■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

戦国時代超短編やる夫2
1名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 09:39:37 ID:0/Ukwvuw
         ____
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \               一発ネタ、小ネタ大歓迎。
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |  戦国時代に関係した話ならなんでもアリな短編スレだお。
    ノ           \ | |          |   
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |

前スレ(パー速)
戦国時代超短編やる夫
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1246612124/l50


【まとめサイト】
やる夫短編集 地獄編
ttp://mukankei961.blog105.fc2.com/

2名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:05:23 ID:eDl0tkUo
スレ立て乙です

3名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 20:14:08 ID:/JbhUERM
otu

4名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 15:23:57 ID:VX/.6UEk
前スレ乙 
安東きらきー お友達がいてよかったね( ノД`)

5名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 15:35:47 ID:KN0q/XIA
鬱なネタで埋まったなぁw

6名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:00:29 ID:fODDZ3mc
日本人形とかに話しかけていたのかな
その光景見かけたら震え上がる自信がある

7名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:03:37 ID:Al3CnzJ6
>>6
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1559.html

8名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:05:13 ID:VX/.6UEk
>等身大の自身の木像

9名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:14:27 ID:KN0q/XIA
最初は自分とそっくりだったんだろうがだんだん別人みたいに見えてきたんだろうなぁ。

なんせ伊勢での蟄居生活は30年間もあった。

10名無しのやる夫だお:2009/11/23(月) 19:36:10 ID:fODDZ3mc
?
自分の木像かー痴呆患者を連想してしまう

11名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 03:00:48 ID:GDISU9MY
一発ネタ

                 僕 達 は み ん な 親 戚 だ !!

       ∩∩      *           。            V∩     。   *  巛 ヽ   
   *   (7ヌ)              +   ∧_∧     *    (/ /   +          〒 !   
 +    / /  ∧_∧  。 ∧_∧  _(´∀` )   ∧_∧   || ∧_∧    。   / /    
      \ \( ´∀`)―--( ´∀` ) ̄      ⌒ヽ(´∀` ) // ( ´∀`)∩∧_∧ / /  * 
    。   \       /⌒   ⌒ ̄ヽ、伊達 /~⌒    ⌒ /  /    ( )(´∀`  / / 。   
         |  田村 |ー、 最上  / ̄|    //`i      /  / \\∧_ノ ,-  そ  f   +  
   *     |     | |     / (ミ   ミ)  |佐竹 | /    \\ / ュヘ  の |      
         |    | |     | /      \ |    |/ 蘆名 |(_)〈_} ) 他. |       
      。   |    |  )    /   /\   \|       ヽ  /\ \    /   ! *    
         /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  | /   \ |   /  ,ヘ  |       
       + |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  / /      | |   j  /  | |     。

戦国時代の東北地方

12名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 03:13:19 ID:GZoxGA6Q
>>11
嫁の実家で実質乗っ取った田村以外全部に喧嘩を吹っかけた政宗w

13名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 03:23:15 ID:GDISU9MY
>>12
伊達輝宗「わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい」

14名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 04:29:37 ID:4j6AShYg
>>13
親父さん、ホントに伊達の子かって位にまともな印象
嫁と息子の陰に隠れているけど

真田さんや北条さんとかでたまに短編やってくれて気軽に読めて
短編は短編の良さがあるな

15名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 10:13:52 ID:4V0qD0l.
馴れあいのぬるい喧嘩でつね、わかります。

16名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 10:58:41 ID:ujjXf29Y
よく言えば、まだ室町時代からの秩序が生き残っていたんだと思う>奥州
もともと奥州は京の幕府からは管轄外で応仁の乱や明応の政変による権威権力の混乱の影響が少なく、
かつ、関東の騒乱にもほぼ無縁でいられた。

17名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 12:20:00 ID:qhBroSFc
政宗の前に奥州で大暴れしてる人といえば伊達種宗だな
政宗は教育のあるDQNだしそっち方面もけっこう有名

18名無しのやる夫だお:2009/11/27(金) 15:36:37 ID:wz8zNsjs
>>11
小田原攻めのときに従兄弟に「俺んとこ通って小田原行くなら殺すから」って言われて
直江に上杉領経由で行けるよう手配してもらった事もあったしなぁ

19名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 12:22:49 ID:ikN5LEj6
>>17
『稙宗』の間違いだろJK

20名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 12:35:59 ID:mSeBoJcw
>>17
輝宗の時代でも何か暗躍してたみたいだからなぁ

21名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 15:37:53 ID:16q.JpE2
         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \   今川が「上総介」を名乗ってるなら・・・
    ヽ   L   |r┬-|    |
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /   信長   \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))
          ____
         / \  /\  キリッ
       / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   やる夫はそのさらに上の「上総守」を名乗るお!!
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ     信長    \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

<クスクスクスクスwwwwwアホじゃねえのwww「上総守」だってよwwww
        ____
      /      \
     /ノ  \   u \ !?
   / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
   \ u.` ⌒´      /
   ノ    信長     \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

 上総は親王が国司を務める親王任国、最高位は上総介だってのwwwwww>
        ____
      /      \!??
     /   u   ノ   \
   /      u (●)  \
    |         (__人__)|
   \    u   .` ⌒/
   ノ     信長    \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

22名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 15:40:36 ID:16q.JpE2
        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\
      |   ( ●)(●)  殿の勉強不足だろ・・・
. \    |     (__人__)  常識的に考えて
   .\  .|     ` ⌒ノ
   . \ ヽ       }
      .\_,ゝ     ノ  . ____
      /, r、 長秀 く  /      \
     ./ 〈  \    i / _ノ  ヽ、_  .\  うぅ・・・そんなことやる夫は知らなかったお・・・
    . ヽ、 .ヽ   \ i.o゚((●)) ((●))゚o  \ 笑いものにされたお・・・
       .て_)   \|   (__人__)'      |
             \   `⌒´       /
               〉  信長   、 〈
             _ノ 入    /  / |
            (⌒_ノ  \  / /  /
              ̄     \(.__) _/`)
                     \ /―i'.|

※本当にあったお話です

23名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 15:48:58 ID:B8IVbEGU
信長w昔、俺も同じ疑問を覚えたことがあるw

24名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 15:59:13 ID:jArVFC9U
やる夫w

25名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:11:00 ID:16q.JpE2
☆百合で見る大崎合戦

陸奥国の戦国大名・大崎左衛門督義隆には、
新井田刑部義景という寵愛を受けた小姓がいた。

     /::.:.:.:.:!:.:.:.|.:.:.:.:.:|: : ::| : : : :|: : | | .i: : | | i:. :.:.:.:.i:.:.:.:.|
.    / : : : :i: : : |: : : | ! : ::| i: : :.:|::|::::::i i::::|::|::|::::::::::::i:::::::|
   / : : : : |: : : :!:.:.:.:ト、ヽ:.;!、i: :.:.:|::|、゙、'i´|:フiナi:|::::::::::::|:::::::|
   / : .:.:.:i:.:|:.:.:.:.:ヾ、:.'i´ヾ.::|!ヾ、:::゙、ヽハハヽハノ |ハ::::::::::|:::::::|  一緒にイこうよ!
.  /.:.:.:.;ィ'|:.:.:i:.:.:.:.::i ヽ:|  ヽ!  ヽ::ゝ  `'  リ |::::::i:ノヽ:::|  刑部!
 彡 '´ リ i:.:.ヽ:.::.:.:゙、 ヽ___       ;==─-ソ::::::/ /:::!
      ヽ|:.:.ヾ:.、::ヽ≠'´ ̄`     ;;;;;;;;;;;; ノノ:ノ /;イノ
         ソ:.:.:::/::ヾー-;;;;;;;;;  ,     """ /ノ.;:‐'::/
       i.;イ:::;ハ、::゙、 """    ___      /:::::/
       ソ レ  ` ヾヽ    ヽ´  ノ   ィ´::/リ
              ` 、__    ̄  , ' |!;/
                 _"_〕ー--‐'    |__
                /:.::/:|       |:/\
                  大崎義隆

     |   \ /ー/ ̄ ̄ ̄`¬: : : : : : : : : : :\
    r'   ー--イ  ト‐‐‐、   /: : /: : : : : : : : : \
    |     ,,,,ト-∧_     /:/: : : : : : : : : : : : : :\
    ト-┬‐‐'' / T\     「/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙、
     /     |  \    | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :゙、
    ∠__    /    ヾ-イ: : : :/: : : :/|: : :i : : : : : : : : : ゙、
    Y : \  / ___    |: |: : : :/: : :/ / : /: : :| : : : : : i: i:゙、
    /: : : : : Y:::|_」:::::\_」:| : //: :/ ソ;,; /: : : / : : | : : :| :|: |
.   /: : : : : :/:/ :| : : :| : :| |: :/ | :/   /:/X; :/ /: :| : : :| :| :|
  /: : : : : :/: |:: :| : : : : : | ゙、/ .V _  '' /;;;;ノ  /: :/: : ::/:/: |
  /: : : : : :/ : |: : | : : :|: : |        ヾミ_?   /: :/.: : :/レ レ'
.../: / : : : : :./:|: : : : : : | : |           イ  ̄/: :./  殿・・・
/: /: : : : : :/: :|: : :|: : : :|: :|    ////////  (  レ
: /: : : : : :/: : :|: : :| : : : | :|             >
/: : : : : :/: : : :|: : :|: : : : | |           ,/
: : : : : :./: : : : | : : | : : : : |         ,√|
: : : : : :| : : : :/゙; : : ゙; : : : :.\/⌒ヽ ____/ | |
: : : : :./: : : :/::::゙; : : ゙; : : : : :.\: : :|     | |_
: : : : :|: : : /===〉: : ゙; : : : : : : \ |     |_√\_
: : : : :|: : /;;;;;;;;;;;;;| : : : ゙; : : : : : : : \   r「/ /.|´ ト、
: : : : :|: /     |: : : :゙; : : : : : : : : :゙,  | | し | .| |
              新井田刑部義景

“寵愛”・・・つまり、新井田刑部と主君である義隆は男色関係であった。
新井田刑部は主君・義隆を愛していた。

26名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:12:10 ID:16q.JpE2
だが、そんな彼にも伊庭野惣八郎というライバルがいた。
伊庭野のまた義隆の男色相手であった。

            /                      \      \ ヽ
          /           /        i  ヽ   ヽ  ヘ    ヽ ゙:,
       /   /  /  / ,′    リ  ! _」⊥..,,_   ',     ゙:, ':,
       ,′  ,′ ,′ ,' i   i    ト、 i´ ii | ' `i   |     ::, ::,
.      ′  ,′ ''  i i i -‐ i   i \i -i |  ', i }│      ::, ::、   との〜〜〜〜〜!!!
.       { i   !  |  /i i _j八   :、 \ ノ _」 ノノノ从       ::, ::、
.      { i   !   |   iハ{\|  \  ヽ   .ィ==ミッ  |       l  ::、
       i, i,  ', ', 、  ト、ヽ _..   `''ー-  '゙         |      |   、
       八  ヽ\\N  ッ==ミ         :.:::::::.: リ  '   |    、
.         \ト、\`ー 〃                /  '    |  \ \
               リハ :.:::::::.:        ノ    / /    |   \ \
                /  j      ー--‐ ''"     / /       人    \ \
.               / ノ八             //¨ ̄ ̄ ̄¨''く  \    丶 \
          /   /  `i‐-   ..__    / ̄ ̄ ー---      \  \     丶 \
          /  ' /    i   │   ̄仄                ヽ   \         \
.         /  /  ,     i   |   /: : :\                  ',   \         \
        /  /   '     _」  -‐''"⌒\ : :/\ \           |      ヽ       ヽ
.       /  /   ム -‐''(            ∨: 〇: 〉   ヽ             |      ヽ
                      伊庭野惣八郎

:.:.:.:.:.:::::::::::-、:__ /\\\:::\::ヽ:::::::::\
:.:.::::::::::..:.:丶: ヽ /ー-、:::\\ヽ\゙、::゙、::::::::::\  惣八郎・・・一緒に楽しもうよ!!
::::::::::::::::::::  `ヽメ、\/`>ヌ´二`ヽヾ:::ト、::::::__:::ヽ     ,イ´\ーr-、 ____
::、:::::,、::::  ..:::::::ヽ\`V/f.:.::::::::し、` ゙、i ヽ::::ミ、ー-ヽ /:.:.:.゙、:.:.゙、 ゙、 `ー-、
:::゙、::::ヽ\\:::::::::::゙、 ヾ! ゙、.:.:::::::::.:.:i  リ\i ヾ、   /:.:.:.:.:.:.:.:゙、:.:.゙、 ゙、    `ー-、
::::::゙、  \\゙ヽ:::::::::i   丶:::i)::::ノ;;;;;;;;; ヽ、:::゙、 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.:.゙、 !     /
、:.. ヾ、::::::\  \::::i      ̄ ;;;;;;"   i ヾ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.:.゙、゙、    /
::ヽ:::/\ミメ-、_、_ヽ|              |'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、::.゙、.〉ヽ /
.:::::ミヽ:::::\_/,イ':::.:.:::i       ヽ    /   |ー--、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.:i  /
:、:::|:、:ヽ`ー|li:.:.::::::::::`':i           |`ー-、  !`‐r、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ!
::::\::\`ー|l ゙、:.::::r、:.:.ノ;;;;;;;,    /    i     i  i  `ー-、:.:.:.:.| 、_   \
:、::::::`ー-、ヾ゙、 `ー-‐' ;;;;;;;;;"        ノ       ゙、/     \__! ┴ー、__)
:::::`ー-、_::::`ー----‐ノ       ,.. ' ´     _,  |       ,ノ-‐-、  \
`ー-、_:::`ヾニ二ニ'ー-=ノ---<__     /__/-―――/_    `ーr-、)
       ̄`ー----、:::::、:::::二ニ`ー---―‐':.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈    ̄!)---f'´

27名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:13:59 ID:16q.JpE2
愛する主君・義隆を独占できない・・・
新井田刑部の伊庭野惣八郎に対する嫉妬の炎は燃え上がっていった・・・

           ,∠、  /            ヽ
            /   |: :/                  \へ
     / ̄¨ヽイ     |:/ / / /||:! ! | !         .|
     !:   〈〈:     /:{: ': ,': ':::|::|: l::l: l::l  ,ィ: ! l    ,!
     ∨   ノ¨ト==イ: :! l斗十ナナノ.:|: /::l. /十ト、l:     i〉
      ¨フ´/ !: : : :! 、トト、!ィチ^:丁:::}/ :::}'::::::!ノ :: !: l   リ
.     /: 〃 |: : : :|ミソ :::〈 l{::::::::| :::::::::::::::rf示、 ノ ノ/ /
     レイ ト、_|: : : :l ヽ  弋:zソ       !::::}l }イノイヽ  ・・・・・・・・・チッ。
     |.: : :|: : : : .: |     ::::::::      ,  辷リ !:. :. :.:ト、 \
     |.: : :|: : : : .: ト、            :::::: |: : : : | ⌒
     / : : :|: : .: .:  lミ、Y       ‐ -    ノ: : :. :.|
.    /, : : : |: : .: .:  l   !  ヽ           イ|: : !:.|
   //   : :|: : : :  :ハ  |   `  . _ x<: : |: :!: : :|:. :!
.  //  . :/!: : : :   ∧. !       |  |: : : :.|: :!: :. :.、|
  //   . ::/∧: : .:   ∧`ヽ.      l ヽl、:: : |: :l : : : : ト
. //  . ::/厶 ヘ.:     ∧  \   `ヽ.  ヽl : l : : : : | ヽ
//   , <   \      \  \    ∨  `|: :. :. :.|   \

28名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:15:00 ID:16q.JpE2
新井田刑部はライバルの伊庭野惣八郎を失脚を画策した。
これも全て義隆の寵愛が自分だけに向けられることが目的である。

                     ,. --―-- 、
                r---l>'            rヽ.  ,-┐
                | /   / / ./  !   |  .Y  }
                    V.// / i ! i  ハ i.  |  iミ  .}___
                // | ll ムムハ |ト、 ト-レH |_,ィ个 、く     /^i
                    ハ!_!.! !トレテト ヾ` 行ヒくリノ}/  ハ  〉   /  |  殿が私以外の人を愛すとか・・・
               \|_ト、トトミ込!    込! ´ リ゙TTi Y    /  |
                   l | ハ:::::: '  :::::::  _./ ! i i ハ    l   |   そんなオカルトありえません!
=====、-、         // i ヽ.  ー   / /  ! i i ハ   l   |
       | |       // i / l` ┬ ' ´ | ./  ! ハ i ハ  !   !
       | |         //  ! / |____|   l/    ハ i ハ ___!  |
- 、.      | |      //   / ̄/'"´  _/   / リ、!  i .}  /.   |
  |.      | |       // / / / ̄` ´ /!レ //ノ  `Vハ! i   |
  |.      | |     { { / /  |:     / l.| /イ      i iハ .i    |
  |.      | |       X! ! ノ、 ! / /  !| i {_ _ _ _ _ _|_i ハ.    !
  |.      | |     {_ V >-ミ7ヽi/ニエエ式 lハ_i_i__i_,i_ィン〈 }  |
  |.      | |    シ./ {   >{二}<   /\、ゞ  /  ノ /   |
  |.      | |    ノ {  \___/ハ\`  /   廾≠イ=0コ i   |
  |.      | |   ./  ヽ.   / ハ ハ ̄   , ィ' |  /〈!ト'  i   |
  |.      | | ,/⌒ヾ  /`7  i  i  ハー┬ ´ / .!/  .|  i   |
__.,!.      | |二--   `/ i \_|.  |_./  i! /  ノ    |   i ./ ̄7i
       | |/\ _ ノ ir'⌒ i!`  ー--才´^⌒)==/=.〉. i/  //
       | |__  `  ノ- 〈..,,__ヾi    / , ィテ/    ノ ./  //
______.i._リ  <>ヽノ    _  ̄ ̄ """""''''''''''''''' ‐‐‐‐‐---
互互互互互互互互互互互互/l
≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠≠//

29名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:16:58 ID:16q.JpE2
新井田刑部は義隆に讒言し、伊庭野惣八郎の切腹を義隆に迫った。

. /: : : : : : : |: : .:i:.|:.:.:.:i| |:.:.:.:.:.:.|!:.:|i:.:| 、:.:.゙、::、   ゙、゙、:::::::::::;::イ/:::::::::::::::i:::::
./ : : : |: : :i:.|:.:.:.:i:.|:.:.:.i| |:.:.:.:.:.:.:.|!:.| i:.:i 、:.:.:、:.、::.:.:.!:.:iヽ/:.:.:.|/:::::::::::::::::i::::
i: |: : : |: :.:|:.|:.:.:.:i|:|:.:.:.| ! |  ..:|i. | .i: i ゙、:.:.i.;A-‐ハ:.!:.:.:.:.:.:.:..!:::::::___|::::
!:.i |: :.:| .:.:.i:.!:.:.:.|!.i! :l |:.:!:.:.:.:.:..i:.:.i ゙、! _/ハ:ハ/ |ィ;.:.,.-‐-、!:/.:.:.:.:.V/
i :|.| :.:.:i   i i_:|、!、:.:.! i:!、i:.:.:.:.:.:.i:.:.i _;彡';tr=、 ヾ、"' /ヽ |':.:.:.:.:.:.i:.:|:.:.:.:   伊庭野惣八郎は謀反を企んでいます!
. ! i:i!  | ..:i :i:.:.:i`iー>ト-!、丶:.:.:.:.:i:、^V i_;:::::::ヽ /      i: : : : :.:|:.:|:.:.:.:
 、:!:i、:.:.i:.:.:.:.|:.i:、:.7メ'f:::::::ヾー\:.:.:.:、`ヾ  <;;;:ン ′     ノ : : : :.:.:!:.|:.:.:.:    彼に切腹を申し付けてください!
  ヾi 、:.\:.:\:.]〈  っ::::;:i    ̄`            _,∠|:|: : : : .:|:.|―-
    ヽ!:.i、`゙ー-r≧   >≠    ,      " "   /  |:! : : : :.:|:.!////
     |:.|:.:.:.:.:.:.:\!  ,, ,,                /   i!: : : : : ::i:.i////
     |:.|: : : : :.:.:.i i       r== "ヽ      /   i: : : : : :.:i:.|////
     | |: : : : : :.:i:.:|\     ∨__ノ)   /    /: : : : : :.:i.:|////
     |:| : : : : :.:.|:イ |:::|l`ー-..、    ̄ ̄   /     / : : : : : :.:|/////
      |.|: : : : : :.:|:∧ i:.:!i::::::::::::::`i ー-‐ '    ,..-‐:/: : : : : : :.:.i!/////

               ,..-‐:.':.´ ̄:.`:.ー.、
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::、.....:.、::::、:.:.、::..:.\
             /:.:.:...:;:.:.::::::i :i:::: i::......i::...i......i...   \
          i:.:.::::::i :i..::;i_;:!-、ハ:::::i:::}-トi、::i:::::i:... ヽ
            | ...:::i:::::|/ハ:|!|;ノ |::::|:::|、ハ|`i:::::i:::::..:.:゙、   ええっ!?
             |.::::::::|::::::|/;xf'‐-、 |;ノiノf==、イi:::ハ:i::::::.:.゙、
             |::i::::::|:::::::i(! b.:::..:i ............0:::.::})|::i::ヾiヽiー-ヽ ちょ、ちょっと落ち着いてよ・・・刑部!
.           |:::!::::fヽ::i::゙、 `ー'::::::::::::::、`ー' ,!ノ::::::|
             ヾ!、::ヽ ヽ!ヾ ""::::::::::::::::::::"" i:::,、::::|
            ヽ、:`:ー:::、   ! ̄ヽフ   /,ノ \i         ,、
               ヽiヽi、` , 、 ` ̄´ /             /./ /フ
       r、            ヽ|  ` ーイー-――ァー,-、    _   /./// ,.-,
.   ヾヽ.  | i     _,....-‐:.:'〔'   _/:.:.:.:.:.://  ヾi  |i ノ ´ ∠- '/
   ,...__ヽ丶 | .!  ,イ、、:.:.:.:.:.:.:.ト._´/:.:.:.:.:://   r-、|  | ´ 、    ∠.._
   `ー-、`ヽ`  Vヽ.,、 、\:.:.:.:.:i   /:.:.:,;.:."イ  | /  ゙、  ヽ   ヽ  ,ィ―ー‐'
   ⊂二     ー' ,イ >ー`ー-ヽ./-‐"-‐'ノ==  レ'     ヽ√i    ,ノ
      ヽ /   / .V `ー-┬'`i'ー―'´  ヽヘ      ;ヘ,メ、   /〉

30名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:18:08 ID:16q.JpE2
自分が命を狙われていることを知った伊庭野惣八郎は
大崎家の重臣である氏家弾正吉継を頼った。

::::::.:.:.:. . : . : ./::::::::::::/    i i        /::::::::::/ .、 |
:::::::::.:. : . : /:::::::::/   i  i i    (  /:::::::/ `ヽヽ | 惣八郎――…
:::::::.:.: :  /::::::/   !  i|  i | {  、_/:::/   ヽ  i i|
::::. : . :  /:::/ i  |  i |i ,ノ ,{  { 7/ ̄ ヽ ハ i i|なんか悪いこと
::::.:. . : .://   |  |  i爪 ( 八  V x‐ヽハ ハiii   | したのかな…
::::. : . . : .    |    八i ヽx=ミ\ ヽ 〃二`ヾ刈 <
::.:. . : . : .    八  {   ijY ん.ハ  ` 一 ん::ハ   !   \
:. : . : .      ヽ(\.i刈 {:::::::i     i:::::::::}  |    i \___
: . : .          |个トゝ乂::ノ      ゝ- '′ |    i |  i |
             |  |ハ     ,        |   i |  i |
             |  |八 ij     _     ノ|   i |  i |
             |  |  i>: .. _  ` ′  イ |   i |  i |
             |  |  i  i: : .:}.:.i.:¬.:::::::ノ  |   i |  i |
             |  |  iて`ヽ厶_j.:」::|     |    i 厂 ̄`ヽ
             | i i|Y´(  //   ̄ヽ r‐一| i i i{      '.

                           \
                       ハ
                     / /
                         > >
                     | <
                    _|  \__
                   . -‐<     \ >‐-、
               /       \    /    \
               /        \ / ,.へ      \
            〈         /ヽヽ∨///∧     ヽ
           ∧        /``〉 7‐'='='≠!      ∧
           i !   ' / /   ' /        |      / i
           | ノ   / / '  ' ,′       |i    {  |
             /   / /ハ{  |i        |i    ヽ.ノ  あなたは何も悪くないですのよ。
.         //  / //ヽ. \八{       八       \
          / /  / /ァ=≧ミ ヽ \ (、ー-‐<ノ ヽ      ヽヽ 私が匿って差し上げますわ。
        〃 /   , //ヽ弋r'シ^ヽ  )  ァ=≧ミハ      ハ
.       〃 /   i //{   `          弋r'シノ ∧    ∧ !
       {{ '     i 人_  :::::.:.:::   ,     :::.:...   / } }     :. j
      ∨人   ヽ 从              /_,ノハ     l }
       // /ヽ    \ 个 ..    へ      .イ__ノ ノ  ノ ノノ
.      // /  /\    ヽ /{`  .    ._ r<´    ` < イ∧
     //__/_/___ヽ   ∨ \  ` /./|ヽ._,ノ、     `ヽ ハ
   /         }    }   ∧ ∧ ヽヽ`二フ  \     }\
  /  }          ノ  ノ  /ヽ∨,ノ\)ー―'^ ー-へ.. __ /  ヽ
                  氏家弾正吉継

31名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:19:09 ID:16q.JpE2
この事態に義隆も両者の間を必死に取り成そうとしたが・・・

           ,...-‐: : : : : : : : ‐-.、
         /: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
     /.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    /:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.;.:.:.|:.:.:i|:.:.:.:|:.i:.:... |:.  i  i: ゙、:.:.:.:゙、
.  / .:.:.i:.:i:.|  |_;.:!.|:.:.:.:|:.|:.-‐ト-、|_:.:.|:.:.::i:.:.:.:.:.i
 /   ||.:.:、'´!、:|丶:.:.:i、!ヽ:.:!_\!.i`:|:.:.:.:!:.:.:.:.:|  と、とりあえず惣八郎と仲直りしようよ・・・
 i i .;ノ!:.i:.:.:.`、≠ヾ、\!  '!_:: ̄ヽイ:.:.:/:.:.:.:.:|
 レリ''"ト、!、:.:.V.r':::::!     r':::;、:} '!:.:/ヘ:.:.:.!:|
      |:.:.:.:ヽi゙ 、;ン      └-‐' レ'∫ }:.:/リ
     |:.i、:.:.:.| " "  '    " "   _,..イ:/
.      V \:.ト、    __    ,.ィ':.;.::.ノレ′
        ` `  、_ ´   / И/
               ` i' ´   !_,..、
             /:フi   /::::::::\
             ノ::〔 ′_/::::::::::::::,,=≧ー-、
         ,ィi"::::::::|_ /:::::::::::;;::'"/ `ヽ:::i
        i i、!i:::::::::| /:::::::::;;:::"://  ,;:===|
         |i !.\=、:! /;::=::"::/:./  /    |
          |.i ヽ:__ヽレ'―:.:':":,:.イ   /    !  |
.        |. V  「`T´ ̄ ̄   | /     i  |
       |. | /1'{  ======i、l!/     ヽ {
       /! i  i:.:|:.:゙、    、  、V         `i
       / |  i |:.:.!:.:.:.゙、   \ /        |

:::::::::/: : : : : :,: : : :ヽ/::::::::::::::\ /::::::::::|
:::/: : : : : :/: : : : : :}:::::::::::::::::::「.|::::::::::::::ト、
/: : ‐--: :/: : : : : : : :|::::::::::::: >!ノ_:::::::::::/ ',
: : : : : : ::,': : : : \: : :!::::::::_//|:\:::::::::::〉 : :',
: : : : : : :.:: : : : : : : : : 7 ̄::: :ィ .}::::::\/.   !
: : : : : :,': : : : :: : : : ∠ィ、:::::::::| :|:::::::::}/: // リ
: : : : :.:|: : : : : : : : : : : / \_| :|/^リ/// /
:.:: : : : |: : : : : : : : : : / : : : :| : : |:////
,: : : : :.',: : :,,,_: : : :〃 : : : : | : :! ̄ /   殿・・・
ト、 ̄´: ',:.: : : : : : : :/ : :/: : |  !   ;
: :\: : : ヽ: : : : : : /  :./: : :.|  |   /
: ||: :\: : : : : : : :/  : /: ::|: i|  | /
: ||: : : :\/\:/  : /: : /!: i|゙  |′
: ||: : : : .リ   /  : /: : //!:.:i|.  |
: ||: : : ::/__./  : /: : //=!:.:.|.  |

32名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:20:58 ID:16q.JpE2
ヽ./ : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : ヽ    ヽ冫
:: |: : : : ::/::/: : : /」: : : /}: : : :}゙`「丁ヽハ:!:!: !:  }
-ィ: : : |_,'_,,|-‐''/ / / .}: : /.|: :|: |:::/. }:|:|:. リ !.|. ト.、
: :ト、::ィ゙ |: ::|\/ //.  /: :/ !: :!/!/  !从:/|:.| !∧冫
: :|人小|ヽ:!.ィ爪沁ヽ. /./ /,.イ爪心ヽ.! イ/.//′
: :l: : ヾ |/{:::::::::⊂ ::::::::::::::::::::: ! :::::ィ./ ト,ムノ:!   フフフ・・・
:γ⌒?Eヽ弋二;;ノ ::::::::::::::::::::::::':ゝ-.″ | }: : : :|
',:{ :::`             、      レ′ : :!.   殿は私だけのモノですよ・・・
..',\                      ノ:   ::::!
: : :| `ー´\      ,____.,      / !:! !  !
: : :|.     ` 、     `ーi!′ ./|: :. !:! !  ::!
: : :|         }`   .. __ , イ  |::|: |:|: :|  |
: :: }     ィ‐┤.        ├ .、|::|: |:|: :|  {

      /: : : : : : : : : : :, : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : .  ヽ
      /.: : : : : : : : : :/: : : : .i: : : : : : : : : :l : : : : :i .     ヽ
     i     . : : :l: : i: : . |   l    |:  l:  l     ハ
     .l     i  l  li   l  , |    i  l  l l :i i   ハ
     | . : :| : : : :| i: : l: : |l _,,/!‐'´:/i : : 'ー/|‐ ;;l ,_ l: :l: : l: :.l: .  l
      |: : : l: : : : :l,,|-‐l''|´l / /;/ l: : / _i /i/i /!: l: : l: : |\: . |
     |: : : :l : : : : l l: :|;,=ニiiii卜  !/ ゞiiiiiiヾ,i/ i/: : :i: : :|  \l
     l i: : llヽ: : :.i 彳,i;;;;;;;C ;  ......... ;i;;;;;;;C ゞ/: :/i:l : : |   ・・・・・・ぎょ、刑部・・・!!??
      l i!: :ハ\: :l(´`)ニ=-C .::::::::::::. Cー(´`)//: :リ: : :|
      l!:l: : :l;ヽ, ゞ  :::::::::::     ,  :::::::::: !´: : :| \|
       ! 'l: |\~ヽ、               リ: : :/il   `
           l! ヽ!\ゝ     ,,:‐.. ..;;,、   /:./|/ i
              '| `丶、 `~ ̄~~  〆|/';/
           /´i;l    `>ー,.イ´ー、,,_
         〆i´  ヽ、     l  l ヽ ヽ ~ーニ,,,_
       /i  |    \      |  iヽヽ    ~゙ヽ、
     /  |  |\    \ー‐、 〆|   |.\\     ヘ
    /    |  |  \   \   |   |  ヽ ヽ i   ハ

刑部は事もあろうか義隆を自分の居城である新井田城に拘束。
義隆を擁して主流派となり、氏家弾正・伊庭野惣八郎追討の兵を挙げた。

33名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:22:14 ID:jArVFC9U
なんというヤンデレ

34名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:22:14 ID:16q.JpE2
新井田刑部の嫉妬はついに大崎家の内乱に発展。

           __        /|
     , -、____/,、  \   r‐' ̄_/
    / |\\|//|   | ̄ r‐'
    |  |ミミァ‐''''"|    |   \
    |  | /   |    |    |
    / / 〈   _,`ィヽ、   |   |   なっ・・・!?
  / /`ー、Y", -‐'iヽ |  \  |  
  / ,イ !、ii〕'!、`┸" ノ 〉  i  ) \  殿が新井田城に軟禁・・・・・・!!
. (  |>r‐'  ,二、" /  //、   \___
  \ 、!(三ニ´ー〜)(  <   \ ___     ̄`ー--、_
   \ ゞ、"゛  ̄ _, ゙、   h_/ ̄_, -‐ヽ      `ー-、`ー-、
     ) r≧ーtく /\ )   /    ト、    `ー-、 `ヾ 、_ \
     /ノ|   .| ,个、  ノ  /  / ./ \      丶   \ ヾi
   /人|\  !' ∧ V"  V /   |   \__    \  | .|
  /   |  \ /| |\ ===|/     /、 \   |\    |  | .ノ
. /    ζ | U| .|`U   〉     | \  \  丶 \  |  |
/ /  / | .{  ハ |     /    /、 \  \  \ \ | |
|/|  /  |  ゙、  ゙、    ./     / \  ゙、  ゙、  ゙、  | ノ|
| |  |  ,|  ゙、  人   /     /    >  |   |   |  | /
  \ |  | ゙、  ζ  入 |     /   /  |     |   |  ノ/
   \ | ゙、 <  /  V.    /  /\  ハ   |  /  /

                   x  ,   -‐x‐- 、/ ̄>
               /  \  /::. \  く ´
                   ′  |ミ、∨rf|: :   ヽ  ヽ
               /    厂丁 ¨ ||、::.  ∨  Y
    ,ィ       /    /  /   || ヽ:.   ∨  .|
.    // n       //   . :7ト- ヽ、 _」L斗: .   V  |  こうなったら戦うしかないですわね・・・
   { ´三了   /ィ  .:.:.:/:l笊圷 } /rュゃ : :. 丶 .|
   |  fソ.      l .: : :./:|ゝソ ′ 込リ| }: : : :ハ |  あの男の力を借りましょう!
.    |.  |        、: : ト 八   '       l/: : :.// !
  r‐┴ ┴t        ト、: :.ヽ\  ー    _/: : :.ィ: : ∧
  |::::::::::::::::|       | /ヽ: :}_>-‐.≦/:.:/:.|: : : ∧
  | ̄ ̄ ̄|       /厂/: :リ |  癶 / : :/、_: :| : : : .∧
  |      |.      // { /  j/7く`ハ:.〈    ̄ ー 、:.ヘ、
  l     l     /¨` ヽ、   //. !ヽ ヽヽ       l : . ヘ、
  |    .L, -<.     ソ   〈/   し′ j/   /  , L: :  ヘ、
  |.     /    `   /    /   |  ̄ ̄    ̄   }: .   ヘ、
 |    /       _, .{::...   /   j         - 、  \     ヘ、
.  l    __ , .斗</: : |:::::::      ......    /、  ー 、 \   i
  `¨ 7/ /: : / : :/: : :/-‐     ヽ::::::::::::::  〈:.: :\ _    ̄ \  |

当初、刑部と戦う気はなかった氏家弾正も合戦に臨まざるを得なくなる。

35名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:23:33 ID:16q.JpE2
氏家弾正はその当時、奥州を席巻していた
“独眼竜”伊達左京大夫政宗に援助を求める。

.          /                           ヽ
         /             ′              :.
.        /   ′i i i     i      i           :.
        ′   ′ i i ii  i  i i      i   i   i  :.
.        i    i   i i_」iLi _i  i i       i   i   i   :
.        i    i i i ´i i i i`  i i  ii i  _i_!_ ,′   i } i
        八 i ii i ii i { i !{  ii i  ii i  从  /`ヽ   i ′i
.           ヽ从小「八八八从__i从__ハノ__//ハ//   ノ ノ/ i |
.           ′|{   ___      x''丐ミメ、ヽィイl/   |  分かったわ。
            ′   i ゞ=≠''      し':::::::::ハV/^   i  |   氏家弾正殿にお味方しましょう。
           ′   i :::.:.:.           r辷'゚シ′/     i  |
          ′    i       ,       ̄^` /     i |
          ′    人            :::.:.:  ///    i   |
       ,′  / / へ、    ‐ -         イ//    i  |
       ,′   / /  // ト .         .イ //      ii  |
       ,′    /  // /  }  ー   ´{ |//      jj   |
       ,′  / /  // /..斗ノ      ト .」.'/ / /        |
.     {{{ { i{  {>'" r{       ノ〉 `ヽ/ /        |
     r‐くく { i{  |     |ー-、     ,′  { {     //从ノ
    /`ヽ \ヽハ i |     |________,′   ヽヽ从///ヘ、
               伊達左京大夫政宗

政宗は氏家弾正の要請を快諾し、大崎家の内乱に介入。
これが世に云う「大崎合戦」である。

36名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:25:07 ID:16q.JpE2
伊達軍は留守政景・泉田重光を大将に一万数千という大軍をもって
大崎領へと侵攻。

     ',     \/. : : : : : : : : : : : : . \: : : :/    /
      ',     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : .\/   /
       ',   , . : :/: : : : : :人八ノ: : : : : : : : . ヽ   /
        ',  / : :/ : : : :/     \: : : : : : : . ヽ/
       ∨ : :/、 : : /        \: : : : : : .〈   この大軍なら
        /.: .:/\\/\        /\: : : : : .',   大崎なんて楽勝だし!
       ' : .:/ : : 冫,==≧、   ,.≦==、∨: : : : .',
     / : :/ : : ;彳 「し: :ト     イし: :ト 卜: : : : ',
     ,' : :/ : : :∧  辷,,リ       辷,,リ  ハ: : : : .',    へ、
     /. :/:/ : :八_〉 ⊂⊃    '   ⊂⊃ /_ノ.: : : : :l ┌┴  \
    ,'/ / : :/ : : ∧     ヽー' -イ    /.: : : : : :∧| 厂      |
       l: :/∨人丿\   ∨  ノ   イ_∨ノ∨  └へ    l
       l:/   /   〈 丶、`_´, <     ̄/ 〉      〉  '
         /     \     〈         / /│     /   '
        ∠ 二二 ≧ 、  \ _',     / /  l    /    l
       // ̄ ̄ ̄ ̄ヽ\   ヽ ̄ l   // /〉、 /    l
     〃|/ ̄ ̄ ̄ ̄ \\ ヽ l  // /    〉、    l
     〃│           \\ V イ/ 冖│    /   l
              留守上野介政景

      /::::::::::::::::::://::::::::::::/ノ::::::/|::リ      ヽ::::::::::::::::ヽ
       |:::::::::::::::,ハ|| ||:::::;:::/ /|:::/ ノ:/        ゛::::::::::::::::|
      .|:::::::::::::::| ,,|| ||ヽハ |/ .|/ ‖         |::::::::::::::::|
      |::::::::::::::::| ゙`--.、;| ル.   ノ          |::::::::::::::::|
     |:::::::::::;;;;::| ...............゛`ゞ    ......,,,,,,,,,,,,,,,,..,.  |::::::::::::::::|
      |:::::::::|ヽ ゙| "¨ ̄¨¨゙ヽ ′ ` ゛  .......  ゙゙゙゙`./:::::::::::::::::|
      |:::::::::| i |            "¨ ゙゙゙̄ヽ、 /:::::::::::::::::/
     |::::::::.|  .|        :|          '/´ヽ:::::::::/  中新田城を攻撃しましょう!
     |::::::::丶 ;|       ::/         / / /::::::::/
     |::::::::::::ヽ|       :::|         . / ' /:::::::/
     |:ハ:::::::::::ゝ       ´       ι/  /::::::::/
     |:| |:::::::::::::ヽ     ォ、、.......      ./ /:::::::::/
     リ .|::::::;;::::::::\    `¨ `゛¨     /´´:::::::::::/
       |::::::::|:::::::::| \         /:::::::::/:::::::/
        ゙̄≦=/  \    ..... イ´:::::::::::::/:::::::/
       /""|../::::::::   """"  /"""゙ヽソ:::::::/
ミミ ̄ ̄""""    \         /゛ゝ、   """"
 ミミヽ         \      /|   ```\
           泉田安芸守重光

伊達軍は大崎方の主要拠点・中新田城を攻撃。
数で優勢な伊達軍の猛攻により、中新田城は本丸を残すのみとなった。

37名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:26:43 ID:16q.JpE2
だが、新井田刑部の歪んだ愛のパワーが通じたのか中新田城のある大崎野原は
突如大雪に見舞われた。

゚   。     ゜  ゚   。        ゜ ゚   。        ゜
         ゜  。   。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜  。   。       ゜
゚   。     ゜ ゜  。   。       ゜  ゚   。        ゜ ゚   。
        ゜  。   。       ゜  ゜  。
  。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜   。   。   ゜  。   。       ゜     ゜
    ヘ l ノ r  ゝYイソ。       ゜  ゚   。
   ゜ ゜ヽYソ   ヾvノ/ ゜  。   。       ゜
      |i|     ||i。                 ゜  ゚   。
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''、.''"""'゙゙''''''''"""'、.""''"''''"""''"""'''''"""''""
. ..:.:.:.。.. . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. .゚.O.:.:..。..゙゙゙゙''''''''''‐-- 、,,,,,_  .~゙"'ー-. . ..:.:.:.。.. ..:.:. .゚.O.:.:..。.. .. .
..:.:. . 。   。       ゜    ゜    ゚ ゜  。`゙''ー-、   。 `'‐.、,,
 ゜  。   。    ゜  ゜  ..: . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. . ,,,,-‐'゛     . ,,'' ゜  ゚
  :..。. . .. . :.  .゚.O       .:.:..。.. .. ._,,.--ー''''''"゙゙         ,,-‐'゛
。       ゜  。   。       ゜  . .:.o:.. . .. . ..:.:. .  ゜     ゚ ゜
  。   。 . .:.o:.. . .. . ..:.:. .。

          l:`:丶、
         l: :.:.:.:.:.:.:\___
         .l: : :,  '´      ¨丶、___
         |/l   _ ,/_ ィi    \::::::::::¨: -ァ
       /\::|, '´ /´ / .l∧    ヽ:.:.:.:.:.:./
      /..::://´_ \       l     ',:.:.:.:/
     /:::/.::/rO(_)ヘ  〃ー- ._l::  }   l:::/  この雪じゃあ行軍は困難だし・・・
     // :::/ {:::O:::/    r(__):、 l:  /   l/
    / /,イ:{  `ー      {::O0::} l: /   l    伊達軍は撤退するし。
     {/ レ >、  L _‐- 、 `U ´ .l: /    l
         /`丶、_ ¨     _ .ィ:/    .,'
        / Y ヽ | / ̄/', /レ|::/ヽ/
        ヽr-i  `┼ 7 ´  }  ,, 〃〃≧
        ,-l  } o {  T¨ TT イ.:.:.:.:.: : : : :<<
       L..j /7:::ァ--:l  .l:::: <:.:.: : ,,:──ヾ´
      L{ ゝ´`)r/:::/ >L_ )ヽ/ヽ、¨
       `ー‐ ´   ゝ、_ノ `丶

この大雪により伊達軍は撤退を開始。

38名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:28:02 ID:16q.JpE2
これを好機と見た大崎軍は撤退を始める伊達軍に逆襲。

"'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....     \. Y  ̄`ー、∧  _, -‐´ ̄ ̄    ̄`ー-、_  ̄〕`<   \  \ _, -‐:::::::::::..........:::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... , ----`┤    Y/    _____     `ー、ート、,-¬ン" ̄_, --―...:::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー‐--、/    / , -‐ ´ニ、  r┐ ____`ー-、__   冫´   |____,∠ ---::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ゛゛::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    , イ´‐‐、_,| ̄ー┘ └┘ 〈__,√\`ー、|    (______`ー-、::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ゛゛::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(_, -‐´/       / ィ    、 、   `ーΠ\   |`ー 、_ |  :::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::
         ゛゛:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.|  |  |  | / イ |    ハ  ハ 、 、.   |  \,へ__ \::::::::::::::::/    /:::::::::::::: 反撃開始です!
         ....::::::::::::::::::::::;;;;;;::/\/|  |  |  /.∧/、| ハ    | ゙、 | |  | | |  |       `ー´":::::/   /:::::::::::::::::
          :::::::::::::::::::::::>、 \  | ∧ |  | |,==ミ 、丶!  |-‐ヾ| .| | |  |          /   / :::::::::::::::::::
            ゛::::::::::::( \_ \゙、 | ゙、|゙、 ゙、〈 ,,;;::::::i` ゙、 ゙、| ,===、/| ∧ |       , -‐ ´ _, -‐ ´   ::::::::::::::::::::
              ゛::::::::\ `ー-、__| /`\ ゙、ゞ;;;;oノ   ゙、| !,,,:::::::::| ル' | | ̄`>‐‐-'、_, -‐ ´― ´  ̄ ̄::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::ク二ニニ=/  /\ ,,,,,,,,       ゛ー-゜"  __|  | /    Y__, ---- ‐‐‐,ニ二l`ー――
              ::::::::::::<      |   |  | """  '     ;;;;;;;;  /\|  | |      |_ ` ー 、  /
              ..::::::::::::|      /  /   \   ___       /  |.  | \___ノ\ ー - 、 \  ̄ フ
            ,,,,....:::::::∧:: \    |   | ゙、  / \   `     /   _|   ゙、  ゙、 ゙、  \    ̄  /__ , ---
              :::/  ?-‐ー,┐/  / ゙、 V   `ー- ___ , ィ∠ --‐┐ ゙、   ゙、   ゙、 .!   \ ___/   _,,
  ∧         ,,,,--|   |  /./y  /\/     く ̄ /|ヘ ___/  ゙、.   \__| .|     (\  r‐v'´ _/
 / ゙、_,,,,,--―""",,,--〈  <___/ // /   /        \/.| \       ゙、   ゙、|\-―‐‐'´ \ ソ  /
φ   ,,,,--‐‐"" ̄     \_,,,,..// /   /|┐           |   \       ゙、.   |  ゙、       ̄ ̄
 \ .゙、                |. |    |ヾ、           |     `      \  |    !
,   \!                 | .|   | ゙、)_            !          \|   |
.                     ゙、|   ゙、 \)_            l           (|   |
                           ゙、  \)_        人          _(/   /
                            \  \),.-、    /  ゙、      .,-、!/    /
                             `ー--_⌒ ー、 /   \,.-、 ,-、!/    /
                                  ̄ ̄゛゛        ̄`ー -  - ‐ ´

39名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:28:58 ID:16q.JpE2
さらに、味方であった桑折城主の黒川月舟斎晴氏の寝返ったこともあり、
伊達軍は多くの将兵が大崎野原で討ち死してしまった。

            ,.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、                  // \
          /:;;;:::::::::::::::::::_;;;::::::::;;_ミ;:::`、                  //   /ヽ
         /::/:::::::::;;;;_zx=-‐''^~/:::;:丶}               \、 _ ,/丶、 丶
     ,;;〜r":/:::::::::/,;=z、\  !;::::/|;li::::\                `丶   / ー、 ここは通せないなあ・・・
    (:://::::i::/l::l  ! /:::::゙)ヾ  V' |/;::::::::;ヽ.                    ノ   } ミ
   ._,{;:::l::::::l∧_ヾ!、 `-゚'    _ニヽ, .リ:l::::;;、ト、!                _/,,-‐‐ー─、
      、 ̄ ̄\::::(⌒ヽ`゙      /::y〉 /丿;;;イ;:|;;;l                   / '    ヽ、,_ノ
.     ー _\゙ニミ、 ^ 、  ' `゚"///ア::ノ/;リ                /       、__`ッ-、
       .   \)ヾ) `ー‐`  ゙/:::::::::::l" 彡"              /        / , i
.          ̄ ̄ ゙̄≠ー-、._,, イ;;;;:::::;;;:ノ  .、  }ヽ、             ./         ,/_/
.             /    \ {;::::≦ニ、_,,,/)/:::丿  _ _,,、-‐''"`            / ̄
          /     / ̄ ̄>-‐''" ̄  ̄  ̄  ̄                 /
  .\      /    ./   / "
              黒川月舟斎晴氏

           .... --――- ..,,_
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ///:::::,, 、::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::,::/(( |::}\::\/\:::\/ヽ
      ,{|:::::::::/({  ` j/  \::::::::、::::::::::::∧
     ,{|::`=ァ         \::::ヽ::::::::::::∧
     / `=ァ¨ ‐-.,,_  、_,,.. -‐ ¨\::::::、::::::::∧
.   /:::::::/〃 ̄¨ ミ   〃゙´  ̄ \ヽ::::',:::::::::∧  なっ・・・!?
   /:::::::::l {   i!¨i!       i!¨i!   } ∨::',::::::::∧
  /:::::::::::} !.  i!_,i!       i!_,i!  ノ. ∨::',::::::::∧
  ハ:::/ /:τ`=っ    ,      τづ .{"∨:',:|∨:::',
 ハ/::/i::::::|i{¨´             ィ´ノ∨i|||∨:::!
 }//:/. | i::::ゝ、   r‐-‐-‐-、   ,ィ'"::::,::} }|j ∨:}
  j/  レ' ヽ{\>  ゛´ ̄^¨´,,.. <//|/ }レ   ∨
             `\`iー--‐ ´ |/  /
             _,,r丿     ケ\
    __,,  -‐ ¨  .|‐-、.  , -‐/ :::.  `¨  ‐- ,,_
   ィ{ {{      ├―‐ ―-/ ::'         〃≧、
. /キ\\     i     /        // `} \

「大崎合戦」は大崎方の勝利に終わった。

40名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:30:49 ID:16q.JpE2

              ,r'´ ̄ ̄ ヽ
       /丶  _//∧      l'⌒ヽ-、_
      /  .|ヽヾ、7/ i|     ヘ_/^ヽヘヘ
     /    |,⊥ミ∨/l|      ト、  └ユ
     !    .i    ト、  ヘ ヌ二¨   ヽ   !
     l    |L_   ゝヽ_/>ャ=ヽャ‐   \-、   そ、そんな・・・・・・!!
     i   '7_,.≧=- }} ′ `   ヘ.    \ヽ
     j   ff'"⌒ヽ ノ   、_,.ィi レ、    l ヘ!
.      ノ   7弋   , ,    爪从 . i    l
.    イ    ハ  tt彳′        l j    ∧
   //   ! ト、       _   ‐ュ   /7   ∧ヘ
.  /,ハ    ヽヽヘ   f二´-‐'' "   / /    / ヘ ヘ
  { { ヘ    丶 ゝ _       /∨  /   ヘ ヘ
  ヘ!  ゝ     \  `  ┬-‐'  /!  ィ′     ヘ ヘ
       丶、_  \  广弌irく  l l 〉────'┼‐-、
         !| \   Y/ /V ≦ヽl ∨       l   ト
         !|   ハ l| ィイ' 7ソトミ、 ヽヽ ヽ.       l   l
        厶イ  j ∧/ //ハヽ\∨lルl       l
       f´ i   ノ/ ∧∨//  ヾ 、 ゝ'.ノ         l

惣八郎を匿い、主君・義隆と敵対する羽目になってしまった
氏家弾正も岩出沢城から出撃するも大崎軍に敗北。

41名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:31:37 ID:16q.JpE2
伊庭野惣八郎はこの際に戦死したと言われている。

.     /::::::::::::::::::,>イ" /     ヽ  ヾト、ヽ、ヽ \.\ \\}
    , ':::::::::::::>'"  /          ぃ  ト|‐r+ い l  ト, .|
    /:::::::::::::/     {     .| | ハ,ィ |l ト、 .|ヽ__」! !::|: ハ: | V
.   /::::::::::::::,'     |   |  | |,イ || ! j リ V チ:::ヽ`メ| ハ/ヽ
  /:::::::::::::, '     .!   ! . Xヽ.」イ!キ    C:::d,、 レ'、 |\ \  との・・・・・・
. /:::::::::::/       ',  ヽ'  トメj:::::ヽ     ,`"¨′ い  \-‐
/::::::::/         ',  ぃ  .イo:::::::ソ          } .',   \
:::::/           V  ぃ、  くう´    ,  '" ̄}   ,イ .ヽ   \
/             V lヽ V  \   〈_, ‐'" イい   ヽ    \

            __  ‐ ''" ̄ ̄ `゙' ..、
.           | . / : : : : : : : : : : : : :.' ,
          ≠ / : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨゙\
          | _イ. /: : : :/ ハ: :、: 、: : 、: : r‐┴| く
         イ:/: /: /:/:Χ./ .}: 八:.|::!:.:.|: : !  :| .ノ
         {:::{: /:|/レ|ィ心≧ |/ .ィナ什ノ: : L...ノイ.、  死んでください・・・!!
.        //|',::::(,| .ヒ::リ゙. ′ 匕:::リレ∨: : |\冫
        //::ハ: : : : :', :::::::     `'-'゙ :: ハ:.: レイ
       / : ノ ∨: : : ヘ   __   :::::: ,≠ヽ',: : ::ト、
     ,./: : : :/._,.-∨: ::_丶  _ .  イ    ∨: :.!: \
.    , '>.-‐''二>''.´\ ,.二つ ̄ ̄ ̄二>.  ',: :',: : : :\
   く    く//__.ハ .i\.ヾ{_:_: : :_ : : :__ミ、__  マ: :ヾ、: : ::ゝ
.  ,' .\  .{|::|─、U (/゙ .二⊃|ヽ\  {:::::::|:|.、  マ:..'., ヽ: : : : :>ー - 、
     { .\_.>‐ "  ̄ ゙̄´!.: :: :.∨\\|:::::::|:}. ',.  ',: :..'.,   × : : : : : : : : :ヾ
     ∨: : ├──.!  /      マ::::::┐::://::k.}  マ: :...'.,       ̄ ヾ´
.     ∨: : \.  |.Y.        ヾ.__{_/彡Χ   ',: : : .'.,
.      マ: : : :ー┤| ,'         ∨゙|   \  ∨: : : :\
        \_ イ! | :          ∨、     \  ' ,: : : : .:\
            ∨.',          }::::ヽ      ∨ .\: : : : ヾ
.             ∨.' ,     / ,' ノ.::::::::.\   :ノ    \: : :::

一説には新井田刑部の手によって討たれたとも・・・

42名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:32:24 ID:16q.JpE2
    l: : : : : :.l: : : : l: : l: :|.l: : |l : : .l: : l: : l: : l: : i
.   |: : : : : :.|: : : : |: : |: :.|l: : |.l: : :.l: : l: : l: :.l : |
   |: : :l : : :|: : : : :|,.ィ|ー:|ヤ'|'.|: :/ト/|.,/|: :.l : :.l
    | l: :l: : : |: : : ´|l: ||ハ :ll_l l/ ,l/ l/ ゙ト:/i : /
   |:l: :l: : : |.: : : :| `  `     ィ:;;;;:t、l/.l/
   |l: :l: : l: |.: : : :|,r==ニ、   i illliC l :|
    |: :.l: :.l: :|.: : : :|        ヤl汐 !: :|
   |: : l: : l: :.| : : : |        '   l: : |     /)/) ,、 仲良く、仲良く。
  |: : l: : :l: : |.: : : :|    ヤ−ソ   ノ:l: :.|   /イ/ノ, '/,
.  |: : l: : :.l: : |.: : : :|ヽ 、   ~´  /l : l: : |   l ll l/.//ノ
  |: : l: : : :l: : |: : :l |   `ゝー イ´:l: : l: :l: : |  l/´i .l l//
  |: : :|_≠〆 |: : :l: |    |ヘ‐ニ_l: : l: l: : l  |l l   .|
  lイ ̄    |/: :l |、_  ` _ヽ   ̄ー:_イ  |  ヽ  l
/ヽヽ     |:ノイ \ ` ´ :i       /ヽ、l   ` ノ

結局、政宗の仲介により、大崎・氏家の両者は和睦。
大崎家の内乱は終わった。

43名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:33:11 ID:16q.JpE2
ヽ./ : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : ヽ    ヽ冫
:: |: : : : ::/::/: : : /」: : : /}: : : :}゙`「丁ヽハ:!:!: !:  }
-ィ: : : |_,'_,,|-‐''/ / / .}: : /.|: :|: |:::/. }:|:|:. リ !.|. ト.、
: :ト、::ィ゙ |: ::|\/ //.  /: :/ !: :!/!/  !从:/|:.| !∧冫
: :|人小|ヽ:!.ィ爪沁ヽ. /./ /,.イ爪心ヽ.! イ/.//′
: :l: : ヾ |/{:::::::::⊂ ::::::::::::::::::::: ! :::::ィ./ ト,ムノ:!   フフフ・・・
:γ⌒?Eヽ弋二;;ノ ::::::::::::::::::::::::':ゝ-.″ | }: : : :|   これでもう誰にも邪魔されませんよ・・・殿。
',:{ :::`             、      レ′ : :!.
..',\                      ノ:   ::::!
: : :| `ー´\      ,____.,      / !:! !  !
: : :|.     ` 、     `ーi!′ ./|: :. !:! !  ::!
: : :|         }`   .. __ , イ  |::|: |:|: :|  |
: :: }     ィ‐┤.        ├ .、|::|: |:|: :|  {

      /: : : : : : : : : : :, : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : .  ヽ
      /.: : : : : : : : : :/: : : : .i: : : : : : : : : :l : : : : :i .     ヽ
     i     . : : :l: : i: : . |   l    |:  l:  l     ハ
     .l     i  l  li   l  , |    i  l  l l :i i   ハ
     | . : :| : : : :| i: : l: : |l _,,/!‐'´:/i : : 'ー/|‐ ;;l ,_ l: :l: : l: :.l: .  l
      |: : : l: : : : :l,,|-‐l''|´l / /;/ l: : / _i /i/i /!: l: : l: : |\: . |
     |: : : :l : : : : l l: :|;,=ニiiii卜  !/ ゞiiiiiiヾ,i/ i/: : :i: : :|  \l お願い、もうやめて・・・!!
     l i: : llヽ: : :.i 彳,i;;;;;;;C ;  ......... ;i;;;;;;;C ゞ/: :/i:l : : |      刑部・・・・・・!!
      l i!: :ハ\: :l(´`)ニ=-C .::::::::::::. Cー(´`)//: :リ: : :|
      l!:l: : :l;ヽ, ゞ  :::::::::::     ,  :::::::::: !´: : :| \|
       ! 'l: |\~ヽ、               リ: : :/il   `
           l! ヽ!\ゝ     ,,:‐.. ..;;,、   /:./|/ i
              '| `丶、 `~ ̄~~  〆|/';/
           /´i;l    `>ー,.イ´ー、,,_
         〆i´  ヽ、     l  l ヽ ヽ ~ーニ,,,_
       /i  |    \      |  iヽヽ    ~゙ヽ、
     /  |  |\    \ー‐、 〆|   |.\\     ヘ
    /    |  |  \   \   |   |  ヽ ヽ i   ハ

新井田刑部の歪んだ愛が“独眼竜”にも勝利したのである。

44名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:34:09 ID:16q.JpE2
しかし、最終的にこの内乱は大崎家を滅ぼすことになる。

       .ハー──仆、 /   /  /〃ヽ/〃 /   ノ}   |   |   | |   \
      >      フ/   /  / / // \ |   //    |  イ   | |\てー〜从彳
      |て  変  |. |   | ィ>===ミー=//    イ  /|  / j ト     〈
      | |   態  ゝ|   | |〃 /::::::::::ヽ ヽ 〃  /人∠⊥L厶 / ノ   変  (
      | 〉  ! !  ノ |   | l〈 ひ( )::} ノ/  /  >=ミ、jノ  / <   態  {
     ノV       }ミ|   | |V. -──┴ ∠./  ´ /:::ヽ\/  /ノ    !!   L
ト圦_乏       入 |   | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:....      /rう:::::} }ヽ /Z       「
)        f丁 ̄ヽ ヽ.  | ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:\辷::ノ ノ /  `V⌒へイW
|   亦   ≧ |   \_、\ゝ       ,. ─ 、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ://    |  \ |
|   夂   Z ト、 |   ト      /_   `ー-、 :.:.:.:.:/イ /ト从へハィ1 ヽ|
|        |∨ } | |.  | \    /     ̄ `ヽ、 }    / /ノ     フ
|   能   |   リ ∨ゝ._|  \  ゝ.        V    ノ/ <.  変   |
|   心   |       / |    \  ` ー- _ ノ   /     |   態   |
フ       L     / {ノ     \     _  -‐ ´      |    !!  >
ノノ !!  >   /  ヽ       ` ┬イフノ         )     {
厶へ──へ人  /     \       { \          そ⌒ヘWイ

            |:.:.:.:.:.:.:./ // _/_/〃 // _厶 /  / /  イ      |   ヽ:.:.:.\
            | :.:.:.:.:////  / / ̄厂ノ「 /  | / ム /| |  |   | ト、:.:.:.:.\
             人:.:.:.:〃 / イ ノ≧=≠=ミ、 {  | | | |\ | |  |   | |:.:/ ヽ:>
     _  /⌒ヽ_/_ノ| | | {〈 っ:てう::}∨  | | ! リ、j\.ノ  イ  | |/ キ|
   /   ∨ 義  |:.:.:.:.ノ lハ. |⊂つ-- 'っ.   ト ハj ≧=ミ、り\/ /   .イ !|  レ |
  /  キ     隆 >/ V、_ト|ノシ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ゝ... ぃ:rう::\/ /  / j /:.|  イ|
  |   レ    さ Г   |ハ {{     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.O\:‐':::ノj〉`  ノイ/:.:.:|  : |
  ,.|   イ    ま j     |   {{       '  :.:.:.:.:.:.:.:.と^つ/ /〃人_/ゝ :ノ
/|  :    ト__ ノ     ノ   し     、─- 、    :.:.:.j }:// ノ /∧:.:.:.:.:.: ̄|
  ヽ  :   /   /  / /    l\   ヽ _ ヽ      んノ∠- ' / 八:.:.:.:.:.:.__:.>
  /\  _.人 /  / ./      .|  \        _ ひ /    / / ハ:_/| |
//./  ̄   ∨  / /      |\  ` ー─  フ´   /    /\' /   | | |
. / /.       |  |  |\      |ヽ       __/     /     /   } |    | | |
/ /        |  |  |\\    | ` ー─‐/     /   / / / | |    | ゝ ゝ

大崎家の不穏は続き、これにより義隆は豊臣秀吉の小田原攻めへ参陣できず、
秀吉の命により、斯波氏の流れを汲む名門・大崎家は改易されてしまったのであった。

                                           ☆おわり

45名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:34:47 ID:NNSjCtJc
AAではこうだが実際にはガチムチ雄野郎同士でアッーだからな

政宗が他家の事に関わると毎度ろくなことにならんなw

46名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:36:03 ID:b8CUi/zo
壮絶だなぁw

47名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:36:25 ID:jArVFC9U
乙! 百合で見るとマイルドになるねw

48名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:38:51 ID:obIIoaCI



義隆って名前は○モしかいないのかい!

49名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 18:46:25 ID:16q.JpE2
☆おまけ
:.:.:.:...   :::::::::::::::::::::::__,::‐---‐-、::::::::::::::::::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::f´      ,  |::::::::::::::::::::
 ::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::i  !  |   |  |ヽ:::::::::::::::
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::└-L_ !  | ,ィ ハ:::::::::::::
    :.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::T`'"´::し′!::::::::::::
       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::゙、.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:::::::::
            :.:.::.::::::::i:.:.:.:.:.:_;.-┴┐::
               :::::|  //::::::::,!-、_
                    //:.:.:.:.:_/:::::....|
                〈 // ::./:.:.:  :.:.|
                ヽ /:::::::::  ::::::\
                 Y :.:.:.:.:.:   /   i
                  !、_!:.:.     /   \
                 .:.:.:.:.゙、    //   ヽ
                .:.:.:.:.:.. i   /     __,ゝ,       _,,..-‐''""´ ̄ ̄``゙ ゙ヽ
               ..:::.:.::    i  /     / / \ _,....-‐''"_,..-‐_''"´ ̄ ̄ ̄二二二\
              .:.:.:.:.:    .i /   / /  -=、-ァ''":.:.:.:.:/  ノ)‐''"-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::ヽ
           .....::::::::::      V // /     /:.:.:.:.:.:.:.:.:! /_;/:.:.:.:_;.:.-―:.::.:.::::::::::::::゙、
           ....:::::::::::         ノ'′/ /       /:.:/:.:.:.:/'"//ィ彡:._.:-―-、_:.:.:.:.:.:..:::::::::::::i  私に大咲なんて
     ..........::::::::::::         /  / //      /:.//:.:.:/      ''"´∠:X;エ二._.:.:.::::.::::::::::::|   家臣はいない・・・!!
................::::::::::::::          / /!.//     _.イ;/-i:.:./ /         i. (三}'} ナー-、`.:.:.:.::::::::::::|
                /  /::::| i:.{    ,.ィ´ |   |/ /       .::.  _//_,.:-―:.:.:.:::::::::::::::|
               /::\   |::::::| |.:|   / i  j:    i    r.、  ::::::. -‐;i二7.;.:.:. ..:.:.:::::::::::/
             (:::::::::::::ヽ  !:::::::、|:.! /   、      :、     | |   :::: ∠..-‐/:.:.:./:.:.:::/
  ヽー-、         >.、::::::::::ヽ{:::::::::i.:|./     \__,.、-‐ー、._ └'  :'、=∋メ'"..-‐'"; ‐/
    \:`ー-..、_    /  `ー-、_::\:::、V    _,...-‐''"´       `>ー---――∠:.:_;.:-イ  :/
      \:::::::::::\ ;イ      \:::>(_!-rf'"´              //7:.;.ィ.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/ :/
       \:::::::::::::メ|        i、イ::\、-、ー-、_    _,:=ヒ ∠ノ /:.:.:.:./:::::/::/ /
                            豊臣秀吉

50名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 19:31:47 ID:g4U/bn7k
私のプロフィールページに自分のエッチな写真や動画を載せています♪
是非見てくださいね(*^-^*)
http://p18.noneash.com/mrk/

51名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:27:02 ID:16q.JpE2
☆百合で見る大崎合戦 その2

この「大崎合戦」、政宗の伯父である出羽国の戦国大名・最上右京大夫義光も
大崎方として参戦していた。

           .   ̄ ヽ `丶、
         /   / \  /`ヽ
        / / / /   , 、V,、   ',
        l  /   ム..Vム    ′
       | _j/  //     '、   '、
       |`フ  /‐-、   , -‐\  \    政宗の輩が大崎家の問題に
    -=彡_,.イァ圻ミ、   ァ圻ミ j〕lト __ーァ  介入する必要なし!
     / ,小}从  ー′     ー' 〃从
.    /   l 丶.ヾ     '    //ハ
   / /  l  { \   っ  .イ イ  \
    イ  ハ, ‘くヽ> ._. ィ〔   |  lト、
   从 {,x个ー=ミ:、⌒7マ'く⌒'ト l,_ ハ
    ,x:\(  、〕、\ ∧ \l\  ∨ノ
.   〈_   =- 」_\ \ } | /   l〈
    マ´   -=弌 く  \ | 7  lキ
     ,      _〉,__\__\!_/___ , L」.ニ=-─ァx ___,. -‐ '"′ ̄ ̄ ̄ ̄"ア__
     ,  x ⌒         /      / ̄       ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄´"フ__ノ
     ′            /     /      , -‐ '⌒了 ̄ ̄ ̄´ ̄´
      ′             /       /  ____,  '′    /-─ 、
      '、         / / 〕  ム-─--‐⌒ヽ.,  __∠._ (  }
        マ⌒冖-=ニ.._ ∧  ̄   ∨   /         `⌒ ´
        _       ̄\__  \__/
        〕/        i  | ̄ ̄ ̄\
          最上右京大夫義光

政宗による大崎家への介入が許せなかった義光は、五千の兵で伊達領へ侵攻。

52名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:28:21 ID:16q.JpE2
先述のとおり、伊達軍は中新田城を落とせず大崎軍に敗れ撤退。

         f'"´`ヽ//:,..:-イ ./: : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:. : \  __   ,..---、
          i     レ′/,..:/ / / /: : :/: : : ; : : : : : : : :i: : : : :ヾ ,ゝ-<: ∠ ̄`ヽ
.         |      |/.:/ / / /:./ :..::/.: /;.ィ: : ; : : : :|: :.|: : : i: : :ヾ   )-、 : `丶、
       |      i.:./ / / /../、./:/:.:.///:.:./!:.i.:.:..:|:.:. !.|: : |: : : :`r-<: :.:.:\ー、ヾ、
.         |     V:/.:/ ./ !.../>!、.// i:.:./ ! :!.:.:.:i!:.:.:|:|:.:...|: :!: : :ト、: :ヾ:、:.:.ヽ、ヾ、!
          |       i:.:/:.∧:.:i|:/!ハ:.:.iメ、.i:.:/ /:/:.:. i| .:.:i|:|:.:.:.|:.:.|: : :i|丶:.:.゙、.i.:.:i:.iヽ:.iリ
        |       V:.:/;.:.VY'≠=ミ、`ト! /,ィ:.:.:;〃:. !.:|:._/.i.:.|;.:.:.|:! |i:.:.:.:i:|:.:l|:i| i:|
.         |         i://:.:./{ R:::::;:;::!ヾ|乂/ /ィ大フ'7´/./:/i  |:| ハ .:.:.:.|:.:! i| リ
          |        |:i:.:.:f.| 辷ーン  ノ_,.ノ彳::::::ミ<イ:./:/ i! .:.iノ' /:/:.:/:/ /
            i         |:!:.:iト! ⊂⊃         iユ::;:;::/ 〉'/イ:ノ:ノノ // :ノ:/ノ 今こそ伊達を倒すんだじぇ!
      ,..-、__ノ!      |ハ:.||:.゙、        ′ 弋_ン イ'"´ノレイ ノノ'"ノノ´
      ノ     li      ト、Wヽv\  (`^ー-v、 ⊂⊃/ノ|:.:.:.:.: : | '"´ '"´
  r‐'" i    !〉       iヾ、:、::`ヽ 、 ` ー '′   /:.: /:.:/:.: :i |
  ノ.    |    |      ヽ、 ヾ:、:::::\ー==ニエ,´イ:.ノイノi:.: :.ル′
./ i   |      i  _ _/  ヾ、 ゙、i、、:::::ヽ_,.、,.._ /、__'" レ'ツ:.ノ
!  |   |    ├'         `ー-Lヽ_、.ヽ!ハ,ュ....._ir.、 '"´
| |   ヽ     |            ̄ ̄ ̄       ̄`ヽ
                     蘆名主計頭義広

   /::.:.:.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:::|                 |::.:.:.:.::...::::::::::::::::::::::::::    、i
  /::::.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.ノ                 \:.:.:_;.:-―:::..:..:::::::丶:::... |゙、
 .!::::.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.--、/_                     _, べ:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.::、::::ヽ 、:j:.:.゙、
 |::::.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ィ:.:/ `゙ー- 、__    !、,__,,:=''"´    ヽ.:.:.}ヽ、:.:.:.:.:.:|、:::::}/リ:::.:.:ヽ
 |:::.:.:.:.:.:./:.:,:イ::{.:.{''" ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ′  ヽ^/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}.:/ヽ }ハ:.:.:.:.j }::/ ::|:::::.:.:.:.i
 {:::.:.:.:.:./.::::::::::Yヽ{           i    /            レ  i_ }:.:.:/ jノ :|::|::::::.:.:.、i 奥州は奴にはやらんけえのう。
 ゙、::.:.:.:ハ.:{::::::ィ_|               }ー--‐{            |┘レ   /:::|:::|::::::.:.:.!|
  >、:.{ ヽ!::::.:.:.:|            |: ̄ ̄:|                |    /.:.:::|::::i:::::.:.:.:l|
 /::/`i゙::::::::.:.:.:.:.\            ノ:::::::::::::::\           / _ ,ノ :.:.:.:.|:::::i::::.:.:.:|
. {::/  |::::::.:.:.:.:.:.:.:.i.、_、_____/..:::::i!::::::::::::...\____,..ノ  /:.:.:.:/:.:.:.:.:::|::::::!:::.:.:.l
. l::{  !::::::.:.:.:.::.:.:.|:.|:.:i " " "              _, " " "  /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.::|::::::||:.::/
 、!  ゝ、:::..:.:.::.:..!::|:.:.:、      ー-------――‐_ィ´    /::.:.:./!.:.:.:.:.:.::::|:::::::|}:/
      `ー-、:::人:{、:.:.\     `ー-二二二~.ノ    /!::::.:/ ::::/:/:.:.:.:!::::::リ
         jノ  ヽ \:.:.\             ,.. ‐'"  |::::.{::::::;:ィ:/i:::::::/ |:::/
                   相馬長門守義胤

さらに会津の蘆名主計頭義広、相馬長門守義胤も大崎家に呼応し、
伊達方の城を攻撃していた。

53名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:29:46 ID:16q.JpE2
南北から攻められ政宗は窮地に陥っていた。

           /: :   : :   : :l : : : : : : : :' ,: :' ,: :ハ
          ,.': :': :  /: : / /: :,.l: : ,、: :'v : : : :'v: :'v ハ
        ハ,': : : :./: : / .,': :/ |: :.|ハ: : l: :l: : : :'v: :', ハ
.          ;: :|: : : :,' : : ハ: :l: : | |: :.l ハ: : l: :l: :l: : }l: :|: :|
        |: :l: : : :|: : l l: :l: : | |: :.| |l: :l: :|: :l: : |l: :|: :|
        |: :|: :,: :|: : |:」斗:-代「 :リ }|: :| リ`7‐-リ_ |: :|
        |: :|: :l: :|: : |人ハ: :{ リノ  リノj/j从//j ,イ: :|
   ┼O  |: :|: :.: :|: : |   `^    ′ rテ守癶 ,小 |  伯父上(政景)はしくじって
   小   |: :|: :,: :|l,: : |,cうz==ミ      {トッリ ,ノハ:|: :|
.   ┌┐   l: :| リ: :小: :'v¨´.:.:.:..      `¨''と^):l |: :|  重光は人質に取られるし、
.   └┘   l 小|: :| |ハ: : Y:':':':':':    '  :':':':': ハl: |: :|
        l:| |:.|: :| |: :}: :lト、     cっ    , イ: :|: |: :|  四方は敵だらけだわ・・・
        |:| | |: :| |l リ :リ > 、      ,.<「 l.: :|: |: :|
        l从小、{「「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |: :|
        乂゙\ハ|.|                 r―┴-、|
.      ,rr<   \j |.|                 ` ̄ア^ヽ\
                伊達左京大夫政宗

54名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:31:24 ID:16q.JpE2
しかしそんな伊達家を救ったのは
後世で「政宗を憎んでいた」と思われていた一人の女性であった・・・

             〃::::::::::::::::::::`ヽ、
 ,,,,,..          /卅:::::::::::::::::::::::::::ヽ
/   ̄``‐-、............|:::::::::::卅;;;;;;;:::::::::::::リ
ヤ.: : : : : : : : /: : :/./::::::::::::::::::::::卅:::::ソリ  仕方ないっすね。
.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;キ: : |/:::::::リ:::::::::::::::::::::::::ノ
  ヤ : : : : ヤ心叮::::::::ハ:::|::::|::::::::::|::::|    伊達家のためにここは私が
   \: : : :.|: | :/:\:::|::|::リ::::|::::::::|:::::|
     \: :ヽ/: : : : :メル |::::ノ:::::::ノ:::ノ,   出馬するっす。
       \| : : : : : : : ゛ `~リル:ノ  \
        | : : : : : : :       ノ:ハ
         |: : : : : : : :       /:人\
          | : : : : : : : : : : : : : :/シ: : : : :\
         八: : : : : : : : : : : :/ \: : : : : :\
         〈 : :\: \: : : : : /    〉ミ: : : : : )
         / : : : :\: :\: : :\   ./:ヾ: : :/
        / : : : : : : :\ ソハ : : ヽ/: : : :/

55名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:32:45 ID:16q.JpE2
それが伊達政宗の生母・お東の方である。

                        ,  -‐ -
 __                        ,. '"::::::::::::::::::::::::::::::\
 ||| `.rー――ー┐           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |||  |      |         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ
 |||  |      |          .'::::::::::::/::::::::i::::\::::::∧::::::':::::::::::::',   兄上〜・・・!!
 |||  |      |        .|::::::::::i:::|:::::ヽ::ゝ::ヘ:乂从:::::ヘ:::::::::::ヘ
 |||  {      |       |:::::::::八:i::::i ハ::ヘ\ ._ ヽ::::::',::::::::::::ミ  伊達家と和睦するっすよ!!
 |||  j, 、    .|         .|:::::::r} 弋ヽミ ヽリ /イ:心`ヽ::::::\::::::ヽ\
 |||_// ___|          {:::::::jヘ,γネ     弋ヒリ  \::::::::::::::` ゝ、
   / `i                ト|:::|::i弋{迩}          /::ヽ::::::::::::::ヽ、
   r|  |              | |:::i:从 `´        ""/:::::::::λ::::::::::::::::::}ゝ
   {   ヽ 、           .i |:::::!::::',""    r  ヽ  , ::::::::::::::::ャーュ.从 |::i
   入 /  \           .ヽ|:::::::::::` 、   ヽ ン / ヽ,ー ´: /   `yト、
  υ       \         .i:::::i:::::::ヘ:::::`   ー.ヘ   /: : : : :/         \
   \       \         ヘ::i:::::::::从::::, -‐´|   /: : : : :/           `ヽ
     \      \        .ヽ∧从:イ : : : : | -‐ /: : : : j |               \
      \      \_     , -‐ ´ ト: : : : :{   i : : : //   \_.   ヽ、     `ゝ 、
        \       \, -‐ ´    ヽヽ: : : { /: :/|::::/    / |`  ‐-.\       ヽ
         \               } ヤヽ、}//  {:::}      |      \
                         お東の方(義姫)

             _ _
        , ': : : : : : : : : : `: : .、
      / . . .,. : : : : : : : : : : : : :ヽ
...    ,.': : : : ; ' : : : : ; : ' : : : :,, ´: ¨:`ヽ
    /: __: /: : : ,,: ': : : _;.: -:' : : : : : : : : : j
/ ̄ ̄ ̄\_:  ̄: : :  ̄: : : : : : : : : : : : _,丿 ¨`:,
  な  お . !: `_-: _:_:_: : : : _:_.、 -‐,. '" ヽ'-; : : :}
  ぜ 義 .|'"-、j/: :./ __、_, ., `.、    |'/: :../
  こ  :  | .(/l{: /  l!,/ミヾ、、ヽ ゙'v   ;': :../
  こ  :  ○o。 `'   ヾノ/ ゙`、   ,-、": :/
  に     |:`v       `   ,/ヽ´ノ!: ;{
  :      |: 、    /       .{゙/`'' !:.{
  :      |: :';     し     ..:::ゝ:|   `、_
\___/: ト:', ヽ.     -_、 ノ: : l
::/: : : : /:::::|: : l ;.',  .〉、   ,. ' : : : .l
´: : :./ ::::::|: : lヾ:', /: : `;;‐': : : l,: : : : l
: :/:::::/:;l:::j: : j、 ':;ヽ : : ; :イ : : :l l: : : :.l
´:::::::::/:::;;l/: :./::'、;; ></:/|: : : :l .l: : : :.l
::::::::/:::::::/: :/::::::::jj /-く/ .l: : : :.l !: : : :l

お東の方は伊達・最上両軍が対峙する中、輿で戦場に乗り込み
兄である義光に停戦を懇願した。

56名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:34:07 ID:16q.JpE2
この反伊達連合軍が圧倒的優位の状況下で和睦を結ぶとなれば、
義光にとっては屈辱である。

  /:::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::/        |::::::::::::|
  /::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::/          |::::::::::::|
 /:::::::::::;;/::::::::::::::::::::::::/           |::::::::::::|
 |__;;:-‐::':::::::::::::::::::::::/ ̄`ー-、        ト、:::::::|    しかし・・・今、政宗と和睦を結べば
::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;:イ ̄- 、 __ー--      -‐'Τ゙、::::::\
-:-:-:::'::'::':::>、:::/ | </::::;;;:::::i\-     _二ニy/|:::゙、:::::::::\ 最上家の面目が・・・
/:::::::::::/:::::{. Y   .゙、::::...:::/      イ:;;::::////:::;:个::::::::::::`ー-、_
:::::::::::/:::::/::\    -ー‐゜-       !::..:゜/ノイ;:イ:::::| ̄`ー―--‐''''
::::::::/:::::/:::::::/`ー,          ,   ̄ /:::::|:::::|::::::|
::::::/:::::/::::::::|:::::|:|`             /|:::::::|:::::|:::::|
|::::|:::::::|:::::::::|:::::|::|  \      、っ   /:::|:::::::|:::::|::::::|
|::::|:::::::|:::::::::|:::::|::|   ` 、_  _ ,  ':::::!:::::::|:::::::|:::::|::::::|

                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::ヽ
                      /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::ハ
                  l:::::::::::::!::::/:::::::/:::::::::::::::::::|:::l |:|:|::i::::i:::::::::::::!
                  |::::::::::::|:::ハ::!L厶ィl::::::l::::`ト廴_l:|:|::|::::|::::::::::::|
                  |:::::::::斗:{´l八:l-}ト:!:::|:|::ト:从ト、j:|:|::|::::}::::::::::::|
                  |::::::::::::ト、xチ笊ミ、 \|ヾ rチ笊ミx|イ:::::::::::::|  兄上・・・
                  l:::::::::::;〃 f|:::.:ハ      ん:::.:ハ }}|::::::::::::|
                   |:::::::::∧ マ辷:ソ      V辷:ツ  ハ:::::::::::::|  お義のお願い・・・聞けないっすか?
                    l::::::::::::ハ .:|::::::::.   '   .:::::::::| / }:::::::::::::|
                 从:::::::::::{」 :|::::::  ____ :::::::::| .'_人::::::::::l:|
                  l:;:::::::::::::::∧|    ヾ__ノ    |ノ:::::::::::::::::从
                  |:l::::::::::::::::::::|ト 、        <|::::::::::::::::::::::::ハ
                   |:|::::::::::::::::::::|::::::r}  ー‐   {、:::|::::::::::::::::::::::::::ハ
                    |:|::::::::::::::::::::::::/ ヾ、_  _ ノ ヽ:::::::::::::::::::::::::ト、:|
                    |:ト、:::::::::::::::/l    /ゞへ   ハ`ヽ:::::::::::::::::| }:|
                    |:| l:::ト、,.:::/::::::!   ∧:.:.:.:∧   /:::::::ト...、::、::| |:|
               _ .ヾ |:::|:::\::::::::ト、/  ヾ_/ ヽ ィ:::::::::::|::::::}:::|j::トj:l、__
                 /:::::::::::::::ヾ{:::/:::::::::::|     /: ヽ  |::::::::::l:::::八!|ノ:/::::::::\

57名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:35:14 ID:16q.JpE2
しかし、それ以上に義光は妹であるお東の方を愛していた。

      /  :..:.:...: /    :ヘ\/ヘ:...  丶 ヽ
      ,'  .:::::::::::/    .:/ミミヘ/彡ヽ:..   丶..ヽ
     {コ::。:::::::.:!    .::!::゛  ゛""  ゝ::::::..  l::::ヽ
     ! ::::::::::コ:::ヽヘ_-‐ !::       ヽ ! ‐-ヽ-:::::!
     i! :::::::::::::/ !^‐‐ レ!::       :ゝヘ-‐-、,ヽ}
     l :::::::::/,^^ .: ./ノ::       :::::.ヽ .:..  ゝ
     i! ../ノ' ..:.: ̄ レ::'-、、    、一:::‐、':::.. :.. \     ・・・分かった・・・お義のお願いなら
    "レ"フ ..::::::::::::/,? ‐‐     ‐‐-_ ゞ:::.. :.. 「 ゝ-ヽ
    /   ..:::::::<ノ>≠==-z     z≠=r、 >::.. ::::.....\    仕方がないな・・・
  ∠_   ノ/へゝ,Pゆミ      lPか `ヘヽヽ ヘ. _ >ゝ
    !「∨!" { !ヘ  " ̄  \\\\  ̄  .i/ノ::川:i ゝ     政宗と和睦を結ぼう。
    i!l ::!:::.lヽ iゝiヽ \\\\\,\ \\ !ソ..:::ソ:!i
    li::::l:::::::::!i::::::!\             ノ ヾ:::::::i!
   il:::::l:::::::::ii:::::::!:....ヘ,    ‐−     イ:::::::::i!::::::i!
   i!::::i::::::::::ii:::::::::::::::::::!ゝ      ∠::::l:::::::::::l!::::::!i
   i! i!:::l:::::::ii:::::::::::::::::人 ゛> /i入:::::::!::::::::::i::::::!l
    !:!i!::::{:::::ii:_ 〆巛  丶 ,  /丶>?、:::::l:::::!i
     !:::l巛巛巛巛巛ヘ  / ∧ヽ  ソ巛巛ミミゞゞ

                      . . -- . .
                   . . :´: : : : : : : : : `: .
                      , :' : : : : : : : : : : : : : : : : :.、
                   /. : : : : : : : : : : : : : : : : : :__ハ
                ∧___,. .: i:: :__i: : :i: :i'^`ヽ: :i____:.
                   '____ . i.」:: i__i: : i: :|   |:: }::. :. :.
               i . : : : : {: |: :i: i: :i:|从,-‐‐|:;ハ:::. :. :.
                | i : : : :.ハ:「{八{从|    |i |:i: :. :.:.  本当っすか!!
                | i : : 八! i|二、     ,.ニ|ト从:.:. :.:.:、
                  从: : : : i ''i{ ̄  ,    ⊂|⊃ ハ:.:. :.:.:.:.、
               i.' : : : :.ハ⊂!⊃ r――┐ | /.:::}:.:. :.:.:.:.:.
               |ハ: : : : へ.!   V  ̄ V   !イ斗リi:.:. :.ハハ
              { xヘ: : .:{ ̄{ > .ゝ - ' .イ⌒ヽ|::::|:.:.:,′j丿
                    i::::::ヽ: :|:::::::::∨⌒>x::〈`ヽ   }::::|:.∧
                    |::::::::::ヽ!::::::::〈  ' / /`}   イヘノイ{:::ヽ_
                    |:::::::::::::::ヽ::::/>、   )、 /:::::::〉、:::::::::|
              〈:::::::::::::\::}::/:::::::\_ /::くo::::::::/:::::\::∧
                 i::::::::::::::::::7ヽ:::::::::::::::::フハ::>ー:'::::::::::::::\:::.、
                 |:::::::::::::/.::::::\:::::o:/::∨::::\::::::::::::::::::::::::i
                  く.:::::::/.::::::::::::::::::>ー'::0::|::::::::::::\:::::::::::::::::::.
                Y.:::::::::::::::::::::/.::::::::::::::|:::::::::::::::| ヽ.::::::::::::ノ
                   |:::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::{:::::::::::::::{    ̄ ̄
                  ヽ::::::::::::.イ::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::〉
                   ̄厂.::::::::::::::::::::::0{ヽ::::::::::::.、

58名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:36:22 ID:16q.JpE2
: : .    \/  . . . . . . . . .   \/ . . . . . . . . . . . . . . . .
: : : : : : : :./\  : : : : : : : : : : : ../\   . __. . . . . . . . . . . . . . . X. .
    : :         __,へ      ,...::':::::::::::::::::::`:::..、. . . . . . . . . . . .    \/
\/ .         /    ̄`.<^/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\. . . . . . . . . . . . /.\ .
/\  :       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ. . . . . . . . . . . . .
.   ` . :    </ ....:......::...:.:.:.:.:.:.:l .: .: .::::::::::::/'i::::::::::::::::::.:.: !. . . 兄上最高っす!! .
: : : : : : : .      / .:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.::!:!::!:!::!:::!:!:/ ,.lイ..::::::::::::::: : |. . . . . . . . . . .+ . . .
: : : : : : : . . . . .: / .:.:.:i.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:|`iN !!ハ斗イ´ イ|::::!:::!::::::::!::::|. . . .\/ . . . . . . . .
. : . : . : . : . : . ://..:.:::i.:.:.:.::i.:.:i:.:.:.:i.:.:.:.:|:::}!>  <_ !レリ:::!:::::::::!:::|. . . ./\ . . X. . . . .
. . . . . . .  /,イ.:/.:.:i.:.:.::.i.:.:i.:.:.:.:i:.:.:.::|::{ !:: '____::::! /:::::!:::::::::!:::!. . . . . . . . . . . . .
   \/ { //:/.:.::.i.:.:.:./.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:|::ヽ! ヽ::?;:::;ノ ! /:::::::!::::::::::!::|. . .こ、こら・・・!. . . . .
   /\ !' ! | V人- {∧:i.:.:.:.:.i.:.:.:.:V:::::>.、‐' _ 斗´::⌒::ヽ::::ノリ  : : : : : : : : : : : :. . . . . . .
        V〈´::::::::::::i!弋ト、::::i.:.:|--弋::N::/>'´:.:.:.:.:.:.:`:.:.:Y  : : 戦場で抱きつくな・・・お義!!
.         _,廴_:::::::::/::::::::>ノ:::::::::::::>´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:|   :        : : : : :. . . .
         {:{   7⌒7--イ  \´⌒ ̄.::.:.:.:.:.:.:.:_._:_._:.:.::.::.::| .        : : : :+: . . . . .
         人Tー'--ィ::::::::::::LLLL〉.:.:.:.:.:.:.:.;.:ィ ´:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:|  : .     . . : : : : : : : : : : : : .
        /::::::::i::::::::::::` ̄i`ー- 、 __, ィ- '::::::{::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   : : : . . . . : : : : : : : : : :. . . .
.      /:::::::::::::::V:::::::::::::::::i::::::::::::::::::ヘ:|::::::::::::::lヽ::_:_:_.:.:.:.:.:.:.:.:.!  : : : : : : : : :\/ : : : : : : : X:. .
.    /::::::::::::::::::::::;V:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::1`:::::::::::ト、::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:ヽ、  : : : : : : /\ : : : : : : : : :. .
.   _/::::::::::::::::::/ V::::::::::::::i::::::::::::::::::::::|:::::::::i:::::|:ヽ::::::::::::::::::/ヽ.:..:\_. . . . . . . . .
  /:::、::::::::::イ´    V:::::::::::::i:::::::::::::::::::::l:::::::::ヘ:::|::::\::::::::/.:.:/\.:.:.::〉、. .x . . . . . . . .
. /::::::::ー::(´       V:::::::::::i:::::::::::::::::::::}:::::::::::ヽト;:::::::\:::\´.:.:.:.::ノ.:.:/、::::\
 |:::::::::::::::::/        (::::::::::/:::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::ハ:::::/:::\::::`ー´.:/\\::::\

結局、義光は妹の懇願に応じ、伊達家と和睦を結ぶ。
その後、義光の仲介で伊達家は大崎家とも和睦を結び、伊達家は北の脅威を排した。

59名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:37:19 ID:16q.JpE2
政宗が小田原へ参陣する際、母であるお東の方は政宗を嫌い、
毒殺しようとした逸話があるが、これは後年の創作である可能性が高く、
実際は政宗とお東の方との仲は、それほど悪くはなかったとも言われている。

              .  -‐…‐-  .
                ´          ` 、
.           /                  ヽ
.         / / 〃 ′ ! ?U l i      ヽ ‘,
            ,′ i !  l ?U?U l ! ?Ui   ',
       |{ ,斗l‐l十 ?U?U H‐l-! l、l  } |
        | .  _l」..l⊥ ⊥⊥ l L」_|?Uj ,'   |
         |  Y        'h77k.Yv' /  |  母上が・・・
          |   } ,ィ抖芋     v//,ハ} }イ i   |
          }  .{ ,, ,          , ,, '|l  |
            八             ハ | l  |
        / ,′ 丶.     ‘’      イ  | l i|
      ′ {    / | Tl    lT爪 |l i | l l |
.       {     { l,.斗}    lく l ,ソl l | l l|
          ‘, }ノ   {    }, \,ノ,ノノ , l |
       \  >'    |-―-/   `'く/ ノノ
        `7、      |   /   , ´/`Y
        /\丶    | /   ,  /{  ‘,
         ,ノ  /\丶  |/  , ' /   V  ‘,
.        /   {.   \丶|   /    }  ___ヽ
       〈⌒ ー-〉   \l'/     〈_,ノ  _}
       `7⌒7       `)        }--‐'|-‐'

新井田刑部の愛のパワーによって大崎合戦に敗れた政宗であったが、
その政宗を救ったのも、最上義光とお東の方の愛のパワーであったのだ。

                                      ☆おわり

60名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:39:39 ID:16q.JpE2
文字化けしたので訂正

政宗が小田原へ参陣する際、母であるお東の方は政宗を嫌い、
毒殺しようとした逸話があるが、これは後年の創作である可能性が高く、
実際は政宗とお東の方との仲は、それほど悪くはなかったとも言われている。

              .  -‐…‐-  .
                ´          ` 、
.           /                  ヽ
.         / / 〃 ′ ! ! l i      ヽ ‘,
            ,′ i !  l !! l ! !i   ',
       |{ ,斗l‐l十 !! H‐l-! l、l  } |
        | .  _l」..l⊥ ⊥⊥ l L」_|!j ,'   |
         |  Y        'h77k.Yv' /  |  母上が・・・
          |   } ,ィ抖芋     v//,ハ} }イ i   |
          }  .{ ,, ,          , ,, '|l  |
            八             ハ | l  |
        / ,′ 丶.     ‘’      イ  | l i|
      ′ {    / | Tl    lT爪 |l i | l l |
.       {     { l,.斗}    lく l ,ソl l | l l|
          ‘, }ノ   {    }, \,ノ,ノノ , l |
       \  >'    |-―-/   `'く/ ノノ
        `7、      |   /   , ´/`Y
        /\丶    | /   ,  /{  ‘,
         ,ノ  /\丶  |/  , ' /   V  ‘,
.        /   {.   \丶|   /    }  ___ヽ
       〈⌒ ー-〉   \l'/     〈_,ノ  _}
       `7⌒7       `)        }--‐'|-‐'


新井田刑部の愛のパワーによって大崎合戦に敗れた政宗であったが、
その政宗を救ったのも、最上義光とお東の方の愛のパワーであったのだ。

                                      ☆おわり

61名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:43:03 ID:tio2gwGk
乙です
百合フィルターがあると見方が変わるなw

62名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:44:14 ID:jArVFC9U
乙です 愛は地球を巣食うんですね わかります

63名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 20:53:54 ID:16q.JpE2
>>61
咲キャラは非常に使いやすいw

64名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 21:14:42 ID:vuqKMnio
乙です
最近の研究内容をベースに政宗の新大河作ってほしいなあ…
最上の扱いが今でも尾を引いてるだけに厳しいだろうけど。

65名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:23:42 ID:byB7BSmM
乙です。
>>21-22に触発されて、懲りもせずに一発ネタ作ってみた。
>>1よ、毎度毎度のスレ汚し本当にスマン・・・。

『やる夫で学ぶ戦国DQN・織田信長』
         1st Episode ―おくりびと―

(~~ヽ (___~)                         `ー-、__,|       (~~         /
..~~~      ⊂~~~~ヽ---''''~ ヽ-,                       _,フ      ノ~~~
         ~~~'''''''(______ ヽ'--'                 (~~~'''''~~''~_,,,_,,,,,-'''''''''~~
                ヽ----'             ,,,,。。 ~''''''''''''''~
                 (~~~~~\  _,,,,,_                          _,,,,_
    __,,,,__   (~ヽ,,,,,,,__    ~~~~~~ (~~   ~~'''''----,,,,,___                (~  ~''''-,-''
⊃⊂____,,,,==-- ~~'''''--'         ~~~~~~~~~~~~~~'                  ,--' ___,,,,____,,,__
         _,,,,---,,-'''''~~~~~\_,,--,,,__,,,,--'''''-'~~'~/ ヽ,,_
       __ /;;;;;;;;::::::;;:;;;;;;;;;;::::::/;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ-,,_
   _,,,-(~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::;;;;;;:::::::::;;;;;;;:::::::::::::::::.....ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\~~~~''''ヽ
 _/;;;;;;;;;;::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(::::::::::;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;:;:;:;:;:;:;:\
 l;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶___::::::::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;:::::::::::'---;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ..:;:;:;:;:;:;ヽ、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;~/::::::::::::/::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;:;:;:;:;:;:;:\
(_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__i_i_i_i___,[]n「「「「[][]nnnn_ nn[][]nnnnn_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,-------''''''''''''''''''''~~~~~~~~~~~~~
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~''-,,,_~'''''--,,_〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ~'''-,,_  ~~''''-,,,,_〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ~'''-,,_    ~~''''-,,,,_〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜   ~''''-,,_    ~~'''''-,,,,_〜 〜 〜 〜 〜 〜
 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜   ~''''-,,,_     ~~''‐-,,_ 〜 〜 〜 〜
〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜 ~''‐-,,,_     ~'''''‐-,,_ 〜 〜

織田信長の生地である尾張は当時、都から遠く離れた僻地であり、
唯一栄えていた東海道筋を少し離れると、東には美濃三河高原に繋がる山々が並び、
西には木曽三川の度重なる洪水で荒れ果てた湿地が広がる田舎であった。
(この頃は現在より海が内陸深くまで存在しており、平野もそれほど広くなかった)

66前スレ941:2009/11/29(日) 22:26:40 ID:byB7BSmM
特に、平安期の貴族などは国司に任命されるなどの仕事でもなければ寄り付かない土地であり、

父・小野葛絃(おののくずお)が尾張に赴任していた時に生まれた、かの小野道風は
                                    -''''´`'''''--
  ll      ↓カエルくん                  /
  l \                    /.l        /
 (  l   _,, -─-- ,-'、_-、     -- '´/        l               _,,--──-- 、
 (   l ,-''´    _,-/  l i`'''- 、 /  E         l           __--'''´        ヽ
 ゙-、 ヽl ,,,,,,, --''´     ヽ、 ヾ   丿        ヽ         /゙             ヽ
  ゙'''-__      l''゙゙゙'''---''ヽ ヽ_ l__-''''゙       _,, -''''ヽ'''゙゙゙゙゙''' - 、 /                 l
    /      l l'゙゙:::::::::::゙l l   l        /     \,,_ ヽヽ/'''- 、--'''''''''''-- ___        l
   <       ll ll゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ll   l        / ////  -_ --,,_- ,_ヽ      -ヽ
   ノ     -_丿/    l l 、  l       /////// /  ヽ\ -,,  l       ヽヽ
  ヽ      ,_- ,__゙゙゙''''''''l /  ヽ     // / / / // / / l l l l ヽ \ ヽ        l l
   l l      `l'- .,,_ _,,,_ /    l`''ノ   l/ / / / / //_,,,--,,l ll l l__l l lヽ ヽヽ       ヽ l
   / l    l   __,,-.、/  ヽ- ,,_  l (    l / /,,__/ /''´_--,,_ ヽl l l/ l/ヽl ヽ l \      l .l
  ( ヽ   l_,-l、ヽ  ヽ'ヽ、l''--ヽ l )   l// //- l l l l/ /;゙ヽ  l /_,,゙l l l ヽ\  `'ヽ     l l
   \ ヽ  l l 、 ヽ ヽ_/ l/ ./´ / く    l / l l_  l l l lヽ l__/    /' l .l/l l lヽヽ ヽ   \   l/
    ヽ ヽ l l ヽ- '- '-''´ ./  //    // l l l`'-l l l l `    ヽ'-'´./l l l ヽ l  ヽ   ヽ /
     l  l `'=   / ,,_ ./ /     .// l l l l l l l`'l 、    __´   l l l/ヽヽ   l   -ヽ    ・・・はやく都に帰りたい・・・
      ) l l l- ,,,-- - ヽヽ/      // l l l l l /l l l .`'-,_    , '´l l/ l ヽlヽ  l     l
     (  ヽw   `-゙'''´       /,--- 、-l l l/ l l .l   `''- ' ´ l l l l l l  l\\ l      l
   / \)  /   l ./  し  --__- _-'´ 、  ` ヽ l l l l   l  l l l l l ヽ l l  l ヽヽlヽ    l
   ヽ   ./     / -- - ヽ-_, -''´   `'ヽ   .ヽ l l l   l ヽ,,,_l l lヽヽ l l  l   l ヽヽ  /
    )  /     .l  (__/_, -'´        \   l  l ヽ  ヽ_--`''--,,_\\l ヽ lヽヽ \X
 --   /     .l  _,, -'´             \ l  .ヽヽ      ヽ `'l、ヽlヽ  ̄ヽl ヽVヽヽ
   ) /      .l-'´         _,,,, -,,,__   ヽ .l  ヽ ゙'''      l  lヽ il lヽ\ \___ヽ l
  )゙  l       l       _,, - '´ ヽ  `ヽ   ヽ l   \      l l ヽl l/ ヽヽ    l l
  ) l       l     _,,- ' ´l ll(ll l l      _,,-'''-- ,,___       V  \   l l    l
   ) l      /   _,- '/       l      ´      `'''''--'''''''''゙゙゙'   ヽ
  /  .l     ''´_, -'´ /
  )  ヽ,,___,, - ''´__--___/             ↑小野道風(近江の貴族で、書家)
  l )__  _---_ /
     )___)   ( (
と、子どもでありながら、まだ見ぬ都を思う歌を残したと言われている。

※小野道風は、小野妹子や小野小町らを排出した近江の名門貴族・小野一族の出身で、
  書の達人である『三蹟』の一人として、和様の書道を開拓した事や、
  11月の花札にその様子が描かれている『柳に蛙』の逸話で有名である。

67前スレ941:2009/11/29(日) 22:28:22 ID:byB7BSmM
また、尾張の国司に任命された藤原元命は、
 −-                 , -'"  ̄ ` 丶、  /   税  尾  俺
 ─--            /         \|   金  張  が
              /            |   地  は  来
 ───           i   _ _     _ _   ヽ_ 獄  変  た
  ̄ ̄         | /二`     "二ヽ、 |  〉に  わ  か
             _|  _,ィiュミ   r_,ィiュミ  レ-| な  る  ら
 二二二         ヾ!   - ' r  `ヽ  ̄´  | ∧!   ぜ  に
 ── ___      ゙!  〃  ^ ^  ヽ   l-/  〉 . │  は
  ま             i   { ='"三二T冫  /´_ノ/\__
  さ  二ニ    _,ィヘ  ヽ ヾ== 彳   /:::/`ー- 、
  に     _, ィ´:::::/ l\ ト、 ー一 / /::/      \
  外     /  |::::::::: ̄ ̄ ̄::`ー=彳_∠ _      ヽ
  道   /   |::::::::::::::::::::::::::::(‥):::〈_     \       l
     r'"`丶、 |:::::::::/:::/::::´:::::::::::::::::(_     ト、      |    ←藤原元命(都の中流貴族で、尾張国司)
 _/ / `ー 、 \|::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::(_      \   \

と、不当な租税を尾張国中の田に掛けて暴利を貪るなどして、
988年には尾張中の郡司や百姓から、その非道を訴えられた。


しかし、31ヶ条の弾劾文のうち、不法と認められたのはたった1ヶ条にすぎず、
殆ど罰せられる事なく昇進していくなど、尾張の扱いは散々であった。




※なお、『三蹟』の小野道風も、元命への弾劾文『尾張国郡司百姓等解』も
  高校日本史でのテスト頻出語なので、高校生の諸君は覚えておいて損はないだろう

68前スレ941:2009/11/29(日) 22:30:17 ID:byB7BSmM
この様に都から蔑まれた田舎である尾張に生まれた織田信長には、
生来の教養というモノがなく、だからといって弟・信行のようにそれを学ぼうする事もなかった。
これがある一つの事件を巻き起こす。

      ____
     /     \
   /        \   ……兄さんは大名としてみっともなさすぎます。
  /  \    /  \
 |    (●)   (●)   |  いい加減、しきたりというモノを覚えてください。
 \      ´     /
 /      ̄ ̄    \  ←織田信行(信長の弟)

        ___
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\    あんな面倒臭い事
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /    やってられっかお。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ  ←織田信長(尾張の大名・織田信秀の嫡男)

69名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:31:43 ID:Dd13Neu.
お、塙団右衛門の人か。期待。

70前スレ941:2009/11/29(日) 22:31:46 ID:byB7BSmM
そして1551年、信長と信行の父・織田信秀が流行病で急死すると・・・

     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  | ぐはっ・・・
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i | ←織田信秀(尾張の新興大名、信長の父)
    >   ヽ. ハ  |   ||

          ____
        /     \     父上のお葬式だというのに、
      /        \
     /  \    /  \  喪主の兄上が大遅刻・・・
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /   これでは織田家は近隣の笑いものです・・・
    /     ⌒     \

71前スレ941:2009/11/29(日) 22:32:41 ID:byB7BSmM
      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \     おっ、オヤジの葬式はここかお!!
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)


       ____
     :/::::::::::::::::\:       あ、兄上、一体これは
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:    何のつもりですか!?
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:    葬式でその様な格好・・・

※実際に今の感覚でいえば、パンイチと同様の姿だったという


        ___
        /_ノ  ヽ\     いつもうるさかったオヤジも
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\   今なら仕返しできないお!
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /   やるおの恨みをうけるがいいお!!

72前スレ941:2009/11/29(日) 22:33:47 ID:byB7BSmM
         ____
       /⌒  ⌒\
      / (―)  (―)\         。* o ゚ 。゚,。゚* o 。
     / :::::⌒(__人__)⌒:::::\     。 ゚。,        。+o。 。
    |              | )  。*, o。          。* o 。o*
    \            //  o* *.o.             o ゚. ┏━━┓o
     (  ヽ・    ・ ̄ /.*.゚o 。.              ゚ o 。┃桃萬┃*o .
       l\ \      。 ゚ ,。゚                。+ ┃巌松┃0゚ 。
      i ヽ_)つ o+。 ゚                   ゚。,*┃道寺┃゚ 。
      /   (::)(::)  ヽ                        ゚。+┃見*o┃+゚。
    /  /    >  )                      ゚。 ┣━━┫o゚+。
   (__)       (__)                      ゚ 。+゚┻━━┻。*o

       ___
     :/:::::::::::::::::\:    父上の位牌に灰をひっかけるとは・・・
   :/ \:::::::::/:::::\
  /  (●)}ililli{(● ):::\:    ・・・もう我慢できません!!
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:


結局、これの事件が信行の叛乱を巻き起こし、
尾張を席巻しつつあった織田家はこの強大の内乱によって大きく力を落とす事になる。

.、 -─- ;:_;;::,,,_`^゙~ ̄`. . .: :. ::-__,,.....,,,_.._,..r-'''" .   ... ...:: ..: ..: .::. ::.::.:..:.:.:.:.: .. . -='、⌒゙'''
  . . .::..:.:.::.:___,,..、二 =-─- . . .::. . .:;:.,.. .._,,,.....,,____,,..、 -─- .,_~`"゙''ー- 、 .: .:.:.:.::.:.:.:.
___,,、,r'''´─-〜'_,,.....,,,_,,. r‐'''"~_,,..,,,_ .;:.,...:;:;:.  .....:..:. . ...`゛'''- 、..,_::_,,,.....::::... .゛'''゙⌒'〜
:.:..:.:.:.:.:.:.::.:`゙'_,ニ=- ... __... .                 ......   ...  ... . _,,._:.,...:;:;:,,..,,,_ .
、 -ー''゙゛´~  ...  ... .                          .... ...... . ...  ... .  ... ...
 ...  ... .
       .i^i
      .  i:. !             ,ヘ                   ,、
 .  ,、  |:. |             i:. !                     i. i               /7
    .|.|. .. |:.| /7      /> ,、i:. i     「!      ,     |. |   .、 「!   ,ヘ/ /
--<\,l .:|;.. |././‐l|ー「レ'./ー‖|;. |ー─i-|- |:|クー─---i|‐レーー|;:.|-/7‖ー|:レ〉─〉::./─
   \`ヽ|;:.../ ムィ>/.:<´ . .   , |::...マ;:/〉  ^´`        ト、_/:..У/ク  ┴ ,ィ ./:../
... . ... \.;i:.. .::/ ^´⌒` ,ィ  .〈V:::.. レ'/          ー- 、,,_>,__,/ー──./ レ'::. ムク
.:.::.:.:.:.:.:. /;il;::::::...ヽ、,,._.  |.|  ^´`^´`´  . . .. . :. :. :. :..:. :. :. .,.  ,   `''- 、,/::........:::::く_,,..::.
.;:;.;:;::...シ',:'"⌒``ヾ(⌒\/ レ':〉...:::;;;;;:::.....             ._,.-''  /   ''''""´.:.^"⌒`⌒`` :.:
;:-一''' ..:.:/. ..:.:.  ..::、,, `''''''゙^           .,.  ,. . .... ... : .: .: :.:. :. :. :...:.::.::.:;:;.: .: :.:. :;:;.: .:
:,.;:.,.:;:;:/./:.:.::.:.,:. \ .::.:: `''- 、 :.:.:. :. :. :.. .::;.. :. :.,...: :;:;.: .: :. ::. :;:.:. ::;.: .: :.:. :. :::.,,... :. .::;:.,..:.:.:.:::
:.::.:.:.:.: .: :.:. :. :.:. :. :. :.\.:.::.:. :. :. :.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ::;:;.: .: :.:. : :. :. : .: : :.:. :;:;.: .: :.:. ::. ::

73名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:35:38 ID:Dd13Neu.
>>67
ああ、習った習った。
AAとイメージが合いすぎw

74前スレ941:2009/11/29(日) 22:35:39 ID:byB7BSmM
『やる夫で学ぶ戦国DQN・織田信長』
         Episode-2 ―鮒鮨は死の香り―

信長の育ちの悪さは、もちろん食生活にも表れていた。


例えば舅にあたる斎藤道三と正徳寺で会見する際には

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |  道三様の命令で『婿殿の様子を見て来い』と言われたが
    (__人__)     |
    (          |  それがなくても、個人的に従妹の夫を見たいだろ・・・。
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./  ←明智光秀(当時、斎藤家家臣)
     ヽ、 __\_/


        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |  とりあえず、馬の上で裸になってるあのバカを道からどけろ
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |   信長が来た時に邪魔になるだろ、常考・・・。
.      {          |
     {         ノ
  mm   ヽ      ノ
 (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
     ̄ ̄ ̄|    |

75前スレ941:2009/11/29(日) 22:36:41 ID:byB7BSmM
   ∧ ∧
  (*‘ω‘ *)   あの、光秀様、信長公は既にいらっしゃってますが・・・。
   (   )
    v v

     川
   ( (  ) )


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |  ん?おいおい、まだ誰も着てないだろ?
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

   ∧ ∧
  (*‘ω‘ *)   いえ、ですから、道の真ん中の・・・
   (   )
    v v

     川
   ( (  ) )

76前スレ941:2009/11/29(日) 22:38:30 ID:byB7BSmM
        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |  ・・・ま、まさか、あれか・・・
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |  おいおい、それはないだろう
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /  ・・・常識的に考えて。
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|

                _____
                /⌒  ⌒\   ング ング
              / (●)  (●)\
            /::::::⌒(__人__)⌒:::: \  チュパチュパ
              |     (   \    |
            \_   ヽυ  ::\ /ノ:;|  んー、やっぱり
              > {;:;::乂_,,ッ、、_/.:;:;}
             /   ゞ彡彡ニミミッ;;/  馬の上で食う柿は美味いお!
            (  _б 彡〃.:.:.:.:.:.:.:゙ヾミ、
             ゞ   ''"/ : :.,;"´゙,;.:.:.ヾゝ  よだれが垂れても、裸だから平気だお!
             ‖  ゙i .:ト'',.´;,   ',;:u:"〈
            ヾ   ::  〈● :゙;, ,;"::;●夂
            八  `ヾ,|`: : : ;, ,;:.::::`";l 乂
            / /,!;;;ゝ,リ|; : : :; ;::.:.:u:i)! : .彡
           ,/ヽ//: :,ヾ〉,;.;、:'':::.:.;::;!:::| : . |
         // : : //イ::,.:..; :.{、; ゙;:゙;;.:"';}:::!、_!
       /: / : : //'゙::;'.:.::; :,::`i.;゙:.,,:''::`/::::::.:ヾ
        /: : / =、/,.!::: ; :,' :' : :.:.:ヾ;∞;ソ::::::::.:,:.}!

77名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:39:15 ID:Dd13Neu.
ん、二本立てか
これはあれか、信長DQN説と、計算があった説で捉え方が違うよな

78前スレ941:2009/11/29(日) 22:39:49 ID:byB7BSmM
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)
. |.   .|| (__人__)
  |    ノi  !   | }    あ あ あぁ・・・
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }     俺の従妹があんなバカに・・・
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

信長は馬の上で半裸になり、その上で柿などを食いながら正徳寺まで行進しており、
会見の直前、やっと礼服に着替えたという。

斎藤道三が信長の一連の行動に関心をもったのは、
彼の父もまた賤民出身であったからだろう。

79前スレ941:2009/11/29(日) 22:40:45 ID:byB7BSmM
また他にも、有名な桶狭間の戦いの前には、立ったまま飯を食い、
            。 O     ____ー、
          ゚  。 \ヽ / u ゛  u  \  ゚
          -  ・。 /;゚ ⌒  ⌒ @\。
        ,  ゚ 0 ─/ { U (●) (●)  .\ / 。   ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u//(__人__) 、 ) 。゚ | o     ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u   / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\     ∠  ハ ッ j
          ー = ^〜、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。   ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ      ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (      l   .!。 l  l
  )   !!     ( ,
  ^⌒~^⌒^~⌒^


畿内の大大名・三好氏を滅ぼし、その配下であった一流の料理人を雇った際は
        .'     _ _―
    ___ノ  , '  ̄,,..-…''"~ ̄`'"´~`ヽ、
  ( ̄  ___ノ  /.  . '      . 、   ヽ.
  \ (      /.' . .'   , '"`〃ヘ  . .  i
 __) )     | : : i . i. i@    !. i :  !               
(( . ̄ ̄      1 ;i_.l : !. |\,,_ '  l. | i ,!   ._        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ξノヾ、     γ-、~`ヽ、N_=。=ミ   | ! ; !  ./_\       | 信長様は都の洗練された料理よりも
  `ヽ、  `=.,  ,イ | |    i   ̄   、リ从!`ヽ |  / |       |
    ~ヽ、_ `-<  !_ノ   | 、,___'´ / `  <    |  ―=ニ  塩の味しかしないクソの様な料理が、
       ~ッ、_ `ヾ、.__,,ノ \  ̄-‐ /     |  ッ  |      |
      .,;;,ヘ  ,,>-‐- 、ー、,,..:(`‐-'´  \   \_/      | お気に召す様で
    ;il|||!ニ/ ' ;  f"i  ヽ. ~`く" ̄`ヽ   \ 、            \_______________
    i|||||!‐ヘ ,,   | |   i>、._ノ  ....::::!    ヾ `ヽー、
    l|||||;ニ/  `\ ー'   ノ::、::::::::::::::;ノ;.     ー、_,  ⌒Z .
    l|||||i-ヘ    `、ー‐´:::::::;;=-tT´!|||i       (     ヽ , .~
    !l|||i;ニ;|.`ヾ.'   ヽ、::::::::/;il; !||i. !||l        ` "⌒ー-〜
     心|i;-ヽ \ .'  _ ` 、':l||||li. !||i. !||l)
      `'!|jミ`、 \ f `.   ヽ:!||li;、!||i,j||||i
       `!|i|i;ヽ  ヽ!_ノ   ノ;l||||||||||||||||||i
        `!l||li;`ヽ `ー-'"ヽ:|||||||||||||||||||l)
         !|||||||lii;` 、!_;!_,,ノ;i|||||||||||||||||||||i;、

と証言されている。

80前スレ941:2009/11/29(日) 22:41:38 ID:byB7BSmM
中でも、信長の身を滅ぼした、食に関するエピソードがある。


  【安土城】           {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )  やっと武田を滅ぼしたのかお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     | じゃあ新築したての安土城に家康殿を呼んで
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /   パーティーでもするかお!!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |

81前スレ941:2009/11/29(日) 22:43:10 ID:byB7BSmM
           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人  OK、準備は文化と教養に通じた
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|        この光秀様に任せるだろ!!
 | ___)  ::|+{          .|     十
 | ___)  ::|  {       _ |        (・・・そうでもしないと糖尿病になるだろ・・・)
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ  ←再び、明智光秀(この時は信長の重臣)

          ___
       /\  /\     せっかく安土に来てもらうんだったら、
      / (●)  ( ● )\
    /:.   (__人__,)   ヽ  この辺りの名物料理をパーティーに出すお!
    /::::...          |
    |::::::::::....        /
    ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_

        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (へ)(へ )   |   おう、万事俺に任せるといいだろ。
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |

82前スレ941:2009/11/29(日) 22:44:13 ID:byB7BSmM
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  しかし、この辺りの名物料理か・・・
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) なら、皇室御用達のアレを使うか・・・
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /







数日後・・・

83前スレ941:2009/11/29(日) 22:45:23 ID:byB7BSmM
     ____
    / ⌒  ⌒  \   パーティーが待ちきれなくなったおっ!
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | ちょっとつまみ食いでもするかお。
  |    ー       .|
  \          / チラッ


    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,  ・・・
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i
  i.   ミミ( ○)    .|  ・・・・・
  \(_入_ノ      /
    ノ__,,/,____/    ・・・・・・。
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|


    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'     ┛┗ \          /´〉,、     | ̄|rヘ
  /_,ノ  ,,  ┓┏  ヽ,   l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i.   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  i.   ミミ( ○)    .|.   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  \(_入_ノ      /.                 (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
    ノ__,,/,____/                                `ー-、__,|    `"
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|

84前スレ941:2009/11/29(日) 22:46:26 ID:byB7BSmM
         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)   うんうん、順調に用意はすすんでるな
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ    これなら、信長様も家康殿も大満足だろ。
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ           ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)   ん?
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉       .     _,    _,     _    _     _    _,    _    _
''"::l:::::::/    __人〉            |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|    |_|_|   |_|_|   |_|_|   |_|_|
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_       | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_ | ̄|_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、     |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _| |  _|
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!  .  |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|   |_|
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


┌┐  .ロロ┌┐  .ロロ┌┐  .ロロ  ┌┐  .ロロ┌┐  .ロロ┌┐  .ロロ  ┌─┐
││       ││       ││         ││       ││       ││         │  │
│└──┐ │└──┐ │└──┐   │└──┐ │└──┐ │└──┐   | .. |
│┌──┘ │┌──┘ │┌──┘   │┌──┘ │┌──┘ │┌──┘   └─┘
││       ││       ││         ││       ││       ││         ┌─┐
└┘       └┘       └┘         └┘       └┘       └┘         └─┘

85前スレ941:2009/11/29(日) 22:47:20 ID:byB7BSmM
                                ____
                              /      \
                         _∩  /  _ノ     \  こんの、クソボケがぁぁぁぁっ
                        (ヨ |/  ((●)三(●)) \
                         |'''|     (__人__)     |
           +             | \__ `ー ,r'⌒ \/
   / ̄ ̄\                 ', ヽ__  ,'  /  へ  \
 /       \     +           ヽ   ''-/      |  \ \
 |    ⌒   ⌒               .  `/       |     ヽ、 _ )
. |     (r'´ ̄`'─ --―''゙ ̄ ̄  ゛'' ‐- ,,_/        |
  |     ヽ __                        |.
.. |     `ニニ´}    ̄  ̄゛'' ‐- ,,_           ,r'
.  ヽ        }              ゙゙'' ''─ -、   ノ
   ヽ     ノ  ぐえぁっ              ,''  ノ
   /    く

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__   光秀は、家康殿にあんな腐ったタイを出して、
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |   やる夫に恥をかかせる気かお!!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

86名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:48:15 ID:Dd13Neu.
ん、これも有名なエピソードだね。
なんか、俺の中の信長がどんどんやる夫化していくw

87前スレ941:2009/11/29(日) 22:48:53 ID:byB7BSmM
               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  ちょっと待て、アレはタイじゃなくてフナだし、
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ  そもそも、腐ってなんてないぞ・・・
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     あんな、臭いタイが腐ってないはずがないお
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |   もう、お前はクビだお!領地も取り上げだお!!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ?堯?l、E ノ <
               レY^V^ヽl


          _______
        /          \
      __/             \    そりゃ、ないだろ・・・
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |    常識的に考えて・・・
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

88前スレ941:2009/11/29(日) 22:50:04 ID:byB7BSmM
パーティの際、光秀が用意したのは、近江(滋賀県)の名物料理・鮒鮨(ふなずし)であった。

     ,,;:::;,           ,,,,,,
    ,,;: ,;´          `;: `:,
   ,;:  ;´            `; `:;
   ,;:   ;             ;  、,
  ,:´   :;,            ;:   :;
  .;    :;            ,;   :;,:
  :;    :;,  ,,,,‥;; ;;‥、  ,;    ;:   ┏━━━━━━┓
  `;    `丶´,,,,,,;;........;;,,,,,,:::,ノ    ,;    ┃←近江名物  ┃
   、   ,,:::ゝ´´  ⌒ `` く、、   ;:   . ┃  鮒鮨想像図┃
   `ヽ/,,,,,,,,,,,,,  ::::::::  ,,,,,,,,,,`\ノ    . ┗━━━━━━┛
   ,,´;:´´            ````::, 
  ,;: ,;:     o     o     `;`:,
 ,;:´ ,;   ―    o    ―   ; `:,
,;:   :;   ―   、_ 人 _ ,  ―   ,;:  :::,
::,   :,                 ,;:  ,,`;:
 ```:::;;ゝ、,             ,,,ノ,,:::/~
      ``丶 、,, _  _ ,, ,,, ,,;;::
       ,;:`\ ( ‖ )/´;,
       ;:    ` ‐ ´   ::;
    ,/´ :;         ,,;:l`\,,
  ∋    `:;,,, _ _ ,,,;;::ノ   ∈
    \       ``     /´
      ``\       /´
         ``\  /´
            卅
     ┏━━━━━━━━━━━━┳━━┓
┌──┸───/          .  ┃:::::::::::┃
├─────/   お て も と     ┃:::::::::::┃
└──┰─/            .   ┃:::::::::::┃
     ┗━━━━━━━━━━━━┻━━┛

89前スレ941:2009/11/29(日) 22:51:20 ID:byB7BSmM
この料理は日本の寿司の源流の一つで、歴代天皇もそのファンであり、
近江にある天皇の御料所では鮒鮨を献上するしきたりがあった。

                          ,.イ
                         / !
                   /  |
          ヾー―――‐―'´    /
            \            /、
              /\_______, イ:::: \
          / ::::::::::,. -┴‐―┴――ヽ    独特の酸味がたまんねぇんだよ。
            /___∠__________,ゝ
        /――l、  ° > ~ <  ° ハ-ヘ   酒のつまみにもいいぜぇ・・・。
          /――‐ト`ー‐'´  ・ `ー‐´ メ--ヘ
.         /___|、    ー'^ー  ∠_く ̄>
         l ̄l/ヽ>―‐‐rrr‐<`ーrr‐'⌒)  ←御料所の住民
         ,(__)ヽ/二 .   , ニニヾー―‐'´
.        |酒 | l l  `Y´  l l 〉
           l____」ー‐――し――一'



故に、光秀もこの料理を貴人に出す近江の名物として相応しいとかんがえたのだが・・・
だが、この料理は・・・

90名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:51:26 ID:Dd13Neu.
ちょっwww

ひこにゃんwwwww

91前スレ941:2009/11/29(日) 22:53:15 ID:byB7BSmM
     rヽ                                  /7
     ヽ_,ゝ  ◎                            /  /
      rーヽ             ___             /  /
      ヾ  \          / __ \      __    /  //⌒i
  ,-、   ,ノ  丿 (⌒ヽ    (__/   \ \__/ )   /      |   ∧
 ヽ  '.,  ゞ、_ノ . \  ',  .         \___/   /    /|  \_ノ ノ
  ヽ__/          ソ                    (___/  \____ノ
         ,、          _
      / l          ヽヽ
      ,′|          ヘ ヽ
      l  l           l ヘ
      |  l           l. l
      | ヘ              l  |
      ヘ  ヽ         /  j      ●ヾ ミ
      ヽ  \ , -┬┬、/.  /       `´
       \   7   ヽ ヽ_∨ 
         ヽ  l   .  二 --`ゝ
          /ゝ' _.. '-'´ ・::::::::::・ ヽヽ
         j−'´ |::::::=:::::::_人::::~ l 〉
        / ̄ ̄l:::::::::::::::::::::::::::::::ノ´
 〜∞     / ̄ ̄~|::::::::::::::::::_:::::::ィ‐┐
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄
           `ー┐::::::::::::::::::::l
            _」:::::::::::::::::::::::つ
           ゝ───…  ̄

とてつもなく臭かった・・・。

オマケに信長が無知であったため、この発酵臭を腐敗臭と勘違いしてしまったのだ。

92前スレ941:2009/11/29(日) 22:54:25 ID:byB7BSmM
    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )  ・・・敵は・・・
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)   敵は本能寺にあるだろ、常識的に考えて・・・
  |.     ゙'ー'´
.  |      ゙ヽ、__ノ
   ヽ、       ノ\.
  /::ヽ、_   /ノ:::::|
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|

信長の注文どおりにパーティの準備を進めた光秀が謀叛に走ったのも無理はなかった。

本能寺の変の原因はこの『鮒鮨』にあったのだ(笑)。



       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、   
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ 
   ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ 
  ::   / .<_  ノ''"       ヽ               i
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了               /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----U             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  :: 『やる夫で学ぶ戦国DQN・織田信長』
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::      2nd Episode ―鮒鮨は死の香り―
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         /                     ヽ::              d⌒) ./| _ノ  __ノ

93名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:55:43 ID:16q.JpE2

ああ、アレ鮒寿司だったんだw

94名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 22:59:02 ID:b8CUi/zo
ああ、腐った鯛じゃなかったのね

一つ勉強になったわw乙

95前スレ941:2009/11/29(日) 22:59:14 ID:byB7BSmM
何度も何度もスレ汚しの駄作にお付き合いいただき、ありがとうございました。

       ::                .|ミ|
       ::                .|ミ|
        ::               .|ミ|           ::::::::
         :::::     ____ |ミ|          ::::
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::
   ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::
   ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::
   ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、
   ::   i へ___ ヽゝ=-'"/ ●  _,,>         ヽ    もちろん、本能寺の変の原因には色々な説があるんだお
   ::   ./ / ●> ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ
  ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i    嘘を嘘と見抜けない人には(やる夫シリーズは)難しいんだお
  ::   /    i   人_   ノ              .l
  ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了               /
    i       じエ='='='" ',              / ::
    ',       (___,,..----ノ             / ::
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::
          /                      ヽ ::
         /                     ヽ::

96名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 23:00:43 ID:Dd13Neu.
乙、あの事件の魚料理って鮒寿司だったのか
しかし、鮒寿司が本能寺の原因ってwww

97名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 23:06:13 ID:9LJOr7cg
乙でしたー

ちなみに家康の松平氏、室町の初期くらいは近江で六角の被官をしていて、
琵琶湖で代官をしながら鮒寿司作って売ってたらしい(マジ)

98名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 23:10:48 ID:NWl.68A6
>97

それを言ったら、「金鯱の夢」(清水義範)では、(今で言う)名古屋弁が原因ですぞw
(教養人の光秀には名古屋弁が標準語になるのが耐えられなかった…という設定)

99名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 23:11:46 ID:NWl.68A6
…レス失敗。

>98 は、 >96 へのレスです。

100名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 23:13:33 ID:jArVFC9U
乙乙

101名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 23:14:55 ID:VMKLtSgM
>>79
某マンガによると

このことを信長に報告した人がいたんだけど
「結局オレの好みの味の料理作ってくれている。
料理人が主人の好みに合わせるのは当たり前だ」
とか言って発言は別段気にしなかったらしい。

102名無しのやる夫だお:2009/11/29(日) 23:20:40 ID:9LJOr7cg
>>101
それはマンガの解釈、つーか司馬遼の国盗りの解釈そのまんま。
実際はこの話、京中で広まって、「信長はやっぱり田舎ものだ」と
大いに笑われた。

103名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:18:10 ID:spdxrszs
☆百合で見る大崎合戦 その3

「大崎合戦」で伊達軍を敗北に追い込んだ黒川月舟斎晴氏。
だが、そんな彼も時流を読み違え、小田原の参陣しなかったとして、
豊臣秀吉から改易の処分を受ける。

          __ _
       ,  ":::::::::::::::::::゙ミ::..、    ..|  や  あ
     _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ..|   っ.  l
    ///}:::::::::::::::::::::::;イw;:::::::::::::ヽ.  .|  ち.  あ
.    |i .i {:::::::::/::::::/./ 从N\:::::i、  .|   ゃ
.    |! | |:::::i/:::/ /   ,rー¬ト、::i   |   っ
.    !  Y::::V--べ~    ;ニ=、|::::ヾ  |  た
.    {   }:::〈   ___.   'b::::}〉|:::::l|  .|  わ
   _,ヘ  i:::::::v" ̄~   `-'" |::::::!  .|  ね
, -<  \,'::::::::::} u ゙゙゙   `   ゙゙ノ::::/ <   l
   \_/゙y::::::::ト .  r_-_っ/:::::y   \___/
    __」 /::::::::::|:::_i` ー イ_::::::::::ヾ、
  /、_,-ヘi:|::k::::K〈     Y: :\::::::|
/ ̄ヽ \゙^ヾ\)\__|: : : :゙lノ^ス
' ̄\  ト,. \: : : : : :\  | : :// /|
        黒川月舟斎晴氏

104名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:19:53 ID:spdxrszs
政宗はその件で晴氏を恨み、
黒川家改易を機に政宗は晴氏を殺そうとしていた。

    /:: :: /:: :: : : : : : :| : : :|: : :i : l: : :|: : : |: : :| : : ハ
.   i:: :: :l:: :: : l: : : : :| : : : |: : : | |  |  |.  |  |.ハ
   |   .|   |   | |   i|  .|  |  |  |i  |   | l
    |  |.. : ::| :: ::|. ::| : : : :| |: :.|i: ::|i: : :|: :_,,|,|.. |i: : |  |
   |.. :: l: :: :|: :: :|i:: :| : : : :| .|: | |: ,-|''"i|~: :| |: | |: l| /
.   |:: : ヽ、:li:.‐''i"i~~l~゙゙゙`l l/ l/ !〜' ̄ ~'| |/ l/|
    |:: ::| ::ヽ!\!  -‐  ̄     _,;;itiil||l"ヽ |: |:.  |  私に敗北を与えた黒川月舟斎晴氏・・・
    |:: ::.| :: :|            '´iciiiii(´,)'` |i: |:.  |
.    |:: ::.| :: :| ゝ===="‐     ´     |;|..|:.  |   お仕置きが必要のようね。
     |:: ::.| :: :|i           ,        |;l:. |:.  |
    |:: ::.| :: ::|ヘ                    ノ!|: |:.  |
    |:: :: | :: ::|゙'ヽ       ,,...、    /;;;;|: |:.  |
    |:: :: |i : ::.|;;;;i;;ヽ 、   ´~.´  ,. ';;;i;;l;;;;| i |:.  |
    |:: :: |.| :: :|;;;;l;;;;;i;;;;;l`' -  __ イ .|ー‐,、i;;;| | |:.  i|
    |:: :: |:.| :: :|;;;l;;;;;l/i        |/ ~`| |i リー-,,!|
      |:: :: |:.| :: :| 〆´ /|      /    |/'|/;;i!",,,`>、
     リ:: ::.|:.;ヽ;.|'  /      /     /://''~    ヽ
            伊達左京大夫政宗

105名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:20:31 ID:spdxrszs
だが、政宗の晴氏殺害に待ったをかけた人物がいた。
大崎合戦で伊達軍の総大将を務めていた政宗の叔父・留守上野介政景であった。

             /. : /. : : : : : : : : : .\: : : : .\
             /. : : :/ ://∧: :∧: : : : : .\: : : : .\
          /. : : ://  |/ ∨ノヽ: : : : : : .\: : : : .ヽ
         ,' \/             ヽ: : : : : : .ヽ : : : .ヽ
          | \/、             >、: : : : : ',: : : : .',
        ,': : /  > 、_      _, <__∧ : : : : ',: : : : .',   政宗様、ちょっと待つし!
          /: :/: . /丁厂卜  ヽ 彳丁厂|| \',: : : : :',: : : : .',
       /: :/ : ハ  | : : l|        | : : l|  ∧: : '⌒; : : : : .',  義父上を殺しては駄目だし!
        /: :/. : l: :l │し'リ        | し'リ ′ ∨ ノ.: : : : : .',
       ,': /. : : :l: :|⊂⊃    ,       ⊂⊃   丿: : |: : : : : : .',
       l:/∧: :从人                  /`´:∧ : l: :/∨\:',
      ′ ∨_/\    へ       /|/\_∨ /
         /「|     `丶 、     イ   /       ̄//\
         人 | |       |`¨´   |  /        //  人
               留守上野介政景

        /: : ,: : : : : : : : : : : : : : 、: : \
          /: /: /,: : ,':i : |: iヘ :l : 〉: : ヽ : : :',
       /:/: :/:/:! :i :|i :|:{ | l: ',: ',: : : ',: : : l
      ,' {: : {: ! :{,:ll :ハ: :i:i:ームl,,.i: |,: : : l : : :|
      {: ! : :|:, へヾ:ヘ ヽ!ヾ,,.」川ノ|: : : |: : : |  叔父殿・・・!?
      |: :ヽjヽゝ-‐`` υ ´{ん:::}` |: i : | : ||
      | :∧ ,xュ=     込:::リ |: | : | : i|
       | | : l."´          |: |: |  :i|
        | : | l :l ""       """ |: !: |: ::{
       j : | l ヘυ   ャっ    ,イ|: |{ :|i  l',
     .i i | i| | >, .,,_. _   _,. ' | i|: |:| ヘ  ヘ
     | |! :| | :| :|| /ノ.´ノ ´     | i, :|:|i ii  }i
     |:|| i i :| :V .y ,/‐,_    ヾ,ヘ:',χ:}|} ノソ
      .',!ヘ ヾ-‐/ ´ ′′', , -‐ / ヾ`゛`ノ/ヾ、_
      ヽ/`` {     //   /       ,,..>,,、
      /ベ、.   ',     i´‐‐- /      ,, ",. ´  `
     j  ´ヾ、 j   ノ   /     ?/i ヾ`ゝ  ヘ
    /ノ / } 〉゛ノ   /   /    ,, "/ヽ!  〉  |  ',
    / l   〉/  _ /   /  ,,..〃/   ヘ    /  l
   / ヘ  /  rヘ\ヘ /?- ´ ´        }   /    |

106名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:22:23 ID:spdxrszs
政景の妻は黒川晴氏の娘であり、政景にとって晴氏は義理の父親でもあった。
また、政宗に手を汚させたくないという思いからも、政景は晴氏殺害に反対した。

            /. : : : : : : : : : : : . \
            /. : : : : : : : : : : : : : : : : .\
          / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ,
            /. : :/: : : : : : : ∧∧.: : : : : .ヽ: : . ',
        /: : / \: : /∨   ∨\ : : : ヽ: : :',
        ,': : ,' \ 冫           ヽ: : : . ', : :',
       ,': : ,': : 冫--‐__´   `__‐--ヽ: : : .', : :',   晴氏殿は政景の義父だし・・・
       ,': : ,': : / , ===、    , ===、ヽ.: : :', : :',
      ,': : ,': : ∧〈 |: し.::|      |: し.::| 〉∧ : :', : :',  それに義父上はもう浪人の身、
      ,': : ,': : 〈 ', ヽニノ       ヽニノ / 〉 : :', : :',
     ,': : ,': : : .ヽ 〉⊂⊃   ,   ⊂⊃〈 ノ . : : :', : :',  政宗様が手を汚す必要はないし。
     ,'/ | :∧ : ∧\    _,、_    /∧ : ∧: | \',
        |/  ∨ ∨> 、   ̄  , <∨ ∨  ' |
                 | ` ー ´│
             /⌒|       |⌒\
           ,  ´   l ̄` ´ ̄l   ` 、
         ┌<\     ',___,′    />┐
       / ト、 \\     ',     ,'    // , イ ヽ
       l  | ヽ  \\   ',  ,'   //   / │ l
       | ∧  \ \\  '、,'  //   /  ∧ |

                _ ,,, _
            ,  '  ~ : : : : : : :` . 、
         〆: : : : : : : : : : : : : : : :   ヽ
       /: :/: : : : : : : : : : : :       ヽ
      /: : /: : : :i : : : :     ヽ. . : : : : : : .ヽ
     /  /: :  l    l. : : : :i: : : i: : : : : : : : :.ヽ
    i  l l  |: : |: : : i: : : i: : : :l: : l: : :l : : : : : : : i
    i  |. .|: : :|: : :|: : : :|: : : |i: : : :|: : |: : :|: :l: : : : : : l
   i. :!: :|: :l: : ll: : : | i: : l: : : l |___|: : |: : :|: :l: : i: : i : l
   | i: : l: :l: : ||;-−l l  li: : l: :|; ; ; |`゙'| _リ: : |: |i  i l   ・・・・・・・・・分かったわ。
   l l l l l l´ll |lヽl l l l l:,_ィ===zミ、|l:  | |: l  i l
    ゝl i | ! ii i ___ ` ゙ ヽi´イ´゙l";;;;;;ヽゞ|l:  | |i: l   i.l
     ゝ!ヽ!i il ,r==ミz,    ゝ.ゝニノ‐ |l  i |! l  il
        ! i !  ......      .::::::::::.  |l  | |:l  l   |
        | i ヘ ::::::::  ´     " "  ノ|l  | | l  l   |
         | l.ハ     ー -‐   / |l.  |: :|: l:  l : . |
         | i: . ゝ 、     ,/   |l: : :|: :|: :l : . l   |
         | l: :l: :l__,,=`>ーイ、    |l: : :.|i | `丶、l リ
          |i: :i: :| |;|     i l   /´||:  || |   `ミ、
           | li ||;|    |ー、,-/' | i: l l/  ,彳ニニ=ヽ、
           | |i, l|;|    ト、__/  ! .|/  ,///´⌒ヽ`ヽ
           ヽi  リl;i   |  /      ///     ヽ \

107名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:23:27 ID:spdxrszs
政景の嘆願を受け、政宗は晴氏を助命。

         /. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .\
.         /. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/}ハ:.:.:. . 、
        l.:.:.:.:.:.l:.:/.:.:./〃   }从:.:.:.、
         |.:.:.:.:.:.l/.:/⌒   ⌒ }:.:.ト:〉
         |:.:.:.:.:.:.V弋ナ‐  弋ナ:' :.:|  あら?
        !:.:.:.|:.:.:i:.:、' ' '    ' 'i:.:.:.|
        }:.:.:.|:.:.:i:.:.:ヽ 、_/  ̄了:/  私のこと、恨んでるんじゃないの・・・政宗殿。
          :,:.:.|:.:.:.':,:.:.:}、/>   }/
          }八:.:.:.:.':〈 | 二>、zぅ′
         ,厶イ\:.:',:.:|  ー}ーミ:、
.       /⌒\  };.ム|  {厶   ト、
      /-‐- 、 `ー-} \ ノ}、 ∨ | }
        |    \f´\ ∨} \∨ ハ

    /:: :: /:: :: : : : : : :| : : :|: : :i : l: : :|: : : |: : :| : : ハ
.   i:: :: :l:: :: : l: : : : :| : : : |: : : | |  |  |.  |  |.ハ
   |   .|   |   | |   i|  .|  |  |  |i  |   | l
    |  |.. : ::| :: ::|. ::| : : : :| |: :.|i: ::|i: : :|: :_,,|,|.. |i: : |  |
   |.. :: l: :: :|: :: :|i:: :| : : : :| .|: | |: ,-|''"i|~: :| |: | |: l| /
.   |:: : ヽ、:li:.‐''i"i~~l~゙゙゙`l l/ l/ !〜' ̄ ~'| |/ l/|
    |:: ::| ::ヽ!\!  -‐  ̄     _,;;itiil||l"ヽ |: |:.  |  勘違いしないでください・・・
    |:: ::.| :: :|            '´iciiiii(´,)'` |i: |:.  |
.    |:: ::.| :: :| ゝ===="‐     ´     |;|..|:.  |   私はあなたのことを許したわけじゃ・・・
     |:: ::.| :: :|i           ,        |;l:. |:.  |
    |:: ::.| :: ::|ヘ                    ノ!|: |:.  |
    |:: :: | :: ::|゙'ヽ       ,,...、    /;;;;|: |:.  |
    |:: :: |i : ::.|;;;;i;;ヽ 、   ´~.´  ,. ';;;i;;l;;;;| i |:.  |
    |:: :: |.| :: :|;;;;l;;;;;i;;;;;l`' -  __ イ .|ー‐,、i;;;| | |:.  i|
    |:: :: |:.| :: :|;;;l;;;;;l/i        |/ ~`| |i リー-,,!|
      |:: :: |:.| :: :| 〆´ /|      /    |/'|/;;i!",,,`>、
     リ:: ::.|:.;ヽ;.|'  /      /     /://''~    ヽ

108名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:24:21 ID:spdxrszs
                                      -──-
                             ,. ´,.-──: : : : : : `
                             /,. ´: : : : : : : :ミ、: : : : : :ヽ`ヽ
               -──-        //,.  ´ ̄ ̄ ̄`ヽ:ヽ: : :ヽ: :.}:: :}
         /             `   . ///:.:. : : : : : : : : : : : :.Y: : >┴く: : :ヽ
         /                    \/,. ´ ̄ ̄ ̄`¨7.:.:.:.┼くヽヽヽヽ: : :',
       /               ヽ  ∨`ヽ        /: .イ : |: : :ヽ: : : : ',: :.:i
       ,′           \    }.     '      `¨´│:.:|: : : : |: : : : i: : |
.       ′              ヽ 斗- }      ¨丶    : : ′: : :.!:.: :. :.|:.:.:|
      i          |    斗  ト、八_Yミx      ヽ \  V:. : : :.:,′: : :.|:.:.:| フフ・・・政宗殿、
      |           l / .∧/  ィ笊_,.     '行メ、.  ヽ. !:. : :.:./: : : : :,′,′
      |        {  ∨ }/x≦   t.J」、     ゞ=ツヘ.   ノ: : : /: : : : :/: :/  あなたの目、キレイね・・・
      | /     lヽ     ∧ノィf汽、   ¨´ 丶 __   `¨´  /: :/: /: /: : :/: :/
.     ,〃     ∧ V   V   {{ い刈    ′.∧      /.:.://:.:/: :/:/
    /     |/ .∧ ヽ  `Y^ ` `¨´      /!: :  ̄ ハ,¨7: : //}: :.∧/{: :.{
    ,′〃   | .八 丶 }  {] ヽ```   r'ノ//!:.:. : :.:/ j/:.:〃:/ /: :∧∧:\ヽ
.     ||   !/ (ヽ { ′}.   丶 ____ イ | |: : : :∧  ヽ.:.:./  {: :/ ノ: :.Vヽj/
   {   || .!| ハ   `ヽ.j/ヽ i    Yノ 从ノ/| ト : :/  \ }: :! <ヽ{: : : : : :',/   ・・・・・・!!??
    \从八{ {_ト、ト、 }ヘ  j/      }`¨¨'y | | ∨  < .ムイ: : : : : : : : : : : ',
          ノ ̄ヽj八/\___/:} 〃ヽ .マ: ,<: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:i
     ,〃´  ヾ、_}   Vニ==彡': :.トx{  |__,/V-=ニ二≧x_: : : : : : : : :.:.:.:.:|
      /∧ \ `¨    ト、: : : : : : ハ .}  └v'`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ >  : : : : :.ヽ
    {::{ ',  Vヽ ヽ   ハ `ー─‐' .}{.   └        ,. ´  ̄ ̄`Yヽ}
    l:: )  、 丶j l  / i       i!       i    ,. ´ ヽ       | i|
.     Y` 、. \ }┘/ /}        ハ    /   /      ',     ,' l|
.     `ーz┬ ┘′,′,′       /  ヽ  ハ_/ ̄ ̄      l    /  .il
          八       !  ヽ        ├<               |   ./
.        l  \/ /│   \       ノ  ヽ             ノ  /     !
.        |   \! |     ∨  ./}            x≦´  /\   ′
        ',  {   |`¨¨¨¨¨´   /     ,.  ´       {    \/

109名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:25:16 ID:spdxrszs
こんなやりとりがあったかは定かではない。

      |  ! ! i |   |_,.. -‐|弋T下、\ヽ_八  | i
      |  | | i {   l ヽ -|=-`ー一'⌒´   \! |
      |  | l 、 ヽ.  ヽ 〆二ニ==ミx.     ||
.    八 { {ヽ \ \Y´ _彡ヘ::::::::ヽ `ヽ    ||
        \ヽ\\,ン⌒ 、     、:::::ハ   \ ||     叔父殿・・・
        \r'`′   li\    ヾ:::::(_,  ′! l   !
                |i  ヽ     \ノハ   ||   !  晴氏のお世話を頼みますよ。
                |i  }     ン'′  ||   !
                |i  ノ     / / / / ||   !
                l:/               | l   i
                |:\          |l   i
                |i  \         ||   !
                |i   ヽ.__ ノ       ! !    !
                ||       ヽ     ||    !

          _____/::::::::::::::::::::::::::|
 ______/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 |::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ]:::::::::::::/:::::::::Ν::::ハ::\::::::::::\::::::::::::::::::::::::::|
  ]::::::::/::::::∧:| N  \::\:::::::::゙、::::::::::::::::::::/
  |::::/\/  ヽ υ   ヽ \:::::::゙、::::::::::::::〈
   Y\/         ∠__\:::::゙、:::::::::::::::i
  /::::イ \_     ,イ'::::;:`、\|:::::|:::::::::::::::::i  は・・・はいだし。
  /:::/::|イfc::::テ     P:::::::::::| 〉.|::::|;;;;::::::::::::::i
 /:::/::::|{ |:::::::::|     |:::::::::::ノ   |::::|、}::::::::::::::i
./:::/::::::::| 、::::ノ  ,   `ー ' ⊂⊃ζ::|ノ:::::::::::::::::i
:/:::::::::::⊂⊃  ノー‐v      _|:::|::::::::::ハ|\|
|:::::::/ハ::::ヽ    ヽ   ノ  ν/:::::::ハノ\/ |
\/  \|ソー-- _ ̄ __  |/ ハ:ノ ノ
    にゃー―  Τ::    |テ‐-、_
        __, イフ  r―ゥ'      ̄フテ=、
    , r―' ̄  |―――/       /シ,-〈 ̄)
   人||      |   /       /シ /   Y{

政宗は政景に晴氏の世話を命じた。

110名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:25:54 ID:spdxrszs
黒川晴氏は留守政景の庇護下で余生を過ごした。

                   ...::::::;::::::::::::::::::..、
                 ,/;:::::":;;:::::::::::::::::::::::ト、
              ,/レ':;::;/(i从;::ヾ;::::::::::::}
             /,l::/iメ、 __`'ヽ;::::l::::::i:::::|   政景殿、悪いわねー。
                l゙.|;/|「;j  ;=ミヽi:::;}::::/:::イ
                 | |':::|`,   .l;::j`,レ'::::/::::;j' 〜♪
                  ``>. 、 _  /:::::::/:::::ソ
         __ ,-─、'/ノ;>--,;.し:/::;ん::::(、_
         <  \ ヾYv'~ ̄`(~;ト、)ヾ`iノ .ヽ
        iタ^} _ヽ__.ソ、             ゙l }
        ヽ, `i´  ゙^./ ヽ   |,  /    | |
          i `、  ,."  `、 ,ソ ./     \|.}         , -ー 、
          | ゝ〆    ヽ/  ' 、     ヾ、.         /     ゙i
        _,,r/~ハ     /    _>-‐─ヘノ}        |      `、
       {  ,l゙ { `    /|、  ,〆,,rー-─ー-\,,_      i      ヽ
       ヽ /ノ J   ,イ′l  / /     `'~    `ヽ、 l゙       \
        /"     ,  /  `ー|/, ″              `ゾ ヽ,、  、   ヽ.
          `ー-、ー</     ゙l                   ./     ヘ   ヽ,   .i
           ヽ         |            //    | ゙、 , _ _ ._ }
            `、        |       ー、,_/ /      |\\).ヽ,ヽ,Y j
            ヽ        |   /     \'_//    | ̄`ヽ`〜〜"
             \       _{  ./  ,   `ミゝ、/       |,-ー─\
               \,,,;:--:'''''" `、/ /  / ̄~`/       |     `ヽ

      _≧=‐-ミz=-‐… ‐-z==─- _
      `     ,          x‐''"/
      } , /{ ,イ八 {  !   、 ', ,′
.      V 〃 V    `\|\ ヽ V
      {, {-‐='   `ニ_‐-',. ! \  (義父上が助かったのはいいけど、
      〃 ,忻:ハ  '"{:::ハ`Y ! |、 トヽ  政宗様に変な愛が芽生えてなきゃいいし・・・)
.     / 〃 ヒリ    ヒ: リ U i lノ ',
.     ,′イ \   ィ 、     ,川v\j
    {'´ 八八> `.´__  ィ'´jノ
            ,, -‐¬j   ,ノ~` 、
          .,ヘ    ,'_/     ヽ
          / ハ.  ,′/ _,..  -‐¬

晴氏が政宗に殺されずに済んだのは、政景の主君への愛と義父への愛の
おかげかもしれない・・・

                                          ☆おわり

111名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:39:51 ID:qRyJWGyM
乙☆

112名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:47:32 ID:spdxrszs
しかし咲のキャラは使いやすいなあ
数多いし、人間関係でも組みやすいから
今度新スレ立てる時はアカギとか福本麻雀組と混ぜてやろうっと

113名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:52:08 ID:qyyvHWlA
>>102
信長が意に介さなかったことと、笑われた事は両立するけどね

114名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:55:19 ID:mbqfVjXI
乙でしたー

>>112
どこの変態中国史だw

115名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:56:24 ID:uieK1iBo
>>113
そもそも逸話としておかしな話だしね。
E3の鮒寿司も創作だし。

116名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 00:59:00 ID:ufCedcbE
まあ信長が田舎者扱いされたのは確かだろ。実際に田舎者だし。
それで畿内の政治状況がぜんぜん理解できなくて、無駄に敵ばっかり作る羽目になった。

117名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 01:11:39 ID:uieK1iBo
>>116
田舎出身であることと、バカにされることと、政治状況を理解できるか否かはそれぞれ別の問題ですよね?

118名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 01:19:30 ID:ufCedcbE
>>117
別の問題ですが、それぞれに関連します。
田舎者であるが故に、京の都会の流儀が理解できずバカにされ、
また田舎者であるが故に、畿内の複雑な政治状況を把握することが出来ず
無駄に敵を作ったのです。

119名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 01:30:09 ID:uieK1iBo
>>118
信長が京でバカにされていたという史料よろしく。
あと、理解できなかったという根拠と、「無駄な敵」というのは誰を指すの?

120名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 01:35:37 ID:NisRxNSI
そういう討論はよそでやってくれ

121名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 01:35:47 ID:Z4AhSMDA
>>112
個人的にみたいぞw

122名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 01:49:13 ID:0tY9hzC.
まぁ、上京を焼き討ちして〆てるしな
信長。

123名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 10:32:47 ID:uWB636sk
信長儲と史実厨は消えてくれ( ゚д゚)、ペッ
それはともかく、男色多すぎwwwwwwww

124名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 17:33:37 ID:rZGYcVYs
此処の百合シリーズを、ヤマジュン&田亀源五郎キャラに変換したヤツを見たい。

125名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 18:00:21 ID:JjiaGKZY
            \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ../::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::
い  武  衆 ヽ:::::::::::::::::::::::::ヽ、,:::::::::::::::::::::::::
ま  将   道   〉∧i i゙i .|l, 、ヽ斗l' ヽ::::::::::::::
せ  な  が  /`トl、{.ヽ.l!、 イ℃)ヽ,i::::::::::::
ん   ん   嫌  >! (℃}`ヽ ヽ!"´´ ヽ l,:::::::::::
!!!!  か  い  l 、 "///  ////// u |:::::::::
       な   i /// ヽ  ._....-- 、.  !::::::::
        v-"!、u . .r‐''''"゛     l .il:::::::::
.、., i? .、 ,,/ヽl::::::::`-..、'!、      /・/ l::::::::
    ! ./ `'".!::::::::::::::::::::`''!-ii=--;;'''".ノ  |:::::::::
   ″   !:::::::::::::::::::::::::::::::::`"''ァ'"゛'., ー''│:::::
       ,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/]、,/   l::::::::
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::,,イ ,l'"    ,!::::::::
  iヽ,∧/i,7::::::::::::::::::::::::::::/ / ,l'l     ,,i'!:::::::
┌, ‐''''ヽr‐┐:::::::::::::::/ __ /ノ |, \,  ./ |::::::
. /  、  ゙ッ.l:::::::::,i'"/./゛.--ィ_.ゝ/i"\ |::::::
.|  .''"   .l /:::::://○iラ"、.フ゛ i' .l′ 'l::::::
.|   ...?  l::::./   ゙゙ノ,ljZr"''''''゙゙".、/  ./:::::
.,!       〈::./  .r'"'!ッ'"._ l'"´ =''゙/   !::::::
.:!. u  -'" リ゙ .,iヘ,フ" ,, - ,,,7_,レ ,!   /::::::::
: .l'ヽ    ./  .|,,./′.,ノ_./    l    !::::::::::
.゙'、ヽ_,,,..i''|′.l ./ ./ ''''ー′   l   /::::::::::::
::::::.`'ー--'゙/ ./ .│ .|  / ""''''""l  .!::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::ヽ!  ,!   ''!'' i     |/:::::::::::::::::

126名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 18:00:49 ID:PTB7pAdc
>>125
割と本当だから困るw

127名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 18:07:53 ID:vjDMPSiI
だから、豊臣秀吉が武家出身じゃねーだろという意見の根拠になったりするんだよな

128名無しのやる夫だお:2009/11/30(月) 20:33:25 ID:n2D2hFZo
まー現代の価値観で歴史を見ちゃいけないって事だろうな
マスコミや新書本なんかは、そこら辺考慮しないで売上求め過ぎな起臥す

129名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 00:11:59 ID:LF3xAm.M
好みと言うか嗜み?

130名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 00:26:26 ID:ZQKSMQHo
昔秀吉が男に興味を持たなかったのは農民同然の時代に思春期過ごしてて
理解できなかったんじゃないのかなあと思わないでもない。
衆道は基本武士で農民以下はなかったんじゃないのかなと。

131名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 00:58:10 ID:J9Q8FYYs
農民と言うか、知識人層の嗜みであったようだ。
農民が子供を寺にやったら稚児になったんだけど、
親は稚児と言うものが何かわからず混乱する、という話が
醒睡笑という、桃山から江戸初期に成立した本に書かれている。

132名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 12:43:18 ID:gY7jCgtM
やはり仏教は滅ぶべきだ
信長以外にも九州で頻繁に寺が焼き討ちされてワロスwwwwwwww

133名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 14:37:24 ID:1O4IeUpI
ありゃキリスト教徒が焼いたんだろ。
それなのに、未だにキリスト教徒は弾圧されたとか被害者意識満載。
隠れキリシタンは腐ってるな。

134名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 15:28:25 ID:Y/N9h8JA
そうでなくても、九州とか関東の神社は、中央にある本寺の縛りが緩かった事もあって、結構な横暴がまかり通ってたらしいね。

今のキリスト教よろしく宗教が、権力に強く結びつくと、ロクな事にならない。

135名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 20:41:33 ID:FuClAZAU
時代は変わるけど神社を重んじて寺をつぶした政府もあるんだよね…寺不憫すぎ

136名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 20:54:03 ID:TbDl.KCM
寺をつぶされて二重の極みを会得する訳ですね、わかります

137名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 21:59:06 ID:hxxPgRSg
ところが、日本は歴史的に 神社<寺 だった。

138名無しのやる夫だお:2009/12/01(火) 23:33:19 ID:FA1.qA/.
守護ぶっ殺して一国支配するくらいだからな

139名無しのやる夫だお:2009/12/02(水) 00:26:48 ID:iwXSe22.
加賀に関しては当時の最大実力者、細川政元が裏で糸を引いていた疑惑が大きい。
あの加賀一向一揆には大量の細川家被官が参加してたりする。

ちなみに、一揆が初めて領域支配をしたことで有名なあの有名な「山城国一揆」も、
その中心に居たのは細川政元被官の国人たちだった。

京兆家に限らないが、当時の畿内勢力は政争に一揆を非常に良く使う。

140名無しのやる夫だお:2009/12/02(水) 09:55:43 ID:QN/Q3qU.
島原の乱も、しきってたのはキリシタン(農民)ではなく旧小西家(侍)だっけ?

141名無しのやる夫だお:2009/12/02(水) 10:28:53 ID:oFuWHggA
昔は人民史観とやらで、一揆というものがやたら高く評価されていた。
今はその反動からか、かなり見直されている。

ただし、一揆自体に政権を覆したりできる力があったということも事実も否定できない。
「双方の利害が一致した」というところだろうね。

島原の乱についても、農民と侍ははっきりと線引きできるようなものでもないし、
農民や侍の中には相当数のキリシタンがいたことも事実。
「旧小西やその他大名家中の元侍で、改易によって帰農していたキリスト教信者」
なんて存在はいくらもいて、彼らを元侍か農民かキリシタンかと一面だけを見て
区別なんて出来ないものだからね。

142名無しのやる夫だお:2009/12/02(水) 14:27:22 ID:0nk5JSmQ
当時の農民の一般的な抗議方法は、一揆ではなく逃散だからな。
耕作機械も農薬も無い時代、田畑を世話する人間がいなければ、
一気に荒れるから領主は大弱り。

実は一揆よりも、逃散の方が効果が高かったらしい。

143名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 04:18:56 ID:Auu5u7mc
・木沢右近長政の憂鬱
                        ____
                      /;;;::::::::::::::::  ̄ ヽ
                     /::::   ,,ノ:..:ヾ、   \    畿内で梟雄と言えば俺だったのに・・・
                        /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \
  _______ +      /;;;;;( (;;;;;) );;;;;;;;;;;((;;;;;) )    ヽ  松永久秀のせいで・・・
  |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::               |
  |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;::::::: (___人___,)       |
  .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、⌒ij~"       /`、
   |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
   |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
   |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
 ─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐


                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \    この俺の知名度が低すぎるお。
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ  俺だって畠山家乗っ取ったり、
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |   宗教戦争利用したりしてるのに・・・
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ  てか、爆死とか反則だわー。
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ  そりゃあ目立つお。
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄

144名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 04:21:12 ID:Auu5u7mc
間違ったw

・木沢左京亮長政の憂鬱
                        ____
                      /;;;::::::::::::::::  ̄ ヽ
                     /::::   ,,ノ:..:ヾ、   \    畿内で梟雄と言えば俺だったのに・・・
                        /;;;;;ー'"´   ,,、  ー‐‐,,   \
  _______ +      /;;;;;( (;;;;;) );;;;;;;;;;;((;;;;;) )    ヽ  松永久秀のせいで・・・
  |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |;;;;;;;;;;;;;;::::::::::               |
  |i: /ヘ:\     :i|     _ |;;;;;;;;;;::::::: (___人___,)       |
  .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、⌒ij~"       /`、
   |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:";;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;         。;: /::::: ヽ
   |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、;;;;;;;;;;:::::::;;;;;"⌒;;::/::|:::::〆::\
   |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ;;;;;::::;;;;;;;_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
 ─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐


                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \    この俺の知名度が低すぎるお。
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ  俺だって畠山家乗っ取ったり、
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |   宗教戦争利用したりしてるのに・・・
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ  てか、爆死とか反則だわー。
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ  そりゃあ目立つお。
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄

145名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 04:27:37 ID:0KQDI3Rg
大和信貴山城だってあんたが作ったのになあw
すっかり久秀の城扱い。

146名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 16:31:52 ID:k58NQjag
ほんと、歴史上有名な武将の為に隠れてしまってる武将って居るよな・・・。

147名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 16:49:37 ID:PpnQaJEc
久秀以上にヤバい奴、探せばいくらでも出てきそうだよなw

148名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 16:57:20 ID:yXlkMcRc
三傑や信玄謙信どころか、三好長慶とも絡みがないからなあ>長政

149名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 17:05:37 ID:5.NeL8Vo
そもそも、長政というと黒田長政を思い浮かべてしまう。

150名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 17:17:55 ID:0KQDI3Rg
>>148
いやいや、その長慶にぬっ殺されたんだが>木沢長政

151名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 18:07:23 ID:k58NQjag
>>149
いや、浅野長政だろ。

152名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 18:45:41 ID:qHTWYy1w
越前の狂犬よりヤヴァイ奴って存在すんの?

153名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 19:36:25 ID:kVAluflE
いや、浅井長政だろ。

154名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 19:43:12 ID:QAGCPuqY
浅井長政
浅野長政
池田長政
市橋長政
木沢長政
黒田長政
木造長政
丹羽長政
早川長政
山田長政

155名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 20:55:53 ID:qa0u4AOY
長政って当時の流行の名前だったのかな?

156名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 21:12:03 ID:JXEhGUdw
江戸前期にも上杉長政、織田長政が2人、関長政もいるらしいぜ

157名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 21:16:48 ID:0KQDI3Rg
「政長」も意外といる

158名無しのやる夫だお:2009/12/03(木) 23:16:06 ID:6lz5zSXc
木沢長政没後 台頭したのが筒井 それを押さえにきたのが久秀

159名無しのやる夫だお:2009/12/04(金) 00:15:10 ID:LHY.TBIg
>>158
古市とかも忘れないで〜〜

160名無しのやる夫だお:2009/12/04(金) 00:27:14 ID:2jfJopQQ
今の今まで木沢政長だと思ってました
すまんす

161名無しのやる夫だお:2009/12/07(月) 00:32:46 ID:e2OpevS.
>>152
>越前の狂犬
・・・誰?

162名無しのやる夫だお:2009/12/07(月) 00:43:30 ID:6QmNkkwY
富田長繁
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1230.html

活動期間が短すぎたために惜しくもDQN四天王入りは見送られた

163名無しのやる夫だお:2009/12/07(月) 00:52:39 ID:9c17kzTQ
>>162
何だ、この狂人は……すげーな。
つか、景鏡が死んだ一揆の張本人かよ。

164名無しのやる夫だお:2009/12/07(月) 11:40:29 ID:mufb5eJw
>>162
そこのサイト、武将がDQN云々以前に
管理人がDQNだった記憶がある

165名無しのやる夫だお:2009/12/08(火) 19:04:04 ID:UqDw.ckI
あらやだなんなの悪口書く時は内容まではっきり言って行きなさいよ
できるだけ否定するから

166名無しのやる夫だお:2009/12/09(水) 02:16:52 ID:bn0g4mdA
「近江県」はどう?
県会で変更提案、知事「県名に誇り…」
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009120800191&genre=A2&area=S00


> 提案した木沢成人県議(無所属)は、滋賀県が地味な印象だと指摘。
> 地域間競争が激しいなか、「近江」には琵琶湖の意味があるうえ、
> 県名変更の是非自体だけでも県内外に衝撃を与えられると主張した。

木沢長政の一族の裔であろうか

167名無しのやる夫だお:2009/12/09(水) 16:29:06 ID:yPnzIBMQ
山口県が長州県にしたらインパクトありそうだけどなw

168名無しのやる夫だお:2009/12/10(木) 09:04:54 ID:gHeYwHb6
>>167
ナニコラ、タココラ

169名無しのやる夫だお:2009/12/13(日) 18:02:59 ID:oGMru7tg
【秀吉さんとデ・新納さん】

秀吉が島津義久を下した後のこと、新納忠元は豊臣秀吉に拝謁する事になった
鬼武蔵の武勇を知る秀吉より酒を賜り


         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\    この秀吉に再び刃向かう気があるのかお?
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


と問われて新納は


 :.:.|   : : : :|:.: |//     ヽ    |     |         l ヽ
 :.:.:l;    : : : :|: :|/     ___|_ _ハ     |         |  i
 :.:.:.l;   : : : |:.:|    /゙´ |  / `ト、    |         |  |
 :.:.:.:.l;.    : : :|: |   ′厂xデ≡=V、 |  │        !  !  義久様が立ちあがるならばまた戦うかな?かな?
  ::::::::ヽ    : : | |    〃 |/ __  \`ト、  j        /   !  (オマエなんか義久様からGOサイン出ればいつでも殺ってやんよ)
  .:.:::::::\  : :.|:ト、  ´{ 'j|゙::l;cヽ  ?ム/     ,. ´   |
 :.\  :::::::\ .::ヾ: \    ';:...┃:r}  //`   /.     |
  :::::\ :::::::::\:::::\_     ヽ、,`_ノ ´|:./   /  {:    /
  :.:.:::::::\ー---三 ̄   _ヘ、___,/..;j/  /     |:   /
  ヽ、_:::::::::\三三三   __,.ヘ / /|       |:  /
  \三三三三三三三ニ-─ ¬ー,〉 ̄ :^|       ヽ{
  ::::::\三三イ',.-''´_,r──‐‐、/   ,ハノ|       `ヽ
  ≧==ミ<く/ /::.:.:.       /   /: : . .'、       ヽ
  玉三三三\/:.:.:.:..      ,.′ ,.′: . .: \      ヽ
  三三ゞ三三三\:.:.:.:..... .. ../  /\_ト、 \  丶      `,
  三三三三ゞ:三三≧==こ´  /|   \ \トヘ、       i
  .三三三三王三不三三{__// |         \ ヽ   l
  三三三三ノ/  |三三三/〃  \           ヽ }   |

と言い切った

170名無しのやる夫だお:2009/12/13(日) 18:03:52 ID:oGMru7tg
その口上を聞いた秀吉は

        / ̄\
          |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \      うむ、流石は鬼武蔵。噂に違わぬ猛将だお
    /   ⌒   ⌒   \
    |    (__人__)     |     褒美としてオプーナを買う権利……ではなく
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|--'  / オプーナ  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄オプーナ/|  ̄|__」/__ /オプーナ ./||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


       / ̄\
      |     |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄.\
    /   ::\:::/::\
  /     ,<●>::::<●>.\    わしの陣羽織をくれてやるお
  |       (__人__)   .|
  \      ` ヽ_ノ   /
    ヽ    , __ , イ
    /       |_"____
   |   l..   /l´ 陣羽織 .`l
   ヽ  丶-.,/  |________________.|
   /`ー、_ノ /      /

と言って着ていた陣羽織を忠元に授けた

171名無しのやる夫だお:2009/12/13(日) 18:04:43 ID:oGMru7tg
受け取った新納が下がろうとすると……

       /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : \: : : : : .: .: .:|
      ./: : : : : :/: : :|: : : : : : : : : : .: .: .: .:\: : : : : : :|
     /: : : /: :/: : : :|: : : : :/∨\: .: .: .: .: .:| : : : :| : |
    ./: : : /: :/: : : :/l: : : : :|    |.:ト、: : .: .:| : : : :| : |
   /:/: : :l: : |: : : : | l: : : : :|    |.:| \: : | : : : :| : |   はうー、ありがたく享け賜るかな
 __ノ.:.l.: .:.:.|: : |: : : : |_,\: : :l  ー‐|ノ‐-、.|::.::|: : : :/ : j   では是にて……
 ̄ ̄|.:|: : : |: : |: :/ |   \|.  r┬‐ォ、 `|: /: : .:/ : /
    |.:|: : : |: : ∨.: .:.|ィ'て丁    トイz}〉.|/: : .:/ : /
    |.:|: : : l: : : :\:〈弋zrリ    `ー‐'´ /: : .:/: .:/
    |.:|: : : |\: : : :\ ,,.,,.,   ,   """∠___/ ∠、
    |人:.:.:.| |\___,>   ヽフ  //: : : :/  \
      \| | :|: : /}/ `7⌒V´|‐'´ ./: : /       \
.        | :|: /   / /__} .|__/|: :/           |
.        | :|∧   l. / .ノ .l一'´レ'            |
          ∨  V二|  く /               |


         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \
      /  ::\:::::::/::\
    /    <●>::::::<●> \  ちょっと待つお。まだやる物が残ってるお
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

172名無しのやる夫だお:2009/12/13(日) 18:05:16 ID:oGMru7tg

                                             / ̄\
                                              |     |
                                            \_/
                                            __|__
            刀も授けるお。受け取るがよいお         ./:::\:::/:::\
                                         / <●>::::::<●> \
                                       /   (__人__)    \
                                        |       l;;;;;;;l        |
                                        \      l;;;;;;;l     /     /^‐━,
                                        / ̄ ̄ヽ`ー'ノ ̄ ̄ ̄\   /ノ―、='、
                      ______^ヽ___,、_,,_,,______________/´ /  / ̄`i、____
                     {lXXXXXXXXXX)l}:;;;;;)_ソ _)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  丿   l   | `i;;;;;;;;;;;;;;; )
                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄._ノ ̄下、ソノムつ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   〈 l   〈 〉  | ̄ ̄
                                  ノ )                  ゝ         ,/
                                 / '´                   ヽ、      ノ

秀吉は白刃の長刀の首もとを掴んで、石突の方を出して授けた
この状態なら、新納が殺ろうと思えば秀吉を刺すことができる

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.l ',   l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:l、.',  ',
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.:l;〉   .',
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    ',
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  ,-、 .',
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l i;;;;;\,'      しかし秀吉の豪胆な振る舞いに
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l、,'\;;;;;;\     新納は身震いしながら受け取ることしか出来なかった
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l `‐' \/´::ヽ,、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    .'、:::::,.';;;;\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     ヽ',;;;;;;;;;;;;\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ll:._,--‐−'      .i、;;;;;;;;;;;;;;;\
‐‐‐-----."`‐‐‐‐‐‐‐-'i            i \;;;;;;;;;;;;;;;\
: : : : : : :| |: : : : : : : : : : :.|           .ヽ  \;;;;;;;;;;;;;;;\
: : : : : : :l l : : : : : : : : : : :l             .\  .\;;;;;;;;;;;;;;;\
: : : : : : : i: : : : : : : : : : : l               \  .\;;;;;;;;;;;;;;;\
: : : : : : :!: : : : : : : : : : :l                .\  .\;;;;;;;;;;;;;;;\
: : : : : : : : :: : : : : : : : : :l                  \  .\;;;;;;;;;;;;;;;\
: : : : : : : : : : : : : : : : : :l                     \  .\;;;;;;;;;;;/
: : : : : : : : : : : : : : : : : l                      l   . \/
: : : : : : : : : : : : : : : : :.l                      .l   /
: : : : : : : : : : : : : : : : :l                      l  /
: : : : : : : : : : : : : : : : :l                      l/

173名無しのやる夫だお:2009/12/13(日) 18:06:01 ID:oGMru7tg
その後、帰宅した新納に若侍たちが会見はどうでしたかと聞いてきた

   /  / /   ! .::! .:!  .::     . ::. :!: |   ヽハ
    ! 〃 /   :| :::| ::| :::::.   .::: /:: ィ::: !     ! 1
    ! イ  |  :. :l ::::ハ ::ハ :::イ:::. ..::/::,イ:::/ l:::: j::    ヽ|
    !ハ :::l  :::l..::トートN、_',::||::::::..:〃//ノ少|::;イ:: .:: :、{j   猿めに薩摩隼人の心意気をみせてきたのですの?
   ヽヽ ヽ :::ヽ:| fト示う心ミゝ::〃/rf乍示トミ!:..:::|:: .::ハ.|
     ヽ::{入 :::::ヽ、弋_ソ  ∨'´ 弋ー '.ノ イ::::::;!::::〈 l
       ヽィ゙ート-iゝ`¨¨´   ,   `¨¨¨/ィ ´イ/:: | ノ
       / !::::::`弋    ト----ヘ  ー' ´ /´::ノ'::ト、.|
        ヽ::/レ'1丶、 _{ヽ  __ノィ _ イイ:ト::::::/ ノ
         `   ∨ノヽ_| レ,´-‐'´八ヽノ リ レ'
         , ― 、-べ.  j// イ壬j___ ト、
           /   .ヽ .l {  / .r‐ォ'´ゝ} 丶、
        l     l ∨.ヽ   ∨   .|   '
        l     |l    ヽ  |   j |  |

これに新納は

      /:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    ./:.:.:.:.:.:.:.:.:./':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐-'´___`、____:.:.:.:.:.:.:、_:.:.:.:.ヽ
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.`‐-、_ヽ`‐、:ヽ
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:`:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__,-‐‐−'´:.:i  `、!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!、:.:.:.:`:.―---〈_____ ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ   `   ……私が刃向かえるような御仁ではなかったかな。かな。
  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! `‐-、:.:.:.:.:.:.,-‐−'´ゝ ,`、          さすがの私も腰が抜けたよ
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、    ̄ ̄    __   ヽ
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐、_       ´    .i_
  `、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`--、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐--、_     ./:.:`‐-、_
   .`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐-:.、___,--−'´     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐、
     .`、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`-、      ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
      `、:.:,:.:,:.:.:.:.:.:.ヽ.、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.、   _/:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.i
       l:イ:,'.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: :`‐-−、_:.:.:.:.:.`‐'ヽ、_:.:.:.:.:`、`−、:`、ヽ!
       ' .l:l`、,.-‐'''""l  : : : : : :.`,、_:.:.:.:.`、 ` ‐、_:.`、  `、! .'
        .` '  .,-‐'`‐、_: : : : : i  `‐、_:.:',    .`、!   .'
            .i     `−-、l    \',     '
            ./        .i      .`
          ./         l
         ./           ヽ

と答えたという

でもやっぱり猿が嫌いな鬼武蔵・デ・新納さん。
この後、秀吉を滝壺に落とそうと画策したり
秀吉に対して反乱テロを起こすよう散々歳久に言上したりしてます(笑)

                                                             おわり

174名無しのやる夫だお:2009/12/13(日) 18:20:04 ID:HMW4Oepk
誰だこっちの鬼武蔵がまともだなんていった奴はw
こっちも充分危ないじゃないかw

175名無しのやる夫だお:2009/12/13(日) 19:11:06 ID:Fu3NcHcE
やっぱ絶頂期の秀吉のオーラは凄いな

…これでほんの数年後には見る影もないほどの老害に転落しちゃうのが悲しいところだが

176名無しのやる夫だお:2009/12/13(日) 19:11:12 ID:5qLoMr/g
乙! 義久の娘が人質になってるはずなのにロックすぎるぞ デ・新納さん

177名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 03:11:37 ID:UE1rM24I

鬼武蔵(島津)もデンジャーだなおいw

178名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 08:08:31 ID:KzjcMF8o
いや森さんなら刃物わたらせれた時点できりかかりかねないのが何ともw

179名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 08:58:01 ID:y712yiKs
>>178
いちおー森の武蔵さんだって、敵対してたり裏切られてたり邪魔されたりとなければ
(本人の中で)正当な理由なくしていきなり斬りかかったり殺したりってのはあんまない、はず。

常識なら途中経過やあるべき手順をふっとばして行動と結果に直結するから、イロイロといわれるがな。

180名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 19:35:37 ID:4O37LRuM
> 58 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/12/02(水) 00:15:20 ID:1QAozUSY
> 《武田1972》
> 1:3塁:山県昌景
> 2:左翼:小山田信茂
> 3:中堅:馬場信春
> 4:捕手:武田信玄
> 5:1塁:武田勝頼
> 6:DH:武田逍遥軒
> 7:2塁:穴山信君
> 8:遊撃:秋山信友
> 9:右翼:真田昌幸
>
> P:先発:高坂昌信 →P:抑え:内藤昌豊
>
> H:捕手:一条信龍 H:内野:真田信綱 H:内野:土屋昌次 H:外野:天野景貫
> 監督:武田信玄(プレイングマネジャー)
>
>
> 武田軍 1582年版
>
> 1 二 小宮山友晴
> 2 指 武田信廉
> 3 中 仁科盛信
> 4 一 カ ツ ヨ リ
> 5 三 小山田信茂
> 6 右 土屋昌恒
> 7 左 武田信豊
> 8 捕 跡部勝資
> 9 指 真田昌幸
>   投 小山田昌行


おお…なんと言う…。

181名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 19:49:01 ID:mn/xSRZ2
>>180
現実世界にも10年で天地の差を生みだした横浜という球団があってだな・・・

182名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 20:06:54 ID:kOBjBmk6
1582年 信濃郡営野球場 織田軍vs武田軍

織田軍スタメン

1 左 森長可
2 遊 団忠正
3 中 毛利長秀
4 三 滝川一益
5 一 川尻秀隆
6 指 木曾義昌
7 右 織田勝長
8 捕 織田長益
9 二 稲葉貞通
  投 織田信忠

武田軍スタメン

1 二 小宮山友晴
2 指 武田信廉
3 中 仁科盛信
4 一 カ ツ ヨ リ
5 三 小山田信茂
6 右 土屋昌恒
7 左 武田信豊
8 捕 跡部勝資
9 遊 真田昌幸
  投 小山田昌行

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  ┃1 ┃2 ┃3 ┃4 ┃5 ┃6 ┃7 ┃8 ┃9 ┃計┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃織┃1 ┃0 ┃1 ┃1 ┃2 ┃0 ┃0 ┃0 ┃6 ┃11┃
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┫
┃武┃0 ┃0 ┃0 ┃0 ┃1 ┃0 ┃0 ┃1 ┃0 ┃2 ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

勝 織田信 17勝3敗  負 小山田 6勝11敗

HR 森19号(1回) 仁科13号(5回) 土屋14号(8回) 

投手
織田信 9回○   織田長
小山田昌 4回2/3●-保科 1/3-諏訪 2回-小山田信 2回  跡部

183名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 20:17:51 ID:4O37LRuM
FA移籍の木曾義昌がスタメンで出場しているのが涙を誘う。

184名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 21:05:49 ID:mn/xSRZ2
>>183
FA移籍っていうと、木曽の寝返りが正当な権利に見えるから不思議www
小山田は交渉途中で破談したのかw

185名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 21:45:00 ID:4O37LRuM
きっとこんなスレが立っている

【金満】織田応援してる奴って何なの?【強奪】

186名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 21:45:11 ID:kOBjBmk6
■解説者コメント 武田信玄

今後の信濃の覇権を決める大一番のゲームで織田らしさ、今年の織田の強さを垣間見ることができた。
OBとして残念なことだが対して武田は「チームのまとまり」そのものを欠いていたように思われる。
3回表のカツヨリの緩慢な守備から生じたエラーで団が生還したプレーはこのシリーズの明暗を分けた。
やはり短期決戦ではミスをした方が負けるものである。

187名無しのやる夫だお:2009/12/14(月) 22:11:53 ID:.2WNfdRs
育成選手から一流プレイヤーになり日本一の監督に成り上がった秀吉

188名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 04:55:56 ID:jh/8WA5U
【秀吉さん と デ・新納さん act2】

秀吉が九州征伐で島津を服従させた頃
秀吉を歓迎する宴席で秀吉は島津家の勇将、新納忠元が気になって仕方が無い


                     /  ̄\/  ̄\
                    |         |
                     \  LOVE  /
                      \     /
       / ̄\              \/           /  / /    |    /|   /:::/:.:.:.:.:.:.:|::::::
      |     |                          /  〃 i     .::|   /:.:.|  |::l::|:.:.:.:.:.:.:.:|::::::
       \_/         ─────────→   ,゙  /|   |   .:::|. \|:.:.:.:|   |::l::|/:.:.:.:.:.:j/::
       |                           ! ,' !  ::|    ::::|!. ,ィ|≧ゝl、_.;|::ィ|/_:._/ィllヘ
     /  ̄  ̄ \                        l ,' │ ::|:..  ::::|く/ {ひlll|::|ヾ|:.N:.::´〃ひlllリ::
   / ノ   \. \                      ヾ  '、  |\  ::::|:.\\こソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、、\こソ
  /  <●>::::::<●>  \    ←─────────       '、 :|  \ :::\:.:._,、__彡 _' -─ 、`゙ー=
  | /// (__人__) /// |                          ヾ、/.::>:、:;ヽ、__  /ーァ''"´ ̄ ヽ
  \    ` ⌒´    /       いつか殺る            / .::::::::::::::::ヘ ̄   {|::/       }
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \                        /...::::::::::::::::::::::::::\  V      j}

189名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 04:56:56 ID:jh/8WA5U
宴会も終わりに差し掛かったころ、秀吉は唐突に太刀を抜き目の前にあった魚に突き刺した

                                           /
                                          / /
                                         __r======、_
                                       /o :::::::::::::::::::ヽ、/|
                                       >  l7~~~~~~ / ̄
                                       ` -./ //==-''"
                                          / //
                                      / //
                                  、ヘ、/ //
                                   ∨∨/
                                   /三ミ}ヘ
                                 /rニニ`〈_ヘ
                                .| ヘニニ } ´
                                ノ 〈y'゙ ` へ
                                /,--´`--、   ヽ.
                            / / \,  ,/\   \
                           /  / (●) (●) ヽ    l
       ヌオオオオオオオオッ!!     |  ,   (__人__)   }   l
                           |  ヽ    |::::::|    l   l
                           ヽ、 ー  `ー'  ー'´   /
                             \ ・      ・   /
                                |          |

190名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 04:57:28 ID:jh/8WA5U
一同騒然とするなか、秀吉はそれを新納の前に突き出すと……

        ::::/  l--/─l-、/l::::::::::/ `- l:::.      \            ./.:://
.       .:::::/  l:::/  l:::/ l:::::::::/     i:::  .      `,           /.:://
     ::l :::::::i_,,--'l/'''-、,,i/ i::::::::i     i:::  ::::      `,          /.:://
.     ::i::::::ll''´ /ノ:::::::i \ i::::i    _i:::: :,:::::.     ,  ,         /.:://
.     :::i::::::: /::::::::::::::::i    i::::i    /\::/:::::.     i:: l        /.:://
.     ::::i:::::: i:、ノ:::::::::/    i:i    _,,/:/i:::::::::     /i:: l        /.:://
.  :::   :::::i::: i:::::::::::/       /ノ:::i   i::::::::  /::   / i:: /          /.:://    ,イ
  ::::::  ::::::::ハ:`ー─        /::::::/i  i:::::::: ./:::  / i:::/        /.:://    レ1
. :::::i:::  ::::::::i \         /,::::::/ ii/::::::://:::  /   /' />、    /.:://     レ1、
.:::::::::ii:::   ::::::::::i          、 \:/ /:::/ /:: /    __人j⊥=-‐ /.:://――---‐'ヽミ=- 、__
\:::::i i:::::: ::::::::::::i      -、     /  ̄´  //   ,. '´  ,. ----/.::// ‐‐ ' ´  厂`ー‐‐一'´
\/\ i:::::::::::::::::::::i    `─´    /ヽ        ,.イ´     ,ィ  /,;;//     /
-/.、_  \::::::::::::::::i          /::::::l      ,. '´,r- 、   //!          ,ィ′
   `-、,_\:::::::::::::i     _,, -''''~:::::::::l   /、    ヽ∠r,彡′      _,r‐くミ|
──--,,_ `ト\::::::::::i、_, - '''~:::::::::::::::::::::::l /r。, l      !  `′     ,. '´   ヾ!
      ヽ \\:::::i  \,/l:::::::::::::::::::::l/::-‐ヘノ     ノ    ,.rュ‐<
.         \ \i    l:::/l::::::::::::/‐-_-、_j    ノ  __,.ィー┬一'
.          \     ',/ l:::::::::::::`,.フr'´ ___,.ニ='´‐ '´  ヽミミ!
           lヽ      .i::::::::::::::l ̄ ̄          /.::/ヾ_j
    ::::::::::::::::   l ヽ     ヽ:::::::::/            ./.:://



                  / ̄\
                    |    |
                  \_/
                    |
                /  ̄  ̄ \
               /  ::\:::/::  \
             /  .<●>::::::<●>  \     食 え !
         _.|    (__人__)     |
       /   \    `ー'´     /
 /⌒⌒⌒/ ..:::::::::::.. ヽ 
 |  |  | { .:::::::::::::::::  }
 |  |  |  \ ::::::::::::::/
 ヽ ヽ ヽ   `ー一'´

と言った

191名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 04:57:59 ID:jh/8WA5U
人々はそれを手に取って食べるかと思ったが……

:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \:.:.:.:.:.ト、:.l   | l |
:.:.:.:ヽ:.:./ ノ ' ;.ト、:l `′  | l |
:.:.:.:.:.ト:.l     'l         | l |
:.:.:.:.:.l `  彡  \     ..| l |
:.:.:.:.:.:!       `ヽ、__r==| l |=、_
ヽ、:.:.ヘ ⊂⊃  _ ..ノ/o :::::::::::::::::::ヽ、/|
:.:.:.:ヾー`  r '' ´: : : :>  l7~~~~~~ / ̄
:.:.:.:.:.:.:\  l : : : : : : ` ―--===-''"
:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. ヽ: : : : : .:ノ   l!.l.l!
:.:ヽ、:.、:.:.:ハ-`、ー J _ ... _  .!.l.!
- ゝ >、ゞ-、:l  i´ /   ヽ ∨
〃 /  、  `  l  ,'  _ノ
/ '   ,ゝ ''_二`! ,'  ,'
  !   ヽ=_― ソ  i

忠元は直接かぶりついた

192名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 04:58:30 ID:jh/8WA5U
秀吉は驚いて

                                / ̄\
                               |     |
                                \_/
                                  |
                              / ̄ ̄ ̄ \
                             /ノ :::: \::::: u \
  な、なぜ手に取って食べぬのかお?.   / <●>::::<●>    \
                           |   (__人__)    u.   |
                           \ u. ⊂ ヽ∩     <
                             |  |  '、_ \ /  )
                             |  |__\  “  /
                             \ ___\_/

と尋ねると忠元は

    /  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:   ヽ.
   // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.::/:.:|:.:.:.:.::.l.:.:.:.:   ヽ.
_// /:.: ::.:.:.:./:.:.:/.:.::..|:.:.:.:.:.:.:/^v'|:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:    ',
. / /:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.::.:.|:.:.:.:.:.:/   |:.:.:./|:.:.:.:..:.: .:.   |
/ :.|:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.i:|   |:.:./ |:.:.:.:.:.:. :.:   |  関白殿下の腕は伸びきってるよね
| :ハ:.:.:.|.:.:.:.:.:.:|:.:.::ハ:.:.:.ハ:.:.:.:i:|  /:./  |:.:.:.:/:.:.::. :.  |  それでは私を突くことは出来ないかな?かな?
| ハ:.:.:.l.:.:.:.:.:.:|,,斗‐'ナTヽ:.:.i|  /フ ̄`ト、/|:.:/:.:.:  /
| | ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:\:|,-=テミ \| " ,ニニ/:/ /:/:.:.  /   (そんな小さな腕で私を突けるかよバーカwww)
l |  ヽ:.:.:.ト、:.:.::.:く弋こソ  `   {:じイ「.>.:.:.:  /
.ヽ|   \:.∨\:.:ヽ´ ̄       ̄”フ:.:.: / /
.      \∨:ヽrニ=-   i    /_;:, イ /
      / :.ヽ:.:.:.:\..  ー ‐'   ̄/.:.:.: |
     / :.:.:.:.:.:./レ^ ` r 、 _ , イ^リ::.:.::.:. |
     | :.:.:.:.::/ _ r‐-、|     |_|:.:.:.:.: |
   ., --| :./:.:/ ̄  ヽノ     ヽ |:.:.:.:. /
  / \ |ハ:.:/     |_     ヽハ:.: 人___
. /   \  \    \ ⌒ヽ、_/ ∨    \

193名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 04:59:12 ID:jh/8WA5U
これに秀吉は甚く感心し

           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \   わしの直臣にならんか
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

と言ったが

           , '´           \
         /                ̄ \
       _/                    ヽ
  、__,ノア        /   /             ',
.    ̄ ̄/      /   /    〃ヽム          l
      / /      |:.   |:  / ""´` |        |
     |  l   /   !:.   l  |      l   ./    j
     |  l   l:..  ヽ;:ィ:代.  !    ‐/-、/:    ,′  はうー、私は六十歳を超える高齢だよ
     l  !l:. :.l:.:.  ´ヽ:.{  \{   / /}:.:. /  /     このような老いぼれには荷が重すぎるかな
     ヽ ハ:.. :.ヽ:.::  { `__      ∠_ /:./:. 〃
      ` \.:.:.:.\:.:.!'´ ̄`    '" ゙̄メ/:.: ,イ    (そんなこと言って島津を弱くするつもりだろ?バレバレだよバーカ)
        /\:.:.:.:ヘ:ゝ:::::::  _'_  ::::::/:._/:{
        ,'.  `ーゝー゙  {´ ソ    ア´:.:.:.:八
         i  .:.(`Yj:> 、_` _´_ ,.イ:.:.:.:.:.:. iヽ
         |  :.:.:} }, -、ィヘノ  {ィへ. レハ:.:.:. |
        ヽ :.,4 ´   {7′   >' ヽ‐-!:.:. /
          Xi| l    ∧三三/ ,// |/ヽ
        /  ∧   ノ マ  / //_, イ /  }
        {   V  /\_,厶/ '_/ ̄/ !/  l
        l _/  / ̄ ̄〈 〉 ̄ ̄´  }  i|


人間たらしの秀吉さんも、たまには振られてしまうというお話でしたとさ

                                                       おわり

194島津:2009/12/15(火) 05:04:15 ID:hycRibGk
こんな時間に乙w

  //   ./   /   /    |  .|      :   !/
 〃   /   〃  ./|   .||   |      | !  |   忠  た
 | .,'  .! .||  ' |   .!ぃ ト、    ?  ノ.   元.  :
 ||   ||  | .l!|  |  | i  .| 从 .t\   :レイ {   は  :
 ||   !!  ! |‐ト、 |  .|.ト  V ヽヽゝ,≧ュ_ヽ_ `.}   子   :
 |l  .||  | !l X无モトl\ し' ̄孑i:::::::::::::卞J    供
 `\从  |.lハイ! |::::::::::: l `'-ゝ   L;;:i:::::::::l い   じ
 , '⌒ヽト、.l !い| う:::::::l:|       .ノ:}::::::r'::}|   ゃ
   :  い\ヘ, マ廴r }       ヽ,`ー':ノ .{   な
   :   } |  .l 弋_ン        `¨¨´  .|    い
   :   | |  !       ′   .....///!   っ
   :  ノ l  .ハ///  rー― '´   )  ∠、
   ・  .l  .|:   ト 、    ヽ、_ ,...-―' _,, '"|l \     /
. ヽ、_イ  |l   | `T¬ァ―‐-- …・''´   ||  | Tr-- イ
    |ト、  ||\ |  トv' (  |         ||  | !|  |l

195名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 06:06:45 ID:jh/8WA5U
ぶw 島津さんもこんな時間になにしてはるんですかw

  |    :::::::::.  ::::::'      .:::::::::::::::::::.:'
  |     ゛::::::. ::::'       ::::::::::::::::::::
  |      ゛::″        ';:::::::::::::::::
  |     ,,,   -――- ,,,  ';:::::::::::::::     .....::::::::::|
  |  ,,  ''    __.      '''';:::::::::::::    ..:::::::::::::::::::|  なぁに義久ちゃん
  |/  ,,  ''  ,, -‐       ';:::::::::'  ..::::::::::::::::::::::::::|
  |  , '  ,, ''     ,,,   ....  ';:::::;' ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::|   呼んだー?
  |/  , '    ,  ''      ゛ヾ::..:::::..::::::::::::::::::::::..゛゛.:::: |
  |  /   ,  '/ ,         ヾ::..'''''''' ヽ      `ν´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |// / / ,_ '  ,         ヾ、   ',
  |// / / ///   /.  /       ',
  |/// __ !/×.//  // / ,        ',::::::'
  |///:::::`ヽ 'V  /, '/ , '/  〃        i. ::  ,,=
  |' ,○::::::::::::::::ヽi / / / / /  // /       i. ゛=″゛
  | i i':::::::::::::/  !/iレ .,' / .i.  // /  i.     i
  | ゝー"./    i!  i.,'  !. // /   i  i   !  _ト
  |    ̄        ii _! ,' 'i ,'   !  i.   i  `^
  |           /::::', iヽ!,'   i   i   i  _
  |、_          ,○:::::::::'i::λ.   'i   i   i.  、 ゛
  _| i、   '      i i:::::::::::::::::/i    ,'i   i   i    ̄
 i ./ i 、       ゝ゛ー_ /,',' . ,' !   !  ii
. (_/ )          ̄  ,,','   / i   !i  !i
. (_ /)_      /// ,,...''.,','   / i  !!i  i !
  (_./ .ぇ‐- ....._ ,,....'':::::,',','  ./ ,',  !!i  i !
  |::i::..`┴.i:::i!::::ii:::::::ii:::::::::〃,'   / ,' i  !!i  i !
, -┴-::::::.. i::i!::::!!:::::::ii::::::::/::;'   /  i i  !!i  i i
_ェ=エ._!:::::::::Yヽ::::ii:::::: ii:::::::'::::i   ,'!  ! !.  ii !  i !
    `ヽ:::::: \i:::::: :ii::::::::::::i   ! !  ! !  川ii i i

196名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 10:47:05 ID:9vPHgp7o
>>186
勝頼アンチは歴史オンチのゆとり。
実態は、信玄が武田を滅茶苦茶(親追放・嫡男殺し・約定破りの常習犯)
にしたから子供が苦労をする破目になる。

つか、カタカナで書いてるんじゃねーよカス

197名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 10:57:12 ID:t5BywLTk
>>188-193
荒木道糞と信長の餅の話にそっくりだね
時系列から行くと荒木の方が元ネタっぽいが・・・

198名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 12:23:21 ID:Qc3IKRF.
>>196
とどめに信玄の遺言が
「勝頼は10年ポッキリのショートリリーフ、本当の後継者は信勝」
これじゃあ誰も勝頼の言うことはきかないし
勝頼が10年のうちに成果を出そうとなりふり構わないのも当然だよな

199名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 14:52:00 ID:S48Izom2
>>194
このAA誰?

200名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 16:55:02 ID:qgCJjoo2
>>196
家を潰した者が低い評価を受けるのは仕方のないこと。
それとカタカナ表記はたまたまカツノリと似たような名前だからってネタだろう。
武田ファンの逆鱗に触れたのかもしれんが、そこまで食ってかかることもあるまい。

>>198
それって『甲陽軍鑑』が出典だから信憑性は乏しいかと。

201名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 17:28:14 ID:hycRibGk
>>199
咲の天江衣ちゃんです!

202名無しのやる夫だお:2009/12/15(火) 19:17:51 ID:AhW.K.xc
小ネタに発狂する人って

203名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 05:39:29 ID:yVA4AA9A
武田儲
直江儲
伊達まーくん儲
家康儲
のネタに対する噛み付きっぷりがガチ
たまに現代の本願寺一向宗が出てきたりもする

204名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 05:53:27 ID:B97WtbyQ
どこぞの某スレの話はそこまで。

野球ネタのあれはカツノリが元だからとか思ってたんだが。

205名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 09:46:46 ID:7TZHBMmE
経験則的に酷いのは織田厨と上杉厨だな。あいつらキチガイだわ。
次点で三成厨。

206名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 10:07:12 ID:AIeMO6Hc
織田 ←→ 武田
上杉 ←→ 武田

武田について何か主張して反論されて言い返せなくて、相手に厨のレッテルを貼った、というあたりですかね?

207名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 18:32:39 ID:Ovx5.mHs
くどい

208名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 18:41:56 ID:N./TGka2
http://convini.ddo.jp/imguploader/src/up1444.gif
戦なんて、つまりはこういうことだろ。

209名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 19:19:13 ID:4KrlSQQI
上層部はともかく下の人間は自分たちが正しい、正義だと思いこまなきゃ
士気上がらんし人殺せないと思うわ

210名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 19:55:06 ID:3DVphlk.
というか、子供の頃、やるだけやって、上杉頼れとかいう信玄はどんだけーと思った。

211名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 22:38:04 ID:04it.8l6
ふと思ったんだが、このスレってどこまでがOKなの?
あと現行スレと被るとブブーだったりする?

212名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 22:53:09 ID:N./TGka2
何でもOKで良いと思う。まったりしたスレだし。

213名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 23:13:41 ID:WOlm7ceg
一応室町中期〜江戸初期あたりまでなら、カバーしてる人間が多いんじゃないかな?

214名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 23:23:45 ID:PrOnRTZg
時代的なものなら、応仁の乱〜島原の乱(あるいは由井正雪の乱)の間くらいじゃないかな?

215名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 23:25:46 ID:FHjwTCMA
とは言いますが、過去に応仁の乱前後の話が投下されたケースってありました?

216名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 23:32:40 ID:Ovx5.mHs
朝倉孝景(英林)とかやってもいいのよ

217名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 23:33:46 ID:WyQrypN2
えーりんえーりん


ごめんなさい

218名無しのやる夫だお:2009/12/16(水) 23:34:05 ID:XSDnQdwE
>>216
見てーw
是非!!

219名無しのやる夫だお:2009/12/29(火) 14:22:55 ID:.GSQ6OG.
過疎ったな…

220名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 17:40:35 ID:H3e830Yg
過疎ってるなら投下すればいい。
なんかできてしまった。
投下してもいいよね、凄く有名な話だけど。

221220:2009/12/30(水) 17:41:39 ID:H3e830Yg



     昔、中国は前漢・武帝の頃、雲南に夜郎という国があった。


                    _,,..  -―――-  、、↓夜郎の王
                  ,. ‐'"´             `丶 、
                  /                    `丶、
                /      ノ    '⌒i               丶  _     __,,...._
             /             ‐く               \   ̄ ̄     ゙i
            j           、__,ノ                         _,,.. -''′
              l       ノ
               |                          ,r''"´ ̄``丶 、  __,. -- .、
               |                ̄ ̄`ヽ                          i
              |                 ___,ノ                       ノ
            !                                        ,/
              ゙ 、                                   ,. - '
               \                             ,..  -‐'"
                丶、                   _,,,. -‐ '"
                   `` ''''ー‐-------―‐ ''''""´

222220:2009/12/30(水) 17:42:38 ID:H3e830Yg



     武帝は中国を広く治め、夜郎を支配下に置こうと、使者を送った。


       \           ヽ         |         /             /
        \          ヽ         |           /           /
         \       ヽ           |        /        /
           鄙  俗  と  し  た  国  に  漢  の  使  者  が!
             \      ヽ               /      /
   ‐、、            \                         /          _,,−''
     `−、、          ┌─────────┐            _,,−''
         `−、、       |                |         _,,−''
            `       |                    |
                !`ヽ  |. ●            ● .| i⌒!
   ───────‐  ヽ、 \|:.    ├──┤    .:|ノ ノ   ───────‐
                 \_|:::...    ヽ、  ノ     ...:::!_/
                     |::::::::::...     ̄   ...:::::::::::|
              _,,−''     |:::::::::::::::........    ......:::::::::::::::::|    `−、、
           _,,−''         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!         `−、、
    ,'´\           / |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| \           /`i
    !   \       _,,-┐  \:::::;‐、:::::::::::::::::::::::::::;‐、:::::/     r‐-、、      /   !
    ゙、   `ー--<´   /      ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄       ゙、  >−一'′   ,'
     y'         `ヽ/    /  | |          | | ヽ      ヽ '´         イ

223220:2009/12/30(水) 17:43:37 ID:H3e830Yg



      夜郎の王は使者にこんな質問をした。


                  _,,..  -―――-  、、    「漢と我々でどっちが大きいのか?」
                ,. ‐'"´             `丶 、
               /                    `丶、
             /      ノ・ノ,   '⌒i               丶  _     __,,...._
           /             ‐く               \   ̄ ̄     ゙i
          j      、 、  、__,ノ                         _,,.. -''′
           l      ノ・ノ
           |                          ,r''"´ ̄``丶 、  __,. -- .、
           |                ̄ ̄`ヽ                          i
           |                 ___,ノ                       ノ
          !                                        ,/
            ゙ 、                                   ,. - '
             \                             ,..  -‐'"
              丶、                   _,,,. -‐ '"
                 `` ''''ー‐-------―‐ ''''""´


     後世の人は、「夜郎自大」として故事に残した。

224220:2009/12/30(水) 17:44:38 ID:H3e830Yg



     さて、下り下って、日本は安土の時代。
     時の権力者・織田信長は同盟のため、土佐の戦国大名・長宗我部元親の使者と面会した。


               , '´  ̄ ̄ ` 、  織田信長
             i r-ー-┬-‐、i
              | |,,_   _,{|
             N| "゚'` {"゚`lリ     さて、どんな漢かな…?
                ト.i   ,__''_  !
             /i/ l\ ー .イ|、
       ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
       /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
     /    ∨     l   |!  |   `> |  i
     /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
   _|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
     .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
   __{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
     }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
   __f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
     | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
   ___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
    ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
   _______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

225220:2009/12/30(水) 17:45:37 ID:H3e830Yg



           ._________
           |              |
       \  |  ●  ヽー/  ●   |  / どうも、中島可之助です
         \|      ∨      |/   同盟しましょう
           |              |
           |              |
           |              |
           |              |
          └─┬┬──┬┬─┘
              | |    | |

226220:2009/12/30(水) 17:46:36 ID:H3e830Yg



          ,, - ―- 、
       ,. '" _,,. -…;   ヽ
       (i'"((´  __ 〈    }
       |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
       ヾ|!   ┴'   }|トi  }   羊羹?では俺を満足させられないぜ、ナニに使うつもりだ?
         |! ,,_      {'  }
        「´r__ァ   ./ 彡ハ、   全く、長宗我部殿は夜郎自大だな、『鳥なき島の蝙蝠』だ
         ヽ ‐'  /   "'ヽ
          ヽ__,.. ' /     ヽ
          /⌒`  ̄ `    ヽ\_
         /           i ヽ \
        ,'              }  i  ヽ
         {             j   l    }
        i   ヽ    j   ノ   |   } l
        ト、    }   /  /   l  | .|
        ! ヽ      |  ノ    j  ' |
        { |     } |      l    |
        ヽ |     i  | \    l    /|
         { |     l   |     |   / |

227220:2009/12/30(水) 17:47:36 ID:H3e830Yg



           ┌―┬──────――┐
            /^) |  \       / .|^ヽ    いいえ、『蓬莱宮の寛典』に候
          //:::: |  (●) ト-─-イ(●)|\\
          \\:::: |     |     |    |//
       .     ヽノ : |.      i.    ,!    |/
           | :::::: |       `ー--‐'     |
           | :::::: |                |
           | :::::: |                |
           | :::::: |                |
           └――┬┬―――┬┬―┘
                 ||      ||

228220:2009/12/30(水) 17:48:36 ID:H3e830Yg



                       /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                       (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
                       .l `'^'´ ..: :.: :. }::::::::::::::::::i
                       ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|   なかなかの返答だな
                       !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|   それに免じて、同盟を受けようじゃないか
                       .ソ   ```  :.:.: ソ,iノノ::::::|    さぁ、中へ
                       ヽ,-     .:..:.:シ_,イ、:::::l
                           i==-  .:..:.:イ   ヾヘv
                          , ゝ...:.  _,.ィ  i ,.'  }  ` 、─────────┐ 、
                         , ´  ゙'ーイシ″ ,  /.:. .  `  .///////////////}||ll\
                     ,.. '´   \ ヽ/,ハ::.:..:. /            ` ー- 、///////:}||ll|ll|}
                   /     ノト_,ノ┘″}:.:.:./ __  -─…        ヽ///// }||ll|ll|}
                     /  _,. イ      ヽ / -‐              '/////}||ll|ll|}
                   /    /  ,                  、         '////:}||ll|ll|}
                 /     ,/ .:レ        /           ヽ       ‘.///}||ll|ll|}
                     /     / /       ,′              ,::..         V//}||ll|ll|{
                  /      ′:′        ′           /;ハ:.:.        ∨/||ll|ll|{
                /     .::' ..:.:{       .:i         ..:.:.:/:.:..:ヘ:.       ∨||ll|ll|{
                 , ′     .:.;:.:.:..:.':..         ‘       ...:..:.:.:./..:..:.:.:∧:.       'l||ll|ll|{
              ′     .:.:j:..:..:/ !   ::...        ¨"´  ..:..:./..:.:.//∧       l|l|ll|{


     かくして、長宗我部家と織田家の同盟は結ばれた。
     土佐物語に見える、中島可之助の逸話である。

229220:2009/12/30(水) 17:49:35 ID:H3e830Yg
以上です。もっと遠慮なく投下してもいいと思いますぜ。

230名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 18:19:29 ID:gAuD5WIM

なかなか渋いチョイスをありがとう。

そう言えばここも最初の方は、戦国板のいい悪いスレをAA化するような場所だったなあw

231名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 18:37:58 ID:19vgViEg
>226-227
この逸話ってかなり有名だけれど、別説として

信長 「長宗我部殿は夜郎自大だな、『鳥なき島の蝙蝠』だ」
可之助 (?? ……やっべ、何言ってんのか分かんね) 「いいえ、『蓬莱宮の寛典』に候」
信長 (?? ……やっべ、何言ってんのか分かんね) 「なかなかいい返答だ、同盟しよう」

……だという説もあるのだとか。

232名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 19:26:29 ID:gAuD5WIM
>>231
信長はガチで無教養だから、そういう事はあり得るね。

233名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 21:57:27 ID:BIyaFH5w
無知ですまないんだが『蓬莱宮の寛典』ってどういう意味?

234名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 22:07:07 ID:IYWuBxJA
>>233
意味不明

235名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 22:09:38 ID:Ufr.WgA.
>>233
蓬莱宮=伝説の山、蓬莱山にある仙人の住処
寛典=寛大な処置

つまり、あえて翻訳すると
「元親様は蓬莱の仙人のごとく、この世のものとは思えぬ寛大な統治をされる方です。」
と言っている。

…正直、その無教養を元親が嘆いた土佐侍にそんな教養があったか疑問だし、
仙人は基本俗界に関わらないので、統治などしない=例えが間違ってるのだが。

236名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 23:21:03 ID:XT9WTRBM
>228
中へ…

みょうに勘ぐってしまうではないか!

237名無しのやる夫だお:2009/12/30(水) 23:49:24 ID:RKBEw5pU
>土佐侍にそんな教養があったか
可之助の兄貴は、有力な坊さんだしインテリ一家だったはずだから
俺は違和感は感じないかなー

238名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 00:56:31 ID:3ylRBs4M
>>235
元親自身は京からたくさんの知識人を招いて、非常に教養深い人だったらしいね。
ソースは真田スレ。

239名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 07:57:44 ID:veacewHc
>>235,238
ttp://www.asahi-net.or.jp/~jt7t-imfk/taiandir/x019.htm
ムチョウトウノヘンプク→ホウライキュウノカンテンとかマジ意味不明w

240名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 08:34:38 ID:z/SBIThY
四国は無鳥島ではなく蓬莱島です、元親は夜郎自大の鳥モドキではなく広い心を持った統治者です、
と言いたかったんだろうな。別に深い意味はなく、信長の持った回った言い回しの揶揄を、
咄嗟に切り返しただけって希ガス。
そして信長はホウライノカンテンの意味は分からず、ただ咄嗟に切り返した機知を褒めた、と。

241名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 14:28:57 ID:1MX1UN0c
赤沢さんの話ってまだ出てきてないよね?
つーわけで今から投下する

既出だったらごめんね

242赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:30:09 ID:1MX1UN0c
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓





                           時は天正10年





〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

243赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:30:41 ID:1MX1UN0c

新羅三郎義光より数えること20代の長きに渡ってその家名を保った甲斐の武田家は滅亡した。

ジャーンジャーン
        ∧コッチマデ          ____
 .      <⌒> モエウツッタゾー!!      | 新府城 |  ジャーンジャーン
)      /⌒\  \( ,,  ⌒)/  | ̄ ̄ ̄ ̄
)  _____]皿皿[-∧-( ⌒ ,,  ,, )∧
= =三∧_/\_|,,|「|,,,! (  ,,    /⌒\ ショウカイソゲー
#    ̄Π . ∩  |'|「|'''|「(    )  ]田田[
( )   #━┳┃ ̄|「|ガシャーン |  _/\_|,
 ( )   ##╋-田 |「| ?? 田 |[从ノ. . ∩ |'|
━┻   |「|     |「|ミミミミミミミ从:ノ);;;;ミミミミミミ
    λワー  ∧     λワー   λワー
  λワー   | |  λワー    λワー

その際、人質となっていた真田家の人たち(妻子とか)はこぞって甲斐を脱出。

           '......
            ''';;';';;'';;;,.,    
             ''';;';'';';''';;'';;;,.,   
              ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
             ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
          vymyvwymyvymyvy、
      ヽ(゚д゚)vヽ(゚д゚)yヽ(゚д゚)v(゚д゚)ノ
 ヽ( ゚д゚ )  ヽ( ゚д゚ ) 〃ミ ( ゚д゚ )ノ ( ゚д゚ )ノ
   ゝηミ ( ゚д゚ )ノ ミ)  ヽ( ゚д゚ ) .(彡η r
    しu(彡η r ヽ( ゚д゚ ) .ゝ.η.ミ) i_ノ┘
.       i_ノ┘  ヽ ηミ)しu
           (⌒) .|
            三`J

244赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:31:26 ID:1MX1UN0c

         |            , ---┴─--- 、、:::::::::::::::::::::\
         |'、       , - ''´            `''‐-、::::::::::::::ヽ
          ヽヽ     /                    `ヽ、::::::::ヽ
             ヽヽ  /                      \::::::',
           \ヽ/                         lヽ:::|
           /          __  ,r‐、              | |lヽ
        /   /   / /  /ミ、ヽ///∧ヽ             | |l l、
        // /    / / |  /ミヾ``' ' "´ヘ ヽ ヽ          | |  ||',
      ///,イ ,ィ | / || |  |          ヽヽ  \\ ヽ    / // | l|
    // // / /|  | | | |.|  |         ヽ\  \\ヽ /  // //|
    |/ // | /| |  | | ||__!ト、 |             >、\  \\ヽ,彡 / //|
    || //  |. | | |ヽ ヽ | || ≧=、、       ,.ィ'´i::::ヽ `ヾ<`┬-、ヽ、__ ヽ/⊥--ィ
    !〃   | | | |ヽ\ヽ!| !`i、_ノ::::i``   '´ ト-'::r_j:!   |  | | ヽ、  | |<‐'´
      !   ヽ! ヽ ``i r‐| ヾ::rソ      _ゞ-∠  ノ   | || /⌒V l>、ヽ   二人とも急いで!
              \ | /.ハ  ̄ ̄  /          " | || 〉 l/ 〃  `
                 `y'/ト|      `´           | ||└'´ //
                 / // .l       '二`         / .||__,.ィ/        【山手殿】
             / /!/``'、                〃  ||彡∠、
            / / | |    \               / |  / トヽ⌒ヽ
              / / | |     >、        , '′ / //∧ヽヽ  `
            / /   | |     //l⊥`ー--- ''´____/ /|リハ | ヽ!     ___
       ____/ /____!|__ 〃/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ' /┌l|ト、リ  ! , -‐''´::::::/ し'ミ`'''- 、
      /   / /、   ||   `゙''‐- 、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ. // |::::::::::| /::::::::::::::::::/ 、二二」_ヽヽ:::::\
     /     | /  \ !        ``丶、    V∧ |::::| ̄|‐‐、::::::::::::::::<)  ├ |  (>:::::::\
     /     | |   ヽ   ヽ         ``丶 /:::::::V:::::レ'⌒ヽ、 \:::::::::::::l __|_レ' |   |::::::::::::::ヽ
    |       |.! ヽ  ヽ    l       , -‐''´:::::::; -‐‐'´ /   \ \:::::::::ヽ     レ' /::::::::::::::::::ヽ

    / ̄ ̄\
   /  _ノ ヽ
   |U ( ●)(●)  岩櫃はまだか?
   |   (__人_)         ____
   .|    `⌒´|       / ― ‐\
   ヽ( ヨ  _ノ      / ( ●) (●)  父ちゃんの領土はこっからじゃ遠いお
   // /   ヽ     | U  (_人_.) |
   ヽ_ノ   /ノ      >   `⌒´< E)
    /  /⌒l)     /ヽi      i(_ノ
    |  / /     (_J l     /
   !ヽ ノ(_⌒)        ヽ__  ̄|ノ
   Lノ            レ .く_フ

  【真田源三郎】    【真田源二郎】

真田昌幸の正室山手殿と、源三郎、源次郎の兄弟もまた一路、昌幸の領土である岩櫃を目指して奔走……

245赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:31:50 ID:1MX1UN0c

ようやくのことで上州(現在の群馬県)までたどり着いた。

      \       ヽ           |        /        /
          \      ヽ               /      /
‐、、         殺 伐 と し た ス レ に 茨 城 県 が ! !      _,,−''
  `−、、                  __/\            _,,−''
      `−、、              _|    `〜┐         _,,−''
                      _ノ       ∫
                  _,.〜’        /
───────‐     ,「~             ノ    ───────‐
               ,/              ` ̄7
                |     埼 玉 県     /
           _,,−'   ~`⌒^7            /    `−、、
        _,,−''            丿            \,      `−、、
 ,'´\           /  _7       /`⌒ーへ_,._⊃         /`i
 !   \       _,,-┐    \    _,.,ノ          r‐-、、      /   !
 ゙、   `ー--<´   /      L. ,〜’             ゙、  >−一'′   ,'
  y'  U      `ヽ/     /            ヽ      ヽ '´     U   イ
                                ____
         /      __        |       \____\
    ___/__ / ̄    ____|____ \ \____\
       //ヽ   /___         /|\       \ \____\
     / / ヽ  / /__     /  |  \       \_______
   /  /   / /   /     /    |    \          |    \
  /   /  / /  _/   __/      |      \__      |     \  ̄―_

246赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:32:19 ID:1MX1UN0c

                                    !ヽ、    ,!  ヽ
                                    ,!   -‐‐‐''   ヽ
                                   / ´`)'´    _      !、
                                lヽ /   ノ    , `     `!
                           lヽ、  /  Y    ,! ヽ-‐‐/          l
.                          l >‐'´`   l   ノ   ヽ_/          ノ
 奥方様ー!                  ,ノ     o   ヽ  l            _,イ
 源三郎様ー!源二郎様ー!       i'.o  r┐   *   ヽ、 ヽ、_     ,..-=ニ_
                          l    ノ       ノヽ、,  !..□ /     ヽ
 岩櫃よりお迎えにあがりましたー!   ヽ        .ィ'.  ,!    ハ/    、   `!、
                          `ー-、_    く´  l     /     ヽ    l
                             ,!     `!  l              ヽ、__ノ

一行は沼田街道まで出たところで、大笹村入口(あるいは横谷村)の雁ヶ沢にて迎えの者と合流する。

;;;;::::wwww/ ̄ ̄\                     ,,,,-''' ̄```-、
iiiiiiiWWl|/   _ノ ヽ                   -'''"        ``-、
`^-|ii川||  ( ●)(●) 迎えも来たしもう安心だろ              ,,,-''' ̄``-、 ,,,-'''
  |ii川|.|   (__人_)        ____                 ,,-''       ``-、
  |ii川| |    `⌒´|      / ― ‐\
  |ii川| ヽ_   _ノ     / ( ●) (●)  これでようやく一息つけるお
iiWl!ii川|/    ヽ‐-、     |    (_人_.) |
  |ii川/  /   } |   ̄ヽ- >   `⌒´<
 WWl|.|  |    } |      | i     .i l
    (_)  i  |__)      ヽ \    |ノ  `゙''ーl;;i"~"ll"~"li"~"ll"~"li"~"ll"~"li"~"ll"~"li"~"l;;|__,,.. .-
      |  | /         |ヽjj)i‐i  |  ;_/^/^:/^:/^/^/^:/^:/^/^:/^/^:/^:/^/^:/^:/^/_ w
      (__⌒)         ヽ_ヽ(__⌒) l;;l/~"li"/"ll"~/li"~/ll"/"li"/"ll"~/li"~/ll"/"~l;;l
                       w  l;;l(0)(il(0)(il(0)(il(0)(il(0)(;il(0)(il)(0)il(0)(il(0);wl;;| 
 www     __,,,,,,――r'''" ̄||\__,..-'''""                   ヽ~""''' ‐- ...,,_
――r'''" ̄} ̄:::|:::::::::::`i  ヽ:::::::::|| 〈_| |  林林林林林              "'ヾ、 ヽ  ヾ

247赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:33:02 ID:1MX1UN0c

この頃になると、若い真田兄弟も周囲の景色に目をやる余裕が出てきた。



     / ̄ ̄\                               ____
   /   _ノ  \                             /      \
   |    ( ●)(●  ところで源二郎、ここが何で       /─    ─  \
   |      (__人__)  雁ヶ沢って言うか知ってるか?    / (●)  (●)    \
.   |         ノ   .                    |    (__人__)       |
    |      ∩ ノ ⊃  確か翼を持つ雁でさえ        \  ⊂ !、∩     ゙i
  /     ./ _ノ   降りたら上がって来れねーんだお? |  | !、_ \ /  )
  (.  \ / ./_ノ │                        . |  |__\  ” /.
  \  “ /___|  |                        . \ ___\ /
.    \/ ___ /                       




           ____                   ____
          /  ノ_ ヽ,,\                /⌒  ⌒\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧             /≦゚≧ミ:≦゚≧ \
        |    (__人__)|             /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
        |     |r┬| }             |     |r┬-|     |
         |     | | | }              \      `ー'´     /
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }

248赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:33:45 ID:1MX1UN0c

彼らはまだ17歳と16歳。今で言えば高校生程度である。緊張の糸が切れた途端に戯れを始めた。


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)   誰かこっから飛び降りる奴はいないかwww?
. |  ///(__人__)              ____
  |     ` ⌒´ノ             /⌒  ⌒\
.  |         }           。o(゜>)  (<゜)o 。   そんなヴァカいるわけねーおww
.  ヽ        }          /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
   ヽ     ノ            |     |r┬-|     |   て
⊂ヽ γ    く            \      `ー'´     /( `´) そ
i !l ノ ノ    |           /           \ノ ノミ
⊂cノ´|     |          |\ \・      ・ \____ノ



                          _,、--‐‐-、,,
                         /::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                        /::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ
                       l::::::::::::::::           ヽ
                       l:::::::::::::::         l
                      ,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l
                       l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l
   自分が行ってもいいっスよ。  l (´       ̄  ヽ ̄-l
                      ゝ、,__      ,r'、  ゝ, .l
                         ヽ    / `''ー' ヽ/
                          l   /ゝェェェェェy /
                          ヽ、  l ヽェェェェ/ /
                   .          \  `ー--´/
                            `ヽ、  /


 【赤沢嘉兵衛】
 沼田出身で、上州へ進出して来た真田氏に仕える。
 昌幸からもその武勇を評される剛の者である。

249赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:34:28 ID:1MX1UN0c
      _,,.. - 、
     ,.-'      `' 、.
   ,r'       ,rfn、 \
    ,'  ,rffn.   '"     ヽ
   .i  '"     ,riiニヽ.   ',.
   {  ,riiニヽ      _.    ',   おいおいこいつ俺らの話聞いてないだろwww
   !   ,..  _,,.. -‐' _,..r'  i
   ',   '、., __ ,.. -‐''"゙  }  |               ____
    `、  ヽ        !   }               / _ノ ヽ、\
     '、  ヽ      ./   !            /o゚((>)) ((<))゚o
     \  `ヽ==='゙    ,'           /    .:゚~(__人__)~゚:\   自殺願望があるとは知らなかったおwww
       ' 、        / .        .  |         |r┬-|    |
        `''‐   . r'             \、     i⌒i‐'  ,;/
         /    く             /  ⌒ヽ.ノ ノ  く
         |     \           / ,_ \ l||l 从\ \
          |    |ヽ、二⌒)        と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
                                ベシベシベシ

兄弟にとっては軽い戯れ程度のやりとりであったのだが……

250赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:35:10 ID:1MX1UN0c

この男にとっては関係の無い話だった──!

                  |||||
                 |||/)|||   
         ||||      ( \ || _,、--‐‐-、,,    
         __          \ \/::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        (_ \||||     \/::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ
          \ \||||  |||||l::::::::::::::::           ヽ 
            \ \__/l:::::::::::::::         l 
             \__  ,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l   I can fly !!!
                  \l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l
                   l (´       ̄  ヽ ̄-l
               ||||||| ゝ、,__      ,r'、  ゝ, .l
                / ̄ ̄ ̄ヽ    / `''ー' ヽ/ ||
                \ < ̄ ̄ l   /ゝェェェェェy /\||||
                  \\|| ヽ、  l ヽェェェェ/ /  \||
                    \) \  `ー--´/   \)
                         `ヽ、  /



    / ̄ ̄\                           ____
  /   _ノ  \                        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
  |    ( ○)(○)                     /( ○)}liil{(○)\  /   /
 . |  U  (__人__)                    /    (__人__)   \/   /   /  )
   |     |r┬-|      なっ…ちょ!      |     |i|||||||i|     /  /  /  /
 .  | ι   `ー'´}                    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
 .  ヽ     u  }                      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
    ヽ     ノ                     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /    く  \                   /        -、      }        (  ̄¨´
    |     \   \                 /           ヽ._       __  \
     |    |ヽ、二⌒)、                            `   --‐'´ `゙' 、_.)


 兄弟が止める間もなく、赤沢は深い谷底へと消えていった。

251赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:35:33 ID:1MX1UN0c

そこへ折り悪く昌幸が登場し……


  随分騒がしいみてえだけど、   │
                      ノ
  何かあったのか?        ,弋'´
               _ , -,,"::´::::::ゝ-
───────,,',,-,,";´::::::::::::::::::::::::::::::
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    丶、  \::::::::::::::::,ィ-y;;メヘ::::::/- 、
     \゙';‐-::':::::::::::ィ-‐ノ'' ─l::/─
       \::::::::::::::/ __    '⌒
           `''''''ナ{: ' ヽ   ⌒ヽ
          メ /i  o ノ    o ノ
         _/ / |
    ___ /  ,/  /i   、'      r
   \    ,"   i  、  ‐-、    ,イ
     >、 _,/  ,/‐-γ 、__  _,,/,"`T;
    i,  , ヽ_  ,/;;;;;;;;ゝ    `Y´   l;;
  ,、_ノ 、  i  ,「´;;;;;;;;;;;;;;丶、  .|  _ノ;;;
 ヾ 丶 ヽ |  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''`、.,一 ' ̄;;'''';;
  ,〉 ヽ ', i  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''`、y ,-、`Y_ノ;;
,_ハ、  ゝ '、l  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;、, Y' i   l Y`,;;
 \ ヾ ヽ .i  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;'i `- '  l,;;;;;;

      【真田安房守昌幸】



     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::::...:.....:::..:..::::..:.:.:::..:..::::..:.:.:::..:..::::..:.:.:::..:..::::..:.:.:::..:.
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....::..:.:..:....:::..:..::::..:.:.:::..:..::::..:.:.:::..:..::::..:.:.:::..:..::::..:.:.:::..:..
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::...::::..:.:..:.....::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:.
.: |:::.... u (__人__).::..:..:...::..:..:..:.::..::::..:..::.:..:...::...::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:..::.:..:.
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::::..:..::.::..:....::.:..:..::.:..:..::.:..:..::..______.::.:..:..::.:..:.
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::::..:...:...::.:..:..::.:..:..::.:..:..::../:υ::─ニjjニ─ヾ.::.:..:..:.
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..:.:..:..::.:..:..::.:..:.....::..:..../:::li|.:( ○)三 ( ○)\.::.:..:
.::..:...ヽ::.....   ノ.::..:..:..:..::::..:..::..:::..:....::.:..:..::.:..:.:.:..:....(:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|.::.:..
::..:..:..:/::..   く.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:...:..:..::.:..:..::.:...:..:..::..:....):::::::::::.   |r┬-| li::::/.::.:..:.
.::..:..: |::...   \.::..:..:..:..::::..:..::..::::.:...::..:....::..:....::..:...:.../: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ.::.:..:.
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒).::..:..:..:..::.::::..:..::.:..:...::..:..../ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\.::

252赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:36:17 ID:1MX1UN0c

当然のことながら烈火のごとく怒った。

             ___    /        ど  赤  こ
   |   l l``    '  ,'   /     う  .沢  ん
   |  / ヽ、 '__, //レ'/   |  .い  を  な
   |   、、   ,. -,、     /、 ト、_j   う.   死  大
   |    __ノ l / )    /\\|     了   な  .事
   |   __l___ ー' -'   /|:::::: \    見  せ  な
   |    ノ  |       、 !:::::::::::::}   .だ   る  時
      '´  ┘      >::::/ .    ッ   た  に
  ` ` / -┼‐ァ      \∠__  ///  ァ
   ー‐'   | '´     \ ̄:::::::::::/ ’’’
  //// 「 ̄ |     | ̄::::::::::::::::: ̄7     __「\|
  ’’’’ L_」     |::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄|/
7  __/\  |\  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー‐- .._
.__/ //、_ \!:::::\|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐< ̄´
.   //ト、___/^7‐ヽ::::::::、 :::::::::::\ー- 、_::::::::\ヽー- _
  /´ / ,ノト-ト、_\:ヽ`丶、_::: \ ∧/ ̄ ̄ :;; u
.     l/ / / |ーァ-、_ヽ、\ ,.ィ行ン !_/ ij   ;,,
    / / /|ハ| ヘ弋rダミ一 、`¬ハ|    .. ''
. / ,ィ' / /^| ,ヾ.;:` ゙゙̄,. -一'¬ u      '''''''
 ヽ// / /` ̄:.,ヘ`゙'   / ̄ ̄丁| /   /  u
    / / /  ミ、`  \u {ヽ___」ノ .'  。∨`ー┬―- '´
. u  |   |   ヽo ゚ `ヽ、 ー=='/    /     |    //
    |__|  u  `ー- .. _  ̄,  u  /    j/⌒レ'
   j    ,.-―/`ヽ_  `     /
       /   /   |`ヽ j___,.イ            ,.
.      /   ′  /   「ヽ   /ーァ       /
     |   /       /  | /  ´ ̄>  /
     |                '∨-、/⌒_ -‐/
ヽ、__,-‐j                }::;;_>´ /


        / ̄ ̄\
    ; /;;;::ノ#::ヽ、 \                              _______
     /  (−)(−)/ :                           ./ /  #  ;,;  ヽ
 : /  (__人__) /                           : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
   |#:.....:: ` ⌒┃ ノ   ……すいません調子のってました。     /  -==、   '==-   ..:::::|
.  |  ;;::  #;;:.# } :                               | ::::::  (__人__)    :::::.::::| :  ……反省してますお
.  ヽ ;;;//;;.   }                      .       : ! #;;:..  l  |    .::::::/
    ヽ    ..;,.;ノ__                              ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
  ../         ̄ ̄\                           >;;;;::..       ..;,.;-\

253赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:36:52 ID:1MX1UN0c

と、そこへ当の本人が崖下から上ってきた。

    _,、--‐‐-、,,
   /::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ
 l::::::::::::::::           ヽ  
 l:::::::::::::::         l
,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l 
l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l
l (´       ̄  ヽ ̄-l   <これくらいどうってことないっすよ
ゝ、,__      ,r'、  ゝ, .l
   ヽ    / `''ー' ヽ/  
    l   /ゝェェェェェy /
    ヽ、  l ヽェェェェ/ /  
     \  `ー--´/ヽ
     / `ヽ、  /  \
     / __    /´>  )
    (___)   / (_/
     |       /
     |  /\ \
     | /    )  )
     ∪    (  \
          \_)

※ 命綱無しのバンジージャンプなので、良い子は絶対に真似をしないで下さい。

254赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:37:22 ID:1MX1UN0c

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;|\;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,
;;;|__\;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶- ‐--一´
;;;;|─‐\;;;l= ̄ゝ,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
\|::ι::l,ヘi ,-‐、, .‖ヾゝ;;;;;;、‐-、_`>
:::::::::::::::::_  (゚c) ' ,/ソ / \;;;;ヽ       赤沢…お前大丈夫なのか?
::::::::::::::;;;;;;;;: ̄  /'ソ /―-、 \|ヘ
:::::::::::::ゝ:::ι:. / /       .Y´  \
::::::_`_´、:::::::: /ノ       iヽ     \
::::'.-‐´:::::::: /         l |ヘ,    ト
::::::¨::::::::::'/ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  l.|  \ l

                                   , ‐- 、_
                                __   /   /   >、_
                            /    ∨  /  / ̄   _ >_
                         ∠二_  ̄ ヽ             _ \
                           /      ___    _,. ―- 、  \ 〉
                   .     /        // ̄`ヽヽ-〈 「 ̄`ヽヽ―く
                        l /   //    // _ヽ \   } }\ 〉
                        レ /    { { ヽ     /厶小rヘ\ ` ー' 1ヽ ヽ
                         {/     〉\ \ /ィ  u   }7ァーァイ  ∨
                        {     /  >、ニ彡八{‐-、   レフ √) 〉 ム
.                         ∨   / /ノ / ムノ厂`       ,ィテyレヘ 人_>
      怪我はないの?         j  / ̄ヽy' / ノ  , ィテミ     ヒッリ j }、
                      _// { ヘ ソ〈 {u   〈 弋ッリ     ニ´ {_ソ \
                    . ー―〃 ハ  {ぃ ヽ ゝ   ヽ 二     ,   ト、 ヽ  ヽ
                    .    / /  \ ー  ハ         _,.  ノ、j_}   }
                       {  {  / ` ┬コ' \       ̄‐  / ヽ  ¬┴ 、
                        、 ,  { _/ ∨   l ` ー-   _/ }   \フ  r┐ 〉‐ 、
                        ∨_/)匕」/     !ヘ       /  ,      ヽ  ー' /

255赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:38:11 ID:1MX1UN0c

          _,、--‐‐-、,,
        /::::::::::::::::::::::::::ヽ、
       /::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ
      l::::::::::::::::           ヽ
      l:::::::::::::::         l    凄い感動して、体がしびれて
     ,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l    スーパーサイヤ人になっちゃった気分で…
      l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l
     l (´   γ⌒) )) ヽ ̄-l    いつの間にか物凄い涙が出てきて、物凄い心がきれいになった感じになりました!
      ゝ、,__ / ⊃ ,r'、  ゝ, .l
        〃/ /  / `''ー' ヽ/∩⌒)
       γ⌒)  /ゝェェェェェy // ノ
      / _ノ、   l ヽェェェェ/ // / ))
  .   (  <| |\  `ー--´/( ⌒)
      ( \ ヽ `ヽ、  / / /


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ.   流石は嘉兵衛だぜ!
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l  度胸といい運といい家中随一だ!
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;

一同は谷底から生還した武辺者をこぞって賞賛した。

256赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:38:44 ID:1MX1UN0c

ところが…

                     ト、
                 ∧    ,ノ::::ヽ、
              ,ノ:::ハ   /::::::::::'ハ
            /::::::::::l、_/::::::::::::::::::}
          ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     /l
         ┛┗::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  _/:::::|
          /:┓┏:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー"::::::::::::i
      ト、_ ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ、::::::::::<__
        [二二二二二二-"Yハ::::|二\::::::/
       l'::::::::::::::::::::::::::::," ,_.|.l | l/:::::::i . ̄
        ヾ:::::::::::::::::::::::::i' i' l l.|::::::::::::|       心配して損したぜ。
        丶:::::::::::::::::::::l、 'yl |i     〉      とっとと荷物をまとめてウチから出てけ!
        \::::::::::::::::::::>、| l.l、  __}
         );nr'Y´`Y'  | .|ハ  ,ノ
.          , -───-- 、 |  | ヘ´l i         _, -── --,
      ___/______ニ、_|__ゝl_!_  ,r' ̄   ,r - ‐' "´
≦者圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? y´  ̄^、   i!る }
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? ∨       ヽ ヾ-′
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? ∨   ,ヘ    丶-′



          , n / ̄ ̄\ .n                 ____
       . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、             / ノ  \\
       /,イ / (○)(○) .l i i i  ……えっ?   ./ (●)  (●)\   何でそうなるんだお?
        〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉          / ∪  (__人__)  \  雁ヶ沢から生きて帰っきた猛者じゃねーかお
      ', i.  ',   ` ⌒´ /   /           |      ` ⌒´    |
       .i   l.      ,'  ./             .\ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
     .  ヽ、_.イ、.    人 ノ            ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
         ヽ     〈_ノ ノ           /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
          |     ./          |    l  |     ノ  /  )  /
          |    .   |           ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
                            ヽ __     /   /   /

257赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:39:28 ID:1MX1UN0c

              ,      ___ _
              /{     /  /
           /  、  /     {        ー―┐O
          ∧{   ∨      、        /
            i  ヽ           ‐-、     ̄  __ノ
            |                  \        |
            |                   ヽ ト、
          、                  ∨ }    そんなのたまたま助かっただけじゃねえか!
.         トー ┘                    ,
         \__   _ /  ∠/ ∧        /    こんな大事な時に命を粗末にするような奴は、
.              ̄ト∠ -</ / ¬ー―- 、/     俺の配下にゃいらねえよ!
.             /|、_〉 、_,.二‐  ̄`¬‐ァ-、-i
     _ -‐ ´ __K_   ー=     レ'う } /       顔も見たくねえ!とっとと消え失せやがれ!!
.      ヽ -― < /|r―‐ 、     ミ   ーン /  ノノ
       </ /\||` ̄`|       /T´ >    _ -ァ ┐
     _,// /    ヽ 、  |     _/  〉¬ ゝ-‐ ´  / /|
   ,/   | l       \二 ‐ ' ´  /  / l      / / ̄  、
_,.-┘     | |       | | \___,/  / /     / /     \
         | l       | |\ |___/ /      / /        `¬- 、
         | |       \`二二二 - '′      / /               \


       _,、--‐‐-、,,
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ  て
    l::::::::::::::::           ヽ  そ
    l:::::::::::::::         l
   ,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l
    l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l  そ、そんな……
   l (´      .U  ヽ ̄-l
   ゝ、,__      ,r'、  ゝ, .l
      ヽ    / `''ー' ヽ/
       l   /ゝェェェェェy /
       ヽ、  l ヽェェェェ/ /
.          \  `ー--´/
         `ヽ、  /


こうして昌幸の勘気を蒙り、真田家を退去した赤沢嘉兵衛であるが……

258赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:39:57 ID:1MX1UN0c
三年後、神川合戦

           _,、--‐‐-、,,
          /::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         /::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ
        l::::::::::::::::           ヽ  
        l:::::::::::::::         l
       ,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l
       l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l   クソテキトーなそういう徳川家にまでピースだこのやろう!
       l (´       ̄  ヽ ̄-l 
       ゝ、,__      ,r'、  ゝ, .l 
          ヽ    / `''ー' ヽ/  
           l   /ゝェェェェェy /
           ヽ、  l ヽェェェェ/ /  
            \  `ー--´/
             `ヽ、  /
           ,,/"/ ⌒ ヽ "\,,  パアアアアアァン!
          (=m/ \_/ヽ、 = \
            / ヽ、    ノ ヽ,(⌒)          
           ヽ、 \ 2 ○/ /  \\
―――=== (  ) i`――´i (' ) .=\\==――――
             ヽ,| | |γ⌒ヽ| | |/      \\    ,.+,.,
           (_| | | | | | | | |_)       \\  ,.,.,
             ヽ|_| | | | |_|ノ.          \\,.,+,.,
        /     `'ー | | | ー´     \     \l,., ギャギャギャ
     /        ヽ_i_ノ         \
 ̄ ̄ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \


この戦いで首二つをあげるという手柄を上げ、ようやく帰参が許された。

259赤沢嘉兵衛の憂鬱:2009/12/31(木) 14:41:07 ID:1MX1UN0c

その後は沈毅な武士として家中に知られ、生涯に25の首を獲ったという。


_ミ`ー‐、
  `⌒丶、'ー-、_       +             十
     ̄\―ヽ._ 二_‐-
       \   \   ̄ ‐-       ̄二二_ ―_,r'⌒ヽー、
        ̄\ ̄ \‐-     ╋__..ニ -―― ´ ̄ __... -―一┘
  +  ニニ ー--\   ⌒Y´ ̄ `丶     __,. -‐二´  ̄ ―     +
           ̄\    !   =,. -‐ 二_          /ヽヽ
          _   ヽ.._     ノ           /ヽヽ  \
           ̄   〉   ー- ノ三二   +    \    _
    十       ̄―/  ,'   /二  ̄ _      _     ∠、
        ニー/⌒∨  /  二/ /⌒'l    ̄    ∠、    oノ
      _   / l /二    /  ,イ  |二_      oノ    /
        / /| / .ノ 〈. ′ / | _|__     ╋   /     /^ヽノ
      ̄_/ _/_ヽ_,   .__,/  |  |_      /^ヽノ
     彡ニ ,ノ /::::::::::::::::::::::::::ヽ、〈__ 三ミ      +
   +  `⌒  /::::::::::::::::::"""""'':::::ヽ
         l::::::::::::::::           ヽ
         l:::::::::::::::         l
        ,-l::::::::::   ,,,w,,,,、 ,,mx,l
         l,` , :::::   _",kェェ、 (kェェ、l   ピースな愛のバイブスでポジティブな感じでお願いします
        l (´       ̄  ヽ ̄-l
        ゝ、,__      ,r'、  ゝ, .l
           ヽ    / `''ー' ヽ/
            l   /ゝェェェェェy /
            ヽ、  l ヽェェェェ/ /
      .          \  `ー--´/
               `ヽ、  /



                   /    /    ./      _|_  ─    / ̄ ̄/ヽヽ  _|_         / ̄\
                 _/|   _/|     /  \    |   ─  / ./  \/     |   ───     /
                   |      |   /    ヽ    丿   _/   ._ノ.     .丿            !

260名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 14:42:21 ID:1MX1UN0c
以上です。他の人の逸話ももっと読みたいでござる。

261名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 14:55:20 ID:veacewHc
>>245
群馬だか茨城だか埼玉だか栃木だかはっきりしろw

262名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 17:28:38 ID:Qk6/hBkE
爆笑した

263名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 18:46:39 ID:nHeLPFSQ
乙、やる夫スレでマァムとか初めて見たわ。

264名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 19:04:24 ID:pta/NLtQ
>>261
北関東連合ですw個は全にして、全は個なり
つまり群馬、茨城、埼玉、栃木は一つだったんだよ!

265名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 21:17:11 ID:82uTJcC.
とても乙。
年末にいいもの見せてもらった。

266名無しのやる夫だお:2009/12/31(木) 21:55:30 ID:asJBIplE
乙、面白かったよー

267名無しのやる夫だお:2010/01/01(金) 10:52:52 ID:/rvOECB6
皆様、開けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

初詣にも行ってきたので今から投下

268犬伏の別れ:2010/01/01(金) 10:53:25 ID:/rvOECB6

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                       露と落ち露と消えにし我が身かな



                         浪速のことは夢のまた夢




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

269犬伏の別れ:2010/01/01(金) 10:54:03 ID:/rvOECB6

                              ,.' ´         `ヽ、
                          ,r'´              \
                         ,/         ‐-、 、    ヾ.,
                    ,_..,,、-‐'´ _,,:ィ',レ'゙  ,:,ィ'    ヾ:i::...   ヽ、
                 _,.ィ'´' _..,、-‐''´  ,〃 ,r'´   ,r-‐-、,,;;::リ、    ヾ,
                '´,イ ,r'´       .;:;;; j 〃  l';';;:::,r'   ヾ;ヽ、  l
                 ,!,イ,r'´ 〃   '';';'_,:,ィ' ,.ィ:;イ ,i';';',;:;'         |
                 !.l i,l   ,;:´ ̄`¨_,:,ィ'ヾ;-‐'´,;イヾ,,!リ         l
                 `ヾ;ヾ、,;リ ,.,、r,r':ィ',レ'゙、'゙,.  _,.,.;イ 、 `ヽ, 、ヾ;ヽ、  .l
               ,、r,r;'゙  i|'`i ,/ ,!;::lテァ),r'´,、-=,;、、-一ト.,.レ,.;:;;ゞ‐、   l
               ノ``,!   .;l  '` ,!;;:::| `イ,:ノ´ 弋テ=-、  リ ) ゞ〈´iヾ、  ,!   明を手に入れたら……みんなで……
             _,,.、.-─'レ ,ソ  ,ノ;;;::::l ,)'`         ソ  ,イ';リ,! ,i カ
           ,r'´ ,r´ ゙̄` ̄ゞ _∠' ,:ィr'!/  ,       ,彳,‐'´ _,ソ ,リ ヾ、
           イ .r´  ,.r'´ ̄    ,、r,r'゙,ヾ,''`          ,イ´   ,i   |i
         /´l il  彳      ,r'´:    ハ`ー-、     _,,:ィ',レ'゙,|l ,! ,;:l .,r'´
       /  ,.j ,!  ,〉_,,,...--‐〈‐''"_,,.:ィ',レ',ヘ``     ,r,r'゙`ソイ ヾ、 ' ' ,!
    ._,ィ'´¨``ー''´ ノ,r'´,イ¨´  ,ィイ´_,,..-‐;:;:'';´i ,ヽ、 _,,  ィ '  ,r'´i   ,!;:``ー'- 、
  /,r-``ーrュr‐;''´-r:i-‐┬;ィ;:;:'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ、ヽルノ´ `iil´;r'´;l  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`''‐┬‐ュ..,,,_
 ,ゞ `ヽ-‐ゝ l-─‐┤l: : : i  i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ,j    ,li| ,l  'i/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i  i: : : `i'';iーrュr‐- 、
,〈;,==-‐ ''´ヾヽ.: : : :| l: : : |  l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ、 _,..liil,、!‐'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  |: : : :| l: : : ,ゞ"'''-
 ト、   _,.、-`i l: : : :| l: : : |  l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,.、-‐'",_`'' ‐- ...,,_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  l: : : | l: : : i‐- 、
 〉`ー''´  ,.ノl l: : : l ,!: : :|  |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__,,. .-‐;="-‐'フ,イi⌒ヽ,`''' ‐- 、`ー- 、__;:;:;:;:;:;:;:l  |: : : | |: : : | ` ,ゞ
丿 ``  ,ィイ´ l」.: : ,!,!.: : :|  |;:;:;:;:;:r''"¨´,r-‐ i l"´  l´ .il;..,ィイ ,;!   //`'''ー-'ー'゙=、;:;:;:l  |: : : l l: : .,」`゙''ー

                           【豊臣秀吉】


慶長三年八月十八日、一代にして天下人へと上り詰めた最高権力者、豊臣秀吉がこの世を去る。
その死は諸大名の均衡によって成り立っていた政権に致命的なヒビを入れた。

270犬伏の別れ:2010/01/01(金) 10:54:45 ID:/rvOECB6

                __
             /´   `ー―- 、
              , '            ヽ
           /                 `、
           /                  ',
            /           ヽ      !
            / / /, /,  |   | 、 ヽ   ト、
        / / /// ハ  | |  ト、ヽ  |   l|
         //〉///|/| ', ‖ | |||_」L⊥!  リ
       '´ /'レV'土辷V ', |ヽ_」=i方iラレ/^v
             rヘヽ└ヘ ソ ヽ|`ー'  ||ス |    ようやく我様が天下に号令をかける時が来たようだな。
           ヽヘ  ̄ j       '__ノ
              `\  ‘   _,   ,イ/
                 \  ̄    / '|'
             ___| 丶= イ / |
            /`ヽ、 | |    ' /_?-''ヽ、
 ,-┬一''"´ ̄ ̄ ̄/  8 / |    _「 8  _/ ``''ー- 、._  _
/  |      _/ `ヽ、_/7 ノ  「「└―''"ヽ       ,'´  `ヽ
|  |    /     //ー、 , -l |      ヽ       ,'     |

               【徳川家康】

特に五大老の一人であった徳川家康は、秀吉が生前に定めた掟を平然と破り始め、その野心を顕にする。
同じ大老で諸大名の信望の厚い前田利家が没すると、その動きはますます加速度を増していった。

271犬伏の別れ:2010/01/01(金) 10:57:46 ID:/rvOECB6

こうなると他の大老や奉行達も黙ってはいない。中でも上杉景勝は国許に戻ると兵馬を整え始めた。

             ,.::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶 、
           /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::::::、`丶、
            ,:':: .:::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :::..`ヽ、``
         /::: :: :::.:: ::::::::::: : . :: :::::::: ::: :: :::::::::.. :: :::.. . ::::;;:::::\
       /::::: .:: .:::::::::::::::::: .:::: ::::::::::: : : . :. ::::::::::. . ::::::::.:ヾ`丶、ヽ、
       ,':;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ` 丶
       l:l'l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       !' !:::::::::::::::::::;::::ト:;:::::::i:;::::|;::::::::::::::;::;イ:::::::::/::::::::::、:::::ヽ
         |:::;:::::::::::::::ヾ、|_ヽ;:::|ヽ:| ';:::::::::/|ノ,,!:;ィ:;/::::;:::::l:::iヽ::::l
          |::ハ::::::::::::::::ト、ニ'‐ヾl‐-! i:::::/''ソ;;;レ;:イ:::::;:::;:::|ヽi ヽ::l    内府(※)の好きなようには…させない!
        !' ヽ;:::::::::::;ヽ´"''''´   ∨   ´ /:;::::::::;::::| ' ヽ;|
           !|:;:::::::::ヾヽ     .::::: !    /ィ::::イ;ハ:::|     '
           !'|:ハ;::::ヾ'`     :::: ,'   /;::::!レ' ヽ!
              lハハ:lヽヽ、.  ─_-;‐ ,.イ::;イ' |!
             /`:::::::`:::`ー:.、__/:::;!/ ´
          _,..ィ  \::::::::::::::::::i|::::::::::|ヽ
     _,.. -‐'' ´  l|    \::::::::::::|l::::::::::l  ヾ`ヽ 、
 ' "  ̄   _,... -‐'l |   /ヽ \::::::l|:::::::/〈\ ヾ、  ` ' - 、 _
 _,..  -‐'' ´    ,.!l,、'´/   \.゙i|:::/  \ | li ` 丶 、   `丶 、

                 【上杉景勝】

※ 内府=内大臣、この場合は家康のこと
                                               _,,,,,,,,,,,,,__
                                             _,r'´: :     `ー‐‐‐.,_
.                                           ,/: : : :           .`、
.                                          ,/: : :              .`、
                                         ,/: : ,' ,  ヽ、 `.、  、 '.,     `、
                                        ∠,',': :,! .i、`、ヽ、ヾ,, `、 i .; : .    ヾ!
                                        /,' : ,!!:i : i.`、;!ヾ`ニ`.、,!ヽ!、!: : .  : . `!
.                                         レi : :iヽ:ト、 !,r'7i´,! ,ノ    .i; r'´`.i ト、,!
.    フン、我様に楯突くことがどういう結果を招くか……       `、:!__` .ヽ! i._'/     i,!f´ i ! .i
.    骨の髄まで叩き込んでやるとしよう。                 ``f、,!           ヽ -,ノ .,!
.                                            <_    __,      ./`´! ,!
                                             `、 r ニ-'     ,/!  .i .i
.                                              `、     .,/ .,'   i,!
                                                `、   ,/   ,'  _,,,,,,!-----┐
                                                  ̄ `、  r‐''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i__


家康は問罪使を派遣するも、これにたいする上杉側の返答……俗に言う「直江状」に激怒。上杉家討伐を決意する。

272犬伏の別れ:2010/01/01(金) 10:58:21 ID:/rvOECB6

真田昌幸も息子である信幸、信繁の二人と共にこれに従い、下野の国犬伏(栃木県佐野市)に陣を布いた。

                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y      太閤殿下が死んで2年も経ってないってのに、
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /       どっちもよくやるぜ、全く。
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |
                       | |\\ > | K_/ //// /   ‖   |
                      \\弋マ.( ○ )く ////|    ‖    |
                     | |l>,\ゝ//L!V/ // ム   `==1

                       【真田安房守昌幸】

273犬伏の別れ:2010/01/01(金) 10:58:49 ID:/rvOECB6

        / ̄ ̄\
      /   _ノ   \
      .|   ( ●)(●)  ぼやいても仕方ないだろ。常識的に考えて。
     |     (__人__)
      .|       ` ⌒´ノ
      |        }                     /  ̄ ̄ ̄\
      ヽ       }                      /   ⌒  ⌒ \
      ヽ       ノ                        /  (●)  (●)ヽ  全くだお。
      /⌒ヽー-ィ                        |  :::⌒(__人__)⌒|
      |  |.   |、_    ____              \     `ー'_ / ___
      |  |   |〆 ̄ ̄ ̄ヾィリ            /⌒  ー|i〆 ̄ ̄ ̄ヾィリ
     .( ` ̄ ̄リ⌒)   ⌒ ⌒              | 、 \ /       ⌒ ⌒
      | `二二二"   (● __(●            | _\二つ   (● __(●
     |___y  )    .::⌒('g g,)           |__ ⌒l       ::⌒('g g,)
   /´    |  |         ̄ノ          /´    |___|\        ̄ノ
`@/        |__|    ー‐ ィ´        `@/       `ー     ー‐ ィ ´
  |       (___゙)     |            |                    |
  |   ,ノ             |            |   ,ノ            |
  〉   ノ、___  、  r__ ,ノ            〉   ノ、___  、  r__ ,ノ
  (  (  ヾ__て ̄〉  ,〉 /             (  (  ヾ__て ̄〉  ,〉 /
   ̄``       ー‐" ̄               ̄``       ー‐" ̄

   【真田伊豆守信幸】               【真田左衛門左信繁】

274犬伏の別れ:2010/01/01(金) 10:59:24 ID:/rvOECB6

そんなある日……

                                           . -―┐
                                        /  /::::::|..-―…┐
                                       , '       ``ヽ:::::/    へ
                                       /    /     ∨  /  .\
                                      {  ''""   r:::....,  }r'⌒ヘ   /
      石田治部少輔殿からの書状でございます。      l、.        |:::::/   八   }/
                                      ^ゝ        ー'  イ    /
                                      /                /
                                    /     .         /
                               : .  /    /.:      /
                               .:. :.:/    /: .:       /
                               :. :.{    ノ.: .:       /


           /
           /:::i
        /:::::ハ、
         /:::::::::::::`ゝ、
        i:::::::::::::::::::::::::``‐-.,,,,、,  ヽ、
  ∧    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、/ヽ
  |::::\_ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.   i:::::::::::`'┘::::::::::::::,'、::::::::,‐-'、,::::::::::::::::::!ノl
   !::::::::::::::::::::::::::::::/_/::::::/__ ̄ヽ:::::::::::/
   \_::::::::::::::::,-" /:::/     `Y、\::/
  _,_/:::::::::r⌒ヽ ' ´ /⌒'ヾ  i;l⌒ヽ/
  \_::::::::::::::::〉 ,-‐、    (;9)   リく`', }    出陣中にわざわざ送ってくるとなると、よっぽどのことか?
      ̄ ̄フ 入 9 ;          、 ソ、
       / _/ ヽ '' _,         ィ<_::::ゝ
  __ / // /|          ./ ィ-‐´ ̄入_
  \_ ,/ / / .i  ─     //  - ",-<//
        /´ /  丶、 _  イ/ - ",-<//////
     <__,/      _/ ィ-<///////////
           , - "´   ∨/////////////
             /ヘ⌒` ‐ - ∨///////////


※ 石田三成のこと。昌幸と三成は相婿にして義兄弟であり、常日頃から親交があった。

275犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:01:55 ID:/rvOECB6

                                               ⌒ヽ、
                                            _ ,-─ 、,〉ゝ−-::... 、
                                           ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
                                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                                       , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                      /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   安房守殿、突然手紙を送る無礼は許してくれ。      ,/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
                                      l::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                      |/|::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
   上杉殿とその家老たる直江殿は…              |:::::::::::::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   太閤殿下の恩顧に報いんとする義に篤い人物だ。   .  |::::::::::::::::::::::ゝ/L  l:::::::::::::::::|   \斗‐:::::::::::::::::::::|
                                      |:::::::::::::::::::/l /  `メ::::::|\::::lィ´  \::::*?:::::::::::::|
                                      |::::::::/|::::/ リ  ,__、 ヽl  \l;,__   |l |人::::::::|∨
   それを討伐しようとする家康は           .     .|::::/ |:::fzll ^`=='´     ^===‐'´ljlノ::::::::/
   太閤殿下の遺言を度々反故にしてきた輩だ。        |/  ヽ.;;;|ヘ              /ィ<"l/
                                           ゝ;八      ;       /イ
                                             _> 、   ──    イゝ:::`>-、
   これを座視するってことは、秀頼様を見捨てるも同然だ!     〆y´ 'l‐<` 、   , <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
                                         /´ /   〈   lヽ、 `‘´.   /  /::::7::::::::::::::::::::ハヽ
                                        γ  ノ      { `xl    /  ,/::::/::::::::::::::::::::::/::::l
                                       八j      :;  ^  ノ   /∧ /::::/::::::::::::::::::::::/:::::: |

                                                 【石田三成】

276犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:02:35 ID:/rvOECB6
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |::::://IIj:|:::::::::::::::::ト::::/   !:!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/ ヽ |;ij |::::/レ:::::/ |/    リ    俺にはそいつがどうしても我慢がならねえ!
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/    ヽ7 |:∧ |:/ ′       だから先日七月十七日に兵を挙げた。
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ
:::::::::::::::::∧               \          アンタだって太閤殿下の御恩は忘れちゃいないだろ?
:::::::∧:::/ `ー             /          秀頼様に忠節を尽くしてくれ……頼む!
:::::/ ∨            (  ̄ 7 /
/ヘ                ̄ , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \

※ 書状の内容(三成のセリフ)は激しく適当です。正しい内容をお知りになりたい方はセルフ調査をお願いいたします。

277犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:03:01 ID:/rvOECB6

                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j  そんな謀があったってのに、何で俺に一言も相談が無ぇんだよ。
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'    俺、あいつのこと、義兄弟と思ってたのにな……
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_
          /⌒ヽ / ヘ ?三三三三三三三≧x、`i
          ,'    ∧   l ?三三三三三三三三l|! l7
            i    ,' ヽ  l i三三三三三三三三三i イ!
.           l   ノ;/ ヘ l 弌三三三三三三三三l/! !
          l /ヾ /  i |○ )三三三三三三三iji |∧
         / /}′  ij.ノヽ、.__ ̄ ̄¨¨"""''''''''(○/ヘ∧
        ヽ/ /     i!        ̄  ‐‐‐  --┬′イ l
           /   /     |            / /   |! |
.         /   /    |            /   ム\ |! l
        /   /       !        /  /  }  ヾ∧


これほどの大事である。昌幸にとって相談はおろか事前の連絡すら無いことは大いに不満があったのは間違いない。

278犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:03:36 ID:/rvOECB6

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   親父、気持ちはわかるが今後の去就を決めなきゃならないだろ。御家の行く末的に考えて。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ                                   / ̄ ̄ ̄\
.  |       nl^l^l                               γ⌒)      (⌒ヽ
.  ヽ      |   ノ        迂闊な行動は取れんお…        / _ノ ノ    \  \ `、
   ヽ    ヽ く          母ちゃんは間違いなく、         (  < (○)  (○)   |  )
   /     ヽ \        向こうに柄を押さえられてるお。    \ ヽ (__人__)   / /


              卜、
                }  ヽ
              ノ    i    ,ィ
     ,ィ   _,.-‐ '´      |  / |
.    / |  /            └ '´  /
   / レ'                  _,ノ
    |                 ト、  \
    |         i   ∧ { _>、_,>
    |         , へ /  `/  !       わかってるさ。兎に角方針を決めるぞ。
    、        | f リ   { ti {       人払いだ。誰も近づけさせないでくれ。
    i         l ぃ ``    7
      \      ヽ  }      ヽ
       ヽ       厂 、   ̄「
         レ 小∧厶 _`┬--'


     ∧
     ┃    ┌┐
     ┃     | │
     ┃     | │
     ┃     | │
     ┃/ \├┘
     ┃ノ(∵ヾヽ    ははっ!
     ⊂ (◎∪
     ┃ ∪∪

279犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:05:14 ID:/rvOECB6

昌幸は人払いをすると、息子達と三人だけで協議を重ねた。

                             ____
                       /:::/
                      /::::::::i
                       ,イ  /::::::::::::::i
                   /::! /:::::::::::::::::ヽ-:::¬::-..、,_      i、
             i、      {:::ヘ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    i:ヘ
              |::\ _     ヽ::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  /::::j
              ∨::::::::`:>ー-..ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::/
             ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:::ヽ、
             ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::/!::::::::/''"´ ̄   _jヽ::j
                 ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ     治部少輔は義を謳うけどよ、正直なところ、
                 /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´_,∠_ヽ::://こ }    どっちに義があるかは知ったこっちゃねえし、
            ___/::::::/ラ/ヘ`メ、  /:∠イにヾ j:/ }ソ /     俺に何も言わずに決めたことを許した訳でもねえ。
                 ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ      /
                /  .イ  ト ̄         /ヽイ;ゝ     それでも俺はアイツの力になってやりたい。
                 /  / /  / ヘ `_       ′ トゝ     何より家康には遺恨があるしな。
                く  /  /  /   ヽ   `   /     |
              ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
                  ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ


 確かに俺だって治部少輔殿とは親交があるし、尊敬もしてるだろ。
 でもあの人は敵を作りすぎだ……ここは徳川につくべきなんじゃないのか?

                   γ ⌒⌒ヽ
   / ̄ ̄\           ( ( ヽ ) ノ
 /_ノ     \     (⌒) 三  ノ 从 ゝ
 ( ●)( ●)  ヽ   三/ | ニ  ____     (⌒)
. | (__人__) u  }   |  |   /\   / ) し / |  ミ
  | ` ⌒´    ノ   !   、 /(○ )::(○ )⌒\/ | ミ 兄ちゃんは本田忠勝の婿だからそういう発想が出てくるんだお。
.  |         }    \./:::::::(_人_)::::::::  i'   |   大阪方は上杉殿に毛利殿がいるんだお。
.  ヽ        }      |     )ww)     |  |   いくら家康が戦上手つっても手も足も出ねーお!
   ヽ     ノ   ヘ   \    `ー"      ノ
   /    く 、_/っ/      \ .    .   \
   |     \--一''           \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

280犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:05:54 ID:/rvOECB6

議論は長引き、紛糾した。その為、家臣の一人が心配して様子を見に来た。

r'´       /       /  l  .l
        /       /  l  .l
       ./       /   .l  l
ヽ,、,    /       /l,   l  }
 ヽ`ヽ、/      ./:: : l   .l  l
  .\. ヽ、     .<::......, .l   l  .l
    .ト,, `ヽ,    '、:::::' l   l  .l
    .} .ヽ、  ヽ、  ヽ,_,、-   l  .l
    l`-、 `‐ 、, ヽ,  l     .l  .l,
   ,l、  `z,   ~'''=、l__    l   ',
   j .\ .l`r‐一 '''7:,ヽこ‐- 、l_  .',      流石に時間がたちすぎた。
   ,'   ヽl .l!   / ',  ヽ__、、 ニ=、 ヽ,     そろそろ様子を見に行った方が良いだろう。
  /\   l .''ー‐‐t、 /z-y'     ,、-‐'
  /  \ 't── tヽ// /    ,r'´
 /.\  \ `ヽ.,_,'、/ ./   ,/
,/   \  \ l     f   .f
へ、   \   l`'''''''''''''''''l    l
  \   \ l     .{    l

     【河原綱家】

真田家の重臣、綱家は昌幸の従兄弟であり、
兄たちが長篠の戦いで討ち死にしたために家督を継いだという、昌幸と同じ経歴を持つ。

281犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:06:24 ID:/rvOECB6

                        ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ
                        /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´_,∠_ヽ::://こ }
                   ___/::::::/ラ/ヘ`メ、  /:∠イにヾ j:/ }ソ /
  だいたいテメーは…         ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ      /
                      /  .イ  ト ̄         /ヽイ;ゝ
  ムッ!                 /  / /  / ヘ `_       ′ トゝ
                      く  /  /  /   ヽ `ー`   /     |
                    ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
                        ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ
                                    /  /   _ ,.、<::::::::::::::::::::7//`ヽ    \



 ..;:│    /       /  l  .l
 ..;:│    /       /  l  .l
 ..;:│   ./       /   .l  l
 ..;:│  /       /l,   l  }
 ..;:│、/      ./:: : l   .l  l
 ..;:│. ヽ、     .<::......, .l   l  .l
 ..;:│ト,, `ヽ,    '、:::::' l   l  .l
 ..;:│} .ヽ、  ヽ、  ヽ,_,、-   l  .l
 ..;:│`-、 `‐ 、, ヽ,  l     .l  .l,
 ..;:│l、  `z,   ~'''=、l__    l   ',
 ..;:│j .\ .l`r‐一 '''7:,ヽこ‐- 、l_  .',   (チラッ
 ..;:│'   ヽl .l!   / ',  ヽ__、、 ニ=、 ヽ,
 ..;:│\   l .''ー‐‐t、 /z-y'     ,、-‐'
 ..;:│  \ 't── tヽ// /    ,r'´
 ..;:│\  \ `ヽ.,_,'、/ ./   ,/
 ..;:│  \  \ l     f   .f
 ..;:│、   \   l`'''''''''''''''''l    l
 ..;:│ \   \ l     .{    l


綱家が物陰から様子を伺っていると、それを目ざとく昌幸が見つけ…

282犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:07:09 ID:/rvOECB6

             ___    /
   |   l l``    '  ,'   /
   |  / ヽ、 '__, //レ'/   |  言   誰
   |   、、   ,. -,、     /、 ト、_j.  っ.   も
   |    __ノ l / )    /\\|     た   来
   |   __l___ ー' -'   /|:::::: \    だ   ん
   |    ノ  |       、 !:::::::::::::}   ろ   な
      '´  ┘      >::::/     ッ    っ
  ` ` / -┼‐ァ      \∠__  ///   て
   ー‐'   | '´     \ ̄:::::::::::/ ’’’
  //// 「 ̄ |     | ̄::::::::::::::::: ̄7     __「\|
  ’’’’ L_」     |::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄|/
7  __/\  |\  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー‐- .._
.__/ //、_ \!:::::\|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐< ̄´
.   //ト、___/^7‐ヽ::::::::、 :::::::::::\ー- 、_::::::::\ヽー- _
  /´ / ,ノト-ト、_\:ヽ`丶、_::: \ ∧/ ̄ ̄ :;; u
.     l/ / / |ーァ-、_ヽ、\ ,.ィ行ン !_/ ij   ;,,
    / / /|ハ| ヘ弋rダミ一 、`¬ハ|    .. ''
. / ,ィ' / /^| ,ヾ.;:` ゙゙̄,. -一'¬ u      '''''''
 ヽ// / /` ̄:.,ヘ`゙'   / ̄ ̄丁| /   /  u
    / / /  ミ、`  \u {ヽ___」ノ .'  。∨`ー┬―- '´
. u  |   |   ヽo ゚ `ヽ、 ー=='/    /     |    //
    |__|  u  `ー- .. _  ̄,  u  /    j/⌒レ'
   j    ,.-―/`ヽ_  `     /
       /   /   |`ヽ j___,.イ            ,.
.      /   ′  /   「ヽ   /ーァ       /
     |   /       /  | /  ´ ̄>  /
     |                '∨-、/⌒_ -‐/


r'´       /       /  l  .l
        /       /  l  .l
       ./       /   .l  l
ヽ,、,    /       /l,   l  }
 ヽ`ヽ、/      ./:: : l   .l  l
  .X ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    .ト ,\          下駄
    .} .ヽ、\
    l`-、 `‐ 、, ───────────────
   ,l、  `z,   ~'''=
   j .\ .l`r‐一 '''7:,______________
   ,'   ヽl .l!   / ',  ヽ__、、 ニ=、 ヽ,
  /\   l .''ー‐‐t、 /z-y'     ,、-‐'
  /  \ 't── tヽ// /    ,r'´    ━╋┓┃┃
 /.\  \ `ヽ.,_,'、/ ./   ,/.        ┃┃
,/   \  \ l     f   .f        ┃┃  ┃┃┃
へ、   \   l`'''''''''''''''''l    l                     ┛

激怒した昌幸はが投げつけた下駄は、ものの見事に彼の前歯に命中した。
主君を案じたにも綱家は、主君の八つ当たりにより歯抜けのまま残りの生涯を送ることになる。

283犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:09:38 ID:/rvOECB6

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;|\;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,     <ウギャー! ハガー! ハガー!
;;;|__\;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶- ‐--一´
;;;;|─‐\;;;l= ̄ゝ,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
\|::ι::l,ヘi ,-‐、, .‖ヾゝ;;;;;;、‐-、_`>     チッ!このまま話していても埒があかねえ。
:::::::::::::::::_  (゚c) ' ,/ソ / \;;;;ヽ         
::::::::::::::;;;;;;;;: ̄  /'ソ /―-、 \|ヘ       こうなったら、お前ら兄弟で両方の陣営にわかれちまえ!
:::::::::::::ゝ:::ι:. / /       .Y´  \      御家のことを考えりゃ、ソレが一番無難な選択肢だぜ。
::::::_`_´、:::::::: /ノ       iヽ     \
::::'.-‐´:::::::: /         l |ヘ,    ト
::::::¨::::::::::'/ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  l.|  \ l


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|   ちょっと待て…親子兄弟が相争うのか!?
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ    テカ、ツナイエホットイテイイノカ?
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |

                                                   ____
                                                 ./      \ ( ;;;;(
                                                /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
      古今例が無かった訳じゃねーお                     /    (─)  (─ /;;/
                                              |       (__人__) l;;,´|
      このままgdgdやってるうちに機を逸するよりはマシだお       ./      ∩ ノ)━・'/  キニシタラマケダオ
                                             (  \ / _ノ´.|  |
                                             .\  "  /__|  |
                                               \ /___ /

284犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:10:17 ID:/rvOECB6

                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'    伊豆守(信幸のこと)、お前は徳川に合力しろ。
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/    俺と左衛門左(信繁のこと)は三成に味方する。
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ     今度戦場で合間見えたら…そんときゃ敵同士だ。
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_


               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |    親父……
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /::::/::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,

                                                        _-─―─- 、._
                                                     ,-"´          \
        兄ちゃん、別にこれが根性の別れってこともねーお。            /              ヽ
                                                   ./       _/::::::\_ヽ
        東西わかれての戦ってのはgdgdになるだろうし、              |         ::::::::::::::  ヽ
        そのうち風向きだっていくらでも変わるお?                  l  u    ( ●)::::::::::( ●)
                                                    ` 、        (__人_)  /
        だから……また家族一緒に過ごせる日が来る筈だお。             `ー,、_         /
                                                     /  `''ー─‐─''"´\

こうして、信幸は小山へと合流し、昌幸と信繁は上田に向かうことになった。
後世「犬伏の別れ」と呼ばれる出来事の顛末である。

285犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:11:02 ID:/rvOECB6

三成方への加担を決めた昌幸、信繁親子は犬伏の陣を引き払って上田を目指した。
途中で信幸の居城である沼田に差し掛かった時──

                     ト、
                 ∧    ,ノ::::ヽ、
              ,ノ:::ハ   /::::::::::'ハ
            /::::::::::l、_/::::::::::::::::::}
          ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     /l
         ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  _/:::::|
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー"::::::::::::i
      ト、_ ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ、::::::::::<__
        [二二二二二二-"Yハ::::|二\::::::/
       l'::::::::::::::::::::::::::::," ,_.|.l | l/ r' .i . ̄
        ヾ:::::::::::::::::::::::::i' i' l l.| 'i _f;|        なぁやる夫、折角だから沼田城によってかねえか?
        丶:::::::::::::::::::::l、 'yl |i     〉
        \::::::::::::::::::::>、| l.l、  __}
         );nr'Y´`Y'  | .|ハ  ,ノ
.          , -───-- 、 |  | ヘ´l i         _, -── --,
      ___/______ニ、_|__ゝl_!_  ,r' ̄   ,r - ‐' "´
≦者圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? y´  ̄^、   i!る }
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? ∨       ヽ ヾ-′
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? ∨   ,ヘ    丶-′

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /    賛成だおー
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /     やる夫も久しぶりに甥っ子の顔が見たいし。
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

286犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:13:08 ID:/rvOECB6

ところが、一行は信幸の正室である小松姫によって門前払いを食らってしまう。

                     ノ::::::::::::::弋_,ノ:::::::::::::丶
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    ,/
                     ./:::::::::::::::::::::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,/i
             lヽ /::::::::爪─ヘ:::::i─ヽ::::::::iヘ:::::::::::::::::::::::::/
             l:::::`'::::::/l i レ─\!─‐\:::i'-ゝ::::::::::::::::::/
               \::::,-‐、N;ソ   ,ィ一''  ヽ!  ヾ::::::::::/
              Y,へ/,/ i.     、_,,,   ゝ_ \:::::\
                { l( // !  ""  ` ̄´ , ヾ、、/ ` ̄ ̄
                ヽノ/ /      _  -ゝ  /ソ   孫の顔が見てえだけなんだけど、城に入れちゃくれねえかな?
                _/ /  /ト    い  ̄丶_ /´
.          、-‐ "´  ,イ  ./:::!.丶  丶.  ‐-ヲ/
         \    ,ク   ./ `.l  丶、 `‐‐ '"ノ
             ゝ/   /.  l   '';;丶_,/l
        _ -─、─ ` 、 / . r‐┴'‐─一Y'‐‐一ヘ  _ ,, -─"`τ´ヘ

                                            .、.-:.:ー─:.:-. .、 _
                                          ,.ィ:.`ヽ:´:.:./:.:.:.:.:.:`:.:.ー:..、:.:.`ヽ、
                                   /:.:.:.:.:.:.:.\//:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:`::ー.、:ヽ、
                                   /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:/ヽi:∧:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.;.:∨iヘ
                                     /:.:.:.:.:!:.:.:.l:.:. !ヾVノヘ:.:.:.:.:.l:.l :.:.:|:.:.:.:.|:.:.V:.:ハ
                                 /:i:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.|    }:.:!:.:.:l l:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:ハ
                                  |:.:!:.:|:.:.|__:,|;.V:!    i:.:l:.:.::l斗:十:.:.:.|:.:.l|:.:.:.:.:}
                                  |:.:!:.:|:.:.ト:.:`!>!、    ム匕千ミxノイ:.:.:!:.:.リ:.:.:.:/!
  いくら義父上の仰せでも                ヾト;:∨∨Vjィ云      イに心ヾゝ:ノー:.':ト;/:.:|
  夫の許しもなく開門することは出来ないわ。         ∨Vヘ イに::ハ      弋::;;ソ  |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.|
                                       \!:.ヘ 弋::ソ ,          |:.:.:.:.:.j:.l :.:.:.:ト、
  どうしても通りたいのなら…                        |:.:..ヘ    ` ___      ハ:.:.:./:.!.:.:.:.:|:ヘ
                                          |:.:|:ハ    ∨ ヽ    イ:./:.:./:./:.:.:.:.:i:.:∧
                                          |!:.!:.:.:.:.:..、  ー ′ /ノイ :./:./.:.:.:.:.: ト;.:.∧
                                          |リ!、:.:.:.:.i!:.:.>.. _ .イ   !:/:./:.:.:.:.:.:.:.i: ヾ:.∧
                                          |:.:.ハ:.:.:ハ/:/:.: j     /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l::7ー-:.:\
                                          |:/:.:.:.∨:.//>..-..、 ___ ./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.i./: : :./ `ヽ、
                                    ┌‐┤:.:.:.:.:.:.:.i/ - ― - 、 ,//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : /    ヽ
                                    ∧::: |:.:.:.:.:.:.:.:.l/:´: :`:\//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/: : :./        i、

                                             【小松姫】

287犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:14:14 ID:/rvOECB6

              ラ   ,'                      ,'  ゾー
                 (:'                     (:'
               ',  ))  / , - ' ¨  \ ` >-、     ',  ))
               }  /( ./ / , ' , '   |‐'´  ヽ    }  /(
      メ        ,' ノし': :ヽヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \ .ノし': :ヽ
            ((,イ: :  :: :V). ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉((,イ: :  :: :V)
        }  /(  、ゝ: :   : :(ノ}i ヽ_lyz七リ>   | | / 、ゝ: :   : :(ノ} }  /(   マ
      ,' ノし': :ヽ  ヽ: :: :  : :: :/ レ|,,r==ミ :;:;:;::;:;:;:ム,Lハ / ヽ: :: :  : :: :/ ノし': :ヽ
     ((,イ: :  :: :V) ゝ;:; :;从ノr | l |( (::) :;:;:;::;:;:;::;:;::~∨ / ゝ;r'´¨i:;:ノ.(,イ: :  :: :V)
     、ゝ: :   : :(ノ}   `、 ヽヽ |│! ` "::;:;:;::;:; , ::;:;:;::;/∨l/ /   /  、ゝ: :   : :(ノ}
     ヽ: :: : ,,,_:: :/    /ヽ ヽヽ ! |.         / 〃 | /   /   ヽ: ::_,,,  :: :/
      ゝ;:; :;ヽ `ヽ、 /   ト、 ヽ!>\  ヽ三.ヲ .ィ /  ./  /     _,,-" /从ノ
          `ヽ、 `ヽ、_,,,lヽ ヾ ヽ!f¨'''''` ー <'''''''''i' /  イ,,..-、,,-"  ,,-'′
            `ヽ、  `ヽ' `  `、ーi,,,_   .............:::レ  'ヽ,,-''" ,,.-'"
     ,. ' ´ ̄`ヽ /  `7、      ヽ:.....¨'''''‐-¨ ̄/      , イ´ ::`、
    /      ノ   / 、i   i   ,,..ゝ;;!::::... ._;;/-'、  i  ,_,, ! :i::::!
     { ,. -‐   ,.. '    l、  `'¨l      ` 、:;r"      !`,'′ ,l :!:/
    l,'  ,..`'´      .!ヽ、`ー-i''`  `''7、___,i__,,.-<   ''`i_,,-''´/ !′
     >'´        `ヽ、`<_ヾ'''''''フ´/::l   i   `、`ヾニニ=`-i''´ /
   /            ` 、` ¨_,,-'_¨-''′  .l   `ヾ、''_''_¨_,,-''i´
   ',.! l           / ! `ー-.."..........  .::l.   ...::::::::::..    l

   弓  矢  を  も  っ  て  御  応  酬  つ  か  ま  つ  る


                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /       ゴメンナサイ……
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |

流石の昌幸も、ホンダムの娘…もとい息子の嫁には手も足もでず、沼田城に入ることは適わなかったとさ。

                                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ

288犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:15:12 ID:/rvOECB6

おまけ

この後の顛末は家康スレでも扱われているが、ここではもう一つの顛末について触れようと思う。
一行が沼田入城を拒否された後、御用医師の坂巻夕庵が小松姫からの使者として現れた。

          ヽ ー―-
             、       、
                     \     卜、
   卜―-  、   l         \    l  \
     、     \   |           \  |
     \     \ |            \ |   |    ,ィ
   、_       ヽ             ヽ     |   /|
    \  \                     | /  /
.      \             -―- 、         レ'   /
         \      /  , --、  \_            /
          >  _/ _トリ{ c  j トリv、 ̄ ‐- 、_ /
        /  ヘ  ‐=-z`ー ' レ'⌒          l
.       / /  」v-‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ =ァ⌒∨
            { rハニ≧=ミ、 、x=≠≦ミ l j rくj }
            ぃ{ヘ〈 _frクj     _frクi〉  レ ( マ /    伊豆守様は何処におられます?
             ヽ 、j   ̄ j      ̄     し /
              \1    ヽ-       小- ヘ
               、  ー―一'   / |    、
                  /\  ` ̄   /  ! i |\〉
               / イ l\ __/   | ∧ゝ

                 【坂巻夕庵】

289犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:15:48 ID:/rvOECB6

                                                  ____
                                                /   ノ( \
                                               /  _ノ  ヽ、_ \
    ハァ!?知るかお!                             / ノ( ●━━●   \
    兄ちゃんはどうせ浮木に乗って風を待ってるような奴だお!    .|  ⌒ (__人__) ノ(  |
                                            \     ` ⌒´   ⌒/


                卜、
                  |  \
       ト、 ヽー-      |            ト 、
       | \  、  \ |     \     |  \
      卜、  \ ヽ    ヽ       \  ,
.     |  \                  ∨       |
       |                          |
      |                            | ∧
                               l/ |
       ヽ                        /   |
         >‐                          r ⌒ヽ
   ト、  /               ∧           /   (     )
   ヽ  ̄    /     // /  \ ヽ       /    ノー '
.      ̄ ̄ ̄/     _/ //   _ N、 , ‐ 、∠-    ´
        ∠  ィヘ`ミ≧、、 r≦三=‐'   | /rこ l√
            ぃV==   ヾ=='     l/ ゝケ/    なんて言い草だ!
               〉l  ノ       ミ   / ニ /
            レ1 ヽ‐       小ー' i、
    ̄>、__    、 ´ ̄ ヽ     // !  ハ ゝ
   /       ̄ \ )、      / / | ノ     ____
  / ,- 、       /二Y  `ー‐ '´ /   ∨ ´ ̄ ̄    / >


城に入れず門前払いされたのが余程癪に障ったのか、温厚とされる信繁も悪態をついた。
その態度にカチンと来てしまった夕庵も帰ってしまい、信幸が戻ってこないことで沼田では混乱が生じた。

290犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:16:29 ID:/rvOECB6

                                                / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
                                              /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
                                             / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
   完ッ全にアッタマ来たお!こうなったらいっそ焼討してやるお!   |      (__人__) 〃/ ノ
                                            |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
                                            \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
                                             / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
                                            (___)    ./      ))

              ,      ___ _
              /{     /  /
           /  、  /     {        ー―┐O
          ∧{   ∨      、        /
            i  ヽ           ‐-、     ̄  __ノ
            |                  \        |
            |                   ヽ ト、
          、                  ∨ }
.         トー ┘                    ,
         \__   _ /  ∠/ ∧        /
.              ̄ト∠ -</ / ¬ー―- 、/
.             /|、_〉 、_,.二‐  ̄`¬‐ァ-、-i        馬鹿なことすんじゃねえ!放火も時によりけりだ!
     _ -‐ ´ __K_   ー=     レ'う } /
.      ヽ -― < /|r―‐ 、     ミ   ーン /  ノノ
       </ /\||` ̄`|       /T´ >    _ -ァ ┐
     _,// /    ヽ 、  |     _/  〉¬ ゝ-‐ ´  / /|
   ,/   | l       \二 ‐ ' ´  /  / l      / / ̄  、
_,.-┘     | |       | | \___,/  / /     / /     \
         | l       | |\ |___/ /      / /        `¬- 、
         | |       \`二二二 - '′      / /               \


温厚誠実な義の人として扱われる武将も、内面は意外と癇癪もちだったのかもしれない。

                                                  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                          今度こそ   d⌒) ./| _ノ  __ノ

291犬伏の別れ:2010/01/01(金) 11:17:45 ID:/rvOECB6

補足

義兄弟といってもいい程親交のあった昌幸に、事後報告で賛同を求めた。
とだけ書くといかにも三成がズサンな人に見えてしまうが、後でちゃーんとフォローはしているのである。

.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : :!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: :|.: : : | V
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |./ヽ: : |    挙兵について相談も予告もしなかったのはスマンカッタ!
  <:: |. 小{              レ{:.| ヽ:|
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ .V     その代わりといっちゃなんだが、
      \_!   ☆          !        大阪にいるお前のカミさんは大刑少(※)が面倒みてっから安心してくれ。
        ヽ     !ー―‐r   /
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |

※ 大谷吉継のこと

                                                  ヘ
                                                 ⌒ヽ)
                                               . ――-''" ̄`゙''ー-、
                                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                              /ノノ//|::::::::.ト、::::::::、::::::::l
                                            /i/::::::!|::.|::|:/:::ヽ、::::ヽ:::::l::::::l
    伏見城は既に陥落したし、丹後田辺城もそのうち落ちる。     |/〃;;{_{ノ v ` `ヽ: 、 ト、 :|::>
    主力は既に近江に集結したし、美濃尾張に検問も設けた。     |レ!小l ●    ●ヽ:;;j|Y ::::ア
                                       .         |⊃ 、_,、_, ⊂⊃j:::}:}/リヽ
    羽肥前儀(※)殿も賛同してくれたんだぜ!これなら勝てるって!      ヘ  ゝ._)   /::レ':/レ
                                                _ ., >,、 __, イァ イ/
                                                ヽ._,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
                                                 /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ

※ 前田利長のこと

※ 書状の内容(三成のセリフ)は激しく適当です。正しい内容をお知りになりたい方は(ry

慶長五年七月に三成から昌幸に届けられたこの書状には、西軍の戦略や布陣が事細かに記されている。
天下の奉行とも言うべき男が、表裏比興と評された男にここまで打ち明けているのである。
これこそ、三成の昌幸に対する友誼と信頼の厚さを示すものではないだろうか?

                                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                           今度こそ本当に   d⌒) ./| _ノ  __ノ

292名無しのやる夫だお:2010/01/01(金) 11:20:24 ID:/rvOECB6
以上です。

4キロバイト制限にひっかかるとか全然意識してなかったorz

293名無しのやる夫だお:2010/01/01(金) 11:22:02 ID:OV227/QU
乙でした。
三成が信用するのはよくも悪くも自分と同程度の規模の大名だなあ、とかも思った。

294名無しのやる夫だお:2010/01/01(金) 11:28:23 ID:H.1j4V4k

三成って相性のいいやつとは本当に仲いいけど、
そりが合わないやつには徹底的に嫌われるってイメージだな

295名無しのやる夫だお:2010/01/01(金) 12:41:06 ID:XlSFnUDM


>>287
弓矢じゃねえwww

296名無しのやる夫だお:2010/01/01(金) 12:55:16 ID:GPQloJZM
おつです
秀家が先に動いてしまったものだから
三成は行動起こす前に昌幸に相談する間がなかったっていう説もありますよね
まあ、なんにせよ西軍は最初からgdgdだったのだなあ

297名無しのやる夫だお:2010/01/01(金) 23:23:06 ID:hJz8ncdc
乙。

>>294
実際どうだったかはしらないが、堅物ってイメージが強いな。

298名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 10:36:56 ID:oqcTIaqU
三成は上司にしたいけど同僚にはしたくないですね。

というわけで投下

299第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:37:08 ID:oqcTIaqU

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                     上田城 またの名を尼ヶ淵城とも言う。

                 信州小県郡上田に築かれた梯郭式の平城である。

           この城で二度にわたり ある一族の命運をかけた戦いが繰り広げられた。

                上田城を築き、戦いの発火点となった男の名を───

                           真田昌幸と言った。




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

300第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:37:31 ID:oqcTIaqU

犬伏で父や弟と別れた真田信幸は小山に駆けつけ、舅である本多忠勝と同宿することになった。

                                  ノ    __ ,
                               /::/,、ー'´/ー--ー/ __,,、
                            /i/:::::::::::::::::::://:::::::::::: ̄//_,
                           /i !i:::::::∧,_/´/:/::/ニニソ:::ノ
                          ヽ、i::::::::/∨::/i::::/:::///:::::::::::二ニ彡
                          ヾ:ヾ∨/:::/彡ミヘ"彡::::::二二ニ彡
                           ∨ヾソ〃\:\  }:}"`ー-、彡彡彡
                            /:/i!    ヾ:i  」i,,、-  彡/ヘ
                            |/ !     斤7"リ      ソ )
   親父や弟さんのことは聞いてる。     .リ  ヽ   フ 、、,,,、-′   つ/
   良く来てくれた。                   }           ゝ〈ヘ
                              .  .i           / i :iヘヘ
   心中、察するぜ。                   ' ー 、. ー - " ´      ! j ヾ;ヽ.
                                   \    /    _,ァ:::'.,
                                     ヽ-、-     _,、ー′: :∨ヘ

                                 【本多平八郎忠勝】


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ー)(ー)      ご配慮、痛み入ります。
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

 【真田伊豆守信幸】

301第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:38:00 ID:oqcTIaqU

その夜、同じ信州出身者の保科正光が密かに訪ねてきた。

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫  このような夜更けに、一体何用ですか?
    |     `⌒´ノ ∬
.   ヽ         } | ̄|
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                            _r、,,.............,,_
                                          ヽ "´         ´‐z_
                                         <              \
                                        ∠  /'v∨|ノ\ヽ``\    ヽ.
                                         |ノレ      _,,...  \   |
    言いにくいんだけどさ、退転を進めに来たんだ。         ト=、    ,. ',..-‐‐`   | r-、|
    お前の返事次第じゃ俺も同心する腹積もりなんだ。        | rヽ ソイトj `ヽ    |/<`||
                                           |  .ヘ  `─‐' ==  _イ/
    なんでかわかるか?                            、 〈>′       .   |/
                                            ヽ. F-‐ヲ     /
                                               \`ー´    /
                                                 ̄ ̄
                                              【保科正光】

302第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:38:27 ID:oqcTIaqU

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  ……徳川には譜代が多いから、外様はそれだけで冷遇されるとでも?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::
:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::γ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::l';;/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::
:::::::::::::::.i´;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,.-‐―――‐- 、
::::::::::::::/'!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; . ;;; . ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
:::::::::::::| 1;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  話 .わ そ
:::::::::::,.Xl;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;シ;;;ツ ヾ'l;;;;;;;;;;;;;;;ilヾ;;;;;;;;;;;;;`、;;;;; . ;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;:::::l'   は  か こ
::::::::::l '!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;ノ-―ゞ;ヽ;;;;;;;;;;;`l ヽ\;;;;;;;ヽ;;;;;;;;丶、;;;;;;;;ゞ;;;:|   .早  っ ま
::::::::::i' l |;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;ノ    ヾヽ;;;;;;;;;;;;'`、 ` `ー- .;;ヾ;;;;;;\;;;;;;` ;く;|    ぇ  て で
:::::::::::!i'l l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;/ .-‐-、 \ヽ;;;;;;;;;;;;;`l,   >;;;丶;;;;;;ヽ;;;;;;;;`|   !  ん
:::::::::::'|l I;;;;;; ,、;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;〈  l:::::I0!   ヽト、;;;;;;;;;;;;'I、、γ  `ー-、;;;;;、、;;;;;;;l     .な
::::::::::::::X〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;I;;i;;;'!、丶::l::ノ   ,l丶、;;;;;;;;;;L\ .-‐、  `、;;;ヽ;;;;;l;`、    ら
::::::::::::/l |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;シ;;ノ;;〉 ̄ ̄ ̄ ̄  γ ヽ;;;;;;;;;;ヾ `、;;I0'l   l丶;;;|;;;;;ヽ
:::::::::::l | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、ツ ;;;l        /   `.ヾ;;;;;;;ヽ`、‐┴―‐' l'ヽ;;;;;;;;;;`―‐-, ,-――‐'
::::::::::| :i !!;;;/ゞ;;;;;;;;;;;;;;;ノヾ;;ノ、       ` ‐- ._/` - ,;;;;;ゞ\    i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノノ;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::I Xl;;l i |!1;;;;;ヽノ ノ丿            ー-'`ヽ;;;;;;;、`ヽ   l;;―- ._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::`!/ 'l,;| i lll;;;;;;ノ シ/'l                ` -、;;`、丶、,!=≡-=ニ-.、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::'X | i.;ヾシ;;;ゝ ノノ´l    ,.--‐――‐――‐‐-、  ` ー .;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::'i '1|;|ヅ;;;;ヽノシ ノ    1-‐――‐-‐―――-I     /`ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二-=ニ-、;;;;;
::::::::::::::::::::ヽ`;;;;;;;;;ゞ;;ノ 丿ヽ     ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     /;;;;;;;;;`、ヽ;;;;;;;;ヾl;;;;ヽ;;;;;;;;;;;丶;;
:::::::::::::::::::::::::`-,;;;ノl;;ゝ;く;;;;;;、\                  /';;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、;;;;;;;;;;;;ニ三-ニ;;;;;;

303第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:38:53 ID:oqcTIaqU

                                             _,....i、_i、_.--z._
                                          ,.-‐'´::::::::::::::::::::::::::::ヽ._
                                         ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ`
  俺ん家だって、真田よりも先に徳川についたけどよ。       _フ:::::::::::;::-jルiハi`jノ`'').-、:::}
  この戦が終わったら遠く磐城に移封されちまうらしい。      フ::::::ハj´....____   _,.-彡 |リ‐-、_
  真田だって例外じゃない。                     /',:∧| ..>r。r-、`y レi'j´`i|,j_,,.  ヽ
                                      /"" ゝ、| '、`'´ _,i`′´i,___.ノ|∠-‐ .{
  考え直すなら今しかないぜ?                   |y''" `'ヽ.i.  ̄   彡、_  /_,..-  ノ
                                       |y'' ,...=- `=、   ー--´‐/_,..=' . イ
                                       ゝ, _,...-_ー-`'ーy、___∠.. -- /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)   私は徳川に従うと決めたのです。もう言わないで下さい。
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

304第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:39:16 ID:oqcTIaqU

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::
:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::γ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::l';;/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::
:::::::::::::::.i´;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,.-‐―――‐- 、
::::::::::::::/'!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; . ;;; . ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
:::::::::::::| 1;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  残 .そ そ
:::::::::::,.Xl;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;シ;;;ツ ヾ'l;;;;;;;;;;;;;;;ilヾ;;;;;;;;;;;;;`、;;;;; . ;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;:::::l'   念  い う
::::::::::l '!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;ノ-―ゞ;ヽ;;;;;;;;;;;`l ヽ\;;;;;;;ヽ;;;;;;;;丶、;;;;;;;;ゞ;;;:|   .だ .つ か
::::::::::i' l |;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;ノ    ヾヽ;;;;;;;;;;;;'`、 ` `ー- .;;ヾ;;;;;;\;;;;;;` ;く;|    ・.  は  ・
:::::::::::!i'l l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;/ .-‐-、 \ヽ;;;;;;;;;;;;;`l,   >;;;丶;;;;;;ヽ;;;;;;;;`|   .・      .・
:::::::::::'|l I;;;;;; ,、;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;〈  l:::::I0!   ヽト、;;;;;;;;;;;;'I、、γ  `ー-、;;;;;、、;;;;;;;l   .・   . .・
::::::::::::::X〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;I;;i;;;'!、丶::l::ノ   ,l丶、;;;;;;;;;;L\ .-‐、  `、;;;ヽ;;;;;l;`、    
::::::::::::/l |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;シ;;ノ;;〉 ̄ ̄ ̄ ̄  γ ヽ;;;;;;;;;;ヾ `、;;I0'l   l丶;;;|;;;;;ヽ
:::::::::::l | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、ツ ;;;l        /   `.ヾ;;;;;;;ヽ`、‐┴―‐' l'ヽ;;;;;;;;;;`―‐-, ,-――‐'
::::::::::| :i !!;;;/ゞ;;;;;;;;;;;;;;;ノヾ;;ノ、       ` ‐- ._/` - ,;;;;;ゞ\    i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノノ;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::I Xl;;l i |!1;;;;;ヽノ ノ丿            ー-'`ヽ;;;;;;;、`ヽ   l;;―- ._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::`!/ 'l,;| i lll;;;;;;ノ シ/'l                ` -、;;`、丶、,!=≡-=ニ-.、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::'X | i.;ヾシ;;;ゝ ノノ´l    ,.--‐――‐――‐‐-、  ` ー .;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::'i '1|;|ヅ;;;;ヽノシ ノ    1-‐――‐-‐―――-I     /`ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二-=ニ-、;;;;;
::::::::::::::::::::ヽ`;;;;;;;;;ゞ;;ノ 丿ヽ     ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     /;;;;;;;;;`、ヽ;;;;;;;;ヾl;;;;ヽ;;;;;;;;;;;丶;;
:::::::::::::::::::::::::`-,;;;ノl;;ゝ;く;;;;;;、\                  /';;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、;;;;;;;;;;;;ニ三-ニ;;;;;;

説得に断念した保科は去っていった。

305第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:39:50 ID:oqcTIaqU

それから数分もしないうちに、入れ違うようにして今度は忠勝が入ってきた。

                      、
      __ー-===‐ーー''""`ヽ、___ iヽ、 、
      \;;;`ー-->;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;i;;;;;ヽ ;}
   <二ニゝ;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;∨i ,
     \ヾ==< ̄`;;` ̄>、;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;i/i
     ヾヘ; ̄ ̄`::::ヾ:::::::::::::::::\;\;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;レ
      !::::ヘヘ::::::::/ `7;ヘ、::::::::::::::::ヽノ;レノ/ノ;i
      !;ヾ;;ヾ\;/  /;/  `ゝ、::::::::::iソ:::::::::::::ソノ
       !;;ヘ>"   !;!   // \;/ヘ"ヾ:::::/′
       :i ゞY ー-、,_|!    !;i    i;:〉 !;;i′
      人{  ___.,,,,≧trュ、_i;!    _,i/,,、ノ!;!
    _,、=クトし、 `ゼヅ¨`  *供 紕?セュ7 i/    今しがた出て行った奴は誰だ?
  .三ソ'l:.:.:.:!! :i             i     /___ _
  .二.:.:.:i.:.:.:.||八          i   /  `ヽ:.:.:.`>....、
  ヽ_∧.:.:!.:.:.:.:.、ヘ        ''′ ,イ:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.ヽ:.:.>.、
  ,_:.:.:∧.:.:ヽ.:.:.:.:.:.ヘ   ´  ̄ ゙ /⌒i:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:i
   `'┤:i.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.ヽ  ´ /ソ.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:!
  .:.:.:.:i :ト;;;;;;;;;;;;;;ヽヘ二`ー-..タ∧;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.i!


                                        / ̄ ̄\
                                     /  ヽ、_  \
                                    (●)(● )   |
    瑣末な用事で使いに出した小物ですよ。        (__人__)     |
    (流石に舅殿に言うわけにはいかないだろ)       (`⌒ ´     |
                                .      {          |
                                     {         ノ
                                  mm   ヽ      ノ
                                 (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                     ̄ ̄ ̄|    |

306第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:41:52 ID:oqcTIaqU
専ブラだと文字化けするのねorz
というわけで訂正


それから数分もしないうちに、入れ違うようにして今度は忠勝が入ってきた。

                      、
      __ー-===‐ーー''""`ヽ、___ iヽ、 、
      \;;;`ー-->;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;i;;;;;ヽ ;}
   <二ニゝ;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;∨i ,
     \ヾ==< ̄`;;` ̄>、;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;i/i
     ヾヘ; ̄ ̄`::::ヾ:::::::::::::::::\;\;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;レ
      !::::ヘヘ::::::::/ `7;ヘ、::::::::::::::::ヽノ;レノ/ノ;i
      !;ヾ;;ヾ\;/  /;/  `ゝ、::::::::::iソ:::::::::::::ソノ
       !;;ヘ>"   !;!   // \;/ヘ"ヾ:::::/′
       :i ゞY ー-、,_|!    !;i    i;:〉 !;;i′
      人{  ___.,,,,≧trュ、_i;!    _,i/,,、ノ!;!
    _,、=クトし、 `ゼヅ¨`  釗 ≦fセュ7 i/    今しがた出て行った奴は誰だ?
  .三ソ'l:.:.:.:!! :i             i     /___ _
  .二.:.:.:i.:.:.:.||八          i   /  `ヽ:.:.:.`>....、
  ヽ_∧.:.:!.:.:.:.:.、ヘ        ''′ ,イ:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.ヽ:.:.>.、
  ,_:.:.:∧.:.:ヽ.:.:.:.:.:.ヘ   ´  ̄ ゙ /⌒i:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:i
   `'┤:i.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.ヽ  ´ /ソ.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:!
  .:.:.:.:i :ト;;;;;;;;;;;;;;ヽヘ二`ー-..タ∧;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.i!


                                        / ̄ ̄\
                                     /  ヽ、_  \
                                    (●)(● )   |
    瑣末な用事で使いに出した小物ですよ。        (__人__)     |
    (流石に舅殿に言うわけにはいかないだろ)       (`⌒ ´     |
                                .      {          |
                                     {         ノ
                                  mm   ヽ      ノ
                                 (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                     ̄ ̄ ̄|    |

307第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:42:51 ID:oqcTIaqU

               .,____     iヽ,
                フ‐     ̄ ̄`''‐ヽ,\
            __,...r‐'´   ヽ、.,_        ` 、ヘ
           ∠,__    \`‐ヽヽ、`' 、 ,x      \\  /
          ,./_,.,...‐‐<'''''ヽ      `ヽ\  ,     ヽ/i
         〈'''..,   ‐‐ ,,,ヽ  ` 、\\ ヽ `'V',      i
          iヽ ' ' ,.,―   `''‐/^``''‐x,,,_\ ヽ, ii i  _,. ‐∠ /
          ! ヽ.   ''' ‐ ‐,.,../  ,./  `'ゥ、 ∨レ' , ' , '/
          i' , `ー .......,r‐'´   //   // ;ヽ,_i_,.,,..,,、i /
           !' ,_    /  '''''''‐/‐.,,、 i;:i ',  ;  ; ,ヽ, ヽ〈
           i  rヘ、 i;     rト‐ァ._\i:i ', ;  , ' i ',〈i i
           l i ;,.`' , '     ヽ k' ,ノ i\、', , '  // レi
           i !;  v      `'ー‐' ,;'`',. ,. ',' , ‐.''、 /’   へぇ、あの槍は保科と見受けるが、
            ',i ',  ',;              i! iヒノ/,i     槍弾正の家柄を使いの小物と言い切るとはな。
        __,,,,;:;:;::∧ヽ...;              i! `'''´ i
__,,..――‐'''''i;:;:;:;:;:;:;:;/ Y‐ァi     、         i   /      流石は婿殿、俺も鼻が高いぜ。
       ',;:;:;:;:;:;/  〉〈 : |     ゙`==ェ __  :; _,.r' /
      _,..‐'___,/  i i : \       ...゙`''''  /
 _,,. ‐'''' ̄  / `く   i: i :   \         /i
'´      /   `‐.,_|: i :    \.     /i: |
    _,../       i:: i‐.,      `ァー '  |: i
―‐''´  ' ,       `´  `!__   , 'r'''i    i::: i
      ` 、        / __ ̄''''^| l     `'´
        ' 、     /   i i ̄'i! i`' .,


                 / ̄ ̄\
               / ._ノ  ヽ、\
   (バレテーラ)    |  ( ) ( ) ((●  ((●
               |∪(__人__)   |
               |   |   |   }
                |   |   |   }
                ヽ |r┬-|  /
                __ヽ `ー'´ ノ__

308第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:43:38 ID:oqcTIaqU

             ト、_  _
      ヾー-< ̄¨ヾト、. \.ヽ ヽト、
     _ト--'ド=、=三≧=ニト、ト、\}iYi }i ,.ィ
    > =ニト-ドミi、`ヾミli、\ド、Vi:レ/i/
   ≦===< ̄¨ニ=- 、 `ヾ \ Yl/ .lレイ
   <-―=ニ三≧=、ト、 >}-iド!¬iヘi斤K
  ≦= '三 ニ=,.ニ.Z 〃.〃  {{i    { {iヾヽ
  之_Z二〃 ̄ __,.ィ! {{ |{.  |{ト、  ヽ ∨ }}
  ≦ィ'∠,/ ̄,.イく. リ_,」ヒ==≠=ミ;、  z久ノ
   ノイ∠.イi,r<ソ'    ,ィ''::ナ≧    fテ    .心配すんなって。
   ∠ィ'〃,'{ ¬.、    ` ̄ ´      「i    .あの帰り方から察するに、彼奴は退転を唆すフリをして
   フイ小| '、:::}             \   婿殿の腹でも探りに来ただけだろ。
    ̄}ノ,'八.ヽ-、            _ ,ノ
     '^^!个irr:ェ           ___7    放っとけ放っとけ。
       ド.Ll {. } ヽ       ‐''",. -.〉
        川||.| ト、._        {
      リ  .| ∨    `ヽ、    _ノ
      厶=r:|_         ` T  ̄
    /  く_  ̄¨ ¬------┴、
   / / ノ    ̄¨ ¬-------イ
  ,/,∠.../             \_


関ヶ原後の話になるが、信幸は父・昌幸追放後の上田領を相続でき、保科は本領である高遠の地を安堵された。
槍働きだけではない、忠勝の洞察力の高さを伺わせるエピソードである。

309第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:45:54 ID:oqcTIaqU

三成の挙兵を受けた家康は小山評定を開き、ついに東軍が行動を開始した。


                        ,ィ  _,.. ィ
                    ,ィイ/イr '´ ,/-─イ,
                  /レ'  / /  /    ,/  '7
                  |  / ,i /   ,  ,/  / ,/
                    |ヾ  l { !  / /  ,/ ,.イ
                    { ヽ、ヽ ヾ、 { // ,.-イ / |
                  | 、|``丶-、',.r '"   !/ /ノ
                   |, |           _, ヽ_,!    大事を前に小うるさい連中に蠢動されても目障りだ。
                  rヽ!Tt-..、   rヒ.:フノ fヽ     中仙道の制圧は中納言殿(※)に任せるとしよう。
                   ヾヽ ヾ ='`   ´  ̄   ノソ    そうだな、数は三〜四万くらいが妥当なところか?
                   ゝヽ    |!     /Z
                   [__|`\  ‐=‐   /l__|
        _ -─‐--<`\    ,rェ─'l 丶 __,. ' |`ー‐ッ、   ,. -‐ 、 ____
     ,r' ´      `ヾ、   \/ ヽ,rェ|   __  |¬,/  | ,/   ,r ",. -' ´ ``丶、
    ,! ` 、       \   \ ヽ;;;;フ´_rュ、 `く;;;;/   /   /,.         `丶
    |::.    ,         、   ヽ、∨  `i::「   ∨ /   , '            ,. -'´|
    |:::.                i, l,  |:|  / /             ,.  '..:::::::::::|

                       【徳川家康】

※ 三男秀忠のこと

310第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:46:39 ID:oqcTIaqU

この中山道を進む部隊には、当然の如く信幸も従軍していた。
秀忠軍の進軍ルートには、真田昌幸と信繁が守る上田城があった。


  / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:,.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.
 ,'/r.:.:.:.:.:.ト、.:.:χ:.:.:.:.:.:.:.:И:.:.:.ハ.:.:.λ.:.:.:.:.:.:.:.:
   i´:.:.:.:.:.:i ',:.:.l ヽ.:.:.:.:.:./ .i.:.:ノ ',:.ナ. ',:.イ.:.:.:.:
   レ、λ |  χ| `、.:.:/=レ'=-レ'__り|.:.:.:.:.
   ヽ i,弋 ̄'゙~「  ヽ/          l,i:.:.:.
    `', -==≧     ≦=======‐-. |:.:.      こちらは三万八千、無理に殺戮を行う必要は無い。
     ,i 三三三        三三三三三 レ⌒ヽ    降伏の使者を立てよう。
     i                      〈⌒i i
      {                     ,ヲノ
     、                   ナ ‐´
       、.    ⊂⊃      , メ
          ` 、         - '<
              `>`、- ' " フ;;;;;;;;;;;;;;;,,` 、
         ,,,;;;,´,へヽ_/ , へ、;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
       , ';;;;;,'/   \/   \;;;;;;;;;;;;;;,,,ヽ

           【徳川秀忠】

311第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:47:21 ID:oqcTIaqU

というわけで、信幸と本多忠政(忠勝の息子、小松姫の兄)が使者として上田城へと赴いた。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;|\;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,
;;;|__\;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶- ‐--一´
;;;;|─‐\;;;l= ̄ゝ,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
\|::ι::l,ヘi ,-‐、, .‖ヾゝ;;;;;;、‐-、_`>
:::::::::::::::::_  (゚c) ' ,/ソ / \;;;;ヽ       流石に三万八千が相手じゃ勝ち目が無ぇか。
::::::::::::::;;;;;;;;: ̄  /'ソ /―-、 \|ヘ      降伏するから数日待ってくれ…
:::::::::::::ゝ:::ι:. / /       .Y´  \
::::::_`_´、:::::::: /ノ       iヽ     \
::::'.-‐´:::::::: /         l |ヘ,    ト
::::::¨::::::::::'/ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  l.|  \ l

【真田安房守昌幸】

                                        . __
                                       ./::::::. \
                                       /::::::ヽ;;:   \
                                     . (:::::(::::冫    |
   (95割嘘だろ、親父の今までのやり口的に考えて)    . (:人;;;) .    |
                                     r‐-;::::::. .     |
                                     (三)):::::.. .   |
                                     >::::ノ:::::::::.    /
                                    /::: / ヽ;:::::::::   /
                                    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                     . |\::::::::::::;;:1
                                     . |:::::\;;/:::|

信幸の予想通り、昌幸は数日たっても城を引き渡す素振りすら見せなかった。
それどころか、物資を城に運び入れるなど戦闘準備を整えていたのである。

312第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:48:07 ID:oqcTIaqU

                             ,ノ : : : : : : : : : : `ー: : : ::..:::. ::::`、
                               レ : : : : : : : : : : : : : ::. ::..::..::::..:::、;!
                             l ;i: :.: :i; :ヾ,;,_ヾ-、ヾ`、::..:. ::::::::::i,
                             レヾ!::ト、!`ー,r‐'''´   ヾ::;r'´ヾ::i
                               `、! _,r' ,ri´ ̄ !   V,ノ ,'.,!:!
     一体どうなってるんだ!              ` 、  ヾi_,ノ     ,,,ノ`、!
                                   .i       u ,/'.,  `、
                                      .ノ__  _,.    /  ;   `
                                       `ヽ、  ,,/   ;    `.、
                                        ̄ _,ゝ  ;    __,,,y'`ヾ
                                        _,r''´;r'′ '  ,r''´:.:.:.:.:.:.:.::::`、

そうとは知らない秀忠は、業を煮やして再度使者を送るが……

                           __|       攻
     ヽ ̄ ̄ ̄ ̄~゙゙'''‐、 |ヽ、        \.
   |~7 ヽ、       ヽ!.  i、 .i、    i'⌒/    .攻  め
  .ト┴'─‐-ゝ           i l i    l.< 
  ヽ                 レ' }    i >      .め  て
   `‐、_           ,...   ノ   ./
  [ 二ニ=,>  ,.イ  ,i   (   ヽイフ .∠._      て  こ
    -=ニ.._,.∠/ .∠|  A /ヽ.  \     i  ̄ 7
  \ ,-、∠!ヽ// ,, |/,. -=、ヘ、.   ヽ    i  /    き  ら
  ヽ ゞi ! i゙!(`ba ‐''´ 6f9j,! レヽ    `‐、-=!.  ̄`7
  Y r´ |‐-‐}  ̄ー   ̄ ̄  _.ノ_\    ヽ..ノ   〈  て  れ
 ‐     ノ ヽヽ!   ! ̄ ヽ   /厂  { iヽ、      /
 ヽ、__.ノ、.__.ヽ、ヽ.__.ノ //     ヽ、._!     <    み  る
         ゙`ト.`‐、..イ_/     | | ヽ     \
             |.!  ヽY      | |ゝ ヽ      >  ろ  も
           |.! ヾヽ] [ 〃/   | | \i    /
              !.! ゝ(◎)彡    | |   }    \   .|!  ん
           ヾ=、、 ||   、.._ //i_-=ソ      >  ・   
                L!| !!、`''‐-  | | !.ノ    /      な
            /ヽ` !‐- 、...__!_!.ン      \ 
           /l  //  //  _,!‐´        >     ら
           ,.{ ヽ.//  // ,.‐      ,.. -─ ''7


帰ってきたのは挑発的な返礼だった。

313第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:48:55 ID:oqcTIaqU

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //    くやしいのうwwwwくやしいのうwwww
| ::::::::::::(⌒)    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|     .ノ      | |  |   \   /  )  /
ヽ    /      `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ
                               ン
      【真田左衛門左信繁】



だまし討ちに等しいやり口に、遂に秀忠の堪忍袋の尾が切れた。


                   /                         \
                / 7           、\  、 }、    、
               /イ      ィ   イ 人 ト、}、( \∧ } i_ \
                 / { / /}人ト{ハヘ / )/  Y  / ̄  }ハ 〃 ハ
                レハ∧'`丶、   ( / .; u;/x===ァ  レ'(   } l
                /   ハ {{下?      ィチ万}} }}      // j  絶対に許さない!絶対にだ!
                    '. 弋tリ       弋:少  ;:::;,    ノ /
                    ', ` ̄;,       ̄ ̄ :;:#::,; r‐ヘ  {
                     、;;.   /::::.             l  ハ从_
                       _,. \  `' __, --、     . '
                     ,.....::::´::::::::::\   ヾ__二}   /  |
             ,....::´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、         /    j
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ /    /
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   `ヽ、    /


合計三万八千の大軍が上田城を包囲。第二次上田合戦の火蓋が切って落とされた。
慶長五年(1600年)、九月五日のことである。

314第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:49:32 ID:oqcTIaqU

上田を攻める為には出城である戸石城を無視することは出来ず、秀忠は信幸にその攻略を命じた。
そこには弟信繁が篭っており、くしくも兄弟対決が実現しようとしていた。

        / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    ?堯 魁拭  ?  そ     / (__人__)  ⌒   \
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /

※ イメージです。


                                                     / ̄ ̄\
                                                rヽ  / ノ  \ \
    こうならない為にも、                  . . .    .       i !  |  (●)(●) |
    開城請求は送っといたから、あとは応じてもらうだけだろ。      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
                  .                           〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
                                            l` ( ``/ .  |        }
                                            ヽ   l  .  ヽ       }
                                             |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

315第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:50:05 ID:oqcTIaqU

::::::::::::::::::::::::::::::L___`ヽ、;:.ヘ,    ,   /\  \\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`::::::::\  /:::::::::\  ヽ:\
::::::::::::::::::::::::::::L ̄二=ー:::::::::::::::::ヽ,'イ::::z- ;;_::_ヽ、|::::::`、
::::::::::::::::::::::::::::_;;_二ニ二_;;ミ_;; :;;〃;;,,:::::::`ヽ、 /::::::::::::::::j
:::::::::::::::::::::::::::八\  (`ー')/,;;|`¨l,=二_ニ二7::::::::::::::::ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ━  ̄ ̄ ''''..::l  ト、(`ー)'`'、;;/7::::::::::/
\:::::::::::::::::::::::::::`ヽー--,      |'''`' ̄━イ/:::::::/
/`i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ...  |  r‐一 ´:::_/    やはり弟君とは戦いたくはありませんか?
/ノ ,|::::::::::::::::::::::::::::::::::/    `ー ′ l::::::::::::::/
/' |:::::::::::::::::::::::::::::::::/  z'二二_)  |::::::::::::/
ヒ/ムーt-;;、__:::::::::::/   、 __,,    |:::::::::/
ミ、`ー=|   ヽ ̄``'' ┃     ┃ |::::::::/
⌒ ̄`メ、   \   ┃     ┃ ,L;;;ノマ-、
 ,,;;'''  ⌒ン-‐-,`_、┃       l/ノン/ ̄⌒ヽ、
   '´/     `⌒ソ´ ̄`'''‐kアーくー、⌒ヽ´ ̄`\
   / ,       /      ´'' `、 }  ヽ  ヾ   ヽ
   l /       ,イ、         人     i\   |


                                         / ̄ ̄\
                                        / ヽ、_   \
                                      . ( (● )    |
      いや、親父と弟の決意は知っている。         . (人__)      |
      戦いは避けられないだろ。常識的に考えて。     r-ヽ         |
                                      (三) |        |
      だが、どちらも共に真田の兵だ。            > ノ       /
      無為に死なせたくはないだろ。             ./  / ヽ     /
                                    /  / へ>    <
                                    |___ヽ  \/  )
                                        |\   /|
                                        |  \_/ |

316名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 10:52:05 ID:patgLrJw
このあたりの駆け引きは、あの本多正信ですら翻弄された(司馬遼太郎 関が原より)のが、
昌幸パネえと思ったな。

317第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:52:38 ID:oqcTIaqU

      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´   ただ、戸石城を奪えば俺達は武勲を上げたことになる。
  |  レ'   '- '~  /..|_    そうなれば中納言殿も俺達を上田攻めに使おうとはしないだろ。
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │



          ______
       / ̄::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`丶、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::\
  /::;; 一、:::::::;;::::::/  ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::/
  (::<____∨/i_∨ _./::/ l::::::::::::::::::::::::/
  丶::::┌‐-;:ヾ、//::::::∠_- ┤:::::::::::::::::::/
    \「二ニ>::ヾ:::::::∠..-‐┘:::::::::::::::::/
     `<、 ;;;__ ';__..;;-一''l]:::::::::::::::|ハ.     武勲をあげたい他の諸将が黙ってはいないでしょうしね。
.        `[ ー'| ヾ、ゞ__ノ,!:::::::::::::::lヾヘ
         iヘ. l__ ,  ̄ ¨T::::::::::::/!,ヵー゙-、
           ヽ\  tっ   l:::::,< f´ーヾ   \_  
       ,-‐ィ/´ヘ_>、l` ヽ !へ-⌒ヽ  \  }  ̄ヽ
    「 ̄ ̄ ,/ / /` `ー `' ´ `ヽ }    ヽ ノ_  ̄ ̄l
   { ̄ ̄  ̄〈   ,  ノ {   \    l  ヽ丿_  ̄  ̄]
  / ̄ //ヽ,; ; i  、iァ    i    !} , へ士  _  ̄\

318第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:53:30 ID:oqcTIaqU

                                                 / ̄ ̄\
                                               /   _⌒  \
   つまり今戸石城が開城すれば、今後真田の兵同士で戦わずに済む。  |   (●)(ー)
   あいつならその程度のことはわかっている筈だ。               |   ⌒(_,,人__) ホジホジ
                                               |   ∩ノ |;;;| }
                                               |  /_ノ"' }
                                               /ヽ/  /    }
                                              (  ヽ  /_ ノ
                                              7.ヽ__/   \


             ____
           /      \
          / ─    ─ \    出城に固執して真田家の兵同士で争うのは馬鹿げてるお。
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |  兄ちゃんの言う通りに退去すれば、少なくとも真田同士で争わずにすみそうだお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

信繁の側でもこの要求を呑んで戸石城を放棄し、兄信幸もそれを追撃しなかったのだが…

319第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:54:18 ID:oqcTIaqU

例によって昌幸は怒ったそうである。

             ___    /        時  真
   |   l l``    '  ,'   /     間  田
   |  / ヽ、 '__, //レ'/   |   を  家
   |   、、   ,. -,、     /、 ト、_j  .稼 . 同
   |    __ノ l / )    /\\|     げ . 士
   |   __l___ ー' -'   /|:::::: \    だ   で
   |    ノ  |       、 !:::::::::::::}   ろ   戦
      '´  ┘      >::::/     ッ   え
  ` ` / -┼‐ァ      \∠__  ///  .ば
   ー‐'   | '´     \ ̄:::::::::::/ ’’’
  //// 「 ̄ |     | ̄::::::::::::::::: ̄7     __「\|
  ’’’’ L_」     |::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄|/
7  __/\  |\  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー‐- .._
.__/ //、_ \!:::::\|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐< ̄´
.   //ト、___/^7‐ヽ::::::::、 :::::::::::\ー- 、_::::::::\ヽー- _
  /´ / ,ノト-ト、_\:ヽ`丶、_::: \ ∧/ ̄ ̄ :;; u
.     l/ / / |ーァ-、_ヽ、\ ,.ィ行ン !_/ ij   ;,,
    / / /|ハ| ヘ弋rダミ一 、`¬ハ|    .. ''
. / ,ィ' / /^| ,ヾ.;:` ゙゙̄,. -一'¬ u      '''''''
 ヽ// / /` ̄:.,ヘ`゙'   / ̄ ̄丁| /   /  u
    / / /  ミ、`  \u {ヽ___」ノ .'  。∨`ー┬―- '´
. u  |   |   ヽo ゚ `ヽ、 ー=='/    /     |    //
    |__|  u  `ー- .. _  ̄,  u  /    j/⌒レ'
   j    ,.-―/`ヽ_  `     /
       /   /   |`ヽ j___,.イ            ,.
.      /   ′  /   「ヽ   /ーァ       /
     |   /       /  | /  ´ ̄>  /
     |                '∨-、/⌒_ -‐/
ヽ、__,-‐j                }::;;_>´ /
                /  /

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\    それでも家臣達の血は流れるお!
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |  やる夫も兄ちゃんも、それだけは嫌だったんだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ?堯?l、E ノ <
               レY^V^ヽl

320第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:55:05 ID:oqcTIaqU

さて、戸石城を接収した秀忠軍は、そのまま真田昌幸が立て篭もる上田城へと迫った。

        /                 i::::::wn||二二二二二二二ヽ
       /                  丿 /' ''
       /                 ///,-''''''-、
      /       /         /// l  ,、,,...>、
      /     /    ,、      ヽ ノ-‐i'`、,,...--`、    /
     /     /     ヽヽiijj、    \ `')`,'二二ヽ    /
     /   /     / ゝヽヽiiijjlii     )つ'//ヽ  ヽ/.  ,-‐-、
    /  /     /  /  iiijjliijli、    (/////|   |   ノニ、,、l
    / /      |,  /__丿 iiijjliijliijl,へ、 /////ノ   |   '、ヽ==ヽ_
   //       `' `)_,' ヽ=======ヽ(ヽ/:::::::::/ l   |   / (/(  >
   /              ノiiijjliijjliijijliiiillゝ--ノ/  l   |   、 ,,,,,,/ ノ,
/ /               iiijjliijjliijjjlijjiillliili、 /=======lニ二 ,ヾヽヽiijjli、
  /               ノiiijjlii jjliij jjl jjllll/ニニニニヽ  / ゝヾヽiijjlii、
 /          ,、、、  ノjjiijjlii"li  ,-'' ̄'''-、ニニニニヽ/   / ijjlijlil
../-----―――ー〈rァ;ー /  jj   ノ-ヽ(⌒、 >、二二二ヽl ヽ/,__丿ijjlijlili
/       ヘ   l < ト、     (`ー-、(⌒(彡>/   / `‐'、_/ ヽjijilii
>   ヘ / ◎\/  l川リト、    '、、〈/⌒ヽK、    |  \     ヽjil
ヽ/ ◎\/ <7/ ,'ー─-川川リト、.   `ノ/ミミミ/ ヽ  |   ヽ     ヽ
  ヽ<7人、/=ヽ / /ヽ、   川リト、,,,, -`/ミミミ/   |  |    ヽ_,,,...-
ヽノ  l`、l`、  / ゝ ""'''''__,,-‐''"",、 ‐'ミミミ/    |_,,,...-,. ‐'''' ̄''ー 、
  ヽ  ゝ  iiijjliilii、ゞ,,‐'''"/ヽ-‐' ゙==二) ミ/    |  / / l  l ヽ ヽ
   /ゝ   iiijiiijj liiijl、 /ヽ'-====二,,),,ノ     | / / l  l ヽ  ヽ

物見に出ていた真田の部隊も、徳川の先鋒・牧野貞成隊の猛攻に手もなく退き、間もなく城付近に攻め手が迫って来た。

321第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:55:38 ID:oqcTIaqU

上田城に迫った牧野隊は、空堀に飛び入り土塁を越え、城壁の前までやって来た。
と、その時、城兵が塀の上に現れ、竹の皮を下にバラまいた。

                    ミ    ,,,__、  
                    | |        ''''    '   
                    | |                       
    /\    ゝ      | |_,,,                         
  r⌒○. ヽ/ バラマケー | |_   --<          \,,      
  ミ/ ・Д) E)r⌒ヽ| //  /                 ''         
  )   )/|/≡ヽ`)//  / ,,?    ミ        
   ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|/'″      --<        
    |  |  |  |  |  |  |  |  ,,,                     
    |  |  |  |  |  |  |  | ̄''''        \      ...,..,,._,,..., 
    |  |  |  |  |  |  |  | ,,?                 |"~"''‐''"~ 
    |  |  |  |  |  |  |  |/'″        --<   |___ 
    |  |  |  |  |  |  |  |.   \,,             |\  |
  二二二二二二二二二二]    ' _,,...-'.、      |\\ | _
  .              |  |      \  \      |  \ | | |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  |       \  \     |\  | | |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  |         \  \   |\\ | | |

322第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:56:21 ID:oqcTIaqU

            \                                  ,r'
             \   \見えてりゃどうってことねーぞ!/      ;=7l
\構うな進めー!/   \                  (`、  ,,.     ,rヽ/ヽ、
      / ,、      ,、\      へ        ,-‐‐''''ヽ彡 ,,   ,r'  ヽ  \
     / / \   / \\   /_ \     / ゝ  / ヽ彡  r' ,-''''''-、\  ヽ
   /  フ   ゝ   フ   ゝくn`、 7 、、ノ ヽ    /  / /  ヽ,r'  l  ,、,,...>、 ソ'’ヽ
  /                 \ ヽ,,‐'゙"⌒)ヽ,r'"⌒` 、'  丿 /ヽ' ヽノ-‐i'`、,,...-. /  /
/      mm     /⌒ヽ  ヽ,   ,,‐'  (7     ヽヽ'   ヾ/c).  ‘っ`,'二二/  /
       cゝ ゙、    / 、'⌒`、,-、 `''゜   ノヽ(ヽ    ヽ|  r'/  |,,-‐'' )つ'//ヽ   /
   /xヽ   `ヽ ヽ  ,'   ヽ、/ミ/  |    `7``ヽ彡彡彡ゝ  ( ソ   /彡ゝ `ー‐l
  /ヽ(.""'''‐-‐‐''''""   /| ゝシ   ト---- `'r) /ヽ_,,,―'''`ヽ、 `-ー'''''|       |
  `ー' ヽ        //      /ミ /ミミ ,`<_,,,,、`ヽ、_,,,―'''`ヽ、   |       |
      "'''‐-‐‐''''"" /      /ミ ノヽミ/ /彡ヽ//( `ヽ、_,,,―'''ヽ、(\      |
‐- ,,,,,__   ヽ___  /       (  く /  |    ヽ `ヽ、`ヽ、_,,,―'')にllヾ//、二二二}
ミ=ー "''' ‐- ,,,,,__  ̄         ヽ  /  |     `ー‐ `/ /  /ヽ'/\\i、i、i、i、
ミ三ミ=ー     "''' ‐- ,,,,,__ r,-、 __,,-‐''""ヽ /|        / / ./ //二 \\ 二二ヽ
ミミミ三ミ=ー        く``々"''' ‐- ,,,,,__l / |       / //  ヽミミミミミ\\二二ヽ
ミミミミミ三ミ=ー       ヽ'-ー―‐―ー―"''' ‐- ,,,,,__  / 丿|   /ヽミミミ/\\二二ヽ
ミミミミミミ三ミ=ー                 |     "ヽ ソ‐- ,,,,,_/   /        ヽ


牧野隊は竹の皮を踏まぬよう避けてさらに突き進み、とうとう城壁に取り付いた。

323第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:56:58 ID:oqcTIaqU

その時、城兵が再び塀の上に現れ、柄杓から何かをブチまけた。

                            ,  ,,/ , ", ,, /
                         / ´ ,  , ,  /  ',
                         ' '  ' , ' ', ,  /
                      /      '  ' , , /,, , ' '
    ザザザザザッ          ,  , , / , ' '  '' ' , , / ''
                   / ´ ,  , ,  /  / , ' '  ''
                  , ' '  '  / ,, , ' ', , ' ',, /
                / "  , / , / ,, , ' ' /',, , '/' ',
               , ' '  '  / ,, , ' ', ,  / '  ',  /
             /, " , ,, / '  ' ", ,, / ' ",,/  , ' '
             ,  ,,/ , , '  ' ", ,, / '  ' ",/ ,, ,
          /      '  ' , , /,, , ' '' ', ,  /'' ', ,
           ,  , , / , ' '  '' ' , , / ' ' '' ' , ,' ' /
       / ´ ,  , ,  /  / , ' '  '' , ,  / , ' '
        , ' '  '  / ,, , ' ', ,  /  /, , ' '  / ,, ,
    / "  , / , / ,, , ' ' /',, , ' ' /' ','  / ,, , ' '/
´・’ *  .’.;' ∵;,   ∵;, ’;'`* ' +  *'・’';,、:'  ’;・ *
*;:';;'; ,:      '_∧ .;' ∵;'‘;’∵;, *;:';;'; :'´・’*'’';,+、
*'・’';゚+*,;:゚;’*;; ,( ` ;;´・/゙)’:';;',.;' ∵;,‘; ,  '‘;∵;,
,:’'   :'´・’ *  >>XXX';,、 *'・’';,、:'´・’*'’';,+、 `;;・’∴
:;.・  `;;・’∴  ;,、∴*’.;' ∵;, ;  ;’;'*  ’.;' ∵;,
*'・’';,`*;:';;'’;'`* ' し'"ヽ|’. ∵;,,∵`  ∵.;''  `;;・’∴';,+

324第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:57:29 ID:oqcTIaqU

            /\              /:\
            /::::::::ヽ            /:::::::::ヽ  
           /:::::::::::::::ヽ______/ : :::::::::: ヽ
          /::::::::::___   牧野隊 :::::: __  ヽ
        /::::::::::::/・    \:::\\// /  ・\  \
      /::::::::::::::: /.( ̄( ̄ヽ ヽヽ_ /_ ̄) ̄) ̄\ ヽ
/    | :: :::::::::::/::::::::::)  )::/ ―――――ヽ(  (  :::::::::::|   ギャアアァァァァアアアア!!!
/    |:::::::::       (  (/ |┘┘┘┘┘┘\)  )  :::::::::|
/  /| ::::         )  ) | |/::ニニニ⊃ | (  (    .:::|\\\\
// /|::  i し /  (  ( | |::::::::::/::::::|.    | )  )    : |.;*;;∵+・;;\
////|: ノ (     )  ) | |::::::::|:::::::::|   | (  (     :|∵ \\;*;\
//// |  '~ヽ    (  (  | ┐┐┐┐┐┐| )  )   |:;*;.\\\\\
/////|       )  ) ├――-‐----―┤(  (   |+∵\\\\\
        )::::::::::::  (  (              )  ) (;*;\.  ∧


ぶっかけられたのはグツグツに煮えたぎった粥だった。
高温で、鎧の隙間から容赦なく入り込み、粘り気があり、さらに滑りやすくなる…牧野隊はまさに地獄を見たのだ。
慌てて逃げ出したが、今度は一面に広がった竹の皮に足を取られる有様だった。

325第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:58:14 ID:oqcTIaqU

     \      ☆
             |     ☆
  ワー      (⌒ ⌒ヽ   /
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
      ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )  
     (´     )     ::: ) /
  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )   ワー
     (⌒::          ::⌒ )
    / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─


その間にも非情の粥爆弾は降り注ぎ、人も馬も火傷だらけになって転がりながら、ようやく本陣まで逃げ帰った。

326第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:59:15 ID:oqcTIaqU

先だって逃げた真田の物見だが、実はこれは囮部隊で、城主の真田昌幸親子みずから率いていた。
まんまと敵の先鋒を釣り上げ、城門まで戻って来たところで昌幸は信繁に言った。

                     ト、
                 ∧    ,ノ::::ヽ、
              ,ノ:::ハ   /::::::::::'ハ
            /::::::::::l、_/::::::::::::::::::}
          ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     /l
         ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  _/:::::|
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー"::::::::::::i
      ト、_ ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ、::::::::::<__
        [二二二二二二-"Yハ::::|二\::::::/
       l'::::::::::::::::::::::::::::," ,_.|.l | l/ r' .i . ̄
        ヾ:::::::::::::::::::::::::i' i' l l.| 'i _f;|     おまえ、まず先に入れ。
        丶:::::::::::::::::::::l、 'yl |i     〉
        \::::::::::::::::::::>、| l.l、  __}
         );nr'Y´`Y'  | .|ハ  ,ノ
.          , -───-- 、 |  | ヘ´l i         _, -── --,
      ___/______ニ、_|__ゝl_!_  ,r' ̄   ,r - ‐' "´
≦者圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? y´  ̄^、   i!る }
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? ∨       ヽ ヾ-′
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? ∨   ,ヘ    丶-′


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \  いやいや父ちゃんこそお先にどうぞだお。
 |     'ー三-'     |
 \              /

327第二次上田合戦:2010/01/02(土) 10:59:56 ID:oqcTIaqU

             ___    /        早 イ. .ケ
   |   l l``    '  ,'   /   . .く  キ. .ツ
   |  / ヽ、 '__, //レ'/   |  .入 が .の
   |   、、   ,. -,、     /、 ト、_j  .り  る .青
   |    __ノ l / )    /\\|     や ん  い
   |   __l___ ー' -'   /|:::::: \    が .じ  ガ
   |    ノ  |       、 !:::::::::::::}   れ  ゃ キ
      '´  ┘      >::::/     ッ  ね が
  ` ` / -┼‐ァ      \∠__  /// .え
   ー‐'   | '´     \ ̄:::::::::::/ ’’’
  //// 「 ̄ |     | ̄::::::::::::::::: ̄7     __「\|
  ’’’’ L_」     |::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄|/
7  __/\  |\  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー‐- .._
.__/ //、_ \!:::::\|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐< ̄´
.   //ト、___/^7‐ヽ::::::::、 :::::::::::\ー- 、_::::::::\ヽー- _
  /´ / ,ノト-ト、_\:ヽ`丶、_::: \ ∧/ ̄ ̄ :;; u
.     l/ / / |ーァ-、_ヽ、\ ,.ィ行ン !_/ ij   ;,,
    / / /|ハ| ヘ弋rダミ一 、`¬ハ|    .. ''
. / ,ィ' / /^| ,ヾ.;:` ゙゙̄,. -一'¬ u      '''''''
 ヽ// / /` ̄:.,ヘ`゙'   / ̄ ̄丁| /   /  u
    / / /  ミ、`  \u {ヽ___」ノ .'  。∨`ー┬―- '´
. u  |   |   ヽo ゚ `ヽ、 ー=='/    /     |    //
    |__|  u  `ー- .. _  ̄,  u  /    j/⌒レ'
   j    ,.-―/`ヽ_  `     /
       /   /   |`ヽ j___,.イ            ,.
.      /   ′  /   「ヽ   /ーァ       /
     |   /       /  | /  ´ ̄>  /
     |                '∨-、/⌒_ -‐/
ヽ、__,-‐j                }::;;_>´ /
                                           ___,,,,,..... -一ァ
                                       / ̄;;;´;;、;;;ヾ;;;, -──--、,!
                              .        /'´|;;;;,、;;;;;;;;;;/      ,!
                              .         /:.:.:.レ´:.ヾ;;;;;;i   断  だ ,!
                                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ;i  る  が ,!
                              .      /:.;.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ お    ,!
                              .       /レ' ;|:.:.:.:.:.:.:,:ィ:.:.:.:〉 __,.,!
                                   / .__ノ |:.:.:,/ /:.:.://.:,:ィ:.:.:.,!
                                    /'    i ゙´.:  /__;:;:-'"´ ,;|:.:.:.,!
                              .    /(( ●))      ヽ、  レ!',!
                                 /::::⌒    ミ      . ̄ ィ,!
                              .   /;:::::   .      (( ●)) .〈;,!
                                /i!:::::  (__, イ      ⌒::::;:'/,!
                              . /;;;i!    ノr-、\___) .: ,;:'  ,!
                              /;;;;;i'    ( /:::`ノ´ ..: ,;:''   ,!
                              ヽ、jゝ、   `ー ´  .,..:'.:'"   .: ,!
                                 ``ヽ.、_     ,:'      (_r:,!
                                     ``ヽ.、..    ノr;ソ~,!
                                           ``ヾ、 / 7,!
                                               ``ヽ,!

328第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:01:18 ID:oqcTIaqU

くだらないことで喧嘩を始めた二人を、家臣の池田長門が諌めて城内に入れさせた。

       //       l l    l、  │
        /,'   |  j, -|‐!―‐-.l、ヽ │
     / j |  l |. ´|  |ハ    l::::::\|
      /ノN!  l |  |、 ィォ===ミjヽ:::::: |
       |  l∧ .l!ハ{ イ三ヨ '':::::::::: |    このような時にかかる言い争いは非常に見苦しい
       ',   ! /V l:::: 、`ニ",..:::::::::::::|
       ∧ レヽ|  !:::::::::::::::::: :   ;::|    どちらからでも良いからさっさと城に入るべき
.  / ̄ \ l ∧.j! .! 小.         |
  |  :   |.レ l∧ .|  | l\     -=|
  |  .そ │   ヽ!  | |ハ .> .    ¨|
  |  .う   |     ヽ N∧j\l、l≧  -!
  |  :   ト        /  ̄|     |
.  \__/      ,.  '   l ノ    |               \\
        _ .. <      l__   | \{ ∨  /    /  |
        ム :::::::      ハ   ` l, -― 、彡/   /  /   .│
      /;;ハ ::::::::       ∨  ̄ /  , ― ' X/ /
        {;;;;;;;;∧ :::::::       ∨ ̄.|  | ./ ̄ ̄) /    _/
      l;;;;;;;;;ハ :::::::         ∨ |  |/ / ̄ ̄)三   _/  ̄
      l;;;;;;;;;;;;;ハ :::::::        ∨.|   〃 /¨_ヽ /  /  ̄
      ∨;;;;;;;;;;;ヽ ::::::::        ヽ|  ::   '´ , )く
.       !、;;;;;;;;;;;;;;;;\ ::::::::       |      /三X\  `` /
         |;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ::::::::    l      ハ-ト      ̄
       !;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;; 、 :::::r‐/       /キ≠ニ

                   【池田長門】

329第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:02:03 ID:oqcTIaqU

          , 、、  ,,                   丿⌒ヽ、
        , '  ____ " 、、               /⌒     ヽ
         , '   /⌒三 ⌒\  ',          (  す  す   )
       ;  /( @)三(@)\  ;          )  い    `  (
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;  _     /  ま     丿
        |  u   |r┬-|  u  | ;   ヽ 、_ノ    せ    /
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;    ヽ、_ノヽ  ん   ノ
    _   /    (___   | ',          ) :  (
  ,、'  /              |  ;         (     /
 、 ( ̄                |  ;         ヽ、_ノ
     ̄ ̄ ̄|               | ;

                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /       ゴメンナサイ……
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |
                       | |\\ > | K_/ //// /   ‖   |
                      \\弋マ.( ○ )く ////|    ‖    |
                     | |l>,\ゝ//L!V/ // ム   `==1

330第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:03:43 ID:oqcTIaqU

後方でこの騒ぎを見ていた信幸だが……
                                             , -―- 、
                                          /     \
                                          /  \_ u |
                                          (●) (●)   |
    敵が後ろに来てるのに、何やってるんだあいつら        (_人__)    /
                                          l`⌒´    /
                                          |      ヽ
                                          __!、____/  \
                                        /、 ヽ     r 、 ヽ
                                        ハ ヽ Y`l     |  >  Y
                                       { ヽ_ゾノ     | レi i i}
                                       `¨´  ヽ    ハ  `'''
                                             >   / ヘ
                                            /  /ヽ  ヘ
                                            _,/  / ご_ノ  モキュモキュ
                                          ( ヽ /
                                           \__ノ

時と場所を選ばない親子喧嘩を見かねて飛び出してしまう。

       /  ― 、/ ̄1
.       / / ̄\_/| |
      / 厶、  |/ ̄ ̄ ヽ ー- 、
.     / /   >'             \
    / / / /              \
.   / /「ヾ /         ィヘ     \ ヽ __
‐一  / |  \       j  ル'__ヽ 、   )/l|
―一' 、  ! \∨ ノ ノ /_ヱ{ ぅ≡c}>=}ハy r j !
      \∨{ ハ,〉匕√レ  \竺/ )ノ レ/7/ √乙こ>、_
  ̄ \  ト { ∨「  _ _       _u } Y/ /  `テ=' ¬
     \ | ヽ`ー1j 川‐ tァ┐-r tテ┐ソノ/ /   __/    /  どこに行かれる気ですか!?
 _    レハTァrヘ   `ー‐'   | ー‐'∠-,/ /  (( ) /
 \  ̄ ヽ \! |  ! u     ┘  厂´/ /   √ /
   \     \トい \   ∠.二) /  / /   / , fヘ
  \  ヽー― ヘヽ\__ >、   /ーァ' /  // { f允
 ̄\\   \  } >ー 二ィ7二_< / //    ヾ久ヘ
   \\  \ ヽ  寸万</ /ー '_/        \弌、
.      \\  \\ ∠ -<_∠! ̄丁            寸}

331第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:04:22 ID:oqcTIaqU

                                     / ̄ ̄\
                                   / ノ  \ \
                                   |  (●)(●) |
     いや、あの馬鹿共の仲裁をだな。          | u.(__人__) .|
                              r、      |   ` ⌒´  .|
                            ,.く\\r、   ヽ      ノ
                            \\\ヽ}   ヽ     /
                             rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
                              └'`{  .   \.|   /   i
                                  ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
                                  `ヽ、   /'  |
          ______
       / ̄::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`丶、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::\
  /::;; 一、:::::::;;::::::/  ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::/
  (::<____∨/i_∨ _./::/ l::::::::::::::::::::::::/
  丶::::┌‐-;:ヾ、//::::::∠_- ┤:::::::::::::::::::/
    \「二ニ>::ヾ:::::::∠..-‐┘:::::::::::::::::/    内府殿への忠節を水に流すおつもりか!
     `<、 ;;;__ ';__..;;-一''l]:::::::::::::::|ハ
.        `[ ー'| ヾ、ゞ__ノ,!:::::::::::::::lヾヘ
         iヘ. l__ ,  ̄ ¨T::::::::::::/!,ヵー゙-、
           ヽ\  tっ   l:::::,< f´ーヾ   \_  
       ,-‐ィ/´ヘ_>、l` ヽ !へ-⌒ヽ  \  }  ̄ヽ
    「 ̄ ̄ ,/ / /` `ー `' ´ `ヽ }    ヽ ノ_  ̄ ̄l
   { ̄ ̄  ̄〈   ,  ノ {   \    l  ヽ丿_  ̄  ̄]
  / ̄ //ヽ,; ; i  、iァ    i    !} , へ士  _  ̄\

332第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:04:53 ID:oqcTIaqU

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)  あっ
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)


       /  ― 、/ ̄1
.       / / ̄\_/| |
      / 厶、  |/ ̄ ̄ ヽ ー- 、
.     / /   >'             \
    / / / /              \
.   / /「ヾ /         ィヘ     \ ヽ __
‐一  / |  \       j  ル'__ヽ 、   )/l|
―一' 、  ! \∨ ノ ノ /_ヱ{ ぅ≡c}>=}ハy r j !
      \∨{ ハ,〉匕√レ  \竺/ )ノ レ/7/ √乙こ>、_
  ̄ \  ト { ∨「  _ _       _u } Y/ /  `テ=' ¬
     \ | ヽ`ー1j 川‐ tァ┐-r tテ┐ソノ/ /   __/    /  気でも狂われたか!?
 _    レハTァrヘ   `ー‐'   | ー‐'∠-,/ /  (( ) /
 \  ̄ ヽ \! |  ! u     ┘  厂´/ /   √ /
   \     \トい \   ∠.二) /  / /   / , fヘ
  \  ヽー― ヘヽ\__ >、   /ーァ' /  // { f允
 ̄\\   \  } >ー 二ィ7二_< / //    ヾ久ヘ
   \\  \ ヽ  寸万</ /ー '_/        \弌、
.      \\  \\ ∠ -<_∠! ̄丁            寸}

333第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:05:32 ID:oqcTIaqU

::::::::::::::::::::::::::::::L___`ヽ、;:.ヘ,    ,   /\  \\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`::::::::\ 釗 /:::::::::\  ヽ:\
::::::::::::::::::::::::::::L ̄二=ー:::::::::::::::::ヽ,'イ::::z- ;;_::_ヽ、|::::::`、
::::::::::::::::::::::::::::_;;_二ニ二_;;ミ_;; :;;〃;;,,:::::::`ヽ、 /::::::::::::::::j
:::::::::::::::::::::::::::八\  (`ー')/,;;|`¨l,=二_ニ二7::::::::::::::::ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ━  ̄ ̄ ''''..::l  ト、(`ー)'`'、;;/7::::::::::/
\:::::::::::::::::::::::::::`ヽー--,      |'''`' ̄━イ/:::::::/
/`i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ...  |  r‐一 ´:::_/    それなら最初から東軍と西軍に分かれなきゃよかったでしょうに。
/ノ ,|::::::::::::::::::::::::::::::::::/    `ー ′ l::::::::::::::/
/' |:::::::::::::::::::::::::::::::::/  z'二二_)  |::::::::::::/
ヒ/ムーt-;;、__:::::::::::/   、 __,,    |:::::::::/
ミ、`ー=|   ヽ ̄``'' ┃     ┃ |::::::::/
⌒ ̄`メ、   \   ┃     ┃ ,L;;;ノマ-、
 ,,;;'''  ⌒ン-‐-,`_、┃       l/ノン/ ̄⌒ヽ、
   '´/     `⌒ソ´ ̄`'''‐kアーくー、⌒ヽ´ ̄`\
   / ,       /      ´'' `、 }  ヽ  ヾ   ヽ
   l /       ,イ、         人     i\   |



          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |  すまんだろ
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \


うっかり駆け寄ってしまいそうになった信幸だが、家臣に諌められて事なきを得た。

334第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:06:06 ID:oqcTIaqU

その後も徳川家はあの手この手で上田城を攻めるも、損害を増やすのみで陥落すること適わなかった。

  ,,-'""""'-,,         ,,ゴォ ォ オ ォ: :(⌒):.;''
,,-'" ;;,, ;;;;,,,, "''-,,,,    ,,-''' ;;,, ;;:.;'' _,,._(⌒:.;'':.;'''''''
  ;;,,  ;;;..,,  ワァァー";;,,-''",,;;;;'';;, :.;(⌒-‐''"(:.;'''':ノゴォ ォ オ ォ
,,,;;;,,,;;; ; ;;   ,;;;,, ,,-''  ,;;;''' ''.;'.;⌒):.;'':.;'':...; ;;;,,,,,,
 ワァァー  |] |]   |] .;:.:(⌒(⌒ノ ノ;'':.;'':;
      | ̄| ̄| | ̄:.;(⌒ノ..;:.|],,      ワァァー
        ''';;;;;;;;;;;|];;(⌒.;:..;:|];;;;;;;;;|];;;;,,,,,   |]]
"""''~""''' ‐- ...,,__     ,,,,'''λλ;;;;;xxxxxxxxxλλλxxλλλ
yy,,,, ワァァー         ̄""λλλー、,,,,,^-λλλ`ー''"'λλλ-


このまま時間だけが過ぎると思われていた戦況に転機が訪れたのは九月九日。
秀忠の下に、家康の西進の知らせと関ヶ原への合流という新たな命が届けられたのである。

             |::レ'::::::::::':::::::::::::::::::::::::::`丶、,___
            _,、!:::::::;r':/⌒::::::::::::::::::::`ヽ、:::ニ=-
         ー=ニ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_
          /::;:::::::::::::::::;::::;::::::::、:::::::、:::、::::::::::::::::::<´
          ノ:イ:::l:::!:::ト::::::、;:丶::::ヽ`ヾ'、 ,`i:::f^ヽ:、:ヽ
        ー'" !::ノ::ト、:!\:ヽヾ、``ヾ,.ィ≦、 !;:!ノ〉)'i`ヾ
      ,...__  ノイ:::ヾ`ラテ=-;、 -'〃ヘ;;;リ' レ_/::|    急がないと…こんなところでグズグズしている場合じゃない!
       ,」、、ニヽ  Vハヘヽゞシ`    ー ''´  /!:/'
     | { ヽ(\  ' ゝヽ`"´ l        / |'′
     /' ノ   | } l     \  ` __    / |
    ,{ ト,...、 ゞ  |     丶、´ ‐   /   l
    l rヾ-f    /         `ヽ-     \,..-.、__ __
      ヾヾr{   /       __ ノヽ  /   /:::::::::::::;::::':::::`ヽ
     ヾYヘヽ  ,ゝ-、 _,.. -'ニ-'´ ノ ノ-,. -':::::::::::::/::::::::::::::::::
      ヽ ヽ /:::::::::::ヽ:::::::(´  `丶 ,..:‐':::::::;:::-':::/:::::::::::::::::::::::::
       \/::::::::::::::::::\:::\_,. ‐':::::;:- '" く::/:::::::::::::;::::::::::::::::::

秀忠は上田城に押さえの兵を残し、一路美濃を目指して強行軍を開始する。

335第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:07:12 ID:oqcTIaqU

結果的に上田城は徳川家の攻勢を凌ぎきり、第二次上田合戦もまた真田昌幸の勝利で幕を閉じた。

 /   | . /       _ zー'' .ヽ    i  ヽ      |ヽ                                /
 |    | ./     zrュ''^     ヽ   i   丶    .i ヽ                             ,/
 |    V    γ` |        ヽ  キ=ュニー\  . ├ュ_ゝ                          ,>'¨
 ∨      /| .  i   z-ー三〒¨ヘ氏ー-ミミヽヽ   .i.  \                 __ >-'¨
、 ∨    ,イ 人  ゝ''¨^リ .ィ'      丶ゝ   ゙  ヽ   i.  ,,ィメニニニニゝ       <二
 ヽゝ  / .  / Y.i. i  リ   冫 '. 二二二ミ 、    ヽ、i     \、             \___      
     / _∠_/ .i .i .i  ノ    ./      丶         zェ=ミヾ、\                  ̄ ̄ ゙̄フ
.\   iγ'    ヽi .i .iノ . . ./   γ'. 乙丶              ヽゝ ¨゙. メ               __z- ´
   ゙-y.  .r=ュ、 | .| .| .   .|  . |. ..|  .|         γ⌒.i:ヽ .ヽ  ./    でー=、___z-ー''^
    i   i  r=入| |  .λ      弋つ`.-.ソ         ハ ノ |  |  /⌒ヽ    i
    i   i i ____| |  |キ     ---ゝ ==ム         弋 >ゝ.ソ  ノ /    |\  i
    キ   γ  .| |.  .| キ                    . ゙̄`ー-   /ヽ   ノ  ヽ .|
    キ  ヽ  | |   |.λ                          / フ  /   丶 |
     .∨  `-.|..|   .|.λ                 ゝ       .i / ./     .キ|
      ヽ、   | .|   | .λ                         |/ ./ 
        .>.|    キ .λ      ー ___          ノ    i ./
        /  i     キ ∧             ̄~^¨'''ー-ー'    . iノ 
       ,彡イ. i  .  .キ ∧                      .|
      / ./ オ   ..キ  ∧                     .|
        i/ ..i    .キ  ∧                . . ./
        rt==.i.     .キ   ∧                 /
       / . ̄.i.     .キ   _>             . /               . z へ ー-弋 <
      ./    ,キ   . . i/    > 、       zイ= 入          _.z-r'' ̄    \ ∧ .\
 ゙̄ー<__/     キ__  キ . ̄`ー--ュ ___ `丶- イ._.ェ亠 ̄ ∧     >ー''           \ ⊥  .\
      \         ̄`-ゝ        . ̄T ̄       ∧ >ー''          __z=ュ、  ヽヽヽ  ヽ___
        \                    |          Y          >ィ'''^   ∧   Y ヽヽ \ヽ


この戦いを通じて、真田昌幸という武将の名は「戦巧者」として全国に知られることになる。

336第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:07:50 ID:oqcTIaqU

一方、急遽美濃に向かった徳川秀忠の部隊であるが、
道中の悪天候に阻まれ、九月十五日に関ヶ原で行われた決戦には参加できなかった。

      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
.     _,k|´|‐´`ー''7____
   k'´: : |´|: : : : : : : :<__
   <´ : : :|´| : : : : : : : : : ,>
  / : : : |´|: : : : : : : : : :,>
  `> : : : |´| : : : : : : :_: : `.、
   `、 _,;,;,|´|;_: : : : :,/ .iイ ̄   大一番に間に合わなかった……
.   ,f´  . ̄ `ヽi'´ `´ ,!
  /      , '´:`.、-‐'
  ,!,,,,,,,,,,,,__  ',:.:.:.:.:ヽ
 f":::::::::::::: ̄`ヾ、:,;/,!
 i::::::::::::::::::::::::::::::::i ̄
 ヽ,;__'、;;;;;;;;;;;____;イ
.  `ー'    `ー'

通説では、秀忠が美濃に向かうことより真田昌幸を攻め滅ぼすことに固執し、翻弄されて目的を果たせず時間を浪費し、
挙句の果てに関ヶ原に参加できなかったかのごとき言われ方をしている。

337第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:08:28 ID:oqcTIaqU

だが、関ヶ原に対する秀忠遅参の原因を、秀忠個人の能力に押し付けるのは聊か酷である。
軍勢自体を大幅にロストしたわけではないし、上田合戦については当初の命令の範囲内の話でしかない。

     _rvイ¬__
  <: : : : : : : : :>
 ∠: : : : : : : :_:_:_f^ハ、       _
  レ: : : : : : Z/∠  <`ーrr‐ァーイ:.:.:.:.\
.  V: : : : :l l/‐'ノ  |  |:l:.:|:.:|:.:l:.:.:./ ̄}
.  ゝト、ニ ,__  ,-, |  、ゝ: l:.:|:.:|:./:.:.:.:.:.::ト、
      ̄`ー`-―/ ̄` : ハ:.:.\/:/:.:.:.:.//:.ヽ
           l :‐:‐ ::: \../- r‐':.:.| ̄ ヽ
           ',  :.:    :::.: l//:.:.:| :  ゙ . 、
            l :.:  ト、    レ':.:.:._:.:.」 ゙ . : ヽ
           |.   |  ̄`ヽ.V´:.:.:.:.|  :  :/>、
           l     |      }<.:.:.:',  .ィ /:::::L
            ',.   l      /:.:._:._:.:.|(-)イ:::{:::::::::::::\
              |   {    レ':.:.:.:.::.y::.l:::::l//⌒::::::::::::

もし悪天候がなければ、家康からの新しい命令も早いうちに届いていた筈である。
上田合戦も発生していなかったかもしれないし、当然関ヶ原の決戦には間に合っていたことだろう。

不運から風評被害を被った秀忠。もし天候に悩まされなければ、
その采配を関ヶ原の地で存分に揮うことが出来たのではないだろうか。

338第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:09:02 ID:oqcTIaqU

一方、上田合戦で勝利した真田昌幸であったが……
関ヶ原の決戦において石田三成ら西軍が敗北したことにより、彼の運命もまた転落の一途を辿ることになる。


                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_
          /⌒ヽ / ヘ ?三三三三三三三≧x、`i
          ,'    ∧   l ?三三三三三三三三l|! l7
            i    ,' ヽ  l i三三三三三三三三三i イ!
.           l   ノ;/ ヘ l 弌三三三三三三三三l/! !
          l /ヾ /  i |○ )三三三三三三三iji |∧
         / /}′  ij.ノヽ、.__ ̄ ̄¨¨"""''''''''(○/ヘ∧
        ヽ/ /     i!        ̄  ‐‐‐  --┬′イ l
           /   /     |            / /   |! |
.         /   /    |            /   ム\ |! l
        /   /       !        /  /  }  ヾ∧

                                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ

339第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:09:58 ID:oqcTIaqU

おまけ

第二次上田合戦の最中、徳川秀忠の使番である島田兵四郎は、冠が岳にいる先陣の石川玄蕃との連絡を命じられた。

 ヘ、"\〃" "|  // 〃
  N` "ィ⌒\‖/⌒ト/ //
_-ヽY ヘ」_ u V U゛ //∠_
_ ; ;r~ヘ=\"i /=r ̄Yノ/
; ; ヽハ ト、 ~。y乢。~几=イ ト-~
ヾ- ´ ~ス"U~´ r ' ~" ノ ト;;    上田城を挟んで本陣の反対側だと!?迂回したら時間のロスじゃねえか。
、_) ` / }、  {三ミ}  〈 _」r ̄    くそったれーーーー!!!
、>  ミ ト-ト、_ // / ` 二
_)゛   入リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ノ (_、
フ r ヽヽ/二ニ ̄二ニt 丿 r~
ヾ_人ノ゛   | |   ヽ、_と
//ミ、____」 L___//"ミ
ヘ、TT ̄7/二二二二ヘ「 ̄´/
 ヘ'   { {____} }  ノ
  ヾ  { L____」 }  /

    【島田兵四郎】

340第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:10:37 ID:oqcTIaqU

おまけに、兵四郎は周辺の地理をよく理解していなかった。そこで上田城の門に近づき…


     N;;;;;;;;;;;;;;;;;_ -ヾ;;;
    ノ;;;rヾ ;;γ~   ヘ;;
    ヘ;;/  V ."  ミ ヘ;
    N;ノ-、 : "/~フリ _」   オレ様は江戸中納言(秀忠)の家臣で島田兵四郎様だ!
    ヘ;ヘノ\川レ`/ヾ ヾ;
     'Y{ _・Y"k ・ ノ  〃   クソッタレな主命のせいで冠が岳まで使い番をしなきゃならねえ!
    (//}~"ム_二 ̄、  6
    >/ノ に―ヽ}   r-   さっさとその薄汚い城門を開けやがれ!!!
    (/< ヘ川川|}   ト-
!!    >ヘ ハr⌒゙ハ  /
    r'///ヘ にニン/:
T~ヽ ト、////'-__イ::
| |Y|)ヽ、////'フヾ:


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

341第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:11:35 ID:oqcTIaqU

          l      /    ヽ    /   ヽ \
          /     / l    ヽ /      |  \
| し な 間 〉 //  l_ , ‐、   ∨ i l  | |    \      は
| ら っ に |/ l ,-、,/レ‐r、ヽ  |   /`K ,-、 <   し
| ん て あ   / | l``i { ヽヽ l | / , '/',` //`|_/       や
| ぞ も わ    |> ヽl´、i '_   。`、llィ'。´ _/ /,) /\    ろ
| |   な   |`/\ヽ'_i ,.,.,.⌒´)_ `_⌒  /__/l  \       く
っ   |    く    |/ / l´,.-― 、l`ー一'_冫 /l l |   /   っ
!!!! |        \ ', /  /`7-、二´、,.| /// |   /
           lT´ {  /  /  ト、 |::| /// /  /    !!!!!
          l´ ヽ、 > ー    ,/ |ニ.ノ-' / / _
              i``` 、/ }    ',,,..'  |-'´,- '´     ̄/ ヽ∧  ____
           \/ ' \_  `´ノ7l´      /    // ヽ l ヽ
         / ̄ |      ̄ ̄/ ノ L___/      ★  U  |
        /   ヽ      /`ー´     /l                 |


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   味方に連絡する為に交戦中の敵情を通してくれとか前代未聞すぎるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


本来であれば矢の一本でも飛んできそうな要求ではあるのだが……

342第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:12:26 ID:oqcTIaqU

   大した度胸じゃねえか。     │
                      ノ
   門を開けてやれ。      ,弋'´
               _ , -,,"::´::::::ゝ-
───────,,',,-,,";´::::::::::::::::::::::::::::::
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    丶、  \::::::::::::::::,ィ-y;;メヘ::::::/- 、
     \゙';‐-::':::::::::::ィ-‐ノ'' ─l::/─
       \::::::::::::::/ __    '⌒
           `''''''ナ{: ' ヽ   ⌒ヽ
          メ /i  o ノ    o ノ
         _/ / |
    ___ /  ,/  /i   、'      r
   \    ,"   i  、  ‐-、    ,イ
     >、 _,/  ,/‐-γ 、__  _,,/,"`T;
    i,  , ヽ_  ,/;;;;;;;;ゝ    `Y´   l;;
  ,、_ノ 、  i  ,「´;;;;;;;;;;;;;;丶、  .|  _ノ;;;
 ヾ 丶 ヽ |  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''`、.,一 ' ̄;;'''';;
  ,〉 ヽ ', i  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''`、y ,-、`Y_ノ;;
,_ハ、  ゝ '、l  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;、, Y' i   l Y`,;;
 \ ヾ ヽ .i  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;'i `- '  l,;;;;;;


意外にも、昌幸は兵四郎の口上に大層感じ入り、城内の通過を許可した。


          | /    \ j冫`ヽ        /
             | |   ヽ / | 卜  |      /
           ||  /\ ヾー'  | /     /
            |  |/´     ∨/     ´' -,,,_    フン、少しは物分りのいい連中のようだな。
          |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´     帰りの時も使ってやるぜ。ありがたく思えよ?
           |、_| / ,,         ヽ、
           ) ` ´       〉     ヽ
           /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
            `~'''‐'、   /;;     !   \

343第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:13:18 ID:oqcTIaqU

そしてその言葉通り、島田兵四郎は帰りにも城に立ち寄った。


         //"////
      /|/|"/  ///
      /|/"レ|/" / ‖ //
     //ノ/v/ ̄ ̄ ̄ヽ/
     ル/|/   __
     ||/v   /_/  ノ
     |/"/ //|   レ
     < ルレ J /     /
     丿、L' ̄
~i    <ー  ゛ ヽ          また来てやったぞ、グミくらい出したらどうだ?
=|     | /
_ノ    丶 ―      /
 し⌒ヽ  丶 ≡   = /
  / /    \ ≡/
 "(_ノ       二|ヽ
  /|   __/ /:/ ノ\
人_ノヘ/ ゛  /:::| |ヽ
゛゛  ヘ/  /::::::::/ ̄ ヽ
__/、 ノ |::::::::::| ̄ ̄\
  /|  |゛_ ヘ:::::::ヘ
          ,/


     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \  図々しいってレベルじゃねーお
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/

344第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:13:51 ID:oqcTIaqU

                     ノ::::::::::::::弋_,ノ:::::::::::::丶
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    ,/
                     ./:::::::::::::::::::::::,ヘ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,/i
             lヽ /::::::::爪─ヘ:::::i─ヽ::::::::iヘ:::::::::::::::::::::::::/
             l:::::`'::::::/l i レ─\!─‐\:::i'-ゝ::::::::::::::::::/
               \::::,-‐、N;ソ   ,ィ一''  ヽ!  ヾ::::::::::/
              Y,へ/,/ i.     、_,,,   ゝ_ \:::::\
                { l( // !  ""  ` ̄´ , ヾ、、/ ` ̄ ̄   ハハハッ!グミは出せねーけど、
                ヽノ/ /      _  -ゝ  /ソ       後の合戦のために城内を案内してやろうか?
                _/ /  /ト    い  ̄丶_ /´
.          、-‐ "´  ,イ  ./:::!.丶  丶.  ‐-ヲ/
         \    ,ク   ./ `.l  丶、 `‐‐ '"ノ
             ゝ/   /.  l   '';;丶_,/l
        _ -─、─ ` 、 / . r‐┴'‐─一Y'‐‐一ヘ  _ ,, -─"`τ´ヘ
     /丶 -‐ヽ  v'─┴ -      |  _, ‐ ト´,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;,, `i⌒F丶


   ' , \、 、|       ヽ   l / /    ヽ,   / /  /
  ``ヽ  ヽヽ! ,  lj   ヽ  i/ , '  u  !/ /  /
  、 ヽ\ ` l_/ /`ヽ、   ヽ/ / ,. ' ´ヽ l ,'/'´   /__
  、 ヽ、 ,へ、/ ,ヘ``ヽ、ヽ. ` / /,. -‐,´ _!,-、 / /'´/
 ヽ\`` l l^ヽ,',  ',  oヽ`、} レ/o   ,'  〉"^l//'´/
   \、 l l r' ',  ー―‐",`ー´`ー―‐'  //_',/_,. -;ァ     なん…だと!?
    ,.ゝ-\ー、 ','"""""  ノ_ ゛゛゛゛` /'_j /  /
    ``,ゝ-ゝ、_',u     r====ョ    /-/_/
     ´ ̄``ー,ヘ    `====''    /=''"´
          ,'、 `ヽ、,:' -‐-  , '``>、
         ノ`::ー-、_\__,/_,. ::'´:::::冫二ニ77ー-
  ,...-、‐ニ二{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ〃::::::::
  :::::::::ヽニ二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/二二ニ〃:::::::::::

345第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:14:27 ID:oqcTIaqU

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  そんなことしたら機密駄々漏れだお?
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



           /
           /:::i
        /:::::ハ、
         /:::::::::::::`ゝ、
        i:::::::::::::::::::::::::``‐-.,,,,、,  ヽ、
  ∧    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、/ヽ
  |::::\_ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.   i:::::::::::`'┘::::::::::::::,'、::::::::,‐-'、,::::::::::::::::::!ノl
   !::::::::::::::::::::::::::::::/_/::::::/__ ̄ヽ:::::::::::/
   \_::::::::::::::::,-" /:::/     `Y、\::/
  _,_/:::::::::r⌒ヽ ' ´ /⌒'ヾ  i;l⌒ヽ/    かまわねえさ。城には様々な備えがしてあるけど、
  \_::::::::::::::::〉 ,-‐、    (;9)   リく`', }     それだけで合戦の趨勢は決まったりはしねぇ。
      ̄ ̄フ 入 9 ;          、 ソ、
       / _/ ヽ '' _,         ィ<_::::ゝ
  __ / // /|          ./ ィ-‐´ ̄入_
  \_ ,/ / / .i  ─     //  - ",-<//
        /´ /  丶、 _  イ/ - ",-<//////
     <__,/      _/ ィ-<///////////
           , - "´   ∨/////////////
             /ヘ⌒` ‐ - ∨///////////

346第二次上田合戦:2010/01/02(土) 11:15:11 ID:oqcTIaqU

              |ヽ
             ,ヘノ:::::ヽ
           /:::::::::::::::::ヽ
        /| /::::::::::::::::::::::::::ゝ
       /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|
       |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::|/
      ヽ:::::::::/    !::::/   !:::::::::::/
      \::::::::>    V    <:_::/    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヽ「`|〒=。,_ ;'=。ア´|. i   / フン、成る程な。城を守るも人間、城を攻めるも人間。
        ‐ゝ、!  ̄ ",  ̄  !ノ  <  戦とは所詮人と人の力比べに過ぎんということか。
         `∧  ,_ヽ _,、   ∧´   \_______________________
―┬─┬―i⌒/  \.  ̄  / ヽ⌒i―┬─┬─┬―
  !   !  |  | |.  ハ`ー-'´ハ  | |  |  !   !   !


                          ____
                 /!        /:::::::/
              /:::∧      /:::::::::::/
                 /::::::::::ヽ     /::::::::::::::::{
             /::::::::::::::::::\  /::::::::::::::::::::ゝー::-...、、
             i:::::::::::::::::::::::::ヽj::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、    ,}
             l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  /:j
             ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::/ ,イ
         ヽ、、  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
          \:>..、...ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           `'<;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;、::::く
                 `>:::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::::イ::::::::::/"´ ̄  }ヽ:.、
         ー=<´:::::::::::::::::::::::::::>"/::::::/ /::::::∠______ノ⌒ヽ`ヽ
             ` >:::イイハ'´>メ、/ー‐/:::/_∠ ̄`i:〈γこ }   そうさ。だからこの城を守る人間一人一人の顔を、
              // ノ/ ハ (弋:jソ` `"弋イソ`)  l:ハ⌒)/   よーく覚えておけよ?
                  ′/ / /ハ  ー‐    ー一   リ し' /
             / イ  ヘ∧     、,         /ゝ ,ノ
                /  / / /    '、     、-_、     イ:::::\
            /  / / /     ヽ   ー    / ト!´ ̄
            ヽ / 〈_ |    ,r ─ | ヽ     イ    lー 、
              ∨   ヽj    i `ヽ _!、__`_:::::_____|._ノi
                     ┤         |     ├


こうして、昌幸は自ら案内して兵四郎に城内を詳しく見せてやり、その後門を開けて帰してやったという。

                   /    /    ./      _|_  ─    / ̄ ̄/ヽヽ  _|_
                 _/|   _/|     /  \    |   ─  / ./  \/     |   ───
                   |      |   /    ヽ    丿   _/   ._ノ.     .丿

347名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 11:16:24 ID:oqcTIaqU
以上です。

専ブラの文字化けはマジに予想外だったorz

348名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 11:19:10 ID:s8n1ccxk

>>311は上田ブルグのコピペですね
締盟を結ぶと、裏切られる確率が950%(2人に1人は9回裏切られ、残りはもう1回裏切られる)

349名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 13:03:33 ID:ror6r4kE


昌幸って結構短気なのな…

350名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 15:32:47 ID:xxCT1Mhc
連日の投下乙

351名無しのやる夫だお:2010/01/02(土) 19:10:54 ID:KjdeCvxU
乙、面白かったよー

352名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 11:02:39 ID:yZK8c6q.
>>341の訂正

×

  /    (__人__)   \   味方に連絡する為に交戦中の敵情を通してくれとか前代未聞すぎるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /




  /    (__人__)   \   味方に連絡する為に交戦中の敵城を通してくれとか前代未聞すぎるお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

353名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 11:03:10 ID:yZK8c6q.
>>348
上田ブルグについてkwsk

投下します。

354第二次上田合戦:2010/01/03(日) 11:03:49 ID:yZK8c6q.

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                        慶長五年 九月十五日




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

355九度山配流:2010/01/03(日) 11:04:39 ID:yZK8c6q.
のっけからタイトル間違えたorz


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                        慶長五年 九月十五日




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

356九度山配流:2010/01/03(日) 11:05:10 ID:yZK8c6q.

関ヶ原の決戦は東軍の勝利で幕を閉じた。

: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : |-|l―|-ヽ-: : : ヽ: : : : : : :\: :.\
: : : : : : : : : :/\: : : : : : : : :.:|: ハ :|  \: : : :ヽ: : : : : : :.ヽヽ:.\
: :|: : : : : : :/ /l: : : : : : : : ハ:l  |:|二二、ヽ: : : l: : : : : : : : ヽ\: \
: :|: : : : : ://   |: :|: : : : : :j |:l  |:| {::::`ヽ\: : :ト、: :\: : : : :l  \|
: :|: : : : : :|' |   .|: :!: : : : :./ .リ  レ ヽ::::::::} 〉:.:.| ヽ: :ヽ: : : :|
: :|: : : : : :| .| /´l: :|: : : : /     ヽ `ー' ハ:.:j  ト|: :|ヽ:.:.:|
: :|: : : : : :|/-、ヽ|ll:: : : :/    三 ." ̄  V   l ヽ| ヽ :j        どうしたこうなった
: :|: : : : : :|{:::::::::ヽlハ: :./;;    \ ゛'         l }|  V
: :ヽ: : : : :| \::::::ノ/V       ヽ         |_/j
: :: ::ヽ :: : lr‐、_,/ "        . j         |_ノ
: :: :: ::ヽト lT~ "  ,   ,                  j
: :: :: :: : | \l     ;;;      ,==ヾ、       /
: :: :: :: : | | |  ;;;          /_,-‐"^ヾ     /
r―― | | |  ″        | |       `ー-/
ヽ  ̄ヽ l | |            | |        /

        【石田治部少輔三成】

357九度山配流:2010/01/03(日) 11:05:35 ID:yZK8c6q.

このとき、沼田を守る小松殿には一つの懸念があった。


                      .、.-:.:ー─:.:-. .、 _
                    ,.ィ:.`ヽ:´:.:./:.:.:.:.:.:`:.:.ー:..、:.:.`ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.\//:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:`::ー.、:ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:/ヽi:∧:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.;.:∨iヘ
               /:.:.:.:.:!:.:.:.l:.:. !ヾVノヘ:.:.:.:.:.l:.l :.:.:|:.:.:.:.|:.:.V:.:ハ
           /:i:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.|    }:.:!:.:.:l l:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:ハ
            |:.:!:.:|:.:.|__:,|;.V:!    i:.:l:.:.::l斗:十:.:.:.|:.:.l|:.:.:.:.:}
            |:.:!:.:|:.:.ト:.:`!>!、    ム匕千ミxノイ:.:.:!:.:.リ:.:.:.:/!
           ヾト;:∨∨Vjィ云      イに心ヾゝ:ノー:.':ト;/:.:|   まずいわね…
               ∨Vヘ イに::ハ      弋::;;ソ  |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.|
                 \!:.ヘ 弋::ソ ,          |:.:.:.:.:.j:.l :.:.:.:ト、
                    |:.:..ヘ     ` _     ij  ハ:.:.:./:.!.:.:.:.:|:ヘ
                    |:.:|:ハ    `ー‐ `     .イ:./:.:./:./:.:.:.:.:i:.:∧
                    |!:.!:.:.:.:.:..、        /ノイ :./:./.:.:.:.:.: ト;.:.∧
                    |リ!、:.:.:.:.i!:.:.>.. _ .イ   !:/:./:.:.:.:.:.:.:.i: ヾ:.∧
                    |:.:.ハ:.:.:ハ/:/:.: j     /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l::7ー-:.:\
                    |:/:.:.:.∨:.//>..-..、 ___ ./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.i./: : :./ `ヽ、
              ┌‐┤:.:.:.:.:.:.:.i/ - ― - 、 ,//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : /    ヽ
              ∧::: |:.:.:.:.:.:.:.:.l/:´: :`:\//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/: : :./        i、
              / ∨:!:.:.:.:.:.:.:.:l: : : : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://: : :./       | ヽ
.             /   Vi:.:.:.:.:.:.:.:.!: : : : : :../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/: : :./ j        |  j
            /     i!:.:.:.:.:.:.:.:l: : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./: : :./ /         !  i

                 【真田信幸の正室:小松殿】

358九度山配流:2010/01/03(日) 11:06:29 ID:yZK8c6q.

同族である真田家が治める上田と沼田。沼田には上田城に篭城している者達の、親類縁者が多くいたのである。
もし上田の篭城衆が沼田の人たちに工作してくれば大変なことになる。

               \  __  /
               _ (m) _ピコーン
                  |ミ|
           -‐'´ ̄'´ ̄` ヽ、
         //, '///`´| | | ヽ 、ヽ
        〃 {_{ レ|  レりりリ .l彡|
        |!小 l━   ━レ| l │ |  そうだわ!
         .ヽ| | ●    ● | | |、|
         | l⊃ ___, ⊂⊃ | |ノ.|
     /⌒ヽ__|ヘ   `ー'   j. /⌒i !
     \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /|
      /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
      `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

そこで小松殿は一計を案じ、城下にあるお触れを出した。

359九度山配流:2010/01/03(日) 11:06:59 ID:yZK8c6q.

一方その頃、上田城では

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;|\;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,
;;;|__\;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶- ‐--一´
;;;;|─‐\;;;l= ̄ゝ,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
\|::ι::l,ヘi ,-‐、, .‖ヾゝ;;;;;;、‐-、_`>
:::::::::::::::::_  (゚c) ' ,/ソ / \;;;;ヽ        ……負けた!?
::::::::::::::;;;;;;;;: ̄  /'ソ /―-、 \|ヘ
:::::::::::::ゝ:::ι:. / /       .Y´  \
::::::_`_´、:::::::: /ノ       iヽ     \
::::'.-‐´:::::::: /         l |ヘ,    ト
::::::¨::::::::::'/ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  l.|  \ l

【真田安房守昌幸】


                       _____
        ,..-‐-、__       / \ , , / \
       /       ヽ    // ,.-、ヽi!i!i!i!/,..-、 ヽ       まだだお!まだ負けた訳じゃねえお!
      /  '´`ー―−イ    /  ヽゞ-' ノi!i!i!i!ヽゞ-' ノ ヽ
     . / ./ ̄ \   }  ./     i´  人  `i     ヽ     大阪城は健在!
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |
    . / /   \    ヽ   l|    ヽ  |!!il|!|!!il|!|   /     |    総大将の毛利輝元殿も!
   /   ヽ   \  /  l \     |工工工|       /    秀頼君も!
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、      万単位の軍勢も全部残ってるお!
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\    諦めるには早すぎるお!!
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

                  【真田左衛門左信繁】

360九度山配流:2010/01/03(日) 11:07:28 ID:yZK8c6q.

                             ____
                       /:::/
                      /::::::::i
                       ,イ  /::::::::::::::i
                   /::! /:::::::::::::::::ヽ-:::¬::-..、,_      i、
             i、      {:::ヘ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    i:ヘ
              |::\ _     ヽ::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  /::::j
              ∨::::::::`:>ー-..ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::/
             ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:::ヽ、
             ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::/!::::::::/''"´ ̄   _jヽ::j
                 ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ
                 /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´_,∠_ヽ::://こ }
            ___/::::::/ラ/ヘ`メ、  /:∠イにヾ j:/ }ソ /    そうだな。この城とて早々落ちる代物じゃねえ。
                 ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ      /     東軍の連中にもっかい目に物を見せてやる!
                /  .イ  ト ̄         /ヽイ;ゝ
                 /  / /  / ヘ `_       ′ トゝ
                く  /  /  /   ヽ   `   /     |
              ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
                  ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ
                              /  /   _ ,.、<::::::::::::::::::::7//`ヽ    \
                 __,,,、r──‐<::`ヽ/´::::::::::::::::::::::::::::::::///    ',     i
               ///´::::::::::::::::::::::`//:::::::::::::::__:::___::::::::::://イ      ヾ 、    l
                 {イ//::::_、::::::::::::::::::://::::::::::::///:::::::::/∧ j       } }   l
               !;//:::/\\:::::γ⌒ヾ、 ///::::::::::::// ∨     \ノノ   ヽj
               〉/::::::\. \ヽ{{::::::::ノノ ノ ノ ノ::::::::::::::://   j       i }\   \
                  {/::::::::::::{{ { ゞ=<ノ ノ ノ::::::::::::::: //   くノ    l |      }
               /::::::::::::::∨ヽヽ/¨ヘ / /:::::::::::::/´    イj     | l       イ

361九度山配流:2010/01/03(日) 11:08:03 ID:yZK8c6q.

と、そこへ沼田からの急報が届く。

          _∩
         /;;;;;;;;;;;|
         (´A`;)    申し上げます。
        / ||y/|| ヽ   沼田にいる我ら篭城衆の親類縁者がみな沼田の城に入ったとのことです!
        (,,)=∞=,(,ノ,
       (.___(_,,,ヾ)、


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

362九度山配流:2010/01/03(日) 11:08:36 ID:yZK8c6q.

                     ,.-、  ,...、
              .. ‐ ,二フ..::..:∀:..:..\
          r/:..:_ノ:..:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:`ヽ.、
          j´:..:./__ - /_:/_/:∨ヽ:.、_ィ:\:\
        _l!{:.∨:..:./::..:|::.:l|:.トミムィ'「.:|::..}:ヽ:ヽ、}
       /..:{:..:.!:..:.||:l..:|_:斗ト!、 z土ト:/:..:.ト:.} |
      j:.:.::.ハ::|::.:..!l:K≦弐ミ「  _チ=K}::.::リ }′
      _ムイ:..:..l:.ヽ::.:...K{|::::ィ「`    h::リ7:イ´     所持物騒な折だから、皆を慰めたいと思うの。
    /..:.::.::.:..:.:.:!::.ハ:::..:{ ヒzツ     _,ー'´ハ:リ      諸士の老母、女房、子供達は自由に城に来ていいわよ♪
  /:.:.::.:.:.:.:.::.::.._:l::.`ヽ::ト、    {' ̄ リ′/:〃‐、
.  {.:.:.:.:.:.::.:/´::.:_ヽ{:.:..\> ._`ー'..イ>イつ  }
  V/::./了⌒(_,ト.ヽ::...:l:| Yニ|丁::.:/  ヽミァ'′
  {/:/   ト、___,小ヽ}::.:.リ、 Y´j/|::./ト、_ /´
   |:{   ヽ`='  ハィト、ミV/!'_ノ
   ヾ、    ヽ_人   >t‐チ、
         ノ. . . ...`7ヽイハ∨
        く. . . . . . . ト、 :|:|..:ハ:.〉
        {_ト、. . . .|.ヽzイ ′
          ̄`iー‐' ̄|ノ
                ト __./!
              ヽ   {
             \_ト、
               `ー ′

                   ';';,..
                    '';;';';;,.,
                      ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ  _/ヽ /\___/ヽ
   /        \/      /         \  /        \
  . |           |       |           |  |           |
  |           |       |           |  |           |
.   |           |       |           |  |           |
   \        /\      \        /    \        /
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\   /`ー‐--‐‐―´

このお触れに、沼田城下の者達は心細さもあり、次々と城に入ってしまった。

363九度山配流:2010/01/03(日) 11:09:10 ID:yZK8c6q.

これは小松殿が篭城衆の人質を一手に握ったことを意味していた。

                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'     惨敗……だよな、まったく。
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_
          /⌒ヽ / ヘ ?三三三三三三三≧x、`i
          ,'    ∧   l ?三三三三三三三三l|! l7
            i    ,' ヽ  l i三三三三三三三三三i イ!
.           l   ノ;/ ヘ l 弌三三三三三三三三l/! !
          l /ヾ /  i |○ )三三三三三三三iji |∧
         / /}′  ij.ノヽ、.__ ̄ ̄¨¨"""''''''''(○/ヘ∧
        ヽ/ /     i!        ̄  ‐‐‐  --┬′イ l
           /   /     |            / /   |! |
.         /   /    |            /   ム\ |! l
        /   /       !        /  /  }  ヾ∧



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j    無念だお!
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

これには昌幸もなすすべなく上田城を開城せざるをえなかったのである。
彼ら親子は一転して敗将の立場に立たされた。

364九度山配流:2010/01/03(日) 11:09:45 ID:yZK8c6q.

既に逃亡した石田三成などの面々は捕縛されており、
彼らの処罰が確実視されている中、真田信幸は舅である本多忠勝の下を訪れた。


                                    /i、,,-ーフ,、__
                                   iヽ/i/::::/∠_::::::::::::::`>__
                                  |::ヽ:/:///::::::/::>::::::::::::ゝ
                                 |ヾ::V:::/:,彡ソハヘ;;;;;:::: ̄´\:ト
                               γ升/`"ヘL__,,、__ヘ /`二ニ:::\
                               !/≧ `"''i斤┬,r、 く;;:::ニ_\::>
                               .  'fj_)   ヾ┴ ′  ミ::::::::::::\
     そろそろ来る頃だと思ってたぜ。        /フ            ミ>=-::ヘ一
                                〈 ヽ          γ´ヾラヘ
                                   ',  、ー'""'、      ソノ/::/
                                  ',  ` ー ′    ∧≦/
                                 i′       ´ l:l::::|
                                 |:lヽ __       l:l:l:::|
                                 L!   i    _.,、ーl !」ゞ、
                                    イt、,,,、、i´: : : : : : : : :>

                                   【本多平八郎忠勝】

     ___
   / ー\
 /ノ  (●)\          舅殿、単刀直入に申し上げます。
.| (ー)   ⌒)\         
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,   それがし父安房守、並びに弟左衛門左の助命嘆願にお力添え頂けませんか?
 \   |_/  / ////゙l゙l;
   \     _ノ   l   .i .! |
   /´     `\ │   | .|
    |       | {   .ノ.ノ
    |       |../   /

  【真田伊豆守信幸】

365九度山配流:2010/01/03(日) 11:10:19 ID:yZK8c6q.


             ト、_  _
      ヾー-< ̄¨ヾト、. \.ヽ ヽト、
     _ト--'ド=、=三≧=ニト、ト、\}iYi }i ,.ィ
    > =ニト-ドミi、`ヾミli、\ド、Vi:レ/i/
   ≦===< ̄¨ニ=- 、 `ヾ \ Yl/ .lレイ
   <-―=ニ三≧=、ト、 >}-iド!¬iヘi斤K
  ≦= '三 ニ=,.ニ.Z 〃.〃  {{i    { {iヾヽ
  之_Z二〃 ̄ __,.ィ! {{ |{.  |{ト、  ヽ ∨ }}
  ≦ィ'∠,/ ̄,.イく. リ_,」ヒ==≠=ミ;、  z久ノ
   ノイ∠.イi,r<ソ'    ,ィ''::ナ≧    fテ      安房守は大殿に二度も背いた男だ。
   ∠ィ'〃,'{ ¬.、    ` ̄ ´      「i      これを助命するというのは中々に難しいぞ。
   フイ小| '、:::}             \
    ̄}ノ,'八.ヽ-、            _ ,ノ     下手をするとお前まで罪に問われるかもしれねえ。
     '^^!个irr:ェ           ___7
       ド.Ll {. } ヽ       ‐''",. -.〉
        川||.| ト、._        {
      リ  .| ∨    `ヽ、    _ノ
      厶=r:|_         ` T  ̄
    /  く_  ̄¨ ¬------┴、
   / / ノ    ̄¨ ¬-------イ
  ,/,∠.../             \_

366九度山配流:2010/01/03(日) 11:10:51 ID:yZK8c6q.

                                               / ̄ ̄\
                                             / ヽ、. _ノ \
    覚悟の上です。                                |  (●)(●) |
                                             |  (__人__) |
    父と弟を見捨ててまで生き永らえようとは思いません!           |   ` ⌒´  |
                                              |        }
                                              ヽ       }
                                              人_____ノ"⌒ヽ
                                            /           \
                                           /            へ  \
                                           (  ヽγ⌒)     |  \   \
                                        ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                      、
      __ー-===‐ーー''""`ヽ、___ iヽ、 、
      \;;;`ー-->;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;i;;;;;ヽ ;}
   <二ニゝ;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;∨i ,
     \ヾ==< ̄`;;` ̄>、;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;i/i
     ヾヘ; ̄ ̄`::::ヾ:::::::::::::::::\;\;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;レ
      !::::ヘヘ::::::::/ `7;ヘ、::::::::::::::::ヽノ;レノ/ノ;i
      !;ヾ;;ヾ\;/  /;/  `ゝ、::::::::::iソ:::::::::::::ソノ
       !;;ヘ>"   !;!   // \;/ヘ"ヾ:::::/′
       :i ゞY ー-、,_|!    !;i    i;:〉 !;;i′
      人{  ___.,,,,≧trュ、_i;!    _,i/,,、ノ!;!
    _,、=クトし、 `ゼヅ¨`  釗 ≦fセュ7 i/           お前さんの覚悟は良くわかった。
  .三ソ'l:.:.:.:!! :i             i     /___ _          ひとまず兵部(※)に相談するか
  .二.:.:.:i.:.:.:.||八          i   /  `ヽ:.:.:.`>....、
  ヽ_∧.:.:!.:.:.:.:.、ヘ    __ ''′ ,イ:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.ヽ:.:.>.、
  ,_:.:.:∧.:.:ヽ.:.:.:.:.:.ヘ  ´ー-−' /⌒i:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:i
   `'┤:i.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.ヽ  ´ /ソ.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:!
  .:.:.:.:i :ト;;;;;;;;;;;;;;ヽヘ二`ー-..タ∧;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.i!


※ 井伊直政のこと

367九度山配流:2010/01/03(日) 11:11:35 ID:yZK8c6q.

                             /i、,,-ーフ,、__
                            iヽ/i/::::/∠_::::::::::::::`>__
                           |::ヽ:/:///::::::/::>::::::::::::ゝ
                          |ヾ::V:::/:,彡ソハヘ;;;;;:::: ̄´\:ト
                        γ升/`"ヘL,,___ヘ /`二ニ:::\
                         !/≧ `"''i斤┬,r、 く;;:::ニ_\::>
     っていう訳なんだけどよ。     ゞt)    ' 、_ヒ;j ′ ミ::::::::::::\
     何とかなんねえか?        タ       u   ミ>=-::ヘ一
                         〈 ヽ          γ´ヾラヘ
                            ',     __    ソノ/::/
                           ', ヾニ二二`)  ∧≦/
                           i′       ´ l:l::::|
                           |:lヽ __       l:l:l:::|
                           L!   i    _.,、ーl !」ゞ、

          丶、   ヽ        レ'/ ,
       ,. -‐ 、ヾ\`ヾ  \ ト、i' |   /イ
       / r‐ 、ヽ    _z--‐‐‐' ヽ | ,   ,ィ'
     / 〈  ヽ 〉-ー'"    ヽ、 ヽ/ ,/
     | {´ ,. '          }  ∨
  ,. - " l ヽ l             iヽ./   /
''"    ヽ Y            |r':j|   l
      〉            Y´L ノj
\   / ′                 /
: : :\/  {                 {        (簡単に言ってくれる!)
: : : : :\ l   u           \
: : : : : : :\、      r'ニ‐-、  ....::;:: ゝ
: : : : : : : : :ヾ、     `ヽ\\_」'´
 ̄ ̄`ヽ、:.:::::ヽ     、 `Y´
::::::::....: : : :\::::ヽ    ,r゙'´
::::::::::::::..: : : : \::l   /
:::::::::::::::::..: : : : : ヾ  ノ

【井伊兵部少輔直政】

話を聞いた直政は返事を渋った。
もし失敗すれば信幸を殺すことにもなるし、舅である忠勝にも累が及ぶ可能性があるからだ。

368九度山配流:2010/01/03(日) 11:12:30 ID:yZK8c6q.

とはいえ、彼の性格上聞いたからには黙ってもいられなかった。


 ヽ、__  ヽ、
___\:::::`:::::`ヽ`:..、
:::<::::::::_::_:::::__:::::::ヽヘ
:::::::` ̄::"::ー:::、::、:::ヾ:ヽiヽ
:::::::::::::::::::::>::ー:、:、::::::::::::レ/
:::::::::::::::::::::::>ーミヘヾ:∨/:i
::::::::::::::::二::ニ::ニ> `"ヾソ:ノ
:::::::::::::::::::::::::彡" ー、,.   i
::::::::::::/⌒;彡"   ≧r,、_ ',
:::::::::::{/:ソ"′     `'ヘ 〉       用意ならざることだが、他ならぬ貴公の頼みだ。
::::://!ヘ:)         ヽ        私で良ければ、出来うる限りのことをしよう。
/// `て          \
::://    i      _  /
:∨     、       `ゝ
        \       ,`
`"''ー-、、,,,_  ヽ:\   !
::::::::::::::::::::i;;丁`'┐ " ̄´
::::::::::::::::::::l;;;;|:.:.:.:.|i〕
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:二7==l、,_
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:(()ヘ\iヘ\
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヾヘ;;;;;;\_ 〉;;`\_
;:;:;:;:;:;:;:;:;;ヾ==二);;;;;;;ヘヘ;;;;\\

                            ノ    __ ,
                         /::/,、ー'´/ー--ー/ __,,、
                      /i/:::::::::::::::::::://:::::::::::: ̄//_,
                     /i !i:::::::∧,_/´/:/::/ニニソ:::ノ
                    ヽ、i::::::::/∨::/i::::/:::///:::::::::::二ニ彡
                    ヾ:ヾ∨/:::/彡ミヘ"彡::::::二二ニ彡
                     ∨ヾソ〃\:\  }:}"`ー-、彡彡彡
                      /:/i!    ヾ:i  」i,,、-  彡/ヘ
                     .|/ !     斤7"リ      ソ )
      恩にきるぜ。        リ  ヽ   フ 、、,,,、-′   つ/
                          }           ゝ〈ヘ
                            i           / i :iヘヘ
                         ' ー 、. ー - " ´      ! j ヾ;ヽ.
                             \    /    _,ァ:::'.,
                              ヽ-、-     _,、ー′: :∨ヘ、

369九度山配流:2010/01/03(日) 11:14:06 ID:yZK8c6q.

こうして信幸、忠勝、直政の三名が家康に目通りした。


                                                  _ノ!
                                               _,,r‐"-''''''''''''''ー---..,,__
.                                             ノ!/..:'´...:: ..::;;::-‐<,_ ̄
.                                            ,! ′ ..:::...:::::::::::::::::::::::: ̄'''''ー-.,,___
                                            /.:  ..:: .....:::: .......:::::::::::::::::::::::....  二ニ=-
.                                           /..:: .: ..:__..::::__..:::;;;;;;::---::;;;;_::.... :::::. `ヽ、
.                                          /,r'´レ'´ ''''''´ '''''''''z__::‐''''''''''''`ヽ、:::::.. `、`.、
.                                         ,/´            ヽ、::::::::::... ::::.ヽ、::... `、ゝ
                                         /              k'''ヽ`ー-:;_:..  ::::::... `、
.                                        f''''ヽ    ,r‐''''''''''''''‐‐-- kヽ::::::.`:、:`:、::...  :::.、 .`、
  貴様らの用件は大方わかっている。                i´fiヽ     '´f'i'ヽ`ヽ、  ヾ、:::::::::...`、:`、::..   ヾーゝ
  真田安房守とその次男の命を助けよと言うのであろう?    /`ー'ノ     、`ヽ、,ノ__,ノ`   ヾ`:、:::..  `:、`、::..   `、
.                                      / ヽ´      `        k'::..::`:、:..  `、ヽ:   ヾ、
                                       `、  `               `ー--:;_`:、..  `ヽ、   ,>
                                       `、 ー=ニ==--'          i'''''''i ,!::.. `ー---->''''´
.                                       ,rゝ               ,r''´ー.//::...    .,r''´
                                      /::::: !              ヽ,_,r‐_/;,,..--‐'´/
                                     ./::::::::::;!            ./ゝo,,/::......  _/
                                      `ヾ、_;/ !,_   ,,,,,,,....----‐ '´ / ̄'''''i::::::..''',,/
:                                         .   ̄,!  , , - '´   /: : : : /-‐'''´
                                             !  '      , '-..,;__/

                                            【徳川家康】

370九度山配流:2010/01/03(日) 11:15:20 ID:yZK8c6q.

                、_
                ヾ\            i
                ヽ、__\:.:`¨"'ー、_i\.  |:l
               \ ̄: : : : : : : :ヾ`\l:ヘ.、 i、
           `=ニ二 ̄: : : : : : : : : : : : : : ヘ: ヽ |:!
            /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾハ /
        、_,,,/´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : レi  /
          ̄ノ: : : : : : : : : : : : :!ヾ: : : : : : : : : : : : : : レ′
         <二: : : : :, ヘ: : : :;;;;ミ  ヘ: : : : : : : : : : : /
          \: : : :((ヘ i彡""    ヘ!: :;: : : : :ノソ/
           ゝ: : : i:し ソ   \,    `ヾヘ:,://′
            ∨: : 〉Y   弋ftミ、、      ノ
             )ソ" 7    ´`´ ヾ´" ,,、≦"
             ソ  ヘ          iヾソ      仰せの通りにございます。
        __  /  ____' ,         ∨
         //´ ̄ ̄7/::::::::∧   ー- 、_ /
       // ___ノノ==二∧、、,,,、、-/´、_
       ノノ´ ̄/::::::::::::::::::::::::::::::,::'':::´::::¨"``ヽ.
     ノソ: : : //::;;;:::::::::::::::::::::::::::;':::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    ノ!: : /´""l::::::::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
   //」'"´: : : : :.l::::::::::::::::::::::::::,:';;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ヘ
.  //: : : : : :/;;;::::::::::::::::::::::,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_
  i/: : : : :/´::::::::;;;;:::::::::::::::;:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


                      、
      __ー-===‐ーー''""`ヽ、___ iヽ、 、
      \;;;`ー-->;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;i;;;;;ヽ ;}
   <二ニゝ;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;∨i ,
     \ヾ==< ̄`;;` ̄>、;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;i/i
     ヾヘ; ̄ ̄`::::ヾ:::::::::::::::::\;\;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;レ
      !::::ヘヘ::::::::/ `7;ヘ、::::::::::::::::ヽノ;レノ/ノ;i
      !;ヾ;;ヾ\;/  /;/  `ゝ、::::::::::iソ:::::::::::::ソノ
       !;;ヘ>"   !;!   // \;/ヘ"ヾ:::::/′
       :i ゞY ー-、,_|!    !;i    i;:〉 !;;i′
      人{  ___.,,,,≧trュ、_i;!    _,i/,,、ノ!;!
    _,、=クトし、 `ゼヅ¨`  釗 ≦fセュ7 i/          何卒寛大なご処置を!
  .三ソ'l:.:.:.:!! :i             i     /___ _
  .二.:.:.:i.:.:.:.||八          i   /  `ヽ:.:.:.`>....、
  ヽ_∧.:.:!.:.:.:.:.、ヘ    __ ''′ ,イ:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.ヽ:.:.>.、
  ,_:.:.:∧.:.:ヽ.:.:.:.:.:.ヘ  ´ー-−' /⌒i:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:i
   `'┤:i.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.ヽ  ´ /ソ.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:!
  .:.:.:.:i :ト;;;;;;;;;;;;;;ヽヘ二`ー-..タ∧;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.i!

371九度山配流:2010/01/03(日) 11:16:03 ID:yZK8c6q.

                   /                         \
                / 7           、\  、 }、    、
               /イ      ィ   イ 人 ト、}、( \∧ } i_ \
                 / { / /}人ト{ハヘ / )/  Y  / ̄  }ハ 〃 ハ
                レハ∧'`丶、   ( / .; u;/x===ァ  レ'(   } l
                /   ハ {{下?      ィチ万}} }}      // j    ふざけるな!
                    '. 弋tリ       弋:少  ;:::;,    ノ /
                    ', ` ̄;,       ̄ ̄ :;:#::,; r‐ヘ  {    そもそも奴は謀反人じゃないか!
                     、;;.   /::::.             l  ハ从_   その上今回の上田城の一件…
                       _,. \  `' __, --、     . '        どう考えても許せる訳が無い!!
                     ,.....::::´::::::::::\   ヾ__二}   /  |
             ,....::´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、         /    j
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ /    /
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   `ヽ、    /

                         【徳川秀忠】


           _ _____
         , ´        `ヽ
        /            ヽ
      . |      ,        l
       |  __ノ ,  ヽ、_ u |
       l  ( ● )   ( ●) |  その件については平にご容赦の程を……
       |                 l  父、弟共にその罪を悔いて深く反省しております!
         .l   ( __ 人___)   }
        |    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  |
        | U  l.r '⌒ ^⌒`j  .|
    .    丶   ヾ-======'.  /
         ヽ    ` ⌒ ´  ハ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´  l \、
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _

372九度山配流:2010/01/03(日) 11:17:17 ID:yZK8c6q.

                      、
      __ー-===‐ーー''""`ヽ、___ iヽ、 、
      \;;;`ー-->;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;i;;;;;ヽ ;}
   <二ニゝ;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;∨i ,
     \ヾ==< ̄`;;` ̄>、;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;i/i
     ヾヘ; ̄ ̄`::::ヾ:::::::::::::::::\;\;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;レ
      !::::ヘヘ::::::::/ `7;ヘ、::::::::::::::::ヽノ;レノ/ノ;i
      !;ヾ;;ヾ\;/  /;/  `ゝ、::::::::::iソ:::::::::::::ソノ
       !;;ヘ>"   !;!   // \;/ヘ"ヾ:::::/′
       :i ゞY ー-、,_|!    !;i    i;:〉 !;;i′
      人{  ___.,,,,≧trュ、_i;!    _,i/,,、ノ!;!
    _,、=クトし、 `ゼヅ¨`  釗 ≦fセュ7 i/
  .三ソ'l:.:.:.:!! :i             i     /___ _      大殿、婿殿は安房守に勝る知勇の持ち主だ。
  .二.:.:.:i.:.:.:.||八          i   /  `ヽ:.:.:.`>....、
  ヽ_∧.:.:!.:.:.:.:.、ヘ        ''′ ,イ:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.ヽ:.:.>.、
  ,_:.:.:∧.:.:ヽ.:.:.:.:.:.ヘ   ´  ̄ ゙ /⌒i:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:i
   `'┤:i.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.ヽ  ´ /ソ.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:!
  .:.:.:.:i :ト;;;;;;;;;;;;;;ヽヘ二`ー-..タ∧;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.i!


                                               ヽ、 ./:!  /i __,,,、/i
                                             、 .ノ∨:::i/::::/´:::::::::::::/ノi_____,
                                              i:∨::.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::/
                                              |:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::>、__
                                              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                             |:.:.iヾ、,:.:.:.:::::::_:::__;;;;::::::::::::::::::≦_,
                                            l:.ノ  `ゞ" ´ ´   /:::::::::::::::::::::::ノ′
                                            !/           ミ::::::::::::::<´
                                            ヾ〉、_     __,,,,,、、__ ミ:::,,、:::::::::く
     その忠誠を得る為に安房守の首一つですむのです。        ヾf!}  ヾ彡"f斤ゞ   "( ヽ:::iヘゝ
     決して悪い話ではないと思いますが。                 / `′    `"´    ソ 丿ヘ
                                         _ ___.ヽ/            イ:|\:!
                                      ゝ"´::::::::::::::::::: ヽ _           ∨ゝ、
                                      ヘ::::::::::::::::::::://ヘ `    /  _,,,ソソ::ヘ
                                        ヘ:::::::::::::::/::/::::::::::`....、,,,< r‐'''彡"´:::::::::::〉7ー-、,,_
                                        ∧:::::::::/::/;;::::::::::::::::ノ:ノ`ー ´|;;;l´:::::::::::::::/:/:::::::::::::::::\
                                        ∧:::::/::/;;;;/7);;;;;;人(____ 」;;;|_,,,、ー''´:::::::/´ ̄ ̄` ̄`ヽ
                                         ソ/ゞ※く;;;;;;;;) );;二ニ「::::::::::::::::::i:://´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ

373九度山配流:2010/01/03(日) 11:17:52 ID:yZK8c6q.

                __
             /´   `ー―- 、
              , '            ヽ
           /                 `、
           /                  ',
            /           ヽ      !
            / / /, /,  |   | 、 ヽ   ト、
        / / /// ハ  | |  ト、ヽ  |   l|
         //〉///|/| ', ‖ | |||_」L⊥!  リ
       '´ /'レV'土辷V ', |ヽ_」=i方iラレ/^v
             rヘヽ└ヘ ソ ヽ|`ー'  ||ス |    嫌だ……と言ったら?
           ヽヘ  ̄ j       '__ノ
              `\  ‘   _,   ,イ/
                 \  ̄    / '|'
             ___| 丶= イ / |
            /`ヽ、 | |    ' /_?-''ヽ、
 ,-┬一''"´ ̄ ̄ ̄/  8 / |    _「 8  _/ ``''ー- 、._  _
/  |      _/ `ヽ、_/7 ノ  「「└―''"ヽ       ,'´  `ヽ
|  |    /     //ー、 , -l |      ヽ       ,'     |




                            . |ヽ |::::::::::::::::::::::∠:::::::/:::::::::/::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                            . |::::∨:::::::::::ヽ::::/:::::::::/:::::::::::ノ:::::::::ノ::::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
                           .\ゝ::::::::::::::::::::::V:::::::/:::::::::::::::::;;;;─''''''';´:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ノ
                            . \:::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::/,,,∠____, !:::::::::::/::::丿:::::::::::::::ノ
                              .\::::::::::::::::::::::::::::,/` \__  !_:::::::::::∠_:::::/:::ク      ノ´::
                               . \:ヾ||゙゙''丶´   /     ._二、 \::/ 「.,.,.,.,∨:::::k───、彡::::::
                                 .゙ヽ ||     / /   .ノ:;:;:;:;:゙     r.,.,.,.,.)|::::::::ヽ    ))::::::::
                                   ! \   ||    /:;:..ー─ァ     .,.,.. /:::::::::ノ_____ソ彡ノ
                                   !.;.;\   ',,,,、〆ノ.0 ) 丿      i∠:::ヾ\
                                   ヽ、,,,\=__ ソ:;:;:';;:;:;:;;:;:;:;:;:゙゙゙゙      |ヾ二二二>
    だったら大殿相手に一戦仕るまでだ!         ! ̄.;|┌´´ ;:;:゙゙゙゙          |,,,  丿   \
                                    . !;.;.;|                /,,,, 丿
                                     .ヽ.ノ         _     /,,,,,,,丿
                                     . `──_,-'''二 ̄___」    /,,,,ノ´
                                         >ミ x ___ノ   /ノ´
                                           ヽ ̄ー      /ヘ
                                            ヽ___-ー'¨,,,,'∧
                                                 '∧,,,,,,,,,,,'∧

374九度山配流:2010/01/03(日) 11:18:24 ID:yZK8c6q.

                             ,ノ : : : : : : : : : : `ー: : : ::..:::. ::::`、
                               レ : : : : : : : : : : : : : ::. ::..::..::::..:::、;!
                             l ;i: :.: :i; :ヾ,;,_ヾ-、ヾ`、::..:. ::::::::::i,
                             レヾ!::ト、!`ー,r‐'''´   ヾ::;r'´ヾ::i
                               `、! _,r' ,ri´ ̄ !   V,ノ ,'.,!:!
     ─────── ッ!?             ` 、  ヾi_,ノ     ,,,ノ`、!
                                   .i       u ,/'.,  `、
                                      .ノ__  _,.    /  ;   `
                                       `ヽ、  ,,/   ;    `.、
                                        ̄ _,ゝ  ;    __,,,y'`ヾ
                                        _,r''´;r'′ '  ,r''´:.:.:.:.:.:.:.::::`、

                      ,ィ  _,.. ィ
                  ,ィイ/イr '´ ,/-─イ,
                /レ'  / /  /    ,/  '7
                |  / ,i /   ,  ,/  / ,/
                  |ヾ  l { !  / /  ,/ ,.イ
                  { ヽ、ヽ ヾ、 { // ,.-イ / |
                | 、|``丶-、',.r '"   !/ /ノ
                 |, |           _, ヽ_,!     フン、それもまた一興ではあるが…まぁ良かろう。
                rヽ!Tt-..、   rヒ.:フノ fヽ
                 ヾヽ ヾ ='`   ´  ̄   ノソ     此度の勝利で我様の力はより強大なものとなった。
                 ゝヽ    |!     /Z      今更奴一人が生き永らえたところで大したことはあるまい。
                 [__|`\  ‐=‐   /l__|
      _ -─‐--<`\    ,rェ─'l 丶 __,. ' |`ー‐ッ、   ,. -‐ 、 ____
   ,r' ´      `ヾ、   \/ ヽ,rェ|   __  |¬,/  | ,/   ,r ",. -' ´ ``丶、
  ,! ` 、       \   \ ヽ;;;;フ´_rュ、 `く;;;;/   /   /,.         `丶
  |::.    ,         、   ヽ、∨  `i::「   ∨ /   , '            ,. -'´|

375九度山配流:2010/01/03(日) 11:18:56 ID:yZK8c6q.

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)     有難き幸せ!伏して、伏して御礼申し上げます!
    .  |   o゚ (__人__)   \
       |  0   `ー'´ノ   \ \
    .   |        }
    .   ヽ       }    __
        ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\
      /  ⌒゚ '"'"´(;          \
     / ,_ \ \\ \          }て・,‥¨     ビターン
      と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .
                  ゚ 。  YY ̄ ̄YY        ビターン
                         ・; ∵ .

結果、真田親子は紀伊高野山に蟄居という処分に止まり、信濃上田領は信幸に与えられることとなった。
これを機に、信幸は父からの偏諱である幸の字を廃し、名を信之と改めたのである。

376九度山配流:2010/01/03(日) 11:19:42 ID:yZK8c6q.

ところが…

        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o     ヤダヤダ!
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。   女人禁制の高野山なんかに行きたくねえお〜!
    | 0 / /(__人__)'  0 |
    \ / /  `― '     /

                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /     左衛門左もこう言ってるし、何とかならねえか?
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |
                       | |\\ > | K_/ //// /   ‖   |
                      \\弋マ.( ○ )く ////|    ‖    |
                     | |l>,\ゝ//L!V/ // ム   `==1

377九度山配流:2010/01/03(日) 11:20:12 ID:yZK8c6q.

信之がどのような思いで再び頭を下げたのか……察するに余りある。

    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (?)(?) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/

【真田伊豆守信幸 改め 信之】

      ,.. ------ 、/|
     /         ヽ
   /          ヽ
   |  l/‐| /|A/-ヽ _ |
   | /━   ━ | /rヽ!    罪人という自覚があるのかを問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。
   レl′  l     レ'_ン`
     ヽ  t::ュ   ノN`
     >,..__,..r;;'´l`
      lfr;Vゝイ;;;ヾ;`l
      |ll|;;|| l ||;;;;;|;ll;|


結局信繁の妻子の都合により、紀州高野山の本山ではなく、山麓の九度山に配流替えとなったのである。

378九度山配流:2010/01/03(日) 11:20:47 ID:yZK8c6q.

ところで、真田信之の命を懸けた助命嘆願の話は、当時の町人にも広まった。

          ______
       / ̄::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`丶、
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::\
  /::;; 一、:::::::;;::::::/  ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::/
  (::<____∨/i_∨ _./::/ l::::::::::::::::::::::::/
  丶::::┌‐-;:ヾ、//::::::∠_- ┤:::::::::::::::::::/
    \「二ニ>::ヾ:::::::∠..-‐┘:::::::::::::::::/     殿、近頃の町人は
     `<、 ;;;__ ';__..;;-一''l]:::::::::::::::|ハ    「保元の義朝とは、かくも違いし伊豆守殿」と噂しているようです。
.        `[ ー'| ヾ、ゞ__ノ,!:::::::::::::::lヾヘ
         iヘ. l__ ,  ̄ ¨T::::::::::::/!,ヵー゙-、
           ヽ\  tっ   l:::::,< f´ーヾ   \_  
       ,-‐ィ/´ヘ_>、l` ヽ !へ-⌒ヽ  \  }  ̄ヽ
    「 ̄ ̄ ,/ / /` `ー `' ´ `ヽ }    ヽ ノ_  ̄ ̄l
   { ̄ ̄  ̄〈   ,  ノ {   \    l  ヽ丿_  ̄  ̄]
  / ̄ //ヽ,; ; i  、iァ    i    !} , へ士  _  ̄\


義朝とは、源頼朝の父のことである。

.        /::::/:::l:::::::::三ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /l/:::::::/:l:::l:!::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::::::::::::::::::'.,
..     l:::!:::::::::i::::!::l:l::::\::::::::::: ̄三ニ‐-::ヽ:::::::::::::::::::ハ  ぼくには
        !::ヽ:::::::';:::ヽ::ソ:::::ハ:ヽ::ヽ‐-::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::i   指四本など
      ミヽ:::::`:::::ンツ!:ハ::{::::\\__::;.:_:::::::::::::::::::::::::::::::::::!    失ってもいい
      `ソー:::7´}:l  ヽ ヽゝ,..-::::_;. -;j`ミ::ー-:::、:::::::::__:;イ    理由がある
.     /:::::::::{ ノノ i/ ,,...:':_ -,.‐z-、 ` ノ:::::::::::::::/ ‐il:l
.     V::::::::::ヽ=ミ、 ー'"  _迩ツ     `ヽ:::::;.' / 7 !:!   それは 父や兄弟達を守るため!
       !:::::ヽ::::' '´ヒリ ニン ヽ          L_j └、ノ./:ハ   河内源氏を守るため!
       ヽ-. '`¨', /,! -、 !            _ノ ∧::::i
.            '、ーニフ            |:(__ノ  V:!   君らとは闘う動機の
.             '.   _.. ..__            l::: i   V‐- 、 「格」が違うんだ!
.            , 'ー'´_           l::: i     'ミ、,
            ', ¨´__         /:: 丿     V
 -─‐-,.-─、,.‐ニ二ハ '´   `       /::.  /    /
         { /     ', _  .._  , ':::     /  ,. '   /
        l ヽ  __ ヽ-: : ::-:-:'/ ̄〉 _./ィ "   ,. イ

              【源下野守義朝】

保元の乱では平清盛を総大将にする天皇側について勝利を得たが、
上皇側の総大将であった父や弟達の助命嘆願に失敗している。

379九度山配流:2010/01/03(日) 11:21:31 ID:yZK8c6q.

河内源氏の棟梁と並び賞されるとは誉れ高いことであるのだが信之は…


        ノ L
       ⌒/ ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |  冗談じゃないだろ!
          |   |::::::|   |
        |   l;;;;;;l   }
        ヽ   `ー'  }
        人_____ノ"⌒ヽ
       /            \ |i
     /           ヽ !l ヽi
     (   丶- 、        しE |そ  ドンッ!!
     `ー、_ノ       .?堯?l、E ノ <
                  レY^V^ヽl


       /  ― 、/ ̄1
.       / / ̄\_/| |
      / 厶、  |/ ̄ ̄ ヽ ー- 、
.     / /   >'             \
    / / / /              \
.   / /「ヾ /         ィヘ     \ ヽ __
‐一  / |  \       j  ル'__ヽ 、   )/l|
―一' 、  ! \∨ ノ ノ /_ヱ{ ぅ≡c}>=}ハy r j !
      \∨{ ハ,〉匕√レ  \竺/ )ノ レ/7/ √乙こ>、_
  ̄ \  ト { ∨「  _ _       _u } Y/ /  `テ=' ¬
     \ | ヽ`ー1j 川‐ tァ┐-r tテ┐ソノ/ /   __/    /  (えーっ?)
 _    レハTァrヘ   `ー‐'   | ー‐'∠-,/ /  (( ) /
 \  ̄ ヽ \! |  ! u     ┘  厂´/ /   √ /
   \     \トい \   ∠.二) /  / /   / , fヘ
  \  ヽー― ヘヽ\__ >、   /ーァ' /  // { f允
 ̄\\   \  } >ー 二ィ7二_< / //    ヾ久ヘ
   \\  \ ヽ  寸万</ /ー '_/        \弌、
.      \\  \\ ∠ -<_∠! ̄丁            寸}

突然の激昂に困惑した家臣達は、以後この話をすることは無かった。
これは義朝と並び賞された事を喜んだために悪い噂が生じるのを恐れたからと言われる。

380九度山配流:2010/01/03(日) 11:22:18 ID:yZK8c6q.

〜良い子の讒言講座〜

ざんげん 3 0 【▼讒言】
 (名)スル
 他人を陥れようとして、事実をまげ、いつわって悪(あ)しざまに告げ口をすること。

  「―して失脚させる」
  「―にあう」

 提供元:「大辞林 第二版」


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  義朝公に並び賞されるのは武門の誉れだが、畏れ多いだろ臣下の立場的に考えて。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


これだけなら、名誉な噂を喜びつつも自らの立場を弁えた発言である。

381九度山配流:2010/01/03(日) 11:22:54 ID:yZK8c6q.

上の発言を讒言フィルターに通すと…

                                                   , -────--、
                                                 /;:;:;:;:     ;:;:;:;:;:;:\
                                                /;:;:;:;:         ;:;:;:;:;:ヽ、
                                               /;:;:;:;:           ;:;:;:;:;:ヽ
                                              /;:;:;:;:             ;:;:;:;:;ヽ
                                              /;:;:;:、i!i!i!i!i!`、            ;:;:;:;::.l
                                         .    l __ノ' i!i!i!i!i!"ー--        ;:;:;:;:.|
     義朝公に並び賞されるのは武門の誉れ。              . L!0 )li!i!i!i!i!|(0 )l      ;:;:;:;:;:|
                                             j`ー’i!i!i!i!i!i!i!`ー "       ;:;::;;:;:|
     俺が臣下の身に甘んじているのも今しばらくの辛抱だろ。      /;:;:;:  j   ;:;:;:;: ヽ、       ..;:;:;:;:;:|
                                             丶、___ノ"ヽ、_____ノ,ノ'!}   ;:;:;:;:;:;:|
     常識的に考えて。                                 ヽハ</Vヽ jv-,_,.ィノv'リ   ;:;:;:;:;:;:;:|
                                                ゝ-、} ,.´-‐ァ¬‐,,'/   ;:;:;:;:;:;:;:./
                                                |l /  / ,、r7    ;:;:;:;:;:;:;:/
                                                j∨   ,}ヽj/     ;:;:;:;:;:;:/
                                               ハfvヘハノゝ'_,.   _____ノ |_
                                               ヽr ´      厂..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.:: ̄
                                           ,. -rr:ォ  ヽ;:;:;:   ,..イ..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.::.::..
                                          j:..:..:!|::.|  丶_..ィ.:::/..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.::.::.::.:.
                                          /..:..:.:!|::.L_    |リ.:/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.::.::.::.::.::.::.:

            ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
     /ニYニヽ  |   |
    /( ゚ )( ゚ )ヽ !   !
   /::::⌒`´⌒::::\  /
  | ,-)___(-、|/    と申しておりましたっていうwww
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /
  / __     |
  (___)   /

382九度山配流:2010/01/03(日) 11:23:27 ID:yZK8c6q.

もしこれで君主がブチ切れたらそこで試合終了である。

                          |
               ;:',;'          ||
||/  /                   ||
|  /   '",:;;               ||
|| /    ;:',;'                 ||
0)||          '",:;           ||
||;:',;'      ;:',;'   '",:;         ||     ∩___∩_
|| |       ;:',;'             _||_ __(・∀・  )
((0)      '"  ,:;            C|         |
||||                     |つ|____/  |
|||                      レ´_/| | |   /
||| ||                  ,     ̄    |_//_/     '",:;
| ||                            |_∞_|
 |||               (\_/)      | || | | || ||||' ",:;
| ||               ( ;´∀`)      | | | | | | |||||||
|||               /|| `′ ||\    | | | | | || ||||||
| | |            /ヽ ||   || ´\  | | | | | | || ||||||    '",:;
  \          〈  \||=====|| / ) | | | | | | || |||||||
λ  \          \_|ろ===E|_/  |_|_|__|_||∧|_|_||_|||||
  λ  ̄         //// | | ||\\\  Zy」     Lyゝ
.;:'";:'".,:;';:'";:';'.;:'",:;;:';' ( ( ( | | | | | ) ) )).;:'";:'".,:;';:'" ,:;'.;:';'.;:'",:;;:';'.
.;:'",:;'    '.;    : ' ,;'.;:'",: ;'.;:'  .;:'".,:  ;:'  '.;:'"  .; '";'.;:
,:;';:'",:;'.;:'";:'",:;''".,:;';:'"'.;:';'../ ̄ ̄\;;';:'" ,:;'.;:  ',;'.;:'",:;'.;:';'.;:''.;:'",:;
:',;  '",  .;: .; ;'  ;'.  | ̄ ̄ ̄ ̄|;.;:',;'.;:'",:;'.        .;:'",:;'
;:'",;'.;:'",:;;:.;:'",:;'.'".,:;';:',:;'., ̄| ̄ ̄| ̄;'  .;:'",:;'.;:':;'.;:'".,:;';:',:;'.;:'",;'.
.;:',;'.  '  .;: ' .  : .,:;. ̄ ̄;:'",:;'.;:';'.

切腹を申し付けられた場合、本当に腹を切るか実際に謀反を起こすか、不名誉な二者択一を強いられるからだ。

383九度山配流:2010/01/03(日) 11:23:57 ID:yZK8c6q.

釈明すればいいんじゃないのか?と思われるかもしれないが、まず聞く耳を持たれない。
讒言に対して釈明が成功した例が伝わっているのは、記録に価値のある程稀有なことなのだ。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   親父や弟と戦ってまで守った真田の家名を無為にはできないだろ。
  |     ` ⌒´ノ   その為には僅かな隙も晒せないだろ。常識的に考えて。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


だからこそ信之は怒った。怒らざるを得なかったのだ。

384九度山配流:2010/01/03(日) 11:25:34 ID:yZK8c6q.

さて、こちらは九度山に配流が決まった真田昌幸であるが、出発の時には大粒の涙を流して口惜しがった。

                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、 
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'    畜生……家康の方こそこんな目にあわせてやろうと思ったのに。
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/
              。゚ .l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_
          /⌒ヽ / ヘ ?三三三三三三三≧x、`i


         |            , ---┴─--- 、、:::::::::::::::::::::\
         |'、       , - ''´            `''‐-、::::::::::::::ヽ
          ヽヽ     /                    `ヽ、::::::::ヽ
             ヽヽ  /                      \::::::',
           \ヽ/                         lヽ:::|
           /          __  ,r‐、              | |lヽ
        /   /   / /  /ミ、ヽ///∧ヽ             | |l l、
        // /    / / |  /ミヾ``' ' "´ヘ ヽ ヽ          | |  ||',
      ///,イ ,ィ | / || |  |          ヽヽ  \\ ヽ    / // | l|
    // // / /|  | | | |.|  |         ヽ\  \\ヽ /  // //|
    |/ // | /| |  | | ||__!ト、 |             >、\  \\ヽ,彡 / //|
    || //  |. | | |ヽ ヽ | || ≧=、、       ,.ィ'´i::::ヽ `ヾ<`┬-、ヽ、__ ヽ/⊥--ィ
    !〃   | | | |ヽ\ヽ!| !`i、_ノ::::i``   '´ ト-'::r_j:!   |  | | ヽ、  | |<‐'´   今更泣きべそたれても仕方ないでしょう?
      !   ヽ! ヽ ``i r‐| ヾ::rソ      _ゞ-∠  ノ   | || /⌒V l>、ヽ
              \ | /.ハ  ̄ ̄  /          " | || 〉 l/ 〃  `
                 `y'/ト|      `´           | ||└'´ //
                 / // .l       '二`         / .||__,.ィ/
             / /!/``'、                〃  ||彡∠、
            / / | |    \               / |  / トヽ⌒ヽ
              / / | |     >、        , '′ / //∧ヽヽ  `
            / /   | |     //l⊥`ー--- ''´____/ /|リハ | ヽ!     ___
       ____/ /____!|__ 〃/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ' /┌l|ト、リ  ! , -‐''´::::::/ し'ミ`'''- 、
      /   / /、   ||   `゙''‐- 、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ. // |::::::::::| /::::::::::::::::::/ 、二二」_ヽヽ:::::\
     /     | /  \ !        ``丶、    V∧ |::::| ̄|‐‐、::::::::::::::::<)  ├ |  (>:::::::\
     /     | |   ヽ   ヽ         ``丶 /:::::::V:::::レ'⌒ヽ、 \:::::::::::::l __|_レ' |   |::::::::::::::ヽ
    |       |.! ヽ  ヽ    l       , -‐''´:::::::; -‐‐'´ /   \ \:::::::::ヽ     レ' /::::::::::::::::::ヽ

                  【真田昌幸の正室:山手殿】

385九度山配流:2010/01/03(日) 11:26:18 ID:yZK8c6q.

                                           ∧
                     ---                      ,/:::::l
                /::/ / ̄二ニニツ               /:::::::::l
                  /::::/ , /::::::::::/ _____             /::::::::::::::!    ./::
               !::::::レ"::::::::::宀/:::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::!    /:::::
               │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /::::::::
               |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  _/::::::::::
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┴ー ″::::::::::::::::::
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                |::::::::::::::,―¬::::::::::::::::::::::::,ν:::::: ノ|::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l::::::::/ イ-、 \:::::::::::_/./::::::/u |::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 |:::/ /,___| /::::/ ´ -/∠   |:::::::::| \:::::::::::::::::::::::::::く__
              l::l゙ |゛  l !:::/ u  _,゙ニニ_ l:::::::|/  l ::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄
             /::ヽ .ヽ. l !ilト    // 兀、 `'「ヽ::::!  | ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               /:::::::::::::ヽ ゝ" '! !    {ノ;;;ソ!    \!__ヽ、.\:::::::______/
          , -リ_ル::::::::::゙ッ_ノ'"     ゝー〈、     /弋ヽ.`./\\,
___=======ミ、 .リ .{ ,..ルく、 l   #  Y,!  .,-′   {ノ;;; l l/   \ニニニii、
圭圭圭圭圭圭`'''マ;;、..″   \.|      /,i'゙.!l   ___ 、゙'YニY'"   不甲斐ない亭主で、ごめんな……
圭圭圭圭圭圭圭圭`'!マ、、   ゙'ミ、    ./ !.i {,!__  .||`T|  ゙1i"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭`''ミヽ、 .\   〃〃ヽ _`゙'ーij__   .l/     こうなったら家康は俺を許さないだろうし、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 `.'ミヽ、..l.\.,ll゙.l/   `-、__±_ノ //  O   .この城にも二度と戻れねえ。
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭`'-,゙'ヽ, ゙''i,!.!    ー` //
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 `'、..`''"'lヽ、   .,/〔/        だからこれが……今生の別れだ。
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭__\  .`''〈, ̄      ◯
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭-'''''''"´ ____二゙;;-、o
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_-'"゛  _,, -''''"´     .'ミヘ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭_-'"  .,..-'"゛ \  __ノ―一", l
圭圭圭圭圭圭圭 /  ._ /     ._.. -''/゛        l

386九度山配流:2010/01/03(日) 11:27:09 ID:yZK8c6q.

                                        ///  //ヽ、_ >`二ー‐,.イj
                                     / ヽ  \\ / //`7、  _ ̄ >、 >
    そんなの許さないわ!                   /// /|ヽト、\\==__,.イ Y´/Yく´ く!!|',
    どれだけ年月が流れても待っててあげるから、    〃 / /! |ハ、 、 _>チ-ト-、./// ハ ヽ ヽ、
    必ず帰ってきなさい。                  /  |/ハヽ ト-ラ-< ヽY!  y// /∧ Y、 \
                                      !||ヽト、ヽ-'じ _! ,. ト-ノ // //ハ V\  \
    もし向こうで勝手に死んだりしたら、             ヽ ヽ  )     | |i   V !~ K、 ヽ \   \
    あの世までおいかけてとっちめてやるんだから!          く7 ,.   | リ ゝ'´ ̄`ヽハ ヽ、  ヽ、 `ヽ、
                                              `'-、 // Y      、 ヽ ヽ` 、. `ヽ、
                                                >、_/       \', ヽ  ``


                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j    ありがとう……
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'           .めおと
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/      俺、お前と夫 婦になれて、本当に良かった。
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_
          /⌒ヽ / ヘ ?三三三三三三三≧x、`i
          ,'    ∧   l ?三三三三三三三三l|! l7
            i    ,' ヽ  l i三三三三三三三三三i イ!
.           l   ノ;/ ヘ l 弌三三三三三三三三l/! !
          l /ヾ /  i |○ )三三三三三三三iji |∧
         / /}′  ij.ノヽ、.__ ̄ ̄¨¨"""''''''''(○/ヘ∧
        ヽ/ /     i!        ̄  ‐‐‐  --┬′イ l
           /   /     |            / /   |! |
.         /   /    |            /   ム\ |! l
        /   /       !        /  /  }  ヾ∧


昌幸は山手殿を信之に預けると、頑なに随行を求める数名の家臣を伴って出立した。

387九度山配流:2010/01/03(日) 11:28:11 ID:yZK8c6q.

一方信繁は…

           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\    ウヒョー、高野山に行かなくてすんだお!
    y |     |r┬-|     |⌒).  これからは心行くまでセクロス三昧だお!
    l \_   `ー'ォ     //
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)



     _ -‐lニ =ー...、
   、 '´ /ノ(: : ::.:::ノ:l::`ヽ
   \ l'/::.⌒_ヽ/- 'ヽ::l:::ト、   配流される身だってことわかってるですか!?
    /冫 ̄! { o\:, ::_::メ、レ′      ______
_  /: :l  l  ー ': :ヽ゚_ノ|!       / ー   ─\
┴v: : l  ハ    /ヽ、:.:::/|     \\ ( ○)  ( ○)|  ほんの冗談だお
__/: : l  l, ‐ヽ、/  : : l} ,,,..-‐'''"⌒ゝ-r''⌒`i;, (__人__) ,’,i|
://: :l  |   {  : :/´:.:::::::::::::::::::::::::::ゝ、__,ノノ )┬-)・:/
/' : : l  |      ̄/::::::;;::-''"``'"'//ヽ ー `'    <
_: : :!  |-j-......._/::Y、:     // \  ̄__   )
/:::l   |イ::::::::::::::::::::::| ´     (   \  ̄     /
〉:::::> 、| l:::::::::::::::::::::::|       \_ )      /
 ̄     j-ー- _:::::::l       /′        /
      /    : :`:ヾ     /         /
                  (     (/   ,ノ
【真田信繁の正室:竹姫】  . \   /   ./
                    \./   /

388九度山配流:2010/01/03(日) 11:28:55 ID:yZK8c6q.

  物見遊山じゃねーですよ?
                     ,i~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;==i:;;--'';~-;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;ヾr 、.ヽ
                   ,,..i;;;:::;;k=ノ' -'' ゙'''゙ `"´`"´ ゙'''゙ヾニk::;;;;;;;;;〈  ',
       , ‐'' "" '' ‐ 、 ,r'''/|\''゙         . :   .   ゙''゙ヽ> ,xr 、i
      .,.'゙ ,. - ― - 、、:///'.l.! .l        . . : :  . :l: .i    .i' !ヽ.ヽ
      !,z: : : : : : i : : ヽ〈 .!' / .| V.:  , -r‐l'':´:. : . : : : . : /ヽi、_:_:  : !/.l: iヽ.|
      ./ : : :__ .;!:!ヾ;ヽ':i  /.!.l:|: . : :.|i. :l'; |'; :.'; : : : : : : /; : /: l: : : : :'': |:.ヽヾ
.,,,,,,,,,,, ,,, ! . :'i:,|_ノ/'z=xi.iヾi:i/ .';| :!: : : :.l.ヽ|ヽ:!\ヽ; : : :///,!/ |:i : : : : : !|: V
ヾニ ニニi ':,i:';ヽ'ii'ヽ. '-' /,' ヾ;, \:'.; : : :', ゙'   ヽヾ-''       |: : : : /: : ./
   'i--l  ヽ'iヾヽ´_っr<.'''‐i=ニiニ>l':,:\; :.!__-.、      ,    l : : :./: : : .,'  九度山ってどんなところかしら?
   | __|_,,.....i...i,,_r =!'|'-'.!r>、..i゙, .i 'iヽヽr-‐'''' `''     -=ニr,/: : /: : :i    楽しみだわぁ。
   ,>-;ヾ     `:.ヽ..,>;;;\',>'--、ヽ: .i゙     ,. _ .,     /;r ': :/: : : : |
   ヾ::::::::::`i''::- ..,,_, -、\'';;;i   _,,>: \ヽ.,_   \  !   _,.´/ :.∧ : : :. ',
 .r'''i''゙- ::::::::|:::r:;;z'X>ノニ=‐>^,-‐''/ .:|| : :.ヽ';;;;`;;'' ―rニ‐;=i':.´:.:.://:.:.'; : : : ',
  `''.!      ヽi;: r;:| . : ゙'i ´  ,' . : :||: :.ヾ:;;;/.::::i:.:.:ヽ@/:.:.:i:.:.:./':.:.:.;,;,;,:' ,: : . : i
   .!       ヾ'. : : : :.l   .i . : , :||r-r'<'-i: r:'',:.:.:.::.:.:.:.:../-‐ '. ̄ ;iヽ : \: . .l

                【真田信繁の側室】

                    '⌒ ヾ

          ァ'⌒    _ rN∨Wi- 、__
           {      、┘ `       <     ヽ
              ニヽ           ゝ     ト
             ィ  , ハィリヘ ハヘ.  ト   ノ
              > / __   __  ∨ノ
                 { ぃ ⌒   ⌒` .h }  /
               ヽ-} '⌒  ⌒  Y′  -
                 /丶 ヾ=_ヲ_,/ }  ヽ
                 i   「弋二ソ/  ,
              , ‐ヘ  丶   /   厂ヽ   【真田大助】
             /    ヽ  i‐-/   /   }
             、__   〉  Y   〈  _rく
             ( / ̄ ヽ-‐^ー‐' ̄ ヽ  )
            /               \
           /                \
         /   ,.-‐-、     ,.-‐-、    \
        /                         \
      /      / '⌒`ヽ     / '⌒`ヽ      \   おっおっおっ!
     │       ヽ.   ,)     ヽ.    ,)      l   父ちゃんの頭の上は居心地がいいかお?
     │       !/// (____人____)/////      |
     │         ヽ      ,)           l
      \          |,/⌒ '⌒ヽ|          /
        \         l       j         /
        /          `ー----‐''´     "´ \
      /           ー ‐           ヽ

正室と側室二人、息子一人と娘二人を伴って出立した。

389九度山配流:2010/01/03(日) 11:29:24 ID:yZK8c6q.

真田家の苦難は、まだ始まったばかりである。


                                     ./ ̄ ̄\
                                    ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
    心配だろ。                          |     ( ―)  λ   ヽ
    アイツ、妙なことやらかさなきゃいいが……  .  ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
                                __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
                              /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
                           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


                                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ

390名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 11:32:11 ID:yZK8c6q.
以上です。

ポップとマァムのAAもっと増えないかな…

391名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 11:32:58 ID:s2vC2B2w
乙乙

この辺の心労でお兄ちゃんの寿命が縮むんですね

392名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 12:57:25 ID:wjv.KNXg

大助ってこの時点で生まれてたっけ?

393名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 13:29:12 ID:.X6l5TJA
>>391
まったくだ、このオヤジと弟が大人しくしていてくれれば、もう少しは長生きできたろうに、惜しい…

394名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 13:47:13 ID:V3B4vzfk
あと9年生きていれば100歳になってたんだよな……

395名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 14:04:02 ID:cXYNn4Ok

左衛門左?左衛門佐でなくて?
どっちでもいいの?

396名無しのやる夫だお:2010/01/03(日) 14:53:45 ID:5w8RJ9Fw
お前らどんだけお兄ちゃんを酷使すれば気が済むんだwww

乙、面白かったよー

397名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 06:51:32 ID:xBk4sOnI
お兄ちゃんはもっと評価されるべき

>>392
厳密に言えばまだ生まれてはいないんですが、そこはまぁご愛嬌ってことでw


>>395
なんという初歩的かつ致命的なミス…切腹ものでござるorz

      ∧,,,∧
     (;ω;` )
     / y/ ヽ
 ━(m)二フ⊂[_ノ
     (ノノノ l l l )
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

398訂正:2010/01/04(月) 06:52:22 ID:xBk4sOnI
>>273
×
   【真田伊豆守信幸】               【真田左衛門左信繁】

   【真田伊豆守信幸】               【真田左衛門佐信繁】

>>284
×
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'    伊豆守(信幸のこと)、お前は徳川に合力しろ。
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/    俺と左衛門左(信繁のこと)は三成に味方する。

           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'    伊豆守(信幸のこと)、お前は徳川に合力しろ。
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/    俺と左衛門佐(信繁のこと)は三成に味方する。

>>313
×
      【真田左衛門左信繁】

      【真田左衛門佐信繁】

>>359
×
                  【真田左衛門左信繁】

                  【真田左衛門佐信繁】

399訂正:2010/01/04(月) 06:52:51 ID:xBk4sOnI
>>364
×
 /ノ  (●)\          舅殿、単刀直入に申し上げます。
.| (ー)   ⌒)\         
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,   それがし父安房守、並びに弟左衛門左の助命嘆願にお力添え頂けませんか?

 /ノ  (●)\          舅殿、単刀直入に申し上げます。
.| (/)   ⌒)\         
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,   それがし父安房守、並びに弟左衛門佐の助命嘆願にお力添え頂けませんか?

>>376
×
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /     左衛門左もこう言ってるし、何とかならねえか?

          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /     左衛門佐もこう言ってるし、何とかならねえか?

400名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 06:53:13 ID:xBk4sOnI
気を取り直して投下します。

401真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:53:41 ID:xBk4sOnI

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                           真田親子の事情




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

402真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:53:58 ID:xBk4sOnI

真田昌幸親子が九度山に配流された後のこと、信之は何人かの家臣と共に船で皮を下っていた。

            _
        ノ |_   ll__l---||_
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
     `ー〜´~~~~



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  向こうの側の山肌には杉が青々と茂ってるだろ。(※)
  |     ` ⌒´ノ  お前らの中に杉の葉を食べたことのある奴はいるか?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

 【真田伊豆守信之】

※ 心の綺麗な人にはその情景が目に浮かびます。

403名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 06:54:24 ID:xBk4sOnI

        _,,,―――r-,_    +
 +    ,-'"       ヽ  \
     /  ._,,,,,,------rヽ,,,,,_ ヽ
    /-‐''"゙`  _,,,,,,,,,,,,,,,,,,、 `゙"'ヽ
   l  _,,-rl,!''"゙゙―-    二'''ー│
   ゙l''"  | |  (●)  l(●) l / +
    |   | .|        j   l │     いいえ、ありません。
    |   | .|ヽ、  ,,ノl_,,iヽ / |
+  ヽ  /-|    -=ニ=-  l  i
     !ノ| ヽ    `ニニ´  |/    +
      │ヽ \      /
  +-―ミヽ,ヽ `''――='l゙ l'''――――-、
    .''''i`゙''二ーニ二二ニニ゙‐''lヽ

太平の世ともなれば、若手の侍にそのような経験を持つ者は少なかった。


                . .   ./ ̄ ̄\
                . .   / ヽ、_   .\
                . . . ( (● ) .   |
    俺はあるだろ…     . (人__)     |
                .   r‐-、    .   |
                .   (三))   .   |
                 .  > ノ       /
                  ./  / ヽ、 .   /
                  /  / ⌒ヾ   .〈
                  (___ゝ、  \/. )
                   . |\    ,.1
                   . |  \_/...|

404名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 06:54:55 ID:xBk4sOnI

──その昔、武田家滅亡の折、人質だった俺は母上や弟達と共に沼田へと脱出した。

              _,. --...._
             /:::::::::::::::::`ヽ、
           /:::::::_,. -----、 ム、
          /77'´        ヽヽ __,.イ
         ////     , ,、,、、 `ー- く
        /イii    /i i |イ仆从ヽヽ、ヽ ヽ
        ! |!!! //// ハ/~ ~~ヽ | |i i ハ|
       ーぇイ///イ /  u  从ル ノ リ
      '´ ! (77iTuてィt、_,. 、ィ仁/イ!´  '
         \!ハ!|,、`ー‐ ,_、 ̄´ハY
          >ハ!ト、  r=;  ハト:!、__
          ィムムト、_. ヽ、こ,. イ)<リリ、 _ ̄`ー- 、__
              、 7て)フjjj|_,.>   `、-、 _     ̄ ̄,.イ´
              `ヽ==イ-         ̄`ー―----`-

        【真田昌幸の正室:山手殿】

        ____
     ; /ノ|||| ヽ\;
   ; /( ○)  (○)\ ;
  , /::::::\(__人__)/::::: \;
  ; |    | |r┬-| |    |,,
  ′\      `ー'ォ    /´
    ./  ⌒ ̄ ̄`r:´> ) :
    (_ニニ>-‐'´/' (/ ;
    ; |     | ;
    ' \ ヽ/ / :
    , / /\\ .
    ; し’ ' `| | ;
          ⌒

   【真田左衛門佐信繁】

織田軍の追っ手に怯え、食料の調達もままならなかっただろ──

405名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 06:55:18 ID:xBk4sOnI

                                       / ̄ ̄\
                                     /  ヽ、_  \
    ひもじさのあまり杉の葉を食ったが、         . (●)(● )   |
    とても食えたもんじゃなかっただろ。           (__人__)     |
                                     (          |
    そのあともヒエの粥を食ったりして凌いだが….     {          |
    これがまたマズイ代物でな。               ⊂ ヽ∩     く
                                     | '、_ \ /  )
                                     |  |_\  “ ./
                                     ヽ、 __\_/


        _,,,―――r-,_    +
 +    ,-'"       ヽ  \
     /  ._,,,,,,------rヽ,,,,,_ ヽ
    /-‐''"゙`  _,,,,,,,,,,,,,,,,,,、 `゙"'ヽ
   l  _,,-rl,!''"゙゙―-    二'''ー│
   ゙l''"  | |  (ー)  l(ー) l / +
    |   | .|        j   l │     心中、お察し申し上げます。
    |   | .|ヽ、  ,,ノl_,,iヽ / |
+  ヽ  /-|    -=ニ=-  l  i
     !ノ| ヽ    `ニニ´  |/    +
      │ヽ \      /
  +-―ミヽ,ヽ `''――='l゙ l'''――――-、
    .''''i`゙''二ーニ二二ニニ゙‐''lヽ

406真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:56:07 ID:xBk4sOnI
名前入れ忘れたorz
>>403-404を訂正


        _,,,―――r-,_    +
 +    ,-'"       ヽ  \
     /  ._,,,,,,------rヽ,,,,,_ ヽ
    /-‐''"゙`  _,,,,,,,,,,,,,,,,,,、 `゙"'ヽ
   l  _,,-rl,!''"゙゙―-    二'''ー│
   ゙l''"  | |  (●)  l(●) l / +
    |   | .|        j   l │     いいえ、ありません。
    |   | .|ヽ、  ,,ノl_,,iヽ / |
+  ヽ  /-|    -=ニ=-  l  i
     !ノ| ヽ    `ニニ´  |/    +
      │ヽ \      /
  +-―ミヽ,ヽ `''――='l゙ l'''――――-、
    .''''i`゙''二ーニ二二ニニ゙‐''lヽ

太平の世ともなれば、若手の侍にそのような経験を持つ者は少なかった。


                . .   ./ ̄ ̄\
                . .   / ヽ、_   .\
                . . . ( (● ) .   |
    俺はあるだろ…     . (人__)     |
                .   r‐-、    .   |
                .   (三))   .   |
                 .  > ノ       /
                  ./  / ヽ、 .   /
                  /  / ⌒ヾ   .〈
                  (___ゝ、  \/. )
                   . |\    ,.1
                   . |  \_/...|

407真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:56:34 ID:xBk4sOnI

──その昔、武田家滅亡の折、人質だった俺は母上や弟達と共に沼田へと脱出した。

              _,. --...._
             /:::::::::::::::::`ヽ、
           /:::::::_,. -----、 ム、
          /77'´        ヽヽ __,.イ
         ////     , ,、,、、 `ー- く
        /イii    /i i |イ仆从ヽヽ、ヽ ヽ
        ! |!!! //// ハ/~ ~~ヽ | |i i ハ|
       ーぇイ///イ /  u  从ル ノ リ
      '´ ! (77iTuてィt、_,. 、ィ仁/イ!´  '
         \!ハ!|,、`ー‐ ,_、 ̄´ハY
          >ハ!ト、  r=;  ハト:!、__
          ィムムト、_. ヽ、こ,. イ)<リリ、 _ ̄`ー- 、__
              、 7て)フjjj|_,.>   `、-、 _     ̄ ̄,.イ´
              `ヽ==イ-         ̄`ー―----`-

        【真田昌幸の正室:山手殿】

        ____
     ; /ノ|||| ヽ\;
   ; /( ○)  (○)\ ;
  , /::::::\(__人__)/::::: \;
  ; |    | |r┬-| |    |,,
  ′\      `ー'ォ    /´
    ./  ⌒ ̄ ̄`r:´> ) :
    (_ニニ>-‐'´/' (/ ;
    ; |     | ;
    ' \ ヽ/ / :
    , / /\\ .
    ; し’ ' `| | ;
          ⌒

   【真田左衛門佐信繁】

織田軍の追っ手に怯え、食料の調達もままならなかっただろ──

408真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:57:02 ID:xBk4sOnI

                                       / ̄ ̄\
                                     /  ヽ、_  \
    ひもじさのあまり杉の葉を食ったが、         . (●)(● )   |
    とても食えたもんじゃなかっただろ。           (__人__)     |
                                     (          |
    そのあともヒエの粥を食ったりして凌いだが….     {          |
    これがまたマズイ代物でな。               ⊂ ヽ∩     く
                                     | '、_ \ /  )
                                     |  |_\  “ ./
                                     ヽ、 __\_/


        _,,,―――r-,_    +
 +    ,-'"       ヽ  \
     /  ._,,,,,,------rヽ,,,,,_ ヽ
    /-‐''"゙`  _,,,,,,,,,,,,,,,,,,、 `゙"'ヽ
   l  _,,-rl,!''"゙゙―-    二'''ー│
   ゙l''"  | |  (ー)  l(ー) l / +
    |   | .|        j   l │     心中、お察し申し上げます。
    |   | .|ヽ、  ,,ノl_,,iヽ / |
+  ヽ  /-|    -=ニ=-  l  i
     !ノ| ヽ    `ニニ´  |/    +
      │ヽ \      /
  +-―ミヽ,ヽ `''――='l゙ l'''――――-、
    .''''i`゙''二ーニ二二ニニ゙‐''lヽ

409真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:57:23 ID:xBk4sOnI

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)        何、今だって苦いものをかみ締めているようなもんだろ。
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ         だが、そうやって苦難を乗り越えたおかげで、家臣領民を食わせていける。
        |         }         これに勝る喜びはないだろ。君主的に考えて。
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



        _,,,―――r-,_    +
 +    ,-'"       ヽ  \
     /  ._,,,,,,------rヽ,,,,,_ ヽ
    /-‐''"゙`  _,,,,,,,,,,,,,,,,,,、 `゙"'ヽ
   l  _,,-rl,!''"゙゙―-    二'''ー│
   ゙l''"  | |  (●)  l(●) l / +  つまり、侍というものは杉の葉を食い、
    |   | .|        j   l │     ヒエの粥を啜ってでも耐え忍ぶ時があるということですね。
    |   | .|ヽ、  ,,ノl_,,iヽ / |
+  ヽ  /-|    -=ニ=-  l  i      お言葉、肝に銘じます。
     !ノ| ヽ    `ニニ´  |/    +
      │ヽ \      /
  +-―ミヽ,ヽ `''――='l゙ l'''――――-、
    .''''i`゙''二ーニ二二ニニ゙‐''lヽ

410真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:58:07 ID:xBk4sOnI

一方、九度山にいる昌幸は…

 楽  苦   ラ     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、 i:ハ     .お  :
 あ   .あ  ッ      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::::::::::/!::::::::::::::,ィ::::::::ヽ}::::}     お お
 り  .れ   キ      ___,ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::/_.|:::::::::::/ .!:::::::/ヽ.\::::::::::::|     お お
 っ   .ば   )  -=ニ´_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄./ ::::/ ̄/:::/-- 、 \\:::::ノ     お お
 !!!      (       \::::::::::::::::::::::::_:;//ニ/ァ-く  /',ィ==、ヽ \ヽ ):ニ=-   っ
        ッ           ̄フ::::::/i ::!  /´    ゙    '    ヾ  }:ヽノ´
        !!        -=ニ´ ,:イ ト、!   {    {◆}   {◆}    }  レ'⌒ヽ
        ┌――――-- '´ / ∧.!    __     __  '  /ニ┐ .}
            \  ___,...../ ∧ |    ´           `   |  }  /ー--- 、
              `´  /.へ/ , イ   |     /////      | / /  /ヽノ
               / / /  \__.|   r- 、       ,-、   |  / /  _}
                | く  ∧  ┌─ハ    \ ` ー----‐ ´ ノ  .!-'___. /ヾ、/ }
             ,|  ヽ{. \ . !:::::::::::\    \_____ _/   / ::::::/// ||  |
            く \〃、  ヽ!:::::::::::::::::> ' ⌒i    U /⌒ヽ、::::/イ´  .||  |-、
               i\ ((\\   V::::::::/  / ´⌒iー―‐イ⌒\   V    ||/ ノ
               |   }}   ヽ  \:::{  /   /⌒i /⌒ヽ   \  }     /)) イ

                         【真田安房守昌幸】


     ____
   /     \
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \    いい加減暮らしぶりを考えた方がいいお。
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/


配流された身であるにも関わらず大名暮らしを続けており、

411真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:58:27 ID:xBk4sOnI

そして信繁は…

                      │
  そういうお前は何人目だ?    ノ
                    ,弋'´
               _ , -,,"::´::::::ゝ-
───────,,',,-,,";´::::::::::::::::::::::::::::::
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    丶、  \::::::::::::::::,ィ-y;;メヘ::::::/- 、
     \゙';‐-::':::::::::::ィ-‐ノ'' ─l::/─
       \::::::::::::::/ __    '⌒
           `''''''ナ{: ' ヽ   ⌒ヽ
          メ /i  o ノ    o ノ
         _/ / |
    ___ /  ,/  /i   、'      r
   \    ,"   i  、  ‐-、    ,イ
     >、 _,/  ,/‐-γ 、__  _,,/,"`T;
    i,  , ヽ_  ,/;;;;;;;;ゝ    `Y´   l;;
  ,、_ノ 、  i  ,「´;;;;;;;;;;;;;;丶、  .|  _ノ;;;
 ヾ 丶 ヽ |  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''`、.,一 ' ̄;;'''';;
  ,〉 ヽ ', i  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''`、y ,-、`Y_ノ;;
,_ハ、  ゝ '、l  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;、, Y' i   l Y`,;;
 \ ヾ ヽ .i  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;'i `- '  l,;;;;;;

           ____
         /      \
        / \    / \
      /  fてハ`  ィて刀 ::\   こっちに来てから5人目ですお(キリッ
      |      (__人__) :::::::::::|
      \      `^´  :::::::/
      /     ー‐    \

412真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:58:48 ID:xBk4sOnI

                     ト、
                 ∧    ,ノ::::ヽ、
              ,ノ:::ハ   /::::::::::'ハ
            /::::::::::l、_/::::::::::::::::::}
          ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     /l
         ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  _/:::::|
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー"::::::::::::i
      ト、_ ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ、::::::::::<__
        [二二二二二二-"Yハ::::|二\::::::/
       l'::::::::::::::::::::::::::::," ,_.|.l | l/::::::.i . ̄
        ヾ:::::::::::::::::::::::::i' i' l l.|::::::::::::|     謹慎って言葉の意味知ってるか?
        丶:::::::::::::::::::::l、 'yl |i     〉
        \::::::::::::::::::::>、| l.l、  __}
         );nr'Y´`Y'  | .|ハ  ,ノ
.          , -───-- 、 |  | ヘ´l i         _, -── --,
      ___/______ニ、_|__ゝl_!_  ,r' ̄   ,r - ‐' "´
≦者圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? y´  ̄^、   i!る }
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? ∨       ヽ ヾ-′
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭? ∨   ,ヘ    丶-′



                         .    _>-――-、_
                        .  __〃 / ̄ ̄ ̄\ミ:\
                         / //─    ─  / / / ト、
    アーアー聞こえませんおー     |/-=・=- -=・=- |:.!{ !∪〉}
                         |    (__人__)  ∧丶=ノ /
                        . \   ⊂ ヽ∩  个==く
                           |  |  '、_ \ /  )
                           |  |__\  “  /
                          . \ ___\_/


九度山配流中に息子四人(内二人は大阪落城後に出生)と娘五人をもうけていた。

413真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:59:10 ID:xBk4sOnI

そして真田昌幸が九度山に蟄居謹慎する際、頑なに随行を求めた家臣の数だが…
なんと十六名にも及んだ。

                      ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´

※ イメージです。

ただし、全員プー太郎である。

              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 働いたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \  随臣(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

これに加えて信繁の妻子も増えていくのだから、食い扶持が増えて生活費が嵩むのは当然である。

414真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 06:59:37 ID:xBk4sOnI

こうなるとその暮らしぶりについては、上田藩主真田信之がいくら援助しても足りない程であった。

          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |   もうやだあの親父と弟
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \



            /          \ ヽ   | | │ |
.            /       、    ヽ ヽ.  | | │ !
            /  /   \   \.    ヽ 、 ,!-:!、 |  !
         /  /      \   \   ヽ ∨ ,r、 \! |│
.         /  〈  、  ー- ニ≧≠!^ヽ、  '、V } ヽ. ヽ ! |
       ` 、. \ \\  、__/│   \ '、}_ノ   /│|
           ` 、\ \≧ィ'}  /     '、 | _/ /| | |
              ` 、ー‐ヘjノ '´      ?´  ,人 l.│|
                 `ァ-、_\.        リ` ̄ \.ヽ | |
                /   `丶.         j__ \ヽ.!
                 ノ             |     ̄ ̄
                  `丶、   __         |
                    `〈           ,.'|
                  \.        /|│    rf⌒
                    | ̄\    /ー! |      {
                    |   `ー'´ r┴l.     ゙'ー=
                    |       |::::::|
                    |   ____,|::::::|
                ______ノ  \    _ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             \     ̄ ̄ ̄\  |│/7
              ヽ         /::::〉│レ'〈

             【浅野左京大夫幸長】

あまり知られていないが紀州藩主浅野氏からも援助を受けていた。が、足りない。

415真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:00:07 ID:xBk4sOnI

                .           _  . . . .                        _
   lヽ|ソ)フ-,     、-、.. . . .     /ヽ /\ . . .   く/',二二ヽ>  .           ,'´r==ミ、
  <ノ=レ'=ヘフ    )ヽ) ソヽ      / (● ●)\  .    |l |ノノイハ))       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _
  ミ、l゚Д゚). .. .... <ハ=レ=( 0)7. .   (   (_人_)  ).     |l |リ゚ ー゚ノl|.....    /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl/    ヽ
  (|{{o}}|)    ゝリx・∀・)     ノ   `-'  ヽ     ノl_|(l_介」).|.....   '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``


総勢25人前後が援助だけで食っていけるほど今も昔も楽ではない。
結果、金策に困った昌幸から信之に書状が届いた。

                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y     金無いから四十両ばかり送ってくれ
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |
                       | |\\ > | K_/ //// /   ‖   |
                      \\弋マ.( ○ )く ////|    ‖    |
                     | |l>,\ゝ//L!V/ // ム   `==1

416真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:00:32 ID:xBk4sOnI

              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ          俺が勘定方を誤魔化せる金には限度があるだろ…
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ


                       ///  //ヽ、_ >`二ー‐,.イj
                    / ヽ  \\ / //`7、  _ ̄ >、 >
                    /// /|ヽト、\\==__,.イ Y´/Yく´ く!!|',
                   〃 / /! |ハ、 、 _>チ-ト-、./// ハ ヽ ヽ、
                  /  |/ハヽ ト-ラ-< ヽY!  y// /∧ Y、 \
    相変わらずね…       !||ヽト、ヽ-'じ _! ,. ト-ノ // //ハ V\  \
                      ヽ ヽ  )     | |i   V !~ K、 ヽ \   \
                          く7 ,.   | リ ゝ'´ ̄`ヽハ ヽ、  ヽ、 `ヽ、
                            `'-、 // Y      、 ヽ ヽ` 、. `ヽ、
                               >、_/       \', ヽ  ``


      /,         ヾ   、 ヽ ヽ
       / / /   , /  /  /V yヽ \ ゝ,
     i l /   / / ,/| /u|, r-l人 ハー、
     レ'l l   /ーレ'_、, レー__lv l 、lノ |ヾゝ'//ゝ、   心中お察しします。
      ヽl | /'´ィ。:ヽ`' ´ィ。:ヽ` lイ''ノi / 木, \
       レヘ/ lヘ`ー゚ッ '' `ー゚ 'iill|´ / / /  /、
         ` `入u `r--、   / |  |  /   〃 \
          / キ >、 ̄ ,, イ,,-一|  | /  /     \
          /  ヾヽ、  ̄ヘ∨/ ̄ ,l_l'__/  _ _  \

              【真田昌親】

417真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:01:02 ID:xBk4sOnI

とはいえ、実の父からの無心を無碍には出来ず、信之は弟昌親(三男)に二十両を持たせて送り出したのだが…

             ___    /
   |   l l``    '  ,'   /
   |  / ヽ、 '__, //レ'/   |  足   こ
   |   、、   ,. -,、     /、 ト、_j.  ら.  .ん
   |    __ノ l / )    /\\|    .ね   だ
   |   __l___ ー' -'   /|:::::: \    え  け」
   |    ノ  |       、 !:::::::::::::}   よ   .じ
      '´  ┘      >::::/     ッ   ゃ
  ` ` / -┼‐ァ      \∠__  ///
   ー‐'   | '´     \ ̄:::::::::::/ ’’’
  //// 「 ̄ |     | ̄::::::::::::::::: ̄7     __「\|
  ’’’’ L_」     |::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄|/
7  __/\  |\  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー‐- .._
.__/ //、_ \!:::::\|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐< ̄´
.   //ト、___/^7‐ヽ::::::::、 :::::::::::\ー- 、_::::::::\ヽー- _
  /´ / ,ノト-ト、_\:ヽ`丶、_::: \ ∧/ ̄ ̄ :;; u
.     l/ / / |ーァ-、_ヽ、\ ,.ィ行ン !_/ ij   ;,,
    / / /|ハ| ヘ弋rダミ一 、`¬ハ|    .. ''
. / ,ィ' / /^| ,ヾ.;:` ゙゙̄,. -一'¬ u      '''''''
 ヽ// / /` ̄:.,ヘ`゙'   / ̄ ̄丁| /   /  u
    / / /  ミ、`  \u {ヽ___」ノ .'  。∨`ー┬―- '´
. u  |   |   ヽo ゚ `ヽ、 ー=='/    /     |    //
    |__|  u  `ー- .. _  ̄,  u  /    j/⌒レ'
   j    ,.-―/`ヽ_  `     /
       /   /   |`ヽ j___,.イ            ,.
.      /   ′  /   「ヽ   /ーァ       /
     |   /       /  | /  ´ ̄>  /
     |                '∨-、/⌒_ -‐/
ヽ、__,-‐j                }::;;_>´ /
                /  /


..,'::  .〆/..::ィュ,"::/ .::,::'::/ ,;' :.  .ヾ
':  .:, ':,::'ィ~-モ-",:;;ュッ', ::/,:' ヾi:::i:,:. :i
: ,::'/:::::::〃 iク-ル,   :'" ,ャァzi!!::i:::',:i
/::::i:::::::::::ゝ、ヾ-″ ...   "コヾi/::::i i!
::::::i::::::i!:::::::::::::::::::::::::   ,ヾワ i:l:: i::!     (えー!?)
::::::i:::::{.}::        ....ヾ," iッ.i! i!
',:::i::::::::::      ____:::〆  i
:ヾi::::::::::     /---ミッ   }
-----,::::    `゛ー-'   クi
           :::::::  /


とまぁこのように名将と言われた真田昌幸も、隠居後の生活費には大層苦しんでいた。
この資金難を凌ぐ為に昌幸が編んで売っていたものが、真田紐であると言われている。

418真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:01:28 ID:xBk4sOnI

一方、信繁は…

  +        ____    +
     +   /⌒  ⌒\ +
  キタ━━━//・\ ./・\\━━━!!!!
   +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +    贈り物の鮭で今日も飯が美味い!
       |  ┬   トェェェイ     |
    +  \│   `ー'´     /    +
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
     /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
   Χ   ─ / / ̄ /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ   __ノ   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o



    兄貴に金も飯も出させて酒にセクロス三昧。やる夫は勝ち組だおwww

    ⌒|/⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒
      ヽ   ____
        /  |::⌒\
      /  _ノ|::(●)\
表   /  o゚⌒ |ヽ__)⌒::::\   裏
     |::.    (__ノ|r-|:::::::::::::::::::|
     \::.   ´ |ー´::::::::::::::/
               ∧
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   生活が苦しいからこれからも仕送りお願いしますお

419真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:01:51 ID:xBk4sOnI

さらには…

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +   壷を二つ送るから、焼酎を詰めて届けてくれお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \     出来れば三つ以上届けてくれお!
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}−| る|  |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|


当時は濁り酒の全盛期であるのも関わらず、蒸留酒を沢山寄越せと兄の家臣にせびったのである。

420真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:02:13 ID:xBk4sOnI

↓ ちなみに、その時酒をせびられたのがこの人。

r'´       /       /  l  .l
        /       /  l  .l
       ./       /   .l  l
ヽ,、,    /       /l,   l  }
 ヽ`ヽ、/      ./:: : l   .l  l
  .\. ヽ、     .<::......, .l   l  .l
    .ト,, `ヽ,    '、:::::' l   l  .l
    .} .ヽ、  ヽ、  ヽ,_,、-   l  .l
    l`-、 ( ( 、, ヽ,  l     .l  .l,
   ,l、   ) ) . ~'''=、l__    l   ',
   j .\( ( ..一 '''7:,ヽこ‐- 、l_  .',      ワシは…金欠なのだ!
   ,'   ) ).   / ',  ヽ__、、 ニ=、 ヽ,
  /\ ( ..(ー‐‐t、 /z-y'( (  ,、-‐'
  /  \) ..).─ tヽ// / ) ),r'´
 /.\ (   (.ヽ.,_,'、/ ./ ( ( 。
,/   \)  ) l     f  ) ) ○
へ、   (  ( l`'''''''''''''''''l  ( (
  \  )  )l     .{  ) )

     【河原綱家】

    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\          バカ
 |  (?)(?) .|  (いっそあの愚弟殺っちまうか?)
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/

421真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:02:37 ID:xBk4sOnI

さて、こんな調子の昌幸親子の生活を援助していた真田家上田藩であるが、
先に述べた通り、対外的な意味でも援助できる額には限度があった。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||  すまない…生活費を削ることになるだろ。
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

                      .、.-:.:ー─:.:-. .、 _
                    ,.ィ:.`ヽ:´:.:./:.:.:.:.:.:`:.:.ー:..、:.:.`ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.\//:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:`::ー.、:ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:/ヽi:∧:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.;.:∨iヘ
               /:.:.:.:.:!:.:.:.l:.:. !ヾVノヘ:.:.:.:.:.l:.l :.:.:|:.:.:.:.|:.:.V:.:ハ
           /:i:.:.:.:.:|:.:.:.i:.:.:.|    }:.:!:.:.:l l:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:ハ
            |:.:!:.:|:.:.|__:,|;.V:!    i:.:l:.:.::l斗:十:.:.:.|:.:.l|:.:.:.:.:}
            |:.:!:.:|:.:.ト:.:`!>!、    ム匕千ミxノイ:.:.:!:.:.リ:.:.:.:/!
           ヾト;:∨∨Vjィ云      イに心ヾゝ:ノー:.':ト;/:.:|
               ∨Vヘ イに::ハ      弋::;;ソ  |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.|    そういうことなら仕方ないわね。
                 \!:.ヘ 弋::ソ ,          |:.:.:.:.:.j:.l :.:.:.:ト、
                    |:.:..ヘ     ` _       ハ:.:.:./:.!.:.:.:.:|:ヘ
                    |:.:|:ハ    `ー‐ `     .イ:./:.:./:./:.:.:.:.:i:.:∧
                    |!:.!:.:.:.:.:..、        /ノイ :./:./.:.:.:.:.: ト;.:.∧
                    |リ!、:.:.:.:.i!:.:.>.. _ .イ   !:/:./:.:.:.:.:.:.:.i: ヾ:.∧
                    |:.:.ハ:.:.:ハ/:/:.: j     /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l::7ー-:.:\
                    |:/:.:.:.∨:.//>..-..、 ___ ./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.i./: : :./ `ヽ、
              ┌‐┤:.:.:.:.:.:.:.i/ - ― - 、 ,//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : /    ヽ
              ∧::: |:.:.:.:.:.:.:.:.l/:´: :`:\//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/: : :./        i、
              / ∨:!:.:.:.:.:.:.:.:l: : : : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://: : :./       | ヽ
.             /   Vi:.:.:.:.:.:.:.:.!: : : : : :../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/: : :./ j        |  j
            /     i!:.:.:.:.:.:.:.:l: : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./: : :./ /         !  i

                【真田信之の正室:小松殿】

その為、信之は自らの生活費を削ってまで、個人的に九度山に送金していた。
正室たる小松殿もこれに協力し、女中の数を減らして自らも家事をこなし、子供達の学問や武術まで指南したという。

422真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:03:10 ID:xBk4sOnI

そんな折、加賀前田家の荷駄隊が将軍献上品を江戸に運ぶ為に上田領内を追加した。

              __ __
              ,ィミ川彡三ヾ三\
              {三{※}三}三ll三 }
            _ヽ彡川ミノ三レ勿/__
          ,ィミ川彡三ィミ川彡三ヾ三\
         {三{※}三{三{※}三}三ll 三}
       __ヽ彡川ミノヽ彡川ミノ三レ勿/__
      ,ィミ川彡ヾィミ川彡ヾ,ィミ川彡三ヾ三\        っ
     {三{※}三{/ ,二二、\{※}三}三ll三}    ∧__∧   っ
       ヽ彡川ミノ/ /\ | /ヘ ヽll.ミノ三レ勿/   (; ・3・)
    I二二二二二| |―‐((_))―| |二二二二二二I二○==○
           ヘヽ/ | \,/ /         〈_ノ=レ'
  ( (        \二二二/          (_vノ(_y)


        / ´ ̄`' ̄`'‐-
       /'、 ,r' | | |`´゙i゙i゙i' ,ヾ
        |.ミ_l .リ.ハ.ハ.}  |ンハハ ゙ヾ
      | │ l |,|━   ━l 小!|
      | ,.| | | ●    ● | |ソ  随分と景気がよさそうね。
      |.(,| | ⊂⊃ 、___ ⊂l |
      | i⌒ヽ j   ゙ー'   ノヘ|__/⌒)
      | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
      | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
      | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''


  .∧__∧
 (; ・Д・)  これは真田の奥方様!

423真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:03:33 ID:xBk4sOnI

驚く使者を尻目に、小松殿は献上品を物色し始めた。


                         /\  ヽゝ  /                `ヽ
                        . \  ヽ,   /                 、ヽ
                      . .    \/  /                   _} \
                        .┌‐┐   /_,..-―='7''¬ー- 、._      ヽ.ヽ ヽ
                    .     L,/   ,ィ''"´ l  ,..-、l |  | ハ,=、_ `゙'ヽ、_   ヘ├'´
                          .   / /   | ´  ハ |   | .ハ ,.`   \  ヘ|
                        . .   / /   リ  、| | |   |リ l、| .|    |.  \ ∧
    (ゴソゴソ).              .   ヾ、l    _|゙ー ハ ヽ'   '" ハ└-、_ リ  l ヽ /
    あら、これ丁度欲しかったのよね〜。    T冖''「    |::|        |:::|  | ``゙ヽ'|ヽ`{
    うちは今カツカツだし。           .   |   l    |::|        |:::|  |  l   |ヽニ}ヽ
                            .   | / ,l   ー'       ー'   | l   | ノ ヘ___l
                       .        レ  { XXX       XXX レ   |'  ヘ
                         .      |   ヽ、      _        /    .|  、ヘ
                          .     |    |`7‐ッr-、ー',----,='"'"⌒ヽ__,ハ.   ∧
                         .      |     |/ / | ゝ  __,.-'"     ヘ  ヘ   ∧
                           .  ,.-| l   |''´  | _,l-'"         ヘ ヘ   ヘ


  .∧__∧
 (; ・Д・)  困ります!これは将軍様(秀忠)への献上品なんですよ!
二○==○  
 〈_ノ=レ'
  (_vノ(_y)

424真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:03:59 ID:xBk4sOnI

このまま勝手に持っていかれては前田家が公方のご不興を被りかねない。
使者は必死に制止するが、小松殿は何処吹く風で…


                  /`:ー=、二 ..ー...、
              「 ̄ ̄ ̄:.`ヽ:..:..:...:.\:.:.:.:.:.\
             __j\:...:ヽ:.ヽ:...:...:..:ヽ:...:.:.ヽ、-、:ハ
              }:..:\ヽ:..:.l:...ヽ:.、:ヽ:..l:.l:.ヽ:.レ\ヽ!
              ハ:...トヘト:...:l、:.,.lLA:A:.ト:|:...:ト|_:.:イ:丶ヽ
           ,小:.ヽ:ヽ ヽ:|ヘ:.「l「_⊥.!_:.:...l|:__:/:.:.:.lハ:|
            /:...:.ト:./´:ヽ  | ーチィて::ル'l...:.!⌒}l:..:.小 }   別にいいじゃない。
          l:l!:.|:..l:.ヽ:ト,≧、 ´ ヾ:斗:|:....|_ノ:|:./::.|:.l    私は大御所(家康)様の養女よ。将軍がどうしたっていうの?
          lハ{ヽト.:ト.代:z〉    ´  !:|..:..|:.:...|/:.:.:.:|:..l
          |! __rヘヽハ´ ` _._-ノ ノイ:...:!:.l...!:.:.:.:.:.| l..l
              | 〈、ヽヘ }ー-.ト...      /...:.l:.:l...|:.|:.:|:.:.| l:..l
           {⌒ヽ.〉  :ム:}:.`7ヲ´/....:.l|:.l...:|:.|:.:|:.:.| l...l
           「ニヽ〉  //ー':/ー_/...::/ !:.!...:ト- L:_!_|:l
         /マ }_,二 /イ: : : : /二/..:.:,:トj!:|!...:|: : ://ハ.l:...l
       r‐くヽ ヽ_´r 爪::|: : : :/ /....:.:/ト/|..l.!..:.! ///_`ハ l:...l



  .∧__∧
 (; ゚Д゚)   工工エエエエエエエΣ(゜ Д゜;)エエエエエエエ工工
二○==○  
 〈_ノ=レ'
  (_vノ(_y)


                                _ ,へ---xへ
                                ,- ´    ヽ ´  ̄ ヽ
                              / ,/ ,' ! .i ,.、 ,.、 `.  ! ヘ
                            i   | .i ! .|. !,,、,, 、l .! .i lハ
                               i|   ! ,!、j _i! |    | j / /|i!
    でも貴方の言い分は最もね。       | 、i! |t=≠z!   ム旡zx/ .ィ|
                             | ^i^ー!、__,   、__, |└/j/
    書状をしたためてあげるから、      | / !  |    ,    ! l |
    代わりに持っていきなさい。         ! ! i!  l、.   r‐┐  ,l | l
                          .  ! l !  !  、  `´ ,.ィ' | .l .!
                          .  | l  ヽ├n|!>-<!‐-.! リ |
                           ; .|!  `! |′   〔  i''"   |
                          ,r┴.|!.   l レ-― -、! !  . .ト、
                          i"V .!!   .l. ,K===ミl |    . | |.ヘ

425真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:04:28 ID:xBk4sOnI

江戸

<  前田殿からの献上品でござーる

  / ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:,.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.
 ,'/r.:.:.:.:.:.ト、.:.:χ:.:.:.:.:.:.:.:И:.:.:.ハ.:.:.λ.:.:.:.:.:.:.:.:
   i´:.:.:.:.:.:i ',:.:.l ヽ.:.:.:.:.:./ .i.:.:ノ ',:.ナ. ',:.イ.:.:.:.:
   レ、λ |  χ| `、.:.:/=レ'=-レ'__り|.:.:.:.:.
   ヽ i,弋 ̄'゙~「  ヽ/          l,i:.:.:.
    `', -==≧     ≦=======‐-. |:.:.      へぇ、何が来たのかな?
     ,i 三三三        三三三三三 レ⌒ヽ
     i                      〈⌒i i
      {                     ,ヲノ
     、                   ナ ‐´
       、.    ⊂⊃      , メ
          ` 、         - '<
              `>`、- ' " フ;;;;;;;;;;;;;;;,,` 、
         ,,,;;;,´,へヽ_/ , へ、;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
       , ';;;;;,'/   \/   \;;;;;;;;;;;;;;,,,ヽ

     【江戸幕府二代将軍:徳川秀忠】

               │

         \           /

             からっぽ
      ─                ─
            / ,二二、\            ∧__∧
             / /\ | /ヘ ヽ          (; ゚∀゚)  お手紙を預かってます。
    I二二二二二| |―‐((_))―| |二二二二二二I二○==○
           ヘヽ/ | \,/ /          〈_ノ=レ'
  ( (        \二二二/           (_vノ(_y)


               ヾ'''''''''-,へ
            ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_
            /: : : : : : : : : : : : : : : !
          ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!
          /!: / ノ    `ヽ ヽ,/ 
   えっ?   レ!小l○    ○   /~) 
            |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
          /⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i
        \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  /
.          ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/

426真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:04:50 ID:xBk4sOnI

小松殿の言い分

                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |  加賀前田家の荷駄は、
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !  本多平八郎の娘にして大御所様が養女、
            |  ヘ_ハ__| ━━,    ━━'¬' |___/j/  小松が確かに受け取りました。
             | ( i   | |;;;;;;|     |;;;;;;| |  | |    
              | /│  | ',;;;ノ       ',;;;ノ !  ! |    幕府にではなく将軍家への献上品ですから、
          | | i!   |     __      |  |  !   将軍家に連なる私が頂いても何ら問題ないですよね?
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |
         ,r‐┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
       / ∨ ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ
       |  ∨ | !     ! ヘ         ノ  !      | |  |


                                                  ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
                                                /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
                                               / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
                                              . l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
    前田家の家臣は確かに将軍家への献上品を届けましたよ〜。     .|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
                                               | .「XXX    XXX |   .|ミl.|
                                               | ./    、,、 ,     |   |`l.|
                                               |.l.     ´ `´     |   ├K
                                               | ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
                                               | |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

427真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:05:33 ID:xBk4sOnI

              ヾ'''''''''-,へ
           ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_  っ っ
           /: : : : : : : : : : : : : : : ! っ っ っ
         ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :! っ っ っ
         /!: / ノ    `ヽ ヽ,/
         レ!小l>    <   /~)   いくらなんでも酷すぎる!
           |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ
         /⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i
       \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  /
.         ヽヽ:/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/


一方、駿河では……

                             ,.. ------ 、/|
                           /         ヽ
                         /          ヽ
                         |  l/‐| /|A/-ヽ _ |
                         | /━   ━ | /rヽ!
     平八の娘なら仕方ない。     レl′  l     レ'_ン`
                           ヽ  t::ュ   ノN`
                           >,..__,..r;;'´l`
                           lfr;Vゝイ;;;ヾ;`l
                           |ll|;;|| l ||;;;;;|;ll;|

                           【徳川家康】


結局、この件では前田家、真田家共にお咎め無しだったそうである。

428真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:06:00 ID:xBk4sOnI

さて、紀州九度山の昌幸だが、雨が多さから節の病に悩まされ、病の床にあった。

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)    父ちゃん、大丈夫かお?
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

|||

              卜、
                }  ヽ
              ノ    i    ,ィ
     ,ィ   _,.-‐ '´      |  / |
.    / |  /            └ '´  /
   / レ'                  _,ノ
    |                 ト、  \ 
    |         i   ∧ { _>、_,>
    |         , へ /  `/  !
    、        | f リ.ilili { ti {    筆と硯を持ってきてくれ…夕庵に手紙を書きてえ。
    i         l ぃ `u    7
      \      ヽ  }      ヽ 
       ヽ       厂 、    ̄「 
         レ 小∧厶 _`┬--'
         レ「 ̄´ ____`>_


夕庵とは、旧臣の大熊伯耆守のことである。信州に属しており、真田家とは親しかった。

429名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 07:06:24 ID:xBk4sOnI

よぉ、夕庵。お前さんは不自由してないか?俺は病のせいで万事不自由だ───


                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |
                       | |\\ > | K_/ //// /   ‖   |
                      \\弋マ.( ○ )く ////|    ‖    |
                     | |l>,\ゝ//L!V/ // ム   `==1


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


───愚痴もついつい出てきて、源次郎(信繁)にも窘められるばかりだ。

430真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:06:43 ID:xBk4sOnI
またやっちったorz


よぉ、夕庵。お前さんは不自由してないか?俺は病のせいで万事不自由だ───


                        ,ィ" /
                ,ィ      /   /
                  / |     /    |
                    /  \   /       \___     ∧
                   |    \_|            \ / |
                 |                    V   |  イ
                |                     ///
                  ヽ        // ,イ  /――-、   /
            /ニニ‐、 .__>    /-// ┤ /ー―--、 ヽ、ヽ
             /     `ー--r-r'´ ̄`ヽu /イ ̄`\ /⌒Y^V
          /      __/,ィ| ,ニニユ_  ,ニニユ   V/´y
            〈       / _//ハi!`ー“   `ー“´  レ /
           \    / / // _|ilili  `ー    u r-イ
           \   V / / |  !   r_     ,才「 ̄ ̄ ̄ ̄rへ、
                 \  〈 /i  |  >  ̄   // /      // ̄|
                  \. V   | l7777「マニィ_/ /7777777 / ll  /)
                  \   | |///∧_][_//////// / jl/  ヽ
                  `ー-| |/ ̄\//l l////>、//// / /<》   |
                       | |\\ > | K_/ //// /   ‖   |
                      \\弋マ.( ○ )く ////|    ‖    |
                     | |l>,\ゝ//L!V/ // ム   `==1


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


───愚痴もついつい出てきて、源次郎(信繁)にも窘められるばかりだ。

431真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:07:06 ID:xBk4sOnI

           /
           /:::i
        /:::::ハ、
         /:::::::::::::`ゝ、
        i:::::::::::::::::::::::::``‐-.,,,,、,  ヽ、
  ∧    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、/ヽ
  |::::\_ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.   i:::::::::::`'┘::::::::::::::,'、::::::::,‐-'、,::::::::::::::::::!ノl
   !::::::::::::::::::::::::::::::/_/::::::/__ ̄ヽ:::::::::::/
   \_::::::::::::::::,-" /:::/u     `Y、\::/     頼みがあるんだ…蔵人(昌親)の持ち馬の中でも、
  _,_/:::::::::r⌒ヽ ' ´ /⌒'ヾ  i;l⌒ヽ/     特に爪がよくて悍が強い若い駒を一頭送ってくれないか?
  \_::::::::::::::::〉 ,-‐、U   (;9)   リく`', }
      ̄ ̄フ 入 9 ;     ilili  、 ソ、      骨折りだってのはわかってるけど、たっての願いだ。
       / _/ ヽ '' _,         ィ<_::::ゝ
  __ / // /|          ./ ィ-‐´ ̄入_
  \_ ,/ / / .i  ─     //  - ",-<//
        /´ /  丶、 _  イ/ - ",-<//////
     <__,/      _/ ィ-<///////////
           , - "´   ∨/////////////
             /ヘ⌒` ‐ - ∨///////////

432真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:07:31 ID:xBk4sOnI

      /       ,:        i `ヽ、
     ./  ,;  ,:   / ,:'´  /   / i   ヾ、
     / , ./i /   / /j //   / /l ! 、`;ヽ
    ,! / ,// l  ,/ ∠_/' / /  ノ / | /|  ! い
    | .| f‐|  |  /i /'"_}∠ニミ! // // | |  ヘ i
    /j |/,c{ /| /' レ.シラぐ^゙ヽレ'レ' =f/=、 | ;ヘ  |ヾ
   ./ヘ_|`',=| ,!∧!   (__ノ     ,.<ヘヽ  l 'ト l ! `
  '/T"i`i ヽ| ! !    ’`ー''    f__ノ 》'/! ! |レ
 -∧ `v/>、」i|.|         _ ヽ`ーく./ i ,l ’    父上がそんなことを?
   \ ∨/_/!ト          ´   i /!/
  ヽ  \`∨`'ヽ      =ニァ '   / / j'
  丶    \\ \    ー   /i /
    ヽ    ン >、__\ _ __ __∠ノ)ヾ'
  、  \  / /`ー; | ア,='フア'"-f  i、
   \_ `y、/   | .レ'/フ./ / /  ノ、
  __ ̄l  ̄`ー‐-=ニ彡/ /'´ -'ヌヽ ヽ
      ̄`>      /   ス='"´ i |  `


      ___.
   /    ヽ\
  │       │
   へ-  ─ヾ  │     はい、悍馬を見て楽しみ、病中の慰めにしたいと仰せられました。
    ─  ─   ∂ \   九度山にて蟄居されること十年……
  |  し 丶 √│ │|  お年をめされ、病で気力を無くしかけておられるようです。
  | ト-=ヽ  │ ││
   \    /   |. |
  / ゝ── /ノ ..ノ.
  ( \__ /   /.│

    【夕庵法師】

433真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:07:58 ID:xBk4sOnI

..,'::  .〆/..::ィュ,"::/ .::,::'::/ ,;' :.  .ヾ
':  .:, ':,::'ィ~-モ-",:;;ュッ', ::/,:' ヾi:::i:,:. :i
: ,::'/:::::::〃 iク-ル,   :'" ,ャァzi!!::i:::',:i
/::::i:::::::::::ゝ、ヾ-″ ...   "コヾi/::::i i!  それでも、若駒をみて往年の日々を追憶したい。そういうことなんだね?
::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::   ,ヾワ i:l:: i::!
::::::i::::::::::        ....ヾ," iッ.i! i!   これがボクに出来る最期の親孝行か……
',:::i::::::::::      ____:::〆  i
:ヾi::::::::::     /---ミッ   }
-----,::::    `゛ー-'   クi
           ::::::  /


         /ヘ     /ヽ
        ./::::::.ゝ  ....../::::::l
        |::::::::::ノ..::::::::/:::::::ノ
       //|::::::::l';;::::::::::::--::..:::..
     /:|:|'''..:: ;;;;;;; ---;;::::::::::::. ::..
    /::::::| |,;;;;;; ---::~~~::ヽ ;;;:::::: :::..
  /::::::::/|:l:|::: .    :::>丶::::::::::ヽ:::::::..
/::::::::::://|.|.| ',⌒':, ::::丶'::::::::::::::::| '';:
: :::::::::: ::||:::| |;| :',,__,'; :::::::::::::::::::::;ノ'
:::::::::::::: |l:::::| ||;| ::'';;'''  ::::::::::::::::::::;'
:::::::::::::: |l::::::| ||;|::. ::::   _,-:  ~~~ ゝ_
::::::::::::: :||::::::| ||:|:: :::: ,,-~   ,,,;;;;;;;;,,  .-_
:::::::::::::::|l::::::::| ||:|::_-~  ::.;;-~l~ l ~-;;, ';
:::::::::::::::||::::::::| ||:|=  ::_-~::  l  l  ';,ノ   ブルルル!
:::::::::::::::|::::::::::| |: =;;;;-~::::::   .`l  l  ::';,
 ̄ ── - _:.◇:::;::⌒ヽ::.../~':,  l..:::::)
 ̄ ── - 二二):::: ⊂,ヘ' --''::::..l::::/、
::::::::::::::::::::::/    ゝ__;ノ:: | ヘ:::::::::::::::;'ソ
::::::::::::::::::::/       \: |  .ヽ:::::::::ノ
::::::::::::::::::/          |: ヽ_.)) ̄
::::::::::::::::/           ゝ ─ '
::::::::::::::/
:::::::::::/
:::::::::/ヽ
:::::::/::::::.


こうして、荒々しく元気な若駒が昌幸のもとへ届けられたのだが、ついぞその病状が好転することは無かった。

434真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:08:22 ID:xBk4sOnI

慶長十六(1611)年六月


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;|\;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,
;;;|__\;;;;;;;| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶- ‐--一´
;;;;|─‐\;;;l= ̄ゝ,,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
\|::ι::l,ヘi ,-‐、, .‖ヾゝ;;;;;;、‐-、_`>
:::::::::::::::::_  (゚c) ' ,/ソ / \;;;;ヽ       ゲホッ!ゲホッ!
::::::::::::::;;;;;;;;: ̄!|l|i/'ソ /―-、 \|ヘ     畜生…あと三年あればなぁ。
:::::::::::::ゝ:::ι:. / /       .Y´  \
::::::_`_´、:::::::: /ノ       iヽ     \
::::'.-‐´:::::::: /         l |ヘ,    ト
::::::¨::::::::::'/ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  l.|  \ l


                              メ ,, -──- 、._\
                            メ/ u    ゚ 。 \\
                          / /    ノ  ヽ、   \\
     父ちゃん!しっかりするお!     ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
                           \\    (__人__)   /く<
                            ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ

435真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:08:52 ID:xBk4sOnI

昌幸は、世間を見るに三年の内に大阪で大乱が起こることを予見していたとされる。

                         ____
                   /:::/
                  /::::::::i
                   ,イ  /::::::::::::::i
               /::! /:::::::::::::::::ヽ-:::¬::-..、,_      i、
 ,       i、      {:::ヘ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    i:ヘ
 .       |::\ _     ヽ::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  /::::j
 .       ∨::::::::`:>ー-..ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::/
         ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  .        ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:::ヽ、
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::/!::::::::/''"´ ̄   _jヽ::j
             ``'<::::::::::::::::::::/ !:::::/ l::::::/ __..,,,,、γ`ヾ
             /:::::::::::::::::/ー//ー/::::/´_,∠_ヽ::://こ }
        ___/::::::/ラ/ヘ`メ、  /:∠イにヾ j:/ }ソ /    もしそうなれば、大阪城にはせ参じて……
             ̄ ´ノ/  イヘ 弋) ′  _ゞ=イ!|l|i   /     思う存分采配を振るってやるのに!
            /  .イ  ト!|l|i        /ヽイ;ゝ
             /  / /  / ヘ `_       ′ トゝ     家康に一泡吹かせてやるのに……ゴホッ、ゴホッ!
            く  /  /  /   ヽ `ー`   /     |
          ヽ´   /  /      ヽ __,.イ--ー─‐┴-、
              ヽ/      /  /´     _ <` ー―イ7´ ̄`ヽ
                          /  /   _ ,.、<::::::::::::::::::::7//`ヽ    \

                                                      ____
                                                     / _ノ ヽ_\
    だったら…だったらやる夫が父ちゃんの代わりに大阪に行くお!        / ∩l^l^lnnl^l^|\
    だからその計略を教えてくれお!                         ./  。ヽ   ‖  ノ \
                                                  |   /   人   l   |
                                                  \ /   /|ii!i!|\ \/
                                             .      |    /. |;;;;;;|  \ |

436真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:09:20 ID:xBk4sOnI

                          ____
                 /!        /:::::::/
              /:::∧      /:::::::::::/
                 /::::::::::ヽ     /::::::::::::::::{
             /::::::::::::::::::\  /::::::::::::::::::::ゝー::-...、、
             i:::::::::::::::::::::::::ヽj::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、    ,}
             l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  /:j
             ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::/ ,イ
         ヽ、、  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
          \:>..、...ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           `'<;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;、::::く
                 `>:::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::::イ::::::::::/"´ ̄  }ヽ:.、
         ー=<´:::::::::::::::::::::::::::>"/::::::/ /::::::∠______ノ⌒ヽ`ヽ ……無理だな。
             ` >:::イイハ'´>メ、/ー‐/:::/_∠ ̄`i:〈γこ }  
              // ノ/ ハu (弋:jソ` `"弋イソ`)|l|il:ハ⌒)/   伊豆守なら兎も角、お前にゃ名声と実績が無い。
                  ′/ / /ハ  ー‐    ー一   リ し' /    だからいざって時に兵や諸将の信頼を得られねえ。
             / イ  ヘ∧ !|l|i   、,     u   /ゝ ,ノ
                /  / / /    '、     、-_、     イ:::::\
            /  / / /     ヽ   ー    / ト!´ ̄
            ヽ / 〈_ |    ,r ─ | ヽ     イ    lー 、
              ∨   ヽj    i `ヽ _!、__`_:::::_____|._ノi
                     ┤         |     ├



                                                ./  ̄ ̄ ̄ \:
                                          .     ::/        ::::\:
  やる夫じゃ…父ちゃんや兄ちゃんの足元にも及ばねえのかお!?.    ;: |          :::::::| :
                                               .\.....:::::::::    ::::, /
                                               .r "     .r  /゚。
                                             :|::|     ::::| :::i
                                             :|::|:     .::::| :::|:
                                             :`.|:     .::::| :::|_:
                                              :.,':     .::(  :::}:
                                              :i      `.-‐"

437真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:09:57 ID:xBk4sOnI

        \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      、___ .>. : : : : : : : : : : : : : :/| ! : : : : : : /. : .:.::人: : : : : : : :
        \: : : : : : : : : : : :.:: : : : : :/  | !: : : : ://.:::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        \ : : : : : : : : .:: : :>'´ ̄ フノ.:::>ー-/.::::∠
         ` 7::T ¬:::::「::::'⌒≧=彡イ^:::u::::厶イ二二 `ヽヽー‐---
             //{ て爪:::;;::〃  {::(__};;;;::::::::::::::::´⌒>ミヽ::::;;;Y.: : /  .  伊豆守にしろお前にしろ……
         /'  ∧ / ハ::::;;; 、 ゝ-゚’::::;;;;;;;;::::::::  {::(__「` ::::;;|: :/   .  知勇じゃとっくに俺を超えてる。
               〉' /  |  !|l|i ̄;;:::::::::::;;:::::::::;;   ゝ-゚’  :::::|: j /    ……それにお前の才覚は一族でも随一だ。
            ∠ /  /}         、__    ` ̄l「|||||l;;: ノイ/
           / / ./_,i           ||                し'     俺が言いたいのはそういうことじゃなくてだな…
     .   ∠  /  /ゝ'{  __        ij           ,        ……まぁしょうがねえか。
         /   /  /   ∨   }    _         u    人__/    .実際に行ってやってみりゃわかるだろうよ……
      /    /  /  /  丿     ヽ         /::ハノ   
       〈     /  / /   / `ヽ          ..  イ⌒ヽ        しかし、お前がここまで泣き虫とはなぁ……
       ーへ/ー-' i    Y^ヽ, -‐个x、       >''"´ |、         ……一体……誰に……似たのやら……
  ________」   ノ/⌒Y/,j   ー=≦三     j>ヽ
/{__/  ,,;;,,     ノ   /   /⌒Y、          /   厂 ̄ ̄
〃| ̄ 7  _____{     /  /`ヽ ー┬――一 '   /
′|  /   /////////\       /  ノ j   |          /____
ヽ.j ,'   ////////////,ヽ  ̄`ヽ.__ `ヽく,___|______//////////



        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
       /: : :             \
     /: : : :             \
   /: : : : : :               \     父ちゃん!逝っちゃ嫌だお!
  / : : : : : : : ___ノ'′   ゙ヽ、___     \
  l  : : : : : :.; '⌒`       ´⌒ヽ     l    やる夫は…やる夫はまだまだ半人前だお!
  |   : : .::;;(。o〇 )     ( 〇o。);;::   |    もっと…もっと教えて貰わなきゃいけないことが沢山あるんだお!
  l   : : : :°o゚゚~'"´      `"~゜o゚;°  l     だから───!
  \ : : : : : : 。;゚(    j    ) ; 。+/
   \: : : : : : ::`┬‐'´`ー┬′ +  /
   /ヽ: : : : : : : |/⌒⌒、|    イ\
   : : : : : : :゚: : : ゚´ ̄~:j ̄`  ;     \
   : : : : . : : . : : ;  '"``    +    \
 : : . : . : . : . : .         °
 : . : : . : .       +

438真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:10:37 ID:xBk4sOnI

                /!    ,.ィ/
              /:::::ヘ   ,イ::::::{___
                /::::::::::::ヘ/::::::::::::::::::::`>:..._ヽ、
                 {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヘ ,}
                V:::::::::::::::::::::::_______::::::::::レ:ノ
          ト、、__∨::::::>''"´ _______ `"<:く
         ヾ:::::::::::::::::/  , <:::::::::::::::::::::::::::`>.、∧!
              \:::::::::〈 /( ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::! j
           __>:::ノヘ∨ノ }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'      約束守れなくて……ごめんな。
             ̄´j  i {_ノ∨::::::::::::::::::::::::::::::::/
                l    ヾ::::::::::::::::::::::::::У
                ヽ   j∨ヾ∧:ト、::::トゝ
                  \..イ.___∨-ヘ!-ヘjL
              __.......,,,,,,,,,,/_________ j
           _..ノ=ー 、  ,、:<三三三三三≧x、、_
          /⌒ヽ / ヘ ?三三三三三三三≧x、`i
          ,'    ∧   l ?三三三三三三三三l|! l7
            i    ,' ヽ  l i三三三三三三三三三i イ!
.           l   ノ;/ ヘ l 弌三三三三三三三三l/! !
          l /ヾ /  i |○ )三三三三三三三iji |∧
         / /}′  ij.ノヽ、.__ ̄ ̄¨¨"""''''''''(○/ヘ∧
        ヽ/ /     i!        ̄  ‐‐‐  --┬′イ l
           /   /     |            / /   |! |
.         /   /    |            /   ム\ |! l
        /   /       !        /  /  }  ヾ∧


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


その”約束”が果たして何を意味するものであったのか、傍らの信繁には諮りかねた。
尋ねようにも、最早言葉を発することは出来なかったのだ。

439真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:11:02 ID:xBk4sOnI





                    慶長十六(1611)年 六月四日

440真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:11:44 ID:xBk4sOnI





                    慶長十六(1611)年 六月四日

441真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:12:42 ID:xBk4sOnI

────────────────────────────────────────────




                      慶長十六(1611)年 六月四日




────────────────────────────────────────────

442真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:13:05 ID:xBk4sOnI

『攻め弾正』として名高い真田幸隆の三男として生をうけ、その才知から武田信玄に我が目と評され──


       ///  //ヽ、_ >`二ー‐,.イj
    / ヽ  \\ / //`7、  _ ̄ >、 >
    /// /|ヽト、\\==__,.イ Y´/Yく´ く!!|',
   〃 / /! |ハ、 、 _>チ-ト-、./// ハ ヽ ヽ、
  /  |/ハヽ ト-ラ-< ヽY!  y// /∧ Y、 \
     !||ヽト、ヽ:::::::::::::::::::ト-ノ // //ハ V\  \
      ヽ ヽ  )::::::::::::::| |i   V !~ K、 ヽ \   \
          く7 ,.  .| リ ゝ'´ ̄`ヽハ ヽ、  ヽ、 `ヽ、
            `'-、 // Y      、 ヽ ヽ` 、. `ヽ、
               >、_/       \', ヽ  ``

443真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:13:22 ID:xBk4sOnI

兄達の相次ぐ戦死により家督を継いだ後は、大大名に取り囲まれながら家名を保ち──


                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '            :::::::::`ゝ"ヽ
    l             ::::::::::::::::,、__
.   l             ::::::::::::::::| ', ',`,
.    l              冫.:::::| ', ', ',
   l               l  ::::l   ', ', ',
   l           {`ヽ  u   ::::}  ヽヽヽ
   l            ',´ ヽ J   /     }
   !              ',  ヽ、_/     ./
   ,'             ヽ           ./
 ̄ `ー -            `,           ,'
        `  、       ゝ         ,'
:.:.:.:.:.:...        、      /ヽ      〈
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´   |     .i
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ    |     |
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   |     |
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  |     |

444真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:13:44 ID:xBk4sOnI

徳川家に敵対し二度もこれを打ち破るも、敗軍の将として九度山に配流され──


    // /  /    /!   /  /  〃 / / | i∧ ヽ  l| l \
   〃//  /    /,イ  /   !  〃 / /  | jリ ',  l   l| l  ヽ
   /'´ /   /    // |,.ィ∠、____」ィリ〃,メ∠.___,iィ,ニヽト、 !   l||
  /   /  ,イ   /,'! .イ´/_、≧=く「 il/`-;ォ=リ=:,、_`|゙'A-   |!、
    ,'  ,イi|   /,i'i|  |-/"f("_)ぅ`ヽi|    " f("_)ぅ ヾiキl l.○ |ハ
     ! /l| l  〃| |!  レ″,|{?0j,. 、,.,.,.,..   、{?oソ_,.ィ |O l  |'l|
.    | / l| .!  //、l |o ,;:;;:`,ナ'''"_) ゙゛''"""'' "';;└:、 ̄^_);;:.. o! ├|l
     l′|И ,i|.| ,ゞ| ,(ニ='、 厂"' rr  ∩    ヾ| ,u\_"''l|. │|l
      /,.イ l从l { |  。 / l   /ノ   | |     l { `ー' /1 |}イ!
    /´,.-V/∧ .ヽ! ,. | {   └'   { L.._   ノ {_  ゚ /イ| ! /l! /
     ,. '´  / l/`>l { イ { ̄ ̄ ̄´""´`ヽ 「 ̄`}「゙!ト、ヽ トl !イ |k'
.  /|i    ! / /  ゙、 `┤.}  .:::''"""''::::...|│  / ! l | ‐',イ:l ,' l ′l
  /  l '、  |! |  l  ::::\| {        し゜ /ノ ///|l::j/  l  |

445真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:14:02 ID:xBk4sOnI

時の権力者からは表裏比興の者と評された男───真田昌幸がこの世を去った。


                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/


享年は六十五歳、辞世の句らしきものは伝わっていない。

446真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:14:28 ID:xBk4sOnI

葬儀に際して信之は幕府の意向を伺っており、本多正信からの返書が残されている。

         ___
         |    |
         |    |
         |    |
         |    |
      ,,,.   |    | ,'"';,
    、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ‖  `i二二二!´ ‖
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
  /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
 _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l


「我、今より三年存命せば、秀頼公に従臣して天下を取って進ぜよう」という言葉が残っているが、
病床にあって、彼が本当に天下の兵を相手に戦を望んでいたかどうかまではわからない。

447真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:14:50 ID:xBk4sOnI

それでも、確かなことが二つある。
一つは昌幸が晩年に赦免を願い出ており、それが適うことなく没したこと。


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /     赦 免 願   /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


二つ目は正室であった山手殿が、彼の三回忌の後に自ら命を絶っていることである。

   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()

448真田信之の憂鬱:2010/01/04(月) 07:15:10 ID:xBk4sOnI

そしてこの時以降、真田信繁──後世に真田幸村として知られる名将が歴史に登場することになる。


               ___
            /\  /\
           / (●)  ( ● )\
         /:.   (__人__,)   ヽ
         /::::...          |
         |::::::::::....        /
         ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_
          / ;;ィ"フ´/  (;/\,,\
        /ヾイ´〉Y /    ,i人 .ヽ ゝ、
        (ヽノ   / ,,/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;〈X,,;;""ヽ,
        ヾ( ,,,;;;(( ノノ"    ;ヘ,,〈_, ,ノ
          〈イ 〉""(ヽ  ,;;;/ ̄ ̄\〉
          Y/   ゞヽ ,ノ      >
          ,〈______;;λイ\   ,,,;;;;;;;;ゞ‐┐
          ∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐""  ;;;;;;;;;;〈
         └r,;;;イ'"">   〉;;;>∠ー`く
         _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};;;;   """"\
    ,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___       ___);;;;
   """"""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''

                                                      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                                       d⌒) ./| _ノ  __ノ

449名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 07:17:45 ID:xBk4sOnI
以上です。

末尾空欄が反映されないとか全く気がつかなかったorz
>>403-405>>429>>439-440は見なかったことにしてください。

本当はこっからが本番の筈なのですが、
連休が終わってしまい、来週以降休みがとれないので、書き溜めする余裕がないので
ひとまずここで打ち止めとさせていただきます。

数日間にわたりお目汚し大変失礼いたしました。

450名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 07:22:37 ID:8hLIyz7w
乙でしたー

「一将功成りて万骨枯る」と言う言葉を連想しなくもない。

451名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 08:47:13 ID:Y0pyAS66
乙でした!
真田一族って面白い逸話多いねえ

452名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 08:49:25 ID:.gdzcjLo
節の病ってなんだろ?リューマチ?

453名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 10:05:42 ID:oLFTDWEg
リューマチは男性の患者数少ないし
普通に考えると若い頃からの運動量のせいで
関節の軟骨が磨り減って神経刺激してたんじゃないかと
山国だから上り下り多いし

454名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 17:58:52 ID:M2ADh4C.
>>402
川かと

455名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 21:28:32 ID:ZRZVxRrw
またしてもやってもうた…orz

訂正
>>402
×
真田昌幸親子が九度山に配流された後のこと、信之は何人かの家臣と共に船で皮を下っていた。

真田昌幸親子が九度山に配流された後のこと、信之は何人かの家臣と共に船で川を下っていた。

456名無しのやる夫だお:2010/01/04(月) 22:43:16 ID:ffHLSr1M


小松無双過ぎるww

457名無しのやる夫だお:2010/01/11(月) 22:12:05 ID:preF6Z7Y
一週間近く書き込みが無いとはどういうわけだこの野郎

458名無しのやる夫だお:2010/01/12(火) 13:12:02 ID:KIV3JOBU
禿げしく真田スレのネタバレじゃないかw

459名無しのやる夫だお:2010/01/15(金) 23:53:59 ID:T2aM3hmI
>>457
良作を期待しています。

460名無しのやる夫だお:2010/01/27(水) 09:34:21 ID:IjwZoOxc
個人的には戦国初期の説明出来る人に朝倉えーりんをやって欲しいなぁ。

461名無しのやる夫だお:2010/01/27(水) 14:52:36 ID:ZUkTiTeQ
「東方キャラで学ぶ応仁・文明の乱から明応の政変まで」

なんてフレーズがアタマに浮かびました。私にはもちろん出来ませんw

462 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 18:55:50 ID:FKQQQDXM
ちと寂しいようなので、鬼な人の話でも投下しますね。

463名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:56:50 ID:FKQQQDXM


                            ____
                    ::::::::::::: ::. :. /⌒  ⌒\:.: ...: :::::::::
                    ::::::::.....: ../( >)  (<)\......:..:.::::: 
                    :::::::.:: /::::::⌒(__人__)⌒::::: \.:.:::HAHAHAHA〜!
                    ::::::::::::|    /| | | | |     |.::......
                    ::::::......\  (、`ー―'´,    /...: ::::
                    ::::::.::::. ::.. :..:. :  ̄ ̄ ̄''":: :: :: :: :: :: ::
                           織田信長, _ : :>キラン
''"~~"''ヽ,,,_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  :: : : : : : : :
;:;:;;:. .::. .:..:..~~"''ー、,,  :  :  :  :  : _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,,,_:  :  :
;:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、 '':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:... .:... .: ..゙'''""゙゙''''"
幵.;:;:.;:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, .. : :. :.


       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ   ああ、信長さま……
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|   とうとう、お星様になっちゃったんだね……
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/
. ∨:.:/:.::/:|  U       ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:| >ホロリ
        森長可



1582年(天正10年)、いわゆる「本能寺の変」により、
天下の主に最も近いと思われた織田信長が頓死した。享年は49歳だった。

464名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:58:01 ID:FKQQQDXM



              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l   信忠さまも、乱丸たちも死んじゃったし……
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l    これから、どうしたもんかねぇ……
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l
            ハキ  _     ヒ、、/ /: : :/彡l、: l
         l//)、 (:::::`:::、 ,'、゙、l Y : : /〃彡l l >ハグハグ
         /l´ l '`,‐ニ┬┤l `,.l l /,´/  |l



織田家にとっては最悪なことに、跡継ぎで嫡男でもある「信忠」も一緒に京で死んでしまったのである。
信長は、生前に明確に信忠を自分の跡継ぎとして指名し、他の子供は他家に養子に出すなど、
無用な家督争いを避けるために腐心していたのだが、さすがの信長も自分と信忠が同時に死ぬ
事態は想定していなかったのであった。そのため、肥大化していた織田家の家臣団は、一度に指揮系統を失い
混乱のるつぼに叩き込まれたしまったのだ。

無論、信濃に残された森長可も例外ではなかった。

465名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:59:25 ID:OxcatATY
なんかハジマタ

466名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 18:59:28 ID:FKQQQDXM



                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、  殿!
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}    こんな所で、のんびりと食事をしている場合じゃありません!
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》    すぐに美濃の本国まで逃げましょう!
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
                各務元正





         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ   ん〜……どして?
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l      せっかく、一揆も鎮めて一段落させたのに……
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾl
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l





         ___l\__       /ヽ/ヽ/丶
   ........-―...::::::::::::::::r::、::::::::::::::: ̄┌  、l´ ̄ ̄ ̄ヽ´/
  ::´:::::::/:::::::::::::::/::/l::l::lヽ::、:::::::::::::l  」三三三ミミ/
    /::::::::::::::::::::l::/ l l::l \ヽ::ノ\:l く    l.:\ ヽ
   /:::::::/:::::::\l/ l  ll   メ\ .ヽl l    `  /
  ,::l:::://:::::::::,::::l l`>  l ´ \ l丶::l_l       l
(_`l/ l/::l:::::/l::::l ヽ          \::l       l   ……その一揆の鎮圧が主原因でしょうがぁ!!
l三三三 l:::::l::::l::l   _...  -―┐ xxl/l      l
ト――_..´l::::l::::l/   l ∧∧∧/ l    l      /
.l  ´  ∧l:::::、   l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l  r-l     /
. l     l`:::::::> 、_l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l 人 l    /::ヘ
 l     l::,::::://、ヽヽl;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l/:::::l 、  /:::::::::ヘ
  \  //:::://   ヽヽ∧∧∧/l/:::::l l \ ∧:::::::::::ヘ
   `‐//::::l/_    ハ \\/ l/:::::l l  l  ハ:::::::::::λ
    //l::::/  `ト-ハ ヘ >-´ ll:::::l/  lヽ ハ::::::::::::::
   //::::/    l;:;:ハ -丶ノ/ l l l::::l\  l:;:;/ヽ、ヽ::::
    l::::/    l;:/ l   /  l ∧::::l_...\ ヘ:;:;_ヽ

467名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 19:00:03 ID:k1fs/26s
この配役・・・天下布武スレの人か?

468 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:01:03 ID:FKQQQDXM


       /\
       | 人 |
       | 間 |  
        | 無 |        (⌒)
  ____| 骨 |_____  (こ○こ)   ,-、
  \_______/   (___)    てOう
        |i! |        _      ‘ー’   (⌒)
.        ,|i! |      //⌒   /     (こ○こ)
         |i! |      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ
        |i! |      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
        |i! |     / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄      ひゃっは〜!
        |i! |ヽ    ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
        |i! |∨\  {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }     高遠城じゃ、返り血で赤備えになるほど
         |i! |/ / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨      頑張っちゃったもんね〜。
          |i! |  {     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.? ∨        
         |i! |  \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
        |i! | /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
         |i! | :/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        |i! | .::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          |i! | -く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
         |i! | く¨ヽ.::j≧ヘ  /  ∧ }| :.::.:: l.::.|
          |i! | :.∧/∨l|  ?_/  レく :/l.:|l:ノ
.        |i! | l.::ヽ_,,斗‐'´/ 了丁 //  リ




本能寺の変の一月ほど前の話である。
長可は、武田攻めの功労として信濃4郡、
実に15万石以上もの領地を、25歳にして任されたのだった。

469 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:01:49 ID:FKQQQDXM


              /::.::.::/:// .::.::.::.::.::.:./ ! .::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::.
      \   ゝ‐<::./::./ .::.::.::.::\/  | .::.::.::.::.::.:: /::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.:::
      \ 〃 / _  ヽ:/::.::.::.::.::.:/\  |::.::.::.::.::.:: /::.::.:: |::.::.::.::.::.ヽ::.::
      {{ / / __ ヽ ',.::/::./   `ー |::.::.::.::.:: / |::.::.:/|_::.::.::.::.:l::.::
.   ──  |  ! /r ) } |イ斤テ左≡ォz /::.::.::.::/ 斗七 !::.::.::.::.::.::.|::.::
.         ∧ ヽヽ _/ /::! レヘ :::::::::/ /::.::. /    j /  | .::.::.::.::.:: |::.::  んじゃらば、さっそく越後に攻め入るから!
.     , -―ヘ  `ー   /.::.| rー'゚:::::::/ /::.:/   テ左≠=ヵ::.::.::.::.::. |::.::
____/   {     /.::.::.| ゞ辷zン //    う。::::::7 /イ .::. |::.::.::.|::.::   領内から早急に徴兵するように!
彡_/     ヽ    イ ::.::. |             /ヘ:::::::/  |.::.::.:|::.::.:∧::.
〃   V    ヽ    ヽ.::.: |              ヾ辷:ン /:l::.::./!::.:/
 l    {      ∨  }__.::.|\     <!         ・ /::.l::|::./│/
 ヽ   ヽ     {      ̄ ̄ ̄`ヽ _         イ::.: l::|:/ j/
、 \   \    }           ) / ̄ ̄ ̄l7::.:|::.::.j::l′ /


しかし、新たな領内の整備もロクに済んでないうちに徴兵+越後への出兵のダブルコンボをかまして、
領内の国人に去就を迫った結果、芋川親正を中心とした大規模な一揆を招いてしまう。







      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,  
         `、||i |i i l|, 
          ',||i }i | ;,〃,, 
          .}.|||| | ! l-'~、ミ  
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ    野郎ども!
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡     汚物は消毒(ry
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/



だが、そこは(主に織田家中で)悪名を欲しいがままにした鬼武蔵である。
一揆勢約8千に対して、わずか3千余りの手勢で奇襲、結果、千以上の首級を挙げる大勝利を収めてしまう。

470 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:02:50 ID:FKQQQDXM


      ,; 、;                                      
    、;∵/).;';, 从    ハギャアアア!?                         _
 []と(。q;'。#)⌒づ;: て __∧ ∧ ─__    ,ヘ从ノ.    __   、,..  (∀・  )   うひゃひゃひゃ!
 ┃ ∨∨``ノJ"/!`   ̄ (#゙;,0゙)') ─ ─ー ┃(*゚※;'y'  ̄ー─--─ -'´、 ゙━と_ノ ○  
         ;゙ ∧ ∧━[と;'?堯?゙;、==─  []と?堯?`て   ̄ ̄ ̄__ W`  ノ ,へ ヽ    
   シィィィィィ!? ,`(>Q<|l);・  ∧ ∧;'∴   ̄ ̄〜(_つ_つ--  ̄ ___     (__) (_)(∀・  ) 女・子供も皆殺しじゃぁ〜!
         ;"ミ;゙@彡-ー(゙p;,゜#)))、ノ  ハ ハ;,  ` ;゙ 、,,;!人/      、!,/  (∀・  )━と_ノ ○
         〜(_つ;`;∵";‘;'`ヾノノ;`つ (;>q<;".∧∧ノヾ)∴て ̄ ̄ ー、´_,゙━と_ノ ○  ノ ノヽ ヽ、
            ヾ)       し'   ミ;;∵ ̄ (> 0 <|l)ノ"(`ヾ      ` "  ノ ,へ ヽ (__) (_)
                       ヂィィィィ!?  ハ、ハニャーン!!?         (__) .(_)



並みの武将なら、ここいらで一揆との手打ちになるのだが、どっこいそこは鬼武蔵。
なんと、そのまま芋川親正の居城に雪崩れ込み、
留守を守っていた女・子供に老人1千名以上を惨殺した上、さらに敗残軍に執拗に追撃を行い、人質まで確保したのである。

これには、一揆側も相当な反感を持ったのだが、兵力的にも、人質的にもいかんともしがたく、
とりあえずは、一揆は収束していったのであった。







   |\        /|
   |  \──< . |  ギリギリ
   レ l `.、   , .フ
  /  = ` " = ',  お〜の〜れぇ〜!!
  |     ,_,_,_,   |   鬼武蔵めぇ!!
  ヽ、   , , ,┃ ノ
    >      <
    芋川親正


しかし、織田信長が死去した事で状況は一変。
長可への不満を募らせていた信濃の国人や木曽義昌らが
この期とばかりに、長可を亡き者にすべく行動を開始していたのである。

471 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:04:05 ID:FKQQQDXM


 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|    まったく……みんな不義理なんだから。
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V     信長さまが、死んだ途端にこの有様だよ!
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、     ゙ー、! ':.:.|
 ':.:.:./     ヘヽ `Tニ' ┴ー‐┴i
 :.:./       l \ ´  -───┤







               __
               /⌒ヽヽ
       ___   ,、__   |/
  ‐=ニ_ : : : : `Y: :`: : : : : : ` ヽ、
   , イ: : : : : : : :l: : : : l: : : : : : : : : \
 /;:/: : : : : : : |: l : : |、: l: : : : : : : : :ヽ
/// , : : : : :l_:_/|: l : : l l_:_|_: : : :ヽ: : : : l  ……ま、そっちがその気なら、こっちも容赦しないよ?
  / /: : : :/ 'l:./`|: l: : { ´l: |、`ヽ: : l: : : : !
 ,' /| : : /: :/|{  l/l: : | ヽl \: : :l : : : l   ……かがみん、プランBの準備をお願い。
 |/ |: : /: :ハr┯┯ l : |  ┯┯yl : |: :\l
.   |: :lイ ;'ハ b::|  ヾl  b::! l l: l`l:`メゝ
   ヽ| レ |: :l  ̄      ̄・ l l/ー': :l
       l.:|: :ゝ、._  ー'ー'  _,.ィ': : l:: : :|
       |.:|: : : :__二7T ¨´lヽ、| : :l: : : |
       |.:|: : :||    l´___7 |: : |、: :│
       |:,ゝ、:ヽ   │  / /: :/ !:: :|


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------

472 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:04:41 ID:FKQQQDXM


〜木曽福島城〜




         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\   くっくっくっ……
    /   <●>::::::<●> \   鬼武蔵め……
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /   一度は同じ織田家の禄を食んだ者同士だが、
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ      貴様を殺って、信濃でもう一旗揚げさせてもらうぜ……
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'       明日、油断して、この木曽福島城に逗留したところで……
          〉    │
         木曽義昌




  (;゛゚ー゚) < た、大変です!
           森長可さま御一行が急に到着なされました!!

473 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:05:19 ID:FKQQQDXM


         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\
      /:::::::::\ 三. /\    ……えっ?
    /:::::::::: <●>::::::<●> \    ちょっ、何それ!?
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | 
     \::::::::::   `⌒⌒´  ,/      予定じゃ、到着は明日の筈じゃ……
    ノ::::::::::u          \ 






               ,.. -―‐- 、
               / ,. -――- 、\
            //       \ ヽ
             |′       /`ヽ、 \!
               , ‐''´ ̄ ̄ ̄`|: : : :  ̄ ̄ ` '' ‐- 、  /`>
         , ‐'"/: : : : : : : : : !: : : : :|、 : i: : : : : : : : \`'´, -‐、
        ,. ‐´'"/ : : : : /: : : : | |: : : : | !: :|: : : : : : : : : : ヽ ヾ'"´
           /: : : : : //: : : :_:/:||:|: : : : | .!: lヘ: : : : : :ヽ: : : :ヽ lニコ
        / : : : : ://: : : :´ `/、:|: : : : | l_|__ヽ__: : : :|:ヽ: : : ハ
         /: : : : :,//: : : : : /:/ !:| ! : : | l :!  ',: `ヽ: l: :|: : : : l    やぁやぁ!義昌!
       |: : : / l l: : : : : /!:|--| | l : : | l/   ヽ : : : |: :l : : : :|
       | : :/  /:|: : : : :/!´| ̄|`l |: : :| Tテミヽ'、 : : l: :| : : : :!     予定を切り上げて、早く来ちゃったよ!
 r‐、 i´'! |: /   !:/!: : : /:,| ト、_|  ヽ; :|  |_  `∧: : |: l: : : :/
 { 、ヽ! | l/   |:| ! : :/:/:! . トり   ヽ|  r'、_,r'/ ∧: :l l: : :/
 l ヽ'i  l,  , ‐; |:! | : :|/: {  ̄         ` ‐-' /: :〉:l/: : :l
. { _ゝ  ... `´/  | l : :|: : ヽ'"'"  、__,、_,"'"'・ /: : !_ゝ |: :|
. ',   :::::  /    /:ヽ|: :::::::> 、 l    }  ,./: : :/::::::ヽ',:lヽ.
 ヽ、  i  l' ̄∧ /: :l: | ,. --┬‐` 丶--‐'<|∨: : / :::::::::|ヾ|: :\
   ヽ    ':、/  ! l : :| / |:| |:| |::::::::/___   /:/: : /:::::::::::::|: :|: : : :ヽ
   /':,. ‐'"/ /∧|: : i' /!| |:| |:::::::l  `ヽ,./:::!: : /\ ::::::::|: :|::::: : :
  l、/ / / / ヽ :| /:::|| |:| |:::::::|     ,:':::::| : /´, ‐\::::|: :|:::::: : :

474 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:05:52 ID:FKQQQDXM


            / ̄\
              |    |
            \_/
              |
               / ̄ ̄\
            |___○__|
             ¶  |  ¶
             ( ゚∀゚)/
             /  /   >スコーーン
            〈  (
            ∫ヽ__)
           __U U__
         /  ::\:::/::  \   な、長可殿!?
        /  .<○>::::::<○>  \
        |    (__人__)  u  |   よ、よくぞ、おいで……なさ……れた……?
        \    ` ⌒´    /
                   







      /:.:.:.:::.:/.:.:.:.:.:.:.:.:;.::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:、:.:.ヽ、
    /:.:.j:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.::/::.:/|ヽ:.:..:|::.:.:.:.:.|'i:.:|::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:i
    |:.:.:i/. ../ . . . .:.:../::/ | ∨:|::.:.:.:.:| |:.:|ヽ、:.:.::::.:.i . . .:ヽ、-、. . .`ヽ
    |:.:./. .,イ . .::.:.γ⌒::ト |   |:.|: : :.:| |::|⌒ヽ:.:. : :| . . . . .ヽ、\ . . .
    |:/: / . . : .::::.:./ |.:|  |  |:i::.:.:.:j  |:|   ∨:.:.:.|::::..:.: : : ::i  \::
   /::/:|:.:i:::.:.:.:.:./__|j_.!_   |i::.:.:/  _|j____ ∨:.:.}、::::.:.:.:.:.:.:|   ……それはそうと、城内で可愛い子見つけちゃったよ。
    l:/、:}:.:|:::.:.:.:.:ハ 「 f:;::;;;::!゛`  |:.::/  'i::;::::;;;:! 7 ハ:.:|::ト、::::.:.:.:.:.|
     レ'|:::.:.::/:.:ハ 、込メ:;j ,   |:/   込:ィ:;j / ハ:;/.:|,ノ:|ヘ:::.:.:.j    あんまり可愛いから、あたしの養子にしちゃおっかな〜♪
     |.:.|:.:.:/i:.::::ハ ` ̄     ´     ̄´ ・ ハ:.:.::|:::::.| }:.::/
      |:.:.|:/:::|:.:::::::j ゛      ,.-、_       {:::::.:.|:::.:.:| |:/
      |:.:..'::.::::|:.:.:.::iヽ、   `ーl^:  | `l    ,.ィ:::::.:.:|::.:.:.:| ´
      |:.:.:.:::::::|:.:.:i::|:::i:`>‐-i´i | | |、τ´::i:|::::.:.:.:|:.:.::..:|
     |:.:.:.::::::::| : | |-‐´ {._ノ| .! ! | i`jー--|i:::.:.:.:.|、:.:.: :|
      |:.:.:.::::::/|:.:.|:|     ヽ-{      ,,ノ_  /:.: : : :j ト、:: :|
      |:.:.:.:::::f`|:.:.||\    ヘ ヽ、  /  `ハ:.:.:.::/ / |:.::|
     |:.:.:.::::| |::.:i|\\   ヘ  / .// ∧::/ /   |:.:.|

475 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:06:31 ID:FKQQQDXM


     /⌒ヽ
     ゝ、ノ
     _ζ_
    /ノ   ヽ \
  /  =  =.u \  ち、父上〜〜
  | ⊂| | ,_,、_,| |⊃ |
  ヽ   | |   ィ‘
      .⌒






         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\   お、お、オレの子じゃん!!
    /:::::::::: < ゜>::::::<。> \
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   しかも跡取り!あわわわ……
     \::::::::::   `U⌒´  ,/
    ノ::::::::::u          \

476 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:07:05 ID:FKQQQDXM



   / : ,. -/: : : : : : : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
. /,.. '´/: : : :/: : : : /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
//   / : : : : /: : : : : /: : : :,! : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :|
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : !
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|   と、いう事で、ココを通らせてもらうよ?
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!    あ、そうそう、兵を出して追いかけてなんか来たりしたら
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |     この子も怪我しちゃうかもね?
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|      んじゃ〜ね〜♪
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l
        {   !: : : |:| |:.:.:.:.:.|   `/ /:.:.:.:.:{     l     ヽ!


                   ●

                   ●

                   ●

477 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:07:47 ID:FKQQQDXM


〜数刻後〜

   |\        /|
   |  \──< . |
   レ l `.、   , .フ よ、義昌どのぉ!?
  /  = ` " = ',
  |     ,_,_,_,   |   ココを鬼武蔵が通りませんでしたか!?
  ヽ、   , , ,   ノ
    >      <
     >ダダダダダダッ





         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\   ……通った……
    /:::::::::: < ゜>::::::<。> \
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   ……しかも、オレの跡取りまで誘拐された……
     \::::::::::   `U⌒´  ,/
    ノ::::::::::u          \     あばばば……





   |\        /|
   |  \──< . |  ギリギリ
   レ l `.、   , .フ
  /  = ` " = ',  野郎めぇ〜!
  |     ,_,_,_,   |
  ヽ、   , , ,┃ ノ    オレたちの人質だけじゃ飽き足りず、
    >      <      ここでも徴収していきやがったのか!




長可は、領内の主要な人質を全て引き連れて、信濃の脱出を図っていたのである。
当然、跡取りを人質に取られてしまった義昌も暗殺計画を中止せざるおえなかったのであった。

こうして、長可の一行は、無事(?)に信濃と美濃の国境まで辿り着いたのであった。

478 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:08:36 ID:FKQQQDXM


〜国境〜



       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|  おし!信濃脱出完了!!
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/      やったね!!
     |  /⌒}:? : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧





           \ヽ-lヽ―- 、
         ,..-‐ ̄: :. :|: :. :. :. :∧
          /:. :. :/: :i :∧:ト: :. :. 廴)ヘ
        //7: :/:,.._|/ |:|>-‐|: : :|ヽ.ヽ  ……かなり後味の悪い脱出でしたけどね……
          |: :,イ ∠L  ヽL--ァ: |: :| \
           | / |:イセf    !='ハ: :j、 |イ/
          VヘV:|  __  〉/ノ | :|
          ∨ゝ、 !‐ ‐┘/ソ: : j: :|
           |: : /`7   } /: : /:. :|
           |: :/  |ミ-彳/: :./ヽ :|

479 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:09:04 ID:FKQQQDXM


   |\        /|
   |  \──< . |
   レ l `.、   , .フ ハァハァ……や、やっと追いついた!
  /  = ` " = ',
  |     ,_,_,_,   |  くおぅらぁ!!鬼武蔵!!
  ヽ、   , , ,   ノ   もう国人たちの人質は要らんだろうが!!
    >      <     さっさと返せや!!







/'´   /: : : : : : : : : : : : :/ : |: : : : : : : l: : : !: : : : : :\ : \
     /: : : : : : : :/: : : : : :/: : ,!: : : : : : : |: : : l: : : : : : : :ヽ: : ヽ
    /: : : / : : : /: : : : : _/__:/ |: :l: : : : : :!ヽ :_|_: : : : : : : :ハ : :ハ
  /: : : /: : : : : /: : : , '"/!: :/` l: :|: : : : : !  !: |、` ヽ : : l: : l: : : !
  /: :,. イ : : : : : l: : : : : :/ |: /   |: | : : : : |   !:| ヽ: : :`: : ! : l: : :|
. / : / !: : : : : : !: : : : :/ !/   l ||: : : : :!  '.| ヽ : : : : l: : | : |
,': : /  !: : : : : : | : : : /  |'      l!', : : : |       ヽ: : : : l : | : !  ん〜、そうだね。
l: :/  |: : : : : : :| : : / !´! ̄ ̄`!  ! ヽ: : :! l ̄ ̄`lヽ : : : l: :|: :|
|:/    |: : : : : : |: : i'   l_    |  |  ヽ: |  '、   !∧ : : :|: |: ,!   信濃も脱出できたし、返してあげてもいいかなぁ〜?
!'     ! : : : ∧:|: :| ヽ  r'、___,.!    ヽ|  l´、___,l  ! : : |.、!/
      ! : : :! |:! :|: : l   ゞ-‐'     .    `ー- '. ∧ : !ノ|ヽ
     l : : |  !:| |: : :!. '"'"'"    、__,、__,.   '"'"'" ,! : l: :|: |ヽ!    た・だ・し……
       ヽ: !  l:l:'l: : :| ヽ、   ,..、 !、  ,!     ,. イ : : |:| : !
      ヽ|   !| : : : l |: : l> l }.__` ´ _  <´ : /: : : :|! : |
            |:!: : : :| ! : |: : / l |  ̄ .!- 、:|:|: :/: : : :/: : :|
            ! |: : : :ヽ: :l: ,/ ,./..、    ヽ!::::\/: : : :/:!: : :|
         |: :l: : : : ヾ´/ ´  ‐ヽ.__/::::::::::!: : : :/: | : : |
          |: :ヽ : : : ∨      {   /::::::::::/: : : / \: : :|
            l: :/!:ヽ: : :l     /ノ   /::::::::::/ : : :/'::/ヽ: :|

480 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:09:41 ID:FKQQQDXM


        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l     ……死体でね。
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V      
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l   >キラ〜ン
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l






             〆
           //                       _,,,....-::::,,..-;:'
           ノ /                  _, -=''""""    =--、,、`,"+`ゞ,;:
          /  i                   _,.-'^ "              ̄=.、".
          ,i  |i                  -'^               \`,`,;⌒`;・",;+
         ,'  |i                 >                    ミ`+,;:;"・ヽ` `
         i|   |i                :"  ._=__            ヽゞ,:;*ヾ"`丶 ┼
        i|   .|i               /  彡  .       -ミ、         ミ   `,;:"
        |    .i、              /〆"           \       `i       丶
        ゝ     i、                            丶      |i     +   +
     '   i|      ゝ       ┌─┐[][] /〉.,┐◎          ミ     .ミ
         .i|      丶        ̄/〈   // | |            |     |l    /  +
         .i|       \      く∧〉 〈/  .|_」     「7 「7    .i|    |i      ´
          .i|        丶   .          [][] 「| レ .レ     .i|    |i  ゞ
          .i|        丶丶、、,,         ノノ O O    i|    |i  ´`  +
           i|         \ゞ`                   j|    ,/  '  /
            i|、       `\ 、、,                 .i|   ,/;:";:|;,/×
             ゝ       `丶`\ゞ                i|   ,/";:`, 、 丶
               \  ,.   ミ\丶 `               i|  ,/`,;:ノ`,
                 `;丶\丶  、`丶              .j|  /;`,;:+
                       \ 丶              / ./+``
                           \            ././  ,'
         ┌─┐[][] /〉.,┐◎                  /"`;丶
           ̄/〈   // | |                  / `,
          く∧〉 〈/  .|_」     「7 「7          '
                   [][] 「| レ .レ         /    ゞ

481 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:10:10 ID:FKQQQDXM


   |\        /| 
   |  \──< . |
   レ l `.、   , .フ
  /  。= ` " =っ  ノォォォォン!!
  |     ,_,_,_,   |
  ヽ、   , , ,┃ ノ
    >      <





    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !:::::::l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! :::/:::::!:::::::::::!: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,':::::::!:::::::::::::!: : : !:::::::l: |:::::ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、::::::::::::::l: : l:::::::::', l:::::::::ヽ: ヽ: : : :  ……ちゃんと返したからね?
         | : : : : |: :/l:::::|__   |::::::::::::::!: |:::::::::__'|:::::::::::ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l:::::r '  i !:::::::::::::::| |:::::::::::/`''―- 、ヾヽ: : :   じゃ〜ね〜♪
          !: : : イ|/: :,!:::::!ヽ-'/::::::::::::::::::l:!:::::::::::!_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :

482 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:10:42 ID:FKQQQDXM


     /⌒ヽ
     ゝ、ノ
     _ζ_
    /ノ   ヽ \
  /  =  =.u \  あわわわ……
  | ⊂| | ,_,、_,| |⊃ |
  ヽ   | |   ィ‘   こ、殺される……
      .⌒





           ____
        /:;:;:;:;:`ヽ.
       ./;/   ヽ;:',
      /;/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/|:::::i::::::::::|\::::;i`ヘ::::::::\i   あ、キミも居たんだっけ。
 ,'::::::::/::::::/:/ !;;ハ::::::::|  \!;;;ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/〒テテ ヽ::::| テテテ'!ヽ\:::::::::',   う〜ん……なんかスッキリしちゃったから、
 !::::/::i::::::::ハ ヒ:;:;r  ヽ! ヒ;:;r! !\::::!へハ!    キミは帰っていいよ?
 V'! イi::::::/!:! ""        "".l:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.   、_,、_,  ,.イ:::|:::::レi::|       ご苦労様、父上によろしくね。
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
     |:::|::::|く\::::::!/:::::://|::::ト.:::::|::|






         , :<´ : : : |: : : : :ー<..
       /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
     __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
    f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく   ……お願いだから、この暴虐無人を誰か止めて……
    ∨  ,イ: : :{ :/  j/     V | : : ∨
     ヽ、{∧ 圷旡≧/ / /≦乏ア:| ト、:ハ    アタシじゃ、もう無理……
      |:ヽ}ヘ:/ |  |/ / / / | | ? |:「ヽ}
      |: :|:`ー.、|  | , -- 、 | | {ム/:{
      |: :|: : :|:|> 、ー'⌒ー'_. イ: : |: :|
      |: :|: : :|:|  ,.≦厂 「x  |: : :|: :|
      | : ', : :',|/  {___7`ーl: : :|: :|
      |: : :', : :|   |  .′ |: : :|: :| >ブワワッ



こうして、長可は悠々と自領の金山に帰っていったのである。



この後も、小牧・長久手の戦いまでの2年間、
様々な厄災を人々に振りまく事になる長可であった……

483 ◆P3dFUnx0fI:2010/02/06(土) 19:12:34 ID:FKQQQDXM
以上、鬼な人の短編エピでした。

お目汚し、失礼致しましたです。

484名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 19:12:55 ID:OZtV.pLk


さすが動くと人が死ぬといわれる鬼だw

485名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:15:27 ID:Q28eQnEs
乙です やべえw

486名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:24:07 ID:fxkuHQcs
乙です。どうしてこんなきちがいが許されてたんだろうなぁ。

487名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:24:15 ID:pByqsoMk
この人にもさっさと桃食わせていればあるいは・・・w

488名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:42:19 ID:OqtgZlc2
もはや鬼武蔵は多少の非道くらいじゃ「あれ?やさしいじゃん」なんて思ってしまうから困る。

489名無しのやる夫だお:2010/02/06(土) 20:51:23 ID:r.Garusc
>>469
よくよく考えると、占領して一月もたっていない侵略者側の軍が、地元のゲリラに奇襲を成功させているって時点でパネェよな

490名無しのやる夫だお:2010/02/10(水) 16:29:28 ID:RlV6i6s.
乙です
木曽の御曹司は本当に何で助かったか、気まぐれとしか思えないなw

491名無しのやる夫だお:2010/02/11(木) 13:36:52 ID:XZ3zNDOA
あえて助ける事で木曽周辺の不和の種にするツモリだったとか

492名無しのやる夫だお:2010/02/27(土) 15:24:44 ID:YDrU4drw
暫く音沙汰ないね、なにも

493 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:30:01 ID:YDrU4drw
よっしゃ、sage進行だけど投下やってみるか

494 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:31:03 ID:YDrU4drw



     ―――最上義光、華々しい(?)権謀術数歴で知られる彼、


          / ̄ ̄\     羽州管領出身
        /   _ノ  \    出羽の戦国大名・最上義光
        |    ( ●)(●
        |      (__人__)
     .   |        ノ
         |      ∩ ノ ⊃
       /     ./ _ノ
       (.  \ / ./_ノ │
       \  “ /___|  |
     .    \/ ___ /


                                                                .

495 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:32:05 ID:YDrU4drw



     彼が謀を巡らし陥れた人物は
     上山満兼、大宝寺義氏、八柏道為など
     実績に限っては同時期のU喜多N家とも遜色ないぐらいである。

                                               _, -‐
                                          _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
                 / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
                /         ヽ        ,〜'_, -‐  ̄`ー-----― '
               /         丶    _,〜'_ッ'-
               |     _ノ  ( ●)  .厂
               i     ( ●)  !  .⊃
                |       (__人_) /〉    戦の世の習いだろ…常識的に考えて
              /∧     ,.<))/´二//⊃
            / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
        , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
       /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
      「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
     〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
      !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
      ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|


                                                                .

496 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:33:01 ID:YDrU4drw



     今回はその暗殺された人物の中で白鳥十郎長久が主人公である。


                      n
                      l^l.| | /)  白鳥十郎長久
                      | U レ'//)
         ___      ノ    /
       / ⌒  ⌒\  rニ     |
      / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
    /   ///(__人__)///\ / `   /
    |       `Y⌒y'´    |   /
    \.       ゙ー ′  ,/  /            〜羽搏けなかった男〜
     /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
     / rー'ゝ        /
    /,ノヾ ,>         イ
    | ヽ〆          |


                                                                .

497 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:34:11 ID:YDrU4drw



     そも白鳥氏は、前九年の役で没落した安倍氏の末裔というが、
     胡散臭ささが滲み出ているので、無難に地方豪族の出身だと思われる。
     村山郡・谷地城に進出してきたのは南北朝時代の頃である。


                       ____
                     /    \
   名族の末裔に        |\/  ノ' ヾ  \/|
    決まってんだろ…    |/ ≪?>  <?≫ \|          ⊂ニニ⊃
                  |     (__人__)     |            ____ノ L
                   \、  ` ^^^^ ´  ,/           /\ /  ⌒
               .   / ヾ  `ー‐" " ⌒ヽ        /(○) (○) \
                  /       ヾ ,"      \     /   (__人__)    \   そんな訳ねーだろ
                  |   r         r\,"⌒ヽ   |      |::::::|      |   普通に考えるお!
                  :::::: ::;;::  ,,, ;;::: ,,::  ;;;;::::''   \     l;;;;;;l     /l!| !
                   ::::;; ::::::: ;; :::: ::::::::;;;::  ::::::;; γ⌒⌒/    `ー'      \⌒⌒ヽ
                    ::::::::;;::::::;; :::::::;;;:::::     (_ノノ/          ヽ !l ヽしし_)
                      :::::::::::;;:: ::::::::       (   丶- 、       しE |
                         ::::::;;;::::::::;;;;       `ー、_ノ       ?堯?l、E ノ (
                          :::::: :::::::          ::::::;; ::::::: ::::: :::::;;   ⌒
                            :::::::::         :::::;;; ::::::::::::::: :::;
                              ::;;::./ ̄ ̄ ̄\:::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
                              / ─    ─ \
                             /  <○>  <○>  \
                             |    (__人__)    |
                             \     `⌒´    /
                             /              \


                                                                .

498 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:35:01 ID:YDrU4drw



     白鳥氏は近隣を治める寒河江氏(出自は大江氏)や天童氏などと
     縁戚関係を結び、勢力を伸ばした。
     また、長久の妻は湯野沢の地方を治めた熊野氏(平氏という)の出身である。
     その関係で熊野三郎(続柄不明)は長久近臣として活躍したという。


          _   _,
       ___,> Y´'ー-、  熊野氏
      _>z二_ ___`ー≧__
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
     /        ヽ `Y′之>
 .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< …ちなみに私の諱は不明
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
    |ハ |l┬r ヽ|r‐┬}/_ / ,/レ′
     `ト' じ    ヒソノ' 「)'/|/
 .     ヽ、_  _   _,.ィT/                                    熊野三郎
        l 7Eニ::ィ1│
        'イ/ヽ::::`l┘             /.::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::';:::::::!:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|
         i´ ̄ `|::::|               .'.:::::::!:::::::::!::::l::::::/|:::::::::::::/:::ハ:::::ト、::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|
        j|     |::::|              .::::::::::|:::::::::|:::::|:::/ :!::::::::::/}::/-‐ヘ:厂ヽ::::::::lハ::::::::::!::::::::::::::l::'.
       /    |:::::|               l :;'::::::|:::::::::|:::ア7/l|::::::::/ / 'ァ¬方フハ:::::| !:::::|::ト、::::::::l::|ヾ、
       / /   l lrェリ\               l/::::::::|::::::/|::{弋j巧:::::/ /    ー`¨'゙ '::::l 从ハ|/):ヘ:::::|::|
     \/     |    /              | |:::: ぃ:::ヘ:l:/ /" |::/  ′           V   乂メ 〉::|::|
       ` ーrーr┼‐r'´               | ヽ::::| }:::::∧   |;' }              / ,/.::∧|
         |::::| |::::|                 V| }:::/l从    ,′            厂!:::::::::リ 丿
         |::::| |::::|                  jノ |:;ハ.     丶::..-          ,′|::::::::/
         ,ヘrリ トー}                    ′ヘ.          _,.       / ノ!:::ハ′
         `ー'  `ー'                         ヽ   `¨二  ̄     /   |:/ ̄ ̄ `: .、
                                       __丶         /   /  |ー…ァ-、ヽ: :\
                                     ,. : : : : : :_:\        /    /  |. /  {:.:}. : : .ヽ
                                 /. : :,. '"   |ヽ...   ´    /  /    V. : : : : | ̄ヽ


                                                                .

499 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:36:01 ID:YDrU4drw



     さて、長久本人の活躍が見られるのは
     後の仇敵・義光最初の苦難とされる、家督相続時の内訌である。
     義光は父・義守の推す弟・義時と争い、他家をも巻き込んだ争乱になった。

        ._ _ _
      (ヽl_l_ll_l,l
       ヽ  r
       │ |
        |/ ̄ ̄\
      /    \ ノ
      |    ( ●)(●)   兄である俺が家督を継ぐのが常識的だろ!
   .   | ノ(  (__人__)   どうして父上は弟に継がせる気なんだ!
       | ⌒    ` ⌒´ノ
   .    |         }
   .    ヽ        }
        ヽ     ノ         \
        l/   く   \          \
        |     \  \         \
         |    |ヽ、二⌒).、           \


                                                                .

500 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:37:01 ID:YDrU4drw



     というのはどうやらこれまた信じ難いらしく、
     父と不和があったものも、兄弟相克は創作だという。

     だが、この父との不和は、最上内縁であり出羽進出を志向する
     伊達氏らの介入を受けることとなるのである。


                 /    r:.、  ,.、      \
            /     仏、:Y´_;:ヘ        \   出羽へ進出を画策する伊達氏当主
           /     / !{        }          ヾ、     伊達輝宗
            〈    { { 人{     / 丿 |       )!
              ) / '、 !/ヽ `     /'" ヽ小ノ l}   , イ/
           人( l/ヽ{' ¨_ 二ヘ.   ´ ̄ ニ=‐リ  ゝ (
            从,ハ 弋_倣:!` |    'f誧‐ュ、/ノ }ヽ 丿
              `| ム        |    `゙ ´ ′ /イY    さて、最上さんは
             { ヘl      l          〈 ,} |     内紛を起こしたというが…
             ヽ,ハ      '            〃丿
              >!      ` '"        /イ{
                (八   、-── - _,.    /丿{
                ト    ¨二¨ ̄    /|从
                l| `、        // |_
               イ{  \     / //::}、
                ,../.:::::.....、 ` ¨¨ ´....::::::::::::::/| \
           / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
           イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
     ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、


                                                                .

501 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:37:46 ID:YDrU4drw



     長久は親伊達氏として近隣領主と手を組んだ。
     だが、長久はどちらかというと慎重であり、とっとと和を睦びたいと考えていた。



            (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   やる夫としては和議結んで
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    早く引籠りたいお
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


                                                                .

502 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:38:31 ID:YDrU4drw



       / ̄ ̄ ̄\
     /        \   ん?待てお?
    /    ─   ─ ヽ  もしやる夫が和議結ぶのを手伝ったら
    |    (●)  (●) |  最上には感謝され、
    \  ∩(__人/777/  周りの奴らよりも実力が上って証明できるお…
    /  (丶_//// \


          ____
        /_,r'  ' !、\
      /(≡)   (≡)\
    n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\    そしたら、ウッハウハだお!
   y |     |r┬-|     |⌒)  やる夫は凄いんだお!
   l \_   `ー'ォ     //
    \      ・    ・  ̄ /
      \         /
       >      <


                                                                .

503 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:39:33 ID:YDrU4drw



     という風な理由でか、長久は和睦に奔走した。
     そして、天正2年(1574年)9月10日に和議が結ばれた。


           / ̄ ̄\
         /       \  とりあえず、伊達とは離れすぎず、近すぎず…
         |::::::        |
        . |:::::::::::     |
          |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
        .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
        .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .                 _,,.  -‐…  …‐- .._
           ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .                 / ̄    ̄¨ヽ、          \
           /:::::::::::: く         ,ふ´..                 ⌒Y 、          \          ヽ
   -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――             } /^V }           `ーァ    ヽ  ',
            |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´                 ' {  「|    ヘ     \     l、 }
                                         { }  j | j{ { i  }    (`ヽ       `ヽ
                                         乂,ハリ ノ人ト、ヽ ト、 } } ト、ゝ    ヽ    /
                                                 l、-‐__'" ̄リ jノ从小y/`ヽ\ }  〈
                                                ;  'iユ'''ァ       j/ /⌒ }  ヽ   )
                                            ,′           )  八      し
                                            :. /                ,ノ/ { ) } 乂
                                            :: ` ァ          「¨´  从ハルイ/ \
                             ま、しゃぁないかな  ::  └-ュ          /      //    \
                                            ::  /イ         /   }   /: :/     / 丶、
                                             ,;;/ }    _.. ´    / / : :/      /    `''  .._
                                              `ー '"´   \   / . : : :/     /        `''


                                                                .

504 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:40:32 ID:YDrU4drw


  +        ____    +
     +   /⌒  ⌒\ +
  キタ━━━//・\ ./・\\━━━!!!!
   +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +
       |  ┬   トェェェイ     |      さすがはやる夫だお、出来る子なんだお
    +  \│   `ー'´     /    +
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
     /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
   Χ   ─ / / ̄ /    /  | ̄| ̄ 月 ヒ .| |
  ノ   __ノ   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o
                                         .| |/   /                \
                                         .| !ミ=、_ /                 ヽ
                                         /ト |   /        ,  ,             ',
                                     |  /::|八 _=| i     /  / /  /         '.
                                     } ,イ::::} ∨ん| |   / /ル、/ ,イ!    /     i
                                     /,.:'/ l:::/  { V-| |!   | / __ ∠ノ<ミ|    /       !
                                    イ:::| |::|{! ハ ヽ {∧  |/ 7テ;X、  ト|   ,イ/ /    |
                                     ,' |:::| |::|∧  \_ ! \{   夂ソi〉ァ '   |/ニ|  /  }
                                  / |:::| |::| ヾ、 / i   `  `="    ', .イリ! | /   /
                                      |:::| |::|   _,∨ i            ヽ|守ヌレ' / /
                                     |:弋ノ::|   '/  ',              { ゞ夕'/ ィ〃
                                     廴;ィ:::|∧,イ′ _ ハ          /  /彡' /
                                       |:::|!三ヘ/ム ヽ     ` 、     , '
                                     / |::|!三三三三个;,\         '
                                  /! / /二 ̄` ー、三三ニ!-仆、 _ -‐     さすがです
                                  /テ≠三三三`ヽ、 \三三三|─ァ


     これにより白鳥氏は伊達氏とのコネクションなどを密接なものにし、
     優れた情報収集力を持つことになる。


                                                                .

505 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:41:51 ID:YDrU4drw



            / ̄ ̄\
           /   _ノ  \
           |    (⌒ )(⌒)
           |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ
           |         }  さて、父や伊達からの呪縛はいいとして
           ヽ     ヘミ|
           /,` 、` -`,--` ,  今度は天童に白鳥、上山か…
     __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
    /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
   ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
   |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
   ;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
   ;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
   ;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


                                                                .

506 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:42:41 ID:YDrU4drw



              ___
          ,. -'"´     `¨ー 、
        /          ヾ  ヽ、
       /             };  ヽゝ.
      /      r´   __, ..イ ト┬-、i
      ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,
      i                 }    }   こいつは、見過ごせないな…
      |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,
      i                ̄ "'''"´  }
      :                    ./
      i                    ,!
      i                   !
       ',                   {
       i                   !
       .}    !               }
       i     ヽ、          i  ,'
       l      ヽ、         |. /
       /        ヽ..,,____,,..ノノ
     ノ                  {

                                 義光は雌伏の時を経て、彼らに反攻することとなる…


                                                                .

507 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:43:48 ID:YDrU4drw



     さて、天正5年(1577年)7月、長久は家臣の根清光なる人物を
     時の権力者・織田信長に謁見させる。
     白雲雀という良馬を献上させるためである。

               _  -───-   _
               ,  '´           `ヽ
             /                 \
           /                    ヽ
         / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
          ' 「      ´ {ハi′          }  l
         |  |                    |  |   室町幕府を滅ぼした有力者・織田信長
          |  !                        |  |
         | │                   〈   !
         | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
        /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
        ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |   ウホッ!いい馬…
       | | /ヽ!        |            |ヽ i !
       ヽ {  |           !           |ノ  /
        ヽ  |        _   ,、            ! , ′
         \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
           `!                    /
           ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
               |\      ー ─‐       , ′ !
              |  \             /   |
         _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
    _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


                                                                .

508 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:44:41 ID:YDrU4drw



                   _,..-──- 、、
                ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
              ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
             /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
            ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
            |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
            |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j   いやー、白鳥十郎長久か…
            ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i   いい漢そうだ
           .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!   出羽守?いいよ、やるよ
            | ソii        j             l!ヽ l
            i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!
            `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
             \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
               i、       ー一        / i/
               |`、                /  'i
               |  \     ;       ,イ   |
               |   \ ___,__, ィ´/   |
               _,!              /     l、_
         ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
                l   ;          ,'  ,'  !  ;


                                                                .

509 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:45:33 ID:YDrU4drw



        ,, - ―- 、
     ,. '" _,,. -…;   ヽ
     (i'"((´  __ 〈    }     俺の返礼を見てくれ。こいつをどう思う?
     |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
     ヾ|!   ┴'   }|トi  }
       |! ,,_      {'  }
      「´r__ァ   ./ 彡ハ、
       ヽ ‐'  /   "'ヽ
        ヽ__,.. ' /     ヽ
        /⌒`  ̄ `    ヽ\_
       /           i ヽ \
      ,'              }  i  ヽ
       {             j   l    }
      i   ヽ    j   ノ   |   } l
      ト、    }   /  /   l  | .|
      ! ヽ      |  ノ    j  ' |
      { |     } |      l    |
      ヽ |     i  | \    l    /|
       { |     l   |     |   / |


     信長は見事に気に入り、様々な物を送った。
     また、同時に鶴取り、鴻取り程の鷹があるとしてそれも所望した。
     長久はこれにも応じたという。


                                                                .

510 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:46:31 ID:YDrU4drw



     つまるところ、信長を通して、正式な出羽守の任官を目論んだのである。
     長久は自らの箔付けとして羽州探題を僭称しており、
     さらに出羽守を手に入れ、出羽の獲得を角逐したのである。



        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \         三__|__
       /: : :             \        口 |
     /: : : :              \
   /: : : : : :                 \       ‐┬‐
   : : : : : : : :.._        _      \  │__田__│
   : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
   : : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |  、 マ
   : : : : : : ´"''",       "''"´       l   了 用
   : : : : : : . . (    j    )       /   '"`ー‐
   \: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
   /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\      レ |
   : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \      ノ
   : : : : . : : . : : .                   \


                                                                .

511 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:47:33 ID:YDrU4drw



     だが…



                   , - ─ - 、
               .,、-'´     L;;;ヾヽ、
              /;;;;;r'     rー _,ヾ;!. \
             ./L;;;;i    ;i ;!i ヾー、゙! ____ ヽ
            /   i;;i  _} ノ;ノく;;. {;l; ,j. { *.} `! ヽ
            .!   i;;i,、=_‐''ヽヾ;ヽ \ヽ;==く;:〈 ゙、
            |    7/ {.*.} _/ノi;;(   ヽ \ ヾ;;、 ゙i,   ふざけんのも大概にしろよな
            |   | L、-゙=シ  ,|;;;:.   ヽ \ヾ;、 l    怒髪天を衝く、怒り心頭に発すって程度じゃねーぞ!
            |    `゙'i;;;:i    、     _,'、_, );!じ' |
            .! ,: ;;,   i;;;:i    弋_,._ノ_,ノ゙\;;;:.. !
             ゙i;;:;;;;;:;,.,.,..i;;:i,.,.,,;;/ r─‐''''"_,.ィヾー》;:.|
             ゙、;;;; ;;;;;;;;;゙i;i;;;;;;/ / ,r'i'''T´゙L、-ク:| |;;;;;|
               ヽ;i ヾ;;;::゙i;゙i;:| ,j /ヾー^"__,.-rj;ツ };;;j
               \;;;;;;;;;ヾ'ヽ<ヽj´|´゙! _j=' ./;;/
                \;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`゙''"´_,、-'゙;;;;;/
                   ゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;`゙"_,,、-'´/
                       /⌒      ヽ | || |  |
                 :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
                :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
                 :: ヽ   ノ ::          \       \
            ガタッ!  |   | r         「\   \       \
                   |   | |       ノ  \   \__   \
                   ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
                 || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
                 || ||  |         | ||| |                    \


     正式な羽州探題である義光マジでブチ切れました。義光も献上品を贈り、白鳥氏の不当性を訴えた。


                                                                .

512 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:48:30 ID:YDrU4drw



     そうして、義光は某N家さん同様、縁戚関係をまず結び、
     油断させ、暗殺せんとする作戦に打って出る。
     そのため、自らの嫡子・最上義康と長久の娘の縁談を果たす。(諸説あり)


       / ̄ ̄\  最上義康
     /   「   \
     |    ( ●)(●)
     |       | )   両家の平和のためです…
     |     __´___ノ
     |     `ー'´}
     ヽ        }
      ヽ     ノ                    , ':::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::ヽ  長久女
       /    く  \                /::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ
       |     \   \            /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.'
        |    |ヽ、二⌒)、           ,'.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::i
                              !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|
                           l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!
                           |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l
                           |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」 ,.弌¨  .ハ|.:::.:l:.:!
                           |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.||, イ ,d |   {ソ!::.::l|:l  ………
                              !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|lヽ 辷ノ '   'V:.::l.|:!|
                              |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川
                             |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´
                            |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′
                            |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|
                             !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!
                             ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|
                          /:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.://:ハ::.:::.:l'  \ ヽ  \|!


                                                                .

513 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:49:19 ID:YDrU4drw



     流石に一度は長久も断った(策を恐れて)そうだが、
     たまたま、最上使者との会談の場にいた寒河江家臣が仲介を買って出て
     寒河江家の面子を潰さないため、止むを得ず了承したという。


          /  ̄ ̄ ̄ \:
         ::/        ::::\:
        ;: |          :::::::| :
         \.....:::::::::    ::::, /  我が娘よ、申し訳ない
         r "     .r  /゚。   逆に考えれば、我らにも機はある…
       :|::|     ::::| :::i
       :|::|:     .::::| :::|:
       :`.|:     .::::| :::|_:
        :.,':     .::(  :::}:
        :i      `.-‐"


                                                                .

514 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:50:16 ID:YDrU4drw



     そして、天正12年(1584年)6月、義光は重病と偽って長久を山形に招いた。


   ゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
    *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
    o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
   ・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
   ゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
   o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
     。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚   なんか悟っちゃう状態!!
    *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
   。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
   * ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
    |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
    o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
   ・| + ゚ o }  }                ヽ O。
    O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
    o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
    |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
      _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
      >   _/_              <
   ヽ |二二|  _|_i_|_厂{_,   |  |ヽ   ∠、|ー  「| 「|
   ヽ |____|  .ノ l | .又  ヽ|. ー|―  |三| |ニ´ .i:i .i:i
.      十   ー十一   |  人   ノ  j {_, .ii  ii
   ノ .ー亠一  ノ | ヽ   /|./  \ ノ ヽ__い .o  o
       ̄|/∨∨∨WWWW∨∨∨V\|


                                                                .

515 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:51:15 ID:YDrU4drw



               /;;:;;::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /'/;:;:::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
              / ;;:::::::;;;::;;;/;:;::::,;:;:::/;:;:::/::::;;;;/:;::/::::::::::l
             /:::i::::;;;::::;l:;´く/;:/;:;/;:;:/;::::: / /;;::::::::ノ::l
             ///:;;;;;;;;;;;;;;;;Yl r V;;i // _ミ\/;:;::::/:ノ::l
              l:/ ;:;::::::::::/_フ  i;    ヾ〆/;::/‐;:::/:;il |
                ク;::;;;ヘ/  /        //lイ;;::ノ;:l ;:   これは、罠だ
           ,-ー ̄ ̄ ̄ ̄ー‐ 、         l ;:l ;;     殿、行ってはなりませぬ
           ノ-┤├ーー---、   ` - 、_  ` −
          トー┤├ーー- 、 ̄`ー 、  \ `/
          〈 −ー―-- 、   ̄\/ /\  \、
         「 ̄ ̄ー―――-≧、_   \ ` ト  \
       /  イ            −ー、 》ミヨ /
     /   /                 ヾ- 、/
   /    /                       ̄- 、

                                                  ____
                                                /      \
                                               /─    ─  \
                                             / (●)  (●)   \
                                      ………   |    (__人__)      |
                                             \   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/


                                                                .

516名無しのやる夫だお:2010/02/27(土) 15:52:18 ID:gpOwtoyw
どうみても罠だよなw

517 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:52:19 ID:YDrU4drw



                /)
              ///)
             /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人
      /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                  >
     /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 細けぇ事はいいんだよ!! >
       /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <                  >
      /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \  YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
         ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
        / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


     罠だと長久自身も訝しんだそうだが、
     それ以上に羽州探題職と家系図を譲るという条件に
     彼の野心が疼き、また娘を思う気持ちに負け、遂に赴くことになった。


                                                                .

518 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:53:17 ID:YDrU4drw



     長久は38人の供を引き連れ、山形城に向かった。
     その道中、丁度、最上川の渡であった。烏(高野山やらの神託を告げる)が鳴きながら飛んできて
     糞を落として、湯野沢の方へ飛び去った。



               ,  -─: :::'  ̄ ̄ ̄`::::':.:.:. 、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶.
               /::::::/::::::: :/:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::::/:::::::::/::::/::::::/::::::::::/l:::::::::::::::::::::::ヽ
   .      /::::::::::::/:::::::::/:::::::/::::::/l::::::/  |:::::::::::: ::|::::::::::\
        /::/::::::::::/:::::::::/ :::::イ::::∠/∠_\_ /:::::::::::::/|:::::::::|:::::ヽ
         /::/::::::::::/::::::/::::/ l:::入 ̄{:::ノ1 メ::::::::::∠=|:::::::::ト.:::::l
   .    /::/::::::::イ:::/ |::::/   レ´   ̄ ̄ /::::::::::イ┬┤::::|::| |::,'    殿、烏は神の使い、
       |::/::::::/ヽ|:/_.> |:./.         /:::::/ ヽゝ''|::::::|::| |/     きっとこれは忠告でありましょう。
       |'|::::::/::\ヽ  _レ          /- ' ., --->∠:::::レ'
   .     │:/|:::::/`┐ヽ               r '  /:::ハ:::|
   .    レ |::/::::::::|  ',        -‐===ェ.   ∧/ l/
         レ'|:::::::::|  ヽ.        -─‐‐___/_ '
            ?::::|     \         |::::::::::::::\
   .          从∧       `   、.     ノ::::::::::::::: ::/ , -────── 、
      _____∧          >‐-/::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      \::::::::::::::::::::::::::ヽ___ -‐ '::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        \:::::::::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::::::::: :/:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



     三郎はこれを神託として、長久に諫言した。


                                                                .

519 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:54:15 ID:YDrU4drw





             ___
            /     \
          /   \ , , /\
        /    (●)  (●) \
         |       (__人__)   |   ここまで来た以上、逡巡する必要はないお
        \      ` ⌒ ´  ,/    気にすることはないお
         ノ          \
       /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
       |    l  ( l / / / l
        l    l  ヽ       /



      長久たちはそのまま山形城へ向かった。


                                                                .

520 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:55:04 ID:YDrU4drw



     山形城で、家臣らは入口前で待たされ
     長久のみが、義光のいる間に向かった。


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |    (…義光め)
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


                                                                .

521 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:56:26 ID:YDrU4drw



       / ̄ ̄\
._     /   _ノ  \   __
| |======|    ( ー)(ー)===| |
| |     |     (__人__)   .| |
| |     |     ` ⌒´ノ   | |    (ベッド? なにそれ?)
| |____|        }__| |    
| |\ ( . ヽ       } ヽ  \   
| |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \



     勿論、奥の間には健康そのものの義光が寝たふりをして待っていた。
     そして、長久が平伏して油断していると…


                                                                .

522 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:57:21 ID:YDrU4drw



     両脇の家臣が長久の袖に釘をさして、長久を捕えた。




              / ̄ ̄∨ ̄ ̄\
             .|  / ̄ ̄ ̄\ |  な なにをする きさまらー!
           ┯_|/  _ノ  ヽ、_ \|_┯
         / | / ((>)) ((<)) \  |\
        |  ! |    (__人__)    | !  |
        (⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥)


                                                                .

523 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:58:12 ID:YDrU4drw



      .     . / ̄ ̄\
           / _ノ  ヽ、 \       ころしてでも りょうちをうばいとる!
           | (?)(?)  |  ./´`;
     .      |  (__人__) .|. ./   / ,. -、
           |   ` ⌒´  ノ .ィ.  / / /
            ヽ      }./  /''  ∠__,,,...、
          / ̄ヽ   _....ノ_   . ´    __.ノ
        . /  ∧r'"´    `ヽ    <´
      .  /    i | `''ーr 、,        ,._ `ヽ.
        {  /\ノ       ̄'ヽ、.,__,.イ  `' ー'
      .. `‐|\ \___
         |_ヽ-' /
          ヽ__/


     そして義光は、枕元に隠してあった短刀で斬った。


                                                                .

524 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:59:00 ID:YDrU4drw


     待っていた家臣たちは訝しんだ。
     そして、彼らは、門番に「長久はどうした」と詰った。



   /.|::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : }////:∧}        ______
.  / ::|::::::::|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |.;//// /|      ∠/ ̄ ̄
  /   !::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :,'//// //|    //
    |::::::::| :::::::::::::|::::::::/|:::::::::::::::::/!: :./  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :///// // |   //
    |::::::::| :::::::::::::|: : / .| : ::::::::::/ l: /    ,>、: :.|、:::::::::::::::::::::::::::: : ///// /:.// //
    |:::::::ハ:::.:.: ::.::|: /\| ::::::::::/、_|/__, -‐'"´__∨:| ',.:.:/: : ::::/:ハ: :///// /.// ///             /
.     ',:::::| |::::::::: : |/i 弋|:::::::::/  ′ィ´ ̄ 弋_ノハ| .∨: ::::::∧:|ノ∨::/// /.// ///           /
.      \| ',::::::::::::::::,.` ー!: : /    \: .`  ̄         ヽ::::/ ハ!///// /.// ///        /   /
        \:::::::H: ハ |/                 ∨ ./フ////_/ /://! .///       / :!   /
.           \:|.|/ ::、                      //////《__》..|///      ./ :/|. /
              .′ :∨                      ∠/////// /// .|//!    / //| /
               ヽ___              ///////// //////ハ|    |///N
               //\ 、___          //://///// ///////.∧    |////!
                 〈////>`ー  ‐`     /`/:://////// /////////.∧.   |////!
                   ̄ ̄ ̄\ ̄     /___./..//////// ///////////∧___ノ///:∧
                     //>─ '//////三三//// /////////////∧////:ハ∧
                       /////////////´ ̄ ̄>/ ///////////////∧/////:∧
                   /////////////       ̄|/===ミ.////////∧/////:∧

  この後に及んで、まだ帰ってこないとはおかしい
   やはり、謀ったのかっ…!?


                                                                .

525 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 15:59:48 ID:YDrU4drw


     すると、帰ってきたのは、長久の首であった。
     と、同時に300人もの最上兵が彼らを囲んだ。


                                   最上謀臣・氏家守棟
               /   /                ヽ   ヽ
                ,'  /  i          |   '    ',
             ′ ,  l |  {       │   j!    i
   .            l   |  | l j | '.    } /'j   /'!    |
             |  │r七il "「|`ヘ    厶/ -| / |   |
              |   jト、ルfてりト、l∧ / j/」.ニjノ}7/|   |
               |    |、` 岱::ム   V  '"夊メ::}ヽ从  i |  残念ね、白鳥はここで終わり
   .          |   | ヽ           `ー-'’″/|   l |
             /|   |.         .l:.        /^|   l |
            ,  |   lム       `        /イ|   | |
            .′│   | ヽ.   ` _ ー‐    / j/  | |
          /   |   |シxヘl\        , イ |  〃  | |
   .      /   /|   |   `゙ヾ`w,,. x<,_j,;'`゙ヾ/    |│
        /  〃 |   |                ,′   │:,
        ,′ /.-|   |i l                   ′    | i
       ,厶 '´   |   |l トy                / /     ト、j!
   . /        |   |l | ゙'z,_          / /     丿 \


                                                                .

526 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 16:00:38 ID:YDrU4drw


         / : : : : : : : : : : : : : : : : l : : : : : : : : : | `ヽ、: : : : : : : : : : : : : l、
   .     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :,!: : : : : : : :|: :|    \ : : : : : : : : : : : : ヽ
       /: : : : : : : : : :i: : : : : : : :/.| : : : : : : :,{: :|  :|   \ : : : : | : : : :|、: :}
   .   /: : :/ : : : : : : :|: : : : : : :/ │: : : : : :.ハ |   l、   ヽ: : : |: : : : | ヽ|
     | : :/! : : : : : : : |: : : : : :/   !: : : : : :/  }|    }、____,}: : :| : : : :|
     | :/│ : :| : : : : |: : : : ;/‐─┤.: : : :/   リ  __/>==:;ァl、: :!\ : :|
     |/  !: : :| : : |: :.|: : : :ハ :rー-!: : : :/    ,.ィ';ィ´ (:::) 〃ハ: :| ,)}:ヽ:|   こうなっては、よも逃れられないだろう。
        | : : | : : |: :.| : : :|┴┴‐-|: : :/   _ノ}:::::::`ニ=‐ゥヘ::/ i∨,',':.}     悉く、討死するまで!
        | : : { : : l!: :|: : :卜、::::::;;x'|: :/ -‐宀⌒ー¬-‐'′`}: |,ノ/:./
        | : :/{: : :|!: ハ : :|  「{´ │'              ∧ ,!斤y'
        | :/ ∨:{レ'、V:{   | |   ′                 ?|/___
        |/   ∨_≧X.  レ′                /|::::::ヽ::::: ̄ ̄
     ¨´ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::{:::{ハ            ___.. =ラ' |:::::::::::\::::::::.:
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:ヾ\   _.. ==  ¨ ̄   ,イ _|:::::::::::::::::}:::::.:.:
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::\\¨ ̄          / i//::::::::::::/::::::.:.:
     :::::::::.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::∨::::::\ ヽ、         /-‐く._/:::::::::/::::::::::.:.:.:
     ::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::\:::::: ヽ. >: 、   /     /::::::::/::::::::::::::.:.:.:.:
     ::::::::::.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::: \:::::::`ヽ.  `¨ ´     ,/::::::::/:::::::::::::::.:.:.:.:.:



     こうして、中庭で戦闘の末、従者38人は皆、死に果てた。


                                                                .

527 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 16:01:40 ID:YDrU4drw



    この時、中庭にあった桜に彼らの血が飛び散ったという、「血染めの桜」伝説が残っている。
    真偽の程は定かではないが、彼らの忠心、無念を讃える話ではある。


           / ̄ ̄\
         /       \
         |::::::        |   全く、やはり、悲しいな…
        . |:::::::::::     |
          |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
        .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
        .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
           ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
           /:::::::::::: く         ,ふ´..
   -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
            |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


                                                                .

528 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 16:02:33 ID:YDrU4drw



     こうして、城主亡き後、谷地城は攻略され、白鳥氏は滅亡した。
     最上義光はその後も、快進を続け、出羽最上郡を統一した。
     その後、中央に羽搏き、山形藩主と栄転する。

                       ,, -‐ 、
                     /'    ヽ
          / ̄ ̄\      ./      i
        / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
        |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
        |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l    悲願を果たしたぞ!
        .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
         |         }/  .::::::::::::::::::::/
         ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
         .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
      ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
   ..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
   :,'      /       !.:::::::/:i..:..l
   r   、  /           !::::::::::: i..:..i
   l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
   !  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
   .! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
   .ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
   / \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
      `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


                                                                .

529 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 16:03:31 ID:YDrU4drw



     だが、その後、義光は自らの艱難を再び準えるように、一族で内紛を起こす。
     長男・義康は家臣・里見民部の讒言を受けて、孤立、暗殺された。


          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ○)(○)
       . |  U    | )   くっ、何故?何故だ…父上…
         |     __´___|
       .  | ι   `ー'´}
       .  ヽ     u  }
          ヽ     ノ
          /    く
          |     \
           |    |ヽ、二⌒)


                                                                .

530 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 16:04:25 ID:YDrU4drw



     義康は妻の実家を滅ぼされたことを内心で、恨んでいたのではないだろうか?
     そして、それを付け込まれた。謎多い義康暗殺の一面である。


   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: :: :: 、:: :: :: : 、:: :: : :: :: :: :: `、
   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :',:: :: :: :: ',:: _, 、.:: :: :: :: :'、
   .:.:.:.:.:.:.:.:.:. :: :: :: :: :: :: :: ::`,.:.',:: :: :: :: ,:'´  ,-: :: :: :: ::.`:: ..、
   :.:.:.:.:.:. :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::',、.',: :.,: '´   ;'::'; ',:: :: :: :: :: :: :: `: : .、
   :.:.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::', '´       ';::;' ';:: :: :: : :: ',` 、:: :: :`: .、
   :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ,. '´_ _ _          ';:: :: :. :.、:. ',  `  、:: :: :: . 、               ,. . . ::´
   :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :. :. :.:';'´:::::`;        ,  ;:. :. :. :. ;',:. ',    ` '  、: :`: . 、        ,. : . :´:,: . ´
   :: :: :: :: ::','.,:: :: :: :. :. :. :. :';',_;:,: '          .':. :. :. :.,.' `´         `  、: . `: . :、 . : . :´: .,: ' ´
   :: :: :: ::.;'´':;'.,:: :: :. :. :. :. :. '.,          ;' .'´`、:. `、            ,. . : :´: . :, ': :`: :'、´
   :: :: :: ::.',  ':;,:. :. :. :. :. :. :. :.'.,           , ': .、  、:. :' 、    ,. . . :' : :´: : :,:  ' ´ ` ' .、: . `: .、
   :. :. :. :. :` ‐-':;,:. :. :. :. :. :. :.、´      , ':`:.、: :`: `: :、: ` ' : .´: : ,: :  ' ´           ` 、: .` 、
   :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.,、:. :.、  ‐, ': : ´、: :' 、: .` ': . : . , 、: . : :'´
   ,:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : : : : :.',` .、:` .、.',: . : .: . : .: 、`' 、: .':´:、_' 、: .`、
   ,':. :. :. :. :. :. :. : : : : : : : : . :.,_ ` 、:` :、. ',: .' ,: . :' ,  ` ' 、: .`: . :. ` 、
   . .,';: : : : : : : : : : : : : : . : . : .:,`::::....、`',、:` 、: . '.,'、: .' 、    ` '  、: . `: .、
   . ;:::',: : : : : : : : : : : . : . : . : . :'.,::::::::::::`::; 、、_`__:.'、_、: . `: 、     ` 、: . : . 、` ': .、
   . ;:::::; : : : : : : : : . : . : . : . : . : 、`.、::::,'`'  ' ,':::::::::::::`:::...、: `:、     ` 、: . `:.、' 、: .`: . .、


     義康室はどうなったか分からない。もしかしたら、白鳥滅亡の際に殉じたかもしれない。


                                                                .

531 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 16:05:16 ID:YDrU4drw



        /     l       |       \  ∨// |  | │l      ヽゝ
     .  /./   |       |  |  │ ヽ. ヽ. | '/ |  { │| |    )
      /./  / |       |  |、   ト. │  | | l /ヽ. _>l│ |  | /
      | |   |  ト.       |  L≧ |‐\|  | | |./ / l ::| |│ |  { {
      | |   |  | |ヽ    l\|¬ `'__ |  イ | | Y/ イ::::| |/j/    ヽヽ
      | | ',  |  |ノ─ヽ  |  チ斤万:}ノ l /l ハj l },イ::|::::|         ト.ゝ
      }人ヽ ', lr≦云\ |  .ゞ--≠ |/ }ノ ノ// l:::|::::|    l  ノ}ノ  ………
      '  ヽヽ ヽト⊥斗' l`          r‐'、y│|:::|::::|  | .ノ /
         丶ハ  .≧  '、          ノ   lゝi |:::|::::|  | イ /
             },イ∧    ` __      , ' /∨::|| |:::|::::|  |. レ
            レ' \   ` ニ´   ∠/ヽ': : : ::lレ|::::Τ\?
                 `  、    ∠/Y: : : :///\::|   `
                    ` <∨: : : : : //: /: : : \
                      >二二'_´/: : : : : : : : : :ヽ
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                  /: :.∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,
                 /: : :∠___i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i


                                                                .

532 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 16:06:07 ID:YDrU4drw



                            _ _     ,
               _          ,:',. '´ ` ` ´,:'
             ,.  ´   ` 、 ‐  _` ':,' ' ,.;.   `   ´、   ちなみに、長久暗殺後、白鳥長久室もどうなったかは分からない。
             , ' ,  , :'´ .  :. ,.   ` ,.:'._;       ' , 、  多くの伝説では、生き延びたというらしい。
         ,',:';' ,:','_ ;.,  :. :. : :,:.    ':,:;'        ' ,
            ; ; ; :';´_ `;'. ;. :..: .:; :  _,. .:,:', ,'    :.  .`',.',
          '.;' '.; ',;'`;',' ,:'.:.:..:..:,',.: ´. .: '.;':' .,:.    :.:.. : , ',:,
            ', ´  ´ '′;:'.:,:', ': ;.. ..: .: :,:'.:;', ;.:. :. .   : :. :.'. :,  鳥と名を冠しながら、羽搏けなかった男のなんと悲しいことか。
          ;'      ,',: '´,.,: '. .:. ;. '. .:.;::.',':.:. : . :   : :.:..:':..'
          ';`    ´, '`´ ' :, .:'. .: .:, :':;:.::;.: :. : : :. .:.:..:.::' 、',
            ;          ' ,: '   ;: .:;.: .:. . .:.:. .: : .:,'  `' .,_
            `  ‐ - 、 ,._,:'`:´`:.',   ;:.::.;.: . : .: : .: .:.; :,
               _;`'. .:.::.::.:_::_:. ' , ,'.;':,:;.:' ,: : .:, : :..:, :,
                    `':,:.;. .:'´. : : : : : ;.:, ;.; ':, ', . : .:.;.:,' ' :、
                ,. .'. .: : : : : : : : : :',:,.'.;、 ; ,'. .::'.;′
                 ,' . . : : : : : : : : : : : ',:,:' .':, ' ; .,:' '
              , . .: : : : : : : .:. : : : : :,:', : .:':, ','
                , . .: : : : : : .:.::.::.::.:. : : '.'.:.::.::.', '
                 , . : : : : : .:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.',            〜羽搏けなかった男〜
                  , . : : : : :;.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::',                            〜おわり〜
             , . : : : : :,、.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.',
              , . : : : : :'.:`:.:. .._:.::_:.::.::.::.::.::.::.::.::.:,
                 , . : : : : :':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ̄..:.: ̄:.';´
               , . : : : .:.;';..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
              ,',: . : :.::.:, ;..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
            ,. '. :,: : :.:.::.' ; .:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
           ,. :'. .: : : : .:.::,:' '..:.:.:.:.: : . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
        ,. '. .: : : : :.:.::.:, ' ,. '. .:.:.: . : . : . :..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;



                                                                .

533 ◆bJPKF4fjfk:2010/02/27(土) 16:06:49 ID:YDrU4drw
以上です、ありがとうございました

534名無しのやる夫だお:2010/02/27(土) 16:07:17 ID:1C0/EpLw
乙でした。

535名無しのやる夫だお:2010/02/27(土) 16:14:43 ID:aFSD7gwA
乙でした〜

536名無しのやる夫だお:2010/02/27(土) 17:40:49 ID:K8ENjMaE

しかし、その最上もいずれ潰えると思うと、諸行無常だよなあ。

537名無しのやる夫だお:2010/02/27(土) 18:44:18 ID:gpOwtoyw
乙!

538名無しのやる夫だお:2010/02/27(土) 21:08:06 ID:J1yHEOfo
乙ッス!面白かったぜ!

しかし、この時期の東北の情勢って、
地味なイメージからか一般的には知名度皆無に等しいよな……

539名無しのやる夫だお:2010/03/06(土) 01:08:18 ID:PCQe0rXU
戦国期の東北はイメージ以前にこー、強力な統一勢力同士の戦いがないのが……
南奥はゴチャゴチャしててそれを統一する伊達政宗でそれなりに話になるけど……
青森・岩手・宮城・山形・秋田・福島の各県バラバラで広すぎるのよ

物語にしやすい強敵同士の対決やダイナミックさが無い

540名無しのやる夫だお:2010/03/16(火) 22:36:08 ID:tqXuTrVs
正宗来て・・・

541名無しのやる夫だお:2010/04/20(火) 11:38:17 ID:b5D80iVg
>>540
名前ちゃんと書けカス

542名無しのやる夫だお:2010/04/20(火) 11:41:25 ID:.lmLPjvA
菊正宗が来ました

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■