したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

「時代の曲がり角」を読む

6 サムライ :2007/04/23(月) 06:16:13
■ベネッセよ、お前もか

一日に一回は必ず訪問している『反戦な家』の最新記事、「小中学生を襲う美しい国」でベネッセは創価学会系の企業であると書いてある下りを読み、ふいをつかれた気がしました。何故なら、子供たちが小学校低学年の時、ベネッセに申し込んで学習教材を毎週送り届けてもらった過去があるからです。(幸い、現在は友人が経営する塾に通わせているのでベネッセとの関わりはありません)ともあれ、「全国学力テスト=小6と中3、240万人対象−43年ぶり実施」という時事通信の記事の裏を読めば、日本を再び戦争の道に導こうとしている阿部首相の狙いが分かるのではないでしょうか。ちなみに、『反戦な家』の最新記事は以下をアクセスしてください。
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-334.html

**********************************************
2007/04/21-14:29 24日に全国学力テスト=小6と中3、240万人対象−43年ぶり実施
 文部科学省が、小学6年と中学3年の全児童・生徒計約240万人を対象に実施する「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が24日、一斉に行われる。学年全員が受けるテストは43年ぶりとなる。学校の序列化や競争をあおる結果を避けるため、同省は全体傾向を示す結果公表に限定し、取り扱う膨大な量の個人情報についても管理に細心の注意を払うとしている。
 学力テストは、文部省(当時)が1956年から小中高の5〜10%を抽出する形で開始し、中2、中3は全員調査も行われた。しかし、学校や地域間の競争が過熱化し「学力コンクール化」の批判が出たため、66年度までで中止した。
 学校週5日制など「ゆとり教育」路線で学力低下が問題化し、2004年に中山成彬文科相(同)が「子どもの競争意識を高めることも必要」として、再開を決めた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2007042100221
**********************************************

さて、創価学会ついでに、反創価派のフォーラム21に有田芳生さんの記事が載りました。
http://www.forum21.jp/2007/03/post_40.htm

その中で、以下の有田さんの発言は注目すべきだと思います。
**********************************************
「キリスト教」を標榜する統一教会が、創価学会を基盤とする公明党を支援していることはどれほど知られているだろうか。30年も統一教会問題に取り組んでいる知人に知らせたところ「知らなかった」という。統一教会の公明党支援の根拠は常に権力にすり寄る体質にある。「類は友を呼ぶ」権力志向が両者にはあるのだ。統一教会の文鮮明教祖は「4権を握れ」と命じたことがある。政治、経済、文化、マスコミだ。ここでもまた公明党=創価学会と同じ志向が現れている。
**********************************************

上記の記事を読む前も創価学会と統一教会の繋がりは、有田氏の言うように「類は友を呼ぶ」という性質のものだけではないと思います。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板