■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

エレン「夜の集い」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:42:10 ID:ISjTLuYA
エレン「おいライナー」

ライナー「なんだエレン」

エレン「あれ、持ってきたか?」

ライナー「ああ。当然だ」

ベルトルト「だから、こうして4人で集まってるんだろ?」

アルミン「そうだよね…」

エレン「はは…」

ライナー「くく…」

ベルトルト「…ふ」

アルミン「ふふふ…」

バサッ

2以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:43:32 ID:ISjTLuYA
ベルトルト「来ましたエロ本!」

エレン「お前ら何冊持ってきた!?」

ライナー「俺は2冊だぜエレン!」バササッ

アルミン「僕は4冊!」バササササッ

ベルトルト「僕は1冊!」バサッ

エレン「俺は3冊だ!」バサササッ

エレン「合計は何冊だ! コニー!」

コニー「ええ!?」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:45:44 ID:ISjTLuYA
コニー「ええええ えっと…」

アルミン「遅いよ! コニーには見せてあげない!」

コニー「はあ!?」

ベルトルト「駄目だコニーは…」

ライナー「エロ本の数ぐらい数えられると思っていたんだがな…」

コニー「ちょっと待て! わけがわかんねえ!」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:46:15 ID:ISjTLuYA
キャラ崩壊注意

5以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:47:43 ID:fGKwt1kw
楽しそうで何よりです

6以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:49:12 ID:ISjTLuYA
コニー「というかなんで俺なんだ」

エレン「下歩いてたのが目にとまって」

コニー「そんなことで俺を巻き添えるなよ」

エレン「悪い」

コニー「ったく…二段ベッドの上で野郎4人が集まって何をしているのかと思えば…」

エレン「エロ本を分かち合ってるんだ」

コニー「そうかよ…」

7以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:51:56 ID:ISjTLuYA
ライナー「エレンがいきなり呼びかけたりして、悪かったなコニー」

コニー「おう」

ベルトルト「コニーも一冊どう?」

コニー「やめておくよ」

ライナー「ほう…お前って意外とこういうの嫌いか?」

コニー「嫌いってわけじゃねえが…」

8以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:53:50 ID:ISjTLuYA
ベルトルト「アルミンを見てみなよ」

コニー「ここからじゃみえねえんだが」

ベルトルト「登ってきてよ」

コニー「ったく…」トコトコ

9以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:57:47 ID:ISjTLuYA
コニー「よっと…」

コニー「…!?」

コニー「アルミン…お前…」

アルミン「このエロ本いいね…」

コニー「目が違うぞ…?」


ベルトルト「アルミンは少し不安定なんだ」

アルミン「」フーッ

エレン「夜の集い…それは理性を崩壊させる」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 01:59:56 ID:ISjTLuYA
ライナー「だから、普段冷静沈着なアルミンがこうなっても不思議じゃない」

コニー「不思議なのはお前らの頭だ…」

ベルトルト「そう思うのも仕方ないね」

アルミン「うん。コニーは参加したことないからそう思うんだ」

コニー「わけがわかんねえ…村に帰りたい」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 02:02:54 ID:ISjTLuYA
眠い。
文章繋がってない気がする…

12以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 02:05:09 ID:8MWA.Aec
ベッド壊れるぞwwww

13以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 04:50:35 ID:5Zarccxs
エレン 63kg
アルミン 55kg
ライナー 95kg
ベルトルト 81kg

ベッド丈夫すぎィ!

14以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 07:25:00 ID:Q/MNzQEs
ライナー重いな
流石ゴリマッチョ

15以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 13:34:04 ID:ISjTLuYA
エレン「わけがわかんねえって、エロ本のよさがわかんねえのか?」

コニー「うーん…そうじゃなくて、お前らの思考がよくわかんねえっていうか…」

コニー(エロ本で理性崩壊って…しかも、それをあたりまえかのように)

エレン「…そうか」

エレン「エロ本って素晴らしいんだぜ」

エレン「俺が辛い訓練を乗り越えてこれたのも、エロ本あってこそだ」

ベルトルト「そうそう。僕がこの訓練兵になったのも、質の高いエロ本があるって聞いたもんだから」

コニー「……おう、そうか」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 13:36:52 ID:n5ESlABQ
どこからエロ本持ってきた?w

17以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 13:37:37 ID:ISjTLuYA
ライナー「エレン、ベルトルト。コニーにかまっても無意味に時間が過ぎるだけだぞ」

ベルトルト「確かに」

アルミン「そして快楽の園へ…」

エレン「ああ…そうだな…」

18以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 13:40:29 ID:ISjTLuYA
コニー「ったく…」トコトコ

コニー「エレン達ってあんな奴らだっけか?」

コニー「なあジャン…」ヒョイッ ←別のベッド2段目に登る


ジャン「ははは…ははは…」

マルコ「ふふふ…ふふふ…」

フランツ「うーはー」

コニー「!?」

19以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 13:42:29 ID:ISjTLuYA
コニー「おいおいおいおい…」

ジャン「せーのっ」

ジャン「俺は2冊!」バササッ

マルコ「僕は3冊!」バサササッ

フランツ「僕は1冊!」バサッ

ジャン「ほう…計6冊か…」

マルコ「正直言って、一晩で消化しきれない量だね…」

フランツ「うん…。だけど、足りないよりは余るほうがいい」

ジャン「はん…それもそうだな」

マルコ「いいこと言ったねフランツ…」

フランツ「当然のことを言ったまでだよ」

20以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 13:45:41 ID:ISjTLuYA
コニー「なんだよ…お前らもか…?」

ジャン「ん?」

マルコ「コニー?」

フランツ「いたのか」

コニー「ああ…ちょっと前からな」

コニー「って…んん?」

ジャン「どうしたコニー?」

21以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 13:51:04 ID:ISjTLuYA
コニー「お前らもエロ本…なんだよな?」

ジャン「はあ? エロ本なんてもん読むわけねえだろ」

マルコ「僕らは官能小説だよ」

コニー「官能小説?」

マルコ「ああ」

ジャン「そのほうが想像が膨らむだろ?」

コニー「そんなもんなのか?」

マルコ「そうだよ」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 13:58:24 ID:ISjTLuYA
ジャン「エレン達のところ、見たか?」

コニー「見たのは見たけど」

ジャン「あいつらはエロ本で満足する野郎共だ」

マルコ「その通りだジャン」

マルコ「僕達は文学派なんだ」

マルコ「小説から想像しないとイけなくなっちゃったんだ」

コニー「文学派関係ねえ…」

23以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 14:15:20 ID:ISjTLuYA
マルコ「っと、今は時間も体力も無駄に消費しちゃいけない」

マルコ「僕達はこれから…ね」

ジャン「ああ…そうだったな…」

フランツ「ごめんねコニー…僕達は…」

コニー「あーわかったわかった。皆まで言わなくていいぞ」

フランツ「じゃあ…そういうことで…」

ジャン「……」

ジャン「いや、待て」

コニー「?」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 14:41:10 ID:ISjTLuYA
ジャン「コニー、加わる気はねえか?」

コニー「!?」

マルコ「ジャン!?」

ジャン「俺達は3人…人数自体は大したことじゃねえんだが…」チラッ

ジャン「エレン達は4人。なんか負けてる気がしねえか?」

コニー「似たり寄ったりのくせに?」

マルコ「うん…確かに」

フランツ「何故か負けてる気がするね。何故かね」

ジャン「というわけだ。加われ」ガシッ

コニー「ちょっ」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 14:47:08 ID:ISjTLuYA
コニー「なんで俺なんだよ?」

ジャン「ん? まあ、コニーでいいかなって」

コニー「つーか3人でいいじゃねえか。俺が入り込む余地なんてねえように思うんだが」

ジャン「…今は3人だが、本当は違う」

コニー「どういうことだ?」

マルコ「僕達は少し前までは4人で活動してた」

マルコ「でも…」

マルコ「1人…脱退してしまった」

マルコ「というより、しばらく活動休止って言ったほうがいいかな?」

コニー(とりあえず聞くだけ聞くか)

26以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 14:57:15 ID:ISjTLuYA
マルコ「…惜しい男をなくしてしまった」

ジャン「ああ…いいやつだったのにな」

マルコ「そうだね…昔、イクとき、夢中になるがあまり ティッシュを持っていないことに気づいたとき」

マルコ「僕は一体どこにエネルギッシュ溢れる性欲を解き放てばいいんだ…そう悩んでいたとき」

マルコ「そっとティッシュを差し伸べてくれた男…いや、漢」

マルコ「それはダズ」

コニー「ダズ!? 以外だな おい!」

27以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 14:58:54 ID:ISjTLuYA
ジャン「ああ…本当にいいやつだったよ…」

ジャン「少し前、エロ本が道端に落ちていて…つい拾っちまいそうになった」

ジャン「はっ…俺としたことがよ…」

ジャン「その時、どこからともなくダズが『ほらよ…官能小説…』つって、スッとポケットに忍び込ませてくれたんだ」

ジャン「俺はそれで事なきを得た」

ジャン「出来心でエロ本派になっちまうところを、あいつは引き戻してくれた」

ジャン「自分の官能小説を…犠牲にして…」(俺にくれた)

フランツ「良い話だな…」

コニー「…」

28以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 14:59:31 ID:ISjTLuYA
フランツ「ちなみに、僕はハンナと少し喧嘩をしてしまってね…」

フランツ「悩んでいたんだ…もしかして、このまま別れてしまうんじゃないかと…」

フランツ「ハンナを失うことも怖かったけど、性欲の行き場を失うのも怖かった」

ジャン「けっ この非童貞クズ野郎が…」

マルコ「まったくだよ…」

マルコ「今こうして同じ官能小説を分かち合ってるのが不思議なぐらいだよ」

フランツ「ご、ごめん…」

29以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:00:31 ID:ISjTLuYA
フランツ「そんなとき、僕を導いてくれたのがダズだった」

フランツ「ダズは、僕が座学のときに使う教科書を官能小説にすり替えていたんだ」

コニー「!?」

フランツ「僕はびっくりしたよ…どうして官能小説? エロ本じゃないの? と思ったさ」

フランツ「だけど、とりあえず僕は読んだ」

フランツ「すると、新しい道を開けたような気がしてね…」

フランツ「ふふ…どうして僕はハンナのことなんかで悩んでいたんだろうと…」

コニー「ダズおかしいやつじゃねえか」

30以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:02:15 ID:ISjTLuYA
フランツ「官能小説があるじゃないかと…」

フランツ「ハンナじゃなくても…官能小説があるじゃないかと」

フランツ「そう思った」

フランツ「そして、ダズを頼ってきたら、ここへ行き着いた」

フランツ「ここは…性欲を持て余すものの溜まり場…」

フランツ「そして、僕は仲間を得た」

コニー(んな麻薬組織みたいな…)

31以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:06:35 ID:ISjTLuYA
ジャン「と、いうわけだで、皆ここへ行き着いた」

コニー「…そうか」

コニー「で? ダズはなんでいないんだ?」

ジャン「あいつはな…掟を守れなかったんだ」

コニー「掟?」

ジャン「ああ…」

ジャン「俺たちの集会は3日に一回って決まってるんだ」

ジャン「毎日でもいいが、3日に一回ぐらいが一番気持ちいいって気づいたんだ」

ジャン「だから…だから…」

32以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:12:44 ID:ISjTLuYA
ジャン「なのにあいつはよ…」

ジャン「性欲を…抑えきれなかった…」

マルコ「バカ野郎ダズ…!」

フランツ「どうしていってしまったんだ…!」

コニー「わかったから早く話してくれよ」

ジャン「…ダズは毎日こっそり抜いてやがった」

33以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:13:36 ID:ISjTLuYA
ジャン「あれは昼休みのとき…」

ジャン「そのことに気づいたのはトイレだ」

ジャン「俺がうんこしようと個室に入ったとき、壁に白い粘つく液体が…」

ジャン「なんだ? この壁にへばり付いている液体はなんだ!?」

ジャン「そう思った。そして、思い出した」

ジャン「そういやさっきこの個室から誰かでていったな と」

ジャン「あれは誰だ?」

ジャン「ダズだった」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:16:25 ID:ISjTLuYA
ジャン「ああダズか。あいつもうんこするんだなと思い、再度壁を見た」

ジャン「その時、白い液体の正体がわかった」

ジャン「…これは精液じゃねえか…」

ジャン「俺は頭の中が真っ白になった」

ジャン「何故トイレットペーパーにださなかったとか 便器に直接ださなかったとかは置いといて」

ジャン「やつはこっそりと抜いてやがった…」

ジャン「その日の前日、集会を開いたばっかりだってのによ…!」

35以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:18:16 ID:ISjTLuYA
ジャン「…ってわけだ」

コニー「うんこは?」

ジャン「驚きのあまり便秘になった」

コニー「壁についてた精液は?」

ジャン「放置」

コニー「拭けよ」

ジャン「手についたら嫌だしよ」

コニー「…」

36以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:18:59 ID:ISjTLuYA
コニー「で? それがダズ脱退(活動休止)に繋がるんだ?」

マルコ「まだ続きがある」

コニー「マルコッ」

マルコ「あれは、夕方食事前…」

37以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:20:11 ID:ISjTLuYA
マルコ「僕が水汲み当番で、水を汲みにいったときだ」

マルコ「ガサガサ…と音が聞こえた」

マルコ「何やら茂みで動いている…なんだろう?」

マルコ「そう思って、茂みに近づいた」

マルコ「すると、茂みからサッと素早く何かが逃げていった」

マルコ「猫かな? と思った。それにしてはやけに大きかった。早く水汲みを済ませなきゃいけない。だけど気になって見に行った」

マルコ「そこにはピラミッド型に積まれた官能小説が…」

38以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:22:37 ID:ISjTLuYA
コニー「マジかよ」

マルコ「マジだよ」

マルコ「その時僕は思い出した…」

マルコ「ダズが昔 思い立ったが吉日、その日以降は全て凶日 だって言っていたことを」

コニー「どういうことだ?」

マルコ「つまり、抜きたいときに抜くのが吉、我慢するのは凶だってことさ」

コニー「お、おう」

ジャン「しかし何てやつだ…外で抜けるようにまでしてあるなんてな」

フランツ「化け物だよ」

コニー「あながち間違っちゃいねえかもな」

39以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:25:19 ID:ISjTLuYA
コニー「…で、結局ダズが脱退した理由はなんだよ?」

フランツ「シコりすぎ。これだけ」

コニー「ああ、もうなんか…」

フランツ「シコりすぎたがゆえに、亀頭が痛んだんだ」

ジャン「過度なオナニーは身を滅ぼす」

ジャン「奴はまさに体現者ってわけだ」

40以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:27:14 ID:ISjTLuYA
マルコ「今頃病院のベッドの上かな…」

フランツ「いいな…美人な看護師さんに抜いてもらったりするんだろうか…」

ジャン「馬鹿かよ。亀頭が痛んでるってのにシコってくれるやつがいるか」

フランツ「それもそうだね。ははは」

マルコ「まったくフランツは…先走るんだから」

フランツ「え? もう先走ってるよ?」

マルコ「パンツのなかが?」

フランツ「うん」テローン

ジャン「ったくてめえらは…はははっ」

41以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:32:01 ID:ISjTLuYA
ジャン「…っと、悪いコニー。置いてけぼりだったな」

ジャン「まあなんだ…その」

ジャン「コニーならわかる。分かち合えると思うぜ?」

フランツ「結構いいよ?」

ジャン「一度だけでもいいから俺らと共にシコってみようぜ?」

コニー「…」

42以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:53:23 ID:ISjTLuYA
コニー(逃げようとしても無駄だろうな…)

コニー「わかったよ」

コニー「シコればいいんだろシコれば」

ジャン「よし」

マルコ「さて…まずは」

ジャン「俺のからはどうだ?」

マルコ「いいね…ジャンは僕のをどうぞ」

フランツ「僕は自分の…だとなんだか空しいから、マルコの借りるよ」

コニー「じゃあ俺は…フランツので」




43以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:57:12 ID:ISjTLuYA



エレン「ちっ…聞いたかお前ら…」

アルミン「うん。めちゃくちゃ聞こえたよ」

エレン「ド素人のコニーを臨時メンバーに迎えるなんてな」

ライナー「今まで何度も本を分かち合ってきたやつ同士だからこそ、話が弾み知識が増えるってのにな」

アルミン「生半可な気持ちでシコると、賢者タイムでひどく後悔するのに…」

ベルトルト「しかし…もしコニーがこの道にはまってしまうとしたら…どうだろう」

アルミン「どういうこと?」

44以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 15:59:51 ID:ISjTLuYA
エレン「そうか! アレをするやつが一人増えるってことか!」

ライナー「ぬかった…さっきコニーが来たときこちら側に誘っておくべきだったか」

ベルトルト「でも過ぎ去ったことは仕方がない」

ベルトルト「ここはコニーが何事もないまま、あ、シコるだけですめばいいけど…」

アルミン(いや…)

アルミン(向こうにはマルコ、ジャンがいる)

アルミン(コニーは官能小説派になってしまうかもしれない)

アルミン(…だけど、今はエロ本で抜くことが重要だね)ムフーッ




45以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 16:03:16 ID:ISjTLuYA



コニー「なあジャン」

ジャン「ん?」

コニー「アルミンたちのほうから、アレをするやつが増えるとかなんとかって聞こえたんだが」

ジャン「ああ、それか」

コニー「一体何のことだ?」

ジャン「俺たちにとってエロ本は害悪だ」

ジャン「だから、エロ本を見つけ次第即刻焼却する」

コニー「はぁ!?」

46以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 16:08:39 ID:ISjTLuYA
コニー「ちょ、ちょっと待てよ」

ジャン「なんだコニー…」

コニー「いくらなんでも、そりゃちょっとやり過ぎじゃねえのか?」

ジャン「そんなことはない」

コニー「いやいやいや…」

コニー「というか、なんでそこまでエロ本を目の敵にするんだ?」

ジャン「エロ本拾って回収してたのを見られて冷ややかな目で見られた」

ジャン「もちろん、俺のおばにもな…」

47以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 16:15:06 ID:ISjTLuYA
ジャン「極めつけは、あの死に急ぎ野郎が、エロ本を後生大事にするかのようにしていること」

ジャン「ますますエロ本が嫌いになった」

コニー「さっき拾いそうになったって…」

ジャン「…あれは、気の迷いだ」

ジャン「俺は官能小説が好きなんだ…」

コニー「そうか…」

48以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 16:19:56 ID:ISjTLuYA
フランツ「ちょっと、さっきから無駄話がすぎてるよ」

マルコ「そうだね。そろそろシないと夜が明ける」

ジャン「だな」

コニー(ああ…もうどうでもいいや)

49以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 16:20:46 ID:ISjTLuYA



アルミン「ふむふむ…」シュッシュッ

ライナー「あぁ〜いいぞこれ」シコシコ

エレン「おっぱいでけぇこの人」

ベルトルト「きもてぃーーー」シコシコ




50以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 16:21:42 ID:ISjTLuYA



ジャン「こういう風に舐めてくれてんのか?…ああっこれがミカサならっ」シコシコ

マルコ「むふふっ…69いいねぇ〜、がばがばじゃん」シコシコ

フランツ「ハンナッこの想いハンナに届けっ」シコシコ

コニー「…」

51以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 16:24:04 ID:ISjTLuYA
もうなんだこれ…何書いてるんだ俺

52以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 16:50:41 ID:fGKwt1kw
これが童貞をこじらせた者達の末路か……

53以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/15(木) 20:20:26 ID:ET2vHlTE
もっと下さい

■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■