x::::|ヘ::::::、       / ,ィ'>  \       〃::::::.ヽ  なんか相談?
    、::::::::::::::::::〃::::个 ヽ_:.ヽ、 {>ー=≦\`/ /  ヽ    ノ:::/⌒)
.     \:::::::::/∧::::/    `ヽ\::::::::::::{/(,/ ./   ヽ-‐=彡
      ` 'く/.::::V       ∨`ニ=彡‐-(,ィ' /   i ー-=彡

566 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:05:35 ID:cJR2KD.M

                -−-
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |         いや、この前、先生の国語の授業でさー、
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |         文学史の小テストやったじゃない?
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ        アレの出来がメチャクチャでさ、
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/       どうやって勉強したらいいものかと……
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/
      '. ハ.   |/   / /  , <   !
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )

567 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:05:54 ID:cJR2KD.M

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |           ああ、大学受験とかそのレベルで考えるなら、
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |           ぶっちゃけ勉強しなくていいと思うよー。
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |
    |    レ´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|           勉強、勉強で考えると、面白い小説も面白くなくなるしぃ〜
    |    |  仁二]|| `  ´ ||仁二]   ` ̄ ̄ ̄ ̄`'"⌒,ニつ
    |    |  仁二] ヽ   У∧仁二]: 、______,、_⊃彡′
    |    | {: )ソ: : : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |    {二ゞ: : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |    |   l: : :―: : ´: : : `ー 1´     . |

568 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:06:07 ID:cJR2KD.M

   ,. . .-. .‐:‐: -. .-: :.''゙/`ヽ: : : : : : : : : : : : :`: .、
∠´--――ァ:'':": : : : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      ,. "   : : : ; :!: : : : : : : : : : : : : : : :  ヽ: : : ヽ
    '   , '  / ./:.j.::. : : : : !: ::ヘ        V: : :ヘ
 /: : : :./: : : :.:i: : ,': :,|.::!: : : : :j: |Vヘ: : : : : : . . .  V: : :ハ
/: : ; -''/: : : : :::!: .:j: :/.!:::}: : : : :l:.| マヘ: : : : : : : ';:. : V: : :.i
:./   ': : : : .:::j: :::l:.:/ .l:::|V: : : :l:|  ヾ::、: : : : : :i:::. : i: : :.|
゛   ,': : : i: ::::l: ::::!V  l:::| V: : : !!   `x': : : : : : !::::. :i; : :!
   j: : : :!: ::::!: ::;|:j \ !:| V: : :| ,,.-'" ヾ: : : : : lヘ:::. i: :j
   |: : :λ.::::l: ::l !! -‐≧! ヾ: `j´ ニ二二 ヾ: : : :.|:iヘ::. !:j        ねえ、さか奈先生……
    .!: :/ V:::l:.:ハj「羊芙ミ   ヾ: l 乍羊芋列; : : :|:|;;ヘ::.リ
    !:/  V::!:{:ハ `つ-リ    ヾl  ゙つ‐クノ ゙|ヘ: : |:| }ヘ:{        さっきからちらちら気にはなっていたんだけど……
    ゙{     V:!l::::i  `''"    ゙:!  `''''"・ l:i::ヘ:.j::!/: : }|        この人、誰?
.          ヾ|::::l      '            !l:::::ヘ!:|::::. !|
  r―-、  /´゙i !:::::ゝ、_    ._、    _,.ィ'l:::::::: :|、:::: l!
  ヽ、、 ヽ⊥ |.l: :::::::::| `> .,、..., . -‐'"/ j::::::: : l //>、
    `/゛ - ヽヾ: :.::::::l     |  ヽ  ,/  !::::: : :j//// ヽ
     l  ー-`} l: : : i::!    「 ̄ ̄`ソ  .l::: : : :!'///  `、
     ヽ  ̄フ‐ノ!: : : !:!    l   /  .l: : : :////    ヽ
      \'´ ノ !: : : :ト、   l   /   ,l: : : ////       `、

569 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:06:21 ID:cJR2KD.M

                 __
              . ::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           .::::::::::::::i::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i
           l::::::::::::::|::::::::::::l::::::::)::i :::::::::::|
           |::::::l::: 人::::::::::i从/-ハ/|::::|::,
           }::::::l:!:(=ミヽ:::ノ≠笏ソY:::::|/
           八:::从 戈笏Y‐(::::::::::::ノ|::::|         ああ、まだ紹介してなかったわね。
                _`l::::トミ:::::::ノ   ''''" /|::::|
          _,-v-f J !:::|  ヽ.'" ー'  イ=|::::| _        私の大学時代の後輩でギャル実さんっていうの。
         {'J|/.〉ソ つ、| _ ,/i≧='-ハ-、ソ彡⌒      今はT大学の大学院で学んでる。
         |  / /, レ\/  { ̄ ̄ } ヽ_         専攻は国文学史ってところかしら。
        ', i  ノ/   /\ ,__ト  -イ  ∨ ヽ
         , ヘ_ソノ  ´⌒  ̄ X    //⌒ヽ}   Y     おい、そこの腐れガバマン女。
      /    }  У   /  (\ /|    :.   }     この子は泉こなたさんって言って私の教えてる生徒だから、
      入__ノ ,/    / _ 'l : \:!    ∨ ,      変なこと教えたら、ただじゃ済まさないわよ。
      /  :.:.:.:}   {:.      ヽ|;:./ \   :.
      /    / ...八:.:.:.........:.:.:.:.:.ν ‐ ⌒`  .:.:} /
    ,     ,':.:./ 丶.:.:.:.:.:.:.:=三o:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丿/
     i     //   !ヾ  ̄ フ⌒` ー -- =彳:.,
     |   /   / \  }o    /〃:.:.,{
     ー '     ヽ   \ |  _  < イ{:.:./ i

570 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:06:33 ID:cJR2KD.M

         />'´ ̄      `ヾ\
      / /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
       / 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
     /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   l
      //ハ l</,,⌒  ,,⌒リ| l │ i|ヘ.  l
     //ハlレ!小l( ●) (●)从 |、i|∧ ヘ l        というわけでT大大学院で国文学史研究してるギャル実っシュ☆
     i ハハ レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノハ ヽ  l
*    〃′|| '. *ヽ、_/ }     j // lヘヽ ! +
    |l l i|/  ,ハ⊂  \∩ノ ⊃  l ヘ  、
  * |l /  /./r ヽヽ::::⊂ / _ノ :::::ヽl ヘ ヘ

571 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:06:44 ID:cJR2KD.M

            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :|
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |
       l: :/ |: : :::::l: : ! ___, i!  ヘ: ::|___i!;:: : ::l::i!::|
.        !/. l: : ::ハ:!: i!. ━━━    ヽ:|━━━ i!::::: l:::|ヘ!       うわぁ……軽いなあ……
         l.   !: ::{::!,X:|:i  ,,,,       .  ` .,,,,, ・i!::|::::l::::|
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |        大丈夫か、日本の最高学府……
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :|
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |

572 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:07:06 ID:cJR2KD.M

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j   まあ、私なんかがドクターコースだものねぇ……
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |   ロースクール行きゃもっとひどいのがうじゃうじゃだけどw
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ?!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !   しかし、受験勉強のためだけに文学史を学ぶのは非効率だよ。
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |   なにしろセンター試験でせいぜい200満点中8点分。
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !   その8点を確実に取りに行くために、
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::     わざわざそのための勉強するなんて、無駄よ、無駄無駄。
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l        ※日本史選択だともう少し点が取れる余地あるけどね♪

573 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:07:28 ID:cJR2KD.M

           ,. <"´      ̄` <\
     ,r⌒Y-‐  ,  /     \\ヽ
     ,'  ├=/ / //  ハヾ ヾ、
      i   / l | i |   | | | ,'| |i |l:|   l !
     i  / :∧ |  l リ-十/l/l十十lハ| lハ/⌒Y
    .i / /∧ヾl |ヽ*( >)  ´(< )*':リ  |ノ   ノ    その8点を取りに行くために、だだっ広い範囲を勉強するなら、
    i   /  \§! |⊂⊃、_,、_,  ⊂つl /  /     まだ古文の文法覚えたり、漢字覚えるほうが、
   // /     §人'ゝ、 (_.ノ ., イ§/  /       受験勉強としては効率いいっしょ。
  / / /     r//_r,<|``@'゙「<_ /  /、 \
, / ハ∨    .仁二]/ rー'ゝ',  }:::::ヽ /  | /      学生生活って意味でも、その分読書するとかさ、
//  l |    仁二]/,ノヾ ,>:', /:::::::::ヾ_   |l |      友達と遊んだり、彼氏とまぐわったりするほうが
∧ / |    [二メ| ヽ〆::::::∨::::::::::::::::`y ./ |       時間の有効利用だと思うよ〜♪

574 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:07:43 ID:cJR2KD.M

                    }:/
               ! へ、_ x'/ ___
    __.x< ̄ ̄ |: : : : : : : : : : : : ∧: : \
.     ̄ > : : : : : : :| : : : : : : : : : : : { } \: :ヽ
     / : : : : : : : : ハ: : : : : : ∧: : : ゝノ : : ヽ.:ハ
.    /: : : : : : : :>'-|: : : : : :| ヽ⌒ヽ: : : : : ヽハ
   /: : : : : : : : : :/ ∨: : : : |   ヽ: : : : : :ヽ: :∨}
    : : : : : : : : : /  ∨: : : :|   ∨ 、: : : :V∨
    :,ィ: : : : : : : .',ニ辷ヘ:ト : ∧ 行云气ト.: : : :|: |       「まぐわる」ってどういう意味か知らないけど……
    !: :| : : : : 圦 r'ハ  ヽ | じ::::り !|:ヽ: : :|: ハ       まあ、現時点で彼氏のいない私には関係ないことだね。
    ! ∧: : : :∧ V:::り   ヽ! 辷以 |: : ヽ.:|ヽ:|
     |'  '.: : : |:∧ ゞ"          . ・┴、 ∧|\|       ……でも、そうだとしたらさ、
       ヽ : |、.:}     ーf ´ ヽ  `7_´ ヽ': :|        なんで文学史なんて勉強するの?
          |ヽト、: `>―.- 、=='ィ二r' _   } : !
          |: : : : フ ⌒ ヽ、: : ヽ. フ⊂ ,  /: : |
          l : : /       \: :∨   {   V}: :|
          |: :/       ∧: | ̄ ヽヘ  V: |
          |:/        } }:/     |  |: :|

575 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:07:57 ID:cJR2KD.M

           . : ´ `ヽ ,    =  、≠⌒メ、
         〃    У          `ヽ \
         /       !         ヾ   ヾ′
         ,'      l  /
          ,        l} 〃          !     i       ん〜……教養かなあ。
          !      l} .〃 / 〃      リ    ヽ  !
       |     l} 〃 / l|  ハ リ  ,イ、 ヾ  i| !       例えばさ、合コンんときの会話。
        |      , =! l| ハ リ ゾ /リ ヽ ) l| l       基本的に軽い話題ばっかりだけどさ、
        il       ハ ! 从./ィ云沁/  _,,,,_)ソ  l| !       そんな中にほんのちょっと、夏目漱石の小説の話題なんか出す。
        il       !ハ ! {l .っl廴ノ    { 刀`从 / !
        l}      ,! ヾ {l、         ¨とつ ハリ       そうすると、
        il    メ|  〉 {l    辷ン  イ l}  /         「こいつ、バカなことばかり言ってっけど、実はすごいんじゃね?」
          ,'    ,== 〈  ゝ、`  = ≦、 l} l} レ′         って思わせることができる。
       l}    / ⌒ヽ.八  \ (_::>=ゝl} l}     __==‐‐、
       l}.   /   ./ __>  .)   ./ 彡イ.    /    ミ ‘,
      l} ハ /    y_ ヾ.  /`ヽ/  \ヽ   / ゝ ヾ\ヾ,ソ
      l} 〈::V   〃ゝ::人  (   "     )ソヽ /  /\ソ (ン
     l} 〈 V   / ヽ.¨  \ ヽ       ´ ソ/  /
     リ  V   /   !     )ソ     ソ    l   /
     /   ヾ   ヽ  |   乂          /   /        モチほんのちょっとだけよ。
     / / \    \ |    ` ー  ―'― ‐ 1 __/        それだけをバカみたいに語ったら、
.   /〃      \   └‐‐-----------‐‐,            根暗の勘違いキモヲタと思われるだけだから。
    ソ       \  釗           {            あくまでも会話のエッセンスの一つってわけよ。

576 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:08:11 ID:cJR2KD.M

        , '  `>x   ‐‐  <⌒`ヽ
          /     . : ´         `: 、   \
       ,    /    〃        \  '
       !   〃            ヾ    i
       !   {l    |l  :i    l| )     ‘,|
       i!  {l  リハ iハ iト、 リ /∧   :l} |
       i!  {l゙ Υ,r=≠. ソ i ィ≠ミ ソ.  /.メ        あと、漱石の「我輩は猫である」を読んでみて、
       i!   八从弋zラ.    vツ/从/ン′i        面白かった、とするじゃない?
        i!     ヾ ゙゙     '    ゙∧ l}   i!
       !!    :l}ハヽ  ` ´ , ' |!i:l}    i!        そうなったら今度は同じ漱石の別の作品を読みたくなる。
       !!    :トソ. }.≧- ≦、=ー‐! l}、  i!       さらにその漱石に影響を与えた小説家の作品、
       !i /   {lハ/   ,  〉ハ.〃 l}‘,メ、       また漱石に影響を与えた人の作品ってのを読みたくなるのよね。
       !i ,'  , '´{ミ>\     / 彡イィ´_⊥  \
        У | {l_彡'ハ   /  \ ニミ/ハ    \    でも文学史をそこそこしらないと、
     /   _|,,..∧  7_ \//⌒ ソ/マハ.    \  このとき調べることが出来ないってことよ。
    /     ゙l/イ ` ー ´  @        ∧ハ    ツ
   ヾ   x<、|'八      =.〉\ヾ ー ヾ//∧ x ≦
      ` ^ソ/.|//心ー ‐=´ /   ', \  V//へ ゞ
       /  !////∧   l|    l}  __   \//∧
            l}'//~~´ ヽ l|.    lレ´ |`¨ ' ‐'//∧
          ,'//≧.x   ,|        ハ__/V///∧
           ///////`¨ '´     i    ',   V/////7、、
        //// ン            ‘,  V/////ノノ

577 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:08:25 ID:cJR2KD.M

              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l     夏目漱石とそういう人間関係だと、
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l     「先生と僕」ってマンガがあって、結構面白いけど……
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l     でも、そうだとしたらさあ、
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x     ○○主義とか△△派とかのように、
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N    グループ分けする必要ないんじゃね?
         `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l
         │: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l     しかもそれを覚えこむ文学史ってのも……
            .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l
           .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l
             |: : : |  .| ⌒/ //: : : /〃彡l l
            |: : : |  .| / // l l /,´/  |l

578 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:08:47 ID:cJR2KD.M

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

        /\ ―‐- 、
      /\:: : .   , -ゝ, -、             _ -=ニ二 ̄ ̄`ヽ _                /⌒´ ̄ ̄`ヽ
     / ..: :::}\:: : 〈〈´`Y´`〉〉          < : : : : : : : : : :ヽ :: : : ヽ      r―-- 、  /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /  . ::ノ  \ ゝヽ薔ノイ           / /: :i :∧: :八 : l.:.i: : :.:|      |     `Y:.:.l.:.:/.:.:.ハ:.l:.|:l.;.';.:.|.ト.ゝ--一  ー- 、
    ! . : /   ´ `丶ト;;イリl          ∠_,イ|: /|/ ∨  ∨`l: : :.:|      |   \ ` |:.:.j:/:.:.;イー|:ト:|:トl:.l.:.|:|:|.         /
    |:/      ○  .乂ソ'     .         |i|.:|──   ──|:.:ト八    .  !     ヽー!://:.;イ:.:死リ ハ|'rテ||.ト|、__/    /
    /ヽ ○     (つ 厶ゝ、           八 !─‐‐  TTT.|.:.|ノ      .   ',.     `、'/イ:ヘ|:.|    〉 ハト|  /      /
    ,   とつ ' ノヽ  / 〈_.」   .          ル、       |リ         '、  ヽ   V レリl:.!、 ー=‐/ヽリ_/  /   /
    | /´`ヽ _ヽノ_ィ゙ト--7こソ               >、 ─z_ イ´          `、     `Y| ` ` ー r'__/´′  ′ /
     了ニイr==木¬ }|  └リ`              //_厂 _ト、           `、       ヽ   ′/     / /   
    /L. __〕!し'/lヽニノl                 /:∨:::|/.:.:./:.:\
   〈   く.ノ}T´!/ l | 丿

      【遠藤周作】                    【阿川弘之】                 【吉行淳之介】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

               ,. -―-―- 、
             ....:::::::::::::::::::::::::::::::::...、
.            /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`,
            /.:::/:::〃:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.             ;::::.:′:八::::::::::::::/.::::;:::::ノ::::::::::
            i:::::|::::_::|:::::、:::::::/l::::/イ::::::::}:::::}
          !::::|:´::八Tトヽ/ーァ弋Tマ::::ハ::::;         うーん……実を言うとあれ、
.           ?八垳无   /行予y∨Y:;'          私もよくわからなくなるのよね……
             ヽ::::ゝ(:::::)'^(::::::) ノ.::イソ/
              い、   ′    .イ/: :/|\         なんでこいつらが「第三の新人」って呼ばれるのかとか、
.         /⌒`ヽiゝ ._ ^n_. イ /: :人|  )        どうしてここに北杜夫とか辻邦生が入ってないかとか。
           /      ヽ::| `,にヽ//./|)一v'
       ,ノ‐- .     i}Yご'ー Y^寸   ゙,
       |    \ x彳( [_y  〃:::/ ノ |
      /厂`丶   `ぐ ̄`∨   ∧::::>'´ ノ〉
.     | 〈   、\/~ ̄`{  ;仁 ̄ ̄〔  .
     /!     :| . :}     ヽ  /´[ ̄ ゙̄寸^〉
.   { 〈     :|/  . . : : : :| y′ |ヽ   }`《
.     〉 \ \ :〉 ヽ\: : : : : :|/     \: :ノ ,〉

579 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:09:02 ID:cJR2KD.M

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                             , '´  ̄ ̄ ` 、
                            i r-ー-┬-‐、i
                            | |,,_   _,{|      ,..、
                            N| "゚'` {"゚`lリi    _,,r,'-ュヽ
                   ビ リ      ト.i   ,__''_  !l  ,イ彡く,-‐' ゙i,
                    __,,, :-―, /i/ l\ ー .イ|、― ´ ̄`ゝニ'ィ,〉
                  ,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、_`ーァ ̄ヘ>'" ,,..,,、  /lトィヘ
                  ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′
                  ,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
                  リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
                  :.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.
                  :.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.
                  :.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:
                  :.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:
                  :.:l:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j ,イ ヾ

                           【三島由紀夫】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|      ああ、それを言うと、どうして三島は「第三の新人」でなくて、
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|      「第二次戦後派」なのかも分からなくなりますよね。
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |      そもそも「第一次戦後派」と「第二次戦後派」の違いとか、
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |      よくわからない部分だと思うし。
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|

580 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:09:20 ID:cJR2KD.M

      _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_
          ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、
        /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\
         ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ
     /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,
     /. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i
    /: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
  //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !
  '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!
         !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : !
         !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i
         l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l       で、結局一と二と三でどう違うのよ……
        l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l
       {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |
           V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                 l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|

581 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:09:33 ID:cJR2KD.M

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |    うーん……
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ?!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |    第一次戦後派と第二次戦後派の違いは、
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !   ぶっちゃけ文壇デビューした時期なんだけどね。
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |    で、その後に続くどーでもいい連中……
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !   と思われてたのが第三の新人。
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.     ただ、内容的な差は結構面白いんだよねぇ。
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l   内容で見ていくと、
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l   実は三島は戦後派なのか?って疑問が出てくる。
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l

582 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:09:58 ID:cJR2KD.M

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                                , -――‐- __
                               / , -――- 、 ` 、
                              / /_  __ノ  ,-、`' _ l
                           __-</  /  n  n .|  ,' ,'
                       _, -‐ '´ , -L__/::::__ー _, - 、  、,' ,'
                    _, ‐'´     ゝ、  , -'、_,-、__ノ、::::/ /
                  /       _, - '´|. /       `', `ー、
                 . ヽ     ヽ'´     |   , -―‐-、 / /-.'
                   ヽ     ヽ、   .|  l-、_   | ' /
                    ヽ      ヽ__ |. `ー、`'´~ノ  /
                     ヽ         ヘ |___    ̄~ ___/
                      ヽ     / ヽ ~><~ ハ‐-、
                       ヽ    `>ヽ/ 〉-〈ヽ,'_,」  ',
                        ヽ、  \ ヽ/  ',/`ー,   ',
                          |     \ ヽ  / / ,  ',
                         ノ     \∨/   .|   .|

                             【松本清張】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

       |:::::::|:::::::::::::::::::::::|、:::::|:::{\:::::::::::::::::::::::::::::::/:|:::::::/.:::::/.:::::::::!
       |:::::::|:::::::::::i::::::::斗\::「八:「\\::::::::::::::::::/ニ|::::/、:::/.:::::::::::
       |:::::::|:::::::::::l:::::::::::|≫=三=ミヽ \\:::::::::/ノ,二/::::/.:::::|::::::′
         :::::::|::::::::::::l::::::::::| ィfて芹?   ヽ\/,ィて芹ト /.:::::::/l:::/
         ';:::::l:::::::::::::';::::::::::. 弋z' りノ_       _弋z' り,:::::::::/ /
        ヽ:l::::::::::::::ヽ::::::::.`ー{:::::::::::::::Y´⌒`Y:::::::::::::}/.:::::::i|/     あれ?
          l::::::::::::::::::i\:::.  乂::::::::::ノ     ゝ::::::::ノ:.::/::i|
         l::::::::::::::::::l  \     ̄      /  ̄//.::::::::|       そういえばその「戦後派」に松本清張は入らないわよね?
.  /\      /l::::::::::::::l:::l\                 イ:::::::::::::::|
.  !   \  ∧ ;:::::::::::::l:::l  丶     ー=‐'  / l:::::::::::::::::|       あと池波正太郎とか司馬遼太郎とかも入らないけど、
  `   `寸¬ヘ::::::::::::l:::l            /  |:::::::::::::::/       これはどうして?
      >‐┴彳:::ヽ::::::::l:::l      >  __/    |.::::::::::::/
   /.:::::::::::/\:::::.\::l:::l        {::::|\     !.:::::::::/

583 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:10:16 ID:cJR2KD.M

          , -―――- 、
         /            ヽ
     , ⌒ヽ/               `<`ヽ
.    /   /二l        ヽ , ヽ ヽ |
   /   l、ヽ.|  i l   l   ハ i  i l |
    ,    |ヽ` l  l‐-,、 | ト |/ l_l__l_ | l |        ああ、それは、純文学と大衆文学の違いの問題っすね。
    |     | \l、 l、 N lヽl :l.| ハl, | ,l l l        これも文学史とかほにゃらら派とかの分類を、
    |     |ヽr=:l λヾ|:lヾ ゙ 从イノ|イ/:|イ l        分かりにくくしてる一要因だと思う。
    |     | ヽ l  |ゞツ    辷ツ| :| | :|
    |     |   § l   、_,、_,'  ̄ ,| :| | :|        どうして司馬遼や清張とかの作品を、
    |     |   § |ヽ、 {_ノ_, ィ´ .l :| | :|        学校教育であまりやらないのか……
    |     |   l  :l__d。  ̄b_  .l :| | :|        そういうのにもつながってきますね。
    |     | ,ィ-|  :ト、 ゚δ゚/: : :ヽ、 :| | :|
    |     |,'  l|  :l∧ ´./: : : : l. l :| | :|

584 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:10:46 ID:cJR2KD.M

                       ,r'ニ:二ュ、
                     (      》
             -‐=:=:=-.、__,..-‐:─::─'':─-..、_
               `> : : ...::.:.:.:i.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:`ヽ、
              /::,ィ: : : :/:/::;|:.:.:.:.i:|:.:ヽ、:.:.\:::.:.:.ヘ
                 /:;//:.:;.::/:/:::/|:.i:.:.:|:|:.:.:.:.ヘ: : : \::.:.ハ
               '"´ /:.:.:j:.:j:.l::;/ |:|:.:::i:|`ヽ、:.ハ::.:.:.:、:\::}     ねえ、ギャル実さん。
              j:.::/'|:.:|:.|:|⌒ |:|:.:.::リ ⌒ヽ:.:l::.:.:l:..:|:`::ゝ     ちぃとばかり、その辺のこと、教えてくんない?
               |:;/ .|:.:|::.リ___!'∨::|____∨:.:.:.ト、|:::/
                '´  |:;∧::}≡≡ ヽ|≡≡ |:`ヽ|:::.:〈、     いやさあ、そこのアラフォーの小テストで、
                  ,ノ|'::::::::j        ’|:.:.::|)ヽ:::`ヽ、   コテンパンにやられちゃってさ……
.                ,r'⌒ ー:-‐:`-、_ー'ー' _ j:.:.:.| ,イ´`ヽ::〉
              {       { {{ {'´`ュ|| ;}´ ̄ ̄ ̄⌒~`}


          ____
       .  ´       `   、
    /                 \
  ./                ヽ
  /  i  {    |     、        Y
 ,  { ハ 八   ∧ ハノソ\l       |
 |  V  >、 \{ ∨ , < |  |   |
 乂 | イ f.心ィ ヽイ」心 } |  |`.  ;          オイコラ、そこの貧乳。
   V|  弋ク   弋zク  |  |) } /           私はまだアラサーだっつうの!
   リー(::::::::)⌒(::::::::)ー‐' |  |ノ/
   {    ̄     ̄     |  kマ
   |ヽ、 ___ー( _   ィ |  人 ヽ
   レ'  / ゝ __ ノ   レ'  ヾヘ
      /    ̄ ̄         i!ソ
      /                l(

585 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:11:06 ID:cJR2KD.M

                           ,  -‐‐‐-  、
                       __, ´        ` 、,__
                  / ./'           , i .ヽ
                  , , .l l l .i| i  l .l , , i .l ', .l   i
                     l i l !斗、l.ll  l .斗、l l l イ.   ,       うーん、わかった。
                 i レl l.i.l从l从 li从l,从 ノ .レ.l  .l       上手く噛み砕いて教えたげるよ。
                  l  l从イ。心ヽハ!イ。心i  ,;) |   l
                     |  .|l .代__リ   弋_りl ,o l   l       じゃあまず質問。
                |   |.l l' .、  、_,、_, ,.ィ l§ l   l       次の作家さんの共通点を答えて。
                |   |.l l§,`_ァ-_r ´、' /   l   |
                  l   .リ f ̄l  l δ/ / /`‐ 、l.   i      松本清張、吉行淳之介、遠藤周作、
                    l  / ノ  レ 1、イヽ' ./   ヽ   l      石原慎太郎、北杜夫。
                l  (  ´ヾ、  .| |´ ,イ ヽ   ',  .l
                 l  7つ .ノ  ヾ/  ` ‐ 、i    ,   l
               ,  , ´、 ´     ', ` つ   )   ヽ '
                   ,' .ァ--`-`) 、_ ,l_r'´, -‐ァ    `i .,
                ,  /   ソ.    ! !、ヽ_ ´l , -r― .ヘ ヽ

586 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:11:23 ID:cJR2KD.M

       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/           答えは……ズバリ、 「 ヘ ン タ イ 」 !
     |  /⌒}:? : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |              百歩譲って、奇人変人!
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧

587 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:11:39 ID:cJR2KD.M

               ,. -―-―- 、
             ....:::::::::::::::::::::::::::::::::...、
.            /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`,
            /.:::/:::〃:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.             ;::::.:′:八::::::::::::::/.::::;:::::ノ::::::::::
            i:::::|::::_::|:::::、:::::::/l::::/イ::::::::}:::::}
          !::::|:´::八Tトヽ/ーァ弋Tマ::::ハ::::;        おいコラ、泉。
.           ?八垳无   /行予y∨Y:;'         その答えは正しいけどな……
             ヽ::::ゝ(:::::)'^(::::::) ノ.::イソ/
              い、   ′    .イ/: :/|\        ……たとえ正しくてもな、
.         /⌒`ヽiゝ ._ ^n_. イ /: :人|  )        「言っていいこと」と「言っちゃいけないこと」があるんだ……
           /      ヽ::| `,にヽ//./|)一v'
       ,ノ‐- .     i}Yご'ー Y^寸   ゙,         ちなみに本当の正解は芥川賞の受賞者ってことだな。
       |    \ x彳( [_y  〃:::/ ノ |
      /厂`丶   `ぐ ̄`∨   ∧::::>'´ ノ〉
.     | 〈   、\/~ ̄`{  ;仁 ̄ ̄〔  .
     /!     :| . :}     ヽ  /´[ ̄ ゙̄寸^〉
.   { 〈     :|/  . . : : : :| y′ |ヽ   }`《
.     〉 \ \ :〉 ヽ\: : : : : :|/     \: :ノ ,〉

588 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:12:10 ID:cJR2KD.M

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|        さすがセンパイ、伊達に高校の先生やってないね!
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|        じゃあもう1つ同じような質問。
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |        佐藤愛子、井上ひさし、村松友視の共通点は?
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |
    |    レ´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|
    |    |  仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |
    |    |  仁二] ヽ   У∧仁二]: 、   |
    |    | {: )ソ: : : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |    {二ゞ: : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |    |   l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|

589 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:12:29 ID:cJR2KD.M

       ..-‐…‐-...
     /.::::::::::::::⌒::::::.\
    .:::::::::::::::::::.ヽ::Nヘ:::::.ヽ
    i::::::::(:::ニ=-‐ (●)ヽ::ハ
.    ::::::::::::ミ(●)  (::::) Y          そのメンバーから考えて……直木賞作家ってところかしら。
     、::::::.ヽ (::::)´   八
     ヽ:(_i:|、    ゚ .イ
.      <X从 Y⌒ヽ〔


           ,. <"´      ̄` <\
     ,r⌒Y-‐  ,  /     \\ヽ
     ,'  ├=/ / //  ハヾ ヾ、
      i   / l | i |   | | | ,'| |i |l:|   l !
     i  / :∧ |  l リ-十/l/l十十lハ| lハ/⌒Y
    .i / /∧ヾl |ヽ*( >)  ´(< )*':リ  |ノ   ノ         そう、せぃかぁーい!!!
    i   /  \§! |⊂⊃、_,、_,  ⊂つl /  /
   // /     §人'ゝ、 (_.ノ ., イ§/  /
  / / /     r//_r,<|``@'゙「<_ /  /、 \
, / ハ∨    .仁二]/ rー'ゝ',  }:::::ヽ /  | /
//  l |    仁二]/,ノヾ ,>:', /:::::::::ヾ_   |l |
∧ / |    [二メ| ヽ〆::::::∨::::::::::::::::`y ./ |

590 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:12:47 ID:cJR2KD.M

                -−-
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |        あれ?
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |        芥川賞とか直木賞って、よくニュースになるけど……
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ      実際、どんな賞なの?
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/        もちろん、小説の賞、ってのはわかるんだけど……
      '. ハ.   |/   / /  , <   !          スニーカー大賞とかファンタジア長編小説大賞とどー違うの?
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )

591 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:13:05 ID:cJR2KD.M

         /      / ,'     ヽ`丶 /   ヽ{     l
        '     /,'  i      :.     \.  ハ   |
        .i     , ' / ,. !  .   ::      ヽ / !ハ  : |
       l    / , / /  |  :   :::.    ',   V::j:::! : l
.       l  , 'イ ..i  .:l .:/ |: |i::.  ト:::::...  l:  l:: l::::::l:  !     こなちゃんいい質問だね。
      l /l  .::l .:/| ./  l:. | l::. | ヽ:::.   l::.  |::..l::::;|:. j
       l  :l  .;イ .::;ヘ!/'-一!:.| 、!:. l`ー=、 . !:::. lj,:::!/:!:: |     芥川賞ってのは、どっかのタヌキが、
.       l  ::| ::!::|.::ハl'圷 ?!.|  ヽl ィ〒ミ、: ト、:. Kl::|:::|::. |     「純文学」の新人を文壇に上げるために、
      l  :::!..::!:l::l:ハ ヽ(●) 丶   (●)ハ | i::.!/ハ:!::l:::: !     芥川龍之介の名を残すために作った賞なのよ。
      !  ,  ヘl§!`、 ⊂⊃      ⊂⊃ Ll:レ'―-、:::::  |
     / /  /仁二] i  ゝ  、_,、__,  ノ 仁二]   ',::   !     一方直木賞ってのは、同じどっかのタヌキが、
    / ./  .:i [二二] !\   、 / j'_ ,.イ  [二二]  .:i::       「大衆文学」の新進〜中堅作家に贈るために、
  -‐' ,.イ . .::{ [二二} l:::::::\r、/ /    / [二二}   ::|: !.      直木三十五って人の名前を残すために作った賞ね。
  ̄´ / /: ::::i  ̄)ソ |:::::::::::ノ/ ./` ξ::::::::i ̄)ソ ..:/:::l:  l
    / j::: ::::::l      l::::::// ,レ'⌒!:::::::::::j    ..:j':::::::j::: l
.   / ,イ::: ::::::l       !:::レ'´    ⌒j:::::::::l     ::/:::::::/::  |
   i  ' |:::::.::::::|       l:::l     ´_,.〉:::::;'   :::/:::::::/::::.  !
   | l |::::::::::::l      l:::|      j.ノ:::::/   ::/:::::::/::::::: l| l

592 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:13:20 ID:cJR2KD.M

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                         ,へ、        /^i
                         | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ | て
                         7   , -- 、, --- 、  ヽ  そ
                        /  /  \、i, ,ノ u. ヽ  ヽ
                        |  (  ○   ○    )  |      はぁ? タヌキだと?
                       / 彡  / ▼ ヽ   .ミミ  、
                      く彡彡  ( _/\__)   ミミミ ヽ    この小娘ども……
                       `<    |__|       ミミ彳ヘ
                          >       __/   \
                         /         7      \
                         |        /

                             【菊池寛】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃
                         ___
                   ..::::::::::::::::::::::::::::≧..、
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
              ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             .::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ
             l::::::::::::::::::::::l:::::::ト::::::::::::::::::::i:::::::::::::ハ
             l::::::::::::::::::::::|从/ニヽ:::::l:::::::ハ::::::::::::::|
             l::::::::::::::l:::::::l ヒfこ心ヘハ::/=l:{:::::.イリ
           ト、 V::::::::::ヘ:::::{ー( ::::::::ハ fこリルレ'          文藝春秋社の創業者で作家の菊池寛ね。
.             ‐- `y:V::::::::::::ト::j      `(:::冫::::}
               ノ:Y´ Y;:::::::∧`    ーァ ,.:::::::/           まあ古狸には違いないけど、
          /::::/   ト;::::::::ハ     /::::::/            ここは正確な情報で。
         ,:':::::::::l   _丿V::::::ハ ` T ´ーl:::::/
         ,イ::::::::::::|  ,ム=, v::::::}    \l:::::ト、
.         {:::::::::::::リ ./    ヽ':::::::l ` ´  |:::ノ }
          V::::::::::ソ /      ヾ:l      レ'

593 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:13:46 ID:cJR2KD.M

                       _ ,. - -‐‐‐-=、
                     , -‐'"      ̄ `'ヽ、ヽ,
                 ,. '"´          ヽ、ヽ 、r 、
                / ,     ヽ        ヽ/l,\`゛`'‐、
                _i ,'   l    ヽ   ヽ    メ > i `,   `,
             / l  l  l l ',   ',、   ヽ   i y'ヽ', 、    ',
            l  l  l ,'l l、 ヽ   ', ', _,,斗-、 l l' V/.', '    ',
               l  ハ l ,' l l ', ',ヽ   ',´,  l ',   l l‐'"l. ',  ',.   ',      センパイ、サンキュ♪
                l  l ', .l  l,_,|、 `、 l ',   l ',  l,_l / l_ / ',  ',   ',
            l  l ', l  ハ,レ匕',ヽ \__癶l l:::l /l l `,'  ',  ',   '      で、まず、大衆文学から説明しちゃうね。
            l  l  i l ', ',キ::::::`,ヾ  守:::Y:::::リ ; l_ノ   ',  ',  ',      大衆文学ってのは、よーするに、
             l  l  lヽ,lリ、廴::::。',    辷_,.歹  :l全    ,  ',  ',     「私たちを楽しませる」文学ってことよ。
             l  l   l ゙ ',゙‐=-"   、  `こつ' :l.E    ',  ,  ',
               l  l    l  lとつ、  `'"`ア,. ィ ' l  :l ヨ      ', ',  ',     「娯楽小説」ともいうね。
           l  l    l  l巧  `゛'‐ァ千-イヘ, l  :l        ', ',  ,
           |   l    }  l ,_ ,―-ツ__。-、__ゝl  l         ',  ,  '
           |   l    l   ,'´ `l::::::::l     /:::l  l´ ̄`.、   ', ',  '
           |   l   ,'  l ,' /::::::::::l   /:::::::l  l    |    ', ',  ',
           |   l    l  _l,.'_/:::::::::::::l  /::::::::::/l  l    l    ', ',  '
           |   l   / 列,´,^ヽ;::::::::l /:::::::::/ l ノ-ッ-‐イ┐   ', ', ',
           |.  l / / レ'"ノ \ `;:::l´;/ノ l / /::::::::::::l    ', '  ',

594 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:13:58 ID:cJR2KD.M

           . : ´ `ヽ ,    =  、≠⌒メ、
         〃    У          `ヽ \
         /       !         ヾ   ヾ′
         ,'      l  /
          ,        l} 〃          !     i            だから実は芥川よりも、
          !      l} .〃 / 〃      リ    ヽ  !            なじみある作品や作家さんが多いのよね。
       |     l} 〃 / l|  ハ リ  ,イ、 ヾ  i| !            国語の教科書では扱い酷いもんだけど。
        |      , =! l| ハ リ ゾ /リ ヽ ) l| l
        il       ハ ! 从./ィ云沁/  _,,,,_)ソ  l| !            例えば、
        il       !ハ ! {l .っl廴ノ    { 刀`从 / !            海音寺潮五郎、司馬遼太郎、池波正太郎、
        l}      ,! ヾ {l、         ¨とつ ハリ            陳舜臣、宮城谷昌光といった歴史・時代小説家とか、
        il    メ|  〉 {l    辷ン  イ l}  /              城山三郎、山崎豊子のような経済小説家とか、
          ,'    ,== 〈  ゝ、`  = ≦、 l} l} レ′              井上ひさしや青島幸男、つかこうへいのような脚本家、
       l}    / ⌒ヽ.八  \ (_::>=ゝl} l}     __==‐‐、      さらには桜庭一樹のようなラノベ書きまでいるわけよ。
       l}.   /   ./ __>  .)   ./ 彡イ.    /    ミ ‘,
      l} ハ /    y_ ヾ.  /`ヽ/  \ヽ   / ゝ ヾ\ヾ,ソ     かと思えば、野坂昭如、佐藤愛子、色川武大とかは
      l} 〈::V   〃ゝ::人  (   "     )ソヽ /  /\ソ (ン      本来純文学系の人だし。
     l} 〈 V   / ヽ.¨  \ ヽ       ´ ソ/  /           井出孫六とかはフリージャーナリストだし、
     リ  V   /   !     )ソ     ソ    l   /            中には演芸評論家がぽっと書いた小説みたいのが、
     /   ヾ   ヽ  |   乂          /   /            取っちゃいました〜みたいなケースもあったりして。
     / / \    \ |    ` ー  ―'― ‐ 1 __/
.   /〃      \   └‐‐-----------‐‐,┘
    ソ       \  釗           {

595 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:14:18 ID:cJR2KD.M

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

            r-──-.  __                          ___
        / ̄\|_CD_|/  `ヽ                    (_)  /、____\
       l r'~ヽ ゝ__.ノヽ/~ ヽ l                     l|  / |::::::::::::::::::::::| 〉
       | |  l ´・ ▲ ・` l   | |                    r‐'、_ノ 厶:-v、‐:v=イゝ xく)
       ゝ::--ゝ.,_∀__ノヽ--::ノ                       T⌒\ |:l '⌒  ⌒Yレく:::∧
           (ぃ9   _つ                      |::::::::/ 从" 「  フ ノ:|  }::::::〉
           /    /                          \/  }:}>rz< }:! __j/
          /     \                           /V:\_i/ V|V j丁\
         /  /⌒>  )                           ∨レヘ:八 /::∧ {:ノ/
        (___)   \__)                            /  /::∧:ヘ ∨
                                        
         【清水義範】                            【瀬戸内寂聴】

                             ____
                            /      \
                           / ⌒  ⌒   \
                         /  (ー) (ー) /^ヽ      あー、どうころんだって無理だお。
                        |   (__人__)( /   〉|
                        \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                      ―――――――― \ _ _ _ )
                           【宮脇俊三】

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

                / >'´ ̄        `ヾ\
             ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
             /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
              lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l      このスレ関係だと、
              |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |      実はこの辺も候補になってたりするのよね〜。
              |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |
              | ハハ ハ圷 ?   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|      宮脇俊三が意外かもしれないけど、
              |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |      これは1985年の「殺意の風景」のとき。
             |.rヽ |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l   |
             |.i ! |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  |    |      これは余談だけど「時刻表昭和史」が小説扱いだったなら、
          r;r‐r/ | |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  |   |      もしかしたらこれで宮脇は直木賞獲ってたかもね。
          〈_L (`ヽ .}r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ.l   |      阿川・マンボウ・司馬遼絶賛だったわけだし。
         l` ( ``/ |仁二] || `  ´ ||仁二]   l   .|
          ヽ   l  |仁二] ヽ У  /::仁二]   |   .|
      .     |,.   l  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :}  |   .|

596 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:14:33 ID:cJR2KD.M

             -‐…‐-
             人::::::::::::::::::::::::.\
         ;::(__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::.
         八::::::-‐:::::::::::‐-::::::八i
         {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
         l:(l:| (=)   (=)イ)::;      阿川さんやマンボウさんは、アレは宮脇さんの身内みたいなもんでしょ。
         ';:八ー(::::)^(::::)一八;'
    r、     r、...、  -  uイ:ノ       司馬遼絶賛はかなりすごいと思うけど。
     ヽヾ 三 |:l1 ,.≧= =≦<〕
     \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ lノ:`::ソ:::::::::::::::::::::::::::}::.
       /´::::::∧::::::::::::::::::::::::ノ::::}

597 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:15:00 ID:cJR2KD.M
                    }:/
               ! へ、_ x'/ ___
    __.x< ̄ ̄ |: : : : : : : : : : : : ∧: : \
.     ̄ > : : : : : : :| : : : : : : : : : : : { } \: :ヽ
     / : : : : : : : : ハ: : : : : : ∧: : : ゝノ : : ヽ.:ハ
.    /: : : : : : : :>'-|: : : : : :| ヽ⌒ヽ: : : : : ヽハ
   /: : : : : : : : : :/ ∨: : : : |   ヽ: : : : : :ヽ: :∨}
    : : : : : : : : : /  ∨: : : :|   ∨ 、: : : :V∨       えーっと、なんとなく「大衆文学」ってのが何か分かったよ。
    :,ィ: : : : : : : .',ニ辷ヘ:ト : ∧ 行云气ト.: : : :|: |       要は私たちを楽しませるためのものってことだね。
    !: :| : : : : 圦 r'ハ  ヽ | じ::::り !|:ヽ: : :|: ハ       例えばサスペンス、ハードボイルド、SF、
    ! ∧: : : :∧ V:::り   ヽ! 辷以 |: : ヽ.:|ヽ:|       歴史物時代物に、ユーモア小説に、昼メロっぽい小説とか。
     |'  '.: : : |:∧ ゞ"          . ・┴、 ∧|\|
       ヽ : |、.:}     ーf ´ ヽ  `7_´ ヽ': :|        じゃあ、芥川賞の対象である、
          |ヽト、: `>―.- 、=='ィ二r' _   } : !        「純文学」って何?
          |: : : : フ ⌒ ヽ、: : ヽ. フ⊂ ,  /: : |
          l : : /       \: :∨   {   V}: :|        私たちを楽しませないもの?
          |: :/       ∧: | ̄ ヽヘ  V: |        作者の自己満足? オ○ニー?
          |:/        } }:/     |  |: :|

598 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:15:17 ID:cJR2KD.M

                         __
                ~ヽ  . :  =   :: 、  `ヽ
             /     :>´      ヾ `ヽ、ハ
         /     /   〃        ヽi
         /    ,           /    `ヽ \
           ,     i    ,'     !:   ., \ }  八
          i      !    :| 从  i|   |ト、 ソ. ソ ‘,
         |     l|   斗 ⌒ト、 ハ  斗┼メ ´  i
         |!     ',   ∧r=≠ヾリ ヾィ≠z 从 ハ lリ      まあ、芸術全般が作者の自涜というのなら、
           i     ゞ ハ 八::::リ !   {::リノ ル/ / V       そういう言い方もできるかもね。
          }     (人こつ ` ´     ,`´ こつハ /
         l〃 :::::::ゝ=ト、    r=ッ  イ レ′ l|        純文学ってのは、結局「散文」という形で表した芸術なんよ。
         |/  :::::::::爪  ト   `¨ < ハ    ,′       で、芸術ってのは、結局作者の自己表現……
         |   ::::::::{lハ /}   ¨´{=-、{ハ   /         まあ、心の中にあるものを現す行為っしょ。
          ル′ /⌒.{lハ≧x、     !. ノ{ハ.  /
         /    /   ヾ _ }`ー‐ ´-‐≦ヽ          もっとも、評価される芸術ってのは、
        /    ,    てニミ  ,__ , `ー‐ソ´          うちらがちゃんと受け止められるものに限られるけどね。
      /      i     メソ          そ:\         うちら鑑賞者が受け止められないものは、
    /    ,>´釗    l          )  ヽ        それは作者の単なる独りよがり。
   ヾ、 > ´   l|     !::.             }
      ` =  ミ、ヽ.    !::::.            ノ
           )ソ.    l:::::、      , ィ ゞー ィ´
             / |    i::´ ` = ´  ,    ,′
         (         }          /    i
               i     .i.        /    !

599 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:15:33 ID:cJR2KD.M
           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.         /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.           ;::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::i
         |l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八::::::;:::::}::::::::::::::|:::::::::::::::;
         ||:::::::::::::::::l|:::::::::::: |l::::::::/  >、ハ:人!:::::::::::レ_ミ:::::::i|
         ||:::::::::::::::::l|:::::::::::: |l::::::/ /  __ `Y ::::::::::!ィ^ V::::l|
         {:::::::::::::::::八::::::::::::|レ'/ ,.ィ刈 }} |:::::::::::|ヽ  }::::l|        まあ、やる夫ややらない夫の公開オ○ニーで、
.          八::::::::::,.x=< :::::: |   癶辷ン ノ .イ:::::::::::l ノ/.::::l|        金を出すバカは誰もいないと思うけど、
.            \:〈 代ぅ抃ハ;丿─ _( :.:.:.:.:.介l::::::::::::|' /.:::::丿        こなたちゃんの公開オナ○ーなら、
                `ヘー(:.:.:.:.:.:)'´      ̄   l::::::::::::l彳:::/         数百万出すような人が出るってことよ。
               ト.   ̄             l::::::::::::| |∠_       _ノ}
               l::::.    ゝ '     ノ    !::::::::::i|八_} ̄ ̄  ノ
               i:::::ト、   -- ‐      l::::::::::::|  \)   ‐<_
             八::::::::>.. _ 二 -、 /ハ:::::::ノ ∠/≧=─<::`ヽ
              /  ` > '"      \  /ヽjソ /////>―‐-ミメ .:\
                /            / ∨     ///., ´       \ヽ::\
               /            ハー }   //,/ /        Vハ:::ヽ
             /       , '    ゝ _ノ   //  /         Vハ:::::::.
                {       /- 、__...__フ /    /     /      Vハ:::ハ
                |        i  个‐じ ハ ,\/,i    /   /           Vハ{
                |        |  |'/公イ /   {/|  ∠ ..イ          Vハ
                |        |  |//// i    ノ/|   /            //∧

600 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:15:48 ID:cJR2KD.M
      _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_
          ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、
        /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\
         ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ
     /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,
     /. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i
    /: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
  //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !
  '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!
         !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : !     下ネタをドヤ顔でいうな、このヘンタイ熟女。
         !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i
         l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l     要は、直木賞に選ばれるような作品には芸術性がなくて、
        l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l     芥川賞に選ばれるような作品には芸術性があるってこと?
       {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |
           V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                 l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|

601 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:16:08 ID:cJR2KD.M

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l       うーん……厳密にいうと違うかな。
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|       例えば直木賞作品……娯楽小説でも、芸術性を持つものはあるし、
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l       逆に芥川賞作品でも娯楽っぽい作品はあると思うし。
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧      商業性に関しては、本を売る時点でどっちも持ってるわけだし。
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ     結局、他の要素よりも「芸術性」が強い作品を純文学、
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ     それ以外を大衆文学、って感じで考えるといいかもしれない。
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

602 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:16:36 ID:cJR2KD.M

              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/ !:::/へ|:::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !′ l::/  .lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT ,!;' イニリ,!:::l`、:|          あれ?
          !:(|:'!::l ゜┘/  ゚‐:!:}::!  ゙!
          |::::M::::!、   ο  .ィ:i!リ             そもそも「芸術」ってナニ?
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!             何が書いてあったら、芸術っていえんの?
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|
       ,!:::::::::l      |l!l!|´   |!
       !:::::::::::ト、   |< _/:|
        !::::::::::::゙7ー イ丁´「 〈::::::|
        l::::::::::::/ l  | |  l ゙、::::|
       l::::::::::/ l.  |  |  l  ゙、:|

603 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:16:54 ID:cJR2KD.M

                  ,_ _,-‐‐ = ‐_、
                /       ヽ, ヽ` _
                 r'    ヽ     \ヾヽ`、‐-、
            ,,,,/ /     ヽ  ',   i´/il    ',
               / l l l l ' ,  ',\  __ l l//ハ   ',
           l  ,l l l l', , l、  ',メ"´l、 l l/l ,    ',
           l  ハ l: l‐-ヽ ','、  l l l_l ノl、 / ',    ',       こなちゃん鋭いね。
            l  l ゛; ', ィ⌒メ、'_' 、ィ⌒ヾ/l l )   ',   ',
              l  l  l小ャ)_;::::}   弋;:::::;l l lδ  ',    '       実がそこが、文学における「○○派」とか、
           l i l  リ ソ゛-‐゙ 、_,、_,゛こつ lミl   ',   ',       「△△主義」の分かれ目なんよ。
           l ,' .l  l  こつ 、 _`‐´イ l  l<l    ',   '
           l  l   l  | ゞ,_/;;。ヨ;;;',.l,l l;     ',  ',      つーか、近代芸術で、そういう「○○派」とかの議論は、
           l  l   l  l ̄l:::::::l `´ /::l l ̄`、   ',  '      みんなそこに行き着く。
       r 、   l  l  / ,' /:::::::l  /:::::::ノ l   |    ,  ',      要は「芸術」として、作者は何を表そうとしているのか。
       ヽ, >、 r' i l  /  f゙7-、:::::l /:::::::/ l レァ-.!y   ',  ,
       r'、::::v'ヽl  / rレソ\`ヽ;-‐'"´///::::::::/   l  ',     「○○を現してないのは芸術ではない」とか、
      r' 、\::::::;'////   ヾ '"////r===イj   l   ,     時にはそんな議論とかしたりして。
       ヽ,メ::::::::::::{/ / ヽ_  ,=, { i /__ >一-ユ    l   ',
        ユ::::::: _;;'_./_゛_゙,ヽ‐- ‐⌒‐,l_l--l'::::::::::l"    ',   ',
         ヾ,"´:::::::l ,l,.-‐'"ノ::::::::::::::::::\_ ̄` ̄゛`',    ', l ',
         i、::::::::/  /:::::_:::::::::::::::::::二= ̄_ノ     ', l  ',
         l ヾ,   ∠ l´"´ `゛‐、_:::r'" /::::::::::l     l l  ',
           ,' l ヽヽ_´二,ソ`)     L "‐-=;_:::l     l ト、  ',

604 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:17:10 ID:cJR2KD.M
                   ______
              _   /          `ヽ
              /  ∨              ヽ  _
                /    〉                   ヾ ヽ
            /    /     l       l  i 、/>、 |
              /    /   l  .l l l  l  l  .ト、 l ∨/} .l
          ,     ,   {  ソ ハ  l  l  } ヽヽ ∨} .l
          |     |   { / / l |  l  l  メゝ  V} .|
          |     | 人 ヽ/斗1、.|  l 7‐-/_| ヽ,_ ヽ |   ,、
          |     | _{ ヽ ´ヽ|圷   \ハ付心 l  |^}`' |,、_/  〉   で、日本の近代文学のスタートっていうと、
          |     |{ kヽ ト、込リ     込リ l  |う  |>、ヽ、/_   やっぱり坪内逍遥よね。
          |     |ゝ。 } rっ | |       | | rっ .l゚,zィ: : : :> 、_}
           _ .|     |_,-、l  .|>!、| `T^T´_ ,辷,ィ|  }: : : : :/      この逍遥ちゃんが、1885年から86年……
      _ヘfL,-l――‐:´: :i l  .| }トミう`´〈 ,イ、ヽ .l  |、_;_/|       明治18年から19年にかけて書いた本……「小説神髄」に、
     (__| |:_:_:_:_:_:_:_: : : }.l  .| } ノ   凵    乂.l  |´    |       小説とはなにか、ってのが書いてあるんよ。
          lj /    /``".l  ノ イ     ||     L_ ヽ_   |
         ./    /   / / {       ||     } >  /. :|      これが日本の近代文学……特に小説のスタート。
        /    /   .\  ̄\、  _乂   _,イ   _/   .l
          /    /   __,z、>  } `_´__ ̄_| < .|     l
.         /    /  ./´ r´  /       ̄/ >   ̄ヽ.  .|
        /   _/  |   .|_  ̄ ̄ヽ_x __/ {´ ____/    .l
    /   /     |      ̄ ̄} ノLl´  ∧ }_ノ    |    |
    \   \     {^´冖レヘノ`レァ_´ / /    〉        |    |
      \,z-、\   ヽ       ん-っァハ/レヾ1     ./    /
   __zイ /´ ` ヽ  \       } {     ',    /    /
   |  〈´       rヘ ヽ      l l     l    |     ̄ ̄`ヽ、
   |_ ヽ_ -‐-、 /   `ヾ      } l       l    |_____  ヽ
   | ̄   >   ` 、          l  ,    '         / ̄  _|
  ノノ ̄ ̄         > _       ノ  ∧   /        <    ̄ |
                 ` ―‐ ' ´    `‐‐ '         \/ ̄\}

605 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:17:24 ID:cJR2KD.M
       ,. -. .、
       i゙/⌒ヾ:、
     _}L. .-:'゙i-.−.-_ェ‐ァ
   ./: : /:.i: : :!: : : :`:丶、
  ,:':./: : ;' /|: : :|゙、i. . \ `:、
  ': /: : ィ7 .!j: :.l `!ト: : : :`:ヾ:.、
 j: i: : : イ/__j:!l: j __l:|、: : :!: :i
 .!:.|: :.オT寸|! !/ T寸!V:.ト;:. |
  !:.l: ハ 上リ '゛ ヒリ !:i;.| ヾ:|            ちょっと質問。
  j: V: ト、  ┌'ァ  ,ノ:::N  ゙}            明治ってさ、1868年からじゃん。
  .|: :.|::||:::l`ューヒ〔:::|: ||
  !: :.l:.l|‐'゙/_./ `|: {:|              それから20年くらいの間、
  .l: :λ:l. |  /,彡'イ:,ハ              日本の文学って、どうなってたの?
  j: ;ノ ヾlミ| /彡ヘj/   ヽ、 -‐、
  l〈  j.>ミ!ムく、 | ,.-=y'、   、)         なんとなく明治の文明開化で文学も変わりそうな感じするけど。
  !::}-λ ,.个、  〉 ゙、{'/'"  }、 ij
 j:::E=l V i ヽ'′  ト、 / `'' ′
 |:::://_/ ,l!  〉、,,_  !:|:「
 l::::! `7``!''"i  l iマ゙::|!|
 .!::| .// |  |  l i i::;!リ

606 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:17:38 ID:cJR2KD.M

                 ____
              ....:´:::::::::::::::::::::`:::..
             /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
          /.:::::/.:::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          .:::::::::i:::_」:::::::::::::::;::::::::::}:::}::::::::::
            i:::l::::::i´八::::::}i::/l/`ヽハ:ノ.:::}::::|
            |八::|从,ニ.ヽハ/ ,ニミ/イ::::::;::::::           たまには先生らしいこと、しようかしら。
              i:八/ヒ:::}    ヒ:::j゙Y:::::::/)::/
              l::::::!(ゞ':),⌒(ゞ::);::::::::/:/            こなたちゃん、江戸時代が明治時代になったからって、
           ':::人 :.  _ , ::. i::::::/] ̄〉            突然社会が変わることができないのと同じで、
               ヽ{ > . _  イ:::∧::?            文学も突然変わることもできないのよ。
               _   {{`ー-‐' }}:::}厶》
            ,'´  `゙      `゙´  `ヽ          だから明治維新後20年くらいは、
               ;                   i          実をいうと江戸時代の文学の形式が残っていた。
           ; /           ヽ   ト、         例えば、戯作。
            /             '.  |:::::.        仮名垣魯文ってそれまでの戯作の技法使って、
              {                }   |:::::::.        西洋文化を織り交ぜた作品を書いてるわよ。
             ∧                |:::::::::
          ;  ヽ     ノ      ノ   |:::::::::i
            ;   }    '⌒     /     |:::::::::|
          ;  /           ;    |:::::::::|
            ;  /         /     |:::::::::|
         ; /           /        |:::::::八
           ; /         /         ∧/
         ;/        ./        /
           '       /       / {
          '{       /\       /  '.
         ; `Tニ=‐- {_,  \    /___  _〉
       ;  」!:::::::::::::└.、_ クヽ._/.:::::::::::::::「
        `T゙し!::::::::::::::::::::、__/.::::::::::::::::::::::::|
        ヽ _|:::::::::::::::::::::ヽi:::::::::::::::::::::::::::|
.            l:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::|
              l::::::::::::::::::::::: l :::::::::::::::::::::::::l

607 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:17:51 ID:cJR2KD.M

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l         ただ、幕末・明治初期の戯作は、
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |         ぶっちゃけ西洋事情をいれました〜ってだけで、
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|         さほど面白くもないんですよねぇ。
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|         井原西鶴「好色一代男」や上田秋成「雨月物語」、
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |         曲亭馬琴「南総里見八犬伝」、十返舎一九「東海道中膝栗毛」、
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |         為永春水「春色梅児誉美」とかとは、比べ物になんない。
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|         だから、江戸時代のこれらの作品も、
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |         普通に読まれてたらしいっすね。
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |         娯楽作品として、普通に面白いから。
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|

608 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:18:13 ID:cJR2KD.M

                 _   __ /::::|
         ィ=、----v'::::;⊥--ヘ:::::::::ヾ/;>― 、
        /  :}` ̄:> '´   メ |:::::\::|^⌒ヽ .:.ヽ
.       /l l l ト、//     '´  \__:::::| ヘ   ヘ |
.        !//l li/ ./ .// ,、}r、      /:∧ ヘ ∨ |          一方で、武家の社会は、
.        |l l l./ ./ /.;'  トヘi'ヘ  :| .|. \::ヘ: ヽ ヘ |          これらの町人文化のような戯作と違って、
       ヽ. | | | | .||! |.   |:| :| .小 j! ハ;ハ  ヘヽ |          もっと格式ばった文学が好まれていた。
        | ヽ:|ハハ圷 ?  ,jハィ〒ミ!lハ/Y゙| ヘ  |
.          |l l l`ヽli *(●)   (●)* /j/ハ|  ∧ |          辞世の句とか言って短歌詠まれるのが典型でしょ。
.         |!: | :|:!⊂⊃、_,、_, ⊂⊃,ξイi:|  ∧ |     /〉   読むのも基本的に朱子学中心の漢籍だったわけだし。
        ハ: | ./*\.  ゝ._)  /|*ノ.:.リ /  /      /./7
         / :| レァ:、_ .>、ー ,. イ ノ:7!_;j/  i|    /-'./―;、  武家文学と町人文学で、
.        /  レ' {     ィく 「   ,/   / / /|     | 〈:r! ノ,ハ   とんでもない壁が存在していたわけ。
       / /  〈 /\ §   ξ   // / //: |     _|.  } ^ドr'′
      /   .::|   \|∝ ξ /::::::,.イ/ 人_:|    _ノ `ー-::イ
    _,/      :. :./.::   ヽ/ o ̄ |   /    ____〉 厂L __ _,人
.  /        ;/    //       |  | ./   } | :|   〉  〉
  \     __/      ://    __r'  _丿 |    {  | :|  :/

609 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:18:51 ID:cJR2KD.M

 /ィ/: : : : : : : :/::l: : : : l: ::l : ::ヘ:ヘ
   /: /: :/: : : :/._/!:l: : : !、: !: : : : ハ ハ
  / イ: : :/: :/イ::/ l l: : : !: !:ト: ヽ::l: l : l
  /: l: : : :l : : / l/  l !: : :l ',l ヽ: : :!::l: :!
 r: /l: : : :l:: :/rt‐‐┐{!、: :l r‐‐tト: : l::l::l
 l:/ !: : : l: :f、 .ト__ j  ヽl ト__ j ヽ: l::l:j         なるへそ。
 !'  !: ∧!::!: !.丶-'     丶‐' ∧::!ハ          その壁はしばらく突き破れなかった、ってわけか。
    ヽ:l !/: 丶゛゛  'ー'ー'  ゛゛ ィ: l:l::!
      ゛ l!: : l: : `.ノ〉‐- ‐ ´: :/: :l!: !
      ll: : ヽ:l:/,イ、   ヽ:::V: : /l: :l
      l: 、: : v  ^`i―/:::::ノ: :/ 、: :!
      !/:ヽ: l   ノイ /:::::/: :/:イヽl





          / >'´ ̄        `ヾ\
       ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
       /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i
        lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l
        |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |
        |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |      もちろん、突き破る必要が出てきちゃったんだけどね。
        | ハハ ハ圷 ?   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|
        |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |      なにしろ政治のことを民衆に伝えるためには、
       |.rヽ |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l   |      民衆が分かるような言葉や文章で伝えないといけないし、
       |.i ! |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  |    |      また西洋からいろんなものの輸入があった。
    r;r‐r/ | |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |  |   |
    〈_L (`ヽ .}r'l  |`||  ∂  ||´|  |`ヽ.l   |      そんな輸入した文化の中に、欧米の小説ってのがあったんね。
   l` ( ``/ |仁二] || `  ´ ||仁二]   l   .|      それを日本人たちは欧米の最先端の文学と思っちゃった。
    ヽ   l  |仁二] ヽ У  /::仁二]   |   .|
.     |,.   l  レ')ソ: : : : :≡: :´: : : )ソ: :}  |   .|

610 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:19:05 ID:cJR2KD.M
         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi        で、そういうのをいち早く知ることができた坪内逍遥が、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八        「小説神髄」を書いて、
      <>x:从、   -  イ         小説とはこういうものだゴルァ、ってのを世間に知らしめた……
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ
      {::::/i::::\/{  |ヽ          具体的に、逍遥はどういうことを書いてるの?
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ

611 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:19:24 ID:cJR2KD.M
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 江戸期の戯作
 (1)滑稽物……東海道中膝栗毛など
 (2)合巻物……勧善懲悪的な通俗的な話、南総里見八犬伝など
 (3)人情物……男と女の色恋沙汰とか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| '∩_
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| 〈〈〈 ヽ    まず、江戸期の戯作を大きく分けると、次の3つになるんね。
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ〈つ   }
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /``、  {     この3つのうち、逍遥ちゃんは、
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l   |   |    人情物が小説にハッテンする余地があると考えたわけよ。
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|   |   |
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |   |   |    「小説の主脳は、人情なり」って感じで、「小説神髄」にも書いてる。
    |    レ´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、/   ,'
    |    |  仁二]|| `  ´ ||仁二]    /
    |    |  仁二] ヽ   У∧仁二]: 、_,/.|
    |    | {: )ソ: : : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |    {二ゞ: : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |    |   l: : :―: : ´: : : `ー 1´     . |

612 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:19:37 ID:cJR2KD.M

                ~ヽ  . :  =   :: 、  `ヽ
             /     :>´      ヾ `ヽ、ハ
         /     /   〃        ヽi
         /    ,           /    `ヽ \
           ,     i    ,'     !:   ., \ }  八
          i      !    :| 从  i|   |ト、 ソ. ソ ‘,
         |     l|   斗 ⌒ト、 ハ  斗┼メ ´  i       ただ、そこで人情だけを書いていたら、
         |!     ',   ∧r=≠ヾリ ヾィ≠z 从 ハ lリ       それこそそれまでの人情物と変わらない。
           i     ゞ ハ 八::::リ !   {::リノ ル/ / V       今だったら、昼メロや韓流ドラマと同じっしょ。
          }     (人こつ ` ´    , `´ こつハ /
         l〃 :::::::ゝ=ト、    rゥ    ィ::レ′ l|        そこで、そういう人情を内面に入れつつ、
         |/  :::::::::爪  ト .  _ < ハ   ,′       「写実」することが小説には必要だ、って説くわけよ。
         |   ::::::::{lハ /}   ¨´{=-、{ハ   /         英語で言うならリアリズム、要は現実的じゃないとダメってこと。
          ル′ /⌒.{lハ≧x、     !. ノ{ハ.  /

613 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:19:50 ID:cJR2KD.M
              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l         またなんか難しいこというねー。
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N        小説ってフィクションの世界なのに、
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l         現実的に書かなきゃいけない、とかさぁ。
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l
            ハキ  _     ヒ、、/ /: : :/彡l、: l
         l//)、 (:::::`:::、 ,'、゙、l Y : : /〃彡l l
         /l´ l '`,‐ニ┬┤l `,.l l /,´/  |l

614 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:20:02 ID:cJR2KD.M
                       _ ,. - -‐‐‐-=、
                     , -‐'"      ̄ `'ヽ、ヽ,
                 ,. '"´          ヽ、ヽ 、r 、
                / ,     ヽ        ヽ/l,\`゛`'‐、
                _i ,'   l    ヽ   ヽ    メ > i `,   `,
             / l  l  l l ',   ',、   ヽ   i y'ヽ', 、    ',
            l  l  l ,'l l、 ヽ   ', ', _,,斗-、 l l' V/.', '    ',
               l  ハ l ,' l l ', ',ヽ   ',´,  l ',   l l‐'"l. ',  ',.   ',
                l  l ', .l  l,_,|、 `、 l ',   l ',」斗ミ、//l_ / ',  ',   ',
            l  l ', l  ハ,レ匕',ヽ \__示:::t リ/l :l `,'  ',  ',   '       うーん、小説って確かにフィクションのことだから、ね。
            l  l  i l ', ',示:::t`,ヾ    廴:歹 i :l_ノ   ',  ',  ',      ちょっと理解しにくいかも。
             l  l  lヽ,lリ、ゞ_歹      ⊂⊃i :l全    ,  ',  ',
             l  l   l ゙ '⊂⊃   、_,  i l.E    ',  ,  ',      この辺、二葉亭四迷の「浮雲」を読むと、
               l  l    l  全へ   -'    ,.ィ  l,ヨ      ', ',  ',      分かるかも知れないな……
           l  l    l  E  `≧=┌ュュ≦i l  l        ', ',  ,
           |   l    }  ヨ,_ ,―-ツ__。__,.ゝ、l  l         ',  ,  '
           |   l    l  ,'´ `l::::::::l     /:l  l´ ̄`.、   ', ',  '
           |   l   ,'  l ,' /::::::::::l   /:::::::l  l    |    ', ',  ',
           |   l    l  _l,.'_/:::::::::::::l  /::::::::::/l  l    l    ', ',  '
           |   l   / 列,´,^ヽ;::::::::l /:::::::::/ l ノ-ッ-‐イ┐   ', ', ',
           |.  l / / レ'"ノ \ `;:::l´;/ノ l / /::::::::::::l    ', '  ',

615 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:20:23 ID:cJR2KD.M

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \         今回は内海文三だお。
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \
            【内海文三】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 内海文三は役所づとめの若者である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

616 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:20:35 ID:cJR2KD.M

      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \       役所のPCでエロゲやってたらクビになったお……
  |     (__人__)    |
  \__ ` ⌒´ __/       エロゲの内容検閲も立派な役所の仕事のはずだお……
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この内海文三という男、融通が利かなくて、とにかくダメ人間であった。

 それゆえ、何があったか知らんけどいきなり役所をクビになってしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

617 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:20:45 ID:cJR2KD.M

              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ‖|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ‖ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐::.::.
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -―     仕事クビになるなんて
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー―
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄     ……このクズ!無能!粗チン!!!!
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \

               【お勢】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 許婚同然だった恋人お勢には疎んじられ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

618 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:21:04 ID:cJR2KD.M

                       __
                    /   V   n  ,i´
                     l    i   l l=・
                     ∧   _j  nl `'ト、    俺のほうが最高だろ、常識的に考えて……
         ≦三\. r=´ ̄`ヽ_ >....:::::::〕-ト、 /
          ≪三У    /...:::::::::::::::::::::::::::.. V
          ≦/// i /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: 「:l
      ,-ー- 、∠ __ ,. -γ'´......::::イ:::::::::::::::::::::::::: l:::l
   ─ノノ{,r-、_{{ :::::::::::::::::::::::::.,.イ──────┴┴
. .: . ::.::.::.::.::.::.::.::.`fーァ,-y‐ァャチ〈i |.::.::.::.::.::::.::.::.::.::.::.:: .:: .: : .
 .. : :.: :.::.::.::.::.::.::.从ノリレル/ハ))ノハ:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::::.::.:: .::. :: .: : .
    .: :. ::.::.::.::.::.::::.::.::.::.::.::.::::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::::.::.::.:: .::. :: .: : .
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 挙句の果てに、かつての同僚で要領よく出世した本田昇の元に、
 お勢は走ってしまい、そしてもてあそばれてしまう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

619 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:21:20 ID:cJR2KD.M
       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \         お勢ちゃん……
  |:::::::::::::::         |         あのオパーイをまたモミモミしたいお……
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出世はできず、許婚には逃げられた文三。

 しかし何もできず、ただ悶々と悩み、嘆くだけであった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

620 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:21:35 ID:cJR2KD.M

      ,. :'",,. -‐ァ'": : : : : : : : : : :|: : : : : ::::ヘ: : :.i : : : : : : : : 、: :`:、
   ,〆 ' ´  /: :,: : : : ; : : : : /: : |: : : : : :::|::|V: . :i.     `、丶: :ヽ
 /    , '   , ′  /  . . /: .::;イ: :l: : : : :l::| ∨: :.i:. : : .   丶`、: i
     /   ./   .:i: : : :.::;': .::/|:::l: : : : l::! ∨: :i:::. : :ヽ: : : `、:. : !
    /  イ  . : :.::i: : : .::::i: :::i |::jl: : : ::l:!  V: :ト;::. : :゙i:. : : :.i::.i: |
    / , ' /. : : : :.:::i: : : ::::::!:.::i   !: | i: : : :{、、,,_ V: i_;ノ.: :.i:::. : :.i:::.i:|
    ,' , '  i: : j: : .:::::|: : : ::`ト-i-‐'゙ i::|. V: :|   ̄、:l ∨: : i::. : : ト ヽ
   ,'/   !:.:;イ: : ::::::|: : :.::::i | l     !|  V: :!    ヾ ∨: :l:::. : :.l::、゙、
  /    .|: :i |: : :::::::l: : .::::i !|      ゙   ヾ: l. --‐―― V: :!::::. : l::!ヾ!
       |:::l. l: ::::::::::l: : ::::l --‐――    ヾl  ト::'::;;:..:リ V:ト;:::. :.|l         こりゃまた、救いようのない話だね……
.        l::l l: :::::::::::}.: ::::ト 三三三三     ` ´―-"'  ・ハ:|::i::: :.{
       !j  i.::::::::::jヘ: ::|:::.                     l:::l|::|:i:: :!
       {.  ヾ:::::::|:`ト:::|:::l                    ,ノ:::::: |: i: |
             ヾ::::|: :!ヘ:l::::ト.、     ー'ー一'   ,,..イ::l:::::: :|: :.N|
            ト::l: :l: :ヾ:l:::::::``:::::-....,、,,__,,. ,-:::'"::::::::l:::l:::. : :!:: :|
           l::N.::l: : :::l::::::::::::::::/r|     !`ヾ::::::::::l::l: : : :j::: :|
               l:|: :::i: : : :l:::::::::;ノ  |'′    ゙|  \:::l:l: : : :j:::: :|
              l:!: ::::i: : : :l;、く     l'''""""'''j   //|: : : :j::::: :l
             ll: : :::i!: : : :トヽヽ   i.    j   // イ: : : ,{:::::. :l
              ,!: :.:::|ヘ: : : :iヽヽヽ   i.   i  // //l: : : ,〈l:::::: :.l

621 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:21:47 ID:cJR2KD.M

    /    | ハ  \ `    ヾ     `i       |
.   /  /  ト  ヽ  ヽ \  ヽ :. :.ト、 /}ヘ      i
   , , 小 ! ヽ ヽ  ヾ ,ヽ ハ  ソ ヽハ、 リ    |
  l  レ| ヽヽ 、ヘ ヽ  |ヾ|斗十トハ.  /i/ ヽ.    |
  レl  |ヽ`z'ヾヌヽ\ヽ l , ィrァzュ l / lヽ∧     l
  |ハ ハヘヾィfマ∧  ヾ  {∨ウ》 イ' レイノ  ヽ.  .:|           まあね。
   ∨、ルヽヘリ ゞリ     ゞ‐'とつ/ |'     ハ.l
     マlヾ| |とつ             /} |  ヽ    !           でも、初期のやる夫スレの設定だとありがちじゃない?
    ヾ ' .l ハ、    、     , イ イ ハ   \  ∧          ダメ人間で、女に捨てられ……
     `|  | |  ` r 、__  ィ´ !ノ ,イ ,ヽ   ヽ ヘ          でもそれになんら対処ができず、鬱々とするしかない。
.      |  | ヽ、_ |   |   rイ ̄ / ∨ヽ  \ ヘ
      ,  /≧ュ、__|_|_,イ   .|__∠ァ,  ∨ ヽ  ヽヘ        そんなグズなやる夫って、結構いたように思う。
      | ./ r孑‐-┐ノ|:.:.:.:.l>リ、‐_,‐<ヽイ/:::|::::.../ )
      レ  / ト‐-┘  // /´ ̄ ̄""'''ー--、,__/_ /        外道じゃないだけマシだけど……
     ,′ ,  にこ}| ::::::「:/              _/ム _
     ,  '  ィヾ `丶:::::/           f゛―-、 __ 丿
     | /   ノ´⌒``:::::/           > 、_  ノ
     | /   ,'    ::::/           r| 〈` ヽ イ
     レ    {    _::/            ヽ ニ7 /
     /   人、 ヽ、:/             /‐―"/

622 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:22:00 ID:cJR2KD.M

                ____
             ....:´:::::::::::::::::::::`:::..
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
         /.:::::/.:::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         .:::::::::i:::_」:::::::::::::::;::::::::::}:::}::::::::::
           i:::l::::::i´八::::::}i::/l/`ヽハ:ノ.:::}::::|
           |八::|从ノ ヽハ/ `ーミ/イ::::::;::::::       うーん……
             i:八/ヒ:::}    ヒ:::j゙Y:::::::/)::/
             |:::::i (ゞ':),⌒(ゞ::);::::::::/:/       そこから一発逆転みたいなストーリーは考えなかったのかな、
          '::八 ::.     :::. i::::::/] ̄〉       二葉亭四迷って。
              ヽ{ > ^_  イ:::∧::?
              _   {{`ー-‐' }}:::}厶》


        /"´       ̄``< \
     , '⌒Y-‐   ,  /     \ \ ヽ
    ./   .├=/ / / /   ハヘヽ ヘ ',
    l    トヽ,'  ||  | |   ,   l l| | l l
    |     |  l i ||   | |  ,イ | .l l| レ' |     ああ、センパイ。
    |    ∧ :| l リ、 .| |/ l  l .l l| |   :|     それやっちゃうと、逍遥の小説の考え方だとご法度でしょ。
    |   ハ.∧ヘ ハ圷 ?   ィ〒ミハハ/  :|
    |   ヾ ヽl   l*(●)  `(●)* /   :|     確かに読者はハッピーエンドを望むけど、
    |    |\§ |⊂⊃、__,、_, ⊂⊃ l     |     それはリアルな感じにならないと無理。
    |    |  § | ゝ、 {__ノ , イ §|     |
    |    |.  |   l メ、_ ̄_ノヾ |  |     |     そして何も動かず、悶々と悩み苦しむだけの文三のところに、
  r、    | r´|   |´ll  ∂  ll`|  ト、   :|     そんなリアルなハッピーが来るのは、あまりに理想的すぎるのよね。
  ヽヾ 三 |:l仁二]|| `  ´ ||仁二] |   |
   \>ヽ/ |` }:二] ヽ   У∧仁二]: 、   |
    | ヘ lノ `'ソ)ソ:: : : `: :≡: : : )ソ.: : :}   l
    |  /´  /ゞ : : : : : : : 人: : : : : : :.ノ   :|
    |  \. ィ  l: : :―: : ´: : : `ー 1´ |   :|

623 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:22:12 ID:cJR2KD.M

        / >'´ ̄        `ヾ\
     ././ /      \  、   ‐-Y⌒ヽ
     /./ 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   i           でも、センパイがそういうハッピー期待するのは分かるよ。
      lイ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト    l           文三に幸せになってほしい、って気持ちがあるってことだから。
      |ヽl |l||ト、 ||  l| i |  |     |
      |.ハl ll .| | l \|| ,,リ l l ∧   |          要は、文三に感情移入してるのね。
      | ハハ ハ圷 ?   ィ〒ミ⊥/ / .ハ   .|
      |   ヾ *(●)′ (●)*ノ| lノ // :   |          だから本田の存在や社会の動きに腹立たしさを感じるし、
      |   |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|!§/l  (⌒)          逆に文三に親近感を覚えるんよね。
      |   |§.|ゝ、ゝ._) ィ´| §  | ノ ~.レ-r┐、
      |   |  :| メ、  ̄ ノヾ |  |   .lノ__  | .| | |
      |  r'l  |`||  ∂  ||´|  |〈 ̄   `-Lλ_レレ
      |  |仁二] || `  ´ ||仁二]  ̄`ー┬--‐‐´

624 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:22:30 ID:cJR2KD.M

                -−-
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |            確かに、文三の置かれた状況が、
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |            かわいそうとか思いやすいよね。
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |           文三そのものはグズだけど。
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/          でもそれって、どうして思えるんだろ?
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/             単なる判官贔屓?
      '. ハ.   |/   / /  , <   !
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )

625 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:22:46 ID:cJR2KD.M
                       , ― 、
                    _z≦、 /  `ヽ
                  ,  ´ ̄z-‐ ―-ミ、ヽ   \
                / ケ‐ ―- 、    `ヾ、   、
          ./ ̄ ,ゞ /'       ヽ     \   i
        //⌒/,  ,        l  ヽ   }   ヽ .|
       //   /,'  l    i     .l  丶  ト   ∨
       |    /   .|    l     ∨  | / ヽ   }
       |   ./    |  /   ,     、  ', z斗‐/|   イ ',
       |   i     .| ' ,  j    .∧ ,〈ハ |/ l  / , |       贔屓するには、感情移入できる何かが必要しょ。
       |   l     , l  l ハ   / ∨ ィ'磷乏 ∨ ,イ |
       |  ,イ  ,   ',|  l斗‐"∨     弋zタ, とつレ'|       で、「浮雲」の内海文三の場合、
       | / .| ハ  、 、 . lィ´磷乏       ̄  |/  |       どうして感情移入できるのかって考えると、
       |./  |./ ヽ ヽ ヽ|ヽ 弋z歹   `      イ i  l       「等身大の人間」が「悩んでいる」ってのが大きいんだと思う。
       |'   .|'   ヽ、イfとつ  ̄      _  / l .l  l
       |       / | | ヘ ヽ 、_    ´ ,イ   l ]  |       ああ、この人も、自分と同じようなことで悩んでるんだな……
       |     /  .| |  ヽ __> ̄ ̄ ´ ト、,,_| /}_l
       |   /    .| ,rヽ  f´/  }     ' ` ソ ノ,  `ヽ      って、多くの読者が思ってるんだと思うよ。
      ,'   /     /  l .∨         // }    i
      | /      ,'   〈   \      /    イ    〉    結局、文学におけるリアリティって、
      /          .ト 、 、 >ュ  `}   <   /} / / 1    この辺のことなんだろうね。
    /            ,l   ヽ、| `二二,     >='´ } /   l    要は主人公が等身大のキャラクターであるか否か。
.   /,       , < .|    〉 >、_ .|    〉   / {    |
  `ヽ\  _z<_  ヾ    /  `>、_≦z、__,イ-‐ '´    ヽ.  |    で、等身大のキャラクターなら、そのキャラに、
     `´      `ヽ|  ,'  / /     _           } |    いろんな感情を抱きやすいわけっしょ。
              , イ  {  ./ / ) ,'_'ゝ / /))       ノ |
       ヾz --―_´, イ|  ヽ   ' ヽ-' / /)) ..v    イ   |
          ̄ ̄   .|    小     ゚ ヽノ / /`/´`' ./|   .l
                   |    i         ` 丶-' /.)l   .l

626 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:23:01 ID:cJR2KD.M

          , -―――- 、
         /            ヽ
     , ⌒ヽ/               `<`ヽ
.    /   /二l        ヽ , ヽ ヽ |
   /   l、ヽ.|  i l   l   ハ i  i l |         じゃあ、二葉亭四迷はどうやって、
    ,    |ヽ` l  l‐-,、 | ト |/ l_l__l_ | l |         内海文三みたいな人を作り出したか。
    |     | \l、 l、 N lヽl :l.| ハl, | ,l l l         完全オリジナルからこんな人は作れないよね。
    |     |ヽr=:l λヾ|:lヾ ゙ 从イノ|イ/:|イ l
    |     | ヽ l  |ゞツ    辷ツ| :| | :|         実は内海文三には、四迷が経験したり、
    |     |   § l   、_,、_,'  ̄ ,| :| | :|         感じたことがそのまま投影されてるんよ。
    |     |   § |ヽ、 {_ノ_, ィ´ .l :| | :|
    |     |   l  :l__d。  ̄b_  .l :| | :|         簡単に言っちゃえば、現実社会からの疎外とか孤立ね。
    |     | ,ィ-|  :ト、 ゚δ゚/: : :ヽ、 :| | :|
    |     |,'  l|  :l∧ ´./: : : : l. l :| | :|

627 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:23:17 ID:cJR2KD.M

              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/ !:::/へ|:::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !′ l::/  .lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT ,!;' イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l ゜┘/  ゚‐:!:}::!  ゙!         四迷が、文三とかやる夫みたいに、
          |::::M::::!、   ο  .ィ:i!リ           グズのダメ人間ってこと?
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!::l. l―| ,|::;!::|
.          l::::;ヘミ、:ト、 l !〃!ハ:|
         l:::;' i トlミミV彡'}',' i|
       ,':::!  ゙、 r'"ノ `ヽ ゙、.l|
         i::::!   | ∧ ,! ! ‖
         !:::!   | l /__」 ム、} !|
.        l:::!    「/V | Y ゙〈  !|
         !:l     !' l  !  l  ゙、 ||
         |〈_   ,| .|  |  l  :゙、」!

628 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:23:35 ID:cJR2KD.M

                    _
             > - 、  . : ´           `: 、`ヽ / `ヽ
             . : ´        `ヽ   \ ヽ.    \
          〃   〃       /      ヽ   ',  ',.     ,
          〃  .〃        {   ハ:    :    ',  ',       i
        八  〃   /   :|    ハ:   :} ヽ ',
         ゝ{l / 〃   :ト    ハ:   :|  !| )、 ハ    i|
          |   |l i  |l ハ  ト、 ヽ  ハ:  :|  !| / }i l|    l|
          |   |l i  i、 | ii l )  \ l∧ !  i|/  |レルハ.   l|     四迷そのものは、ちゃんと国のために働いた公務員よ。
          |   l  、  ヽ厂i厂_/     リ i刀 ̄リ゙i  |  /∧   l|     主にロシア語関係の翻訳とか教授をしてる。
         {   l   :ト、从 ィ弌心     イ弌心 :!  | /:::::i  l|
        ト   人   i!   v::::リ       v::::リ  :!  :l〃:::::l!   l|     ただ、そういう仕事と文学との軋轢はあったみたいね。
        |     (  ハ _ゝ ¨          ¨  :|  :l/:::::::::li   l|     実際、「浮雲」書いた直後に断筆して、
        |   .::::)./ルヘΩ     _゙  _    从 :l}:::::::::::リ   l|     20年くらい何も書いてなかったし。
        |l:  .:::/ i!::::::::V >.   V⌒/    /  l}       l|
         ハ: :::/ {ヽ::::::|   厶> _ ....:::::   /  :l}〃     l|     四迷自身は運よく身を持ち崩さなかったけどさ、
       | ',:::〈、 ・ \|    __ }  ...:::::::::{.__/  ./ l ::    :リ     時と場合によっては文三と同じような運命もありえた……
       |  ',::::〉 .从  `ー=彡"     ー=彡イ_{ _:::..   リ ∧
            ∨   ,,ゝ = =イ ハ      |ハ     ヽ / / l     その辺の不安感とかが「浮雲」につながってる……
        ',  〉 .:"      / :|      ...:::. Vハ       V /   l     そういうのはあるかもね。
        ',  、|      ./ i|         Vハ.     v  〉|
            ',   |   ', /   |          l ハ      ', / !
          ゝ、|    У   :|         |: ハ      ∨  !

629 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:23:53 ID:cJR2KD.M

                ~ヽ  . :  =   :: 、  `ヽ
             /     :>´      ヾ `ヽ、ハ
         /     /   〃        ヽi
         /    ,           /    `ヽ \       しかし……やっぱりセンパイの言うように、
           ,     i    ,'     !:   ., \ }  八      やっぱり主人公はハッピーなほうがいい、
          i      !    :| 从  i|   |ト、 ソ. ソ ‘,    って考え方も当然出てくるのよね。
         |     l|   斗 ⌒ト、 ハ  斗┼メ ´  i
         |!     ',   ∧二二tヾリ ヽ,二ニz从 ,ハ lリ     あと、文章で「芸術」を現す以上、
           i     ゞ ハ 八::::リ !   {::リノ ル/ / V      リアリズムだけじゃなくて、
          }     (人こつ ` ´    , `´ こつハ /      もっと「美」というものを追求したほうがいい、
         l〃 :::::::ゝ=ト、    __   丿レ′ l|       って考え方も出てくる。
         |/  :::::::::爪  ト .  _ < ハ   ,′
         |   ::::::::{lハ /}   ¨´{=-、{ハ   /        例えば江戸っ子の粋とか通の世界とか。
          ル′ /⌒.{lハ≧x、     !. ノ{ハ.  /

630 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:24:10 ID:cJR2KD.M
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ,、-'´ ̄ ̄`-、
     /      , ,、'l、                                 /`!
    ト、l     ' ∩`l|                                /ヽ. ,′
     ト|        ト'' | 'l                              /   l/
    ノ-'       └‐''  l                                /  /
   〈−,、_・_  ・_,-、イ ,/           /ヽ,                 ,し' ´ ̄ ̄ >-――‐- 、
    `-、`、_ ̄´   / ,/          ∧l;;;;;l               /             / \
      ニ>`三、´  `−-、_       |iiiiiii ヽ                j、_       ` T  ――一 '´
 _、,、-'´´ //  `ヽ,       `−'`-,   ノ ヽ;;;;; /、            /} _。  、__    l
  `ゝ ___/     `l、_,  ,_ゝ,、ゝ  ヽ,   ;;;;/          r―‐ヽ、 }` ァ   r‐ 、 /_ ,ヘ
   '     |      `l、 `、 ̄´     ヽ,‐,-''           |    \¨´   、__ノ   └ 〉
       |        |   `l,       / |           |   / |     ´      /
      ,、'´l、      ノ   `l、  _,、-'´,,イ            レ'´{   ;           イ
     /   ヽ、     /     l―'  /ノ´               \/          、
    (     `ヽ、,_ l、     |_,、┴'´                    |              |
    ,>、    i'´ ̄  ̄`ヽ,    l―'´                     \  ___  .ノ
   -/-レニ`―'´        l、iヽ、,ヽ,ゝ                     r'´  _} {_  `ヽ
                  `―'´                        ̄         ̄´
        【尾崎紅葉】                              【幸田露伴】


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

      ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

           ⊂ニニニニニニニニニニニニニニニ⊃

                  ⊂二ニニニ⊃

631 ◆KcxXifcWsc:2011/10/16(日) 21:24:28 ID:cJR2KD.M

                          ,  -‐ ==‐-、
                       , イ            ヽ
                         / /    ヽ      ヽヽ ヽ
                    r‐7 /  l    l    、   ヽ>'´ `ぇ、
                   /  /./.  .l  ',  .ト、  l    l/>i    ヽ
                     /  l .l.   ∧ .',  .l l  l   l .l>'/l     l
                    ,    l l   i ,' ', .ト、 l斗-‐ト,   l ィレ'>l.    .l
                    l   !.l   l'⌒゙ , | .', l .l / l. ,イ/`´,'l       l    そこで、
                    l.    Yl ィ禾心、 | ヽリィ禾心 / l 、 / .|.    .|    「やっぱり文学ってそういう粋とか必要だよね」
                    l     l ヽ l l:::::::::l`   l l:::::::::レ' lし}  .|.    .|    って人たちは、井原西鶴とかの文学を元に、
                    l     l  `l弋zツ    ゞz;;;ツl. .l_ノ  |.    .|    そこにリアリズムを注入することによって、
                    l     l  ⊂⊃  、_,、_, ⊂⊃ .l§   |.    .|    江戸時代の人情話と違った、
                 .l     l  l§ ` 、_`´, イ l  l§  |.    .|    新しい文学を作っていくの。
             ,、     l     l  l       rf三三キl  l    |.    .|
                i i.   .l     l  lー‐f ̄l´‐@`‐7:l  l― 、 l.    .|    この代表格が尾崎紅葉に幸田露伴。
                l l.   .l     l  l  l  l     / l  l   .l |.    .|    この人たちが文学を引っ張ってた時代を、俗に、
            ,、,、l-┐ /´)     l  l ./.  .l   , '   l  l   .l |.    .|    「紅露時代」なんていうわけよ。
        f`l´.l l :レヽ./l    / ./;;;/ヽ