■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

やる夫がプロ野球選手になるようです 2イニング
1 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:28:39 ID:jMqmf7HI
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

前スレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1256648082/


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想(妄想)ストーリーです。
    話の都合上、旧制度(現制度に合わない)の記述が含まれたりすることもありますが、ご容赦下さい。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

2名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:37:36 ID:jMqmf7HI
投下開始しまー

3名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:38:24 ID:jMqmf7HI
−やる夫がプロ野球選手になるようです−




第3話_小話 「やる夫達とお正月」

4名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:38:55 ID:jMqmf7HI
―?月?日 第三練習場―

      ____
        |三三三三|
        | ̄ ̄ ̄ ̄|
     [三三三三三]
     ,' ._ハヽ_ヽヽ  _
   _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ               「スリーッ!」
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ
  i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
  l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,〜ヽ' '
  ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
   `       ./l><l ,ノヽ
         /.:ヽ/.:.:.:.:.:',
          |.:.:.:,.、.:.:.:.:.:.:.:|


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)                    「ツー!」
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !            「ワンっ!」
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

5名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:39:38 ID:jMqmf7HI

│  │   /|  | ̄) | ̄) \ /      |\  | ┌─ |   /      \ / ┌─   /|  | ̄ ̄ヽ |  
├─┤ . / _|. | ̄ | ̄   Y       | \ | ├─ | /| ./.        Y  ├─ . / _|. |-ヽ─'  |  
│  │ / ̄ | |   |    │        |  \| └─ |/ |/         │   └─ / ̄ | |  .\  ・ 
     / ̄ ̄\                               ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
   /   ⌒ ⌒\                           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   |    ( ●)(●)      ライダー,キック ! ____      /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
.   |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\.      l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
    |     |r┬-|           /(○) (○) \     l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l
.    |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \    l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |     l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./
     ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/.     l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ <ボクザビースキー
     /    く. \         \  ノ           \       ,.ィ´ ヽニノ <l/
     |     \  \    (⌒二              |      /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ

6名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:40:04 ID:jMqmf7HI

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)         「あけましておめでとうだろ。
        |      ` ⌒´ノ          新年的に考えて」
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|    「おめでとう。
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|     今年もよろしくね?やる夫」
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

7名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:40:12 ID:bv7Zx3u6
新スレ乙。
酉忘れてんぜ。

8 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:40:44 ID:jMqmf7HI

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\              「今年もよろしく・・・だお。
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   てか蒼星石、新年くらいイジメはやめるおっ!」
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉    
          |    ::::::::::::::::::/                     もうやらない夫が折れてるおっ!>
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/                         ごめんねやる夫ー(棒読み)>
           \__  :::::::::く             
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,−´ :::ノ  .:::::::::{   <コノホシハ ウチュウセンダヨ♪
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ?..___|__j

9名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:41:59 ID:jMqmf7HI

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ  
    |    ( ●) (●)
    |      (__人__)  ∫              「まあでも、去年はプロに入れたし、
    |     `⌒´ノ ∬                お前らにも会えたいい年だったろ。今年も、本当によろしくな?」
.   ヽ         } | ̄|               
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/ <ダレダッテ チキュウノ ノリクミイン♪
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|     「やらない夫って、鼻がひん曲がるような恥ずかしいこと平気でいうよね」
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'     (うん、今年もよろしく!☆キラッ)
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/                                <ソウダヨボクタチャ-♪
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

     ____
   /     \
  /  ─    ─\                 「逆逆、てか、それやる夫の持ちネタだお」
/   ‐=・=‐ ‐=・= \
|  U    (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/                                      <チキュウノオモサ♪

10名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:43:05 ID:jMqmf7HI

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..  
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――<ダカラソノテヲサシノベルノサ-♪
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


       ____
     /      \
   / ─    ─ \               「ホラ、やらない夫はクサイ熱血漢の割に傷つき易いんだお?
  / -=・=-   -=・=- \              まーた落ち込んじまったお」
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |       (今、トドメを刺されただろ)
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \   <レースキューヒルマナイーゼ レースキュードンナキケンモ♪
   |     |ヽ、二⌒)、          \

11 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:43:44 ID:jMqmf7HI

           _____
         <´          ` マ
         ヽ           /
            |-‐  __ ー--|
       ー…''"~ ̄     ̄~" 'ーァ
        ヽ,.  了 ̄ ̄~" 'ー- 、/´
        /  i: |!|: |:.:、    !   |
        |:i. .:/_ハ:从_\_|::.|  |
        |:|:::イ '  \ _` _`}:|/:::;′
          |:|ヽ"´ 、  ̄゛〃:/:!
          |:ハ:::ト   ‐  /::/{リ      「てか、やらない夫さっきっから着メロがなりっぱなしだよ?
           リ川!` ェ ' /|/<__       正直五月蝿いんだけど」
           ィfrt匕/:{\| rタ癶
          Fニニ卞5!トィ:}_{r'   鄯
            「⊇ = | t|:|~´ネ{ |   鄯
         ィ三} _=| t|:|_タ} |   鄯
        ム'癶ミヽ`ニーォ=ニ「_Lノカ/
          「ム `Tt┬‐{|    ヽヽ`ヘ
         \气ソノ;〉Vi。 。 。|  /
           _L ‘= ―‐一'ーi′
    _   -―亠  ―-__ ̄  ヽ
   /     ,.  -― ''"~  `   |
  /     / ___,..          | < ̄
. |    / / -< ヽ、___,.≦ ̄ヽ___
 ヽ    |        | |     〉xzx{ヘ
   `ー‐ヘ         //_  -―=≠¬ト匂_
       \__,. -一′


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \            「やる夫も思ってたお。
  /(●)三(●))   .\            マジうっせーお。マナー位守れお」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \          (死体に鞭打つことを躊躇わない・・・鬼じゃ!こやつら鬼じゃっ!)
. |   o゚ (__人__)  __           
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\       「あ、ああ・・・解っただろ」
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \

12 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:44:44 ID:jMqmf7HI

       ____
     /⌒  ⌒\モチウメー
   /( ●)  (●)\            「それにしても、メール着すぎだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\            何かあったのかお?」
  |    。`,⌒゚:j´     |
  \γ⌒/■)'    _ /
   ( ^ノ ̄       ヽ


           ,. -──-. 、
          ,.'´. : : : : : : : : .`ヽ
          /. : : : : : : : : : : : : : .\
          ,'. /. : :i !: : : : : : : : : : .ヽ
         !l. : : , ハ| ト、: : : ヽ : : : : : l    「親戚に不幸があったんだってさ!
.        l i. ://-ヘ ヾ、wー-ヽ : : . ,'     それよりやる夫、初詣行こうよ!」
.         酛ノ l(て)  ヽ!(ラヽ\ l l
        イト:ゝxx   xx /.:`ソi!
       /l{ iトゝ、 ‐-  ,〃.:/\
       !:.:.{ } ヾ ニ ニ7 !/{ }:.:.:l
       l:.:.{ }   ∧|\   { }:.:.i


             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)     「勝手にうちの親戚を殺すな!
          :|   ^  、` ⌒´ノ:      そりゃ正月になったんだから、
          |  u;     ゙⌒}:       あけましておめでとうメール位友達に回しまくるだろ!
          ヽ     ゚  " }:       友情的に考えて!」
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \

13 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:45:09 ID:jMqmf7HI

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨丶
       /:::::::::::::::::::::::::              \
     /:::::::::::::::::::::::::::::::u                \
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::U           丶
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::U:::::::::::::::::                 │
 /:::::::::::U::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            :U     │
 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´   {ー-===._-、      ,.   │
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ._  \ヽ、   /      |
 l:::::::U:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      、⊥エェ_,_ヽ. `く´ ノ    |
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     /´ >,`‐゚‐' Y,`-イ ′    ノ |
 l:::::::::::::::::::::::::::::U       /    '゙ _^ニ=、′!、  / j
 l:::::::::::::U:::::::::::::::::::      |    ´"/´´¨   !ヽ,∠ニ=ァ'      「あけまして・・・?」
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::     |    i{          「ージヌー
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::     !    (         / ヽ \
 ヽ:::::::::::::::::::::U::::::::      |    ヽ、____.人__ノ /
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ー=_:::ニニ,二,⌒  ン
 \::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::       、``ー-ニィ  /
   \::::::::::::::::〈 ヽ.:::::::::::::::::      `ー- 、.   ノ
     \:::::::::::::}  `丶、  \            /
       \,,ノ     `>          _/
       ,r''__\_       /ヽ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     //(9}/::ヽ    /::::::ヽ.._... --┐
    /,.イ,ニY〃::::::::〉ーく:::::::::/        {
    / ヒ:シ//ヽ_/:::::::::::::::Y´         `、

             |
.,.-────‐-、|
  _,, --─‐─‐-L_
´              \
 _ ,, -- ─‐──‐‐- 、/
:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
.::::::ト、:::ヽト、::::U:::i::l:::::|:::.:.i::|
:::::/ \::.\`>:::i:::|:::|:::.:.|::|    
:;イ   ヾ:::、 { j,ヽ!::!::::::l/    
::::|.=ニ二ニ=一`'´__,!/::/:/                          「おめでとうメール・・・?」
::::|丶、___, イ |{.  |/:/ヾ:ヽ      
::::|. |       小, |:/:| |}::l     
:::::| .|U   `ヾ:フ |::::i .|}::|     
:::::|  |    ∠ニニ} |::::l |}/    
、:::|、 l   {⌒ヽr{ |:::l  |}      
..ヾl.丶、   ヾ二ソ |i/ /j
 . \.丶、 `''''''′!  /j〈
      ̄ `'ァ--‐''゙  /}::ヽ
    ./ニ只、    /7/:::〉
   〈:〈_,イ.ノヾ_〉  /ソニ::::(
    `ー// l.l   ./j:::::::::::::\

14 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:45:35 ID:jMqmf7HI

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)         「近頃は年賀状だすのめんどくさがって、これで済ます奴が多いだろ」
  |      |r┬|}         
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

15名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:45:42 ID:nMiMYT7A
そんなメール都市伝説だろ

16 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:45:52 ID:jMqmf7HI

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ    「というか、お前ら1通も着てなかったりするんじゃないのか?
        |         }     なーんて、冗談だろ」
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

17 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:46:23 ID:jMqmf7HI
         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !        ━━┓┃┃
      '、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l              ┃   ━━━━━━━━
        ヽ lト、     <._.,,'   ≦ 三         ┃               ┃┃┃
         l ト从 ー┐ r‐ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
         ヽ| Vィ´ {X}。≧         三 ==-
            /: i_lil__-ァ,          ≧=- 。
          i: : :l:::::ヒj::l」 イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
           /ーイ::::::i::::l|   ≦`Vヾ        ヾ ≧
          /  //ヽハ/li   。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

18 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:46:52 ID:jMqmf7HI

          , 、、  ,,              
        , '  ____ " 、、          
         , '   /⌒三 ⌒\  ',         
       ;  /( @)三(@)\  ;       
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;       「ば、ばばば、あばばば、あみばば、馬鹿いってんじゃねーお!
        |  u   |r┬-|  u  | ;       さっきっからやる夫のメールは鳴りまくりだお?」
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;       
    _   /    (___   | ',    
  ,、'  /              |  ;  
 、 ( ̄                |  ;  
     ̄ ̄ ̄|               | ;

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)                (さっきのお返しだろ・・・)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃               「そんな音、聞こえなかっただろ。聴覚的に考えて」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

19 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:47:25 ID:jMqmf7HI
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ○)三(○)\ fつuu         「さ、ささささ、サイレン、サイレン!サイレンッツ!サイレンナイッ!」
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |          
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:.... 「さ、サイレントモードだったのな、わ、わかっただろ・・・」
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:.... (テンパリすぎにも程があるだろ)
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \

20 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:48:35 ID:jMqmf7HI
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´   「そうだよ。
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ      僕たちはマナーがいいから、サイレントモードだっただけだよ。
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!      解  る  よ  ね  」 
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ

              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉           「イエス、マム」
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./            (こっちにいたっては、触るもの皆傷つける雰囲気だろ!)
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |

21 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:49:02 ID:jMqmf7HI
<I wanna be a VIP STAR〜♪

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。
                           r─────-、、
                        |          .:.:.::::.`ヽ,
                        |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
                     _ノ_____  ̄``丶、/
                 l、   r'´   _ __ _   ̄``丶〈_
             __| V  ヽ,. ::´::::::::::::::::::`ー- 、  \
             \     / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_ノ
             <    /:::::,.ィ:::::,ィ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::゙ .
              /  /フ:::::,レ' i.:ト、;ト、:::  i       i
               '一 7  /://!rミ' r;ニ、ヾ.:::/. . . :/../  .!
                 /:/::/= ゙ ′ ヽ ' /.:/:::::::::/::/::::::::’
            r 、  ./:/::::i"       =/,:イ:::::,::':::/::::/::;′
       ⊂ニ,  ̄` ヽ/:::,.-',ニ、 _       ,'::::/::/::://
         /,ィ    ヾヽ ‐、)、、``  /::// l/
.        `´/,r r−ヘ i ヽ こ)J´フ;:-r |/'" ̄ 乙、
.           `'‐' Y′ >′  ゙'く ∠'"r/r=-'´ ̄~' (´
           / ! /     lトv_v'"´:::::::::::::ヽ ノ`
             l!. V     ,/  i  i::::::::::::::/:::/
     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |
   |   |   |   }
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__

22名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:49:47 ID:1clJkTuQ
これなんて俺(´;ω;`)

23 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:50:05 ID:jMqmf7HI
┏============┓
‖┌==========┐‖
‖‖TO やる夫       ‖‖
‖‖FROM いぬ夫    .‖‖
‖‖              ‖‖
‖‖あけおめ!       ‖‖←<<1のAA作成技術の全てを振り絞った携帯電話。
‖‖              ‖‖   絶対携帯電話。
‖‖おけましておめでとう!‖‖
‖‖今年もヨロシクな!   ‖‖

24 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:50:32 ID:jMqmf7HI
         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //    (いぬ夫・・・)
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /






----------------------------------------------------------------------

         ____
       /      \
     /    _ノ  ヽ、_ \ヽ       「無理だよ・・・
    / /  o゚⌒    ⌒゚o \\      こんな練習、もう耐えられないよ・・・」
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

----------------------------------------------------------------------

25 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:50:56 ID:jMqmf7HI

       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i              (いぬ夫・・・)
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"






----------------------------------------------------------------------

         ____
       /      \
     /          \ヽ      「ナイスピッチやる夫!
    / /   ⌒    ⌒  \\     今のストレート、メチャクチャよかったぞ!」
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

----------------------------------------------------------------------

26 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:51:11 ID:jMqmf7HI

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j               (いぬ夫・・・)
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ








----------------------------------------------------------------------

         _____
        /        \
      // \  / \\     「・・・できる夫に、お前が勝つところを、
     //  (●)  (●)  \\    俺は見たい!」
    /  |     (__人__)     |  \
  (   (⌒(⌒)⌒)  (⌒(⌒)⌒)   )

----------------------------------------------------------------------

27 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:51:31 ID:jMqmf7HI
.i   、  、--|-、 . ┼   . ┼   . ┼   . ┼      |  
|   ヽ  /\/ .| ,.-|--、ヽ,.-|--、ヽ,.-|--、ヽ,.-|--、ヽ   |  
ヽ/   '  ヽノ α、i._」  ノ. i._」  ノ. i._」  ノ. i._」  ノ. つ.  ・ 
ハ: : : : : : : : : : :l        /                  ヽ
: : }: : : : : : : : : : l      /    ,,斗<j                   ヽ
: :,′: : : : : : : : /     /   〃  ^?                  ヽ
:/: : : : : : : : : : : :      /  /:/{{ ヾ.. ヘ               i
: : : : : : : : : : /: :/     /  /:/:∧- ::◎:: マ                   i
: : : : : : : : : : : : : ̄ ///  :/ / ,癶,   `、八             /
: : : : : : : /   ///,′  :/ / _`ミ≦V       _:-=≠≦ /
.: : : : :/   /////l   /   //            二;斗==≡癶ァノ
: : :/     く//////l //  /,\        ≦ -=:◎:- 〃i     /
/       ∨////l /   /   \_/     ヾミy、_,.彳゙ノ     /: :
:         ∨//∧ ///7⌒ヽ\\        _//`ア /    /: : : : :
: .        \/,'∧ / {7   ⌒ヽ \__/  / ///\∧ /: : : : : : :
: : .         /\∧ {{     />'´  / /  ∠:::://:.:j/: : : : : : : : :
: \: .        /,'//ヘ∧ ヽー-=彡'  /__,∠ イ//////: : : : : : : : : : : :
: : : :\: .     /////,'∨ゝニ二 -―¬7//////////////: : : : : : / ̄ . :
: : : : : :| : .   //////// ̄ \///// ̄ ̄`ヽ/////// : : : : :/  . : : :

28 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:51:44 ID:jMqmf7HI
―その頃のいぬ夫―

                     )
                       ヽ 野球部全員に一斉送信!!
        ____         )
       / \  /\       `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     /.  (●)  (●)\ヽ                   /  __  `` ー- 、
    / /     (__人__)   \\              , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
  /  ./      |r┬-|     |  \          _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
 (___ノ\     `ー'´    /-ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /

29名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:51:51 ID:nMiMYT7A
( ;∀;) イイハナシダナー

30名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:53:05 ID:nMiMYT7A
( ;∀;) イイハナシジャナイナー

31 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:53:33 ID:jMqmf7HI


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚   「見たかお!サイレントモードを止めたとたんにこれだお!
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|     やる夫はモテモテの人気者なんだおっ!」
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |

       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |              「わ、わかったわかっただろ・・・あと、モテモテは言いすぎな?」
     .(`⌒ ´     |
     {         |               (そ、蒼星石に影が見えるだろ・・・)
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ

                __
             __「ー--  '\
             |\ヽ_____/ヽ
               >、ー──‐ ' }
            /ィ ` ー──.'.´「
             リ,   : : : : : : 从
                ,ゝイ ̄ ̄`ハ
             /!  |{〉   〈|
            〈{   L'====┤
             /:`''ー┬──.イ
              ∧!  /: : : : : : l
             /::::{  ヽ; : : : : : l
             ゝ‐'\    ̄ ̄ ノ...
                ̄ ̄ ̄::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::
                  :::::::::::::::::::::::::::::::
                   ::::::::::::::::::::::::::::
                      :::::::::::::::::

32 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:54:05 ID:jMqmf7HI

<マダーイワナーイデジュモンメイタソノコトバ♪
             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./  ニカッ!
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .| ホッ
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ


      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\ホクホク
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |      「さすが、蒼星石も人気者だお〜。どれ、見せるお?」
    \__ `ー ' ___/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

33 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:55:13 ID:jMqmf7HI

┏============┓
‖┌==========┐‖
‖‖TO 蒼星石       ‖‖
‖‖FROM 翠星石    .‖‖
‖‖              ‖‖
‖‖新年ですぅ!      ‖‖
‖‖              ‖‖
‖‖おけおめですぅ!    ‖‖
‖‖今年もヨロシクですぅ!‖‖
‖‖タマニハ帰ってくるですよ!‖‖
                      _____
               ┌<二三三三三≧
               ∨三三三三三三7
                    ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
                r==ニ二ニ三三三三三二≧
             `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                /::.::/::;´::.::.::.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ
                  l::.::;'::/::.::,:::.::.:::.::.:.:::.::.}::.::.|
             |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.:.::.:.|::.::.|         「・・・」
             ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.::.::.j::.}:/
                  }:l::.|:::.::.:::.::.:::.::.:::.::.:/:/:,′
             /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ
                 ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/
               rt<         ー、
              / :.`ヾ、         ハ

34 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:56:10 ID:jMqmf7HI
         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \                  「・・・」
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |                  「・・・」
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

                      _____
               ┌<二三三三三≧
               ∨三三三三三三7
                    ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
                r==ニ二ニ三三三三三二≧
             `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                /::.::/::;´::.::.::.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ
                  l::.::;'::/::.::,:::.::.:::.::.:.:::.::.}::.::.|
             |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.:.::.:.|::.::.|         「・・・」
             ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.::.::.j::.}:/
                  }:l::.|:::.::.:::.::.:::.::.:::.::.:/:/:,′
             /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ
                 ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/
               rt<         ー、
              / :.`ヾ、         ハ

35名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 21:56:27 ID:bv7Zx3u6
姉者(wwwwwwww

36 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:56:37 ID:jMqmf7HI
 ×         ' .          |              \
    x            ` .   , -┴==――-  .. _        〉
                   .    /  ´          "'- 、   /      X
                   {     , -‐ァ===‐- .._   "'-.′
                    ',/}/:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、:ヽ   `、 ゜
                ×   / //::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.::、 /        , ☆
                  _ノ_,ム:ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽヽ
               _/ /,. -‐〉:.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl:.',   キラッ☆
      ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ__−、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|i }
         ×x .   ぃ     .イ」::.:::|:l ⌒`  |l '示:`ヽ|:l::.::;:l:|:.!  「ほ、ほら見て!ボクも友達からメールきたよ!」
       . '´     ,. 介iー-、 {从:::|:::|:トゝ     丶 ヒ'リ刈:/::|::/〃:リ′ ; ☆     ×
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y:.}人:l::l  r:ゥ- 、' `^ /:::l::::.::::.x:リ′  ゛
   x /      / /⌒ヽ  込J `'i ヽト\丶_ ,.‐く  イ:ィ:::!x::X::/  ゛ ゜ .
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉   .l | -.__{:::::::}.彳〔__レ1::ル'゜       ゜ ×.
   ー 、 --−'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ |::l::|
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、ノ/;リ  x          ☆
      x '` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう″ ! |
            Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X
        ☆ , ゛ヽ:..:..:..:../  ,.⊥_  /小\¬-{   ∨ヘ._,. -‐¬、
               ` ー′  j:..:..:..:Y´:´/ハ卜':..! :ヽ  ∧::ヘ .:..:... }   × x
                  /:..:..:..:..j/:..:.`:..:´:..:..i  :..:ト-_ノ マ'’:..:..:..:..ヘ


          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\     
     /  。ヽ   ‖  ノ \    「・・・サイレントを切ったらすぐにだお・・・
     |   /   人   l   |    そうせいせきもにんきものだおー」
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´

        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \       「お、お前らすげーな・・・
      |    ノ´     /)゚o |        ともだち、いっぱいだろー」
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |

37 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:57:43 ID:jMqmf7HI


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


―後日―

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー) 
. | u.   (__人__) 「翠星石って姉妹だろって、お前言えるか?」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }      / ̄ ̄ ̄\
   ヽ     ノ       /  ⌒  ⌒ \
    i⌒\ ,__(‐- 、    / u (ー) ::::(ー)ヽ  
    l \ 巛ー─;\  |   :::⌒(__人_)⌒:l   「人には触れちゃならねえ痛みがあるんだお・・・」
    | `ヽ-‐ーく_)  \    `  ̄´ /
.    |      l      i⌒\、___ ィヽ
    |      |     .l \ 巛ー゙‐;\      ザパァアァァァ‐─────‐‐‐ ‐ン
     リー──‐‐t____.  |   ヽ-‐≠ー '′
    l   " ~ ̄ ̄⌒ヽ`ヽ.|゙ ̄ ̄⌒ヽ ̄ヽ
───`ー───ソ  |  |┴‐─-r  |i'  |───────┐
           |  |  |       |,_|, __|              |,
            |_、| __|.     (´_)゙_)             |,、;──‐─────‐───────‐─
            l'___)__)                ,゜ '≒~゚ ⌒ ~ " ~   ̄ ー     〜
                         ;  °。 ;从ヾー~   〜"~       〜
゚           °  。 ゜ `   。  '、从;_゚ノ'〜~  〜´⌒    ´〜
 );  ;゚  。  ; 从  、 ,j ´ヾ。'~〜〆";、〜ッ)ヾ
 ソ  人´; ノ'〜、~ ソ 〆´(  ゞ  〜    、〜   〜' ⌒  ー
〆〜ヾ、゜〜    ヾ  〜´ "   ,゚
  リ'   〜ー     〜'      ソ〜     ー〜

38 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 21:58:21 ID:jMqmf7HI
--------------------------------------------------------------------------------------


名前で、モロバレだろ―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                 第3話_小話 やる夫達とお正月 オワリ

39名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:02:21 ID:XjueXRco
乙!

正月を3人で越してて、こういうのがあったのかw

そういえば、食事はどうしてたんだろう?

40名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:02:46 ID:nMiMYT7A
乙 蒼星石無茶しやがって。・゚・(ノ∀`)・゚・。

41名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:09:59 ID:QFIhqwPU
翠星石出てくるのか・・・?

42 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:11:22 ID:jMqmf7HI
ご観覧アザーッス。

酉忘れ指摘ドモっしたー。
トーシロっぽさがでてしまったw

>>39
食事はコンビニクオリティ。
18の野球部員は料理なんてつくれない!(偏見)

>>40
支援アザーッツ!

43 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:16:55 ID:jMqmf7HI

         i、 ,/f´'´レ=ニ-ァ
        iv' '´, ,-‐=ー'´、
         >-‐=:ーュ、-=ニ`>
        ,:i=三= ,! ト,)i、ミ`ミ、
    rv‐t')</ヾ,==へノ;〈゙ レ、ミ`、         ここからは>>1の考えていた脳内設定を垂れ流します。
    /`tj''´i/  `ヽ;-  ,.:'_,.-‐ャ゙`          実在のプロ野球選手の名前もでてくるため、
   i '´ /    `ーァ、´ ,.-',´.'`=‐ァー--、    不快そうだと思ったら飛ばしてくれるとありがたい。
  f`iー-|     ,.-'/7'^>'.,' :',:'.'/   ヽ
  |_|__j、  ,:/;':/ i /´.' ,:.',:' .'/      |
  /'    l ,r‐'/;./ レ',:'.; : ' : .,.:'´      !
  |     |,!、_/: ;|  /, ,: , : ; /        /
  ヽ   トi |l|.il| ///,:'.:',i ヽ、_   r'´
  |   ノ ||il:`y'//.',;.:-r' ̄`ー、ヽ、i´

44名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:17:20 ID:XjueXRco
栄養云々はまた後でか?w

質より量の高校生めwwww

45 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:20:28 ID:jMqmf7HI
【登場人物紹介 その1】

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

やる夫(18)

高校卒1年目 右投げ右打ち 投手 サイドスロー。
身長:中の下 体重:中の上(ガチムチ)

---------------------------------------------------------------------------

・小中高とピッチャーをした、筋金入りのピッチャー。他のポジションの経験はない。
 ただし、エースナンバーを背負ったことは一度も無く、中高と登板機会に恵まれなかった。

・中学時代は単純な実力不足。登板機会が無いことにも納得していた。

・野球が上手くなりたいの一心で、野球名門高校に入るが、
 同年代のピッチャーに出来る夫がいたため、実力がついたにもかかわらず、
 登板機会が無かったことに納得できてない。

・中高の経験から、チーム内競争の意味を深く知っている選手。

46 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:23:29 ID:jMqmf7HI
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

ストレートの最高球速:138キロ→134キロ
持ち球:スライダー、カーブ(投げれるだけ)

---------------------------------------------------------

・異常なスタミナと、異常な回復力を持っているため、異常な量の練習を積むことが可能。
 これはやる夫が気付いていない自分の”才能”
・ストレートの最高球速は、フォームチェンジで138キロから134キロまで低下した。
・カーブも投げれなくなったため、実質的な持ち球はスライダー1本。

スライダーのモデルは梅津○弘投手

47名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:26:25 ID:yd2ueeFs
へばらない、怪我しにくいっていうのは立派な才能だよな

48名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:27:45 ID:bv7Zx3u6
パワプロ的には最初からケガしにくいと回復○を持っている様なものか。

49名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:31:29 ID:FmtAzJrY
これは化ける要素満載の才能じゃないかw

50 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:31:30 ID:jMqmf7HI
【登場人物紹介 その2】

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
やらない夫。
高校卒1年目 右投げ右打ち 捕手。
身長:上 体重:中の上

----------------------------------------------------------------------

・小中高、最高学年では常に4番を打つスラッガー。
 父はタイトルホルダーのプロ野球選手で、所謂2世選手。

・バッティングセンスがあるわけではないが、身体が超日本人級。
 超日本人級の体格にモノをいわせたプレーで、今まで挫折知らずできた。

・ドラフト2位の注目選手だが、アカギ監督に第三練習場送りを命ぜられる。
 第三練習場でやる夫と出会ったことで、少しずつ将来の”ボンボン”さを改善していく

51名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:32:29 ID:QFIhqwPU
やる夫ガチムチ・・・
阿部さんがほっとかねぇ

52名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:34:04 ID:y8ERbEG.
>>50
え?一茂?

53名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:34:30 ID:nMiMYT7A
>少しずつ将来の”ボンボン”さを改善していく
もしかして生来じゃないか?

54 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:35:08 ID:jMqmf7HI

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

・キャッチャーセンスはあまりなく、興奮しやすく、動揺し易いがため、
 やる夫に少々先行きを心配されている。
・センスと体格のミスマッチがあるため、本人は気付いていないが、”格下キラー”。
 逆を言えば、一線級には手が出ない。

イメージとして、新人の時の阿○慎之助

55名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:36:32 ID:TvlMGj32
コンバートフラグなのかこの能力設定はw

56名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:39:09 ID:yd2ueeFs
確かにキャッチャーとしては腹黒さが足りない感じだな

57 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:42:05 ID:jMqmf7HI
【登場人物紹介 その3】

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|
蒼星石(18)
高校卒1年目 左投げ左打ち 投手 オーバースロー(実質スリークウォーター)
身長:低 体重:小

・プロ野球界初の女性選手。女性扱いを酷く嫌い、それがコンプレクス。

・野球暦が長く、試合経験も豊富なため、18歳にしては野球勘のある選手。

・女性扱いを嫌うがあまり、自分とかけ離れた投手の理想像を追いすぎていた。

・理想とするピッチャーはストレート一本で戦える投手。藤川○児や五十○亮太。

58名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:45:21 ID:bv7Zx3u6
藤川○児や五十○亮太って無茶すぎるだろ、常考…

59 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:47:54 ID:jMqmf7HI
    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

ストレートの最高球速:130キロ→132キロ
持ち球:スライダー、カーブ、フォーク、シュート、スクリュー

---------------------------------------------------------

・変化球はなんでも投げれると虚勢を張るが、
 試合で実際に使うのはスライダー、カーブ、フォークの三球種。
 理由は、投げれば打たれる程度の球だから。
・独特の試合勘で要所要所をかわしてきたが、現在の所プロで通用する好材料は無い。

60名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:49:56 ID:UnWqfy12
星野より石川を目指した方が良さそうなんだけど逆方向の変化球が苦手なのね

61 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 22:50:24 ID:jMqmf7HI

          ;____
         / ⌒  ⌒ ヽ;           >>53
      :/u ( >)}liil{(<)ヽ\;        お恥ずかしい。
     / / ::::::⌒(__人__)⌒::::\\        即興の怖さを思い知っておりますw
  ;/  ./    u         |  \
 ;(___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)   );


>>58
                     )
                       ヽ 異議あり!!
        ____         )
       / \  /\       `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     /.  (●)  (●)\ヽ                   /  __  `` ー- 、
    / /     (__人__)   \\              , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
  /  ./      |r┬-|     |  \          _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
 (___ノ\     `ー'´    /-ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /

手が届かないから憧れる、そんなこともあるんじゃないでしょうか。

62名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:51:10 ID:QFIhqwPU
遅い球速ならホークスの和田を

63名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:52:31 ID:XLCkmPq.
武田勝もかなりの遅球

和田ともどもフォームが変態だがw

64名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 22:55:43 ID:FmtAzJrY
手首の怪我が治る前のTDNも結構遅めじゃなかったか?

65 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 23:01:26 ID:jMqmf7HI
【登場人物紹介 その4】

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、
カズマ(28)
高校卒10年目 右投げ右打ち 三塁手。
身長:中 体重:中

・ドラフト5位入団だが、高校卒で即1一軍入りを果たし、一年目で100試合出場。
 新人王こそ逃すものの、怪我以外でスタメンを外れたことの無い、
 現ミスターVIPスターズ。
・2年前のシーズンオフに膝の手術をした故障明け。故障はほぼ完治しているが、
 足腰の筋力がかなり弱まっている。

66 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 23:07:18 ID:jMqmf7HI
 λ |\),、  lヽ、/ | /"i、 ./i≡≡≡≡≡≡
 )ヽ、ヽ::`''-,, |::::ヽ,(ノ:::::(/::(__ノ|≡≡≡
`i:::::::::::\::::::::\:::::::\::\:::;;;;;;;;;;;:ノ≡≡≡
 )\:::::ノ;;;;Wヽ__ノ ヽ::::):::::::::::::"''-、≡≡≡
:::::::::::::;;;;;;;::::::::::::"''-i--'"::}'/:::;;;;;;;::::::::;;;;;二==、≡≡≡   
::::::::/:::::\---" ̄"ヽ''-/::::::"''<__≡≡≡      
:::::/:::::::::/ ,  :::::::::::::::::::: 、\::::::::;;;;;;;;;;;;"''---、≡≡≡  
/::::::ノ   ヽ, ヽ''''''ヽ  |::: \/::∠___"''-、::::ヽ≡≡≡ 
|::::::::{     \,,__ 、ヽ .i ,,ノ .}::::::::::/≡≡ヽ::::|≡≡≡ 
:::::::://|   -'''''iッ=、'ー- ノ_, 。-、|:::::/≡≡≡}::::}≡    
:::::::i:::/  _二二---ヾ 'ー-ー- .v_≡≡≡ /::::|≡
:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡

     打率    打点   本塁打
1年目 .276     66     9
2年目 .280     88     17   
3年目 .292     112    28   ベストナイン
4年目 .277     104    22   
5年目 .290     127    31   打点王 ベストナイン
6年目 .288     121    25   
7年目 .312     142    27   打点王 ベストナイン
8年目     未出場
9年目     未出場
-------------------------------------------------------

・3割1度、30本1度と、ミスターVIPスターというほど派手には見えないが、
 実のところ派手さ満点のクラッチヒッター。
・スコアリングポジションにランナーがいる時の勝負強さは天下一品。
 アカギ監督の絶対な信頼を得ている。
・守備はあまり上手くなく、ゴールデングラブの受賞経験は無い。
・新人王を取れなかったことを、密かに根に持っている。

67名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:09:33 ID:yd2ueeFs
確かに、ここ一番にはメチャクチャ頼りになりそうだw

68 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 23:16:11 ID:jMqmf7HI
今日の投下はこんなところになりまーす。
>>1のジコマンにお付き合いありがとうございました。

阿部さんやら、ライトやらに関しては、
まだきちんと登場してないことと、個別エピソードが挟まれる予定なので、
今回は割愛します。

多分次か、その次が正式な登場になると思いますので、
阿部さんファンのガチ○○な方はもう暫くお待ち下さいー。

69名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:18:42 ID:g/tXo9Is
背番号ってどうなってんの?
ドラ外のやる夫が#15って実は期待されてるとか?

70名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:19:26 ID:QFIhqwPU
>>1乙ー

最近これが一番楽しみなんだ

71 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/09(月) 23:19:48 ID:jMqmf7HI
>>69
鋭すぎる。

ちょっと待ってくださいとしか言えんですw

72名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:21:20 ID:g/tXo9Is
>>1
おけ-
乙です

73名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:21:27 ID:yd2ueeFs

いぬ夫へのやる夫の片思いな感動が泣けるw

74名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:30:45 ID:TWki3Wvo

オーバースローで頭打ちになっててクビ寸前でサイド転向した中日の小林正を思い出すな
単純に対左打者のみに特化しているというこういう極端な選手も好きなんだが

75名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:35:17 ID:M2Xfdb7M
シリアス回とギャグ回のギャップを楽しませてもらってます乙
同じ野球ジャンルものとして泣くようぐいすにはなってほしくないものです(打ち切りフラグ)

76名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:42:56 ID:CC4D/vLU
カズマ七年目の打点やばすぎワロタ
てかどの年も打点多いw
こんだけ勝負強いなら頼りになるだろうな

77名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:47:46 ID:sOpGLKBQ

たまたま検索に引っかかったここを何気なく開いたら面白すぎてワロタ
やらない夫じゃないがこの出会いに感謝
次回の投下はいつ頃になりそう?

78名無しのやる夫だお:2009/11/09(月) 23:58:12 ID:5f91cDGE
>>1
やる夫や蒼は打ち込みすぎで
友達いなさそうなタイプではあるよな

>>62
和田はけして遅くは無い
140中盤出してるし参考にはならんかと
やるおの例にも出てきた星野とか
山田久志の80年代後半とか(70年代は速球派だと思ってる)
ここらへんで130中盤以下

79名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 00:00:52 ID:FhHV4tco
142打点はひどいw
ほぼ1試合で1点稼いでる計算じゃねーかw

80名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 00:05:25 ID:SFUCkLqk
>>78
和田は中盤出た事あってもシーズン中は130後半〜140-142くらいが基本
だとホークスファンの俺は思ってるんだ・・・
現代野球では遅いと思ったから

81名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 00:11:10 ID:pGXc4F/w
>>79
シーズン記録だと歴代7位タイだな。

82名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 00:17:24 ID:GzW66h/2
遅い左の速球派。正に昌じゃないか

83名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 00:17:33 ID:MjazKj2U
調べたけど、ありえない記録ではないんだな

84名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 00:38:51 ID:vxmlGzhU
梅津だったのかあああ!!!
梅津にやる夫の回復力があれば…

85名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 00:39:04 ID:8NMnhPxg
速球派の理想は村田兆治
異論は認めない

86名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 01:49:18 ID:NH2Ao/u6
バカヤロウ、速球派投手の一つの理想型といえば野茂に決まってるだろうが。

87名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 06:00:23 ID:BHJsXe/2
実名選手の名前が作品上のキャラからも
時々上がるってことは、現在1リーグ現実6+架空1で7チームの状態なのかな。
ドカベンみたいに実在球団VS架空球団の展開があったり?

88 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 06:33:51 ID:C7K.VZog
出勤前に華麗にレス

>>73
友情も片思いって結構ありますよねw

>>74
中日のサイドで、右打者にしかまるっきり通用しなかったってところで、
正津はイメージしてたりします。

>>75
どもっす。
シーズン終了まではしっかりやりたいなー。

>>76
残塁が多いチームのファンなので、
こういう選手がいてくれたらなあと・・・

>>77
書き溜めが尽きた状態なので、仕事次第になりますが、
1週間以内にはやりたいですね

>>78
そうっすねー。
コントロール重視で130キロ台しかでないんじゃなくて、
変則投げでなく、本気の本気で130キロ台しか出ない。
そういう遅さの例は、やっぱ星の王子様じゃないかとw

89 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 06:43:26 ID:C7K.VZog
>>79
酷いですよねw
てかシーズン100打点を毎年繰り返す選手は、チートだと思います。
ロバートリチャードローズの勝負強さがイメージにありますね。

>>80
和田は川上といっしょで、制球のために球速をやや抑えてるってイメージですね。
元々遅いわけじゃないかと〜

>>81
157でしたっけ、最多打点記録。

>>82
速球王マサ伝説wwwww

>>83
ありえない記録は、あんまり書きたくないですね。

>>84
梅津はすばらしい投手だと思います。
てか、シーズン50試合中継ぎが投げる現代野球って、
過酷ッスよねー。
3年連続して中継ぎが調子いいことってまず無いですしね。

>>85
>>86
蒼星石の理想はストレート”だけ”で戦える投手ですね。
裏を返せば、他は(以下自重

>>87
全て架空リーグの話になります。
実在の野球選手名は、イメージが容易になるという目的で使っていて、
実在球団はでてきません。

トラキチとかいっちゃってるけどw

90名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 06:47:23 ID:jQAAFO9I
カズマの打点の多さにほれた

古者…古者ぁ…

>>89
昌は未だにストレートのスピードアップに取り組んでるんだぞ
副業なのにww

91名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 07:06:31 ID:3upRBPjs
本人曰く、昌は速球が140以上出てる日は調子が悪いらしい
事実そういう日は打ち込まれることが多い

92名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 08:14:39 ID:eBshFEuo
蒼の子にはラジコンプロの人の著書『133キロ怪速球』を与えよう。

93名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 09:14:21 ID:dn0Lkg5s
>>91
ラジコンのヒトは、140以上出るとボールが棒ダマになっちゃうから

94名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 11:10:33 ID:kZ25kOz.
何という更新速度!とりあえずまとめて乙!乙!乙!
1の気が向いたらで良いんだが各話解説も読みたいんだ!
1のやる夫をもっと味わいたい!ワガママ言ってすまん

95名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 14:55:21 ID:uR74ppC.
シーズン打点記録は小鶴の161打点かな。
つーか、達成当時って120試合制だったっけ・・・?

96名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 14:56:41 ID:MjazKj2U
やる夫ブログでまとめられてた

97名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 17:20:51 ID:W2hEqMPM
>>91>>93
指のかかりが悪いんですねわかりますww

98名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 18:24:06 ID:u8YhV0qs
マサさんは一時期チームが必死に彼の200勝阻止に励んでいたのが印象的だった

99名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 19:29:55 ID:Dp8TerfI
>>97
マサのストレートの回転速度は球児より上だって話だし、実際に指のかかりが悪いんだろうな。

100名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 19:49:20 ID:QwxyQ9S2
回転とかコントロールに使うための力が
調子が悪いときはうっかり推進力に回っちゃってるってことなのかな

101名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 19:49:52 ID:RqCoJvV6
やる夫板って前スレ埋めなくていいんだっけ? よくわかんね。

やらない夫が外野辺りにコンバートされそうな予感がますます強くなるぜw

102名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 19:54:08 ID:TqbYrk3k
蒼星石が昌みたいな状況になったら、どういう選択をするか興味あるな
140キロの棒球か130キロのキレがあるボールか、蒼星石は速球派マニアだし140キロにこだわってそうだし
やる夫なら球速なんて飾りですなんて言って即決だろうけどw

103 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:12:26 ID:C7K.VZog
>>96
本当だ・・・

管理人様感謝でございます。

昔、偶然やる夫ブログをみてやる夫スレに入りました。
そのやる夫ブログに乗れるのは、感謝感激であります。



記念にネタ投下。
あまりの人気についカっとなって書いた。

23:20投下

104 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:20:15 ID:C7K.VZog
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

オアソビ 「蒼星石とMASA」


注) ・この話はMASA選手を知らない人にとっては、何も面白くありません。ご注意下さい。
   ・MASA選手は架空の選手です。架空の選手ったら架空の選手です。
   ・作者はMASA選手の大ファンです。誹謗中傷の意図は全くありませんが、
    不快になられた場合本当にすみません。あらかじめ謝罪申し上げます。

   ・この話は本編に少しも関係ございません。フィクションの中のフィクションです。

105 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:20:39 ID:C7K.VZog
―2月中旬 2軍紅白戦後―

             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|       (4回、2失点か・・・)
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

結果だけを見たら、まあ及第点に見えるかもしれない。
ただ、一軍入りをアピールするには遠く、自分の思ったようなピッチングもできていなかった。

106 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:21:31 ID:C7K.VZog
最も不満が残るのが、自らの課題としたコントロールだ。

    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

コントロールは一朝一夕で鍛えられるものではない。
常に4隅を意識した結果として、4回2四球。

これでは普通に投げていたほうがマシだったかもしれない。

107 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:22:25 ID:C7K.VZog
むしろ、最近練習し始めたスローカーブの方が好調だった。

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽj?
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′

まだリリースに難が残るものの、打者のタイミングを外すことはできた。
改めて、緩急というものの大切さに気付かされたというものだ。

ただ、こんな付け焼刃では、どうにもならない―

108 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:22:48 ID:C7K.VZog
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                      「・・・石!蒼星石!」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


        〉 <三三三三三三三三三三三三三三〉〉
      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三>7  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\ ┼f ┼ :! :i i
       i  i  / /_/_/__ ヽ \ >x≧f斗}  i i i      「あ、やる夫」
       l  |i / イノ∠_云ミ、  \、 イ_ぃハ 癶 / l i
       { ハノ´ 小 {_艠゚}      弋__ノ イ i  l l
       V i  \ ヽ 弋ノ          /i !  | !
         i i   ハ\_     '      ハ i  li .′
         i l   l ヽ     '- ’     ィ .ハi //
         l ト、  ハヽ >  _   _. イ/j/川 / ′
         |l  } ./   ヽ>ヽハ`¨´ _⊥` 、 l′
              i/ , v⌒ -‐' {_.  ´     `丶、   _
             ,孑'"´ /_ノ7ー 、       __>'´j、!
           /) /  // ハ 「ヽ }     /fゝイ丁! ハ


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                      「あ、やる夫じゃねーお!
  |   (__人__)      |                       さっきっからずっと呼んでるお!」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

109 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:23:12 ID:C7K.VZog
            ____
          /      \
        /         \
      /   _ノ   ヽ、_   \
      |   ( ●)  (● )  |                  「・・・どうかしたのかお?」
      \    (__人__)    /
       γ⌒  ` ⌒´   ⌒\
       /  (___    __) \
      (____ ヽ γ' ___)
      /    ヽJ  し’    \
    /  ./   \  /  \  \
   ./ / \         / ..\ .\
 /' __)    ヽ、__人__ノ    (__  ’\
(_/                    \_)


            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
          |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
           l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
              }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./                「うん・・・今日の投球に納得がいって無くてね」
             ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            <77´     `ヽ
               リ/  ,r─‐- 、ハ
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l

蒼星石の声には覇気がない。
干渉を拒む、そういう声をしていた。

110 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:24:01 ID:C7K.VZog

蒼星石の表情は目にするが、やる夫は気にせず言い放つ。。

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \                        「・・・今、考えてたかお? それとも悩んでたかお?」
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  / 
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/                  「え・・・、あ・・・、悩んでた、かな?」
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

やる夫の言葉はいつも想像外から攻めてくる。
困惑しつつも、蒼星石は答えた。

111 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:25:10 ID:C7K.VZog
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \                     「だったら止めるお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |                     悩んでなんか意味あるのかお?」
  . \ ヽ           /


         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′        「ん・・・」
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽj?
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′

蒼星石にしては珍しいことに、やる夫の言葉に少し、反発を覚えた。

       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )                      「それくらいなら、今やってる練習をしたほうが
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._                  有意義だお?」
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \

やる夫は当たり前のように言う。

112 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:26:23 ID:C7K.VZog

正論だと思うけど、そんなのそれを毎回実行できる奴なんていないとも思う。
歯を食いしばるような努力と、悔しさを耐えて、乗り越える忍耐。
苦しいじゃないか、そんなこと―

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|            「・・・最もだね。わかったよ」
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

けど、やる夫は多分ずっとそうやって来たのだ。

だから、蒼星石は素直に頷けた。

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\                      「本当にわかったのかお?」
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

少し調子を軽くして、やる夫が言う。
やらない夫のマネで最近覚えた、やる夫精一杯の気遣いだ。

113 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:27:25 ID:C7K.VZog

その気遣いに奮起した。

        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トfj l `Y :::l :. :::::::「      
.      ' l.::|レ'.:イrfij.!    ヽゝ‐'   ! ::;' ::::i::::::}    
          Xイ ::ハ ゝ'、         /,:イ  ::::|:::::j     
           ヾ V!   , - = ヲ''  '´}:::! .::::;':::/        「勿論だよ!
          `Tト.  ` ー '     /;イ .:i::/レ'          今のボクに足りないのはMASA成分!
               |i \        '´7 .:::ル′           今すぐにMASA選手のビデオを100回見てくるよ!」
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、  
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ  
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:  
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;: 
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:  
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:  
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:  

         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \                  「だ・・・誰もそんなこと言ってねーお!」
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

114 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:28:04 ID:C7K.VZog

    r '´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨i
    |_, -――― - L.
  r'´           /
  ヽ._, -――――‐ -'、
   / / \\ \ \ ',                     「そうと決まれば善は急げだ!」
   イ / > ヽ `<ヽ\l l                     
    イ|  、_   | トレ'´{ー、_./ ̄l
     |l> 、\__) ィ/} _」 | ||_フノ
     と.」_|{ {_」}_} |   }ー' ̄´   <マーサマーサマサ アイクノコ-♪
       \ヽ.」._ノ_/
       / ̄l凶/   \- 、
   _    ハ   -z. __ .ノ}   ヽ
  / ヽzく.厶_/     \_.ノ
  \     }
      ̄' ┘


         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /           「ちょっと待つお蒼星石!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴           蒼星石ーーー!」
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

115名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:28:43 ID:6aODX2pw
なにそれこわいw

116 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:28:56 ID:C7K.VZog


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |                    「最近蒼星石を見ないだろ。
  |   ` ⌒´  ノ                    やる夫、どこいったか知らないか?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \       
    |    |ヽ、二⌒)、         

          , 、、  ,,                  
        , '  ____ " 、、              
         , '   /⌒三 ⌒\  ',         
       ;  /( @)三(@)\  ;       
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;         「知らないお・・・やる夫は知らないお・・・」
        |  u   |r┬-|  u  | ;  
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;  
    _   /    (___   | ',  
  ,、'  /              |  ; 
 、 ( ̄                |  ; 
     ̄ ̄ ̄|               | ;

------------------------------------------------------------
―その頃の蒼星石―
                 __
              __「ー--  '\
              |\ヽ_____/ヽ
<ウッター!          >、ー──‐ ' }    ジ-
 ハゲ、ギャクテンツーラン  /ィ ` ー──.'.´「               
 ホームラン!       リ,   : : : : : : 从
                 ,ゝイ ̄ ̄`ハ    (よし、このシーンあと100回見よう)
<MASA!         /!  |{〉   〈|
 マタシテモニホンシリーズ  〈{   L'====┤  
 ハツショウリナラズー!    /:`''ー┬──.イ
               ∧!  /: : : : : : l
              /::::{  ヽ; : : : : : l
              ゝ‐'\    ̄ ̄ ノ...
------------------------------------------------------------

117 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:29:30 ID:C7K.VZog


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'       「やる夫!ちょっと来てよ!」
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7


       ____
     /_ノ   ヽ_\  ホッ
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \               「蒼星石!
  |     |r┬-/      |                久しぶりだお!どうしたお?」
  \     ` ̄'´     /

118名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:29:47 ID:FhHV4tco
ああ、そういやラジコン選手は逆日本シリーズ男だったな……

119 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:29:52 ID:C7K.VZog

          _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
       , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
     /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
    く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
     ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
      ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
     \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
  ミ ミ ミ : :!: :i:: lz=≡   ≡z. {: !l     ミ ミ ミ    「見て見て!ボクこんなにラジコン上手くなったよ!」
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  // ゝ  :::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ,、   _「    l/!'   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ  ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、    ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。

120 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:30:58 ID:C7K.VZog

―次の日―
      ____
        |三三三三|
        | ̄ ̄ ̄ ̄|
     [三三三三三]
     ,' ._ハヽ_ヽヽ  _
   _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ                  「やる夫!クワガタ育てられるようになったよ!」
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ 
  i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
  l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,〜ヽ' '
  ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
   `       ./l><l ,ノヽ
         /.:ヽ/.:.:.:.:.:',
          |.:.:.:,.、.:.:.:.:.:.:.:|


―その次の日―
             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
          r==ニ二ニ三三三三三二≧
        `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
         /:::/.::/:ヾ.:ヽ::::ゞ:.::.ヽ、 ヽ           「やる夫!デットボールを当てた時、
         〃:/ト`ヾ `ヾ`ミ、ヾ:ヾ、:ヽ|            本当にすまなそうな顔ができるようになったよ!」
         レ!小lノ    `ヽ 从 |::l::i|
.           レ|l:! ●   ●  i::`メ:ノ
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ /:ノ´  マサ〜ン
          レ'./⌒l,、 __, イレ'ト、
.             /  /〈iトゝ  |}:::::::::ヽ
             |  l. /|    |}:::::::::ノi


―その次の次の日―
        、::.,.. ----- !、__
         /   ,. -:::::::.::.-..、冫
         \,. '´::::il:ト、::、::、:、ヽ.
        ハ::i::::::!l+-ヾト、!:|:::;i  (ヽ三/) ))
          !l::::!i::::N>  くソ//   ( i)))
         ゙ヽ|:l::::!""r‐ュ ノィリ  / ,イ           「やる夫!
           lハ:::lゝ __ ,イ:/"  ,/ ,イ/           ズボンの腿の当たりがやたら気になって、
        /ヾ{lヾ!―ィト、|ん⌒/ ,イ/            ツマミツマミしながらキャッチャーのサインを見れるようになったよ!」
        ,/::.::.:{|} 〔/イト' {l}:ハ´ /〈
       ,/ィ::.::.::{|}  |:l !:i f}ハ/:::/
     く::.:/::.:/::.:{|}   l」 l」 f}::.::./
     ⊂ヽ ん;.-ゝZyニハニ,〈~~´
      i !l ノ  ノ ∀7ヽXV´
       ⊂cノ

121 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:31:23 ID:C7K.VZog
         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ

122名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:32:04 ID:FhHV4tco
おい野球はどうしたwwwwwwwwwwww

123名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:32:28 ID:eBshFEuo
どうしてこうなった…

124 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:32:43 ID:C7K.VZog


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\                                     <やる夫〜!
  / /    ノ  ヽ、   \\  
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |       (また来たおっ!)
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
  


        /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|       「投球前にペロペロ指を舐めることを覚えたよ!」
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|


   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:(ロージンは食べれませんお・・・
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /      MASA選手も、もう44歳。そろそろ気付いていい歳だお・・・)
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

125名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:32:53 ID:sUYgcrJc
予想通りだw>MASA成分

126名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:33:43 ID:MjazKj2U
アホの子すぎるwwwww

127名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:33:54 ID:uQeEeeuM
だめだこりゃwwwww

128 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:34:06 ID:C7K.VZog

―更にその次の日―
      ____
        |三三三三|
        | ̄ ̄ ̄ ̄|
     [三三三三三]
     ,' ._ハヽ_ヽヽ  _
   _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ              「やる夫!コントロールが良くなったよ!
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ             やっぱりMASA選手は凄いよ!」
  i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
  l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,〜ヽ' '
  ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
   `       ./l><l ,ノヽ
         /.:ヽ/.:.:.:.:.:',
          |.:.:.:,.、.:.:.:.:.:.:.:|


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |             「え、なにこれ」
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

                                                   第4話_オアソビ 蒼星石とヤマモト○サ

129名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:34:44 ID:JmZfbbyc
>>123
MASA成分が満ち溢れてるからさ

130名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:35:05 ID:FhHV4tco
>コントロールが良くなったよ!
なん……だと……

131名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:37:13 ID:6aODX2pw
やる夫にもMASAフラグが立ったなw

132 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:38:23 ID:C7K.VZog
投下はこれだけです。
お付き合いアザーッしたw

野球ファンどころか、限定された野球ファン専用のネタで、スイマセンした〜

133名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:40:32 ID:JmZfbbyc
乙です

134名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:41:08 ID:ZRtAGkLY
よし次はアメリカ留学でスクリュー取得だ
やる夫はMASAの高校の後輩のTATEYAMAのビデオ研究を

135名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:47:51 ID:iFnbDuHE
せめてラジコンまでにしておけww

136名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:49:58 ID:c38xlDUA
乙!
俺も他球団ファンだがMASAは大好きだw

137名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:51:19 ID:yQ.HyYiY
乙でした〜
なんというネタ投手www

138名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:51:27 ID:zJBJne9.
クソ吹いたwww乙

139名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:52:35 ID:C7NT8u6.
ラジコンで誰だかわかったwwww おつ!!

140名無しのやる夫だお:2009/11/10(火) 23:57:50 ID:q0jJ8X1k
一番重要なことが最後www

141名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 00:28:00 ID:1soUXLD.
MASAという投手でコントロールがよいって言ったら、
マウンテンブックMASAしか思い浮かばないわ。

142名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 00:28:15 ID:JVEsPevI
大野の記録を抜いたんだよなあ
22年連続勝利ってすごいわ

143名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 00:41:18 ID:9gToh7F.
石川雅規に武田勝とセパを代表する技巧派左腕もMASAの事実

144名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 01:12:16 ID:Hp5mf9I.
乙でした
最後自重w

145名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 01:19:25 ID:1soUXLD.
ラジコンと言えば、メジャーで鳴かず飛ばずの
I川Kを思い出したのは俺だけかな?
阪神に残ってほしかったわ。メジャーで成功すると言うより
日本でタフな投手として成功するタイプだろ。

146名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 01:41:50 ID:DEWZfGYQ
>>145
あれは本人がメジャー行きたくてしょうがなかったんだし
仕方ないんじゃね
まあ見事に移籍で失敗した典型的な例になったが

147名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 12:57:25 ID:1soUXLD.
まあ、阪神で普通の人の生涯年収の何倍も稼いでるから、生活はさほど困らないかもしれないけど
日本でいれば、まだかなり活躍できたタイプだと思うから、自己責任だとしても
もったいないなあって。

148名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 15:20:18 ID:n5k0wLDI
これは……新しい惹かれるな

149名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 15:28:19 ID:kAs4WUDM
>>148
さりげなくリンクスがいるな

150名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 17:12:04 ID:6GWHCues
MASAの日本シリーズ初勝利ならずって西武の西口思い出すなぁ。
去年の日本シリーズも西口以外の投手がパーフェクトとかやってたし。

151名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 17:16:17 ID:t0oFTRPg
やる夫ブログにまとめられてた

152名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 17:22:01 ID:HawKkq5A
サイド/アンダースローが大好きでなぁ……
木塚と加藤が好きで好きで……今年入団の加賀にも期待しているんだ……
一番好きな投げ方は渡辺俊介だけど。

153名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 19:19:22 ID:A2BUHuNs
左投げの変則Fのピッチャーが大好物だったんだぜ。
巨人の角、西武の永射、中日の都……

こんなのが浮かんでくるオサーンもこのスレを楽しく読んでるのを
覚えておいて下さい……

154名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 19:47:05 ID:lVbp7nug
昌も好きだがやっぱり今中の方が好きだ…

155名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 20:48:11 ID:6SnE.E3g
やっと追いついたー。スポーツものだけど、根性論に偏らず
ちゃんと理論的に描写してるのがいいね。作者は山際淳司好きかな?

あとちょっと気になったのは、登場キャラ紹介で実在の選手の名前を
出すのは良いんだけど、というか俺みたいなにわかにはイメージしやすくて
助かるんだけど、名前を伏せ字で出すのはどうかと思う。元選手への
リスペクト的な意味でも。

156名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 21:17:48 ID:v/yDJg4E
>>152
葛西・川尻・御子柴・部坂と阪神はサイド多かったねえ。最後の部坂は読みが印象的で覚えてた。
ちなみに80年代末〜90年代半ばの阪神の主力投手陣って他球団だったらもっと勝てたかもねえ。
湯船とか中日辺りにいれば130位勝てたんじゃないかと不憫に思えてならないわ。

オレはサイドは岡林とか川崎がいた時分のヤクルト高津とか、
森西武で鹿取や杉山と「三本の矢」と呼ばれてた頃の潮崎が好きだなあ。

157名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 21:17:58 ID:W3Szu.mY
>>148
AMSから光がアーッ!!

158名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 21:19:37 ID:Xcbb.Z12
昌は投球時の顔が印象的

159名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 21:59:15 ID:2QEQB5k6
>>155
俺と握手しようぜ。21球よりスローカーブが好きだ。

I川Kはたしかマイナーリーグの勝ち星がチーム記録を更新したんだよな。
チーム状況がもう少し違えば、昇格もありえるんだろうが……。

160名無しのやる夫だお:2009/11/11(水) 23:59:02 ID:BuCMspzc
MASA成分を磨くならラジコン操作のフォームでバッターボックスに立つ練習しないとな

161名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 01:25:35 ID:ZkSJsFbM
プロ野球をやってるMASA=山本昌のラジコン

バックネット裏で本物の昌がコントロールしてるんだぜ

162名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 01:40:13 ID:E760i.dE
本業ラジコン、副業クワガタ、趣味野球だからなぁw

163名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 02:24:41 ID:tuGZLadI
山々杯のもう1人の山さん、山崎武司のことも時々で良いので思い出して上げて下さい
今年はHR打点リーグ2位な元気な41才なんで

164名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 13:05:49 ID:4.KIYdjw
今日のサンスポにヤクルト石川が山本昌に弟子入り志願って記事があった
自分のロッカーに昌の年度別成績表が張ってるらしいw

165名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 22:10:05 ID:cpEA9exM
作者さん、乙です。アザーッス!
負けず嫌いで、ひたむきで、不遜だけどツンデレなやる夫が新鮮で面白いです。
あと、レギュラーを狙う同士でありライバルでもあるルーキー同士の人間関係が大好きです。


いぬ夫
  ↑ キュンキュン
やる夫  ← 蒼星石
  ↑ キュンキュン
やらない夫

166名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 22:14:07 ID:17GN3VEg
サイドスローと聞いたら楽天ファンの俺は川岸を思いつく

167名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 22:16:41 ID:GJZShsHA
サイドスローと言えば清川コーチだろBsファン的に考えて…

168名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 23:04:44 ID:8vSwCVb.
野球さっぱりわからんのだけど、アンダースローじゃなくてサイドスローにしろってアドバイスはどういう理由あるの?
クロスファイヤー(?)ってやつはアンダースローじゃできんのけ?
アンダースローのほうが奇策っぽいイメージがあるのだけど。

169名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 23:30:45 ID:sZNrdJRk
>>168
アンダースローってソフトボール投げだぞ
どうやって腕に横の動きをさせるんだ

170名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 23:34:53 ID:NYscI1sM
>>168
ボールを投げるときってのは、運動的に言うと足の踏み込みや膝の捻り、腰の回転なんかを順繰りに
上半身に伝えて、最後にボールをリリースする、という形になる。
この時、上から投げるのを横手にするだけなら、腰や下半身の使い方はそう大きくは変わらないんだけど、
アンダーにしようとすると腰から上を大きく傾ける事になり、下半身の使い方も全然違ってくる。

確かにアンダーの方が奇策は奇策なんだけど、特殊すぎてオーバースローと共通する部分が少ない=習得が難しい。
あとはそもそも絶対数が少ないので、満足に指導できる人もあんまりいない。
まあ横手投げがちよっと下から出るよ、くらいのなんちゃってアンダーならまた違うかもだけどね。

ちなみにクロスファイヤーと言うのは、上下ではなく、左右の角度を限界まで使った球なので、
基本的にはサイドスローの投手でよく言われる。上や下からよりも角度がつくのでね。
ただ別にオーバーやアンダーでも投げられない事はないし、多分使ってる投手もいる……んじゃないかな?


長文失礼

171 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/12(木) 23:37:52 ID:y4YYo8x2
>>皆様
レスアザーッス!
皆さんの好きな選手とか、見てた選手とか、好きなところがビンビンに見えてきて、楽しいっすw
あと、皆さんMASAと野球好きすぎw

全部ではないですがレス返信〜

>>145
I川Kは髪の毛が原因で失敗した。異論は認める。

>>151
チェックアザーッス! てか、何度見てもニヤニヤしてしまいますねw

>>152
不遇な球団のファン発見

>>153
おあー!完全に野球世代が上っすねw
ご観覧どもっす!

>>154
前スレで一瞬でやる夫の憧れの投手を看破したのはあなたか?w

>>155
スローカーブをもう一球くらいしか読んだことないですね。
実名は荒れかねないので念のためですね。できれば御容赦を。

>>156
同世代発見。
自分より2コ上位ッスかね?

172名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 23:42:04 ID:8vSwCVb.
レスさんくす。
やる夫がアンダー気味のサイドスローで、かつ横に大きく踏み出して投げるタイプって書かれていたので、
じゃあアンダースローとそんなに変わらんのじゃね?アンダースローで大きく踏み出して投げれば、
多くのピッチャーが選択するオーバースローと出所とか軌道がサイドスローよりも極端に違うから奇策的に最強じゃね?
という考えをしたのです。

173名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 23:47:49 ID:zoIzoykU
アンダースローでクロスファイヤーといえば山下たろ〜くんの立原の左の狙撃兵が思い浮かんだな
あれも漫画だから実現可能かどうかわからんが

174 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/12(木) 23:52:41 ID:y4YYo8x2
>>163
超チェックしてますw

>>164
MASA成分に犯されているんですね。解ります。

>>165
アザーッス!嬉しいです!
ちょっと間違っていたようなので、表訂正しておきますね?

     いぬ夫
 チンチン!   ↑ キュンキュン
阿部→ やる夫  ← 蒼星石
      ↑  ↑
    古泉  やらない夫
 パンパン!       キュンキュン

>>168
簡単にいいますと、アンダーは凄く難しいんです。
そのため、プロ入り後、アンダーにフォームを変えるって選手は、殆ど居ませんってか、ぱっと思いつきません。
(何故かアンダーにはキュンキュンこないため、1の知識不足なんでしょうが)

2つめに、プロ野球界のそれなりにある出来事として、有望といわれていた選手(来年解雇予定)は
最後にサイドスロー転向して改革を狙う。そして来年そのまま球界を去る―ってのがあります。
そこまで多くは無いですが、それなりにケースではあります。

上記2点のイメージから、サイド転向ってことになりましたね〜

175名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 23:53:17 ID:NYscI1sM
>>172
アンダースロー参考動画
ttp://www.youtube.com/watch?v=Y_7kcLc7bIo (0:50辺り プロ)
ttp://www.youtube.com/watch?v=uo0nV5DtEgY (1:00辺り 高校生)

サイドスロー参考動画
ttp://www.youtube.com/watch?v=FVk0OJyfmbA (開始すぐ プロ)
ttp://www.youtube.com/watch?v=9ImnYBBMxME (0:15辺り 高校生)

上の動画を見てもらえれば、アンダースローがいかに変態的な投げ方か分かると思う。
サイドの方が投げやすそうでしょ? 
ちなみにやる夫のスライダーは、サイドの動画みたいなイメージかしら……。

176名無しのやる夫だお:2009/11/12(木) 23:54:58 ID:up8Qi7z.
梅津は一時期アンダーにしようとして肋骨痛めたりして結局止めたな

177名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:05:50 ID:sTtjaAuE
>>174
そういう伝統があるのですか。ありがとうございます。
やる夫も、いまはそうでもないのでしょうが、入団当初はかなりがけっぷちだったんですね

>>175
サイドのカープのピッチャーのスライダービックリするくらい曲がってますね。
サイドとアンダーの違いも大きく、驚きました。ありがとうございます。

178名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:10:35 ID:uhzOYwEM
フッ… l!
  |l| i|li ,      __ _  ニ_,,..,,,,_
 l|!・ω・ :l. __ ̄ ̄ ̄    / ・ω・≡
  !i   ;li    ̄ ̄ ̄    キ     三
  i!| |i      ̄ ̄  ̄  =`'ー-三‐ ―

              /  ;  / ;  ;
          ;  _,/.,,,//  / トラエラレマイ
            /・ω・ /
            |  /  i/             こ、これは乙の軌跡じゃないんだからねっ!
           //ー--/´
         : /
         /  /;
    ニ_,,..,,,,,_
    / ・ω・`ヽ  ニ≡            ; .: ナギッ
    キ    三    三          人/!  ,  ;
   =`'ー-三‐     ―_____从ノ  レ,  、

179名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:14:09 ID:4xHFLAk6
>>174
乙っス!

最後の頼みの綱、サイド転向……よくありますなぁ。
さらに上手としては、たしか上からもスリークオーターからもサイドからも投げる投手がいたような……記憶があやふやですが。

180名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:19:27 ID:PnE.m8so
確かメジャーに上手と下手両方から投げられるピッチャーがいた気がする
名前忘れちゃったけど

181名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:23:18 ID:0nDx372I
外国人投手でオーバー、スリークウォーター、サイドを使い分ける投手は結構いるね
NPBで有名なのはイムかな?
ロッテの相原は一時期、オーバーとアンダーの二刀流だったけど止めちゃったみたい

182名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:27:17 ID:ZoaNyH2o
やはり真の二刀流といえば左右両投げの近田さんではないだろうか

183名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:32:28 ID:PnE.m8so
両投げといわれてストライプブルーを思い出した
あれ面白かったのにあっさり連載終わっちゃったよね

184名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:34:38 ID:zTOMxAtY
明らかにショーバン時代の方が面白かったからな

185名無しさんhttp一時規制解除、公開プロキシ規制中(BBQ):2009/11/13(金) 00:40:21 ID:NVyCrqp6
楽天ファン的に、サイドスローと言えば右サイドの川岸強と左サイドの有銘兼久を直ぐに連想します
両人とも、右左のワンポイントなどでリーグ2位に押し上げる活躍に貢献してましたからね
・・・CS第2ステージでは散々だったけど(汗

野村前監督は、ワンポイントでサイドスローピッチャーを活用するのが好きでしたからね。阪神時代の遠山〜葛西スペシャルとか

186名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 00:40:41 ID:NVyCrqp6
楽天ファン的に、サイドスローと言えば右サイドの川岸強と左サイドの有銘兼久を直ぐに連想します
両人とも、右左のワンポイントなどでリーグ2位に押し上げる活躍に貢献してましたからね
・・・CS第2ステージでは散々だったけど(汗

野村前監督は、ワンポイントでサイドスローピッチャーを活用するのが好きでしたからね。阪神時代の遠山〜葛西スペシャルとか

187名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 07:29:47 ID:VDQbhs5U
遠山と松井の勝負は熱かったなー
子供の頃はとーちゃんがチャンネル独占する野球中継が嫌いだったけど
大きくなって野球好きになったのに今じゃ野球中継そのものが少なくなっちまった

188名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 15:36:47 ID:mP.7Pryc
>>186
アニメはワンポイントフォアボーラーになっちゃったよね( ´・ω・)
ただ今シーズンのアニメvsローズはガチで凄かった。何故あの投球ができなかったのか(´;ω;`)

左右のバッターだとシャーパーとか凄い強いですよねー後ここぞというときの殿下(高須)とか。

やる夫たちの成長期待してますー

189名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 16:56:32 ID:4BfaoZfg
西武ファン的にはサイドスローといえば星野智樹だな
ワンポイントフォアボーラーという点においてもアニメに負けずとも劣らず。
橋本からの左殺しの系譜だけど、もう年か……?
そういえば「サイドにしてから目が出て大きく曲がるスライダーが武器」ってのはやる夫と同じか。

190名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 17:35:16 ID:PxRfd4tk
>>185
ノムのサイドスロー愛は異常

ヤクルト黄金時代なんて角・新浦・金沢・乱橋・高津を何度奇襲先発させた
ことか(そして三回持たない)。

アレっ?監督の性格によってはやる夫先発フラグありそじゃね?

191名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 20:38:50 ID:vnwELmRo
>>187
阪神ファンだが、わざわざ前打者敬遠して松井勝負で見事打ち取った時
TVで見てたけど痺れたなぁ……チーム事態はどうしようもなかったけど

暗黒時代は暗黒時代なりの楽しみってあるよね

192名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 20:56:44 ID:4xHFLAk6
>>190
当時のデータには詳しくないんだけど、多分野村監督自身がサイド苦手だったんじゃね?
得点圏打率が異様によかった長島が、監督になったらひたすらバントさせてたみたいにさ。

193名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 21:43:12 ID:KobOZgvA
アニメはあの成績じゃお世辞にも貢献したとは言えない・・・

194名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 22:46:02 ID:PxRfd4tk
>>190に伊林を書き忘れて微妙に鬱
>>192むしろ、変則左投手に愛情を注いでるような気がした。

多分ノムに蒼の子は愛されそうだなあ…なんとなく。

195名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 23:15:22 ID:CMT5TFKE
アリメはオールスター前までは素晴らしい活躍をしてくれましたよ
・・・オールスター前まではね(涙

196名無しのやる夫だお:2009/11/13(金) 23:57:30 ID:KobOZgvA
オールスターはアニメ大活躍だったしなwww
セリーグにとって・・・

197155:2009/11/14(土) 00:03:40 ID:Gq/gAJms
>>171
選手の心理描写が山際っぽく感じたけどそうでもなかったのか。
>>159童謡俺も「スローーカーブ〜」が好きで、無名選手に
スポットライトを当ててる感じがすごく好きだった。

伏せ字については俺が気にしすぎなのかもしれないけど、伏せ字って普通
口に出すのが憚られるような下品な言葉とかタブーな言葉に使うじゃん。
「う○こ」とか「ヤ○ザ」とか。そういうイメージからして、リスペクト
してるのに伏せ字を使うのはどうなのかなと思ったんよ。

あと伏せ字にしたところで、俺みたいなにわか野球ファンでもその選手の
実名がわかっちゃうし、それならそもそも伏せ字にする意味がないんじゃないかとも
思うのよ。
だったら伏せ字じゃなくて、例えば阿部慎之助をイメージさせるキャラだったら
「リードにやや難があるものの、チャンスに強く好打が光る某選手」
とかぼかす言い方にしたらいいと思うんだけど…。

198名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 00:06:03 ID:zk4u9kQU
自由に書かせてやれよ
お前の好き嫌いにあわせなきゃいけない義務もないんだしさ

199名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 00:18:53 ID:fQtGWk9Y
>>197
取りあえず、自分でそう言うのが読みたいなら、自分で書いてみたら?

200155:2009/11/14(土) 00:34:09 ID:Gq/gAJms
>>199
いや別に山際淳司見たいのが読みたいって言ってるんじゃなくて
単に実在選手の名前を出すときに伏せ字を使うのはどうなのかって
意見してるだけなんだが…。
それ以外には何の文句もないよ。これからも頑張って続けてほしいと思う。
伏せ字についても、作者が
「伏せ字に悪いイメージを持つ人がいるかもしれないけど、
自分としてはどうしても伏せ字を使いたい」と考えるならこれ以上は
口をはさむつもりはないし。

201名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 00:51:57 ID:U3S.yG7c
気にしすぎっつか、伏字に対する認識が変

202名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 00:53:20 ID:CoYjCzpE
どうでもよすぎワロス

203名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 01:16:17 ID:V/eGn.d.
てか作者はすでに回答を出してるというのに
なんでそこまで伏字に拘るんだ?
正直伏字にそこまで悪いイメージ持ってるの
ここ見てる人間じゃお前さんくらいだと思うぞ

204名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 01:30:22 ID:QYneEWE6
阪神の暗黒時代といえば、藪が頭に浮かぶ。
良いピッチャーだったけど、打線の援護がなさ過ぎて、
本当にかわいそうだったなあ。

205名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 01:31:12 ID:gNCO2iSU
>>200
  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/      You had better consult a doctor as soon as possible.
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ

206名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 01:43:52 ID:zk4u9kQU
最近の阪神は金かけてるくせにBクラスだから笑える

207155:2009/11/14(土) 01:48:42 ID:Gq/gAJms
>>203
正確にいえば、人の名前に伏せ字を使うというのが気になった。
名前はその人そのものを表すものだから伏せ字にしたりするのは失礼じゃないかってね。
まあ気にしないって人が多いならそれでいいよ。
結果的に荒らすようなことになってしまって本当にすまなかった。

208名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 02:11:42 ID:zk4u9kQU
2chのような場所で失礼とか・・・
匿名掲示板に向いてないよあんた

209名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 03:11:02 ID:T7OuzE9k
1995年の藪の成績
防御率2.98    7勝13敗

210名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 04:20:16 ID:zUuu5D62
90年代の阪神は輝いてたと思うんだ

211名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 07:09:50 ID:mlx9vA.I
ここまで一気読み、超面白かった
MASA成分と聞いて昔伊集院が話してたヤツ思い出したわ

抜粋したのがあったのでニコで申し訳無いけど聞いいてみるといいよ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4198950

212名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 07:33:38 ID:bwsRdL5A
>>204
1999年成績
阪神 藪恵壹 登板数28 防御率3.95 6勝16敗
横浜 斎藤隆 登板数26 防御率3.95 14勝 3敗

これとかなw
野球ってチームプレイでしかも攻撃と守備がきっちり分かれてるからなのか
相対的な出来事(意味不明w)がよく起こるよね。
本塁打30本弱でタイトル取れたりとか。40本打っても取れなかったりとか。

213名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 10:57:07 ID:abGP9yoI
155みたいな奴は黙ってロムってろよ

214名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 11:02:36 ID:wXhY0ZoU
>>212
藪カワイソス
と思うと同時にこの時のベイスの強さを思い出して悲しくなってきた…

215名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 12:24:03 ID:fc5tQ1Iw
その年の横浜は打力がハンパなかった上、リリーフも優秀だったから……
それでも優勝できないんだから、先発投手の重要性が浮き彫りになる数字だね

216名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 12:29:18 ID:zk4u9kQU
先発投手がよかったから楽天は今年二位になれたんだろうな

217名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 14:30:12 ID:8ssFIMis
最後の最後に誰かさんがぶち壊してくれた

218名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 15:22:12 ID:KCP7Pk6U
ふくもるさんですね、わかります

219名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 15:29:18 ID:iCAp6Jhc
今追いついた乙。
俺あのとき球場にいたんだ。

220名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 16:18:49 ID:zk4u9kQU
>>219
国分「福盛が満塁弾打たれたときどう思った?」

221名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 16:20:00 ID:iCAp6Jhc
気が遠くなった

222名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 16:33:59 ID:zk4u9kQU
あそこでなんとか抑えてたら日本一の可能性も十分あったよな・・・

223名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 17:48:07 ID:Lez0Tm4s
追い付いた 乙
俺野球全然判らないのにコレは面白いと思ったわ

224名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 17:57:32 ID:WySNKeaU
やらない夫と蒼星石がやる夫にキュンキュンしてるけど、やる夫としては会ってまだ半年も経ってない二人よりも
高校野球の三年間苦楽を共にして、投球練習場から甲子園のマウンドを眺め、共にあそこに立ちたいと願った
いぬ夫との絆のほうが強そうだわな。少なくても現時点では。

あけおめメールも貰っちゃったし、初勝利のお立ち台でいぬ夫の名を挙げそうなぐらいの勢いだがw。

225名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 18:29:42 ID:bwsRdL5A
>>224
>>28
一方通行ぎみに感じるのは俺だけだろうかw

>>215
最近はアゴの14本塁打がすべてソロとかこれは最近ではないけれども古者の
シーズン22本塁打37打点とか別の意味で頼もしすぎる…
先発(特に番長)は完封がノルマとか…

な、泣いてなんかいないんだからねっ!

226名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 18:52:33 ID:rToWfHWQ
1の更新速度からして、今日明日中のスレ投下がありと見た。

と、とりあえず、プレッシャーをかけておこう。

急がなくともいいから、時間あれば、雑談にも加わってくれ。

227名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 19:28:07 ID:zk4u9kQU
三浦は横浜じゃなったら毎年最多勝とれてもおかしくない
でも横浜にいてほしい

228名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 19:41:00 ID:HPmHhKrE
三浦は横浜じゃなければ名球会入りできたのにね

229名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 19:42:21 ID:abGP9yoI
そこまでは言いすぎじゃね?
もっと勝ててたのは間違いないだろうけど

230名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 19:57:00 ID:SApVisG6
○年連続二桁勝利 とかはできてそう。
イニング投げてくれる先発って中継ぎ酷使のチームにとっては助かるしね。

231名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 20:20:10 ID:t43W8Gw.
昔のファミスタの選手作るやつで
.350 本塁打45本 45打点って選手ができたのを思い出した

232名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 20:22:44 ID:4HZHz9Ug
貧打チームの一番打者なんだろう。

233名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 20:28:56 ID:iCAp6Jhc
楽天のことかー!

234 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/14(土) 21:29:31 ID:TlpguL8A
>>皆様
レスアザーッス!

ちょっと今週忙しかったのと、平日を短編遊びで使ってしまったので、
土日での更新厳しいかもしれませんねー。

藪選手と三浦選手の話がでてますので、一つ言及させていただきます。
最下位のチームで18勝し、最多勝、ベストナインに輝いたピッチャーを、私は知っています。

その名もMASA! MASA is GOD! MASA! MASA!

235名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 22:37:16 ID:H424QHrM
よっぽど好きなんだなw
自分は潮崎だなあ、断然

236名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 23:30:58 ID:yA.sornQ
>>220
福本キャラのように「ぐにゃぁぁぁぁ・・・」と視界が歪んだ、イヤマジデ
でも福盛以上の抑えが楽天にいないと言う悲しい現実がありましてな・・・

去年の岩隈ネ申でした。
5位のチームで21勝で最多勝、最優秀防御率、最多勝率、沢村賞、ベストナイン等。
今年同じように勝てたら優勝だったのに、と思わずにはいられなかった(涙

237名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 23:42:09 ID:DoZa3BBI
>>236
まあ救援投手として、一番やってはいけない事だったもんなぁ。
今年のセーブ10傑で一番防御率がいいのは、セで藤川パで武田か。
こんな投手がいれば……と思ったが、もるもる意外と防御率いいのね。

238名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 23:53:40 ID:yA.sornQ
>>237
防御率と勝率(セーブ率に非ず)は意外に良いんですよ、今年の福盛は
途中加入でしたけど、抜群に安定してました
ただねぇ・・・
福盛以外にもCS第2ステージで打たれまくったから、中継陣(汗
良かったのは先発陣だけ

239名無しのやる夫だお:2009/11/14(土) 23:53:49 ID:V/eGn.d.
>>236
岩隈はWBCがなきゃ去年ほどじゃないにしても後3〜4勝は
出来たんじゃないかな
むしろ朝井が3番手としてちゃんと仕事してくれれば…

240名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 00:13:01 ID:Vfkdlo3A
三浦は順位とか関係なく
5-1とか2-0の状態で降りても中継ぎが勝ち星を消してってくれるからな
マジで横浜の中継ぎ陣は三浦に死んで詫びるべきだわ

241名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 00:15:27 ID:ZJWKXj1Q
横浜名物「勝ち消し」「追いつかない程度の反撃」「ばんてふへの試練」ですね(マテ

242名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 02:52:36 ID:FiXEDeAA
横浜といえば03−06までの加藤(リリーフでのみ)の速球は神がかってたなぁ、右腕ぶん回して飛び跳ねるサイドスローは見てて面白かったw
サイドとは思えないほど速かったし

すでに軟投派に転向してる感じでもう見れ無さそうだけど

243名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 04:46:41 ID:ULDykOrU
今年の巨人戦で勝ち投手の権利を持って降板した三浦を俺は忘れない……

高宮……那須野……山北……三浦の勝ち星を綺麗に消していった左腕を忘れない……

木塚と加藤を潰した大矢さんを俺は忘れない……

……なんで俺横浜ファンなんてやってんだろ。
たまに疑問に思う。

244名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 06:17:32 ID:4rh.0ou.
>>……なんで俺横浜ファンなんてやってんだろ。

味があるからじゃない?
通算2HRから三打席連続ホームラン(しかも試合は負け)の石橋とか。

勝ち負けとかそーいうのに拘らなければ非常にいいチームだと思うよ。
遠藤とか斉藤とか新浦とか、そーいう世代だけど。

245名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 07:03:02 ID:dD.cGZRM
よくも悪くも、監督が個性的だよね>横浜
特にランナー3塁でスクイズしなきゃ死んじゃう病あたりから。

246名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 08:30:53 ID:bYDt/KE6
>>192
野村とサイドスローといえば杉浦忠でしょ

247名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 12:22:35 ID:n4m9ljQE
杉浦さんってアンダーじゃね?

248名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 12:24:22 ID:FiXEDeAA
皆川さんのことも忘れないであげてね|Д`)

249名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 13:21:17 ID:pZnm4RTY
横浜って聞くと
観客落下の試合での三浦のガッツポーズだな。芸スポで動画と画像みて糞ワロタw

250名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 13:34:40 ID:nbMtEy7k
>>杉浦忠
ウィキの解説ではアンダースローではなくサイドスローとなってますね

>>皆川睦雄
南海ホークスのサイドスローのエース。最後の30勝投手
障害成績221勝139敗、防御率2.42

251名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 15:06:09 ID:DGT6MTEk
>>246-248
シュート西本の天敵(懐) 仲直りでゴルフ回ってたが決して目を合わさず。
20-30勝がエースの条件の時代だから地味に扱われてるんだろうけど、
毎年10半ばから20弱の勝ち星が見込めるのは監督としちゃ助かってたんじゃないかと。
シュート西本は騒動前後から徐々に衰えの時期と重なってきてしばらくして中日に放出。

月見草名誉監督の話で思い出したの二つ。
超剛速球で受けるだけでよくリードの介在の余地がない杉浦よか受けててキャッチャーとして楽しかった
あと三振取るのに疲れた杉浦が、内野ゴロをバンバン取ってる皆川が楽そうに見えてシンカー覚えたいというも、
首を立てた杉浦の投げ方じゃ合わないと言ってて、事実練習してみて調子落としたとか。

杉浦で覚えてるのは南海監督末年だかダイエー初年だかに出た隠し子騒動だな。
正々堂々としてて外に子を作ったのは確かだが、親として出来るだけのことはしている、
それでも野球をやめろと言われるなら仕方がないです(だっけ?)
って逃げも隠れもしなかったのは印象深かった。

>>250
解説他の仕事で中継に来てた時分の紹介では「涙の御堂筋パレード」と「サブマリン」が枕詞だったよ。
まあその頃は結構サイドもアンダー扱いだったけども。

252156:2009/11/15(日) 15:49:45 ID:DGT6MTEk
>>171

253156:2009/11/15(日) 16:08:19 ID:DGT6MTEk
>>171
252はミスの書込、失礼いたしました(汗)
おお、同年代なのかもしれないのねw

あと忘れてたサイドは左の田村勤とか(懐)

ドラフト裏話の本で読んだS58にセの人気球団に指名、
今はスクリューを武器に大活躍の某投手(笑)の話。

神奈川の有名大付属名門校で特待生として大学進学が決まってた。
接触するスカウトにも進学で通してたんだけど指名されると即入団。
実は実家の喫茶店が不振、学費は特待生なので大丈夫でも、
合宿所の寮費は払わないといけない、でも捻出の見込が立たず。
よってプロ入り決意と。獲得に動いたスカウトの話だそうで。

254名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 16:52:17 ID:bYDt/KE6
>>251
ホントかどうか確認できないけど杉浦のエピソード
長嶋と立教の同期だったわけだけど
プロ入り前に
「俺のホームランとお前の勝ち星、どっちが多いか競争しよう」
と言われ、賭を受けたそうな
ホームランは30本前後でタイトルを取れ
30勝するピッチャーが珍しくない時代だったけど
ご存じの人も多いと思うが長嶋はデビューの年29本のホームランを打った
対する杉浦は27勝
杉浦は長嶋に食事をおごったそうな

255156=251:2009/11/15(日) 17:41:48 ID:DGT6MTEk
>>251

> 首を立てた杉浦の投げ方じゃ合わないと言ってて、事実練習してみて調子落としたとか。
手首を立てた、の間違いね。

256名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 17:55:15 ID:0.ENoMQc
手首を立てたサイドスローってフォーク使えるんだよな
カットボール使いのサイドもこのタイプの投げ方だっけか

257名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 18:38:13 ID:oT/YTcwQ
有銘もフォーク投げられた気がする

258 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 19:23:57 ID:EkrB9YuQ
宣伝

多分今晩投下できます。
時間はまだ不明w

よろしくおねがいしまーす

259名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 19:25:06 ID:pZnm4RTY
よし、服脱いだ。

260名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 19:26:38 ID:sfAfKbe2
よし、ネクタイを締めた。

261名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 19:27:52 ID:jBHSItec
よっしゃあああああああああああああああああ

262名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 19:33:29 ID:SnactELE
ああああああ!
会社から帰るべきか、このまま会社で見るべきか!?

263名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 19:41:12 ID:mTXPzUrY
まじかあああああああああ 今から全裸待機

264名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 19:49:27 ID:SAqT3o42
ライトとやる夫は1軍に上げてもらえてそう。
Lとやらない夫と娘の男は微妙?
個人的にはLは上げで、あと2人はもう少し2軍で経験積んでもらいたい。

265名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:01:41 ID:bdngGEcw
よっしゃあああああああああああああああああああ全裸待機!!

266名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:12:32 ID:cnVUtEnY
よし、全裸で股間のバットの素振りをして待つか

267名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:20:07 ID:NTFchhBk
>>266
ヘルメットとスパイク忘れてるぞ

268名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:22:08 ID:eREB9/Gc
>>267
何言ってんだ、ヘルメットなら被ってるだろ

269名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:26:35 ID:d9Einhew
おーい誰かバットに付けるグリース持ってないか?

270 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 20:37:49 ID:EkrB9YuQ
>>266

カチコミに行くなら釘バットにする必要があるんじゃないか?

271名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:39:47 ID:Cn80Wkug
球とバットと聞くとアストロ球団思い出すな

272 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 20:58:19 ID:EkrB9YuQ
22:00投下予定

273名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:58:48 ID:sfAfKbe2
了解ー

274名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:59:23 ID:i4oesm3Y
了解であります!
今日も頑張ってください!

275名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 20:59:24 ID:SnactELE
>>272
了解、急いで帰る!

276名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 21:06:57 ID:2QzjQL0A
http://www.youtube.com/watch?v=dF3WfHWzzOU&feature=player_embedded#

277名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 21:14:49 ID:cnVUtEnY
カチコミに行く相手いないなぁ

釘バットというと瓦工の太田さんを思い出すな、あと悪魔のパッソル

278名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 21:23:43 ID:YA3V/bJM
>>277
そういえば、あれも野球漫画だったね。

279名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 21:48:14 ID:Q5nNl0Sk
>>釘バット
チャンピオンに連載されていた「京四郎」でも造花の花束の中に仕込んでたっけ

280名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 21:55:57 ID:OtKGDtAI
全裸にスパイクで待機完了

281名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:00:47 ID:mTXPzUrY
wktk

282 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:02:50 ID:EkrB9YuQ
投下開始しますー

283 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:03:08 ID:EkrB9YuQ
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

第4.5話 「一軍半とやる夫」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

284 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:03:31 ID:EkrB9YuQ
―2月中旬 沖縄 那覇球場 2軍紅白戦後―

夜神ライトはロッカールームで荒れていた。

                 _ ,;--、_ , 、-;: 、       ヽ、
        |      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_      |
        {     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐    |.    く
        |  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___ .|
  引     | ./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |    そ
         |/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`>
  き     .|  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /    っ
         lーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l
  分      | j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´    !!
         l /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ、
  け     |  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j  \
         |   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./    ヽ、_/\
  か      !   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
         〉   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
  よ     /   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
         |   /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  !     |   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
        .|   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  !     l   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
         |   | l   / ,>  / //        /
         L,   |    /ゝ--tr'´ ./        //
     ,-- 、__/  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
⌒\/      ./ ノ/     /         / /
   \        /      ./        ./  ./   ./
     \     /       ./        /   lj  / /
      \  /       ./                /

5イニングを1安打無失点、奪三振7。
相手が自チームの2軍―しかも若手中心―とは言え、破格の好成績を残した後だというのにである。

285 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:04:02 ID:EkrB9YuQ

                   ,,,-''"´   __,,,,,-―,'"´
              ,   ,,=:::::!'ニ-'''"'"´,=-''"´
            ,i:| /::::::::´::::::::::::::::::::::::::::‐-、,,
            /::i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=-、
             (::::::::::::::::-、 :::::'ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ゙'-、
        ,=''::"::::::::ヽ::::::::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\"'-、
       / ,-'::::::::!\::::ヽ::::::::::、 :ヽ:::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `
      //:::,:::::::/:::::、、:丶:\:\:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::::::::i、::\
     ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\:::::::::::::::::::::::丶ヽ、、〈
      ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::::::::::'i,  ``
      ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   (負けず嫌いにも程があるってもんです・・・)
      i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,
      ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::::::::::::\ヽ
      '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶::::::::\ ``
           ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::i,`''''ー-\
  ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::l      `''ヽ、
ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶!        \
  ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,   ´ ̄ ゙̄''-、   ヽ     <モグモグ
_/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /         \ ヽ、
_,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /             `''ー
..-''" .,ン'゙ i  !   __,,,,、-‐-、,, ∧ヽ、、  \__/|  /
 _ -'″  / /゙  /:::::::::::::::::::::::ヽ、`  ヽ 、 ヽ 丿  i
l<   ,/ / _,,./::_;;_::::::::_::::::_:::.-‐';‐'゛'ー、\    |
´゙'l'ー''"`゙ ̄   \ヽ !TT l´Tン‐'´,ノ'ー、  `\ー、ヽ
  ヽ        `ー――‐゛''''"´'   )    \

勝てなかった事が憤りの原因だ。
ただ、少しおかしい。

286 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:04:30 ID:EkrB9YuQ

ライトは確かに勝利に拘る負けず嫌いだが、同様に実利主義でもあったはずだ。
こんな紅白戦など、2軍監督へのアピールになればいいだけであり、その目的は果たせている。

ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i       <モグモグ
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

つまり、普段の主義が吹っ飛ぶくらいに、勝ちたかったということだ。

では、何に勝ちたかったのか―

    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、         (そんなの、考えるまでも無い)
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

287名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:04:39 ID:jBHSItec
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

288 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:04:56 ID:EkrB9YuQ

あの、15番のルーキーに、だ―

---------------------------------------------------------------------------------------------------
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu     「審判!どこに目つけてるおっ!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |      今の球のどこがボールだか言ってみるおっ!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /
                                                   |::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::|
                                                   |::::::::::|::::::::::::::::::審判 .........::::::::::::::::::|
                                                   |::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                                  「二二工二二二二二二二ニニニニコ
                                                  /:::::l__ノ   ゝ、_ ヽ:::::::::::::l|::::::l:::::::::::::l
                                                    /:::::::l        `゙ !:::::: :::l|::::::l:::::::::::::l
                                                 l:::::::::l 0      0   l:::::::::::l|::::∧::::::::::::
                                                  |::::::::l       ヽ) |:::::::::::|l::::|`ヽ::::::::::::
                     こ、紅白戦だからって暴言は暴言ですよ!?>   |::::::::|          l:::::::::::|.!:::|o丿:::::::::::
                                                  |::::l:::l   r─-、     l:::::l::::| l:::「::::::',::::::::::::
                                                  lイ:l::::ヘ.  l   )    !::::l:::|, l::ト、::::::\:::::::
                                                   l l::l::::|:::\   ̄     l::::l:::|斗:!‐\:::::::\:
                                                  |::l::::ト、::::l::> _ 斗┼:l:::| l::|   \::::::
                                                  |::l::::| ヽ:斗イ\/   |:::l:::| l::|    \:
                                                  |::l::/「ニ二二二二二二l::l:::|ニ|::l二二二二
                                                  /        /       |::l::l |::l      
                                                ,.イ|       /      |::l::l |::l     /
----------------------------------------------------------------------------------------------------

こんなに荒れ狂うライトは久しぶりに見る。
これではまるで、あの頃のようではないか―

289 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:05:40 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


―8年前 VIP球場―
                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ  「審判!貴様どこに目つけているっ!
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ   今の球のどこがボールだか言ってみろおっ!」
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
                                                   |::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::|
                                                   |::::::::::|::::::::::::::::::審判 .........::::::::::::::::::|
                                                   |::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                                  「二二工二二二二二二二ニニニニコ
                                                  /:::::lゝ、_   __ノ ヽ:::::::::::::l|::::::l:::::::::::::l
                                                    /:::::::l  `゙       !:::::: :::l|::::::l:::::::::::::l
                                                 l:::::::::l ●      ● l:::::::::::l|::::∧::::::::::::
                                                  |::::::::l       ヽ) |:::::::::::|l::::|`ヽ::::::::::::
                                           退場>   |::::::::|          l:::::::::::|.!:::|o丿:::::::::::
                                                  |::::l:::l   r─-、     l:::::l::::| l:::「::::::',::::::::::::
                                                  lイ:l::::ヘ.  l   )    !::::l:::|, l::ト、::::::\:::::::
                                                   l l::l::::|:::\   ̄     l::::l:::|斗:!‐\:::::::\:
                                                  |::l::::ト、::::l::> _ 斗┼:l:::| l::|   \::::::
                                                  |::l::::| ヽ:斗イ\/   |:::l:::| l::|    \:
                                                  |::l::/「ニ二二二二二二l::l:::|ニ|::l二二二二
                                                  /        /       |::l::l |::l

290 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:06:13 ID:EkrB9YuQ
球場に居た、誰もが唖然とした。
監督、コーチ、チームメイト、対戦相手、観客、審判、全てである。












               、___
                _于三三ニ=- 、
           _,.-=-=三三三三三三三ヽ__,
          /三三三三三三三三三三三イ-、
        /三三三三三三三三三三三三彡|
       /三三三三三三三三三三三不、ヽ彡!
     /三三三三三>/~7````^´ ̄`   \ヽ!、 、 ヽ   /
     /三三三三=イ/:// !        ,. - 、 ! ト、  jハソ  /
     |三三三三/:/:i::::!|  | ,.===、   〃 `ヽ!_ト、ヽ {i  /
     !三三三千!::!:::|::::|  ,イ       '7 /⌒メ_ハハ \ !ヽ!  投 監
    /三三三彡,::|::_|::::レ' ! ::::::::...    |/   _j_ルリ  !ヽ-!  手 督
     Y三三三彳:「::「:::|  >―‐ 、    ! ,ィrf´_メ「i:|  ! i |  が  、
     F三三三ミ::!:::|:::::L,. 二==ミ、、_z 匕二-‐7 i!|、_」 ! |  い も
      !三二三ミ::!:「`¬ー`'’_,.-‐^`.::::. ヽ     i|`う   |  ね う
      V /:r:、:Vミ::j>'´ヽ ̄    :::::::::::. \_   ! ヾ=、|   ぇ
  ヽ   Y:::ト、〉:Vミ!:::::!:::  `     ::::::: ,.  / 、 /   ノ   o
  !ノ    ト、ヽヽ:::!三::::!::::.        ,/  /   j /!   ´ ̄ !
 レ'/    j三ヽ::::ヽ三:::::::::..          '  ,りイi!ト、     !
 K   _ノ三三\:::彡',:::::::::.. r7       __,.-rイ !\\二二、 ヽ
/ し`ーニ三三三ニヽ_j〃:::::::..!ん、_,. -r‐_「-十卞----‐、 __,.-、_ノヽ
しイ 三ニ=-z三三三|::::::V::::::::ヽ`ー‐± エ ⊥-匕`r‐-― 、i!i!j ・  ゚ `ー‐'′
(⌒ テ7千三三三三!:::::::\:::::::...  ヽ、   _,./  !三三ヽ ヾ、 r'´`ヽ_,.'
ー‐' / //´三三三三|:::::::::!::`ヽ::::::..  ` ̄ ̄´   !二\`ヽ\\'
`メこ彡' /7ァァァ三イ|::::::::::!:::::::::!\:::...       ト、ヽ、二二ト、!
二二彳/〃〃//7 r┴ 、:::::::!:::::::::!:::::\::::、::::::::::::::∧ヾ三二=リ、ヽ
'⌒ー'7// /////:::::::::::::`:::::::、::::::ヽ::::::::`ー‐-r'爪ヽ\`ヽ \  \\

緊急の事態を楽しむが如く、ニヤリと笑いながら阿紫花投手コーチが言った。

291名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:06:18 ID:mTXPzUrY
なにこのかわいい審判

292 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:07:54 ID:EkrB9YuQ

延長12回表、7対7の同点。
もっと楽な場面で投げさせてやりたかったが、他に投手は残っていなかった。

仕方なく、赤木達は期待のドラフト1位ルーキー、夜神ライトを登板させる。
その矢先の出来事であった。

            -------
          /ヾ        ヽ
     ∠⌒ヽ/           ヾ ヽ
    < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
    /             ヾ   ヾ  ヽ
   / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
  //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ
      (              |  ⌒ヽ  |    「・・・投手経験がいる奴はいるか?」
      丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |
       | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |
        | ━/   ━      | | し  |                            <いるにゃあいますがね・・・
        | -/   丶 --    | | 丿:::|
 )     │ /            | |   :|
 (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
  )     丶     \     / | ゛::|
  (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
   )   | /// 丿      /   |  |
   (  //γ  レ/⌒   /   │|
    〜- | (    //ア
       |   (  レ /

夜神ライトの初登板は、1球で終わる。

293名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:08:01 ID:IZeBTAmA
何だこの濃すぎる球団

294 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:08:21 ID:EkrB9YuQ
         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N           「・・・解説席のあの人に投げて貰うのはどうだ?」
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )                                       <ご冗談を・・・
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....











        V (/  /  ヽ \  ヽ ヽ    }  } }     \ \、_ハノ
             (//     \ ヽ  ヽ |  / / ノ     ヽ\)
    俺       /   /___,ヽ }_ノ ,ノ,/ //      \  
    に       (_// ̄       ´"''<"´        ヽ,)   
    投       /,.、-‐'''"゙`` ̄````''"⌒\        _)   
    げ       (_   _       、   \     `ヽ   俺が投げる!
.    さ       /´ -''⌒\\   `ヽ川,}.}j__ヽ_   _) 
    せ      ∠_ _,r''',.ニニ、ヾ_ヾ廾T// ̄`ヽ.}!     )  
    ろ      <‐'''"´|`《 n \-'|ノ 巛{:{、_ノ:::リ   /-、  
    ぉ      / ̄ ..::\:三::二`.ノ彡'"`ヾ_);;;::::ノ、    /ヘ   . .        、
    ぉ       (´..:::::::::   ̄ ̄´ u  /::/ ̄ |   /  //7/ヘ /l ト、 |\
    ぉ        乙_u   U  ... .. .. く:::::/ 、、、ヽ|\._   ___,/ _____V__ | l ヽ|
.    ッ       < //〃///〃'゙_"_"___, -、ヽヾト、_  ̄ ̄    ̄`ー- 、 ||
.    !!      (^/〃/ //, ̄i_,i_,i_i_,{ ヾ{   ̄`ーニ二.. ̄`‐-、 \|
          __\/   //一' ̄....::::::::::::::::::r' ノ ヾ〉、         \   ヽ |
,          (\ // | {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ { ヾハ、`ー‐=ニ二二     |/      
7'          _\l'X/ ` ヽ_, -r¬'⌒'⌒'⌒'{. ヾ/、 `ー―--、ー-、 `ヽ  l/        落ち着いてください!>
/ 7 /l lヽ. |\ \`\X//;   `ー‐'''""´´ ̄ ̄` ヾ{、\_       `丶\   /          富士鷹さん!富士鷹さんっ!>
 //' | | ヽ|  \ヽ   'ヾ//,     ‐=ニ三三'  ヾ| \、__`ー=ニニ.ー-、        
__/ /||_//_ノノ \   `ヾ;//,      、、 、 、ヾ}   ` ̄`ー-、 ヽ \
-‐'''""~|´ ̄ ̄ ̄~"'''- .._    ヾ〃;j i j }:川 川 },!メ、       )八
※VIPスターズに投手が誰も残っていないため、自分が投げようとする富士鷹解説員(VIPスターズ前監督)の図

295 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:08:52 ID:EkrB9YuQ

赤木は気取られぬようため息をつきながら、投手交代を告げる。

緊迫した、いいゲームだったのだ。
それが壊れた。

                 ゝ ソ----ヽ
             /⌒<ヾ   ミ  丶- ⌒ヽ
            (  ─ヽ ∨∨∨\ヾ|    /
             ヽ  │⌒ ⌒ ‖)|/   /
              \ | =[= ‖/   /
                 | (⊂⊃) /    /
                 / 丶__/   /
              /  <∨>    /   ━┓┃┃
                  /  </  │>   │     ┃
               /  </   │>   │   ━┛
            /   /    │    │  ┏━┓
              ──────\     \ ┃  ┃
             /           \    │┗━┛
           /  /───────\  丿   ツ
         /  / \  \             ・
     ─\ /    \  \           ・
   (__丿        ──            ・
                ( 丿

ベンチにごろりと寝転がり、目を閉じる。
表情は崩さなかったが、身体の芯に重いものを感じた。

296 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:09:22 ID:EkrB9YuQ

世界を閉じて休めたのは一瞬。
パンタローネ守備・走塁コーチの爆笑で、赤木の目は抉じ開けられる。

       /: : : : : : :.,. ィ '"-‐ T丁工匁T卅t┬=ミ、: ヽ
     /: : : : : :,. ィ<ミ{⌒U _Lノニ=-‐一ー‐-=ミ し{\_}
  /: : : : : : :/ヘ彡トレァ=‐'": : : : : : : : : : : : : : : : : ``ー 、〉
/: : : : : :/|/ /ム>": : : : : : : ,.=- ‐─テ‐一 - 、: : : : :\}
\|\∧/ l/ /_: : : :: ,.ィ'",. -t‐'""´__,. ィ'" '' ,.八\、:.〈
  | ‐┼   七_ /,.ィ'7//{ "',..ェァ'"´"ーミ、ヾ:::  />\\r〉
  | ⊂ト   (lノ )____///___'7/-‐‐==- 、 } /   /ム=ミヽ`}
           /l//ニ='ィ'777''''""'''ー从〃⌒く=-、`iヽ
  | ‐┼    | ‐┼ \l l{/〃f'ニ''''""" ̄ムァィ'´  ;::'    `<
  | ⊂ト    | ⊂ト /l ト",.ルゝ'"´   ∠彡ニミ ー- 、__   `' 、
           \`'"´     ,.<._ く  \: :     `' ‐- 、 `ヽ ア
  | ‐┼    | ‐┼ /       ∠f v‐ミ>ミ_____‐-Yヒニ>フ>ミニゝ、`ヽ
  | ⊂ト    | ⊂ト \     /::::::::┴!⊥」__l__y‐y'lア//   /``ー'
           く    ィ__::::::::::::::::::::::::r‐t LT>///    /    /!
  | ‐┼    | ‐┼/   /.l{_メミ=-、 __::::::::::::::::::::::///   /     / l
  | ⊂ト    | ⊂ト\_ィl l l l ト、/ >、 \`ヾv‐、::::/// /       / l
          /::l ll l l トトミ 〈_/^>、ヽ Y-ト////      / /
   ┃      く:::::::!l l l从 トミ\ヽイ >-r-トフ/;:!      /  /
    ・       \::!l l l::::ミゞミヽ\弋イノェノ/从     /  /

パンタローネの視線を追って、さすがの赤木も絶句した。

::::::/‖  ‖   ヘヘ
:::::|//‖ // /   | |ヽ‖    ‖
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧‖
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |‖|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ
::::::::::::::::|  /          u  || ‖|
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ‖
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ‖|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/

297 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:10:13 ID:EkrB9YuQ

!::::}、ヽ::、ヽ::、ヽ:`ヽ
リ!::!l::::!::::}::゙,_、ヽ:゙,::ヽ
::!::ノヽ::ljγi!゚ヾ,:,ヘ::!ヽ
:::/_ ヽ!.::'‐!‐-'、:!::l,jヘ!
i/:、ヽ : .:::::/  jヽ! l!}l ゙'
!l:: : ;.!, .:::/γ´/`'、゙,|l゙
::l:::',ι ,     l :lヽ、 , ’ ,;.
、:!i ,!  _,. -─f´1;: !、 ,.   :・,
:: ヽ ; ./_,. -r‐' ̄!::: j    ∧ ' .,
:::;,  /´!:_,1l、:::l!|:::. l   ノ ヽ_,:        ―そこには、マウンドからの降板を、頑として拒否するライトの姿があった―
:: ,_l:γ__人,ヽ!l::)ー-‐'´
イ    ̄   ヘ}! }  降   う
   な  降   ∨  り   わ
   い  り       .た.  |
   |  た     く .  |
   |  く       な   |
   |           い  .|
   |         ! !  .|
   |             |
   |     ∧      |
   |     l:::!      |
   |    {:::::l       |
         .l:::::}      っ
──-、 _,-─ 、::j ,._    ,.へ
:::::::::::::::::::::::::::::::::l/:::::`'ヽ {:::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y':::::

周囲から宥められるが、荒れ狂ってマウンドを譲らない。
審判団を突き飛ばし、ボールをよこせと激しく騒ぐ。
先輩達に守備につけと怒鳴りつけた時、流石に周囲に取り押さえられたが―

298名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:10:38 ID:IZeBTAmA
小学生かライトw

299 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:10:48 ID:EkrB9YuQ

終いにはマウンドの上に跪いて降板を拒否する。

       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

まるで狂人である。

グラウンドは、騒然としていた。

300名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:11:01 ID:2cWoZsSQ
キチガイすぎるwwwwwwwwwwwwww

301名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:11:17 ID:5Mr3IchM
ワロタwwwwwww

302 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:11:18 ID:EkrB9YuQ

ベンチは、いや、ベンチの監督・コーチ陣は、やんややんやの大喝采である。

大口開けて笑うパンタローネ。
口端を吊り上げる阿紫花。
目だけで笑うアカギ―

∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `ー =.=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::    /..::::::::::::::::::::::/ヽ   ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:丶  ,'l }
|l::::::   /    `__:::  ヽ  /.|′           「ククク・・・」
iヘ::::..   く  ̄ ̄     `ヽ/./^'
:|::ヽ:::..     ←‐==;;  ./
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.

凛とした女受けする容姿の上、大学野球で華々しい実績を上げた夜神月を、
次代のスター選手としてフロントはドラフト1位指名した。

しかし、赤木はライトの神経質さや、淡々と投げ、失点に執着を見せないそのスタイルが気にかかっていた。
そのスタイルは惰弱にも見え、実力はあるがプロで活躍できない―

所謂ブルペンエースになることを、それなりに気にかけていた。

303 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:11:45 ID:EkrB9YuQ

阿紫花も同意見だった。
そのため、ライトの登板には出来る限りの配慮をし、プレッシャーのかからない出番を選ぶつもりだった。

最も、全く無用だったようだが。

               、___
                _于三三ニ=- 、
           _,.-=-=三三三三三三三ヽ__,
          /三三三三三三三三三三三イ-、
        /三三三三三三三三三三三三彡|
       /三三三三三三三三三三三不、ヽ彡!
     /三三三三三>/~7````^´ ̄`   \ヽ!、 
     /三三三三=イ/:// !        ,. - 、 ! ト
     |三三三三/:/:i::::!|  | ,.===、   〃 `ヽ!_ト
     !三三三千!::!:::|::::|  ,イ       '7 /⌒メ_ハハ
    /三三三彡,::|::_|::::レ' ! ::::::::...    |/   _j_ルリ 
     Y三三三彳:「::「:::|  >―‐ 、    ! ,ィrf´_メ「i:| 
     F三三三ミ::!:::|:::::L,. 二==ミ、、_z 匕二-‐7 i!|        (ニタニタ)
      !三二三ミ::!:「`¬ー`'’_,.-‐^`.::::. ヽ     i|
      V /:r:、:Vミ::j>'´ヽ ̄    :::::::::::. \_   ! 
  ヽ   Y:::ト、〉:Vミ!:::::!:::  `     ::::::: ,.  / 、 /   
  !ノ    ト、ヽヽ:::!三::::!::::.        ,/  /   j /!  
 レ'/    j三ヽ::::ヽ三:::::::::..          '  ,りイi!ト、    
 K   _ノ三三\:::彡',:::::::::.. r7       __,.-rイ !\\二二、
/ し`ーニ三三三ニヽ_j〃:::::::..!ん、_,. -r‐_「-十卞----‐、 __,.-、_ノ
しイ 三ニ=-z三三三|::::::V::::::::ヽ`ー‐± エ ⊥-匕`r‐-― 、i!i!j ・  ゚ `ー‐'
(⌒ テ7千三三三三!:::::::\:::::::...  ヽ、   _,./  !三三ヽ ヾ、 r'´`ヽ_,.'
ー‐' / //´三三三三|:::::::::!::`ヽ::::::..  ` ̄ ̄´   !二\`ヽ\\'
`メこ彡' /7ァァァ三イ|::::::::::!:::::::::!\:::...       ト、ヽ、二二ト、!
二二彳/〃〃//7 r┴ 、:::::::!:::::::::!:::::\::::、::::::::::::::∧ヾ三二=リ、ヽ
'⌒ー'7// /////:::::::::::::`:::::::、::::::ヽ::::::::`ー‐-r'爪ヽ\`ヽ \  \\

これくらいの気骨があれば大丈夫だ。
阿紫花はライトの将来が楽しみになってきた。

304 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:12:39 ID:EkrB9YuQ

パンタローネにはそんな思惑はない。
ただ単に愉快なだけだ。

       /: : : : : : :.,. ィ '"-‐ T丁工匁T卅t┬=ミ、: ヽ
     /: : : : : :,. ィ<ミ{⌒U _Lノニ=-‐一ー‐-=ミ し{\_}
  /: : : : : : :/ヘ彡トレァ=‐'": : : : : : : : : : : : : : : : : ``ー 、〉
/: : : : : :/|/ /ム>": : : : : : : ,.=- ‐─テ‐一 - 、: : : : :\}
\|\∧/ l/ /_: : : :: ,.ィ'",. -t‐'""´__,. ィ'" '' ,.八\、:.〈
  | ‐┼   七_ /,.ィ'7//{ "',..ェァ'"´"ーミ、ヾ:::  />\\r〉
  | ⊂ト   (lノ )____///___'7/-‐‐==- 、 } /   /ム=ミヽ`}
           /l//ニ='ィ'777''''""'''ー从〃⌒く=-、`iヽ
  | ‐┼    | ‐┼ \l l{/〃f'ニ''''""" ̄ムァィ'´  ;::'    `<
  | ⊂ト    | ⊂ト /l ト",.ルゝ'"´   ∠彡ニミ ー- 、__   `' 、
           \`'"´     ,.<._ く  \: :     `' ‐- 、 `ヽ ア
  | ‐┼    | ‐┼ /       ∠f v‐ミ>ミ_____‐-Yヒニ>フ>ミニゝ、`ヽ
  | ⊂ト    | ⊂ト \     /::::::::┴!⊥」__l__y‐y'lア//   /``ー'
           く    ィ__::::::::::::::::::::::::r‐t LT>///    /    /!
  | ‐┼    | ‐┼/   /.l{_メミ=-、 __::::::::::::::::::::::///   /     / l
  | ⊂ト    | ⊂ト\_ィl l l l ト、/ >、 \`ヾv‐、::::/// /       / l
          /::l ll l l トトミ 〈_/^>、ヽ Y-ト////      / /
   ┃      く:::::::!l l l从 トミ\ヽイ >-r-トフ/;:!      /  /
    ・       \::!l l l::::ミゞミヽ\弋イノェノ/从     /  /

好きなのだ、こういう、狂ったように野球に執着する、野球キ○ガイが。

305名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:12:54 ID:Q5nNl0Sk
>>所謂ブルペンエースになることを〜
青山のことか〜〜!!www

306名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:13:03 ID:IZeBTAmA
なんだろ…やる夫より月を応援したくなるぜ

307 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:13:38 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


しかし、その後のライトは、酔狂人の集まり、VIPスターズさえ呆れる暴れ様だった。

     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|

大学時代の売りである、クールで知的な二枚目はどこへいったのか、
マウンドに立つと掛かった馬のように荒れ狂う。

308 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:14:09 ID:EkrB9YuQ

どうも本人は今までの野球を全て、プロ野球で自分が投げるための消化作業とみなしていたらしい。
プロのスカウトの目に留まれさえすれば、勝とうが負けようが、別に構わなかったようだ。
                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/      「ハハッ、負けた負けた。
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/       まあ僕は9回1失点だから僕の責任はないけどね?」
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

故に淡々と投げることができた。

しかし、彼の生涯の目的である、プロの一線で活躍するということになると話は別だ。
熱の入りようが、まるで違ってくる。

309 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:14:39 ID:EkrB9YuQ

ライトが内に秘めていたものなど、誰が見抜けるというのだろうか。

                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、        <オンドゥルルラギッタンディスカーーー!!!!?
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、       (訳:本当に今の球がボールだと思っているんですか?)
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ                     落ち着けライトっ!!>
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l

兎に角勝ちたい。その気持ちが先走り、異常な興奮を見せて周囲のことなど眼中から失せる。
それは明らかな豹変だったが、新人選手の緊張の形と見ることも出来た。

故に首脳陣はライトを使い続けたが―

310 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:15:20 ID:EkrB9YuQ

結果、荒れ馬の驀進は始まる。それは散々なものだった。

暴投、死球などいい方で、退場もまだ許せる。
だが、そもそも投球にならないのは、許されざるものだ。

                 / イ: :/. :/. : : : : : :/// : : : : : : /. : : :}
                // /. :/. :/ : : / : : /厶ミ、: : : : : /|: : , ┴‐- _
                  ´ / : //. i : : / : //・__」 }: : : :厶]: /       `ヽ、
                /イ//. : { : / /|:/二 ¬: :/、.|:{           `、
                 /イ/^i: : / :/l/     /イ_  〉`|个          ',
                  l{ {!:/ !:/           (   }ヘ           }   
                  |ヘ、|′|′      ∠二ユ}  /  ヽ、       ,′<ンナヅェダァ!ンナヅェダァ!ナヅェダァ!
                     |7/}     _/⌒ヽ_::/′ /   _}`    ィ′(訳:僕が打たれた!?何故だ!何故だ?)
        _  -‐-  _       |:// ヽ、    `ヽヽ__}^}  /   /         }        _
      /    `ヽ、`ヽ¬、⌒ヽ^ヽ  ` 、  ` ̄ ̄´ / _ノ        ノ      . '"´   }
.      /         \    ヽ  \`ヽ、  ヽ     ノ/          }    /      , ′
    ,′         ヽ   ヽ   \ ヽ、 ` ーァ´_/      `丶、  ∧   /      /
.   /           _  ヽ   ヽ   \  >  ´ /{         \  `¨´    /
   {  _ .. -‐…  ´ _  -‐`……`ーァ‐  ´    / /    \      ヽ.     , '´
    〉´  ,      /        /        / /       `ー- 、   }   /
   {  /    /                   {  {            `V    /
    、_/     /                     l   ',               / / /
      、   /        /            l  ′   ̄ ̄``ー一r′i/\
     {    /       /              l  {               }  }   ヽ、
      ヽ、/       /                |  \    _____ノ ノ  }   ヽ

先発をするが、全球全力投球で、5回を持たずしてスタミナが切れる。
試合前の全力のアップでマメを潰す。
興奮しすぎて試合中に過呼吸まで起こしてくれた。

終いには打ち込まれた後、自分の不甲斐なさに自分で自分を殴りつけ、顎の骨を骨折した。

311名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:15:27 ID:iSwPdfXs
ドイツもコイツもアクが強すぎて魅力的すぐるw

312 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:16:05 ID:EkrB9YuQ

::::::/‖  ‖   ヘヘ
:::::|//‖ // /   | |ヽ‖    ‖
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧‖
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |‖|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ
::::::::::::::::|  /          u  || ‖|
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ‖
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ‖|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/

40年以上野球をしているアカギも、こんな選手は見たことが無い。

313 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:16:26 ID:EkrB9YuQ

その上結果が伴わない。

          _、ー 、_,. -- 、
       >  `       \
      ∠  "          ゙  ヽ
      /. " " " " ノヘ ゙ ゙ ゙ ゙ l
.      イ ." " ,イ ,イ|||l| ト、i、゙ ゙ ゙|
      lイ."ノlノ|レH|||||N||Nヘ.゙ ゙ |
      h |:=== u::_ ===::||^i│
       |f.||: `ニ゚´::|.| `゚ニ´ ||リ|:l
      ヾl| u , r|」、 、  |レ'/
         !ヽ、l ──- | ,.イ '/
        `ヘl\ =  / |:\
       /::|::::::`ー ´   :|::::::ヽ、_
 _,. -‐'''"´|::::::::l::::       /:::::::::| : :``'''‐- 、.._
. : : : : : : : :|:::::::::ヽ.      / :::::::::::| : : : : : : : : :
: : : : : : : : : |::::::::::::::|    ,'::::::::::::::::| : : : : : : : : :
.: : : : : : : : :|::_;; -┐|   |:::ト、:_:::::::| : : : : : : : : :
.: : : : : : : : :´:|: : : |:::|    〉::| : : :「``: : : : : : : : :

先発ではスタミナが持たないという理由で中継ぎに転向させたが、
荒れる選手に短いイニングを任せることは、見ていて恐ろしいものだ。

結果、ライトの出番は次第に減っていく。

314 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:16:51 ID:EkrB9YuQ

周囲の期待を、見事にライトは裏切った。
140キロを超えるストレート。キレのよいスライダー。

大学野球界で最高の素材だと、皆が思った。

     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_
   /                           \
  /                              l
  ヽ                     v        /
   ヽ                           ./

間違いだった。
ライトは、大学の時点で既に完璧だったのだ。

315 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:17:13 ID:EkrB9YuQ

それは少しもいい意味ではない。

大学生の時点で、既にライトは自身の身体を完全に作りこみ、
最も自分にあった投球スタイル、投球パターンを身に着けていた。

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

伸びしろが、全く無かったのである。

316 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:17:46 ID:EkrB9YuQ

そしてライトの”完璧”は、プロの世界に届いてはいなかった―

 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

当然、整理対象になる。
4年目で、ライトは解雇の内示を受ける。

317 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:18:15 ID:EkrB9YuQ

待ったをかけたのは、最も迷惑をかけた筈の阿紫花コーチだった。
フロントと大揉めを起こす騒ぎの結果、阿紫花コーチは解雇されることとなった。

ライトは、1年の残留を許される。





    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l     「何故・・・ですか」
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

なぁに、と前置きをした後、口元を裂いて阿紫花は言う。

               、___
                _于三三ニ=- 、
           _,.-=-=三三三三三三三ヽ__,
          /三三三三三三三三三三三イ-、
        /三三三三三三三三三三三三彡|
       /三三三三三三三三三三三不、ヽ彡!
     /三三三三三>/~7````^´ ̄`   \ヽ!、 、 ヽ   /
     /三三三三=イ/:// !        ,. - 、 ! ト、  jハソ  /
     |三三三三/:/:i::::!|  | ,.===、   〃 `ヽ!_ト、ヽ {i  /
     !三三三千!::!:::|::::|  ,イ       '7 /⌒メ_ハハ \ !ヽ!  プ あ
    /三三三彡,::|::_|::::レ' ! ::::::::...    |/   _j_ルリ  !ヽ-!  ロ た
     Y三三三彳:「::「:::|  >―‐ 、    ! ,ィrf´_メ「i:|  ! i |  な し
     F三三三ミ::!:::|:::::L,. 二==ミ、、_z 匕二-‐7 i!|、_」 ! |  ん ゃ
      !三二三ミ::!:「`¬ー`'’_,.-‐^`.::::. ヽ     i|`う   |  で
      V /:r:、:Vミ::j>'´ヽ ̄    :::::::::::. \_   ! ヾ=、|  ね
  ヽ   Y:::ト、〉:Vミ!:::::!:::  `     ::::::: ,.  / 、 /   ノ   o
  !ノ    ト、ヽヽ:::!三::::!::::.        ,/  /   j /!   ´ ̄ !
 レ'/    j三ヽ::::ヽ三:::::::::..          '  ,りイi!ト、     !
 K   _ノ三三\:::彡',:::::::::.. r7       __,.-rイ !\\二二、 ヽ
/ し`ーニ三三三ニヽ_j〃:::::::..!ん、_,. -r‐_「-十卞----‐、 __,.-、_ノヽ
しイ 三ニ=-z三三三|::::::V::::::::ヽ`ー‐± エ ⊥-匕`r‐-― 、i!i!j ・  ゚ `ー‐'′
(⌒ テ7千三三三三!:::::::\:::::::...  ヽ、   _,./  !三三ヽ ヾ、 r'´`ヽ_,.'
ー‐' / //´三三三三|:::::::::!::`ヽ::::::..  ` ̄ ̄´   !二\`ヽ\\'
`メこ彡' /7ァァァ三イ|::::::::::!:::::::::!\:::...       ト、ヽ、二二ト、!
二二彳/〃〃//7 r┴ 、:::::::!:::::::::!:::::\::::、::::::::::::::∧ヾ三二=リ、ヽ
'⌒ー'7// /////:::::::::::::`:::::::、::::::ヽ::::::::`ー‐-r'爪ヽ\`ヽ \  \\

―お前さんを切るなんて、もったいなくて出来ねぇや―

そう言って、球場を、VIPスターズを後にした。

阿紫花が何をライトに見たのか、それは解らなかった―

318名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:18:16 ID:IZeBTAmA
>大学の時点で既に完璧だった
長嶋○茂ですね分かります

319 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:18:57 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

心を入れ替えたように、ライトは物静かになった。

マウンドでは常に冷静沈着。暴れ馬に似た、手の着けられない様子はどこにも無い。
怒りを隠さなかった中継ぎでの登板も、敗戦処理も淡々とこなすようになった。

     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、       「・・・」
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!

実力は確かに足りていなかった。
でも、試合を壊すようなことはなくなった。

320 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:19:30 ID:EkrB9YuQ

今日も、ライトは敗戦処理での登板だった。

6回の時点で12−2のどうしようもない試合。
7回に登板したライトは、3イニングを2失点で試合を終わらせた。

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .?ー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ

どんな場面でも、ライトの表情は能面のように変わることは無い。

321 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:20:06 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


いつの間にか、こんな時間になっていた。

              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ ! 
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|
             | |  |:| {っ iニYニv‐、\ ヽ  |/ / | | |、 // | 
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ー'^'''^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今日の試合のポイントを、ビデオでチェックしていたLは、慌てて帰り支度を始める。
久しぶりの一軍帯同で熱が入りすぎていた。

試合が終わってから、既に3時間は経過している。

322名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:20:21 ID:Jp3fWss2
武器をもった上で野球バカが戻ってくることを、上はどう思うかね

323 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:20:38 ID:EkrB9YuQ

帰り支度を終え、出口に向かう最中に、ロッカールームから光が漏れているのを見かけた。

―誰かまだ残っているのか?

不振に思いドアを開けると、ライトがベンチに腰掛け、ボーっと虚空を見つめていた。

     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\

魂の抜けたような表情だった。
一緒に野球をやって長いが、こんな虚ろな表情は、見たことが無かった。

しかしLは、こんな表情をしている人間に、心当たりがある。

324 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:20:59 ID:EkrB9YuQ

―自分である―

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

Lは、越せない壁にぶつかっている。

325 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:21:30 ID:EkrB9YuQ

元来細身で、腕力は無い。
卓越したリードを持っているが、それだけだ。

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //

金属バットで誤魔化せていた打撃力が、プロに入ってメッキが剥がれた。
1軍での通産打率は2割にも満たない。

326 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:21:50 ID:EkrB9YuQ

捕手に打撃力はそこまで求められるものではないが、限度がある。
Lの打撃力は、限度より低い。

  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l

鍛えてないなどとは、言わせない。
持ち前の知識量に加え、プロフェッショナルな技術を持つトレーナーと、日々肉体改造を行っている。

ただ、いくら鍛えても身体が膨らまない、筋肉が思うように身につかない。

327 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:22:12 ID:EkrB9YuQ

『体質』

一言で言えば、そうなる。
プロの人間の殆どが持つ、”体格の才能”とは間逆に位置する、虚弱の体質。

          ||: :|: :'.         /!::::::::ヽ
          リ', |:|: :ヽ  -―-  /:::::::::x:ヽ:\
           ' ヾ.!}: :|.>、.  ̄ ./:::l::::::/,ヾfヘ::|
             リメ!   . ̄::::::::::::::',::|、リ、 ヾ/
           ィ、―'   `:::::::::/::::::'ヾゝ、_
       _,,-‐'' ´ ヽ` 、.  ゝ:::::::' ,彡'´ ン   ``ー-、_
    ィ'.´       `.ト 、 __ x≠ '´       `ヽ
.    ノ                            ヽ
   /ァ                           ,  .|
   |, ヽ                        , シ  ..::!
   | \ヽ                       /,' ::::'' |
   |   \}                   :: シ´ ::::::::::::!
   {    {                  ..::::::::::::::::::::::::::::!
   |      }                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   {   ::  ト、   , ..::::       ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.    }::. .::  :: |::::::::'´ ''::::'´     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.   }     ::| ..::::  ::'   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::!
.   |_,ノ  /'' '' , ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ !::::::::::::::::::|
.   〈 ン  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ:::::::::::::::::::!
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ヾ:::::::::::::::::リ
   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ノ:::::::::::::::::::|
.  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::!
  {':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ }':::::::::::::::::::::}

努力では、絶対に越せない壁。
”プロの身体を持っている相手”に対して、Lはあまりにも無力だった。

それに気付いてから、Lは時折呆けたような表情を見せる。

328 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:22:54 ID:EkrB9YuQ

自分のことは、既に半分諦めている。だけど、ライトには、諦めてほしくなかった。
親友であり、仲間であり、憧れの対象だった。

それが勝手な押し付けだったとしても、諦めて、欲しくなかった―

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、        「最近、おとなしいじゃないですか」
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ          
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ


        /|:|::::::::::::::ヽ‖::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ‖::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ‖:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|              「・・・ん、Lか」
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

Lが近づいてきたことに、ライトは気付いていなかった。
一度目を閉じた後、ゆっくりとLに向き直る。

329 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:23:36 ID:EkrB9YuQ

話かける前に、話す内容は考え抜いていた。

Lは、ライトに火を灯そうと考えている。
ライトが予想だにしない苛烈な言葉を、突拍子も無く浴びせかける。

                、 /::::::::::::::::::− - 、::`'ー;=‐
                ){::r:::v:、::::::::ヽ、:::::::::`'<,_,
               //:ト、{::::\::::::::ヽ::::::::::::::::\
               |l::::l::|:::::\:::::\:::::::\:::::::\:::\
               ヽ:::l:|:::l、::::::::::::::\:::::::\:::::、{⌒ヽ
          _,、-rK"´|:\:::|_\:::ト_、_、::::::::::ヽ:::lヽ ー - 、   「敗戦処理の割りに満足そうですね?
         /   `ヽ,}∧::::|、゚ノ ヽ!ヽ゚ノヽ::ヽ::::N      \   楽しいですか?勝負に関係ない所で投げるのは」
       /      /'  !::{、   _ _   /::/}ハj        \
      /      ヽ l l  /l:l\ ____ /j/ //  ||/      \
       /       ヽ!|   lヽ \__/  //    l |/ /      \
     /     / ̄ ̄ ̄\\\____,/// ̄ ̄ ̄\       ヽ
    /   -、 /|l  l      l ` ̄ ̄ ̄ ̄ /        ト、,r,_    ヽ
   / ヽ、ヽ‐、/ l!  l、  ヽ  l   \    / /     l|  |/ _,、-'ニ,,_ |
  l     `⌒ヽ、  l \  \\ \\___l /     |!  /ー'"     `|
  | \       ` ̄`ヽ、  ヽ l_) ,r‐/l/     / ̄´          |
  ヽ, ヽ\      / ̄`'− 、}」_¬'⌒´} /_,.−'" ̄\        //
    ` ̄`\ \ ヽ |‐ァ、     、ヽ、/ ̄´      r‐|   // ̄
        「 ̄\_」-' /\__`ヽ、l‖l| l /  __/ー'|_/ ̄


        / {  ヽ、 ii  l/\ヽ \! 、 l  ヽ\  !  l
       /〃グヽ  ヽリ  i!  lヾ、  ヾ !  ヽ \l   l ト、     :     :
       / /!. / \  \i|  K `ヽ、 ヽ |   i、  ヽ  li :     :     :
       /l /,ィ"/ /| ヽ、  \/::ヾ  |:::lヽ i l  lヾ ヽ  l!
      ! i リ::|/l / ヽ l  `ヽ、  ヾヒ、 i::!、`,/| i  l:::ヽ ヽ、 !i      :     :
      l l K::l i / /ヲ  !  | ,:\,,_ ゙ ヽ::.. リ l '  !  i l, `i.      :     :
      リ l |!l ノ / ,个、  l ,'::" _二≧、`ー、 i l ト、  l !  ;
     1i/! l | // l |! ヽ  //九:ノ  》ヽ l^l ! | ヽ、 \l ::..      :     :
    l 〉.|l .リi ド::;; ,ヘ, i ./: _,,ェイ",〃~\!Yi ト,liヽヽ ヽ  ;     :     :
     リ/》 lヽ |、 i !::ヽ| ハ''"       l !l l:::::| ヽ\ ヽ ;
      |ヘ、リ i ヘ/ ヽ.l  リ          |i l ::::l ク、l\i t..
      / |!ヾ;/    `            !| i  ::l l::::l/:::ヽi i ::... ..
      i  |>"                  l /   i l  l  :::リl / / ヒ/ {:::::r
     !  《    _               レ   i/    :://l |!  ヾ::ィ
       ヽ、  `^ ̄ヽ                /    ノ-"^ノヾl l   ti
        ヾ、                         ///  :|      .:::
          l ヽ                       /        _/:::::
            !/, -―- - 、 ,,__                        /^::::::::::::

ライトはLをジロリと見上げたが、言葉を発さない。
Lはもう一つ、燃料を追加する。

330 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:24:06 ID:EkrB9YuQ

           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ
            /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽ.
         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽ
         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::        「まあ、どこで登板しても1軍に居られればいい。
        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ'        そういう考えもありますけどね」
        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽ
          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
             i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                     ヽ'  /     i         ',

ライトは答えない。

長い沈黙があった。

331 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:24:33 ID:EkrB9YuQ
ライトは、ポツリと。

だが、確かな声で言う。

        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/   「最近のLが、僕に納得言ってないのは知っている。
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,   だけど、これでいい。これでいいんだ。」
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く 
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\      「敗戦処理係、それでいいっていうんですか?
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\       荒れ狂ってまで勝ちに拘ってたあなたは、
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!      どこにいったんですか?」
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

Lの追求は厳しい。

332 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:25:03 ID:EkrB9YuQ

再び、沈黙があった。

ライトは自分に言い聞かせるように、述懐するように語り始めた。

   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ                ―認めたくなかったんだろうな―
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ‖::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ‖::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ‖:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/      「自分がエースどころか、一流にすらなれないことを」
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

333 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:25:17 ID:EkrB9YuQ
                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、      「・・・」
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i

―痛いほど、その気持ちは知っている―

334 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:25:49 ID:EkrB9YuQ

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||        「憧れのプロで投げることで興奮したなんてのは、最初だけだ。
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!         後のはただ、自分が二流だという事実が認められなくて、荒れた。
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/          
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´           だけど、そんな自分の子供じみた感情で、
     ?: l:::::`爪|            〈             チームに、阿紫花さんに迷惑をかけた。
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/                          ・・・最低の投手だった」
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

ライトは落ち着いていた。
悟ったように、諦めたように。

335 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:26:21 ID:EkrB9YuQ

   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \         −=ニr‐'                  ―だけどこのまま終わっては、
     :!.     ヽ          _ノ                       阿紫花さんにあわせる顔がない―
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ


ライトは、小さく笑った。
そして言う。

               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|       「こんな僕でも、チームのために出来ることをやろう。
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|        やっとそう思えるようになっただけだよ」
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',

だから、これでいい。そう言った。

336 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:27:09 ID:EkrB9YuQ

泣き言でも、自分を捨てたわけでもない。
自分の能力と周囲の能力を弁え、現実と将来を確かに見据えた上での決断。
口を挟むところなど一つも無い。

      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//   「――――!」
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ

後はL自身のエゴだった。
エゴだと解ってても、言う。

337 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:27:42 ID:EkrB9YuQ

    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::     「ということは、エースはおろか、
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、      まともなプロ選手でいることも諦めるということですね?」
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ


   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ                     「―!!」
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

ライトが息を呑むのが解る。

338 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:28:08 ID:EkrB9YuQ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',   「・・・違いますか、勝負の世界から逃げるんですね?
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   点差の離れた試合なんて、投げる投手は誰でもいいですしね」
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、           
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.   「―!」
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三

ライトの顔色が変わる。

色んな物を捨てて行う、唯一自分がチームに貢献できる仕事。
それを”誰でもいい”などと言われては、ライトにはもう立つ瀬が無い。

339 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:28:32 ID:EkrB9YuQ

鈍い音がロッカーに響く。

殴り倒されたLは、尚言う。

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\              「逃げるんですか?」
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

再度、鈍い音。もう一度、鈍い音。

340 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:28:47 ID:EkrB9YuQ

それでも、Lは言う。
口端から、静かに血が伝う。

',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、        「本当に、諦めるんですか?」
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、

341 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:29:15 ID:EkrB9YuQ
     ノ           /            ___  _ヽ{ ___          ヽ
     ヽ             {        ,.イ /,二二フフ⌒ー‐、ミ...、         |
                 }      , '´,..イ{:.:/ニニ爪:.、`ヽ、:.:.:.:.ヽ、:`ー‐z    l
                 {   ,ィ彡´ ̄ ̄:.:.:./:.:.く:.l:.ヽヽ、:.ヽ、:.:.:.:.ヽ、:下ヽ、__ !
                 }  /ノ,彡:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/\ヽ、ヽ:.ヽ、:.\:.:.:.:.、ヽ:{ ヽヽ ヽ、
                 { / //7:.:./:.:.:.l:.:.:.:l::.:l:.:.:.:.「ヽミ丶ト、:ヽ、:.ヽ:.:.:ト、:.! i ノ`ー┐
     フ             レ //,..:':./:.:.:.l:.!:.:.:.:ト、ヽ、:!:.:.ヽ`T'ー-:.:ヽ、ヽ:!ハ! !/   ノ
     て            {/_./:.:/:./:.:.:.:ハ、、:.ヽ:ヽ:.ヽヽ:.:.:ヽ!}:.:.:.:.::.:.、ヽ(.   l   /
                  〉:/:./:.:/:.:.:.:.:!:.l:\ヽ、ヽ:ヽ:ヽヽ、:リ:.:.:.::.:.:.:.ヽト、     7
                    {:/:/!:.:,':.:.:.:.:.:l:.:.!:.:.:.ヽ、:.、`:.:.:.ヽー1:.:.::.:.:.:ト、:ヽ ヽ    フ
                    }:!/::!/!:.:.:.:.:.:.:l:.:.',:.:.:、:.: ̄:.`:.:.::.:.`ソ:.ノヽ:.:.:l:.:.:ハ:!     ´⌒⌒ヽ、,r―-....、__,
                   {:::::::!7:.:.:.:.:.:./,L、、:.:.トく,ィ=、ミ7:.ノ:.:.:.!:.:.:!りr‐}、     ;/:::::::;:::':`::;::::::::::'::::::::
                  }::::::::|:.:!、:.:.:.l:{!f;jヽト=ー/ {(;:) 入フιヽ/ ̄´;:':::::::\    ;/:::;:::'::::::::'::::::::::::::;::::::::'
     つ           〈::::::::::!:.Nヽ:.ヽ`¨´!`ヽ~ ` ̄      /:::::;::'::::;;;::::::::::`ヽ /:;::::::::::::::::::::::;::::':::::::::::::
                 /::::::::::::/:::::ヽ、:! |  ,r   _..   /::::;:':::::;;;;:::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::':::::::::::::;::::::::
                  {::::::::::::/:::::::::::::ヽト、ゝ..._     `  l:::;:':::::::::::::;:::':::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::;:::::::':::::::::::::
                  }:::::::::::|:::::::::::::::;::::!:::\ー、-‐¬´`ヽ /;:'::::::::::;:::':::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::':::::::: /7:__::::;::
                     {::::::::::::!::::::::::::::::::'::;:'::;:::ヽヾニ`ニン7:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/7:::::/ ///;:::::::
                  }::::::::::::!::::::::::::::::::;::::'::;':;::::::`T= .ノ:::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::://___ L/ L!::::::::::
    ┃ ┃        {:::::::::::::|:`::::、::::::::l::::::::'::::;:::::::ヽ、 /:::::;::':::::::::/:::::::::::::::::::::::/::r―‐┘__  /:::::;:::::::::;:::::
    ┃ ┃         }::::::::::::::!:::、::::`:::::::!:::::::::::::::':::::/::;:::':::::::::::/::::::::::::::::::::::: /:::└┐ // /:::,:::::::::':::::::::,
    ・  ・         )::::::::::::|:::::!:::::::::ノ:::, --、__/:::;:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::/  //_/:::;::::::::::::,  ´
                 }:::::::::::::l:::::!::::::::/ ̄   /::::;:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/::::ヽ:::::: ̄:/ 二 7, ´
  ヽ、         ___{:::::::::::/:::/::::/     /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;:::'::/::::::::::!:::::::::/.└┘/
    |  , -- 、 /:::::::::::::`::::::::::::/::/ ̄`ー―/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::;::'::::::/::::::::::/:::::::/_/`7 /
   └'´    ヽ´:::::::::::::::::::::::::::::::/       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::':::::::::/::::::::::::::::/   / / /7/7∧
           ヽ::::::::::::::::::::::::/       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::, '´     ̄ ` ` //

―諦められるはず、無いだろう―

ライトの絶叫が、ロッカールームに木霊した。

342名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:29:56 ID:IZeBTAmA
これLも辛いよなぁ
自分に向けて言ってるも同然な訳だし…

343 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:29:57 ID:EkrB9YuQ
カチ、カチと、時計の針が進む音だけが聞こえていた。

何事も無かったように、Lが言う。

  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\     「ならやりましょう。
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\      私も出来る限りお手伝いします」
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`゛゛二==-'"``゙゙゙゙゛丁
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐' ̄         .:i
      j::.     .::   / ノ,-‐´      ,.. .::‐‐‐---.::i
  、,_-‐'"  :.     "  ノ-'''__,,,-、-,---‐'"::ιノ ̄ ̄:::::::::::i
  ゝミ‐-、.,,_ヽ    r_ニ-‐'"/...:;;;;;::::::::::::::''/  /   :::::::i
    `‐-、二` ___,,/  //i"  i::::::::/ ,;/ ,,,..  ノ :::::i
         ̄ /  / / /´\ ノ:::/  ,;,´/   ,..-‐::::ゝ
  i       /   /ノi i|::::|、i:|:/   ,;:::::::::ヽ.......::::'''''""
  i             i.ノi! :ゝ::i"   /::ノ ̄ ̄
   i             `i::i「`゙ヽi /..:::::i
                 i::i   i .......:::i
                 i::i   i:::::::::::/
    i             i::i   i:::::::/


     , -r"     ー
   //         \
  /   、 lヽ    \   ヽ
  / | | l\ l\   丶   i
  /l  l、| l  ヽヽ、      l
  |l kj,l l L、\rtゝ l |   .|           「何をやるっていうんだ・・・できることは、もうやりつくした!」
  lj、jl'弋lヽ.Y'´kぅl j| lW/ |
    l  ,     |//ィ '| |
    ヽ '-     / l、Ml7
     \ ̄゛  /__ /ヾ
        ー '       /  ー  、
        /== ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
     /                  \__
    /                      ヽ
.   |                        l
   |                        \_

ライトの外面は、依然虚ろなものに見える。
しかし、まだ心に火が燻っている事は、先ほどの言葉で証明済みだ。

344 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:30:41 ID:EkrB9YuQ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',   「決まっているでしょう。練習です。
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   いや・・・探索といったほうが的確ですね。
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、   あなたが一流になるために必要なものを、2人で探しましょう」
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/       「何故、そこまでしてくれる?」
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

出口があるかどうかすら解らない迷路を、2人で行こうという。
Lの動機が理解できなかった。

345 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:31:26 ID:EkrB9YuQ

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´    「見たいからです。
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~      あなたが一流になり、
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、        マウンドで投げているところを見たい」
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
                      i              !   ヽl ',     ヽ
                        !             ,' ,'.   ヘ : 、       \
                         ヽ            ,' ,'     ゙i! :      ヽ.
                         ヽ            / ,'      ヘ'       ,ヘ
                        ヽ、       / ,'     ', ヽ      ',ヾ.
                            `ヽ、     / / !     ',  ゙i        ', ヽ


―そして

346 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:31:46 ID:EkrB9YuQ

          ||: :|: :'.         /!::::::::ヽ
          リ', |:|: :ヽ  -―-  /:::::::::x:ヽ:\
           ' ヾ.!}: :|.>、.  ̄ ./:::l::::::/,ヾfヘ::|
             リメ!   . ̄::::::::::::::',::|、リ、 ヾ/
           ィ、―'   `:::::::::/::::::'ヾゝ、_
       _,,-‐'' ´ ヽ` 、.  ゝ:::::::' ,彡'´ ン   ``ー-、_
    ィ'.´       `.ト 、 __ x≠ '´       `ヽ
.    ノ                            ヽ    ―持たざる者が、持っている者を凌駕する所を―
   /ァ                           ,  .|
   |, ヽ                        , シ  ..::!
   | \ヽ                       /,' ::::'' |             ―見たい―
   |   \}                   :: シ´ ::::::::::::!
   {    {                  ..::::::::::::::::::::::::::::!
   |      }                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   {   ::  ト、   , ..::::       ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.    }::. .::  :: |::::::::'´ ''::::'´     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

347 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:32:05 ID:EkrB9YuQ

言葉にしなかった言葉まで、伝わる。

   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ                「・・・」
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

だから言った。

   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.   \          , ´  ̄
     :!.      ヽ         ` −,                「L。もしこの先俺が一流になれたとするなら―」
            、        ,‐'
          、.   , -‐丶    /
         \イ \   ー‐ ′
          \.  ヽ

348 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:32:24 ID:EkrB9YuQ

   // / / /イ' / / /| l |  ,ィ'  |ヽ  |
    // /// / // //! | //  |. | l. l.
   / /// /,/ /  /,.イ/| | /,! | ハ l l、|        
   /// / / / / // //  | l|   ! ,. リ | |.| | !    
    /  / /,イ,//彡 '// , || ,l / リ | | | |l |      
   // '// /∠ ////  ||/ /,!/ イ! | | || |     
     / / ' / /  //  ,/ | レ ノ//  ,! | ! |||
     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||     
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|   
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//       
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/         「それは僕達の勝利だ―」
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!         
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /          
  '             ヽ- ,.. ノ          
  \     `ー------- '/ ヽ            
.    \            /    ヽ
      \       /      |           
      /ヽ、   ノ         |          
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l         
    / ヽ   |     |        |
   /    ヽ  l.     |     |
  /      〉 ,|      |      |
  \    / ` |     |       |
    `ト ノ l.  |    /       |
    |   | /  /       |

ライトの残り火から、炎が立ち上がる。

349 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:32:52 ID:EkrB9YuQ

心の奥底まで伝わったことを、Lは瞬時に理解する。
打ち震えそうになるのを、そっと抑える。

隠すように、おどけた。

    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、     「期待を裏切らないでくださいよ?
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`      あと、年俸が1億超えたらちょっと分けてください。
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、      僕にも生活がありますからね」
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

ライトは、理解した上で、おどけ返す。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj          「望みが小さいな!
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/           5億円プレイヤーになって、半分下さい!
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/           くらいは言ってもいいんだぞ?」
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

350名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:32:53 ID:NHznku/2
かっこよすぎるなあ、この二人

351 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:33:20 ID:EkrB9YuQ

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\            「私は絶対不可能なことは言わないタイプです」
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ  
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}       <アンダドーゥレハ!アカマジャナカッタンテェ゙…ウェ!
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、        (訳:おいおい仲間だろ!夢は大きく持とうぜ!)
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
      ,}    l   ト、  `丶、
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l

こうして4年前からライトとLは、文字通り二人三脚でプロという世界に挑むことになる。

352 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:34:01 ID:EkrB9YuQ

まず開始したのは肉体改造。
ライトは自身の理想体重まで身体を鍛えていたが、Lはさらなるパンプアップをライトに要求する。

  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.  「おい!ちょっとピザってきたぞっ!?」
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、         「いいから食べてください。
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ        あと、ピザっぷりは一寸所ではありません」
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i   <メタボヤキュウセンシュ キメエ
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

体重を増やし、球威を増すという荒行である。
専門家を使ってのウェイトコントロールによって、ライトの身体はほんの僅かずつだが厚みを増していく。

先発ピッチャーに必要な、マラソンランナーのようなスタミナは薄れたが、球速は1年に1キロずつ増していった。

353 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:34:37 ID:EkrB9YuQ

そしてライトにあった変化球の模索である。
これは難航に難航を極めた。

                   _,,. - ;/
              _, −' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\           「本当に全部だめですね。これは酷い」
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、       
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,   礀        )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ礀    「           !  / /  / /⌒〈
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,/  /レ/ /  /


                  ,. -─- .、,
                 不:::く`ヽ;::、:::`丶
                ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',          「だからいっただろ!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ          僕はマジでスライダーとフォークしか
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj            まともに投げられないんだ!」
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |            能力の無さを自慢しないで下さい>
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l  <ウェイ!
                                                               それに・・・>

354 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:35:05 ID:EkrB9YuQ

                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\     「フォーク、まともに投げられましたっけ?」
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|


          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ 〜/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l                   「アーアーアー!聞こえなーい!」
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

355 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:36:03 ID:EkrB9YuQ

―そして二年後―

今日も試合後、二人の練習は行われていた。

                   ,,,-''"´   __,,,,,-―,'"´
              ,   ,,=:::::!'ニ-'''"'"´,=-''"´
            ,i:| /::::::::´::::::::::::::::::::::::::::‐-、,,
            /::i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=-、
             (::::::::::::::::-、 :::::'ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ゙'-、
        ,=''::"::::::::ヽ::::::::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\"'-、
       / ,-'::::::::!\::::ヽ::::::::::、 :ヽ:::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `
      //:::,:::::::/:::::、、:丶:\:\:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::::::::i、::\
     ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\:::::::::::::::::::::::丶ヽ、、〈   「球がシュート回転してきましたよ。
      ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::::::::::'i,  ``    そろそろ上がりましょう」
      ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
      i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,
      ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::::::::::::\ヽ
      '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶::::::::\ ``
           ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::i,`''''ー-\
  ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::l      `''ヽ、
ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶!        \
  ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,   ´ ̄ ゙̄''-、   ヽ
_/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /         \ ヽ、
_,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /             `''ー
..-''" .,ン'゙ i  !   __,,,,、-‐-、,, ∧ヽ、、  \__/|  /
 _ -'″  / /゙  /:::::::::::::::::::::::ヽ、`  ヽ 、 ヽ 丿  i
l<   ,/ / _,,./::_;;_::::::::_::::::_:::.-‐';‐'゛'ー、\    |
´゙'l'ー''"`゙ ̄   \ヽ !TT l´Tン‐'´,ノ'ー、  `\ー、ヽ
  ヽ        `ー――‐゛''''"´'   )    \

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l                  「シュート回転・・・」
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

シュート回転とは、疲れやフォームの不調でストレートが上手く投げられないときに起こる現象だ。
ストレート本来のバックスピンに、利き腕の方向に変化する横回転のベクトルが、意図せず混じる。
するとストレートの伸びの低下や、予期せぬコントロールのミスを招いてしまう。

そのため、一般的にシュート回転は不調のパラメーターとされるものである。

356名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:36:18 ID:lGOZd8S2
うーむ、体重増やして球速上げるとか努力だねぇ。

増やしすぎても膝に負担が。

357 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:36:39 ID:EkrB9YuQ

          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
              ヾ、          リイ:|リ          「・・・」
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i

ライトは固まったように動かなくなった。

            │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
            /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
          │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::   「どうしました?
          │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::   さっさと上がらないと肩を冷やしますよ?」
          丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
             /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
             ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
           ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
               ||:::::ゝ                ∧|/
               │入...___             /  
                丶  \─ゝ          /   /
                  |   |,           /| //
                 /  |        ....////
               /= --┴-、    ...:::::::: /  /  
              /       \<\:::::::/ /      ノ

試合後に、きっちりと練習を行うのである。
肩への負担は大きい。Lはライトのコンディションには特に気を使っていた。

358名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:37:02 ID:QAeWLATg
ところどころ仮面ライダーネタが入るなwww

359 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:37:09 ID:EkrB9YuQ

それでも暫く考えた後、ライトが自分の閃きを口にする。

                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   「なあL。
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    シュート回転を意識して投げ分けられたら、
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i   それは武器にはならないかな?」
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i

360名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:37:10 ID:iSwPdfXs
努力型の月とLがこんなにも合うとは

361 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:37:43 ID:EkrB9YuQ

              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、             「なりません」
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ !
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|
             | |  |:| {っ iニYニv‐、\ ヽ  |/ / | | |、 // |

あっさりと、Lは却下した。

    ミフ>、、
    `ヽ丶.
     /  l
     /  l
   ,r-(二二ヽ、__
   ミy'く-、、`L,__ ヽ
   ,.:<`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}
  :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
   ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、        <ウソダドンドコドーン!!
      ,}    l   ト、  `丶、      (訳:う、嘘だそんなこと!やってみなきゃわからない!)
     / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
     / /   ヽ  ヽ   ``7  l
    ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
   《^リ      'i  l    l  l
           l  l    l  l
           l  l    l  l

362 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:38:15 ID:EkrB9YuQ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',   「利き腕方向に多少曲がるってメリットより、
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   デメリットの方が大きすぎるから、ダメなストレートの
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、   代名詞となっているんです。
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶  別に狙って投げれたからってどうってものじゃないですよ?」
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !

                 ,. -‐- 、
                   /. :/:} : ハ
                {: :/|イA: :}
                  V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
               /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__    「だ、だけどカットボールみたいな感じでシュート方向に
    _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_ キュっと変化したら、打ち辛いと思わないか?な?な?」
   /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
   `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                    V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                    }、: : : : : : : : :i: :|
                    {:`:ー : : : : : }: :}
                     |: : : : : : : : :/_ノ
                      ト- 、:_:_: :イ´
                       | : : : : : : /
                        | : : : : : ∧
                         | : : : : /. : \
                    { : : : 厶_: ー‐ー 、
                    \: : : : :`ヽ、: : ハ

ライトはあくまで自分の閃きに執着した。

363 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:38:45 ID:EkrB9YuQ

, -−− 、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ̄´"''−、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   、___,, - − 、_ヽ‐ 、:::::::::::::::::/l::::::/::::::::ハ::::::::::::ヽ
 | |     ー_,、-「!\\\:::::,∠、/::::/::::::::/-、i::/::::!:::ト、
 l 「\_   ̄`\:::::::|| ̄\\)/ O 〉//:::/:/ O 〉!:::::ト::{
  !|  ` ̄>‐、 \::||   /゙7i/`='/ // 〈 `=゙ |:l::::|!ヾ、
   |二ー'" ̄ ∠> 、)|L..ヽ(_|,        }!   j::!:i::|   「シュートすら投げれない人が何いってるんですか?」
  | \\    j:ハ:::ハl ̄ || |       ^ ′  ハ{::N \
    !    \  /ヘ.j/ |  |||    _,_,、---、 /| トゝ   \
   |     \  ヽ |  || |\   −‐' , ' l !      }゙i
__j_\     \  \.|__||」   \__/  / /       ノ |
     /        \   \       // //       j
   , | l          ヽ、_        //    / / 〃
   / |  l ヽ           ´"''−‐''"       / / / l

          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ 〜/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l   <ダディャーナザァーン!!
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l    (訳:日本語の中に該当する言葉はありません)
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

364名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:38:51 ID:IZeBTAmA
能力不足のLってのが新鮮すぎる
このコンビは本当に魅力的だわ

365 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:39:26 ID:EkrB9YuQ

ライトがこんな思いつきに固執するのも、解らなくは無い。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/     「まあ、これも実験だ。
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/      少し試させてくれよ、いいだろそのくらい?」
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

正直変化球の開発には行き詰っていた。
フォークの落ち具合が増したことは収穫だが、依然としてフォークのコントロールは安定しない。
ライトが羽ばたくための切り札は、依然1枚足りない。

         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |

言葉にも、態度にも出しはしないが、2人とも不安なものを感じてきたところだった。
たまの息抜きくらいはいい。
その程度の気持ちで、Lは承諾した。

366 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:39:58 ID:EkrB9YuQ

ライトが投球をはじめる。
何球か投げた後、ライトが感想を聞いてくるが―

             ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
            i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
          i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
             !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
.           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::
             i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::  「使い物になりませんね」
            !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
         ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
         f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
         ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
   ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
   /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/

正直どうしようもない球だった。

367 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:40:16 ID:EkrB9YuQ

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'      「じゃあ、これならどうだ?」
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .?ー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
   /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l
  /.:.:.:.:... ...:.:} l : : : : ,'  !   /  l  /' ´  /     l!

ライトは肘を多少内に捻る、シュートボールの肘の使い方に投げ方を変え、何球か投げ込む。

368 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:40:39 ID:EkrB9YuQ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',   「内に捻るくらいなら、まともなシュート投げれるように
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、   練習した方がいいんじゃないですか?」
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !                                     ウェ-イ!>
           ソ.    /   ン      、 ', l

とはいっても、シュートも散々試したのだ。
ライトにシュート回転のボールは合っていないという結論は、2人の中で既に出ている。
故に、この練習は、さほど意味のあるものではない。

369 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:41:29 ID:EkrB9YuQ

ただの気分転換。
ライトにとってもそうだった。

この瞬間までは―

     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ  「じゃあ、ちょっと握りをずらしてみるかな」
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

ライトはストレートに近い握りを、大幅にボール左にずらし、ふざけ半分で放る。
投げ方はストレートと同じ腕の振り。

             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\      「おやっ!?」
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

放られた球はLの手元でクッと変化する。
曲がる方向は違えども、カットボールに近い変化だった。

370 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:42:03 ID:EkrB9YuQ

          ____  , ==−- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/    「!・・・今の!今のはどうだL!」
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::‖ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

ライトの声が上ずった。
Lは、暫く考え込んだ後、静かに首を振る。

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、  「おしい・・・としかいえませんね。
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、   カットボールとちがってこの球は内に食い込む球です。
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、  だとすると、ボール1個程度の変化では、そのまま
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ   引っ張られてしまうので、それほど効果はあがりません」
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

371名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:42:16 ID:IYoQ2JHc
やばい、この二人好きすぎるw

372 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:42:31 ID:EkrB9YuQ

Lの助言が外れたことは無い。
ライトは考えこむ。

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/      「変化量があれば、いいのか?」
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   i
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´  「まあそうですけど・・・
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \   キレが落ちては何の意味もないですよ?」
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |

373 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:43:07 ID:EkrB9YuQ

          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
              ヾ、          リイ:|リ
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\    
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',    「なら・・・これならどうだっ!」
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /i  r=≠\::::::::::::::::::::::::::::::::: ,'::::::::::::::: |
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /{   ト〈 !ミ,ハ ::::::::::::::::::::::::::: ,' . .:::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{=ァ  ハi じ' }::::::::::::::::::::::::: / . .: .::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V-‐=仆七爪 / :::::::::::::::::::::: / . .: .:.:::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 八イ//::::::::::::::::::::::::: ,' . .: .:.:.::::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄´ :::::::::::::::::::::::::::. i . .: .: .::::-‐=≠}
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐- 、:::::::::::::::::::r‐r‐「`ト、 :::::::::.. | . .: .: .:.:::::::::::. ,ハ
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ヽ、 ` ー‐=≠'7 | | | !:::::::::.. | . .: .:.:.:.:::::::::::::::. !
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ̄ / ,/ ,/ ,/ /::::::::::.. | . .: .: .:.:.:::::::::::::. |

ライトは先ほどの握りでボールを投げ放つ。
一つ違うのはリリースの際の指使い。

得意の、キレのあるスライダーを投げる感覚で、ボールの左半分をカットする。

374 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:43:39 ID:EkrB9YuQ

雷光が見えた。
2人はそう感じた。
                                 !  /
                                !  .|
                                      l   .!
                                    ,!   .!
                                   l   |
                                   !   ,!
                                  !   .|
                                  !    !
                              /    l
                                 ,!    l゙
                             !    .!
                               /    ,!
                               /    /
                              /    /
                           /    l
                          /    ./
                            /    /
                         /     ./
                           /     ./
                       /     /
                         /     /
                      /     ./
                     ,i′    ./
                       /      /
                      /      ./
                     /      /
                    /      ./
                   /      ./
                  /       ,/

ストレートに近い速度。手元で跳ねる様に曲がるキレ。
そしてシュートボールと見間違うかのような変化量。

Lのミットは弾かれ、ボールは転々と背後に消えてゆく。

375名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:43:41 ID:xLg86Ay2
>>358
つーよりブレイドネタだが

ここの>>1とはうまい酒が飲めそうだ

376名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:44:02 ID:lGOZd8S2
キレを維持しながら変化量を上げるとか。マジ大変。

パワプロをやりたくなる。

377 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:44:07 ID:EkrB9YuQ

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


 .../ :::::::::::::l::::":::::::、:::: :ヽ.::::::::::::::::.:::::.::::::.:
 / ::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ:::::ヽ`:、::::::::::::::::::::::::::
 .!:::、::::.:::::::::.l:.:::::::::::::::ヽ::\:::ヽ.::::::::::..::::::. ..
 :..: :::|,::: :: :、丶: ヽ: :: :ヽ :::'-::ヽ:::::::::..:::::..
 ::::|:::::::y::::::::ヽ:::::ゝ:ヽ,::::::\.::::゙''.::ヽ::::::::::: .
 :,:::.l:::::lヽ::::::::、:":::::、: 、:::::::゙'.l'-、::.:l:::::::::.: .
 .!:,::::ミ、:゙!,ヽ::::: l::::.\ヽ,\::..,.\\.l::.::::: ...
 .! l::.:::、::::l从_:::::l::,,'.:/_、ニ,,__、i::|:、''"!:::::::, .
 :::.ゝ. !./゙! :^lゝ\|::l ゞ='ハ":`.,!`)l:'":::::":::/ ..
 ::ヘ::: `''`:ゝ-:"::::::::ソ":.、:´ `-'‐' ι,.|,i::i'::::/..
 . ::ミ `::::::::::::::::::::::::         ノ.|.l::::i./ ...
.  ヽ''l、:::::::::::::::::::         .i .,l/::::|:,i"
    .'ル:::::::::::::::::ゝ_-       U,..l,i|::l/:. .
.      ヽ::::::::             ゙'/ゞ.从、.! ...
     . ヽ::::::`ヽ..二"''‐    / ,i゙.::|"l/‐ .
      /゙:、::: `―    ./,,、/ .゙| ! ......
    /  .ヽ: \    _/ / l./  ゙
. , /    l ヽ .`'― :(,゙/゙  //

雷に打たれたように、2人は固まっている。

378名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:44:33 ID:Q5nNl0Sk
そういや、野村克也はシュート系のボールを放らせるのが好きだったなぁ
田畑とか川崎謙とか吉井とかに投げさせて仕える投手にしてたっけ

379 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:44:35 ID:EkrB9YuQ

ぎこちなく動き始めたLは―

          ,/  ,,、-‐=''
           /:i,、ィ'´::::∠、,,,,,,___
        ,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ニ=-
       ,-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、'=、
    , 、 i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`
     l .| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 , --‐' i, '!i'!:::::::::::::::,=-‐'""゛゛゛゛ ̄ ̄`'''‐、
 7     i, !ヽ::::::/´                 \
 `i    l,  リ/   ヽ              '、
  ゙ー-、  i,   !     ',                'i,
     '!  'i,  l      ', ,  ノ          '、
     !、-‐''"i,|     / / /            L.    ―そっと、親指を立てた―
    ,/   ゙l′   l゙ノ ´                //
    `ヽ    i    l゙、,                //
      l   ,|     l'ヽ`ー              //
      iヽ  ( l,   ,| '!、 ,          //
       | l, ヾ'、ヽ  i  `!、l          //
      l\i,      /   ト、!          //
       ゝ、\、 _,ノ    | lヽ       //
          ヽ`'-二、     ! l \     //
        \  `"ヽ      !,,_ 丶    //
          \____\____i_____//
         '´―、――‐、:::::::::::::::,――‐ヽ i
            \   i,::::::::::::l`"‐-、_ 'i |,
              \  |,:::::::::::!    ` l, l
              |、 ーl,:::::::::::l、    ! |
               ,i___i::::::::::::l=======i l

380 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:45:07 ID:EkrB9YuQ

ライトの表情が崩れる。

                 _,... ------- 、__
             _, イ//r‐‐<テ三三三`ヽ、
            ,∠,rこ二二二、 ̄\:ヽ二二:.:.:ミト、            ニ_|_
           /://(Tト、:.:.:.:.:. ̄≧、ヽヽ \ミト、ミト、           ニ   !
         /://:.:./ハヘ:.ヽTト、:.:.:..:ヽ¬Eヘこヘ:.ヽ:ミト、         □  |
        _////:.:.:.:l:.!:.:.ヾ:.:..:.:ヽ:.「:.ヽ:.:.ヽ:.ヽ:.:.「カレヘ、:.:.:.ト、          ―┬―
   ,....''´::::://,イ7!:.:.:.:.:!:l:.:.!:.:ト、:.:.:.:l:ト、:.:.ヽ:.:ヽ:.ヽヽ:.⌒!ヽ、:!厂!      | |二|二| |
   l:::::::::::::l l:':.:ハi:.:.:.:.:.N:.:.!:.:.い:.:.:.:!ト、:.、:.:.\:ヽ:.:',:',:.:.:.ト、 V /´\    | |_|_| |
   l:::::::::::::l l:.:.l:.:/!:.:.:.:.:.!:!:.:l:.:.:.:い:.:.l:!:.:.ヽヽ:.:.:.ヽヽ:V!:.:.:.!:.:ト{ l:::::::::::ヽ     ̄ ̄ ̄
   l:::::::::::::l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ !:::::::::::::::! ヽ   マ
   l:::::::::::::l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:! l::::::::::::::::|  フ |二|二|
   l:::::::::::::l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:!  !::::::::::::::::!  ) !‐‐!‐┤
   l:::::::::::::!ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:.ハ:!:.:.l:.:!:! !:::::::::::::::'  '^ー―――
   l:::::::::::::l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三__:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l {:::::::::::::;'   | / ̄ヽ
    \::::::::ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ ト、::::::/r、   レ'   |
     \:::::::ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!「こ_ノ::,ノ;;;.く       ノ
       ヽ:::::::ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./_____/;;;;;;/     ̄
       / ̄`トい `               リ l//!レ'ヽ /;;;;;;;/     ⌒ヽ
        /:::::::::::l:.トい                    /イ!:::::::ヽン;..<_       r´.
        !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!:::::::/,イ  `ー‐‐、____ o. 
  ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:://::::「 ̄`ー〜ーr‐‐ 、こヽ、
      l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」イ//:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y ヽ
  r-‐‐‐‐┤:::::::::::::::::::::::::::' ,   ヽ __   ,∠ィオエ「二ソ´::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  ヽ
 :ヽ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::',  /::::ヽイ_,==ン7T7::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::::L |
 ::::::ヽ:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ !::::: ル '´  ,' / !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::!:::::::::::::::!  !
 ::::::::::ヽ::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー ‐<    ノ⊥ノ:, ---、:::::::::::::::::::r:ゝ::::::::::::::::::::::::::::}  |

雷光に照らされ、暗雲立ち込めていた2人の道がはっきりと見えた。
その瞬間だった。

381名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:45:15 ID:rlha0EU2
小林雅のシュートみたいなものか

382 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:45:33 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


―2月中旬 沖縄 那覇球場 2軍紅白戦後―

やる夫はブルペンで荒れていた。

      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
  |      (__人__) 〃/ ノ
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
 (___)    ./      ))

5イニングを5安打2失点、奪三振5。
相手が自チームの2軍とは言え、ルーキーとして十分な実績を残した後だというのにである。

383 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:45:59 ID:EkrB9YuQ

荒れているの理由は1つ。
そんな好成績など吹き飛ぶ不完全さを感じたからだ。

        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;     (右バッターに・・・打たれたお!)
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

あのLとかいう男に打たれた打席。
あの打席で自分の不完全さが完璧に証明されてしまった。

384 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:46:21 ID:EkrB9YuQ

有効な球がなさ過ぎるのである。

スライダーは確かに右バッターに有効だった。
有効だったが、5割は制球が利いてない。

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

全て見送られたと仮定すると、かなりの確立で四球がでるだろう。

385名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:46:38 ID:tC9p8Dhk
こっちもかwww

386 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:46:50 ID:EkrB9YuQ

ストレートにいたっては、左バッターに全く通用しなかった。
まともに投げては簡単に弾き返されるため、インコース一辺倒にならざるを得ない。

          ___ _
       . /  >‐-、\
     . /~ヾ, j|  。 } \
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

インコースにいったとしても、空振りはとれないし、簡単にファールが打たれる。
左バッターにはスライダー以外投げれる球がなかったといっていいだろう。

最も、そのスライダーも左バッターに対してはそこまで有効ではなかったが―

387名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:47:13 ID:mTXPzUrY
よかった 主人公忘れられてるかと思ったぜw

388 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:47:20 ID:EkrB9YuQ

カーブにいたっては最悪である。
かつての決め球であるカーブは、サイドスローになってからは、殆どがすっぽ抜けるようになってしまった。

そのため昔と投げ方を変えたのだが、正直実戦レベルには程遠い。

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


しかし、左打者に対しては投げざるを得なかった。
そんな球に頼らなくてはいけないほど、左打者に対して何もできなかったのだ。
全て自分の未熟たるせいであると、考えた。

転向後、まだ日が浅い。
そんな言い訳は、やる夫には無い。

389名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:47:24 ID:lGOZd8S2
やる夫は一年目で一軍とか言い出さなければ、
まだ肉体改造とか幾らでも間に合いそうだし。

390 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:48:36 ID:EkrB9YuQ
そして何より―

やらない夫を苦しめてしまったことが、気にかかっている。

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、       (やらない夫・・・)
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

あの場面は、読み負けるとかそういうもの以前に、
やる夫がスライダー以外まともに投げれないことが原因なのだと考える。

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

簡単にカットされたストレート。あれがもし”普通のプロレベルのストレート”だったら―
簡単に打たれたカーブ。あれがもし”普通のプロレベルのカーブ”だったら―
やる夫が、もし他に何か、”普通のプロレベルの変化球”をもっていたら―

391名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:48:50 ID:tC9p8Dhk
そっか。
オーバースロー時代はカーブは決め球だったんだもんな。
今のカーブには歯がゆいものを感じるだろうなぁ。

392 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:49:09 ID:EkrB9YuQ

1つ武器があればプロの世界で通用する―なんていっても、
それはあくまできちんとしたストレートがある前提の下だ。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

本当にスライダー1本しかないやる夫では、たとえ右バッターといえども完全に抑えることは不可能なのだ。
あれはやらない夫のせいではないと思うが、

        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|

やらない夫は塞ぎこんでしまっている。

393 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:49:35 ID:EkrB9YuQ

考えれば考えるほど、腸が煮えくり返る。

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... -−''' "´
 ―−―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

やる夫は自分の胸元を強く叩き、自分自身に活を入れる。

394 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:50:05 ID:EkrB9YuQ

早急に対処しなければならない欠点だった。

ただ、ストレートの改善には時間がかかる。
スライダーのコントロールもそうだろう。

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

では今すぐ出来ることとして、何があるか、何をやれるか―

やる夫は何時も通りに考察を始めるが、考えが纏まらなかった。集中ができない。

395a:2009/11/15(日) 22:50:10 ID:p/6fePic
このゲームを考えた本人はメールを読んでからたった10分で願い事がかなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。

約束して下さい。絶対に先を読まず、1行ずつ進むこと。
たった3分ですから試す価値ありです。

まず、ペンと、紙をご用意下さい。

先を読むと、願い事が叶わなくなります。


?まず、1番から11番まで、縦に数学を書いて下さい。


?1番と2番の横に好きな3〜7の数学をそれぞれお書き下さい。


?3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名前をかく)


必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。


?4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。


まだ、先を見てはいけませんよ!!



?8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。


?最後にお願い事をして下さい。



1)このゲームのことを、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。
9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。
10)そして11番に書いた歌は貴方の人生を表す歌です。


この書き込みを読んでから1時間以内に10個の掲示板に個の書き込みをコピーして貼って下さい。


そうすれば、貴方の願い事は叶うでしょう。

もし貼らなければ、逆の事が起こるでしょう。

とても奇妙ですが当たってませんか?

396名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:50:23 ID:rlha0EU2
利き手はやめろ、b(ry

397名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:50:41 ID:jtoCfo2U
警戒するのが決め球1つだけなら簡単だもんな。
『決め球を念頭に置いてると打てない球』がないと、やっぱキツイか。

398 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:50:42 ID:EkrB9YuQ

どうしても―

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・=  .|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ







あの男が脳裏から離れない―

     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|

399名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:50:53 ID:QAeWLATg
>>375
いやいままでにもカブトネタとかあったからさ
>>1は平成ライダー好きかと思って嬉しくなってしまったw

400 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:51:11 ID:EkrB9YuQ

考えても考えても―

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ







あの男が浮かび上がってくる―

          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!  
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l 
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| | 
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|  
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l   
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ   
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /   
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //      
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/       
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/        
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′      
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\

401 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:51:30 ID:EkrB9YuQ

そしてようやく気付いて―

   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|


おそるおそる、実行に移すことにする―

402 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:51:51 ID:EkrB9YuQ

  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ

ロッカールームにやる夫が表れた。
Lはちらりとライトを伺うが、

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

ライトは落ち着きを取り戻しているようだった。

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .?ー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ
   /.- ⌒ヽ  ,': :! }: : /' /.  / /  /´/  __    l

403名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:51:52 ID:IZeBTAmA
なんでそんなムカつく顔ばっかなんだよw

404名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:52:26 ID:iSwPdfXs
言い訳しないのがいいな、こいつら

405 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:52:30 ID:EkrB9YuQ

流石にライトももう三十路。
分別も無く喚き続ける程の狂気は無くなったかと、Lは一安心する。

ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

ただ、Lは読み間違えていた。
ライトには既に過ぎ去ったかもしれない狂気を、ここに持っている男がいたことを。

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) ・・・・・・
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

ロッカールームに入ってきたやる夫はライトの姿を見かけると、
じっと何か言いたげな目線をライトに送っていた。

406 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:53:04 ID:EkrB9YuQ

ライトももういい大人である。先ほどまでのことを忘れ、先輩をやる気になった。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/  「やる夫君、だったね。今日はナイスピッチング!
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   やられるかとこっちはヒヤヒヤしっぱなしだったよ」
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     (調子にのるなよ色物クン・・・
               iN \.  ` ニ′/}'       二軍と違って一軍には左打者がウヨウヨいる
                礀   丶、  /         ということを忘れるなよ!)
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗         
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

視線を受け止め、穏やかに話しかけた。

         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ グスン
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ             (成長しましたね・・・)
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |

407 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:53:26 ID:EkrB9YuQ

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \              「あ・・・どうもですお・・・」
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

やる夫は歯切れが悪い。
その後もライトがいくつか話題を振るが、いずれも反応が鈍かった。

408 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:53:44 ID:EkrB9YuQ

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /

会話には乗ってこないくせに、チラチラとこちらを伺うことは止めない。
時折ねめつけるような目線を送ってくるのも、やけに気に触る。

やる夫の対応に、段々ライトがイラついてくる。

409 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:54:21 ID:EkrB9YuQ

更にそんなのを続けていると、耐えかねたように本音がでた。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、 ┛┗
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ.┓┏
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/     「言いたいことがあるならさっさと言えよルーキー」
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/       (いやあ、将来が楽しみなチームメイトが出来たなぁ)
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /  イライラ
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\           (まるで成長していない・・・)
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i

      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

やる夫の顔に緊張が走る。

410名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:54:29 ID:mTXPzUrY
これはうぜえw

411 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:54:50 ID:EkrB9YuQ
         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

表情をコロコロ変え、逡巡躊躇った後、決意したように、言う。

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \      「夜神先輩・・・」
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

412 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:55:14 ID:EkrB9YuQ

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__:::::::::::::::: 「やる夫に夜神先輩のシュートボールを教えて貰えませんかおっ!」
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                  ____
               _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ  ━━┓┃┃
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i    ┃   ━━━━━━━━
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!.   ┃               ┃┃┃
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  。                     ┛
           li::l::N{:ヾVヘ ー== 'ハ ソr=ハ!:l/
            !:l!:ト、l::l{`         !,、 j川/  ゚ 。
           ヾト辷N!      ,,'   ≦ 三
              Yl:ト、     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
              iN \ ゚ 。≧         三 ==-
              zh   丶、ァ,          ≧=- 。
           ノ ̄´"''‐ 、   イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ヾ        ヾ ≧
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|  ハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ     レ   ≦
  |八 \      __/      _,)ヽ___/ "ヾヽ。`=、、
  ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

ありえないにも程がある話だった。

413名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:55:54 ID:SMiHLBzM
これはひでぇwww

414 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:56:35 ID:EkrB9YuQ

プロの選手は、自分の武器を飯の種にしている。
そのため、例え同じチームの仲間同士でも、めったに自分の武器を教えあったりはしない。
チーム内競争で敗れては、食べていけないためである。

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

稀にそれに近い事を行ったとしても、それは互の武器の教えあいであったり、
チーム内のポジションが確立している、エース級の選手が若手を育てるためであったりと、
なんらかの利益交換が働く。

いくら頼まれようと、同じ1軍枠を争う立場で一方的に、それも、縁もゆかりも無い先輩から。
そんな話は無い―

415名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:56:59 ID:hpiSSbb.
ライトのとこ行く時点で気が付いたわw

416名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 22:57:37 ID:hdp.DfeM
言ったー!?

417 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:57:39 ID:EkrB9YuQ

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、  「あなたふざけてますか?それとも、私達をなめてますか?」
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /

ライトより先に、Lが詰め寄った。
この男にしては珍しく顔が強張っている。

無理も無い。ライトはLの希望である。
ライトを虚仮にされることは、Lにとって自分を虚仮にされるより、その何倍も腹が立つことだ。

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /                「ふざけてませんし、なめてませんお・・・
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ                  厚かましいお願いだって事も、わかってますお・・・」
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

身体を微かに震わせながら、やる夫が口答えする。

418 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:58:52 ID:EkrB9YuQ

二人でやってきた。

才能溢れる選手達を前に、二人で野球界に立ち向かってきたのだ。
Lの怒りは収まらない。

                   _,,. - ;/
              _, −' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\      「理由を利きましょうか。
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\     なんでそんな厚かましいことを言えたのかの理由と、
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\      ライトが教えてくれる可能性があると考えた理由を」
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、 
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,   礀        )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ礀    「           !  / /  / /⌒〈
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,/  /レ/ /  /


         ____
       /   u \
      /  /    \\                   「あ・・・
    /  し (○)  (○) \                  えと、言う理由は、1軍に上がりたいからですお」
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

419 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 22:59:18 ID:EkrB9YuQ

.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/      「そんなのは誰だってそうです!」
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、

Lが怒鳴り声を上げた。
これにはやる夫ばかりでなく、

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |  <ヒデブッ!
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ

ライトも心底驚いた。

      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l     <タワバッ!
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/

Lが怒鳴り声を上げるなど、長年の付き合いで初めての経験だったからである。

420名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:00:18 ID:Jp3fWss2
ほんと自分が強くなることばっか考えるんだなww
やらない夫に面目ないって理由もあるぶん、ちったぁ対人能力も上がってんのかね

421 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:00:47 ID:EkrB9YuQ

やる夫はめげなかった。
胸倉に掴みかからんというLの怒気を前にしながらも、聞いてもいない答えを返す。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ 
      / _ノ (>)三(<) \ `、             「ライトさんが教えてくれると思った理由は・・・
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )             特に思い浮かびませんけど、1%でも可能性があるなら
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://              言ってみようかって思いましたお」


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ   「0%です。お引取り下さい」
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

Lはやる夫を突き飛ばした。
認識する。Lの世界にやる夫は有害なものでしかない。

422名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:01:02 ID:IZeBTAmA
ライト怒りどころを失くすの巻

423 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:01:15 ID:EkrB9YuQ

Lがやる夫から離れたのを見て、それまで静観していたライトが言う。

     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!         「僕からも1ついいかな?」
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\


           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |         「は、はいですお」
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ


         /::::::::::|::::::::| |::::::ヽ:::::ゝ::ヽ:::::::::::::ヽ,,:::::::::::
        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ‖::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ‖::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ‖:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|   「・・・何故、僕なんだ?」
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ

424 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:01:36 ID:EkrB9YuQ

         ____
    .   /     \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \              「えっと、それは・・・」
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:. 「僕程度の技術なら、
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:  簡単に盗めるとでも思ったか!?」
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三

生来の気性の差とでも言うべきか、ライトの怒声はLの数倍迫力があった。

425 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:02:08 ID:EkrB9YuQ

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |                          「ちちちち、ちがいますお!誤解ですお!」
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


.                              ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
.                             /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
                          ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
                            /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
                         i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                         |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!  「納得のいく答えを貰おうか」
                         !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
―r――r―――r、,____,,,,ィヘィ◎_,     ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
――――――---`---'==-´---`ー\ _, ,, 〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
riー-‐ ー-、                    ノ´,,.ィ_,>-`、_.. _     /_,,..i,  /
`ニ=ー  、 ヽ __________,`ー´      ', _,,.,_./"_,,ゝノ.
-..,,_    ,.ィ==くゝ:::::::i-、-i_::r‐ァ,i;:i-=-っ-v、  fニY´,,.. ',. `ヽ、   i、
    `ヽ、//     `';:::::::|   ヾ'=='.イ `ーく/,ノ/        ヽ、  ヽ、
      Y      !::::::|          /            ヽ
       !       `'、::::|         /   ー‐- ..,,__,,.
      ヽ      \        /

ライトは今にも殴りかからんばかりである。

426名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:02:14 ID:jtoCfo2U
>>「ヒデブ」「タワバ」

二人とも死んでるじゃねぇかwww

427 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:02:33 ID:EkrB9YuQ

明らかに動揺しつつも、やる夫は引かない。
振り絞るようにして、言った。声は、震えている。

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |         「す、凄かったからですお・・・」
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ


     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!        「凄い?」
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\

            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }
      |   u.   `Y⌒y'´    |   |    「今まで見たことのある変化球のなかで、一番凄かったからですお!」
     \       ゙ー ′   ,/   !
     /⌒ヽ   ー‐    ィ    l
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |

428 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:03:18 ID:EkrB9YuQ

ロッカールームが、シンとした。

凄いから、覚えたい。

そんなのが通じる世界だとでもいうのか。子供の理屈が通じるとでも言うのか。

                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\     (こいつ―)
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=

Lはツカツカと、やる夫に歩み寄る。
もう喋らせておく理由はなかった。Lは自分の世界から、やる夫を除外することを決める。

429 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:03:48 ID:EkrB9YuQ

それを止めたのは、ライトだった。

          ____  , ==−- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l   「まあまてL、少しは話を聞いてやろうじゃないか。
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/    なんせルーキーのいうことだ。な、落ち着け、らしくないぞ?
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/     先輩として、後輩には優しく接してあげるべきだと僕は思うね。
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//     
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ       ああやる夫君。何がどう凄かったかkwsk」
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::‖ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i      
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i

430名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:04:03 ID:Q5nNl0Sk
所で、サイドでシュートボーラーってあまり聞かないんですけどね
有銘は投げられるみたいだけど
自分が浅学なだけかもしれんが(汗

431 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:04:17 ID:EkrB9YuQ

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\      「あのスピードとあのキレが両立していて、さらに変化量もパネェお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |      バットがあんなに折れまくるところなんて、テレビの試合でも見たことねえお!
      \       ゙ー ′  ,/      てか、見たことも無いレベルのシュートボールですお!」
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  「ハッハー。なかなか見所があるねやる夫君。
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   ただ、君は一つ間違っている所がある」
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //  「す、すみません、何か失礼がありましたかお?」
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

432名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:04:20 ID:eREB9/Gc
こいつ褒められて上機嫌だwwwww

433 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:04:44 ID:EkrB9YuQ

                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^  「失礼などないさ・・・
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i    君は近年稀に見る好青年だ。
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l    実に好感が持てるね。
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi    間違っているのは球種だよ。
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    僕はシュートなんて投げていない」
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\       「え!あれシュートじゃないんですかお!?
  /    (__人__)   \      なんですかお!?魔球ですかおっ!」
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \

奇人変人で通っているライトに近寄るものなど、チームでもそうはいない。
ましてや、後輩に慕われるなど、初めての経験であったのかもしれない。でも―

434名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:05:10 ID:Jp3fWss2
シュートじゃなくてリカ(ry

435 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:05:20 ID:EkrB9YuQ

          ____  , ==−- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、  
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l 
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l   「魔球か!中々的確な表現だね!
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l    だけど違うな。魔球といってもいいけれど、れっきとした変化球さ。
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/    その名も”リカットボール”という!」
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::‖ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /


         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o              「”リカットボール”!?
     /    .:゚~(__人__)~゚:\               聞いたことねえお!でもなんか響きが超カッコいいお!
     |         |r┬-|    |               魔球・・・いや、夜神さんのオリジナルボールだおっ!」
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

436 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:05:48 ID:EkrB9YuQ

                 ,. -‐- 、
                   /. :/:} : ハ
                {: :/|イA: :}
                  V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
               /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__          「解るか!解るかやる夫君!
    _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_       自分だけの変化球!オリジナルボールの夢が!」
   /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ
   `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                    V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                    }、: : : : : : : : :i: :|
                    {:`:ー : : : : : }: :}
                     |: : : : : : : : :/_ノ
                      ト- 、:_:_: :イ´
                       | : : : : : : /
                        | : : : : : ∧
                         | : : : : /. : \
                    { : : : 厶_: ー‐ー 、
                    \: : : : :`ヽ、: : ハ

             ____
            /⌒  ⌒\
          。o(゜>)  (<゜)o 。
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て             「わかりますおっ!
         \      `ー'´     /( `´) そ             いつか覚えたい、自分だけの球は投手の夢ですお!」
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ


            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ             (解りませんし、あれはシュートです)
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ

―まさかここまで、御伊達に弱いとは、流石のLでも思わなかった。

437 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:06:10 ID:EkrB9YuQ

          ____  , ==−- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l     「他には無いか!他には!
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/      僕に教わりたいと思った理由は何か無いか!」
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::‖ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /


        ___
      /      \
   /          \ 
  /   ⌒   ⌒   \                  「勿論ありますお!」
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

438 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:06:38 ID:EkrB9YuQ

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |       「夜神さんはやる夫が今まで生で見たピッチャーの中では、
   /( ●)  (●)\  !   !       最高のピッチャーですお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l       MAX145km/hのストレートはきっちりコーナーに集まってたし、
  |     |r┬-|       |  /       キレのいいスライダーとリカットボールで左右の揺さぶりは完璧ですお!」
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )       「それだけでも手がつけられないのに、左右を意識させた上で
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\       フォークで縦の変化をくわえますお。こんなもんついてけませんお!
    |    (⌒)|r┬-|     |       左右、縦、ストレート!全てがハイレベルで纏まってるクセに、
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/       それだけでも戦えそうな魔球リカットボールがありますお!
    | | | |  __ヽ、    /         パネェすぎますお!」
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    / 
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /    
 /   ///(__人__)///\ / `   /      「後はなによりそのバランスですお!
 |       `Y⌒y'´    |   /       リカットボールのおかげで相手が右打者左打者どちらでもコイですお!
 \.       ゙ー ′  ,/  /        右打者にしか勝ち目がない今のやる夫には、このバランスは
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /          まぶしすぎますお!」
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

439名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:06:42 ID:IZeBTAmA
駄目だこのライト、三十路迎えても厨二病炸裂してるww

440 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:07:18 ID:EkrB9YuQ

     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |   「ハハハハハハハ!そうだろうそうだろう!
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |   いいねーやる夫君!わかってるね!
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |   そうだ!特別にリカットボールの投げ方を―」
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|


          ,|lllllll|     |llllll| |lllll|
          |lllllll| _,-‐7|llllll| |lllll|
         |lllllllll'´lllllllll| |lllll| |llll|                __、_            .
        __,」|llllllllllllllllllll」 |llll|.|llll|            __,,/´   ヽ`゛‐-、__  i'´,-‐=、__  。
    _,-‐llllllllllllllllllllll-‐"   ,ニ-ー‐----、-=,,,_    ,/,,,、   ゝ\   ミr´;;ヘ;;`;;丶;ヾ
    |llllllllllllll-7lllllll|  |lllllll|/lノ,へつ__,,ノニ_;;;::::>' ̄ ̄     , _,,/,ノ ̄゛`'l;i;i、;;l゙‐'-、;;ヘ;ヽ、 .
    !゙'´゙.,;;,il |llllllll|  |lllllll|。゛。  ̄ _,-‐'/,´           ,/-、____ ゚  _ルi;;i ' ‐=7i;;;ハ`:
     |llllll|  |lllll| 。o|lllllll ゜. ゚__,、r-‐' "゛゛      ..::/:::::::::::::::::::::::::::.|/ヽ`ヽ、`/!″゜ウェェェェェェ!!ウェッ!ウェッ!ウェッ!
      |ll|ll|  |llllo゚  ,l!!;゙゙ ゙̄^ニ=-、=‐'´      ,/..::/`゙゛`‐-、:::::::::::::::::::::V´::::::::⌒ヽ
`゙,ヽー―'l!llll「 =、⌒=ニノニ,-‐´   `\、    //o。      ヽ:::::::::::::,::,-‐、、:::::::::::::/
  \,_  ゙i,__,,/´         ハ    ヽ ...:::// 「i l7゚co∞∞oi:::::::::/  ,))ノ:::::::::ノ
   _ ̄  从._,,-|ヽ、 、(  ,|    ヾ'l::/lll|_,llll| |l||l]     /::::::://,、 l::::::::/
、 、~ヾ:`ミーイ:::::ヽi::::::::ヽ,,ヽ、_\i ,/   |、,;-lllll ̄ " "    /::::,ノノii ,i::l ii |:::Y
`\、_(`>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\イi、/|   ヽ|lllllllllll]       <:::::::::::/.':l l::l.||.!:丿
  \:: ̄´:::::::::ミュ.:::::::::::::::、:::::::::::::::::ヽ、,__、 ヾ、lll「"       /:::::::::::":::::'.:::':::::/
  、ヾ、:::ヾ:::::::、::..エヾ:::::::::::\::::::::::::),"    ")ll| rii r,   <,-‐=loi=‐--、,_;;;_|
   ゛=ニ´:::::::\、:::::::、_..:::::::::゛)::::::::://   // |ll| |llル7 ,丿 ,,l_i_/-‐"゛   !
    \::::::::::::::::_::::::::::::フ:::::::::::::/   、/'´  "  "///`゛"‐ l i_,=-‐ー- ,゛
     `'‐-,,_=-:::::/:::ノノ::::::ゞ     ノ      /    /.::l,/´    /
      ー=≡:::::::::::ュ:,シ::::/--、  /    ,,/     ..:::ノ,ゝ   ヽ/
         ~゙ニニ=-T:ソ´   ,〉、,/|   ,,/       _,;= 7 ノ  |! i
              /   _〆:::::y;/V/      _,,∠"  |/   i ,l
             /   l、__ノ;::  l,     ,/゛     ,l    l |
             !    ヽ;;;: l  iノ ヽ /       ノ /   |/
             ,l     I;;:.. //'|, / ヾr        l´/   l
            ノ, 、i 、ヽ、:/   |、  /        |/    ,|

441名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:07:38 ID:eREB9/Gc
ですよねー

442 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:07:50 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、   「と、いうことで、教えられません。
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ     お引取り下さい」
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \                     「わかりましたお。
    |      ` ⌒´    |                     失礼なこといってすみませんでしたお」
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、    (まあ、ライトの刺激になるかもしれませんしね・・・)
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ    「ただ、僕達の練習に参加するってのは歓迎しますよ?
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、      とある大学の研究所と繋がりがありまして、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_     フィジカルトレーニングは相当質のいいものを
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ    お教えできます。ああ、それと―」
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i

443名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:07:58 ID:i3ec6L.k
そら、蹴るわwww

444名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:08:04 ID:F1w/tV1Y
そりゃそうだwww

445 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:08:39 ID:EkrB9YuQ

―まてよL―


ライトの落ち着いた声が、Lの言葉を止めた。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/         「リカットボール。教えようじゃないか」
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖


             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

446名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:08:45 ID:iSwPdfXs
これで教えなかったら手のひら返して罵倒しそうで怖いんだが

447 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:09:10 ID:EkrB9YuQ

',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i          「怒りますよ?」
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `


   :::::|| |!. 、                r ´
     ::ll {.  \         −=ニr‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

―まあ、聞けよ―

ライトはLを宥めるように、言った。

448名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:09:13 ID:NHznku/2
えぇ、教えちゃうんだ

449名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:09:38 ID:mTXPzUrY
教えても同じように投げれるとは限らないしなあ

450 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:09:38 ID:EkrB9YuQ

     _,. --- 、==ー、
   ,/=ラ7:::ヲ:∧、、ニヽヽ
.  ,',/:イ:::/:!:::'i!:i:::!ヽ\ヽヽ\
  //:〃:,ィ:i!::::/::l:::!ト、\\\ヾ、
  イ:/!::/l!::|:::/:::゙|::|:lヾ\i\ヽ、:!:i
  ::/:|:イl斗!::i:::::/!:|リ:ト_ヾ|!:::lハ!::!::!
  :::::i|:|:l {i|/ィt/ハl::Nハij.}゙|:/!::|::|::!                   「4年前のロッカールーム。深夜を回っていたな。
  :::::l|:|:トy//:!:/i∧!' ` "'リ//:/                    覚えているか、L?」
  ::::!:|:|:レィー/        У´
   :::l!l;!ヾ、′     /
   :::|!′ ゙\    `゙ヲ′
          ゙ヽ   /
      \イ'"` ̄´
        \.\


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',::::: 
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::   
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、   「忘れるわけがありません。
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`    あれが私のスタートです」
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i 
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

451 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:10:30 ID:EkrB9YuQ

               _____
          ,ィ7刈:从乂爪ミ≧.、
          /:'::/彡//!::〃il:ト:ヽヽ、\
.       //,ィ/´::l〃::;イ/イ:!:i:l::!:i:i:!:i::|!
      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll              「じゃあ、その時言った言葉は覚えているか?」
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!               僕はこう言った。
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'               ”こんな僕でも、チームのために出来ることをやろう
      lハ:ハ   i         〃_才:リ                やっとそう思えるようになった”
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'                 そう言ったんだ」
.        `  、  、__ ̄   イ  .?ー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
       , -‐くl: : .   .:li⌒ヽ      /   `ー 、_
      /    ヽ: : . . : ll.:.:. iゝ.._  / ,   ´ ___ミ:、
     /     /iヽ: : : : 〃 /   ヽ/ ///    ヽ


      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ  「・・・」
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_

覚えていたが、特に意識しない箇所だった。
ライトの言い訳の1つだと思っていた。


だけどそれが間違いであったと、4年たってようやく悟る。

452名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:10:37 ID:Q5nNl0Sk
普通に凄いピッチャーだな、ライト
スタミナさえ問題なければローテの柱にでも成れるし、抑えであっても問題なく守護神に成れそう
タイプとして近そうなのはハムの武田久かな?

453名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:10:40 ID:F1w/tV1Y
>>446
それは無いだろ
野球馬鹿のやる夫のこと、
「おだて」じゃなくて「本心」で言ってるんだろうし

454 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:11:22 ID:EkrB9YuQ

         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハ?:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!   「1流の仲間入りしたかったのは僕の本音だが、
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '    チームの役に立ちたかったのも、僕の本音だ。同じレベルの、ね。
、i:|:?:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/     初対面の先輩に、いきなり決め球を教えてくれなんて言う。
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/      頼もしいじゃないか。その憎らしいくらいの度胸がさ。
:、:!|ハ     _       /::!:/′     逆方向の変化球を覚えれば、やる夫君も1軍で戦えるようになるかもしれない。
小:!. ヽ       ̄ `   '?'
::::リ.   \    `   /          それは、VIPスターズにとっては喜ばしいことだろ?」
?.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !

           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
            /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',   「・・・結果あなたが二軍に留まっては、
        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ   私達にとって大きな損失ですよ?」
          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
             i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                     ヽ'  /     i         ',

455 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:12:05 ID:EkrB9YuQ

                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l    「見縊るな。
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i    今の僕が1軍で投げられない。
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i    そんなことがあると思っているのか」
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/

強烈な自信を、ライトが打ち出した。

           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
            /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
        ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ             「確かに、そうですね」
          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
           !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
             i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                     ヽ'  /     i         ',

ライトの自信はLの自信でもある。
例えやる夫がリカットボールをマスターしたとしても、ライトの実力には遠く及ばない。

456名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:12:33 ID:IZeBTAmA
くそっ、なんだこの綺麗なライトは
ますます応援したくなるじゃねえか!

457名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:12:56 ID:QAeWLATg
月・・・か・・・漢だ・・・

458 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:13:08 ID:EkrB9YuQ

ライトがじっとLを見つめる。
Lは、大きくため息をついた。

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ   「・・・ひょっとしたら私達って先輩らしいこと、、
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.  一度もやったこと無いですか?」
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i

459名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:13:43 ID:a73iaSpU
ちょっと胸がアツイぜ

460名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:13:52 ID:m66dU/Is
ガンダムでたとえるとシャアがジーンに対して
「お前が百式乗ってもザコだからついでにもう一台注文してやるよ」って感じ?

461 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:14:08 ID:EkrB9YuQ

        /:/:::::::::ヽ::::|:::i::::|:::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::::::::::ヾ:::::::
        /|:|::::::::::::::ヽ‖::i::::i:::::::ヽ:::ヽ::::ヾ::::::::::::::ヽ::::
       |::|:|::::::|丶:::::ヽ:|::::::::丶:::::::ヽ:::ヽ::丶:::丶::::ヽ:
      |:::|::||::::丶::::::::丶i:::ゞ:::::ヽ::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:::|:::::::i::
      ‖::|::|ヽ:::丶::::丶:丶:ヽ::ヘ::::::::::ヽ::::ゝ丶i::::::i:::
      |:::::|::|:::|::::::::ヽ丶ヽ::::::ヽヽ::::ヘ,,:::::ヽ:::::i::i:::::|::
       ‖:|ヽ::|ヽ|::::::丶丶ヽ::::::::ヽヘ,,,,:::::::::ヽ:::::i:::i:::
       |::丶丶|ヽ  ヽ ヽヽ  /    \:::::::::::::::/        「そうだよ。さっきやる夫君と話してそれに思い当たった。
       |:'゙l\ヽ ''' '''''´  '  ".`'' 、'   '|:::::::::::|:::|         結果でも、それ以外でも、チームに貢献してきたとは
        \::::ヽ,\                レ|:|:::,| /         言えないだろうね」
         ゝヽ ''                ||::::|:ノ::
            ヽヽ                 | リl:/:/::::
           'ヽ    ヽ -        |, ノ/::::::/
              丶,    ,             / |::::::/
               |ヽ  ヽ二二=      / | | |:/ ,,
             | i\ ヽ─      /  l ヽリ:.:.く
           ../ヽ' ヽ,      /   /  |,,,  |
         . ./    |ノ丶ヽ -- /     /    | /
      /       ヽ >          /    レ


                /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
               丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
            │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
            /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
          │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::  「自分のことで手一杯だった。
          │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::  言い訳には、なりませんか?」
          丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
             /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
             ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
           ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
               ||:::::ゝ                ∧|/
               │入...___             /  
                丶  \─ゝ          /   /
                  |   |,           /| //
                 /  |        ....////
               /= --┴-、    ...:::::::: /  /  
              /       \<\:::::::/ /      ノ
            /   , ----= 、 \// /      //

462名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:14:25 ID:NHznku/2
月とLがかっこよすぎる

463 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:14:34 ID:EkrB9YuQ

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/     「なるだろうさ。でも―」
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/      
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖


-----------------------------------------------------------------------
  !ノ    ト、ヽヽ:::!三::::!::::.        ,/  /   j /! 
 レ'/    j三ヽ::::ヽ三:::::::::..          '  ,りイi!ト、    
 K   _ノ三三\:::彡',:::::::::.. r7       __,.-rイ !\\二二、
/ し`ーニ三三三ニヽ_j〃:::::::..!ん、_,. -r‐_「-十卞----‐、 __,.-、_ノヽ
しイ 三ニ=-z三三三|::::::V::::::::ヽ`ー‐± エ ⊥-匕`r‐-― 、i!i!j ・  ゚ `ー‐'′
(⌒ テ7千三三三三!:::::::\:::::::...  ヽ、   _,./  !三三ヽ ヾ、 r'´`ヽ_,.'
ー‐' / //´三三三三|:::::::::!::`ヽ::::::..  ` ̄ ̄´   !二\`ヽ\\'
`メこ彡' /7ァァァ三イ|::::::::::!:::::::::!\:::...       ト、ヽ、二二ト、!
二二彳/〃〃//7 r┴ 、:::::::!:::::::::!:::::\::::、::::::::::::::∧ヾ三二=リ、ヽ
'⌒ー'7// /////:::::::::::::`:::::::、::::::ヽ::::::::`ー‐-r'爪ヽ\`ヽ \  \\
-----------------------------------------------------------------------

464名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:14:42 ID:Jp3fWss2
月→やる夫のリレーとかいつか来るのかね・・・楽しみだ

465 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:15:26 ID:EkrB9YuQ
               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.       「言い訳など、したくない。
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |        僕はプロだからね―
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|         あらゆる意味で、チームに貢献したいと思う」
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

ライトが一瞬遠くを見やった後、力強く言い切る。

466名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:15:59 ID:iSwPdfXs
かっこよすぎるw カズマがさんづけで呼ぶだけのことはある

467 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:16:08 ID:EkrB9YuQ

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ   「仕方ありませんね・・・
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ   ただ、あのボールはすぐ覚えれるようなものじゃないと
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、   思いますよ?」
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ  <私達2年かかったじゃないですか
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ


     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ      「覚えられなくたって、いいんじゃないか?」
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   r ===ァ      /' !:://
             リl::l゛、  、 _ ,ノ    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

ライトは笑う。

468名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:16:20 ID:IZeBTAmA
コーチの想いは届いていたか…

469 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:16:34 ID:EkrB9YuQ

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||    「使えなくてもいいのさ。何かのきっかけになるだけで十分だ。
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!    何かを掴みたかったけど、何をどうしていいのかもわからなかった。
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´       そういう時期は、僕等にもあったろ?」
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

その通りだった。
何を練習すればいいのかすらわからない。
そんな状況で、闇雲に、意味があるかすらわからない練習を、2人で続けてきたんだから―

やれやれ、とLは呟く。口元が緩んでいるのが、良く解る。

470 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:17:03 ID:EkrB9YuQ

     ,    、_    ヽ、                        __
   / / 、,,,__,,=`"''''':='::`ヽ,         ――-、            ,'、i)  ,、,_
  "   `''ー=,:::::::::::::::::::::::::::::::)    -―――--          ,'),! i, i < )、
     ,-==:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ      __          / ノ、V´ ノ |
      ,=´::::::::::::::::::::::ノ:::/!:::7!::'!i  ,-‐‐=ニ、__`゛"'ー--、____,/  )/  / ノ
   -=ニニ::::::::::::::::::::::::::::iリァ!i' li),:i!,i'´、   、         / /  く/   /
         ,'::::::::::::i::::i::i:!`''" `, !i| \    \        y |   ヽ   i
  __  r'"i:,:、!::,,!_リ:i!  --‐ /i!l  ! \    -‐、   ,、----ヽ  丶、_ノ
..rヽ   ̄`''‐/ー-、 `''‐--、ー‐7、ヽ, i        \´   \\ー、ノ
  lヽ     l    \    `ー  ` ! \ ヽ フ´ ̄`):::\、 __ヽ`Y′
   lヽ    ,'     \      、\\ヽ `     ヽ´:::::::::.`'ヽ、'´      「これじゃあ私の方が
   ゙Λ    ヽ    ノi /     ヽ ', ヽ       \::::::.   \       大人気ないみたいじゃないですか」
    ゙Λ   |    >, !/::..     ', 丶 \        \:::...    丶
     ゙Λ  く   !::.ノ:::::::....    / ,、-‐''"゛´ ̄ノ       \:::..   ヽ
      ゙Λ |   l`'\:::::::_,、、-‐''´::,=‐'ヽ  ̄´         `、‐、   ', 、ヽ
       ゙∧! 、 |_,,,,-‐''´,,::::::::::::::/   \  \        ゙ヽ    i  | |
        ',ヽ  ̄`ヽ-‐''´\::::::::::::',    !\ 、\        !   丿   /
         ゙、l,、    \     ',:::::::::::',  、 丶丶\,______∠、
         ゙l i\   \   ',:::::::::::',  `_,=-‐': : : : : : : : : : : : : : : : : |
          ゙l i, \,   ,、-、 ',::::::::::::',‐'':´: : : : : : : : :______,!
          ゙l i,   `''\ \、_::::::::',: : : : :,,,,-=''''"´:::::::::::::::::::::::::,/´
              l i,  _,,,-‐''` '',//´ ̄`ニニ-'''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ゙l゙i/´: : : : : : ://i    ゙!:::::::::::::::::::::::::::::::::::=-'''´
            ゙l i,: : : :,,-‐'''§ヽ、、、\::::::::::::::::::,,=-''´
               ヽヽ/:::::::::::§:::::`''`''`''`::::::::::::::ヽ

苦笑だが、嬉しい苦味だ。
ライトが本当の意味で1流になったことを、Lは確信した。

471 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:17:44 ID:EkrB9YuQ

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/      「おいおい、その言い方じゃあ、まるで今までの僕が
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/       大人げなかったみたいじゃないか」
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖


               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
         /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
        //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
       /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
       |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.  「はい、大人気無いの極地みたいな人でした。
       |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄   チーム内であなたに話しかけてくれる人、
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、  私以外にいましたっけ?」
       |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
         l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
         r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
       /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |
[SPLIT]

472名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:17:56 ID:tC9p8Dhk
>>464
月はスタミナ落ちたってことはリリーフだろうし、
順番的にはやる夫→月の可能性のがあるんじゃね?
楽しみなのは全面的に同意。

473 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:18:25 ID:EkrB9YuQ

          ノ う
   rt  「l [ト,   )  ぐ 〜/
   i i  l i Y   ノ      (
  l' i   i l     `l  /⌒
  i' ,'  '" rl^レゥ  .| ./__
  i/    "7'/∠コ/::::::::`.ヽ
       フ"、,,_⌒`ヾ;::::::ヽ
      〈´:::::::::::::: ̄..\l::::::::::l
      /:::;;;::::::::..ヾ::...::;;;゙:::ノ"::|   ドウシテドンドコドコ  ナヅェダ!ナヅェドンドコドコ
     /=-;;;;;;;:::::::::::::::::::::..:::::...l   (訳:おそらく悲痛な悲鳴と思われます)
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::.. l
  /r-==ー、::::.... .::::::::::::;;.:::::  l
 r^ヨ":::ミ:::`ニュ\..:::::::::"../:::: ..:
./ノ~::ツ:リ:`⌒ヽ  |:::: .::::::::i:::::::::. ..:
.l !彡:::ノル:: 代_い..:::: |ヾ、__;;
.>ヾl:.::i ! ::. : l`ー"1...::::l
ヾ:::\:..::il、  : り::::::::l:::::::l
 ヾ::::ヾ、 ,;ヘ ノ|::::::::::l:::::/
  ヾ::::::`:::::i/ .l:::::::::....:ノ
   \、:::::ノ ヾ:::::::::/


',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i    「じゃあやる夫君、さっそくですが、やりましょうか」
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `

474 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:19:19 ID:EkrB9YuQ

      _____    
    / ―   \   
  /ノ  ( ●)   \  
. | ( ●)   ⌒)   | 
. |   (__ノ ̄    /              「・・・いいんですかお?」
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

事の推移を見守っていたやる夫は、依然半信半疑という口振りだった。

  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i     「二言はありません。
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!      ブルペンにいきますよ?」
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l

Lははっきりと言い渡す。

          ____
        /      \
       /  ─    ─\ 
     /    ⌒  ⌒  \      「ハイ!ですお!」
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く

ルーキーは実に、いい顔をした。

475 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:20:27 ID:EkrB9YuQ

      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /      「―!・・・」
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ

その顔を見て、Lは感動を覚えた自分に気がついた。
忘れていた事に気付いたのだ。

先程のライトの言葉から、今のやる夫の表情から―

先輩、後輩、チームメイト。
スタッフ、審判、観客、敵チーム。

             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
       ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~    (野球って、みんなでやるものでしたね・・・)
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
                      i              !   ヽl ',     ヽ

ライトと2人だけの世界が、崩れた。

476名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:20:28 ID:Z5B91jl2
確かにいい顔だw

477名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:20:39 ID:ae7VsbVQ
これはLとブルペンで練習するやる夫を見てやらない夫嫉妬or絶望フラグが

478名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:20:50 ID:m66dU/Is
>>474
いい・・・顔・・・?

479 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:21:04 ID:EkrB9YuQ

その時、派手な音がして、ロッカールームの扉が開かれた。
表れたのはやらない夫。

周囲をぐるりと見渡して、Lの姿を認めると、ツカツカと近寄りこういった。

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                   「L先輩!お願いがあります!」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
     \__/

ライトは口元を綻ばせた。
つい最近、見覚えのある展開だったからだ。

          ____  , ==−- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l      「だってさ、聞いてやったらどうだ?L」
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::‖ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

楽しそうに、ライトはそう言った。

480 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:21:37 ID:EkrB9YuQ

   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`::
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;::::
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、::::
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、     「そうですね。ひとまず聞くくらいなら」
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ 
         ',   ',. i\          / / l  
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._  
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'.
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /    

Lは既に笑いを堪えている。

481 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:21:59 ID:EkrB9YuQ

ゴクリ。
やらない夫が緊張気味に、ツバを飲み込んだのが聞こえた。

           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

そしてやらない夫は、意を決したように語りだす。

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ             「え・・・L先輩!俺にキャッチャーの何たるかを教えてもらいたいだろ!」
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ       
     l/   く   \      
     |     \  \     
      |    |ヽ、二⌒).、   

必死の言葉だった。
ただ、予想された言葉だった。

482 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:22:22 ID:EkrB9YuQ

捲き起こったのは2人の爆笑。

                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
               iN \.  ` ニ′/}'
                礀   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖


           __ __....、、
       /´:::::´::::::::<´
.       _i:::::::::::::::::::::、:::::::`≧ー-
    ァ7::::::::::::::::::ヽ::::\\::::ャ、
     /,':::::::::::::::::::::ヽ::\::::ヽ:ヽ`ヽ
   /i:::::i:::::::::、::、::::、:::ヽ:::ヽ:::ヾヽ
   ソ::::l::::::::tj‐リヾミヾ_ヾ::::::::::::::゙i
.   /::::::!::::::ト= ゙ ヾヒ'`i!::::::::::::ハ!
   l:il::::::::ハ.   . .  "" l!::::::::::!
、、._ リ i::::::l、  r‐┐   /:::::iヾl゙
   ̄/ リ::::lヽ. =.-'  ,/:::::l !_リ-- 、
   i 〃i!l. ヽ、... ィ::/kン于ラ r' ̄ヾY
    i ヾ'、 'ヾ  ""゙/ i!.lヾ!//ヽヽ | l      へ,、
.    i `、ヽヽ  ,  ノ.i li //  llヽ i l   //:.、>`ー-.、
    ',  ヾ、.ー-‐,ン´,i l l i  〃l iヽヽ  ヾ、:::::::r┴-=、`i
  ',   '    `二――┴リ_l―サ┴'‐‐!l--、、_ヾxし/‐--ヽ!
ii    ,r‐''''''''ー|::::|    |        ~  i   i しー-- i
ii  /       |::::|    |          i   iーレ゙  l
!!/iソ;       |::::!     |           '   | ii   ノ
./ リ/       |::::    !             | i `ー /

483名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:22:37 ID:IZeBTAmA
この野球馬鹿どもは本当に格好いいな!

484 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:22:43 ID:EkrB9YuQ

その反応の理由が、やらない夫には解らない。

              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |

       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /

485名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:22:49 ID:JBfnX4MY
追いついた
正統派の月と変則サイドのやる夫とか、燃える!

486 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:23:18 ID:EkrB9YuQ

笑いをこらえながら、ライトが言った。

          ____  , ==−- 、
      _.-_=三ニ≧弐=コ'´ ̄ニ_‐ ._
   /,.-ニ‐'´/:::::〃::::∧\`ヽ=ミ、`ヽ、
.  ,.' /:,イ:::::::/;'::::::/l|:::::;';;;|\ ヽ、\`ヽ、\
  / /::::〃::::;';'::l|:::::;' :|l:::l::;;:|:lヾ\ \ ヽ\\.ヽ.
./ /::::〃::::,';'|:::l|::::::::/!l::|:::;:|::lヽ\ヽ、\ヽ\丶ヽ
;:/:::::/l:::::/;'!|:::l:l::::::/::ハ|::;:|:::ト、゙、ヽ:::l\ヽ`、ヽ`、::゙、
′ /::l::::/::!l|:::l:::::::;':::::::::l|::::|:;|小.:゙、ヽ:l:ヽ\、ヾ、:l::: l
:::::/:::l:::;':::l斗、!::::::l::::;'::::/!:::l斗⌒ト、ヾ、゙、!l::::::!ハ. l:.、:l゙、|
::::':::::l:::i::zhfr.|:::/:|:::;::::/}l| ::|l゙::/|i=≧_、l|::::l:::::l|:::::|:: l
:::::::::;|::|l:::| {. l|:/:/l::l::/::ハ:l ::И:八 {i }!ヾ!::/!:::::l::::;l::::l     「・・・ど、どうする、L」
::::::: l|: !!::|!. y/:/:/l|::::/ |∧::| {′ ⌒  }ハ:l::;:::l::/}:/
:::::::::l|::|!::|:V/l//::::l::/ / ヽ! : : : : : :   rリノ:/:::/
  ::::::l:::l;::|::|/∠ニイ/                 V//
   :::::::|i;l::|'゙{.   /           ,..  _ノ
    :::::l| l:| ゙、゙、.              r''´ f^Yl
    ::‖ {  ゙、ヽ         ^‐-=ユr-'   、{ V
     |    ヽ\           _ノ   {、ヽ、l
          ヽ\        /    rト 、 ヽ
           ,.-‐=ニ_、   _ノ    .i ヽ \ ' 、
  .         \,イヽ、    ̄        .{  ヽ  ヽ.}l
           \ \            l   l .〉  /

笑いが堪え切れていない。
プスーだとか、プギャーだの、笑いの音が言葉の間隔に混ざって聞こえた。

やれやれ、と、再び前置きしてからLが言う。

487名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:23:25 ID:eREB9/Gc
やるやらは何だ。夫婦かこいつら。夫婦だったなそういや

488 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:23:49 ID:EkrB9YuQ

   /::i :::::::::;イ:::ヽ、::::::::::::::::`、:ヽ、 ::::::`:、`、:、、:::::`::
  //:::::゙ ::::::/:::゙、::ヽ:`:::::、::::::::::':;::::`'::::、:::::ヽ:゙、`、`::':
/  !/:::::'、 ;':::::::::ヽ::::`:、:::::`::::、:::i:::::::::::::::`::、:',::';::ヽ;::::
   ノ::/:ヽ ::::::::N゙ヽ::::`:::、:::::::::r!、::::、::_:::::::ヽl::ト:;:::::::
  ,:';:.イ::::::::l`、 :::| ,'T \:、::::`ヾ、\;f'i  i\:::|:l:::゙、::::
 ノ'" |::::::::|;::、ヽ! l ヽ-' ` `' 、:::、`ヽ、`'' ' 丿.l:':::::::';:
  , -+!::{'|!、::ヽ、`` -‐'    ` ヽ、  ''' ´ .ノ、::::::::l::
f'´/  | |:;'  ヽ::::ヽ             / ||:;::::::、     「とりあえず、私のどこを凄いと思ったのか
 /     |    ゙;::f、`   、             | }:::;!      でも聞いておきましょうかね?」
/      ヽ.   ';::ハ、.  、 ` `     ,     レ'.|:ハ
        ',  |: ヽ、  ー----‐ '"    // リ 
         ',   ',. i\          / / l  
ヽ   ',     _',   ', l、 l\      ,. '´  」.._  
 \, > '"´ 、ヽ、   !、'、|::、` - '"´  / ,.. ``'.
' ´    ヽ  ヽ `' 、ヽ\:!     / /    

ロッカールームが、笑い声で揺れた―

489 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:24:44 ID:EkrB9YuQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


―ブルペン―

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´              「・・・」
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


              /, '"´:/,.. -‐ニ ___
            / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
               {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
               ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
             /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::`丶、:::::─--`ヾ__
          /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
           〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ:::\::::、:::::::::::::::\
          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
            ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー       「・・・」
         | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
      _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
     / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
      // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
    ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
   ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
  .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
  ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
  / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
  |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
  | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ i
  |  |         ヽ`i | `「|'′  /  へ        |  i/ ! ! ヽ\!
  ヽ  l          ヽ !. l.  |:|  ./  ヽ  ヽ     |   ! | |   ヽ !
             | |  |:| _ム rへ     ヽ   | |  !| | |   /!.!|

捕球音だけが、延々と続いていた。

490名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:24:51 ID:hJ1IdX5Y
やべぇ、最高だ、こいつら最高の馬鹿どもだwww

491名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:24:52 ID:mTXPzUrY
(・∀・)ニヤニヤ

492 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:25:09 ID:EkrB9YuQ

                    ___
                   /     \
                 /     ' "\ ,\  
               /      ( ◯)ヾ'|
                |   ij   "⌒(__人_)
               \         `i ヾ/
               γ    ⌒` ̄ ̄二─=三── ̄
             //      _ _≡三_____ ―ソ
             / /         /      =三 ̄
               ゝ__/         /
                 /         /

                                                     / ̄ ̄\
                                                    _ノ  ヽ、  \
                                                  ( ●)( ●)   |
                                                  (__人__)      | ../}
                                            _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
                                         (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                       ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
                                      .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                        ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                         i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                         ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                            `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

会話は無く、鬼気たる迫力だけが、ブルペンに満ちている―

493名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:25:16 ID:oJviVCCw
いかん、ニヤニヤがとまらねぇwwwww

494 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:25:37 ID:EkrB9YuQ

ブルペンに入り、既に2時間近くが経っていた。
一通り投げ方を教えてからというもの、やる夫はもうこちらを見向きもしない。

                          _ _
                        /      \
                       /\、 ,/゛ , ノし
        , -、 _ 三二―       /,(〇)ヾ'(◯ )) ⌒ \
     __/  / `>、 三二―  l゛⌒(__人__)⌒゛ヾ   |
     /  l, - -ノ、   l`――、    \  `ヾソ ´    ノ、<
    / l  |    l /´ l|      ̄ ̄⌒  〆 ̄ヾ   ハ \
   / l  l  -‐ ヾ   ヽ          彡   `y_γ   )
   {、 \ \    }   イ      ー:: ;-、  ヽーr  ∨  ソ /
   '、  丶--ヽ /   /イー‐´ ̄     ̄\  ' ,  '  )/ j
    \ー----/ _ / 三二―        \ ヾ_/ リ
     丶---{ { / 三二―
          ̄

少しでも感覚を掴もうと、投げに投げ抜いている。


   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

やらない夫も、ただ受けるだけではない。
一球一球、相手の打者・特徴・コースを想像しながら、
やる夫がこの球を覚えたとき、どんな効果が上がるかをシミュレートしていた。

口を挟める集中力ではなかった。
ただそれは、外界を拒絶していることにも繋がる。

495 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:26:09 ID:EkrB9YuQ

特にやる夫の集中力、周囲の遮断は並ではない。

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

返球を受け取り、一息つけるときまで、頑とミットを睨みつける。

あれでは誰も声がかけられるまい。
誰も寄せ付けず、一人だけの世界で野球をやっている。

そう感じた。

496 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:27:27 ID:EkrB9YuQ

               _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|         「・・・あんな風だったのかな。僕達は」
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',


  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト- 、、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
 ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
 :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
 ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
 :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\                「そう、なんでしょうね」
  iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
  | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
  ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`゛゛二==-'"``゙゙゙゙゛丁
    ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐' ̄         .:i
      j::.     .::   / ノ,-‐´      ,.. .::‐‐‐---.::i
  、,_-‐'"  :.     "  ノ-'''__,,,-、-,---‐'"::ιノ ̄ ̄:::::::::::i
  ゝミ‐-、.,,_ヽ    r_ニ-‐'"/...:;;;;;::::::::::::::''/  /   :::::::i
    `‐-、二` ___,,/  //i"  i::::::::/ ,;/ ,,,..  ノ :::::i
         ̄ /  / / /´\ ノ:::/  ,;,´/   ,..-‐::::ゝ
  i       /   /ノi i|::::|、i:|:/   ,;:::::::::ヽ.......::::'''''""
  i             i.ノi! :ゝ::i"   /::ノ ̄ ̄
   i             `i::i「`゙ヽi /..:::::i

ライトの言葉には、懐かしさと、後悔が含まれている。
Lも、同じだ。

野球は9人、いや、チームの全員で戦うスポーツだ。
その中で、たった1人で戦い抜こうという姿勢は、やはり間違っていると思う。
競うところは競い、助け合えるところは、助け合えばいいのだ。

Lがライトに、ライトがLに、そう出来ていたように―

497 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:28:01 ID:EkrB9YuQ

Lはつい先程思い出した、大切なことを2人に伝えたい。

      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

ただ、今の彼にはおそらく伝わらないだろう。
自分しか見えてない、今の彼には。

498 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:31:09 ID:EkrB9YuQ
.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i        
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.     「・・・一人で野球をし続けるようには、ならないで貰いたいですね」
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l            
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',
        `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
  /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !


         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´            「そうだな・・・」
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

万感の重いが、2人の言葉には込められている。

499 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:31:51 ID:EkrB9YuQ

思い出すように、搾り出すようにしてライトが言う。

     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、                    「僕は阿紫花さんにチームに繋いで貰った」
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i
         //' / ./.:::::::::::::::::::::::::::::::!


      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//      「・・・そうですね」
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ

500名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:33:59 ID:8KDgDkKc
的確な例えじゃないかもしれないけど、厨二病みたいなもんかもな。
本当に、本人は気付かないし、言われてもわかんない。
それだけに思い出した時に激しい衝撃が駆けるんだが。
衝撃が激しい分成長も爆発的と言うか、本当に視界が拓けるから、
はやいとこ布団の中で身悶えてほしいぜwww

501 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:34:18 ID:EkrB9YuQ

         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´              「僕は、彼にとっての阿紫花さんになれるかな?」
     ?: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `−――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

このまま続ければ、やる夫はチームからどんどん離れていくだろう。
それは結果が伴わなかった時に、最悪の事態を招くはずだった。

ブレーキ、もしくは、大切なことを気付かせてくれる存在が必要だ。

  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!                   「できるかできないかは別として・・・」
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l

ライトは4年前に、Lは今、それを痛感した。
だから、二人の言葉には心情が篭っている。

502 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:34:50 ID:EkrB9YuQ

',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!          「やるか、やらないかはきまっているでしょう?」
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `

昼とは考え方がまるで異なっている。Lは、やる気だ。

       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/                   「・・・そうだな」
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /  
N|`ヽ   ヽ、    , '´     
``'''‐- ..,_   iT"´      
、_    ``''‐N、    
 `ヽ、      i  
、   `ヽ、   |  

ライトも、深く頷いた。

503 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:35:16 ID:EkrB9YuQ

隔絶した世界に浸る2人を置いて、ライト達は球場を後にする。
もう、辺りはすっかり暗くなっていた。

                 ,。 \ ・:*        :・゚  '☆,。・:   *:
             \       ☆
     ,。 ・ :* :・゚'   ☆                    ; .
       ヽ                      ヽ
         ☆                       *    ・
                ・
                        ☆
                              ,。 ・ :* :・゚'
        __  _     __   ,_     __     __  _
   .  __ |ロロ|/  \ __ |ロロ|/  \ __ |ロロ| __..|ロロ|/  \
   _|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_
    .........................................................................................................................................

504 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:35:33 ID:EkrB9YuQ

どちらからというわけでもなく、笑う。

     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、


                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!

午後の半日で、お互い急に老けたような感覚を覚えている。

505 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:35:54 ID:EkrB9YuQ

だけどそれは不快なものではなかった。

  ☆      。                    ・
     ゚           ゚     ☆      ・        ゚
゚          ☆      。         /    ☆       ゚
  。           ゚            /          。
☆       ゚               /    ゚
            。           /    ゚            ☆
  ゚    ☆                 /        。     ゚
                    ☆                   /
_                                         |
  \                                       |
    |                                     |
    |      /\                            /
    |   __|   |                    / ̄\  /
    |    |      |/\                   |    |  |
    |/\|         |r'´`ヽ     /  ̄ \  |    |/
               ||   |、    〔      〕 |
                   \   〕     〔 /
                     l  〔     .〕 |

自分達が積み上げてきたものと、成熟を知ることができた、心地の良いものだった。
帰り道、Lの車の助手席で、ライトは静かに目を瞑る。

506 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:36:08 ID:EkrB9YuQ
--------------------------------------------------------------------------------------


どこかで、阿紫花さんが笑っている気がした―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第4.5話 一軍半とやる夫 終

507 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:36:26 ID:EkrB9YuQ
投下は以上になります。

ご観覧アザーっしたー!

508名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:36:33 ID:W51ehoPI


509名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:36:41 ID:FM/T.kRA
乙乙

510名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:36:57 ID:m66dU/Is
やべえ面白かった。

511名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:01 ID:QAeWLATg
乙!

512名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:16 ID:JBfnX4MY
誰も味方がいなかったんだろうな
だから一人で練習できる能力は身についたけど、
一人で野球をするようになったんだろうな

いぬ夫がいたことを思い出してほしい

513名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:19 ID:ObA7q7nE
乙ですた

514名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:30 ID:F1w/tV1Y
乙!マジ面白いわ
30近くながら熱い二人がカッコよくて堪んねえwww

このまま主人公のライトとLが一軍でも活躍することを
願ってやまない……あれ、なんか間違ってるっけ?

515名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:31 ID:tC9p8Dhk
乙です。
やべー先輩2人かっけぇ。

516名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:33 ID:EJN.dXAI
乙!
二人がカッコよすぎてニヤニヤしてしまうww

517名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:35 ID:keTTHMHo
乙です

初遭遇でしたけど楽しく見てました
これからも頑張ってください

518名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:37 ID:rlha0EU2


519名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:39 ID:okDNTPYI

何このデスノートコンビ
格好良過ぎ

520名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:47 ID:IxhUykO.
乙様!月とLいいコンビだなぁ

521名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:48 ID:JBfnX4MY
乙〜

522名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:52 ID:JoNciKkY


523名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:37:53 ID:WJLBSneg
乙。おもしれー!
野球、大して詳しくないんだけど、これは面白いわ。

524名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:38:10 ID:wQtksYKU
いい少年漫画展開だなぁ

525名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:38:27 ID:OQt9bJYw
乙!!
Lと月がかっこよすぎだw

526名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:38:27 ID:IZeBTAmA

胸いっぱいになる話だった
次も楽しみにしてるんよ

527名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:38:30 ID:i9SwLmCo


528名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:38:38 ID:ae7VsbVQ

ここら辺でやる夫のレギュラー経験の無さが出てくるのかな

529名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:38:53 ID:NHznku/2

本当に面白い

530名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:38:58 ID:9Vbqx4e6
乙らせてもらう、新しい…惹かれるな

531名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:39:06 ID:Q5nNl0Sk
乙でした

ライトとLにとって、やるやらコンビが「最初の」後輩なんですね
・・・・・・・・・そういやナニゲにはぶられていますね蒼の娘(マテ

532名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:39:57 ID:bymg.S2w
(・ω・`)乙  これは乙じゃなくてポニーテールなんだからね!

533名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:40:30 ID:oJviVCCw
乙っした!!

こんだけハングリーな二人が、同じようなやるやら達の先輩として
前に立つとは……熱い展開、すっげーww

534名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:40:41 ID:a73iaSpU
いい話書くね
プロに焦点あててるからかな、学生野球じゃこうはいかないもんな

535名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:40:52 ID:wVNYgSIA
乙です
他の一軍選手&監督・コーチ陣とのやる夫たちの絡みも楽しみです

536名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:41:06 ID:YA3V/bJM
乙です。アザーッス!

やる夫とやらない夫の若く、未熟な二人が月とLの二人にいい刺激を与えて、
若い二人もいい方向に軌道修正されそうでwktkが止まらないわw

537名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:41:24 ID:Jp3fWss2
乙でしたー!!
デスノコンビもやる夫達と一緒に将来が楽しみだ!

538名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:42:05 ID:lR2B6/ms
乙でした。
どっちも1軍でバッテリー組んでもらいたいわさ

539名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:42:16 ID:jBHSItec

このナレーションがいい味だしてるんだよな
やるやらはやっぱり黄金コンビ、続きも楽しみです

540名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:42:54 ID:hdp.DfeM

いい気分で眠れそうだ

541名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:43:16 ID:FibT0S7I
乙でした!
凄く面白いです!

542名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:43:34 ID:B.GwGs8k
読んでいて胸が熱くなるな…
しかし、1の心理描写の仕方はうまいと言うか、共感をもてるな。

543名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:43:40 ID:DP1pT6ws
初めてリアルタイムで見られた。
すげーおもしろかった。
続きを楽しみにしてます。

544名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:44:41 ID:OtKGDtAI

やっぱスポコンは良いよなあ
熱いよ暑いよ

545名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:45:54 ID:i3ec6L.k

本当、やるやらはここでライトとLに会えて良かったな

546名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:46:08 ID:K0sVL5Qs
乙です。
・・・なんというか本当に極上の物語です。
感謝です!

547名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:46:13 ID:Z5B91jl2
乙でしたー
ホントに面白かったですよ!


時の流れが残したもの
before
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/521332.jpg

after
ttp://tvde.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/jlab-dat/s/521333.jpg

548名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:47:02 ID:G1v9o5XQ


開幕が今からまちどおしいYO!

549名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:49:48 ID:zGtKULA6
>>547
ナベQ・・・・・・

550名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:50:59 ID:zGtKULA6
一乙です
展開が漢すぎて胸が熱くなってくるww

551名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:53:11 ID:GoDVZgBs
乙でした!
構成完璧だな!

552名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:53:48 ID:iQ63tnzo
乙。感動したというより、なんか明日も仕事頑張ろうって気分になる。
いや、今から頑張ろうって気分になるが、さすがに寝る。

553 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/15(日) 23:54:26 ID:EkrB9YuQ
>>皆様

アザーッス!
乙レスのつき方に感動したw

ライトとLの整理対象コンビがご好評のようでよかった。
蒼星石の回とおんなじ位、難しくて悩んだだけはあったようで満足です!

あとちょっとだけレス返信

>>342
非常に深く読んでいただいて、ありがたいっす。

>>356
その通りですね。
常に全力というわけにはいかない先発ピッチャーでは、ライトは活躍できないというLの判断です。
全球全力投球ができて、やっと勝負になる=リリーバーを目指す という選択になります。

>>ライダー
好きなんです

554名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:57:57 ID:WhxsG5Yc
>>547
ナベQwwwwwwww

555名無しのやる夫だお:2009/11/15(日) 23:58:17 ID:cJvqL.Qs
乙でした
Lと月もやるやらの指導をすることで得るもの多そうだな
両バッテリーとも頑張って開幕1軍になって欲しいなあ

556名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:01:57 ID:tEwsnPgA
乙です
もうファンだわ・・・

557名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:04:34 ID:3sRAtmfQ
月達は8年目だっけ?
9年目から復活してきた水田や晩成型だと思いたい小椋が思い浮かぶぜ

558名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:06:01 ID:vglBjNQQ
乙でした。
月とL、やる夫とやらない夫の関係がいいですね…時を越えてシンクロしてるみたいな感じでw
月かやる夫がスーパーエース級になってくれれば専用捕手としてLもやらない夫も一軍に入れそうですね。
左の女の子も頑張って欲しいですね( ´ー`)y-~~

>>547
時って残酷なのね

559 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 00:08:03 ID:o8JH74yA
>>531
蒼の子はMASA成分を探しに旅立ちました(まだいうか俺)

>>533
そうですね。”同じような”ってのが今回の話のポイントのつもりで書きました。

>>539
>>542
>>551
アザーッス!
弱点だと思ってたところが好評で、最近自信がでてきました。
書くのに時間がやたらかかるのが欠点ですがw

560名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:12:07 ID:pvLmpcG.
乙です

561名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:13:13 ID:B13/8I9w
投手は突如覚醒するしな
今年だと阪神の能見がライトと同じく30になって
いきなり化けたからなぁ

562名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:15:50 ID:H20nZj.U
繰り返すの人で見かけて以来、これもアリなんじゃないかって思うよ>ナレーション
AAだけでやるのは限界があるし。
時の引き金の人クラスのAA作成能力があれば別だが。

563名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:16:37 ID:ABR/7tHQ
>>561

藤川なんかも5年位前、解雇手前だったしな。
今は旬を過ぎた気がするけど、プロ野球界最高のストレートを
一時期は手にしていた。

564名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:19:32 ID:8o9kutTM
そういやカズキは結局どこいったんだ?

565名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 00:21:20 ID:LD0eyDOY
>>564
他球団のテスト受けてたかもしれないし

566名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 01:08:55 ID:BMjiSTyw
去年までの能見は絵に描いたようなブルペンエースだった。

567名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 01:47:32 ID:Zy67t4Tc
いやなんかもう、実在するんじゃねえかこいつらっていう気に。


ああ、弱点が逆に唯一無二の武器になるってのはこの月と似てるな。

568名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 01:52:03 ID:w1W8C48k
乙です。

569名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 02:05:02 ID:agppyk1k
乙でした!
オンドゥル語を操る月の今後に期待!
もちろんやる夫の成長にも

570名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 02:08:15 ID:2LGzkrX2
乙でした!
ここまで好感持ったライトとLは久しぶりだなぁw

571名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 02:08:50 ID:2fDfPPmU
これは今後の活躍を期待せざるを得ない
そして避けられぬ一流の壁も……

572名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 02:21:01 ID:ABR/7tHQ
能見は阪神の打線がまともなら
今年は15勝はできたんじゃないかと思ってる。
今年の阪神は打線の歯車最悪だったからなあ。

もうやめて!!新井さんのHPはもうゼロよ…
打てない、守れない、走れないの三拍子揃った元日本4番orz

573名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 02:36:51 ID:4nTK4ETU
やべぇ面白っ
乙でしたー

574名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 05:39:07 ID:NlUqX7Z2

なんか月Lコンビがすごく新鮮な感じだ
あとオンドゥル語はLも少しは解読できてんのかねー
コンビ暦長いから訳してるのはLだと勝手に考えてたがw

575名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 09:06:33 ID:VxoVnZio


良かった頃の水島新司漫画っぽい無茶なキャラクターが、しっとりとした
文面で語られる素晴らしさったらない。昔の水島先生や、こせきこうじ先生の
野球漫画お好きでしょうか?<作者様

576名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 09:13:56 ID:1T0Vfo0U
乙でした〜
いつもここは胸が熱くなる
次回も期待してる

577名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 11:19:46 ID:HhiArhic
大甲子園の時の水島漫画の面白さはガチ。
そういえば山田達が初戦で戦った知三郎の集中力と迫力は、やる夫を彷彿させるな。

578名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 12:45:41 ID:fYOuO7Cg
>>577
知三郎ひとりで野球をやってるところまでな・・・

579名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 15:59:38 ID:npaNRoLk
>>572
大学生相手の辛いさんが楽しみです^^

580名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 17:03:36 ID:223ObPeM
やる夫の能力をパワプロで例えると
右投げ右打ちサイドスロー、球速134キロ、コントロールF、スタミナA、スライダー3
回復○、ケガ○、打たれ強い、闘志、対左打者×、短気、ムード×
見たいな感じかな?

581名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 17:30:47 ID:.R5U9D1c
サイドって急速上げるの消費ポイントが高いんだよな……
パワプロやったのGBAの4だけのうろ覚えだけど。

582名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 18:40:03 ID:UX8KvAkc
というか小さい頃からサイド投げ続けてプロ入りした奴ってのがほとんどいないから
転向した奴の多くは上手投げに使う筋力はついてるけど、サイドに必要な筋力(主に下半身だけど)は十分についていないことが多いからな

と言ってもランディとかペドロみたいなの見てると説得力無いけどなwwww
サイド気味でよくあんな球速出せるわwwwww

583名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 18:47:44 ID:9ZbkTynU
>>582
日本式のピッチングフォームとメジャー式は違うんだそうな
メジャー式は円盤投げみたいな投げ方で日本式は砲丸投げみたいに担ぐ
もちろん個人ごとに向き不向きがあるけど
メジャーのピッチャーはサイドでもオーバースローでも同じような投げ方で
スピードは落ちないんだそうな

584名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 19:02:44 ID:FhGK.pr2
>>582
西武潮崎が野茂が投げるのを見て、
あれだけひねって投げれば俺だってそれなりに今よか球速は出せるけど、
野茂はあのひねりでベースの上に投げられるコントロールが凄いわ
と感心してたらしい。

585名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 19:19:56 ID:223ObPeM
ソフトバンクに152キロたたき出すサイドハンドもいるぜ

586名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 19:47:33 ID:bUGv4n9.
外人はサイドやスリークォーターが主流で
オーバー主流なのは背の小さいアジア系が多いとなんかのマンガに書いてあったなぁ

587名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 19:52:13 ID:spMBnDr.
昔川上と上原が変化球教えあって批判されたことがあって
別にいいじゃん、とか思ってたけどこれ見ると批判されて当たり前なのかね?
チーム内でこれならまして敵チームなら

588名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 19:58:26 ID:UzwyFx4k
>>587
今年のWBCでダルビッシュが
田中に真っ直ぐのコツ教えたり、
岸にスライダー教える代わりにカーブ教わったりしてたらしい

野球って、「対戦相手」がいないとできないからいいんじゃね?
それこそ「ひとり(1チーム)でやるか」、
「みんな(日本プロ野球)」でやるかってことじゃないかな

589名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 20:18:38 ID:xH3OPCTs
パ・リーグの投手陣のレベルが高い理由として、>>588みたいな交流が頻繁に行われているのもあるって聞いたな。
シーズン中も他チームの投手同士(ダルと田中とか)で食事いったりしているらしいし。
お互いに高めあっていこうっていうスタンスらしい。

590名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 20:42:13 ID:xqJgmd/A
遅い・・・遅すぎるぜ・・・
速く俺を出してくれ・・・
カズヤが俺を待っているんだ・・・

591名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 21:38:31 ID:ATBkvsrg
>>588
今年の田中の覚醒っぷりは凄かったからなー
そういやできる夫の再登場はあるのかな?
やる夫との投げ合いとか見てみたい

592名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 21:54:37 ID:lCawpSp6
阿紫花さんかっこよすぎだろ・・・
どっかで再登場してほしいぜ。
そのプロ意識はライトに伝わり、いまやる夫達に伝わらんとしてるんだぜ

593名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 22:19:00 ID:rTxsuF3U
やる夫にあわせてやらない夫も成長していくとするとLの出番は
どんどんなくなっていきそうだな…トレードが話に上ることもあるかもしれんね。
からくりサーカス勢(藤田勢)はいいな!ルシールとドットーレもでないかなあ。

594名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 22:35:31 ID:oS82U0vU
当然だが一軍のレギュラーもいるわけだしね
今まで出てきた中だと古泉が理論派っぽいけどポジションが気になるな
後は今年のドラ1かな、それこそできる夫レベルのエリートの可能性が高いし

595名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 22:42:54 ID:ec6lEgPc
そういや今年のドラフトで入った選手って
未だにやらない夫しか出てないんだよな
やらない夫以外は皆1軍の方に参加してんのかね?

596 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 22:45:45 ID:o8JH74yA
23時に>>1のコダワリ。

見てもらいたいところを投下します。

597名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 22:45:56 ID:sAoVDMYQ
>594
ここでドライチが流のにーちゃんだったりすると俺大歓喜

598名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 22:54:55 ID:fSFOwbgo
>>596
あぁぁぁぁ・・・風邪引いているので、明日の楽しみにするとしよう

599 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:05:07 ID:o8JH74yA
―雑談―

           / /__
            // / ̄ `ヽ、
          , イ' .'⌒ヽ     '、
           〈 lLl|    〉    '.
         V冂≧=< _, // l
            <辷,ニ== 、  ̄  ノ        「アザーッス!いつもご観覧アザーッス!
     //⌒ヽ、 ', Y-へイ >ーイ> 、      >>1です!
    辷ヽ_厂丶 ?__// .::<く\:::::':,     ちょっと今日は雑談をさせて頂きに参りました」
      `ヽ_ ̄ :: .\ ̄/ />:l |::| |:::::::l
          \ :: . ∨/  >.:l |::| |::::::::l
           ヽ  //l| <.:::l |::| |::::::リ
           Yノ l|   / ⌒ヽ、|::乂
              |  儿/   .:::::>/\:\
              | /   .:::::/:∧  ヽ
              , イ  ̄`ヽ./.::::⊥.',
          /ノ?L.l__l_」.::::::::::::::::」

600名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:06:16 ID:yv2QAooQ
おおwww

601 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:06:19 ID:o8JH74yA
         丶  __  /            /}
          , ´ヽ.   /`ヽ、        / /
         / , ‐‐ r、 /r ‐ 、 、     / /}
        ./ /.:.:.:.::|  |.:.:.:.:..:| |  , べ   厂)
        |  l .:.:.:.:.:| .o |.:.:.:.:.:.| | /   ヽ_,ノ
        |  `∠ニノ  |二‐ '/      Y   「理由は本駄文を載せていただいている”やる夫ブログ”様、
        |  、-―< 二 > ::::::l      /    http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-1912.html
        `┘` ‐ ^> :::::::::::::::` 、  /      コメント欄にて、ちょっとばかし気になった点があったからです。
        _ ノ> ′:::::::::::::::::::∠ ̄        >>1の意図が伝わっていない部分があったので、
    /ニニ:::::::::::::::::::::::::::::∠.:.:.:.\         それを伝えに参りました。
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \.:.:\.:.ヽ 
    |::::::::::::::::::::::::::::::/     |.:.:.:.:ヽ.:.:l       べ、別に宣伝なんかじゃないんだからね!
    |::::::::::::::::::::::::/.      |.:.:.:.:.:.l.:.:.|      あと、どうやったらやる夫ブログ様にお歳暮届けられると思う?」
    l::::::::::://:://:|        |.:.::.:.:.:.|.:.:.|
.    ヽ:::::::| |:::| |::|、       }.:.:.:::::.:.|:.:.|
    | |::::::| |:::| |::|r'`‐、.._____,,ノ|.:.:.:.:::::.|.:.|
    リ::::::| |:::| |::|{        |:.:.:.:.:::::|/

602名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:07:02 ID:JYHpCXgQ
>>599
いつも乙です。アザーッス!!

603 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:07:03 ID:o8JH74yA
.             |    /
.             | ___, /
          /_ |  / `ヽ        , ― 、
         /,.´.:.:.l | | /.:.:ヽ ',      (//  l
.         | |.:.:.::/ |o.| l.:.:.:.| l       ヽ_.. |
.         | >‐') | |(`‐く. |        |   |
.         |/ ̄ヽ二7 ̄ヽ /         |   |
         ヽ `‐^‐‐^‐‐ `V          |   」    「だからちょっと今日は、>>1のこだわりを語らせて頂きたい。
          />___,=、___∠           L./ヽヽ   最初に言っておく、
       _ ,. ―、    / r'´ ̄`ヽ        }::::::::::l|            ・ ・ ・
    /l:::::く   ` ---|.:|      \ ___ /::::::::::::l|    『タイトルにはかなりこだわりを持っている!』
    |  \:::::>_________」.:|、---‐‐‐‐''''' ̄ヽ:::::::::::::::::::::::l
    ヽ、______________________}      /二リ::::::::::::::::::/
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_..、‐'''二_  ̄--―''''" ̄
      ヽ::::::::::::::,,..、-イ:.:.:.:.:.|、.    \|
       | ̄|/    |.:.:.:.:.:.| \     |
       |:::: |、    |::.:.:.:.:.:|  \  /

604 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:08:08 ID:o8JH74yA
                       \             /
                        \             /
                        \         /
                         . .-―ヘー-..   /′
                  ..:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:`:./,′
               /:.:.:.:.:.:. '~ ̄`ヽハ_}.:.://:.:ヽ
               ,:'.:.:.:.:.:.:/      }i|.:.:.:.;'´ ̄`ヽ    「では実際にタイトルを見てみよう。
                 /.:.:.:.:.:.:;        リ|:.:.:.:|     '     ・第1話   「やる夫と甲子園」
             /.:.:.:.:.:.:.:{        /.:|.:O:|:.      }    ・第2話   「やる夫とプロテスト」
            ,'::::.:.:.:.:.:.::`:.. __ .イ::::j|.:.:.:.:|:ヽ   ,'i    ・第2.5話 「カズマとやる夫」
              〈{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ:.:.:.:.|::::::`ー '.:|    ・第3話   「やる夫とやらない夫」
            Yヽ>.:::::::/>‐=ニ≦二二ニ=ミメ、:::j    ・第3.5話 「蒼星石とやる夫」
               |::/::::::> <.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ__,ノ.:.:`ヽV     ・第4話   「やる夫と2軍紅白戦」
             \//.:.:.:.:\___, --、___, --、__、ノ∨.     ・第4.5話 「一軍半とやる夫」
                  ゝヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://
            __,x个ト :.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/       ・・・ほら見ろ!超こだわってるだろ!
           / , -‐v'⌒トx:.:.:.>x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ         違いがわかる男っぽいだろ!
          /.:/ /⌒マノ\` ー-= ニ=-一 /
      ー/.:/  ,'   ∧::::::::\      /ヽ、
.     // /   /   ,'i V.::::::::::`ー‐-一'".::::::::::`ー-x、

605名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:08:49 ID:.R5U9D1c
なんかマテリアルパズルっぽいな。

606 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:09:16 ID:o8JH74yA
        r、         ll
         \、       ll
          \、      .jl
            \、_,..-_''旦 ー- 、
             ゞ'==r'''''''ー-、 `ヽ、
           ,/^!o=ィi、.   ヽ  ::::ヽ
           / /イニニト、ヽ ::::: ノ  ::::::ヽ         「何・・・明らかに適当につけているだって?
           l.// -_-_j、ヽ`ー'"  __i、:::l          そんなことはない。
 r、 ∩       ゙i リ´_/___ヾ、!  ::::::::::l\__;l          いいか、大事な事だから2度言っておく。
 l l.i i        lに`-_ー_'''_''_! ::::::::/ /-,、
 ! li !        ヾ!''",,.......,,,__二ニ刀Τ;ノ .ヽ        そ、・・・そんなことは・・・無い」
 ! l ,L... 、  _,,.-''"{、~-_ニニ== //;;/  /
. {三ミ、 ニ,.} , '"    ヾ--ー--ー''",/'"  ::/
..i― ミミミトノ >―---_、 ヾ-ーー''" /ー、 :::/-に
. !     l /, -ー=―そ―――ゞ ⌒ヽ lヽ、
{、___;;j,ォ/    :::::;/____/ :::    ` ::::
上==イ /     ::「     / :::      :::::.
=-二ア=-'---、_ ::::i、___l :::    :::::::/
ー-,,///    //7――――--,=- 、_ ::,-くヽ、
l  { l l l    l l l       /    l 下  ヽ

607名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:09:20 ID:dYhwwjdw
…タイトルがやる夫で始まったら、ってこと?

608名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:09:35 ID:XxeDabbA
話の主役が前に来てる?

609 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:09:46 ID:o8JH74yA
  \        /
   \, ´  ̄ ` /ヽ
   γ _ ´ 二 `/ _ ヽ
  /./´ ヽ´ 二 `(´ ヽ l       /`)
  |(  /.l´ ・ `l ゝ  l |     /  ノ            「タイトルはその話の主題。
  | ー /|´ ̄` | ー  |   ./  /              誰の話なのかを明確にしています。
  c|.  /ノ ´ ̄`ヽ\  /  /  /)               つまり、やる夫の名前が入っていれば、それはやる夫の話。
<  | | - ̄`´ ̄- l / ̄/   .ノ/                カズマの名前が入っていれば、カズマの話ということになります。
  ヽ ゝ」、ニニニニ└/_/   ノ /
 ̄ ̄> ヽ.ー── ´ ノ    `ノ  ヽ               そして固有名称の順序にも、優劣があります」
 ̄ ̄ヽ(二二二 /` 、ヽ  ./l    \
    )(二二ニ/     /  |     ヽ
   ノ(二二/      ノ  ノヽ     ヽ
 ̄ ̄ヽ(ニ/       ノ  ノ / ヽ     \

610 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:10:06 ID:o8JH74yA
アーマーゾーーン!
         、,
         | `ヽ、ヽ, ,、          / ̄ ̄ヽ ̄ヽ`ヽ
         l⌒〜〜~ .ヽ        γ  /レ' レ'レ'
         l〜〜〜〜~ ヽ,      ノ  ノヽ   |
        ノ〜〜〜⌒〜 ヽ',ノヽ  /  /_ ヽ  /
   γ´ ̄ ̄⌒〜 ̄ ̄ ̄`ヽ⌒ヽ, `ヽ<  _ノー─-'
  /~/ 〜〜⌒ヽ〜 γ´⌒`ヽヽ .゚γ`ヽ       (
 //⌒〜〜〜⌒〜 (     )〜 | l  ノl       `ヽ   「具体例をとりましょうか。
.└-~、ヽ〜〜⌒.〜〜 ゝー─ ' 〜 |~ ー/ |        ヽ   『蒼星石とやる夫』 これは、蒼星石の話になります。
    ヽ/ヽ⌒〜ヽ〜〜ヽ 、ヽ〜` l´~,/ヽ |_     _ノ
      __ヽー'ヽ____V ヽ~__ | _/ヽ ヽ|〜~ー~ ̄  ヽ  ただし、”やる夫が関係する蒼星石の話”、になります」
γニ二二_________ヽ  ヽ'/  ヽ )〜〜〜ヽ⌒〜ヽ
/〜〜 -─ 、ー- 、      ̄`ヽ |ヽ    \ヽ⌒〜〜〜〜~ ヽ 同じように、『やる夫と甲子園』はやる夫の話になります。
γヽγヽ_ )、  ) ,、      ヽ ヽ   \〜 〜 ノ .ヽ ~ | やる夫と、甲子園の関係を描いた話です」
( ノ( ノ ノノ ノノγ /       ) \ヽ   \ー〜  〜 |
〜V V     /` /        |   \    ヽ〜 〜〜/
〜~ゝ     ノ ノ         /    ノ\    ヽー── '
~〜 ゝ ____ノ_/         /ヽ _/l  )   |
ヽ ´     /ー───── '     l  ノ    /
(       ノ       _____/ ノ    /

611名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:10:43 ID:yv2QAooQ
.5話の時だけ、やる夫が後ろに来てるな。

612 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:10:46 ID:o8JH74yA

             |   ./
              ,ト'「l/ _ヽ、
            / `il| |/ `ヽ
            |  |l| ||  ||
               ト-イ| |ゝ-'"|                 「つまり言いたいことはこういうことです。
             |イ" ̄ 7 ;-|                 タイトルの時点で誰が何と起こしたエピソードかが解ります。
           _ノ .ヽ ィ,ナ ト、                これがタイトルの、1つ目の拘りです」
        _,.-‐' 、_   _,ヾ   ゝ-‐-、
       / /ー'  `  ' _ .   lヽ 丶 .ヽ           
       |  |      / (弋x !.|    ー'\
     /`  l    |        ,、    ヽ
   ,/、    /l __/ \__ノ / .\   \
  イ/ゝ  ./   l _|幵幵| __ /   \-‐'~ !、

613名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:11:11 ID:a5NghZQ6
1番目が主役の人間なのか

614 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:11:18 ID:o8JH74yA
                    ()               ()
                      ||               〃
                      ||           〃
                      ||  ,. -――- 、_,〃
                      |ト-/      /:〃ァー 、
                    /||::/  ヮ  l{ ,':〃/`   ヽ
                  / r'"0|  r―┐" l(ノ/  、 /!
                   ト, l / イ  o ̄.:::::.. ̄{_ヽ/:::::;ゝ,  「・・・2つめの拘りは、”○.5話”。
                 ノ::| !|/ハ   ..::::::::;:-―..、/:::::;r'   l  小数点がついた話です。こちらの拘りは、デカイです。カイデーです。
              ,ヘr'´ ̄::ヽ、::::::::r'::    :::Y´  、 |  
              レ{::   :::|_」、:_::{:::.     ::ト----/   製作に関わる時間も、小数点の話の方がずっと大きいです」
              ヽゝ._./:. |:::::::::\:.__,:ヘ、::::::::{
               | l::/|`` 十::: ̄:::::|::\::  ` ̄/
                    ヽl〈 | ̄ T:: ̄::::::l::::::: ヽ、}、/
                 `'、 l― |:―:: ̄!::::  /ヽ/
          \ \__ ̄二ニー-ヽ!ー┼―:::::l::: /-‐ ニY
       `ー―\_        トミL.::-‐彡==''" ̄|
     ''"  ̄ ̄/:.:.:. ̄/  ̄`ー|ミミ三三彡 -==三

615 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:11:57 ID:o8JH74yA
         。           。
          \    __ /
           >く>´ <>  じへ
          /     。    _>、
          }三/⌒; | /⌒ヽ.‐┤
          | |:.:.:.:/ !、ヽ::.:.:.:}  |             「小数点のついた話をピックアップしましょう。
           ミゝ‐∠二二>‐'ヽ.>     n n
           7 / |二二二| } |      | || |(_>、    ・第2.5話 「カズマとやる夫」
           ヽ{  |ニニニニ| / / ―‐ァ‐‐,ノ : : :.`‐|    ・第3.5話 「蒼星石とやる夫」
             >二二二 ∠::::::/ / (ニ> : : : : :.ノ- 、.   ・第4.5話 「一軍半とやる夫」
          _/: :|三三//:::::::::/ / /.:.:ヽ___.、‐ヘ.└1
        ,イ:.:j::.: :  Y´: : /:::::::::/ / /.:.:.:.:{ ̄|: : : : : :|ノ   ・・・もうお分かり頂けましたね?」
       /:.:: : : : :   l: : /::::::::::/ |  | |:.:.:.`;‐;ト、:_:_:_:.」
       |: : : : : .:.   |.: :|::::::/  |  | \:.:.:.:.:.:/
       |: : : : : :   |: :  ̄´   l  ト、   ̄/|
       ',: : .ヘ: : :.  |: : : : : : :      `―' /
      ハ: :{:/: : : :  |   : : : : : : : : : : : : :/

616 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:12:25 ID:o8JH74yA
                   ヽヽ   |: :|
                   ',: :、   |: :|
                   ノ: : L___j: : l
         r、      ,.イ´_,. 、: : |___j: : f==、
        ,' `¨-._  /: /   ヽ.: |==|: :||¨`ヽ.、
        ,'  /`-.Xヽ.:/      |::|_j_j: :.!   \、
       ,'  ./´¨-._  \      .|: |r‐|: !     ヽ',
       ,'  ∧ヽr、ヽヽ. /ヽ..     |:|l::::|: |      ',i    「小数点のついた話は、”誰かがやる夫と関わる話”です。
   __   ,'=、/ f^ヽヽ} }ヽヽ∨/     |:|--|:.!      il    拘りその1で話した通り、やる夫がメインの話ではなくなります。
  / `\===、.j  \ノ / .//      |:!、,j|:.!      l |
  ヽ.____ノ/´¨`7 =='ソ∨ //       || |:.|       リ   ただし外伝ではありません。
   ヽ三|ヽ._/三\∨.//.         || |:i       /}l   小数点の抜けた話を飛ばして読むという形式で読まれると、
    ヽ |三三|三三/ //r-、      || |:|      //リ   おそらく話が良く解らない話になるはずです。
     } i三三l三|\//´  ト、__    |:| |:|   __/イ::/   完全に、本編の一形態です」
     | |三三ゝ、三 |`L、  | /¨ー‐‐‐:::¨::::ー‐ ' 、丶:/
     | |三三三三 ノ三ニ、ノ/ ', ` ̄ス ̄ ̄7∧:::l レ;'
   __/三!三ニ=、_/三三 | \ ',  / |   / /ヽ:j /   <逆に、コネタやオマケは飛ばしても、なんも問題ございません。
   |三三三三三ニ|三三| |  ゙\t_l_,..イヽ.__//  |レ'
   |三三三三三ニ、三三、 j    l___j___   /
   ゝ三三三三==='ヽ.三ヽ.>─'´ ̄ ̄ ̄`>'イL__
    ヽ三三三三三三',三リ三三`¨ ̄ ̄ ̄¨ 彡| | ヽ
   ,.=ヽ._三三三三三 ', ∨=====-----三三_,.'===!-.__
---v'   `¨─--、三三ニソ、/´¨ ̄`ー---、   __,,...==´¨¨ー、=、--、

617名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:12:33 ID:yv2QAooQ
全くわからん。

618名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:12:33 ID:a5NghZQ6
○.5はやる夫以外が主役でその人の背景を掘り下げてるね

619 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:13:12 ID:o8JH74yA
            , <>
          _ -‐  ̄ , <>、´  
  <>、    /// , <>l´   \
   !`<>、/ / ̄/<>´/      ヽ
    \ `</ ̄|>´ /、       ヽ
     \  .| ̄||  / ̄\、       ヘ           「>>1の書く地の文は、1人称と3人称の混ざり合った、
      ||\|_||/: : : : : : \、     __  ハ           小説として読むには汚い文になっています。
      |l: : :ヽ:l|: : : : : : : : : ノノ  / |  l           しかし、1つ拘って書いている部分があります。
      |l: : : :. ̄: : : : : : :./'´ /ヽ /   .|_
       ∧: : : : : : : : : : : \  l、_/   /::::::ノヽ       メインの人間の主観を取り入れるということです」
        {ニハ、: : : ____/ヽ//=/     /::::/  ヘ
       |ニ|ヽ_´__ -‐ \|ニ|    , イ´    ヘ    <多分そうじゃない部分もあると思うんですが、
       |ニ| ヽ  ヽヽ   ノ=l , イ´        ヘ     それはサーセンwwwフヒヒwwwミスですwww
        .ヒエエエ(二二((エ イ   _ -‐─── 、. ヘ
        /::::::::::::::::l ||´.r   /  _ イ ´ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /||:::::_::::::::::::| _|| |__  /   /// ̄ ̄ ̄ ̄\
     /l ̄ ̄ヽヽ:::::/    / //  / / ./ / / ̄ ̄
    //|  ̄  ヽ/    /   | /.  .|. | | /  ./   ./
  / / /    /    /    | |    |. | | |   |   /::::
 ./ / /   /    /      .| |  r─‐、        |::::::

620 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:14:23 ID:o8JH74yA
                                      ィ
                                  //
                                 /;;;/
                               , イ;;;;;;;;/
          /\                    イ;;;;;;;;;;;;;;/
       /|;;;;;;;\     _ ___ -‐─ ' ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
        |;;|;;;;;;;;;;;;;>、 ィ ´;;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
        |;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> 、;;;;;;;;;;;レ!─ 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/
        |;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'´     ゚ヽ;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/     「この話は基本的に、やる夫が行動する理念である
        |;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        };;;;;;;;;;;/;;;_;/      やる夫の考えたやる夫理論で話が進みます。
        |;;;;;;/V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{       ノ|;;;;;O/゚ヽ       しかし小数点の話では、やる夫理論ではなく
        |;;/  ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ __ , ィ´,ノ;;;/;/  l       各メインの人間の主観で物事が捉えられます。
        |;|   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 「 ̄;;;;/;;;l    |
       |;|    \;;;;;;;;;;;;===‐┘、;;;;/;;;/{  /       蒼星石は”やる夫理論”を好意的に捕らえていますが、
.         l;|__ -‐  ̄ .// ヽ \/ヽ  `' 、//ヽノ        .ライトとLはそうではありません。
.        |/ ── 、//、  ヘ /、 ヽ_ 7;/         やる夫メインの話では表れない、気付けていない、
      .__└ ´ ̄ ̄.ヽ/ \  V  ヽ_ /_//           そういう点が、小数点の話では描けることになります」
ヽ、__/_ ` '  、   ヽ、  ヽ、    ∠//
  `ヽ、   ィ= 、_` 、  ` 、 `' 、._/ //
  ィ ─ヽ´ヽヽ ̄/  ̄`' 、  `/ ̄ .ヽ//
/     |   \/、        ` ' 、   `
  ィ===l    \ ヽ        `ヽ

621 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:15:20 ID:o8JH74yA
                        ,、     、
                        l;;ヽ    」:ヽ
                 _       l;;;l::`‐;;;;´;;l;;;;`ヽ__
                / /      7,;;/l;///;/l;;/l;l` <
      _ _ _       /、/      l;;l.l;l.l;l.l_l l;l l;l .l;l ノ;;l   「したがって、チームの人間を描きながら、
     ト;;;;::;;ヽ`  ‐- 、l;;;;l       ト l.ll.l;l.Цl;l l;l/´ l;;l    ”外から見たやる夫”を書く話となります。
     l `、:::ヽ     l;;/       l  ヽ.l l;l lレ´    l l    時系列とかそういうのは関係なく、
    .l  ヽ::::::ヽ    ./;l       .l   ` ;l l     l;l    オマケの意図もございません。ご承知をば」
    l   ヽ:::::ヽ   υ        ヽ   ノll ヽ   ノ;/    
    l    ヽ:::ヽ            .ト-イl.l;l l;l l;ン  l
    .l;ヽ、   l;;:::;;ヽ λ          ヽトll.l;l l;l l;l /;\    _
    `‐ 、   l;;;;;;;;;V/          _ j`- ;;_;;;-;;;;;;;;// ` ̄  ` >- _ニ- 、
       `_‐ >;;;;;;;/  ,-- 、_ ‐ - 7´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l´/;/ /    / ´_ /;;;_-‐´ ヽ
     _ ,へ;;ヽ;;l;;;;;;;;(  ,-ヽ _    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;/ /  / _/´_-_ _´- ‐, /
    _(;;;;ヽ;;;;)_;;l、>_ノ ヽミヽ、`ヽ√;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;/ ` ´_,,-;;_´-_´/ヽ    l
r´ ` ´ ヽ´;;;;;;;ヽ、`;l    7  `l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / /;;/-_;;;´ _ -<    l   l
.ヽ _ ‐ ´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    l ./ヽ;;;;;;;;;;;;;;, ‐´ -;´ ;┌´_ - ヘ;;;;;;;;,,ヽ、     ./
       ヽ-‐ ´ \   ヽ/;;;/l;;;;;/, - _´ ニ、´l;;l l;;;l    \;;;_;;;;;;;,ヽ、  _l
        .ヽ-、   ヽ ノ;;;/´l´/_-_´ ‐´;;;;;;l l;;;l. l;;l     ヽヽ;;;;;;; l ̄ `l
         ヽヽ    /;;<   ヽ´_/;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、`.l;;l      ヽヽ;;;;;;;l   l
         /;;;;ヽ、_ ノ;;;;;;;;l   /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐;;;l      l ´`ll;;;;;ヽ、__l
        ヽっ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  ノ   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     /   l\;;;;;;;;;;l
          ヽ ‐- 、´ .ノ´    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    ノ    l l;;;;;;;;;;l
               ̄     _ノ  ̄ ̄ ̄`,ヽ 、_;__;l_ _, -ヽ    ノノ;;;;;;;;;,,‐-┐
                    l_、 .釤   l;;;;;;;ヽ;;;;;´    l   (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                    ヽT.(___) .OO.O;;;;ノ;;;;;,,,__-‐ ノ   /_-┐;;;;;;;ノ ̄´ヽ

622 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:16:38 ID:o8JH74yA
               {i ト、 ヽ、 ̄ヽ | {- ハ
               / 、 i l ト \ ノノ  :Y l
               /. : : : :\ヽi ト ヽ   :  }、_..  - 1
            /. : : : :/. x ヽ \ \  /    イ
            ハ. : : //三三 、   ヽ、 ./   //.ノ
            i::.::、: :{ {三三三ニ 、   (a    プ
            h::.::..、| |三三ニト三 }  ,  / }         「最後にあと1つ付け加えるならば・・・
            ||::{ 、::.::{三三三、 \ ノイ../彡イ          話に関わりの無い部分は描写しない。でしょうか」
            リ/: }::.::\三三 ヽ    ̄ ノ/
           くニ=‐'::./く!、` ー=〕  ,ィ彡'ノ
            Yハ:´::.::.:. |ヽ::.::/ /::.::.ー/
          , -fこ|:V::ヽ::.::._v_ __/ / ̄ノ:/
─- 、      ノ ∨::.ノ::{::.:厶(_} }  } }く人`
   ム.. -‐ ´   ∨::.::|::.::.::.::.> {_ノ__j_j ヽ.
  {/          V:l::.::.::.::.__::./ /    `  - 、
  |  ___ .. - 、 |{::.::.::.::.::./ ∠ __ __      / ̄ `丶.
  レ'" ──── ‐ 、 }|── ノノ ───-- ニ ‐ 、 i      ヽ、

623 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:17:05 ID:o8JH74yA
           〈ヘ
              V',
            __Vl   /〉
        _,r<. - ヘ〕ヽy'/
       /z=y': ::.. .::}  Yヘ
      {__) {:. :  ノ)__ l,:::',                     「1軍の選手の構成や、できる夫の現在など、
      f_,  />=´〃_」 ',i::.}           /            情報としてやる夫もやらない夫も知っています。
      {__) レ チ ̄/,、 |ヽV       /              野球ファンの皆さんが、オヤ?と思っている部分も、
      |   〈 { V´ー゙7V}'       ,ィ´               大体すでに決まっていると思います。
        V i _ヘ{‐{--- L.l/      //
        Y´__ `ー'--- Li'   , ィチf l                 ただ、話に絡むまでは書きません。
       { -- ` 二 丁_ _/{巛リシ|                 そういうスタンスをとっています」
  __ --〈へ 二 _ ノ 〉   !川V!  l    /
〈〈 |     ` ー、, --‐'    从イ| l l.:, /
ヘ巛V´ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ l |{ l |//
ヾY´         l        ∨辷孑'

624 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:17:48 ID:o8JH74yA
               /{   ト、
             _/ ,/  |l \
               V  {マ^ヽリ |
            _]\ \V_」  /                 「以上が>>1のコダワリになります。
            \\ ト- 、V] イ                  タイトルに関しては、より楽しむために、
            〈j \h、__〕〈ノ   ∧               見た瞬間にニヤリとするのに使っていただければと思います。
  /\   __ r=くこヒ7fミ=イ二ニく、 l
  l   Y´, -一¬寸>-、]\]ノ小、)  \Y              最後のは、まあ身勝手な>>1のコダワリですが、
   、 / l 、_   〉lY⌒>\=、l⌒ヾ\_/_〉              >>1はプロ野球界を書ききりたいと思っていますので、
   \}  \  /|リ |>く> | lKl くl\_フ′             でてきてない、見えてないものも、用意はあるんだろうと
      \_ ̄` 7/ ∠! [_]-lH| {]〔!|                思っていただけると幸いです」
     |テーヽ二ノ八l\ _ノ¨ゝ_ /リ-l
     //   /ノ  \[(_j―i_)ノ}.人_
    l/==、 /^\ー' ̄ \_」⌒l/l_ノ_]」i
    /{三ミY    》----イ一冖‐|ー―〈 |

625 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:18:17 ID:o8JH74yA
       〈ヽ            /'7
       ヾヽ          /./
        ヾヽ , --r―‐,--、/./
         ,〉ヽ:::::::! !::! !:::::/./、
        /:,ヾヽ_」 |_| L_/./、:\
         /:/´: :ヾヾ‐.o.‐././:: `ヽヽ                「でも、このスタンスって次回予告ができないんですよね」
         !::!: :   ヾヽ___,/./:::  ::!::i
          |::|: :   ::ヾ._,/::    ::!::|
        i:::!:: :.  : ::!!::!!: : :  .::/:::!
          ヾ::\: :. : :||::||:: : :/ ::/         <次回予告、一度やってみたいんですけど?
          ヾ;;;;;>,`ー.i.! |!゙ー'´く;;;/
         ヽ__,/`ー-'ー゙ー'ヾ _,/
          ヾヽ;;」-―-L;;/.,イ
          i\___,,/!:|
        r―|:::::::::: !_!:::::::: !_i:|ー―ュ                                       おわり

626名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:20:30 ID:uHOcxwrk
乙でした

627名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:20:48 ID:LD0eyDOY
おつー。確かに次回予告即ネタバレだもんなぁw

628名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:21:02 ID:vglBjNQQ
次回!そんな・・・あいつがそうだったなんて!

みたいな感じでおk
こうやってみると確かに物凄いこだわってたんだなーって尊敬する。

629名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:21:14 ID:tyrHBeC6
乙です。毎回すごい楽しみにしてます

630名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:22:19 ID:yuGQCLgc
乙!
じゃあ嘘予告とかどーよw

631名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:22:33 ID:XxeDabbA

今後はタイトルにも注視するよ〜

632 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:24:51 ID:o8JH74yA
>>皆様
アザーッス!

・話の作り方にもあるんでしょうが、自分の話の作り方だと次回予告=即ネタバレって気がしますねw

・あー、嘘予告とかありましたね。 ちょっと今度やってみたいですw

633 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:25:10 ID:o8JH74yA

               〃 l   ハ_  il  l
           _rュ  | | | 〃´!| !、 `ヽ」  |
           iヨ.rー、i | ゙ー'-‐'´lハi`ー‐'´  /
           |:|.|__.!l L_ _,-. l!,!、l! ,-ー、/l,イ|
           |:!.| ||  l'7'`ー-l/ヽ,〉-‐'´.::〉'r'/
           !:!.! l!.  ト、::.::.::.:!`´!i::.::.::.::/,/ l  「1つ質問なんですが、
          ,i_i.ヽイ    ! ヽ、_〉゙'/、-‐,'´l ,/   ・AAも頑張って2週に1回投下  と
          0)_)ニ))   V、 7=〈,へ`l=ヽ ,!イ.    ・AAのレベルこの程度でいいから1週に1回投下 って
         「~l /.`l    ヽ」,、!=|イミ,!シヽL!    皆さんどっちが好ましいですかね」
     , -ァー''^`ヽ!‰!     |ヽ、`ー-‐'/|  
    r' ((`ヽ,ヽく ,)%l   _/`ー-、` -‐' r-'――--、
    /^('^くヽ、ヽ,〉冫_」'´i'´  `>- ! -Y´-,|_ _, < ̄`>ー―‐-- 、

634名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:26:35 ID:LD0eyDOY
1週1投下がいいなぁ
文章で魅せるタイプだと思うし

635名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:27:33 ID:qya5RVf6

「○○○と○○○」と「○○○と○○○○○」が交互にあるのはなにかこだわりなのかな?

636名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:28:45 ID:p3wnJ35M
この程度って今のままって事かな?
頑張るとどうなるか見てみたいけど週一がいいかな

637名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:28:53 ID:vglBjNQQ
やっぱり1週1投下が良いです。ただ作者さんが2週1投下のほうが( ・∀・)イイ!!
ってならそっちでも全然おkです。

638名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:30:16 ID:rcC8ID2o
AAも頑張って1週に2回投下……w


というのは冗談で、今日の話からしてこだわりを持つ作者さんだから納得できる時点での投下でいいような気もする
そりゃ、本音は次の話が気になって仕方がないから早くしてほしいけど

639名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:32:10 ID:oS82U0vU

それじゃあ試合描写もあまり詳しくやらないかもしれないってことかな?
あくまでやる夫が軸でチームvsチームより個人vs個人の視点が中心とか

投下に関してはやはり作者さんがベストなものがいいかと
あまり時間にとらわれず良いものが書けたと思った時に投下していただければ

640名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:32:36 ID:ec6lEgPc
乙です
AAも頑張ったのも見たいけど個人的には1週1回の方がいいかな
ただこういうのは作者さんのやりたい方でいいんじゃないかと

641名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:34:41 ID:0vscWwUU
乙でした
1週に1回に一票だけど、AAも頑張ったバージョンも一度見てみたいような
でもAAに凝ってるスレってエタり易いような気がするんだよなw

642名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:34:59 ID:0sEZ2/tI
自分の好きなペースでいんじゃね?
無理しても碌な事が無いと思う



いや締め切りが無いと筆が進まないタイプってのもいるんだけどね

643 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/16(月) 23:42:04 ID:o8JH74yA
>>635
超偶然。びびった。

>>639
改めて、皆さん凄くよく読んでてくれてて、
適当なことは言えないし書けないなーって思わされました。
試合描写は一番難しいところですね。

ちょっとさっき投下した文中で言い訳してるところなんですが、
二軍紅白戦の話でも、1瞬蒼星石視点になってますし、試合中に関しては
盛り上がりを考えるとある面原則破りもしょうがないと思っています。

ただ、おっしゃるとおり個人VS個人の視点のほうが、増えるかと思います。

また、小数点話ではやる夫視点は入れないってのは、守り抜きたいと思ってます。

>>皆さん
ご意見ドモッスー。暫くこのままで行こうと思います。

ただ、そろそろ流石にタイトルとやる夫の投げるところくらいはつくろうかなw

644名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:48:04 ID:/ovhlp52
最近読み始めた
俺寄りはちょいとばかし上な気がするなぁ
これからも頑張ってー

645名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:52:18 ID:DEnJRsts
週一でお願いします。
今のままで十分おもしろすぎるし。
AAなんてただの飾りです。エロイ人には(ry

646名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:56:45 ID:pCdG9OGQ
正直エタらなければ、月1でも我慢できる。
投下が早いほうがありがたいけど。
自分のペースで最後まで書き続けてください。

647名無しのやる夫だお:2009/11/16(月) 23:56:48 ID:sAoVDMYQ
今のままでもいいから週一で!
先が楽しみで仕方ないから、ペース速いほうがうれしい。

ふとおもったんだけど、>1ってもしかして堂場瞬一好き?
語り口がなんとなく似てるような気がするのと、
この話のやる夫が『8年』の主人公にかぶって見えた。

違ったら失礼。

648 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 00:15:11 ID:fUb5jSW6
>>皆様
アザーッス!ドモッス!
投下ペース落ちないように頑張りマス!

>>647
それなりに、〜〜って作者・作家好き?って話が上がりますんでお答えしますね。

水島先生、こせきこうじ先生なんかは勿論好きです。てか、野球漫画は全部好きです。
やる夫ブログのコメントの方にありました、バッテリーは読んでないですね。
堂場瞬一さんは残念ながら、存じ上げません。

好きな作家で言いますと、
藤沢周平、吉川英治、チャンドラー、樋口有介、麻生俊平なんかになります。
ジャンルとして時代小説だったり、ハードボイルドなんかが趣味ですね。

649名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 00:25:00 ID:bciltLuk
麻生俊平ってラノベ作家の麻生?
ミュートスノート戦記は変身ヒーロー臭とハードボイルドな感じがミスマッチで燃えた
バッテリーはマジおすすめ
児童文学と侮るなかれ

650名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 00:32:22 ID:AtiZ3k5I
視点については、緊迫した場面でのバッターとの対戦の時が一番悩ましそうですね。
やる夫の視点、キャッチャーの視点、監督の視点、守備陣の視点、そしてバッターの視点と、変えようと思えばいくらでも変えられるので。
奈須きのこ氏の『DDD』という小説に、バッターとピッチャーの視点が交互に変わって展開していく話がありましたが、
2人の視点で十数球の勝負を終えるまでにそれぞれの背景や感情などを含めて30頁近い描写がありましたし。

651名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 00:34:10 ID:Lx2Scj0c
>>648
麻生好きとはわかってるなw
最近の麻生の没落っぷりには少し悲しいものがあるけどザン剣は未だに名作だと思う。

652名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 00:34:13 ID:OwoJG0Rs
今までの野球マンガで面白かったと思うのは
あきら翔ぶ、ショーバン、ワンナウツあたりかなあ
わたるがぴゅんも好きだった

水島マンガの中ではドアホウ甲子園かなあ

653 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 00:59:31 ID:fUb5jSW6
>>649
そうです。ラノベだけど、文体がハードボイルドなんですよね。
それをネタにした小説も書いてらっしゃいましたけど、チャンドラーとかロスマグとか読んでないと
面白くないっていうとってもニッチなもので、少しも売れなかったみたいでしたがw

バッテリー今度よんでみますね。

>>650
そうですねー。
自分もそう思います。
試合はやっぱり、フィールドに18人いるわけで、それを1人からの視点で書くだけでは、
ちょっともったいない気がしてしまっています。

>>651
まさしくザン剣ですね。てか、今の若い人知らないよw
同世代ハッケーンw

>>652
ショーバン好きでした。無駄にイケメンな竜崎先輩が大好きでした。

654名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 00:59:40 ID:XoJHgK.Y
最近の野球漫画だと
俺はキャプテンのロジャーがかわいいから買い続けてるなあ

655名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 01:18:15 ID:.ww03IDw
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1257698996/470-472
ひっそりと支援。
この調子で他の球種も作ってみるよ。

656名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 02:10:03 ID:hBIy78uk
>>651
ザンヤルマか!!
麻生作じゃあれしかもってないけど
まさか同世代だったとは・・・

>>652
ショーバンもいいな
やる夫のひねくれ具合が黒番太郎に通じてる気がするかも

657名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 02:55:04 ID:9XfKh87A
プロ野球見ないどころかルールすらうろ覚えな俺だが、これほんとに面白いな
やる夫さんぱねえ

あとミュートスノートの打ち切り?は未だに納得いかない

658名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 03:23:50 ID:mFiAzyzI


ってことは「やる夫とやらない夫2」ってタイトルになったりもするのかな?

659名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 06:24:12 ID:sWXISXhc
おお、樋口に麻生でザン剣!
作者様の好みが自分の守備範囲とかぶって嬉しい。
今後も楽しみにしております!

660 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:28:33 ID:fUb5jSW6
     ____
   /   1  \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \     「・・・なにこれ」
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

朝、起きた>>1は、>>599から自分が投下したものに青ざめた。

661 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:28:55 ID:fUb5jSW6
          ____
        / ―  -\
 ミ ミ ミ /   (●) (●)      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒)      (__人__) \    /⌒)⌒)⌒)
| / / /      ` ⌒´   | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        / ― ― \
 ミ ミ ミ / (●) (●) \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒)   (__人__)   \    /⌒)⌒)⌒)
| / / /    ` ⌒´     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

書いた記憶も無ければ、ちょっと大口叩きすぎじゃね?
そういう投下が、スレに残されていたからだった。

662 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:29:10 ID:fUb5jSW6
     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

そこで>>1は昨夜の記憶を辿る―

663 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:29:31 ID:fUb5jSW6
-----------------------------------------------------------------------------------
>>1は昨夜、やたら早く帰ることができた。
あまりの嬉しさに、ウッキウキでコンビニに立ち寄り、お酒を2本ほど買う。

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

早く帰れた自分おめでとう―祝杯をあげるつもりだった。

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \  <評価人さんたちの話はタメになるおー
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}−| る|  |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|

帰って、飲んだ。
やる夫スレを読みながら、飲んだ。
とても楽しい時間で、2本のお酒はみるみるうちになくなった。
-----------------------------------------------------------------------------------

664 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:30:15 ID:fUb5jSW6
-----------------------------------------------------------------------------------

2本のお酒―
トリスウィスキー小瓶2本は、空となり。
http://www.suntory.co.jp/whisky/torys/lineup.html

      ___
     /⌒  ⌒\
   /<○>   <○>\
  /   (__人__)   \  <安酒いうな
  |     |r┬-|     |
  \    `ー'J    /
  /              \

>>1の意識も空になった。
-----------------------------------------------------------------------------------

665名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 06:30:29 ID:NtAaAvhU
なんか始まてるwww

666 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:30:39 ID:fUb5jSW6
そして出勤前、自分の投下したものに青くなる。
        ____
        /     \
     /:::::::─三三─\  <調子のってる!調子に乗ってるよ俺!
   /::::::::: ( ○)三(○)\
    |   、" ゙)(__人__)ル ゚。 ゚     ___________
   \      ゝ'゚      ≦ 三 ゚ | |             |
__/     。≧       三 = | |             |
| | /    ,   -ァ,       ≧=  .| |             |
| | /   /    .イレ,、       >  | |             |
| | | ⌒ ーnnn ,≦`Vヾ  ヾ ≧   |_|___________|
 ̄ \__、("二)。゚ /。・イハ 、\、l二二l二二 _|_|__|_

667 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:31:09 ID:fUb5jSW6
         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ということでスイマセン。
>>599からの投下は、意識してることですけど、徹底してることじゃないです。
なんか気が大きくなって、”徹底してるぜ俺”って感じの書き方になってますね。

不快になられた方がいたらホントもうしわけないです。

668名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 06:31:22 ID:qI/BZmJY
>>664
成りすましかと思ったじゃねーかw

669 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:31:37 ID:fUb5jSW6

これからは下記内容を徹底していく所存であります
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \      「飲んだら書くな!飲んだら読むな!」
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i                                交通標語みたいだろ・・・>
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ?堯?l、E ノ <
               レY^V^ヽl

670 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:32:15 ID:fUb5jSW6

後、>>655さん本当にありがとうございます。
あなたは神ですか?
    .:.:...        :.:.:                    :: :.:.:.:..     :::.:.
    :.:.       .:.:.:..                    ..::.:     .::.:.   ::.:.
     : ..: ::.. :. :::: :.::.         -──―-、        :.::    ::.::.:.:
: :.                   /                     .:.::    .:.:.::::.
  :.:                /、_ ー'    、、_,        .:.:.: ::.:    .::.:.  :.:.
  ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|          :.:.:.:.:
  .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l
::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /
      .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
      ::.:.  :.:..      / `''    /          く      .::::   ::.:
.       :.:.:.::     /      /

創作意欲が死ぬほどあがりました。

671 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:32:44 ID:fUb5jSW6

至らないところも直し(お酒とか、アルコールとか)頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします。

        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。
    | 0 / /(__人__)'  0 |
    \ / /  `― '     /

672 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:35:00 ID:fUb5jSW6
          ___
        /     \
        /  _ノ  ヽ、_ \      (水・木・日、来週水は、飲み会だお・・・)
      /  /⌒)   ‐=・=- \
     |::::::::/ /(__人__):::::::::::::|   (, こ ┼'っ l, |
     \:/ /:::::トェェェイ`::::::::/         l     ノ
          `―‐'

                                                                謝罪 おわり

673名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 06:35:35 ID:NtAaAvhU
>>1乙。
乙と書き込む事でしか支援できんが、頑張ってくれぃ。

さーて、いいもん読めて元気になったし今日も頑張るべ。

674名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 06:35:53 ID:gVYKLwcY
トリス小瓶2本とかw

……コンビニより、何処かのスーパーとかで大瓶買った方が良かったんじゃないか?
と思わなくもない。
コンビニで買うと高いぜー

675 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/17(火) 06:38:42 ID:fUb5jSW6
>>673
アザーッス。お互い頑張りましょう!

>>674
1週間は余裕で持つはずだったんですがね・・・
何を考えて2本目に手をのばしたんでしょうかw

コンビニで2本買っても400円しないのがトリスクオリティーw

676名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 07:33:20 ID:9XfKh87A
ワロタ
酒飲むときにネットに触っちゃ駄目だなw

仕事いってらっしゃい
もう朝か……俺も準備しないと

677名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 11:42:41 ID:CUIwsLe.
今北。昨夜から今朝にかけての展開が面白すぎるwww
ちなみに俺、チャンドラーもロス・マクドナルドもハメッドも読んだことないけど無理ハが麻生の最高傑作と信じてるんだぜ

678名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 18:49:19 ID:KIEhSaRI
作者さんはストッパー毒島とかも読んでるのだろうか。
個人的にプロ野球漫画、と言うか野球漫画で一番好きな作品なんだが・・・。

根性主義のVIPスターズに三条みたいな影の努力家(でもバレバレ)みたいなのがいたら面白そうだ。

679名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:24:39 ID:XB/tVaeE
ttp://2cat.twbbs.org/~tedc21thc/new/src/1258422614133.jpg
ttp://2cat.twbbs.org/~tedc21thc/new/src/1258422657763.jpg

680名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:25:29 ID:DzCdSfro
いやしかし面白いな。ジャンプ辺りで見たいストーリー

蒼の子が見てたMASAの映像って04年だよな。あれはトラウマだ
まあ岡本の被弾の方がもっとイメージに残ってるけど

681名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:26:40 ID:leyDYvWg
早売りサンデーか

ひどいネタバレだ

682名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:45:44 ID:7PY9XB2c
>>669
昔阪急に今井雄太郎というエライ人が居ってな…◆oLG9iWoh0Eもあやかって投稿すべき!w

実際は駆け出し時代に弱気を矯正するのに缶ビールちょっと呑まして登板させたら大当たりで
うまいこと勝ち投手になったのでそれ以降禁酒命令が解けた&酒呑み投手がトレードマークになった位っぽい。
まあ信用を得て公認で自由に酒呑めるようになって他人よかバンバン呑んでたろうことは確かだけどw
80年代は写真週刊誌もなくて大らかで、二日酔い・徹夜で首脳陣に怒られるか冷や冷や登板&出場はよくあったみたいだし。

683名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:46:02 ID:7PY9XB2c
>>669
昔阪急に今井雄太郎というエライ人が居ってな…◆oLG9iWoh0Eもあやかって投稿すべき!w

実際は駆け出し時代に弱気を矯正するのに缶ビールちょっと呑まして登板させたら大当たりで
うまいこと勝ち投手になったのでそれ以降禁酒命令が解けた&酒呑み投手がトレードマークになった位っぽい。
まあ信用を得て公認で自由に酒呑めるようになって他人よかバンバン呑んでたろうことは確かだけどw
80年代は写真週刊誌もなくて大らかで、二日酔い・徹夜で首脳陣に怒られるか冷や冷や登板&出場はよくあったみたいだし。

684682=683:2009/11/17(火) 19:47:51 ID:7PY9XB2c
大事なことなので二度書きました…ではなくてミスぶっこいてごめんなさい(汗

685名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 19:57:04 ID:MEyMMubQ
まさに、酔ったら書くなってことかw

686名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 21:07:09 ID:6PwCNxuM
いや本当に面白いわコレ
それまでも面白かったけどデスノコンビで今までのやる夫系で最高峰だと分かった
今までの二次創作やる夫系に無い何か人間臭さがあるんだよね、凄く共感できるし
自分がプロ野球選手目指してた時の事思い出した、本当にありがとう

687名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:03:33 ID:2Vc9TxdA
いやー本当に読んでて面白い作品ですな
小説っぽさがあっていいわぁ・・・
これからのやる夫の成長に激しく期待するぜw

サイドスローって聞くとどうしても昔マガジンで連載してた
某打ち切り漫画のキャラを思い出すわ
リリースポイントを極端に分け投げて時間差を起こすって奴が
好きだったわw

688名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:48:02 ID:AM2FVx8o
なんかもし月がデスノ拾わなくて、Lが探偵やってなかったら
きっとこんな親友になれただろうなぁって思ったわ

689名無しのやる夫だお:2009/11/17(火) 22:50:04 ID:9XfKh87A
あいつらなんだかんだで気は合ってたからなw
あ、月とLの一人称が変わってた?トコだけは少し気になったな、そういえば。わざとなのかしら
既出だったらすまん

690名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:33:44 ID:ScooAV9k
>>687
主人公が逮捕されて終わった漫画だな

691名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 00:40:53 ID:tFay9gUQ
ザトペック投法最強説か

692名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 12:58:27 ID:qqfSsStY
ハラキリシュート思い出した

693名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 15:58:10 ID:aUFUtaMc
>>690
kwsk

694名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 16:33:20 ID:/E/I//zc
>>693
泣くようぐいす

695名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 17:52:43 ID:ZXe2yOo6
泣くようぐいすなんて単語が出てきたせいか、バーリトゥード野球が読みたくなってきた

696名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 18:05:49 ID:QEP9EnN6
泣くようぐいす気になってググってみたら作者木多かよwww
打ち切り理解ww

697名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:00:22 ID:ScooAV9k
新たなライバル登場とかSFFマスターした主人公抑えフラグとか
ぜ〜んぶ夢オチで無かった事にしたからなあの漫画

698名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:21:21 ID:ZAO1zNlU
アレを野球マンガに入れていいものかどうか迷う。

個人的に野球漫画はへうげもの作者のジャイアンツを推す。

699名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 19:54:48 ID:yUeXQWfY
足を地面に埋めるスラッガーですね分かります。

あの有無を言わさぬ迫力マンガは大好きだ。

700名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:08:00 ID:I3RnpWws
どうも野球漫画といわれるとキララを思い出してしまう俺は
カフェオレ読者

701名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 21:15:49 ID:yUeXQWfY
>>1はもしかして、このネタが判る人か?

つ旦(中身はウーロン茶)

702名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:04:24 ID:GV9tQ88I
うぐいすは野球部分はわりと真面目にやってて好きだったんだがなぁ
それ以外のギャグパートは作者を考えるとお察しだがw

703名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:12:26 ID:aGqxDVQc
いくらか前になるけど、モーニングのかぶく者作者が描いていたクラッシュ!正宗はどうだろう?
主人公のキャラも好きなんだけど、野村さんとのやり取りが楽しかったw

704名無しのやる夫だお:2009/11/18(水) 22:48:58 ID:UXGC8Irk
風光るとジャストミートが好きだ

泣くようぐいすは
大人の事情
しかおぼえてないなぁ

705名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:07:27 ID:G83SOD4A
それは次の作品の代表人じゃないかな

706名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:11:53 ID:cLjsQ1Mw
泣くようぐいすって何だっけ…部屋に閉じ込められてた奴だっけ?
マガジンの野球漫画はドリームスで止まってるなぁ

707 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/19(木) 00:19:42 ID:Q6hhGre2
おー、クラクラする
つまり飲んできたので今日は書かないぜ!でも
ぱっと閃いたネタがさっき
ぶっとんだ。


>>701
万年筆の銘柄でも覚えろというのかい?

>>702
あの作者は普通に野球好きですよね。

>>703
男、前田がどうにかしたって?

>>704
原さんならやったろうじゃんもお忘れなく〜

708名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:36:53 ID:y30/vCH2
野球漫画っつーと未だにキャプテンとプレイボールが一番に浮かぶ。
まだ24なのになァ・・・

709名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 00:39:53 ID:QCja.sMw
最近、この作品を知ったのだが、>>1良い仕事してるわ。

毎回、マジで楽しみにしてっから、頑張って書き続けてくれよぉ
ただ、無理はすんなよ?

710名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:32:34 ID:snZm7fIk
今最新まで読み終えた。熱い熱すぎる。
このやる夫見てると何故か侍ジャイアンツ(漫画のほう)を思い出してしまうんだ。

711名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 01:50:43 ID:gOrF7Wyg
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1257698996/545-550
また変化球を作ってみたよ。

712名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 02:00:52 ID:b9dRGTqc
>>711
むしろそこの552がwwwww

713名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 02:10:18 ID:OqhchLyI
やる夫たちの地道ながらもきちんとした練習っぷりにダイヤのAを思い出したよ。
何か皆が見てる野球漫画として名前が挙がってないけど、どうなんだろう。
名門であっても勝ち続ける努力を続けるのって凄いよな。

まあ、今週のマガシンでのカラーページには盛大に吹かせてもらったがw

714名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 02:39:37 ID:vOlqfhcw
すげぇ面白いよ、あれ。
不思議なくらいに名前が挙がらないけどなー

715名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 03:00:06 ID:6gwLGN7A
>>713
ピッチャーが主人公なら普通は投げてるシーンとかなのに
見開きでアレをやるとか予想外すぎた。

あと、ダイヤは確かプロの選手が何人か絶賛してたなあ。

716名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 06:07:24 ID:Vzm7u/EI
>>713
あれはすごく面白いと思う。試合の描写は丁寧だし、高校野球らしい熱さもあるし、人間描写もうまいし、今一番楽しみにしてる野球漫画だわ。
作者は元高校球児だからやっぱ入れ込み方がハンパないな。

717名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 07:06:47 ID:zdDf8DjY
野球漫画ならスーパードクターKの人が書いてた雷神が好きだったなあ。
あと漫画じゃなくてラノベだけど電撃文庫の若草野球部狂想曲とか。
特にこのスレ読んでるとなんか後者を思い出すんだよな。

718名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 07:30:25 ID:gNXpkxgM
>>703
野村の打撃理論が目からうろこだった。
手首をこねるとか何とか。

昨日墨○区主催のヤk…ヤk…牛島の講演会に行ってきた。
面白い話がいろいろ聞けて面白かった。

719名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 07:43:42 ID:Vzm7u/EI
>>718
誰がインテリヤクザだよwwでもあの人は結構理論派っぽいから、投球理論とか聞くと面白そうだね

720名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 08:37:22 ID:WzOwP0bM
AAスレで支援見てから一気に読んだ
何これ面白すぎるだろ!
頑張ってくれ!

721名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 09:15:15 ID:WuAnrNRk
>>719
ヒント:バツ&テリーのメガネは牛島がモデル

あと牛島と言えば、昔子ども向けの話で正体が牛鬼っていう妖怪だったって
話があってな

おや、誰か来たようだ

722名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 09:40:12 ID:QXzVorpQ
>721
カッパのピッチャーなんて聞いたこともないよ!

723名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 10:24:32 ID:YHeoMkiI
>>717
若草野球部狂想曲は良いよね。私もこのスレ見てそれを思いついた。
作者の野球好きによる知識がところどころで炸裂して楽しい。
今のラノベでは野球知識が多めのモノって売れないんだろうけどまた書いてくれないもんかね。

724名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 12:28:01 ID:HTpiEiLw
>>721
バツ&テリーで思い出したんだが、
親が誕生日に「バッテリー」買ってきたよ! って言ってたので楽しみにしてたら
バッテリーと間違えてバツ&テリーを買ってきてたことにがっかりしたわ。

725名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 13:49:31 ID:T1oIW3yY
http://www.sanspo.com/baseball/news/091119/bsc0911190504000-n1.htm
MASAさんが…

726名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 15:33:29 ID:cLjsQ1Mw
やる夫「くっ!目にごみが・・・」

727名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 15:37:21 ID:w9R96Rn6
http://livedoor.blogimg.jp/news23vip/imgs/5/d/5dd6a240.jpg

728名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 15:49:51 ID:zKi4Nj5g
ここまでヒューマン・リーグなし

729名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 17:39:20 ID:9Pt1GYmY
>>726
ゴシュ

730名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 18:54:48 ID:oa2qD54I
MASAは来年表年のはずだから、来年結果残せなきゃ厳しいだろうね
工藤より長く投げて欲しいんだけどなあ…

731名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 21:11:27 ID:IXMx7L16
そういえばVIPスターズの所属リーグってDH制あるのかね?
やる夫がピッチング練習ばっかりしてるのはDHありなのか、ピッチャーとして1軍に上がることしか考えてない
やる夫の性格によるものなのか判断に困るわw

732名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:01:03 ID:h5bR3GYc
プロ野球について全然知らないですが本当に面白くて感動しました!
後、所々に出てくる特ネタ大好きです。
やらない夫の着信が凄く好きな曲で嬉しいです。宮内タカユキさんは神。

733名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:02:04 ID:5gglSI9.
m9(^Д^)
ttp://monoganac2.sakura.ne.jp/src/milktea27781.jpg

m9(^Д^)
ttp://monoganac2.sakura.ne.jp/src/milktea27782.jpg
                                      / ̄ ̄^ヽ
                           ____       l      l
                         /_ノ  ヽ、_\     丶      l ,--、  _
   プギャアアアアアアアアアアアアアア     o゚((●)) ((●))゚o     l,,‐---ー彡,  ::`ー'  ::ゝ_,--、
                      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    |   ̄ ̄i        :::   ヽ,
               (⌒)     |     |r┬-|     |    ll    :::l   :::l         ^ヽ
           ,┌、-、!.~〈     |     | |  |     |    l    :::|   ::!   l    l   l
            | | | |  __ヽ、   |     | |  |     |   l     ::l  :::|    l   :l   |
           レレ'、ノ‐´   ̄〉. \      `ー'     /   l  -----、_::::::l    }   l   |
            `ー---‐一' ̄                   ヽ  ...........__ノヽ;;;;;;;ノ  ::::l  /

ttp://monoganac2.sakura.ne.jp/src/milktea27783.jpg



コイツすごいねww

734名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:12:13 ID:Ksdf.SAw
>>713>>715-716
お前ら、花形にも触れてやれよ……

735名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:14:14 ID:joYqOJTQ
野球漫画の話題になって、ふてくされ王子が出た所をあんま見たことがない。好きなんだけどなあ「おれはキャプテン」

736名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:18:59 ID:cDbNoyAQ
>>733
なんか本人もついやっちまうらしいから許してやれよw
どうも監督とかにもそれは馬鹿にしてるみたいだから
やめろ言われたらしいが治らないそうな

737名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:25:20 ID:5gglSI9.
>>736
本気で馬鹿にしてるのかと思ってたwww

だって顔が・・・・w

738名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:29:24 ID:cDbNoyAQ
>>736
県内ニュースの甲子園予選の学校紹介だったかで
花巻東やったときにそんな話が出てた
ただ俺も適当に見てたんで違う番組だったかもしれん

739名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:30:31 ID:cDbNoyAQ
>>738>>737だった
何自分に返してんの俺w

740名無しのやる夫だお:2009/11/19(木) 23:50:20 ID:zoSLR7Xs
>>735
蝦名がある意味チートなので…
カニエウエストの今後に期待

741名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:05:08 ID:yZpfpvIE
高校野球物ではたのしい甲子園がある意味一番好きだったw
バイクで三塁ベースを回ったとことか大爆笑した。

742名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:08:07 ID:ta2STBW6
>741
アレは高校野球漫画じゃなくて大和田漫画だからなw

743名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 00:20:19 ID:BHWRxBw2
>>735
「おれはキャプテン」俺は好きだぜ
蛯名の四球病がより一層酷くなってきたり、
キャッチャー一番、最強打者三番、チーム1の俊足六番とか
ある意味野球漫画のお約束を外してる所とかが

744名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 01:25:29 ID:qaKfx7ps
>>713だけどダイヤのA知ってる人がいて嬉しいなあ。
自分も「俺はキャプテン」好きだぜ。
マガシンで連載し始めた時は「何だこの古い絵柄」って思ってたけど、
試合での無茶苦茶さと練習とかの真面目さを両立させてるのがいいね。

>>736
花形はほら、野球漫画っていうよりは「花形漫画」だからさ……
「花形さん凄いですね」「それほどでもない」
を地で行く漫画。

745名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 01:46:30 ID:CXgvhvN6
>>731
なんとなくVIPスターズのモデルはカープと思ってたからDH無しに1000ペリカ

746名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 09:44:46 ID:K0Lp4bcs
>>734
花形って、打った瞬間一塁ランナーが最高のスタートを切って打球がフェンスにぶつかって変なバウンドしたのにホームでギリギリのクロスプレーになるやつ?

747名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 11:48:26 ID:adLhCm.2
一塁ランナーが元木だったんだろ

748名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 11:53:41 ID:Umrbr1MU
それじゃ仕方がないな

749名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 12:46:51 ID:L2oZ57rc
それにしてもこのスレすげぇ好きなんだが
唯一の欠点は
やる夫のAAに投げたり打ったりとかのAAが無いことなんだよな…

750名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 15:07:30 ID:ySvv6z4s
>>719
ヤクザだなんて一言も書いてないよ!
銀様のこと考えながら書き込んでたんでヤクルトって書きそうになっただけだよ!

公演内容はどっちかって言うとヤk…氏の野球人生から厳しいこの世の中を生き抜く
ヒントをみたいな感じだった。

ルーキーの年ブルペンで鈴木孝政と小松辰夫の間でいきなり投げさせられ、いきなり
自信を無くしたと言っていた。

751名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 15:24:03 ID:BHWRxBw2
おれはキャプテンの最新話で蛯名がまたチートモード入ったのを見てたら
同じ雑誌のドリームズは何もかもがチートだったのを思い出した

752名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 15:57:30 ID:F01oE2u6
おれはキャプテンの話題が出たところで、つぎは砂漠の野球部の出番じゃないかな?
サイレントカーブ大好きでした。

753名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 16:56:03 ID:0OPglXp.
Dreamsはガムの効果やシンクロ打法辺りまでは良かったんだけどなあ

754名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 16:59:09 ID:L2oZ57rc
というわけでとりあえずためしで描いてみました

ttp://www.1072ch.net/up03b/src/ag2187.jpg

755名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 17:00:26 ID:FKpD/9CI
>>749
投げるAAも打つAAもあんまりないからね。
やる夫のサクラ大戦2に、キャプテンの谷口をやる夫に改造したAAはあったけど。

756名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 17:06:15 ID:1FyI2fhs
>>754
やる夫の体系が江夏にしか見えないw

757名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 17:07:41 ID:FKpD/9CI
>>753
東京大会決勝までが超高校級でギリギリ通用したレベルだったね。
甲子園になってからは、もうトンデモ野球になったせいであんまり面白くなくなったよ。

>>754
すげえ、やらない夫が無駄に格好良すぎるw

758名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 17:09:45 ID:OkqFyPYA
>>754
やる夫が毒島の黒田に見えたwww

759名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 17:14:54 ID:I3f8unqs
近鉄っぽくていいな

760名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 17:15:01 ID:TSYNzu5U
>>754
やらない夫かっこよすぎて噴いたw

761名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 17:17:08 ID:g5W6NQ9o
>>754
ルーキーとは思えぬやる夫の貫禄と体の厚さwww

762名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 17:38:24 ID:gBnnH4uI
今年の中日のドラ3かw
http://blog-imgs-24.fc2.com/d/o/a/doaramania/IMGP8262-t_convert_20080315220642.jpg

763名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 18:52:46 ID:jfVnwS5M
まとめで読んで飛んできました!

でもキャットルーキーの話は出てない(´・ω・`)
毒島の次に好きなんだけどなあの漫画、リアリティはあんまないけどw

764名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 19:14:38 ID:L2oZ57rc
好きな野球漫画「球鬼Z」
やらない夫はテキトーに描いたらやたらカッチョ良くなってしまった
うん、ルーキーとは思えない風格だ
だがしかし
一流というのは更に凄いんです

ttp://www.1072ch.net/up03b/src/ag2189.jpg

765名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 19:26:31 ID:FbjX/3Ns
>>764
すげえええ、てか1軍全員こんなんかwwww

766名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:07:24 ID:1/W55Lt2
>>764
相手ピッチャーもこんな打者と勝負するのこえーよwwww

767 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/20(金) 20:17:55 ID:Vf8HP2XA
コンチャース。
毎日レスアザーッス!

土日共に出勤になったんで、ちょっと土日での投下は厳しいかな・・・
って思ってたんですが。

またしてもAAの支援を頂き、更に支援絵まで・・・
アザーッス!マジアザーッス!


これは・・・「男なら、やってやれ」だな・・・

768名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:31:56 ID:rUFe/Psc
ラストイニングはまだまだマイナーなのか・・・

769名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:33:42 ID:6Vi91.Hg
ラストイニングは野球の描写自体は薄いときがあるからなぁ……
ジャイアントキリング並のが欲しい、週刊連載のは見た目重視だから微妙だし

770名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 20:42:21 ID:gCHOtuEI
>>754
また貴方か。いいぞ、もっとやれ。支援絵を応援しております。

771名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 21:14:40 ID:TSYNzu5U
>>767
無理するなよ

772名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 21:54:08 ID:3.2DBpOE
            ,. -─- 、_
            ,.::'";_-;;;:ミ':::::::::::::::`:丶、
         |::::::::/しノ゙':::::::::::::::::::::::::::!
           ,!: -‐゙:::'-:::;_::::::::::::::::::::::::|
          /:::::::::::::::::::::::::`:丶;;:::,;--‐!
       └-;;;;,,,,,_::::::::::::,,;;;_",,;;;'ヽ   |
            | ''''''''>''" ヽ、゙"ノ  |
      _  \  (__,,;、_.ノ   /
     /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
     |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
      !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ
    /  ./  i,/     `      レ'  ヘ
   ./  i、ヽ /-,┬┬.、,-、"-,,-. -、,ヾi   ヘ
  《  ノ;;レ"|レ/i !|i; ノ、゙、'i | | i |レ,、、' レ',,イ
   ゙ ‐'"´  i レ' | !| ! ,.ヾ,| | !;;|.|ヽ ゙;ヽk'. ヘ
       |  ' ‐ ‐ `‐'└└゙└'┴'' |i  ヘ
        |               |ヘ  i
       !               ノ .ヘ,,,;;"ヽ
       ゙i`、ヾ  、         'ノ | i'''"ハ
       |゙丶`:::....、____,,.. -‐'"イ !::::::゙´::::::ヽ
       i   `゙ ‐i二!i-‐ '" ´  ノ |::/;;;゙:::::::::::i
       | ゙ >,- ..,,,,.. 、,, "_  /  |::;;;;;;i:::::::::/
       |  " /     | ヾ  /   `ヽ、_::ノ
       |   |     |   /
          !   "ヘ    /   i
          ヘ   ヽ    !   i!
           ヘ   人  |   i
         ヽ,,,ノ /  |    |
          /  /   ;' __ |
          しノ   《",,,,,、,)
               | 三i!
               i、_─_|
               ` ‐-‐'

773名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 21:55:39 ID:rdoaH26Q
HAEEEE

774名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 21:57:16 ID:d.ROj6rY
            ,. -─- 、_
            ,.::'";_-;;;:ミ':::::::::::::::`:丶、
         |::::::::/しノ゙':::::::::::::::::::::::::::!
           ,!: -‐゙:::'-:::;_::::::::::::::::::::::::|
          /:::::::::::::::::::::::::`:丶;;:::,;--‐!
       └-;;;;,,,,,_::::::::::::,,;;;_",,;;;'ヽ   | <目にゴミが・・・
            | ''''''''>''" ヽ、゙"ノ  |
      _  \  (__,,;、_.ノ   /
     /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
     |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
      !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ
    /  ./  i,/     `      レ'  ヘ
   ./  i、ヽ /-,┬┬.、,-、"-,,-. -、,ヾi   ヘ
  《  ノ;;レ"|レ/i !|i; ノ、゙、'i | | i |レ,、、' レ',,イ
   ゙ ‐'"´  i レ' | !| ! ,.ヾ,| | !;;|.|ヽ ゙;ヽk'. ヘ
       |  ' ‐ ‐ `‐'└└゙└'┴'' |i  ヘ
        |               |ヘ  i
       !               ノ .ヘ,,,;;"ヽ
       ゙i`、ヾ  、         'ノ | i'''"ハ
       |゙丶`:::....、____,,.. -‐'"イ !::::::゙´::::::ヽ
       i   `゙ ‐i二!i-‐ '" ´  ノ |::/;;;゙:::::::::::i
       | ゙ >,- ..,,,,.. 、,, "_  /  |::;;;;;;i:::::::::/
       |  " /     | ヾ  /   `ヽ、_::ノ
       |   |     |   /
          !   "ヘ    /   i
          ヘ   ヽ    !   i!
           ヘ   人  |   i
         ヽ,,,ノ /  |    |
          /  /   ;' __ |
          しノ   《",,,,,、,)
               | 三i!
               i、_─_|
               ` ‐-‐'

775名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:03:18 ID:L2oZ57rc
おおおおお!

776名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:18:07 ID:HBQwOtQs
すげええ

777名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:20:31 ID:BHWRxBw2
目にゴミがはやめろwww

778名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:21:06 ID:rdoaH26Q
ゴシャ

779名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:29:22 ID:ZHcXAACw
なんのフラグだよww

780名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 22:33:05 ID:T2KeBuZo
この体型でプロテストの長距離走1位というのも恐ろしいな

781代理:2009/11/20(金) 23:17:06 ID:emUvSxL2
356 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/11/20(金) 22:49:17 ID:5yW9UTqK
やる夫板IIにホスト規制で書き込めねぇ・・・
おのれ●

誰かプロ野球スレに代筆プリーズ
                         __
                        /::::::::.i
                       /::::::::::::::::l
                      // ̄ ~ヽ::ヽ
                      l!      j!::::::l
                     l!     ノ:::::::j
                     ヾ、_,/:::::::ノ
          , -‐   ̄  `  、   `ー 一´
        /       _ ―─ - 、
       /      /::/         \
       ,/        /:::::/    \     ヽ
 __ ./::l        /::::::|   (〇 )::::::::::::ノ l
r´ / 7/~ |      {:::::::::\     :::::::::(〇 )       __
 ̄ヽ、   i!     ∨:::::::::::\   (__人_)/      ̄` 、ヽ
   \_ , -\   ∠_ ∨:::::::::::::: ー─‐─''"´        ノ ミ、
         ` 、__― ヽ::::::::::::/     ̄ 二 ー -一′  }
           /  ̄/\ ∠:>ー - 三ニ三_     /l
            /   /              , ' /, ' ;’/
         /   ./               , '  /,,''
         /, ェェ、
         `、_ノ

782名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:19:17 ID:L2oZ57rc
>>781
やたー!
カッコイイかしらー

783名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:34:49 ID:d.ROj6rY
>>781
やる夫のAAにかっこいいと思っちゃうなんて・・・くやしいっ

784名無しのやる夫だお:2009/11/20(金) 23:34:49 ID:TSYNzu5U
職人パネェ

785名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:23:59 ID:.xlC9cGg
マジで面白い。
野球理論がどんどん進化していくなかで現代野球理論をベースにした「野球小説」って皆無だから嬉しい。
2000年以降はそれこそ上のほうに出てる若草野球部くらいじゃないか?
まさに俺の読みたかった作品だ……

786名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 00:45:30 ID:BH4l/lgU
若草かなつかしいな

787名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 01:37:36 ID:/4B37rWU
若草懐かしいなw
他にラノベ系だと「復活のマウンド 加賀谷智明の軌跡」が普通に面白かったかなぁ

788名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 02:01:45 ID:a439Y7Po
こういう話こそジャンプに載ってて欲しい漫画だよな
最近は才能ばっかりで努力が微塵にも感じられないから困る

789名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 02:20:24 ID:/C2Y8y5w
>>769
メインは監督だからなぁ。試合描写に関してはある程度しょうがないんじゃね? 俺は好きだが。

個人的にキャットルーキーは四方編が好きだったぜ。
三ヶ月編は、出来たら絶対的な長所と短所がある魔球を「どう使うか」に主眼を置いて欲しかったなぁ。その辺りはちと残念。

790名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 02:58:31 ID:/4B37rWU
キャットルーキーはアレだな
3部の三ヶ月が主人公なのに「究極の右キラー」ってのはやる夫と被ってる所あるかもな、あいつはその後左も苦にしなくなったが

791名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 03:41:51 ID:NfDlUSig
三ヶ月編は、三日月への対策がトンデモ過ぎてつまらなくなったのが惜しかったな。
四方編で散々警告されてたのに、敵がバッティングフォームが崩れまくるような変な構えをしてくるとか、
これまでよりも長いバットを使ってるのにスイングスピードを保ててるようなところとか。
序盤にあったように、左のクローザーと併用することで代打攻勢をしづらくするような展開が面白かったのに。

792 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/21(土) 06:37:51 ID:w4bcUoG6
>>781
アザーーーッス!

自分幸せものッス。
とりあえず出勤しますが、テンションあがって仕事いけそうです!

ドモッシター!

793 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/21(土) 06:40:04 ID:w4bcUoG6
>>789-791
全部同感っス。

三日月が普通に万能のピッチャーになる展開はあんまり面白くなかったし、
なにより”中継ぎ”に拘ってほしかったなーと。

ストッパー、影薄くなるじゃんw 神童さん好きとしてwww

794名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 09:01:52 ID:H3iWE/L2
若草の人の野球新作、あっさり打ち切られた臭いがしてセツナス

795名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 09:23:23 ID:UWaWKCAw
やる夫のモチーフとなっている某投手は来年、シュートを封印するらしい

http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2009/11/21/0002529873.shtml

796名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 09:44:17 ID:aIzDm6t6
ぶっちゃけ3部は三ヶ月より寅島編って言った方がいいかもなぁ
三ヶ月は最後のアポロとの対決以外は寅島に操られてる感が強い
四方編はフェニックス戦よりペガサスとの最後の2連戦が好きだった、投手3人継投を攻略とか
でも一番好きだったのはサイモンかな。外国人なのに良い人すぎるw

797名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 10:57:32 ID:sqEdEXMg
そういえば、バンチのワイルドリーガーとアウトピッチが出てない気が……
結構好きだったんだけどなぁ……

798名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 11:03:11 ID:xousb0og
雄根大好きは異端なのか……。
清本さんとの勝負は全部カッコ良かったんだぜ……。

799名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 11:28:34 ID:/C2Y8y5w
>>789
「さすがは、オレの宿敵だ」は個人的に野球漫画で最高峰のセリフだぜ。

その分だけ、最後にアポロに打たれたホームランがなぁ……走者一掃ツーベースとかにして欲しかった。

800名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 13:49:04 ID:wGsXLGfw
マイナーだけどクロカンとか甲子園に行こうが好きな人はいないのか・・・

801名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:11:15 ID:ep6.SxYU
野球漫画ってどこに比重を置いてるかで3種類に分類されるよな
?超人タイプ
あり得ない魔球を投げたり、とんでもない動きをしたりする選手の活躍がメイン。
?人間ドラマタイプ
恋愛ものやヤンキーものなど、野球以外の人間ドラマのほうがメイン。
?現実的タイプ
試合描写や選手同士の駆け引きなどがそこそこリアルに描かれているもの。

?は野球漫画の大半を占め、?の代表はあだち作品。
?は駆け引きがメインなので魔球とかがでてこないため、絵に頼らずとも文書のみで描写可能。
つまり小説として書きやすいため、漫画で描かれるケースが少ない。

802名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:22:25 ID:UWaWKCAw
>>801
おお振りやダイヤのAは?だな。野球に限らず最近のスポーツ漫画は?が主流な気がする。ジャイキリとか一歩とか
昔は?、?が主流だったけど

803名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:24:24 ID:lxz7knEQ
ワンナウツは?か?か。それが問題だ。

804名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:27:57 ID:XneFchtg
あれは野球という場でのギャンブル漫画みたいなもんだからなw

805名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:28:28 ID:xy17444M
>>801
まちがいなくミスフルは?だなw

806名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:30:36 ID:UWaWKCAw
ワンナウツはちょっと変則的ではあるけど?の範疇に入る野球漫画だと思う

807名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:38:28 ID:r9wVWiI.
>>795
でも梅津ってすげー背が高いんだよね?梅津つーより上野?

808名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:47:53 ID:jiTraRLo
ドカベンはどれに当てはまるんだ?

809名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:49:55 ID:NiuvXJRg
山田たろーは一応?に入るんだろうか…

810名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 14:57:04 ID:bRye9cvc
古いマンガだけど原秀則のジャストミートは面白かった
?でも?でも?でもないけど?でも?でも?でもあるようなマンガだったな
外伝のふぁうるちっぷも好きだった

やったろうじゃん は?と?に入るだろうけど

811名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:09:29 ID:lxz7knEQ
>>810
やったろうじゃんすげぇ好きだったんだが
江崎がいきなり出た辺りからおかしくなっちゃったんだよなぁ

812名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:12:07 ID:nzxMvbOA
ハートフルに、フォーエバー神児くん

813名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:15:04 ID:UWaWKCAw
色々な作品が挙がってるけど、?〜?の複合型の作品も結構あるということか

>>807
上野は完全なオーバーハンドだからやる夫とは違うかな。
梅津は入団当初135キロくらいしかでなかったけど、今じゃ140キロでるからやる夫も球速はもっと伸びるはず

814名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 15:27:56 ID:r9wVWiI.
>>813
しかしやる夫みたいな体格の右のサイドスローってホントいないな

815名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:12:05 ID:qnS9/6BY
プロ野球ものなら、実在の選手をモチーフにした選手を出して欲しいな
やまだたいち、ストッパー毒島、キャットルーキーと実在選手の活躍やオリキャラとの絡みも楽しかった

816名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:31:53 ID:m1BiU.Q2
>>815
カズマは今岡あたりがしっくりくる

817名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:37:08 ID:/4B37rWU
>>801
かっとばせ!キヨハラくんは?ですね、分かります

818名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:39:50 ID:yV2y4feM
パトレイバーの後藤喜一みたいな監督も出てくれないかなぁ
ちゃらんぽらんな監督が、GMたちを前にして
「試合?・・・始まってますよ。とっくにね。」

「・・・だから・・・遅すぎたと言ったんだ!!!」
ああ、想像しただけで鼻毛が抜けるね

819名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 16:47:21 ID:vuZCGSCE
>>818
ノムさんみたいに記者会見が名物になりそうだな〜
原作でもメディア使って挑発とかしてるし

820名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 17:09:00 ID:lXvPo6lg
>>813
プロのスカウトによるとアマ時代130kmそこそこでも
プロでちゃんと指導すれば150出るやつもいるらしい。
今年解雇された西武の岡本(元中日)なんかもそう

821名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 17:29:11 ID:/C2Y8y5w
>>818
監督:後藤喜一
ヘッドコーチ:南雲 しのぶ
打撃コーチ:榊 清太郎
守備コーチ:香貫花・クランシー
バッテリーコーチ:熊耳 武緒
投手:泉 野明
捕手:篠原 遊馬
一塁:山崎 ひろみ
二塁:進士 幹泰
三塁:太田 功
遊撃:シバ シゲオ
左翼:AVR-0
中堅:イングラム
右翼:TYPE-ZERO

鉄壁の外野陣がウリのチームですかそうですか。
シャフト側は人が足りねえよぅ……。

822名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 17:30:21 ID:yed2Aidk
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1257698996/721-724
また変化球作ったよ。
これでだいたい揃ったかな?
孫六ボールと言って分かる人いるかなぁ。

823名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 17:31:33 ID:NiuvXJRg
童夢くんまでいかなかったら大抵解るんじゃない?
孫六はまだ連載してるし

824名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 17:34:29 ID:/C2Y8y5w
>>823
また懐かしい名前をww
9時までしか登板できないんだぞwww

825名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 18:01:26 ID:6XmOriP2
シュートは見ようによってはライズボールっぽくも見えるね
ナックル系は漫画でもオリジナル変化球として使う投手は結構いるなあ

826名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 18:46:15 ID:3.QLRa76
孫六ボールっつーよりツインシュートに見える

827名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 18:53:48 ID:Zev1tSOs
>>801
花形がどれに入るのか迷うところ
今のところ?の要素薄めだが元が巨人の星だからなぁw

828名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 18:56:16 ID:IJCIr0yg
>>801
漫画で?を描くと振りかぶってからボールがミットに収まるまでに
ピッチャーが300文字、キャッチャーが200文字、バッターが250文字
ピッチャーとバッターの間で長文の会話が成立、解説もその会話に介入
と、別の所が超人になるな。

829名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 20:58:47 ID:fpFYuPEs
>>801
他の競技も混ざってるがアイアンリーガーは良い超人野球だと思うんだ

830名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:11:08 ID:a439Y7Po
今年の四月から野球初めて今球速130キロくらいな俺でもプロにはなれるのだろうか?

831名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:29:04 ID:M1vEFFEU
お前が今いくつなのかそれが問題だ

832 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/21(土) 21:33:34 ID:w4bcUoG6
>>皆様
チーーッス!

何とか次の話が投下できる気配がでてきましたが、
明日明後日と飲み会のため、投下の時間が遅くなるか、月曜の昼になりそうなんですよね。

日曜の24:00前後と月曜の昼って、皆さんどっちが好きですかね。

>>830
大学生っすか?もし高校生だとしたら、相当の逸材かと・・・


ちなみに高校生の球速でいくと、>>1のイメージはこんな感じ。

MAX速度
130キロ:公立高校でなら問題なくエースナンバー候補
135キロ:私立高校のエース。名門高校でも、世代や変化球によっては全然エース候補。
140キロ:名門高校のエース。スカウトはとりあえずチェックするんじゃないかな?
145キロ:甲子園で騒がれるレベル。
150キロ:ドラフト上位指名候補。怪物とか言われだす。

833名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:46:34 ID:a439Y7Po
今は大学一年 一回コントロール無視して投げてみろって言われた時投げたら136キロ出た
素質があるなら明日から2chやめて全力で野球に懸けるわ

834名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:47:55 ID:n7NlFHH6
今年の夏の甲子園では145超えが20人近くいたんだぜ・・・
140超えは44人とかレベル上がってきてるよな
今の高校生は無名校でも140クラスがいるのが不思議じゃない

835名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:47:58 ID:MxM5U6HU
早く読みたいので日曜で

836名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:49:55 ID:a439Y7Po
同じく早く読みたいから日曜希望

837名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:53:16 ID:uCnVneKg
日曜の方が嬉しいが>>1の都合がいい方でお願いします
寒くなってきたし夜更かししすぎて風邪をひいてしまうなんてこともないように

838 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/21(土) 21:56:23 ID:w4bcUoG6
>>833
高校時代何やってたかもありますが、
特に肩鍛えてなくてそれなら、相当地肩強いと思いますよ。
1〜2年練習すれば、問題なく140キロでそうですね。

うらやましい・・・


>>834
明らかにレベル上がってますよね。
高校野球の質は日本が世界一だと本気で思ってます。

あと>>832ちょっと表現?が不足してたので追記。
名門高校といいましたが、甲子園常連校って意味じゃなくて、
その県の人間が野球強いところと認識してるところって考えてます。

自分神奈川なんですが、神奈川のベスト8で140いかないエースって少ない気がしますし、
そのイメージですね〜

839名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 21:57:54 ID:Mw5h0Unw
>「飲んだら書くな!飲んだら読むな!」
月曜にした方がいいんじゃないか。

840名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:02:48 ID:ImiLX0XQ
>>839
反省踏まえるんならそうだろうなwwwwwwww

841名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:11:02 ID:oEFC77Fo
>>1と839
|          ヽ  _,,.-‐――- 、      i        /              |
|  い   き     レ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.    |      /    み  何  男  |
|  い   っ      .|:.:.:.ト;.:.:.:.:ト;:.:.i:.:.i:.:.:ヽっ  |      |     る  で   .は  |
|  気  と     |:.:.:i ノノ}レ' )ソレ'ノノ}:.}  っ .|;;      |     の  も  度  |
|  持        |;::;i -ァ-ト-' ーァェ-|"    |;;;:     〉    さ   た   胸 .|
|  ち       〈:{fi! _旦  { 旦`{゙}    |     /        め  ! .|
|  だ        |ト、  """ _ ノ""".lノ     |     |        し       |
|  ぜ        |!:.〉.   ,--ェ  ,'      |     l         て       |
|               ノV' ヽ    ̄   /      |    iヽ               |
|          /ノ    ヽ、___, イ         |     i  ヽ            |
|         ノ   ',      ト、__     |    i   \         ノ |
|\_     /ー- 、_  ヽ   /   >ー 、 |   "      |\__   .__/  |
|   / \ /    --  ̄`ー- '  ̄      ,|        |       \/   .|
| ./   V           i, -'" ̄ ̄ヽ、   !    i    |           |
| |             /         ヽ、ノ    i    ハ i.           |

842名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:13:15 ID:a439Y7Po
>>838
マジっすか
中学サッカー高校陸上の長距離であんまり肩は鍛えてないはず
今年の甲子園で140がバンバン出てたもんだからたいしたことないと思ってた

843 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/21(土) 22:15:16 ID:w4bcUoG6
>>839-841
コーヒー吹いたwwwww
多分今日できるんですが、あくまで投下の時間だから、ね?ね?





・・・その後のコメント自重できる気がしねえwwwwどうしようwwww

844名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:17:03 ID:rcGTUtaU
逆に考えるんだ

自重しないでしたコメントに対してよせられるトークで次のネタのきれはしを手に入れる と

845名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:28:53 ID:7/U2WlpU
つーか大学から野球初めてどうにかなるってもんじゃねーだろ
いくら素質があってもプロでどうこうってレベルにはならんよ

草野球のエースならなれるのかもしれないがな

846名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:32:07 ID:a439Y7Po
>>845
まずはそのふざげた幻想をぶち殺す!
俺が大学から始めてプロに入ってその狭い見方をぶっ壊してやる!

847名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:44:06 ID:UWaWKCAw
なあに大学時代までは野手をやってて、普通に就職したのに一年後投手としてプロテストに応募し、入団した人もいるから何も問題はない。

848名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:48:53 ID:MDVjti9U
広池のことかー!!

849名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:50:03 ID:VDR0yju6
このスレからプロが出るか?
ちょっと期待してみる。

駄目だったら、経験生かしてやる夫スレ立ててくれ。

850名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:52:02 ID:/C2Y8y5w
松井稼頭央:高校時代は「投手」で、入団後に野手転向。スイッチヒッターになったのもプロ入り後。

落合博満:高校時代は野球部。大学に進むも中退。その後プロポーラーを目指すが紆余曲折あってプロ入り。

こんなトンデモも居るからなぁ。元々運動やってたなら、充分可能性はあるはずだ。

>>846
もしも本気でそう言うなら、この人の事を調べてみりゃれ。
「津田真男」
本気のバカは凄いことをやる、といういい見本。間違いなく励みになるぞよ。

851名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:54:26 ID:bRye9cvc
>>850
運の無さも最強クラスだけどな

852名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 22:56:43 ID:ZnxxzogQ
斎藤隆も大学2年で野手→投手で大卒プロ入りだな…
メジャー挑戦からはどこの漫画だよってレベルだが

853名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 23:02:21 ID:a439Y7Po
ちゃんと前例があったのか
なら自分のわずかな素質にかけて頑張るわ
ありがとうこのスレ!そして>>1

854名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 23:09:56 ID:/C2Y8y5w
>>851
まー、あの時代のスポーツ選手はしょうがあるめー。

855名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 23:11:03 ID:bRye9cvc
原辰徳も高校時代サッカーやってたしね

856名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 23:13:18 ID:bRye9cvc
>>854
モスクワはしょうがないね

まあ、俺が津田さんの事を知ったのも
スローカーブを で山際さんの本に興味を持って、そこから繋がっていったんだよなあ
野球から繋がっていった知識だと思うと感慨深いわ、なんとなく

857名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 23:25:34 ID:UYl/jEA.
>>855
宮本カズトモはドラフトで指名された年の冬にサッカーやって骨折して
ルーキーイヤーのキャンプを始まる前からリタイヤしたことがあるねw

奴のフォームは左投手の中では一番好きだったりする。

858名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 23:51:25 ID:/4B37rWU
ID:a439Y7Poはその後の努力のかいもあって3年後広島の育成選手として契約
しかしプロとしての武器の無さを指摘されサイドスローに転向した後開花、見事プロ契約を勝ち取る

という流れか

859名無しのやる夫だお:2009/11/21(土) 23:53:16 ID:vuZCGSCE
バッティングセンターのアルバイトかなんかから
プロ行った人もいたよね
パワプロ7にその人モチーフにしたキャラがいたはず

860名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:00:50 ID:jDTCJ54k
>>859
ドラ山本さんだな

861名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 00:02:57 ID:g2J5Mp6c
>>853
もっと自信もっていいよ。半端ない素質だと思う
努力でたどり着ける限界といわれる140キロ近辺に、初めて7ヶ月でとか

40過ぎまで出来るスポーツを19からなら全然遅くない
逆に、肩を消耗してないと考えられるしね
大学4年で150近く出てたら、変化球その他が糞でも将来性を買ってもらえる可能性はあると思う

862名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 01:49:54 ID:Y7l595NM
上でも名前が挙がっているが、
広池浩司のブログのアーカイブにある入団への道って言うエントリーを読むんだ
広池ブログは凄く良い事書いてあるので読むべき

あとカープの守護神の永川は中学時代はバスケ部員だったとか何とか
少年野球やってたのにどうして…

863名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 02:05:18 ID:eS.IClEs
といっても真剣にプロ野球選手になろうと思うなら、やる夫並みのハードかつ効果的な練習と執念が必要になってくると思うがな。
そして万が一プロになった暁には、プロになった理由としてこのスレの存在を(ry

864 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 02:31:37 ID:hc4JLGDA
現在も作成中。

支援で貰ったAAが、勿体無くって使えないwww
最高の場面で使うべきかとか、テンション高く考えちゃいますね。


改めて支援アザーッした!

865名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 02:37:13 ID:YRYm6DEQ
ランニングから帰宅!
>>858
残念だが俺は横浜ファンだからハマの変態を目指す!

>>861
それは過大評価すぎる気が・・・
投手 トレーニングでググればたくさん出てくる某トレーニングのおかげってのもあるはず

>>862
あざっす!早速読ませてもらいます!

>>863
一応自分ができる最高の効率のトレーニングをしてるつもりっす
これからバイトを生活できる最低限の時間に減らして野球の練習に回します
んでもって万一プロになるようなことがあったら是非ここのスレのことを言わせてもらいますwww

スレを私物化してしまって>>1と住民の方には申し訳ありません
最後に これからは本当に マジに 真剣に野球と向き合います ありがとうございます!

866名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 02:37:46 ID:BcpIy3J2
逆に考えるんだ、「AAを使ってくれるならまた支援しようとしてくれる」と

867名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 02:39:28 ID:28JJw/Ts
しまった、キャットルーキーの話題に乗り遅れた。

868 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 04:13:19 ID:hc4JLGDA
一応できたかな?

改定・推敲が入ったとしても、日曜・月曜のどちらかには投下するはずです。
よろしくおねがいしまーす。

869名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 04:18:27 ID:eS.IClEs
>>865
期待してるぞ!別にハマファンじゃないけど、最近のハマの調子は例えファンのチームが勝っていても憐憫を覚えるくらい悲惨だからな

870名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 09:36:02 ID:QRiwFUts
>>865
大学は野球部あるんだよな?
とりあえずケガしないように頑張れ!

871名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 09:42:40 ID:t.gcMyjg
>>865
バイト減らすのはかまわんが、いいもの食えるレベルにしとけよ
食う量足りないと、鍛えても体力落ちていくぞ

872名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 09:43:55 ID:gE6W7DNg
バイトを力仕事にすれば一石二鳥じゃね?

873名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 10:45:40 ID:lui72mKM
いや、無責任に勧めてやるなよ……
多少素質があったって大学からじゃあまりにも遅すぎる
そういう素質のあるやつがずっと続けて、努力と運があって初めてなれるのがプロ
せっかく大学行ってるんだから、普通に講義受けて就職したほうがいいぞ

野球頑張るにしても講義はちゃんと真面目に受けておくべき
全てを犠牲にして野球に打ち込むなんて阿呆としかいいようがないぞ

874名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:21:23 ID:tpf4lv1U
>>868
乙。期待してるぜ。


>>873
そりゃそうだ。しかしそれだけとも限らないっつーのは、このスレに挙げられた例が示してる。
そして、勿論最終的には本人が決めるべきだが、全力で何かを頑張れば、また違う何かが得られるものだと思うけどなぁ。

あ、でも講義もちゃんと受けろってのは正論w アホにはなるなw

875名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 12:24:20 ID:dharaacI
ドラベース〜ドラえもん超野球外伝〜

876 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 14:39:16 ID:hc4JLGDA
本日17:00〜投下予定です。

よろしくお願いいたします。

877名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:51:01 ID:rX6XdS8A
今から全裸待機

878名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:54:39 ID:D2a04puQ
全裸にネクタイと靴下だろう、紳士たる者……。

作者さん楽しみにしてるよー。

879名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 14:56:05 ID:RoQqlbGE
全裸待機の準備をしないとな

880名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:55:29 ID:F3F5DtOs
高校が智弁和歌山だったから、野球部にも知り合いがいたけどあいつらはマジで凄いわ。
うちのOBはプロで活躍している人間がまだいないけど、甲子園常連校になると身体能力がずば抜けてる。
そいつらでも、なかなかプロに入れないのを見ると狭き門を実感するわ。

881名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 15:56:32 ID:jDTCJ54k
アンダーシャツと野球帽(ジャイアンツ)で待機だろ、ここは

882名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 16:24:55 ID:mbKAf/Bo
サラシ&スパッツ待機の女子野球部員がいると聞いて!

883 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:00:37 ID:hc4JLGDA
尿意が・・・しばしお待ちを

884 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:02:26 ID:hc4JLGDA
ウィース!

投下開始しマース。

885 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:03:35 ID:hc4JLGDA
−やる夫がプロ野球選手になるようです−

第五話 「やる夫と超一流」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

886 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:04:06 ID:hc4JLGDA
―3月―

3月に入ると、プロ野球ではオープン戦が始まる。

オープン戦とは平たく言えば他球団との練習試合だ。
目的は単純。4月に控える公式戦開幕に備え、実戦での調整を行うというものだ。

                 ○
                //
                                       '´⌒⌒ ヽ
              ∩∧_∧       ≡ ∧_∧      i i !リハル i
     ,∧_∧     |  ヽ,,´∀)        (・∀・,, )     从゚ヮ ゚ ノ l
     / ノノハ)    ヽ    O      三 ( つ  つ    と (0-0 つ
   _(彡ノ ノ,,・∀)ノ    7  (⌒)         ) イ ゝ       ヾ▽~~)
  し、____)i__⌒つつ    (_)         三し(_)    ,,,,.,.,,,,   じヽ.)


結果はそこまで問われるものではない。
キャンプからオープン戦を経て調整し、開幕へのコンディショニングを整える。
それがオープン戦だ。



―レギュラーが確約された選手にとっては。         の話だが。

887 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:04:53 ID:hc4JLGDA

1軍が確約されていない選手にとってはまさにビッグチャンス。
オープン戦で他球団の一線級と勝負し、好成績を残すことで、
初めて開幕の1軍入り・レギュラー入りを果たすことができるのだ。

調整目的で試合にでる”1軍選手”とは目の色が違う。

そう―



―この男のように。
                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

888 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:05:25 ID:hc4JLGDA

やる夫は先日、ついに1軍からお呼びがかかった。
オープン戦で2イニング登板の機会を与えられたのだ。


      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
  |      (__人__) 〃/ ノ
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
 (___)    ./      ))

目には爛々の闘志。
胸には眈々の野望。

やる夫の意気込みは並ではない。
集合の2時間も前にグラウンド―初めて立つ、VIPスターズ本拠地、VIPスタジアムのグラウンド―に入り、
入念な準備運動と、フォームのチェックを行っていた。

889 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:05:54 ID:hc4JLGDA

そこには、やらない夫の姿も、蒼星石の姿も無い。
だけどやる夫の心に少しの揺らぎも無い。

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |        (必ず・・・結果を残すお・・・)
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

2月、幾度にも渡る2軍戦において結果を残せなかった2人に、チャンスが無いのは当たり前のことである。
やる夫は、自分のチャンスを掴み取ろうとするだけだ。

2人のことなど、頭には無い―

-------------------------------------------------------------------------------------

               / ̄ ̄\.                   /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
              / _ノ  ヽ、_ \               `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
            . | ( ●)(● ) |                ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
            . |  (__人__)  │             rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
              |   `⌒ ´   |.            . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
            .  |           |            /     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
            .  ヽ       /                 .:.:.::V.:::::ト、  〜〜 , イ::/
               ヽ      /                  .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
               >     <                   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
               |      |                    〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
                |      |                   /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ

-------------------------------------------------------------------------------------

890名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:06:30 ID:PWzVY00E
自分のことだけか……

891 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:06:35 ID:hc4JLGDA

集合時間近くになり、まばらに人が集まり始める。

来る人来る人、見知らぬ顔がグラウンドのど真ん中でアップをするのを遠めで眺めている。
おそらく新人だろうというのは理解していたが、普通なら向こうから挨拶にくるものだ。

人見知りのする性質として、100歩譲っても―





       ____
     /⌒  ⌒\ ギンギン
   / 《;・;》  《;・;》 \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

話掛けられる雰囲気は微塵もないのは、非常に問題がある。

892名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:06:45 ID:D2a04puQ
やらない夫ダメだったのか……。

893名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:06:54 ID:wIhvWwNg
チーム内競争の意味を知る男だからな…

894 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:07:24 ID:hc4JLGDA

そんな中、少し遅れてやって来た男が、その新人を呼び寄せる。

カズマである。

          /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::''".::::::::::::::::::::::ヽ
         /    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /   .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..,_......::::::::::r''フ''i
        /  ..::::::::::::::_._,::::::::::::_,:::::::::::::::::::::::::/   |::.,,|.│ .|
        lノ",;;レ|:::.,-'テ'゙!ッ レ''゙!:,,ノ::::::::::::::::::::::::,!   '":::|│.|  |
         |//  !/   "γ.-ミヽレ !::::::r―¬''"_,,,/:::::::::| .| |  | ,r'^l
           l.! γ ,i    、!.,゙゙./ ` |/      /::::::::::::::| | |  フ /
          |゙、〃     ``          l}f::::::::::::::| | | / .!
         !、_l              .'ニ.ヽ'彳`'、:::::| | .| .|  |   <ハヨーッス!
    _..、,,、  .lj!|           !  <゙゙丿| |  l:::l } | /  |
__,/   ..:`''''/ l    ,‐、- 、 .‐    ` ‐ ", l,   !、l゙/ ".″ |
  .....::::::::::::::: /  l.    |  `ヽヽ、        ,/i'}  ゛      |
   :::::::::::::: !、   ヽ    \  ]/′    / / |    ''ソ゛    |
`゙゙゙^'ー- 、 :::: l    ヽ    `゙´    .,.-―''″ ,!   /     |
 ...::::::::::::::\::::ヽ     ゙'-、__,,,,. -'ァ("゙゛      |   l      |
    ::::::::::::\::\        /:::.. \_       l   |      |
  .....:::::::::::::::::::_ゝ::ヽ、     /..::::::::::::::...`'''‐、    ヽ  !      |
  :::::::::::: < ̄::::::::::::ヽ-、_ノ| ::::::::::::::::: / ヽ、   `┐'′    .|
    ::::::::::::::::\ ::::::::::ヽ    | ::::::::::::/    l\   |゙.、     |
     ::::::::::::::::\ :::::::`、   | :::::: /     /  ヽ   |      |

カズマはやる夫が1軍に上がってきたことを、非常に気に掛けていた。
12月に会った時は、面白さこそ感じたが、とても1軍で試す気にならぬレベルだった。

それがたった3ヶ月で上がってきた。

異常なスピードの進化だ。気にもなるというものだ。

895 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:07:59 ID:hc4JLGDA

何をしでかしてくれたのか― 本当にサイドスローになったのか―

12月の自分との対決を思い浮かべ、ニヤニヤと反芻しながら今日は来たのだ。
正直楽しみだった。

その”お楽しみ”はカズマが呼び寄せているというのに暫く聞こえないフリをしていたが―

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


           / "'''- .._
         / .. ::::::::::........~"Y"'''- .._
       , -'"..;::::::::::::::::::::::::: |\,、::::.....  `ヽ
      / ....::::::::::::::::::::::::::::::::|゛゛ |::::::::::::::::.. `,
     | ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ` 、 _::::::::::::: |
     | ::::::::::::::::::::::::l1 , -'" _,..‐‐、l |::::: |
     |   :: ::::::: -_|_`_    ′___.  lノ,、. |
     / :::::::::::::::: l´   __`   ´  ` | .l、'"   「ニーハオおはようグッドモーニーン!やる夫さーん!やる夫さーん!」
_,..-'''"j :::::::::::::::: ,、ヽ '" ` ,      .|_/、ゝ
    ヽヽへ :::::::::l  `、    _,..-'''l  /ヽ
    _,..-'''` 、/l"'- 、`、  `、__,.. /ゝ`
 , -'"      .jノlノl/l"'''-..._ ./ |  ,‐、
/  ______  /"'-|  `´  | | ̄| `l、
 ̄釤  | , ‐‐‐、  `‐´  ヽ|    |..| 丿  ヽ``‐、__

カズマがあんまりにしつこく呼ぶので、流石に根負けして振り返った。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \ マンドクセ
 /  (●)  (●)  \       「チワーッス・・・だお」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

896 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:08:45 ID:hc4JLGDA

振り返った顔は想像通りの不満顔。カズマにとってはそれだけでもう面白かった。

ニマニマしながら、話しかける。

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ      「1軍の試合で投げる感想はどうよ」
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |                       「オープン戦って1軍の試合なんですかお?」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

聞く人間が聞いたら激怒しそうな言葉を、平然とやる夫は吐き捨てて見せた。

897名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:09:27 ID:D2a04puQ
相変わらずこのやる夫はwww

898 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:09:56 ID:hc4JLGDA

        ,..-''゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'''- ,,,
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'-、
     ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::./ ''^"ゝ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    l::::::::::::::,,::./|゙,i、/゛  _,, -‐ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    .l,、:::::::::/.l|´.l!.ゞ  ‐゛ ._,,..,,、.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::.!
     ゙ |j'、:.::::!.-¬、       '゛  `'、,|i{:i、::::::::::::::::::::::::::|
     ! .!!゙/  ,i            !! .!,,::::::::::::::::::::::,!
       !   "                "l::::::::::::::::::::::.!       「1軍選手がでるんだから1軍の試合だろうよ!」
       .|   .i;;;;ニニ;;;; ..、           !.,ilしjl!、::::::/
       ヽ  l ..―-ミ./         !冫 `、/::::/
        l,  .|′  /         ー .シ":./
         ゙l,  `^゙´        /´厂::::,r!'"
            l、         -‐"  l:,ノ゙ゞ
          `'―vー…           |~'''、
             ,..-'''!            ,/:::::::ヽ
       ._..-'"゛:::::::,,!       /:::::::::::::::::: l,,,,,,,,,,,,,,_,
.. -―''フ'":::::::::::::,/       ,/::::::::::::::::::::::::/:_,,.... |v..,,_´゛
    .'"       : ′     .‐''゙゛        ″     .´

いきなりの強烈パンチ。
やる夫はカズマの期待を少しも裏切らなかった。
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |                      (本当に、そうかお?)
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

オープン戦など結局は前哨戦。
本物の、公式戦のマウンドに立たなくては、意味など無い。
少なくともやる夫にとってはそうだ。


プロのマウンドで、4万人の観客と、全国で中継を見る野球ファンの前で、
誰もが納得する場所で―

899名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:10:09 ID:UnMbRROo
思わずニヤニヤさせられる。
こういう不敵なバカは俺も大好きだ。

900 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:10:23 ID:hc4JLGDA

アイツに勝つことが、自分の目的なのだから―

                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                        /             \
                       /       " ̄ ̄`    \
                       l  '´ ̄`   (  ●);;:::    ヽ
                      l ;::( ●)    "''"´       l
                      |  ´"',                |
                      l    ヽ              i
                       \   、__,__,         丿
                        \             /
        r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,i-'"i`i、  ‐  /_,,| ヘ、    _ . -‐ 、
        ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
     {ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
     .|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
     .ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
       `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

901 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:11:09 ID:hc4JLGDA


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


少し離れた場所で、VIPスターズの面々は、やる夫とカズマの様子を遠目に観察していた。
それだけ、やる夫は人目を引く男である。

勿論、良い意味では無いが。


                        /``‐-─、
                   __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、  「これは強烈なキャラクターですね」
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l
                  レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l
                     !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //


            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l チラッ
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ     「流石に無礼が過ぎる気がするがな。
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !     ちょっとアノ態度に俺がツっこんできてやろうじゃないの」
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

902 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:12:18 ID:hc4JLGDA
           /⌒´ ̄ ̄`ヽ
  r―-- 、  /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  |     `Y:.:.l.:.:/.:.:.ハ:.l:.|:l.;.';.:.|.ト.ゝ--一  ー- 、
  |   \ ` |:.:.j:/:.:.;イー|:ト:|:トl:.l.:.|:|:|.         / チラッ
.  !     ヽー!://:.;イ:.:死リ ハ|'rテ||.ト|、__/    /
.   ',.     `、'/イ:ヘ|:.|    〉 ハト|  /      /
    '、  ヽ   V レリl:.!、 ー=‐/ヽリ_/  /   /
    `、     `Y| ` ` ー r'__/´′  ′ /
     `、       ヽ   ′/     / /            「おやおや、いったいナニをツッコムっていうんですか?」
      ヽ \  ` ー     ′     ' /
.       \         ,     {
         i     ̄`  ′     !
           ',       ,       i
          ヽ       }        ハ.
            \     ′`      \
             \     、     ′ `ー- 、
                ヽ、   !           ヽ
                  \   ヽ             ',.
                     >、       /     |
                  ノ  、rー―-‐‐┐     |
                 /    .| 禁   則 !     |
                   /     |     |       !
                 /       |_事__項」      .l
                ./        /  |       |


           ,. '´ : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.`ー 、
 視線→   , '       ./ .::/               :∧
          /.:/ .::/ .::′.:::′l : : ::::::.: : : : : : :!::.:.: : : : : :.∧ ←視線
        ./"/. : ::′.:::!: :.:::,l :| : : :::l::. 、:::.:.: : :|:::  : : : : : :∧
        .′.:.::| : :::;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\:::.:.:|::::: !:::. : : : :∧   ←チラチラ
        |.:.:.:.:.:|.:.:/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |:::.:.:.:.:.: : ハ
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : : :|
  ジロジロ→ |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!
        l l:ハ::l:::! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.ハ:′     (ん・・・雲がでてきたな・・・)
            l |:!: !        !             ::|::./´!゙i:/ !
           !l:::!      .:;             :|:/i //
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/
             |ハ                ,‐-'.:/ ←視線
             ヽ               ./:.:.:/|′
            視線→ ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
                \     ゛     . :´ : :l'|′ ←ジ〜
                  |:\    . :'´: : :.::::|、
.                 r‐|  ` −''´ _... ‐ '"´ `、_
                  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\
             _,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-.._
    チラッ→   '´:/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::::`: :- .._
      _... '´ : : : /: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : : : : : : :`: :- .._
  _... '"´: : : : : : :.:/: : : : :.:|  >'"´:::::`::'、 /::::::::: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :`: :-

2人との付き合いは、長い。ツッコミ待ちの2人をスルーする事なぞ、何でも無い事だった。

903名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:12:42 ID:0/Ukwvuw
脱ぐなよw

904名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:12:47 ID:/u52Gmuo
相変わらずのキョンがスゲェ

905 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:12:56 ID:hc4JLGDA

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW          「・・・元気そうだな」
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....

そこへ赤木が1人の男を伴ってやってきた。

                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
            l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l
           レ!: !: :l i"⌒"'-、   ,、-'''⌒`l: :::::ヘ!
           ∨ヘ i | でラ`    ,  f∃ソ /::∧|
              !ヘ∨ゝ       i      ∧ソ    「あ、監督!おはようございます」
            レヽi l.       j    ∧ノ
               レヘ   ______  /ノ
              ∨\ ヽ __ / / ′
             /i{  \ ` /i
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',                     おはよーございまーす>×2
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i   l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l

906 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:13:50 ID:hc4JLGDA

アカギと共に表れた男はルルーシュ。
今年度ドラフト1位で入団した、期待のルーキーである。

                      . -‐.:.: ̄ ̄ ̄>x.
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /.ィ.:.:.:| .:.:.:/:.:.〃.:.:/.:./..:.::.ィ.:.:.:.:!.:.:!
                ノ'´ l.:.:.:.| .:.:/.:∠|..:.:'.:./ .:::/ !.:! ..:|.:.:|
                   |, .:.:| .:.l/rfュ心|::/.:/r―┤l ..::ト..:|
                 ノ|l.:∧ .:l上レt癶:{:/ ィfj升V.:.:∧ ヽ
               |l.:.`ヽ.:.',      { `¨¨7.:.:./      「おはようございます!」
               |イ/.:.::ド 、    ′  , ′:/
                 从/ト'、 >  `  ̄ イ:.:/
               /   ヽ辷 ≧-<リハ{
.         , -―――‐〈`Y ヘ //   /// {__ __
       /        ナ K //   // {ト、    `丶
.    /           '´   | |    | |  `         ヽ
    |                  | |    | |          }
    |                  | |    | |             ,'
    |  \     ┌===¨     ¨===斗      /
      〉   ヽ  | | | ,-、          /ヽ| |     イ,'                           ウーッス(キョン)>
     {       ', | | | ヽ′         ` ´| l /  |
     ′      Y  | |                // /    !

高校卒ながら即戦力と球団内で評判高く、キャンプから1軍帯同を続けている。
順風満帆なプロ人生をスタートさせている男だった。

                  , -‐‐'  ̄ ̄ ̄ ` ー 、
             _ - ' ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,'::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
           /:./ :./:.: .:.:.:. :. .:.ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.  l
           /:./ ./.:./. |:.:.: .: :.: .:',.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.|::.. .:.:.:.:.:.:.l /|
          ,':/| :. l.:./|:./|:.l.:.',.:.: :.:. .ヽ:.:|: :.: .:.:.:.:.l::.. :.:.:_//
          |:| |:.: .|.:.l//// ヽヽ::..:.:.:.:.ヽ|: :.: .:.:.:./:. :.:.:/  /
          |:| |:.:.:.l.:.:.〉//ー-ヽヽ::..:.:.:.:.| :.: .:.:./:.:.:.:.:/  /、_
          |:l |:.:.:.|.:.//´ 戈メzュ_ヽヽ:.:.:.l :.: :.:.:r 、.:./  /: :\\_
     _  - ー|!‐|:.:.:l:/     ̄¨__ゝ,':: .:.:.:.//:/ /: : : : : :\\
  _ /        ',:.| ヽ     {: : : : : \:.:.:./:.://: : : : : : : : : : \\
   ̄` ー--、     |! |:.ヽ‐‐、 r┴─ : : : .\l//.: : : : : : : : : : : : : : /
         \    |/ヽ_/二 : : : : : : : : \: : : : ::.::.::.::.::.::.:: : : /
           ¨\ ´  { : {: : __: : : : : : : : : : ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.: ./:.\
            r─ヽ /',: :|: :| ヽ : : : : : : : : : |::.::.::.::.::. : : : (_::.::.: : :\
            |: : : :}l   |: |: :|/ `ヽ : : : : : , -l: : : : : : : : : :  ̄ ̄` ̄`
            |: : : :|i\ ゝ‐´ /   | : : ://|: : /::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :
            |: : : :|', ヽ--´    / l://  |γ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: : : : : :
            |: : : :|ヽミ≡彡 / // |!  |: : /::.::.:.::.::.::.: : : : : : : : : : :

最も、本人には最近深刻な悩みがあるのだが。

907 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:14:34 ID:hc4JLGDA

           , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
          | |,,_   _,{|      ,..、
          N| "゚'` {"゚`lリi    _,,r,'-ュヽ
 ビ リ      ト.i   ,__''_  !l  ,イ彡く,-‐' ゙i,
  __,,, :-―, /i/ l\ ー .イ|、― ´ ̄`ゝニ'ィ,〉
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、_`ーァ ̄ヘ>'" ,,..,,、  /lトィヘ     「おうルルーシュ、ちょっと俺とホットでハッテンな
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′     柔軟体操をする気は無いか?」
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
:.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.
:.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.
:.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:
:.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:
:.:l:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j ,イ ヾ


                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.::::::u::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|
               l:i{::ト、::ゝ?f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }     u .|/l/  }:::ト!         「・・・ハハッ、遠慮しておきますよ。
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从          アップはもうすませましたからね」
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |
         /{ // | ヽ        | |  { >ニニV  /    / j
        /__//   j      r‐─ 二ソ        「」 } .′    / /{
        {-- ´     ト、    { 「」´          | |/     / / }
          ',      |} 丶、   ト、ヽ            \|/   /    .イ

908名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:14:49 ID:wIhvWwNg
ここでルルーシュか…
できる夫タイプかな?

909 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:14:56 ID:hc4JLGDA

           _,, -‐‐‐-ー、,,_ ,,r 、
        ,,/             ト、
      /              | 丶、
     , ´  /             i   ` ゝ
    i   /             /   \
    i   /   / /   ノ    /   l  丶
   { l  ,i i /‐-/、 /i   ,-A-‐‐ i  l i
   | i  l  ||ソ  ハ メ / リ´/  丶  | ∧l
   l  ! |_ノヽ_ミ≠セエ l //イf升アi } リ i
   レ ハr! ̄ヽ,´ セ 夕 レ  ヒケュシ リ /iノ      「ルルーシュ君、打球がお尻に当たってしまいました。
    ノ,( ヾ ||            ハ/         ちょっと見てみてくれませんか?」
     `トヾ  i           l l
      | \\ト 、,,   ▽  ,ィ´ |/
      `丶 ,_        ≦ー-- --−つ
         ヽl        r__,, --‐ ´
          i  ・    ・ 丶
          ',         ` ヾ‐-、
           ヽ          ||  ヽ
            丶         ||   }
             ヽ、      〃  /
               ` 、-r‐<7   /
                 ヽ`ーl   /
                  丶|   /
                    i  ハ
                    l ∧_ i
                    ー´

      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.U:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l      「そ・・・それは大変ですね。
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|         すぐにドクターを呼んできますよ」
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|?l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |     U ///:/ l:.:.l:|ソ |i
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :

910 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:15:17 ID:hc4JLGDA

            /´ /;イ: : : ! : : l: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : l、 : : : : : : ヽ: : : : : :
             // /: : : :l: : : :l: : : : : : : : 、: :ヽ: : : : : : lヽ: : : : : : : l: : : : : :
            /'´  /: : /: :!: : : :l: : 、: : : : : ヽ: : l: : : : : : !: ヽ: : : : : :l: : : : : :
           /'    ./: : /l: : l: l: : : ',: :ヽ :、: : 、:ヽ :l: : : : : :l\ヾ、: : : : :ト、\: :
               l : /イ: : l: :l: : : :l: : ヽ \: \ヽ! : : : : l\ヽ:ヾ: : : : l、: : :\
               ,': :/ l: :/ヽ:ヽ: : :ト、 :、: : :_ :\ヾ: : : : l : ヽヽ:ヽ: : l:l:\: : :
               l /  l: /: :/l、ヽ: : l>、\\:ヽ: :\ヽ: :l: : : lヽ: : ',: : l:', : :>
               l:l  l/: :/: l: ヽヽ ','´L__ゝ_≧:ヽ: l`:\': : : l: :ト: :l: :!.l !: : :
               !l  /:/ヽ: :l`Уヽ:ヾ'´ {泌、イ \ヾ,: :/`\:!: :l: :λ!: l !l,: : :
               ! /:/  ヾУ  \ヽ. ̄´`ヽ  l`メ: : : :メ、l: :/ ヾl:トリ}: : :
               ' /'    /     ヾ    `  l:/l: :>: l: /:/ ( ゞl ノ!: : :   「・・・」
               ,--=‐ 、.  ヽ      \    /イ l: : : : :l:/' /イ>.7: : :
               / , -、 ̄ヽ\ ヽ         /'  l: : : : :l/ r-イ´ l: :l:ヽ: :
             , -' ´  `>'ヽ、_`ヽ _        l: : : : /イ    .l: lゝ/
             l  ,/' ´ /`丶ニ,〉` ̄`       .l: : : :/'     /!´
             l /  /y'´ ̄:: ̄:::丶         l : : /     /  l
            .〈   ヽ':::::::::::::::::::::::::::::',_ _ , <:::ィ: : /    /
             ` 、 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-‐匕ヘ l: /   /       /
                l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::h!   .乂、 ./        /
                ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  />'´         /
                 `> 、::::::::::::::::::::::::::// >'´λ‐-、        /
                    <::::::::::::::::::::::/' /   l ヽ \     ./   /

古泉と阿部は同時にため息をつく。

911名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:15:30 ID:PWzVY00E
ルルが来るかー

912名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:15:43 ID:D2a04puQ
イジメじゃねぇのかこれwwwww

913名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:15:49 ID:rX6XdS8A
もうやだこの球団

914 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:15:50 ID:hc4JLGDA

阿部は重々しく口を開く。

           ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
       /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
       ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
       |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
      _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
       !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ                「なんというか・・・お前はいつも普通だな。
      !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ                 もっと面白いリアクションはとれないのか?」
      ヾ、!      !ミ    ,レソ
        `|      ^'='^     ム'′
.        ト、   、,.-‐ 、,,  /|
        i| \  ' ニ   イ.:|
       ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
       ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\


古泉も、呆れたような口調で続いた。

            f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
           _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
       /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
       }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
       /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
      /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
      /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |   「そっけない対応だとしても、
      // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |   キョン君のように愛がありません。
     /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|   そんな対応では誰も勃ちませんよ?」
       |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
       |  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
          !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
          |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
          i  }   `ー イ       _./´ 入
                 ,ヘ     _./    / ヽ
               ,/  |  ./     /   |ヽ、.
             ./l   ,ゝ<      /    |  `ヽ、
         _, . '"´/ | l"   メ.    /     |      `ヽ、.
     _, . '"    /  |.∧   / ヽ.  /      |        `ヽ-、_

915名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:16:25 ID:/1TVKkrs
無茶振りが過ぎるww

916 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:16:28 ID:hc4JLGDA

::::::::::::::,:イfkァ.:::∠ミ 、V.:::/ /.::::.:::: イ____,/.::::/-‐ ¬.::
.:::::::/ff /∠    vハ}イ /.:::ィ7 //.::::::/.:::::/-──‐ァ.:::i
:::::/  {L//{{℃ik}} vハ/.:::/ { レ'/⌒`イ.::::::/_ ー──ァ.:::/|
.::/ \メ、 `¨¨¨´  v.:::イ   ゝ一ァ' /.::/  _xkァ==イ::::ムミ
:/  ` `三≡==一zl.:/     / //  >'"´ _   _」:/
′      ‐ ==ァ斗 ´        /L_ イ    {{℃fL}{}
          |          /   ヽ、ヽ、  `¨¨¨|l ,ィ/
、         {               \ `≧xz={彡イ:     (どうしろっていうんだっ!)
::ヽ         |   、             `   `≧´.::::
\l                       ー==ニ二:::__::,:::::
          /` ‐-  _               /.::::::
         ハ、      `丶、           /.::::::::::::
',       ∧_」三三ニ=‐ .、 ハ        /.::::::::::::::::::
∧      /三三三三三==三L」        //.::::::::::::/.::
/∧    /三三三三/       l     /イ.:::::::::::::/.:::::

常識人であるルルーシュは、このチームに溶け込みがたいものを感じている。

     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:?       (補足しておく。愛はない)
           ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \?
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                  ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ,....−:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

キョンは自分の気配を消し去り、じりじりと後退を始めた。

917 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:17:22 ID:hc4JLGDA

話題を変えようと周囲をざっと見回したルルーシュは、やる夫に目を止めた。

                        . -‐:.:.´ ̄:.:.:`:.丶 、
                     -:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               _ -‐ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.,
            //:.:./: .:./:.:.:./:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          /:.:/:.:./: .:./ :.:./ .:.:.!ヽ:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|::..:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         // :/:.:./ :.:.:/ .:./ :.:..l|ヽヽ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
       / / :.//:/ :.:./ :.:/ .:.:../:| \\:.:.|:.:.:.:..:l:.:.:.:.:.l:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  (救いの天使に見える!)
     ,/  / :.//:/ :.:./l :./ .:.:../|:.| __-‐弋ヽ!:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.!:.:.l‐、.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l
     ´   / :.//./ .:.:./:.! .,' :.:..∠//´l_.=≠才l:.:.:.:.!:.:.:.:.:/:./^、l.:.:.:.:.:.:.:|:.:|
       ,' :./ ,'/ .:.:./.:.:.| .l:.:.:./l //ノ¨|フ:}///.:./:.:.:.:./:./〉//:.:!.:.:.:.:.:l:.:l   「あの15番の選手・・・
       |:,' / l :.:./__,|:.l/,イ/´  /´ //:./:.:.:.:./:./_ イ:.:./.:.:.:.:.:|:.:!    見覚えがありませんがどなたでしょうか」
       |{  l |:./l  r-|{ /ノ      //:./:.:.:././ / /.イ:.:.:.:.:.:.||.:|
       ヽ、  ヽ | | r:.:./\     //:./:.:./:.:イ ,.  /:/||:.:.:.:.:.:lト、{
          /゙ } | |∠__\__ //イ:////  // ||:.:|:.:,'|| `ー
            / / {-------ヽ   /´ ´‐ ´  /´  |l:.:|l:' l|
           /   く ̄ ̄ ̄/ ̄))_.. イ          |ヽ|| `
          /     `イ ̄ / ^¨,─┴┬─────‐‐`lヽ
        /         /   { ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       /         /     l : : : | |,-、 〈〉 ,- 、: : : : : : :l
      /       _ ' ´       |: : : :| |⌒))||((⌒: : : : : : : :|
      |     | ̄   ____/|: : : | |: : :》||《: : : -─= ̄ ヽ


     _. -‐- 、 ,. -─;-
     >- !i! ′ !i!  ̄`>
.    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
   '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
.   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
   | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! | ククク・・・
   ,h ノ==。= ,  =。== i r〈
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|        「やる夫か。
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン         お前と同じ高卒のルーキーだ。仲良くやんな。
     ハ l ー───一 l ハ          まあ、中々難しいかもしれんがな・・・」
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l

赤木が笑みとも苦味ともつかない曖昧な表情を浮かべていることに気付かず、
ルルーシュは素直に疑問を口にする。

918 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:17:43 ID:hc4JLGDA

    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|    「ドラフト後の入団会見の時に、見かけなかったように思うのですが・・・」
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :

今年のVIPスターズのドラフト指名選手はたったの4人。顔は全員覚えていた。

       -:─- 、 ,. -─;z.. _
     ,  -‐ゝ. !i ′ i!i  ii  <
.  ∠..._  !!   !i   !i  i!i \
.   , ' ´!!   !ii  !ii  i!i  !i  ヽ
 ∠ -;:‐ !i  !i ,、!!  ii!  !i!   !i l
.  , ' i!i , ,ィ ./ーゝ.!ト、i、. 、 !ii   i!
  /.イ ,ィ'l/`K  ̄ ,ゝ!ヘ.「ヽ!\ !ii  !i|
.   l/ l===。、 ,, ===。=:| r=:、 :|
.       l`ニ/   `ニ二´ |iFvリii|     「ああ、テスト入団だからな。」
      l/  __-, ー- 、 :|l_ン |
       `i ー───一 l ,.ヘ !i i!ト
.        !   ---    /:: ヽ :|(:ヽ
       ゙、      /:::    ヽii|:))::\
.       _,.ヘ.  ./::::     ヽ!(:(:):):|`T''ー-
 _,, ..-‐..T"./)(:`イ::::       /::))((:(|....l.......l.
 .......l.......l.../(::))::):|       /::)):((:::):)|....l.......l.
 ......l.......l../)):((:((:|    /:((:((::))):((::|....l.......l.
 .....l.......l/((:::);.ベ|   /));.べ::)):((::)):):|....l.......

そっけなく、赤木は答える。

919 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:18:36 ID:hc4JLGDA

       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ    「テスト入団・・・?テスト入団でもう1軍合流?
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l      相当な実力なんでしょうね・・・」
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \   <隠れた逸材というヤツですか・・・
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \


            -------
          /ヾ        ヽ
     ∠⌒ヽ/           ヾ ヽ
    < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
    /             ヾ   ヾ  ヽ
   / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
  //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ
      (              |  ⌒ヽ  |
      丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |
       | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |          「いや、そんなことねえと思うがな」
        | ━/   ━      | | し  |
        | -/   丶 --    | | 丿:::|
 )     │ /            | |   :|
 (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
  )     丶     \     / | ゛::|
  (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
   )   | /// 丿      /   |  |
   (  //γ  レ/⌒   /   │|
    〜- | (    //ア
       |   (  レ /

火のつけないタバコを加える赤木の表情は、実にあっけらかんとしたものだった。

920名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:18:56 ID:VTp9U226
こいつら最高w

921名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:19:44 ID:EUMiunTs
オープン戦とはいえ高卒ルーキーが登板のチャンスをもらえるというのはすごいことだな。しかもやる夫はテスト入団なのに

922 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:19:46 ID:hc4JLGDA

::;:::;;;;::::;;::;;;|;;;;:::::::::::::/:::/:::/ /:/::::;;;;;;;;/:::/::::/ /::/::/i,ゞ斗弋::::;;;;;;;;;;;/:::/:::::::::/::/
;::::;;;;|::;;;::;;;.|;;;;::::::::::/:::/::/ |:/::::;;;;;;;//::/::/ /:/:::/-i'´`l ヾ\;;;;;;;/:::/::/::::/;;/:::
::::;;;;;|::;;::;;;;;|;;;;::::::;/+-、/_/ |:::;;;;;;/ |:/ノレ-'//´/  .|-_=-''´ヽ\;/::/::/::::;;;;;;/:::::
::::;;;;;|:;;;::;;;;;i;;;;:::;;/ |ハ/`''/ヘ i::;;;;/ , |'''i/ // ./-''-ナ´歹乃 ヾ/:::::::/::::;;/:::::::;;;;
:::;;;;;;|:;;;;:;;;;;ヽ;;;;/,=/-il、_ /、 |:;;/  .i | // /斗匕ン廴ノノ ノ/::::;/:;;/::::::::;;;;;;
:::;;;;;;|:;;;;:;;;;;;;;`、ヽヾ 弋_イ''-、_|/    .i ./ /  ー-―''''´´ ̄/::/;//:::::;;;;;;;/
::::;;;;;|::;;;:;;;;;;;;;;ヽ\ \廴ェ-''´ヽ      /         //;;//::;;:::;;;;;/ ,
;:::;;;;;;ト;;;;i;;;;;;:;;;;::;;;;ト、 ´     |            / / /:;;;;;;/  /::  「背番号も15番。
ヾ:;;;;;ハ;;;;|i;;;;::ヽ;;::::`、ヽ     |           / , '´  /;;;;;;;/ r-イ::;;;;;;   ・・・相当期待されていると感じますが?」
ヽ::;;;;| ヽ\;;:::ヾ;;;:::\      i               /;;;;;/´./  |´;;;;;;;;;
 ヽ:;;|  `、 ヽ:ヽ\::-`'-、  ヽ              _,-''´  ノ  il:;;;;;;;;;;;;
   `'、  `、 \、 `'-\- '  ` _              /   //;;;;;/;;
    ヽ     `'、  i:::ハ、  ー-=-=−── -´   //    /ハ;;:;;;il;;;
            '' i;;;ハ;;`'、  ー───    , <´;.;/     /_ i;;;;;;;il;;
             レ  `;i i.\        /;.;.;.;.;.;/ _ _ _,-''''/´__|;;;;;;| |;
                i  ヾ;;;;\    <;.;.;.;.;- '''' ´_ , - ' ' ' ´ |;;;;;;i `
                   i;;;;;;;<ヽ_ / / ̄_,- '' ''´       .i;;;;;;;|

プロ野球界でも背番号は意味を持つ。
高校野球ほど絶対ではない。しかしある程度の意味は持っている。

プロのエースナンバー18番は特別な番号だが、一桁はレギュラーの野手が多かったりだとか、
55番等プロ野球記録にあやかった番号だとか、それなりの意味は持つ。

15番―
10番台の背番号は、通常1軍の投手に与えられる背番号である。

923名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:20:16 ID:D2a04puQ
ルルはポジションどこなんだろ。

924 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:20:54 ID:hc4JLGDA

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| ===。=.,, ,==。=lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l       「ああ、それか。
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l        契約の時に背番号で大揉めしやがってな。
      /| ii /'\ ′ー──‐7′       ククク・・・ やったと言うより毟り取られたと言う方が正しいな」
   _/):| /    \  = /
‐..T....|((::K     \.  /\_
.....|.....|::)):l(ヽ      `r1几l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l)ゝ(:>    /:)(::/:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l:):))ヘ:><へ/:))l .|.....|.....|....


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|   「その話、詳しく聞かせていただけますか?」
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|         「面白そうな話じゃないの」
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\

赤木がニヤリとしたのに、古泉も阿部も釣り込まれた。
とりあえず、話題をそらすというルルーシュの計画は成功した。

925 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:21:17 ID:hc4JLGDA

いつの間にか、ホモ2人に挟まれた位置関係になっていること以外は―

//:.:/:.:.:/  /:.:.:.:.//    //        _____l:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:
:./:.:./:.:.:/  /:.:.:.:.//   //  , -‐=´ ̄ ̄ _---- ヽ:.l_'.:.:.:.:.:.:.:
/:.:./:.:./  /:.:.:.:.//  //__∠ _,-ェr=¬ ̄ヾ  ̄`─、::',|::ヽ:.:.:.:.:.
/,':.:./  /:.:.:.:.// // ,--' ̄: : : : : : : : :|i: : : :ヽ    ¨|::::lヽ:.:.:.:
 /:./  /:.:.:.:.//-‐=´// : : : : : : : : : //: : : ',::::!     }::/ ∨:.
./:./ _r/:.:.:/// .//:ヽ ヽ_ :_: :___://: : : : :l::::}   /:/  /:.:.:.
:./二-/:.///  /‐´ : : : : ゝ7(::)l┌: ´: : : : : : /::/   /. '  /:.:./
/三‐/:/ //_/l::| : : : : : : : { .{___}. }: : : : : : : :/::/   /   /:.:.//  (トレードに出してくれ!トレードにっ!)
-─/:/‐'//    ',', : : : : : : : :.\_/: : : : : : : ノ/  ノ   ./:.:.//:.
  /:/ //>─--⊂ニニニ===、___⊂ニニ ̄ ̄,つ   //://:.:.
 //_/---=ニニニ¨ ̄ ̄ ̄` ─-    ヽ.'./    //://:.:.:.:.
/-‐./    ̄ ` ─- 、             | |    //://:.:.:./:.
  /          ` ‐、 ヽ                | |     //://:.:.:./:.:.  <触るな!舐めるな!
/                         | l  //://:.:.:./:.:.:.
                          | |  /´/:.:.:./:.:.:.:

隣に居たはずのキョンの姿は、最早どこにも無い。

926名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:21:53 ID:eTw7AFM6
キョンの危機回避能力は異常(wwwwww

927 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:22:32 ID:hc4JLGDA

アカギはまるでやる夫が目の前に居るかのように、一度苦い笑いを見せる。

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW        「アイツがいうには・・・
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l          15番ってのは刺青なんだとよ」
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....


            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !         「・・・コイツが刺青とはね」
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|

阿部はチラリと、自分の背中に目をやった。
自分が誇る、伝統と栄誉のある背番号が、その目に映っていた―

928名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:22:36 ID:/Q8JK9eY
そういや14番の次の番号だから運命みたいなことを言ってたっけ?

929名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:22:38 ID:AkFlcK/.
ルルが悲惨すぎるwww

930名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:22:53 ID:wIhvWwNg
舐められるのはきつすぎだろwww

931 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:23:22 ID:hc4JLGDA


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


話は紛糾していた。
テスト入団で拾ってもらった若造風情が、背番号15番を寄越せといって譲らない。

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


礼儀にうるさいフロント方はもうカンカンだし、そうでない者もうんざりとした表情を見せている。
熱狂的で定評のあるVIPスターズだ、18の若造に殴りかからんとする、不穏な空気さえ流れていた。

                      rくこjこjこjニス
                  x=ニニ=x     (_)
                    /n   nハ    ()          く⌒>
                    , lNV  Vハ !     0o 。       。oに7_ア
                     l_jlニ7⌒fニ7:ト、       ゚oo () ○   く___>
                  ハ/ // ヾv |小
                〃ハ//   ハ∨li ハ..__    ´ ̄`ヽ.          (封印したキャメルクラッチ・・・
                ,.ハjハj`ーr==<ハjハ}   `Y´      Y      /´!    解く時が来たようだな!)
          -- 、/   {  {:.  j l::.. __     、     ,ハ   _,.イ l/`Y
       , ':.     : :: :.:`ー─=ミY彡=ニ´     、 `ー:::.´   と´_  し' | 厂!
        i:: .    .::.        v        Y!::.      くア⌒ヽ/ / ./、
       ,ハ::.    イ:        .:}i:          }l::. l{:.:.    /   `くl_ハ_〉
       /::.:. `ー '´ :l{::. ..       .::l{:.        〃::.八:::.:.. 〃     Y´
       ,′  :.  、ハv::..     . .:x个ー- .::__ _,.ノ八:.:  `ー  l{::.  }l  i
           ※VIPスターズ球団役員 蒙古 流万(62)

やる、やらないの言い合いは既に1時間にも及んでいる。

赤木はもう面倒になっていた。
余ってるのだからやればいい。その程度の気持ちであり、口を挟むつもりはなかった。

                 ゝ ソ----ヽ
             /⌒<ヾ   ミ  丶- ⌒ヽ
            (  ─ヽ ∨∨∨\ヾ|    /
             ヽ  │⌒ ⌒ ‖)|/   /
              \ | =[= ‖/   /
                 | (⊂⊃) /    /
                 / 丶__/   /
              /  <∨>    /   ━┓┃┃
                  /  </  │>   │     ┃
               /  </   │>   │   ━┛
            /   /    │    │  ┏━┓
              ──────\     \ ┃  ┃
             /           \    │┗━┛
           /  /───────\  丿   ツ
         /  / \  \             ・
     ─\ /    \  \           ・
   (__丿        ──            ・
                ( 丿

932名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:23:59 ID:/u52Gmuo
アカギも止めてやれよ
ドラフト1位が野球以外で潰れたらどうするww

933名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:24:09 ID:AkFlcK/.
モンゴルマンwwwww

934 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:24:28 ID:hc4JLGDA

話の紛糾を見かねたのか、じっと沈黙を続けていた鶴がついに一声を上げる。
発信元はVIPスターズ・オーナー江田島平八。オーナーもこんなことには拘らない主義だ。



だが、筋を重んじる人である。

                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/   「・・・納得できる理由を話せ。
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |    ワシが納得できたなら、15番をお前にやろう」
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

やる夫の筋を、平八は問うた。
その言葉は口数が少ないだけに荘厳で、権力以上の圧力を発している。

役員一同一瞬で黙り込み、オーナーに全てを任せる事とする。

935名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:25:00 ID:BDCzvo1w
やっぱ阿部さんは88番なのか?

936 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:25:12 ID:hc4JLGDA

やる夫は暫く黙っていた。
別にオーナーの圧力に負けてではないことは、その平然とした表情で解る。

ただ、話したくない、それだけの事だ。

           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'    「・・・」
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ


皆も一様に、沈黙を続ける。
やる夫の言葉を、皆が待った。


     __   ___,  /!
.   /-、} / 、∠. イ  レ'|   |
  // // l   !\  |  \|. ! |
  l l//   \ ヽ >   __.」 1. ル'
  ̄l'" / ̄`ー     ゙ 「   レ' l/
.  |.    \  r  │
.  !      \ ヽ │        (雰囲気だけは一流だな)
. !_.」     ,へ._/\」 ┘
 |│   ./
. l.l    /
イ`!`ー-'
. | |
 ||

我意が通せる立場で無いことなど、考えずとも解るだろう。

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

しかし、理由を話すか話さないかすら、自分の基準で考えている。
そのたたずまいは好き放題に我意をいう、スター選手そのものだ。

937名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:25:15 ID:EUMiunTs
ルーキーで10番台が与えられるのはドラフト上位でめちゃくちゃ期待されてる投手ぐらいのもんだからな

938名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:25:24 ID:D2a04puQ
ちょwwwww
オーナーこの人かwwwwww

939 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:25:48 ID:hc4JLGDA

やる夫は、一度オーナーを見据える―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  .キッ!   / \   / \
___∧,、 /  (●)  (●)  \____
 ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



オーナーは、真っ向からやる夫を見返す―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j ムッ!
___∧_」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、____
 ̄ ̄ ̄`'ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





睨みあったその先に―




何か通じ合うものでもあったのだろうか。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

少し首を振った後、やる夫は胸の内を吐露し始める。

940 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:26:42 ID:hc4JLGDA

決めたら後は迷わないのがやる夫。
言葉に乱れはなく、淡々とした口振りだった。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \        「やる夫は・・・何故か15番という背番号に縁があるお。
 |      (__人__)    |         小・中・高。ずっと野球をやっていたけれど、
 \      ` ⌒´   /         何故か15番がやる夫の背中にはいつも張り付いていたお」


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\       「・・・1度も、レギュラーを取れなかったということですお」
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

やる夫は哂う。

      __
.     /     `v─- 、
.   /             <、
   l      ./レ'\  \
   |  _ ,ィノ─- 、`ニ>、「
   |. { rl |  ===。 く
   | じ|.| u `二  _ \
   |   ハl  r─‐' ‘ ‐、-'
  ,.へ / ヽ l  ⊂ニニ´
. ∧  \  \  ┌ ′
/  \   \  >、__j
     \   `く
.       \  ∧

それは自分を哂ったのか。
自分を認めぬ、周囲を哂ったのか―

941 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:27:12 ID:hc4JLGDA

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\        「刺青・・・みたいなものですお。
  |   (__人__)      |         やる夫はずっとレギュラーじゃない。エースじゃないってコイツに言われて、
  \ ヽ|r┬-| /   /         周りにも見せ続けていたんですお」
  /   `ー'´      \

やる夫は、自らが背負って来た背番号を刺青に例えた。


        /|` 、              /|` 、
       / |  \          _/ | `、_
     / ̄ ̄ ̄ ̄\,,      / にく     \
    /  肉      ヽ    / ,.-‐、  t‐- 、、   \
    |、-。、_,。-‐、    |   / l´  ・i  |・  `‐i   ヽ
    |ヽ_ノ ヽ、_ノ    /   |  |    l |     |    |
    |  >ー く     6 l   |. |    l- l     |    |
.    ヽ ( ー- )  ,-′   |  i、_ノC ` ─, -     l  ・・・・・・・・・・・。
      ヽ>― く_ /ヽ     ヽ (______    /
     / |/\/ l ^ヽ     \            /
     | |      |  |      l━━(t)━━━━┥

幾人かの役員が、不快感を顔に出す。
やる夫の感覚は執念染みている。その感覚が理解できなかったのだ。


      ___
      /\:::::::::/\.
    /:::<◎>:::<◎>:::\
  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\        「刺青は、一度いれたら消えませんお。
  |     ` ー'´  u   |         やる夫が15番を背負い続けていたってことも、消えませんお。
  \  u   :::::     /         だったら・・・」
  /    :::::::::::::::::::    \

そこでやる夫は言葉を切り、自信満々に言ってのける。

942 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:27:45 ID:hc4JLGDA

             ,ノ        ,,   -‐
           /     _  -‐        /. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        ,/    ,  '´           ./:               \
       /   ,/             /: :                \
      /  /             ./: : : :                   \
      /  /.       __     ./: : : : : : .._         _      \
      l  ノ.       / .ヽ   l ; : : : : : :´⌒\,, ;、、、/⌒`         l
     / /        l.   ',   |: : : : : ;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::     |
    ./ /     .,-‐、 l _ _ }   .l: : : : : : ´"''",       "''"´        l
    ; /     ∠,,,,,.」 -‐、  !   \ : : : : . . (    j    )、       ,<´    _......-―--..、
     !;_,, -‐''"", .-‐'⌒ヽT  l     \ : : : : :`ー-‐'´`ー-‐'′     /:::ヽ-‐'::´::::::::::::::::::::::::::::l::`:...
     ゞ-‐''"/   __ノ l   !     ./ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,イ:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::
       γ   / !      ',   /::::::::::`\: ``ー- -‐'"´   / /::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::
       ヽ   ´L_⊥ -―---' -<::::::::::::::::::::::ハ:\ : : :   _//´ ,'::::::::::::_::-‐:、\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::
        l       i      ,)::::::::::::::::λ `‐-、_∠     l:::::::/::::::::::::::`:\:::::::::::::::::::::/:::::::
        ゝ   , -― ' ´ ̄ ̄  ̄ヽ:::::::::::::::/.ヽ   /:.:.:.:.λ   ィ::::::/:::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::/:::::::::
         ノl         _ ,イ:\:::::::::/! ヽ  .∧:.:.:./ ヽ ./ l:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::
       /:::::!l、  _ -‐' ´ !:::::::::::::::::ヽ:::,' !  \! ..〉‐〈   ∨/l:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;,':::::::::::::
       /::::::l l \.´  !    j::::::::::::::::::::l:::l  ',    /:.:.:.',    / !::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::
      /::::::::! l        ノ:::::::::::::::::::::::l:l.  ',   ./:.:.:.:.:.',  /  λ:::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::
---------------------------------------------------------------------------------------------

                   その15番。やる夫が輝かせて見せますお

---------------------------------------------------------------------------------------------

943名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:27:59 ID:/Q8JK9eY
1は取れなかったんだもんな…

944名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:28:08 ID:/u52Gmuo
どおりで時代を超えた超ど根性球団なわけだわ

945 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:28:47 ID:hc4JLGDA

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\           「やる夫が背負い続けた15番。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\         それがエースの番号だと、15番がエースナンバーだと、そう言われるまで。
  |     |r┬-|     |         勝って勝って勝ちまくってやりますお」
  \      `ー'´     /

やる夫の視線が役員達を見回した。




                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... -−''' "´
 ―−―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......
------------------------------------------------------------------

            だからやる夫に、15番を任せて下さい!
               必ず!勝ちまくってみせますお!

------------------------------------------------------------------

946名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:28:53 ID:9U7EcJZk
15を輝かすか・・・

947名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:29:10 ID:UnMbRROo
おもしれー奴だww
ここのやる夫、何か好きだわ

948 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:29:16 ID:hc4JLGDA

拳で机を叩きつける音が響いた。




無礼である。
だが声を発するものは1人も居ない。

::::::/‖  ‖   ヘヘ
:::::|//‖ // /   | |ヽ‖    ‖
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧‖
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |‖|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |   (こいつは、大物か大馬鹿者かのどちらかだ―)
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ
::::::::::::::::|  /          u  || ‖|
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ‖
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ‖|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/

倒錯もいい所だ。
未来で過去を塗り替えようと言っているのだ。

だが思いの強さだけはひたすら伝わってくる。
18の小僧の言葉に、VIPスターズの重鎮達が圧倒されているのが、その証拠ではないか!




                    ,r'"´丿ヽ ̄`ヽ、
                 / ,r;:;:、 ⌒   ,ィ;:!
               /  ,イ;:;:;;:;::ゞ、 i ,r;:;:;:,、j
               _」 ,′'´r ェェ-、  j;:イェェ、l、
             / ゝ,イ j `ヽ`"´.::;;  ト、"´ ヾi
             ! ,イl〈〈    ,ィjハノ。 。,j、、,,.  l
                |  Y」 i; ,r'´r-、ニニニ = i! ,/           「・・・」
             !  ,'  / ,イ,ゞ-j!ーi!ーl-{ i! |
               ,>,イ  ,!  i/       ,! il,!
            /.:.:/ i .,'  / -‐' "´ ̄ ̄``、ハヽ
           /.:.:/  | ,' /  ‐'´ ̄ ̄``ヽ `j ,!
         _/.:.:.:.:i  l  ゝ、_      ,:;' ヽ ー' /ヽ
    _,,,/.:i|.:.:.:.:.:.:|  ゙、        ,:'    /.:.:.:\_
_,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|   `ゝ、. : . : . : . : . : . : ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ___
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    i  ``ー 、.:.:.:.,、-‐,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:|    l      ̄  //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

オーナーが、静かに頷いたのを、かろうじて赤木は目撃した―

949名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:29:46 ID:rX6XdS8A
かっけー

950 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:30:11 ID:hc4JLGDA


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


弾けたようにルルーシュが笑う。

       /:.:.:l:.:.l:.:.:|:.:,'.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:ハ:.:.:r 、:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ハ
       ,′:.:l:.:.|:.:.:|/ :.:.:.:.:.:/:.: /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!:.:/ |:.:.| ':,:.:.{ヽ:.:.:j:.:.:.:.|.:.:,
        |:.:.:.:.|:.:.|:.:.:l.:.:.:.:/.:/://:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //|l  |:.:.|  ∨:}、\:.:.:.:.l.:.:.:,
        |:.:.:.:.|:.:.l:.:.:.':.:.:/ //¨フ'イ廴|:.:.:.:.:.:.:/,  //_」レ''「.:.:、  ∨.:}、 '<:.:.:.:l
       |:.:.:.:.l.:.:.':.:.:.∨ /y=ミ:、,リ 寸:.:.:.:,イ!〃,ィ//´ノ,>==ミム  ヽ:.:.>:、 `ヽ|
      |:.:.:.:.l:.:.:.':.:.:.:∨ {{ fて心、 |:.:.:/ リ:{{彳:/ ,.ィ,ィ'?ヽ }}ヽ |:i、:}.:.:.`!   !
      ハ:.:.:..':.:.:.:.:.:.:.:.',   辷zク_` |:.:ハ.  //  ヒ込ィツ ノ /〉.jノ l|、.:.:|  |
        ',:.:.:.l,:.:.:.:.':.:.:.:', `¨¨ ̄   |.;' }  /イ    ̄¨¨¨¨  //:.ハ リ \:|  |_   「ハハっ・・・凄い人ですね!」
        ',:.:.|∨:.:.:.':.:.:ハ      |' ノ          /´:./.:.:\   ` ー-:, \
        ',:.l |\:.:.:.',:.:.| \     :|         r───── '′  , ヽ \
         ':| |:./ \:.ヽ|\_|   ___`           }  _____       ' 、 \
            |;' /ハ:.:.:\ \ ヽ  /` ー--─=7 /  /:./.:.:.:.:>'
             | { ハ:.:.:.',.|二|、 ∨       / /  /.:> ' ´
             ム ∨ }:l:.:.}:.:.:.:.|ヽ.  、    /  / /    __,. く
______/  } V 从:.{ハ:.l:.:!  \  ̄ ̄   {/ .ィ'´厂    l \__
           /   \ リ 从:.!':   \    / / ,レ'′    ;|    \
            |    \  リ :,   ` ーく / /     / |


         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l         「どっちの方向に凄いのかはわからない・・・が、
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂    面白ぇのは、確かだ」
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....

古泉も阿部も笑っていた。

951 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:30:57 ID:hc4JLGDA

―将来は大スターか、気狂いかのどちらかだろうよ―

赤木がそう呟くのを聞きながら、ルルーシュがやる夫に顔を向ける。



丁度、カズマがやる夫を殴りつけていた。
              __
           .-´    ``ヽ
   ヘナップ!   ./  ヽー     `ヽ
         / ノ    (O )ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ
        / (●) __)⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
        | ::⌒(__ノ/  ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
       。ヽ 。   )(  }.  ...|  /!
          ヽo (__ン  }、ー‐し'ゝL _
         人  ー   jr--‐‐'´}    ;ーー------
        /        ヾ---‐'ーr‐'"==


どんな失礼を犯したのだろうか。
あれほどにこやかだったカズマの表情が怒気に満ちている。

あまりのタイミングの良さに、ルルーシュは大口を開けた。

             / . : . : : / /: . /: ://:/_j: l: . : :l: : : : : : ヽ
         / . : . : : / /: : /: /, 彡'´ 丶ト、: /: : : : : : : :ハ
        ノィ :/. : :/:,/ : ,/ィ, r〃.ィ≦ ̄`7ソ: : : : : : : : : ハ
           /: , : : :l /l:≦メ!l{/ ´ {‐彳)  /:/ : : : : : : : : :|
         , :/l: . :,:l':ィl'fr!iノ/     ̄ ̄  /:/ : : : : /: : : : : l
         l/ 'l: ./: : l ̄〈        、 ノィ: . : : : ム: : : : /
          ′ !:/: : : !  、,.==ニ二}  /: :/:/⌒} : : l
              l': :|: : ハ  ヽ:/     ノ  //:/ __彡': : :! l
          j: :ハ: :l: :ヽ   {   /  /´ ̄ __//: : : : : トl
          /'´ ハ:l/ l\ `ニ´        /:/ : : : トl   _,,.. -‐
            l:ハ!.  l:,l ヘ __   ニ´___/´l: : : :トl-‐ '´: : : :
           ノ′` .ノ''l: fニニニl「 ̄:ハ ̄ ̄!: /: : : : : /

952名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:31:30 ID:/Q8JK9eY
何があったwwww

953名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:31:39 ID:jDTCJ54k
テスト上がりの新人に対し、役員が「集まってくれる」球団なんて他に無いわな
VIPスターズも懐が深いわ

954 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:31:52 ID:hc4JLGDA

古泉も、阿部も腹を抱えている。

             __ ,.-¬- 、._                     〃                 i,
             / '´,  、   、 `ヽ、                 r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ                 !  :l      ,リ|}    |. }
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ            .   {.   |          ′    | }
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、              レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|                !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|.               l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !            .    ヽ.ヽ        {:.    lリ
           l\l|    |    //ィ N              .    }.iーi       ^ r'    ,'
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `                    !| ヽ.   ー===-   /
          '′lハn\ `ニ´/! !                ..   /}   \    ー‐   ,イ
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\         .       __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\



赤木は笑えない。
1軍に呼んだのだ。それならば、笑うわけにはいかない。
今までのように楽しんではいられない。

     _. -‐- 、 ,. -─;-
     >- !i! ′ !i!  ̄`>
.    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
   '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
.   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
   | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |
   ,h ノ==。= ,  =。== i r〈
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l

955名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:32:18 ID:/u52Gmuo
これオープン戦の練習マウンド上なんだよな…
客が多分入ってるんだよな…?

956 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:33:17 ID:hc4JLGDA

赤木は監督だ。
監督は見極めなくてはならない。

その選手が―
         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| ===j= ,,r ==j=lW
      |.i!|.「l | `二´  \二´/
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....




大物か、大馬鹿者なのかを―

                     ,;;---−―――――--,,,
                    /              \  <ニドモブッタ!
 , ;                /                 \
        c==ー^      /li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : :    \:.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦    ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ    .::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一   .:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
          . ィー- く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
         / :` 、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/, ¨¨¨"¬r一=,,___ : :
       / ,        ヘ、__       彡彡 ´ _ ー
      /           . : : : ´¨¨¬     , /
     ./                  ヽ、   /                                         <ジャカアシイ!

957名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:33:37 ID:clvo.8co
背番号15番と言えば工藤の弟分だった伝説の投手、藤井将雄ではないのか?

958 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:33:47 ID:hc4JLGDA


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


ついに、オープン戦が始まった。
先攻:羽亜速パイレーツ、後攻:VIPスターズ。

まだ冷たさが残る風を切って、颯爽とマウンドに立つのはVIPスターズのエース―





            ス    |  {{ |      |     ||       /    /  |
          l     | /⌒\  ll |       | l i   /_   /   |
   だ   超 ハ°  |'       \| l       l l l /´  ∨ '   |   :   オ
          l     |       ヽ !     l j/       ∨ / |
   / /   エ     |        ',    l  l/           }/   |   :   レ
   °°           |         ',    l /        /__ _  」
        |    | 、        ',  l /       l   / ̄ __/|   :   は
                 /ヽ |     ヽ、  ', l/         | _/ /_ |_\
         ス   / ∨ ' ,.へ、   ヾ  ∨   ,.  /\ ',`y'/ j|=-‐_,>
           Λ、Λ く_ \  ゙ | /,/ _ ___〉 /、ソ / __  ̄ ̄\___
              Λ ーヘ \``o、\. } !{'´/,.o'´ /´/‐' /  _二ニ=--
             \>,--ヘ ー`ニ=≧ヲj_l_ヒ≦=ニニ´  /-<二 ̄
___________/フ´..:Λ  ',          ト、 _      /  /:::::::::`ヽ、
           /  .:l :ヽ  ヽ.    r‐、、_j/,.ィ }  /  /::::::::::    \ ___
    ______ /  ..::::::::| .:::::::\  \ ` ヽ二ン  //  /::::::::::::::...  /__ ̄`\
__ /´ ̄ ̄_>、 :::::::::::!.:::::::::::. `:‐ ,,_\ ´ ̄´ /.:.:/ /:::::::::::::::::::::::::∠ __  ̄\/¨
 `ヽ/ ̄ __\:__ __::::::::\:::ヽ`:`:ー‐'´:: ̄ ̄:::::_,,. -‐¬''"´/___  ̄∨::::
. : :::∨ ̄  ___ヽ :.:.:.:.:... ̄フ⌒V__\.:::::::::::ノ,. ‐''"´  ......:.:.:::::::/__    ̄∨:::::::
:  .:.::::∨ ̄ ___',:::::::::::::/    !:.:.:`\::/´   ......:.:.::::::::::::::::/__  ̄ ̄∨:::::::::
:  :.:.::::::∨ ̄      }::::::::::/    |::::::::::::::l    ..:.:::::::::::::::::::::::::: {      ̄ ̄∨:/:.:.
  .:.:.::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/    丿::::::::::: |  ..:.::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨:.:
. .:.:.::::::::|  l ̄ ̄ ̄,二У_,>ーく::::::::::::::::::| .:::::::::::::::::::::::::::/  /  ̄ ̄ ̄l  |:::.:
..:.:.:::::::: |  |   ,/  _ `     ハー―‐┴―――ー'''"´  /        |  |::::.:.
: .   .::::|  l / ,.ー‐- `丶、  '   l_____  ______,,. ‐''´.:.:.:.:.:.:....     |  |::::::::.:.
:.:.:. ::::::::| /  /  、      `丶.  |     | |             :.:.:.:.:....   |  |::::::::::::
:::::::__,.-'ァ′  '/  \      |.ノ.     | |                   |  |::::::::::::
ー/ / ,'  /   、   \  ノ | .:     | |                   |  |::::::::::::
,イ 〈  {    ¬  \   \,ノ :     | |                 /,.ヘ`|:::::::::
ハ ', ヽ.   \    \   丿____| |_____ _ ....:.:  .:.:.:.:// :.:.:.:.:|::::::::::

ベジータである。

959 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:34:31 ID:hc4JLGDA
----------------------------------------------------------------------------------------------

昨年度成績10勝12敗、防御率3.89。


          | /    \ j冫`ヽ        /
             | |   ヽ / | 卜  |      /
           ||  /\ ヾー'  | /     /
            |  |/´     ∨/     ´' -,,,_     「負けが多いのは・・・チームが打たないせいだ!」
          |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´
           |、_| / ,,         ヽ、
           ) ` ´       〉     ヽ
           /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
            `~'''‐'、   /;;     !   \

怪我人続出のVIPスターズ投手陣において、
3年続けてローテーションを守り通した、柱となるピッチャーだ。


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !     (ウチのチームは一般に、打撃が良いチームと言われてます)
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/. `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ.
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ  <負けが多いのはあなたが打ち込まれるせいですNE☆
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

----------------------------------------------------------------------------------------------

960名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:34:37 ID:rX6XdS8A
王子かよw

961名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:35:22 ID:Wl0ZkH5A
月とLはいないのかな?

962名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:35:33 ID:jDTCJ54k
ローテーションを守るのがエースの役割って言葉もあるが…その成績では…

ほかの投手次第だが

963 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:35:37 ID:hc4JLGDA
----------------------------------------------------------------------------------------------

成績が微妙なので、本人以外ベジータをエースと呼ぶ男はいないが、
とりあえず他に誰も居ないので一応エースである。

/      ヾ / ノ( ヾ  / /
ヽ|シ-、   V  ⌒   /´ /
  弋ミ、\ "! ,, / ̄リ ∠
`r-、} |  \`ル/  | k-/
|-イ  ゙=゚-シ: k-゚=" |)「ヽ
`|ノ|     ヘ/ -、    ト-ノ;;;}                     「なんだこの扱いはぁっ!」
フ;ヽイ   ´にニ-ヽ」  厂};;ィ
_];;;;;;リ    トr⌒、 }  ハコ;{
_];;;;;ヽ   L'―-ワ /;;}_」;}
L_」;;;;;;\ ' ̄~ /;;ノノ ̄レ
;ト_];;;;;;;;;;;;;;'ー`;;;;;=′ }
;;} ̄ヾ==〒 ̄   ノ ̄-
;;|_-ヽ    |    ィ
;;{ r⌒ナ⌒ナ、| _=Tハ_
;;| ! | | ト、三ヨ|/    ̄
_-| ´ ゛〃 _}ヨハ
 ハ    ≡/_ノ(
\| ヾ ≡≡ヲ;;;;;;;;\/


     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:?
           ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {       (3年連続2桁敗戦だからなぁ・・・)
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \?
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                  ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: <他の球団でいったら、せいぜい3番手だよなぁ・・・
           ,....−:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

----------------------------------------------------------------------------------------------.

964名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:35:40 ID:AkFlcK/.
王子www
とんでもない球投げてきそうだ

965名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:36:35 ID:/Q8JK9eY
王子は強いんだけどいざという時に打ち込まれそうな臭いがするw

966 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:37:07 ID:hc4JLGDA

なにはともあれ、オープン戦はスタートした。
やる夫は早速体を動かし始める。

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    <あ、打たれた
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

軽く球を放る。
サイドハンドから放られた球は、綺麗なバックスピンを描いていた。

       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \
  / -=・=-  -=・=- \
  |      (__人__)      |
  \     |++++|」_キラッ/
       `ー''´ l

ニヤリと、一人ほくそ笑む。
好調子を維持できていると感じた。

967名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:37:10 ID:EUMiunTs
ベジータから三浦臭がするwww

968名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:37:36 ID:IEp7WsUg
いかにも速球派って感じだな

969名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:37:41 ID:/u52Gmuo
キャッチャーのリード無視そうではあるな

970 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:37:53 ID:hc4JLGDA
次スレこちらになります

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258878450/

971名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:38:05 ID:u6Kv9Srg
1軍キャッチャー誰なんだろうなべジータややる夫の相手するのか

972 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:38:29 ID:hc4JLGDA



    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \


お楽しみの時間が、近づいて来る―


        .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l
         \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
          |フ入     l       /
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′
  l |      `ヽ  ヘ        l! /

あの男の背中が、近づいて来る―

973 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:38:58 ID:hc4JLGDA
レス番990超えたら次スレに移って投下しますー

974名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:39:22 ID:BBd2NQak
3点台後半なら
打撃のいいチームならもちっと勝てそうだよな

975名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:39:27 ID:jDTCJ54k
下手な小細工はいらないとかいって
150km後半のストレート一本で勝負してそうだな、王子は

976名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:40:06 ID:Y7l595NM
15番…
黒田とかかねえ

977 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:40:23 ID:hc4JLGDA

やる夫に予定されている出番は7、8回の2イニング。
早すぎるアップの開始に、やる夫の興奮が見て取れた。

       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|   (イレこんでる・・・な)
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

登板予定は無いものの、控えでブルペンに立つルルーシュは、そう思った。

ルルーシュも投手。その気持ちは、解る。
気持ちは解るが、その気持ちは悪い結果を生む可能性がある。




ルルーシュはちらりとライトに目をやる。
試合前にライトがやる夫と話す所は時折目にしていた。

              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l                          <ビュン!
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:|
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl     (・・・ビュン?)
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |
           _ -─= ̄. : : 孑秞.| |: : : : | |(卅)\
      _-─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:丶 、

ライトから、軽く窘めてもらえる事を期待してのものだった。

978名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:40:50 ID:AkFlcK/.
160km/hのデッドボールが得意球とかだったら嫌だなぁ
恐ろしくてバッターボックスに入れんわw

979 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:41:14 ID:hc4JLGDA

しかし何故かライトは全力投球をしている。

     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |    (よーし先輩!後輩に( ・∀・)イイ!!とこ見せちゃうZO!)
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|


     〃.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    .〃.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   _〃.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:..:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
―´/.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
  /.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
. /.:イ.:.:.:./|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/7.:.:/.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:}.:.:../.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.′
. |/}.:.:.:.:ヘ |.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:..′}:/7.:.:}.:.:.:.:.:.:.:../|.:.:.:.:.:./.:.:..′.:.:.:./.:{.:.:.′
..j' .|.:.:.:.:.:.マ|.:.:.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:/=//、_}.:./.:.:./.:.:.:/ .}.:.:.:.:./.:.:.:/.:.:.:.:../.:.:|.:.:{
  |.:.:.:.:.:.:}|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/-// >:/.:.:./ }.:./ , '.:.:/./}.:ソ.:.:.:.:.:.′.:ハ:.:|
  |ハ.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:仆 '、u/:/}.:.:/ イ./'/.:.:ィ.:.:.//./_}.:.:.:.:/.:.:/ } .1
  ヽ}.:小 .:',:ト、:.:.:.|.:.:.:代芝ソ外z |.:イ/.:/ /.:∠}.:./´}ム '.:.:.:.:.′/     (何故最年長が一番興奮してるんだっ!)
  _ノ  ハ ヽ{ :.:.{.:.:.{  ¨¨¨` U.|ハ.:./ /.:/ォタ丞ア.:.:.′.:./.:.;
   ハ  ハ u.|.:.:.:ト:.:{      u }/彡イ `^¨´.:.:.:/.:.:.:./.:/
    ハヽ_ ヽヘ ハvハ    U   ´ .{ U/}.:.:.:/.:.:.:./.:/
    V  T ‐‐マ ト ヾ  rェ、__  ‐_' イ: : /.:.:/.:.:.イ.:/
ハ   /   |   vハヽ  ー‐ '_ -‐´: : : : :/.:.:/.///
. ハ /    .|   } vハ ` ー ´: : : : : : : :/ハ// ./´
  ∨    1  /  ヾ./ ./: : : : : : : :/ _ノ
 /      |  .′ //i /: : : : : : /

ライトが期待できない男であることを、ルルーシュは悟る。

980名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:41:37 ID:Wl0ZkH5A
月wwwwwwwww

981 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:41:52 ID:hc4JLGDA

仕方が無いので、ルルーシュは自分で制止に入ることにした。

    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|       「やる夫君・・・」
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :
  l: : i'p=、_〃: 〃: : : : : : : : : : : : : : ´: : :
  l: :l::|l: : : : : : : ''==、、_: : : : : , ' : : : : : :

ルルーシュの呼びかけに反応したやる夫は、声を掛けられたことがさも不愉快である。
そういう顔で応対した。

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \             「なんだ・・・お?」
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

982名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:41:56 ID:E4HxZ3k6
月さん流石ですw

983 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:42:19 ID:hc4JLGDA

不快なものを感じたが、それを表情にだす正直さをルルーシュは持っていない。
柔らかな表情を浮かべて、やる夫に話題を振る。

                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|
               l:i{::ト、::ゝ?f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|         「始めまして。ルルーシュ・ランペルージといいます。
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!          同じ高卒のルーキーだからね、よろしく頼むよ」
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |

会話が続けば、緊張も解けるし、アップに使う時間が短くなる。
下手に忠告して嫌われるより、という計算の働いた判断だった。

      ___
    /     \ チッ
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                          「やる夫だお。よろしくだお」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


そっけなくそう言うと、やる夫はクルリと背中を向けて、アップを再開する。

      ____
     /     \
   /        \
  /           \
  |              |  クルリ
  \              /

984名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:42:22 ID:wIhvWwNg
ライト可愛いぞwww

985名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:42:37 ID:eTw7AFM6
このライトは駄目だ(wwwwwww

986 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:42:44 ID:hc4JLGDA

この対応にルルーシュは驚かざるを得なかったが、
思い返してみると今朝話を聞いたやる夫はこんな男だった。

       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|    (クセのある奴だな・・・)
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|     「あ、ちょっと・・・」
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;                        「・・・なんだお?」
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

アップを邪魔されていると考えているのだろう、やる夫は明らかにイラついた口調で返す。

987 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:43:17 ID:hc4JLGDA

年齢の割りに落ち着いた思考を持つルルーシュだが、やる夫の人間性の無さに笑みが陰る。
それでも同期のチームメイトだ。

       /. : /. : :/. : . / . : : : : . : : : : : : : : : : : : : : !
       i.:::::. /.: : /. : .:: ,.′.: : :/. . : : i: : : : : : : : : i: l
       l:::: /.::: : .::: .:: ./ :/. : :/. : . ://:}: : : :::. i: : : :| :l: |
       l:::::}:::::: ::::..:: / :/. /}. : : //}::ハ: :i: ::. :}: : : | :|: {
       |:::::|::::i::. !:::::/.:イ: / /: : イ:/ l::l  l: ト、::. |: : : | :|: l
       }i::::|::::i:::.{:::イ:/_i:/ /:::./// j::{ .」斗ヘ:::}:/ : }. ト、!
      イ:::ハ::|::::V十rfリミ」:::/// , //ィf≧=ヘ小/. :イ: :ハ:ト、
       }/  lハ:::::ヽ、近Zソ|/メV/7/ーヘ北シメ/. :/ }/ }{       「いや、せっかくの機会だから、
      ノ′ |ヽト、:::ヽ    i{   ノ′       /. :/.ィ:!  `        ちょっと話をって思ってね」
    ヒク    |:::ハ:::ヽト\⌒´  ノ!      /: :イ: .イ:l
         |/ }::|::::\   、____.ノ イ: /i |/ リ
         }!  |ハ::::::i\  `二二´ /イ:!: ハ::{
             }从Li」 ヽ、   ∠_.」」:::{ }:l
               ト--T r‐`´─┐|‐‐イV .リ
               }_ハ_」 |: : : : : : :| L「!」
             __ノf7/,イ |: : : : : : :| ト斗ト、‐-、__


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

やる夫がちょっと考え込んだのを見て、ルルーシュはホッとする。
誰だって初めて入る集団には早く溶け込みたいものだ。

気軽に会話できる人間を見つけることは、新人の急務とも言える。


               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

やっと計算通りの流れになる。ルルーシュはひとまず息をつく。

988 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:43:48 ID:hc4JLGDA

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /                       「お前、空気読めないのかお?」
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |


       /:.:.:l:.:.l:.:.:|:.:,'.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:ハ:.:.:r 、:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ハ
       ,′:.:l:.:.|:.:.:|/ :.:.:.:.:.:/:.: /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!:.:/ |:.:.| ':,:.:.{ヽ:.:.:j:.:.:.:.|.:.:,
        |:.:.:.:.|:.:.|:.:.:l.:.:.:.:/.:/://:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //|l  |:.:.|  ∨:}、\:.:.:.:.l.:.:.:,
        |:.:.:.:.|:.:.l:.:.:.':.:.:/ //¨フ'イ廴|:.:.:.:.:.:.:/,  //_」レ''「.:.:、  ∨.:}、 '<:.:.:.:l
       |:.:.:.:.l.:.:.':.:.:.∨ /y=ミ:、,リ 寸:.:.:.:,イ!〃,ィ//´ノ,>==ミム  ヽ:.:.>:、 `ヽ|
      |:.:.:.:.l:.:.:.':.:.:.:∨ {{ fて心、 |:.:.:/ リ:{{彳:/ ,.ィ,ィ'?ヽ }}ヽ |:i、:}.:.:.`!   !
      ハ:.:.:..':.:.:.:.:.:.:.:.',   辷zク_` |:.:ハ.  //  ヒ込ィツ ノ /〉.jノ l|、.:.:|  |
        ',:.:.:.l,:.:.:.:.':.:.:.:', `¨¨ ̄   |.;' }  /イ    ̄¨¨¨¨  //:.ハ リ \:|  |_   「だろ?――――――え?」
        ',:.:.|∨:.:.:.':.:.:ハ      |' ノ          /´:./.:.:\   ` ー-:, \
        ',:.l |\:.:.:.',:.:.| \     :|         r───── '′  , ヽ \
         ':| |:./ \:.ヽ|\_|   ___`           }  _____       ' 、 \
            |;' /ハ:.:.:\ \ ヽ  /` ー--─=7 /  /:./.:.:.:.:>'
             | { ハ:.:.:.',.|二|、 ∨       / /  /.:> ' ´
             ム ∨ }:l:.:.}:.:.:.:.|ヽ.  、    /  / /    __,. く
______/  } V 从:.{ハ:.l:.:!  \  ̄ ̄   {/ .ィ'´厂    l \__
           /   \ リ 从:.!':   \    / / ,レ'′    ;|    \
            |    \  リ :,   ` ーく / /     / |

やる夫と初対面で会話して、会話が成立すると思うほうが最早おかしい。
そんなこと、ルルーシュは無論知る由も無いのだが。

989 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:44:27 ID:hc4JLGDA

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・           「ブルペンでアップ中のピッチャーに雑談振るなんて、
. | ( ●)   ⌒)   |              お前空気読めないかお?
. |   (__ノ ̄    /                        空気読めないのかお?
. |             /                         空気読めないんですかお?
  \_    ⊂ヽ∩\             どういう神経してたらそんなこと言えるかわかんねーお」
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


./  |.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:../.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:/.: /.:.:.:.:.:.:/.:.:./!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.lハ
  l.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.':.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:/.:.::/ }:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:.:l:.:.l \
   |.:|.:.:l:.:.:.l :.:.:.l.:.:.:{:.:.:.:/: :.///.:.:/.:/.:.:.:.:.:〃.:.:/ リ  V、 .:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.: /.:.:.:,'.:.:.{   丶
   l/!: :|.:.:.:|.:.:.: |.:.:..l.:.:./\{_.//:/!:/:.:.:.:.:.:/.::/ 〃  ノ"ヘ.:.:.:..:l:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:ハ
  ./ |.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:l.:.:.:l:./L∠=ミ 、 |.:.:.:.:.:.://  / 彡>=ミ∨.:.l.:.:.:/:.:.:.:ハ:.:/  ヽ
 /   V:.l.:.:.:l.:.:.:.:∨:l〃   〃\\|:.:.:.:.://{   //〃    ヽ∨/:/.:.: /:l:∨
./   |.:.|.:.:.:l.:.:.:.:.:.', {    ィだハ`ヽ|.:.:.:.//八 // /  ィだハ  /}.:./.:.: /:.:l.:.|
    |.:.l.:.:.:∨.:.:..:∧\,c弋Yソ  |.:.:.//   〃'"ヽ.c弋Yソ ノ/レ'.:.: / }:.:l :.!
    |.:.l.V.:.:.V:.:.:. 人 ;; ̄ ̄ ´彡'|:.:/`ヽ ^ /  `ミ、` ̄ ̄'''//..:.:./ / リレ′
    |.:.l V.:.:.',:.:.ハ ;;      l/   l              //:.:.:./ィ∨
    l.:.l   い:.:V ハ.;; \         |           /.:.:/イ.:./l:.|    「―!」
    ヾl  `ヽ.:.:\.:.\          l           /_彡l.:.:.:/ |:.|
          V .:.:.\.:ヽ      , ‐ - 一 、      /.:.:|.:./ .|:.|
           V.:.:.:.:.:l:.:.:.\     /   ̄ ̄  ヽ    /.:.:.:.|.:l  レ'
            Vハ:.:| l.:./.:}\ 〈廴__ __ノ〉 /{ ヽ.:.:.:|.:{
           } }.:.} {:.{:.:{   \   ニ二ニ   / .ノ.:.)}、:.:lV
           ノ ノ リィ∧:.\   \       / /::/ >\}
            /:/  \::\    ̄ ̄   ./::/ / ハ:::.\
             /.::::∧\  \rヘ`===彡ヘく  〃   〉、:::::.\
.           /..:::::::/ `、 ヽ、 /   Y^⌒Y´   './  / !::::::::::. \
         /...:::::::::::{ ヽ \ /     i    !    ∨ /   .!:::::::::::::::::.`ヽ、

ルルーシュはやる夫のためを思って行動したつもりだった。
なんでこんな中傷を受けているのか、ルルーシュにはさっぱり解読不能である。

990名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:44:56 ID:/Q8JK9eY
ルル投手か。できる夫と並んでハンカチ王子とマー君みたいな感じだった
んだろうか。

991名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:45:12 ID:AkFlcK/.
やる夫といい月といい富士高ジュビロといいまともなピッチャーはこの球団にはいねーのかwwww

992 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/22(日) 17:45:23 ID:hc4JLGDA
次スレ移動しますー
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1258878450/

埋め支援お願いいたします。

993名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:45:48 ID:D2a04puQ
続きwktk
埋めー

994名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:46:02 ID:wIhvWwNg


995名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:46:09 ID:u6Kv9Srg
やる夫に空気読めないとか言われたくねえwww


996名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:46:17 ID:ArcAOBC2
┌─────┐
│埋 め だ ぞ.│
└∩───∩┘
  ヽ(`・ω・´)ノ

997名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:46:18 ID:EUMiunTs
投手はこれくらい傲慢じゃないとプロじゃやっていけないよww

998名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:46:25 ID:clvo.8co
松竹梅

999名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:46:32 ID:BBd2NQak
うめ

1000名無しのやる夫だお:2009/11/22(日) 17:46:54 ID:AkFlcK/.
ウメタァ

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■