したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

『さらば暴政』が誕生した時代

15 asa :2016/04/30(土) 17:46:58
確かに、「脱ニッポン型思考のすすめ」という中にも、日本会議というのは目にしなかった
様な気がします。
最も、これは1986年当時に出されたもののようで、自分自身は、ちょうど大学を卒業し、就職したばかり
の時期でもあり、この時には、このような書物を目にしたことはなかったのですが、これを目にしたのは、
ずっと後になって小泉暴政後の時期に初めて目にしたことで、何か「目から鱗が落ちる」というような心境でも
ありましたね。

ただ右翼と左翼なんていうことでは、良く耳にして、自分はどちらも嫌いだったことは間違いなかったものの
右翼というものについて、いろいろと調べているうちに、日本会議なる団体という存在がなることに気づいて
ホームページなどで見たりはしたのですが、何かなんだかわからないようなことが書かれており、まともに読む
方が混乱してしまいそうな印象を受けたことで、今では知ってはいるものの、あまり真に受けないようにしており
ます。

だが、これこそ、右翼の皆様からすれば、左翼だと言いたいところではあろうかということは想定出来るところですが
建設的野党に過ぎない日本共産党を中国共産党に置き換えれば、右翼というは反日活動家と変わらないような印象を持たれる
ことくらいのことは、簡単に想定出来ることなのですが、右翼の皆様におかれましては、これって自分は反日だと言いたい
ところであれば、これ以上の介入は一切できませんし、そっと静かに無視するしかないし、こうした右翼からは、どんどん無視される
ことになろうとも、一切構いませんので、どうぞ、日本会議と共に、どんどん涙を流し続けながら、落ちるところまで、どんどん堕ちて下さい
これだけのことであれば、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことに致しましょう、これこそが「人間として当たり前のこと」
として、「お国のため、天皇陛下のため」でもあると言ってはいけませんか?

と逆に突き放すことで、個人的には、社会的サポート資源としての役割を、そっと静かに担うことに致しましょう、ということで応えていくしか
ございませんね。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板