したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

真夜中のハイヒール

1 山の海 :2018/05/13(日) 00:30:25 ID:NkYd7VAg0
もう何年も前、俺がまだ学生のだったころ。
俺はとてつもなく田舎に住んでいたので家の周りは畑だらけ、
近くに年の近い子はいなく、10キロ先の学校に通っていた。
そのため部活帰りともなると周りは暗くなり、
街灯がなければ一寸先すら見えないような道を帰ることもざらではなかった。
そんなある日、いつも通り部活を終え、家路を歩いているときのこと。
後ろから誰かが歩いてくるような音がした
確かに人が少ないが、たまに歩いている人がいたのでさほど気にしていなかった。
しかし、それから少し歩いたときに違和感を覚えた。
さっきまで歩いていた道はコンクリートで整備された道だったが、
家のほうに行くには畑と畑に挟まれた土の道を歩くことになる。
なのに後ろの人の足音はまるでコンクリートの上をハイヒールを履いて歩いているような音だった
その違和感にきずいたとき、まるできずいたことをわかったかのようにハイヒールの歩く音が早くなった。
怖くなった僕は、無意識のうちにすこし早歩きになっていた。
するとハイヒールの音もさらに早くなった。
俺は早く歩けば歩くほどハイヒールの音も早くなった。
怖くなった俺はのこり600mぐらい先の家に向かって走ることにした。
心の中で、3、2、1と数え走ろうと思い、
3、2
と数えたところで耳元で
「聞えてるよ」
と女性の声が響いた。体中から冷や汗が出てきた。そこからはあまり記憶がない。
ただ無我夢中にはしていたと思う。
家に飛び入るとすぐに家族のもとに向かった。
家族は汗をかき、息を切らしながら入ってきた俺に心底驚いたように
「どうしたの!?」
と焦り気味で聞いてきた。
僕も焦りながら
「そこで!女が!ハイヒールの!」
と今あったことを話した。
その話を聞いた母親少し考えてはっと何かを思い出したかのように自分の部屋に入っていた。
そしてクリアファイルを持ってきた。
母親には新聞紙の記事で気になったものをまとめる趣味があった。
その中からある一枚の記事を指さして
「あんたが生まれてくる前にここらへんで女性の変死体が出た事件があったのよ。確かその時に女の人が履いていた靴がハイヒールだった気が...」
母親の話を聞きながら記事を見ると僕が人の気配を感じ始めたところで事件があったと書いてあった。
当時は大変な騒ぎになったらしい。
そのことがあった日から僕は部活をやめてなるべく日が昇っている時間に帰るようにした。
いまだにどうしてあの女の人が出てきたのか、歩く音がコンクリートのままだったのかはわからない。
今では親と一緒に東京に引っ越し、あの道を通るとこはなくなったが
もしかしたらあの時、あの女性は何かを伝えたかったのではないかと今では思う。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板