したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

カミトロニクスに関しての議論

51 藤原肇 :2013/03/20(水) 13:54:13
それほどまで心配して頂き感謝します。誕生日がハロウィーンの日であり、この日はドルイド信仰の収穫祭であり、日本のお盆に似て火祭りをするとか、ケルトの習俗では魑魅魍魎を鎮めるとかで、子供たちが妖怪変化の仮装をするのです。だから、私としては大晦日だと思っていたので、大して星めぐりを気にしませんでしたが、それがアジアの五行では別の組み合わせで、天中殺と重なっていたとは驚きの情報でした。
それにしても、西方浄土まで考えてもらっていたとは、その老婆心に感謝したいとはいえ、私は目下のところシリカに興味を傾注し、そんな対談を「フナイ」に載せたところです。だから、私の浄土は薬師如来の瑠璃光浄土でして、一年前にブッダガヤを訪れた体験に基づき、目下のところ仏典のマンダラを眺めており、春になったら四国八八か所を訪れて、空海の足跡と地質の関係で辿ってみるつもりです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板