したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

和歌山県の情報

1 架神恭介 :2006/09/13(水) 17:30:50
和歌山県について教えて下さい。

2 ぺんぼー :2006/09/14(木) 22:52:16
下水道普及率が全国ワースト2位。
県庁所在地の和歌山市でも多くの一般家庭は汲み取り式便所。

和歌山市には「ぶらくり丁」という名の商店街がある。
名前の由来は昔、店の軒先から商品をぶらくって(ぶら下げて)
売っていたからという説がある。
「ちんちんぶらぶらぶらくり丁」という下ネタフレーズは
和歌山市で生まれ育ったものなら小学生の頃に一度は学校で耳にするフレーズ。

橋本市の刈萱堂という所には人魚のミイラが祀られている。

義経伝説で有名な武蔵坊弁慶は田辺市出身。
岸大武郎先生の漫画「てんぎゃん」で有名な南方熊楠も田辺市出身。

串本町ではクロマグロの完全養殖に成功、白浜町ではパンダの養殖が盛ん。

白浜町の三段壁という海に張り出した絶壁は
観光名所であるとともに投身自殺の名所。
この近海ではクエという大きな魚が生息しているが
浮かんでこない自殺者の死体を食って栄養満点なので大きい、という説もある。
ちなみに美味。

3 ぺんぼー :2006/09/17(日) 22:36:07
那智勝浦町の妙法山というところから
富士山が見えるというのは有名な話だぜー。

妙法山から富士山の間に雲がかかっていない、
という気象条件が必要なため、実際はなかなか見れないらしいですが。

4 ぺんぼー :2006/11/19(日) 07:47:01
和歌山県は岡山県に音が非常によく似ているために
他県の人に出身県を聞かれて答えた際に
岡山県出身と間違われることがしばしばあります。

5 ぺんぼー :2006/11/19(日) 22:58:59
和歌山といえばミカンの生産量日本一を誇る(農家の方は本当に自慢している)など
有力なフルーツ王国の一つですが
最近特に注目されているのが北山村のジャバラという柑橘系の果物です。
世界中で昔からここでしか栽培されていないこの果物には
花粉症の症状を和らげる成分が含まれており花粉症の季節には
ジャバラジュースに対する注文が殺到するそうです。
過疎の村である北山村の財政を左右するこの果物を独占栽培するために
ジャバラの種子・苗・枝などは村外に持ち出されないよう厳重に管理されており
種子等を自国に持ち帰ろうとする他のフルーツ王国からのスパイと
日夜陰惨な死闘が繰り広げられているらしいです、聞いた話ですと。
なお北山村は地理的には三重県の内側にありながら
行政上は和歌山県の管轄下であるという、いわゆる飛び地の村ですが
ジャバラの生み出す利権に目をつけた和歌山県が三重県にムリヤリ
割譲を迫ったという過去があったりなかったり。

日高川町の川辺というところでは
日本三大奇祭と自称している笑い祭りが毎年十月に行われます。
奇抜な化粧を施し赤い頭巾をかぶった笑い男と呼ばれる人物が鈴を振るのを
先頭にして「笑え〜笑え〜世は楽じゃ〜永楽じゃ〜」と叫んで沿道の人々に
笑うことを強要しながら神輿が練り歩くという祭りです。
もしそれを見て笑わなかったらどんな悲惨な目にあわされるかは知りません。

世界遺産にも指定されている高野町の高野山ですが
歴史ある密教系のお寺が立ち並ぶ観光地でありながら
普通のホテルは一切存在せず
ここで泊りがけの観光をしようとする者は
お寺に宿(いわゆる宿坊)を取らなければ野宿する以外に方法がありません。
そしてお寺に宿を取った場合、朝のお勤め(読経)の時間に合わせて
客の都合は考えずムリヤリ起床させられます。
無視して寝ようとしていてもお坊さんが客の部屋まで乱入してきて
布団を引っぺがすという、今時漫画の中でしか見られない事態に陥ります。
(いやこれはマジで僕自身が現実に経験したことです)

6 情報提供者 :2007/11/01(木) 10:53:30
和歌山県には独特の言語が存在します。
一般的な日本語と基本的には変わらないのですが発音が異なり「ザダラ変換」と呼ばれています。
例えば
心臓  しんどう と発音します、同様に
振動  しんろう
心労  しんろう
身体  からだ
でんでん虫   ぜんでん虫
大根  らいこん
サラダ  サダラ

等などです。

又発音以外の大きな差異は敬語を有しておりません、
対面会話が中心だった頃の名残からか表情、イントネーションで尊敬の気持ちを表現しているみたいです。

ワープロの黎明期には地元民のために、ザダラ変換を搭載した「一太郎W」なるソフトが和歌山県限定で販売され官公庁を中心に利用されていましたが最近は「ワード」が隆盛を極めているため教育現場やパソコン教室などで漢字に変換できない混乱が多発しています。

地域の呼び方としては「南紀地方」と「紀北地方」「紀南地方」と紛らわしい呼び方が併在しますが
「南紀地方」は紀伊半島の南半分の地域を指し「和歌山県」「奈良県南部」「三重県南部」を指し
「紀北地方」「紀南地方」は和歌山県の古称である「紀州」の北部地域、南部地域を指します。

和歌山県は「木の国」と呼ばれるくらい昔より林業が盛んに行われており、山から切り出した材木を筏に組んで川の上流より河口まで運搬しておりました。
この筏を操って川を下ってきた人の手当を狙って河口の町には花街が隆盛を極めており筏を操ってきた人の日当だけでなく尻の毛まで抜いてしまうのような商売が日常化しています。

時間の感覚は「和歌山時間」と呼ばれる和歌山の常識、日本の非常識です
午前10時に集合したければ「午前8時集合」と事前に連絡しなければなりません、それでも10名を越える団体であれば何名かは遅刻します。

「表日本の裏日本」常夏の国和歌山へウエルカム

7 情報提供者 :2007/11/01(木) 10:55:35
>6

読み方書き間違えました

身体  かだら

すみませんでした

8 情報提供者 :2007/11/11(日) 20:21:13
janbonakahara@yahoo.co.jp めーる

9 情報提供者 :2008/03/09(日) 11:49:29
和歌山ではなれずしといった腐ったすしを主食にしています

10 ぺんぼー :2008/04/19(土) 03:57:11
かつらぎ町の死郷と呼ばれる地域は
お正月の鏡餅の飾りに使われる苦死ガキの産地として有名。
苦死ガキ全国生産量の八割を占める。
人里離れた山深いこの秘境では、毎年、年末近くになると全ての住居の軒先で
皮を剥かれた上に竹の串に串刺しにされたガキが吊るされることとなり
見渡す限りが何万何億もの干しガキだらけとなるさまは、まさに壮観である。
山あいの寒風に吹きさらされ、程よく熟成された干しガキは非常に甘く美味となる。

11 情報提供者 :2008/05/26(月) 13:35:25
前述>>2されてますように下水道が整備されていないため県庁所在地である和歌山市では年に一度住民総出のどぶ(側溝)掃除の日が決められております。
当日は通りに面した住人全員が側溝の上手から下手に向けて老若男女それぞれに役割を決めて一致団結して側溝の清掃に勤めます、万一不参加の家庭(側溝掃除は家族総出が基本でして、乳児のいる家庭ではその乳児とその母親もしくは子守に当たる人一人を除いて参加しなければなりません)があればその家族は村八分にされます。
最新マンションにおいても事情は同じで転勤等で他府県から和歌山に転入して来た人は、県庁所在地でもそのようなことが行われているという事実を理解できずにノイローゼに陥る方が絶えません、そのため他府県出身者は地元民との感覚の違いに耐えられず他府県出身者の子弟と保護者で○○会などという秘密結社を組織して自分たちの感覚を維持することに努めているようです。

12 情報提供者 :2008/06/13(金) 14:37:04
和歌山ではビーチサンダル・ゴムぞうりのことを「水セッタ」と呼びます。

13 情報提供者 :2011/12/16(金) 13:07:49
「ざじずぜぞ」が言えない。「ぞうきん」は「どうきん」
「君ら」を「てきら」、「おじさん」を「おいやん」と言う
「とても」を「がいに」と言う。

14 情報提供者 :2014/03/28(金) 03:19:08
他の県から見ると。
和歌山って、みかんを作ってなかったっけ?ってレベル。

15 情報提供者 :2015/03/05(木) 09:47:01
熊野古道、高野山が全国区を飛び出してワールドワイドな名所です。

16 makshi :2015/11/14(土) 06:15:16
パンだとかゆう熊を大量に飼っている動物大国なのです

17 makshi :2015/11/14(土) 06:17:35
ギャハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

STEEL BALL RUN 15 ジョジョの奇妙な冒険 Part7 (集英社文庫 あ 41-71) - 荒木 飛呂彦


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa