したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる |

お前らが経験した不思議な(怖い)話を教えてくれ

30 名無しさん :2016/09/06(火) 22:02:15 ID:.gqHVDQY0
長文駄文の挙げ句にそんなに怖くありませんが、私が寮で体験した話をします。

数年前のある日、私は同じ寮に住む女子Aから相談を受けた。

出勤時は部屋の主電源を切ることが寮の規則で決まっているのだが、何者かに女子Aの部屋の主電源を勝手に入れられて困っているとのこと。

主電源を入れたまま出勤すると管理者から会社へ連絡が行き、上司に呼び出されて叱られるのだ。

それが何日も続き、叱る上司の風当たりが日に日に強くなるばかりで迷惑していると女子Aは言う。

主電源を勝手に入れられてしまうのは女子Aだけでなく、隣接しあう部屋の女子Bと女子Cも同じ目に遭っていた。

部屋の扉の外側に主電源のスイッチがあるので、誰かの悪戯やイジメという線も考えた。

しかし3部屋の女子ABCが一番最後になるのを待ってから寮を出ても、やはりその日も主電源を勝手に入れられてしまったそうなのだ。

「実はその管理者が黒だったりして。」と私の推測を言うが、女子Aは首を横に振った。

「女子Bの部屋が、実は前からおかしい。」と女子Aは語り出した。

女子Bの部屋は、女子AとCに挟まれた真ん中の部屋。

女子Bが不在時、部屋から何かの物音がするそうだ。

女子Cも不審な音が女子Bの部屋から聞こえてくるのを知っており、間違いないとのこと。

その問題の部屋に住んでいる当の女子Bも、夜中ゴミ箱を漁る音がしたり、机の上に置いてあった皿がひとりでに真っ二つに割れたこともあったと言う。

そこまで語った後、女子Aは私に何とかして欲しいと頼み込んできた。

何故女子Aが私に相談したかと言うと、寮の部屋に神札と清めの塩を私が常備しているので霊感が強そうに思えたらしい。

実際に霊を見たことがないので、霊感が弱い方だと私は思っている。

だけど、女子Aの話を聞いて自分が感じたことを試してみたくなった。

私は、女子Aの言う問題の部屋に案内された。

部屋の前には既に女子BとCがいた。

私がこれから試そうとしていることが効くかどうかは保証しないことを3人に説明し、私は問題の部屋に入った。

そして、誰もいない空間に向かってこう言った。

「お腹が空いているのなら、私の部屋においで。」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

マケン姫っ!フルカラー《極!!》

肌色率K点越えで解禁!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa