■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

週末深夜の六尺コピペスレ
1名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/02/18(土) 00:57:17 ID:oyiJd6fc
♂ 多分、俺専属のマンコ野郎になるはず

昨日チャットで知り合った奴と会ってヤった。
そいつはバリウケで、今までにセーフでしかしたことない(しかもフェラも!)
ということで、絶対にセーフで、という条件だったんで、
自分もセーフ主義なんで、とか適当に言っていた。
自分と同い年だったがかっこかわいい感じの奴で、
会ってみたら画像よりもかなりイケてて自分のなかの直球ストライク状態でマジ嬉しくて。
向こうも「画像で見るよりよりもかっこいいですね」とか、
言ってもらえて、いいムードで始まった。

すぐに鳴き始め、すごい感度がいい。
「タイプの人だとそれだけで感じちゃうんだ……。」
と恥ずかしながらも俺に合わせて感じまくり。
もう俺はそれだけでイッてしまいそうだった。
で、挿入。実はゴムの先をあらかじめ切っておいて、入れるときに根元までズリ下げて
ナマ掘りしようと思って用意しておいたゴムを付けた。
案の定ゴムは根元までずり下がってチンポリング状態。
奴は気づかずにそのまま掘られまくり。
ガンガンに掘っている間もチンポはギンギンでおまけにピクピクしていた。
途中になって、「試しにゴム取ってみようか」と言って相手の出方を待った。
「やっぱ病気怖いし……、お互いに信頼できないと……」と、
さすがに言葉では否定したが、チャットの時のような絶対だめ、みたいな感じではない。
多分会ったときに俺がついこないだ検査して大丈夫であるという、
簡単な証明書を奴に見せていたからだと思う。
奴も検査するとか言っていたんで、「俺はココで検査したんだ」と見せたんだけど。
話しを戻すと、それで、
「さっき俺検査の結果見せたじゃん、しかも俺全然してないし、
検査の前後もしていないから絶対大丈夫だよ」と言ったら、
「メチャタイプだし、そういう(証明書のこと)ことなら……。」
と一瞬ためらったあとOKの返事が。

見せつけるようにして、
「じゃあ外すよ。これが今からナマで入っちゃうんだよ」とか言って。
ゴムはその前に素早く元の「ゴム状態」にしておいてね。
それからナマで一気に付き入れた。ちょっとピストンした後に、
「どう、ナマで掘られた感じ?」と聞くと、
「さっきまでと全然違う~超~気持ちいいよ~頭真っ白になりそう」と言って、
アンアン言いながらも、チンポはさっきよりもギンギンでガマン汁まで垂れ流している。
……ていうか、もともとナマだったんだけどね。と心の中で思いながらも、
こうして公認でナマ掘りするのは久々ですげー気持ちいい!!

イキそうになって「このまま中に出していい?」と聞くと、
「それはさすがにダメ」というので、まあはじめっからは厳しいよな、と納得し、
寸前までマンコ掘り続けた。
でも、ちょっと久々でタイミングをミスしちゃって、最初のドピュッは中でしてしまった。
慌てて出してあとは外でドピュッ。

また会う約束をして別れた。多分俺専属のマンコ野郎となると思う。
俺もこいつ一筋でしばらくやりたいと思う。
何回かやれば中出しもOKになるはずだ。

2名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/02/18(土) 01:03:43 ID:oyiJd6fc
さいこー! 投稿者:ぺんぺん (1月24日(土)08時46分54秒)

さっきやったテレセ最高でした。
お互い人気のない駐車場に車停めて、
「おまんこ! ちんぽこ! ちんぽこホモ! 」
「ホモセックス好き! ホモちんぽこ狂いたい!」
「ケツめどペロペロ! ケツめど舐めたい! ケツの穴のウンコ汁吸いたい!」
「マンコにしょんべんかけたい! しょんべん飲みたい!」
「寄り目してきちがいホモ好き! 気が狂うまでホモやりたい! ホモちんぽこぉぉぉ~!」
「おおお~! 目玉寄るぅぅ~! おおお~! おおおおお~!」
そう言ってお互い寄り目で死ぬほどセンズリこきまくり!。
ものスッゲー超ハードこきまくりでした!。
みんなもやってください、ホモセンズリこいてーっ! ! ! ! !

3名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/02/18(土) 01:21:01 ID:oyiJd6fc
♂a
北海道
変身して子作り生交尾
お互い全身タイツ(スパイダーマン、メタリック系)着て変身して子作り生交尾したい。
ケツマンでガキ種全て受けとめてホモガキ孕んでくれる太ってない変 態ウケ希望。
見た目タイプなし、年下年上問いません。
全身タイツ等変身時の備品はお貸しします。
中央区場所あり、がっつり交尾するならすすきの辺りのラブホで泊まりでやりたい。
定期的に子作りできれば尚可。
[ポジション]
170-60-29 タチ
5/16(月)14:21

4名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/02/18(土) 01:21:42 ID:4e.KIL0Q
>>1
多分、風。かな?

5divine intervention:2017/02/18(土) 01:25:36 ID:???
六尺コピペは本物じゃなくてコピペ職人が作った奴が多いので変に言葉あそびとか語感とか凝った奴は逆に興醒めしてしまう

6名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/02/18(土) 01:28:15 ID:oyiJd6fc

おれは中学の頃ヤンキーグループに苛めを受けていて性的な苛めにも及んだ
ヤンキー達に物置に連れ込まれてズボンを剥がされセンズリしてみろという
怖いから勃つわけないのだが為ると役に立たねーチンポだなお前なんか女に
縁があるわけねえからチンポいらねえだろと皮をむかれて細紐で固定されて
剥き出しのピンクの亀頭を歯ブラシでゴシゴシこすっておれがヒイヒイ呻く
のを面白そうにみていた。チンポへの苛めの他肛門もやられるようになった
専ら異物挿入で最初は細マジックの軸が挿入されそれでもかなり痛かったが
それを抜いた時糞が付いていたのを臭え臭えと大騒ぎしておれの服で拭いた
そのうちだんだん太いものを入れてくるようになった。おれのケツも慣れて
キュウリ、ナスビ、ゴーヤとどんどん野菜を太くしていれた。そのうち彼ら
にも変かが起きてきた。おれの肛門に太いものが出入りして穴がぱっくりと
開いているのにヤンキー達は明らかに性的興奮を覚えているのだ。そのうち
ヤンキーのサブリーダー格の奴に呼び出された。奴一人でかえってもじもじ
していて赤くなっててようやく切り出された用件はケツ掘らせろだったから
チンポも野菜も同じだろうと思ってやらせた。背後から入れられたがすげー
すげーと奴も童貞だったから快感に喘ぎあっという間に発射した。こういう
行為は他のヤンキーにもやられ奴らはホモという意識はなかったと思うけど
おれは強烈に男を意識した。おれは中学3年で急激に身体が大きくなり彼ら
よりもはるかにデカクなったので苛めは止んだが男を知ったおれはそれから
高校大学社会人の今までヤンキーっぽい男に掘られないと性的満足を得られ
ない身体になってしまいあちこちの発展場や出会い系でそういう男を求めた

7名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/02/18(土) 01:35:09 ID:oyiJd6fc
岡山市の中心部にある裁判所と検察庁の裏にある公園の便所によった。
車を道の脇に止めて公園の便所の所に入って行くと、年配のおっさんがベンチに寝転んでいた。
わしが、何時ものスタイルで便所に入っていったら、そのベンチのおっさんがチラッとこっちを見てから又、寝ていた。
小便をしてから、手を洗っていたら、そのおっさんが入って来て、小便器の前でズボンとパンツをすべて下ろしてからわしの方を向いてから
小便も出てないのに、ちんぽをつまんでからじっとしている。
(けったいな親父やなあ~~)
と思いながらも、時間が無いのでそのまま車にもどりその日は会社に急いだ。数日後、又例の便所に立ち寄るとそのおっさんが、相変わらず
ベンチに寝転んでいた。今日はこの前よりも1時間ぐらい早い時間だ。
わしが、何時もの所に車を止めて入って行くとそのおっさんも入ってきて、小便器が二つしか無い所で、わしの横に並んだ、わしが七分から
ちんぽを出して小便をしていたら、わしの横に来たおっさんは、ズボンんをもパンツも下ろしてから小便器の横でじっとしている。

わしが、このおっさんのちんぽをわざと覗き込むようにして見てやると、おっさんのちんぽが、急激に勃起しだした。よく見たらちんぽがぶつぶつ
っとなっている。(あっ!ちんぽに球をいれとるんや!!)
なおも見ていたら、完全に勃起したちんぽを掻き初めて、わしの横で声を出し始めた。
『あああ^^~~気持ちええよ!ああさん、せんずり掻いてんや、見てくれんかあ~』といいながらなおも時々ちんぽに唾をつけながら、掻いている。
それを見たら、わしも我慢が出来んようになってしもうたよ。

『おっさん、ここで、へんずり掻いとるんか、?気持ちええかあ~!わしのちんぽも起ってきたがや!!おっさんちんぽ舐めてくれや!』と言い
ながらおっさんにちんぽを出したらわしのちんぽにくらいついてきたよ。

しばらくしゃぶっていたが、わしが『おっさんいきそうや!出してもええかあ~口の中に汁~~だすぞお~』と言いながらおっさんの口に、どろっと
した汁を流し込んでやった。
わしのちんぽを舐めながらへんずりを掻いているおっさんが、わしのちんぽから口から、離したと思ったら、いきなり汚い小便まみれの床に寝転
んで、わしの前でへんずりを掻きながら、『あああ~~気持ちええよお~~、ああさんよ、わしのちんぽに小便をかけてくれよお~~顔も体中に
しょんべんをかけてくれよお~』と言うので、おもろいん、おっさんやほんとにしょんべんをかけたろうか!
わしがしょうべんをおっさんのちんぽにめがけてかけてやると、『あああ~~しょんべんがかかってるやあ~わしは豚やあ~~ぶたやあ~~みて
くれえ~ぶたがへんずりかいとるやあ~~~』といいながら顔にもかけてやったら口を開けてわしのしょんべんを飲みながらげぼげぼと涎をたら
した、おっさんはなおもへんずりを掻いてからけつからなにか張型を抜いたと思ったら一気に糞が吹き出て来たその糞を手で掬い体に塗りちんぽ
も糞にまみれながら気をいかせた。
わしが『おっさんよかったかあ~ぶたみてえなやっちゃなあ~この豚が!』と言うと『うんうん、わしゃあ~ぶたなんやこれじゃあねえと汁がでんのや!
又しょんべんかけてくれやあ~たのむわあ~』と言いながら着ている服を全部脱いで用意していた水道のホースでホースを繋ぎ体をあらっていたが、
へんなやつだった。

8名前なんか必要ねぇんだよ!:2017/02/18(土) 01:44:55 ID:oyiJd6fc

深夜25時、俺はいつもの公衆便所に行った。
3つ並んだ個室のうち、一番奥のに入った。
ここには隣との仕切り壁のちょうど腰の高さくらいの位置に、
ゲンコツより一回り小さな穴が開けられている。
しばらく待っていると、誰かが隣の個室に入ってきた。
程なく、壁の穴からマラが突き出された。
長さ太さは平均的だが形と色艶の良い美味そうなズルムケ勃起マラだった。
先走りでヌラヌラ光っていた。
俺は早速吸い付いた。まず亀頭を頬張り先端の割れ目に舌を這わせる。
カリ首も舐め回す。マラは俺の口の中でさらに膨張した。
俺は口奉仕を続けた。十数分後俺の口の中に雄汁がぶっ放された。
俺は残らず飲み干した。
そのマラは発射してもまだおっ勃ったままだった。絶倫マラだ。
俺はズボンとパンツを脱ぐと四つん這いになってそのマラにケツを押し当て、
ケツマンに銜え込んだ。
自分からケツをピストンさせながら自分のマラもしごいた。
ちょっと窮屈な体勢のまま思いきり腰を動かしてマラを味わった。
そしてまた十数分後、俺のケツマンに雄汁がぶちまけられると同時に俺も発射した。
俺はそのままズボンを穿いて個室から出た。
先に便所を出て木陰に隠れ、隣の奴がどんな奴だったのか見極めようと思っていたが、
そいつはなかなか出てこない。
そのうち、イカホモ風の奴が便所に入っていった。どうやら例の個室に入った様子だ。
あのマラ野郎はまだやる気らしい。すげえ絶倫野郎だぜ。
俺もまた明日楽しみに来ることにしてその場を去った。

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■