■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

現代文学のちょっとした裏話(リメイク版)
1 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:01:52 ID:kBWt53w.
                                    i
                  / ⌒ 丶           i
                 /        丶         l、
              /            丶        l;
               .|               ヽ       ノl l
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;
      |||      |                       |     '! |                    |||
      |||      |                       i  . ノ .|                     |||
      |||      |                     /   | 現 代 文 学 の       |||
      |||      |                    /   l                       |||
      |||      |                   i   /   .l   ち ょ っ と し た     |||
      |||      |                   /   l                       |||
      |||      |                   /    l              裏 話  |||
      |||      |                   !/     l                       ノ||
      |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
      |||      |                    !  l                  / /!!!
      |||      |                    i   i .l                   /   / |||
      |||      |                     ! l               /    / |||
      |||      |                     l                /    /.....|||
      |||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
      |||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
      |||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
      ||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|

2 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:07:50 ID:kBWt53w.
このスレは、戦後の作家たちのエッセー等から、その生き様をやる夫化したものです。

その中でもある編集者であり作家の生き方をメインに据えています。

3 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:09:04 ID:kBWt53w.
と、いうわけで、まずは予告編から。

4 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:09:26 ID:kBWt53w.

                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ここに……
 変てこりんなやる夫スレをはじめるに当って、
 一言申しあげておく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:11:44 ID:kBWt53w.
      /}
     _ !l ,.- 、
    //|| ̄ `ヽ⌒',               _ -‐  ´  ̄  丶、
  / /  ヘ入ヽ  ∨              /           \
  !|  //ー, \, }              /          、     ヽ
  l  .// ○  ○{            _/   ,/`ハ ,、 |\ト ヽ     ',
   \(⌒リ"  △"ノ             7,、  l" \ V ヽl _ -‐ ', ト  !           _,...----.......
    {こ.フ>、ー,.イ                〈 l`    ゙     ´    V     !          ,r'::::::::::::::::::::::u:::ヽ   お  
   〈二}/  ∞Y_〉               ^l '´≧、     r≦´` l    /         /::::u::::,r'""'{ \::u::ヽ  お  
    └ 〉  ハ〈┘                 r!  l、:::j     l、:::リ  l /⌒i          |::::::::::/∧u、ヽ._。ン_,.-|.  お  
       /     ヘ               リ!   ̄        ̄   l/' /          |:::::u::| ト-ヾミ= O。ノ  お  
                         lヘ           /7´            ヾ::::::|U\  ̄`メニヲ   っ  
                            \ _  r,     /l/              ,べヾ、_ `ーェェツ、.     :  
 ____                       ヾマ‐つァ=´_               〈::::、:::`::=三(=r)ヲ::|    :  
:::::r乞ト.::::`丶、                 __   ハ{  ノ了/  ヽ              /\:ヾr'"ニニニニノ,○-'" !
::::ヾこン:::::::::::::::\                | \/__ヱ7l__l/   ヘ              |:::::::`○-'" ̄ ̄        
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x              |  `゛| | ̄ ̄ア‐、ム ヘ             -'" ̄
li | il  |il l | ト《_八_》              |    | |   (  j_  _/
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′             |    | |   `´|ヘ ̄´
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |             \二」_|_____.! _〉
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |                          
l l| ハl | l斗fT7从i|l |                        
       ◯  /l|ilil|                                                _
        'il |lil||                                             =〈〈〈≠=
       / i| | lil|                                  _____    〈⊃  }
  ¬   _イ|l i| |厶イ                                   /-―- 、__, \    |   |
≧==≦〈{|:::::\/三三≦                              / '叨¨ヽ   `ー-\  !   !.ヽヽヽ
 〈八〉 〈{|:::::::::::?三三{                             /   ` ー    /叨¨)  \|   l. )))
              ̄                            |        '          |  X ///
                                           |      `ヽ.___ .      |X  \
                                          \     `ニ´      / \  \
                                           / __         /      \  \_、バシ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 交遊と言っても、私の場合、ほとんどが年上か先輩である。
 みんなよき先輩なのであるが、人間には裏と表があるものだ。
 これらの人格もけだかき先輩たちは、たいていは【ピー】しているか、大変人ぞろいである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:12:07 ID:kBWt53w.

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ” _  _ __ヽ                                _,,. -─- .== -,..-‐、
    | | | || ..V                             . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
     |   /  ノ  | `ヽ |ヽ                           /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
     | /  ●    ● | ヽ              . ,`:::,....          /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
 ∬   (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l  )             ..  ,,:::....       {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
  ・━i⌒ヽヽ  (_.ノ   ノ                  . !、:::::::(,       Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |
..    ヽ  ヽw>、 __, イW                   . :ソ:::::).     ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
     ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |\                   ..`ふ,     \トゞミゞ ヽ._) U../ | }.|   |
                                      !、::!、     | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
                              .          `'~~━i⌒\| |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
             . 。o O             .              \  | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |
           /     ピコーンピコーン
        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
      / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/     ヽハ  、 ヽ            ,z-r-r-r-r-r-r-z              / ̄\
    〃 {_{ _ノ '   ヽ_リ| l │i|         《~《|z / ,      .ヽ z|》~》           |     |
    レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|          》|X.|| |ll i i _i i_l | | X|《ダワダワ          \_/
     レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |ノ/          ||:.| 〉〉.‐‐  ‐u‐ノ.〉 |:||             __|__
       ヽ、  ゝ._)   j //           ||:.| >:>ゝrzaイ<:<   |:||           /      \ ( ;;;;(
       ヘ,、 __lj, イ/             ||./ >_>|_|_|<_<__ノ:||          /   _ノ ,、ヽ、_\) ;;;;)
      rく、\` ヽ二コ:千:|K           |__ ̄`>/ |. \  >:.:.ノ        /   ;;;(○)::::::(○/;;/
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l                               |    :;:, (__人__) l;;,´|
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7                            \.  ∩  |++++━・/
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /                          ,,.....イ ヽ .|| `ー‐´ /-、.
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}                          :   | 'f「| |^ト、__ ノ .| ヽ i
                                                  | |:. ::  ! }__)\,|  i |
                                                  >.ヽ  ,イハ  |   ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 家族についても同様である。
 みんなよき家族なのであるが、人間には裏と表があるものだ。
 これらの人格もけだかき家族たちもまた、たいていは【ピー】しているか、大変人ぞろいである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:12:33 ID:kBWt53w.

  l´\                  ___
  ヽ/ ̄ ̄\              /⌒  ⌒\
 /   _ノ  \ て       (●)  (●) \        おいこらそこの隣人。
 |    ( ○)(○)そ       /(__人__)⌒:::::  \
. |     (__人__) く      |  |r┬-|       |      とっとと原稿書けや、ゴルァ!
  |     ヾ_∵;”\     i⌒ヽ`ー'´     /
.  |       “}*  \    \ \   /⌒,ヘ
.  ヽ        } \   \    /\ \/  / l
   ヽ     ノ   \.   \_/  \__ノ  |\
   /    く      \             |) )
   |     \      \           ,r' /
    |    |ヽ、二⌒)    `' ,       /ー'′
   |     |           )     /
   |     |         /    /
                                             ト、 ト、 ∧
                                           |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
                                         弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
                                         <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
                                        <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
                                        厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
                                         厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
           (なんだ、この2人?)                  八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
                                           ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
                                            \  - 、  ,イ?V
                                             ム|` -  ?
                                            __i     {
                                         ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
                                       /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
                                      ∧                  \
                                     / !                  / ハ
                                  .  /  V           ◇    /  !:|
                                    /   /            ◆  ! /  .!:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 担当編集者にいたっては、よき編集者であるかどうかに関わらず、
 たいていは【ピー】しているか、大変人ぞろいである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:12:57 ID:kBWt53w.

                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '            :::::::::`ゝ"ヽ
    l             ::::::::::::::::,、__
.   l             ::::::::::::::::| ', ',`,
.    l              冫.:::::| ', ', ',
   l               l  ::::l   ', ', ',
   l           {`ヽ  u   ::::}  ヽヽヽ
   l            ',´ ヽ J   /     }
   !              ',  ヽ、_/     ./
   ,'             ヽ           ./
 ̄ `ー -            `,           ,'
        `  、       ゝ         ,'
:.:.:.:.:.:...        、      /ヽ      〈
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´   |     .i
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ    |     |
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   |     |
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  |     |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中には、先輩ぶって、この私をメチャメチャにけなし、あざ笑い、
 時には哀れみの念を起す人間も多い。

 私にだって、それは後輩もいる。
 しかし、これらの後輩どもは、みんな私をバカもん扱いにする
 けしくりからぬ奴輩ばかりだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:13:23 ID:kBWt53w.
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /               l     \
    /              ノ::::::::::::::::::::::.\
.   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \
  |         / / ̄\ \:;;;;;;:// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;:| |. ○ .| |
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//
   .|             ,/   :::|::     \
    |            |      |     |
    |            |      |     |                       =二=二 ̄
    .|             \__/\__/|          ,. ,._  ,.-,.、       -=二_ニニ
    |.              トエエエエエイ  |          // j / / ノ     -=ニ_ ̄
    .|               '.{    :l    }/ /      __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=
     |                .{   :l    }/ )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
      丶                  .{       }  l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
      \                  、`ー一一 ' )       / -=j"  ,_/
       \               u     / ,.--、    /   /  ./
         ヽ               / }ヽ \   ノ   _}  / \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今、このように書いたら、突如、怒りがこみあげてきた。

 ここにおいて、私は宣言をする。
 このスレに登場する、先輩や後輩の御仁どもを、今度こそメチャメチャにけなしてやる。
 いや、初めはわざと讃めておこう。
 だが、次第にもの凄いこと書きだしてやるぞ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:13:48 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

11 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:14:20 ID:kBWt53w.


    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ー) (●::(            なーんか、隣から、奇声が聞こえたけど……
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ))〉
       ) ) )、   nl^l^l (           隣のおじさま、大丈夫かしら?
      (,(.( ' ヘ  「   ノ:::))
      ノ/)`   ヾ ヽ く 、            久しぶりに「あれ」になっちゃった?
       ,'   ノ    Y ヽ  \
       l: ( ......    .ヽ、_)
       .ヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

12 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:14:46 ID:kBWt53w.

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ_ノ  ヽ、 ::::::) ルリノ
      リ::::::(( ●)  (●) ::(             まあ、そんなことよりも、
.      ハ::::⊂⊃ 、_,: ⊂⊃リ)            せっかく父のことを書いてみませんか、と、
       ) ) )、    ノくハ(             依頼をいただいたんだから、
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))             しっかりしたもの書かないとね。
 ⊂⌒ヽ  )`   ヾ ソ ̄( ヽ  /⌒つ
   \  v ノ   Y    ヽ v  /

13 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:15:06 ID:kBWt53w.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \         こんなに材料のある父親についてだったら、
  |  l^l^lnー'´       |         パパならもっと面白く書けるお。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □                 __
         /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
        /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
       ル:::::: /: ::..::.:.:: ,ノ: : : : ::::::∧:::::::リ
       (Yy∧ノ :ノ_.:/ `vヘ、: :、:::) ゝ:/
        )ノ リ:::〃  ⌒   ヾ;:i:!::〉Yy
       (/   ソ::ハ (⌒)  (⌒)i/ リ            まあ、あのパパのことだから、
       !   ノ ::/iゝ.  〜 . イく               天国でこんな皮肉、つぶやきそうだわw
         .(::イ/ル|,_.イ|_ ̄i'Y;ノ::ル  メモメモ
          )ノ    |゙Y'i  `ヽ
        _/((┃))__| ' |___) )__ キュッキュッ
     .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ ̄ \
     /  /_________ヽ..  \
     . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

14 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:15:42 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


        と 、 い う わ け で ・ ・ ・ ・ ・ ・


                    ●


                    ●


                    ●

15 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:16:09 ID:kBWt53w.

                                    i
                  / ⌒ 丶           i
                 /        丶         l、
              /            丶        l;
               .|               ヽ       ノl l
      ;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;
      |||      |                       |     '! |                    |||
      |||      |                       i  . ノ .|                     |||
      |||      |                     /   | 現 代 文 学 の       |||
      |||      |                    /   l                       |||
      |||      |                   i   /   .l   ち ょ っ と し た     |||
      |||      |                   /   l                       |||
      |||      |                   /    l              裏 話  |||
      |||      |                   !/     l                       ノ||
      |||      |                  ヽ   l                     ノ i||
      |||      |                    !  l                  / /!!!
      |||      |                    i   i .l                   /   / |||
      |||      |                     ! l               /    / |||
      |||      |                     l                /    /.....|||
      |||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
      |||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
      |||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
      |||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
      ||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
      |l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|

                                    2011年6月5日午後21時より、リメイク版投下開始予定。
                                    ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1307188912/

【この予告編の出典】
「マンボウ交友録」プロローグ・北杜夫
「父・宮脇俊三への旅」あとがき・宮脇灯子

(前回投下時のまとめ)
やる夫短編集阿修羅編様
ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-category-72.html

16 ◆KcxXifcWsc:2011/06/04(土) 21:17:27 ID:kBWt53w.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

>>15
初歩的なミスやってますね。「午後」を取ってください。

17名無しのやる夫だお:2011/06/04(土) 21:26:43 ID:PMQSsOrk


18名無しのやる夫だお:2011/06/04(土) 22:03:24 ID:g11rwzZc
あなたのスレ好きでした。復活とはめでたい。
明日を楽しみにします。

19名無しのやる夫だお:2011/06/05(日) 09:26:48 ID:AN1MU4ow
期待

20名無しのやる夫だお:2011/06/05(日) 18:56:35 ID:CHuUZlG2
おお、復活おめでとうございます。これは楽しみw

21 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:00:00 ID:kBWt53w.
こんばんわ。そろそろ投下開始します。

と、言っても、今回は、私がこのスレ始めるきっかけになった、
一番最初の作品のリメイクなので、見たことある方も多いかもしれません。
その点はご了承ください。

22 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:00:27 ID:kBWt53w.
それでははじめます。

現代文学のちょっとした裏話。

23 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:00:52 ID:kBWt53w.
【ある作家とある編集者のお話】



……1959年(昭和34年)4月30日



____
  ""''''''─-<
         \──->-─---、___________
           .ヘ  /       ヘ /   \
   r─--、    '!_,!    r─┐ l,:,!  r‐┐ .'!
   L..........j      |::|   └= ┘ l||  二、 . |─────┐:............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::
              |::|   _,,,...-┐ . ||  | :||,.-┘      /rレ:::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.
   _,,,...--‐‐r   .|::|   |  | l||  .||,..-‐''"     .   / ,.>:::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::  
   | fl |ヾ、 ||    |::|   | ,」.-‐''"            / f:+".....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::
   | |:|:|=《. ||    |::|_,,..-‐''"               ./ v'... :::..:...........      ,-‐-、  ..:::::.:.::.::.:
   | |」:|__リ..|| _,,..-‐''"                   ,/__r*... ... :::..:.............:::::.:.::.::|:::::::r'.::::::: ... :::..:....
   | _,j.-‐''"                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_,,..-‐''"                          ___________________
                              /l_,、..、*r、.〜`−、    ,.。 、v ._ rv _fー〜
                             / v~ `^... ... :::..:......⌒〜'~... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::
                            ,/r'^:::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..::

24 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:01:09 ID:kBWt53w.

          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |     長 い よ う で 、 短 か っ た な あ ・ ・ ・ ・ ・ ・
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

25 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:01:27 ID:kBWt53w.

      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ     ドイツに行きたいがために、調査船に船医として乗り込んで、
   .l           l
    l             l     ヨーロッパはおろか、インド洋の至る所に行ってたからなあ・・・・・・
    .l           l
    ヽ          l
     ヽ         l
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \       しかし気づいてみれば、あっと言う間だった・・・・・・
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l

26 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:01:46 ID:kBWt53w.

               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |            ・・・・・さてと。
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }            とりあえず、また兄貴のところにでも、
              ヽ      ./            転がり込みましょうかね。
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、 
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
     .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
     ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
       ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
      }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉

27 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:02:06 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

28 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:02:21 ID:kBWt53w.


         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |          斎  藤  病  院         | |
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/

29 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:02:38 ID:kBWt53w.

    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ⌒) (⌒) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |          と、いうわけで、ただいま兄貴。
   |  |  |  ` ⌒ ´  |
   ,」  L_ |       |           ついさっき日本に着いた。
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
        (゙  ))

30 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:03:01 ID:kBWt53w.


           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \            おう、弟よ。
      /  . ⌒ ::::: ⌒   \          無事に帰ってきたな。
      |    (__人__)     |         
      \    ` ⌒´    /          船はどうだった?
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

31 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:03:16 ID:kBWt53w.

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)            いい経験だったと思う。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

32 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:03:41 ID:kBWt53w.

            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \     まあ、なかなかできない経験だからな。海洋調査船の船医なんて。
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |    ・・・・・・で、今後、どうするつもりなんだ?
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)        とりあえず、兄貴のところに居候させてもらっていいかい?
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}         その代わり、病院も手伝うからさ。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

33 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:03:59 ID:kBWt53w.

            / ̄\
          |     |
           \_/
           __|___
        /      \
       / ─    ─ \         それは別に構わんが・・・・・・
     /   <●>  <●>  \
     |  :::::: (__人__)  :::::: |        同人活動を続けるつもりか?
      \.    `ー'´    /ヽ
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)       続けるつもりだけど。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

34 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:04:15 ID:kBWt53w.

            / ̄\
          |     |
           \_/
           __|___
        /      \           弟よ。
       / \   /  \         お前は俺たち兄弟の中では、父の文才を一番受け継いでいると思う。
     /   ⌒    ⌒   \        そっち方面の活動でもやっていけるだろ。
     |  :::::: (__人__)  :::::: |
      \.    `ー'´    /ヽ       ただ、純文学はなかなか厳しいのも現実だ。
      (ヽ、      / ̄)  |      たまにはエッセーとかそういうのも書いたらいいんじゃないか?
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |      例えば、今回の経験を基にした旅行記とか・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)       はは、考えておきますよ。
  |      |r┬|}
  |      | | |}       (俺の性格からしてエッセーとかは無理だろ、常識的に考えて)
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

35 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:04:34 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

36 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:04:52 ID:kBWt53w.

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /     久しぶりだお!
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /       東芝のほうはどうだお?
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /        今、何やってるんだお?
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

37 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:05:09 ID:kBWt53w.

           ____   ,
         /     \  -
       /  ⌒   ⌒\`      久しぶりです。
      /   ( ●)  (●) \
      |      ___´___    |     今、トランジスタの開発で忙しいんですよ。
      ヽ、    `ー '´   /
    / ̄ ̄ヽ           \     そっちは、中央公論で何やってます?
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \

38 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:05:26 ID:kBWt53w.

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\ 
    /   ///(__人__)///\       単行本の編集やってるんだお。
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |




          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\       単行本ですか・・・・・・
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |     実は私の中学時代の友人に
    \       `ー'´   /      調査船に乗って世界中をめぐった奴がいるんですけどね・・・・・・
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)

39 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:05:39 ID:kBWt53w.

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     ・・・・・・その話、詳しく聞かせて欲しいお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

40 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:05:56 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

41 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:06:23 ID:kBWt53w.


         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |          斎  藤  病  院         | |
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/




      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\     こんにちわだお。
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)

42 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:06:44 ID:kBWt53w.

        / ̄\
       |     |
         \_/
         |
      /  ̄  ̄ \
    /  \ /  \    初診の精神疾患の患者さんだね。
   /   ⌒   ⌒   \
   |    (__人__)     |   まずは受付で手続をしてからお願いしますね。
   \    ` ⌒´    /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \   あとうちは包茎手術は行ってないから、必要なら紹介状書くけど。




             ____
           /      \
          / ─    ─ \     いや、やる夫は患者じゃないお。
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |    やる夫は、中央公論の編集者だお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

43 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:07:05 ID:kBWt53w.

           / ̄\
          |     |
           \_/
             |             
         / ̄ ̄ ̄ \         .
        /  ::::::\:::::::/\        .   ならば、私が鋭意妄想中の、
    ミ /   ::::⌒   ⌒::\      .    この「ワゴン型航空機」に興味をもって、取材に来たのかな?
    ミ |      (__人__)    |     ..
      \     ` ⌒´.  /_        よろしい、詳しくご説明しようではないか。
     //              ヽ /\  
    / /        _     /  / ....
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|   
    |      ワゴン      .| /    .
    |__________|/     .

44 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:07:25 ID:kBWt53w.

           ___
         /      \
        /─    ─  \
      / (●)  (●)   \          いや飛行機よりも、鉄道のほうがよほどいいお。
      |   (__人__)      |          風情あるし。
      \  .` ⌒´     /_
     //              ヽ /\      ・・・・・・そんなことよりも、こちらに、
    / /        _     /  /      先生の弟さんはおられますかお?
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
    |     汽車ポッポ     | /
    |__________|/

45 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:07:44 ID:kBWt53w.


    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |      何やってるんですか、2人とも。
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |  ` ⌒ ´  |       それはさておき、
   ,」  L_ |       |       私がその「弟」ですが、何か?
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
        (゙  ))

46 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:07:59 ID:kBWt53w.

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \     ああ、弟さん。はじめまして。
      |    ` ⌒´      |
      \           /     単刀直入に申し上げるお。
        /         \     あなたの調査船での経験は稀有なものだお。
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /     ぜひ、わが中央公論社から、旅行記として出版してもらいたいんだお。
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

47 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:08:15 ID:kBWt53w.

               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |          お断りします。
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __   エッセーや旅行記は私向きじゃないと思うので。
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

48 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:08:29 ID:kBWt53w.

     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \    確かに、純文学に拘泥する気持ちは分かりますお。
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <    でも、違うジャンルに手を出すのも、一興というか、
  |  |  '、_ \ /  )    新天地が開けることがありますお。
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/




    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)    それは・・・・・・・そうかもしれませんが。
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |

49 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:08:47 ID:kBWt53w.


         ____
       /      \
      / ⌒    ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \    まあ、初対面でこういうのは、失礼かもしれないお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    とりあえず、親睦を深めるために、飲みに行きましょうだお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




                         (ヽ三/) ))
                          ( i)))
                      / ̄ ̄\ \
                    /   _ノ  \ )
                    |    ( >)(<)
                    .|  ///(__人__)      ただ酒なら、当然飲ませてもらうだろ、JK。
    ,.-‐─────────‐イ    ` ⌒´ノ
   /                        }
.  /                         }
.  |        ,人___________ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

50 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:09:06 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

51 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:09:24 ID:kBWt53w.

              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ⌒)( ⌒)  |
            (__人__)      |       うーん、こういう店で飲むトリスは美味いですねえ。
            l` ⌒´    |
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

52 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:09:46 ID:kBWt53w.

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \       いやあ、トリスなんて安い酒のんじゃいけないお。
  |     |r┬-|     |       男はやっぱりブランデーだお。
  +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ブ | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}−|ラン|デ.|
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|





              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
            (__人__)      |       今度からはそうします。
            l` ⌒´    |
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i

53 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:10:01 ID:kBWt53w.

     ___
   /⌒  ⌒\
  / ( ●) (●)\     まあ、旅行記とか関係なく、また飲みに行きましょう。
/::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
|     |r┬ |  (ヽ |   もっとも・・・・・・
\γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/    書いていただければ、こっちは必要経費で落とせるのでありがたいですけどw
/ ( ^=/   /  ヽ ノ\
| /  ,(⌒ヽ/    \
ヽ_ノ  ー '

54 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:10:21 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


       季 節 は 流 れ て ・ ・ ・ ・ ・ ・ 同 年 秋


                    ●


                    ●


                    ●

55 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:10:40 ID:kBWt53w.

          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |         あのう……十二指腸潰瘍がものすごく痛くて、
    l  lヽ      )> lllllll   /         ここ数ヶ月くらい粥程度しか食ってないんですけど……
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

56 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:10:58 ID:kBWt53w.

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)          しかも超ド級のスランプで、
  |    ノi  !   | }          書きたいものが全く書けないんですけど……
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

57 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:11:21 ID:kBWt53w.

     ____
   /      \
  /─    ─  \             うーん……
/ (●)  (●)   \           十二指腸潰瘍じゃあ、酒は飲めないお。
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <           先生のお気持ち次第ですけど……
  |  |  '、_ \ /  )           一度ここは気分転換に軽い文でも書いたらどうだお?
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

58 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:11:38 ID:kBWt53w.

         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \             いろいろな同人を読ませていただきましたが、
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l          先生の文章は肩が凝らなくて読みやすいお。
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /          航海記とか、面白いものが書けると思いますお。
                   /



      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)            (上手い誘導だろ……)
     |      ` ⌒ノ
      |        }             じゃあ……ちょっとばかり、軽井沢にでも引きこもって、書いてみます。
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

59 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:11:55 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


          し ば ら く し て ・ ・ ・ ・ ・ ・


                    ●


                    ●


                    ●

60 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:12:19 ID:kBWt53w.


         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |          斎  藤  病  院         | |
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/




    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | (⌒) (⌒) |   いやあ、どうもどうも。
   ゝ .f, |   (__人__)  |   すっかり十二指腸潰瘍も良くなりました。
   |  |  |  ` ⌒ ´  |
   ,」  L_ |       |    おかげでまた、あなたと飲みにいけるようになりました。
   ヾー‐'|  ヽ      /     本当に良かった。
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
        (゙  ))

61 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:12:44 ID:kBWt53w.

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \      酒を飲みに行く前に・・・・・・
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |     編集者として先生に一つ、お願いがありますお。
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ







               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |      ちょっと待ってください。
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|       企画がボツったとか、原稿が届いてないとか、原稿紛失したとか、
      ,.く\\r、   ヽ      ノ       あまりに原稿酷すぎて使えないとか、そういう話ですか?
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ       せっかく十二指腸潰瘍を押して頑張って書いてきたのに・・・・・・
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´

62 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:13:06 ID:kBWt53w.


                        / ̄ ̄\                   バカげた航海記書いてたら、
                      /       \      .____       十二指腸潰瘍が治ったって言ってたのは、
                      |::::::      |    ./      \      どこのどいつだお?
                     . |:::::::::::    |   / ⌒   ⌒  \
                       |::::::::::::::   | / (●)  (●)   \   つうかテメー、
                      .  |::::::::::::::    }  |    (__人__)      |   フランスの辻さんのとこに、
2010年に、               .  ヽ::::::::::::::   }  \   ` ⌒´      _/   うちのこと「へんな本屋」とか書いて、
初めて公になったような、         ヽ::::::::::  ノ   |           \    手紙送っただろ。
メタネタはやめてください……      /:::::::::::: く    |  |        |  |
                -―――――|:::::::::::::::: \-―(___ノ―――――(___ノ――
                        |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

63 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:13:28 ID:kBWt53w.

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    まあ「へんな本屋」はさておいて……
    /   (●)  (●)  \  
    |      (__人__)     |   原稿なくしたとか、そういうネガティブな話じゃないお。
     \    ` ⌒´    ,/    ちゃんと出版物として出版する予定だし、こっちでちゃんと原稿確認したお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    実は、文字数を増やしたり削ったりして欲しい箇所が何箇所か出てきたんだお。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

64 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:13:47 ID:kBWt53w.

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      文字数を増やす?削る?
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ      そりゃまた、なんで?
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



     ____         
   /      \
  /─    ─  \      
/ (●)  (●)   \       本を読みやすくするためだお。
|    (__人__)      |    
\   ⊂ ヽ∩     <      例えば・・・・・・
  |  |  '、_ \ /  )    
  |  |__\  “  /     
  \ ___\_/

65 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:14:06 ID:kBWt53w.

::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                       だ  ..||
::::::::::::::::::        │                       っ.   ||
::::::::::::::::::        │                       た   ||
::::::::::::::::::        │                        ゜.  ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´


    , -‐ノ 、
  /  (● ●
  ゝ  (__人)     このように、1ページに数文字しかないページができたとき、
  | 、/ )   ヽ      本としてはすごく読みにくいんだお。
  `ー ′ .|)
   し'   J

66 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:14:31 ID:kBWt53w.

::::::::::::::::
:::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                    ろ  や  ...||
::::::::::::::::::        │                    う  .る.  . ||
::::::::::::::::::        │                     ゜ 夫   .||
::::::::::::::::::        │                       以   ||
::::::::::::::::::        │                       上   ||
::::::::::::::::::        │                       に . .||
::::::::::::::::::        │                        `  .||
::::::::::::::::::        │                       や   ||
::::::::::::::::::        │                       ら .  ||
::::::::::::::::::        │                       な. . . ||
::::::::::::::::::        │                       い  ..||
::::::::::::::::::        │                       夫   ||
::::::::::::::::::        │                       は   ||
::::::::::::::::::        │                       下   ||
::::::::::::::::::        │                       品   ||
::::::::::::::::::        │                       で. .. .||
::::::::::::::::::        │                       変   ||
::::::::::::::::::        │                       態   ||
::::::::::::::::::        │                       だ   ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´


    , − -
  /  (● ●        同じことは改行、行送りにもいえるんだお。
  ゝ  (__人)^)
 ⊂     //        例えばこんな風に行送りすると、
  (    〈          なんか「ろう。」だけが浮いて見えるんだお。
   `〜 ヽ_)

67 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:14:58 ID:kBWt53w.

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |           なるほどねえ・・・・・・それは分かるんですが。
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |      
         /        \ ._|_____      しかしまあ・・・・・・
       , --'、             /         `〉    細かく指示が出てますねえ・・・・・・
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

68 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:15:17 ID:kBWt53w.

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____ 
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \    こまけぇこたぁいいんだよ!!
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /




         ____
       /      \
      / ─    ─ \     っていう編集者もいますけど・・・・・・
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   やる夫としては本を売りたいですから、
     \    ` ⌒´    ,/    本を売るための努力は惜しまないつもりですお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    
   /    / r─--⊃、  |   
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

69 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:15:41 ID:kBWt53w.

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \         どれだけいい文章を作家さんが書いてくれたとしても、
  |       (__人__)    |         読者さんが手に取ってくれないと無意味なんだお。
  \   ⊂ ヽ∩     < 
    |  |  '、_ \ /  )        いかに読者の皆様が本を手に取り、読んでいただけるか・・・・・・
    |  |__\  “  /         そこは、編集者がしっかりやらないといけないと思うんだお。
    \ ___\_/





         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |     わかりました。
      .(__人__)      |      少々手間ですけど、やってみましょう。
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

70 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:16:05 ID:kBWt53w.

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \           お願いしますお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/           ああ、あと、この本のタイトル、どうしますお?
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

71 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:16:21 ID:kBWt53w.

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |            そういえば江戸時代の文献に、
      .(__人__)      |            「○○先生行状記」ってのがありましてね。
       l` ⌒´    .|
       {          .|            これを流用させていただくのがいいんじゃないか、
       {       _ |            って思いましてね。
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

72 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:16:46 ID:kBWt53w.

        |
    \  __  /
    _ (m) _
       |ミ|
     /  `´  \
     ____
   /⌒  ⌒\    チーン!
  /( ●)  (●)\                そうだお!
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |              「■■■■■■■■航海記」。
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ            こいつはどうだお?
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /



            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|          なんか……最近の流行りの踊りの名前みたいで、
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /           ぶっちゃけすごく嫌なんですが……
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |




             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____ 
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \    こまけぇこたぁいいんだよ!!
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

73 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:17:00 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


     そ う こ う し て い る う ち に ・ ・ ・ ・ ・ ・


                    ●


                    ●


                    ●

74 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:17:13 ID:kBWt53w.

       ∩
       ||  / ̄ ̄\
       || /   _ノ  \       もしもし、ああ、どうも。
      /〔|    ( ●)(●)
      〔ノ^ゝ    (__人__)       今日、発売ですか。わかりました。
      ノ ノ^,-    ` ⌒´
     /´ ´ ' , ^ヽ      }       後で本屋に行ってみます。
     /     ノ'"\.  ⌒
   人    ノ \/,_ __ノ
   /:::::\_/l:::::::\ー-.,ノ、゙,
  ,/::::::::::ノ::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

75 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:17:33 ID:kBWt53w.


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)       担当さんから今日発売、って言われたけど、
.   |     (__人__)       正直、売れる実感がわかないんだよな・・・・・・
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }        そもそもエッセー向きじゃないと思うし、
.   ヽ   L     }          以前書いた自費出版も失敗してるしな・・・・・・
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

76 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:17:48 ID:kBWt53w.


      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|       まあとりあえず、
     |    (__人__) | 
    |     ` ⌒´ |        紀ノ国屋書店にでも行ってみますかね。
     |       |
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))

77 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:18:02 ID:kBWt53w.

            |                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            |                | |二二二二二二二二二|| |二二二二二二二二
            |                | |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
            |                | |==================|| |================
.           ┏━┷━┓            | |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
.           ┃      ┃   ∧_∧      .| |==================|| |================
      /| .┗┯━┯┛  (・∀・ )     . | |lllllllllllllllll/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  |  | ̄ ̄ ̄ ̄|\ (|| ̄|| )     .| |======| |二二二二二二二二二|| |二二二二
   /|  .゙|  |        |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|_| |||||||||||||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
 /  |  .゙|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |_|二二二| |==================|| |========
 |  ..|  .゙|  | 中 央 公 論        | , ,.ノ  、   | |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |lllllllllllllllllllll
 |  ..|  .゙|  |__________| l (● ●    | |==================|| |========
 |  ..|  .゙|/                 |  (__人)   | |lllllllllllllllll/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 |  ..|  /                  ヽ    ノ   | |======| |二二二二二二二二二|| |ニ
 |  ..|/                    ハ   ヽ   | |||||||||||||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |ii
 |  /                      l l    ll    |_|二二二| |==================|| |=
 |/                      ( |    |)            | |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |ll
/                        し  .J          | |==================|| |=
      /「「「「「「「「「「「「「/「「「「「「「「「「「「「/|     /「「「「「「「「「「「「「/「「「「「「「「
      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

78 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:18:21 ID:kBWt53w.

    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |     新刊のところとか見たけど、やっぱり置いてないなあ・・・・・・
  |               |
  |              l      っていうか、新刊のところが妙にスカスカなのが気になるが・・・・・・
  |          /
  |        〃/
  \、__     (
     _)_ ===\      仕方がない。
    /          \
   /            ヽ   ちょっと恥ずかしいが、店員さんに聞いてみよう。
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
  釗  釗 釗 j l   |

79 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:18:37 ID:kBWt53w.


    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |    あの、すみません、店員さん。
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |  ` ⌒ ´  |     北杜夫の『どくとるマンボウ航海記』って、今日発売ですよね?
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
        (゙  ))

80 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:18:50 ID:kBWt53w.

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
             /        ヽ `Y′之>
      .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
            l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |      『どくとるマンボウ航海記』は、今朝入荷したんですけどね。
            |ハハ(●) (●_) / / ,/レ′      開店と同時に一気に売れてしまいました。
              `|  ヽ     「)'/|/
              ヽ、_ ― _,.ィT/           追加発注を出してるんですけど、
.                ,〈 |:| l  lハ            いつ入荷されるか分からない状態で・・・・・・
               /  l /  { !
              ,〈,,,_//  /  l
             (__ {==( `ヽノ ,ノ{
      / ` - .,  /    }ー7/~ヾ:::::l  ,、、
     /     ` - .,    i:://:::::::::i::::::l/ヽ ヽ,
    /        /\  //_::::::::::リ/、/ヽ  ヽ
 / ` - .,     /   \ /  !` t ヽ.ノ   ヽノ
 ` - ..,   ` -.,  /    //  .lー i
  〃 。` - .., ` 、   //、、,,,ノ  !
   ヽ_ ノ  〃` / 二ニ/   ヽイ|
               `ー -- ┘

81 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:19:10 ID:kBWt53w.


     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)        一気に、売れた、だって?
 .   | U   (__人__)        そんなはず、ないだろ・・・・・・常識的に考えて。
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)




               _   _,
            ___,> Y´'ー-、
           _>z二_ ___`ー≧__
           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
          /        ヽ `Y′之>
      .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
         l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
         |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′     大量に入荷したんですけどね・・・・・・
         '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/
      .        ヽ、  ― _,.ィT/         申し訳ありません。
              l 7ETニ:ィ1│
           i´\ レw、,! /`i
           ` 、 ヾ彡 ミソ ./
               ヽ ヽ |:|/ /
              ヽ, ゝ/、/、
             / ヽ- v' \
            / :l | i'  i! | l :、
           /  :! !  ` ー'  ! i 丶
           ト、 ``='`='`=' '´  ,.ゝ,
            ` ミ_ = = =_ 彡 '´
              ~i  ̄ i i~
               !  | |
               |=o=! _',、
              ,'´`ー '|___,.!
              `ー─'

82 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:19:31 ID:kBWt53w.

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)       ははは、大量入荷で、即日完売とは・・・・・・
  . |  u  (__人__)
    |      |r┬|}
    |      | | |}
  .  ヽ     `ニ}
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
北杜夫が1960年に発表した『どくとるマンボウ航海記』は超ベストセラーとなり
また、今なお読まれる名著となっている。

さらに同年発表した『夜と霧の隅で』で芥川賞を受賞。一躍人気作家となった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                               【おしまい】

83 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:19:50 ID:kBWt53w.
【登場人物紹介】

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\                   北杜夫(1927〜 )
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |                  精神科医で芥川賞作家。
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |                  父は斎藤茂吉、兄は斎藤茂太、娘は斎藤由香。
 |:::::::::::::::||       }                   「どくとるマンボウ航海記」で人気作家になり、
 |:::::::::::::::||        }                   「夜と霧の隅で」で芥川賞を受賞。
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ                    以後、「楡家の人びと」に代表される小説や、
 |::::::::::::::(_____ノ´||                    「どくとるマンボウ」シリーズのようなエッセー、
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||                    さらには児童文学、童話なども手がけている。
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \|| 

                                                 / ̄\
                                                 |     |
                                                 \_/
                                                 __|___
   斎藤茂太(1916〜2006)                              /      \
                                              / ─    ─ \
   精神科医で随筆家。父は斎藤茂吉、弟は北杜夫。           /   <●>  <●>  \
   「モタさん」の愛称で有名。                         |  :::::: (__人__)  :::::: |
   精神科医としても随筆家としても精力的に活動し、           \.    `ー'´    /ヽ
   その著作物の数は弟・北杜夫を凌駕するという。             (ヽ、      / ̄)  |
                                              | ``ー――‐''|  ヽ、. |
                                              ゝ ノ      ヽ  ノ  |
                                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

84 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:20:05 ID:kBWt53w.
                    ____   ,
                  /     \  -
                /  ⌒   ⌒\`          奥野健男(1926〜1996)                   
               /   ( ●)  (●) \
               |      ___´___    |         文芸評論家・科学技術者で、多摩芸術大学名誉教授。
               ヽ、    `ー '´   /         宮脇とは小学校時代の、北とは中学時代の友人。   
             / ̄ ̄ヽ           \        東芝でトランジスタの研究をしながら、          
            (「    `rノ          \       一方で吉本隆明らと文芸評論を行う。          
             ヽ   ノ              \     「太宰治論」「三島由紀夫伝説」などが有名。      
              |   |             「\   \


                                                 ,.-、
                                      ____        ( ノ゙\    __ ,(ミ三三ニ ~ ;;ヽ
宮脇俊三(1926〜2003)                      /      \    i′ ヽ_ )  /,/゙       ̄`゙ミ ;;ヽ 
                                   / ―   ―  \   .〉  ,.く    |ミ|   ニ     ミ;;; |
元中央公論社常務取締役の紀行作家。          / (●) (●)   \/   ハ ヽ  |ミ'iilll="  -=lllIヾ  ミ |
中央公論在籍時は編集者として               |   (__人__)      |   /  ヾ  {{ ,kェ、}}={{ ,kュ、}}==~ヽ
北杜夫「どくとるマンボウ航海記」などを担当し      \    ヽノ      / /  ! i  }L_⌒ノj ::!L_⌒_,ji  〉6i
また中央公論・婦人公論編集長などを歴任。         \_          <、   〃ノ  |   ,| う、     |_,ノ
退職後、紀行作家に転身し、                 /       ,.-、   _, -` く '"    | / `j ゚' ヾ、 i ,,j        
「時刻表二万キロ」「時刻表昭和史」などを執筆。     /   |       (`   ̄     〉    ゙t   '`=`ヾ j j,"|::`i、_ 
                                  !  <|       ヽ、__,.― --―'     _ヽ、__゙_,,-‐" /|:::::|':::::: ̄
                                  \_ ヽ''^ヽ      |        :::::::::::/:::|ヾ_ / |:::::::|:::::::::
                                    `ヽ、_ン′       |         ::::::::/::::::|/〈_〉\ |:::::::|::::::::::


【出典】
「私の途中下車人生」宮脇俊三
「マンボウ交友録」北杜夫
「隣人・宮脇俊三先生のこと」北杜夫×斎藤由香(KAWADE夢ムック「宮脇俊三」)
「若き日の友情 辻邦生・北杜夫往復書簡」辻邦生・北杜夫

85 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:21:14 ID:kBWt53w.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

次回は水曜日くらいを目安に投下したいと思いますので、お願いします。

86名無しのやる夫だお:2011/06/05(日) 21:21:31 ID:v1aVC94c


87名無しのやる夫だお:2011/06/05(日) 21:21:48 ID:fmeP/AAg


88 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:35:55 ID:kBWt53w.

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<           このスレと関連ありそうなスレをちょっと推薦。
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i         まず「【やる夫たちで】ショートショートシアター【星新一劇場】」様
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1306651871/
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)      北先生と係わり合いの深い
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/      星新一先生のショートショートのやる夫化です。
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

89 ◆KcxXifcWsc:2011/06/05(日) 21:36:23 ID:kBWt53w.
          _,  -―‐- 、
       //    , -- 、_ >、
     r'_     {   , -、   }'、
    /´ ̄ ̄三二ニヘ  ゝソ  ,'ハ
    7ァ …―‐ -----\  /丶.ハ
    l /_       _ - '´¨ \ ヽ l         もう1作品は私が紹介するかしら。
    l |!  ̄ _     , − 、   V┐l!
  ∧ ヘヘ.  /f¨ヽ   ' |, -‐七Y゙ り l!        「やる夫と真紅は深い河を渡るようです」様
<  > r'ヘ、, -― 、  _ / ー‐' ノ 〃/        ttp://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1306297875/
  ∨  |  {丶  ̄ノ´、:::.` ¨´  r'/ ̄ヽ        ttp://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1306680166/
     / / 大 ¨´  - −'  ∠/  ̄ソ        ttp://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1307266980/
     〈    Vミ>_ 、__  イ| 「l ̄ソ-、
      V  |!ーr‐__j___」「f T   ',       遠藤周作の晩年の名作「深い河」をやる夫化した作品かしら。
    /ヘ、 ハ. ! 〈/¨\〉 リ l    ',
    入ルxイ´」 |   ハ     |    ',
   ,'  ヘ  /ヽj          l     ヽ
   /   ヽ } |\  ハ   /      }
   l     \ !  \   /       /
  /       l ',  /{]\       └、
  |       \ヽ、 ハ
  l          ヽ}
   \        /

90名無しのやる夫だお:2011/06/05(日) 22:32:43 ID:WgY7Xhss
乙です

91名無しのやる夫だお:2011/06/06(月) 00:44:05 ID:wQSsSdMM
乙でしたー

92 ◆KcxXifcWsc:2011/06/07(火) 19:38:45 ID:kBWt53w.

      .ィ/~~~' 、
    、_/ /  ̄`ヽ}
    ,》@ i(从_从))
    ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||    私も出るのだわ。
    || 〈iミ''介ミi〉||
    ≦ ノ,ノハヽ、≧
    テ ` -tッァ-' テ

「現代文学のちょっとした裏話」
第2回を明日21時に投下いたします。

93名無しのやる夫だお:2011/06/07(火) 20:56:06 ID:ma1auOKM
アイサ

94名無しのやる夫だお:2011/06/08(水) 09:18:25 ID:noAWzav.
了解ですー。

以前も思ったけどこの配役はなかなか妙味があって好きですw

95 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:02:00 ID:kBWt53w.
こんばんわ。皆様、ご声援ありがとうございます。

それでは始めましょうか。
現代文学のちょっとした裏話。

96 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:02:25 ID:kBWt53w.
【「航海記」その後……】


    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |         と、いうわけで、私が北です。
   |  |  |  ` ⌒ ´  |
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
        (゙  ))

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1960年3月に発売された北杜夫の「どくとるマンボウ航海記」は、
 瞬く間に、大ヒット作品となった。

 さらに同年7月、「夜と霧の隅で」で芥川賞も受賞する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

97 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:02:44 ID:kBWt53w.

     . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
    ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. .                         . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..    .   ,,__,,..                           .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
 :;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..     γ" ̄     ̄"ヽ , :::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_          .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
. :;:;:;:;:.:.:.:... .     /            ヽ :::.:::.:::::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ        . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
.:;:;:;:;.:.:.:... .      i            ,,ー、::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:?、         . ..:.:.:;:;:.
           |                |:.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
           |          ( ⌒ !/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
           |                \ . /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
           |             (__) ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
           .i              丶-)l i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
             i              /.ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
             i             ノ | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
              i             | .代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
              ヾ          / N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
             ┌二二二二二二二┐! |l,///     ´ ̄ ヽ 1  |   | |   |
            /     ̄       ̄ハー- 、' _,  /// ノ!|   .|   | |   |
            |             i     ̄ ̄\_,. <._ | !  |ヽ  | |   |
             |     ',        i         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"ヽ l l   |
              |       ',       .r\                 i! !  |
            ヽ      ',      F   \              /l !  |
            i      ;      `<`ー' ̄\_    ______人 ! |  !
             i      ;      〔 ュ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄^ー、__::::::::::::::":::ヽ} |  i
            i      ;       \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;.:ヽ  ┴'::::::::/ |/
                            \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その一方で、北は、
 以前の航海の折にドイツで知り合った女性と、交際し、
 結婚することになる。
 
 ちなみに北の結婚式も面白い逸話が多いが……今回は割愛。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

98 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:03:09 ID:kBWt53w.

         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |          斎  藤  病  院         | |
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/



            / ̄\
          |     |
           \_/
           __|___
        /      \
       / ─    ─ \
     /   <●>  <●>  \
     |  :::::: (__人__)  :::::: |           まあ、俺は別にいいんだけどな。
      \.    `ー'´    /ヽ
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北は、航海から帰ってきてから、長いこと兄・斎藤茂太の家に居候をしていた。
 しかし結婚するとなると、さすがに居候はできない。

 そこで、「航海記」の印税やらなにやら、とにかくたくさんの金を手に入れることができた北は、
 自分の家を探すべく、不動産を探したのだが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

99 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:03:41 ID:kBWt53w.

                                         ┌───┐、
 ̄ ̄ ̄|'''''―,,,,_                                |      |  \
======|'''''―,,,,_.|''''―,、                  | ̄ ̄ ̄| ,,‐'''| ̄ ̄ ̄|\
.ll ll ll ll |!l ll ll ll ii ii|. ,、,、| \                 ||~MG/||  |      |  \
======|'''''―,,,,_.|('lフ`|!!llii|         , ‐― 、     .|| ̄~ / .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_\ |、
.ll ll ll ll |!l ll ll ll ii ii|,((())|゛ヾ|        .| /()().|     .|| /  .| |┌───┐| | |
======|'''''―,,,,_.|('jコ`|!!llii|     __,|   '..|       ,| |   ,/|..|゜人,,+ヽ.。|..|_| |
.ll ll ll ll |!l ll ll ll ii ii|(nn、|゛ヾ|    |  .|''⌒゛''|     .|| | ,//|..|(・ -・<ノゝ|..| | ヾ|
======|'''''―,,,,_.|つ ノ|!!llii|    「 ̄''''|::::::::::::|_       || |// .|└───┘|_| |
ゞ,;;ゞ ;; ll ll ll ll ii ii|と_ノ|゛ヾ|    l/ ̄|::::::::::::| ̄|'i  l~|| |/ ,;;ー''|+++++| | |
ゞゞ ;ヾゞ '''―,,,,_.|「愛 |!!llii|  .// ̄|::| ̄|::| ̄|'|~| ゞヾ; ゞ-''.,;;ー''|_____|_| ヾ|
;ゞ ゞヾ ;ゞゞ l ll ii ii|;;;;|ヽ|゛ヾ|/l//|iiii|::|2c|::|  |'| ,,ヾ;;ゞゞ ゞ .,;;ー''|;;G;;从∧_/| | |
,,ヾヾ ;;ゞヾ.二ニ二| ̄、 |!!llii|/l/  |iiii|::|..H|::|  |' ゞゞ ;;;ヾゞ; ゞ   |;;;; i'()(∀‘.:;;;|_| |
; ヾ ;;ゞ;ゞヾ |_|::::::::i|フ.'''.|゛ヾ| , ;;ゞヾ;ゞ |::|_|::| ゞ;; ゞゞ ゞヾ;;ゞ /|从)),、∩∩.:;;| | ヾ|
;ゞヾ ヾ ゞ . ;ア,,ミ《 ,|;;;;;、;;|!!llii| ヾ ゞ ゞヾ|::=-= ,,ゞ;;ヾゞ ゞ;ヾ ゞゞ、 /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_| |
ゞゞ ;ヾゞ .二ニ二| ̄~'l.゛ヾ| ゞゞ;;ヾ; ゞゞ === ゞゞ ゞ ;;ゞゞlilノ"/  |二二二二二| | |
;ゞゞ ;;ゞゞ.  ̄ ̄ ̄|___|!!llii| '',、,、iノ   ,、,、,、,、  ヾlil,'' ゛|i|'  ,,iil|| | ______________ |_| ヾ|
''|iil|iノ i~~~~~~~i  .|___|~'ヾ|  ( )   (jコ )、*)   ,、,、   |i|f!!;;''  |.l______________||
..|ii|i| |l~~~~~~l|  .|  ||~'ヽ|   ∧_∧(  )⊂)  ( ゚) ,、,、∧_∧ ||      || ,、,、
──-、 ================  ( ´Д` )uu uu   (  ) (  (   ,,)  ,、,、,、,、 ('jコ')
□ □ 'ー、――――――‐ ‐  (    )      uu   (    )  ミフ' (フ' ) < )
◎ー◎-''               | | |           γヽ ノ、  ミ,,,,(_)oメ,
                       (_人_)          し 'ヽ_)


            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|           さ、さすがに山手線内は高いだろ……
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /           常識的に考えて……
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

100 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:04:01 ID:kBWt53w.

:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ‖,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy




     シ:::、' ./   /        、  、    /:、:_:1::ト  \
     /:/ソ /  ′ ,'     i    l |  l,   /:/  .|:::| \.  ゙ ,
.    /:// /, ,'  ,'/      j ,イ  〃 ! | !i  ':::'   |:::|   !  /
   /://ィl /l ! ' i l !   //,j /,_ノナj,' l 、!:::|   ,!::;!  ′ ′
   ゙リ/ ! ,、rヘl l i l ! /レ i/_. 'rヘ l〉::!/   !:::i /  /
     V、 lメ / ∧ィ _ , '  '"   ̄´ ヽ、ヽ、 ,' ヾ:::ソ  /
     / /∠ ^i ´ ̄          // >  `ヽ 7  /        川のそばで湿地だから、ダメなのだわ……
.    / /  ― Yヘ u   ′ _ // ,.ハ/ /  \ ./
   / ,′ ー‐ ハ  \  〜'´  / / / レ` く__rく  !「ノ
.  /  !   々/ー:、_,.‐ァ` 、   / /,/__,/ ̄  ̄∧   ヽ、
  \ヘl  ├′:::::::::::ン'::::/:,:::: ーl/フ :::::::/ /::::::\/ ヽ   \_
    ヾ!  ノイ::!l:::::/:::/:::::′:::::":::::::::::/ /::::::::::::/  /\  /ヽ

101 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:04:21 ID:kBWt53w.

ヾ;;;ヾ;;;;; ;/_/ヽ;;;;ゝ;;;;; ヾ;;;;''"   ゝ ;;;;ヽ;;;;;;ヾ;;;;;;;;ゝ;;ゞ ;ヽ、、、ヾ
ヾヾ;;ヾ /_/ヽ;;;;ゝゞ ;ヽヾ;;;;''"   ゝゞ;;;;;;ヽ;;;;ヾ;;;;;;;;ゝゞ ;ヽ、、、ヾ
ヽ;;;ヾヽ/ /;;; ;;;;ヽヾ;;;;;ヽヾ;;;;       "''ヽ;;:::ヽ;;ヾ;;;;;;;;ゝゞ ;ヽヾ;;;;
;;;;ヽ|ll/_,/ヾ:::ヽヽ ;;;ヽヾ''"        ヽ丶;;;;ヽ;ヽヾ;;;; : ゝゞ;|_,|、_,|
;;|_|;;;/ ./,i :::ヽiヾ; ヽ;; ;|,|‖       "''ヽ;;;;; ヽ ;ヽヾ:;;;|_|_‖|_,|、_,|
:;|_|/.,,/,|_,| ||iil;;;;ヽヾヾ,|,|‖           ''"\\:::|_|_‖|_,|、_,|
::|/ /、,|_,|l|||_|;;;; ヾヽ;;|_|‖              ;;;ヽ_>|_|_‖|_,|、_,|
,,'___/;;;::|_,|;|||_| ゞゝ;;;;;||_|               ". ||;;ヽ_> l_ |_,|、_,|
  /||;; l|_.|;|||_|||;; l|_|;|||_|,;             ヾ,,|| |-|ヽ_> |_,|、_,|
__/;;||;; l|_,|;|||_|||;; l|_|;|||_|              ,,; ;||;;|-|;;|ヽ_> ,|、_,|
,/ : ||;; l|_,|;|||_|||;; l|_|;|;;''"                '"',| ,|;;|-|ヽ_>、_|
|: ||;; l|_,l;;''"                       "'''=,,...ヽ_>
;;''"'''"""                    


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)           竹やぶのすぐそばはダメだろ……
     |      ` ⌒ノ
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 およそ、20件近くの宅地や建売住宅を見て回ったのだが……
 どうにも「これだ!」というところが見つからない。

 そうこうしているうちに、時間だけが過ぎていった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

102 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:04:39 ID:kBWt53w.

              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ              早く新居に引っ越して……
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ      ずっと構想を練ってきた「あれ」を書きたいんだけどな……
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当時、北は「どくとるマンボウ航海記」「夜と霧の隅で」に続く、
 次回作の構想を練っていた。
 そして、早く執筆したかった。

 ところが、生活の基盤となる新居が見つからない。

 北は焦っていたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

103 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:04:57 ID:kBWt53w.

      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\           いやあ、北さん。
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //          また、飲みに行きましょうかお?
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな折、宮脇俊三が北を訪ねてきた。

 今でこそ奇行……じゃなくて、「紀行作家」として有名だが、
 当時の宮脇は中央公論社の編集者で、北に「どくとるマンボウ航海記」を書かせた人物である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

104 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:05:33 ID:kBWt53w.

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)            宮脇さん……
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }             飲みたいのは山々なんですが、
.   ヽ::::::::::::::    }              今はそれどころじゃないんです……
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\         新居のことかお?
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /          実は、いい物件があるお。
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

105 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:05:50 ID:kBWt53w.

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)            へえ……それは興味深いですね。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }             で、どこなんです?
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |



        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///   |            うちの隣だお。
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

106 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:06:10 ID:kBWt53w.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

  yr
 )ム
冰之z y
从父夭イr
ソ仆戈k斗し
乂ハと少八匕                                               _
イ个イ匕小トし      ∠ニ二^二ニヽ    __ /ヽ、    ,.へ、 , へ、         _,,. -‐¬ '"´.:.:.:.:.:.`
介廾レシ代乂k イ乢r└r────r′'´.:.:.:.:.:ヽ、  ヽ^ニ- ─ く    >¬-‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ン乂北孑儿⊥廴沂伏k |∠ ニニ ヽ│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;> '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
爻戈乂尤ン之k泝垳ト乢 { 郵〒便 }| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ.:.:.:,;.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
尓小Y爻久乂泝收游卦 ト、P0STノ│_从Y林卆k¬=弍來k二三三三二三三三二二二三三三三二 ニ
ヌ以从y戈k孑湫批效收「  ` ̄´  ¨|    ̄`ヾ率ィkュュュュュュュュュ芻  ─`ヽ、− ─`` ー- 、_ イヽ二ヽ
戈キY尓父ト派收批彬淵        | ‐ ─ ''  ̄_   _ュュュュュュュュュュ ̄` ー- `ヽ二二 ̄__艸トュ r三L
爻丱W从リj浙似彬批矧| ト ---イ  |7ヱ三 ̄ _ 〕 〔?广TT弋ゝ、二ニ ¬ー──────────
ネ仗!|朮k湃漆柎游苕翔 || ̄ ̄||  |        ヽ '^率、    く艸k      `ヽ、      ` ー- 、
什メ从尖淋坿游苕彬矧| ||__||  |= ======\ ヾ來、   `ヾ_夲k ====ヾ ==== = = =
タ乃リミ斗芡漆苕游戔翔 ` ̄ ̄´  |           ヽ、 `'卆k    `丶率      `ヽ、
爻カ||k夭汽苕辧彬辨戔|         | = = = = ===== ヽ、 Yw从YW仆 ィイ ヘYハ   ヘY/
`^Yj|l广´ `¨'`^卅¨^ _,」         L_           、vヘYリ州jハ州リハjKじY州ルイ Yソレ/r ヘWリイ
、wツ|lk__シ艸リy洲ルr_ハ、` ー---一 '´ ハ _、wYレr_、vリ州k災リル艸ハW洲爻W州艸从リ笊州〈ルイ災川ム
゙¨´ "-゙¨'^`^、, `¨'´ ,ト、 ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´_ノ `^'゙´'`″ `^'¨"´_,^'¨^`"´ ¨^",¨` ^`¨'´ `^'¨"  ^'゙´'`_,
  - `'  、;  `" _, ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´、_ ‐ ゙ `' 、, ゙ 、;   ‐'  、_,  ‐ `' 、, ゙  、_;

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □        . __
           ./::::::. \
           /::::::ヽ;;:   \
         . (:::::(::::冫    |
         . (:人;;;) .    |         確か……世田谷の松原でしたっけ?
         r‐-;::::::. .     |
         (三)):::::.. .   |         23区内には違いないですが、
         >::::ノ:::::::::.    /         とんでもなくさびしい場所だったと……
        /::: / ヽ;:::::::::   /
        /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
        (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
          . |\::::::::::::;;:1
          . |:::::\;;/:::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今の世田谷区界隈を知っている方にとって、北のこの発言は、
 「テメエ、ふざけんじゃねー!」って言いたくなる人も多いと思う。

 実際、Googleマップ、それも航空写真バージョンで確認していただけると分かりやすいのだが、
 現在の世田谷区松原6丁目界隈は、ぎっしりと住宅が並び、
 田畑などほとんど存在していない、住宅地である。

 しかしこの当時、多摩地区はともかくとして、23区内でも世田谷や練馬といった地域は、
 田畑が広がるようなところだった。
 良い表現をするなら、これから都市開発がなされるところであったといえる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

107 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:06:44 ID:kBWt53w.

                  _(⌒))___
           ()____|_モ_|_|()______
          / ∧_∧ ~~   .//   ‖ \\
         /  (・∀・ )__  //   ‖.  \\
 ._⊂I__∠__.⊆⌒⊆___)賃走I⊃/   .‖___|_ノー-、
.⊆--┰┬┬┬┬-┰──-⊆ ̄ ̄.| ̄ ̄ ̄|自動ドア| LPガス]
.|:__ :┠┼┿┿┼-┨  __  |...》./⌒|モララー|........../⌒| .._ _L]
〔.ロ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ロ.~ 〕 ./.∩.|タクシー|.   /.∩.| ....___〕
 ヽ_⊆ニ|~ ̄ ̄|モ4649|⊇ ̄ ...|.. ∪|==========|.. ∪|___/
   .ゝゝ__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ゝゝ__/ ̄ ̄ ̄ ̄~ゝゝ__/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まして、北は何度か深夜に宮脇邸を訪れている。

 そのとき、深夜タクシーで新宿から向かったのであるが、
 「なんだか細い道をずいぶん長いこと走ったような印象で、ひどく遠隔の地だと感じたものだ」
 と述懐している。

 もっとも、深夜であること、おそらく北は酔っ払っていたこととかを考慮すると、
 幾分か差し引く必要もあるようにも思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

108 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:07:02 ID:kBWt53w.

  yr
 )ム
冰之z y
从父夭イr
ソ仆戈k斗し
乂ハと少八匕                                               _
イ个イ匕小トし      ∠ニ二^二ニヽ    __ /ヽ、    ,.へ、 , へ、         _,,. -‐¬ '"´.:.:.:.:.:.`
介廾レシ代乂k イ乢r└r────r′'´.:.:.:.:.:ヽ、  ヽ^ニ- ─ く    >¬-‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ン乂北孑儿⊥廴沂伏k |∠ ニニ ヽ│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;> '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
爻戈乂尤ン之k泝垳ト乢 { 郵〒便 }| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ.:.:.:,;.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
尓小Y爻久乂泝收游卦 ト、P0STノ│_从Y林卆k¬=弍來k二三三三二三三三二二二三三三三二 ニ
ヌ以从y戈k孑湫批效收「  ` ̄´  ¨|    ̄`ヾ率ィkュュュュュュュュュ芻  ─`ヽ、− ─`` ー- 、_ イヽ二ヽ
戈キY尓父ト派收批彬淵        | ‐ ─ ''  ̄_   _ュュュュュュュュュュ ̄` ー- `ヽ二二 ̄__艸トュ r三L
爻丱W从リj浙似彬批矧| ト ---イ  |7ヱ三 ̄ _ 〕 〔?广TT弋ゝ、二ニ ¬ー──────────
ネ仗!|朮k湃漆柎游苕翔 || ̄ ̄||  |        ヽ '^率、    く艸k      `ヽ、      ` ー- 、
什メ从尖淋坿游苕彬矧| ||__||  |= ======\ ヾ來、   `ヾ_夲k ====ヾ ==== = = =
タ乃リミ斗芡漆苕游戔翔 ` ̄ ̄´  |           ヽ、 `'卆k    `丶率      `ヽ、
爻カ||k夭汽苕辧彬辨戔|         | = = = = ===== ヽ、 Yw从YW仆 ィイ ヘYハ   ヘY/
`^Yj|l广´ `¨'`^卅¨^ _,」         L_           、vヘYリ州jハ州リハjKじY州ルイ Yソレ/r ヘWリイ
、wツ|lk__シ艸リy洲ルr_ハ、` ー---一 '´ ハ _、wYレr_、vリ州k災リル艸ハW洲爻W州艸从リ笊州〈ルイ災川ム
゙¨´ "-゙¨'^`^、, `¨'´ ,ト、 ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´_ノ `^'゙´'`″ `^'¨"´_,^'¨^`"´ ¨^",¨` ^`¨'´ `^'¨"  ^'゙´'`_,
  - `'  、;  `" _, ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´、_ ‐ ゙ `' 、, ゙ 、;   ‐'  、_,  ‐ `' 、, ゙  、_;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 確かに世田谷区松原界隈は、昭和30年代当時、まだ鄙びた田舎、といった感じであった。

 しかし、井の頭線……宮脇流に言うなら「帝都線」の東松原駅に近く、
 また小田急線の駅にも近くて、新宿にも渋谷にも出やすい場所である。
 もとより、鉄道趣味の強い宮脇ということを差し引いても、交通の利便が良いのは事実であろう。

 その点を考えると、鄙びていても環境的には優れていた土地と言えた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

109 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:07:23 ID:kBWt53w.

         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |          斎  藤  病  院         | |
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/


           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /   ⌒   ⌒   \       患者さんのことを考えると、
      |    (__人__)     |       病院は交通の利便がいいところでないとな。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、兄・斎藤茂太の経営する斎藤病院は、当時、新宿御苑の近くにあった。
 もとより交通の利便はよく、そもそも簡単に都心に行ける場所であった。

 その兄の家に居候していた北は、後に「便利すぎる場所」だったと述懐している。
 確かに、歩いて新宿の繁華街にいけるような場所なのだから、「便利すぎる」のは事実であろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

110 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:07:42 ID:kBWt53w.

           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´       あの時は夜だったから分からなかったけど……
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|              思ったほど悪くはない土地ですね。
 | ___)  ::|+{          .|     十
 | ___)  ::|  {       _ |              ここにします。
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\              それはよかったお。
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |             ……そうだ!
      \       ゙ー ′  ,/             敷地の境の垣根に木戸をつけて、
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ              行き来できるようにするお。
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|             そうすれば、飲みに行きやすくなるお!
    | ヽ〆        |´ |

111 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:08:05 ID:kBWt53w.

< おっ、それいいですね〜♪

     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二   
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ    
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ    
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r  
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ    
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬   
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:   
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:    (私、こんな田舎で……)
      ヽ|l ',ヽ \ !, Y⌒ヽ  '′   /⌒ヽ    ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.` ヽ ,ノ       丶 ,ノ | | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:    (やっていけるのかしら????)
      |    l l.|. ',     、     | | | l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l.|   |:
       |   / / | ト、    r――┐ ! ! !| l| |/      ヽ:| .|l    !
.      |  / / | |_.> 、└――┘_..-.、 l l ! !            |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |            | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、         .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、        ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \      ! l   |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 と、後の北夫人は、そんなことを思いながら泣いたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

112 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:08:26 ID:kBWt53w.

     |    | ̄ ̄| ̄ ̄|三三|       ├┬─┬┬─┬┬─┬─┰─┤  |   |
     |    |    |    |三三|       | |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,| /////ヽ,|  |   |
     |    |__|__|三三|     _|______________/|  |   |
     |_____________| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |||_|/∧
     ////////////////////////////|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|///// ヽ
   //////////////////////////////////////////////////////////////  |ヽ
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄  .|
     |               _____                   |  /| |
γ⌒ヽ  ∵∴ ̄ ̄|三三|.     |三||───||   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|三三三| .|  |/ |
;;(;;;;;;;;;;;;)∴∵∴   |三三|.     |  || 「 「  ||   |      |      |三三三| .|.    |
二二二二二二二二二二二二二i.  ||o.     || i二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二l二二二l二二二l■〒■| |  || 「 「  ||  |二二二l二二二l二二二l二二二l二二二l二
二二二l二二二l二二二l二二二|_|_||___||_|二回二l二二二l二二二l二二二l二二二l二
二田二l二田二l二田二l二田二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二
二二二l二二二l二二二l二二二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ              念願の新居を手に入れただろ!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 かくして、北杜夫は、
 東京都世田谷区松原の地に自分の家を構え……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

113 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:08:42 ID:kBWt53w.

          / ̄ ̄\
        /  _ノ   \
     |  ( へ)( へ)
        |      (__人__)
       |     `⌒ ´l                  これで長年練ってきた「あれ」が書けるぞ!
      |         }
      ヽ        }
       ゝ     丿
  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして、意欲的な創作活動を開始した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

114 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:09:17 ID:kBWt53w.

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r、;;;;;;;;;;;;;ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;' ヽ;;;;;;;;;;;;;;ヘ
;;;;;;γ二ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;''  /ヽ;;;;;;;;;;;}
;;;;;;;i /⌒}};;;;;;''"´  /   ∨ソソ
;;;;;;;i  ノ/〃   /ヘ、   トヾ、
;;;;;;;;!、ーゝ  :   / 弋ァト、 ハ:i ヽ、
;;;;;;;;;;;〉7   :  /   ∨ソノ  i|   ';
;;;;;;;;;/ !   :: /      i′ il   i!
;;/!/ i   : /        !  i|   |!
//  ヘ.    i:       !  i!   i!          全 け き 鳥 海 山 は か く の ご と
.    ヘ.  i `ー 、,,,rー-ゝ /   /
ヽ    ヘ  !   r'"ヘ  /   /           か ら く れ な ゐ の 夕 ば え の な か
;;;;\/⌒;、    /   \
;;;;;;;;;;\;\ \_ _ノ     \
ヽ;;;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;\;;;;;;;;;/;;/
;;;;;;;;;;;;\;/;;く
;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;\

   【斎藤茂吉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところで、北杜夫は、世田谷と縁が深い。

 例えば、父・斎藤茂吉が経営していた青山脳病院は、世田谷代田の地にあった。
 平成22年まで診療を行っていた東京都立梅ヶ丘病院である。

 そういうこともあって、北も幼少期は世田谷・代田の地に住んでいた。
 その世田谷の地に結婚して再び戻ってきたわけである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

115 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:10:05 ID:kBWt53w.

       __________
    r´ ´\                \
    (    \   楡家の人びと   \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 世田谷・松原の地に引っ越して、最初に書き上げた長編小説が、
 自らの家である斎藤家をモデルにした小説「楡家の人びと」であったのは、
 やはりそういう縁がなしたものだったのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【おしまい】

116 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:10:21 ID:kBWt53w.


【出典】
「私の途中下車人生」宮脇俊三
「マンボウ交友録」北杜夫
「隣人・宮脇俊三先生のこと」北杜夫×斎藤由香(KAWADE夢ムック「宮脇俊三」)

117 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:10:52 ID:kBWt53w.
以上でございます。
ご清聴ありがとうございました。

118 ◆KcxXifcWsc:2011/06/08(水) 21:12:56 ID:kBWt53w.
次回ですが、金曜日か土曜日を目安に投下したいと思います。
次回は旧作品をほぼ変更なしで投下しますので、ご了承ください。

119名無しのやる夫だお:2011/06/08(水) 21:46:31 ID:38F5vSAE
乙ですー

120名無しのやる夫だお:2011/06/08(水) 22:53:53 ID:.SN3Y0EU
乙華麗

121名無しのやる夫だお:2011/06/09(木) 09:19:53 ID:noAWzav.
乙でしたー。
宮脇氏と北氏、仲がええのうw

122sophnuts★:<お茶ーっ!>
<お茶ーっ!>

123 ◆KcxXifcWsc:2011/06/10(金) 23:52:26 ID:kBWt53w.
連絡。明日投下します。

124名無しのやる夫だお:2011/06/11(土) 00:10:22 ID:CHuUZlG2
了解ですー

125 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:00:16 ID:kBWt53w.
こんばんわ。

それでは投下します。現代文学のちょっとした裏話。

126 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:01:05 ID:kBWt53w.
【軽井沢の再会…もしくは「マンボウ」前夜】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それはまだ、「どくとるマンボウ」こと北杜夫が 慶応大学病院神経科助手をしながら、
地味に同人雑誌に小説を書いていた、 昭和30年晩夏の軽井沢のお話。.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ;"ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;"ヾ ;ヾ ;;ヾ    ";ヾ   "; ;ヾ  ;     ";:""; ";
""ヾ  " ;" ;" ; " ;;" ヾヾ ;"  ;ヾ" ; ; ヾ ;";ヾ ;ヾ  "〃; "ヾ ;ヾ" ; ;ヾ ;;"
" "" ;ヾ ;ヾ" ;ヾ ; ヾ ;ヾ ヾ;;ヾ  ;ヾ ";ヾ"   ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;〃ヾ ヾ ;;""   ヾ ;"
  """   ;"ヾ ;"ヾ ;   ;ヾ";  ;ヾ ;ヾ;";ヾ ;ヾ";  ヾ ;ヾ ;"  ヾ " ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;"
      ;ヾ ヾ ;ヾ ヾ ;ヾ;" ;";ヾ  ";ヾ ;;ヾ ;ヾ"  " ;ヾ ;ヾ ;ヾ ; "ヾ"" ;"
     "ヾ;" ; ヾ  ;"ヾ ; ;ヾ ;ヾ;"  ";ヾ ;"    /ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ   ";; ;ヾ ;ヾ" ;;
    "" ;ヾ ;";"ヾ;";ヾ ;ヾ__ ;;"ヾ ;ヾ; " ;ヾヾ "//  ;ヾ    ";ヾ ; ;ヾ ;ヾ ;ヾ ; ヾ
  ;"ヾヾ;"ヾ ;ヾ;"ヾ;;"ヾ;\\  ;"ヾ ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾヾ ";ヾ"  ";   ;ヾ" ; ;;ヾ"
""" "ヾ ;ヾ ;" ;";ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;  ;"ヾ    ;ヾ; " ;;ヾ 〃";ヾ ;ヾ" ;ヾ ;ヾ  ";;ヾ ;ヾ ;""
  " " " "ヾ ;ヾ ;ヾ;" ;;" ;"ヾ __ ;;"   ";ヾ ;ヾ  ;"ヾ ; ;ヾ ;ヾ"  ; / "; ;ヾ ; ;ヾ ;"
      " ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;" ";ヾ ;"  ;ヾ ;ヾ  〃 ";ヾヾ ;ヾ "  " ; ; ; ;ヾ ;ヾ";
"ヾ ; "     ;;"ヾ;"〃  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ ;;ヾ ;../ ;ヾ  ;" ;ヾ ;;ヾ ;ヾ"
   ";ヾ ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  " ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";ヾ ;;"ヾ ; ;"//  ;ヾヾ ;ヾ  ";"; ;;"ヾ ;
 " ヾ ;ヾ ヾヾ   ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;"ヾ   ; ;"  ; ヾ 〃";ヾ ;"  ";. ; ;ヾ ;ヾ ;" ;
 ;"";""; " " ;_; " ";  ;"ヾ ;ヾ ;ヾ;" "ヾ;" i  i  l ";ヾ ;;ヾ ;;"      "ヾ; ;";ヾ ;;"
   ";ヾ  ;ヾ ; ";  " ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;ヾ|i   l  l i|/"/゙   "    "    " ヾ "
     " ;ヾ ヾ ;"    " ;ヾ ;ヾ; " ヾ|ll l | |゛l|/"     " __
       " "        ヾ;"ヾ゛ || | ll | |.        〃_@_li
            "         | l | ゛ |  | |   "    ||BUS|  .ノ 、 、
    "          "         |||   | ゛|       ヾ.二.フ  ● ●) l
  ,,,,,   ,,,,,, "   ,,,,,   ,,,,,,    || | ゛ | l |、 ,,,     _ ||   (人__) |
 ,,,                       ノノ 人 ヾ、 ヽ、   ,,,  || ̄ ̄| /^)  .ノ
,,,,,   ,,,,,, "   ,,,,,   ,,,,,,,,,,   ,,,,,, "   ヽ  ヽ ゛ ,,  ||≡≡| ヽ   ヽ
       ,,,,,   ,,,,,, "   ,,,,,   ,,,,,   ,,,,        ||__| |   | |
                                       ||   ゝl  lし'
                                   ((二二) `(_ノ

127 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:01:22 ID:kBWt53w.

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (●)  (●)\  ヽ   /
 /   /// ___´___ ///\ / `   /      あれ、宗吉くんじゃないですか?
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆         

    【奥野健男】


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    あれ、もしかして、奥野さんか?
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)|

  【北杜夫(本名・斉藤宗吉)】

128 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:01:38 ID:kBWt53w.
                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   /// ___´___ ///\ / `   /       いやあ、久しぶりです。
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)    麻布中学卒業して以来だから・・・・・・
. |  ///(__人__)     12年ぶりだろ、常識的に考えて。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     今、なにやってんすか?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

129 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:01:50 ID:kBWt53w.

         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \     東芝でいろいろと開発してます。
    /    (⌒)  (⌒) \
     |       __´___    |    宗吉君は?
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)    親父や兄貴と同じ商売。精神科ですね。
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ     もっとも・・・・・・まだペーペーだけど
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

130 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:02:04 ID:kBWt53w.

         ___
       /     \
      /  _⌒  ⌒_ \
    /    (。0)  (。0) \     すごいじゃないですか。
     |       __´___    |     ペーペーでも。
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


        / ̄ ̄\
.     /   _ノ  ヽ
       |   ( ⌒)(⌒)       まあ、本当は、
.      |    (__人__)       純文学の小説家とかになりたいんですけど。
       |     ` ⌒´ノ
        ン       }
.     /⌒ヽ、    _ノ
    /   ノ \__ィ ´
    /  /    '|.
   (  y      |.
.    \ \     |
     \ィン、__)、
       |     ij ,ノ
.     |   ,イ  /
       |   |  /
      |,   | ,/
       |  |  |
.      |__|,___|
.      i,___),_`)

131 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:02:17 ID:kBWt53w.
     ____
   /      \
  /  ─    ─\      純文学ですか・・・・・・
/    (●)  (●) \
|        ___'___    |     同人とかやってます?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ⌒)(⌒)       やってますよ。
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ       最近も自費出版で「幽霊」っての出しまして、
       |         } \      小生意気な新進気鋭の評論家のところに送りましてね。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )   確か・・・・・・奥野・・・・・・なんとか、って言ったかな?
  /        .   | _/   苗字が奥野さんと同じで、不届きな野郎だ、って思いましたから。
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

132 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:02:30 ID:kBWt53w.

     _____ 
   / ―   \
 /ノ  ( ●)   \         あれ、、そんなタイトルの本、もらった記憶があるなあ・・・・・・
.| ( ●)  ,      |
.|           /         でも名前が北なんとか、って言ったような気が・・・・・・
.|      '~   /
 \_    ⊂ヽ∩\
   /´     (,_ \.\
    |  /     \_ノ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)         北杜夫ですか?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

133 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:02:45 ID:kBWt53w.

         ___
       /     \         そうそう、北杜夫だ。
      /   \ , , /\
    /   (●)  (●) \       本の作りは粗末だけど、内容は傑作でした。
    |       、__',_,    |      ひそかに無名の天才を発見した、と思って久々に興奮したんですよ。
     \         , /
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |      それ、俺のことですよ。
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

134 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:02:57 ID:kBWt53w.

         ____     l_
       /     \    /
      /  \   / \   >
    /   (○)  (○) \ \        えっ!
    |       __´,_    |
     \     /__/   /


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |     でも、俺は確か、新進気鋭の奥野っていう文芸評論家に、
     . (人__)      |     「幽霊」送った記憶が・・・・・・
     r-ヽ         |
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

135 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:03:07 ID:kBWt53w.

         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\    ・・・・・・それ、僕です。
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /    今、吉本隆明さんとかと一緒に、文芸評論の同人やってるんです。
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |             ええええええええっっっっ!!!!!
   |   |   |   }
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__

136 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:03:19 ID:kBWt53w.

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \               いや、俺は奥野健男という、素人のクセに、
    |    ( ○)(○)             俺の専門の精神病学や精神分析学を使っている、
 .   | U   (__人__)              小生意気な新進評論家に送りつけたのであって・・・・・・
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡          先輩の奥野さんに送りつけたわけでなくて・・・・・・
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)


         ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー) \          ・・・・・・だから、それが僕なんですって。
  | / .イ    '       |
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /          ・・・・・・昔の斉藤宗吉と一言書いてくれればよかったのに。
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ

137 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:03:32 ID:kBWt53w.

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)
.   |  u  (__人__)            奥野さん、文芸評論家になどなっているとは、ケシカランですよ・・・・・・
    |      |r┬|}
    |      | | |}
  .  ヽ     `ニ}
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この軽井沢の偶然の再会以来、北と奥野の交友は親密になった。

 当時、奥野は東芝の研究所にエンジニアとして勤めるかたわら、
 吉本隆明や遠藤周作らと文芸評論同人誌「現代評論」を立ち上げたばかりであった。

 その後、奥野は北を「現代評論」の同人たちに紹介しようとしたのだが、
 シャイな彼は、同人の会に顔を出そうとはしなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

138 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:03:45 ID:kBWt53w.

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |      チィース 奥野さん。
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }      ちょっと読んでもらいたい原稿、あるんですけど。
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||

139 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:03:57 ID:kBWt53w.

           ___
         /      \
        /        \         「岩尾根にて」「羽蟻のいる丘」「霊媒のいる町」ねぇ・・・・・・
      /     ⌒ !! ⌒ \
      .|      ( ●) (●) |  __  うん、うん。なるほど・・・・・・
      \        / ̄ ̄⌒/⌒   /
      (⌒      /     /     /
      i\  \ ,(つ     /   ⊂)
      |  \   y(つ__./,__⊆)

140 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:04:09 ID:kBWt53w.

            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )      これはすごくいい作品ですよ。
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3    早速、どこかの文芸雑誌に持ってってみましょう。
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´


゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o

141 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:04:21 ID:kBWt53w.

        / ̄ ̄ ̄\
       /  ⌒   ⌒ \
     /  (●)  (●) \       作風とかからして、「近代文学」ですかね。
     |     、 ´      |
     \      ̄ ̄   //|
     /     /⌒ノ ̄ ̄ | ( )
      |   \ / /      |  .|
       \  “  /l      |  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄|_____|./ ̄ ̄ ̄



            / ̄ ̄\
          / ._ノ  ヽ、\  
          |U(○)(○)  |
          |  (__人__)  |
          |   |r┬-| u }
          |   `ー ´u  } 
          ヽ U     /
      ,. ‐- .._ヽ、.,__. / 
    l| /    、  i  }  \ 
      i     ` -、{! /_   \
    |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ
       }  }                ヽ
       | リ、  ..:::        ..   l
      | / `ー::::       , ヘ:::::..  |
      |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... {
    _|\∧∧∧
    >
  /\  ──┐| |
  /  \    /   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ え ?
      \ _ノ

142 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:04:33 ID:kBWt53w.

                   / ̄ ̄ ̄\
                   / _,ノ   ⌒ \
                  /   (ー)  (●)  \    ,'⌒      「近代文学」に紹介しましょう、って言ってるんです。
    , __.          |      __´ _     |  一ヽ_ノ
  _( 丶    \.      \        ̄    /ヽ           都合もよく今日、編集会議だし。
 (丶.\ ヽ__丶...    /         , __  \
  (\ ヽ丶(≡≡≡(..   (  ヽγ⌒) ( 丶、  \
  .\丶(≡≡≡(.  ̄ ̄ ̄\__/ ̄.\ ヽ__丶 ̄ ̄
    丶(≡≡≡(               丶(≡≡≡(

                                              ./ ̄ ̄\
                                             / ヽ、_   .\
                                            . ( (○ ) .   |
     「近代文学」って埴谷雄高さんとかがやってる、           . (人__)     |
     あそこですか?                              r‐-、    .   |
                                           (三))   .   |
                                            > ノ       /
                                           /  / ヽ、 .   /
                                          /  / ⌒ヾ   .〈
                                          (___ゝ、  \/. )
                                             . |\    ,.1
                                             . |  \_/...|

143 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:04:45 ID:kBWt53w.

        ____
      /     \
    /  -     - \      そうですけど・・・・・・・
  /   (●)  (一)  \
 |      __´___     |            ・・・・・・・なにか?
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


                                            . __
                                           ./::::::. \
                                           /::::::ヽ;;:   \
 「近代文学」というと、                           . (:::::(::::冫    |
 左翼のオッカナイ人ばかりのところじゃないですか・・・・・・       (:人;;;) .    |
 埴谷さんも見た目怖そうだし・・・・・・                   r‐-;::::::. .     |
                                         (三)):::::.. .   |
 さすがにあそこは勘弁してくださいよ・・・・・・              >::::ノ:::::::::.    /
                                        /::: / ヽ;:::::::::   /
                                        /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                       (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                          . |\::::::::::::;;:1
                                          . |:::::\;;/:::|

144 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:05:01 ID:kBWt53w.

━━━━━━━━・━━━━━━━━━━━━━…━━━━━━━・━━━━━…━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
................................................................................................................................................................................................................................................
(北杜夫の妄想する埴谷雄高の図)


        ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::     ああ、北だぁ?
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::      斎藤茂吉だかモズクだか知らねえが、
   |Y     l|         ヽ       旧体制をマンセーしてた奴の息子じゃねーか。
   |ノ〆    l|       ー-  |
  /| /      l|       ー-  |       そんな奴ぁ、「強制収容所」送りに決まってんだろ。
   l / r   」{,        ヽ  |       なんなら即「粛清」でもいいぜ、俺は。
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /
     ヘ   ===一       ノ
      ∧
       \≧≡=ニー   ノ

................................................................................................................................................................................................................................................
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━…━━━━━━━━━━━・━━━━━━━━━…━━━━━・━━━━━━━━━

145 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:05:13 ID:kBWt53w.
        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \      うーん、残念ですねえ。じゃあ、とりあえずは、止めておきます。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /      (そうは言っても勝手に持ってっちゃうけどね。もったいないからw)
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

146 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:05:34 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

147 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:05:46 ID:kBWt53w.

         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
   / /   `ー ●ー    ヽ     奥野君、奥野君。
   l |   三   |  三  |
   | l \     |    / l
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /
      【埴谷雄高】
                                                ____
                                              /     \
                                             /  ⌒   ⌒\
                                           /   (● )  (<) \
                   ああ、埴谷先生、こんにちわ。      |       __´___    |
                                            \       `ー'´   /
                                             〉         ⌒ヽ
                                        .     |          、  \_
                                             !          ヽ   _⌒)

148 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:05:59 ID:kBWt53w.

        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ       君が先日持ってきた、君の友人の短編小説、
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐     あれ、すごく、いいよ。
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !      次の号にでもすぐに掲載したいところだね。
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !


                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /       あっ、ありがとうございます!
 /   /// ___´___ ///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /         斎藤も喜ぶと思いますので、早速報告したいと思います。
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 かくして、北杜夫の書いたいくつかの短編が「近代文学」に掲載されるのだが・・・・・・

 埴谷をはじめ、「近代文学」の同人が北の作品を絶賛したことについて、
 奥野は後に「自分のことのようにうれしかった」という。

 ちなみに、後日、北はあまり気乗りのしない状況で埴谷の自宅にお礼に伺っているのだが・・・・・・
 そのとき以降の出来事は後日のお話。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

149 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:06:12 ID:kBWt53w.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな風に、奥野健男は、北杜夫をことあるごとに、いろいろな人に紹介している。
 無論、そのような逸話の中には、失敗談に近いものもあるのだが・・・・・・

 とある日の、あるパーティでのこと・・・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (●) \     三島先生、こちらは北杜夫君といいまして、
     |       __´___    |     私の中学時代の友人です。
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)

150 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:06:24 ID:kBWt53w.

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!           君が北杜夫君か。
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l
     ヽ ゝ            |     !.|l゙              奥野君からいろいろ話は聞いているよ。
     .'Lヽ         ,     l゙/
      l'ァ.l       `..'"    .|’
      .リ ヽ    .ー===-   /
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !

           【三島由紀夫】

151 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:06:36 ID:kBWt53w.

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)     いやあ、私も先生の本を愛読しています。
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ     ところで、先生。
          ,|         }      先生の『仮面の告白』で「てふど」とかいてありますが、
       / ヽ       }      あれは「ちやうど」が正しいのではないですか。
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


                        __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                  /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                   ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                 |;;;|      ノリ     ミ;;;|
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
                  !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    いや、あれは正しい。
                  !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
                 レ' ̄`つ      !;     ,レソ     当時の謡曲集とかにも使われているからね。
           /,ィ='/仁,ヽ     ^'='^     ム'′
          「 ´_,ィ//‐,、ヽ.   ー- ─-:  /
          l ´二,ゞ',\;T´\   ===   ,イl
         ..〈 ` ̄¨ ` 、_)、iヽ, \  ;   //!ヽ、
          !  .ュ⌒`::::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          l   イ ヽノ::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´:イ〉     ):::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::/::', ヽ   /ヽ/:::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::,::::'´::::::::::', ヽ ィ::/::::::::::::!   /;;;;;;'.    !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
  ,::::':´:::::::::::::::::::::', ヽ!l::::::::::::::::::::i   ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  !ヽ::::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!

152 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:06:53 ID:kBWt53w.
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|       いや、私はあらゆる辞書を調べましたが、全部「ちやうど」でした。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/         先 生 も 少 し は 辞 書 な ど
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/          お 調 べ に な っ た ら よ い で し ょ う 。
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|      ははは・・・・・・
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ       今後はそうするようにするよ・・・・・
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\


       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒ 三 ⌒:::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:     (あちゃー・・・・・・宗吉君、地雷、踏んじゃったかな・・・・・・)
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:

153 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:07:17 ID:kBWt53w.

                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

154 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:07:45 ID:kBWt53w.

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/.`-ニニ;;;;x,  ' wr=ニ`-'.|、!       奥野君。
     ]/'.l.|          "      l、.!
     ,!゙ .川  `”´丶   │.'' ̄´  .l l       先ほど会話した、北杜夫とか言う男だが・・・・・・
     ヽ ゝ            |     !.|l゙
     .'Lヽ         ,     l゙/
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’
      .リ ヽ    .-- --   ,/
      /'゙i  .ヽ     ..y.   .ノ|
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_


         ____
        /   u \
     :/  \   / \:
    :/ U (@)  (@) \     は、はい。
    |    u  __´,_  U |:
    :\u    ./__/   /:

155 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:08:01 ID:kBWt53w.

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│rニ;; ..,、   !′ ._.. -;;. !;;.l'      あれは無礼だ。
    .l;; ∴/  _`゙''=  ''! -!「二..,  l、!
     ]/'.l.|   l ノ''    .ノ .│.ノ  .!、l       いかに天才か知れないが、今後僕にああいう無礼な文学青年を
     ,!゙ .川  `゙゙゙゙″−  │''' ̄   l l        紹介しないでくれ。
     ヽ ゝ         |     ,!.|l゙
     .'Lヽ            ,!     l./        何が「ちやうど」だ。
      l'ァ.l      ゛.゛'     |’        「てふど」とは当時の謡曲集などに何度も使われているのだ!
      .リ ヽ    エニニニ‐.    ,/
      /'゙i  .ヽ    ........   ,┤
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\       わかりました・・・・・・
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |     (後日、どうやってとりなそうか・・・・・・)
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ

156 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:08:15 ID:kBWt53w.

                    ●


                    ●


                    ●

                 後日・・・・・

                    ●


                    ●


                    ●

157 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:08:30 ID:kBWt53w.

           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \     宗吉君、あのときのパーティのことだけど・・・・・・
.      |        ´    ij  |
     \     ⊂つ     /
     /           \


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |      いや、正直、恥ずかしい・・・・・・
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |      なんてことをしてしまったんだろう・・・・・・
    l  lヽ      )>       /      本当に奥野さんには申し訳ないことをした・・・・・・
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島由紀夫を怒らせたと聞いたときの北は、大きく落胆したという。
 なにしろ三島は既に文壇の寵児と言ってよいほどの人気を有していたのに対し、
 その当時の北はペーペーの同人作家に過ぎなかったわけだから。

 もっともその後、三島と北は親しい交友関係を結ぶことになるのだが・・・・・・
 それにはもう少し時間が・・・・・・具体的には「どくとるマンボウ航海記」の大ヒットが必要となる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

158 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:08:42 ID:kBWt53w.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このように、奥野健男は、中学時代の友人であった北杜夫を、
 いろいろな方面に紹介するのだが・・・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        / ̄ ̄ ̄\
       / _,ノ  ⌒ \       宮脇君、実は面白い経験をした奴がいましてね・・・・・・
     /  (●)  (●) \
     |     、 ´      |     しかもそいつの文章がまた、面白いんですよ。
     \      ̄ ̄   //|
     /     /⌒ノ ̄ ̄ | ( )
      |   \ / /      |  .|
       \  “  /l      |  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄|_____|./ ̄ ̄ ̄

159 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:08:54 ID:kBWt53w.

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    ・・・・・・その話、ちょっと詳しく聞かせて欲しいお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この男と引き合わせたことが、一番大きな出来事だったのかもしれない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【おしまい】

160 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:09:11 ID:kBWt53w.
【登場人物紹介】


                      | | ::|                         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.
                      | | ::|                        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.
 三島由紀夫(1925〜1970)       | | ::|                         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l
  東京生まれ。戦後直後から文芸同人活動を行う。                  ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}
  1949年には自伝的小説「仮面の告白」を出版、                    ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ
  高い評価を得る。以後「潮騒」「金閣寺」「宴のあと」などの小説や          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、
  「鹿鳴館」など戯曲を発表する。                               ヽ ゙こ´  /     ヽ、
                      | | ::|                            ヽ、  /__,∠、    `'-、
  1970年11月25日、割腹自殺。 ==r=t==ー                                  `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
                      {∠j}                                /           〉 ヽヽ
                      {∠j}                              ィ               ヽヽ
                      {∠j}                           _,,-'´:::                 ゙i
                      {∠(ヽ                            /    `                  }
                      ,イ∠>i \                         /         ,-ィ‐r'´´      /   l
                     {   ̄´   ヽ_                   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
                     {         ` ー 、        ,、 -‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l




                                ,._,. -‐ニ ニ- ._
       , ───  、                ,r' _,,.. -‐-、_   ミ、
     /   / ⌒ ⌒ヽ\             r',r'´      `ーニ:、:ミ、
    /    , ┤  ・|・  |-、ヽ            1/         ,ミヾ :ヽ    埴谷雄高(1907〜1997)
.   /  /  `ー ●ー′  ヽ .         .,i;,         ;' ヾ ヾ;!     台湾・新竹生まれ。
   l  /    三   |  三  | | ̄ ̄ ̄ ̄|   'l"'_、 ' ,;:z;;;,、  i,     .:r'      戦前は共産党員として地下活動に従事、
   | l  \       |    / l |ドスト    |   /ti、:: .:';'_-、"    "i;l::r'".ヽ     のち転向する。
   ヽヽ  ヽ`ー─┴─´/  /. | エフスキー |  .l` 7   `=^ ー     イ; :l      戦後、文芸評論をしながら、
    ヽヽ  \ _____ / / (__ ).     |  ヽ::i'  、 ヾ `   ..:::. ノノ      未完の大作「死霊」を発表。
      >━━━━ ,-、━´  ̄  ノ ̄ ̄ ̄ ̄   l::ー.' ‐'ヽ、    .,, r ‐'       ドストエフスキー論が有名で、
     /   /   ヽフ ヽ |─ ´          l/t--、_ ヽ -  " l         「日本のドストエフスキー」と呼ばれることもある。
                             l.ヽ二-`      /
                              ヽ__,.: -‐ ´ /


【出典】
「マンボウ交遊録」北杜夫
「北杜夫の文学世界」奥野健男

161 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:09:41 ID:kBWt53w.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

……と、見せかけておいて。。。。。

162 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:10:27 ID:kBWt53w.
今日は特別にもう1話行っちゃいます。

現代文学のちょっとした裏話。

163 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:10:45 ID:kBWt53w.
【中央公論社人物伝】

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ┃これは奇行……もとい紀行作家・宮脇俊三が、
     中央公論社に入社した直後(昭和26年)、
     校閲部にいた頃のお話・・・・・・             ┃
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

164 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:11:02 ID:kBWt53w.

       |   _________  __   _____________________  ::. .: :. :..|: .: ..: .: .: . :..
       l  |「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄| l __ |  |i゚ _ ___________|____ .   | : . :. .: .:.:.:.: .:. :.
       i  |l 「 ̄ ̄ l !    .il `| |.こ'|  |l |┌────────────┐|   |   |\:. :. ::..: .: .: .:.
      /〉 . |  |l L _ 」 .|      |i . l | lil |  |i |│〜〜〜   OO→ノ⌒v´`ー‐ │|   |   |  l\ :.: .: .. :. :.:.
.     //.! .|  |l         |      |\l |(:::)|  |i。 |│〜〜〜     .i' n__Ω_,←│|   |   |  l  |   :. :. :. :.: .
    〈//i| .|  |l      「|      l  | ,.二、  . ̄|│「゚ ゚」同 .XX→ノ_ノ_,.-‐' ´ . │|   |   |  l  |    : .: .:.:.:. :. .
    li.!/l  !   |l      l_|      |  | |,ェョ'! ..  |└────────────┘|   |. .: .:\l  |   : .: . :.:.:. :. .:
    il  ゝ  . |l         |      |  | lli'tl:|     ̄ ̄「|  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄「| ̄  ̄ .:..:.::|: .: . :.: .\|    : ..: .: .:. . :.
    l!v´  l ,、--、      |      l  | l,lLl.|       |.|================|.|  .: .:.:.:.:.::|. :. :. . :.: . :.     |\: .: .:. :. .
   く>   |_l  ̄ l_ ___.|_ __ _\|   ̄         .|;|            ... ..|;| :. :._:._.:.:_.:_|: .: .: .: .: : .:     |  l\ :.. .:
  <l <> / .!   ,l ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄. ̄  ̄|.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.| ̄: .: : .:. : ..゙、 :. :. :.: .: ..   |  l  |
    <>  /    ̄      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄、      ◎     :.: . :.゙、 :.: : :. :. ..   |  l  |
.  〈>   /          /  〈〉  く<<> __ | 「 ̄」 ロ /  .、,`;  ゙              : :.゙、 .: .:. ..:.:: .: .. \l  |
 <l  /         /_、y'_____||l|l|i|l|||__________ 、              :..゙、 :. :. . :. :. :. :. .:\|
  l> . /         / i、,l ゚、,`,. <>>  ||l|i|l|l||| 「「「「 」 ,.;`,   [o]~   ゙ 、              ゙、 :. :. : .: .: .:. :. :. .
   /          /  /三三/    kl ,, _,,。|   l ̄ ̄| /          、              ゙、 :. :. :.: . :. : .: . .: .:
.  /           /  /三三/  \  リ ,iHi.|   l_三l    <> 「」    ゙、              ゙、 :. :.: . . .: .: .: .. .
  /            l======================l========================l               ゙、 :.: .: .: .:. : : :. .
. /            ||___l__l__||____|||____||__l__l____||                 :.゙、 :. :.: .: .. :. .
/     .    <>||  /.         ||____|||____||          .、  ||                 .:.: ゙、: : .:. . : ..
           | l ||| ,===========||       |||       ||==============||                .: .: .:. ::゙、: .: .:. . .


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『校閲』とは、
元原稿と試し刷り(ゲラ)を見比べて、試し刷りの誤記を元原稿のものに修正する「校正」作業に加え、
元原稿に書いてある内容の事実関係のミスまで踏み込んでチェックする作業であり、
当然ながら出版業界では重要な作業である。

専門性が強く、出版社によっては学者レベルの人を採用しているところもある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

165 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:11:33 ID:kBWt53w.

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ       そうは言っても、入社したてのやる夫には、
      |   (●)  (●)  |       そんな重要な仕事は回されないお。
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \       退社時間が待ち遠しいお。
   _/((┃))______i |
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       【宮脇俊三】




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \        もうそろそろ……つばめが静岡に着いたぐらいかお。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |       大阪に着くにはまだまだ時間がかかるお。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特に重要な仕事もなく、退社時間まで座って時間をつぶす……
そんな暇な日々が続いたという。
まあ、最初から新人に重要な仕事を任せるはずもなく、当然かもしれないが。

そんな暇なとき、宮脇は、特急つばめ号の時刻を思い浮かべていたという。
東京発午前9時、大阪発午後5時と、ぴったり勤務時間と合っていた。


※参考資料・当時の特急つばめ号の時刻表
東京900→横浜927→沼津1100→静岡1148→名古屋1422→大垣1458→京都1626→大阪1700
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

166 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:12:05 ID:kBWt53w.

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   lノ┬‐'┬ / /  / ´‐┬ ! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|  |::::::::! '´      l::::::::!  イ  }  /
.        Vハ  l  ゝ:;;;ノ      ゝ:;;ノ ./}, '//      じぃーーーーーーーっ・・・・・・・
        ヽ ',  |              チ' /
         `ヘ lヽ              厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

167 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:12:27 ID:kBWt53w.

            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |       (あれは・・・・・・隣の経理の女の子だお。)
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/        (校閲に何の用だお?)
     |        ヽ
     |        |

168 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:12:45 ID:kBWt53w.

               / .:::::::::::::::::::::::::::  /:   ..:: |:.  l:.   ヽ  ヽ、  、\
           //.::::::/::::::::::::::::::  /:::::  ..::::::::: !::.  !:. ヽ  ヽ  ヽ  ヽ、 ヽ
             //.:::::::i:::::::::::::::::::  /:::::..:::::::::::::::: i:::::  |:::. ',:.  !.   ',  ヾ、
         ノノ!.::::::::|::::,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
              |:::::::::::!::|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
              |::l::::::::',::|:::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
           !:i!:::::r‐t:::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
           ヽ', !/`!::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !     分からないことを教えて欲しい。
             ヽヽ(_!::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
              ヽ{ トヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/
               `ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
                    ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /
                /ハ:ト、! ` 、       _, < |イ::::: /  '
               /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /
           _,, -'"..:::::::::::l         {、ヽ:. \   ',/
       _,,_-'"‐、:::::::::::::::::::::::ヘ ___   ___ i::.  `ーt、_
     /´,-、 ̄`\\:::::::::::::::::::::ヘ _,, -‐" ̄ ゙ ‐-ヽ:::.   l `iヽ_
     ム   \   \ヘ::::::::::::::::::: ヘ_,, -‐  ̄ ゙‐-.__i:::::   !  | !ヘ
.    i´     \  ヽ\::::::::::::::. ヽ_,, -‐ ゙̄‐-.__|::::   |  | | \
    l       \  \\:::::::::::.  \      |:::    !. l. l l  ヽ


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\        やる夫で分かることなら答えるお。
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |      分からなければ、わかりそうな人を教えるお。
    \      `ー'´     /
      >         <         で、内容はなんだお? 国鉄の効率的な乗り継ぎかお?
     ( |        / )
      `|       /'
         |  (u)  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

169 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:13:13 ID:kBWt53w.

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ     数学。夜学の課題。国鉄の乗り継ぎではない。
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /
.        Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧        あと、その小汚いものはしまって欲しい。
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │


           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人      数学なら、地質学科中退のやる夫でもどうにかなるお。
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /          夜学と言ってもいろいろあるお。
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十     お嬢さんはどこの夜学だお?
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名編集者と呼ばれる人物となるゆえ、意外に思われるかもしれないが、
宮脇俊三は当初、東大理学部地質学科に入学している。
しかしその後一度中退した後に、東大文学部西洋史学科に再入学し、卒業していた。

それゆえ、数学など理系分野は得意であった。

まあこの辺りの事情は、後日語る機会があるかもしれない。今は割愛。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

170 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:13:48 ID:kBWt53w.

           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ     早稲田の二文。
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/       数学は一般教養。
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/          この問題が分からない。
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
       ヽ::.:..:..:.::..∧/    ヽ  i _ .. -―
       ``ーニ´/ー-、   | _|
       _. -―  ̄  ト―.:「:.:l
                 ヽ:..__:L_|
                ヽ.__)ノ

171 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:14:00 ID:kBWt53w.

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ       その数式は、これこれこうだから・・・・・・
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | キュッキュッ キュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \


   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i     なるほど・・・・・・
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙      参考になった。
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

172 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:14:21 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●

       「数年後・・・・・・
        彼女は経理から、婦人公論の編集に回ったお。」

                    ●


                    ●


                    ●

173 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:14:33 ID:kBWt53w.

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /       編集長。
.        Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /             留置場から被疑者の手記を取ってきた。
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./                              ちょっとまて、どうやって?>
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー            大丈夫、警察にはばれてない。
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l                           そういう問題じゃ・・・・・・・>
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮脇は彼女のことを振り返って、
「非常に優秀な編集部員」「特に取材能力は天才的」と言っている。

しかし、「将来の編集長」と目されながらも1963年(昭和38年)に中央公論社を退社している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

174 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:14:50 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


           10 年 後 ・ ・ ・ ・ ・ ・


                    ●


                    ●


                    ●

175 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:15:05 ID:kBWt53w.

       __________
    r´ ´\                \
    (    \    密   約     \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \        澤地久枝 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
彼女はある一冊の本を書いた。

「密約」というタイトルのその本は、
外務省機密漏洩事件、通称「沖縄密約事件」「西山事件」と呼ばれる事件を題材とし、
瞬く間にベストセラーとなった。

彼女の名前は澤地久枝。この後も昭和史の実相に迫るノンフィクションを書き綴っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

176 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:15:26 ID:kBWt53w.


                    ,,-''ヽ、
                 ,, -''"    \
               _,-'"        \
             . /.\          .\
             /\ \中         .\
           . //\\ .\          \
            /. \/\.\ .\央        . \
          . //\ \/  \  \         ..\
          /. \/\  /\ \  \公        ..\
         . //\ \/  \/\ \  \         ..\
         / .\/\  /\  \/  .\  \論         \
        .//\ .\/  \/\   /\ \ .\          \
       / .\/\  /\ \/   \/\ \ \社       //
      .//\ .\/  \/\  /\  \/  \ \     /:::/
     ../ .\/\  /\ .\/  \/\    /\ .\ \ /:::::::/
     //\ .\/ . \/\   /\ \/    \/\ .\/::::::::::::/
    ./ \/\  /\ \/   \/\   /\ .\/ /::::::::::::::::/
    //\ .\/  \/\  /\  \/   \/\  /::::::::::::::::/
  . / \/\   /\. \/  \/\   /\  \/ /::::::::::::::::/
  //\ \/   \/\  /\ \/   \/\  /:::::::::::::::::/
  / \/\   /\. \/  \/\  /\  \/ /:::::::::::::::::/
. //\ .\/   \/\  /\ \/  \/\   /:::::::::::::::::/
/ \/\   /\ .\/  \/\  /\ \/  /:::::::::::::::::/
   (⌒ヽ、_,ノ⌒Y´ ⌒) ノ''"⌒ヽ,_ノ⌒ゝ'⌒ヘノ⌒)  /
:::(⌒::::::::::::(⌒ヽー゙ ....::(  ..::....... __人.....::::::::::::::::::::.⌒)、
:::_ノ⌒ヽ::::`Y⌒ヽ;;:::::"':::::::::::::::::::::::::::::(::⌒::⌒::)::::::::::::::::::`⌒)⌒つ
(´   ....:::.....:::::::::::::Y"´⌒ゝ、ノ⌒)::::::::::::::::,ノ⌒:::ヘ:::::::::::く::⌒´:::`)::::::`)
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ....  γ⌒ヽ::::::::::::::::::::::(⌒)::::::::彡⌒::::ミ::`)::::::::`):::::::::`つ、 ,,,,,
:::::::::::::人::::::::::::::::`Y´::::::::::::::::::::r'⌒⌒Y´::::⌒::`ヽ、:::::人:::::::(´`)::::::ィ´:::::⌒:::::`゙:::::`)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮脇が中央公論社に在籍していた当時、同社には優れた編集者が多数いた。

先ほど挙げた澤地久枝もそうだが、
後に直木賞を受賞する綱淵謙錠や井出孫六、のちに「トゥナイト」の司会者となる利根川裕、
さらにはのちに「東京人」を創刊する粕谷一希なども中央公論社に在籍していた時期がある。

そして……もう一人、忘れてはならない人物がいる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

177 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:15:52 ID:kBWt53w.

1968年ごろ……

     |    | ̄ ̄| ̄ ̄|三三|       ├┬─┬┬─┬┬─┬─┰─┤  |   |
     |    |    |    |三三|       | |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,| /////ヽ,|  |   |
     |    |__|__|三三|     _|______________/|  |   |
     |_____________| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |||_|/∧
     ////////////////////////////|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|///// ヽ
   //////////////////////////////////////////////////////////////  |ヽ
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄  .|
     |               _____                   |  /| |
γ⌒ヽ  ∵∴ ̄ ̄|三三|.     |三||───||   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|三三三| .|  |/ |
;;(;;;;;;;;;;;;)∴∵∴   |三三|.     |  || 「 「  ||   |      |      |三三三| .|.    |
二二二二二二二二二二二二二i.  ||o.     || i二二二二二二二二二二二二二二二二二  
二二二l二二二l二二二l■〒■| |  || 「 「  ||  |狂人注意 二二l二二二l二二二l二二二l二 
二二二l二二二l二二二l二二二|_|_||___||_|二回二l二二二l二二二l二二二l二二二l二  
二田二l二田二l二田二l二田二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二  
二二二l二二二l二二二l二二二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二  
                                                      北の家だし、
                                                      「犬」を「人」にしてやったかしら。
                                                            , ⌒⌒ヽ   
                                                          ,.ζリノヽ、卯)   
                                                        ⊂'⌒m,9、゚ ヮ゚ノミm

178 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:16:34 ID:kBWt53w.

      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\           いやあ、北さん。
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //          また、飲みにきましたお♪
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)


                    
        / ̄ ̄\    
.     /   _ノ  ヽ    
       |   ( ⌒)(⌒)   
.      |    (__人__)           ようこそいらっしゃいました、宮脇さん。
       |     ` ⌒´ノ   
        ン       }    .
.     /⌒ヽ、    _ノ    
    /   ノ \__ィ ´     
    /  /    '|.      
   (  y      |.        
.    \ \     |        

     【北杜夫】

179 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:16:53 ID:kBWt53w.

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\           ああ、そうだ。
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i           酔っぱらう前に、一仕事済ませておくお。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐            先生、婦人公論でお願いした原稿、
     i   丶 ヽ{ .酒 }ヽ            いただいてよろしいかお?
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ⌒)(⌒)
     |     (__人__)              「どくとるマンボウ青春記」ですね。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \             できてますよ。お願いします。
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

180 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:17:17 ID:kBWt53w.

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\          確かに引き受けましたお。
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/          これは担当の編集者に渡しておくお。
     /       __|___
    |   l..   /l マンボウ  `l
    ヽ  丶-.,/  |__ 青春記_|
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/



      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\                そういえば僕、担当の人と会ったこと、ないですね……
. |   (__ノ ̄   \               宮脇さんとのやり取りが楽だからずっとこれだし、
  \          |               電話でもあまり話したことないし。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

181 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:17:39 ID:kBWt53w.

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\                 うーん……ケンカっ早い奴だお。
/    (─)  (─ \
|       (__人__)  │               例えば……
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /

                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

182 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:18:01 ID:kBWt53w.

          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          >.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
       ,...:´::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::ハ::::::::::::::::::::::::::/ !::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
          ̄ ̄/.::::::::::::::::::::::::::::/l/ >|:/ |:iハ:::::i:::::::::/ j/ハ::::/!::::::::::::::::::::::::<
        /.:::::::::::::.イ:::::::::::::/<でうラ'ヘ`}:ト::∧:l::::/厶イ´.::::∨::|:::::::::::::\ー―一
          ー‐ァ.:::::::::{ 厶イ:::ハ/  `ニ ノ.:::jノ.::::::八/.:::'でうラヽ/.:::|:::::::::::::::::::\
         /___::∧ (|/   〈::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::ー一'.:::::::j/!::::::::::\ ̄
           /.:::::ハ ∧    \::::::::::::::/  {::::/ ̄ ̄\::::::::::/ }:::::::「 ̄    おい、コラ、総務部。
          ∠::::::::::::八 :.       \:::::/   }::j\    /.::::::/ ∧ハ|
           厶イ:::::::::ーヘ            ´/ノ.::::::\_/.::::::/イ  }       あいつが「大学中退」を黙ってたことについて、
            ノイ::/i:::ハ         {:::::::::::::::::::::::::::∧丿         苦情をいったらしいな……
                |/  |::::::|\     , -‐='::、::::::::::::::::::::/
                  x≦ハ| ::\     ー‐.:::::::::::::::::::/            編集もロクにできない事務方が、
                 / ∨//|  ::::\    `7.::::::::::::.イ\             とやかく言うんじゃねーよ!
              /   ∨/j   \:::\  ;::::. .<:::::'///\
             /     ∨′   \:::::: ̄::::::::::::::::'/////⌒ヽ、
            /         >x:::.、   \::::::::::::::::::::{'/////////\

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □     ____
       /      \ ( ;;;;(
      /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
    /    (─)  (─ /;;/
    |       (__人__) l;;,´|           とまあ、こんな感じで、とにかくケンカっ早い。
    ./      ∩ ノ)━・'/
    (  \ / _ノ´.|  |
    .\  "  /__|  |
      \ /___ /

183 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:18:22 ID:kBWt53w.

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |         な、なんか物騒な人ですね……
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|         大丈夫ですか、僕?
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



     ____
   /      \
  /  ─    ─\         まあ、物騒な奴だとは思うけど……
/    (●)  (●) \        純粋で可愛い奴とも言えるお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /        自分でコラムとかも書いているし、
(  \ / _ノ |  |          文芸作品を見る目もある。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

184 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:18:51 ID:kBWt53w.

       ____
     /      \
    /  ─    ─\          まあ、もしもうちで文芸誌を組むんなら、
  /    (●)  (●) \         有力な編集者の一人になると思うお。
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <         ……もっとも、うちで埋もれちゃまずいのかも知れないけど。
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)           ……まあいいや。
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ           それじゃあ、原稿お願いしますね。
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当時、北杜夫は、「婦人公論」に「どくとるマンボウ青春記」を連載していたが、
その原稿のやり取りは、担当者ではなく、もっぱら隣人の宮脇を通じて行っていた。

別にその担当が嫌いとかそういうわけではなく、
そのほうが手っ取り早かったからだと思われるが、定かではない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

185 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:19:11 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


             翌 朝 ・ ・ ・ ・ ・ ・


                    ●


                    ●


                    ●

186 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:19:35 ID:kBWt53w.

         ____
        /      \
      /  ─    ─\  
     /    (●)  (●) \ 
     |       (__人__)    |           と、いうわけで、北さんの原稿もらってきたお。
     \           / 
     /       __|___
    |   l..   /l マンボウ  `l
    ヽ  丶-.,/  |__ 青春記_|
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/



  __ー-\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::'-‐,
  \:::::::::::::::::::::::::::::,:::,:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::-−-,
 _<::::::/:/:/:/::l:::l:l/:レ1:::::l::、::\::ヽ、::::::::::::::>__
  ー-,::l:/,:::::::::::/:|:::::::::::::ト、!:::\::ヽ、:::\:::::::::::/
   /::::/:::::/:/::l:!:,::::l´|/;-ート、!::\::\::',::::::`\
   >'´:/l/::::l-v!-l:::| /´,ィtオミ、 ト:\::::::::::\ ̄
   ̄,フ:-,:::::l:、r''_ぅヾl   _うzソ   l:::lヽ、:::::::\          いやあ、わざわざ他部署の部長さんに、
     ̄イ::::∧   l         l:∧)/l:::ト ̄          原稿のやり取りしてもらって、申し訳ないです。
      ´/|;ハ   '`-       ',-<:::l `!゙`
           .   _, ― 、   ∧:/:!`! _|
           ヽ  ` ー ´  /. l::l`'( ´ \
            ` 、__ ,  ´ l |`' ヽ    \
           / ヽ    / \       \
          /_   l   l「l |   `ヽ       ヽ、
         _/l「 l|   |   l |_| !   ト、!ヽ        `ヽ、
    _,..-''"/ l l l ヽ∧__/"´l ヽ  | |  ヽ         `ヽ
   / l- '"´  〃 / l フ' /\\//  / ∧

187 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:19:56 ID:kBWt53w.

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |          いや、こうでもしないと、
        \     ` ⌒´    ,/           北さんと飲む機会がなくなってしまうんだお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


       _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ∠:::::::::::::::::::::::::::::;::::;::::;::::::::::::;::::;::::::::::::ゝ‐
      >'¨フ:::::::;::::'::::;::::/// l::::::;::::::;::::::::::>‐
     イ:.::::':::::::::::::::::::/l/十ー l/vl::/l/l:::::::::::\
      フ::::::::::_::::::l/ l でテ l/ .V 气レ':::::::::ヽ、
      /:': :/: ;t: l  ¨ ̄  /  !tフソ;::::::::ゝ、
       /¨ヽ  i:::ゝ     _ :  ¨ .;::::/`
          ーヘ           /"'            お隣さんなんだし、休日にでも飲めば……
            人    r==、  /
          z ┤  \     /
        / ヽ'    ` >‐<
        人   \  : : : / : : : \
     / ̄ 亅  /  ;   : : :冫 : / |
   /     |  /  .入ー―‐': : :ゝ |
. イ       レ'    亅::::::::::/   > \

188 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:20:18 ID:kBWt53w.

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,                休日は……
/      ∩ ノ)━・【】[]
(  \ / _ノ´  □
.\  "  /    (⌒)
  \ /

                                    □

                                        ┌┐
                                        └┘

                                 ┌─┐
                                 │  │
                                 └─┘

                     ┌──────┐
                     │            │
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

189 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:20:37 ID:kBWt53w.

  ⊂⊃           /\_                     ⊂⊃
   /\. ⊂⊃      /ヽヾゝ⊂⊃      /\ ⊂⊃             ⊂⊃
⊂⊃ヽノゝ\/\/\/      \/\⊂⊃丿ゝ\     ⊂⊃
    プァァン...         _______        .\,/\,_______⊂⊃
    _,:--┸--ミ-===┴─┴────┴─===┸─-、ミ-===┴─┴────┴─===┸─-、
   l"─/ ̄/l ─゙l=__=========== __ヽl=__=========== __ヽ──
 ┌|| ̄|l ̄l| l| ̄||.「||‖| | ̄| | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| 「| |‖|.|┐.||‖| | ̄| | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| 「| |‖|.|┐
  ロ||___.|l_l|.l|___|| iヨ|‖| |_| |_|_|_|_|_|_| iヨ |‖| |゙ロヨ|‖| |_| |_|_|_|_|_|_| iヨ |‖| |.ロ ──
.  |  |  |.|  |. .|‖|───────────.|‖| ||. .|‖|───────────.|‖| |──
., :;, |四..|゙,-、|l 四 |. .|‖|三三三三三三三三三三三.|‖|_||. .|‖|三三三三三三三三三三三.|‖|_| ──
.:,;.,::.:| ̄{l<コ|二二|フ王呂五 ̄|]|]町lニll二l ̄ ̄王呂五ハ]=|フ王呂五 ̄|]|]町lニll二l ̄ ̄王呂五ハ] カタン
::::.:;,.:; ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄ ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄-─v──v' ̄ ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄──タタン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.:
MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.::,;:;:,;;.:,;:;.:,;::;.:,;:,;:,;..:,;;:,;:;.:;,:,::.:


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/          (休日に飲んだら、鉄道に乗れなくなるお!)
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/           ……まあ、いろいろとあって、難しいんだお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

190 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:21:03 ID:kBWt53w.

           ト、 ト、 ∧
         |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
       弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
       <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
      <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
      厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
       厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
        八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
         ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!           はあ……
          \  - 、  ,イ?V
             ム|` -  ?               (エロい人だから、ゴルフとかに忙しいのかな?)
          __i     {
       ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
     /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
    ∧                  \
   / !                  / ハ
.  /  V           ◇    /  !:|
  /   /            ◆  ! /  .!:|



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/           しかし君も、何か眠そうな顔をしてるお。
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/            仕事が忙しいのかお?それとも夜遊びかお?
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

191 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:21:42 ID:kBWt53w.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

               ,..-‐'"´ ̄ ̄`ヽ、
            r'´ ,r‐'''''ー‐''!    ヽ
            l/´   ,,;;;;,,ヽ   l
            l;iilllli、 :.",.--、:.ヽ _,..!
                l 'ニ; ヽ`ニ   `' r`l
               l   !.:::,-ヘ       l! l
               ヽ .:: ,.._,..、ヽ  l  t'´
              l ム-‐‐ヽ:. : !  l
                 ヽ '´ ̄ ノ ,:: ヽ、
              ヽ -‐- ' , '  ヽ、` ` ー‐‐‐‐-、.._
                   l `         _,. '  ,r‐_,.... ヽ、
             ,.- ‐!   _ ,. _,.- '    ヾ:.    ` ヽ
               ,r'´   ー-、i i.... -'´        :..       ヽ
           ,! .::   ...:' ` ´                      ヽ
            l. /      ,!  _          、-、      ヽ
           l/      '::::' ´            ト、       ヽ
.            /      , ::::: ' ´              ヽ      ヽ
.            l       ´`,:'´               ト、      .ヽ
          l      ,.::::::、       ,..、         l ヽ、 _     ヽ
          l  ,:'   , ,::.、     ー'          l  Y     ヽ
.           l.ri   ,::'   ヽ      , '´         l./         i
            l.`    ,::!       =-         /           ノ
             ∧    _,..:  i   ー-         _,-'´       ,..- '´
           ,! l 、  '´  ,;:!    ..__   __.  ,r '´       ,..-'´
.          l  ヽ`;     ,.-‐--、_    ´,. -'        ,.-'´
         l   ::l:..   _rヘ,'-‐‐t ヾ-,.r'´        ,.ィ'´
          /  `ー―-、'´,ィ /r―-、_/,/ /r i '´ ./ `i
.        〈  、 r-、_ヽ l /l   '-r'/ .:  '´ /  /   _,.!
          ヽ 、ヽ ヽ  .iliヾー`ー‐'´ツ!_/  ,:    /-‐'"´ ヽ
            !. ヽ、 `ー、_i、!.r'⌒Yii_,.l._  l_i..ノ       l
            ヽヽ、 `ー-イ' `ヾ===ソ.   ̄           l
           `ヽニi"´               __ __ l
.               l                , -‐ _二ニ.._!
               l ` ー-、..          r'´,.- ''´     `!
             /ヽ、、_          'r'´          l
                i    ヽ、       './            l
             l     `ー、       i'              l
                l        `ヽ、   l              l
             l            `ー!               !
.             i            /l               l
              l                ! .!             l
.             l             l.   !            l
            l              /   ヽ             l

192 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:22:01 ID:kBWt53w.

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □               /}
              ∧ /:::: |/}/}
            l\/:::∨::::::::::::::::::::::/___,
          {\|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
       __|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t一
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       _ヽ:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::: \
       \:::::: /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|:::::::::ヽ:::〈`
       /::∠イ::::::::::/:l:::::/}:/|::l:::::::ハ::::l:::ト}:::::\
       `7:::::: /イ::::/:N::/-‐‐ト|::::/イV∨::V「 ̄
.        厶:イ:{ j:::/:::{ |/rーtッ l::/ ーtッ/::::∧〉
         ノ个xV从j    ̄   ! ̄/\〈          (深夜放送のプロレス見てたなんて……言えないよなあ)
      ___ イ/ {代 .::::::..   ' ノ:::/_
    く     / ∧ \   -‐ァ ,イ〈    ヽ         ええ、まあ、いろいろと、諸事情ございまして……
   /   \´ ̄ /   〉  丶  ̄ イ  ∧ ̄ lハ
.  {     丶 厶イ^7∧_  厂}∧^ヽ ∧   l l
   l       \  l/ / Vニニニニ7  \ \_〉 ′|
   |   丶   V l\  V: : : :/  /  |  /  ′
   | 、   \ } l  \ V : / /   l/  /
   }  丶    ∨ノ   \V://      l   / }

193 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:22:26 ID:kBWt53w.

     ____
   /      \
  /   _ノ  ヽ__\
/    (●)  (●) \           (これは、嫁さんか彼女辺りとの「プロレス」かお?)
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /           ……まあ、仕事に差し支えない程度に、
(  \ / _ノ |  |            プライベートを大事にすべきだお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


           ,イ
      ,:{  ,...:.::´.::|   ,.イ  __,.ィ
   l{  /.:|/.:.:.:.:.:.:.:|  /:/,.:.:´/
   |:|ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/.:.:/'.:.:.::`ニ=‐' ,.ィ
  ‐'.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー彡'
  .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ー-,ァ
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:.:. ̄:二=‐'
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::∧:::::::::.ヽ::.:.:.:.:.ニ='
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::|::::|::::::::|::::::.:.:.:.:.二=‐
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :| :::::::|::: ト、::: |:::::::|::|::.ゝ
  ::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::{::|:::::::∧: |斗-|:::::::|::|::|
  :::/:|:::::〃.:::::::::l::::::::ハ:|::;孑´|::| |:::ト、::::|∧|
  /.:::|::/:l::::::::::::::|:::::::||'|  , ィT |:::l ∨、 }
  :::::::{'.:::|::::::::::::::| :::::| ! {<  {:}, |/    \
  :::::::::::::|:::::; :::::::l::::::| リl  ` ´        ,イ           そうしておきます。
  :::::/.::::|:::/:;ハ:::l、::!                }
  ::/.:::::::|/:/ ,∧!.ヽl             . ィ' i
  '.:.:;ィ.:::::/ヽ、  {  `         ' ´ {
  イ:/.:.::/.::::::/`ー‐'´>、             l
  l/};イl::::::/       ` ー―ァ――‐ '
    `メ、}::/            / ̄ ̄`ー- _
      X            /       f´ ̄`ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当時、既に宮脇は「国鉄全線乗車」を目指し、社業の合間を縫って鉄道に乗り続けていた。
一方、その人物はプロレス好きで有名であり、後年、プロレスに関する本をいくつか出している。

しかし1960年代の終わりごろ、大の大人がそういう趣味を持つことは、
なかなか表には出せなかったもののようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

194 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:22:56 ID:kBWt53w.


                    ●


                    ●


                    ●


           十 数 年 後 ・ ・ ・ ・ ・ ・


                    ●


                    ●


                    ●

195 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:23:17 ID:kBWt53w.

       `ミ、z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_
     `ミ::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       >:::::::::::/:::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
    ―<:::::::::::イ::::::::'/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐
      >z:::::::::::::::/::::::::::::::;::::::::::::/:::::::/l:::::i:::::l:l::::::::::ヽ::\
       ー>,:::::‖/::::::::;'::/l:::::/ .l:// l:::/l::/孑:::lゝ:::::::ゝ、
        ∠::::::'::,‐、::::/:::; .l::/‐‐十= 'l:/ .l/l;ラl::::::厶 ̄
       ‐<'フ:::::l  :/l::::〈 ./  弋ツ ./ / ;  l }ゝ、
         /:'l::::、  ;:::l::i    ¨     :; .ハ.ll
         " .l:'l:::::ヽz、v`        ‐ /  〉         ワン・フィンガーでやるもよし。
          / .l:/vV: :ゝ       _  , /i   l
       .   /   \ : : : : \    ー‐'./  ./             ツー・フィンガーでやるもよし。
         厶    \: : : : : >. ,   イ  ./
      / ̄  ゝ    \: : : : :/   ̄;   /、
    /      ;      ,ゝ: :/l      ./\;.ヽ、
   /    .     ;:    /  l==〉     l   / }
 /_  ‐ ― 、   ノ ;   /   ゝ:::::;     |_ /  .l
./       V /   V´     \:l      l/   .|
l         ヽ           l:::l   .  ∧ .   |
l          ゝ   :       l::∧     ∧  .|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1986年、この人物が出演したウイスキー「サントリーオールド」のCMで、
彼が言ったセリフ「ワン・フィンガーでやるもよし。ツー・フィンガーでやるもよし。」。
この言葉が話題となり、「ワンフィンガー」「ツーフィンガー」は流行語にも選ばれた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

196 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:23:32 ID:kBWt53w.

       __________
    r´ ´\                \
    (    \  時代屋の女房   \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \        村松友視 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一方、中央公論社を1980年代初頭に退職したこの人物は、その後執筆活動に専念、
1982年に「時代屋の女房」で直木賞を受賞する。

彼の名は村松友視。現在も人物評伝的小説や自伝的作品で活躍している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

197 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:23:55 ID:kBWt53w.

【登場人物紹介】

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_              澤地久枝(1930〜 )
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ             
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´              中央公論社に勤務しながら、早稲田大学第二文学部に学ぶ。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /                卒業後「婦人公論」の編集に携わるも1963年退社。
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '                1972年「女たちの2・26事件」、1974年「密約」を発表。
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '                  以来昭和史の実相に迫るノンフィクションを発表している。  
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、



                                                 ト、 ト、 ∧
                                               |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
                                             弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
                                             <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
    村松友視(1940〜 )                            <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
                                              厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
    元中央公論社在籍で、現在は小説家。                       厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
    編集者時代は、吉行淳之介らを担当。                       八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
    その後作家に転じ、                               ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
    1980年「私、プロレスの味方です」でデビュー。                 \  - 、  ,イ?V
    1982年「時代屋の女房」で直木賞受賞。                     ム|` -  ?
    以来、多くの作品を執筆している。                        __i     {
                                             ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
                                           /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
                                          ∧                  \
                                         / !                  / ハ
                                      .  /  V           ◇    /  !:|
                                        /   /            ◆  ! /  .!:|




         , ⌒⌒ヽ 
       ,.ζリノヽ、卯)            ※※※※(※※〜※※)
     ⊂'⌒m,9、゚ ヮ゚ノミm          さて、私は誰なのかしら?

【出典】
「私の途中下車人生」宮脇俊三
「隣人・宮脇俊三先生のこと」北杜夫×斎藤由香(KAWADE夢ムック「宮脇俊三」)
「夢の始末書」村松友視

198 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:24:47 ID:kBWt53w.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

次回は明日21:00を予定しておりますので、お楽しみに。

199名無しのやる夫だお:2011/06/11(土) 21:29:25 ID:vogTC58s
おつ

200 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:30:30 ID:kBWt53w.
余談ですが、エタる前の作品群については、リメイクがほぼ完了しております。
今回のように増やしたり、またそのまま投下したりとする予定です。

また、いくつか新作も完成しておりまして、それも様子を見ながら投下する予定です。

なお現在、現代文芸史上大きな事件のやる夫化を始めています。
今回投下したある人がメインの……あの事件とだけ、申しておきます。

201 ◆KcxXifcWsc:2011/06/11(土) 21:53:03 ID:kBWt53w.
【予告】
現代文学のちょっとした裏話。12日21時より投下予定。


     _
   .,'´r==ミ、
   i 《リノハ从)〉
  从(l|゚ ヮ゚ノリ      次回第5話は私が出るわよ!
    ⊂lj京iつ
     ぐ/_l〉
     し'ノ




< ……って56歳なの?
     _
   .,'´r==ミ、
   i 《リノハ从)〉
  从(l|゚д゚ノリ   ・・・・・・
    ⊂lj京iつ-
     ぐ/_l〉
     し'ノ




          _
         ,'´r==ミ、
  ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _       第6話は私よぉ。
/   `."-|l〉l.゚д゚ノl/    ヽ
'"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``    北さん、とっとと金を返しなさい。
        ''y /x lヽ
       l†/しソ†|
       lノ   レ

202名無しのやる夫だお:2011/06/11(土) 22:12:35 ID:M5co3Qkc
乙でした

203名無しのやる夫だお:2011/06/11(土) 22:29:40 ID:3QogdHzU
乙でした
ダ・ヴィンチの裏表紙の人くるか

204名無しのやる夫だお:2011/06/11(土) 22:31:38 ID:EIUs9tVU
乙乙

205名無しのやる夫だお:2011/06/12(日) 10:46:15 ID:VvSRUYVg
乙!

206 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:00:40 ID:wMI/Jvuk
えーこんばんわ。

それでは投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

207 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:01:09 ID:wMI/Jvuk
【ダイエットの原因】

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ┃北杜夫に「その人物」を紹介したのは、
     中央公論社の編集者であり、後に紀行作家となる宮脇俊三である。

     宮脇は「その人物」が鉄道・航空・船舶等が大好きなことから、
     鉄道旅行に関する随筆を執筆させ、書籍として出版している。    ...┃
                 ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

       __________
    r´ ´\                \
    (    \ お早く            \
     \     \  ご乗車ねがいます \
      \     \               \
        \     \               \
          \    \                \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ

208 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:01:39 ID:wMI/Jvuk
                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /     先生。北杜夫さんだお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ

        【宮脇俊三】



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |      よろしくお願いします。
            |   ` ⌒´  |
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|

              【北杜夫】



     /.:イi:.i:.:.:.!:. i  .i:.  .i ヽ    ヽ 、  i         ヽ
     !' /:.:!:.!:.:.ハ:|、: :|\: :|  i     l 丶 !    ハ    l
      |:.:ハヘ:.:l  :! \! _ ヽ: l  l    :| .ヽハ:  / l  i  |
      |/ |:ヾ!    ´   `:!ヽ:.: l .i:. i: !⌒ 、:.:.V:./l :l:.:/l:.:.:. |
           ?  /  _      ? :.|:. ?⌒ヾ、:.:!/   .!:':. |:.:.:.:l        こちらこそ。
          ヘ´,イヽ /`=    !ハ:.:l:.:.| ヽソ .}      .!∧!
            !  ゞ '彡     '  ?: l ) ! ./       / }'
.           /  ヽ、          !:./ ´ , ':         l
.         /             !:' ┌┐ /:     ∧!
          丶              ./ : |  !  i:   l
              ヽ    _ ヽ        . :: : l ハ:. |:  l
              `┐´   }      . : : : :  V  \:.!ヽ:.:!
             ヽ´      . : : : : : :        `__?=、
              i    <ヘ : : : : :    . . :´ : : : : : : l
                 ̄     ヽ: : :   . : ´: : : : : : : : : : :ヽ
                    ..‐ヘ : . : ´: : : : : : : : : : : : : : ´\
                  /: : : / : : : : : : : : : : : : ´: : : : : : :.\
                 /: : : /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :ヽ
                   |: : :./: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この2人、出会ったときから意気投合し、
この後、一緒にマダガスカルに鉄道乗りに行ったり、幾度か海外旅行をしている。

また対談集や随筆の共著も多く、
近年では「最後の対談」を五度も六度も行っている、という。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

209 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:01:59 ID:wMI/Jvuk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このように親密なつきあいであるから、
北もこの人物の家にはたびたび遊びに来ていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |     どうも、こんにちわです。
   |  |  |  ` ⌒ ´  |
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
        (゙  ))


            /   ,,,,,,--------,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   "\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ........\:::::::ヽヽ:::::  リヽ .ヽ,  ヽ
        ./ .l.:::::lr: .....ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ      あら、北のおじさま。こんにちわ。
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン''ヽ ヽ  ヽ
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ "--ニ,,,='iぅ。::::ハソ.l:::: .lん'ヽ ヽ::  l
       .l '''t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l
       .l ::::l''l'ト ::ヽ'l:l ぅ。:ハ        --"" .l::::: l 'ン::::::: :::::: l
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l
       .l ::ll,,l .l:::::'トヽ,, ""   .,,,--'''''''i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -''   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::"''r--,,,,, ,,,-''' // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|''::::/ ン,,イ   '  /::: / ゙゙゙゙---,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-''"   ,,,  ./ ヽl     / ,ン--,,
              r-rr''''  .ソ/;:==-,,,,''' '''ン   .丶   / ./  /-,,,
             / l l    ./',,,----,,'''''ン       ./ ./ /    l
            /| l .l   ./",,---,,,,, 'ン       / ./ /      l
           / | | |   ./     ./      / ././       l

210 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:02:14 ID:wMI/Jvuk

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |   いやあ、お嬢さん。
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|   今日もお美しい。
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ


          _,...-‐::::::: ̄:::::::ー-..、
           /::::::::::::_;:. -一ー- 、::::`ヽ、
      ,..-::':::::::::::;/   _,.......-‐-..ヽ::ヽ:ヽ、
    ,.:':::::::::;:::/::::'  ,..-:'::´::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:ヽ
    /::::::::::::l:;'::::::|/:|:::l:::::';:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヘ::ヘ
:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::ハ
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|      ありがとうございます。
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_
      `,.ゝ::::::',ヽ::',ヾ_,...r'^`          ^¨ヽ、
    r‐'  /ヽ:::', `ヽ、r'                (
    ヽ、ノ   `7ー'´          __.........__   {
     `ー-‐'¨         _,.r-‐'´     `ヽ._r
                /,r'           ヽ

211 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:02:27 ID:wMI/Jvuk

           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人     でも、今は痩せてますが、
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|           もう少したつと・・・・・・
 | ___)  ::|+{          .|     十
 | ___)  ::|  {       _ |            ぶ く ぶ く と 太 り ま す よ。
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ

212 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:02:39 ID:wMI/Jvuk

:.: ィ:.: :/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.|  ヽ : ∨:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ \
/. |: :/  !:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :/   |:.:.:.:.:.:.:.:. :/ !:.: : :|   i:.: :ト、/: :|:.:. :|:.:.:.:.:.:.∧
>|:.:|   |:.:.:.:.:.:.: : :/     :.:.:.:.:.:.:.:.:/  l:.:.:.:/     !:. :| l:. :|:.:. :|:.:.:.:.:./: :∨
  |:.:l> 、|:.:.:.:.:.:.:/     .:.:.:.:.:.:./   .:.:.:./     |:.:.:| |:. :|:.:. :|:.:.:.:.:.:.:.:. :lく
斗 ≦戈=≧ミ:.、 _,  /:.:.:.:/    /:/   . <|:.:.:| |: / : :/:.:.:.:.:.:.:.:.: :ト
.  /: : : : : :しヘ ヾ:、   /: :/     /´x≦=ミ:.、 |:.:/ .:イ : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.
 /:.:. : r―..、: : :..     //      ア/: : : :しヘ \ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: : :∧
. {: : : : {:::::::::}: .: .:}  /´          .: : :⌒ : : :.  ∨:.:.:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :/
八: :ハ : ー: ':ハ: /                 {: : ゞ:ノ : : }  ムイ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧         ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ゝ   ̄ ̄ ノ ′               ∨ゝ._ハ/   j│/:.:.:.:.:.:.:.:.:. :イ: :|
: : : : : . ̄ ̄                    ー― '     /イ:.:.:.:.:.:.: :/:.:l:. :|
: : : : : : .                    . : : : : : : :/:.:.:.:.:.: : :/:.:.|:.:.:. :|
: : : : : : :                  '     : : : : : : < __:.:.:イ:.:.:.: :|:.:.:l: ∨
: : : : : :                       : : : : : : : : l:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:.:
                           : : : : : :  .:.:.:.:.: : :l:l:.:. : :|:.:.:|:.:.:.:
                                从:.:. : :/ |:. : :/:.: :|:.:.:.:
                                 イ:.:.:.:.: :/:.:.|:.:.:/ : :/|:.:.:.:
                            /:.|:.:.:.:.:./: : :|: /:.:.:/:/:.:.:.:
         ⊂ニニ === つ        イ:.:.:.:.:|:. : :/:.:.:.:.:|/:.:.:/:/:.:.:.:/
             /  .l  l   ヽ、..__,,..イ  ./

213 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:02:54 ID:wMI/Jvuk

                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

214 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:03:12 ID:wMI/Jvuk

                 __ __
        |::| | |_|,,,,,./:::::::::::::::ヽ  :. . . . . : .: :|:::|
.          |::| | |_| _/       ヘ-、 :   .: .: ..|:::|
.          |::| | |__ 〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/. . . : .. .: |:::|
.         |::| | |__ /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ. . . . : .: :|:::|     北 杜 夫 ・ ・ ・ ・ ・
.         |::| | |. ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」: . . : .. .: |:::|
          |::| | | ̄|ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ :. . .: .: :|:::|     許 す ま じ ・ ・ ・ ・ ・ ・
          |::| | |.| , ィ ト{八::::/リj/V-、 :  .: .: ..|:::|
          |::|,__!_-..{{ | |  `''   | l }} -――|:::|
          |::|―-- {:',|└─‐‐─┘|//   二二|:::|
          |::|.  .   {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}  .   iュ |:::|
       -''" ̄, -―-ゝヘ  _ノ  {_/ ___   |:::|
         {   >=入_、____人=<  ヽ // ̄~""
         ヽ 〃   `┴‐┴'´   ヽ   ///   _,,..i'"':,
          \|   /      ',   | ///     |\`、: i'、
            ヾ_ {       }  .レ′//      \\`_',..-i
            `ーゝ ____」L=‐'  //       \|_,..-┘

215 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:03:32 ID:wMI/Jvuk

  /                    丶
. /             ,ィ  |:         ヽ.
/    l    ィ  / |: /|:  /|:  :i:    :ト、:|
     !   i i / .|; / | / |: 丿、 l   | .リ
    !: !、: i |/   ∨, .|/  iイ  | ノ|  |
ハ:::::rーi: i.ソ ´ ̄ ̄ ̄      ー--、ソヘ|ハ/|
 i::::i ヘi: :i  =工 丁     エエ=i、 ヽ
 iイ i  i: i      丿  i ヽ、__ i::::! ゝ      娘よ、飯は食わんのか?
  /iヽ.i .i     ̄      i     i::::/ /
/.;.;| !::i: i         丿    ir´ ! |
.;.;.;.;.! !、 i丶.    /    、 ,. '´   ./
.;.;.;.;.;!  ヽ  \  { ´ ̄ ̄ }'´    /
.;.;.;.;.;.;!   ヽ.  \   ゙゙゙ .i´     /
.;.;.;.;.;.;.;!   ヽ  r' ー┬イ     .イ
.;.;.;.;.;.;.;.;!   ∧  ノ r.└i.     丿∨i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  ∧ /o`ソi | i    丿 /.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.! ∧∧  ∧i |∠i___ノ  /.;.;.;.;:i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!./ ∨i!⌒ゝ/ |   ,,, '´.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!  {i!i!i!i!i!}  ヽ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  {i!i!i!i!i!} /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i

216 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:04:07 ID:wMI/Jvuk
           _,. - ―― - . .、
         /´..... : : :___ : :\
          /::.::.::.::./ ´ ___ `ヽ: :ヽ
        /::.::.:/::./ イ´: :: : : : : : `ヽ|:ヽ: !
      /::.::ィ/、:_!: :/:./: |::_::_-‐_ヘノ:l:l
       !::./ ,ト..十:T:ハ: |: : : l::..:.. l: : :|: :ト〉
     |::`メ|::.::.|:..,|:|  l lヽ: : ト、:: |: :|:レ|
      |::.:/| |::.:..|:廾ト、 ヽ \:| ,.斗l-:l:.,1:!      い ら な い 。
      l.::.L|{1::.:.l:.ト十::テ ー ' イォ:卞l/イ |:|
     |:.|:l:Lト!:.:.ト{  ̄    ,   ̄`|:.|:Lj:l      あ ん な こ と 言 わ れ た ら 、
       !:|:l::.::.:l::..ト、    , -、   イ::l:..:イ:!
      lム|:.|::.:ト:..l |\   ´ ̄` /7:/、/ノ′     食 べ ら れ な い わ よ 。
     /|: 「lト::.:|.ヽ:!  ` ーァ ´}: : j/ : |「ト.
      ハl: l:::l ヽ!: : :ト_- ― <|: :/: : : !!| l
    i  ヽ:.l:::l : : : : l _, ----l: : : : : :l:||  |     ホンットーに北のヤロー、ムカツク!
     |   ト:ヾヽ : : : l_ノ  ̄ `| : : : : :l:l:l   !
     !   { ヽヾヽ : : l    l : : : : /'/   {
   |   ヽ トヾヽ : :l     !: : : :/':イ  |
    }      V ヽヾヽ: :l fYiソ : : /'/ ハ  |
   | _, --、 }_ヽヾヽ |ljl/: : :/'/ / r‐-  |


       /         ,     ',  、      \
      /      /   /     ',   ',  ヽ ヽ  ヽ
      /  /   i.l   /  l   .|  .l  l   ',  ',.  ',
   ノ  / /  l.l   {  ィ   |  l   }   l  l   ',
ー=-イ / /   i ',  .∧ l !   !  ハ  ハ  ,'  !  l ヽ、_
    { i l l   l ト、 l l | ',  ハ / .l / l /  /  j ,ゝ´
      l l l l  ハ | ヽ! ヾ ヽ./ |:/  |' _j/l  /  /./    ・・・・・・勝手にするがいい。
     } .ハ ,l ヽ |ヘlニ;--,.._ ' ` 、',.-;‐;二__  l /  /./
    ノ'" l.ヘ. ト、! ',,弋赱!~ ,    ' 'T心!= イ   j l′    (北の奴、娘に何を言ったんだ?)
          |rヘ lヽ  _ノ´    ヾ、_    l  / ノ
       ヽヘ l        i           l  /'´
        `l | ',、j      |         j /
         jハ. ヘ      ヽ!    u   /! /ヽ
          !ヘ ハ、  ノ ,__,.ヽ、 /|/
           i!ヘl\ ゝ-‐ニ‐-' ,. イ从'
          , ィ' ヽ \    /  ノ ヽ、
         / /   `ヽ ヽ- '´  r'   ', ヽ
       /   l    /iーヘ   rニ' ヘ   l   ゙ヽ
     , -イ   l   /`ヽOヘ  / /-''ヘ.   l   ヽ‐、
  _.. - ´ /    {  ,.ヘ、_>'^''< _..−ヘ.  l    ',  ` ‐、
´     /   , -i!/ ヽ    ',    /    ヽ |\    ヽ
    /  /  l   `   ゝ− /   _ -' `!   \   \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
後年、この娘さんは、
「悪党党副総裁」として活躍するようになるが・・・・・

それはまた別のお話。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

217 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:04:37 ID:wMI/Jvuk
【登場人物紹介】


           ,. '´      ./           `ー 、
        , '       ./  /               :∧
          /.:/ .::/ .::′ ′l         :!:     .∧
        ./"/. : ::′.:::!:  ,l | : : :::l::. 、:   |:::      :∧
        .′.:.::|  ;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\  |::::: !::   :∧
        |.:.:.:.:.:|.:.:/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |::     ハ
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.     :|   阿川弘之(1920〜 )
        |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!
        l l:ハ::l:::! k_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_x  :|::. /|/:.:.ハ:′  小説家。子供に法学者の阿川尚之とタレントの阿川佐和子。
            l |:!: !   _ノ  !   ヽ、 _.   ::|::./´!゙i:/ !
           !l:::!      .:;             :|:/i //     「山本五十六」「米内光政」「井上成美」の海軍提督三部作や、
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/      「志賀直哉」といった人物伝的小説、
             |ハ                ,‐-'.:/      「南蛮阿房列車」といった旅行記、
             ヽ  {       }    ./:.:.:/|′      また「きかんしゃやえもん」のような児童文学まで手がけている。
                   ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/         乗り物好き・旅行好きであり、その方面の随筆なども多い。
                \     ゛     . :´ : :l'|′
                  |:\    . :'´: : :.::::|、          1999年、文化勲章を授与される。
.                 r‐|  ` −''´ _... ‐ '"´ `、_
                  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\
             _,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-.._
         _. '´:/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::::`: :- .._
      _... '´ : : : /: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : : : : : : :`: :- .._
 



              /  ̄ ̄ ヽ   _  --―――――-、
             /、     /  /´、           ノ
             {   ーrー'´  /  ノ_    _  -‐'´
             \  }―‐‐-/ /    ̄ ̄
            /::::\, ゝ―</ヽ
               /:::::,:/:fィ:´丁:、::`ヽlヽ:ヽ
           /:::rィワ:::レトk八:::ヽ::',::}::l:::::l            阿川佐和子([年齢はお察しください])
          ,':::::〉テ!:::l ィ=ミー\{ムイ::P!:|
            l::!〈/イ:!:::lヘュ;j   {:;トi:::l)i::|            阿川弘之の長女。
            |::!:::lヾヘ:::!  、_', ` ハj/i::!            1981年から報道番組アシスタントとして活動を開始、
           レ!:::|::', :ヽ:ト.、   //'ハ :!            その後「NEWS23」「報道特集」のキャスターを務める。
           ヾヘヾ::::'f`t≧tく-v{:/  リ            1998年から「TVタックル」出演など、
             >ヘ:「{ ノヘ_> ゙̄ヽ      _      近年ではバラエティ番組の出演も多い。
            〃          、l、   〃 -、`=っ
           /        ヽ  ,ィ´`ヽ /ヘー-┬-ツ   一方エッセイリスト・小説家としても数多くの作品を残している。
           ,′  ァ ,イ ̄ `ヽl/.: : : .!:}/`ヽr〜'
             /   人.y: :ヽ : : : . }: . : : : jノ  /
         /   / ヽ: : 、 _ヽ; : '`: : : :f:i′ ./
         /    /   \.: : : :', : : : : : !{  /
         /   く     ヽ : : :i : : : : :!lー''

【出典】
「マンボウ交遊録」北杜夫
「酔生夢死か、起死回生か。」阿川弘之・北杜夫

218 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:05:15 ID:wMI/Jvuk
と、いうわけで、第五話でした。

続きまして、第六話、投下します。

219 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:05:37 ID:wMI/Jvuk
と、いうわけで……

現代文学のちょっとした裏話。

220 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:06:24 ID:wMI/Jvuk
【小説家と株】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いわゆる「第三の新人」の辺りの文学者は、意外にギャンブル好きな人が多い。

例えば、北杜夫は競馬好きであったりするし、
ちょっと世代が違うかもしれないが埴谷雄高などはパチンコ好きだという。

そんな中には、花札などの延長として株なんぞに手を出す輩なんぞいて・・・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::: //,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|         阿川さん、最近、株、どうですか?
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ
        /     \   ,ヘ} 〈  ,' /  !
.      /         \/  |ー! ./    !    ___
    /,r-―- 、           !o| /    /  , '´      ̄ ̄ ̄`)
   / ,/     `ヽ        ∨{    〈 /   `ー< ̄j ̄ ̄
  ./ /        ヽ        |o!   //./    `'ー-〈 ̄
 //         !  /     .! | r'7 /ノ     ー--/
../           !  /      | ! .! !/      ,ー--'

               【吉行淳之介】

221 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:06:46 ID:wMI/Jvuk

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
            l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l
           レ!: !: :l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l: :::::ヘ!        カラ売りで10万ほど儲けたよ。
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/::∧|
              !ヘ∨ゝ       .i     ∧ソ          いやあ、うれしいね。
            レヽi l       }     ∧ノ
               レヘ   ______   /ノ
              ∨\ ヽ __ / / ′
             /i{  \  ` /i
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l

                【阿川弘之】

222 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:07:12 ID:wMI/Jvuk

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \       小さく稼いだ人ほど大きく騒ぐんだお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|      ああ、あと先生、とっとと原稿書いてくれお。
ボソ\   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

     【宮脇俊三】






 ::::::::::::::/ |::::::::::::::::∧:::::::::::::∧::::::::::::::::::::::!::::::::::::|::|
 ',::::::::::;′|:ハ:::::::::/  '.:::::::::/ V:::::::::::::::::::|:::::|::::::|::|
  ∨::::l.  |! |::::::/   '.::::; ′ ∨::::::::::::::::|:::::l::::::?
.  ∨:|   |:::/    }; '_..-'´ ∨:::::::::::/:::l::|::::::|
   ∨    |/  _..-'´      ',:::::::::/:::::ハ|::::::|
       ,.. '_______   ' ::::/::::/::::|::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        '´     ∪  `' |::/:::::/|::::l::::′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
           ー‐---一'   |/::::/ }:∧:|   ( こ い つ ・ ・ ・ ・ ・ ・ )
                   ,′:/ /リ `   ( 編 集 の ク セ に ・ ・ )
                    ハ ,:::::/ / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                 ∪/:::/  ′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.   |              /V/
   l|                厂7
.   !             /∧|
               /:/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まあ、多くの文豪の場合、仮に株に手を出しても、常識的な範疇で終わっていたのだが・・・・・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

223 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:07:35 ID:wMI/Jvuk
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中にはとんでもない手の出し方をして、破産まで突っ走る大バカ野郎もいるわけで・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ∩⌒ヾ
        い   )
         、 . ノ 
         |  | / ̄ ̄\
         |  |./   _ノ  \
         |  |   ( \)  l
         |  |   (⌒ (\)
         |  |   / ̄(__丿         チャップリンの作品みたいなコメディ映画、
         ト    /ー、/           作ってみたいだろ、常識的に考えて!
         |     \ノ
         |      )
         |      /ヽ
         |      /三)
         ノ     〈  ̄
        /   _  ⌒ヽ
       /   /  |   |
     /   /    |   | 

        【北杜夫】

224 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:07:48 ID:wMI/Jvuk

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (○)(○) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |           作るからには、徹底的にこだわりたいだろ。
         /        \ ._|_____ 
       , --'、             /         `〉    でも、そうなると、予算足りない・・・・・・
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

225名無しのやる夫だお:2011/06/12(日) 21:07:53 ID:DDeNEEkk
乙です。

ところで、亀ですが、
>>151
はどっちが正しいのですか?

226 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:08:18 ID:wMI/Jvuk

               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ○)( ○)   |
            (__人__)      | ../}          だから、株でぼろもうけするつもりだろ、
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __      常識的に考えて。
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

       、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二z<_      株式投資の初心者
    > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<       ・現物
  <之′Y´/        \      ・優良株
    >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i      ・リスクに注意!
    | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l     o
    ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|   /
     i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.      ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/____E[]ヨ___________
      ∧_人lハ:::::l,三|:::/l|_::::ハ
      |\    ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
      |\\    ⌒  ⌒   甘 \
      |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|´

A証券会社のものです。
お客様のように株式投資初心者の方でしたら、優良株の現物購入をお勧めします。
なかなか値上がりしないからキャピタルゲインは望めないけど、配当はがっちり得られますよ。

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

227 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:08:48 ID:wMI/Jvuk


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●

228 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:09:06 ID:wMI/Jvuk

             / ̄ ̄\
           / ─  ─ \
           |  <○><○> |       値動きがなくて、益が出ない上に、
           |  (__人__)  |        そもそもつまんないだろ・・・・・・・
.           |   ` ⌒´  }
         _ _|        l _     別の証券会社に切り替えるか。
        / l   ヽ       /   l ヽ
         | l     ヽ    ノ  /  |
       , -―-、    ー    l  |
      /      l        /´ ̄`\
    /    / , 、 \     _/     \
    l l | / / \_)  (__,ノ{ l | l  l
    〈l 〈 l  |  /l       l ∨ l l /l
      \ヽ{_,ノ//        \{__,ノ 丿ノ/
         ̄   /         |  ̄


                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄
       ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,____
     ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡;;;巛;;;;;;;;;;;'',,
    ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ巛巛;;;;;;彡;;;;;;;;;,,
   ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞゞ彡彡ミ;;;;;;;;,,        B証券会社です。
  .,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;---'''''""´"゙゙゙,,ァ''';;;;;;;;;;;;;;;;,
  ;;;;;;;;;;;;;;ツ''"""      '''"´  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;       投資ならミニカー・・・・・じゃなくて、
  ;;;;;;;;;;;;::..              .:;;;;;;;;;;;;;;;;;         仕手株がお勧めですよ。
  ;;;;;;;;;;  _,....,_      _,,,,,._   ;;;;;;;;;;;;;;;;j
  ヾ;;;;' ,,;r====;,    ''''''''"゙''ヽ   ヾ;;;;;;;j'       値動きが大きいのでキャピタルゲイン見込めますし。
    i-r'' ',ィrェェ、 ,`-´,r ;r;=;ュ,_ t---;!  !       
    ゙'l.l  ゙`´ ィ:;  i ヽ `´   j   ; l! l
    l ゙ー -- '.:;;.'   ヽ. 、ー '"   , {
    | .,.  .::;i'_  _  - ヽ.     , }
    ', .:;:. :: _,,... ..  ...,_  )    t-'
.     , ヽ:.  ヽ..,:__:__::,.. '´ ;':.    ,'
     ゙.、 丶.,  ‐-‐   ;:.   ,. '
.      ゙ .、:::;       ,.r' ,.r',r':::::::::....
   .......::::::::! ゙ー ..,,___ ,,. ' ,.r'",."::::::::;;;;:::!:::::.....
:::::::::!:::::::::::::::j  ゙ 、   ,.. '" ,. '::::::::;;;;;;::::::l:::::::::::::::.......

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

229 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:09:22 ID:wMI/Jvuk
                             ̄

                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●

230 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:09:43 ID:wMI/Jvuk

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (○ )    |     値動きは激しいけど、どうも予想と反対に流れて損失出るなあ・・・・・
     . (人__)      |
     r-ヽ         |    プラスが出てもそんなに大きいわけでもないし。
     (三) |        |
     > ノ       /     プラスが出たときに、ドカンと儲けるほうがいいんだが・・・・・・
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

         _,.-ー - 、
       ,r'´       \
     、;ツ__\ l. j / __  ;';;,        グェッヘッヘッ、日自振・・・・・じゃなくて、C証券のものだ。
     (゙ ゝ、__゚ヾ∠´_ ゚ ,`' ;;;'')
     ヽj ー-'´ ``ー-''  _丿       がっぽり儲けるんなら、そりゃ信用取引がお勧めだろ。
      ゞ、_'''''"__゙゙'''''''_,っ  |        何しろ元手の数倍の取引が出来る。
      ヾニ´__  ̄`´_, _,,ノヽ、_ 
     _,, -''^ー-三三ニ´- '     ` 、    信用で仕手筋ドカンとかませば、
   ,f´   ヽ       ,r''´__,,   ',    ぼろもうけ間違いなしだぜ、グェッヘッヘッ。
   /)  ヘj       ヽ/ ´ー   i'
  j_)  、_,ィ-,'ニニゝ、ー-、/    /`ヽ,|
  ,'.   ´ `´   `)゙L,,ノ⌒ ,j'  〈 |
 (        _,,',ノ    `丶ゝ、ノ, }
  `ー-ァ--─''´ \_      ,r'' |
     l         ` - 、__,,,ノ   |
    │               |

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

231 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:10:03 ID:wMI/Jvuk

                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●

232 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:10:23 ID:wMI/Jvuk

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |


     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

233 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:10:38 ID:wMI/Jvuk

          _____
      .。  /       \
      ┃ i         ヽ
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
    ./ //´l (ー) (ー)   i          ああ、もしもし、新潮社さん。
    .l  '-;;;;l (__人___)    i
    l │;;;;|,,'`⌒ ´    i           北ですけど、原稿料の前借り、お願いできますかね?
    l  \⊥         ,i
    /   / iヽ,       /          ・・・・・・ええ、まあ、いろいろとありまして。
  .,、 i   .' /,‐'.l\    /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i

234 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:10:56 ID:wMI/Jvuk


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

235 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:11:16 ID:wMI/Jvuk

             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ○)  (○)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|


      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \

236 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:11:34 ID:wMI/Jvuk


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

237 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:12:11 ID:wMI/Jvuk

       ∩
       ||  / ̄ ̄\
       || /   _ノ  \
      /〔|    ( ○)(○)
      〔ノ^ゝ    (__人__)       ああ、もしもし、佐藤の愛ちゃん?
      ノ ノ^,-    ` ⌒´
     /´ ´ ' , ^ヽ      }
     /     ノ'"\.  ⌒ }
   人    ノ \/,_ __ノ
   /:::::\_/l:::::::\ー-.,ノ、゙,
  ,/::::::::::ノ::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、           あら、北さん。
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l             どうかなさったの?
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ
.   \:::::::::::::::::::i、:::::::::\  仍} ,/:::::l`ヽ:::::::::::::',
     T :::::::::::/ \:::::::::::` - 、/::::::::l  ヽ:::::::::..ヽ

           【佐藤愛子】

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

238 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:12:36 ID:wMI/Jvuk


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |               いや、その、あの……
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, 利息50万円つけるから、
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  .. 500万円ほど貸してくれない?
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .    ちょっと入り用で……
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ       うーん……
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ      北さんにはウチの元ダンナが破産したときに、
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|      いろいろとお金借りてるし……
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ     分かったわ。
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//     利息50万円で融通してあげる。
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  − イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

239 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:12:59 ID:wMI/Jvuk

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __                 愛ちゃん、すまない!
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \             恩に着るだろ!
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \

                            _|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|口|
                                |田|━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄

. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /     困ったときはお互い様よぉ。
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /       じゃあ、銀行に連絡して、届けてもらうようにするから。
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /          それじゃあね。
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !
.l }   /      /       /  /   ヽ

240 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:13:19 ID:wMI/Jvuk

                           / /     | |  |   |            :::::::::::::::::::::::::::::::
                          / /     .| | .|  .|               :::::::::::::::::::::::
                        __,/,,_/      .| | |   |                   :::::::::::
                      //⌒/''''---,,,,,__.!`´| .|   |                      :::
                     / / :/       .:ヽ,_|.|   |                          /
                  _ /  ! :/        .:::::ヽ!   !,,,,_
                 /´ .:i´           ..:::::::::|l       ゙゙̄''''ー-,,,,,,_                 ガ
                ./  .::}:           ..::::::::::lー-,,,__            ゙゙゙̄'''ー--,,,,_
             _,,,,j'  .:::|:          ..::::::::::::/‐‐,,,,,__ ゙゙゙̄''ー―,,,__             ゙゙̄''ー     チ
           f´ .:::::::!|  ::::|:          .::::::::::::/  ゙゙''ー ゙7  ,--,,,,,,__ ゙゙゙̄'''ー―,,,,,_
        .!^!'j/|  :::/|  .:::|:         ..:::::::;;;ノ ''''''ー--,,,!  .,!  ゙゙''ー .゙7   ,--,,,,,,____ ゙゙̄''ー―,,,      ャ
        }/ .:::|  .:::|/:|  :::|       ..;;〆、/   ,,,,,__     ゙゙゙゙''''ー-,,,,!   .,!  ゙゙''ー゙゙゙'i   .,--,,,__
       / |  .::|  :::|:::|  .::::!;       / .:!'//   .,!   ゙゙゙゙'''--i  .,,_      ''''ー-,,,,,__,!   ,!  ゙゙'''      !
      / .:::j  :|  ::::!ノ;  :::::ヽ     :j゙  :::|   ,!   1   .,! .,! ゙゙゙゙''''ー-,,,  .__       'ー-,,,,__
     { ::::::{!,  ;; i,  j! .:::::: \   ::}   :}   __゙゙゙゙'''''-,,,,,__,!  ,!   2   ,! .,! ゙゙゙゙'''ー-,,,,_        \
      !, ::::!, !,  ! :::!:  :! :::::   ヽ, ..:::丿 .::i゙  .,! ゙゙゙'''ー-,,,__   ゙゙゙''ー-,,,,,,___,!  ,!   3   ,!
     . .!, ::::Y  !: ::!;   .:::     .!;:::ノ  ..:::|  ,!   4   .,!  ,!゙゙゙'''ー-,,,,__   'ー-,,,,,,,___ ,!
       .!, ::´  .!; .;;   .::      .:|、|  .:::::|  ゙゙゙゙''''-,,,,___ .,! .,!   5   ,!  i''''ー-,,,,,__ ゙゙
       { '   ::    .::       .::´  .::::::|,!''''ー-,,,,,,__ ゙゙  .'--,,,,,,__  .,!  ,!  6   ゙7
       |:: .  .::    ::      .:::  ...::::::/!       .7  ,i--,,,,,__ ゙゙゙'''  !,,,,___    .,!
       |::..::  :             ...::::::::/ !,,,,__ 7   .,!  ,!     ゙゙'''j  .,,,,__  .゙゙゙゙'''ー'
       .|:::i             ..::::::::::::j' _   .゙゙゙''''ー-'  !   8   ,!  ,!  ゙゙゙'''ー--i
       .iヘ;j゙      ;:     ..:::::::::::::::/ .,! ゙゙゙'''ー-,,,__   .゙゙゙'''ー--,,,,__!  ,!   9   .,!
       | {_,,,,==,,,,_::::::   . :::::::::::::::ノ .,!  *   .,!  .,!''ー-,,,,__     .ー-,,,,,____  .,!
..r-zr--''' ̄'''ー-ァ、_  ̄`ヽ、  ..:::::::::::::/_  ゙''ー-,,,,,_  ,!  .,!     ゙゙''7  ,j-,,,__   ゙゙'''
-´''''' ̄'''''丶、  {  `ヽ_  ヽ, ..:;;::::/;;  ゙゙゙'''''-┐  ゙゙'''  .!,,,_ 〇   .!  .,!   ゙゙゙''''-ッ
         `ヾ丶,,_)\  };j/ ./'''ー-,,,,__  |  |"'''''--,,,,,_ ゙゙゙'''ー-,,,!  .!   #   !

241 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:13:35 ID:wMI/Jvuk

             _ _―_‐
               〈乞}〉:::::::::::::::::::::....、 \
             /..::>‐  ̄ ̄ ̄ `丶::..\ \
            /.::/           \::.ヽ  ヽ
         lイ            |  | lヽ::l_ l_
         || | l     | | l |  | | 〈匸[}匸)〉
         || | |、   \ | | |/斗┼ |  フイ|冂|        /三三
         || | | \  ヽ| イ  | ___ l | |レ八」| ___/三三三
         | l| l | \\ |  〃 ̄ || Τ l/..:::::::::::::.`?三三    臨時収入、臨時収入♪
         |八 l へ ̄___         || |/..::::::::::::::::::::::: |三三    このお金、何に使おうかしら。
            /\ ヽ? ̄        ノ|/ .:::::::::::::::::::::::::::: |三三
            ヽ_〉\ \    __ノ    /.::/.::::::::::::::::::l:::::::::|/ ̄    そうだ、九州辺りに娘と旅行に行こっと♪
          ∠二二、\ >-   _/  /.:://..::::::::::::::j::::::::ノ       ホテルも高級なところにして♪
         /...:::::::::::::..\-\\_r‐ヘノ ̄/..:::::::::::::::::/.:://
       / .:::::::::::::::::::::::::..\Y⌒\   /..::::::::::::::::::::://..:/
         | ::::::::::::::::::::::::::::::::::..\  {?}/..::::::::::::::::::::::/..:::::::l
         | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\/..:::::::::::::::::::::::/..::::::::::: |
         | :::::::::::::::::: 二>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::::::|
         | :::::::::::::::::::::三三\:::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::ノ .::::::: |
        ヽ::::::::::::::::::::::/..:::::::>―‐┬‐<:::::::::::::/..:::::::::::::|
         \:::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
            ̄     `丶:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\

242 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:13:56 ID:wMI/Jvuk

                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

243 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:14:12 ID:wMI/Jvuk

           / ̄ ̄>、
         /_,  、_   ハ
       !`: /           !r 、
      >(ヽ >   <    :」_,L_
      (_ `.′         /、ノ  )
     / i (_,、_)    / /  「
      /   い、ノ     ,/ノ  ,′
     (   ゝ __/    ./
     ` <___       <´
          ∨     ハ
             ∨       |
        r─‐┘     i
        |   ____i   L___
        |   i    :      `!
        L__,ハ    `ー──一


     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)


                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,−´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ?..___|__j

244 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:14:31 ID:wMI/Jvuk

                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

245 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:14:47 ID:wMI/Jvuk

          / ̄ ̄\
          / ヽ、_   \
         (●)(● )    .|              書けども書けども、
        (__人__)゚o   │              原稿料の前借りのせいで、お金が入ってこない・・・・・・
         (,`⌒ ´       |
         {        |              躁状態のとき、俺は何をやってたんだ?
         {        ..:/
           ` ー     \
          /    _    l
         /  ̄`Y´   ヾ;/  |
     __,|    |    |´  ハ
         |    |    |-‐'i′l.
         |__ |   _|   7'′
        (   (  ̄ノ `ー-'′\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
と、いうわけで、北杜夫は一文無しになってしまいました、とさ。

                                                           おしまい?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

246名無しのやる夫だお:2011/06/12(日) 21:15:08 ID:D4ekwRFo
どんなことがあっても借りた金は返せよ〜

247 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:15:08 ID:wMI/Jvuk


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                         ,,..、、_
                        ,  -‐r<ゞ乏彡>ー- 、
                  /..::::::::::::::::≧三彳:::::::::..\\
            r―、   /.::   '´  ̄/    ̄    、:.\\
   、        | 「ヽヽ//    /  /  ', ヽ   \::.ヽ '
    ':,:..、       レ'¨ニ7′ /  //       l i  '  ヽ ヽ:::.Yl    ,  ,.:'´
 、 ':.、 ':,:.;.:、;..、 / ´//    ′ ' ,′ |   | |  l    ヘ::| |  ,.:,:' ,.;.:':,:.;.:'
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.くく./イ| i     |   l|  |   | |  |     l:k<ニニ 7:.;.:':,:
':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;`ー'_/| |  l | !|‖  |   | |  |l     ドiくヽ,://― 、
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:' /:/イ| | ! ⊥..| lハ  |    j| ハ  |/  l| |l\〈/.:::::::::::..\
':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:./://| li |  ヽ. |_」.二ミー |ヽ `7才7ー | /   | |l::://.:::::::::::::::::
:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:.;.:':,:./:〈/.::L|| l、  l?弋_リメヽ|〃ィ斤テァ?′ / 小∨/.:::::::::::::::::::       は?
  ',:.'::,:.;.':,:.;.:',-、,,:/.::::::::ヽ| ト  ヽ  ̄"´      ''`¬′/   イ / |ヽイ!\、::::::::::::::
   ,;.:':,:'.;.:':,:li`|/.:::::::::::::::::| l \_\    j      / / |/l |l::::||:::::.ヾ::::::::::::       おいコラ、北。
.  '"´,.:':,:.;.:lー'!:::::::::::::::::::::::| l   \`  、__ ,.     ̄' |   | ハ:::::||:::::::::}〉::::::::        テメー、とっとと金返せや。
.     '"´,:':,:| |:::::::::::::::::::::::| l   |`::..、  `ニ ´   イ  |   |/.:::|::::::::::::::::::::::::::::::
.    ,.:'.::' :_l L:::::_:::::::::::::::| l   |::::.マ}>,, __ r介メ==|   l/.:::::|:::::::::::::::::::::::::::::
   ´   / '| /ヽiヽ::::::::::::||  |::::::.マ} {{_// |:| |:|\、_;'  /.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::
    r‐i  | | | |:::::::::::::||  |:::::::::.マ}`´ |:| |:|  ゙7  /.::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::
    | ! ' !  !  l::::::::::::|‖  ト、::::::::.マ廴_´ `  /  /.:::::::::::::人:::::::::::::::::::::::::::
    ! ,!        |:::::::::::| ||、  !へ::::::::.ヾ込辷辷7  /.::::::::::/.:::::`ト--- '´:::::::
    \       |::::::::::| l;:ト、  ヽ:::.\::::::::::>ーイ /ー― '::::::::::::::::.\_:::::::::::
      ;\     /:::::::::::|ノ::|:::.\ \::::: ̄/.:://  ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}>、::
     l::〈 ̄ト‐√| ト::::::::/.::::ヘ::::::::`:::....\:://.::// ∧ ヘヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::
     l::「\l / Y |:::::/.:::::::::.ヽ:::::::::::::::::::/厶イ//|| ||:::〉〉、:::::::::::::::::::::::/.::::::::::::

                                                           【本当のおしまい】

248 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:15:42 ID:wMI/Jvuk
【登場人物紹介】

           _l:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:、:.:.:.:.:.:.\:.:`:.:、:.:.:.:.:.:.:.\、
          _l:.:.::.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:ヾ.、
           .:´:.:',:.:.:.:.:.\:、:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ヽ:、:.:.:.:.:i:. '.
        /:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:..ヾ\:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:i:.:.:.:.:ヽ:.:.:l:.:.:.',
          ':.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、:.:.:.:.:.ヽ\:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:i:. ':.:.:.:.l
       /:.:.:.:':.:.l:.:.:ト、:.ヽ:.:.:.:.:.:._',-‐ 、:.:.',:.:.ヾハ:l:.:.i:.:.:.:.l/:.!:.:.:.:.!
     /ィ:.:.:l:i:.:l:.:.:l  、:.\:.:.´:.:.', ,xfrっヽ メ:リ:.:.l:.:.:.:/:.:.:!:.:.:.:.\   吉行淳之介(1924〜1994)
    /  l:i:.:l:.:',:!:.:.l ̄`\:',\:.:.: ',' `ー'  ヽヽ:.:!:.:.:.:,ヽ:.:i:.:.:.:l` ー ‐
       l!:.:':.:.:ヽ从 ィ弋メ\ \:.',         l:.:!:.:.:./, }:.:.!:.:.i:l     父はダダイズム詩人の吉行エイスケ、
       l:.ハ:.:.:..:.:.:.:ヽ   丿 \ ヽ        l/:.:.://./:.:.l:.:.l:!     母は現在最高齢美容師免許保有者のの吉行あぐり、
       /:' l:.:.:.i:.:..i:.:.i  〈           /l:.:.:/ー:':.:.:.:l:.:ハ     妹は女優の吉行和子と詩人で芥川賞作家の吉行理恵。
     /´  ヽ:.:l、:.:.:!从            / !:/:l:i:.:.:.:.:!:/
          ヾl :.:.:.:.:.ヽ  ィ   フ      /!'.:/l:l:.:.:.:!/       1954年『驟雨』で芥川賞受賞。
           } ヽ:.:.:.lヾト、 ` ´      ///' lハ:.:.!ハ       私小説的な純文学作品や、随筆・雑誌の対談、
              \.:! }  ヽ      イ    / ?        さらには「好色一代男」の現代語訳などまで手がけている。
               \    ヽ  <         ヽ
                     ヽ      '        \
                          }    /          ` 、
                       /!  / -‐  ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ー 、
                     _/  <     /           `ヽ、
           _  ―  ヽ ̄ 才     /                   ヽ
           /         ー ´      /                 ヽ

249 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:15:55 ID:wMI/Jvuk

                                     ,   |   |          | |   |l   |  〈::〈  l |::|l:::|ヽ
                                     ′,  |    |         | |   ハ  |l  ヽ::\」ノ::ハ::|
                                    | ″  |   |         , | _厶? ハ l  ` ー-イ |::|
                                    |||   ヽ   ヽ       / イ /´  |/  ||    ; |/:∧
                                    |||     \ _\    / 厶斗=、¬ア||   / /::/ |
 佐藤愛子(1923〜 )                            | ハ ヽ <´\,,.二ヽ、/  〃弋ソム ″ レ   / /::/  |
                                    ヽ  \ \ヽ< { り}`       ̄   /   / /::/!  |
 父は作家・俳人の佐藤紅緑、                     〉、>ー `¨´   ,          /  ィ´  〈::::{ |
 異母兄に作詞家のサトウハチロー。          >、     /:/ ト、 \     丶    _,.    ̄ |   `´|  /
                                 \\ー=〈:/、_| ` - >   ー‐ '´      / |     ハ /.:/
 1969年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞受賞。   :..:..:..:..:..:..:..:..:..:.|    |> 、         /__|    ,′∨..:{/
 「憤怒の作家」「怒りの愛子」などと呼ばれる。     :..:..:..:..:..:..:..:..:..:..l     |   l`  、 ___,...:.'::.::.::.::.::.:|    ∧ /..:./.::
                                 :::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|   |_ |   j ィ1く\::.::.::.::.::l   / ∨..:.厶-
 エッセー「娘と私」シリーズや、小説「血脈」が有名。 :::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.l    l:::.:::.:ヽ// /::ハ::ヽ\::.::.,′  ∧/ ̄ -―‐
                                 :::.:::.:::.:::.:::.:: , ―ヘ   lー―く:::〈rイ:::/ |::|:::::〉:〉/   ///..::.::.::.::.::
                                 :::.:::.:::.:::.::/..::.::.::.:ヽ  ' ::.::/ハ::V:::/. |::|::/://   / /..::.::.::.::.::.::.::
                                 :::.:::.:::./..::.::.::.::.::.:::..\  V/  ゞ__/  ゞ__// // /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
                                 :::.:::.:/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:..\ ヽ  /:/   |::| //..::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::


【出典】
「マンボウ交遊録」北杜夫
「酔生夢死か、起死回生か。」阿川弘之・北杜夫

250名無しのやる夫だお:2011/06/12(日) 21:17:46 ID:D4ekwRFo


改めて見ると才能の遺伝がすげぇな

251 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:17:55 ID:wMI/Jvuk
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

>>246
北先生の名誉のために書きますと、
元本500万円は返したようですが、利子50万円はムニャムニャになったようですw

252225:2011/06/12(日) 21:21:49 ID:DDeNEEkk
乙でした。信用取引怖いです

割り込んで申し訳ありません

253 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:22:26 ID:wMI/Jvuk
>>225
阿川先生はこのようにお答えになられました。

                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ:::::: /!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  (◎)     `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::! u         (◎),. /::::∧::|      どっちでもいいんだよ。
           |∧`Y::リ           i  u   //|/  ヾ
              !Tヾ  u.  __j_      //ノ          江戸時代の仮名遣いはメチャクチャだから。
             ヤ. ヽ.     |゚д゚ ) |   ,.イ:/
              r<´|.  \   |( ゚д゚ | / |/
             !  `丶、.  \  ̄ ̄u/
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ -−‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |              (「酔生夢死か、起死回生か。」より抜粋)

254名無しのやる夫だお:2011/06/12(日) 21:29:31 ID:ae5GgerE
「いかた」なのか「いがた」なのか、はっきりさせるために「いか゜た」(濁音はつきませんと言う意味)なる看板を作ったくらいですしね

255 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:52:16 ID:wMI/Jvuk
>>250
もうこの辺りの人たちは、家族関係が半端ないんですよ。
今まで出てきた人だけでも……

阿川弘之……(長男)阿川尚之、(長女)阿川佐和子

北杜夫………(父)斎藤茂吉(母)斎藤輝子(兄)斎藤茂太(長女)斎藤由香

宮脇俊三……(父)宮脇長吉(叔父)三土忠造(長女)宮脇灯子

吉行淳之介…(父)吉行エイスケ(母)吉行あぐり(妹)吉行和子(妹)吉行理恵

佐藤愛子……(父)佐藤紅緑(異母兄)サトウハチロー

村松友視……(祖父)村松梢風(叔父)村松喬(叔父)村松暎


でも、才能の遺伝というよりも、そういう作家の集まりが家で形成されていて、
子供時代からそういう集まりを身近で見ていたことのほうが大きいのかな、って感じがしますね。
例えば宮脇灯子さんは幼少時に「マンボウ・マブゼ共和国建国祝賀会」に出席してますし。

しかしここに名前書いていて思ったけど、
村松先生はともかく、阿川・北・佐藤の各先生がご存命の上(しかもみんな元気に活動してる)、
吉行あぐりさんがまだご存命なのがすごいというかなんというか……
モタさんも長寿だったし。

256 ◆KcxXifcWsc:2011/06/12(日) 21:59:16 ID:wMI/Jvuk
               ,.r-‐''"´`丶、、..,,,_
              ,r'´ゝ、 ,r'´フ  ,、'r ̄`ヾ、
           /,イ`ヾー=彡' ,ィツイ/   ::ヾ`ヽ,
           ,!        ,ハ'´   ... . ::;_,ィミ l
             l,ィ,,,:':::ヾ ミ、;;;,.、-─゙'''ァty、::;ィヅ;;::j
          ,}``ハヽ;;;;, r'´ -─‐'´゙,ノ'ソイ'ヾ,;;〈
          /:..;;;,r' ヾ、リ  ,か)ゞ`' ,r'`ヽ,|トj;:リ
           {jj ハi ノi ,:トj         ,jテy ,ハ;;ir'         「現代文学のちょっと裏話」
          ,!.;;:::;ヽゝ'ヾ'         ヽ  j-‐'
         {'ヘ、,ミジゝ         `ャソ ,!           次回は6月15日21時の投下を予定しております。
            `ゞ リハ彳、.     ``ー-、, /
            ゙,r-く,._イ, ヽ,    `ー  /             なお私は出演しません。
           /     `丶ミ、_      /             でもほんの少し、絡むかな?
           ,イ        `ヾ,ー‐r一'
        / `¨丶-、       `イi`ヽ、
      ,r'´ ̄ `ヽ、,イ `丶   / |,j、  'j
    ,イ         ヽ、  \,/ ,!j ki、,イ、
   /            `,    'i ``ヾ<'

257名無しのやる夫だお:2011/06/13(月) 12:28:48 ID:.bZOSCuc
乙でしたー。ギャンブルは熱くなっちゃダメなのですよw
続きも楽しみにしておりますー。

258名無しのやる夫だお:2011/06/13(月) 17:45:10 ID:XHuMCDW6
乙乙ー

259名無しのやる夫だお:2011/06/13(月) 21:08:25 ID:GxgO4k8s
文学者のみなさんが強烈なのはいろいろと知ってましたけど
編集者のみなさんもなかなかどうして、結構強烈なんですね
「鉄ヲタの神様」宮脇先生も北杜夫先生に負けじとインパクトの強いお方で

260 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:01:27 ID:uYbMLYuQ
えーみなさんこんばんわ。

それでは投下します。「現代文学のちょっとした裏話」

261 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:01:43 ID:uYbMLYuQ
【子どもの使い】






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三は、書籍を作るに当たって、結構細かい指示を作者に出した、と言われている。
 たとえば・・・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

262 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:02:02 ID:uYbMLYuQ
         ____
       /      \
      / ─    ─ \    
    /   (●)  (●)  \  
    |      (__人__)     |   実は、文字数を増やしたり削ったりして欲しい箇所が何箇所か出てきたんだお。
     \    ` ⌒´    ,/   
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

       【宮脇俊三】


               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |            なるほどねえ・・・・・・
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |           しかしまあ、細かく指示が出てますねえ・・・・・・
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

              【北杜夫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「どくとるマンボウ航海記」の折は、
 北杜夫の原稿に相当な手直しを入れている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

263 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:02:20 ID:uYbMLYuQ

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)      しかしまた、なんでここまで?
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


     ____         本の体裁のためだお。
   /      \
  /─    ─  \      例えばこのままだと、数文字しか文字がないページが出来てしまうお。
/ (●)  (●)   \     見開きでのそれはまだ許されるんだけど、
|    (__人__)      |     ページ送った次の行がそれだと、すごく読みにくいんだお。
\   ⊂ ヽ∩     < 
  |  |  '、_ \ /  )     改行・行送りにしても同じだお。
  |  |__\  “  /     やはり1文字+句点とかで改行すると見づらくなるんだお。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は、まず出来上がったときの本の体裁を考えた上で、
 細かな指示を出していた、と言われている。

 確かに、読みにくい本は手に取ってもらえない。
 それをちゃんとすることが、編集者の仕事である、と考えていたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

264 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:02:37 ID:uYbMLYuQ

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \         むむむむ・・・・・・
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /   これは修正、入れられないお・・・・・・
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 その宮脇俊三が、原稿に修正を入れなかった人物がいる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

265 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:02:56 ID:uYbMLYuQ


       , -;‐;‐;-;、
      / __ ‐-‐___ ',
        |  -` ̄- |
      ,|_(二)ー(二)_.|_
     { |´  、,}   `| }
       `! / 小.ヽ  |'
      |   、、 '  |
     ノ{\ 、___, /ハ\
   / { ヽ >ーく  / |  \
  ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ
  / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その人物の名は宮崎市定。
 京都大学名誉教授であり、東洋史学者の大家、京都学派の重鎮と言っていい人物である。

 やる夫関係でも、とあるスレにおいて著作が原作資料として使われており、
 その名を知るものも多いのではないかと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

266 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:03:10 ID:uYbMLYuQ

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \        先生に「世界の歴史」の「宋と元」の巻を、
      |    ` ⌒´      |        お願いしたいんだお。
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そもそものきっかけは、中央公論社の「世界の歴史」発刊にあたり、
 「宋と元」の巻を宮崎市定に依頼したことである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

267 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:03:30 ID:uYbMLYuQ

     ____
   /      \
  /         \
/           \     しかし、編集委員の村川(堅太郎)先生や貝塚(茂樹)先生に言われるままに、
|     \   ,_   |     宮崎先生に依頼を出したけど……
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |      ぶっちゃけやる夫は、宮崎先生の著作を読んだこと、ないお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



     ____
   /⌒  ⌒\
  /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \          そういえば、岩波新書に「雍正帝」という本があったお!
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃      あれを早速読んでみようお!
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

268 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:03:48 ID:uYbMLYuQ

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __        しかしまあ、なんでまた、康熙・乾隆帝の間に挟まれた、
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /        地味な存在を取り上げたんだお?
    (⌒      /     /     /        在位期間も短いし。
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)         某スレの元ネタであることは知ってるけど……
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ

269 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:04:07 ID:uYbMLYuQ

              ____
             /        \   人
            /           \   て       こ、これは、面白いお!
            / \     _/      \
            |  (●)   (●)      |         なんでこの専制君主、
.           \  (__人__)  u.   /         超人的に多忙な日常を送ってるんだお!
           /  `⌒ ´       \
      彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
       \    \\    \E |    ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は、宮崎の著作を読んだことがなかった。
 そこで、当時の宮崎の著作で唯一一般向けに出されていた、
 岩波新書の「雍正帝」を購入し、早速読んだという。

 「後宮の美女と宦官に囲まれて遊蕩の日々を送っていたのであろうと粗末な先入観を抱いていた私は、
  目からウロコが落ちる思いがした。」
 「しかも文章は平易で生き生きし、学者よりも小説家のようであった。」
 「私は新書一冊を読んだだけで宮崎先生のファンになってしまった。」

 後に宮崎市定全集が組まれたとき、その月報で宮脇はこのように書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

270 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:04:32 ID:uYbMLYuQ

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\     先生にも、新書を執筆していただきたいんだお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

                                             , -;‐;‐;-;、
                                            / __ ‐-‐___ ',
                                            |  -` ̄- |
   なるほど、わかりました。                          ,|_(二)ー(二)_.|_
                                           { |´  、,}   `| }
   タイトルは・・・・・・                              `! / 小.ヽ  |'
   「科挙 中国の試験地獄」などはどうでしょう?             |   、、 '  |
                                           ノ{\ 、___, /ハ\
                                         / { ヽ >ーく  / |  \
                                        ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ
                                        / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後、宮脇は、中公新書を企画から立ち上げ、その編集を担当することになった。

 今でこそ中公新書は新書本では古参のシリーズであったが、
 当時は、また岩波新書くらいしかなく、当然ながら新参で、宮脇は手探り状態で企画を立てていた。

 そんな折、宮脇は宮崎市定に執筆を依頼、快諾を受ける。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

271 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:04:53 ID:uYbMLYuQ

         ___
       /      \
      /  ─   ─ \          ・・・・・・これは名文だお!
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __   内容は簡潔で、かつ誰にでもわかりやすい。
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /   こんな文章、めったに読むことできないお。
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ


               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ      これは絶対に修正を入れちゃいけないお。
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |     そんなことしたら、バチが当たるお!
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は一読するや否や、これを名文だと感じ取った。
 そして宮脇のそういう修正癖を知っている人間に、修正の是非を問われたときに、
 「これは絶対に修正してはいけない」と答えたという。

 「それは「原稿の模範」と言うべき完璧なものであった。」
 「出版社が想定した読者に向って語りかける平明な文章で、意味の通じにくいところなど、まったくない。」
 「しかも字がきれいで、ごちゃごちゃした書き加えもなく、原稿用紙の升目にキチンと一字ずつおさまっている。」
 「字数を数える必要もない。」

 宮崎の原稿について、宮脇は「全集」の月報で、このように書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

272 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:05:11 ID:uYbMLYuQ

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (ー)  (ー) \       しかし、こんな原稿を下さる著者ほど、編集者にとってありがたいけど……
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /       これじゃあ、「子どもの使い」だお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このようなすばらしい原稿を渡した宮崎に対し、宮脇は問題点を二つほど挙げている。

 一つは、著者に注文をつけ、幾度もお会いするうちに互いになじんでしまう、という、
 良き(?)関係が宮崎との間に発生しなかったこと。
 もう一つは、宮崎みたいな著者ばかり相手にしていたなら、
 編集者は仕事がなくなって失業するだろうということである。

 現に「科挙」の際、宮脇は、執筆のお願いと、原稿頂戴のときの二度しか宮崎と会っていない。

 「子どもの使いにすぎなかった」と後に宮脇は述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

273 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:05:38 ID:uYbMLYuQ

       __________
    r´ ´\                \
    (    \    科  挙     \
     \     \  中国の試験地獄  \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのように原稿のやり取りは「子どもの使い」だったのかもしれないが、そんなことは関係なく、
 かくして宮崎市定著「科挙 中国の試験地獄」は発売されるや否やベストセラーとなった。

 そして今でも書店の中公新書の棚を見ると必ず並んでいるといってよいほど、
 スタンダードな書物となっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【おしまい】

274 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:05:55 ID:uYbMLYuQ
【登場人物紹介】

       , -;‐;‐;-;、
      / __ ‐-‐___ ',
        |  -` ̄- |        宮崎市定(1901〜1995)
      ,|_(二)ー(二)_.|_
     { |´  、,}   `| }        京都大学名誉教授で東洋史学者。
       `! / 小.ヽ  |'         京都学派の中心人物として、日本の歴史学界をリードしてきた人物。
      |   、、 '  |         著作として、「雍正帝」「科挙 中国の試験地獄」などが有名。
     ノ{\ 、___, /ハ\       また「現代語訳論語」は今でも論語の現代語訳のスタンダードとして名高い。
   / { ヽ >ーく  / |  \
  ,ハ ヽ ∨ヾフ'∨、__,|  ,ハ    若い頃の出来事については、「やる夫は独裁君主になるようです」様の、
  / ヽ く´ ヽハ,/  ヽ   /  |    番外編などに詳しい。


【出典】
「私の途中下車人生」宮脇俊三
「子どもの使い」宮脇俊三(宮崎市定全集の月報より)

275 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:06:23 ID:uYbMLYuQ
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

276 ◆KcxXifcWsc:2011/06/15(水) 21:06:38 ID:uYbMLYuQ

      !ヽ, __ ,/{
      !,ゞ´   ヾ       次回の「現代文学のちょっとした裏話」は
      ! !l iリノハリリ__      17日(金)21時からの予定じゃ。
   /ノ リ |゚ ヮ゚ノ!|/\
 /| ̄ ̄∪∪ ̄|\/,    次回はわっちも出るのじゃ!
   |   わっち  |/ ●

277名無しのやる夫だお:2011/06/15(水) 22:06:10 ID:XNvdvIHY


新書書いてる学者の人って確かに小説家より文章上手くて面白かったするね

278名無しのやる夫だお:2011/06/15(水) 22:44:27 ID:kLXt2v.A
乙乙!

279名無しのやる夫だお:2011/06/15(水) 22:58:01 ID:RKqWaTYM
乙!

280名無しのやる夫だお:2011/06/16(木) 10:51:44 ID:RgIvyv3M
乙でした。
宮崎先生については科挙スレ、漢文スレの作者さんが取り上げていたのを思い出しますねー。

281 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:04:22 ID:EUn6WeLY
こんばんわ。

>>280
何気にやる夫スレ言及率が高いんですよね、宮崎先生は。

>>277
中公新書の初期の作品はガチで当たりばかりな感じがします。
会田先生の「アーロン収容所」、貝塚先生の「史記」、宮崎先生の「科挙」ですか。
奥野先生の「日本文学史」もなかなか面白い

282 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:05:12 ID:EUn6WeLY
と、いうわけで投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

283 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:05:36 ID:EUn6WeLY
【宮脇と犬】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三は犬が苦手だったのだろうか、
 自らの著作物において、「犬にほえかけられた」ことを書くことが多い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ____
       / ⌒  ⌒\
     / ( ●)  (●)\ヽ            わんわんお!
    / /::::::⌒(__人__)⌒::::\\
  /  ./     |r┬'|     |  \               わんわんお!
 (___ノ\__  ー ' ___,,人___) 
   こて  )         !
     i_..j⌒\ _._.)⌒ヽ_._.)

284 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:05:51 ID:EUn6WeLY

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /          お、おい、来るんじゃないお!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴           あっち行けお!
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

        【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 例えば、福井県三国港を訪問したときは、
 「妙に犬が多くて、しきりに私に吠え」られ、立腹したりもしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

285 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:06:20 ID:EUn6WeLY












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この宮脇が、戦前のことを語る際に、なぜか話題に出すことが多かった犬がいる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

286 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:06:45 ID:EUn6WeLY

〜昭和8年〜

===========================================================fi
.ミ//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/λ
ミ//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/ λ
//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三//三/  λ______
/三//三//三//三//.ミ┌───────┐ 三//三//三//三//三/   λ──────
⌒@⌒`@⌒`@⌒`@⌒`|   駅 谷 渋   |⌒'@⌒`@⌒`@⌒`@⌒`    λ______
                └───────┘               |      |   ||   |  |
________ l二二二二二二二二二二二二二l        |      | ̄ ̄ ̄|  |  |
| || || || || || ||  |_||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;|.            |      |―――'、  |  |
~~~~~~~~~~~~~~~ ||  |  ||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|       ,---------,  . .|       .|  |
  ll┌───┐l ||  |  ||. ============= |   |.      | ̄ ̄| ̄ ̄|,l.  ..|二二二二二二
  ll│[] [] [l] │l ||  |  ||__________ |     .| ̄.. |.      | ̄ ̄| ̄ ̄|.|   .||| || || || || || ||
  ll│[,] [] [] │l ||  |_|| ̄|l「 ̄| |     .|   |  __    |   _|   _|.|   .||| || || || || || ||
  ll└───┘l ||  | o.||_|l|_」 |  □   [ ̄ ̄|. |.〒|   |  / .|  / .|.|   .||| || || || || || ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | ̄||     |┬┼┬ |   |. |._|   |  | . | .| . |.|   .| ̄(◎)  ̄ ̄ ̄
             .|  || ''''''''''''''' |│││ │   |.  ||.    | ̄ ̄| ̄ ̄|.l,,  .|、,,,ヽ|ノ,,,,、,,、,,,、,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

参考資料・ttp://www.shibukei.com/headline/photo/3679/(昭和28年)

287 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:07:04 ID:EUn6WeLY
       ___
      /―  ―\
    / ●   ●  \
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |  ん?
    >        ィ’

 【宮脇俊三(当時小学生)】

288 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:07:18 ID:EUn6WeLY

      !ヽ, __ ,/{
      !,ゞ´   ヾ
      ! !l iリノハリリ__   
   /ノ リ |- 。-ノ!|/\ 
 /| ̄ ̄∪∪ ̄|\/
   |   わっち  |/

289 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:07:35 ID:EUn6WeLY

     ___
    /―  ―\
  / ●   ●  \
  |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |        あのよぼよぼの小汚い犬、
  \  c 、n    ィ’        また駅に来ているお。
   (  て  ゝm )
    乂_入_  ノ


      ___
    /.ノ   - \
  / ●   ●  \         あっ、本当だ。
  |⊃  `  ⊂⊃ |
  ヽ  ⌒    ィ’

【奥野健男(当時小学生)】

290 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:07:52 ID:EUn6WeLY


  `¨ − 、                  ほら、パンだよ、ワンちゃん。
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´
              ゛'^´

291 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:08:12 ID:EUn6WeLY


       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |
 |    ‖ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ        ムー……
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |             (パンは嫌いじゃ……)
     |         / |
     |       ,.. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /

292 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:08:30 ID:EUn6WeLY

      ____
     / ノ  ヽ_\
   /  ●   ● \
   | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|          鼻先にパンを置かれても、ピクリともしないお。
   ヽ     Lノ  ィ’
 c〜、ノ        γーっ
  乂  ノ      i、_ノ’


        ___
      /.ノ    -\
    /  ●   ● \          焼き鳥でも置いたら、食べるんですかね?
    | ⊂⊃  `  ⊂|
    ヽ    ⌒  ィ           駅前、焼き鳥売ってるし。
’ c〜、ノ        γーっ
  乂  ノ      i、_ノ’

293 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:08:47 ID:EUn6WeLY

     ____
    /―  ―\
  /  ●   ● \            いや、多分、リンゴだと思うお。
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ       i⌒ヽ
  /       λ  )

                ____
                  /ノ    -\
                /  ●   ●  \
             |⊂⊃   `  ⊂⊃|        犬はリンゴは食べないのでは?
            \    ⌒    /
             ( ~⌒γ⌒  )
             λ `ー'^ー' ;l

294 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:09:08 ID:EUn6WeLY

     ____
    / \  / \ キリッ
  /  ●   ●  \      普通の犬はリンゴ食べないけど、
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|      多分、あの犬は食べると思うお。
  \         /
  /        ヽ       さっき、そんな天の声というか何かが聞こえてきたんだお!
 (  <       |、ヽ      おそらく78年くらい先の未来の世界から。



        ___
      /.ノ    -\
    /  ー   ー \  
    | ⊂⊃  `  ⊂|         なんですか、それ……
    ヽ    O  ィ   
’ c〜、ノ        γーっ
  乂  ノ      i、_ノ’


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その頃、渋谷駅には、
 いつも同じ時間に同じ場所に横たわっている犬がいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

295 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:09:31 ID:EUn6WeLY


               /              \
             ./                 ヽ
             /                    ハ
            /                、      !
             l              /∨.l     !
            ,'             ,   !'`´`! ,   , !
            /イ  i    ,    .l.  .!l   !,イ. , 、.!'      ほーら、いい子にしてたか?
           .′|  |    !.,、.ト、 .M.  !l  ィムlィ/! l '
            l / レ1   ハ|メ‐ヽ厂!ヽ|` 'ニ  ,'/ ,、l                 r‐ 、
            ' И{.、', i リ ' ‐-‐ニ,   iヽ ̄ ,' .l. '                      l  .l
               l,ヘ_ヾY      ´    !  .ハ/'                  l  .l
               l `ー;          /  /                    .l  .l
               .!ハ l.ヽ        __  /、                   .l  !
              ./'l. リ、ヽ\    `''ニ´- ./ヽ`丶、            r‐ 、  _,_ l  |
            ,-'"_____',  \ ` 、, i i i i,//`ヽ:.:.:.`:.:ー. 、          ', ヽ /  `‐-'、
         ,..:.'´1l; ; ; ; ; ;',   `丶、 `ーァ‐ヘ: : : :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ       .l   ソ  __,,  ヽ
       ,..:.'.:.:.:.:.:.l L_: : : ',. 、 j.  \/-−ヘ: : : ;ゝヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ハ       l .〈  /     .}
    ,..:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l: : : : ̄`:', \、 ̄  ̄1 / , .',/: : ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.!      ', .ヽ/ __,, -   !
  ,..:.'´:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:! !: : : :_: :ヽ 二ニー'フ /.  ',: : : : :ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.!      .l  V´   __ |
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l├''": : :  ̄:',  -‐ .〈'´  , .',: : : /ヽ';.:.:.:.:.:.:.:!.     {  〈  /´`  .l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l: : : : : : : : : ',、   `,  l  ',/: : : ', !:.:.:.:.:.:.:|      ヽ  .し′   . !
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l: : :_: _; ; ;',\.   !.  !  .!: : : : : :ソ:.:.:.:.:.:.:.!      /ヽ {´    l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', ',´: : : : : :  ̄:', `  |  '    l: : : /.:.:.;.:.:.:.:.:.:!.      ,' / 〉-ミ_ __ィ7
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ: : : : : : : : : ',.   !    /!: /:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:l     /\/: : : l: : l: :/

296 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:09:50 ID:EUn6WeLY

 .、ー-¬-.、._.,ゞ -..,_ ̄``">'       ::.   :::ヽヽ::::\'´
  ヽ ` 、 `ヽヽ、  ``''.>   .:   :.   ::ヽ、 :.. ::ヽヽヽヽ
    |、      \   /  .:i::i :.  :::. ::. ::::ヽヽヽ、:::ヽ }::iヽ
    |ヽ       ヽ、|   ::ヽ 、  {、 、 、 } ,>、!ヽw、::}:::ハ
  .i! | !         .| |   ::::llヽヽ>、トー、ヽ|ヽ!  ,..,.._,|:::::::|`
  .}.|}         | .|   .::::l:トヽト `     '‐´  i:::::::|
  }.'          | .|   :::::ヽ  ..==、  ヽ     i::::::|
 }           | ヽ  :::::ヽ.‐´       ノ   /::::::ト、       いい子にしてたから、
/  ::    ::: : ::   .| .| ヽ  ::::::::ヽ      _,,.-1  /:::::::::|`ー..,_      わっちにリンゴをよこせでありんす。
/  .::::: .: .::::: .:::::: ..: |.| .ヽ  :::::::::ヽ、   ´ー-.'´ ./|  :::::|   ヽ
  . :::::::. :::::::::::::::::: .::: ./|i  :ヽ  :::::::::ヽ`ー-..,,,____/ .| i .:::::|    }
.:. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .〉  .,!-.、  :::::::::ヽ     {   |.| .:::::|    .|
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ / /   ヽヽ :::::::::ヽ ー‐-   ,.| | .:::i:| /   .|
::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;V././    ヽヽ ::::::::::iヽ、ー.、 /.λi :λi .|    |
::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;{λ|    `、ヽヽ :::::::ヽヽヽ、У_.|.|| :ハ| |     .|
ヽ、::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;|.ハ .i     ヽ.ヽヽ ::::::ヽ 〉'´...../1 .:ハ.|     .|
.`ヽ;;;::::::::::::::::::::::::;;;;;;;|.|;;| |      .ヽ.ヽヽ :::、ヽ' `i‐ハヽヽ | .i!    .|
  `.ー=,,_::::::::::::ー‐;;ヽハλ      ヽ ヽヽ:ヽヽ {_'~`,.)ヽ|  {     |
      ー-...,,,,,,,.-‐'´~.{ ヽ      .ヽ .\ ヽ`ー""ー‐'"| .`、 ,..、 .|
   .-^``\,__    /  ヽ       ヽ,__,.>.、、..-'´ .`、|  ./ ,-‐-ヽ
    .\     ̄`ヽ |  `.ヽ       ヽー‐'"´ ,.-‐-.、`)| ´ ´    \
      ''‐-..__   ヽ、`iー¬ヽ       ヽ__,,.-‐'.-‐'⌒`>.ヽ  ,.-''"´``..‐-、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昔、この犬は、東大のとある教授の飼い犬であった。

 そして、その先生が帰ってくるのを、渋谷駅まで迎えに来ていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

297 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:10:08 ID:EUn6WeLY

       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |
 |    ‖ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |             アンニャロー、遅いでありんす……
     |         / |
     |       ,.. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところがある日のこと。
 この犬はいつものように渋谷駅で飼い主が帰ってくるのを待っていたが、
 彼は現れることがなかった。

 彼は東大で倒れ、そのまま亡くなってしまったのだ。

 その日から、この犬は、毎日同じ時間に渋谷駅に行き、主人様の帰りを待った。
 絶対に帰ってくることのない、主人の帰りを……

 これが、この犬に伝わる「美談」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

298 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:10:28 ID:EUn6WeLY

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \         いや、実物をこの目で見たけど、
        |      (__人__)     |        ありゃ「忠犬」とかそういうものじゃないお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ         やっぱりあれは、人が与えるエサ目当てだったんだお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、この犬を実際に見た宮脇や奥野は、これと異なることを述べている。

 あれは、ご主人様を迎えに来ていたのではなく、
 単にえさほしさに来ていたのではないか、と言っているのだ。

 これは、宮脇や奥野に限らず、
 同様にこの犬を当時、渋谷駅で見た人の多くが述べていることでもある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

299 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:10:50 ID:EUn6WeLY


          ト-、,
          l、: : :``ヽ、,            __
.          l! `、: : : : : `'''ー‐-、,   ,、ィ'"´:.:`ヽ
          ,、ィ'´:.``'ー: : : : : : : : : : :``ヽi!、: : : : : :: :`、
______,、ィ": : : : :: : : :ヽ: : : : : :\: : : : :ヾj、: : : : : ヽ:.'、
ヽト、:.: : .:./: : : : : : : : : :.|: : `、: : : : : : '、: : : : :.ヾj: : : : : ヽ:.'j,
. \`'、:/: : : : : : :: : 、|:.|: : 、:`i: : : : : : :.i!:. :/:.:.l!: : : : :l: :ヽ:.',
   \/: : :.:|: : :.l:i!: :.:ト:|: :、ヽ:.l: : : :: : :.:|/: :/: :|: : :. :.:|: :: ト、:l!
    l:..|: l: :|!: : :|:.l: : :l:l、:i.、:`、:|: : : : : :.|: ://!:.|: : : : :.|: : :| |:.|
.    |:.|:.|: :|.、: : :ト、l|:::| `、!`ー'_|: : : : : :|: : ://: |: : : : :.|: : :| |:.|
.    |:.|:.:|: |. ヽ: :'、`ー'' r'cテモ!リ!: : : : :|: : : :/:/:.|: : : :.|: : :| |:.|
    |||:.:ト、!  ``'´  イヽひリノ|: : : : :|: : : :./: :|: : : :|!: : :|/:/
.     | ト、:|r'cョェ、    `''''´  .|: : :.|: |: : :./|: : |: : :: |: : :.|:./
.      |:.ト,弋ひ!         |: : :.|:.|!: :/ |: :.|: : : :|: : :.|/!
        |!: `、. ̄ i       |: : :.|/'、/  7: :.|: : ::.|: : :.| |!
      |!|: :.'.,      _,ィ  |: :: /  `、_//|: : : : .|: : : | .|!
        |! |: .:.:.'、   ー''´  イ: : :| _、ィ'´:::::∧ : : : |: :|: :l |!
.      |!. |: : : ::|.> .、,  / .|:./_:::::::_::::::::::::::ヘ; : :: :.|: :ヘ |!
      |! |: : : :.|    `´ /´´ ̄  ̄ .`、::::::::::::::ヘ; : : : : :ヘ、
     |!  .|: : : :|      /        `、:::::::::::::ハ : : : : : :ヽ、
.      |!  .|: : :.:|    ./        `、 .l::::::::::::::::l: : : : : : : :ヘ
     |!   |: : : |.    /     ノ     l:::::::::::::::::|: : : : : : : : :`ヽ、
.    |!   |: : :.ト、   / _,、ィ'´          |:::::::::::::::::| : : : : |: : : : ト、:`、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 果たして、この犬が、本当にご主人の帰りを待った忠犬だったのか、
 それとも、単にエサに釣られてのこのこと渋谷駅にやっていた犬だったのか……

 これは今となってはわからない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

300 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:11:16 ID:EUn6WeLY

               __
.               / ...::::::..\
           /ゝ  ...::::::::::.\
            ( ●)   ...::::::::::.\
         (人__)    ...:::::::::::::: |
         \、  ......::::::::::::::::::/
       _ _ ゞ    ...:::::::丶
     ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ただ、このスレの作者である私は、
 宮脇の本心は、この犬が忠犬であるか否かではなく、
 別のところにあったのではないか、と思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

301 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:11:37 ID:EUn6WeLY

        ,_--── 、
      /   /  ノ \
  ,ー─' >   ̄    丶
  |´             ヽ
  \              丶
    `丶_.            丶
      |             ヽ
       |             丶
       |              ヽ
       /      _,-‐────\
       |_/ ̄ ̄´    _-‐─7 ∧
       )  /⌒ ̄ ̄ ̄´   / /  丶
       |   |         / /   丶
       | \\      / /      \
       ゙|   |     / /         丶
       |   |    | /           丶
       |   |    ∧'        ,-‐─   丶
       |   |    /  \     /´       丶
       |   |    |   |     |         `、
       |   l   /    |     |          l
       /  ノ   /    `!     丶         ̄`丶_
 .     / _」  /    ___|                   ``ー、
   l⌒ ̄ |「/  /   //  \/ ̄ ̄ ̄       /         ̄`ー、,
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|                                               |
|                                               |


      |\       |\
      l lヽ`-‐ '´ ̄ `ヾゝヽ
        シ~ /" `ヽ ヽ  `、l
     //, '///|! !‖ ヽハ 、_ヽ
     〃 {_{ノ 」」 L|lトl_ リ l │ |ヽ
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i| l           こんなピカピカの塊よりも、
      ヽ|l ●   ●  |  |ノハ '           わっちにたくさんのリンゴをよこしてくりゃれ……
      |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j.  | !ヽ
      | /⌒l,、 __, イァト | //ハ      ___
.      | /  /ヾ、 / ,/  ヽ/ハ !    , ',´;.;.,r´
      |lTTTl l丶× / ヒ....;彡, ∨,、,. '";.;.;.;.ソ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昭和9年4月、渋谷駅の駅前に、この犬の銅像が設置された。
 この像の除幕式には、この犬も参加している。

 はたして、どうして、生前から「忠犬」として銅像を作る必要があったのだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

302 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:12:03 ID:EUn6WeLY

        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |      そういや、小学校時代に、
 \      `ー'´     /      この犬の事跡を書いた分厚い本、買いましたね……学校を通じて。
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /             \
  /                  ヽ
  l                   .::::::::|         買った、というよりも、「買わされた」だよね、あれ。
  |   (●)     (●)   :::::::::::::|
  |     \___/   ::::::::::::::::::::|         飼い主さんに飛びかかるところとか、お葬式の絵とかあったね。
  ヽ     \/  .::::::::::::::::::::::ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この犬の事跡をまとめた本が、
 なぜ学校を通じて、生徒が「買わされる」ことになったのか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

303 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:12:30 ID:EUn6WeLY


           ,.z=='三ミミ=-,.、、
       .  __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
        r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
        l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
       尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
        Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ
        ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l             諸君。
        klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈
         ヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ | iー - −、_       私は「二君に見えぬ者」が大好きだ。
          `Tヾ(____ノ __V ,イ /  !     ,ハ
         / . ヽ、''ー-=≠'"ノ /l    〈  /
        ,    〈l t― ー_´  r' i    v /  {
.        /   , 、 \ 丶 ̄   !    レ゙    i
       {  〈`ヽ  j__ \  ヽ  /    〉  {   ヽ
.        〉  ヽ ∨ ) }  >=、,`=v    /  ′   ゙,
      /  丶} ;'  厶_/ // /!  /   ! {    !
      |    ∨ /  / // , !  /   }!  ?@
      {     ′/、 / 〃丶′! .゙    ヽj    {
      ヽ    〈  ゙ y  /  /、丿イ      〉   ム
      丿   __>、 ′ ′// 丿     ∠     }
      〈_/┌/ `ーー-r匕 r''⌒ヽ z―‐t /ヽ  /〈
      く /  八        ∧/ ヘ、 く \ `く |/   `、
.       リ     `,      /  〉  ∧  ぃ   ̄ソ  ヽ
       \   !   /、 /  / j | \ イ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 帰らぬ主人を待って、日が暮れるまで立ち去ろうとしない老犬……
 このことは、この犬を「二君に見えぬ忠犬」とするのに十分なものであっただろう。

 そして、「犬でさえ、主君の恩を忘れないのだ。」と喧伝されたのだ。

 何事も忠君愛国に結びつける時代であったのだ。
 そしてこれこそが、宮脇がこの犬の件を話題にするときに、
 本当に伝えたいことだったのではないかとスレ作者は思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

304 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:12:51 ID:EUn6WeLY


            {⌒>==<゙⌒7
           ∨从∧从:\/
           (ヽ|:Y○ ○| l/゙)
             ∨人 `^′_| |7
           ?、:::兀::::ノ:八
           /: :7〈_〉_∨: :l\
             /ィ∨`ー‐一ヘ N_,、
                |      }":ノ              _____     ━┓
            (>ー―‐<厂             /:::::    \    ┏┛
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         /:::::::::      \  ・
      |                  |       . |:::::::::         |
      |                  |       . |:::::::         /       こんなに小さかったかお?
                             . |::::::::::::::      /
                               \_:::::::       \
                                 /::::::        |
                             .     |::::::::::::       |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 戦後、しばらくして。
 宮脇は幾度か、渋谷駅前広場にある、この犬の像を見たという。
 また、上野の国立科学博物館のこの犬の剥製も見たという。

 「私の記憶にあるこの犬よりも小さい。私が子どもだったからだろう。」
 と、述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

305 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:13:12 ID:EUn6WeLY

                           _,, -ッ、
                    _,,, ‐''"..:_::i;;''}″
                   _ -ッ'゛...:::::::::...'へ ミ}
                 /...:::/:::::::::::::::;:::':::::、:::::..`'' 、
           ,  フ´..::::::/:::::::::::::::/:::;/i::;ハ::::;:::::::::...\
         ,. ´, 〃:::::::::::;:::::::::::::::::,'::/ j/ l:::リ:l:l:::::::::...´゙'''ー-,
.       // //:::::::::::::::::::::::::::::::レ'、__,,, `l,/j/リ:::|::リ::;::::r'lツ'″
     / '  /.,'::::::::::::::::i:::::::::::::::::l ,門心 `ヽヾ `'j/ l::l:::.'゙゙、
     ..::, '   '.::i::::::::::::::::::l::::::::::::::::| ヾ_少  ゙  __,,, l::l::::.l\:.、
.   , '::::,   ,.:::::l:::::::::::::::::::;::::::::::::::::l  `     ィ'ラヾj/l:.ノ   `丶
  /..::/    ,:::::'';:::::::::::::::::::',:::::::::::::::'        lシ /::'イ
. /..::,     ,!::::| ';:::::::::ヘ::::::ヘ::::::::::::::' rv- .,   > '::::::.ト、
 ,.:::,'    //i::::l ',:::::ヽ;:ヽ;::::ヽ;:::::::::.',、 `, `ッ、 ,':::::::::::l:::..、
 |.::|    .'::' ',:::', ',::::::/\\:::ヽ;:::::.',丶,,i/  〈\::::::::', ヽ:.、
. ,:::,    .l::i ,ィ'´ ̄``'ー'´`` ' 丶、::ヽ::',   , イ::::.、\::..\ ヽ::.、
  ,.ヘ   /7``''-..,_          `_`'_ゝ<:::::::::::::.ヽ  \::..\ヽヽ、
   ヽヽ / /     `' --‐‐'''"´ ̄,/‐''"  ヘ::::::::::::::..ヽ  ヽ:::::..ヽヽ.ヽ、
    ゙,ミイ             ,/¨      i:::::::::::::::::::..ヽ  ヘ;::::.ヘ ヽ:.ヽ、
.    / |゙ ` 、,         /  _ ,,     ,'ヽ::::::::::::::::::::::..\ i::::::.i  ヽ:.ヽ、
    | /    `゙ ' ー    _,,レ ´     /:l::::ヘ:::::::::::::::::::::;::::..'::::..'    ヽ:.ヽ、
   / │           /      __/::::l:::::::::;:::::::::::::::::::ヘ メ:::..'\    ヽ::.、
.  / /           /     ,, ''//::::::::'::::::::::!::::::::::::::::::::,':::::; 、::::..ヽ,    ヘヘ
  / /,          ./     / .//:::::::::,'::::::::::'::::ト::::::::::::/::../\ \:::ヘ    l::l
. | ./'´          /    ,,/  /〈:::::::::/:::::::::,'::::::l ヘ:::::/:/::::::::.ヽ '::::.',   ,':,'
  ゞ              /   "    /  ';::::/:::::::::/::::::::l  lノ''::::::::::::::::::.}  ':::.'  //
               /        l  /:::::::/:::::::::/ ノ::::::::::::::::::::::./ /ノ /'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「忠犬」と呼ばれたこの犬……ハチ公は、
 1935年……昭和10年の3月8日にこの世を去った。

 告別式は渋谷駅で盛大に行われ、それは人間さながらのものだったという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

306 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:13:44 ID:EUn6WeLY

        ,_--── 、
      /   /  ノ \
  ,ー─' >   ̄    丶
  |´             ヽ
  \              丶
    `丶_.            丶
      |             ヽ
       |             丶
       |              ヽ
       /      _,-‐────\
       |_/ ̄ ̄´    _-‐─7 ∧
       )  /⌒ ̄ ̄ ̄´   / /  丶
       |   |         / /   丶
       | \\      / /      \
       ゙|   |     / /         丶
       |   |    | /           丶
       |   |    ∧'        ,-‐─   丶
       |   |    /  \     /´       丶
       |   |    |   |     |         `、
       |   l   /    |     |          l
       /  ノ   /    `!     丶         ̄`丶_
 .     / _」  /    ___|                   ``ー、
   l⌒ ̄ |「/  /   //  \/ ̄ ̄ ̄       /         ̄`ー、,
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|                                               |
|                                               |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ハチの剥製は、上野にある国立科学博物館に保存され、
 またハチの臓器はホルマリン標本にされ、東京大学農学資料館にて保存されている。

 そして、渋谷駅、ハチ公前広場には、今でも彼の像があり、
 その前は今日も人でにぎわっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               (おしまい)

307 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:14:07 ID:EUn6WeLY
【登場人物紹介】

        Yヽ          )ト、
         }ト、\           /'|ハ
        }>.:\\   ___/j^|' ∧
        }>.:.ー=匕´     /j^ |/ ∧
       >ー=ミ    ^⌒ヽ | ' ハ
      〃'            `ヽ V  ハ        ハチ(1923〜1935)
.     〃'      /'イ     ハ Vi  i
     /' '     /  j ノ  }   i i     |        1924年から東京帝国大学農学部の、
    { { i l‐{-{、 イ i ハ   i | i  i !        上野英三郎教授に飼われる。
      ? i xミ、 ノjノjノ`>xノリ i  i !        1925年5月21日に上野教授が急死した後も、
.       V从圦心    ^fう心/   从l        毎日渋谷駅前で主人の帰りを待ち続けたといわれる。
       i  ハ ゞ゚,     ゞ-゚/  j∠. i l
       |  i人:::: 、__  :::.:/ /´  `ヽ:、       近年、ホルマリン保存された臓器の調査により、
        |  i i个ト ` ´   イ ,′    Vヽ      重度のフィラリア症であったことに加え、
       !,rヽユ、'´ ̄__ ´ V       ヽ       悪性腫瘍を有していたことが明らかになっている。
         r'    Y"´   /      ,  ハ
        〉、    !ーつ /       /  ハ
       Y,ハ   l ̄\/       /  /
          / l     !``ソ       /  ,ハ
       ,./  l    l`/       /  / 


【出典】
「古代史紀行」宮脇俊三
「私の途中下車人生」宮脇俊三
「時刻表昭和史(増補版)」宮脇俊三
「昭和8年渋谷駅」宮脇俊三

308名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 21:17:57 ID:GPxy684w
乙でしたー。
ハチは思いのほか長く生きたんですねー。

309名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 21:20:11 ID:IIse61S2


後に海を渡って映画になるとはねぇ

310 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:24:25 ID:EUn6WeLY
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

補足をいくつか。
まず今回の作品で大ちゃんで充てた人ですが、文学界とは関係ない人ですが、結構有名な人です。
横浜市で「天皇」と呼ばれるくらい影響力を持った人です。

しかしハチの臓器がホルマリン漬けになって東大に保存されてるのは知ってましたが、
そこから再分析してしまうとは結構すごい話だと思います。
まあ死因の特定までは至らなかったんですが。

311 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:24:55 ID:EUn6WeLY

「現代文学のちょっとした裏話」
次回は18日(土)21時からだお
               - − 、   , ' ^ ̄`丶
               ● ●) ヽ  ', ト从Vv〉  新幹線の乗り方として、
              (人__) ノ   i(レ゚ Δ゚リ   これってどうなんだよ……
      _/____(ξ)_ノ|__ (つとノ_________ _/_\_
       / ̄/ゝ ,_______________________________|_|______
     / ̄   /_|ロ|_|ロ|  口 口 口 口 口 口 口 口 口 口   |ロ|JR| |_|ロ| 口
  /       |,,,| [__] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄[__] ̄ | | [__] ̄ ̄ ̄
 く|_=_______________________________|_|_______
  /____イ◎〓◎  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└───┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ◎〓◎    ◎〓◎

312名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 21:29:39 ID:7DmpGF8o
>>307
>近年、ホルマリン保存された臓器の調査により、

ほ、ほるま…!?
なんでまたわざわざ保存なんて…

313 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:35:07 ID:EUn6WeLY
>>312
学術的にはフィラリアに寄生された臓器を保存したかったようですね。

ハチの場合、その辺の犬と違って、国立科学博物館に剥製として保存してますし、
そういうことを考えるといい標本だったのでしょう。

314 ◆KcxXifcWsc:2011/06/17(金) 21:41:13 ID:EUn6WeLY
PDFかつグロありなので、閲覧は気をつけていただきたいのですが、
東大のその報告書のリンク貼っておきます。

ttp://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/vphome/syllabus02/hachiko.pdf

315名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 21:41:26 ID:/dDEb3qo
>>312
南極物語のタロとジロも、剥製になって飾られてますしね

316名無しのやる夫だお:2011/06/17(金) 23:58:51 ID:lVb7SAkw
乙乙

317 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:00:55 ID:YKRocb7.
みなさんこんばんわ。

それでははじめますかね。

現代文学のちょっとした裏話。

318 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:01:25 ID:YKRocb7.
【同じ新幹線でも……】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「どくとるマンボウ航海記」など旅行記を書いていることから、
 北杜夫を旅行好きな人間と思っている人が多いらしいが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



















































       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ●)(●)===| |
| |     |     (__人__)   .| |
| |     |     ` ⌒´ノ   | |            実はベッドからも出たがらない、
| |____|        }__| |           とんでもない出不精なんだよな……
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \ 
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \

         【北杜夫】

319 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:01:52 ID:YKRocb7.
               ____
             /      \
           / ■□■□■\          そうは言われても北さん。
          / ■□■□■□■\         今回は旅行に行っていただかないと、
            |■□■(__人__)■□■|        出版社としても困るんですお。
          \■□■□■□■,/
          /     ー‐    \         何しろ「どくとるマンボウ途中下車」って企画だお。

        【担当編集者M(仮名)】

320 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:02:15 ID:YKRocb7.


       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ⌒)(⌒)===| |
| |     |     (__人__)   .| |
| |     |     ` ⌒´ノ   | |            適当にちゃっちゃと書けばいいでしょ。
| |____|        }__| |           
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \ 
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \


             ____
           /      \
          / ■□■□■\
        / ■□■□■□■\        いや、それは社としては困るお。
        |■□■(__人__)■□■|
        \ ■□■□■□■/        と、いうわけで、新幹線で関西に行くお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 というわけで、「どくとるマンボウ途中下車」では、
 半ば無理矢理に担当編集者M氏(あくまで仮名)に新幹線に乗せられた、ということを書いていたりする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

321 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:02:42 ID:YKRocb7.

                           / ̄ ̄\
                         /  ヽ、 _  \
                        ( ー)( ー)   |
                         (__人__)     |
                          (`⌒ ´    .|      ストリップだろ、常識的に考えて。
                           {       |
                           {       .ノ
                          ヽ    ノ
                          / ̄`゙  \
                    ,.- 、    !   r  , 、|
              / ̄ヽ /   ヽ   ゙!  .| ノ | .|
            /    \ .i.  ヽ   |゙i  i  ' ./
           /   入.   \゙i   _\/ | ゙i   /|
         /  ,.-'  ∧.     \|  ソ .| ` | / |
  n、    ./  ,._'´`-.、/ 入     `-"  ゙i  .|/"´
  ミ ` - ノ  / `' .、 , /   \      、|  |
  ^ー-、 , /     ヽ_.」'    \    , | .|
     .ー´              ` 、__.ノ_r'" ヽ
                         ゝ!_'uu_/


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ヽ三 _ノ  u  ヽ }}
      :/ ̄ ̄ ̄\■□■|ー、           男の裸なんて見たくねーんだお!
    ;/   ノル(<)\; __,/  、 `、
    ;|  (>)  _)  \  λ. ;  !
    ;|::: ⌒(__ノェソ   リ/    リ
     \ u ´   ソ―、´  _,.- '"
   {{  |   ̄`ー-⌒   ノ<´_ ヽ.
      !、__,,,_/´ く_,ソ    \
     /   /、       \ \   `、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 余談だが、北は京都到着後、現地在住の文学者の案内で、
 京都市内のストリップ劇場に行った後、飛行機でとんぼ返りした、と言われている。

 ちなみにストリップ劇場で何が起きたか、誰もが一切語っていない。まあどうでもいい話の類である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

322 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:02:59 ID:YKRocb7.


  /                    丶
. /             ,ィ  |:         ヽ.
/    l    ィ  / |: /|:  /|:  :i:    :ト、:|
     !   i i / .|; / | / |: 丿、 l   | .リ
    !: !、: i |/   ∨, .|/  iイ  | ノ|  |
ハ:::::rーi: i.ソ ´ ̄ ̄ ̄      ー--、ソヘ|ハ/|                    /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \
 i::::i ヘi: :i  =工 丁     エエ=i、 ヽ                    /: : :             \
 iイ i  i: i      丿  i ヽ、__ i::::! ゝ                 /: : : :            \
  /iヽ.i .i     ̄      i     i::::/ /                /: : : : : :              \
/.;.;| !::i: i         丿    ir´ ! |                : : : : : : : :.._        _      \
.;.;.;.;.! !、 i丶.    /    、 ,. '´   ./                 : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
.;.;.;.;.;!  ヽ  \  { ´ ̄ ̄ }'´    /                  ====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|
.;.;.;.;.;.;!   ヽ.  \   ゙゙゙ .i´     /                  : : : : : : ´"''",       "''"´       l
.;.;.;.;.;.;.;!   ヽ  r' ー┬イ     .イ                   : : : : : : . . (    j     )      /
.;.;.;.;.;.;.;.;!   ∧  ノ r.└i.     丿∨i                 \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  ∧ /o`ソi | i    丿 /.;.;i                 /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.! ∧∧  ∧i |∠i___ノ  /.;.;.;.;:i                : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!./ ∨i!⌒ゝ/ |   ,,, '´.;.;.;.;.;.;i                : : : : . : : . :                   \
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!  {i!i!i!i!i!}  ヽ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  {i!i!i!i!i!} /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i

       【阿川弘之】                               【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、同じ新幹線乗車記でも、
 この2人だと、かなりディープな世界の話になる。

 時は1987年、二階建て新幹線がデビューした頃のはなし。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

323 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:03:21 ID:YKRocb7.

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ        年をとってものぐさになって出かけなくなるんだが、
               レヘ  /______ 、  /ノ         二階建て新幹線に乗って博多まで行って、
              ∨\ ヽ __ / / ′         河豚食わすなんていうから、
             /i{  \  ` /i            朝の6時からもぞもぞと、やっとったよ。
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l

324 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:03:45 ID:YKRocb7.

       ____
     /      \
    /  ─    ─\         やる夫は二階建て新幹線は3回目だお。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |       しかし阿川さんとの付き合いは30年になるけど、
  \   ⊂ ヽ∩     <        こうして汽車に一緒に乗るというのはなかったお。
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/



       __. --─-- 、
     ∠        \
.   /,r / /  ヽ ヘヽ  \
   /// , | |    | | ヘ  ヽ
.  |/ l / | ∧ | | :| |、:||  ',
.  | l | 、ト、.|. |ハ ハ |ヽ!ヽ'V  |        今でこそ鉄道ブームとかいいますが、
.  lイ lヽ| _ム-- ` レニニT | N         あの当時、宮脇さんは名編集者で、
    ∨| |´='モシ´   ゙ー'=|| |         こっちは半人前の小説家という感じだったんだけど……
    |ハ!  ノ   ヽ、  |//
      ヽト、    l    /            どっちにしても「汽車が好き」などというのは、
      ヽl\ { -─ } .イ            人さまにあまり尊敬されない感じでね。
         l`  ._  / ノ、
        / |    ,rく. ヽ
.       / ,ヘ   / ∧|
       | ハ ', / / ∧!

325 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:04:14 ID:YKRocb7.

               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l       そういえば、阿川さん、速い汽車お好きでしたよね。
          \     `⌒´     /
          /              \



                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l       それは田舎者だからですよ。
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!       広島の市電は京都や大阪のに比べると遅くて遅くて。
           ∨ヘ i |=でラ`    ,  f∃ソ/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ         それが山陽線の急行に乗るとね、
            レヽi l       }     ∧ノ          蒸気機関車がスピードを上げる感じが、
               レヘ  /______ 、  /ノ           もうなんともたまらなくて。
              ∨\ ヽ __ / / ′        
             /i{  \  ` /i              しかしこれはノスタルジーかもしれないけど、
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\            汽車そのものは、新幹線などできる前のほうが、
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_         味があったなあ……
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l

326 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:04:33 ID:YKRocb7.

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |         大体、昭和13年くらいの頃かお?
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ         そうそう。
               レヘ  /______ 、  /ノ         
              ∨\ ヽ __ / / ′          上りの「燕」が夕方ぐらいに東京に着く。
             /i{  \  ` /i            
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l

327 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:04:55 ID:YKRocb7.

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \          「燕」は夜9時だお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|         夕方は「鴎」だお。5時20分。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )



  /                    丶
. /             ,ィ  |:         ヽ.
/    l    ィ  / |: /|:  /|:  :i:    :ト、:|
     !   i i / .|; / | / |: 丿、 l   | .リ
    !: !、: i |/   ∨, .|/  iイ  | ノ|  |
ハ:::::rーi: i.ソ ´ ̄ ̄ ̄      ー--、ソヘ|ハ/|
 i::::i ヘi: :i  =工 丁     エエ=i、 ヽ
 iイ i  i: i      丿  i ヽ、__ i::::! ゝ
  /iヽ.i .i     ̄      i     i::::/ /
/.;.;| !::i: i         丿    ir´ ! |          まったく、うるさいんだから。
.;.;.;.;.! !、 i丶.    /    、 ,. '´   ./
.;.;.;.;.;!  ヽ  \  { ´ ̄ ̄ }'´    /           こういうことになると。
.;.;.;.;.;.;!   ヽ.  \   ゙゙゙ .i´     /
.;.;.;.;.;.;.;!   ヽ  r' ー┬イ     .イ
.;.;.;.;.;.;.;.;!   ∧  ノ r.└i.     丿∨i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  ∧ /o`ソi | i    丿 /.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.! ∧∧  ∧i |∠i___ノ  /.;.;.;.;:i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!./ ∨i!⌒ゝ/ |   ,,, '´.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!  {i!i!i!i!i!}  ヽ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  {i!i!i!i!i!} /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 とまあ、こんな感じだったり……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

328 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:05:24 ID:YKRocb7.
< 次は〜、名古屋〜、名古屋〜

              _, -‐--....、
           /        ヽ
              /            ヽ
          /..   / i  ,|  l  ;   ヽ
          l  l  /l / | /{ /| /l }  i
          l/i l N`|メ、_|ム|/.,j/レ| | ト!
          f^i:::l ''ZTー   ィ'Zト.| | レ'^ヽ、
     ,...-',,⌒ゞミ、l::|.      l   l !Y::::::::::::::.ヽ、        よーし、ホームに下りるぞ!
    /::/..::::::::::::..ヽl_      〉   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、  f===r  ,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、L_,,リ /:>:l/:::/
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ ー - ,,,__  _
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|,r‐ '゙           //   ヽ
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"      \___        /
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´       ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\

329 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:05:40 ID:YKRocb7.

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \            ・・・・・・
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

330 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:05:57 ID:YKRocb7.
<次は、京都〜、京都〜

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ         よしよし。
               レヘ  /______ 、  /ノ         
              ∨\ ヽ __ / / ′          次の京都もホームに下りるぞ。
             /i{  \  ` /i            
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l

331 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:06:14 ID:YKRocb7.

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/            あのう……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |             駅に止まるたびにホームに下りるのは癖ですかお?
  \ /___ /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 とまあ、駅に到着するたびに、阿川がホームに下りてあっちこっち行くわで、
 結構大変な旅だったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

332 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:06:45 ID:YKRocb7.

  /                    丶
. /             ,ィ  |:         ヽ.
/    l    ィ  / |: /|:  /|:  :i:    :ト、:|
     !   i i / .|; / | / |: 丿、 l   | .リ
    !: !、: i |/   ∨, .|/  iイ  | ノ|  |
ハ:::::rーi: i.ソ ´ ̄ ̄ ̄      ー--、ソヘ|ハ/|
 i::::i ヘi: :i  =工 丁     エエ=i、 ヽ
 iイ i  i: i      丿  i ヽ、__ i::::! ゝ
  /iヽ.i .i     ̄      i     i::::/ /
/.;.;| !::i: i         丿    ir´ ! |
.;.;.;.;.! !、 i丶.    /    、 ,. '´   ./              癖だが……何か?
.;.;.;.;.;!  ヽ  \  { ´ ̄ ̄ }'´    /
.;.;.;.;.;.;!   ヽ.  \   ゙゙゙ .i´     /
.;.;.;.;.;.;.;!   ヽ  r' ー┬イ     .イ
.;.;.;.;.;.;.;.;!   ∧  ノ r.└i.     丿∨i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  ∧ /o`ソi | i    丿 /.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.! ∧∧  ∧i |∠i___ノ  /.;.;.;.;:i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!./ ∨i!⌒ゝ/ |   ,,, '´.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.!  {i!i!i!i!i!}  ヽ/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;!  {i!i!i!i!i!} /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 阿川のこの癖は、それこそ昔からのものだ、と本人が言っている。
 相当混んでいる列車でも、人を掻き分けてホームに下りたというのだから、筋金入りである。

 阿川のせっかちさ、落ち着かなさを表す癖といえよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

333 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:07:17 ID:YKRocb7.

         ::     :: : : : : ::: :.: .: .:.:.:::.:::; 、             | | i
          ..,,::::::.:.: .: :    : ::: :: : :: ::::::;  `・、          | | i
           ;.:::.: .:     ;;:;.:.: .:.:.:.:::::;´      ` '' ・ー----|◯ !
          ::: .:: : ::.:.     . ..:::;:::;'´               | | i
    ====::.    :::.:..  ;;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:≒====≠====| | i=
          ::    ;::;'   .:.:.:;;;;:.:.:;:;;'      ii            | | i/
          :.   "     ,;;.:.:.::;'´´´´´´´ii´´´´´´´´´´´´´゙| | i`ヽ_
           ゙:. _n__, '´_: , ‐-、 `ヽ_______ ii        `ヾl | i  { `ゝ
              ¶ i i      {{r、uj}     i i i ====== ニ| | i=!=
         ,. '´ li i_i  __∩ `ニニ´    i_i ト、__          | | i‐+‐
       r'´ ´(>r|‐r;i‐‐p=‐ ´ ̄ `   ‐‐‐=ヽヽ       | | i ii
       i'´l_`ヽi´i=ァ' / ´_____ ° 、    L_|! ̄}─r‐┬rl | i__jl_
       i (K); ii' / / /  l!D 51498 i!    〈l' `)iヽ! ̄`'''¬ー--i ┤!___
       i!: |ニ|i:;ijヽ ,' ,'    ̄ ̄ ̄ ̄     '   ! ! ̄`'''¬ー‐-i::::|..!___ ̄
       i!: l__jiノイij ヽ{ {‐、   (X))       :  i l ii ii ii i; ;: :::::i::::i::i ::
       i!i l:l  i   ', .   /`i!´   o  ij   ! ; ii ii ii i; ;: :::.:i:::.i::i ::
       i!i l:l  i   ' ,            ,'     i ii ii ii i; ::   ! !!i ::
       i!i l:l"""         ,,=、、          i!i! ;; ;; ;;   i ii:!
       i!: l;|             {{幺}}           i!i!===‐-- ! !!: ___
       ヽ.:!      __________v ー'ヽ          i!i!      ;::::iョ
        ii |il________ || ___i[] ̄´ii ̄´;; 。__      i!i!__       iョ
          `|i!_____:__ || ____jj。  ji_ o  __o   i「「´i         iョ
         |ii ii ̄ ̄ ̄  ゚:ll l「 `  :                 iョ
         jii lf、 0     jj lj_j                 ,'´` ,. iョ  ,...
          {{ |p ii_゚j_j__ ヾ.__             ..  ;:: .: : .:  `''´ `ヽ
    ,..     .`r‐rー r────┐゚゚         ,::´  `´`、       ∧
`ヽ._,'  `"ヽ.: .: ┼''ー'┘      |         r;'.:.::.:..    ;     ||1l
         .;;\___二二ニニ!      ___/::.:::. : .    ゙;;..:.   .||‐|
  ,,,,______,,;; ; ;:::::::::;;;;;` t- 、、_   rー--=:::::.:.:..... _____,,,,,,. ..,,,.,,;;;__||2|
  ∵∴∵∴∵∴∵∴∴:`'' ーo。.、j__  ̄}”””””}`"''''''''' ¬========ー─
      ∴∵∵∴∵∵∵∴∵∴∴∴∴∴”””"" ……‐---   、、、、_
”"" '''¬===──‐----゚ ° ゚  ゚

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 どうしてこうまでしてまで、ホームに下りたのか。

 どうやら、阿川は自分の乗る列車の先頭から、末尾までを、
 ちゃんと確認しなければ気がすまない性分であったらしい。

 例えば昔の列車なら、先頭の蒸気機関車から……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

334 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:07:39 ID:YKRocb7.


        ________
      /                \
    /                    \
   |━━━━━┓┏━━━━━|
   |          ┃┃          |
   |   ∧_∧ ┃┃          |
   |.  (´∀` ) ┃┃          |
   |━━━━━┛┗━━━━━|
   |======┌────┐======|
   |  O   |__ 銀. 河 __|   O  |
    |.         ̄─ ̄        .|
    |=====================|
    \____[]=]___/
                 
       /        \ 
      /          \
    /             \
  /                 \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一番後ろの客車まで、見なければすまない性分であった。

 戦前の場合、一番後ろに一等車(今で言うグリーン車よりもグレードが高い車両)を連結し、
 展望スペースなどがあったので、なおさらそうだったようである。

 ちなみにこれは「阿房列車」で有名な、内田百輭(※)も同様の癖があったという。

※門の中に月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

335 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:07:59 ID:YKRocb7.

.    ,---┴───┴───┴---,
  / l"l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l"l \
.  | , l' l' V1.       |    (´_ゝ`) 'l 'l , |
  | l -'-─────┴─────-'- l |
  |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |
  |                        |
  ||                          ||
  | |                        | |
  | .|                        |. |
  |ニ,.        _,,..──..,,_         ,ニ|
  |-''      i'"        "'i      ''-|
  |  (二二) |.           | (二二)  |
  |       'l,,.       ,,l'       |
.  |____      "l'''──'''l"      __|
  | |  ̄"""''''''┴-----┴''''''""" ̄ | |
   | |   __         __   | |
    |.__|___l___l__l_____l__l___l___|__.|
    ―//――──――\\―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところがご存知の通り、新幹線に代表される電車特急は、
 先頭車と最後尾が全く同じケースが多い。
 簡単に切り離しとかができないのでやむを得ないのだが、
 これが阿川にはつまらなかったようである。

 それでも、フラフラと見に行ってしまう辺り、
 このオッサンの、鉄道マニアっぷりがわかると思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

336 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:08:18 ID:YKRocb7.

  , -、                        , -――- 、
  !   ',                   く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
  ヽ.  ヽ     __            /.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
   ヽ   \  /´ }           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
   r‐ヽ.  ヽノ   /          l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
  r |   {:. ,     九、         l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!
. 「', \_}l   ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl     阿川さんは子どもの頃から、
 l ヽ_〕 _ イ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´xXx  fヽjノ
 ` ー 't--イ  __j´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」      汽車に向かって万歳万歳と叫んでいた、
     フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
     厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、   というのを聞いたことがあるかしら。
     /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
      └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
        / ,  l   'ーォ /    /  \__ ,    f´ ̄`フ|」 匕.-'‐i|
       ´} '´\  / {   /      /     ≦三} 。  K≧イ!
        ¨´ケ ハ フ | /      /     └=' 、  /ハ  l
         {.ノ} し'イj'       /          /`ヽ }'´ :|
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □         ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \       と、【某小説家(男性)】が言ってましたが、
        |      (__人__)     |       実際のところ、どうでしょう?
         \    ` ⌒´    ,/
         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
       /    / r─--⊃、  |
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

337 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:08:37 ID:YKRocb7.

       __. --─-- 、
     ∠        \
.   /,r / /  ヽ ヘヽ  \
   /// , | |    | | ヘ  ヽ
.  |/ l / | ∧ | | :| |、:||  ',
.  | l | 、ト、.|. |ハ ハ |ヽ!ヽ'V  |
.  lイ lヽ| _ム-- ` レニニT | N
    ∨| |´='モシ´   ゙ー'=|| |         ああ、そりゃ【某小説家(男性)】のつくり話ですよ。
    |ハ!  ノ   ヽ、  |//          あの人、こういうホラ言うの好きだから。
      ヽト、    l    /
      ヽl\ { -─ } .イ
         l`  ._  / ノ、
        / |    ,rく. ヽ
.       / ,ヘ   / ∧|
       | ハ ', / / ∧!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ……とまあ、【某小説家(男性)】のホラのネタにされた上に、
 かつそれが真実であるかのように流布するくらいなのだから、
 この人の鉄道マニアっぷりがすごいものであることは「お察しください」ということで。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【おしまい】

【出典】
「マンボウ交友録」北杜夫
「マンボウ途中下車」北杜夫
「我らが愛しき汽車よ永遠に!」阿川弘之×宮脇俊三(KAWADE夢ムック「宮脇俊三」)

338 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:09:08 ID:YKRocb7.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

339 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 21:09:27 ID:YKRocb7.

         /⌒⌒ヽ        「現代文学のちょっとした裏話」
         //ゞ\☆        次回は19日(日)21時かしら。
       §*゚ ヮ゚ノ§
┬┬┬┬┬0-∞‐0┬┬     ついに私も本格的に出るかしら!
‐┼┼┼┼┼‐┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼‐┼┼┼┼┼

340名無しのやる夫だお:2011/06/18(土) 21:27:19 ID:UUEHorlo
乙でしたー
同行者には傍迷惑な癖だなぁw

341名無しのやる夫だお:2011/06/18(土) 22:05:48 ID:U/EHmww.

某小説家(男性)って大体分かるような気がする……

342 ◆KcxXifcWsc:2011/06/18(土) 22:09:07 ID:YKRocb7.
>>341
多分、その予想で当たってると思いますよ。

実はこのシリーズ作ってて、一番悩んだ人選。

343名無しのやる夫だお:2011/06/18(土) 23:26:55 ID:JXVKhVVM

投下ペースが早くて助かるぜ

344名無しのやる夫だお:2011/06/19(日) 13:02:03 ID:VsM1fw8c


345 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 20:59:07 ID:XRXRAuYI
こんばんわ。それじゃあ今日も投下します。


現代文学のちょっとした裏話。

346 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:00:09 ID:XRXRAuYI
【誰かさんの別荘】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北杜夫と交友関係のある人物といえば、阿川弘之や宮脇俊三など、
 これまでこのスレで挙げたような人々がいる。

 しかし、ある程度詳しい人ならば、誰か足りない、と思われるかもしれない。
 超重要人物を忘れてないかと。

 今回はその人物を取り上げたいと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  
    \       か来出や       /
      \     し た番 っ    /
       \   ら  がと  /
         \  !     /
        r      
         l |      __   __
          | | , - イ⌒/, - v-.、ヽ──────── r─────
          >ゞ- .、\{ !  薔 //             |
        //    \ヾ/==ヾ_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   |
          | l \  / \ヾ ,.ム.            |   |
        Y 0   0  ヽ∠,,ィj             |   |
        ,∧  r ―ォ⊂⊃'ー、._,}          |   |
       ( {_> -`ー '__イ   ヽj , -= =-.、     |   |
         r⌒(  `/!lト\   ハー 、 フ \ー‐|   |
          `て `ー、 \== (   \ \ー, ヾ) |   |
             | ノ___\/----、 ヽ_ /   Y|   |
             | しゝ-ゝ-(´_)ーしゝ_ノ_____|   !
             |    S O N Y      o □
             |_______________!
            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |        ○  |  ○           |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

347 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:00:32 ID:XRXRAuYI
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 きっかけは、北杜夫が芥川賞を獲ってからまもなくのこと。
 婦人雑誌で、その人物との対談を行うことになったことであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |          うーん……企画とはいえ、
.     |      (__人_)         芥川賞を昔獲った大先輩との対談は、
     |      ` ⌒ノ          やっぱり緊張するだろ……
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

      【北杜夫】


       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |          しかも先方は、結核で入院してるだろ……
     .(`⌒ ´     |
     {         |          経過とか、大丈夫だろうか……
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ



    __
   /ノ ヽ\
 /.(●)(●)\
 |. u. (__人__) |             まあ、なるようにしかならんよなあ……
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

348 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:00:59 ID:XRXRAuYI

:: :::: ::::: :: : : .: : : :: : :: ::....
    :. ::::: ::: :: : :: ::: .. ::: :: :::::: :: ::: :: : :..
                   ::: :: : ::::: :: :...
                     : ::: :::::: :: :: ::: ::: ..
             ,从       __     :: ::::: :: :...
              ,ィ⌒ヾ   __, -く:::ヽ、      コン
          /´. : :: ::.: . ィ:、::\:::l::j⌒ヽ \
                    l:、::::}::::::j/´:⌒::::l....  }!     コン
                     〈:⌒´ ̄/::::::::::::::ノ: : :/:: : :: : : . .... ...
                  、:::::::::::::::::::::::/   ::: :: ::: : ..      . . .....
                 Y:::::::::::::::::f                   : :::: ::::::
                 i:::::::::::::::::|
                 |:::::::::::::::::l
                 |::::::::::::::::::|
                  |::::::::::::::::::l
                 |::::::::::::::::::|
                 }:::: :::::::::::::|
                  j::::::::::::::::::::',
                 /:::::::::::::::::::::::'、


    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |           失礼します。
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||

349 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:01:22 ID:XRXRAuYI

                    /⌒
                       {!      _ ____
                   ,ヘ -‐<   r-く ̄Yヽ√V⌒ヽ,
                     { ヾ \\」、  ,r-‐仆一ヘ, く_
                 /入 \  { -厂 ,ィァ:示ミく冫」__
                    /// |\  、 辷厂_{i{Yδ}リ} !:::::く
          _  _ // _人_,\ し'{._}::::::込ゞ≠くノ:::<|
                   i/,'  `V´   \  ̄):::;イ:ト≠彡'\:::( !
                   ||    i        >∨_l!::;ゝー≠イ V|
                    ヽ!   ‐-、    '´   \|/  `¨´ =-、,'
                l!         ≠示ミ__`¨ヾミ/ ̄ヾ/
                   | ≠示ミ __ 〃 {:::し} ヽ   rヲ }          どなたかしら?
                  メ ̄{:::し}Y⌒{{  Vツ  /  , ー=く
               〈| Vツ }   ゞ===≠7 ≠   ミ}
                     ,ゞ==="`、     / /イ{  ==≦、
                  / ミ>_.. _ l:〉  _{  {_,.Lゝ== ミ}
                  >={ /:∧:≧ーァ{__,...` }_}){   ミ<
                  /  ミ} !::l__>仆={__,..  /_ )、 ̄`>彳
             >ニ二、 ∨::://ヾ;{.___/} く \_{ ≦、
               {  ニミ}  `´//  〉}{ヘ厂_ソ    `¨´)〕_
              ̄ヾ_く   //   //くノ- }       {_ミ}
                {_ミ}  ん  |!  ` ̄\     \__)ソ
              \__}ソ      レゝ      }       ¨´


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)             このたび、婦人雑誌の、対談で、
  |      |r┬|}             やって、まいりました、
  |      | | |}             北杜夫、と申します。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く 
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

350 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:01:45 ID:XRXRAuYI

          _,  -―‐- 、
       //    , -- 、_ >、
     r'_     {   , -、   }'、
    /´ ̄ ̄三二ニヘ  ゝソ  ,'ハ
    7ァ …―‐ -----\  /丶.ハ
    l /_       _ - '´¨ \ ヽ l
    l |!  ̄ _     , − 、   V┐l!
  ∧ ヘヘ.  /f¨ヽ   ' |, -‐七Y゙ り l!
<  > r'ヘ、, -― 、  _ / ー‐' ノ 〃/              聞いているかしら。
  ∨  |  {丶  ̄ノ´、:::.` ¨´  r'/ ̄ヽ
     / / 大 ¨´  - −'  ∠/  ̄ソ              はじめまして、北さん。
     〈    Vミ>_ 、__  イ| 「l ̄ソ-、              よろしくお願いしますかしら。
      V  |!ーr‐__j___」「f T   ',
    /ヘ、 ハ. ! 〈/¨\〉 リ l    ',
    入ルxイ´」 |   ハ     |    ',
   ,'  ヘ  /ヽj          l     ヽ
   /   ヽ } |\  ハ   /      }
   l     \ !  \   /       /
  /       l ',  /{]\       └、
  |       \ヽ、 ハ
  l          ヽ}
   \        /


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)         (この人、すごくいい人じゃないか。心配して損した)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ          こちらこそ、よろしくお願いします。
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「氏は優しかった。御病気であるにもかかわらず、私を優しく迎えてくださり……」
 北はこのときのことを、このように書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

351 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:02:08 ID:XRXRAuYI

                _,  -──‐- 、、
                入 `ヽ ̄`ヽノ二ニy‐-、
              ,r' /.::::>、.:.:.:::::::{,/⌒Y⌒ヽト、
           / /.::::/  \.::::( ,〈薔〉、 / j〉
           ,′,イ/     \:ゝ彡ニミノ;::イ
           !レイ/       ``ヾ、 イ:::i:/
          〈川j '" ̄`   ´ ̄`` ゙,;;;;;;;リ
          `ゞj! ,r=ュ    ,r=ュ  i;;;;/           あれでこれであれかしら。
            }ト、 / / / 丶 / / / _ソ           そしてこれでそれかしら。
           _>‐ 、   l⌒7   /⌒〕           で、そういうわけで、こういうわけかしら。
          に 二ニ j>ュ、二 _, イ.:V⌒〕_           かしら、かしら、かしらの塩焼きかしら。
         ,ィ ´ ̄〔二_〕::,ィ仝>、::::リ〔二〕  \
          〈/     に7::://::::l i::::::::に7    l
         >、 __ ,.ィ孑://:::::::| |:::::::.孑   , ノ{
        /  , 二ニ/\.::::::::::::::/ ノ) `メ^ 'ー-\
       / `y'    i   >rュ<   i厂   \    \
      ,イ     \  |   |/!\_|   |       y'′   〉
    / ,′    \ |   /jハj\   |    /    /


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ⌒)(⌒          はい。
  |     (__人__)
  |         ノ          はい。
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 対談は、その人物が9/10をしゃべり、
 北は小さくかしこまって、ただ相槌を打っただけだと、北は書いている。
 もっとも、その対談の記事が見当たらないため、その内容は不明であり、北も記憶していない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

352 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:02:32 ID:XRXRAuYI


              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶
       l       /  ̄           丶
       |  __           ヽ        丶             なんと包容力のある人なんだ。
       ヽ/         i イ`丶 l         丶
        ヽ     ヽ ゝ _            ',            僕もカトリックに入信しようかな?
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 対談が終わったとき、北はその人物のことを好きになっていた。
 なんという包容力のある、心優しき人格者なんだろうと、心底敬服していた。

 さすがはキリスト教の信者で、神様が氏をあのように立派な人に育て上げたのだ……
 北はこのように思っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

353 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:03:00 ID:XRXRAuYI


  おい・・・           /   /   `丶、 \::::/ゝ二火::::\イ   ハ
                 l / /  _        二ニYス.   /ソヽ/    l |
                 jノ イ /,」|         ヽヘイ /_  ヽ    ' :l
.              〈 /{/'' .ノ        .: └'´ \ ヽ l  / j
               {/,, ,,ノ ゙        _,,-ヾ.    V>-、/  ,
              ./  )'、‐,\゙   ,,,-‐二-┬ナ"  く7゙/ヽ l /
         ,-‐',ヽ|'"  ./゙ヽ-ゝ='  ,'''ヽ -゙=‐'      l! ノ , / /
        / / ;;:.  ──ヽ, ゙i;'''''' , ゙ "-‐'''''"""    /'_./, '     北の野郎、ココ
       / /   / ,; ,,_}_  ゙、 ./__,,  _,,    f´ ̄`¨ヽ /   \
      ,;'  / ,;;;:;:/;: ,,   ~ ヽ.| ヽ.  ヽニ‐'、    |    . : :ヽ    ゙i,_    おかしいんじゃねぇかしら?
    ./        ''  ,l,,,,,,/ 〉L- ゙ヽ、 '''' :;l  ,,-L-- 、: :/     ゙i.\
    /          / ヽ / f―-ゝ ゙ヽ、--イ~;;f―-ゝ:_/  ::;:;:;:    | \
   i          /  ̄ ゙̄"  |  : :/     |;:" |   : :/           ヽ-‐'''"~l|
  ./    ゙''''ヽ、,,-‐''"       L -、j       i ノL --、j  _,,,,,,,,,_,,,-‐'''-''"~     |
 (" ̄"'''''‐--、,,_i'          l  ̄:.|    // 'l  ̄:.|'''"  ,,,-‐'",-‐'"  ,,,,-‐ .___|
 i' ゙'':::::::::::::::::::::::}                _/''-'''" L--、j,-‐'",,-'''"  ,,,-‐二-‐''''"   ゙ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「まさか、まさか、そのお方が、後年もっと知るようになった、
  あの狸の親玉のような人間であろうことは、そのとき私は夢想だにしなかったのである。」

 後に北はこのようにいい、考え方を改めることになる……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

354 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:03:26 ID:XRXRAuYI



                    ●


                    ●


                    ●

              しばらくして・・・・・・

                    ●


                    ●


                    ●

355 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:03:47 ID:XRXRAuYI
     :.:.:.:.:.:...... .... .... . .. ...... ::.:.:............
 :.:.:. .:.:.... :.:.:...... ...:.:.:..  :.:.:.  .:.:.... :.:.:...... ...:.:.:..
   :.:.:. .:.:....
       ,,,_______,,..._  ___ :.:.:.:.:.:...... .... .... . .. ...... ::.:.:............
      ,/',/',/',/',/' ,.- 、.ヽ| |
    /~/~/~/~/~/:.:..::.:.` 、\ :.:.:.  :.:.:. ..... .... ............
   ,/',/',/',/',/'/:. ___ \ヽ
  , /'/~/~/~//:: .:.├┼┼┤ \\ ... . .. ...... ::.:.:.
 'i, 'i, 'i, 'i, 'i/:.:.:::..   ̄ ̄ ̄    :\_,、
  | ̄ ̄ ̄|::..:.:...:.   , '⌒l⌒ヽ  .:.::|
  | l;;;;i;;;; l |:.:.田田 | :iili | iili |:.田田|                   .ノ 、 、
  | l;;;;i;;;; l |:.:.田田 | :iili | iili |:.田田|                   ● ●) l   ,'~~~え.
  |:.:.:   |:.::, :,: ::;:.| :iili | iili |:. .,:.::.|                   (人__) |  {/´ ̄ヽヽ_,
"''`"`"'''::;;.`"''',;,;;,;``"/' ̄"' ̄ヽ` "''`"`"'''::;;.`"''',;,;;,;``"'''`     (^ヽ     ノ  ((从_从)i@《,
       `"'''`  ,'      \ "'''`"                \     .ヽ  ||从゚- ゚ ||/||
"'';; :;:`"`"'''::;;.`"'"'';;       ,.:;:`"`"'';; :"'''::;;.`"'''::;;.`'',;,;;,;``"    |   | |  ||(({'ミ介ミ'})||
                                         ゝl  し'  ≦ノ,ノハヽ、≧
                                         `(_ノ   て` -tッァ- ' て

356 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:04:08 ID:XRXRAuYI

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)         念願の軽井沢に別荘を借りただろ。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


        ,ノノ「.:.:.:.:.::.lLL__
      ,∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノハ、
      ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ、
      〈.:.`ヽ.:.:.::, -‐-‐- 、.:.:.:.:.:.l:.:ハ
      ).:.:.:.:.,. '"´  ̄ ̄ ``ヽ.:.:.l.:.:.ハ
    〔.:.:./          \.:.:.:.::〕
     〔7             ヽ.:.:.:.〕´ ̄`))         そうね。
   /// .l l l l {   | | 1 l    !:::::}r =くヽ
  ,.イ 〈 l l l l l l,. イ   ト、|_1_l }  !::/ハミミシVハ        ああ、そうだ。
 〈  Vハl l l l 「il/ヽ\/l/1/l/`メ、 ./l/  ト、_ノ  ',        やっぱり、知り合いの方で、近くにいらっしゃる方には、
  ヽ  NN/ -==   ==- 1 /    i    i       あいさつしておいたほうがいいんじゃない?
    \  ト、' ' ' '     ' ' ' ' l/     i    i
     \ヽl`ゝ  `ー '  , ィ´ト、     i    l
       l 1:::「 ̄` {薔}´  孑`ヽ   ヽ    ヽ
       l 1/ハ   芥ゝ、  孑.:.:::\    \   ヽ
       l //:.:ハ __ノ 1.:.ヽ\ 孑.:.:.:.:::\    \  \
       //.:.:.:.:.l   1.:.::::\\.:.:.:.:.:.:.:.:ノ    \
       〈.:.:.:.:.:.:.:l   1.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:く       \
        ヽl.:.:.:.:l___ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

357 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:04:26 ID:XRXRAuYI

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |          うーん……そうだな。
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |          この近くに住んでる僕の知り合いというと……
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

358 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:04:46 ID:XRXRAuYI

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶

                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
               「   xx ̄xx  _V    l     l        北さん、北さん。
            lr‐1         》⌒! |   /        今度、私が借りた家は、土地は6000坪、
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /         御殿のような大邸宅かしら。
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \             今度、遊びにいらしてもよろしいかしら。
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
        /  ,イXヽ          /=、        |
          / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □        . __
           ./::::::. \
           /::::::ヽ;;:   \
         . (:::::(::::冫    |
         . (:人;;;) .    |       そういや、あの人の別荘がこの辺だったな……
         r‐-;::::::. .     |
         (三)):::::.. .   |       やっぱり行っとかないと、まずいか……
         >::::ノ:::::::::.    /
        /::: / ヽ;:::::::::   /
        /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
        (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
          . |\::::::::::::;;:1
          . |:::::\;;/:::|

359 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:05:11 ID:XRXRAuYI


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

360 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:05:32 ID:XRXRAuYI

                      _______
                     /|+    丙 完+|
                   //| ̄ ̄ ̄|[][]| ̄ ̄|
            /||三i三i三i三i三i三i三i三i三i三i三i三i三i三i三i三i三|
          /i/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        /i/  |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  | |  |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  |
        |/    |  |_||_|  |_||_|  | |  |  |_||_|  |_||_|  |  _,,-'~''^'-^゙-、'~''^'-^゙-、
        |      |_________| |  |_________| ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-:::::::::::::::゙-
        |      |_________| |  |_________|_i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::i
        |      |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  | |  |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  | i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、;;;;;__,,''~
        |      |  |_||_|  |_||_|  |_|_|  |_||_|  |_||_| ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i |::::::i |
        |      || ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヾ_:::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/::::::::::;/
        |      ||_||__________________|゙-、_::::: i;;;;//::::::::,-'~/::::::::,-'~
        |      |   |:| | ̄ ̄ ̄ ̄|:| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:| | ̄ ̄ ̄ ̄|:| |  |  ゙ヽy /_,,-''~y /_,,-''~
        |      |   |:| ||二|二|二||:| | ̄| ̄| ̄| ̄||:| ||二|二|二||:| |  |    |i::|    |ii:|
        |___|__|:| |____|:| |_|_|_|_||:| |____|:| |_|   イ从    ノ从
___________|:|_|____|:|_|_____|:|_|____|:|_|__________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

361 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:05:52 ID:XRXRAuYI

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡            な、なんだ、この大邸宅。
 .   |     ` ⌒}   彡            あの人、こんなの買えるくらいに、稼いでたのか?
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

362 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:06:20 ID:XRXRAuYI

                  _  __ __
                 _j  ` ー   r_`r-、_
               , '´ ゝ,.      r r ⌒ 、jニ、ヽ
               /    / \   _j |   ,rr<ァ、ヾj
              '  ,  ノ   ` 、 ゝヽィ'ゝtテン'、ノ
              | //       ,`ニ`!ィ´ ` ~ヾ∧!
              レ/, ⌒        `LYz_ rく_ ノ
             | |    ヽ    "     ゞ\/
              ゞ. __ ,     、___  ,j_ ゝ|
             , ,=l'T',` ̄   、    ` ̄´  ト、 Y
           i/  ゝヘ     、--,      ,r イ            北さん。ようこそ、いらっしゃったかしら。
           ゝ-'、⌒ゝ.    `       ィ=<´ノ
            __{::::!_--、ゝ 、__   __ ィ' _  /::ヽ
         r' ´   ゝ=--<__r-z二=、ヘ_,ゞ::::ヾ:::::ノー 、
         '       {:::j_ノr::::_イ-fト、::ヽ)´ ̄!:ヾ    ヽ
         |::::/   r:::!  |! `'l::! ゚ |::! `ゝ─ 、ノ   r /
         ゝ::!::_   ゝァ"|! ,/::| 。 |::|  ゝ_,l::ノ  . ::::::/:::!
        /.. ヽ   ゝ=イ ゝ- 。 レ' 、 __j:)丶 _:::::::::::: \
       /   , ー /  ゝ、 _ __ _  /  ト ー ´\    \
      /   ヽ    /   r:::::zl::j:::ヽ,   |     ゝ___    \
     /!     \r /    `´/\ー'   ヽ__   /      ノ



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)         い、いや、ど、どうも……
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }         ……ん?
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

363 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:06:45 ID:XRXRAuYI

                      _______
                     /|+    丙 完+|
                   //| ̄ ̄ ̄|[][]| ̄ ̄|






      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\        しかし、なんだ、あの赤十字に……丙に完って?
. |   (__ノ ̄   \
  \          |      赤十字……丙……完……
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

364 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:07:03 ID:XRXRAuYI


        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\
      |::::::(○)(○) |
     . |:::::::::::(__人__)|         ここ……元「病院」じゃね?
       |::::::::::::::` ⌒´ |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /ヽ三\´
-―――――|:::::::::::::::: \-―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その人物の別荘はさすがに6000坪はなかったが、大邸宅ではあった。
 しかしよく観察すると、そこは休業中の病院だったのである。
 確かに病院ならば、建物は大きい。
 そしてそんなものを、好き好んで別荘として買ったり借りたりする人はいない……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

365 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:07:24 ID:XRXRAuYI

         ,.-- 、 ,/  ,r‐,.-- 、ヽ`ヽ--、
            \  `   {. i    ,`´、⌒ヾス
          ./ \     ゝ、  ,.-{{薔}}-、i }
         / ./ .} 、  ヽ、У /ー''ヘ \}、
         .′/ ./  `ー- 、ーヘ、._, -'yv'  i
         {  /       ` ̄`ヽ'´  、 /!
            マ /,. -- 、       ´  ̄ `マ  i / }
         マハ         ,    マ ,-v′          べっ、別に、
             ゙Y、   `       ー―'  Y` }            病院の建物を、別荘として使っても、
         /!ハ.` ̄´     """ _ ノ ノ            いいんじゃないかしら?
        〃. `圦"""   _`_ {、「´    ̄`ヽ.
        {l ,.´ ̄ゝ、   ー‐ ′〉!_    /
         く´  _   > -  -./   `ヽ. /‐ヘ
         ,.>1 _ `ンフ l__ト、r三ー、,/       \
        / r―'-,.ハ // .| ヒー、/        \
      r'′  二ア/  / / ゚ .| Yミ}' /          ノ
      ',    `フ}/  / /。  .! .!"´/          /
       ',    ラ{  `    "´ノ人    ム   / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかしここで、一つ考えなければいけないことがある。

 どうして、この人物は、わざわざ病院を「別荘」としたのか。
 単に伊達や酔狂、ホラのネタとして別荘としたのか、それとも別の意図があるのか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

366 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:08:03 ID:XRXRAuYI

           _,   -―― -  、/` '´廴_
           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、 {
   _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
   ,' :l :.:./  ` − - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|
   ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ          今、書いている小説は、
        入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」          病院とか、そういう場所じゃないと、ダメかしら。
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',      そう、廃病院のような、
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ -−/.:, :' .::イ: :   '.      暗く、じめじめした場所……
        /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :    ヘ
       ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:     ハ
        /´   : .ヽj ' 〈 V /ヘ  ゝr‐_'´: : .  . ,: ノ
       {    : :.rヘ  ', /´ ヽ  {|´ lr−、_, _‐'二. ヽ
     「`ー-、__ ノ しヘ._ ムフ /f⌒|  ハァ , r、ヽ _} |
     l └' / ん1    ノー '  }  __人1| l  rー┘
       .ゝ / /  └‐-、ノ}   〈ー'´    ヽ! ヽ. |
     l / j    . : :/-、_ ‐¬ヘ    : :. ヽ }|
     L〈:.    . : :/ ァ ,-、 r┘:.ヽ    : : : l T
       l: . . : : -/.: l |: : l|: : :.}: .  : : } .:|
         \: : :./.: └': :└' : : :..ヽ: . . .: .:.j :/
          ̄/´.:::: .: : : : : :. :. :::..\: .: .:/、
         /                ̄ ´  \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この人物の執筆時期と、この病院を別荘として使用した期間を合わせて考えたとき、
 この病院を別荘としていたときに、ある小説を書いていたことが明らかになっている。

 キリシタン弾圧を軸とし、神と信仰の意義を描いた作品……
 この人物の代表作と言っていい作品である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

367名無しのやる夫だお:2011/06/19(日) 21:08:11 ID:TPJDVKDg
わかった! お医者さんごっこがしたかったんだ

368 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:08:27 ID:XRXRAuYI


        //:::::::::: :/        __,,.. .-‐ '''""~
       /∠: :_: :: :/__,,.. .-‐ '''""~
        | }:´~"''‐- '、Y
        | }:      i|
        | }:      i|
        | }:  沈   i|       沈     黙
        | }:      i|             __,,.. .-‐
        | }:      i|   __,,.. .-‐ '''""~
        | }:      i|
        | }:      i|
        | }:  黙   i|                     _
        | }:      i|           __,,.. .-‐ '''""~
        | }:      i|
        | }:      i|
        | }:      i|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その作品の名は「沈黙」。
 キリスト教を常に見つめてきた作家、遠藤周作の代表作である。

 日本人でありながら、キリスト教徒であるという矛盾、そして葛藤。
 遠藤はこれを人生最大のテーマとし、次々と作品を残していく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

369 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:08:56 ID:XRXRAuYI

         _ _  -―- 、
     ,  '゙´ ̄  ̄ ̄` ゙ ー--ミz、
    ´  __,,.. ...........___         jヽ
   ,. <´         \     /  }
<´               ヽ  /   ノ
                  `ヾ 彡'
                    \
                      }
                     /
                         ,イ
                   / .j
             Yヽ 彡'゙  /
             ,'/ゝ´ ̄`ヽイ'´
             l:i )     i|
             \      ;',
              /     l
              !     ノ
               | ',    ,イ
へ=<. r'゙´ ̄ ̄ ̄`ヽ.丿 ',  /
ヾ/ r―{彡'´ ̄  ̄`ミ\ー-'
ソ-イ  {,.イ´ ̄ ̄`ヾ.  /、
  {   }≦z====ミヽノ  \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、エッセーに代表されるような軽快な文章にもファンが多く、
 「狐狸庵先生」と親しまれてきた。
 私たちにとっては、こちらのイメージのほうが残っているのではないかと思う。

 常に周りに気を使い、人々を楽しませる、和ませることを考えていた遠藤。
 その一方で、キリスト教を信ずることから生ずる葛藤を深く考え続けてきた遠藤。

 どちらも、遠藤周作という人物の真の姿とではないだろうかと、私は思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【 了 】

370 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:09:23 ID:XRXRAuYI
【登場人物紹介】


        /⌒
        {!      _ ____
       ,ヘ -‐<   r-く ̄Yヽ√V⌒ヽ,
        { ヾ \\」、  ,r-‐仆一ヘ, く_                 _ -‐ヽ、-‐ーゝ‐`- 、
     /入 \  { -厂 ,ィァ:示ミく冫」__           _ -‐ ' ´: : : : ,, -‐  ̄ ̄  ''ヽ、゛ ーヽ、
    /// |\  、 辷厂_{i{Yδ}リ} !:::::く        − ' ´: : : : : : : : : :/         r'´: : : : : i!
_ // _人_,\ し'{._}::::::込ゞ≠くノ:::<|       : : : : : : : : : : : : /           {: : : : : : : : ' ,
   i/,'  `V´   \  ̄):::;イ:ト≠彡'\:::( !       : : : : : : : : : : : i'             }: : : : : : : : ヽi
  ||    i        >∨_l!::;ゝー≠イ V|       : : : : : : : : : : :,;,,   ,,,-‐ri=‐-、___ i!: : : : : : : : : : (ヽ
  ヽ!   ‐-、    '´   \|/  `¨´ =-、,'        : : : : : : : : : :',,,,, ,,t''´ ___`}  ,∠   ̄: : : : , -、: : : ,〈
    l!         ≠示ミ__`¨ヾミ/ ̄ヾ/        : : : : : : : ,-" __ . /l、 =" ノ ̄ヽ    `-"//ヽ.'! {´/
    | ≠示ミ __ 〃 {:::し} ヽ   rヲ }         : : : : : : : ', ,!=. / ,, 丶- '          i!9 i },|/ )
    メ ̄{:::し}Y⌒{{  Vツ  /  , ー=く         : : : : : : : :ヽ--( ,,,  )ヽ          イ / ,,ソ{!/
  〈| Vツ }   ゞ===≠7 ≠   ミ}         : : : : : : : : : | :'゛ :": : : : :  i、      _ /: :t'
    ,ゞ==="`、     / /イ{  ==≦、        : : : : : : : : : :',  ィェェェェァ ノ |          }:r'
    / ミ>_.. _ l:〉  _{  {_,.Lゝ== ミ}       : : : : : : : : : : :', '' ´  ̄   //         .i´
    >={ /:∧:≧ーァ{__,...` }_}){   ミ<        : : : : : : : : : : : `!  ̄    // ノ         |_
 /  ミ} !::l__>仆={__,..  /_ )、 ̄`>彳        : : : : : : : : : : : : :|   __,ノ      , ─ ''  ̄ ,ヽ.
 >ニ二、 ∨::://ヾ;{.___/} く \_{ ≦、       : : : : : : : : : : : : :`ー_"_ _ , -‐  ̄     /: : :|、
 {  ニミ}  `´//  〉}{ヘ厂_ソ    `¨´)〕_       : : : : : : : : : : : : : : : : ' ´: : i、 _ , -‐─':´: : : : : :  ̄
  ̄ヾ_く   //   //くノ- }       {_ミ}                      !´
    {_ミ}  ん  |!  ` ̄\     \__)ソ

遠藤周作(1923〜1996)

小説家であるが、随筆、評論なども手がける。
幼少期に母により、カトリックの洗礼を受け、
以来日本人であることとキリスト教徒であることの矛盾に苦しむ。
この矛盾・葛藤は遠藤の人生のテーマとなっていく。
1950年にフランスに留学。
1955年に「白い人」で芥川賞受賞。

代表作として「沈黙」「深い河」
「反逆」「決戦の時」「男の一生」(戦国三部作)
また数多くのエッセーを残している。
特に北杜夫との対談は「狐狸庵vsマンボウ」シリーズとして有名。


【出典】
「マンボウ交友録」北杜夫
「遠藤周作のすべて」文芸春秋編

371名無しのやる夫だお:2011/06/19(日) 21:10:38 ID:TPJDVKDg


遠藤周作のAAあるんかw

372 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:10:48 ID:XRXRAuYI
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

373 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:13:04 ID:XRXRAuYI
>>371
実在人物のAA探すと結構あるんですよ、これが。

このスレがらみだと、宮脇先生、埴谷さん、三島由紀夫、遠藤先生はありますね。
逆にありそうでない北先生とかモタ先生。

374名無しのやる夫だお:2011/06/19(日) 21:13:38 ID:9AqYhAjQ
乙!

やっぱり狐狸庵だったか。

この人のイエスの伝記はすごく胸に沁みた。
その後でエッセイ集を読んでいろいろブチ壊しになったけど。

375 ◆KcxXifcWsc:2011/06/19(日) 21:28:15 ID:XRXRAuYI
    __   ___
   ///〃//Vヾヽ
   } !i!iミ{{{{`´}}}}
   ノノリ弋i {゙゚゙-゚ノ!{        現代文学のちょっとした裏話、
  '(('(('゙ ノiソゞy)》'、        次回は22日(水)の21時を予定している。
   `゙ くノ /f __j/'i
     ん'、 じ'フ ゝ

376名無しのやる夫だお:2011/06/19(日) 23:42:28 ID:hrbFEPdU
乙ー

377名無しのやる夫だお:2011/06/20(月) 09:56:07 ID:sjnTVY12
乙でしたー。
遠藤周作といえば、海と毒薬、深い河がやる夫スレになってますね。

378 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:03:34 ID:kdULDh7s
皆様こんばんわ。

それでは投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

379 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:03:57 ID:kdULDh7s
【北の結婚】

     . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
    ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:.:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. .                         . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..    .   ,,__,,..                           .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
 :;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..     γ" ̄     ̄"ヽ , :::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_          .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
. :;:;:;:;:.:.:.:... .     /            ヽ :::.:::.:::::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ        . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
.:;:;:;:;.:.:.:... .      i            ,,ー、::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:?、         . ..:.:.:;:;:.
           |                |:.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
           |          ( ⌒ !/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
           |                \ . /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
           |             (__) ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
           .i              丶-)l i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
             i              /.ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
             i             ノ | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
              i             | .代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
              ヾ          / N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
             ┌二二二二二二二┐! |l,///     ´ ̄ ヽ 1  |   | |   |
            /     ̄       ̄ハー- 、' _,  /// ノ!|   .|   | |   |
            |             i     ̄ ̄\_,. <._ | !  |ヽ  | |   |
             |     ',        i         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"ヽ l l   |
              |       ',       .r\                 i! !  |
            ヽ      ',      F   \              /l !  |
            i      ;      `<`ー' ̄\_    ______人 ! |  !
             i      ;      〔 ュ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄^ー、__::::::::::::::":::ヽ} |  i
            i      ;       \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;.:ヽ  ┴'::::::::/ |/
                            \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北杜夫は1961年4月に結婚している。

 今回は、北の結婚式について、ちょっといろいろと書いてみたいと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

380 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:04:15 ID:kdULDh7s

               _| |_
              l_  _l
                | |
          ____|_|____
         / ________  \
        | /     _ | |       \  |
        | | _/   \)       | |  ミё彡
        | | ヽヽヽ    l        | |        ミё彡
ミё彡    | |  \。\ /      | |      ミё彡
      ミё彡    ヽl                    ミё彡
      ミё彡                ミё彡  ミё彡
    ミё彡             ミё彡_
         ミё彡      ミё彡 |、 ・)
     ∧_∧              ∩~ ∧∧
    ( ;∀;)   ゜。           \\(゜Д゜ )_
    / 二]つつ゛  ∫∧_∧∧_∧    ヽ~ У / 〉
   /__/|_|  ∫ノ ( ´∀`)ノ ハヘX〜 ∠(・>⊂V
    /∧_∧ `ノノヽ,~〈∞〉ヽ゜ノ ^∀^)〜' / / ∧\\
  (_(  ´ー`∠ ー 、〜V ⊂〔二⌒)ヽ  ⊂⊃  ⊂⊃
   /二]つ´゜ノ   |_∧__| ノ ノ~ ⌒ノ⌒ノ
   |__/|_|   _ l // ,| | | ノ ノ ノ ノ   /§∧
    〉_〉_〉   _l_ | | | | | |ノノ ノ  ノθ  (ー゜* )
   (__)_)  |  (~ )(~ ) ノ ノθ    ⊂⊂~〉∩∩
  ∩_∩    |~|~~~~~~~~~l~l      /~~(∇` )
  ( ´ー`)  |~|~~~~~~~~l~l    l_____゜ヽ~~~)
  /ニ]つつ゛|~|~~~~~~~~~|~|    UUノ___\
  |_/|_| |~|~~~~~~~~~~|~|       (__))
  | | | |~|~~~~~~~~~~~|~|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結婚式の流儀として、いろいろなものがある。

 会場によっては、客が全員揃うまで、新郎は会場に入らないとか、そういうものがあるようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

381 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:04:43 ID:kdULDh7s


         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)             ここの式場の流儀だと、お客が揃ってから会場に出るそうな。
        |     ` ⌒´ノ             まあ、一種の演出だろうな……
      .  |         }
      .  ヽ        }              さて、呼び出しがあるまでもう少し待つか。
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北が結婚式を行う会場が、まさしく、
 客が全員揃うまで、新郎は会場に入らないことを流儀としていた。

 だから、北は、揃うまで控え室で待機していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

382 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:05:12 ID:kdULDh7s


         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\
    /      u <●>:::::::\              いや、その、あの……
    |         (__人__)|
     \ /⌒)⌒)⌒)` ⌒//⌒)⌒)⌒)       宗吉は今、第二反抗期でして……
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

       【斎藤茂太】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、なかなか会場に現れない新郎に、客のほうがやきもきしてしまった。

 そこで兄の斎藤茂太の言った言い訳が、
 「宗吉は今、第二反抗期でして……」というものであった。

 無論、これはモタさん流のユーモアであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

383 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:05:49 ID:kdULDh7s
         ___
       /      \
      /  ノ   \ \
    /    (●) (●) \               それでは、本日の司会進行を務めさせていただきます、
    .|   u.  (__人__)   |    __         中央公論社の宮脇俊三ですぉ……ゴニョゴニョ
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /   ●ォ、_    ゴニョゴニョゴニョゴニョ……
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)      ”¶ト.  モソモソモソモソ……
    |  \   y(つ__./,__⊆)       ||
    |   ヽ_ノ    |             ||
                               ||
      【宮脇俊三】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、新郎も現れて始まった北の結婚式であるが、
 その司会は、最初は宮脇俊三がやっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

384 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:06:08 ID:kdULDh7s

          /´ //    ヘ ヽ    ヽ   ハ
      _/´/ //  ∧ ∧  ヽ    \  |
      `フ ./   i  ムミ〃ヽ  ヽ      ハ .ハ
      /   /    |    } } }、 i   ソ   ヽ
      ト| i  i ( (-从、   ソ彡ソ )ソ  人 ヘ  ヽ
        .|ハ ヽ \ォ==ッ、  ィ===ッz. ノノソソヘ  ハ  )
        ヽ、|ヽミアミミミ.|  `    ’ 彡イ ∧  i, {ヽ
        ノ l∧ミミミ j      ーイ/ .|イl ゝ、 | | |          おい、宗吉……
       /彡Zj ∧ミミ `´    彡ソ .| ||  ヾヽ l |
     /   / , ,ヾゝ ─‐    /  |\   爪 ハ
    /    /   |::::\    //    |::::::\ ./ | ) ヽ
     | / , リ     |:::::::| `ー≦ /    |:::::::::::ト、 j (   〉
     j / , /    .|:/ハ    /    j::::::::::::| `¨ ー- ,{,,__
    彡'   /    .|ミミミヾ  /   ,' /:::::::::::::|

       【斎藤輝子(茂吉の妻・北杜夫の母)】

385 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:06:35 ID:kdULDh7s

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)              はい、なんでしょう。
    |     ` ⌒´ノ
    |         }
    ヽ       /
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!               司会、チェンジ。
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/

386 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:06:51 ID:kdULDh7s

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)               い、いや、こちらから頼んでやってもらってるのに、
  |     |r┬-|               この場でチェンジはないかと……
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

387 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:07:10 ID:kdULDh7s

 :.  {z==ゝ`、'´三 彡、_              リ}  /  /' .|  !
ヽ\ 八三 三 三 三 三{          ァ'´ ̄彡´`:' <  .j /   /
三`ー≦ 彡 '゙´ ̄ 三ヽ、三        /          ,イ '゙/   '彡
 三 >'´ 三 三 三 ミ、ヾハ       ´  >'´z======ミ彡  イ
三 三 三≧====ミ、 三 了        z彡'´    ,.:=ミ、  `ヾ<__,
 三 >'゙´   , -=-、 _ z}= 三      ヾ:::::.. ー=====等z斗  `≧彡
≧彡'     {{ {比'゙´ 三 三{        \:::...         `ーミオ'´
ゞミ:.、_ ,..:< 三 三 三 イ,'          `゙'              ・
:\ 三 三 三 三 三 三,                     、___彡'      言葉が聞こえなきゃ、
ヾ ` 三 三 三 三 彡'´.                                 司会の意味がないじゃないか?
  \三 三 三 三彡'.:::::::,'                       ー==彡
`ー- ==-三 三{´_.::::::::}、 __ _                               というわけで、チェンジだ、チェンジ。
ミ==- 三 三 三彡.:::::ハ:::.,   `ヽ
 >ー三 三 /.:::::::::::::::八:::::.,  r.、
三 三 三  /.::::::::::::::::::::::::::ヽヽ;  ヾ'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、宮脇の声はマイクを通していたにも関わらず、あまり良く聞き取れなかったのだ。

 それを不満に思った北の母である斎藤輝子が、司会の交代を求めた。

 後に北の娘である斎藤由香が、
 「おばあちゃまの一言は怖くて絶対」と書いているように、
 斎藤家において、輝子の発言は絶対のところがあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

388 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:07:32 ID:kdULDh7s


     ___lヾ 、|ヽ_
    _, >   ....:::::::::::`丶
  /    ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  Z、〃ィ  ::  :::::::::::::::::::::::::::::',
   l l l    :::::::::::::::::,,:::::::::::::::::}
  l l l     ::::::::::::/_77771:::/ト//ィ
  |l l    :::::::::::/7ヒ下 /:r-、::/           それでは御祝辞をお願いいたします。
   ' レイ i  ::::/l/シ,  ̄ /::/6ノ、ニ=-           阿川弘之様、お願いいたします。
     { {ヘ ト{ ド _`シ/丁::::::::::``丶、
   /::``:ヽl\ ̄ ∠__.,,┘::::::::::::::::::::::ゝ
  く::::::::::::::::::::ヘ  ̄     ヽ::::::::::::,、´__
  _ ,、>、::::::::::::::ヽfニニヽ-ニフ}:::<:::::::::`ヽ
/::::::::::::::>:::::::::::::ヽヽ_/イト_ノノ:::::::::``丶::::}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その結果、宮脇は司会を降ろされてしまった。

 代わりに司会を担当した男は、北の慶応大学病院での医局の後輩であると同時に、
 作家としても後輩でもある人物だが……
 この人物の話題は後日のネタにしたいと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

389 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:07:55 ID:kdULDh7s

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
            l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l
           レ!: !: :l i"⌒"'-、   ,、-'''⌒`l: :::::ヘ!
           ∨ヘ i | でラ`    ,  f∃ソ /::∧|       「マンボウ航海記」で、
              !ヘ∨ゝ       i      ∧ソ         私は船がハンブルクに着いてからの描写が、
            レヽi l.       j    ∧ノ         それまでの精彩を欠いていると思うのであります。
               レヘ   ______  /ノ
              ∨\ ヽ __ / / ′          つまり、ハンブルクには、ここにおられる、
             /i{  \ ` /i             新婦さんがいらっしゃられたからでしょう。
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l

               【阿川弘之】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、その後のスピーチにおいて、このように、阿川弘之は述べたのだが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

390 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:08:18 ID:kdULDh7s

      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\            ん? お前さん、ハンブルクにいたとき、
. |   (__ノ ̄   \           僕に興味持ってた?
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


:::::::/  ':::::::::::::::lヽ ヽ ヽ     ヘ    ヽ \ .゙:::ヽ
─"  .|:::::::::::::: |  〉、ヽ     ヘ _,,,_  ヽ  レ′
    _ |:::::::::::::: | / .\/\  ~ i_ ヘ   .|  i  l
 : : ∠_|::::::::::::::::|/__,,-"\  .\`'',< i 〉|  |イ/ ,
` て_  |:::__ :::::: |   _,,_ ` -'" ノノ |',::/|ノ|  /
.  '' 丁γr、ヽ::::| ./ソ:| `    `'  ',|/彡.|/
.   ヾ ゝメjク:::::|<_i':::ノ       .、  |  "
.   | \`ー".::::|  ̄        ' ./            私……あなたがハンブルクから出港するときに、
.   |  ヽ \::::! ハ        〉/             お花プレゼントしたんだわ……
.   |   |` ーゝ ヽヽ      /|
.   | !   ヽノ^゙ | |ト \__,,.| |
.   | |ヽ /ゝ  |  ヽ.\ ヽ __./ |ヘ
.   ヽヽノ     L   \ヽ ヽ /  ト,ヽ\
   / イ   ハ ヽ.  \\/  .| ', .ノ
  /   /:::::  `ー、 `ー 、ヽ ヘ    /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 とまあ、こんな感じで、ハンブルクに行っていたとき、北は夫人に全く興味がなかったらしい。

 もっとも、夫人もハンブルクにいるときは、北にさほど持ってなかったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

391 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:08:43 ID:kdULDh7s

                  /             `丶、
                 〃                 ヽ、
                 〃       /            ヽ\
                〃   /  -ナナメ、     l l 1     `ヽ
                ノノ  /   ,.イ/  |    l ナナメ、      l
              〃  /  ,.ィ午==ミメ、}  /l/^Vハ      l
              {{,. イ ,. .イV: : : :l  ノ_/ r==ミメ、 j: .:.l\  !
              ぃ /. : : :{ L.:.:.:ノ     l: : : : 〉/V /  V
    r‐、          ぃ: : : . ル  ̄   ,   L..::.ノ/  /     r 、
     \\        }}: : : }            /  イ      / / ,r、       私の名はラインハル子よ。
      \ Y⌒ヽ  ト、_ノハ : : :i:丶、  _(_ノ    ,. イ   l    / ///
   ⊂ニニニ´し'  ト、 `フ. : }  :l: :レ' `エニニニニエ´l: :.l   l  _/⌒  ∠_
     // )  / ,ハ ノ. : : :}  レ'〈〈  {1} /ハ、:.l: :.l   V l  ( `T ー‐'
      (/ 人 _//  〉.:T  l  l  ヽミ VハV/ /´ ̄`7  /`ヽ\ __ノ
       ( _/   /.:::::l, イl  L_`V⌒V´ にニニニ!,.イ   \\ )
        \   /.::::::::ljljljll   l    ̄ ̄  ̄ljljljljljljlj::\    `フ´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 では、どうして「どくとるマンボウ航海記」のハンブルクの描写が精彩を欠いたか。

 「どくとるマンボウ航海記」によると、若いドイツ人女性を発見した彼は、その後彼女と、
 キャバレーに行ってワインを飲んで、猛烈な勢いでジルバを踊ったら、中枢神経を犯されたらしく、
 それからどこに行ったか、何をやったか、もう完全に覚えていない、と書いて終わらしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

392 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:09:08 ID:kdULDh7s

     _,,..
    /    ` ヽ
  /         ',
  |__ r=_ニニ`ヽ  l
  ヾ|.   ┴'    .l
    |
    (人__)    / ヽ
    ヽ⌒´   ./   ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし「マンボウ交友録」によると、
 実はちゃんと彼女のアパートに行った、と書いているのである。

 この女性は気立てよく、北を部屋に通すとワインを出したり、果物を出したりした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

393 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:09:30 ID:kdULDh7s

    / ̄ ̄\ ρ 「う〜〜トイレトイレ」
    _ノ ヽ、_   \ ゝ  今トイレを求めて全力疾走している僕は
   (>)(<)   |     マグロ調査船に乗るごく一般的な男の子
   (__人_.)   |     強いて違うところをあげるとすれば
   |`⌒´    |      楽しい躁鬱病持ちってとこかナー
   ヽ,_   _ノ       名前は斎藤宗吉。
    ┼┬┼
 /┴┴┴┴┴ ̄\
 | │       ┤ \
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ‖   ヽ   / │
├-┤   /   /   LllLノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、ワインをたくさん飲みすぎたのか、北はトイレに行きたくなった。

 そこで、彼女に共同トイレの場所を尋ね、
 真っ暗の廊下を一人、手探りで歩いて行った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

394 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:10:10 ID:kdULDh7s

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |           トイレはこちらですかね……
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |           暗くてよく分からないけど、お邪魔しますよ。
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼はそれらしき場所を見つけ、ドアを開けて中に入った。
 無論、真っ暗闇だから、手探りで進んでいく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

395 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:10:29 ID:kdULDh7s


    `¨ − 、
         | `Tー―ーヽ、   ピトッ
         |  !      `ヽ
        r /      ヽ  ヽ
    、    /´ \     \ \_j───‐-、、
     ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´       `ヽ、
              ,イ:::゛'^´           \

396 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:10:44 ID:kdULDh7s

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|           な、なんだ、これ?
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、

397 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:10:59 ID:kdULDh7s

  `¨ − 、
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´、          :..
     ,r'" .. .. : : ::ノ゛'^´(::: :.`ヽ. ビキ     . : :
 __,,::r'7" ::.  ノ(   ⌒j(⌒) (:::::::...ヽ_   ビキ : .
 ゙l  |  ::  ⌒. .::: ::: :: .. . .⌒:: :... ゙) 7      ::.
  | ヽ`l ,/\,,_::..、,;_、_...:::_,,,ノ\ /ノ )     , : ;
 .| ヾミ,l _;;: ::: ."''=:))il((=''" . . . ::` .ヒ-彡|      : .
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::);;;;;f';;_-ェェ-ニ,, ゙レr-{     . ::
  | ヽ"::::''_;:'" ̄´.::;i;;;;;;i,..`'' ̄`:;_ .::r';' }     . : :  おい、コラ、この手の持ち主。
 . ゙N l ::. .....:::;イ;:';;;;;;;;l;;;i、::... . . ...::,l,フ ノ         私の頭から手を離さないと、
 . |_i"ヽ;:...::::::/::.゙'''=-='''´`ヽ::.....:/i l".         強制収容所に送るぞ!
   .|:.:.::゙l  :::i ,-==' '==::、..:i .::,il".::|'"   
    .{::...::|:::.、 ::(┼┼┼┼} :::...:il::. .:|    : . .
   /ト、:. :|::..゙l;: `======='".:,i' .:,l'.::ノト、    : : . ..
 / .|::..\ゝ、゙l;:: : : : ⌒ :: :,,/;;,ノ;r'" :| \    :: : . .
'"   |:: : ..`''-、`'ー--─'";;-'''"... : : :|       :: : . .

398 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:11:18 ID:kdULDh7s

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)            わ、こ、こりゃまずい!
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡        とりあえず、逃げろ!
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北はトイレと間違えて、別の住人の部屋に入っていた。
 そして、別の部屋の住人である老人のハゲ頭を触ってしまった。
 驚いた老人は、叫び声をあげ、その声に北はびっくりして、あわてて退散したのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

399 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:11:43 ID:kdULDh7s

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)           と、いうわけで……阿川さんの言ってることは間違いなんだよな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北がハンブルクで夫人を見初め、そのためにこそ筆致が鈍ったと、阿川は考えたが、
 実はそのような事情ではなく、もっと別の事情により、ハンブルクの描写が鈍ったのである。

 なお、そのとき、ドイツ女性とのナニがあったのかは、不明である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

400 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:12:03 ID:kdULDh7s

            l. l  l   ,.!       }   !  !   l   l.l:.lj::lj::::} ヽ
             | /l. i |   l|     ,'  ,! ,'}   ! l | 7trイ_i. !
              l/::,! | |   |! l   /  ,' / ! , / .| !´ ,|:l ,! ! !
              /:::;ハl、', ⊥ L l_ i /  /l_/ ⊥//! / ,/,ノ i::ヽ ! l
           /.:::/ l ゝ i、lヽ! ‐`/ li /´/−l/ ' ,l/`イ-、 ,!::..l ! .!
            ''T"  l l X `弋,刃``ヾl/ /'弋_刃ヽ l/ l'ノ,!/└ ' !  l
           l   l l l l ハ     ,       /,イ l_ノ      !
            l   l / / l /`'ゝ、   _ _     //1 l ri.      |  i
              l  ,/ /,' ,'/ <ヽ r` 、 ‐    ,. //' ! ト リ />   |  l
           l.  /,イ ,' ,'ム '´ ! |   ` t ´ /./  ! |'/ `ヽr 、|
           ,' , '/ ! ! !' (、 | |   ヽ   , l. l.- ‐ l. l'  ,.  ' ヽ!
          ,'〈〈 l l l l   ` '‐'、       l. |  _,,.l. l ''"   , -〉
          / ヾ ,| ,/| | `ヽ、   `' 、_,. -l. |´  ノノ_,. - '" /
          / l ヾ
          /  ヽ、 ` '-、l.      `' 、   ,. `ー― ''フフ'´ /  , −y
        ,/  // `' ,、_}     ヽ   ̄    < <__ /,/   {,
       /  //_ <.<二.l               ,フ//      !l
      ,/  , '´__ _ ヽ≦< 〉 ,. ‐,ァ‐- 、 ,. −、__ ` `シ, -- 、   ',ヽ
     ,/  //_/,ノ ´ ̄`ヽ,`/r‐// ,   `'Ti   `Y´      `'  }l
    ,/  ,/ / 、 `ヾ  ̄ ヽ  l /7 / / ,/  ,}|     | ヾヽ、     //
   ,/ /'  { 、ヾー'    ヽ|' `'/ / / , 'TT 'ー|     |  ヽ ヽ    / l
  イ / {   }- 、`_ソ     ノi  `'`''`'  l !  l    |   !    ハ/
  丶ヽ l  7ー'        ,イ !       1  !    |   l   /  ノ
   ヽ `! /        / |  l        l ,!    |       /
    丶 !/          / ! |       }'       !      /、
_,,. -‐ '''7         /  ヽ  !          l`7⌒ ー'` ー―r '' i、丶
    ,./'           /    `ヽ!        l/        |.  |i ` `、、
_ '´/ !         ,ハ       ',        |ヽ、       l   ! ' i
 , '  i        /  iヽ、    ,.'、      l-‐'`,,. 、      !  l /
,/  ,,.l         /_  ',  `'`、´-‐ ヘ      !二 _/ `ヽ、 / ,/ /   i


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |       な、なかなかのひざ小僧だろ……
  |    |  |⌒|  |
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ
   / ノ,,ノ    |
   |        |
    |       |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 では、北はいつ、夫人を見初めたのか。

 北の記述によると、帰国後に彼女をとあるパーティに呼んだときに、見初めたらしい。
 そのときの彼女のファッションは、スカートの丈が少し短く、ひざ小僧が出ていた。
 
 まだミニスカートなどが流行る前の時代、
 女性がひざ小僧をフォーマルな場で見せることはなかなかなかったのだ。

 どうやら、そのひざ小僧がかわいく見えたので惚れた、というのが真相のようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

401 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:12:40 ID:kdULDh7s

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \         確かにかわいいですお。
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|        ひざ小僧「だけ」は。
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、毒舌で名が知られる、後に奇……ではなく紀行作家になる某編集者に言わせると、
 「ひざ小僧だけはかわいかった」となってしまうのだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

402 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:13:44 ID:kdULDh7s

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´    `´    ヽ
            /             \
              /                ヽ
           /     i   .∧  :il   i  ヾ :',
          ,'     l  / ./ ∨:ハ i! l   i
            l: l i l /!/∨   |/ ∨∨!   l
           レ! .! l i´""'''ー-   ,、-ー'''` l  :ヘ!
           ∨ヘ i | r==ァ   , r≡=、/ ∧|
              !ヘ∨ゝ    丿 .i ヽ  ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ       
               レヘ  /______ 、  /ノ       そういえば、あの結婚式のとき、
              ∨\ ヽ __ / / ′      三島由紀夫がアッハッハッハッって笑ったんだよ。
             /i{  \  ` /i           
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l


      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \           阿川さん、あれ、慶応病院の教授です。
  \          |           医者で助手だと、結婚式の仲人は教授なんですよ。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、北の結婚式についてだが、
 阿川が書いた文章などによると、さらに彼は大きな勘違いをしている。

 仲人である教授の笑い声を、三島由紀夫の笑い声と勘違いしているのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

403名無しのやる夫だお:2011/06/22(水) 21:13:50 ID:wvpooIRY
膝美人とでも言うのだろうか?

404 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:14:02 ID:kdULDh7s

                          〃                 i,
                         r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
                          !  :l      ,リ|}    |. }
                      .   {.   |          ′    | }
                          レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
                          !∩|.} r==ュ   ./'r=ァ f^|
                         l(( ゙′        f::    |l.|
                      .    ヽ.ヽ        {:.    lリ
                      .    }.iーi       ^ r'    ,'             ハハハハ
                           !| ヽ.   ー===-   /
                             }   \    ー‐   ,イ
                          /´`''ー-、 ヽ、_!__/:::|、
                       _.イ、    `'ー-、 _,、-'´´`i、
                 _ ,.、-、ー"/.:.:.`ヽ       /;;;;ヘ     !`";.ー、,_
           _ ,.、-:ー:".´.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    /;;;;;;;;;;ヘ   i.:.:.:.ヽ;.:.:.:"'ー.、,_
         ,;´.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:..:.:.:.:.:.:/:.:.:ヽ  /;;;;;;;;;;;;;;;ヘ  ,ト;.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:';:,、
          i.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:∨ \;;;;;;;;;;;/∨:!:.:\:.:.:.:.:〉.:.:.:.:.:.:.:',::'、
            |.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:/.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ.   i;;;;;;;;ヘ.  !:.:.:.:.:\/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:',
            |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ  |;;;;;;;;;;ヘ i:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:..:i
            |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ. i;;;;;;;;;;;;;ヘ l:.:.:.:.:.:.ヽ:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:|
            |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヘi;;;;;;;;;;;;;;;;',!:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:|

                          【三島由紀夫】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、記録によると、
 北の結婚式に三島由紀夫が出席しているのは事実である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

405 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:14:27 ID:kdULDh7s

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|       いや、私はあらゆる辞書を調べましたが、全部「ちやうど」でした。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/         先 生 も 少 し は 辞 書 な ど
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/          お 調 べ に な っ た ら よ い で し ょ う 。
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □       / ̄ ̄\
         /       \
         |:::::       |
        . |:::        |
         |::::         |           あれで三島先生、怒らせちゃったものなあ……
         .|::::       __}
        /::::        \
        |:::         _)
        |::::         i
        |::::        i  |
        |::::        |  |
        \___、_____  ノ _)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島由紀夫の「仮面の告白」にあった「てふど」と書いてあったことを、あれは「ちゃうど」ではないか、
 さらに「少しは辞書など引いたほうがいい」と言ってしまった事件があった。

 それから2,3年経ち一応復縁はしていたが、まだ微妙な時期だったはずであり、
 結婚式なんぞ呼べる状況にはなかった。

 それゆえ、当初、北は、三島に対して、招待状を出していなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

406 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:15:04 ID:kdULDh7s

             / /  
''´´´ ̄ ̄ ̄` ー--、_   ̄ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ 
;:;;::ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,, '゙ 
;:;:'         ハソ  ''!ヾ 
;:;:.';       .ノ´)ノ   !  
;;::;:/〃二二ーーー-t   fー-,,! 
;;:/   r==f ̄ ´  ∧<''  
リ    、迅y. ´   K庁 !   
イ            ヽ` !              そうか、北君が結婚か……
             ヽ .!
          __ ノ |              俺も結婚式に出席したいな。
           ´  l
ヽ        ー=二ア  j
 ` 、     、____,   /
    、        /
  、   、    ! /
.  '     `,,ーtー´
..  `.       !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、北の結婚式の話を聞きつけた三島が、出席したいと編集者を通じて連絡し、
 結婚式への出席になった。
 三島らしいエピソードと言えるだろうし、また三島と北の交友を示すものとも言えよう。

 もっとも、ここに至るまでにいろいろとあるし、またこれから先もいろいろとあるのだが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                              【おしまい】

407 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:15:27 ID:kdULDh7s

【登場人物紹介】

             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }      斎藤輝子(1896〜1984)
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |     斎藤茂吉夫人。
        Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |     長男は斎藤茂太、次男は北杜夫、孫は斎藤由香。
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |     「ダンスホール」事件で、夫茂吉から家を追い出される。
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |     茂吉死後は、その遺産で世界中を旅し、南極まで行っている。
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |     その記録は斎藤由香「猛女とよばれた淑女」に詳しい。
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |


【出典】
「隣人・宮脇俊三先生のこと」北杜夫×斎藤由香(KAWADE夢ムック「宮脇俊三」)
「パパは楽しい躁うつ病」北杜夫×斎藤由香
「酔生夢死か、起死回生か。」阿川弘之・北杜夫

408名無しのやる夫だお:2011/06/22(水) 21:16:30 ID:v6tmDU7U
>>407
ゲゲ先生のママンも大概だが、それを上回ってるな

409 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:16:46 ID:kdULDh7s
>>403
ひざ美人というよりも、当時女性がひざが出るようなスカートをはくことはなかった、ってことが真相のようです。
それがレアで印象に残ったと。

410名無しのやる夫だお:2011/06/22(水) 21:18:03 ID:wvpooIRY


三島という人間は面白いなぁ

411 ◆KcxXifcWsc:2011/06/22(水) 21:18:14 ID:kdULDh7s
     _
   .'´ i===ヽ
  t=i l,、|_i_i!_iリァ       「現代文学のちょっとした裏話」
.   |II(l ゚ ー゚ノ!゙
   ノ!/〉リーリ'、       次回は6月26日(日)21時を予定しておるぞ。
  ((てくil|-|liゝ)
     ヒヒ!

412名無しのやる夫だお:2011/06/22(水) 23:23:13 ID:qXn6OYNc
乙でしたー

413名無しのやる夫だお:2011/06/23(木) 23:20:24 ID:18BBq2MA
乙ー

414名無しのやる夫だお:2011/06/24(金) 10:00:11 ID:T72Id8Ow
乙でした。なんというか多用な人間性の坩堝ですw

415名無しのやる夫だお:2011/06/26(日) 18:42:50 ID:9UEhVhhI
遠藤周作の本だと「北の家内は美人だ」と書いてあったけど、真実はどうなんだろうね?

416 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:01:56 ID:YYuJyoVQ
こんばんわ。
返答は後回しにして、とりあえず始めます。


現代文学のちょっとした裏話。

417 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:02:12 ID:YYuJyoVQ
【北と宮脇の母】


                                        / ,x'_´二二ニヽ、` 、
       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、                   / //   ll   ` ',  Y
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i                 /  /  /  l | l | l l l   ',
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}            .     l  l  / !-‐'' ~ ヽ、! ! |   ',
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}            .      |  |/^  _,.   ‐- `ヽ   !ノヽ
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|              /\|  |           |   l |  /
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}             ヽ.  !  l  ,.-‐、   ,.-‐、 ll  ノ レ'
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ         .    ` !ト-l ´      ,     レ' .l l
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ             l ヽ       _     /-'´ |
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}             |  l`lヽ  `´ `´  イ !  !
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,            |  ヽヽ `  、  ,. イ .l l.  |
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ      .      _|___! |. ノ_   ,.、 .! l__.l_
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ        ,へ: : : :l l -〈 `'' ´@l-l !: : : : ト、
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/            Y  ヽ: : l〈 ミミ^ ^彡ミ !: : : : / ヽ

          【宮脇長吉】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇俊三にも当然ながら父もいれば母もいる。

 父、宮脇長吉は、軍人であったがのち政界に転身し、衆議院議員となった。
 軍人出身でありながら「反軍政治家」という、特殊な立場にある人物であった。

 今回は、父、長吉の話題ではなく、母の話題をしたいと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

418 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:02:31 ID:YYuJyoVQ

    /: : : :/: : : : : :/: : : : : : : : : :/ |: : : : : : |: : : : :ハ
    /: : : :/: : : : : : !: : : : : : :/: : :|  |: : : : : : :!: : : : !: ',
    !: : : : !: : : : : : |: : __√ ̄   ⌒ ヽ_!: : : : |: :|
.   !: : : : !: : : : : : |/    、         \: :.!: :!
 /\|: : : : |: : : : :! :|       ヽ     ,.    }V: : |
/   |: : : : |: : : : :|: |              __    ハ : : :|
\.  |: : : /|: : : : :!V  ==ミz       穴ト、 /: : : : |
  \.|: : / V|: : :.!            ん!リ  /: : : !: :|   おぬしのときは、
.    V:人 い\:|              必ソ  /: : :./: /
    }: : : \_                、    ん: :./∨    ちょっと固いお通じくらいじゃったぞ。
    |: :|: : : : :込               ハ: ∨!
    |: :|: : : :/ : :.\    `ー- 、_     人: : : :|
    |:八: : : : : : :.|. \         , ィ: : : :/|: |
   〃: :>‐、: :/:.!  ` 、    ,. <: : : : :./: ∨
   /: : : {   }/|     ` T: :.ん--、 /: : : |
  /: : : :.|   |         `/   人_ : : : |
_,/ ̄ ̄/   /         /   /::::::::::>┴- 、
::::::::::::::::/   / ⌒  ー   ‐' /    /::::::::::::::::::::::::::::_}
::::::::::::::/__,/         厶--、_,/::::::::::::::::::::::::/ \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇は、7人兄弟兄弟の末っ子である。

 7回目のお産となるともう手馴れたもので、
 「ちょっと固いお通じくらい」と母が言っていたと宮脇は述べている。
    
 もっとも、宮脇の母は明治生まれの軍人の妻らしく、弱音というものをいっさい吐かない人だったらしいので、
 その辺は少しばかり差し引く必要があるかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

419 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:02:54 ID:YYuJyoVQ

      __________________
    γ''ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、
    Y 口. Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   | 巛○ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
   |. ◆ . !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
   ヽ、,..ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





        ____
       /-‐  ‐-\
     /  一   ー \       (せっかく食堂車があるんだから、)
    | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|       (別に海苔巻き作らなくてもいいと思うんだお……)
    \     (_/   /
      |    ┌─┐|
      |     ⊃.茶 ○
      \_    ̄ \
      と_____ノ_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宮脇の父母の実家は、香川県にあった。
 なので幾度か父母の実家まで旅行をしたことがあるという。

 当時、特急列車はともかく、急行列車にすら食堂車が連結されていたが、
 衛生上良くないと思っていたのか、宮脇の母は、いつも弁当を持参したという。
 大体定番の太巻き寿司だった、と宮脇は述懐している。
 
 子供心にそれが不満だったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

420 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:03:16 ID:YYuJyoVQ

     |    | ̄ ̄| ̄ ̄|三三|       ├┬─┬┬─┬┬─┬─┰─┤  |   |
     |    |    |    |三三|       | |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,,| |,,,,,,,,,| /////ヽ,|  |   |
     |    |__|__|三三|     _|______________/|  |   |
     |_____________| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |||_|/∧
     ////////////////////////////|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|///// ヽ
   //////////////////////////////////////////////////////////////  |ヽ
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄  .|
     |               _____                   |  /| |
γ⌒ヽ  ∵∴ ̄ ̄|三三|.     |三||───||   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|三三三| .|  |/ |
;;(;;;;;;;;;;;;)∴∵∴   |三三|.     |  || 「 「  ||   |      |      |三三三| .|.    |
二二二二二二二二二二二二二i.  ||o.     || i二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二l二二二l二二二l■〒■| |  || 「 「  ||  |狂人注意 二二l二二二l二二二l二二二l二
二二二l二二二l二二二l二二二|_|_||___||_|二回二l二二二l二二二l二二二l二二二l二
二田二l二田二l二田二l二田二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二
二二二l二二二l二二二l二二二|.            |二田二l二田二l二田二l二田二l二二二l二

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、そんな宮脇の母であるが、1966年(昭和41年)に亡くなるまで、宮脇と同居している。
 長兄・次兄が相次いで早世し、最後に残された男子が宮脇しかいなかったからであろう。

 ある日のこと。
 宮脇の家の隣地の工事が始まり、見る見る間に、一軒の家が建った。

 このスレではご存知のあの御仁の家である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

421 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:03:40 ID:YYuJyoVQ

          /    /´ -‐…‐- .`\
        /     /´    i   !`ヽト、
.    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ
   /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!
   \  .| .:i i :i i |´   ノ   ヽ  `!、ハ:!
      `ヽi  从 i i |           !:::::|
.       |  YハiハN ニニ`  ´ニニ '::::N
.       |  ヽゝ u ´         `ハ!`     おまえ、作家というものは大なり小なり変った人が多いじゃろう。
.       |∧   ?!        ′ ,':::|
       j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|      そんな人が隣りに住んで大丈夫じゃろうか。
      ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
.     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
     ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
.    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
   /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i


                                                 /  ̄ ̄ \
                                                /ノ  ヽ__   \
                                              /(―)  (― )   \
               だ、大丈夫だと思うお……               |.  (_人_)   u |
                                              \   `⌒ ´     ,/
                                               /         ヽ
                                              ./ l   ,/  /   i
                                              (_)   (__ ノ     l
                                              /  /   ___ ,ノ
                                              !、___!、_____つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当初、宮脇の母は、隣人として作家が来ることを心配したという。

 まあ、後々あの御仁がああなるとは誰も知らなかったので、
 この認識は、一般的な作家のイメージから来るものであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

422 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:03:59 ID:YYuJyoVQ

         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)               北と申します。
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }               今後ともよろしくお願いいたします。
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

423 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:04:16 ID:YYuJyoVQ

   i|  |   |   |   l|    ll   l    ! i  l|
   i|  |__」!_,斗'LニニlL二ニlト―-┴-ニ.」! l  .!!
   ハ i |                     | !  i|
  八 ! |   ――-      -――   | j! イト、
   ゝ,ト l       _       _     | l! /、|、
  ∨入レ  z==≡ミ     ィ≡==x j人∧}
    i レう                      イソ.イ
    ヽ ゞ          i         /ノノl|
    |` 圦                  レ1| l|        こちらこそ、よしなに。
    |  |∧        _  _       ,イ| .!| i|
    |  ト、丶     ∨    /    ∧ ! .i! i|        (礼儀正しくて、いい青年じゃて。)
    |  | ヽ,ハ.\   ` ー  '   , く _i ノ|  |! i!
    |  | 「 ? 1 、       . イ|川´ Y;i!  |! |!
    |  | ∧  ∨|   >-<   |?  | i!  |! |!
    |  |  ヘ  ∨         ヾ!  l 八. i! |!
   ノィ个:、 _j__,>            ト、ノ ,、 ヽ i! |!
  /.:.:.:.:.'v'´ l´ i`ヽ         / 1`y':`丶i八
/ .:.:.:.:.:.:∧  ! i  l          ,/  .i| /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ爪 ! 厂`   ´ ̄7   jlレ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 運がよいのか悪いのか……

 北杜夫の父は精神科医で歌人である。
 また母もまた病院をやりくりし、また社交界に出入りしていた人間である。
 故に北杜夫もしっかりと礼儀などを叩き込まれていた。
 また、元来のお坊ちゃん育ちで内気な性格も幸いしたようである。

 そういうこともあって、宮脇の母は北のことを大層気に入ったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

424 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:04:37 ID:YYuJyoVQ

 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l |  i | l|  | ,.ゝ/ -‐' -:::::::::::::j,ェ、
       | |    l |  | ! l =ー|''  // (::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| / ___  .  ト、::::::::::代`
       |l|    X´i l\l  レ'  ,zニ三(つ〉 | ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、と)=ミ、      ::::::::    l i| 〈::::}: : :         い、痛いのだわ!!!!!
         `  \| k' ::::::: ,          //.| 〉,': : :
                  ハ    ._. = 、     // | |: ;/
             | ヽ.  V_:.::._}    .// __| |_:::::::
             |   | i ー-_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             /  / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(@)(@ )  u. |
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |          どうも、あぶないです……
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( @) |
.     |      (__人_)          こんな、こんな……
     |      ` ⌒ノ
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

425 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:04:58 ID:YYuJyoVQ

                                               _....:.:. ̄ ̄ ̄`:.:.:.:....、
                                            ,..:.彡 二二二._`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                          //:.:/ ̄:.:.:.:.:i:.:.:.:.: ̄:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
                                   .        /:.:.:|:.:.:|:|:.:.:j:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:ヽ
                                         /:.:.|:.|:.:.j:.|:.:.|:.:.:.:|{:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:',
                                        .':|:.:.|:.:.:.:ハ|:.:.:|!:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.:.:!
                                        | |:.:.!_-< ー-' ー'  ヽ__:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:|!:.:.:.:.:.:.:.|
                                        | レ|   、   /     `ー|:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|__ .ノ!
                                        ||:.:.:.|__         _     |:.:.:.:.:.|:.ト、:.:.:.:.:.:.|  ノ
                                             |l:.:.:.:.f 7ヽ    ´.イ::ハ`ヽ |:.:.:.:.:.|リ  |:.:.:.:.:.}-‐ '
         おぬし、それは陣痛じゃぞ。                  |:.:.:.:.} ヒ:}    ´ ヒ:r'   |:.:.:/ノノノ:.:.:.:./
                                           !:.:.:.:!   ,         ゝ '  ' /:.:.:.:.:.!
         早くハイヤーを呼ばぬと。                  ヽ ノ!               /Τ|:.:.:.:.:.:.:|
                                          _r‐゙――-、       . '  |:.|:.:.:.:.:.:.:.:|
                                          } ミュ     }      . ィ  人|:.:.:.:.:.:.:.:.':,
                                          ( ー<     !==-ャ‐    /  ),:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                                         (ー!´    }/  ∧   //  / ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:',
                                          ゝ| ァ―‐'、! // ' / /  /     ̄`ヽ:.:ハ
                                         λゝ-`ソ  \!|! /  /ヽ/ /      ヽ:.:!
                                         //ヾヽ     ヽ/,   //:/ !        '.:!
                                        / ,'  \__    V   //:/  ノ         }}
                                       / !    //:.`、    }ヽ/:.:./   ! /    /   |:|
                                       /  |    //:.:.:∧  /  \:!  |/    /     !:!
                                   .   /  |   //!:.:/ ∧ /    \ !   /        !:|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北夫人に陣痛が起きたとき、産婦人科学を怠けていた北は、陣痛に気づかず、
 夫人の変調におろおろするばかりであった。

 そのとき、陣痛だと見抜き、北にハイヤーを呼ぶよう指示したのが、宮脇の母だった。
 この辺りは年の功というか、七回も出産の経験が功を奏した感じである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

426 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:05:22 ID:YYuJyoVQ

         /.'´ ̄ ̄` ー-
        /   〃" `ヽ、 \ヽ
       / /  ハ/     \ハヘヘ
        |i │ l |リノ    ヽ_}_}ハヽ
        |i| 从( ー) (ー)l小N           むー……
       (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
        V j   (_.ノ   ノ/            つまんないお。
           ヘ,、 __, イ
           /  丶. i  |
          ./ 丶、_)|_ノ|_
          .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
          ヽ、 _/´`ヽ   /
            ̄     ̄ ̄

427 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:05:45 ID:YYuJyoVQ

         / '´ ̄ ̄` ー、
       /   〃" `ヽ、 \
        / /  ハ/     \ハヘヘ
.     、|i │ l |リ ⌒   ⌒ }_}ハヽ         そうだ!
    / ̄`ヽ  从( >) (<)l小Nl ̄ゝ
   ヽ、  ヽ、⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ./         おとなりのおばあちゃんのところに、
     `ヽ、  \j   (_.ノ   ノ/
       \  'へ、 __, イ/            あそびにいくお!
        |        |
        i  `/ ̄`l  /
        \    //
         l´\__/
         |   /
         `ー´


.     /  /  /   l     !     l |     | l  l   | ;. |
.     ,'   '  , !    !    |      | |l.     l !  l   |  |
     ,.   |  , |    |    ||     _|リ !_,. - .,リ ',__ !   ! :. !
     |   |  ,. !    !    ||_,. -‐ ' ´         ` !  | ;  !
     |   |. , !   __!ヽ,.-‐'         _, -‐ '''    |  | ;  l
     |  ,'    !、/    ____        ´        '  '! |  !
     '  /    Z  ‐' ´    `          _,. -== /l / | l  .!
     ,' //   |Z                ''´     ' ,' / | l  !
.    / /イ /| | | ',   ,,:-''´ ̄               l/ | | |  l
   /   .|/ ! |l !ヽ',                       ' /!l   .!          かわいい子じゃ。
.  / /    || ヾ ヾ               l          ノ |.l   !
 / /   ;   ; ',ヽ. 、                       /  l.l     !          ほれ、お菓子じゃぞ。
./ /|   ;   ;  \.  、             _     / |  |l     !
 / |   .'  ,  ,'  ` ‐ 、        ‐  ''´        | |l    .!
/  |  .'   , , '     Y ヽ              l |  l. リ      .!
   ,   .' , ' , '      ヽ  ` 、            / |. |  |        .!
.   ,  .' , ' , '        ヽ  ヽ 、 `   _,. イ    ! l.  !        !
  /   , '          ヽ  ヽ|             l\!⌒ヽ/l\ .   !
. /   , '            ヽ   ヽ.            |  |   ヽ |  ヽ   !
/   ,'       / 、    ,ヽ'⌒ ヽ            |   ヽ    ヽ
         /   \ '´  ノ   ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、そのとき生まれた北の一人娘であるが、遊び相手がいなくて寂しかったのか、
 チョコチョコ歩けるようになると、宮脇家に侵入し、宮脇の母に遊んでもらっていたらしい。

 さながら孫に対するごとく、北の娘に接していたようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

428 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:06:08 ID:YYuJyoVQ

              ,  ´  ̄ ̄ ̄ ``丶、
               /   /           \
            /   /  /" `ヽ ヽ  ヽ、 ヽ
.           /   /  ,/     ヽ、ヽ.  !!  ',
          | |  /L_/       ヽハ| ||  |
          | l  l |_/__\    /__ リ|/ハ  !
          | '. Y( ●)ヽ  /(●) メ|//.|/
          |  ヽ.|._  _ノ⌒廴 _ノイ/ //              おいコラ、テメエら。
          ヽ. ト⊂⊃  、_,、_,  ⊂⊃´//
.               ヘ.ト、 |\       _//イ/ー、              もっとマカを買えだお!
             _ム、 `ト_,. -f´/.:|.: .: .: .: .: :ヽ.
             _{::::__f:: ̄::::__/_/: .:|.: .: .: .: .: :⌒\
               レ:{:{:{/::::_:}-.:、.: !: .: .: .: .: .: .: .: .:\
            「__:ア7 ̄.:/.: .: .: ヽ.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: :\
           _/´/⌒V.:ト、/: .: .: .: .: i.: .:|.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ
         /:::::/.: .: .: _」.: .: .: .: .: .: .:|.:、_!.: .: .: .: .: /.: .: .: .: .:|
           //::|ノ!.: .:/.: .: .: .: .: .: .: ./.: .: .\.: .: //: .: .: .: l
        ∧!_lノ.: \.: .: .: .: _.:_ .:__∠--.: .: .:.ハ://´ ̄: .: .: .:!
.         /.: .: .:`.:ー-`テ ̄: .: .: .: .: .: .: .: .: / }.: .: .: .: .: .: .: .′
       {.: .: o.: .:/.:./.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:/  l: .: .: .: .: .: .: ,′
       \:__,.イ.: .: .:!.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:/  /.: .: .: .: .: .: ,イ
         |.: .: .: .: |-.: .: .: .: .: .: .: .: /   /.: .: .: .: .: .: //
         |:.o:. :o:|、.: .: .: .: .: .: .: .:/_  /.: .: .: .: .: .: //
.           |: ̄.: .: |__:二ニ=-ゝ-‐'´.:.| /.: .: .: .: .: .: //
     rr=====|-‐.: .: :!: .: .: :r‐、.: .: : ̄`∨.: .: .: .: .: `o/
 =--------------========/⌒`ー‐rくー―- 、`o/========
     ||:.:.:|  /.: .: .: .:_L. -‐://´ ̄  ヽ ` アニゝム/
     ||:.:.:|. /.:_,. - ´.: .: .: .: 7 /´,|    _/:\
     ||:.:.:l f´.: .: .: .: .: .: .: .:.〈.イ /.:! 「 ̄.: .: ヽ.: .:ヽ
     ||:.:.:L|.: .: .: .: .: .:__,. -―:|_}.: ヽ〉.: .: .:=キ=.: ヘ
     ||__:!.: .: .: .: ̄.: .: .: /.: .: .: .: __.:__:ム.: .: :ヘ
.        |.: .:  ̄ ̄.: .:/.: .: .: .: ̄.: .: .: .: .: .: _}_: .: .:ヘ

             【斎藤由香】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ちなみに、そのときの女の子が、後々こうなってしまうのだが……

 まあそれは別のお話。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                              【おしまい】

429 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:06:34 ID:YYuJyoVQ
【登場人物紹介】


                    ____________
                    ||                     |
                    ||       マ カ          |
                    ||                     |
                    ||  好 評 発 売 中 !  |
                    ||                     |
                   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、               |
                   / /" `ヽ ヽ  \_______|
               //, '/     ヽハ  、 ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
               レ!小l( ●) (●)从 |、i|            斎藤由香(1962〜 )                  
                レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ/
                   ヽ、  ゝ._)   j //|             サントリーのOLで、父は北杜夫、祖父は斎藤茂吉。
             /⌒ヽ:::: ヘ,、 __, イ____| |             自称「マカのキャンペーンガール」。          
               / 丶∧::| 丶 `ニ´ 彡// :厶|∧            エッセーとして「窓際OL」シリーズが有名。      
            {/  丶ヘ|     ノ / |:/ (こ ハ           また父や伯父の斎藤茂太との共著もある。     
                /       }ヽ、 ∧ /  'x┴〈 }_ゝ、
           /         \∨ ∨  /  ニ? }  )
             〈       _ノ∧ 厶=7  ,.-、) 人ノ
           }⌒ヽ     `<__,>イ  |__ノ| |/∨
           /   ヘ   /  │  丶ノ.| |   \
             /    ヽ      \__/ | |    ノ
         /       >'"⌒\ 〃⌒\| ト、__/
          |     /      V     ヽ| │



【出典】
「時刻表昭和史」宮脇俊三
「私の途中下車人生」宮脇俊三
「マンボウ交友録」北杜夫
「隣人・宮脇俊三先生のこと」北杜夫×斎藤由香(KAWADE夢ムック「宮脇俊三」)
「酔生夢死か、起死回生か。」阿川弘之・北杜夫

430 ◆KcxXifcWsc:2011/06/26(日) 21:08:35 ID:YYuJyoVQ
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

>>415
ttp://www.yomiuri.co.jp/zoom/20091206-OYT9I00421.htm

この写真でご確認のほどを。
左から、真紅・やらない夫・やる実ですw

431名無しのやる夫だお:2011/06/26(日) 21:56:22 ID:/rWBu2lg
乙でしたー

432名無しのやる夫だお:2011/06/27(月) 00:48:53 ID:zeLu9t0w
乙です

433名無しのやる夫だお:2011/06/27(月) 15:16:19 ID:sCZpiDyg
乙でした。
北氏、82歳なんだよねえ。すっかり髪の毛も薄くなってしまわれた。

434 ◆KcxXifcWsc:2011/06/27(月) 19:56:43 ID:FI4fqlOM
>>433
まあ80過ぎちゃったから、しょうがないですよね。
最近はあまり執筆してないようだし。

しかしこれには驚いたw
ttp://www.shinchosha.co.jp/book/610422/

この90歳はなんなんだとw

435名無しのやる夫だお:2011/06/28(火) 09:13:45 ID:AMcw3tQ6
>>434
フッサフサやぞ!w
なんだか養老さんの養老という姓にも妙味を覚えてしまいます。

436 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 17:31:00 ID:fSYCvbsw
みなさんこんにちわ。

突然ですが、今日投下します。時間は21時から。

437名無しのやる夫だお:2011/07/02(土) 17:40:29 ID:UKCvVTPY
りょーかーい

438 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:00:23 ID:fSYCvbsw
こんばんわ。

それじゃあ、投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

439 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:00:38 ID:fSYCvbsw
【ムラマツと三島由紀夫】

                      __
                 _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
              _..-'″             `゙'-、、
            /                    `''-、
          /                          \
         /                              \
        /                               \
       ./                                  ヽ
      ./                                     ヽ
      !                                    l
     .!      `'ー ,,_                  _,,,___         !
     |     -.、   `''ー ..,、        ....ーー''"´   ._,-         !        ムラマツ君、呼び出して悪いお。
     l         广''┬--v-‐.        .'i-----r‐''゙]         i!
   ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l〜 ..,,,
  ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
       .\       │                l              /
        .`'-、,     ゝ..____,..-ー ._____ノ        ,..-'´
           `''- ..,_ .、,__,___________..,_ .、,__, -'''"

                   【宮脇俊三】

440 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:01:00 ID:fSYCvbsw

           ト、 ト、 ∧
         |\i:.:.ヽ|:.∨:.:.V|/|
       弋´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.フ
       <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
      <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
      厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
       厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之             はぁ……
        八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
         ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!              何でしょう、変臭局長。
          \  - 、  ,イ?V
             ム|` -  ?
          __i     {
       ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
     /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
    ∧                  \
   / !                  / ハ
.  /  V           ◇    /  !:|
  /   /            ◆  ! /  .!:|

          【村松友視】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1968年夏のある日のこと。
 当時「婦人公論」の編集部員であった村松友視は、編集局長であった宮脇俊三に呼び出された。

 ちなみに「編集局長」とは、編集長のさらに上の役職である。
 もっとも雑誌作りの中心的役割は編集長が担っているので、名誉職・お飾りのイメージが強かったと、
 後に宮脇は述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

441 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:01:34 ID:fSYCvbsw

             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \
       / : : : : : : : .._         _    \
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |        実は……来年から、文芸雑誌を創刊するんだお。
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ
       \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_     そこで……君にも、
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー<´ヽ   / (⊂ニニ⊃)     その編集部に行ってもらいたいんだお。
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、

442 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:01:57 ID:fSYCvbsw

    、  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::|  _,
  、__\`ー`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:/
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``::....、__
   __>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::/::/:::i::::::::::::::::::::::::::::、:::、::::::::::::、:::::::::::::::_::/
    _>::::::::::/:::/::/:::::/:::::i::::::|::|:/::レ'|::::::::::::i:ヽ、!`ヽ::\!ヽ::``:゙`::::::::::ヽ_::>
-=ニ_::::::::://レ'::::::/:|:::/|::|::|::::ヘ/::::::::::::ト、ト、ヾへヽ:::::``ヽ::\ヽ、__:::`ー‐ァ
   _∠ -‐ァ::::::::/:::::::::::::::::://|:::::::::::::::::::::::| ヽ!ヽヽ::::::::\:::\:ヽ::\::::::::::::::::::::/
     /:::::::::/::::::::::/:::::/:::| |:::::::::::∧j::ハ!_i!_ヽ::ト、::ヽ:::ヽ:::::\\::::::::::::::<
   <__/:::::::::/:|::::/|:ハレ!メ:::::::| |厂>‐j!-、ヽ`ヽ:::\!:ヽ::::::\!::::::::::___>
     _/::::::/|/|:::|::├V_レ┼|:::::|  レ '´ ,.ィf云ミ≪_ヽト、:::::::::::、::::`:::::::::\
    -'―‐ァ/:::::::::::::|:::レ´,,. ィ斗ミ、:|      _ぅゞ'_,〃   |::::::::ト、ヽ!::::::::::::ヽ`
     _∠ -‐/::::::::|:ハ 《 、_ぅゞ' ヽ!             |:::::::ヒ_ ヽ::::::::::__\  (一度、「小説中央公論」ポシャッてるじゃん……)
          /イ::::,.ィ::∧      l |               jィ::∧ 〉 ハ`:::::ト、
        _// 从:ハ     り             レ'{,.´ /:::ト、ヽヽ    (でも、もう一度、文芸雑誌やれるのは魅力だな……)
           / jハ,ヘ      `ヾ `           ,.--<::::::|  |` `
                  ハ.                    ∧::::::::ト、:|  |     その話、お願いしてよろしいでしょうか?
                 、     __,. -―- 、       / /:::ハ:|   -'、
                    ヽ.   'ーー――‐'   /  i::::::! !    \
                      ` .、  `こ´    /  i  レヘ! 〈      \
                       >    ,. '    |  |    ヽ       \
                   / ∧ `ー<     / ヽ               \
                  /   ∧       ∠ 、     \               \
                   /      ハ       | 「 i |     `ヽ、              ヽ、
               「rヘ、    | .j     | | | |     / i\               `  、
             / | |  ||    |      | | .| |     ├ 、! `、               ` 、
          ,.  '′/| |  \   |       | |/| |     i  「 ̄ ヽ                  ` 、
      _,... ' ´  /  | | /\\∧___/´  入\   |  !    ,ヘ
    / ! _,.  '′    〃 /  /  | フ´   /   \\ | /   / ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 話の内容は、翌年から文芸雑誌を創刊することと、 その編集をやってみないかというものであった。

 ちょうどその頃、村松は「婦人公論」の仕事に飽き飽きしており、 文芸雑誌の編集の仕事が魅力的に感じた。
 
 (とにかく、この人事に乗ってみようか……)
 そう思った村松は、この人事を受けた。

 「試合の小康状態を何とかしようというプロレスラーが、とりあえずロープに飛んでみる……そんな気分だった。」
 村松はこのときの心境を、このような彼らしい文章で書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

443 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:02:31 ID:fSYCvbsw


              言 論 の 自 由 を よ こ せ ! ! ! ! !


        ___  ______     ___________      ,-----'--'\      __,,,、,),、_      ,,,、、、、,,,
        /´ `´_____\  /´,,,,,,,,,,,,, `ヽ__   / __ ,-----、_ヽ /´ソ ノノリ `ヽ,  彡ノノノノノ人ミ
       l  l´`´    ヽl /   l ̄ ̄`--ヽヽ l l´ -'====- l/ /〃/     ヾ  ヽ /:::::/     ヽ
============================================
                 諸 事 情 あ っ て
                             お 見 せ で き ま せ ん w
============================================
      /\_____ノヽ/ ヽ ノ '●´ ノノヽ ,--` 、-----,-'--、 ノ\  `二´ノヽ   ヽ ___.ノ .‖   |
      / ヽ ┃  ●><l ┃ヽ 0゚  ̄ l´ミlY〈 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   く YYゝ ヽ/´   く YYゝ. ヽ‖   |
     |   l┃___l´ミl   ┃l   ヽノヽ.l_l' / . | 言論の自由を守れ!│   く.V ゞ  ●   く.V ゞ .(ミ`) ̄
 ┌─ ヾ ´  ̄ヽ`l_l     ┃) 0゚  / o|  |E)職場を民主化せよ!(ヨ   o|   (ミ`)    o|   l ‖
 │    ``─-´ l´≡≡≡ソヽ‐-ー゙´  o|0゚.│              |    o|   |l_l     o|   | ‖
 │            |:::::/:::::::/  ヽ ̄ ̄ ̄/  ̄/ |__________|    /  /   |    /  /
 │______l;;;;/;;;;;;/  +ヽ0゚____/__0゚/+    l::::::::/:::::::/     | _ / _/   |__/ _/
         (___|)___|)   (___|)__|)      (__|)_|)    (__|)__|)  (__|)__|)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 正式にその新雑誌の編集部……当時は公になっていなかったので、「新雑誌研究部」となっていた……に、
 異動になったのは、1968年の12月のことであった。

 ところがちょうど同じ時期、
 中央公論社は出版社としては前代未聞の長期ストに突入してしまう。

 きっかけとかはいろいろとあるのだが……ここでは割愛。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

444 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:02:57 ID:fSYCvbsw

     >、:::::::::::, '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
    <::::::::::::, '::::::::::::::::,;:::::::::::::::;:::::::::::::::::::>ー‐
     >、::,:::::::::::::::://l:::::::::::::/l:::i:::::::::::::::::>z_
     zソ::,:::::::/:::,l://._l:::::/ソ:' l::'l:::::::::::::::::::>、
    <::::::ノ::::,'/:/_l:'ィイ,'::// >ーヤ!::::::::::::::::::::>ー
      ̄>:::::::l ! ぞ! /   !ぞ!\¨l::::::::::::::zー'
       >l ;l ー‐'  .   ー−' .l::,ヽ::::::::\
       ̄ニ! i    :       ,' ノ::< ̄
        ∠.::、  _ _      _' イ:ー≠ー                    あーアホらし。
            、 r_ _ヽ  イ::::::へ'            ,_      
           _ .l\    イ,'V'¨ ヽ            / ノ     ィ-‐‐フ
          /   >: : : : .へ、_            , ' 〈_ , ' ノ >ーy'
        _ イ   / .}: : : l   /ヽz_       /  ;   >  ィ
     < ̄  癶  /  l: : :〈 、 /\ \  ヽ     {  . '     イ
  /        V' >‐イー‐ ' )/ー \ノ  :.∧     l     /
 l  ゝ  , '     .: >、\ ; ; l \     :  }   .l    /
. .l    У       .:  \ l; /〉 ./   .: :   ェ、 l  .  l
 l     、:   .   :   l l; l /     ,'    l ,    l
 l      :      : :     l;l ノ 〔ニニ〕,  ,'  V    ,l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一応、組合員であった村松も、当然ストには参加していた。
 朝早くから組合大会に参加し、夜遅くまで団交、報告、さらには決議のための組合大会……
 このようなことの連続で、生活のリズムが完全に狂ったという。

 当時を回顧する文章を読むと、かなり冷めた目で見ていたようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

445 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:03:25 ID:fSYCvbsw


                       _,.-‐‐‐-、__
                     ,ィ'´ ,...、_  _,、 ヽ、
                        l   l    ̄ ``i ,!
                    `i ,.! ,,,,,.... --、.`il
                     ト、l==lニニl=lニニ`ill
    ____________l (!! └‐イ ,i`ー'l
     |――――――――――――|   _二__  ノ
     |                  |ヽ、ー'. ー'  ノ、_             新雑誌名は「海」に決まりました。
     |                  |l\ `ー‐‐ィ  `ー-、_
     |                  | l \_,-'´/       `ー、_
     |                  | l /、_〉、/         l
     |                  | .l ノ l ./ /´ヽ      ノ
     |        海        |  ll  l/ ヽ_,‐'l       !、
     |                  |       ヽ l      l
     |                  |        ヽ l、     !、
  ,ィ‐ュ                   |        `i l     .,!
  l 'ニス                  |         l l     l
  !、 イ                    | _,..、   __,   l l     l
.   ヽ、|´                _,ィ',..- `ヽTヽヽ   ||     ノ
     |                l-'ニ-,  __,..○ ヽ-‐|_|‐ ' ´ ̄
     |                 ヒ,ニ..-'´        ´-`
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 争議は一応の終結をみた。もっとも、もうしばらくの間くすぶり続けるのだが。
 この「くすぶり」については、後に別の人で書くこともあると思うので割愛する。

 一方、文芸雑誌のほうも雑誌名が「海」に決まり、7月創刊となることが決まった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

446 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:03:46 ID:fSYCvbsw

  __ー-\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::'-‐,
  \:::::::::::::::::::::::::::::,:::,:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::-−-,
 _<::::::/:/:/:/::l:::l:l/:レ1:::::l::、::\::ヽ、::::::::::::::>__
  ー-,::l:/,:::::::::::/:|:::::::::::::ト、!:::\::ヽ、:::\:::::::::::/
   /::::/:::::/:/::l:!:,::::l´|/;-ート、!::\::\::',::::::`\
   >'´:/l/::::l-v!-l:::| /´,ィtオミ、 ト:\::::::::::\ ̄
   ̄,フ:-,:::::l:、r''_ぅヾl   _うzソ   l:::lヽ、:::::::\
     ̄イ::::∧   l         l:∧)/l:::ト ̄        発刊記念号ですが、
      ´/|;ハ   '`-       ',-<:::l `!゙`        三島先生・安部先生・【 某 】先生の対談とかどうでしょうか。
           .   _, ― 、   ∧:/:!`! _|
           ヽ  ` ー ´  /. l::l`'( ´ \
            ` 、__ ,  ´ l |`' ヽ    \
           / ヽ    / \       \
          /_   l   l「l |   `ヽ       ヽ、
         _/l「 l|   |   l |_| !   ト、!ヽ        `ヽ、
    _,..-''"/ l l l ヽ∧__/"´l ヽ  | |  ヽ         `ヽ
   / l- '"´  〃 / l フ' /\\//  / ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、文芸雑誌「海」であるが、正式な発刊前に、「発刊記念号」というものを出すことが決まった。
 デモンストレーション、宣伝のようなものだろう。

 その発刊記念号の企画として村松は、三島由紀夫・安部公房・そして某小説家の、
 3人の対談を提案した。
 確かにこの3人の対談ならば、文芸雑誌としてはインパクトがあることは間違いなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

447 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:04:10 ID:fSYCvbsw

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 三 馬 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 島. 込 ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て 由 に な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来 紀 あ わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た 夫  る け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. 邸     で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ に
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まず村松は、三島由紀夫を訪ねた。

 村松は三島を間近で見るのははじめてであり、、このチャンスに多いに期待していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

448 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:04:37 ID:fSYCvbsw

     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
      >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:フ
     <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:<
      <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:..:.:.:ハ:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<
       >:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.‐-?、:.:.:.N 斗ト、‐-、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
     <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:./∨ _.{:.:.:/  _  ヽjハ:.:.:.丶:.:.:.、>、
       <:.:.:.:八:.:.:.:.N  ̄ ̄´レ'   ` ̄ ̄´ レヽハ::く
       ∠:.:.:.:.:人∨      !}       ' ノ人_::>'          (三島という男を、徹底的にながめてやる……)
          ̄ i:;从      i| ,       jハバ´
           ノ:.人      `      人{   ,斗勺匁`ヽ‐、
            ̄ ノ从、  ` ̄ ̄´   イ∨ rf´ .ノ、人人人ノ.、__
                从:>  _  <∧:|、―´ |  }、`´`´`´`´'////}
             /  i       i リ 丶 弋   ̄ ̄ ̄`ヾ`ヽl/―――――
            厂 、  〉       ハ  入 丶 `≧=- 、      ヽ_____
            /   ト、 {     /  { /  \ヽ ̄ ̄ ̄`\     \////////
          -‐=≦   ハ |――――― レ'_  `ヘ、  ./   丶      \/////,
     /    /  /   〉.{―――――/    ̄  ̄  ̄/  /  ハ      \///
.    / ヽ― .ム'´    K ハ      ハ        /  /  /ヽ         \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村松は、以前、ある「決心」をしていた。

 「人間を徹底的にながめること。」

 この「決心」は彼の文学の大きなテーマとなっているが、
 この目論見のターゲットとして、三島由紀夫は絶好のものだと感じていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

449 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:05:04 ID:fSYCvbsw

                      >'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  /
                   ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨_
                    フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-<
                  _..イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::フ
                     ̄Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-
                  /::::::::::::!:::ト、:::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ノイ:::::::::::|x'|´ヽ:::::ト、|\:::i≧ミ::::::: ̄::::::厂 ̄   (写真で見ると豪邸の印象だが……)
                  ノ人:::i::| ィチタ ? \ l::|辷八::::::::`ト\    (実際に見ると、意外に小さい家だな……)
                         |∧|  ´      |ハイ:::::::::::::::∧
                         ノ           ノ Yト、:、::ト{⌒\    (しかし、このパラパラという音はなんだろう?)
                       \   _       / 八ハ|
                        `´、   / / ___」__
                          ヽ_ ィ>'"´ ̄      /
                               {   __ -‐─-\     
                       __r斗-  ̄ ̄    ̄ ̄ ̄⌒\
                     /  ;:;::#";: :     ヽ、      ;:≧x
                        /-─ 、. ;;:::        \、    "';: ::\
                    /    \                        ヽ
                     l         Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄ ̄   、| ハ
                       /{         ヽ            l  |       |/ |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島邸を眺めた村松が最初に感じたことは、「意外に小さな家」だったことだという。
 当時の三島というと、革ジャンを着て豪邸から出かけるイメージがあった、と村松は書いているのだが、
 そのイメージとかけ離れた、スケールの小さなもののように彼の目には映ったらしい。

 屋内に通され、そこも見渡したが、狭そうな階段に見覚えがあるくらいであった。

 それよりも、居間に通されてからずっと聞こえている、
 豆を炒るような、水のような、玉すだれをかき分けるような、衣ずれのような……
 そんな奇妙な音が、村松には気になっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

450 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:05:29 ID:fSYCvbsw
             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′           どうも失礼。
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その音が止んだな、と思うとやがて、
 強いオーデコロンの香りが村松の背中の辺りをすっとはしった。

 そのときすでに三島は、村松の前の椅子に座っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

451 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:05:52 ID:fSYCvbsw

           ,イ
      ,:{  ,...:.::´.::|   ,.イ  __,.ィ
   l{  /.:|/.:.:.:.:.:.:.:|  /:/,.:.:´/
   |:|ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/.:.:/'.:.:.::`ニ=‐' ,.ィ
  ‐'.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー彡'
  .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ー-,ァ
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:.:. ̄:二=‐'
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::∧:::::::::.ヽ::.:.:.:.:.ニ='
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::|::::|::::::::|::::::.:.:.:.:.二=‐
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :| :::::::|::: ト、::: |:::::::|::|::.ゝ
  ::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::{::|:::::::∧: |斗-|:::::::|::|::|
  :::/:|:::::〃.:::::::::l::::::::ハ:|::;孑´|::| |:::ト、::::|∧|
  /.:::|::/:l::::::::::::::|:::::::||'|  , ィT |:::l ∨、 }
  :::::::{'.:::|::::::::::::::| :::::| ! {<  {:}, |/    \
  :::::::::::::|:::::; :::::::l::::::| リl  ` ´        ,イ          (なるほどね。あの音はシャワーの音か……)
  :::::/.::::|:::/:;ハ:::l、::!                }
  ::/.:::::::|/:/ ,∧!.ヽl             . ィ' i
  '.:.:;ィ.:::::/ヽ、  {  `         ' ´ {
  イ:/.:.::/.::::::/`ー‐'´>、             l
  l/};イl::::::/       ` ー―ァ――‐ '
    `メ、}::/            / ̄ ̄`ー- _
      X            /       f´ ̄`ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島は、目をみひらき、その意欲的な顔は上気しているようだった。
 そして、黒地に金刺繍のガウンをまとっていた。

 三島は、シャワーを浴びていたのだ。

 村松は客室までシャワーの音が聞こえてくる環境をほほえましく思った。
 日本でロココ調にこだわる者の事情が汲み取れて、なるほどと思ったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

452 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:06:25 ID:fSYCvbsw

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l              で、ムラマツさんは、あの争議のとき、
     ヽ ゝ            |     !.|l゙
     .'Lヽ         ,     l゙/              どんな役割をしなすった……
      l'ァ.l       `..'"    .|’
      .リ ヽ    .ー===-   /
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !



   、__`≧=-.:/.:.:.:./..:.:/:/.:.:.:.:.:./.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ニZ.´
  、_`ニ ⇒..:.:.:.:./.:./.:./:/.:,:.:.:.:./.:.:/.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.-:≦二、
    `'¬彡.:.:./.:././.:./:/.:/.:.:.:/.:.:/.:.:,:.i.:.:j:.:.:.!.:.:.:.:.i:.:.:.、:.:.:.:.:.ー'Z^
   ー=≦/.:.:.:.'i:.:i:./i/,〃.:.:/.:.:/:/:,1:.!:.:'i:.:.,1:.:.:.:.:!、:.:.:\:.、≦二
     __彡.:.:.:./.:.!:.:!∨/l/!:./.:.:,.:./:/ }:.j/_j:/.」:.:.:.:i:|い:、:.:.:.:\く ̄
     `¨ア.:〃.:.:!!.j厶{劣iイ.:.:/:/:厶イィ岱?〕.:.:.:i从V.:\_:_:_戈
       ///.:/.i|i∧ {iJ^|:./:/i/'¨下'{iJ ノ从:./:.}:.川:.:ヽ.≧=-
     ´ /イ.:/!い^`=‐彳/      ‐='^″}':.://∧\:.:\_
        |/|小.i     '」〉        /イ、く:\ヽi^''ー一     (また、ストレートな物言いだな……)
          |;小    !{            /|「:.、:\`:ト
              、              / !!:厶トへ|        (でも……こういうのは嫌いじゃない)
              \  ─…‐-     '   i「》} 〉
                 .\        /   /″ /{
                //个 .___   ´ r<    / }
           //  /j       }/ハ  / _,厶__


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 自己紹介をしたあと、三島は村松に対し、中央公論社の争議のことを尋ねてきた。
 どうも三島はこの争議について、強い関心を持っていたようである。

 一方、村松もこの話題はいずれ出ると思っていたようであるが、
 あまりにも単刀直入な三島の会話のやり方に、ちょっと快感をおぼえてしまった、と述べている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

453 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:06:52 ID:fSYCvbsw

 \:::::::::::/::::://::|::::::::/:!:::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::∧:: ト、:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
___>:::/:::::/イ::: |::::::::|r|::::::::/::::::l:::::::::::::::::::::∧::l::::|:::|:::丶::::::::|{:::{:::::::::. :::::::::::::::::i:::::::
 ̄ ̄7ィ:::::/::::|: /|::::::::l::|:::::/>::、ト、:::::::::::::::/:::l::|::::|:::lL孑ヤ´::l:ヽト、::::∧:::::::::::::. |::::::
  /::::|:::/::::: l/:::|:::::/:{{|::/下芥斥ミY:::::::::/:::::|::|;斗::|≫斧笊斤l|ミx::l::::|:::::::::::::::ト、:::
/:::::::: !/:::::::::::::::ハ::::l:::::|{ 弋):ツ|::ヽ|::::::/::::::::l::|::::l:/:、弋乏ソl| 〃::l|::::|:::::::::::::::| 〉    どんな役と言ってもですね……
-── |イ:::::::::::〈:::l:::|:::::| ゞ=-- -:'゙::|:::/:::::::::::|/::':─-:二ニ::::彡'::::::::::::|イ:|::::∧j /::
     /:::::::::::::::ヽ从::::::::::::::::::::::::::::: l/ .::}  ̄ ̄`ヽ、::::::::::::::::::::::::::/ ::j小/ノ:/::::     全員団交というのは、
   /:::::::::イ:::::介ト、::::::::::::/ ̄ ̄ /:/::l         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   、_::...::/:::::::     アングラ芝居のようなところがあって、
  /'^´ ̄ 厶イ/:::ハ:::::::::::\   /:〈::::j                    // ̄::::::::::::::
          レ′,.ヘ:::::::::::::::\/::::::l:::{              lj .:/〈:::::l\{^ヽ、    あるときは役者、
     -──:::::: ̄:::::∧:::::::::::::::::::::::::::`ヽ.::::-‐           .:/::::∧l|∧\      あるときは観客というふうに、
  /   .:::::::::::::::::::::::/:::::ヽ:::::::::::::、____{::_______:;ァ:::.  .::/::::/::::::|/∧      役割がころころ変るんですよね。
/     .::::::::::::::::::/::::::::::l\:::::::::::::マ(______..ア/   .:::/:::::/:::::::::l///l
     .:::::  .:::::::/:::::::::::::|//\::::::::::`::.ー──‐  ´   .::/::::::::/::::::::::////j
       .:::::::::::::::::::::::::::∨// \:::::::::ー=-─一   .::/:::::::::::/:::::::::://///


             / /  
''´´´ ̄ ̄ ̄` ー--、_   ̄ 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ 
;:;;::ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,, '゙ 
;:;:'         ハソ  ''!ヾ 
;:;:.';       .ノ´)ノ   !  
;;::;:/〃二二ーーー-t   fー-,,! 
;;:/   r==f ̄ ´  ∧<''  
リ    、迅y. ´   K庁 !   
イ            ヽ` !
             ヽ .!
          __ ノ |
           ´  l               ハハハ、なるほどね。
ヽ        ー=二ア  j
 ` 、     、____,   /
    、        /
  、   、    ! /
.  '     `,,ーtー´
..  `.       !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このように村松がいうと、三島は笑ったという。

 もっとも、村松はこの笑いが、自然の笑いというよりも、どこかで作り直した笑いではないかと直感した。
 「笑い声とはこうあるべきだ」という笑い声を、頭で考えたあげくの作品のように感じたらしい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

454 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:07:25 ID:fSYCvbsw

      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その笑顔にしても……

 呵呵大笑という顔にはなっているものの、
 細められた目の奥にある瞳が、じっとこっちを凝視している感じだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

455 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:07:44 ID:fSYCvbsw

     ___\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠__
      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::|::::!:ヽ:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::/
        \::::::::::::::::::::::::::::!:::::∧:|ヽ|\|\:::::::!ヽ:::::::::::::::::::<
     ___\::::::::::::::::::::::ト、≦云ニ=―ィ ヽ::L_ハト、:\::::::::::\
      \:::::::::::::::::::::::::::::::::| 《 弋リ `    j!,云、jハ:::::\__\
        \:::::::::::::::::::::::∧!  `¨´    { 弋リ 》::::::::::::::::\
       /:::::::::::/ ?          ヽ `  !:::::\ ̄ ̄
.     /:::::::::::::::::{ {__ヽ          〃   !:\_\
      ̄ ̄ ̄ /:::>.-ヘ        _      八ト、!
        ∠ イ//:::::|ヽ     '´ ニ`   ,イ             (いかにも三島さん的だな……)
            /‐ァ:::| \        /
             //!   > 、._  /
                 /j        7´
           ,.―〈    |    |
       _,. -=≦\ \   |    ∧ ̄ヽ
     /: : : : : : : : : \ \ \  |  } }≧=- 、
   /: : : : : : : : : : : : : : \  `ー-----' / : : : : : \
 /-、: : : : : : : : : : : : : : :/  >―――<\: : : : : : : \
/: : : : :\: : : : : : : : : : /            ヽ: : : : : : : :\
: : : : : : : :\ : : : : : /                    : : : : : : : : : ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 村松は、それを「三島的」と感じた。

 しかし一方で、それを嘘くさい笑顔というふうには感じていなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

456 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:08:02 ID:fSYCvbsw

                      _______
               . .::´:::::::::::::::::::::::::::::`:. .
             /.:.::;v‐-=,;::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                {イ::{/    } `ト、:::::::::::::::::::::::::::\
                  Xゝ       /.::::::::::::::::::::::::::::::::i
             ノ 仁ニニ=、 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            /  ーfュ_,   `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l
           /          ノ.::; - 、::::::::::::::::::::;
          ヽ、            |:::;/ /^ 〉::::::::::::::::,′
      ___j'_         N{  ノ/::::::::::::::::/        安部君、【 某 】君との対談の件だが、
    ノi ''―――r=、        、__ ..イ::::::::::::::::/        俺は構わないよ。
   ( .::i      〉           ノ´  ヽ:::::::::::/
   ) .:::.       /         /     }ヘル{
   ( .:.::j(O)   、____ . . :  /         .ィ二}
  \∠二二{          {    /       /   人
  /|    |       / ヽ       .  ´     \
  ̄ ̄`ヽ   |      く    >  ´       -‐=二三\
   ̄`ヽ { ├-,     > /       /   `ヽ     ∧
   ̄`ヽ }'― ' /    {/      /     -┼…=ミ ハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後、帝国劇場で上演された演劇のことについて、三島がてきぱきと語った。
 三島が脚本を書いた、「癩王のテラス」という作品である。

 そして対談に関しては、自分は構わない、と言った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

457 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:08:26 ID:fSYCvbsw

      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「三島邸を辞したとき、正式な礼をする三島由紀夫がこちらの目をいつまでも見すえていたのを、
  私は印象深く覚えている。」

 村松の自伝的小説「夢の始末書」において、
 村松は、三島邸を去るときの三島の印象をこのように書き残している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

458 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:08:52 ID:fSYCvbsw


                                     ぼくは、三島さんの最近の作品も、最近の意見も、
                                     まったく評価していないですね。

         ;,                            編集部が、どういう評価を三島さんに対して下しているのか、
        .,;'                            むしろそれをうかがいたいですね。
       .::
      ,,;;
     ,,;:,:;;:;、
     \  \                   _,,-ー-ーー-ー-ー-ー
       \:.:... \          _,, _,,-ー''""~
        \:.:... \   _,,-ー''',ー''      '"~~`
          \.:.::. \/  ,,-''"   _,,-''
           \.:.:.. \/   ,,-''"       ,  ...........
           /\.:.::....>、/       _,,-ー '''"}::::::::::::::::::.............
          /  /\;;;;;ノ     .::ヽ,,-''":.:.:..::.:.:.:..};;:::::::::::.......        ノ
         / /::...  /.::   .:::::/ー-,,_.::..:.::..:.}ノ      .::::::_,,-'ー-''
         /:::... /     .::/. . : : :    ~"' 'ノ     ..::::::,,-'.::::
       / ゝ /ヽ     ,,_ /. . : : : :      /    ヽ.::::/...::::::
       /  ノ /   ノ   ..:ノ.: : : : :      /::.      ..::/.::::::
      ("-'  (ー''"  .:/.:::        /,,r、    ..:./.:::::::::
       "''ー  "''ー-''~...:::          { .(  `ヽ .:.:/.::::::
                            ヽ .ヽ、_,,ノ.....:::::
                               `''ー''

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結局、この対談であるが、実現はしなかった。

 安部公房もこの対談について、乗り気だったようであるが、
 もう一人の某小説家が、三島との対談を断固として拒否したからであった。

 あくまでも私見であるが、
 このエピソードは、某小説家の器の小ささを表すものと言えると思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

459 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:09:09 ID:fSYCvbsw

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 三島由紀夫がああなってしまう、およそ1年半前の出来事である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                              【おしまい】


【出典】
 「夢の始末書」村松友視

460 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 21:09:35 ID:fSYCvbsw
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

461名無しのやる夫だお:2011/07/02(土) 21:16:47 ID:Ef96Kiio
アベさん2人がかりじゃ、某作家も腰が引けるでしょうな

462名無しのやる夫だお:2011/07/02(土) 21:51:29 ID:UKCvVTPY
乙でした

463 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:38:14 ID:fSYCvbsw
次回からの予告編投下します。

464 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:38:33 ID:fSYCvbsw


.、\     `                          `
 \ \             `                     `
\ |l\_\              ┌─ll─――|───ll───|───ll──―|―――ll――─|―
::::| |ト.、\_\ `        ┼―
::::| ||   ||\_\        └─|───ll―――|――─ll―――|――─ll───|―――ll―
::::| ||   |l\.\_\        `                `
丶 ||   ||  \.\_\                                     `
.ヽ..||ニニニニニニニニニニニニニニニ` ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
::::| ||  []  []   |   []   [].  ||  []   [].  |   []   [].   |   []   [].   |   []   [].  |
::::| ||三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三
::::| ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` .:. |:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.: :.: |. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:|:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.: :.: |..: .:.:.: .::.:. .:.:..: |   | ::.:.:.:. :.. ..:.:.: :.: |
::::| ||  ____  |  ______ | ______  |  ______ | ___`___   |   |   ___   |
.:⊥l|_|_||_|__|__|__|__|_|_|__|__|__|__|__|__|_|_|__|__|_|__|_|_||_|.__」_
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :r'';;⌒'へ: : : : : : : : : : : : : : : : : : |\  |_
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : : : : : : : : : : : ((::::));;;);;)::)).:.:: : : : : : : : : : : : : : : |\|\_
 ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ 「 ̄ ̄ ̄ ((::::;;;)::::):);;:):) ̄ ̄ ̄ ̄ 「 ̄「 ̄ ̄\.l\l\
  |  ..::|______|!  |─┬─┬─ |  |─┬─┬(:::;;);;));;;))::)─┬─┬‐|_」___.\ |\
  |   〔.丑‰‰‰%已〕 |  ‖  ‖   |  |  ‖  ‖   |Y:;|!レゞ |  ‖  ‖ 〔丑已丑已丑已丑
  | ..:..: | % 学 % |. ::l  ‖  ‖   |  |  ‖  ‖   |.j::;!:|   |  ‖  ‖:::| | ______
┳┳┳| %    % |┳┓====================,;ywW::!;;|l|Wwzx 。o.。o。。..| | | 同 志 社 大
くソミソゞ,| % 園 % |┃┃三三三三三三三三三yw;;W::ソし'wヘjy。%8‰%‰?|_|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヾゝゞゞ丑%    %已:〕 ┃              ゞ圭圭圭圭圭圭圭圭圭彡〔.丑已丑已丑已丑
エTエT|:::| % 祭 %:: |.┝┫::.:.:....             .:::::.:::.:::.:::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.: :..|:::|:::|:::|:::|:::|:::|:::|:::|:
TエTエ|:::|:::‰‰‰%::: |/ ̄::.:.:...:.:.....    `    ,      .::. :. :: .: .:: .:.:. :: .: : .: .. : .|:::|:::|:::|:::|:::|:::|:::|:::|:
┴┴┘ ̄ ヒl ̄ ̄ヒl ̄                                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::.:.: .: .:.: . :. :  ..   . ::.                                 .::.:.:.:.:.::.::.: ::. :.:. :. :.:. :
   。   ''                ''          ..,。       "

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1970年11月24日。

 この日、京都市にある同志社大学では、学園祭が行われていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

465 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:38:52 ID:fSYCvbsw

        , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       /             \
     /              ヽ
.    /  '´ ̄`   " ̄`     ヽ          太宰を筆頭に坂口安吾や織田作之助を中心とする、
    |   ( ⌒)    ( ⌒)        |          「無頼派」…もしくは「新戯作派」ともいいますが……
    i  ´""     ""゛       j
    ゝ       '           /          これは江戸時代の「戯作」の精神を、
.     \   ' 二  ̄    __, "            現代文学において復活させようという試みでして……
       `  _ _   ,  ' ´  /::\
        /:/ /:::::入     ./::::::::::|""\
      /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
    //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
   /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
  /:::::::::|::::::::| /::/::::|  /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::

        【奥野健男】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 文芸評論家で多摩美術大学教授であった奥野健男は、
 同志社大学の学園祭において「無頼派の文学」について講演をしていた。

 その後学生たちと遅くまで飲み歩いた、という。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

466 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:39:14 ID:fSYCvbsw

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > .,,_  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | ヽ,{  |寸寸T ハT7} ィ, l
   ヽレ? ハ (●) (●)| ハ|.         はい、こちら「新潮」編集部です……
     V ト'(1     ,   } _i
      Vィ丶,  ―   ,.ノ |[] |         ああ、三島先生、こんにちわ。
      │「ィ::ニE7l´   |囲
      └l´::::/ヽ.ト`i  / /
        |::::|´  ̄`i. レ /
        |::::|     |ヾ_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 同じ頃だろうか……同日午後3時半ごろ。

 「新潮」編集部に一本の電話がかかってきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

467 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:39:33 ID:fSYCvbsw

                _ ,, --
              /::::::::::::::::::::::ヽ
             ゝrリ:::::::::::::::::::::::::i
              i、ヾー、:::::::::::::::::|
               | } リ、:::::::::::::::l            三島だが……
               ', イ ル、::::::::::',
               ヽ_/´ ̄ ̄ ̄ヽ_          「豊饒の海」の原稿、明日午前10時半ごろ、
             ,ィー‐'ー─ ̄二=三'ー 、_       取りにきてもらいたい。
                /   ヽ         ',   `ヽ
           /,--、 ',          ',    ∧    「楯の会」の例会に行く前に渡したいのでね……
           tー--‐' ,         '     }
         _/ ` 、  l      >     i     .}
          //      リ  >      i    |
       /;;/        ,、 < __..      | ヽ,  |
       レi     / i "´         i   ヽi
        .} 、.   /   .',          l    ,'
       `ー''´       ',             l    '
                i /         l    ,'
                    }/    -‐ーー‐‐  '
                   i/ -‐ " ̄ ̄ i   ,'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 電話の相手は三島由紀夫だった。
 要件は、明日11月25日の午前10時半に原稿を取りに来て欲しいというものであった。

 「楯の会の例会に行く前に渡したい」
 それが理由であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

468 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:39:53 ID:fSYCvbsw


     /  , ヘ ,_/ ヽヽヽ
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | rr=-, \l r=;ァl,ルリ =ャ
    ノハ小  l〃 ̄      ̄ l,/           三島先生の「楯の会」の隊服姿が見れる♪
      //ヽゝ   'ー=-ηイi  =ャ
       |!〃liヽ>, -r=.ミ_ )リ
      γ´   `y二」ヽl .l ヽ
      ,'     ! 〈〉 | .!_,ノ
       ゝ、  、_イ     ゝ_ノ
       7 ̄/ ,  ,   |
      / /  /  ハ  ヽ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 元来、三島は、中途半端な時間に約束を組むことはしなかった。
 ところがこの日に限って、なぜか10時半という中途半端な時間の約束であった。

 まあ、それくらいのこともあるだろう、と、編集部員は些細なものと考えていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

469 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:40:31 ID:fSYCvbsw
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    あ  の  事  件  が  起  こ  る  、  前  日  の  こ  と  で  あ  る  ・  ・  ・  ・  ・  ・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    !;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
    ;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;‖;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
    ;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
    ;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
    ;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
    ;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
    ;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
    ;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
    ;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
    ;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
    ;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
    ;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
    、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
    l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
    .゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
        !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
        .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
         `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
            l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
            `'"                   :!;;.!                 `''"
                                !./

470 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:40:50 ID:fSYCvbsw

                   ,.;:;:;:;: ─‐- 、
                  〃,r'"´  _____ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 現代文学のちょっとした裏話・テーマ特集

            「 1 9 7 0 年 1 1 月 2 5 日 に あ っ た こ と 。 」

                             2011年7月3日21時より
                             ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1307188912/にて
                             公開開始予定。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 /   .:.::::/ `ヾ::::::::! i、、_              l ,r',r'               /
     .:/    l:::::;! i:::O、 ̄``        ,O.,ィレ'゙           /
      ヽ    |::::! i    ̄``          レ'゙¨`ー----、、 _ __ノ
 ::.:.:.:. :. . \   Y,' i`ミヽ、             1         
 `ミ;:;:;::::.:.:.:.:. .\__ノ i ー-o、\        O|
  `ミ:::::::::/"´ ̄   ̄ニ二ヽ:::.:.丶::.:.:.       |
    ヽ::⊥_     ーッイ::::::::::::::::.:.:.:.    O|
        ̄了:::.`ー':::::::::::::::.:.:.:.:.:.::.       |
         〉:::::::::``'''ー- 、、、_ _  _ _,」
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::「

471 ◆KcxXifcWsc:2011/07/02(土) 22:41:35 ID:fSYCvbsw
以上でございます。

472名無しのやる夫だお:2011/07/02(土) 23:05:20 ID:UKCvVTPY
もういっちょ乙でした。
いよいよ、あの日か……。

ところで>>440の編集局長に呼ばれたシーンの返答は仕様でしょうか?

473名無しのやる夫だお:2011/07/03(日) 01:40:53 ID:TF.0K77E
あの事件か…
楽しみにしております。

474名無しのやる夫だお:2011/07/03(日) 15:15:36 ID:4MDSvSYU
乙です

475 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 20:59:56 ID:oenJUslk
えーみなさん、こんばんわ。

これからしばらく、ある事件のことを取り扱います。
非常に重い話題ですが、ご了承ください。

それでは始めます。

現代文学のちょっとした裏話。

476 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:00:17 ID:oenJUslk
【序章…きな臭い時代へのプロローグ】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1960年代……

 それは日本社会にとって、大きな発展へと向かう時代であるとともに、
 非常にきな臭い時代でもあった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          _Y_
         r'。∧。y.
         ゝ∨ノ       >>1が糞スレ             ,,,ィf...,,,__
          )~~(             立てている間に   _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し    r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。      入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
        ↑            ├―┤=├―┤ |li:,
   これは違うけどねw    |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
     (1970年)       ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /

477 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:00:40 ID:oenJUslk

            . :丶、::.::.::.::.::.::.:.:.:.::.:.:.::.::. : .:.: . : : .
       、   . : .::.::.::\::.::.::.::.::i:::.::.: . : . :.:. : . . .
         ` ー::.:.:. . :.、::.::.ヽ::.::.:_|::.::.:.:. : :: : :. : .
          . :.:..::.::.::.丶、::.V´ !::.::.: : :. :.: .:
            .:.::.::.::.::.::.::.\l  |::.::.:.:.: : . .           ブスッ!!
          .::.::.::.:::.:::::::::::/⌒「::.:: : : . :
         .:.::_.::_.:::::::::.: イ    }::.::.:.:. : : .
      ー‐. :.::.::.::.::.:.イ「 !   :;::.::.:.:. : : . : .
 ー──── ‐‐:.:.ィ「 ! } |  } /.::.::.::.::.:.:. : : . :.
        .:.::.rf千l ! |釗 l∠L/..::.:、::.::.::.:.:. : : . : .
       ,f 「 i「T l」 ! |少'.::.::.::i: .:.::.::}::.::.::.:.:.:.:. : .
     ,ィ「 !!釗l |少'.::!:.::.::.::.:{::.::.::.:|::、:::.::.::.:.:.: : .. .
     f?! | i| | lr┘.::.:::|::.::.::.::::',::.::.::.l::.::.、::.::.::.:.:. : : .
     l 刋!」少′.:::.:::.::l::.::.::.::.::丶::.:::', ::.::.、::.::.:.:.: : : : .
丶、  `¬宀´.::.::.::.::.:::::::::',::.:. : .:::.::. \::. .  ::.::.::.:.: : : :.
  丶、  .:.::.::.::.::.::.::.::::::::::::::ヽ::.::. :.:.:::.::.::ヽ  .::.\::.::. : . :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1960年10月12日。
 社会党浅沼稲次郎委員長が、右翼少年に暗殺される。

 左派による反戦・反体制運動の拡大が、右派の焦りを誘い、
 その中から生じた凶行と言われている……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

478 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:01:11 ID:oenJUslk


     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ            それでは、確かに、
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|            「憂国」の原稿を受け取りました。
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::

     【井出孫六】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それから数日後。

 当時、中央公論社社員だった井出孫六は、南馬込にいた。
 三島由紀夫から、「憂国」の原稿を受け取るためにである。

 ちなみに井出はこのときから15年後に、直木賞を獲ることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

479 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:01:36 ID:oenJUslk


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ            ああ、頼むよ。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ             ……ところで、深沢七郎さんの新作、
       `|      ^'='^     ム'′            あれ、君のところで扱うんだってね?
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

        【三島由紀夫】

480 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:01:56 ID:oenJUslk

                 __
            xー´ ̄:::::::::::::::\
          /:::::::::ハヘ:::::::::::ヽ:::\
          }::::::::::/イ  ヽ:::::::::::\::::ヽ
          V}::::/ーx  >ヘ}ハト、:::::::::'.
           ハ{≠ex  xe≠ .ト、::::::}
             '.`¨ア `゙¨´  ,ノ::::::|              そうですが……
              '.ム-  _,   /}:::::Lj
                ハ ̄こ  / ,ル}::::>-            どうかなさいました?
            , <へ  ./  ,イ::::::::::::::
          ./:::::::::::::::::`爪   / |::::::::::::::
      __/__,-x::::::::::::::::{  X´   }::::::::::::::
   Y´ ̄    {州ノ::::::::::::::::|.,イ ゙ト、 /:::::::::::::::
   .|        {州::::::::::::::::::::| .}示{ ./:::::::::::::::::
  /!        {州::::::::::::::::::::| ,ハ/ハ/:::::::::::::::::::
  /:|.        {州::::::::::::::::::::|ハ///::::::::::::::::::::/:
  |::|.       {州::::::::::::::::::::|///:::::::::::::::::::::/:::
  |::!       ⊂二二⌒ヽ: |//:::::::::::::::::::::/::::::
  | |       と二二  .}::|/:::::::::::::::::::::/::::::::

481 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:02:18 ID:oenJUslk

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!             深沢さんの今度の新作……「風流夢譚」だったかな?
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l
     ヽ ゝ            |     !.|l゙             あれはなかなか扱いが難しいと思うけど、
     .'Lヽ         ,     l゙/             僕のこの作品と並べてのせれば、
      l'ァ.l       `..'"    .|’              毒が相殺されるはずだよ。
      .リ ヽ    .ー===-   /
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤               このことを、編集長に伝えておいてもらいたい。
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 深沢七郎は「楢山節考」などで有名な人物である。
 一方でギタリストでもあり、プレスリーやビートルズ、はたまたジミ・ヘンドリックスまで聞いていたという。

 三島は深沢の書いた「楢山節考」を激賞していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

482 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:02:40 ID:oenJUslk

         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |           ・・・・・・わかりました。
       |   /            ||,) |ヽ. |
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||          編集長にお伝えいたします。
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 深沢の「風流夢譚」という作品を読んだことがある人は、ほとんどいないと思う。

 というのは、この作品は「都内で起こった革命のようなもの」によって、
 天皇、皇后をはじめ、皇族たちが首を斬られるという描写があり、
 この描写があることにより後にいろいろなことが起きてしまい、
 深沢自身が復刊を拒んだためである。

 それに対して、後年のことを考えると分かるように、
 三島は保守的、というよりも極右に近い政治志向を有していた。

 その人物がわざわざ、自分の作品と並べて掲載するように進言する理由……
 これは文学性の故なのか、それとも別の考えからか……

 三島のこの発言を、井出がどのように思ったのかは分からない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

483 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:03:12 ID:oenJUslk

       __________                   __________
    r´ ´\                \               r´ ´\                \
    (    \    中央公論     \             (    \   小説中央公論   \
     \     \              \            \     \              \
      \     \                 \             \     \                 \
        \     \                 \             \     \                 \
          \    \                 \            \    \                 \
          \    \_________\             \    \_________\
                \   r´=========r´              \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ                 ヽゝ==========ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出が三島のこの発言を編集長に言ったかどうかは分からない。
 というのは、結局深沢の「風流夢譚」は中央公論に、三島の「憂国」は小説中央公論に、
 別々に掲載されてしまったからである。
 これが井出の伝え忘れなどによるものか、それとも当時の編集長の意図か……
 今となっては分からないだろう。

 ともあれ、三島の考えと異なり、別の雑誌で二つの小説が掲載されることになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

484 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:03:28 ID:oenJUslk

     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
         ホアーーッ  ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、     ホ、ホォォォーッ!!
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 結果「風流夢譚」は問題作となってしまった。
 宮内庁は「皇族に対する名誉毀損・人権侵害」とクレームをつけ、
 右翼団体が激しい抗議運動を展開するに至ってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

485 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:03:54 ID:oenJUslk

  ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
   ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…
    ;  /      へ `>、'; ∫
   _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_             お詫び申し上げます……
  /三三j='rー、\_>、)_?, >;;〉三'`、ジジ…
 /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、
 囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
 囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭囮
 ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎

  【嶋中鵬二(中央公論社社長)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中央公論社側は、編集局長が宮内庁に謝罪に出向いたり、
 また中央公論の編集長を更迭するなど、沈静化に努めてはいた。

 しかし、右翼の抗議活動は収まることを知らなかった。

 そして……1961年1月31日。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

486 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:04:36 ID:oenJUslk


       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1961年1月31日。

 中央公論社嶋中鵬二社長宅を右翼の少年が襲撃、
 家政婦を殺害し、夫人に重傷を負わせる事件が起きた。

 まさしく右翼かぶれの「凶行」「愚挙」であろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

487 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:04:58 ID:oenJUslk

    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/         
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,
  | | |j~ /,.<\     //\       
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /   おっ、おわびを……
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /     おわびをしなければ!
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|       おわび、おわび……
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\    
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i      急いで新聞に、社告を出すんだ!
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__  
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::   
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが被害者である嶋中は奇妙な行動に出る。

 社告に「暴力に屈しない」としながら、なぜかお詫び文を掲載しているのである。

 事実上右翼反動に屈した、ということなのだろう。

 実際にこのときから、中央公論の方針が極端に右傾化していく。
 革新系の論客が使われなくなり、替わって保守系の論客が登場するようになった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

488 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:05:22 ID:oenJUslk

                            
         _,,,ィー=ニ=ュ,,,,、,         
       ,.-彡三三三彡三三ミンィ.       
     /彡彡三三三彡三ミ;i彡ミ、    
     /彡彡彡三ミ 彡彡三ミシミミミト   
   .〈彡彡彡⌒ーァ/ _,ィ彡⌒ヾミiリ    
     V彡く  ー=― ''"     {ミl      
     V彡}  /´⌒ー---       V__               丸山さん。
    r-V´  ,.r-===='  ヾ=⌒  |k }   
    {ノハ     <二9シ i゙/ニ9`  .|ノノ               中央公論社が、
    ヽ. ハ         ',     |/               「思想の科学」を打ち切りたいそうです。
      \!       ,.- ヽ    l       
   _/二L___     ヽ____ノ    ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ --、__.    ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)  ^    ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_   /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

          【鶴見俊輔】


             /: : : : : : : : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : ;.イノ\ : ',
         i: : : : : : : : : : ;. - '´ ′ │: }
         |: : : : : : ://__       l /
         |: : : : : : :L -‐{〒ぇ>‐rfデ1
         ヽ: : f ヽ;|     ̄  ト -〈
          \:! ぃ         ′ ./              言論が暴力に屈した……というわけか。
            `!ヽ.、   r_:三ヨ /
            L:_| ヽ     ‐  /
             │ \      亅
             │ __二二ニヱ‐ 、_
               r弋/ _  -‐ フ´    | ̄  ‐- .._    __
         ,. ‐ '"´  ̄\=ニラ'´        !         ̄    \
      _ /   / /  |/   ____」      /        ヽ
      //      /.   |     \           /            ',
    / 〈ヽ       /    |         >        /             i
    /   \\   L. _  │_, -‐ ´         /               |

              【丸山真男】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに嶋中は、当時中央公論で発行していた「思想の科学」の打ち切りを決定する。

 「思想の科学」は、鶴見俊輔、丸山眞男、都留重人、久野収など、
 非共産系の左派知識人が活動する思想誌であった。

 右翼の脅しや暴力に屈し、またそれを大きく考えたものであることは明白であった。

 余談であるが、丸山真男はその後、再び暴力に圧せられ、教鞭を執っていた大学を辞めることになる。
 全く思想の異なる立場からの暴力によって。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

489 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:05:44 ID:oenJUslk

     ____
   /      \
  /         \
/           \        こいつはまずいお……
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/        これじゃあ右翼に屈していることに他ならないお。
(  \ / _ノ |  |         どうにかしないと……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

   【宮脇俊三】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その頃宮脇俊三は、中央公論社の出版部にいた。
 「世界の歴史」を組んだり、北杜夫と酒を飲んだり酒を飲んだり酒を飲んだりしていた頃である。

 翌年から中公新書の刊行を考えていた彼にとって、
 知識人が執筆陣からいなくなるのは、かなり大きな問題であった。
 新たに発行する新書の執筆をボイコットされてしまう恐れがあるからだ。

 もちろん、出版に生きる人間として、
 言論が暴力に屈することに耐えられなかったこともあるのだろう。

 この状況を憂慮した宮脇は、後に中央公論編集長になったときに、
 このときの「思想の科学」派知識人たちとの和解の仲介役を行っている。

 もっとも、宮脇の努力にも関わらず、和解することはできなかった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

490 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:06:10 ID:oenJUslk

なんで右翼の言いなりに……

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   保守系の言論人を使えってさ。
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  澤地久枝さんも辞めちゃったしな……
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'


 いや、あの人はこの事件と関係なく、
 不倫で辞めたんだって。
      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 著作物、また付き合いのある作家などから考えるに、宮脇も保守色の強い人物と言われている。
 その宮脇ですら、この一件を憂慮していた。

 むしろ、三島由紀夫の「風流夢譚」に対する考え方や、
 宮脇俊三の「思想の科学」に対する考え方を見れば分かるように、
 彼らの世代については、保守のほうがむしろ言論統制などに敏感であったようにも見える。

 三島や宮脇と社会体制に対する考え方が異なる人々にとって、
 この一連の流れは危機的なものであっただろう。
 現に出版労連などは、かなり激しく抗議活動を展開していたという。

 中央公論は、右からも左からも攻撃の対象となってしまったのだ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

491 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:06:35 ID:oenJUslk

                _ ,, --
              /::::::::::::::::::::::ヽ
             ゝrリ:::::::::::::::::::::::::i
              i、ヾー、:::::::::::::::::|
               | } リ、:::::::::::::::l
               ', イ ル、::::::::::',
               ヽ_/´ ̄ ̄ ̄ヽ_
             ,ィー‐'ー─ ̄二=三'ー 、_
                /   ヽ         ',   `ヽ
           /,--、 ',          ',    ∧
           tー--‐' ,         '     }
         _/ ` 、  l      >     i     .}
          //      リ  >      i    |
       /;;/        ,、 < __..      | ヽ,  |
       レi     / i "´         i   ヽi
        .} 、.   /   .',          l    ,'
       `ー''´       ',             l    '
                i /         l    ,'
                    }/    -‐ーー‐‐  '
                   i/ -‐ " ̄ ̄ i   ,'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この一連の事件の影響は、中央公論社だけでなく、三島も受けている。

 彼が「風流夢譚」を推薦したように言われ、そのことにつき右翼から脅迫を受けるに至ったのだ。

 このときからしばらくの間、三島は外出することができなくなり、
 時には刑事の護衛が付くなどという状況にまでなってしまう。

 このとき……彼はどんなことを思い、考えていたのだろうか、私には分からない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

492 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:06:53 ID:oenJUslk

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.............................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:              :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:                 :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:                :::;:;: :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;´::;;         ::::::::   ::::::::;:;:;: `;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:;:;:        :::::::;:;  :::::::::.;:;:;:;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:..:;:;: .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;  ;:;.:  ..............  :::::::::::.................. ヾ;; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; ;: ;´;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ ;;  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´`;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;; ;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::日 本 に と っ て 不 幸 な 時 期 が 、;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´;;`;;`ヾ、;;;;;;;;;;...::、..:、..;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::少 し ず つ 近 づ い て い た ・ ・ ・ ・ ・ ・:::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、............ ;:;:;. ;;;:;、;:; ;:;  ...............;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;  ;;:;ヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  .:;:.:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; .;.;;.;.;:;.;..;、..;、..;、;..,、..;..;..;.;.::.; : ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ヾヾ;、;...;..;....;....;、;..;..:、..:´::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   ``;..;..;..;..;..;..;..;...;...:: ::::: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ、  .`´`´`;´`´`´;:::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...       ..:;;:;:; ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

493 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:07:35 ID:oenJUslk
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

次回は、水曜日の21時目安で行きたいと思います。

494名無しのやる夫だお:2011/07/03(日) 21:13:08 ID:ZArZb586


両方載せて果たして相殺されたかどうかは疑問ですが

495 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:16:47 ID:oenJUslk
補足。

本当はこれ、中公の労使紛争、そして全共闘を取り扱うときの序章として使うつもりでした。
でも三島の事件ともある程度かかわりのある事件なので、今回の序章として使用しました。

中公労使紛争は宮脇がかなり深く関わる紛争なので、いつか取り上げることをご了承ください。

496 ◆KcxXifcWsc:2011/07/03(日) 21:18:38 ID:oenJUslk
>>494
両方掲載したら、かえって大騒動が起きたのでは、という議論が編集部で起きたようです。

497名無しのやる夫だお:2011/07/03(日) 21:23:29 ID:iApBVMUo
乙でしたー

498名無しのやる夫だお:2011/07/04(月) 03:21:22 ID:hIHENNPM

私、70年11月25日生まれです
…三島祭に引っ張られそうになりましたよw

499 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:02:01 ID:yHZWVVQw
こんばんわ。

>>498
憂国忌にドンピシャですね。なかなかいないです。

500 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:02:24 ID:yHZWVVQw
それじゃあ、始めますか。

現代文学のちょっとした裏話。

501 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:02:45 ID:yHZWVVQw
【物語「1970年11月25日」……第1話】

   :.:.:::.:::.:::.::.::(
..       :::.:::.::.::ヽ
:::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ
.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
      _ __:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
:::.. :::..   `ヽ、`\:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
::::.. :::::::..    `ー、 ヽ,_:.:.:.:.:.:.:.:::::::::...
::::::.. :::::::::..      ,>  └―‐‐ 、:.::::::::::...
::::::::.. :::::::::::..   '‐、 「´ ̄"''ー、 \:.:::::::::..:..
:::::::::::.. ::::::::::::..    `′     `゛` :.::.:.:..:.:.:.:...
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:::....
   , ⌒ヽ:::::::::::::::..      . .. ...::.:::    ____ .:::...
丶''′  / :::::::::::::::::..         __┌‐ー'´,--‐'"´ :.:.:.::....
    (   :::::::::::::::::::....     r'´_,.-‐-、''ー、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....
     `‐' ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,ィ'´''"´    レ'"´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
       丿:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..        : : : : : : : : : : : : : : .
       ヽ___ノ´ ̄ ̄`ー、         : : : : : : : : : : : : : : .
                 ):::..        : . : : : : : : : : .
                /:::::.:.::..
               (_::::..:.:.:.::..
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..
               : : : : :::.. :::: : : : :..
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1970年11月25日、水曜日。東京は快晴だった。

 世間一般にとって、この日は給料日であり、また半月後にはボーナスも出ることもあって、
 この辺りから年末商戦がスタートすることになるのが、世の常であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

502 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:03:04 ID:yHZWVVQw




    /≡≡≡≡≡≡≡≡≡|
   |┌─────┐ ? |||
   | |         | ◎ |||
   | |         |    |||
   | |         | ||||||| |||
   |└─────┘||||||| .||
     ̄| | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄||
   .......|_| :::::::::::::::::::::::::: |_|:::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この日、ダイエー赤羽店では、限定ながらも、
 カラーテレビを当時としては破格値の5万円で売り出すことを決めていた。

 それを聞きつけていた客が、開店前には行列を作っていたという。

 電化製品店とかでテレビを販売する場合、サンプルとしてテレビ番組の放映をすることが多い。
 数時間後、あのようなことが放送されることになろうとは、誰も思っていなかったであろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

503 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:03:37 ID:yHZWVVQw

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \          今日は夕方までに東京に帰ればいいから、
  /:::  __´__   :::::: \         それまで京都観光でもしましょうか。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /         昔と違って新幹線がありますから、
     ゝ  ノ                 3時間もあれば帰れますからね。
   /   /

     【奥野健男】




     _____ 
   / ―   \  
 /ノ  ( ●)   \             しかし……どこに行きましょうか。
.| ( ●)  ,      |            名残の紅葉なら、栂ノ尾とかでしょうが……
.|           /
.|      '~   /
 \_    ⊂ヽ∩\
   /´     (,_ \.\
    |  /     \_ノ

504 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:03:59 ID:yHZWVVQw



         ____
       /     \
     /   ⌒   ^ \
    /    (⌒)  (⌒) ヽ        せっかくだから、法然院の、
   |        __´___   |        谷崎(潤一郎)先生の墓参をしましょうか。
   \       `ー'´  /
    ノ           \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 奥野健男は、その日、午後3時の新幹線で東京に帰る予定だった。
 そこで、それまで京都観光をすることにした。

 いろいろと悩んだあげく、谷崎潤一郎の墓参のため、法然院に向かうことを決め、タクシーに乗った。
 午前10時過ぎのことである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

505 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:04:25 ID:yHZWVVQw


                __
              / ̄   \
              |      :::|
                |      ::::|
              |    寂  ::::::|
             |       ::::::|
             |         :::::|
             |       :::::::|
               |    空  :::::::|
               |       :::::::::|
              |  ∬      ∬:::|
               |  ii ,,≦≧、 :ii :::::|
            _ |  旦‖===‖旦::::::| _
    -W-----┘二二二二二二二二二└--ff---\--


       / ̄ ̄ ̄ \ 
     / ノ    ヽ \   
    /   (ー)  (ー)  \ 
    |      __´ _      | 
    \        ̄    / 
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大体11時くらいだろうか。

 奥野は、法然院にある谷崎潤一郎の墓の前にいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

506 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:04:45 ID:yHZWVVQw

                     _____
                   /         \
                 /  _       _ \
                /   ´  , `      ´   ` \
              /  /´ `ヽ      r´ `ヽ.  \
             /    (  f;;;;j l      l f;;;;j )   \
             |     ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ     |         化野に……念仏寺に行ってください。
             |            く             |
              \                        /
              \      ー -- - -      /
                \ _            _ /
               /::::::i  \,` ''  / " !:::::::`:、._
           _.,.、;.::::.:'/::::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´::::::::::::::::/::::::::::/!   ∧;。;;。ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::::i:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!   /;;。;;'.    !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
.  /:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::i  ,';;。;。;;'.  i:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
  /::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i  ,';;;。;;;。;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後、奥野はタクシーに乗り、化野念仏寺に行くよう指示した。

 「ぼくは化野あたりは好きでない。しかしどう言うわけか急に行きたいという言葉が出てきた。」

 何の気なしに、ふと思い立って化野に向かったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

507 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:05:11 ID:yHZWVVQw

. ................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:........... . . . . ............ . . . . . . . . . . . . . . . . ..:.:...... . .    . . . . . . ...........
. . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.:.:.:............. . . . .................... . . . . . .. . . . . . . . ....:.:.:....     . . . . .
  . . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.::............. . . . . ............. . . . . ...... . . . . . . . ........:.:.:....
                  . . . . ...... . . . . . . .... . . . . . . . . . ........... . . . . .
             n      . . . ....... . . . . ...... . .    . . . ....................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.............
             |] p    . _ . . . .            . . ..........:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:........ . .
             }| {}       ,! | . .              . . .....:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... .
-‐‐‐‐‐:‐‐‐.:‐‐‐‐‐‐‐‐'ー'‐‐‐‐‐‐┴┴‐‐- 、,,_           . ....:.:.:.::::::.:.:.:.:. __,,.. --- ''"
_ []  .:  .:      ロ  [|     __ ロ   `゙゙'''''ヾ、,,       . ._,,. - ‐‐ ''"´
::|  .:  .::   []       卩 |::|   ___      `゙'ヾ、___''_´_       _
  .:   :::.   口 冂        []  |::.|____          ,.---、、  |;:;:::|
  .:    :::.        ____       Π  |::::;;|    .ji ||    |;;::.:.;;;|:|   |::;:::|   ,.-、
 .:     :::.,.‐‐‐‐、.  !:::::;!    ____      _,----、   _ , |::..::;:::|.|   j::.::.|   |:;:::|
 ___.      |::;:;:;:;:|..|  |.:.:.:|    |::;;;:|   _.  | |:::;:;::;;|.|  || || |.:.;::.:.:|:|  ┌‐‐┐  |::.::|
r‐v'i     |:::::;:;:;|.:|  「 ̄ ,. -‐‐‐‐‐‐-,._ ! i'i'i.| |:;:::;:;:;|:|  || || |.:.:.:::::|.| [ ̄ ̄ ̄] ┌─┐
|:::::|.l iヽiヽ r; |::::;:::;;|:.|    l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i !| |.l| |::;:::::;;|.|   ┌-----┐       r‐‐‐
|:.:.:| | ! ll !.| !|:.:.:;::::|..|    |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..! ll |:!l |:.:;:::;:;|:|  ┌┴‐‐‐─┴┐     |`r‐‐
|....:| | ! i! !.| l|;;;;;;;;;;|..|_   |::::::::;::;:;:;:;:;;;;;;|:...! .!l|:lr';;;;;;;;;;;;ト1 └‐─‐‐‐─‐┘     | :|;;;;;
. ̄.´l ! |  i.| ̄ ̄ ̄! l_   |:::::::::;::;:;:;:;:;:;;;|:.:.! ,!,| | ̄ ̄ ̄´!_                  | .|;;:;:
 ̄ ̄   ____|___! ̄i   |::::;:;::::::::::::;:::::|:...!  [ ̄ ̄ ̄ ̄]               | :|:;;:;
     |:;:::::::::::::::;:;::::|./   |:::;:::;::::::;:;:;::;;::|:::.!    ̄ ̄ ̄ ̄                |. |;:::;
       ̄ ̄ ̄ ̄´     |:;:::;::;:;;:;:::::;;:;;;|::::!                           |: |;;:::
                 |;:;::::::::;;:;:::::;;;;;|..::!                           |; |;::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 化野念仏寺、西院の河原。
 8000もの無縁仏の石仏・墓石が並ぶところである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

508 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:05:30 ID:yHZWVVQw

                 _____
               /           \
.           /             \
.          /               \
.         /                  \
     /                     ヽ
      |        ̄`丶      ' ´  ̄      |
      |      ‐ュ::::ェ‐      ‐ェ::::ェ‐      |            ・ ・ ・ ・ ・ ・
      |                          |
.       \             ´             /
.         \      - ――-        /
        /ヽ              イ\
       /                     \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 奥野はその西院の河原で、小半時ぐらいだろうか、佇んでいた。

 12時15分くらいのことである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

509 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:05:46 ID:yHZWVVQw



                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●

510 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:06:05 ID:yHZWVVQw


                  ,.-,r=‐''¨''=‐<
                ,r'"  "    -‐- ,_\
               /            `ヽヘ
              __L__      __    ヽ、゙ヘ,
.           ,r''"~ __,,.. ̄` '´ ̄   `ヽ、  ヽ, ',
         /,ィ''"~ /⌒         \  ヽ,|
       ,/      '     __        ヽ,  ',
      _,'              ´ ~ヘ,       ', ヘl
    ,r'" `  ,              ヽ      ',  ',
   /   ,  ,' . i  . i     、    .ヽ      } ',.l
   ,' ,  ./  . l  .l!   .l!  ヽ  ヽ    .',     |  'i
.   { .l  .{   ,l . l',   |'、  .',    ',    . }     .l  .l
   l .|  .l   _Iニ=|、',  . l .゙yニキ==、',   ,'      l  i、',
.   ヘ!', ',  i''=ト.,_ヽ、 ', _,,ゝ=ェ,,__ .l   /,.-、   /  |
     ', '、 ゙ ?;}` .`‐ ". Vllll;;;j ノ l  /.,r-、',  ./  l        すみません、遅刻してしまいました。
     ヽ ヽ, ',`、_¨      _゙''=", /! ./ ,'.  !j ./ i l
       ヾlヽミ  、      `¨´ /ソ 从'>'">' ||        で、原稿は……
.        ヽ、           ,イ/〃 /   .l、!
        いヽ、 ,..._       "/ ´l、!" ゙,   .ヘl
         ゙、j .ヽ ̄`   _,..<   .トj  ヘ   从
          `  .`ゝt‐ ''"    _,,ィ! `   ゙从ヘ
               ゙j_,,,... -‐ill|!!ィl
.               l≡-‐''"~   .ヽ
           --‐ ''"          ヽ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前日、連絡を受けた「新潮」の編集者が、三島邸を訪問したのが10時40分ごろ……
 約束の時間から10分の遅刻であった。

 そのとき既に三島は自宅を出ており、
 編集者は原稿をお手伝いさんから受け取った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

511 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:06:26 ID:yHZWVVQw


       _,-`^--y<_
     」\ _-=-- -- z<_
   _>>  ,-‐ ´ ̄ ̄ `┴<
   「 之′y´  ,.  ,.     ヽ、. ━┓
    」i ,r'  / 太太v''〈 、, ソ ヽ  ┏┛
   /、 /ソ /リ (●)  リ入ッ ,、 /  ・       あれ、三島先生って……
.   J l | イ l゙i      , (●)::/ヘ/
.     l゙i ゙!)!|ヘ.    ヽ    ノ             いつもこんなに原稿に封をしていたかしら?
   /:::::::::::::::::ヽ、__  ,. ィく
  ,r'::::::::,'::::::::/   l::::::::::::l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなにも時間ギリギリの指示だったのだろうか? 編集者は訝しがった。

 さらに渡された原稿が厳重に封をされていたことも気になった。
 三島はこのようなことをする人物ではなかった。

 原稿を見られたくないような事情があったのだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

512 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:06:54 ID:yHZWVVQw

                              n.  _
                              ||n,、‖
                           r‐、j    i
                            ` t   /
                             /  ,'
               ___            /  !
             r´:::::::::::::ヽ            / ,'  l
             i:::::::::::::::::::::i       r'⌒` 、 !     義理と人情を 秤(はかり)にかけりゃ
            (i:::::::::::::::::::::ソ     /`"'‐、 i'      義理が重たい 男の世界
             `;:::::::::::::::::i    _, '"´ ヽ /  `r'      幼なじみの 観音様にゃ
              ト,"'゙'"''"|_, -ー'´     i/ , '´       俺の心は お見通し
           _ -''´  ̄  `         ' /         背中(せな)で吠えてる 唐獅子牡丹
        , -''                 /
       i、                 /
      / ヘ                i
      /  ヘ          /   /   {
      〉 / ヘ         /   /   |
      //  ヘ           / /  !
      〉    |!          / /   ;
     ゞ‐- ‐'´∧       /  ,'   i
.      |"''‐‐''´} ',    -‐ '   ,     !
      ゝ--‐ 〈  ヽ、 __ ,/ /   /   {
      i ̄   |  冫            i
        l    i  / ==   ', ===  |
      |  ,'  i       ',         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 後年、三島のその日の行動の記録を確認すると、
 この日、「楯の会」の構成員が三島を迎えに来たのが午前10時13分、
 三島が自宅を出たのが同15分ということが分かっている。

 原稿の受け渡しの予定があったのなら、「楯の会」という組織を考えるなら、
 三島の申し出により出立を遅らすことができたはずである。

 しかし、三島はそれをしようとしなかったようだ。

 構成員が早く来ることを予期していたのか、
 そもそもそういう予定だったにも関わらず、原稿受け渡しを入れたのか……

 この辺りの事情は今となっては分からない。

 なお、余談であるが、
 三島は家を出た後、「唐獅子牡丹」を口ずさんでいたという。

 どのような心境だったのだろうか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

513 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:07:17 ID:yHZWVVQw

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
 <之′Y´/{:;o)       \
   >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l          ったく、厳重に封印されてるわ、これ……
   ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)      これは社に帰ってからじゃないと、開けられないわね。
.     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 原稿の入った封筒は、ホチキスで4箇所が止められ、
 三重の封筒に入れてあるものだった。

 ここまで厳重だと、移動中に開封することはできない。
 編集者は編集部に帰ってから、開けることにした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

514 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:07:38 ID:yHZWVVQw

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___       /|
  __≦ー`___ _二z<_    /  |__
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<    \  /
 <之′Y´/        \    |   \
   >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    ̄ ̄
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (○) (○)| ハ|.
     ゙i|゙i'(1U .,---v  |               な、何じゃこりゃ!!!!!!
     ゙iTィ.,_  ilili l__ノ
      │「ィ::ニE7 l __             「 豊 饒 の 海 」 完 っ て ! !
      └l´::::/ヽト /  /
        |::::|´  ̄`i/ とヽ
        |::::|     | ̄=-'
        |:::::|    \
       /lrェリ l   ヽ \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 社に帰ってから、編集者は驚愕した。

 表紙に「最終回」、巻末の原稿には「豊饒の海・完」と書かれていたのだ。

 連載小説の場合、作者の気分で勝手に最終回にしてしまうと、
 その次の号以降にいわゆる「穴」を開けてしまう可能性が高くなる。
 そのため、普通は連載の進度はどれくらいなのか、いつ最終回になるのか、
 そういうことは作家と編集者で確認を取るのが普通だし、三島もそのようにしてきたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

515 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:08:13 ID:yHZWVVQw

        _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>   `r‐   ≧__
    >イ    `     <
   / >             >         これは……、入稿できないわよね……
.  / <   ,'          リ
  l ,ィ  ヽ ,/        } ノ           とりあえず後で三島先生に確認を取ろうかしら?
  |ハ | |<ヘ,Y´入ノ リノ ,/レ′
 ∬ `| ノ     ...::/|/             「楯の会」の会合の場所さえ分かれば、
  ・━ヽ、ゝ /  j.:./|/              そこに直接問い合わせるんだけど……
       ,l:/ノルリハ:ソ
     / ‖  ‖\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集者は、三島に確認してからでなければ、入稿はできないと考えた。
 確認ミスかもしれないし、原稿の渡し間違いかもしれないからだ。

 しかし、確認しようにも、三島の居場所が分からなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

516 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:08:40 ID:yHZWVVQw

        _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
    `|   ヽ    「)'/|/            あれ? なんか雰囲気おかしいわね……
     ヽ、_  ロ  _,.ィT/
     .  'f ^'il^''r'
      ,' l  l  { 、
      レ! ,ハ  '、〉
      `l`" `"1
     ,r'´      ヽ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島邸へ原稿を取りに行った編集者が、
 編集部の異変に気づいたのは、それから少し後のことであった。

 異変が起きたのは編集部だけではなかった。
 新潮社全体が騒然としていた。

 いや、日本全体が、騒然としていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                【つづく】

517 ◆KcxXifcWsc:2011/07/06(水) 21:09:21 ID:yHZWVVQw
以上でございました。ご清聴ありがとうございました。

次回は金曜日、7月8日21時より投下します。

518名無しのやる夫だお:2011/07/06(水) 21:10:13 ID:BjJ1wVyA


519名無しのやる夫だお:2011/07/06(水) 21:24:15 ID:zv/j5gx2
いよいよか……乙

520名無しのやる夫だお:2011/07/06(水) 22:48:11 ID:hD.MdxoY
ここら辺の話聞くと緊張するよね

521名無しのやる夫だお:2011/07/07(木) 09:27:39 ID:ZNSdAvg6
乙でした。
ぞわぞわしてきた。

522 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:01:08 ID:aFiBcNiE
それじゃあ投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

523 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:01:29 ID:aFiBcNiE
【「1970年11月25日」……第2話】

                              {三三三}
                              |      |
               ______[警]_[視]_[庁]_[だ]_|_[よ]_____
           /________________________\
           \┌―――――――――――――――――――― ┐ /
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| TニニニニT    | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|:{工}: :{工}:|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : : : : : :|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| .|: : : : : : : :|.     | ̄| ̄| | ̄| ̄||
             ||_|_| |_|_| .|: : : : : : : :|   ロ |_|_| |_|_||
             |             |: : : : : : : :|                 |
             |             |: : : ☆.: : .:|                 |
             || ̄| ̄| | ̄| ̄| {三三三三三}    | ̄| ̄| | ̄| ̄| .|――┐
             ||_|_| |_|_| ||:::‖:::::‖:::||   |_|_| |_|_| .|    |
       ========================||:::‖:::::‖:::||===========================
      ______________||/ ̄ ̄\jj_______________

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 警視庁にその事件の第一報が入ったのは午前11時22分である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

524 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:01:49 ID:aFiBcNiE


     /:::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  /::::::::::::::::::::::::∧ヘ |ヽ:::::|
  l|:::::::::| l::| _::/ |=彡 |/l         市ヶ谷の陸上自衛隊・東部方面総監室に酔っ払いが乱入、
    l|::::|ヽー彡  -=‐' |丿        日本刀を振り回し、暴れている、ねえ……
    ヽ:ヘ ‐=-'     .|
     `-ヽ   ⊂⊃ /          で、加害者は、三島由紀夫……
       `l‐--- ∠|_
     ,,--k 7=Vヘ  /-,,,___
  /ヽ""   V 〉::〈''"    llヽ


      ヘヘヘヘ,,,___
    _,, ゝ::::::::::::::::::::\
    ()::/、|/∧; |::::::::::::|"ヽ
    () /,l ./,  彡 l:::::::::ゝ ,〉
    ⊂   、_,⊃ |::::::/二/
    〉-─''" ̄ヽ   /  /       なんじゃそりゃーッ!!
  /  ̄ ̄ ̄ ̄l /   /
../  /      |/   〈
..ヽ  `'ヽ-,,__ __,,-'" |    ヽ
 \    =// === |    ヘ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「三島由紀夫を名乗る酔っ払いが、市ヶ谷の陸上自衛隊・東部方面総監室において、
  日本刀を振り回し、暴れている。」

 あまりの第一報の内容に、警視庁内でも情報が錯綜していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

525 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:02:13 ID:aFiBcNiE

       , ------──── 、
     /             ヽ     
    / r ──-- 、,, ---─ヽ   ヽ、   
    / /  ,,__       ,__  ヽ   |    
   γ  /  \    /  ヽ ヽ   |   
    |   / /⌒\,ハ ハ,/⌒ヽi !_    |   
    |  "" ⌒o /  o⌒ヽ   | |⌒ヽ     君は三島由紀夫と親しいのだろう。
    i`|    ̄ 〈     ̄     | |γ |   
    ヽ|      く  〉       "__丿      すぐに行って、説得して止めさせろ。
     ヽ  /   llll  _ \   i~    
      |  |  ,-─'´ ̄  ヽ |   /     
      |    i~ ̄  " ̄ /   / |
       l  `~ ̄"~ ̄´  / /
      ヽ, `----────' /

    【土田国保警視庁警務部長】


.      _     -──- 、
      {               ヽ
.     ノ-─-、  ___     ',
.    ,' _   ´u __ `l    |
    ,.匕--、ヽ{レ'´, --、ヽヽ    |
    r| こ,。r゙'ーr'^ヽ  L,} ! ,ィュ、
    |l    / ニ,`''゚'゙    |_/ん.リ}
     |   {__,r┘ ,, ,, u  .!レ' //             まあ、そりゃ行ってもいいんですがね……
   ` ',     ,,  ,"-‐-、'   r.、/
     ハ  弋エ´| | l }  ,' ト、             果たして、どう説得したものか……
     ┌‐、 ,,,, ~"''ー '゙ // .ヾ'ー-v
  ,> '"∧ . ', _,_,_,_,_,  イ/    /
. /|    / |  レ'´ _ `Y ´    ,r'゙
./ |    '┬! '´ , -┴.ゔ⌒\/
! |     l |  /   '' ""}
.      V  /  " ~~}
.     /      ,ノ´  ̄ ̄ ̄
            /´

        【佐々淳行】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 情報をある程度把握した土田国保警務部長は、
 佐々淳行警務部参事官に、三島由紀夫を説得する命令を下した。

 佐々淳行。
 この事件より前には東大安田講堂の攻防戦を、
 またこの事件後にはあさま山荘事件の現場指揮を担当しているように、
 警備畑のスペシャリストと呼ばれる人物である。

 現在は危機管理専門家として、多くの著書を書いており、
 特にあさま山荘事件に関する記録は映画にまでなっている。

 佐々は三島と家族ぐるみの付き合いをしていた。
 説得役としては適任ではあったが、一方でどのように説得すべきか悩んだという。

 ともあれ、市ヶ谷駐屯地に警察が向かった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

526 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:02:39 ID:aFiBcNiE

三三三三三> 、
三三三三三三三\
三三三三三三三三ヽ
三三三三三三三三 ハ
三三三三三>-‐,三ニi
7ー-r-―ヽ´    i三ニ|
   i    ',   |三ニ!
   ',    !   ヽ?ヽ
==ヽ l ゝ=ア=、=- Yiヽ'`>. .,
‐tr,}::  !:: '、―irァ  |yリ. . . . . .`>. ..,
`-´,   |::. -`ー'   ,イ' /_._._._. . . . . . . . .>、
  ,'   !:::::    / f7イ._. . . `.ー.‐.‐.-.,_/
  ' _  .l::::        !' 「. .`.ー.‐.‐.-..,_._./
   `ー_´_   , / | . . . . . . . . . . / /
  ̄ -ァ‐、     /  ,: . . . . . . . . . / /
   ,ィ{, i_!  //  /. . . . . . . . . .//
ヽ/!」 ) ',/ /,ィ /. . . . . . . . . ./' /

【後藤田正晴警察庁長官】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なお、この当時、警察庁長官だったのが、後に国会議員となる後藤田正晴である。

 トップであるため、彼が現場に行くことも、指揮することもなかったが、
 何らかの「決断」が必要になったとき、決断する立場であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

527 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:03:03 ID:aFiBcNiE

                       _ .............. _
                  ,:::´:::::::::::::::::::::::::`:::.、
               /::::::::::::::::j´ ``^~'Yy:::〉
                 {:::::/¨Y:イ =ミ、、ノリY
               i::〈そミソ セオこ` ,rj
               l::::ヽ)          {j′
                  从:八     、_ ーイ
               〃"   ヽ   `こ´ /
               _/      .:\    /         「優秀な隊員の表彰紹介」をしたいんだが、よろしいか?
           ,.イ.:       :≫≠ー-く
          //             ヽ
          / .:/  :.              ',
       /.:  ;′ :..             i
       ,'.:.:  i   :.:.              l
.      i   l      :.:. ヽ   :.:    .:.:.ハ
.      l   l :.:.    :.:.. }      .:.:/ :}
.      l   l  :.:.:..    l         .:j  i
.      ハ:.  ';   :.:.:.:.:.. /l        ;  ;
.      ' ヘ   :.  :.:.:.   l       八:ノ
.      ′ : ヾ:.:.. ヽ:       l       .'  i
    ,′  .:.Y .:j     l      .′.:.!
.    ;.:.    .:i       ;  l     Y   .:j
.    i:.    :∧  ;.  ;:. l     ヽ .:i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、事件の経緯はこのような感じである。

 午前11時ごろ、三島由紀夫は「楯の会」の構成員4人とともに、
 東京・市ヶ谷の自衛隊市ヶ谷駐屯地の東部方面総監室を訪問した。

 名目は楯の会の優秀な隊員の表彰紹介。
 著名人である三島の申し出でもあり、安易に断れるものではなかったのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

528 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:03:24 ID:aFiBcNiE

              /⌒ヽ ┌、                          _,,,,,、-ー''"´
 /⌒/⌒ヽ/⌒ヽ/ _  〉:| i::i                 r=¬ー‐'''"´
   /   /    /!〈   〉 / :| |::|                 ヽ、
  /    /    /;;ゝ..ー /=| |::L_____ __________r─==<⌒\
      /     /;;;;;;;;;;;>く;;;;i!  | |/   |                  i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7
  ヽ.  / ヘ  /;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;|  :| |:    |                  i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  ノ 人___ノノ ∨;;;;;;;/ :|;;;;;;;;|  :| |:    |_________i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     , '
 //;;;;;;;;;;;ヘ ./;;;;;;;;;;ヘ...|;;;;;;;;|  :| |::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      , '
 ;∨;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;ヘ|;;;;;;;;i!  | |::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     , '
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i! :| |ヘ :::::::::|_________i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
 ````````````"''"´ ̄ ̄`<フ| |::「 ̄ ̄                   /     /´⌒
            ___,,r―ー、,)| !::|                      /    /ヘ,,∠__
 ー--、、,,,,,、-ー''"´   ` ̄ ̄´ !_!」                    ヽ、___ノ′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島は、自慢の名刀を総監に見せた。
 総監は、その名刀を一度鞘から抜き、一瞥すると、再び鞘に収めた……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

529 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:03:42 ID:aFiBcNiE


           l :::       |  /  .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              l ::       | 〃  .:.:::::::::::::::::::,ィ.::::;ィ::::,:::::,、::. :::::::::::
            l :::      | ./ .:.::::::;ィ:::::;ィ' / i::::/ i /|イ/ ミ::::. ::::::::
            .l      | l:::::i /! i l::i:::|l |::|:::| i l l!|l  ミ::::::. :::::
            l        | l ト l l l | '!ト、l `ゞ_ゞ、 `_,,.ニ、〈:... :::::::::
            .l ,、-_,ニニ| V リト=三ヾヘ! `ー三-,_''"´` ゙!::; -、:::::
                 l´'" .:.::::::::.|   ゙、VTヾ'i    ''"Tヾ''  l/ ,へ',::
             l .:.:.::::::::::.|   i -'ー'ノ   、.,ー゙‐'- ヾ  fん } i
              :   l .:.:.:.:::::::: |   l ' ゙,!      `` ''    〉 j ,!::
              l .:.:.:.:::::::: |   l,  !、 ,-         r'゙ _ノ:::::
               l_;,: -‐、‐'ト、_  ゙、   `,、__,,..、     厂ヾ;::::::
             i´  _,,....L:;_)`t、 ゙、  `ニ二´     ./   '、::
              〉 ''"~´ _j,, )` ´  ,>、        /     ゙、
              l  、-''"´_,,.::.〕 ./  \     //  i
              〕  、-''"´_,..、〉゙     \  ,、 '゙//    l i
              i゙:';;  ,ィ-'゙-─-、,    ヽ、`´ V    |l
              l::';; /!  _,.、- ゙!   ゙''  `ヽ、 ヽ.    l|

                          【森田必勝】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その瞬間、「楯の会」の構成員4人が、一斉に総監に飛び掛かり、縛り上げた。

 そして、総監を人質に、三島と構成員4人は総監室に立てこもった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

530 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:04:02 ID:aFiBcNiE


                       /二ヽ
                          {:}─{:}
        /二 ヽ        x─{`ー1}─x_____  おい総監室がやられたぞ!
        .{::}}‐='{       //三三三二二二二フ/r’
        x─{ `ー1}‐ x     (__]_[_孑1」ー=彳 ̄ ̄
    /‘T : : : : : :T’ }.     `ー彳: : : : : : ト-'
     {  (三二l} ̄}]二ニニ≡= {[三三三]}
    `ー=  =孑1」辷ノ        |/⌒Y:::::::|
        {[三三三]}        |   l::::::::|
       |:::::::.Y⌒ヾ        |   :::::::::|
       |:::::::::|   i        |___j::::::::|      急いで救出するんだ!
       |:::::::::|   |        {三三}::::::/
       |:::::::::|___j         `¨¨”.::::/
       ?::::{三三}:          .::::::/
       ?:::.`¨¨”         {ミミ{
          ヾ::::..             `ー”
         }=彡
         `ー”


                                      ___ _
                                  -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            r(:::::::::::::::::,、 _ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::
                r‐、   r‐、    _,,,_ ゞ, rr〜ヅ   ミ::::::::::::::::::::::::::::::
          _,,_      ヽ ヽ  ! l    / / !  フハ       ミ:::::::::::::::::::::::::::
        __,,-r‐' ,r''''ヽ. _,,,,_ ヽr' ヽ !'´ !  ! ! l  l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::
    ./´ ;  ,'    /} l、r‐、! >  l  !  ! ! l___〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::
  ______!  ; ,'    / }_`l¨''__>、____l_/¨ヽ! l l _. /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::     分からない奴らだ。
//7X/ !  ,     / {XXXXXXXX!____,ノ !  !l__/..             "´ 2ノ/ l:::
ヽーーi '  ,    /   ヾ''''''i'''''''''''''''''''',r'’ /i l. ヽ.ニ,`           __/ :l::      止むを得ない。抜刀して応戦だ!
    !  ,   ,r''' _,,-"´ l   , ' /     ! i !.!   'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
   ,/  ,   _!,,/     ヽ _    、__,ノ`:L,!」   〈..        /:{      ヽ
  /'       ;!         `ー-、` 、 ヽ    \、   `}     /:: ! i'''‐‐‐‐-
/´       ;!            `ヽ、ヽ ヽ   `\ 丶、,、. イ::::::    ! _,, -
       .    ;!                丶,   _,,-‐'''''''''''`ヽヽ ∠_     `、
      :    ;!               ',,r''´         ヽ、  ヽ、     \
      :   ;!             /             ヽ   ヽ

531 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:04:25 ID:aFiBcNiE

                【 只 今 抜 刀 し て 全 力 抵 抗 中 】

                  ,,,,,_      _,,,,,,,,,_
                    r<才´  ___.:\ /__/⌒ヾヽ
                /://   /〈〉〈〉〈// //ハ ヽj
                  /:/:′  'ー≠=// /// /´> 、
            __/ノ     /⌒'{{ ?L:__≧ 、、<> ..
            /ヽノ   ヽγ´ ̄    ヾヽ、__.::::> 、、    <> ..
         l:::::::::ヽ、\_.:ゝ       ` ー ´     ` <>   <> .
.         l:::::::::::::::::::ヽL                       ` <>   <> .
         l:::::::::::::::::::::::::l′                          `'<>    <> .
.         l:::::::::::::::::::::::::l                         ` 、 `::.....     `  .
         l:::::::::::::::::::::::::l             _____            \::::::`:..、     ` 、
.         l:::::::::::::::::::::::::l            ./:::::::::::::::::::.:.:.:.:...... _      .   \::::::::`:..、      .
         l::::::::::::::::::::::::::l         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        \:::::::::::\     ヽ
.         l::::::::::::::::::::::::: l          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧         \:::::::::::\     \
.      l::::::::::::::::::::::::::::!         /::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::l            .ヽ:::::::::::::' 、       ' 、
      l:::::::::::::::::::::: ∠、       /:::::::::::::::::::::::::ミ'i|`ヾヘi、、ノノハ::}           ゙:、:::::::::::::::..       ' .
.      l:::::::::::::::::::/::::::L,,__    }:::::/ヽ:::::ミ才"      ヾ"?∨             ' :::::::::::::::::.      ' .
      l::::::::::::::/::::::::::二ニL,____,i!:://ヽ?ミ   ヾ'ニ'= 、  ノリ /                ' ::::::::::::::::..      、
.      l::::::::::::::://:: / ̄ ̄ ̄ヾ:/ハヽン;}::     ぐ世!゙`' ィ=ニ7                 ' :::::::::::::::::..      、
      l:::::::/::::///:⌒ヽ:::::::::::/?:i!ヽ ヘ.        ̄'"  イtオ'                   '::::::::::::::::::...
     \/:::://::::::::::::::::::∨/::::::::?!  ー、         .{:. /                    ∨:::::::::::::::..
.      /:::://:::::::::::::::::::::ムヘ:::::::::::::ヽ::::::::::l.        ^ r' ./               .「`ヽ    ∨:::::::::::::::...
.       ,:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::: ∧::::::::::::::ヽ::: ヽ     -―ー /                l   ',     ∨::::::: /
      i:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::ヽ . \.   ー‐ /                .l    }     ∨/
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ∧:::::::::::::::::: ヽ:::;rヽ.__/                    .l   !    ,/
      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::ヽ、                     .,'   :,'  /      /
.      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::____:::::::}>ー--:::::::/                      /   /./      /
       l:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: ̄ ̄\´ ̄ ̄`ヽ、、                    /  ,ノ′     :/
..      l::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/O/.                   / /        :/



                【 只 今 抜 刀 し て 全 力 抵 抗 中 】

532 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:04:43 ID:aFiBcNiE


                ,r' ´ ̄..::ヽ 
               ,!_____..::_..:;ム
               「 ,、  _,!]、_」
   ,r'" ̄`ヽ        「;;'':: ̄.:;ノ:;r'        ・・・・・・おい、アレは手出しできないぞ。
  L___ __,;_i   r'" ̄ヽ ャ---;/;::{
  「__,r、__]F」  L____ ,;Y`ー';:-''´ヽ、       やむを得ない。しばらく待機だ。
.  ヾ===,;/;r  [__,r、__,i´〉ー―‐7''´,r'}
   .ゝー';::;{、_  ヾ==,;y/.::::::::::::::::| ^/;:::
,rィ'i´::::`´.:::::;;}ソ`ヽノゞ ,l,|.::::::::::::,r‐ゝ'ヽ;::::
               ̄ ̄~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 異変に気づいた幕僚らが、総監室に入ろうとするも、三島らは日本刀で応戦。
 幕僚らの侵入を阻止した。
 その際、多数の負傷者を出している。

 この際、総監室もかなりの破損をしたと伝えられる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

533 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:05:13 ID:aFiBcNiE

                       _ .............. _
                  ,:::´:::::::::::::::::::::::::`:::.、
               /::::::::::::::::j´ ``^~'Yy:::〉
                 {:::::/¨Y:イ =ミ、、ノリY
               i::〈そミソ セオこ` ,rj
               l::::ヽ)          {j′
                  从:八     、_ ーイ             ・・・・・・さて総監閣下。
               〃"   ヽ   `こ´ /             我々の要求を呑んでもらおうか。
               _/      .:\    /
           ,.イ.:       :≫≠ー-く               駐屯地の全自衛官を、
          //             ヽ             本館前に集合させるんだ。
          / .:/  :.              ',
       /.:  ;′ :..             i
       ,'.:.:  i   :.:.              l
.      i   l      :.:. ヽ   :.:    .:.:.ハ
.      l   l :.:.    :.:.. }      .:.:/ :}
.      l   l  :.:.:..    l         .:j  i
.      ハ:.  ';   :.:.:.:.:.. /l        ;  ;
.      ' ヘ   :.  :.:.:.   l       八:ノ
.      ′ : ヾ:.:.. ヽ:       l       .'  i
    ,′  .:.Y .:j     l      .′.:.!
.    ;.:.    .:i       ;  l     Y   .:j
.    i:.    :∧  ;.  ;:. l     ヽ .:i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 現在残されている「要求書」によると、三島が要求したことは次のことである。

 (1)全市ヶ谷駐屯地の自衛官の本館前の集合
 (2)演説の清聴
 (3)本事件と関係のない「楯の会」会員の招集、参列
 (4)今後2時間の一切の攻撃妨害行為の禁止

 上記4条件が完全に遵守された場合に自決阻止の措置した上で総監を解放すること、
 また、遵守されなかった場合、総監を殺害した後、自決する旨が書かれていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

534 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:05:34 ID:aFiBcNiE

         ζ                 
      / ̄ ̄ ̄ ̄\             
     /         \     
     /\   \   /|    
     |||||||   (・)  (・)|n           何? 東部方面総監部に暴漢が?
     (6-------◯⌒つ|j E)   
     |    _||||||||| |/           全員逮捕し、各部隊に動揺が起きないよう、
     \ / \_/ /./                厳重な体制をとれ!
.      \____/ /          
      /  <::> _ノ              わしは六本木に行く。
     / イ  ∧ /            
    ( ( |  |:::| |  
      ヽヽI  ∨ /  
      てノ=====I                 
      /  , ヘ \               
    /  /  \ \              
    (  久     > )              
    \ \   / /:::::::            
    (⌒____〉  〈____⌒)::::::::::::           
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::    
  【中曽根康弘防衛庁長官】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、当時の防衛庁長官は、後の総理大臣、中曽根康弘である。

 中曽根は第一報を受けると、すぐに六本木に向かった。

 別に六本木のキャバクラでネーチャンと乳繰り合いつつ酒を飲むつもりではない。
 防衛庁の本庁が六本木にあるのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

535 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:05:54 ID:aFiBcNiE

      ____)__
     ,. ´     `  ` 、
   ./        _   _ \
  /        _   ̄  _ ヽ
  /イィィ,,.,.,.,.,.,      ̄ ̄    !
 f/ノノノノノノノ  ヘ.__ j  jノ__ノ
 |///////   _ (__ ゚_>` __( ゚_イ
 .!|.|i/_^ヽ|_'___r⌒ y'  ヽ^)|            逮捕できないだと?
  !|| fニ> ::::::  `ー'゙ (_`___)ノ
   ヽ.ニ` :     /_ノ/川! /            総監が人質になっているのだから、
    __ノ 、    / ヾ---'´ ノ             自分たちで解決しろ!
 __ノ \l `   ____,/
       \    ノ リ.|`ー--
        \   .//

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この際、幕僚の報告を受けて、中曽根はこのようなことを言ったといわれている。
 しかし、今回の一件においては自衛隊はあくまでも「被害者」であり、
 警察がやるべき司法警察活動を自衛隊が行うのは、越権行為と言えた。

 それが分かっていた幕僚たちは、この指示を拒否したという。
 妥当な判断といえよう。

 中曽根の言うようにしていたら、悪しき前例を作るところであった。

 ともあれ、その結果、警察が実行動を執ることとなり、
 それを自衛官が取り囲む、という状況になった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

536 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:06:16 ID:aFiBcNiE

     ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )    なんだ、なんだ?
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧ /⌒ヽ
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )     全員集合だってさ。
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  )と ノ
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu ∧,,∧  ∧,,∧
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∩,,∩  /⌒ヽu-u (l    ) (    ノu-u
      `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ x ・) (・ω・`) ∧∧u-u'  `u-u'
       ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
       | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ    昼飯に行きたいのに……
    ∧,,∧u-∧,,∧   ) (   ノu ∧,,∧-u∧,,∧  ) (   ノu-u
  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧-u'
 ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
 | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
  u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
      `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 12時を前に、駐屯地に所属する自衛官たちは、本館前に集合するよう、命令があった。

 彼らは整列するでもなく、ばらばらに立っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

537 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:06:39 ID:aFiBcNiE

                              n.  _
                              ||n,、‖
                           r‐、j    i
                            ` t   /
                             /  ,'
               ___            /  !
             r´:::::::::::::ヽ            / ,'  l
             i:::::::::::::::::::::i       r'⌒` 、 !
            (i:::::::::::::::::::::ソ     /`"'‐、 i'
             `;:::::::::::::::::i    _, '"´ ヽ /  `r'
              ト,"'゙'"''"|_, -ー'´     i/ , '´
           _ -''´  ̄  `         ' /
        , -''                 /
       i、                 /
      / ヘ                i
      /  ヘ          /   /   {
      〉 / ヘ         /   /   |
      //  ヘ           / /  !
      〉    |!          / /   ;
     ゞ‐- ‐'´∧       /  ,'   i
.      |"''‐‐''´} ',    -‐ '   ,     !
      ゝ--‐ 〈  ヽ、 __ ,/ /   /   {
      i ̄   |  冫            i
        l    i  / ==   ', ===  |
      |  ,'  i       ',         |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 12時ちょうど。

 駐屯地本館、正面に向けられて設置してあるバルコニーに、
 三島と、「楯の会」の4人の構成員が現れた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

538 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:06:58 ID:aFiBcNiE

おい、あれ三島じゃね?

      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)  なんでここにいるんだ?
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その場にいた自衛隊員にとって、三島の登場は、
 どのような思いを抱かせるものだったのだろうか……

 事件を聞きつけた、新聞各紙の記者が次々と現れ、空にはマスコミ各社のヘリが飛んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

539 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:07:20 ID:aFiBcNiE

                                .  ' "´ ̄ ` : 、
                               /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
                              /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::..‐──────── r─────
                              l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|               |
                              |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|   |
          なに、あれ?            ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|            .|   |
                        ..       ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|           |   |
                                 |:::::|:::7 l/'  ゙1::::|:::::|}            .|   |
                               ( {::::|:イ    ,ィ   ヽj , -= =-.、.    .|  |
                                 |::::|::j/ \  \  ヽ___   \.  |   |
                                 |::::|:::l`ー、 \== (   \ \ー, ヾ) |   |
                                    | .|ノ___\/----、 ヽ_ /  ヽ|   |
                                    |└しゝ-ゝ-(´_)ーしゝ_ノ____|   !
                                    |    S O N Y      o □   .i
                                    |_______________!
                                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                    |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                    |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                    |        ○  |  ○           |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                    |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                    |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                    |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                    |            |               |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 市ヶ谷駐屯地の近くにあるビル。
 そのビルに、偶然、一人の少女がいた。

 彼女はこのビルにあった音楽事務所に、遊びに来ていたのだ。
 どうやら、彼氏が「雀の涙ほどの月給」をもらいに行くのに、ついてきたらしい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

540 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:07:47 ID:aFiBcNiE

           __ __ _
       , .:´:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,' :::::::::::::;イ:li::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::i
    i :::::i:::!::::/l::i!::::::::::::::l::!:::i::::l::::::::::::i
    i::::::::l::i::」 .l::|:::::::l:::l_j::Lji::::l::::::::::::l
    |:::l::::l::|(●)  ̄(●)Lj:::::ト、:l::::::|        バルコニーに5、6人……軍服着た男かしら?
    L:l::::l_i    、      |::::」ノ」:::::l
       ̄ハ         iレ::::i:::::::::l        なんか言ってるようだけど……よく聞こえないわね、ノイズで。
        i: :>/ ⌒ヽ _, ィ´i:::l:::::::::|        
       |: /     レ'`ヽl:::l:::::::::|
        ノレ'     /  /ヽl:::::::::|
      /      / /   \::::|
     /       //         |:::i
   / /      l/    / ,.   |::::|
   ヽ/     /   「  ̄ `7´    |:::::|
    l   /    !_ _/    ∧::::|
    |  /     !  /     | ヽ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼女は前年、作詞家としてデビューしていた。
 そしてこの事件の翌年、作曲家としてもデビューする。
 さらに、その次の年である1972年には、シンガーソングライターとしてもデビューする。

 荒井由実。当時16歳。この事件の6年後に結婚して松任谷由実となる。
 ちなみに、「雀の涙ほどの月給」しかもらえなかった彼氏が、後の夫である松任谷正隆である。

 彼女の知り合いである、とある作詞家は、
 「あのとき60年代末のムーブメントが終わった。」
 「これで時代が変わるなあ、と思ったことを覚えている。」と言っている。

 彼女も似たようなことを思ったのだろうか……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

541 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:08:11 ID:aFiBcNiE

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l  ノ(   ,リ|}    |. }
.   {.   |,.へ⌒ .:ヽ '/   ,ヘ .}
   レ-、{ ゞミ≡=ァノj!}=夭''´K  
   !∩|.} .゙゙匈゙` ..:::::/.''匈/ f^| 
   l(( ゙′` ̄'"〃ニf::` ̄  |l.|  
.    ヽ.ヽ      ^ =' ヾ   .lリ        静聴せよ、静聴。静聴せい!
.    }.iーi   〃∠ニニ7゛  ,'
    !| ヽ  ,i. |''"´"''イi, ./
.   /}   \ .六ニニ彳 ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、少女が聞き取れなかった三島の演説……
 それはどのようなものであったのだろうか?

 やる夫スレで長文はアレだが、再現したいと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

542名無しのやる夫だお:2011/07/08(金) 21:08:31 ID:XSlXNU6s
おぉ、再現するのか

543 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:08:33 ID:aFiBcNiE

   ,r yー、                      _
   (.ヽ \ヽ,   ,r-、             ,.r=ー -、` 、
  i-、\ヽ .` `し' /               /__vr=_ニ、 \.ヽ
  ヽ `"      {               irテソ ヾ,'"'`  ケ、j_
    \ _,    l,              }r'`- ヘ.,    ir= )
     ヾ、_ノ^ヽノi              | .r_iニtッ'   t_ソ{
       >'  ,r  |              i }rー' /   i.ハ|        静聴せいと言ったら分からんのか!
      r''  ̄   l              ヽー=二ー-'Y_| |
      i      |      _   ,r-ー(  ̄  ̄二__|I |        静聴せい!
      l      l    ,r^ ̄ヽ`ニ、           `ー- _
       |      |_,、−'-    i`-               r-i` >、
       l      r`ヽ '     y{r_i            _ `'  r' ,ニ{
        |      i   k、  ,r'"j _            <,j   i    i,
        i           r'  l`-'          rっ    l    l
         ヽ_     _,r-t /  |            `    i     /
             ̄  ̄    レ   l
                   |
                      【三島由紀夫(本人AA)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 私は、自衛隊に、このような状況で話すのは空しい。
 しかしながら私は、自衛隊というものを、この自衛隊を頼もしく思ったからだ。
 こういうことを考えたんだ。
 しかし日本は、経済的繁栄にうつつを抜かして、ついには精神的にカラッポに陥って、
 政治はただ謀略・欺傲心だけ………。これは日本でだ。
 ただ一つ、日本の魂を持っているのは、自衛隊であるべきだ。
 われわれは、自衛隊に対して、日本人の………。しかるにだ、我々は自衛隊というものに心から………。

 自衛隊が日本の………の裏に、日本の大本を正していいことはないぞ。
 以上をわれわれが感じたからだ。それは日本の根本が歪んでいるんだ。
 それを誰も気がつかないんだ。
 日本の根源の歪みを気がつかない、それでだ、その日本の歪みを正すのが自衞隊、それが………。

 それだけに、我々は自衛隊を支援したんだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

544 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:09:05 ID:aFiBcNiE

                   ,.;:;:;:;: ─‐- 、
                  〃,r'"´  _____ヽ
                  /  ,.,,,ィ´ -ー.、 ,,リ
                 ,イレ',.ハ;;;;;ノ   `弐 .r:}
                ハ;;;:.:.:Uノ:.:.   ,'  V        ,r‐r‐r 、
                j川;;;:;:::::::.:.:.:',  `''Y′       ゙i ,' ′ !     おまえら聞けぇ、聞けぇ!
               /.:.:`ー- 、::::::.:.;.:. ''ニ7           ゙i,   j
        ,r─ーr‐-‐'^''ー-、、  `ー ァ:::::;ノ           ゙i,r={カ}:ュ    静かにせい、静かにせい!
          /.:.:.::::::::i| ,o      `ー‐ 〈厂             |;;;.   |
       /.:.:.:.::::::::::i|            `ー-.、__           r'‐===ュ   話を聞けっ!
     /.:.:.:::::::::::::::i|::.,o            ,o久         |      1
    ノ.:.:.:::::::::::::::,.ィレ!:::i            ,o,'  L        l       |   男一匹が、命をかけて諸君に訴えてるんだぞ。
   /.:.:.:.:::::::::::::,ィレ'.:::| |,O            |   `>、_    ヽ     |   いいか。いいか。
  / .:.:.:::::::::;,ィレ'.::::::::! i            ,O|   ,r', '   `ー‐'´     ,′
 /   .:.::::/ `ヾ::::::::! i、、_              l ,r',r'               /
     .:/    l:::::;! i:::O、 ̄``        ,O.,ィレ'゙           /
      ヽ    |::::! i    ̄``          レ'゙¨`ー----、、 _ __ノ
 ::.:.:.:. :. . \   Y,' i`ミヽ、             1         
 `ミ;:;:;::::.:.:.:.:. .\__ノ i ー-o、\        O|
  `ミ:::::::::/"´ ̄   ̄ニ二ヽ:::.:.丶::.:.:.       |
    ヽ::⊥_     ーッイ::::::::::::::::.:.:.:.    O|
        ̄了:::.`ー':::::::::::::::.:.:.:.:.:.::.       |
         〉:::::::::``'''ー- 、、、_ _  _ _,」
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::「

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それでだ、去年の十月の二十一日だ。
 何が起こったか。去年の十月二十一日に何が起こったか。
 去年の十月二十一日にはだ、新宿で、反戦デーのデモが行われて、
 これが完全に警察力で制圧されたんだ。
 俺はあれを見た日に、これはいかんぞ、これは憲法が改正されないと感じたんだ。

 なぜか。その日をなぜか。
 それはだ、自民党というものはだ、自民党というものはだ、
 警察権力をもっていかなるデモも鎮圧できるという自信をもったからだ。

 治安出動はいらなくなったんだ。
 治安出動はいらなくなったんだ。
 治安出動がいらなくなったのが、すでに憲法改正が不可能になったのだ。
 分かるか、この理屈が………。

 諸君は、去年の一〇・二一からあとだ、もはや憲法を守る軍隊になってしまったんだよ。
 自衛隊が二十年間、血と涙で待った憲法改正ってものの機会はないんだ。
 もうそれは政治的プログラムからはずされたんだ。
 ついにはずされたんだ、それは。
 どうしてそれに気がついてくれなかったんだ。

 去年の一〇・二一から一年間、俺は自衛隊が怒るのを待ってた。
 もうこれで憲法改正のチャンスはない!
 自衛隊が国軍になる日はない!
 建軍の本義はない!
 それを私は最もなげいていたんだ。
 自衛隊にとって建軍の本義とはなんだ。
 日本を守ること。
 日本を守るとはなんだ。
 日本を守るとは、天皇を中心とする歴史と文化の伝統を守ることである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

545 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:09:38 ID:aFiBcNiE

      ,..ィソリ///ミYレ/彡三三三ミミ
      ィリソリ〃〃レ'三三三三ミミミミミミュ
    /テ孑''´   ``'''  ====ミ三三ミミミ
    l//'             `ヾ川ミミミ!
    |l!'               :.}!リリ||!lミ
     |               .:.:リ川ミミ}}
     |                .;;.从川||
     l,;;iiii=z;;;,,,_  ,.r=====;;;;,..   ソソレ⌒ ;
.      | rェ;ェ._ ;   l;:.. ,ィァ ァ,._    リ    /
.     l   .;:'. ;  l;;: . `´       l!  ./
     l    .;   ;: ;,.        ィ ノ
      l    ;'   ;:,. 、        /
        l    ー- ‐ '  ;.:.      ,;'
        !  ,: ' ; :     ;      ハ
         ', .r‐ -- -一 ィ    .:.;,/ ヘ
   _,,.. - ''´ .   ‐--‐     .:,.ィ   }`'' - ,,,__
         ヘ  .::. .;:..   ,.ィ     リ
          ヽ .____,,.  '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それがだ、いま日本人がだ、ここでもってたちあがらなければ、
 自衛隊がたちあがらなきゃ、憲法改正ってものはないんだよ。
 諸君は永久にだねえ、ただアメリカの軍隊になってしまうんだぞ。
 諸君と日本の………アメリカからしかこないんだ。

 シビリアン・コントロール………シビリアン・コントロールに毒されてんだ。
 ビリアン・コントロールというのはだな、新憲法下でこらえるのが、シビリアン・コントロールじゃないぞ。

 ………そこでだ、俺は四年待ったんだよ。
 俺は四年待ったんだ。自衛隊が立ちあがる日を。
 ………そうした自衛隊の………最後の三十分に、最後の三十分に………待ってるんだよ。

 諸君は武士だろう。
 諸君は武士だろう。
 武士ならば、自分を否定する憲法を、どうして守るんだ。
 どうして自分の否定する憲法のため、自分らを否定する憲法というものにペコペコするんだ。
 これがある限り、諸君てものは永久に救われんのだぞ。

 諸君は永久にだね、今の憲法は政治的謀略に、諸君が合憲だかのごとく装っているが、
 自衛隊は違憲なんだよ。
 自衛隊は違憲なんだ。
 きさまたちも違憲だ。
 憲法というものは、ついに自衛隊というものは、
 憲法を守る軍隊になったのだということに、どうして気がつかんのだ!
 俺は諸君がそれを断つ日を、待ちに待ってたんだ。
 諸君はその中でも、ただ小さい根性ばっかりにまどわされて、
 本当に日本のためにたちあがるときはないんだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

546 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:10:04 ID:aFiBcNiE

    ∧,,∧  ∧,,∧     そのために我々の総監を傷つけるって……
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   それって、どうなの?
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l  ノ(   ,リ|}    |. }
.   {.   |,.へ⌒ .:ヽ '/   ,ヘ }        抵抗したからだ。
   レ-、{ ゞミ≡=ァノj!}=夭''´K        憲法のために、日本を骨なしにした憲法に従ってきた、
   !∩|.} ゙゙匈゙` ...:::::/''匈 / f^|       という、ことを知らないのか。
   l(( ゙′` ̄'"〃 f::` ̄  |l.|        諸君の中に、一人でも俺といっしょに立つ奴はいないのか。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'         一人もいないんだな。
    !| ヽ.   ,∠ニ=   /         よし!武というものはだ、刀というものはなんだ。自分の使命………。
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

547 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:10:44 ID:aFiBcNiE


            ∧,,∧     ∧,,∧
    ∧ ∧    (    )    ( ・ω・)
   (ω・ )     (  U)     ( つ日ノ   ∧,,∧
   | U       u-u       u-u     ( uω)
    u-u                    (∩∩)
        ∧,,∧      ∩ ∧_∧ それでも武士かよ……
        (・ω・')    ⊂⌒( ・ω・)        はいはいわろす
       ⊂∪∪⊃      `ヽ_∩∩






                    -─‐- _
                 , ´::::::::::::::::::::::::::`::..、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、,_,:::::ヽ
              ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   ゙"''r゙!
              i::::::::::::::::::::::::::, ‐、::::::::.,ノ    |
              |:::::::::::::::::::::::/ハ i::r ´‐-__- ..,,|
              i::::::::::::::::::::,イ f.r' レ′ ,,て`゙/
              /:::::::::::::::/ ヘ ヽ      ` ',
                /ー ''"""´   `i'        '        まだ諸君は憲法改正のために立ちあがらないと……
            ∠-‐‐ ''       !    ,,.. _rー ′
        _ - ''"       ,,_ ヽ ヘ    r '          見極めがついた。
    > "     /       ` ‐ヾ、  ,'            これで、俺の自衛隊に対する夢はなくなったんだ。
 > "         ,            >__、__
     , '      /   ,          ̄   `> _
     /      /   /                  ヘ
    ;     ,'   ,'                     ヽ
         ,    ;                  ゙ヾ   ヘ
          i    :                      ヘ
           i                              ',
         '                            i
 ',         ,                                '、
 ∧       ,                            ヘ
  ∧        ',  、             、             ヽ
   ヽ,        ',  ヽ             ヾ、、               ヽ
 .  ヾ、       ',   ヾ、           ∧"            ヽ
    ベ''      ヘ    ゞ、,,         〃 ',             ヽ
     ' ,      丶     ゙''-      〃  入                 ヘ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このように言うと、三島は最後に、
 「それではここで、俺は、天皇陛下万歳を叫ぶ」といい、
 「天皇陛下万歳!」と、3回繰り返して叫び、バルコニーから引き下がった。

 時間にして約7分。予定していた30分よりも大幅に少なかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

548 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:11:09 ID:aFiBcNiE

                   ` 丶 、      丶、    ',
                       ` 丶 、    丶、   ',
_                      ` 丶 、 `丶、 ',                          _
  ¨¨−''-===‐-  . _            ` 丶 ,ニ=-=ニ、               _ . -─ ' "  ̄
...ニ .ニ .ニ ..ニ ..二 ̄二二二二二ニ#≡エ≧=,=≦#==宀-== ニ二 ̄. --- ─−…‥
                              _」簠くニ、´
                ,.  、        , - ,ニ¨ ̄   / ̄/'´ ̄ ̄`ヽ
             , ' , ‐ 、`、    /  〈 」 _,. ‐ '〈__∠ -_‐== ニニ、‐-_、
             ,' '   : ;    /_, イ_ /  _, ニ -‐l"「 | | 丶、     \  \
      rヘ     ,=、_+、 : ;    {| _ U , ' ´_ ,ニr1|L⊥| 丶、  ___ \  \
.       l ゙、   〈  Vコ  ,'    〈   / ┌'´ | |_,ニl ! | ||_,. ‐'´r   ` ̄ ̄ ̄ \
        ト-゙、   ヘ ヽ. _,..‐' "´l/    |   | l _」 |Lノ ,ニ、 _, ニ -‐‥−‐-- = 〉
.        ト。._i─- ⊥ >'´丶、 _,.二|l    L-┘´  「~!  _, ゝ v-‐- 、       /
         | | ̄  ̄{¨ ニ>、_ノニニ|l      ,. .- ' "「   _, -\_ノ 〈 ̄`二7/
       |ニ |    `7"´      l ト 、_, '´ _, .-‐弋"´              /
          L.ノ    /         |ト、 _, ' ´  _,. -‐ァ丶、        , イ
               _/             !ヘ ,..- '_"´-//   ` ̄二_ニ.へ\ク
                       /,ニ、_三ニ' ∠,‐ァ, .-_ '_,"´ニチ‐¬=\ヽ
                      _ _/∠⊥__, . -‐ ' ̄ ̄\ヽ. /   r‐−〉_ヽ_ノフ
                  `ー--‐一' ̄´             _> `ー、‐_'ニ -‐ ' "´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この演説だが、報道各社の対応が早かったのか、生放送で中継された。
 なので、記録映像や音声が残されている。

 しかし残されている音声を聞く限り、三島の声は聞き取りにくい。
 報道ヘリが上空を飛んでいたことや、遠いところから音声を拾っていたことなどがあり、
 きれいに音声が拾えず、途切れ途切れになっている。
 
 また、隊員たちのヤジもあり、そういうことによってかき消された、というのもあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

549 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:11:32 ID:aFiBcNiE

      /\
      /:入ヘ.丶、      
     .|/,-.、,-\∨/    
     /||/| |\|:\ヽ∠   
   _ / | `-', ,. ̄ 彡|:\   
   ─.|-.|ミ      ;\ヽ,           戦後育ちばかりで、
   /|:.| |        .|:/ヽ          個人主義享楽主義になっていたからだろうな……
    / ; ヽ、  / ̄)/ ./\
    \ヽ、 Y ̄  /;ヽ/:/ ,  .\
     (   ̄   /|: /:/ |/ ..|
     く   / ;/ |:/:/ /    >
      \  / ./  /    ヽ

        【水木しげる】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この点、作家の野上弥生子は「三島さんに、マイクを差し上げたかった」と述懐し、
 一方マンガ家の水木しげるは、自衛隊員のヤジを、
 「戦後育ちばかりで、個人主義享楽主義になっていたから」としている。

 もっとも、この当時の三島が45歳、水木が48歳であることを考えると、
 自衛隊の幹部クラスの年齢とおよそ同じであり、一概に「戦後育ち」という理由付けはできないだろう。
 まして、市ヶ谷駐屯地はその機能から、一般の基地よりも平均年齢は上である可能性が高い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

550 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:11:58 ID:aFiBcNiE


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐) ∧∧) (∧∧ (‐ω‐`)  聞いて感銘受けるかどうかとは別だよね。
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、自衛隊員のヤジがある程度三島の演説の内容と一致することから、
 現場にいた者はかなり聞き取れたのではないかと思われる。

 ある雑誌記者は三島の演説について、
 「声に張りがあり、大音声で、実によく聞こえた。」と主張しており、
 実際にその記者は、三島の演説につきメモすることができたという。

 このように考えると、残された音声がよく聞こえないのは、
 やはり放送機関の技術的な問題が強いのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

551 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:12:20 ID:aFiBcNiE


                         ,、-─- 、
                       /      \
  .                        ,′。_,.-−、°  ',
                       ! -〈 。   丶 _,.!、 ||
                      r'ィ゙「ヾ:、_,.、-''"⌒) .||
                       ̄ム  |:|_ ィ'" ̄ヽ、 ||          突入!
                         `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                    _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
        __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
  ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
     \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
       `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
              /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
          .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
          /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
          `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                      |_?フ 天_ └=ァュノ
                      下-‐"__ ̄`"''f_
                      /´ ̄   ハヽ`「ヽ| `ヽ、
                      /\        | 、ヽ ,ヽ
                     ,イ\、        |==彳 |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島がバルコニーから引き下がるや否や、
 警察が本館正面から、突入した。

 そして、東部総監室の扉の前まで一気に駆け上がった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

552 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:12:36 ID:aFiBcNiE

:::::::::::::_____________:::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、その扉は、内側から施錠されており、なかなか入ることができなかった。
 その状況は詳しくは判らないものの、
 おそらく施錠だけでなく、机を妨害物にするなどの工作もしていたはずである。

 突入した警察官たちは、ドアに耳を当てて、中の音を聞くことによって、
 現場の確認をするしか方法がなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

553 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:13:00 ID:aFiBcNiE

             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|
         }  'i      ` }j/i',|
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐‐-  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのとき、総監室の中では、まさしく、「そのとき」を迎えていた。

 三島は長靴を脱いで上着のボタンを外し、ズボンを押し下げて、床に坐った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

554名無しのやる夫だお:2011/07/08(金) 21:13:09 ID:7qPQba6Y
最近の話だが、東関東大震災とも言われる地震で、総合的な指揮を執った東北方総監も、沖縄の司令官時代には小林よしのりと会食してるんですよね(by沖縄論より)

555 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:13:18 ID:aFiBcNiE

            . :丶、::.::.::.::.::.::.:.:.:.::.:.:.::.::. : .:.: . : : .
       、   . : .::.::.::\::.::.::.::.::i:::.::.: . : . :.:. : . . .
         ` ー::.:.:. . :.、::.::.ヽ::.::.:_|::.::.:.:. : :: : :. : .
          . :.:..::.::.::.丶、::.V´ !::.::.: : :. :.: .:
            .:.::.::.::.::.::.::.\l  |::.::.:.:.: : . .           ブスッ!!
          .::.::.::.:::.:::::::::::/⌒「::.:: : : . :
         .:.::_.::_.:::::::::.: イ    }::.::.:.:. : : .
      ー‐. :.::.::.::.::.:.イ「 !   :;::.::.:.:. : : . : .
 ー──── ‐‐:.:.ィ「 ! } |  } /.::.::.::.::.:.:. : : . :.
        .:.::.rf千l ! |釗 l∠L/..::.:、::.::.::.:.:. : : . : .
       ,f 「 i「T l」 ! |少'.::.::.::i: .:.::.::}::.::.::.:.:.:.:. : .
     ,ィ「 !!釗l |少'.::!:.::.::.::.:{::.::.::.:|::、:::.::.::.:.:.: : .. .
     f?! | i| | lr┘.::.:::|::.::.::.::::',::.::.::.l::.::.、::.::.::.:.:. : : .
     l 刋!」少′.:::.:::.::l::.::.::.::.::丶::.:::', ::.::.、::.::.:.:.: : : : .
丶、  `¬宀´.::.::.::.::.:::::::::',::.:. : .:::.::. \::. .  ::.::.::.:.: : : :.
  丶、  .:.::.::.::.::.::.::.::::::::::::::ヽ::.::. :.:.:::.::.::ヽ  .::.\::.::. : . :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして鋭い短刀を腹に突き刺し、横一文字に引いた。

 このとき、内臓があふれ出たという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

556 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:13:53 ID:aFiBcNiE

\:::::::::/ ノリ::::i::リ:| l i::! ノ::ハ:::::ヽ. 
/:::::::::i ノィノイノノ:ノ/;イノ!、::::ト! 
l:::::/,ィィー=ニ_杉、彡彳ノノ }ハノ 
\′ ,二=ニ、''"   ゞ_ー-ノj 
/    「リ ゙    i゙rュ `フ  
\     ̄`      {ゞ、 i′ 
  ) //////    )" l                 とりゃーっ!
(´    , - 、 ~゙,r'゙  !    
丿 lj  /   `ー'7 ,'     
ヽ.   ゝ、_   / /    
: :ヽ    _ `ー'゙ / 
  ::\      /  





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 介錯人に選ばれたのは森田必勝であった。
 彼は三島の背後より、首に一太刀加えた。

 しかし、三島の首は落ちなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

557 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:14:12 ID:aFiBcNiE

           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'             お、お静かに、願います!
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /


       ,.  -─-  、
    r'"        `ヽ
   /   fi l  ト ト |、i、 i !} 
    |   ノ リ ル' レ' リ リj ヾ リ 
   レヽ| '"^二´   `ニ^h′
    { ^r  ゙⌒////(⌒ { | 
    ヽ.( ij       ∠ィ リ 
.     ド、 r ⌒`ー--‐1 ,'              申し訳ありません!
     l ト、ヽ.       l /  
.     リ \` -─- , '   
 ─- ..⊥.   ` ー- イ-‐''" ̄
      ` ー-  、 /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらにもう一太刀加えたものの、これも失敗している。

 ご存知の方も多いかもしれないが、森田は三島の介錯の後、自らも切腹している。
 その緊張により震えており、手元が狂った、という話もある。

 しかし三島が切腹の作法を間違えたという説もある。

 実際のところはわからない。とにかく森田は三島の介錯に失敗した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

558 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:14:33 ID:aFiBcNiE

  ,'               \              ',
―,'                /              |
 ,'               /     `゙''''ー-.._ 、. / ',
 |             r´            \`´r´ |
 |             |   u           .', l   |
 .',      /⌒\ .. |      _,,-''ヽ、      .,.=ニl
 /',      |     .| ..l      '"~~`'''- ニ='.从 tオ./
/ / ',.     |     . |  /      三   '''9~~,`.   ヽ´
 |  ',   人    |  |      ''''''''`ー  ̄´''"      \
 .| .从从/ \   /  |     .l         (     )
  |.   .\  . \/.  ゙'ー,,,   u  _,,-ー''""゙゙ ` ^ー.,'´          ……見ていられん。
', . ',.    .\           `゙'ー,,  /  _,, -ー '' ""(~~
. \.' ,      `' 、     .     `y´ /、    _,,-´ヽ .          俺がやる!
  .\',      .`'''ー..,、.        | . ̄ ̄ ̄  _,-'
     \.          `゙' 、      .\`ー,---‐''"|
      `'''-,,.         `''' 、     ̄´.     |
         "''ー-,,_.      \         .   ミ
               "''ー-,,_ .ヽ从从从从从从
                  \ ."`'''ー,_
                   .\    "'' .、
                     \     `ヽ
                      \      \
               _,,-ー''"" ~  ̄ ゙''''ー-.._  ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 見ていられなくなったのだろうか……

 別の構成員が、森田の持っていた軍刀をもぎ取り、
 力をこめて、正確に振り下ろした。

 ……三島の首が床に落ちた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

559 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:15:00 ID:aFiBcNiE

    〃                 i,     ..,,、;:::''::":: ̄ ̄`-.、
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    !  :l      ,リ|}    |. }  〃:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::',
.   {.   |          ′    | }  {/:::i:::i、::::i、:::ヽヾ\ ::::::::::::::::i
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<  {!i::|ヘ:!\!\!≧三ミ:::::::::::::::i
    !∩|.}.:::::::::::::::   ./::::::::::f^|   {{,,,,ヾ、  ::::::::::::::∨Cヽ:::!
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|    {ヘ´:::::}       るノ:::!
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ    ヾ',  i  _      しヘ:::l
.    }.iーi       ^ r'    ,'       ',  `"_    /  ,'
     !| ヽ.   ー===-   /        ヽ  `こ┃  /  }
.    }   \    ー‐ ┃,イ         \  ┃/   }
     }  .  ヽ、_!__/:::|            ヽ-┴──┘:
      └──────┘




}     |        l    l
ノ  ,,-''"         `ヽ、丿
.  /      _      .,'
./       '-.、ヽ    /
         -.、\ヽ   /
         ヽrゝ .ヽゝ/
      __,,..-  l-''"  
""'''''-''"´`ヽ_r    |    
    ,-‐-、 .`ヽ、丿    
   { ヽ、\   丿    
   ` ̄ \_厂¨´              三島先生……
        |         
\     ./         
  \.-‐''"          
  ,,.-ヽ              
/  .|            


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後、今度は森田が切腹。一刀のもとに解釈をし、彼の首もまた床に落ちた。

 残された者たちは、総監の縄を解き、三島と森田の遺体を揃え、
 総監室の扉を開け、投降した……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

560 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:15:23 ID:aFiBcNiE

      __/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´-、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|l::::|::::lヘ:::::::::::::::l
    /::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::/|l/ |/-/ミ、::::/::|
    /:::::::::::::::://(l |:::::::/    ミ/`l //l/
    /::::::::::::::::ヘヘ ( |/       /゚ l-
      /::::::::::::::::::>‐       ヘ_:: l           三島が切腹したといいますが、傷はどの程度ですか?
      |:::::::/l::::/ l |           >
  ___,,--- l/" ヘ   \      _ _l           重傷ですか、脈はあるのですか、至急調査お願いします!
_二___,,,,--,,, |   ヘ  :::\      /
    ヽヽ/ |   ヽ ::::::::"-,,_____/
     |   |    \ /-,,_


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、警視庁だが、
 三島の切腹については、その物音から確認がなされていた。
 しかし傷の具合は把握できない状況であった。

 警視庁は至急医師団を派遣したが、三島に関しては無意味であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

561 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:15:41 ID:aFiBcNiE

    ,, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::::::::::::::::::l:::::.:::::::::::::::::::::::::ハ|
  /:::::::::::::::::::::::/:/_|:/、ハ:::||::)_::::::::|
  |::::::::::::::::::// / _,,ト ヽ |:://`::::|
   ヘ:::||:::::/||||||ミ  _ヘ  // |/ノ
   ハ::\_u   ヽ、(ノ   (ノ/            三島の首と胴は、すでに「離れて」いる……
    \|ハ   __    _|. /
     /( \ (   ̄ ‐ ┐             警視庁、了解しました。
   ,,/ヘ \.. "'ヽ,,_   /
..,-"-",,,-\ `'''-,,,_.`/"、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後、残された「楯の会」構成員が投降、総監室に警察官が流れ込む。

 そのとき彼らが確認したのは、2人分の男性の首なき遺体と、
 その遺体の持主であっただろう人物の頭部であった。

 その状況は無線で報告され、本庁もまた把握する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

562 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:16:03 ID:aFiBcNiE

.      _     -──- 、
      {               ヽ
.     ノ-─-、  ___     ',
.    ,' _   ´u __ `l    |
    ,.匕--、ヽ{レ'´, --、ヽヽ    |
    r| こ,。r゙'ーr'^ヽ  L,} ! ,ィュ、
    |l    / ニ,`''゚'゙    |_/ん.リ}
     |   {__,r┘ ,, ,, u  .!レ' //            これじゃあ「あとの祭り」だな……
   ` ',     ,,  ,"-‐-、'   r.、/
     ハ  弋エ´| | l }  ,' ト、
     ┌‐、 ,,,, ~"''ー '゙ // .ヾ'ー-v
  ,> '"∧ . ', _,_,_,_,_,  イ/    /
. /|    / |  レ'´ _ `Y ´    ,r'゙
./ |    '┬! '´ , -┴.ゔ⌒\/
! |     l |  /   '' ""}
.      V  /  " ~~}
.     /      ,ノ´  ̄ ̄ ̄
            /´


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その頃、佐々淳行も市ヶ谷の現場に到着している。
 もっとも、彼が市ヶ谷に来た目的は三島の説得にあったわけだから、
 その三島が自決してしまった以上、もはやいる意味がなくなってしまった。

 佐々は後に、「後の祭り」と書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

563 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:16:23 ID:aFiBcNiE

           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
            >:::::::::::::::::::::l    { ::::::::::::::::::く
           /:::::::::::::::::::::::,i     ヽ、:::::::::::::::::\     ジュクッ
         /::::::::::::::::::::::::::::ノ..:::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::ヽ、
        r'"::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::::::::::....ヽ::::::::::::::::::ヽ
        i、:::::::::::::::::::::::::/....::::::::::::::::::::::::::::....`ー---―'
        `--ー――''"...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
          ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
        ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....


  iリ
"~ ` ,
    .`ぇ,
ー----‐.、ッ、
     ,》}i}レ
 ァ'''γ"。  4‐-、
 | / ,.ィツ    .ゝ
 ノ   '彡'  γ   〉               ・ ・ ・ ・ ・ ・
´        ! ,.-く
  i      `'''、 、',
  , ',     .、’   i
  .ゝ'      γ"フ~"ヽ
、   =    し'    .',
.\            [
、 リj           .v'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 総監室のじゅうたんは真紅だった。

 佐々がそのじゅうたんを踏みしめたとき、ジュクッという音がした。
 じゅうたんの色が真紅ゆえに、三島らの血を吸い込んでも色が変わらなかったのだ。

 「あの靴裏の不気味な感触は、四半世紀経った今でも忘れられない」
 彼は後にこのように記している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

564 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:16:48 ID:aFiBcNiE

                         ヽ
                          〉
                    _,..-―' .
                 > ´  ̄`ヾ.,     <
                /             \
              ,イソ      ,Y´ Y ´ ヽr-、  ヽ
             イ〃_,..-'''"´  乂_ノ    {  j    ',
           _彡'゙´             ノ゙ ´\ .ヾ!
          Yヽ´      /  /`ー-'゙、 ヽ  \ i|
          ハゝ ,     /   /,:' ,' ; i |.',', ':,   k|
           `.i    イ/ _,..-''´ ̄ ̄`ヽヾ ':,   リ、
            ハ   ゞ ´         \ j   j丿
              ヘ               `j゙  /´
              \         /      ,イ
       ,        ヘ       '       , イ
      /{  ,i       ` i    .___ , イ
      / | / ! /!        ,:!   j ト、
    ト、,' { /  |/ i     / {   i' j:::::ヽ
   ∧ ゙  i'   .i! |!...,..イ´:::::::::.ヽ  /.:::::::::::.、_
.    ∧      !|:::::::::::::::::::::::::∧ノ.:::::::::::::::::::::::::`ヽ
     ∧      j::::::::::::::::::::::::::::::.',::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ∧     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /.::::::i    i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 12時30分、中曽根防衛庁長官記者会見。
 この中で中曽根は、東部方面総監と電話で話した内容を、取材陣に公開している。

 「事件」としての三島事件はこうして終結した。

 しかし、三島の死は、日本の社会……少なくとも一部の人には影響を与えることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                 【つづく】

565 ◆KcxXifcWsc:2011/07/08(金) 21:17:44 ID:aFiBcNiE
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

次回投下は明日9日の21時を予定してますので、よろしくお願いいたします。

566名無しのやる夫だお:2011/07/08(金) 21:19:34 ID:XSlXNU6s
乙でした

567名無しのやる夫だお:2011/07/08(金) 21:36:31 ID:PMbC.2jc


感情が溢れすぎて演説の体をなしてなかったのね

568名無しのやる夫だお:2011/07/08(金) 21:40:55 ID:vdk4MYiI
おつ

569名無しのやる夫だお:2011/07/08(金) 22:26:36 ID:i7o6ox/I
乙でした
まあ、聞き取れなかったら長文全部残らないだろうしなあ

570名無しのやる夫だお:2011/07/08(金) 23:01:39 ID:VPX2rQCc
乙でした。
うーん、言葉がないっす。

571名無しのやる夫だお:2011/07/09(土) 04:03:17 ID:mYSm874g
乙です。
三島は一体何がしたかったんだろう・・・

572名無しのやる夫だお:2011/07/09(土) 06:09:15 ID:JJsT/poA
最後に関しては、三島由紀夫としての表現だったんじゃないかって
感じがする。
(作品とは言えねえわな…)

573名無しのやる夫だお:2011/07/09(土) 07:40:46 ID:gAXBbTdQ
乙です

574 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:01:52 ID:8IurXeNc
それでは今日も投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

575 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:02:05 ID:8IurXeNc
【「1970年11月25日」……第3話】

    /≡≡≡≡≡≡≡≡≡|
   |┌─────┐ ? |||
   | |         | ◎ |||
   | |         |    |||
   | |         | ||||||| |||
   |└─────┘||||||| .||
     ̄| | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄||
   .......|_| :::::::::::::::::::::::::: |_|:::::::::



\\テレビ!!テレビ!!テレビ!!テレビ!!テレビ!!テレビ!!//
    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島事件が起きたとき、ダイエー赤羽店ではカラーテレビの抽選を行っていた。

 三島の演説が、抽選の目的物であるカラーテレビで中継なされても、
 回転式の抽選機のガラガラという音は鳴り止まなかったという。

 これが、三島に対する一般大衆の認識を表しているといえるだろう。
 正直、一般市民にとっては、三島なんてどうでもよかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

576 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:02:30 ID:8IurXeNc


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l  ノ(   ,リ|}    |. }
.   {.   |,.へ⌒ .:ヽ '/   ,ヘ }
   レ-、{ ゞミ≡=ァノj!}=夭''´K
   !∩|.} ゙゙匈゙` ...:::::/''匈 / f^|
   l(( ゙′` ̄'"〃 f::` ̄  |l.|        しかし日本は、経済的繁栄にうつつを抜かして、、
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ        ついには精神的にカラッポに陥って……
.    }.iーi       ^ r'    ,'
    !| ヽ.   ,∠ニ=   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「しかし日本は、経済的繁栄にうつつを抜かして、ついには精神的にカラッポに陥って……」

 三島の演説の中に、こういう一節があった。

 しかし、ダイエー赤羽店に集まっていた客は、それをあざ笑うかのように、
 抽選に熱心になっていた。

 三島の存在は、市民レベルではその程度だった、ということができるかもしれない。
 もしくは三島の観念的な感覚は、市民の感覚と大きくずれていた、ということだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

577 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:02:53 ID:8IurXeNc


                       ーァ=―-.、
                     ,ィ≦:::::::::::::::::::::ヘト、
                    '7.:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                    /.:::::::::::::;イ:;ィ:::::=ニ二ヽ
                      /イ::::::::::/,二メ;:ィ/|:/::::リ
                       lリ{ヽ:::!l.ヒリ'′ ヒイ:::/
               〈_〉      ,ソヘヽ!.   ' /イ/
              ヽ_〉   _,.-':..:.:.リ.`: 、‐ イ           宮谷一彦は面白いね。
               ヽ_〉‐</ミト、:..:..:`:T:..:..{
              ./Y‐、ヾ//∧ `:::__ノ_:/ >,
              〈/:|:..∧.∨/∧  i| | |! l ,'::i
               .〈:.:.:.:∧/ミ'/∧.,ノ l l}  l:.:.:|
                .i::::::::::;'_.∨∧_.l/`>.l、__!ィ=ァ
                ;':::::::::;!::::::::::ヾ/l/    // :/
                  i|::::::::;'::::::::::::/´こァ  .// .ノ〉
                ,リ:::`:ー―rァ/ こシ、 .//.r彡ヘ
                〈::::::::::::::/〈´ ノ-'||:>テ´ヽ/.::〉
               ヽ:___ヽ、>':::::::||:::::::::ヘ`ー‐′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 場所は変わって、ここは東京・駒場のとある喫茶店。

 ある男子高校生が、授業をサボって、マンガを読んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

578 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:03:11 ID:8IurXeNc


       ,.. - '/
      /:::::/-――-- - 、_
     l:::::/´::::::::::::::::::::::::::::ヽ、二ニ-'
   / ̄:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 /,..::‐:::::  ...l.....:::::l::::::::::::::::::::::::::\ヽ
./,イ/ /..:::::::::::/!::::::::::l:::::l:::::::::::::::::::::::::', \
  /:::/::::::::::l::::ハ::::::::::::、:::、ヽ:::::::',::::::',:::',
  l:/l:::::::::ーl::/_,、::::::::::l-、:l´_、-:l::::::::l::::l
  l l::::l:::::::lリ____ヽ:\::',-t‐,┐::!:::l::::lヾ!
   l::::l:::::::イ∨、/! \\:、^ハ! ',!:/l::::!         は?セクト?
   ヽ::l、:::::l 弋>     ` ̄  /,イ::::l
    ヾ!\ゝ    '      ハ'/:l'/         どうでもいいよ、そんなの……
        ハ、   _    ,.イ::/ リ
       _,...-゙ヽ- ‐,-`-- ´、l/
      <: : : : : : : : :||: : : : : : :`丶、
      ゙}: : : : : :.:.:.:||: : : : : : : : : /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島事件が起こる少し前まで、大学では学生運動が盛んだったが、
 高校もまた、その影響を受けて学生運動が盛んな時代だった。
 少年が通う高校でも、民青(要は共産党系)、新左翼系セクト、ノンセクトの、3つが対立していた。

 少年はそのどれにも属さず、映画と読書に耽っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

579 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:03:33 ID:8IurXeNc


    |   .::/::   .:::::::::〃ー/-、/ :::..    N:::_ !\:::::::::|::...   :l: ヽ ヽ
    |  .:::/|:::  .:::::::::::/ | ::/  {ヽ .::::::..   |´ヽ::: | ̄\::::l:::: :   ::::|: !  !
    |  .:::/│  .:::::::::: / レ'_  V:::::::::::::::...  ! _\!   V::::::::  :::::j: l │
    l .::/ .│..::::::::::::::::レ'" ̄二ニ、丶::::::::::::::::::::::イ ニ二 ̄`ヾ!::::::::: :::::ハ ト、│
    ', ::/  l :::::::::::::::::::!  〃   i} ヽ\::::::::::::::l〃  `i}  リ::::::::: :::/ V │l
    V   }::ヘ::::::::::::::|  {ヘ::ーイj  ∨ \:::::::::|{ヘ::ーイj   |:::::::::::/‐-、 j/
       /ヾ::∧:::::::::::!   V_三_;i       \::::!i_三_V   l:::::::::∧  \
.      〈 _>ヽ\:::::::ヽ ´           `    `   ,'::::/ノ    }
      _,ノ/     \`ト、:::::ゝ .:::::::::::   }   ::::::::::::::::::.. //./⌒ヽ、 /
  , イ / 、/\  (゙ヽヽ                      /__/   __  `ヽ 、
./ /    ` ̄¨`ーt‐'ー-ゝ、___(/`ー―一'つ    ∠(ヽ‐___/_`ヽ  ヽ\
  /      `ヽ、  /\____ 二><二 ̄ ̄ ̄ ̄彡二  /´   _    l \
  /        `V   \   ll  <_ハ_>   ̄llー―/  `ヾr-‐'¨     l
 l       \  /      \  {{         }}. /     ヘ_ -―   k
 l      、_  ヽ/         \ヾ        〃/        ヾ{        |
 l    ノト ノ       ||   ヽ、 _ _,,  イ   ||        { 不    |
                       ↑
      注・心の広い人には書物か映画のパンフに見えるはず。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 少年は、高校の授業にも出なくなっていた。
 同級生たちは、大学受験の勉強の追い込みに入っていたが、彼はそれもしなかった。

 「空虚な気持ちを抱きながら、怠惰な日常を過ごしていた」

 彼は後にこのように述懐している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

580 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:03:54 ID:8IurXeNc


                  >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__        大本営発表、大本営発表。
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |       本日三島由紀夫なる過激分子が、
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |       徒党を組み市ヶ谷駐屯地を攻撃するも、
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_   我が自衛隊はこれを駆逐せり。
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|       なお、三島は自決した模様。
          ┴───────────────‐ー┴ \l\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 喫茶店はいつもビートルズのレコードを、BGMとして流していた。

 ところがそれが突然、ラジオの音声に切り替えられた。

 三島の一連の事件の報道が、スピーカーから流れた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

581 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:04:11 ID:8IurXeNc

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
.
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、          i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´             //イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /               /  /i:::::.   //      ̄ i::::  / /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのニュースを聞いたとたん、店にいた10人くらいの客が、
 一斉に店を出て行った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

582 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:04:30 ID:8IurXeNc

'/////////////////,:イ/////≧=-、 `∨∧'ミ'///∧
'/,'//,'//////////////イ//////イl/////ハ、_ ∧\`ヾヘ
/i'//i//////////// //∧'/ /////////l///∧、.\ ヾ〉
'///,|'/////イ'/,/ />' ∨//////////l/ハ'///〉//〉
//_l'//// ,'/    ,イ¨i   //////////イ|//li//////
l' / l/// 〃     .l | |  //>‐ イ// l|//,|!'/l//〈
..、 .ハ'/          乂丿      .〃 _  从'/////,{/{
 ヽヽ                       / } /リ.l////人/∧
/ゝ、 '                  し'/' ,':/:/〃. ヾ∧
'////〉                      ,' ./:/      `
////ハ         ,ィ=-.、       i
//// ∧         /'/////>..、  :'
 ̄ ̄ ̄:::`ー-..、     `' <'///,/  /                   ! ! ! ! ! !
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.、    `¨,...<
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー≦ ´
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉rヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://.:::::ヽ
_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::ハ
_ ` .<::::::::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::::::l
 `   ` <::::::::::::く く::::::::::::> '´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 少年もつられて、店を出て行った。

 「あたかも、これで東京に戒厳令でも敷かれるのではないかという雰囲気が、
  そこからは感じられた。」

 少年は後にこのように記している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

583 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:04:50 ID:8IurXeNc

                            ________________________
                         _,-/  /   /   /   /   /   /   /   /
                        ,-i /   |     |    |    |    |     |    |    |
                       ',-'i三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                          -"| |'-----'-----'-----'-----'------'-------'------'-----'---| |
                            | |/||巨 中華料理     .  巨|_/|   DrugStore   ___ |_/|
                            | |  ||巨       能 登 龍    巨|'| :|     J P S   :|たばこ||'| :|
                            | |/|| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||_,-' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|_,-'
                            | |  ノ__ラ_ノ_ー__ノ_メ__ノ_ン__ノ   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i´l|二二二二l|
      ,-==========-、         .| |   !___  ____    .|  //     //   i ,l|  (()))→l|
      // ∧_∧ハヘX // ヽ     .| |  | ||-||-||-|| i|_//__ヽ-ソ_|    | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .l| ((()))).l|
  (二//___( ´∀`)∀^)___ヽ二) .   .| |  | ||-||-||-|| i|_ヽ=/_i二i_|    | |      | // | .l| (´ー`,,,).l|
  ./i______,,______i\    | |  | ||-||-||-|| i|_ヒi___//___,|    | | //   |    | .l| ̄ ̄ ̄ ̄l|
  /i゙l、    ヾニニニニニニニシ'     /i..ヾ   | |  | ||-||-||-||             | |      |    | .l| ̄ ̄ ̄ ̄l|
 〔二二二二二二二二二二二二二二〕   | | _,,| ||-||-||-||,__________| |__,_____|.___,|_,l|三三三三l|
  iヾ i三三i i`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´i i三三i ,/i
  |´`ー,─────────,ー''`| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄`"""´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `"""´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、目に入った風景は、いつもと同じだった。

 喫茶店、書店、ラーメン屋、クリーニング店……いつもと同じ町並みが並んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

584 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:05:10 ID:8IurXeNc

                x.≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              ,イ::::::::::::::::::::::::;::--:、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'≦ハ
          /.>/..::::::;::<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
         // ,.' ̄¨7ー--::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::\:::∧
         .′ ,.' -ィ‐:/:――----....`ニ;ィ::::::::;ィ|::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::ヽ:ハ
           //.:l/;';ィ::::::::::::::::;ィ::::::::/ ,'.:::/l:|:|:::::::::::::::::i--―=ニ二_l::::.ヽ
          .,':':;;/./.:i/:l:::::::::::::/.::|// /.:/  .l::!:!:::::;l:::::::/:l::::lハ::::::::::::l:::::::|ヽ::::.\
         .;//.〈::::l::::|:/|::::/.::::::::/-./メ- 、ノ::::|::/::!:::/-l|::/:ハ::::;::::|:::::::!  `ヽ:.\
           i|:::::::::;イ|':::|:/.::::::::/  ′   ,'.:::::::'::::::〃 l|;':;;:::ハ:ハ::!l:::::l
           ||:;:::::;'.::|:|::::l'.::::::::/ー====ミ ./.:::;:イ:/ィ==ー:/l|:::::::l::::;'.j::::;'
           |/l::::l . l:::::::::::,'lリハ l//トイ.// /   /,トイ リlノ!:::::;::::リ '::/
         _,...<从:ヽム:::::::;' l':   `  ̄´      .l、 ` ̄ ´.| i:/l:/ ,'/
        i´::.::.::.::.::.:ゝ-...、::i 、            ゞ'    |/\:/ ′
        ∨.::.::.::.::.::.::.::.::.:Yヽ \             _     , '  `ヽ
      r≦ミ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::∧:..> 、         ´ __...イしヘー .|
     .,.:ト、::.::.::.::.::._::.::.::.::.::.::.::ヽ:..:..:..:>...   /     `´    人
    / /|:.:.` ̄:.:´.:.:.:..ヽ::.::.::.::.::.::.丶:..:..:..:..:..≧/          /  ` .、
 ./  〈:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::.::.::.::.::.:..\:..:..:..:..:l、        .<       i
../    ` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::.::.::.::.::...:>:../.|::\  ‐チヘ          :|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 四方田犬彦。当時18歳。
 結局この年は大学受験に失敗し、一浪して東京大学に進学する。
 現在は大学教授をしながら、映画や文芸評論をしている人物である。

 「喫茶店の外側に、昨日までとまったく変わりのない平穏な日常の社会がどこまでも続いていることに、
  憤激とも落胆ともつかない奇妙な感情を体験した。」

 四方田は、彼らしい言葉で、この事件のあったときの自分を、このように書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

585 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:05:33 ID:8IurXeNc

       ∧  ∧
       |1/ |1/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /        ヽ
   /  ⌒  ⌒    |
   | (●) (●)   |
   /          |
  /           |
 {            |
  ヽ、       ノ  |
   ``ー――‐''"   |
    /          |
   |          | |
   .|        |  | |
   .|        し,,ノ |
   !、          /
    ヽ、         / 、
     ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
       |  |   |   ヽ.ヽ、
      (__(__|     ヽ、ニ三

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もう1人、別の少年がこの事件をどう受け止めたか、見てみたい。

 渋谷区代々木にある中学校。
 ちょうど昼休み時だったその校庭で、一人の少年が遊んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

586 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:05:53 ID:8IurXeNc


                  ,彡    ,ノへ、
                彡彡  /´   |
               /彡彡 / ⌒   |
              /彡  ./       !
              !!ノ彡/       .!
              i //         |
  、_        .//'          .|
ヽ`    ̄ー__ /             |
 \       ,/               |
   !      !                |
   ヽ        ,              |
    >、      \            i丶、
   /´/ヽ      .\             ヽ、
  ´/ノノ|/|:::ヽ、     `丶---          ヽ、
   ソ  |  i::::丿ヽ、                   `ヽ、
      !  `´、_ 丿`´'!::、_                <_
     .ヽ <_     .i::::::丿- 、,   ___---´ ̄ ̄
       ヽ ``丶___) ヾ´__ノ ̄ ̄ ノ /<-ソ´              おい、三島が死んだぞ。腹を切って。
        丶 丶、_       ,.ノ−´´ ̄
         `ソヽ,  __ イ´
        / \ \へヘ'ノ ヽ、
      /    \_| ヽ \ .\
    ./      / !  |ヾ ヽ \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼は、友達たちと、走り高跳びのようなことをして、遊んでいた。

 そのとき、別の友達が校庭の遥か向こうから走ってきて、そして言った。
 「三島が死んだぞ。腹を切って」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

587 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:06:12 ID:8IurXeNc

            ∧  ∧
            |1/ |1/
          / ̄ ̄ ̄`ヽ、
         /   ,,     ヽ
         /  丿  \    |
        | (○) (○)   |   
        /          |           な ん で ?
       /           |
      (          _ |
      (ヽ、       /  )|
       | ``ー――‐''"|  ヽ|
       ゝ ノ       ヽ  ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 少年は、小説をよく読んでいた。
 しかし当時の「ちょっと背伸びした少年」が読む小説と言えば、
 大江健三郎であり、安部公房であり、開高健といったところであった。

 彼の持つ三島のイメージはメディアが報じる「奇行」によって出来上がっていたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

588 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:06:32 ID:8IurXeNc

          ∧     ∧
         //ヽ    //ヽ
        .//--λ-─//--λ
       /           ヘ
       /            ヽ
      /             ヽ
      /. ._     .._      |
    / / ヽ   ./ ヽ     │
   /  |Ο |   |Ο |    │
  /    ヽ__/   ヽ__/     │          三島の作品……読んでみようかな。
 │                 │
 │                 │
  |                 │
   ゙ヽ            /   │
    \        /     │
      ヽ--  --''"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「だが不思議なことに、その割腹自殺だけは、奇行や狂気に思えなかった。
  とても冷静な人間の死に映った。」

 少年は三島の死をそのように受け止めた。
 それから、彼は三島の作品を読み始めることになる。

 野田秀樹。当時15歳。
 後に東大に進学し、在学中に劇団「夢の遊眠社」を結成する、劇作家であり俳優である。

 事件から30年後、野田はこのように振り返る。
 「三島由紀夫の死によって、現代の作家の人生とその作品を語る意味が、
  私の中で消えていったのだと思っている。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

589 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:06:57 ID:8IurXeNc

           __  >ー-、、,.ィ_
          f::::::ア`彡      ミふ< ̄`ヽ
          レ'く`ヽ,ミ_,. ィ i ト、 三>ーヽ::::::}
           X-,V ,.-、ノノ人ヽ,.-、(rうヾ* `7
         _ノ /‐┐Y⌒ヽ   ,.'⌒Y ~rツ_/
       ,.イ   ニ⊃ ゞrリ _ fr_リ  <^〈  「 !
       {:.:{{   _二う   ヽツ    rヽ ヽ ` ヽ           センパイ。
      ∧::>  ヽ-ァ-ヽ ー<>‐' ,. ヽ      ト、
      〈 ` ̄7Tー'   ,. > -―<::!(二_   /::::ヽ        どう考えたら、いいんでしょう……
       `ー/::::|  | /  //   |::|   ヽ ̄:::::::::::::〉
         ヽ:⊥ !/ _ //    ヽ!   し'\,.-―' ヽ        とにかく、すごいショックで……
            ̄{L(((に(/V ⊆  `ヽ  /:::ヽ    !
             ヽニ个=ニニ'/,.イ、_{_ト、  ノ
               Y{ {       /   ヾ ̄彡''
                  }_j_j____ ,.〈   / /
              /_}_}___,.ハ / /
             /        |::::| 「 /
             .'         |:::| レ'
             !  `ヽ!/   |:::N!
             |    |     |:::::||
             |     !    |::::{|
                 |     |    |::::|
             |     ト、   |:::|
             ト、    ハ   |:∧
             ヽ     | |   i! ∧
              !    j |     '.
              L__イ  |     ヽ
              |r--、::::|  ヽ      ハ
              ||  |::::|   \ー―':::i!
              jト、ヽj:::ト、   「ヽ::::::::「!
             ∧二二ノ }   ,へ_j::::::ト、
             ('´ ̄ ヽN/  /ヽ_フ´ノヽ
             } `ー―レ'   /、 ⌒ー<77ノ
                 `ー―‐'   ヾ二二_V/
                      ` ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、愛知県にある愛知教育大学。

 ある男子学生が、後輩の女子学生の質問を受けていた。

 質問の内容は「三島の死をどのように受け止めるべきか?」であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

590 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:07:19 ID:8IurXeNc


                r-──-.   __
          / ̄\|_CD__,,|/  `ヽ
         l r'~ヽ ゝ__.ノヽ/~ ヽ l
         | |  l ´・ ▲ ・` l   | | 
         ゝ::--ゝ,__∀_ノヽ--::ノ      別に、我々が何かを受け止める必要はないんじゃないかな?
            ̄ / 丶'  ヽ::: ̄   
            / ヽ    / /:::    
           / /へ ヘ/ /:::
           / \ ヾミ  /|:::
          (__/| \___ノ/:::
             / 1994/:::
             / y   ):::
            / /  /:::
           /  /::::
          /  /:::::
         (  く::::::::
          |\  ヽ:::::
            |  .|\ \ :::::
     \    .|  .i::: \ ⌒i::
      \   | /::::   ヽ 〈::
         \ | i::::::   (__ノ:
         __ノ  ):::::
       (_,,/\


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 男子学生にとって、この質問の答えは、あまりに難しかった。
 彼は本をよく読む青年ではあったが、三島とは波長が合わないのか、あまり読んでいなかった。
 そのため文学的なショックはあまりなく、むしろその死に方の異常さにショックを受けていたのだ。

 「別に、我々が何かを受け止める必要はないんじゃないかな?」

 彼はこう言った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

591 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:07:39 ID:8IurXeNc

        r-──-.   __
     / ̄\|_D_,,|/  `ヽ  
    l r'~ヽ ゝ__.ノヽ/~ ヽ l
    | |  l ´・ ▲ ・` l   | |          腹切って、首ちょんなんて……
    ゝ::--ゝ,__∀_ノヽ--::ノ  
        /:::::::::::::::::l               どうとらえていいか、わからないよ。
       /::::::::::i:i:::::::i、
       l:::/::::::::i:i:::、:::ヽ
       l;;ノ:::::::::::::::l l;::;:!
        /::::::::::::::::l
       /:::::::;へ:::::::l
      /:::::/´  ヽ:::l
      .〔:::::l     l:::l
      ヽ;;;>     \;;>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島文学を詳しく知らず、自殺についても自分の考えを持っていなかった。

 「その自殺が、日本刀で腹を切るというショッキングなもので、
  介錯して首が切断されたらしいというんだもの、
  そんな異常なことをどう捉えていいのかなんてわかるわけがない。」

 後に彼は、当時の心境をこう回想している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

592 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:07:57 ID:8IurXeNc


         r ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ         
 /´  ̄ `ヽ、 i____CD__l/´ ̄`\  
r   ___   rゝ、 ____,ノヽ   _  ヽ      今度のことはほぼ全面的に、あの人が個人的な動機で、
l  ミ   ヽ/   __,,      ,,__ Y   `彡|     やったことだと思うんだ。
{ ミ     |  ´rェョ  ,-、 fエュ` l!   彡 | 
ゝ ミ      }   ll!´`j l;;;;;;l {´゙リ {    ミ l       だから、個人であるぼくたちが、
ヽ、 ` ー '' ~ f   `~´t __,`~´ リ ` ー ´ノ       あのことから何かを受け止めるなんてできないし、
   ` ー- ‐"ヽ、    ヽ _ソ   ノ `ー‐‐´         その必要もないんだと思う。
         ` ー ─ -- ー''´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 青年は、三島やその文学をよく知らないが、と前置きして、このように言ったという。

 清水義範。当時23歳。
 愛知教育大学に在籍していたが、卒業間近にも関わらず、就職が決まっていなかった。
 後に半村良に師事し、SF作家としてデビュー。
 パスティーシュやショートショート、自伝的小説など、現在では幅広く活躍している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

593 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:08:17 ID:8IurXeNc

         r-──-.   __
      / ̄\|_ _,,|/  `ヽ
     l r'~ヽ ゝ    ヽ/~ ヽ l
     | |  l       l   | | 
     ゝ::--ゝ,__ _ノヽ--::ノ        なんて身勝手な発想なんだよ……俺。
       /⌒    ⌒\    
       y ┘:└    \
       |       ノ\ \
        |  :    /⌒\ \
        |  ,'   |   \_)m
       ノ  '     人  V  /
      (  ノ    ノ\ \  )/
       ’⊂ノ──’  ヽノヽノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 後に清水はこのときの発想を、
 「いかにも青臭い若者らしい、身勝手な発想法」と評している。
 しかしこれが当時の清水の実感であった。

 自分のことに精一杯で、他人のことまで考える余裕がなかったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

594 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:08:39 ID:8IurXeNc


                         ヽ
                          〉
                    _,..-―' .
                 > ´  ̄`ヾ.,     <
                /             \
              ,イソ      ,Y´ Y ´ ヽr-、  ヽ
             イ〃_,..-'''"´  乂_ノ    {  j    ',
           _彡'゙´             ノ゙ ´\ .ヾ!
          Yヽ´      /  /`ー-'゙、 ヽ  \ i|
          ハゝ ,     /   /,:' ,' ; i |.',', ':,   k|         布告を出すのじゃ!
           `.i    イ/ _,..-''´ ̄ ̄`ヽヾ ':,   リ、
            ハ   ゞ ´         \ j   j丿        三島に対する同情が出る前に!
              ヘ               `j゙  /´
              \         /      ,イ
       ,        ヘ       '       , イ
      /{  ,i       ` i    .___ , イ
      / | / ! /!        ,:!   j ト、
    ト、,' { /  |/ i     / {   i' j:::::ヽ
   ∧ ゙  i'   .i! |!...,..イ´:::::::::.ヽ  /.:::::::::::.、_
.    ∧      !|:::::::::::::::::::::::::∧ノ.:::::::::::::::::::::::::`ヽ
     ∧      j::::::::::::::::::::::::::::::.',::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ∧     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /.::::::i    i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当の自衛隊はどうだったのだろうか。

 防衛庁長官(当時)の中曽根康弘は、防衛庁長官訓示を出している。
 
 当時の自衛隊内部には、自衛隊に対する世論の批判もあって、
 むしろ三島に対して同情・共感的な風潮があった、と言われている。
 それが暴発しないための訓示だったようである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

595 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:08:53 ID:8IurXeNc


            ∧,,∧     ∧,,∧
    ∧ ∧    (    )    ( ・ω・)
   (ω・ )     (  U)     ( つ日ノ   ∧,,∧
   | U       u-u       u-u     ( uω)
    u-u                    (∩∩)
        ∧,,∧      ∩ ∧_∧ それでも武士かよ……
        (・ω・')    ⊂⌒( ・ω・)        はいはいわろす
       ⊂∪∪⊃      `ヽ_∩∩

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、三島の演説を聞いていた自衛隊員は、かなり野次っている。

 この話を聞いて中曽根は安心したという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

596 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:09:26 ID:8IurXeNc

      / ̄ ̄ ̄ ̄\
     (  人____)
      |ミ/# ー◎-◎-)
     (6     (_ _) )
      |/ ∴ ノ  3 ノ              三島、バカじゃね?
      \_____ノ,,    ∩
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  防  | '、/\ / /
     / `./| |  衛  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ 大 |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   |
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |
       |   ┬    |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さらに、名前を伏せるが、当時防衛大に在籍していた人物はこのように語っている。

 「実際、あの事件では、彼らを排除しようとした自衛隊員が、
  日本刀などで切りつけられ8人も重軽傷を負っている。
  自衛隊は被害者であり、同じ自衛官として、三島の行動に共感も同情も湧かないのは当然である。」

 結局、防衛庁・自衛隊は、上から下まで、三島に共感しないという点では一致していたのだ。

 これは三島が予測していたことなのか、それとも予測せざることだったのか……
 それは誰にもわからない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                【つづく】

597 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:10:52 ID:8IurXeNc
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

598 ◆KcxXifcWsc:2011/07/09(土) 21:11:04 ID:8IurXeNc
      ┌──┐ *``・*。゚
     i二ニニ二i┃   `*。
      i´ノノノヽ)∩  。:*゚
* '``・* ...Wリ゚ -゚ノl/ 。*・        現代文学のちょっとした裏話、次回は明日10日21時から。
 ゚*:。:**。⊂:。.*:。/.。.*:。.       
      ( ヽ/     +゚       次回はボクも出るんだよ。
   。:*゚*。し(_)+。*・ ゚

599名無しのやる夫だお:2011/07/09(土) 21:12:28 ID:RATMpFWY


空回りとはこのことを言うのだろうか

600名無しのやる夫だお:2011/07/09(土) 21:12:37 ID:646WkQ8.
乙でした
いろんな人に影響を与えてるなぁ……

601名無しのやる夫だお:2011/07/09(土) 21:18:46 ID:jGXRfi.Q
乙でした。
当時の若い人たちの受け止め方が三者三様ですね。
距離を取る人、興味を覚える人……数年の世代差で変わってくるのも面白いです。

602名無しのやる夫だお:2011/07/09(土) 21:36:25 ID:LprnK.NQ
2年前も、海外の新聞社やTV局本社が「歴史的政権交代をやったんだから、国民は熱狂しているはずだ。歓喜する市民の映像を撮ってこい!」と言ったのに
現地特派員が「そんな光景どこにもないっすよ・・・」と愚痴をこぼす国らしいですからねえ・・・

603名無しのやる夫だお:2011/07/10(日) 01:17:03 ID:m/ScTBI.
乙です。
うちの父親も三島の死には
冷めた意見しか言わんわ。
まさかこのスレでドアラに会えるなんてw

604名無しのやる夫だお:2011/07/10(日) 11:04:59 ID:k4VnXHCM
自衛官が三島の演説に聞く耳を持たなかったのは
近代軍隊の一組織員としては全く正しい行為なんだけどね
そもそも、武士と自衛官とを結びつけること自体無理筋なわけで
まあ、三島に限らず、右も左も観念論ばかり先走って
地に足ついてないのが日本の言論界の宿啊なんだけど

605名無しのやる夫だお:2011/07/10(日) 14:15:32 ID:ikNXRokY
自A隊にいる知り合いが上司に聞いた話ではみんな昼飯食い損ねて気が立ってたとか。

606 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:01:01 ID:1I//sDuo
こんばんわ。

>>605
その辺の事情は>>536でもチラッと書きました。
昼飯食い損ねたって話は、結構いろいろと聞かれますね。

607 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:02:22 ID:1I//sDuo
>>603
このスレで清水義範出すときには絶対ドアラで行こうと決めてましたw

608 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:02:52 ID:1I//sDuo
と、いうわけで投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

609 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:03:07 ID:1I//sDuo
【「1970年11月25日」……第4話】

                                            /   ./
                                             /   /
‐-、_                                            /  ./
      ̄"''ー-、_                               /  /
__         ̄`ー 、                           / /
__`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
 [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
          (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                 「 T~|  |  ||||||||              ||||||||   |
                 | | |__|_|||||||└―――――――┘|||||||___|_
――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|〜〜〜ニ二二二二二二二二二二二l、  |
-、,-、 ,Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ
 |  Y⌒Y⌒`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ
,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、
|   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l   |   l
Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`Y'"⌒`i
.|    |    |    .|    |    .|    |    |    .|    |    |    |    |
/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄ヽ、/ ̄⌒ ̄゛ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本劇場。通称「日劇」。

 1933年(昭和8年)に竣工され、戦時中の空襲による被災や、終戦後の占領軍による接収も免れ、
 1981年(昭和56年)に閉鎖、解体されるまで、
 半世紀近くにわたって日本興行界を代表する象徴のひとつとして存在した劇場である。

 特に春・夏・秋と開催される日劇ダンシングチームの公演は有名であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

610 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:03:36 ID:1I//sDuo

  ,′ . .....:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:. |:|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:. /l:|::.:.:|:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:; ハ::.::、:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/
            /ヽ::.|     `丶、|∠\  |::/
      r─<´   ∨    /,.イ {_}`ヽ`メ/_
  r┬イ^ヽ、 〉        /// /}{|\ \  `くヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 丸山明宏。当時35歳。後の美輪明宏である。
 このスレでは便宜上、「美輪」で通す。

 その日、彼は、その日劇ダンシングチームの公演「秋の踊り」に客演していた。

 事件が起きた時間、彼は楽屋にいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

611 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:03:54 ID:1I//sDuo

            ,__
    _ ,, -―::´:: ̄::: :: :: :.. ̄`ー- -、,-、,_
   ノ::::::::::::::::::_,-―┬――t―-、_;:::: :: ..:::ヽ
    l:::::::::::::::「;;l|:::::::::::ヽ、_,ノ::::::::::l,フ::: ::: ..:::|
    ヽ、__;ノ;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヘ::::::::::::;ノ       ジリリリリリリン!
        ヽ;;;;;;|::::::::::?::?::?::::::::|;;|`ー一'
        );|::::::?γ ⌒ヽ;:?:::l;;l!                ジリリリリリリン!
       l ;;|::::?:::i     !::?::|;;|
       | ;;i:::::?::ゝ ___,ノ:::::::::::|;;l
       | ;;;!_;::::::::?::::◎:::::::::;_!;;i
        iヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ
        l......:::::::::::::::::::::::::::::::::::.....l
       `ー==――――==一'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 楽屋に備え付けられた電話が鳴った。

 当時、美輪の仕事を手伝っていた女性からの電話だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

612 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:04:14 ID:1I//sDuo

  .'::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |:::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  `  .::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: )
     〉′::::::::::::::::::::::::.,.  -‐…'' ¨  ̄ i    ̄ ¨ …−.. _/
     ′:::::::::::::::::::::: /    ::::/     |        \\'
     l :::::::::::::::::::: , ′   :::::/  ,   ∧  i:::  ,     \
     | ::::::::::::::::::/     ::::/ i/   /  i   :::: \     ,. ヽ
     ` …- 、/      :::::i-'―/-/..__  ヽ \ :::::::ヽ.   l::::  ',
          '::  /    レ ' ィ /___-`ヽ \ \::::::::丶 |:::::   .
         |:::  i  ー…丁イ´ヽ fィ弋バ   ` ー\-:::  |::::::::| |
         |:::  |  i   ::::: l   _ゝフ'       ォ=、ヾ:::::Y::::::ハノ
         |:::::::::......i:...  :::::ヽヽ          iハ::ハ!ハ:::::l::::/
         ∨:::::ヽ:::ヽ:::::::::::::|\       _ ' `  ∧':::::レ'     何言ってるんだよ!
          . :::::::::\ ::::::::::::|         / ∨    レ::/
            N::::::::::::::ヽ::::::::|         `ー′   ハ::l        本番前に、そんな質の悪い冗談はやめてよ!
            V小::::V!::::::| 、            イ! V
                V !:::::リ       _ ..  イ∧:::!|
              /⌒!::/、    /        ∨
             /    '′ \  /
        _ √_V `i         >-、
      f/⌒r--、ヽVヽ      /::イ:「_}ヽ
        /:: ̄::⌒)l│ l〈     /::/1:|._}:|∧
     /::::::::::::::::(j.ノ │l    /:/ |::|._}:|  \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 電話の女性は、「三島さんが……切腹自殺したんです。」と告げた。

 その言葉に怒った美輪に対し、女性は、ただ、
 「テレビをつけてください」とだけ言った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

613 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:04:34 ID:1I//sDuo

|      `7: : : : : l : : :| : : : :: :: : : : : : : :::::: : : : : : : : : : : : |: :
| な  ク   |: : : : : | : : : :| : : : : : : : : : : : : :::::: : : : : : : : : : : |: :
|       {: : : : : :| : : : : :|: : : : : : : : : : : : :::::: : : : : : : : : : : | :
| ん  ソ   〉: /: : :|: ハ : : : | : : : : : : : : : : : ::::: : : : : : : : : : ::|: :
|         |: /: :|: :}: r:\: : : | : : : : : : : : : : ::::: : : : : : : : : : | ::
| て  ッ  |::|: :ノ: ∧::l\\ : : |: : : : : : : : : ::::: : : : : : : : : : | ::
|         |::|: | : :八: | ヽ、``- 、:_: : : : ;_:_:_:_:_::: : : : : : : :/: :
| 時  ヽ   |::|:ノ:::ノ  {:l  \___,--'´``- 、_: : l::: : : : : : : :|: : :
|         |//\ ̄ \        _z /::/::: : : : :/: : |: : :
| 代     L\}: : : :z=ッ \   >=‐'´ /:/}:::: : : :/: : :ノ:/
|       } \}: : : : |    `      /:/ノ:::: : :/:: :/::レ::/:
| だ     7  |: : : ::ハ 〈           // {::::: :/::://}::/{::
|         /  |: : : : ハ.、  - -   /  /:/:/:::://// |
| !     」  / |: : ::| }:} `ヽ、_`      |::|::::::/ノ ' ⊥_
`ヽ-' ̄ ̄´   / |: : ::| ノ    `ヽ- -‐'´}:::|:|::::/_,-‐'´  \
             |: : :|          /´{:::l |:|      -‐
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 美輪はすぐに、楽屋にあったテレビをつけた。

 テレビでは、市ヶ谷駐屯地が映し出されていた。
 そして「三島由紀夫、割腹自殺」を報じていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

614 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:04:52 ID:1I//sDuo

    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|       やあ。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
 .   }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー_ ‐-‐ァ'  /
 .  /}   \   二"  ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_ __/:::|\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事件から遡ること一週間前、11月18日。

 三島は、美輪の楽屋にやって来ていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

615 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:05:09 ID:1I//sDuo

         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l    
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}               「君はきれいだ、きれいだ」なんて、
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ    
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、              君が聞き飽きたことを言いたくないから、
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、             楽屋にはもう来ないよ。
            ヽ、  /__,∠、    `'-、
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l


          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′           またぁ、先生ったら。
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのとき、三島は、

 「「君はきれいだ、きれいだ」なんて、君が聞き飽きたことを言いたくないから、
  楽屋にはもう来ないよ。」

 と、笑いながら言って、去っていったという。

 これが、美輪と三島の最後の会話だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

616 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:05:32 ID:1I//sDuo

            ,. -── -
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l            やっぱり……
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 美輪は事件の話を聞いたとき、「やっぱり……」と思ったという。

 実は彼は、去年辺りから、三島の死について予見をしていた。
 スピリチュアル的なものなので、その信用性は乏しいのかもしれないが、
 三島や三島夫人に対して、注意するよう促していたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

617 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:06:00 ID:1I//sDuo


                         _
                         /::::::::::`丶、
                           , -'─‐- 、::::::::\
                      ,イィ_二仁`ヽ:::\::::::}
                    〃ィO  O `!iい:::::i/
                 _rmイ/  こフ   リ !|::|         は ら へ っ た 〜 〜
                 辷71l{_     イノ レ',rnm
                〈 _/(<_仆_>)、 __∠イ_/>へァ′
               /トヽィ/l 廴_//::.:_/ ̄ ヽ/
          √ ̄ ̄´::.::jノ::Lノー─‐'::.:.イー一 '´
          厶-、::.〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::弋_¨´
           / ̄`メ、::.::.:>‐、::.::.::.::.::.::.:\
       __∠二Y  `´   └、::.::.::.::.::.::.冫
    ∠ニニ 、=、/        冫 ̄`>'´
    {. __儿ノ        /⌒ヽ/
    ` ̄ ̄ ¨´       〈=r、`く
                     `ヾ \ ヽ
                    \_ソ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 美輪と三島の関係は、事件から19年前、1951年までさかのぼる。

 当時、美輪は、長崎から上京し、国立音大付属高校で音楽の勉強をしていたのだが、
 家業が倒産して中退、新宿界隈でホームレスとして暮らしていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

618 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:06:46 ID:1I//sDuo


              , -、, -──‐- 、
           ,..:'´:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
         /:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
        /:.:.:.:.:.:,':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.ヽ.:、.:.:、:.:.:.:.:.!
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:\|:.:!.:.:.|:.:.:.:.:|
       l:.:.:.:.:.:.:_:.:.:|:./|\:.:_:\.:.ヽ|:.:.:.l:.:.:.:.:l
         |l:.:.:.:l/ ,_`:l:.| l| ´\:_`ヽ\:.\:|:.:.:.:.:|
         |l:.:.:.:|仆riメ|:.! l! ィ'ニヽ;:.:\ヽ:.:.ヽ:.:.:,'
         lハヽ|辷リ !|  込ノ_リ)`Tiー‐'!:.:/       ありがとうございます!
         |ハ:.`!          //:./:.:|:/
         ヽハ   f=-、    //:./:.:./         頑張って歌います!
           |\ ヽ、 ノ   /:.'./:.//
           |:.:.:l>、____,,./:.:.:/l//
             !:./ヽ `l /// ノ|
             |/l  | // /' / ヽ、
          / ´  |//      /´ \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 もっとも、そんな悪いことばかりが続くわけではなく、
 銀座のシャンソン喫茶『銀巴里』との専属契約が叶い歌手デビュー。
 国籍・年齢・性別不詳として売り出された。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

619 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:07:19 ID:1I//sDuo

 、 /   l    l    _    ヽ                     . /: : : : : : : :/ : : /: : : :| i: :ヽ: : : ト、: :゙ヽ、
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |                      |: : : : : : : :/ : : / ,:ィ¬ i : : ヘ: : : :ヘ: : : : ヽ
'   ―´   .\ ,く_/ゝ二ノ \/                      .|: : : : : :_ / : : /::/   . | i,: : ハ: : : :i : : ハ :ヘ
   y−、     y−、\   ,\/                     |: : : :,彳i: : : : | ト⊥_ . |:iヘ: : ハ : : i: : : : iヽ!
  弋__丿   弋__丿  Y 〈                        ル: : ::i<! i: : : ,|:iィ'宇戈、:i ヘ: : |ヘ: : i : : : i
                 lー┘                      '". |: : : :ヘ"i : : ハ  ̄   ゙、 .孑七i: :iヘ: : :i
`l      A     /                            `l: : : :¶i: : i          i .`丁 ::/i ハ: :i
_」            /、                          |: : : :ノ i : i        i! ノ: :/. i:! .i:;'
ー 、       , '´  /                           ./'/l: :/. i :i     , 、___  ´./: /    ~
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\                       , --ィ .i/   i:i \   ` ニ ´, へi:/
                                     /     `ヽ、i;  \_  / i  ~
  【遠藤周作】                                    【吉行淳之介】

                                _ .............. _
                           ,:::´:::::::::::::::::::::::::`:::.、
                        /::::::::::::::::j´ ``^~'Yy:::〉
                          {:::::/¨Y:イ =ミ、、ノリY
                        i::〈そミソ セオこ` ,rj
                        l::::ヽ)          {j′
                           从:八     、_ ーイ
                        〃"   ヽ   `こ´ /
                        _/      .:\    /
                    ,.イ.:       :≫≠ー-く
                   //             ヽ
                   / .:/  :.              ',
                /.:  ;′ :..             i
                ,'.:.:  i   :.:.              l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『銀巴里』は日本初のシャンソン喫茶として1951年に開店した。

 開店するやいなや話題となり、多くの文人たちがこの店を好んだという。
 このスレ的には遠藤周作、吉行淳之介などが常連客であった。

 そして、三島もこの店の常連だったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

620 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:07:39 ID:1I//sDuo


        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/ィ,ニ'';;;;;;;;,y.  .uェ;;ijニニニ以
     ]/'.l.|  '゙.l,,ノ゛    ." l ノ" .l、.!
     ,!゙ .川  `゙゙゙'ー    .!‘'' ̄´  .l l
     ヽ ゝ            |     !.|l゙
     .'Lヽ         ,     l゙/             君。
      l'ァ.l       `..'"    .|’
      .リ ヽ    .ー===-   /              君の歌うシャンソンは、すごくいい!
      /'゙i  .ヽ    .......   .,┤
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
 .″/   |  .i .l      !  !  .゛ |   ヽ.`‐   ̄'''ー ..、
  .l゙   !  ..,|___.l     ′ l゛ _...l   ヽ  .― ,,,,  `''-、.
  ./   .|,,,    ゙゙̄^" ...,,, .,r'" ̄  .,,〕    ヽ     `''ー..,、
 /    l          : !         !    . l        ゛
,/     !          !         l     .ヽ
      |          l       .l     ..l
.フ'''ー 、,  .,!          l       !   .,/゛
    .゙> .|                     ! .<,,_
  . /   |             !       ..l   .`''ー............,,,、
-.     .l          ゛           }     ./    l
,,..ミi、    !                     l゙   .,イ----- l
   .゙ュ.   ..!        /  、         |   ./       !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島は、美輪が歌うシャンソンを聴いて、その才能にほれ込んだという。

 美輪曰く「精神と精神で結ばれた親交」の始まりであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

621 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:08:17 ID:1I//sDuo

      ェ<三三三`!
    /三三>‐――:|、_
  /三><三三三三三〉
  ヽ/三><.:.:.:.:.:.:.:.:/   \
  /三/.:.:.:.:.:.:\.:.:ヽ,{     }]}          ♪黄昏時 港町の 酒場の片隅で
  `-、{.:.:.:.:人:{\_≦_;.     |''            安い酒に くだ巻いてる くろんぼの色男
   八.:.:.:.}_\ 代z)}',   \            「別れの杯だよ、泪をふいておくれ」
.     ヽ.:.:.:<心    ノノ',    {            「可愛い”チチ” ワカッテルダロ 俺は海の男だ」
.     \ヽ,  ` ノ イ}ヽ\ ハ            メケメケ これはまあ お気の毒なこったよ
       ハ}.:}≧--イ__ハ   ヽ}           メケメケ お前も 達者で暮らしな
       ノリ ,/不//iフ:、 ノ!、
        ハ〈_八/ {iフ/` /:`!
       ノノ'ー//{ {iフ::`>':::::::\
      // // .レ' /メ::/':::::::::::r'
     〈二ニ〈/Lrv-'ノ::::ヽr‐x! ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1957年、転機が訪れる。
 美輪の歌う「メケ・メケ」が大ヒットしたのだ。

 「メケ・メケ」はフランスの曲だったが、美輪はその歌詞を自ら訳して歌っている。
 この訳詞は、今までのシャンソンにない、「生々しい」ものであった。

 ttp://www.youtube.com/watch?v=GsqqXmx4qLQ

(訳詞)
 黄昏時 港町の 酒場の片隅で
 安い酒に くだ巻いてる くろんぼの色男
 「別れの杯だよ、泪をふいておくれ」
 「可愛い”チチ” ワカッテルダロ 俺は海の男だ」
 メケメケ これはまあ お気の毒なこったよ
 メケメケ お前も 達者で暮らしな

 太い腕に 抱かれたまま 泣きじゃくる色女
 ブロンドの髪 青い瞳 イヤイヤをしながら
 「ネェ アンタ アタイひとり 置いてけぼりは嫌よ」
 「可愛い”トト” 行かないでヨ アタイは死んじゃうわよ」
 メケメケ これはまあ お気の毒なこったよ
 メケメケ つれない 男がいたもの

 時は過ぎて 汽笛が鳴り 来る時が来ました
 男は立ち 女はすがる 引きずられながらも
 別れの石畳に 泣きくずれる女よ
 船をめざし 走る男 叫ぶ女を捨てて
 メケメケ 馬鹿野郎 情なしのけちんぼ
 メケメケ 手切れのお金もくれない
 あきらめて帰ろう やがて月も出る港

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

622 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:08:46 ID:1I//sDuo
                            _ ................ _
                          /::::::::::::::::::::::::::::`::....、
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                       ,::::::::::::::::::::{``ヾー=ヘヽ:::::::::::}
                        ,::::::::::::::::::::::j      ノリ'^~Yリ
                   :::::::::/¨Y::/r===ミ、 ノ __j′
                     {::::::::{てミj′戈えこ"  ,ィぇ7
                      j:::::::ハノ         i''" /
                    ノ:::::::ノ八      _  | ,′
                    〃ノ'"´   ヘ     、___ー' /         これは、「天上界の美」、だな。
                /       .:.ヽ   `こ´ ′
                . イ       .:ヽ、、 .:\     /
           / .:.:     /´ ̄ ̄`ヾ:::>ー ´
           /  :.                 \
         .:′  :.:.                   ヽ
.         / .:                         、
        / .:                        .:.:.:ヽ、
.       , .:                          .:.:.:.   \
      i  ;  :.                        \
      l  l   :.:.       ` ー┬┬- 、            \
.       l  l   :.:.:..           从从\       :.       `ヽ、
        l  l   :.:.:.:.        /.:.     \    \:.:..      ノ:.ヽ、_
.         l  l    :.:.:.:.:..    ,:'      .:.:.:.j\     ヾ:.:.: . . .      `: : . 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 元禄時代の小姓の衣装を洋装に取り入れ、
 レース地のワイシャツなどを身に纏いユニセックスファッション。

 「天上界の美」と三島由紀夫が絶賛した美貌。

 マスコミから「神武以来の美少年」、「シスターボーイ」と評され一世を風靡したのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

623 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:09:11 ID:1I//sDuo

        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;:::::::::: ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/        シャンソンって、「蝶よ花よ、星よ月よ」じゃないんだよ。
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|         もっと人生の深いこと、生々しいこと、歌ってるんだよ……
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ところが、美輪の人気は1年程度で急降下してしまう。

 この間にいわゆる「カミングアウト」したことなどが原因として挙げられることが多いが、
 美輪が「メケ・メケ」の歌詞のように、従来のシャンソンと異なった、
 生々しい歌詞の訳にこだわった、というのもあった。

 日本人は「星よすみれよ」の世界に逃避してしまうのが好きな民族なのかもしれない。
 その辺りのことは、別の文化人なども言っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

624 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:10:24 ID:1I//sDuo

              , '´:.: :.: :.: :.: :.: .:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.ヽ
         /:.: :.: :.: :.: :.: :.: .:. :. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヽ
        /.: .: .: .: .: .:. :. :.: .: .: .:. 、 .: :. :. ヽ:.:.:.:.:ヽ
        ,' .:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:;ハ.:.:.:.:.:.:.:.、\.:.:.::.:.:.ヽ.:.:.:.:',
        i.:.:..:.:.:.:.::l.:.:/://ハ:i.:.:、:.:.:.\ `ヽ:.:.:.:|.:.:.:l.::,
        |.:.:.|.:.:l.:.:レイ//  トト、:.`ヽ.:.:.\ 」.:.:.:|.:.:.:i.:.|
         i.:1.|.:.:i.:.レイ/  ̄二リ ヽ.:| >.::「ヽ.:/l.:.::.l.:.l
        |.:l.:|.:.:.:.l{rt〒テそミヽ    ィイテテミヽ.:/.:.;′
        |.:l.:l.:.::.:l:トヽ弋辷ソ     」k込ノソl:/.:./
          N.:l.:.:.:.l1  ´ ̄      ;.     /.:.:./          父ちゃんの為なら エンヤコラ
         i.:l.:.:.:.l:ト、             /.:./           母ちゃんの為なら エンヤコラ
         l.:ト、.:.l.|:.:.ヽ、    ´¨     , イ.:/            も一つおまけに エンヤコラ
         l∧.:.:N`ヽハ> 、     ,..イ:/l.:/
            ヽ:|    」  ` ‐ ´ K l/ l/
              i ̄ ̄ ̄`i i ̄`i
       _____________,..!...::____:::::::| |:::::::|
    /´ ̄.........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>':::::'"ヽ、, ,,_____
.   /~"\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´Ο::::::::::::::::::::::::. ヽ、
  /::::::::::: ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `、::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
  / ::::::::::::. ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、::::::::::::::::::::::::i :::::,'i
.../:::::::::::, -'"`、::::,' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \::::::::::::::::::::\i. |
..i_,..-'" .::::::::::,',/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `、O ::::::::::::: `、|
'´::::::::::::::::::/::::::`、,' .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: '.,::::::::::::::::::::::'.,
::::::::::::::::/::::::::::::::::} :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. i:::::::::::::::::::::::: i
:::::::::::::::::::::::::,::-'"',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,::'::::::::::::::::::::::: /,
::::::::::::::::::,-'"ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,':0::::::::::::::::: /::::',
::::::::::::/    `i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::: /:::::::::::',

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんなこともあったのだろう。美輪は自ら作詞作曲して歌うことを思い立つ。
 しかし、それもまた、当時の音楽業界ではありえないことだった。
 世界的に見てもビートルズがやり始めた頃だった。

 そして1964年、「ヨイトマケの唄」を作詞作曲し、自ら歌うようになる。

 ttp://www.youtube.com/watch?v=tlJSvOMgA-w&NR=1
 ttp://www.dailymotion.com/video/xatw9a_yyyy-yyyyyyy_music
 ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1272962
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

625 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:10:38 ID:1I//sDuo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

父ちゃんの為なら エンヤコラ
母ちゃんの為なら エンヤコラ
も一つおまけに エンヤコラ

今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの子守唄

工事現場の ひる休み
たばこふかして 目を閉じりゃ
聞こえてくるよ あの唄が
働く土方の あの唄が
貧しい土方のあの唄が

子供の頃に 小学校で
ヨイトマケの子供 
きたない子供 と
いじめぬかれて はやされて
くやし涙に くれながら
泣いて 帰った道すがら
母ちゃんの働くとこを見た
母ちゃんの働くとこを見た

姉さんかむりで 泥にまみれて
日に灼けながら 汗を流して
男にまじって 綱を引き
天に向かって 声あげて
力の限り 唄ってた
母ちゃんの働くとこを見た
母ちゃんの働くとこを見た

慰めてもらおう 抱いてもらおうと
息をはずませ 帰ってはきたが
母ちゃんの姿 みたときに
泣いた涙も 忘れはて
帰っていったよ学校へ
勉強するよ と 言いながら
勉強するよ と 言いながら


あれから何年 たった事だろ
高校も出たし 大学も出た
今じゃ機械の 世の中で
おまけに僕は エンジニア
苦労 苦労で 死んでった
母ちゃん見てくれ この姿
母ちゃん見てくれ この姿

何度か僕も ぐれかけたけど
やくざな道は ふまずにすんだ
どんなきれいな唄よりも
どんなきれいな声よりも
僕をはげまし 慰めた
母ちゃんの唄こそ 世界一
母ちゃんの唄こそ 世界一

今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの子守唄
父ちゃんの為なら エンヤコラ
子供の為なら エンヤコラ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

626 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:10:52 ID:1I//sDuo

    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/          うーん……炭鉱町に営業に来たはいいけど、
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/          この人たちのための歌って、ボクにはないよ……
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/            せっかく、これだけのお客さんに来てもらったのに……
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、           この人たちを元気づけるような歌、作って歌いたいな……
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

627 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:11:11 ID:1I//sDuo

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|        そういえば……
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/          うちも戦後は貧乏で、母さんが日雇いで働いて、
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ         ボクも日雇いの子供だなんだと、いじめられたな……
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./       そういうの……織り交ぜて、作ってみようかな。
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ヨイトマケ」とは、工事現場の掛け声である。

 昔、まだ工事機械などがなかったころ、
 道路などを地固めするために滑車のついた大きな槌を使っていた。
 それをロープで引っ張って、上下に動かして、槌を地面に叩きつけて、地固めをしていたのだ。

 そして、これは、主に男性の日雇い労働者の仕事であった。
 力仕事で、ロープを引っ張ればいい、どちらかというと人手が必要な仕事だからである。

 戦後直後、そういう仕事を美輪の母親がやっていた。
 そして、美輪自身、それが原因で「日雇いの子供」といじめられた経験があったのだ。

 前半部分の歌詞は、まさしく美輪本人の経験を投影したものと言えるだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

628 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:11:36 ID:1I//sDuo

                  >              |_|    /
          >        <                |_|   <
        <           >               |_|  /
          _______________|_|__
          | 【-i工!-------】       , -┬- 、   |
          |┌┬┬┬┬┬┬┐   /\ | ,/ ヽ;' |        父ちゃんの為なら エンヤコラ
      _「 ̄  |├┼┼┼┼┼┼┤   /ヽ/´ ̄`ヽ<'i   |         母ちゃんの為なら エンヤコラ
          |├┼┼┼┼┼┼┤   |,-l【121Ghz】l┤::| ̄Z_     も一つおまけに エンヤコラ
          |├┼┼┼┼┼┼┤   ヽ,ゝ___X/  |
          |└┴┴┴┴┴┴┘     `ー--┴ ‐'    .|
          ┴───────────────‐ー┴ \l\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1965年、転機が訪れる。
 「ヨイトマケの唄」がテレビで放送されるや否や、大きな反響を呼んだのだ。
 放送したテレビ局には、10万通の投書があったという。

 シングルカットされたのが1965年の7月。大ヒット曲となった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

629 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:11:59 ID:1I//sDuo

     /  {    \                        /   /  /ヽ
     ヽ  ヽ    ヾー 、__                _,. -‐ '   /  / /
      \  \   \  ` ー-- 、___,. -ー '"     _/ ./  /
        \  `ヽ、 ヽ、                 ,. - '  /   /
         \   ` ー-`_ー-- 、_     _,._-ー '_ ,. - '´    /ヽ、
           !ヽ,       ̄` ー--- ̄- ̄-─ ' "´       /  ヽ、
           |  ` - 、                     ,. ヾ、    |
           | ,. - 、! ` - 、__           _,. -ー' ´  \\   !
         ,. - 、 ソ   ヾ      `ヾ ' ー--丶 ̄ヾ`' - 、.   /   ヽヽ |
      ノ   V    ト       l      \ \  `'フ,ィ7´7 ̄ ̄ ヽ!
      /      |      !ヽ     ̄ヾ ̄ ' ─- 、\ \  イ:ン, !、ヽ   '
    /       /     / \      ヽィ'〒.'.:テヽ  ` ー-ゝ `´ l ヾ`ヽ、
.   /       /    ∧、  \\    \:.:'''.:ノ      ヽ  /   \ `
_,.. /     /    /‐-ヽ、  \\   `゙\"´       /
 `ヽ    /  ../     ` ー-ヾ、\   ヾ、   r_‐',イ、|-、.
   ヽ   /   ,__`i  ,> ヽ       `ー\   ヽ -- ー'  ヾ、ノ ヽ、
    ヽ     r´  ヽ  ヽ ヽ          r ヽ  ヽ-r─-- 、_.ヽ`ソ \
、   /    (゙     !_ } ヽ          ! | \ \戈、`- 、 `ヽ、__ \_
 ヽ '"    ノ ヽ   ノ    ,> ヽ        ! |  ` ヾヽ、`ヽ、 \ l ヽ  ヾ、
      ´   _,. -"   ヽ ヽ       ヽ`ヽ、 | | >、 \_ノ !<、
         /       }  ヽ        ヽ、ヽノ ! `7`ヽ、 / -'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ヨイトマケの唄」は、美輪がいろいろな意味でハイレベルであることを示す歌と言える。

 戦後の復興期の貧しい少年から、高度成長期にエンジニアへと成長した凛々しい青年を通じて、
 母親への思いをこれでもかと表した作詞能力。

 低音、特にドラムを効果的に使うことによって、曲の重みを引き出すことに成功した作曲能力。

 そして、少年から青年を歌唱で演じた美輪本人の歌唱力・演技力。

 全てがハイレベルでないと成立し得ない歌であったといえるだろう。
 評価されるのも、当然だったといえる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

630 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:12:17 ID:1I//sDuo

三三三三三三三三三三三三ソ
三三三三三三三三三三三三}
三三三三三三三三三三三/
ト、\: : :ヘ\: :ヾ: ト、ハ: :!: : : :l
: :ヘ: :\x=≠≦丗ヘ: ヘi!: : : |
ヾミヘ、: :≧レテ:.:,ヾミハ: :ハ : : :l
  \\代辷:,ノゞミx: :∨: |
ト   ``\`¨´  ゙メ:\ヾ |
  ,          /: :l: : \ヽ
 _   _      /リ: :i!: : ;小ヾ、
 `  ´     イ:/: :.ハ : :リ
、      ィ彳:/〃l| : リ /
:i>ー<i:i/ 〃:リ //l: /!:l
    __ ィ 彡l|ハ〃l |/ |/
=ヲlヘヽ     "`ヽ. i!
 /∧ ト、ヽ,       ,' '’ー_ハ/}
ノ/ ゝ∨/     /   //i:iノ:ヽ
フ { } l` ´         }}i:廴{:::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この頃から、美輪は舞台演劇や映画にも出るようになる。

 代表作は「黒蜥蜴」だろう。
 江戸川乱歩原作のこの推理小説は、三島由紀夫によって戯曲化されている。

 美輪は主演のみならず、演出・美術・衣装・音楽等も自ら手がけている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

631 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:12:51 ID:1I//sDuo


                  , -‐ "  ̄ ̄ `' 、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
               r':::::::::::::::::::::::::,,_,,、;;;;_,-、::::::::',
               、l ̄"~´/i/^´      |::::::::::l
               {:|          _ |:::::::::::i
                {,---‐ッ ゞヒニ二二-`i:/⌒i|
                 | i  ̄t i!    ´__てj"' |:lr'` l
                '、',  ̄|       ̄  冫'/
                 ヽ!   、 ,、        イ:i
                 '!   ゙'         ,' i::l
                  '、   '.==-‐   /  ':i
                  ヽ  ""´   ∠i   '、
                   i\    /  l    `ー ,
                    ':.:.:.: ̄    ,'       `ー─-  _
                _ ‐'  '"´     ,' ,'    _, '..:'        ' 、
             /´  ヽ_   il      / ,'_ - ''´ ,::;:'          ヽ
           /      "' -、 , ー''"´     '             ' ,
          , '                                  ',
          /   ,         /                        i
         ,'   ,'        /                         |
         i   '        ,'              、',          ト、
         |   l|        l               ヾ、           ',
         }  }i        i                ゞ、          ',
         rヾ ヾ        ,ゝ              ,,彡|           ',
         i ゙  ヽ、_ _  _ ノ,,,,ヽ、       _    '"´ ;;;l           i
        ,'     i"  ̄   "~  ` ゙"   ̄"´      ,;''゙ !             !
        ,'     |  '" ̄  ;i     ̄          '  ;;ゞ           l
        i     丶       ー 、             -' ヘ          |
        |      ヘ  , -‐ ;    `゙ー 、            ∧         |
        |       ',  '  i        ヽ    ;  ;    ,' ヾ;;,         |
        |        l    ';         ',   ノ  ,'     ,'   '、           |
        |       ヾi  _  '         ;  '  ノ     ,'   〉 ,;'      |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、「黒蜥蜴」の映画版について、ある話がある。

 主人公の女盗賊である「黒蜥蜴」は、美しいものを蒐集する女賊なのだが、
 その「美しい」ものの中には、人間……若い男女も含まれていた。
 美しく若い男女を誘拐し殺害、剥製にしてしまうのだ。

 映画版「黒蜥蜴」では、「美しい男性」の剥製をある人物が演じたのだが……

 それが 三 島 由 紀 夫 だったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

632 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:13:39 ID:1I//sDuo

                   -‐   ̄ ̄ ̄`>:
              '"´ : : : : : : : ─- : : : : : : : .
.            ∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.          ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: :、 : : : : : : \
        ': : : : : : : : : : : : : : : : ⌒\: : : : : : : : \: : : : : : :`、
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : \: : : : : :
..    /:/: : : /: : / : : : {: : :.\: : : : : : : \ : : : : : : : ヾ!: :',: : !
     |: !: : : :|: : :|: :l: : :ム; : : : :\: : :ヽ: _\:_:_: : : : :l|: : l: :.|
     l: |:l: : :.|: : :|: :l: : :|__'、:_: : : : \ :´\: : : \`: : : l|: : l: :.|
      ヽ|:l: : :.|: : :|: :l: :´|:  ヽ`: : :.\\: : \:_:_:_\: : :|: : l: :.|
      |:.l : l:|: : :|: :l: : :|  ___\ヽ: : :\,ィぅ千刃`i7|\|: : l: :.|
      |: l.: l:|: : :l: :lレイfう于圷ヽ{\ : ヽ弋//ソ ' | :/|: :,': /|
       乂!:从: : :',: `く{.戈//ソ  ` ヽ、_:> ̄  ノイ: :∨:∧|      「黒蜥蜴」にこんなシーン、あったっけ?
       ヽト:\: :`ト、\  ̄     }         ' ': : : :/ ヾ
        j∧: \ハ ̄                  //: : : /\__
             \: : : :.\       ⌒      ,.イ/:.: : :/  |__人
          __/\ : : 、:.> _       / ! : :/   }_〔ハ
         ヽ_入   \: :ヽ:\ ≧=ー z<.   |/     |__,ノハ
        んニ圦   ヽ、: : :\>光r―‐- 、      /∨:::::::::',
        !:::::て_入      ̄//厂「「 ̄\\     んく:::::::::::::ヽ
          |:::::::::く__入    // / ∧|\   \ヽ   ∧ r':::::::::::::::∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかも、単に三島が剥製として出演しているだけではない。
 美輪演じる「黒蜥蜴」が、その剥製にキスをするシーンがあるのだ。

 実はこのシーン、本来の「黒蜥蜴」にはなかったシーンであった。
 映画監督の深作欣二が入れたとも、三島がごり押しして入れたとも言われている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

633 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:14:08 ID:1I//sDuo


                           _ -一   ̄ ー
                         ,/´
                       /  /
         ______    |i  /
      /             \   |!レ/ハ   i
     /                ヾ  ||Y |i イト、 、
    /                    \/ ゞ ヽ{! ゙ヾ ヽ、 l
   /                     l '   ` ヽ`\`,!
   .|    (代  役)      '   Y   ゞ、 ` ハ\ヽ
  |                        ヾ   `ー /::/: '\丶
  |                         i    /::/::/ :::
  r\                    ノ   /:/:: ' ::: /     ヽヽ
  /   \                     /. ̄ ̄レイ::/:.:.\      ノノ  バッ
  `<`ー' ̄\__   ―――――ー''' ̄\.:.:.:.:.!/.:.:.:.:.:.::ヽ
   〔 ュ.   ゚ ゚  ̄ |              \.:.:.:.:.:.:.:.:..:/ヽ
   ( \_      l   _            \.:.:.:.:.:.:i  ハ
   ∧ _,'\_ _ ‐´ ̄      ̄`ヽー- 、_      \.:.:/   y ∩
   / `ー’、 _ `ュ、                 ̄ ̄\ \ i.<ヽ.〉 ! l /)
      \    ' ,               / ヽ.   ノ ) i_ノ.〈ノ /レク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 実は美輪はキスが好きではなかった。

 しかし、台本に書いてある以上、やらなければいけない。
 と、いうわけで、剥製の男性(三島)とのキスシーンを演じた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

634 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:14:34 ID:1I//sDuo

         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l    
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ              何故もっと長くしてくれないの?
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、  
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、  
            ヽ、  /__,∠、    `'-、
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l


              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/          ・ ・ ・ ・ ・ ・
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そのシーンの撮影が終了したとき、三島は、

 「何故もっと長くしてくれないの?」

 と不満を漏らしたという。

 キスという行為が嫌いな美輪は、この時はとても嫌だったと後に語っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

635 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:15:08 ID:1I//sDuo

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr〜ヅ   ミ::::::::::::::::::::::::::::::::: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:. :. :.`ヽ
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::.、::::.:.:.:.:.:.:.:.:.\:
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::: .:.:..:.:.:.:.:.:/.:.::::::::::::::\:\ヽ::ヽヽ:',:
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::: .:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:::::::::::::::::.:.ヽ::i:::i::::::', |:|:
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::: i.:::::::::/::::ハ:::::::!::::::::::::::::',:i:::i:::::::l.|:|:
    /..             "´ 2ノ/ l:::: i.::::::/.::::〃ハ:::|:::::::::::, _::」|::|:::::::l l:!:
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::: l.:::/.:::::〃 ',:::ト、::::く::::::::||::|:::::/ リ:
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l::: l::/.:::;ィ:/=-ヽ\ヽ,.ィイ1!::!::/ ′
      〈..        /:{      ヽ l/:/ /-‐      〈tfシノ::!::!′
        `}     /:: ! i     K ,.ィテテ'ヽ    `´1://
        丶、,、. イ::::::    !    ::::', V弋ソノ    、  l::::|
                      ::::::', ¨¨´       / /::::|
                      ::::ト、ヽ、     _  ,.イ::::ハ!
                      ::::i        `'/l:::::/
                      :::::i  ``ー┬一'´  |::/
                      :::::L _ __/     |/
                      \|__ _ ユ_==ァァ
                              \//
                               \
                                 \__
                           . .: .: :/ ̄,.-、入
                         .: .:. :. :./ ヽ_ソ.::::::::::.`、
                        .: .:. :. / ヽ_ソ.::::::::::::::::::::.ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、このような2人であるが、必ずしも政治的な考えなどが一致しているわけではなかった。

 三島は軍国的な方向に流れがちだったのに対し、
 美輪は実家・長崎での被爆体験などもあり、反軍的・平和的な方向に流れがちであった。

 もっとも、その辺りを踏まえたうえでの、精神的つながりであったと言えよう。
 異なる思想への許容性を有していたからこそ、成り立ちうる関係と言えるのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

636 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:15:46 ID:1I//sDuo

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\          三島さん……おめでとう。
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 美輪は自分が力になれなかったことを悔やんだ。

 その一方で「三島さん、おめでとう」という気持ちも湧き上がったという。

 「自分の美学にあった死に方を三島さんが選んだ結果なのであれば、
  私自身はいくら悲しくても、19年間の親交のあった三島さんに、
  『おめでとう』という言葉をかけてあげたいとおもったのです。」

 そして、美輪は舞台へと向かった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                【つづく】

637 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:16:21 ID:1I//sDuo
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

638名無しのやる夫だお:2011/07/10(日) 21:17:41 ID:kzDNqxKs
乙でしたー。美輪さんの前半生がこんなにも苛烈だったとは。

639名無しのやる夫だお:2011/07/10(日) 21:17:43 ID:t3g51f7s
おつ

640名無しのやる夫だお:2011/07/10(日) 21:18:08 ID:PcAdczHo
乙でしたー

641 ◆KcxXifcWsc:2011/07/10(日) 21:22:06 ID:1I//sDuo


                 . ―- .、
              ?::?).ヽ      現代文学のちょっとした裏話。
 ・ ─‐ ‐ ‐ i―==ヵ、iェェェイ} ノ
          ̄ ̄fと二二_ノ!)      次回は明日11日21時からだ。
                  /     〈
               |_/ `ヽ_〉

642名無しのやる夫だお:2011/07/10(日) 22:07:12 ID:Q5FRFJaQ
乙でしたー

643名無しのやる夫だお:2011/07/10(日) 22:44:24 ID:cOi64BrA
乙!

644名無しのやる夫だお:2011/07/11(月) 02:51:50 ID:.XKHpHW6
乙‼
浅田二郎なんかも三島事件のエピソードがありますね
もっとも、デビューが遅いから世代が違う感じがする

645名無しのやる夫だお:2011/07/11(月) 03:57:31 ID:WP4ibbhA
乙です。
うちの親は美輪さんのこと
「紫のオバケのおっさん」て呼んでるわw
黒とかげは京マチ子バージョンが好きな俺・・・・

646 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:05:43 ID:QeH06Kx.
どうも、こんばんわ。

>>644
浅田次郎はこの事件のちょっと前に、水道橋のボディビルジムで三島を見かけたようですね。
ちなみに事件当日は新宿のマージャン屋に入り浸ってたw

647 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:06:17 ID:QeH06Kx.
それじゃあ始めますか。

現代文学のちょっとした裏話。

648 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:06:34 ID:QeH06Kx.
【「1970年11月25日」……第5話】
                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄
 .    ,   " . .   ,,       ,,,   '. .       ,,  .   ''     " ,   .     .
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京地方裁判所。

 その日も、いつものように裁判が行われていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

649 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:06:56 ID:QeH06Kx.


         / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ,.-''⌒´              \
   /         ⌒`          ヽ
  /       i"'"! !`、         |
  '/     イ| |   | i i、      \  |
  |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
  l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
   |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
      |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |
       |   /            ||,) |ヽ. |              ・ ・ ・ ・ ・ ・
       |.く__ - 丶      |!'ノ i||
       ハ ー――‐一    /! i |_  |
       ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
    ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
          \__/    /  |
           | \    /    |
               |   ヽ/     |
             l  /\      |
            l/|  /\  |

           【井出孫六】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出孫六。以前は中央公論社の社員だったが、一年ほど前に、「諸事情」を理由に退社。
 退職後はフリーライターをしていた。

 その日、彼は、裁判の傍聴のために、東京地裁を訪れていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

650 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:07:16 ID:QeH06Kx.


                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出の傍聴していた事件……

 井出の著書によると「年若い殺人者の裁判」としか書かれておらず、
 被告の名は一切書かれていない。

 しかし、当時の裁判記録などを調べていくと、この日、ある有名な事件の裁判が行われている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

651 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:07:35 ID:QeH06Kx.

          _____.|┃┃
.         /       |┃┃
     /        |┃┃
    /   (●) (●)|┃┃
.   |.  (トェェェェェェェェイ|┃┃
.     \ \ェェェェェ/|┃┃
    /          .|┃┃
    / i       (.二つ┃
   { ミi      (.二⊃┃
   l ミii         ト、二)┃
   | ミソ      :..`ト-'. ┃

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 被告人の名は、永山則夫。当時21歳。

 事件名は「警察庁広域重要指定108号事件」、通称「永山則夫連続射殺事件」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

652 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:07:56 ID:QeH06Kx.

                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 永山の犯した事件……それは拳銃を用いた4人の殺人事件である。

 1968年、アメリカの横須賀基地から拳銃を盗み出した彼は、
 同年10月から11月にかけて、東京、京都、函館、名古屋で、
 計4回殺人を犯したとされ、刑事訴追されたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

653 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:08:15 ID:QeH06Kx.

                   _,,,...----..,_
                   ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
                  /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
               /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
              <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!
              Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l
                `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′
                  !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/
               _r<   ヽ    - / '′         犯行時未成年であったこと、
               /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/             家庭環境や生育環境の劣悪さを考えたら、
             f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、               情状の余地はあるはずだ。
             /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i
            i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l
            /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l
           i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l
         .  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!
           l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;r'i;:::::::ヽ:::::`!
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!;;!::::::::::ヽ::::l
           !;;;!::::::::::::::::::;;;!';;:::::::::::::ヽ:l
           !;;;!:::::::::::::::;;;;;;!;;::::::::::::;;;;;;;!
           !;;;;!::::::::::::::;;;/;;:::::::::::::::;;r7
           !;;;;!:::::::::::ヽ;;!;;;::::::::::::::::::l′
           !;;;;!:::::::::::::::`!;;;::::::::::::::::::!

              【遠藤誠】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 余談ではあるが、永山の裁判の弁護を担当したのが遠藤誠弁護士である。
 帝銀事件などでも弁護を担当し、のちに、暴対法違憲訴訟では山口組の訴訟代理人まで務めている。

 曲がったことが大嫌いな、筋金入りの反権力の人、といえよう。

 永山とはその後20年近くもの長い裁判を戦い抜き、
 後に彼が死刑になったときには、その遺骨を引き取り、散骨している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

654 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:08:36 ID:QeH06Kx.

.            /::::/::::::::/::::::: /:::: /::i::::::::::∨::::::\:::: \
           /::::::/:::::::::::/::::::::; イ:::::::::/:::::ト;::::::::::∨:::::::∧:::::∧
.          /::::::/:::::::::::/::::::::/ |:::::::/::::::::! \:::::∧ :::::: ∧:::::∧
          '::::::/:::::::::::/i:::::::/⌒゙i::::::ハ::::::::| ̄`∨::∧:::::::::∧:::::::i
            i::::/:::::::::::/:::l::::/ __,,,?| ?::i ィt=∨::::i:: ∨::∧::: !
            |:/i::::::::::/::::::l:::l ん:刋?!  ?!  斥圷::::iヘ:::∨::∧::!
           ' |:::::::/i::::::::l::l〈 比::リ \  \ 比::リ∨ ∨∨::: リ
.            |::::/ l::::::/::i  ゞ-′      ゞ-′  jK_∨:::>       永山君。
.            |:/  l:::/小     く:.            {__j ∨::::>
             ′   !/  !                j___ソ\!´        やけになっちゃいけないよ。
                   '、     r _,         //
                     \             /!
                        ` 、        / .:.:|
                     \__  ..  ´   ..:.:|
                       |       ...:.:.:_jー 、
                      __j   __ .. - ´   ヽュ、、
                      ノ ハ_/          /:i:i:i:i:iヽ、、
                ..</ /////∧          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
               ..<:i:i:i:i:/ ///////∧        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,           ・ ・ ・ ・ ・ ・
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\ ``-" \,_、: : :: : : :ヽ
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\   ``ヽ: : :: : :: : :ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第一審の頃の裁判記録を見ると、永山則夫の被告人としての発言は、
 かなり精神的に荒廃したものであったらしい。

 後に獄中で執筆をし、文学賞を獲った人物としては意外なもののようにも見えるが、
 逆に精神的に荒廃していたからこそ、それを後々に文学につなげられた、という見方もできよう。

 もっとも、荒廃したままで終わらせなかったのは、遠藤や支援者の努力あってこそだろうが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

655 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:08:55 ID:QeH06Kx.

                      , -──‐‐-、
                     / ,-─==-‐‐、\
                    / ,,---、  ,,,---、ヽ
                    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i
                    |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |
                   __| ,,、--└Li┘---、 |___
                  { ti/   /\   \iァ }
                   Y    ./´ ̄`\   Y´               被告人、発言は?
                  ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ
                 / /  /  i  ヽ ヽ   \
                i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !
                | i   i     i    i  }    }
            ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
         ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
      ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
     /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
    / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i
┌‐────┐           ヽ  \ノ二ヽ /   /            /    |
│ サイバンチョ .!            ヽ   i   i   /            /,、-   |
├───‐─┴────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 しかし、1970年当時、永山の精神的な荒廃は、
 まだ文学を残せるほど穏やかなものではなかった。

 その日、裁判長は彼に発言する機会を与えた。

 そのとき、彼はこのように言ったという……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

656 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:09:21 ID:QeH06Kx.


          , ' ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           :::::::::::::::::::::::::\
      /             :::::::::::::::::::::::::::::::\
     , '       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   │             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
  │              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
.  │      、-_.===-ー}  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  |      ,.,r'/  _.,  ,' : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  | (, `ン`〃,ィ" ̄Y!}》}i,r'   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   {  ′ トリイヘ;_゚__ノ'  '     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    日 本 人 民 を 覚 醒 さ せ る 目 的 で 以 て 、
 .  ',   ,.' ヾ≡彡'メ、        ! `i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ヽ    - = 彳,勿ァァ __/^Y:1i. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    天 皇 一 家 を テ ロ ル で 抹 殺 し ろ !
    . ゝ、       _ ノ\__ト-'_ i:|  :::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       ヾ, 、  __ /^Y `!__ノr‐く_ノi:|   :::::::::::::::::::::::::::::,r'
         Y''く  `i |、_,ノrベ!_ } Y! /ハ ::::::::::::::::::::::}!
         \ハ___jニr'⌒ト、_}. `′ ハ_八_i :::::::::::::::/
            亡「\ `r:J r〜',x'^⌒ヾJ| ::;_;:::イ! /
            ヽrヘ┘, _,x:+く    __,比ィイ //::::
              \.メ^      , ',∠=イ //::::::::::
                  i.    // lYト,//::::::::::::::::
                ヽ -='-:'´   lレ' /..:::::::::::::::::::



                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
              /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
              /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
              |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|
              |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V
             < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |
             <:: |. 小{  `゙''''''        ‐-\ \ \_
              厶ヘ ハ U      、 r--‐-、 >、    `ヽ
                \_!          ' ` ‐-、 ``      `、
            _, r´:/ : :| ヽ    r‐--っ   /\         `、
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \    ̄   /ヽ :`ヽ         ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 遠藤は、この永山の発言については、特に何も記録に残していない。

 それまでも、そしてその後も長く続く彼の精神的荒廃の発露の1つぐらいの認識だったのかもしれないし、
 訴訟戦術ボロボロにしやがって……的な認識だったのかもしれない。

 まあ1つだけ言えそうなのは、その後の弁護の方向性から考えるに、
 遠藤がこの発言を永山に言わせたわけではなさそうだ、ということだけであろう。
 情状狙いの裁判で、あのような発言をさせる弁護士がいるはずがないのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

657 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:09:35 ID:QeH06Kx.

             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ| u  | |_L| l l
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |
          | |.バ ̄。`  ´。 ̄,".|l |
.          レ1 ゙ ‐- 〈|: -‐''u !`|
          ド」. トェェェェェェェ7,lイ!
      _,,... -‐| l ト、 ェェェェェノイ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l :::ヽ、三, .:´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ    
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ    
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ   
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ  
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ 
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一方、裁判を傍聴していた井出は、永山の叫びが、
 ずっと心の中に残っているような状況だった。

 その後、日比谷のレストランに入ったとき、今度はあの事件の叫びを、
 テレビで知ることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

658名無しのやる夫だお:2011/07/11(月) 21:09:41 ID:vFehb9zw
>>646
浅田さんは、回想録で自衛隊に入る前には、本日の昼食メニューがすき焼きという駐屯地に、広報官の人に連れて行ってもらってたらしいから
現役で、その日に市ヶ谷勤務だったら、昼食が食えない事に激怒した可能性も無きにしも非ずなんでしょうかね

659 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:10:13 ID:QeH06Kx.


           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|            天 皇 陛 下 、 バ ン ザ イ ! 
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「天皇陛下、万歳!」

 テレビで中継された映像において、三島由紀夫は、そのように叫んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

660 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:11:29 ID:QeH06Kx.

               ____
   ::       、 ー¨´      `゛'- .,
    ::     ,.,r'  ,r'      ゛'-.,,   \
     ::  ,.,r'     ´゛'-.,,     ゛'┐  _゛'ー、
     ,.,r'         /´、-=='=-.,,_    ) /    ゙i
    ,r'         <iiiiiiiiiiiiiiii\゛'-=ゝ,r' __,へ !
   ,r'             ̄ ̄ ̄ ゛'''= <iiiiiノヾ゙|
  ゙i                 ,'´゙.ー,.^‐ー----------‐^ヽ)
 ::゙i             /::::/ ,r 'T"丁 ̄| ̄ | ̄|`ji゙',
                 /.:::/ ,イハ__,|__,?_⊥ ___.!.._,!、ハ_!
             i.::::! ロ              V_/
                \\仁!              ||    日 本 人 民 を 覚 醒 さ せ る 目 的 で 以 て 、
              `ヽ仁!     _,__    ||
              ___ノ lニレ'´ '´     `ヾ'、 ||   天 皇 一 家 を テ ロ ル で 抹 殺 し ろ !
               \ 「]、         ヾ>、||
                 ヽ`「ヽ          }A||
                      ヽ`「ヽ、、,__,,_ノ∧|
                        \`'〔`'T''''''T_´ノ|
                       \ ` ̄ ̄ ̄  /
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                    ,,、 - ―─ -- 、
                                                ,.'"  _,,. -…;.,     ヽ
                                               〈i'"((´  __ 〈;       }
                                                i |: /  `ヽヽfハ.   }
                                                |i {イア    :.:.:.}|トi   }         _... -‐―
                                                7 {::     :.:.:.イ_ハ  {       /   ̄ `:.:
                                                ヽ_ ,     :.:./:.:.:.:.`ヘ   _ ィ ':.:.:.:.:.:.:.
        天 皇 陛 下 、 バ ン ザ イ !                   `{_     ., イ:.i:.:.:l:.:.:.:.:. ̄:., :.:.:.:.:_:.:.:.
                                                   |  _... -:.:.:.:.:.:| :.:|:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.三ミ、:.:.:.:.:.:.:
                                                  ` ̄`ヽ:.:.  :.| :|三/  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄_>
                                                        ハノ.: :.:| ,ゝ'   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://__
                                                     /∧: .:.:.|/     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.z<ミ
                                                  __/_. '-‐-:.:.イ       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ミiミ:.ヽ
                                                 /‐ ''´    .:  /      :.:.:.:.:.:.:.:':.:三|ミミ:.
                                                /´     -―-、}/        .:.:.:.:.:.:.:.:.:三}ミ:.{:.:
                                                  /          ′       .:.:.:.:.:.:.:.:.:三/:.:.:l|:.
                                              /  .:.:,        {      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:三/:.:.:.:.:}:.

661 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:11:47 ID:QeH06Kx.

                          γ⌒ヽ-___  υ⌒ ̄ ̄ヽ
                         /      ∨       ヾ
                   ..     /      ミ  ∠   ゝヾ ヽ
                        /    /              ヽ
                   ....   /    / 彡ミミ¥γヽヽ      ヽ
                       |      /::::υ::::::::::::::::ヽヽ   |  │
                       |  |   /:::::::::::::::::υ:::::::::丶∧|  | ||
                       |  | ∧/ ⌒ヾヽ   /⌒  ヽ  │
                       |   /ミ====  u ====″ │
                       | 彳../ゞ   ◎    ◎   ミ|:ミ |│
  せ 、 精 神 風 土 の、     | |a|. ヽ ─  ./:::|  ─ 丶 |:6》| |     活 断 層 か 、
                       |  || υ     ヽ::|       |: | |
                       |   |..   ┌────┐   | | |      こ 、 こ れ は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
                       | |  |::   |二二二二二|  /| | │
                   .    | | |::::::\ └─┴──┘ /:::| ││
                        ||  |:::::::\   三    /::::::| |│
                   ..     |  |   |\     / |  │ |
                   ..   ̄ ̄ | | ̄ /\ ─── /\ ̄| | ̄ ̄
                             │ \    /  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「(永山の)そのなまなましいことばのひびきにふりかぶさるように、
 テレビに映し出された三島由紀夫の口をついで出た「天皇陛下万歳」という叫びが重なった。」

「ぼくは東京の日比谷にいて、
 この国の精神風土の底深く走る活断層を見たような気がした。」

 井出はその日なされた、正反対の叫びを2つ受け止めたことになるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

662 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:12:22 ID:QeH06Kx.

                          γ⌒ヽ-___  υ⌒ ̄ ̄ヽ
                         /      ∨       ヾ
                   ..     /      ミ  ∠   ゝヾ ヽ
                        /    /              ヽ
                   ....   /    / 彡ミミ¥γヽヽ      ヽ
                       |      /::::υ::::::::::::::::ヽヽ   |  │
                       |  |   /:::::::::::::::::υ:::::::::丶∧|  | ||
                       |  | ∧/ ⌒ヾヽ   /⌒  ヽ  │
                       |   /ミ====  u ====″ │
                       | 彳../ゞ   ◎    ◎   ミ|:ミ |│
  せ 、 精 神 風 土 の、     | |a|. ヽ ─  ./:::|  ─ 丶 |:6》| |     活 断 層 か 、
                       |  || υ     ヽ::|       |: | |
                       |   |..   ┌────┐   | | |      こ 、 こ れ は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
                       | |  |::   |二二二二二|  /| | │
                   .    | | |::::::\ └─┴──┘ /:::| ││
                        ||  |:::::::\   三    /::::::| |│
                   ..     |  |   |\     / |  │ |
                   ..   ̄ ̄ | | ̄ /\ ─── /\ ̄| | ̄ ̄
                             │ \    /  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「(永山の)そのなまなましいことばのひびきにふりかぶさるように、
 テレビに映し出された三島由紀夫の口をついで出た「天皇陛下万歳」という叫びが重なった。」

「ぼくは東京の日比谷にいて、
 この国の精神風土の底深く走る活断層を見たような気がした。」

 井出はその日なされた、正反対の叫びを2つ受け止めたことになるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

663 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:13:17 ID:QeH06Kx.

                          γ⌒ヽ-___  υ⌒ ̄ ̄ヽ
                         /      ∨       ヾ
                   ..     /      ミ  ∠   ゝヾ ヽ
                        /    /              ヽ
                   ....   /    / 彡ミミ¥γヽヽ      ヽ
                       |      /::::υ::::::::::::::::ヽヽ   |  │
                       |  |   /:::::::::::::::::υ:::::::::丶∧|  | ||
                       |  | ∧/ ⌒ヾヽ   /⌒  ヽ  │
                       |   /ミ====  u ====″ │
                       | 彳../ゞ   ◎    ◎   ミ|:ミ |│
  せ 、 精 神 風 土 の、     | |a|. ヽ ─  ./:::|  ─ 丶 |:6》| |     活 断 層 か 、
                       |  || υ     ヽ::|       |: | |
                       |   |..   ┌────┐   | | |      こ 、 こ れ は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
                       | |  |::   |二二二二二|  /| | │
                   .    | | |::::::\ └─┴──┘ /:::| ││
                        ||  |:::::::\   三    /::::::| |│
                   ..     |  |   |\     / |  │ |
                   ..   ̄ ̄ | | ̄ /\ ─── /\ ̄| | ̄ ̄
                             │ \    /  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「(永山の)そのなまなましいことばのひびきにふりかぶさるように、
 テレビに映し出された三島由紀夫の口をついで出た「天皇陛下万歳」という叫びが重なった。」

「ぼくは東京の日比谷にいて、
 この国の精神風土の底深く走る活断層を見たような気がした。」

 井出はその日なされた、正反対の叫びを2つ受け止めたことになるのだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

664 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:14:42 ID:QeH06Kx.
                 __
            xー´ ̄:::::::::::::::\
          /:::::::::ハヘ:::::::::::ヽ:::\
          }::::::::::/イ  ヽ:::::::::::\::::ヽ
          V}::::/ーx  >ヘ}ハト、:::::::::'.
           ハ{≠ex  xe≠ .ト、::::::}
             '.`¨ア `゙¨´  ,ノ::::::|              そうですが……
              '.ム-  _,   /}:::::Lj
                ハ ̄こ  / ,ル}::::>-            どうかなさいました?
            , <へ  ./  ,イ::::::::::::::
          ./:::::::::::::::::`爪   / |::::::::::::::
      __/__,-x::::::::::::::::{  X´   }::::::::::::::
   Y´ ̄    {州ノ::::::::::::::::|.,イ ゙ト、 /:::::::::::::::
   .|        {州::::::::::::::::::::| .}示{ ./:::::::::::::::::
  /!        {州::::::::::::::::::::| ,ハ/ハ/:::::::::::::::::::
  /:|.        {州::::::::::::::::::::|ハ///::::::::::::::::::::/:
  |::|.       {州::::::::::::::::::::|///:::::::::::::::::::::/:::
  |::!       ⊂二二⌒ヽ: |//:::::::::::::::::::::/::::::
  | |       と二二  .}::|/:::::::::::::::::::::/::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出孫六と三島由紀夫には面識があった。
 「憂国」の原稿を受け取りに三島宅を訪問したのが井出であったのだ。

 そしてそのとき、三島は深沢七郎の「風流夢譚」と「憂国」を同時掲載にしたほうがいいとも言っていた。
 もっとも、これは編集部が認めなかったのだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

665 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:14:59 ID:QeH06Kx.
        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/.`-ニニ;;;;x,  ' wr=ニ`-'.|、!
     ]/'.l.|          "      l、.!
     ,!゙ .川  `”´丶   │.'' ̄´  .l l      深沢さんの今度の新作……「風流夢譚」だったかな?
     ヽ ゝ            |     !.|l゙
     .'Lヽ         ,     l゙/       あれはなかなか扱いが難しいと思うけど、
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’       僕のこの作品と並べてのせれば、
      .リ ヽ    .-- --     ,/        毒が相殺されるはずだよ。
      /'゙i  .ヽ     ..y.   .ノ|
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出はこのときの三島を、
 「偽悪的なポーズとかけ離れた真摯さに彩られていたように思う。」
 と、評している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

666 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:15:13 ID:QeH06Kx.

      , ‐―‐-、
     l ,.-‐‐-, l
     ni`Ii iI´h
      ゝ、___ノ
     / y/ ヽ
 ━(m)二フ⊂[_ノ
     (ノノノ l l l )
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出の受け取った原稿である「憂国」……
 のちに三島自ら主演して映画化された作品であるが、
 その内容から、主に左派的立場の文化人から、酷評されている。

 しかし同じ左派的立場であっても、井出のこの作品に対する批判は、少々異なっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

667 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:15:35 ID:QeH06Kx.

      、-‐-、r''二∠‐- 、
    < ̄ニ ミ -─  、  \
    ///r .ニ、 ヽ \\\ヽ
   レ'〃,' l f'''゙゙l ‖  l  l  ! ヽ.l
.   /イ//,.1.|  l l、i 、 | ‖ l.|
    レ/イ-lノ、  ゝlヘ.「ヽ\ | l |
      |==ij  ==i;j=''| | l |          もしも文学として完結してるのなら、
.       │"ー)   ー‐ '゙ |lゝ、 !
       | < 、        |Lノ│|         映画作る必要はなかっただろうよ。
.       | ヽニニニフ   ,| l |.‖|
        ヽ、 ー   ./リ ノハ l !|
.         ` 、__,. '´ ///_,.ゝ!|.!
           ,」 -‐ イル',. -‐}ル}
.           /\  /::;::-─-:ヽ.
          /-r'´>':::::/::::::::::::::::::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ある観念の呪縛によって、作品自体が自由な飛翔を阻まれている。」
 「作品それ自体で完結していたとするならば、
  どうして作者自らスクリーンの中で、切腹のシーンを演じなければならないのか。」

 確かに、映画を制作し、また自ら主演を演じて初めてその表現が完結するとしたら、
 文学というものは中途半端なもの、表現し切れていないものということになる。

 これは三島の能力そのものの限界なのか、
 それとも三島の想像力がいろいろな表現技法を超越していたのか……

 とにかく、三島の筆力の限界だった、と考えることができよう。

 井出は、編集者らしく、そういう点を見ていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

668 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:15:53 ID:QeH06Kx.

                           ,, - ―- 、
                        ,. '" _,,. -…;   ヽ        _人_ *
                       (i'"((´  __ 〈    }          Y  ┼
                           |__ r=_ニニ`ヽfハ  }        +
                           ヾ|!   ┴'  }|トi   }
                            |! ,,_      {'  }
                              「´r__ァ   ./ 彡ハ、__ ,...,___
                            ヽ ‐'  /   "'ヽ/ '´   `丶、         ┼
                            ヽ__,.. ' /     , ′       iヽ      _人_
                            / ヽ ‐、 / '///           ! ',   +  Y  ┼
                          ,.イ  l \   /__ i         ,'   i
                        /   !| ., ' ´ ,={          /  亅   _人_ *
                     ,. -'ァ‐==ニ_‐-v′   ^ヘ       /    ,′   Y  ┼
                     /  /-     ._ 〃,     ',    _,.イ    /      +
                        /   ハ`     ミ {/      〉   ´  i  !イ{   ┼  _人_
                    i  ,イ`       _,,.t'      /      亅 ノ ! ',         Y  +
   r‐、__               ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′      .' /  |
⌒`‐く   ヽ-‐-、_             v'  / ヽ     -_込._   {       ' ,   j
   丶r-f⌒ヽ、 ヽ____         /  礀  \__,,.. ァ'´  { `¨¨¬     /  /  / *
ー、  _r'  !  iく__/  `ヽ. o   ,′ !   ',  ヘ._,. 个、___,,. }__ー‐'´   v'  /  _人_    _人_
  `「ゝ、__   ! `! ノ  )'    {     ',   ハ  ノ    ,、,.-‐'´    )   V//    Y  + Y
  ヽ! ヽ) `Yヽ  (ヽ、_∠     ∨  ,ハ.  / ,{  ヽ-‐'/      /     {/
r、_ゝノ ヽ__i/_ノ  rハ /____`ヽ  ,」∠ム-、く  ハ ノ_/   _,,. -‐'´   /  ノ
`) `ヽ、\__,r'__く` _ノ´   `ヾ.j   }/,ト/:.:.:.:`77了´  -‐'_,.-‐'´   __,,.-‐'´{
 \  `゙'ー-‐' 」/⌒r'⌒´ ̄`)/,.トt_:.:.:.:.:.j:{:::{     ´     __,,∠:_ ̄`丶、
\_ `二ニ=--‐く_r‐‐'´「__    {__  ⊥ニー厶!い __,,.. -―  ̄ __r'>'⌒「__,rへノ⌒ゝ
 { ⌒ヽ、  /⌒ r'  ト、__   `┐-r‐く. ヽヽ ̄-r¬::T" ̄_r'⌒く {   (_ ヽ/´7^ー-、_
__j--‐‐‐、`Y´  ___r'「    (_  r'^ヽ、    r┬'⌒j_,.o  r´ヽ   ヽj   _,.ゝ_丶     く
 }    `ー-く`  !ー-、 i   !ー-i__r‐┤   { ノ   _r'   {_r-┴-、 ヽ、 {   ヽj     _ノ
 {_j      /    { l 。  _}   )_   i-‐-、j'  r'´「   r┴-、_>「 {___r、ゝ、  /`ヽ、
 ヽ `ー--、__{_ _r'y'⌒ヽ!o。 /(    _)`ゝ  `o    _> (___ ヽ」 \ ヽ}_r' /⌒´\    ノヽ
  l__     `ヽー'  ノ-、o゚  j' ハ´ヽ┴、 。 ゜  r'‐-y'´ `7_j`ヽ (⌒´(___ハ/-'7 /)    )-く
    `ヽ、    {、⌒ヽ く-、_r'-‐'__ノ  \__>    (  <   ヽ、ー-( ̄`ソ  {  ヽ' }/)'´ _ノ
      `ーニ二´>‐‐'⌒`ー'´_r'´i'    {´-!    `}‐-┤   ゝ-=ニ) ∠_r' ̄j  / ヾ、 ヽ丿

669 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:16:07 ID:QeH06Kx.

     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!
  |,イ| ` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ           (今日の三島さん、妙に存在感あるな……)
.  ド||. ,__ヽ__、 l'イ|
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 井出が最後に三島由紀夫を見たのは、事件から1週間前のとあるパーティのことである。

 そのパーティは1000人が参加するもので、どうしても雑踏の中に埋没するものだが、
 なぜかその日は、三島の姿はとても目立った、と井出はいう。

 「誰かがスポットライトでも当てているのではないかと思うくらい、その日の三島由紀夫は目立った。」
 このように井出は自著に記した上で、

 「綿密に計算された告別の行為」

 だったのではないかと、井出は後に考えている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                               【つづく】

670 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:16:30 ID:QeH06Kx.
【1970年11月25日に起こったこと…5話補足】

             ⌒ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/:::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l:::./.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|:::::::::::::::::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \::::釗:::::::::l:::|     永山君、三島由紀夫が割腹自殺したそうだよ……
    |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
.    |::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/       君が「天皇をテロルで抹殺しろ」と叫んだ、ちょうどそのときに、
     |/  ヽ::::|ヘ              /ィ<"l/       「天皇陛下万歳!」と叫んでね。
         ゝ;八      ;       /イ
           x > 、    ─     イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ     /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l


         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\                ・ ・ ・ ・ ・ ・
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 永山は翌26日、面会に来た弁護士……おそらく遠藤だろう……に、
 昨日、三島由紀夫が割腹自殺したことを告げられたという。

 そのとき永山の「天皇をテロルで抹殺しろ」という叫びと、三島の「天皇陛下万歳」の叫びが、
 ほぼ同時刻だったことも告げられた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

671 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:16:47 ID:QeH06Kx.

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\ ``-" \,_、: : :: : : :ヽ
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\   ``ヽ: : :: : :: : :ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「なぜかしら不思議と考えざるをえない出来事である――この時刻が同時だったということが……。」

 「“極”の附くこの2つの思想が公然と発言されたということは、
  現代資本主義社会体制内では、  ごく自然的だと言えないこともない。
  しかし、その思想内容の中核的焦点が、一方ではその擁護の絶叫であり、
  また私の場合自覚したプロレタリアの発言としては不変妥当なものであり、
  また自然生的なものであった。」

 彼は日記にそのように書き残している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                            【補足編終わり】

672 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:17:37 ID:QeH06Kx.
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

なお途中、トラブルが生じて二重どころか三重投稿になったことをお詫びいたします。

673 ◆KcxXifcWsc:2011/07/11(月) 21:17:58 ID:QeH06Kx.

   , ' .r二ゝ.      次回の現代文学のちょっとした裏話は、
    {. ィ|irwri|      明日12日の19時からを予定してるんだよ。
.  丿.l|.゚ヮ゚ノ{
   ヽ([リ史リ)       次回は私も出るんだよ。
.     く_ムソ,>

674名無しのやる夫だお:2011/07/11(月) 21:18:52 ID:IPIaFQHU


しかしまぁ、濃い面子ばかりだこと

675名無しのやる夫だお:2011/07/11(月) 21:21:10 ID:s798pGFI
乙でした。
精神風土の活断層という表現にグッときました。

676名無しのやる夫だお:2011/07/11(月) 21:27:59 ID:DX2DnOOM
乙でした!

677名無しのやる夫だお:2011/07/11(月) 22:16:39 ID:HEw2b4NI
乙でした
反権力の弁護士と言えば恰好良いけど、この人はこいつにやられた被害者に対してはどう考えていたんだろ?

678名無しのやる夫だお:2011/07/11(月) 22:31:25 ID:vFehb9zw
まあ、そのあたりは良しにつけ悪しにつけ昭和中盤以降の価値観ってことで・・・

679 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:01:03 ID:lqjFsf4Q
こんばんわ。今日はちょっと早めの時間から始めます。

それでは、

現代文学のちょっとした裏話。

680 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:01:19 ID:lqjFsf4Q
【「1970年11月25日」……第6話】

                                            ネ
                                           ,..ヒニゝ、
                                      _,. -‐'"~  ,ォ、 ``''ー 、_
                                 、-─'''"~__,,,..?-‐''"个`';ー-, 、.,_``''ー-;:-
                                  `ー=ニ二!  |^'│ . |  |  |  l゙ニフ ̄
                                    ,.__|,∩_|ェェ|,∩ェ|∩!ェェ!∩_|、、,ォ
                    ;r、              {ニlニlヨ=!ー'''','二二ニ三王ー亠'=|;
               ,.,.r;:ゞ゙ヾ;,:ゞヾ`ゞ>     _,,..?-‐‐"ー''''' ̄ ̄_,,..?-‐个ー-二二.,`_''ー------‐ャ
          ,,,.、ッゞヽ>;:;ゞ《ゞ;':;ヾ:ゞ;ヾ-;ソ  ‐ニ;゙----──''''''''''"""~ _,,,,,,.....--|─┬--;--、、 ̄,``````´
           ヾ;';:ゞ》:;、_ゞヾ;;/ヘFゞヾ;:'`      ̄ ̄|| ̄〒─i'''''"""| | | |  |  |  |  |. ̄|
           〉ゞ;'ヾゞ、`)'~ヾ;;ゞ';;゙ゞ;ヾ;'ゝ     iョェェ||ェョ;||ョェョ|ェョェ==|FEFEFE;|;王i;|;王;|王il|EF|EFヨ
      ,;z、,,r;、;v、ヾヾ;;'ゞ;ヾ;iiゞ<ノ;ゞヾ-'、、_      '==i‐_‐‐__‐_',,'ニニiニ二二二i!ニニニニニニニ=‐''
     {;ゞ;;、ヾ;ゞ;'ヾ,.;;:,、   |r''ゞ-ヾ´;ゞゞ;《ヾi       |「--i ─┬──i─┬─‐||─┼─|─┼-┤
   _ _,,,_`;;='ー'ゞ'ヾゞノ (;;ゞヾ;ゞ';''/ゞヾ;;ヾ`、、      ||.  |   |    |  !   ||  ||||||||  |  .|
 <;ヾ;{ヾ、;ゞゞ;'、ゞ;`ー/ゞ;ヾゞ、-;::='‐'>ゞ''ヾ_ ヾ'"     iョョ;llョェョ'ェョェョェョェョェョェョェョェョェョェョ_||||||||_,」__|_,,.
  〉ゞヾ;;ゞ;ヾーヾ;/''-ゞヽヾ| |  `ヾゞ;'ゞ';ゞr;、ri、,,rl~ヽ|======================ll========i
  ノ;';ゞ,ヽ;;》、ゞゞ'ー;;;;-ャ ヾ;;| |-=ゞ゙;ヾヾ、=''""二`"^"^ー──────────亠---------------'
 'ヾゞ;;'ゞゞヾ;;''ゞ::ヾ、'ゞゝ;-/:/ ̄``';ー-、=-、 r-、  二   ─   二   ─   二   ─   二
コ/ ̄l``ー、_,.)'| |'二二゙__,| ;|-''ヽー'─'''''''''  `''"二   ─   二   ─   二   ─   二   ─
 `ー' ``ー'`'='、 |`ー─ー'| ;|─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二
─ _,,..、 .二  | .| ─  / /  二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─
 〈  ヽ、__,.l ヽ;‐-;、/ /,.r---;i二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─
二iゝ   ,.,.;:;:,.,. ,..,.,./'"``'ーゝ i,.、`i   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二
 /_,;;;-ーi─--──l''iー( ̄ ヽi-''´二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─
二`''''ー‐亠───‐'‐'`""~゙ ̄二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─
─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二
  ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 京都。
 三島由紀夫の文学でいうなら、「金閣寺」の舞台となった場所である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

681 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:01:36 ID:lqjFsf4Q

                             ネ             , '. .
                            ,..ヒニゝ、           :;:, .:.
                       _,. -‐'"~  パチパチ…    . . .:', .:.
                  、-─'''"~__,,,..?-‐''"个`';ー-, 、..::... .   . .':::;:, .:.
                   `ー=ニ二!  |^'│ . ':;:. :::. . ..:.:λ:: :: .;;.'; ::,)、::.:;.:,:;.:
                     ,.__|,∩_|ェェ|,∩..':;ヾ::.:ソ)人ノ 从:. ソ)ノ ):.: .;,.'
     ;r、              {ニlニlヨ=!ー'''','二二ニ.::V      (ソ  ヘ (::.:.:'.,; :. .
,.,.r;:ゞ゙ヾ;,:ゞヾ`ゞ>     _,,..?-‐‐"ー''''' ̄ ̄_,,..?-',:; .::)           て:;;':.
;:;ゞ《ゞ;':;ヾ:ゞ;ヾ-;ソ  ‐ニ;゙----──''''''''''"""~ _,,,,,,....:.(ノ            (::..
、_ゞヾ;;/ヘFゞヾ;:'`      ̄ ̄|| ̄〒─i'''''"""| . . .::::)            ,ゞ.:.
、`)'~ヾ;;ゞ';;゙ゞ;ヾ;'ゝ     iョェェ||ェョ;||ョェョ|ェョェ==|F.;: . .:::: .:ソ          (: :.
;ヾ;iiゞ<ノ;ゞヾ-'、、_      '==i‐_‐‐__‐_',,' . . .::.: :::..::..:(            ):::...
  |r''ゞ-ヾ´;ゞゞ;《ヾi       |「--i ─┬──i─┬─‐||─┼─|─┼-┤
;;ゞヾ;ゞ';''/ゞヾ;;ヾ`、、      ||.  |   |    |  !   ||  ||||||||  |  .|
ゞ、-;::='‐'>ゞ''ヾ_ ヾ'"     iョョ;llョェョ'ェョェョェョェョェョェョェョェョェョェョ_||||||||_,」__|_,,.
ヾ| |  `ヾゞ;'ゞ';ゞr;、ri、,,rl~ヽ|======================ll========i
;;| |-=ゞ゙;ヾヾ、=''""二`"^"^ー──────────亠---------------'
/:/ ̄``';ー-、=-、 r-、  二   ─   二   ─   二   ─   二
;|-''ヽー'─'''''''''  `''"二   ─   二   ─   二   ─   二   ─
;|─   二   ─   二   ─   二   ─   二   ─   二

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 金閣寺が炎上したのは1950年7月2日、三島事件より20年前のことである。

 原因は見習い僧侶による放火だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

682 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:01:52 ID:lqjFsf4Q


        _,,.、、、、、.,,_
      /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
     | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
      | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
     |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{
     .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙           人間は美を思い続けると
      }:::::::::::::::ノ゙  l  /.            ;この世で最も邪悪な暗黒に出会っってしまんだろうな…
     ,xァ''ー'゙'`    '、 /
    / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
   ''^ーァ 、_____  ̄ /
    `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
    /           /    ヽ
   ,'        ,   /      ゙、
            l /  __      !
            l, l  く,_  、   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 犯人は動機として、
 「世間を騒がせたかった」や「社会への復讐のため」などと供述した。
 しかし実際には諸事情から、、厭世感情からくる複雑な感情が入り乱れていた、と言われている。

 三島はその「複雑な感情」を、
 「自分の吃音や不幸な生い立ちに対して金閣における美の憧れと反感」とし、
 それゆえに放火したと分析した。

 その分析に基づいた小説が「金閣寺」である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

683 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:02:11 ID:lqjFsf4Q


                           ____
                       ,.-‐ ´         ` 、
                       /                   \
                   '                  ヽ
                    /                      ',
                 /                      ',
                    /                        ',
                i   .:/                  ヽ   ',
                | .:/                     \  i
                | '                         |
                 j/                           |
                /                          ヽ        掃除でもしようかな……
                ,'                           ',
                 /                            ゝ
              /                              ヽ
                /               /                 ',
            /             /                   i
              /            /                    |
          /           /                      |
         /           /                       |
       /                                     l
      /\                                    /l
    /:::::::::::\                                 /:::::|
    /\::::::::::::::::\                             /::::::::/
  /: /: \::::::::::::::::\                          /::::::::/ |
  /: /: /:: /:\::::::::::::::::`ー-、                     /::::::::/: : /
 从ノ//: /:`ヽ::::::::::::::::::::::`ー- 、                /:::::::::/: /: /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、京都というと、東京や鎌倉と並んで、文人とかかわりの強い土地柄である。
 例えば以前も書いたが、谷垣潤一郎の墓は法然院にあるし、小説家も多く住んでいる。

 そして当時、この女性作家も京都に住んでいた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

684 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:02:31 ID:lqjFsf4Q

        /           _______   \  \
.        /   ハ _ ..-‐・・・7 :. :. :. :. :. :. : √. :. ̄:ヽ   ヽ.
        /     レ´7 :. :. :. :. : / :. :. :. :.    '  :. :.ノノ: ハ   '.
      ′   ! :〃 :. :. :. :../ :. :. :. :.   '⌒ヽ +:. /:. .|     |
      .i      |〃:. :. :. :. 〃 :. :. :. :. 〆:. :. :.ノ:._:. :.〃:....:|    |
.       i     |:.+:.(( :..ム_-‐='「 ̄'干i:ー―ト、 ̄ヽ:ー┤   |
     i    | ..イ ,..千ハ∧ !   | ト、 ハ∧ ∧ ミz - |
     |     レ′/イ /升小 、i    ノ '/ィァテミV、, ) ト、!   !
     |   -=彡' ! |,ィてVi!ミ       f0::::::ハ Vイ ハ!\  |
     |    / 从| '〃し::::oハ        iハ::: ○ ハ||    |
     |    ∧  | 从 iハ:::(⌒       ゝ-‐' ,, i! l:     |
     |      ∨| !   `ー_ ’             i! |:     |          あれ、なんだろ、この手紙……
     |        ',| !          ,           i! |:    |
     |        |ハ、                 ,イ 人;   |
     人       | ヽ.ト、         ,_、      イ /!: : :!   |
    ′ ',      ト、 \i>           イ }|イ!: : :!   |
    ! ::!:       レ' ヽ ヽ:. \>‐- __ .. '´ ノ /| !! : |   |
    |  ::|:     |   ヽ. ヽ :.\‐--一… ¨  .:..| !! :∧   ヽ.
    !  ::|:     |     \ ヽ-、ヽ.       /:. :.! !ト   ヽ.   ヽ
    ノ  :::!:     |       〉 i / :...>=≡了:):. ! !|ノ\! i|     '.
.  /         |   \ /:!  i′((_))_\〃 :. :.! !\_ノヽ!      !
/             |   ∧:!  |:. :. :. :. ¨ 7:\:. :..| |  ゝ- '|      i
              |   ! i!  ト、:. :. :. :./ .:i : ヽ/| |   !   !      !
             |   \ー'| | \ /__:f⌒:y:从: |!  |  |    ヽ.
            ノ    ヽ.!  |   ヘ: : ゝ-イ/ :. ヾ.  !  |      \
            /       i! |    ヘ: :|:/ :. :. :. |  !  ∧        .
          ,.へ        i!  |、  / :. :.`ハ :. :. :.リ ノ   ハ        '.
        /:.:.:.| \      !  | \./:. :. .:/ ! ∧:. :...:!/     ∧        |
          /:.:.:.:∧  ヽ.    ノ 人:. :.ヽ :. /: !  !〉:. 人    /:.:.:ハ         |
       /:.:.:.:./!:.ハ    、 z彡 '⌒) )、:. :. /::  ! / :./   ヽ /:.:.:/.::.!       |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 瀬戸内晴美。のち出家し法名寂聴。
 このスレでは法名の寂聴で通す。

 当時京都に住んでいた彼女は、書庫を掃除していたとき、
 ふと、1通の手紙を見つけた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

685 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:02:52 ID:lqjFsf4Q

                ,  -――‐- 、 っ っ つ
          /イ´ ̄ ̄ ̄ `ヽ\ っ っ つ
         / //_____//|  ヽ っ っ つ
           | |/ イイ∧/V\lミ{   |
           j }':{ノ    `ヽリレ|:l   |          あーっ!!!!!!!
         /,リ:l.>    < .|::l   i|
        l' |::l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃j.   │         これは、三島さんのあの手紙!
        /⌒ヽ_|::ト   ゝ._)  j:::/⌒i |
      \ /::::|::l;;>,、 __, イァ/_/ │
.     从 l||l ノ|/ {::≧=チ::ルl||l人.∧|
       ( ⌒ )   ヾ:::::><::://( ⌒ )|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それは、三島から送られた1通の手紙であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

686 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:03:10 ID:lqjFsf4Q

                      ____
                            `丶
                 /            \
                    く            ノ   ヽ
                 〉 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     l
                   | |    _____|    |
                  |,厶ア{∧ 丶\ \}\  │
                 │|/f^r芯\ィr芯ヾVヘ  「  ∧
                │ l|〉 V::}   V:::} } ヽ小、             「愛の渇き」って本なんだよ……
                    ヽ八            .ィ |´ \ ヽ
              _}三ミヽ | |>   -  -=≦/:厶.  \ \        面白いわ、これ。
              |.:.:.:.:. \\|: ?)/{匸斗-=ニ三三}    \}
             |.:.:.:.:.:.:.:. \\L[// ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    \〉::\
            (_ ).:.:.:.:.:.:.:.:.: ヾーr':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(⌒ヽ \\:::::〉
            ノ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|<>|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.( __人\}ヽ∨
           (__ノヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|\ ⌒⌒)
               、 _.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|∨`ー冖
                __   > 、.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___|
           __{∧/ニ二\_:|.:.:.レ-‐<\    \_
         /  ∧/ハ´ ̄\   ̄´  __ \\    ヽ\_
            ⌒ー=≪}//}_\       {/∧/\ 二二ニニ〉__>、 `丶、
              じヘ、 \       xヘ//ハ>、    \ て:イ \   \
                    ̄`ー─<__ ∧//}/`ー─'^こ>‐┴'⌒\__>
                          ̄`ー'                ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 なぜ、寂聴が三島の手紙を有しているのか。
 それは事件より20年前……ちょうど金閣寺が焼けた頃にさかのぼる。

 三島の書いた小説「愛の渇き」を読んだ寂聴は、そのあまりの面白さに、
 ファンレターを送ることにした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

687 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:03:27 ID:lqjFsf4Q

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ           このファンレターは暢気で面白いね。
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島はファンレターについて、めったに返事を書かない人であった。

 しかし寂聴のファンレターは三島曰く、
 「あんまりのんきで愉快だから」思わず書いてしまったらしい。

 それから、文通が始まった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

688 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:03:48 ID:lqjFsf4Q

        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/.`-ニニ;;;;x,  ' wr=ニ`-'.|、!
     ]/'.l.|          "      l、.!
     ,!゙ .川  `”´丶   │.'' ̄´  .l l          瀬戸内君。
     ヽ ゝ            |     !.|l゙          君の書いた「痛い靴」だけど……
     .'Lヽ         ,     l゙/
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’           平凡で、新鮮味がなく、失望したよ。
      .リ ヽ    .-- --     ,/
      /'゙i  .ヽ     ..y.   .ノ|
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘
             , : '´ ̄ ̄ ̄`¨: ヽ、
  □        /: : : : : : : : : : : : : : : : \
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ' ,
        /: /: : : : : : : : : : : :.!: : : :!: : : : : : : : :.ヽ
        |: :!: : : : : :/: : : : :|: |ハ: : |: ヽ : : : : :ヽ: :!
        |: :|/: : i: ハ: : : :/!:.| ト、ハ:.|: ヽ : : : :ミ:ト-
        |:./:ハ:.十―i匕/`|/  |/ `TT⌒!: : |: !:.|
     __,. イ7从!: |/rそTト     rそTト、|/!VV         今だからこそ、あの手紙、ありがたいって言えるけど、
        |: :{ |N| 弋zソ       弋zソ !: :|/|
        |: :弋|: :!w` ̄    ,    ̄ w.| : !: !          当時は……
       /!: : : | 込.              ハ: :|: |
      厶r‐<|: : |:::\    (´)  , イ::|:i :|:入
      /:::::::::::::::|: : |:::::::::::>x<´ ̄ ヽ:::::::|: : |::::::\
      |\:::::::::::|: : |:::::/ ̄      ∨ |: : |:::::::::∧
      |:::::::>' ⌒ヽ∠          }'⌒ヽ!:::/:::::|
      |::::/  ヽ ソ          人// }:::::::::::|
    / ̄\_>く \           |>くノ:::::::::::::|
__,/                   /:::::::::::\:::::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1954年に寂聴は処女作「痛い靴」を発表する。

 しかしそれを読んだ三島の反応は、
 「平凡で、新鮮味がなく、失望した」であった。

 今でこそそれは「親切で、心のこもったありがたい戒め」であるといえたが、
 受け取った当時は恥ずかしく、いたたまれない気持ちになったのだ。
 そして、封印したのだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

689 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:04:05 ID:lqjFsf4Q

                 /,  --――――――ヘ      \
             ノ/              |         ヽ
             r' /               |
              | |        _____│         l
              | |  >  :7 「: : :.j、__ヽ: : : :\         |
              | {_/ : : : / {: : }八\: :}\}∧j          |
             l /: : : |-八  \{  ヽィ==ミ\:|          |
            |厶/: N斗=ミ.       {{//ハ Y|、       ヘ
                | 八从Y{{//ハ        う:ソ  |: '.       丶       でもまあ……今となっては、
              │ `∧ヾ うり          |: :|`:、      \〉      懐かしいものなんだよ。
            │ / ∧ ´  '         |: :|: { \     /
                | ./ l:小    _  ノ      j : !: }  ヽ   〈
               |/   |l: : ゝ._        ィ/: 厶イ        \
             /   |: : :|: :{ >  .__.., イニ/: :/ │     丶    ヽ
               /  i  |: : :|: :'. : : : /  //: :/,//     i    l
           /   :l  |: : :|: : :\/  / /: :/´ │     │   │
             /     |  |: : :|i: : : : ∨/_, /: :/    |              |
.            /     l:  !: :.八r┬≠¬))': :/   │            |
          〈     │ /: :/ 弋匕≠彳 : /      |            |
              | /: :/   / |  / : ,' /     |            |
            \  | |: : |  /ノ∨ /'|: : l {    |           │
                /\| |: : l  |  / / |: : |     /' |          │
              /  ノ |: : l  |/ │ |: : |  , /   |               |
           |   / 八 ∧ |    | │!.:|  ∨   |             \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 寂聴は、三島から受け取った手紙を眺め、
 懐かしいと思っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

690 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:04:23 ID:lqjFsf4Q

          /     ゝ--ァ    / -/===、 ∧  \j| |   .ィ
            /      | / /  ス / _ | /  V   ` ’ー彡’
         ’         レ'イ  /  ?==ミV.、  |  _ハ_.::::::`ヽ
        |    ’   | / | 〃 んハ`   レレ' ̄` /: |::::|
        |  /     |    | ゞ. O:少     ィ:=、ヾレ’:: |ヽ|
        | ’      |    |     ¨       んj i!∧:::: |
        | /     /'|    |            , ゝ' ハ::\!            まあ、いろいろと事情があって、
          ,/     / |    |           _〈/  ̄ ̄ ¨  ‐-       すしの出前取ったんだよ。
         /       /:`! |    |        i ン´/,. ´          `
.      /         '::::ノ|    |       ノ(__ / ノ              \
      /       /:/ |    |           | | ノ              i
    i! ’     /'⌒ヽ |    ト .       ..イ| レ’  ノ` ー──┐     |
    i!/     /⌒ヽ.  |    | /` ┬-‐才::丁:::し! /       r'|     ト、-- 、
   /     /⌒ 、: : :\|    |/ヽ:::./:::::/:::/ |:::::::::し'|        //|     /  Y |
  /    /==='ア \: : .|    |`ー‐Y::::/:::/   !:::::::::::: |      //.: !    /  / /:|
  .’   /〃 \/   ゛. :.:|    |  人/_:/  ノ!:::::::::: |       /イ|::::|  /  / /:..:|
. ,’    ∧ニニ) ヽ   |:|    |イ: |  fo>`く._|:::::::: |     i:| | ゝ‐‐ ’   / / : : |
/     /        |    !: |   ト|、:|  V ヾ 、|:::::::::: |     l:|∧     / ,.’: : : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、そんな三島との手紙のやり取りを懐かしく思いながら、
 寂聴は昼食を食べていた。

 そして、何の気なくテレビをつけた、そのときであった……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

691 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:04:47 ID:lqjFsf4Q

   ,r yー、                      _
   (.ヽ \ヽ,   ,r-、             ,.r=ー -、` 、
  i-、\ヽ .` `し' /               /__vr=_ニ、 \.ヽ
  ヽ `"      {               irテソ ヾ,'"'`  ケ、j_
    \ _,    l,              }r'`- ヘ.,    ir= )
     ヾ、_ノ^ヽノi              | .r_iニtッ'   t_ソ{
       >'  ,r  |              i }rー' /   i.ハ|        静聴せいと言ったら分からんのか!
      r''  ̄   l              ヽー=二ー-'Y_| |
      i      |      _   ,r-ー(  ̄  ̄二__|I |        静聴せい!
      l      l    ,r^ ̄ヽ`ニ、           `ー- _
       |      |_,、−'-    i`-               r-i` >、
       l      r`ヽ '     y{r_i            _ `'  r' ,ニ{
        |      i   k、  ,r'"j _            <,j   i    i,
        i           r'  l`-'          rっ    l    l
         ヽ_     _,r-t /  |            `    i     /
             ̄  ̄    レ   l
                   |   【三島由紀夫(本人AA)】


  |          .{_______________    | |
  |          / : : /: : / : : : : /: : : :/ : : : : ′ | : : |: : : ヽ } |
  |   ー‐=< .ノ: : /: : / : : ィ /: : / : : /: :/  | : : }: :i : : ?/
  |         .> / : : {i : -‐≠‐--‐―==≠   |: : ハ }: :i: : \
  |       ./|: :〃 i: : レ'  ,.斗≦芹ミ、ノ ノ    }≧=-ミ: :i} : : ヽ≧=‐
  |      /  |:i:i :i{ |: : |  人{  rテ(__ ヾ     x≠ミ、 i∨: : ii: :i
  },         {从八{ハ|     うし.ノ        ィ示ハ }): |: : ハ |
  .′        八i i : i|       `¨´          ぅし:.ノ ?{: / |レ
 ′       ' | : i : i|                   `¨´ ハX.   |
/          /込| : i : i|              ,    ∧ `ヽ !
         /: |: :| : i : i|、                  . i: ヽ   V         こ、これは……三島さん?
.         /: :∧ | : i : i| 、       ,..::::::マ}    イ.: |  ,  .i
        /: :/\ | : i : i|         〈:::::::::ノ  ィ:i..| : |   , .|
.       /: :/  .ハ| : i : i|     丶     `¨´ .ィ : i| i | : |   l .|
      く :ノ   .| : i : i|\     > r‐< / : :i| i | : |   l .|
   /   ヽ   .| : i : i|    ー―'――'  バ: : : i| i | : |   l .|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「テレビでこの目で、三島さんの演説する姿を見ていながら、
  私はこれが現実のこととは信じることができず、ショックはこの上もなく大きかった。」
 「文士劇か、お道楽の映画の一こまであってくれと願った。」

 「それは悲しい漫画だった。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

692 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:05:08 ID:lqjFsf4Q


            ∧,,∧     ∧,,∧
    ∧ ∧    (    )    ( ・ω・)
   (ω・ )     (  U)     ( つ日ノ   ∧,,∧
   | U       u-u       u-u     ( uω)
    u-u                    (∩∩)
        ∧,,∧      ∩ ∧_∧ それでも武士かよ……
        (・ω・')    ⊂⌒( ・ω・)        はいはいわろす
       ⊂∪∪⊃      `ヽ_∩∩


                    /  /                      l   {
                 ′  {            _ _____ _       |   ‘,
                  {      .. : : ´: : :∧: : |: :} ` : :    {
              |    }> ´/: : : :j|_;ノ/  : `トJ;_: : : }: :` <}    、
              |  _,ノ : : : :厶斗ヒ八.:/  ∨j/?「以ト、: : : : \   }
                ー=ャi : :}/xfヒF弌?      ,ィヒF弌? : :|: :r‐一 |
                  }   }| : :|代つ//:リ        つ//ノリハ∨}: :|     |
                   ′  八: :{ `‥ ''´         `'' …'  '八ノ|     }
               {     }ハ          '           ハ : :|     {
                }    |i小                     小 : |    ∧          ・ ・ ・ ・ ・ ・
.             〃{    八ハ       v ̄ ̄ヽ      ハi| : }   / 、
.               /     /: :| :i人      ー-─'      .:' : :リ: :ハ     }
             ,      / : :| :|: :个: .            .イ: : : / :/∧     ′
            {     / : : :| :|: : | : _;≧r       ≦L_|,;_: :/ :/∧‘,    ヽ
.               ノ     /.: : : :| :| : .イ{ ┴-------┴  } ∨ / : : Vハ
             /    /⌒''¬|: |:/ V\            ノV /:/_;_;ノ¨⌒}
.           /     /⌒ヽ./|: {  ∨ノ廴___ノ⌒}}/ / /⌒\ /}      '
         /     /\ /} |: |   } :〉弌三三少イ { / /\ /〃 ,    j
         /     / /  {  |: |   ∨   `¨¨¨´  ∨ / /     { \}      }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「玩具のような楯の会の制服を着て、七生報国の鉢巻をしめて、
  秋の中天に輝く陽光に目を射られながら、
  必死に叫ぶ三島さんの演説を聞いている自衛隊員の白けきった鈍重な表情を見ると、
  いっそう三島さんがピエロめいて、哀れでならなかった。」

 「こんな映像がテレビに撮られ、永久に残ることを三島さんは計算していたのだろうか。」

 寂聴はあまりのショックに涙も出なかった、という。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

693 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:05:49 ID:lqjFsf4Q
. . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.:.:.:............. . . . .................... . . . . . .. . . . . . . . ....:.:.:....     . . . . .
  . . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.::............. . . . . ............. . . . . ...... . . . . . . . ........:.:.:....
                  . . . . ...... . . . . . . .... . . . . . . . . . ........... . . . . .
             n      . . . ....... . . . . ...... . .    . . . ....................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.............
             |] p    . _ . . . .            . . ..........:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:........ . .
             }| {}       ,! | . .              . . .....:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... .
-‐‐‐‐‐:‐‐‐.:‐‐‐‐‐‐‐‐'ー'‐‐‐‐‐‐┴┴‐‐- 、,,_           . ....:.:.:.::::::.:.:.:.:. __,,.. --- ''"
_ []  .:  .:      ロ  [|     __ ロ   `゙゙'''''ヾ、,,       . ._,,. - ‐‐ ''"´
::|  .:  .::   []       卩 |::|   ___      `゙'ヾ、___''_´_       _
  .:   :::.   口 冂        []  |::.|____          ,.---、、  |;:;:::|
  .:    :::.        ____       Π  |::::;;|    .ji ||    |;;::.:.;;;|:|   |::;:::|   ,.-、
 .:     :::.,.‐‐‐‐、.  !:::::;!    ____      _,----、   _ , |::..::;:::|.|   j::.::.|   |:;:::|
 ___.      |::;:;:;:;:|..|  |.:.:.:|    |::;;;:|   _.  | |:::;:;::;;|.|  || || |.:.;::.:.:|:|  ┌‐‐┐  |::.::|
r‐v'i     |:::::;:;:;|.:|  「 ̄ ,. -‐‐‐‐‐‐-,._ ! i'i'i.| |:;:::;:;:;|:|  || || |.:.:.:::::|.| [ ̄ ̄ ̄] ┌─┐
|:::::|.l iヽiヽ r; |::::;:::;;|:.|    l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i !| |.l| |::;:::::;;|.|   ┌-----┐       r‐‐‐
|:.:.:| | ! ll !.| !|:.:.:;::::|..|    |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..! ll |:!l |:.:;:::;:;|:|  ┌┴‐‐‐─┴┐     |`r‐‐
|....:| | ! i! !.| l|;;;;;;;;;;|..|_   |::::::::;::;:;:;:;:;;;;;;|:...! .!l|:lr';;;;;;;;;;;;ト1 └‐─‐‐‐─‐┘     | :|;;;;;
. ̄.´l ! |  i.| ̄ ̄ ̄! l_   |:::::::::;::;:;:;:;:;:;;;|:.:.! ,!,| | ̄ ̄ ̄´!_                  | .|;;:;:
 ̄ ̄   ____|___! ̄i   |::::;:;::::::::::::;:::::|:...!  [ ̄ ̄ ̄ ̄]               | :|:;;:;
     |:;:::::::::::::::;:;::::|./   |:::;:::;::::::;:;:;::;;::|:::.!    ̄ ̄ ̄ ̄                |. |;:::;
       ̄ ̄ ̄ ̄´     |:;:::;::;:;;:;:::::;;:;;;|::::!                           |: |;;:::
                 |;:;::::::::;;:;:::::;;;;;|..::!                           |; |;::::



                 _____
               /           \
.           /             \
.          /               \
.         /                  \
     /                     ヽ
      |        ̄`丶      ' ´  ̄      |
      |      ‐ュ::::ェ‐      ‐ェ::::ェ‐      |            ・ ・ ・ ・ ・ ・
      |                          |
.       \             ´             /
.         \      - ――-        /
        /ヽ              イ\
       /                     \

             【奥野健男】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 瀬戸内寂聴がテレビを見て呆然としていた頃、

 奥野健男は化野念仏寺、西院の河原で、小半時ぐらいだろうか、佇んでいたということは、
 以前も書いたことである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

694 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:06:12 ID:lqjFsf4Q

  ノ     ∧     /) ∧
  彡  ノW \从/V  W \   ミ
  (  ノ        |      ノ \)
  ∩V      、、 |       >V7
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3)
  (┗(      )⌒(      )┛/
   ~| \__/ |  \__/ |~ 
    爻     < |  ;     爻        ・ ・ ・ ・ ・ ・
    ~爻     \_/  _, 爻~  
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_

        【川端康成】
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶
    │            │
    └──────┘

┌─┐
│  │
└─┘

┌┐
└┘

  □
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \          栂ノ尾の紅葉もきれいでしたね。
     |       ___'__      |
      \      `ー '   ,/          川端先生の「北山杉」も見事でした。
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その後、奥野は、栂ノ尾などをめぐり、また川端康成の小説「古都」で有名な北山の里を見てから、
 タクシーで京都駅に向かった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

695 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:06:35 ID:lqjFsf4Q


     号外クレ∧,,∧  ∧,,∧ 俺にも。
     ∧,,∧ (´・ω・).(・ω・`) ∧,,∧
    ( ´・ω).(っ□c) (っ□c)(ω・` )
 .バリバリ っ□(  ´・) (・`  ).□と ノクレクレ
     .u-u (バリバリ (バリバリ u-u'
          `u-u'   `u-u



.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |                なんでしょう?
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___        ゝ       /__               あの人だかり?
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 タクシーに乗って駅に向かっているとき、おそらく河原町通りとかであろうか、
 人だかりができていることに、奥野は気がついた。
 何かを配布いることには気がついたが、それが何かはわからなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

696 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:07:15 ID:lqjFsf4Q


           ___
          /     \
        /   ⌒  ⌒\
       /   ( ⌒)  (⌒)\
       |       ___´___   |                  さて、東京に帰りましょうかね。
       ヽ、    `ー '´  /
       _/⌒ヽ     ィ
      i'⌒゙l |   l       \
      |  |. |   |       ト \
      |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
      |., -―t‐ - 、|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして、午後3時の新幹線で、東京に向かった。

 何も知らずに東京に帰ったことが、良かったのか悪かったのか……作者にもわからない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                               【つづく】

697 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:07:54 ID:lqjFsf4Q
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

次回は土曜日、16日の21時からを予定しております。

698 ◆KcxXifcWsc:2011/07/12(火) 19:17:05 ID:lqjFsf4Q
             ロ
             ||
             ||
             i゚i
             /ヽ´ア.
          /’,/::‖
            /’,/::::,。oッッ,。、
         〈 ’ v'::::,il|eiilllllal|i
         ヽ,’ヽ,|i!i ゚∀゚).ゝ  アリーヴェデルチ
         〃ヽ,’`'|エ,~ト.,
          〃:::::::::`!《´`》,i g`i
        《:::::::::::::::ヽ゛〃,.l || |:ヾ.、
        ヾ.、_::::::〉’,g ! ||.|::::::ヾ.、
           ̄ === /`/===゛ロ
              i´_rヽ'

699名無しのやる夫だお:2011/07/12(火) 20:28:05 ID:LfMetAhA
乙でした。11月25日……実に長い一日ですなあ。

そんでもってブチャラティ出てくるんですかw

700名無しのやる夫だお:2011/07/12(火) 20:46:35 ID:hK65kVUs
乙でした

701名無しのやる夫だお:2011/07/12(火) 20:50:01 ID:k3YPdYkg


寂聴可愛すぎw

702 ◆KcxXifcWsc:2011/07/15(金) 23:19:16 ID:XsZhZ2Cs
こんばんわ。

申し訳ありませんが明日の投下は作者取材(ウソ…用事で出張)のため中止いたします。

代わりに日曜日に投下いたしますのでご了承ください。

703名無しのやる夫だお:2011/07/16(土) 00:05:06 ID:Q.dK.n3w
了解なんだぜ

704 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:00:16 ID:OBjDZWqw
お久しぶりでございます。

それでは、久々の投下。

現代文学のちょっとした裏話。

705 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:00:36 ID:OBjDZWqw
【「1970年11月25日」……第7話】

           ∧:::::l: ::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノi...l|i!l
            ∧  =‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!...|i!l
            ∧  ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l...|i!l
             ∧ lヽー'´/  l`¨  i::l |i!l
             ∧::',      ,. 、!   /::リ |i!l
              ∧::ハ      ソ /::/l |i!i
                ∧      ヽイ ,':::/ ...|i!
                 ∧   ‐ "¨ ノ/-V   |i!
                 ∧ 、 `¨´./ヽ    .|i!
                 ∧ /`゙ ー ' ./i __,、__
                 ∧  ヽ |  //   ヽ ヽ.
                 ∧  l i / 、 ヘ  「`ヽ i\、
                 ∧    ハ. i  |  i ̄ハ.リ、  ̄|丁)
                  ∧  /ハヽ. ヽ ヘ     ̄ ̄
                  ∧  ム、__>ヽ、\ )
                   ∧,′    ハ|i
                   ∧       |i
                    ∧      |i
                    ∧      |i
                     ∧     |i
                     ∧     |i
                      ∧    |i
                      ∧    |i
                       ∧   |i
                       ∧   |i
                        ∧  |i
                        ∧  |i
                         ∧ |i
                         ∧ |i
                          ∧|i
                             / |┤
                          ◎l┤
                          ├l┤
                          |_|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 その男が、電話でたたき起こされたのは、その日の13時のことだった。

 澁澤龍彦。小説家であり、フランス文学者・翻訳家である。
 エロティシズムを追求し、特にマルキ・ド・サドの著作の翻訳や評論で有名である。
 法律に詳しい人なら「悪徳の栄え」事件の被告人といえばわかるかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

706 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:00:55 ID:OBjDZWqw

-─v──‐-  、
ァ::::/::-──--:f芫}.__
::イ:'、`丶、:::\ゞ=ヘーヽ、
::::{::::ヽ、:::::\:::::\:::::ヽ、\
::::|::::、::\:::::::ヽ:::::::}∠、ヘ (ヽ
,ィテミ:ヽ::::::\:::::j/frッ}ハ:ヘ。 `}
、l_{_ノ:::::\::::::≦__} Y´  '.:ヘ ハ
::ヽ::\厶斗匕ミ ,u \  Y:ヘ |  
:::::::\::\代?"   ;:_} ト、∧|  
:::::::\:\:: ̄、u   _ ノハ iV广l           ・ ・ ・ ・ ・ ・
> 、:::\::\:::\、 {彡'´ノノ`Y }
ト、 ヾ `ー- \_.>ー─彳} リ∧ 
?、 oト、 「l}|≧ェェェェィ/ | }l| 'ーl
゚ ヾゝ{、  (_0)─ァ´ /ヽ |ン }) |    
) r0<ヽ、@、/ /     / /、 八__   
`く、  \/ ∠--、ァ=q/ /∧》ァ'´/
o  > 、○ヾ>、- 、_`?//{// 〃 /
    0 \  ヾ>、   \{イ ヾし /
-() 、     ヽ  }A  __>‐;:,:└{_/
 |  \  /´} l|}/ >-ァ /}ヽ__ _:;:
}]  ○ /)^i 〈_/ / / / j´}L_}_}、
l|    〈〈__ヽーァ'´   ´ノ/ / 7 } 〉}
」    ()ヽ と´_}_r一彡´ / / / / /
○     `ー─r ´  /< -一'"´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「この痛恨やる方ないニュース」を知ると、澁澤は仕事も何も手につかなくなった。

 そして、何も考えぬまま、ペンの動くままに追悼文を書く。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

707 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:01:15 ID:OBjDZWqw

                   _,. --──--、
                 /:::::... >:::::::::):::::\
                /::∠:........ y:´::く::::::::::::ハ
               ./::::::::::t::...:::::.::::::::::':\:::::::::::ハ
              /::::::::::::::八:::::::_:::::.......::::!:::::::::::::!
              !::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-::::':::::::::::::::::!
.             !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::!
             !::::::::/>ァ-、:::::::::::::::::::::::::::r '´ )::::::!
             .!:::::::::ト:、_...イ::::::::::::::::::::::::::ト-イ:::::::::!
             !:::::::::::::r、:::::::::::::::::::::::::::::::_;-;::::::::::::!
             !::::::::::::!ヽこ_ー--─ こン_´.」::::::::::!
             .!:::::::::::とイマッ>ヽ   ノ<チマ ソ::::::::::!            三島さん。
              ∨:::::::!`' ̄ ン  ilヽ` ̄`.!:::::::/
              ヘ::::::::!     ;'! l     !:::::/             あんたに、序文をお願いしたい。
                >:::::!     、 ノ   ./:/イ
              /l::::i、:!   ─--一  /イ、 \   //
             /   !:::l `ヽ、 ー一 /| liト   \/  L
           /-一 、i{∨〈?、 `ー イl |l  i| 」 rヘ      \_
       _rク'´    < )`ヽト 、\fl-| レニシ、lノ八 Y       lノ ̄ - 、
   _,. ' ´ `´     .レr──- ` 、` | r'´ ∠ - '´`ート、-l|   l     lハ
.  /. r )l|   r 、    .l と>ー─- ____,-─ ┐  |   |   ハ    ,ハfl ヽ
 /  ヘ|    7ノ    l| l             |  l|   l  Y    Y|}  l
. ト,   l         l  l             |l  |    l    _   /  |l
. .l    l _      ( 八  ト 、          ノ  ト )   l|  | ( )  /  l|
  l    .レ'         ヘ ∨∧、       /l  |    |  l  |  /   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 澁澤龍彦が三島由紀夫と出会ったのは14年前のことである。

 当時、澁澤は「マルキ・ド・サド選集」を出版するつもりであった。
 その序文の執筆を、三島に依頼したのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

708 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:01:31 ID:OBjDZWqw

             / /  
''´´´ ̄ ̄ ̄` ー--、_   ̄
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.ヾ、 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ  ヽ
;:;;::ヾヽゞζ)ヾ゚''心,ヾ;:;:、;:,, '゙ 
;:;:'         ハソ  ''!ヾ  
;:;:.';       .ノ´)ノ   !  
;;::;:/〃二二ーーー-t   fー-,,!  
;;:/   r==f ̄ ´  ∧<''  
リ    、迅y. ´   K庁 !            ほう、コクトーの「大跨びらき」を翻訳した澁澤君が、
イ            ヽ` !            マルキ・ド・サドを訳すのか……
             ヽ .!
          __ ノ |             それは面白そうだ。
           ´  l             ぜひ、序文を書かせてくれ。
ヽ        ー=二ア  j
 ` 、     、____,   /
    、        /
  、   、    ! /
.  '     `,,ーtー´
..  `.       !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 澁澤は、当時の文壇において、
 ジャン・コクトー「大跨びらき」を翻訳したことぐらいしか実績がない、無名の存在だった。

 また、当時の文学の世界において、マルキ・ド・サドは「俗悪なポルノ小説家」程度の認識しかなかった。

 それを考えたら、三島に序文を依頼するのは無謀であったし、
 また三島が序文を書くとは考えにくかった。

 しかし、三島は、この申し出を快く引き受けた。

 三島は澁澤訳の「大跨びらき」を読んでいたし、
 また、後に「サド侯爵夫人」を執筆するように、マルキ・ド・サドの著作にも興味を持っていたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

709 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:02:10 ID:OBjDZWqw

            _. -=ニ::_Z ̄ニ=-  .._
        / (:_: ;r'": :/:: ̄:7''ヽ:,r': ̄`ヽ、
        /: : : : : :ヽ、:_(_: : : (:: : : :\,r=‐':"⌒ヽ._
      / : : : : : ; ': : : : : : ̄::ヽ、__/: : : : : l: : :/ミノ
     ' : : : : : / : : : : : : :__:ヽ_: /:: :l: :l: : : : l : ゙‐'ヽ
     l: : : : : :;' : : : : : : (((//゙ハ、 : l: :l : : : l: : : l : ',
.    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : :`Vノ : l: :l: : : ,' : : ;': l:ll
    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : l: :/:l :l: :l: :l:: :/ /::/: :;リ|   
    l: : : : : :l : : : : : : : : : : l: :l::ノ: }: :} l / /::/レj:/::|   
.     l: : : : : l: : : : : : : : : : :l: :|/_;イ_;イ_;リ、// .ノ/:|
     '; : : : : l: : : : : : : : : ::l: :|ニニ ‐--ミ`' } ,ィチj゙ :|   
    /´ヽ: : : :l; : : : : : : : : :l: :|z't'ツ"_>`` '" {^~ |: :|   
  / ¶′\: :ll : : : : : : : : l: :| `~¨´ (::"′   ',ノl: :j        三島さん。
,r‐{   , \ll : : : : : : : :l: :| :.           ∨ノ:|
  ! ¶′',  r、\: : : : :::::l: :| :.      .._ /´): :l        近ごろ、兵隊ごっこはいかがですか?
 ¶′   \ ヾ>、\: : : ll: :|  :.       __-了:/::;'
エエエュ┬r 、\ `ヾ>、\:ll: :|   :   ‐.._'´¨´ノ:/::/
―‐ - 、 ̄`<〉、 ヽ、._`^‐-\ト 、 :      ̄「V/
 ¶′   \ `<〉、 \` ー==┬''^ヽ、 ...__ ノ
   ¶′  \ `〈>、 ヽ`:r'"||  ,タ ¶ }
¶′    ¶′ヽ  `〈>、ヽ i || ,タ  /

710 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:02:28 ID:OBjDZWqw

                                   / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                  /  .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::::::::::::::::::::::::::'.,
                                  l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::::::::::::::::::::::::::',
                                   Y           ,!ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::}
                                    |          くミ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                              .     |、__  ャー--_二ゞ `i::::::,ィ ,、ヽ:::::::::::::::!
                                   ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;//ヽ ハ:::::::::::::::;
                                    ゙ソ   """"´`   "´ 2ノ/::::::::::::::j
                                    /              i  ,  /|::::::::::::::ノ
                                   〈´ ,,.._          i  't-'゙ |:::::::::::リ
                                    ヽ,,、'~`      U ;   l    ヽ:ゝj、
                                     ゙,_,-、_,ノ`         /!   /  \
                               |/      ゙,`'" ,,y       /;   /
                               |/  彡  ゙、-'       / ;   /
                                 /|/     ゙、       / ;;','   /
                                  /      `ー ─ぐ;;;;' ,'  ノ
                                  |          ヾ_、=ニ゙、、,,_
                                  |        ,、-'´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それ以来、その日まで、澁澤は三島と親しく付き合った。

 2人の親しさを表すあるエピソードがある。
 あるとき、澁澤は、三島に面と向かって、
 「近ごろ、兵隊ごっこはいかがですか?」と聞いたのだ。

 「兵隊ごっこ」とは、「楯の会」のことであり、
 澁澤は三島に面と向かって、半ば皮肉ったことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

711 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:02:44 ID:OBjDZWqw

                       __
                ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
             /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
             ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
             |;;;|      ノリ     ミ;;;|
             _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
               !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
              !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
              ヾ、!      !;     ,レソ           澁澤君、見送りに来たよ。
               `|      ^'='^     ム'′
                  ト、  ー- ─-:  /|
              i| \   ===   ,イ.:|
              i_、\  ;   /リ.:;!~_>.;
           .  `T''=:,,`Y'`ー─''゙<_. ̄,r}ノ      _,,,,,,_____    ,
         ゙̄l__, 、__,r儿'~゙i.| | :| f⌒゙し|(_ノノ|゙i、__  _  ,i'`ー---===,,,,,_二ニニ''ー-z=
      =''ニ"~//''''''l,ヽ二ノ,!.| :| ゙、__,,>''"-'^ー`'''ナト:┤                「  `i'
      、_  l゙ l   ゙i Tーァ' ⊥.!`ーァ ,r'"    ,,ィ/,,ーケ┬┬-,ニ,,__        |,,,,ィ-f
       `ー:、ヾ、、 ゙i 'Y"r⌒ヾ゙V ,r'"  _,,ニ-''" ̄ ,,,-|`|ヾト、| |ヾ |、,「 ̄| ̄「~「~「~| トト;|_
      \  ``''=-<⊥lLニ-┴┴''" ̄    ,,-''"  ド| | `|、| ミ|、,|ヾミ| ミ|.ミ| |、」 | | |
        `ー、_        ̄ ̄ ̄    _,,, -''"     |`|、|ヾ|ヾ|ヾ |ヽ| 、 |  |、.| | |゙| | |'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 澁澤が、最後に三島と会ったのは8月31日、羽田空港のことであった。

 澁澤が初めてヨーロッパ旅行をすることになりその見送りに三島が来たのだ。
 「楯の会」の正装である真っ白な制服制帽で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

712 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:03:04 ID:OBjDZWqw

    /::::/:::::/:::::`ーラ:::::::::::,.ィ:、\ヽ.
    ,'::::;':::::/:::::::/:::::::{:_;.ィ:´ヽ._::::):::';:ハ
   ;:::::;::::::;':::::::/:::::/:i::::i::l::ヽ::::l::::::::i:::',  
 .  i:::::i::::::i::::::::l:::/l::::::l::::l:::l::::::i::::l:::::::l::::i  
 .. l::::::l::::::l:::::::::i':::l::::::l::::l:::i::::::l::::l::::::i::::;i  
 .  !:::::l::::::l:::::::::l::::l::::::i::::l:::l:::::l:::リ:::::i:ノil  
 .  l:::::!l::::::!:::::::::ト=‐_-_⊥⊥ --‐ スィi::!
    l::::l:l:::::l:::::::::::ヒォ::ァ‐ミヽノ ,ィtチ_ノl::l  
   l::::l::i:::::l:::::::::::lヽー'´/  l`¨  i::l
    `ヽ\:::l::::::::::::',      ,. 、!   /::リ         三島さん……面白いことをする。
    |.\::::';:::、:::::ハ      ソ /::/l
   /.i. h丶、:::ヽ::::',     ヽイ ,':::/
 /  ', ヽh ` <:::::゙、 ‐ "¨ ノ/-V
   / \ \ト.、 `マ^、 `¨´./ヽ
  /.    丶、ヽ- ニ/`゙ ー ' ./i
    r‐ ¨ ̄  ̄ ̄//ヽ |  / l
 .    i  i'⌒¨ ‐一'、  l i  l l
  \ \ \     ', .//  l l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「空港のロビーに現れた氏は、真っ白な「楯の会」の制服制帽で、
  いやが上にも人目を惹き、私たちを存分に楽しませてくれた。」

 澁澤はそのようなことを書いている。確かに真っ白な制服で来れば目立つのは間違いない。

 三島は、出立直前の澁澤に海外旅行におけるさまざまな注意をしたという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

713 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:03:20 ID:OBjDZWqw

                                      i
                                      .i|
                                      i:|
                                      .i |
                                     il:|
                                    _,」k、
                                   〃 :いヽ
                                  __ ヾ 、_ノ l
                       __       ,ィ:´    ̄`'' ‐ケ             __
                          ̄ ― :__/ ィェェェkt、     ヽ   __――  ̄
\                            .l   ;.::        |― ̄                         ./
 / ̄ニニニニニニニニ二二二二二二二ユ―― ';   ':;      rf――――ィュt―――――ニニニニニニニニニニニヽ ̄ヽ
              '     レ ̄ 〃´`ヽ`t`ミii>ヽ         レ仁‐h‐〃^ヽヽ ̄ ̄ ̄l ̄
                     il   jj   /il ̄` `''ーo‐fィィィ― ''└ ''´:il li   jj 〉
                     `ー‐´  rhTrh   riih rhih      rhiirh`ー´ ´
                           '-' .'-'    "" '-'-'     ' ' ''



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ヨーロッパに旅立った澁澤が日本に戻ってきたのは、
 それから2ヶ月ほど経った、11月7日のことであった。
 事件の2週間ほど前のことである。

 澁澤は、帰国後すぐに三島のところにあいさつに行こうと考えていた。
 しかしタイミングが合わず、11月25日に至ってしまった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

714 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:03:48 ID:OBjDZWqw

     _/:::::::::::::::'´:::/::::::::::::::::::::::\
.   /::::::::::;:-─'´::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
   ;'/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  /--イ::; '´`Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  /::::::::::l   .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
 !:::::::::::::ゝ-:':::::::::::::::::::::::::::ノヽ::::::::::::::::::::::〉
. !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨、∨::::::::::::::/
.  !::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::「〉ハ::::::::::::ハ
.  ∨::::::::::::::/  仆:::::::::::::::::!、' ル::::::/ ヘ
   \::: イ//ゞト. ∨:::::::::::! Y:ハ:::::/   とY
    ~冫,  `Y::.  ∨:::::::::! ∨レ'ノ  rc  ヽ              三島さん……
.      |      ',:::::::::!. ,'. /  /|lハ_ノ eヽ
.      l  _    .',::::/ / /  //{r 、〉e  .∧
      '─ヘ,_ァ フ , .∨ // /ノ >-'、   e 〉
         ':,:ーイ   /).// /   l}  ノノハ
          レ' `ー ' .;':r r- ´   e,. '´ '´ e  \
               「¨ }、 ー- ┐ ,. ' '´ \ _____.ハ
               l. k'_. >7 レ' / e  /    e l
              ;' /   /  ;' ;'    /   e   .l
              ;' /  ./ イ /j   /       e.l
.             ;' /  / / /} 7 e /         |
.            ;' /  / /ノ ム.   /   e / 、e   |
.            ;' / / /〈/`) l}  /     /r+/   l
           .;' l::/ / ゝ _ノ e /      j:l ト、|  e/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「三島氏の自決の報に接して、まず私が最初に感じたのは、
 「とうとうやったか……」という沈痛の思いであった。
  予期していたといえば嘘になろうが、
  少しでも氏の最近の言動に関心を持っていた者ならば、今日の異常な最期は、
  あながち予測できなかったことではなかったはずなのである。」

 澁澤は三島の訃報に接し、このように書いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

715 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:04:11 ID:OBjDZWqw

 | 三_二 / ト⊥-((`⌒)、_i  | |
 〉―_,. -‐='\ '‐<'´\/´、ヲ _/、 |
 |,.ノ_, '´,.-ニ三-_\ヽ 川 〉レ'>/ ノ 
〈´//´| `'t-t_ゥ=、i |:: :::,.-‐'''ノヘ|
. r´`ヽ /   `"""`j/ | |くゞ'フ/i/               うむ。
. |〈:ヽ, Y      ::::: ,. ┴:〉:  |/  
. \ヾ( l        ヾ::::ノ  |、                三島由紀夫はどこか気が狂ってる。
 j .>,、l      _,-ニ-ニ、,  |))  
 ! >ニ<:|      、;;;;;;;;;;;;;,. /|       ___,. -、
 |  |  !、           .| |       ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
ヽ|  |  ヽ\    _,..:::::::. / .|       `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
..|.|  |    :::::ヽ<::::::::::::::::>゛ |_   _,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
..| |  |    _;;;;;;;_ ̄ ̄   |   ̄ ̄ / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_    / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽ ヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /    ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_   ヽ  |ヽ

         【佐藤栄作】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島の事件に関して、時の総理大臣・佐藤栄作は、
 「気が狂ってるとしか思えない」と発言していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

716 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:04:35 ID:OBjDZWqw

  ::::::/ ::::::l:::l::::::i::::::::::::::l:::::::::::::':;::::::::::l::::::::::::レ' ノ!:::::::'.
  :::::;::::::::: |::i:::::::'::::::::::::::i:::::::::::::::';::::::::l:::::::// ハ:::::::i   
  ::::{:::::::::::i:::'::::::::';::::::::::::'::::::::::::::::l::::::::レ'  / /  !::::::l   
  ::::l::::::::::::i::::':;::::::'、::::::::::';:::::::::::::>'"、::::、/,.ィオ´i !::::::l   
  :::::!::::::::::::i:::::::ヽ:::::\:::::::>'"    i   ィ代zソ ノ´ l:::::::!
  :::::l:::::::::::::ト`ニニニ 二==::::...、       ̄    l::::::!  
  :!:::i:::::::::::::',   -、_、_,斗‐-  ̄     ', \    |::::::i
  :l::::' :::::::::::∧ ,.ィ弋zヒノ / ..::}     ∧ !     !:::::l      日本国民があんまり「基地外」じゃなかったから、
  ::!:::::':::::::::::::∧ー---, ´ . :.::/    /   ,    │:::!  
  ::i:::::::';:::::::::::::::'、      . : :.:    ,    '、    l:::::!      三島さんがせめて自分ひとりで
    :::::::::';:::::::::::::'::ヽ          :     〉   !::::!      見事に「基地外」を演じてやろうと、決意したのさ……
  ::::';:::::::::':;:::::::::::':;::\           ‐‐  ,/   │::;
   ::::':;::::::::::ヽ::::::::::':、:::ヽ              __/l i  j:::;'
  \:::ヽ ::::::::::\:::::::\::::\       / '´ ノ /:/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 澁澤はその佐藤栄作の発言を引いて、
 三島がこのような「狂気」の道を突っ走ることになったのかをこう解釈する。

 「日本国民すべてがあんまり気違いではなさすぎるので、
  三島氏は、せめて自分ひとりで見事に気違いを演じてやろうと、決意したのに違いない。
  そして氏はいつしか完璧な「気違い」になったのだ。」

 サドを通じて知り合った、二人の永遠の別れであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                                 【つづく】

717 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:05:28 ID:OBjDZWqw
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

718 ◆KcxXifcWsc:2011/07/17(日) 21:08:07 ID:OBjDZWqw
次回の投下は20日(水)の21時を予定しています。

あと、「1970年11月25日」ですが、あと4話で終わる形になると思います。

719名無しのやる夫だお:2011/07/17(日) 21:10:17 ID:vDivznHA
乙でした

720名無しのやる夫だお:2011/07/17(日) 21:20:41 ID:K4GCFUTc
乙でした。残り4話ということは、さらに四者の目線からということかなあ。

721名無しのやる夫だお:2011/07/17(日) 21:20:47 ID:vNLFmmlg
影響与えすぎだな・・・かなりの間、やる夫もやらない夫も見ていない気がする

722名無しのやる夫だお:2011/07/17(日) 23:42:39 ID:Vxazd2Fc
乙でした

723質問スレッド稼動中だお:2011/07/20(水) 00:23:52 ID:H7K6pjwc


澁澤さんは三島さんとも親交があったんだなぁ

724 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:02:33 ID:760.o0fo
こんばんわ。

>>723
澁澤さんは後々ある裁判をネタに一本書きたいな……って思ってまして、一度ここで出そうかな、と。
でも、澁澤さんと三島さんって、かなり仲がよかったんですよね。

725 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:02:51 ID:760.o0fo
それでは投下します。

現代文学のちょっとした裏話。

726 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:03:23 ID:760.o0fo
【「1970年11月25日」……第8話】

                     __
                  ,.ィ´      ̄`ト、
                /           \
                Z                 i
               Z// ィ  ィ , /人 、   |
               Z/////// .'  ヽハト, j
               ,=、{ '  '´  ' ,    __} ト、
               i' `}__≧tァ‐《__》‐tァ≦__{/ .〉
                  丶(!,弋 二ノi 弋 二ノ ,jノ./
                ゝ_ト、.  ,〈 _ ,、  ,イ/''
                  ト,..   __ヽ /ト、              ・ ・ ・ ・ ・ ・
                  イ'!乂   − ' ノ j .ト、
                ,《.} \`'''''⌒''''´,.イ ,!ノi
                / `<_. `゙ー‐''´._,.ィ´  .ト、
            >< `<__/    ‐=V    ' `ト、
         ><       〉`ー、_,.=‐ V        `ト、
      ><          / =‐-     _}          `ト、
.    , '             ,'`<   >'´ .|              `ト、
    |             ,'  /  ∧.V .|
     |                 ,'  /   ∧.V .|
...   |              ,'  /    ∧.V|
    }              ,'  /     ∧..|
...   j.              ,'  /      ∧|
   /                ,'  /        |
   V    、       ,'  /        |
    V`、  、 '、      ,'  /         |
   / / ,、` 、.      ,'  /         |
.  〈/  / \ `,    ,'  /          |
   〉 ,'´     ','     , '   /          |

                   【川端康成】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1970年11月25日、14時20分。
 市ヶ谷駐屯地を川端康成が訪れる。

 川端康成。当時71歳。
 日本人の心情の本質を描いた、非常に繊細な表現によって、
 日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した作家である。
 その文体は「日本でもっとも美しい文章」と呼ばれることも多い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

727 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:03:50 ID:760.o0fo

  ノ     ∧     /) ∧
  彡  ノW \从/V  W \   ミ
  (  ノ        |      ノ \)
  ∩V      、、 |       >V7
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3)
  (┗(      )⌒(      )┛/
   ~| \__/ |  \__/ |~ 
    爻     < |  ;     爻          ・ ・ ・ ・ ・ ・
    ~爻     \_/  _, 爻~  
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 川端は駐屯地本部の事務室に通された。
 そして事件の概要を自衛隊の事務官から説明を受けた。

 このとき、一言も話さず、ただ、うなずいていたという。

 なお一説によると、川端は三島の遺体と対面したといわれているが、
 それは川端本人が否定している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

728 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:04:07 ID:760.o0fo

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ          川端さん。俺の書いた小説だ。
       `|      ^'='^     ム'′          読んでくれ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


              /;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;\;;;;;;;;;;;;;;|
               l;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;j;;;_;;;;/ |;;;;;;;;;/|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                l;;;;;;;';l;;;;;;;;//.l;;/,/ .l/  |// │ ヾヽ\i\;;;;;;;;;;;;;|
               |;;-i;;;;;/i/   i'    '   ' '    `    i;;;;;r-ヾ
               i/_,ヾ;;l j                    i |;;/ - |
                 i  ヾ、 -=、,,____ ヽ, / ___,,r==-  ,イ ,/ |
                丶ヽ i;r、 ,,r'':::::::::::::::ヾ__,、,_ir ':::::::::::::::::ヽ_/,liri' /    ・ ・ ・ ・ ・ ・
                   `j、 l;l ゙ii::::::::::::::,; -メ‐、 ヽ::::::::::::::::::::ノ  ,irメ /
                  /:lトヾ,, ヾ--./ / ./ヽ, `──‐‐´ ,r/l_/::::\
                /:::::|iiilヾヽ,_/ , '  /  i          !;i liiil::::::::::\ _
               _, -/´:::::::lr'ヽjl´   ,, '  ./  / _,-`       j;トjiii/:::::.:.::.:.:.:.|:ヽ_
        _, - '´.:.:.:.:|::::::::::::| /  ,i´  /  ,i_''_, _ ,-、  ,_j;;i //:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.\_
   _ , -─'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ::::::::::| /  /  /   /   _/ ,/,,,j';;/ 〃::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.::.:ヽ-、_
-‐'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::ヾ::::::/  /  /   /  フ´   /-'_;/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ,,_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::/     /  ,ト -/  /;;;;;;rl, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         /;/  /;;;;; i,,-´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 三島由紀夫と川端康成が出会ったのは、昭和19年とも21年ともいわれている。
 このスレでは21年説を採用する。

 昭和21年のある日、三島は鎌倉に在住していた小説家・川端康成の元を訪ねた。
 そして、短編「中世」、「煙草」を手渡した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

729 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:04:24 ID:760.o0fo

┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||─────||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┳┥│  ││;;[田田田田][田田田田][田田田田][田田田田] |..│
┻┥└─┘,,|/=======================================;;;|..│
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
 ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
==@==@==@==@==@==r─ー─‐-──ー┐@==@==@==@==@==@==
─────────‐|   金沢文子  .│─────────
:: : :| |;;| :::: :::: :____`ー─-─-‐ー─┘____:::::::::::::: :| |;;| :
  | |;;|   ::||三三三| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三|__|__,,ノ___,ノ___,,|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|:::: /||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三 /:: :::::::::::::| |;;|:::::
| ̄ ̄| ̄ ̄|. ||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三|| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|__|__|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||_|__|__|_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 当時、鎌倉に在住していた文士たちは、かなり困窮していた。
 そこで、自ら所有している本を貸す「鎌倉文庫」という貸本屋を共同経営していた。

 貸本業である程度の利益を出した「鎌倉文庫」は、出版事業にも手を出し、
 戦後、文芸誌「人間」を出版していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

730 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:04:39 ID:760.o0fo
                           /|
                         /  |
                       /    |
                     /      |
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄γ     │
      || うほっ、   .  |.       |
      || いい「人間」 ... |.       |
      ||             |.       |
      || 今月号は    |.       |
      || 三島由紀夫の|.      /
      || 「煙草」      |.    /
      ||             |.  /
      ||_______|./
        ────── '

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 川端は、三島の「煙草」を、その文芸誌「人間」に掲載させた。
 無名の新人三島由紀夫が書いた小説「煙草」は反響を呼んだ。
 三島が文壇で地位を築くのは、ここからであったといえよう。

 以来、三島と川端は師弟関係にあったといえる。
 もっとも、三島は川端のことを「先生」とは絶対に呼ばなかったのだが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

731 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:04:56 ID:760.o0fo

    _,,,,,-''      ,,i|l,,lii||  ,il,  |i、  |ili,,,,jl |          も
   <        ,;ililili|||i| ,ililiilj、 j|illi 、ノililililil |          っ
    \      /ililililil|||ililililililililiilililililililililililil |      し    た
     / ,,il ,i| ,ノ;;i|i,ilili/||il|l|ililililililililililililililiililill |      た    い
     /llili||/ソ"/" ||i/ ||  |ilililil|i,、lilililililililililiil |      も     な
      lilil|  '   |''  |   |iili||: |ililiilililililiillil |     の    い
       ノ"|           |i'::::::::|/ilililililililllili |     だ    死
       |     , ,,      ::::::::::::|l||ilililiilililil i     ・    に
      _j  l |´"        :::::::::::::::|ilililililililil ゛,    ・    方
     (   ` 、〈_____      :::::::::::::::|ilililililililililil ゛ 、  ・     を
      ヽ、__ノ、__, ´ ̄'''''=、ー,,,,_:::::::::::::::|ilililililil|,-― 、 ` ー--,,,,,,,,,,,,___,,,,-
      |   / .ヽ      )_;;;; -======/ ,-‐ 、 |ililililil||::........
       | / .::::::::`ー--''"'''''':"::::::::::::::::|ilililili| く⌒)  |ilililil|:i|:i|:i|:i|:i||lli:
      V ::::::::::::::.    .::::::::::::::::::::::::||ilililii| l (  /;lll||||||||||||||||||||||:
      く  ´、:::::::::::.   .::::::::::::::::::::::::::||ilililil| / / /lll|||||||||||||||||||||||||:
       `ー"__::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::|ilililili||  l /l,ililil:|lll|||||||||||||||||||:
        | ====_、:::::::::::::::::::::::::::::ノilililil||「'''''''"/;; tlllll|||||||||||||:|||||:|||:
         |  -:::::::::::::::::::::::::::::,,,yミilililili|i|il_ | /,tlllll||||||||||||||:||||:||:
         レイ州il、;;;;;_;;;、;;、;_;jYillilililililililililiミ/ ,t|lllllll||||||||||||||:||:
        ノili|l||||l|lil|ilililililililililililililili;llil;ililjヲ::::::,t||||||||||||||||||||||::
       ノミjj||l|ljl7j|'i|i|i|i|i|ミミ"jlili'''"::::::::::::::;_;t|||||||||||||||||||||||:
           _  \  \:::::゛、::::;;;;;;;;;;,,ノ|:|||||||||||||||||||||||||:
          ...:|゛、  ヽ  ヽ::::::\:::::ー-=|:||||||||||||||||||||||||:
         |.::::::|  ヽ .::|..::::::|:::ヽ::::|::::ー-=|:|||||||||||||||||||||||:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ただ驚くばかりです。こんなことは想像もしなかった。
  私が三島夫妻の結婚式の仲人をしたのですが、奥さんにはまだ会ってません。
  もったいない死に方をしたものです。」

 自衛隊側からの説明を聞いた後、川端は取材陣に対し、このように答えると、
 そのまま南馬込の三島邸に向かった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

732 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:05:27 ID:760.o0fo

                            ________________________
                         _,-/  /   /   /   /   /   /   /   /
                        ,-i /   |     |    |    |    |     |    |    |
                       ',-'i三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                          -"| |'-----'-----'-----'-----'------'-------'------'-----'---| |
                            | |/||巨 中華料理     .  巨|_/|   DrugStore   ___ |_/|
                            | |  ||巨       能 登 龍    巨|'| :|     J P S   :|たばこ||'| :|
                            | |/|| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||_,-' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|_,-'
                            | |  ノ__ラ_ノ_ー__ノ_メ__ノ_ン__ノ   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i´l|二二二二l|
      ,-==========-、         .| |   !___  ____    .|  //     //   i ,l|  (()))→l|
      // ∧_∧ハヘX // ヽ     .| |  | ||-||-||-|| i|_//__ヽ-ソ_|    | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .l| ((()))).l|
  (二//___( ´∀`)∀^)___ヽ二) .   .| |  | ||-||-||-|| i|_ヽ=/_i二i_|    | |      | // | .l| (´ー`,,,).l|
  ./i______,,______i\    | |  | ||-||-||-|| i|_ヒi___//___,|    | | //   |    | .l| ̄ ̄ ̄ ̄l|
  /i゙l、    ヾニニニニニニニシ'     /i..ヾ   | |  | ||-||-||-||             | |      |    | .l| ̄ ̄ ̄ ̄l|
 〔二二二二二二二二二二二二二二〕   | | _,,| ||-||-||-||,__________| |__,_____|.___,|_,l|三三三三l|
  iヾ i三三i i`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;´i i三三i ,/i
  |´`ー,─────────,ー''`| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄`"""´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `"""´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                __ヾ:.vz __
             , . : : : : : : : : : : :\
            7: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /. : : : : : : : : : : : : : : : : :〈
            7.: :/: : : : : 从ハ: : : _: : {
            ≧:}レノイ'´    `゙` }rく
          /.::}从>=、__彡==ミr゙ .':.\               ・ ・ ・ ・ ・ ・
         /.::::::∧ミ乂__.ノ⌒ゝ. __ノノイ.::::::. \
      ,..:::´::::::::::::::::::ハ  厶_ji_   〃::::::::::::::::.`:::.、
     /.:::::::::::::::::::::::::::>'´rー==ミ:、':::::::::::::::::::::::::::::::\
    /.::::::::::::::::::::::::> ´    ̄ ̄ミz  ` <:::::::::::::::::::::::::::.
   ,:::::::::::::::::::::::/    r彡´二ユ     `ヽ::::::::::::::::::::::,
   ,::::::::::::::::::::::∧   r<::〉> ´ <=ミ    ∧::::::::::::::::::::,
   }:::::::::::::::r-く\`フ´::::::://,`´///∧:::::::.>彡/ ヽ:::::::::::::::;
.  {:::::::::::::/.\///,7.::::::::::\//,>´ |::::::::::::.∨///イ ∨:::::::::}
.  /.:::::::::://::::\〃:、:::::::::::::///ハ  .|:::::::::::厶斗く:.\∨:::::ム
 /.::::::::::/´.::::::::::::::`::.ノ .::::::::〃//,∧ .{::::::::::::{:::::::::::::::::::::`∨:::::ム
./.::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.::::::::::://////∧|:::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨:::::ム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 南馬込に向かう車の中のことを、川端はのちに、このように回想する。

 「その夕暮れの町の道に見る、いつもと変りない人々の動きも、
  私にはふしぎなようであった。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

733 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:05:42 ID:760.o0fo

   /ニYニヽ
   /( ゚ )( ゚ )ヽ
 /::::⌒`´⌒:::: \
 | ,-)___(-、|
 | l   |-┬-|  l |
 \   `ー'´ _/
. /    ∩ノ ⊃ ヽ
(  \ / _ノ |  |
..\ “  /__|  |
  \ /___ /

  【石原慎太郎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて、総監室へとつながる廊下の脇で、
 ある一人の参議院議員がひとり、唖然と佇んでいた。

 石原慎太郎。
 さかのぼるほど十年ほど前に、えげつないと言ってくらいに、
 本能に忠実な性への欲求を書き綴った作品で、芥川賞を受賞した作家である。

 2年ほど前に政界に転出、参議院議員選挙に立候補し、当選していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

734 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:06:09 ID:760.o0fo

        / \Y/ヽ キリッ
     / (ー)(ー)ヽ
    /:::::::⌒`  ´⌒:\
   | ,-) ヽ__ノ(-、|             友人を失ったことに、
   |  l   |r┬-||   |
    \    `ー'´  /             とまどいと愛惜を感じる……
    ノ         \
  /´               ヽ
 |    l               \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          / ノ Y ヽヽ
        o゚((●))((●))゚o
        /:::::::⌒`´⌒:\
 ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ           あいつは俺の前で、居合い失敗してるっていうwwwww
/⌒)⌒)⌒) .| l   ヽ__ノ l|     /⌒)⌒)⌒)          元々運動神経がないもやしっ子っていうwwwwww
| / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
| ::::::::::::(⌒)    | | .|  \  ゝ  :::::::::::/      ン     あの肉体もボディビルで促成栽培した
|     .ノ      | | .|   \/  )  /    バ         パチモンのインチキっていうwwwwwwww
ヽ    /      `ー'´     /    /     ン
 |     |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 石原慎太郎というと、三島由紀夫との写真もあるように、
 ttp://30.media.tumblr.com/tumblr_l1v3ucDBJ51qz55f0o1_400.jpg
 世間一般的には親しかったように言われる。

 しかし実際のところ、どのようなものだったのかわからない。
 石原の発言は、三島を賛美するかと思えば、徹底的にバカにしているところもあるからだ。

 とにかく、石原の三島に対する記述は、出るもの出るものが常に矛盾しているといえる。
 正直、信用に値しないといえるだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

735 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:06:35 ID:760.o0fo

、     , '´          _, -‐ '´    ,'
 ヽ   /       _,  '´         ′
   ヽ′   ,  ' ´           ___,'
    ∨ /         _, -‐ '´- 、 `ヽ
':,     | '´     _, ='´ー- 、    \丶、 ハ.
 ,   l      , イ、 \  ヽ `丶、 ヽ. i丶!、
  !   l   /i | |ヾ、 ト、 丶  `ト、ヘ lヽ ハ\
  ,  |、/i  l l l  ヽ l丶:\ ヽイハ!ヽ|ヽ!
、  ,.  V|  ,  l - l ヱ二ヽ::::丶::イ カ |ヘ |`ト、 |
 、 ,.  V!  、  | ヽ  ヽ::`ヽ:::::ー'::::!、 、|
  、 ,   Vト、ヽ /、|ー '´:::::::::::::':::::::::ハ l|            は?この腐れ外道で、障子も破れないほどヤワな粗チンの
   l i  |ヽヽ、|ヽ \   ___ ' ` /|  ヽl !             口だけ番長のチンピラ都知事。
    l l   V-―\―- 、{- ヽ∠ -ッl   |
__ヽ ヽ  V: : : : :/´ ̄´`ヽイ{ー‐' |  l/
: : : : : :ヽ ヽ V: : : :{ l´ ̄`ヽ. |」|\、,、,、 /!             三島さんの悪口言うんじゃねーよ!
: : : : : : ヽ.  V: : :j 、: : : {| l ヽ.} \〕
: : : - 、 : : ヽ   V;ノ 、 ゝ:_:_{」 |   ヽ」 `ト、
: : : : : : :/: ヘ /  /ゝ、_ノ!    ト、  ヽ}
: : : : : /: : : : / t: /-、: : : : :lLl」    Ll〕、 ヽゝ
: : : : :/___:/!   / ∨ \: : : Ll〕   Ll〕!ゝ、」〕
_; - '´   / 〉 /、  ヽ_ /\:_:Ll二ここチ:'ー:'|
     / / i / , - 、\::::::::::|\/l::|: : : ;--'
.     / /  l l / ヽ ヽ |:::::::::l/ヽ!lーッ┘
    / /  / ,| l-、 i l |::::::::::l><!| イ
.   / /   l./ l  ! \l//、:::::::::\// l
  / /   ハ ゝ. `_! lノ:-: \:::::::::::i ヽ
. / /   /l \___〕ゝ_): : : : : :\:::;::!-i \
.,.' ,     /i 丶 -、」/|: : : : : : : : : :ヽ!: :ヽ  ヽ
′/    /.└‐-、ノ  /: : : : : : : : : : : :i: : : \  \

           【美輪明宏】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 石原の三島に対する扱いについては、後年、美輪明宏が明確に怒りを表している。

 「石原都知事を選んだ都民は民度が低い。」

 実際にこれは美輪がテレビで発言したものである。
 これは美輪の反軍的な考え方もあるのだろうが、
 それに加えて石原の三島に対する態度にも原因があるのだろう。

 さらに美輪はこんなことも言っている。

 「親の七光りならまだしも弟の七光りとは情けない。
  石原都知事の出馬会見の第一声は、石原裕次郎の兄でございます、でした。
  自分の名前にそんなに自信がないのでしょうか?
  裕次郎抜きでは勝負ができないのでしょうか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

736 ◆KcxXifcWsc:2011/07/20(水) 21:07:02 ID:760.o0fo

                    ,ィ⊃  , -- 、
   部       ,r─-、      ,. ' /   ,/     }     ち
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |
   屋     ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'      ょ
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /
   ま        \  l  トこ,!   {`-'}  Y        っ
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !
   で    , 、      l     ヘ‐--‐ケ   }        と
        ヽ ヽ.  _ .ヽ.     ゙<‐y′   /
   来     }  >'´.-!、 ゝ、_  ~  ___,ノ
         |    −!   \` ー一'´丿 \
   い    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
        /\  /    \   /~ト、   /    l \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 どうも石原の三島に対する言動は信用できないので、
 他の人物が、このときの石原をどう見ていたかを突きあわせながら見てい