したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

☆☆☆京産大新構想 第5章☆☆☆

717 名無しの京産大生 :2019/03/10(日) 11:28:11 ID:HHDmoLzg0
文化学部は京都の歴史、芸術文化を次代に保存、再活用することを目的としたアート・アーカイヴに貢献できるのではないかな。
情報理工学部の教員もいるので、文化情報学、文化資源学、文献情報学(図書館情報学)などに強い学芸員を育成することも可能。
資源を情報技術により整理する素養はどの社会でも通じる。京都は伝統工芸、伝統芸能の家元や宮大工の技巧など匠の文化が日本で
最も現役の街。鞍馬口に文化学部を移転後、総合文化学科(これを既存文学部系)と文化情報学科を設置。
ATRや国立国会図書館関西館、国際日本文化研究センターなどと研究拠点を市内中心部に創造して欲しい。

鞍馬口に本格的な能楽堂や茶室など、日本の伝統文化を実践できる場を設け、伝統芸能の保存などに広く活用してもらえば、
現代アーティストなども関心を持ち、面白い人材が集まる場所になるのはず。現在の華道、茶道、書道などのほか、能・狂言も含む
平安時代や室町文化を洛中で研究する施設があってもいいかもね。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

虚構大学 (光文社文庫) / 光文社

自由経済大学のモデルだよ〜ん


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板