したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

フトマニ数列群と神聖比例アルゴリズム

86 千々松 健 :2014/05/14(水) 22:51:20
数年前には三浦梅園の「一、一の条理学」に出会い、フトマニ図が想起され、
この度は安藤昌益の「四行と三回による包括的循環思想」に出会うことが出来ました。
東條様の資料公開に感謝しなければなりません。

7年ほど前から黄金比を生む数列であるフィボナッチ数列を考察するようになって、
思いもよらないさまざまな事柄が、実は深いところでは関連しあっているように感じております。
最新のものは「未来を変える方程式」です。
http://8w1hflkm.jp/FMn2013J.pdf

宇宙巡礼の掲示板
「フィボナッチ数列の殿堂」への道のレス187番から
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/2491/1232567829/

187 :千々松 健:2011/11/11(金) 21:10:16
富永仲基の「加上説」と三浦梅園の「一、一の条理学」にヒントを貰いながら考えた。
どうも共通する点は日本古来の「フトマニ」の思考法にあるようだ。
先ず1と1とが一つとなって新しい1となり、次には新しい1と直近の1とが一つとなって次の世代の1となる。
それを繰り返す操作がまさにフトマニであり、フィボナッチ数列のオペレーションと同じだ。
そこには次々という時間の概念が入ることになり、旧来の説を元にして、新たな説がカサネられて行く
「加上説」とも相似すると考えた。
フトマニの教えは一畳と一畳とを並べて一坪とする建築様式にも引き継がれたであろうし、
正方形の折り紙を半分にしたのを半紙と呼んだのもそうでしょう。
また、このヨコとタテが1対2の比になるのは、クフ王のピラミッドの王の部屋にも通じます。
その1対2の関係からはピタゴラスの定理で√5が生じることが判るし、
黄金比(1+√5)/2 を折り紙で折る出すことが簡単であるという事実からすれば、
フトマニと神聖比例(黄金比)は連環している訳なのです。
そのような視点からすると、三浦梅園の使用した円形の図(「玄語」の基本形など)はフトマニ図を想起させるもので
ーーーーーーーーーーーーー
注)上記中の「オペレーション」は今では「アルゴリズム」に表現を変えています。
2014.5.14


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板