■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

P「私の職歴ですか?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:24:59 zMV1xGLY
凛「そうだよ」

P「どうしてまた?」

加蓮「ちひろさんが言ってたんだ。Pさんはプロデューサーになる前別の仕事やってたんでしょ?」

P「確かにこの職の前は他職に就いていましたが」

奈緒「そのアホ丁寧な口調に何か関係あるのか?」

P「いえ、これはいまの仕事に就いてから身に付けました」

凛「ふーん。関係ないんだ」


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:27:35 zMV1xGLY
加蓮「私Pさんがなにやってたか知りたーい!」

奈緒「どうせサラリーマンとかだろー?」

P「ホストです」

トライアド「…え?」

P「ホストクラブで働いておりました」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:31:58 zMV1xGLY
凛「ホストってあのホスト?女の人をたぶらかしてお金を巻き上げる…」

P「認識に悪意を感じますが、そのホストで間違いありません」

加蓮「え、Pさんホストだったの!?似合わなーい」

奈緒「Pさん女の人を楽しませる会話なんてできるのかよーw」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:36:55 zMV1xGLY
P「奈緒ちゃ〜ん!隣いい?」

奈緒「ふぇっ!?」

P「最近全然呼んでくれないじゃーん?俺寂しかったよ〜」

奈緒「え?はえっ?」

P「ほらこれ、誕生日のプレゼント。用意してたのに。当日に渡したかったなぁ」

奈緒「な、何だよこのバック…」

P「あっれ〜?奈緒ちゃんこのブランド好きだって言ってたから探したんだよ?」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:42:29 zMV1xGLY
奈緒「な、奈緒ちゃんってなんだよ!いきなり変だぞPさん!」

P「なにいってんの〜wいつもこんな感じじゃん?それとも…」

P「二人っきりのときみたいに呼んだ方がいい?奈緒…」ミミモトイケボ

奈緒「はぁうっ////」ビクン

P「久しぶりに話して喉乾いちゃったね〜飲み物頼んでいい? 」

奈緒「う、うん…///ハッ!?」

P「このような感じで働いておりました」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:46:46 zMV1xGLY
凛加蓮「………」

奈緒「んなっ…///ば、バカヤロー!急に調子変えんなよなっ!びっくりしただろっ!」

P「私の昔の仕事ぶりを知りたいようでしたので」

凛「今のは奈緒がチョロすぎ」

加蓮「うん。奈緒を丸め込んだくらいで女の子みんな転がせると思わないでよPさん」

奈緒「二人ともひどい!」


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:50:28 zMV1xGLY
P「いえ、私程度がどんな女性にも好いていただけるなどとは考えていませんよ」

凛「じゃあ練習しよう。私練習相手になってあげるから」

加蓮「凛!抜け駆けはダメだよ!」

奈緒「お前ら何を競ってるんだよ!」

P「私はもうプロデューサーですので、前職の腕は必要無いかと」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:54:33 zMV1xGLY
凛「ダメ。とにかく私にもホストして」

加蓮「奈緒だけちやほやしてズルーい!私もして?Pさん!」

P「はあ…」

凛「まず私。ばっちこいだよプロデューサー」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:58:30 zMV1xGLY
P「使命ありがとーう!Pですよろしくねー♪」

凛「ふぅん…あんたが私の接客?まぁ悪くないかな」

P「こんなかわいいコに指名してもらえるなんてツイてるなー♪名前教えてよ」

凛「渋谷凛」

P「じゃあ凛ちゃんだ!凛ちゃんは俺と何したいのかなー?」

凛「したい?」

P「俺に興味があったから使命くれたんでしょー?」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 01:59:26 uISD/8nk
Pヘッドで想像するとすごいことになるな


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:02:28 zMV1xGLY
凛「じゃあキス」

P「えー?いきなりー?仕方ないなー」チュッ

凛「ぅわぉ」

奈緒加蓮「」

P「まだ会ったばっかだからー、ほっぺたね!たくさん指名してくれたらいくらでもチューしちゃうよー?」

凛「すいませんこのメニュー全部ください」

奈緒「す、ストップ!ストップだー!」

加蓮「凛?私抜け駆けはダメって言ったよね?」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:08:09 zMV1xGLY
凛「プロデューサー、今からでも遅くないよ。ホストやろう。私専属の」

P「満足頂けたようで何よりです。せっかくですが、私は今の仕事に満足しているので」

加蓮「Pさん!次私だよ!早くー」

P「これで最後ですよ?」

加蓮「あ、やっぱちょっとタンマ!」

P「?」

加蓮「もし私が最後までデレなかったらご褒美ちょうだい?」

凛「加蓮!自分で言ったのに!抜け駆けは…」

奈緒「そうだぞ!そんなのダメだ!」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:09:40 tDsao67k
(このPうぜぇ…)


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:12:41 zMV1xGLY
加蓮「うるさいなー別にいいじゃん?凛はチューしてもらって奈緒は耳に息かけられてイッてたんでしょ?」

奈緒「いっ…!?イッてねーよっ!///」

加蓮「だいじょーぶだって!私だけが得するようなご褒美って訳じゃないし!」

凛「かへん、信ひてひひんはね?」

加蓮「うん。信じて凛。あとほっぺに必死にベロ伸ばしてる顔すっごいブサイクだよ」


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:18:02 zMV1xGLY
加蓮「じゃあPさん、もし私がデレなかったら、結婚してください」

凛奈緒「殺せ!魔女狩りじゃ!」

P「えー?そんな約束なんかしなくてもこっちからお願いしたいなー?加蓮ちゃん」ウインク

加蓮「ふぐっ不意討ち…!」

りんなお「いいぞっ!やれ!ぶっころせ!」


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:24:20 zMV1xGLY
加蓮「ぐぐ…ふぅ…やるねPさん。一緒にアイドル活動してきたけど、ウインクなんて始めてみたよ」

P「じゃあ、これから教えてあげるよ。俺のゼンブ、加蓮ちゃんに知ってほしいんだ…」

加蓮「ぐぉ…がぁぁぁぁぁ…!カハッ」

P「苦しそうだね、大丈夫?飲み物頼もうか」

加蓮「ダメ、ダメよ北条加蓮…!この苦しみを乗り越えた先にジューンブライド、Pさんとの生活が…!」

P「飲み物大丈夫なんだ。じゃあ俺の膝使っていいからねー♪ほぉら」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:32:26 zMV1xGLY
加蓮「ひざっまくら…っ!?」

P「酔っちゃったのかなー?」

加蓮「コヒュー…コヒュー…」

P「辛かったら言ってね」ナデナデ

加蓮「ゴフッ…」バタ

凛「勝負あり…だね 」

奈緒「ああ。鼻血流しながら気失ってる」

凛「でも…」

奈緒「スゲー幸せそうな笑顔だ…」


この後、事務所アイドルすべてを陥落させたPは芸能プロダクション界きってのタラシとして名を馳せ、恋愛禁止のアイドルたちに心のオアシスを提供し続けた


P「またのご来店、心よりお待ちしております」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:37:05 zMV1xGLY
おやすみ


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 02:38:06 fh9MhQ6g
乙乙
面白かった


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 03:33:44 EPyEEDYQ
なかり古いけど同じスレ(アイマス)あったな…乙


>>13
デブブサキモオタお前方かうざいし、嫉妬見苦しい。


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 09:10:52 oU/ymYrs
これは面白いw

別の人でもやって欲しいwww


22 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 15:03:47 p6ahcN9.
クソワロタ
是非他のアイドル部分も読みたい


23 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 20:33:44 xZzlAQeA
乙面白かった
何でこのP天職から転職したんだろ


24 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 23:16:48 zMV1xGLY
P「私の接待がアイドル達のやる気に関わってるんですか?」

ちひろ「そうみたいなんです…プロデューサーさんがタラシ…ゲフンゲフン、労ってあげたアイドル達はみんな翌日にすごいパフォーマンスをみせてくれるんですが…」

P「それ以外のアイドル達にレベルの低下が見られると…」

ちひろ「はい…特に大人組は顕著で…」

P「しかし、今以上にホストの営業時間を伸ばしてしまうと事務仕事の時間にしわ寄せが行ってしまいます」

ちひろ「そうなんです…」

P「ちなみに…」

ちひろ「なんですか?」


25 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 23:17:47 zMV1xGLY
P「大人組の中に…キミは入ってるのかな?ちひろちゃん…」

ちひろ「えっ?いや、その…」

P「ダメじゃない、ちひろちゃんがしっかりしなきゃ…」

ちひろ「あの、ごめんなさい。なんだか仕事してても上の空になっちゃって…プロデューサーのことが頭から離れなくなっちゃって…」

P「ちひろちゃん?違うでしょー?今はPって呼んでよ…ね?」

ちひろ「P…さん…」

P「よーしよし、よく言えました」ナデナデ

ちひろ「あっあっあっ」


26 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 23:18:22 zMV1xGLY
P「ちひろちゃんがもうちょっとだけがんばれたら…俺ももーっとちひろちゃんのこと…」ヨリソイー

ちひろ「あっがんばるあっあっがんばりますからぁ」

P「それでは明日からよろしくお願いします。私もできる限りのフォローはしますので」スクッ

P「お疲れ様でした。ちひろさんもお気を付けて」

ちひろ「はいぃ…おつかれしゃまでしたぁ…」


27 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 23:52:12 zMV1xGLY
翌日

P「美優、お疲れ様。ほら、こっちおいで」

美優「プロデューサー、さん…ありがとうございます…」

P「元気ないね?どうかしたの?」

美優「今日のこの時間が…待ち遠しくて…」ダキッ

P「おっとっと。ダメだよ美優、こんな簡単に男にくっついたりしちゃ勘違いされても仕方ないんだよ?」ハナシ

美優「勘違いなんかじゃないです…私、プロデューサーさんなら…」

P「こーら。今はホストだから、そういうのはナシってみんなと約束したんでしょ?」

美優「はい…」


28 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 23:52:57 zMV1xGLY
P「ほら、美優の話聞かせてよ」

美優「わ、私自分のこととか話すの苦手で…」

P「いいんだよ、ゆっくりで。どんな話だっていいんだ。美優の話してる姿好きだからさ。見せてよ、俺に、いろんな美優を…」

美優「は、はいっ…///えっと、私の好きなアロマの話…」






P「あら、もうこんな時間」

美優「え、もうですか…?あの、延長を…」

P「美優、ごめんね。このあと指名入っちゃってるんだ」

美優「え…」


29 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/03(月) 23:55:37 zMV1xGLY
P「今度埋め合わせするからさ」

美優「そんな…」

P「そうだ、今度の仕事。あの話が聞きたいな」

美優「…はい……」

P「こんな部屋じゃなくてさ、もっとゆっくりできる場所で…」

美優「え?」

P「ね?」ウインク

美優「は、はいっ!お仕事頑張りますね!」


30 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/04(火) 00:10:05 aLGWhsjo
続きktkr


31 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/04(火) 00:46:33 zPJMU4qs
美優「お疲れ様でした!プロデューサーさん、おやすみなさいっ」バタバタ


P「ふぅ…」

留美「あら?女の子が帰った途端気を抜くなんてホスト失格なんじゃない?」

P「あはは…留美さん、手痛いな」

留美「当然よ。私との約束の時間、もう10分も過ぎてるのよ?」

P「ごめんね、留美さん」

留美「罰として、今日は敬語をなくしてもらうわ」

P「あれ?俺留美さんに敬語なんて使ってたっけ?」

留美「それよ。その『留美さん』っていうのをやめてちょうだい」


32 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/04(火) 00:47:18 zPJMU4qs
P「じゃあ、なんて呼ぼうか…和久井?」

留美「もうっイジワルはやめてちょうだい」

P「あはは。冗談だよ、留美。美人は怒ってる顔も綺麗だって本当だったんだなぁ」

留美「そうやって、みんなを弄んできたのね?悪いオトコ…」

P「抗ってみる?」スッ

留美「んっ…しないわ…もう、無駄ですもの」

P「留美は素直だったり冷たくあしらったり、猫みたいだね」

留美「飼ってみる?」

P「触れたら噛まれそうだ…」


33 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/04(火) 00:50:02 zPJMU4qs
ちひろ(あの日から事務所でPさ…プロデューサーさんによるオトナ向け活動方針相談(意味深)が行われるようになりました)

ちひろ(毎晩事務所に立ち篭める瘴気のようなピンクのオーラを尻目にみんなの評判と私の残業時間はうなぎのぼり)

ちひろ(私は日々の甘ったるい空気の中ストレスと戦ってます)

ちひろ(そんな私の唯一の楽しみ)

P「ちひろ、お疲れ様」

ちひろ「Pさんっ…ぁあ、だめ、そんな…」

P「ちひろには感謝してるよ。今日はゆっくり休んで…」

ちひろ「んあっダメ、ほんとにダメ…」

P「ちひろ、お疲れ様」

ちひろ「いっ…くぅ…あぁっ」ビクンビクン

P「ちひろには感謝してるよ。」

ちひろ「ふぅ…早く順番回ってこないかな…バリエーションが少なすぎてリアリティがないです」

テープ『ちひろ、お疲れ様。今日はゆっくり休んで…』

ちひろ(音声データの編集に詳しくなりました)


34 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/04(火) 00:52:34 zPJMU4qs
短いけどおしまいです
ネタ切れなんですごみんに


35 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/04(火) 01:17:09 Erznm3L6
乙!
またネタが浮かんだ時にでも書いてくれたら嬉しい


36 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/06(木) 11:29:02 uznOhtxc
活動終わったときのPの姿とか読んでみたい。どっちが素のPに近いのかなーって


37 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/06(木) 12:03:15 BJRPUoKY
>>1がネタが思い浮かんだのかと思ったらただの感想かよ
期待させやがって


38 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/11/08(土) 22:23:59 ShIg/KZo
年少組のもみたいな


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■