したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

英語版Japan's Zombie Politicsの出版について

1 藤原肇 :2006/08/13(日) 14:59:46
目の肥えた読者に違和感を与えた『小泉純一郎と日本の病理』は、一部の人が指摘していたように編集段階で大幅に手を加えられ、ほぼ三割に相当する記述が削られていて、読みやすくなったらしいとはいえ、ある意味で鬼子的な本になってしまいました。それが『あとがき』に油絵を日本画にしたと言う形で、読者に対しての私流のメッセージになり、やるせない思いを間接的に表現したものです。
マンガをコミックスと幾ら言い換えても、マンガはマンガだけのものに過ぎませんが、大学生がマンガに熱中する日本の知的水準では、鳥羽僧正に起源を持つ日本画としてのマンガのレベルに、日本では出版の対象が矮小化されてしまい、それによってベストセラーが誕生するのです。
失明寸前の苦労をしたものが日本化して定着し、それが私の著作だとされたのではたまらないので、国際基準に合わせたものに書き改めるべく、日本語版の出版と同時に改作にとりかかりました。
そして、世界の読者に読まれる日のことを考え、苦手だが英文で書きあらためた物にすべく、どうにか努力した成果が実り本になりました。途中で目の手術をしなければならなくなり、医者からは失明するからと言う理由で、執筆を禁止されたがどうせ死ぬ身だから、目よりも名誉の方が大切だと言い張り、どうにか書き改めて出版を実現しました。そして、題名も「 Japan’s Zombie Politics」という普遍性を持たせ、小泉などと言う稀代のペテン師の名前を表題から追放し、日本全体の病理の問題を扱う診断書の形で、再生したものを世界の読者を対象にして、送り出したことをここに報告します。
内容的には日本語版に較べて、少なくとも百倍は良くなったと確信しており、自分の言葉と思想を取り戻せたと思います。詳しいことはおいおい報告していきますが、これが私の人生の総決算になると考え、日本が忌まわしい全体主義に回帰し、太史人として故国が世界の鼻つまみ国家にならないために、私に出来る社会への恩返しの一環として、現代史の総括をなし得たという気分です。
世界の大学図書館や有力都市の図書館などに、既に寄贈する仕事が着実に進んでいるので、日本の現代史についての基礎資料になって、多くの人に日本が直面している危険な風潮と、ペテン政治の実態理解に貢献すると思い、それが還暦を過ぎた私の遺書代わりになると考えています。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板