したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

真善美と神聖数理学について

48 千々松 健 :2016/09/24(土) 22:55:13
三種の神器の一つである「勾玉」は正式には「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」といい、大きいメノウの曲玉と普通には理解されています。
誰も実際に観た者は居ないと言いますが、箱の中は二重になっていて、上と下に4個毎の玉が入っていると推測されているようです。
そこで吉野信子先生のカタカムナ思念で私なりに解釈すると、勾玉は8個存在し、逆さまに4個毎の2層に置かれていて、陽と陰がカムような相互関係にあります。全体の数霊の合計は7ですからワに相当し、ワは輪=環=倭=和=調和=大和になります。
また、21世紀マンダラモデルの「螺旋モデル」は4つの組み合わせですが、それを2段に重ねて180度ずらせば陰陽が磁石の様に引き合い。8個が上下左右に合体して安定した玉になるのです。正にトーラスです。
2016.9.14


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板