■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

魔王「遅刻遅刻~!」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/22(月) 21:43:35 ID:RU7BCPsE
魔王「勇者との決闘に遅れちゃう!」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/22(月) 21:46:00 ID:RU7BCPsE
タッタッタ

魔王「この角を曲がれば勇者との待ち合わせのばしょ…」

タッタッタ ドンッ

魔王「きゃっ!」

ドスン

魔王「いったぁーい…」

?「…急に危ねぇな」

魔王「なっ…こっちのセリフよ!曲がり角でボーッとつっ立ってないでよ!」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/22(月) 21:48:46 ID:RU7BCPsE
?「ギャーギャーやかましい女だな…発情期ですかコノヤロー」

魔王「はっ発情期…///なんて事いうのよ!」

?「俺、急いでっから。じゃあな…」

テクテクテク

魔王「…」

魔王「なっ、なんなのよアイツは~!!!」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/22(月) 21:51:26 ID:RU7BCPsE
魔王「そっ、そんな事より急がなきゃ…早く待ち合わせのばしょ…」

テク…

テクテク…

魔王「…」

魔王「…な」

魔王「なんであんたがいるのよー!」

?「あ?だって俺勇者だし。魔王に呼び出されてンだよ」

魔王「な…」





魔王「なんですってーーーー!」

5以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/22(月) 23:41:44 ID:8t9IeT7I
このスレタイは卑怯

6以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 02:55:35 ID:QUYpuuMg
魔王「このいけ好かないやつが勇者だなんて…メールでやりとりした時は優しそうな好青年だったのに…」

ブツブツ

勇者「で、オメーは何なんだよ。俺ぁ勇者、とある出会い系サイトで魔王に呼び出された、世界の救世主だ」

魔王「…私が、その魔王よ」

勇者「あ?」

魔王「だから、私、魔王」

勇者「まじかよファッキン!」

7以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 02:58:01 ID:QUYpuuMg
勇者「こんなじゃじゃ馬娘が魔王だなんてな」

魔王「だっ、誰がじゃじゃ馬よ!」

勇者「オメーだよ…それにしても随分うるさい奴だな…そんなうるさい奴の唇は…こうだ」

スッ

魔王「え、ちょ…」

チュッ

魔王(え…え、え、え…)





魔王(え~~~~~!?)

8以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 03:01:23 ID:QUYpuuMg
ちなみにこの勇者
祖母がモルボルであり
死ぬほど口が臭いのである。

魔王(…)

プルプル プルコギ…

魔王「ウボラッシャァァァァァァァァ!」

ゲボゲボゲボ
ガクガクガク
ブルッ
シッキン!シッキン!
オシッコ ジョバー ジョバンニ!

勇者「うわっ、こいつ漏らしよよった!」

魔王「ウボラッシャァァァァァァァァ!」

勇者「くさ~!ゲロくさ~!」

9以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 03:05:41 ID:QUYpuuMg
ちなみにこの魔王
祖父がゾンビで
ちょっとした拍子に
臓物が飛び出るのである。

ビチャビチャビチャ
ビーチャ モンド アーーシタァ!

勇者「うわっ、ゲロの中にモツが!モツが!」

魔王「いっけなーい!うっかりはらわたをぶちまけちゃった!てへっ☆」

勇者「うっかりどころじゃねぇぇぇ!」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 03:09:07 ID:QUYpuuMg
ヒョイ パクッ ゴクンッ

魔王「これでよし、と」

勇者「いいのかよ」

魔王「吐いたモツは飲まねばならん、これがな」

勇者「それにしても、ずいぶんファンキーでゴキゲンな魔王だな。想像と随分違ったぜ」

魔王「それは私のセリフよ。まさか勇者がこんなツンツンした男だなんて」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 03:13:16 ID:QUYpuuMg
勇者「で、どうする?決闘する為に俺はここに来た訳だけど?」

魔王「そうね。いろいろ想像と違ったけど、当初の目的は果たさなければならん、これがな」

勇者「だよな。俺は人間の為、おまはんを殺さなきゃならん」

魔王「私は魔族の為、あんたを殺さなきゃいけない」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 03:18:54 ID:QUYpuuMg
勇者「魔族は人間を襲い殺す。沢山の人が、大切な家族を奪われた…俺達人間は、もはや魔族を許す事は出来ない」

魔王「人間は魔族を迫害し殺す。沢山の魔物が、父や母、兄弟を、子を奪われた…私達魔族は、もはや人間と共存する事は出来ない」

勇者「なら」

魔王「やるしか、ないわよね」
勇者「代表者が」

魔王「決着をつけるため、決闘する」

勇者「そう」

魔王「私達は」

勇者「俺達は」

魔王「今日、ここで」

「「殺し合う」」

13以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 04:32:52 ID:E5fOd5/I
モツ出し入れしといてかっこつけてんじゃねえよ

14以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 13:57:18 ID:QUYpuuMg
魔王「…」

勇者「…」

ヌラリ

魔王(無防備にこっちに来る…誘っているのかしら)

勇者「…」

フラッ シュンッ

魔王「き、消え

勇者「遅い」

シュゥゥゥ

勇者「勇者魔法、ミミアナニホソイハリツキサース!」

15以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 14:01:45 ID:QUYpuuMg
説明しよう!
勇者魔法ミミアナニホソイハリツキサースとは
相手の耳穴に細い針を突き刺す恐ろしい魔法なのである!

ツィーン

魔王「ぐっ、三半規管がやられた…これでは平行感覚が…」

ユラァ

勇者「最早おまはんの視界はドロドロじゃろうて」

魔王「えげつない魔法を…だけどね!」

ミミ ツカミ

魔王「あいにく耳だけに頼った戦い方なんかしてないねよね!」

ミミ ブチィッッッ

魔王「ぐぁっ…み、耳ごと感覚器を引き抜いた。これで文字通り、耳障りは消えたわ」

勇者「やるねぇ…実にファンキーだぜ」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/23(火) 14:13:36 ID:QUYpuuMg
勇者「なら、次は目を奪わせて…いや、『盗ませて』もらおうか…」

魔王「盗む…?」

※魔王は唇の動きを見て何を話しているか理解しています

勇者「勇者魔法…ノウナイコントロール!」

説明しよう!
勇者魔法ノウナイコントロールとは
怪しい電波みたいなものを発信し
相手の脳内をコントロールして
あらゆる感覚を意のままに操る魔法なのである!

17以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/24(水) 07:25:59 ID:gBd8P3X.
ダーティ!

18以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/24(水) 19:16:30 ID:wUIX.LIU
ミュインミュイン

魔王「怪しい電波みたいなものが!これは脳内をコントロールされるに違いない!」

勇者「ご名答」

ミュインミュイン

魔王「グガギギギッ…くそっ、完全に脳内コントロールされる前に殺してやる!」

ツメ シャキーン

魔王「魔王奥義、デスネイルクローレイン!」

19以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/24(水) 19:18:56 ID:wUIX.LIU
説明しよう!
魔王奥義デスネイルクローレインとは
鋭い爪で雨のごとく切り刻む
恐ろしい奥義なのである!

シャキンシャキン

勇者「ぎゃっ」

シャキーン
クビ ボトリ

魔王「ははっ、あっけない。勇者といえど首を落とせばただの肉塊にすぎないわね」

20以下、名無しが深夜にお送りします:2016/02/25(木) 09:01:48 ID:3wH4v.2c
なん……だと

21以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/27(水) 04:11:40 ID:e1ztYUCc
ナマクビ ギロッ

魔王「!?」

勇者の頭部「頭だけで死ぬとでも思ったか?」

魔王「なっ…化け物めぇ!」

勇者の頭部「お互いにな!」

ピョーン
ガブッ

魔王「ぎゃあ」

勇者の頭部「はふはふはふ(このまま喉を食いちぎってやる)」

魔王「化け物め…首だけで動きよったわぁぁぁ!」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/27(水) 04:14:28 ID:e1ztYUCc
ガブッ
ギチッ

魔王「あ…意識が…遠く…」

勇者の頭部「はふはふ(頭部だけの俺はもうすぐ死ぬ…お前も道連れだ!)」

ニコッ

魔王「…いいよ」

勇者の頭部「!?」

魔王「私…最初からこうするつもりだったから…」

勇者の頭部「!?」

23以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/27(水) 04:17:43 ID:e1ztYUCc
魔王「人間と魔族の戦いは、きりがない…なんらかの形で決着がつかないと…また、たくさんの命が…失われるわ…」

勇者の頭部「…」

魔王「だからね…私は魔族…そして人間の…みんなの為に…命を捧げる覚悟をしたの」

魔王「でも、私だって女の子…死ぬまでに…素敵な人に出会って…普通に恋をしたかった…」

魔王「だからね…いいよ…」

魔王「殺されて、あげる」

魔王「殺して、あげる」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/27(水) 04:19:31 ID:e1ztYUCc
魔王「これが…この瞬間(とき)が…私の最初で最後の恋…」

魔王「ごめんね…一方的で…自分勝手で…わがままで…」

ポロポロ

魔王「…」

ポロポロ

魔王「…死にたく、ない…」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/27(水) 04:21:30 ID:e1ztYUCc
魔王「せっかく会えたのに…」

魔王「もっと…もっともっともっと!知りたいのに…」

魔王「知って、欲しいのに…」

魔王「叶わない、なんて…」

魔王「嫌…だよ…」

魔王「…」

26以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/27(水) 04:25:05 ID:e1ztYUCc
しかしこの時点で
勇者の頭部は息絶えていた。
さすがに頭部だけでは長くはなかったようだ。

女の子が当たり前に描く
恋、夢
それらが魔王の口から語り尽くされた時

そこには
勇者の頭部を愛おしく抱いた
魔王が倒れているだけであった…

【おしまい】

27以下、名無しが深夜にお送りします:2016/04/27(水) 12:06:18 ID:CPj.O8ns
なんという悲劇よ…


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■