したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

思想の自由と言論弾圧について

8 相良武雄 :2006/01/25(水) 18:58:03
なぜ、名古屋の自動車会社が、このようなことをするのかですが、
一つは、かってアメリカで叩かれたことがあり、その結果広告戦略で
イメージを植え付けないと逆に悪いイメージを受けるという答を見つけたのでは
ないかと思います。その結果、広告戦略をうまく打つことで今に地位を気づいたのでしょが
はまったのは、それをすべてに当てはめようとしているのではないかと考えます。
また。会社は常時、オーナーがいて、仰いでいたわけですが、ここ10年ほど、所謂
番頭(手代かもしれませんが)クラスが社長をやっていることで、いわゆる歯止めが
聞かなくなっていいるのではないかとも感じる次第です。
また、サッカーに首を突っ込んでいるのは、広告戦略の一環と石油について
自分達にとっての安定確保を目指しているのではないかと思います。
石油がこなくなると、お飯の食い上げになる最大の企業ですから。したがって
サッカーに首は突っ込むが、成果は出ません。グランパスエイトがいまだ
あれだけの補強費を使いながら、タイトルが取れない理由は、勝つことが逆に
反発を買うのが嫌だということの裏返しではないでしょうか。

しかし、今回のホリエモンの件で泥を塗ってもまったく、反省の色がないところを見ると
当分はこの状態が続きそうです。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板