したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

蛸壺発想とと大局観について

2 村山 :2007/12/19(水) 12:51:06
「記事」のところに『財界にっぽん』に出た池口恵観さんと藤原さんの対談がかなりあります。特に今年の十二月号の記事は池口さんへの手紙では、安倍首相に辞任させるための提案は政権打倒の工作としてとても迫力がありました。
http://www2.tba.t-com.ne.jp/dappan/fujiwara/article/abe12.htm
同じ頃に出た「AERA」の十一月五日号には「池口恵観師にすがる日本」という特集記事が出ていましたが、池口さんは多くの首相の相談役をしたり有名人を弟子にしたりで、右翼活動をする宗教家と書いてありました。
驚いたことに右翼団体から赤軍派まで付き合いがあるということでして、活動範囲からして人間の幅が広いみたいだから、同じようにいろんな人との付き合いのある藤原さんが親しくしても当たり前に感じました。
それでも普通の人から見れば右翼的な池口さんと反権力の藤原さんが親しいというだけで、「藤原という人間は怪しい男だ。権力のスパイではないか」と誤解されても不思議でないでしょう。
だから公認会計士の人が、詐欺まがいの商法で悪名高い野村證券でやり手の株の担当者だった落合さんと藤原さんが共著を出したと知って、胡散臭いと感じたとしても仕方がないといえそうですし、池口さんと親しいと知ればもっと強く非難して悪口を言う記事も沢山書かれるでしょう。
スケールの大きい人は幅広い付き合いがあるせいで怪しいと思われることも多いでしょうが、そういう世界が分からない大衆は一部を見て全体だと思い込むのは仕方がないのです。
情報を取るためにジャーナリストはいろんな人と付き合うけれども、相手に丸め込まれないことが大事だということであるし、清濁併せ呑むということになると誤解を生みかねないのは当然です。
それにしてもそうしたことを嫌う人もいるのは当然ですが、だからといって「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということもあるし、それが気に食わなければは「井の中の蛙は大海を知らず」ということになるのではありませんか。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板