したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

聖イエス会カルメル教会、主の十字架クリスチャンセンター

37 名無しのひつじさん :2018/03/08(木) 20:05:14 ID:I7iLsxGQ0
ことを、「善きサマリヤ人」の譬を通してイエスは預言されたのです。(2デナリは
2日間の賃金、1日を千年と計算するなら、2千年)。私たちが待ち望んだイスラエルの救
いとメシヤの来臨が起こる2千年という年月は、もう目の前にまで来ていることを再確
認し、私たち聖霊を受けた異邦人、ハシッドが、今しなければならない最も大切な使命は、
御名を打ちこんで、エルサレムに、イスラエルに向かって祈ることです。
 「イスラエルよ、聖霊を受けよ! アニー・フー!」
 今は終末の終末時代であり、全人類的な危機の時代です。今起こっている戦争も、当事
国だけでなく世界的に苦難をもたらしていますが、一面においては、メシヤの来臨とメシ
ヤの世紀をもたらすための産みの苦しみの時代でもあるのです。イスラエルの救いとメシ
ヤの来臨以外に、本当の平和、永遠の決定的な平和はないのですから、私たちも産みの苦し
みをもって、イスラエルの民族的救いとキリストの再臨の実現のために真剣に祈らなけれ
ばなりません。私たち異邦人が聖霊を受けたのは、この時のためであることを自覚しなけれ
ばなりません。
(3)未信者の人々への対応について
 イスラエルのために祈っている私たちに対して、未信者の人々から、様々に質問される
ことがあります。「エルサレムを持ち上げる者は、大傷を受ける」と預言されていますが、
様々の思想を持った人がいるので、誤解や危険を避ける意味で、政治的・軍事的な問題に
ついてはもちろん、預言的な問題についても触れないで、「キリスト教は、聖書の教えに
基づく愛と平和の宗教ですから、私たちは、早く戦争が終わり、世界に平和が来るように
祈っています」と答えるのが、信仰者として穏健な答であると思います。
(4)日常生活について
 この戦争が長期になるほど、石油問題が深刻になってきますから、省エネルギーに協
力しなければなりません。電気のつけっぱなし、ガソリンの無駄遣いなどをしないよう、
気をつけましょう。
 また、不安に駆られて、みんなが買い溜めに走ったりすると、お金のある人だけが物資
を手に入れ、人々が市場に行っても何もないというソ連の二の舞になりかねません。人々
を混乱や困難に陥れる露骨な買い溜めなどの行動を慎み、またぜいたくを避け、冠婚葬祭
を含めてあらゆる面で質素な生活をしましょう。
(5)結び
 今一番大切な、また安全な心構えは、神と共に歩むという信仰生活です。
 「エノクは神と共に歩んだ。」神様を宿し、御名を唱えながら歩んだ聖徒が、突然、
携挙されたという出来事は、終末の患難時代に聖霊を受けている聖徒達が携挙される
ことの雛型、サンプルであることを、もう一度強くアピールしたかったのです。
 どうぞ、主が、イエス様ご自身が、三位一体の神が、皆さん方と共に居られて、皆
さん方が、平和のうちに真剣に霊的生活を全うされますように。そして、イスラエル
の救いとメシヤの来臨を、熱心に祈って下さることを願ってやみません。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa