■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■

恭介「バイオハザードをしよう」謙吾「ひゃっほううううう」
1以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:01:24 ID:yAfGPiDY
理樹「恭介に大事話があるからって呼ばれたけど…」
真人「いねぇな恭介の奴」
謙吾「また何かを始めるのだろう、うわぁワクワクしてきた」
鈴「こいつ馬鹿だな」

2以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:02:45 ID:yAfGPiDY
小毬「こんばんは〜」
理樹「あれ?小毬さんも恭介に呼ばれたの」
来ヶ也「私達もいるぞ」
葉留佳「やはー」
クド「こんばんはなのですっ」
佳奈多「貴方達が騒がしくしないか見にきただけです」
西園「素直じゃないです…」
笹瀬川「宮沢様に会いに来ただけですわっ」
沙耶「これもスパイの訓練よ」
真人「勢揃いだな…」

3以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:04:35 ID:yAfGPiDY
恭介「お、みんな揃ってるな」
理樹「遅いよ恭介」
恭介「悪い悪い、ちょっと準備をしててな」
クド「準備ですか?」
恭介「それは今から説明する、理樹、そっちを持ってくれ」ペラペラペラ
恭介「第一回!ハラハラ?ドキドキ?バイオハザード大会を始める!」
謙吾「ひゃっほうううううう!!」
一同「…………」

4以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:05:20 ID:yAfGPiDY
恭介「なんで無言なんだよ!」
理樹「バイオハザードってあのゾンビゲームだよね?」
恭介「無論、しかも今回はただのゲームじゃない、ゲームの中に入って戦う」
小毬「ほわぁ!ゲームの中に入るんですか?」
クド「ゾンビさんは怖いのです…」
佳奈多「それよりゲームの中になんて入れるのかしら?」
恭介「それは問題ない、西園!」

5以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:06:16 ID:yAfGPiDY
西園「はい、このなんだかよくわからない装置を使えばゲームの中に入ることができます、ちなみに科学研究部が作りました」
真人「ノベル賞でもとれそうだな」
来ヶ也「ノーベル賞だな」
鈴「こいつ馬鹿だ!」
恭介「まあいい、今からルール説明を行う」
小毬「ふぇぇ、ゾンビさんは怖いよぉ〜」
クド「私も怖いのです……」

6以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:08:05 ID:yAfGPiDY
恭介「優勝者には理樹を一日好きにできる権利が与えられるんだがな……」
一同(なん……だと…)
恭介「まあやりたくない人は待っていてくれ」
小毬「私…やるよっ!」
クド「あいむちゃれんじゃー!なのですっ」
来ヶ也「ふむ、おねーさん興奮してきたよ」
鈴「理樹とデートか…」
西園「頑張りましょう」
佳奈多「やるからには本気でやるわ」
葉留佳「お姉ちゃんは素直じゃないなぁ」
沙耶「スパイの実力を見せる時がきたわね…」
笹瀬川「私は宮沢様一筋ですけどやらせていただきますわっ」
理樹「いやいやいや、みんな待ってよ」

7以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:11:55 ID:yAfGPiDY
真人「理樹と筋トレ三昧だぜ!」
謙吾「なぁにい!理樹は俺の物だぞ!」
鈴「こいつらきしょい」
恭介「まあそういうことだ理樹、あきらめろ」
理樹「はぁ…」
恭介「話はそれたがルール説明を行う!」
恭介「まず入るゲームはこれだ!」
理樹「バイオハザード…バージョン名は…リトルバスターズ!?」
葉留佳「なんで私達がゲームに!?」
恭介「作った」
鈴「こいつ馬鹿だ!」

8以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:12:56 ID:yAfGPiDY
真人「ていうかお前就活はどうしたんだよ…」
恭介「いいだろそんなこと…説明させろ…このゲームはスタートは全員ばらばらだ、そして一人一つ武器を持っている、何が当たるかはお楽しみさ」
恭介「そして1番最初に目的地に辿りついた人が優勝者だ」
佳奈多「目的地とは?」
恭介「始めればわかるさ」

9以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:15:34 ID:yAfGPiDY
沙耶「じゃあ協力してゴールするのは?」
恭介「もちろんありだ、その場合優勝者は複数だな」
恭介「ちなみにゾンビも倒せば消えるし血はでない、やられたら現実に戻るだけで痛くもないし、死にもしない」
恭介「準備はいいな?」
一同「……」コクリ
恭介「ミッションスタートだ!」

10以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:17:29 ID:yAfGPiDY
ゲーム世界

理樹「ここがゲーム世界か…」
小毬「そうみたいだね〜」
理樹「うわぁっ小毬さん!なんでここに!」
真人「俺もいるぜ」
理樹「スタート地点はばらばらじゃなかったの…?」
真人「どうやら恭介のやつミスったみたいだな」
理樹「ハンドガンと鍋の蓋とショットガンがおちてるよ」
小毬「これが恭介さんの言ってた武器かなぁ?」
真人「俺は鍋の蓋で十分だ!」
理樹「じゃあ僕はハンドガンで」
ガタッ
小毬「ふぇ?」
真人「誰だ?」

11以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:18:32 ID:yAfGPiDY
ゾンビ「ううう」
小毬「ほわぁ!」バタ
理樹「うわぁ気絶した!」
真人「うおおおおくらいやがれぇ!」バキッドカッ
ゾンビ「ぐわあっ」
真人「やったか…」
理樹「すごいよ!真人!」
真人「へへっありがとよ」
理樹「しかし小毬さんは気絶しちゃったから真人おぶってくれる?」
真人「ああ、まかせとけ!」

12以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:19:09 ID:yAfGPiDY
理樹「薄暗くてわからなかったけどここって教室だね」
真人「黒板にグラウンドに向かえって書いてあるぜ」
理樹「じゃあ行って「きゃああああああああああ」
理樹「悲鳴!廊下からだ」ガララ

13以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:19:55 ID:yAfGPiDY
理樹「あそこに人が倒れてる!」
真人「よし!見に行くか」

廊下

笹瀬川「……」
理樹「笹瀬川さん!」
真人「笹瀬川だったのか…」
笹瀬川「あら……直枝さんに……井ノ原さん……」
理樹「大丈夫!しっかりして」
笹瀬川「私は…もう……駄目ですわ……それより気をつけて下さい……化けものが……ゾンビなんかくらべものに……ならないやつが……」
理樹「笹瀬川さん…」
笹瀬川「これを……受け取って……」ガチャ
真人「手榴弾か?」

14以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:20:36 ID:yAfGPiDY
笹瀬川「私の…武器ですわ………後は頼みましたわ…」シュン
理樹「消えた…現実に帰ったのかな」
真人「痛くもないって恭介も言ってたから大丈夫だろ」
ピリリピリリ
理樹「メールだ…」
真人「笹瀬川が脱落したって書いてあるな」
理樹「笹瀬川さんは化けものがいるって言ってたから気をつけよう」
真人「おう」

15以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:21:21 ID:yAfGPiDY
小毬「ふぇ?」パチッ
理樹「あ、小毬さん…目が覚めた?」
小毬「私気絶しちゃってたんだ…」
真人「ゾンビ見るたびに気絶されちゃかなわないぜ」
小毬「もう大丈夫、あれはいきなりだったから」
理樹「それじゃあグラウンドへ行こう」

16以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:22:33 ID:yAfGPiDY

side kyosuke

恭介「みんなゲームを楽しんでるみたいだな」
恭介「じゃあ俺たちも参加するか」
鈴「うっさい!何でお前と一緒なんじゃ!」
恭介「仕方ないだろ…ついてこないならおいてくぞ?」
鈴「うぅ…仕方ないから行ってやる」
恭介「まあ拗ねるなよライフル使っていいから」
鈴「いるかー!ぼけーっ!」バキッ

17以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:23:17 ID:yAfGPiDY
恭介「じゃあ俺が使うからお前バットな」
鈴「仕方ないな…」
恭介「しかし笹瀬川がやられるとはな…もっと頑張ると思ってたのに」
鈴「ささ子はまあまあ強いからな」
恭介「まあ無駄話もこれ位にしてグラウンドに行くか…」

18以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:24:13 ID:yAfGPiDY
職員室

恭介「ここには弾がありそうだからな鈴も探してくれ」
鈴「恭介!ゾンビがいる!」
恭介「おっとお出ましか!」
ガチャ バーン
鈴「馬鹿兄貴!後ろ!」
恭介「何っ!」
くるっ バーン
恭介「数が多いな…鈴も戦ってくれ!」
鈴「言われんでも戦っとるわ!」バキッ
恭介「成長したな鈴」バーン
鈴「なんかきしょい」バキッ

19以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:29:33 ID:yAfGPiDY
side yuiko

来ヶ也「だからゆいこはやめてくれ…」
西園「メタ発言は控えて下さい」
来ヶ也「ああ、すまん、つい…」
西園「まあいいでしょう、来ヶ也さんの武器は何でしたか?」
来ヶ也「私の武器は日本刀だったよ…私にこれを渡すとは無双してくれと言っているようなものではないか…」
西園「私もNYPバズーカでした…できすぎてますね…」
来ヶ也「まあいいさ、グラウンドへむかうとしよう」

20以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:36:54 ID:yAfGPiDY
中庭

来ヶ也「ここを渡ればグラウンドだな、ああ早く理樹君をあんなことやこんな姿に…」
西園「その時は私もズシャ!ご一緒に…え?」
来ヶ也「何!敵襲か!」
西園「しくじりましたね…こんなに早く脱落ですか…後は任せました来ヶ也さん…」シュン
来ヶ也「ああ任せたまえ…」
来ヶ也(しかし敵の気配が消えた…これはボスみたいなものなのか…恭介氏も中々面白い物を作り出したな…)

21以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:44:05 ID:yAfGPiDY
side kengo
クド「怖いのですっ」ブルブル
佳奈多「葉留佳、手をつながない?」
葉留佳「やはは、お姉ちゃん怖いの?」
佳奈多「そんな訳ないじゃない!」
謙吾(何故俺の所にこんなに人がいるんだ…)
謙吾(しかも戦えそうにない奴ばっかじゃないか…)
クド「あいむしょっくなのです…」
佳奈多「待ちなさいっ葉留佳!」
葉留佳「やはは捕まらないよー」

22以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:46:21 ID:yAfGPiDY
謙吾「ええいっうるさいっ!お前らの武器を見せてみろ!」
クド「はりせんっなのですっ」
葉留佳「マシンガンって言うのかな?」
佳奈多「竹刀」
謙吾「俺は双眼鏡だ…使えそうなのはマシンガンと竹刀だな」
クド「わふっいらない子になってしまいましたっ」
謙吾「俺は竹刀を持つから能見は俺の後ろに、二木がマシンガンを持って三枝についてやれ」
葉留佳「えー私がマシンガン撃ちたいー」
謙吾「駄目だ、お前は俺たちに撃ちそうだからな」
葉留佳「ちぇー謙吾君のけちー」

23以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:47:14 ID:yAfGPiDY
謙吾「とりあえずだ、指示通りにグラウンドへ行くぞ」
クド「らじゃーっなのですっ」
佳奈多「葉留佳、絶対離れちゃ駄目よ」
葉留佳「はいはい」

24以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 11:47:51 ID:yAfGPiDY
廊下

謙吾「ほうゾンビがけっこういるな」
佳奈多「ここを避けてはグラウンドに行けないわね」
謙吾「やむをえん、突撃だ」
佳奈多「いくわよ!葉留佳!」
クド「れっつごーですね」
パララパララ
ゾンビA「ぐわっ」
ゾンビB「いきなりっ!」
ゾンビC「+\39×〒」
謙吾「銃に手慣れてるな」
佳奈多「初めてよ使うのは」パララパララ
クド「宮沢さん!後ろが!」
謙吾「メーン!」バキッ
謙吾「能見!大丈夫か!」
クド「ありがとうございます、大丈夫です」

25以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:01:27 ID:yAfGPiDY
佳奈多「もうすぐ突破できるわ!」
謙吾「マーン!」バキッ
クド「あと少しですっ」
佳奈多「これで最後よ」パララパララ
ゾンビ「ぎゃあー」
謙吾「ふぅ、なんとか片付いたな」
クド「三枝さんがいないのですっ」
佳奈多「何っ!なんてこと…」
謙吾「落ち着け二木、メールが来てないから大丈夫だ」
佳奈多「宮沢、私葉留佳を探してくるからクドリャフカを頼むわ」タッタッ
謙吾「お、おい!」
クド「行ってしまわれたのです…」
謙吾「仕方ない…俺たちはグラウンドを目指すとしよう…」

26以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:27:30 ID:yAfGPiDY
side riki
理樹「西園さんが…やられた…?」
真人「筋肉が足りなかったんだよ筋肉が」
小毬「ふぇ?何か甘い匂いがする…」
理樹「え?」
小毬「こっちから匂いがする」タッタッ
理樹「あっ!待って小毬さん!」

27以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:28:35 ID:yAfGPiDY
食堂

理樹「ここは…食堂?」
真人「おい理樹、誰か厨房にいるぜ」
小毬「あれは…はるちゃん?」
葉留佳「およ?あ!理樹君!」
真人「げっ三枝ぁ!」
葉留佳「やはは奇遇だねぇ」
理樹「こんな所で何してるのさ」
葉留佳「お腹が空いたからマフィンを焼いていたんですヨ?」
小毬「うわぁ〜おいしそう〜」
理樹「よくこんな時に作れるね…」
葉留佳「ここはゾンビいないからね、たくさん作ったからみんなで食べちゃおうよ」

28以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:33:38 ID:yAfGPiDY
???「葉留佳!」
葉留佳「およ?」
小毬「あ!かなちゃんだー」
佳奈多「急にいなくならないで!心配したんだから…もう…」
葉留佳「ごめんごめんもうしないから」
真人「おい!あれゾンビじゃねーか?」
小毬「ほわぁあんなにたくさん」バタ
佳奈多「私についてきたのかしら…」
理樹「それにしても数が多すぎるよ…」

29以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:34:57 ID:yAfGPiDY
佳奈多「やるしかないわね…」パララパララ
理樹「うん」バンバン
葉留佳「秘技!ビー玉巻き!」
真人「筋肉革命だー!」バキッドカッ
10分後
理樹「はあはあ全然減らないね…」
葉留佳「どんだけ連れてきたの…お姉ちゃん…」
佳奈多「仕方ないでしょ!あなたが心配だったんだから」
真人「ていうか神北知らねえか?」
理葉佳「「「…」」」
理樹「よくも小毬さんを!」バンバン
葉留佳「はるちん怒りMAXパワー!」
佳奈多「仇打ちね…」

30以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:36:44 ID:yAfGPiDY
理樹「そうだ!真人!手榴弾を使おう!」
佳奈多「こんな所で使ったら私達もあぶないわよ!」
真人「大丈夫だ二木、俺に任せろ!」
理樹「真人、なんで体に手榴弾を付けてるの…」
真人「理樹、後は任せたぜ!」
理樹「駄目だ!真人!」
真人「うおおおおおおおお」
どかあああああああああん
理樹「真人おおぉぉ」
葉留佳「真人君の犠牲は忘れませんヨ」

31以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:37:53 ID:yAfGPiDY
現実

笹瀬川「私の出番が少なすぎるんですがっ!」
西園「私はもう満足です、楽しめました」
小毬「ふぇぇ〜私なんか気付いたら現実に戻ってたんだよぉ〜」
西園「井ノ原さんのせいですね」
真人「いや、待てよ!俺も最後はかっこよかっただろ?」
笹瀬川「うるさいですわっ」
西園「静かにしてください」
真人「」

32以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:38:54 ID:yAfGPiDY

side kyosuke
恭介「ふぅこれで職員室のゾンビは片付いたな」
鈴「うん私のおかげだな」
恭介「たいして何もしてないだろ」
鈴「うるさっ…ん…?」
恭介「どうした鈴?」
鈴「恭介、入口から何か入ってくる」
???「ううう」
恭介「なんじゃありゃ…あんなのプログラムに入れてないぜ」
来ヶ也「逃げろ恭介氏!」
恭介「来ヶ也!どうしてここに!」
来ヶ也「いいから早く!」

33以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:39:48 ID:yAfGPiDY
恭介「はあはあ、ここまでくれば大丈夫だろ」
鈴「あれはなんだ?」
来ヶ也「わからない、でもこのおねーさんでも自分を守ることで精一杯だったよ…」
恭介「異常自体だ…早くゲームをクリアしてしまわないとやばいかもしれない」
来ヶ也「奴を倒すというのは?」
恭介「無理だろう、逃げるので精一杯だ」
来ヶ也「やむをえまい、グラウンドからは大分離れてしまったが、奴に会わないように進もう」
恭介「そうだな」

34以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:41:39 ID:yAfGPiDY
side kengo
謙吾「もう少しでグラウンドだな」
クド「あまりゾンビさんには会いませんでしたね」
ガタッ
謙吾「誰だ?」
???「ううう」
謙吾「人間ではないみたいだな」
???「わが名は…うう…」
クド「わふっ喋ったのです」
???「ぐわぁぁ」
謙吾「来るかっ!」
クド「宮沢さん!後ろなのです!」
謙吾「何っ!」シャッ
謙吾「っ!」
クド「大丈夫ですか!宮沢さん!」
謙吾「なんてことない、かすり傷だ」
???「ぐわああ」
謙吾「逃げるぞっ能見!」
クド「宮沢さん、前ですっ!」

35以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:42:42 ID:yAfGPiDY
グサア
謙吾「ぐっ…」
クド「大丈夫ですか!」
謙吾「痛くはないが…後一撃で消えてしまいそうだな」
???「ぐわあああ」
謙吾「危ない!能見!」
ザクッ
クド「わふ…」シュン
謙吾「すまない、能見…」

36以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:43:27 ID:yAfGPiDY
???「次はお前だ…」
謙吾「くそっこうなったら道連れだ」
謙吾「お前と一緒に飛び降りる!」
???「なん…だと…?」
謙吾「うおおおおおおお」ガシッドサア
謙吾「え?」
???「ここは一階だ…」グサア
謙吾「茶番だああああぁぁ」シュン

37以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:48:05 ID:yAfGPiDY
現実
謙吾「不覚…」
真人「へっ女一人守れねーようじゃ話にならないな」
クド「井ノ原さん!私は宮沢さんに何度も助けてもらいました!」
笹瀬川「宮沢様の悪口は許しませんわ!」
小毬「真人君〜悪口はいけないよぉ〜」
西園「井ノ原さんは黙っていて下さい」
真人「」

38以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:58:19 ID:yAfGPiDY
side riki
理樹「真人のおかげでなんとかグラウンドまでこれたけど…何もないね…」
佳奈多「ここがゴールじゃないのかしら」
葉留佳「あー!姉御がいる!」
来ヶ也「葉留佳君か…」
恭介「よう」
鈴「理樹!」
理樹「恭介に鈴も!」
恭介「ちょっと異常自体が起きてな」
葉留佳「異常自体とは?」

39以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 12:59:17 ID:yAfGPiDY
恭介「実はプログラムが書き換えられてな、なんかゴツイゾンビがいるんだ、そいつを倒さないとクリアにならないみたいなんだ」
理樹「ゴツイゾンビ?」
来ヶ也「ああ、このおねーさんでも倒せないんだ」
佳奈多「でもクリアしなくても大丈夫じゃないの?現実には戻れるんでしょ?」
恭介「ああ、その通りなんだが俺にはあいつが助けを求めているように見えるんだ」
理樹「え?」
恭介「朱鷺戸には会ったか?」

40以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:00:19 ID:yAfGPiDY
理樹「いや、会ってないけど…」
葉留佳「私も会ってませんヨ?」
恭介「実は朱鷺戸が姿を見せないんだ、もしかしたらなんらかの不具合があってゾンビになったのかもしれない」
理樹「あやちゃんが!?」
恭介「ああ、もしその場合はあいつを倒さないと朱鷺戸はあのままだ」
理樹「じゃあ早く助けないと!」
恭介「落ち着け、理樹、だから俺たちがいるんだ」
来ヶ也「ふむ、おねーさんが手伝おう」
佳奈多「仕方ないわね…」
葉留佳「やはは、頑張りますか」
鈴「うん、あたしも手伝うぞ」
理樹「みんな…よし頑張ろう!」

41以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:11:46 ID:E3N0LFiw
5分後


理樹「よし!作戦は決まったね!」
佳奈多「まず私と葉留佳が囮になりグラウンドの中央までおびき寄せる」
葉留佳「そして私がほった落とし穴におとし」
来ヶ也「おねーさんと恭介氏が畳掛ける」
鈴「そしてその後あたしが手榴弾を投げればいいんだな」
恭介「それじゃ、ミッションスタートだ!」

42以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:19:44 ID:E3N0LFiw
???「うう?」
佳奈多「こっちようすのろ!」タッタッ
葉留佳「こっこまでおいでー!」タッタッ
???「うがああああ」ビュン
佳奈多(思ったより速いわね…)
佳奈多「葉留佳!作戦変更!道連れでいくわよ」
葉留佳「りょうかグサア…え…?」
葉留佳「やはは、もう駄目みたいだからお姉ちゃん任せたよ」
佳奈多「葉留佳!」
葉留佳「大丈夫だよ現実で待ってるね」シュン
佳奈多(くそっ私も追いつかれそうね)

43以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:35:45 ID:E3N0LFiw
佳奈多(これは使いたくなかったけど…葉留佳のビー玉だし…でも仕方ないわね…)
佳奈多「いけっ!」コロコロ
???「うが?」ヒョイ
佳奈多「え?ジャンプで飛び越えた!?」
???「うぎゃあああ」ザクッ
佳奈多(そんなのって…あり…?)シュン

44以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:36:53 ID:E3N0LFiw
理樹「作戦失敗だ!鈴逃げるんだっ」
鈴「腰が抜けた…」
理樹「えぇ?でも敵が来てる!」
鈴「うわあっ理樹っ」
グシャ
鈴「馬鹿兄貴…?」
恭介「せっかく庇ってやったんだからお兄ちゃんと…」シュン
理樹「恭介!」
来ヶ也「断罪してやろう」ズシャ
???「うぐっぐわああ」
理樹「来ヶ也さん!いつの間に!」
来ヶ也「ここはおねーさんに任せろ!鈴君を連れて逃げるんだ!」

45以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:37:46 ID:E3N0LFiw
理樹「で…でも…」
来ヶ也「いいから!」
理樹「うん…鈴!おぶるから逃げるんだ!」
???「…まて」シュン
来ヶ也「っ!」
理樹「来ヶ也さん!」
来ヶ也「私が消えるまえに…早く…」
理樹「…ありがとう…来ヶ也さん…」ダッ
来ヶ也(理樹君、後は任せたよ…)シュン

46以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:38:32 ID:E3N0LFiw
理樹「はあはあ、ここまでくれば…」
???「…くれば…?」
鈴「うわっなんでこいつが!」
理樹「速すぎる…ここまでか…」
??「どいて!理樹君!」ヒューどかあああああん
理鈴「「え?」」
沙耶「ふぅ、大丈夫だった?」
理樹「え、ええええええええええ!!!!」
沙耶「な、何よ驚くじゃない」
理樹「あやちゃん生きてたの?!」
沙耶「何よ失礼ね…メールも来てないでしょ」

47以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:39:14 ID:E3N0LFiw
理樹「じゃあ今までどこに…?」
沙耶「……たのよ…」
理樹「え?」
沙耶「そうよ寝てたのよ!悪い!だってRPG7が武器だったから優勝は私ねってスパイともあろうものが油断して気付いたら寝てたのよ!おかしいでしょ!滑稽でしょ!笑なさいよ!あーはっはっはっはっ!」
理樹「でもあやちゃんが無事でよかったよ」
鈴「もうくちゃくちゃ疲れた…」

48以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:39:57 ID:E3N0LFiw
???「うう…」
沙耶「まだ生きてるの!」
理樹「待って、もうゾンビじゃないみたいだ」
???「ありがとう、君達のおかげで助かったよ…」
沙耶「誰?」
鈴「知らん」
???「そんな…僕は科学研究部のバイオ田中だよ」
沙耶「誰?」
鈴「知らん」
理樹「いやいやいや、この装置を作った人だよ」

49以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:40:30 ID:E3N0LFiw
田中「ああ、このゲームにバグがあったから修正しようとゲームに入ったら閉じ込められて…」
田中「でもこれで大丈夫だろう、もうバグはない」
鈴「もうしないぞこんなゲーム」
理樹「そうだね」
田中「そうなの?まあいいそろそろ現実に戻れるだろう」
沙耶「世界が崩れていくわ…」
ガラガラガラガラ シュン

50以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:41:19 ID:E3N0LFiw
現実

恭介「お!帰ってきたな」
真人「俺の筋肉も喜んでるぜ」
謙吾「さあ!遊ぶぞ!」
小毬「心配したよぉ〜」
クド「うえるかむなのです」
来ヶ也「ふむ、よくやった」
西園「頑張っていたと思います」
葉留佳「やはは」
佳奈多「ふん、おかえり」
笹瀬川「無事でなによりですわ」

51以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:42:03 ID:E3N0LFiw
理樹「ただいま」
鈴「もうくちゃくちゃ疲れた」
恭介「もうバイオハザードはやめとくか、次はいけいけ!もっこリーズ!というゲームとあっぱれ!冬将軍!というゲームどっちがいい?」
クド「だんぜんもっこリーズ!のほうがいいと思います!」
鈴「誰がやるかー!」バキッ
一同「ハハハハハ」

52以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 13:42:54 ID:E3N0LFiw
理樹(こうしてみんなで笑いあえる日常がいつまでも続くといい、僕はそう思った、でも何か忘れてるような…)
恭介「さあみんな!飯でも食べにいくか!」
理樹(気のせいだろう、この一時を大事にしていこう)


沙耶「なんで帰れないのよ…」
田中「助けにきてくれるのを待つしかないね…」



end

53以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/25(木) 20:56:28 ID:KTKHk0yI
残すのは田中だけにしてやれよ

54以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/26(金) 19:10:18 ID:uBH1KNxs
田中「しっぽりむふふといきたいものですな」

55以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/26(金) 22:58:14 ID:ce7wikNE
茶番だぁぁぁwアホ過ぎてうけたw

56以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/27(土) 14:36:36 ID:veDAT4N2
面白かった


■掲示板に戻る■ ■過去ログ倉庫一覧■