したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

フトマニ数列群と神聖比例アルゴリズム

83 千々松 健 :2014/05/07(水) 22:42:12
江戸時代の思想家である安藤昌益については、高校の日本史で習った程度の受験知識しかなかったし、彼の「自然真営道」を発見し評価した狩野亨吉の存在も実は一昨日まで知らなかったのです。
しかし、安藤昌益のエッセンスである「四行」と「三回」について、昨日直観しました。
それは「FLKMという4つの数の流れ」が四行すなわち「木火金水」に、また「●▲■の流儀」が三回すなわち「逆気・通気・横気」にカサネられるというコトです。

更に偶然にも、FLKMの4つの数の流れの頭文字に注目すれば、MはMizu=水、KはKin=金、LはLight=火、残るFはFiber=繊維≒木と「木火金水」に繋がるのです。
また、下記のPDFでも分かるように、●から▲へが逆気、▲から■へが通気、■から●へが横気、という「三拍子でワルツは踊ろう!」の回転構造とも一致しているのです。
http://8w1hflkm.jp/Want-Plan-Action1.pdf


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板