したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール | |

思想の自由と言論弾圧について

17 ヒロイエ :2006/06/07(水) 21:49:28
説明が足りませんでしたが、兜倶楽部は、所謂東証の記者クラブで、
決まったメディアしか入れません。もし、部外者がはいったっ場合は
大変なことになると、東証の人間に脅かされたことがあります。
したがって、フリーの記者はこの会見に参加していません。
そして、「この人間は、村上に一度はおいしい思いをさせられておいrはずですので
本当のことは追求しません。
したがって、あの記者会見が
以下にいい加減かは創造してください。
数年前から、ライブドアのいい加減差を書いていた山根治氏がかいてます。
最近、堀江を擁護する動きが目立っていると、いずれというよりは、
すぐに、懐かしい村上さんという記事が出てくるでしょう。

ついでですが、兜倶楽部に入るには、玄関は決まっています。
となれば、東証公認の記者会見で、今回は、勘違いですねということを
東証は認めたのでしょう。

腐ってますね。こどもに見せられません。校正もくそもあったものではありません。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

ゾンビ政治の解体新書: 魔女狩りをするゾンビへの鉄槌 / 株式会社サイゾー

安倍政権批判本の決定版!――憲政史上最長になる可能性も高まった安倍晋三率いる内閣。だが、その長期政権を支えたのはゲシュタポとも揶揄される、批判勢力やメディアを徹底的に押さえつける恐怖政治だった。水面下ですでのその体制は限界を迎えながらも、ゾンビのように延命をはかる現政権の強引なやり口は日本の未来に暗い影を落とそうとしている。安倍政権が行ってきた蛮行とは? 彼らは本当は何をしたいのか? この先に待っている日本の未来とは?世界の政財界で活躍してきた著者が、メディアには決して出ることがない機密情報なども含む、事実と考察を積み上げて、安倍政権を暗部を暴く。日本を変えられるのはこの一冊しかない。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板