したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

アヌス太郎の宿題 12

1taro:2022/06/29(水) 08:20:35
いんちき翻訳の12です
http://www.eluniversal.com.co/
http://www.elespectador.com/noticias
この辺のニュースを適当に訳しています
よくわからないときはhttp://news.google.co.jp/news?ned=es_co&topic=n
で複数の記事を見て、適当にでっち上げています
最近はグーグル翻訳とDeepl翻訳https://www.deepl.com/translatorも使ってます

2taro:2022/06/29(水) 08:20:45
2022 6-28 infobae
コカの木栽培面積は減少しているが、コカイン生産量は増加している 国連報告

 国連薬物犯罪事務所(UNODC)は麻薬作物の生産状況に関する報告を行っています。コカの葉の生産量は若干減少、マリファナは増加、ケシは減少しています。コカの葉の生産は南米北西部に集中しており、生産量の多い順にコロンビア・ペル・ボリビアとなっています。
 6月27日の報告によれば、2020年のコカの木の生産面積は24万3000ヘクタールで、2017年・2018年との比較で5%減となっています。コロンビアの栽培面積は7,1%減ですが、ボリビアとペルーの栽培面積は増加しています。
 コロンビアのコカの木栽培面積は減少していますが、栽培地は特定の地域に集中しており、そこでは高度なコカイン製造システムが確率されています。2020年のコカイン生産量は前年より11%多い1982トンでした。
 コロンビアではコカの木畑の撤去作業が毎年実施されていますが、コロンビアのコカの木栽培面積は全世界の61%14万3000ヘクタールもあります。

2022 6-28 el COLOMBIANO
パクト イストリコの女性活動家が殺害された コロンビア アンティオキア県

 次期大統領グスタボ ペトロが率いる左派連合パクト イストリコのメンバー フリアン ダビド オチョアが、アンティオキア県グラナダ市で月曜日の深夜に殺害されたとアンティオキア県パクト イストリコが告発しています。
 武装集団の襲撃があり、フリアン ダビド オチョアが殺され、父親と恋人が怪我をしています。
 今現在フレディー カスタニョ市長からの発表はありませんが、検察は特別捜査班が環境保護リーダー フリアン ダビド オチョア ルエダ殺害事件の捜査を担当すると発表しています。
 知人によれば、フリアン ダビドはアンティオキア県東部地域の川の守護者であり、パクト イストリコのメンバーとして活動していました。

3taro:2022/06/30(木) 08:48:45
2022 6-29 el COLOMBIANO 4089,72 5,77
グスタボ ペトロ次期大統領とアルバロ ウリベ元大統領が会談 コロンビア ボゴタ

 6月29日水曜日、右派政党セントロ デモクラティコ党の党首アルバロ ウリベ元大統領と、左派連合パクト イストリコから大統領選挙に出馬して当選したグスタボ ペトロが弁護士エクトル カルバハルの事務所で会談を行いました。会談は午前11時から始まり、ほぼ正午に最初の画像が公開されています。
 会談はペトロが提案している国家合意の枠組みの中で、国の課題について話し合い共通認識を見出す目的でペトロがウリベに呼びかけ実現しています。
 次期大統領チームの発表によれば、会談の最初の30分間は2人だけで行われています。
 その後、ペトロの選挙キャンペーンの責任者であり現在は内務省とのコーディネーターを務めているアルフォンソ プラダとセントロ デモクラティコ党所属の上院議員シロ ラミレス、セントロ デモクラティコ党の元大統領候補アリリオ バレラ、ヌビア ステジャ マルティネス党部長、フアン フェルナンド エスピナル代表が事務所に入り会談に加わっています。
 今回の会談はグスタボ ペトロ政権の唯一の野党となるであろうセントロ デモクラティコ党の方針決定を左右する可能性があります。
 会談後、アルバロ ウリベは記者会見を行う予定ですが、次期大統領は会見を行う予定はありません。

2022 6-29 W RADIO
ロシア人バレエダンサーがボゴタ市のホテルで死んだ コロンビア

 WRadioの取材によれば、死亡したロシア人バレエダンサーは数日前からボゴタ市中心部にあるホテルに滞在していました。
 39歳の女性バレエダンサーの名前はAngélica Grivininaです。
 今現在死因など不明であり当局はいかなる仮説も否定しています。当局はロシア大使館と連絡を取っています。
 しかし、薬物中毒の可能性も指摘されています。検察捜査機関CTIが現場周辺を封鎖し、捜査を行っています。

4taro:2022/06/30(木) 08:48:56
2022 6-29 EL UNIVERSAL
行方不明となっていた14歳の少女キンベリー メリッサがクアウトラ市のホテルの中で死体で見つかる メキシコ モレロス州

 土曜日の午後から行方がわからなくなっていたキンベリー メリッサ14歳が、モレロス州クアウトラ市のホテルで死体となって発見されました。
 少女の遺体はミゲル イダルゴ区レフォルマ通り沿いにあるモーテル ラ ムガの一室で発見されています。
 最初の報道によれば、少女は暴行を受けており、性暴力の被害を受けた可能性があります。東部地域検察がすでに捜査を開始しています。
 検察は少女をモーテルに連れ込んだ人物の特定のために、監視カメラの映像を分析しています。
 
2022 6-29 EL FINAMCIERO
日刊紙エクスプレソの記者アントニオ デ クルスが殺された メキシコ シウダ ビクトリア

 タマウリパス州の州都シウダ ビクトリアで日刊紙エクスプレソの記者アントニオ デ ラ クルスが水曜日の朝に殺害されました。
 アントニオ デ ラ クルスを殺害した犯人は、娘のシンシア デ ラ クルスも負傷させており、病院で治療を受けていますが重体となっています。
 記者は午前9時頃に娘と自宅を出たところを、バイクに乗った殺し屋に撃たれています。
 1台のバイクに乗った2人組の殺し屋は、少なくとも5発の銃弾を発射し、4発が記者に、1発が23歳の娘の頭部に命中しています。
 「シウダ ビクトリアにある住宅団地プエルタ デ タマタンのカジェ プエルタ デ ラ ルナ沿いにある自宅前で襲撃を受けています。」とエクスプレソ紙はウェブサイトを通じて報じています。
 アントニオ デ ラ クルスはジャーナリストであると共に、政党モビミエント シウダダノの州広報責任者としても働いていました。
 デ ラ クルスは20年以上タマウリパス州の重要なメディアで働くジャーナリストで、専門は農村問題でした。
 国民行動党(PAN)所属のフランシスコ ガルシア カベサ デ バカがタマウリパス州の知事に就任した2016年10月1日からこれまでに、アントニオ デ ラ クルスを含め3人のジャーナリストがタマウリパス州で殺害されています。

5taro:2022/07/01(金) 08:15:14
2022 6-30 pulzo 4127,47 5,78
Farc分派に誘拐されていた63歳女性が救出された コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 ノルテ デ サンタンデール県アブレゴ市で10日前に共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊と思われる武装した5人の男に誘拐されていた63歳の女性ベティー フディス カサディエゴスを治安部隊が救出したと警察が水曜日に発表しました。
 警察対誘拐・恐喝特殊グループ ガウラによれば、カサディエゴスは6月19日にバイクで移動していたときに拉致されています。
 「女性教師は数人の武装した男たちに前を塞がれて連れ去り、家族に10億ペソ(約3321万円)の身代金を要求していました。」と警察は説明しています。
 ガウラ諜報部の働くにより、カサディエゴスがカピタン ラルゴ村に拘束されていることが判明し、救出作戦が実施されています。
 救出作戦によりFarc分派第33戦線のゲリラと思われる5人が逮捕され、銃器2丁が押収されています。
 アブレゴ市はベネスエラと国境を接するカタトゥンボ地域にあります。カタトゥンボ地域ではFarc分派以外にも国民解放軍(ELN)や人民解放軍(EPL)の残党、麻薬組織が存在し、麻薬利権をめぐり激しく争っています。
 
2022 6-30 CARACOL RADIO
5月の失業率が10,6%に改善 コロンビア

 コロンビアの5月の失業率も減少傾向が続いていると、国家統計局(Dane)の代表フアン ダニエル オビエドが発表しました。
 今年5月のコロンビアの失業率は前年同月の15,2%から4,7ポイント改善した10,5%でした。主要13都市の失業率は11%に低下し、男女別では男性8,4%、女性13,7%となっています。
 5月に増えた就業者数は219万6000人で、コロンビア全土の就業者数は1990万人から2110万人に増加しています。
 5月に就業者数が最も増えた分野は芸術・農業・輸送となっています。
 15歳から28歳の失業率も23,9%から19%に低下しています。この年代の男女別失業率は男性14,9%、女性24,5%です。

6taro:2022/07/01(金) 08:15:26
2022 6-30 La Opinio'n
CJNGとカルテル デ サンタ ロサ デ リマの抗争で10歳の少年と飼い犬が撃ち殺された メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州アパセオ エル グランデ市ビジタ区にある民家に武装集団が乱入し、10歳の少年と少年の飼い犬を撃ち殺しています。グアナフアト州ではメキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)と地元犯罪組織カルテル サンタ ロサ デ リマが激しく争っていますが、今現在少年と犬を撃ち殺した殺し屋部隊がどの組織に所属しているかは不明です。
 火曜日の夜に武装集団が襲撃した民家には少年と大人たちが居り、武装集団の標的は大人と思われますが、銃弾が命中したのは少年と飼い犬でした。
 ビジタ区で襲撃事件が発生したという通報を受けた警察は直ちに救急隊と現場に向かっています。
 現場に到着した警官たちは頭部などに数発の銃弾を撃たれて死亡した少年の遺体を見つけています。少年の遺体は検死のために法医学協会施設に運ばれています。今現在殺害された少年の名前などは明らかにされていません。
 武装集団は犯行現場にメッセージを残していますが、当局による発表はまだありません。
 
2022 6-30 EL UNIVERSAL
ビジャ デ アルバレス市警の作戦司令官ラファエル アレギン ランディンが殺された メキシコ コリマ州

 木曜日の朝、コリマ州の州都コリマ市と隣接するビジャ デ アルバレス市の警察作戦司令官ラファエル アレギン ランディンが、自宅から出たところで撃ち殺されています。
 白いバンに乗ったラファエルはコリマ市ロス アンヘルス区ニーニョス エロエス通りで襲撃され、直ちに病院に搬送されましたが到着後すぐ死亡しています。
 コリマ州ではコリマ市都市圏で2月7日からカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)と犯罪グループロス メスカレスの抗争が勃発しており、これまでにビジャ デ アルバレス市警の警官4人を含む10人の警察官が殺害されています。

7taro:2022/07/02(土) 08:15:37
2022 7-1 RCN noticiasrcn.com 4151,21 5,80
ノルテ デ サンタンデール県とアンティオキア県で武装集団の襲撃があり、治安部隊員3人が殺された コロンビア

 先程立て続けに襲撃事件があり、治安部隊員3人が殺害されました。ノルテ デ サンタンデール県で2人が殺害され、アンティオキア県ウラバ地域で1人が殺害されました。ノルテ デ サンタンデール県殺害されたのはマイケル ラミレスとエンリー ハビエル カスティジョ ガノナです。
 ティブ市では爆破攻撃により陸軍兵士ラミレスが死亡し、警察官エンリーは県都ククタ市郊外で狙撃され死亡しています。当局は最大5000万ペソの懸賞金をかけて犯人の情報提供を呼びかけています。
 ほぼ同時刻、アンティオキア県ウラバ地域でも道路改良工事の支援を行っていた陸軍兵士イバン ダビド ディアスが武装集団の銃撃により戦死しています。イバン ダビドはあと1ヶ月で軍を除隊する予定でした。
 軍はトゥルボ市で発生した襲撃事件をクラン デル ゴルフォの犯行と断定しています。陸軍第17旅団司令官ファビオ コルドバ大佐は、通称キチトマロ、通称シオパス、通称ゴンサリートを捕まえるまで作戦を継続すると強調しています。
 
2022 7-1 RCN noticiasrcn.com
バランキージャ市でF1を コロンビア

 バランキージャ市長ハイメ プマレホはすでにF1運営チームと協議を始めています。F1開催のためにはいくつかの調整と適応が必要なことはわかっていますが、市街地コースを作ることができると1月のイベントで現大統領イバン ドゥケは語っています。
 しかしこれまでコロンビアではこれだけの規模の自動車レースは行われた経験はなく、正直なところF1開催はユートピアのように思われるのが正直なところです。
 RCNニュースはF1コミュニケーション オフィスにバランキージャ市でのF1開催について質問しました。
 しかしF1主催者からは「商業的な問題やその議論についてはコメントしません。」という簡単返答しかありませんでした。
 次期コロンビア大統領グスタボ ペトロもF1開催に付いて言及しています。

8taro:2022/07/02(土) 08:15:47

2022 7-1 Angulo7
4歳幼女を誘拐・強姦・殺害した容疑者2人が逮捕された メキシコ プエブラ州

 プエブラ州警察はチチキラ市で4歳幼女ブレンダを殺害した容疑者2人を逮捕しました。
 ブレンダの家族の話によれば、6月27日の午後ブレンダは自宅近くの商店にお使いに出かけましたが、いつまで経っても帰ってきませんでした。家族や近隣住民たちが捜索を開始し、夜になって公道脇で性暴行を受けた痕のあるブレンダの死体が発見されました。
 同日夜、チチキラ市警にブレンダを強姦殺害したとされる若い男二人が住民たちに捕まったという報告が入りました。
 直ちに出動した警官隊は住民たちからリンチを受けていたマウリシオ19歳とアントニオ20歳を保護・逮捕しています。
 
2022 7-1 AFN NOTICIAS
警察官ハイメ べセラ殺害事件の容疑者が捕まった メキシコ ティフアナ市

 国境の街バハ カリフォルニア州ティフアナ市サンチェス タボアダ区で昨日警察官ハイメ アロンソ べセラ ポルティジョを殺害したとされる男たちが逮捕されました。
 市警察はメキシコ軍と州検察の支援を受けて逮捕作戦を実施しています。
 「警察官をさつがいした容疑者たちを逮捕しました。」と市警察は発表していますが、逮捕者の人数は明らかにしていません。
 ハイメ アロンソ べセラは2002年から警察官として働いていました。

9taro:2022/07/03(日) 09:30:32
2022 7-2 Semana 4198,77 5,80
コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者イバン マルケスがベネスエラで殺された

 ベネスエラで発生したゲリラ同士の戦闘により、コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者イバン マルケスが死亡した事が判明しました。
 ベネスエラ領内ではコロンビアとの国境地帯を中心に、違法武装組織同士が麻薬利権をめぐり激しく争っています。
 旧Farcの和平交渉団団長であったイバン マルケスは、フアン マヌエル サントス大統領政権とキューバ ラ ハバナで和平交渉を積み重ね、2016年11月に和平合意にこぎつけています。しかしその後、旧Farc最高指導者ロドリゴ ロンドニョ別名ティモチェンコらと意見をことにして、和平プロセスから離れFarcセグンダ マルケタリア派の結成と武装闘争の再開を宣言しています。
 マルケスは旧Farcの最高決定機関書記局のメンバーであり、2011年にコロンビア治安部隊の作戦で戦死したFarc最高指導者アルフォンソ カノの後継者の1人とされていました。
 数週間前には同じくベネスエラでコロンビア革命軍(Farc)ヘンティル ドゥアルテ派の最高指導者ミゲル ボタチェ サンティジャナ別名ヘンティル ドゥアルテも敵対するゲリラ部隊の攻撃により爆死しています。40年以上のゲリラ戦闘歴を持つヘンティル ドゥアルテが率いるFarcヘンティル ドゥアルテ派とイバン マルケス率いるFarcセグンダ マルケタリア派は、主導権をめぐり1年半前から激しい交戦状態となっています。
 5月4日、セグンダ マルケタリア派の戦闘部隊プサスアベスがヘンティル ドゥアルテの警護部隊に気づかれることなく、ヘンティル ドゥアルテと愛人が潜伏していた小屋に近づき、爆弾を仕掛け爆破しています。この爆破により、2人は即死したとされています。
 Farcセグンダ マルケタリア派とFarcヘンティル ドゥアルテ派の抗争では、これまでにセグンダ マルケタリア派の最高幹部セウクシス パウシアス エルナンデス別名ヘスス サントリッチとエルナン ダリオ ベラスケス別名エル パイサも殺害されており、イバン マルケスはベネスエラ政権の庇護を受けているとされていました。

10taro:2022/07/03(日) 09:30:43
2022 7-2 RCN noticiasrcn.com
イバン マルケスの後継者とされるワルテル メンドサは何者?コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派

 コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者イバン マルケスが敵対するゲリラ組織との戦闘で死亡したと報じられています。
 Farc分派諸派の中で最大勢力を誇るFarcセグンダ マルケタリア派ですが、コロンビア国境に近いベネスエラ領内で敵対するゲリラ部隊の襲撃により最高幹部たちを次々に殺害されています。
 旧Farcの最高幹部でもあったセウクシス パウシアス エルナンデス ソラルテ別名ヘスス サントリッチ、エンリー カステジャノス別名ロマーニャ、エルナン ダリオ ベラスケス別名エル パイサが相次いで殺害され、そして今回最高指導者ルシアナ マリン アランゴ別名イバン マルケスが殺害されました。
 イバン マルケス死亡により、後継者として旧Farcの和平交渉団のメンバーであったホセ ビセンテ レスメス別名ワルテル メンドサの名前が取りざたされています。ワルテル メンドサは、イバン マルケスがFarcセグンダ マルケタリア派の結成を宣言した動画にイバン マルケスらと共に登場しています。
 ワルテル メンドサは1960年代にFarcに加入し、パブロ カタトゥンボ率いるFarc西部戦線リバルド ガルシア機動部隊のボスとして、バジェ デル カウカ県で活動を戦闘を続けていました。

2022 7-2 EL UNIVERAL
4人が殺されヘリコプターが燃やされた メキシコ サン ルイス ポトシ州

 サン ルイス ポトシ州タマソポ市で4人が殺害され、観光用ヘリコプター1機が燃やされたと州検察が発表しました。ヘリコプターは飛行中に撃墜されたわけではなく、駐機中に放火されています。
 7月1日金曜日の朝、アグア ブエナ村で4人の死体が見つかり、エル アオガド橋近くでヘリコプターが燃やされています。
 警察と軍の部隊が現場に派遣されています。手足を縛られ暴行を受けた痕のある死体4体は、検死のために法医学協会施設に搬送されています。

11taro:2022/07/04(月) 08:20:39
2022 7-3 NOTICIAS CARACOL 4198,77 5,80
Farc分派ゲリラ部隊の副隊長が戦死 コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 ノルテ デ サンタンデール県オブレゴ市で治安当局が実施した軍事作戦により、コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊のボス通称カミロが死亡しました。カミロはベネスエラに近いオブレゴ市・ラ プラヤ デ ベレン市・オカニャ市・サルディナタ市で犯罪行為を繰り返していました。
 カミロは軍人誘拐や違法検問所の設置などでこの地域一体の農民や住民たちから恐れられていました。
 「検察の支援を受け陸軍・空軍・警察が作戦を実地し。Farc分派ボス通称ヘアン カルロの副官である麻薬テロリスト通称カミロを殺害しました。」と軍関係者が発表しています。
 作戦部隊は作戦を通じ大量の軍事物資を押収しています。カミロは14年前からゲリラ戦線で活動しています。
 
2022 7-3 Semana
金の違法採掘に反対していた先住民リーダーが殺害された ベネスエラ アマソナス州

 鉱物の違法採掘と違法武装組織の侵入を告発していた先住民リーダーが金曜日に殺害されたと人権擁護団体が告発しています。先住民族Uwottujaのリーダー ビルヒリオ トルヒーヨ アラナ38歳がアマソナス州の州都プエルト アヤクチョ市で撃ち殺されました。
 ベネスエラ・コロンビア・ペルーの人権組織Odevidaは、「鉱物の違法採掘とコロンビアゲリラ組織の侵入を告発していたトルヒーヨ アラナが殺害されたことに深い憂慮を表明します。」と声明を発表しています。
 Odevidaによれば、2013年から2021年にかけてベネスエラで32人の先住民リーダーと環境保護活動家が殺害されており、そのうちの21人は鉱物違法採掘グループの殺し屋に、11人がベネスエラ軍によって殺害されています。
 先住民人権NGO Kape Kapeは、「当局はすでに捜査を開始していますが、これまで動機に関する発表はありません。」とツイートしています。

12taro:2022/07/04(月) 08:20:50
2022 7-3 El Sol de Mexico
フレスニヨ市のバーが襲撃され5人が殺された メキシコ サカテカス州

 土曜日の午後7時30分、サカテカス州フレスニヨ市バリオ アルト区にあるバーに武装集団が乱入し、客と従業員に向けて銃を乱射しています。この銃撃により少なくとも5人が死亡し2人が怪我をしました。
 隣人が銃撃事件が発生したと911に通報し、警察と検察が現場に駆けつけています。
 同日、フレスニヨ市とエスタシオン サン ホセを結ぶ街道上で武装集団が男性2人を殺害しています。
 さらにフレスニヨ市コロニア デル バジェにある民家内で銃撃事件があり、1人が撃ち殺されています。
 
2022 7-3 LO'PEZ-DO'RIGA
サンタ ロサ ハウレギデ4人が殺された メキシコ ケレタロ州

 ケレタロ州サンタ ロサ ハウレギで他殺死体4体が見つかりました。
 死体はラ ルス村で見つかっており、治安当局が捜査を開始しています。
 地元メディアによれば、殺害された4人のうちの1人の家族が連絡が取れなくなったと警察に通報しています。
 サンタ ロサ ハウレギ市警が警官をその民家に派遣し、民家内で銃で撃たれた4体の死体が見つかっています。

13taro:2022/07/05(火) 08:26:57
2022 7-4 el COLOMBIANO 4198,77 5,78
先住民族アワの男性3人が殺害された コロンビア トゥマコ市

 日曜日の午後、ナリニョ県最大の港町トゥマコ市にある先住民居住区インダ サバレタでアワ族の3人が殺害されており、検察が捜査を開始したと発表しました。
 「ナリニョ県インダ サバレタ先住民居住区でアワ族地域代表代理オルランド モレアノとUNP警護管2人が殺害され、アワ族の男性1人が怪我をしています。検察は特別捜査チームを編成し、捜査を開始しました。」と検察は発表しています。
 アワ族先住民組織(UNIPA)がアワ族の人権状況に関する会議を開催していたときに虐殺事件は起きています。
 NGO組織Indepazによれば、コカの葉栽培とコカイン製造の拠点で麻薬密輸基地となっているトゥマコ市周辺では、コロンビア革命軍(Farc)分派オリベル シニステラ戦線、アルフォンソ カノ西部戦線、ロス コンタドーレスなどが活動しており、先住民族アワの住民たちが被害を受けています。
 コロンビアでは今年これまでに49件の虐殺事件(一度に3人以上が殺害される事件)が発生し、オルランド モレアノを含め96人の社会的リーダーが殺害されています。

2022 7-4 NOTICIAS CARACOL
14歳の妊婦と17歳の少年が殺害された コロンビア ブエナベントゥーラ市

 太平洋沿岸地域最大の港町バジェ デル カウカ県ブエナベントゥーラ市で未成年者2人が殺害されました。当局によれば、武装集団の襲撃により自宅で死亡したのは14歳の少女と17歳の少年です。
 事件はロス ピノス地区にある民家で起きたと、ブエナベントゥーラ市高官ヘスス エルナンド ロドリゲスが指摘しています。
 「妊娠していると思われる14歳の少女と17歳の若者が殺害されました。すでに当局はブエナベントゥーラ市全体に衝撃を与えた今回の事件の犯人グループ逮捕に向けて捜査を開始しています。」と強調しています。

14taro:2022/07/05(火) 08:27:08
2022 7-4 el COLOMBIANO
サルガル市で3人が殺された コロンビア アンティオキア県

 日曜日の午後、アンティオキア県サルガル市ラス アンデス村で3人が殺害されたと警察が発表しました。
 アンティオキア県警司令官ダニエル マソ大佐は、「すでに捜査を開始しており、現地では軍と協力してパトロールを強化しています。また県と懸賞金をかける事を検討しています。」とサルガル市で開催された安全保障会議の後に発表しています。
 マソ大佐は市民に対してワッツアップを通じ不審人物の情報を提供するよう呼びかけています。

2022 7-4 el COLOMBIANO
ウラミタ市の警察署長が殺された コロンビア アンティオキア県

 日曜日、アンティオキア県西部ウラミタ市で警察署長が殺害されました。
 通報を受けて出動したところを待ち伏せされ射殺されたのはウイルメル ヘネス署長で、2人の警官が負傷しています。
 すでに捜査は開始されていますが、負傷者2人の名前は明らかにされていません。
 アンティオキア権では同日サルガル市ラス アンデス村で男性3人が殺害されています。

2022 7-4 La Jornada
ボカ デル リオ市で一家7人が惨殺された メキシコ ベラクルス州

 日曜日の夜、ボカ デル リオ市プリメーロ デ マヨ区で一家7人男性3人と女性3人と子供1人が殺害されたとベラクルス州検察が発表しました。
 虐殺事件は7月3日日曜日の午後11時45分頃にカジェ ウルスロ ガルバン エスキナ コバルビアス沿いにある民家で起きています。
 検察と捜査チームとボカ デル リオ市警の部隊が現場に派遣され、地元確認や犯人グループ特定のための捜査を続けていると検察は説明しています。
 ベラクルス州検察長官ベロニカ エルナンデス ヒアダンスは、決して無処罰では済まさせないと強調しています。

15taro:2022/07/06(水) 09:01:28
2022 7-5 EL ESPECTADOR 4198,77 5,78
元Farcゲリラボスで政治リーダーだったラミロ ドゥランが殺された コロンビア ウイラ県

 コロンビア革命軍(Farc)の元ゲリラボスで、和平合意後はウイラ県で政治リーダーを努めていたロナルド ロハス別名ラミロ ドゥランが、ウイラ県パレルモ市郊外にある家族所有の農場で射殺されました。
 ラミロ ドゥランに近い人達の話によれば、撃たれて負傷したラミロ ドゥランは午後8時30分に死亡しています。
 第一報によれば、ウイラ県の県都ネイバ市から20分の農場で物陰に隠れた狙撃手から銃撃されメディラセル病院に搬送されていますが、到着時にはすでに死亡していました。
 ラミロ ドゥランには護衛が就いていましたが、突然の銃撃で何もできませんでした。
 元ゲリラボスは和平合意後に元ゲリラ・家族・旧Farcに協力する農民たちが、違法武装組織から脅迫を受けていると繰り返し訴えていました。
 「攻撃は元ゲリラたちだけではなく、私達に協力してくれる市民や農民たちにも向けられています。殺人・脅迫・強制移住に苦しんでいます。」とドゥランは2020年7月にアルヘシラス市で元Farcゲリラの家族4人が、武装した黒ずくめの10人の集団から虐殺された後、メディアの取材で訴えていました。
 
2022 7-5 blu radio
ベネスエラ軍がイバン マルケスの死亡を確認しているとコロンビア国防相が発言

 ベネスエラからコロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の創設者で最高指導者のイバン マルケスが殺害されたという情報が入っていますが、コロンビア政府は現在も調査を続けています。
 コロンビア国防相ディエゴ モラノは、諜報機関がイバン マルケスの生死を確定するためにベネスエラ国内の動きを調べていると述べています。
 「諜報部が入手した情報によれば、ベネスエラ軍の部隊がイバン マルケスの生死を確認するために特定の地域に移動しているようだ。」と大臣は説明しています。
 イバン マルケス殺害の主な仮説は、セグンダ マルケタリア派と対立する通称イバン モルディスコが率いる別のFarc分派による犯行、懸賞金目当てのベネスエラ軍関係者の犯行、コロンビア軍特殊部隊による犯行などです。

16taro:2022/07/06(水) 09:01:39
2022 7-5 El Pai's.com.co
次期大統領グスタボ ペトロがELNに停戦を提案する準備を進めていると発言 コロンビア

 次期コロンビア大統領グスタボ ペトロは、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が和平交渉の席につくならば、ELNとの停戦を宣告する用意があると発表しました。
 ELNは左派連合パクト イストリコから出馬したグスタボ ペトロが大統領選挙に勝利した後、フアン マヌエル サントス政権時に始まり、イバン ドゥケ現政権時に中断した和平交渉を再開する用意があると発表しています。
 ペトロはWラジオとのインタビューで、「ELNだけではなく現在コロンビアに存在するすべての武装組織に対して、和平の時が来たというメッセージを送りました。私が求めるのは停戦です。」と指摘しています。
 また次期大統領は数日前にベネスエラ大統領ニコラス マドゥロと電話で会話をしたと明らかにしています。「2日前にベネスエラ大統領と電話で話し、両国の国交を回復させたいと伝えました。多くの困難があるかもしれませんが、経済・社会から準備が始まっています。」と述べています。
 
2022 7-5 infobae
CJNGの影響力の強い地域で警官4人が行方不明 メキシコ ナヤリット州

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の影響力の強いナヤリット州サンタ マリア デル オロ市で燃やされたパトカーが見つかりましたが、乗っていた警官4人の行方がわからなくなっています。
 パトカーには男性警官3人と女性警官1人が乗っていました。
 ハリスコ州検察によれば、パトカーはキトゥパン・サンタ マリア デル オロ街道が通るモントソ村で見つかっています。
 「現場には車2台が放置されており、衝突した跡がありました。現場には複数の治安組織の部隊が派遣されています。」と検察は指摘しています。
 ピックアップトラックタイプのパトカーと装甲仕様のバンは燃えており、現場からは7,62口径の薬莢1個が見つかっています。

17taro:2022/07/07(木) 08:41:13
2022 7-6 El Pao's.com.co 4259,86 5,77
ニコラス マドゥロ大統領はグスタボ ペトロの大統領就任式に招待されない コロンビア副大統領マルタ ルシア ラミレス

 コロンビア副大統領兼外相のマルタ ルシア ラミレスは、ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロがグスタボ ペトロの大統領就任式に出席しないと発表し、招待状を発行するのは現政権であると指摘しています。
 「ニコラス マドゥロ氏は就任式に招待されていません。招待状を発行するのは現政権であり、彼が招待されないのは明らかです。重要なのは常に一貫性を保つことです。600万人のベネスエラ国民を追放した独裁政権をコロンビアは非常に憂慮しています。」とラミレスは強調しています。
 そしてイバン ドゥケ政権は国を追われたベネスエラ人の被害と、ベネスエラ領に潜伏するコロンビア人違法武装組織の存在を忘れることはないと断言しています。
 コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリアの最高指導者イバン マルケスがベネスエラで殺害されたという情報について副大統領は、ベネスエラのメディアが報じた情報以上の情報は持っていないと副大統領は述べています。

2022 7-6 RCN noticiasrcn.com
クラン デル ゴルフォと癒着した警官9人が逮捕された コロンビア ボリバル県

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォと癒着した容疑で警察官9人が逮捕されました。
 検察は2020年に発生した事件について、9人を刑務所に送るに十分な証拠を集めています。逮捕された警官9人は2020年にボリバル県で治安当局の情報をクラン デル ゴルフォの下部組織に流し、彼らの犯罪行為を手助けしています。
 また警官たちはアンティオキア県・コルドバ県・スークレ県・ボリバル県で牧場主・商人・鉱山業者・米栽培農家を脅迫し現金を奪っていたという容疑もかけられています。

18taro:2022/07/07(木) 08:41:24
2022 7-6 Ultimas Noticias
7歳女児が強盗に撃ち殺された ベネスエラ アンソアテギ州

 7月4日火曜日の朝、アンソアテギ州街道16号プエルト オルダスとエル ティグレの間ロス ピノスで強盗事件が発生し、7歳女児が殺されました。
 警察発表によれば、父親の運転するキア スポーテージに母親と乗っていたファビオラ ソフィアが4人組の強盗に殺されています。2台の車に乗った強盗団はキア スポーテージの行く手を塞いでいます。
 父親はカラカス首都圏在住の軍事防諜総局(Dgcim)の特別捜査官ホセ ルイス ボニジャ ペレス44歳で、所持していた銃を強盗団に向けました。強盗団は発砲しつつ車1台をその場に捨てて逃げ去っています。
 強盗団の撃った銃弾の1つが女児の頭部に命中しており、女児は正午過ぎにフェリペ ゲバラ ロハス エル ティグレ病院に運び込まれましたが、すでに死亡していました。

2022 7-6 EL UNIVDERSAL
犯罪組織ボス通称エル ドゥランギジョが逮捕された メキシコ ソノラ州

 ソノラ州知事アルフォンソ ドゥラソ モンタニョは、治安当局がアルタル・コボルカ地域で犯罪組織ボス フランシスコ別名エル ドゥランギジョを含む「4人の犯罪容疑者を逮捕したと発表しました。
 ネット上にはエル ドゥランギジョ逮捕の瞬間を撮影した動画が上がっています。https://twitter.com/i/status/1543958900721913856
 17秒の動画には地面に倒れたまま抵抗するエル ドゥランギジョと軍部隊がもみ合う様子が写っています。
 連邦検察の調べによれば、ソノラ州アルタル市で逮捕されたエル ドゥランギジョは、犯罪組織ヘンテ ヌエバのボスと推測されています。

19taro:2022/07/08(金) 08:41:31
2022 7-7 CARACOL RADIO 4348,68 5,76
ELNが誘拐した警官と軍兵士の生存証明動画を公開 コロンビア アラウカ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)東部戦線は、6月25日にアラウカ県で誘拐した軍兵士ミルトン モレノと警察パトロール隊員マウロ デ ヘスス ムニョスの生存証明動画を水曜日に公開しました。
 「家族に挨拶をします。私は元気です。どうかこの地域で軍事作戦を行わないようお願いします。私達の生命に危険が及びます。」と兵士モレノは語っています。
 警察パトロール隊員は「私は心身ともに健康です。私は人権と国際人道法に従い、尊厳を持って扱われています。」と家族を安心させています。
 警官も兵士モレノと同様に、自分たちの命を危険にさらす作戦をアラウカ県で実施しないよう求めています。
 また「国際NGOやオンブズマンや教会が私達の解放実現のための場を設けるよう求めます。私は一刻も早く自由になり、自宅で家族と過ごしたい。」と訴えています。
 動画は7月1日の日付で、次期大統領グスタボ ペトロが4年前から中断されている和平交渉を再開する意向を表明した数日後に撮影されています。ペトロはELNとの停戦も提案しています。
 一方、現政権の国防相ディエゴ モラノは、ELNがわへいこうしょうの再開を迫るために6月だけで4人の治安部隊員を誘拐していると指摘しています。

2022 7-7 EL TIEMPO
コロンビアペソが対米ドルで最安値を更新 

 コロンビアペソ対米ドル相場は1ドル4348,68ペソから20,3ペソ下落した4369,01ペソで取引を終えています。
 この日の為替相場は小幅な下落で始まりましたが、すぐに市場の圧力によりコロンビアペソは市場最安値となる4400ペソを記録しています。
 ドル高傾向は世界的ですが、コロンビアペソはペルーソル、メキシコペソ、チリペソと比較しても下落幅は大きくなっています。
 これはアメリカ合衆国中央銀行(FRB)が物価急騰を抑えるために金利を上げたことが原因とされ、金利上昇に伴いアメリカ合衆国の景気が後退し国際的に不確実性が高まると予想されています。
 世界経済の減速懸念から、投資家は資金の安全な逃避先を求め、ドル高につながっています。

20taro:2022/07/08(金) 08:41:42
2022 7-7 790AM
ティブ市の公道で戦死したELNゲリラを悼む コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 先程、ノルテ デ サンタンデール県ティブ市カンポ ドス地域で、コロンビア陸軍部隊との戦闘で死亡したと思われるELNゲリラに、家族とELNメンバーが別れを告げています。
 ELNメンバーは棺を公道脇に配置し、棺の上にELNの旗をかけています。棺を取り囲む人々の中にはピストルを携帯した者も含まれ、道路の反対側には自動小銃を持った集団が治安部隊の到着に備えつつ、戦死したゲリラに別れを告げる家族やELNメンバーたちを見守っていました。
 
2022 7-7 El Sol de Mexico
新型コロナウイルスCovid-19の1日の感染者が3万人を超える メキシコ

 水曜日、メキシコ保健省は新型コロナウイルスCovid-19の1日の感染者が3万人を超えたと発表しています。Covid-19感染第五波として最大ですが、今年1月に記録した6万552人より少ない数字です。
 保健省の報告によれば、過去24時間の感染者は3万1116人で、2020年にパンデミックが始まってからの累計感染者数は615万2924人となっています。
 新たな死亡者は60人で累計死亡者数は32万5928人となり、アメリカ合衆国・ブラジル・インド・ロシアに次いで死亡者の多い国となっています。

21taro:2022/07/09(土) 08:35:28
2022 7-8 blu radio 4369,70 5,78
7歳女児を銃撃した殺し屋の情報に1000万ペソの懸賞金 コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市警はボゴタ市中心部で7歳女児を銃撃した犯人の逮捕に繋がる情報に1000万ペソ(約31万円)の懸賞金を支払うと発表しました。殺し屋は7歳女児の家族の1人を狙いましたが、銃弾は女児に命中しています。
 「監視カメラに写っている殺し屋の逮捕につながる情報に最大1000万ペソの懸賞金を支払います。」とボゴタ市警司令官エリセル カマチョ将軍は述べています。
 事件はサンタ フェ地区で起きています。標的となったベネスエラ国籍の17歳の少年は高利貸しを行う犯罪グループと繋がりがあり、これまで何度も脅迫を受けていました。
 少年は犯罪組織の要求に応じなかったため、殺し屋が少年の自宅に現れ繰り返し発砲しています。しかし銃弾は少年に命中せず、7歳女児に3発命中しています。女児は病院に搬送されていますが、重体となっています。
 
2022 7-8 el COLOMBIANO
ボゴタ市からカルタヘナ市に向かっていたバスが事故、4人が死亡27人が怪我 コロンビア

 金曜日の深夜にバス事故が発生し、4人が死亡27人が怪我をしています。
 事故はボヤカ県プエルト ボヤカ市で起きています。バスは首都ボゴタ市とカリブ海沿岸の観光都市カルタヘナ市を結ぶ路線を運行しており、乗客の多くは休暇をカルタヘナ市で過ごそうとした観光客と思われます。
 死亡したのは男性2人と女性2人で、バランキージャ市在住のエスティベン ウンベルト リベラ、ルス マリナ テラン、カルタヘナ市在住のニコル テラン、エリカ ロペスです。
 事故を起こしたバス会社は、「バス事故の原因については現在調査中です。バスには乗員2人と乗客40人が乗車していました。」と発表しています。

22taro:2022/07/09(土) 08:35:39
2022 7-8 La Opinio'n
行方不明となっている警官2人と思われるバラバラ死体が見つかった メキシコ ハリスコ州

 ハリスコ州マサミトラ市で黒いビニール袋の中に入れられたバラバラ死体が、放置された車の中から見つかりました。
 地元当局によれば、見つかった2人の身元は現在不明ですが、数日前にサンタ マリア デル オロ市で拉致された警官2人である可能性が指摘されています。
 ハリスコ州検察のルイス ホアキン メンデスは、ビニール袋の中から警官の制服や備品が見つかったと明らかにしています。
 現在バラバラ死体はハリスコ州法医学研究所で、死体が7月2日から行方不明となっている警官2人のものか確認作業が進められています。
 7月2日、女性警察官を含む3人の警官が乗ったパトカーが、道を塞いだピックアップトラックと衝突、武装集団が警官3人を拉致しています。
 その後、マサミトラ市の街道で解放された女性警察官が保護され、全焼したパトカーと別の車1台が見つかっています。
 女性警察官は同僚2人が重武装をした集団に連れ去られたと証言しています。
 事件が起きた地域では地元犯罪グループ パハロ デ ラ シエラがかつて同盟関係にあったメキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)と激しく争っています。今年2月ミチョアカン州サン ホセ デ ガルシアで10人以上が殺害された虐殺事件もこれら組織が関与しています。

2022 7-8 proceso
CJNGの最大ボス エル メンチョが他のカルテルに対して牧師に手を出すなと要求 メキシコ

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のメンバーと思われる武装した集団が、ネットに動画を公開しています。武装集団はCJNGの最大ボスであるネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョの名前で他の犯罪組織に対し、宗教関係者に手を出すなと要求しています。動画が公開される数日前、チワワ州でイエズス会の司祭が殺害されています。
 1分ほどの動画には軍服を着用しバレット銃を携帯した15人が登場しています。動画では1人の男が「すべてのカルテルと連絡を取っている。戦争は我々のみで行うべきであり、関係のない者たちを巻き込むべきでないと要請している。」と語っています。
 「どんな宗教にも干渉しない。牧師にも信者にも。特にカトリックに対しては。司祭は特別に尊敬に値する。彼らは神の言葉を伝え困っている人たちを助ける。」
 また動画では医師や看護師や教師にも迷惑をかけないよう呼びかけています。
 「私のカルテルはいかなる宗教にも干渉しないし、医師や教師にも迷惑をかけない。私たちは人々と共にある。」と動画は締めくくられています。

23taro:2022/07/10(日) 07:47:09
2022 7-9 Colombia.com 4388,27 5,78
メキシコ麻薬カルテルが次期大統領グスタボ ペトロとの和平交渉を望むイバン マルケスを殺害した可能性が報じられる 

 共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者ルシアノ マリン別名イバン マルケスについて、死亡説や重傷説が出ていますが消息は不明なままで、ベネスエラ政府からの発表もありません。
 コロンビアの主要日刊紙EL TIEMPOは、イバン マルケスの運命は煙の中にあり、コロンビア諜報部もゲリラボスに何が起きているのか判断する材料を持っておらず、イバン マルケスとされる胸部が血まみれの不鮮明な画像と、イバン マルケスの死を裏付ける音声記録だけを収集していると報じています。
 イバン マルケスの死亡が報じれられてから、負傷したイバン マルケスがベネスエラ軍のヘリコプターで首都カラカスの病院に運び込まれ、上階の病室に収容されているという噂も流れています。
 ベネスエラ政府は攻撃があったことは認めていますが、イバン マルケスに対してではなく、セグンダ マルケタリア派の幹部の1人イバン メルチャン別名エル ロコに対してであったと指摘しています。
 胸部が血まみれの男の画像はエル ロコである可能性があります。エル ロコは2020年11月にベネスエラ軍国家警備隊との戦闘で死亡しており、コロンビア諜報部がイバン メルチャンとイバン マルケスを混同したのではないかと考えられています。
 ベネスエラからはイバン マルケスに対する攻撃は、メキシコマフィアの犯行であるという主張が出てきています。メキシコマフィアはFarc分派が次期コロンビア大統領グスタボ ペレスとの和平プロセスに参加する意思を表明したことを快く思っていませんでした。
 「メキシコマフィアにとって和平プロセスとは麻薬利権を引き渡すことであり、すでにコロンビアとベネスエラ現地で働くメキシコマフィアに取っていかなる合意も興味がありません。」とベネスエラ情報筋はEL TIEMPO紙に語っています。
 メキシコの2大麻薬カルテルであるカルテル デ シナロアとカルテル ハリスコは、Farcの2大分派グループのボス イバン マルケスとイバン モルディスコの対立を和らげるための仲介役をベネスエラに派遣しているとされています。

24taro:2022/07/10(日) 07:47:20
2022 7-9 el COLOMBIANO
女児・少女の妊娠を憂慮する コロンビア国家統計局局長

 コロンビア国家統計局(Dane)の局長フアン ダニエル オビエドは、コロンビアの若年層の妊娠に関するデータがすべて憂慮すべき数字になっていると表明しています。
 「10歳から14歳の女児の出産を最も憂慮しています。女児が母親になることを許す社会であってはなりません。」とオビエドはカラコル ラジオの取材で語っています。
 昨年2021年に14歳未満の女児が出産した件数は886件で、前年2020年より19,4%増加しています。
 Daneによれば、2020年に女児の妊娠が最も多かった県はアンティオキア県で621人、次いでボリバル県326人となっています。
 2021年には14歳から19歳の少女9万1215人が母親になっています。
 「決して小さい数字ではありません。この年齢で子供を生んだ独身女性は、健康状態の悪化だけではなく、将来の学業・労働の可能性も限られてしまいます。」とWomen's Link Worldwideの弁護士マリアナ アルディラは語っています。

2022 7-9 EL FINANCIERO
レバロン一家殺害でカルテル デ フアレスに15億ドルの支払いを命じる アメリカ合衆国裁判所

 アメリカ合衆国ノースダコタ連邦判事は、メキシコ ソノラ州バビスペでモルモン教徒の一家女性と子供9人を殺害したカルテル デ フアレスに対して、15億ドルをレバロン一家に支払うよう命じました。
 レバロン家はカルテル デ フアレスが犯罪組織に対する批判や抗議行動への報復として、2019年11月にソノラ州でレバロン一家の女子供を襲撃したと訴訟を起こしていました。
 カルテルメンバーたちはレバロン一家が乗った車に数百発の銃弾を撃ち込み、放火しています。メキシコ治安当局は2020年に事件の首謀者と共犯者16人を逮捕しています。
 カルテル デ フアレスはノース ダコタ州で行われた裁判に代理人を立てていません。

25taro:2022/07/11(月) 08:25:43
2022 7-10 El Pai's.com.co 4388,27 5,78
軍の空爆作戦でFarc分派ゲリラ8人が戦死 コロンビア カケタ県

 カケタ県カグアン市郊外で土曜日にコロンビア軍が実施した軍事作戦により、コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ8人が戦死しました。
 軍発表によれば、サン ビセンテ デル カグアン市サンタ リタ村で実施された空爆により、男ゲリラ4人と女ゲリラ4人が死亡しています。
 戦死した8人のゲリラはFarc分派アルマンド リオス戦線に所属していました。軍作戦部隊は作戦を通じ自動小銃2丁、ピストル6丁、弾倉、銃弾、砲弾などを押収しています。
 今現在死亡した8人のゲリラの身元は不明で、死亡者の中にアルマンド リオス戦線のボスが含まれているか確認中です。
 国防相ディエゴ モラノは、Farc分派に対する作戦をカケタ県とグアビアレ県で進めていると発表しています。作戦は土曜日の深夜から開始され、10時間以上続いていると大臣は付け加えています。
 
2022 7-10 RCN noticiasrcn.com
ボゴタ市でカップルが殺し屋に撃ち殺される コロンビア

 ボゴタ市スバ区ロンバルディア地区にある商店の前で、バイクの乗ってやってきた1人の殺し屋がカップルを射殺しました。
 7月9日の朝、カジェ148沿いにある商店から出てきたカップルが殺し屋に銃撃されています。男性はその場で死亡し女性は搬送先の病院で死亡しています。
 殺害された男性は生前脅迫を受けており、当局は何らかの報復のための犯行と見ています。
 一方、スバ警察司令官ウイリアム テジェス ゴンサレス少佐は、犯行の動機は不明であると述べ、ボゴタ市警は犯人逮捕につながる情報に最大2000万ペソ(約62万円)の懸賞金をかけると発表しています。
 数日前、ボゴタ市治安担当責任者アニバル フェルナンデスは、ボゴタ市で発生した殺人事件が16%減少しており、過去数年間で最も少なくなっていると報告しています。
 しかし殺し屋による殺人やボゴタ市各所で拷問の末に殺害された死体が次々に見つかっており、当局は憂慮しています。

26taro:2022/07/11(月) 08:25:55
2022 7-10 publimetro
武装集団が民家を襲撃、6人が死亡8人が怪我 メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州最大の都市レオン市サンタ マリア デ セメントス区にある民家が襲撃され、6人が殺害され8人が怪我をしているとグアナフアト州検察が発表しました。
 殺害されたのはホセ サロメ65歳、シンティア デ ラ ルス18歳、ホセ アントニオ27歳、マイラ グアダルーペ42歳、ウゴ アブラハム35歳、若い男性です。
 20歳と21歳の男性が重傷、45歳と33歳と23歳の男性と63歳の女性が軽傷、37歳の女性が重体、少女1人が軽傷となっています。
 レオン市治安当局によれば、カジェ コスタス デル マール カスピオ沿いにある民家で行われていたホームパーティーが武装集団に襲撃されています。
 「緊急電話911に銃撃事件が発生し複数の負傷者が出ているという通報が入っています。現場に駆けつけた警官が6人の死亡を確認しました。」とレオン市警は説明しています。
 襲撃したのは2台のバイクでやってきたグループで、犯行後逃亡しており1人も逮捕されていません。
 
2022 7-10 MEGANOTICIAS
女性警察官が武装集団に拉致され、同僚も目の前で射殺された メキシコ グアナフアト州

 日曜日の深夜、グアナフアト州ユリリア市でユリリア市警の女性警察官が、同僚たちの目の前で殺害されました。
 カサクラン村にあるアナ クララ ムニョス バルガスの自宅に武装集団が深夜に乱入し、半裸のアナ クララ ムニョス バルガスを拉致し、兄弟1人を撃ち殺しています。
 通報を受け駆けつけた警官隊がカジェ イダルゴで武装集団と遭遇しましたが、武装集団はアナ クララを車から降ろし3発以上の銃弾でアナ クララを射殺しました。
 警官隊は月生を開始し、銃撃戦はティナハ 出 パストーレス村まで続きましたが、警官隊は1人も逮捕することができず、武装集団を取り逃がしています。

27taro:2022/07/12(火) 08:30:41
2022 7-11 infogae 4388,27 5,80
イバン マルケスは生きているとセグンダ マルケタリアが動画で発表

 コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派は、最高指導者であるイバン マルケスが6月30日に襲撃を受けたことは認めましたが、イバン マルケスは軽傷を負っただけで生き延びたと動画を通じて発表しました。
 「2022年6月30日、イバン マルケス司令官はコロンビア軍とコロンビア警察による攻撃を受けた。しかし幸いなことに軽傷を負っただけで生き延び健康状態も良好である。彼は新しいコロンビアのための闘争を塹壕の中から続ける。」と声明の中で強調しています。
 声明を読み上げたのは旧Farc創設者の1人で最高指導者であったマヌエル マルランダ ベレス別名ティロフィロの息子の1人アルベルト クルス ロボ別名エンリケ マルランダです。https://twitter.com/i/status/1546246954719510528
 エンリケ マルランダの隣にはセグンダ マルケタリアの幹部ヘルソン ゴンサレスが座り、後ろには目だし帽をかぶったゲリラ21人が立っています。
 声明ではイバン マルケス襲撃の背後にはCIAとアメリカ合衆国麻薬取締局(DEA)とドゥケ政権がいるのは間違いないと決めつけています。
 セグンダ マルケタリアによれば、同様の手口でセグンダ マルケタリアのボス エル パイサ・ロマーニャ・ヘスス サントリッチ、Farcヘンティル ドゥアルテ派の最高指導者であったヘンティル ドゥアルテが殺害されています。
 さらにイバン ドゥケ大統領は2016年にキューバ ラ ハバナで結ばれた和平合意を破棄し、ハイチではジョブネル モイーズ大統領を傭兵を使って暗殺したと主張しています。
 一方、コロンビア軍高官筋は、声明を読んだのがイバン マルケスでも、側近のエル サルコ アルディネベルでもなかったと指摘しています。
 情報筋によれば、重傷を負ったイバン マルケスはセグンダ マルケタリアのゲリラキャンプではなく、ベネスエラ治安当局の庇護を受けカラカスの病院に収容されており、エル サルコ アルディネベルが付き添っている可能性があります。

28taro:2022/07/12(火) 08:30:52
2022 7-11 W RADIO
空爆作戦で死亡したのはイバン モルディスコの配下10人 コロンビア カケタ県

 カケタ県サン ビセンテ デル カグアン市サンタ リタ村で、通称イバン モルディスコが率いるコロンビア革命軍(Farc)分派第1戦線に対する空爆作戦がコロンビア軍と警察の協力により実施されました。
 この作戦で10人のゲリラが死亡し、テロ行為に使用される予定であった戦闘物資や通信機などが押収されています。
 現在治安当局が死亡した10人のゲリラの死体を法医学協会施設に搬送し、身元確認を行っています。
 Farc分派第1戦線はカケタ県・グアビアレ県・メタ県で恐喝・誘拐・子供や先住民の違法徴兵を行い、社会的リーダーや元Farcゲリラの殺害を行っています。

2022 7-11 UNO TV.com
4年前に元恋人マグダレナ アギラールを殺害し調理した男が逮捕された メキシコ 

 ゲレロ州タスコ市で栄養士マグダレナ アギラール セサールを殺害した容疑者セサールがバハ カリフォルニア州で逮捕され、ゲレロ州に護送されています。セサールは元恋人出会った女性を殺害しバラバラして調理したとされています。
 事件は2018年1月に起きています。マグダレナ アギラールは父親の家に子供たちを迎えに行ってから職場に向かうと行って出かけたまま行方がわからなくなりました。
 1週間以上捜索が続いた後に、マグダレナ アギラールの死体が元夫で子どもたちの父親であるセサールが経営するレストランの近くで見つかりました。
 マグダレナ アギラールは殺害された後にバラバラにされ、鍋で調理されていました。
 死体発見から数日後、当時の州検察長官ザビエル オレアは、マグダレナ アギラールの死因は窒息死で、犯行の様子を子どもたちが見ていた事など詳細を明らかにしています。マグダレナ アギラールを殺害し調理した元夫は、母親の助けを借りて逃亡しており、当局は50万ペソ(約331万円)の懸賞金をかけています。
 事件からほぼ2年後、セサールの母親でマグダレナ アギラールの元義母シルビアに、禁錮40年の有罪判決が下されています。

29taro:2022/07/13(水) 08:32:18
2022 7-12 NOTICIAS CARACOL 4513,28 5,81
隣地を受ける強盗3人を警察が保護 コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市エンガティバ地域ビジャ デ グラナダ地区の住民たちが、「あのネズミたちをやっつけろ。」と叫びながら3人組の強盗を襲っています。https://twitter.com/i/status/1546469485263179776
 3人は地元住民1人を襲い金品を奪おうとしたとされています。
 棍棒や石を持って集まってきた住民たちが強盗3人をリンチし、3人が乗っていたタクシーを破壊しています。
 「住民たちは頻発する窃盗事件にうんざりしています。」とエンガティバ警察副署長ロドルフォ ポイラオ少佐は述べています。
 「しかし犯罪者を裁くのは司法であり、自らの手を罰するのは自制してほしい。」と住民たちに呼びかけています。
 強盗の1人は治療を受けるために病院に搬送されました。

2022 7-12 CORREO
コロンビア次期大統領グスタボ ペトロがコロンビア国民にドルを買わないよう呼びかける

 コロンビア通過ペソは7月11日に最安値の1ドル4578,88ペソを付けています。通貨安に恐怖を覚えたコロンビア国民はドルを買い始めましたが、次期大統領であるグスタボ ペトロから奇妙なメッセージが届いています。
 イタリアで休暇を過ごしているペトロはツイッターを通じてペソ暴落に言及し、「悪い取引で終わるから、今ドルを買わないように。」と勧めています。
 「今コロンビアでドルを買っている人たちに最大の敬意を持って明らかにします。私が新たに売り出す時、それは価値が下がるでしょう。気をつけて!お金を失わないようにね。」とツイートしています。
 ペトロは26日後に退任する現コロンビア大統領イバン ドゥケが、国と投資家にとって経済への信頼が緊急に必要となっていると発表した後にこのツイートをしています。
 金融アナリストは、ドルの高等はコロンビアだけでなく新興国全般の問題で、インフレ抑制のための金利引き上げがアメリカ合衆国経済の景気後退懸念につながっていると指摘しています。

30taro:2022/07/13(水) 08:32:28
2022 7-12 EL UNIVERSAL
バー ヘブン事件の犯人の1人に禁錮520年の有罪判決 メキシコシティ

 2013年5月13日にメキシコシティにあるバー ヘブンで13人が誘拐され殺害された事件の犯人の1人マルコ アントニオに、誘拐罪で禁錮520年の有罪判決が下されたとメキシコシティ検察が発表しました。
 バー ヘブン事件で男性7人と未成年者1人を含む女性5人を誘拐した罪でマルコ アントニオに有罪判決が下されています。
 拉致された13人はメヒコ州トラルマナルコ市の民家に連れて行かれ、そこで殺害され埋められました。
 検察の調べによれば、女性たちは強姦された後に首を絞められて殺され、男性たちは服を脱がされた後に処刑されています。
 フアレス区を縄張りとする犯罪グループ ラ ウニオン テピートとラ ウニオン インスルヘンテスもしくはロス ペジェホスの麻薬密売利権を巡る争いが事件の動機とされています。

2022 7-12 UNIVUSION
大規模抗議行動から1年、701人がいまだ拘束されている キューバ

 キューバの人権保護団体Justicia 11j とCubalexは、正義無き1年、7月11日抗議行動参加に対する国家暴力という報告書を発表し、1年前にキューバで行われた大規模抗議行動に対するラ ハバナ政権の弾圧について明らかにしています。
 人権2団体は抗議行動に参加した1484人が逮捕され、そのうちの701年が未だに刑務所に入れられていると指摘しています。
 またデモに参加した584人が判決を受け、622人が起訴されたと明らかにしています。
 逮捕者の中には57人の未成年者が含まれており、うち5人は未だ獄中にいます。また60歳以上の老人も18人が逮捕されています。

31taro:2022/07/14(木) 09:01:21
2022 7-13 blu radio 4627,46 5,79
コロンビア陸軍大隊基地で3ヶ月で2度も銃を奪われる バランキージャ市

 アトランティコ県の県都バランキージャ市にある陸軍パライソ大隊の基地に、3ヶ月で2度も警備にあたっていた兵士の自動小銃が奪われるという事件が起きています。
 バランキージャ市のハイメ プマレホ市長は、大隊隊員たちに対して警備のプロトコルを調整するだけではなく、街に出てパトロールをするよう強く求めています。
 事件は火曜日の夜にパライソ地区にある大隊基地で発生し、陸軍第2旅団の兵士1人が負傷しています。軍発表によれば、男2人と女1人が基地に侵入し警備担当の兵士から銃を奪っています。
 同様の事件は5月4日にも起きています。深夜1時半に賊が基地に侵入し、警備担当の兵士を殴り自動小銃を奪っています。その後、犯人の1人が逮捕され、奪われた銃も回収されています。

2022 7-13 el COLOMBIANO
クチゴロド市で軍部隊が襲撃され兵士1人が殺された コロンビア アンティオキア県

 火曜日の深夜、アンティオキア県チゴロド市で犯罪組織クラン デル ゴルフォによる軍部隊を襲撃し、陸軍兵士1人が殺害されました。
 襲撃はウラバに通じる道路にかかる主要な橋で発生し、軍部隊が反撃しています。この襲撃により兵士1人が死亡し、4人が負傷しており、高等平和委員のフアン カミロ レストレポは、襲撃事件発生を嘆くとともに被害者の家族に連帯のメッセージを送っています。
 殺害されたのはミゲル アンヘル パラシオス コンデで、襲撃したのはクラン デル ゴルフォであると対ゲリラタスクフォース タイタン司令部が発表しました。
 「移動中の陸軍第54ジャングル大隊所属の部隊が銃撃を受けました。」
 負傷した兵士4人は現場で衛生兵から応急手当を受けた後に病院に搬送されており、回復に向かっています。
 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォはアンティオキア県西部とウラバ地域のウラミタ市・ペケ市・アパルタド市・ネコクリ市・トゥルボ市等で治安部隊に対する襲撃を続けており、これまでの複数の警官や軍人、民間人が犠牲となっています。

32taro:2022/07/14(木) 09:01:32
2022 7-13 EL ESPECTADOR
メデジン市のレストランでカナダ人が射殺された コロンビア アンティオキア県

 7月12日の午後、アンティオキア県の県都メデジン市ポブラド地区ラス パルマス道沿いにあるレストランで殺し屋による殺人事件が発生しました。殺害されたのはカナダ人Jesse Marcel Arrigoで、一緒に食事をしていた人物は無事でした。
 当局発表によれば、事件は午後4時45分にレストラン アングス ヌラングスで起きています。
 目撃者は殺し屋2人がレストランに入り、標的のカナダ人の近くのテーブルに座り、その後1人が立ち上がりカナダ人に向けて発砲しています。
 殺し屋2人はレストランの入り口付近で待機していたバイクの後ろに乗って逃亡しており、その様子を監視カメラが記録しています。
 犯行に使用されたバイクの1台がメデジン市中心部ニキタオ地区で見つかっていましすが、今現在犯人は1人も逮捕されていません。
 メデジン市では今年これまでに192人が殺害されていますが、前年同時期との比較では25人の減少です。
 メデジン市によれば、過去3年間の殺人被害者数は過去40年で最少となっており、2019年との比較では47%の減少となっています。

2022 7-13 blu radio
イバン マルケスはマドゥロ大統領の庇護の元、病院で手当を受けているとコロンビア国防相ディエゴ モラノが発言

 コロンビア政府は敵対するゲリラグループから襲撃を受けたとされるコロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者イバン マルケスの動向を諜報部を使い追跡しています。
 イバン ドゥケ大統領は襲撃によりイバン マルケスが死亡したか、怪我をしている可能性があると指摘しています。
 しかし数時間前、国防相ディエゴ モラノは、新たに入ってきた情報について発表しています。
 「私たちが入手した情報は、セグンダ マルケタリア派が動画を公開した後のものであり、有用な情報です。襲撃を受けたイバン マルケスは、現在ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロの庇護を受け、カラカスの病院に収容されています。」とモラノは述べています。
 また隣国の情報源からの新たな情報に注目していると指摘し、セグンダ マルケタリア派が公開した動画については、Farcの元最高指導者通称マヌエル マルランダもしくはティロフィロの息子を含む複数の幹部が登場していると付け加えています。

33taro:2022/07/15(金) 08:51:40
2022 7-14 El Pao's.com.co 4558,05 5,81
学校が土砂崩れに巻き込まれ児童3人が死んだ コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県南西部アンデス市市街地から10kmのタパルト地域エル ポルベニール村にある学校が土砂崩れに巻き込まれ、児童3人が死亡しました。
 アンデス市災害対策課によれば、土砂崩れは午前9時10分に発生しています。この土砂崩れにより児童4人が土砂の下敷きになり、女児1人は無事救助されましたが3人は死亡しています。
 死亡したのは女児2人と男児1人で年齢は6歳と5歳です。
 現場からは児童19人と教師1人が救助されており、19人の児童は無事です。
 現場にはアンデス市とベタニア市の救急組織が駆けつけ、アンティオキア県南西部地域の病院と救急組織が支援を開始しているとアンティオキア県インフラ担当高官フアン パブロ ロペスが報告しています。
 イバン ドゥケ大統領は現場に捜索救助チームが入っていると発表し、政府はこの緊急事態を中止していると付け加えています。
 「学校を襲った地すべりに対応するための捜索救助チームが、アンデス市郊外タパルト地域の現場に入っています。私たちは状況を注視しています。」と大統領は述べています。
 アンティオキア県のアニバル ガビリア コレア知事は、被害を受けた児童の家族に連帯と支援のメッセージを送っています。
 
2022 7-14 RCN Radio
Farc分派ゲリラボス通称ウイチョに対する作戦で警官1人と軍士官1人が死亡 コロンビア カウカ県

 コロンビア警察地域司令官パブロ フェルネイ ルイス将軍は、カウカ県で活動するコロンビア革命軍(Farc)分派グループのボス通称ウイチョ逮捕作戦の最中に、警察諜報部所属のジョニー アレハンドロ ガルシア アルサテ警部補が死亡したと発表しました。家宅捜索中に発生した戦闘により、ゲリラボス ウイチョも死亡しています。
 「軍と協力し警察特殊部隊がカウカ県コリント市でコロンビア革命軍(Farc)分派ダゴベルト ラモス戦線に対する作戦を実施しました。作戦の中で戦闘が発生し、主要ボスの1人ダビド スティベン オルティス マスケラ別名ウイチョを殺害しました。警部補ジョニー アレハンドロ ガルシア アルサテはバジェ デル カウカ県セビリア市出身の36歳で、16年間警察諜報部で勤務していました。」と将軍は説明しています。
 陸軍第3師団司令官ジョン ハイロ ロハス将軍は、この作戦によりエルビン レオナルド サラマンカ バルディオン大尉が死亡したと発表しています。「第8高山大隊所属のレオナルド サラマンカ バルディオン大尉は、カサナレ県パス デ アリポロ市出身で、軍歴は10年以上です。」と説明しています。
 警察長官ホルヘ ルイス バルガス将軍はガルシア警部補と陸軍大尉の死を悼むとツイートしています。
 戦闘のさなかにダビド スティベン オルティス モスケラ別名ウイチョは負傷し、搬送されたバディジャ市の病院で死亡しています。

34taro:2022/07/15(金) 08:52:04
2022 7-14 RCN noticiasrcn.com
ガウラ捜査官が強盗を撃退する様子を監視カメラが記録していた コロンビア ボゴタ市

 首都ボゴタ市スバ地域にあるパン屋が強盗団に襲撃されましたが、店内に警察対恐喝・誘拐部門ガウラの捜査官2人が居合わせており、銃を抜いて強盗団に向けて発砲しています。
 数日前、スバにあるパン屋に2人組が入り買い物をすると見せかけ、直後に銃を抜いて店内にいた客たちから金品を奪い始めました。
 犯行の様子は店内の監視カメラが撮影していました。私服姿のガウラ捜査員2人が客として店内に居合わせ、最初は強盗に持ち物を強盗に渡しましたが、その直後銃を取り出し強盗2人に向けて発砲しました。
 銃声を聞き地元住民たちから助けを求められた警官が現場に駆けつけたとカルロス エデュアルド ロドリゲス ゴンサレス中佐が語っています。
 「付近をパトロールしていた警官が現場に駆けつけ、ガウラ捜査官の身分を確認しています。ガウラ捜査官たちは強盗被害を受けたので、捜査官の1人が発砲したと説明しました。」とボゴタ市警中佐は説明しています。
 「幸いにも1人の負傷者も出ておらず、強盗2人は逮捕され奪われた金品も回収されています。」と中佐は付け加えています。
 ボゴタ市治安当局によれば、今年1月から7月にかけてスバ地域で5645件の窃盗事件が報告されています。

2022 7-14 UNO TV.com
チアパスの市場で商人たちと移民たちが大喧嘩 メキシコ

 水曜日、チアパス州の市場で商人たちと移民たちによる大喧嘩が発生し、その様子がネットに上げられています。https://twitter.com/i/status/1547326290289721344
 タパチュラ市にあるセバスティアン エスコバル市場で白昼堂々と男7人と女2人が参加した喧嘩が起きています。
 どうやら商店主と移民の意見の相違から口論となり、殴り合いに発展したようです。

35taro:2022/07/16(土) 08:40:03
2022 7-15 el COLOMBIANO 4519,65 5,82
Farc分派第1戦線の最大ボス通称イバン モルディスコがコロンビア軍の空爆作戦で死んだ カケタ県

 カケタ県サン ビセンテ デル カグアン市で実施された空爆作戦により、Farc分派ボス グレゴリオ ベラ フェルナンデス別名イバン モルディスコが死亡したとコロンビア軍が発表しました。
 7月9日に実施されたジュピター作戦によりコロンビア革命軍(Farc)分派第1戦線の最大ボス イバン モルディスコを含むゲリラ10人を殺害したと、金曜日の朝軍は公式に発表しています。
 作戦は空爆により開始され、その後地上部隊が空爆されたゲリラキャンプを急襲し、空爆を生き残ったゲリラ部隊と戦闘となっています。作戦部隊は作戦を通じ自動小銃2丁、ピストル6丁、砲弾、弾倉などを押収しています。
 イバン モルディスコはコロンビア政府と和平交渉を結んだ旧Farc第1戦線のボスでしたが、和平合意を受け入れず配下のゲリラたちと旧Farcから離れ武装闘争を継続していました。
 諜報部からの情報によれば、Farc分派第1戦線はカケタ県・グアビアレ県・バウペス県・グアビアレ県を中心に400人以上のゲリラが活動しています。

2022 7-15 el COLOMBIANO
イバン モルディスコには30億ペソの懸賞金がかけられていた コロンビア カケタ県

 先週コロンビア軍がカケタ県サン ビセンテ デル カグアン市で実施した空爆作戦によりネストル グレゴリオ ベラ フェルナンデス別名イバン モルディスコが死亡したとコロンビア軍が金曜日に発表しました。
 国防相ディエゴ モラノは、ベラ フェルナンデスの死亡により、Farc分派の最後の砦が倒されたと断言しています。ベラ フェルナンデス別名イバン モルディスコは、Farc分派の主要残存組織の最大ボスでした。
 当局によれば、イバン モルディスコはカケタ県・グアビアレ県・バウペス県・ビチャダ県に影響力を持つFarc分派第1戦線の最大ボスであり、コロンビア政府は30億ペソ(約9267万円)の懸賞金をかけていました。
 イバン モルディスコは20年以上前に平ゲリラとしてコロンビア革命軍(Farc)第1戦線に入隊し、狙撃兵・爆破専門家として昇進していきます。
 2012年、モルディスコは第1戦線のボスに指名され、旧Farc最高決定機関書記局から直接命令を受けることになります。
 2016年11月、Farc主流派はコロンビア政府と和平合意を結びますが、モルディスコは降伏と武装放棄を支持しないことは公然の秘密となっていました。モルディスコは2016年半ばに、キューバ ラ ハバナにいる書記局に書簡を送り、和平プロセスに同意しないと宣言しています。
 イバン モルディスコは書簡の中で自分が指揮する第1戦線は武器を捨てないと宣言し、賛同するゲリラたちに武装闘争の継続を呼びかけています。この宣言により、イバン モルディスコは和平プロセスから離れた最初のゲリラボスとなりました。
 コロンビア軍司令官ルイス フェルナンド ナバロ将軍は、和平プロセスから離れた後、イバン モルディスコは軍資金を得るためにあらゆる犯罪行為を犯すようになり、非常に危険な人物となったと説明しています。
 「和平プロセスの最初の障害となり、コロンビア国家に対する明確な脅威となりました。彼は麻薬犯罪・恐喝・鉱物違法採掘・未成年者徴兵などの犯罪行為を復活扨せました。」と司令官は指摘しています。
 イバン モルディスコはミゲル ボタチェ サンティジャナ別名ヘンティル ドゥアルテがベネスエラで殺害された後、Farcヘンティル ドゥアルテ派の最重要人物となっていました。Farcヘンティル ドゥアルテ派はもう一つのFarc分派腫瘍組織Farcセグンダ マルケタリア派と対立しています。

36taro:2022/07/16(土) 08:40:15
2022 7-15 LA FM.
コロンビアのコカの葉栽培面積が減少している アメリカ合衆国

 アメリカ合衆国国家麻薬管理政策局(ONDCP)は、コロンビアのコカの葉栽培面積が1万1000ヘクタール減少したと発表しました。
 コロンビア国防相ディエゴ モラノは、2021年のコロンビアのコカの葉栽培面積が23万4000ヘクタールに減少していると指摘しています。
 「昨年からイバン ドゥケ大統領政権は警官・軍人2万1000人以上を動員し、39万8000ヘクタールの麻薬畑を撤去しました。」と強調しています。
 また現政権は2200トン以上のコカインを押収しており、昨年だけで700トンのコカインを押収していると説明しています。
 またコロンビアのコカイン生産能力も約990トンから970トンに減少していると報告しています。
 「コロンビアはこの地域の麻薬撲滅のためにアメリカ合衆国と戦略的パートナーであり続けます。」と大臣は強調しています。
 コロンビア政府によれば、イバン ドゥケ政権の4年間は、農薬の空中散布ではなく手作業によりコカの木の撤去を実施したにも関わらずこれらの成果が出ています。

2022 7-15 blu radio
警察が銃撃戦により誘拐事件を未然に防ぐ コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市バジェ デル リリ地区で真っ昼間に警察と誘拐団による銃撃戦が発生しました。
 住民からの通報を受けカジェ48と109通りの交差点に駆けつけたバイクの警官が、タクシーに乗った誘拐団の行く手を塞ぎ銃撃戦を行っています。
 カリ市警司令官ウイリアム キンテロ大佐は、銃撃戦により4人を逮捕したと発表しました。逮捕者のうち1人は負傷しており、バジェ デル リリ病院に搬送されています。
 誘拐された男性は軽傷を負っていますが解放されました。

37taro:2022/07/17(日) 08:48:15
2022 7-16 el COLOMBIANO 4395,63 5,82
カニャスゴルダス市で爆破テロ、警官1人と民間人1人が死亡4人が負傷 コロンビア アンティオキア県

 県都メデジン市とウラバ湾を結ぶ62号線沿いにある田舎町カニャスゴルダス市で土曜日に爆破テロが発生しました。
 アイカルド ウレゴ市長によれば、テロは午前9時30分に発生しています。爆弾は街道沿いの検問所前で爆発しています。
 この爆破テロにより警察パトロール隊員セルヒオ オルランド ベルガラ アテオルトゥアと民間人1人が死亡し、警官4人が負傷しています。死亡した民間人の身元は現在確認中で、負傷した警官4人は病院で手当を受けています。
 殉職したベルガラ アテオルトゥアはアンティオキア県エリコニア市出身の43歳で、17年間警察官として勤務し7つの勲章と72回表彰を受けています。ベルガラには娘1人がいます。
 国防相ディエゴ モラノはウラオ市で安全保障会議を開催し、爆破テロを命じたとされる犯罪組織クラン デル ゴルフォの幹部通称リチャードに対する懸賞金を5000万ペソから2億ペソ(約617万円)に増額すると発表しています。
 クラン デル ゴルフォは過去13ヶ月の間にアンティオキア県西部地域で10回のテロを実行し、17人の治安部隊員と民間人2人を殺害しています。

2022 7-16 el COLOMBIANO
イバン モルディスコが死亡した空爆作戦で2人の子供ゲリラも一緒に死んでいた コロンビア カケタ県

 コロンビア革命軍(Farc)分派第1戦線の最大ボス通称イバン モルディスコのゲリラキャンプに対して空爆作戦が実施されましたが、この作戦で子供ゲリラ2人も死亡していたことが確認されました。
 ビジャビセンシオ市の法医学協会は、未成年者MYMMとKACHが死亡した事が確認されたと発表しています。
 「7体の死体の身元が特定されており、引き続き若い女性の死体の身元確認作業を継続します。」と法医学協会は表明しています。
 「イバン モルディスコが死亡しました。死体はいまだ見つかっていませんが、政府はゲリラボスが今作戦で死亡したと断定しています。」と国防相ディエゴ モラノが発表しています。
 コロンビアではこれまでにも子供ゲリラが空爆作戦により戦死する事例が複数存在します。2021年3月2日、Farc分派ボス ヘンティル ドゥアルテのゲリラキャンプが空爆され、子供ゲリラ12人が死亡しました。2021年10月7日、国民解放軍(ELN)のボス通称ファビアンのゲリラキャンプが空爆され、4人の子供ゲリラが死亡しています。
 2019年にはサン ビセンテ デル カグアン市で実行された軍事作戦により、子供ゲリラ8人を含むゲリラ14人が死亡したと、当時の国防相ギジェルモ ボテロが発表しています。

38taro:2022/07/17(日) 08:48:27
2022 7-16 La Opinio'n
FBIとDEAの最重要手配犯の1人ラファエル カロ キンテロが逮捕された メキシコ シナロア州

 メキシコ麻薬犯の中でも「麻薬犯の中の麻薬犯」として知られ、アメリカ合衆国麻薬取締局(DEA)と連邦捜査局(FBI)が指名手配している10人の逃亡者の1人ラファエル カロ キンテロが、金曜日にメキシコで逮捕されました。
 メキシコ海兵隊がカロ キンテロ69歳を逮捕したと、国家治安当局関係者の話としてメキシコの複数のメディアが報じました。
 アメリカ合衆国でもAP通信が匿名のメキシコ海軍関係者に確認したと報じています。
 DEAは1985年にDEA捜査官エンリケ キキ S カマレナ サラサールを拷問の末に殺害したカロ キンテロに2000万ドルの懸賞金をかけています。
 カロ キンテロはカルテル デ グアダラハラの創設者であり、80年代を代表する麻薬ボスの1人で、大量の麻薬をアメリカ合衆国にいち早く送った人物です。
 1952年10月3日にメキシコの主要な麻薬王の出身地であるシナロア州で生まれています。ミゲル アンヘル フェリックス ガジャルドとエルネスト フォンセカ カリジョ別名ドン ネトとともにカルテル デ グアダラハラを創設したカロ キンテロは巨万の富を手にしています。
 1985年に発生したDEA捜査官エンリケ カマレナとメキシコ人パイロット アルフレド サバラ誘拐殺害事件に関わったとして、同年4月にコスタ リカで逮捕されています。
 カマレナとサバラは1985年2月7日にハリスコ州で武装集団に誘拐されています。ハリスコ州の州都グアダラハラ市は、カルテル デ グアダラハラの拠点でした。
 事件から一ヶ月後、ハリスコ州の隣ミチョアカン州で2人の死体が発見されました。死体には拷問を受けた痕がありました。
 DEAグアダラハラ事務所に所属していたカマレナが殺害されたのは、カルテル デ グアダラハラが所有するマリファナ牧場が摘発されたことに対する復讐とされています。
 カロ キンテロはかつてメキシコの対外債務を返済することで活動を許可され、恵まれない人々の救済も行っていました。
 カロ キンテロは5億ドル近い財産を築き、メキシコ上層部との交流もありました。実際逮捕時、カロ キンテロは当時のハリスコ州知事の姪と旅行をしていました。 
 2009年メキシコの裁判官はカロ キンテロに対して禁錮199年の有罪判決を下しています。しかしメキシコの法律では禁固刑の最高刑は40年となっています。
 2013年8月裁判官はカロ キンテロに対する複数の裁判を棄却し釈放を命じています。
 その数日後、判事はアメリカ合衆国に引き渡すための仮逮捕状を発行し、同年11月6日にメキシコ最高裁が釈放を認めた判決を覆していますが、カロ キンテロはすでに逃亡していました。

39taro:2022/07/18(月) 08:49:11
2022 7-17 el COLOMBIANO 4395,63 5,82
Farc分派ゲリラボス通称ロケが死んだ コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラボス通称ロケがノルテ デ サンタンデール県ティブ市で死亡したと、コロンビア大統領イバン ドゥケが日曜日に発表しました。
 「ノルテ デ サンタンデール県ティブ市でFarc分派第33戦線のボス通称ロケが死亡しました。住民たちを恐れさせていた犯罪者は、私達の治安組織の協力により無力化されました。」と大統領はツイートしています。
 陸軍第2師団司令官オマル エステベン セプルベダ少将によれば、警察の支援を受けた陸軍の部隊が、ティブ市市街地でロケを殺害しています。
 ロケはカタトゥンボ地域の住民たちを恐怖に陥れた動画作成の責任者とされています。コロンビア国旗の色の腕章と覆面を付けたFarc分派ゲリラ部隊が白昼堂々とティブ市市街地をパトロールする様子が記録されています。
 「今日我々はティブ市中心部に来ている。我々はカタトゥンボ地域すべて、特にティブ市の人民に安全を提供している。勝つか死ぬかである。」とネットに上がった動画に登場したゲリラは宣言しています。
 国防相ディエゴ モラノもロケの死亡を発表し、「法の上に立つ者は誰もいません。また誰も住民たちを威嚇し恐怖を不安を与えることもできません。」と語っています。

2022 7-17 el COLOMBIANO
警官2人が手榴弾で殺された コロンビア アンティオキア県

 日曜日に朝、アンティオキア県ベヨ市サン フェリックス地域で警官2人が殺害されました。
 当局発表によれば、2人の警官はサン ペドロ デ ロス ミラグロスとサン フェリックスの間にあるラ チナ村のレストランで朝食を食べていたときに襲われています。https://twitter.com/i/status/1548669459455418368
 レストランにバイクで乗り付けたポンチョを着た武装集団が、警官2人に向けて発砲した後、手榴弾を投げつけて逃亡しています。
 殺害されたのはウイラ県出身のアンドレス カミロ アンドラデ25歳とトリマ県出身のジオバニー アルカラ38歳で、バジェ デ アブラ地域都市警察に所属し、サン フェリックスの交番(CAI)に勤務していました。
 ベヨ市のオスカー アンドレス ペレス市長は警官殺害事件を拒絶し、ベヨ市は治安当局と協力し、ベヨ市郊外で起きた事件の解明に当たると述べています。
 「私達の持てる力を総動員して捜査当局に協力します。」と市長は指摘しています。
 日曜日の午後、捜査当局はバイク2台を発見し、2人を逮捕しています。現在2人が事件に関連しているか調べが進められています。
 アンティオキア県では24時間以内に別の警官殺害事件が起きています。土曜日、カニャスゴルダス市郊外のラス エリコニアス地区に設置された街道検問所がクラン デル ゴルフォのメンバーと思われる武装集団に交通警察所属の部隊が襲撃されています。この襲撃により警官セルヒオ ベルガラ アテオルトゥアと身元不明の民間人が殺害され、警官4人が負傷しています。
 当局はクラン デル ゴルフォの下部組織エドウィン ロマン ベラスケス バジェのボスであるウイルマル アルベイロ メヒア ウスガ別名リチャードが襲撃事件の黒幕と断定しています。
 国防相ディエゴ モラノは、リチャード逮捕につながる情報に2億ペソの懸賞金を支払うと発表しています。

40taro:2022/07/18(月) 08:49:23
2022 7-17 blu radio
ソレダ市で21歳と40歳の女性が射殺された コロンビア アトランティコ県

 アトランティコ県の県都バランキージャ市と隣接するソレダ市ノルマンディア地区の民家で、1台のバイクに乗った二人組の殺し屋が女性2人を射殺しています。
 殺されたのはマルグレディス チャリー トリホス21歳とタティアナ バレラ サンドバル40歳です。タティアナ バレラは麻薬輸送・製造・所持の前歴があります。今現在犯行の動機は不明ですが、バランキージャ市警は麻薬密売に関連する犯行であると発表しています。
 「若い女性は現場となった民家の中で死亡し、もうひとりの女性も搬送先の病院で手術中に死亡しています。助成に対するすべての暴力を拒絶します。私たちは捜査を勧めています。」とバランキージャ市警の副署長ジョン セプルベダは強調しています。
 近隣住民たちの証言によれば、パーティーが行われていた民家にバイクにのった2人がやってきて2人の女性に向けて発砲しています。「後ろに乗っていた男がバイクから降りて発砲しました。1人は民家内で死亡し、1人は搬送先の病院で死亡しました。」と証言しています。

2022 7-17 El Sol de Mexico
ソノラ州で覚醒剤1,5トンが押収された メキシコ

 メキシコ陸軍と国家警備隊はソノラ州サン ルイス リオ コロラド市の倉庫内で覚醒剤メタンフェタミン1475kgを発見・押収しました。
 国防省(Sedena)は7月7日にもシナロア州の州都クリアカン市で合成オピオイド フェンタニル500kg以上を押収したばかりです。
 作戦は7月13日にラス アデリタス村で実施されました。諜報部の情報をもとに陸軍と国家警備隊が麻薬の貯蔵に使われていると推測される倉庫を急襲しています。
 作戦では7人が逮捕されており、司法当局に身柄が移されています。
 倉庫からはメタンフェタミンの他にアセトン1520リットル、p-トルエンスルホン酸600リットル、水酸化ナトリウム200kg,車20台、短銃1丁と銃弾9発と弾倉1個が押収されています。

41taro:2022/07/19(火) 08:35:59
2022 7-18 EL TIEMPO 4395,63 5,84
新婚旅行でコロンビアに来たばかりのアメリカ合衆国人夫婦が強盗に襲われ1億5000万ペソのロレックスを奪われた ボゴタ市

 7月17日にボゴタ市のエル ドラド国際空港に到着したアメリカ合衆国人2人が犯罪グループ ロス ロレックスのメンバー4人にボゴタ市北部チコ ナバラ地区まで尾行され、午後8時に襲撃され1億5000万ペソ相当(約475万円)の腕時計を奪われました。
 強盗事件は19a通りとカジェ107の交差点で発生しており、現場に居合わせた警備員により犯人グループの1人が負傷しレイナ ソフィア病院に搬送されています。「犯人が警備員を襲ったために警備員の1人が犯人グループの1人を負傷させました。」と警備員の1人が証言しています。
 ボゴタ市警のアナ ガブリエラ グティエレス大佐は、「現場に到着した警官が、犯人の1人を逮捕しました。」と指摘しています。
 しかし残りの3人は逃亡に成功し、1億5000万ペソのロレックスは奪われてしまいました。「犯人の1人が外国人女性の持っていたバッグと男性の腕時計を奪いました。」と警備員は語っています。
 警察の報告によれば、アメリカ合衆国人夫婦は空港からボゴタ市北部まで尾行され、そこでバイクに乗った4人組に襲撃されています。

2022 7-18 CARACOL RADIO
カルタヘナ市旧市街にあるホテルのバルコニーでセックスをしたアメリカ合衆国人観光客が警察から召喚された コロンビア ボリバル県

 カリブ管沿岸にある観光地ボリバル県の県都カルタヘナ市の旧市街にあるホテルのバルコニーで観光客カップルがセックスを始め、通りかかった通行人が携帯電話で撮影しています。
 動画には旧市街の通りに面したホテルのバルコニーで、通りかかった人たちの眼の前で、カップルが恥ずかしげもなくセックスをする様子が写っています。
 セックスはカジェ セグンダ デ バディジョ沿いのホテルのバルコニーでなされています。今現在、カルタヘナ市当局はこの件に関するコメントを発表していません。
 カルタヘナ市警は旧市街のホテルのバルコニーで公衆の面前でセックスをしたカップルに召喚状を発行しています。
 セックスをしたカップルの男性はアメリカ合衆国ニューヨークからやってきた観光客であることが判明しています。
 カルタヘナ市では今年5月にも時計塔の近くで今回とよく似た状況でセックスをしていたカップルが目撃されています。
 この時、カルタヘナ市警はカップルに41万6662ペソ(約1万3190円)の罰金を課しています。

42taro:2022/07/19(火) 08:36:10
2022 7-18 el COLOMBIANO
バイク爆弾テロで1人が死亡13人が怪我 コロンビア カウカ県

 カウカ県パティア市エル ボルド地区でバイクに積まれた爆弾が爆破され、民間人1人が死亡、民間人と警官合わせて13人が怪我をしました。
 爆破は日曜日の午後11時30分ころに市中心部で起きています。犯人は警察パトカーの通過に合わせて爆弾を起爆させています。
 カウカ県高官ルイス アングロはカラコル ラジオの取材に対し、軽傷者は地元の病院で手当を受け、重傷者は県都ポパヤン市まで搬送されいると指摘しています。
 関係当局は翌日午前7時から安全保障会議を開催し、事件の分析と治安維持のための措置について話し合っています。
 爆発では複数の商店を含む6つの建物にも被害が出ています。
 カウカ県では週末に治安組織に対する暴力事件が立て続けに発生しました。金曜日、スアレス市でコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊と陸軍部隊による戦闘が発生しています。サルバヒナ貯水池近くで発生した戦闘は1時間近く続きました。

2022 7-18 EL UNIVERSAL
ベネスエラ国民の37%が次回の大統領選挙でもニコラス マドゥロに投票する 世論調査

 Monitor País de Hinterlacesが行った最新の世論調査の結果が発表されました。次の大統領選挙で誰に投票するかという質問に対して、37%が現大統領ニコラス マドゥロと答え、12%が起業家のロレンソ メンドサと答えています。
 2024年大統領選挙の世論調査はベネスエラ全土で1200人を対象に実施されています。
 結果は反体制派にとってあまりかんばしいものではありませんでした。ニコラス マドゥロとロレンソ メンドサ以外では、マリア コリナ マチャド4%、マヌエル ロサレス4%、フアン グアイド2%、レオポルド ロペス2%、エンリケ カプリレス2%、エンリー ロマス アルプ1%の支持です。
 与党議員ではラファエル ラカバ4%、デルシー ロドリゲス3%、ディオスダド カベジョ2%、ホルヘ ロドリゲス1%です。
 これ以外のその他を選んだ回答者は4%で、22%がわからない・無回答でした。

43taro:2022/07/20(水) 08:39:40
2022 7-19 el COLOMBIANO 4315,41 5,85
カリ市の警察署から囚人が大量に逃げ出す コロンビア バジェ デル カウカ県

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市北部にあるラ フローラ警察署から、囚人36人が逃げ出し、カリ市当局が警戒を強めています。
 警察発表によれば、囚人たちは監視していた警官たちの不注意に乗じて収監されていた房を開けて逃げ出しています。
 逃亡に気づいた警官たちが36人を追いましたが、逃亡者たちはすでに警察署から遠く離れていました。
 「脱走がありました。どのように、誰が逃亡しているのか検証しているところです。」とカリ市警副司令官ウイリアム キンテロ大佐がメディアの取材で指摘しています。
 現在警察が逃亡者の特定を進めており、逃亡者の数が当初発表の36人より多い可能性があります。
 逃亡事件が起きたラ フローラ警察署には麻薬取引や窃盗などで有罪判決を受けた囚人たちが収監されています。カリ市やハムンディ市では刑務所が混雑しているために、警察署に有罪判決を受けた囚人たちが収監される場合があります。
 現在カリ市の刑務所の過密度は500%近くに達しています。
 
2022 7-19 RCN noticiasrcn.com
5人の若者が矯正施設から逃げ出した コロンビア セサール県

 セサール県の県都バジェドゥパール市にある矯正施設青少年教育センターから若者5人が脱獄するという事件が発生しました。
 当局発表によれば、若者たちは建物の裏から通りに逃げ出しており、近隣住民たちに目撃されています。
 直ちに当局による捜索が開始され、捜索方法と懸賞金をかけるかについて検討するための会議が開催されています。
 「逃亡した5人のうちのの4人が殺人犯で、1人が窃盗犯です。5人は刑期の半分をすで終了しているにも関わらず、脱獄を計画して実行しています。」とバジェドゥパール市高官アルトゥーロ カルデロンは述べています。
 セサール青少年教育センターの定員は50人で脱獄時に収容されていたのは23人であり、過密状態が脱獄の動機ではないと高官は述べています。

44taro:2022/07/20(水) 08:39:51
2022 7-19 CARACOL RADIO
国会議員のギャラはいくら?コロンビア

 コロンビアの国会議員のギャラはラテンアメリカ諸国の中で2番めに最低賃金との乖離が激しい国であり、国会議員の高給をめぐる論争はますます激しくなっています。
 2020年にイバン ドゥケ大統領が制定した政令により、国会議員の給与は5,12%引き上げられ、2021年1月1日から167万ペソ(約5万3447円)上がっています。
 したがって、コロンビア国会下院議員の給与は最低賃金の34倍に当たる3441万7000ペソ(約110万1185円)で、更に2000万ペソ近くの遡及的給与が加算されます。
 
2022 7-19 EL NACIONAL
70人以上のベネスエラ人がダリエンギャップで行方不明になっている

 コロンビアとパナマ国境にあるダリエンのジャングルで、70人以上のベネスエラ人が行方不明になっていると家族たちが訴えています。
 この情報はジャーナリスト ロベルト ベルムデスが運営するChamos Noticias Panamáで公開されています。
 行方不明者の家族・友人たちはワッツアップでグループを作り連絡を取り合い、情報収集を行っています。
 「彼らはまだダリエンにいます。パナマ サン ビセンテにある国連が運営する避難所に、彼らは到着していません。」と指摘しています。
 ダリエンのジャングルを横断するのにかかる日数は、天候や移民たちの身体状況により異なります。2人の小さい子供連れた夫婦は、安心して進むには最低でも10日はかかるとデジタルメディア Todo Noticiasの記者カロリナ アモロソに語っています。
 ベネスエラ野党指導者のダビド スモランスキーは、数日前にベネスエラ人4人がダリエンで死んだと発表しています。「先週4人のベネスエラ人移民がダリエンのジャングルで死亡したことが確認されました。」
 ダリエンで死亡したのはメリダ・ファルコン・カラボボ出身で、未成年者が1人含まれています。
 今年ダリエンジャングルを超えた移民の数は4万6000人以上で、その多くはハイチ人とベネスエラ人です。彼らはアメリカ合衆国やカナダを目指し、地獄のようなジャングルを超えて北上します。

45taro:2022/07/21(木) 08:27:46
2022 7-20 NOTICIAS CARACOL 4303,34 5,85
ボリバル県で立て続けにテロ事件、陸軍兵士1人が死亡民間人1人が怪我 コロンビア

 ボリバル県で立て続けに治安部隊に対するテロ事件が発生しており、治安当局が捜査を開始しています。事件はサン ハシント市・マガンゲ市・マリア ラ バハ市で起きています。
 マガンゲ市カスカハル地域にある陸軍第4砲大隊に対する攻撃では、兵士ヘスス コレア アロヨが戦死しました。
 軍は犯罪組織クラン デル ゴルフォの犯行と断定しています。
 同日夜、ボリバル県中央部サン ハシント市の警察署が銃撃され、民間人1人が怪我をしています。
 「74歳の人物1人が怪我をしていますが、幸いなことに命に別状はありません。」とボリバル県警司令官ホセ ガリンド大佐がコメントしています。
 ボリバル県北部レティロ ヌエボ地域でも警察署が襲撃され、建物に被害が出ています。
 ボリバル県南部マガンゲ市では警察署を襲撃しようとしていた男2人が逮捕されています。
 ボリバル県ではここ数ヶ月感でクラン デル ゴルフォの地域ボス7人が逮捕されています。

2022 7-20 NOTICIAS CARACOL
コルドバ県で警官1人が殺害された コロンビア

 7月20日水曜日、コルドバ県トゥチン市ベレン地区で警察パトカーが銃撃され、警官1人が殉職し1人が負傷しています。
 死亡したのはパトロール隊員エディソン マヌエル ボルハ ヤニェスで、負傷したのはアルマンド ホセ ビダル エスピティアです。
 警察発表によれば、トゥチン市に入る車両の取締を行っていた警官隊に向けて、バイクに乗った襲撃グループが発砲しています。
 「トゥチン市周辺部ではクラン デル ゴルフォの下部組織フアン カルロス エルナンデス ディアス別名ラモンシートもしくはアギラ1が率いるハビエル イェペス カンテロが犯罪行為を繰り返しており、ラモンシートには最大5000万ペソ(約159万円)の懸賞金がかけられています。
 エディソン マヌエル ボルハ ヤニェス35歳は15年間警官として勤務しており、6つの勲章と36の褒章を受けています。

46taro:2022/07/21(木) 08:27:57
2022 7-20 el COLOMBIANO
クラン デル ゴルフォが警官殺害に500万ペソを支払っている コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県で犯罪組織クラン デル ゴルフォの治安部隊員暗殺作戦(プラン ピストーラ)により18人の治安部隊員が殺害されていますが、警察諜報部の調べではクラン デル ゴルフォは警官殺害に対して500万ペソ(約15万円)を支払っています。
 「クラン デル ゴルフォは組織内で警官殺しに約500万ペソの報奨金を提示して推奨しています。」とアンティオキア県ウラバ地域・西部・北部地域で諜報作戦を指揮している警察士官が指摘しています。
 アンティオキア県では先週3人の警察官が殺害されました。ベヨ市サン フェリックス地域ではレストラン内でパトロール隊員アンドレス カミロ アンドラデ ヒルとヒオバニー アルカラ ラミレスが殺害され、カニャスゴルダスではパトロール隊員セルヒオ オルランド ベルガラ アテオルトゥアと民間人イスラエル アルベルト レンヒフォ イギータが殺害されています。
 警察長官ホルヘ ルイス バルガス将軍は、クラン デル ゴルフォのプラン ピストーラの背後には3人のボス通称チキート マロ、シオパス、ゴンサリートがおり、当局は逮捕につながる情報に最大50億ペソの懸賞金をかけています。

2022 7-20 MILENIO
カロ キンテロ逮捕作戦に参加した海軍のヘリコプターが墜落した原因はガス欠だった メキシコ シナロア州

 カルテル デ グアダラハラの元ボス ラファエル カロ キンテロが逮捕された後に、海軍のヘリコプターがシナロア州ロス モチス市で墜落していますが、墜落の原因はガス欠だった事が判明しました。
 捜査関係者は、カロ キンテロ逮捕作戦に海軍は15人の軍人を乗せたブラックホークヘリコプターを派遣しサッカー場に墜落していますが、墜落時にヘリコプターは炎上しておらず、落ちる前に燃料が尽き14人の死亡者と1人と負傷者を出したと思われると語っています。
 ヘリコプターが犯罪組織メンバーによって撃墜された可能性については、事故現場周辺にヘリコプターを待ち伏せできる場所はなかったと否定しています。

47taro:2022/07/22(金) 09:03:23
2022 7-21 el COLOMBIANO 4303,34 5,85
クラン デル ゴルフォなど違法武装組織が次期大統領グスタボ ペトロに停戦と和平交渉開始を提案 コロンビア

 40以上の違法武装組織が署名した4枚の文書は、次期コロンビア大統領グスタボ ペトロに停戦と和平交渉の開始を提案しています。
 7月20日にペトロを含む数人の政治家に届いた文書によれば、これらグループは支配地域での暴力の停止を目的に対話と和解を提案しています。
 文書に署名している組織は40以上ですが、少なくとも6つの武装組織はグスタボ ペトロが大統領に就任する8月7日からの即時停戦を申し出ています。
 即時停戦を申し出ているのはコロンビア準軍組織ガイタにスタス、ロス カパロス、ロス ラストロホス、ロス ソタス デ ブエナベントゥーラ、ラ インマクラダ デ トゥルア、ロス メヒカノス デ キブドです。
 「我々が2022年8月7日から停戦を実施する用意がある、我々は時期が来れば武装解除を行う用意がある。我々は謝罪する用意がある。我々は真実を提供する用意がある。我々は賠償する用意がある。何よりも犯罪を繰り返さない。我々は新たな世代のためのより良い未来を築きたいと考えている。」と文書は表明しています。
 次期大統領ペトロと副大統領フランシア マルケスは、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)との和平交渉を再開させる意向を表明しています。
 
2022 7-21 el COLOMBIANO
シンセレホ市の交番に手榴弾が投げ込まれ、7人が怪我 コロンビア スークレ県

 7月19日午後4時ころ、スークレ県の県都シンセレホ市にある交番(CAI)に手榴弾が投げ込まれました。手榴弾の爆発により7人が負傷し、病院で手当を受けています。
 「クルス デ マヨ交番に対してテロ攻撃がありました。このテロにより男性5人と妊婦1人を含む女性2人が怪我をしていますが、幸いな事に重傷者はいません。このようなテロ事件を拒絶するためにも、私たちは市民に対してテロ事件を起こした犯罪グループの情報提供を呼びかけます。」とシンセレホ市長アンドレス ゴメス マルティネスはコメントしています。
 シンセレホ市は最大5000万ペソ(約158万円)の懸賞金をかけるとともに、シンセレホ市の治安状況を分析するための安全保障会議を開催すると発表しています。
 スークレ県警司令官カルロス アンドレス コレア大佐は、負傷者の中に警官はいないと述べ、「民家人が犠牲となっています。私たちは司法警察と共に犯人逮捕に向けて捜査を勧めています。」と表明しています。
 これまでに2人の容疑者が逮捕され、事件との関わりについて調べが進められています。
 当局はクラン デル ゴルフォの犯行の可能性を否定していません。

48taro:2022/07/22(金) 09:03:34
2022 7-21 EXPANSION politica
AMLO政権の43ヶ月で12万4414人が殺された メキシコ

 メキシコの暴力は止まりません。アンドレス マヌエル ロペス オブラドール政権が誕生して43ヶ月が経過しましたが、この間故意の殺人が12万854件、性別を理由に女性または少女を標的とした殺人フェミサイドが3560件起きています。
 6月の殺人被害者数は2662人で、前月5月との比較では171人減少しています。しかしフェミサイドは84人から89人に増えました。
 今年最も殺人が多かった月は5月で、6月は2番目となります。
 AMLO政権はまだ3年半ですが、すでに麻薬カルテルとの戦争を宣言したフェリペ カルデロン元大統領政権時の殺人被害者数を超えています。
 殺人事件のほぼ半数49%は6つの州に集中しています。最も殺人が多い州はグアナフアト州で1566人、次いでミチョアカン州1421人、バハ 仮フォルンイア州1300人、メヒコ州1265人、ハリスコ州1024人、チワワ州929人となっています。

2022 7-21 EL UNIVERAL
行方不明となっていたバレリアが死体で見つかる メキシコ バハ カリフォルニア スール州

 今年始めにバハ カリフォルニア スール州ロス カボス市で行方不明となっていたバレリア カリジョ ハッソが死体となって見つかったとバハ カリフォルニア スール州が発表しました。
 記者会見の場で州検察官ダニエル デ ラ ロサ アナヤは、頭部を撃たれて殺害された死体が見つかったと発表しています。
 専門家の報告によれば、ロス カボス市内で発見された死体は、死後6ヶ月から7ヶ月経過しています。
 調べによれば、バレリア殺人事件には6人が関与しており、そのうちの1人ビクトル33歳がすでに逮捕されています。
 グアダラハラ市出身のバレリアはロス カボスにやってきた後の1月26日にサン ホセ デル カボでウーバーに乗り、その後行方がわからなくなりました。

49taro:2022/07/23(土) 08:14:49
2022 7-22 RCN Radio 4410,14 5,86
殺し屋が警官の背後から発砲、警官1人が負傷 コロンビア ナリニョ県

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォによる治安部隊員暗殺作戦プラン ピストーラがアンティオキア県以外にも拡大しています。
 木曜日、プラン ピストーラと思われる犯行が発生し、監視カメラがその様子を撮影していました。https://twitter.com/i/status/1550205739548958720
 国防省によれば、クラン デル ゴルフォは、治安部隊員の命に最大2000万ペソ(約62万円)の報奨金をかけています。
 ナリニョ県ポリカルパ市の中央公園近くを歩いていた警官2人が標的となっています。
 2人の殺し屋が警官2人の後ろから徒歩で近づき、2mの距離から無言で発砲しています。
 不意をつかれた警官2人が反撃し、襲撃者は逃亡しています。同時に現場近くにいた民間人は慌てて地面に身を投げています。
 この襲撃で警官1人が重傷を負っています。
 ここ数週間にアンティオキア県を中心に18人の警官がプラン ピストーラにより殺害されています。

2022 7-22 el COLOMBIANO
エル バグレ市の警察署が爆破攻撃を受けた コロンビア アンティオキア県

 木曜日の夜、バホ カウカ アンテオケーニョ地域にあるエル バグレしで爆破攻撃が発生しました。
 アンティオキア県警司令官ダニエル マソ大佐の発表によれば、午後10時近く20人以上の警官が勤務交代を行っていた警察署に手榴弾1個が投げ込まれていますが、幸いなことに死傷者は出ていません。
 エル バグレ市の地元メディアは、バイクの乗ってやってきた男が、市中心部にある警察署に手榴弾を投げたと報じています。
 エル バグレ市の警察署は2年前にも同様の攻撃を受けているとマソ大佐は指摘しています。
 マソ大佐はエル バグレ市周辺で活動している犯罪組織は、クラン デル ゴルフォの下部組織ウルダル カルドナ ルエダであると付け加えています。

50taro:2022/07/23(土) 08:15:02
2022 7-22 el COLOMBIANO
ペトロ政権はELNだけでなくクラン デル ゴルフォやFarc分派ゲリラ組織とも和平を模索する コロンビア

 次期コロンビア大統領グスタボ ペトロに外務大臣に任命されたアルバロ レイバは、グスタボ ペトロ政権はすべての違法武装組織との和平を模索すると発表しました。
 この声明は元準軍組織とクラン デル ゴルフォがペトロ政権に和平交渉開始を要請する文書を発表した後になされています。
 レイバ氏はボゴタ市で、いかなる違法組織も排除はしないが、グループの種類により和平プロセスは異なると説明しています。
 レイバはこれは我が国にとってまたとないチャンスであると指摘し、「完全な平和が一度に達成できる瞬間であり、怯むわけにはいかない。」と付け加えています。
 EL COLOMBIA紙は2016年に締結された和平合意から離脱したコロンビア革命軍(Farc)分派を和平対話に参加させる可能性について次期外相に質問しました。
 「話をしたい人はだれでも来てください。私たちは喜んで対話します。」と締めくくっています。

2022 7-22 NOTICIAS CARACOL
コロンビア人義勇兵がウクライナで戦死

 キーウポストの戦争特派員Jason Jay Smartは、ウクライナ領土防衛部隊外国人軍団に参加していたコロンビア人の1人クリスティアン カミロ マルケス32歳が戦死した事が確認されたと発表しています。
 スペインのVanguardia紙によれば、マルケスは砲兵として外国人軍団に所属し、ロケットランチャーを担当していました。元コロンビア警察にいたマルケスは、その経験をもとに対戦車部隊への入隊を希望しています。
 マルケスはハルキウ州イジューム市で戦死しています。
 一方、ウクライナで戦死したマルケスの遺族は、コロンビアとポーランドの協力を得て、遺骨の送還を進めています。
 コロンビアのEL ESPECTADOR紙はコロンビア外務省に対して、マルケスに関する情報を持っているかと質問していますが、外務省は持っていないと答えています。
 マルケスの友人や親しい人たちは、彼を偲んでマルケスの画像複数をネットに上げています。

51taro:2022/07/24(日) 08:38:37
2022 7-23 pulzo 4423,86 5,86
麻薬犬が1トン以上のコカインを発見 コロンビア ボゴタ市

 今週、空港警察がダンプ2台に隠されていた1トン以上のコカインを発見しました。ダンプはエル ドラド国際空港近くボゴタ市西部フォンティボンの駐車場に停車していました。
 コカインを発見したのは警察麻薬犬ブラック5歳ラブラドールです。
 警察によれば、麻薬関係の情報提供のための電話番号167に、バジェ デル カウカ県から来たダンプの中にコカインが隠されているという市民からの情報提供を元に、麻薬犬を伴い警察の部隊が出動しています。
 しかし警官たちの捜索ではダンプの中から麻薬は見つかりませんでした。その時、麻薬犬ブラックが行動を始め麻薬発見の合図を警官にしました。
 ブラックの合図を受けて警官たちがダンプを詳細に調べ、1100kgのコカインを発見しています。コカインを取り出すためにはダンプを破壊する必要がありました。
 
2022 7-23 el COLOMBIANO
トゥルボ市の警察署が爆破攻撃を受ける コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県トゥルボ市の警察署がバイクに乗った2人組から爆破攻撃を受けました。アンティオキア県では同様の事件が24時間以内に立て続けに2件発生しています。
 ウラバ地域警察司令官オスカー エルナン コルテス ドゥエニャス大佐は、7月22日金曜日の朝に1台のバイクに乗った2人が警察署に向けて爆弾を投げつけ、ウラバ湾の港町トゥルボ市市街地にある警察署の15m手前で爆発したと発表しています。
 幸いなことに爆弾による人的被害も物的被害もありませんでしたが、現場周辺の住民たちに大きな不安を与えています。
 「すでに犯人を特定し、身元確認を行っています。また住民たちからテロ行為を行った犯人の情報提供を受けたことに感謝しています。」と大佐は指摘しています。
 トゥルボ市ではヌエバ コロニア地域にある警察署が自動小銃による銃撃を受けています。この攻撃は犯罪組織クラン デル ゴルフォの犯行と断定されています。銃撃による死傷者は出ていません。
 7月21日午後10時近く、エル バグレ市の警察署に手榴弾が投げ込まれましたが、死傷者は出ていません。

52taro:2022/07/24(日) 08:38:56
2022 7-23 EL NACIONAL
民家が火事、10人が焼死2人が火傷 ベネスエラ スリア州

 コロンビアと隣接するスリア州ヘスス マリア センプルン市にある民家で火事が発生し、10人が死亡2人が負傷しています。
 民家は全焼し、負傷者は2人は1度と2度の火傷を負っています。
 死亡したのは妊婦のリリアナ アルディラ37歳、息子と娘のメラニー ルゴ11歳とスナイ ゴンサレス3歳、ルベイディー マルケス19歳と孫娘のルセロ マルケスです。
 この他にもアルディラの赤ちゃん、2人の息子、スレイマ キンテロ、身元不明の大人の遺体も見つかっています。
 1度と2度の火傷を負ったのはベネスエラ軍曹長のディディエル ゴンサレス37歳で1度の火傷を体の26%に負ったのはケイネル ナバロ16歳です。
 現場には消防隊とプロテクシオン シビルと州救急隊が駆けつけています。
 現在警察が出火原因の調査を行っています。

2022 7-23 EL UNIVERSAL
カルテル デ シナロアのボス エル マヨ サンバダの息子が釈放される 

 メキシコ有数の麻薬組織カルテル デ シナロアの最大ボス イスマエル エルマヨ サンバダの息子の1人イスマエル サンバダ インペリアル別名エル マイート ゴルドが、アメリカ合衆国カリフォルニアにある連邦刑務所から釈放されます。
 麻薬ボスの息子は2件の麻薬事件で禁錮9年の有罪判決を受けていましたが、メキシコとアメリカ合衆国の刑務所で刑期を終えています。
 エル マイート ゴルドは2014年にメキシコで逮捕され、2019年にアメリカ合衆国に引き渡されています。
 エル マイート ゴルドはエル マヨ サンバダとマルガリータ インペリアルの息子で、セラフィン サンバダ インペリアルの兄弟です。
 エル マイート ゴルドはSNSに上げた写真から、贅沢な生活を送っていたことがうかがえます。
 高級車、金メッキがされた銃、ペットとして飼われている野生動物などの画像がSNSに上がっています。

53taro:2022/07/25(月) 08:49:26
2022 7-24 EL TIEMPO 4423,86 5,86
Farc分派同士の戦闘で8人が死んだ コロンビア プトゥマヨ県

 日曜日の朝、コロンビア革命軍(Farc)分派コマンドス デ ラ フロンテラとFarc分派カロリナ ラミレスが戦闘となり、少なくとも8人が死亡したとプトゥマヨ県当局関係者がEL TIEMPO紙の取材で明かしています。
 戦闘はプエルト グスマン市ラ トレ村で7月21日に発生しています。
 関係者によれば、死亡したのは全員Farc分派コマンドス デ ラ フロンテラのメンバーで、17歳の少女1人も含まれています。
 未だ地元住民たちからの情報提供はあまりありませんが、数人は後頭部を撃ち抜かれており、無防備な状態で殺害されたものと思われます。
 プエルト グスマン市の消防隊が死体6体をラ トレ村から市街地に運んでいます。死体は腐敗が進んだ状態です。
 この地域の状況は非常に複雑で、死亡者の家族が死体を輸送していた車から死体2体を持ち去ったと県当局関係者は指摘しています。
 殺害された8人のうちの1人はコマンドス デ ラ フロンテラのボス フェルネイ トレス カルデロン別名カケタであることが判明しています。
 その他、エメルソン フェルナンド チャパジェス20歳、匕ネス パオラ カルバチェ ゴメス23歳、ホルヘ イバン カスタニェダ オルティス31歳と17歳の少女の身元が判明しています。17歳の少女の名前は未成年であることから公表を控えます。
 現場には検察捜査機関CTIの捜査チームと治安部隊が派遣され、現場検証などが行われています。

2022 7-24 NOTICIAS CARACOL
エクアドル領内でFarc分派ゲリラキャンプが見つかる 

 7月23日、エクアドル軍はコロンビアとの国境近くで、コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊が放棄したと思われるゲリラキャンプを発見しました。
 エクアドル軍統合司令部は、エスメラルダ県の国境地帯で偵察と監視作戦を実施していた軍部隊が、ゲリラキャンプを見つけています。
 ゲリラキャンプからは板とマットレスでできた仮説ベッド4台、防水布2枚、ポンチョ1枚、調理器2台、鍋類、食器類、ゲリラ部隊の移動を記録したノートが見つかっています。
 エスメラルダ県当局によれば、ゲリラキャンプはFarc分派ウリアス ロンドン機動部隊が使用していたもので、約10人のゲリラが使用していたと推測されます。

54taro:2022/07/25(月) 08:49:39
2022 7-24 LA FM.
警察パトカーが銃撃され警官1人が死亡1人が重傷 コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県北部ヤルマル市でパトカーが銃撃され、セルヒオ イェペス ペレス警部補が死亡しました。
 この襲撃により女性パトロール隊員ルイサ スレタが負傷しており、ヘリコプターで県都メデジン市のパブロ トボン ウリベ病院に搬送され治療を受けています。 
 襲撃事件は午後2時30分に中央公園近くサンタ マティルデ地区で起きています。ヤルマル市のミゲル アンヘル ペラエス エナオ市長は、負傷した女性警官は最初に市内のサン フアン デ ディオス病院で治療を受けた後に、メデジン市に転送されたと説明しています。
 またヤルマル市では殺人事件が多発しており、メデジン市からではなくヤルマル市に専属の特別検察官を配置するよう関係当局に要請していると市長は付け加えています。
 「私たちは麻薬密売組織とクラン デル ゴルフォによる殺人事件に対処しています。これまでに数人重要人物を逮捕していますが、残念ながら今日彼らは治安部隊を襲撃しました。」と市長は述べています。
 アンティオキア県では今年これまでに19人の警察官が殺害されていますが、そのうちの7人は7月に殺害されており、当局はアンティオキア県北部・北東部・バホ カウカ地域・西部の4地域に警戒警報を発しています。
 当局によれば、これら地域では通称ガビノが率いるクラン デル ゴルフォの下部組織フリオ セサール バルガス、通称レオもしくはフィルが率いるコロンビア革命軍(Farc)分派第36戦線、通称ケビンもしくはコレが率いる国民解放軍(ELN)エロエス デ アノリ戦線が存在しています。

2022 7-24 La Jornada
サカテカス州でカルテル シナロアとカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオンが激しい戦闘、15人が死んだ メキシコ

 土曜日の午後、サカテカス州の州都サカテカス市から228kmのノチストラン デ メヒア市でメキシコの2大犯罪組織カルテル デ シナロアとカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)が2度衝突し、非公式情報ですが15人が死亡しています。
 州政府はハリスコ州との州境近くで戦闘が発生したことを確認し、手製装甲車を含む車両2台を押収し、武装集団の行方を捜索していると発表しています。
 戦闘では自動小銃AK-47とAR-15が使用され、モンスターと呼ばれる装甲仕様の車両も使用されたと情報筋は明らかにしています。
 現地にはメキシコ軍部隊と州警察の部隊が派遣されています。
 地元住民たちの証言によれば、武装集団は負傷者を搬送するために現場を通りかかった車を奪っています。
 最初の戦闘はノチストラン市市街地の西のあるラ コフラディア地区付近で発生し、地元住民たちは約30分間銃声を聞いています。
 住民たちは携帯電話で撮影し、ネットに上げています。https://twitter.com/i/status/1551017959082147840
 地元住民たちは、15体の死体が放置されていたと証言しています。
 その後、ノチストラン市の北西部アプルコで2度めの戦闘が発生しています。現場には走行不能となったモンスターが放置されています。

55taro:2022/07/26(火) 08:25:36
2022 7-25 RCN noticiasrcn.com 4423,86 5,86
Farc分派ゲリラグループから毎月4500万ペソを受け取り治療をしていた医者が逮捕された コロンビア カリ市

 コロンビア検察は違法にコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループのメンバーを治療していた医者を逮捕しました。逮捕されたのはカルロス アルベルト ロセロ アングロ別名カリチェで、Farc分派イバン リオスとアルフォンソ カノのゲリラの治療を行っていました。
 カリチェは治安部隊との戦闘で負傷したゲリラや、熱帯病やウイルス性疾患にかかったゲリラの治療を行っていました。
 調べの結果、カリチェは ナリニョ県トゥマコ市に秘密の治療所を作り、散発的に場所を変えながら治療を続けていました。治療所では治療と医薬品の提供のほか、堕胎も行っていたとされています。
 カリチェはコロンビア南西部とエクアドルとの国境地帯で活動するFarc分派ゲリラグループに治療を提供する代わりに、毎月4500万ペソ(約137万円)の報酬を受け取っていました。
 組織犯罪特別検察はカリチェを重大犯罪共謀罪と組織的犯罪集団及び組織的武装集団に対する助言罪で起訴しています。カリチェは容疑を否認しています。
 カルロス アルベルト ロセロ アングロは、バジェ デル カウカ県の県都カリ市シウダ2000地区で検察と警察の合同作戦により逮捕されました。

2022 7-25 el COLOMBIANO
クラン デル ゴルフォのプラン ピストーラの新たな犠牲者は陸軍兵士 コロンビア アンティオキア県

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォが、アンティオキア県トゥルボ市とチョコ県リオスシオ市の間にあるアンティオキア県ベレン デ バヒラ地域で、陸軍兵士スティベン マイコル ペニャロサ20歳を殺害しました。
 当局発表によれば、家族の住むラ ロマ村を訪れたスティベン マイコルにバイクに乗った武装集団が近づき、家族や友人たちの眼の前で無言で命を奪っています。
 ペニャロサは休暇中であり、一切の武装をしていませんでした。
 当局はアンティオキア県とチョコ県の県境で犯罪行為を繰り返すクラン デル ゴルフォの下部組織カルロス ベラスケスの犯行と断定しています。
 諜報部によれば、クラン デル ゴルフォは最大2000万ペソ(約61万円)の懸賞金をかけて、アンティオキア県の警察官と軍人の命を狙っています。
 コロンビア政府はクラン デル ゴルフォ別名準軍組織コロンビア ガイタにスタスのボス通称チキータ マロ、シオパスもしくはゴンサレスに、最大2億ペソの懸賞金をかけています。

56taro:2022/07/26(火) 08:25:48
2022 7-25 RCN Radio
クラン デル ゴルフォの待ち伏せ攻撃で負傷入院していた女性警察官が死んだ コロンビア アンティオキア県

 コロンビア警察長官ホルヘ ルイス バルガス将軍は、アンティオキア県ヤルマル市で襲撃を受け重傷を負い、県都メデジン市のパブロ トボン ウリベ病院で治療を受けていた女性警察官ルイサ フェルナンド スレタが死亡したと発表しました。
 ヤルマル市の襲撃事件では警部補セルヒオ イェペス パエスも殺害されています。パトロール中のパトカーを銃撃したのは、犯罪組織クラン デル ゴルフォと断定されました。クラン デル ゴルフォは治安部隊暗殺作戦プラン ピストーラをアンティオキア県で立て続けに実行しています
 「襲撃事件の責任者の逮捕に繋がる情報に最大5000万ペソの懸賞金をかけます。」とルイス バルガス将軍は発表するとともに、殉職した警官2人の家族に連帯を表明しています。
 今年アンティオキア県ではすでに19人の警官が殺害されており、そのうちの7人は7月だけで殺害されています。

2022 7-25 INFORMADOR.MX
リハビリセンターが襲撃され6人が撃ち殺された メキシコ ハリスコ州

 ハリスコ州の州都グアダラハラ市と隣接するサン ペドロ トラケパケ市ラ コフラディア国あるリハビリセンターで、男性5人と女性1人が殺害されたとハリスコ州検察は発表しました。
 昨日の午後11時8分に武装集団がリハビリセンター近くにいるという通報があり、市警察は部隊を派遣しています。
 「現場に到着したトラケパケ市の救急隊が男性4人と女性1人が死亡している事を確認しています。5人は体の複数箇所を撃たれて殺害されていました。」
 救急隊は負傷者1人を病院に搬送しましたが、治療をうけながら死亡しています。
 死亡した女性は18歳から23歳くらいで、男性は61歳と56歳くらい、残り3人は20歳から30歳の間です。
 死体は検死と身元確認のために法医学協会施設に運ばれました。

57taro:2022/07/27(水) 09:02:43
2022 7-26 Q'hubocali.com 4461,63 5,88
軍兵士1人と先住民3人を殺害したとされる女ゲリラボス通称タニアが捕まった コロンビア ナリニョ県

 コロンビア治安当局はコロンビア革命軍(Farc)分派ウリアス ロンドン機動部隊の女ボス レイディー バネサ ボラニョス アナコナ別名タニアを逮捕しました。
 タニアは2021年9月5日にバジェ デル カウカ県セビリア市サン アントニオ地域で発生した陸軍少尉クリスティアン カルデロン ヒメネス誘拐殺人事件に関与したとされています。
 技師でもある少尉はセビリア市の道路行政委員会に同行して田舎道の視察を行っていたときに武装集団に拉致されています。
 傍受された通信の会話によれば、通称タニアが少尉を銃殺しています。
 その他にも、1月23日にカウカ県トリビオ市で実施されたコロンビア軍の作戦で死亡したゲリラボス エウクリデス エスパニャ カイセド別名ジョニエルから直接命令を受け、ナリニョ県太平洋沿岸地域で治安部隊や市民に対する襲撃などの犯罪行為を繰り返していたことは明白です。
 更に7月3日になりニョ県トゥマコ市で発生した先住民アワの3人が殺害された事件にもタニアが関わっているとされています。
 タニアはパスト市とモラハス市を結ぶ公道上で検察と警察の合同作戦により逮捕され、携帯電話・。USBメモリー・SIMカード4枚、マイクロカード3枚が押収されています。
 
2022 7-26 el COLOMBIANO
警官が狙撃され死亡 コロンビア ティブ市

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォが、コロンビア各地で治安部隊暗殺計画プラン ピストーラを実行しています。
 今回はノルテ デ サンタンデール県ティブ市市街地から40分の村で、警察官1人が狙撃され殺害されました。
 事件は火曜日の午前6時30分にペトロレロ村で発生しており、治安当局が現地に入っています。
 クラン デル ゴルフォのプラン ピストーラガ頻発しているのがアンティオキア県で、先週末はヤルマル市で警部補セルヒオ イェペス パエスとパトロール隊員ルイサ フェルナンダ スレタが殺害されました。
 これらの事件を含めアンティオキア県とノルテ デ サンタンデール県で、ここ1週間半の間に11人の警官と軍人が殺害されています。

2022 7-26 RCN RADIO
強盗が護衛に撃ち殺される様子を監視カメラが撮影 コロンビア メデジン市

 治安の悪さはコロンビア国民の悩みの種であり、いつ同等に遭遇するかわからない中で、日々安心して暮らす事ができません。
 こうした犯罪行為に嫌気がさした人たちは自己防衛のため、あるいは被害を受けている他の人達を守るための行動することを決意する場合もあります。最近もアンティオキア県の県都メデジン市サン ホアキン地区で、強盗をボディーガードに数発の銃弾を撃ち込み殺害しています。
 22歳くらいの男が商店の前にいた3人組に近づき、銃を取り出して女性を脅し金品を奪おうとしました。その瞬間、ボディガードが強盗のすぐ後ろから銃弾1発を背中に発射しています。強盗は慌てて逃げ出そうとしましたが、ボディガードは更に銃弾を撃ち込み強盗はその場で倒れました。その様子を監視カメラが撮影していました。https://twitter.com/i/status/1551732972507758592
 死亡した強盗の名前はジョン カルロス ゴンサレスであることが判明しています。
 強盗を撃ち殺したボディガードはメデジン市警に出頭し、銃の所持許可書を提出し正当防衛であったと主張しています。
 当局は監視カメラの映像の分析や、目撃証言などの収集を行っています。

58taro:2022/07/27(水) 09:02:54
2022 7-26 LO'PEZ-DO'RIGA
プラヤ デル カルメンで銃撃事件、3人がけが7人が逮捕された メキシコ キンタナ ロー州

 先週末、キンタナ ロー州プラヤ デル カルメンの5番通りで銃撃事件が発生し、外国人1人を含む3人が負傷し7人が逮捕されています。
 事件は土曜日の午後6時54分ころに、外国人観光客の多い町中で激しい銃撃が発生し、人々が逃げ惑っています。
 地元メディアのよれば、銃撃は5番通り沿いのカジェ1からカジェ14に渡って発生し、逃亡を試みた犯人グループが警察に逮捕されています。
 5番通りに設置された監視カメラの映像はネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1551301727470624769
 逮捕されたのはオマル38歳(タマウリパス州生まれ)、マリオ18歳(キンタナ ロー州)、ブラウリオ21歳(グアナフアト州)、ホセ27歳(タバスコ州)、ケビン22歳(チアパス州)、フリオ19歳(チアパス州)、アレクシス29歳(チアパス州)です。

2022 7-26 EL FINANCIERO
メキシコシティで大量のコカインが押収された 

 メキシコシティ治安担当責任者オマル ガルシア ハウフチは、7月26日火曜日にグスタボ A マデロでこれまでで最大の1,5トン以上のコカインを押収したと発表しました。
 「麻薬押収量は1500kg以上で、メキシコシティでこれまでに押収されたコカインとして最大であり、麻薬組織の財政に多大な打撃を与える事ができた。」と強調しています。
 オマル ガルシアは記者会見の場で、麻薬組織がコカインをオアハカ州からメキシコシティを経由してアメリカ合衆国に密輸しようとしていたと説明しています。
 「コロンビアから海路でオアハカ州プエルト エスコンディドに持ち込まれたコカインが、メキシコシティを経由してアメリカ合衆国西海岸に密輸されようとしていました。」と指摘しています。
 今回押収された1600kgのコカインの価値はメキシコシティで4億ペソ(約26億7639万円)相当で、アメリカ合衆国ではその倍に上がります。
 メキシコ治安当局は今回の作戦を通じドゥランゴ州生まれの男4人を逮捕しています。

59taro:2022/07/28(木) 08:46:46
2022 7-27 EL TIEMPO 4445,01 5,89
警察署前で自動車爆弾テロ コロンビア セサール県

 今日の夜、セサール県ラ マタ地域でテロ事件が発生しました。最初の報道によれば、自動車爆弾テロにより警察署が全壊しています。
 市民たちが撮影した動画には、焼け焦げた警察署が確認できます。爆破テロでは警察署以外に車数台と警察署近くの商店数軒に被害が出ています。
 今現在警察官2人が重傷を負っている事が確認されています。死亡者は出ていません。
 
2022 7-27 el COLOMBIANO
警察官がパン屋で撃たれて殺された コロンビア スークレ県

 スークレ県サンプエス市にあるパン屋の中で、警察パトロール隊員ディエゴ フェリペ ルイス リンコンが銃撃されました。事件は7月25日月曜日にの午後3時15分頃に起きています。ディエゴ フェリペを銃撃した殺し屋たちは、警官の反撃により死亡しています。
 「今度はスークレ県サンプエス市で卒業したばかりで最初の給与ももらっていない新米警官が襲われました。」と下院議員のマフェ カラスカルは非難しています。
 バイクに乗ってやってきた殺し屋たちがパン屋に入り、無言でルイスを銃撃しています。撃たれたルイスを同僚たちが救急車に乗せる様子を撮影した動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1551710784497061889
 25歳の警官は市内の病院に搬送されましたが、助かりませんでした。
 「市中心部をパトロールしていた警官が、バイクに乗った殺し屋に襲撃され、残念ながら搬送先の病院で死亡しました。」とスークレ県警司令官カルロス コレア大佐が発表しています。
 調べにより、ディエゴ フェリペ ルイス リンコンを殺害したのは、クラン デル ゴルフォのメンバーであることが判明しています。クラン デル ゴルフォはここ数週間治安部隊員を標的とした暗殺計画プラン ピストーラをコロンビア各地で行っています。
 
2022 7-27 canal 1
クラン デル ゴルフォのプラン ピストーラで警官27人が殺害されている コロンビア

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォに対する警察の執拗な作戦にもかかわらず、クラン デル ゴルフォによる治安部隊暗殺作戦プラン ピストーラは止まりません。
 クラン デル ゴルフォはアンティオキア県・ノルテ デ サンタンデール県・コルドバ県を中心にコロンビア各地でプラン ピストーラを続けています。
 今年これまでにプラン ピストーラで殺害された警官は27人で、内18人が勤務中に、9人が非番の日に自宅などで殺害されています。
 特に今月はこれまでにアンティオキア県とコルドバ県を中心に14人の警官が殺されています。
 グスタボ ペトロが大統領に就任するまであと12日、クラン デル ゴルフォは組織の強化を図っていると専門家は指摘しています。

60taro:2022/07/28(木) 08:46:57
2022 7-27 el COLOMBIANO
LGTBI組織のメンバーが殺害された コロンビア メデジン市

 Alianza Social Lgtbi Antioquiaのメンバーであるジェイソン アンドレス バスケス ボルハが殺害されました。
 火曜日の深夜1時30分にアンティオキア県の県都メデジン市コムナ13のラ ルスと呼ばれる場所をパトロールしていた警官がバスケスの死体を発見しています。バスケスは3発の銃弾を撃ちこまれており、内1発は頭部に命中していました。
 近隣住民たちは豪雨のために何も見えず、聞こえなかったと証言しています。
 Alianza Social Lgtbi Antioquiaの代表者アルレイ コルドバ ロドリゲスによれば、バスケスは死体発見現場から3地区離れたコムナ13のエル デポジト地区に住んでいました。
 捜査当局はバスケスが殺害された動機について彼がLgtbi組織のメンバーであったことなのか、人権擁護活動家であったことなのかの調べを進めています。
 メデジン市のLGTBIQ+の擁護の象徴的な場所バルバコアスでは、ジェイソンを追悼し、再び保護を求める集まりが開催されました。
 今年バジェ デ アブラ地域で16人のLGTBIQ+ が殺害されており、うち12人はメデジン市で殺害されています。

2022 7-27 EXCELSIOR
CJNGのメンバー37人が逮捕された メキシコ ミチョアカン州

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のキャンプが摘発され37人のメンバーが逮捕されました。連邦・州治安当局の作戦はミチョアカン州シウダ イダルゴで実施されています。
 作戦を通じ複数種類の長銃35丁、グレネードランチャーアタッチメント1個、弾倉、銃弾、車などが押収されました。
 メキシコ軍第21軍区司令部は、シウダ イダルゴのエル カラコル村でCJNGのキャンプを発見したと発表しています。
 キャンプ摘発作戦には陸軍・検察庁・グアルディア シビル・ミチョアカン州検察が参加しています。
 押収物の中にはCJNGのロゴが入った帽子などがあり、司法当局に引き渡されています。

61taro:2022/07/29(金) 08:28:51
2022 7-29 el COLOMBIANO 4420,75 5,90
サルガル市で戦闘、軍兵士1人が戦死 コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県南西部サルガル市でコロンビア陸軍の部隊と犯罪組織クラン デル ゴルフォの武装集団が戦闘となり、兵士1人が銃弾により死亡しました。
 ヌティバラ大隊所属の兵士ビクトル ラウル マチャド サンマルティンは、衛生兵の応急手当を受けた後に病院に搬送されましたが、到着時にはすでに脈は失われていました。
 戦闘はロブラル村で発生しています。サルガル市のカルロス ロンドニョ市長は戦闘に関する正確な情報はまだ入っておらず、違法グループの中に死傷者がデているかもわからないと述べています。
 アンティオキア県では過去2週間に4人の兵士が死亡しています。7月24日、カレパで商店に向かっていた兵士サンティアゴ カイセドが銃撃され死亡、アルボレテスでは兵士クリスティアン ダビド サバラと民間人がバイクに乗った殺し屋に銃殺されています。
 7月13日、武装集団の待ち伏せ攻撃で兵士1人が死亡、4人が負傷しています。
 すべてクラン デル ゴルフォの治安部隊員暗殺作戦プラン ピストーラと断定されています。

2022 7-29 W RADIO
14歳の少女に流れ弾が命中し重傷 コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市南部ガラン地区で殺し屋による襲撃事件が発生し、負傷した14歳の少女がメデリ病院に搬送されています。
 少女の家族でモスケラ地区で会社を経営している父親が、殺し屋の標的であったと考えられています。
 第一報によれば、14歳の少女を車で搬送していた男性がパトロール中の警官に事件発生と通報しています。
 少女の父親は数ヶ月前から脅迫が続いており、最後の脅迫は8日前であったと証言しています。牧畜業者でモスケラに食肉処理場を持っている父親は、アメリカ合衆国に移住する事を決めていると語っています。
 診察の結果、少女の後頭部に銃弾が突き刺さっていますが、意識はあります。

2022 7-29 LA FM.
バス横転事故、2人が死亡15人がけが コロンビア トリマ県

 首都ボゴタ市とトリマ県の県都イバゲ市の間にあるトリマ県エル エスピナル市で午前0時ころにバス横転事故が発生しました。
 「雨の中ボゴタ市からブエナベントゥーラ市に向かっていたバスが事故を起こしています。バスの乗客は旅行に当選したスペイン企業の社員でしたが、残念ながら事故に遭っていました。」とトリマ県のデフェンサ シビル隊長ルイス フェルナンド ベレス少佐は説明しています。
 死亡者の1人は会社社長のスペイン人ラファエル フェルナンデスです。フェルナンデスには子供が3人いて、妻はヨーロッパで暮らしています。
 もう1人の死亡者はリナ バルガスで、搬送先の病院で治療を受けながら死亡しています。
 負傷者15人の内の2人がラス ビクトリア病院に運ばれ、13人はさん ラファエル デ エル エスピナル病院に運ばれて治療を受けています。

62taro:2022/07/29(金) 08:29:05
2022 7-29 la patilla
144人の政治犯が刑務所に収監されている ベネスエラ

 ベネスエラのNGO団体フォロ ペナルは、現在ベネスエラには244人が政治犯として拘束されていると火曜日に発表しています。7月12日段階の政治犯の数は242人であり、この間2人増えています。
 政治犯の性別は男性231人女性13人で、115人が民間人129人が軍人です。
 244人の内の182人が裁判の判決を待っており、62人がすでに有罪判決を受けています。
 「2014年以降、ベネスエラでは1万5773人が政治的に拘束されている。」とフォロ ペナルは訴えています。

2022 7-29 LO'PEZ-DO'RIGA
通夜が襲撃され4人が殺され、3人が怪我 メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州ハラル デル プログレソ市で行われていた通夜が武装集団に襲撃され、4人が死亡3人が負傷したと州当局が発表しました。
 火曜日にハラル デル プログレソ市内で殺害された若者通称エル パハロの通夜が行われていた民家が襲撃を受けています。
 現場には国家警備隊と陸軍の部隊と検察捜査班が派遣されています。
 メキシコで6番目に人口の多いグアナフアト州は、2018年以降最も殺人事件の多い州となっています。グアナフアト州では今年最初の半年だけで1566人が殺害されています。
 州当局によれば、殺人事件10件の内の9件が犯罪組織同士の抗争に何らかの関連があります。犯罪組織は主に麻薬と燃料窃盗の利権をめぐり争っています。

63taro:2022/07/30(土) 08:39:34
2022 7-29 EL TIEMPO 4375,51 5,91
最大警備体制のラ ピコタ刑務所からまた脱獄 コロンビア ボゴタ市

 金曜日の朝、コロンビアで最も警備の厳しい刑務所の1つボゴタ市にあるラ ピコタ刑務所から、ディメル サンチェス モンテホ別名メメ27歳が脱獄しました。メメは昨年6月からラ ピコタ刑務所に収監されていました。
 ラ ピコタ刑務所では今年3月にも犯罪組織クラン デル ゴルフォとつながる大物麻薬犯フアン ラリンソン カストロ別名マタンバが脱獄しており、再び批判にさらされています。
 5月に治安部隊との銃撃戦で死亡したマタンバは、刑務所管理組織Inpec職員の助けを得て、Inpecの制服を着てラ ピコタ刑務所から脱獄しています。
 一方、メメは痩せた体を利用して、28棟43房のダクトを通り抜け、刑務所を取り囲む網の1つを壊して外に逃げ出しています。
 「驚くべき事が今日起きました。換気用ダクトを通り房から逃げ出した囚人は、道路に面した網を破壊して外に逃げ出しています。」とInpec長官ティト カステジャノス将軍は指摘しています。
 当局は脱獄発覚後直ちに再逮捕作戦を開始し、ボゴタ市からカリ市に通じる街道の監視を強化しています。将軍は「2日以内に再逮捕したい。」と語っています。
 サンチェス モンテホは2022年3月25日にノルテ デ サンタンデール県ククタ市の法廷で犯罪共謀罪、銃器の違法製造・輸送・所持罪、誘拐罪、殺人未遂罪、殺人罪により禁錮24年4ヶ月の有罪判決を受けています。
 メメの名前は2018年7月30日にノルテ デ サンタンデール県エル タラ市で発生した虐殺事件の捜査で登場しています。エル タラ虐殺事件では元Farcゲリラ4人と社会的リーダー1人を含む10人が惨殺されています。
 メメはエル タラ虐殺事件を行った実行部隊のリーダーでした。

2022 7-29 CARCOL RADIO
6月の失業率は11,3% コロンビア

 コロンビアの6月の失業率は、前年同月の14,6%から3,4ポイント改善した11,3%であったと国家統計局DANE局長フアン ダニエル オビエドが発表しています。13主要都市の失業率は11,7%、性別では男性の失業率が9,2%、女性が14,1%でした。
 雇用者数は2007万3000人から2202万3000人と195万人増加していると局長は指摘しています。
 失業者数は65万人減少し、279万5000人となっています。
 最も雇用を創出した業種は芸術活動で50万8000人、次いで工業26万9000人、住宅21万人、建設17万7000人でした。

64taro:2022/07/30(土) 08:39:48
2022 7-29 RCN Radio
エル カルメン デ ボリバル市で襲撃事件、警官2人が負傷 コロンビア ボリバル県

 ボリバル県でも犯罪組織による警官襲撃事件が続いています。今回はエル カルメン デ ボリバル市で警官2人が撃たれて負傷しています。
 ボリバル県警司令官ホセ アブドン ガリンド サンチェス大佐は、長射程の銃を使った襲撃であると発表しています。
 「サン ハシント市からエル カルメン デ ボリバル市に通じる国道を2台のバイクで移動していた4人の警官が襲撃され、2人が怪我をしています。襲撃グループは約80m離れた場所に潜み、銃撃しています。」とガリンド サンチェス大佐は指摘しています。
 「1人が片足と右手を負傷し、もう1人が左脇腹を撃たれていますが、命に別状はありません。襲撃された警官たちは逮捕と銃器押収に伴う手続きのためにエル カルメン デ ボリバル市に向かっていました。国家警察は警官の生命と尊厳に対する暴力行為を強く拒絶します。この卑劣な行為を行った実行犯や黒幕を逮捕するための捜査・諜報活動を開始しました。」と県警司令官は強調しています。
 また大佐は犯罪者逮捕のための協力を市民に呼びかけています。「国防省は犯人グループと協力者に1000万ペソ(約30万円)、組織ボスたちに5億ペソの懸賞金をかけています。」

2022 7-29 EL NACIONAL
ニカラグアでバス事故、ベネスエラ人13人が死んだ

 水曜日の夜、ニカラグア ラ クカモンガ近くでアメリカ合衆国を目指す移民たちを乗せたバスが事故を起こし、16人が死亡しています。死亡者16人の内の13人はベネスエラ人であると、ニカラグアの日刊紙ラ プレンサが報じています。
 事故を起こしたバスの運転手はアルフレド アントニオ パルマ46歳で、警察は木曜日の朝スピード違反が事故原因であると発表しています。
 当局の報告によれば、スピード超過のボスは最初2台のバスに衝突し、その後コントロールを失い崖下に転落しています。
 死亡したのは男性11人と女性5人で、13人がベネスエラ人1人がニカラグア人で、残りの2人の身元は不明です。
 このバス事故による負傷者は47人で、フアン デ ディオス病院とコンデガ健康センターに搬送されています。

65taro:2022/07/31(日) 06:58:19
2022 7-30 CARACOL RADIO 4300,30 5,91
ELNが誘拐した11人の内の2人が死亡 コロンビア アラウカ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)は、和平合意を受け入れないコロンビア革命軍(Farc)分派と縄張り争いを繰り広げているアラウカ県タメ市アルト プラレ村で11人を誘拐したことを認める声明を発表しました。
 7月28日の夜、ELN東部戦線所属のゲリラ部隊が軍と警察のパトロール部隊と衝突したとELNは声明の中で明らかにし、この衝突により元Farcゲリラ バルディミール エレラとハイメ レオンが、フォルトゥル市パルマリト村で死亡したと発表しています。
 しかし、コロンビア陸軍体ゲリラタスクフォース キロン司令官カルロス カラスキジャ将軍は、ELNとの戦闘は発生していないとELNの声明を否定しています。
 「7月28日木曜日の夜、ビセンテナリオ原油パイプライン近くで警護任務についていた陸軍の部隊から、約2km離れたフォルトゥル市パルマリト村近くから銃声が聞こえたという報告が入っています。」と将軍は指摘しています。
 翌日29日、銃声が聞こえた周辺を調べた軍部隊が、死体2体を発見しています。
 「我が軍の部隊と衝突したという声明は嘘であり、人権と国際人道法に明確に違反したこれらの殺人は、犯罪集団により行われています。」
 将軍は治安部隊員4人と民間人5人の解放を求めています。
 一方、ELNは人質9人の健康状態は良好であり、数日中に解放するための人道的ルートを探していると発表しています。

2022 7-30 infobae
イバン マルケスは指数本を失い、植物状態でベネスエラの病院にいる コロンビア大統領イバン ドゥケ

 コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者ルシアノ マリン アランゴ別名イバン マルケスは死亡していないが、重体となっていると、コロンビア諜報部関係者からコロンビア大統領イバン ドゥケまでが発言しています。
 諜報部関係者数人はコロンビアの主要日刊紙EL TIEMPO紙の取材で、イバン マルケスが数週間前に発生した襲撃により指を数本失い、意識不明になっていると語っています。当初イバン マルケスは襲撃により死亡したと報道されていましたが後に否定されています。
 諜報部関係者によれば、イバン マルケスは頭部を負傷し集中治療室(UCI)に入院しており、昏睡状態となっています。
 コロンビア大統領イバン ドゥケも週刊誌Semanaのインタビューで、政府はイバン マルケスについて、死亡説と植物状態にあるとの二通りの仮説を有していると語っています。
 6月29日、ベネスエラ ボリバル州カイカラ郊外にあるイバン マルケスのゲリラキャンプが襲撃を受けています。重傷を負ったイバン マルケスはヘリコプターで病院に搬送され一命を救われています。
 Farcセグンダ マルケタリア派は声明の中で、「2022年6月30日、イバン マルケス司令官は軍と警察の部隊から攻撃を受けたが、幸いなことに軽傷で済み健康状態は良好である。彼は塹壕から新たなコロンビアのための闘争を続ける。」と強調しています。

66taro:2022/07/31(日) 06:58:30
2022 7-30 NOTICIAS CARACOL
クラン デル ゴルフォに対する作戦中に軍兵士が死亡 コロンビア コルドバ県

 コルドバ県ティエラルタ市でコロンビア陸軍と犯罪組織クラン デル ゴルフォが戦闘となり、兵士1人が戦死しています。
 兵士ブラス アンドレス ソト カラスカルは、7月29日の午後に死亡しました。
 戦闘では兵士1人が負傷しています。
 「コルドバ県ティエラルタ市の住民たちを守るための作戦実施中に、クラン デル ゴルフォの犯罪行為により兵士ブラス アンドレス ソト カラスカルが殺害されたことを拒絶する。」とコロンビア陸軍は発表しています。
 
2022 7-30 EL HERALDO
爆破テロを未然に防ぐ コロンビア カウカ県

 カウカ県の県都ポパヤン市の警察施設を標的としたテロ行為をコロンビア軍が未然に防ぎ、爆弾を積まれた車1台を押収しました。
 土曜日の深夜、陸軍第3師団グループ マルテが、爆発物処理班と検察CTIの支援を受けて、爆弾を処理しています。
 「カウカ県エル タンボ市からやってきた爆弾を積んだバンが、ポパヤン市市街地にある警察施設に対して爆破テロを行おうとしているという情報が入っていました。」と軍は発表しています。
 車には173本の爆薬が詰められた20ポンドのガスボンベ2本総重量約28,026kgと起爆用コード50m.無線起爆装置、12vバッテリーが積まれていました。
 「ラ エスタンシア交番(CAI)に対する爆破テロを計画していました。爆破テロが起きた場合、交番以外にもサン ホセ病院、ラ エスタンシア病院、ヌエストラ セニョーラ デル カルメン学校や民家などにも被害が及んでいました。」と軍は説明しています。

67taro:2022/08/01(月) 08:41:14
2022 7-31 Vanguardia 4300,30 5,91
バジェ デル カウカ県ラ ウニオン市で武装集団の襲撃事件、5人が殺され4人が怪我 コロンビア

 バジェ デル カウカ県ラ ウニオン市の住宅街に武装集団が現れ、通りで談笑していた住民たちにむけて発砲しています。
 「5人が殺害され、未成年者1人を含む4人が負傷しています。現場には警察と検察捜査班が出動しています。」とラ ウニオン市の高官ジョアナ アヤラが記者団に向けて語っています。
 負傷者4人は市内の病院に搬送されていますが、内1人は瀕死の重傷となっているとジョアナ アヤラは説明しています。
 「バジェ デル カウカ県ラ ウニオン市ラ シウダデラ地区で5人が殺害された事件をオンブズマン組織は拒絶します。同事件では4人が負傷しています。私たちは犠牲者家族に連帯を表明します。」とオンブズマン組織は表明しています。
 オンブズマン組織は過去数週間立て続けに暴力事件が発生していることに憂慮を表明しています。「バジェ デル カウカ県の北部地域で犯罪グループ同士による暴力事件が頻発している事に憂慮しています。私たちは監視を強めると共に、捜査進展のために当局に協力しています。」とオンブズマン組織は発表しています。
 民間組織Indpazによれば、コロンビアでは今年7月12日までに53件の虐殺事件(一度に3人以上殺害された事件)が53件発生し185人が殺害されています。

2022 7-31 RCN noticiasrcn.com
ティブ市でテロ事件2件が未然に防がれた コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 コロンビア陸軍はノルテ デ サンタンデール県ティブ市の2ヶ所でほぼ同時に治安部隊襲撃用の爆弾を発見しました。
 見つかった爆弾は軍の専門チームが爆破処理しました。
 最初の爆弾は陸軍対ゲリラタスクフォース ブルカノ所属の部隊がサンタンデール アルト地区の民家のそばで発見しています。爆弾の標的は住民たちとカタトゥンボ地域に展開している軍部隊です。
 爆弾には無線式起爆装置が設置されていました。
 2個めの爆弾はJ-10村の入口に仕掛けられており軍部隊の通過に合わせて爆破される予定でしたが、軍兵士が爆破前に爆弾に気づき適切に処理しています。
 国軍軍人の熟練した知識のお陰で、犯罪組織の攻撃の影響を最も受けている自治体の1つで、2件のテロ事件が阻止されました。
 ノルテ デ サンタンデール県特別コマンド司令官ファビオ レオナルド カンセラドによれば、爆弾を仕掛けたのはコロンビア革命軍(Farc)分派第33戦線です。

68taro:2022/08/01(月) 08:41:26
2022 7-31 UNOTV.com
チワワ州でエル チュエコの従兄弟が逮捕された メキシコ

 治安当局による合同作戦がチワワ州ウリケ市で実施され、ウリケ市セロカウイ村でイエズス会司祭2人と観光ガイドと民間人1人を殺害した容疑で指名手配中のホセ ノリエル ポルティジョ ヒル別名エル チェエコの従兄弟パシアノが逮捕されました。
 メキシコ陸軍と国家警備隊と州治安部隊がパシアノ34歳と仲間2人を逮捕し、銃器・銃弾・1kg以上のコカイン・マリファナが入った袋・現金を押収しました。
 パシアノ以外の逮捕者の名前はOTON0歳とのL アントニオ39歳で、パシアノはチワワ州バウイチボの主要麻薬供給者です。
 治安当局はホセ ノリエル ポルティジョ ヒル別名エル チュエコに500万ペソ(約3273万円)の懸賞金をかけています。

2022 7-31 Aristegui
CJNGがグアテマラ大統領の護衛部隊を銃撃、CJNGのメンバーと目されるメキシコ人1人が負傷 グアテマラ ウエウエテナンゴ県

 視察中のグアテマラ大統領アレハンドロ ジャマティを護衛していたグアテマラ軍の部隊を襲撃し反撃にあって負傷した男は、メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)ののメンバーとされています。
 この事件はここ数時間で様々なメディアによって報じられています。通信社EFEはグアテマラ軍部隊との銃撃戦で負傷したCJNGメンバー容疑者の名前をホスエ LVと報じています。
 グアテマラのメディアの報道によれば、グアテマラの麻薬組織ロス ウイスタスとつながりのあるCJNGの武装集団は、メキシコとの国境から400m離れたウエウエテナンゴ県の山中でグアテマラ大統領の護衛部隊を襲撃しています。
 グアテマラ政府は視察を行う大統領を護衛していた軍部隊が、ウエウエテナンゴ県ハカルテナンゴ市ラ ラグナ村で、不審な車1台を発見したと発表しています。
 軍部隊が不審な車を調べるために近づいたところ、不審車に乗っていた男たちが銃撃を始め軍部隊と銃撃戦となり、メキシコ人1人が負傷しています。
 襲撃グループはメキシコ領に逃げ込みましたが、メキシコ軍はグアテマラ人4人を逮捕しています。

69taro:2022/08/02(火) 08:38:14
2022 8-1 Semana 4300,30 5,92
ナリニョ県で先住民4人が銃殺された コロンビア

 先住民族アワ4人がナリニョ県バルバコアス市郊外のアルタケレ地域にある商店で殺害されました。
 当局発表によれば、武装集団が商店に現れ無言で発砲しています。
 NGO組織発展と平和のための研究機関(Indepz)は、武装集団による襲撃により4人の死亡者の他にも負傷者が出ているが、今現在死傷者の身元は不明であると指摘しています。
 負傷者2人は襲撃現場から40分のリカウルテ市の病院に搬送されています。
 事件が起きた地域では共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)とコロンビア革命軍(Farc)分派オリベル シニステラ戦線、地元犯罪グループが活動しています。Indepazによれば、コロンビアでは今年これまでに一度に3人以上が殺害される虐殺事件が58件起きています。
 「歴史的制度的怠慢と住民たちの貧困化が、この地域に違法経済ネットワークを作り出しています。」とIndepazは表明しています。
 オンブズマンは2019年にナリニョ県バルバコアス市・リカウルテ市・サン アンドレス デ トゥマコ市に違法武装組織に対する早期警戒警報を発令しています。
 一方、先住民ナサのリーダー フェリシアノ バレンシアは、「先住民アワに対する新たな虐殺事件が発生しました。ナリニョ県バルバコアス市アルタケレ地域で4人が殺害され、2人が負傷しています。」とツイートしています。

2022 8-1 Semana
ナリニョ県で妊娠6ヶ月の先住民リーダーが殺害された コロンビア 

 7月31日日曜日の午後、妊娠6ヶ月の先住民リーダー マリア ベロニカ パイ カベサが数発の銃弾により殺害されました。この残念な事件はナリニョ県最大の港町トゥマコ市バケリオ村の公道上で起きています。
 殺害されたマリア ベロニカは犯罪グループ コンタドーレスから、ナリニョ県から出ていくよう脅迫を受けていました。
 複数の人権団体がこの事件について声明を発表しています。人権団体によれば、ここ数ヶ月間トゥマコ市先住民居住区で暮らすアワ族が殺人・強制失踪・閉じ込め・などの犠牲となっています。
 「太平洋沿岸地域に暮らすすべての住民たちの生命を尊重するよう求めます。」と人権団体は述べています。
 同様に政府・県と市当局に対して、安定的で永続的な平和を実現スための仕組みを構築するよう、ナリニョ県太平洋沿岸地域人権ネットワークは訴えています。

70taro:2022/08/02(火) 08:38:25
2022 8-1 EL HERALDO
陸軍下士官が殺害された コロンビア コルドバ県

 コルドバ県サン ベルナルド デル ビエント市で行われたた父親の葬儀に向かう途中で陸軍下士官が殺害されました。この事件を含め、アレアン一家はここ1ヶ月の間に4人の家族を失っています。
 7月31日日曜日の午後に殺害されたのは陸軍軍曹セグリド アレアン バランガンです。セグリドは7月29日金曜日にロリカ市とサン ベルナルド デル ビエント市を結ぶ行動脇にあるモーテルの中で死体となって発見された父親の葬儀に向かう途中で殺害されています。
 当局は犯罪グループの犯行であると断定していますが、コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォによる治安部隊員暗殺計画プラン ピストーラの犠牲者かどうかは判断できないとしています。
 7月9日には拷問を受けた痕と頭部に銃痕があるフレディ アレアン バラガンの死体が発見されています。その数時間後には従兄弟のヘスス アレアン ブルゴスが交通事故で死亡しています。
 
2022 8-1 pulzo
警官がどんどん辞めている コロンビア

 2021年から2022年にかけて16万7290人の警官の内の9822人が自らの意思で退職しているとEL TIEMPO紙が報じています。退職者の内の127人は中佐ででした。
 いくつかの都市で警察官不足が生じており、警察は警戒を強めています。退職の理由は様々ですが、3つの理由が圧倒的に多くなっています。
 見過ごせないのは警察官に対する暴力の猛威です。今年だけで62人の警官が殺害されており、内36人は勤務中に殺害されています。犯罪組織クラン デル ゴルフォの治安部隊員暗殺計画プラン ピストーラが殺人の主な原因です。
 また次期大統領グスタボ ペトロ政権下での警察の将来に対する不安も、大量退職の理由となっています。
 3番めは法的な仕組むが警察官退職の動機となっています。2018年9月、国務院の判決で2012年法令1858号第2条を無効としたことにより、勤続20年で除隊が認められるようになりました。この判決により3万6688人の警察官が除隊を5年前倒しできるようになっています。

71taro:2022/08/03(水) 08:30:04
2022 8-2 RCN Radio 4245,99 5,91
カウカ県でまた虐殺事件、男性3人が殺された コロンビア

 カウカ県南部メルカデレス市郊外チチェリア村を車で移動していた3人が武装集団に撃ち殺されました。
 最初の銃撃により車に乗っていた2人が死亡し1人が負傷、1人が車から逃げ出しましたが、武装集団が追跡し殺害しています。
 地元住民によれば、襲撃現場から逃げて行方不明となっていたアポリナル モンテロが死体で見つかり殺人被害者数は3人となっています。
 アポリナル モンテロ以外に殺害されたのはクリスティアン カイセドとマウリシオ マヒンで、重傷を負いながら1人生き残ったのはエクトル オヨスです。
 事件現場周辺ではコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループと国民解放軍(ELN)が活動していますが、いま現在犯行の動機も襲撃グループの身元も不明です。
 襲撃された4人はカウカ県アルジェリア市出身で、乗っていた車にはナンバーが付いていませんでした。
 NGO組織Indepazによれば、今年これまでにコロンビアで一度に3人以上が殺害される虐殺事件が59件発生しています。

2022 8-2 RCN noticiasrcn.com
バルバコアス市で先住民4人を惨殺したのは共産主義ゲリラ組織ELN コロンビア ナリニョ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)のゲリラ部隊が、ナリニョ県バルバコアス市郊外の商店を襲撃する様子を監視カメラがとらえていました。ELNゲリラ部隊は先住民たちに発砲するだけではなく、瀕死の重傷となった先住民たちに止めをさしています。
 現場には女性2人もいましたが、幸い身を隠して無事でした。
 殺害された4人の中に1人に犯罪歴があったことから、犯罪がらみの報復攻撃であると推測しているとナリニョ県警司令官パブロ ルイス大佐が発表しています。
 
2022 8-2 RCN noticiasrcn.com
カウカ県で警察パトロール隊員1人が殺害された コロンビア

 コロンビア警察第4地域司令官パブロ フェルネイ ルイス ガルソン准将はツイッターを通じ、7年間警官として勤務し17ヶ月前にカウカ県ビジャ リカ市の警察署に配属された警察官1人が殺害されたと発表しました。
 パトロール隊員マリオ フェルナンド ゲレロ バサンテは、ビジャ リカ市にある商店の前で銃撃され殺害されました。
 コロンビアでは犯罪組織クラン デル ゴルフォによる警官・軍人殺害事件が頻発しています。

72taro:2022/08/03(水) 08:30:15
2022 8-2 el COLOMBIANO
トゥルボ市で陸軍下士官が殺害された コロンビア アンティオキア県

 犯罪組織クラン デル ゴルフォによる治安部隊員殺害事件は止まりません。先程、7月31日日曜日から行方不明となっていた陸軍軍曹の死体が発見されました。
 殺害されたグイド インバチは病院に行くと言って軍基地を出たまま帰ってきませんでした。
 軍曹の死体はアンティオキア県トゥルボ市の公道脇で見つかっています。アンティオキア県はクラン デル ゴルドによる治安部隊員暗殺計画プラン ピストーラの犠牲者が最も多い県です。
 軍曹はバイクで移動中に待ち伏せをしていた武装集団に銃撃されています。
 今現在犯行の詳細は不明ですが、陸軍はクラン デル ゴルフォの犯行であると断定しています。

2022 8-2 el COLOMBIANO
クラン デル ゴルフォの元最大ボス通称オトニエルが、アメリカ合衆国の刑務所から警官殺し止めるよう求める

 火曜日の午後、クラン デル ゴルフォの最大ボスであったダイロ アントニオ ウスガ別名オトニエルが、思いがけないメッセージを発表しました。オトニエルはコロンビア アンティオキア県で逮捕され、アメリカ合衆国に引き渡されアメリカ合衆国の刑務所に収監されています。
 EL COLOMBIANO紙が入手したメッセージによれば、オトニエルは「コロンビア自衛軍ガイタニスタスに対し、コロンビア治安部隊に対する行動をすべて停止するよう呼びかける。民間人を巻き込む武力攻撃はもうするな。」と呼びかけています。
 アメリカ合衆国の弁護士Alexei Schachtに届けられたオトニエルの書簡は、次期大統領グスタボ ペトロに対し、すべてのコロンビア人が切望する和平合意の模索も呼びかけています。

73taro:2022/08/04(木) 08:10:00
2022 8-3 NOTICIAS CARACOL 4313,30 5,94
泥棒とされた男性2人が住民たちに捕まり、殴られ裸にされる コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市ウスメの住民たちが地元の電話線を何度も盗んだとされる泥棒容疑者2人を捕まえ、殴り裸にするという残念な動画がネットに上げられています。https://twitter.com/i/status/1554604219239473153
 地元住民たちの証言によれば、2人は盗んでいるところを捕まり、顔や頭をひどく殴られています。
 窃盗事件に激怒した住民たちは2人を裸にして体に泥棒を意味するRATA(ねずみ)を書き歩かせています。
 その後住民たちは2人を川に連れていき、頭を水につけて盗品の在り処を吐かせようとしました。2人の内の1人は泣きながら「私はやっていない。」と叫んでいます。
 しかし2人を保護したボゴタ市警は「いかなる告発もされていない。」として2人は治療を受けた後に解放されています。
 窃盗容疑者がねずみと書かれるケースは他にもあり、当局は住民たちの手で裁くのではなく、司法に委ねるよう住民たちに呼びかけています。

2022 8-3 NOTICIAS CARACOL
児童徴兵の犠牲者がFarc分派ゲリラ部隊から逃げようとして殺害された コロンビア カケタ県

 2022年8月2日、オンブズマンはコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループに徴兵された未成年者が、カケタ県プエルト リコ市で殺害されたと発表しました。
 「2021年12月にFarc分派ゲリラグループに徴兵された16歳の少年が殺害されたことを拒絶する。若者は母親に連絡し、近くまで迎えに来てもらっていました。」とオンブズマンは説明しています。
 オンブズマン事務所は少年の保護をサポートするために、母親と連絡をとっていたと指摘しています。
 「少年は非常に怯えていました。私達が人道的行動の準備をしていたときに、少年が殺害された事を知りました。」とオンブズマン事務所は強調しています。
 オンブズマン事務所は違法武装組織に対し、「未成年者を尊重し、民間人を犯罪行為に巻き込まず、国際人道法に違反しないよう。」求めています。
 そして「当局がこの事件を捜査し、一刻も早く責任者を見つけるよう強く求めます。」とオンブズマン事務所は締めくくっています。

74taro:2022/08/04(木) 08:10:16
2022 8-3 el COLOMBIANO
クラン デル ゴルフォが一晩にバホ カウカ地域の警察分署2箇所を襲撃 コロンビア アンティオキア県

 火曜日の夜、アンティオキア県バホ カウカ アンテオケーニョ地域にあるカセレス市とエル バグレ市の警察分署が襲撃を受けたと、アンティオキア県警司令官ダニエル マソ カルドナ大佐が発表しました。
 最初の襲撃は午後10時15分ころ、カセレス市ハルディン で タマナ村で起きています。人数不明の武装集団が警察分署に対して手榴弾1個を投擲し、その後銃撃を行っています。
 「しかし警察分署に居た警官たちが反撃し撃退しました。警官たちは地域を守り、襲撃の拡大を防ぎました。」と大佐は強調しています。
 大佐によれば、警官に死傷者は出ていません。襲撃したのは2人と推測され、現在逮捕に向けた身元特定と捜索が始められています。
 「私たちは犯人グループの特定と動きについて住民たちからの情報提供を期待しています。」と大佐は犯罪組織クラン デル ゴルフォの犯行と断定した後に語っています。
 エル バグレ市プエルト クラベル地域で午後11時50分にパトロールをしていた警官2人がクラン デル ゴルフォの治安部隊員暗殺計画プラン ピストーラの標的になったと大佐が明らかにしています。
 「警官2人は背後から襲われています。しかし素早い反応で襲撃を避けています。」と大佐は説明しています。 
 襲撃事件のすぐ後、プエルト クラベル地域の警察分署が銃撃を受けています。
 「分署の警官たちは無事です。暗闇の中の犯行であり、逮捕することはできていません。地域の安全のためのパトロールを実施しています。」と大佐は述べています。
 
2022 8-3 EXCELSIOR
ジャーナリスト エルネスト メンデスが殺害された メキシコ グアナフアト州

 火曜日の夜、ジャーナリストで企業家のエルネスト メンデスがグアナフアト州サン ルイス デ ラ パス市で殺害されました。エルネスト メンデスの家族が経営するバーに武装集団が乱入し犯行を行っています。
 メディオ Tu Vozのディレクターでエルネスト メンデスは、これまでに脅迫を受けていました。家族は必要な保護措置を受けるための手続きを行っていました。
 セロ プリエト区にあるバーが襲撃され、メンデスを含む3人が殺害され2人が怪我をしています。負傷者は病院に搬送され治療を受けています。
 グアナフアト州知事ディエゴ シンウエ ロドリゲスは、襲撃事件を非難し、犠牲者の家族にあらゆるサポートを行うよう指示し、事件の早期解決と責任者の処罰を行うと確約しています。

75taro:2022/08/05(金) 08:49:51
2022 8-4 el COLOMBIANO 4331,15 5,95
空爆作戦で戦死したはずのFarc分派ボス通称イバン モルディスコが動画で和平交渉開始を呼びかける コロンビア

 7月8日にカケタ県でコロンビア軍が実施した空爆作戦で死亡したとされているコロンビア革命軍Farc分派ボス通称イバン モルディスコが、無傷で動画に登場し次期大統領グスタボ ペトロに新たな和平交渉を開始するよう呼びかけています。
 「我々はグスタボ ペトロ博士とフランシア マルケス副大統領が率いる新政府が、人民階級の代表として停戦協定合意のための環境を作りだすよう要請する。」とイバン モルディスコは動画の中で述べています。
 そしてすでに交渉のために通称イバン ロサダを団長とする代表団が作られていると指摘しています。
 ベネスエラで死亡したFarc分派ヘンティル ドゥアルテ派の最大ボス通称ヘンティル ドゥアルテの後継者であるイバン モルディスコは、50年以上続くコロンビア国内紛争の終結を目指していると宣言しています。
 7月15日、現国防相ディエゴ モラノ アポンテは、イバン モルディスコが警察・陸軍・空軍が参加した軍事作戦により死亡したと発表しています。
 「ラ ハバナの和平合意を一切受け入れないイバン モルディスコは、8000人のゲリラを擁する新たなFarcを再建しようとしていました。今日、我が国の治安部隊がその目論見を阻止しました。我が政府はFarcの再建を阻止しました。」と語っています。
 また空爆作戦ではイバン モルディスコの愛人通称ロレナを殺害し、イバン モルディスコの通信機・アイフォン・コンピューター・ベレー帽を発見押収したと国防相・軍と警察の首脳は明らかにしていました。
 しかしコロンビア警察長官ホルヘ バルガスは、イバン モルディスコの死体は回収できていない、イバン モルディスコの配下が持ち去ったと思われると表明していました。
 Farcセグンダ マルケタリア派と並ぶFarc分派ゲリラグループのボス通称イバン モルディスコは死亡しておらず、以前は拒絶していた和平交渉を次期大統領グスタボ ペトロに呼びかけています。

76taro:2022/08/05(金) 08:50:02

2022 8-4 NOTICIAS CARACOL
若者3人の殺害に関わった容疑で警官8人が任務から外される コロンビア スークレ県

 スークレ県サンプエス市で3人の若者が犯罪組織クラン デル ゴルフォに対する作戦の最中に死亡した事を理由に、警察大佐と警察官7人が職務から外されています。クラン デル ゴルフォは警察パトロール隊員ダビド フェリペ ルイスを殺害しており、スークレ県警は対クラン デル ゴルフォ作戦を実施していました。
 7月25日、スークレ県警司令官カルロス アンドレス コレア ロドリゲス大佐は、「警察の作戦により逃亡していた犯罪者たちを負傷させ、その後病院に搬送する途中で死亡しました。」と発表しています。
 しかし3人の若者の家族たちは3人が警官ダビド フェリペ ルイス殺害に関わっていないと主張しています。更に3人は警察に逮捕された後に、死体で発見されたと訴えています。
 「拷問を受けて死んでいます。彼らの顔はぐちゃぐちゃで、口は腫れ上がり、出血し、額に1発と心臓に2発の銃弾が撃ち込まれています。」と犠牲者の1人の叔父が7月31日に証言しています。
 警察監査局は捜査が行われている間ベンハミン ニュニェス ハラミジョ大佐とカミラ ブリティカ バレンシア警部補とパトロール隊員ベルナルド ポントン、ウベル ミエレス、ヘスス ブラニョス、アルバロ アルバレス、ディアナ プエルタ、レイラ アビラの停職を決定しました。
 コロンビア警察監査局局長ラミロ カスティジョン ララ将軍は、検察が司法的証拠にもとづき立証する。」と説明しています。
 死亡した3人の内の2人の若者の弁護士アニバル ガライは、「今回の犯行には8人だけではなく、30人から40人の警察官が関わっているように感じている。」と語っています。
 
2022 8-4 UNOTV.com
メキシコシティの警官がビニール袋をかぶせて殴る動画がネットに上がる

 メキシコシティ公安局は、メキシコシティの路上で逮捕されパトカーに乗せられた男性が、警察官に頭にビニール袋を被せられて殴られる事件について調査を開始しています。
 動画では手錠をかけられた男性が警官にビニール袋を被せられて殴られる様子が写っています。警官は男性に対し、「覚えている?覚えてない?おぼえていないのかよ、お前だろ、今度はケツに入れるのか?」と尋問しています。
 メキシコシティ公安局はこの件を認識し、調査を開始し警官の拷問行為と判断されれば刑事事件として処理すると発表しています。

77taro:2022/08/06(土) 08:46:35
2022 8-5 CARACOL RADIO 3268,30 5,97
インフレ率が二桁に コロンビア

 コロンビアの7月の年間インフレ率は、2020年以降最も高い10,21%に達したと国家統計局Dane局長フアン ダニエル オビエドが発表しました。
 高インフレを牽引したのは食品の24,61%、レストラン15,20%、物品とサービス13,58%です。
 Daneによれば、1月から7月にかけてのインフレ率は7,96%で、食品17,10%、物品サービス11,93%、レストラン10,66%が牽引しています。
 
2022 8-5 RCN noticiasrcn.com
コロンビア人2人が死刑から終身刑に減刑 中国

 金曜日のコロンビア外務省の発表によれば、中国広州市中級人民法院は麻薬密輸の罪で中国に収監されているコロンビア人2人に関する中国最高人民法院が下した判決を認めました。
 ファビアン エンリケ ブイトラゴとレイナルド ルイス モラレスに下された死刑判決は2年間猶予されます。
 外務省によれば、猶予期間2年が経過すると終身刑に変更されます。2人のコロンビア人囚人は新たな減刑を求める裁判を起こすことが可能で、また中国とコロンビア間で囚人交換条約が結ばれる事を期待することができます。
 外務省は広州市にあるコロンビア領事が聴聞会に同席し、困難な状況に直面するコロンビア国民を支援したと強調しています。

78taro:2022/08/06(土) 08:46:46
2022 8-5 EL UNIVERSAL
サン ルイス ポトシ州で戦闘、13人が死亡2人が逮捕された メキシコ

 サン ルイス ポトシ州治安当局は13人の死亡者と逮捕者2人を出して、犯罪グループを壊滅させました。
 木曜日の午後5時頃から諜報部の情報を元に犯罪グループに対する特別作戦が開始されました。
 ラヨン市バケロス村の公道で武装集団と治安部隊が遭遇しています。戦闘は武装集団の発砲で始まり、武装集団の一部は民家内に立てこもって抵抗を続けました。
 この戦闘により13人の犯罪容疑者が死亡し、2人が逮捕されています。
 死亡したのは男10人と女3人で、防弾チョッキを着用していました。
 武装集団が立てこもった民家内からは、自動小銃5丁が発見押収されています。
 
2022 8-5 EL UNIVERSAL
殺し屋集団から逃げ、自宅に戻った男性が90歳と96歳の両親と共に殺された メキシコ ソノラ州

 武装集団から逃げ、自宅に戻った男性が96歳と90歳の両親と共に殺害されるという事件が発生しました。
 事件は8月3日の深夜にソノラ州サン ルイス リオ コロラドし南部ラ グルジタ村で発生しています。ソノラ州検察は、サン ミゲルとサン フェリペの間にあるハマイカ通り沿いの民家に逃げ帰ったフェリサルド62歳が殺害されたと発表しています。
 事件発生後、市警察と州警察による大規模作戦が実施され、容疑者9人が逮捕されました。
 逮捕所9人の内の4人が3人殺害事件と関連があるとされています。複数か所で実施された作戦により、長銃6丁と短銃1丁、車などが押収されています。
 
2022 8-5 EXPAMSIO'N politica
炭鉱落盤事故から48時間、未だ10人の鉱夫が閉じ込められている メキシコ コアウイラ州

 金曜日の午後1時35分、コアウイラ州サビナス市にある炭鉱で10人の鉱夫が閉じ込められてから48時間が経過しました。
 州知事ミゲル アンヘル リケルメによれば、現場には鉱夫救出のための救急隊と技術チームの到着が続いています。
 ネットの情報によれば、アグヒタ炭鉱内からの排水作業は進んでいます。
 州知事は毎秒60リットルの排水ポンプ19台が稼働しており、さらに排水のスピードを上げるための作業も進めていると報告しています。
 「目標を達成するまで作業を止めない。」と知事はツイートしています。
 ハリスコ州知事エンリケ アルフォロは、ハリスコ州政府も100馬力の水中ポンプを提供し、救助活動を支援していると発表しています。ポンプは国防省により空輸されています。

79taro:2022/08/07(日) 05:05:02
2022 8-6 CARACOL RADIO 4337,28 5,97
カウカ県で男性2人と女性2人がFarc分派ゲリラ部隊に殺害された コロンビア

 カウカ県モラレス市のビクトル サボルガル市長は、土曜日の朝に市街地に近いサン ラファエル村で男性2人と女性2人の死体が発見されたと発表しました。
 4人は銃殺され、乗っていた車は燃やされていると市長は説明しています。
 現場には共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派ハイメ マルティネス部隊が残した「車・バイク泥棒を掃除した。」という内容のメッセージがありました。
 司法当局は現場に捜査班を派遣し、遺体を回収して身元確認作業を行っています。

2022 8-6 infobae
クラン デル ゴルフォ内でオトニエルの跡目争いが勃発 コロンビア

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォ内で主要幹部たちによるダイロ アントニオ ウスガ別名オトニエルの後継者争いが勃発しています。オトニエルは逮捕され、すでにアメリカ合衆国に引き渡されています。
 コロンビアの週刊誌Semanaによれば、跡目争いはホバニス デ ヘスス アビラ ビジャディエゴ別名チキート マロ、ウイルマル アントニオ ヒラルド別名シオパス、ホセ ゴンサレス サンチェス別名ゴンサリートの3人によって繰り広げられています。
 3人は豊富な犯罪歴があり、コロンビアとアメリカ合衆国治安当局はすでに3人をマークしており、彼らの逮捕に繋がる情報には最大50億ペソ(約1億5636万円)の懸賞金がかけられています。
 当局からの情報によれば、「チキート マロに近い人物はクラン デル ゴルフォがコロンビアの異なる地域に展開する2つの大きなグループに別れている。」と証言しています。

80taro:2022/08/07(日) 05:05:14
 
2022 8-6 EL FINAMCIERO
武装集団がバーを襲撃、8人が殺され5人が怪我 メキシコ グアナフアト州

 金曜日の夜、グアナフアト州セラヤ市サン ホセ エル ヌエボ村にある秘密のバーが武装集団に襲撃され、8人が銃殺5人が負傷しています。
 最初の報告によれば、バーに乗り込んだ武装集団はバー内にいた13人に向けて銃を乱射し、そのまま逃亡しています。
 襲撃事件が、銃声が聞こえたという通報が911に入っています。
 すぐさま警察と救急隊が現場に駆けつけています。救急隊は8人の死亡を確認し、負傷者5人を病院に搬送しています。
 セラヤ市当局は虐殺事件が発生したバーは密かに運営されており、表側は廃墟とかし客たちは裏口から入っていたために存在に気づかなかったと主張しています。
 犯人グループの捜索は州治安当局、国家警備隊、メキシコ軍の協力のもと行われており、現場近くでバイクと車に乗って移動する犯人グループと思われる集団を目撃したという証言が出ています。

2022 8-6 EL UNIVERSAL
犯罪組織ロス アルディジョスの拠点ケチュルテナンゴの公道脇で死体6体が見つかる メキシコ ゲレロ州

 木曜日の午前0時頃、斬首死体2体を含む6体の死体がゲレロ州ケチュルテナンゴ市で見つかっています。
 州検察の報告によれば、6人は銃で撃たれており、4人が頭部を撃ち抜かれ2人が首を切り取られています。
 死体から20m離れた場所には燃えたバンが放置されています。
 現場からは自動小銃用の銃弾の薬莢が回収されています。
 ケチュルテナンゴ市は犯罪組織ロス アルディジョスの本拠地とされています。

81taro:2022/08/08(月) 08:54:00
2022 8-7 Semana 4337,28 5,97
グスタボ ペトロの大統領就任に合わせ、クラン デル ゴルフォが一方的停戦を宣言 コロンビア

 日曜日、グスタボ ペトロの大統領就任の数時間前、クラン デル ゴルフォが一方的停戦を宣言しました。
 「この歴史的日に、我々は新政府との親善と平和への道を模索する意思への表明として8月7日からの一方的停戦を宣言する。」と声明を通じて発表しました。
 コロンビア自衛軍ガイタニスタスと名乗る犯罪組織は、ペトロ政権に期待すると説明しています。
 新大統領はクラン デル ゴルフォを完全な平和を模索するために対応するグループの1つに上げています。
 ペトロ新大統領がクラン デル ゴルフォにどのように対応するのかは現時点では不明です。
 
2022 8-7 EL TIEMPO
コロンビア大統領に就任したグスタボ ペトロの10個の約束

 8月7日日曜日、大統領に就任したグスタボ ペトロは新政府の主要な10項目の公約を発表しました。大統領はコロンビア憲法を遵守する事を宣誓しました。
1,真の意味で決定的な平和のために働きます。
2,祖父や祖母、子どもたち、障がい者たち、歴史・社会から阻害されてきた人たちに配慮します。
3,コロンビアの女性たちとともに、女性たちのために政治を行います。
4,例外も排除もなく、すべての人と対話します。
5,これまで通り、コロンビア国民の意見に耳を傾けます。
6,コロンビア国民を暴力から守り、家族が安全で安心して暮らせるよう努めます。
7、毅然とした態度で、容赦なく腐敗と戦います。
8,大地と海と川、空気と空を守ります。
9,国の産業、大衆経済、農村を発展させます。
10,憲法を遵守します。

82taro:2022/08/08(月) 08:54:10
2022 8-7 EXCELSIOR
女性警官と息子がバス強盗に殺された メヒコ州

 木曜日の夜、メヒコ州アティサパン市内を走行していたミニバス コンビに乗っていた女性警官とその息子が、ミニバスに乗り込んできた強盗に撃ち殺されました。
 殺害されたのはアティサパン市警勤務のベレニセ アドリアナ エルナンデス フランセスと息子ケビン マウリシオです。
 警察発表によれば、ベレニセと息子はルータ27をニコラス ロメロに向かって走行していたミニバス内で発生した強盗事件を防ごうとしました。
 2人組の強盗はベレニセと息子をもみ合った後に発砲し、バイクに乗って逃亡しています。
 45歳くらいの女性警官は頭部を負傷し、19歳の息子は方を撃たれています。通報を受け現場に救急隊が到着しましたが、到着時にはすでに脈は失われていました。
 メヒコ州検察の捜査チームが現場検証と遺体回収のために現場に派遣されています。
 
2022 8-7 EL FINANCIERO
クリアカン市の警察副司令官が就任当日に殺された メキシコ シナロア州

 シナロア州の州都クリアカン市の警察副司令官フアン ミゲル シルバ アルバラドが副司令官に就任した数時間後に殺害されました。副司令官はシーフードレストラン ボクサーのオーナーでもありました。
 襲撃は8月6日土曜日の午後10時頃に住宅団地トレス リオスのカジェ あるフォンド サラゴサで起きています。
 クリアカン市では7月29日に新たな公安長官として憲兵隊少佐ペドロ セサール ロハス イバラが就任したばかりで、同日シナロア州に陸軍224人、国家警備隊63人が殺人事件抑制のために配属されています。
 副司令官と護衛は2台のパトカーで移動していましたが、護衛は武装解除され副司令官は拉致されその後銃殺されています。

83taro:2022/08/09(火) 08:16:49
2022 8-8 blu radio 4337,28 5,98
警察がバスに隠されていた現金約40億ペソを発見 コロンビア クンディナマルカ県

 8月4日木曜日の夜、ボゴタ市とカリ市を結ぶ路線を運航する長距離バスの荷室に隠されていた約40億ペソ(約1億2429万円)の現金を警察が押収しました。
 午後11時過ぎ、警察麻薬取締官が不審なバスを追跡していると上司に報告し、上司が交通警察に支援を要請しています。バスはクンディナマルカ県チュサカ料金所で停車させられ、調査のために運転手に荷室を開けるよう命じられています。
 荷室には発泡スチロール製の箱12個があり、11個にはドライアイスが入っていましたが、残りの1個には5万ペソ札が大量に入っていました。
 現金発見時、現金の持ち主と名乗る37歳の男が警官たちに近づき、7億ペソを支払うので見なかったことにして欲しいと持ちかけています。しかし警官たちは男の申し出を断り、男を逮捕しています。男はマネーロンダリング容疑で取り調べを受けます。

2022 8-8 el COLOMBIANO
カンビオ ラディカル党(急進改革党)は、与党に加わらない コロンビア

 元副大統領でカンビオ ラディカル党の党首ヘルマン バルガス ジェラスは、日曜日に大統領に就任したグスタボ ペトロの政府とは距離を置くと、EL TIEMPO紙のコラムで明らかにしています。
 元副大統領はすでには発表されているグスタボ ペトロの改革案を批判し、カンビオ ラディカル党は与党に加わらない、グスタボ ペトロ政府の政策を盲目的に支援することは無いと断言しました。
 「私たちは何百万人のコロンビア国民と同じ懸念を抱いています。」と述べています。

84taro:2022/08/09(火) 08:16:59
2022 8-8 El Diario.nx
クーラーボックスの中に女性の頭部 メキシコ シウダ フアレス

 今朝、国境の街チワワ州シウダ フアレスのエコ2000区の通りを歩いていた人が、白いクーラーボックスに中に入れられた女性の頭部を見つけ、緊急電話番号911に通報しています。
 怪しいクーラーボックスを見つけた男性は、クーラーボックスの蓋を蹴って開け、クーラーボックスの中に人間の頭が入っていることを確認してから通報しています。
 クーラーボックスはカジェ フォカとカジェ ティブロンの近くに放置してあり、現場に到着した警官たちは周辺に黄色いテープを張り現場を確保しています。
 シウダ フアレスでは今月27件の殺人事件が発生しており、女性殺人事件は2件目です。

2022 8-8 INFORMADOR.MX
少女強姦容疑で警官2人が逮捕された メキシコ ハリスコ州

 ハリスコ州で市警察の警官2人が児童強姦・職権乱用・恐喝容疑で、ハリスコ州検察に逮捕されました。
 ホセ アレハンドロとルイス ハビエルは、チャパラ市で逮捕されています。  
 検察の調べにより2人が8月3日に発生した少女強姦事件に関連していることが判明し、逮捕状が発行されています。事件発生時、2人は職務中でした。

85taro:2022/08/10(水) 08:40:45
2022 8-9 infobae 4307,09 6,00
ELN最高指導者アントニオ ガルシアが和平交渉についてツイート 

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)最高指導者エリエセル チャモロ別名アントニオ ガルシアが、新大統領グスタボ ペトロとの和平交渉再開に関してツイートしています。
 「ELNは和平交渉に関して対話の条件もコロンビア国内紛争の政治的解決策を模索する条件も決して設定していないということが重要だ。」とゲリラボスはツイートしています。
 そして前大統領イバン ドゥケ政権が、フアン マヌエル サントス元大統領から続いていたELNとの和平交渉を継続しなかったと批判しています。
 「ドゥケが合意を守らなかった。軍と警察はELNに対する軍事作戦を何百回もも行っているのに、ELNが一度軍事作戦を行ったからといって交渉を決裂させるのは誤りである。」と書き込んでいます。
 そして、「合意された内容を踏まえどのように継続するか検討する必要がある。」と述べています。
 ペトロ新大統領はチリのガブリエル ボリック大統領との会談に場で、2019年に決裂したコロンビア政府とELNの和平プロセスを復活させるための措置を取ると述べ、チリ大統領は交渉の保証人として協力を継続すると表明しています。
 元大統領フアン マヌエル サントスはコロンビア革命軍(Farc)との和平交渉を行っていた2016年3月からELNとの和平交渉開始に向けた予備交渉を開始し、2017年から正式に交渉を開始しています。Farcとの和平交渉は2016年11月に合意に達しています。
 サントス政権とELNの交渉は2018年に第6回協議が行われ、停戦が合意されました。
 しかし右派セントロ デモクラティコ党のイバン ドゥケ大統領が、グスタボ ペトロとの大統領決戦投票に勝利し大統領に就任したことで、コロンビア政府とELNの和平交渉は頓挫しています。イバン ドゥケは交渉団の任命をすることなく、2019年の23人の死亡者を出したELNの警察士官学校爆破テロを理由に交渉の中断を宣言しました。
 ドゥケはキューバにいるELNの指導部の引き渡しをキューバ政府に行っています。

2022 8-9 LA FM.
今現在ニコラス マドゥロと会談を行う予定はない コロンビア大統領グスタボ ペトロ

 コロンビア新大統領グスタボ ペトロはベネスエラ大統領ニコラス マドゥロがコロンビアを訪問するという噂について言及しました。
 ペトロはいまやっと両国の関係正常化に取り組み始めたばかりであり、マドゥロと会談を行う予定は無いと述べています。
 「関係正常化は国境の開放を伴うプロセスとして取り組んでいます。」とペトロは主張しています。
 大統領はすでに外務省がベネスエラと、商業・文化・社会・家族・軍事まで含め関係再開のための接触を行っていると断言しています。
 8月7日に大統領に就任したグスタボ ペトロもベネスエラ大統領ニコラス マドゥロも、2019年以降断絶している両国の国交をあらゆるレベルで再開させると明らかにしています。
 ベネスエラ国防省ブラジミル パドリノは火曜日、ニコラス マドゥロ大統領の命令によりコロンビアの新国防相イバン ベラスケス ゴメスと連絡を取り、両国の軍事関係再開を確認しています。

86taro:2022/08/10(水) 08:40:56
2022 8-9 el COLOMBIANO
Farc分派ゲリラボス通称ラガルトがカロリナ デル プリンシペで捕まった コロンビア アンティオキア県

 検察と警察はアンティオキア県カロリナ デル プリンシペ市で、コロンビア革命軍(Farc)分派第36戦線のボス通称ラガルトもしくはラガルティハを逮捕しました。
 調べによれば、ラガルトは2020年から2021年にかけて女性2人を含む4人の殺害事件に関与しています。
 検察によれば、ラガルトはアンティオキア県北部地域で血まみれの縄張り争いを繰り広げる責任者の1人であり、アンゴストゥーラ市・グアダルーペ市・カンパメント市・アノリ市での麻薬輸送の責任者です。
 ラガルトは犯罪共謀・殺人・違法銃器輸送所持容疑で告発されています。
 コロンビア陸軍第4旅団第4砲大隊は警察とともに4日前にFarc分派第36戦線のゲリラ容疑者3人をカロリナ デル プリンシペ市で逮捕しています。

2022 8-9 LA FM.
ボゴタ市の警察署から逃げ出した26人の内の11人が再逮捕された コロンビア

 8月9日の深夜、ボゴタ市サンタ フェのラ マカレナ地区にある警察署から26人が脱走しました。
 午前4時、拘置所から逃げ出そうとする26人と、それを阻止しようとする警官の発砲で警察署周辺は大騒ぎになっています。警察はヘリコプターを飛ばし、逃げ出した26人の行方を追っています。
 ボゴタ市警の発表によれば、これまでに11人が再逮捕されており、残りの15人の捜索が続けられています。
 逃亡者の中には手錠をかけられ怪我をした男も含まれているとボゴタ市警は報告しています。今現在警察官に負傷者は出ていません。

87taro:2022/08/11(木) 08:04:47
2022 8-10 EL HERALDO 4309,69 6,01
退役警察大佐が麻薬密輸容疑で逮捕される コロンビア ボゴタ市

 コロンビア警察はアメリカ合衆国治安当局とボゴタ市で合同作戦を実施し、退役警察大佐アントニオ ホセ アルディラと民間人ウイリアム フェルナンド ガラルサ別名ウィリーを逮捕しました。2人は麻薬組織のメンバーとしてアメリカ合衆国に麻薬を密輸していたとして、アメリカ合衆国から引き渡し要請がきています。
 検察に調べによれば、2人はメキシコ麻薬カルテルとつながりがあり、バジェ デル カウカ県とチョコ県の太平洋沿岸からスピードボートを使用し大量のコカインを密輸しています。コカインは中米やアメリカ合衆国に運ばれています。
 「彼らは違法薬物輸送に関連しており、ニューヨーク東部地区裁判所から引き渡しが求められています。」と検察は指摘しています。
 
2022 8-10 NOTICIAS CARACOL
バランキージャ市のモデロ刑務所内で携帯電話24個が押収された コロンビア アトランティコ県

 アトランティコ県の県都バランキージャ市当局は恐喝事件の捜査の一環として、モデロ刑務所内の家宅捜索を実施しました。
 「検察の命令を受け、刑務所管理組織Inpecと協力し家宅捜索を実施しました。その結果携帯電話24個、充電器15個、SIMカード12枚が見つかっています。」とバランキージャ市警司令官ホルヘ ウルキホ大佐が指摘しています。
 家宅捜索が実施されたのは約300人の囚人が収容されているパティオ2です。
 「複数の電話番号が書かれたノートも見つかっており、現在犯罪者の連絡先なのか、恐喝被害者なのか分析を進めています。」と大佐は付け加えています。
 今回の作戦を踏まえ、2人の囚人がラ ピコタ刑務所に移されています。

2022 8-10 NOTICIAS CARACOL
自転車に乗った殺し屋が歯医者を殺害 コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市南部テケンダマ地区を車で移動していた歯科医エルナン エンリケ ゴメスが、自転車に乗った殺し屋に殺害されました。
 運転中に撃たれたエルナン エンリケ ゴメスは車のコントロールを失い横転事故を起こし、バイクに乗っていた1人を負傷させています。 
 「交通事故の処理のために現場に駆けつけた警官が、ただの事故ではなく銃を使用した殺人事件であることを確認しました。」とカリ市警副司令官ウイリアム キンテロ大佐が説明しています。

88taro:2022/08/11(木) 08:04:57
2022 8-10 PROMICIA
アマソナス州で5人が撃ち殺された ベネスエラ

 日曜日、アマソナス州で男性4人と女性1人が殺害される事件が発生し、ベネスエラ軍国家警備隊の部隊が出動しています。
 部隊はアマゾン地域のジャングルにあるデルガド チャルバウド山に出動しています。
 ジャーナリスト ハビエル マヨルカは、5人の身元は不明であるがブラジル人であると思われると報告しています。
 5人は数発の銃弾を撃たれて殺害され、そのまま放置されています。
 当局は5人の身元確認作業を進めています。

2022 8-10 La Jornada
CJNGの戦闘部隊ボス通称エル ドブレRが逮捕された メキシコ ハリスコ州

 昨夜、メキシコ軍はハリスコ州イストラウアカン デル リオ市でカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の戦闘部隊のボスの1人リカルス ルイス ベラスコ別名エル ドブレRもしくはエル トリパを逮捕しました。
 エル ドブレRの逮捕に伴い、グアナフアト州とハリスコ州で武装集団とメキシコ軍・国家警備隊との戦闘や放火騒ぎなどが起きていますが、死傷者の報告はありません。
 武装集団はハリスコ州サポパン市、グアナフアト州セラヤ市などで車への放火、コンビニ襲撃事件を起こしています。
 連邦政府によれば、エル ドブレRはエリート戦闘部隊のナンバー2であり、CJNG)の最大ボス ネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョの義理の息子フアン カルロス ゴンサレス別名エル 03から直接命令を受けていました。
 国家防衛省(Sedena)によれば、CJNGのエリート戦闘部隊はグアナフアト州・ミチョアカン州・ハリスコ州・サカテカス州で複数の対立組織と激しい縄張り争いを繰り広げ、2018年以降は対立組織テンプル騎士団やカルテル デ ノレステなどへの攻撃だけではなく、SNSに動画を上げてその存在感を拡大させています。

89taro:2022/08/12(金) 08:49:07
2022 8-11 el COLOMBIANO 4273,82 6,05
グスタボ ペトロ政府の代表団がELN指導部と会うためにキューバに向かう

 和平交渉再開に向けて共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)指導部と会うために、グスタボ ペトロ政権の代表団がキューバに向けて旅立ちました。
 代表団は8月11日の朝キューバに向けて出発しています。代表団には外務大臣アルバロ レイバ、平和委員ダニロ ルエダ、上院議員イバン セペダが加わっています。
 アルバロ レイバは11日木曜日の朝、出発前に撮影した画像をネットで公開しています。
 「完全な平和とは一国だけではなく国境を超えるものです。今朝、キューバ共和区に出発する直前に撮った画像を公開します。」とアルバロ レイバはツイートしています。
 前大統領イバン ドゥケは2019年1月にELNが実行した警察士官学校爆破テロを理由に和平交渉を中断しています。爆破テロでは実行犯を含め23人が死亡しました。
 
2022 8-11 ALNAVIO
12人の傭兵がFarcセグンダ マルケタリア派のボス通称ロマーニャを殺害するためにベネスエラに入った

 コロンビアの週刊誌Semanaは8月10日水曜日、12人の傭兵がコロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派のボスの1人エンリー カステジャノス ガルソン別名ロマーニャを殺害するためにベネスエラに入ったと報じています。
 1年以上かけてロマーニャに接近した潜入者は、「おいしい報酬と引き換えに、ロマーニャを殺害せよ。」という命令がコロンビアから下されたと語っています。
 12人の傭兵がロマーニャ暗殺作戦を担当し、その内の4人がアメリカ合衆国人で、その他4人はコロンビアの元軍人、2人が元Farcゲリラ、1人の未成年者と潜入者です。
 潜入者は報酬の全額が支払われなかったので、沈黙を破り作戦の詳細を話すことにしたと語っています。支払われた報酬は8万ドルだけでした。
 作戦に参加したアメリカ合衆国人たちは口数が少なく、水一杯も受け取らなかった、彼らは藪の中に入り命令が出るとロマーニャを撃ち殺したと潜入者は詳細を語っています。
 潜入者によれば、ロマーニャはコカイン取引の罠にかかり、2021年12月に暗殺されていますが、メディアがロマーニャの死亡について報道を始めたのは20日後でした。

90taro:2022/08/12(金) 08:49:19
2022 8-11 infobae
イスタパルカ市で5人が撃ち殺された メヒコ州

 8月9日火曜日の夜、メヒコ州イスタパルカ市サン フランシスコ アクアウトラ村で武装集団の襲撃事件があり、5人が殺害されました。
 当局の第一報によれば、事件はチャルコ村に近いリンデロス区にある民家で発生し、5人が殺され1人が怪我をしています。
 襲撃はメキシコ峡谷の東部で活動する強力な犯罪グループによって実行されたと考えられています。
 武装集団は火曜日の夜、大工仕事のための作業場となっている民家に現れ銃を乱射しています。
 襲撃後武装集団は車数台で逃亡していますが、武装集団の人数は不明です。
 銃声を聞いた近隣住民たちが通報し、現場には警察と救急隊が駆けつけています。
 負傷者は救急隊によって病院に搬送されています。
 EL UNIVERSAL紙の報道によれば、死亡者の1人はイスタパルカ市の警察署長の息子です。
 
2022 8-11 El Sol de Mexico
コンビニオクソ25店舗が燃やされた メキシコ グアナフアト州

 メキシコ最大のコンビニチェーン オクソを経営するFEMSA社は、水曜日の深夜にオクソ25店舗が放火されたと発表しました。発表によれば、燃やされたのはイラプアト市にあるオクソ20店舗、セラヤ市3店舗、レオン市2店舗です。
 「幸いなことに当社の従業員とお客様は全員無事です。」とFEMSA社は発表し、現在関係当局と連絡をとっていると付け加えています。
 水曜日、ハリスコ州とグアナフアト州の複数の場所で犯罪グループが数時間にわたり暴力行為を続け、ハリスコ州で5人グアナフアト州で11人が逮捕され、1人が死亡、複数の車や銃器が押収されています。オクソの店舗以外にも車などが燃やされています。

91taro:2022/08/13(土) 08:24:49
2022 8-12 EL UNIVERSAL 4231,45 6,06
強盗に抵抗したスペイン人観光客が足を撃たれる コロンビア カルタヘナ旧市街

 ボリバル県の県都カルタヘナ市の警察は、スペイン人観光客の腕時計を奪おうとして抵抗され、片足を銃撃した強盗犯2人の情報に最大500万ペソ(約15万7000円)の懸賞金を支払うと発表しました。
 事件はカルタヘナ市旧市街のカジェ ガステルボンドで発生しています。
 「強盗事件を起こした犯罪者の居場所を市民たちとの協力で特定することが重要です。市民に協力を呼びかけます。」とカルタヘナ市警は発表しています。
 警察発表によれば、強盗の1人がボリバル公園からスペイン人観光客を尾行し、もう1人はバイクに乗っていました。カジェ ガステルボンドでスペイン人を襲い時計を奪おうとしましたが抵抗され、ゴム弾をスペイン人の足に向けて発砲しサンタンデール通りを逃亡しています。
 撃たれたスペイン人観光客は病院に搬送され診察を受けましたが、怪我はしていません。
 
2022 8-12 EL HERALDO
誘拐されていたカナダ人を軍が救出した コロンビア ラ グアヒーラ県

 検察とコロンビア軍はラ グアヒーラ県マイカオ市市街地でコロンビア革命軍(Farc)分派第41戦線のゲリラ部隊と思われる武装グループに誘拐されていたカナダ人を無事救出しました。
 諜報部からの情報を元に、コロンビア軍対恐喝・誘拐部門ガウラが、2022年7月7日から誘拐されているカナダ人が拘束されている建物を急襲し保護しました。
 作戦ではFarc分派第41戦線のメンバーと目される男3人が逮捕され、長銃3丁、銃弾303発、弾倉8個、車、バイクなどが押収されています。
 救出されたカナダ人は、健康診断を受けた後に母国カナダに帰国しました。

92taro:2022/08/13(土) 08:25:02
2022 8-12 Semana
ペトロ政権がELNとの和平交渉再開を発表

 新コロンビア大統領グスタボ ペトロがキューバに派遣した委員会は、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)と2回の会談を経て、いくつかの課題はあるもののゲリラ組織との和平交渉が再開されると発表しました。
 平和委員ダニロ ルエダはキューバ ラ ハバナから発表しています。「ELNは交渉を続ける意志があり、それ故交渉再開に向けてあらゆる努力を払う。」とダニロ ルエダは強調しています。
 キューバに派遣された政府委員会には外務大臣アルバロ レイバ、左派連合パクト イストリコの上院議員イバン セペダ、平和委員ダニロ ルエダなどで構成されています。
 ルエダはラ ハバナにあるコンベンションパレスで、ELNの代表団を和平交渉団として認めると公式に発表しました。
 
2022 8-12 infobae
ベネスエラ移民がコロンビア違法武装組織から狙われている

 国際的非政府組織国際危機グループは、深刻な経済・社会危機から逃げるためにベネスエラから出国したベネスエラ移民たちが、コロンビア違法武装組織から狙われていると警告しています。移民たちは困難な状況に漬け込まれ、食事・宿泊場所・金などを得る代わりに違法武装組織に勧誘されています。
 コロンビアには250万人のベネスエラ人難民・移民がいます。
 報告書では、「例えば、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)は、ベネスエラと国境を接するアラウカ県の国境地帯に避難所を設け、移民たちに清潔な服と休息、食事を与え、ELNに加わるよう説得しているとされています。自分たちは何もしない政府とは違うとELNは強調しています。」と児童徴兵の専門家は述べています。
 国際危機グループはコロンビアについて、ベネスエラ移民危機の中で最も支援を行っている国であると評価していますが、移民たちの仕事と戦略が不足していると指摘しています。
 ベネスエラの経済危機が続き、コロンビアでの就職が困難な限り、犯罪は移民たちにとって魅力的な選択肢であり続けるであろうと報告書は警告しつつ、グスタボ ペトロの大統領就任がコロンビアのおけるベネスエラ移民の困難を和らげる可能性があると結論しています。

93taro:2022/08/14(日) 08:37:37
2022 8-13 el COLOMBIANO 4185,49 6.06
コロンビア政府代表団との会談後、ELNが人質9人を解放 コロンビア アラウカ県

 共産主義ゲリラ国民解放軍(ELN)はアラウカ県タメ市郊外で人質9人を開放しました。9人は今年7月13日に誘拐されELNが拘束していました。
 当局発表によれば、人質9人はオンブズマンとカトリック教会からなる人道ミッションに引き渡されています。
 「今年7月13日からELNに拘束されていたこれら9人が家庭に戻れることをお祝いします。」とオンブズマン カルロス カマルゴは述べています。
 ELNゲリラ部隊は11人を誘拐しており、2人は7月末に殺害されました。ELNはに殺害されたのは元Farcゲリラのバルディミール エレラ アベジャと民間人ハイメ レオン ロドリゲスです。
 人質の解放はコロンビア政府代表団とELN代表団がキューバ ラ ハバナで会談を行った後に実行されました。
 コロンビア政府高等平和委員ダニエル ルエダは、両者は対話再開の意思を表明し、グスタボ ペトロ大統領は必要な政治的・法的決定を下すと発表しました。

2022 8-13 canal 1
アメリカ合衆国がグスタボ ペトロ政権の不安定化を欲しているとエボ モラレスが告発

 元ボリビア大統領エボ モラレスは、アメリカ合衆国がコロンビア大統領グスタボ ペトロの政権を不安定にさせるための計画を準備していると告発しています。
 モラレスツイッターを通じ、コロンビアに初めて左派大統領が誕生したことについてキューバ系アメリカ人でアメリカ合衆国上院議員のテッド クルーズが発言した動画を引き合いに、警告しています。
 クルーズは動画の中で、「コロンビアがラテンアメリカのアンチ アメリカ合衆国陣営に加わる事を、私たちは非常に憂慮しています。ペトロはコロンビアで最初に大統領に選出された最初の公然たるマルクス主義者の政治家です。」とクルーズは表明しています。
 「私は我が国の外交政策について、「アメとムチ」を使い他国がアメリカ合衆国の利益を図り、有効を深めるような行動を取るよう促すべきと考える。」とクルーズは述べています。https://twitter.com/i/status/1558108745267400704
 モラレスはテッド クルーズが同じ共和党の上院議員のマルコ ルビオと共に、ボリビアのクーデターを擁護していていると強調しています。

94taro:2022/08/14(日) 08:37:49
2022 8-13 LA REPUBULICA
ペトロ政権との対話を模索しているとベネスエラ反体制派リーダー フアン グアイドが発言 

 ベネスエラ暫定大統領を自称するフアン グアイドが今日行った記者会見の場で、コロンビア新政権誕生後のベネスエラの状況とコロンビアとの関係について語っています。
 コロンビアの新大統領グスタボ ペトロが元上院議員アルマンド ベネッデッティを新たなベネスエラ駐在大使に任命したことを受け、コロンビア新政権との正式な対話を模索していると発言しています。
 一方、ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロは、元外相のフェリックス プラセンシアをコロンビア駐在ベネスエラ大使に任命し、両国の関係改善への関心を示しています。
 「私たちはグスタボ ペトロ政府との公式な対話メカニズムの構築を模索するつもりです。」とグアイドは述べています。しかし新大統領との非公式は接触はすでに行っていると、詳細は明かさずに説明しています。またマドゥロに接近したペトロ大統領の決断は尊重すると述べています。
 「私たちは国民主権を尊重し、それこそが私達がベネスエラで戦っていることであり、ペトロ大統領が選出されたような自由で公正な選挙を私たちは求めています。」とグアイドは強調しています。
 そして「コロンビア大統領がテロリストを保護する政権に近づくのではなく、独裁政権・人権侵害・飢餓から逃れる移民・難民の保護を優先する事を期待します。」と述べています。
 グアイドは、新政府の決定がFarc分派とELN、麻薬取引、人身売買、密輸などに有利に働くことになると強調しています。

2022 8-13 EXCEALSIOR
エカテペックの病院が襲撃され3人が殺された メヒコ州

 金曜日の深夜、メヒコ州エカテペック市にある病院内で銃撃事件があり、3人が殺害されました。
 メヒコ州検察は撃たれて負傷し他の病院搬送されていた医師が死亡し、死亡者数が3人に増えたと発表しています。
 8月12日、銃を携帯した男2人がティエラ ブランカ区にある病院に侵入し、女性2人を銃殺、医師1人を負傷させていました。
 殺害された女性は看護師と患者で、今現在実行犯の身元や動機などは不明です。

95taro:2022/08/15(月) 09:21:31
2022 8-14 CARACOL RADIO 4185,49 6,06
武装集団が設置した違法検問所で12歳の少年が殺された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県南西部プエブロリコ市で12歳の少年が殺害され、成人男性1人が怪我をするという事件が発生しました。
 アンティオキア県知事アニバル ガビリアの発表によれば、プエブロリコ市セドロン村とタルソ村を結ぶ公道上に覆面をした武装集団が違法検問所を設置し、通りかかった成人男性ジョン エンリー ベドヤ フランコを負傷させ、フアン カルロス ムニョス サパタ12歳を殺害しています。撃たれた少年は市内の病院に搬送されましたが助かりませんでした。武装集団は逃亡し、現在治安当局が行方を追っています。
 
2022 8-14 EL FINAMCIERO
カルテル プエブロス ウニドスのメンバーと思われる167人が逮捕された メキシコ ミチョアカン州

 土曜日にミチョアカン州でカルテル プエブロス ウニドスのメンバーとされる167人が逮捕されており、検察は捜査を開始しています。逮捕されたのは一連のシグロ21高速道路麻薬封鎖事件や車やガソリンスタンド放火事件に関わっていると目されています。
 検察によれば、逮捕時にメキシコ陸軍・海軍・空軍が使用している銃器が押収されており、カルテル プエブロス ウニドスの活動内容や活動拠点などの解明が期待されています。
 逮捕作戦を通じ、治安部隊は銃器182丁、手榴弾2個、グレネードランチャー2基、車24台が押収されています。
 地元メディアは逮捕作戦後にカルテル プエブロス ウニドスが国家警備隊員が乗った車両6台を拘束し、逮捕された167人の解放を求めています。
 カルテル プエブロス ウニドスは2021年4月にアボカド農家を麻薬カルテルから守る事を理由に結成され、ミチョアカン州タンシタロ市・タレタン市・ヌエボ ウレチョ市・サルバドール エスカランテ市・アリオ デ ロサレス市などにバリケードを築いています。
 アメリカ合衆国・アジア・ヨーロッパにアボカドを主に輸出するミチョ監修アボカド生産者・包装業者協会(APEAM)は、プエブロス ウニドスをメンバー及び警備員として認めていません。
 逮捕者167人の中には未成年者3人が含まれています。

96taro:2022/08/15(月) 09:21:42
2022 8-14 EL UNIVERSAL
カルテル プエブロス ウニドスが拘束していた国家警備隊隊員25人が解放された メキシコ ミチョアカン州

 州・連邦治安部隊がミチョアカン州パラチョ市キンセオ村に近づいた時、犯罪グループが土曜日の夜に誘拐していた国家警備隊隊員25人を解放しています。
 プエブロス ウニドスは逮捕された仲間164人の釈放を求め、国家警備隊隊員25人が乗った車両6台を拘束していました。
 治安当局は犯罪者たちと交渉する余地は無いとして、国家警備隊隊員解放のための作戦を進めていました。
 作戦部隊の接近を確認した村人たちが、メセタ プウルエペチャに数時間拘束していた隊員たちを解放しています。
 一方、逮捕されているプエブロス ウニドスのメンバー容疑者164人は州都モレリア市の検察施設に勾留されています。

2022 8-14 EL Diario.mx
4日間に渡る麻薬封鎖・襲撃で260人が死んだ メキシコ

 8月9日から12日にかけてハリスコ州・メヒコ州・グアナフアト州・チワワ州・バハ カリフォルニア州で、麻薬封鎖・商業施設や車への襲撃が続発し260人が死亡しています。
 グアナフアト州が最も多い32件の事件が起きており、ついでメヒコ州22件、ミチョアカン州20件、ハリスコ州16件、バハ カリフォルニア州16件発生しています。

97taro:2022/08/16(火) 09:14:17
2022 8-15 el COLOMBIANO 4185,49 6,10
児童徴兵容疑でFarc分派ゲリラボス3人が起訴される コロンビア

 コロンビア検察はカケタ県サン ビセンテ デル カグアン市で少女2人を徴兵した容疑で、コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラボス3人を起訴しました。Farc分派に徴兵された少女2人は、2019年8月29日にコロンビア軍が実施した空爆作戦により死亡しています。
 検察が起訴したのはヘネル ガルシア モリナ別名ジョン40、アレクサンデル ディアス メンドサ別名カラルカ、ファビアン ギジェルモ エスピノサ アルボレダ別名カンチャリノもしくはクリスティアン ゲラです。
 3人は犯罪共謀と違法徴兵で起訴されましたが、逮捕されていないために不在者として起訴されます。
 「ファビアン ギジェルモ エスピノサ アルボレダが2019年7月末に、12歳と16歳の少女を家族に対する脅迫と威嚇により犯罪組織に加わらせた証拠があります。」と検察は月曜日に発表しています。
 調べによれば、徴兵された少女2人はカウカ県にあった通称ヒルダルドとクチョのゲリラキャンプに連れて行かれ、3週間後に実施された軍事作戦後に遺体となって発見されました。

2022 8-15 pulzo
無抵抗の若者を殺害したのはスークレ県警作戦司令官 コロンビア

 当局の保護下にある目撃者数人が、スークレ県警作戦司令官ベンハミン ヌニェス大佐が、無防備の若者3人を警察から供与された銃器で殺害したと証言しています。
 殺害されたのはヘスス ディアス18歳、ホセ アレバロ22歳、カルロス イバニェス26歳で、当初3人はサンプエス市で警察パトロール隊員ディエゴ ルイスを殺害した犯罪組織クラン デル ゴルフォの殺し屋とされていました。
 しかし戦闘で死亡したとされていた3人が、チョチョの警察検問所にいる画像が見つかり、捜査の方向が変わっています。
 目撃者の証言によれば、ベンハミン ヌニェスはパトカーの後部座席に乗せられた若者の1人を冷酷に銃撃しています。
 3人の内の1人が逮捕されたときに警官の銃撃により負傷しており、病院に搬送されるところでした、大佐は遠回りするよう命じ発砲し、その後別の小型トラックに乗せ換えています。
 「病院に向かう途中で大佐が負傷した若者に最初の銃撃を行いました。私たちは驚き、何を言うべきかわかりませんでした。大佐はさらに別の2人も撃ちました。」と証言しています。
 搬送された病院は、「若者たちは頭部・胸部・手足を撃たれ即死状態であった。」という報告を行っています。
 一方、別の目撃者は大佐が銃撃後、「問題ない。私が責任を取る。私は大佐だ。」と語ったと指摘しています。
 この事件は捜査中であり、8人の警察官が停職となっており、証言を行った警官たちは身の危険を感じ保護を要請しています。

98taro:2022/08/16(火) 09:14:29
2022 8-15 pulzo
Farcセグンダ マルケタリア派のボス通称ロマーニャの最後の動画 

 コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派のボス エンリー カステジャノス ガルソン別名ロマーニャは、昨年12月7日にベネスエラ アプレ州エロルサ近くで殺害されています。
 ロマーニャが殺害された秘密作戦は、アメリカ合衆国人4人を含む12人の傭兵によって実施されました。
 ロマーニャがコカインの取引を向かう所を傭兵部隊が待ち伏せして銃殺しています。
 アメリカ合衆国が500万ドルの懸賞金をかけていた恐怖のゲリラボスは、死亡するまでの数日間コカインの取引を行っています。コロンビアの週刊誌Semanaが、ロマーニャの最後の動画を公開しています。https://www.youtube.com/watch?v=W_A-2hIDHa4
 動画の中でロマーニャは2人のコカイン供給者と支払うべき税金について議論しています。

2022 8-15 Ultimas Noticias
グアイド大統領など存在しないとグスタボ ペトロが発言

 コロンビアの新大統領グスタボ ペトロは、コロンビアとベネスエラの外交関係を正常化させ、貿易と2国間生産を増加すべきとかんげています。
 グスタボ ペトロは両国の関係について、「すでに正常な流れが存在する。今はこれを貿易と生産の問題に拡大しなければならない。」と述べています。
 8月11日、カラカスとボゴタは前コロンビア大統領イバン ドゥケが破綻させた両国の外交関係を正常化させるために、それぞれ大使を任命しています。
 ペトロ大統領はインタビューでベネスエラ反体制派のリーダーで暫定ベネスエラ大統領を名乗るフアン グアイドについて質問され、プラントンの洞窟の比喩であると答えています。プラントンの神話のように、グアイド ベネスエラ大統領の現実は純粋な影でできていると語っています。
 またペトロ大統領は、大衆意思党の元国会議員フアン グアイドについて、「ベネスエラの何も支配してはいない。」と付け加えています。

99taro:2022/08/17(水) 08:42:17
2022 8-16 El Pai's.com.co 4185,49 6,12
バジェ デル カウカ県トロ市のバーで3人が殺害された コロンビア

 バジェ デル カウカ県トロ市で発生した虐殺事件の犯人に懸けた懸賞金の額を、市と県は4000万ペソ(約12万9500円)に増額すると発表しました。
 月曜日の午後に発生した事件の後、地元当局は臨時安全保障会議を開催し、対策について話し合っています。
 バジェ デル カウカ県警によれば、月曜日の午後4時15分ころラ バラと呼ばれるバーが襲撃され、3人が殺され3人が怪我をしています。
 殺害されたのは男性2人と女性1人で、目撃者の証言によれば襲撃グループの標的は殺害された女性でした。
 トロ市のフアン カルロス エスクデロ市長は、今回の事件と自治体のお祭りとは無関係であると強調しています。また関係当局と合意した4つの対策を講じると述べています。

2022 8-16 el COLOMBIANO
Farc分派ゲリラ部隊とELNゲリラ部隊の戦闘で、少なくとも住民300人が避難 コロンビア カウカ県

 違法武装グループ同士の縄張り争いが原因でカウカ県アルマゲル市ラ エレラドゥラ地域の住民たち約300人が避難を強いられているとカウカ県の人権組織が訴えています。
 「これまでELNが歴史的に影響力を保持しているカウカ県北部と西部山岳地帯エル タンボ市・アルヘリア市・バルバア市にFarc分派カルロス パティニョ戦線が侵入し、戦闘が発生しています。」とカウカ県生命と人権のためのネットワークが訴えています。
 「Farc分派とELNは麻薬作物の生産と麻薬輸送ルートの利権をめぐり激しく争っており、治安に重大な影響と住民たちに恐怖を与えています。」とコロンビア陸軍は日曜日の作戦のあと発表しています。陸軍部隊の日曜日の作戦では、Farc分派ゲリラ1人を殺害し、自動小銃2丁・弾倉・銃弾・食料・対人地雷などを押収しています。
 8月11日から続くFarc分派とELNの抗争では、住民避難と住民閉じ込めの他に農村に暮らす18歳の女性1人が足を撃たれて負傷しています。
 また戦闘が発生している地域の学校は休校となっています。「授業を行える状況にはなく、児童徴兵の危険性もあります。」

100taro:2022/08/17(水) 08:42:27
2022 8-16 publimetro
エル メンチョの病状が悪化、CJNGの跡目争いが勃発 メキシコ

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の最大ボス ネメシオ オセゲラ別名エル メンチョの病状が悪化し跡目を巡り組織は重大な危機を迎えています。
 ジャーナリスト リカルド ラファエルによれば、ボスのオセゲラは義理の息子フリオ アルベルト カスティジョ ロドリゲスを跡継ぎにする予定であったが、主要幹部たち同意していません。 
 リカルド ラファエルは8月10日に国家防衛省がCJNGの大幹部リカルド ルイス ベラスコ別名エル RRとヘラルド ゴンサレス ラミレス別名エル アパの逮捕が近いとリークしたことも報じています。
 「2人は内部抗争解決のために会談を行う予定でしたが、軍の作戦のために中止されています。」とリカルドは指摘しています。
 軍の作戦はハリスコ州・グアナフアト州・チワワ州・バハ カリフォルニア州で激しい暴力を誘発し、多数の商業施設や車が燃やされ、無関係の民間人複数も殺害されています。
 現地メディアはエル メンチョの病状について、末期のリンパ系癌で深刻な状態であると報じています。

2022 8-16 EL ECONOMISTA
行方不明になっていたジャーナリスト フアン アルホン ロペスが死体で見つかる メキシコ ソノラ州

 ソノラ州検察は1週間前から行方不明となっていたジャーナリスト フアン アルホン ロペスが死体で発見されたと火曜日に発表しました。
 検察官クラウディア インディラ コントレラス コルドバは記者会見の場で、サン ルイス リオ コロラド市で死体が見つかっており、入れ墨により身元が特定されたと明らかにしています。
 アルホン ロペスは8月9日から行方不明となり、治安当局と民間グループが捜索を続けていました。
 メキシコは世界で最もジャーナリストに取って危険な国の1つで、今年すでに14人のジャーナリストが殺害されています。

101taro:2022/08/18(木) 08:43:27
2022 8-17 el COLOMBIANO 4218,48 6,13
兵士2人がELNに誘拐されて3日 コロンビア アラウカ県

 陸軍兵士シェルマン ゴンサレス サンタナとグスタボ アコスタ アナコナが、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)に誘拐されて72時間以上が経過しました。兵士2人は8月13日にアラウカ県タメ市郊外でELNゲリラ部隊に誘拐されています。
 ELNは8月13日に職業軍人2人を戦争捕虜にしたと発表しています。陸軍第8師団は2人が行方不明になっていると発表していました。
 2人から最後の連絡があったのが8月13日土曜日でした。2人は休暇を終えて軍基地にタクシーで戻ると所属する大隊に連絡していました。「休暇中の兵士2人は戻らず、連絡が絶たれました。」と軍は報告しています。
 ELN東部戦線がゴンサレスとアコスタを拘束しているとELNは指摘し、「2人の捕虜は国際人道法に沿った扱いを受けており、数日中に解放される。」と付け加えています。
 軍は2人の家族と連絡を取りつつ、2人の捜索を続けていると指摘しています。
 一方、ELNは、「攻撃的な捜索作戦は捕虜の命を危険にさらすものであり、致命的結果担ったとしても我々は責任を負わない。」と警告しています。
 今回の誘拐は2019年以降中断している和平交渉の再開に向けてコロンビア政府とELNが接近する中で起きています。

2022 8-17 El Pai's.com.co
Farc分派第27戦線がアラウカ県タメ市サント ドミンゴ村でパトロールと検問を実施 コロンビア

 共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊がアラウカ県タメ市サント ドミンゴ村に現れ、検問を実施し運転手に免許証の提示を求め、その後住民たちに対して演説を行っています。住民たちは恐怖と不安を感じています。
 8月16日火曜日の午後に武装した約100人のゲリラ部隊が村に現れ、Farc第27戦線であると名乗ったと目撃者が証言しています。
 ゲリラの1人が住民たちに対して、「敬意を持って伝えたい。まず、アラウカ県で発生している事態についてお詫びする。我々は誰も追い出さない、殺さない、アラウカ県で恐怖を植え付けない。我々はELNやFarcのシンパであろうと誰であろうと、助けるためにここにいる。我々はあなた方の脅威ではない。」と演説しています。
 Farc分派ゲリラ部隊が村をパトロールする様子は撮影されネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1559738465448869888
 この事態を受け陸軍第8師団は声明を通じ、Farc分派ゲリラ部隊の行為を拒絶すると表明し、直ちに現地掌握のための部隊を派遣したと発表しています。
 Farc分派ゲリラグループによる集落のパトロールはこれが初めてではありません。6月にもノルテ デ サンタンデール県ティブ市でも同様の事態が起きています。

102taro:2022/08/18(木) 08:43:39
2022 8-17 Noticiero Digital
コロンビアにいるベネスエラ人は250万人

 国際的非政府組織国際危機グループのコンサルタント ブラム エブスは、報告書「難民が困難な時代、コロンビアにおけるベネスエラ人移民の保護方法」を発表しました。報告書によれば、コロンビアは世界で最もベネスエラ人移民を受け入れており、その数は250万人に上ります。
 ボゴタ市に拠点を置く教育・社会運動体Fe y Alegri'aとのインタビューでエブスは、「コロンビア政府は10年にわたりベネスエラ人移民集団に対して最善の方法で世話をする努力をしている。」と評価しています。
 しかしコロンビアの暴力がベネスエラ人移民たちに影響を及ぼしているとエブスは強調しています。2016年にコロンビア最大の共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)とコロンビア政府は和平合意を結びましたが、協定の不履行などから暴力事件は増加し、2021年最も暴力的な年となっています。
 またコロンビアに入国するベネスエラ人移民たちが、コロンビア国内紛争についてよく理解していないという問題についても指摘しています。「例えば、どの地域に夜間外出禁止令が出ているのか、どこの地雷があるのか、強制的徴兵がどこで行われているかなどです。」

2022 8-17 LATINUD
エカテペックの病院でキューバ人医師と看護師と患者の家族が殺された メヒコ州

 メヒコ州エカテペック市にある病院内で、キューバ人医師と女性看護師と患者の家族が殺害されるという事件が起きています。武装集団による襲撃事件は、8月12日の深夜に発生したとメヒコ州検察が発表しています。
 殺害された医師はキューバ出身ですが、メキシコ連邦政府が雇用した医療従事者旅団とは無関係であると検察は指摘しています。
 事件発生後、直ちに市警察の部隊と捜査官と科学捜査専門チームが現場に派遣され、初期捜査を行ったと検察は明らかにしています。
 現場では20歳の看護師と患者の家族56歳の女性の死体が見つかっています。キューバ人医師は搬送先の病院で死亡しています。
 調べによれば、2人の武装した男は最初に受付に行き、患者の存在を尋ねましたが記録になく、職員を脅して治療エリアに通じるドアを開けさせています。
 その後、男2人は病院の2階に上がり、銃を乱射しています。
 死亡したキューバ人医師の名前はエルネスト オリバ レグラです。

103taro:2022/08/19(金) 08:27:34
2022 8-18 el COLOMBIANO 4316,47 6,15
ELNが兵士5人と警官1人を解放 コロンビア アラウカ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が8月13日にアラウカ県で誘拐した治安部隊員6人を水曜日に解放しました。6にはオンブズマンとカトリック教会からなる人道ミッションに引き渡されました。
 「ELN東部戦線は一方的人道措置として、戦争捕虜を解放することを決定した。我々の人道的行為は政治意思の一部である。」と人質解放に同伴したゲリラ部隊の1人が語っています。https://twitter.com/i/status/1560034597760647168
 解放はアラウカ県フォルトゥル市とタメ市の間で行われており、解放されたのはホバン ダビド ルダス サボガル軍曹、ホセ アンヘル ヤテ ヤテ一等伍長、マウロ デ ヘスス ムニョス ベルガラ警察パトロール隊員、シェルマン サンタナ ゴンサレス兵士、ミトン アレクサンデル モレノ ドゥアルテ兵士、グスタボ アナコナ アコスタ兵士です。
 ELNは8月15日に発表した声明で5人を拘束していることを通告し、「攻撃的な救出作戦はこれら捕虜を危険にさらす、致命的な結果が生じても我々の責任ではない。」と軍に警告していました。
 現在コロンビア新大統領グスタボ ペトロ政権とELNは2019年に中断した和平交渉再開に向けて動いており、今回の誘拐と解放はその中で起きています。

2022 8-18 el CLOMBIANO
ELNもアラウカ県タメ市でパトロールを実施し、軍兵士1人を誘拐した コロンビア

 ベネスエラと国境を接するアラウカ県のタメ市では、共産主義ゲリラ組織によるパトロールが立て続けに起きています。火曜日、コロンビア革命軍(Farc)分派第28戦線がサント ドミンゴ村を一時占拠し、陸軍第8師団所属の部隊の到着を前に撤退しています。
 その後、国民解放軍(ELN)ゲリラ部隊がタメ市に登場し、軍兵士1人を誘拐しました。
 目撃者は火曜日の午前6時15分からELNの腕章をつけたゲリラ部隊がアロル アマリジョ地区に検問所を設置しています。その検問所に通りかかった軍兵士アンヘル モデスト サオサ ドゥエニャスが、ゲリラ部隊に拘束されています。アンヘル モデストは民間人の服装で移動していたときに拉致されています。
 それ以降サオサ ドゥエニャスの行方は不明で、陸軍第8師団は行方不明者としてサオサ ドゥエニャスの画像を公開しています。
 誘拐された兵士の妻ナタリア マルティネスはRCNラジオの取材で、夫との連絡をすべて失っていると述べ、ゲリラグループに夫の命を尊重するよう求めています。

104taro:2022/08/19(金) 08:27:45
2022 8-18 RCN Radio
左派上院議員ピエダ コルドバの弟がアメリカ合衆国に引き渡されるか否かは、大統領の判断に委ねられている コロンビア

 弁護士フランシスコ ベルナテは、上院議員ピエダ コルドバの弟アルバロ コルドバがアメリカ合衆国に引き渡されるかどうかは、グスタボ ペトロ大統領の手に委ねられていると断言しています。
 RCNニュースのインタビューで、最高裁判所がアルバロ コルドバの引き渡しを承認しているが、グスタボ ペトロ大統領が最終決定権を持っていると指摘しています。
 「コロンビアのおける犯罪人引き渡しは、最高裁判所が担当する司法部門と大統領が担当する行政部門があります。最高裁はすでに引き渡しを承認しており、引き渡すか否かはグスタボ ペトロが決定する事になります。」とベルナテは述べています。
 最後にベルナテは、「今回のような麻薬犯罪に関する問題で、大統領が引き渡しを覆すようなことはないと考えている。」と語っています。

2022 8-18 W RADIO
いじめを受けた12歳の児童が銃で頭を撃って自殺した コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市ケネディー区の民家内で、頭部を銃で撃ち倒れた12歳の少年を父親が発見し直ちに病院に搬送しています。しかし少年は水曜日の朝亡くなりました。
 調べによれば、少年は学校でいじめを受けた後に、自ら命を断ったものと思われます。「2022年8月16日午後6時ころ、オクシデンテ デ ケネディー病院救急サービスに、銃で負傷した12歳の少年が運び込まれ、直ちに緊急手術が行われました。」とボゴタ市保健当局が発表しています。
 少年は重度の脳障害と診断され、「オクシデンテ デ ケネディー病院の李徴チームが適切な治療を行いましたが、本日午前6時15分に亡くなりました。少年の遺体は法医学協会施設に運ばれ、検死が行われる予定です。」と保健当局は強調しています。

105taro:2022/08/20(土) 08:50:07
2022 8-19 CARACOL RADIO 4413,86 6,30
放置されたトヨタ車の中から死体4体が見つかり、うち一体の身元が判明 コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市北部に放置されたトヨタ プラドの車内から男性3人と女性1人の死体が発見されました。ボゴタ市警は犯罪グループ同士の抗争事件と見て捜査を開始しています。
 ボゴタ市警副司令官エルベルト ベナビデス大佐は、発見された死体は24歳から40歳くらいで、拷問を受けた痕がありました。
 死体は身分証明書を携帯していませんでしたが、1人はコロンビア国籍のフアン カミロ ウセチェであることがカラコルラジオの調べで判明しています。
 ボゴタ市はこの恐ろしい事件の責任者を特定する情報に2000万ペソ(約62万円)の懸賞金を懸けています。
 
2022 8-19 EL ESPECTADOR
ゲリラ組織M-19の元ゲリラが国家情報局の長官に コロンビア

 新大統領グスタボ ペトロによる要職の任命が続いています。金曜日、アルベルト カサノバ グスマンが、国家情報局(DNI)長官に任命されました。前職のロドルフォ エンリケ アマヤ ケルケレンは、2018年8月に前大統領イバン ドゥケに任命され、8月16日に辞職しています。
 諜報機関のトップに任命されたアルベルト カサノバ グスマンは、ゲリラ組織4月19日運動(Movimiento 19 de Abril)の元ゲリラです。
 多くの誘拐事件やコロンビア最高裁占拠事件を起こしたM-19は、1989年11月にコロンビア政府と和平協定を結び、1990年3月に当時のセサル ガビリア大統領から恩赦を受けて武装放棄しています。その後M-19は合法政党M-19民庶同盟になっています。

106taro:2022/08/20(土) 08:50:19
2022 8-19 EL FINANCIERO
今年2番めに殺人被害者が多かった月は7月 メキシコ

 7月2022年で2番めに殺人被害者数が多い月となったと、バハ カリフォルニア州で金曜日に開催された朝の定例会見で明らかにされました。
 7月に殺害されたのは2679人で、最も多かった5月の2827人より148人少なく、6月の2670人より9人多くなっています。
 しかし2022年7月の殺人被害者数は、7月として最も多かった2018年より12,8%減少しています。
 また今年7月の殺人被害者数は過去5年間で最少です。2015年1539人、2016年2074人、2017年2402人、2018年3074人、2019年2974人、2020年2994人、2021年2860人が7月に殺害されています。
 今年1月から7月にかけてメキシコで1万8093人が殺害されました。月別では1月2264人、2月2264人、3月2655人、4月2560人、5月2827人、6月2670人、7月2679人です。1日あたりの殺人被害者数は85人となっています。
 今年これまでの殺人被害者数は、昨年同時期の1万9808人と比較すると8,7%の減少となっています。
 メキシコで今年1月から7月に発生した殺人の49%が6つの州に集中しています。グアナフアト州1864人、ミチョアカン州1587人、バハ カリフォルニア州1567人、メヒコ州1475人、ハリスコ州1218人、チワワ州1232人です。
 グアナフアト州はロペス オブラドールが大統領に就任して以降最も殺人の多い州です。
 AMLO就任以降2022年6月までにグアナフアト州では1万458人が殺害されています。ついで多いのはバハ カリフォルニア州の9293人、メヒコ州8663人、チワワ州7408人、ミチョアカン州7235人となっています。

2022 8-19 EL PAIS
武装集団に捕まった警官4人が尋問を受ける動画がネットに上がる メキシコ ハリスコ州

 ハリスコ州コンセプシオン デ ブエノス アイレス市で、武装集団が警官4人を尋問する動画がネットに上げられています。https://twitter.com/i/status/1559556105457569794
 動画では男女2人ずつ計4人の警察官がひざまずき、尋問を受けています。カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)と敵対するグループと思われる武装集団の1人が、CJNGと癒着しているとされる警察幹部について尋問しています。
 今現在当局は武装集団に拘束された警官4人の所在について発表していません。

107taro:2022/08/21(日) 08:51:45
2022 8-20 canal 1 4400,25 6,30
放置された車の中から発見された4体の死体の身元が判明 コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市長クラウディア ロペスは、ボゴタ市北部の高速道路脇の放置されたトヨタ車の中から発見された4体の死体の身元が判明したと発表しました。
 市長は死体の身元と犯行の動機を突き止めた警察と検察の働きを強調しています。
 殺害されたのは元警察官のフアン カルロス ウセチェ、妻のレイディー アレハンドラ ベタンクールとレオナルド サナブリア、ホセ ペロソ サバラで、4人共銃で撃たれて殺害されていると市長は明らかにしています。
 3人はコロンビア人で、ペロソ サバラだけがベネスエラ人で、4人の内の2人に犯罪歴がありました。
 「ペロソは警察に捕まり検察が起訴し、自宅軟禁状態にあったはずです。これは刑務所管理組織Inpecの過失であることは明らかです。」と市長は述べています。
 ウセチェは2006年に警察官を止めています。「カリ市警のパトロール隊員であったウセチェは、警官を辞めていこう麻薬取引にかかわる犯罪共謀罪で複数回逮捕されています。」と市長は説明しています。
 市長によれば、4人はボゴタ市の外で殺害され、市内に運ばれて放置されています。
 「ウセチェ氏の麻薬取引とマネーロンダリングに関連する殺人であると思われます。」と市長は述べています。
 最後に市長は警察と検察が事件の責任者を見つけるための捜査を継続すると締めくくっています。

2022 8-20 el COLOMBIANO
麻薬密輸の新たな手口、ツナ缶の中にコカインを隠す コロンビア ナリニョ県

 麻薬密輸のために様々な手口が考案されていますが、今回新たにコカイン缶詰がこれに加わっています。
 検察捜査機関CTIが陸軍とナリニョ県イピアレス市で実施した家宅捜査で麻薬缶詰が発見されました。
 協力者から麻薬を貯蔵するための仮の倉庫があるという情報をもとに作戦は実施されています。
 建物の中には誰もいませんでしたが、工事用の緑のシートに覆われた100個のダンボールがありました。ダンボールの中には有名なメーカーのツナ缶が詰まっていました。
 驚くことに、缶の中身は美味しい魚ではなく、コカインが詰められており総量は744kgもありました。
 専門家の分析により、麻薬缶には麻薬犬の嗅覚をごまかすためにマグロの水が混ぜられていたことが判明しています。
 麻薬缶は疑われなないように、オリジナルのツナ缶とほとんど同じ封印加工がナサれていました。
 検察対麻薬対策責任者マリア エレナ モンサルベは、麻薬缶は木曜日にカリブ海沿岸の港町ボリバル県の県都カルタヘナ市に運ばれ、そこからヨーロッパに密輸される予定であったと説明しています。
 麻薬缶の所有者は不明で、「責任者を特定するための捜査を続けていく。」と検察官は強調しています。
 しかし軍はコロンビア革命軍(Farc)分派第48戦線が関わっていると推測しています。陸軍第23旅団の発表によれば、コロンビアで生産されたコカインがエクアドルに密輸され、そこで麻薬缶に加工され、再度コロンビアに密輸されています。押収されたコカインのブラックマーケットでの価格は約30億ペソ(約9342万円)と見積もられています。

108taro:2022/08/21(日) 08:51:58
2022 8-20 EL FINANCIERO
アヨツィナパ事件で検察が83人に逮捕状を発行した メキシコ ゲレロ州

 アヨツィナパ師範学校の学生43人が失踪した事件に関連した容疑で、検察は83人に逮捕状を発行しました。
 メキシコ検察庁(FGR)が発行したのはイグアラ市に基地を置く第27・第41大隊の司令官と軍人20人とゲレロ州の行政・司法当局者5人です。
 またウイッコ市警の警官26人、イグアラ市警の警官6人、コクラ市警の警官1人、ゲレロ州警察の嫌韓11人と犯罪組織ゲレロス ウニドスのメンバー14人にも逮捕状が出ています。
 逮捕命令が出た83人すべてが2014年9月26日と27日にゲレロ州イグアラ市で発生したアヨツィナパ師範学校の学生43人失踪事件に関わったとされています。
 逮捕状の容疑は組織犯罪・強制失踪・拷問・殺人・司法の運営に対する犯罪です。
 8月19日、元PRG長官ヘスス ムリジョ カラムが自宅近くで逮捕されました。
 調べによれば、ムリジョ カラムは真実と状況の改ざんに関与した元公務員33人の内の1人です。

2022 8-20 INFORMADOR.MX
麻薬組織ボス通称バカがメキシコシティで逮捕され、コリマ州で銃撃事件や放火事件が発生

 メキシコの暴力は止まりません。カルテル ハリスコ ヌエボ ヘネラシオン(CJNG)のと同盟関係にある犯罪組織ロス メスカレスのボス ホセ ベルナベ ブリスエラ別名ラ バカが逮捕されたことを受け、ロス メスカレスの拠点であるコリマ州で今日の深夜銃撃事件や車への放火事件が発生しています。
 ネット上には州都コリマ市と隣接するビジャ デ アルバレス市で起きた車放火や武装集団の動画や画像が上げられています。
 動画には治安出動した国家警備隊やコリマ市警の部隊も登場しています。
 ラ バカがメキシコシティで逮捕された事により、コリマ州で少なくとも車10台が燃やされたと地元メディアは報じています。

109taro:2022/08/22(月) 07:54:38
2022 8-21 RCN noticiasrcn.com 4400,25 6,30
アンティオキア県で土砂崩れ、10歳と13歳の子供が死んだ コロンビア

 アンティオキア県ヤルマル市とベトゥリア市で土砂崩れが発生し、10歳と13歳の子供が死亡しました。
 ヤルマル市エル ジャノ村では、民家の上に土砂が崩れ落ち、10歳の少年イスマエルが死亡、4歳と11歳の子供2人が怪我をしています。
 ベトゥリア市ではバイクに乗っていた13歳の少年ジェイソンが土砂崩れに巻き込まれて死亡しています。
 「ヤルマル市郊外の民家が土砂に飲み込まれています。民家には子供4人がおり負傷した3人が病院に搬送されましたが、残念ながら1人が死亡しています。ベトゥリア市ではバイクの後ろに乗っていた少年1人が土砂崩れに巻き込まれて死亡しています。」と災害対策課責任者ハイメ エンリケ ゴメスが説明しています。
 オンブズマン代表カルロス カマルゴは、コロンビア各地で洪水や土砂崩れが発生する危険があると警告しています。
 「私達が収集したデータでは、99市の洪水や土砂崩れの警報赤が出ています。県別ではアンティオキア県17市、カサナレ県15市、メタ県15市、ボリバル県11市、セサール県4市、コルドバ県3市、アトランティコ県2市、グアビアレ県1市、サンタンデール県1市、ビチャダ県1市です。」とカルロス カマルゴは指摘しています。

2022 8-21 el COLOMBIANO
ELN和平交渉団メンバーで出ていた逮捕命令が取り消された コロンビア

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の和平交渉団メンバーの逮捕命令と引き渡し要請が停止されました。
 ELNとの和平交渉再開のために、新コロンビア大統領グスタボ ペトロは土曜日にこの措置をとっています。
 ペトロ大統領の決定により、ELN幹部10人が和平交渉の舞台となるキューバとコロンビアの間で自由な移動をできる権利を得ています。
 リストのトップにはほぼ50年間ゲリラ組織に所属し、フアン マヌエル サントス政権時に和平交渉団団長を務めていたイスラエル ラミレス ピネダ別名パブロ ベルトランです。
 その他にはアウレリオ カルボネル、グスタボ マルティネス、アリリオ セプルベダ、ニコラス ロドリゲス バウティスタ、イサベル トレス、マリア コンスエロ タピアス、トマス ガルシア ラバイナ、オスカー セラノ、ビビアン エナノが、大統領官邸が出した命令の対象になっています。
 前大統領イバン ドゥケは2019年1月に発生したELN自爆テロを理由に、これら10人のELNゲリラ幹部に対して逮捕命令と引き渡し要請を行っていました。爆破テロでは、実行犯1人とコロンビア人21人とエクアドル人1人の警察幹部候補生が死亡しています。
 イバン ドゥケ大統領はキューバ ラ ハバナでの和平交渉の中断を宣言し、キューバ政府にELN和平交渉団メンバーの引き渡しを要請しています。キューバ政府は和平交渉に関する国際議定書を理由に、引き渡しを拒絶しました。

110taro:2022/08/22(月) 07:54:49
2022 8-21 blu radio
アンティオキア県でクラン デル ゴルフォとロス カパロスが戦闘、2人が死んだ コロンビア

 アンティオキア県カウカシア市郊外で犯罪組織クラン デル ゴルフォとロス カパロスの抗争事件は発生し、男性2人が殺害されました。
 銃撃戦はカウカシア市クトゥル地域プンタ ピエドラ地区で発生しています。
 クラン デル ゴルフォとロス カパロスは、カウカシア市郊外地域の鉱物違法採掘の利権をめぐり激しく争っています。
 殺害されたのはロス パパロスのメンバー通称パブリトとチチャロンで、チチャロンは最近刑務所から出所したばかりです。
 現在軍の部隊が同伴し、警察が死体の回収のために現地に向かっています。死体は現在も民家脇に放置されています。
 
2022 8-21 Aristegui
セラヤ市の市長の息子が殺された メキシコ グアナフアト州

 セラヤ市長ハビエル メンドサの息子が水曜日の午後、薬局の駐車場に停めていた車の中で殺害されています。
 地元メディアの報道によれば、カジェ2 デ アブリールとカジェ マデロの角にある薬局グアダラハラの表で、ギジェルモ メンドサ スアレスが襲撃されています。
 目撃者の証言によれば、ギジェルモは薬局から出て車に乗り込んだところを銃撃されています。現場には少なくとも15個の薬莢が落ちていました。
 襲撃者はバイクで逃亡したいう非公式情報もあります。
 現場には警察・検察・国家警備隊・軍の部隊が派遣されています。
 今現在犯人は逮捕されていません。

111taro:2022/08/23(火) 08:28:25
2022 8-22 el COLOMBIANO 4400,25 6,98
エル バグレ市で若者3人が殺害された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県警はエル バグレ市アルト デ ラ ビルヘンとして知られる地区で若者3人が殺害されたと発表しました。
 殺害されたのはホセ ミゲル ロペス21歳、マルコ アントニオ ゴメス20歳、ルイス イェルネイ オルティス27歳です。3人は日曜日にサッカーをしていたときに、犯罪組織ロス カパロスと思われる集団に拉致されたと、目撃した地元住民たちが証言しています。
 拉致された3人のうちの2人は小屋の中で死体で見つかり、1人は小屋から30m離れな藪の中で死体で見つかっています。3人共銃で撃たれて殺害されています。
 バホ カウカ地域警察司令官カルロス アンドレス カルデナス大佐によれば、3人は建築業や洗車などの仕事をしていました。イェルネイ オルティスは日雇い仕事をしており、ホセ ミゲルは仕事をしながら、サッカーのトレーニングを続けていました。
 アンティオキア県警司令官ダニエル マソ大佐は、検察と共に現地に捜査チームを派遣していると発表し、地域住民たちに対して事件解明のための情報提供を呼びかけ、有用な情報には1000万ペソ(約31万円)の懸賞金を支払うと約束しています。
 エル バグレ市周辺は犯罪組織クラン デル ゴルフォとロス カパロス、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の抗争の舞台となっており、今回の事件が抗争に関連する可能性について当局は否定していません。
 日曜日、エル バグレ市のペルソネロであるフアン ガブリエル ロドリゲスは、ロス カパロス・クラン デル ゴルフォ・ELNの抗争が殺人や失踪の大量発生をもたらす可能性があると警告しています。
 アンティオキア県バホ カウカ地域はタラサ市・サラゴサ市・カセレス市・エル バグレ市・カウカシア市・ネチ市で構成されていますが、現在エル バグレ市の殺人率が最も高くなっています。

2022 8-22 RCN Radio
ニュニェス中佐など11人に逮捕命令 コロンビア スークレ県

 スークレ県チョチョ市で7月25日に発生したホセ カルロス アレバロ、ヘスス ダビド ディアス、カルロス アルベルト イバニェス殺害事件の容疑者として、警察中佐ベンハミン ダリオ ニュニェス ハラミジョに逮捕命令が出ました。
 この事件ではベンハミン ダリオ ニュニェス中佐の他にも10人の警察官に逮捕命令が出ています。
 3人はニュニェス中佐が指揮を取った犯罪グループに対する作戦の際に殺害されており、中佐に同行した3人の警官のうちの2人が、中佐が3人の若者殺害の背後にいると訴えています。
 ベンハミン ダリオ ニュニェス ハラミジョ中佐がすでにメキシコに出国したという情報があり、インターポールが居場所確認のための令状青を発行しています。

112taro:2022/08/23(火) 08:28:37
2022 8-22 UNOTV.com
ゲレロ州モチトラン市で5人が殺された メキシコ

 ゲレロ州モチトラン市クアヒロトラ村で武装集団が5人を殺害しています。5人の内の4人は家族です。
 日曜日、当局は当初7人が殺害されたと発表していました。
 午後4時、検察・メキシコ陸軍・国家警備隊・州警察の部隊が、コンボイを組んで現場に到着しています。
 現場ではクアヒロトラ村の警察署長イリネオと父親のクレスセンシオ、兄弟のグアダルーペ、エミリオとポンシアノの銃殺死体が確認されています。死体にはマリファナに覆われていました。
 家族の証言によれば、8月20日日曜日に軍服を着用し長銃で武装した集団が村に現れて村の警察署長を探し始め、その後銃声が聞こえ男性数人の行方がわからなくなっていました。
 翌日曜日になって5人の死体が見つかり、ゲレロ州の州都チルパンシンゴ市の法医学サービス(Semefo)に運ばれています。
 
2022 8-22 EXCELSIOR
殺し屋が民家に侵入し3人を殺害 メキシコ シウダ フアレス

 月曜日の深夜、国境の町チワワ州シウダ フアレスの住宅団地プラデラス デル スールにある民家に二人組の殺し屋が侵入し、ホームパーティーを楽しんでいた人たちに向けて発砲し男性3人を殺害、女性1人を負傷させています。
 午前1時1分、カジェ クルセスとカジェチャルマの間にある民家で銃撃事件が発生し、負傷者が出ているという通報は数軒警察に羽織っています。
 現場に急行した警察の506部隊が、ガレージに倒れていた4人を発見しています。4人の内の2人はすでに死亡していました。
 警官は救急隊に出動を要請し、女性1人と男性1人が病院に搬送されていますが、35歳位の男性は病院に到着する前に死亡しています。
 殺し屋は1台のバイクに乗り逃亡しています。

113taro:2022/08/24(水) 08:32:15
2022 8-23 el COLOMBIANO 4339,16 7,21
コカの木の強制撤去を停止する コロンビア警察

 コロンビア警察新長官エンリー サナブリア セリー将軍は、違法作物の強制撤去を停止すると発表しました。
 長官はEL TIEMPO紙のインタビューで、前政府が推進していたグリホサートの空中散布も今後は推進することは無いと警告しています。
 「私達が行うのは特定の場所で特定の機関のメンバーやその他国家機関と会議を開催し、自発的な撤去と代替を促進していきます。」とサナブリア セリー長官は強調しています。
 国連薬物犯罪事務所の調べによれば、コロンビアで最も麻薬作物の栽培が盛んな地域はベネスエラと国境を接するノルテ デ サンタンデール県カタトゥンボ地域、ナリニョ県とカウカ県の太平洋沿岸地域、エクアドルと国境を接するプトゥマヨ県の国境地域、アンティオキア県アノリ市・タラサ市・バルディビア市です。
 麻薬作物栽培地域では多くの社会的リーダーが殺害され、コロンビア革命軍(Farc)分派・国民解放軍(ELN)・クラン デル ゴルフォといった麻薬武装組織が活発に活動しています。

2022 8-23 el COLOMBIANO
ベネスエラ反体制派リーダーたちの引き渡し要請をペトロ大統領が拒否 コロンビア

 コロンビアに避難しているベネスエラ反体制派リーダーたちの引き渡しを求めるベネスエラ与党の願いは、グスタボ ペトロ新政権には届かないようです。
 今週月曜日、ベネスエラ与党統一社会党(PSUV)の党首でチャビスモのNo.2(ニコラス マドゥロ大統領に次ぐ地位)とされるディオスダド カベリョは記者会見の場で、「あそこのたくさんいる犯罪者たちを逮捕してベネスエラに引き渡すよう求めている。無効にはベネスエラ国家に対する犯罪のほかに、人殺しも泥棒もいる。」と述べています。
 ベネスエラ反体制派の中には政治的思想を理由にニコラス マドゥロ政権に迫害され、コロンビアに逃げている人たちがいます。
 ベネスエラ側の要請に対してペトロ大統領はツイッターを通じ、「コロンビアは亡命と避難の権利を保証する。」とカベリョの要請について書かれたニュースのリンクを添えて表明しています。
 ベネスエラが引き渡しを求めている反体制派政治家たちの中には、弁護士で元国会議長のフリオ アンドレス ボルヘス フニェントが含まれています。チャビスタ政権は2018年に失敗したマドゥロ大統領に対する攻撃の首謀者として非難しています。
 ボルヘスやベネスエラ学生リーダーのパブロ パラダは、左派大統領グスタボ ペトロがチャビスタの要求に屈するのではないかという疑念から、コロンビアを離れる事を検討しています。

114taro:2022/08/24(水) 08:32:27
2022 8-23 EL ECONOMISTA
またメキシコでジャーナリストが殺された ゲレロ州

 月曜日の午後、メキシコ南部ゲレロ州でジャーナリストが殺害されました。メキシコはジャーナリストに取って世界でも最も危険な国の1つとなっています。
 ネットを通じてニュースは配信しているフレディ ロマンは、ゲレロ州の州都チルパンシンゴ市で銃殺されたと、ゲレロ州検察が発表しています。
 現場には検察の捜査チームが派遣され、現場検証と遺体の回収を行っています。
 ラモンはフェースブックを通じてニュースコラムを配信しており、最後の記事は2014年に発生したアヨツィナパ教員養成学校の学生43人が失踪した事件と同事件で元検事総長ヘスス ムリジョ カラムが逮捕された事に関してでした。
 メキシコ政府は先週木曜日に今年メキシコでは12人のジャーナリストが殺害されていると報告しています。しかし国境なき記者団(RSF)は、10人のジャーナリストが職務に関連して殺害されているとしています。
 RSFによれば、メキシコでは2000年以降約150人のジャーナリストが殺害されていますが、事件の多くは未解決のままです。

2022 8-23 proceso
カルテル デ シナロアの最大ボス マヨ サンバダの腹心ルペ タピアの息子が捕まった メキシコ シナロア州

 国家防衛省(Sedena)が主導しシナロア州の州都クリアカン市で作戦が実施され、メキシコ有数の麻薬組織カルテル デ シナロアの最大ボス イスマエル マヨ サンバダの腹心の1人ホセ グアダルーペ タピア キンテロの息子エイバル ホスエ タピア サラサールが逮捕されました。
 作戦は8月22日月曜日に実施され、エイバル ホスエ タピアともう一人がクリアカン市内の公道で逮捕され、麻薬フェンタニルと銃器と車が押収されました。
 逮捕者の父親ホセ グアダルーペ タピア キンテロは2014年にアメリカ合衆国財務省の最重要麻薬犯リストに加えられています。

115taro:2022/08/25(木) 09:11:36
2022 8-24 Semana 4374,45 8,80
オランダ人観光客2人がカルタヘナで死亡 コロンビア ボリバル県

 観光でボリバル県の県都カルタヘナ市を訪れていたオランダ人観光客2人が死亡した件について、現在調査中であるとカルタヘナ市当局が発表しました。
 「カルタヘナ市はオランダ人観光客 Robert Gerriet Kootte とNienke Guri Trishna Bawaが亡くなられた事を残念に思います。現在検察がこの件について調査を行っています。」という声明を発表しています。
 カルタヘナ市によれば、2人は8月21日にカルタヘナ市に到着し、同日緊急事態が発生しています。
 「これまでに分かっている情報は、8月21日にカルタヘナにやって来た観光客2人が、翌月曜日に緊急事態により病院に搬送されたということです。オランダ人観光客は、カルタヘナ市警の部隊に付き添われて病院に運ばれました。」とカルタヘナ市当局は指摘しています。
 カルタヘナ市は緊急事態の原因について言及していませんが、オランダ人2人は明らかに中毒症状を発症してメディヘルペル病院に運ばれ、そこで死亡しています。
 「月曜日に29歳の女性の死亡し、火曜日の朝にパートナーの男性31歳が死亡しています。」とカルタヘナ市は報告しています。
 カルタヘナ市は観光客2人の死亡を残念に思うと共に、事件発生以降国際協力事務所や大使館と連絡をとり連携していると説明しています。
 亡くなられたオランダ人2人の家族にはすでに説明がされています。
 
2022 8-24 el COLOMBIANO
スペインのペドロ サンチェス首相が、和平交渉の場としてスペインを提案

 スペインのペドロ サンチェス首相はコロンビアを訪問してすぐに、グスタボ ペトロ政府が掲げる全面和平とコロンビア政府が違法武装グループとの対話を希望していることへの支持を表明しています。
 「私たちはコロンビア政府が和平を実現させるために、できる限りの支援を行います。もしも和平交渉がスペインで行われるのであれば、スペインは対話の場を提供する用意があります。」とサンチェスはWラジオの取材で強調し、「スペインは常にコロンビアとあり、政府が私達に要請するあらゆる事を支援します。」と語っています。
 「ベリサリオ ベタンクール大統領(1982年から1986年)がコロンビア革命軍(Farc)・人民解放軍(EPL)・M-19と和平交渉を行ってから、スペインはコロンビア和平到達に向けた協議を可能な限り支援する事に関心があります。」とサンチェスは付け加えています。
 現在ペドロ サンチェス首相は初の中南米歴訪の最初の国であるコロンビアに滞在しています。サンチェス首相は8月27日までコロンビアに滞在し、その後エクアドル・ホンジュラスを訪れる予定です。

116taro:2022/08/25(木) 09:11:46
2022 8-24 VANGUARDIA
犯罪組織アレジャノ フェリックスのボス通称エル カボ20がヌエボ レオン州で捕まった メキシコ

 バハ カリフォルニア州検察長官リカルド イバン カルピオは、ダビド ロペス ヒメネス別名エル カボ20もしくはエル ロボ20をヌエボ レオン州で逮捕したと発表しました。
 ロペス ヒメネスは週刊誌セタのフォトジャーナリスト マルガリート マルティネス エスキベルが殺害された事件の黒幕とされています。
 ロペス ヒメネスはヌエボ レオン州アポダカ市で逮捕されました。
 当局はバハ カリフォルニア州で2021年に発生した2537件の殺人事件の多くにロペス ヒメネスが関与していると考えています。
 
2022 8-24 infobae
アビガイル ウルティア殺害容疑で警察官3人と裁判官1人が逮捕された メキシコ オアハカ州

 オアハカ州検察長官アルトゥール ペインベルト カルボは、アビガイル アイ ウルティア殺害容疑でサリナ クルス市警の警官3人と裁判官1人を逮捕したと発表しました。
 ホエル アルベルト ルイス ベラスケス判事は、8月19日に逮捕され、その3時間後に警察署内で死亡したアビガイル ウルティアの捜査を保証するために拘束されています。
 アビガイル ウルティアの遺体の検死はこれまでに2度実施されており、首吊りによる窒息死とされていますが、カンペチェ州の専門家による3度めの検死が実施される予定です。
 殺人容疑での逮捕にもかかわらず、逮捕された警官3人の名前は明らかにされていません。
 アビガイルは8月19日金曜日に夫と喧嘩したあとに管理上の過失を理由に逮捕され、その3時間後に警察署内で死亡しています。当局は30歳の女性が自殺したと主張していました。
 アビガイルの家族はアビガイル ウルティアが下着で自殺をしたと聞かされました。しかし父親のホセ ルイス アイは、「ただ正義が欲しいのです。サリナス クルス署の警官たちが私の娘を殴り殺し、首吊りに見せかけています。」と語っています。

117taro:2022/08/26(金) 08:45:22
2022 8-25 infobae 4380,19 9,10
武装集団がグスタボ ペトロ大統領先遣隊の車両を襲撃、大統領のカタトゥンボ地域訪問が中止に コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 グスタボ ペトロ ウレゴ大統領の先遣隊がエル タラ市で武装集団に襲撃され、先遣隊の運転手たちが拘束されそうになったことを受け、大統領訪問団は予定されていたカタトゥンボを経由するルートを通らず、県都ククタ市だけを訪問することが決定されました。
 内務大臣アルフォンソ プラダはカラコル ラジオの取材に対し、グスタボ ペトロ大統領は安全保障会議開催と治安状況の視察のためにカタトゥンボ地域を訪問する予定であったが、同地域の状況を考慮し大統領のカタトゥンボ地域訪問は中止せざるを得なくなったと発表しています。
 コンベクシオンとテオラマの間に自動小銃を携帯した武装集団が違法検問を設置し、3台の大統領先遣隊の車両を停車させようとしました。先遣隊は停車命令に従わず、銃撃戦となっています。
 このような状況下でもエル タラ市の市長はカタトゥンボ地域の困難な状況、特に治安問題を説明するために大統領に訪問するよう要請し、訪問のための安全対策も整っていると説明しています。
 ヤイル ディアス ペニャランダ市長はエル タラ市での条件は整っているが、ルートについては大統領府の判断によるとWラジオの取材で語っています。
 市長は、「この地域には国民解放軍(ELN)とコロンビア革命軍(Farc)分派戦線が存在しており、事件はエル タラ市ではなくサン パブロ地域で起きています。」と語っています。
 
2022 8-25 el COLOMBIANO
国防相が違法武装グループにたいする空爆作戦の中止を命じた コロンビア

 国防相イバン ベラスケスは、違法武装組織のキャンプに未成年がいる可能性があるとして、コロンビア軍による空爆作戦の中止を命じました。
 司法関係者がEL COLOMBIANO紙に語ったところによれば、軍はグスタボ ペトロ大統領就任の1週間まえから国民解放軍(ELN)ゲリラキャンプを標的にしたアンティオキア県・チョコ県・ボリバル県南部での空爆作戦を中止しています。
 「違法組織にリクルートされた未成年者は犠牲者であり、軍事作戦は彼らを危険にさらすものであってはならない。私たちは死よりも命を優先させなければならない。民間人や未成年者の命を危険にさらす軍事作戦は実行すべきではない。空爆作戦は中止する。」とベラスケスは表明しています。
 コロンビア軍による最後の空爆作戦は7月にカケタ県サン ビセンテ デ カグアン市郊外でコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラボスネストル グレゴリオ ベラ別名イバン モルディスコのゲリラキャンプを標的に実行されています。この作戦により、当局はイバン モルディスコを含む9人のゲリラが死亡したと発表しましたが、空爆から数週間後にイバン モルディスコは動画を公表しており、ゲリラボスの生死は現在不明です。
 空爆作戦の中止はペトロ政権の「全面平和」政策の2番めの重要な措置となっています。大統領は先週土曜日にELN最高幹部グループの逮捕命令と引き渡し要請を撤回しています。フアン マヌエル サントス政権時にコロンビア政府とELNは和平交渉を開始し、次のイバン ドゥケ政権時に中断しています。ペトロは和平交渉再開に向けてELNと対話を進めています。
 グスタボ ペトロが率いる左派連合パクト イストリコは、これまでコロンビア軍による空爆作戦を最も批判していた政治グループです。

118taro:2022/08/26(金) 08:45:37
2022 8-25 CARACOL RADIO
ブガ市で殺し屋による襲撃事件、3人が殺され1人が怪我 コロンビア バジェ デル カウカ県

 バジェ デル カウカ県中央部ブガ市でほぼ同時刻に2件の銃撃事件が発生し、3人が死亡4人が怪我をしています。
 最初の事件はITA地区にある民家内で発生し、男性2人と女性1人が殺害され1人が怪我を負っています。
 殺害されたのはフェルナンド レアル マルティネス45歳、セルサ エリサ ミランダ ロペス61歳、身元不明の45歳位の男性です。
 バジェ デル カウカ県警司令官エベル ヒオバニー ゴメス大佐は、「特別捜査チームを編成し、事件解明にあたっている。」と指摘しています。
 その直後、アルベルゲ地区にあるレストランが襲撃されて3人が負傷し、病院に搬送されています。
 ブガ市では2日前にアンドレス マウリシオ ソト19歳のバラバラ死体が見つかったばかりです。

2022 8-25 El SOl de Mexico
ミチョアカン州で銃撃戦、8人が死んだ メキシコ

 ミチョアカン州検察はトゥサントラ市中心部で武装集団同士による銃撃戦が水曜日に発生し8人が死亡しているが、その内の3人の身元が判明したと発表しました。
 3人の名前はホセ フランシスコ別名パチョ22歳、アディス別名エル ペロン32歳、ABA14歳で、死体はトゥサントラ市市街地にある中央広場で当局が回収しています。
 3人の死体は親族により確認され、埋葬のための法的措置が取られています。
 木曜日、ミチョアカン州知事アルフレド ラミレス デドヤはトゥサントラ市で発生した銃撃戦について、ジョニーとホセ アルフレド ウルタド オラスコアゴ兄弟別名エル ペスとエル フレサが率いる犯罪組織ラ ファミリア ミチョアカナの内部抗争であると発表しています。
 銃撃戦は住民たちを怯えさせ、住民たちのなかには8人が死亡した銃撃戦の様子を撮影した動画をネットに上げています。

119taro:2022/08/27(土) 08:34:23
2022 8-26 el COLOMBIANO 4407,95 8,78
グスタボ ペトロ大統領がエル タラ市を訪問 コロンビア カタトゥンボ地域

 月曜日に訪問団先遣隊が襲撃を受けたノルテ デ サンタンデール県カタトゥンボ地域エル タラ市をグスタボ ペトロ大統領が訪問しました。
 ベネスエラと国境を接しコロンビア有数の麻薬生産地であるカタトゥンボ地域を大統領として初めて訪問したペトロは、地域の治安状況改善のための安全保障会議を開催する予定です。
 ペトロは地元当局だけではなく地元住民たちからの話にも耳を傾け、ベネスエラとの国境地帯周辺の社会状況を学ぼうとしています。
 エル タラ市当局は大統領がエル タラ市を訪問するのは初めてであり、大統領は「安全保障会議を開催し、エル タラ市の住民の要望に答える。」と発表しています。
 8月22日、大統領訪問団の先遣隊がサン フアン地区で武装集団から銃撃を受けています。
 大統領官邸カサ デ ナリニョの発表によれば、少なくとも6人の武装した集団が違法検問を設置し、武装集団の停車命令に従わなかった先遣隊の車列に発砲しています。
 この襲撃を受けグスタボ ペトロのエル タラ市訪問は中止されたと発表されていましたが、ペトロ大統領はエル タラ市訪問を決断しています。

2022 8-26 W RADIO
カルタヘナでまたもやぼったくり事件、モラハ2匹とビール4本で600米ドル請求された コロンビア ボリバル県

 コロンビア有数の観光地ボリバル県の県都カルタヘナ市のプラヤ ブランカなどのビーチリゾートでは、法外な料金を請求するボッタクリ事件が頻発しています。
 つい最近も観光でやって来たエクアドル人家族が、魚料理二皿とビール4本で600ドルの請求を受けています。
 その場にいたバランキージャ市の住民によれば、大金を請求されたエクアドル人観光客がやって来て、この値段は正当なのかと尋ねています。請求額はコロンビアペソに換算すると約250万ペソに相当します。
 ぼったくりに気づいたコロンビア人女性は、エクアドル人家族に付き添い代金の一部返還を求めましたが、プラヤ トランキーラと呼ばれる場所にあるレストランのオーナーは攻撃的な態度で応じています。
 「状況を記録しようと携帯電話を取り出すと、ダニエルという男性が私の胸を殴り、更に平手打ちをしようとしたために夫が割って入りました。しかし夫もダニエルから暴行を受けています。」とバランキージャ市からやって来ていた女性が証言しています。
 プラヤ ブランカでは以前にもメキシコ人観光客のグループが600万ペソをぼったくられたと訴えています。
 外国人観光客がぼったくりにある事件が2件も発生しているにも関わらず、カルタヘナ市当局は予防措置を取ろうとしません。観光局のナタリア ボオルゲスは、ビーチリゾートで注文するときは、価格表を求めるよう呼びかけています。

120taro:2022/08/27(土) 08:34:49
2022 8-26 el COLOMBIANO
ニュネス中佐は至近距離で若者たちを撃ったと、その場にいた警官が証言 コロンビア スークレ県

 スークレ県チョチョ市で起きた若者3人殺害事件に関与した罪に問われている警察官10人の罪状認否で、警官の1人が犯行の様子を証言する動画が上映されました。
 「彼(ベンハミン ニュニェス中佐)は横たわるように言いました。彼は順々に3人を撃ちました。3人を至近距離から撃ったのです。撃ったのは彼だけです。車は動いていました。」と証言しています。
 この証言はメキシコに逃亡したベンハミン ニュニェスが、カルロス イバニェス、ヘスス ダビド ディアス、ホセ カルロス アレバロ コントレラスを殺害した事を示す検察が収集した証拠42点の1つです。
 10人の警官が逮捕され、1人が逃亡している事件は、7月25日にサンプエスで始まっています。最初警察パトロール隊員ディエゴ ルイス リンコンがパン屋で殺害されています。警察は直ちに包囲網を設置し、3人の若者を容疑者として逮捕しました。
 「バイクに乗った殺し屋が警官を襲撃し、残念ながら亡くなりました。私たちは直ちに作戦を開始し容疑者3人を拘束しましたが、負傷しており病院に搬送する途中で死亡しています。」と当時スークレ県警の司令官であったカルロス コレア大佐は発表しています。
 検察が収集した証拠は、コレア大佐の発表とは異なっています。若者たちは警官たちに拷問を受けた後で撃ち殺されています。
 主犯のベンハミン ニュニェスは8月第1週にパナマに逃亡し、その後メキシコに飛んでいます。インターポールはベンハミンに逮捕状(令状赤)を発行しています。

2022 8-26 sinembargo
メキシコ陸軍大佐が6人の学生を殺害していた アヨツィナパ43人学生失踪事件

 アヨツィナパ事件真実と正義のための委員会(CoVAJ)の代表であるアレハンドロ エンシナス ロドリゲス次官は、ゲレロ州イグアラ市に基地を置く陸軍第27歩兵大隊司令官ホセ ロドリゲス ペレス大佐の命令で、行方不明となった43人の内の6人の学生が殺害されたと明らかにしました。
 「6人の学生は拉致された後4日間生かされており、当時司令官であったホセ ロドリゲス ペレス大佐の命令により殺害されたと推測される。」とエンシナス ロドリゲスはアンドレス マヌエル ロペス オブラドール大統領の会見の場で述べています。

121taro:2022/08/28(日) 08:57:42
2022 8-27 el COLOMBIANO 4388,02 8,78
3人の若者を殺害し国外逃亡している警察中佐ニュニェスの弁護士が、安全が保証されるなら自首すると発言 コロンビア

 スークレ県で若者3人を冷酷に殺害したと告発されているベンハミン ニュニェス中佐は、8月4日から国外逃亡しています。
 現在中佐が滞在している国を明らかにするとこはできないが、弁護士のセルヒオ アウグスト ラミレスは安全が保証されるならば、仲裁はコロンビア当局に自首するつもりであると断言しています。
 中佐の弁護士によれば、中佐と中佐の家族の安全を危険にさらす出来事が続いて発生しています。「彼らは安全面で問題を抱えています。それ故、関係当局に自首するに当たり、政府に安全保障を求めています。」とラミレスは語っています。
 弁護士は自首の意思を表明するとともに、ニュニェスが警察官として「彼は義務を果たし、コロンビアの様々な犯罪と闘ってきた。」とニュニェスを擁護しています。
 今現在、ニュニェスが立ち会う事なく裁判は進められています。水曜日、検察はヘスス ダビド ディアス、カルロス アルベルト イバニェス、ホセ カルロス アレバロ殺害容疑で10人の警察官を起訴しています。3人は根拠のない告発により、無防備の状態で殺害されたとされています。
 唯一の逃亡者ニュニェスが若者3人に向けて7発の銃弾を至近距離から発射して殺害したと、現場にいた警察官たちは証言しています。中佐はインターポールから指名手配されています。

2022 8-27 RCN Radio
メデジン大司教区は25人の司祭が子供に性虐待を行った疑いがあることを認める コロンビア アンティオキア県

 ジャーナリストのフアン パブロ バリエントスは2年近くにわたり、児童性愛事件に関連した司祭に関する情報を得るために、メデジン大司教区と法的紛争を続けています。
 今週、メデジン大司教区は憲法裁判所の判決に従い、メデジン大司教区内の児童性愛事件に関する機密事項と定めた情報を提供すると発表しました。
 メデジン大司教区の大司教リカルド トボン レストレポは、「ムリエル マサ アコスタ判事の判決に従い、メデジン大司教区における小児性愛の事例について、我々に請求された情報を引き渡す。」と語っています。
 アンティオキア県の県都メデジン市のカトリック教会のトップは、「透明性・真実への献身・隠蔽の意図がない事を示す。」ために操作されないように文書を公開すると付け加えています。
 発表されたリストには1995年から2016年にかけて小児性愛事件に関わった可能性のある司祭25人の名前が記載されています。この25人の内の8人が停職となり、6人が聖職を辞し、2人が調査中、4人が現在も司祭、2人が補佐役、2人が制限付き聖職、1人が死亡しています。
 しかしジャーナリスト フアン パブロ バリエントスが求めたのは916人の司祭の情報であり、司法手続きは継続される可能性があります。

122taro:2022/08/28(日) 08:57:55
2022 8-27 EL HERALDO
今年これまでにビニール袋に包まれた死体が19体見つかっている コロンビア ボゴタ市

 コロンビアの首都ボゴタ市では今年4月から、様々な場所で19体のビニール袋に包まれた死体が見つかっています。
 死体はすべて拷問を受けた痕があります。1人の女性は首を切り取られ、1人の男性は手足を縛られ、別の人物は160箇所を刺され燃やされるなどした死体がここ数ヶ月で次々に発見されています。
 最初にビニール袋に入れられた死体が発見されたのは4月4日で、サン クリストバルとウスメの間の山間部で見つかっています。25歳くらいの男性2人は頭部に銃弾を撃たれていました。
 その後、テウサキジョ、エンガティバ、ロス マルティレス、プエンテ アランダ、ケネディーでも見つかっています。
 ボゴタ市警市民安全課司令官アレハンドロ ロドリゲスは4月に、「この手の犯罪は麻薬取引の関連した犯罪グループ同士の抗争事件です。殆どの場合、このような手口で恐怖を与え、縄張りを奪おうとします。」とTL TIEMPO紙の取材で語っています。
 その後、捜査が進むに連れて警察と検察は一連の拷問殺人事件が、ベネスエラに拠点を置く犯罪グループ トレン デ アラグアの犯行であることを立証しています。
 8月25日にエル アンパロ地区で3体の死体が発見された事に関し、ボゴタ市の治安担当責任者アニバル フェルナンデス デ ソトは、「トレン デ アラグあは他国のボゴタ市を支配しようとしている。」と述べています。
 これまでにトレン デ アラグアのメンバーとされる5人が逮捕されています。その中にはボゴタ市で死体をバラバラしてビニール袋につめている様子を撮影されたラファエル アルフレド ブリト別名アルフレドとビクトル マヌエル サラサール別名カピが含まれています。
 ボゴタ市警の当時の司令官エリエセル カマチョ将軍は、これらの人物たちが「ベネスエラ アラグア州トコロン刑務所に収監されているニーニョと呼ばれる犯罪者に直接従っており、ニーニョは対立組織のメンバーの殺害を命じている。」と週刊Semanaの取材で説明しています。

123taro:2022/08/29(月) 08:10:03
2022 8-28 publimetro 4388,02 8,78
ナリニョ県で2件の虐殺事件、先住民3人を含む7人が殺された コロンビア

 8月26日金曜日の夜、ナリニョ県クンバル市で先住民居住区パナンの元代表者アドリアナ デル ロシオ ゲレロ タラプエスとその夫スタリン エミルソン カルパ トゥプエ、ディエゴ アルマンド スパニャが殺害されたとコロンビア先住民当局運動(AICO)が発表しました。
 もう一つの虐殺事件は太平洋沿岸に近いオラヤ エレラ市で発生しています。4体の死体が発見されていますが、今現在身元は判明していません。
 人権擁護活動家ネリー サラスによれば、今年ナリニョ県で発生した虐殺事件(一度に3人以上が殺害された事件)は5件となっています。

2022 8-28 el COLOMBIANO
ククタ市で男性4人が殺害された コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 土曜日の午後3時55分、ベネスエラとの国境の町ノルテ デ サンタンデール県の県都ククタ市プエブロ ヌエボ地区でミゲル セバスティアン メラノ トレス靴職人、オスカー エデュアルド サンドバル イゲラ教師、ヒノ アルバレス ベルヘル錺職人、ロドリゴ アルベルト エレラ露天商が殺害されました。
 今現判明んしているのは、銃を携帯した5人の男がタクシーで現場にやってきてタクシーから降り、麻薬密売を巡る争いの標的とされるロドリゴ エレラを特定し、周りに人がいるのにも気にせず銃を乱射しました。
 ロドリゴ エレラの近くにいたミゲル メラノ、オスカー サンドバル、ヒノ アルバレスは逃げようとしましたが、武装集団はロドリゴ エレラ共々3人も銃殺しています。
 エレラはエレラが毎日この場所で売るタバコ・お菓子・ポテトチップスなどが積まれた車の脇に倒れて死亡しました。ミゲル セバスティアン、オスカー エデュアルド、ヒノは搬送先の病院で死亡しています。
 現場からは少なくとも17個の薬莢が見つかっています。

124taro:2022/08/29(月) 08:10:15
2022 8-28 RCN Radio
ジャーナリスト2人が殺害された コロンビア マグダレナ県

 地元ラジオ局ソル ディヒタル ステレオのディレクター レイネル モンテロ オルテガと記者ディリア コントレラスが取材を終えた後で殺害されました。
 2人はマグダレナ県フンダシオン市市街地に近いサンタ ロサ デ リマを車で走行していたときに襲撃されています。
 2人はサンタ ロサ地域であった闘牛祭りの取材を終えて帰る途中でバイクに乗った2人組から銃撃を受けています。
 2人はその場で死亡し、もう1人ホアキン アルベルト グティエレスが負傷し病院に搬送されています。
 報道の自由のための財団(FLIP)によれば、今年1月から5月20日にかけてコロンビアでは97人のジャーナリストが脅迫を受けています。

2022 8-28 EL FINANCIERO
ジャーナリストでアナウンサーのカンディダ クリスタル バスケスの死体が見つかる メキシコ シナロア州

 ジャーナリスト カンディダ クリスタル バスケス34歳の死体が8月27日にマサトラン市住宅団地エル シドの水路で見つかりました。
 カンディダ クリスタル バスケスは7月21日から行方不明となっており、今日家族が遺体を確認しています。
 遺体は袋の中に入れられており、手足を縛られ首には縄がかけられていました。服装はショートパンツにブラウスでした。最後に目撃されたときの服装はノースリーブのブラウスにピッタリとしたズボンをはきテニスシューズを履いていました。

125taro:2022/08/30(火) 08:38:53
2022 8-29 el COLOMBIANO 4388,02 8,41
コロンビア各地で虐殺事件が相次ぐ

 先週末は今年最も虐殺事件(一度に3人以上が殺害された事件)が発生した週末の1つとなりました。バランキージャ市とカウカ県カルドノ市で虐殺事件が起きています。
 今年71回目の虐殺事件はアトランティコ県の県都バランキージャ市モンテス地区の商店前で起きています。「バイクに乗って現れた殺し屋が、3人を殺害しました。」と民間組織は発展と平和のための研究機関(Indepaz)が発表しています。
 オンブズマンは今回の事件はバランキージャ市で縄張り争いを繰り広げる犯罪グループによる犯行であると指摘しています。
 縄張り争いをしている犯罪グループはヌエボ ブロケ コステニョとロス パンチェカスとクラン デル ゴルフォです。
 カウカ県カルドノ市でも一家3人が殺害されています。
 最初に18歳の若者が数発の銃弾により命を奪われ、その後最初の犯行現場近くの民家で従兄弟と兄弟が殺害されました。
 Indepazによれば、3人は先住民居住区サン ロレンソに住む先住民の若者です。カルドノ市周辺では共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)、コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派、コロンビア革命軍(Farc)分派ダゴベルト ラモス部隊が存在しています。
 同様に8月26日から28日の先週末はナリニョ県とノルテ デ サンタンデール県の県都ククタ市でも虐殺事件が起きています。

2022 8-29 RCN Radio
ELNボス アントニオ ガルシアの児童徴兵を行っていないという発言に、紛争専門家が意義を唱える コロンビア

 ラテンアメリカとカリブ海地域の組織犯罪を専門とする非営利のジャーナリズムおよび調査組織InSight Crimeの設立者の1人 Jeremy Mcdermottは、コロンビアの共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の最高指導者アントニオ ガルシアの児童徴兵を行っていないという発言について、ELNは数百人の未成年者を徴兵しているとアントニオ ガルシアの発言を否定しています。
 アントニオ ガルシアは、「我々は少年・少女・若者を徴兵しておらず、全て自主的に参加している。」とツイートしており、物議を醸しています。
  Jeremy McdermottはRCNニュースで、ELNがコロンビアで児童徴兵を行っていないというのは本当ではないと語っています。
 「ELNによる未成年者徴兵はオンブズマンと検察により数百件存在していることが明らかになっています。15歳以下の子供の徴用は強制的な徴用として、国際刑事裁判所で戦争犯罪とされています。」と説明しています。

126taro:2022/08/30(火) 08:39:04
2022 8-29 BBC NEWS MUNDO
コロンビア大使がカラカスに当着 両国の外交関係が正常化に

 コロンビアとベネスエラの長い不和の道のりを経て、コロンビア政府が任命した大使がベネスエラに当着し、月曜日から両国の外交関係が再開されます。
 ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロがコロンビア大統領イバン ドゥケとの不和から外交関係が断絶して3年、コロンビアで左派グスタボ ペトロが大統領に就任したことで外交関係が復活しています。
 大使に任命されたアルマンド ベネデッティはペトロの選挙参謀でした。新大使は月曜日にマドゥロ大統領に迎えられ、仕事を開始します。
 「ベネスエラとの関係は決して壊すべきではなかった。私達は兄弟であり、想像上の線が私達を引き裂くことはできない。」とベネデッティは出発前に語っていました。
 コロンビアとベネスエラは2219kmの国境線を共有していますが、当時のコロンビア政府がベネスエラ反体制派リーダー フアン グアイドを支援したことにより、2019年2月23日からマドゥロ大統領の命令で両国外交関係が断絶していました。

2022 8-29 EL UNIVERASL
36発の銃弾が3人の若者の命を奪った メキシコ ナウカルパン市

 メヒコ州ナウカルパン市ルイス ドナルド コロシオ道路脇にあるロマ リンダガソリンスタンドで、3人のバイク乗りが少なくとも36発の銃弾を撃たれて殺害されました。
 現場に派遣された検察捜査チームは現場から9mm銃弾の薬莢36個を回収しています。
 3人の若者の死体は法医学医療サービス(SEMEFO)に運ばれ検死が行われます。
 犯行グループは10人以上の中から3人を狙っており、検察は麻薬密売グループ同士の抗争事件と推定しています。

127taro:2022/08/31(水) 08:12:15
2022 8-30 Semana 4386,13 8,51
コロンビアで4番目に殺し屋による殺人が多い都市はカルタヘナ

 ボリバル県の県都カルタヘナ市の治安が悪化しています。8月28日日曜日にも殺し屋が2人を殺害し2人を負傷させるという事件が起きています。
 8月23日時点のカルタヘナ市で発生した殺し屋による犯行は23件で、1日1件のペースで発生しています。今年これまでにカルタヘナ市で発生した殺し屋による殺人事件は129件で、カルタヘナ市はコロンビアで4番目に多い都市となっています。
 カルタヘナ市で発生した殺人の特徴をまとめています。
・殺人被害者の94%が男性で、64%が34歳未満でした
・銃器を使用した殺人が80%
・殺人被害者の89%が高卒以下
・殺人の56%は公道で起きている
・殺人の37%が3月に発生した
・殺人の5件に1件が日曜日におきている
コロンビアの主要都市で最も治安に悪影響を与えているのが殺し屋による殺人です。Futuros Urbanosの報告によれば、2017年から2021年にかけて殺し屋による殺人が4080件から8161件に倍増しています。
 今年これまでにコロンビアで発生した殺人の61%5072件が殺し屋による殺人です。コロンビアでは殺し屋が銃器を使用して行う殺人が、主な殺人の形態となっています。
 Futuros Urbanosによれば、殺し屋による殺人の20%がコロンビアの主要5都市に集中しています。カリ市では今年これまでに殺し屋による殺人事件が430件発生しています。
 2番めに多いのが首都ボゴタ市で、2022年これまでに282件発生しています。ボゴタ市は最も殺人の形態が変化した都市となっています。2017年に発生した殺人の80%近くが喧嘩によるもので、殺し屋による犯行は10%だけでした。
 コロンビア第2の都市メデジン市では殺し屋による殺人は減少傾向にあり、2017年に330件だったものが2021年には182件となっています。
 バランキージャ市では逆に殺し屋による殺人事件が増加しています。

2022 8-30 EL TIEMPO
拷問部屋のある犯罪組織トレン デ アラグアのアジトが見つかる コロンビア ボゴタ市

 床や壁には血の跡、服や靴が詰まった袋、犠牲者が吊るされたロープなどが、犯罪グループのアジトから見つかっています。これらは1週間前にボゴタ市ケネディー区で死体で発見された3人が拷問を受け殺害された場所とされる民家から発見されました。
 ボゴタ市西部ケネディー区エル アンパロ地区にある狭い2階建ての民家が犯罪グループのアジトでした。
 袋に詰められて捨てられていたのは25歳から30歳くらいのコロンビア人です。
 ボゴタ市治安担当責任者アニバル フェルナンデス デ ソトは記者会見の場で、手口や死体の処理方法からベネスエラを拠点にする多国籍犯罪組織トレン デ アラグアと関係があると思われると語っています。トレン デ アラグアは麻薬密売利権をめぐり、コロンビアの首都ボゴタ市で恐怖を植え付けるための犯行を繰り返していると説明しています。
 トレン デ アラグアはベネスエラ生まれの最も恐れられるギャング団の1つで、ベネスエラの11州以上とラテンアメリカ7カ国に拠点があり、構成員は約2500人とされています。

128taro:2022/08/31(水) 08:12:26

2022 8-30 El Sol de Mexico
トラリスコヤン市で武装集団の襲撃事件、4人が殺され1人が怪我 メキシコ ベラクルス州

 ベラクルス州トラリスコヤン市で襲撃事件があり、一家4人が殺され1人が怪我をしたとベラクルス州公安局が発表しました。
 目撃者によれば、事件は午前中に殺害された一家の自宅の隣りにある木工工場で起きています。殺人現場となった工場は3 デ ディシエンブレ通りとカジェ リベルタのほぼ角にあります。武装集団は5人に向かって銃弾を発射していますが、近隣住民たちは銃声を聞いておらず、おそらくサイレンサーが使用されたと思われます。
 犯行後、犯人たちは犠牲者の所有するバンを奪って逃亡しています。
 1人の隣人が犯行に気づき工場内に入り、死体を発見し通報しています。
 殺害されたのはカンディドと名乗る会計士とその妻ロサ、義理の娘で元市議のニンナ、未成年者のロマリオです。重傷を負った未成年のヘススは病院に運ばれています。
 
2022 8-30 El Diario.mx
女装した男性の死体が塔から吊るされる メキシコ シウダ フアレス

 国境の街チワワ州シウダ フアレスのリベルタ区にある丘の上の高圧線の鉄塔に、女装した男性の死体が吊るされいたと西部地域警察が発表しています。
 カジェ デル 二ベルとカジェ アサケの高台にある鉄塔の近くを通りかかった1人の労働者が死体を発見し、女性が吊るされいると通報しています。
 警察発表によれば、鉄塔から吊るされた男性の死体は学校の制服のスカートと黒のブラジャーを身に着けていました。
 警察から連絡を受けた検察捜査チームが現場に入っています。

129taro:2022/09/01(木) 08:48:03
2022 8-31 RCN niticisrcn.com 4400,16 8,20
グスタボ ペトロ大統領が8人の身柄引き渡しに署名したが、ピエダ コルドバの弟アルバロ コルドバは引き渡されない コロンビア

 コロンビア共和国大統領に就任してまだ1ヶ月経過していませんが、グスタボ ペトロ大統領はアメリカ合衆国へ8人の犯罪者引き渡し文書に署名しました。火曜日、司法大臣ネストル オスナが大統領官邸カサ デ ナリニョで発表しました。
 ネストル オスナ大臣は、既にグスタボ ペトロ大統領が8件の身柄引き渡しプロセスに署名しており、8人は麻薬取引に関連する犯罪行為でアメリカ合衆国から引き渡し要請がなされていたと説明しています。
 アメリカ合衆国に引き渡されるのはアルセビス エンリケ オルティス ルケス、フランク エルナン アルバレス エスピネル、ホセ ルイス ピノ レアル、ロムロ ラミレス ロドリゲス、ジョン セバスティアン バジェホ ルエダ、ルイス アレクサンデル バレラ フォレロ、アンドレス フェリペ レストレポ サンチェス、アレハンドロ エチェベリー カノです。
 コロンビアは犯罪者に償いをさせるために特にアメリカ合衆国当局と市方面で協力していくと大臣は強調しています。
 一方、麻薬取引と共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派組織との関係で引き渡し要請がアメリカ合衆国から来ている左派上院議員ピエダ コルドバの弟アルバロ コルドバの引き渡しについては、既に自分のところには来ているが大統領の手元にはないと説明しています。
 裁判でコルドバは重機の密輸と犯罪共謀の罪にも問われましたが、最高裁は麻薬犯罪についてのみ請求を支持しました。
 アルバロ コルドバは動画を通じ、釈放はもうすぐであると断言しています。
 
2022 8-31 CARACOL RADIO
7月の失業率は11% コロンビア
 
 コロンビアの今年7月の失業率は昨年7月の13,1%より2,1ポイント改善した11%であったと国家統計局(DANE)局長ユリエス カノが発表しています。
 7月は163万8000人が労働市場に参入し、労働者数は8%増の2205万5000人となっています。
 失業者数は34万4000人減の272万3000人となりました。
 DANEによれば、今年7月の就業者数は男性1303万2000人、女性902万3000人です。
 7月に最も雇用を創出舌部門は工業・行政・運輸・芸術でした。

130taro:2022/09/01(木) 08:48:14
2022 8-31 CARACOL RADIO
義理の父親の命を狙った殺し屋の銃弾が3人幼児の命を奪った コロンビア カルタヘナ市

 ボリバル県の県都カルタヘナ市で3歳の男の子の命が殺し屋の銃弾により奪われました。悲劇はオラヤ エレラ地区のペドロ ロメロ通りで起きています。
 警察発表によれば、バイクに乗ってやって来たラウリートと呼ばれる男が銃を抜き、車に乗っていた男性にむけて繰り返し発砲しています。
 その銃弾の一発が標的となった男性に抱かれていた3歳幼児に命中しています。幼児は直ちに近くの病院に搬送されましたが、医者たちの懸命な治療にも関わらず亡くなっています。
 幼児の義理の父親も負傷しており、病院で治療を受けています。通称ラウリーとはエル プログレソ地区で、非常線を張っていた警察によって逮捕されています。
 「容疑者は幼児を銃撃する少し前にも別の車に乗ってた男性を銃撃しています。ラウリートは犯罪共謀罪で3年間刑務所に収監されていました。」とカルタヘナ市警司令官ニコラス サパタ准将が説明しています。
 准将によれば、ラウリートは銃器違法所持と窃盗の犯罪歴があり、カルタヘナ市でここ数日に発生した殺人事件の容疑者でもあります。

2022 8-31 EL UNIVERSAL
行方不明となっていた5歳男児が死体で見つかり、容疑者が逮捕された メキシコ ソノラ州

 ソノラ州検察による24時間近い大規模捜索の後に、イアン アレハンドロ5歳が遺体となって発見され容疑者1人が逮捕されました。
 5歳男児が最後に目撃されたのは8月28日土曜日の午前3時30分頃です、男児はソノラ州の州都エルモシージョ市レアル デル カルメン区にある民家内から姿を消し、同日午後6時に捜索願が出されています。
 直ちにソノラ州検察はアンバー アラートを発令し、捜索を開始しています。
 男児の自宅があるレアル デル カルメン区周辺には犯罪捜査局(AMIC)と科学捜査局の捜査チームが派遣され捜査が24時間近く続けられました。
 そして火曜日の午前0時、検察捜査官が男児の自宅から3km離れた場所にある建物を調べ、男児の遺体を発見しました。
 逮捕されたのはマルティン別名エル ベルで、幼児殺害と死体遺棄の容疑がかけられています。

131taro:2022/09/02(金) 08:25:08
2022 9-1 el COLOMBIANO 4422,77 8,22
ドン マリオの息子セバスティアン メネセス トロが逮捕された コロンビア ボゴタ市

 アメリカ合衆国治安当局の支援を受けコロンビア治安当局が数ヶ月行方を追っていたセバスティアン メネセス トロが、水曜日の朝ボゴタ市のエル ドラド国際空港で逮捕されました。
 セバスティアン メネセス トロは2018年にアメリカ合衆国に引き渡された麻薬ボス ダニエル レンドン エレラ別名ドン マリオの息子です。
 セバスティアンはドバイからエル ドラド国際空港に到着した際に、コロンビア警察とアメリカ合衆国麻薬取締局(DEA)によって逮捕されています。
 アメリカ合衆国カリフォルニア南部裁判所は、コカインの製造と密輸容疑でセバスティアンの引き渡しをコロンビアに要請しています。調べによれば、セバスティアンは3トンの麻薬をアメリカ合衆国に密輸したとされています。
 「セバスティアンはDEAの最重要手配犯の1人であり、調べによれば年間3トン以上のコカインをアメリカ合衆国に密輸しています。またコロンビア コルドバ県モンテリア市からアンティオキア件ネコクリ市の間に複数の麻薬工場を所有する麻薬組織のボスであるとされています。」

2022 9-1 el COLOMBIANO
ククタ市で誘拐された赤ちゃんが、ブカラマンガ市で見つかる コロンビア

 サンタンデール県の県都ブカラマンガ市の公道脇に放置されたダンボール箱の中から赤ちゃんが発見され、ノルテ デ サンタンデール県の県都ククタ市で発生した誘拐事件の捜索は終了しました。
 警察発表によれば、保護された赤ちゃんはノルテ病院に収容されており、間もなく母親と再会する予定です。
 ドラマは8月29日月曜日の夜に始まりました。1人の女が母親の友人に化けて、ククタ市中心部エル カジェホン地区のアパートから生後1ヶ月の赤ちゃんを誘拐しています。
 誘拐されたという訴えを受け、警察対誘拐・恐喝部門ガウラが監視カメラの映像を分析し、タクシーでノルテ デ サンタンデール県ロス パティオス市に向かった女の容疑者1人を確認しました。女はロス パティオス市から長距離バスに乗りブカラマンガ市に向かっています。
 サンタンデール県の県都ブカラマンガ市では火曜日にパルケ デル アグアやロス ラゴルやモロリコなどで女が目撃されています。
 その時既に監視カメラの画像がマスコミを通じて広まっており、追い詰められた女は水曜日に赤ちゃんをダンボールに入れてコロラド地区の歩道に捨てています。
 赤ちゃんは通りかかったタクシー運転手に発見され、警察に通報されています。
 赤ちゃんを誘拐し捨てた女は逃亡中です。

132taro:2022/09/02(金) 08:25:23
2022 9-1 ABC
ベネスエラから逃げ出した移民・難民の数が680万人を超えてウクライナと並び世界最大に

 深刻な経済・社会危機のためにベネスエラから逃げ出す移民・難民は増える一方です。「ベネスエラは直った。」というのがニコラス マドゥロ大統領の得意のフレーズですが、ベネスエラ国民はベネスエラから逃げ出し続けています。現在では貧民さえも国外移住のみ位置を探し、国連の調べではベネスエラから逃げ出した移民・難民の数は681万人に達しています。
 移民・難民の数はここ数ヶ月で615万人から681万人に増加していると国連関係機関は報告しています。
 世界で最も難民の数が多い国はベネスエラ・ウクライナ・シリアですが、ベネスエラだけが戦争状態にありません。
 ベネスエラから逃げ出した移民・難民680万人の内の575万人がラテンアメリカ・カリブ諸国に滞在しており、最も移民・難民を受け入れているコロンビアのは248万人がいます。
 コロンビアに次いでペルーに122万人、エクアドル50万人、チリ44万8000人、ブラジル35万8000人となっています。
 米州機構(OEA)ベネスエラ移民・難民危機のための委員会の委員ダビド スモランスキーは、ベネスエラからは一日あたり1700人が逃げ出しており、その内の1300人近くがコロンビアに、300人がブラジルに、残りがカリブ海の島国に逃げ込んでいると指摘しています。
 また「2022年1月から7月にかけてコロンビアとパナマ国境に広がるダリエン地峡を超えたベネスエラ人は約4万4943人であった。」と報告しています。多くのベネスエラ人たちが危険なジャングルを超えてアメリカ合衆国を目指しています。

2022 9-1 EL ECONOMISTA
メキシコで現在5つの戦争が起きている

 現在メキシコでは麻薬犯罪組織同士による5つの大きな抗争が起きているとアメリカ合衆国議会は報告しています。
 抗争はカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)とカルテル デ シナロア、CJNGとロス セタス、シナロアとカルテル デ フアレス、ロス セタスとカルテル デル ゴルフォ、CJNGと地域犯罪グループの間で起きています。
 アメリカ合衆国議会調査局(CRS)が作製した報告書、「メキシコ:犯罪と麻薬組織」では、最初にソノラ州・サカテカス州・バハ カリフォルニア州・キンタナ ロー州で起きているCJNGとカルテル デ シナロアの抗争について説明しています。
 2番めに激しい抗争はベラクルス州とタバスコ州で起きているCJNGとロス セタス州の争いです。
 3番めの抗争はチワワ州を中心に起きているカルテル デ シナロアとカルテル デ フアレスの抗争で、4番目はコアウイラ州・ヌエボ レオン州・タマウリパス州・サン ルイス ポトシ州で起きているロス セタスとカルテル デル ゴルフォの抗争です。
 5番目のCJNGと地元犯罪組織の抗争はオアハカ州・ミチョアカン州・メヒコ州で起きており、ミチョアカン州とメヒコ州での抗争はCJNGとラ ファミリア ミチョアカナによる抗争です。
 メキシコ最大の犯罪組織CJNGはハリスコ州・コリマ州・ナヤリット州・バハ カリフォルニア スール州・ケレタロ州を縄張りとしています。

133taro:2022/09/03(土) 08:54:37
2022 9-2 el COLOMBIANO 4467,03 8,29
Farc分派第36戦線が停戦を提案 コロンビア アンティオキア県

 コロンビア政府と和平合意を結び武装解除したコロンビア革命軍(Farc)主流派(現在は合法政党コムネス)から離れ現在も武装闘争を続けるFarc分派諸派の1つであるFarc分派第36戦線が、ネットを通じグスタボ ペトロ新大統領が提案する「全面平和」構想に参加する意思を表明しました。
 「我々は教会・政府・社会組織・国際社会の仲介で、停戦合意のためのテーブルに付く用意がある。」と第36戦線は発表した声明の中で強調しています。
 Farc分派第36戦線はアンティオキア県北部と北東部を拠点に、麻薬取引・殺人・誘拐・恐喝・金の違法採掘・テロ行為などを行うゲリラ組織で、現在のメンバー数は100人とされています。
 創設者で主要ボスであったリカルド アベル アヤラ別名カブヨは、6月10日にバルボサ市で実施された軍事作戦により潜伏先の農場で死亡しています。警察と検察によれば、カブヨに代わりカブヨの従兄弟であるエドガー オレゴ アランゴ別名フィルもしくはレオ37歳があとを継いでいます。
 声明の署名はFarcマグダレナ ブロック36戦線とされており、現在当局はこの声明が本物であるか分析を進めています。

2022 9-2 el COLOMBIANO
グスタボ ペトロの支持率は56%あるが、国民は悲観的 コロンビア

 左派大統領グスタボ ペトロが選挙キャンペーンで約束した改革を、コロンビア国民は期待しています。1200人を対象に実施されたInvamerの最新世論調査でも56%が大統領官邸カサ デ ナリニョでのペトロの仕事ぶりを支持すると答えています。7月に実施された世論調査で当時の大統領イバン ドゥケの支持率が27%だったことから、国民が新大統領に期待していることが伺えます。
 しかし全てが肯定的というわけではなく、経済問題については悲観論が根強く、48%が悪くなっていると答え、その反対は33%でした。
 副大統領フランシア マルケスについては54%が好意的なイメージを持っており、逆は18%にとどまっています。
 しかし大統領就任時の支持率は前大統領イバン ドゥケの40%よりは上ですが、その前のフアン マヌエル サントスの74%、アルバロ ウリベ ベレスの69%を下回っています。

134taro:2022/09/03(土) 08:54:52
2022 9-2 el COLOMBIANO
エクアドル軍がコロンビアとの国境地帯の監視を強化

 ここ数日エクアドルとの国境近くでコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊とコロンビア軍の戦闘が発生しており、エクアドル軍は監視強化のための部隊を現地に派遣しています。
 エクアドル軍統合司令部は、コロンビアの違法武装グループのエクアドル領内への侵入を防ぐために軍による国境監視を強化すると発表しました。
 エクアドルと国境を接するコロンビア ナリニョ県知事ジョン ロハスは、現在の不安定な状況の解決のために、平和と対話を呼びかけています。
 ロハスはエクアドルとの国境地域の状況を非常に憂慮していると述べています。
 ナリニョ県ではここ最近クンバル市とハルディン デ すクンビオス地域で3人が殺害され、マグい パヤン市でも違法武装グループによる暴力事件が起きています。
 エクアドル軍も最近国境地帯をパトロールしていた陸軍部隊が、エクアドル領内でコロンビアの違法部遭遇ループと遭遇して銃撃戦となり、2人を逮捕しています。
 6月にも同様の銃撃戦があり、数ヶ月前にはエクアドル領内に隠されていたコロンビア違法武装グループの武器と爆薬が見つかっています。
 コロンビアとの国境に近いエクアドル エスメラルダス県サン ロレンソ市やマタへ市には、ここ数ヶ月Farc分派ゲリラグループの徴兵を逃れるためにコロンビアの若者たちが逃げてきています。

2022 9-2 MILENIO
モレロス州で銃撃事件、イェカピストラ市の元市長を含む4人が殺された メキシコ

 モレロス州イェカピストラ市で銃撃事件が発生し、元市長ホセ レフヒオ クコ アマロ ルナを含む4人が殺されました。
 モレロス州治安担当責任者ホセ オルティス グアルネロスは、アキレス セルダン区にあるサッカー競技場に2台の車に乗った武装集団が現れ発砲したと発表しています。
 今現在武装集団が元市長を狙ったのか、別の人物を狙ったのかは判明していないとホセ オルティスは述べています。

135taro:2022/09/04(日) 07:29:56
2022 9-3 Semana 4466,73 8,29
Farc分派ゲリラ部隊のテロ攻撃で警察官7人が殉職 コロンビア ウイラ県

 9月2日金曜日の午後、ウイラ県の県都ネイバ市に近いサン ルイス地域コルサル村で共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派と思われるゲリラ部隊の待ち伏せ攻撃はあり、警官7人が殺害されました。
 社会福祉活動に参加するために向かっていた警察の車列が、午後2時30分にゲリラ部隊の仕掛けた爆弾で爆破されています。死亡したのは警部2人とパトロール隊員2人と補助員4人です。
 グスタボ ペトロ大統領は金曜日に夜にテロ攻撃のあったウイラ県に向かっています。大統領はこの攻撃は大統領が掲げる「完全平和」に対する妨害であることは疑いがないと指摘しています。グスタボ ペトロ新政権は、ゲリラ組織国民解放軍(ELN)との和平交渉再会を模索しています。
 コロンビア警察長官エンリー アルマンド サナブリア セリー少将は、7人の警官の命が奪われたサン ルイス地域でのテロ攻撃を拒絶・非難し、「警察は任務に命を捧げた警官たちの家族と連帯します。この困難な状況の彼らを支援するための特別チームを結成しました。」と長官は述べています。

2022 9-3 el COLOMBIANO
陸軍兵士1人が狙撃され戦死 コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 コロンビア軍に対する攻撃は止むことがありません。ノルテ デ サンタンデール県エル スリア市郊外で、兵士1人狙撃され殺害されました。
 殺害されたのは作戦に従事していた兵士カンディド マチャドです。
 「わたしたちの兵士カンディド マチャド殺害を拒絶します。彼はノルテ デ サンタンデール県エル スリア市でのミッション中に殺されました。」と軍は表明し、戦死した兵士の家族に哀悼の意を表して言います。
 今現在、陸軍対ゲリラタスクフォース ブルカノ傘下の第9地上作戦大隊に所属していたカンディド マチャドを殺害した違法武装組織は特定されていません。ノルテ デ サンタンデール県の県都ククタ市の近郊にあるエル スリア市周辺では、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)とコロンビア革命軍(Farc)分派、犯罪組織クラン デル ゴルフォが存在しています。
 ククタ市では1週間前にタクシーでやって来た武装集団5人に4人が殺害されるという事件が起きています。

136taro:2022/09/04(日) 07:30:06
2022 9-3 API
カウカ県北部で先住民と警官隊が衝突 コロンビア

 金曜日、カウカ県北部カロト市郊外にあるオアシス農場所有のペニンシュラ農場に先住民グループ約120人が侵入しました。
 カウカ県警司令官グスタボ アドルフォ マルティネス大佐は、先住民グループと思われる一団は警官隊の存在に気づきその場を離れましたが、1時間後に再び現れ警官隊を攻撃したと報告しています。
 先住民グループは石・芋爆弾・迫撃砲などの警官隊を攻撃し、警官たちは催涙ガスで応戦しています。この衝突での負傷者は双方とも出ていません。
 警官たちは私有財産への侵害を避けるために現地にとどまる予定です。
 一方、カウカ県専有民地域評議会(CRIC)は、土地の返還を求める先住民に対して警官隊が銃器を使用したと非難しています。
 
2022 9-3 EL UNIVERSAL
武装集団が散髪屋を襲撃、4人が殺された メヒコ州

 メヒコ州コアカルコ市にある散髪屋が武装集団に襲撃され、4人が撃ち殺され4人が負傷しています。襲撃グループは犯行後に逃走しており、居場所は不明です。
 地元当局の発表によれば、サン ロレンソ テトリスタク区のカジェ ニーニョス エロエス沿いにある散髪屋に2台のスクーターと1台のバイクにのった武装集団がやって来て犯行に及んでいます。
 散髪屋の若い主人は、武装集団がやって来て脅しをかけるなり発砲したと証言しています。
 近隣住民によれば、その散髪屋では麻薬が売られていました。
 殺害されたのは身元不明の20歳から25歳くらいの男性で、近隣住民たちはこれまでに見たことがないと語っています。
 目撃者の中には、週末になると散髪屋の中で麻薬が売られたり酒を飲んだりしていたと語る人もおり、今回の襲撃は何らかの報復攻撃であると推測されています。
 現場に駆けつけた救急車が負傷者4人を病院に搬送しており、4人共命には別状ありません。

137taro:2022/09/05(月) 08:16:54
2022 9-4 el COLOMBIANO 4466,73 8,29
ウイラ県で起きた爆破テロはFarc分派ダゴベルト ラモス派の犯行 コロンビア大統領グスタボ ペトロ

 ウイラ県の県都ネイバ市を訪問中のグスタボ ペトロ大統領は、7人の警察官が殺害された爆破テロを実行したのは90%の確率でコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループであると指摘しています。
 「カウカ県を拠点とするFarc分派ダゴベルト ラモスもしくはFarc分派イスマエル ルイスの犯行と思われる。」と大統領は述べています。
 大統領はこれらのゲリラグループについて軍事的に弱いと指摘し、武力紛争の影響を強く受けているこれらの地域を国家がコントロールするいい機会であると語っています。
 警察長官エンリー サナブリア将軍は、ウイラ県のこの地域で違法武装組織が活動しているという報告はこれまでにないと指摘しています。
 ペトロ大統領はこの日の午後警察長官に紛争地域に経験の浅い警官助手を派遣するのを止めるよう求めています。

2022 9-4 EL HERALDO
ロドリゴ ロンドニョ別名ティモチェンコが、Farc分派諸派にペトロ政府と和平交渉を行うよう呼びかける コロンビア

 コロンビア革命軍(Farc)主流派の最高指導者であり、和平合意後に合法政党コムネスの党首となったロドリゴ ロンドニョ別名ティモチェンコが、Farc分派諸派に対してグスタボ ペトロ大統領と和平交渉を始めるよう呼びかける文書は発表しました。
 ティモチェンコはFarc主流派とコロンビア政府の和平合意を受け入れず武装闘争を続けるFarc分派諸派に対し、「暴力をきっぱりと捨て、平和の建設に貢献する二度めのチャンスを得ているのです。グスタボ ペトロ大統領政府はコロンビアの全面平和を繰り返し表明しています。」と強調しています。

138taro:2022/09/05(月) 08:17:07
2022 9-4 el COLOMBIANO
サンタンデール デ キリチャオ市で3人が殺された コロンビア カウカ県

 カウカ県で新たな虐殺事件(一度に3人以上が殺害される事件)が発生しました。土曜日の深夜、サンタンデール デ キリチャオ市で3人が銃で撃たれて殺害されました。
 ブエノス アイレス市との境界に位置するティンバ地域に向かって走行していた車が武装集団に行く手を遮られ、乗っていた3人車から降ろされた後に銃殺されています。
 3人の内の1人は車から少し離れた場所で死亡しており、逃げようとした所を撃たれたものと思われます。3人の内の1人はフランシスコ デ パウラ サンタンデール病院に搬送されましたが、その後死亡しています。
 今現在殺害された3人の身元も、3人を殺害したグループも特定されていません。3人が乗っていた赤い車のナンバーはカウカ県南部ティンビオ市で登録されていることは判明しています。
 
2022 9-4 EL FINANCIERO
72人の移民が殺害された2010年サン フェルナンド虐殺事件に関わったとされるカルテル デル ゴルフォの幹部アレハンドロが捕まった メキシコ タマウリパス州

 国家警備隊がタマウリパス州マタモロス市でカルテル デル ゴルフォの戦闘部隊ロス フラコスの幹部であるアレハンドロ Nを逮捕しました。アレハンドロは2010年にタマウリパス州サン フェルナンド市で発生した移民72人虐殺事件に関与しているとされています。
 諜報部がアレハンドロの潜伏先を突き止め、国家警備隊の部隊が9月2日金曜日にアレハンドロを逮捕しました。
 作戦部隊は1発の銃弾も発射することなく、平和的にアレハンドロを逮捕しています。
 アレハンドロは殺人・強制失踪・誘拐・恐喝・人身売買の容疑がかけられています。
 諜報部からの情報によれば、アレハンドロはサン フェルナンド市にあるエル ウイサチャル農場まで移民を運んだ2台のバスの一台を運転していました。72人の移民は搬送された農場で殺害されています。
 2010年8月22日、中米と南米からの移民72人(男性58人と女性14人)が誘拐され、身代金の支払いや犯罪グループ ロス セタスへの参加を拒否したために殺害されました。

139taro:2022/09/06(火) 08:46:37
2022 9-5 publimetro 4466,73 8,29
ゴミ袋に入れられた3体分のバラバラ死体が見つかる コロンビア ボゴタ市

 月曜日の深夜、ボゴタ市で新たにゴミ袋にいれられたバラバラ死体が見つかっています。バラバラ死体はゴミ用のコンテナの中に放置されており、ゴミの収集作業員が見つけています。
 3体の内の2体はエンガティバで発見されており、3個のゴミ袋の中に頭部2個・足4本・胴体2個・腕2本が入っていました。
 「明け方にバラバラにされた死体が入ったゴミ袋が発見されたという報告がありました。直ちに状況確認のための捜査を開始しています。現在現場付近の監視カメラの映像の分析などを行い、ボゴタ市警が総力を上げて事件解明に取り組んでいます。」とボゴタ市警司令官カルロス フェルナンド トリアナ将軍は強調しています。
 今年ボゴタ市でゴミ袋に入れられて捨てられた死体は22体となっています。検察捜査機関CTIはエンガティバにあるゴミコンテナ30個の調査を実施しています。
 日曜日の朝にもボゴタ市スバで同様の死体が発見されています。近隣住民からの通報を受けた警察がバラバラ死体を確認し、検察が死体を回収しています。
 午前5時30分、駐車場のオーナーがごみ袋3つに入れられたバラバラ死体を発見したと目撃者が証言しています。
 
2022 9-5 teleMEDELLI'N
斬首された頭部が串刺し状態で晒される コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県エル バグレ市で衝撃的な事件が発生し、住民たちを怯えさせています。エル バグレ市ペリコ村に通じる田舎道に立てられた杭に男性の切り取られた頭部が串刺しにされていました。見つかった頭部は女性と共に誘拐されたと報告されていた男性で、女性の銃殺された死体も頭部の近くで見つかっています。
 エル バグレ市周辺では共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)とコロンビア革命軍(Farc)、コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォが存在し、激しい縄張り争いを続けています。
 今回の事件も抗争に関連があると思われますが、誘拐殺人を行った組織名は不明です。
 エル バグレ市では8月22日にも3人が誘拐され、その後死体で発見されています。
 9月2日金曜日、エル バグレ市の住民たちが通りに出て、暴力行為の中止を訴えています。エル バグレ市はグスタボ ペトロ大統領とアンティオキア県知事アニバル ガビリアに支援を求める声明を発表しています。

140taro:2022/09/06(火) 08:46:48
2022 9-5 CARACOL RADIO
カウカ県北部で爆破テロ、橋が破壊された コロンビア

 カウカ県北部で何者かが強力な爆弾を使い橋を破壊しています。 爆破テロが起きたのはグアチェネ市とパディジャ市の境に掛かる橋で、この地域では土地の権利を巡る争いが起きています。
 激しい爆発音が聞こえ確認に行くと橋が破壊されていたと、地元リーダーは証言しています。
 破壊されたのはグアビト川に架かる橋で、エル テティジョ集落とジャノ デ タウラ集落の間にあります。
 今回の爆破テロは住民たちの生活に直接悪影響を与えると地元住民たちは訴えています。
 現場には軍部隊が派遣され、現場周辺の安全を確保しています。
 カウカ県北部先住民評議会(Cric)の上級評議委員ヘルメン ヘンブエルは、今回の爆破テロを非難するとともに、先住民の闘争に汚名を着せないよう呼びかけています。
 「関係機関は責任の所在を調査し立証しなければならない。我々は先住民に責任を押し付けることを拒絶する。」と述べています。
 この地域にはチマン農場やラ ミナ農場があり、土地所有者と土地の権利を主張する先住民たちの間で対立が起きています。

2022 9-5 el COLOMBIANO
8月のインフレインフレ率は1999年4月以来の高さ コロンビア

 国家統計局(Dane)は食料品の高騰により、8月もインフレが加速していると発表しました。
 8月のインフレ率は1,02%の上昇であり、今年これまでの消費者物価指数(IPC)は9,06%、年列換算で10、84%と上がっています。
 Daneによれば、IPCの上昇は主に食品とアルコールを除く飲料・住居・水・ガス・電気・燃料などの価格が上がった事が原因です。
 8月に値上げ幅が大きかった食品は玉ねぎ11,70%、アラカチャ・ニャメ11,30%、砂糖などの甘味料6,84%で、値段が下がったのはじゃがいも-9,31%、モラ-2,60%、人参-1,76%です。

141taro:2022/09/07(水) 08:30:06
2022 9-6 790AM 4466,73 8,29
ELNが仕掛けたガスボンベ爆弾が見つかり爆破処理された コロンビア アラウカ県

 コロンビア陸軍は警察と協力し即席爆弾を発見しました。爆弾はアラウカ県クラボ ノルテとプエント ロンドンを結ぶホロバド橋に仕掛けられていました。
 出動要請を受け陸軍第18旅団体爆発物部隊が現場に出動し、爆薬と鉄片がつめられていると思われる手製爆弾を確認しています。
 軍部隊は直ちに保安規定に従い現場周辺を封鎖し、爆弾を安全な場所まで移動させて爆破処理を行い、橋の通行を再開させました。
 軍は共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)に所属するゲリラ部隊の犯行と断定し、ELNが治安部隊だけではなく国家インフラと日常的に橋を理由する一般市民をも攻撃しようとしていたと非難しています。
 最後に軍はこれからもアラウカ県各地で犯罪行為を繰り返すELNなどのテロ組織に対する作戦を継続していくと表明しています。

2022 9-6 RADIO SANTA FE
ELNがグスタボ ペトロ政権の全面平和を批判 コロンビア

 月曜日、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)はグスタボ ペトロ政権の提案する<全面平和>について、反政府グループと犯罪組織を同列に扱うものであると批判しました。
 「<完全平和>というスローガンの元、反乱とは正反対である違法集団とELNを同一視しようとしている。」とELN最高決定機関コマンド セントラル(Coce)がウェブサイトを通じて表明しています。
 8月7日に大統領に就任した左派政治家グスタボ ペトロは、<完全平和>の推進を提案し、今もコロンビア国内で活動する違法武装組織と交渉を行い、2016年のコロンビア政府とコロンビア革命軍(Farc)の和平合意のような法的合意や司法への服従を得ようとしています。
 エクアドルとの国境地帯で活動するFarc分派ロス コマンドス デ ラ フロンテラ以外のすべての違法武装グループからメッセージを受け取っていると大統領は説明しながら、今のところどれだけ誠実なのかは不明であると述べています。

142taro:2022/09/07(水) 08:30:17
2022 9-6 Semana
寿司マスター2022が9月5日から開催される コロンビア

 寿司マスター2022が9月5日月曜日から11日日曜日まで開催されます。コロンビアの国民的行事となったこのイベントでは、コロンビアで最も優れた巻き寿司と寿司レストランが選ばれます。巻き寿司一皿の値段は1万8000ペソ(約575円)です。
 寿司マスター2022が開催されるのはボゴタ市、メデジン市、バランキージャ市、カリ市、ブカラマンガ市、カルタヘナ市、サンタ マルタ市、ビジャビセンシオ市、モンテリア市、ククタ市、イバゲ市、ペレイラ市、マニサレス市、アルメニア市、パスト市、ポパヤン市、トゥンハ市、ヨパル市、バジェドゥパール市、ネイバ市です。
 「79万8838本の巻き寿司が提供され、130億ペソ近くの売上を記録した2019年寿司マスターの記録を塗り替えることが目標です。」と寿司マスターの考案者であるトゥリオ スルアガがInfobae紙の取材で語っています。
 
2022 9-6 Noticiero Digital
ベネスエラ第2の年マラカイボ市で3夜連続で停電

 スリア州の州都マラカイボ市のいくつかの地域で土曜日から月曜日の夜まで停電が続いています。
 地元紙Versio'n Finalは、「昨日土曜日から停電が続いています。スリア州では2009年以降発電・送電システムのメンテナンス不足から電力供給が不安定担っています。」と報じています。
 「子供や老人、病人も苦しんでいます。暑さと蚊が都会の暗闇の中でパーティーを開催しています。」

143taro:2022/09/08(木) 08:38:26
2022 9-7 RCNnoticiasrcm.com 4480,10 8,28
メキシコ人観光客がカルタヘナでスコポラミン強盗の被害 コロンビア ボリバル県

 意識不明・混乱状態・持ち物なしのスコポラミン強盗の被害者と思われるメキシコ人観光客が警察に保護されました。
 カルタヘナ市警司令官ニコラス サパタ将軍は、カルタヘナ市警の働きを強調しています。
 「幸いなことに私達警察が保護しています。メキシコ人男性は帰りの飛行機に乗り遅れており、現在帰国のための航空券を買い直しているところです。」と説明しています。
 31歳のメキシコ人男性は夜中に何が起きたのかほとんど覚えていませんが、事件の背後に2人の風俗嬢がいたと思うと証言しています。

2022 9-7 API
3人兄弟が殺害された コロンビア ボリバル県

 ボリバル県ビジャヌエバ市で兄弟3人が殺害されました。3人の名前はマヌエル ビクトル、ダルウィン、ホセ アルフレド メルカド ビバンコです。
 最初アルガルロボ地域にある農場に武装集団が押し入り兄弟2人を殺害し、もう1人の兄弟が行方不明となっていましたが5日後に死体で発見されています。
 開発と平和のための研究機関(INDEPAZ)によれば、事件が起きた地域で活動している違法武装組織は準軍組織ガイタニスタス(クラン デル ゴルフォ)とコロンビア革命軍(Frac)分派、地元犯罪グループです。今年コロンビアで発生した虐殺事件(一度に3人以上が殺害される事件)は75件となっています。

144taro:2022/09/08(木) 08:38:39
2022 9-7 EFECTO COCUYO
タチラ州で約30人が行方不明 ベネスエラ

 タチラ州ラ ガリタの山中で集団行方不明が発生した可能性があり、警察が捜索を開始しています。
 月曜日、タチラ州警察司令官ウイリアム リベラ トレスは、15日前に行方不明者の家族から訴えがあり、捜査が進められていると説明しています。
 ポータルサイトEl Esti'muloの報道によれば、約30人の行方不明者グループの中には生まれたばかりの女の子や18歳未満の未成年者が複数含まれています。
 行方不明となっているのはタチラ州ハウレギ市サンタ アナ デル バジェ デ ラ ガリタ村の住民たちで、8月に精神修行のために山に入ったまま、家族と連絡が取れなくなっています。
 リベラ トレス司令官は「調査の結果がデルまでは、無責任な公式発表をすることはできない。」と語っているとLa Nacio'n紙が報じています。
 司令官は20人から24人の宗教活動に参加したグループの消息が不明になっていると指摘しています。

2022 9-7 infobae
CJNGの創設者の1人であり、現在CJNGと敵対関係にある麻薬ボス通称エル 85が逮捕された メキシコ ハリスコ州

 ネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョと共にカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)を創設したメンバーの1人であるエリック バレンシア別名エル 85が、9月5日の午後にメキシコ軍によって逮捕されました。
 カルテル デル ミレニオのメンバーであったエル 85とマルティン アルソラ オルテガ別名エル 53とエル メンチョがCJNGを立ち上げています。
 バレンシア サラサールはアメリカ合衆国麻薬取締局(DEA)から米ドル500万ドルの懸賞金がかけられています。
 2020年7月29日、ハリスコ州サポパン市で陸軍と海軍の作戦により、カルテル デ シナロアのハリスコ州ボスであったイグナシオ ナチョ コロネルが死亡しました。
 ナチョ コロネルの死によりカルテル デル ミレニオはラミロ ポソス別名エル モルカス率いるラ レシステンシアとバレンシア サラサールとエル メンチョが率いるCJNGに分裂しました。
 エリック バレンシア サラサールはナチョ コロネルの後釜に収まろうとしたが不可能であったと国家防衛省は指摘しています。
 エル 85と手下たちは2011年9月にベラクルス州で35人を殺害したとされています。翌年、エル 85はエル メンチョとともにCJNGの絶対的ボスと認められています。
 同年3月9日、エル 85は治安部隊の作戦によりサポパン市で逮捕されました。
 5年間を刑務所で過ごしたエル 85は、証拠不十分と手続違反を理由に連邦判事により全ての容疑が無罪となり、最大警備体制のアルティプラノ刑務所を2017年12月29日に出ています。
 釈放されたバレンシア サラサールはかつての仲間で今はライバルとなったエル メンチョにたいし、グアダラハラの麻薬利権をめぐり戦うと宣言し、エル メンチョの裏切りで逮捕されたと明らかにしています。

145taro:2022/09/09(金) 08:07:59
2022 9-8 el COLONBIANO 4446,36 8,16
大統領就任から1ヶ月、ピエダ コルドバの弟を含め17人がアメリカ合衆国に引き渡される コロンビア

 グスタボ ペトロ大統領は左派上院議員ピエダ コルドバの弟アルバロ コルドバ ルイスのアメリカ合衆国引き渡し文書に署名しました。大統領就任から1ヶ月、グスタボ ペトロは17人の引き渡しを決めています。
 2022年2月に逮捕されたコルドバ ルイスは、メキシコ麻薬カルテルとコロンビア革命軍(Farc)ヘンティル ドゥアルテ派と共謀してアメリカ合衆国に大量のコカインを密輸したとしてアメリカ合衆国から引き渡しが要請されていました。
 
2022 9-8 RCN noticiasrcm.com
ベネスエラ生まれの犯罪組織トレン デ アラグアがボゴタ市に拠点を構える コロンビア

 RCNニュースはコロンビアの首都ボゴタ市で相次いで発見されたゴミ袋に入れられたバラバラ死体と犯罪組織トレン デ アラグアが関係しているという情報をコロンビア・ベネスエラ関係当局者から入手しています。
 トレン デ アラグアはボゴタ市で麻薬密売組織の拡大を図っており、拷問殺人を含めた暴力行為を多数行っており、検察はトレン デ アラグア関連の事件271件を捜査中です。
 トレン デ アラグアは2000年にベネスエラの鉄道労働組合を母体に誕生し、現在ではラテンアメリカ数カ国に拠点を構築し、恐喝・殺人・拷問などのあらゆる犯罪行為を繰り返しています。
 「ベネスエラ最大の巨大犯罪組織であり、ベネスエラの国内と国外に約3000人の構成員がいます。」とベネスエラの犯罪学専門家ルイス イスキエル氏が説明しています。
 トレン デ アラグアはベネスエラの刑務所に収監されているエクトル ルステンフォード ゲレロ別名ニーニョ ゲレロで、通称ヒオバニとともに、ボゴタ市で発生している拷問・殺人・バラバラ死体遺棄事件の黒幕とされています。
 「ベネスエラのトコロン刑務所からトレン デ アラグアのボス2人が、各地に命令を出しています。」とボゴタ市治安担当責任者アニバル フェルナンド デ ソトが指摘しています。
 トレン デ アラグアのメンバーが国境を超えてコロンビアに入ってきたのが2020年とされています。
 アニバル フェルナンデスによれば、トレン デ アラグアは刑務所の看守・警官・公務員を取り込んで、犯罪行為を行っている。」と付け加えています。
 今年6月13日、対立組織に恐怖を与える目的で数人の若者を拷問する様子を撮影公開したトレン デ アラグアのメンバー通称アルフレディトとビクトル キンテロが逮捕されています。

146taro:2022/09/09(金) 08:08:10
2022 9-8 UNOTV.com
トレーラーが事故、10人が死亡7人が入院 メキシコ チワワ州

 昨日、国境の町シウダ フアレスから南に100kmと少しのビジャ アウマダ市で交通事故があり、10人が死亡したとチワワ州検察が発表しました。
 死亡者の他に16人が負傷し、うち7人が入院しています。
 水曜日、ブレーキ故障と思われるトレイラーが、駐車中の車数台と衝突しその後食べ物の屋台を巻き込んで横転しています。事故後の様子を撮影した動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1567686020250112002
 
2022 9-8 EL UNIVERSAL
メキシブス2台が衝突事故、26人が負傷した メヒコ州エカテペック市

 木曜日の朝、メキシブス1号線のメキシブス2台が、メヒコ州エカテペック市で衝突事故を起こし26人が負傷したとメヒコ州政府が発表しました。
 午前5時55分、メヒコ州のバス高速輸送システム メキシブス1号線プリメーロ デ マヨ駅で、67号車と1011号車が事故を起こしました。
 この事故で26人が怪我をしており、1011号車の運転手は足を負傷しテソユカ病院に運ばれています。
 事故現場には検察の捜査チームが派遣され、事故原因などの調査を行っています。
 メキシブス1号線は既に両方向の運行を再開しています。

147taro:2022/09/10(土) 07:53:40
2022 9-9 CARACOL RADIO 4396,69 8,15
3人の若者を殺害した後にメキシコに逃亡しているコロンビア警察中佐が領事館に出頭 

 スークレ県チョチョ市で発生した若者3人殺人事件に関与したとされるベンハミン ニュニェス中佐が、メキシコシティにあるコロンビア領事館に出頭しました。
 ベンハミン ニェニェス中佐に銃殺されたのはホセ カルロス アレバロ、ヘスス ダビド ディアス、カルロス アルベルト イバニェスです。
 7月25日、3人の若者はスークレ県サンプエス市で警官を殺害した犯罪組織クラン デル ゴルフォのメンバー容疑者として逮捕され、拷問の末に殺害されています。
 この事件では10人の警官が取り調べを受け、その中の数人が無防備の若者3人をニュニェス中佐が銃殺したと証言しています。
 ニュニェスは間もなくメキシコからコロンビアに到着し、検察が拘束する予定となっています。
 弁護士のセルヒオ ラミレス マンティジャによれば、ニュニェスは身の危険を感じており、出頭する代わりに安全の保証を求めています。

2022 9-9 El Pai's
14歳の少年が学校前で刺殺された コロンビア カリ市

 先程バジェ デル カウカ県の県都カリ市東部コムネロス地区にある学校の前で、14歳の少年が殺害されました。
 プロサッカーチームサポーター同士の諍いが殺人事件の原因と思われます。
 少年が授業を終えてガブリエル ガルシア マルケス学校から自宅に戻ろうとしたところで、刃物で刺されています。
 「少年はバイクで学校前に乗り付けた2人組に襲われました。」とカリ市警司令官ウイリアム キンテロ サラサール大佐が説明しています。
 負傷した少年は病院に運ばれましたが、そこで死亡しています。
 「すでに少年を殺害した犯人の身元を特定しており、居場所を特定し逮捕するための捜査を続けています。」とキンテロ大佐は付け加えています。
 バジェ デル カウカ県では9月5日の深夜にもユンボ市でプロサッカーチーム デポルティボ カリのサポーターが殺害されています。この事件もサポーター同士の喧嘩の末の殺害であるとされています。

148taro:2022/09/10(土) 07:53:53
2022 9-9 el COLOMBIANO
コロンビア・ベネスエラの国境が9月26日から開く

 コロンビア・ベネスエラ外交関係復活の第一歩として、9月26日から両国の国境の通行を再開するとコロンビア新大統領グスタボ ペトロが発表しました。
 ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロも、「9月26日からベネスエラとコロンビアの国境が両国の協力で開放される事を発表できることを大変嬉しく思っている。またカラカス・ボゴタ、バレンシア・ボゴタ間のフライトも再開する。両国民の交流と協力は、良好な状態で再開される。」とツイートしています。
 コロンビアとベネスエラの国境は2015年8月にベネスエラ大統領の密輸・麻薬犯罪・準軍組織対策のために閉鎖されました。その1年後、当時のコロンビア大統領フアン マヌエル サントスとニコラス マドゥロ大統領の間で、国境の段階的再開で合意しましたが、両国関係の完全修復とはなりませんでした。
 2019年コロンビア イバン ドゥケ大統領政権時に両国関係は完全に断絶しています。2月、マドゥロ大統領は両国の断絶を宣言し、24時間以内にコロンビア外交関係者の出国を命じています。
 この時、ベネスエラ政府は唯一可能であった歩行者の国境通行も禁止し、両国を結ぶ国際橋にコンテナを置いて封鎖しています。しかし2年後の2021年、ベネスエラは国境の商業開放を行うと発表しています。
 そして今年8月にコロンビアで左派大統領グスタボ ペトロが大統領に就任したことにより、両国の関係は正常化に向かっています。

2022 9-9 el COLOMBIANO
失踪ではなく、この世の終わりに備えて避難していた ベネスエラ タチラ州

 ベネスエラ治安当局は8月22日にタチラ州にある宗教施設を訪問後に行方がわからなくなっていたグループが無事見つかったと報告しています。
 「今日の夜、タチラ州ラ ガリタとメリダ州トバルの間にあるパラモ デ ラ ネグラと呼ばれる場所で健康状態の良好な16人が見つかりました。」
 当初地元メディアは30人以上が行方不明となっていると報じていましたが、実際に宗教行事に参加していたのは16人であったと地元当局は説明しています。
 警察のよれば、16人は世界の終わりにそなえて、山に避難していました。

149taro:2022/09/11(日) 09:09:09
2022 9-10 el COLOMBIANO 4365,32 8,15
女性3人の死体がボゴタ市の2か所で見つかる コロンビア

 土曜日の深夜、ボゴタ市の2か所で女性の死体3体が見つかりました。ボゴタ市ではゴミ袋に入れられた死体が相次いで発見されており、メディアはその死体をエンボルサドスと報じています。
 コロンビア警察長官エンリー サナブリア将軍は、2人がシウダ ボリバルでもう一人がウサケンで発見されたと発表しています。
 シウダ ボリバルで発見された女性2人の死体は、幹線道路脇の畑で見つかっており警察に通報したのは近隣住民です。2人の死体には殴られた痕と銃痕がありました。
 ボゴタ市当局によれば、ボゴタ市で発生している暴力事件の背後には少なくとも9つの犯罪組織が存在しており、3人の女性の死亡は犯罪組織同士の抗争が関わっていると思われます。犯罪組織の一つはベネスエラ生まれの犯罪組織トレン デ アラグアです。
 ボゴタ市長クラウディア ロペスは、アルバロ レイバ外相とベネスエラ駐在大使アルマンド ベネデッティに、トレン デ アラグア取締のための協力をベネスエラに要請するよう求めています。
 ボゴタ市では9月5日にもゴミ袋に入れられた死体3体が見つかっています。

2022 9-10 el COLOMBIANO
コロンビア陸軍の部隊がELNゲリラ部隊と戦闘となり、兵士1人が戦死した アラウカ県

 アラウカ県タメ市カニョ クラロ村で共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)と思われるゲリラ部隊と、陸軍の部隊が戦闘となり兵士1人が戦死4人が負傷しました。戦闘は1時間近く続いています。
 コロンビア郡の発表によれば、死亡したのはホルヘ ルイス サンチェス オルフエラで、負傷したのは下士官1人と兵士3人です。戦闘ではゲリラも1人負傷しています。
 サンチェス オルフエラの所属する部隊が住民保護を目的とした作戦中に違法パトロールをしていたゲリラ部隊と遭遇し戦闘となっています。
 ELNは最近タメ市周辺でパトロールを行っており、軍兵士1人がELNの設置した違法検問所で拉致され、17日後に解放されるという事件も起きています。
 現在コロンビア新大統領グスタボ ペトロとELN指導部が2019年に中断した和平交渉再開に向けて動いています。

150taro:2022/09/11(日) 09:09:21
2022 9-10 el COLOMBIANO
スコポラミンを使い外国人観光客を襲っていた犯罪グループが摘発された コロンビア メデジン市

 アンティオキア県の県都メデジン市で、スコポラミンを使い外国人観光客から金品を奪っていた犯罪グループが摘発されました。
 メデジン市と近隣のベヨ市とサバネタ市で同時に家宅捜索が実施され、強盗団のメンバーと目される5人が逮捕されています。
 バジェ デ アブラ地域警察作戦司令官マルティン ロメロ中佐は摘発した強盗団について、少なくとも10件の犯行を行っていると指摘しています。
 被害者の1人は強盗団に暗号通貨の鍵を提供してしまい、13億ペソ相当を失っています。
 調べによれば、一味は女3人と男2人で構成され、出会い系アプリを通じて観光客に接触し、会ったときにスコポラミンを飲ませカードや金品を奪っています。
 作戦時、警察の部隊は2022年型ベンツ、高給時計11個、指輪2個、金の鎖、携帯電話、パソコン、現金300万ペソを発見しています。
 
2022 9-10 NOTICIAS CARACOL
シャキーラがピケの新しい恋人について質問を受ける 

 バルセロナのジェラール ピケと分かれたシャキーラは、マスコミの注目を集め続けています。記者たちはバランキージャ生まれの歌姫が現れるたびに、躊躇なく元パートナーについて質問します。
 今回はロンドンで数日を過ごしバルセロナに戻ったシャキーラに、数人の記者が声をかけました。
 1人の記者が「ジェラールがクララと一緒にいる所を目撃されたことと、彼が二人の関係を隠そうとしないことについてどう思う?」と質問し、ネットで批判を浴びています。https://twitter.com/i/status/1567863043371024386
 シャキーラは終始笑顔でしたが、質問には答えず車に乗り込んでいます。
 
2022 9-10 UNOTV.com
タンクローリーがバスに衝突、18人が死んだ メキシコ 
 
 シウダ ビクトリアとモンテレイを結ぶ国道85号線上で燃料を積んだタンクを2台連結した車両がバスと衝突事故を起こし18人が死亡したとタマウリパス州公安局が発表しました。
 事故は午前4時50分に国道85号線の66km地点で起きています。衝突により2代とも炎上し、1人も降りることができずに焼死しています。
 カスタニェダツアーのバスはイダルゴ州ウェフトラ市を出発し、ヌエボ レオン州の州都モンテレイを目指していました。

151taro:2022/09/12(月) 08:35:04
2022 9-11 el COLOMBIANO 4365,32 8,15
一家4人を殺害した犯人2人が、住民たちのリンチで死亡 コロンビア サンタンデール県

 サンタンデール県ランダスリ市で一家4人が惨殺されるという事件が発生し、その後犯人容疑者2人が住民たちのリンチにより死亡しています。
 「殺害されたのは教師のアルバロ ディアスと妻と子供2人で、子供の1人は未成年です。」とサンタンデール県政府高官ジョン ルイスが発表しています。
 アルバロ ディアス氏の自宅で食事中に諍いが始まり、4人が刃物によって殺害されたと推測されるとジョン ルイスは説明しています。
 4人を殺害した2人は、死体がある民家に放火しています。
 事件現場となった民家に居合わせ生き残った一人の女性作業員が近隣住民たちに知らせ、住民たちが容疑者2人を追いかけて捕まえリンチにより殺害しています。
 サンタンデール県のマウリシオ アギラール エナオ知事は、日曜日の深夜にランダスリ市ブエノス アイレス村で発生した一家4人殺害事件を嘆き、当局が既に捜査を開始していると明らかにしています。
 「農場労働者2人が一家4人を殺害し、住民たちが2人を襲っています。私たちは深刻な状況に直面しています。」と知事は述べています。
 
2022 9-11 opa Notocias
ナリニョ県を拠点とするFarc分派ゲリラグループが和平交渉を開始する用意があると表明する動画を発表 コロンビア

 ナリニョ県のジャングルの中からコロンビア革命軍(Farc)分派ウリアス ロンドン機動部隊が、グスタボ ペトロ大統領の提案する「全面平和」に参加するための、停戦に合意する用意があると動画を通じて発表しました。
 しかし、ナリニョ県の太平洋沿岸地域を拠点とするウリアス ロンドン派は、農民・大学生・労働組合員・社会的指導者に危害を加え続ける準軍組織との戦いは芸属すると警告しています。
 「もしもグスタボ ペトロ大統領が全面平和を望むのであれば、直ちに国防相と軍司令官に対してナリニョ県に存在する準軍組織諸派(コンタドーレス・ラ オリベル シニスレラ・ロス ディエゴス・ロス アジェンデス)とつながる士官・下士官・警察官・兵士の名前を明らかにするよう命じるべきである。」とイリアス ロンドン機動部隊隊長オスカー ガルシアは動画の中で強調しています。
 オスカー ガルシアは動画の中で、コカ栽培に従事する農民たちを救うためにペトロ政権が全面平和の道を進むことが重要であると述べています。
 最後にウリアス ロンドン派のボスは、コロンビア政府が違法作物から合法作物への代替政策を遵守するとともに、住民たちが直面する重大な問題である不十分なインフラ・医療・教育・福祉、特に農民が生産した農作物が確実に販売されることを保証しなければならないと表明しています。

152taro:2022/09/12(月) 08:35:16
2022 9-11 el COLOMBIANO
職務質問中の警官が殺された コロンビア バジェ デル カウカ県

 警察官フェルナンド ロドリゲス警部が武装集団の発砲により死亡し、警部を殺害した一味の1人と死亡したと警察が発表しました。
 土曜日の午後1時10分、バジェ デル カウカ県ロルダニジョ市郊外でバイクに乗った2人組を停車させて職務質問をしていたときに事件が置きました。
 バジェ デル カウカ県警副司令官ウイリアム ロマン シルバ ロドリゲス大佐は、「警官たちが職務質問を行い、犯罪履歴を調べていたときに2人農地の1人が銃を抜いてウイルソン ロマン シルバ ロドリゲス警部を撃ちました。フェルナンド ロドリゲス警部は即時状態でした。」と説明しています。
 その場にいた警官たちが直ちに反応し、リボルバー拳銃を持っていた男を撃ち殺しています。
 検察は既に2人が死亡した状況を明らかにするための捜査を開始しています。
 バジェ デル カウカ県では数日前にもオバンド市でカルロス アンドレス ヒラルド ムニョス警部が、バイクに乗った男と撃ち合いになり死亡しています。
 
2022 9-11 RCN Radio
カリ市のレストランでプロサッカー選手2人が強盗被害に合う コロンビア バジェ デル カウカ県

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市南部カプリ地区のレストランで昼食をとっていたプロサッカー選手ホセ カルデラとダニエル フェレイラが強盗被害にあっています。
 犯行の様子は店内の監視カメラが撮影していました。https://twitter.com/i/status/1568984572632735746
 レストランに入ってきた不審な2人が店内にいる人々を物色し、ネックレスを付けたサッカー選手に近づきました。
 強盗の1人が銃を取り出してサッカー選手を脅してネックレスを奪い、2人からすべての物を奪って逃亡しています。37秒間の犯行でした。
 被害を受けた2人のサッカー選手は一切抵抗していません。被害を受けたのはデポルティボ カリのセンターバックのホセ カルデラと2部オルソマルソのダニエル フェレイラです。
 当局によれば、カリ市では南部地域を中心にこの種の強盗事件が増加しており、散髪屋・バー・レストランなどの商業施設で被害が出ています。

153taro:2022/09/13(火) 07:46:08
2022 9-12 EL HERALDO 4365,32 8,17
バランキージャで発生した6人殺人事件は、コカイン400kg紛失が原因の可能性 コロンビア アトランティコ県

 9月12日月曜日の正午、6人が殺害されたバランキージャ市ラス フローレス地区で、コロンビア警察市民警備局長ハビエル マルティン ゴメスとバランキージャ市長ハイメ プマレホが記者会見を行っています。
 ラス フローレス地区での虐殺事件の原因は、コカイン400kgのネコババが原因とされています。
 9月12日の深夜、ラス フローレス地区のカジェ106とビア40の交差点にある飲み屋に武装集団が現れ、店内にいた客たちに向けて無差別に発砲しています。
 「酒場にいた客たちに向けて、4人の武装した男たちが無差別に発砲しました。現在コカインの紛失が原因とする説と、犯罪グループ同士の抗争事件という説の2つの仮説があります。殺害された6人が犯罪グループに関わっていたのか、それとも無実の市民であったのか現在調べを進めています。」とマルティン ゴメスは表明しています。
 ラス フローレス地区にある民家内隠されていたコカインがここ1ヶ月の間に半トン近くが紛失しており、コカインを預かっていたグループがコカインを所有する麻薬組織に黙っていたことが判明しています。
 コカインはコロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォの物で、コカインを保管していたのは犯罪グループロス コステニョスのメンバーたちでした。
 
2022 9-12 RCN Radio
ガソリン価格が1ガロン9500ペソから1万8000ペソ(約589,54円)に値上げされる コロンビア

 コロンビアではガソリン販売の赤字が続いており、政府にとって頭の痛い問題となっています。グスタボ ペトロ大統領は四半期ごとに10兆ペソの赤字で、1年間では40兆ペソ(約1820億6040万円)の赤字になっていると強調しています。
 「国家財政赤字のほぼ半分を占めています。ガソリン価格を上げないことで赤字が出続けています。」と大統領は述べています。
 そして「栄養失調による乳幼児死亡率が倍になっている中で、40兆ペソもガソリン代を政府が補助する価値があるのか?」と疑問を呈しています。
 グスタボ ペトロ大統領の母体左派連合パクト イストリコの上院議員グスタボ ボリバルもガソリン価格値上げを支持し、国際原油価格を考慮して現在の1ガロン9500ペソから少なくとも1万6000ペソに上げるべきであると主張しています。
 「ガソリン価格は国際石油価格とTRMに連動しており、1万6000ペソから1万8000ペソであるべきです。前大統領イバン ドゥケは選挙を考慮して上げなかった。これにより2022年燃料価格安定基金に34兆ペソの赤字が発生します。問題はペトロに託されました。私達がやります。」とボリバルは動画を通じて説明しています。

154taro:2022/09/13(火) 07:46:19
2022 9-12 EL UNIVERSAL
アメリカ合衆国人がカルタヘナ市で不審死 コロンビア ボリバル県

 9月12日の深夜、ボリバル県の県都カルタヘナ市北部ラ ボキージャにある小屋の中で死体が発見されたと警察が発表しています。
 今現在公式発表はありませんが、死亡したのはアメリカ合衆国バーモント州出身のアメリカ合衆国人Andrew Farrel Quinlanであることが判明しています。
 目撃者によれば、アメリカ合衆国人は数人の若い男性と女性を伴い小屋にやって来て、日曜日の夜から今朝にかけてパーティーをしていました。アメリカ合衆国人と一緒にいた若者たちは、アメリカ合衆国人が倒れそのまま動かなくなり、その場で死亡したと証言しています。
 アメリカ合衆国人の遺体は検察CTIの捜査班が回収し、法医学協会の施設に運ばれ検死が行われます。

2022 9-12 EL TIEMPO
レストラン2軒が強盗団に襲撃され35人が被害 コロンビア ボゴタ市

 日曜日の夜、ボゴタ市テウサキヨ区パークウェイにあるレストラン2軒が強盗団に襲撃され、少なくとも35人が被害を受けています。
 カラコルニュースの報道によれば、銃とナイフを持った5人の男たちが、隣接する2軒のレストランを襲っています。
 犯行の様子は監視カメラによって記録されていました。https://twitter.com/i/status/1569018653437222915
 犯人グループによる最初の犯行は3分間で、宝石・携帯電話・店の売上金などが奪われています。
 事件は交番(CAI)から2ブロックの場所で起きていますが、警察が現場に駆けつけてきたのは数分後であったと現場に居合わせた人が証言しています。

155taro:2022/09/14(水) 07:52:55
2022 9-13 NOTICIAS CARACOL 4336,91 8,25
1年間に10人から15人の犯罪者がリンチに遭っている コロンビア メデジン市

 コロンビアでは犯罪者を住民たちの手で裁くリンチ事件が増加しています。ネットには毎日のように住民たちが犯罪容疑者をリンチにかけようとする動画が上がっています。
 セントラル大学の調べで、アンティオキア県の県都メデジン市が最もこの手のリンチ事件が多い都市であることが判明しています。
 メデジン市では1年間に10人から15人の犯罪容疑者がリンチを受けています。
 次いで多いのが首都ボゴタ市で、年間7人から12人となっています。
 バジェ デル カウカ県の県都カリ市が第3位です。
 コロンビアではここ3年間で住民たち自らの裁きやリンチ事件が19%増加しています。
 正義の欠如がリンチ事件増加の原因とされており、ロサリオ大学の調べでコロンビア人の10人に7人がこの国の制度を信用していません。
 「人々は言います。警察がどれだけ守ってくれるのか?また手続きは長すぎて複雑だと。」とロサリオ大学の社会学博士カルロス チャリーは説明しています。
 またコロンビア人の10人の内の6人がリンチに参加する用意があると答えていることも憂慮されています。さらに10人の内の3人は自分たちの手で正義を貫くために銃器も使用すると考えています。
 
2022 9-13 W RADIO
犯罪グループ ロス マラクチョスのメンバー10人が捕まった コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市長クラウディア ロペスはボゴタ市治安担当責任者アニバル フェルナンド ソトとボゴタ市警司令官カルロス トリアナ将軍を伴い、今年ボゴタ市で発生した23件の殺人死体遺棄事件にかかわる3つの犯罪グループの1つであるロス マラクチョスを摘発したと発表しました。
 今回のJOB作戦ではロス マラクチョスのメンバー10人が逮捕されています。
 7ヶ月に及ぶ捜査と追跡により検察は、ボゴタ市中心部サンタ フェ地区で麻薬密売利権をめぐり他のグループと抗争を続けているロス マラクチョスを摘発しています。
 先週末に9か所以上で家宅捜査が実施され、逮捕状が出ていた7人と現行犯で3人が逮捕されました。逮捕者の中にはグループのボスであるコロンビア人通称レオが含まれています。ロス マラクチョスのメンバー5人が現在ベネスエラに逃亡中で、インターポールから青切符が発行されています。
 「ボゴタ市では9つの組織的犯罪組織が違法行為を繰り返しており、その内の3つが激しい抗争状態で大量の殺害を行いその死体をごみ袋に入れて公道上に放置しています。」とクラウディア ロペス市長は述べています。
 ロス マラクチョスはボゴタ市で9件の殺人を行っており、その内の4件は殺し屋による犯行、5件は拉致拷問の末の殺害で死体は道路上に放置されています。

156taro:2022/09/14(水) 07:53:07
2022 9-13 aporrea
ダリエンでベネスエラ移民18人の死体が埋められた共同墓地が見つかったという報道は嘘 パナマ政府

 パナマ政府はパナマとコロンビアを結ぶダリエン地峡で、ベネスエラ人の死体が大量に発見されたという報道は嘘であると発表しました。
 「共同墓地は存在しません。今年これまでにダリエン地峡の各地で複数の国籍の移民18人が死んではいます。」とパナマの治安担当大臣フアン マヌエル ピノが発表しています。
 またパナマ政府が確認している18人の死亡者の内の5人が溺死で、残りの13人の死因は不明であると説明しています。
 月曜日、パナマ国境局(Senafront)がダリエン地峡でベネスエラ人移民の死体18体が埋葬された共同墓地を発見したという情報が流れましたが、フェイクニュースであることが確認されました。

2022 9-13 EFECTO COCUYO
今年8月2万3000人のベネスエラ人移民がダリエン地峡を超えたとHRWが発表

 人権団体ヒューマン ライツ ウオッチ(HRW)のアメリカ地域調査官フアン パピエルは、今年8月に2万3000人のベネスエラ人がダリエン地峡を超えたと発表しました。
 パピエルは先月だけでコロンビアとパナマの間にある無人のジャングル地帯ダリエン地峡を3万4000人が超えており、増加率は4000%に達しているとツイートしています。
 「2万3000人がベネスエラ人です。昨年8月との比較で4060%増です。これらの移民は性暴力を含む非常に深刻な虐待に晒されています。」と警告しています。
 今年HRWがはダリエン地峡を超えてアメリカ合衆国を目指すベネスエラ人移民の状況を監視しています。

157taro:2022/09/15(木) 07:42:37
2022 9-14 canal 1 4413,89 8,18
グスタボ ペトロ大統領の要請を受け、ベネスエラがコロンビア政府とELNの和平交渉の保証人となる

 火曜日の朝、コロンビア大統領グスタボ ペトロがベネスエラ大統領ニコラス マドゥロに電話で要請したとニュース番組が報じました。
 コロンビア大統領はマドゥロにコロンビア政府と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の和平交渉の保証人になるよう要請しています。
 ペトロの要請を受け、ニコラス マドゥロはベネスエラがELNとの交渉の保証人になることを受け入れ、最善に意思で実行すると述べています。
 「コロンビア大統領グスタボ ペトロから書簡が届き、ベネスエラがゲリラ組織ELNとコロンビア政府の和平交渉の保証人になることを受け入れました。」とベネスエラのメディアで語っています。
 コロンビアが和平を達成すれば、ベネスエラも平和になることになるとニコラス マドゥロは断言し、平和実現のための全力を尽くすと強調しています。
 
2022 9-14 El Pai's
殺し屋が15歳の少年1人を殺害し、3人を負傷させる コロンビア バジェ デル カウカ県

 バジェ デル カウカ県警は9月13日火曜日にカルタゴ市で15歳の少年が銃殺されたと発表しました。
 バジェ デル カウカ県北部に位置するカルタゴ市で発生した事件では、3人が負傷しておりカルタゴ市内の病院に搬送されています。
 バジェ デル カウカ県警司令官エベル ヨバニ ゴメス レジェス大佐は、2台のバイクに乗った4人が現れ無言で発砲し、そのまま逃亡したと明らかにしています。
 検察は特別捜査チームを編成し少年1人の命を奪った4人組逮捕に向けた捜査を開始しています。

158taro:2022/09/15(木) 07:42:56
2022 9-14 CARACOL RADIO
カルタヘナ市のゴルフ場が襲撃され、外国人などプレイヤーが強盗被害 コロンビア ボリバル県

 ボリバル県の県都カルタヘナ市北部にあるカリバナ ゴルフクラブでゴルフを楽しんでいた12人が、ゴルフ場に侵入して生きた強盗団に襲われています。
 目撃者によれば、5ホール近くで強盗団が現れ、プレイヤーたちを脅して携帯電話や現金、パスポートなどを奪っています。
 被害者たちは警察の対応の遅さを訴えています。
 
2022 9-14 ZONA FRANCA
グアナフアト州で24時間以内に7人の女性が殺され、ユリリア市では女性の死体が陸橋から吊るされる メキシコ

 グアナフアト州では24時間以内に少なくとも7人の女性が殺害されました。殺害場所は4人がセラヤ市、3人はそれぞれユリリア市・レオン市・サルバティエラ市で殺害されています。
 ユリリア市では武装集団が1人の女性を自宅から拉致し、拷問殺害後に死体をクアトロ カミノス陸橋から吊り下げています。
 水曜日の午前2時頃、カジェ 5 デ マヨで銃撃事件が発生したという通報があり、その4時間後に陸橋から吊るされた死体が発見されています。吊るされた女性はほぼ裸でした。
 セラヤ市ランチョ セコ区では銃で撃たれて殺害された女性2人の死体が発見されています。現場に派遣された捜査班は、死体と現場に残されていた薬莢を回収しています。
 その後、フアン マルティン村エル サルトでも女性2人の死体が発見されています。
 レオン市ではロマス デル ミラドール区にある民家内から女性1人の死体が発見されています。銃で撃たれて殺害されたのは、マリア エバンヘリナ37歳です。
 サルバティエラ市コンスティトゥシオン デ アパツインガン区にある民家内では、女性1人と男性1人が殺害されています。殺害されたのはマリア レイナとミゲル アンヘルです。

159taro:2022/09/16(金) 08:21:14
2022 9-15 el COLOMBIANO 4389,80 8,22
イバン マルケスは生きており和平交渉を望んでいる コロンビア

 共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者通称イバン マルケスは生きており、グスタボ ペトロ大統領政府との和平交渉の望んでいると、コロンビア政府平和委員ダニロ ルエダが発表しました。ダニロ ルエダは既にセグンダ マルケタリアと一度会談を行っています。
 「(イバン マルケス)は生きていますが病気で療養中です。」とルエダはジャーナリスト ヤミド アマトのインタビューで述べ、「彼はメッセージを送った1人であり、平和に向けた対話を模索するためのアプローチを行っていると断言できます。」と付け加えています。
 セグンダ マルケタリアのボス ルシアノ マリン別名イバン マルケスが襲撃され死亡したという噂が8月に流れました。当時の国防相ディエゴ モラノは、負傷したイバン マルケスがベネスエラの病院で治療を受けていると断言しましたが、詳細は不明であると発表しています。
 「2022年6月30日、イバン マルケス司令官はコロンビア軍とコロンビア警察の部隊による犯罪攻撃の犠牲となりましたが、幸いなことに無傷であり、影響は軽微で健康状態は良好です。」とセグンダ マルケタリアは声明を発表しています。
 旧Farcのナンバー2であったイバン マルケスは2016年に合意に達した和平合意の旧Farc交渉団団長でした。しかしFarc幹部に対する一連の犯罪捜査に反発し、旧Farcの幹部であった通称エル パイサ・ロマーニャ・ヘスス サントリッチ などと2019年にFarcセグンダ マルケタリアを創設し、コロンビア東部とベネスエラを拠点に武装闘争を再開しています。
 全面平和を掲げるコロンビア政府は複数の違法武装組織と武装解除・和平交渉開始に向けた秘密の接触を行っているとダニロ ルエダは明らかにし、国民解放軍(ELN)とFarc分派、準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォが最も進展していると指摘しています。
 
2022 9-15 publimetro
ボゴタ市と近郊のソアチャ市で死体3体が見つかる コロンビア

 クンディナマルカ県ソアチャ市にあるムニャ貯水池で腐敗した死体2体が発見されました。ムニャ貯水池では今年これまでに今回の2体を含め8体の死体が見つかっています。
 ボゴタ市シウダ ボリバルでは30歳くらいの男性の死体が発見されました。身元不明死体の頭部には数発の銃弾が撃ち込まれています。

160taro:2022/09/16(金) 08:28:13
2022 9-15 EL UNIVERSAL
毛布に包まれた死体8体が見つかる メキシコ サカテカス州

 サカテカス州の州都サカテカス市ベニト フアレスで毛布に包まれた死体8たいが今日の深夜に見つかりました。
 死体は既にサカテカス州検察が回収し、死因などを特定するための検死が行われています。
 死体は公道上に放置されていました。
 非公式情報によれば、木曜日の午前2時近くに道路に死体らしきものを投げ捨てている者がいるという通報が入っています。
 前日の水曜日、サカテカス州では4つの市で6人が殺害されています。
 フレスニヨ市では11歳と7歳の息子2人を学校に送っていた車が銃撃され、乗っていた女性2人が殺害されています。子供2人は無事でした。
 サカテカス市では16歳の露天商が多くの通行人がいるプラサ ビセンテナリオで殺害されています。
 その他、グアダルーペ市のティエラ イ リベルタ区とバルパライソ市でも殺人事件が起きています。

2022 9-15 El Sol de Puebla
レストランの客を襲った強盗が返り討ちに メキシコ プエブラ市

 プエブラ州の州都プエブラ市アンヘロポリスにあるレストラン ミスター パンパス アンヘロポリスの駐車場で食事を終えて出てきた2人の男性が、二人組の強盗に襲撃されました。しかし襲われた男性2人の内の1人が銃を持っており、強盗に1人を撃ち、もう1人は逃亡しています。事件は水曜日の夜に起きています。
 当初警察は被害者がうつ伏せに倒れていたこと、Rappi社のロゴが入ったリュックを背負いヘルメットをかぶっていた事から、配達人に対する強盗事件と推測しました。
 しかし現場に到着した検察捜査チームが死亡者が左手にピストルを握っている事や、目撃者の証言などから高給時計を狙う強盗団の一味である可能性が浮上しています。
 襲撃され強盗を返り討ちにした男性2人の行方はわかっていません。

161taro:2022/09/17(土) 08:43:54
2022 9-16 Semana 4404,64 8,19
両親と弟と妹を殺害された長女が、虐殺事件の犯人たちを殺害した地元住民たちに感謝の言葉を述べる動画が公開された コロンビア サンタンデール県

 サンタンデール県ランダスリ市で一家4人が惨殺され、その後4人を殺害したとされるベネスエラ人5人が住民たちによって殺害されました。
 9月11日日曜日の午前3時、ランダスリ市ブエノス アイレス村にある民家内で事件が始まっています。
 喧嘩を発端として4人の男と1人の女が、民家内にいた5人に刃物で襲い始めました。
 殺害されたのは教師をしていた父親のアルバロ ディアス ピネダと妻、20歳の息子と13歳の娘です。父親の元で働いていた従業員ナタリア カジェも襲撃されましたが、民家から逃げ出すことができて近隣住民たちに助けを求めています。
 事件時ランダスリ市にはおらず一家で唯一生き残った長女マルセラ ディアス アクニャは、「今日から新しい日です。私の家族がいない一日です。晴れやかな晴天でも素晴らしい日とは思えません。父と母、2人の弟妹。」と語っています。
 そして「地域住民たちが私と私の家族を大いに助けてくれたことを知ってとても嬉しく満足しています。私は近隣住民たちが私の家族を殺害した犯人たちを終わらせてくれたことに非常に感謝しています。ただ、近隣住民の中に犯人の1人ウイリアム トレホス別名ミ ネグロを助けたことを知り、私はとても悲しくなりました。多くの人たちが私に聞きます。何か必要な物は無いかと。私が必要なのは唯一つ、ミ ネグロが苦しみ呼吸を止めることだけです。私の家族のよう今日のような晴れた素晴らしい日が二度と来ないように、それが私に必要なことです。」とカメラに向かって語っています。https://twitter.com/i/status/1570172743102132224
 
2022 9-16 la patilla
ベネスエラでまた偽米ドル札が大量に出回る

 内務司法省科学犯罪捜査機関(CICPC)は9月15日木曜日、商業や事業を脅かす偽札の新たな波が起きていると警告し、偽札事件に巻き込まれないよう警戒するよう市民に呼びかけています。
 Cicpcには月に4件から5件の偽札事件の報告が入っています。
 警察文書課のパブロ ペルニア課長はベネビジョンニュースのインタビューで、「50ドル札が最も偽造されています。詐欺師が5ドル札を複製して額面を変えているからです。」と説明しています。

162taro:2022/09/17(土) 08:44:04
2022 9-16 Rio DOCE
チャポ グスマンの従兄弟とされる男性が撃ち殺された メキシコ チワワ州

 メキシコ有数の麻薬組織カルテル デ シナロアの元最大ボス ホアキン エル チャポ グスマンの従兄弟とされるエデル グスマンが、黄金の三角地帯にあるチワワ州具アダルーペ イ カルボ市で殺害されました。
 エデル グスマン36歳はメキシコ独立記念日を祝うお祭りが行われていたグアダルーペ イ カルボ市の中央広場で銃撃され、搬送先の病院で死亡しています。
 エデル グスマンを撃った犯人はその場で警察に逮捕されています。

2022 9-16 TRIBUNA
2014年メキシコ・イグアラ市学生集団失踪事件でメキシコ軍元大隊司令官を含む3人の軍人が逮捕された 

 2014年にゲレロ州イグアラ市で発生した学生43人失踪事件に関連したとして、ホセ ロドリゲス ペレス将軍とエデュアルド モラ軍曹とアレハンドロ ピリタ オチョア少尉が逮捕されました。
 事件時にゲレロ州イグアラ市に基地を置く第27歩兵大隊の司令官であり学生6人の殺害を命じたとされるロドリゲス ペレス将軍は、水曜日の午後4時にメキシコシティで警察に逮捕されました。
 同日、検察はエデュアルド モラ軍曹とアレハンドロ ピリタ オチョア少尉を逮捕しています。
 第27歩兵大隊からは昨年11月にも元小隊長ホセ マルティネス クレスポ大尉が学生実装事件に関与したとして逮捕されています。

163taro:2022/09/18(日) 08:11:40
2022 9-17 El Pai's 4435,84 8,19
2023年3月までバイクの2人乗りを禁止 コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市は、14歳以上の男性のバイクの2人乗りを一時的に禁止する政令615号を発令しました。
 第1条でこの措置が一日24時間、週7日間実施されると定められています。
 この規制は9月16日から施行され、2023年3月まで有効となります。
 なおこの措置から治安部隊・交通運輸当局職員・民間警備会社職員・教師・安全保障及び司法事務所職員が対象外とされます。
 この措置に違反した場合は、最低賃金16日分の罰金の支払いが求められます。

2022 9-17 EL NACIONAL
イランの自動車をベネスエラで組み立て12000ドルから16000ドルで販売するとマドゥロ大統領が発表

 ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロはイランの自動車をベネスエラで組み立てて12000ドルから16000ドルで販売すると発表しました。
 ベネスエラ政府の発表によれば、これらイラン製の車は100km当たり7リットルの燃料しか必要とせず、燃料の節約を可能にします。
 「100km走行当たり7リットルの燃料しか消費しない。これらの車を12000ドルから16000ドルで販売する。」とマドゥロ大統領はイラン・ベネスエラ科学産業技術博覧会で述べています。
 そしてベネスエラで組み立てられるのはイラン製の自動車4モデルで、Venirauto社が生産すると強調しています。
 「今日のイランは模範となる国、進歩の国、知識の国、製品製造の国である。我々の姉であるイランが成し遂げたことである。」とマドゥロは表明しています。
 またベネスエラの14歳から16歳の若者たちがイランで科学技術訓練を受けると大統領は発表しています。

164taro:2022/09/18(日) 08:11:51
2022 9-17 msn
殺し屋から母親を守ろうとした息子が母親とともに殺害された メヒコ州

 メヒコ州バジェ デ チャルコ市で母親と息子がバイクに2人乗りした男たちから銃撃されました。
 撃たれたのはカロリナ36歳と息子のホセ アントニオ14歳です。
 母子ともう1人の3人でディビシオン デル ノルテ通りを歩いていたときに、バイクに乗った2人組の行く手を遮られました。2人組の内の1人が母親に向けて発砲し、母親をかばおうとした息子にも銃撃しています。
 事件発生後すぐに救急隊と州警察と市警察の部隊が現場に当着し、その後メヒコ州検察の捜査チームも現場に駆けつけています。すぐさま母子を銃撃した犯人2人の捜索が開始されましたが、逮捕には至っていません。
 撃たれたホセ アントニオとカロリナは病院に搬送されましたが、助かりませんでした。
 「この街の治安の悪さは日常茶飯事で、殺害されないまでも誘拐や暴行事件が多数発生しているにも関わらず、アルマンド ガルシア市長も検察も何もしない。」とチャルコ市民はネット上で発言しています。
 犯人2人は母子の持ち物を奪っておらず、何らかの個人的トラブルが犯行の動機と考えられています。
 2020年以降バジェ デ チャルコ市で発生する犯罪件数が急増しているのには、犯罪グループ ウニオン テピートの存在があります。現在バジェ デ チャルコ市はメヒコ州の中でも3番めに治安が悪い自治体となっています。

2022 9-17 infobae
ハリスコ州で二人分のバラバラ死体が見つかる メキシコ

 9月16日、ハリスコ州南西部でバラバラにされた死体2体が発見されました。
 2体分と思われる死体はティサパン エル アルト市で見つかっています。検察は死体を数を特定できていないとしています。
 「発見された状況により、死因・犠牲者の数・性別は不明です。」と検察は発表しています。
 死体は住宅団地ロス ピノスを通るカジェ グアダルーペ ビクトリアに続く未舗装路に放置されており、通りかかった通行人が午前8時40分に通報しています。
 ティサパン エル アルト市はハリスコ州とミチョアカン州の州境にあり、カパラ湖の湖畔に位置しています。
 同市では今年はじめにハリスコ州を拠点とするメキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)と地元犯罪グループ ロス パハロス シエラの同盟関係が破綻したことにより抗争が勃発し、暴力事件が激増しています。
 2週間前の8月31日にもティサン エル アルト市で死体の入った袋が4つ見つかっています。死体はグアダルーペ・モレリア街道の37km地点で見つかっています。

165taro:2022/09/19(月) 09:12:36
2022 9-18 Portafolio 4435,84 8,19
コロンビア政府とコロンビア革命軍(Farc)分派第1戦線が停戦に向けて協議 カケタ県

 コロンビア政府高騰平和委員ダニロ ルエダは、Farc分派諸派最大派閥の1つと和平交渉開始を模索するための協議を行ったと土曜日に声明を通じて発表しました。
 「カケタ県で完全平和政策に沿った和平交渉開始を模索するための協議を行いました。」とルエダは述べています。会談に参加したゲリラ代表は通称カラルカ コルドバ、アロンソ45,エルメス トバール、エリカ カストロで、声明とともに一枚の画像が公開されました。
 また国連代表としてラウル ロセンデ、ノルウェー政府代表としてDag Nagodaも国際オブザーバーとして協議に加わっています。
 9月17日土曜日に行われた協議に参加したのは、2016年の和平合意に参加しなかったコロンビア革命軍(Farc)第1戦線と南東部ブロックに所属する4人のゲリラです。Farc分派第1戦線と南東部ブロックを率いていたのは通称ヘンティル ドゥアルテとイバン モルディスコですが、ヘンティル ドゥアルテはベネスエラで殺害され、イバン モルディスコはコロンビア軍の空爆作戦で死亡した可能性があります。
 今年8月、コロンビアで初めてグスタボ ペトロ大統領率いる左派政権が誕生しました。ペトロ大統領はコロンビアで60年近く続く国内紛争終結のための完全平和政策を提案しています。
 Farc分派第1戦線と同等の勢力を有するとされるFarcセグンダ マルケタリア派の最大指導者イバン マルケスがグスタボ ペトロ政権と和平交渉を行う用意があると明らかにしたと今週ルエダが明らかにしています。イバン マルケスは旧Farcのナンバー2であり、キューバで行われた和平交渉の交渉団長でした。
 コロンビア政府は約7000人いるとされるFarc分派諸派との停戦実現を構想しています。Farc分派諸派は麻薬利権をめぐり対立しています。
 Farc分派以外にも別の共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)やコロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォもペトロ政権の呼びかけに応えていますが、具体的な進展は今現在ありません。

2022 9-18 canal 1
Farc分派ボス通称ホタが4人殺害の容疑で起訴される コロンビア バジェ デル カウカ県

 コロンビア検察はコロンビア革命軍(Farc)分派アダン イスキエルドのボスとされるジョン ハイメ ラミレス別名ホタを、バジェ デル カウカ県で発生した一連の殺人事件の責任者として起訴しました。
 「ゲリラグループ アダン イスキエルドの複数のメンバーの通信傍受とその他の証拠から、通称ホタが複数の殺人を直接指示により実行されています。」と検察は指摘しています。
 当局はホタの指示により3件の殺人事件で4人が殺害されたと主張しています。
 最初の事件は2021年7月31日にグアリしモンテレイ村で発生し、65歳と68歳の老人2人が殺害されました。
 2020年9月17日にはトゥルアし郊外のバラガン集落で27歳の男性が殺害されました。2022年2月5日にはモンテロロで、コロンビア治安当局に情報提供していたとされる女性1人が殺害されています。
 ホタは2022年5月に手下のゲリラ6人とともに逮捕されています。

166taro:2022/09/19(月) 09:12:48
2022 9-18 EL UNIVERSAL
グアナフアト州の2か所で襲撃事件、11人が殺され3人が怪我 メキシコ

 土曜日の夜、グアナフアト州の隣り合うロミタ市とシラオ市で2件の襲撃事件が発生し、少なくとも11人が殺害されています。
 午後7時、武装集団がシラオ市サン ホセ デ ロス ドゥラン村の民家を襲撃し、女性2人と17歳の少女と1人と男性1人を殺害しました。
 犯行を終えた武装集団はロミタ市エル エスコプロ村に向かい、村の食料雑貨店の店内と店の外で男性5人を殺害し5人を負傷させています。負傷者5人は病院に搬送されましたが、1人が治療中に死亡しています。
 武装集団は犯行現場2か所の間で犯行に使用したと思われる車を燃やして逃亡しています。

2022 9-18 agora
セラヤ市で斬首死体2体が放置されていた メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州セラヤ市ラ エスペランサ デ ユスティス村で、2体の斬首死体が見つかりました。
 午前8時30分近く、高速道路近くの公道上で2体の死体が発見されたと当局は発表しています。
 通報を受け警官隊が現場に派遣され死体を確認し、その後検察の捜査チームが現場に出動し捜査を実施しています。
 斬首死体2体のそばには、犯罪グループの残したメッセージ2枚が残されていました。
 土曜日の深夜、ロケ村で襲撃事件があり2人の男性が拉致されており、この2人が殺害された可能性が指摘されています。

167taro:2022/09/20(火) 08:08:33
2022 9-19 EL TIEMPO 4435,84 8,30
ヘンティル ドゥアルテとイバン モルディスコの後釜とされるカラルカがコロンビア政府平和委員ダニロ ルエダとの会談に参加していた

 土曜日、完全平和を掲げるグスタボ ペトロ大統領が平和委員に任命したダニオ ルエダが、コロンビア東部地域に強い影響力を持つコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ組織と会談を行っています。
 会談に参加したゲリラは4人で、ホルヘ ブリセニョ戦線のボスであるアレクサンデル ディアス メンドサ別名カラルカがリーダーです。Farc分派ゲリラ組織の最大ボスと目されるカラルカには最大10億ペソ(約3240万円)の懸賞金がかけられています。
 1月にEL TIEMPO紙が諜報部から入手した情報によれば、カラルカは通称イバン モルディスコとヘンティル ドゥアルテが立ち上げたFarc分派ゲリラグループの最高幹部会のメンバーの1人です。
 イバン モルディスコとヘンティル ドゥアルテが率いるFarc分派ゲリラ組織は24戦線を傘下に置き1200人の戦闘員を抱え、ノルテ デ サンタンデール県に影響力を持つ通称ジョン メチャス率いるFarc分派第33戦線と、ナリニョ県とカウカ県に影響力をもつ通称マインブが率いるFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテと同盟関係にありました。マインブは今年6月に治安部隊との戦闘で戦死しています。
 その後、ヘンティル ドゥアルテがベネスエラで殺害され、イバン モルディスコがコロンビア軍の空爆作戦で死亡したことにより、カラルカが最大ボスにおさまっています。
 EL TIEMPO紙が複数の治安当局者から得た情報によれば、カラルカはプトゥマヨ県を拠点とする第1戦線もしくはカロリナ ラミレス戦線、カケタ県を拠点とするホルヘ ブリセニョ戦線、アラウカ県とカサナレ県を拠点とする第10戦線を掌握しています。
 ダニロ ルエダとの会談にはカラルカの他にカロリナ ラミレス戦線のボスエビミエク エレグア トレス別名アルフォンソ45、通称エリカとエレメス ラミレスが参加しています。エリカとエレメス ラミレスに関しては詳しい情報はありませんが、指導部のメンバーであることが判明しています。
 治安当局はジョン メチャスとマインブの後継者エル モチョが新たなボスであるカラルカと同盟関係を維持しているのか調査を進めています。もしそうであれば、カラルカは約1050人の戦闘員を持ち、コロンビアの3大コカ栽培地を抑える強力なゲリラボスとなっていると治安関係者は指摘しています。
 「モルディスコはコロンビアのコカ栽培をコントロールするために、ベネスエラと国境を接するFarc分派33戦線と、カウカ県とナリニョ県に拠点を置くFarc分派ゲリラグループと同盟関係を結びました。」と軍高官は断言しています。
 国連統合違法作物監視システム(Simci)の2020年報告によれば、コロンビアのコカの木栽培面積はノルテ デ サンタンデール県4万84ヘクタール、プトゥマヨ県1万9986ヘクタール、ナリニョ県3万751ヘクタールとなっています。
 2020年のコロンビアのコカの木栽培面積は14万3000ヘクタールであり、この3県だけで9万821ヘクタールを占めています。
 カラルカ傘下のゲリラグループは、イバン マルケス率いる別のFarc分派組織セグンダ マルケタリアとベネスエラ領内で抗争を続けています。
 ベネスエラに拠点を置くセグンダ マルケタリア派も、イバン マルケスの使者がコロンビア政府関係者と接触を始めています。
 旧Farcのナンバー2であったイバン マルケスはベネスエラで襲撃を受け重傷を負い、ニコラス マドゥロ政権の庇護を受けカラカスの病院に入院しているとされています。
 関係者によれば、セグンダ マルケタリア派は一時14の戦線を抱える大組織でしたが、最高幹部のヘスス サントリッチとエル パイサとロマーニャが相次いで殺害されたことにより弱体化しています。

168taro:2022/09/20(火) 08:08:44
2022 9-19 talcual
コロンビア政府とELNの和平交渉をベネスエラで マドゥロ大統領が提案

 ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロはコロンビア大統領グスタボ ペトロからコロンビア政府と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の和平交渉の保証人になってほしいと要請され受け入れています。
 そしてその数日後、交渉をベネスエラで行うことを書簡で提案しています。
 マドゥロ大統領は9月13日にカラボボ州で行った演説の中で、「チャベス司令官が和平合意の保証を行ったように、もう一度コロンビア和平のためのコロンビア政府とELNの交渉の保証人を引き受ける。」と語っています。
 そして9月15日にベネスエラ大統領府から書簡が送られ、「ベネスエラを開催地とするコロンビア政府とELNの和平交渉開始の日程ができるだけ早く決定される事を希望する。」としています。

2022 9-19 EL UNIVERSAL
メキシコでマグニチュード7,7の地震、コリマ州マンサニヨ市で1人死亡

 9月19日、メキシコで大規模地震が発生しました。メキシコでは1985年9月19日と2017年9月19日にも地震が起きています。
 国立地震局は2022年9月19日13時5分7秒にミチョアカン州コアルコマンの南59kmを震源とするマグニチュード6,8の地震が発生したと発表し、その後マグニチュード7,7に訂正しています。
 ロペス オブラドール大統領は「情報収集を始めましょう。重大事態が起きていない事を強く望みます。」とツイートしています。
 しかしその後、「ホセ ラファエル オヘダ海軍提督から、コリマ州マンサニヨしのショッピングセンターで壁が落下し、1人が亡くなったという報告が入りました。」とツイッターを通じて発表しています。
 14時37分、コリマ州で新たにマグニチュード5、1の地震がテコマン市の南57kmで発生しており、最初の地震の余震の可能性が指摘されています。

169taro:2022/09/21(水) 07:30:37
2022 9-20 canal 1 4415,11 8,38
メタ県で4人の若者が拷問の末に殺害される コロンビア

 メタ県エル カリベ村で4人の若者が殺害されました。死体はプエルト ジェラス市郊外そばで見つかっており、25歳から30歳とみられる男性4人の身元は不明です。4人の死体には拷問を受けた痕が残されています。
 オンブズマン組織はメタ県ビスタ エルモサ市とプエルト リコ市に早期警戒警報を発令していました。
 コロンビアで今年発生した虐殺事件(一度に3人以上殺害された事件)は、今回を含め80回となっています。
 現場には「楽して金を得ようとする怠け者たち」というメッセージが残されていました。
 メタ県政府高官はコロンビア革命軍(Farc)分派と通称フアニートが率いる地元犯罪グループの抗争の可能性を指摘しています。

2022 9-20 el COLOMBIANO
Farc分派ゲリラ部隊との戦闘で兵士1人が戦死 コロンビア バジェ デル カウカ県

 月曜日、コロンビア革命軍(Farc)分派ハイメ マルティネス部隊とコロンビア陸軍の部隊が戦闘となり、兵士カルロス アルマンド ビジャミサール マルティネスが戦死しました。
 バジェ デル カウカ県ハムンディ市郊外で作戦実行中の陸軍部隊が、ゲリラ部隊と遭遇し戦闘となっています。
 陸軍第3師団は戦闘を通じ銃器・軍服・通信機などを押収したと発表しています。
 「衛生兵の懸命な努力にもかかわらず、兵士ビジャミサールは亡くなりました。」と軍は指摘し、戦死したビジャミサールの家族に哀悼の意を表しています。
 今月10日にも陸軍兵士ホルヘ ルイス サンチェス オルフエラが、アラウカ県タメ市カニョ クラロ村で戦死しています。共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)のゲリラ部隊と思われる武装集団との戦闘は1時間続き、負傷した兵士4人が病院に搬送されています。
 9月2日にはノルテ デ サンタンデール県エル スリアし郊外で兵士カンディド マチャドが狙撃され戦死しています。

170taro:2022/09/21(水) 07:30:47
2022 9-20 el COLOMBIANO
コロンビア革命軍分派最高指導者イバン モルディスコは生きている

 7月15日、コロンビア軍はカケタ県サン ビセンテ デル カグアン市で実施した空爆作戦により、コロンビア革命軍(Farc)分派第1戦線の最大ボスであるグレゴリオ ベラ フェルナンデス別名イバン モルディスコと9人のゲリラを殺害したと発表しています。
 火曜日、コロンビア政府高等平和委員ダニロ ルエダはカラコルラジオの取材で、Farc分派ボス イバン モルディスコは死んでいないと発言しました。
  「使者たちはイバン モルディスコは生きていると表明しました。私たちは直接彼と接触はしていません。」とFarc分派グループの代表4人と会談を行ったダニロ ルエダが語っています。
 前大統領イバン ドゥケは「悪の象徴であるイバン モルディスコが死んだ。」と空爆作戦後に述べています。
 しかし空爆作戦が実施された現場からイバン モルディスコの死体は発見されていません。前コロンビア警察長官ホルヘ バルガス将軍は、死体は入手できていないが、イバン モルディスコの配下が持ち去ったと思われると表明しています。
 イバン モルディスコの死亡については、8月3日にイバン モルディスコがグスタボ ペトロ新大統領政府に対して、新たな和平交渉の舞台を設定するよう要請する動画が公開され疑問符がついていました。
 「グスタボ ペトロ博士とフランシア マルケス副大統領が率いる新たな政府を民衆が求める真の代表と認識し、共通の合意のもとに停戦合意に至る環境を作り出すことができると考える。」とイバン モルディスコは声明を読み上げています。
 動画に登場したイバン モルディスコは無傷で、既に交渉に向けて通称イバン ロサダを団長とする交渉団を結成していると指摘しています。
 イバン モルディスコは20年以上前に平ゲリラとしてFarcに入隊し、狙撃兵から爆発物のスペシャリストとして軍歴を重ねて昇進し、Farc第1戦線のボスに登りつめています。
 イバン モルディスコ率いるFarc分派ゲリラ組織はカケタ県・グアビアレ県・バウペス県・ビチャダ県に影響力を持ち、イバン モルディスコには最大30億ペソ(約9746万円)の懸賞金がかけられています。

2022 9-20 ONFORMADOR.MX
ワクチン接種チームが乗った車列が銃撃され、警官1人が殉職 メキシコ ヌエボ レオン州

 アメリカ合衆国と国境を接するヌエボ レオン州アナワク市で待ち伏せ攻撃があり、警官1人が死亡2人が負傷しています。ヌエボ レオン州政府は今回の襲撃事件を受け、同地でのCOVIV-19ワクチンの接種プログラムの一時中止を決定しました。
 待ち伏せ攻撃を受けたのはワクチン接種チームを乗せた車列で、同行していた警官隊が反撃して襲撃グループの2人を逮捕しています。逮捕されたのは地元犯罪グループのボス ヘスス44歳とフアン18歳です。

171taro:2022/09/22(木) 08:53:10
2022 9-21 EL ESPECTADOR 4420,38 8,24
マドゥロ大統領が国境に来るか、定かではない コロンビア・ベネスエラ

 火曜日の夜、ギジェルモ レジェス運輸大臣はコロンビアとベネスエラの国境再開にコロンビア大統領グスタボ ペトロとベネスエラ大統領ニコラス マドゥロが立ち会うとメディアの取材で語りました。このイベントは両大統領の最初の会談となるはずでした。しかし水曜日、レジェス大臣は自身の発言をトーンダウンさせています。
 大臣はBluラジオの取材に対し、ベネスエラ大統領が今回のイベントに出席することは確定していない。隣国政府はマドゥロ大統領かデルシー ロドリゲス副大統領のどちらが出席するのか明らかにしていないと語っています。
 「グスタボ ペトロ大統領は出席します。ベネスエラ運輸大臣によれば、マドゥロ大統領は出席するつもりではあるが、出席するかは確認できていません。」と発言しています。
 
2022 9-21 W RADIO
9月26日にグスタボ ペトロ大統領政権に対する初めての大規模抗議行動が行われる コロンビア

 9月26日、市民団体の呼びかけによりグスタボ ペトロ大統領が提案する改革に反対する抗議行動が国内外の主要都市で行われます。
 国民大行進のスポークスマンであるピエール オンサガは、今回の抗議行動について、ペトロ政権は税制改革についてコロンビアの最も裕福な4000人だけが影響を受け、食料品などには課税しないと主張していますが、プラスチックとガソリンへの課税は「コロンビア国民が商店で購入するプラスチックで包装された塩・砂糖・米・パスタなどすべてが値上がりします。」と強調しています。
 ペトロ大統領の政治改革についても、「巨大勢力が生まれ、民主主義を脅かしゲームのルールを不安定にします。」と批判しています。
 抗議行動の実施に付いて、ボゴタ市・バランキージャ市・カリ市・メデジン市・ニューヨーク・ヒューストン・マイアイなどで5000人以上の協力者を募るとピエール オンサガは主張しています。
 一方、下院議長のダビド ラセロはLa Wの取材で、「抗議行動に機動隊は派遣しない。」と答え、抗議行動を国家が暴力的に規制することはないと説明しています。

172taro:2022/09/22(木) 08:53:22
2022 9-21 EL UNIVERSAL
テキサス州がカルテル デ シナロアとCJNGをテロ組織に指定し、対策を要請 アメリカ合衆国・メキシコ

 アメリカ合衆国テキサス州知事グレッグ アボットは水曜日にメキシコ麻薬カルテルをテロ組織に指定する行政命令を発令し、公安局(DPS)に対して市民の安全を守るための対策を捕るよう促しています。アメリカ合衆国では合成オピオイド フェンタニル問題が深刻化しています。
 ミッドランドでの記者会見の場で知事はジョー バイデン大統領とカマラ ハリス副大統領に、致死量のフェンタニルを生産流通させているカルテル デ シナロアやカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)やその他のメキシコ麻薬組織を連邦がテロ組織に分類するよう要請しました。
 
2022 9-21 EL UNIVERSAL
警察幹部2人がカルテル デ シナロアの待ち伏せ攻撃で殺害された メキシコ バハ カリフォルニア州

 バハ カリフォルニア州サン フェリペ市の警察副署長エリック アギレラと司令官ノルベルト オルネラス ナバが待ち伏せ攻撃を受けて死亡し、警察署長は生き延びています。
 治安当局はカルテル デ シナロアによる犯行の徴候があると明らかにしています。
 「701という数字とJGと文字が書かれた多目的ベストを押収しています。701とJGはホアキン グスマン ロエラ別名エル チャポ一族の衣料品ブランドの一部で使われています。」とカルテル デ シナロアの犯行とした理由を治安当局者が説明しています。
 検察はメヒカリ市で行った記者会見で、犯人グループの1人と思われる男を逮捕したと発表しています。待ち伏せ攻撃には8人が参加しており、大口径の銃器で至近距離から発砲しています。
 事件は2022年9月20日火曜日午後6時40分にサン フェリペ市で発生しました。2台の車に乗った武装集団が、警察幹部3人が乗った車を襲撃しています。
 武装集団は車から降りて様々な角度から発砲しています。近くにいた警官たちが武装集団に反撃し、武装集団は車を捨てて徒歩で逃走しています。
 現場にはAKー47やR15など自動小銃9丁と短銃1丁、車2台、701やJGのロゴの入った防弾チョッキ7着などが残されています。

173taro:2022/09/23(金) 08:26:40
2022 9-22 el COLOMBIANO 4403,82 8,31
数日中に停戦を発表できるであろう コロンビア大統領

 グスタボ ペトロ大統領は数日中に「完全平和」への合流を表明したすべての武装グループと停戦を実施すると発表しました。
 停戦では違法武装グループが武力衝突を停止し、それに呼応して国家が軍事行動を止め戦闘を回避します。
 これまでに22の組織が「完全平和」への参加を表明するメッセージを政府に送っています。
 コロンビア政府平和委員のダニロ ルエダによれば、停戦を実施するのはゲリラ組織と麻薬組織と準軍麻薬組織です。
 しかしこれまでコロンビアで行われた和平プロセスに参加した専門家たちは、政治的背景を持たない麻薬組織は交渉ではなく司法に服従すべきであると主張しています。
 ペトロ大統領が選挙中から提唱していた「完全平和」プロジェクトは、ペトロ政権発足1ヶ月間で最も活発に行われた活動の1つであり、治安不安を招いているすべての武装組織との合意を目指すという最も野心的なものでもあります。
 現在最も進展があったのは共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)との交渉で、現政権はフアン マヌエル サントス政権時に始まった和平交渉の再開を決定しています。
 事実、コロンビア政府とELNの事前協議は進んでおり、数日中に交渉を開始すると大統領は述べています。
 ルエダは先週末にコロンビア革命軍(Farc)分派グループのメンバー4人と会談を行っており、停戦合意が発表される可能性もあります。
 「全面平和」の法的根拠となる法案は既に議会に提出されており、これから議論が始まります。

2022 9-22 monitoreamos.com
ダリエン地峡でベネスエラの6歳幼児が武装集団の銃撃で殺された パナマ

 アメリカ合衆国を目指しダリエン地峡を渡っていたベネスエラ移民グループが武装集団に襲撃され、6歳の男の子が殺され大人2人が怪我をしています。
 パナマの国境サービス(Senafront)がダリエン県トレス ボカスで事件が起きていると発表しています。
 「外国人のアクセントを話す集団とパナマ先住民の集団から構成される武装集団が移民グループを襲撃し、6歳くらいの幼児が殺され女性と男性が負傷しています。」とSenafrontは明らかにしています。
 負傷した男性は殺害された幼児の叔父で、女性はドミニカ人です。
 子供遺体はサンタ フェの遺体安置所に運ばれ、負傷者2人は病院で搬送され手当を受けています。
 襲撃グループの行方を追っているパナマ治安当局は、現場近くのマラガンティ村で銃器と違法薬物を発見しています。
 幼児が殺害された前日には、ダリエン地峡のジャングル内で、10歳のベネスエラ人女児が川を渡ろうとして溺死しています。

174taro:2022/09/23(金) 08:26:52
2022 9-22 infobae
カルテル サンタ ロサ デ リマがビリヤード場を襲撃、10人を撃ち殺した メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州を拠点とする犯罪組織カルテル サンタ ロサ デ リマ(CSRL)が、グアナフアト州タリモロ市にあるビリヤード場を襲撃し、少なくとも10人を殺害しています。
 地元当局の発表によれば、9月21日午後9時ころ市中心部にあるビリヤード場エル ハラスに武装集団が乱入しています。
 犯行の様子とCSRLが残したメッセージを記録した動画がネットに上げられています。https://twitter.com/i/status/1572781472234471425
 当初、死亡者は9人と発表されていましたが、その後病院で1人が死亡し死亡者の数は10人に増えています。
 メッセージには逮捕さているCSRLの最大ボス ホセ アントニオ イェペス オルティス別名マロを象徴する金槌(Marros)がついた三角形のシンボルとCSRL
が書かれています。「セルメニをついた裏切り者に起こった事だ。これからも起こり続ける。」と書かれています。
 2枚目には「モンカダ・タリモロ・ヘレス・へレクアロ・アパセオ エル アルトは、マロの物。」と書かれています。
 ビリヤード場の中でCSRLの敵対組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の覚醒剤など麻薬が売られていた疑いがあることが犯行の動機とされています。
 
2022 9-22 EXCELSIOR
俳優オクタビオ オカニャを殺害した容疑で警察官が捕まった メヒコ州

 メヒコ州クアウティトラン イスカリ市の警察官レオポルド45歳が、俳優オクタビオ オカニャ殺害事件に関与したと容疑で逮捕されました。
 同事件では別の警官1人にも逮捕命令が出ており、現在治安当局が行方を追っています。
 TVシリーズ ベシノスで有名になった俳優オクタビオ オカニャは、2021年10月に死亡しています。彼の家族は公式見解を否定し、オクタビオがメヒコ州の警官に殺害されたと主張していました。
 父親のオクタビオ ペレスは複数のインタビューで、9人の警官がオカニャ殺害に関与していると訴えていました。

175taro:2022/09/24(土) 07:46:22
2022 9-23 el COLOMBIANO 4379,80 8,41
イバン モルディスコが動画を公開し、治安部隊への攻撃停止を命じたと発表 コロンビア

 コロンビア革命軍(Farc)分派最大派閥の最高指導者ネストル グレゴリオ ベラ フェルナンデス別名イバン モルディスコが動画を公開し、グスタボ ペトロ新大統領が提唱する全面和平プロジェクトに関心があると表明しています。イバン モルディスコは今年7月にカケタ県でコロンビア軍が実施した空爆作戦により死亡したと前大統領イバン ドゥケが発表していました。
 ジャングルの中で配下のゲリラに囲まれたゲリラボス イバン モルディスコが2022年9月22日付の声明を読み上げています。https://twitter.com/i/status/1573358006795964418
 イバン モルディスコは声明の中で、「Farc EPは我が国が苦しんでる社会的・武力的紛争の解決策を求め、政府と率直に対話する事を再確認している。」と述べています。
 そして「政府との停戦合意に向けた好ましい環境を作るために、攻撃されない限り治安部隊との戦闘をできるだけ避けるようすべての部隊に命じられている。我々は政府と治安当局との互恵関係を期待している。」と付け加えています。
 動画は金曜日からネット上に上がっています。先週末、イバン モルディスコが派遣した4人のゲリラが、コロンビア政府高等平和委員ダニロ ルエダと会談を行っています。
 
2022 9-23 el COLOMBIANO
ドゥケ前大統領がFarc分派を生んだとペトロ現大統領が非難 コロンビア

 グスタボ ペトロ現大統領とイバン ドゥケ元大統領がここ数時間、激しい言葉の応酬をしています。
 ペトロはカラコルニュースの取材で、コロンビアで武力紛争が復活したのはドゥケのせいであると主張しています。「Farc分派はドゥケによって作られた。失礼ながら、平和プロセスを破壊する政策が、反対派を生んでいる。戦争を継続するために武装したFarcを再建することが目的であった。」と述べています。
 また複数の旧Farcメンバーが逮捕されたことにも言及しています。「アメリカ合衆国への引き渡しが求められる罠がコロンビア検察長官により作られたことが明らかになり、彼らは去っていった。」と指摘しています。
 一方、ドゥケ元大統領はツイッターを通じ、大統領就任以前の2018年4月に民間組織平和のためのアイデア財団の報告書が、Farc分派に関する報告書を出していたと反論しています。
 また「コロンビアを麻薬国家にしてはならない。現在世界は反麻薬で統一されており、1つの国コロンビアがコカインを合法にすると決めれば、コロンビアは麻薬国家になる。」とペトロを批判しています。
 ペトロは国連総会での演説で、世界の麻薬に対する戦いは敗北したと主張しています。

176taro:2022/09/24(土) 07:46:34
2022 9-23 EL NACIONAL
襲撃され脳挫傷を負ったイバン マルケスが回復に向かっている ベネスエラ

 コロンビアの主要日刊紙EL TIEMPOは情報筋から、コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者ルシアノ マリン別名イバン マルケスが、順調に回復していることを確認しました。イバン マルケスは6月29日にベネスエラ領内のゲリラキャンプで爆発物による攻撃を受け、頭部を負傷しています。
 EL TIEMPO紙は7月30日に諜報機関からの情報として、イバン マルケスが爆破により指を何本か失い、頭部を負傷して病院の集中治療室に収容されていると報道しています。
 マルケスはベネスエラ政府の保護下で、カラカスにある軍病院で治療を受けているとされています。
 マルケスは既に意識は回復していますが、まだセグンダ マルケタリア派の指揮を取れる状態ではないと、情報提供者は述べています。
 マルケスのセグンダ マルケタリア派最高幹部であったヘスス サントリッチ、エル パイサ、ロマーニャを相次いで失い、弱体化しているとされています。

2022 9-23 Imagen del Golfo
サン ルイス ポトシ州で銃撃事件、3人が殺された メキシコ

 メキシコの暴力は止まりません。サン ルイス ポトシ州で銃撃事件が発生し3人が殺されています。
 事件はタマスンチャレ市の連邦街道85号とカジェ 20 デ ノビエンブレが交わる場所で起きています。1台の車が銃撃され、2人が車外で、1人が車内で死亡しています。
 付近の監視カメラが犯行の瞬間をとらえていました。https://twitter.com/i/status/1573105111999680512
 通報を受け治安部隊と救急隊が現場に駆けつけています。3人の身元は不明で、法医学サービスに運ばれています。

177taro:2022/09/25(日) 08:05:12
2022 9-24 NOTICIAS CARACOL 4426,47 8,41
ボゴタ東部のラス デリシアス峡谷で外国人観光客15人が強盗被害 コロンビア

 ボゴタ市東部の山中を散策していた15人の外国人観光客グループが強盗団に襲われましたが、警察の迅速な対応により奪われた金品は戻ってきました。
 ラス デリシアス峡谷を登っていた観光客15人が、ナイフを持った9人の集団から金品を奪われています。
 被害を受けたアメリカ合衆国・カナダ・オランダ・プエルト リコからやって来た観光客15人は、コロンビア人数人を伴い当局に被害届を提出しています。
 警察は直ちに捜査を開始し、奪われた携帯電話をGPSで追跡し、犯人グループの居場所を突き止め、奪われたパスポート・金鎖・現金などを回収しています。
 「警察の素早い作戦により、奪われた金品を回収して被害者に引き渡しています。引き続き犯人グループ全員の検挙に向け捜査を続けます。」とボゴタ市警司令官カルロス トリアナ将軍は指摘しています。
 被害を受けた観光客たちは警察本部に集まり、警察の働きに感謝を伝えています。
 
2022 9-24 canal 1
義理の息子に犬とセックスさせていた女が逮捕された コロンビア サンタンデール県

 継母が義理の息子に犬との性行為を強制するという異常な事件がサンタンデール県リオネグロ市で起きています。
 ブカラマンガ市警司令官ホセ ハラミジョ大佐によれば、13歳の息子の様子がおかしい事に慌てた継母が警官に相談して事件が発覚しています。
 13歳の少年は自殺を図っていました。この事を知った警察は捜査を開始し、少年が継母から深刻な虐待を受けていたことが判明しています。
 しかし最も憤りと拒絶感を与えたのは、継母が少年に罰として犬との性行為を強制していたことが立証されたことです。
 「我々を狼狽させました。サンタンデール県リオネグロ市で継母が家の手伝いをしなかったとして、13歳の少年とセックスさせていました。」とハラミジョ大佐は説明しています。
 少年は不安定な精神状態にあり、心理的影響は非常に大きいと判断され、児童青年課の職員が対応しています。
 継母は9月23日に自宅で逮捕されています。

178taro:2022/09/25(日) 08:05:23
2022 9-24 bluradio
15台以上のバイクに乗った強盗団が銃を手に犯行を重ねる コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市で15台以上のバイクに乗った強盗団が住民達を恐怖に陥れています。市民がとった動画と監視カメラの動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1573726093630214146  
 9月23日金曜日の夜、バイク強盗団は複数の場所で犯行を行っています。ある場所では女性の乗ったバイクが強盗団に奪われそうになりましたが、住民たちの反撃によりバイクは取り戻され、マスクでナンバープレートを隠していた強盗団の1人が捕まっています。https://twitter.com/i/status/1573725768093515777
 警察は機動部隊による作戦を実施し、67台のバイクを確保し携帯電話2台とバイク2台を回収しています。また犯行に使用されたとされる銃器1台を押収し、容疑者の少年2人を逮捕しています。

2022 9-24 EL UNIVERSAL
カルテル デル ノレステのメンバーが家族を乗せて車を運転していた軍人を捕まえ顔に落書きをする メキシコ タマウリパス州

 アメリカ合衆国との国境近くタマウリパス州シウダ ミエルを自家用車で移動していたメキシコ軍軍人が、カルテル デル ノレステのメンバーと思われる集団に辱めを受けています。
 El Universal紙のコラムニスト ルイス カルデナスによれば、カルテル デル ノレステのメンバーたちは軍人家族の乗った車を停車させ、タイヤをパンクさせて軍人の顔にいたずら書きをしています。
 「カルテル デル ノレステの構成員たちが子どもたちと旅行中の軍人の車をシウダ ミエルで停車させ、タイヤをパンクさせて顔にマーカーペンで書きました。」とツイートしています。
 犯行の様子を撮影した動画では、タイヤをパンクさせた後でメンバーの1人が軍人に対してこっちを向けと命じ、顔にいたずら書きをしています。
 動画には助手席に座った子供の姿も写っています。
 軍人が辱められる事件は、タマウリパス州シウダ マデロでカルテル デル ノレステの装甲しようの車両が押収された後に起きています。
 9月16日、メキシコ軍はモンスターと呼ばれる重武装の車両4台を含む6台の装甲車を押収しています。

179taro:2022/09/26(月) 08:33:18
2022 9-25 el COLOMBIANO 4426,47 8,41
土地をめぐり先住民とアフリカ系住民が衝突、先住民7人が怪我 コロンビア カウカ県

 土地を巡る新たな争いが土曜日の午後に発生しました。カウカ県の先住民団体はカウカ県カロト市で土地を取り戻すための行動中に銃で撃たれたと主張しています。一方、土地の所有者たちは先住民たちが不法に侵入してきたと訴えています。
 「午後2時40分頃に土地の権利を主張していた先住民が、準軍組織グループから攻撃されました。彼らはリボルバー拳銃やショットガンで武装していました。先住民に対する攻撃は無差別でした。我々の同胞7人が負傷しており、その内の4人は重傷です。」とカウカ県先住民組織(CRIC)の上級顧問マウリシオ カパスがEL COLOMBIANO紙に語っています。
 CRICの報告によれば、7人は腹部・胸部・肩を撃たれており、重傷者はバジェ デル カウカ県の複数の病院に運ばれています。
 「現場には治安部隊がいて状況を把握していましたが、何もしませんでした。」とカパスは強調し、襲撃は砂糖工場のすぐ近くで起きていると付け加えています。
 一方、カウカ県グアチェネ市のペルソネラであるシメナ バスティダスは、先住民グループから銃撃を受けたと断言しています。
 「先住民たちから銃撃されました。恐怖の中で私はペルソネラであると叫びましたが、彼らは皆投石を始めました。そして彼らは私のバイクを奪って行き、私が先住民たちに発砲したと言い出しました。私は人権擁護者のペルソネラであり、これは侮辱であり中傷です。」とバスティダスは述べています。
 陸軍第3師団によれば、カウカ県カロト市周辺にはコロンビア革命軍(Farc)分派ダゴベルト ラモスが存在しています。
 コロンビアでは少なくとも10県で土地を巡る争いが先住民・農民・アフリカ系住民・企業間で起きています。
 オンブズマン組織は9月22日、アンティオキア県・アトランティコ県・カウカ県・セサール県・チョコ県・グアイニア県・ウイラ県・マグダレナ県・バジェ デル カウカ県・ビチャダ県の10県で108件の土地侵入事件が起きていると警告しています。

2022 9-25 NOTICIAS CARACOL
コロンビアでは毎週5人の子供が餓死している

 コロンビアでは飢餓により5歳以下の子供の多くが死亡しています。今年これまでに200人の児童が栄養失調により死亡したとコロンビア保健機関は報告しています。
 全体の25%に当たる児童50人はラ グアヒーラ県で死亡しており、次いでチョコ県で26人、ボリバル県とセサール県で14人、ビチャダ県とマグダレナ県で9人と続いています。
 コロンビア食料銀行ネットワークのディレクター フアン カルロス ブイトラゴは、「コロンビアでは毎週5,7人近くの児童が死んでいます。このままでは今年末までに300人近くの児童が栄養失調により死亡してしまいます。」と表明しています。
 同団体はコロンビアで飢えを回避し栄養失調を防ぐための食料を防ぐ基本的生活物資を入手するためには最低30万ペソ(約9808円)が必要ですが、ラ グアヒーラ県などでは母親たちが手にできる金額は運が良くて10万ペソであると指摘しています。
 「コロンビアには基本的食料を買うことのできない人々が1960万人います。」とブイトラゴは説明しています。
 そして今年コロンビアで栄養失調と診断された児童が1万5237人もいると憂慮しています。

180taro:2022/09/26(月) 08:33:28
2022 9-25 infobae
宗教行事参加者に悲劇、7人が濁流に飲まれて死んだ ベネスエラ タチラ州

 コロンビア国境に近いタチラ州ロス アンデス地域で、宗教行事に参加した40人近い人達が激しい降雨により起きた濁流に襲われ、これまでに少なくとも7人の死亡が確認されました。
 「高山地域での大量の落水が濁流となり多くの人たちが犠牲となりました。」とタチラ州知事フレディー ベルナルはSNSで述べています。
 悲劇は金曜日に起きており、これまでに7人の遺体が見つかり3人が行方不明となっています。
 交流のために観光地に集まっていたのはメソジスト教会の信者たちで、ベルナル知事は残念な悲劇であると語っています。
 行事には36人が参加しており、水浴びを楽しんでいたときに急に増水し、何人かが流されています。
 捜索活動は山岳地帯の地理的特性と低温のために困難となっていますが、捜索隊は土曜日の遅くまで捜索を続けています。
 
2022 9-25 EL UNIVERSAL
毛布に包まれた死体は国家警備隊の隊員だった メキシコ サカテカス州

 連邦街道44号線サカテカス州フレスニヨ市とバルパライソ市の間で毛布に包まれた死体が見つかってから10日、家族が身元確認を行い殺害されたのが現役の国家警備隊隊員であることが判明しました。
 今現在サカテカス州検察による正式発表はありませんが、複数の治安司法関係者が9月14日に発見された死体が国家警備隊隊員であると証言しています。
 サカテカス州では今年これまでに36人の治安部隊員が殺害されいます。内訳は国家警備隊隊員2人、軍人1人、連邦・州・市警察警察官33人です。
 ドゥランド州出身の国家警備隊隊員は死体が発見される前日に拉致されていました。

181taro:2022/09/27(火) 08:35:16
2022 9-26 EL TIEMPO 4426,47 8,35
グスタボ ペトロ大統領に対する抗議行動がコロンビア主要都市で行われる

 午前10時からグスタボ ペトロ政権に対する抗議行動が、コロンビアの複数の都市で始まりました。
 白いシャツを着てコロンビア国旗を持った数千人が、ボゴタ市・メデジン市・カリ市・バランキージャ市・ブカラマンガ市・カルタヘナ市などでデモ行進を行っています。
 抗議行動を呼びかけたピエール オンサガによれば、今回のデモはペトロ政権の進める選挙法・労働改革・税制改革などに反対するものです。
 首都ボゴタ市ではプラサ デ ロス カイドスからボリバル広場、パルケ ナシオナルからボリバル広場に向かう2つのデモ行進が行われています。
 コロンビア第2の都市アンティオキア県の県都メデジン市でも白いシャツを着てコロンビア国旗を持った数千人が、パブロ トボン ウリベ劇場の前からルセス公園に向かってラ プラヤ通りを行進しています。
 
2022 9-26 W RADIO
グスタボ ペトロ大統領とアルバロ ウリベ元大統領が大統領官邸で会談を行う コロンビア

 元大統領アルバロ ウリベが党首と務める右派政党セントロ デモクラティコ党の関係者が、アルバロ ウリベ党首がコロンビア大統領グスタボ ペトロと大統領官邸カサ デ ナリニョで会談を行うと明らかにしました。
 会談には与党時代に税制改革を手動していたセントロ デモクラティコ党の議員も参加する予定です。
 ペトロとウリベは6月29日にも会談を行っています。

182taro:2022/09/27(火) 08:35:26
 
2022 9-26 infobae
カルテル デル ゴルフォの創設者の1人通称エル インヘがアメリカ合衆国に引き渡された メキシコ 

 メキシコ連邦検察総局(FGR)はアメリカ合衆国テキサス州連邦裁判所から引き渡し要請がきていたナサリオ カバソス デ ルナ別名エル インヘを引き渡したと発表しました。アメリカ合衆国とメキシコの国籍を有するエル インヘは、犯罪結社・組織犯罪・マネーロンダリング・違法銃器所持容疑で告発されています。
 引き渡しは9月26日月曜日に発表されています。ナサリオは1995年から2020年にかけてカルテル デル ゴルフォのボスとして、麻薬取引やマネーロンダリングなどの犯罪行為を繰り返しています。
 カルテル デル ゴルフォはタマウリパス州を拠点とするメキシコ有数の麻薬組織であり、大量の麻薬をアメリカ合衆国に密輸しています。エル インヘの引き渡しはメキシコシティ国際空港で行われました。

2022 9-26 MILENIO
カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)がドバイで200万ドルのマンションを購入

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJJNG)は、犯罪行為で得た収益をドバイでロンダリングしていることが判明しました。
 CJNGのマネーロンダリング責任者ハセイン エデュアルド フィゲロア ゴメスが、ドバイのマリナ ハイツ タワーの高級マンションを購入したことが、アメリカ合衆国財務省外国資産管理室の調べで判明しています。
 CJNGの購入したペントハウスは市内でも有数の高級エリアにあり、5つのベッドルームと6つのバスルームをそなえ、オーシャンビューを提供し、価格は200万ドルを超えるとされています。
 フィゲロア ゴメスは2011年に逮捕された父親のエツィオ ベンハミン フィゲロア バスケスとともに、ヨーロッパからメキシコに数百トンのエフェドリンとプソイドエフェドリンに密輸する組織を率いていました。
 CJNGのマネーロンダリングを担当するハセイン エデュアルド フィゲロアが所有する企業の多くはグアダラハラ市とチワワ市にあり、その多くは建設業ですが中には医薬品販売の企業もあります。
 フィゲロア ゴメスに逮捕状で出ており、現在逃亡中です。

183taro:2022/09/28(水) 09:06:45
2022 9-27 el COLOMBIANO 4496,99 8,44
軍部隊に逮捕されたFarc分派ボスを住民たちが逃した コロンビア アンティオキア県

 陸軍がコロンビア革命軍(Farc)分派第36戦線のボス エドガー デ ヘスス オレゴ アランゴ別名フィルもしくはレオをアンティオキア県アノリ市で逮捕しましたが、住民たちの騒ぎの中で逃しています。
 月曜日の午前5時、ロス トロソス村にある民家を陸軍第14旅団所属の部隊が急襲し、フィルを逮捕しました。
 フィルを逮捕した軍部隊は司法警察に通報し、フィルを護送するための航空支援を要請していまが、応援部隊が到着する前に現場に集まった近隣住民たちがフィルの釈放を要求し始めました。
 「大勢の市民が手に棍棒や山刀を持って集まり、逮捕者を奪おうとしました。」と第14旅団司令官マヌエル ゴンサレス大佐が説明しています。
 住民たちの圧力は強く、伍長1人が住民たちに捕まっています。騒ぎはエスカレートし、軍部隊はゲリラボスを釈放するほか無くなりました。
 アンティオキア県治安当局は住民たちの行為を批判するツイートをしています。「通称カブヨのあとを継いでFarc分派第36戦線のボスにおさまった通称フィルもしくはレオの逮捕を妨害した住民たちの騒動を断固として拒絶します。アンティオキア県は治安維持のための治安部隊の介入を支持します。」
 そして、アンティオキア県北東部・北部・バホ カウカ地域で犯罪行為を繰り返す第36戦線は、「ヤルマル市で発生している殺人と失踪事件の責任者であり、ブリセニョ市では治安部隊員を殺害しています。サン アンドレス デ クエルキア市では重機を燃やし、トレド市ではヘリコプターを燃やし、カンパメント市では社会的リーダーの殺害と強制失踪、アンゴストゥーラ市では襲撃と私有財産への放火など犯罪行為を行っています。」と指摘しています。
 10年以上の犯罪歴を持つオレゴ アランゴ別名フィルは従兄弟であるリカルド アベル アヤラ別名カブヨが治安部隊の作戦で6月に死亡したあと、第36戦線のボスとなっています。アンティオキア県の最重要手配犯の1人であるフィルには1億ペソ(約317万円)の懸賞金がかけられています。

2022 9-27 NOTICIAS CARACOL
夫が娘を強姦する様子を撮影しネットに上げていた女が逮捕された コロンビア ナリニョ県

 夫が自分たちの娘を強姦するのを許すだけではなく、その様子を撮影してネットに上げていた母親を逮捕したと検察は発表しています。
 強姦された少女の叔母がナリニョ県イピアレス市の治安当局に訴えたことで事件が発覚しています。少女は11歳だった2016年から父親に強姦されていました。
 「父親が自分の娘に性的拷問を行う様子を携帯電話で撮影し、ソーシャルネットワークにアップロードしていたことを明らかにした。」と検事総長は説明しています。
 被害少女の母親はイピアレス市サラスティ地区で逮捕されていますが、容疑を否認しています。女はイピアレス市の中級警備刑務所の女性棟に収監され、夫はパスト市の刑務所に収監されています。

184taro:2022/09/28(水) 09:06:56
2022 9-27 EL HERALDO
8歳女児を殺害した男に禁錮47年7ヶ月5日の有罪判決 コロンビア スークレ県

 9月20日火曜日の朝、トルのモンスターと呼ばれるハイロ エデュアルド フリオ モンテロッサに、禁錮47年7ヶ月5日の有罪判決が下されました。
 ハイロ エデュアルドは今年1月25日にスークレ県トル市北部コスタ アスール地区ロス ロテスにある女児の自宅で、8歳女児ケイリス ソフィア トウス モデアを強姦殺害したことを認めています。
 県都シンセレホ市のラ ベガ刑務所に収監されているフリオ モンテロッサは、4月に逮捕されています。
 女児の両親や近隣住民は最初からハイロ エデュアルド フリオ モンテロッサを疑っていました。

2022 9-27 UNOTV.com
アビガイルが刑務所で死亡する前に警官から暴行を受ける様子が撮影された動画が公開される メキシコ オアハカ州

 アビガイル アイ ウルティアは8月19日にオアハカ州サリナ クルス市で逮捕された後に死亡していますが、逮捕後に警察署内で警官たちに暴行される様子が撮影された動画が公開され、注目を集めています。
 アビガイルの姉妹マギがネットに動画を上げ、アビガイルが警察で殺害されたと訴えています。
 マギによれば、アビガイル アイ ウルティアは痩せた女性で、2人の女性警官ロクサナとヤアイラから暴行を受けています。
 死亡当時30歳のアビガイルには幼い子ども2人がいます。
 暴行した警官たちはアビガイルの死亡の経緯が不明であるとして逮捕されていません。
 アビガイルの父親は当局から娘が下着で首を吊ったと告げられています。しかしアビガイルの遺体には複数の暴行を受けた痕があり、死因を特定するための検死の実施を要請しています。
 父親のホセ ルイス アイ アイは、娘の死から1ヶ月以上たってもサリナス クルス市のダニエル メンドサ ソサ市長から明確な回答が無いことから、ネットを通じてアンドレス マヌエル ロペス おブラドール大統領への謁見を要求しています。

185taro:2022/09/29(木) 08:47:27
2022 9-28 Semana 4556,42 8,47
警察士官23人が相次いで辞職 コロンビア

 コロンビア警察内の動揺は止まりません。ここ数時間で大佐以下23人の士官が辞職しました。警察内部からはグスタボ ペトロ政権の決定が警官としてのモチベーションを失わせたという声が聞かれます。
 最近バホ カウカ アンテオケーニョ地域で起きたように、警察が街道封鎖を解除できないといった事態が警官たちに辞職を決意させた理由とされています。
 Semanaは現役警察官に取材していますが、アンティオキア県で起きたような事がコロンビア各地で繰り返されていると断言しています。
 アンティオキア県の場合、街道封鎖が実施された地域に機動隊(Esmad)がいたにも関わらず、後に政府や国防相から注意を促されることを避けるために機動隊は使用されなかったとある士官がSemanaの取材で語っています。
 また最近頻繁に発生している私有地への侵入行為についても、地域社会との衝突を避けるために警察が介入しない場合はあると、と匿名の現役警察士官が語っています。
 グスタボ ペトロが大統領に就任していこう、辞職した警察士官の数は40人以上となっています。
 またペトロ大統領就任に伴い、軍と警察の指導部が入れ替わり、警察の場合20人の将官が警察組織から去っています。この決定は警察の諜報能力を奪うこととなりました。20人以上の将官がサルことにより、ゲリラ組織や麻薬組織に対抗するエキスパートであり諜報の訓練を受けた制服警官が一掃されたことになります。

2022 9-28 el COLOMBIANO
既に10の武装組織と停戦で合意したと政府が発表 コロンビア

 コロンビア政府高等平和委員ダニロ ルエダは、すでに10の違法武装組織が、一方的停戦を宣言していると、大統領官邸カサ デ ナリニョで行われた記者会見の場で発表しました。
 グスタボ ペトロ大統領は数日前に間もなく停戦を発表できると発言していました。
 停戦を宣言した武装集団はクラン デル ゴルフォ、Farc中央参謀本部派、Farcセグンダ マルケタリア派、シエラ ネバダ デ サンタ マルタ自衛軍、Farcイバン モルディスコ派やその他準軍組織とされています。
 「現段階で殺さない、強制失踪を行わない、拷問をしないことが求められています。私たちは前進しています。10月2日、コロンビア社会は殺さない日を呼びかけます。これには政府や教会の複数のセクターも参加しています。」とルエダは述べています。
 また「平和事務所は武装組織が法の支配の移行できるような法的メカニズムを模索している。」と付け加えています。

186taro:2022/09/29(木) 08:47:39
2022 9-28 EL UNIVERSAL
サカテカス州セラヤ市の警察署長と警官5人が殺された メキシコ

 サカテカス州の州都サカテカス市から24kmのセラヤ市で、警察官6人が武装集団に惨殺されるという事件が起きました。
 警官たちが市街地にあるスポース施設で運動していたところに武装集団が乱入し、非武装の警官たちに向けて銃を乱射しています。この銃撃により警官5人が死亡したとサカテカス州治安当局が発表しています。
 襲撃後、警察署長と副署長が現場に駆けつけ、同様に銃撃を受けています。署長は病院に搬送されていますが、治療を受けながら死亡したと当局はツイッターを通じ明らかにしています。
 サカテカス州のダビド モンレアル知事はツイッターを通じサカテカス州民を動揺させた今回の虐殺事件を非難し、軍や国家警備隊を増強しているにも関わらず、暴力の波がサカテカス州を襲っていることに落胆と憂慮を表明しています。
 サカテカス州では今年今回の6人を含め、44人の警察官が殺害されています。昨年1年間に殺害された警察官の数は36人でした。

2022 9-28 EL UNIVERSAL
バス強盗2人がリンチを受けて死亡 メヒコ州

 昨日、メヒコ州エカテペック市アンプリアシオン サン ペドロ ハロストックでバス強盗2人がリンチを受けるという事件が発生しています。強盗2人の内の1人はリンチがあった現場で死亡し、もうひとりは火曜日に搬送先の病院で死亡したとメヒコ州検察が発表しました。https://twitter.com/i/status/1574902343925084160
 病院で死亡した男は住民たちからリンチを受け、頭部と胸部を負傷していました。
 昨日の午後遅く、二人組の強盗がサン ペドロ・サンタ クララ路線を運行する乗合バスに乗り込みましたが、乗客たちは2人が先週からバス強盗を繰り返す強盗である事を知っていました。
 乗客たちは2人を捕まえ、バスから引きずり下ろして棒やレンガなどで体中を殴りつけています。
 検察によれば、病院搬送後に死亡した男の身元は不明で、リンチ現場で死亡したのはメキシコシティ出身の37歳の男です。2人はバス強盗の常習犯であったことが判明しています。
 検察は殺人事件として2人のバス強盗容疑者を殺害した犯人特定のための捜査を開始しています。

187taro:2022/09/30(金) 08:15:34
2022 9-29 RCN Radio 4486,94 8,41
グスタボ ペトロ大統領がタクシー運転手組合との会談を直前でキャンセルし、組合が激怒 コロンビア ボゴタ市

 9月29日木曜日、グスタボ ペトロ大統領とタクシー運転手組合はガソリン価格の上昇と車両保険の問題についてホテル ヒルトンで話し合う予定でした。
 しかし会談開始の30分前に理由の説明もなく大統領は会談に出席しないと、大統領官邸が発表し、代わりに交通大臣ギジェルモ レジェスが出席すると付け加えています。
 これに対し、組合側は大統領との直接会談が行われないならば、ストライキ決行を検討すると警告しています。
 レジェス大臣は組合の警告に対し、「ストライキをして通りをふさいで問題が解決するのだろうか?問題は対話を通じて解決される。私たちは皆の意見を聞くつもりです。」と答えたとRCNニュースは伝えています。
 
2022 9-29 el COLOMBIANO
サンタ フェ デ アンティオキア市とカイセド市を結ぶ街道でまたもや強盗事件 コロンビア 

 アンティオキア県西部サンタ フェ デ アンティオキア市とカイセド市を結ぶ街道上でまたもや大規模強盗事件が起きています。9月28日の夜、覆面をつけた武装集団がミニバス1台、自家用車1台、バイク5台を襲撃しています。
 覆面の集団は街道上に違法検問を設置し、通りかかったバスなどの乗客から金品を奪っています。サンタ フェ デ アンティオキア市当局によれば、今年これまでに同様の犯行がこの街道で4回発生しています。犯行現場周辺では携帯電話の電波は届かず、警察に通報できない事を犯罪者たちは利用しています。
 昨年2021年にもアンティオキア県西部地域、特にサンタ フェとカイセドを結ぶ街道で10件の大規模強盗事件が起きています。8月末にはある村を視察した帰りの市長が、強盗被害にあった数十台の車と遭遇したこともあります。
 3月には同じ場所で大規模強盗事件があり、病院に向かっていた救急車も被害を受けています。

188taro:2022/09/30(金) 08:15:46
2022 9-29 NOTICIAS enlamira
ビジャグラン市で2件の襲撃事件、4人が殺され警察署が銃撃された メキシコ グアナフアト州

 9月28日水曜日の夜、グアナフアト州ビジャグラン市でほぼ同時に2件の銃撃事件が発生しています。
 午後9時近く、緊急電話番号に銃撃事件が発生したという通報が複数ヶ所から入っています。
 武装集団がルイス ドナルド コロシオ通り沿いにある警察署に向けて銃撃していますが、人的被害の報告はありません。
 その直後、住宅団地エル レイレテで別の銃撃事件があり、4人が殺害されました。
 銃撃現場には連邦・州・市警察の部隊が派遣され、遺体は法医学協会施設に運ばれています。
 
2022 9-29 INFORMADOR.MX
交通事故を起こしたマツダ車のトランクの中に女性のバラバラ死体 メキシコ ハリスコ州

 ハリスコ州の検察官ルイス ホアキン メンデスは、火曜日にプエルト バジャルタ市で発生した事故車の中から発見されたバラバラ死体は女性であると発表しています。死体は2つのビニール袋に入れられていました。
 事故現場を調べていた係官が、マツダ車のトランクに入れられていたバラバラ死体を発見しています。
 今現在バラバラ死体で見つかった女性の身元は不明です。
 火曜日、街道554号線81km地点で、マツダ車とピックアップトラックが衝突事故を起こしています。
 この事故で1人が死亡し2人が重傷を負っており、搬送された負傷者の1人が病院で死亡しています。
 非公式情報によれば、事故後救急隊が現場に到着する前に黒いバンが現場に駆けつけ、マツダ車に乗っていた軽傷者2人を銃器などとともに回収しています。

189taro:2022/10/01(土) 08:15:10
2022 9-30 Portafolio 4532,07 8,32
8月の失業率は10,6% コロンビア

 国家統計局(Dane)は8月の失業率が昨年同月の12,9%から2,3ポイント改善した10,6%であったと発表しました。
 主要13都市圏の失業率も前年同月の13,4%から2,6ポイント改善した10,8%となっています。
 Dane局長ピエダ ウルディノラは2022年8月の就業者数は2210万人となり、昨年同月の2050万人から150万人増加していると発表しています。
 失業者数も2021年8月の303万人から260万人に減少しています。
 性別では8月の女性の失業率は13,3%で、前年同月の16,5%から3,2ポイント改善しています。男性も10,4%から8,7%に改善しています。
 
2022 9-30 el COLOMBIANO
枯葉剤で被害を受けたアブラヤシ栽培企業に警察が多額の補償金を支払う コロンビア

 コロンビア警察はナリニョ県で実施した除草剤グリホサートの空中散布により8000本以上のアブラヤシが失われた被害に対して4億5000万ペソ(約1444万円)を支払わなければなりません。
 ナリニョ県トゥマコ市でコカ畑に対するグリホサートの空中散布が実施され、アブラヤシを栽培する企業が所有するアブラヤシ8000本以上が被害を受けたと告発されていました。
 警察は農場内に複数のコカの木が植えられていたと主張しましたが、裁判官は農場内に違法作物はなく被害に対する金銭的補償を求めた農場側の主張を認めました。

190taro:2022/10/01(土) 08:15:23
2022 9-30 EL UNIVERSAL
アメリカ合衆国領事館近くで銃撃戦 メキシコ マタモロス市

 アメリカ合衆国との国境の街、タマウリパス州マタモロス市のアメリカ合衆国領事館近くで銃撃戦が発生したことを受け、アメリカ合衆国領事館は市民にメキシコへの入国を控えるよう呼びかけています。
 カジェ セクスタ沿いにあるプラサ フィエスタショッピングセンター近くで、武装集団が治安部隊に対して銃撃を行っています。
 銃撃を受けた治安部隊は直ちに反撃し、追跡と銃撃戦が始まっています。
 武装集団が乗った車が、自動車展示場の車数台に衝突したという報告もあり、チャプルテペック区の住民たちはパニックとなっています。
 今現在逮捕者も死亡者もでているという報告はありません。
 タマウリパス州治安当局広報官は、追跡と銃撃戦に関する報告はメキシコ軍から行われると発表しています。
 
2022 9-30 Poli'tico MX
アメリカ合衆国にフェンタニルを主に供給しているのはメキシコのカルテル デ シナロアとCJNG

 アメリカ合衆国麻薬取締局(DEA)はアメリカ合衆国を襲うフェンタニル危機の主犯は、メキシコの2大まやくそしきカルテル デ シナロアとカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)であると発表しました。
 アメリカ合衆国連邦政府関係者はフェンタニルの新たな傾向について警告を市民に行っています。犯罪組織はフェンタニルをお菓子やキャンディーに見せかけており、レインボーフェンタニルのニックネームがつけられているとDEAは説明しています。
 またメキシコ麻薬カルテルはソーシャルネットワークを使い、アメリカ合衆国に住む子供や若者たちを消費者に取り込む戦略を使っており、保護者がそれを認識することが重要であるとDEAは強調しています。

191taro:2022/10/02(日) 08:54:34
2022 10-1 publimetro 4590,54 8,32
ラ ピコタ刑務所で囚人たちがウイスキー・タバコ・ゲームを楽しむ コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市南部にあるラ ピコタ刑務所でまたもやスキャンダルが発生しました。囚人たちが神も法もなく、あらゆる贅沢を尽くした豪華なパーティーを開催しています。
 囚人の守護聖人であるビルヘン デ ラス メルセデスを祝う9月24日に、ラ ピコタ刑務所内で酒やタバコが提供され、ギャンブルやさらにはバジェナートも楽しまれていまます。週刊誌Semanaが動画付きで明らかにしました。
 パーティーは高警備体制の棟で3日間も続き、輸入酒も含め少なくとも200本の酒の空き瓶がパーティー終了後に押収されています。
 酒瓶以外にも冷蔵庫・ミキサー・スピーカー・テレビ・携帯電話・現金も押収されており、刑務所管理組織Inpecの職員が持ち込んだと推測されています。
 ラ ピコタ刑務所では今年コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォの元ボス通称マタンバがInpec職員の手助けで脱獄しています。

2022 10-1 el COLOMBIANO
ピエダクエスタ市の市会議員がELNのマネーロンダリングを担当していた コロンビア サンタンデール県

 コロンビア検察はサンタンデール県ピエダクエスタ市の保守党市会議員ライムンド ドゥアルテ ディアスを含む3人を、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)のメンバー ヤミト ピコン ロドリゲス別名ラ チョンチャのマネーロンダリングを手助けした容疑で逮捕しました。ラ チョンチャは2021年にアメリカ合衆国に引き渡されています。
 「チョンチャが麻薬取引で稼いだ資金を管理していたと思われます。」と検察マネーロンダリング対策責任者カルロス エンリケ ビエダが明らかにしています。
 検察の報告によれば、2016年12月1日からライムンド ドゥアルテ ディアスらは、ラ チョンチャのお金で複数の不動産の売買を行っています。
 「2019年から2020年にかけてこれらの取引により17億500万ペソ以上のロンダリングを行い、57億4100万ペソ(約1億8426万円)を不当に増やしています。」と検察を集めた証拠を元に発表しています。
 ラウムンド ディアスは違法行為で得られた資金を使い、不動産41か所と車24台を購入し管理を行っていました。
 市会議員はマネーロンダリングと銃器の違法所持罪などの容疑で起訴されました。
 ライムンドの犯罪行為の共犯者として、ラウラ ビビアナ クラロ ボニジャとビクトル ダニエル姉弟が逮捕されています。
 ヤミト ピコン ロドリゲス別名ラ チョンチャは2021年8月にアメリカ合衆国テキサス州南部法廷からの要請でアメリカ合衆国に別のELNメンバー エンリー トリゴス セロンとともに引き渡されています。

192taro:2022/10/02(日) 08:54:47

2022 10-1 BBC MUNDO
アメリカ合衆国人7人の釈放と引き換えにニコラス マドゥロの甥2人を釈放

 アメリカ合衆国大統領ジョー バイデンは、ベネスエラの刑務所に収監されているアメリカ合衆国人7人と引き換えにエフライン アントニオ カンポ フローレスとフランキー フランシスコ フローレス デ フレイタスを釈放すると発表しました。
 ベネスエラ大統領夫人シリア フローレスの甥2人は、2017年12月にニューヨーク法廷で麻薬犯罪により禁錮18年の有罪判決を受けています。
 ベネスエラ大統領の親族2人と引き換えに釈放されたアメリカ合衆国人7人の内の5人は、ベネスエラ国営石油会社の子会社シットゴーの幹部でした。
 「今日、ベネスエラで不当に拘束されていたホルヘ トレド、トメウ バデル、アリリオ サンブラノ、ホセ ルイス サンブラノ、ホセ ペレイラ、マシュー ヒース、オスマン カーンを連れ戻す。」とバイデン大統領はホワイトハウスで語っています。
 バデル、ホルヘ サンブラノ、アリリオ サンブラノ、トレド、ペレイラの5人は2020年にベネスエラで汚職容疑で告訴され有罪判決を受けています。
 元アメリカ合衆国海兵隊員のマシュー ヒースは、2020年にテロ容疑で逮捕されていますが、本人は否定しています。マシューは6月に自殺未遂のために入院したと報道されています。
 一方、ベネスエラ政府はアメリカ合衆国に不当に収監されている若者2人が釈放されと発表しています。
 
2022 10-1 EL FINANCIERO
メキシコ海軍のヘリコプターが墜落、3人が死亡2人が怪我 タバスコ州

 10月1日、メキシコ海軍のヘリコプターがタバスコ州セントラ市で墜落事故を起こしました。
 最初の報告によれば、負傷者2人はセントラ市内の軍病院に運ばれて治療を受けています。
 ヘリコプターには5人が搭乗しており、3人が死亡したとメキシコ海軍が発表しています。
 ヘリコプターは児童公園の近くに墜落しており、近隣住民たちが駆けつけて負傷者の救助を行っています。
 墜落と救助の様子は市民によって撮影されています。

193taro:2022/10/03(月) 08:35:53
2022 10-2 NOTICIAS CARACOL 4590,54 8,32
先住民女性リーダーが武装集団に殺害された コロンビア プトゥマヨ県

 プトゥマヨ県ビジャガルソン市で先住民リーダーのクレメンシア アルテアガが、自宅侵入してきた武装集団に銃殺されました。
 プトゥマヨ県当局はこの事件だけではなく県内で起きている治安不安を解消させるための安全保障会議を10月6日に開催するよう要請しています。
 プトゥマヨ県ではプエルト カイセド市で若者3人がコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊に殺害されたばかりです、

2022 10-2 el COLOMBIANO
バランカベルメハ市でガス爆発事故、負傷者と行方不明者が出ている コロンビア サンタンデール

 土曜日の夜、サンタンデール県バランカベルメハ市のガスボンベ倉庫で爆発事故が発生しました。この事故によりこれまでに複数の子供を含む22人が負傷し、3人が行方不明となっています。事故はポソ シエテ地区で発生しました。
 激しい爆発は住民たちをパニックにさせています。https://twitter.com/i/status/1576418507817828352
 「これまでに22人の負傷者が手当を受けています。マグダレナ病院には5人が搬送されており、子供3人の内の2人が重体となっています。」とバランカベルメハ市は指摘しています。

194taro:2022/10/03(月) 08:36:04
2022 10-2 EL UNIVERASL
大学生3人が撃ち殺された メキシコ サカテカス州

 サカテカス州グアダルーペ市でパンフィロ ナテラ市エル サウシト村出身のサカテカス州技術大学(UTZAC)の学生3人が殺害されました。
 事件は木曜日の午後10時近くにグアダルーペ市南西部にある住宅団地ラ コマルカで起きています。グアダルーペ市では最近武装襲撃と殺人が連続で起きています。
 3人の学生は通りで撃たれており、1人が現場で死亡2人が搬送先の病院で死亡しています。
 殺害されたのはホセ カルロス ラミレス ガルシア、フランシスコ ハビエル ガルシア マウリシオ、フアン ヘナロ ラミレス ロペスです。
 UTZAC大学のホームページには産業保全工学を学んでいた3人の若者への哀悼の言葉が掲載されています。
 パンフィロ ナテラ村議会も3人の学生の家族と友人たちに哀悼の意を表しています。
 ネット上には「またしてもサカテカス州に蔓延暴力により、若者の夢が奪われた。」といった非難や怒りの声が上がっています。

2022 10-2 La Jornada
銃器・麻薬・装甲車が押収される メキシコ ソノラ州

 ソノラ州グアイマス市にある先住民集落ビカム村で連邦・州治安当局が実施した作戦により、高性能の武器・麻薬・装甲車が押収されました。
 ソノラ州治安当局はビカム村に武装した集団がいるという匿名の通報を受け、海軍と警察の部隊が現場に向かっています。
 現場では検察の支援を受けて家宅捜査が実施され、自動小銃AK-47 3丁、R-15 2丁、弾倉20個などが押収されています。
 武器の他にも装甲車を含め車数台とバイク1台、覚醒剤とマリファナが押収されました。

195taro:2022/10/04(火) 08:27:44
2022 10-3 NOTICIAS CARACOL 4590,54 8,37
オート三輪に乗った殺し屋2人が3人を殺害 コロンビア アトランティコ県

 アトランティコ県の県都バランキージャ市と隣接するソレダ市で3人が殺害されるという事件が起きています。
 事件はビジャ カタンガ地区で発生しています。目撃者によれば、オート三輪に乗った2人が、小川のそばで談笑していた3人に向けて発砲しています。
 殺害されたのはブレイネル セルバンテス バリオス20歳・ホセ ルイス ドミンゲス ゴンサレス22歳・ルイス ララ メンドサ41歳で、地元の住民でした。
 バランキージャ市都市圏で今年3人以上殺害される虐殺事件はこの事件を含め6件発生しています。先月ラス フローレス地区で6人が殺害されており、この事件が今年最大です。

2022 10-3 el COLOMBOANO
左派連合パクト イストリコの活動家が銃殺された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県南西部サルガール市で、グスタボ ペトロ大統領の選挙運動のリーダーを努めていた左派連合パクト イストリコの活動家フアン ガブリエル ルダが、短パン姿の2人組に撃ち殺されています。
 警察発表によれば、2人はフアン ガブリエル ルエダがいた郊外に現れ、無言で発砲しています。
 アンティオキア県警司令官ダニエル マソ大佐は、「撃たれたフアン ガブリエルを数人で病院に搬送していますが、到着時には既に脈は失われていました。」と説明しています。
 県警は既に事件解決に向け、捜査班を現地に派遣していると大佐は指摘しています。
 フアン ガブリエル ルエダ35歳はコーヒー豆栽培に従事しており、サルガール市で起きた個人間の争いの仲介役も行っていたと大佐は述べています。
 サルガール市ではラ エレとカルネ ランシアという2つのギャング団が存在し、抗争を続けています。

196taro:2022/10/04(火) 08:27:56
2022 10-3 el COLOMBIANO
パブロ ベルトランやアリリオ セプルベダなどELN幹部がキューバからベネスエラへ

 日曜日、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の幹部グループが、コロンビア政府との和平交渉再開にむけ滞在先のキューバからベネスエラに渡っています。
 今回の移動には和平交渉の保証国であるキューバ・ノルウェー・ベネスエラの関係者が同行しています。ELNボスたちはベネスエラに潜伏するELNメンバーたちに再開される予定の和平交渉について戦略的目的を説明すると思われます。
 ゲリラグループはパブロ ベルトラン・アリリオ セプルベダ・アウレリアノ カルボネル・グスタボ マルティネス・イサベル レストレポ・マリア コンスエロ タピアス・ルス アマンダ パジャーレス(シルバナ ゲレロ)で、ELNの最高決定機関コマンド セントラルとそれに継ぐディレクシオン ナシオナルのメンバーで構成されています。
 コロンビア大統領グスタボ ペトロが、ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロに、コロンビア政府とELNの和平交渉の保証国になるよう要請し、ベネスエラが同意したことで今回の移動が実現しています。
 またペトロ大統領は数日前に、前コロンビア政府がキューバ政府に要請していたELN和平交渉団メンバー イスラエル ラミレス別名パブロ ベルトランとビクトル オルランド クビデス別名カルボネルの引き渡し要請を放棄すると伝えています。

2022 10-3 El Heraldo
フランス人夫婦がチアパス州で1ヶ月前から行方不明 メキシコ

 チアパス州サン クリストバル デ ラス カサス市に滞在していたフランス人のアッシア マジュールとその夫ミシェル アマドが、9月12日から行方がわからなくなっています。
 行方不明者の姉妹ナウェル マジュールが、チアパス州に2人の捜索を要請しています。
 「緊急です。フランス人のアッシア マジュールとその夫ミシェル アマドを必死で探しています。1ヶ月間連絡がありません。チアパス州サン クリストバル デ ラス カサスあたりだと思います。些細なことでも、私達の助けになります。」とナウェル マジュールは訴えています。
 家族によれば、夫婦はメキシコ南西部のスピリチュアルセンターに滞在していたようですが、その場所も名前も不明です。
 当局はこの件に関する発表は行っていません。

197taro:2022/10/05(水) 08:40:04
2022 10-4 el COLOMBIANO 4545,66 8,38
コロンビア政府とELNが和平交渉再開をカラカスで発表した

 コロンビア政府と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が火曜日にベネスエラ カラカスから、2019年から中断している和平交渉を再開すると発表しました。
 「我々にとって最も重要なのは和平交渉の再開である。」とELN司令官アントニオ ガルシアは指摘し、和平交渉の舞台はキューバ・ベネスエラ・ノルウェーとなる発表しています。
 一方、コロンビア政府も和平交渉の再開を文書で明らかにし、2022年11月の第1週から始まるとしています。
 「ELN和平交渉団は拘束している人々を解放するなど私達に深い信頼を与えています。また複数の地域でELNの活動が明らかに沈静化しています。武装衝突が回避され、生存権が尊重されていることも確認しています。」とコロンビア政府平和委員のダニロ ルエダが述べています。
 また平和委員は交渉の中心はコロンビア社会であり、交渉の進展に伴いゲリラ側が人質の開放や停戦などの人道的態度を示し、和平への意欲を表明することが求められていると付け加えています。
 フアン マヌエル サントス政権時に開始されたコロンビア政府とELNの和平交渉は、イバン ドゥケ政権時の2019年1月にELNが実行した警察士官学校爆破テロにより中断しました。このテロ事件ではELNゲリラ1人を含め23人が死亡しています。
 ELN和平交渉団は和平交渉中断後もキューバに滞在していました。

2022 10-4 talcual
ELNの40%はベネスエラにいる

 ラテンアメリカとカリブ海地域の組織犯罪を専門とする非営利のジャーナリズムおよび調査組織InSight Crimeは、コロンビアの共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の40%がベネスエラ8州40市に存在すると10月3日月曜日に発表しました。
 「コロンビア・ベネスエラのゲリラ、コロンビアからベネスエラへの戦争の移動」と題された報告書によれば、ベネスエラはELNやコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループにとって単なる聖域ではなく、コロンビアと国境を接するスリア州・タチラ州・アプレ州・アマソナス州に深く根をおろし、ガイアナやブラジルとの国境地域に勢力を拡大しています。今やコロンビアゲリラ組織はベネスエラの社会・政治・経済に浸透しているとInSight Crimeの代表Jeremy McDermottは強調しています。
 InSight Crimeによれば、コロンビアゲリラグループがベネスエラに登場するのは1980年代終盤からであり、当時の右派政権はなんとか抑え込んでいましたが、2002年に左派ウゴ チャベスが政権を握ってから拡大が始まり、ウゴ チャベス死後に大統領に就任したニコラス マドゥロ政権下で定着しています。
 McDermottは2021年3月にアプレ州で発生したベネスエラ軍とコロンビアゲリラグループの衝突に言及し、マドゥロ政権にはゲリラ組織と対峙する能力がないことを示しており、マドゥロ政権がコロンビアゲリラ組織と手を組むのは、マドゥロ政権の弱さが理由であると主張しています。

198taro:2022/10/05(水) 08:40:14

2022 10-4 El PaI's
カリ市コムナ20で5人が殺される コロンビア バジェ デル カウカ県

 火曜日の深夜、バジェ デル カウカ県の県都カリ市コムナ20にあるブリサス デ マヨ地区で殺し屋による襲撃事件が発生し、5人が殺害され少なくとも2人が怪我をしています。
 事件はエル ウエコと呼ばれる場所で起きており、7人が来るまでやって来た殺し屋集団に銃撃されています。
 カジェ12オエステと53番通りの交差点で発生した虐殺事件は、午前1時20分から1時45分の間に起きています。
 当初はカリ市警は4人が殺害されたと発表していますが、その後5人目の死亡が確認されています。5人は病院への搬送中に死亡しています。
 殺害された5人は男性で、負傷者2人は女性です。
 殺害されたのはアルレイ サンチェス、ビクトル アルフォンソ カストロ カベサス、カルロス アンドレス ヒメネス、エステバン ダビド バスケス ラモスで、5人目の死亡者の身元は不明です。
 カリ市のホルヘ イバン オスピナ市長は、麻薬密売組織どうしの抗争事件の可能性が高いと指摘しています。

2022 10-4 UNOTV.COM
ラ ファミリア ミチョアカナの地域ボスが逮捕された メキシコ クエルナバカ市

 月曜日の午後、モレロス州の州都クエルナバカ市でモレロス州の武力の主要責任者の1人であるイスラエル別名エル セブンが逮捕されました。逮捕劇の様子は撮影され、ネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1577176691952214016
 麻薬組織ラ ファミリア ミチョアカナのクエルナバカ市ボスであるエル セブン逮捕作戦には、海軍と陸軍の部隊と検察が参加しており、ランチョ テテラ区にある私立学校近くで実施されています。

199taro:2022/10/06(木) 07:57:24
2022 10-5 RCN Radio 4545,66 8,47
子供4人がマラリアで死亡、オンブズマンが緊急対策を要請 コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県南西部ウラオ市先住民集落アンダブの住民たちの生命と人権保護のための緊急支援をオンブズマンが市及び県当局に要請しています。
 アンダブでは子供4人がマラリア感染により死亡していますが、違法武装組織同市の戦闘のために保健機関が現地に入ることができずにいます。
 アンティオキア県オンブズマンユセリー リンコンは改めて子供の死亡を嘆き拒絶し、繰り返しアンダブ住民たちへの健康支援の必要性を訴えています。
 「先住民コニュニティーの人権を守るための緊急措置を要請します。」とリンコンは述べています。
 オンブズマンはまたウラオ市のオスバルド セプルベダ市長に対して数ヶ月前からクラン デル ゴルフォなどの違法武装組織同士の抗争に苦しむ先住民集落に対して、ウラオ市が生命・尊厳・健康の権利のためにいかなる措置をとったから明らかにするよう要請する文書を送っています。
 アンティオキア県先住民組織(OIA)の代表ウイリアム ペルトゥスによれば、マラリア感染に加え、違法武装組織の抗争により住民たちが監禁状態にあると訴えています。

2022 10-5 EL UNIVERSAL
今年これまでに271人が殺害され、うち171人は殺し屋に殺された コロンビア カルタヘナ市

 ダニエル アルフォンソ メナ ゴンサレス、アルバロ アルフォンソ エレラ ゲレロ、オスカー レネ マルケス ペレス、ホセ アウレリアノ フランコ ペラルタ、ジョン エルナンデス オヨスは、今月最初の5日間に殺害された8人の内の5人で、いずれも殺し屋の手により殺害されています。
 今月殺害された8人を含め今年ボリバル県の県都カルタヘナ市で殺害された人数は271人となり、そのうちの171人が殺し屋により殺害されたことが判明しています。
 先月9月は25人(内15人が殺し屋)殺害されていますが、月別では殺人被害者の少ない月の1つとなっています。今年カルタヘナ市では1月に35人、2月24人、3月31人、4月25人、5月35人、6月24人、7月26人、8月38人が殺害されています。
 カルタヘナ市では9月殺し屋により15人が殺害されていますが、カルタヘナ市警は1人の殺し屋も逮捕することができていません。

200taro:2022/10/06(木) 07:57:37
2022 10-5 el COLOMBIANO
9月のインフレ率は年率換算で11,44%となり、1999年3月以来最も高くなった コロンビア

 コロンビアの9月のインフレ率は年率換算で11,44%となり、昨年同月の4,51%より6,93ポイント高くなっています。今年1月から9月までのインフレ率は10,08%となっています。
 国家統計局(Dane)局長ベアトリス ウルディノラによれば、今年9月インフレ率は1999年3月以降最も高い数字となっています。1999年3月のインフレ率は年率換算で13,51%でした。
 9月の消費者物価指数で最も高かったのが食品・飲料で4,53%、継いで宿泊・公共サービス2,25%、レストラン・ホテル1,60%となっています。
 食品とアルコール以外の飲料の年増加率は26,62%に達しています。
 「食料品で最も値上がりしているのがユカ芋で121,41%、玉ねぎ105,72%、アラカチャ・ニャメ芋・その他イモ類が80,27%上がっています。」とウルディノラは発表しています。
 
2022 10-5 el COLOMBIANO
ベヨ市で袋に詰められた死体2体が見つかる コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県の県都メデジン市と隣接するベヨ市ラス ベガス地区で、袋に入れられた死体2体が発見されました。
 10月5日の午前1時近く、レヒオナル通りをパトロールしていた警官が不審な袋2つを見つけています。
 不審な黒いビニール袋を確認したところ中に死体が入っており、もう1つの袋にも死体がありました。
 2体の死体の身元は不明です。
 アンティオキア県ではヒラルドタ市でも身元不明の死体が一体見つかっています。
 エル トスモ村で発見された腐敗の激しい死体は、45歳から50歳の男性と推定されています。

201taro:2022/10/07(金) 09:19:01
2022 10-6 NOTICIAS CARACOL 4545,89 8,84
和平交渉の再開が決まったELNがアラウカ県でFarc分派グループと戦闘を続けている コロンビア

 コロンビア政府と共産主義ゲリラ国民解放軍(ELN)による和平交渉の再開が発表されましたが、アラウカ県では1ヶ月前からELNとコロンビア革命軍(Farc)分派グループが縄張りをめぐり血なまぐさい抗争を続けています。両者は児童徴兵を続け、抗争により2万家族以上が監禁状態となっています。
 アラウカ県高官エドガー グスマンは、「ゲリラたちが学校に侵入し教室に入り込み、授業を妨害するために子どもたちが勉強をすることができなくなっているいう報告が入っています。」と語っています。
 ゲリラたちはこのような状況を撮影させないために、住民たちから携帯電話を取り上げています。
 そして「ゲリラの中には12歳の子供も含まれていると地元住民たちから知らされました。子供ゲリラたちは銃を持ち軍服を着用しています。」と声を詰まらせながら説明しています。
 県都アラウカ市郊外・アラウキータ市・カニャス ブラバス地域・プエルト ロンドン市では、2万世帯以上が戦闘の中に取り残されています。
 ELNとFarc分派グループは抗争を続けながら、和平の可能性について語るのはパラドックスであるとグスマンは指摘しています。
 グスマンは政府に対して、違法武装組織が本当に和平交渉に応じる気があるのか確認することを求め、「前向きな発表を行いながら、アラウカ県では反対の事をし続けいるのでは意味がありません。」と表明しています。
 
2022 10-6 Portafolio
ペソ安が止まらない、1米ドル4600ペソを突破 コロンビア

 コロンビアの通貨ペソの下落が止まりません。木曜日取引開始直後から急落し1米ドル4600ペソを突破し、市場最安値を付けています。
 ペソは1米ドル4626ペソとなり、4548ペソから78ペソも下落しています。

202taro:2022/10/07(金) 09:19:13
2022 10-6 UNOTV.com
サン ミゲル トトラパン市の市庁舎などが武装集団に襲撃され、市長を含め20人が惨殺された メキシコ ゲレロ州

 水曜日の午後、ゲレロ州サン ミゲル トトラパン市で武装集団による襲撃事件が発生し、サン ミゲル トトラパン市の市長コンラド メンドサ アルメダと元市長の父親フアン メンドサ アコスタを含め20人が殺害されました。武装集団は市庁舎や民家など複数箇所を同時に襲撃しています。
 市庁舎から4ブロック離れた民家内で市長と市の幹部職員が会議を行っていた午後1時30分ころに襲撃が始まっています。
 会議中の民家に乗り込んだ武装集団は市長らに向けて銃を乱射しています。別働隊は市庁舎の正面玄関や窓ガラスに向けて発砲しています。
 市長の自宅と元市長の自宅も同時に襲撃され、元市長フアン メンドサ アコスタは自宅で殺害されました。
 市長と元市長以外に殺害されたのは市警の警官7人、市役所の職員、市役所に居合わせた人たちで、市庁舎近くにいた12歳の少女も巻き込まれて殺害されています。
 ゲレロ州政府治安当局の公式発表によれば、これまでに身元が判明した死亡者は10人で、身元不明者の中には警察の反撃及び追撃により死亡した武装集団のメンバーが複数含まれています。
 今現在判明している死亡者はコンラド メンドサ アルメダ市長、フアン メンドサ アコスタ元市長、コンラド市長の義理の兄弟でアメリカ合衆国人のグスタボ サラサール、ロベルト マタ マルシアル、フレディ マルティネス スアソ、ヘネシス アラウホ マルコス。サムエル ガルシア、ホセ アントリン カルボ カバジェロと市長の護衛たちです。
 身元不明者の中には12歳の少女が含まれています。負傷者3人はヘリコプターで病院に搬送されました。
 武装集団の襲撃と警察による追撃戦は40分に渡っています。
 警察は犯罪組織ロス テキレロスの犯行と断定しています。

2022 10-6 EL ECONOMISTA
モレロス州の州議会議員ガブリエラ マリンが殺害された クエルナバカ市

 モレロス州の州都クエルナバカ市でモレロス州州議会議員が殺害されました。
 殺害されたのはモレロス プログレサ党の女性議員ガブリエラ マリン サンチェスで、薬局の駐車場でバイクに乗ってやって来た2人組の殺し屋に襲撃されたとモレロス州検察の検察官ウリエル カルモナが記者団に語っています。
 マリン サンチェスは7月に死亡した議員に代わり議席を得ていました。
 モレロス州ではここ数年犯罪組織による暴力に苦しんでいます。

203taro:2022/10/08(土) 08:36:34
2022 10-7 RCN noticiasrcn.com 4627,61 8,90
注目!コロンビア政府が今後石油・天然ガスなどの炭化水素の探査と開発を中止すると発表

 速報です。コロンビア政府はコロンビアで今後炭化水素の探査と開発を中止すると発表しました。
 鉱山・エネルギー副大臣ベリサ ジャネット ルイスは、カルタヘナ市で開催されているNaturgas2022会議において政府の確固たる立場を表明しています。
 ただ、既存の契約は維持する事を約束しています。
 「炭化水素の探査や開発はもうしないと言うことである。この文章のどこが理解できないのか。」とベリサ ルイスはスピーチし、物議をかもしています。
 一方、コロンビアのエネルギー関連企業は、エネルギー安全保障のために、政府に徹底的な議論を求めています。業界143社の代表を務めるカンペトロル者は国との共同分析を主張しています。
 「カンペトロルは政府と議会との共同作業を求めます。このままでは毎年一日あたり5万から7万バレルの原油生産が失われ、質の高い雇用が失われます。」と訴えています。
 コロンビア通貨は史上最高値の1米ドル4650ペソ近くまで下落しており、ネットからも多くの反応が出ています。
 野党セントロ デモクラティコ党の上院議員イェイニー ロソは、鉱山・エネルギー省の発表が巻き起こしている経済パニックを批判しています。
 
2022 10-7 NOTICAS CARACOL
なぜ危険な囚人を歯科医に?武装集団の襲撃で警官1人が死亡、囚人が逃亡した コロンビア ボゴタ市

 逮捕されボゴタ市スバ区の警察署に収監されていたカルロス アルベルト トレス クルスはボゴタ市南部の歯科医で治療を受けていましたが、武装集団の襲撃により逃げ去っています。
 バイクに乗った集団が歯科医にやってきて、警察パトロール隊員エイネル ベルトラン アリエタを殺害し別の警官1人を負傷させ、トレス クルスを連れ去っています。
 ボゴタ市警司令官カルルス トリアナ将軍は、5人の犯罪者による犯行であったと発表しています。内1人は女であると思われるが、詳細はわからないとしています。
 「自由を奪われた人物の健康に対する権利を保障するために医療施設に運ばれています。ボゴタ市警は関係機関の許可を受け、犯罪者をスバ警察署からボゴタ市南部の歯科医に移送しました。」と将軍は説明しています。
 殺害された警官はスバ署に勤務しており、5歳の子供が2人いるとトリアナ将軍は嘆いています。
 警察は警官を殺害した犯人とカルロス アルベルト トレス クルスの逮捕に繋がる情報に、最大2億ペソ(約626万円)の懸賞金をかけています。

204taro:2022/10/08(土) 08:36:47
2022 10-7 EL NACIONAL
ELNはベネスエラで児童徴兵を行っている

 ラテンアメリカとカリブ海地域の組織犯罪を専門とする非営利のジャーナリズムおよび調査組織InSight Crimeは、コロンビアの共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)がベネスエラで勢力を拡大しておりコロンビアと国境を接する複数の州で子供を含む徴兵を行っていると報告しています。
 ELNはベネスエラで麻薬取引・鉱物違法採掘・恐喝・密輸などの犯罪行為をエスカレートさせており、勢力拡大のために子供を含むベネスエラ人を勧誘しているとInSight Crimeは警告しています。
 アプレ州の宗教指導者はELNの勧誘について、仕事や機会の少ない地域で仕事と報酬を約束し勧誘していると語っています。また「ゲリラたちは地元の学校に入り込み、ELNの思想を広めています。子どもたちは帝国主義・階級闘争・ELNの革命の正当性などを教えられています。」と説明しています。
 InSight Crimeの報告によれば、ベネスエラは2009年にアラウカ県の刑務所から脱獄したELN東部戦線司令官グスタボ アニバル ヒラルド別名パブリートがベネスエラに潜入・潜伏し始めてからELNの活動拠点となっています。
 2016年11月にコロンビア革命軍(Farc)がコロンビア政府と和平交渉を結び、武装解除したことで、ELNはFarcが支配していた地域に勢力を拡大しています。
 「東部戦線とその他の戦線は、Farcの支配していた地域を超えてベネスエラ内部に移動し始め、アンソアテギ州・バリナス州・グアリコ州、さらには東部国境地帯、金採掘の中心であるボリバル州まで勢力を拡大しています。」と報告書は指摘しています。
 ELNは新たな領土を獲得するために、ベネスエラ国家の暗黙の了承のもとで、暴力を行使しています。「ELNは両国国境地域やベネスエラ内部で、ライバルや敵対組織と戦っています。ELNはコロンビア準軍組織の残党であるロス ラストロホスやロス ウラベニョス、ベネスエラ最大のギャング組織トレン デ アラグア、ボリバル州の金鉱山を縄張りとする複数のギャング団、スリア州グアヒーラ地域の密輸団ラ ソナなどと戦ってきました。」と報告書は強調しています。
 2021年、ELN東部戦線は7年の対立を経て2011年に成立した縄張りと経済利権の協定違反をめぐり、アプレ州でFarc分派ゲリラブループと衝突しています。
 現在も抗争は続いており、つい最近もアプレ州で100世帯以上が避難を強いられています。Farcと関係のあるアプレ州の左派政治指導者は、殺人や失踪も起きていると述べています。
 調べによれば、ELNはコロンビアと国境を接する20市のうちの19市に拠点を持ち、国境を接するスリア州・アマソナス州・タチラ州・アプレ州だけではなく、バリナス州・グアリコ州・アンソアテギ州・ボリバル州でも活動しています。

2022 10-7 EL UNIVERSAL
トラウアクで銃撃事件、3人が殺された メキシコシティ

 メキシコシティ トラウアクにある商店前で4人が銃撃され、3人が死亡1人が負傷しています。
 今日の午後、Abarrotes y Cremerías Tres Potrillosという名前の商店に武装した数人が現れ発砲しています。
 カジェ 5 デ マヨ沿いにある商店に駆けつけた治安部隊が、地面に倒れた4人を発見しています。
 現場には救急隊が駆けつけ、48歳の女性と67歳の男性を病院に搬送しましたが、1人は死亡しています。
 現場では男性1人と女性1人が死亡しています。

205taro:2022/10/09(日) 08:29:16
2022 10-8 EL TIEMPO 4605,29 8,90
麻薬ボス通称マタンバの脱獄のための資金を提供したとされる通称115が逮捕された コロンビア メデジン市

 今年3月18日にボゴタ市のラ ピコタ刑務所で発生したフアン ラリンソン カストロ エストゥピニャン別名マタンバの脱獄のための資金5億ペソ(約1566万円)を提供したとされるエンリー マルティネス トレス別名115が逮捕され刑務所に収監されました。
 マルティネスと愛人のカロリナ セペダ グアリンは、アンティオキア県の県都メデジン市で検察と警察により逮捕されています。
 検察は逮捕した2人を重大犯罪共謀罪容疑で告訴しています。115は容疑を認めていませんが、裁判官は刑務所への収監を命じました。
 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォのボスの1人であったマタンバが率いる犯罪グループの財政ボスを努めていた115は、武器の入手などマタンバグループの兵站を担当していました。
 調べによれば、ボスのマタンバの逮捕・脱獄・死亡の後、エンリー マルティネス トレス別名115は、ナリニョ県を拠点としコロンビア革命軍(Farc)分派アリエル アルダナ部隊の幹部の1人となっています。アリエル アルダナはイバン マルケスが率いるFarcセグンダ マルケタリア派と同盟関係にあります。
 25年以上の犯罪歴があるマルティネスは、様々な違法武装グループに所属しており、コロンビア自衛軍連合(AUC)ビチャダブロックのボスの1人であったこともあります。
 
2022 10-8 el COLOMBIANO
2020年から現在まで365日殺人事件が起きていない コロンビア メデジン市

 アンティオキア県の県都メデジン市では2020年以降殺人事件が起きていない日が365日となりました。殺人のない365日目は今週木曜日です。
 安全と共存のための情報システム(Sisc)によれば、パンデミックの始まった2020年には366日のうちの143日(43%)で殺人事件が起きていません。経済活動の回復の始まりとともに殺人も増加しており、2021年に殺人事件発生しなかった日は365日のうちの124日(33%)となり、2022年はこれまでの278日の内の98日(35%)で殺人が発生していません。
 メデジン市治安担当責任者ホセ ヘラルド アセベドは、「歴史的減少であり、事件解決率も45%に達しています。」と説明しています。
 メデジン市治安当局は14歳から28歳の殺人被害者率が減少していると強調しています。2014年から2019年にかけて14歳から28歳の年代が全殺人被害者の50%を占めていましたが、2020年には47%、2021年に35%、2022年に38%と減少しています。
 現在メデジン市では今年290人が殺害されており、前年同時期より16人少なくなっています。この数字は2011年の1651人や1991年の6809人と比べると対照的と言えます。

206taro:2022/10/09(日) 08:29:28
2022 10-8 EL TIEMPO
カリ市南部のレストランで強盗団と客が撃ち合いとなり店内はパニックに コロンビア バジェ デル カウカ県

 土曜日の夜、バジェ デル カウカ県の県都カリ市南部シウダ ハルディンにあるラス ベラスショッピングセンター内のレストランで事件が発生しました。
 レストランの客たちが食事をしていたところに銃を持った数人の男たちが乱入し、金品を奪おうとしました。
 しかしレストランの客の一部に銃器を携帯した者たちがいて、強盗団に立ち向かっていきました。
 銃撃戦が発生し、店内はパニックとなりましたが、強盗団は何も盗らずに逃亡しています。
 その様子は記録されておりネットに上げられています。https://twitter.com/i/status/1578750918488489984
 カリ市警もカリ市治安当局もこの事件について何も発表していません。

2022 10-8 EL UNIVERSAL
元自警団の市民武装グループがCJNGと対峙、CJNGメンバー18人を殺害 メキシコ ミチョアカン州

 金曜日の夜から元自警団メンバーからなる市民武装グループがミチョアカン州の3市で、メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の戦闘部隊と対峙し、これまでに少なくとも18人のCJNGメンバーが死亡しています。
 戦闘はチラタンダムの近く、ハリスコ州ヒロトラン市・サンタ マリア エル オロ市、ミチョアカン州テパルカテペック市・ブエナビスタ市・ロス レジェス市で起きています。
 軍部隊がヒロトラン・テパルカテペック街道から撤退したことで、戦闘は激化しています。https://twitter.com/i/status/1578553319181516802
 ネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョが率いるCJNGが、再びハリスコ州とミチョアカン州の州境にある村々を襲撃しようとして衝突が起きています。
 ティエラ カリエンテ地域の治安関係者によれば、戦闘は数時間に及んでいます。ハリスコ州検察は死体の回収作業に立ち会っていません。

207taro:2022/10/10(月) 08:28:38
2022 10-9 RCN noticiasrcn.com 4605,29 8,90
コロンビア政府平和委員がイバン マルケスと接触 

 コロンビア政府高等平和委員ダニロ ルエダが、コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派と和平交渉に向けて接触を持ったと、関係者がRCNニュースに明らかにしました。
 Farcセグンダ マルケタリア派は最高指導者のイバン マルケスがセグンダ マルケタリア派のスポークスマンとされるホセ ビセンテ レスメス別名ワルテル メンドサを伴いダニロ ルエダと会談を行ったようです。
 マルケスは潜伏先のベネスエラで襲撃を受け、右手の指2本を失い片足を負傷しています。
 グスタボ ペトロ大統領は全面和平を掲げ、武装組織との対話を模索しています。
 既にコロンビア政府は国民解放軍(ELN)と和平交渉再開で合意し、ダニロ ルエダはFarc分派最大派閥のFarcイバン モルディスコ派と接触を持っています。
 
2022 10-9 CARACOL RADIO
行方不明となっていた15歳の少女が、バラバラしたいとなって見つかる コロンビア マグダレナ県

 15歳の少女カトリン ロドリゲス コルドバが殺害されバラバラにされるという痛ましい事件がマグダレナ県アルガロボ市で発生しました。少女は10月5日水曜日から行方不明となり、土曜日の正午頃にアルガロボ市にあるエル パパヤル農場の山中で死体となって見つかっています。少女の死体には拷問と強姦された痕があり、バラバラにされていました。農民たちから異臭があり捕食動物がいるという通報があり死体が見つかっています。
 アルガロボ市のリセト プリエタ モンテハ市長は、「カトリンへの卑劣な殺害に対し、3日間の喪を宣言する。」と発表しています、警察は検察とともに少女を殺害した犯人の行方を追っています。
 これまでに1人の男が容疑者として浮かび上がっています。容疑をかけられているのはロベルト タティス デ ラ オサで、強姦罪で8年の有罪判決を受けたことがあります。
 アルガロボ市では安全保障会議が開催され、犯人逮捕に繋がる情報に市が1000万ペソ、マグダレナ県が2000万ペソ(約62万円)の懸賞金をかけると発表されています。

208taro:2022/10/10(月) 08:28:50
2022 10-9 blu radio
カウカ県ロサス市で男性3人が殺害された コロンビア

 10月9日、カウカ県で新たな虐殺事件が発生しました。殺害されたのは3人です。
 事件はカウカ県南部ロサス市パラガ地域にあるディスコで起きており、銃殺されたのは叔父と甥、年配の男性です。3人の名前はレアンドロ ピメンタルと、ハメス チャベスとティト チャベスです。
 3人を殺害したのは共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派グループであると、カウカ県警司令官ホセ リカルド アルチラ サパタ大佐が断定しています。
 「これまでに収集した情報によれば、午前2時ころに武装集団がバーを襲撃し3人を拉致しています。3人は墓場まで連行され殺害されています。」
 殺害された3人の内の2人はパナメリカナハイウェーで犯罪を繰り返していたロス タンボスのメンバーで、2019年に行われたロス タンボス壊滅作戦時に逮捕されています。
 民間組織Indepazによれば、コロンビアでは今年これまでに85件の虐殺事件(一度に3人以上が殺害される事件)が起きており、内14件がカウカ県で起きています。

2022 10-9 PRIMICIA
アラグア州で大規模災害、22人が死亡50人以上が行方不明 ベネスエラ

 ベネスエラ副大統領デルシー ロドリゲスは、アラグア州テヘリアス市で激しい降雨により土曜日の夜に大規模土石流が発生し、22人が死亡50人以上が行方不明になっていると発表しました。
 副大臣はテレビ番組で、「命を助けるためのすべての努力を行う。」と語っています。
 またニコラス マドゥロ大統領が災害地域宣言を発令し、3日間の喪を宣言したと明らかにしています。
 土曜日の夜、激しい降雨のためにロス パトス峡谷が氾濫し、木などを巻き込んで土石流となり、数百の家屋や商店などに被害を与えています。

209taro:2022/10/11(火) 08:24:11
2022 10-10 EL TIEMPO 4605,29 8,77
15歳の少女を強姦殺害しバラバラにして捨てたとされる男が住民たちからリンチを受けて死んだ コロンビア マグダレナ県

 マグダレナ県アルガロボ市で先週木曜日から行方不明となっていた15歳の少女が4日後にバラバラしたいとなって発見されています。少女の死体はアルガロボ市郊外にある農場で発見されており、強姦された痕が残されています。
 アルガロボ市とマグダレナ県は直ちに安全保障会議を開催し、犯人特定に繋がる情報に3000万ペソの懸賞金をかけると発表しています。
 死体発見当日、住民たちは少女を惨殺した男を特定することに成功しています。
 あまりの憤りと反感により、住民たちは自分たちの手で裁くことを決意し、男の捜索を開始しています。
 容疑者であるロベルト タティス デ ラ ロサは、アルガロボ市郊外の建物内に隠れていたところを見つかっています。
 ロベルトを発見した住民たちは襲いかかり、命を奪うまで暴行を続けています。
 「暴徒となった多くの男女が石・棒・ナイフ・山刀でロベルトを襲いました。警察が現場に到着しましたが、住民たちによる残虐なリンチを止めることはできませんでした。」と目撃者の1人が語っています。
 ロベルト タティス デ ラ ロサは、15歳の少女の自宅の隣の家に住んでいました・ロベルトは少女の信頼を得て、騙して自宅から連れ出し拷問・強姦した後で殺害し死体をバラバラにして捨てたと推測されています。
 少女の家族の証言によれば、少女は学校から自宅に帰る途中で行方不明になっています。
 少女を友人たちは、少女がロベルトと自転車に2人で乗っているのを見たと語っています。
 少女は行方不明から4日後にバラバラ死体となって発見されました。
 マグダレナ県警司令官フリオ トリアナ ベルガル大佐は、マグダレナ県北部で起きた事件の全てについて捜査を実施していると述べています。
 「この人物が少女を殺害したのかをまず確認します。そして誰がこのような誤った行為を行ったのか特定します。このような行為は法的責任を問われることを忘れてはなりません。」と大佐は指摘しています。
 先週末、マグダレナ県ではフンダシオン市でもリンチ事件が起きています。
 バイクでやって来た殺し屋と思われる男が、バイクから降りてイスマエル レストレポを銃撃し殺害しています。
 犯行後、その場に居合わせた人たちが男を追いかけて捕まえ、石や棍棒で死亡するまで暴行を加えています。
 同事件もマグダレナ県警が捜査を進めています。

210taro:2022/10/11(火) 08:24:23
2022 10-10 CARACOL RADIO
ボゴタ市で拷問殺害とバラバラ死体遺棄を続ける犯罪グループロス サタナスのメンバー4人が捕まった コロンビア

 ボゴタ市警と検察による合同のサン ミゲル作戦がボゴタ市ケネディー区パティオ ボニート地区で実施され、男4人が逮捕され未成年1人が補導されました。
 逮捕されたのはグループのボスとされるルイス フェルナンド ギジャルテ別名ルイシト、エデュアルド ボニジャ別名フラコ、テド メンドサとホセ モンテロでえす。
 4人はボゴタ市で今年これまでに発見された23体の拷問殺人バラバラ死体のうちの3体に関わっているとされています。また2件の殺し屋殺人にも関連していると指摘されています。
 「8月「25日に発生した3人殺害事件に参加したという証拠があります。3人は自宅から拉致後にアジトに連行され、刃物で拷問を受けた後で殺され、バラバラにされた死体は毛布に包まれてエル アンパロに運ばれ、公道上に放置されています。」と検察が説明しています。
 検死を行った法医学協会の報告によれば、3人は刃物でそれぞれ24か所、33か所、59か所傷つけられています。
 また拷問の様子は撮影され、モデロ刑務所やラ ピコタ刑務所に収監されているボスたちに送信されていると検察は指摘しています。
 「音楽をかけ、酒を飲み麻薬を服用しながらの犯行です。刑務所に収監されているボスたちにビデオ通話を通じて自分たちの働きを報告していたようです。」
 摘発されたグループはマリファナやコカベースの密売により、月あたり最大8000万ペソ(約252万円)の収入を得ていました。
 ボゴタ市によれば、今年ボゴタ市で発見されたバラバラ死体遺棄事件23件の内の10件の事件が解決しています。

2022 10-10 EXCELSIOR
サッカーの試合の勝利後の焼肉パーティーが襲撃され3人が死亡5人が怪我 メキシコ モンテレイ市
 
 ヌエボ レオン州の州都モンテレイ市で地元サッカーリーグ優勝記念焼肉パーティーを行っていた集団が銃撃され、3人が死亡子供2人を含む5人が怪我をしています。
 事件はバリオ サンタ イサベル区の民家前広場で起きています。死傷したのは、アマチュアサッカーチーム パセイロルがライバルチーム ピベスに勝利したことを祝って焼肉パーティーをしていた人たちです。
 当局発表によれば、午後5時頃、カジェ イスラ コンセプシオンとカジェ イスラ マルティニカの交わる場所で事件は起きています。
 1台の車に乗った武装した集団が、焼肉を楽しむ子供を含む人たちに向けて無差別に発砲したと目撃者の1人が証言しています。
 その場で大人2人が死亡し、大人4人と6歳と7歳の子供が救急車や自家用車で病院に搬送されました。しかし大人の1人が大学病院で治療を受けながら死亡しています。
 襲撃場所の後ろのある民家は麻薬の密売所であり、民家の所有者は優勝チームのメンバーであった事が判明しています。
 車でやって来た4人は、車から降りることなく発砲し、逃亡しています。
 現場からは少なくとも7,62口径の薬莢20個が見つかっています。

211taro:2022/10/12(水) 09:04:51
2022 10-11 el COLOMBIANO 4605,29 8,88
アメリカ合衆国人がアパート内で不審死 コロンビア メデジン市

 アンティオキア県の県都メデジン市ベレン ロス アルペス地区にあるアパートの5階の一室から強烈な腐敗臭が漂い出し、不審に思った隣人たちがアメリカ合衆国人が借りていた部屋に入り、先週から姿が見えなくなっていたアメリカ合衆国人男性の死体を発見しています。死体は月曜日の午後3時15分ころにメデジン市南西部ベレン ロス アルペス地区のカジェ 30と81番通りの交差点にあるアパート内で発見されました。
 ベッドのそばで死亡していたのは9月22日に部屋を借りて1人で住んでいたニコラス ビンセント フラッツ56歳です。アメリカ合衆国人は先週半ばから姿を見せなくなり、電話にも出なかったので近隣住民たちは心配していました。
 アメリカ合衆国の死体に外傷はなく死因は不明です。
 マサチューセッツ州スプリングフィールド生まれのアメリカ合衆国人は、ネット上の2018年と2021年にメデジン市にやって来たときの画像を上げており、メキシコやブラジルにも旅行していたようです。
 警察によれば、今年これまでにメデジン都市圏バジェ デ アブラ地域で27人の外国人が死亡しており、内25人がメデジン市で様々な理由で死亡しています。
 
2022 10-11 W RADIO
トランスミレニオの駅で15歳の少年を刺殺した男の情報に2000万ペソの懸賞金 コロンビア ボゴタ市

 バス高速輸送システムトランスミレニオのCDS カレラ32駅内で、先週末に殺害された15歳の少年の追悼する行事が行われました。
 ボゴタ市警司令官カルロス トリアナは容疑者の男の写真を公開し逮捕につながる情報に2000万ペソ(約63万円)の懸賞金を支払うと発表しました。
 「私たちは将来へ多くの希望を持っていた若者の人生を奪ったこの残酷な犯罪を強く非難します。この事件は家族に深い悲しみを残しました。私たちは少年を殺害した犯人逮捕に向け全力を尽くします。」と将軍は追悼の言葉を述べています。
 ボゴタ市治安責任者アニバル フェルナンデス デ ソトも追悼イベントに参加し、「先週末にこの駅で起きた不幸な事件を断固拒絶するために今日ここに来ました。フアン エステバンが許しがたい襲撃を受け、命を落としました。」と述べています。
 当局発表によれば、つまづいた少年が男の足を踏み、それが原因でいさかいとなりナイフを持っていた男が少年を刺しています。

212taro:2022/10/12(水) 09:05:21
2022 10-11 CNN
アラグア州で発生した土石流の犠牲者が43人に ベネスエラ

 火曜日の午後、ベネスエラ副大統領デルシー ロドリゲスはアラグア州で発生した大災害の犠牲者数が少なくとも43人に上っていると発表しました。
 副大統領発表の数時間前、ニコラス マドゥロ大統領はアラグア州ラス テヘリアス市北西部で発生した地すべりによる死亡者は少なくとも39人で、行方不明者は56人であると発表していました。
 また災害から3日が経過していることから、行方不明者50人を無事に救出できる望みが薄れつつあると示唆しています。「今回の災害の犠牲者はほぼ100人に達している。」と大統領は語っています。
 大統領は被災者たちに緊急資金が提供されたことを発表しつつ、すべての被災者の届くには時間がかかると説明し、被災者たちに忍耐を求めています。災害現場ではこれまでにトラック800台分の瓦礫が撤去されています。
 
2022 10-11 La Jornada
チアパス州でCJNGとカルテル デ シナロアが衝突、その後軍部隊と戦闘となり兵士3人が負傷 メキシコ

 日曜日の夜から月曜日の深夜にかけてチアパス州の州都トゥストラ グティエレス市から60kmのヒキピラス市でメキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のと第2の犯罪組織カルテル デ シナロアが戦闘となり、その後治安部隊との戦闘が続きメキシコ陸軍兵士3人が負傷しています。
 防弾ベストを着用し大口径の銃を持った集団同士の戦闘は、日曜日の午後9時から10時にかけてアリアガ・オコソコアウトラ街道上で発生しました。
 戦闘はアンドレス キンタナ ロー村からゲレロ村に拡大し、その後オコソコアウトラ市とヒキピラス市シンタラパを結ぶ街道に及んでいます。
 恐怖のために家に隠れた住民たちからの通報を受け、陸軍と国家警備隊と州警察の部隊が現場に駆けつけ、武装集団と戦闘となっています。
 武装集団と治安部隊の衝突は月曜日の朝まで続き、街道は封鎖されています。
 月曜日の午後になっても治安部隊は現場周辺で作戦を継続しています。
 非公式情報によれば、陸軍兵士3人が負傷し車4台が燃え、10数人が逮捕され、銃器が押収されています。武装集団の中にも負傷者が出ていると思われますが、仲間が連れ去っています。
 ヒキピラス市の学校は生徒と教師の安全を考慮して、月曜日は休校となっています。

213taro:2022/10/13(木) 08:15:30
2022 10-12 el COLOMBIANO 4611,88 8,88
治安危機に対処するためにペトロ大統領がカウカ県を訪問する コロンビア

 コロンビア大統領グスタボ ペトロは違法武装組織の暴力と国家不在に苦しむ住民たちのために、カウカ県当局者とともに現地を訪問します。
 水曜日、大統領は3つのイベントへの参加を予定しています。午前12時30分からカルドノ市エル ピンタル村で行われる命・土地・平和を守るための政治と文化大衆行動ミンガに出席します。
 午後3時からはサンタンデール キリチャオしでカウカ県北部地域43のコミュニティ代表と対話を行います。
 その一時間後には同じくサンタンデール デ キリチャオ市で行われるカウカ県人権会議に参加します。
 サンタンデール デ キリチャオ市では10月6日に地域社会リーダー エディソン ムリジョ アララトが殺害されています。
 NGO組織Indepazによれば、殺し屋がタミナンゴ村をバイクで移動していたエディソンと同伴者を銃殺しています。
 買うか県では過去数十年にわたり違法武装組織の暴力に苦しんでいます。現在カウカ県で活動している武装組織は共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派、国民解放軍(ELN)、麻薬組織です。
 これらの組織はコカの葉・マリファナの栽培・麻薬製造・輸送・取引の利権をめぐり激しく争っています。

2022 10-12 EL UNIVERSAL
シウダ フアレスでバラバラ死体4体が見つかる メキシコ チワワ州

 水曜日の深夜、国境の街チワワ州シウダ フアレスで、毛布に包まれビニール袋に入れられた女性1人を含む4人分のバラバラ死体が見つかりました。
 水曜日の午前0時過ぎ、黒いフォード車の中に死体らしきものがあるという市民からの通報が入っています。
 フォード車はテラノバ区リブラミエント レヒオナル通りとミゲル デ ラ マドリ通りの交差点に放置されており、車内からバラバラにされた死体4体が見つかっています。
 今現在4人の身元は不明で、この事件に関連する逮捕者も出ていません。
 シウダ フアレスでは今週この事件以外にも4人が殺害される事件が起きています。
 月曜日、男性3人と女性1人がドゥランゴ区の民家内で殺害されていますが、この事件でも逮捕者は出ていません。
 シウダ フアレスでは今月既に44人が殺害されていると検察が報告しています。

214taro:2022/10/13(木) 08:15:41
2022 10-12 quinto poder
野良犬を飼育して殺害、肉をタコス屋に売っているとされる男の捜査を検察が始める メヒコ州

 メヒコ州ネツァワルコヨトル市で野良犬をを飼育して殺害し、その肉を複数のタコス屋に売っている疑いのある男の捜査をメヒコ州検察が開始しました。
 日刊紙EL UNIVERALがベニト フアレス区の住民たちと動物保護団体の訴えを報じた後に捜査が始まっています。
 ネット上にもベニト フアレス区に秘密の犬の屠殺場があり、タコス屋に売られていおるという報告が上がっています。ネットには犬たちが不衛生な状態で屠殺される様子を撮影した動画が上がっています。
 EL UNIVERAL紙のよれば、ネツァワルコヨトル市環境課が動物保護団体のメンバーたちと屠殺場とされる建物内に入り、約100匹の犬が飼育されていることを確認しています。犬は夜から早朝にかけて屠殺されていました。
 住民たちの証言によれば、その男は非常に攻撃的で市警の警察官が来ても令状が無いなら帰れと追い返しています。
 
2022 10-12 EL IMPARCIAL85
メヒコ州でまた子供が誘拐される 

 メヒコ州でまたもや子供が誘拐されるという事件が発生しました。ウエウエトカ市で月曜日に発生した誘拐事件の一部始終を監視カメラが記録していました。https://twitter.com/i/status/1580272207908855808  https://twitter.com/i/status/1580252295325155328
 黒い服をきた男たちが、子供をワイン色の車で連れ去っています。
 母親と思われる女性と子供が学校に向かう脇に車が止まり、中から出てきた銃を持った黒服の男2人が子供を女性から奪っています。
 子供は車に乗せられ、男1人が女性から金品を奪い車に乗って逃亡しています。
 地元メディアによれば、治安当局による捜査は開始されています。
 昨日、別の誘拐事件がネツァワルコヨトル市エスペランサ区でも起きています。10歳の少年が保護者から奪われ、灰色の車で連れ去られています。
 報道によれば、10歳の少年は数時間後に無事保護されています。

215taro:2022/10/14(金) 08:31:04
2022 10-13 el COLOMBIANO 4611,18 8,79
高等平和委員ダニロ ルエダがイバン マルケスと会談 コロンビア

 コロンビア政府高等平和委員のダニロ ルエダがBluラジオの取材で、コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の最高指導者の通称イバン マルケスと数日前に会ったと発表しました。
 会談はFarcセグンダ マルケタリア派がコロンビア政府との和平交渉の席に着く意思があるか確認するためのものであったとルエダは指摘し、「テーブルがあるとは言えない。」と述べています。
 Bluラジオはルエダに対して会談は国内で行われたのか、それとも国外で行われたのか質問しましたが、ルエダは「彼は生きている。」とだけ答えています。
 一ヶ月前、ルエダはイバン マルケスが死亡したという噂を否定し、マルケス派がグスタボ ペトロ大統領の掲げる「完全平和」に参加する事を望んでいると発表しています。
 「彼はメッセージを送ってきた1人であり、平和の向けた対話の可能性を探る対話を行っているグループの1つです。」とルエダは9月の段階で語っています。
 またルエダは日曜日にFarcセグンダ マルケタリア派アルフォンソ カノ戦線の司令官通称アジェンデとナリニョ県のジャングルで会ったことも明らかにしています。
 ルエダは最後に、「今はまだ停戦の段階に至ってはおらず、拷問・殺害・失踪の停止を表明しているの過ぎません。」と説明しています。
 
2022 10-13 NOTICIAS CARACOL
Farc分派ゲリラグループが住民たちを脅迫 コロンビア アラウカ県

 アラウカ県の特にタメ市とプエルト ロンドン市の数千人の住民たちが、監禁・通信制限などの恐怖の中で暮らしています。コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループが、住民たちを脅すパンフレットを配布したからです。
 パンフレットによれば、午後6時30分から午前6時まで、主要道路以外の車とバイクの通行が禁止され、狩猟や漁も禁止されています。
 「夜間の移動ができなくなるなど、何年もなかったこトなのでとても不安な状態です。」とガブリエル ガルシア マルケス学校の校長エドガー ムリジョ サナブリアは表明しています。
 アナリストのエデュアルド シモン セデニョによれば、農民に中には違法武装グループの許可なく収穫物を出荷することができない者たちもいます。
 先週16歳の先住民少女が違法武装グループに徴兵されましたが、これは初めてではなくアラウカ県の複数の地域で14歳以下の児童が銃を持ち軍服を着てパトロールをしているという訴えがコミュニティからきています。
 状況は刻々と悪化しており、違法武装グループは学校を占拠し、子どもたちの授業を妨害しています。当局はこの状況を対処するための安全保障会議を開催するとことを決定しています。

216taro:2022/10/14(金) 08:31:16
2022 10-13 EL NACIONAL
ベネスエラを出た移民・難民の数が710万人に 国連発表

 水曜日、国際連合はベネスエラから国外に出た移民・難民の数が710万人を超えたと発表しました。
 国連の9月の発表では、596万556人のベネスエラ人移民と難民がラテンアメリカ諸国とカリブ諸国に滞在していると発表していました。
 最近陸路で駐米を経由して、アメリカ合衆国にたどり着くベネスエラ人が増加していますが、一部の国境で新たにビザが求めれたり封鎖されており違法越境やベネスエラ人移民・難民に対する身体的・搾取的・虐待的な危険が増加しています。
 一方、国連報告ではベネスエラ人を最も受け入れている国はコロンビアでその数は248万人に上っています。コロンビア以外ではペルーが149万人、エクアドル50万2000人、チリ44万8000人、ブラジル36万5000人、アルゼンチン17万1000人、ウルグアイ2万2000人となっています。中米ではパナマ14万4500人、メキシコ8万2900人、コスタリカ3万人となっています。

2022 10-13 Mi Morelia.com
犬までが泥棒へのリンチに参加する メキシコ プエブラ州

 プエブラ州テカマチャルコ市で、泥棒容疑者へのリンチ事件があり、犬までも参加しています。
 その時の動画がネットに上げられ、話題を集めています。https://twitter.com/i/status/1580393787569807361
 地元メディアによれば、事件は水曜日にサン アントニオ地区で起きています。数人の泥棒が民家に侵入しましたが、隣人たちに捕まっています。
 ある家の中庭にいた隣人が、犯人の1人が捕まり暴行を受けながら連行される様子を撮影し、ネットの上げています。動画は瞬く間に拡散されました。
 手錠をかけられた男が警官に引きずられ、それを追いかける犬に近所の人たちが「噛め、噛め」と囃し立てています。
 顔を血だらけにした容疑者はパトカーに乗せられ病院に搬送されたようですが、容態は不明です。

217taro:2022/10/15(土) 08:08:57
2022 10-14 kesedice 4619,78 8,81
ククタ市中心部で手榴弾を使った爆破テロ。女性二人が負傷 コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 木曜日の午後10時45分頃、ベネスエラとの国境の街ノルテ デ サンタンデール県の県都ククタ市中心部で手榴弾IM26が投げ込まれ女性2人が負傷しています。
 エル カジェホン地区のカジェ5と7番通りの角にあるビアホールに、カジェ4方向から歩いてきた男が手榴弾を投げ込み爆発させています。
 犯人は恐怖に怯え逃げ惑う市民たちに紛れて逃亡していますが、非公式情報では犯罪グループ ロス AK47のボス ジョスワル サウル エルナンデス サナブリア別名ラ Sもしくはサウルであると言われています。
 ロス AK47は20人近くのメンバーで構成されており、ククタ市中心部と園周辺で麻薬取引・性搾取・恐喝などの犯罪行為を繰り返しています。
 負傷した女性2人は病院に搬送されており、1人は回復していますが1人は入院して治療を受けています。

2022 10-14 EL UNIVERSAL
ベネスエラの原油生産量が9%減少した

 ベネスエラの今年の第3四半期原油生産量が第2四半期と比較して日量7万2000バレル減少したと石油輸出国機構(OPEC)が水曜日に発表しました。
 ベネスエラの7月から9月にかけての原油生産量は日量67万3000バレルで、4月から6月の原油生産量は日量74万5000バレルでした。
 9月の生産量は66万6000バレルであり、8月の72万3000バレルと比較して5万7000バレルの減少となっています。
 ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロは2022年末までに原油生産量を日量200万バレルに、2023年に300万バレルに引き上げるという目標を掲げていますが、この現状では届きそうもありません。
 ベネスエラの原油生産量はチャビスタが政権を握る前の1997年に日量320万バレルに達し、その後20年間は200万バレルを維持していました。
 しかしベネスエラの原油生産は投資不足・人材の減少・汚職・アメリカ合衆国の制裁などにより崩壊していると専門家たちは分析しています。

218taro:2022/10/15(土) 08:09:08
2022 10-14 EL UNIVERSAL
9歳女児が隣人に強姦殺害された メヒコ州

 メキシコシティと隣接するメヒコ州ネツァワルコヨトル市で9歳女児が自宅で強姦殺害されるという痛ましい事件が発生しました。
 市当局によれば、事件はマラビジャス区カジェ13沿いにある民家で発生しており、女児の自宅のそばに住む隣人の1人が母親の不在を利用して民家に侵入し犯行に及んでいます。
 調べによれば、殺害された女児の姉妹1人が現場で意識を失っており、帰ってきた母親が倒れていた娘2人を見つけ近隣住民に助けを求めています。
 現場には市警察の部隊と救急隊が駆けつけ、女児の死亡を確認しています。容疑者は1週間前に女児の自宅のそばに引っ越してきた男で、容疑者は犯行後逃亡しています。
 ネツァワルコヨトル市のアドルフォ セルケダはネットを通じ被害者家族に哀悼の意を表し、「市の特別チームが犠牲となった女児の家族に付き添い、必要とされるケアを行いました。」と説明しています。
 
2022 10-14 EXPANCIO'N politico
銃撃戦の末にCJNGの地域ボス通称エル ガフェが逮捕された メキシコ サポパン市

 ハリスコ州の州都グアダラハラ市と隣接するサポパン市で、メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエボ ヘネラシオン(CJNG)の地域ボス セサール アウグスト別名エル ガフェが逮捕されました。
 10月2日にサポパン市ランドマークショッピングセンターで車の売買を生業とする企業家を誘拐しようとしたエル ガフェとその一味と軍部隊が撃ち合いとなっています。
 重要手配であるエル ガフェはトラホムルコ デ スニィガ市とエル サルト市のCJNG地域ボスであると、治安当局は発表しています。
 逮捕作戦にはメキシコ軍・国家警備隊・国家情報本部(CNI)・検察が参加しています。作戦部隊は作戦を通じ麻薬フェンタニル1000錠と銃器・手榴弾・車などを押収しています。

219taro:2022/10/16(日) 07:38:24
2022 10-15 el COLONBIANO 4636,83 8,81
ナリニョ県でバス横転事故、20人が死亡15人が怪我 コロンビア

 カウカ県の県都ポパヤン市とナリニョ県チャチャグイ市の間で土曜日にバスの故障が原因と思われる横転事故が発生し、20人が死亡15人が怪我をしています。
 「残念なことに20人が死亡したオチウ報告を受けました。」とナリニョ県警交通課のアルベルトランド アグデロ大尉が述べています。
 バスは太平洋沿岸の港町ナリニョ県トゥマコ市から、バジェ デル カウカ県の県都カリ市を目指していました。ブレーキが故障したバスは土曜日の深夜に事故を起こし、死亡者20人の他に15人の負傷者がでていると大尉は説明しています。
 負傷者の中には3歳幼女と8歳男児が含まれています。
 事故は霧のために視界が悪い時に発生しています。事故現場には警察・救急隊が駆けつけて負傷者の救助など対応にあたっています。
 調べによれば、バスはカーブを抜けたトロ粉でコントロールを失い、41人を乗せたバスは横転し、崖下に転落しています。
 救急隊は9時間以上かけてバスを起こして死亡者と負傷者を救出し、負傷者を複数の病院に搬送しています。
 
2022 10-15 El Pai's
トリマ県でバス事故、4人が死亡15人が怪我 コロンビア

 トリマ県チャパラル市でバス事故が発生し、4人が死亡少なくとも15人が怪我をしています。デフェンサ シビルによれば、死亡者4人の内の1人は子供です。
 40人の農民を運んでいたバスは、サン ホルヘ村の山岳地域で転落事故を起こしています。
 「残念なことにカニョン デ ラス エルモサス地域でバスが転落して4人が死亡しました。」と金曜日の朝に起きた事故についてチャパラル市のウゴ アルセ市長が発表しています。
 負傷者たちはチャパラル市内のサン フアン バウティスタ病院に搬送され治療を受けています。
 「事故が起きた道路はとても狭く、場所によって危険な箇所があります。今現在人的ミスなのか機械の故障なのかは不明です。」と関係者がメディアの取材で答えています。

220taro:2022/10/16(日) 07:38:34
2021 10-15 EL ECONOMISTA
誘拐されていたゲレロ市の市長と家族、市職員が解放されたとコアウイラ州知事が発表 メキシコ

 コアウイラ州知事ミゲル アンヘル リケルメは、タマウリパス州ヌエバ ラレド市を通過中に行方不明となっていたゲレロ市のマリオ セディジョ イファンテとその他8人が解放されたと発表しました。
 「コアウイラ州検察ヘラルド マルケス長官から、タマウリパス州で行方不明なっていたマリオ セディジョ市長らが解放されという報告を受けました。」と知事はツイートしています。
 知事は詳細を明らかにすることなく、タマウリパス州で武装集団に誘拐されたとされる市長一行を救出したメキシコ陸軍・海軍と地元自治体当局に感謝の意を表しています。
 ゲレロ市マリオ セディジョ インファンテ市長と8人との連絡は、金曜日の夜にタマウリパス州ヌエボ ラレド市から取れなくなっていたとコアウイラ州政府は発表しています。
 失踪前、一行は武装集団が乗った車2台に追跡されていると当局に通報していました。
 
2022 10-15 El Diario
商店前で3人が撃ち殺された メキシコ シウダ フアレス

 国境の街チワワ州シウダ フアレスのオリビア エスピノサ区にある商店前で、武装集団が3人を銃殺しています。
 事件が起きたのはカジェ オリビア エスピノサ沿いにある食品販売店です。
 殺害されたのは18歳くらいの男性2人と35歳から40歳くらいの男性で、武装集団は犯行後徒歩で逃亡しています。
 シウダ フアレスでは今月今回の3人を含め63人が殺害されています。

221taro:2022/10/17(月) 08:56:30
2022 10-16 NOTICIAS CARACOL 4636,83 8,81
2200万人近くが空腹に苦しむ コロンビア

 コロンビアの飢餓と戦う団体によれば、今年は食料安全保障の面で非常に重要な年となっています。食卓に十分な食料を並べる事ができない国民が、コロンビア全土に2200万人近くいます。
 コロンビア食料銀行協会会長フアン カルロス ブイトラゴは、「人間に必要な野菜やタンパク質を毎日摂取できない人が現在1250万人います。」と報告しています。
 これらの人たちは食事量を減らす、食事を抜く、食料を他人に求めるといったまるで不可能なミッションを選択せざるを得ません。
 「健康的な食生活のためにはひと月の食費が45万ペソ(約1万4600円)必要ですが、収入が35万4000ペソ以下の貧困層が1960万人います。」とブイトラゴは付け加えています。
 10月16日は世界食料デーです。コロンビア食料銀行(ABACO)は、非生鮮食料の寄付を受け付けています。寄付は118万2000人以上の食料を求めている人たちに届くことになります。
 栄養士のフリアナ メヒアは、「貧困家庭の食卓には米・パスタ・じゃがいもなどの炭水化物しか乗っていません。これらは安くて腹持ちがいいからです。鶏肉・牛肉・魚等のタンパク質をとれない人たちには、レンズ豆やひよこ豆などの摂取をおすすめします。」と語っています。

2022 10-16 90MINUTOS
警察中尉1人を含むトレン デ アラグアのメンバー19人が捕まった コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市警は犯罪組織トレン デ アラグアのメンバー19人を逮捕しました。19人は殺人・麻薬密売・脅迫・密造酒販売などの犯罪行為で告発されています。
 逮捕者の中にはボゴタ市ケネディー警察署勤務の現役警察中尉1人が含まれています。中尉は警察の情報をトレン デ アラグアに流す代わりに、毎週200万ペソ(約6万5000円)を受け取っていたことが判明しています。
 コロンビア警察長官エンリー サナブリア将軍は、今回の逮捕者19人を含め、これまでに逮捕されたトレン デ アラグアのメンバー数は48人の上っており、内46人がグスタボ ペトロ政権になってから逮捕されていると説明しています。
 トレン デ アラグアは隣国ベネスエラで生まれた犯罪組織で、ボスはベネスエラの刑務所に収監されています。

222taro:2022/10/17(月) 08:56:41

2022 10-16 VANGUARDIA
イラプアト市でバー襲撃事件、12人が殺され3人が怪我 メキシコ グアナフアト州

 にイラプアト市で武装集団がバーを襲撃し12人が殺害されたとグアナフアト州政府が日曜日の深夜に発表しました。
 土曜日の午後7時51分に緊急電話911に、イラプアト市12 デ ディシエンブレ区にあるバーから銃声が聞こえたという通報が入っています。
 直ちに治安部隊と救急隊が現場に急行し、男性6人と女性6人の死亡を確認、負傷者3人の手当を行っています。
 州政府は公安省やメキシコ軍・国家警備隊・検察の支援を受けて襲撃グループ逮捕のための作戦を実施していると発表しています。
 州知事ディエゴ シンウエ ロドリゲス バジェホは、「この非難されるべき犯罪行為の責任者を見つけるために州検察による捜査を速やかに進めていく。」と語っています。
 新聞報道によれば、覆面を着用した武装集団がバー ラ テキサナ内にいた人たちに向けて銃を乱射しています。
 犯行後、武装集団は少なくとも2台の車に乗り逃亡しています。
 犯行グループはバー内にカルテル デ サンタ ロサ デ リマによる犯行であることを示唆するメッセージ2つを残しています。

2022 10-16 INFORMADOR
人気レスラー エル ショッカーが夜のトゥストラ グティエレス市で大暴れ メキシコ チアパス州

 10月15日土曜日、人気プロレスラー エル ショッカーが、チアパス州の州都トゥストラ グティエレス市で、治安を乱したとして逮捕されました。
 ホセ ルイス ハイル ソリアは路上で車を殴り、通りかかったドライバー達を侮辱していると通報され。市警警察官に逮捕されました。
 ネット上にはレスラーがドライバーに怒鳴りながらピックアップトラックにぶつかる動画が上がっています。https://twitter.com/i/status/1581487857075568640
 その後車は前進を続けショッカーは脇に避けますが、再び別の車の前に立っています。
 別の動画では補導に横たわるレスラーを警察官が取り囲み、手錠をかけるために座らせる様子が記録されています。https://twitter.com/i/status/1581654262366408704
 エル ショッカー51歳は日曜日にスコーピオ Jrとともにマキシモとラ マスカラとロマスポーツセンターで対戦するためにチアパス州の州都にやってきていました。
 ショッカーは2017年にもメキシコシティ コヨアカンのモーテルの一室で、風俗嬢を殴り逮捕された事があります。その時、ショッカーはモーテルの部屋を破壊しており、3万ペソ(約22万円)以上の賠償金を支払っています。

223taro:2022/10/18(火) 08:00:40
2022 10-17 EL HERALDO 4636,83 8,76
クラン デル ゴルフォの元ボス通称ドン マリオに禁錮35年の有罪判決が下される コロンビア・アメリカ合衆国

 アメリカ合衆国ブルックリン裁判所の判事が、クラン デル ゴルフォの元ボスであるダニエル レンドン エレラ別名ドン マリオに対して禁錮35年の有罪判決を下しました。
 ドン マリオは2021年11月に麻薬犯罪容疑とテロ組織支援と麻薬取引支援のための資金提供を行っていた事を認めています。
 ドン マリオは2009年にコロンビアで逮捕され、2018年にアメリカ合衆国に引き渡されています。
 レンドン エレラ別名ドン マリオはアメリカ合衆国政府が2001年にテログループと認定したコロンビア自衛軍連合(AUC)のボスでもありました。
 検察はドン マリオが1900年代後半からAUCのボスを努め、AUCがコロンビア政府との交渉により武装放棄解散した後に、犯罪組織ロス ウラベニョス(もしくはクラン ウスガもしくはクラン デル ゴルフォ)を創設したと主張しています。
 AUCは政治的・テロ的な目的を達成するために、支配地域で取引されるコカインに「税金」をかけることを考案し、ドン マリオは支配地域を拡大するために殺人や誘拐を行う殺人部隊を雇っていました。

2022 10-17 RCN Radio
捕まった泥棒2人に住民たちがいたずら書き コロンビア アンティオキア県

 コロンビアでは毎日様々な手口による窃盗事件が発生しており、住民たちの頭を悩ませています。
 住民たちの多くは治安の悪さに疲れており、当局が犯罪になる可能性があると警告していますが、自らの手で泥棒や犯罪者を罰する事例が起きています。
 10月15日土曜日にも住民たちの手で犯罪者を裁く様子がネットに上げられ、話題になっています。
 アンティオキア県の県都メデジン市と隣接するベヨ市で、住民たちに捕まった泥棒2人が辱めを受けています。 
 2人は背中や腹にねずみと書かれ、顔などにペンキを吹きかけられています。https://twitter.com/i/status/1581320385093828608
 このような行為は窃盗と同じくらい非難されるべきと考える人もいれば、当局や司法が無力であり有効な選択肢であると考える人もいます。あなたはどう思いますか?

224taro:2022/10/18(火) 08:01:32
2022 10-17 NOTICIAS CARACOL
コルドバ県でジャーナリストが殺害された コロンビア

 ジャーナリストでありネットメディア ボセス デ コルドバの代表ラファエル モレノがコルドバ県モンテリバノ市で殺害されました。NGO団体Indepazによれば、事件は10月16日日曜日に27 デ フリオ地区で起きています。
 地元メディアの取材に対してIndepazは、脅迫を受けていたラファエル モレノは、国家保護機関(UNP)に数ヶ月前から保護を要請していたと指摘しています。
 「ラファエル モレノがいた商店に1台のバイクに乗ってやってきた2人組が近づき、命を奪っています。」とコルドバ県警司令官ジョン フレディ スアレス大佐が説明しています。
 ラファエル モレノはコルドバ県の住民たちの間で、人権保護運動のリーダーとして知られています。
 「今年3人のリーダーが殺害されています。これは重大事であり、殺し屋たちは住民たちを脅しています。コルドバ県ではクラン デル ゴルフォが強い影響力を持っています。」とIndepazの代表カミロ ゴンサレスが指摘しています。
 またラファエル モレノはプエルト リベルタドール市の地域代表でもありました。
 「国境なき記者団はコロンビアの報道の自由を取り巻く状況を憂慮しています。コロンビアジャーナリズムの報道の自由度は180カ国中145位であり、ジャーナリストにとって危険な国となっています。」と国境なき記者団コロンビアのファビオラ レオンは訴えています。

2022 10-17 NOTICIAS enlamira
エル メンチョの生まれ故郷アギリア市で武装集団と軍部隊が銃撃戦、1人が死亡 メキシコ ミチョアカン州

 ミチョアカン州治安当局はアギリア市でメキシコ陸軍の部隊が武装集団から銃撃を受け銃撃戦となり、1人が死亡したと発表しました。
 銃撃戦は日曜日に発生しており、自警団のメンバーたちが陸軍部隊を支援しています。
 この戦闘で民間人1人が銃撃により死亡していますが、身元は不明です。
 軍部隊は戦闘を通じて銃器1丁と弾倉3個と銃弾55発を押収しています。
 今現在襲撃の理由も襲撃グループの身元も不明であり、逮捕者も出ていません。

225taro:2022/10/19(水) 09:05:56
2022 10-18 El Pai's 4636,83 8,79
Farcセグンダ マルケタリアがペトロ政府の全面和平提案を受け入れると表明 コロンビア

 共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派が、グスタボ ペトロ政府が提案する全面和平を受け入れると発表しました。
 通称イバン マルケスが率いるFarc分派ゲリラグループは、外交的解決に賭けたいと断言し、左派政治家グスタボ ペトロが大統領に就任したことが大きいと指摘しています。
 「8月7日にグスタボ ペトロが共和国大統領に就任した・コロンビア人民は彼を信頼しており、市民の参加した真の民主主義による完全な平和の実現に期待している。」とセグンダ マルケタリア派の発表した声明は述べています。
 またセグンダ マルケタリア派は現在完全な平和を達成するためのすべての条件が整っていると信じていると指摘しています。
 
2022 10-18 el COLOMBIANO
クラン デル ゴルフォとの戦闘で警官1人が殉職 コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県北西部ヨロンボ市で犯罪組織クラン デル ゴルフォ(コロンビア自衛軍ガイタニスタスAGC)と警官隊が銃撃戦となり、警察パトロール隊員フェルネイ ベリオ ベハラノが死亡しました。
 コロンビア警察少将エンリー アルマンド サナブリアは、「一人の警官が命を捧げ凶悪犯に立ち向かった。紙が彼の魂を憐れみ、彼の家族を慰めてくれますように。」と表明しています。
 サナブリア少将によれば、この作戦により犯罪容疑者1人が死亡し、負傷した容疑者1人が逮捕されています。
 オンブズマン組織はヨロンボ市と近隣のアマルフィ市・アノリ市・レメディオス市・セゴビア市・ベガチ市の治安状況に警告を発しています。
 この地域ではクラン デル ゴルフォとFarc分派、ELNが鉱物の違法採掘利権をめぐり激しく争っており、児童徴兵のリスクもあります。

226taro:2022/10/19(水) 09:06:11
2022 10-18 EL NACIONAL
ベネスエラの経済回復を貧困が上回る
 
 2022年ベネスエラ経済は回復傾向にありますが国民の90%は貧困層であり、大幅な改善は見込めません。
 10月17日は翻刻撲滅のための国際デーです。国連は6年間の不況・4年間のハイパーインフレなどに苦しむベネスエラが2030年までに解決することを期待しています。
 ベネスエラ経済は四半期連続で経済成長を遂げているとは言え、貧困状況は極めて深刻であり国連は今年極限状態にある520万人のベネスエラ国民のための人道支援計画を承認しています。しかし緊急支援を必要とする国民はもっと多いと推測されています。
 アンドレス ベヨ カトリック大学(UCAB)が2021年に実施した調査によれば、ベネスエラ国民の94%が貧困層で、76,6%が極貧層です。
 現在ベネスエラの基本的生活費は月に500ドル必要ですが、人口の3分の1(ほとんどが年金生活者と公務員)が月15ドルの極貧状態にあります。
 ベネスエラで最も貧困に苦しんでいるのが高齢者たちです。他国であれば高齢層はある程度の貯蓄があり、貧困率は低いのですが、ベネスエラではハイパーインフレと通貨切り下げにより貯蓄が消滅しています。

2022 10-18 Trafico zmg
アンバーアラートが出ていたアメリカ合衆国人の子供3人がチャパラ市で保護された メキシコ ハリスコ州

 ハリスコ州警察がアメリカ合衆国治安当局がアンバーアラートを発して捜索をしていたアメリカ合衆国人の子供3人を保護し、身元確認後にアメリカ合衆国当局に引き渡したとハリスコ州治安当局が発表しました。
 チャパラ市で監視任務についていた警官が不審な白いピックアップトラックを発見しています。ピックアップトラックにはナンバーがなく、荷台に安全対策なしに子供3人を乗せていました。
 警官は車を運転していた夫婦に停車を命じ、身分証の提示を求めています。夫婦の名前はミゲルとブリアナで、子供はモリソン4歳、アダム7歳、エリック9歳であることがわかり、データを確認したところ子どもたちにはアンバーアラートが出ており、夫婦は子供3人の誘拐容疑で手配されていることが判明しています。
 子供3人は保護、夫婦はたいほされ、それぞれアメリカ合衆国当局に引き渡されました。

227taro:2022/10/20(木) 08:31:33
2022 10-19 EL HERALDO4744,04 8,90
スークレ県サン オノフレ市で男性3人が殺害された コロンビア

 スークレ県北部サン オノフレ市パロ アルト地域で、男性3人が銃殺されました。
 殺害されたのはアンドレス フェリペ エレラ ペレス22歳ボリバル県カルタヘナ生まれとクリスティアン エデュアルド アルレタ アビラ アンティオキア県ネコクリ市生まれとヨルネル アンドレス ペレス トレスで、死体は火曜日の午後にコラ デ カバジョにあるベレン農場の近くで見つかっています。
 3人には犯罪歴があったと当局が発表しています。
 事件が起きた地域では犯罪組織クラン デル ゴルフォが存在しており、治安当局はカリブ海沿岸地域でクラン デル ゴルフォに対する作戦を強化しています。
 同じくカリブ海に面したアトランティコ県ではクラン デル ゴルフォのメンバー11人が逮捕されています。11人は複数の殺人の容疑者であり、犠牲者の1人は4月18日にバランキージャ市カリベ ベルデで殺害された警察パトロール隊員ナウディン コルドバ メナです。
 
2022 10-19 Portafolio
コロンビアペソがまた史上最安値

 コロンビアの通貨ペソの下落が止まりません。10月19日コロンビアペソは前日の1米ドル4744ペソからさらに75ペソ下落して4819ペソとなっています。
 高インフレ・利上げ観測・景気後退の可能性・ロシアのウクライナ侵略など地政学的リスクなどが、コロンビアペソ下落の要因として上げられています。
 またJPモルガンの報告では、グスタボ ペトロ大統領のコロンビア中央銀行や資本流出に対する課税の可能性などのツイートが為替市場に影響を与えていると指摘しています。

228taro:2022/10/20(木) 08:31:45
2022 10-19 infobae
カルテル デ シナロアがCJNGの幹部コマンダンテ ガンソを殺害し、メッセージを残す メキシコ サカテカス州

 10月18日、サカテカス州でカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のメンバーとされる通称エル コマンダンテ ガンソの死体が、メッセージとともに見つかりました。コマンダンテ ガンソの死体の側には、別の身元不明の死体が放置されていました。
 死体は透明なシートで覆われており、メッセージには「ここにカルテル ハリスコ“CJNG”のコマンダンテ ガンソがいる。ハルディネロ・F25・JJのために働くもの全てに起きることである。サカテカスには支配者がおり、それはエル セニョール ソンブレロである。オペラティボMZ」と書かれています。
 オペラティボMZは2020年末にサカテカス州に現れ、登場を公表する看板の下には複数の死体が放置されていました。
 一方、サカテカス州ヘレス市ではCJNGの署名のある複数の麻薬横断幕が見つかっています。

2022 10-19 EL UNIVERSAL
カルテル デル ゴルフォとカルテル デル ノロエステの銃撃戦をドローンが撮影 メキシコ タマウリパス州

 タマウリパス州シウダ ミゲル アレマンで発生したカルテル デル ゴルフォとカルテル デル ノロエステの戦闘シーンをドローンが撮影した動画がネットで話題になっています。https://twitter.com/i/status/1582010102948585472
 動画にはモンスターと呼ばれる装甲使用の車両が50口径の機関銃と思われる高性能兵器を撃つ様子が記録されており、銃撃時に発生する光も写っています。
 ドローンは銃撃戦が起きた道路脇に建つ、廃墟のような建物も撮影しています。
 Foxニュースの特派員ビル メルギンによれば、この動画は犯罪グループが所有するドローンを押収したテキサス州治安当局が公開したものです。

229taro:2022/10/21(金) 08:55:29
2022 10-20 el COLOMBIANO 4815,09 8,89
コカの木栽培面積がこれまでで最大の20万4000ヘクタールに コロンビア

 2021年のコロンビアのコカの木栽培面積が前年2020年の14万3000ヘクタールから43%も増加し、これまでで最大の20万4000ヘクタールに達したと国連薬物犯罪事務所(UNODC)が木曜日に発表しました。
 「2021年のコカの木栽培面積は43%の増加で、20万4000ヘクタールに達しています。」とボゴタ市で行われた会見でUNODCアンデス・コーノスール代表者Candice Welschが発表しています。
 またCandice Welschは「コロンビアのコカイン生産能力は2020年より14%増加した年産1400トンになっていると思われる。」と表明しています。
 UNODCの報告によれば、コロンビアのコカの木の栽培地はエクアドルと国境を接するナリニョ県・ベネスエラと国境を接するノルテ デ サンタンデール県・ペルーとエクアドルと国境を接するプトゥマヨ県の3県に62%が集中しています。
 「コカの総量の45%がわずか10市に集中していますが、これらの地域では強制撤去が実施されており栽培面積は減少していました。しかしこの種のメカニズムを継続させるのは困難であり、これら地域の脆弱性を変えるため措置がなく2021年の栽培面積は増加に転じてしまいました。」と説明しています。
 コロンビアで最もコカの木が栽培されているのはノルテ デ サンタンデール県ティブ市で、栽培面積は2万2000ヘクタールです。
 コロンビア司法大臣ネストル オスナは、「過去数年間でコロンビアでは44万ヘクタール近くのコカ畑が撤去されているにも関わらず、かつて無いレベルでコカの葉の栽培が増加しています。」と述べています。
 現在コロンビア及び世界のコカイン消費者数は増加し2100万人以上となっています。これはコカ葉栽培農家の経済的インセンティブと資金調達の改善と密接に関連しています。
 オスナ大臣はコカインの合法化はコロンビア政府が検討している代替案ではないが、コカ栽培農家が合法作物への代替を進められるようもっと支援を行う必要があると断言しています。
 また「コカ生産者は国から犯罪的対応をされるべきではないが、密売人にはされるべきである。」と締めくくっています。

2022 10-20 el COLOMBIANO
犯罪グループ エル メサのボス通称カニバルが逮捕された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県のメデジン市都市圏バジェ デ アブラ地域からアンティオキア県北部に影響力を持つ犯罪グループ エル メサのボス通称カニバルを逮捕したとコロンビア陸軍が発表しました。
 カニバルもしくはフェオ48歳は、アンティオキア県を拠点とするコロンビア革命軍(Farc)分派第36戦線と同盟関係にあり、サン アンドレス デ クエルキア市・ヤルマル市・イトゥアンゴ市の住民たちを怯えさせていました。
 カニバルは愛人・カニバルの警護隊長と配下1人とともに逮捕され、未成年者1人が保護されています。
 「未成年者1人を保護し、自動小銃3丁・軽機関銃1丁・ピストル1丁・リボルバー拳銃1丁・手榴弾5個・縦断623発を押収しました。」と陸軍第4旅団副司令官ホセ レスメス ベルトラン大佐が発表しています。
 大佐によれば、犯罪歴30年のカニバルが逮捕されたのはこれで3度めです。

230taro:2022/10/21(金) 08:55:40
2022 10-20 infobae
空軍将官が妻を殺害し自殺 ベネスエラ

 水曜日、ベネスエラで将軍ルイス フェリペ ゴンサレス ボルハスが妻を殺害し、その後自殺しています。事件はカラカスのフエルテ ティウナ軍駐屯地にある将軍の自宅で発生しています。
 殺害されたのはアンドリナ デル カルメン モラレス ケベドで、昼過ぎの出来事です。
 近隣住民の証言によれば、ゴンサレス ボルハス将軍が妻と口論となり、自宅を出ようとした妻を阻止して銃を抜いて銃殺しています。将軍は犯行後、自ら命をたっています。
 地元メディアの報道によれば、夫婦の子供2人はバスルームに逃げていました。
 ボルハスはベネスエラ国立民間航空研究所のゼネラルマネージャーでした。
 ベネスエラ空軍に依存する同団体は、将軍の死を悼む声明を発表しています。
 ボルハス将軍はインテグラル航空宇宙防衛司令部(CODAI)の司令官、インテグラル首都防衛戦略地域(REDI-Capital)の第2司令官、戦略作戦司令部の東部防空旅団長も務めていました。
 ベネスエラのNGO団体正義と平和センター(Cepaz)によれば、ベネスエラでは今年1月から8月までに少なくとも177件のフェミサイドが起きています。

2022 10-20 msn
メキシコシティの警官が強盗犯を撃ち殺す 

 メトロポリ パトリオティスモショッピングセンターで強盗事件を起こそうとした男が警察官に射殺され、共犯者が逮捕されました。その様子を撮影した動画がネットで公開されています。https://twitter.com/i/status/1582523778751692800
 ショッピングセンターの裏からリオ ベセラに向かって逃げる男2人を警官が銃撃し、1人が倒れる様子が撮影されています。
 共犯者は走って逃げようとしましたが仲間が倒れていることに気づき、戻り仲間の側でうつ伏せ担っています。
 月曜日にベニト フアレスのナポレス区とロス ピノス区の間で起きた銃撃戦では、強盗容疑者1人が死亡し容疑者1人が負傷、警察官1人が負傷しています。
 銃撃戦は銀行から現金を引き出した人が強盗に遭っているという通報を受けて駆けつけた警官たちと強盗の間で起きています。
 強盗たちは駆けつけた警官たちに向けて発砲し、これを撃退しています。

231taro:2022/10/22(土) 09:05:45
2022 10-21 msn 4885,50 8,89
クラン デル ゴルフォの最大ボス通称チキータ マロの右腕とされる通称チュロが捕まった コロンビア アンティオキア県

 先程、コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォの最大ボス通称チキータ マロの右腕とされるヘスス アルベイロ カルドナ ボルハ別名チュロを逮捕しました。
 作戦はコロンビア軍と検察の支援を受けてアンティオキア県アパルタド市で実施されています。
 当局によれば、チュロはコロンビアでも最大規模の麻薬取引を行うクラン デル ゴルフォの下部組織カルロス バスケスのボスです。
 「チュロは麻薬取引と選択的殺人の責任者です。」とウラバ地域警察司令官オスカー オルティス大佐が指摘しています。
 ヘスス アルベイロ カルドナ ボルハの犯罪歴は25年以上で、最初は共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)のゲリラでした。
 チュロ逮捕作戦では銃器・銃弾・コンピューターの他に4800万ペソの現金が押収されています。
 チュロの護衛の1人が裏切り、チュロの居場所を当局に知らせたことが逮捕につながっています。


2022 10-21 el COLOMBIANO
19人を殺害したとされるクラン デル ゴルフォのボスの1人通称パナデロが刑務所に収監された コロンビア アンティオキア県

 裁判官はダニエル エデュアルド サンチェス セルパ別名パナデロの刑務所収監を命じました。パナデロは犯罪組織クラン デル ゴルフォの地域ボスであり、アンティオキア県ウラバ地域で発生した19件の殺人事件の責任者とされています。
 検察の調べによれば、クラン デル ゴルフォのアンティオキア県カレパ市とチゴロド市のボスであるパナデロが関与した殺人事件19件の内の9件が今年発生しています。
 今年2月に殺害された警察パトロール隊員ウイルフェル イバン コレアは、パナデロに殺害された犠牲者の1人です。コレアは非番の日に背中を撃たれて殺害されています。またパナデロに殺害された19人の内の2人は未成年です。
 サンチェスは10月2日にバイクで移動中に逮捕されました。逮捕時サンチェスは30発の銃弾を装填できる9mm口径の銃器を所持していました。

232taro:2022/10/22(土) 09:05:56
2022 10-21 bluradio
強盗から乗客を守ろうとしたタクシー運転手が殺された コロンビア ボゴタ市

 大金を運んでいた乗客を強盗から守ろうとしたタクシー運転手が、強盗に撃ち殺されました。事件はボゴタ市南西部ケネディー区で起きています。
 銀行で大金を下ろしブリーフケースに入れたカップルが、ルイス エデュアルド ロドリゲスが運転するタクシーに乗っています。
 しかし2人は強盗団に目を付けられており、バイクに乗った強盗団がケネディー区サン ルカス地区の68G通りとカジェ38スールの交差点まで追跡していました。
 強盗団は銃を抜いてタクシーに乗っていたカップルに向け大金を渡すよう命じました。その時タクシー運転手は被害を防ごうとタクシーを発車させ、強盗団はタクシー運転手に向けて繰り返し発砲し殺害し大金を奪って逃亡しています。
 ボゴタ市警のパブロ セサール クルス大佐は、「大金を運ぶときは警察が同行し、安全を保証します。」と市民に呼びかけています。
 警察は付近の監視カメラの映像を分析するなど、強盗団逮捕に向けた捜査を続けています。
 
2022 10-21 UNOTV.COM
小学校の直ぐ側で銃撃戦、教師が生徒達を落ち着かせる メキシコ ソノラ州

 ソノラ州エンパルメ市サウアラル区にあるマリオ シルバ コルテス小学校の直ぐ側で銃撃戦が始まっています。ネットには銃撃戦に巻き込まれた小学生と教師の動画が上がっています。https://twitter.com/i/status/1583213025720270850
 動画の中で教師は生徒たちに落ち着いて床に伏せるよう命じています。
 「大丈夫。動かないで、みんな伏せて、伏せて、とにかく伏せて。動かないで。伏せて。これからです。静かに、聞かなくちゃなりません。静かに。」と児童たちに話しかけています。
 ソノラ州治安当局は、小学校の近くで武装集団が3人の男性を襲い、1人を殺害し2人を負傷させたと発表しています。
 生徒たちは無事で、既に帰宅しています。

233taro:2022/10/23(日) 07:33:37
2022 10-22 EL ESPECTADOR 4913,24 8,89
反政府デモ行進がコロンビア各地で行われる

 10月22日土曜日、グスタボ ペトロ大統領政府に抗議するデモ行進が行われています。ボゴタ市・メデジン市・カリ市などで現政権が提案する税制改革などの政策に反対する抗議行動が行われています。
 全国14都市で午前10時から多くに市民が街頭に出てグスタボ政権に対する抗議の声を上げています。
 首都ボゴタ市では約300人が国立公園に集まり、ボリバル広場に向かってデモを開始しました。
 メデジン市では地下鉄エスタディオ駅近くからデモ隊がラス ルカス公園に向かっています。カリ市ではラ テルトゥリア博物館からハイロ バレラ広場に向かってデモ隊が出発し、グスタボ政権だけではなくカリ市長ホルヘ イバン オスピナに対する講義も同時に行っています。
 デモを呼びかけた市民団体自由のための国民的会議はデモの目的について、グスタボ政権の税制・年金・医療改革と全面和平政策の拒否、ドル高と物価上昇に抗議するためにデモを呼び方と説明しています。
 グスタボ ペトロ政権に対する抗議行動はこれで2度めです。1度目は9月26日にコロンビアの複数の都市で実施されました。

2022 10-22 UNOTV.com
モンテレイの悲劇、武装集団が6人を殺害 メキシコ ヌエボ レオン州

 ヌエボ レオン州の州都モンテレイ市で武装集団がパーティー会場を襲撃し、イベントの参加者6人を殺害5人を負傷させています。
 金曜日の深夜、ブエノス アイレス区にある駐車場で事件は起きています。
 犠牲者の中にはヌエボ レオン州サンタ カタリナ市の元警察署長オマル オルティス アルバラドが含まれています。
 通報を受け、警官隊と救急隊が現場に急行し、負傷者の搬送などを行っています。
 現場周辺は封鎖され、検察の捜査チームが現場検証を行っています。
 警察は犯人グループ検挙のための大規模作戦を展開していますが、今現在1人も逮捕することができていません。

234taro:2022/10/23(日) 07:33:49
2022 10-22 LO'PEZ-DO'RIGA
列車とタンクローリーが衝突、爆発炎上した メキシコ アグアスカリエンテス州

 アグアスカリエンテス州の州都アグアスカリエンテス市で燃料を積んだタンクローリーと列車が衝突し、タンクローローが爆発炎上しています。
 テレ ヒメネス知事は、タンクローローの運転手が腕に怪我をしているものの、命には別状はないと報告しています。
 木曜日の午後に起きた爆発によりタンクローローは全焼していますが、線路への被害はありません。事故現場のメヒコ区にすむ300家族が避難を強いられています。
 事故から12時間後、線路の通行は再開されています。現在メヒコ区では清掃と電力回復のための作業が続けられています。

2022 10-22 EL UNIVERAL
ロス セタスのボス通称エル ウメルがアメリカ合衆国に引き渡された メキシコ

 金曜日、麻薬犯罪で告発されているロス セタスのボスの1人ハイメ ゴンサレス ドゥラン別名エル ウメルがメキシコからアメリカ合衆国に引き渡されました。
 アメリカ合衆国司法省によれば、ゴンサレスは金曜日にワシントンDCのコロンビア特別区にある地方裁判所に出廷しています。
 告発によれば、ゴンサレスは2000年から2010年にかけて犯罪組織ロス セタスの最高幹部の1人で、タマウリパス州レイノサ市とミゲル アレマン市の麻薬取引を管理していました。
 アメリカ合衆国は2015年にゴンサレスの引き渡しを要請し、2022年10月22日木曜日に実現しています。
 ゴンサレスは5kg以上のコカインと1トン以上のマリファナをアメリカ合衆国に密輸した容疑で告発されています。
 裁判によりゴンサレスは禁錮10年から終身刑の判決を受ける可能性があります。

235taro:2022/10/24(月) 08:29:33
2022 10-23 NOTICIAS CARACOL 4913,24 8,89
物乞いをさせられていた子供4人が保護された コロンビア ブカラマンガ市

 サンタンデール県当局は大人に物乞いをさせられていた子供を保護するための作戦を実施し、ブカラマンガ市とバランカベルメハ市で8人の子供を保護しています。
 県都ブカラマンガ市では交差点で物乞いをさせられていた子供4人が保護されています。
 ブカラマンガ市都市圏では今年これまでに同様の状況下にあった子供35人が保護されています。
 バランカベルメハ市で物乞いをさせられていた子供4人も、家族福祉協会の保護下に置かれています。
 
2022 10-23 NOTICIAS CARACOL
メタ県ラ マカレナ市で兵士が下士官1人を撃ち殺した コロンビア

 メタ県マカレナ市で1人の陸軍兵士が上司に発砲するという事件が起きています。殺害されたのは対ゲリラタスクフォース オメガの下士官です。
 撃たれたのはエデュアルド ガルシア ラミレス伍長で、「衛生兵の懸命な治療にも関わらず、伍長はその場で死亡しました。」と軍は発表しています。
 伍長を撃った兵士は「事件捜査のために関係当局に引き渡しました。」とオメガは指摘しています。

236taro:2022/10/24(月) 08:29:43
2022 10-23 El Diario.mx
結婚式直後に新郎が撃ち殺された メキシコ ソノラ州

 ソノラ州北部カボルカ市で結婚式を終えて教会から出てきた新郎が撃ち殺されるという事件が起きました。
 土曜日の午後7時30分頃、カボルカ市中心部にあるラ カンデラリア教会の外で起きています。
 州検察の発表によれば、撃たれたのは新郎のマルコ アントニオ ロサレス コントレラスで、現在容疑者1人が取り調べを受けています。
 「襲撃され殺害されたのはドゥランゴ州出身で現在ハリスコ州に在住していた男性で、女性1人が巻き込まれて負傷していますが命に別状はありません。」
 地元メディアの報道によれば、1人の男が新郎に近づき、近距離から少なくとも5発の銃弾を撃ち込んでいます。
 新婦のアラセリーが教会の入り口で悲鳴を上げている動画がネットの上がっています。
 撃たれたマルコ アントニオ ロサレスは病院搬送中に死亡し、妹のミシェル アドリアナが負傷しています。
 カボルカ市ではカルテル デ シナロアの戦闘部隊ヘンテ ヌエバ デル カサドールが、地元犯罪グループ カルテル デ カボルカと激しく争っています。

2022 10-23 La Clave
メキシコの72%に何らかの犯罪組織が存在する

 メキシコにある2446の自治体の内の少なくとも1058に、1つもしくはそれ以上の犯罪組織が存在していることが、ハッカーグループ グアカマヤがハッキングした軍諜報部の情報から明らかになっています。犯罪組織が存在する面積はメキシコの72%に相当することになります。
 2016年から2022年にかけて国家防衛省(Sedena)が作成した報告書に依れば、メキシコには80以上の犯罪組織と16の犯罪グループが存在しており、419人の犯罪容疑者の名前が挙げられています。
 州全土に犯罪組織が存在しているのはバハ カリフォルニア州・ソノラ州・シナロア州・チワワ州・メキシコシティ・タマウリパス州です。麻薬組織より燃料窃盗や移民輸送を資金源とする犯罪組織が強い州はプエブラ州・イダルゴ州・トラスカラ州・チアパス州です。
 報告書の中で特筆されているのがカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)で、諜報部によればCJNGはメキシコの20の自治体に存在し、かつメキシコのほぼすべての地域に存在するような同盟関係を築いています。
 急激に勢力を拡大しているCJNGですが、支配面積ではカルテル デ ハリスコに及びません。CJNGは457自治体25万6845平方キロメートルなのに対して、カルテル デ シナロアは233自治体68万1689キロ平方メートルを支配しています。

237taro:2022/10/25(火) 08:50:11
2022 10-24 RCN noticias.com 4913,24 9,05
1万2500人近くが対人地雷の犠牲に コロンビア

 コロンビアでは様々な努力のかいなく、違法武装グループが麻薬作物などを守る目的で地雷を敷設し続けています。
 陸軍地雷撤去大隊司令官アンドレス ノバル中尉は、コロンビア全土でこれまでに1万2254人が対人地雷の犠牲者となっており、国内国際的に憂慮されていると述べています。
 コロンビア陸軍人道的地雷撤去旅団はこれまでに地雷6385個を処理し、数千人の命を救っています。またこれまでに撤去された地雷原の面積は258市1600万平方メートル以上となっています。
 陸軍には地雷撤去のための重機7台を所有しており、地雷撤去能力は1日あたり500mから600mとなっています。
 旅団はこれまでにセサール県・ウイラ県・バジェ デル カウカ県・メタ県で地雷撤去作業を行っています。
 国立歴史記憶センターのデータによれば、コロンビアは2016年11月までアフガニスタンに次いで世界で2番めに対人地雷の犠牲者の多い国であり、最も治安部隊員が被害を受けている国でした。
 2002年、コロンビアは国際人同条約とオタワ条約に調印しましたが、違法武装組織はいくつかの地域で戦争兵器として地雷を使用し続けています。
 2002年から2010年にかけて地雷や爆発物による負傷者が最も多い時期でした。また2005年から2006年にかけてはコロンビアは世界で最も新たな犠牲者の多い国となっていました。
 国際赤十字の推計では2021年のコロンビアの爆発物による犠牲者数は過去5年で最も多い486人でした。486人の内の50人が死亡者で、258人の民間人223人が治安部隊員5人がゲリラの死傷しています。
 地雷の犠牲者が多い県はノルテ デ サンタンデール県・カウカ県・チョコ県・アンティオキア県・アラウカ県となっています。

2022 10-24 el COLOMBIANO
警察留置所内で喧嘩、14人が負傷 コロンビア メデジン市

 アンティオキア県の県都メデジン市ラ カンデラリア警察署内で10月23日の夜に喧嘩が発生し、14人が怪我をしています。警察署内には244人の未決囚が収監されていました。喧嘩発生の原因は明らかになっていませんが、留置所の過密状態が関係していると思われます。
 ラ カンデラリア警察の留置所の収容能力は75人ですが、その3倍以上の244人が収監されていました。
 ラ カンデラリア署では2週間前に土砂降りのために留置所ないが水浸しとなり、マットレスや食料などが失われています。
 負傷者は病院に搬送され治療を受けています。
 過密問題はラ カンデラリア署だけではありません。メデジン市アランフエス署は収容能力10人のところに83人、ラウレレス署は30人のところに164人が収監されています。

238taro:2022/10/25(火) 08:50:28
2022 10-24 La Prensa
54万人以上の生徒学生が学校から去った ベネスエラ

 深刻な経済危機の中、54万1000人の生徒学生がベネスエラの公立学校から去っています。
 ベネスエラの人道危機に関する報告書の中で明らかにされており、経済的に困難な家庭の状況を反映しています。
 報告に依れば、2020年3月までに920万人の生徒学生のうちの約290万人が定期的に授業に出席できていません。自分と家族の食事と生活を維持するために働かなければならない事が理由です。
 ララ州教師協会のルイス アロヨ会長は、経済的な理由で学用品・制服・交通費がまかなえず教育システムからの補助もなく、学業を続ける事が困難になっていると指摘しています。
 公式データによれば、ララ州では2021年2022年の小中高生徒の数は36万5310人ですが、40%が通学していません。特に高校生は学校ではなく街で働いています。

2022 10-24 PRENSA LIBRE
CJNGの入隊の儀式は人肉食 メキシコ

 世界最も強力な犯罪組織の1つカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のは、メキシコ32州の内の28州に拠点を構築し、さらに拡大を続けています。
 CJNGの最大ボスはネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョはメキシコ全土に数千人の殺し屋を抱えており、そのほとんどはCJNG入隊時に儀式を受けています。
 CJNGのメンバー複数は、CJNG入隊の儀式の1つは敵対組織のメンバーの人肉を食べることであると証言しています。
 2017年にCJNGのメンバー12人が、5人を殺害した容疑で逮捕された時にCJNGの人肉食儀式が明らかになっています。
 逮捕されたCJNGメンバーたちは取り調べの際に、エル メンチョが率いるCJNGに勧誘された際、入隊の儀式として人肉を食べさせられたと証言しています。
 また人肉を食べたメンバーたちは、敵対組織のメンバーを殺害しバラバラにした後、冷凍庫で保管していたことも明らかにしています。
 CJNGへの入隊を希望する者たちは、敵を拷問殺害した後にその肉を食べなければならず、人肉を食べることによってエル メンチョの手下になることができます。
 CJNGは新入隊員に対して人肉食だけではなく、斬首・酸で死体を溶かす、拷問などを行わせています。

239taro:2022/10/26(水) 08:43:05
2022 10-25 el COLOMBIANO 4968,94 9,11
バラバラ死体をバイクで運んでいた男2人が逮捕された コロンビア メデジン市

 火曜日の深夜、アンティオキア県の県都メデジン市でバラバラ死体を運んでいた18歳と23歳の男が逮捕されました。
 火曜日の午前0時41分にコムナ11のボリバリアナ地区カジェ44と73番通りの交差点で黒い袋2つとスーツケース1つを運んでいた不審なバイク1台が警官に停車扨せられました。
 メデジン市警のフェルネイ マルティン大佐は、「パトロール中の警官が不審なバイクを発見して不審尋問を行いました。2人が運んでいた袋とスーツケースの中を確認し、バラバラにされた人体の一部が見つかっています。」と説明しています。
 2人の若者が運んでいたのはバラバラにされた両手と片足で、警官は2人を逮捕して検察捜査機関CTIの捜査チームに応援を要請しています。
 警察は監視カメラの映像を分析し、逮捕者2人がバイクで出てきた場所を特定し、コムナ13のエル ソコロ地区にある民家が犯行現場であることを突き止めています。
 マルティン大佐は、「犯行現場を特定し、人体の一部を発見しました。」と語っています。
 
2022 10-25 EL UNIVERSAL
殺し屋が母親と娘を殺害し、2歳幼女を負傷させる コロンビア アトランティコ県

 10月24日月曜日の夜、アトランティコ県マランボ市エル コンドルド地区で女性2人が殺害されました。殺害されたのは母親と娘で、殺し屋は2歳幼女と17歳の若者も負傷させています。
 「残念ながらガレンダ ナイベ パラ アレナスさん40歳が現場で死亡しています。娘のラウラ ガメロ パラ23歳は病院に搬送されましたが、傷は重く午前0時ころに亡くなっています。」とバランキージャ市警司令官ホセ ウルキホ大佐が発表しています。
 大佐は現場に居合わせた2歳幼女と17歳の少年が負傷していると付け加えています。
 ウルキホ大佐は地元犯罪グループとバランキージャ都市圏を縄張りとする犯罪グループの抗争と関連がある可能性を指摘しています。「犯罪組織との関連を調査中です。」と大佐は述べています。
 ガレンダ ナイベ パラ アレナスは2014年に違法銃器所持で逮捕されています。

240taro:2022/10/26(水) 08:43:29
2022 10-25 RCN Radio
地域リーダーのリカルド バルデラマが自宅から拉致され殺害された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県北部イトゥアンゴ市でまたもや地域リーダーが殺害されるという事件が発生しました。人権団体によれば、殺害されたのはイトゥアンゴ市ラ グランハ地域にあるエル ボスケ村の代表リカルド アントニオ バルデラマです。
 10月17日、バルデラマの自宅に武装集団が現れ、無理やり連れ去っています。その後、10月22日にバルデラマは公道上に放置された死体となって見つかっています。バルデラマの死体には拷問を受けた痕と銃で打たれた痕がありました。
 イトゥアンゴ市のマウリシオ ミラ市長によれば、イトゥアンゴ市周辺では犯罪組織クラン デル ゴルフォとロス カパロス、共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派第18戦線が存在しています。
 NGO団体Indepazによれば、コロンビアでは今年これまでに149人の社会的リーダーが殺害されており、2016年のコロンビア政府とFarc主流派による和平合意以降では1376人が殺害されています。

2022 10-25 EL ECONOMISTA
ビジャ ウニオン市で武装集団と治安部隊が銃撃戦 メキシコ コアウイラ州

 コアウイラ州ビジャ ウニオン市で車に乗った武装集団数十人が治安部隊と戦闘となっています。この銃撃戦により、武装集団の1人が死亡し、州警察の1人が負傷しています。
 武装集団はカルテル デル ノレステのメンバーで、今年3月にカルテル デル ノレステのボス フアン ヘラルド トレビーニョ チャベス別名エル ウエボが逮捕されたことに対する報復攻撃と推測されています。
 襲撃を受けたのは州警察の部隊ですが、現場にはメキシコ陸軍と国家警備隊の部隊が応援に駆けつけています。負傷した州警察の警官は病院に搬送されています。

241taro:2022/10/27(木) 08:41:54
2022 10-26 blu radio 4948,14 9,09
農場占拠を試みた100人近くの集団と警備員が銃撃戦、1人が死亡1人が負傷 コロンビア アトランティコ県

 アトランティコ県の県都バランキージャ市近郊のガラパ市郊外にあるアルペス デ セビジャ農場で火曜日の夜に100人近い集団と農場警備員グループによる銃撃戦を含む衝突が発生しています。農場では数日前に市当局と警察と入管事務所と福祉協会による農場占拠グループの排除が行われていました。
 この衝突により農場への侵入を試みた集団の1人ヘスス アントニオ エビジャ ペレス44歳が死亡し、警備員のアンドレス ミゲル クエト オロスコ24歳が負傷しています。
 バランキージャ市警司令官ホルヘ ウルキホ大佐は、「農場主が所有権を証明したために、10月20日に農場を占拠していた集団を排除せざるを得なかった。」と明らかにしています。
 「しかし約100人の集団が再び農場内に入ろうとして衝突が発生しました。」と指摘しています。
 大佐によれば、衝突はあっと言う間に拡大し車1台とバイク2台が燃やされています。
 グループのリーダーでありアトランティコ県武力紛争犠牲者会議のメンバーであるミサエル デルガドは、殺害されたエビジャ ペレスはマットレスを回収に行っただけで、暴力的に農場敷地内に入ったわけではないと断言しています。
 そして農場にいたのは警備員ではなく覆面を着用した男たちであったと指摘し、農場に入った者たちの多くは農場内に残した自分の持ち物を探しに行った者たちであり、銃撃されるとは思ってもいなかったであろうと語っています。
 農場内には少なくとも600人が居座っていましたが、10月20日に当局命令で立ち退いていました。

2022 10-26 el COLOMBIANO
経済の先行きに悲観的 コロンビア

 最新の世論調査によれば、コロンビア国民は昨年より経済の先行きに悲観的になっていると国家統計局(Dane)が発表しました。
 消費者信頼感指数(ICC)は前年9月の39,10から今年9月は34,98に低下しています。
 コロンビア人の42,1%が昨年より経済状況が悪化したと考えており、5%はかなり悪化していると答えています。
 また28%以上の世帯が1日に3度の食事をとることができないと答えています。1日に2度程度食事をとると答えた人が27%、1日に1度程度と答えた人は0,8%でした。
 また54,9%の人が現在住んでいる地域を夜間に歩くことを不安に感じていると答えています。
 Daneは毎月23都市で世論調査を実施しています。

242taro:2022/10/27(木) 08:42:05
2022 10-26 El Diario.mx
グアナフアト州で父親と娘3人が惨殺された メキシコ

 ハリスコ州との州境から6kmグアナフアト州サン フランシスコ デル リンコン市エル マグエイ村で昨日父親と娘3人が殺害されました。
 殺害されたのは父親オスカー39歳、カロル17歳、マレン16歳、カリメ13歳で、母親のマリエルは重傷を負い病院に入院しています。
 この事件は村の住民たちに衝撃を与えています。村人たちは仲の良い夫婦でおとなしい子どもたちだったと語っています。
 地元メディアの報道によれば、母親は地元の学校の教師で父親はソーセージ販売業者でした。
 生き残った母親の証言によれば、火曜日の午前1時頃に3人の武装した男たちが家に侵入し、4人を殺害しています。
 犯行の動機は不明ですが、近隣住民たちは強盗に抵抗して殺されたと推測しています。

2022 10-26 EL UNIVERSAL
グアナフアト州で警官が銃殺された メキシコ

 今日の午後、グアナフアト州レオン市10 デ マヨ区ミリタリサド高校近くで警察官1人が殺害されました。
 カジェ アトトニルコをパトロールしていたパトカー544号に2台のバイクが近づき発砲しています。
 事件は午後3時ころに発生しており、犯行の様子は監視カメラが記録していました。
 現在治安当局はヘリコプターも動員して犯行グループの行方を追っています。作戦には市警察と州警察、メキシコ軍と国家警備隊の部隊が参加しています。

243taro:2022/10/28(金) 08:45:43
2022 10-27 blu radio 4895,26 9,02
シンセレホ市の交番に手榴弾を投げた犯人の情報に5000万ペソの懸賞金 コロンビア スークレ県

 スークレ県の県都シンセレホ市クルス デ マヨ地区にある交番(CAI)に手榴弾を投げつけられてるという事件が水曜日に発生し、市当局は犯人逮捕につながる情報に5000万ペソ(約148万円)の懸賞金をかけると発表しました。
 スークレ県政府は警察に対して、ヘリコプターによる空からの監視を要請しています。
 シンセレホ市のアンドレス ゴメス市長はBluラジオの取材に対し、おそらく最近複数のメンバーが逮捕された犯罪組織クラン デル ゴルフォの報復攻撃であろうと語っています。
 手榴弾は午後6時ころに商業地区で学校も多いクルス デ マヨ地区にある交番に投げられています。
 スークレ県警司令官ネストロ ピネダ大佐は、死傷者は出ていないが物的被害が出ていると発表しています。
 「CAIの脇、警察のバイクと民間人のバイクが停められていた場所に手榴弾が投げつけられ、警察のバイク3台と民間人のバイク5台が燃えています。」と大佐は報告しています。

2022 10-27 LA FM.
準軍組織シエラ ネバダがグスタボ政権に和平交渉開始を要請 コロンビア マグダレナ県

 カトリック教会のエクトル ファビオ エナオ猊下とコロンビア政府高等平和委員ダニロ ルエダが、準軍組織コンキスタドーレス デ ラ シエラ ネバダとコロンビア政府の和平交渉模索のための会談をトロンカル デル カリベの複数のコミュニティと行いました。
 会談はグアチャカ市プエルト ヌエボ村で行われており、違法武装組織との和平交渉に関する対話ルートが構築されています。
 地域リーダーや社会的リーダーたちはシエラ ネバダ地域の武力紛争終結に向けた動きに満足していると表明しています。
 準軍組織シエラ ネバダは平和委員ダニロ ルエダ訪問を利用してグスタボ ペトロ政府に対し和平プロセスを加速させるよう要請しています。
 また準軍組織シエラ ネバダは妨害されるおそれがあることを理由に、サンタ マルタ市のビルナ ジョンソン市長とマグダレナ県のカルロス カイセドを和平プロセスに参加させないよう求めています。

244taro:2022/10/28(金) 08:45:58
2022 10-27 Tal Cual
2022年法の支配ランキングでベネスエラが最下位に

 NGO組織World Justice Project (WJP)世界正義プロジェクトは最新の報告書で、2022年にエル サルバドル、ニカラグア、ベネスエラの権威的主義傾向が深まっていると指摘しています。
 WJPは治安・秩序・人権尊重など複数の指標を使い140カ国をランク付していますが、エル サルバドル・ニカラグア・ベネスエラ3カ国の政府は2021年と比べかなり状況を悪化させています。
 ベネスエラの総合スコアは0,26で140カ国中最下位で、法律がほとんど遵守されていないと指摘されています。ベネスエラでは2015年以降、少なくとも6ポイント法の支配が後退しています。
 ニカラグアは140カ国中133位、エル サルバドルは102位でした。ナジブ ブケレが大統領のエル サルバドルは、2021年より7つ順位を落としています。
 WJPは昨年より法の支配が改善している国より、悪化している国のほうが多いと分析しています。
 ラテンアメリカ諸国ではウルグアイ・コスタ リカ・チリが最も法の支配を遵守している国となっています。
ランキング https://worldjusticeproject.org/rule-of-law-index/global
1位 デンマーク
2位 ノルウェー
3位 フィンランド
16位 日本
25位 ウルグアイ
29位 コスタ リカ
33位 チリ
34位 バルバドス
39位 セントクリストファー ネービス
40位 アンティグア バーブーダ
41位 セントビンセントおよびグレナディーン諸島
48位 バハマ
50位 グレナダ
52位 ジャマイカ
53位 ドミニカ
59位 アルゼンチン
67位 トリニダード トバゴ
72位 パナマ
75位 ガイアナ
81位 ブラジル
85位 ベリーズ
90位 ペルー
91位 コロンビア
92位 ドミニカ共和国
93位 エクアドル
96位 パラグアイ
102位 エル サルバドル
110位 グアテマラ
115位 メキシコ
133位 ニカラグア
136位 ハイチ
138位 アフガニスタン
139位 カンボジア
140位 ベネスエラ

2022 10-27 El Periodiquito
5歳の異母妹を強姦して殺害した14歳の少年が捕まった ベネスエラ カラボボ州

 検察はカラボボ州で5歳の異母妹を強姦し殺害したとして14歳の少年を起訴しました。
 タレク ウイリアム サーブ検察長官はネットを通じ、少年を重大女性殺害罪で起訴したと明らかにしています。
 少年は罪を認め、「そうだ、俺が殺した。」と証言しています。その一方で、少年は反省しているとも語っています。
 5歳幼女フランイェリス ロドリゲスの遺体は街の浄化槽内から見つかり、遺体には強姦された痕がありました。

245taro:2022/10/29(土) 08:46:15
2022 10-28 el COLOMBIANO 4821,92 9,03
サタナスのメンバー レイディーが逮捕された コロンビア ボゴタ市

 犯罪グループ サタナスのメンバーで複数の殺人に関与した容疑で逮捕されたレイディーが起訴されました。レイディー ジョアナ ブストス ウレゴは、殺人と拷問の罪で裁判を受けることになります。
 調べにより25歳の女は複数の殺人犠牲者に対して殺害前に拷問を加えていた事が判明しています。
 ギャング団サタナスはボゴタ市アンパロ地区にあるサタナスのアジト通称カサ デ テロール(恐怖の館)で拷問と殺人を繰り返していたと検察は指摘しています。
 「バストス ウレゴは幹部の1人であり、仕事の1つは殺害した犠牲者を袋詰にしてボゴタ市のあちこちに遺棄することでした。」とボゴタ市治安担当責任者アニバル フェルナンド ソトは指摘指摘しています。
 
2022 10-28 blu radio
生まれたての赤ちゃんを捨てた女が近隣住民たちからリンチを受けそうになる コロンビア ボゴタ市

 10月27日の夜、ボゴタ市南部シウダ ボリバル区ロス アルペス地区の住民たちが、赤ちゃんを黒いゴミ袋に入れて捨てた女をリンチにかけようとして騒動となっています。残念な出来事は27日木曜日の午後に女が自宅で赤ちゃんを生んだことで始まっています。女は赤ちゃんをごみ袋に入れ自宅ちかくに道路脇に捨てています。
 防犯カメラにより不審を持った住民たちが警察に通報して袋に入った赤ちゃんを発見し、蘇生を試み病院に搬送しましたが赤ちゃんは死亡しています。
 住民たちは赤ちゃんを捨てた女の自宅を特定し、窓を破壊してリンチを加えようとしました。警察は機動隊(Esmad)を現場に派遣し、集まった住民たちとの衝突は午後8時まで続いています。
 「女の自宅には子供4人と大人4人がいました。彼らを守るために介入しなければなりませんでした。女は逮捕されています。」とシウダ ボリバル署の司令官フランク ブイトラゴ大佐がメディアの取材に答えています。

246taro:2022/10/29(土) 08:46:26
2022 10-28 EL COMENTARIO
密入国斡旋業者と思われる6人の死体が道場に放棄されていた メキシコ シウダ フアレス

 国境の街チワワ州シウダ フアレス北部で10月28日金曜日に密入国斡旋業者と思われる6人の死体が発見されたとチワワ州検察が発表しました。
 検察によれば、サン ヘロニモ村とカサス グランデス村を結ぶ田舎道で6体の死体が見つかっています。
 今現在死因・性別・年齢は不明です。
 暴行を受けた痕がある死体は、布で包まれていました。
 死体を回収した専門チームは、死体の側に「これが密入国斡旋業者の起こる事」と書かれたメッセージが残されていました。
 メキシコ内務省(Segob)は2019年だけでメキシコの密入国斡旋業者は6億1500万ドルの利益を得ています。
 グアテマラ・ホンジュラス・エル サルバドールからやってきた移民の10人の内の7人はガイドもしくは密入国斡旋業者を利用しています。
 
2022 10-28 EL UNIVERSAL
人間の頭部を加えて走る犬の動画がネットに上がる メキシコ サカテカス州

 サカテカス州モンテ エスコベド市中心部にあるATMに放置されていた人間の頭部を、犬が加えて走り去る動画がネットに上げられています。https://twitter.com/i/status/1585732345528668160
 水曜日の夜、ATM内に人間の頭部1つとメッセージが残されていたことは、治安当局も確認しています。
 動画は近隣住民によって撮影されており、撮影者は「犬が人間の頭部を運んでいる。」と語っています。
 人間の頭部は警察により回収されています。ATMにはリュックと犯罪グループを示唆するメッセージ2枚が残されていたと警察は発表しています。
 今現在犠牲者の身元は不明で、警察が捜査を開始しています。検察からの発表はありません。

247taro:2022/10/30(日) 06:57:59
2022 10-29 Semana 4819,42 9,03
クラン デル ゴルフォの地域ボス通称エル ディアブロが捕まった コロンビア バランカベルメハ市

 サンタンデール県バランカベルメハ市コムナ6にここ数ヶ月殺人などの犯罪行為を繰り返していた危険な犯罪者が潜伏していました。
 数カ月間の追跡捜査の末にベルサジェス地区の民家に半年潜んでいた通称エル ディアブロが逮捕されています。
 「バランカベルメハ市の地元犯罪グループのメンバーに対する選択的殺人を実行する責任者でした。エル ディアブロはクラン デル ゴルフォの下部組織ルイス アルフォンソ エチャバリアのボスの命令でボリバル県南部からバランカベルメハ市にやってきていました。」とマグダレナ メディオ地域警察司令官エンリー ラミレス ラミレス大佐が説明しています。
 警察部隊は逮捕作戦を通じ「リボルバー拳銃1丁、マリファナ700g、コカベース200g,携帯電話1台を押収しています。」とラミレス大佐は付け加えています。
 クラン デル ゴルフォの下部組織ルイス アルフォンソ エチャバリアは、マグダレナ メディオ地域で恐喝・殺人などの犯罪行為を繰り返している危険な犯罪グループです。同組織は後部追放採掘や麻薬利権をめぐり他の違法武装組織と抗争を続けています。

2022 10-29 el COLOMBIANO
今年既に157人の社会的リーダーが殺害された コロンビア

 今年1月から9月にかけての9ヶ月間で157人の社会的リーダーが殺害されており、2016年以降最大になっているとオンブズマン組織が警告しています。オンブズマン組織は違法武装組織に対して、人権擁護活動家たちに対する攻撃を辞めるよう求めています。
 「殺し1月から9月にかけて社会的リーダーや人権活動家たち157人が殺害されたという報告を受けています。2021年の同時期に殺害された社会的リーダーの数は109人です。」とオンブズマン カルロス カマルゴは訴えています。
 報告によれば、殺害されているのは共同体代表51人、先住民代表32人、地域代表26人、農民代表14人です。
 最も犠牲者が多い県はナリニョ県で23人、次いでプトゥマヨ県16人、アンティオキア県15人、バジェ デル カウカ県、アラウカ県10人、ボリバル県8人、ノルテ デ サンタンデール県8人となっています。

248taro:2022/10/30(日) 06:58:11
2022 10-29 infobae
アメリカ諸国で最も報道の自由がないのはベネスエラ・キューバ・ニカラグア 米州新聞協会(SIP)

 米州新聞協会(SIP)は報道の自由に関する報告を行っています。マドリッドで開催された第78回総会でSIPのカロルス ジョルネットとアルマンド カスティジャ、ベネスエラのUCABのアルヘリア ペロソが研究結果を発表しました。
 2021年8月から2022年8月を対象とする報道の自由の行使状況が調査されており、調査は今回で3回目となります。
 アメリカ諸国22カ国に中でキューバが20位、ベネスエラが21位、ニカラグアが22位となっています。最も良かった3カ国はカナダ・ジャマイカ・ウルグアイで、アルゼンチンは12位、ブラジルは15位でした。
全順位
1位 カナダ
2位 ジャマイカ
3位ウルグアイ
4位 ドミニカ共和国
5位 コスタ リカ
6位 チリ
7位 アメリカ合衆国
8位 パラグアイ
9位 パナマ
10位 コロンビア
11位 ペルー 
12位 アルゼンチン
13位 ホンジュラス
14位 エクアドル
15位 ブラジル
16位 ボリビア
17位 メキシコ
18位 エル サルバドル
19位 グアテマラ
20位 キューバ
21位 ベネスエラ
22位 ニカラグア

2022 10-29 msn
宿題をサボった生徒が先生を刺す メキシコ チマルワカン市

 メヒコ州チマルワカン市サン ミゲル アクイトラピルコ地区にあるイグナシオ ロペス ラヨン中学で事件は起きています。
 11歳の少年が刃物を持って中学の技術の教師がいる教室に行き、首を刺しています。
 先生を刺した生徒は学校から逃げていますが、その後逮捕されました。
 事件後、学校は救急隊に出動を要請し、負傷した教師は治療を受けています。事件が起きた学校には市警察からも警官が駆けつけています。

249taro:2022/10/31(月) 08:33:02
2022 10-30 el COLOMBIANO 4819,42 9,03
サッカーワールドカップ女子アンダー17でコロンビアが準優勝 選手に3500万ペソの報奨金

 日曜日の朝、コロンビアはサッカーワールドカップで初めて決勝を戦い、歴史を作りました。
 インドで開催されたワールドカップ女子アンダー17の決勝でコロンビアはスペインに1-0で敗北してしまいましたが、マリア イサベル ウルティア大臣は、選手たちに3500万ペソ(約107万円)の報奨金を支払うことを約束しました。
 
2022 10-30 el COLOMBIANO
サンタンデール県でトレーラーとバスが衝突事故、5人が死亡21人が怪我 コロンビア

 日曜日の深夜、リベルタドーレス社の長距離バスとトレイラーが衝突事故を起こし、子供1人を含む5人が死亡21人が負傷しています。
 当局の最初の発表によれば、事故はサンタンデール県の県都ブカラマンガ市とノルテ デ サンタンデール県パンプロナ市を結ぶ街道の52km430m地点パラモ デ ベルリン地区のアレナレスと呼ばれる場所で起きています。
 負傷者21人はブカラマンガ市と周辺部の病院に搬送され治療を受け知恵ます。
 サンタンデール県交通警察は現場で事故原因の調査を行っています。
 現在街道は通行止めとなっており、道路行政Inviasはツイッターを通じ、できるだけ早い通行再開を目指していると発表しています。

250taro:2022/10/31(月) 08:33:15
2022 10-30 blu radio
屋根の上を逃げ回る殺人容疑者通称フランクが捕まった コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市南部で殺人を繰り返していたとされる殺し屋フランク ベッケル キナヤス別フランク19歳が逃げ回った後に逮捕される動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1586355973077213189
 警察の部隊がフランクが潜伏していたロドリゴ ララ ボニジャ地区の建物を急襲し、フランクは屋根を伝って逃げようとしました。
 しかし5人を殺害したとされる殺し屋は、カリ市警のヘリコプターが上空から監視していたことを知りませんでした。
 カリ市警司令官ホセ ダニエル グアルドロン大佐は、フランクを逮捕したと発表しています。
 「通称フランクはコムナ18のアルト ホルダン地区とアルト ナポレス地区で犯行を重ねていました。フランクは逮捕を逃れようとしましたが、アルコンヘリコプターが場所を特定し、逮捕につながっています。」と指摘しています。
 フランクは殺人罪と殺人未遂罪と違法銃器所持罪で裁かれることになります。

2022 10-30 EL UNIVERSAL
外国人1人とメキシコ人2人が撃ち殺された メヒコ州

 聖ユダ タダイの祝うが行われていたメヒコ州エカテペック市サンタ マリア チコナウトラ区の通りで、外国人1人とメキシコ人2人が銃殺されました。
 地元当局によれば、事件はカジェ エンバハダ デ スエシアとサンタ クルス通りの間で起きています。
 警察野調べによれば、被害者3人が歩道に座り祝杯を上げていたところに別の3人が現れ口論となり、跡からやってきた3人が外国人たちに向けて発砲しています。
 近隣住民たちの証言によれば、殺害された3人は酒を飲んでおり、突然別の3人と口論を始めています。
 犯人3人は別々の方向に逃げており、地元民でもなかったので逮捕につながる情報は得られていません。
 3人の死体は検察が回収しています。

251taro:2022/11/01(火) 08:13:09
2022 10-31 el COLOMBIANO 4819,42 9.03
火曜日にペトロ大統領とニコラス マドゥロ大統領がベネスエラで会談

 共和国大統領グスタボ ペトロとベネスエラ大統領ニコラス マドゥロが、火曜日にベネスエラの首都カラカスで初めての首脳会談を行います。
 コロンビア大統領府はカラカスを訪問したペトロ大統領はマドゥロ大統領と公式の昼食をとる予定であると声明を通じて発表しています。
 大統領官邸カサ デ ナリニョによれば、首脳会談では両国関係・国境の再開・ベネスエラの米州人権システムへの再加入問題が話し合われます。
 また大統領府は明らかにしていませんが、ペトロ大統領はコロンビア・ベネスエラ間の密輸問題に対する不満をマドゥロ大統領に伝える事が予想されています。
 2ヶ月前の国境再開に合わせて両国大統領の首脳会談が予定されていましたが実現せず、今夏の会談は初めての会談となります。

2022 10-31 RCN Radio
コロンビアの9月の失業率は10,7%

 国家統計局(Dane)はコロンビアの9月の失業率が昨年同月の12%から1,03ポイント改善した10,7%であったと発表しました。
 しかし前月8月の10,6%より0,1ポイント悪化しています。コロンビアの就職希望者は260万人です。
 Dane局長ピエダ ウルディノラは、「コロンビア全土及び13都市圏の労働市場は前年同月より回復しています。」と指摘しています。
 最も労働市場が回復したのは商業と自動車修理業で、33万4000人の雇用が増えています。
 9月最も失業率が高かった県都はチョコ県のキブド市25%とトリマ県のイバゲ市18,1%でした。
 逆に失業率が低かった県とはサンタンデール県のブカラマンガ市9,6%、カルダス県のマニサレス市9,7%でした。
 年代別では15歳から28歳が最も失業率が高く18,3%でしたが、前年同月の21,4%と比較すると低下しています。
 今年9月の非正規労働者の割合は58,8%で、前年同月は59,1%でした。

252taro:2022/11/01(火) 08:13:21
2022 10-31 CARACOL RADIO
カルタゴ市で4人が銃殺された コロンビア バジェ デル カウカ県

 バジェ デル カウカ県北部カルタゴ市でバイクに乗っていた4人が銃殺されるという事件が起きています。
 事件はカルタゴ市とアルカラ市を結ぶ街道上にあるぽエドラス デ モレール村で起きたと地元当局が発表しています。
 「ハロウィンパーティーからカルタゴ市に帰る途中で4人が武装集団に襲撃されました。4人は逃げようとしましたが撃ち殺されています。」とバジェ デル カウカ県警司令官エベル ゴメス大佐が説明しています。
 殺害された4人の内の1人に犯罪歴があります。
 「特別捜査チームを編成し、事件解決にあたっています。」とゴメス大佐は付け加えています。
 コロンビアは今年これまでに86件の虐殺事件(一度に3人以上殺害される事件)が発生しており、うち8件がバジェ デル カウカ県で起きています。

2022 10-31 NOticaribe
ハロウィンパーティー後に行方不明となっていた16歳少女が死体で見つかる メヒコ州

 日曜日、メヒコ州の州都トルーカ市で16歳の少女の死体が見つかっています。少女はハロウィンパーティーに出かけたまま行方不明となっていました。
 死体はマロラシンカス通り沿いにあるテレソナ地区のサッカー場脇の荒れ地で見つかっています。
 現場には救急隊が駆けつけましたが、16歳の少女は既に死亡していました。少女の死体には目立った外傷はありません。
 メヒコ州検察はフェミサイド事件として捜査を開始しています。

253taro:2022/11/02(水) 08:34:19
2022 11-1 CARACOL RADIO 4898,74 9,06
軍の武器をELNやクラン デル ゴルフォに横流ししていた軍人グループが摘発された コロンビア

 コロンビア軍の武器を共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)や麻薬準軍組織クラン デル ゴルフォに横流ししていたとして逮捕された8人の内の7人を刑務所に収監するよう裁判官が命じました。
 検察は現役の軍曹1人と兵士1人、退役軍人2人と民間人4人を武器横流しグループのメンバーとして告発していました。
 調べによれば、兵士1人だけで200万ドル以上を受け取っており、2017年から2022年にかけて5000万ドル以上が支払われたという記録が残っています。

2022 11-1 EFECTO COCUYO
独裁体制の正当化ではなく、自由な選挙を支持するようペトロ大統領に求める ベネスエラ反体制派リーダー フアン グアイド

 ベネスエラ反体制派のリーダーでありアメリカ合衆国などがベネスエラの暫定大統領と認定しているフアン グアイドが、11月1日にカラカスでベネスエラ大統領ニコラス マドゥロと会談を予定しているコロンビア大統領グスタボ ペトロに対し、独裁体制を正当化しないよう求めています。
 グアイドはツイッターを通じ、8月の大統領就任以降ベネスエラとの外交・商業関係を再開したペトロ大統領にいくつかのメッセージを送っています。
 ペトロ大統領のベネスエラ訪問は、2016年のフアン マヌエル サントス元大統領訪問以降初めてとなります。
 マドゥロ大統領は前コロンビア大統領イバン ドゥケがフアン グアイドをベネスエラ暫定大統領と認定し、2019年2月に国境の街ノルテ デ サンタンデール県の県都ククタ市から人道支援物資をベネスエラの搬入しようとしたこと受け、コロンビアの外交関係を打ち切っていました。
 グアイドはペトロとマドゥロの会談が、「ベネスエラの人権侵害と世界最悪の難民危機を正当化させる可能性がある。」と警告しています。

254taro:2022/11/02(水) 08:34:30
2022 11-1 Aristegui
人間を足を咥えた犬が現れ、大規模秘密墓地が見つかる メキシコ イラプアト市

 グアナフアト州イラプアト市で人間を足を咥えた1匹の犬が見つかり、その後大量の死体が埋められた秘密墓地が発見されました。今現在秘密墓地から50以上の人間の死体が入った袋が見つかっています。
 サンタ フェ区の住民たちが市警察と行方不明者捜索団体に、空き地で大規模秘密墓地が見つかったと通報しています。
 通報を受けグアナフアト州検察の特別チームが現場に派遣され、黒いビニール袋に入れられた死体の回収作業を始めています。
 秘密墓地が見つかったのは10月28日で、発見場所は住宅団地サンタ フェ セグンダ セクシオン近くの鉄道フェンス脇です。
 「最初に足が見つかり、赤レンガで囲まれた場所で悪臭を放つ袋が埋められているのが見つかりました。掘り出された死体は検死のためにSEMEFOに運ばれています。」と検察は土曜日に発表しています。
 行方不明者捜索団体アスタ エンコントラールテは、「月曜日に新たに12の袋が見つかり、合計で53袋になりました。」とツイッターで発表しています。
 先週、サカテカス州モンテ エスコベド市で人間の頭部を咥えて走る犬が現れています。
 水曜日の夜、人間の頭部と犯罪グループのメッセージが置かれた場所から犬が頭部を咥えて走り出し、その動画がネットに上がっています。

2022 11-1 TELEREPORTAJE
ハロウィンの夜にお菓子をねだった若者3人が撃たれて負傷 メキシコ シウダ フアレス

 ハロウィンの夜、国境の街チワワ州シウダ フアレスでお菓子をねだっていた若者3人が撃たれて負傷しています。
 午後10時近く、住宅団地アメリカノの中を歩いていた若者3人が撃たれています。
 撃たれたのは少年2人と少女1人で病院に搬送されていますが、1人が重体となっています。
 地元メディアに依れば、銃撃される少し前に少年たちは最近殺害された若者の写真を瓶で囲んだ祭壇に飾っていました。

255taro:2022/11/03(木) 08:59:55
2022 11-2 canal 1 4975,58 9,11
雨季の雨、ペトロ大統領が災害宣告 コロンビア

 今年2度めの雨季による被害が増大しており、グスタボ ペトロ大統領は国家災害事態を宣言しました。
 政府は現在の状況について、「生活費と食費を増加させ、貧しく脆弱な地域で飢餓状況を誘発させる。」と説明しています。
 コロンビアでは2021年8月から始まったラ ニーニャ現象のより、コロンビア全土で大きな被害が出ており、大統領は災害宣言の発令を決定しました。
 これまでの雨季の影響で266人が死亡、19万6109家族64万5930人が被災、5207家屋が損壊、生産物やインフラにも被害が出ています。これまでにコロンビア32県中の21県390市がサイファイ宣言を出しています。
 インフラでは車両用の橋277か所、歩行者用橋110か所、水道インフラ295か所、保健センター20か所、教育施設1112か所、コミュニティセンター45か所、農地2万1826ヘクタールに被害が出ています。
 水文気象環境研究所(IDEAM)は国内22県で洪水発生の可能性が高く、24県519市で土砂崩れ発生の危険性があると警告しています。

2022 11-2 pilzo
ノルマを課せられ乞食をさせられていた児童20人が保護された コロンビア バジェドゥパール市

 セサール県の県都バジェドゥパール市で乞食をさせられていた子供20人が警察に保護され、福祉機関ICBFに引き渡されました。
 交差点・レストラン・商業施設などで児童の権利回復のための活動が行われました。
 「私たちはバジェドゥパール市の子供の物乞い問題を監視しています。これらの活動は先週も行われており、私たちはICBFや入管当局と協力して今後も街中を回ります。」とセサール県児童・青年グループの責任者ルイス エデュアルド シエラ ゲラは述べています。
 シエラ ゲラ氏によれば、親が子供にノルマを課しているケースもありました。「ノルマをこなさなければ罰を与えると脅していました。」

256taro:2022/11/03(木) 09:00:18
2022 11-2 infobae
CJNGの攻撃で警官5人が殺されているエクアドルにアメリカ合衆国が安全保障警告を発令

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)と同盟関係にあるエクアドルの犯罪グループが、エクアドル グアヤキル市とエスメラルダス市で警察官5人を殺害しています。
 10月31日から11月1日の夜かけて、CJNGとつながるとされる犯罪グループ ロス ロボスとロス ティケロネスが、少なくとも13件の爆破攻撃と銃撃を行っています。
 多国籍麻薬カルテルと地元犯罪グループによる暴力事件を受け、エクアドルのアメリカ合衆国大使館と領事館は、事件が起きた都市に在住するアメリカ合衆国市民に対して、安全上の警告を発しました。
 
2022 11-2 msn
コストコで銃撃事件、2人が殺された メキシコ プエブラ市

 プエブラ州の州都プエブラ市アンヘロポリスにあるコストコで銃撃事件があり、2人が殺され1人が怪我をしています。
 コストコの駐車場で黒いアウディに乗っていた3人が銃撃を受けています。
 襲撃グループは犯行後車で逃走しています。
 現場近くにいたコストコの客などは逃げ出し、駐車場は閉鎖されています。
 現場に駆けつけた救急隊が、負傷者の手当と搬送を行っています。プエブラ市警は現場周辺を確保し、検察の専門チームが現場検証と証拠の収集を行っています。

257taro:2022/11/04(金) 09:01:22
2022 11-3 el COLOMBIANO 4975,58 9,43
16歳の強盗が強盗被害者に撃ち殺された コロンビア メデジン市

 アンティオキア県の県都メデジン市の通りを歩いていた男性が、バイクに乗った2人組の強盗に襲われ金品を奪われました。強盗はバイクに乗り逃亡を図りましたが、数発の銃声が聞こえ強盗2人がのったバイクは倒れました。
 水曜日の午後6時30分、メデジン市南西部コムナ15のクリスト レイ地区のカジェ1AAと65番通りの交差点で事件は起きています。撃たれた強盗2人は警官がラス アメリカス病院に搬送しました。
 メデジン市警作戦司令官アニバル ビジャミサール大佐は、「バイクに乗った2人が外傷性の武器で男性を脅し金品を奪うという事件が起きました。強盗が逃げようとした時、被害を受けた男性が反撃し1人を死亡させ1人を負傷させています。」と説明しています。
 死亡したのはエンマヌエル アルバレス アランゴ16歳で、負傷した共犯者18歳は警察の監視下に置かれています。
 強盗を撃った商業主42歳はカリベ地区にある検察に出頭しており、事件の事情説明を行っています。「彼は必要とされる書類を準備して出頭した。」と大佐は述べています。商業主は殺人で起訴されるか、正当防衛が証明されるか捜査が行われます。
 
2022 11-3 Vanguardia
コロンビアペソが史上最安値の1米ドル5100ペソ

 コロンビア通貨ペソが午後0時30分に1米ドル5100ペソを突破し、現在5200ペソに向かっています。
 木曜日、為替市場でコロンビアペソの下落が続いています。
 木曜日の欧州市場では、アメリカ合衆国準備制度理事会(FRB)が予想を上回る利上げを示唆したことから米ドルが上昇しています。

258taro:2022/11/04(金) 09:01:53
2022 11-3 CRONICA
誘拐殺人犯に禁錮140年の有罪判決 メキシコ トルーカ市

 事件から9年、15歳の少年を誘拐し殺害したエミリアノ ビクトリア エルナンデスに、禁錮140年の有罪判決が下されたと検察が発表しました。
 調べによれば、2013年2月14日にエミリアノ ビクトリア エルナンデスは共犯者ベアトリス アレハンドラ モラレス センド、マルガリート サラス レジェス、エミリオ ビクトリア ロドリゲス、シルベリオ ビクトリア エルナンデス、エリックとともに15歳の少年カルロス エディアルド マルティネスを誘拐しています。
 少年と顔見知りであったベアトリス アレハンドラが少年を騙して車に乗せ、共犯者たちとサン マテオ アテンコ市にある民家に拉致しています。
 誘拐団は少年の父親に誘拐の事実を告げ、身代金を要求しています。しかしその後少年は殺害され、ビジャ ゲレロ市のカルデロン橋の下で遺体が見つかっています。
 捜査が開始されて誘拐団のメンバーが特定され、エミリアノは2021年8月にトルーカ市で逮捕され、刑務所に収監されていました。
 共犯者のベアトリス アレハンドラ、マルガリート、エミリオ、シルベリオも逮捕されており、ベアトリス アレハンドラに禁錮55年、3人の男に禁錮54人の有罪判決が下されています。

2022 11-3 proceso
16歳の少女を刺殺し、リンチを受けていた男が警察に保護された メキシコシティ

 メキシコシティ ミルパ アルタで16歳の少女の胸部と顎をナイフで刺殺した43歳の男がサンタ マルタ区の路上で逮捕されました。
 市民安全局(SSC)によれば、カジェ ハリスコ オリエンテとカジェ ユカタン ノルテの交差点で呼吸困難な少女が倒れていると警察に通報が入っています。
 警察が救急隊に出動を要請し現場にかけつた時、頭から血を流し群衆に殴られている男を発見しました。
 警察は男を逮捕し、犯行に使用された刃渡り20cmのナイフを押収しています。
 警察官は負傷者2人を病院に搬送しましたが、胸部を刺されている少女は到着時にすでに死亡していました。
 少女を刺した犯人は頭部に重傷を負っています。

259taro:2022/11/05(土) 08:37:49
2022 11-4 EL UNIVERSAL 4975,58 9,62
10歳の娘と父親を殺害した犯人の情報に1億ペソの懸賞金 コロンビア カルタヘナ市

 昨日の午後ボリバル県の県都カルタヘナ市にあるビフィ小学校近くでハイメ アントニオ ジョレント アルシアと10歳の娘アレハンドラ ジョレント サラサールを殺害した犯人逮捕に向けた捜査が続けられています。
 事件後、当局は直ちに犯人の特定と逮捕に繋がる情報の対して5000万ペソの懸賞金を支払うと発表していました。
 しかし11月4日金曜日の朝、カルタヘナ市長ウイリアム ダウ チャマトとカルタヘナ市警司令官ニコラス サパタ将軍が懸賞金の額を1億ペソ(約294万円)に引き上げると明らかにしています。
 父親と10歳の娘と妹2人が乗った車に殺し屋が銃撃し、父と10歳女児を殺害しました。
 市長によれば、今日の午後にカルタヘナ市の治安向上のための安全保障会議が開催されます。
 サパタ将軍はエル ポソン地区とポルベニール地区で名前を知られている犯罪者通称エル メノルとジョンシトの名前が容疑者として上がっていると指摘しています。

2022 11-4 el COLOMBIOANO
Farc分派ゲリラグループのボス通称マインブの埋葬が、大勢の見守る中行われた コロンビア カウカ県

 家族・友人・手下たちがコロンビア革命軍(Frac)分派ゲリラグループのボスであったレイデル ジョハニ ノスクエ別名マインブをカウカ県北部で埋葬しています。
 マインブは6月13日にコロンビア軍の作戦により死亡しており、その5ヶ月後にゲリラグループはボスとの最後の別れを行っています。
 マインブは大勢が見守る中、カウカ県北部の非公開の場所にキリスト教式に埋葬されています。埋葬はFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテが主催しています。
 最後のお別れイベントは11月3日の午後に公共のスポーツ施設で実施されており、その時の画像がネットに公開されています。
 イベントに参加した1人は地元メディア スセソス カウカの取材で「彼はスポーツセンター・道路修理・保健所など政府ができなかった多くのことを助けてくれました。」と語っています。
 カウカ県スアレス市郊外で戦死したマインブは、Farcヘンティル ドゥアルテ派のボスであったヘンティル ドゥアルテが信頼していたゲリラボスの1人でした。ヘンティル ドゥアルテもベエスエラで殺害されています。
 マインブは前大統領イバン ドゥケの暗殺を計画実行し、失敗しています。またスアレス市の市長候補であったカリナ ガルシアの殺害を命じたとされています。カリナ ガルシアと5人が乗った車が襲撃され、6人とも惨殺されています。

260taro:2022/11/05(土) 08:38:01
2022 11-4 el COLOMBIANO
農民たちに拘束されていた陸軍部隊36人が解放された コロンビア トゥマコ市

 エクアドルと国境を接するナリニョ県最大の港町トゥマコ市郊外で、陸軍部隊36人が農民たちに拘束されていましたが、金曜日の朝にオンブズマンの介入により解放されました。
 解放された軍人たちは近くの軍施設に搬送され、意思の診察など必要なケアを受けています。
 「彼らは今から20分前(午前11時ころ)に解放されました。現在解放された部隊は対ゲリラタスクフォース ヘラクレスの基地に移送されました。」と陸軍大尉が語っています。
 当局からの情報によれば、軍部隊が違法武装組織のメンバー2人を逮捕するための作戦を実施していた時に、農民たちの集団に包囲され武器と通信機を奪われて拘束されています。
 「24時間にわたり包囲され、食料もなく武器を放棄させられました。」と関係者の1人が説明しています。
 レストレポ村の農民たちは、2人の逮捕は冤罪であると主張しています。

2022 11-4 VANGUARDIA
CJNGとカルテル デ シナロアがエクアドルで激しい縄張り争い

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のとメキシコ第2の老舗犯罪組織カルテル デ シナロアが、メキシコではなくエクアドルで戦争を始めています。
 両組織はエクアドルの麻薬密売利権とコロンビア・エクアドル・太平洋の麻薬ルート利権をめぐり争っています。
 エクアドルでメキシコ麻薬カルテルの存在感が増し麻薬売買の増加に伴い、暴力行為も増加しています。
 アメリカ合衆国国務省によれば、メキシコ麻薬組織はコロンビア人と組み、エクアドル最大のグアヤキル港やエクアドル各地にある秘密滑走路を使用して、コカインやその他麻薬を密輸しています。
 「コロンビアとメキシコの麻薬カルテルがエクアドルの麻薬取引や違法行為を牛耳り、2021年のエクアドルの刑務所ないでのギャング戦争が記録的レベルのまで達しています。」と国際麻薬統制戦略レポート2022は指摘しています。
 月曜日、犯罪グループは13個の爆発物と銃撃により治安部隊員5人を殺害しています。
 この暴力行為はリトラル刑務所から515人の囚人を他の刑務所に移したことに対する報復と考えられています。

261taro:2022/11/06(日) 06:50:18
2022 11-5 el COLOMBIANO 5061,21 9,62
Farc分派ゲリラの襲撃で警官2人が殉職 コロンビア カケタ県

 カケタ県で共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊による襲撃があり、警官2人が死亡3人が怪我をしています。
 金曜日の午後、ラ モンタニータ市郊外で作戦を実施していた警察対麻薬部隊が襲撃を受けています。
 警察官たちは山中からの銃撃により死傷しています。
 死亡したのはパトロール隊員ルイス アルベルト ゴメス アリアスとカルロス アルベルト メディナ カスタニェダです、
 負傷した警官3人はヘリコプターで空港まで搬送され、そこから救急車で県都フロレンシア市の病院に運ばれています。
 今現在負3人の容態は不明です。

2022 11-5 el COLOMBIANO
アンデス市で女子高生が殺害される コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県アンデス市サンタ リタ地域で女子高生パウラ アンドレア レストレポ パラが殺害されました。
 当局発表によれば、サンタ リタ高校の女子高生18歳は、11月4日金曜日から行方不明となっていました。
 パウラは学校を出てエル ガイタン村にある自宅に歩いて向かっていますがその後行方がわからなくなり、家族が午後2時に捜索を要請しています。
 直ちに大規模捜索が実施され、道路脇で重傷を負ったパウラが見つかっています。パウラは両手を縛られ、呼吸困難担っていました。
 パウラは市内のサンタ ラファエル病院に午後8時30分に緊急搬送されています。
 しかし医師たちの賢明も及ばず、金曜日午後11時に亡くなりました。
 検死によれば、女子高生は右脇腹を刺され、顔などに傷やあざができていました。今現在生暴行の有無は明らかにされていません。

262taro:2022/11/06(日) 06:50:28
2022 11-5 NOTICIAS CARACOL
バランキージャ市で警官1人が銃殺された コロンビア アトランティコ県

 土曜日の深夜、アトランティコ県の県都バランキージャ市にあるファストフード店でバイクでやってきた殺し屋が警官1人を銃殺しています。店内の監視カメラは私服姿のエドワード ラファエル ロカ バルセロが殺される瞬間を記録しています。
 事件はラ アルボラヤ地区で起きています。店内に侵入した殺し屋は、無言で警官に向けて繰り返し発泡しています。
 殺害されたパトロール隊員は2013年から警官として働いていました。現在犯行の動機は不明です。

2022 11-5 O'rale
ベラクルス州ハルコムルコ市で女性2人と男性1人が殺害された メキシコ

 女性2人と男性1人の死体はベラクルス州ハルコムルコ市で発見されました。女性2人はハルコムルコ市のとなりコアテペック市トゥサマパン村に住んでいました。
 女性2人と共に殺害されたのは35歳くらいの男性で、身元はわかっていません。死体は道路脇のサトウキビ畑の中に放置されていました。

263taro:2022/11/07(月) 09:26:23
2022 11-6 NOTICIAS CARACOL 5061,21 9,62
バラバラ死体とメッセージが見つかる コロンビア アトランティコ県

 土曜日の朝、アトランティコ県サバナラルガ市でバラバラ死体が見つかりました。当局発表によれば、バラバラ死体を発見したのはバイク乗りたちでした。
 ラファエル ブラボ ゴンサレスコロシアムの脇の道を走行していた人たちが、両腕・両足・頭部を見つけています。直ちに警察に通報があり、捜査班が現場に急行しています。
 現場周辺の捜索の際に、「この若者はコリダリサで行った窃盗のために自身の命を捧げた。」と手書きされたメッセージが見つかっています。
 治安当局はバラバラ殺人事件の背後に犯罪組織が存在するのか分析を進めています。
 オンブズマン事務所は犯罪組織クラン デル ゴルフォとロス ラストロホスとロス コステニョスによる抗争が起きている地域にサバナラルガ市を加えています。
 アトランティコ権では今年6月にも県都バランキージャ市でバラバラ死体が見つかっています。殺害されたのはアンヘロ あるだいる セラ ハイメス34歳です。

2022 11-6 infobae
アンソアテギ州で土砂崩れ、死亡者数が7人に ベネスエラ

 ベネスエラ北部アンソアテギ州プエルト ラ クルス市で激しい降雨を原因とする土砂崩れが発生し、少なくとも7人が死亡しました。
 アンソアテギ州のルイス マルカノ知事は、プエルト ラ クルス市で6体、近くのグアンタで少年1人の死体が見つかったと発表しています。
 「激しい降雨による悲劇により昨日木曜日にプエルト ラ クルス市バジェ ベルデ地区で新たに3人の死体が見つかり、死亡者数が7人に増えました。」と知事はツイートしています。
 またここ数日続く激しい降雨により約300戸が深刻な被害を受け、インフラへの多数の被害や道路の閉鎖も起きていると知事は付け加えています。
 知事は「プエルト ラ クルスの緊急事態に対応するために必要なすべての措置を取る。」と断言し、被害状況の把握を進め被災者保護と道路の整備を進めると指摘しています。
 ベネスエラでは4月から始まった雨季のために少なくとも1万4000家屋が何らかの被害を受け、多くの地滑りで82人が死亡していると木曜日に内務省が発表していました。

264taro:2022/11/07(月) 09:26:34

2022 11-6 DW
ベネスエラ軍機が墜落、士官5人が死亡 アマソナス州

 ベネスエラのボリバル国軍(FANB)の小型機がアマソナス州で墜落事故を起こし、士官5人が死亡したと日曜日にアマソナス州のミゲル ロドリゲス知事が発表しました。
 「悲しみが私達を圧倒しています。今日ボリバリアナ第9航空隊の小型機が墜落し、残念なことに生存者はいません。」と知事は指摘し、インスタグラムに事故現場の画像を上げています。
 死亡したのは大尉2人と上級中尉1人と中尉2人です。
 FANBによれば、小型機は訓練飛行中の午前6時56分にアマソナス州空軍基地から3kmの地点に墜落しています。
 またこれまでに4体の遺体を収容しており、現在最後の1体の遺体の捜索を続けていると発表しています。

2022 11-6 EL UNIVERSAL
タマウリパス州で軍車両が事故、7人の兵士が死んだ メキシコ

 日曜日にタマウリパス州ソト ラ マリナ・ロス ラヨネス街道125km地点で発生した事故による死亡者数が7人に増えていmさう。
 メキシコ陸軍の車両がトレイラーと衝突し、7人の兵士が死亡1人が負傷しています。
 現場では専門チームによる事故原因究明のための調査が始まっています。
 治安当局は事故に関わったとされる1人を逮捕しています。

265taro:2022/11/08(火) 08:54:11
2022 11-7 EL TIEMPO 5061,21 9,75
ボゴタ市でまたもや犯罪者がリンチを受ける コロンビア

 コロンビアの首都ボゴタ市でまたもや犯罪者に対する住民たちのリンチ事件が起きています。
 10月24日、ボゴタ市フォンティボン区ラ フェリシダ地区で、少年を刺したとされる不良2人がリンチを受けそれを撮影した動画がネットに上がっています。
 建物の中から撮影された動画では、2人が公道を引きずられヘルメットや棒などで殴られ蹴られる様子が記録されています。https://twitter.com/i/status/1584434648997801985
 別の動画はより近い位置で撮影されており、1人が端の壁によりかかり、もう1人が「助けて」と叫びながら激しく殴られている様子が映されています。https://twitter.com/i/status/1585255840230961152
 犯罪者に対するリンチ行為は拷問・殺人未遂罪で追訴を受ける可能性があり、これらの犯罪は1年から25年の禁固刑を受けることになります。

2022 11-7 EL TIEMPO
コロンビア人2人とペルー人1人がペルーで殺された

 ペルーの首都リマ市の南カニェテ県マラ市アルマス広場近くでゴタ ア ゴタと呼ばれる高利貸しをしていたコロンビア人3人が射殺されるという事件が起きました。
 地元メディアLatinaによれば、3人を殺害したのはベネスエラ発祥の犯罪組織トレン デ アラグアの戦闘グループ ロス ガジェゴスの殺し屋です。
 殺害されたのはアレクサンドラ アロヤベ ケビン ナランホス サラサール、アンドレス ナランホス レスカノとペルー人ヒロン プノで、3人が駐車場でバイクの側で談笑していたところにバイクで現れた殺し屋が襲撃しています。
 1人が現場で死亡し、2人は搬送先の病院で死亡しています。犯行の様子はマラ市の監視カメラが撮影していました。
 トレン デ アラグア傘下のロス ガジェゴスは、商店主・娼婦・運送業者たちからみかじめ料を巻き上げる役割を担っており、高利貸しのコロンビア人グループと敵対していると推測されています。
 現場には高利貸しをするコロンビア人グループを脅迫するメッセージが残されていました。

266taro:2022/11/08(火) 08:54:21
2022 11-7 blu radio
ペルーのアマゾンで先住民グループが抗議のために観光客70人を拘束

 9月に起きた原油流出事故の被害を受けている先住民たちが、政府の支援不足に抗議してアマゾン川を航行していた旅客船を拘束していると地元メディアが報じています。https://twitter.com/i/status/1588866050271379456
 「理由もなく約70人の乗客が拘束されています。先住民たちは槍や矢で脅しています。」と拘束されていた弁護士のルイス オタスが語っています。
 土曜日の朝、貨物・旅客船コキト号がペルー北部ロレト県ウラリナス市マラニョン川で先住民族クニニコのグループに拘束されました。
 金曜日には木曜日からアマゾン先住民に拘束されていた100人のペルー人観光約と外国人観光客が解放されています。
 乗客のための食料も水もなかったとオタスは話し、先住民たちはエンジンがかからないよう船の電気も切ってしまったと付け加えています。
 別の乗客スカーレット ロドリゲスは完全な誘拐であると訴え、別の貨物船も捕まっていたと説明しています。
 抗議行動の指導者であり先住民族クニニコの代表ガロ バスケスは、「政府代表団が対話のために到着するまで、船を拘束する。」と述べています。
 今現在この新たな事件に関する発表を当局も警察もしていません。
 9月18日、ノルペルアーノ原油パイプラインで流出事故が起きています。
 その10日後、ペドロ カスティージョ政府は約2500人の先住民が暮らす6つの集落一帯に90日間の非常事態を宣言しています。
 先住民たちは木曜日から当局に対応を求めて河川通行を遮断しています。

2022 11-7 EL FINANCIERO
アエロメヒコが2023年から再び日本に直行便を飛ばす

 アエロメヒコは2023年3月25日から日本に直行便を運行すると発表しました。
 東京直行便の運行は3年間中断していましたが、メキシコシティ発東京着の直行便を再開し、アジア方面との接続を可能にすると説明しています。
 アエロメヒコは東京と同様にイタリアへも直行便を飛ばすと発表しています。

267taro:2022/11/09(水) 08:17:06
2022 11-8 NOTICIAS CARACOL 5061,21 10,05
トリマ県オンダ市で13歳の少年が殺し屋に殺害された コロンビア

 トリマ県オンダ市アンバレミタで月曜日の夜に13歳の少年が殺害されたと当局が発表しました。
 1台のバイクで乗り付け民家に侵入した2人組の殺し屋が発砲し、13歳の少年ジェフリー フローレス13歳を殺害し大人2人を負傷させています。
 警察は高利貸し同士の抗争事件と見て捜査を開始しています。

2022 11-8 el COLOMBAIANO
32ヶ月ぶりにベネスエラから民間航空機がコロンビアに

 11月7日の夜にコロンビアの首都ボゴタ市にあるエル ドラド国際空港に、ベネスエラの首都カラカスの空港を出発したボーイング737-400が着陸し、両国の航空国際便の運行が2020年3月から32ヶ月ぶりに再開されました。
 「ベネスエラとの外交関係再開により、観光・投資・雇用を促進する絶好の機会が開かれました。」とギジェルモ レジェス運輸大臣は述べています。
 カラカスから飛んできたトゥルピアルエアラインには36人の乗客が搭乗していました。11月9日にはボゴタからサテナ航空の航空機がカラカスに向かって離陸する予定です。
 両国を結ぶ路線の航空チケットは11月4日から販売が始まっており、往復チケットの値段はおよそ500米ドルです。運行する航空会社はベネスエラのトゥルピアルとコロンビアのサテナです。

268taro:2022/11/09(水) 08:17:17
2022 11-8 El Pitazo
7歳女児が強姦され殺された ベネスエラ スリア州

 死体で見つかった7歳女児ルスマリー カロリナ ウルタドの検死が行われ、強姦され殴られ絞め殺されていたことが判明しました。
 事件はスリア州マラカイボ湖の南コロン市で起きています。
 女児は行方不明当日に絞殺と頭蓋骨傷害により死亡していると、国立法医学サービス(Senamef)が明らかにしたと、ジャーナリスト エドウィン ウルダネタがインスタグラムで発表しています。
 ルスマリーは11月3日午前7時に自宅から26 デ セプティエンブレ地区にある学校に向かう途中で行方不明となっていました。
 女児の遺体は11月6日に女児の自宅から1km以内のエセキエル サモラ3地区のエスカランテ川で見つかっています。女児の遺体は腐敗していました。
 警察関係者によれば、容疑者1人が逮捕されていますが詳細は不明です。

2022 11-8 EL UNIVERSAL
エル マロの兄弟フアン ロドルフォ イェペス オルティス別名エル ルディが捕まった メキシコ バハ カリフォルニア州

 国家防衛省(Sedena)は今日の深夜にカルテル サンタ ロサ デ リマのボス ホセ アントニオ イェペス オルティス別名エル マロの兄弟フアン ロドルフォ イェペス オルティス別名エル ルディもしくはエル ロドを逮捕したと発表しました。 
 アンドレス マヌエル ロペス オブラドール大統領の定例会見の治安情報報告の場で、諜報部の働きにより逮捕する事ができたと国防大臣ルイス クレセンシオ サンドバル将軍が発表しています。
 フアン ドルルフォ イェペス オルティスはバハ カリフォルニア州テカテ市で逮捕されています。
 エル ルディはその他3人とともに逮捕されており、同時に6万ドルと4万500ペソの現金が押収されています。
 グアナフアト州を拠点とする犯罪組織カルテル サンタ ロサ デ リマの最大ボス通称エル マロは、2020年8月にグアナフアト州で逮捕されています。

269taro:2022/11/10(木) 08:53:11
2022 11-9 el COLOMBIANO 5013,20 10,40
アラウカ県で今年すでに300人が殺されている コロンビア

 ベネスエラと国境を接するアラウカ県で殺人事件が激増しているとオンブズマン組織が告発しています。
 今年これまでにアラウカ県で殺害された人数は300人で、昨年の殺人被害者数171人の倍近くとなっています。また誘拐被害者は47人で、強制移住・閉じ込め・脅迫・強制失踪などの被害者は1万9100人となっています。
 「アラウカ県の状況は非常に憂慮されるものです。先月は12人が強制的に姿を消していると報告がありましたが、私達が行った現地調査ではもっと多いことが判明しています。アラウカ県民たちは違法武装組織の報復を恐れて通報していません。」とオンブズマンのカルロス カマルゴは指摘しています。
 このような状況を前にオンブズマン組織は違法武装組織に対して国際人道法(DIH)を尊重し、この地域の住民たちが社会的経済的発展の希望を見いだせるよう、政府の提案する全面和平を受け入れるよう要請しています。
 火曜日にはコロンビア革命軍(Frac)分派グループが、アラウカ県で12月まで連続殺人を行うという殺人予告が発表されています。
 殺人予告を受け、国防相イバン ベラスケスは、脅迫に対応するために治安組織がこの驚異に対応できるよう最大限活動すると述べています。

2022 11-9 NOTICIAS CARACOL
無抵抗の女性が撃たれる コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市にある携帯電話ショップに入った強盗が、すでに端末を強盗に渡した女性に銃弾2発を撃ち込んでいます。
 カリ市東部エル ポブラド地区にある携帯ショップの監視カメラが、犯行の様子を記録していました。
 強盗は銃を取り出し女性に向け、女性は携帯電話2台を強盗に渡します。しかし強盗は女性に向けて2回発砲しました。
 近隣の商店主たちは監視カメラの動画により、犯人が逮捕されることを期待しています。

270taro:2022/11/10(木) 08:53:21

2022 11-9 blu radio
アンティオキア県からバイクでカボ デ ラ ベラに向かっていた若い男性が殺された コロンビア ラ グアヒーラ県

 アンティオキア県からやってきた観光客ロビンソン カノ25歳が殺害されました。ロビンソン カノは恋人とバイクでカボ デ ラ ベラを目指していました。
 「バイクの二人乗りで旅行をしていたカップルが銃撃され、男性が死亡するという事件が発生し、現在捜査中です。」とラ グアヒーラ県警司令官ルイス バルガス大佐が述べています。
 警察によれば、殺害されたロビンソン カノの恋人23歳は片腕を負傷しており、マイカオ市の病院で手当を受けています。恋人が撃たれた時、女性はバイクから落ちて怪我をしています。現在警察と検察が犯人と奪われたバイクの行方を追っています。
 「検察CTIと連携しバイクの捜索を進めています。バイクを発見し犯人を特定するための情報提供を呼びかけています。」と大佐は説明しています。
 観光地カボ デ ラ ベラのあるウリビア市では、観光客たちの安全を確保するための安全保障会議を開催しています。

2022 11-9 EL TIEMPO
現行犯で逮捕されたベネスエラ人強盗団が釈放されたことにボゴタ市が抗議 コロンビア

 ボゴタ市治安担当責任者アニバル フェルナンデス デ ソトは、大量輸送システム トランスミレニオの駅で現行犯逮捕された女6人を含む強盗団13人を裁判官が釈放したことに抗議しています。
 強盗団は銃器や刃物、奪った携帯電話などを所持しており、目撃者も監視カメラの動画もあったにも関わらず釈放されています。
 クラウディア ロペス市長は「刃物と銃器を持ちトランスミレニオで乗客を負傷させ携帯電話などを奪った13人が警察により現行犯逮捕され検察が勾留を要請しました。しかし裁判官は要請を拒否し、13人を釈放しています。」とツイートしています。
 事件は金曜日の午後にカジェ 26とカラカス通りの交差点にあるトランスミレニオの駅で起きています。
 ベネスエラ人強盗団は駅に入り銃やナイフを取り出して、駅内にいた人たちを脅して金品を奪っています。強盗団は犯行後にカジェ19で全員が逮捕されました。
 留置所が過密状態である事が釈放に理由とされています。

271taro:2022/11/11(金) 08:26:18
2022 11-10 el COLOMBIANO 5013,20 10,55
ELNが陸軍兵士2人を誘拐 コロンビア アラウカ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)がアラウカ県で軍兵士2人を誘拐しました。誘拐されたのは非武装で民間人の服装で移動していた休暇中の陸軍兵士ルイフェル メヒア ベルトランとフェルナンド ウレゴ ラヨの2人です。
 「休暇を生まれ故郷で家族と過ごそうとしていたルイフェル メヒア ベルトランとフェルナンド ウレゴ ラヨを誘拐したELNを国内・国際機関に告発します。」と陸軍第8師団は声明の中で非難しています。
 2人は家族と休暇の数日を過ごすために11月1日から2日にかけてバスで移動していましたが、タメ市でELNゲリラ部隊にバスから降ろされ連れ去られています。タメ市周辺地域にはELN東部戦線が活動しています。
 第8師団はELNの誘拐について、人権・国際人道法違反であると断言しています。
 ELNは兵士2人を拘束していることを認め、数日中に解放すると発表しています。
 「2人は戦争捕虜として扱われており、数日中に人権団体に引き渡される。救出作戦は彼らの生命を危険に晒すであろう。」とELNは声明の中で指摘しています。
 メヒアの家族はメタ県グラナダ市で、ウレゴの家族はトリマ県チャパラル市で解放されるのを待っています。
 兵士誘拐はELNとコロンビア政府の和平交渉再開の数日前に行われています。コロンビア政府高等平和委員ダニロ ルエダは和平交渉再開の条件としてELNによる人権侵害の停止を主張しています。

2022 11-10 RCN Radio
ELNとの和平プロセスはすでに始まっているとペトロ大統領が発言 コロンビア

 フランス パリを公式訪問中のコロンビア大統領グスタボ ペトロは、ゲリラ組織ELNとの和平プロセスはすでに始まっていると断言しています。
 またELNはすでに和平交渉団のメンバーを決定していると示唆しましたが、詳細は明らかにしていません。
 「プロトコルはサントス前大統領政権下で作られており、私たちはそれを利用しています。彼らは交渉メンバーのリストを決定していますが、それが公開されているのかは知りません。」と大統領は述べています。
 同様に交渉の舞台がどこのなるのかも決まっていないとと指摘しています。

272taro:2022/11/11(金) 08:26:30
2022 11-10 EL Pai's
トゥマコ市の刑務所から囚人5人が脱獄し、刑務官1人が行方不明 コロンビア ナリニョ県

 金曜日の朝、ナリニョ県トゥマコ市にある刑務所で暴動が発生し、囚人5人が脱獄しています。刑務所管理組織(Inpec)長官ダニエル フェルナンド グティエレスは、刑務官1人が行方不明になっていると発表しています。
 Inpecによれば、暴動を起こした囚人たちは看守達を拘束し、脱獄を測っています。
 グティエレス大佐はメディアの取材に対し、「囚人たちは見張り塔の1つを占拠し、そこから脱獄しました。」と述べています。
 この騒ぎの中で看守1人が行方不明となっており、Inpecは2つの仮説を検討しています。1つは看守が囚人たちに連れ去られた、もう1つは実を守るために看守が自分の意志で逃げ出したというものです。
 当局は看守捜索作戦を続けています。

2022 11-10 CNN
バーが襲撃され女性4人を含む9人が惨殺された メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州アパセオ エル アルト市のバーで襲撃事件が発生し、女性4人と男性5人が殺害されました。
 水曜日の午後9時近くにセラヤ・ケレタロ連邦街道脇にあるバーで襲撃事件が起きたという通報が入っています。当局発表によれば、1台の車に乗った身元不明の武装集団がバーに押し入り、銃を乱射しています。9人の死者の他に女性2人が負傷していますが、容態は安定しています。
 現場からは犯行を示唆するメッセージ2枚が押収されています。

273taro:2022/11/12(土) 09:12:51
2022 11-11 EL TIEMPO 4806,07 10,75
かつらの中とまんこの中にコカインを隠して国外に持ち出そうとした女2人が逮捕された コロンビア

 木曜日の午後、コロンビア警察対麻薬司令官カルロス アルベルト ポテス ゴメス大佐は、かつらの中にコカインを隠して密輸使用していた女2人を逮捕したと発表しました。
 女2人はバジェ デル カウカ県パルミラ市とアンティオキア県リオネグロ市の空港のターミナルで逮捕されています。
 ポテス大佐によれば、コカインは小さな包に分けられてかつらの中に隠され、治安当局の目をかいくぐってヨーロッパに持ち出されようとしていました。
 最初の摘発はバジェ デル カウカ県パルミラ市にあるアルフォンソ ボニジャ アラゴン国際空港で行われています。空港の警察官がスペイン マドリードに向かおうとしていた女を捕まえました。
 緊張した態度の30歳の女が警察官の注意を引き、いくつかの質問の後でボディースキャンとX線検査を行い髪の毛のなかにある不審物を発見しています。
 かつらの中からは900gのコカインが見つかり、さらにまんこの中に別の不審物があることが判明しています。まんこの中からはさらに200gのコカインがデてきており、音は合計1,1kgのコカインをスペインに密輸しようとしていました。
 同日、アンティオキア県リオネグロ市のホセ マリア コルドバ国際空港でも、かつらの中にコカイン650g,まんこの中に筒状のコカイン200gを隠した女が逮捕されています。
 この女の目的地もスペイン マドリードでした。
 検察は2人を麻薬密輸罪で起訴することになります。

2022 11-11 blu radio
ペトロ政権の閣僚は不人気 コロンビア

 Invamerがグスタボ ペトロ政権に関する世論調査を行っていますが、ペトロ政権の閣僚に対する評価がかなり低くなっています。
 閣僚に中に好意的イメージが21%を超えた人物はいませんでした。質問は、「あなたはこの人物を知っていて、好意的な意見を持っていますか?それとも否定的意見を持っていますか?」という物です。
 内務大臣アルフォンソ プラダに対する好意的イメージは12,4%で、否定的イメージは9%でした。
 鉱物・エネルギー大臣イレネ ベレスに対する好意的イメージは12,5%、否定的イメージは16,9%でした。
 保健相カロリナ コルチョは好意的イメージ15,1%、否定的イメージ11,3%でした。
 国防相イバン ベラスケスは好意的イメージ17,4%、否定的イメージ10,3%でした。
 好意的イメージが20%を超えたのは財務大臣のホセ アントニオ オカンポだけで20,9%でした。オカンポの否定的イメージは9,4%です。
 Invamerの調査は県都12を含む55市で1200人を対象に実施されました。

274taro:2022/11/12(土) 09:13:03
2022 11-11 infobae
アパセオ エル アルト市のバーを襲撃して9人を銃殺したのはCSRLの殺し屋部隊 メキシコ グアナフアト州

 カルテル デ サンタ ロサ デ リマ(CSRL)とカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の戦争が続くグアナフアト州で、11月9日に9人が殺害されるという事件が起きています。襲撃されたのはアパセオ エル アルト市にあるバー レクサスです。
 午後9時ころ、ホセ アントニオ イェペス オルティス別名エル マロが率いるCERLの殺し屋グループがバーに侵入し銃を乱射しています。
 9人を撃ち殺した殺し屋部隊は現場にCSRLの名前の入ったメッセージを残しています。
 グアナフアト州ではここ3ヶ月で30人以上がバー襲撃事件により殺害されています。

2022 11-11 EL FINANCIERO
グアナフアト州で武装集団が警官を殺害し放火 メキシコ セラヤ市

 金曜日の朝、グアナフアト州セラヤ市で武装集団による襲撃事件があり、警察官1人が殺され2人が負傷しています。
 事件後、治安当局は容疑者3人を逮捕していますが、仲間を逮捕された犯罪グループがグアナフアト州の複数の場所で街道封鎖を行い車を燃やしています。
 襲撃はセラヤ市リンコン デ タマヨ村で午前6時頃に起きています。パトロールの合間にアジェンデ通りの屋台でコーヒーを飲んでいた警察の部隊が2台の車でやってきた武装集団に銃撃されています。
 武装グループはセラヤ市・フベンティノ ロサス市・ビジャグラン市・サルバティエラ市・ドローレス イダルゴ市で車20台以上とコンビニ オクソ1軒を燃やしています。
  
2022 11-11 am
セラヤ市でバスが銃撃され女性1人が死んだ メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州セラヤ・ケレタロ高速道路で武装集団がバスを銃撃し、乗客の女性1人が胸部を撃たれて死亡しています。
 チアパス州を出発したアウトトランスポルテス ディアマンテ社のバスはセラヤ市で銃撃を受け、運転手はケレタロ州との州境にある料金所までバスを走らせて助けを求めています。
 事件は金曜日の午前10時に起きており、撃ち殺されたのは20歳の若い女性です。
 救急隊によれば、武装集団が高速道路でバスを停車させようとしましたが、運転手がバスを停車させなかったために発砲しています。
 バスにはチアパス州タパチュラ市からティフアナ市に働きにいく35人から40人が乗っていました。

275taro:2022/11/13(日) 09:07:07
2022 11-12 EL TIEMPO 4806,07 10,75
大統領就任から100日、61%がペトロ大統領に好印象 コロンビア

 グスタボ ペトロが大統領に就任して100日が経過しましたが、コロンビア国民の大統領に対するイメージは良好で、楽観的な気持ちを持っています。
 木曜日の夜に発表された世論調査の結果がそれを示しています。
 世論調査では1068人を対象に11の質問がされています。
 大統領に対するイメージは61%がポジティブ、23%がネガティブでした。
 副大統領フランシア マルケスのイメージはポジティブが63%、ネガティブが22%でした。
 就任後100日間のペトロ大統領の政治手腕については62%が承認し、26%が不承認と答えています。
 コロンビアが正しい方向に進んでいるか?という質問に対しては、52%が進んでいると答え、35%がそうではないと答えています。
 コロンビアとコロンビア国民の将来については、多くの国民が楽観的であるという結果が出ています。
 経済については47%、雇用50%、国際関係58%、環境保護67%、ペトロ政権が提唱する完全平和は67%、飢餓の撲滅53%、生活費の抑制50%、汚職撲滅46%、犯罪撲滅48%、健康56%教育56%、文化64%が楽観視しています。
 グスタボ ペトロ大統領に頑張ってほしいかという質問については83%がはい、5%がいいえと答えています。
 
2022 11-12 RCN noticias.com
アラウカ県で警察官が撃ち殺された コロンビア

 コロンビアでは国内の様々な地域で殺人や襲撃事件が止むことなく続いています。アラウカ県では11月11日金曜日の夜に警察官1人が殺害されました。
 公式発表によれば、アラウカ県の県都アラウカ市とベネスエラを結ぶホセ アントニオ パエス国境橋の近くで事件は起きています。
 ウイルメル ロドリゲス コルメナレスは、ロス リベルタドーレス社の駐車場近くの橋の上で撃たれています。
 ロドリゲス コルメナレスは7月11日にノルテ デ サンタンデール県サン カリスト市で襲撃を受け負傷しており、警察の許可を受け生まれ故郷のアラウカ市で回復に努めていました。
 犯行時にロドリゲスと一緒にたバイクタクシー運転手が負傷しており、サン ビセンテ病院に搬送され治療を受けています。バイクタクシー運転手は3発の銃弾を撃たれていますが、容態は安定しています。
 犯行時ロドリゲスは仲間数人とモンセラッテ村で酒を飲んでいました。今現在犯行の動機は不明で、捜査が続けられています。

276taro:2022/11/13(日) 09:07:19

2022 11-12 EL NACIONAL
ペルーでベネスエラの犯罪組織トレン デ アラグアのメンバー30人が捕まった

 ペルー警察はベネスエラの犯罪組織トレン デ アラグアのメンバー30人を、木曜日の夜に逮捕しました。
 逮捕者たちはペルーだけではなくコロンビア・エクアドル・チリで犯罪行為を繰り返す国際的犯罪組織に関わっていると、ペルー検察組織犯罪対策責任者のホルヘ チャベス コトリナが発表しています。
 ペルー警察対人身売買責任者ウリセス ギジェン将軍は、逮捕者30人の内の29人がベネスエラ人で、1人がペルー人であると明らかにしています。
 警察は14か所の家宅捜査を実施し、自動小銃3丁・ピストル8丁・手榴弾4個を押収し、同グループが行った8件の殺人事件を証明する確かな証拠を入手しています。殺人被害者の中には2月にリマ市の通りで殺害されたエクアドル人2人が含まれています。
 摘発された犯罪グループはリマ市の売春街を縄張りにしようとしていたとギジェン将軍は指摘しています。逮捕されたベネスエラ人たちはおそらく昨年入管審査を通らずペルーに入国したのであろうと将軍は述べています。

2022 11-12 debate
母親と娘が殺され車ごと燃やされた メキシコ シウダ フアレス

 国境の街チワワ州シウダ フアレスで焼け焦げた車の中から母親と幼い娘の黒焦げとなった死体が見つかっています。
 通報があったのは午前4時で、母娘は土曜日の深夜に殺害され燃やされています。
 車はラ クエスタⅡ区フアン ガブリエル道とカジェ シエラ デ イクストランの交わる場所で見つかっており、現場には警察と消防が駆けつけています。

277taro:2022/11/14(月) 08:18:28
2022 11-13 pulzo 4806,07 10,75
コロンビアで最も危険な犯罪者の1人通称オマルが逮捕された アンティオキア県

 アンティオキア県の県都メデジン市都市圏バジェ デ アブラ地域で最も恐れられる犯罪組織のボス、ホセ オマル エナオ アセベド別名オマルが逮捕されました。長期間に及ぶ諜報作戦の末に治安当局は金曜日にアンティオキア県ドラダル市でオマルを逮捕しています。
 警察発表によれば、作戦当日はオマルの誕生日で、女と酒と麻薬まみれのパーティーが行われていた農場を作戦部隊が急襲しています。
 オマルが率いる犯罪グループ ロス パチェリーは殺人・武器輸送・麻薬密売・恐喝・誘拐・みかじめ料の強要などの犯罪行為を行っています。
 この組織は1990年代から知られており、麻薬王パブロ エスコバルがライバル組織カルテル デ カリの壊滅を依頼しています。
 現在ロス パチェリーはコロンビア最大の順軍麻薬組織クラン デル ゴルフォとアンティオキア県全域を縄張りとするオフィシナ デ エンビガドと同盟関係にあります。
 警察と諜報部の特殊部隊が2年前からオマルの行方を追っていました。オマルは2020年に兄でロス パチェリーのボスであった通称アルベルトが逮捕されたことにより、ロス パチェリーのボスの座に納まっていました。
 逮捕作戦が実施されたラ カスカダ農場には娼婦6人と数十本の酒瓶とマリファナ・コカイン・ピンクコカイン・エクスタシー・合成麻薬がありました。

2022 11-13 EL NACIONAL
ELNゲリラ250人が農場を占拠 ベネスエラ スリア州

 ベネスエラ スリア州の農場主サントス トレアルバがロムロ ガジェゴ市にある自身所有のロス サムラコス農場がコロンビアの共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)ゲリラ部隊に乗っ取られ100万ドルを奪われたと土曜日に訴えています。
 農場主はツイッターを通じて、ELNゲリラの恐喝被害者であると告発しています。https://twitter.com/i/status/1591701275061600258
 「ここエロルサから訴えます。私達のロス サムラコス農場がELNゲリラ250人に選挙され、マニェス司令官からみかじめ料として100万ドルを支払うよう求められました。」と糾弾しています。
 農場主はこの犯罪行為に対してニコラス マドゥロ政権が行動を起こすよう呼びかけています。
 「農場の家畜がコロンビアに運ばれています。私たちは60年以上祖国ベネスエラのために農産物を生産しています。」とニコラス マドゥロ大統領とバルディミール パドリノ ロペス国防相に助けを求めています。

278taro:2022/11/14(月) 08:18:39
2022 11-13 EL UNIVERSAL
武装集団がサッカー場3か所を襲撃、8人が殺された メキシコ サカテカス州

 土曜日の夜、サカテカス州ヘレス市とカレラ市のサッカー場が武装集団に襲撃されました。2か所の襲撃により3人が死亡4人が怪我をしています。
 サカテカス州治安当局によれば、ヘレス市エル ドゥラスノ村にあるサッカー場が襲撃され、男性1人が死亡し男性2人と女性1人が負傷しています。負傷者3人は病院に搬送され治療を受けています。
 同日夜、カレラ市ホセ マリア モレロス イ パボン区カジェ ゴンサレス オルテガ沿いにあるサッカー場も襲撃されています。
 カレラ市では2人が殺され1人が怪我をしています。負傷者は病院で手当を受けていますが重傷です。
 その数時間前、グアダルーペ市のサッカー場でも襲撃事件があり、5人が殺害されています。
 サカテカス州では土曜日の午後に起きた3件の襲撃事件で8人が殺害されています。
 
2022 11-13 proceso
5歳の息子を殺害し庭に埋めた夫婦が捕まった メヒコ州

 メヒコ州チマルワカン市で自分の息子5歳を殺害して中庭に埋めていた夫婦が逮捕されました。
 メヒコ州検察の発表によれば、11月9日に息子が行方不明になったと少年の母親が通報しています。母親はバリオ ソチテンコ区の通りを歩いていた時に、何者かが息子を拉致して車で連れ去ったと訴えていました。
 しかし捜査班が少年の自宅を訪れた時、中庭に不審な土砂があることに気づき掘り返してい調べ、少年の遺体を発見しています。
 少年の遺体はシチアカ地区カジェ プロロンガシオン デ トド ロス サントス沿いにある自宅の中庭に埋められていました。
 その後、遺体の身元確認が行われ夫婦は逮捕されました。

279taro:2022/11/15(火) 09:16:03
2022 11-14 EL HERALDO 4806,07 10,65
2022年ミスコロンビアはバランキージャのソフィア オシオ ルナ

 11月13日にカルタヘナで開催された2022年ミスコロンビアの優勝者はソフィア オシオ ルナに決定しています。
 177cmの身長で大きな茶色い目をした若い女性はアトランティコ県の県都バランキージャ市で生まれ、アルト プラド地区とリオマル地区で育っています。
 スサナ ルナとフェルナン マンリケの娘である22歳のソフィアは、4人兄弟の3番めです。
 新ミスコロンビアはバランキージャ市のヘブライ ウニオン学校で学び、スペイン バルセロナのヨーロッパ デザイン学校の高等課程を修了しています。
 ソフィアはイギリス オックスフォード大学が後援する国際言語オリンピックのお陰で、英語が堪能です。
 趣味は家族とペットのブルーノと過ごすことと読書で、もちろんカリブ料理が大好きです。
 ソフィア オシオはミス アンティオキアのバレンティナ モラ トルヒーヨと女王の座を最後まで争い、バレンティナは副女王となっています。

2022 11-14 Tal Cual
ベネスエラはネットの速度が世界で最も遅い国

 世界のモバイル及び固定ブロードバンドの速度を測定するSpeedtest.netの最新月齢報告によれば、ベネスエラは両方のカテゴリーで世界最低ランクとなっています。
 モバイルサービスでは毎秒5,58メガビットで140カ国中136位でした。ベネスエラより遅い国はアフガニスタン・ハイチ・キューバだけです。
 固定ブロードバンドに至っては、内戦中のアフリカや中東の国々より遅く最下位の140位でした。
 ベネスエラの固定ブロードバンドの速度は12,11mbpsで、Cantv社はサービス向上のための資金調達のために株式の売却を始めています。

280taro:2022/11/15(火) 09:16:14
2022 11-14 EL PAI'S
アカプルコのビーチに3体の死体が打ち上げられる メキシコ ゲレロ州

 太平洋沿岸のビーチリゾート ゲレロ州アカプルコの海岸に今週末立て続けに3体の死体が上がっています。かつては太平洋の宝石と呼ばれたアカプルコですが、長い間暴力と放置のスパイラルに陥っています。観光客が死体を海岸で死体を発見した前日にも、海岸でライフガード1人が殺害されています。今年最初の4ヶ月間だけでも120人以上がアカプルコで殺害されています。
 土曜日の午後、アカプルコで最も人気のあるコンデサビーチで最初の死体が発見されました。死体は手足を縛られ、セメント製のアンカーが付けられていました。2体目もコンデサビーチで仰向けで見つかっています。ゲレロ州検察が死体を回収していますが、ビーチは閉鎖されていません。
 3体目は日曜日の朝に混んでさビーチから2kmのイカコスビーチで発見されました。発見したのは海軍で、海軍基地沖の海上に浮かんでいました。死体には後頭部を撃たれた痕がありました。
 
2022 11-14 LO'PEZ-DO'RIGA
14歳の少女が病院の外で出産、医療怠慢容疑で調査 メキシコ チアパス州

 チアパス州タパチュラ市にある総合病院の外で14歳の少女が出産しており、チアパス州保健当局が病院の医療怠慢・過失容疑で調査を行っています。 https://twitter.com/i/status/1591503166629347328
 11月11日の夜、腹部の痛みを訴えた14歳の少女が総合病院に担ぎ込まれています。
 しかしまだ出産には早いと言われ、少なくとも2時間は待つように言われ、とりあえず散歩に行くよう進められたと地元メディアが報じています。
 11月11日の深夜に陣痛が始まり、14歳の少女アラセリの出産が始まりました。
 なぜ14歳の少女が病院内でなく、病院の表で母親の手を借りて出産したのかは現在不明です。
 出産に気付いた女性が少女に毛布をかけ、男性が看護師を呼びに行きました。
 午前6時にアラセリの赤ちゃんが生まれ、やっと母子が病院内に入っています。
 チアパス州保健当局はタパチュラ総合病院の医療スタッフの責任について調査を開始するよう指示しています。

281taro:2022/11/16(水) 09:08:05
2022 11-15 El Pai's.com 4806,07 11
雨季の被害が最も多い県は5県 コロンビア

 国家災害リスク管理局(UNGRD)はクンディナマルカ県・カウカ県・サンタンデール県・ノルテ デ サンタンデール県・チョコ県の5県で雨季の被害が最もでていると報告しています。
 クンディナマルカ県ではラ カレラ市のエル リバノ村・エル サリトレ村・カミノ村で洪水が発生し、市内の公道も土砂崩れや落石により通行止めになっている場所が複数あります。これまでに激しい降雨のために2人が亡くなり、1人が行方不明となっています。
 カウカ県ではトリビオ市のラ クルス村・サン フリアン村・ベレン村・エル コンゴ村・エル ダミアン村・エル エスペランサ村・ロペス村で家屋や道路に被害が出ています。カウカ県の県都ポパヤン市市街地でも洪水が発生し、42家屋42家族180人が被災しています。
 サンタンデール県ではエル プラヨン市で6家屋6家族30人が被害を受けており、インフラにも影響が出ています。
 ノルテ デ サンタンデール県ビジャ カロ市エル モリノ村では豪雨による洪水で5人が行方不明となり、5家屋が全壊102家族408人が被災し、430ヘクタールのとうもろこし・調理用バナナ・アボガド・セロリ・コーヒー・じゃがいも・サトウキビ・玉ねぎが失われています。
 チョコ県ではタマナ川が氾濫し146家族438人が被災しています。

2022 11-15 Semana
Farc分派ゲリラ部隊がバスの乗客2人を殺害 コロンビア ナリニョ県

 共産主義ゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊が、先週末にナリニョ県の街道で、バスを停車させ乗客2人をバスから下車させ殺害し、車2台を燃やしています。
 治安当局はFarc分派アリエル アルダナの犯行と断定しています。
 ゲリラ部隊はトランスイピアレス社のバスを停車させ、ロビンソン イネストロサとウイリングトン モンタニョをバスから引きずり下ろし、運転手と乗客14人が見ている前で銃殺しています。バスはナリニョ県の県都パスト市とナリニョ県最大の港町トゥマコ市を結ぶ路線を運行していました。

282taro:2022/11/16(水) 09:08:16
2022 11-15 LA CRO'NICA
警官2人が乗ったバイクをはねた運転手が逮捕された コロンビア アルメニア市

 キンディオ県の県都アルメニア市20バン通りとカジェ18の交差点で警官2人をはねた運転手が逮捕されました。https://twitter.com/i/status/1592212181340532737
 はねられた警官は負傷していますが、運転手は別の警察官に拘束されています。運転手は現場から逃げ出そうとしていました。
 逮捕された運転手は交通警察の捜査官からアルコール検察を受け、酒を飲んでいることが判明しています。
 「月曜日の深夜に交通事故を起こした車の運転手から飲酒の陽性反応が出ています。」とアルメニア市交通警察司令官ダニエル ハイメ カスタニょ カルデロンが説明しています。
 ひかれた警察官2人は数か所の打撲があるが、元気であり数日後には職務に復帰できるであろうとキンディオ県警副司令官ウイリアム アルベルト スビエタ パルド大佐が指摘しています。

2022 11-15 EL FENANCIERO
CJNGの地域ボス通称F25が逮捕された メキシコ ハリスコ

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の最も重要な幹部の1人が、メキシコ軍と国家警備隊により逮捕されました。
 逮捕された通称F25は数多くの暴力行為や商業主・市民に対する恐喝行為を行っています。
 犯罪組織ボスはハリスコ州テキーラ市で抵抗することなく逮捕されています。
 F25は当初CJNGと対立するカルテル デル ゴルフォ・カルテル デ シナロア・ロス セタスと同盟関係にありCJNGと縄張り争いを行っていました。しかし2019年からCJNGに入り、最大ボス ネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョの腹心の1人となっています。

283taro:2022/11/17(木) 09:03:59
2022 11-16 blu radio 4806,07 11,30
妹を強姦した義父をお兄ちゃんが刺殺 コロンビア サンタンデール県

 サンタンデール県ヒロン市プエルト マデロ地区で、妹を強姦した義父を20歳の兄が殺害しました。
 「強姦事件を理由に義理の息子と対立した42歳の男性がナイフで刺されて死亡しました。」とブカラマンガ市警副司令官ホセ オスカー ハラミジョ大佐が説明しています。
 現在警察と検察による捜査が進められています。
 「この人物が20歳の若者の妹に何らかの性虐待を行ったことが事件の引金となっています。若者は自主的に出頭しており、捜査が続けられています。」とハラミジョ大佐は付け加えています。

2022 11-16 LA FM.
ELNが爆弾テロリスト通称ビオレタを和平交渉団のメンバーに加えようとしている コロンビア

 グスタボ ペトロ大統領政府と和平交渉を行うことで合意した共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)は、アンディノショッピングセンター爆破テロなど9件のテロ事件で告発されているELN女ゲリラ ビオレタ アランゴ ラミレス別名ビオレタを和平交渉団のメンバーに加えようとしています。
 政府はELNが明らかにした和平交渉団メンバーを公開していますが、その中にビオレタが含まれています。ビオレタは和平交渉団のメンバーと認められれば、刑務所から出て和平交渉に参加することになります。
 インターポールから青令状が出ていたビオレタは、アンディノショッピングセンター爆破テロと犯罪共謀罪などで告発されており、当局の捜査によればビオレタはアンディノショッピングセンターに爆弾を仕掛けるための諜報作戦を担当しています。
 2017年6月17日にボゴタ市アンディノショッピングセンターで発生した爆破テロでは、3人が死亡10人が怪我をしています。
 ビオレタ アランゴ ラミレスは今年6月に実施されたELNゲリラ通称ピリ逮捕作戦の際に逮捕されています。
 検察によれば、「ビオレタは人民革命運動(MRP)のメンバーであり、2015年4月から2017年6月にかけて国税局や医療機関、銀行などに対する10件のテロ行為を行っています。

284taro:2022/11/17(木) 09:04:09
2022 11-16 EL NACIONAL
ベネスエラ国家諜報局(Dgcim)職員の発砲で10歳女児が死亡 ミランダ州

 先週末、ミランダ州スークレ市ラ リラ デ ペタレ地区で喧嘩に巻き込まれた10歳女児がベネスエラ国家諜報局(Dgcim)の職員に撃ち殺されたと火曜日に告発されています。
 女児の家族の証言によれば、Dgcimの現役職員アレクサンデル ウルタドが、女児の両親と口論となりその時はその場から立ち去りましたが、夜に酔っ払ったアレクサンデルが戻り女児家族の自宅前で騒ぎ始めました。
 女児が窓を閉めようとした時に、アレクサンデルが民家に向けて銃を乱射し銃弾の1発が少女の頭部に命中しています。
 頭部を撃たれた10歳女児ヤディマル シエラ エリアスは病院に運ばれましたが、月曜日の朝に死亡しています。
 女児を殺害したアレクサンデル ウルタドの居場所は不明で、警察が行方を追っているとジャーナリスト ロマン カマチョが伝えています。
 
2022 11-16 EL UNIVERSAL
武装集団が屋台のタコス屋を襲撃し4人を銃殺 メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州サラマンカ市ベジャビスタ区に出ていた屋台のタコス屋が武装集団に襲撃されました。襲撃されたタコス屋4人のうちの2人が現場で、2人が搬送先の病院で死亡しています。
 事件は今日の深夜にカジェ ポサ リカ脇の屋台で起きています。
 武装集団は客のためにタコスを調理していたタコス屋に向けて銃撃しています。4人を銃撃した襲撃グループは車で逃亡しています。
 現場検証を行った検察捜査チームが薬莢などを回収しています。殺害された4人の死体は法医学協会施設に運ばれ、検死と身元確認が行われています。
 捜査当局は現場周辺の監視カメラの映像を収集分析しています。

285taro:2022/11/18(金) 08:48:52
2022 11-17 RCN noticiasrcn.com 4922,70 11,50
ELN和平交渉団メンバーの中に73件の逮捕状がでている通称アントニオが含まれている コロンビア

 アリグイ ジェニス別名アントニオが、来週からベネスエラの首都カラカスで再開されるとされるコロンビア政府と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の和平交渉にELN交渉団メンバーとして参加することをRCNニュースがとくダネとして報じました。
 アリグイは幼少時にアラウカ県でELNに勧誘され、その後昇進してELNドミンゴ ライン サエンス戦線のゲリラ部隊指揮官とホセ ダビド スアレス戦線の財政ボスになっています。
 ゲリラボス アントニオは2017年2月17日にトリマ県リバノ市ミナ ポブレで陸軍第5師団によって逮捕されています。逮捕時アントニオは偽の身分証明書と現金900万ペソ(約25万6000円)を所持していました。
 アントニオには営利誘拐と航空機横流しの容疑でインターポールから逮捕状(令状赤)が出ていました。
 逮捕後、アントニオは減刑の恩恵を受けるために治安部隊や民間人に対する複数の攻撃への関与を認め、禁錮20年に減刑されています。
 RCNニュースはアリグイ ジェネス別名アントニオがまもなく釈放され、11月21日から再開される和平交渉の舞台となるカラカスに移送されるという情報をつかんでいます。
 ELNの和平交渉団のメンバーはアリグイ ジェネスの他にパブロ ベルトラン・アウレリオ ガルボネル、ベルナルド テジェス、グスタボ マルティネス、コンスエロ タピアス、シルバナ ゲレロ、イサベル トレス、オスカー セラノ、ビビアン エナオ、リカルド ペレス、カタレヤ ヒメネス、エディイン レストレポ、アメリコ トレス パラシオス、マヌエラ マルケス、マウリシオ イグアラン、シモン パボンの名前が上がっています。

2022 11-17 el COLOMBIANO
ELNが誘拐していた兵士2人を解放した コロンビア アラウカ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が陸軍兵士フェルナンド ウレゴ ラヨとルイフェル メヒア ベルトランを解放しました。2人は11月のはじめにアラウカ県タメ市でELNゲリラ部隊に誘拐され、それぞれ16日間と13日間ELNに拘束されていました。ELNとコロンビア政府は来週から和平交渉を再開させる予定となっています。
 「ELN東部戦線は一方的人道的措置として戦線ゲリラ部隊が作戦行動中に戦争捕虜とした兵士2人を引き渡す。」と東部戦線の広報担当通称カミロが表明しています。
 2人の兵士はタメ市とフォルトゥル市の間の郊外地域で、オンブズマン組織とカトリック教会から構成される人道ミッションに引き渡されました。解放された2人は安全な場所に移されて医師の診察を受けた後に家族と再会しています。
 陸軍第8師団所属の兵士2人はタメ市郊外でゲリラ部隊にバスから降ろされて誘拐されています。2人は休暇中で非武装であり、ELNの誘拐は国際人道法違反であるとコロンビア軍は非難しています。

286taro:2022/11/18(金) 08:49:02
 
2022 11-17 CHN
1000万ペソを支払い商店主とその娘を殺害させた男2人が逮捕された コロンビア カルタヘナ市

 ボリバル県の県都カルタヘナ市南東部ラ プロビデンシア地区の学校の校門近くで商店主ハイメ ジョレントとその娘11歳が殺害された事件の詳細が明らかになっています。
 裁判官は11月3日に父親と娘を殺害した殺し屋2人を雇ったとされるネストル ダビド サルセド ベレス別名ネストールとデイビス ホセ アングロ バルガス別名エル ビエホを刑務所に収監するよう命じました。
 検察によれば、ネストールとエル ビエホはそれぞれに500万ペソ(約14万2186円)を支払いハイロ ベリオス エルナンデス別名ヤオとヘスス レオナルド ドミンゲス別名エル メノールを雇い、コロンビア中を震撼させた犯行を実行させています。
 2人はカルタヘナ市カニョ デ フアン アンゴラとサンタ ロサ デ リマ市に通じる公道で逮捕されていますが、容疑を否認しています。
 実行犯の2人も先日逮捕されています。

2022 11-17 EL IMPARCIAL85
CJNGの地域ボス通称セルメニョが治安部隊に殺された メキシコ 

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のグアナフアト州サン フランシスコ デル リンコン市の地域ボスであったサンティアゴ キロン セルメニョもしくはエル チャゴが死亡しました。
 セルメニョはケレタロ州でグアナフアト州警察との銃撃戦で殺されています。
 メキシコでも最も暴力的な州の1つであるグアナフアト州政府と連邦政府の重要手配犯の1人であるセルメニョは、11月9日にアパセオ エル アルト市で発生したバー襲撃事件の黒幕とされています。バー襲撃事件では9人が殺害されています。
 グアナフアト州検察の捜査チームが逮捕命令に従ってセルメニョを逮捕しようとして銃撃戦となり、セルメニョは検察捜査官の発砲で死亡しています。
 逮捕作戦はケレタロ州の州都ケレタロ市シウダ デル ソル区で起きており、セルメニョが死亡しもう1人が怪我をしています。
 セルメニョはCJNGの対立組織カルテル デ サンタ ロサ デ リマ(CSRL)のメンバーでしたが、ボスのホセ アントニオ イェペス オルティス別名エル マロを裏切りCJNGに合流して地域ボスとなっており、CSRL)から命を狙われていました。エル マロは2020年に逮捕されています。

287taro:2022/11/19(土) 06:15:57
2022 11-18 DIARIO OCCIDENTE 5022,03 11,90
携帯電話を奪われた女性が泥棒が乗ったバイクに特攻し、携帯電話を取り返す コロンビア カルタヘナ市

 ボリバル県の県都カルタヘナ市の公道をバイクで走行していた女性が、並走してきた泥棒に携帯電話を奪われるという事件が起きています。しかし泥棒は携帯電話を奪われた女性にバイクで体当たりをくらい倒れています。
 事件は11月14日の夜に起きており、犯行の一部始終は後続車のカメラに記録されていました。https://twitter.com/i/status/1593255792211173376
 自宅に向かっていた若い女性が携帯電話を奪われましたが、女性は諦めることなく直ちに泥棒を追いかけ、泥棒のバイクに自分のバイクごとぶつけ泥棒と一緒に道路上に転がっています。
 女性は立ち上がり道路に転がった携帯電話を回収し、泥棒は集まってきた地域住民たちに捕まっています。泥棒被害者の女性は軽傷を負っていますが、携帯電話を回収し泥棒は捕まりました。

2022 11-18 LA FM.
コロンビア検察がELN和平交渉団メンバー17人の逮捕命令を中断する 

 コロンビア検察はコロンビア政府との和平交渉を再開する共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の和平交渉団メンバーに対するすべての逮捕命令を中断すると声明を通じて明らかにしました。
 逮捕命令が中断されたのはニコラス ロドリゲス バウティスタ、パブロ ベルトラン、アウレリアノ カルボネル、ベルナルド テジェス、グスタボ マルティネス、コンスエロ タピアス、シルバナ ゲレロ、イサベル トレス、オスカー セラノ、ビビアナ エナオ、リカルド ペレス、カタレヤ ヒメネス、エディン レストレポ、アメリコ トレスパラシオス、マヌエラ マルケス、マウリシオ イグアラン、シモン バボンです。
 「フランシスコ バルボサ デルガド検事総長は、コロンビア大統領グスタボ ペトロ ウレゴがカラカスで再開される和平交渉のELN和平交渉団メンバーと認めた人物に対する逮捕状を留保する決議00825を出した。」と検察の声明は述べています。
 また「この決定は直ちに厳格に遵守され、インターポールを含む国内外の司法警察当局に周知される。」とされています。
 この発表はコロンビア政府和平交渉団の団長が政治学者でゲリラ組織M-19の元ゲリラであったオッティ パティニョに決定した数時間後になされています。
 コロンビア政府和平交渉団には上院議員マリア ホセ ピサロとイバン セペダが参加するとされていますが、正式な確認はとれていません。
 一方、コロンビア軍司令官ルイス マウリシオ オスピナ グティエレス将軍は、今現在月曜日から和平交渉が再開されるゲリラ組織ELNに対する作戦の中断命令は受けていないと断言しています。

288taro:2022/11/19(土) 06:16:09
2022 11-18 canal 1
ペトロ政府は除草剤グリホサートの空中散布を禁止する コロンビア

 コロンビア法務省はグリホサートの空中散布再開に向けた前大統領イバン ドゥケの2021年法令380号の廃止のための政令を準備していると発表しました。
 草案には、「グリホサートの空中散布はがんを発がんや細胞を損傷させる可能性があり、環境にも重大な影響を与える。」と書かれています。
 近日中に共和国大統領の署名により発行される法令は、コロンビア政府とゲリラ組織コロンビア革命軍(Farc)の和平合意にもとづいており、被害者と農民の権利を保護することを目的としています。
 
2022 11-18 NOTICIAS CARACOL
13歳の少年が4歳幼女に性虐待を行った容疑 コロンビア ボゴタ市

 木曜日の午後、ボゴタ市シウダ ボリバル区アルボリサドーラ地区にある交番(CAI)に、13歳の少年が4歳幼女に性虐待を行ったという訴えがあり、ボゴタ市民を驚愕させています。
 「未成年による性的な事件であり、デリケートな一件です。私たちは警察児童青年課と福祉機関ICBFから全面的支援を受けています。」とボゴタ市警のパウロ クルス大佐が指摘しています。
 ある人物が交番に現れて動画を提供している事がこれまでに判明しています。

289taro:2022/11/20(日) 07:14:27
2022 11-19 infobae 4994,61 11,90
コロンビア政府とELNの和平交渉が月曜日の午後からカラカスで再開されると公式発表

 コロンビア高等平和委員会事務所はゲリラ組織国民解放軍(ELN)との和平交渉がベネスエラの首都カラカスで再開されると11月18日金曜日に発表しました。
 「高等平和委員会とELNは国内及び国際社会に対し、11月21日月曜日の午後から、ベネスエラ ボリバリアナ共和国のカラカスで和平交渉を再開することを明らかにする。」と声明で指摘しています。
 声明には高等平和委員のダニロ ルエダとELNの和平交渉団メンバーの1人パブロ ベルトランが署名しています。また大統領府は国内外のメディアに和平プロセスを取材するよう呼びかけています。
 
2022 11-19 el COLOMBIANO
メデジン市中心部の商店主リーダーが、メデジン・ボゴタ高速道路で射殺された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県サン ルイス市で殺害されたのは商店主です。アンティオキア県の県都メデジン市中心部の商店主たちのリーダーが殺害されたとアンティオキア県警が金曜日に発表しています。
 4発の銃弾で殺害されたのはジョン フレディー スルアガ ゴメスです。「サン ルイス市のロス モリノスという宿屋に1人の人物が現れ、無言でジョン フレディーを銃撃しました。」とアンティオキア県警司令官ダニエル マソ大佐が説明しています。 
 スルアガはインベルシオネス グラン グアヤキルの店主で、メデジン市商工会議所の理事選挙で第3位でした。
 「殺害された商店主は地域住民たちから愛される人物であり、脅迫を受けてはいませんでした。」とマソ大佐は指摘しています。

290taro:2022/11/20(日) 07:14:38
2022 11-19 EL UNIVERSAL
セラヤ市のバー モンキーズが襲撃され女性従業員が撃たれた メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州セラヤ市にあるバー モンキーズが襲撃される様子を記録した監視カメラの動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1593972420599160832 
 動画には2人組みの男がバーに入るところから始まっています。男たちはバーの中を歩き回り携帯電話を見ていた女性従業員に近づき、突然銃撃を始めています。銃弾は女性従業員には当たらず、襲撃者はカウンターを乗り越えカウンターの下に隠れた女性に発砲し負傷させています。
 襲撃者2人はバーから逃亡し、職場の仲間が女性を救助しています。
 事件は11月18日午後7時過ぎに発生しています。
 犯行の動機は不明ですが、襲撃者2人はすでに逮捕されています。

2022 11-19 POPULAR
ティフアナ市の商店が襲撃され5人が殺された メキシコ バハ カリフォルニア州

 アメリカ合衆国との国境の街バハ カリフォルニア州ティフアナ市にある、スロットマシンを置いた商店で5人が殺害されるという事件が発生しました。
 地元メディアによれば、殺害現場には「掃除を始める。不潔な凡人共よ、列に並ぶか、我々が並べるかだ。CJNG」というメッセージが残されていました。
 今現在殺害された4人の身元も、襲撃グループの正体も不明です。
 近隣住民たちの証言によれば、事件の起きた商店では覚醒剤の密売が行われていました。
 2022年11月18日金曜日の午後3時ころ、武装集団が乗ったGMCエンボイがやってきて、車から降りて商店に入っています。その直後住民たちは銃声を聞き、犯人グループたちは車で逃亡しています。

291taro:2022/11/21(月) 09:09:30
2022 11-20 msn 4994,61 11,90
カヒビオ市郊外で戦闘、6人が死んだ コロンビア カウカ県

 カウカ県で新たな虐殺事件が発生しました。カヒビオ市郊外で村の代表を含む3人が殺害されています。
 事件は11月20日日曜日の深夜にパルマ デ チャオス村で発生しました。違法武装グループのメンバーと思われる武装集団が村の商店に現れ、商店にいた人たちに向けて銃撃をしています。殺害されたのは村の代表者アルベルト キナと兄弟のディエゴ キナとフアン パブロ グアチェタです、
 当局発表によれば、襲撃を受けた村の住民たちの反撃により、武装集団のうちの3人が死亡しています。
 「オンブズマン組織は2018年の時点で警報034号を発令し、複数の違法武装グループが西部山脈地域と太平洋沿岸地域を結ぶ麻薬輸送ルートなどの利権確保のために同地域を支配しようとしていると警告しています。」と民間組織発展と平和のための研究機関(Indepaz)が指摘しています。
 同地域ではコロンビア革命軍(Farc)分派ハイメ マルティネス機動部隊、Farc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテ ハイメ パティニョ部隊、国民解放軍(ELN)が存在しています。
 Indepazによれば、アルベルト キナはコロンビアで今年殺害された168番目の社会的リーダーであり、今年コロンビアで発生した虐殺事件(一度に3人以上が殺害された事件)は89件目です。カウカ県では今年23人のリーダーが殺害され、13件の虐殺事件が起きています。

2022 11-20 El Pai's
保守派代表としてホセ フェリックス ラファウリエがELNとの和平交渉に参加 コロンビア・ベネスエラ

 コロンビア政府と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の和平交渉がまもなくベネスエラの首都カラカスで再開されますが、コロンビア牧場主連盟(Fedewgan)の代表ホセ フェリックス ラファウリエは、グスタボ ペトロ大統領から託された手紙に従い自分がすべきことを行うと断言しました。
 和平交渉団に加わることを先程受け入れたラファウリエは、所属政党のセントロ デモクラティコ党と党首アルバロ ウリベ元大統領、Fedeganからの支持を受けていると明らかにしています。
 「セントロ デモクラティコ党の代表であるだけでなく、社会の幅広いセクターの代表であると信じており、この分野の人達が抱える不安や希望を伝えて行きたいと思います。」と述べています。
 右派政党セントロ デモクラティコ党の党首アルバロ ウリベは、セントロ デモクラティコ党の幹部であるFedegan代表が政府とELNの和平交渉に参加することに好意的な発言をメディアに対して行っています。
 「ラファウリエ博士はセントロ デモクラティコ党を代表するというよりも、政府とELNの和平合意の可能性に懐疑的な人たちの意見を代表すると確信している。」と語っています。

292taro:2022/11/21(月) 09:09:41
2022 11-20 reflectores
メヒカリ市で犯罪組織の地域ボス通称エル プラガが捕まった メキシコ バハ カリフォルニア州

 国境の街バハ カリフォルニア州メヒカリ市当局はイスマエル マヨ サンバダが率いるカルテル デ シナロア傘下の犯罪グループ ロス ルソスのボスであるクリスティアン アレクシスもしくはエデュアルド レネ別名エル プラガが逮捕されたと発表しています。
 エル プラガはメヒカリ市警と州治安当局との銃撃戦の末に、手下の1人とともに逮捕され、手下の1人が死亡しています。
 エル プラガらが乗った車がカジェ デ アルヘンティナでパトカーから停車を命じられています。車は止まりましたが、長銃を持って車から降りたエル プラガたちは警官たちに向けて銃撃を始めています。
 警官たちも反撃を開始して銃撃戦となり、エル プラガの手下通称ティオが死亡しエル プラガと手下1人が逮捕されました。
 メヒカリ市警によれば、エル プラガらは逮捕される前に同じカジェ アルヘンティナで警官1人を殺害し逃亡中でした。

2022 11-20 EL UNIVERSAL
セラヤ市で銃撃戦、4人が死亡警官3人が負傷 メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州セラヤ市とサン ミゲル デ アジェンデ市を結ぶ街道脇にあるサン フアン デ ラ ベガ村で、セラヤ市警分署が武装集団から銃撃受け銃撃戦となり、武装集団の4人が死亡し警官3人が負傷しました。
 日曜日の午後1時過ぎに警察分署が武装集団に襲撃され、追いかけた警官隊と武装集団が銃撃戦となっています。
 セラヤ市の治安担当責任者ヘスス リベラ ペラルタは、死亡者数についていは明らかにせず、検察から発表されると述べています。
 現場からは4人が死亡し、複数人が負傷しているという報告が入っています。

293taro:2022/11/22(火) 08:29:44
2022 11-21 El Psi's 4994,61 11,70
違法武装グループ同士の戦闘で18人が死亡 コロンビア プトゥマヨ県

 エクアドル近いコロンビア南西部でコロンビア革命軍(Farc)分派と別の違法武装グループが戦闘となり18人が死亡したとオンブズマン組織が日曜日に発表しました。
 「土曜日にFarc分派第1戦線カロリナ ラミレス部隊とFarcの残党と准軍組織AUCの残党から構成される違法武装グループ コマンドス デ ラ フロンテラが戦闘となり18人が死亡しました。」とオンブズマンが記者会見で明らかにしています。
 オンブズマン組織は死亡者の中に民間人が含まれているのかは明らかにしていません。戦闘はエクアドルとの国境から約60kmのプエルト グスマン市郊外で発生しています。
 「死体は地元住民たちによりホセ マリアの墓地に運ばれています。」
 カロリナ ラミレスはFarc分派諸派の中で最大派閥の第1戦線の一分で、第1戦線の代表団はグスタボ ペトロ大統領政府と和平交渉に向けた接触を行っています。
 コマンドス デ ラ フロンテラはエクアドルとの国境地帯の麻薬ルートを握っています。

2022 11-21 CRACACOL RADIO
小型機が住宅街に墜落、8人が死んだ コロンビア メデジン市

 11月21日月曜日の朝、アンティオキア県の県都メデジン市西部の住宅街に小型機が墜落するという事故が起きたとメデジン市当局が発表しました。事故による死亡者は8人で、サン ヘルマン航空の経営者も含まれています。
 メデジン市長ダニエル キンテロは「メデジン市からチョコ県ピサロ市に向かって飛び立った小型機パイパーから離陸直後にエンジン故障が発生したという報告があり、オラヤ エレラ空港に戻ることはできませんでした。」と発表しています。
 「離陸直後にエンジン故障を起こした小型機は、残念ながらベレン ロサリオ地区に墜落しました。死亡者は8人ですでに身元が確認されています。この事故により建物6棟が被害を受けています。」と市長は説明しています。
 登録番号HK5121の小型機には6人の乗客と2人の乗員がいました。事故現場ではメデジン市とエンビガド市の消防隊と航空消防隊が消火にあたっています。

294taro:2022/11/22(火) 08:29:54
2022 11-21 El Pai's
現役軍人4人が和平交渉のオブザーバー団に参加する コロンビア・ベネスエラ

 コロンビア軍はベネスエラの首都カラカスで再開されるコロンビア政府と国民解放軍(ELN)の和平交渉のオブザーバー支援団に、現役軍人4人を派遣すると発表しました。
 軍派遣団のリーダーはウゴ アレハンドロ ロペス バレト少将で、技術副委員会の長も兼任する予定です。
 少将の他にはナビオ ロベルト ボニジャ アリアス大佐、ロドリゴ メス ミナ中佐、イサベル オスナ ストックル大尉が派遣されます。
 また国防相イバン ベラスケスは退役軍人のアルバロ マタジャナとオルランド ロメロ提督の2人が和平交渉に参加すると発表しています。
 コロンビア政府和平交渉団の団長はM-19の元ゲリラのオッティ パティニョで、左派上院議員イバン セペダや右派代表として牧場主連盟Fedega'nのホセ フェリックス ラファウリエも参加します。

2022 11-21 NOTICIAS CARACOL
少年1人を含む若者3人がリンチを受けて殺された メヒコ州

 メヒコ州チャルコ市で住民たちのリンチにより泥棒とされた若者3人が殺されるという事件が土曜日に起きています。殺害された3人のうちの1人は未成年者です。
 メヒコ州検察は22歳、21歳、17歳の男性3人が殺害された事件の捜査を開始すると発表しています。
 「窃盗行為の報復として住民たちが3にんを襲ったと目撃者たちは証言しています。」と検察は付け加えています。
 メキシコでは以前から各地でリンチ騒ぎが起きていますが、犯罪指数の増加に伴い近年リンチ事件数は急増しています。
 6月にはプエブラ州で31歳の男性が誘拐の証拠もないのに、約200人の群衆に襲われ生きたまま焼かれて殺されています。

295taro:2022/11/23(水) 09:11:28
2022 11-22 canal 1 4958,42 11,20
行方不明となっていた6歳幼女が死体で見つかる コロンビア カルダス県

 ダナ ソフィア アルサテ ガルビス6歳の遺体がカルダス県チンチナ市を流れるチンチナ川のほとりで見つかりました。
 幼女は日曜日にチンチナ市ヌエボ オリソンテ地区の自宅を出たまま行方不明となっており、大規模な捜索が行われていました。
 女性殺害・性暴行の前科がある65歳が容疑者として逮捕され、取り調べの中で幼女の遺体の場所を自供しています。
 「男は身分証明書を所持しておらず、女性殺害・脱獄・14歳以下の児童に対する性虐待の前科がありました。」と当局は発表しています。
 複数の人々からの情報提供により、男は農村部で見つかり逮捕されたとカルダス県当局は指摘しています。
 容疑者カルロス イェペス バニョル逮捕の際、住民たちがリンチを加えるために集まっており、当局は容疑者を守らなくてはなりませんでした。
 
2022 11-22 infobae
Farc分派カロリナ ラミレス戦線とコマンドス デ ラ フロンテラの戦闘による戦死者は18人ではなく23人 コロンビア プトゥマヨ県

 コロンビア革命軍(Farc)分派カロリナ ラミレス戦線とコマンドス デ ラ フロンテラによる戦闘が11月19日にプトゥマヨ県プエルト グスマン市ロス ピノス村とラス デリシアス村で発生しています。当初戦闘による死亡者は18人とされていましたが、カロリナ ラミレス戦線は23人が死亡したと指摘しています。
 カロリナ ラミレス戦線は声明を通じて、戦闘の詳細を明らかにしています。
 「カロリナ ラミレス戦線レイベル ロドリゲス機動部隊はホルヘ スアレス ブリセニョ戦線と第1戦線のゲリラ部隊と共に、プトゥマヨ県プエルト グスマン市ホセ マリア地域デリシアス村で、準軍麻薬組織コマンド デ フロンテラを襲撃した。4時間に及ぶ戦闘の戦果は23人の準軍組織員が死亡、人数不明者が負傷、1人を戦闘捕虜として確保である。さらに自動小銃19丁、223機関銃1丁、60mm迫撃砲1基と砲弾3発、81mm迫撃砲1基と砲弾3発、爆弾発射装置1基と爆弾2個、GPS5個、弾倉と銃弾を確保した。」
 戦争捕虜としてとらえた戦闘員1人は国際人道法を遵守し、我々の平和に対する意欲を示すためにの数日中に引き渡す予定であると付け加えています。
 ラテンアメリカとカリブ海地域の組織犯罪を専門とする非営利のジャーナリズムおよび調査組織InSight Crimeによれば、コマンドス デ ラ フロンテラは以前はラ マフィアと呼ばれており、コロンビア政府と和平合意を結んだコロンビア革命軍(Farc)主流派から離れたFarc分派の一部と準軍組織AUCの残党からなるグループで、プトゥマヨ県とエクアドルの国境地帯の麻薬利権を掌握しようとしています。Farc分派第1戦線とカロリナ ラミレス戦線はFarc分派諸派の中で最大勢力の組織で、グスタボ ペトロ政権との和平交渉を模索しています。

296taro:2022/11/23(水) 09:11:40
2022 11-22 el COLOMBIANO
SNSで殺人自慢をしていた15歳の少年が捕まる コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県エル バグレ市とバホ カウカ アンテオケーニョ地域で5人を殺害した容疑で15歳の少年が逮捕され特別少年院に収監されました。
 アンティオキア県検察は今年8月12日から9月6日にかけて発生した5件の殺人に少年が関与したとして告発しています。
 検察によれば、少年は犯罪グループ ロス デル バホの命令を受け、5人を銃器を使い殺害しています。殺人の捜査を続けていた検察は11月16日に少年を逮捕しています。
 調べによれば、逮捕時に銃器を所持していた少年はSNSで殺人を自慢していましたが、逮捕後は犯行を否認しています。
 検察は5件の殺人事件以外にも少年が別の6件の殺人に関与したとして捜査を続けています。
 
2022 11-22 FRG
4トン以上と1万5000リットルの麻薬関連物質をメキシコ検察が押収 シナロア州

 メキシコ検察総局(FGR)は警察と協力し大量の麻薬関連物質を押収しました。
 押収された1万5000リットル322ミリリットル、4042kg164gの酢酸鉛・酒石酸・水酸化ナトリウム・硫酸アルミニウム ・アセトン・塩酸・トルエン・過酸化水素・メチルアミン・メタンフェタミン・マリファナ・フェンタニルなどは処分されています。
 作戦では麻薬製造に使用されるタンクや秤・遠心分離機なども押収されています。
 作戦は村人から不審な建物があるという通報を受け、シナロア州の州都クリアカン市プルテスエロス村で作戦が実施されています。麻薬工場の持ち主はシナロア州を拠点とするメキシコ有数の麻薬組織カルテル デ シナロアとされています。

297taro:2022/11/24(木) 08:57:59
2022 11-23 NOTISICAS CARACOL 4914,34 11,60
女児3人がイタリア人1人とベネスエラ人2人に性虐待を受ける コロンビア カルタヘナ市

 コロンビア有数の観光地ボリバル県の県都カルタヘナ市で10歳から13歳の女児がイタリア人1人とベネスエラ人2人から性虐待を受けるという事件が発生しました。有罪が確定した場合、外国人3人は厳しい制裁を受けることになります。
 カルタヘナ市の高官アナ マリア ゴンサレスは、「もし犯人が外国人ならば、国外に追放して2度とコロンビアに入国できないようにすべきです。」と述べています。
 カルタヘナ市警児童青年課は未成年者を使い観光客に性的サービスを提供したとされる人身売買ネットワークに対する作戦を継続しています。
 この異常な事件について詳細は明らかにされていませんが、捜査当局はすでにベネスエラ人2人を逮捕していると報告しています。

2022 11-23 RCN Radio
Farc分派ゲリラ部隊に対する作戦に従事していた陸軍兵士2人が住民たちに捕まる コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県でコロンビア革命軍(Farc)分派第36戦線に対する作戦を実施していた陸軍第4旅団所属の下士官ドゥバン アルレイ プラド モレノと兵士ファビアン アンドレス サンブラノ ウルタドが誘拐されました。
 アンティオキア県北部ブリセニョ市パルミチャー村で、村の群衆が軍部隊と対峙し兵士2人を誘拐しています。
 第4師団司令官フアン カルロス ファハルド将軍は、違法武装グループの圧力により村の住民たちがこのような行動をとったと指摘しています。
 「住民たちは武装組織のボスたちから脅され強制されています。明らかに恐怖に直面した住民たちはこのような状況に陥りました。」と将軍は強調しています。
 ゲリラグループは兵士の解放と引き換えに、軍部隊が押収した自動小銃や爆発物を返還するよう住民たちを通じて要求しています。
 今回の戦闘でFarc分派ゲリラグループに徴兵されている未成年者1人が負傷しています。
 作戦の目的はFarc分派第36戦線のボス通称グアリチョでしたが、逮捕されたのは別のゲリラ1人です。

298taro:2022/11/24(木) 08:58:09
2022 11-23 LA FM.
テロ犠牲者たちがELNの和平交渉団メンバーとして釈放されたビオレタとの面会を要求 コロンビア

 ボゴタ市アンディノショッピングセンターで発生した爆弾テロの犠牲者たちは、テロ犯容疑者として起訴されながら国民解放軍(ELN)の和平交渉団メンバーとして釈放されたビオレタ アランゴ ラミレス別名ビオレタと直接会う事ができるようコロンビア政府に要請しました。
 ビオレタはバジェ デル カウカ県ハムンディ刑務所に収監されていましたが、和平推進者としての役割を果たすために釈放されています。
 被害者たちの代表であるフランシスコ ベルナテ弁護士は、ビオレタに私法上の恩恵を与える前に、テロ被害者に考慮したり相談しなかったことに疑問を呈しています。
 2017年6月17日午後5時ころ、アンディノショッピングセンターの2階女子トイレに仕掛けられていた爆弾が爆発し、フランス人1人を含む女性3人が死亡し9人が怪我をしています。

2022 11-23 UNOTV.com
バハ カリフォルニア州でマグニチュード6,2の地震 メキシコ

 火曜日の朝、バハ カリフォルニア州でマグニチュード6,2の地震が発生したと国家地質サービスが発表しました。
 地震はメキシコ中央部時間の午前10時39分(現地時間8時39分)にビセンテ ゲレロ市から西に37kmの太平洋で発生しており、震源の深さは10kmでした。
 ティフアナ市とエンセナダ市の市庁舎からは安全を考慮して市庁舎の外に避難が行われています。
 ティフアナ市当局は今現在被害の報告はないと発表しています。
 アメリカ合衆国津波警報システムは、この地震による津波警報の発令を見送っています。
 バハ カリフォルニア州知事ミランダ デル ピラール アビラは、プロテクション シビルが被害状況の確認を行っていると指摘しています。

299taro:2022/11/25(金) 08:53:43
2022 11-24 EL TIEMPO 4875,91 12,30
32人の女性が騙されて髪の毛を失う コロンビア バジェ デル カウカ県

 9000ドルを支払うと言う約束で32人の女性が髪の毛を売りましたが、いつまで立ってもお金は届きませんでした。事件はバジェ デル カウカ県アンダルシア市で起きています。
 「約束のお金もなく、私たちはほとんどハゲた状態です。」と被害者の1人が嘆いています。
 アンダルシア市当局によれば、パスト市からやってきたという男が髪の毛を買うと行って女性たちを集めました。
 「ヨーロッパではかつらを作るために髪の毛を高く買ってくれると男は言いました。お金は数日後にウエスタン ユニオン経由で送るという約束でしたが、委託先のワッツアップでコードを送りましたが、何も届きませんでした。」と被害者女性は怒りながら説明しています。
 アンダルシア市警は髪の毛を売った女性は少なくとも32人おり、被害を受けたすべての女性からの被害の訴えを待っていると指摘しています。
 
2022 11-24 red
コロンビアに滞在中のベネスエラ移民の62%が無期限滞在を望んでいる

 コロンビアにいるベネスエラ移民の65%が3年以上コロンビアに住居しており、62%が無期限滞在の予定です。
 ロサリオ大学とコンラート・アデナウアー財団がコロンビアに滞在するベネスエラ移民について調査を実施しています。
 報告書によれば、77%が一時保護許可証について知っており、65%がどう許可証を持っています。一時保護許可証を取得した71%が、非常に良いツールであると評価しています。
 コロンビア入管当局のデータによれば、コロンビアに滞在しているベネスエラ移民は234万2907人で、コロンビア入管当局が認識していないベネスエラ移民が72万6301人がいると推測されています。
 ベネスエラ移民のコロンビアへの入国に関する質問について、78%が抜け道、17%が違法バスと答えています。正規ルートを経由した人は12%で、7%が川と答えています。
 移住先として現在地を選んだ理由については、家族や近親者がいるからが45%、家族や友人の勧めが33%、ベネスエラ人にとって良い就職先があると聞いたからが10%、他に選択肢がなかったが10%、ベネスエラ人を歓迎してくれるからが8%でした。
 9月にコロンビアとベネスエラの国境が再開されたことを知っているかという質問については、91%が知っていると答え、9%が知らないと答えています。
 ベネスエラ人移民がベネスエラから出た理由については、経済状況87%、就職のため37%、商品やサービスの不足15%、不安定な生活環境11%となっています。
 ベネスエラ移民が差別を受けたと感じる状況や場所は、街中42%、仕事を探す際33%、仕事中26%、移動中14%、医療機関14%、教育現場12%、商品・サービスを利用するとき11%となっています。

300taro:2022/11/25(金) 08:53:53
2022 11-24 debate
シウダ フアレスのレストランバーが襲撃され5人が怪我 メキシコ チワワ州

 水曜日の夜、国境の街チワワ州シウダ フアレスにあるレストランバーが武装集団に襲撃され、男性5人が怪我をしています。
 地元メディアの報道によれば、殺し屋グループが店内に乱入し、5人を銃撃しています。
 襲撃事件が起きたのはデ ラス トレス通りとカジェ ラマコイの交差点に位置するレストランバー エル ボデゴン メヒカノです。
 負傷者5人は市内の病院に搬送され治療を受けています。
 
2022 11-24 LOPEZ-DORIGA
8歳の少年を殺害した容疑で叔父・叔母夫婦が捕まった メキシコシティ

 メキシコシティ検察はグスタボ A マデロで8歳の少年を殺害した容疑で2人を逮捕したと木曜日に発表しました。
 検察広報官ウリセス ララは記者会見の場で、フロールとロヘリオを逮捕命令に従い逮捕したと明らかにしています。
 8歳の少年フレディーはデル カルメン区の通りで2人に暴行を受けています。
 少年の家族がクアウテペックの病院に運びましたが、少年はすでに死亡していました。
 事件は少年の両親が働きに出ていた時に起きています。

301taro:2022/11/26(土) 08:50:14
2022 11-25 el COLOMBIANO 4875,91 12,70
ELNとクラン デル ゴルフォが戦闘、住民たちが逃げ出す コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県バホ カウカ地域で共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)と準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォの戦闘が発生し、14家族57人が自宅を追われています。
 民間組織Sumapazのオスカー イェシド サパタによれば、戦闘は11月22日火曜日にカセレス市郊外で起きています。戦闘が起きた市街地から車で3時間のサン ペドロ村とサン パブロ村の住民たちが市街地に避難しています。
 戦闘が発生したカセレス市周辺は2020年にオンブズマン組織が早期警戒045号を発令していました。2016年11月のコロンビア政府とコロンビア革命軍(Farc)の和平合意により、空白地域となったバホ カウカ地域を巡り、ELNとクラン デル ゴルフォとロス カパロスが激しい縄張り争いを繰り広げています。
 違法武装組織はこの地域をカリブ海沿岸地域やウラバ地域への麻薬輸送ルートとして利用しています。

2022 11-25 HBS
泥棒として警察官に射殺されたアルバロ カルデロンの妻が夫の無実を主張 コロンビア ボゴタ市

 11月23日の夜、アルバロ カルデロンが警察官に射殺されたことに抗議する住民たちがリスボア地区とラ ガイタナ地区の入り口を封鎖しています。アルバロ カルデロンは妻と2人の子供がいます。
 妻のアンジー ゴメスは「警察は夫を殺害した理由を教えてくれない。」と抗議の声を上げています。
 アルバロ カルデロンが窃盗を行ったとされていますが、彼の近親者たちは否定しています。
 アンジー ゴメスは「警察パトロール隊員でした。夫を自転車から叩き落とし、夫を蹴り上げて道路に倒し、なんの理由もなく2発の銃弾を撃ち込みました。銃弾の1発が大動脈に命中し、夫の命を奪いました。」と訴えています。
 アルバロ カルデロンの死を巡る抗議行動は、治安部隊のフラッシュグレネードで解散させられています。
 アルバロ カルデロンはボゴタ市北西部スバ区で警官に撃たれて死亡しています。

302taro:2022/11/26(土) 08:50:29
2022 11-25 EL HERALDO
シウダ フアレスで4人が殺された メキシコ チワワ州

 木曜日の夜、国境の街チワワ州シウダ フアレスのアンドレス フィゲロア区カジェ ロリタ レブロンとカジェ プリバダ デ ボリクアの間にある民家内で発生した虐殺事件の捜査をチワワ州北部地域検察が続けています。
 「殺害された4人の身元は不明です。4人の遺体は法医学協会施設に運ばれ、死因を特定するための検死と身元確認作業が行われています。」と検察は簡単に発表しています。
 近隣住民たちによれば、事件が起きた民家は麻薬密売書で、麻薬中毒者が絶えず出入りしていました。

2022 11-25 EL FENANCIERO
犯罪組織と地元警察が国家警備隊司令官を殺害したとAMLO大統領が告発 メキシコ

 サカテカス州の国家警備隊司令官ホセ シルベストレ ウルスア パディジャ将軍が殺害されたことに対し、アンドレス マヌエル ロペス オブラドール大統領は犯罪組織とサカテカス州ピノ市警の繋がりを告発しています。
 大統領は会見の場で、准将は民間武装集団との戦闘で死亡しているが、襲撃事件の黒幕はすでに特定していると発表しています。
 「サカテカス州ピノ市でホセ シルベストレ ウルスア将軍が指揮する作戦が実行されました。同地域で発生する誘拐事件への地元警察の関与、犯罪組織とピノ市警の癒着が市民から告発されたことを受けて作戦が実施されています。」とAMLO大統領は大統領官邸で述べています。
 「襲撃を受け車から降りた将軍が撃たれ、病院に搬送されましたが死亡しています。国家警備隊員数人も負傷していますが、幸いなことに重傷者はいません。」と付け加えています。

303taro:2022/11/27(日) 09:16:41
2022 11-26 blu radio 4881,41 12,70
ELNが先住民1人を誘拐 コロンビア アンティオキア県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)はベネスエラの首都カラカスでコロンビア政府と和平交渉を行っていますが、ELNによる犯罪行為がコロンビア各地から報告されています。アンティオキア県バホ カウカ アンテオケーニョ地域からは、先住民1人がELNゲリラ部隊に誘拐されたという訴えが上がっています。
 カセレス市サン パブロ村でフリオ セサール グティエレス ゴンサレスという名前の先住民男性がゲリラ部隊に誘拐されています。
 ゲリラ部隊は先住民族エンベラの集落からフリオ セサールと兄弟2人の3人を誘拐し、フリオ セサール以外の2人を殺害しています。フリオ セサール1人がゲリラ部隊により山中に連れ去られており、行方は不明です。
 オンブズマン組織はすでにこの件を把握しており、ELNに対して早期解放を求めていますが、今現在良い結果は得られていません。
 バホ カウカ地域のオンブズマン ロナルド コルドバは、「フリオ セサール グティエレス ゴンサレスを拘束している武装グループに対し、生命と尊厳を尊重し早期解放を求める。」と呼びかけています。
 カセレス市では今週武装グループの脅迫により先住民23家族が避難を強いられているとオンブズマンは告発しています。

2022 11-26 RCN noticiasrcn.com
ボゴタ市で商業主が強盗に撃ち殺される コロンビア

 コロンビアの首都ボゴタ氏の治安は悪化の一途を辿っています。金曜日、商業主が強盗に至近距離から銃撃され命を落としています。
 午後4時30分に30番通りを走行していた車が警察パトロール隊員に偽装した強盗に停車させられましたが、それは4人組の強盗団の計画の一部でした。
 強盗事件を気付いた市民が犯行の様子を撮影していました。
 車に乗っていたのはヘスス アルフォンソと妹で、車から降りた2人の足元に向けて強盗が2発の銃弾を発射しています。
 その間、他の強盗が車内から金品を奪い、強盗に立ち向かったヘスス アルフォンソは至近距離から6発の銃弾を撃たれています。
 強盗団は逃げ去り、ヘスス アルフォンソは自分で車を運転して病院に向かいましたが、病院に辿り着く前に死亡しています。
 捜査当局は付近の住民たちから情報収集、監視カメラの映像の分析を行っていますが、犯人グループは特定できていません。

304taro:2022/11/27(日) 09:16:53
2022 11-26 UNOTV.com
マドゥロ政府と反体制派がメキシコでの会談で合意に達する ベネスエラ」
 
 土曜日、ベネスエラ ニコラス マドゥロ政府とベネスエラ反体制派はメキシコで行われた会談において、ベネスエラ国民の保護のための第2部分協定に署名しました。
 この協定の調印によりアメリカ合衆国がカラカス政府に課していた制裁は緩和されることになり、今週土曜日から大手石油会社シェブロンがベネスエラでの石油採掘を一部再開します。
 協定にはインフラの改善・医薬品へのアクセス・学校の発展に関する共同計画が含まれています。
 メキシコシティのソフィテルホテルで政府代表のホルヘ ロドリゲスと反体制派代表として元カラカス市長のヘラルド ブライデが協定への署名を行っており、ノルウェーの外交官ダグ ニランダーとメキシコ外相マルセロ エブラルドが仲介者として立ち会っています。
 
2022 11-26 EL UNIVERSAL
カルテル デ シナロアとつながる犯罪グループ ロス サラサールのボス通称エル ピラタが交通事故で死んだ メキシコ ソノラ州

 ドラッグレース場セロ コロラドで犯罪組織ロス サラサールのボスの1人と目されるヘスス フランシスコ サラシン ロホール別名エル ピラタが、ドラッグスタータイプの車を運転中に事故死をしています。
 ソノラ州検察は州都エルモシージョ市の病院で死亡した男がエル ピラタであることを確認したと発表しています。
 エル ピラタはエフレン サウル ヨクピシオ コラルドの名前で入院しましたが、死後検察により身元が明らかにされています。
 エル ピラタには誘拐容疑で逮捕命令が出ていました。
 事故は金曜日の午後にドラックレース場で行われたレース中に起きています。
 病院に担ぎ込まれたエル ピラタは、22口径の銃を所持していました。

305taro:2022/11/28(月) 08:38:04
2022 11-27 el COLOMBIANO 4881,41 12,70
今年メデジン市で犯罪者に殺された外国人は9人 コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県の県都メデジン市に娯楽を求めてやってきた外国人2人の死は、SNSを通じて築いた人間関係が大きなリクスを負うことを物語っています。
 旅先でドル・宝石・貴金属を携帯している外国人に犯罪グループが近づき誘惑し、薬物を与えときには命を奪います。
 今年メデジン市で犯罪がらみで死亡した外国人9人のうちの2人はスコポラミンを飲まされて死亡し、5人の死亡理由は特定されておらず、2人は殺害されています。9人以外にもアンティオキア県で45人、メデジン市で26人のベネスエラ人が殺害されています。
 アメリカ合衆国出身のリチャード イーブン クラークとタイ出身のPaul N’Guyenが新たな外国人被害者となっています。2人は見知らぬ女性とデート中に命を失ったと家族や友人たちは訴えています。
 アメリカ合衆国カルフォルニア在住のPaul N’Guyenは観光でメデジン市を訪れ、旅行をより楽しむためにSNSを利用して女性とコンタクトをとっています。
 11月10日の夜、商業施設で女性ととった画像をSNSに残したまま、連絡が取れなくなりました。
 翌日、メデジン市北西部エル クカラチョ地区の道路脇のゴミ箱の側で男性1人の死体が見つかっています。男性は身分証明書を所持していませんでしたが身体的特徴から外国人である事が疑われ、Paul N’Guyenの友人たちが捜索のためにメデジン市を訪れて死体がPaul N’Guyenであることが確認されました。Paul N’Guyenのクレジットカードは少なくとも2回ロス コロレス地区の店で使用されていました。
 4年前からメデジン市ロレナ地区のアパートに住んでいたアメリカ合衆国人リチャード イーブン クラーク72歳は、11月6日の夜に女性2人がアパートを訪ねた翌日に、全裸で意識朦朧とした状態で見つかりその後死亡しています。アパートからは貴重品やクレジットカードが持ち出されていました。

2022 11-27 NOTICIAS CARACOL
殺し屋の撃った流れ弾で4歳幼女が死んだ コロンビア ビジャビセンシオ市

 メタ県の県都ビジャビセンシオ市東部の商店に1台のバイクに乗った2人の殺し屋がやってきました。後部座席の男がバイクから降りて標的の26歳の男性に向けて発砲しています。狙われた男性は走って逃げ出し、殺し屋は追いかけながら繰り返し発砲しています。殺し屋の発砲で26歳の男性は死亡しましたが、流れ弾が4歳幼女に命中しています。犯行の様子は監視カメラが記録していました。
 「バイクから降りた男が1人の男性を襲撃しました。男性は走って逃げ出し、追いかけた殺し屋の発砲により死亡しています。このとき不幸なことに銃弾が幼女に命中しています。」とビジャビセンシオ市警司令官リカルド サンチェス大佐が述べています。
 叔父の自宅にいた4歳幼女イサベラが表に出た時に事件に遭遇しています。祖父は未だに孫娘に何が起きたのか信じることができません。
 「被害者が走って逃げ出し、追いかけた殺し屋が発砲した銃弾が幼女に命中しました。そばにいた叔父がすぐに病院に運びましたが、そこで死亡しています。」と幼女の祖父エルナンド マテウスが語っています。

306taro:2022/11/28(月) 08:38:15
2022 11-27 CARACOL RADIO
ラ ベガ市長の母親が殺された コロンビア クンディナマルカ県

 クンディナマルカ県ラ ベガ市の市長の母親が殺害されました。
 11月27日の深夜、市長の両親が来るまで自宅に戻る途中で銃撃され、エデュアル リカルド マティス市長の母親が負傷し、その後死亡しています。
 「ラ ベガ市長の母親が殺害された事件を、クンディナマルカ県民が一致団結し断固拒否する。警察と検察は直ちに犯人を特定し逮捕しなければならない。」と県知事はツイートしています。
 
2022 11-27 EL UNIVERSAL
武装集団がパトカーを襲撃、警官の反撃で2人が死亡 メキシコ ハリスコ州

 ハリスコ州ロス アルトス デ ハリスコ地域にあるエンカルナシオン デ ディアス市で、武装集団と州警察が銃撃戦となり武装集団の2人が死亡しています。銃撃戦後、街道封鎖が複数ヶ所で発生していると市民たちがネットで報告しています。
 警察パトカーがメソン デ ロス サウセス方面にパトロールを行っていましたときに、3台の車に乗った武装集団から銃撃を受けています。
 警官の反撃により2人の仲間を殺された武装集団は山の中に逃げ込み、警察は武装集団を追って山中に入っています。この追跡のさなかに警官1人が頭部を打ち負傷していますが、治療を受け容態は安定しています。
 警察は現場から車・武器などを押収しています。

307taro:2022/11/29(火) 09:06:07
2022 11-28 el COLOMBIANO 4881,41 12,80
Farc分派セグンダ マルケタリア派が誘拐していた若者18人を解放 コロンビア トゥマコ市

 コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループはエクアドルと国境を接するナリニョ県最大の港町トゥマコ市郊外で拘束していた若者18人をオンブズマン組織とトゥマコ市のペルソネリアから構成される人道ミッションに引き渡しました。
 18人を拘束していたのはFarcセグンダ マルケタリア派イバン リオス部隊であると国防省は発表しています。
 「人道ミッションはトゥマコ市の最も辺境地域の1つに、太平洋沿岸地域で発生した戦闘の際にゲリラ部隊に拘束された18人を受け取るために到着しました。」とオンブズマン カルロス カマルゴが強調しています。
 解放後、18人は健康診断を受け、家族のもとに戻っていきました。
 「オンブズマン組織は違法武装グループに拘束されている人質の早期解放のために、あらゆる人道的チャンネルと組織としての能力を駆使していきます。」とカルロス カマルゴは断言しています。
 
2022 11-28 EL TIEMPO
先住民4歳幼女が性暴行をうけ殺された コロンビア コルドバ県

 先住民族エンベラ カティオの4歳少女の遺体がコルドバ県ティエラルタ市を流れるシヌ川で発見されました。幼女の遺体には虐待と性暴行を受けた痕があります。
 コルドバ県警司令官ジョン フレディー スアレス ゲレロ大佐は、幼女の遺体はシヌ川の支流に浮かんだ状態で家族に発見されたと報告しています。
 「幼女はティエラルタ市内の病院に運ばれ、診察した医師から幼女の遺体に外傷があるという報告があり、警察と検察が捜査を開始しました。」と大佐は述べています。
 医師の診察によれば、幼女は頭部を殴られ、指と爪に傷があり、性的虐待を受けた痕もありました。
 警察児童青年と福祉機関ICBFがエンベラ カティオの集落に到着し、幼女の家族たちに心理ケアを行っています。
 最初の調べでは、幼女は数日前から祖母が面倒を見ていました。
 コルドバ県では今年すでに15人以上の女性が殺害されています。

308taro:2022/11/29(火) 09:06:17
2022 11-28 Semana
バランキージャ市南部でバイクに乗った殺し屋が銃を乱射、1人が死亡3人が怪我 コロンビア アトランティコ県


 監視カメラがアトランティコ県の県都バランキージャ市南部サンタ マリア地区で起きた銃撃事件の一部始終を記録しています。https://twitter.com/i/status/1596878565592936448
 事件は11月26日の夜にカジェ 91Bとカレラ 7 スールの交差点にある民家前で起きています。
 民家の前に住民たちが集まっていたところにバイクに乗った2人組の殺し屋が現れ、後部座席の男が銃を乱射しそのまま逃走しています。
 大音響の中、苦悩・絶望・恐怖の叫びが飛び交い、赤いシャツを着た男性が静かに崩れ落ちています。
 バランキージャ市警は1人が搬送先の病院で死亡し、3人が負傷していることを確認しています。
 殺害されたのはノルベルト ホセ ペドロサ カストロで、負傷者はハイデル ダビド ペドロサ ロドリゲス23歳とセサール アンドレス パヤレス ペドロサ23歳とダニエル カロ カストロ49歳です。
 
2022 11-28 EL UNIVERSAL
武装集団が民家を襲撃、女性3人が殺され女性1人と子供1人が怪我 メキシコ グアナフアト州

 日曜日の夜、ケレタロ州に近いグアナフアト州アパセオ エル グランデ市住宅団地フエンテ バルバネラにある民家が武装集団の襲撃を受け、女性3人が殺害されました。
 3人を殺害した武装集団は別の女性1人と子供1人に重傷を負わせており、病院に搬送され治療を受けています。
 午後9時の少し前に武装集団が民家を襲撃し、すぐさま車2台で逃亡しています。
 犯人グループが逃亡する様子が近隣住民により録画されており、ネットに上げられています。https://twitter.com/i/status/1597364667223269377
 治安が悪化しているグアナフアト州には国家防衛省が1000人の治安部隊を事件の2日前に派遣していました。

309taro:2022/11/30(水) 08:59:59
2022 11-29 el COLOMBIANO 4840.60 13,1
レティシアで4人が殺害される コロンビア アマソナス県

 コロンビア・ペルー・ブラジルの国境が交わるアマゾン川沿いの街、アマソナス県の県都レティシア市で11月28日月曜日の午後に4人が殺害されるという事件が発生しました。1台のバイクに乗った2人組の殺し屋が商店に現れ、銃を乱射しています。
 民間組織Indepazによれば、コロンビアで今年発生した虐殺事件(一度の3人以上が殺害される事件)は91件となっています。
 「バイクに二人乗りをした男2人がレティシア市にある商店に現れて店にいた人たちに向けて無差別に発砲し4人が死亡しています。」とIndepazは指摘しています。
 殺害された4人のうちの3人レオナルド アレクサンデル モレノ、アントニ マヌアレス、カーン カルロス バルデラマの身元が判明しています。今現在オンブズマン組織からの発表はありません。
 8月7日に大統領の就任したグスタボ ペトロ大統領は治安問題を重視しているにも関わらず、虐殺事件のほぼ3分1はペトロ大統領就任後に発生しています。
 
2022 11-29 CARACOL RADIO
Farc分派ゲリラボスの1人通称クアドラドが逮捕された コロンビア ナリニョ県

 コロンビア革命軍(Farc)分派セグンダ マルケタリア派につながるイバン リオス部隊のボスと目されるジョニー リカルド カイセド コルテス別名クラドラドがナリニョ県の県都パスト市で逮捕されました。
 当局発表によれば、クアドラドは2022年7月20日にナリニョ県最大の港町トゥマコ市郊外のバヤンビエンド村でアメリカ合衆国人オルランド エストラダ26歳とメキシコ人セベロ ソリス38歳とコロンビア人ダイラ サンブラノが殺害された事件の責任者とされています。
 「5年以上Farc分派ゲリラ部隊に所属するこの男は、外国人2人を殺害した容疑者です。」とナリニョ県警司令官ウイルソン シサが指摘しています。
 当局の発表によれば、クラドラドは約20人の戦闘員を抱え、アルト ミラ地域と国境地域で複数の違法武装グループと抗争を繰り返し、トゥマコ市郊外とエクアドルとの国境地帯で選択的殺人を繰り返しています。

310taro:2022/11/30(水) 09:00:10
2022 11-29 blu radio
Farc分派ゲリラ2人が投降し、子供ゲリラ1人が保護された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県カセレス市で軍事作戦を実施していた陸軍部隊に、コロンビア革命軍(Farc)分派第36戦線のゲリラ2人が投降しています。
 警察と協力して軍が実施していた作戦の際に、Farc分派第36戦線のゲリラ2人が自主的に投降し、未成年者1人を保護したと軍は発表しています。
 カセレス市のミナス デ サン パブロとして知られる場所で実施した軍事作戦の際に、2人のゲリラが武器を捨てる事を決意しました。アンティオキア県に存在するゲリラ組織の弱体化に繋がります。
 投降した2人は司法に協力することにより、裁判の際に特別な利益を受けることになります。

2022 11-29 el COLOMBIANO
ビジャ デ レイバ市の市街地でババアがストリップ、ひんしゅくを買う コロンビア ボヤカ県

 ボヤカ県ビジャ デ レイバ市の中心部で老女がストリップをして顰蹙を買っています。
 老女のストリップは11月27日日曜日の深夜に市のメインパーク近くで起きており、その様子は通行人の携帯電話で撮影されています。https://twitter.com/i/status/1597598456465743873
 動画は1分ほどで、老女は胸をさらけ出し、最後にズボンを下ろして下半身を見せています。ビジャ デ レイバ市の住民たちは老女にブーイングを浴びせています。
 「多くの住民たちが当局に苦情を上げていますが、当局からは回答がありません。」と地元紙ディアリオ ボヤカはウェブサイトで非難しています。

311taro:2022/12/01(木) 09:32:14
2022 11-30 El Pai's 4809,51 13,25
エクアドルとの国境近くでジャーナリストが殺害された コロンビア ナリニョ県

 コロンビア南部エクアドルとの国境近くで、ローカルテレビ局のディレクターでジャーナリストが殺害されたと、当局が火曜日に発表しました。
 「ナリニョ県ラ ウニオン市でジャーナリストで地域リーダーのウイルデル アルフレド コルドが殺害されたことを検察は発表します。」と検察がツイートしています。
 ウイルデルは月曜日の夜に射殺されています。
 「コルドバはラ ウニオン市郊外の農村部を移動中にバイクに乗った襲撃者から銃弾3発を撃たれて殺害されています。」と他 ウニオン市のファビアン エチェベリア市長がAFPの取材に答えています。
 報道の自由のための財団(FLIP)は、コルドバについて「地方行政やラ ウニオン市の治安の悪さについて告発していた。」とツイッター上で指摘しています。
 「コルドバのジャーナリストとしての仕事と今回の殺人事件の関連について捜査を実施するよう要請する。」とFLIPは訴えています。
 ラ ウニオン市は犯人の特定と逮捕につながる情報に4000ドル相当の報奨金を提供しています。
 
2022 11-30 CARCAOL RADIO
コロンビアの10月の失業率は9,7%

 コロンビアの今年10月の失業率は前年同月の12%から2,3ポイント回復した9,7%であったと国家統計局(Dane)局長レオナルド トルヒーヨが発表し、パンデミック以降初めて失業率が一桁に回復したと表明しています。
 局長によれば、152万2000人が新たな職を得ており、コロンビアの総就業者数は2260万6000人になっています。
 Daneによれば、コロンビアの非正規雇用者の数は243万4000人で、昨年と比較して44万人減少しています。
 性別の失業率は女性12,6%、男性7,6%となっています。

312taro:2022/12/01(木) 09:32:27
 
2022 11-30 El Pai's
トランスミレニオの駅で少女を強姦した男が拘置所で殺害された事件に関与したとされる警察官5人が逮捕された コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市プエンテ アランダ留置所内で少女を強姦した容疑で拘束されていたフアン パブロ ゴンサレスが他の囚人たちから殴り殺されるのを放置した容疑で警察官5人を刑務所の収監する決定をボゴタ市の裁判官が下しています。
 刑務所に収監されたのはバイロン アルレイ ゴンサレス、ブラディミール サンチェス タラソナ、ブラヤン ウンベルト モンテアレグレ、ブラヤン アンドレス マリン、エデュアルド ブランコ ロペスです。
 検察の説明によれば、2022年11月6日にトランスミレニオのラ カステジャナ駅で少女ヒラリー カストロをナイフで脅して連れ去り強姦した容疑で逮捕されたフアン パブロ ゴンサレスが、プエンテ アランダの拘置所に収監されました。
 5人の警察官が拘束者の監視と警備を行っていた拘置所内で、4番房の囚人たちがフアン パブロ ゴンサレスを連れ去ることを警官たちは許可したとされています。
 囚人たちはフアン パブロを浴室に連れていき、27分間に渡り暴行を加え殺害しています。加害者たちは暴行を加えながらフアン パブロに放尿し、尿を飲むよう強要しています。加害者たちはレイプ犯は死んで当然だとフアン パブロ ゴンサレスを罵倒しています。
 
2022 11-30 MILENIO
ハリスコ州で武装集団と警官隊が銃撃戦、犯罪容疑者1人が死亡警官1人が怪我 メキシコ

 ハリスコ州で警察と犯罪グループによる銃撃戦が発生しました。
 銃撃戦はサンタ マリア デル オロ市とキトゥパン市を結ぶ街道上で起きています。
 パトロールをしていた州警察のパトカーが、ハリスコ州ナンバーの不審なピックアップトラックを発見しました。
 パトカーが追跡していることに気づいた武装集団が発砲を開始し、銃撃戦が始まっています。
 この銃撃戦により警察官1人が負傷していますが、命のは別状ありません。
 当局は20歳くらいの男1人を殺し、車1台と銃器2丁を押収しています。
 ハリスコ州では11月26日にもエンカルナシオン デ ディオス市で武装集団と警官隊による銃撃戦が発生しています。この銃撃戦では犯罪容疑者2人が死亡しています。

313taro:2022/12/02(金) 09:13:22
2022 12-1 RCN noticiasrcn.com 4815,59 13,35
カウカ県5市でFarc分派同士が戦闘 コロンビア

 カウカ県カヒビオ市郊外でコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループと思われるゲリラ部隊が、コロンビア陸軍の部隊を襲撃しています。戦闘はマサモレロ村で発生しています。カウカ県ではFarc分派ハイメ マルティネス部隊とFarc分派セグンダ マルケタリア派ゲリラ部隊の戦闘がここ72時間で5市で発生しています。
 カウカ県警司令官グスタボ マルティネスは、「県警はトリビオ市・コリント市・バルボア市で戦闘が発生したことを確認しています。」と報告しています。
 今現在戦闘に巻き込まれて死傷した市民はいませんが、住民たちを怯えさせています。
 Farc分派同士の戦闘が発生している5市は、麻薬作物の栽培地であり麻薬製造工場があり、鉱物の違法採掘が行われています。
 カウカ県では1ヶ月前にもアルヘリア市エル パテアド地域でFarc分派カロス パティニョス戦線とFarc分派セグンダ マルケタリア ディメル コルテス戦線が戦闘を行っています。この戦闘により住民約50人が自宅を追われ、市街地に避難をしています。
 
2022 12-1 el COLOMBIANO
プエルト トリウンフォ市でバイクがカバに衝突 コロンビア アンティオキア県

 11月26日土曜日による、アンティオキア県プエルト トリウンフォ市テマティコ アシエンダ ナポレス公園近くの道で、1台のバイクがカバに衝突しています。
 プエルト トリウンフォ市の消防隊隊長ホルヘ エリセル アルボレダは、午後7時頃に道路上にいたカバに気づかなかったバイクに乗った男性が衝突していると報告しています。
 目撃者が撮影した画像によれば、バイク前部は破壊され運転手は片腕を骨折しています。
 バイクの運転手は衝突後、負傷しているにも関わらずカバに襲われる事を恐れて道路脇に走って逃げたとアルボレダは述べています。
 「7時35分ころに事故発生の報告があり、テマティコ公園の入り口近くに出動しました。事故を起こした青年は、突然カバの頭が見えて衝突したと語っています。彼は道路に投げ出されましたが、起き上がって逃げています。」と状況を説明しています。
 若者は現場で応急手当を受けた後にボヤカ県の病院に運ばれて、週末に手術を受けて退院しています。
 このような事故はあまり発生していませんが、アルボレダ隊長はこの地域では緊急事態に対処できるスポードで走行するよう呼びかけています。

314taro:2022/12/02(金) 09:13:33
2022 12-1 LA FM.
イドロイトゥアンゴ水力発電所に巨大蛇が現れる コロンビア アンティオキア県

 月曜日の夜、イドロイトゥアンゴ水力発電所の職員が、巨大な蛇ボアコンストリクターを発見しました。
 体長約2mの蛇を発電所の職員の1人が金属製の棒で排除しようとしている画像がネットに上がっています。
 現場には環境専門家が到着し、ベビを安全な場所に移動させています。発電所の機械室は暗く湿度が高いために爬虫類にとって理想的な場所であった可能性があります。
 
2022 12-1 EL UNIVERSAL
殺し屋容疑者が住民たちにリンチされ木に吊るされて殺された メキシコ タバスコ州

 タバスコ州カルデナス市の元市会議員を殺害したとされる男が、住民たちからリンチを受け木に吊るされて殺されました。
 近隣住民の証言によれば、元市会議員のアルマンド氏が自宅でサッカーメキシコ代表の試合を観戦していた時に、2人組の殺し屋から銃撃されています。アルマンド氏は直ちに病院に搬送されましたが、助かりませんでした。
 銃声を聞いたアスセナ区の住民たちが集まり、アルマンド氏を殺害した殺し屋を探し始め、殺し屋の1人を捕まえています。
 怒り狂った住民たちは捕まえた殺し屋容疑者に暴行を加え、公園の木に吊るして殺害しています。リンチを受けた男は、殺害される前に1万ペソを受け取りアルマンド氏を殺害したと告白し、事件の黒幕はフアンであると証言しています。
 殺された殺し屋容疑者はチアパス州ピチュカルコ市出身の男です。
 今現在当局からの発表はありません。

315taro:2022/12/03(土) 08:52:39
2022 12-2 NOTICIAS CARACOL 4815,59 13,85
元Farcゲリラと先住民警護隊隊員が殺害された コロンビア カウカ県

 コロンビア政府とコロンビア革命軍(Farc)主流派の和平合意により武器を捨てた元ゲリラのホセ レイネル カノ メディナと先住民警護隊隊長のアリエル ダニロ マヒン ヒメネスがカウカ県で殺害されました。
 カノ メディナはカロト市とエル パロ市を結ぶ公道上で12月1日に殺害されています。
 先住民警護隊のホセ レイネルは11月24日にカウカ県からナリニョ県に出かけたまま行方不明となり、その後死体で発見されています。
 民間組織Indepazによれば、今年殺害された元Farcゲリラは38人となっています。

2022 12-2 publimetro
ファストフード店の店じまいをしていた夫婦が強盗に撃たれ、妻が死亡夫が負傷 コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市ボサ区でファストフード店の店主夫婦が閉店中に強盗に撃たれ、妻が死亡しています。
 目撃者によれば、ラ リベルタ地区にあるファストフード店に強盗団がやってきて、夫婦を銃で脅してお金を奪おうとしました。しかし店のオーナーである夫婦はそれを拒絶し、強盗に撃たれています。夫婦には13歳の娘1人がいます。
 銃声を聞いた近隣住民が警察に通報し警官が駆けつけましたが、すでに強盗団は逃亡しています。撃たれた夫婦は病院に運ばれましたが、妻のイェイディー リベロは頭部と胸部と足を撃たれており助かりませんでした。
 夫のフアン ガブリエル トボは首と足を撃たれ重傷となっています。

316taro:2022/12/03(土) 08:52:52
2022 12-2 W RADIO
ベネスエラからコロンビアに5歳幼女を搬送していた救急車がベネスエラ軍国家警備隊に通行を阻止され、幼女が死んだ

 ベネスエラ タチラ州ボカ デ グリタ市からコロンビア ノルテ デ サンタンデール県プエルト サンタンデール市に入ろうとした急病の5歳幼女を乗せた救急車が、国境の橋の通行をベネスエラ軍国家警備隊に阻止され5歳幼女が死亡しています。
 目撃者によれば、ラ ウニオン国境橋で国家警備隊に通行を阻止された幼女は、呼吸困難により死亡しています。
 ベネスエラの国会議員フアン カルロス パレンシアは、「ベネスエラの国会議員としてラ ウニオン国境橋で5歳幼女が命を落とした不幸な出来事について、徹底的に調査を行い責任を明らかにするよう検察に要請しました。5歳幼女はラ フリアのCDIから、コロンビア プエルト サンタンデール市の病院に搬送されていました。」と強く語っています。
 
2022 12-2 Arietegui
オアハカ州でバス横転事故、3人が死亡36人が怪我 メキシコ

 オアハカ州フアレス山脈にあるサン ミゲル デル リオ村でバス横転事故が発生し、3人が死亡36人が怪我をしています。
 最初の発表によれば、与党国民再生運動(Morena)の支持者たちがオアハカ州の州都オアハカ市で木曜日に行われた州知事サロモン ハラ クルスに対する抗議行動に参加し、戻る途中で事故にあっています。
 今現在事故原因は不明です。事故現場には赤十字などの救急車が派遣され、国家警備隊が救助活動の支援を行っています。
 負傷者36人のうちの重傷者14人がオアハカ州の病院に搬送され治療を受けています。
 サロモン ハラ クルス州知事は事故発生を嘆き、すべての負傷者の手当を行うよう指示したと発表しています。

317taro:2022/12/04(日) 09:53:05
2022 12-3 EL ESPECTADOR 4815,59 13,85
Farc分派ゲリラ部隊と陸軍部隊が戦闘、3人の兵士が戦死2人が負傷 コロンビア カウカ県

 コルドバ県ティエラルタ市生まれの3等伍長アンドレス ダビド アギラールとアトランティコ県ソレダ市生まれの兵士ドゥバン アルフォンソ デ オロとナリニョ県ブエサコ市生まれの兵士ハイル ドミンゲス ナルバエスが金曜日の夜に発生したコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊との戦闘で戦死しました。
 戦闘はカウカ県アルヘリア市エル プラテアド地域郊外で起きています。作戦中の陸軍部隊がFarc分派カルロス パティニョ戦線傘下のゲリラ部隊と遭遇し戦闘となっています。
 戦闘では3人の戦死者のほかに兵士2人が負傷していますが、容体は安定しており間もなく現地から病院に搬送される予定です。
 戦死した兵士3人の遺体は法医学協会の施設に運ばれたのちに、家族に引き渡されます。
 戦闘が発生したアルヘリア市周辺では、Farc分派と国民解放軍(ELN)が存在しており麻薬利権を巡り争っています。
 Farc分派カルロス パティニョ戦線は10月にも戦闘で陸軍兵士エドガー アモ ゴンサレスとオネイデル デ ヘスス トレホスを殺害しています。

2022 12-3 el COLOMBIANO
Farc分派とELNのに武器を供給する犯罪グループが摘発された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県のゲリラ組織に武器や麻薬を供給者の1人は、県北東部の牧場主を装い共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)とコロンビア革命軍(Farc)分派に武器と麻薬を供給していました。
 逮捕されたのはフェリックス アントニオ ベレス レストレポ別名ティラドール38歳で、検察は犯罪共謀罪と武器売買罪で起訴しましたがティラドールは否認しています。
 捜査関係者の話によれば、ティラドールは数年前から牧場主としてヤルマル市・アノリ市・カンパメント市・バハ カウカ地域に姿を表していました。
 ティラドールはアンティオキア県の最重要手配犯であるELNダリオ ラミレス カストロ戦線の司令官カルロス アルフォンソ アグデロ ゴメス別名ネルソンもしくはカルボ、Farc分派36戦線のボス エドガー デ ヘスス オレゴ アランゴ別名フィルもしくはレオと提携していました。
 捜査によりティラドールが銃器とアノリ市で生産された麻薬をゲリラ組織に供給していたことが判明しています。
 11月18日、警察はマンションの家宅捜査を実施し、ティラドールを逮捕し銃器と現金4600万ペソを押収しています。
 同日、捜査当局はベヨ市とメデジン市でバホ カウカ地域で犯罪行為を繰り返すELNエロエス デ タラサ部隊の兵站組織につながる2人を逮捕しています。
 1人はエンビガド生まれの商人サウル ダリオ ガジェゴ マリン別名ダリオもしくはカレ マロで58歳で、バルディビア市とタラサ市で商売をしていました。
 ダリオはELNボス通称ネルソンの命令で動いているエロエス デ タラサ部隊のボス通称マティアスに麻薬を供給していたとされています。
 ダリオはプエルト バルディビア地域・プエル度 ラウダル地域・エル ドッセ地域で麻薬を仕入れていたとされており、麻薬犯罪共謀罪で起訴されています。
 もう1人の逮捕者はコルドバ県バレンシア市生まれのアリスタルコ ヘスス リカルド別名タルコ34歳です。
 調べによれば、タルコはバルディビア市で最も活動的なELNメンバーの1人で、農民やタクシー運転手などに化けて活動していました。

318taro:2022/12/04(日) 09:53:18
2022 12-2 EL UNIVERSAL
刑務所から出所直後の2人が殺された メキシコ サン ルイス ポトシ州 

 金曜日の午後、サン ルイス ポトシ州タマスンチャレ刑務所側で銃撃事件が発生し、刑務所から出所したばかりの男性2人が射殺されたと州治安当局が発表しました。
 2人は出所直後に襲われれており、死体は刑務所に通じる道の脇に倒れています。
 サン ルイス ポトス州検察は殺害された2人の犯罪歴が襲撃事件に関係があると見て捜査を開始しています。
 
2022 12-2 EL UNIVERSAL
サカテカス州の裁判官が襲撃され重体 メキシコ

 土曜日の朝、サカテカス州グアダルーペ市で裁判官が自宅から出たところで襲撃され、頭部に銃弾2発を撃たれ重体となっています。
 サカテカス州司法長官アルトゥーロ ナハレ ガルシアは、事件発生をネットを通じ発表し非難しています。
 「サカテカス州の裁判所で働く私たちは、今朝仲間の判事ロベルト エリアス マルティネスが襲撃されたことを強く非難し、サカテカス州検察に対して徹底的な捜査を求めます。」
 事件は午前7時近くにグアダルーペ市レアル デル ソル区にある自宅から判事が出て車に乗り込んだところで銃撃されています。

319taro:2022/12/05(月) 09:10:09
2022 12-4 blu radio 4815,59 13,85
カリブ海海上で10トン近いコカインが押収される コロンビア海軍

 コロンビア海軍はカリブ海で8つの作戦を実施し、10トン近いコカインの押収に成功しました。
 アメリカ合衆国・オランダとの作戦により押収されたコカインの総量は9,7トンです、
 アルバ島沖の海上で実施された作戦では、8つの作戦の中で最大の5117kgのコカインが押収されました。
 コロンビア海軍対麻薬タスクフォース司令官イビス マヌエル ルナ大佐は、一連の作戦によりコロンビアと中米の麻薬組織の財政に手痛い打撃を与えることができたと強調しています。
 「この重要な結果により麻薬密輸組織は3億2700万ドル以上の収入を失い無いました。押収されたコカインは2400万回分以上にあたります。」と大佐は述べています。
 8回の作戦により麻薬密輸船に乗船していた15人が逮捕されています。

2022 12-4 CARACOL RADIO
ELNとの和平交渉で進展があったとグスタボ ペトロ大統領が発表 コロンビア

 ベネスエラ カラカスで再開されたコロンビア政府と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の和平交渉の後、グスタボ ペトロ大統領は最初の1週間で最初の合意が得られたと発表しています。
 「ELNにより避難を強いられていた先住民族が居住地に戻ることが認められ、再び繰り返されないことが約束された。」と大統領は断言しています。
 「いかなる民族であれ、すべての国土で帰還が認められなければならない。」と大統領は述べています。
 大統領はELNの暴力の影響を最も受けている地域の1つアンティオキア県ムリンド市について言及し、安全な帰還と黒人たちが平和に暮らし始める事を確保するよう指示しています。
 グスタボ ペトロ大統領は歴史的に排除されていたムリンド市の治安・移動・交通により介入すると述べています。

320taro:2022/12/05(月) 09:10:20
2022 12-4 ANIMAL POLITICO
ソノラ州とバハ カリフォルニア州で犯罪グループ同士の抗争、8人が死亡12人が怪我 メキシコ

 ソノラ州とバハ カリフォルニア州の州境で犯罪グループ同士による銃撃戦が発生し、8人が死亡12人が怪我をしています。
 ソノラ州治安当局によれば、戦闘は12月3日の朝にバハ カリフォルニア州の農村部で始まっています。最初の戦闘では3人が死亡、4人が怪我をしています。
 「銃撃戦が発生した現場に出動した治安部隊が、大量の車両・武器・銃弾などを押収しています。」とソノラ州警察が発表しています。
 戦闘はソノラ州サン ルイス リオ コロラド市ルイス B サンチェス村に移動し、ここでさらに5人が死亡8人が負傷しています。
 通報を受けソノラ州と連邦の治安部隊が現場に駆けつけ、武装集団の拘束と住民保護のための作戦を実施しています。
 今現在逮捕されているのは3人だけです。

2022 12-4 LO'PEZ-DO'RIGA
イラプアト市の商人リーダーが殺害された メキシコ グアナフアト州

 グアナフアト州イラプアト市で真っ昼間に1人の男性が殺害される様子を撮影した動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1598741585042313230
 動画にはグレーと黒の上着、ジーンズを履き帽子をかぶった男が、青いノースリーブのTシャツと短パンの男性を至近距離から3発銃撃する様子が記録されています。
 銃声を聞いた現場周辺の人たちは走って逃げ出し、犯人は落ち着いて逃亡しています。
 数時間後、殺害されたのは商店主リーダーのジョナサン35歳であることが確認されています。
 今現在、グアナフアト州当局から犯人が逮捕されたという発表はありません。

321taro:2022/12/06(火) 09:10:51
2022 12-5 el COLOMBIANO 4815,59 14,25
リサラルダ県とチョコ県を結ぶ街道で土砂崩れ、34人が死んだ コロンビア

 リサラルダ県プエブロ リコ市で土砂崩れが発生し、これまでに34人の死亡が確認されています。現場では救急隊による救助活動が続いています。
 グスタボ ペトロ大統領は、「犠牲者家族に連帯し、国は包括的支援を行う。」とツイートしています。
 悲劇は日曜日の深夜にラ カバニャ村で発生し、バジェ デル カウカ県の県都カリ市とチョコ県の県都キブド市を結ぶ路線を運行していたバスの乗客31人が土砂の下敷きになっています。
 土砂崩れに巻き込まれたのはバスの他に自家用車2台とバイク1台で、これまでに34人の死亡と9人の負傷者が確認されています。

2022 12-5 el COLOMBIANO
警察官2人を殺害した犯人の逮捕に繋がる情報に多額の懸賞金 コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市警司令官カルロス フェルナンド トリアナ将軍は、犯罪グループを追跡していた警官2人を殺害した犯人たちの居場所を特定する情報に最大2億ペソ(約568万円)の懸賞金を支払うと発表しました。
 殺されたのは警部補のホセ アリリオ サンチェスとパトロール隊員グスタボ ボオルケスで、事件は日曜日にボサ区ロス オリボス地区で起きています。
 殺害された警官2人は商業施設に逃げ込んだ犯人グループを徒歩で追跡しており、逮捕にために建物に入った瞬間銃撃されています。
 撃たれた2人は直ちに病院に搬送されましたが助からず、犯人グループは逃亡しています。

322taro:2022/12/06(火) 09:11:04
2022 12-5 msn
妊婦を誘拐・殺害し赤ちゃんを奪った2人組みが捕まった メキシコ ベラクルス州

 新生児と一緒にいたゴンサロとベロニカが逮捕されています。新生児は無事です。
 妊婦ロサ イセラ20歳の遺体はベラクルス州メデジン デ ブラボ市ランチョ デル パドレにあるロス アリエロス農場で発見されました。
 州知事クイトラウアク ガルシアは記者会見で、主犯の女と共犯の男を逮捕したと発表しています。
 家族に妊娠したと嘘をついていたベロニカが、赤ちゃんを盗むことを計画したことが明らかになっています。
 ベロニカは妊娠8ヶ月半のロサ イセラを騙すことに成功しました。共犯のゴンサロは1万ペソ(約6万9264円)の報酬と引き換えにベロニカに協力しています。
 新生児は健康であることが確認された後に父親に引き渡されると知事は発表しています。

2022 12-5 EL FINANCIERO
アカプルコでバーと市場が襲撃され8人が殺された メキシコ ゲレロ州

 ゲレロ州のビーチリゾート アカプルコで月曜の早朝に2件の襲撃事件が発生し、少なくとも8人が殺害されました。
 当局発表によれば、午前6時ころにルイス ドナルド コロシオにあるバー サンタナスに武装集団が乱入し、バーにいた客に向けて銃撃しています。
 銃撃により4人が現場で死亡し、1人が搬送先の病院で死亡しています。
 その1時間後、アカプルコ中央市場に覆面を付けた武装集団が侵入し、鶏の皮を剥いでいた労働者3人が撃ち殺されています。
 市場内にいた数百人の買い物客がパニックになり逃げ出し、商店主たちも新たな襲撃を恐れて店を閉めています。
 2件の銃撃事件の犯人グループは冷静に逃亡しており、1人の逮捕者も出ていません。
 
2022 12-5 El Diario.mx
夫の遺体を引き取りに来た女性が撃ち殺された メキシコ ゲレロ州

 ゲレロ州の州都チルパンシンゴ市の法医学サービス(Semefo)に前日犯罪者に殺害された夫の遺体を引き取りに出向いた女性が、レネ フアレス通りで2人組みの殺し屋に殺害されました。
 Semefoの前にバイクに2人乗りをした男がやってきて、1人がバイクから降りてエリサベスに向けて発砲したと甥のフリオが証言していると州検察が発表しています。
 金曜日の午後、エリサベスと闘牛士の夫アダルベルト ロマン サンチェスと子供たちがシーフードレストランで食事をしていた時、1人の男がレストランに入りアダルベルトの頭部を撃ち抜いています。
 アダルベルトを殺害した犯人は、レストランを出て共犯者のバイクに乗って逃亡しています。

323taro:2022/12/07(水) 08:50:19
2022 12-6 infobae 4812,37 14,65
Farc分派ゲリラ部隊の待ち伏せ攻撃で陸軍兵士6人が戦死 コロンビア カウカ県

 火曜日の深夜、カウカ県でコロンビア革命軍(Farc)分派ハイメ マルティネス部隊が陸軍パトロール部隊に対して待ち伏せ攻撃を実行し、兵士6人が戦死6人が負傷7人が行方不明となっています。
 当局の第一報によれば、襲撃は午前2時55分にブエノス アイレス市ムチケ村近くで発生しています。
 ゲリラ部隊は自動小銃と迫撃砲と手投げ弾でパトロール部隊を襲撃しています。負傷兵は直ちに病院に搬送され治療を受けています。
 戦死した兵士の名前はヘアン ヒルベルト ロドリゲス オバンド、ヘルソン ラファエル マミアン モホンボイ、ジョナタン エルネスト オルドニェス ペスタニャ、ルイス アルマンド ベレス モレノ、エスレイデル アレクサンデル ポルトカレロ、ヨニー サック ルイスです。
 現在陸軍が行方不明となっている兵士7人の捜索作戦を続けています。
 一方、グスタボ ペトロ大統領はカウカ県で発生した重大な治安危機に対応するための臨時安全保障会議を開催するとツイートしています。
 「カウカ県の治安状況を確認するための臨時安全保障会議を招集した。平和は国家の至上の利益である。」とツイートしています。
 
2022 12-6 CARACL RADIO
土砂崩れ現場から奇跡的に9歳女児が助け出される コロンビア リサラルダ県

 リサラルダ県プエブロ リコしで発生した土砂崩れ現場で、亡くなった母親にしがみついていた9歳女児を救急隊は発見し救出したとリサラルダ県知事ビクトル マヌエル タマヨが発表しました。
 現場では約30時間かけてすべての遺体の救出作業を終えています。土砂崩れはサンタ セシリア地域とチョコ県を結ぶ街道の17km地点で発生しました。
 女児の叔母フロール モスケラはカラコルラジオの取材で、女児の手術が終わったと説明し、「あの子は事故のことをあまり話しません。彼女は母親と弟とチョコ県に向かっていました。」と語っています。

324taro:2022/12/07(水) 08:50:30

2022 12-6 Noticiero Digital
11月のインフレ率は29,1% ベネスエラ

 ベネスエラ財務局は11月のインフレ率が10月の14,5%から14,6%増の29,1%に達したと月曜日に発表しました。
 11月のインフレ率29,1%は年率換算で213%になります。ベネスエラ通過ボリバルが対米ドルで43%下落したことと、2021年11月から2022年11月にかけて外貨準備金が11億5400万米ドル減少したことがこの急激なインフレ率増加の理由です。
 ベネスエラ中央銀行(BCV)は外国為替市場に介入して為替レートの安定を図りましたが失敗し、外貨準備を流出させています。
 現在ベネスエラの1ヶ月あたりの必要食糧費は4095,95ボリバル(約366米ドル)ですが、基本最低賃金は一ヶ月130ボリバル(11,62米ドル)に据え置かれています。

2022 12-6 EL FONANCIERO
武装集団が民家を襲撃し4人を殺害して放火 メキシコ グアナフアト州

 12月5日月曜日の深夜にグアナフアト州イラプアト市サン マルティン デ ポレス区で立て続けに2件の襲撃事件は発生し、4人が殺害され民家2戸が燃やされています。
 午前3時30分に近隣住民から緊急番号911に通報が入っています。カジェ エステバン沿いにある民家に武装集団が侵入し、2人を殺害した後に爆弾を投げて民家を燃やし逃亡しています。
 消防隊とプロテクション シビルが現場に駆けつけ消火活動を行い、現場民家内から死体2体を発見しています。
 最初の襲撃のすぐ後、同じサン マルティン デ ポレス区カジェ サン ホセ沿いにある民家にも武装集団が押し入り、父と息子を殺害しています。父と息子はそれぞれ妻と寝ていましたが、女性2人は無事でした。
 武装集団は2軒めの民家にも火を放って逃亡しています。事件現場2か所は治安部隊が管理し、グアナフアト州検察が捜査を開始しています。
 グアナフアト州では今年これまでに16件の多重殺人事件が発生し、合わせて110人が殺害されています。

325taro:2022/12/08(木) 08:51:21
2022 12-7 El Pai's.com 4812,37 15,25
ラ ピコタ刑務所内から麻薬・携帯電話・酒などが押収される コロンビア ボゴタ市

 水曜日の深夜、アメリカ合衆国で訓練を受けた特殊警備チームが首都ボゴタ市にあるラ ピコタ刑務所内の捜索を実施しました。
 捜索の結果携帯電話67台・麻薬200g,酒7リットル・現金85万ペソ・Wifiモデム22台・SIMカード36枚・充電器85個・ハンズフリーマイクロフォン・冷蔵庫3台・家電製品22台・食料2トンが押収されました。
 ラ ピコタ刑務所ではこれまでにも食べ物と飲み物と音楽グループが参加したパーティーの開催や脱獄騒ぎなど多くのスキャンダルが発生しており、刑務所管理組織Inpecは刑務所内の汚職に終止符を打つと約束していました。
 アメリカ合衆国で訓練を受けた特殊チームは、今後囚人260人が収容される棟の警備を担当することになります。
 「今日、我々はすべての囚人をラ ピコタ刑務所内の別の棟に移送しました。新たな警備チームは窓・壁・床など棟内のすべてを徹底的に調査します。」とグティエレス大佐は表明しています。

2022 12-7 el COLOMBIANO
リオネグロ刑務所内で携帯電話・酒・ナイフから犬まで見つかる コロンビア アンティオキア県

 水曜日の深夜にアンティオキア県リオネグロ刑務所で家宅捜査が実施され、高級酒・様々な武器・現金から囚人が飼っていた犬2頭など見つかっています。
 作戦を実施した隊員の証言によれば、刑務所内はまるで豪邸のようでした。「携帯電話88台・ノートパソコン1台・USB2個・刃物60本・現金56万2000ペソ・カメラ2台・秤2台・酒・麻薬が見つかりました。」とアンティオキア県警司令官ダニエル マソ大佐が発表しています。
 リオネグロ刑務所は刑務所管理組織Inpecではなく、地方自治体が運営しており、すでに刑務所内の不正が複数警告されており、刑務所長に対する懲戒手続きも始まっています。刑務所長は「数百件の不正については知らない。」としか言えなかったと報道されています。
 刑務所内ではマリファナ1110パケ・白い粉3002パケ・2CB103パケ・タバコ90箱も見つかっています。

326taro:2022/12/08(木) 08:51:34

2022 12-7 EL UNIVERSAL
軍服を着用した武装集団が刑務所に乱入、囚人1人を連れ出す メキシコ ゲレロ州

 ゲレロ州ティエラ カリエンテ地域コユカ デ カタラン市のある刑務所に武装集団が乱入し、囚人1人を連れ出しています。
 ゲレロ州治安当局の報告によれば、水曜日の朝軍服を着用した武装集団が刑務所内に乱入し、看守たちから武器を取り上げ囚人サムエルを連れ去っています。
 サムエルは前日に誘拐容疑で収監されていました。
 当局は脱獄後直ちに警報赤を発令し、脱獄囚捜索作戦を開始しています。

2022 12-7 EL FINAMCIERO
ヌエボ ラレドで治安部隊と武装集団が銃撃戦、7人の犯罪容疑者が死んだ メキシコ タマウリパス州

 火曜日の午後、アメリカ合衆国都の国境の町タマウリパス州ヌエボ ラレド市で銃撃戦が発生し、7人が死んでいます。
 午後5時過ぎからヌエボ ラレド市内の複数ヶ所で銃撃戦が発生し、市民たちがパニックになっています。
 当局発表によれば、メキシコ陸軍の部隊がインフォナビト区とベニト フアレス区をパトロールしていた時に車数台に乗ったカルテル デル ノレステのメンバーたちから銃撃を受けています。
 軍部隊は直ちに反撃と追撃を行い、モンテレイ・ヌエボ ラレド街道で7人の犯罪容疑者を殺害しています。
 ヌエボ ラレド市長のカルメンリリア ビジャレアルは市民たちに対して注意を促し、SNSで詳しい情報を確認するよう呼びかけています。

327taro:2022/12/09(金) 08:52:54
2022 12-8 pulzo 4825,83 16,30
トレーラーが民家に衝突3人が死亡、近隣住民たちは救助もせずに民家から略奪 コロンビア マグダレナ県

 マグダレナ県ソナ バナネラしエル レポソ村で悲惨な交通事故が発生し、嫌な結末となっています。12月5日月曜の深夜、トレーラーが民家に衝突し一家3人が圧死しています。地元メディア サンタ マルタ アル ディア紙によれば、近隣住民たちは事故被害者たちを救助する代わりに、事故に巻き込まれた民家を荒らし持ち物を盗んでいます。
 事故原因としてブレーキ故障か居眠り運転の2つが指摘されています。
 事故の犠牲となったのはロドリゴ フランコと妻のルスデイ カステジャノスと息子のディラン フランコ5歳です。事故で重傷を負った3人は搬送先のサン クリストバル デ シエナガ病院で死亡しています。
 地元メディアによれば、近隣住民数人が事故が起きた民家に侵入し事故被害者家族のわずかな所持品を盗んでいったと、事故現場にエフライン オルテガ市長が到着した時に目撃者が証言しています。
 オルテガ市長は、「被災した家族を助けず、家にあったわずかな持ち物や家電製品を盗んだ人物がいると市民から指摘されました。」と述べています。
 トレーラーの運転手は重体で、3人家族が亡くなった病院に収容され治療を受けています。

2022 12-8 el COLOMBIANO
リオネグロ市で非番の警察官が家族の目の前で銃殺された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県リオネグロ市で水曜日の夜に警察官ホセ リクスニー ガレアノ警部が男2人と女1人の3人組に殺害されました。
 「午後11時45分頃に警部が殺害されました。彼は35歳で17年間警察官として勤務していました。自宅に向けて家族と歩いていた時に、暗がりにいる3人と遭遇しています。」とアンティオキア県警司令官ダニエル マソ大佐が語っています。
 公式発表によれば、事件がポルベニール地区で起きており、麻薬を使用していると思われる3人を見かけたガレアノ警部が捜査を依頼しています。
 「警部がその場から立ち去ろうとした時に、銃で背中を撃たれ殺害されました。地域住民たちからの情報提供により、現行犯で男2人と女1人を逮捕することができました。」とマソ大佐は説明しています。
 殺害された警部には10歳の息子がいます。

328taro:2022/12/09(金) 08:53:06
2022 12-8 Aristegui
17歳の少年が逮捕され、アジトから武器と麻薬が押収された メキシコ モレロス州

 モレロス州アマクサク市で警官に発砲した17歳の少年が警察と軍に逮捕されました。
 パトロール中の警官がカジェ デ ビセンテ ゲレロで長銃を持ちバイクに乗った2人組みを発見しました。
 警察官が2人に近づくと2人は警官に向けて発砲し逃亡を図りましたが逮捕されています。この逮捕劇の最中、現場近くの建物から武装した男数人がフェンスを乗り越えて別々の方向に向かって走り去っています。
 その後、警官隊が不審な建物内を捜索しています。建物内からはジープ1台とバイク3台、迷彩模様の多目的ベスト、長銃1丁、短銃1丁、銃弾254発、マリファナ25パケ、覚醒剤、文書、写真、脅迫文、F.M(ファミリア ミチョアカナ)のロゴが入った服などが発見・押収されています。
 
2022 12-8 msn
手榴弾と麻薬を所持していた高校生が逮捕された メキシコ サン ルイス ポトシ州

 麻薬と手榴弾1個を所持していたコバチ プランテル5高校の制服を着た17歳の少年2人が逮捕されたと、サン ルイス ポトシ州教育行政責任者フアン カルロス トレス セディジャが明らかにしています。少年たちは2日間手榴弾を所持していました。
 少年2人はシウダ フェルナンデスのカサブランカ公園で逮捕されています。警察官がマリファナを吸っていた少年を2人を捕まえています。
 警官が2人の持ち物を調べ、バックの中から起爆装置のない手榴弾を見つけています。2人は学校から徒歩で26分のカンペストレ イ ガマ区で手榴弾を見つけたと説明しています。2人は手榴弾をバックに隠して学校に持っていったと語っています。

329taro:2022/12/10(土) 08:51:25
2022 12-9 el COLOMBIANO 4825,83 18,20
密造酒を飲んで19人が死亡 コロンビア ボゴタ市とソアチャ市

 クリスマスシーズンが始まったばかりですが、ボゴタ市と隣接するクンディナマルカ県ソアチャ市で19人が密造酒を飲んで死亡しています。保健当局は飲用に適さないメタノールが入った密造酒が見つかったと警告を発しています。
 「保健所とボゴタ市警は中毒症状を起こし死に至ることもあるメタノールを含んだ2種類の密造酒を検知しました。発見された場合は決しての飲まずに123番に通報してください。」とボゴタ市長クラウディア ロペスは市民に呼びかけています。
 公式報告によれば、11月24から12月7日にかけてボゴタ市で16人が密造酒の飲酒により死亡しています。
 ボゴタ市当局はこれまでに131回の密造酒取り締まり作戦を実施し、衛生規範を満たさない商業施設28か所を閉鎖させています。密造酒を販売した場合、刑事処罰を受けることになります。
 「密造酒の製造・販売を行った者には最大禁錮11年、最適賃金1500ヶ月分の罰金が課せられ、商業施設は永久閉鎖が命じられる場合があります。」とボゴタ市治安当局は指摘しています。
 ボゴタ市以外にも隣接するクンディナマルカ県ソアチャ市で3人が密造酒により死亡しています。これまでに見つかっている密造酒はカバニィタスとレイ デ レジェスの2つです。
 密造酒を避けるためには、酒類販売が認可された場所で購入する、ボトルの状態(キャップ・ラベルなど)を確認する、他よりはるかに安く売られている酒を注意する、浮遊物のないものを選ぶことが重要です。

2022 12-9 Vanguardia
歩き携帯の若者がトレーラーに轢かれるも、奇跡的に助かる コロンビア イバゲ市

 トリマ県の県都イバゲ市で水曜日の午後、携帯電話で話しながら車道を横切っていた若い女性が、トレーラートラックに轢かれるも助かるという奇跡が起きています。事故は6番通りと7番通りの間カジェ60で起きています。
 防犯カメラは停車した車の間をぬってケラルティー病院に向かう看護師を撮影しています。https://twitter.com/i/status/1601195858380591110 
 女性が道を渡る前に信号が変わり車は動き始め、前方が見えない大型トレイラーも発進しています。
 女性はトレイラーに轢かれて倒れ、トレイラーはその上を通過しました。周りの人たちの悲鳴の中、トレイラーが通過すると足を擦りながら泣き叫ぶ女性が現れました。

330taro:2022/12/10(土) 08:51:37
2022 12-9 el COLOMBIANO
ナリニョ県で戦闘、Farc分派ゲリラ5人が戦死、18人が逮捕された コロンビア

 ナリニョ県でコロンビア軍とコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊が戦闘となり、ゲリラ5人が死亡2人が負傷18人が逮捕されました。
 戦闘は木曜日にイスクアンデし郊外で発生しており、死亡したのはFarc分派第30戦線のゲリラです。
 軍は戦闘を通じ自動小銃や手榴弾などを押収しています。
 戦闘は継続中であり、国防省や軍からの公式発表はまだありません。
 エクアドルと国境を接し太平洋に面するナリニョ県はコカの葉栽培や麻薬密輸ルートを巡りロス コンタドーレス・オリベル シニステラ・第30戦線イバン リオス・ラ セグンダ マルケタリア・ラ ヘンテ デル ヌエボ オルデン・ゲリジャス ウニドス デル パシフィコなどの違法武装組織が争っています。
 
2022 12-9 CARACOL RADIO
カウカ県ブエノス アイレス市郊外で6人の兵士が殺害された待ち伏せ攻撃の責任者通称マルロンに1億ペソの懸賞金 コロンビア

 コロンビア革命軍(Farc)分派ハイメ マルティネスの主要ボス イバン ハコボ イドロボ アレドンド別名マルロンに多額の懸賞金がかけられました。
 マルロンは今年6月13日にコロンビア軍との戦闘でハイメ マルティネスの最大ボスであったハイメ マルティネスの最大ボス通称マインブが死亡したことにより、その後釜となっています。
 当局はマルロン逮捕に繋がる情報に最大1億ペソ(約183万円)の懸賞金をかけました。
 Farc分派ハイメ マルティネスのゲリラ部隊はカウカ県ブエノス アイレス市郊外でコロンビア陸軍の部隊を待ち伏せし、19歳から22歳の兵士6人を殺害しています。マルロンはこの襲撃の黒幕とされています。

331taro:2022/12/11(日) 09:56:20
2022 12-10 NOTICIAS CARACOL 4815,99 18,20
保育園で幼児18歳に性虐待をしたとして告発されていた保育士が銃殺された コロンビア カウカ県

 カウカ県コリント市にある保育園で18歳の幼児に性的虐待をしたとして告発されていた保育士が殺害されました。事件が起きたコリント市はコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ組織の影響力の強い地域にあります。
 殺害されたファビアン ビバス グスマン46歳は、2015年に保育士として働いていた保育園で少なくとも18人の3歳から5歳の幼児に性的虐待をしたとして告発されていました。
 ファビアン ビバス グスマンはコリント市コロンビアナ地区で銃殺されています。
 性虐待の被害を受けた幼児の家族たちは、事件から7年が経過しても捜査に進展が無いとして、この事件の検察官を交代させるよう求めていました。

2022 12-10 EL UNIVERSAL
元恋人を殺害し自殺を図った男が、病院への搬送中に住民たちからリンチを受けて死んだ コロンビア スークレ県

 スークレ県警司令官ネストル ピネダ カステジャノス大佐は、元恋人を殺害したとされるマヌエル ホセ ディアス シルベラ43歳を殺害した責任者たちを探していると発表しています。木曜日の朝スークレ県サン オノフレ市でマリア エウヘニア ロメロ カンポ28歳が、マヌエルの自宅の台所でマヌエルに首を切られて殺害されました。
 マリア殺害後、マヌエルは犯行に使用した包丁で自殺を図りましたが警察に逮捕され、救急車で病院に搬送されています。
 しかし病院に向かう途中で、救急車は群衆に捕まり救急車は燃やされマヌエルは殺害されています。
 当局発表によれば、200人以上の住民がリンチに参加しています。スークレ県のエクトル オリンポ知事は今回の暴力事件を拒絶し、「市民は制度を信頼しなければなりません。自らの手で裁くことはいけません。ましてや、多くの命を救ってきた公共財産に影響を及ぼしてはなりません。」とツイートしています。
 このリンチ騒ぎで警察パトロール隊員7人が負傷し、救急車の運転手と救急隊員が焼け死ぬところでした。

332taro:2022/12/11(日) 09:56:33
2022 12-10 infobae
ベネスエラ通貨が暴落

 ベネスエラ通貨ボリバルの米ドル相場が下落しています。並行市場では1米ドル13,78ボリバルが18,26ボリバルと32%も下落しています。
 ベネスエラ中央銀行(BCV)の報告によれば、公式市場でも1米ドル11,69ボリバルから14,12ボリバルと20%下落しています。
 ベネスエラの最低賃金と年金は3月に130ボリバルに設定されていますが、ボリバルの下落により、対米ドルで69%の価値を失っています。
 最低賃金と年金は29、68ドルから9,20ドルに下がり、世界銀行の定める極貧ラインである一日1,90ドルをさらに下回り、0,30ドルとなっています。

2022 12-10 EL UNIVETSAL
犯罪組織テンプル騎士団の元最大ボス通称ラ トゥータに禁錮47年の有罪判決

 ミチョアカン州を拠点とする犯罪組織ロス カバジェロス テンプラリオス(テンプル騎士団)の元最大ボスであるセルバンド ゴメス マルティネス別名ラ トゥータもしくはエル プロフェに連邦裁判所の判事が禁錮47年6ヶ月、罰金1万3050日の有罪判決を下しています。
 2015年2月27日にミチョアカン州の州都モレリア市で逮捕されたラ トゥータは、メヒコ州にある最大警備体制のアルティプラノ刑務所に収監されています。
 ミチョアカン州アルテアガ市生まれのラ トゥータは判事に対し、刑務所当局による差別・職権乱用・身体的心理的拷問・残酷で非人道的扱い・屈辱的で名誉を傷つける扱い・屈辱・暴行・卑猥な言葉などを訴えています。

333taro:2022/12/12(月) 08:08:38
2022 12-11 NOTICIAS CARACOL 4815,99 18,20
キブド市で悲劇、土砂崩れに巻き込まれて一家4人が死んだ コロンビア チョコ県

 チョコ県の県都キブド市で一家6人を巻き込む土砂崩れが発生して両親と子供2人が死亡し、子供2人が生き残っています。
 両親と子供4人のメナ パラシオス一家眠っていた民家が土砂に飲み込まれ、両親と1歳と3歳の子供が死亡し5歳と7歳の子供が生き残っています。
 一家が暮らしていた民家はこの地滑りにより少なくとも75m引きずられており、フローレス デ ブエニャノス地区ラ ルチャの民家6戸も危険にさらされています。
 「雨が降り続く可能性があります。現在新たな悲劇を防ぐための調査を実施しており、明らかに6戸が避難の必要があります。」とキブド市環境責任者マルリディス パラシオスが報告しています。
 この地域に住んでいるのは貧困層で、特に雨季は土砂崩れの可能性があります。地域住民たちは新たな悲劇が起きることを恐れています。
 生き残った子供2人はイスマエル ロルダン病院に収容され治療を受けており、祖母が面倒を見ています。
 
2022 12-11 el COLOMBIANO
グスタボ ペトロ政権誕生以降、軍事作戦が70%以上減少している コロンビア

 平和のためのアイデア基金(FIP)の調べによれば、グスタボ ペトロが大統領に就任して3ヶ月の間に治安部隊による介入が激減しています。
 「新政権発足から3ヶ月の間、治安部隊に対する攻撃が73%、インフラや物品に対する攻撃が74%減少しており、2016年以降最も低い数字となっています。武装組織と国家治安当局の対立が減少しています。」とFIPの報告は説明しています。
 報告によれば、カウカ県北部・ウラバ地域・コルドバ県南部・カタトゥンボ地域の大部分で暴力行為が減少しています。
 今年コロンビアは虐殺事件や移住強制が多発する状況で始まっていますが、新大統領ペトロは解決策として「完全平和」を提案しすべての違法武装組織に対話を呼びかけています。完全平和政策は違法武装組織の暴力行為を大幅に減少させることに成功しています。

334taro:2022/12/12(月) 08:08:49
2022 12-11 el COLOMBIANO
コロンビアの最重要手配犯の1人がスペインで捕まった

 コロンビアの最重要手配犯の1人ジョニ テノリオ ミジャン別名ミ ユカがスペイン ポンテベドラで逮捕されました。
 コロンビア治安当局は拷問殺人事件の容疑者ミ ユカの行方を7年間追っていました。
 殺し屋組織のボス ミ ユカには1000万ペソの懸賞金がかけられていますが、逮捕の理由は文書偽造です。
 ポンテベドラ当局が身分証を偽造している男を発見し、インターポールに問い合わせた結果手配犯であることが判明し、逮捕に踏み切っています。
 ミ ユカはコロンビアに引き渡されることになります。

2022 12-11 EL FINANCIERO
武装集団が子供1人を含む7人を惨殺 メキシコ ゲレロ州

 12月10日土曜日、ゲレロ州ティエラ カリエンテ地域にあるコユカ デ カタラン市エル ドゥラスノ村に武装集団が乱入し、子供1人を含む7人を殺害しました。
 目撃者がネットに上げた証言によれば、ジョニー ウルタド オラスコアガ別名エル ペスが率いる犯罪組織ラ ファミリア ミチョアカナの武装集団が、住民たちを小学校に集めて7人を殺害し、11歳の子供1人を負傷させています。
 フェースブックには様々な口径の銃声が聞こえる動画が複数投稿されています。住民たちは州政府・連邦政府に助けを求めています。
 ゲレロ州治安当局は市民からの通報を受け、警察と陸軍・海軍・国家警備隊の部隊がエル ドゥラスノ村に派遣され、エブリン サルガド ピネダ州知事の指示を受け対応にあたっていると報告しています。
 しかし、ネットでは治安部隊が到着しておらず、負傷した少年を自力で病院に搬送しなければならないという住民たちの声が上がっています。
 コユカ デ カタラン市では先週刑務所が約80人の武装集団に襲撃され、誘拐団のボスとされる囚人サミュエル アビラを刑務所から連れ出しています。

335taro:2022/12/13(火) 09:05:06
2022 12-12 el COLOMBIANO 4815,99 18,05
クラン デル ゴルフォの最大ボス通称オトニエルの妹通称ラ ネグラが罪を認めアメリカ合衆国司法当局に協力を約束

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォの最大ボス ダリオ アントニオ ウスガ ダビド別名オトニエルの妹ニニ ホアナ ウスガが、クラン デル ゴルフォのためにコカインの流通とマネーロンダリングを第3者と提携して行った容疑を認めました。オトニエルは2021年10月23日に逮捕され、2022年5月4日にアメリカ合衆国に引き渡されています。
 アメリカ合衆国司法当局に協力することで、ラ ネグラは減刑される可能性があります。
 アメリカ合衆国では司法当局に協力することで10年の減刑、執行猶予、罰金の免除などの恩恵を受けることができます。
 コロンビアで逮捕され2022年半ばにアメリカ合衆国に引き渡されたラ ネグラは、10月に容疑を認める書面に署名しています。

2022 12-12 el COLOMBIANO
72時間で2人左派政党コロンビア ウマナのリーダー2人が殺された 

 グスタボ ペトロ大統領が党首の左派政党コロンビア ウマナの地方指導者が72時間で2人殺害されました。事件はボリバル県で発生しており、犯人は特定されていません。
 上院議長ロイ バレラスはツイッターを通じ、マガンゲ市でペトロ大統領を誕生させた左派連合パクト イストリコのリーダー フアン ナバロが殺害されたと発表しています。
 「パクト イストリコのマガンゲ市リーダー フアン ナバロ マンハレスが殺害されました。殺人の責任者の逮捕と準軍主義の後継者集団の特定を当局に求めます。彼らは日中平和のメッセージを送り、夜には殺人をしています。」とバレラスはツイートしています。
 グスタボ ペトロ大統領はマガンゲ市のパクト イストリコのメンバーであり2012年の市議会議員選挙に出馬したルイス ペニャが水曜日の夜に自宅前で殺し屋に殺害されたと発表しています。
 パクト イストリコの上院議員マリア ホセ ピサロも社会的リーダーの殺害を拒絶する声明を発表しています。
 「フアン ナバロとルイス ペニャの家族に連帯を表明し、捜査と逮捕を求めます。」とツイートし、「汚職と戦い、変化を求めることが命を犠牲にすることのないように。」と付け加えています。

336taro:2022/12/13(火) 09:05:17
2022 12-12 pulzo
さらに2人密造酒で亡くなる コロンビア

 11月24日からボゴタ市とソアチャ市でレイ デ レジェスと呼ばれる粗悪な密造酒の飲んで死亡する人が出始め、12月12日時点で20人が死亡しているとカラコルニュースが報じています。
 12月9日時点の死亡者数は18人で、さらに2人死亡者が増えています。
 カラコルニュースの報道によれば、1人はボゴタ市南部レストレポ地区にある商店から出て通りを歩いていた時に倒れてそのまま死亡しています。男性と一緒にいた女性も現在病院の集中治療室に収容されています。もう1人はボゴタ市と隣接するクンディナマルカ県ソアチャ市で亡くなっています。
 保健当局責任者ヒオバニー ルビアノは、現在密造酒の製造元を調べているとメディアの取材で語っています。
 取材を受けた市民の1人は、「スペイン広場やラス クルセス地区でとても安く買うことができる。」と証言しています。

2022 12-12 infobae
エル ドゥラスノ虐殺事件に100人以上の武装集団、死体は24時間以上放置されていた メキシコ ゲレロ州

 ゲレロ州エル ドゥラスノ村で犯罪組織ヌエバ ファミリア ミチョアカナの覆面をつけ自動小銃AK-47とR-15で武装した100人以上のメンバーが、11歳の少年1人を含む7人の村人を惨殺しています。
 12月10日土曜日の午後1時30分過ぎ、FMと書かれた約50台のピックアップトラックが、ティエラ カリエンテ地域コユカ デ カタラン市にあるエル ドゥラスノ村に侵入しています。
 連邦・州関係者によれば、ラ ファミリア ミチョアカナのメンバーたちは、イグナシオ サラゴサ小学校の校庭で平和的集会を行うといい、住民たちを集めています。
 しかし住民たちが集まったところで銃撃を始めています。校庭にはホセ ルイス、バルディミール、イシドロ ゴメス、ダニエル ビジャヌエバ、フェルナンド、エルデルの死体が放置されています。 
 銃撃後、武装集団は村の中を移動し、大通りでバギーに乗ったボニファシオ トレスにガソリンをかけて火を放っています。
 さらに複数の民家に銃撃を行い、住民たちに全員を殺して家を燃やすと脅して後、やっと発砲しながら村を出ています。
 日刊紙レフォルマの取材に答えた村人の1人は、イグナシオ サラゴサ小学校の校庭にほぼ24時間死体が放置されていたと証言しています。

337taro:2022/12/14(水) 09:10:20
2022 12-13 el COLOMBIANO 4836,24 16,25
Farc分派ゲリラ部隊と海軍が戦闘、ゲリラ1人が死亡10人が怪我 コロンビア ブエナベントゥーラ市

 コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊が乗った小型ボートが、バジェ デル カウカ県ブエナベントゥーラ市で海軍と戦闘となり沈没しています。この戦闘によりゲリラ1人が戦死しました。
 12月12日、太平洋沿岸最大の港町ブエナベントゥーラ市を流れるナヤ川で戦闘が起きています。麻薬が積み込まれたボートで移動していたゲリラ部隊が、海軍の船舶に発見され戦闘が発生し、少なくとも10人のゲリラが負傷しています。
 「ナヤ川でパトロールをしていた海兵隊と海軍の部隊が2隻のボートから攻撃を受けました。1隻は逃亡しましたが、1隻は逃げる途中で川岸にぶつかり沈没しています。」と太平洋艦隊司令官カルロス アルベルト セラノ少将が説明しています。
 沈没したボートにはFarc分派ゲリラ11人が乗っており、全員負傷し1人が重傷でした。
 「重傷者は直ちにプエルト メリサルデの病院に搬送されましたが、その後死亡しています。」とセラノ少将は指摘しています。
 海軍は作戦を通じマリファナが詰まった大袋32、ピストル6丁、手榴弾1個、銃弾125発などを押収しています。
 負傷者は治療を受けた後に、検察に引き渡される予定です。

2022 12-13 EL HERALDO
Farcセグンダ マルケタリア派は政府との交渉に向け、暴力行為を控える コロンビア

 コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派がグスタボ ペトロ大統領政権との和平交渉に向けて暴力行為を控える事を数日中に宣言するとコロンビア政府高等平和委員ダニロ ルエダは明らかにしました。
 「複数のグループと和平に向けて接近しています。私たちはおそらく今後数週間で、コロンビアに取って肯定的な報告を行うことができるでしょう。」とボゴタ市の放送局Bluラジオの取材で語っています。
 旧FarcのNo.2であったイバン マルケスが率いるFarcセグンダ マルケタリア派は、10月18日にグスタボ ペトロ大統領が提唱する完全平和政策を受け入れることを約束する声明を発表し、政府との和平交渉開始に向けた最初の一歩を踏み出しています。

338taro:2022/12/14(水) 09:10:32
2022 12-13 pulzo
密造酒による死亡者数が27人に コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市を中心に密造酒による被害が激増しており、月曜日の死亡者20人がここ数時間だけで27人に増えています。
 このような状況を受け、ボゴタ市警とクンディナマルカ県当局は約30トンの密造酒と闇タバコを押収し、明日火曜日の午前10時からボゴタ市で処分される予定です。
 「押収したのは密造酒と密輸入された酒です。」とクンディナマルカ県知事ニコラス ガルシアはカラコルラジオの取材で語り、検察が容疑者1人を逮捕し密造酒の製造に使われたとされる機器をを押収していると報告しています。
 
2022 12-13 el COLOMBIANO
ペドロ カスティージョの罷免と逮捕に抗議、これまでに7人が死んだ ペルー

 7人の死亡者の中には15歳から16歳の未成年者3人が含まれています。火曜日、農業者組合と農民組織と先住民組織は無期限ストライキの開始を宣言しました。
 月曜日の夜、ディナ ボルアルテ大統領の辞任を求める抗議行動で5人の抗議者が死亡し、死亡者の総数は7人となっています。ディナ ボルアルテ新大統領は、大統領選挙を2024年4月に前倒しで実施すると提案しましたが、抗議行動は続いています。
 ボルアルテ大統領が2026年に予定されている選挙を2年前倒しする法案を議会に提出すると発表したことで、罷免され逮捕されたペドロ カスティージョ元大統領の釈放・議会の閉鎖・選挙の即時実施を求める抗議行動がさらに過激化しています。
 月曜日、ペルー第2の都市アレキパ市で空港滑走路を占拠した約1500人のデモ隊と警官隊の衝突により1人が死亡しています。
 アプリマク県チンチェロスとアンダワイラスでも機動隊との衝突により4人が死亡しています。チンチェロスではデモ隊が検察施設と警察署に放火しています。

339taro:2022/12/15(木) 08:45:33
2022 12-14 blu radio 4791,57 17,5
プトゥマヨ県で若者5人が武装集団に殺された コロンビア

 火曜日、プトゥマヨ県オリト市で若者5人が殺害され1人が負傷するという事件が起きています。
 目撃者の証言によれば、油田のそばにあるラ エスペランサ地区の民家に短銃を持った武装集団が侵入し、民家内にいた6人に向けて銃を乱射しています。撃たれた6人のうちの4人がその場で死亡し、重傷を負った2人が病院に搬送され1人が死亡しています。
 今現在犯行の動機も実行グループの身元も不明で、当局による捜査が続いています。捜査関係者は麻薬絡みの犯行の可能性を指摘しています。
 民間組織Indepazによれば、コロンビアでは今年これまでに1度に3人以上が殺害される虐殺事件が91件発生し、289人が亡くなっています。

2022 12-14 RCN noticiasrcn.com
メタ県で3人の若者が殺害された コロンビア

 12月13日、コロンビアで2件の虐殺事件が発生しています。メタ県プエルト ガイタン市郊外プエルト トリウンフォ村で3人の若者が殺害されました。
 銃声が聞こえ見に行ったところ、銃殺された3体の死体を発見したと村人の1人が証言しています。
 殺害されたのはコロンビア人男性3人で、クロスティとサルチチョンとヒオバニのあだ名で呼ばれる若者たちです。
 治安当局による犯人検挙に向けた捜査は開始されています。事件が起きた地域ではコロンビア革命軍(Farc)分派第39アルセシオ ニーニョ戦線が活動しています。

340taro:2022/12/15(木) 08:45:45
2022 12-14 El Pai's
チョコ県で武装ストライキを行うと宣言したELNに政府が説明を求める コロンビア

 コロンビア政府高等平和委員ダニロ ルエダは、バジェ デル カウカ県・チョコ県に影響力を持つ共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)オマル ゴメス戦線が12月15日から武装ストライキを開始すると宣言したと発表しました。
 ELNはコロンビア政府との和平交渉を開始したばかりであり、ELNに説明を求めると平和委員は表明しています。
 「私たちはELNからの返答を待っているところです。今現在武装ストライキは実施されていません。私たちは武装ストライキが宣言されたチョコ県に住む先住民や黒人コミュニティと直接連絡をとっていますが、彼らはもちろん武装ストライキを拒絶しています。」とルエダは述べています。
 またルエダは武装ストライキの実行が予定されている地域で、住民たちを守るための措置を講じると発表しています。
 
2022 12-14 pulzo
先住民族アルウアコ1万人が街道占拠し、グスタボ ペトロ大統領との会談を求める コロンビア バジェドゥパール市

 12月14日の早朝からマグダレナ県シエラ ネバダからセサール県の県都バジェドゥパール市にやってきた先住民族アルウアコ1万人が街道を占拠し、グスタボ ペトロ大統領との会談を求めています。アルウアコ族のリーダー ノレイ キグア イスキエルドはカラコルニュースの取材に対し、大統領がこの場にやってくるまで抗議行動を続けると宣言しています。
 アルウアコ族がグスタボ ペトロ大統領に対して大規模抗議行動を行うのはこれが初めてです。バジェドゥパール市に集結した1万人近いアルウアコ族は、ペトロ大統領がアルウアコ族の訴えに耳を貸さず、解決策を提示しないと訴えています。
 「アルウアコ族の代表が選出されてすでに7ヶ月以上が経過しているにもかかわらず、政府は登録を拒否しています。」と非難し、「ペトロ大統領が来るまで、私たちはここから動くつもりはありません。」と宣言しています。

341taro:2022/12/16(金) 09:02:46
2022 12-15 el COLOMBIANO 4778,28 18,05
2023年の最低賃金は16%アップの116万ペソ コロンビア

 3時間以上続いた企業組合・労働組合・政府の交渉の結果、2023年のコロンビアの最低賃金は前年比16%アップ、交通費補助20%アップで合意に達しました。
 この合意によりコロンビアの最低賃金は1ヶ月116万ペソ、交通費補助14万606ペソとなり、合計で130万ペソ(約3万7500円)となります。
 「企業と労働者の間で合意が成立し、政府もそれを支持しています。賃金は16%上がります。賃金の増加によりインフレにより低下した購買意欲が増加し、経済成長のエンジンとなることを期待します。」と大統領は表明しています。
 2023年の最低賃金を定めることは困難な作業でした。コロンビア経済と世界経済はドル高・金利上昇・経済不況の中で厳しい状況が続いています。
 労働組合側は最低賃金の20%アップを要求し、企業側は対案を提示しませんでした。しかし交渉の初日から合意形成を合言葉に交渉が続けられました。
 
2022 12-15 RCN noticiasrcn.com
カウカ県で爆破攻撃、警官1人が殉職2人が重傷 コロンビア

 カウカ県で警察官を標的にした新たな襲撃事件が起きています。爆発物を使った襲撃事件がボルド市市街地で発生し、警察官1人が死亡2人が重傷を負っています。
 警察発表によれば、市街地をパトロールしていた警察パトロール隊の通過に合わせて爆弾が爆発しています。この爆発によりメデル ムニョス メディナ警部補が死亡し、パトロール隊員エイネル モレノ リアニョとオスカー イバン フェルナンデスが負傷しています。

342taro:2022/12/16(金) 09:02:56
2022 12-15 publimetro
歯科医院に押し入った強盗2人が歯科医に撃ち殺されるも、患者1人が重体に コロンビア バジェドゥパール市

 2人組の強盗が歯科医院に押し入り歯科医によって撃退されていますが、患者1人が巻き添えとなり重体となっています。
 コロンビアでは犯罪の増加に伴い、自衛行為も増えています。しかし多くの場合、期待通りの結果担っているわけではありません。12月14日、バジェドゥパール市でも、1人の市民が巻き込まれています。
 セサール県の県都にある歯科医院に2人組みの強盗が入り、有名な歯科医であるマルロン クエジョは武器を取って強盗と対峙することを決意しています。しかしマルロン クエジョが強盗2人を殺害した際に、患者の1人マイケル デ ヘスス デルガド カタラン29歳が重傷を負っています。
 「強盗2人は現場に居合わせた人の反撃により死亡し、強盗事件は未然に防ぐことができました。警察は状況を調べています。」とセサール県警司令官ルイス レオンが述べています。
 医者が強盗と戦っている時に額を撃たれた患者はラウラ ダニエル病院に緊急搬送されていますが、重体となっています。
 殺された強盗の1人は窃盗罪で自宅拘禁の判決を受けているグスタボ ノリエガ ディアス22歳であることが判明しています。犯人の1人が清掃員の制服を着て犯行に及んでいることが、ネットに上がっている動画で確認できます。https://twitter.com/i/status/1603164046789951506
 
2022 12-15 EL HERALDO DE ME'XICO
軍部隊と武装集団が激しい銃撃戦 メキシコ タマウリパス州

 メキシコ陸軍の部隊と犯罪グループの戦闘部隊がアメリカ合衆国テキサス州との国境の町タマウリパス州ヌエボ ラレド市で激しい銃撃戦を行っており、それを撮影した動画がネットに上がっています。
 パトロールをしていた陸軍部隊の車両の前に、1台のピックアップトラックが現れ発砲を始めています。攻撃された陸軍部隊は直ちに反撃を開始しています。
 1人の兵士が同僚に向かって「大丈夫か?」と聞き、同僚は「ああ、みんな地面に伏せて敵に撃っている。」と答えています。
 動画ではずっと激しい銃声が聞こえており、1人の兵士が銃を失い支援を求めています。
 この動画がいつ撮影されたのかは不明ですが、タマウリパス州ヌエボ ラレド市では12月7日に陸軍が武装集団と戦闘となり、カルテル デル ノレステのメンバーと思われる7人を殺害しています。

343taro:2022/12/17(土) 09:04:47
2022 12-16 CARACOL RADIO 4797,02 17,30
麻薬ボス通称ディアブロが殺された コロンビア キンディオ県

 ノルベルト グスマン グスマン別名ディアブロ56歳が水曜日にキンディオ県カラルカ市ベルサジェス地区でバイクに乗った2人組の殺し屋に殺害されました。
 当局発表によれば、ディアブロを殺害した殺し屋2人は警察の素早い対応により逮捕されています。ディアブロはここ数年で2度も襲撃されており、麻薬取引に関連する報復として殺害されたと捜査当局は推測しています。
 EL Espectador紙の報道によれば、数ヶ月前に軍諜報部はディアブロに関する情報を上げています。「ディアブロはカラルカ市の自宅とバジェ デル カウカ県カイセドニア市のアジトとカラルカ市の自動車修理工場を所有し、主に工場から加熱用バナナを運ぶトラックにコカインを隠してボゴタ市に出荷していました。」
 また諜報部はディアブロが2019年に死にかけたと報告しています。「5発の銃弾を撃たれ県都アルメニア市の病院に帆走されましたが、奇跡的に回復しています。」と報告しています。

2022 12-16 CARACOL RADIO
コカの葉栽培農家は代替作物とコカの木を同時に栽培することができる コロンビア

 ベネスエラと国境を接するノルテ デ サンタンデール県エル タラ市で開催されたコカの葉栽培農家の集会で、グスタボ ペトロ大統領は領土とコカの葉栽培農家の視点に立って麻薬作物問題に取り組むと発表しました。
 コカの葉栽培農家は代替作物の栽培が成功するまで、コカの葉栽培を継続できるようにすると提案しています。

344taro:2022/12/17(土) 09:04:59
2022 12-16 Semana
メデジン市でギャング団のボスと14歳の少年が殺された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県の県都メデジン市ベレン サフラ地区で14歳の少年が殺害されました。少年は地元ギャング団のボスと階段に座っていたところを撃ち殺されています。
 少年は数ヶ月前にギャング団に勧誘され、ボスのために働かされていました。
 近隣住民から銃声が聞こえたという通報が緊急電話番号123に入っています。直ちに警官が現場に駆けつけ、黄色い手捨てのある階段に倒れた2人を発見しています。銃撃事件では現場を通りかかった女性1人が巻き込まれて負傷しており、病院に緊急搬送されています。
 
2022 12-16 El Diario.mx
カルテル デ シナロアの地域ボスが心臓発作で死んだ メキシコ チワワ州

 チワワ州でカルテル デ シナロアの下部組織ヘンテ ヌエボのボスの1人ラモン ソト バレンズエラ別名エル ドクが心臓発作で死亡しました。エル ドクは州都チワワ市近郊のアキレス セルダン周辺の麻薬密売を取り仕切っていました。
 チワワ州検察の発表によれば、エル ドクは12月14日にシウダ パラルで死亡しています。
 エル ドクは2009年5月18日にシウダ パラルでメキシコ陸軍に仲間6人とともに逮捕されています。
 刑期を終えて出獄したエル ドクは2018年7月2日にマヌエル アルソラ カンポス別名ドン メニーが殺害されたことにより発生した内部抗争に乗じ、アキレス セルダンを拠点に他のボスたちと抗争を続けていました。

345taro:2022/12/18(日) 09:19:19
2022 12-17 NOTICIAS CARACOL 4802,48 17,30
ELNの武装ストライキで1万人の移動が制限されている コロンビア チョコ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が武装ストライキを宣言しているチョコ県では、メディオ・バハ サン フアン地域の複数の集落の住民が身動きがとれない状態になっています。地域リーダーたちはELNに対して、平和を望むのか戦争の継続を望むのかどちらかに決めるよう呼びかけ、最も被害を受けているのは民間人たちであると訴えています。
 リトラル デル サン フアン市郊外の先住民居住区パパヨの住民たちは、戦闘や食糧不足をおそれ武装ストライキが始まる前に自宅を出ています。
 チョコ県イスティミナ・メディオ サン フアン・ノビタ・リトラル デル サン フアン・シピの郊外地域1万人の住民たちは、川を使った移動ができなくなっています。
 「「これは一般市民に直接行われている監禁であり、この地域で期待されている人道的救済とは真逆の行いである。」とチョコ県オンブズマン ルイス ムリジョ ロブレドは指摘しています。
 バジェ デル カウカ県バホ カリマでも、河川運送業者はELNの報復を恐れて仕事ができなくなっています。
 チョコ県人権活動家エサウ レムスはグスタボ ペトロ政権に対して、チョコ県のすべての犯罪組織と対話を始めるよう求めています。
 「チョコ権では武力衝突がやまず、脅迫・殺人・強制失踪が続いており、国家政府の存在が必要となっています。」とエサウ レムス マトゥラナは表明しています。

2022 12-17 NOTICIAS CARACOL
マニサレス市で火事、一家4人子供2人と大人2人が亡くなった コロンビア カルダス県

 カルダス県の県都マニサレス市で火事が発生し、一家4人が焼け死んでいます。
 マニサレス市中心部サン ホアキン地区の建物で発生した火事で死亡したのは、子供2人と父親と祖母です。
 「居間から出火したと推測しています。亡くなった4人は火事に気づいて建物の裏手から外に出ようとしてそこで煙に巻かれて死亡しています。」とマニサレス市災害対策課課長アレクサ モラレスが指摘しています。
 死亡したのは祖母グロリア イネス ヒラルド52歳、息子フアン ダビド ヒラルド32歳、4歳と6歳の孫です。
 目撃者の証言によれば、炎は3家族14人が寝ていた3階建ての家屋に広がっています。死亡した4人は焼死したのではなく、煙で呼吸器を火傷して死亡していると当局は説明しています。
 最上階の住民は助けを求める声が聞こえたが、バイクが裏口を塞いでいたために何もできなかったと証言しています。
 火災と煙の中、成人女性2人が救出され、病院に帆走され酸素吸入を受けています。
 救急隊は今回の火事で4人の他に犬2頭とネコ3匹が死亡したと報告しています。今現在出火原因は特定されていません。

346taro:2022/12/18(日) 09:19:29
2022 12-17 CARACOL RADIO
サン アンドレシート サン ホセで泥棒がリンチを受ける コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市サン アンドレシート デ サン ホセ地区の商店主たちが、泥棒と思われる男をリンチをする様子が撮影された動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1603758590220800002 商店主たちは泥棒が乗っていたバイクを燃やしています。
 今現在警察に保護された泥棒の身元などは不明です。

2022 12-17 proceso
CJNGが陸軍大佐を誘拐 メキシコ ハリスコ州

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の地域ボス通称エル CRが率いる犯罪グループが、12月10日にハリスコ州タパルパ村で陸軍大佐ホセ イシドロ グリマルド ムニョスを誘拐しました。
 国家防衛省(Sedena)第15地域軍司令官クリソフォロ マルティネス パラ将軍は、誘拐された大佐の居場所を特定するための協力を市民に呼びかけています。
 グリマルド ムニョス大佐は数日の休暇を過ごしたタパルパ村を出ようとしたときに誘拐されています。
 大佐の乗った車が武装集団の乗った車2台に行く手を塞がれ、交通事故に見せかけて大佐を拉致連れ去っています。

347taro:2022/12/19(月) 09:20:38
2022 12-18 RCN Radio 4802,48 17,30
クフィル戦闘機に代わる新たな戦闘機を購入すると大統領が発表 コロンビア

 グスタボ ペトロ大統領は軍人と警察官42人の昇進式の場で、クフィル戦闘機に代わる新たな戦闘金を購入すると発表しました。
 「古い機体を運用することは危険である可能性があり、新型期の導入は愛する人を待つ家族の幸せにつながる。」と大統領は述べています。
 昇進式には国防大臣イバン ベラスケス、司法長官フランシスコ バルボサ、警察長官エンリー サナブリア、軍艦部らが出席しています。
 「コロンビア空軍は古いクフィルに代わる優秀な戦闘機部隊を持つことになる。空軍パイロットの奥さんたちは私にとても感謝することであろう。なぜならあの航空機はすでに危険な物になっていたのだから。」と大統領は表明しています。
 
2022 12-18 W RADIO
海軍下士官がボカグランデの公園で死体で見つかる コロンビア カルタヘナ市

 土曜日の朝7時頃、ボリバル県の県都カルタヘナ市ボカグランデにあるショッピングセンター内の公園で、ボヤカ県トゥンハ市出身のサンティアゴ ラモス アメスキタの死体が発見されたと当局が発表しました。
 海軍はWラジオの取材に対し、サンティアゴ ラモス アメスキタはカルタヘナ海軍基地に所属する下士官であると明らかにしています。
 ラモス アメスキタは2022年6月11日に海軍下士官学校に入学し、12月2日に2等海士に昇進、12月13日から会計補佐としてカルタヘナ海軍基地で働いていました。
 検死の結果遺体に暴力を受けた痕跡はなく、当局は建物から飛び降りた可能性があるとしています。
 遺体は検察CTIが回収し、当局が状況の解明のための情報収集を続けています。

348taro:2022/12/19(月) 09:20:52
2022 12-18 Aristegui
携帯を渡せ、さくなくば刺すぞと子供強盗が市場の商店主を脅す メキシコ トルーカ市

 12月16日、メヒコ州トルーカ市にある市場で8歳から10歳の少年が強盗を働いています。
 ネットには少年が通行人を脅して持ち物を奪おうとする動画が上がっています。3分弱の動画では自転車に乗った少年が通行人に携帯電話を渡すようしつこく要求している様子が記録されています。
 時折自転車のハンドルが映る動画で少年は、携帯電話を渡さないと刺す、撃ってもいい。」と脅しています。
 日刊紙EL UNIVERSALの報道によれば、少年は16 デ セプティエンブレ市場の近くに住んでおり、目撃者たちは少年が常習的に携帯電話や時にはお金を盗んでいると証言しています。
 ある女性の話では、少年はスラム街のソピロカルコ地区に住んでおり、商店主たちは露天商をしている少年の家族に苦情を伝えましたが無視されています。
 少年は年齢的に法的責任が無く、逮捕されることはないと確信しています。

2022 12-18 EL UNIVERSAL
ソノラ州グアイマス市にある幼稚園の近くで銃撃事件が発生しましたが、サンタクロースの格好をした園長が園児たちを落ち着かせています。
 事件はラス コリナス区にある幼稚園と小学校の近くで起きています。
 「先程、薬物仕様の可能性のある廃屋内で銃撃が起きています。負傷者や死者の報告はありません。」と州公安長官が説明しています。
 ソノラ州グアイマス市では数日前にもミラマールにある幼稚園近くで銃撃事件が発生しています。
 この時、教師の1人が園児たちを床に伏せさせた後で、パニックにならないよう歌を歌っています。

349taro:2022/12/20(火) 09:16:24
2022 12-19 Portafolio 4802,48 17,15
ELNがクリスマス休戦を宣言 コロンビア

 コロンビア政府と和平交渉を再開した共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が、12月24から1月2日にかけて一方的に停戦を行うと12月19日に宣言しました。
 「国民解放軍はクリスマスと新年に平和的雰囲気を作り出すことに引き続き貢献することを約束し、一方的に停戦を行う。」と短い声明の中で表明しています。
 ELNは「2022年12月24日午前6時から、2023年1月2日午前6時まで停戦を行う。」と発表しています。
 また「この停戦は軍および警察だけを対象にしたものである。」と指摘し、攻撃を受けた場合は自衛権を行使すると付け加えています。
 赤十字国際委員会(CICR)によれば、ELNは準軍組織ガイタニスタス デ コロンビア(AGC 別名クラン デル ゴルフォ)と敵対関係にあり、ELNとAGCの抗争が激化しているチョコ県サン フアン地域では数日前にELNが武装ストライキの実施を宣言しています。
 6人の武装したゲリラに守られた女ゲリラボス クラウディア イサベル Mが声明を読み上げています。https://twitter.com/i/status/1604705644438642688
 コロンビアの至る所に存在する準軍組織に対する攻撃を政府に要請しています。
 一方、ELNの拠点の1つであるベネスエラと国境を接するアラウカ県では、今年初めからコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループとELNが激しく争っており、300人以上が死亡しています。
 コロンビア政府とELNの和平交渉は2019年1月17日にELNが実行した警察士官学校爆破テロにより中断しました。爆破テロでは20人以上の警察士官候補生が死亡しています。
 しかし左派連合パクト イストリコのグスタボ ペトロが大統領に就任したことにより、コロンビア政府とELNは和平交渉の再開に向けて接触し、12月12日にベネスエラの首都カラカスで和平交渉が再開されました。

2022 12-19 EL HERALDO
ELNゲリラ部隊がカルドノ市をパトロール コロンビア カウカ県

 カウカ県カルドノ市ベヨ地区の通りで共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)ゲリラ部隊がパトロールを行い、住民たちを恐れさせています。
 市民たちの証言によれば、数人の重武装をしたゲリラがやってきて、音楽を消せと命じ、住民たちを調べています。ゲリラ部隊が現れたのは警察署のすぐ側でした。
 ネットには長銃を携帯した数人のELNの軍服を着たゲリラがカルドノ市の街を歩いている動画が上がっています。https://twitter.com/i/status/1604794140146905088
 カルドノ市にやってきたのはELNマヌエル バスケス カスタニョ戦線のゲリラ部隊と推測されています。
 カルドノ市高官ルイス アンドレス グエティオは、非常に憂慮される状況であると語っています。「このような事が再び起きないよう、住民たちは求めています。」
 カルドノ市のホセ ビセンテ オテロ市長はELNから死の脅迫を受け12月14日からカルドノ市を離れています。

350taro:2022/12/20(火) 09:16:45
2022 12-19 NOTICIAS CARACOL
非番の警官が強盗に撃ち殺された コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市東部の住宅街の路上で、非番の警察官が強盗に撃ち殺されました、監視カメラは銃を抜いた犯人と警官がもみ合う様子が記録されています。
 撃たれた警官は病院に帆走されましたが、死亡が宣告されています。殺害されたのは対麻薬警察の警官カルロス アンドレス ムニョスで、ムニョスの家族1人も怪我をしています。
 当局は最大2000万ペソ(約57万円)の懸賞金をかけて犯人の行方を追っています。

2022 12-19 tele SURtv.net
ペルーの抗議行動、死亡者が25人に

 ペルー保健省は総選挙と新たな憲法を求める抗議行動に伴う死亡者が25人に上っていると日曜日に発表しました。
 保健省の最新の発表によれば、9人がアヤクチョ県、6人がアプリマク県、3人がクスコ県、3人がフニン県、3人がラ リベルタ県、1人がアレキパ県で死亡しています。
 死亡者の他に287人が病院に搬送されており、内訳はアプリマク県56人、アヤクチョ県45人、リマ市37人、ラ リベルタ県36人、アレキパ県35人、フニン県35人、クスコ県16人、プーノ県15人、ワンカベリカ県12人となっています。

351taro:2022/12/21(水) 09:48:47
2022 12-20 EL UNIVERSAL 4781,28 17,75
人身売買容疑でカルルたヘナ市警の女性警官が逮捕された コロンビア

 ボリバル県の県都カルタヘナ市で今年5月13日に人身売買行為を行った容疑で、カルタヘナ市警の女性警官ダニエラ エチェベリ ゴメスが逮捕されました。
 ダニエラは12月18日日曜日の午後5時に、アラウカ県クラボ ノルテ市で逮捕され、直ちにボゴタ市の第16課検察に引き渡されました。
 エチェベリは警察と検察の捜査が行われている間、アラウカ県クラボ ノルテ市警に派遣されていました。
 調べによれば、エチェベリはカルタヘナ市とイスラス デル ロサリオで若い女性に売春をさせる組織のメンバーです。
 エチェベリはカルタヘナ市警児童青年課の警官で、2018年11月30日に、ラ キンタ地区のゴミ捨て場に放置されていた赤ちゃんを救助しています。

2022 12-20 el VCOLOMBIANO
ELNの武装ストライキが終わる コロンビア チョコ県とバジェ デル カウカ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)はチョコ県の複数の地域で実施していた武装ストライキを火曜日に終了させています。
 グスタボ ペトロ大統領によれば、ELNはすでに敵対行為を停止し、治安部隊が武装ストライキの被害を受けたチョコ県とバジェ デル カウカ県の住民たちに人道支援を行っています。
 内務大臣のアルフォンソ プラダは、ELNによる平和に向けた態度であり、他の違法武装組織もELNに続くことを期待すると述べています。
 ELNは和平交渉の場で人道支援と一部地域での停戦が発表された翌日の12月15日に武装ストライキを実施すると発表していました。
 ELNが武装ストライキの実施を発表すると、コロンビア政府は強く非難し武装ストライキの中止を求めていました。
 結局武装ストライキは5日間で終了しています。カトリック教会によれば、火曜日までにチョコ県の住民3万人以上が武装ストライキにより移動を制限されていました。

352taro:2022/12/21(水) 09:49:01
2022 12-20 EFECTO COCUYO
バス横転事故、4人が死亡28人が怪我 ベネスエラ カラボボ州

 カラボボ州バレンシア市で12月20日火曜日の朝にバス横転事故が発生し、4人が死亡28人が怪我をしています。
 フェルナンド フォゲレド通りのバレンシア水族館近くでバス運転手がバスのコントロールを失い横転しています。
 負傷者はエンリケ テヘラ病院に搬送されていますが、複数の重体患者が含まれており死亡者が増える可能性があります。
 エル カラボベニョ紙の報道によれば、現場にはプロテクションシビル・警察・救急隊が駆けつけ救助にあたっています。
 
2022 12-20 EL ECONOMISTA
エル メンチョの兄トニー モンタナが捕まった メキシコ ハリスコ州

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の最大ボス ネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョの兄アントニオ オセゲラ セルバンテスがメキシコ軍に逮捕されました。
 アントニオ オセゲラは火曜日の午前5時頃に、ハリスコ州トラホムルコ デ スニィガ市の近くで逮捕されています。
 アントニオ オセゲラ セルバンテスはCJNGのために武器を購入やマネーロンダリングを行った容疑で告発されています。
 国家防衛省(Sedena)は検察と国家防衛隊との協力により、オセゲラ セルバンテスの潜伏している場所を特定し、今朝早くに逮捕しています。
 作戦を通じ短銃6丁、長銃1丁、コカインと思われる薬物、車2台、弾倉9個を押収しています。
 「アントニオの逮捕は本国の犯罪組織の1つに手痛い打撃となりました。アントニオは組織の主要な物流・財政ボスの1人であり、暴力の発生者とされています。」とSedenaは強調しています。
 アメリカ合衆国財務省はアントニオ オセゲラについて、CJBGのマネーロンダリングと国際麻薬取引の責任者として告発しています。
 アメリカ合衆国麻薬取締局(DEA)によれば、アメリカ合衆国政府は弟のエル メンチョに1000万ドルの懸賞金をかけています。2021年11月に妻が逮捕されたエル メンチョには他に4人の兄弟がいます。
 2020年2月には息子のルーベン オセゲラ ゴンサレス別名エル メンチートがアメリカ合衆国に引き渡され、麻薬密輸の容疑で起訴されています。
 CJNGとカルテル デ シナロアがメキシコで最も強大な犯罪組織とされています。
 CJNGはホアキン チャポ グスマンが率いていたカルテル デ シナロアの先頭集団として誕生していますが、2010年頃からCJNGがカルテル デ シナロアから独立し、麻薬利権を巡り激しく争うようになっています。
 CJNGは当局に対して直接的攻撃を行うことでその存在を際立たせています。連邦政府によれば、CJNGは12月10日にハリスコ州で休暇中の陸軍大佐ホセ イシドロ グリマルドを拉致誘拐しています。

353taro:2022/12/22(木) 09:43:18
2022 12-21 el COLOMBIANO 4769,29 18,15
Farc分派が自動車爆弾テロ コロンビア バジェ デル カウカ県

 水曜日の深夜、バジェ デル カウカ県ハムンディ市で激しい爆発が起きています。車の中に仕掛けられていた爆弾は午前1時30分にハムンディ市市街地とポトレリト地域を結ぶ公道の13km地点で、リモートコントロールにより起爆されたと推測されています。
 自動車爆弾テロの標的は警察パトカーであったと当局は指摘しています。
 ハムンディ市のアンドレス フェリペ ラミレス市長は、脅迫行為であるとテロを非難し、テロによる死傷者は出ていないと報告しています。
 「今日(水曜日)ンお深夜に発生したテロはハムンディ市と国家に対する脅迫行為です。幸いなことに死亡者も負傷者も出ていません。治安当局が犯行の動機を調べるとともに、現場周辺を確保しています。」とツイートしています。
 カリ市のホルヘ イバン オスピナ市長は、バジェ デル カウカ県の県都カリ市近郊で発生したテロ事件に言及しています。
 「ハムンディ市の市民とアンドレス フェリペ ラミレス市長に連帯を表明します。テロリズムで平和と正義を求める国民の意思を挫くことはできません。」とツイートしています。
 市長はBluラジオの取材に対し、警察対爆発物班が現場に入り捜査を進めていると指摘しています。
 爆破テロはコロンビア革命軍(Farc)分派ハイメ マルティネス部隊の犯行であると市長は断定しています。

2022 12-21 el COLOMBIANO
ブリセニョ市で爆破攻撃、陸軍兵士3人が負傷 コロンビア アンティオキア県

 火曜日、アンティオキア県北部ブリセニョ市で、陸軍第7師団所属の部隊が攻撃を受けています。
 この攻撃により兵士3人が負傷していますが、重傷ではありません。
 ブリセニョ市郊外に爆弾を仕掛けたのはコロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォであると関係者は指摘しています。現在悪天候のために負傷者の搬送ができていませんが、天候が回復次第県都メデジン市の病院に帆走される予定です。

354taro:2022/12/22(木) 09:43:29
2022 12-21 blu radio
動物用の薬から覚せい剤を製造していた犯罪グループが摘発された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県バジェ デ アブラ地域南部イタグイ市で麻薬を製造していた犯罪グループが、アメリカ合衆国治安当局の支援を受けた警察と検察によって摘発されました。
 作戦によりアンティオキア県の県都メデジン市とサバネタ市、ボゴタ市、クンディナマルカ県コタ市で8人が逮捕されました。8人は馬などの動物用の麻酔と外国から持ち込まれた物質を合成して覚醒剤・2BC・エクスタシーなどを製造し、メデジン市と周辺地域で密売していた容疑で告発されています。
 「動物の麻酔に使用されるケタミンという物質で、アルゼンチンから輸入されていました。」
 逮捕者の中には首謀者とされるコロンビアとアメリカ合衆国の国籍を持つ通称エル パイサとボゴタ市の動物病院を麻薬製造工場として使用していた獣医師通称エル ドクトールが含まれています。イタグイ市の治安担当責任者ラファエル オタルバロによれば、麻薬製造には命に関わる危険な物質が使用されています。
 当局はエル ドクトールの獣医師免許の撤回を求めるとともに、ボスの通称エル パイサは性犯罪でアメリカ合衆国フロリダパームビーチ裁判所から指名手配されており、エル パイサがアメリカ合衆国に引き渡される可能性があると指摘しています。

2022 12-21 EL UNIVERSAL
死体6体を乗せたバンが放置される様子が撮影されていた メキシコ ティフアナ

 アメリカ合衆国との国境の町バハ カリフォルニア州ティブアナ市にあるプラサ コンキスタドーレスの駐車場に、死体6体を乗せたバンが放置されています。
 男が冷静に正確に駐車する様子を監視カメラが撮影していました。
 白いバンから降りた男は駐車場を封鎖していた鎖を外して車を駐車場に入れて駐車し、慌てることなく立ち去っています。12月19日午前4時の出来事です。
 車に乗せられていたのは男性5人と女性1人の死体で、身元は不明です。

355taro:2022/12/23(金) 09:34:01
2022 12-22 el COLOMBIANO 4761,64 17,55
ELNが11月に誘拐した未成年2人を解放した コロンビア アラウカ県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)がアラウカ県で今年11月に誘拐した未成年者2人を解放しました。2人はオンブズマン・カトリック教会・赤十字国際委員会から構成される人道ミッションに引き渡されています。
 「未成年者解放のためにオンブズマン組織が持つすべてのチャンネルを活用しました。違法武装組織に拘束されているすべての人々の解放のために人道的ミッションを継続していきます。」とオンブズマン カルロス カマルゴは指摘しています。
 11月24日ELNは未成年者4人を誘拐し、サラベナ市の社会的施設と商業施設に手榴弾を投げたと非難していました。ELNに誘拐された4人のうちの2人は12月8日に解放されています。
 「住民たちの財産に手榴弾を投げた4人を我々のゲリラ部隊が拘束した。この襲撃はコロンビアで最も卑劣なFarc分派ゲリラ通称アントニオ メディナと通称ペスカードが仕組んだものである。ELNは民間人を雇うこともないし、住民を攻撃するために若者たちに金を払うこともない。」とELN東部戦線は声明を通じ指摘しています。
 人道ミッションを2人の健康状態を確認した後に、福祉機関コロンビア家族福祉協会(ICBF)に引き渡し、児童・青年を武力紛争に巻き込まないよう呼びかけています。
 ELNは12月24日から1月2日までの停戦を宣言しています。

2022 12-22 El Pai's
自動車爆弾テロが起きたばかりのハムンディ市で爆弾投擲事件が発生した コロンビア バジェ デル カウカ県

 水曜日の午後8時頃、バジェ デル カウカ県の県都カリ市の南にあるハムンディ市エル ホルダン地区のスポーツ施設で爆破事件が起きています。自動車爆弾テロ事件が発生して24時間以内にこの事件が起きています。
 軍発表によれば、爆弾の爆発による死傷者は出ていません。
 爆弾は軍部隊の検問所に向けて投げられています。
 バジェ デル カウカ県治安担当責任者カミロ ムリシアはネットを通じ、深夜に発生した爆破テロに対して当局が迅速に対応したことに対する報復であると述べています。
 クララ ルス ロルダン知事はすべての資材を投入し、軍や警察と共に住民の生命を守っているとムリシアは強調しています。

356taro:2022/12/23(金) 09:34:11
2022 12-22 RCN noticiasrcn.com
殺し屋の襲撃で14歳の少年が殺された コロンビア ブカラマンガ市

 12月21日水曜日の深夜0時頃、1台のバイクに乗った2人組の殺し屋がサンタンデール県の県都ブカラマンガ市ロス デ サルバシオン地区とグランハス デ プロベンサ地区の間で2人の若者を銃撃しています。当局は麻薬密売に関連した犯行であると推測しています。
 撃たれた2人は病院に搬送されましたが、14歳の少年は病院に到着した直後に死亡しています。もう1人の若者も負傷していますが、回復に向かっています。
 ブカラマンガ市警は麻薬密売に関連した報復攻撃であろうと指摘指摘しています。襲われた2人は麻薬密売組織に雇われたチンピラでした。
 14歳の少年には麻薬犯罪で逮捕歴があったと警察は説明しています。
 ブカラマンガ市では麻薬密売に関連する暴力事件が頻発しており取り締まりを強化しています。これまでに麻薬密売グループ ロス モノス・ロス サンタナ・トス プマス・ピラタス・ロス デル カルダス・ラ レシステンシアなど35のグループを摘発しています。
 
2022 12-22 EL UNIVERSAL
強盗団4人が住民たちに捕まり、手を縛られ吊るされる メキシコ チアパス州

 チアパス州ウイスタン市の住民たちがサン クリストバル デ ラス カサス市とオコシンゴ市を結ぶ街道で強盗行為を繰り返す強盗団のメンバー4人を捕まえています。
 住民たちは数ヶ月前から強盗団を追っており、今回やっと4人を捕まえています。
 男たちは両手をロープで縛られ、ウイスタン市市街地のバスケットボールコートに吊るされています。
 男たちが痛みのために降ろしてくれと懇願すると、2人の女性が強盗の下に立ってしばらく休ませています。
 その後強盗団は当局に引き渡されたようです。
 先住民族Tzetzalesが暮らすウイスタン市では、住民たちが自らの手で犯罪者を処罰するのはこれが初めてではありません。
 今年9月にもウイスタン市市街地で犯罪者2人が捕まり手を縛られて木に吊るされています。

357taro:2022/12/24(土) 08:54:15
2022 12-23 El Pai's
ELNが人質の生存証明動画を公開 コロンビア アラウカ県

 12月13日にアラウカ県で共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)に誘拐された軍下士官カミロ アンドレス コルドバ アレナスの生存証明動画を、ELN東部戦線が公開しました。
 2分近くの動画の中でカミロ アンドレスは、健康状態は良好でありゲリラ側の扱いはいいと語っています。
 「私は健康です。人権に従い尊厳を持って扱われています。よく眠り、よく食べ、神に感謝しています。健康状態に問題はありません。」と下士官は述べています。
 下士官は12月13日にアラウカ県タメ市サント ドミンゴ村とプエルト ホルダン村の間の公道で誘拐されています。
 当局発表によれば、休暇中の下士官は乗っていたバスからゲリラ部隊に降ろされて連れ去られています。

2022 12-23 publimetro
男に化けて殺しを繰り返していた女殺し屋が逮捕された コロンビア トリマ県

 トリマ県マリキタ市オノリオ地区の住民たちは隣人が殺し屋として逮捕されたことに驚いています。ベネスエラ出身の女は、男に化けて標的を殺害していました。
 検察捜査機関CTIと警察による合同作戦により、ラ ネグラと呼ばれる23歳の女が逮捕されました。ラ ネグラにはイバゲ市の第6裁判所から逮捕命令が出ていました。
 目撃者の証言によれば、女は共犯者が運転するバイクの後ろに乗り、標的を見つけるとバイクから降りて撃ち殺していました。ラ ネグラと共犯者は黒いスウェット・ジャケット・帽子を身に着け、ラ ネグラは髪を上げて男のふりをしていました。
 ラ ネグラの犯行はすべてトリマ県北部のアンバレマ市で行われています。検察によれば、ラ ネグラは容疑を否認していますが、判事は殺人・未専念者の犯罪利用・殺人未遂・違法銃器所持罪でラ ネグラの刑務所収監を命じています。

358taro:2022/12/24(土) 08:54:25
2022 12-23 CARACOL RADIO
元準軍組織ボス エルナン ヒラルドが完全平和プロセスへの参加を希望 コロンビア

 アンティオキア県イタグイ市にある最高警備刑務所から、コロンビア自衛軍連合(AUC)タイロナ抵抗ブロックの元ボスであるエルナン ヒラルド セルナが、グスタボ ペトロ政権が提唱する完全平和プロセスに参加・貢献したいと発表しています。
 アメリカ合衆国の刑務所で刑期を終えてコロンビアに送還された元準軍組織ボスは、自分は農民であり尊厳を取り戻したいと表明しています。
 「私は平和と真実と非暴力にために尽力すると約束します。」と語っています。
 シエラ ネバダ デ サンタ マルタで準軍組織のボスであったエルナン ヒラルド セルナは、2008年にアメリカ合衆国に引き渡され、2021年にコロンビアに送還されてイタグイ市の刑務所に収監されています。

2022 12-23 el COLOMBIANO
世界で唯一のアルビノのオセロットがアンティオキア県アマルフィ市にいる コロンビア

 世界で初めて報告されたアルビノのオセロットの物語は2021年11月にアンティオキア県アマルフィ市市街地から4時間の場所で始まっています。地元住民たちが真っ白なメスのオセロットを見つけ、市環境当局に報告しました。報告を受けて職員たちは奇妙な動物を追って山に入り捕獲に成功しています。
 体重440g,目が赤く、毛が白い、極めて珍しいメスのオセロットである事が判明しました。オセロットは元気がなく、保護が数日遅れたら死んでいた可能性があったと当局者は語っています。アルビノは通常非常に脆弱で、多くの病気に悩まされると保護公園の責任者ホルヘ アウバドは説明しています。
 健康状態が悪く山に返すことが出来なかったために、メスのオセロットは12月23日に自然保護公園に引き取られています。現在オセロットは特別に作られた飼育場所で生活しています。現在の体重は12,8kgで、毎日700gの牛肉と鶏肉が与えられています。アルビノのオセロットは盲目ですが、嗅覚と聴覚が優れていることが判明しています。

359taro:2022/12/25(日) 09:09:23
2022 12-24 publimetro 4745,04 17,60
マピリパン市で若者8人が殺された コロンビア メタ県

 クリスマスイブの直前、メタ県マピリパン市郊外シアレ村で男性8人が殺害される事件が起きました。
 飲み屋で酒を飲んで談笑っしているときに殺害されたのは20歳から25歳くらいの男性で、今現在身元は不明です。
 警察と軍が現地に部隊を派遣しています。
 目撃者の証言によれば、重武装をした集団がバーに現れ、無言で銃を乱射しています。
 民間組織Indepazによれば、今回の事件を含め今年コロンビアで発生した虐殺事件(一度に3人以上が殺害される事件)は92件発生しています。
 
2022 12-24 blu radio
4つの武装組織がクリスマス停戦を行うとペトロ大統領が発表 コロンビア

 コロンビア大統領グスタボ ペトロはコロンビア革命軍(Farc)分派と準軍組織など少なくとも4つの武装組織がクリスマス停戦を開始したと発表しました。
 「この瞬間、ELN、Farcセグンダ マルケタリア派、Farcエスタド マヨール セントラル派、シエラ ネバダとブエナベントゥーラの武装組織が一方的停戦を始めています。」とツイートし、この停戦が「真の和平プロセスにつながることを期待する。」と付け加えています。
 現在コロンビア政府と和平交渉を行っているELNは12月24日から1月2日までの停戦を宣言・実行していますが、カリブ海沿岸の山岳地域を拠点とする準軍組織アオウトデフェンサス コンキスタドーレス デ ラ シエラ ネバダ(ACSN)もこれに続いています。太平洋沿岸地域最大の港町ブエナベントゥーラ市を支配するギャング団も80日以上の停戦を宣言しており、宣言以降殺人事件は起きていません。
 詳細は明らかにしていませんが、大統領はFarc分派の2大勢力イバン モルディスコが率いるFarcエスタド セントラル マヨール派とFarcセグンダ マルケタリア派も停戦に加わると発表しています。

360taro:2022/12/25(日) 09:09:34

2022 12-24 RCN Radio
Farcセグンダ マルケタリア派との癒着容疑で警察官5人が逮捕された コロンビア ナリニョ県

 コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派の下部組織シン フロンテラのメンバーとされる現役警察パトロール隊員5人を逮捕したと検察が発表しています。
 「ナリニョ県エル コンタデロ市の裁判官が発行した逮捕命令に従い、検察捜査機関CTI捜査官と警察は警察パトロール隊員 アルバロ ソラルテ オルテガ、おリリオ アンドレス ガルシア スアレス、ディラン リカルド バレト デ ラ オス、ファイベル サミル ナランホ エルナンデス、ブラヤン アミルトン モンテネグロ ドケサを逮捕しました。」と検察が発表しています。
 「検察の調べによれば、5人はシン フロンテラと名乗る犯罪グループのメンバーとなり、2020年から2022年にかけて治安情報の提供・銃弾の販売・移民の入出国の便宜を図り、一日当たり50万ペソから100万ペソ(約2万8046円)を受け取っていました。」とナリニョ県検察の代表検事レオナルド ベルガラは断言しています。
 
2022 12-24 proceso
厳重な監視の元、エル メンチョの兄トニー モンタナがアルティプラノ刑務所に護送された メキシコ

 メキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の最大ボス ネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョの兄アントニオ オセゲラ セルバンテス別名トニー モンタナが、アルティプラノ刑務所に収監されました。
 CJNGの兵站とマネーロンダリングと武器購入の責任者とされるトニー モンタナは12月20日午前5時20分にメキシコ陸軍の部隊に逮捕されています。
 治安当局はトニー モンタナがハリスコ州トラホムルコ デ スニィガ市にあるアジトに潜伏し、CJNGの物流や財政活動を管理しているという事を突き止め逮捕作戦を実施しています。
 逮捕時、作戦舞台は短銃6丁、長銃1丁、弾倉9個、コカイン、車2台を押収しています。

361taro:2022/12/26(月) 08:47:24
2022 12-25 NOTICIAS CARACOL 4745,04 17,60
クリスマスに9人が殺された コロンビア ボゴタ市

 首都ボゴタ市でクリスマスイブの12月24日夜に4人、翌日の25日の早朝までに5人が殺害されました。
 「ケネディー区で2人、マルティレス区で1人、サンタ フェ区で1人が殺害されています。4人のうちの3人が刃物で、1人が銃器で殺害されています。」とボゴタ市警副司令官エルベルト ベナビデス大佐が報告しています。
 クリスマスを祝う過度の飲酒による喧嘩が毎年多数発生しています。緊急電話番号123への通報は2万4611件ありました。
 喧嘩に関する苦情は午前0時までに1374件、25日早朝までに952件ありました。
 また当局は1100kg以上の花火と1600本の密造酒を押収しています。

2022 12-25 el COLOMBIANO
12月に466人が花火で火傷、クリスマスは69人 コロンビア

 クリスマスはお正月とディア デ ベリタスと並んで、コロンビアで最も花火で火傷を負う人が多くなっています。国家保健機関(INS)が発表した花火による火傷患者数のデータは、花火がコロンビアの公衆衛生に深刻な影響を与え続けていることを示しています。
 12月24日から25日の正午にかけて69人が花火により火傷を負っているとINSは報告しています。
 12月1日から25日にかけての火傷患者は、コロンビア全土で466人となっています。
 466人のうちの295人が成人で、171人が児童青年層です。火傷を負った大人295人のうちの119人が酔っ払っており、酒と花火の組み合わせが問題となっています。児童青年の火傷患者の15人と酔っ払った大人と一緒にいました。
 今年のクリスマスは花火による死亡者は出ていませんが、昨年は2人が死亡しており花火の取り扱いが死亡事故につながる事を明確に示しています。

362taro:2022/12/26(月) 08:47:36
2022 12-25 NOTICIAS CARACOL
完全平和に参加すると表明した違法組織の数は幾つ?コロンビア

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)、コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派、準軍組織シエラ ネバダからメデジン市コムナ13のギャング団までがクリスマス休戦を宣言しており、グスタボ ペトロ政権が提唱する完全平和プロセスへの参加を表明している違法組織は24に上っています。
 停戦期間は12月24日から1月2日で、しばしの休息のあ後で再び暴力が戻る可能性があります。
 民間組織Indepazの調べによれば、ELNは今年これまでに162市、Farc分派諸派は161市でテロ行為を行っていますが、今年最も被害を出したのは麻薬準軍組織で345市に及んでいます。
 上院平和委員会のアリエル アビラによれば、コロンビアには52の犯罪組織と1つの違法武装組織ELNが存在しています。53の違法組織のうちの12もしくは13のグループが完全平和を掲げるペトロ政権に最も接触しています。
 クラン デル ゴルフォ、ラ オフィシナ、ロス ショッタス、ロス エスパルタノス、Farc分派セグンダ マルケタリア、Farc分派イバン モルディスコなどです。
 すでに和平交渉を開始しているELNにその他の違法組織が続くならば、コロンビア国内の暴力要因は最大で50%減少する可能性があるとアリエル アビラは説明しています。
 「ELNはコロンビアの犯罪行為の12%から13%を占めており、その他52組織の犯罪行為は60%を占めています。」とアビラ上院議員は述べています。
 
2022 12-25 EL UNIVERSAL
犯罪組織ウニオン テピートのボスの1人ガブリエルが捕まった メキシコシティ

 メキシコシティ検察は犯罪組織ウニオン テピートのボスの1人ホセ ガブリエル別名エル ペロを逮捕したと発表しました。
 検察はツイッターを通じ、暴力・麻薬密売・恐喝などの犯罪行為を行うグループのメンバーの1人を逮捕したと発表しています。
 ガブリエルはウニオン テピートのボス ロベルト モジャド エスパルサ別名エル ベティトの側近で、クアウテモックで麻薬密売とみかじめ料の徴収を担当していました。

363taro:2022/12/27(火) 08:38:45
2022 12-27 EL ESPECTADOR 4745,04 18,45
クリスマスの殺人被害者数が前年比で33%の減少 コロンビア

 コロンビア警察は先週末クリスマス期間に発生した犯罪のデータを月曜日に発表しました。
 中でも殺人被害者数が前年比で33%も減少しているのは、心強いデータです。
 警察発表によれば、ボゴタ市・プエルト レギサモ市(プトゥマヨ県)・カルタヘナ市(ボリバル県)・バランキージャ市(アトランティコ県)・カリ市(バジェ デル カウカ県)で殺人事件が大幅に減少しています。
 2022年のクリスマスは、2021年のクリスマスより殺人被害者数が58人減少しています。
 交通事故も前年比で減少しました。警察発表によれば、先週末に発生した交通事故は前年より226件少なく、交通事故死数も24%減少しています。とは言え、76人が交通事故により亡くなっています。
 コロンビア警察のティト カステジャノス准将は、コロンビア全土で1万4373件の喧嘩が発生したと発表しています。そのうちの4033件が家庭内で、1326件が近隣住民同士で、1406件が飲酒が原因で発生しており、7608件がそれ以外で起きています。また今年のクリスマスは流れ弾による死傷者は出ていません。
 
2022 12-27 el COLOMBIANO
事故を起こしたトラックの積荷を略奪しようとした140人を軍部隊が阻止 コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県バルディビア市ラ フリホレラ村で、輸出用のコーヒー豆14トン以上を積んだトラックが事故を起こし、群衆140人がコーヒー豆を略奪しようと集まってきました。
 ボリバル県の県都カルタヘナ市の港を目指していたトラックは、早朝にメデジン市とバランキージャ市を結ぶ国道25号線で事故を起こしています。トラックには6億ペソ(約1678万円)相当のコーヒー豆が積まれており、近隣住民の一部が略奪の機会を狙ってトラックに接近しています。
 しかしコロンビア陸軍タスクフォース アキレスと地元リーダー数人の尽力により略奪は未然に防ぐ事ができました。治安部隊と地元リーダーたちが盗もうとした住民たちを会話により思いとどまらせています。

364taro:2022/12/27(火) 08:38:57
2022 12-27 RCN noticiasrcn.com
ボゴタ市とソアチャ市で50人以上を殺害している犯罪グループ ロス カミロが摘発された コロンビア

 ボゴタ市とクンディナマルカ県の県都ソアチャ市の住民たちを恐れさせているt犯罪グループ ロス カミロが、警察と検察の作戦により逮捕壊滅させられています。
 逮捕された22人のメンバーは、50件近い殺人事件の容疑者として裁判にかけられます。選択的殺人を繰り返していた殺し屋ギャング団ロス カミロは解体しています。
 
2022 12-27 peroceso
警官の発砲で2人が死亡3人が怪我 プエブラ州知事が警察を批判 メキシコ

 12月15日にプエブラ州知事に就任したばかりのセルヒオ サロモン セスペデスはツイッターを通じ、州都プエブラ市で市民に発砲し2人を殺害3人を負傷させた警官を批判しています。
 州知事は12月24日土曜日の深夜にレフォルマ スール区で発生した事件を強く批判し、プエブラ市のエディアルド リベラ ペレスに情報提供を求めています。
 警察の報告によれば、12月24日土曜日の午前3時30分頃に、公道で酒を飲んでいる集団がいるという通報を受けて警官たちがレフォルマ スール区に出動しています。
 地元メディアは現場に駆けつけた警官たちが男性4人と女性1人に向けて発砲したと報じています。
 警官の発砲により38歳と41歳の兄弟が死亡し、別の兄弟1人と母親と友人1人が負傷しています。
 この家族は武装をしておらず警察による権力乱用であったと地元メディアは伝えています。

365taro:2022/12/28(水) 09:41:11
2022 12-27 RCN Radio 4745,04 18,90
ギャラのいい職業と悪い職業 コロンビア

 先日グスタボ ペトロ政権が来年の最低賃金が1ヶ月116万ペソ、交通費補助14万606ペソの合わせて130万606ペソ(約3万6634円)で決着したと発表しました。
 Takent.comはコロンビアの職業別給料を調査しています。
82万8116ペソから100万ペソ
 俳優・エンターティナー・清掃員・ウエイター・バーテンダー・ベビーシッター・ホスト・受付など
100万ペソから200万ペソ
 会計アシスタント・リクルーター・コンテンツライター・大工・銀行窓口・アシスタント・人事・造園・司書・機械オペレーター・調停者・電気技師・講師・インテリアデザイナー・測量士・ライター・編集者・ジャーナリスト・校正者・建築検査官・通訳・教師・翻訳家など
200万ペソから300万ペソ
 生物医学エンジニア・監査官・生物学者・レストランマネージャー・会計士・環境エンジニア・科学エンジニア・電気エンジニア・支店長・ビジネスアナリスト・弁護士・土木エンジニア・設計エンジニア・考古学者など
300万ペソから527万万8000ペソ
 クリエイティブディレクター・オフィスマネージャー・歴史家・地質学者・プロジェクトマネージャーなど

2022 12-27 pulzo
ネットで知り合った女性に合うためにサンタ マルタにやってきたメキシコ人男性が大金を失う コロンビア

 メキシコ人男性エディアルド ビジャレアルはクリスマス休暇を利用してネットで知り合った女性に合うためにマグダレナ県の県都サンタ マルタ市にやってきました。
 アメリカ合衆国に居住している男性は休暇をその女性と共に過ごす予定でしたが、結局大金を盗まれてしまいました。
 「カリフォルニア州ロサンゼルスから愛を求めてやってきましたが、結局3000万ペソ(約84万5783円)と携帯電話を盗まれました。」とビジャレアルは土曜日にメディアの取材で語っています。
 彼の説明によれば、約3ヶ月前にインターネットで知り合った女性に会い、真剣な恋愛関係を築くためにサンタ マルタ市にやってきました。しかしその女はビジャレアルの会うと仲間の女とともにビジャレアルを騙して大金を盗んだのです。
 「とても苦い経験でした。私はこの旅行をとても楽しみにしていたのですが、この女性が詐欺師であることを知り、とても悲しくなりました。2人の若い女性がいて、その1人に私は恋をしていました。彼女たちは真面目で真剣に見えましたが、私がサンタ マルタにやってきたら、すべてを奪ったのです。」と付け加えています。
 ビジャレアルは女の居場所を探そうとしましたが、見つけることはできませんでした。それで当局に被害を訴えることにしたのです。
 「がっかりです。以前から楽しみにしていたサンタ マルタを堪能できません。いずれにせよ、学ぶことはありました。」とビジャレアルは語っています。
 最後にビジャレアルはSNSで恋愛をしようとしている人たちに警告のメッセージを送っています。

366taro:2022/12/28(水) 09:41:23
2022 12-27 OAXACA
オアハカ州で3人の子供が狂犬病に感染した可能性 メキシコ

 メキシコ保健省予防・健康促進次官ウゴ ロペス ゲーテル ラミレスは。オアハカ州サン ロレンソ テスメルカン市パロ デ リマ村で狂犬病に感染したと思われる子供3人のうちの2人が重体に陥っていると発表しました。
 次官はアンドレス マヌエル ロペス オブラドール大統領が毎日行う朝の会見の場で、地元メディアが2人の女の子と1人の男の子がコウモリに噛まれたと報道しているが、当局は公式には確認できていないと語っています。
 「3人姉弟で8歳と7歳男児、2歳の幼女で、コウモリに噛まれています。」と説明しています。
 8歳女児と7歳の男児が狂犬病と思われう症状を発症していおり、火曜日には感染の有無が確認できるとされています。子どもたちはワクチン接種と免疫グロブリンによる治療を受けています。

2022 12-27 proceso
CJNGがクリスマスプレゼントを配る メキシコ グアダラハラ市

 カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)とボスの1人ロカルド ルイス ベラスコ別名エル ドブレRの名前が書かれ、クリスマスの装飾を施したバンが、住民たちにおもちゃや家電製品を配る様子が撮影された動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1606541897090088960
 ハリスコ州の州都グアダラハラ市の市街地で、多くの住民たちがCJNGのパレードを見守っています。https://twitter.com/i/status/1606543284460986370
 動画は23日金曜日に撮影されており、人々はCJNGのの最大ボス ネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョの腹心ルイス ベラスコ別名ドブレRがやってきたと言っています。
 動画の一部では食料品が入っていると思われるダンボールを受け取った女性たちに、「ありがとう、セニョール メンチョ」と言うようにとCJNGのメンバーが声をかけ、女性たちがメキシコの最重要手配犯でアメリカ合衆国司法当局が引き渡しを求めているCJNGのボスに歓声をあげています。
 レフォルマ紙によれば、クリスマスパレードはグアダラハラ市警察署から700m離れたエル レティロ区で行われています。

367taro:2022/12/29(木) 08:47:35
2022 12-28 blu radio 4766,82 19,05
喧嘩で若者2人が殺された コロンビア カリ市

 12月26日の夜、バジェ デル カウカ県の県都カリ市南部パソアノーチェ通りと66番通りの交差点で発生した喧嘩で18歳と20歳の若者が銃殺されました。
 当局によれば、メレンデス地区とシロエ地区のギャング団同士の諍いです。
 喧嘩が発生した現場周辺では多くの市民たちが酒を飲み、音楽を大音量で流すなどコントロールが聞かない状況となっており、警察や治安関係当局などが現場に出向き、さらなる犯罪行為の発生を防いでいます。
 「この地区では700人以上が公共空間を占拠して酒を飲んで騒いでおり、負傷者や死亡者が出ています。」とカリ市警司令官ダニエル グアルドン大佐が述べています。
 

2022 12-28 RCNnoticiasrcn.com
壁が倒壊し子供2人が死んだ コロンビア マグダレナ県

 マグダレナ県プエブロ ビエホ市タサヘラ村で子供2人が倒れてきた壁に潰されて死亡するという悲劇が起きています。
 死亡したのは生後6ヶ月の赤ちゃんと叔母に当たる9歳の女児です。朝食を待ちながら壁の前で遊んでいた子供2人の上に廃屋の壁が崩れ落ちています。
 瓦礫の下敷きになった子どもたちは、家族や近隣住民の手で助け出されて病院に帆走されましたが、病院に到着する前に死亡しています。
 「亡くなった女児の父親は、廃屋の所要者に安全性を確認するよう何度も言っていましたが、所有者は聞く耳を持たなかった。」と女児の叔母のイダリア カランサは語っています。

368taro:2022/12/29(木) 08:47:46
2022 12-28 EL UNIVERSAL
カンクンで銃撃事件、2人が殺された メキシコ キンタナ ロー州

 火曜日の深夜、カンクン市エル ミラグロ区にある建物でパーティーが行われていたところに武装集団が現れて銃を乱射し2人を殺害し4人を負傷させています。死亡者2人のうちの1人は警察官と思われます。
 キンタナ ロー州検察は犯人グループ検挙に向けた捜査を開始していると発表しています。
 「麻薬密売組織同士の抗争事件と推測している。」と検察は指摘しています。
 事件はロペス ポルティジョ通りとアルコ ビアル通りの交差点近くで起きています。
 非公式には、死亡者の1人が警察官で、負傷者の中に女性2人が含まれていると報じられています、死亡者1人は病院に搬送された後に死亡しています。
 カンクン市では24日から25日にかけて、6人が殺害されています。

2022 12-28 LO'PEZ-DO'RIGA
治安部隊との戦闘でラ ファミリア ミチョアカナのボスの1人通称ラ マクリナが死んだ メヒコ州

 犯罪組織ラ ファミリさ ミチョアカナのメヒコ州ボスであるアルベルト ロメロ別名ラ マクリナが、メキシコ陸軍の部隊との銃撃戦で死亡しました。
 戦闘ではラ マクリナの他に2人が死亡し2人が負傷しています。
 戦闘現場からは銃や車や麻薬などが押収されています。
 火曜日の深夜、メヒコ州サクアルパン市からテスカルティトラン市に通じる公道上でガソリンを入れようとしていた軍部隊を武装集団が襲っています。
 陸軍部隊と国家警備隊の部隊はラ ファミリア ミチョアカナのメンバーが武装して車に乗っているという通報を受けて出動していました。

369taro:2022/12/30(金) 09:16:24
2022 12-29 el COLOMBIANO 4765,92 19,30
2時間の間に3人を殺害した男が逮捕された コロンビア アンティオキア県

 1月にアンティオキア県南西部サルガル市で3人を殺害した容疑者が捕まりました。
 逮捕されたゲラルド ミゲル アンヘル ネウトン レアル別名チョモは、1月8日に3人が殺害され1人が負傷した一連の襲撃事件の主犯の1人であると検察は主張しています。
 告発によれば、正午頃にラ シベリア村近くにある民家をチョモを含む武装集団が襲撃し、エステバン エルナンド フェルナンド コルドバ26歳を殺害し、バイクを奪って逃亡しています。
 その2時間後、武装集団はラ ヤルマ村でホセ ダリオ ガレノ ムニョスとアルレイ デ ヘスス レストレポ ガレアノを襲撃しています。ホセは死亡し、アルレイは重傷を負い病院に運ばれています。
 武装集団はその後同じラ ヤルマ村でヘスス ウレア メサ66歳を襲撃殺害しています。
 逮捕されたチョモは容疑を否定し、無実を主張しています。

2022 12-29 el COLOMBIANO
Farc分派ゲリラグループに誘拐されていた警察官3人が解放された コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 木曜日の朝、ノルテ デ サンタンデール県ティブ市で警察官3人が解放されました。
 コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループに誘拐されていたのはノルテ デ サンタンデール県レフィネリア警察署に勤務しているハビエル オスワルド ビジャミサール警部とパトロール隊員ヨハン アレナスとディエゴ アルベルト エルナンデスです。
 3人を解放したゲリラグループは、「政府が提唱する完全平和の雰囲気の中で、これらの人道的公道は希望に満ちている。」と表明しています。
 3人を誘拐し解放したのはFarc分派第33戦線です。年末の休暇を楽しもうとしていた非番の警官3人は、ティブ市市街地でゲリラ部隊に拉致されています。警察は3人の生命と尊厳を尊重するよう求めていました。

370taro:2022/12/30(金) 09:16:35
2022 12-29 Semana
サン アンドレス諸島沖で遭難した小型ボートの捜索が続く コロンビア

 12月18日からベネスエラ違法移民が乗った小型ボートの行方がわからなくなっており、海運当局と海軍がサン アンドレス諸島周辺で捜索を続けています。
 コロンビア海軍によれば、捜索は10日以上続いています。
 「家族の証言によれば、違法移民たちはサン アンドレス島から中米に向けて小型ボートで出港しています。」と海軍は指摘しています。小型船には20人以上が乗っているとされています。
 捜索活動は続いていますが、数日前にニカラグアとコスタリカ当局からコロンビア海軍に、遭難した小型ボートに似た難破船が見つかり、行方不明者の物と思われる書類も見つかったという連絡がコロンビア海軍に入っています。

2022 12-29 EL UNIVERSAL
闘鶏場で手榴弾が爆発 メキシコ イダルゴ州

 イダルゴ州エパソユカン市にある闘鶏場で闘鶏の最中に手製手榴弾2個が投げられ、そのうちの1つが爆発しています。
 闘鶏場にいた人たちの証言によれば、月曜日の夜に車から降りてきた数人が闘鶏場に入り、人だかりのできている観覧席に手榴弾を投げつけています。
 爆発の数秒前から人々が逃げ惑う様子が撮影された動画がネットに上がっています。
 現場には州警察と市警察の部隊が駆けつけ、現場処理を行っています。闘鶏場内からは手榴弾の破片と爆発しなかった手榴弾が見つかっています。
 幸い爆発による死傷者は出ていません。

371taro:2022/12/31(土) 09:17:25
2022 12-30 Semana 4810,20 18,60
アンティオキア県でFarc分派ゲリラグループが戦闘、2人が死亡 コロンビア

 アンティオキア県の人権組織が、トレド市とサバナラルガ市の間でコロンビア革命軍(Farc)分派同士で戦闘が起きていると訴えています。
 死亡者も出ている戦闘を行ったのはFarc分派第5戦線と第18戦線です。戦闘はラ ロマ村のカニョン デ サンタ マリアで起きています。
 ラ ロマ村はイトゥアンゴ・ペケ・ブリティカ・サン アンドレス デ クエルキア・サン ホセ デ ラ モンタニャを結ぶ違法武装組織にとって重要な地域となっています。コロンビア最大の準軍麻薬組織アウトデフェンサス ガイタニスタス デ コロンビア(クラン デル ゴルフォ)もこの地域を狙っています。
 「昨夜、トレド市とサバナラルガ市の間でFarc分派同士の戦闘があり、2人の死亡者が出ています。戦闘はFarc分派第5戦線と最近この地域にやってきた別のFarc分派グループです。」と北部・バホ カウカ デ アンティオキア社会・農民ネットワークが報告しています。
 ネットには死亡した2人の遺体の画像が上がっており、虐殺の様子が伺えます。殺害されたのはFarc分派第5戦線所属のウイルソン アンドレス ペレス アマリレス23歳とディエゴ アルベルト ペレス アマリレス19歳です。
 
2022 12-30 EL ESPECTADOR
ボゴタ市南部で1トン以上のアンホ爆薬が見つかる コロンビア

 検察と陸軍第13旅団とクンディナマルカ県ガウラによる作戦がボゴタ市南部で実施され、1トン以上のアンホ爆薬が押収されました。
 爆薬はウスメ区ビジャ アニタ地区の民家の側に23の袋に小分けされビニールで覆われていました。
 「検察CTIの専門家による検査の結果、1163kgの硝酸アンモニウムであることが判明しました。」と検察は説明しています。
 アンホ爆薬は主に採石場・建設現場・中規模の鉱山で使用されています。しかし今回発見されたアンホ爆薬はベネスエラと国境を接するノルテ デ サンタンデール県で犯罪行為を繰り返しているコロンビア革命軍(Farc)分派第33戦線と関連していると検察は考えています。
 Farc分派第33戦線は今年3月にボゴタ市シウダ ボリバル区にある交番(CAI)を標的とした爆破テロを行っています。爆破テロでは子供2人が死亡し30人以上が負傷しています。第33戦線のボスはハビエル アロンソ ベロサ別名ジョン メチャスです。

372taro:2022/12/31(土) 09:17:36
2022 12-30 LA FM.
Farcセグンダ マルケタリア派が和平交渉団メンバーを発表 コロンビア

 コロンビア革命軍(Farc)セグンダ マルケタリア派は、グスタボ ペトロ大統領政府との和平交渉開始に向けた専門チームを結成したと動画を通じて発表しています。
 「Farc-EPセグンダ マルケタリアは和平交渉開始に向けた探索的対話の修了とともに、政府との和平交渉を開始するための準備が整う。」とゲリラの1人が声明を読み上げています。
 セグンダ マルケタリア派は3人のゲリラ ワルテル メンドサ、イバン アリ、ユルレニ ゲレロが和平交渉に臨むと明らかにしています。
 また平和に向かって歩むために両者による停戦を行う用意があると指摘しています。
 セグンダ マルケタリアは声明の最後に、コロンビア初の左派大統領政権誕生という歴史的瞬間を見逃すこと無いと強調し、平和の分野で重要な変化をもたらすであろうと述べています。

2022 12-30 crhoy.com
車泥棒が生きたまま燃やされ殺された メキシコ チアパス州

 チアパス州の先住民が泥棒とされた若者を広場で生きたまま火をつけて殺しています。メキシコではこのようなリンチ事件が毎年数百件起きています。
 リンチ事件は木曜日にサンティアゴ エル ピネル市で発生しており、車泥棒団のメンバーとされた男26歳がリンチの末に殺害されています。
 黒焦げとなった死体は広場で見つかっており、チアパス州検察が殺人事件として捜査を開始しています。
 チアパス州では先週も強盗団のメンバーとされる若者5人が住民たちに捕まりリンチを受けています。
 5人は裸にされて数時間吊るされた後に、武装集団により救出されています。
 メキシコでは毎年多くのリンチ事件が起きており、2021年だけで42人がリンチによって殺されています。

373taro:2023/01/01(日) 09:13:56
2022 12-31 RCN Radio 4810,20 18,60
手製ケーブルカーが墜落事故、4人が死んだ コロンビア ノルテ デ サンタンデール県

 ノルテ デ サンタンデール県シロス市で手製ケーブカーの墜落事故が発生し、これまでに4人の死亡が確認されています。
 事故シロス市郊外のレウタ村とバタ村の間を流れるカラバ川にかけられたケーブルカーで発生しており、4人の死者の他に数人が重傷を負っています。
 「死亡者4人です。彼らは20年以上前から使用していた貨物輸送システムに乗り、事故にあっています。」とシロス市のネルソン マルティネス市長が説明しています。
 死亡したのはファビアン フローレス、カルロス エストラダ、ゴンサロ フローレス、グラシエラです。
 現場にはデフェンサ シビルの隊員と住民たちが駆けつけ、負傷者の救助と遺体の回収を行っています。
 ここで悲劇が起きたのはこれが初めてではありません。2020年11月1日にもディルマ カベサ パラがカラバ川に転落して死亡しています。
 地域住民たちは12月30日金曜日の午後に起きた事故は、予想された悲劇であると指摘しています。住民たちはこれまで何度も安全な移動手段の確保を当局に要請していましたが、いつもその要求は無視されています。
 
2022 12-31 blu radio
殺し屋の銃撃で7歳児童が死亡 コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市ボヤカ通りとカジェ100の交差点で殺し屋による銃撃された少年が、搬送先のシャイオ病院で死亡しています。
 「午後9時、シャイオ病院の集中治療室で亡くなりました。銃弾は頭蓋骨を貫通し、助かる可能性は殆どありませんでした。」と父親のジョン フレディー ロハス ペニャがBluラジオの取材に答えています。
 少年の遺体は法医学協会施設に安置されており、1月1日に家族に引き渡される予定です。
 少年の家族は当局の沈黙に反発し、12月31日午後4時から正義を求める座り込みを行う予定です。
 銃撃事件は金曜日の午後4時20分に発生しています。1台のバイクに乗った2人組の殺し屋が、ジョン フレディー ロハス ペニャと妻と息子が乗った車を銃撃しています。少年の両親も負傷していますが、軽傷です。

374taro:2023/01/01(日) 09:14:06
2022 12-31 LA REPU'BULICA
11月の失業率は9,5% コロンビア

 国家統計局(Dane)はコロンビアの11月の失業率が前年同月の11,5%から2ポイント改善した9,5%であったと発表しています。
 就業率は2021年11月の55%から2,4ポイント改善した57,4%でした。
 13都市圏の失業率も2021年11月の12,2%から3,1ポイント改善した9,1%となっています。
 9月から11月にかけての3ヶ月の男性の失業率は8%、女性は12,7%でした。
 
2022 12-31 Dirio de Yucata'n
54人がリケッチアに感染し、子供1人が死んだ メキシコ ヌエボ レオン州

 ヌエボ レオン州エスコべド市でマダニに噛まれた少年1人が死亡し、州保健省じゃこれまでに500件の検査を実施し、54例が確認されています。
 保健省の責任者アルマ ロサ マロキンは、検査のための特別ラボで専門家がマダ二が媒介するリケッチアの検出を行っていると説明しています。
 リケッチア症の症状は一般的に高熱・激しい頭痛・皮膚の発疹・全身の倦怠感・吐き気・嘔吐・食欲不振です。
 リケッチア症とはリケッチア属の少なくとも8種の細菌によって引き起こされる感染症で、主にマダニが媒介します。
 数日前、マダニに噛まれた13歳の少女シメナがエスコべド市で死亡しています。
リケッチア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A2

375taro:2023/01/02(月) 08:41:46
2023 1-1 el COLONBIANO 4810,20 18,60
グスタボ ペトロ大統領が5つの違法武装組織との停戦を発表 コロンビア

 グスタボ ペトロ大統領は和平交渉を再開した共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)を始め準軍組織アウトデフェンサス ガイタニスタス、コロンビア革命軍(Farc)分派など5つの違法武装組織との停戦を2023年最初の6ヶ月間で実施し、和平プロセスが進む限り停戦期間は延長されるという発表を行いました。上院議員で紛争問題の専門家であるアリエル アビラさえ、この発表には驚かされています。
 事実、この発表はグスタボ ペトロの盟友や支持者、野党、学界、政界で様々な反応を引き起こしています。
 ペトロ大統領は12月31日のほぼ真夜中に政府の提唱する完全平和政策の一環として、ELN、Farcセグンダ マルケタリア派とエスタド マヨール セントラル派、準軍組織シエラ ネバダ、準軍組織アウトデフェンサス ガイタニスタス(クラン デル ゴルフォ)との間で停戦を合意・実行するとツイッターを通じ発表しました。また停戦期間は1月1日から6月30日までであるが、交渉の進展次第で延長も可能であるとしています。
 旧Farc主流派で現在は合法政党コムネス党の党首ロドリゴ ロンドニョは、停戦を実施する5つのグループに対して「断固として、力強く行動するよう。」促し、「平和には勇気・大胆さ・ヒロイズム、何より国民への愛が必要である。」とツイートしています。
 一方、右派政党セントロ デモクラティコ党の大統領予備候補ラファエル ニエトは、「停戦はELNに有利に働く。彼らは治安部隊が麻痺している間、犯罪を続けることができる。」と批判しています。
 民間組織平和と和解財団の元副代表で、現在ペトロ連合政府の一翼である緑の党の上院議員アリエル アビラは、「これは大きな一歩である。」と評価しつつ、停戦は違法武装組織と政府の間のものであり、「違法武装組織同士の停戦ではない。」と警告しています。
 実際、現在の紛争で最も死亡者が出ているのは、治安部隊と違法武装集団の戦闘ではなく、違法武装集団同士の縄張り争いです。
 しかしアビラは停戦によりELNの地雷敷設が減少するとか、クラン デル ゴルフォが民間人を盾として利用するのをやめるであろうとか利点も多いと指摘しています。
 アビラ上院議員やアンティオキア県大学政治研究所のマックス ユリー ヒル教授などの紛争分析家たちは、ペトロ大統領の完全平和宣言の最大の問題は、検証であるという点で一致しています。
 過去コロンビアでは多くの和平プロセスが実施されていますが、一度に5つの組織が停戦を実施するのは初めてであり、停戦に参加しない違法武装組織やギャング団も存在しています。
 
2023 1-1 el COLOMBIANO
警察署が襲撃され警官1人が殉職 コロンビア カウカ県

 カウカ県で警察署が爆弾と機銃掃射による攻撃を受け、警察パトロール隊員1人が負傷し、その後死亡しました。
 地元メディアの報道によれば、12月30日午後2時20分にカウカ県北部トリビオしにある警察署が身元不詳の武装グループから襲撃を受けています。この襲撃により警察パトロール隊員ビクトル ハビエル パレチョル ベラスコが爆発物の破片で両足と片腕を負傷しています。
 パレチョルは警察の同僚やトリビオ市内の病院で治療を受けましたが、天候や治安状況により陸路での移送が不可能で、出血多量により死亡しています。
 カウカ県ではトリビオ市の他にミランダ市市街地で手榴弾による攻撃が昨夜発生しています。

376taro:2023/01/02(月) 08:42:09
2023 1-1 infobae
シウダ フアレスの刑務所で暴動、14人が死亡24人以上が脱獄 メキシコ

 1月1日日曜日の朝、国境の町チワワ州シウダ フアレスにある刑務所で武装集団が暴動を起こし、看守10人と囚人数人を殺害し約30人の囚人が脱獄しています。
 シウダ フアレスのクルス ペレス クエジャール市長は、看守10人と囚人4人が死亡していると発表しています。
 市長は市民に冷静を呼びかけ「用事がなければ外出を控えるよう、」市民に勧告しています。
 シウダ フアレス警察はこれまでに3人の囚人を殺害し5人を逮捕、長銃14丁を押収していると発表しています。
 一方、検察は看守10人と囚人4人が死亡し、13人が負傷、24人が脱獄していると発表しています。
 調べによれば、午前7時頃に装甲車に乗った武装集団が刑務所に到着し、看守たちに向けて発砲を始めています。
 襲撃の数分前、マヌエル ゴメス モリン通りで武装集団がシウダ フアレス市警の警官たちを襲撃し、その後の追跡により4人が逮捕され車1台が押収されています。
 パナメリカマ通りでは、ハマーに乗っていた武装した2人が警察により射殺されています。
 襲撃と暴動と脱獄は家族の面会次官に起きており、銃声を聞いた囚人の家族たち数百人がパニックになり逃げ出し、囚人たちはその混乱を利用しています。
 囚人たちはマットレス・服・家具を燃やし、刑務所内で銃声が聞こえています。
 検察はすでに刑務所の混乱は収まり、現在軍と国家警備隊と警察が刑務所をコントロール下に置いていると発表しています。

2023 1-1 proceso
ナヤリット州でバス事故、15人が死亡 メキシコ

 ナヤリット州コンポステラ市を通るコンポステラ・チャパリジャ高速道路の44km地点でバス転落事故が発生し、子供3人を含む15人が死亡し数人が怪我をしています。
 57人近くの乗客を乗せてグアナフアト州を目指して走行していたバスは、午後2時近くにコンポステラ市アヤラで事故を起こしています。
 生存者の証言によれば、バス運転手がカーブでコントロールを失い、約10m転落しています。

377taro:2023/01/03(火) 08:04:11
2023 1-2 el COLOMBIANO 4810,20 19,00
今年最初の虐殺事件がセサール県で起きた コロンビア

 セサール県リオ デ オロ市で今年最初の虐殺事件(一度に3人以上が殺害される事件)が起きました。1月1日の夜、商店にバイクでやってきた殺し屋たちが店内にいた店主や客たちに向けて発砲し逃亡しています。
 午後10時頃にリオ デ オロ市とノルテ デ サンタンデール県オカニャ市の間にあるエル ペンタゴノ村で事件は起きています。目撃者は商店に入った武装集団が男性2人と女性2人を銃撃したと証言しています。
 男性2人は犯行現場で死亡し、女性2人は搬送先のオカニャ市エミロ キンテロ病院で死亡しています。
 民間組織Indepazによれば、殺害されたのは商店主夫婦と店にやってきた商店主と談笑していた夫婦です。リオ デ オロ市周辺では共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)や犯罪組織が存在します。
 この事件は2023年最初の虐殺事件です。昨年コロンビアで起きた虐殺事件は92件でした。

2023 1-2 el COLOMBIANO
共産主義麻薬組織ロス ペルソスのメンバーがコンビタ刑務所から脱獄 コロンビア ボヤカ県

 刑務所管理組織Inpecは、人民解放軍(EPL)の残党が結成した犯罪組織ロス ペルソスのメンバーの1人ブライアン オルランド カルドナ マリンが脱獄したと発表しています。Inpecによれば、脱獄は1月2日の深夜に起きています。
 カルドナの脱獄が発覚後、ボカヤ県にある最大警備体制のコンビタ刑務所内外で徹底的な捜索が行われたとInpecは発表しています。
 またInpecは警察とともにロス ペルソスの脱獄犯を再逮捕するための包囲網を形成したと明らかにしています。
 禁錮6年以上の有罪判決を受けてコンビタ刑務所に収監されていたブライアン オルランド カルドナ マリンは、これまで4年間刑務所にいました。

378taro:2023/01/03(火) 08:04:22
2023 1-2 EL UNIVERSAL
新年間近に4人が撃ち殺された メキシコ グアナフアト州

 新年間近の土曜日の夜、グアナフアト州ビジャグラン市エル チナコ村にある民家で4人が惨殺されました。
 武装集団が民家の内外から新年の到来を祝っていた4人に向けて発砲しています。
 民家の玄関近くで2人、民家内で2人が殺害され、遺体の周囲にはビールの瓶が転がっています。
 現場からは自動小銃の薬莢が回収されています。
 検察は2022年12月31日午後8時30分に事件が発生したと発表しています。
 ビジャグラン市ではメヒカノス村でもホスエ」アンヘル27歳が公道で殺害されています。グアナフアト州ではビジャグラン市以外でも大晦日にレオン市で2人、セラヤ市・イラプアト市・ペンハモ市・プリシマ市でそれぞれ1人が殺害されています。

2023 1-2 EL FINANCIERO
シウダ フアレスで発生した刑務所襲撃事件の犠牲者数が17人に メキシコ チワワ州

 国境の町チワワ州シウダ フアレスにある刑務所で発生した武装集団による襲撃事件の死亡者数が17人に増えているとチワワ州検察が日曜日の夜に発表しています。
 刑務所内を改めて調べ、脱獄囚の数が当初発表された24人ではなく27人で、死亡者数が17人であることが判明したと検察が明らかにしています。
 殺害されたのは刑務所の看守10人と囚人7人で、看守3人と囚人7人が怪我をしています。

379taro:2023/01/04(水) 09:21:41
2023 1-3 el COLOMBIANO 4810,20 19,40
停戦合意はしていないとグスタボ ペトロ大統領の停戦発表をELNが強く批判 コロンビア

 12月31日にグスタボ ペトロ大統領は共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)など5つの違法武装組織と半年間の停戦を実施すると発表しましたが、ELN和平交渉代表団はELNと政府の間で停戦は合意されていないと強く批判しています。
 ELN代表団は、「我々が参加する和平交渉の場で合意されたことだけを遵守する。」と述べ、「政府の一方的命令は、認めない。」と表明しています。
 グスタボ ペトロ政府の停戦発表については、国連やカトリック教会を含め様々な団体や政治家から称賛や疑問の声が上がっています。
 「治安部隊に対して無協定の停戦を命じ、それをコロンビアの主要なゲリラ組織が否定したことは、国民を尊重する姿勢に欠ける。大統領は今こそ軍に対して領土支配と市民社会防衛を命ずるべきである。」とカンビオ ラディカル党(急進改革党)の上院議員ダビド ルナは延べています。
 一方、与党連合の一部アリアンサ ベルデからの批判が出ています。上院議員ホタ ペ エルナンデスは、「軍部もELNも停戦を認識しておらず、それどころか停戦に合意していないと言い出している。国連までが停戦発表を祝福したのに、それが嘘だとされている。」と語っています。
 野党セントロ デモクラティコ党の上院議員ミゲル ウリベ トゥルバイもグスタボ ペトロ大統領を批判し、「ELNとの合意のない停戦を発表する事は、コロンビア国民を欺いていることであり、非常に深刻である。」と述べ「コロンビア国民の命を危険に晒している・」と付け加えています。
 ペトロ大統領は内務大臣や国防大臣、高等平和委員などを集め、ELNの声明に対応するための臨時会議を行っています。

2023 1-3 el COLOMBIANO
ペトロ大統領の中止命令を無視して闘牛祭りが開催され、24人が負傷した コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県カウカシア市のへフェルソン サルミエント オルティス市長は、グスタボ ペトロ大統領の中止命令を無視し、5日間の闘牛祭りを実施しました。闘牛祭りは動物虐待だけではなく毎年多くの死傷者を出しており、政府はコロンビア全土に闘牛祭りの中止を命じています。
 1月2日の報告によれば、24人の負傷者が出ており、うち重傷者8人は市内の病院で治療を受けています。また市長は馬一頭が負傷したが、適切な対応が行われたと発表しています。
 しかし昨年過小報告があったこともあり、市長の報告を疑問視する声が上がっています。バホ カウカ地域動物保護グループは、少なくとも3頭の馬が負傷しており、一頭の馬が牛に襲われて死亡したという話も出ていると強調しています。
 昨年もサルミエント市長はアンティオキア県知事アニバル ガビリアの警告を無視して闘牛祭りを開催し、9頭のお牛が無惨に殺され23頭の馬が重傷を負っています。サルミエント市長は自治体の経済活性化などを理由にメディアや知事と対立してまで闘牛祭りを開催しています。
 闘牛祭りはカウカシア市だけではなく、アンティオキア県内でもこれ以降プエンテス デ レジェスやネコクリでも開催される予定です。

2023 1-3 EL HERALDO
シウダ フアレスの刑務所から脱獄した27人の囚人の中に、ギャング団ロス メヒクレスのボス通称エル ネトがいた メキシコ チワワ州

 1月1日日曜日の朝、国境の街チワワ州シウダ フアレスにある刑務所が武装集団に襲撃され27人の囚人が脱獄しましたが、そのうちの1人がチワワ州で最も危険な犯罪者の1人とされるエルネスト アルフレド ピニョン デ ラ クルス別名エル ネトであることが判明しました。エル ネトは10年以上刑務所に収監されていました。
 エル ネトは11人が殺害された黒い木曜日事件の主犯であり、200年以上の禁錮刑を宣告され収監されていた刑務所内で事件を計画し実行を命じています。
 エルネスト ピニョンはシウダ フアレスを拠点とするギャング団 ロス メヒクレスのボスであり、18歳の時から誘拐団を率いてシウダ フアレスで犯罪を繰り返していました。
 エル ネトの手下たちはこれまでも何度もエル ネト奪還作戦を実行し失敗していました。

380taro:2023/01/04(水) 09:21:59
2023 1-3 EL FINANCIERO
ギャング団ロス メヒクレスと治安部隊が銃撃戦、7人が死んだ メキシコ シウダ フアレス

 国境の街チワワ州シウダ フアレスで治安部隊と武装集団が銃撃戦を行い、警官2人とギャング団メンバー容疑者5人が死亡しました。
 刑務所から脱獄した27人の囚人の捜索をチワワ州知事に命じられた治安部隊が住宅団地カント デ ムラノ周辺の通りで実施していた時、数台の車に乗った武装集団から襲撃を受けています。
 殺害された警官の1人は州警察捜査班の指揮官オマル ポサダスです。死亡者2人の他に警官2人が負傷していますが、命のは別状ありません。
 ギャング団メンバー容疑者5人の死体は乗っていた車の周囲に倒れ、その他のギャング団メンバーたちは逃亡しており大規模捜索作戦が実施されました。
 今現在死亡した5人のギャング団メンバー容疑者5人の身元は不明です。
 1月1日の朝シウダ フアレス第3刑務所が武装集団に襲撃され、17人が死亡したと日曜日の夜にチワワ州検察が発表しています。死亡したのは看守と警官10人と囚人7人で、看守3人と囚人7人が負傷しています。
 この襲撃では囚人27人が脱獄しており、大規模捜索作戦が続けられています。

381taro:2023/01/05(木) 09:24:05
2023 1-4 DW 4842,26 19,60
グスタボ ペトロ政府がELNとの停戦の中止を発表 コロンビア

 コロンビア政府内務大臣アルフォンソ プラダは、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が「停戦に関するいかなる合意はない。我々は検証可能な停戦を求めている。」と発表したことを受け、停戦命令の法的効果を一時停止したと1月4日水曜日に発表しました。
 「昨日公表されたELNの発表を考慮し、2022年12月31日の法令2657号の法的効果を一時停止することをけっていました。停戦についてはELNとの和平交渉の中で話し合われるであろう。」と大統領官邸カサ デ ナリニョで行われた会見の中で明らかにしています。
 内務大臣アルフォンソ プラダは高等平和委員ダニロ ルエダと国防大臣イバン ベラスケスとともに会見を行い、コロンビア政府の和平に関する立場を説明しています。
 2022年の最終日の午後12時の少し前に、ペトロ大統領はELNとその他4つの違法武装組織が1月1日から6月30日までの半年間の停戦で合意したと発表しています。
 しかしELN和平交渉団は1月3日火曜日に、「カラカスで行われている和平交渉の中で、停戦について話し合われてはいない。」と発表しています。
 政府とゲリラ組織ELNの矛盾した発表は、停戦と和平交渉の行方に対する不信を呼び、実在しない合意を発表した大統領は激しい批判を浴びています。
 
2023 1-4 blu radio
女性が刺殺される様子を監視カメラが撮影していた コロンビア メデジン市

 無防備なジーナ パオラ ボカネグラ22歳が、愛人に何度も刺されて殺害されました。検察はジーナ パオラが愛人の家にいくことを拒んだために殺されたと思われると発表しています。
 犯行の様子を撮影した16秒の動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1610408879355043841
 2児の母であるジーナ パオラがルイス アルフォンソ リベラとモラビア地区の通りを歩いているときに事件は起きました。ジーナはアンティオキア県の県都メデジン市で今年最初に殺害された女性となっています。
 ジーナを殺害したルイスはバジェ デ アブラ地域北部バルボサ市の警察署に出頭し逮捕されています。
 調べによれば、ルイスがジーナにディスコを出て自宅に行こうと誘いましたが拒絶され、ルイスはジーナを殺すためにディスコの外で待ち犯行に及んでいます。
 メデジン市では2022年1月から11月にかけて25人の女性が殺害されており、そのうちの14人は性別を理由に女性または少女を標的とした殺人フェミサイドの犠牲者です。

382taro:2023/01/05(木) 09:24:17
2023 1-4 blu radio
120人以上の殺害を命じたとされる犯罪組織ボス通称パティ パティが捕まった コロンビア 

 ボリバル県の最重要手配犯の1人が逮捕されました。逮捕されたのはボリバル県の県都カルタヘナ市で2022年に発生した127件の殺人事件に関与したとされる犯罪組織ボス アルマンド エリアス ブエルバス セプルベダ別名パティ パティです。
 パティ パティはカルダス県の県都マニサレス市のある豪華な屋敷に妻とともに潜伏していましたが、警察と検察、アメリカ合衆国麻薬取締局(EDA)の作戦で逮捕されました。
 「パティ パティは2022年にカルタヘナ市で発生した殺人事件の57%に相当する127件に関与している可能性があります。パティ パティはコロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォ(アウトデフェンサス ガイタニスタス デ コロンビア)の地域ボスです。」と警察長官エンリー サナブリア将軍が説明しています。
 サナブリア将軍は、数ヶ月に及ぶ捜査と追跡の末に、麻薬組織に対して手痛い打撃を与える事ができたと強調しています。
 
2023 1-4 EL FINANCIERO
ロス メヒクレスのボス通称エル ネトは豪華な独房で刑務所生活を送っていた メキシコ シウダ フアレス

 1月1日にチワワ州シウダ フアレスにある刑務所が武装集団に襲撃されギャング団ロス メヒクレスのボスエルネスト アルフレド ピニョン デ ラ クルス別名エル ネトなど27人の囚人が脱獄していますが、刑務所内にエル ネトのための豪華な独房があったことが判明しています。
 国家防衛省(Sedena)国防大臣ルイス クレセンシオ サンドバルは、襲撃事件と暴動後に陸軍と国家警備隊が刑務所内から大量の武器・現金・麻薬を押収したと発表しています。
 刑務所内にはVIPと呼ばれる特別な10個の独房があり、ギャング団のボスたちが暮らしていました。VIP独房に中にはテレビが設置されていました。
 当局はVIP独房の中にあった禁錮から170万2174ペソ(約1158万円)の現金を発見しています。
 現金以外にも携帯電話84個、覚醒剤285袋、コカイン38袋、マリファナ68袋、ヘロイン69袋、フェンタニル8錠が見つかっています。

383taro:2023/01/06(金) 09:30:43
2023 1-5 el COLOMBIANO 4924,00 20,18
2022年のインフレ率は13,12% コロンビア

 木曜日の朝、国家統計局(Dane)が昨年のインフレ率が過去23年で最も高い13,12%であったと発表しています。
 昨年のインフレ率が高いことは予想されていましたが、13,12%はアナリストの予想を大きく上回っています。
 昨年からコロンビア国民が実感しているように食料品の価格が高騰しており、消費者物価指数(CPI)を押し上げています。
 Daneの発表によれば、食料品価格の上昇率は27,81%で最も大きく、ついでホテル・レストラン18,54%、家具・家庭用品18,25%と続いています。
 都市別ではノルテ デ サンタンデール県の県都ククタ市がトップで16,34%となっています。
 次いでセサール県の県都シンセレホ市15,83%、セサール県のバジェドゥパール市15,53%、ラ グアヒーラ県リオアチャ市15,52%、コルドバ県モンテリア市15,38%と続いています。
 一方、大都市のボゴタ市・マニサレス・メデジン市のインフレ率は全国平均を下回っており、それぞれ12,35%・12m61%・12,75%でした。
 コロンビア政府は今年のインフレ率を7,2%と予測しています。

2023 1-5 CARACOL RADIO
コロンビアとベネスエラを結ぶホセ アントニオ パエス国際橋を7年ぶりに車が通る 

 2023年1月5日の朝、コロンビア アラウカ県とベネスエラアプレ州を結ぶホセ アントニオ パエス国際橋の車両通行が再開されました。
 通行の再開を祝うイベントにはコロンビアからギジェルモ レジェス運輸大臣や地元当局者などが参加しています。
 現地では両国当局による会談後、厳重な管理と警備のもとで貨物トラック・自家用車・バスなどが橋を渡り初め、レジェス大臣はアラウカ県知事インディラ ルス バリオス グアルニソと共にその様子を視察しています。
 グスタボ ペトロ新政権はベネスエラとの外交関係の正常化に向けて動き、ノルテ デ サンタンデール県とアラウカ県の国境橋の車両通行を再開させています。
 国境橋の車両通行再開は7年ぶりとなります。
 コロンビア政府はベネスエラに対して、すべての国境橋の通行再開を要請しています。
 国境橋の通行可能時間はコロンビア側で午前5時から午後8時、ベネスエラ側で午前6時から午後9時となっています。
 また税関は午前10時から午後6時までで、入管管理は午前5時から午後8時までとなっています。

384taro:2023/01/06(金) 09:30:54
2023 1-5 EL FINANCIERO
エル チャポ グスマンの息子オビディオ グスマンが逮捕され、メキシコシティに護送された 

 メキシコ国防相ルイス クレセンシオ サンドバルは、ホアキン エル チャポ グスマンの息子オビディオ グスマン別名エル ラトンを逮捕したと発表しました。
 国防大臣は記者会見で、麻薬犯容疑者はすでにメキシコシティに護送されていると明らかにしています。
 オビディオ グスマン逮捕後の1月5日深夜、シナロア州の州都クリアカン市では街道封鎖19か所、車の放火、クルアカン国際空港から離陸した民間航空機に対する発砲など様々な暴力事件が発生しています。
 オビディオ グスマンは空軍機でメキシコシティに護送されたと国防相は指摘しています。
 メキシコシティに到着したエル チャポ グスマンの息子は検察に身柄が移されています。
 オビディオ グスマン別名エル ラトンは2019年10月17日に特殊部隊の作戦により逮捕されましたが、カルテル デ シナロアが激しく抵抗し治安当局はオビディオ グスマンを釈放するという失態を犯しています。
 それから3年後の1月5日、エル チャポ グスマンの息子は逮捕されました。
カルテル デ シナロアの本拠地クリアカン市では太陽が登るとともに、重武装をした集団が現れ、銃撃を放火を行っています。
 カルテル デ シナロアの後継者の1人とされるオビディオ グスマンは、アメリカ合衆国大統領ジョー バイデンのメキシコ訪問の数日前に逮捕されました。

2023 1-5 UNOTV.com
オビディオ グスマン逮捕後、アグアルト刑務所で暴動・街道封鎖などが発生し警官7人が負傷

 シナロア州でオビディオ グスマンが後、州都クリアカン市にあるアグアルト刑務所で暴動・脱獄騒ぎが起きたとシナロア州治安担当責任者クリストバル カスタニェダが発表しています。
 刑務所の暴動以外にもこれまでにシナロア州ロス モチスで街道封鎖3か所、マサトランで街道封鎖6か所が発生し、州警察官7人と軍兵士数名が負傷しているとクリストバル カスタニェダは発表し、「引き続きシナロア州の治安コントロールに努めていく。」と強調しています。
 また状況が落ち着くまで、完全を確保するよう市民に呼びかけています。

385taro:2023/01/07(土) 07:59:29
2023 1-6 NOTICIAS CARACOL 4989,58 20,65
イタリア人科学者が強盗に襲われ重傷 コロンビア サンタンデール県

 水曜日、サンタンデール県バリチャラ市でイタリア人科学者が強盗に襲われ重傷を負っています。刃物で刺され重症となっているのは、マルコ エルリッヒ72歳です。
 Bluラジオの報道によれば、マルコは刃物で5回刺され重体となっています。
 20年以上コロンビアに住んでいるイタリア人科学者は、自分の農場内を歩いていたときにバイクに乗った強盗に襲われています。
 マルコの妻はコロンビア人で夫婦はボゴタ市とサンタンデール県に住居を持っており、事件時はバリチャラ市の農場で数日の休暇を過ごしていました。
 「ミシガン大学で博士号を取得したマルコ エルリッヒは、アマゾン科学研究所の副所長として働いている。」とBluラジオは伝えています。

2023 1-6 BBC NEWS MUNDO
ベネスエラの新たな国会議長は国外亡命中のディノラ フィゲラ

 2015年選出のベネスエラ国会は、フアン グアイドに代わる新たな代表を選出しました。
 公式議会と並行して存在するいわゆる野党議会は、木曜日にプリメーロ フスティシア党のディノラ フィゲラを新たな国会議長として選出し、ディノラ フィゲラは亡命中のスペインでその任に就くことになりました。
 先週、ベネスエラ野党は2019年から反体制派の代表であったフアン グアイドを追放し、ディノラ フォゲラを新代表に選出しています。
 ベネスエラ野党は2018年のニコラス マドゥロ大統領再選を不当として、暫定政府を設立しフアン グアイドが暫定大統領に就任していました。
 アメリカ合衆国や西側諸国政府はフアン グアイドをベネスエラ暫定大統領として承認していました。

386taro:2023/01/07(土) 07:59:39
 
2023 1-6 EL FINANCIERO
刑務所から脱獄したロス メヒクレスのボス通称エル ネトが警官隊との銃撃戦で死んだ メキシコ シウダ フアレス

 木曜日の深夜、チワワ州シウダ フアレスで、エルネスト エルフレド ピニョン デ ラ クルス別名エル ネトが治安部隊に銃殺されました。エル ネトは4日前にシウダ フアレスにある刑務所から脱獄したばかりでした。
 ギャング団ロス メヒクレスのボス通称エル ネトは、アステカス区カジェ トルテカスとカジェ トセトサレスの近くにある民家内に潜伏していることが判明し、逮捕作戦が実行されました。
 アジトを急襲されたエル ネトは発砲しながら民家を出て装甲しようのBMWで逃亡しましたが、ガソリンスタンドに衝突し停車しています。
 エル ネトはその場で警官隊に向けて発砲しましたが、警官隊の反撃により重傷を負い、病院への搬送中に死亡しています。
 エル ネトは1月1日に発生した武装集団による刑務所襲撃により脱獄していました。刑務所襲撃事件では警官12人と囚人7人が殺害され13人が負傷し、30人の囚人が脱獄しています。

2023 1-6 El Comercio
オビディオ グスマン逮捕作戦で、29人が死亡35人が負傷21人が逮捕された メキシコ クリアカン市

 麻薬王ホアキン エル チャポ グスマンの息子オビディオ グスマンの逮捕作戦が木曜日に実施されましたが、それの伴い29人の死亡者と35人の負傷者と21人の逮捕者が出たと金曜日にメキシコ政府が発表しました。国防相ルイス クレセンシオ サンドバルは、29人の死亡者のうちの10人がメキシコ軍軍人で、19人が犯罪組織メンバーであると強調しています。
 「残念ながら10人の軍人が任務をまっとうする中で命を落としています。」と国防相ルイス クレセンシオ サンドバルは記者会見で述べています。
 今現在民間人の死亡者が1人も出ていないと報告を受けているのは喜ばしいことであるとサンドバルは述べています。
 負傷者35人は軍兵士で、軍車両数台が損傷しています。
 木曜日の早朝に実行されたオビディオ グスマン逮捕作戦と、その後のシナロア州の州都クリアカン市で発生した暴力事件鎮圧作戦には3586人の兵員が動員されています。
 ロペス オブラドール大統領は、「民間人に犠牲者が出ないよう、責任を持って行動した。」と強調しています。
 シナロア州のルーベン ロチャ知事は、街道封鎖や治安部隊に対する攻撃、放火事件が続いていたが、現在は正常化しつつあると発表しています。
 オビディオ グスマンは2019年10月17日にもクリアカン市で逮捕されましたが、カルテル デ シナロアの激しい暴力の前に逮捕から数時間後に釈放されています。今回の逮捕劇はそれを連想させ、市民たちを怯えさせています。

387taro:2023/01/08(日) 09:20:03
2023 1-7 el COLOMBIANO 4885,66 20,65
アビアンカ機の降着装置(ランディングギア)格納室内から死体2体が見つかる コロンビア ボゴタ市

 金曜日の夜、アビアンカ機の降着装置(ランディングギア)格納室から、凍死体が見つかりました。
 「チリ サンティアゴからコロンビア ボゴタを結ぶ路線を運行するAV116便の降着装置格納室に違法に乗っていた密航者2人が死体となって発見されたことをアビアンカ社は残念に思います。」と声明で述べています。
 死体は金曜日の午後7時55分ころに見つかっています。航空会社のオペレーターたちが通常の整備作業を行っていたときに、凍死した遺体2体を発見しています。2人のうちの1人は火傷を負っており、年連は15歳から18歳と思われます。
 通報を受け、検察CTIの捜査班が死体の回収と捜査のためにエル ドラド国際空港に駆けつけています。
 民間航空当局はAV116便が最後に離陸したチリの航空当局と合同で調査を進めています。
 
2023 1-7 el COLOMBIANO
ペトロ大統領とマドゥロ大統領の会談が終了 ベネスエラ カラカス

 コロンビア大統領グスタボ ペトロはベネスエラ大統領ニコラス マドゥロと土曜日に会談を行いました。白いシャツを着たペトロ大統領は数人の閣僚を伴い、昼過ぎにベネスエラの首都カラカスのミラフローレス宮殿に到着し、ベネスエラ政府と軍に迎えられています。
 両国の会談が行われるということは土曜日の朝まで秘密にされていました。
 両国は貿易と国境管理について話し合う予定です。

388taro:2023/01/08(日) 09:20:16
 
2023 1-7 el COLOMBIANO
Farc分派ゲリラグループが誘拐していた少年2人を解放した コロンビア ブエナベントゥーラ市

 コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループは、バジェ デル カウカ県ブエナベントゥーラ市で発生した別のFarc分派ゲリラグループとの戦闘時に拘束した子供ゲリラ2人を解放しました。14歳と16歳の少年ゲリラは、オンブズマン組織の人道ミッションに引き渡されました。
 子供ゲリラ2人はブエナベントゥーラ市郊外で拘束されており、人道ミッションは川を長時間移動して引き渡し場所に到着しています。
 この少年たちは共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)とFarcセグンダ マルケタリア派に勧誘されたようで、Farc分派ハイメ マルティネス機動部隊との戦闘で拘束されていました。
 「オンブズマン人道ミッションは少年たちの健康状態を確認した後に、安全な場所に移動して少年たちを管轄当局に引き渡しました。」とオンブズマン組織は説明しています。
 検察は違法武装組織に対し、民間人を尊重し地域社会に被害をもたらし危険に晒す暴力行為を止めるよう、また子供を紛争に巻き込まないよう求めています。
 コロンビア武力紛争に児童・青年を巻き込むことに反対する連合によれば、昨年コロンビアでは児童徴兵が42件発覚し、85人の少年少女が被害を受けています。

2023 1-7 msn
オビディオ グスマン逮捕とその後の混乱を利用して略奪行為が横行 メキシコ クリアカン市

 エル チャポ グスマンの息子オビディオ グスマン別名エル ラトン逮捕とその後の混乱を利用してシナロア州の州都クリアカン市で略奪行為が横行しています。ネットにはテレビや家具や冷蔵庫が持ち去られる様子を撮影した動画が多数上がっています。
 そのうちの1つ、数人の男がデパートから略奪した冷蔵庫を赤い小型車マティスに乗せようとする動画が話題を集めています。
 この動画はツイッターですでに60万回以上再生されており、ネットユーザーたちは、「こんな小さい車に冷蔵庫を積もうとするなんて。」と呆れ、また「シナロアのこの状況を利用している。」と嘆く声などが上がっています。
 マティスの男たち以外にも、バイクに乗った若い男がソファーを持っていこうと奮闘する様子も映っています。
 数時間後、別のツイッターユーザーの投稿により、マティスの男たちが冷蔵庫を奪うことに成功した事が判明しています。マティスの男たちは車の中に入れることを諦め、屋根の上に乗せて運んでいました。

389taro:2023/01/09(月) 09:06:07
2023 1-8 EL HERALDO 4885,66 20,65
上司を殺害した警官が自殺 コロンビア コルドバ県

 コルドバ県シエナガ デ オロ市警察の副所長セサール ポルティジョ タマヨを殺害した後に、警察から供与された銃器で自殺を図りモンテリア市の病院に搬送されていた警察パトロール隊員ブルノ サパ レオダンが死亡しました。
 1月6日金曜日の夜に警察署の中で上司を殺害したブルノ サパ レオダンは、1月7日土曜日の夜に死亡しています。
 パトロール隊員ブルノが勤務に不適格な状態で出勤してきたことを咎めた上司とブルノが口論となり、犯行に及んでいます。
 県都モンテリア市警は、「警察署内で起きた犯罪について捜査を行っています。初期捜査によれば、パトロール隊員ブルノ サパ レオダンが警察から供与された銃器で警察副署長のセサール ポルティジョ タマヨを銃撃し、その後ブルノ サパ レオダンが自らを銃撃して重傷となっています。副署長は犯行現場で亡くなりました。」と発表しています。
 この不幸な事件は学術的捜査班が捜査を続けています。

2023 1-8 el COLOMBIANO
非番の警察パトロール隊員がバイク強盗に殺された コロンビア ベヨ市

 土曜日の夜、アンティオキア県の県都メデジン市と接するベヨ市とバルボサ市を結ぶ街道上にある料金所から100mの地点で、強盗事件を未然に防ごうとした警察パトロール隊員フアン ディエゴ パティニョが殺害されました。
 警察発表によれば、非番のパトロール隊員がバイクで移動中に2台のバイクに乗った4人組の強盗に行く手を遮られ銃で脅されバイクを奪われそうになりました。
 カスティジャ警察署に勤務するパティニョは身を守るために銃を抜いて強盗団と撃ち合いになり、頭部と胸部を撃たれています。撃たれたパティニョは直ちにノルテ病院に搬送されています。
 「私達の同僚は強盗の襲撃に対して誘拐に立ち向かいましたが、残念なことに病院搬送中に亡くなりました。」とバジェ デ アブラ地域警察司令官アンドレス メンドサ大佐は述べています。
 大佐によれば、警察はすでに犯人グループ検挙に向けた捜査を開始しています。
 「監視カメラの映像を収集し、目撃者から証言を集めています。事件解明のための情報提供を市民に呼びかけます。」と大佐は語っています。

390taro:2023/01/09(月) 09:06:19
2023 1-3 LATINUS
地下鉄3号線で衝突事故、1人が死亡106人が怪我 メキシコシティ

 土曜日の朝、メキシコシティの地下鉄3号線で電車同士の衝突事故が発生し、1人が死亡106人が負傷したとメキシコシティ犠牲者対応ミッション(CEAVI)の責任者エルネスト アルバラドが日曜日に発表しています。
 負傷者のうちの84人が回復し、22人が入院しているとエルネスト アルバラドは記者会見で明らかにしています。
 メキシコシティ市長クラウディア シェインバウムは昨日、57人が救急車で病院に搬送されと発表していますが、今日49人が自力で病院に行き治療を受けたことが判明しています。
 CEAVIの責任者は「市長の指示により、不幸にも命を落としたヤレツィさん26歳の家族に市職員が常に付き添っています。」と述べています。
 重傷を負った電車運転手はさん アンヘル病院で手術を受け入院していると市長は説明しています。
 
2023 1-8 El Diario.mx
脱獄犯の1人が殺された メキシコ シウダ フアレス

 国境の街チワワ州シウダ フアレスの刑務所から1月1日日曜日に脱獄した囚人30人のうちの1人が、シウダ フアレスのパラヘス デ サン イシドロ区で別の男1人と銃殺されています。
 州警察は歯型分析と家族の証言などから殺害された2人のうちの1人が、ギャング団ボス エルネスト アルフレド ピニョン デ ラ クルス別名エル ネトとともに刑務所から脱獄した30人の囚人の1人と断定しています。
 アコスタ フローレス33歳は、2011年に犯した殺人の罪で2014年からシウダ フアレスの刑務所に収監されていました。
 アコスタ フローレスとともに殺害された男性の身元は不明です。2人は黒のシボレーにのりカジェ パカヤからカジェ ボルカン ニカラグアを走行していたときにナンバーの付いていないフォード エクスペディションに乗っていた4人組に襲撃され殺されたと、目撃者が証言しています。
 現在まで刑務所から脱獄した囚人30人のうちの2人が殺害され、2人が逮捕されています。

391taro:2023/01/10(火) 09:10:43
2023 1-9 TeleMEDELLI'N 4885,66 20,12
ELN元最高指導者ガビノが死亡した可能性 コロンビア

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の元最高指導者ニコラス ロドリゲス バウティスタ別名ガビノが死亡したという噂が広まっています。
 コロンビア東部サンタンデール県ヒロン市にあるパロゴルド刑務所に収監されているELNゲリラたちがガビノに敬意を表するTシャツを着用した事が、治安当局の関心を呼んでいます。
 ゲリラ囚人20人が白地にガビノの顔がプリントされ、「闘争と抵抗の見本 1949-2022」と書かれたTシャツを着ています。1949年はガビノの生まれた年で、2022年が死亡した年の可能性が指摘されています。
 ELNはガビノの生死についてこれまで何も発表していません。
 ガビノは2021年5月1日にELN最高決定機関コマンド セントラルを辞任しました。
 辞任時に発表された声明によれば、ガビノは2018年から滞在しているキューバで病気の治療を受けるためにゲリラの戦列から離れています。
 治安当局はもしもガビノが死亡していた場合ELNとグスタボ ペトロ政府の和平交渉にどのような影響があるか分析しています。

2023 1-9 MINUTO30.com
自宅に帰った男性が妻と子供2人の遺体を発見 コロンビア ボゴタ市

 日曜日の夜、ボゴタ市スバ区サン ベルナルディノ地区にある民家に帰宅した男性が、妻22歳と1歳と4歳の子供2人の遺体を発見しました。
 現在専門チームによる調査が続けられています。
 3人の死が事故なのか自殺なのか他殺なのかは不明です。しかし現場となった民家でガス漏れが起きており、事故死の可能性が有力視されています。
 現在法医学協会が死因を特定するための検死を行っており、検察CTIと警察が死亡状況の調査を行っています。

392taro:2023/01/10(火) 09:10:54
2023 1-9 sinembargo.mx
武装集団が4歳幼女と父親を惨殺 メキシコ フレスニヨ市

 サカテカス州フレスニヨ市で4歳幼女と父親が武装集団に殺害されました。
 「昨日の正午頃、フレスニヨ市インドゥストリアル区カジェ デ ハルパとカジェ ラ パスの交差点で、武装集団が父親と娘を殺害しました。」と当局が発表しています。
 近隣住民からの通報を受け救急隊が現場に駆けつけましたが、父親はすでに死亡しており、娘も搬送後に死亡しています。
 治安当局は捜査を開始していますが、今現在1人の逮捕者も出ていません。
 
2023 1-9 MILENIO
ロレックスからメルセデス・ベンツまで、オビディオ グスマンはクリアカン市で優雅な生活をしていた メキシコ シナロア州

 オビディオ グスマン別名エル ラトンは、ペットとしてサソリを飼っていました。エル チャポ グスマンの息子は、父親が幼いときにつけたあだ名をとても大切にしています。
 その証拠に自宅の中庭にある大きなクリスマスツリーには、王冠をかぶったネズミのぬいぐるみが沢山飾られていました。
 本紙は木曜日の深夜に連邦治安当局に逮捕されたカルテル デ シナロアのボスの1人エル ラトンの自宅を取材しました。
 玄関や窓は軍の攻撃により穴だらけになっています。
 入ってすぐの左側のリビングではアームチェアが重なり、コーヒーテーブルらしきものは破壊され床に散らばっています。
 ヘスス マリアの住民たちは、9歳と3歳の娘が負傷したことがオビディオ グスマンに最も影響を与えたと思うと語っています。子供部屋のベッドカバーには血痕があります。
 子供部屋のバスルームにも血痕があり、隣の部屋では引き出しがすべて開けられ、床には服などが落ちています。
 ジャグジー付きの豪華なバスルームにも血痕があります。バスルームの隣の部屋にはオビディオ グスマンの物と思われるロレックスの時計やマルタ ペーニャの宝石、プラダやシャネルのバッグが置かれています。
 キッチンには大きなバーが設置され、冷蔵庫を初め必要なものはすべて揃っています。ここにはオビディオ グスマンのペットのサソリが飼われており、コオロギが餌として用意されています。
 広い前庭にはベンツやオフロード車が並んでいます。家の外には軍の攻撃で破壊されたモンスターと呼ばれる改造装甲車が数台放置されています。

393taro:2023/01/11(水) 09:27:31
2023 1-10 LA FM. 4885,66 20,28
ペトロ大統領がELNに対する軍事作戦の再開を命令 コロンビア

  グスタボ ペトロ大統領政府は政令0004号により、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)との停戦を中断し、この県に関して合意が得られるまでELNに対しする軍事行動と警察の活動を再開する決定をしています。
 「2022年12月31日の政令2657号で命じられた政府とELNの一時的停戦(CFBTN)を、政府とELNの和平交渉の場で承認されるまで一時停止とする。」と1月4日に出された政令0004号は指摘しています。
 停戦停止の間、「ELNメンバーに対する軍事作戦と警察の捜査の再開を命じる。」と政令には書かれています。
 12月31日のペトロ大統領の停戦宣言について、ELNは「停戦合意はない。停戦は和平交渉で決定されるものである。」と拒絶しています。
 ELNの拒絶を受け、グスタボ ペトロ大統領政府は政府和平交渉団団長オッティ パティニョを通じて、2月にメキシコで行われる和平交渉第2ラウンドの前に、カラカスで緊急会談を行うよう要請しています。

2023 1-10 EL TIEMPO
大規模土砂崩れにより150家族が被災、パンアメリカンハイウェイが通行止め コロンビア カウカ県
 
 「何も持ち出せなかった。服も食べ物もない。」とカウカ県の県都ポパヤン市とナリニョ県の県都パスト市の間パンアメリカンハイウェー脇で発生した大規模土砂崩れの被災者の1人ヘスス アリリオ スニィガが訴えています。土砂崩れによる被災者は150家族以上に上っています。
 カウカ県ロサス市ラ ソレダ村・サンタ クララ村・パラガ ビエホ村・チョンタドゥロ村で被害がでており、民家やアルフォンソ コルドバ学校が流されています。
 「私はなんとか逃げることができましたが息子と嫁は閉じ込められ、今日の午前10時にやっと脱出しました。」とスニィガは述べ、飼っていた動物の救助と持ち物の回収する手伝いを救助隊に求めています。
 そして「ここには何も残らない。ロサス市全体が危険となっており、被災者たちをロサス市以外の場所に移動させて欲しい。」と当局に要請しています。
 危機対策課のウイスネル コルテスは、すでに救助隊が現地に入り、被災者の救助と安全な場所への移送を行っていると説明し、幸いなことに死者はでていないと報告しています。
 しかしパンアメリカンハイウェイは75km地点チョンタドゥロ村で土砂崩れにより寸断され完全に閉鎖されていると指摘しています。

394taro:2023/01/11(水) 09:27:42
 
2023 1-10 EXCELSIOR
エル チャポ グスマンの嫁エマ コロネルの片足が刑務所の外に出ている

 ホアキン エル チャポ グスマンの嫁エマ コロネルが早期釈放される可能性があるとメキシコのメディアProcesoが報じています。
 連邦刑務所局は刑期満了の2024年ではなく今年9月13日に釈放される見込みであると発表していますが、Proceso は今年1月末から2月上旬に釈放される可能性があると報じています。
 「弁護側が刑期を36ヶ月から31ヶ月に減刑することに成功しています。また刑務所内での素行が良ければ刑期の85%を終えたところで早期釈放されることもあります。」とProcesoには書かれています。
 またエマ コロネルは判決前に保釈されておらず、当局に協力したために10ヶ月が差し引かれていると付け加えています。
 エマ コロネルはアメリカ合衆国の国籍を所持しており、早期釈放予定日の6ヶ月前から社会復帰の準備として日中は外出し、夜は刑務所で寝泊まりするプログラムに入ることができるとProcesoは指摘しています。
 エマ コルネルは2021年2月にワシントン・ダレス国際空港で逮捕され、同年6月に夫グスマンの麻薬犯罪に協力した事を認めています。エル チャポ グスマンはコカイン・ヘロイン・マリファナ・覚醒剤をアメリカ合衆国に密輸した罪とマネーロンダリングの罪で終身刑を言い渡されています。
 
2023 1-10 EL HERALDO
CJNGがディア デ レジェス(公現祭)におもちゃを子どもたちに配る メキシコ ミチョアカン州

 貧困は麻薬組織が組織拡大に利用する要因の1つとなっています。ミチョアカン州ではメキシコ最大の犯罪組織カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のメンバーたちがCJNGのボスたちからと言ってディア デ レジェス(1月6日)に子どもたちにおもちゃをプレゼントしています。
 ネットにはフェリス ディア デ レジェスと書かれた横断幕が掲げられたピックアップトラックに積まれたおもちゃが、CJNGメンバーの手で子どもたちに配られている様子が撮影された動画が上がっています。
 「オホ デ アグア村の子供達みんなにセニョール メンチョからプレゼントです。」とCJNGのメンバーの1人が言うと、子どもたちは一斉にありがとうと叫びます。この村はサモラ市にあります。

395taro:2023/01/12(木) 09:16:46
2023 1-11 el COLOMBIANO 4807,85 20,72
ELNとFarc分派が戦闘、少なくとも10人のゲリラが死んだ コロンビア アラウカ県

 コロンビア革命軍(Farc)分派の2大派閥はコロンビア政府と停戦状態ですが、アラウカ県ではFarc分派イバン モルディスコ派と国民解放軍(ELN)の対立関係は継続しています。
 戦闘は火曜日に発生しており、Farc分派エロエス イ マルティレス部隊のゲリラ10人が、ELNゲリラ部隊の攻撃により死亡しました。
 死亡者の1人はFarc分派エロエス イ マルティレス部隊の財政ボスとされる通称ソリンです。当局は火曜日から死体の身元確認作業を進めています。
 1月4日、政府は6月30日までの停戦を実施するための政令に署名し発行しています。政府はコロンビア革命軍(Farc)エスタド マヨール セントラル(イバン モルディスコ派)とFarcセグンダ マルケタリア派と和平交渉開始に向けて接触を続けており、Farc2大派閥と停戦に応じています。
 一方、ELNはペトロ政権と停戦合意は行っていないと停戦を拒絶し、政府はELNとの停戦を停止しています。

2023 1-11 RCN niticiasrcn.com
コロンビア革命軍(Farc)分派第10戦線のボスがELNゲリラ部隊の待ち伏せ攻撃で死んだ アラウカ県

 1月11日水曜日、アラウカ県でコロンビア革命軍(Farc)分派と国民解放軍(ELN)が激しい戦闘を行っています。ELNゲリラ部隊による待ち伏せ攻撃は、プエルト ロンドンで発生しています。
 非公式情報によれば、Farc分派第10戦線のボス通称ソリンが死亡者の中に含まれています。戦闘によりソリンと警護部隊がELNゲリラ部隊に殺害されています。現在当局が現場に捜査チームを派遣して調査を実施する予定です。
 今現在陸軍第8師団はゲリラの死亡を確認していませんが、RCNニュースはELNに殺害されたFarc分派ゲリラ10人の死体の画像を入手しています。
 「1月11日の朝、プエルト ロンドン市パイサへ村でFarcゲリラと思われる10体の死体が発見されました。10人は昨夜待ち伏せ攻撃で殺害されています。」
 しかし今現在当局は現地に入っておらず、正確な死亡者数や身元は不明です。
 戦闘が発生した地域ではゲリラグループ同士の戦闘が継続しているおそれがあります。

396taro:2023/01/12(木) 09:16:57
2023 1-11 el COLOMBIANO
ミニバスとトラックが正面衝突、9人が死んだ コロンビア ウイラ県

 水曜日の朝、ウイラ県ら プラタ市とテサリア市の間の公道でひどい交通事故が発生しました。地元交通警察はこれまでに9人の死亡が確認されていると発表しています。
 最初の発表によれば、路線バスと食料を積んだトラックが正面衝突し、現場で7人が死亡し5人が負傷しています。
 ウイラ県警司令官グスタボ カマルゴ大佐は、負傷者5人は救急隊により病院に搬送されましたが、うち2人が死亡したと発表しています。
 テサリア市で発生した交通事故の銀員はスピードの出しすぎによる対向車線はみ出しであると、大佐は説明しています。
 「コーモトール社のミニバスとD1社の貨物トラックによる事故が起きました。対向車線へのはみ出しが事故原因と思われます。雨季の車の運転には注意するようど道路利用者に呼びかけます。」と大佐は述べています。

2023 1-11 Semana
「アメリカ合衆国軍は先住民児童に対する性虐待事件が発生したコロンビア グアビアレ県には駐屯していない。」とアメリカ合衆国大使館が発表 

 コロンビアのアメリカ合衆国大使館は先住民少女に対する性虐待事件にアメリカ合衆国軍人が関与したという疑惑に対して、事件が起きた2019年にアメリカ合衆国軍はグアビアレ県にはいなかったと疑惑を否定しています。
 「アメリカ合衆国軍はコロンビア グアビアレ県に駐留していない。2019年にグアビアレ県に駐留した軍関係者はいない。アメリカ合衆国政府はいかなる疑惑も真剣に受け止め、コロンビア側と協力して疑惑の調査を実施することを約束する。」と大使館広報官John Rhatiganは強調しています。
 グアビアレ県で先住民児童が軍人と民間人から性虐待を受けたという疑惑があり、その中でアメリカ合衆国軍人が関与したという話が出ています。

397taro:2023/01/13(金) 09:39:22
2023 1-12 el COLOMBIANO 4748,54 21,20
ボリバル県南部で軍兵士が誘拐される コロンビア

 コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループが、陸軍兵士ルイス ドミンゴ モレロス ゴンサレスを誘拐しました。ボリバル県南部サンタ ロサ市で誘拐された兵士は休暇中でした。
 「休暇中の兵士ルイス ドミンゴ モレロス ゴンサレスが休暇中に誘拐されたことを関係当局に告発しました。」と陸軍第1師団合同タスクフォース マルテが発表しています。
 兵士を誘拐したのはE37と呼ばれるゲリラグループです。現在捜査当局が捜査を開始し、軍は誘拐された兵士と誘拐したゲリラ部隊の捜索作戦を続けています。
 「私たちはこの卑劣な犯罪を拒絶します。誘拐は明らかな人権侵害であり、国際人道法に違反しています。私たちは誘拐された兵士の生命の尊重と直ちに家族の元に戻すことを求めます。」と軍は声明で要求しています。

2023 1-12 El Psi's
カウカ県で陸軍下士官が誘拐された コロンビア

 陸軍2等軍曹フアン ガブリエル チャチノイがカウカ県タンボ市近くで武装集団に誘拐されました。
 当局発表によれば、1月10日火曜日の午後にポパヤン市・エル タンボ市・ピエドラセンタダ市・パスト市を結ぶ路線を運行するバスが、コロンビア革命軍(Farc)分派カルロス パティニョ戦線のゲリラ部隊に停車させられ、乗っていた休暇中の軍曹が拉致されています。
 軍曹の荷物はバスの荷物室の残されており、当局が保管しています。

398taro:2023/01/13(金) 09:39:33

2023 1-12 el COLOMBIANO
メデジン市からラ グアヒーラ県を訪れいてた観光客61人が強盗被害 コロンビア

 1月2日にセサール県の県都バジェドゥパール市とラ グアヒーラ県の観光地を楽しむためにアンティオキア県の県都メデジン市を出発した観光団61人が、ラ グアヒーラ県で強盗被害を受けました。
 1月4日にバジェドゥパール市を出発し、ラ グアヒーラ県にあるオクキシマナ農場に到着した観光団が午後2時ころに昼食を食べていたときに、数台のバイクが猛スピードでやってきました。
 「3台のバイクに乗った重武装をした6人の男が強盗だと名乗り、私達からウエストポーチ・携帯電話・宝石・ネックレスなどを奪いました。」と被害者の1人ジョン タマヨが証言しています。6人は観光団を輸送してきた運転手4人を遅い、地面に倒して頭を叩きつけています。
 強盗団は農場関係者の知り合いだったのは明白であると被害者たちは証言しています。事件を目撃した地元先住民はワユー語で強盗を叱責し、強盗はスペイン語で「ママ、放して、何をしているのか分かっている。」などと返答していました。
 奪われたのは携帯電話・タブレット・現金・カメラ・カードなどで、被害総額は1億ペソ(約275万円)を超えると思われます。
 61人の観光団は警察に付き添われて農場を出ています。
 ラ グアヒーラ県の県都リオアチャ市の治安担当責任者レアンドロ メヒアは、警察とともに捜査を開始しており、強盗団の側まで迫っていると断言しています。

2023 1-12 blu radio
パンアメリカンハイウェイで起きた土砂崩れのために、エクアドル向けの輸出が滞っている コロンビア

 エクアドルに通じるパンアメリカンハイウェイが土砂崩れのために通行止めとなっており、エクアドル向けの輸出品の輸送に問題が生じています。砂糖・とうもろこし・ビール・化粧品・お菓子・紙などバジェ デル カウカ県で生産された産品が輸出できなくなっています。
 エクアドルはバジェ デル カウカ県に取って2番めの輸出相手国です。バジェ デル カウカ県の企業は多額の損失を出しています。」とバジェ デル カウカ県産業委員会会長エドウィン マルドナドは説明しています。
 企業家たちは土砂崩れにより、1日あたり100万ドルを失っていると強調しています。
 またバジェ デル カウカ県から輸出する産品の幾つかは生鮮食料品であり、代替ルートが無いために失われています。
 「私たちは政府に対して早急に代替ルートを確保するよう要求しています。」とマルドナドは説明しています。

399taro:2023/01/14(土) 09:19:48
2023 1-13 el COLOMBIANO 4692,04 21,05
Farc分派ゲリラグループが誘拐していた兵士を解放 コロンビア ボリバル県南部

 コロンビア革命軍(Farc)分派第37戦線がボリバル県南部地域で誘拐した軍兵士を人道ミッションに引き渡したと、赤十字国際委員会(CICR)が発表しました。
 「武装グループによる人道的行為に感謝し、解放された男性が愛する人たちと再会できることを嬉しく思います。」とCICR副代表が述べています。
 解放された兵士は健康診断を受けて移動に耐えると判断され、移送されて軍に引き渡されています。
 ボリバル県南部郊外で実施された人道ミッションにはCICRの他にサンタ ロサ デル スール市のペルソネリアとカトリック教会が参加しています。
 解放の数時間前、コロンビア軍は陸軍兵士ルイス ドミンゴ モレロスがサンタ ロサ市でFarc分派第37戦線に誘拐されたと発表していました。
 一方、水曜日の夜カウカ県では陸軍2等軍曹フアン ガブリエル チチャノイ ミラマグがコロンビア革命軍(Farc)分派カルロス パティニョ戦線に誘拐されています。
 この誘拐事件はコロンビア政府が複数の違法武装グループと停戦合意を結んだと発表した12日後に起きています。Farcカルロス パティニョ戦線は、コロンビア政府と停戦合意を結んだFarc分派エスタド マヨール セントラルの下部組織です。

2023 1-13 el COLOMBIANO
ELNに「カミロ トレスの道かパブロ エスコバルの道か」選択せよとペトロ大統領が警告 コロンビア

 1月9日に共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)が、コロンビア政府の一方的押し付けにより、コロンビア政府とELNの和平交渉が危機状態に陥っている可能性があると発表したことを受け、グスタボ ペトロ大統領はELNには2つの選択肢しか無いと語っています。
 ペトロ大統領は1月12日の午後に共和国上院議長ロイ バレラスが、ELNの現状について、「カトリック教会司祭カミロ トレス レストレポの道か、パブロ エスコバルの道」と述べたことを引用しています。
 バレラスはELNが完全平和に貢献しないと決定するならば、麻薬犯罪に堕落したゲリラグループとして歴史に名を残すことになるであろうと警告しています。
 「ELNは60年前に社会的要求を掲げて決起しました。そして今、完全平和の貢献者として歴史に名を残すか、麻薬犯罪に堕落したゲリラグループとして歴史に名を残すかの瀬戸際にあります。」と上院議長は警告しています。
 完全平和政策を掲げるグスタボ ペトロ大統領は、ELNやFarc分派など違法武装組織5組織と停戦合意を結んだと発表しましたが、ELNは停戦合意はしていないと反論しています。ELNは停戦合意は和平交渉の中でのみ決定される。」としてペトロ大統領の発表を一方的であるとして批判しています。

400taro:2023/01/14(土) 09:20:00
2023 1-13 EL TIEMPO
ロドリゴ ロンドニョがELN最高指導者に公開書簡を送る コロンビア

 停戦を巡りコロンビア政府と国民解放軍(ELN)の間に確執が生じています。2016年にコロンビア政府と和平合意を結んだコロンビア革命軍(Farc)主流派の最高指導者で、現在は合法政党コムネスの党首ロドリゴ ロンドニョが、ELN最高指導者アントニオ ガルシアに公開書簡を送り、ELNとコロンビア政府との対話の仲介役になると提案しています。
 ロンドニョは、「ペトロ大統領と当局の場所と条件下でELNと話をする用意がある。私はコロンビア人民が切望する完全平和のために一粒の砂のように貢献する事が願いである。」と述べています。
 「武力紛争の政治的・交渉的解決の模索が、書簡を書いた理由である。政府とELNの和平交渉が成功するかどうかは、数千人の命がかかっている。ゆえに私は政治交渉で生じた困難を解決することに関心がある。」と元Farc最高指導者は付け加えています。
 
2023 1-13 EL FINANCIERO
メキシコ軍大佐誘拐の黒幕とされるCJNG幹部通称エル CRの兄弟が逮捕された メキシコ ハリスコ州

 メキシコ軍はカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のボスの1人でメキシコ軍ホセ イシドロ グリマルド ムニョス大佐がハリスコ州タルパ デ アジェンデで誘拐された事件の黒幕とされるフアン カルロス ピサノ別名エル CRの兄弟ホセ マヌエル ピサノを逮捕しました。
 逮捕作戦はシエラ デ アムラ地域にある田舎町チキリストランで実施され、ホセ マヌエル ピサノは抵抗することなく逮捕されています。
 ホセ マヌエルともう一人は銃弾と弾倉を所持していたために逮捕され、身柄は連邦検察に引き渡されています。
 逮捕されたホセ マヌエルの兄弟フアン カルロス別名エル CRは、12月10日にハリスコ州タパルパで休暇中の大佐を誘拐するようCJNGメンバーに命じたとして告発されています。大佐誘拐後、国家防衛省(SEDENA)は陸軍・空軍・国家警備隊2000人以上を動員して捜索を行っています。
 フアン カルロス ピサノ エルネラス別名エル CRはサン ガブリエル市・タパルパ市・サパティトラン デ バディジョ市などハリスコ州南部のCJNG地域ボスです。CJNGの最大ボス ネメシオ オセゲラ セルバンテス別名エル メンチョ配下の最も暴力的幹部の1人とされるエル CRには逮捕命令が出ています。

401taro:2023/01/15(日) 09:22:11
2023 1-14 el COLOMBIANO 4693,99 21,05
コロンビア軍がELNと合同作戦を実施したという訴えを否定 コロンビア国防相

 コロンビア国防相イバン ベラスケスはツイッターを通じ、1月11日にアラウカ県でコロンビア軍が国民解放軍(ELN)とともに、Farc分派エスタド マヨール セントラル(EMC)派傘下のゲリラ部隊を攻撃したというEMCの発表をでたらめであると断言しています。
 「国防省が国軍にEMCを攻撃するよう命じたというのは嘘である。」と大臣は説明し、国軍は違法武装組織とともに作戦を行うことは無いと強調しています。
 EMCの声明によれば、コロンビア軍とELNゲリラ部隊の合同作戦により、コロンビア政府と停戦を結び警戒を緩めていた2つのゲリラ部隊に多大な損害が出ています。
 1月4日、コロンビア政府はFarc分派ゲリラ組織と6月30日までの停戦で合意したと発表しています。この停戦合意により、Farc分派EMC派とFarcセグンダ マルケタリア派は和平交渉開始に向けて動いています。
 ベラスケス大臣は「政府による停戦を絶対的に尊重する。」と説明しています。
 国防相の発表の少し後、Farc分派EMC派新たな声明を発表し、謝罪とベラスケス国防相への敬意を表明しています。
 ELNと思われる武装集団に襲撃を受けたFarc分派EMC傘下のゲリラ部隊は、少なくとも10人の戦死者を出しています。死亡者のうちの1人はFarc分派EMCエロエス イ マルティレス部隊の財政ボス通称ソリンでした。
 当局は火曜日から死亡者10人の身元確認作業を進めています。

2023 1-14 el COLOMBIANO
コロンビア政府とELNがカラカスで緊急会談を行う
 コロンビア政府和平交渉団と国民解放軍(ELN)は停戦を巡り生じた緊張緩和のためにベネスエラの首都カラカスで緊急会談を行います。コロンビア政府は6月30日までの停戦が政府とELNの間で合意したと発表しましたが、ELNはそれを否定しています。
 会談は11月17日火曜日にコロンビア政府とELNの和平交渉第1ラウンドが行われたフンボルトホテルで開催される予定であると金曜日に発表されています。
 緊急会合では政府とELNの停戦問題とメキシコで行われる和平交渉第2ラウンドの議題調整について話し合われるとされています。
 停戦について政府和平交渉団団長オッティ パティニョは単なる誤解であると主張しているのに対して、ELN中央司令部は政府による一方的押し付けが、協議を脅かし、危機的状況に陥っていると主張しています。

2023 1-14 el COLOMBIANO
先住民少女を強姦した容疑でコロンビア陸軍下士官2人と兵士6人が起訴された

 先住民族ヌカク マクの15歳の少女を強姦した容疑で、コロンビア陸軍の下士官2人と兵士6人が起訴されました。事件は2019年9月にグアビアレ県の県都サン ホセ デ グアビアレ市チャラス村で起きています。
 グスタボ ペトロ大統領は未成年者強姦事件に対応するためのミッションを同市に派遣しています。
 アメリカ合衆国のスペイン語放送ウニビシオンが、グアビアレ県で少年少女たちが食べ物やお金と引き換えに性的搾取を受けていると報じたことが事件発覚のきっかけてとなっています。アメリカ合衆国軍人が少女を強姦し妊娠したという告発もありますが、アメリカ合衆国大使館は自国軍は同地に駐留していないと否定しています。

402taro:2023/01/15(日) 09:23:49
2023 1-14 el COLOMNIANO
メデジン市で8日連続殺人が起きていない コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県の県都メデジン師では今年最初の4日間で9件の殺人事件が発生しましたが、1月5日からこの記事の執筆時まで殺人事件が起きていません。
 8日間連続で殺人が発生していない事になり、殺人の記録が取られ始めた1979年以降最も長い間殺人が起きていないことになります。
 最後の殺人は1月4日午後7時6分にサン ハビエルのベレンシート地区107番通りとカジェ35の交差点で起きています。殺害されたのはアロルド アンデルソン ロペス タバレス39歳で、同地域のギャング団プラン デ ラ トレ絡みの殺人をされています。
 それ以降1万1574分に渡り殺人が起きていません。
 これまで最も殺人事件が発生しなかった期間は2022年8月22日から28日にかけての7日間です。

2023 1-14 EL UNIVERSAL
秘密墓地から死体が入った袋42が回収される メヒコ州

 メヒコ州テナンゴ デル バジェ市ラ ホヤ区の倉庫内の地中から、死体が入った袋42個と衣服が入った袋8個が発見されています。メヒコ州検察は犯罪組織の秘密墓地であると断定しています。
 捜査関係者によれば、現場での発掘捜査は終了し、死体や衣服の他にも塩素・クレオリン・ガムテープなども見つかっています。
 死体は黒いビニール袋に入れられてガムテープなどで梱包されており、中にはバラバラにされた死体も含まれていることから、今現在死体の総数は不明で性別や身元も不明です。
 火曜日、カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のメヒコ州南部の地域ボス ハイメ ルイス別名エル ポソレロもしくは66629歳と手下カルロス カリム22歳、ジェシー アントニー サルバドール19歳、ホルヘ アルフレド40歳が逮捕され、この秘密墓地が発見されました。
 この物件は倉庫として貸し出されており、大量の死体が産められていることを知らずにパーティー会場として利用した人もいました。

403taro:2023/01/16(月) 09:01:14
2023 1-15 El Pai's 4693,99 21,05
8歳女児と17歳と18歳の若者が殺された コロンビア バジェ デル カウカ県

 バジェ デル カウカ県北部ラ ウニオン市の民家で行われていた誕生パーティーに武装集団が乱入し、無言で発砲しています。
 殺害されたのは8歳女児と17歳の少年と18歳のジョハン スティーベン ダビラです。
 バジェ デル カウカ県警司令官エベル ヨバニー ゴメス大佐によれば、8歳女児は搬送先の病院で亡くなっています。
 事件はシウダデラ地区に発生しており、現場からはピンクコカインの原料が見つかったと大佐は付け加えています。
 最後に大佐は、事件解決のための特別捜査班を編成し、検察と協力して捜査を行っていると明らかにしています。

2023 1-15 el COLOMBIANO
パラグアイの検察官マルセロ ペッシを殺害した容疑者がボゴタ市とリオネグロ市で逮捕された コロンビア

 土曜日の深夜、コロンビア治安当局はパラグアイの検察官マルセロ ペッシをコロンビア ボリバル県カルタヘナ市で殺害した容疑者2人を逮捕しました。
 逮捕作戦は午前2時20分から2時21分にかけて首都ボゴタ市とアンティオキア県リオネグロ市で同時に実施されました。逮捕されたのは犯罪の後方支援を担当し、首謀者のフランシスコ ルイス コレアに金を届けたとされています。
 ペッシ家の代理人であるフランシスコ ベルナテ弁護士はEFE通信の取材に対して身元が明らかにされていない2人の逮捕者は、「後方支援とフランシスコ ルイス コレア ガレアノにお金の供給をしていました。」と語っています。
 パラグアイの検察官ペッシは2022年5月10日にカルタヘナ市バル島で殺害されています。妻とビーチを楽しんでいたペッシは、ジェットスキーでビーチにやってきた2人組の殺し屋に銃殺されています。
 12月、ベネスエラ治安当局は実行犯の1人と目されるガブリエル サリナスを逮捕しています。逮捕されたガブリエルは、アンティオキア県の県都メデジン市でコレアからペッシ殺害を依頼され、前金を受け取って犯行に及んだと自供しています。
 コロンビアではこれまでにペッシ殺人事件でクリスティアン カミロ モンサルベ、エイベルソン サバレタ、ウェンドレ スティル スコット、マリソル ロンドニョ ベドヤが有罪判決を下されています。

404taro:2023/01/16(月) 09:01:25
2023 1-15 debate
カルテル デ シナロアの地域ボス通称エル  グアチョが逮捕された メキシコ バハ カリフォルニア州

 バハ カリフォルニア州治安当局はカルテル デ シナロアと関連のある犯罪グループ ロス プレブレスのボスと目されるマルティン イバン別名エル グアチョを逮捕しました。検察によれば、エル グアチョはテカテ市で複数の重大犯罪を行っています。
 逮捕作戦は先週数人のハイカーが車に乗った武装集団から襲撃を受けたラ ルモロサ村で実施されています。
 バハ カリフォルニア州治安関係責任者レオポルド テョソク アギラールは、逮捕されたマルティン イバンにはシナロア州で起きた殺人事件で逮捕命令が出ていると明らかにしています。
 金曜日に実施された逮捕作戦でエル グアチョは抵抗することなく逮捕されています。
 
2023 1-15 EL HERALDO
脱獄囚がまた1人逮捕された メキシコ シウダ フアレス

 日曜日の朝、チワワ州検察は1月1日にシウダ フアレスにあるセレソ3刑務所から脱獄した囚人の1人を逮捕しました。
 逮捕されたダニエル LL別名エル トロ37歳は、マリファナ16gを所持していました。
 脱獄囚の居場所を特定した州治安当局と国家防衛省と国家警備隊が、シウダ フアレスのキロメトロ 31区でエル トロを逮捕しています。
 逮捕者の身元はセレソ3刑務所から脱獄した囚人のリストから確認されています。
 セレソ3刑務所からは30人が脱獄しましたが、エル トロを含めこれまでに10人が逮捕もしく死亡しています。

405taro:2023/01/17(火) 09:13:15
2023 1-16 el COLOMBIANO 4693,99 21,00
陸軍兵士3人がFarc分派ゲリラ部隊に誘拐された コロンビア 

 コロンビア革命軍(Farc)分派カルロス パティニョ機動部隊が、日曜日の午後にカウカ県とナリニョ県の間を民間人として移動していた陸軍兵士3人を誘拐しました。
 「休暇中の兵士3人が乗った乗り合いタクシーがエル オヨ地域でFarc分派ゲリラと思われるゲリラ部隊が設置した違法検問所に捕まっています。ゲリラは乗客の携帯電話を奪い、3人が軍兵士であることを知り拘束しています。」と軍は指摘しています。
 陸軍統合タスクフォース ヘラクレス所属の3人は、パスト市を出発しポパヤン方面に向かってパンアメリカンハイウェイを移動していました。
 ゲリラ部隊に拉致された3人は、山の中で連れ去られています。
 Farc分派カルロス パティニョ部隊は同じくパンアメリカンハイウェイで、陸軍軍曹フアン ガブリエル チャチノイ ミラマグクを誘拐しています。休暇中であった軍曹は短銃を所持しており、軍人であることがゲリラにバレています。
 カルロス パティニョ部隊は誘拐から2日後に、軍曹の生存を証明する動画を公開しています。
 1月16日、Farc分派ゲリラ部隊に誘拐された陸軍兵士がカルロス アンドレス メヒア オコロ、クリスティアン ムリジョ ムリジョ、ホセ アルカディオ エピアユ ウラニアであることが判明しています。

2023 1-16 RCN noticiasrcn.com
陸軍部隊30人以上が先住民警備隊に拘束される コロンビア メタ県

 メタ県南部でコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループの影響下にあると思われる先住民警備隊が、陸軍部隊30人以上を拘束していることがRCNニュースの取材で判明しています。
 事件は軍部隊がビスタエルモサ市で監視・パトロール任務についていたときに起きています。
 コロンビア政府とFarc分派グループの停戦協定に違反したとして拘束されたのは、陸軍統合タスクフォース オメガ所属の部隊であるという情報が出ています。

406taro:2023/01/17(火) 09:13:26
2023 1-16 El Psi's
大量の武器が積まれた車が摘発される コロンビア ナリニョ県

 パンアメリカンハイウェイ脇に駐車していた車2台の中から自動小銃33丁、縦断3万発以上、手榴弾2個、爆薬、衛星通信機、機関銃1丁などが発見され治安当局が押収しています。
 コロンビア警察長官エンリー サナブリア将軍は、パスト市からモハラス地域に向かう街道脇で運転手のいない車2台が見つかり、不審に思った警官が車内を調べて大量の武器弾薬を発見しています。
 当局によれば、これらの武器はこの地域で活動するコロンビア革命軍(Farc)分派ハイメ マルティネス機動部隊とカルロス パティニョ戦線から構成されるFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテの物でした。
 コロンビア治安当局は2022年に銃器1万5572丁を押収し、今年はこれまでに345丁を押収しています。

2023 1-16 blu radio
日曜日の街道封鎖抗議行動で1人が死亡し、累計死亡者数が50人に ペルー

 日曜日、サン マルティン県の県都マヨバンバ市で反政府抗議行動の街道封鎖に関連した交通事故で男性1人が死亡しています。ペルーでは12月以降激しい抗議行動が続いており、抗議行動に関連する死亡者は50人に上っています。
 地元自治体の報告によれば、街道封鎖を原因とした交通事故で死亡したのは39歳の民間人男性です。
 ペルーではこれまでに治安部隊との直接の衝突で41人が死亡しており、警察官1人も群衆に焼き殺されています。
 街道封鎖関連ではマヨバンバ市以外でも8人が死亡しています。最新の公式発表によれば、日曜日にペルー国内10地域99か所で街道封鎖が発生しています。
 死亡者のうちの22人が先週死亡しており、月曜日にはボリビアと国境を接するプーノ県の県都プーノ市の南フリアカ市で治安部隊との衝突でデモ隊の17人が死亡しています。
 デモ隊はディナ ボルアルテ大統領の辞任、議会の閉鎖、2023年中の選挙などを要求しています。

407taro:2023/01/18(水) 09:20:17
2023 1-17 Semana 4693,99 21,70
休暇中の警察官が撃ち殺された コロンビア カリ市

 月曜日の午後、バジェ デル カウカ県の県都カリ市シウダ コルドバ地区で、バイクに乗ってやってきた男が警察官1人を銃撃しています。
 撃たれたウイルソン パラシオスは直ちに病院に搬送されましたが、傷は重く助かりませんでした。殺害されたのはナリニョ県の警察官で、カリ市には休暇を利用して来ていました。
 「午後6時頃、ナリニョ県警のパトロール隊員が殺害されました。彼は退職休暇を利用して昨年12月から1月までカリ市に来ていました。警察には12年間勤務していました。」とカリ市警副司令官ウイリアム キンテロ サラサール大佐が述べています。
 ウイルソン パラシオスが友人たちを談笑しているところにバイクに乗った男がやってきて、3発銃弾を発射して逃亡しています。
 
2023 1-17 ciudad florida
元国会議員ティベリオ ビジャレアル ラモスがラ ロチェラ虐殺事件で起訴される コロンビア サンタンデール県

 ラ ロチェラ虐殺事件が起きて30年以上、検察が捜査を開始して14年後にサンタンデール県の元国会議員ティベリオ ビジャレアル ラモスが殺人容疑で正式に起訴されました。
 検察は準軍組織によって12人の司法関係者が殺害されたラ ロチェラ虐殺事件の責任がビジャレアル ラモスにあると断定しました。ラ ロチェラ虐殺事件は1989年にサンタンデール県シマコタ市で発生しています。
 起訴状は50ページに及んでいます。検察はその中で元自由党国会議員が自身の政治的・経済的利益のために準軍組織と軍と癒着していたと非難しています。
 検察は元準軍組織ボス アロンソ デ ヘスス バケロ別名ブラディミールの証言、「ティベリオ ビジャレアル ラモスが自分の政治活動資金と準軍組織を支援するための資金を地域の商人たちに請求していた。」を証拠として上げています。
 元国会議員はプロセソ8000として知られる悪名高い事件への関与で有罪判決を受けています。(8,000 Process は、コロンビアの自由党候補エルネスト・サンペールの 1994 年のコロンビア大統領選挙運動が一部麻薬資金で賄われていたという告発をめぐる事件の法的調査の非公式名です。)

408taro:2023/01/18(水) 09:20:28
2023 1-17 W RADIO
オトニエルが麻薬犯罪の罪を認める アメリカ合衆国

 コロンビア最大の麻薬準軍組織クラン デル ゴルフォの最大ボス ダイロ アントニオ ウスガ ダビド別名オトニエルが、麻薬犯罪の罪を認める文書に署名しました。
 2021年10月23日にコロンビアで逮捕されたオトニエルは、その後アメリカ合衆国に引き渡されフロリダ州マイアミとニューヨークで裁判が行われる予定でした。
 先程オトニエルはアメリカ合衆国内で流通させるためのコカインを密輸したことを認めています。
 オトニエルは罪を認める事により、フロリダでの裁判は停止されニューヨークの裁判に集中することができます。

2023 1-17 EL FINANCIERO
精神的虐待を理由にメキシコへの帰国をエル チャポ グスマンがAMLO大統領に要請 アメリカ合衆国

 ホアキン エル チャポ グスマンがアメリカ合衆国コロラド州フローレンス市の刑務所で精神的虐待を受けていると告発し、メキシコ大統領アンドレス マヌエル ロペス オブラドール大統領に助けを求めています。
 グスマンの弁護士ホセ レフヒオ ロドリゲスは、グスマンがフローレンス刑務所で不平等な扱いを受けていると指摘しています。
 一例として、2022年3月から今日まで弁護士や家族との連絡が6回もしくは7回しか認められていないと説明しています。
 「太陽が当たらない、食べ物の質が悪い、健康状態が悪い、歯が悪いのに治療ではなく抜かれた。」と弁護士はFo'rmulaラジオの取材で語っています。
 弁護士はアメリカ合衆国駐在メキシコ大使エステバン モクテスマに要求書を送ったが、今現在返答がないと語っています。
 弁護士によれば、グスマンはスペイン語を喋る事を禁止されており、刑務所内で別の受刑者とコミュニケーションを取ることも許されていません。
 エル チャポ グスマンは前政権ペニャ ニエト大統領政府のアメリカ合衆国引き渡し手続きに違反があったと主張し、ロペス オブラドール大統領にメキシコに戻して刑に服すことができるよう求めています。

409taro:2023/01/19(木) 08:55:21
2023 1-18 El Pai's 4691,09 22,23
拘束されていた陸軍部隊31人が解放されたとペトロ大統領が発表 コロンビア メタ県

 メタ県ビスタ エルモサ市で拘束されていた陸軍兵士31人とカウカ県でコロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラグループに誘拐されていた陸軍兵士3人が解放されたことを、グスタボ ペトロ大統領が確認しています。
 コロンビア大統領のもとにはここ数週間で違法武装グループに拘束されていた兵士すべてが解放されたという情報が入っています。
 「拘束されていた全員が解放されました。停戦により、治安部隊員を永久に拘束するといったことは無くなりました。」と大統領は表明しています。
 
2023 1-18 CARACOL RADIO
人道キャラバンがバホ カリマとメディオ サン フアンで始まる コロンビア

 コロンビア政府と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の和平交渉第1ラウンドで合意された人道支援の第一歩として、バジェ デル カウカ県バホ カリマ市とチョコ県メディオ サン フアン市の人道キャラバン活動がバジェ デル カウカ県の県都カリ市から始まりました。
 武力紛争の激化により住民の強制移動や閉じ込めと言った深刻な状況が発生している先住民やアフリカ系住民の集落に焦点を当てることが目的です。
 政府からは和平交渉団のメンバーであるカルロス ロセロ、ダヤナ ドミコ、マベル ララ、オラシオ ゲレロが、ELNからはフアン カルロス クエジャールとハイロ アリキがキャラバンに参加し、緊急の要求や提案を収集します。
 バホ カウカとメディオ サン フアンでの人道キャラバンが終了した後に、現地で収集された情報を整理して和平交渉の場に提出され、人道支援実施のための資料とされる予定です。

410taro:2023/01/19(木) 08:55:35
2023 1-18 EL FINANCIERO
エル チャポに希望、AMLO大統領はエル チャポのメキシコ帰国の可能性を排除しないと発言 メキシコ・アメリカ合衆国

 ホアキン エル チャポ グスマンがアメリカ合衆国ADXフローレンス刑務所で精神的拷問を受けている事を理由にメキシコへの帰国を求めていますが、メキシコ大統領アンドレス マヌエル ロペス オブラドールはその可能性を排除しませんでした。
 「人権に関しては国際的事例と経路があります。主要な人権は生命に対する権利であり、除外する事はできません。」と大統領は水曜日の定例会見で述べています。
 グスマン ロエラの弁護士ホセ レフヒオ ロドリゲスは、自分の顧客がコロラド州の刑務所でスペイン語は話すことと他の囚人達とのとコミュニケーションを禁止され、家族との電話も制限され差別に苦しんでいると訴えていると表明しています。
 弁護士はFo'rmulaラジオのニュースキャスター シロ ゴメス レイバとのインタビューで、「太陽は照らさず、食事はひどい質で、健康もなく、虫歯も治療されることなく抜かれたしまった。」と訴えていると伝えています。
 またエル チャポはアメリカ合衆国へ引き渡された時のエンリケ ペニャ ニエト大統領政権の引き渡し手続きに幾つかの違反があったと訴え、メキシコへの帰国をAMLO大統領に求めています。
 しかしメキシコ外務大臣マルセロ エブラルドは、エル チャポ グスマンの容共が認められる可能性はほとんど無いと考えています。
 外相はアメリカ合衆国の裁判所はグスマン ロエラに無期懲役の有罪判決を下していると強調しています。
 「率直に言って可能性は感じられないが、検討はしてみます。」とエブラルド外相はメディアに語っています。

2023 1-18 LO'PEZ-DO'RIGA
オビディオ グスマンのアメリカ合衆国への即時引き渡しは止められた メキシコ

 カルテル デ シナロアのボス オビディオ グスマン ロペスのアメリカ合衆国への即時引き渡しの停止命令が連邦判事によって出されました。
 しかしこれはエル チャポ グスマンの息子オビディオ グスマンに対する引き渡し手続きが停止されたことを意味しません。
 この措置はオビディオ グスマン別名ラトンの引き渡しが最終的に停止されるか決定されるまで有効です。審問は1月24日に予定されています。
 オビディオ グスマンはコカイン・覚醒剤・マリファナをアメリカ合衆国に密輸し流通させた容疑で、アメリカ合衆国コロンビア地方裁判所に指名手配されています。
 オビディオ グスマンは1月5日の深夜に実施された大規模逮捕作戦により逮捕され、メキシコシティに護送され検察に引き渡され刑務所に収監されています。
 この逮捕はアメリカ合衆国大統領ジョー バイデンのメキシコ訪問の数日前に行われており、逮捕作戦にアメリカ合衆国が関与したという憶測もありましたが、ロメス オブラドール大統領は否定しています。

411taro:2023/01/20(金) 09:13:46
2023 1-19 el COLOMBIANO 4702,67 22,35
民家内で3にんが殺害された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県リオネグロ市フアン アントニオ ムリジョ地区にある民家内で3人が殺害されました。捜査当局はすでに遺体を回収し捜査を開始しています。司法関係者の話によれば、地元犯罪グループの縄張り争いと関連している可能性があります。
 遺体はエル ラベリントにある民家の3階で見つかっています。殺害されたのは男性2人と女性1人で、名前はディエゴ レオン ゴメス タバレス、リナ マルセラ アンヘル ピノ、ブラヤン ムニョス プルガリンです。
 事件は深夜に起きていると司法当局は発表しています。当局が回収した遺体には銃で撃たれた痕があります。
 事件の背後にはアンティオキア県東部地域の麻薬密売を巡る争いがあると推測されています。事件が起きた地域にはエル ラベリントと呼ばれるギャング団が存在し、ロス パンプロナとエル メサと呼ばれグループと抗争を続けています。

2023 1-19 el COLOMBIANO
上院議員ピエダ コルドバの弟がアメリカ合衆国に引き渡された コロンビア

 麻薬犯罪容疑でアメリカ合衆国ニューヨーク南部法定から引き渡し要請が来ていた上院議員ピエダ コルドバの弟アルバロ コルドバ ルイスが、アメリカ合衆国麻薬取締局(DEA)の飛行機に乗せられました。
 午前9時10分、コルドバら5人の引き渡し対象者が歩いてEDAの飛行機に向かう動画が公開されました。
 与党連合パクト イストリコの上院議員ピエダ コルドバは、あらゆる手段を用いて弟の引き渡しを阻止しようとしましたが、最高裁の控訴棄却と政府の決定により引き渡しが実施されました。
 コルドバ ルイスはラ ピコタ刑務所から木曜日の朝にボゴタ市のエル ドラド国際空港に連行され、アメリカ合衆国治安当局に引き渡されています。
 アルバロ コルドバは2022年2月4日にアンティオキア県の県都メデジン市エル ポブラド地区の路上で、仲間のあるベルト ハラミジョとリビア パラシオとともに逮捕されています。同年3月23日にアメリカ合衆国から正式な引き渡し要請がなされ、8月17日に最高裁が引き渡しを容認しています。その後、11月23日に政府が引き渡し文書に署名しています。

412taro:2023/01/20(金) 09:13:57
2023 1-19 el COLOMBIANO
兵士3人と下士官1人が解放された コロンビア カウカ県

 コロンビア革命軍(Farc)分派カルロス パティニョ戦線に誘拐されていた陸軍下士官1人と兵士3人がカウカ県郊外で解放されました。
 4人は水曜日の午後に赤十字国際委員会(CICR)にひきわたされています。
 「私たちは中立的な仲介者として、関係者の要請を受け人道的目的のために今回の解放に参加しました。」とCICRはメディアに声明を発表しています。
 4人を受け取った人道ミッションは4人の健康状態を確認した後に、解放場所から4人を移送しています。
 「CICRはコロンビアに残る人道的問題の解決のために、尽力していきます。」とカリ市のCICR副代表キアン アバシアンが述べています。
 今現在解放された4人の名前は公表されていません。赤十字国際委員会は今年すでに8人の人質解放を仲介しています。

2023 1-19 proceso
クリスマスにハリスコ州で行方不明となったメキシコ人3人とアメリカ合衆国人1人と思われ死体がサカテカス州で見つかる メキシコ

 サカテカス州とハリスコ州の州境で行方不明となった3人のメキシコ人と1人のアメリカ合衆国人と思われる死体が、サカテカス州テペトンゴ市で発見されました。ビビアナとダニエラ マルケス姉妹とパオラ バルガスとホセ メレシオ グティエレスはサカテカス州シウダ デ ヘレスでクリスマスパーティーを楽しんだ後の12月25日の夜にバンでハリスコ州コロトラン市に戻る途中で行方不明となっています。
 4人は連邦街道23号線のテペトンゴ市ビボラス村周辺で行方不明となっています。
 検察は「身元確認のための遺伝子検査を行う必要があり、現時点では身元不明の状態です。」と発表しています。
 1月16日、国家警備隊がテペトンゴ市エル クイダド村で車2台と死体1体を発見し、発見された車の1台が4人の乗っていたバンであることが判明したことを受け、専門チームと連邦治安当局が翌日火曜日から捜索を開始してモンテ農場と呼ばれる場所で地中に埋められていた死体を発見しています。

413taro:2023/01/21(土) 09:20:13
2023 1-20 publimetro 4683,85 21,80
弟を殺した犯人が刑務所から出るのを待って殺害 コロンビア ククタ市

 この事件はノルテ デ サンタンデール県の県都ククタ市の住民たちを驚かせています。事件の犯人を知る者たちは、弟が殺害された後長年にわたり復讐を切望していたことを知りませんでした。
 殺人容疑者として逮捕されたのはアンデルソン ジョアン ピネダ ペニャランダ38歳です。
 12月2日、ククタ市オルガ テレサ地区の公道上で、セルヒオ イバン サラサールが銃で撃たれて死亡しました。
 検察の調べによれば、アンデルソン ジョアンの弟が2008年にセルヒオ イバン サラサールに殺害されたことが犯行の動機でした。
 アンデルソン ジョアンは女性のフリをしてフェースブックを通じてセルヒオ イバン サラサールに近づき呼び出して、犯行に及んでいます。
 殺害されたセルヒオ イバン サラサールは2008年に殺人事件で禁錮12年の有罪判決を下され、1年前に出所していました。

2023 1-20 INFORMADOR.MX
抗議行動が続くペルー空港2か所が閉鎖される、これらでの累計死亡者数は45人

 抗議行動が続きこれまでに45人が死亡しているペルーでは、クスコとアレキパの空港が閉鎖され、インカの空中都市マチュピチュへの列車の運行が止まっています。
 数百人のデモ隊による激しい抗議行動により、空港は木曜に閉鎖されています。
 テレビの報道によれば、数十人の外国人と国内観光客がクスコ空港の前でスーツケースを抱えて空港の再開を待っています。
 ペルーの慣行の宝石と呼ばれるマチュピチュとクスコを結ぶ鉄道は、追って通知があるまで運行を停止すると鉄道会社が発表しています。
 首都リマ市では、数百人のデモ隊が集結していたサン マルティン広場近くの建物の消火活動を続けています。
 内務省によれば、リマ市郊外ロス アンデス地域でデモ隊と警官隊の衝突が発生し、双方合わせて38人が負傷しています。
 「この政府はアイマラ族に取って非合法な政府であり、私達を代表してはいない、だから私たちは抗議の声を上げるためにここに集まっている。」と47歳のリカルド ママニは主張しています。
 ペルーでは12月7日に左派大統領ペドロ カスティジョが弾劾されていこう、激しい抗議行動が続いています。ペドロ カスティジョは議会を閉鎖し、クーデターを起こそうとした容疑で逮捕されています。

414taro:2023/01/21(土) 09:20:25
2023 1-20 LA SOLLA ROTA
チャピートスのアジトからアメリカ合衆国のドローンが銃撃される メキシコ ソノラ州国境地帯

 1月16日、メキシコ ソノラ州とアメリカ合衆国アリゾナ州の国境から300mの場所でチャピートスのアジトと思われるキャンプ地から、アメリカ合衆国治のドローンがAK-47で銃撃されました。
 その様子はアメリカ合衆国のテレビ放送局Newsmaxの特派員Jaeson Jonesが公開しています。https://twitter.com/i/status/1615085863972790273 
 民間警備会社が撮影した動画には、覆面の若者たちがいる仮説キャンプが映っています。キャンプは国境を隔てる金属製のフェンスから300m離れた高台にあります。
 「ライフルを持っている。今撃つつもりだ。」の声があり、動画では3人の男たちがドローンを指差し、発砲する様子が映っています。
 記者は1月16日に自身のツイッターアカウントで動画を公開し、ソノラ州とアリゾナ州の国境を中心に、メキシコからアメリカ合衆国にフェンタニルやメタンフェタミンなどが密輸されていると警告しています。
 非営利のジャーナリズムおよび調査組織InSight Crimeによれば、ソノラ州からアリゾナ州は合成麻薬の主な密輸ルートです。

 昨年メキシコ治安当局はソノラ州で合成麻薬を積んだ小型飛行機を多数押収しています。陸路でもトラックや自家用車で麻薬を密輸しようする事例が多数見られます。
 ソノラ州の麻薬密輸ルートを抑えているのはカルテル デ シナロアですが、ソノラ州北部地域ではカルテル デ カボルカという麻薬組織がカルテル デ シナロアに対抗しています。
 
2023 1-20 EL FINANCIERO
カルテル デ シナロアのドゥランゴ州ボス ヘラルド ソベラネス別名エル G1が捕まった メキシコ

 カルテル デ シナロアの下部組織ロス アブレラ サラビアのボスの1人ヘラルド ソベラネス オルティス別名エル G1が金曜日の深夜にドゥランゴ州の州都ドゥランゴ市で逮捕されました。
 メキシコ軍による大規模逮捕作戦はドゥランゴ市にある住宅団地エル コルティホで実施されました。作戦には空軍のヘリコプター2機も参加し、陸軍と国家警備隊が実施しています。
 作戦は午前4時頃にドゥランゴし北部で始まっています。現地に到着した作戦部隊はエル G1の警護部隊と思わる武装集団から発砲を受け銃撃戦となっていますが、重傷者は出ておらず民間人1人が腕を銃弾で負傷しただけです。
 エル G1はロス カブレラ サラビアの財政ボスと目されています。
 作戦には数百人の軍人が参加しており、拘束されたエル G1は飛行機に乗せられ護送されています。

415taro:2023/01/22(日) 09:36:37
2023 1-21 el COLOMBIANO 4631,64 21,80
Farc分派ゲリラ部隊の襲撃で先住民4人が負傷 コロンビア カウカ県

 カウカ県先住民地域評議会(CRIC)はカルドノ市で先住民4人が、金曜日の午後コロンビア革命軍(Farc)分派ゲリラ部隊の襲撃により負傷したと発表しました。
 Farc分派ダゴベルト ラモス部隊と思われる武装集団が先住民集落サス タマ キウェの先住民警備隊を攻撃しています。
 グスタボ ペトロ大統領は昨年12月31日にFarc分派ゲリラグループと停戦で合意したと発表しているにも関わらず、ゲリラ部隊は先住民を攻撃しています。
 先住民上院議員アイダ クルクエはゲリラ部隊による先住民襲撃事件を拒絶し、「戦争を止め、完全平和を進めるよう求めます。」と述べています。
 Farc分派ゲリラグループは数日前に、カウカ県郊外部で誘拐していた兵士3人と下士官1人を解放しています。

2023 1-21 Portafolio
停戦についてコロンビア政府とELNがメキシコで話し合う

 コロンビア政府和平交渉団と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)和平交渉団は2月13日から始まる和平交渉の第2ラウンドが開始されるメキシコで、停戦について話し合うと、1月21日にベネスエラ カラカスから発表しました。
 政府とELNの和平交渉は昨年11月からカラカスで再開されています。
 「第2ラウンドでは平和構築のために社会参加について話し合われます。また同時に停戦についても議論を行います。」と両者の意見の相違を解消するために開催された臨時会議終了後に読まれた共同声明は説明しています。
 グスタボ ペトロ大統領はELNやFarc分派などの違法武装グループの間で停戦が合意されたと発表しましたが、数日後にELNが否定しています。

416taro:2023/01/22(日) 09:36:49
2023 1-21 LATINUS
カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の待ち伏せ攻撃で陸軍コアルコマン大隊司令官エクトル ミゲル バルガス大佐が殺害された メキシコ ミチョアカン州

 土曜日、ミチョアカン州コアルコマン市郊外で、麻薬組織の戦闘グループによる待ち伏せ攻撃により陸軍大佐エクトル ミゲル バルガスが戦死しました。
 バルガル大佐はコリマ州と隣接するコアルコマン市に基地を置く陸軍第65歩兵大隊の指揮官でした。コアルコマン市周辺にはカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)とカルテル デ テパルカテペックとカルテレス ウニドスが存在しています。
 第65歩兵大隊が所属するミチョアカン州アパツィンガン市に基地を置く第43地域軍関係者はEFE通信の取材に対し、大佐は金曜日の夜にマグエイ村で発生した待ち伏せ攻撃により死亡したと語っています。
 陸軍大佐は護衛を連れて偵察活動を行っていたときにモンスターと呼ばれる装甲車に乗った武装集団から待ち伏せ攻撃を受けています。
 大佐と護衛たちは武装集団の銃撃から逃れるために軍車両から降りて逃げ出しましたが、モンスターは大佐たちに向けて走り大佐はモンスターに轢かれて重傷を負っています。
 武装集団が逃亡し、大佐は護衛から応急手当を受けて救援に駆けつけたヘリコプターで第43軍病院に搬送されましたが、そこで死亡しています。
 待ち伏せ攻撃では護衛の兵士1人と民間人1人が負傷していますが、銃弾によるものか武装集団の車に轢かれたのかは不明です。
 現在陸軍と国家警備隊と地元自警団がコアルコマン市周辺で武装集団の捜索作戦を実施しています。

2023 1-21 MVS
アメリカ合衆国で鶏卵の値段が高騰、メキシコからの密輸が急増している

 アメリカ合衆国での価格高騰に伴い、メキシコからアメリカ合衆国への鶏卵の密輸が増加しています。
 国境報告によれば、2022年第4四半期にアメリカ合衆国税関と国境警備局はメキシコとの国境で押収した鶏卵と鶏肉が108%増加しています。
 アメリカ合衆国政府は11年前から鳥インフルエンザなどの伝染病予防のために、許可なく鶏卵などを持ち込むことを禁止しています。
 アメリカ合衆国では鳥インフルエンザの発生により2022年だけで5700マン羽の鶏が処分されており、アメリカ合衆国の高インフレと合わせて値段が高騰しています。
 ニューヨーク・ポストによれば、2022年1月の鶏卵1ダースの値段は1,93ドルでしたが12月には4,25ドルまで上がり、一部地域では8ドルの値段が付いています。一方、メキシコの鶏卵の値段は30個で3ドルしかせず、密輸が増加しています。
 アメリカ合衆国当局は鶏卵の密輸の罰金は最大1万ドルであると警告しています。

417taro:2023/01/23(月) 09:17:23
2023 1-22 EL HERALDO 4631,64 21,80
バジェドゥパール市で祖父と孫娘が殺害された コロンビア セサール県

 セサール県の県都バジェドゥパール市プリメーロ デ マヨ地区にある民家内で、祖父と孫娘が殺害されました。
 殺害されたのはマリア アンへリカ デ ラ クルス チマ27歳とホセ エンリケ ダサ マエストレ73歳です。
 警察発表によれば、バイクに二人乗りをした男二人が犯行現場となった民家にやってきて、後ろのに乗っていた男が民家内に入って犯行に及んでいます。デラ クルス チマとダサ マエストレは頭部を撃ち抜かれてその場で死亡しています。
 警察は現場周辺に非常線を張りましたが、犯人逮捕には至っていません。
 司法関係者によれば、ホセ ダサは2014年に脅迫事件の被害者となっており、マリア アンへリカ デ ラ クルスは2022年に脅迫事件、2023年に誘拐事件の被害者となっていました。

2023 1-22 EL UNIVERSAL
バンド ラ コンキスタのメンバー2人が射殺された メキシコ クリアカン市

 シナロア州の州都クリアカン市にある住宅団地ラス キンタスの公園で、音楽バンド ラ コンキスタのメンバー2人が殺害されました。
 金曜日の朝、幼稚園の前カジェ ラグナ デル カルメン イ ラグナ イ ラグナ デ サユラで、近隣住民がヘスス ラモン32歳とミゲル25歳の死体を発見しています。
 現場に駆けつけた検察捜査班が現場検証と周囲の聞き込みを行い、薬莢を回収し近隣住民たちから深夜に銃声を聞いたという証言を得ています。
 検察に回収された死体は法医学協会に運ばれ、身元確認作業が行われました。

418taro:2023/01/23(月) 09:17:34
2023 1-22 MILENIO
エスコベド市で銃撃戦、2人が死んだ メキシコ ヌエバ レオン州

 ヌエボ レオン州エスコベド市で銃撃戦が発生し、2人が死亡2人が負傷2人が逮捕されました。
 事件が午後5時頃にプリバダ レシデンシアル アビアナ区フアレス通りとアビアナ通りで起きています。
 周辺一帯に銃声が響き渡りプリバダ アビアナ区、モンテレアル区、ハルディネス デル カナダ区、ラス エンシナス区の住民たちを脅かしています。
 ネットには住民が撮影した動画が上がっています。
 地元メディアの取材に対してエスコベド市治安担当責任者エルメリンド ララ クルスは、2台の車に乗った武装集団が敵対する犯罪グループのボスが住んでいると思われすレシデンシアル アビアナ区にある民家に乗り付け発砲を開始したと語っています。
 武装集団は治安部隊の到着後に逃亡を開始しましたが、治安部隊に包囲されたために車を捨てて走って逃げ出しています。
 1人はアビアナ通りで射殺されましたが、もう1人の死亡した場所は発表されていません。
 
2023 1-22 Mi Moreria.com
エキスポ フェリアの元代表が銃殺された メキシコ モレリア市

 金曜日の午後、ミチョアカン州の州都モレリア市でファウスト バジェホ知事時代にエキスポ フェリアの責任者を務めていたホセ マヌエル ロメロ ナバロが銃殺されました。
 犯行の様子は監視カメラによって記録されていました。https://twitter.com/i/status/1616938850097430530
 動画には住宅団地の前で数分間標的のホセ マヌエル ロメロ ナバロを待っていた襲撃犯が映っています。
 標的を待つ犯人の横を通り過ぎる一般市民も記録されています。
 車に乗ってやってきたホセ マヌエル ロメロ ナバロに犯人が近づき、銃撃を加え直ちに走って逃亡しています。
 銃声を聞いたホセ マヌエル ロメロの妻が出てきて、車の中で死亡している夫を発見しています。
 今現在犯行の動機は不明です。

419taro:2023/01/24(火) 08:36:36
2023 1-23 el COLOMBIANO 4631,64 22,00
女性教師が携帯電話強盗に殺された コロンビア メデジン市

 アンティオキア県の県都メデジン市西部エクスポシシオネス地区で、女性教師エリカ ジェセニア クアドロス ロペスが2人組の携帯電話強盗にナイフで刺されて殺されました。
 強盗に抵抗したエリカ ジェセニアは強盗に1人に首を刺され、搬送先のコンキスタドーレス病院で死亡しています。
 事件は午後8時58分に33番通りと63番通りの交差点を50万ペソ(約1万4201円)相当の携帯電話で通話しながら歩いていたときに起きています。
 事件後、警察は犯人とされた2人組を追跡し、18歳の女と17歳の少年を逮捕しています。
 メデジン市警ルイス バリオス大尉は、2人を逮捕し奪われた携帯電話と犯行に使用されたナイフを押収したと説明しています。
 エリカ ジェセニアは小学校教師で、知的障害のある子どもたちを専門に教えていました。スペイン語と数学の教師であるエリカ ジェセニアには、未成年の子供2人がいます。
 今年メデジン市で発生した強盗殺人事件は今回の事件で2件めとなりました。
 昨年2022年に発生した窃盗事件は2万8093件で、携帯電話窃盗事件は1万2398件でした。
 
2023 1-23 el COLOMBIANO
現金11億ペソを運んでいた男が逮捕された コロンビア メデジン市

 アンティオキア県の県都メデジン市ロブレド地区で現金11億ペソ(約3124万円)を運んでいた男1人が逮捕されました。
 10万ペソ札が詰まったバッグを運んでいて現行犯逮捕されたのはディエゴ フェルナンド オロスコです。
 ディエゴ フェルナンドは現金の出どころについて質問に対して、信憑性のある説明が出来なかったために逮捕されています。
 現金は押収され検察はディエゴ フェルナンドの勾留を求めましたが、判事は釈放を命じています。

420taro:2023/01/24(火) 08:36:50
2023 1-23 EL IMPULSO
イラン製造の自動車1000台がベネスエラに到着

 ベネスエラ大統領ニコラス マドゥロ政権の運輸大臣ラモン ベラスケス アラグアヤンは、イランで製造されたサイパ社の自動車が1月21日の夜にベネスエラに初めて到着したと発表しています。
 2022年11月、運輸大臣はイランとベネスエラがイラン製造の自動車の購入で合意し、2ヶ月後にベネスエラに到着すると発表していました。
 「イラン サイパ社の自動車1000台を受け取りました。2月にはIKCO社の4車種2000台が追加されます。第2段階では、ベネスエラ共和国で製造された部品を使ってベネスエラの自動車製造会社ベニラウトで製造する予定です。我々は勝利する。」と大臣はツイートしています。
 
2023 1-23 MILENIO
4人の若者殺害の背後にCJNG メキシコ サカテカス州

 サカテカス州テペトンゴ市の地中から死体で見つかったビビアナとダニエラ マルケス ピチャルド姉妹、従姉妹のラオラ バルガス、ダニエラの恋人ホセ メレシオ グティエレスの4人を殺害したのは、カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の地域ボス通称エル ロホの手下たちと推測されています。
 エル ロホはビジャ ゲレロ市・トタティチェ市・サンタ マリア デ ロス アンヘレス市・サン マルティン デ ボラニョス市・メスキティク市・コロトラン市・チマルティタン市・ボラニョス市・ウエフキジャ エル アルト市・ウエフカル市を縄張りとしていると当局は指摘しています。
 エル ロホは暴力的ではアリませんでしたが、2022年半ばにカルテル デ シナロアの戦闘組織ラス フレチャス デル マヨ サンバダが、サカテカス州とハリスコ州に進出したために、見張り網を構築し警官に扮した殺し屋部隊がパトロールをするようになっています。
 日曜日、ビビアナ・ダニエラ・パオラの通夜が行われ、1000人以上が参列しています。
 3つの棺の足元では、犠牲者の両親たちが正義のために戦うと誓っています。

421taro:2023/01/25(水) 09:15:23
2023 1-24 EL HERALDO 4631,64 22,60
ELNボスがボリバル県南部で死んだ コロンビア

 ボリバル県南部でスパルタクス作戦を実施していた陸軍が、共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)ホセ アントニオ ガラン戦線のボス ルイス ガブリエル セア ベルナル別名ビサヘを殺害しました。
 軍発表によれば、作戦はボリバル県南部サンタ ロサ スール市ミナ ヌエバ村で実行されています。
 軍作戦部隊はELNゲリラ歴13年のビサヘを発見し殺害しています。
 ビサヘには重大反逆罪と重大犯罪共謀罪と窃盗罪で逮捕命令が出ていました。
 ビサヘはアンティオキア県セゴビア市とレメディオス市で発生した治安部隊襲撃作戦に参加していると軍は指摘しています。
 ボスを失ったELNホセ アントニオ ガラン戦線は、ELNダリオ ラミレス カストロ戦線の主な資金源であり、ビサヘの死はELNに取って多大な打撃となっています。
 軍はビサヘの死亡により児童徴兵や強制移住、社会的リーダーの殺害などが減少するであろうと指摘しています。

2023 1-24 El Pai's
Farc分派とELNの戦闘で1人が死亡1人が怪我 コロンビア カウカ県

 カウカ県カルドノ市とシルビア市郊外で違法武装グループ同士の戦闘が発生したと、先住民コミュニティーが訴えています。
 先住民居住区プエブロ ヌエボの住民たちの証言によれば、1月23日の朝から午後にかけて広範囲で戦闘が発生し、複数の死傷者が出ています。
 「住民たちと先住民警備隊が戦場に取り残されました。Farc分派ゲリラ部隊とELNゲリラ部隊と思われる武装集団同士の戦闘が落ち着いたことに気付いた私達が現場に行き、1体の死体を確認しました。」とカルドノ市の先住民リーダーたちは説明しています。
 死体は先住民たちの手でサンタンデール デ キリチャオ市の法医学協会施設に運ばれています。死体は軍服を着用しています。死体が発見されたのはシルビア市郊外のエル ファラジョン村です。
 「死亡したゲリラがどの組織に所属しているのかは不明です。戦闘は継続中であり、素早く死体を回収し老人や子供たちとともにその場を離れています。死亡したゲリラは男性で35歳くらいの黒人です。」と住民たちは付け加えています。

422taro:2023/01/25(水) 09:15:33
2023 1-24 canal 1
ELN財政ボス通称ヘスス マリアが捕まった コロンビア セサール県

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)の最高決定機関コマンド セントラルに次ぐ幹部組織ディレクシオン ナシオナルのメンバーの1人アルバロ ルイス モンテホ ルエダ別名ヘスス マリアが警察諜報部にセサール県アグスティン コダスシ市郊外で逮捕されました。
 モンテホ ルエダは財政調整役として、麻薬取引・誘拐・恐喝などの犯罪行為で得た資金の徴収・隠匿・分配などを行っていました。
 ヘスス マリアはディレクシオン ナシオナルの主要な通信担当であり、コマンド セントラルから高い信頼を得て指令を伝達する任務を任されていました。
 また北部戦線と南西部戦線の兵站部門の調整役でであり、両戦線に作戦指示の伝達の他に物資や通信機器を供給していました。
 
2023 1-24 EL COMENTARIO
武装集団の襲撃で子供2人と大人4人が惨殺された メキシコ ベラクルス州

 日曜日の午後、ベラクルス州で武装集団による襲撃事件が発生し、子供2人と大人4人が殺害されました。
 事件はベラクルス・ハラパ街道のラス バハダスと呼ばれる場所で発生していると警察は報告しています。
 武装集団がピックアップトラックとタクシーを銃撃し、6人が死亡1人が怪我をしています。現場周辺はパクック状態となり、治安当局が大規模な部隊を現場に派遣しています。
 電柱に衝突して停まったピックアップトラックの中では子供2人を含む5人が死亡しており、タクシーの中では1人が死亡1人が負傷していました。
 現場には陸軍・海軍・国家警備隊・州警察の部隊が集結し、現場の保持と犯人グループの捜索を開始しています。

423taro:2023/01/26(木) 09:37:46
2023 1-25 NOTICIAS CARACOL 4545,94 23,15
元Farcゲリラ2人が誘拐された コロンビア アンティオキア県

 1月24日火曜日、アンティオキア県北部イトゥアンゴ市郊外でコロンビア革命軍(Farc)の元ゲリラ2人が誘拐されたと、アンティオキア県当局が発表しました。
 元ゲリラ2人を誘拐したのは準軍組織アウトデフェンサス ガイタニスタス デ コロンビア(AGC)と名乗る覆面をつけた武装グループです。
 「午前5時頃、エル クアトロ村で2人が連れ去られ、3人めが置き去りにされています。これまでに2回の安全保障会議を開催し、検察と対誘拐部隊ガウラとともに救出捜索作戦を実施しています。」とアンティオキア県警司令官ダニエル マソ大佐が強調しています。
 準軍組織ガイタニスタスはアンティオキア県内の27市にメッセージ入りのポスターを設置しています。

2023 1-25 el COLOMBIANO
2022年に発生した社会的リーダー殺害事件は、これまでで最も多かった コロンビア

 コロンビアでは昨年215人の人権活動家もしくは社会的リーダーが殺害されたと、オンブズマン組織が告発しています。
 「単に数だけの問題だけではありません。215家族が受けた打撃と権利のために戦う人を失ったコミュニティーについて考えなければなりません。民主主義の根幹に関わる重大な問題なのです。殺害された者たちは人々の代弁者であり、人権尊重のために働くリーダーたちでした。」とオンブズマン カルロス カマルゴ コレアは指摘しています。
 コロンビアでは人権活動家もしくは社会的リーダー殺人事件が早期警戒システムによって記録され始めた2016年以降、1113人が殺害されています。
 昨年最も多く殺害されたのはコミュニティーリーダーで63人、次いで先住民リーダー47人、地域リーダー36人、農民リーダー18人、アフリカ系住民リーダー12人、労働組合リーダー8人、人権活動家7人、文化・スポーツのリーダー5人、性的指向と性同一性の多様性を求める人々のリーダー4人、公職者3人でした。
 昨年の社会的リーダー殺人数は前年より70人も増加しています。年別では2021年145人、2020年182人、2019年134人、2018年178人、2017年126人、2016年133人となっています。
 県別ではナリニョ県が最も多く35人、次いでカウカ県26人、アンティオキア県22人、プトゥマヨ県22人となっています。検察によれば、違法武装組織の抗争が起きている県で殺人事件が多い傾向にあります。
 「政府とELNの和平交渉、その他違法武装組織と政府との停戦が、社会的リーダーや人権活動家に対する暴力事件を減少させる事が期待されています。」とオンブズマンは強調しています。
 今年これまでに殺害された社会的リーダーは6人です。

424taro:2023/01/26(木) 09:38:31
2023 1-25 proceso
野外パーティーが襲撃され7人が殺された メキシコ チマルワカン市

 メキシコシティと隣接するメヒコ州チマルワカン市で行われていた野外パーティーが武装集団の襲撃を受け、女性1人を含む7人が殺害されました。
 メヒコ州検察は1月21日未明にカジェ アルメンドロス バリオ 分ディドーレス沿いにある建物の敷地内で起きた事件の捜査を開始していると発表しています。
 近隣住民の証言によれば、深夜に口論と銃声が聞こえています。
 通報を受けて現場に駆けつけた警官たちは女性1人と男性2人が死亡してい事を確認し、負傷している男性4人を90カマス病院に搬送しましたが、4人とも助かりませんでした。
 これまでに死亡した7人のうちの6人の身元が確認されていると検察は発表しています。
 検察は現場検証や付近の監視カメラの映像を分析を進めています。

2023 1-25 EL UNIVERSAL
殺し屋2人が一家3人を銃撃し母親が負傷 メキシコシティ

 メキシコシティ グスタボ A マデロで一家3人が2人組の殺し屋に銃撃される様子を撮影した動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1618345854578094080
 動画には車から降りている母子と玄関で待っている女性が映っています。
 雇われた殺し屋と思われる男2人が白い車に近づき発砲しています。
 運転手は殺し屋に気づき車を発車させ、降りる途中であった女児と母親が走って逃げ出していますが、女児はその場で倒れ母親だけが家に逃げ込んでいます。その後女児は起き上がって走り、無事玄関にたどり着いています。
 殺し屋の1人は7発の銃弾を発射していますが、銃弾の閃光から一家を狙ったことがわかります。
 もう1人の殺し屋は1発だけ撃って逃げています。
 娘を家に入れて玄関を閉めた母親は、撃たれたようでその場に倒れています。
 事件は1月23日午後11時の数分前に起きています。

425taro:2023/01/27(金) 09:35:45
2023 1-26 El Pai's 4538,91 23,18
停戦合意後も違法武装組織による攻撃は止まない コロンビア

 先程、オンブズマン事務所はコロンビア政府と違法武装組織が停戦合意を結んだにも関わらず、違法武装組織が停戦合意を遵守していないと警告しています。
 「停戦合意後の1月1日から20日にかけて6度の暴力事件が違法武装組織により発生しており、そのうちの5つは政府と停戦合意を結んだ組織によるものでした。」とオンブズマン カルロス カマルゴは述べています。
 オンブズマンが入手した報告書によれば、暴力行為はすべてコロンビア南西部で発生しており、コロンビア革命軍(Farc)分派エスタド マヨール セントラル傘下のコマンド コールディナドール デ オクシデンテが治安部隊に対して行っています。
 停戦合意後に発生した暴力行為は以下のとおりです。
 1月3日、カウカ県北部スアレス市の警察署がFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテ傘下のハイメ マルティネス戦線の攻撃を受けました。
 1月4日、パトロール中のコロンビア海軍の部隊がバジェ デル カウカ県ブエナベントゥーラ市郊外プリマベラ村で違法武装グループに警告射撃を行っています。同地域には国民解放軍(ELN)とFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテ傘下のハイメ マルティネス戦線が存在しています。
 1月11日、カウカ県パティア市で休暇中の陸軍2等軍曹フアン ガブリエル チカノイが武装集団に拘束されました。
 1月15日、カウカ県パティア市エル オヨと呼ばれる場所で、公共交通機関で移動中の陸軍兵士3人が武装集団に拘束されました。
 同様にカウカ県バルボア市とナリニョ県パルカルパ市でもFarc分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテ傘下のゲリラ部隊による示威行動が確認されています。
 メタ県でも準軍組織ガイタニスタス傘下のバホ イ アルタ アリアリ戦線の好ましくないとされた人々に対して社会的浄化を行うという警告が書かれたパンフレットがサン マルティン市にまかれています。
 Farc分派ホルヘ スアレス ブリセニョ戦線は、ビスタ エルモサ市ロマ リンダ村で住民たちに集会への参加を呼びかけています。
 最後にオンブズマンは「監視と検証のプロセスを確立する必要がある。」と政府に繰り返し要請しています。

2023 1-26 EL HERALDO
麻薬組織との停戦はエスコバルと協定を結んだようなものであると、コロンビアの検事総長バルボサが主張

 水曜日、フランシスコ バルボサ検事総長はコロンビア政府が犯罪組織との対話のための代表団16人を認定しているが、そのうちの4人はアメリカ合衆国から1人はスペインから犯人引き渡しの要請が来ている人物であると強調しています。
 引き渡し要請が来ている人物の告訴を取り下げる事は出来ないし、政府の要請は「パブロ エスコバルやカルテル デ カリと停戦合意を結ぶようなものである。」と検事総長は述べています。
 検事総長はアメリカ合衆国ワシントンでアメリカ合衆国司法長官メリック ガーランドとの会談の最後にこれらの発言を行っています。
 コロンビア主要日刊紙EL TIEMPOの報道によれば、引き渡し要請が来ている5人の中には犯罪組織ロス パチェンカスのボス フレディー カスティジョ カリジョ別名ピノチョとブロケ セントラル ウラバのボス ヘスス アビラ ビジャディエゴ別名チキート マロが含まれています。

426taro:2023/01/27(金) 09:36:00
2023 1-26 52 LOS ANNGELES
チャポ グスマンの息子のアメリカ合衆国引き渡しを無期限停止に メキシコ

 水曜日、メキシコの裁判所はホアキン エル チャポ グスマンの息子の1人オビディオ グスマンのアメリカ合衆国引き渡しを無期限に停止しました。アメリカ合衆国の最重要手配犯の1人であるオビディオ グスマンは、1月5日に逮捕されています。
 オビディオが拘束されているメヒコ州の第5地方裁判所は、麻薬犯として告発されているオビディオ グスマンの引き渡しの無期限停止を命じています。
 裁判官は最終的な停止を命じていますが、これは引き渡しの可能性が取り消された事を意味するわけではなく、アンパロでの裁判を終わるまで引き渡しを行わせないための法的手段です。
 
2023 1-26 LATINUS
テナンゴ デル バジェ市で発見された秘密墓地に埋められていたのはCJNGの敵対組織メンバー メヒコ州検察

 メヒコ州検察長官ホセ ルイス セルバンテスは、1月13日にテナンゴ デル バジェ市にあるパーティー会場の地下から見つかった秘密墓地に埋められていたのは犯罪組織のメンバーと推測されると発表しました。
 殺害され埋められたのは犯行グループと対立する犯罪組織のメンバーの可能性が高いとセルバンテスは説明しています。
 「彼らは犯罪組織のメンバーであり、この犯罪組織を壊滅させるためにやってきた組織により殺害されたという仮説を持っています。」と長官は述べています。
 今現在、発見された犠牲者たちが誘拐事件の被害者である兆候はありません。
 国家防衛省(Sedena)のルイス サンドバル国防大臣は、見つかった死体は10体以上であると先週火曜日に発表しています。
 大臣はアンドレス マヌエル ロペス オブラドール大統領の定例会見の場で、「これまでに42袋に入れられていた複数の死体が確認されており専門家たちは最大10体の死体があると報告しています。」と述べています。
 1月10日、テナンゴ デル バジェ市でカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のメンバー4人が逮捕され、逮捕者の自供に基づき秘密墓地が発見されました。

427taro:2023/01/28(土) 09:36:51
2023 1-27 EL HERALDO 4531,75 23,18
サンタ マルタのショッピングセンターで強盗事件、2人が殺される コロンビア マグダレナ県

 マグダレナ県の県都サンタ マルタ市で2人の男性が強盗と思われる男に殺害されました。
 強盗に抵抗して殺害されたのはファビオ ウンベルト ネイラ ピコンで、もうひとりの身元不明の男性は強盗と銃撃戦の末に殺害されています。
 事件は木曜日の午後にサンタ マルタ市中心部にあるプラド プラサショッピングセンターの地下駐車場で起きています。
 警察によれば、被害者は銀行の支店で大金を降ろして、警備員として働く事務所に入ろうとしたところを強盗に襲われています。強盗はバッグを渡すよう命じましたが、男性は拒絶し銃殺されています。その後、その場にいた別の男性と強盗が銃撃戦となり、男性1人が撃ち殺されています。
 現在警察が監視カメラの映像の分析や事件現場周辺での聞き込み捜査を続けています。
 強盗が奪おうとした現金は、死体のそばに残されていました。

2023 1-27 CARACOL RADIO
クラン デル ゴルフォが誘拐していた元Farcゲリラ2人を解放 コロンビア アンティオキア県

 コロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォがアンティオキア県北部イトゥアンゴ市郊外で誘拐していたコロンビア革命軍(Farc)主流派の元ゲリラ ウイルソン アントニオ オケンドとイェイソン ドゥバン オケンドを開放しました。
 ネットにはクラン デル ゴルフォの武装集団が、2人を赤十字国際員会の人道ミッションに引き渡す様子を撮影した動画が上がっています。2人は無事解放されました。
 従兄弟のウイルソンとイェイソン オケンドは、4日間に渡りクラン デル ゴルフォに拘束されていました。イトゥアンゴ市周辺では、治安部隊による捜索・救出作戦が実施されていました。
 赤十字国際委員会のメデジン市地域代表イグナシオ サン ロマンは、「わたしたちの中立的人道的活動を信頼してくれた関係者に感謝します。引き渡された2人は元気です。」と語っています。
 Farc主流派はコロンビア革命軍(Farc)から合法政党コムネス党に生まれ変わっています。コムネスは解放された2人について、1人は農民プロジェクトに参加し、社会・経済復帰のために働いていると強調しています。
 また我々は2人が違法組織に関係しているというクラン デル ゴルフォの主張については知らないし、事実を解明するのは当局の責任であると、コムネスは指摘しています。
 2019年11月の和平合意以降、Farc主流派の元ゲリラは356人殺害されており、コムネスは元ゲリラの安全保障を国や県に求めています。

428taro:2023/01/28(土) 09:37:01
2023 1-27 EL UNIVERSAL
犯罪組織ウニオン テピートの地域ボス通称ティオ ベトが逮捕された メキシコシティ

 メキシコシティ検察はメキシコシティ中心部で誘拐や商店主たちへの恐喝を繰り返す犯罪グループのボス、ルイス アルベルト コントレラス別名エル ティオ ベトを逮捕したと発表しました。エル ベトはみかじめ料の支払いを拒絶する商店主に対する暴力行為を命じていました。
 逮捕命令を受け作戦部隊がイスタパラパのアクルコ区にある建物内でエル ベトを逮捕しています。エル ベトが逮捕された建物内からは、コカイン599パケ、マリファナ400パケが押収されています。
 
2023 1-27 UNOTV.COM
保護された違法移民67人のうちの57人が少年少女だった メキシコ チワワ州

 メキシコ内務省・入国管理局 (INM)はトラックに乗りアメリカ合衆国に向かうグアテマラ人移民67人を、チワワ・シウダ フアレス街道で発見保護しています。保護された67人のうちの57人は少年少女でした。
 57人は14歳から17歳の未成年者で、少年43人少女14人で、同伴者はいません。その他は8人の成人と母と娘の家族2人です。保護された67人全員がメキシコに不法入国していました。
 チワワ・シウダ フアレス街道の311kmから315kmの間に国家防衛省(Sedena)の支援を受けて設置された入管検問所で、トラックに乗った67人が見つかっています。
 母娘と同伴者のいない未成年者はチワワ州児童青年保護課に引き渡され、67人を運んでいたトラック運転手は検察に引き渡されています。

429taro:2023/01/29(日) 09:16:59
2023 1-28 NOTICIAS CARACOL 4548,50 23,18
刑務所から出所したばかりの男が10歳女児を殺害 コロンビア ウイラ県

 ウイラ県ピタリート市で10歳女児マリア カミラ プラサスが2日前に刑務所から出所したばかりの男に強姦されそうになり抵抗し殺害されました。
 男は女児の自宅に暴力的に侵入し、女児の祖母を負傷させています。
 女児を殺害したのは性暴行事件でボゴタ市で逮捕されピタリート市の刑務所に収監されていたジョナタン フランシスコ タピアス27歳です。
 マリア カミロの自宅に侵入したジョナタンはマリアに襲いかかり抵抗され、背中を4回刺して殺害しています。マリアを助けようとした祖母もジョナタンに負傷させられています。
 ウイラ県警司令官グスタボ アドルフォ カマルゴ大佐は女児の家族に連帯を表明し、「性犯罪で服役していた刑務所から2日前に出所したばかりの男が、10歳女児を卑劣に殺害したことを激しく非難します。」と述べています。
 「警察パトロール隊と捜査班の迅速な対応により、橋の下に隠れていた容疑者を逮捕する事ができました。」と大佐は付け加えています。
 「私たちは彼を法の下に引きずり出すために必要なことをすべて行います。」と強調しています。
 マリア カミロ プラサスの家族は、「罪のない天使の命を奪った。」と述べ、正義が行われる事を求めています。

2023 1-28 EL UNIVERSAL
強盗の流れ弾で女性1人が死亡 コロンビア バランキージャ市

 重武装をした2人組の殺し屋がアトランティコ県の県都バランキージャ市ラス ニエベス地区にある民家に侵入し、ロサルバ エステル ゲレロ フレイテの命を奪っています。
 1月27日金曜日の午後、カジェ 24と23番通りの交差点にある民家を改造したレストランに2人乗りのバイクでやってきた殺し屋が侵入し、銃を乱射しています。
 バランキージャ市警によれば、殺し屋の標的はホセ ルイス イバルゲン ロドリゲス35歳と16歳の少年で、負傷した2人はへネラル バランキージャ病院に搬送されて治療を受けています。
 殺し屋の銃弾はレストラン内に居合わせたロサルバ エステル51歳に命中し、その場で死亡しています。警察によれば、死亡した女性は殺し屋の標的ではなく、流れ弾が命中し死亡しています。
 犯行後、殺し屋2人はバイクで逃亡しています。警察はレストランのオーナーに対する脅しの可能性も含め捜査を開始しています。

430taro:2023/01/29(日) 09:17:10
2023 1-28 Noticiero Digital
120のNGO組織が国連にマドゥロ政権による弾圧を訴える ベネスエラ

 ベネスエラの120以上のNGO組織が国内及び国際社会に対して、チャビスタ政権がNGO組織に対する新法を通じて弾圧を最高度レベルに高めようとしていると訴えています。
 NGOグループは記者会見の場で新法の法案が一回目の審議で承認された事により、マドゥロ政権が市民的空間の閉鎖とNGOや人権活動家を犯罪化、弾圧しようとしていると非難する声明を発表しました。
 この声明は木曜日に行われた会議で、国連人権高等弁務官フォルカー トゥルに手渡されています。
 ラボラトリオ デ パスの代表レクシス レンドンはNGO団体の犯罪化は、新法のごく一部でしかないと指摘し、マドゥロ政権はベネスエラ国民すべてを支配しようとしていると訴えました。
 
2023 1-28 EL FINANCIERO
麻薬王エル マヨ サンバダの画像が公開された メキシコ 

 イスマエル エル マヨ サンバダはメキシコで最も有名な麻薬組織のボスの1人であり、40年以上の犯罪歴の中で一度も逮捕された事がありません。
 エル マヨはアメリカ合衆国の最重要手配犯の1人であり、エル マヨの逮捕につながる情報には150万ドルの懸賞金がかけられています。
 出回っているエル マヨの写真は数十年前のもので、彼の現在の姿は不明でした。
 しかし2022年がSedenaがハッキングされエル マヨの画像が複数流出しています。
 エル マヨの最新未発表に画像は、古い画像と比較して額の後退が顕著で、皮膚に老化の影響が見られます。
 専門家によれば、エル マヨ サンバダはメキシコの他の麻薬組織のボスと比較して控えめな態度で、暴力を使うことも住民を攻撃することもほとんどありません。

431taro:2023/01/30(月) 09:01:38
2023 1-29 W RADIO 4548,50 23,18
ELNが仕掛けたと思われる地雷を踏んだ陸軍下士官が死亡 コロンビア アンティオキア県

 1月28日の朝、アンティオキア県サラゴサ市ベガス デ セゴビア村で作戦を実施していた陸軍部隊の下士官1人が地雷を踏んで戦死しました。
 最初の発表によれば、地雷を敷設したのは共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)のゲリラ部隊と推測されています。
 死亡したのは陸軍3等伍長のエルムス エディソン モンテスです。「当機関は犯罪行為の犠牲者である地域住民たちを守るための作戦に従事していた下士官殺害を断固として拒絶する。私たちは彼の愛する人たちに連帯と哀悼の意を表します。軍はELNによる国際人道法違反を非難するとともに、検察に対し私達の下士官を殺害した責任者が迅速に裁かれるよう要請します。」と軍は指摘しています。

2023 1-29 el COLOMBIANO
殺し屋の襲撃で3人が殺害された コロンビア アンティオキア県

 1月28日、アンティオキア県南西部シウダ ボリバルで、殺し屋による襲撃事件が発生しました。アンティオキア県警司令官ダニエル マソ カルドナ大佐によれば、3人が殺害され1人が負傷しています。
 殺し屋の銃撃により現場で2人が死亡し、1人が搬送先の病院で死亡したと大佐は説明しています。
 現在治安当局による捜査が進められており、シウダ ボリバルでは臨時暗線保証会議が開催される予定です。
 地元犯罪グループ同士の縄張り争いに関連する事件の可能性が高いと大佐は指摘しています。
 事件はシウダ ボリバル市街地グアヤカネス地区にある商店で発生しており、死傷者4人共男性です。
 目撃者の証言によれば、商店内のテーブルについていた4人に向け、覆面をつけた1人の殺し屋が無言で発砲しています。
 今現在身元が判明している死亡者は2人で、1人はメデジン市ロブレド在住のデイソン アルベルト ドゥラン オソリオ40歳でもう1人はホルヘ アルマンド バルコ カルデナスです。
 負傷した34歳の男性の容態は安定しています。
 オンブズマン組織はシウダ ボリバル周辺地域で複数の違法武装組織が縄張りと戦術的輸送ルートの利権をめぐり争っており住民たちへのリスクが増大していると早期警戒を発ししています。

432taro:2023/01/30(月) 09:01:52
2023 1-29 UNIVISION
武装集団がバーを襲撃、7人が殺された メキシコ サカテカス州

 サカテカス州ヘレス市にあるバー エル ベナディトが武装集団に襲撃されています。州治安当局の発表によれば、土曜日の深夜に発生した襲撃により7人が殺され13人が怪我をしています。
 サカテカス州は麻薬カルテル同士による縄張り争いがメキシコでも最も激しい州の1つとなっており、ここ4日間で今回の事件を含め2件のバー襲撃事件が起きています。
 メキシコ政府観光局が手動する観光推進プログラム プエブロ マヒコに選ばれた人口約62000人のヘレス市の中心部にあるバーで事件は起きています。
 地元メディアの報道によれば、バー エル ベナディトでメキシコの伝統音楽マリアッチのバンドが演奏しているときに襲撃事件が起きています。
 殺害されたのは男性5人と女性2人で、6人が現場で1人が搬送先の病院で死亡しています。El Debateの報道によれば、死亡者の中にはバーの従業員3人と高校教師1人とバンドのメンバーが含まれています。死亡者の名前は明らかにされていません。
 サカテカス州ではメキシコの2大麻薬カルテルであるカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)とカルテル デ シナロアが激しい縄張り争いを繰り広げており、ここ数ヶ月間で警官や兵士を含む数十人が殺害されています。
 
2023 1-29 EL UNIVERSAL
民家内で女性3人が首を切られて殺された メキシコ シウダ フアレス

 国境の街チワワ州シウダ フアレスで女性3人が殺害されました。
 土曜日の午後、シウダ フアレスの南アシエンダ ラス トレス ウニベルシダ区にある民家内で事件は起きています。
 玄関が開いていることを不審に思った近隣住民が民家に入り死体を発見しています。
 民家内には手足を縛られ首を切られて殺害された女性3人の死体がありました。3人の身元は明らかにされていません。
 現場には連邦・州・市警察の部隊が駆けつけ、捜査を開始しています。
 今現在動機など何もわかっていません。
 
2023 1-29 EL UNIVERSAL
チチェン イッツァに登った観光客が大ヒンシュク、群衆に水をかけられ逮捕された メキシコ キンタナ ユカタン州
 
 ある観光客が登る事が禁止されているチチェン イッツァピラミッドに勝手に上り大ヒンシュクを買っています。
 この様子は撮影されており、動画がネットの上がっています。ピラミッドからおりた観光客は、多くに人たちに囲まれ水をかけられ頭を叩かれています。
 立ち入り禁止のピラミッドに観光客が登るのはこれが初めてではなく、昨年11月にもピラミッドに登った女性が他の観光客などからリンチを受けそうになっています。
 2008年に遺跡の保護と維持のために特定の建造物や空間への立ち入りが禁止され、違反した場合は罰金などの処罰が課せられます。

433taro:2023/01/31(火) 09:07:38
2023 1-30 el COLOMBIANO 4548,50 22,98
果物を取るために農場に入った先住民の子供が撃ち殺された コロンビア クンディナマルカ県

 1月26日、クンディナマルカ県の田舎町グアタキ市郊外にある農場に果物を取るために侵入した先住民族エンベラの母子が銃撃され、子供が死亡しました。
 当局の調べによれば、先住民母子が先住民の仲間たちと農場に侵入し、農場主から銃撃を受けています。少年は頭部を撃たれ、病院搬送中に死亡しています。
 少年を撃った農場主はすでに警察により逮捕されており、裁判を受けることになります。
 「犯人を逮捕し、什器丁を押収しました。この人物は先住民たちを銃撃し、8歳の少年を殺害した容疑で逮捕されています。先住民たちはグアタキ市郊外の農場に果物を取るために侵入しています。」とクンディナマルカ県警司令官エドウィン ウレゴ ペドラサが発表しています。

2023 1-30 CARACOL RADIO
コロンビア海軍とELNのゲリラ部隊が戦闘、海兵隊員1人とゲリラ9人が戦死 コロンビア ブエナベントゥーラ市

 太平洋沿岸最大の港町バジェ デル カウカ県ブエナベントゥーラ市郊外で戦闘が発生し、海兵隊員1人と共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)ゲリラ9人が死亡しました。
 死亡したゲリラの死体は県都カリ市の法医学協会に運ばれています。一方、戦士した海兵隊員は太平洋海軍の基地に運ばれています。
 海軍はELNの2つの戦線のボスたちを逮捕を目的に作戦を実施しています。「作戦が実行されたゲリラキャンプはELNエルネスト チェ ゲバラ戦線オマル シルガド部隊のボス通称イェセニアもしくはラ フラカと、ELNエルネスト南西部戦線ルイス カルロス カルデナス アルベラエス部隊のボス通称ホルヘが利用していたと、軍司令官エルデル フェルナン ヒラルドが指摘しています。
 「死亡した海兵隊員はジェフェルソン ホセ カセレス キンテロ30歳で、マグダレナ県シエナガ市生まれ軍歴9年です。国のために命を捧げた英雄の家族に付き添います。」と海軍司令官フランシスコ クビデス副提督は付け加えています。
 作戦が実施されたゲリラキャンプからは自動小銃7丁、機関銃1丁、ショットガン1丁、弾薬などが押収されています。
 作戦はヤルマングイ川の支流のラポソ川のほとりにあるエル ピタル村で実行されました。

434taro:2023/01/31(火) 09:07:51
2023 1-30 EL HERALDO
バランキージャ市の商店が襲撃され、4人が殺された コロンビア アトランティコ県

 1月29日午後9時30分、アトランティコ県の県都バランキージャ市エル サントゥアリオ地区にある商店で銃撃事件が発生し、4人が殺害され6人が負傷しています。目撃者の証言によれば、2台のバイクから降りた2人組の襲撃者が商店ティエンダ イ エスラデロ ラ8に現れ、ジュニオール対インデペンディエンテ メデジンのサッカーの試合を見ていた客たちに向けて発砲しています。
 「バイクから降りた2人が、満員の店内に入ってきました。犯人2人は客たちの前で立ち止まり、ピンクの服を着た男性を見つけ発砲を始めました。」と現場に居合わせた目撃者が語っています。
 殺害されたのはバランキージャ市警のパトロール隊員レイナルド ホセ オロスコ ピカルア、アンネル アンドレス ゲバラ、エデル ホセ リサマ メルガレホ、ロナルド ホセ サバラ サルミエントです。4人は犯行現場で死亡しています。
 バランキージャ市警司令官エンリー サナブリア将軍によれば、殺害されたパトロール隊員オロスコ ピカルアは、1月初めに怪我をして休職していました。
 負傷したのはマリア アレハンドラ マルティネス イダルゴ22歳、ダニエル パロミノ アンドラデ65歳、ペドロ アントニオ ゴンサレス ムニョス78歳、エマヌエル カベサス アウマダ、バレンティナ スライ マットス バラサ22歳、サンティアゴ マヌエル ペラルタ マルケス39歳です。
 犯行の動機ははっきりしていませんが、警察に対する報復の可能性が指摘されています。
 バランキージャ市のハイメ プマレホ市長は記者会見の場で、エル サントゥアリオ襲撃事件の実行犯4人の居場所に関する情報に1億ペソ(約285万円)の懸賞金をかけると発表しています。

2023 1-30 EL UNIVERSAL
警官隊と武装集団の銃撃戦で警官2人と民間人3人が死亡 メキシコ ゲレロ州

 土曜日の午後、ゲレロ州コスタ グランデ地域にあるペタトラン市エル パロタル村で、州警察の部隊と武装集団が銃撃戦となり、警察官2人と民間人3人が死亡しました。
 銃撃戦後、エル パロタル村の住民たちは、警察官約32人をほぼ24時間拘束しています。
 銃撃戦に関する情報は少なく、死亡した民間人3人の身元も明らかにされておらず、民間人3人は州警察の部隊に同伴していたという情報もあります。
 州検察がこの事件について発表していますが、情報は乏しく正確性に問題があります。
 州検察によれば、州検察の部隊が村に入り、捜査令状なしに民家に侵入して村人を殴り、衝突が発生しています。
 午後9時頃、州警察の車列が村に入っています。
 「住民たちと警官隊の銃撃戦の後、パトカーの中から警官2人と民間人3人の死体が見つかりました。」と村人たちは証言しています。
 日曜日の午前10時頃、州警察と村人たちの話し合いの末に拘束されていた警官32人が解放されました。

435taro:2023/01/31(火) 09:08:02
2023 1-30 EL HERALDO
バランキージャ市の商店が襲撃され、4人が殺された コロンビア アトランティコ県

 1月29日午後9時30分、アトランティコ県の県都バランキージャ市エル サントゥアリオ地区にある商店で銃撃事件が発生し、4人が殺害され6人が負傷しています。目撃者の証言によれば、2台のバイクから降りた2人組の襲撃者が商店ティエンダ イ エスラデロ ラ8に現れ、ジュニオール対インデペンディエンテ メデジンのサッカーの試合を見ていた客たちに向けて発砲しています。
 「バイクから降りた2人が、満員の店内に入ってきました。犯人2人は客たちの前で立ち止まり、ピンクの服を着た男性を見つけ発砲を始めました。」と現場に居合わせた目撃者が語っています。
 殺害されたのはバランキージャ市警のパトロール隊員レイナルド ホセ オロスコ ピカルア、アンネル アンドレス ゲバラ、エデル ホセ リサマ メルガレホ、ロナルド ホセ サバラ サルミエントです。4人は犯行現場で死亡しています。
 バランキージャ市警司令官エンリー サナブリア将軍によれば、殺害されたパトロール隊員オロスコ ピカルアは、1月初めに怪我をして休職していました。
 負傷したのはマリア アレハンドラ マルティネス イダルゴ22歳、ダニエル パロミノ アンドラデ65歳、ペドロ アントニオ ゴンサレス ムニョス78歳、エマヌエル カベサス アウマダ、バレンティナ スライ マットス バラサ22歳、サンティアゴ マヌエル ペラルタ マルケス39歳です。
 犯行の動機ははっきりしていませんが、警察に対する報復の可能性が指摘されています。
 バランキージャ市のハイメ プマレホ市長は記者会見の場で、エル サントゥアリオ襲撃事件の実行犯4人の居場所に関する情報に1億ペソ(約285万円)の懸賞金をかけると発表しています。

2023 1-30 EL UNIVERSAL
警官隊と武装集団の銃撃戦で警官2人と民間人3人が死亡 メキシコ ゲレロ州

 土曜日の午後、ゲレロ州コスタ グランデ地域にあるペタトラン市エル パロタル村で、州警察の部隊と武装集団が銃撃戦となり、警察官2人と民間人3人が死亡しました。
 銃撃戦後、エル パロタル村の住民たちは、警察官約32人をほぼ24時間拘束しています。
 銃撃戦に関する情報は少なく、死亡した民間人3人の身元も明らかにされておらず、民間人3人は州警察の部隊に同伴していたという情報もあります。
 州検察がこの事件について発表していますが、情報は乏しく正確性に問題があります。
 州検察によれば、州検察の部隊が村に入り、捜査令状なしに民家に侵入して村人を殴り、衝突が発生しています。
 午後9時頃、州警察の車列が村に入っています。
 「住民たちと警官隊の銃撃戦の後、パトカーの中から警官2人と民間人3人の死体が見つかりました。」と村人たちは証言しています。
 日曜日の午前10時頃、州警察と村人たちの話し合いの末に拘束されていた警官32人が解放されました。

436taro:2023/02/01(水) 09:11:40
2023 1-31 el COLOMBIANO 4632,20 22,95
カンパメント市郊外で3人が殺害された コロンビア アンティオキア県

 アンティオキア県北部カンパメント市で若者3人が殺害されるという事件が発生しましたが、若者が地元住民という以外犯行の動機や犯人など何もわかっていません。
 カンパメント市周辺にはコロンビア最大の準軍麻薬組織クラン デル ゴルフォが存在しています。人権活動家たちはクラン デル ゴルフォによる犯行の可能性を指摘しています。
 コロンビア自衛軍ガイタニスタスと名乗るクラン デル ゴルフォは、現在コロンビア政府が提唱する全面平和政策に加わろうとしています。クラン デル ゴルフォは政府との和平交渉を開始する用意があると繰り返しており、クラン デル ゴルフォメンバーへの逮捕命令中止を巡り、政府と検察は対立しています。
 事件はエル マンサニジョ村で起きていますが、犠牲者の名前や年齢は明らかにされていません。
 アンティオキア権では1月28日にも県南西部シウダ ボリバルで3人が殺害される事件が起きています。

2023 1-31 el COLOMBIANO
チョチョ市虐殺事件でまた1人警察幹部職員が逮捕された コロンビア スークレ県

 昨年7月25日にスークレ県チョチョ市で3人の若者が殺害された事件に関与した容疑で、警察少佐クリスティアン アルベルト ベタンクールが検察捜査機関CTIに逮捕されました。
 少佐は県都シンセレホ市にあるスークレ県警本部で逮捕されています。少佐はモロスキジョ湾管区トル市警に移動となり、行政事務引き渡しのために県警本部を訪れたところを逮捕されています。
 少佐は犯罪組織クラン デル ゴルフォが11県で実施していた武装ストライキの最中にサンプエス市のパン屋で警察パトロール隊員ディエゴ フェリペ ルイスを殺害したと疑われたカルロス イバニェス、ヘスス ダビド ディアス、ホセ カルロス アレバロの3人を不当に拘束し拷問を加えた容疑で起訴される予定です。
 検察の調べによれば、警察に拘束された3人の若者は警官たちから暴行を受け、現場に到着した作戦指揮感ベンハミン ニュニェス大佐の命令で小型トラックで県とシンセレホ市に連行されています。
 「大佐は移動中至近距離から7回にわたり若者3人を銃撃し殺害しています。殺害後、大佐は別のパトカーで現場を離れ遺体は病院に運ばれている事が検察が判明しています。」と検察は説明しています。
 ベタンクール少佐については、現場に居合わせた警察パトロール隊員の1人が、若者3人のうちの1人の頭を少佐が銃の柄で殴るのを目撃したと証言しています。
 チョチョ虐殺事件ではすでに12人の警察官が逮捕されています。ベタンクール少佐は、ベンハミン ニュニェス大佐に次ぐ地位の高い警官です。

437taro:2023/02/01(水) 09:11:52
2023 1-31 EL TIEMPO
70歳の司祭が7歳女児を強姦した容疑で逮捕された コロンビア チョコ県

 70歳のカトリック司祭がチョコ県で7歳女児を強姦した容疑で、カルダス県西部ラ メルセ市で逮捕されました。
 検察発表によれば、2022年10月司祭はチョコ県イスティミナ市にあるカトリック教会の司祭住居内で性犯罪を犯しています。司祭は現在チョコ県プエルト メルク市にある教会の司祭を務めています。
 「調べによれば、司祭は2022年10月20日に、7歳女児と6歳の妹をお菓子などを上げると言って自宅に誘っています。自宅に着くと司祭は姉妹にお菓子を渡し、妹のほうに台所に壺を持っていくように命じています。7歳女児と2人きりになった司祭は、女児の服を脱がせ犯行に及んでいます。」と検察は指摘しています。
 自宅に帰った7歳女児の衣服が乱れていることに気付いた母親は、女児を病院に連れていき女児はそこで何が起きたのかを医者に語っています。
 逮捕された司祭は容疑を否認しています。
 検察によれば、司祭は別の性犯罪2件でも捜査対象となっています。1件はチョコ県ハイア ソラノ市バイア クピカ地域で13歳児童に性虐待を加えた容疑、2件目はバイア ソラノ市で女性観光客に性暴行を加えた容疑です。

2023 1-31 el COLOMBIANO
グスタボ ペトロ大統領がエクアドルを訪問しラッソ大統領と会談

 コロンビア大統領グスタボ ペトロ大統領は隣国エクアドルを訪問し、エクアドル大統領ギジェルモ ラッソと会談を行いました。ペトロ大統領がラテンアメリカの右派大統領と会談を行うのは初めてです。
 ペトロ大統領は火曜日の正午にコロンビアと接するカルチ県の県都トゥルカン市に降り立ち、586kmの国境線を共有するエクアドルの大統領との会談に望んでいます。
 安全保障・インフラと接続性・国境問題・環境・社会・文化・経済・貿易・などが両国首脳会談のテーマとされています。
 またアマゾン地域の保護・エネルギー問題・両国を結ぶパナメリカナハイウェー問題が議題となっています。パナメリカナハイウェーは1月はじめに発生した大規模土砂崩れにより通行止めが続いています。
 エクアドル訪問には首席補佐官ラウラ サラビア、外務大臣アルバロ レイバ、国防大臣イバン ベラスケス、貿易大臣ヘルマン ウマニャ、文部大臣アレハンドロ ガビリアが同伴しています。
 ペトロ大統領はこれまでにベネスエラのニコラス マドゥロ大統領、チリのガブリエル ボリッチ大統領、ブラジルのルラ ダ シルバ大統領と会談を行っています。

438taro:2023/02/02(木) 09:42:21
2023 2-1 EL INFORMADOR 4648,70 23,25
小規模コカ栽培の合法化をコロンビア政府が検討している

 1月3日、国家麻薬評議会(CNE)が開催され、今後10年のコロンビアの麻薬政策について議論が行われました。
 この会議でネストル イバン オスナ パティニョ司法大臣は2つの提案を行っており、その1つはコロンビアの様々な地域で小規模コカ栽培を合法化しようとするものでした。
 地域により異なりますが、2,5ヘクタールから10ヘクタールのコカ畑の栽培の合法化を目指しています。生活のために小規模のコカ栽培を行っている農家救済が目的とされています。
 また麻薬作物の撤去目標面積も5万ヘクタールから2万ヘクタールに縮小されています。
 コロンビア警察対麻薬責任者エドガー カルデナス ベガ大佐が発表しています。
 昨年は5万ヘクタールの撤去を目標に実施され、最終的に4万4000ヘクタールの撤去が行われました。
 左派グスタボ ペトロ大統領は就任以降、麻薬対策の変更を主張しています。
 コカ栽培の中心地の1つベネスエラと国境を接するノルテ デ サンタンデール県カタトゥンボ地域で開催されたコカ栽培農家組織の総会に出席したペトロ大統領は、コカ畑撲滅政策を変更すると確約しています。

2023 2-1 el COLOMBIANO
若者3人の殺害を認める動画をFarc分派ボス通称プリモ ゲイが公開 コロンビア アンティオキア県

 コロンビア革命軍(Farc)第36戦線のボス通称プリモ ゲイが、昨年アンティオキア県アンゴストゥーラ市で未成年者1人を含む若者3人を殺害したとする動画を公開しました。
 プリモ ゲイに反省の色はまったくなく、2022年2月5日にアンゴストゥーラ市サン アレハンドロ村で行った殺人事件について、ライバル組織メンバーに対する処刑であったと表明しています。
 「サン アレハンドロ村の住民3人は、ロス コネホスと名乗る準軍組織のメンバーであり、我々は処刑することにしたのである。」とプリモ ゲイは語っています。
 またアンゴストゥーラ市の住民3人がこの事件の犯人と噂されているが、殺害したのは我々であり、住民3人はこの事件に関わってはいないと指摘しています。

439taro:2023/02/02(木) 09:42:36
2023 2-1 EL HERALDO
事故を起こしたトレーラーが略奪にあい、混乱のさなかに1人が撃ち殺された コロンビア セサール県

 火曜日の朝、セサール県エル パソ市ラ ロマ村でトラックの略奪が発生し、その混乱の最中に1人の男性が命を落としています。
 事故を起こしたトレーラーの運転手は警察に助けを求めましたが、現場ではコントロールが効かない状態になっていました。
 混乱の中で1人の男が銃を抜いて警官隊に向けて発砲し始め、警官隊も応戦しています。その銃弾の1つがルイス アルベルト カスティジェホ27歳に命中し、近隣住民の助けで病院に搬送されましたが、集中治療室で死亡しています。
 関係者の1人は、警官隊に向けて何者かが発射した銃弾の1つが若者に命中したとEL HERALDO紙に説明しています。
 ラ ロマ村では数日前にも牛肉を県都バジェドゥパール市に運んでいたトラック2台が略奪を受け、警察は2人を窃盗容疑で逮捕しています。

2023 2-1 DW.com
ベネスエラがラテンアメリカで最も腐敗した国 

 腐敗、特に汚職に対して取り組む国際非政府組織トランスペアレンシー インターナショナルが、1月31日に2022年世界腐敗度ランキングを発表しました。
 2022年にアメリカ・ラテンアメリカ・カリブ諸国で最も腐敗が少ないと認識された国はカナダ・ウルグアイ・アメリカ合衆国で、最も腐敗が激しい国とされたのはベネスエラ・ハイチ・ニカラグアでした。
 世界的にはデンマークが最高得点を獲得し、続いてフィンランド・ニュージーランドとなっています。最も腐敗のひどい国はソマリアで12点、次いでシリア13点、南スーダン13点、ベネスエラ14点となっています。

2022年世界腐敗度ランキング
https://www.transparency.org/en/cpi/2022
1位 デンマーク 90点
2位 フィンランド 87点
2位 ニュージーランド 87点

14位 カナダ 74点
14位 ウルグアイ 74点
18位 日本 73点
24位 アメリカ合衆国69点
27位 チリ 67点
29位 バルバドス 65点
30位 バハマ 64点
35位 セントビンセントおよびグレナディーン諸島 60点
45位 ドミニカ 55点
48位 コスタリア 54点
51位 グラナダ 52点
65位 キューバ 45位
69位 ジャマイカ 44点
77位 トリニダード トバゴ 42点
85位 ガイアナ 40点
91位 コロンビア 39点
94位 アルゼンチン 38点
94位 ブラジル 38点
101位 エクアドル 36点
101位 パナマ 36点
101位 ペルー 36点
116位 エル サルバドール 33点
123位 ドミニカ共和国 32点
126点 ボリビア 31点
126位 メキシコ 31点
137位 パラグアイ 28点
150位 グアテマラ 24点
157位 ホンジュラス 23点
167位 ニカラグア 19点
171位 ハイチ 17点
177位 ベネスエラ 14点

440taro:2023/02/03(金) 08:49:24
2023 2-2 EL HERALDO 4639,04 23,50
犯罪組織ロス コステニョのボスの女で財政ボスの通称ラ モナが捕まった コロンビア バランキージャ市

 水曜日、アトランティコ県の県都バランキージャ市で犯罪組織ロス コステニョスのボス ホルヘ エリセル ディアス コジャソス別名カストールの愛人でロス コステニョスの財政ボスであったマイラ アレハンドロ ベラ ドゥアルテ別名ラ モナが逮捕されました。
 ラ モナは犯罪共謀・恐喝・殺人・テロなどの犯罪行為で告発されています。
 2月1日水曜日、対恐喝誘拐部門ガウラと警察特殊部隊による作戦がバランキージャ市北部で実行されました。ベラ ドゥアルテはショッピングセンター ビバ アパレンテメンテ近くカジェ90と52B通りの交差点にあるマンションに潜伏していました。ラ モナはロス コステニョスのメンバーと思われる男たちに守られて、装甲仕様のピックアップトラックで移動しているところを目撃されていました。
 バランキージャ市警によれば、ラ モナはカストールの名前を使い商業主や企業家を脅し、5000万ペソから2億ペソ(約549万円)を脅し取っていました。
 バランキージャ市警はラ モナに最大1500万ペソの懸賞金をかけていました。

2023 2-2 el COLOMBIANO
誘拐され1万ドルを奪われたとアメリカ合衆国人が訴える コロンビア カルタヘナ市

 外国人観光客が動画通じてボリバル県の県都カルタヘナ市で犯罪グループに数時間に渡り誘拐され、口座を空にされたと訴えています。https://twitter.com/i/status/1620434974246666252
 アメリカ合衆国ルイジアナ州バトン ルージュからやってきたジョナタン ディアスは、1月28日午後2時30分頃に出会い系サイト バンベルで知り合ったサマンサと名乗る女性とレストランに行く約束を取り付け、ジョナタンが宿泊しているホテル ヒルトンまで迎えに来ました。
 ホテルを出たジョナタンは女の言われるがままに車に乗りましたが、その約2分後に4,5人の武装した男たちが車に乗り込んできて、銃を向け有り金すべて出せと怒鳴られています。
 ジョナタンは2時間に渡り車の中で首を絞められたり押さえつけられ、死の恐怖を味わっています。
 この間、車は一度も止まることなく走り続け、その間ジョナタンは拷問されていました。男たちはジョナタンの銀行口座とクレジットカードを使い合計約1万ドルを奪っています。
 最終的にカルタヘナ市郊外の森の中、セレナ デル マール建設の工事現場近くでジョナタンは解放され、警察に助けを求めています。
 やってきた警察官はジョナタンに、同様の犯罪行為がカルタヘナで頻発していると告げています。前日の27日にも別の被害者が全く同じ場所に置き去りにされていたそうです。
 最後に「カルタヘナニクル観光客にこのことを警告したい。そしてどうか助けてほしい。ありがとう。」と締めくくっています。

441taro:2023/02/03(金) 08:49:35
2023 2-2 EL UNIVERSAL
検察捜査警察部長が銃殺された メキシコ ミチョアカン州

 ミチョアカン州ウルアパン市で州検察捜査警察部長が今日の午後銃殺されました。
 検察発表によれば、ホセ ハビエル エルナンデス エルナンデスは、コインランドリーにいたところを武装集団に襲われています。
 事件はラ アシエンダ区カジェ ビジャマール沿いにあるコインランドリーで起きています。銃撃されたホセ ハビエル エルナンデスは即死状態でした。
 
2023 2-2 EL FINANCIERO
武装集団が誕生パーティーに乱入し11人を誘拐、その後8人が解放された メキシコ ソノラ州

 ソノラ州カヘメ市で武装集団による襲撃事件が発生しています。武装集団は誕生パーティーの最中に現れ、11人を誘拐しています。
 事件はパスクアル アヨン村で起きています。
 目撃者に依れば、ある家族が誕生パーティーをしていたところに数台のピックアップトラックに乗った武装集団が現れ、その場にいたすべての男を誘拐しています。
 誘拐された11人の中にはパーティーで余興をしていた音楽家とパーティーの主役が含まれています。誘拐から数時間後、手足を縛られ猿轡をされた8人が発見されています。残りの3人の行方はわかっておらず、3人の身元も明らかにされていません。
 2月1日の夜、ソノラ州治安当局は公式アカウントを通じて、誘拐された11人のうちの8人がオルノス村で発見されたと発表しています。

442taro:2023/02/04(土) 09:20:22
2023 2-3 el COLOMBIANO 4584,44 23,68
死体を埋めようとしていたエル セリート市の市長の息子らが逮捕された コロンビア バジェ デル カウカ県

 バジェ デル カウカ県エル セリート市の女性市長ルス ダリー ロアの息子と甥が、男性の死体を埋めるための穴を掘っていたときに逮捕され、刑務所に収監されました。
 2人のほかにも共犯の5人が刑務所に送られています。当局によれば、逮捕された7人は重大殺人・殺人未遂4件・違法銃器所持罪などの容疑がかけられています。
 逮捕者たちは1人の人物を誘拐し、拷問の末に殺害して埋めようとしたときに現場に警察の部隊が到着しています。
 さらに警察は現場近くの山中で別の死体1体を発見しています。当局によれば、発見された死体はラ ムエルテと呼ばれる男性で、死体を埋めようとしていた現場で発生した銃撃戦で負傷し、山中に逃げる途中で死亡したと推測されています。
 当局は逮捕作戦を通じ、非常に強力なファイブ セブンを含む銃器7丁など押収しています。
 現場では検察捜査班が到着し、死体の回収作業などを行っています。今現在犯行の動機は不明です。

2023 2-3 el COLOMBIANO
ジャーナリストを殺害した容疑者が警察に捕まった コロンビア トリマ県

 クンディナマルカ県と隣接するトリマ県フランデス市でジャーナリスト マルコス フェルペ サムディオ カマチョを殺害した容疑者1人が警察に逮捕されました。1月31日の夜、フランデス市の市街地を歩いていたサムディオが強盗と思われる男に襲われています。
 サムディオ29歳は仕事でボゴタ市からフランデス市にやってきて、ホテルに宿泊していました。
 夕方、食事に出たサムディオは道端で携帯電話を使って放しているときに強盗と思われる男に襲われています。強盗は携帯電話を奪い、サムディオの首をナイフで刺しています。
 刺されたサムディオは病院に搬送されましたが、助かりませんでした。
 クンディナマルカ県警司令官エドウイン ウレゴ大佐は、監視カメラがサムディオを自転車で後をつける男を記録していたと指摘しています。
 警察はこの動画のお陰で容疑者がハイメ パバ バスケスであることを特定し、木曜日にクンディナマルカ県ヒラルド市で発見し逮捕しています。
 逮捕時、パバはサムディオの携帯電話を所持していました。

2023 2-3 NOTICIAS CARACOL
シウダ ボリバルで17歳の少年のバラバラ死体が見つかる コロンビア ボゴタ市

 ボゴタ市南部シウダ ボリバルの山中で、バラバラにされた17歳の少年の死体が見つかりました。
 Bluラジオの報道によれば、ボゴタ市警は17歳の少年の兄弟から、少年が1月24日以降行方不明になっていたという証言を得ています。
 少年の死体がシウダ ボリバルの山中に埋められているという情報が、少年の家族にある人物からもたらされています。
 少年の家族の訴えを聞いた警察がシウダ ボリバルで死体を発見しています。殺害された少年が麻薬密売に関わっていたと複数が証言しています。
 警察は麻薬に絡む報復と見て捜査を進めています。

443taro:2023/02/04(土) 09:20:33
2023 2-3 VENEZIELA NEWS
11人を死亡させた密造酒にはガソリンが含まれていた ベネスエラ ヤラクイ州

 ここ1ヶ月の間にヤラクイ州チバコア市で11人の死亡者を出した密造酒にガソリンが含まれていた事が最初の分析で明らかになっています。
 ムエルテ レンタ(ゆっくり死ぬ)と呼ばれる密造酒には、24,5度のエタノールと4%のメタノールが含まれていました。
 この密造酒が食道・胃・肝臓・肺・中枢神経などに損傷を与え、死に至らせています。

2023 2-3 UNOTV.COM
若者5人の行方がわからなくなっている メキシコ ヌエボ レオン州

 ヌエボ レオン州の州都モンテレイ市近郊のシエナガ デ フローレス市で、1月25日から3人兄妹を含む5人の若者の行方がわからなくなっています。
 ネットに上がっている情報によれば、行方不明となっているのはアルバレス エルベルト・エステファニー・ジョナタン兄妹とジョナタンの恋人ヤハリラとマルティン エデュアルド25歳です。
 若者たちの家族は5人の居場所に関する情報を提供するよう市民に呼びかけています。
 ヌエボ レオン検察は5人の捜索を始めているとネットを通じて発表しています。
 一部メディアは警察の制服を着た集団が5人を拉致したと報道していますが、検察はこれを確認していません。
 今のところ、身代金を要求する連絡はありません。

444taro:2023/02/05(日) 09:03:44
2023 2-4 CARACOL RADIO 4669,74 23,68
シエラ ネバダ デ サンタ マルタで4人の金鉱鉱夫が殺害された コロンビア マグダレナ県

 金曜日の深夜、マグダレナ県シエラ ネバダ デ サンタ マルタの山中にある金鉱で4人の鉱夫が殺害されるという事件が発生しました。午前2時30分頃に金鉱に泥棒が入り、金鉱にいた鉱夫に抵抗されたために4人を殺害しています。
 「盗みに入った強盗が労働者たちから抵抗され、4人を殺害しています。現在負傷者2人がフンダシオン市の病院に収容されており、聞き取りを進めています。」とサンタ マルタ市警司令官ホルヘ ベルナル中佐が発表しています。
 現在現場では諜報部・検察捜査班・警察が事件解明のための捜査を続けています。当局によれば、殺害された4人は金鉱の鉱夫です。
 
2023 2-4 API
Farc分派ゲリラボスが捕まった コロンビア ナリニョ県

 コロンビア軍と検察による合同作戦が実施され、コロンビア革命軍(Farc)分派コマンド コールディナドール デ オクシデンテの第3ボスと目される通称ブルノが逮捕されました。
 ナリニョ県最大の港町トゥマコ市から県都パスト市に数日前にやってきたブルノは、陸軍第23旅団とナリニョ県ガウラ部隊と検察により逮捕されています。
 第3ボスとされるブルノは、麻薬取引などの犯罪行為の調整のためにパスト市にやってきていました。
 16年以上の犯罪歴を持つブルノは、重大犯罪共謀罪容疑で逮捕命令が出ています。

445taro:2023/02/05(日) 09:03:57
2023 2-4 EL TIEMPO
軍兵士が殺害され自動小銃が奪われた コロンビア カリ市

 バジェ デル カウカ県の県都カリ市南部にある陸軍第3大隊ピチンチャ基地で、ナリニョ県トゥマコ市出身の兵士クリスティアン ホセ カスティジョ ゲバラが殺害されました。
 クリスティアンは基地の外で見張りをしていたときに強盗に襲撃されています。クリスティアンは強盗に抵抗し格闘しましたが、殺害されています。
 陸軍第3旅団に依れば、事件は2月2日木曜日の夜にナポレス地区にある基地の外で起きています。強盗はナイフでクリスティアンを殺害し、自動小銃を奪っています。奪われた銃は見つかっていません。
 「事件発生後するすぐに警察と検察に通報し、捜査が開始されています。」と第3旅団は発表しています。
 「関係諸当局と協力し、犯人グループと奪われた銃器の捜索を行っています。」と付け加えています。

2023 2-4 EL FINANCIERO
ガソリンスタンドが爆発、2人が死亡4人が怪我 メキシコ イダルゴ州

 イダルゴ州トゥーラ市の高校近くにあるガソリンスタンドで爆発事故が発生し、2人が死亡4人が負傷しているとイダルゴ州治安当局責任者サルバドル クルス ネリが発表しています。
 現場では消火活動が続けられています。
 負傷者4人はミスキアウアラ デ ファレス市の病院に搬送され治療を受けています。
 爆発は住民たちを混乱させていますが、直ちにプロテクション シビルと消防隊が駆けつけて対処にあたっていると市当局は指摘しています。
 事故後、消防隊の活動を円滑にするために、現場周辺は通行止めとなっています。トゥーラ市当局は事故原因救命のための調査を続けています。

446taro:2023/02/05(日) 09:20:33
2023 2-4 el COLOMBIANO
平和は武器を置くことと同義ではないとELN最高指導者がツイート コロンビア

 共産主義ゲリラ組織国民解放軍(ELN)最高指導者アントニオ ガルシアは、議席の獲得や動員解除をELNは目指してはいないとほのめかしています。
 「国会議員であるかどうかは、コロンビア人民のために国が変わることを保証するものではない。また動員解除によって期待されるような変革がもたらされるわけでもない。平和とは武器を置くことでも、議席を得ることでもない。」とガルシアはツイートしています。
 コロンビア政府と和平合意を結んだコロンビア革命軍(Farc)主流派が和平合意により上院と下院に議席を得ているが、ELNは議席には関心がないとELNボスは主張し、武器を置くことにも関心がないと表明しています。
 ELNとコロンビア政府は2月13日からメキシコで和平交渉の第2ラウンドを始める予定で、停戦について話し合われる可能性があります。

447taro:2023/02/06(月) 08:57:31
2023 2-5 LA FM. 4669,74 23,68
外国人観光客がカルタヘナ市の旧市街で強盗に襲われた コロンビア ボリバル県

 コロンビア有数の観光地ボリバル県の県都カルタヘナ市の旧市街で強盗被害にあった若い外国人観光客を撮影した動画がネットに上がっています。https://twitter.com/i/status/1621311149407887362
 動画には怯え泣いている強盗被害者が映っています。動画撮影者がどうしたのはと聞くと、携帯電話を奪われたと被害にあった外国人は答えています。
 若者は強盗から暴行を受けたようで、顔に怪我を負い血を流しています。
 今現在当局は城壁の観光地で起きた強盗事件に関する発表は行っていません。
 一方、SNS上では観光に影響を与える暴力事件が日常的に起きていると訴え、警備を強化するよう求めるメッセージが書き込まれています。
 「治安が悪ければ観光もできない。大都市部では治安が悪くなっている。」とあるネットユーザーは書いています。
 
2023 2-5 RCN Radio
未成年者に対する性犯罪でカトリック司祭13人が告発された コロンビア アルメニア市

 キンディオ県の県都アルメリア市のカトリック教会は、過去2年間に未成年者に対する性虐待で告発された司祭13人のリストを提出しました。
 しかしデジタル日刊紙エル キンディアノは、作家フアン パブロ バリエントス氏がまとめた情報を元に、性虐待を行った司祭の数はもっと多い可能性があると報じています。フアン パブロ バリエンテス氏は、キンディオ県で発生したカトリック司祭による児童性逆他事件に関する本の出版を予定しています。
 「アルメニア市のカトリック司教から、未成年者への性的虐待で告発された司祭13人のリストを受け取りました。私はアルメニア市の聖職者全体である178人の司祭の情報を求めていましたが、渡されたのは13人の情報だけです。」と語っています。

448taro:2023/02/06(月) 08:57:41
2023 2-5 EL UNIVERSAL
CJNGのメンバー容疑者2人が軍部隊との戦闘で死んだ メキシコ ミチョアカン州

 ミチョアカン州ウルアパン市でカルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)のメンバー容疑者2人が、メキシコ陸軍により殺害されました。
 軍部隊がチェラングエラン村をパトロールしていたときに銃撃戦が起きています。
 州都モレリア市から110kmのウルアパン市郊外で、武装集団が軍パトロール隊を銃撃し、銃撃戦が始まって軍部隊が武装集団の中の2人を銃殺しています。
 今現在軍部隊に死傷者がでているのかは不明です。
 
2023 2-5 EL UNIVERSAL
海軍がCJNGのコカイン200kgを押収した メキシコ チアパス州

 諜報部・国家対誘拐機関(Conase)・検察・海軍による合同作戦が実施され、チアパス州タパチュラ市にある倉庫内から200kgのコカインが発見押収されました。
 670万ドルの価値があると見積もられるコカインは、カルテル ハリスコ ヌエバ ヘネラシオン(CJNG)の下部組織の物で、アメリカ合衆国に密輸される予定であったと土曜日に治安当局が発表しています。
 タパチュラ市ロス ナランホス区にある倉庫内で、1kgに梱包されたコカインの塊200個200kgが見つかっています。
 
2023 2-5 La Jprnada
巡礼者が乗ったバスが横転事故、3人が死亡26人が怪我 メヒコ・プエブラ高速道路

 プエブラ州からグアダルーペ寺院に向かうカトリック巡礼者を乗せたバスが、メヒコ・プエブラ高速道路のイスタパルカで横転事故を起こし、3人が死亡し26人が負傷していると救急隊が発表しています。
 事故は日曜日の朝にサン マルコス ウイストコ料金所の手前で起きています。
 オートブセス コールディナドス社のバスには、プエブラ州アハルパン市のカトリック巡礼者51人を乗せて聖地グアダルーペ寺院を目指していました。
 事故発生を受け、イスタパルカ市とチャルコ市の救急隊や赤十字、プロテクション シビルの救急隊などが現場に駆けつけ、負傷者の搬送などにあたっています。
 現場では3人が死亡し少なくとも26人が負傷しており、20人がイスタパルカ市のポランコ病院に運ばれ治療を受けています。
 負傷した児童2人はメヒコ州のヘリコプターでメキシコシティのマグダレナ デ ラス サリナ