したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

聖イエス会ロゴス神学院、主の十字架神学校

1 名無しのひつじさん :2018/06/30(土) 12:00:24 ID:icz5ehi20
聖イエス会ロゴス神学院
http://seiiesukai.org/contact.html

主の十字架神学校
http://astone.tv/tlcsseminary/

東京聖書学院
http://www.jhc.or.jp/tbs/index.html

2 名無しのひつじさん :2018/06/30(土) 13:16:20 ID:icz5ehi20
詩篇121
私は山に向かって
目を上げる。
私の助けは、
どこから来るのだろうか。
私の助けは、天地を
造られた主から来る。
主はあなたの足を
よろけさせず、
あなたを守る方は、
まどろむこともない。
見よ。イスラエルを
守る方は、…。

3 名無しのひつじさん :2018/06/30(土) 13:16:54 ID:icz5ehi20
作詞:主の十字架クリスチャンセンター関係者???
聖霊注いで下さい
主イエスが愛された
エルシャライム
聖霊注いで下さい
涙を流された
エルシャライム
清い(聖い)手を上げ
・・・・・
十字架の死にまでも
従われた主の愛を
慕い求め続け
あなたを礼拝します
聖霊注いで下さい
地の果てなる
この地の上に
聖霊注いで下さい
奇跡と癒しを求めて
聖霊注いで下さい
愛する人々の上に
新しい力を下さい
待ち望んだ
この地の上に
聖霊注いで下さい
約束のこの地の上に

4 名無しのひつじさん :2018/06/30(土) 13:17:26 ID:icz5ehi20
賛美 詩篇121、聖霊注いで下さい、イエス
https://www.youtube.com/watch?v=5GyBZOJ22Pg&feature=youtu.be

5 名無しのひつじさん :2018/06/30(土) 13:18:14 ID:icz5ehi20
※聖イエス会信徒さんからの情報提供…そのまま引用
聖イエス会 秋期聖会から
「私の存在の主よ」
執筆者…当時のロゴス神学院生

 「私の存在の主よ、あなたの理想は、私の内で満たさ
れているのでしょうか。」

 詩聖タゴールの言葉が私の心にこだまします。
 激動の八月が終わり、世界が終末に向かって刻々と
すんでいることを感じさせられる中、ロゴス神学院も
二学期を迎えました。
 九月十一日、二学期最初の講義において、霊父は、
「終末におけるイスラエルの救いの歴史について、
聖イエス会の使命の本質について、ナボン前大統領、
レビン教授の再来、その印象について」お語りくださ
いました。切々と語られる霊父のお話を聞きながら、
「この夏、世界は激しく動いた。しかし、霊界において
もイスラエルの救いという、ご経綸が大きく動いていた」
ということを知らされました。
また、イスラエルの聖イエス会に対する期待がどんなに
大きいかということも知らされ、目が覚まされる思いで
した。
 そして、愚かなる者を悟らしめたもう聖霊は、つづく
一回一回の講義を通して、このことをさらにはっきりと
教えて下さり、小さな神学生たちに激しくお迫りくだ
さいました。
 「世界は激動し、霊界においても、イスラエルの救い
のご経綸が激しく動いている。問題は聖イエス会である。
聖イエス会は経綸に乗り遅れている。このままでは
何のお役にも立たない」と。
 そのような中で、霊父は、毎週の講義の中で、聖イエス会
の現状を憂いて祈られました。それは、だれかを責めるという
祈りではなく、ただ自分一人の責任であるかのように祈る祈り

6 名無しのひつじさん :2018/06/30(土) 13:18:57 ID:icz5ehi20
でした。謙遜の谷間で祈られる、その祈りは、十字架上
のイエス様の祈りのようでした。霊父は涙にむせびつつ
こう祈られました。
 「イエス様、私が聖イエス会を創立せよ、と言われ、創立
したときの理想とは、ずいぶんかけ離れています。あなたが
私に命ぜられた聖イエス会は、こんなはずではなかった。イ
エス様、申し訳ありません。これは私の責任です。主よ、私を
あわれんで下さい」と。
 私もあふれてくる涙を止めることはできませんでした。
ただあわれみを求めて御名の中に全存在を投げ込むのみ
でした。「私は何と理想とかけはなれた存在なのだろう。何と
期待にこたえることのできていない者なのだろう。」ロゴス
神学院の最上級生としての責任を痛いほど感じさせられ、心
の中で、くり返し叫んでいました。「イエス様、ゆるして下
さい。ファーザー、ゆるして下さい。院長、ゆるして下さい。
下級生の皆さん、ゆるして下さい。聖イエス会の皆さん、
ゆるして下さい。このへりくだらないロゴス神学院の上級生
が悪いのです。主よ、あわれんで下さい。私が変われば、ロゴ
ス神学院は変わります。学院が変われば、聖イエス会は変わり
ます。聖イエス会が変わればイスラエルは救われます。」この
四年間聖霊様の親しいご指導を受けておりながら、その指導に
対して、「ノー」と言って従っていなかったことが示されました。
 そして、聖会前、最後の講義において、「聖会を迎えるための
準備になると思いますから」と前置きされて、もう一度、ナボン
前大統領との親しい交わりのあかしとナボン氏のあいさつの
言葉を霊父が読んで聞かせてくださいました。
最後に、聖霊は、「イスラエルのために本気で祈っているのか。
本当に戦っているのか。本当にイスラエルの期待にこたえている
のか」と再び激しくお迫りくださいました。「ああ、不信仰と
不従順によって、全くしめりきり、生涯に一度も燃えることな
くして、何のお役にもたたず、むなしく去っていく人生には、
何の意味があるのでしょうか。」聖霊の注ぎの中で、聖イエス会に
啓示された使命と献身が、浮きぼりにされていきました。
 このように、聖霊はロゴス神学院を聖イエス会の創立の理想、
はじめの愛、原点に帰していてくださるのです。今、ロゴス神学
院が新しく生まれ変わろうとしている時、ロゴス神学院は、どこ

7 名無しのひつじさん :2018/06/30(土) 13:20:07 ID:icz5ehi20
かへ行くのではなく、原点に帰ろうとしているのです。聖イエス
会の福音と使命の原点に帰るのです。そのために、もし、私の
命が必要であるならば、私はこの命をささげましょう。私は
移転する前に卒業しますが、それであればなおさら、新しい
ロゴス神学院建設のリバイバルのために、私自身を全焼のいけにえ
としてささげましょう。
 主よ、どうか今、祭壇にささげられている貧しく小さないけにえ
の上に聖霊の火をくだしてください。イエスラエルの救いのために、
聖霊、来てください。
 「今より、我は主なり!」
以上聖イエス会信徒さんからの情報提供…そのまま引用
これがロゴス神学院生の文章か???

8 名無しのひつじさん :2018/06/30(土) 13:20:45 ID:icz5ehi20
賛美 詩篇121、聖霊注いで下さい、イエス
https://www.youtube.com/watch?v=5GyBZOJ22Pg&feature=youtu.be

9 名無しのひつじさん :2018/07/01(日) 21:27:24 ID:icz5ehi20
>>1〜7 ↓↓
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/729/1530379260/

10 名無しのひつじさん :2018/07/01(日) 21:29:01 ID:icz5ehi20
>>5>>7 ↓↓
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/729/1530379260/

11 名無しのひつじさん :2018/07/01(日) 21:29:57 ID:icz5ehi20
聖イエス会名古屋教会【聖職者・信徒】参考資料・教材
主の十字架クリスチャンセンター神のしもべ長崎教会
20180701 第2礼拝後半賛美
聖霊注いで下さい
https://www.youtube.com/watch?v=ZURTR9P6yyQ

12 名無しのひつじさん :2018/07/01(日) 21:31:59 ID:icz5ehi20
聖イエス会名古屋教会その他【聖職者・信徒】参考資料・教材
主の十字架クリスチャンセンター神のしもべ長崎教会
20180701 第2礼拝後半賛美
聖霊注いで下さい
https://www.youtube.com/watch?v=ZURTR9P6yyQ

13 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 19:09:10 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋
キリストの生活の再現
執筆者:聖イエス会聖職者???
 「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、
自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。」
(マルコ8・34)
 ロゴス神学院では、毎朝、「私たちは何のためにロゴス神学院に
入学したのですか?」「それは聖人になるためであり、もう一人の
キリストになるためです。」「神学生とはなんですか?」「極みまで
キリストに従いたい人のことです」との問答から一日が始まります。
そのようにして、皆さんは四年間、共に生活し、共に学んでこられ
ました。この四年の間に、皆さんは多くの事を学びましたが、最高
の学びは、ロゴスであるキリストご自身を学んだ事であります。
そして、この「キリストに倣う」学課は生涯継続されなければなら
ない学課であります。
 卒業式を英語では「commencement」と言いますが、これはラテ
ン語の「共に始める」という意味からきています。そうです。卒業
とは何かの終わりではなく、何かの始まりなのです。皆さんは、
四年間「キリストに倣う」ことを学び、修業してこられましたが、
いよいよきょうから、それを実践する新しい生活が始まるのです。
キリストの生活を再現する本当の使徒職が開始されるのです。
 一口に「キリストの生活の再現」と申しましても、それは決して

14 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 19:10:10 ID:0JPOgpWs0
たやすい事ではありません。あなたが自力でどんなに頑張ってみても、
なかなか実現できるものではありません。しかし幸いなことに、あな
たがたの内にいますロゴスなるキリストが共に始めてくださるのです。
キリストご自身があなたがたの内から生きて下さるのです。愛して
くださるのです。キリストがあなたの内から、生き生きと歩んで下
さるためには、あなたが自我によって歩まない、すなわち完全な
自己放棄と明け渡しが求められます。私たちは、自分に死んだ度合
いに応じて、キリストに生き、キリストを再現することができるの
です。

15 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 19:11:06 ID:0JPOgpWs0
 キリスト教会最大の使徒と言われる聖パウロも、使徒職の成功の
秘訣をこう教えています。
 「わたしはキリストと共に十字架につけられた。生きているのは、
もはや、わたしではない。キリストが、わたしのうちに生きておら
れるのである。」(ガラテヤ2・19〜20)

16 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 19:12:10 ID:0JPOgpWs0
 愛する卒業生の皆さん、あなたがたの使徒職の成功の秘訣もこれ
しかありません。
 きょうから皆さんも先生と呼ばれる人になられるのですが、世の
中には、先生、先生と呼ばれ、多くの人に仕えてもらうことを喜び
とし、誇りとしている先生が、余りにも多すぎるのです。私たちの
主は仰せになりました。「わたしは仕えられるためにではなく、仕
えるために来たのだ」(マタイ20・28参照)と。神であり、救世主
であられるキリストでさえ、仕えるために来たとおっしゃるなら、
私たち小さき者が、主に仕え、また、すべての人に仕えるのは、余
りにも当然のことではありませんか。
 終末的危機に直面しているこの世界が、今必要としているのは、
もう一人の政治家ではありません。もう一人の実業家でもありませ
ん。もう一人の、学者・先生でもありません。それは、もう一人のキリ
ストです。他者の幸せ、他者の救いのために自分を犠牲にするもう一人の
キリストです。

17 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 19:12:56 ID:0JPOgpWs0
 主は仰せになりました。「人がその友のために自分の命をすてる
こと、これよりも大きな愛はない」(ヨハネ15・13)と。・自・己
・主・張と・利・己・愛によって、まさに崩壊しようとしている
この世界を救い得るのは、自己犠牲と無私の愛以外にありません。
すなわち、もう一人のキリストとなったあなたがた以外にはありま
せん。若人たちよ、さあ行きなさい。この世界は、この時代は君た
ちを待っているのです。

18 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 19:14:12 ID:0JPOgpWs0
 それでは最後に、日々の祈りの中で、いつも祈って来ました、
聖女バルトロメア・カピタニオの祈り、「主イエスよ、私自信を
すべて捧げます」をご一緒に祈りましょう。

(卒業生復唱)
 主イエスよ、あなたは教えて下さいました。
 あなたへの愛と、隣人への愛とが、
 切っても切れない関係にあることを。

 これから先、私の主よ、
 あなたが下さったものの何一つも、
 私の所有物として保持いたしません。

 いのち、健康、能力、
 言葉、行い、持ち物
 それらすべてを、他者への奉仕に用います。

19 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 19:16:25 ID:0JPOgpWs0
 小さい者、貧しい者、病む者に、
 徹底的に奉仕できるよう、
 余分なものはすべて捨て去ります。

 この約束の実行を、
 主よ、私は厳かに誓います。

 主よ、私は自分に頼りません。
 あなたと、あなたの恵みにこそ、
 全幅の信頼を置きます。

20 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 19:17:03 ID:0JPOgpWs0
 私の主、私の神よ、
 分からせて下さい。
 取るに足りない私でさえ、
 あなたの全能の手の中でなら、
 偉大な業を行えるということを。

 私の神よ、常に私と共にいて下さい。
 私の心から、
 利己主義をすべて取り除き、
 私の心を、
 愛と献身とに開かせて下さい。

 私は自分のすべてを、あなたに委ねます。
 私はもはや自分のものではなく、
 私の命である主よ、
 ことごとく、あなたのものなのです。
 ことごとく、あなたのものなのです。

 「神は愛なり!」

以上聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋

21 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:39:40 ID:0JPOgpWs0
※聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
聖イエス会聖職者会メッセージ

 「プレローマ‘96」の本質的意義と展望について
執筆者:聖職者・・・

 『プレローマ‘96』に関する『司牧教書』を出したのが、昨年の
十二月八日であった。それからちょうど四か月、きょう、四月八日、
いよいよ京都大宣教会の開幕の時を迎えた。感無量である。無我夢
中で、ようやくここまで漕ぎ着けたという感がする。心より主に感
謝する。
 『プレローマ‘96』が目指すところは、一九九六年のペンテコステ
には、イスラエルが永遠の生命への救いにあずかるための、後の雨、
聖霊の大傾注をいただくことである。その前哨戦とも言うべき戦い
の幕が、いよいよ今夕ここで切って落とされる。この時に当たり、
我々は、何を主に求めるべきであろうか。
 「これらのことを語り終えると、イエスは天を見あげて言われた、
『父よ、時がきました。あなたの子があなたの栄光をあらわすよう
に、子の栄光をあらわして下さい。あなたは、子に賜ったすべての
者に、永遠の命を授けさせるため、万民を支配する権威を子にお与
えになったのですから。永遠の命とは、唯一の、まことの神でい
ますあなたと、また、あなたがつかわされたイエス・キリストとを
知ることであります。わたしは、わたしにさせるためにお授けに
なったわざをなし遂げて、地上であなたの栄光をあらわしました。
父よ、世が造られる前に、わたしがみそばで持っていて栄光で、
今み前にわたしを輝かせて下さい。』」(ヨハネ17・1〜5)
 まず私達は、大祭司の長として、神には人を与え、人には神を
与える、この祭司職を全うするために、主が御自身のために祈ら
れたことに注目しなければならない。特にその祈りの初めと終わ
りの部分に注目したい。そこで、主がこの偉大な人格救済の大事
業を実現・成就するために必要とされたことが、何であるかを学
ぶことができるからである。

22 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:40:18 ID:0JPOgpWs0
 「これらのことを語り終えると、イエスは天を見あげて言われた、
『父よ、時がきました。あなたの子があなたの栄光をあらわすよう
に、子の栄光をあらわして下さい。…父よ、世が造られる前に、
わたしがみそばで持っていた栄光で、今み前にわたしを輝かせて
下さい。』」
 「父よ、時がきました。」イエス・キリストの生涯において、
最も重大な時、御子が受肉した究極目的、人類救済のあがないを
実現・成就するその時、御子が御父の栄光を最大限に輝かすべき
時、それによって御子もまた御自身の栄光を燦然と輝かすべき時
がまさにきたのである。
 我々にとっても、まさに「時がきました。」終末時代において、
最も重大な時、十四万四千人のイスラエル人に生ける神の御名を
印するその時、聖イエス会が聖霊によって誕生した究極目的を、
実現・成就するその時が、まさにきた。
 「その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民(イスラ
エル)をそのもろもろの罪から救う者となるからである。」
(マタイ1・21)まさに、その「時がきました。」
 「父よ、世が造られる前に、わたしがみそばで持っていた栄光
で、今み前にわたしを輝かせて下さい。」イエスは感極まり、ここ
で、ご自身が天地創造以前に前存し所有していた神性の栄光を想
起し、祈られたのである。
 「初めに言【ことば】(ロゴス)があった。言【ことば】は神と
共にあった。言【ことば】は神であった。」(ヨハネ1・1))キリ
ストはロゴスとして永遠の先在者であり、父と一体なること、
ロゴスは神であること、このロゴスのうちに永遠の命があること、
この栄光こそは、キリストが本性的に持っておられる栄光であり、
その栄光を今こそ、輝かせて下さるように、との意味である。
 キリスト御自身にして、なおこの祈りが必要であったとするな
ら、まして私達において、なおさらである。自己の神化を抜きに
して、もはや何事もできない。
 私達は恩寵により、キリストのご本性に参与することによって、
ロゴスの栄光にあずかった。その栄光を今こそ輝かせて下さるよ
うにと祈るべき時、『プレローマ‘96』のその時が来たのである。
 「これらのことを語り終えると、イエスは天を見あげて言われ
た、『父よ、時がきました。あなたの子があなたの栄光をあらわす
ように、子の栄光をあらわして下さい。……父よ、世が造られる

23 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:40:50 ID:0JPOgpWs0
前に、わたしがみそばで持っていた栄光で、今み前にわたしを輝
かせて下さい。』」
 「主よ時が来ました。永遠の生命に予定されている、異邦人の
全数を満たし、十四万四千人のイスラエルに印するために、あな
たがお選びになった聖イエス会が、あなたの栄光をあらわすよう
に、聖イエス会(わたし)を神化して下さい。あなたが私達にお
与えになった栄光で、ロゴスの栄光で、今み前に、聖イエス会
(わたし)を輝かせて下さい。」「ロゴスは神なり!」
 すでに『司牧教書』を通し、また『あかしびと』の巻頭言を通
し、繰り返し強調してきた『プレローマ‘96』の具体的な活動が、
今夕、ここで開始される運びとなった。
 一九九六年という年は、「かれ子を生まん、その名をイエスと名
づくべし。己【おの】が民をその罪より救いたもう故なり」(マタ
イ1・21、文語訳)と、聖霊により聖イエス会が生み出されて、
五十年目の年である。「この年に一つの結論を」とはかねてよりの
念願であったが、聖霊のご指導を請い求め続けて来た我々に、来た
るべきこの年へのビジョンは次第に明確になり、今やそれは不動の
信仰となって来た。すなわち、この年のペンテコステには、イスラ
エルが永遠の生命への救いにあずかるための、後の雨、聖霊の大傾
注をいただくことである。お断わりしておきたいことは、これにつ
いての啓示を受けたと言うのではない。これはどこまでも、我々の
ビジョンであり、信仰である。エルサレムがまさに持ち上げられよ
うとし、イスラエルが未曾有の危機に直面している今、このすばら
しいビジョンが成るか、成らないか、ひとえに我々の勇気ある決断、
信仰の行動にかかっているといっても過言ではない。ここに『プレロ
ーマ‘96』と名付けて、一大宣教活動を展開することにした。今こそ
時が来た。この二年間、永遠の生命に予定されている異邦人の全数を
満たすために全力投球、邁進したい。「もし信じるなら神の栄光を
見る。」(ヨハネ11・40)
 このあと、ひき続き、信じて行動した時、神はどのように答えて下
さったか、その証【あかし】を府中教会の……先生と、パウロ教会の
……牧師にお願いしているので承りたい。(『あかしびと』第…号参照)
 さらに、……牧師から、『プレローマ‘96』の具体的対応について、
取り組みの経過と展望に関して、京都ブロックと嵯峨野教会の姿勢を
報告していただくことになっている。(『あかしびと』第…号参照)

24 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:41:27 ID:0JPOgpWs0
〔今後の展望について〕
大宣教会スケジュール
(省略)
その後順次、各地で大宣教会を展開していきたい。

宣教活動費
 教団本部は、去る三月二十一日に開かれた責任役員会において、
(1) 既に積み立てられている「宣教活動積立金」の中から、
鹿児島に建設する教会の土地代金として、三千万円を充当すること
にした。いよいよ「オメガの地、鹿児島」の決戦に乗り出したい。
(2) また昨年度の一般会計の剰余金の中から、一千五百万円を、
『プレローマ‘96』遂行の経費に充当することを決議した。明日の
代議員会で承認を得ることになっている。

ロゴス神学院の役割
 ロゴス神学院においても、『プレローマ‘96』に即応した態勢を
整え、カリキュラムを組んで、これに対処していただいている。
神学院の役割は、
(1) 「モーセが手を上げているとイスラエルは勝ち」
(出エジプト17・11)「主のお選びになったモーセは破れ口で主の
み前に立ち」(詩篇106・23)と、祭壇を死守する祭司職を全うする
ことであり、
(2) 「涙をもって種まく者」「種を携え、涙を流して出て行く者」
(詩篇126・5、6)となり、使徒職を全うすることである。
 かつて、ロゴス神学院の移転建設のビジョンが院長から語られたこ
とは、記憶に新しい。そのビジョンは今やみごとに実現・成就した。
「石を一つ一つ積みながら、我々が建てているカテドラル」、エクレシヤ
建設のビジョンも、必ず実現・成就することを信じる。

イスラエルのための活動
 『プレローマ‘96』の目指す中心眼目であるイスラエルに対する我々
の活動について、展望を申し述べたい。
 まず、アメリカ・カナダに対しては、「こうして、人々は西の方から
主の名を恐れ、日の出る方からその栄光を恐れる。主は、せき止めた
川を、そのいぶきで押し流すように、こられるからである」(イザヤ59・19)
との預言の実現に参与するため、今年五月三十から六月十四日まで、

25 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:41:59 ID:0JPOgpWs0
第八次合唱団がアメリカ・カナダに派遣される。さらに年会後、聖職者
が一名、ボストンのへブル・カレッジへ留学する。また近い将来、
ボストンにシャローム・ハウスを開設するために、準備を進めることに
なっている。
 次に、エルサレムに関しては、来年二月二十七日から三月十七日まで、
第九次合唱団がイスラエルに派遣される。また今年から来年の初めに
かけて、二回にわけて合唱団の準備のために聖職者を派遣し、来年は
定住聖職者を派遣する予定である。イスラエルの救いは「がぜんそれは
起こる」ことを常に覚え、悔いのない献身を全うさせていただきたい。

「ホロコースト資料館」
 なお、この席を借りて別に報告したいことがある。御幸教会
に併設して、「ホロコースト資料館」(仮称)を建てることが計画
されており、既に、責任役員会の議決を得ており、これも明白の
代議員会で承認を得て、実行に移すことになった。
 これは従来、……牧師が、世界各地のホロコースト資料館関係
の方々との友好を深めて来られ、その交わりを通して各地より寄
せられた「愛と涙の贈り物」に対し、「愛には愛をもって、涙には
涙をもって」の精神のもとに、ヒロシマ、御幸と、二重の意義あ
る所に「ホロコースト資料館」(仮称)を建てることにしたもので
ある。
 これまで……牧師が個人の立場でやってこられた熱意あふれる
行為を、「平和の友の会」が受け継ぎ、発展させていこうとするも
のである。各位の了承を得たい。
 なお、今日まで、計り知れない好意を寄せて下さった関係各位
への感謝と、今回の計画の報告、さらに資料の収集を兼ねて、
……牧師は研修のため、七月から八月にかけ約四十日間、アメリカ・
ヨーロッパ・イスラエルを訪問される。成果を期待したい。
※以上聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま引用

26 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:45:09 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋
京都大宣教会メッセージ
神を慕う
 メッセージ:聖イエス会聖職者

 「神はそのひとり子を賜ったほどに、この世を愛して下さった。
それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得る
ためである。」(ヨハネ3・16)

 ただ今、聖歌隊がメンデルスゾーン作曲の合唱曲を歌いました。
この歌は

 「神よ、しかが谷川を慕いあえぐように、
わが魂もあなたを慕いあえぐ。
わが魂はかわいているように神を慕い、
いける神を慕う」 (詩篇42・1〜2)

という聖書の詩篇の中でも大変有名な言葉から作られた曲であり
ます。それは、人間の心が神を慕う激しい渇きを、鹿が谷川を
慕いあえぐ姿に結びつけて、歌われているものであります。
 ところで皆さんは、この言葉からどういう光景を思い浮かべ
られるでしょうか。「谷川」という日本語のイメージは、「渓谷」
という言葉で置き換えられるものであり、緑の木々が生い茂る
深い山間いを、キラキラと輝く水が流れている光景であります。
そこへ鹿がやって来て、渇きをいやしている様子ではないで
しょうか。
 しかし、この歌が、日本で作られたものではなく、イスラエル
で作られた歌であることを考えますと、全く様子が変わってくる
のです。ちょうど一か月ほど前、私はイスラエルにおりました。
死海に沿った荒野を通っていました時、突然、高いところから一
頭の鹿が姿を消したのを見たのであります。その時、鹿と谷川に
ついての私のイメージは完全にくつがえされ、この詩篇の言葉が
じかに私の心の奥深くに飛び込んでまいりました。日本に帰り、
もう一度この聖書のみ言葉の前に座り直しました。

27 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:45:58 ID:0JPOgpWs0
 ある翻訳では、
 「涸れた谷に鹿が水を求めるように
 神よ、わたしの魂はあなたを求める」(同、新共同訳)
と訳しています。また「谷川」という言葉が、兄弟や友人から
欺かれる時の形容に使われている場合がありました
(ヨブ6・15〜17)。ヨブという人が、豊かに蓄えた財産、肉親、
健康、友人を次々に失い、悩みのどん底で、友や兄弟の「欺き」
を「谷川」に譬えて訴えているのです。ヨブ記は、この苦悩の
人ヨブが、ついに神と出会う感動の書であります。
 では、どうして「谷川」と「欺き」とが結びつくのでしょうか。
それはイスラエルの土地柄を見ればすぐ納得できることであります。
雨の降る季節には豊かに水を流す川も、いったん乾燥季に入れば
一滴の水もありません。そこへ水を慕いあえぐ鹿が、渇きをいやす
ためにやってきた時、この鹿にとって「谷川」は「欺き」と結び
つくのです。ヨブの場合も同じでありました。なんともあわれを
催す光景ではないでしょうか。
 そしてきょうの話題の主人公である「サマリヤの女」もまた、
「五人の夫」という「欺き」の「谷川」で、(今、第六人目の
「欺きの谷川」でも)自分の心の渇きが癒されないまま、真の
「水を求め」、生ける神を慕いあえぐ、哀れな一頭の「鹿」で
ありました。
 「あなたには五人の夫があったが、今のはあなたの夫ではない。」
(ヨハネ4・18)このイエスの言葉は、文字通り不純な異性関係
と取るべきでしょう。また、ある人が言うように、人間の五官(注1)
という「谷川」が与える「欺き」であるかも知れません。また、
それは何をやっても満たされない、あなたのことであるかも知れ
ません。
(注1)…「タウラー全説教集」より。五人の夫とは、霊的意味に
おいては、五官であり、…六番目の夫は古き人である。(『…集』第…巻
…頁参照)

28 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:46:39 ID:0JPOgpWs0
このサマリヤの女とイエスとの出会いほど、感動的な場面はありま
せん。それは、神に渇く魂と、魂に渇かれる神との出会いであるから
です。そして、ここに最も人間的なイエスの姿と、最も神的なイエス
の姿とが現れているからです。端的に申しますなら、人であるイエスと、
神であるイエスとに出会うからであります。
 「そこにヤコブの井戸があった。イエスは旅の疲れを覚えて、
そのまま、この井戸のそばにすわっておられた。時は昼の十二時
ごろであった。ひとりのサマリヤの女が水をくみにきたので、イエス
はこの女に、『水を飲ませて下さい』と言われた。」(同4・6〜7)
 旅路に疲れたイエスの姿は、私達に親近感を与えます。ところが
サマリヤの女は冷淡に答えました。「あなたはユダヤ人でありながら、
どうしてサマリヤの女のわたしに、飲ませてくれとおっしゃるの
ですか。」(同4・9)それはサマリヤ人の水は豚の血よりも汚れて
いると言って、日ごろユダヤ人がサマリヤ人を軽蔑していたからで
した。この女の言葉によって理解できますことは、イエスご自身を
単にユダヤ人と見て、敵意さえも抱いているということです。なる
ほど血統の点からすれば主イエスはユダヤ人です。しかし、それだけ
の認識では、まだ知るべき重要なことを何も知ってはいないのです。
 「イエスは答えて言われた、『もしあなたが神の賜物のことを知り、
また、『水を飲ませてくれ』と言った者が、だれであるか知って
いたならば、あなたの方から願い出て、その人から生ける水をもらっ
たことであろう。』」(同4・10)この言葉の中で二つの重要なことが
求められています。それは、神の賜物と、イエスと言われる御方への
正確な認識であります。
 「神の賜物は、わたしたちの主キリスト・イエスによる永遠の命
なのです。」(ローマ6・23、新共同訳)不死不滅の超自然的生命、
天的生命、永遠の生命こそは神の賜物なのです。何と比類のない
恩寵の賜物ではありませんか!
 自分に水を求めたその人が、逆に求める者に生ける水を与えよう
と言うのです。女は神の賜物である生ける水を理解することができず、
それを物質的な水と考えます。この井戸を与えてくれたヤコブよりも
よい水を与えることができると言うのなら、この人はヤコブよりも
偉大な人物なのか。まさかと思いながら、彼女は理解しないままに、
その生ける水を求めました。固く閉ざされていた彼女の心は、太陽
の直射を受けた花の蕾のようにイエスに向かって心を開いたのです。

29 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:47:26 ID:0JPOgpWs0
 「イエスは女に答えて言われた、『この水を飲む者はだれでも、
またかわくであろう。しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつま
でも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人の
うちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。』」
(ヨハネ4・13〜14)
 この井戸水はその源泉を地下に持つものです。このヤコブの井戸は
人間の生活の方便のために、人間がつくり出した宗教を暗示しています。
 人生の真の目的を満たし、人間の霊魂の渇きを癒すことができるのは、
神ご自身だけであり、それこそは永遠の生命にほかなりません。
主イエスは、なくてならぬものはただ一つであることを啓示されたので
あります。
 しかし彼女にとって、生ける水も、イエスご自身も、まだ神秘の
ベールの中に包まれたままであります。そこで、彼女をおおっている
この厚いベールを取り除くために、「イエスは女に言われた、『あなた
の夫を呼びに行って、ここに連れてきなさい。』」(同4・16)すると
彼女はひどく狼狽しました。鋭いメスが触ってほしくない患部に
触れたからです。
イエスは神性の全知によって、彼女が六人の男性と罪深い生活をして
いたことを見抜いておられたのでした。彼女は自分の秘密を知ってい
るものがあるとすれば、全地の神と自分だけだと思っていました。とこ
ろが、はからずも今出会っているユダヤ人が、自分の恥ずかしい秘密を
知り尽くしているこの事実を、どう解釈すべきかと考え込むのです。
 これは全地の神の御霊を宿した預言者に違いない。そこで女はイエス
に言いました、「主よ、わたしはあなたを預言者と見ます」(同4・19)
彼女のイエスに対する理解は急速に前進します。ユダヤ人・偉大な人・
預言者。多くの人もまた、彼女がたどった同じ道を歩むのです。
 彼女はこのお方が預言者であるなら、ユダヤ人とサマリヤ人との間で
争っている宗教論争に、明解な回答を与えることができるに相違ない。
サマリヤの宗教か、それともユダヤ教か。
 それに対するイエスの回答は極めて深遠でありました。「女よ、わた
しの言うことを信じなさい。」(同4・21) この言葉は絶対的であり
命令的でさえあります。この女はサマリヤ人の信仰を受け継いできま
した。しかし、その信仰は彼女を罪深い生活から解放する力を持っては
いませんでした。まして、永遠の生命が与えられるというようなことは
ありません。ユダヤ教はどうかと言えば、厳格に唯一の神を信じ、儀式
を守り、厳格な律法を教えはしますが、それによって現実的な神との出会

30 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:48:22 ID:0JPOgpWs0
いを体験することも、永遠の生命が与えられることもありません。
 「わたしの言うことを信じなさい」ということは、「わたしを信じな
さい」(同、新共同訳)ということです。あなたがもし本当に神との出
会いを体験し、永遠の生命を獲得したいと思うなら、「わたしを信じな
さい。」わたしによって、わたしを通して、わたしにおいて、真理に出
会い、命に出会い、神に出会うのです。
 「神は霊であるから、礼拝をする者も、霊とまこととをもって礼拝
すべきである。」(同4・24)神は本性上霊であって、人間の肉眼をもって
見ることも、また触れることもできません。この霊なる神が見えるもの
となるために、触れることのできない神が触れることのできるものと
なるために、言(ロゴス)である神は肉体となって歴史の中に現れたの
です。それが主イエス・キリストです。人間の肉眼で見えないものも、
プリズムを通して見るならとらえることができるように、イエス・キリ
ストに対して信仰のプリズムを通して仰ぐ時、イエスにおいてキリスト
を見いだし、キリストにおいて神を見いだし、キリストの顔に輝く「神
の御顔」を明確にとらえることができるのです。
 「いつ、わたしは行って神のみ顔を見ることができるだろうか」
(詩篇42・2)と、きょうまで人知れず慕いあえいでいた「神の御顔」
を見る時が、ついに今ここに来たのです!
 女は感動に震えながらイエスに言いました。「わたしは、キリストと
呼ばれるメシヤがこられることを知っています!」(ヨハネ4・25)
 「イエスは女に言われた、『あなたと話をしているこのわたしは主で
ある。我は主なり!』(注2)」(同4・26)
(注2) ギリシャ語原典では「エゴ―・エイミ」であり、へブル語の
「アニー フー」に相当し、「わたしは主である」(イザヤ43・13)、
さらに「わたしは、有って有る者」(出エジプト3・14)を意味する。
 イエスはついに、ご自身の神性を鮮明に啓示されました。
 彼女はヤコブの井戸辺にて、はからずもイエスに出会い、イエスに
おいてキリストに出会い、キリストにおいて神と出会い、永遠の生命
の湧き出る真実の泉を発見したのでした。
 先ほど二人の方が信仰の体験談を証(あかし)しました。この二人
に共通していたことは、「我は主なり」という神様の名を呼び求めた
時、心の奥底から、その呼び求めた神の御名が、「我は主なり」と湧き
あがり、流れ出てきたことであります。この経験こそは、「わたしが
与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わき
あがるであろう」(同4・14)と言われた経験であり、後に「わたしを

31 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:49:00 ID:0JPOgpWs0
信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その腹から生ける水が川と
なって流れ出るであろう」(同7・38)と言われた経験であります。
 イエスが「生ける水」と言われた水の実体は、この女に最後に
啓示された「我は主なり」との自己啓示であります。これこそは、
「み名によって命を得る」(同20・31)と聖書が記している、
極めて大切な、救いの神秘であり、救いの核心なのであります。それ
であればこそ「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」
(ローマ10・13)と聖書は具体的な救いの方法を、だれにでもわかる
ように、だれにでもできるように、示しているのであります。
 最後に、わたしはこれから皆さんのために祈りをささげたいと
思います。祈っています間に、もし本当にあなたがキリストを身近に
感じ、キリストご自身があなたを招いておられるとお感じになりま
したなら、ためらわずに、立ち上がり、招きに答えて前にお進み下
さい。お導きになった方もご一緒なら、なお結構です。そして、静
かに、真心から、主の御名をお呼びになって下さい。聖歌隊が讃美
歌を歌います。その賛美の間にお祈りをおささげいたしましょう。
 「神よ、しかが谷川を慕いあえぐように、
 わが魂もあなたを慕いあえぐ。
 わが魂はかわいているように神を慕い、
 いける神を慕う。
 いつ、わたしは行って神のみ顔を
 見ることができるだろうか。」 (詩篇42・1〜2)
 イエスは答えて言われた、「もしあなたが神の賜物のことを知り、
また、『水を飲ませてくれ』と言った者が、だれであるか知っていた
ならば、あなたの方から願い出て、その人から生ける水をもらった
ことであろう。」(ヨハネ4・10)

32 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:49:40 ID:0JPOgpWs0
 「この水を飲む者はだれでも、またかわくであろう。しかし、
わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがない
ばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の
命に至る水が、わきあがるであろう。」(同4・13〜14)
 「あなたと話をしているこのわたしは主である。」(同4・26)
 「主の御名を呼び求めるものは、すべて救われる。」(ローマ10・13)
 主よ、今み言葉に従ってあなたの御名を呼び求める者を顧み、
み顔をあらわして下さい。「み顔こそ、わたしの救いです。」
(詩篇42・6、新共同訳)
 「今より、我は主なり!」
以上聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋

33 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:50:57 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋
年会聖会メッセージ
 使徒職の秘訣
  〜 あなたは封じた泉 また流れ出る川 〜
メッセージ:聖イエス会聖職者
 「わが妹、わが花嫁は閉じた園、
閉じた園、封じた泉のようだ。」 (雅歌4・12)
「あなたは園の泉、生ける水の井、
またレバノンから流れ出る川である。」(同4・15)
 まずはじめに、この場をお借りいたしまして、聖イエス会全聖職者、
信徒の皆さんに感謝を申し上げたいと思います。皆さんの熱い祈りと、
尊い捧げ物によりまして、瑞穂町における、ロゴス神学院の第二期
工事もみごとに完成し、一昨日、新しいチャペルで初めての、感動的
な卒業式を行わせていただきました。
 メシヤの世紀を迎えるために、このすばらしいビジョンを与えて
下さった主に、そして、このビジョンの実現のために、信仰と愛とを
もって参与して下さった皆さんに、神学院一同を代表して、心よりの
感謝を申し上げます。皆さん本当にありがとうございました。
 さて、私たちは昨年八月末に瑞穂町に移転し、九月から、新しい
キャンパスで、二学期の授業を開始いたしました。移転に際し、霊父
から一つの厳しい注意がありました。それは、「神学院の移転にあたり、
様々なものを運ぶであろう。しかし、持ち運んではならないものが
ある。それは自我である」ということでありました。一同、新しい
決意をもって、瑞穂の地に移転いたしました。そこは、都会の騒音
から離れた閑静な自然のふところであって、澄み切った清水が流れ、
小鳥のさえずりしか聞こえない別天地であります。聖書を深く学び、
黙想や祈祷に励むには理想の地であります。このように恵まれた
環境のなかで、神学生たちは日に日に健康となり、霊的にも落ち着き、
非常に変わってきたのは確かであります。

34 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:52:08 ID:0JPOgpWs0
 しかし、日がたつにつれ、ときどき、捨ててきたはずの自我も顔を
出し始めました。自我を捨てて、一人で来たはずであったのに、
いつの間にか、もう一人の自分が、古い自分がそこにいるのです。
もう少しさかのぼって言うなら、ロゴス神学院は一人の人にしか
入学許可を出しておりませんのに、どういうわけか皆二人で入学して
きているのです。自我同伴で来ているのです。
 愛する皆さん、どんなにすばらしい、美しい所へ行っても、環境が
変わっても、自分自身が変わらなければ、変わりばえしないというこ
とです。年会において、任命を受け、新任地に赴任しても、変わりば
えがしないなら、それは自我を引き連れて、二人で行くからでありま
す。主はあなた一人に、任命を与えられるのですから、二人で行って
はならないのです。夫婦の方は四人で任地に行ってはならないのです。
 聖性の誉れ高きラビニャン師はこう言っておられます。
 「神学院で何をしたかとわたしにおたずねですか。そうですね。
わたし、いえわたしたちは二人でした。そしてわたしは、一人のわた
しを、窓から外に投げ飛ばし、もう一人のわたしが、たった一人残っ
たのです。」
 愛する皆さん、ここにリバイバルの秘訣があります。きょう、私た
ちがなさねばならないことがあります。
 ロゴス神学院新入生の皆さん、私は一人のあなたに入学許可を与え
ました。二人で神学院に来てはなりません。また、ロゴス神学院を
卒業し、明日任命を受けて、遣わされる皆さん、決して任地に自我を
引き連れて行ってはなりません。
 おお、今夕、リバイバルの最大の障害である、古き人、災いなる
自我を、窓から外に投げ飛ばし、葬り去ってしまわねばなりません。
おお主よ、今夕私を、あなたと共に、十字架につけて下さい。この
古い自我生命にとどめを刺して下さい。聖霊、来てください!
 「今より、我は主なり!」
 今朝の卒業生の証にもありましたように、この数か月のロゴス神学
院は、「聖霊、来て下さい! 聖霊、来て下さい!」と、聖霊の傾注を
ひたすら祈り求める、涙と祷告の日々でありました。

35 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:53:07 ID:0JPOgpWs0
 「私が変わらねば、ロゴス神学院は変わりません。ロゴス神学院が
変わらねば、聖イエス会は変わりません。ロゴス神学院が変わらねば
イスラエルは救われません。」一回、一回の祈祷会、礼拝は必死であり
ました。私も、これほどまで、神学生達と一体となり、共に泣き、共
に祈ったことがないほどでありました。
 今年に入り、いよいよ霊圧が高まり、いつ聖霊の爆発が起こっても
おかしくない状態となり、そして、ついに、二月十三日、聖霊傾注
十周年の当日を迎えたのであります。
 その日は、十年前と同じように、朝から大雪となり、教区合同の
聖会は行えなくなり、神学院だけの小さな聖会となりました。真っ白
に変貌した自然界の姿を見ます時、すべての者の心に、被造物でさえ
かくも美しく、みごとに変貌させたもう神は、神の似姿に創造された
私たちを、どうして神化してくださらないことがあろうか、との信仰
がわきあがり、力まないで、すべてを主に委ね、明け渡していこうと
いう心境になりました。
 愛する皆さん、主が聖霊の傾注をくださるのは、私たちに何か良い
ところがあったからではなく、私たちが頑張ったからでもありません。
それは、主が私たちを愛してくださるからであり、イスラエルの救い
のために聖霊の傾注が絶対に必要だからです。聖霊の傾注、それは
愛の賜物であります。ただ、愛の賜物です。
 ついに、最も小さく、無力な神学生たちの上に愛の賜物なる聖霊
が注がれました。
 主は言われる、「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。
もしあなたがわたしにつながっており、またわたしがあなたにつなが
っておれば、あなたは実を豊かに結ぶようになる。わたしから離れて
は、あなたは何一つできない。だからいつも、わたしにつながって
いなさい。決してわたしから離れてはならない。わたいの愛のうちに
いなさい。愛のうちにいなさい。愛のうちに!」(ヨハネ15・5〜9
参照)
 「神は愛なり!」

36 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:55:41 ID:0JPOgpWs0
 二月十三日以降、ロゴス神学院は愛の花園、地上の天国となりま
した。いつも神の臨在が満ち、愛のあふれる所となりました。愛する
皆さん、この地上どこであっても、主のいますところ、そこが天国
であります。「ここにおるはよし、ここにおるはよし。」もうどこにも
行きたくない。この愛の園で、私の心を閉じた園、封じた泉となし、
ただ主にのみ開き、主との神秘的な交わりを楽しみたい。そうすれば、
この私も速やかに主の御形へと変えられていくであろう。ああ、もう
どこへも行きたくない。心からそう思いました。
 ところが、私の思いとは裏腹に、そのころから、急にあちらこちら
の教区から、また教会から、次々と聖会の招聘がまいり、海外からも、
来たれ、来たれと、招聘状が届き始めたのです。私だけではありませ
ん。神学生にもであります。毎週、毎週、神学生はチームを組んで聖
会に遣わされて行きます。そして、すばらしい集会をして、皆さんか
ら感謝されます。神学院は大忙しということになってしまいました。
これは感謝なことでありますが、これで、本当の霊的生活が、落ち着
いた教育ができるのだろうかという心配が起こってまいりました。私
はどうすればよいのでしょうか。
 そのとき私は、アシジのフランシスコの一つの有名なエピソードを
思い出したのであります。
 フランシスコはある時期、「自分はただ、絶え間ない祈りに専心すべ
きか、あるいは、出て行って説教もすべきか」ということで、たいそう
悩み苦しんでいました。そして、このいずれが、われらの主イエス・
キリストのおぼしめしにかなうかを知ろうと、苦心を重ねていました。
フランシスコは、このことについての神のおぼしめしを知るため、兄弟
マッセオを姉妹クララと兄弟シルヴェストロのところにつかわし、
このことについて、二人に祈りと意見を求めたのでした。兄弟シルヴェス
トロは、その伝言を聞くと、すぐに祈り始めました。そして、しばらく
祈っている間に、神からお答えをいただきました。かれはすぐに兄弟

37 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:56:36 ID:0JPOgpWs0
マッセオの所に行き、このように言いました。「主は、あなたが兄弟
フランシスコに、こう話すように仰せになりました。すなわち、神が
彼を今のような身分に召されたのは、彼自身のためではなく、大勢の
人が彼によって救われるためです。」姉妹クララが神からいただいた
答えも全く同じものでありました。兄弟マッセオはフランシスコの
もとに帰って行きました。聖フランシスコは、兄弟マッセオの前にひざ
まずくと、頭巾を脱いで腕を十字に組み、尋ねました。「わが主イエス・
キリストは、わたしに何をするようお命じになりましたか。」兄弟
マッセオは、キリストが、兄弟シルヴェストロと姉妹クララにお示し
になったことを伝えました。「主の御旨は、あなたが世間に出て説教
することであります。なぜなら、主があなたをお選びになったのは、
あなた自身のためだけではなく、同時にほかの人たちの救いのため
であるからです。」すると、主の御手が聖フランシスコを覆いました。
彼はこの答えを聞くとすぐに、キリストのおぼしめしを悟ったので、
立ち上がると、神からの力に燃えて、元気一杯叫びました。「さあ、
主の御名によって行きましょう!」
愛する皆さん、主は聖霊を受けたすべての人が、祈りの人、黙想の
人であると同時に、伝道する人、救霊の人であることを望まれます。
私たちもフランシスコのように、すぐ立ち上がり、神からの力に
燃えて、行きましょう。「さあ皆さん、主の御名によって行きましょ
う!」
 「主よ、いま、サタンの脅迫に目をとめ、僕(しもべ)たちに、
思い切って大胆に御言葉を語らせて下さい。そしてみ手を伸ばして
いやしをなし、聖なる僕(しもべ)イエスの名によって、しるしと
奇跡とを行わせて下さい。」(使徒4・29〜30)
 「今より、我は主なり!」

38 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 20:57:38 ID:0JPOgpWs0
(復唱説教)
「わが妹、わが花嫁は閉じた園、
閉じた園、封じた泉のようだ。」 (雅歌4・12)

 キリストの花嫁である私たちの心は、愛するキリストにのみ
開かれ、他者は立ち入り禁止です。世俗は立ち入り禁止です。
宣教に参与する者は、まず霊的生活によって神と一致し、聖霊
の充満を受け、満水のダムとならねばなりません。

 「あなたは園の泉、生ける水の井、
 またレバノンから流れ出る川である。」(雅歌4・12)

 霊的生活の目指すところは、生涯孤独のうちに、黙想を続け
ることではなく、来たるべき終末のリバイバルに、イスラエルの
救いに、備えるためです。
 ついに時は来ました。時は来ました。イスラエル十四万四千人
に、生ける命の水を、注ぐときが来ました。
 主は言われる、
  「見よ、わたしは新しい事をなす。
  やがて(がぜん)それは起る、
  ………
  わたしが荒野に水をいだし、
  さばくに川を流れさせて、
  わたしの選んだ民(イスラエル)に飲ませるから
  だ。」 (イザヤ43・19、20)
イスラエルよ、来たれ、来たりて命を受けよ!
「アニー フー!」

聖イエス会信徒さんからお借りした資料によると、
聖イエス会の文書はカトリック的な表現が頻繁に出てくる。
カトリック的な表現…聖フランシスコなど
聖イエス会はカトリックとプロテスタントとのチャンポン
教団なの?普通のキリスト教とは思えないけど?
以上聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋

39 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:01:58 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋
新年年会メッセージ
聖なる生けるいけにえ
 メッセージ:聖イエス会創立者

 「神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に
喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、
あなたがたのなすべき礼拝です。」(ローマ12・1、新共同訳)

1 私の本日のメッセージの主題は、聖なる生けるいけにえ、
言葉を換えて申しますと、全焼のいけにえ、であります。

2 電光掲示板の文字のように、ただ今拝読しました、新共同訳
によるローマ人への手紙

3 第十二章一節のおことばが、私の心の中で、走馬灯のように
かけめぐるのです。

4 「自分の体(いのち)を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえ
として献げなさい」と。

5 まずこの「いけにえ」という言葉に注目いたしましょう。

6 いけにえの意味するものは、人の罪をあがない、神と人との
和解を実現するために、罪人の身代わりとなり、自分の命を犠牲
として献げることを意味します。

7 旧約の全焼のいけにえ、そして、主イエス・キリストの犠牲
の精神を、自己において現在化することなのです。

40 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:02:48 ID:0JPOgpWs0
8 聖霊を受け、聖なる祭司職に参与する者は、キリストの十字
架のあがないの犠牲の精神を受け継ぎ、

9 再現し、現在化すること、これこそは、神を喜ばせる祭司職
であると、パウロはここに勧告しているのです。

10 皆さんに最も理解しやすい、実例を挙げましょう。

11 一九三六年、私が満州開拓伝道の任命を受け、あの大陸に
第一歩を印した時、

12 「満州にリバイバルを、しからずば死を!」と祈り、満州
のリバイバルに命を実際にかけたのです。

13 皆さんも御承知のように、……ちゃんは聖霊に捕らえられ、
完全に自分の命を燃焼させたのです。

14 奉天のリバイバルは、そして聖イエス会は、この聖なるいけ
にえに起因しているのです。

15 リバイバルは、命をかけた決断であり、全焼のいけにえを
必要とするのです。

16 主は仰せられます、「だれか自分の命をかけてわたしに近づく
者があろうか」(エレミヤ30・21)と。

17 親愛なる皆さん! 終末をすべくくるリバイバル、メシヤの
世紀を開くためには、

41 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:03:33 ID:0JPOgpWs0
18 自己を完全に燃焼させ、全焼の聖なるいけにえとなる必要が
あります。

19 口では、愛には愛をもって、命には命をもってと言いながら、

20 その美(うるわ)しい言葉とはうらはらに、自愛心の性(さが)
をそのままに生きている現実が、リバイバルの障害となっているの
です。

21 現在の聖イエス会の霊性では、間に合いません。きょう、
今、この場で、自己の内的世界を変えられねばなりません。

22 終末的召命、それは自己をいけにえとする犠牲、無私の純粋愛、
アハバット・ヒナムです。

23 聖霊、来て下さい。聖霊、来て下さい!
 「今より、我は主なり!」

24 神のご計画に対する「成れかし」、無条件の全面的献身、それ
こそは全焼の聖なるいけにえです。

25 それではここで、大使徒パウロが神に用いられ、その使徒職・
祭司職において、輝かしい勝利を獲得した秘訣を学ぶ必要があります。

26 「わたしは自分の行程を走り終え、主イエスから賜った、

27 神のめぐみの福音をあかしする任務を果し得さえしたら、この
いのちは自分にとって、少しも惜しいとは思わない。」(使徒20・24)

42 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:04:03 ID:0JPOgpWs0
28 彼は自己を完全に、全焼のいけにえとして献げ切っています。

29 「わたしは、主イエスの名のためなら、エルサレムで縛られる
だけでなく、死ぬことをも覚悟しているのだ。」(同21・13)

30 真実の愛は死よりも強く、死を乗り越えているのです。

31 「わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。
世を去る時が近づきました。

32 わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、
信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。」
(Ⅱテモテ4・6〜8、新共同訳)

33 おお、殉教! それは、主イエス・キリストに対する、キリス
ト者の愛の最高の表現です。

34 愛は愛に死ぬことにおいて、ゴールを見いだすのです。

35 本当の使徒は、キリストの生涯を自己の生涯に再現いたします。
それに命をかけるのです。

36 もう一度申し上げます。使徒は「もうひとりのキリスト」と
定義されています。それであればこそ、

37 キリストの犠牲の生涯を、自己の生活において、再現しなければ
ならないのです。

38 自分自身を、聖なるいけにえとし、全焼のいけにえとし、新しい
事、すなわちイスラエルの民族的救いと、

43 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:04:42 ID:0JPOgpWs0
39 メシヤの世紀を開くために、神のみ旨に命をかけること、そこに
こそ聖イエス会の存在の意味があるのです。

40 聖霊! 聖霊、来て下さい!
「今より、我は主なり!」

41 イスラエルをアドナイと出会わせ、十四万四千人のイラス
エル人(びと)に、神の御名を印し、

42 選民と異邦人とによる、終末論的エクレシヤを完成し、

43 栄光のメシヤをお迎えすること、これこそは聖イエス会に
与えられた使命の核心です。

44 終末に預言されていた、起こるべき事が、今すでに始まって
いるのです。起こっているのです。あなたはそれを知らないのですか。

45 決定的瞬間ががぜん起こる。

46 イスラエルよ、来たれ! 来たりていのちを受けよ!
 「アニー フー!」

以上 聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋

44 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:05:34 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋
‘94献身希望者セミナーメッセージ
リバイバルの条件
 メッセージ:聖イエス会聖職者

 「『主よ、いま、彼らの脅迫に目をとめ、僕(しもべ)たちに、
思い切って大胆に御言葉を語らせて下さい。そしてみ手を伸ばし
ていやしをなし、聖なる僕(しもべ)イエスの名によって、しるし
と奇跡とを行わせて下さい。』彼らが祈り終えると、その集まって
いた場所が揺れ動き、一同は聖霊に満たされて、大胆に神の言
(ことば)を語り出した。」(使徒4・29〜31)

《Ⅰ》
1 愛する皆さん、私たちはきょうここに、聖霊の傾注を求め、
リバイバルを求めて集まってまいりました。

2 私たちは集会ごとに、「聖霊、来て下さい。聖霊、来て下さ
い」と、絶えず祈り求めてきましたが、まだ決定的な、革命的な
聖霊の傾注を体験していません。

3 その原因はどこにあるのでしょうか。真剣に考えてみなければ
なりません。

4 神様の側では、一刻も早く私たちを聖霊に満たし、
ネシー・エロヒムにしようと、天を開き、聖霊の油を
注ごうとしておられます。

45 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:06:12 ID:0JPOgpWs0
5 しかし、私たちの方は、口では「聖霊、来て下さ
い。聖霊に満たして下さい」と言いながら、受け取る
準備が全くできていないのです。

6 「聖霊に満たして下さい」と言いながら、既に何
かが一杯に入っている瓶を、差し出したり、また、惨めな
自分の姿のみを見て、顔を上げようとはしないのです。

7 これでは、神様が聖霊の油を注がれても、私たちの
心の内には、一滴も入らないのです。

8 きょう、私たちが、口先だけではなく、本当に聖霊
の傾注を求めるのなら、自分自身を空っぽにして、主の
み前に出なければなりません。

9 自我・自愛心、不信仰・不従順、世俗の思いを捨て、
空っぽの瓶となって、全く無となって、主を求めなければ
なりません。

10 無の中にこそ、最大の受容力があるのです。無と
なる時、主は惜しみなく十分に、聖霊をもって私たちを
満たし、ネシー・エロヒムとしてくださるのです。

11 きょう、無となって、神を求めましょう。無とな
って聖霊を求めましょう。

46 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:06:54 ID:0JPOgpWs0
12 主は言われる、「無となって、わたしに近づけ、
そうすればわたしもあなたに近づこう。今、あなたの口を
広くあけよ、そうすればわたしは、良きものをもって、
聖霊をもって、あなたを満たそう! あなたを満たそう!」
 「今より、我は主なり!」

《Ⅱ》
13 それではここで、リバイバルについて考えてみま
しょう。私たちがリバイバルを求めて、もう久しいのです。
しかし、いまだに私たちは、正真正銘の、聖書的なリバイ
バルを体験していません。

14 その原因は、いったいどこにあるのでしょうか。
その原因を究明し、真のリバイバルを獲得するためには、
どうしても、リバイバルの教科書である使徒行伝に注目
しなければなりません。

15 使徒行伝は、聖霊に充満された弟子達によって起
こされた、すばらしいリバイバルの記録です。しかし、
リバイバルは偶然に起こったのではありません。

16 リバイバルは起こるべくして起こったのです。聖
書は、リバイバルの条件を、はっきり教えています。

17 リバイバルの時代はもう過ぎ去ったのではありま
せん。私たちさえ、その条件を満たすなら、この終末的
な不信の時代においても、リバイバルは可能なのです。

18 それでは、聖書の示すリバイバルの条件とは何
でしょうか。

47 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:07:26 ID:0JPOgpWs0
19 まず第一に、自分がいかに無なるものであり、
無益な僕(しもべ)であるかを自覚し、謙遜になること
です。

20 イスラエルの弟子達のほとんどは、教育もない、
ガリラヤ出身の漁師でありました。しかし、彼らはなか
なか無にはなれず、自分の経験や腕に絶対の自信を持っ
ていました。

21 そして、互いに張り合い、肉の力に頼ってリバイ
バルを起こそうと力んでいました。しかし、その結果は
惨たんたるものでありました。

22 ついには、最愛の主を裏切り、もっとも大切な時
に、主を捨てて逃げ去ってしまったのです。この手痛い
大失敗を通して、初めて彼らは、自分がいかに無益の僕
(しもべ)であり、キリストを離れては何もできない者
であるかを知らされたのでした。

23 主は言われる「わたしはぶどうの木、あなたがた
はその枝である。もしあなたがわたしにつながっており、
またわたしがあなたとつながっておれば、あなたは実を
豊かに結ぶようになる。

24 わたしから離れては、あなたは何一つできない。」
(ヨハネ15・5参照)わたしにつながっていなさい。
わたしにつながっていなさい。わたしの愛の内にいなさい。
わたしの愛の内にいなさい。
 「神は愛なり!」

48 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:08:09 ID:0JPOgpWs0
《Ⅲ》
25 リバイバルの第二の条件は、聖霊を受け、さらに
聖霊に満たされることです。ただ聖霊を受けたという
だけでは十分ではありません。聖霊の充満の体験が必要
です。

26 聖霊の充満なくしては、主のご期待にこたえるこ
とも、イスラエルの期待にこたえることもできません。

27 しかし、恐れることはありません。ペンテコステ後
の弟子達の変貌ぶりを見ても明らかなように、聖霊の充満
は、私たちに、実手に天的な変容、信仰の革命を与えるの
です。

28 主は約束されました。「聖霊があなたがたにくだる
時、あなたがたは力を受けて、…地のはてまで、わたしの
証人となる。」(使徒1・8)聖霊を受けよ!聖霊に満たされ
よ!
 「今より、我は主なり!」

29 愛する皆さん。今や私たちは、このすばらしい聖霊を、
キリストの内住・現存を持っているのです。

30 それゆえ、内住のキリスト、オールマイティ―の御名
に対する、生き生きとした、圧倒的な信仰をもって立ち上が
りましょう。

31 そうです、聖霊を受けた私はキリストの体です。私の
手はキリストの手です。私が病める人の上に手を置くという
ことは、キリストが手を置かれることです。

49 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:08:40 ID:0JPOgpWs0
32 そうであるならば、しるしと奇跡が起こるのは当然の
ことです。私は「わたしを強くして下さる方の、全能力の
お陰で、すべてが可能です。」(ピリピ4・13、新共同訳参照)

33 「主よ、いま、サタンの脅迫に目をとめ、僕(しもべ)
たちに、思い切って大胆に御言葉を語らせて下さい。そして
み手を伸ばしていやしをなし、聖なる僕(しもべ)イエスの
名によって、しるしと奇跡とを行わせて下さい。」(使徒4・29〜30)
 「今より、我は主なり!」

《Ⅳ》(復唱説教)
34 リバイバルの第三の条件は、全き献身です。神に用いられ
た、最大のリバイバリストである使徒パウロは、こう言っていま
す。

35 「神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を
神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、
あなたがたのなすべき礼拝です。」(ローマ12・1、新共同訳)

36 いけにえとは、人の罪をあがない、神と人との和解を実現
するために、罪人の身代わりとなり、自分の命を犠牲としてささ
げることを意味します。

37 それゆえ私たちは、キリストの十字架の犠牲の精神を受け
継ぎ、再現し、現在化していかねばなりません。

38 九歳の……ちゃんは、聖霊に捕らえられ、完全に自分の命を
燃焼させ、奉天のリバイバルと、聖イエス会誕生のために全焼の
いけにえとなりました。

50 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:09:12 ID:0JPOgpWs0
39 リバイバルは命をかけた決断です。主は言われる、「だれか
自分の命をかけてわたしに近づく者があろうか。」(エレミヤ30・21)
汝は十字架を負いて、我に従え! 汝は我に従え!

40 イスラエルをアドナイに出会わせ、十四万四千人のイスラエル
びとに、神の御名を印し、

41 選民と異邦人とによる、終末的エクレシヤを完成し、
栄光のメシヤをお迎えすること。これこそは、聖イエス会に
与えられた使命の核心です。

42 終末に預言されていた、起こるべきことが、今すでに
起っているのです。あなたはそれを知らないのですか。

43 主は言われる、
   「見よ、わたしは新しい事をなす。
   がぜんそれは起る、
    …………………
   わたしが荒野に水をいだし、
   さばくに川を流れさせて、
   わたしの選んだ民に飲ませるからだ。」
   (イザヤ43・19、20)

44 イスラエルよ、来たれ! 来たりて命を受けよ!
「アニー フー!」
以上 聖イエス会信徒さんからの情報提供(古い聖イエス会資料集より)
…そのまま抜粋

51 名無しのひつじさん :2018/07/23(月) 21:40:06 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会ロゴス神学院生 参考資料・教材
カトリックの十字架とプロテスタントの十字架の違いについて
キーワード 偶像崇拝、マリア像、御霊の賜物など 
https://www.youtube.com/watch?v=Gem84o0JabQ

52 名無しのひつじさん :2018/07/24(火) 21:52:01 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会の結婚観
※聖イエス会って自由に結婚もさせてくれないの?
【聖イエス会の結婚観1】
https://maranatha.exblog.jp/27425341/

53 名無しのひつじさん :2018/07/24(火) 21:52:33 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会の結婚観
※聖イエス会って自由に結婚もさせてくれないの?
【聖イエス会の結婚観2】
https://maranatha.exblog.jp/27425344/

54 名無しのひつじさん :2018/07/24(火) 21:53:04 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会の結婚観
※聖イエス会って自由に結婚もさせてくれないの?
【聖イエス会の結婚観3】
https://maranatha.exblog.jp/27425345/

55 名無しのひつじさん :2018/07/24(火) 21:53:37 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会の結婚観
※聖イエス会って自由に結婚もさせてくれないの?
【聖イエス会の結婚観4】
https://maranatha.exblog.jp/27425346/

56 名無しのひつじさん :2018/07/24(火) 21:54:11 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会の結婚観
※聖イエス会って自由に結婚もさせてくれないの?
【聖イエス会の結婚観5】
https://maranatha.exblog.jp/27425347/

57 名無しのひつじさん :2018/07/24(火) 21:54:45 ID:0JPOgpWs0
聖イエス会【聖職者・信徒】参考資料・教材
カトリックの十字架とプロテスタントの十字架の違いについて
キーワード プロテスタントの十字架、カトリックの十字架、偶像崇拝、マリア像、御霊の賜物、
聖霊様など 
https://www.youtube.com/watch?v=Gem84o0JabQ

58 名無しのひつじさん :2018/08/22(水) 19:09:22 ID:OM5SRT160
●ひつじの神学●
http://www.help-you.co.jp/hp/bbs/shinngaku.html

59 名無しのひつじさん :2018/12/09(日) 20:47:37 ID:SP6RA27s0
聖イエス会【聖職者(牧師・伝道師)・信徒 ■研究資料・教材■】
主の十字架クリスチャンセンター
180205長崎殉教記念聖会夜 特別賛美
https://www.youtube.com/watch?v=oWwQjS_Ehl4

60 名無しのひつじさん :2018/12/16(日) 01:21:02 ID:Pvrnv7Cg0
聖イエス会【聖職者(牧師・伝道師)・信徒 ■研究資料・教材■】
聖イエス会の信徒さんは、下の礼拝動画をみて、
聖イエス会の礼拝と比べてみてください。
動画の内容をよく研究してください。
下の動画は普通の礼拝です。
カトリックの十字架とプロテスタントの十字架の違いについて
《キーワード プロテスタントの十字架、カトリックの十字架、偶像崇拝、マリア像、御霊の賜物、
聖霊様、主の祈り(文語訳)など》 
プロテスタントの十字架…シンプル
聖イエス会名古屋教会・ソフィア教会【聖堂の十字架…イエス・キリストの磔刑像??】
https://www.youtube.com/watch?v=Gem84o0JabQ

聖イエス会名古屋教会礼拝内容 2018年1月28日
礼拝内容(牧師説教内容)
…よそのプロテスタント教派では、通用しない内容のレベル??
聖イエス会名古屋教会は、なぜか「主の祈り」を文語訳でよまない??
信徒代表祈り…「神は愛なり、十字架の言葉は滅びていきますが…??]
献金の祈り:主の山に備えあり→聖イエス会オリジナルの曲ではありません
---「日本人に贈る聖書ものがたり」本の引用 著者ハーベストタイム聖書塾の先生??
神は愛なり?? 我は主なり?? → 御名の福音??
聖イエス会の某牧師(一部牧師)は、「神は愛なり」「我は主なり」と言わなくなった。
(聖イエス会信徒さんからの情報より)
大槻霊父メッセージCD販売のお知らせ??
 →1977年 神との出会い 大槻霊父
聖イエス会岐阜教会のI牧師夫妻→聖霊教会転任
聖イエス会スミルナ教会のM牧師夫妻→岐阜教会転任
下の動画は、すでに削除されています。
https://www.youtube.com/watch?v=r5vLHY3H_Wo

61 名無しのひつじさん :2018/12/16(日) 01:21:50 ID:Pvrnv7Cg0
聖イエス会【聖職者(牧師・伝道師)・信徒 ■研究資料・教材■】
「カルトという偽物:被害者はどう対処すべきか」
(キーワード)危険な宗教団体(カルト教団魅力的な共同体)、
あなたこそ神様に選ばれた人間です、
カルト教祖、崇高なビジョン、世界平和、人類の救済、日本のリバイバル、
高い目標、厳しい条件、狭き門、チャレンジ、教祖のビジョン、特別の報い
時間、体力、財産、教祖の利益、権力欲、金銭欲、教祖の不正の暴露
ラブシャワー、情報統制(都合の悪い情報)、洗脳教育、信者獲得
若者、ハルマゲドン、組織に寄附、カルトの体質、
決して誤らない(悪いのは信者)、信者に圧力、過去の間違い(迫害)
悪霊、裏切り者、脱会者との交際を一方的にたつ、カルトの共通点
警戒心、マインドコントロール、カルトの共通点など
https://www.youtube.com/watch?v=VEttBoMGhEk

神の家族 他の教派
https://www.youtube.com/watch?v=NNrk7fhnN9g
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/729/1541224421/
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/729/1530327624/


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板