したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

ジャパン・ハンドラーとジャパノロジストについて

1 藤原肇 :2007/06/14(木) 13:41:01
ジャパン・ナッシングの問題について考えていたら、ジャパン・パッシングとかジャパン・パッシングという言葉が関係してくるし、そうなるとこの問題に密着した人たちとして、ジャパノロジストやジャパン・ハンドラーに触れざるを得なくなる。そこで新たにスレッドを立ち上げてそこに議論の場を移し、皆で自由に意見を交換することにしたい。
アメリカのジャパノロジストについて論じたのは、『ニューリーダー』の1997年7月号であり、それはその後『利は利よりも強し』に収録してある。当時の私はジャパノロジストの中のレビジオニストについて、アメリカでの観察に基づいてレポートした。
ジャパノロジストは日本に関連した分野を研究する人で、親日派や反日派を含めた知日派の外国人を指し、お互いに刺激しあって共生するという意味では、日本にとって非常に貴重な存在といえる人たちだ。あの時から既に10年もの時間が過ぎ去ったが、レビジオニストを含めてジャパノロジストが姿を潜め、それに代わってジャパン・ハンドラーが横行し、日本の鼻面を引き回しているということは、日本人のポテンシァルが相対的に低下して、独立自尊の精神を失って奴隷化した証拠だろう。
ジャパン・ハンドラーの代表的な例が、連載記事の第8回に書いたアーミテージであり、世銀を追い払われたが安倍を操ったウォルフォウィッツなどで、昔の日本のトップは世界の黒幕の番頭に動かされたが、最近の日本は黒幕の手代の木っ端役人に指図される手合いが、海外留学で盲従の訓練を受けてからトップになるようだ。隷属に基づく閉塞感と劣等感が逆立ちして、倒錯した民族感情を盛り上げて偽れる盛装の国家意識となり、優越感をくすぐる情動作用によるロマンチシズムと結び、靖国カルトに代表される熱狂への信奉になっていく。

2 亀山信夫 :2007/06/14(木) 14:09:04
藤原博士とスコット氏の出会いを興味深く読ませていただきました。あの碩学の丸山真男の書籍を英文ではなく和文で読めるとは凄いと思います。

さて、数年前の脱藩道場総会でジャパノロジストが話題になり、『理は利よりも強し』の「第5章 アメリカの対日強硬派の虚実」を一部のメンバーと共同でHTML化してあります。これからの議論の叩き台に活用頂ければ幸いです。当時の総会に参加されたメンバーの方々、ジャパノロジストについて一言お願い出来ないでしょうか。
http://www2.tba.t-com.ne.jp/dappan/fujiwara/sokai/02s/ri05.htm

3 藤原肇 :2007/06/15(金) 03:43:19
アメリカ人の海外留学で最も評価が高い奨学金はローズ奨学金だが、これは若い優れた学生が対象の英国が提供する奨学金であり、それに関しては「JZP」のAfter Thoughtsに書いたのでそれを参照されたい。特殊な研究に対しては各種の財団が管理する奨学金のほかに、一般の研究者に対してはフルブライト奨学金制度がある。これは二国間交流プログラムと呼ばれるもので、米国と各国の間でそれを運営する教育委員会を持ち、日本の場合は日米教育委員会がそれを担当している。日本人にとってフルブライト奨学金の意味していたことは、憧れの米国留学の機会を実現する登竜門だったが、米国にとってはこれまで10万人のアメリカ人に海外研究の機会を与え、15万人の外国人に米国を知って親米人脈を作り、世界の人材をアメリカと結びつける働きを果たした。
それ以外には各国の政府や大学などが用意する、留学や研究用の奨学金制度が独自にあって、それぞれの国の名前やシンボル記号などを使っている。それに対して日本国際交流基金が提供する奨学金は、税金を運用資金に使っているにもかかわらず、「安倍フェローシップ」と名づけられており、それは出来た当時の外相が安倍晋太郎だったからだ。日本の代議士は指導性よりも地盤や看板の利権代議士に過ぎず、各州の代表者とされる上院議員と違っており、利権屋としての政治屋が権力として手に入れた、閣僚の名前を奨学金の名前に使ったというのは、いかにも利権政治が支配する日本らしい手口だ。それが最近における米国のジャパノロジストの質を落とし、粗悪品を生んでいる原因だということが出来る。

4 米山悟郎 :2007/06/15(金) 14:08:36
アメリカの上院議員は各州の代表的な人物として選ばれており、人格的にも優れたものという評価を与えられている。だから、陸軍士官学校や海軍士官学校を受験する若者は、その州で最も尊敬された人物としての上院議員の推薦状が必要であり、上院議員は州知事よりも尊敬され州の大統領のように考えられていると言う。
その点では日本の参議院議員はそれだけの人物で構成されておらず、参議院議員は衆議院議員よりも格落ちとみなされ、落ちぶれたタレントなどの吹き溜まりみたいになってしまい、碌な人間が参議院にはいないために無用な存在になっているのが実情だ。
日本の政治家は政治の基本についての訓練のないものが多く、利権を漁るために代議士になっているものが圧倒的だから、政治家の名前を奨学金につけるのは確かに問題だと思う。

5 藤原肇 :2007/06/17(日) 14:24:20
かつて田中角栄が首相だった時に訪米記念として、米国の主要大学図書館に100万ドルをプレゼントした。その資金を田中ファンドと名づけたために、田中がロッキード事件で逮捕された後で会った大学教授のアメリカ人が、「何だか収賄の汚い金を貰ったみたいで気持ちが悪い」と言っていたが、日米フレンドシップ基金と名づけたら良いのに、奨学金や助成金に政治家の名前を使うのは、長い目で見たら不用意だと言われて当然だ。
「KZP」にも書いたとおり安倍晋太郎は朴東宣と親しく、朴はKCIAや統一教会と密着したと組む工作員だったし、コレアゲート・スキャンダルの中心人物として問題を抱え、サダム・フセインと武器などの不正取引した容疑で、数年前だがFBIに逮捕されている。
そんな汚いコネを持つ安倍の名前が奨学金のタイトルになり、研究資金が必要な若いジャパノロジスト候補者にカネの提供をちらつかせ、不潔な印象を撒き散らしていることに対して、かつては潔癖な民族としての誉れを誇った日本人が、それに不感症だということは感心できないと言える。
納税者としての個人は自分が払った税金に対して、その使われ方にもっと注意深く監視する必要があるのに、日本人は江戸時代の農民と同じメンタリティーで、絞られるだけ絞られてそれに耐えているから、いつまで経っても汚職や天下りの退職金稼ぎが横行し、あくどい政治屋や役人に馬鹿にされているのではないか。

6 平岡哲郎 :2007/06/19(火) 16:52:32
ジャパノロジストに関して『理は利よりも強し』からの引用が「競馬放浪日録」というブロッグに出ていた。要点について簡単に読めるので引用しておく。

http://blogs.yahoo.co.jp/sckfy738/archive/2007/6/1

7 品川文雄 :2007/07/09(月) 13:33:46
日米関係が利権に成っていて特殊な人脈に支配されていることは、日本国際交流センターという組織でもみられるのであり、この組織は税金を使って運営されているが、山本正理事長による私物化が長きにわたっている。
理事長のテディ山本人脈のネットワークの結びつきは、世界平和研究所や笹川財団の別働隊として知られる東京財団を通じて、国家主義的なグループによる改憲運動に結びついているといわれている。
こういう目に見えない日米関係のネットワークが、ジャパンハンドラーによる日本操作と関係している点に関して、読み取る人が果たしているのだろうかと思われるほど、報道されることがないが、確か万晩報のブロッグで園田義明さんが、ジャパンリンガーという記事で取り上げていたのを読んだ記憶がある。。

8 藤原肇 :2007/07/11(水) 04:15:15
フルブライト奨学金の選に漏れたアメリカ人にとっては、安倍フェローシップが資金を手に入れる上での窓口になり、過去十数年の日本研究者の多くがこのカネを貰い、それによって新しいタイプのジャパノロジストになっている。彼らは無意識のうちに洗脳されているのであり、自分が安倍フェローだと考えているために、安倍政権の戦前への回帰に対して批判できなくなっている。
一種の賄賂を貰ったような感覚が潜在意識の中に沈着しているらしく、そのために米国の中堅のジャパノロジストは安倍内閣の政治に対して、批判する発言をしようという者がいないようである。それがジャパン・ナッシングの拡大に繋がって、日本に関してのメディアの関心も低下しているのであり、日本への忠言がジャパノロジストから生まれようとしない理由は、こんなところにあるようだと思うのだが、それを指摘した人もいないのは寂しいことである。ジャパノロジストの端境期ということであるし、本気になっていいジャパノロジストの育成をしない限り、日本の将来は真の理解者がいない状態になって、きわめて危ういことになると予想せざるを得ないのである。

9 佐藤 :2007/12/29(土) 08:52:49
レス番号57の阿部さんへ、
何時の、誰の、レス番号何番への批判なのか、全く分りません。貴兄の文もかなり乱れていますね。何を言いたいのか解りません。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板